5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】避難所から救急搬送2800人 被災者の健康管理課題に

1 :爆破弁φ(110625)φ ★:2011/05/17(火) 10:06:48.15 ID:???

 東日本大震災の津波で被害を受けた岩手、宮城、福島3県の沿岸部で、避難所からの救急
搬送が少なくとも2816人に上ることが17日、各消防本部への取材で分かった。心労や衛生
状態の悪化などから避難所以外でも体調を崩す人が多いとみられ、全体の救急搬送が昨年
同時期の倍以上という消防もある。被災地では住民の健康管理が課題として浮き彫りになって
いる。

 3県沿岸部にある15の消防本部に取材した。4月末までのデータしかない消防が多く、2消
防本部は未集計。実数はさらに多いとみられる。

 避難所からの救急搬送が最も多かったのは、宮城県の石巻地区広域行政事務組合で、管内
の石巻市と東松島市、女川町で計871人。仙台市消防本部は299人、塩釜地区消防事務組合
も248人と多かった。

 岩手県では、宮古市と山田町、岩泉町、田野畑村を管轄する宮古地区広域行政組合が298人
と最多。大船渡地区消防組合と陸前高田市は集計をまとめておらず、福島県で最も多かったのは、
いわき市消防本部の149人だった。

 宮城県気仙沼市と南三陸町を管轄する気仙沼・本吉地域広域行政事務組合によると、避難所
以外も含めた4月の救急搬送数は466人で、昨年4月の230人と比べると倍以上だった。震災の
翌月になっても心労などから体調を崩す人が多いとみられる。

 多くの消防は昨年4月との比較をまとめていないが、宮城県石巻市の石巻赤十字病院でも、4月
の急患数が倍以上になった。同病院によると、通常の急患は月1800人程度だが、4月は4084人
だったという。

 石巻赤十字病院の阿部雅昭企画調整課長は、被災地の救急搬送が増えていることについて「スト
レスの多い避難所生活が長引いていることや、衛生状態の悪い被災家屋に住む被災者が多いことが
原因。一刻も早い仮設住宅の完成が必要」としている。


ソース   西日本新聞 2011年5月17日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/242447

2 :名前をあたえないでください:2011/05/17(火) 10:28:22.29 ID:D1LfZ2x9
不動産屋:引っ越して下さい、空き部屋が埋まらんw

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)