5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬱でも必死に会社に行っている人276

1 :優しい名無しさん:2011/11/01(火) 23:08:51.36 ID:8AiUA2W9
愚痴も弱音も全部吐き出して、明日の仕事の糧としましょう。
仕事をしている方であれば、どのような愚痴でもかまいません。
見ている皆さんも、なるべく優しい気持ちで聞いて上げてください。

コテハンは荒らし、煽りの元となりますので控えください。
ただ、大人の対応ができる方はご自分の判断でどうぞ。

また、説教や叱責などは、荒らしとみなしますので禁止します。

なお、「励まし」については、文脈に依存するところもあるため禁止とはしませんが、
無神経な励ましなどは、プレッシャーを与える結果となるばかりでなく、その人を
傷つけることになりかねません。慎重にレスをしてください。

前スレ
鬱でも必死に会社に行っている人275
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1318600069/

テンプレ以上

952 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:22:02.41 ID:LW7IiXld
そしてブラの周りを円を描くように這わし中心部にある乳首の上を這わせた瞬間、
「あっ、あぁ〜!」とA美は声を出し、俺の手を握ってきたのだ。

「乳首、感じるんだ?」とA美の耳元で囁いて耳元にキスをしたら、
「あっ!」と声を上げ、ビクッと身体を震わせた。
『結構感じやすい身体なんだな。』
と思った俺はローターで優しく耳と乳首を刺激し続けた。


953 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:22:16.95 ID:LW7IiXld
そして優しくブラを外し、ツンと立っているピンク色の乳首を
直にローターで当てて刺激してみると、A美は恥ずかしそうに頭を横に向けて
「駄目・・・。アン・・・。」
と小さな声を出して俺の頭を撫でてきた。
そして乳首をローターで強く押したり、軽く乳首に当たるように繰り返し刺激すると、
乳首はじょじょに硬くなっていき、A美のいやらしい声が大きくなり、
胸の周辺がいやらしく湿ってきたのだ。


954 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:22:35.84 ID:LW7IiXld
そして乳首から少しずつ下の方へローターを這わせ
へその周りを刺激し、ゆっくりローターをA美の
あそこへと近づけてみると、
A美は手を口に当てて息を殺すように塞いでいた。

自分の恥ずかしい声が聞こえないように塞いだのだろう。


955 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:22:53.35 ID:LW7IiXld
俺はA美の顔を覗く様に近づけて、その手を優しく離し
「口を開けて。」と俺はA美に口を開けさせて
俺の唾液をツーっと垂らし、
「グチュグチュ、ジュルジュル」と
お互いの唾液を飲むようなキスを交わした。

956 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:23:16.15 ID:LW7IiXld
口を離すと2人の唾液がネットリと糸を引き、
「ハァ〜、ハァ〜・・・。」とお互いの声と、
顔と顔の間に充満する生暖かい息のいやらしい匂い。

俺はもうすでに勃起状態だった。

957 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:23:32.61 ID:LW7IiXld
そして俺はパンツの上からローターで、
A美のオマ○コを優しく刺激してみた。

「あっ!ああ〜〜〜!」とA美は今までに無い声を出し、
反応を楽しみながら刺激し続けると湿りだしてきて、
いやらしい匂いが漂う。

958 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:23:47.50 ID:LW7IiXld
その汁をローターに濡らして押したり離したりしていると糸を引く。

そのいやらしい光景を見て、今度はクリトリスの部分を刺激してみた。
そうするとA美は大声を出しながら身体を捻じくり、
「いやっ、あぁ〜・・・。」
と頭を横に振り始めた。


959 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:24:04.32 ID:LW7IiXld
『なかなかいい感じ方するな。』と思い、
そろそろA美のオマ○コを拝みたくなったので、
パンツをゆっくり脱がせた。

A美の初めて見るオマ○コはピンク色で、もうすでに洪水状態。
何ともいやらしい汁が溢れていて綺麗に光輝いていた。

960 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:24:24.31 ID:LW7IiXld
そしてローターをクリトリスに当ててみると、
「駄目ぇ〜!もう・・・。変な感じになっちゃう・・・。」
と両足をばたつかせたので、
両足を持ち抱え俺の頭を挟む体勢にして
クリトリスとオマ○コの中をゆっくり
ローターの強弱を変えながら出し入れし、刺激をし続けた。


961 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:24:42.09 ID:LW7IiXld
長い間それを続けると、急にA美の身体に力が入り
「いやぁ〜〜〜!!!トイレ、トイレに〜!!」
と急に叫ぶとオマ○コからドピュッ、ドピュッと潮を吹いたのだ。

A美はグダッと全身の力が抜けてしまったようだ。


962 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:24:59.29 ID:LW7IiXld
A美の暖かい液体は潮なのか失禁したものなのかは解らない。

「いっちゃったのか?」
「うん。いっちゃった・・・。もうおかしくなっちゃった・・・。」

そして俺はそのままゆっくりローターをアナルに当て刺激させた。


963 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:25:19.87 ID:LW7IiXld
「もう、駄目・・・。変な感じ・・・。あぁ。気持ちいい・・・。」

アナルも感じてるようなので、俺はアナルにローターを刺激しながら
オルガスターをオマ○コに挿入し、クリトリス、オマ○コ、
アナルの3点を刺激するとA美は狂ったように
「もう駄目!もう駄目!いやぁ〜〜〜!!!」
と叫びだすと再びオマ○コからさっきより大量の潮を吹いた。


964 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:25:38.56 ID:LW7IiXld
そしてそのまま刺激しながら、アナルの中にローターを挿入しようとした。

「いや・・・。恥ずかしいよ・・・。」
とA美は頭を振っていたが、本当に嫌がっている様子ではなかった。

「力を抜いて。」と俺はアナルの周りを刺激しながらゆっくり挿入しようとした。


965 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:25:54.88 ID:LW7IiXld
最初はきつく締め付けていたA美のアナルは次第と緩くなっていった。

そしてA美のオマ○コから溢れ出す汁と潮のおかげで
買ったローションは使う必要無く挿入することが出来た。


966 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:26:10.53 ID:LW7IiXld
そしてローターを「強」にして3点を刺激すると
A美は大きな声で叫びながら再び大量の潮を吹いた。

「もう駄目。もう勘弁して・・・。」

A美はそう言うと、気絶したように全身の力が抜けてしまったのだ。


967 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:26:26.12 ID:LW7IiXld
俺はA美が着けているアイマスクを外して
舌と舌を絡めてキスをした。

「気持ち良かった?」

A美は目に涙を浮かべながら
「うん。」と言うと俺に抱き付いてきた。


968 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:26:42.47 ID:LW7IiXld
そして俺はA美の背後に回って優しく抱いて
「もっと気持ち良くしてあげるね。」と長いキスをし、
キスをしながらA美をベッドに寝かした。
今度は道具を使わず、俺の口と舌と手でたっぷり唾液を付けながら
A美の熱い身体を頭から足の爪先までゆっくり愛撫し味わった。


969 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:27:00.27 ID:LW7IiXld
A美の乳首は硬く突起していて、そのいやらしい乳首を舐めたり吸ったり
優しく噛んだりしていると「もっと・・・。舐めて・・・。」とA美はせがんできた。
「じゃあ、一緒に舐め合って。」と俺は大きく柔らかいA美の乳房を持ち上げ、
「A美、自分の乳首舐めてみて。」と言うとA美は舌を出し、
自分の乳首を舐め始めた。そして俺も一緒にA美の乳首を舐めた。


970 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:27:19.14 ID:LW7IiXld
舐め合っているとA美の口から自然と唾液が流れ始め、
その唾液とA美の乳首を俺達はずっと舐め続けていた。
お互いの舐め合う音と、生暖かくいやらしい匂い。
余程乳首が感じるのか、俺はA美の胸を揉みながら
貪る様にA美の乳首を愛撫し続けた。


971 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:27:38.02 ID:LW7IiXld
そしてA美のオマ○コを手で触るとビショビショに濡れていた。
そしてその香りはいやらしい大量の汁と吹いた潮で洗い流されたのか
嫌な匂いは余り無く、何ともいやらしい匂いだった。

そしてA美のオマ○コを口に含むと
その味は甘酸っぱく、初めて味わう女のオマ○コだった。


972 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:27:52.49 ID:LW7IiXld
いやらしく硬いクリトリスを唇と舌で刺激しながら、
2本の指をオマ○コにゆっくり出し入れしていると、
A美のオマ○コは
「ギュッ、ギュッ」と俺の指を締め付けてくる。


973 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:28:07.61 ID:LW7IiXld
「あっ、また・・・、でちゃうよ・・・。」
A美が頭を振ったのでA美のGスポットを
強く刺激していると、
「もう駄目ぇ〜〜〜!!!またでちゃう〜〜〜!!!」
と叫びながら大量の潮を吹いたのだ。


974 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:28:30.68 ID:LW7IiXld
俺はそのいやらしくビチョビチョに濡れた指をA美の口元に差し出し、
「見てみな。A美のいやらしい汁がいっぱい付いているよ。」
とA美に見せると「恥ずかしい・・・。」と俺の指を握ろうとしてきたので、
「駄ぁ〜目。」とA美の口の中に指を入れてみると、A美はその指を舐め始めた。
「俺達、本当にいやらしいね。」と言い、お互いの舌を貪るように絡め合った。


975 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:28:55.60 ID:LW7IiXld
俺はそのいやらしくビチョビチョに濡れた指をA美の口元に差し出し、
「見てみな。A美のいやらしい汁がいっぱい付いているよ。」
とA美に見せると「恥ずかしい・・・。」と俺の指を握ろうとしてきたので、
「駄ぁ〜目。」とA美の口の中に指を入れてみると、A美はその指を舐め始めた。
「俺達、本当にいやらしいね。」と言い、お互いの舌を貪るように絡め合った。


976 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:29:18.33 ID:LW7IiXld
「A美。じゃあ今度はA美が好きなように俺を愛撫してみて。」
俺はベッドに寝転がるとA美は急に抱き付いてきて、
俺の口に激しく舌を入れてきて唾液を流し込んできた。
そして俺の身体を、俺がA美に愛撫したように優しく顔から首筋、
そして乳首を舐め回し、俺のチ○ポを咥えてきた。


977 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:29:33.77 ID:LW7IiXld
「最初はゆっくり優しく舐めて。たっぷり唾液を付けて。」
俺はA美に言うと「うん・・・。」と言われた通りにフェラをした。

A美の初めてであろうフェラはとても初々しいがとてもいやらしく、
生暖かいA美の口の中で俺のチ○ポを包んでいる。
こんなに気持ち良いフェラは俺も初めてだった。


978 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:29:52.65 ID:LW7IiXld
決して激しくは無く優しく音をたてながらの
包み込むフェラに俺は溜まりに溜まっていた
精液をA美の口の中に放出していた。

A美は「ぅう〜〜ん・・・。」と少しの間俺のチ○ポを咥えたままでいると、
口からチ○ポを離し「ゲホッ、ゲホッ」と咽ていた。


979 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:30:06.82 ID:LW7IiXld
「大丈夫か?出していいんだよ。」と俺が言うと、S美は
「飲んじゃった・・・。」と口の周りを手で拭いながら言うと
「微妙な味だね。」と笑って俺を見つめてきたのだ。

そして俺のものを握りながら
「御願い・・・。」とA美は下を向いてボソッと呟いた。


980 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:30:27.21 ID:LW7IiXld
「御願いって何?どうして欲しいの?」「・・・入れて欲しい・・・。」
「何を?ちゃんと言わないと解らないよ。」
「○○の・・・オチ○チン・・・。入れて・・・。」
「聞こえないよ。」「○○のオチ○チンを・・・入れて下さい・・・。」
「何処に入れて欲しいの?はっきり言って。」
「○○のオチ○チンを私のオマ○コに入れて下さい!・・・」


981 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:30:42.37 ID:LW7IiXld
「じゃあ、俺のオチ○チンをまた大きくして・・・。」
そう言うとA美は俺のチ○ポを再び咥えてきた。
さっき大量に射精したにもかかわらず、俺のチ○ポはすぐに勃起し、
「いい?入れるよ?」とだけ言うとA美の両足を掲げて
クリトリスにチ○ポを擦りながら刺激させ
A美のオマ○コの中にそのままゆっくり入れていった。


982 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:30:57.89 ID:LW7IiXld
俺の頭の中は妊娠が怖いとか浮気がどうという気持ちは無かった。
A美の「女」というものを見た俺はA美の全てを支配したかったのだ。
A美の暖かいオマ○コの中に俺のオチ○チンが入っている。
俺はそのまま腰を動かさないでA美を見つめた。

983 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:31:10.58 ID:LW7IiXld
「生で入れちゃったよ。大丈夫?」「うん。大丈夫」
「しばらくこのままでいい?」「うん。」

A美は両腕を俺の首に巻き付きトロンとした目でニコッと笑った。
そして入れたまま長い時間、俺とA美はネットリとしたキスを交わし続けた。


984 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:31:23.86 ID:LW7IiXld
俺とA美の周りは2人のいやらしい匂いが充満していた。
そして2人の体温は部屋の中全てを包み込んでいるようだった。
もう俺達の間には羞恥心というものは感じられない。

俺は今までに無い幸せを感じていた。


985 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:31:36.64 ID:LW7IiXld
そして俺はゆっくり腰を動かし始めた。
そしてゆっくりA美の中を味わった。
俺は色々な体位を試そうとはせず
A美の表情を見つめながら正常位のままで腰を振り続けた。
そして初めてA美の中で俺は果てたのだ。


986 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:31:53.28 ID:LW7IiXld
しかし俺のものは不思議に衰えることが無かった。
俺は再びチ○ポを抜かずにゆっくり腰を振った。
そしてA美を抱きかかえ抱き合いながら腰を強く振り続けた。

さすがに俺は体力的に限界を感じてきたので仰向けになると
A美は俺に抱き付きながらゆっくり腰を振り始めた。


987 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:32:10.01 ID:LW7IiXld
いやらしい音といやらしい息使いが俺達を支配する。
A美の腰の動きが段々と細やかに強くなってくる。
おそらくA美はGスポット辺りを擦るように動かしているのだろう。

俺は再び果てそうになってきた。

988 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:32:27.20 ID:LW7IiXld
そして俺の耳元にA美の舌が入ってくると
「またいっちゃう・・・。いっちゃうよ!」
俺はそのA美の声と、ヌルヌルする舌と下の感触とが相まって果ててしまったのだ。

そしてA美も俺を強く抱き締めると
「きゃあ〜〜〜!!!」と叫び、身体を震わせながら俺に倒れてきたのだった。


989 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:32:42.49 ID:LW7IiXld
やがて俺の下半身に温かい液体が流れてきた。
A美は絶頂と同時に潮を吹いてしまったらしい。
生まれて初めて女と一緒に果てた。

俺はA美を優しく抱き、舌と舌を絡め合いキスをした。
そしてそのまま抱き合いながら意識が遠のいていった。


990 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:32:56.78 ID:LW7IiXld
目が覚め煙草に火を点けて携帯を開くと時間はもう朝の8時を回っていた。
そして妻からの着信メールが入っている。
「またたくさんお酒飲んで寝ちゃったんでしょ?おやすみなさい。」
という内容のメール。
そしてベッドに横たわっているA美の顔を覗いてみる。


991 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:33:18.63 ID:LW7IiXld
A美の寝顔は幸せそうな感じで甘い寝息をたてて寝ている。
俺はしばらくその寝顔を見て部屋の電気を点ける。
明るい部屋の中でベッドを見ると所々に赤い模様が広がっていた。

そして「A美、起きろ。朝だぞ。」とA美にキスをした。


992 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:33:37.87 ID:LW7IiXld
A美は起き上がり俺を見ると「おはよう。」と言ってそっと抱き付いてきた。
A美の表情はとても明るく可愛かった。
そして俺達は初めてお風呂に入った。
2人でいちゃいちゃしていたがそれ以上のことはしなかった。

そして部屋をチェックアウトし、ホテルを後にした。


993 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:33:52.85 ID:LW7IiXld
俺は会社に戻って書類の整理をしなければならなかったので、
2人でタクシーに乗りA美を無事に送って別れを告げてそのまま会社に行った。
そしてその夜はおそらく眠れないだろうと思い大量の酒を飲んで寝たのだ。

A美の事を思い出してしまうから・・・。
終わりです。


994 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:34:10.52 ID:LW7IiXld
どうもありがとうございました。
短く纏めようと思ったのですが、鮮明に覚え過ぎていて
そのまま書いてしまいました。

長くなってしまった事、申し訳ありませんでした。


995 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:34:40.04 ID:LW7IiXld
去年の夏の事です。友達の結婚式が終わった後、一度家に帰って着替えて友達と電車で二次会の場所までいきました゜
家から車だと一時間少しくらいの所。最初の予定では、どうせ二次会の後は朝までカラオケだから歌うなり寝るなりして始発で帰ればいいやと考えてました。


996 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:34:53.53 ID:LW7IiXld
二次会だから式に出てなかった人も来てたりしますよね?
そこには私が大嫌いな男がいました。何故嫌いかと言うと中学の時にその男が渡り廊下から立ちションしていて知らずに下を通っていた私は頭からその男のオシッコをかぶってしまったからです。彼はヤンキーみたいなヤツでした


997 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:35:10.10 ID:LW7IiXld
大人になっても変わらずデカい態度でEXILEのできそこないみたいな格好で女の子達に自慢話をして調子にのってました。
私の所にも来て私が思い出したくもないションベン話をして周り笑いをとったり私の肩を抱いたり、お尻を触ってきたりとやりたい放題。


998 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:44:10.42 ID:ReXRPxmC
次スレ

鬱でも必死に会社に行っている人277
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1322196154/l50

999 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:47:38.60 ID:Xj4ro/C/
うめ

1000 :優しい名無しさん:2011/11/25(金) 13:50:16.82 ID:Xj4ro/C/
まつ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

342 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)