5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アスペルガー症候群についてマターリ語り合うスレ84

1 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 05:49:41 ID:HhNdyoFO
アスペルガー症候群(Asperger syndrome:AS)について、何でも語り合うためのスレッドです。

前スレ
アスペルガー症候群についてマターリ語り合うスレ81(実質83)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1283072739/

ASに興味ある非ASも参加は自由です。原則sage進行です。
みんなで仲良く&みんなで楽しく&みんなでマターリ

・固定ハンドルネーム(コテハン)の過剰な使用は荒れの原因になるので自重しましょう。
・中傷や心無い暴言は慎んで下さい。
・テンプレ議論は常に歓迎です。
・次スレは、可能なら>>950が、無理なら有志が立てて下さい。

参考:スクリーニングテスト
ttp://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html

>>2>>3参考スレ

2 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 05:50:37 ID:HhNdyoFO
下記はアスペルガー症候群web診断です。

自閉症スペクトラム
ttp://www.the-fortuneteller.com/asperger/aq-j.html
アスペルガー症候群自己診断テスト(アメリカ精神医学会の診断基準DCM-IV)
ttp://jihei.net/asperger-shindan.html
アスペルガー症候群自己診断テスト(ギルバーグの診断基準)
ttp://jihei.net/asperger-shindan2.html
アスペルガー症候群自己診断テスト(ICD-10 世界保健機関 WHOの診断基準)
ttp://jihei.net/asperger-shindan3.html

アスペルガー症候群かどうかは、webの診断だけじゃ確定できません。
単に雑談苦手でKYなだけかもしれないし、参考程度と考えましょう。

アスペルガー症候群かどうか、どうしても気になる(確定したい)人は、
専門医の診断を受けてください。

あと、社会生活送る上でどうしても不都合が解消されないようなら
精神保健福祉センターや発達障害者支援センターに相談しましょう。専門医の紹介もしてくれるはずです。
発達障害者支援センター一覧
ttp://www.autism.or.jp/relation05/siencenter2008.htm
全国精神保健福祉センター長会|全国精神保健福祉センター一覧
ttp://www.acplan.jp/mhwc/centerlist.html

3 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 05:51:59 ID:HhNdyoFO
精神疾患の診断と統計のためのマニュアル第4版:DSM-4
http://www1.plala.or.jp/santa/mikawa/DSM4.html
D.臨床的に著しい言語の遅れがない

国際疾病分類第10版:ICD-10
http://www1.plala.or.jp/santa/mikawa/ICD-10.html
A.表出性・受容性言語や認知能力の発達において、
臨床的に明らかな全般的遅延はないこと。


診断基準の関係上「言語能力の障害が軽いか無い」
人間がASの枠に入る事になってる

広汎性発達障害・自閉性障害・自閉症・アスペルガー障害・アスペルガー症候群・ADHD・ADD
(掲載開始:2010年5月10日 最終更新:2010年5月10日)
http://www.nameless7.net/development_disorder.html
(リンク切れ)

4 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 06:16:33 ID:pS1us/YZ
┌─────────────────────────────
|┌──────────┐ 履歴書     平成22年10月23日
||    /      \      | ┌────────────────
||  /  ∧    ∧\    | |氏名:  定義クン 自称 高IQ
||/     \   /  \ | ├────────────────
|||      (__人__)    |. | | 分類: 自閉症
||\    \` ⌒´ /,/.  | ├────────────────
||...イ.ヽヽ、___ ーーノ゙- 、   | |現住所:地方ニダー
||   |  '; \_____ ノ.|ヽ i....| ├────────────────
||   |  \/゙(__)\,| i  | | |特技:言葉の自由な解釈によるオナニー
|└──────────┘ └────────────────
| ┌────────────────────────────
| |連絡先:ないニダー
| │
| └────────────────────────────
| ┌───┬─┬──────────────────────
| | 年   |月|
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |  学歴 中卒
| ├───┼─┼──────────────────────
| |     |  | 職歴 なし
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |                           以 上

5 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 08:27:22 ID:NEWYLm9X
とりあえず>乙

これはポニーテールじゃなくてなんたかんたら
AA略1

6 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 08:28:04 ID:NEWYLm9X
うわっ寝ぼけたよ
>1乙

7 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 16:43:11 ID:+G8heO38
なんか知能検査で、時計の絵を正確に書くのと、数字の次はひらがなを線で結んでいくのがあって、この2つは簡単にできそうなんだが、
120字程度の話を復唱するってのがあって、これは結構難しくないか?

8 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 19:37:23 ID:kiEi1m6w
とある精神科学の研究センターの者なんだが、
アスペルガーの分析をしている人に質問がある。
君の話を参考に論文を書いていいだろうか?
これは冗談ではなく真面目なお願いだ。
次にどうやってここまでのレベルに至ったのかだ。
とにかく知識が幅広いし理論も深すぎる。
シュミッツの現象学からアスペルガーを論じるなんて
斬新過ぎる。一般人とはとても思えないんだが・・・
何をやっている人なのか当たり障りのない範囲で
教えてくれ。あと需要は十分にあると思うので、
雑音は気にせずどんどん考察を書き込むべきだ。
ここの目的にも適ってるんだから。

9 :ぴょん♂:2010/10/23(土) 20:55:14 ID:oJ1idS6D ?2BP(1029)

アメリカの某論文がウィキを引用していたが
ついに、2ちゃんねるを引用する論文が誕生するのか・・・

10 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 21:19:47 ID:NEWYLm9X
>>9
たまには核心ついた良いこと言うじゃんか、見直した。

11 :ぴょん♂:2010/10/23(土) 21:32:44 ID:oJ1idS6D ?2BP(1029)

つまり、漏れは受容・表出混合性言語障害なのびょん?


12 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 23:25:06 ID:e0EuDs9N
>>8
あんたが本物なら研究所と名前を名乗れ。少なくとも研究所を名乗れ

13 :優しい名無しさん:2010/10/23(土) 23:49:54 ID:fKJBrFsJ
発障が話がかみ合わない理由

相手の話を否定してさえぎって、自分の得意話や好き話を語りだす。
これをやられると大抵の定型は「イラっ」とくる。

例「最近寒くて辛いよねー」と言われたら
普通は「そうだね」「だよね」などといったん受ける。頷く。
ところが発障は
「え、全然そんなことないよ。私は寒いほうが好き。
 私って感覚過敏やアトピーもあるから
 暑いほうが汗で皮膚が服にはりついたりしてキツイよ」」

いったん「そうだね、でも私は寒いのも結構好きだよ」ならわかる。

でも発障の会話は、まず相手の話しを否定してから
自分の言いたいことを言う。

発障は自分を相手から否定されるのを嫌うなくせに
発障自身はは相手の否定から入るのが多いんだよね。

14 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 02:43:20 ID:7vbCByh+
>>13
発達障害者じゃなくてもそんな感じの奴は普通にいっぱいいると思うけどなぁ。

15 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 02:47:47 ID:7vbCByh+
>>13の「ワタシって定型代表だけどぉ〜、定型の立場から言わせてもらうとぉ〜」
みたいな女々しい言い方にイラッと来たw

16 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 02:54:36 ID:cA4FpoVx
>>13
それイラっと来るよね、
今彼も前彼もそうだったよorz

「はい、そうだと思います。しかしながら…」
と、まず肯定するべし、というのが
就活面接のセオリーだと習った記憶が。

17 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 04:19:02 ID:WzjY3TUT
>>16
お前は日常会話にまで就活生みたいに従順な態度を求めてるの?

会話の目的として自分の意見を主張することだけを設定するならば、
会話を合理的に進めて何がおかしいのか理解できない。

そういう人間とは話をしていてもつまらないし、実りがない。
全て男性は自分を楽しませてくれるものだとでも思っているの?

18 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 04:44:00 ID:WzjY3TUT
>>8
その人はたぶんこっちに誘導されたよ。

裏がわかりません
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1263445666/l50

文章の引用についてはオーケーを出していたよ。
前の前のスレ(82)から顔を見せていて、その時かなり核心をついていた。
ログが欲しいなら言ってください。

・診断されたのは18才のとき
・診断されてから3年半経つ
みたいなことを言っていたから今大学生をやっているんじゃないかな。

まあ、使い方についてはよく考えて欲しい。
結局、興味の偏りとこだわりが哲学に対して発揮されているだけなのかもしれないし。
でも、私は個人的にこういう人は好きだ。

19 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 06:02:26 ID:h1t52RI1
>>13
>「最近寒くて辛いよねー」

こういう共感の押し付けをされるとイラってくるんだよなw
心の中で「おまえは俺の気持ちが読めるんか?おまえはエスパーか?」
と猛烈に突っ込みいれながら、「そうですよねー(棒)」と返すようにはしてる。

第一こういうネタ振りされて実のある会話になったためしがないんだよな。
こういうやりとりって時間の浪費にしか思えない。

20 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 06:15:13 ID:rXK9tsNv
>>9
彼の話は2ちゃんねるのレベルを超えている
着想を得ただけで直接引用するつもりはない

>>12
君に告げる必要はないと思うのだが 中部地方の
発達心理や教育科学のセンターとだけ言っておく

>>18
文章の引用というかテーマにしたい 親切にありがとう

ここでのやりとりは雑音が入るので
メール欄に私の予備アドレスを記載した
見ているのならコンタクトを取ってほしい

21 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 07:25:05 ID:l61eIHSs
雑談が苦手で困っているので
「あたりまえだけどなかなかできない雑談のルール」
って本を読んだら、内容のない話をたくさんしましょうって事が書かれてた

内容のない話をつみかさねて、相手との適切な距離をつくっていくんだってさ

22 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 08:06:15 ID:cA4FpoVx
>>17
ただの例えですよ。
あなたにいきなりお前呼ばわりされる筋合いなどない。
あなたおかしい。

23 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 08:11:42 ID:Fpivmqql
>>21
書かれていたことは実行できそうですか?


24 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 08:46:06 ID:Fpivmqql
>>13
相手の態度や言い回しをみれば、否定していないくらい理解できないの。

>>19
自分も同様に返しているよ。
けど自分の中にある「正直でありたい。嘘はつきたくない。」気持ちが強いためかストレスになるよ。

25 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 09:12:30 ID:l61eIHSs
>>14
マターリスレに来る定型様は
ASの話の否定から入って、自分の主張だけ書いてくもんな

定型様にも嫌いな奴や、自分が優位に立ちたい相手には
否定でへこませて自分の主張を言うという
態度する人いっぱいいるね

ASは、嫌いじゃない人にも
そういう態度とってしまう癖がある人がいるので
気をつけようってことじゃないかと思う

>>23
すぐには難しそう
定型の人はどういう会話を気持ちよく思うのかという知識の勉強にはなるから
すぐには実行が難しそうでも、本自体はオススメ

26 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:27:52 ID:kXLmAyRy
>>25
生まれつき足が不自由な車いすの人の前でわざと元気に飛び跳ねる無邪気な小学生と同じ。

「大多数の普通の人はね、こうやってね、自分の足で歩けるんだよ。
おじさん、えすかれーたーにも乗れないし、電車でも街中でももたもたしててちょっと迷惑だよ、早く治してね♪」

これに近いモノがある。

定型サマが多数派の一般常識を書き込んだだけで
なんか人間としても優位に立てた気になれるのはASスレだけ。

小学生なら許せるが・・・

27 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:42:01 ID:qhOljq2K
>>26
障害者(出来ないヤツ)に合わせて遠慮して生きていく必要は無いからなw

28 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:52:33 ID:kXLmAyRy
はい、さっそく小学生が来ましたよ。

障害者でもないのに障害者用の駐車スペースに堂々とクルマ停めちゃうタイプですか?

29 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:53:58 ID:WVG2YlNt
小学生でも
「えすかれーたーにも乗れないのは不公平だ、
おまえがかついで移動させろ「とか
電車でも街中でももたもたしてて
「そっちが待ってろよ、止まれよ」
と言ってる車椅子のおじさんと
そうでない車椅子のおじさんの区別はつけてるよ。

30 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:55:28 ID:l61eIHSs
生姜臭エを相手すると生姜臭くなるよ
ウンコ触ると触った人の手にもウンコついて臭くなるよ
愚かじゃない人は、ウンコがスレに落ちてても触らないんだよ

比喩です

31 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 10:57:54 ID:qhOljq2K
>>30
そういうのは自分がうんこじゃない人が言うことで、うんこが言っても
説得力無しw

32 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 11:23:55 ID:qhOljq2K
>>28
歩行に何の影響が無くても障害者だからって、障害者用駐車スペース
に駐車しちゃう障害者様ですね?

33 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 11:29:29 ID:8tS0LiQ+
>>13 は「ある話の直後にそれが無かったかのように別の話をされると否定された気になる」
という例のように思う。おそらくアスペの人たちには無い感覚。

これとは別に、アスペの人たちは人の話を否定というのは多いと思うよ。
人の話を排することが一概に悪いとは言えないが、いったん受け止めるのは重要。

34 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 12:44:27 ID:Fpivmqql
>>33
なるほど。そういった場合大半は誤解なんだけどね。

35 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 13:14:51 ID:rXK9tsNv
もしメールを送るのが気が引けるなら、例の人、以下の質問に答えてくれ

*まず本当にどれも君が考えた文章なのか?転載ではないのか?
*転載でないなら大学で哲学を習っていてシュミッツを知ったのか?
*自分で考えたのならどういうプロセスであの理論を導いたのか?

はっきり言うと、君のことを疑ってるんだが・・・
2ちゃんねるだろうと人の論文などを自分のものとして
書くのは犯罪だけどそこのところは分かってるのか?

36 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 16:59:19 ID:rXK9tsNv
(補足)
君の書いた文章は評価してるんだよ
ただ君が書いたとは信じられないだけで
そこ間違えないでくれ
別に転載でも見逃すので
元ネタを教えてくれないか

37 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 19:14:10 ID:IqwrRHQs
横だが ID:rXK9tsNv の非礼と厚かましさに寒気がする

38 :アスペ:2010/10/24(日) 19:18:44 ID:5GClVqEW
>>20
キサマは何者だ?!!アスペだからそういうところが気になるんだよ!!

39 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 20:34:48 ID:EHyzZ/Ci
考察をどんどん書き込むべきって、それこそそれを勝手に引用して
論文書こうとする輩が出たら ID:rXK9tsNvのいう犯罪なんだが…
自分自身の理論だとしたら、買い叩かれないよう用心だ

40 :優しい名無しさん:2010/10/24(日) 22:32:21 ID:IqwrRHQs
ID:rXK9tsNv が自身で考察する側の人間なら、>>35の発想はない
そもそも十分な素養と深い興味があるなら、欲しがってる情報は元レス群から見つけられる
その場合の推察は>>35の内容になるとは思えない

つまりは、ID:rXK9tsNv が受け売り転載常習者だからこその投影理論
他人を貶めつつ成果を奪おうとする邪悪さが他人に丸見えになっているのを
本人はおそらく気づいていない

関係者がスルーしてくれることを祈ります

41 :優しい名無しさん:2010/10/25(月) 01:08:26 ID:/+GcicQt
別スレを見る限り残念だけどマクベスクンはもう来ないだろう。
ずっと味方をしていた定義クンに最後まで思いは通じず、
ID:rXK9tsNvみたいな連中まで出てきたら嫌にもなるか。
ただ最後に彼が人間らしい感情を見せてくれてよかったと思う。
傷つけられればは怒り、と彼自身が言っていたからね。
それにしてもなんだか不思議な人だったね。

42 :優しい名無しさん:2010/10/25(月) 06:23:14 ID:TVFD+ANB
功名をはやる若手研究家みたいなのが増えなければいいが

43 :優しい名無しさん:2010/10/25(月) 07:00:43 ID:3Fau27nl
考えなくてはいけないことが増えました。

この世は内に邪悪な欲望をたぎらせる人間がいることは
知っていましたが、それを悪いと思わず堂々と撒き散らす人間の存在に
ただ呆れました。このスレに参加している他の人達の為にも、
もう二度と現れないことを祈ります。


44 :優しい名無しさん:2010/10/25(月) 09:45:33 ID:TVFD+ANB
もしまた出てきたら本人が言ってた研究センターとやらに該当ログを晒すがいいか?と釘を刺してやれ。
まあ標的になるのは「優秀な」人材だろうからめったにないことのはずだが

45 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 01:31:06 ID:MMLHtL3M
「最近寒くて辛いよねー」って言われたら、
「辛いよねー」の返事として「辛くないよ」になる。
確かにその辺のご挨拶ができない。
自分としては、相手の質問にきちんと答えているつもりなんだけど。

46 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 03:59:49 ID:7WyWhMwN
自閉で会話のアドバンテージを取りたがっているように思うのはむしろ僻み。
ただ、会話の重心を相手に譲れるのは度量が広く見えるね。
「そう、まさにアンタの言うとおり!」とでも言える呼吸を覚えれば上等。
思っていないのに無理に言うことないけど。
時たま言えれば周囲の見る目も違ってくる。

47 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 06:05:04 ID:hwo+b6Ur
断ることができない。例えば「ご飯食べにいかない?」と言われて
「だめ!」と言しかいえないしそのときじゃなければ食べに言っても
良いのに。自分にこれこれの用があって、そうじゃないときは
食べにいけるけど、そうじゃないときはこれこれの事情でって説明できないし、
長くなるから相手にそんなつまらない説明を長々聞かせるのが悪いって思ってしまう。


48 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 09:52:03 ID:oDe7nFtd
>>45
>>47
ものすごくきつい言い方してるのでなければ
何も問題ないと思うのだが。

49 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 13:13:52 ID:a3hMH0W1
>>45
そこで会話途切れるから嫌なのさ。
あとはその相手の話の腰折っていく回数が増えると嫌われるぞ。
嫌われるっていうか相手に「嫌われてるのかなぁ?」って思われて距離置かれる。
実際アスペにやられてる俺が意見。

50 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 13:55:40 ID:7WyWhMwN
同じアスペと会話する時と定型とする時で使う神経が違う。
アスペとの時は思わぬタイミングで腰を折られて返答に詰まる(自分もしでかしてる時がある)
定型との時は四六時中相手に相槌を打って「あなたの話を聞いてます」アピールをしなくてはならない。
どちらの場合も初対面や多人数での会話をした後は神経が猛烈に磨滅して、
次の日には廃人のようになる。
「いい人になろうとしているからだ」という指摘は自分にとって何のアドバイスにもならない…

51 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 17:20:17 ID:kUwQzo7Z
  で、結局「話にならない、さよなら」にしかならない訳だ。

52 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 17:54:14 ID:7WyWhMwN
さよなら? たとえ会話は弾まなくてもそれなりの態度ってものはあることくらいは学んだよ。
相手がアスペだろうと定型だろうと「共にある」ことは忘れてないつもりだ。

53 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 17:58:39 ID:ikHrgImV
話がわかってないのを、大げさに聞いてるフリをしてやり過ごすのか。

54 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 18:21:23 ID:kUwQzo7Z
 はいはい、さよなら、さよなら、さよなら。
 なんで被害板の方でもそうだけど、アスペは低スペックと馬鹿にしながら
定型に迫って来るんだろうか全く。

55 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 18:25:02 ID:7WyWhMwN
話が分かってないのは前提としてあるが理解するためには神経を使う。上に書いたように。
そもそも「やり過ごす」なんて技量は自分はとても低いし。

56 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 19:02:48 ID:TyAr4CQx
もうここで否定的な煽りを繰り返しても意味ないと思うよ
本当に大切なことを誰かに教えてもらったからね
今日分からないことがあれば、明日分かるように
アスペだろうと自分が努力すればいいだけ
失敗や間違いがあっても反省して
肯定的な行動に繋げるだけ
ここではそれに必要な情報を交換すればいい

>>21
この本さっそく買ってきたけど読みやすくていいね
少しずつ実行できるよう思考錯誤してみるわ

57 :優しい名無しさん:2010/10/26(火) 19:31:01 ID:w8J9oxsN
マクベスによって憑き物が落ちたんだな。さてさて、僕も買うわw

58 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 05:43:56 ID:UDVUZF1+
アスペルガーや発達障害に詳しい方、
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1269148203/366-369
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1269148203/430-441
http://orz.2ch.io/p/-/yuzuru.2ch.net/offreg/1281453229/60
を読んで、私は何の障害だと思いますか?
アスペルガー、双極性障害、ボーダー、自己愛人格障害、ADHD、回避性人格障害、PDDNOS(特定不能の高機能広汎性発達障害)などの中から重複でもいいので判断願います。



59 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 05:48:06 ID:YkiSCMAO
子供の頃から人付き合いがとても下手糞で、
学校の評価は一貫して「協調性がない」だった。
しかし動物は好きで、よく可愛がる。
可愛がるけど、他の人のように「仲良く」はなれない。
これは、私自身に「愛情」が少なすぎるからだと思う。
健常者の親戚からは、
「動物が好きなら、愛情はあるんじゃないの?」と言われたけど、
多分、動物が好きなのは、人間よりずっと単純だから。
健常者の感情や思考の流れが難しくて推し量れないアスペの私には、
分かりやすいからだと思う。

60 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 06:29:00 ID:GvO7V04l
>>59 自分も人付き合いがへたくそ。他人の感情がわからなくて苦しんだ。
だから、面と向かって言われたら凹むと思うけれど、>>13みたいな指摘は
参考になるなーって思う。アスペの診断はついてないけど、「っぽい」とは
医師に言われてる。親が会話でまず「否定」から入るよ。しんどい。それが
普通だと育ってきてあるときふとおかしいことに気付いたけど、時すでに遅し。
自分も他人を「否定」するというか、尊重しないコミュニケーションが板に
ついちまって、人間関係がもたない。だめだと自覚できても、微妙な機微が
瞬間的に察知できないから、普通の人はじき遠ざかる。


61 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 10:16:29 ID:tSDS1NPS
>>59
>健常者の感情や思考の流れが難しくて推し量れない

並の人間の感情なんてあってないようなものだよ。
辛くて泣いてる場合でも外部から「嬉し泣きだよな?」と強く押されると
本人も「あれ?これ嬉し泣きなのかな?」と思い込むようになる。
そんなもん。

62 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 12:45:47 ID:x6LD13Zm
「聞いてよ私大学に受かったんだー!」の返事として
「えー、それはよかったね、おめでとー!どこの大学?何学部?」は適切でも
「あ、そう。私なんて○○会社に就職できたよー!」はまずすぎる。
私自身や周囲の自閉はしょっちゅうしでかしてる。そこからの気付きが全てかな

63 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 12:55:34 ID:Lxfpxnfl
とんちんかんな返答をしてしまうと、相手は「こいつ頭の弱い人か?」と思って離れて行く。
ルールとして、人の話をいったん受け止めることを心がけよ。
他愛の無い話にストレスを感じる必要などない。

64 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 13:12:28 ID:x6LD13Zm
他愛の無い話を、自分としてはストレスを感じずにやればやるほど
>>62のようなとんちんかん会話になって(本人はリアルタイムで自覚できない)、
いつしか「あの人何か違うよね…」ってなっていってしまうんだよ。

65 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 13:55:43 ID:tSDS1NPS
>>62
受けたこと自体ないかも知れないけどTOEICのスコアめちゃめちゃ低いでしょ?

66 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 14:06:18 ID:yyttxIZ1
>>62
というか自閉症ってそんなに周りにいるもんなの?
自分が上手く話そうとするんじゃなくて、相手の思考を読み取るようにするのが一番の近道だな。
あと会話のスピードは遅くても問題ないんじゃないの?
営業をやってた俺の経験からすると、
自分が場を盛り上げてる気になってるだけで、
相手が無理に合わせているパターンが多い。
これは俺がよくやってた間違いなんだけどね。
色々考えて適切な言葉を発する人の方が本当は評価されてる。
一つの会話で一つ相手に残せたら御の字だろう。
ぶっちゃけ定型でも会話が上手い人は少ないもんだよ。

67 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 14:09:46 ID:x6LD13Zm
>>65
自閉として受けるべき試験なのか躊躇してしまうw 
テストの性質を考えるとそもそも障害なんて考慮に入れてもらえそうにないし。
でも今の自分を知る上ではいい(痛い)勉強になりそうですね。
スレの他のアスペルガーで受けた人がいるのか興味がある。

68 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 14:22:57 ID:x6LD13Zm
>>66
> 自閉症ってそんなに周りにいるもんなの?

アスペの当事者会にいて話をする機会は沢山あった。その時にああいう会話になって
こちらが返事に詰まった経験が何度かある。

KYであることが逆に「人格者」であるように見せてしまうこともある。
相手が「私この頃食べすぎで太っちゃって」と悩んでいる時に
もし「私なんて去年から五キロも体重増えたよ」と返事をしたならば
ややちぐはぐではあっても相手は全く傷つかないし、
むしろ私に対して思いやりのあるフォローなのかな?とさえ思ってもらえることもある。
そこがアスペの人間像をますます不可思議なものにしてしまったりする。
「大学出ているくせに頭が弱くて、でも時々優しい」みたいな感じか。

69 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 14:34:49 ID:yyttxIZ1
>>68
そうか、そういう集会みたいなのもあるのか。
けどそれなら初対面で緊張してるのもあるんじゃないか?
上でも言われてるけど他愛の無い話は深刻に考えなくてもいいと思うんだけどな。
あとひとつ偉そうにアドバイスすると、>>62の質問なら学部のような具体的な情報より、
どんなことを勉強するの?みたいな抽象的な質問をした方が会話が長続きすると思う。

70 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 17:12:56 ID:0rMbIMrj
アスペ含む発達障害の人って薬飲んでる? 俺は主に統合失調症の薬飲んでるけど。
発達障害って病気というより個性であり体質なんだってね。だから治してしまおうという考えではなくて、症状が出れば薬を飲むって感じで。
ものすごく状態が悪い人には入院っていう形らしい。今度の心理検査どういう結果出るかなー。知能テストもあるだろうし、頭柔らかくしておかなきゃな。

71 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 18:43:49 ID:E/+vVzQ/
>「あ、そう。私なんて○○会社に就職できたよー!」
>「私なんて去年から五キロも体重増えたよ」

「自分のほうがすごい」とかで子供が張り合ってるような感じか。

72 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 19:32:24 ID:m3lJsi2z
>>69
他人に興味のないアスペルガーに抽象的な質問なんて思い浮かぶもの?
他愛のないとか言うけど、どこで判断するの?
合格の話だって何か重要な事を話そうとしてるんじゃないかって
身構えてしまう。orz

73 :優しい名無しさん:2010/10/27(水) 22:03:39 ID:EL79mmzE
65のようなのを見てると、アスペを知らない人からでも「無神経」として
嫌われていくんだろうな、とは思える。

74 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 02:46:51 ID:OptcwRYk
別に被害を訴えているわけではないので参考までマターリ受け流して貰えたらと思いつつ。。
旦那と会話できなくて私は悲しくて仕方ない。

彼が何を言いたいのか理解しようとする気を無くし始めている。
(もしかして、この旦那を理解しようという気が尽きるのが、逆に私の今後の幸福かもしれない)
(でも私は彼と本当の意味で仲良く親密になりたかったので)

長年ともにしてきた妻との会話もできないのに、なんで科学技術の仕事ができるんだろうかと思い、私一人が悪いだけなのかと思っていたんだけど。

◯それぞれ互いの/二人の長年の経過(文脈)を前提に会話したり
文脈を抑えてものごとを選択したりすることが判らない

◯たとえ同じような似た言動でも、その時その時で異なる状況ごとに、リアクションが当然ちがうというのが判らない

◯話題の抽象度の違いというのがどうやら判らない
(学問的なこと/一般的なこと/常識 ⇔ 個人的/個別なこと)

◯人が焦っているとか、キレかけているとか感情の段階、ベターを探すとか「程度」が判らない。
万事、ゼロか百か、白か黒かで、ほどほどが判らない。
(グレーのグラデーションとか、白黒グレーのモザイクという可能性を考えられない)
(キレている人や、絶望しかけている人に向かってダジャレを言って笑えると考えている)

75 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 03:18:48 ID:A84aypVQ
あ、うちはその逆です。夫は妻である私を「そうゆう人なんだ」
とほとんど気にせず受け流しているようでその点私は幸せです。

76 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 03:20:04 ID:R1TEIWtc
これだけ長い文章を書いているのに
最も重要な医師から診断を受けているかの
情報が無いので何とも言えないよ
明らかに被害を訴えているだけなのに
参考までとか押しつけがましいし
書いてある項目すべてが自分にも
あてはまってると思うんですが・・・

77 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 03:35:38 ID:diSkQEYJ
>>74のような人が求めているのは「同じ境遇にある定型の女性」からの共感が全てであって
本人も言ってるようにアドバイスを求めてるわけでもないと思う。
アスペだと逆撫でするだけかなとおもうので、私も特に何も言わない。

78 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 03:38:43 ID:R1TEIWtc
問題志向ではなく解決志向の話をする
ように心がけようとこれを見て強く思った

79 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 03:40:56 ID:diSkQEYJ
>>75
ついでに言ってしまうと…
こういうレスの仕方は>>71みたいに「私の方が幸せなんだと子供のように張り合ってる」と思われるか
74が「あ、そういう奥さんもいるんだ」と思って受け流してくれるか微妙なとこだな…とは思う。

80 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 05:24:34 ID:CJXdJ+ku
>>70
睡眠不足に睡眠薬+抗うつ薬(睡眠薬代わり)を使ってる。
大学病院で多動を指摘され、その手の薬も使ってみたらということになった。
その手の薬は保険適用外だから高いんだよなあ

>>65
このテストは行間を読む必要が少ないから自分の持ち点は結構ある。
興味がそっち方向に行くと、強みが非常に発揮できるから。

81 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 05:26:28 ID:A84aypVQ
>>74
私には愚痴のように思えました。>>75が自慢に聞こえたら誤解です。

82 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 07:56:39 ID:50Om+k0z
俺昨日病院行って統合失調症と発達障害どっちの病気か聞いたら、両方だって診断された。こういう人は他にも多くいるらしい。
今の段階では発達障害よりの両方持ちということだ。両方持ってるが、症状は軽い方だと言われた。
最初に入院した時点では統合失調症の症状が主だった。今は両方。心理検査でもっと詳しく分かるだろうからそれに期待する。

83 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 10:16:55 ID:VTFnTjdc
統失と発障は同時に発症しないってことを
ネットやツィッターで書いている
ある診断済ASがいるが、その人の文章は、
「ひび割れガラス(ググればわかる)」が書く文章のように支離滅裂

自分は層化から集団ストーカーを受けているとか
発達障害者団体の○○は層化の人間が牛耳っているとか…
その人自身が、発障と統失のMIXなんじゃないかと思う

84 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 12:29:25 ID:50Om+k0z
>>83
だな。現に医者も統合失調症と発達障害両方持ちはいるって言ってるしな。両方持ちは結構多いよ。

85 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 12:49:23 ID:YVmQg0rx
アスペルガー症候群は知能障害を伴わない

86 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 18:34:35 ID:P+dWZPGo
>>79
さすがに>>75はわざとでしょ。
>>13の言うとおりをやってみせてるだけで。
それが>>74の言う経緯を押さえず、に対するあてつけにもなってると。

87 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 19:04:37 ID:diSkQEYJ
>>86
ふうん、お前は>>71と同一人か同じ穴のムジナだろ。
利用できるレスは何でも利用するんだな。
そもそも「自分の方がアスペよりはまし」という考えこそが「子供のように張り合ってる」というんだよ。
つまりは自己投影の浅墓さを露呈してるに過ぎない浅墓過ぎるレス

88 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 19:20:26 ID:aiX/sz8i
すでに池沼の方がアスペより十分マシな訳だがw

89 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 19:37:35 ID:diSkQEYJ
>>88
へえ

90 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 19:43:41 ID:A84aypVQ
問いただす事をせず、憶測ばかりでとても残念です。


91 :優しい名無しさん:2010/10/28(木) 20:58:20 ID:hdWGgzjw
 アスペに問いただしたとしても、否定と自己主張が返って来るだけで、
話にならないからねw。

 だから、現実にはアスペの周辺からすぐ人がいなくなるんだよ、「話に
ならない」って。

92 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 00:50:42 ID:CCH71u9S
あなたのレスの「価値」について、考えて下さい。

93 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 07:30:00 ID:NGnTVCxm
>>91
他人のレスのエコラリアでしかない内容ばかり

94 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 07:40:19 ID:qcPJHtYZ
さっそく糞スレ化してるな

95 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 07:48:14 ID:coUGt/hs
>>93
エコラリアって鳴き声覚えたんだ
しばらくエコラリアって鳴き声でうるさくなるね
でもそうやって新しい鳴き声覚えていけば、いつかは人間と会話出来るよいになるかもね
がんばれ〜

96 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 08:00:58 ID:VMVC6NQD
http://imepita.jp/20101012/861810
アスペルガー顔?
顔バレイヤだからサングラスかけたけど

97 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 08:11:07 ID:VMVC6NQD
もう一枚
http://imepita.jp/20101012/811320

98 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 08:36:57 ID:NGnTVCxm
>>95
望み通りエコーしてやるよ

>会話出来るよいになるかもね
>よいになるかもね
>よいになるかもね
>よいになるかもね
>よいになるかもね
>よいになるかもね

99 :アスペ:2010/10/29(金) 22:08:03 ID:ZQnYsLDa
アスペで対人恐怖症の人いる?俺、対人恐怖症にちかくてうつ病もち。

100 :優しい名無しさん:2010/10/29(金) 23:14:46 ID:ygqWiLCZ
 だから身近にいるアスペが積極奇異なんだけど、こっちに来るたびに逃げてるよ。
 どうせ一方的で話にならないし。

101 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 07:44:24 ID:bFtEibcD
 あなたの話は面白くありません。こちらが逃げます。

 これからはあなたがここでしている事こそがその身近にいる積極奇異という
 アスペと同じだと言う事をどうぞご理解した上で書き込みしてください。


102 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 08:03:18 ID:V+NExQQ1
自称健常者代表の荒らしとネトヲチみたいな話ばっかり
アスペについて専門的な情報がまったく出てない件
お前らがサロン行けって感じだわ

103 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 08:42:34 ID:bFtEibcD
>>102
確かに。(苦笑

104 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 08:58:10 ID:bFtEibcD
2chをアスペで検索したら29スレありました。適宜自己判断の上、話題に合う
スレへ移動しましょう。

なぜ一般人は自分の視点のみでアスペを
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/handicap/1228635232/

自称アスペを治す方法を考えてあげよう
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1286414587/

ここではネトオチと自称健常者は参加禁止です。



105 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 11:42:59 ID:XZSM9KwW
アスペルガー症候群は知能障害を伴わない

106 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 12:23:07 ID:3wJg3KfP
 だからどうした。

107 :ぴょん♂:2010/10/30(土) 17:39:33 ID:7n1lThxo ?2BP(1029)

定型って、相手が言っていることを信用できなくて気狂わないの?

108 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 19:12:25 ID:hAHx/Y8e
嘘も方便という考えが身に染みこんでいるみたいだから

109 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 19:34:52 ID:YwUutT/F
アスペは人の言ってる事を信用して損したことはないのか

110 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 19:38:30 ID:Xf/vFeXt
>>107
というより信用できる情報と信用できない情報を
区別する能力が経験から育っていく感じかな。

111 :ぴょん♂:2010/10/30(土) 21:26:43 ID:7n1lThxo ?2BP(1029)

でも、相手の本心がわかっちゃうんでしょ?
本当は、漏れのことを「ばかじゃねぇのこいつ」
って考えているのがわかるけど、表面上は
「そうだよねぇ〜」
とかいう言葉を聞いているんでしょ?
人格分裂してんの? どうやって統合してるの?


112 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 21:35:59 ID:4OA2Bnv6
ママゴト感覚で現実をやり過ごしてる

113 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 21:48:00 ID:bFtEibcD
>>111
相手の本心はどこにあるのかは会話中はどうでも良く、
社交辞令的な会話をがむしろ大事なのでわ?

114 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 21:49:04 ID:bFtEibcD
社交辞令的な会話をがむしろ大事なのでわ?
       ↓
社交辞令的な会話がむしろ大事なのでわ?


115 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 22:42:39 ID:Xf/vFeXt
>>111
相手が自分のことを「ばかじゃねぇのこいつ」と思ってるのが判ったとしても
それを自分への全否定と捉える場面は非常に稀だからあんまりダメージが無いと言うか。
会話をしている今この瞬間にそういう気持ちが読み取れてもその一時だけの感情で
自分という人間の全人格に対する否定というよりも、
自分がその時言った言葉に対してのみの限定した感情だったり
考え方の相違からくるものだったりで終わることも多いでしょ?


116 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 23:07:22 ID:bFtEibcD
本来のアスペは「ばかじゃねえのこいつ」と思われている事を会話の中から
読み取れないかもしれないです。本来の定義は難しいですが・・。

読み取った場合は、定型と違って反応がはっきりするような気がします。

117 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 23:09:59 ID:nqRdtR9E
>>116
その読み取りが高確率で間違ってるんだけどな

118 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 23:23:40 ID:bFtEibcD
相手の振る舞いから本心を読み取る、でなく、本心を聞き出すことが重要だと
思いますが、本心を聞き出す事がほぼ不可能だと思います。





119 :優しい名無しさん:2010/10/30(土) 23:33:03 ID:bFtEibcD
本心を言うような性格の人なら最初から言うだろうし、言わないなら
それなりの理由がその人にあるはずなんです。そこを細かく追求する事は
テクニックというかがあって難しいでしょうね。

120 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 03:56:18 ID:AHt9vGtE
ADHD症状を併発している人へ、ADHD薬って効きますかね?

大学病院でPDDのほか、ADHDもあると言われたので、
会社内でADHD様症状で辛いならば薬を試してみれば、
と言われた次第。

121 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 10:54:04 ID:RvnrRnWt
>>83
それ多分wikipediaの自閉症のところにある

>なお、自閉症者は非自閉症者と比べて統合失調症に罹患する確率が極めて低いという報告がある。
>例えば非自閉症者の統合失調症罹患率は0.8%だが、自閉症者の罹患率はこれよりもずっと低く、
>報告は世界で10例に満たない[17]。

から広まった話だと思うんだけど、この出典元が
http://www012.upp.so-net.ne.jp/msak/h_autism.htm
で、さらに出典元が明記されているかとか、一般的に有名な説であるか
ぜんぜんはっきりしないんだよね。よくいうwikipediaの怪しいところ。
このwikipedia以外ではあんまり見ない話なので
これが一人歩きしている状態だと思う。

実際に統合失調症とアスペルガーの併発って診断されてる人に会ったことあるし
自分自身が極度のストレスで一時的に幻覚妄想状態に陥ったことあるから
ありえる話だと思うよ。

122 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 11:34:27 ID:KGfdXQQ7
頭の中にアメーバ詰まった精神科医どもの言うことに振り回されんな
どうせ脳科学者がその内メカニズムを解明してくれるから
それまでは普通に生活してればいいだろ
だいたい生まれつきの脳構造の問題であるアスペルガーを
馬鹿な薬売りが診察してることに無理があんだよ

123 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 11:41:12 ID:KGfdXQQ7
>>82の「発達障害より」とか分かって無さ過ぎるな
発達障害は生まれたときから死ぬまで発達障害だろ?
アスペの基準を満たしていればアスペ
統合失調症の症状があれば統合失調症
そう診断されるだけの話だろ?
何がどう「より」なのか意味不明
もう馬鹿はいい加減なこと書きこむなよ

124 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 11:41:47 ID:VnCXQUZ6
ADHDで苦しんでいるなら、治療の方向性のひとつとして
検討してみてもいいんじゃないかな。
副作用も含めてちゃんと説明受けた上で
医師の管理のもとで経過観察していけば、
聞かなかったならまた違う薬や治療方法を提示してくれると思う。

薬効や副作用についてはネットでも調べられるよ。

個人差が大きいから、実際それが聞くかどうかは試してみないと
何とも言えないと思う。

125 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 11:42:52 ID:VnCXQUZ6
ごめん、124は>>120

126 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 12:42:21 ID:4bsqmCZ8
発達障害の診断基準を満たすパターンにも色々な場合があるが、
基準の組み合せによっては、その組み合せが統合失調症に対する脆弱性を意味する場合もあり、
そして実際統合失調症の経過をたどる場合もあるって感じかね。後になってわかることだが。

127 :82:2010/10/31(日) 16:24:59 ID:COyNo1JK
>>123
馬鹿だなーこいつw 決まった通りにしか信じない典型的なアスペだわw
なった順番が逆なんだよ。統合失調症→統合失調症AND発達障害(発達障害より)
論理積も知らなそうだなw ちゃんと数学勉強しとけよwww
両方の症状持ってるから両方持ちでそう診断されている。
お前は素人だろ? プロの精神科医の言う事のほうが正しい。
両方持ちの俺が羨ましいんだな。お前は統合失調症になりたくても、ウィキペディアが言うにはそんな症例少ないらしいから。残念www

128 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 16:55:24 ID:9O7PATWi
>>127
横だが、あえて釣られてやる。発達障害がなぜ「発達」障害と呼ばれて
いるのか、その意味をよく考えろ。統合失調症になった 後に 発達障害に
なることはありえない。あるとすれば、もともと発達障害を抱えていた
ものが検査の際に見出されて診断に加えられた、ってだけの話だろう。

129 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 18:17:34 ID:VCCUShEg
>>127
発達障害を理解してない馬鹿、出て行け。

130 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 19:23:50 ID:COyNo1JK
>>128
www おいおい、くやしいのうwwwwくやしいのうwww
「統合失調症になった 後に 発達障害になることはありえない。キリッ」とか言っちゃってるよwww
素人考えだなwww 現に医者が「統合失調症から統合失調症と発達障害両方持ちの発達障害より。今の段階では。」って言ってるし。
お前発達障害のプロか?w 精神科医がプロだってのwww 現実見ろよお馬鹿さんwww

>>129
理解したつもりになった馬鹿www お前は何も理解していないwww

131 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 20:20:34 ID:juXeMcx8
医師の診断名が事実としても、こちらはそれを確認したくても
しようがありません。

132 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 20:38:10 ID:COyNo1JK
事実は事実だしなwww 俺完全勝利www

133 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 21:25:08 ID:q0BXNzuf
もはや理解する気など、一片もない。

134 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 22:27:44 ID:A7AsKujr
コミュニケーションのとり方には
空気を楽しむコミュニケーションと議論するというかディベート型の
コミュニケーションがありますよね。
自閉症の人間の特徴はこのディベート型のコミュニケーションしか取れない
ということがあるのではないかと思います。
ディベートは論理の追及ですので、形にこだわっていることになるのでしょうか
論理の形です。
ですので論理の形を崩されるのがいやなので、相手の意見を受け入れなかったり
するのではないでしょうか。

135 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 22:40:35 ID:A7AsKujr
幸運なことに私はそんなにスペクトラムが高いほうではないので
相手の立場を感じ取ることはできます。
しかし、みんなとつるんだりして連帯感を高めあうようなコミュが
できません。だから、遊べないのです。

136 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 22:52:18 ID:A7AsKujr
形ということなんですが
結局、鉄道とかそういうものに引かれたり、理系方面に適性を
発揮するというのはやはり形を見ているからなのではないでしょうか。
空間認識能力ということで男性とも関わってくるような感じですよね。

これはある本に書いてあったことをそのままなぞるような話です。

137 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:08:21 ID:8iJKJXNI
論理の形というか、自分の答えを崩されるのが嫌じゃないの?
○○は○○以外有り得ない、と他の可能性を無視して、特定の答えばかりこだわる。議論にもならないよ。

138 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:10:36 ID:A7AsKujr
鼠はお金持ちは嫌いだと言ってましたよね。
彼の親父はインチキ栄養剤でぼろ儲けしたんでしたよね。
配電盤を愛する双子の姉妹は幻覚の産物ですよね。
彼女たちがいれば一人でもさびしくない。
羊男は時代遅れの引きこもりでしたよね。
彼の体に一瞬だけ神が通り過ぎていったんですよね。
五反田君の人生はすべてにおいてショーアップされていたんですよね。

「僕」が「社会」をどのように感じてどのような態度をとっていたのか
ということは私のような人間ととても共通するところがあると思うのです。

もう忘れてしまいましたか?w



139 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:19:32 ID:A7AsKujr
>>137
>論理の形というか、自分の答えを崩されるのが嫌じゃないの?
そういうことだと思います。

140 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:26:36 ID:jKbk9rnE
>>134
>ですので論理の形を崩されるのがいやなので、
なんで?

141 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:29:07 ID:A7AsKujr
この「僕」のような態度がアスペらしいと思うんですけど。
なんか失礼だとしたら本当に申し訳ないんですが
書いてみたかったんです。

ちなみに私はお金持ちは大好きですw

142 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:36:11 ID:b0cHGkXn
親父が会社に仕掛けた網を使って取った鳥を焼いて食べた
ことがあります。おいしかったです。一回ですが。

143 :優しい名無しさん:2010/10/31(日) 23:39:27 ID:A7AsKujr
>>140
きっと137のひとの言うとおりで答えのほうですね。
論理の形はそこに行き着くまでのプロセスということになりますので

どうしてそのような答えにいたったのかということを
長々と説明しているということなのではないでしょうか。
ですのですべて説明しきればその答えにたどり着くということで
説得できるということになるのではないでしょうか。


144 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 00:09:45 ID:bhf8LASf
きっとその答えの見出し方というか、答えとは何かという
ことが普通とすこし違うのではないでしょうか。

みんなが納得するというのが本来の答えなわけですよね。
ということは相手のことも考慮にいれていないと本来の答えには
たどりつかないということになりますよね。

145 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 00:39:26 ID:bhf8LASf
頭ではわかってるんですけどできないんですよね。。
ずっと試行錯誤してきたけどできない。
そんなに病的ではないのが救いなのですが。
連投すみませんでした。

146 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 08:27:55 ID:XY7ftON3
>>133
なら理解すんなよ理解出来ない無能のカスwww

147 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 11:58:11 ID:bhf8LASf
アスペの長所がわかりました。
つまり「答え」「目的」さえ与えられれば、
もっとも適切な「プロセス」を導き出せるというのが
長所ではないでしょうか。
ほんとコンピュータみたいな頭ですねw

148 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 12:07:08 ID:bhf8LASf
わたしはアスペかどうかわかりませんし、あっているかはわかりません。
私の書いた文章でいやな思いをしたかたがいましたらお詫びいたします。
衝動が抑えられないところがあるんです。

149 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 12:07:09 ID:o9LyKMNZ
そういった意味では、工場労働が適正といえる

150 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 12:16:43 ID:KGDZzy83
ADHDだと思って専門医に行ってみたら、「むしろ結構アスペルガーだ。でもADHDの気もある」だそうで。
「ものすごい勢いでいろんな物に興味を示すけどその方向性は決まってて、それも結局つまみ食いで終わって、断片化された知識を一本にするのが難しい。そうじゃない?」って言われて、確かにその通りだと思った。

でも正直、アスペルガーとADHDの違いが分からない。
ナルコレプシーも持ってて、それの主治医には「発達障害じゃないと思う。けど、専門じゃないから断言できない」って言われて、診れそうな所に行ってみたら「多分ADHDだけど、診断は出来ない」と言われて、件の専門医と国立精神神経センターを紹介された。
で、それを話したら、「センターと他の専門医にも行ってみな。そこで意見聞いて、相性の合いそうなところで検査して診断下してもらいな」って言われた。
この時点で3人の医師の判断が割れてる。あー混乱する。

151 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 12:41:25 ID:9B1cwzSA
>>150
正直に言ってくれるなんてすごい良い医者じゃん
適当に診断出して薬漬けにする奴より遥かにまし

152 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 15:22:50 ID:bhf8LASf
ADDはどちらかというとひとと接することは恐れないという感じで
自閉症のひとは体に触られるのを極度に嫌うひともいますよね。
ただ私もそうなんですが、対人関係に自信がなくなると
自分も自閉症の傾向があると感じてしまうところがあります。
あと迂遠が自閉症や強迫性の話し方の特徴で思慮の浅さがADDとか。
私はどちらの傾向もあるように思い、よくわかりませんw
共通しているのはやはり不器用なところでしょうか。

153 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 19:02:22 ID:bhf8LASf
一方的に書き続けてしまってすみませんでした。
思慮の浅い言動がなおらず、口に斧がついているような気持ちでおります。
もう私は話すことはないと思います。
そうすることがこれ以上の被害をなくす方法だと思いますので。

154 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 23:01:18 ID:aoV9okEq
>>153
書きたいことかけよ

155 :優しい名無しさん:2010/11/01(月) 23:34:21 ID:SdftOj9y
>>153
書いてください


156 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 01:32:32 ID:EWPlBhsm
>>147
建設プロジェクトのスケジューリングなんかはゴールから下ろすのがオーソドックスな手法だし、
自閉症者らしき人がそういう仕事をやってるをテレビで見たことある。
ただ、使用するパーツが確定・限定されてる問題でないと難しいだろうね。
そうでないと、想像力の問題や慣れたやり方へのこだわりがネックになるのでは。

157 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 01:57:22 ID:Z6ziNNjV
スケジュールとかさ、ビッシリ埋まってると絶望感を感じるけどね
よく、非アスペの人ってスケジュールが空いてると寂しいとかいうでしょ

逆なんだよね、自分
思考の記録は嫌いじゃない
ただし文才はないので支離滅裂になる

158 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 18:18:35 ID:VdxUkAcA
記者脅迫公判懲役1年を求刑
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20101026-OYT8T01189.htm

本間被告は刑事責任能力に問題ないが、特定の物事に執着する「アスペルガー障害」と診断され、現在治療のため通院中。
被告人質問で「2、3年前から自分でもおかしいと思っていた。東京医大の記事が出ると自分を抑えられなくなる。
朝日新聞社に対して申し訳なく、おわびする気持ちしかない」と謝罪した。

 起訴状などによると、本間被告は3月12日、桜川市内のコンビニ店から水戸市の朝日新聞水戸総局に
「赤報隊の散弾銃襲撃事件を忘れたか。即死した記者みたいになりたいか」などと書いた文書をファクス送信した、とされる。判決は11月4日に言い渡される。

159 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 19:08:57 ID:uOv6jBH2
また発達障害を盾にして減刑求めてんのかよ
こういうのは同じアスペでもさっさと死刑にしてほしいわ

160 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 19:11:50 ID:uOv6jBH2
よく見たら2、3年前からとか、治療のため通院中とかデタラメばっかだな。
弁護士に入れ知恵されただけで本当にアスペなのか疑わしい。
困ったら統合失調症かアスペにするのが最近の流行なのか。
どうでもいいけど犯罪者はさっさと罰を受けろよ。

161 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 20:00:43 ID:n6C1aGM/
ttp://outofnoise.blog73.fc2.com/

162 :優しい名無しさん:2010/11/02(火) 21:26:54 ID:VdxUkAcA
>>159
FAXで脅したくらいでは死刑にするのはムリだろうな

163 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 00:29:21 ID:A8L1tVai
東京医大の記事ってなんだ?

164 : ◆titech.J3E :2010/11/03(水) 00:45:25 ID:fy7PLvLh
自閉症は、左脳の、あらゆる知覚や情動に対して
納得する原因を無理やりにでも作り上げる、
という機能が弱い、という部分があると思っている。

一方、統失は、この機能が強すぎると見られる病気と、
勝手に俺が思っている。
陽性は、普通の人には意味を感じないことに、強引に陰謀論を繋げるだろ?

確かに、俺も被害妄想が酷くなることがあるし、
別々の医者から自閉と統失、両方の診断の経験があるし、
表面上を見る限り、似ているんだけど、
どうも、脳の内部では、相反する状態な気がする。
特に、自閉と陽性の統失が。

自閉は、脳細胞の過形成と刈り込み不足という仮説が、
最も説得力があるように思う。
では、統失は何か?これは俺の勉強不足で、
どの仮説がもっとも有力か判断できないでいる。
ただ統失はたぶん定型発達の脳構造から、異常へと変化するから、
構造そのものより、神経伝達物質が怪しいが、
陽性と陰性の両方があるから、物質を作る機構の異常か?

今は半泣きで精神医学や脳科学の本を読み漁っているが、
まだ実態はもやがかかっている状態だ。

165 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 01:39:55 ID:Fg0Bir75
空想。
自分の感覚や判断の能力に自信のある人は、
他人に自分の感覚や判断が間違っていると指摘されても認めない傾向がある。
これが訂正不可能という意味での病的な妄想の原因あるいは理由の一つにはなってると思う。

仮に感覚や判断の能力が病気によって低下したとしても、
自分の能力に自信がない人は、信念が訂正不可能にはなりにくい(妄想を抱きにくい)んじゃないか。
その代わりに自分の感覚や判断が誤りの確率が高いことに対する恐れによって活動性が低下するとか。

166 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 01:52:10 ID:Fg0Bir75
妄想関係で面白かった本。
『幻聴と妄想の認知臨床心理学』
『妄想はどのようにして立ち上がるか』

167 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 03:13:12 ID:QMGGcpUA
このスレ もう 84
すごすぎる

168 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 08:08:27 ID:01s/iY+5
それだけ愛されているってことだな
みんなアスペが好きなんだよ

169 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 08:15:56 ID:SGa7hWOx
どうしても長文語りになってしまうから消費が早いのかもしれないな。
からかい混じりのレスや荒らしも定期的にわくし。

170 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 12:13:02 ID:A8L1tVai
本間被告が本物のアスペだとしたら、取調べの時は長く延々と話してるのかな?
要領を得ない話し方をして結果的に不利になってしまうことは考えられる
要点を絞らないからこうなるんだ、とな。

171 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 22:50:10 ID:zMNUHfGp
>>170
>>158には容疑を認めて謝罪してると書かれてるが、記事は消されてるな

172 :優しい名無しさん:2010/11/03(水) 22:54:56 ID:p1he1WAw
ファックスで脅迫なんて弁解の余地は無いが、
あの朝日新聞の記事は滅茶苦茶だったからな。

173 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 01:45:44 ID:V8w+WzcF
何かにハマる時は異様なまでにハマるけど、ひょんなことで一気にやる気を無くして関心がなくなったりするよ

174 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 03:33:56 ID:nqcmPNUU
更生するには興味の矛先を変えさせるのが一番

175 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 12:30:43 ID:vvP+nqXJ
>>171
記事は消えてるがニュー速のログが読める
http://www.unkar.org/read/hato.2ch.net/news/1288681634/

記者脅迫公判懲役1年を求刑

本間被告は刑事責任能力に問題ないが、特定の物事に執着する「アスペルガー障害」と診断され、現在治療のため通院中。
被告人質問で「2、3年前から自分でもおかしいと思っていた。東京医大の記事が出ると自分を抑えられなくなる。
朝日新聞社に対して申し訳なく、おわびする気持ちしかない」と謝罪した。

 起訴状などによると、本間被告は3月12日、桜川市内のコンビニ店から水戸市の朝日新聞水戸総局に
「赤報隊の散弾銃襲撃事件を忘れたか。即死した記者みたいになりたいか」などと書いた文書をファクス送信した、とされる。判決は11月4日に言い渡される。

176 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 14:15:00 ID:COvVVFyB
>>175
そのログも全文じゃないじゃん

本間医師はたぶんアスペルガーじゃないでしょ。
年齢見たら56歳かだったよね。
それでおかしいと思ってい始めたのが、数年前なんて考えにくいし、
20代でもすでに診断が難しいのに、50代なんて正確な診断はもう不可能。
上で言われているようにただの裁判戦略の一環でしょう。

177 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 18:11:00 ID:41QwAuJy
どういう影響があるか想像しにくいとか、アスペ特有の問題というのは存在すると思うがね。
社会的なインパクトが大きい事件では、どうあろうと強引に「責任能力あり」ということになるんだろうな。
アスペ当事者や家族が望むだろうし、行政コスト的に対応不可能だし。

178 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 19:21:35 ID:V8w+WzcF
別に更正なんかする必要はないんだけどね

179 :120:2010/11/04(木) 20:25:09 ID:Rp3mTr8Q
迷った末に、ADHD薬を試すことにしました。

大学病院も、性格が固定してしまっているおっさんに、
「WAIS-R等や幼稚園の先生からの連絡を見るに、多動を伴うPDDなのは
明らかだけど、今、何で困ってるの?手帳は会社勤務だと厳しいかもねえ」
とかいうつれない返事だったし、実際、PDDのせいで困っているので。

Stratteraはまともに服用すると高いので、Axepta25mgを買いました。
効果発現に少なくとも2週間はかかるようなので、なんとかなれば。

180 :優しい名無しさん:2010/11/04(木) 21:21:42 ID:vvP+nqXJ
>>179
このスレで聞くべき質問じゃない
薬のんでよく考えろ

181 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 00:56:14 ID:AmbTwA2h
中にはLDと併発されてる方がいそうなんだが
そういうエピソードはありませんか?

182 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 01:17:25 ID:lBZ1mLii
ありません

183 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 04:47:55 ID:9RWKYM3c
>>180
>>175書いてる時点で説得力がない

184 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 07:21:14 ID:O93Bjpvk
なさって発達が暴れてるけど、いい大人になっても腐れ発達が改善することがないのに
まだ自分を変えるとか言って哀れ過ぎる。
変えられるならとっくに変わってるよw

185 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 08:53:30 ID:qAoTMIzk
>>180
アスペとADHDが併発している人には参考になる情報だがね
お前の方こそこの板のガイドライン見てこいよ

186 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 20:43:16 ID:lBZ1mLii
今回のうつはすごいぞ
なんかもう外界からすべてを遮断したい

187 :優しい名無しさん:2010/11/05(金) 23:38:48 ID:DXcsW6A1
 なさってあの文章ぶっ壊れてる奴か。
 どういう頭してんだろうな。
 脳みその半分がなかったりして。


188 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 07:24:03 ID:dwc34OFX
>>187
あれが普通の発達障害者の脳みそ。

発達障害者がふざけてみせるのは、自分の心を守るために身につけた防御反応。
下ネタが大好きなのも、そうすると相手が黙り込むとかの成功体験があるんでしょう。

189 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 13:46:01 ID:7MR+48FL
 うげw。
 なら、間違ってもお近づきになるのはお断り。
 
 それにしても、ほんと構ってもらうためには手段を選ばず、が普通なんか。
 こっちが黙るのは呆れてるから、とか無視のためなんだけどww。おめでたき人。

190 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 13:53:50 ID:mGuzlbTD
自閉症=構って欲しい
とは思えないんだが、構って欲しいのは自閉症じゃなくね?

191 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 14:22:45 ID:A12lYQ3d
>>189
そうそう、呆れて放置してるのに勝利宣言とかわけわかめ

192 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 14:45:38 ID:TQmG1X5m
発達障害は辛い。

まあネットだけ空気扱いだからいいか。

お前ら打算的な考え身に付けろよ。

どうせ他人に失礼なことしかできないだろ。

アスペは冷たくて打算的でなんぼや。

193 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 14:46:25 ID:XdkWrthZ
アスペルガー症候群とADHDと発達障害ってどう違うのですか?

194 :アスペ:2010/11/06(土) 16:47:10 ID:YmMPDj2l
>>193
アスペは知的障害のない自閉症者(自閉症より自閉度は軽い)、ADHDってのは集中できいのと動き回る障害だよ。
発達障害ってのは、アスペ、ADHD、自閉症、LD、ADDすべて含めた脳が未発達な連中(障害)を指す言葉だよ。

195 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 17:41:58 ID:NdLufnXt
>>194
意味不明。
脳が幼稚なら知的障害じゃんw

196 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 18:05:18 ID:XdkWrthZ
アスペとADHDについては分かったけど
発達障害ってのが具体的に分からない
発達障害ってのはアスペやADHDの総称とか?
例えば鬱病も統合失調症も精神疾患と括るように

197 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 18:59:29 ID:kM1IlMGn
発達障害の人はIQが高い人が多い。
知的障害はIQが低いの。
両者は明らかに違う。

広汎性発達障害はアスペ、ADHD、LD,ADDが主なものだけど、
これらが、いろいろな割合でまじりあって、人それぞれの出方をする。
不定形性っというのもある。

198 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 19:16:15 ID:NdLufnXt
IQだけ高くても脳みそ出来そこないなことに変わりないんだろ?
じゃあ知的障害の一種じゃん。

199 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 19:56:56 ID:sw8j4xr0
知的障害は友達や恋人いる人いたけど、発達障害は職場で空気読めないで自己中的に仕事をしたりで嫌われて表面だけいいけど付き合いがない、陰で言われる、いつもひとりぼっち。よって友達も恋人もできない。

200 :アスペ:2010/11/06(土) 22:02:50 ID:YmMPDj2l
>>195
てめえが説明しろよチンカス野郎。

201 :アスペ:2010/11/06(土) 22:04:51 ID:YmMPDj2l
>>197
広汎性発達障害は自閉症スペクトラムに入ってる障害に限る。
広汎性発達障害+ADHD、LD,ADD=発達障害

202 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 22:32:31 ID:c8bgA+Ba
俺アスペの自覚があるんだが(というよりこの病気を最近知った)病院行ったほうがいいよね?
この場合何科に行けばいいのかな

203 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 22:35:58 ID:NdLufnXt
>>201
ごちゃごちゃ言って誤魔化してるけど
簡単に説明するとただのキチガイってことだよねw

>>202
病院行くより樹海行ったほうがいいよ
アスペとか希望も何もないから

204 :アスペ:2010/11/06(土) 22:38:50 ID:YmMPDj2l
>>203
お前説明できないんだったら入ってくんなよ。低知能野郎

205 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 22:45:53 ID:NdLufnXt
>>204
高知能なのになんでアスペは障害者認定されてるの?w
空気読めないって知能に問題がある証拠じゃん。

206 :優しい名無しさん:2010/11/06(土) 23:37:54 ID:XdkWrthZ
スピルバーグってアスペなんだよね?

207 :アスペ:2010/11/06(土) 23:56:36 ID:YmMPDj2l
>>205
障害者に認定されてるかは知らん。他の人に聞けや。空気読めないのは知能に問題があるからじゃない。
知能は問題ないがその他の点で問題があるから相手の気持ちがわからないんだ。


>>206
アスペだよ。


208 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 00:10:12 ID:yyK3O4t5
>>207
熊本ウルセーyo

209 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 00:32:48 ID:Pr07B+lR
まだ アスペ=高知能 と思ってる馬鹿がいるんだw

210 :アスペ:2010/11/07(日) 01:50:22 ID:revrc8oR
>>209
勘違いしてるのは非ASのほうじゃねーか

211 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 07:17:20 ID:1WCBz+Jh
アスペ=場合によっては特定の分野で才能を発揮する場合がある だろ

212 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 09:05:01 ID:CBQJIz2G
自分に都合良く解釈するのを止めましょう。

213 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 10:18:03 ID:ePGoncPu
>>202
可能ならば大学病院

大学病院に行くのであれば、幼児期にどうであったかを示す
第三者の意見の記載(例:幼稚園の先生のコメント)が必要

大学病院が無理であれば、インターネットで調べて
発達障害を専門にしている医者(例:児童精神科)に行く必要あり
多くの精神科は発達障害というと別の医者に行けと言って逃げる

214 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 10:35:55 ID:P0biiqLA
逃げるも何も関わると逆恨みされて殺されるからねw

215 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 11:34:37 ID:CXde8QIm
>>214
帝京大学と東京工業大学は名誉毀損で訴えちまえばいいんだよ
ムキになって何度も同じ内容のコピペを繰り返し貼り続けているから。

216 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 19:18:30 ID:GOEZXDBm
非ASの集団に自ら混ざり込んで傍若無人を注意されて逆ギレしてるのがアスペ

217 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 19:21:13 ID:VjdRgtdR
 スピルバーグはスピルバーグで君たちとは別人だろw。
 互いの細かい所には拘り、自己主張し合うのに、都合のいいところだけ大雑把なんだなw
 
 


218 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:16:10 ID:aPrCX/fm
>>217
>「スピルバーグはスピルバーグで君たちとは別人だろ」

同一人物かどうかでなくて、ASかどうかの話のはずだが。

219 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:39:07 ID:P+OK6MP1
アスペって、有名人がアスペだと「自分も有名人みたいになれる!」と考えるの? そういう発想がどうして出来るのかわからない

220 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:44:02 ID:P0biiqLA
まーた勝手にアスペ認定ですかw
名誉棄損でうったえられんじゃねーのw

221 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:45:23 ID:VjdRgtdR
 そして、アスペ君が何かいうとすぐに別のアスペ君が「それは君の意見で、僕のはこうでああで」
と延々と続くのに、なんでそんなとこだけ大雑把に一緒なの?
おかしくない?

222 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:46:23 ID:P0biiqLA
>>221
おかしいからアスペなんだろw
何言ってんだw

223 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:58:36 ID:VjdRgtdR
 無名のうちからアスペだから有名人と一緒って・・・
 診療内科でも一回確かめてもらったら?w

224 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 21:59:45 ID:aPrCX/fm
>>220
「アスペルガー症候群 wikipedia」で検索して出て来るページの
「アスペルガー症候群の診断を受けている著名人」
の項目にスピルバーグの名前が書いてあるから
勝手にアスペ認定ではないだろう。

225 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 22:01:19 ID:dqJrNwCy
アスペ君、2ちゃんねるでIP取って俺つけまわすのおかしくない?

226 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 22:14:39 ID:cBj6lsoT
>>219

有名人が◯◯(自分のカテゴリに関連し)だと「自分も有名人みたいになれる!」と考える


っていうのは、どっちかというと定型人の感覚ではないでしょうか?そう思います。
「有名人がどうだろうと自分にはかんけいない」って思うのがアスペっぽい

227 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 22:39:56 ID:6W5HZ/H2
>>202と同じく自覚ありで診断を考えているんですが、
>>213にある『第三者の意見の記載』が取得できない場合、診断不可能ってことですか?
自分の記憶だけじゃ無理ですかね?

228 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 22:48:04 ID:P0biiqLA
>>227
治らないのに診断受けてどーすんの?
一生引きこもってろ

229 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 22:50:37 ID:dqJrNwCy
電話で話してると、なんの脈絡もなく突然不機嫌になったりする人がいるが、

そういう人はこの手の人?



230 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 23:25:25 ID:cBj6lsoT
>>229
社会で生活しているアスペの人は
「日常、親しく接する相手が、なぜかいつも怒っている、何故?」
と感じている場合が多いらしい。
実際は、発言、目つき、立ち居振る舞い、行動によって、自分が周囲に
不適切な非言語メッセージを振りまいて、喧嘩を売っている状態が続いた結果です。
アスペの人は「周囲は脈絡なく不機嫌で、不合理だ」と基本的に感じているに違いない。
見えてないことが多いので仕方がない

あなたが誰かと電話で話していて、
相手の方が突然に「脈絡なく不機嫌」になったりするとお感じのようでしたら、
あなた自身にアスペの傾向をあてはめて考えてみるのも興味深いかも。

231 :優しい名無しさん:2010/11/07(日) 23:34:37 ID:revrc8oR
ホモセックス

232 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 00:34:32 ID:nSL+U/FY
>>228
治したいというより、白黒はっきりさせたいです
アスペかそうじゃないか

233 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 00:51:40 ID:Wd4x1m/M
>>232
白黒つけたらすっきりするよ。
自分の場合アスペってわかって、何か引っかかってたものが取れてよかった。

234 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 06:07:17 ID:HkVfCyN9
>>230
結構当たってるかも。

235 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 06:43:52 ID:BlCJ1bje
著作物を読むと何の脈絡もなく怒りを発散するシーンが多い
怒るのが趣味なんだろう

236 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 18:31:26 ID:a7HJdWL4
今週に予約の電話がかかってきて来週の水曜日に名古屋市立大学病院に行く。
予約の電話入れてから長かったような不思議な気持ちだ。診断を受ける際に
何か心がけた方が良い事ってある?一応、自分の特性とかを書いたメモを持っ
てくつもりだけれど。後、アスペの診断てなにやるの?調べると心理テストと
か脳波を測るっていうけどよくわからん。

237 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 18:55:13 ID:6jTHLtsc
>>176
50代でアスペ診断不可能というのは本当?
バーノン・スミスという1927年生まれの人がアスペらしいが、
その人は1977年までに診断を受けてたということ?

238 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 19:14:00 ID:HkVfCyN9
>>236
子どもの頃を詳しく聞かれると思うよ。
お父さんやお母さんに小さい頃の自分がどうだったか、聞いておく。
あと小さな頃、遊びはどんなことをしたのか、よ〜く思い出すと良いよ。

239 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 19:37:09 ID:a7HJdWL4
>>238
レスありがとう。聞いてみたが今の状態と全然変わらなかったらしい。
小さい頃は友達と遊ぶこともあったけど一人でいることの方が多かったなぁ
後、人が遊んでるときに乱入することとかもあったな。

240 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 20:31:42 ID:3aJ4wpPz
>>237
発達は生まれたときから死ぬまでキチガイなんだぞ?
例え50代でも子供の時からそうならまだしも
2、3年前からなんてありえないし

241 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 20:36:34 ID:tgvkzQb9
アニメ見てるときって無敵状態になるんです。
そのまま死ぬまで止まらないし!それが症状なんです。
会社の発達を怒鳴りつけたりしてます…

242 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 20:39:08 ID:tgvkzQb9
俺の人生の全てはアニメMADの為にあったというわけだ。

243 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 20:42:14 ID:tgvkzQb9
絡みつく感触〜

244 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 20:48:18 ID:tgvkzQb9
でも絡みつくプロジェクトは全く利益でない状態。


245 :アスペ:2010/11/08(月) 21:06:33 ID:K1cvVKuc
>>241
で、そいつはどんな反応をするんだ?
俺は過去とある会社で2日にいっぺんは怒鳴りつけられて精神科に通う羽目になったぜ。

246 :優しい名無しさん:2010/11/08(月) 21:16:03 ID:tgvkzQb9
>>240

247 :アスペ:2010/11/08(月) 21:24:34 ID:K1cvVKuc
>>246
俺はキチガイだと。・・・アホか!!!!!

248 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 00:12:39 ID:ndvqxhp7
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1349904238
この難癖付けてる奴はアスペだろ

249 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 00:32:26 ID:eKpwZ0Ww
顔が見えなくて文章だけでもまともな人はその性質がわかるらしいね。
俺なんかどこ行っても二度と来るな!と2ちゃんねる追い出されるよ。

250 :アスペ:2010/11/09(火) 05:39:35 ID:gmBMSgY2
>>248
勝手に決めつけんじゃねーよカス。出直して来い。くそ野郎。

251 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 10:01:50 ID:llodVI1G

自分って アスペなのかな?

家族となら 結構 会話できるのに
外で他人とだと 失礼なこと言っちゃってる気がする
よく相手に『真面目なんですね』とか 言われるけど 全然 嬉しくない

言葉 選びすぎて 会話できてない気がする
そして 文章とか感想 書くの 下手すぎ...
大学生とは 思えない感じ

結構 完全主義で 分からない字とか読めない字が あると 不安になるし
音楽 ファッションとか 好きなことに 拘りすぎる

自分の容姿が変じゃないかとか...

なんか人と話しても 相手の人が あんまり楽しくないみたいで
不快にさせてるのかな?って思う...

そして 対人恐怖で視線恐怖...


252 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 10:09:18 ID:ewjswkvf
>>251
文章を見る限り、言語障害か学習障害だと思う

253 :アスペ:2010/11/09(火) 13:17:35 ID:gmBMSgY2
>>251
ガチのアスペは家族とも会話しずらい。

254 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 19:41:26 ID:0XII1a/u
>>253
ああ、分かるわ。何話していいか分からんよな。
自分の関心のある話題を適当に話すだけで相手に質問とかはしない。
お母さんは昔どんな人だったの?とか興味ないし覚えられないから聞かないな。

255 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 20:08:20 ID:7pVc4i4X
>>251
違うんじゃないかな。
アスペは自省するのが非常に苦手。

256 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 21:27:44 ID:TKdawOX7
>>251
アスペの特徴は少し緊迫した状況にクッキリと出るから、
気になるなら個人情報を伏せつつ日常の一コマを書いてくれると推測できる

例えば終業5分前に今日中に終わらせて欲しいという仕事が舞い込んだときに、どう動いたとかを
書いてくれると答えれる。

文章からだとふつうの内向型人間に思える。

257 :優しい名無しさん:2010/11/09(火) 21:50:07 ID:rEMO86sC
精神科医のサイトによると軽度で受動型のアスペは
>>251みたいに極度な内向的な思考を持つ人がいるらしい
まあ、気になるなら専門の病院を調べて検査受けた方がいいよ

258 :優しい名無しさん:2010/11/10(水) 15:47:29 ID:QV2D61nl
専門家自体が少ないし、まだよく分かっても無いのに、
本でもネットでも、アスペはこんな奴って薄っぺらい話が多すぎ。
真剣にアスペについて考えてる内容ってほとんどない。
当事者本もニキリンコみたいないい加減なのばっかだし。
周りにちょっと変わった人が居ただけでアスペ認定してるのも謎。
だいたいアスペがそんなに何人も身近にいないだろ…

259 :優しい名無しさん:2010/11/10(水) 17:19:49 ID:AOPiswng
アスペはustで自殺中継するよね

260 :アスペ:2010/11/10(水) 18:20:15 ID:4R3Zn2bW
>>259
Asperge、autismなんて書いてなかったろ?

261 :優しい名無しさん:2010/11/10(水) 18:24:01 ID:qioz7TTG
アスペだが鬱の方で入院したら
他の患者さんが全員一通りの心理検査を受けてた
最近は入院したらすぐ発達障害を疑うものなのか?
俺が検査入院した時はそういうの俺一人だったよ

262 :優しい名無しさん:2010/11/10(水) 22:19:32 ID:s2lrFLCo
別の理由もあるんじゃない?

263 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 00:31:15 ID:DY78frnl
別に心理検査は発達障害を調べるためだけじゃないだろ

264 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 05:30:29 ID:YRiOTD/C
診断が降りる前、あちこちの「町の小さな精神科診療所」で、
「私は発達障害ではないか?」という事を相談する度に、
ろくに話も聞かずに否定され、怒られ、
馬鹿にされるという事がよくあった。
その後「正しい手順」を踏んで「正式に発達障害の診断ができる医院」へ、
予約を取って行き、4回の診察及び知能検査の結果、ASと診断された。

その「正式な診断ができる医院」での診察を受けている間、
また怒られるんじゃないか?馬鹿にされるんじゃないか?
というものすごい恐怖があったので、同時進行して別の精神科に通っていた。
そちらでは発達障害の事は一切言わず「イライラして酒が止められない」
と言って、精神安定剤をもらっていた。

診断がおりてから、ずっと黙ってきた医院でとうとう打ち明けた。
「怒られるかもしれないから、怖くてだまってました」
というと、先生は怪訝な顔をされていたけど、怒られる事はなかった。
その先生によると、
「何故、大抵の医院が発達障害の診断をくだしたがらないかというと、
 そんな事は精神科医から見るとテストしなくても分かるものだし、
 言った所で治るものでもないから、
 そう告げた事により事態を悪化させるのを防いでるんだと思う」
というような事を言われた。

ああそういう事だったのか、と思い、
今後また新しい精神科に行っても、発達障害の事は言う必要がないなと思った。
二次障害が出た時、本当ならASの診断が降りた医院に行くのが一番良いんだろうけど、
そこはむちゃくちゃ混んでいて、予約がなかなかとれないから。

265 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 08:35:09 ID:j4HHpMfm
アスペルガー症候群…出来るだけ診たくない(関わりたくないってことか)
ADHD…診る。人格障害…診る(カウンセリング室アリ)鬱、等質…診る
こんなクリニックの医師もいた
まあその医師から大学付属病院を紹介されて、アスペと診断されたんだけどさ

266 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 10:23:49 ID:R+ASh6Oe
>>264-265
「アスペルガーは統合失調症と違って、病気というより「個性」であって「体質」で、元から治そうというものではなく、症状が出たらそれを治療する。
重症の発達障害の患者はそうは言っていられないので、入院させて治療する。」とでかい精神病院の医者が言っていた。

267 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 11:39:49 ID:/oaj/eDn
入院させて治療させるって具体的に?
たとえばチックとか、薬で抑えることができるの?

268 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 14:00:51 ID:Y/0nNtS9
>>13
俺、「自転車乗ってる間は寒くないんですけど、降りたら寒いですねー。自転車乗ってる時の
方が風があたって寒いのに」と言ってしまうな。アスペルガーなんだろうか……。

269 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 14:01:57 ID:Y/0nNtS9
>>16
なんかハートマン軍曹みたいだな。口で糞垂れる前と後にサー(はい)を付けろ、みたいな。

270 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 14:54:21 ID:lLxb4DnR
>>268
言語障害か学習障害だよ

271 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 15:50:01 ID:R+ASh6Oe
>>267
治療の仕方は知らないが、症状は出るからそれに対して治療はするみたいだよ。治療というか回復というか。

272 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 19:11:10 ID:+dcsjs5B
>>256
そんな事でわかるの?
無理だろ。

273 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 19:14:18 ID:7T97qU40
Axepta50mgを毎日飲んでいるところ、1週間経たずにキレやすくなった気がする
PDDに伴う多動・注意不足はましになったようなので飲み続けるか悩ましい

274 :優しい名無しさん:2010/11/11(木) 21:57:50 ID:f04IR7mN
軽度のアスペルガーだと普通の人とほとんど変わりがなくて
周囲の人も気づかなくて本人のカミングアウトで初めて気づく
って事をたまにネットで見るんだけど本当なの?

275 :アスペ:2010/11/12(金) 01:48:45 ID:/eqqEvnH
>>274
本人ですら気づかずに生活してるやつたくさんいるだろ?回りも気づかねーよ。

276 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 02:05:26 ID:wyRl6W9g
>>274
軽度でも二次障害になる人はなるんじゃないか?
そんでアスペ診断されてカミングアウト
でも周りはそこまで(異常を)気にはしていない

おれはそうだったが、何にせよ人の心は分からんから
ほんとに気にしてないのかは分からない

277 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 02:22:03 ID:y4UwsSdG
>>274
自分がアスペなの知ってるのは病院の人だけだよ。
家族も知らない。たぶん他の誰も気付いてないと思う。
例え気付いている人が居ても、「あなたアスペですか?」
なんて言わないと思うので、確認するのは不可能だけどね。
一部の馬鹿が目立つだけで、ほとんどのアスペはひっそり生きてるだろ。

278 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 02:30:59 ID:LOu7+gc6
>>274
俺の場合は周囲から変な人だという認識はされてたと思う
自分でも何かが普通の人と違ってておかしいとは思ってた

でも、鬱が慢性化して、自分では疑い半分で発達障害の
検査を二つの病院で受けたら二つともでアスペ(広汎性発達障害)と
診断が下った。正直、カミングアウトなんてする気になれない

279 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 02:34:36 ID:hsDfK20u
「○○さんって発達障害だよね?」と陰で疑われる方がほとんどじゃね?
本人は知らぬまま大学卒業して現在は実家に戻ってるらしい
まー、仲よかったわけじゃないから知らんけど

280 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 03:03:13 ID:y4UwsSdG
>>279
>「○○さんって発達障害だよね?」
そもそもメンヘル以外はそんな言葉自体知らくないか?
普通の健常者はそ自分の人生に忙しいので、
キチガイの病名なんて知る機会がないだろ。
そもそも大学卒業って、20代で本人に自覚がないのは相当な重度だろ。
軽度なら自分がおかしいことくらいは子供のころに気付いて、
他人とできるだけ関わらないようにするんだから、疑われる機会自体が少ない。
だいたいそんなに分かりやすいのならここまで研究が遅れる訳ないじゃん。
主治医によると気付かれてない相当数の潜伏アスペが居るらしいよ。

カミングアウトして周囲に理解をなんて馬鹿げてるわ。
専門的な知識や技術を身につけて、
ひっそり生きていくのがアスペにとって最善。

281 :アスペ:2010/11/12(金) 06:38:50 ID:/eqqEvnH
要は軽度のアスペは大概2次のうつ病なんかを併発するわけよ。で、なんでうつ病になるのか自分でもわからない日々が続く。うつ病になる理由がアスペであることに気づくまで
自分がアスペとは知りもしない。通院先の医者だって、カウンセラーだって、周囲の人間ですらわからない。 

282 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 09:58:20 ID:pqo4ueUD
>>275

>>276

>>277

>>278

>>279

>>281

レスサンクス。なるほど。結構分からないものなのね。

283 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 11:37:34 ID:Y7NnJPmV
>>278
チト聞きたいんだけど・・・

鬱で通院先の病院の紹介状とか書いてもらって発達障害の診断受けたのかな?
それとも、通院先には内緒で発達障害の診断受けに行った?

以前、発達障害かどうか調べようとしたんだが、
通院先の紹介状が必要とか、転院しなきゃ検査はできないと言われ断念した経験がある。

284 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 13:39:22 ID:hsDfK20u
>>280
>そもそもメンヘル以外はそんな言葉自体知らくないか?

わざわざ突っ込んでくれておいて何だけど、発達障害と言い出したのは福祉学科の子。
私はこのときまで知らなかった。

>キチガイの病名なんて知る機会がないだろ。

じゃあテレビの特番で取り上げるのはなぜ?世間へ周知させるためじゃないのか。忙しくて見てないだろ、というのは無しな。

>そもそも大学卒業って、20代で本人に自覚がないのは相当な重度だろ。

彼は重度だと思うよ。「あの人は発達障害だよね」と陰で言われるくらいだから。ここで詳しくは書かないけど、周りから話を聞く限り積極奇異型。公務員試験で筆記は通過しても面接で全滅→就職が決まらないまま地元に帰ったというわけ

>カミングアウトして周囲に理解をなんて馬鹿げてるわ。

彼はカミングアウトなどしてないが、自覚もしてないだろう。おそらく診断も受けていない。それで彼を発達障害と決め付けるのは彼に失礼かもしれないけど、「彼は変な人」と周囲が言ってるからね
そんな彼が診断を受けて確定したとしても「やっぱりね」「頑張って治療してください」「彼は施設に入った方がいいかもね」と思われる程度だと思うよ。私もそう思ってるもん。

>専門的な知識や技術を身につけて、
>ひっそり生きていくのがアスペにとって最善。

彼は法学部法律学科出身だから法律の知識を活かした方がいいんだろうけど、地元でフリーターや派遣社員として転々してそう。(卒業後に)再度公務員試験を受けると言ってたから、今も勉強中なのかもしれないけどね
今はどうしてるのか知る由もないけどね。

285 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 16:00:45 ID:d9Lx0Job
アスペルガー障害の診断を下すためには、母親(あるいは子供の頃のことをよく覚えている人)の
同伴が必須なのでしょうか?

先々週通院した病院で、アスペルガー障害と広汎性発達障害の可能性を指摘され、別の病院を紹介されました。
その別の病院で診察を受けたところ、その病院で2回心理テストを受けた後にもう一度母親と来るように、そうすえば
はっきりした診断が下せると言われました。

私は現在30代前半、職歴なしの男性で、母親を快く思っておらず、一緒に病院に行くのはかなり苦痛です。
病院の先生は、調べたところ某大学の助教授で何冊も著書を出版されており、悪い噂もなかったので、
間違ったことは言っていないと思うのですが。
母親同伴の方がよりはっきりした診断が出来るとは思うのですが、私と同じような条件で、同伴なしで
はっきりとした診断を下された方はいらっしゃいますか?

286 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 20:46:23 ID:m1fcveoR
>>285
264です。38で診断がおりましたが同伴は必要ではありませんでした。
ただ、集められるだけのありったけの資料を要求されました。
幼稚園児時代の「れんらくちょう」とか。

287 :アスペ:2010/11/12(金) 21:51:00 ID:/eqqEvnH
>>285
俺は国立病院で脳のMRI、脳波、血流、心理テストをもとにアスペと診断されてた。
だからあんたもでかい病院行って精密検査受けたらアスペの診断下るんじゃないかな?


288 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 22:33:54 ID:y4UwsSdG
>>284
突っ込むというか>>274の話について主治医から聞いた話をしただけ。
なぜ詳しく知ってる訳でもない、発達障害かどうかすら定かでない、
その人の事例だけを元にして、軽度のアスペについて語ってるの?
テレビの特番なんか目新しいものをテキトーに放送してるだけで、
こういう病気もあるんだ程度だろ。どうやってその程度の知識で
個人の病名を特定できるんだ。そういえば最近は素人がテレビの
デタラメな医療情報を信じて問題になってるって新聞に載ってたな。

発達障害は一般的な精神科医でも判別が難しくて、
特別に専門としている病院を紹介するケースがほとんどなのに、
周りからの話だけで、発達障害さらにアスペしかも積極奇異とまで
推測できるなんて、福祉学科のお友達とあなたはすごいな。
http://www.psychnet-uk.com/dsm_iv/_misc/complete_tables.htm
おそらくこの内容なんかは完全に把握していて完全に区別できてるんだろう。
福祉学科なんかより医学部に入って是非精神科医になって下さい。

289 :285:2010/11/12(金) 22:36:55 ID:d9Lx0Job
>>286,287
なるほど、やはり同伴がなくてもアスペルガーだと診断されることはあるんですね。

母子手帳が残っていたら持って来ると(診断の)役に立つとは言われました。
その先生も、母親同伴でなければ診断が下せない、ではなく、母親同伴ならばはっきりとした診断が出来る、という
言い方をしていたので、来週心理テストを受ける時にまた聞いてみたいと思います。
その返事とこちらの精神的余裕次第では、大きい病院にかかることも考えたいと思います。

参考になりました。
ありがとうございました。

290 :ぴょん♂:2010/11/12(金) 22:52:35 ID:bHZ9VHkF ?2BP(1029)

>>281
俺はそこにたどり着くのに 20年かかった。
うつ発症が20歳w

291 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 23:10:56 ID:y4UwsSdG
>>289
心理テストを2回も実施して幼少期の話も聞いてくれるみたいだし問題ないかと。
医師が紹介するぐらいだから、その病院にも判定に必要な機器はあると思う。
ちなみに自分は大学病院の医師に別の医師を紹介されました。
最初は心身症による聴覚過敏と診断されて、1年ほど通院して
はじめてもしかするとアスペかもしれないと言われたくらいなので、
とりあえずそこでしてもらえる検査はやってもらった方がいいと思う。
発達障害を診断できる病院や専門医本当に少ないらしいので。

292 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 23:16:11 ID:DREX+cZ7
>>283
278だけど、通院先には何も言わずに検査を受けに行きましたよ

自分も一度、うつ病で通院していることを告げたら、主治医の許可がないと
発達障害の検査はできませんとか理不尽な理由で拒否されたことはあります。
憶測ですが、場所によっては成人の発達障害を厄介払いしたがる傾向がある
気がします。

本当に診断を受けたいのであれば、辛抱強く検査してくれる病院を探して
いくしかないと思います。まぁ、診断を下されたところで現実問題として
何かが改善するわけでもないですけど。

293 :優しい名無しさん:2010/11/12(金) 23:36:42 ID:hANDtaR4
>>285
もう要らないと思うけど、心理検査をいろいろ受けまくって、
AS(推定)という診断まではある医者で出た
ディスクレパンシーが30あればね
ただ、幼児期がわからないので推定としたとのこと

数年後、大学病院に、幼稚園の「れんらくちょう」と母子手帳と、
上記医者での心理検査を持っていったら一発でAS/ADHD診断された
(上記医者の推定診断を承認する形)

母子手帳には何も書いていなくて、「れんらくちょう」に多動を
示唆するコメントが大量にあって、これが診断の決め手になった

もっとも、AS特有の物の考え方を改める薬はないから、
多動・注意欠陥を抑える薬を適用外処方(=子供向け薬を大人に出す)する、
のが精いっぱいだそうだ

294 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 00:28:23 ID:3ZghyU/X
アスペルガーの人の話し方って、どんな感じですか?
当事者の方とお話した事が2度位ありましたが、論理的に話された様な記憶があります
私は、論理的には話せないですし、
かといって、感情的でもありませんし、何か、セリフを言っているみたいに聞こえます
録音してみたんですが、驚愕しました
アスペではなくて、自閉症だと、言語に遅れが出るかと思います
自分で自分をアスペと思っていましたが、もしかして、自閉症だったのでしょうか
皆さんはどうですか?私と同じような症状ありますか?
ぜひとも教えていただきたいです

295 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 01:07:49 ID:un6LFpvk
自閉症=アスペ
だから間違いないよ。安心しなさい

296 :蝙蝠ちゃん出没中 ◆cWvjrxBVRg :2010/11/13(土) 01:50:12 ID:yOrUrw4L
>>287
MRIなんてアスペと関係無いでしょ

297 :285:2010/11/13(土) 01:59:27 ID:wqU8ZuT6
色々と参考になるレスありがとうございます。

>>291
紹介された先生の名前で検索したところWikipediaに項目があるほどだったので、
多分この方面に専門的な先生で間違いないとは思うのですが、母親同伴と言われたのが自分にとっては
かなり敷居が高かったので、質問した次第です。

心療内科に通院を始めてもう10年くらいになりますが、これまではうつ病だとか神経症だとか人格障害とかいう診断でした。
自分で何か違うと感じて別の病院に行ってみたところ、その病院(と先生)を紹介されました。
取りあえずここで心理テストを受けてみようと思います。

>>293
色々調べたのですが、やはりアスペルガー障害は投薬治療出来るようなものではないんですね。
通知表やらは多分残っていないと思いますが(それも母に確認しないと分からないので気が重い……)、
もし残っていれば持って行きたいと思います。

298 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 02:09:27 ID:wqU8ZuT6
以前は、自分のうつ症状は後天的なもので、投薬で寛解するか少なくとも抑えることは出来て、
いずれは社会復帰が出来ると思っていました。

でもやはり自分はうつ病とは何か違う、これまでの経験から考えてどこか頭がおかしいのは間違いない、
そう思って別の病院に行ったところ、発達障害やらアスペルガーやらの可能性を指摘されて、
確定ではないけれど、ああこの自分の異状はもしかしたら先天的なものだったんだ、と、
本当に周囲から自分はおかしい人間に見えていたんだ、と、
あちこちの場面で空気が読めていなかったんだ、と、
そう考えると今後どうすれば良いのか分からず、どんどん憂鬱な気分に……。

取りあえず来週心理テストを受けて、とにかく早いうちに白黒はっきりさせたいです。

299 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 03:51:36 ID:bm2pfec5
私と会話していると、
は?とかえ?みたいな無表情になって観察してくる人と
会話をやめたそう&牽制してくる人が
多いのだけど、何故なのかしら。。。
原因に心当たりないけど、こうなる例がとても多い
かなしい
原因も気になる
ブスだからでしょうか
他の方もこのような経験があるのでしょうか

300 :アスペ:2010/11/13(土) 04:41:00 ID:uKBXRlQ9
>>296
 脳のMRIを撮るとアスペ的な脳の形がわかるらしい。

301 :アスペ:2010/11/13(土) 04:43:53 ID:uKBXRlQ9
300の文法はちょっと変だけどその辺のとこスルーして。

302 :蝙蝠ちゃん出没中 ◆cWvjrxBVRg :2010/11/13(土) 04:49:59 ID:yOrUrw4L
>>300
どこの病院のなんという医師(おそらく教授クラスだね?)がそう言った?
アスペに関しては偏見の一人歩きが激しすぎるんだなこりゃ

303 :アスペ:2010/11/13(土) 04:56:36 ID:uKBXRlQ9
>>302
ガチで言うぞ?http://nho-kumamoto.jp/国立病院機構 熊本医療センターのとある先生だ。
先生の名前も知りたけりゃまた。レスしろ。俺はここの病院で診察を受けたがアスペルガーと断定されたわけではない。
アスペルガー的な要素が俺にあると言われたんだ。だから、はっきりこっちから「私はアスペルガーですね?」と質問し、相手は「アスペルガー的な要素がある」と言った。
つまり断定はされてないが、自分自身を考え、なおかつ病院で下った結果とその先生の説明をもとに自分をアスペルガーと思ってる。軽度のね。
すでに書いたがそこで受けた検査は、脳のMRI,脳波、血流、心理テストだ。

304 :アスペ:2010/11/13(土) 05:13:41 ID:uKBXRlQ9
http://hubpages.com/hub/Autistic-Spectrum-Disorder-Aspergers-Syndrome-Brain-Scan-Diagnoses-Autism
英文の記事を探すとMRIでアスペルガーを診察できるというのがくそほど出てくる。
ただし、その文にはmightとか90%とかいう文字が出てくるので断言はできないんだ。
ただ、自閉症スペクトラムにMRIが活用されてることは確か。



305 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 06:54:06 ID:CQHZs0YJ
脳のMRTなら、大脳とかの萎縮とかでしょ?
アルコール依存とか認知症とかだと萎縮があるとか言うじゃん?
そんな類じゃないの?
しかも先天性かどうか、生まれた時の赤ん坊のMRTならまだ分かるけど、
大人のじゃ後天的かどうか、医師にも分からないんじゃないか。

306 :アスペ:2010/11/13(土) 08:34:51 ID:uKBXRlQ9
>>305
MRTじゃなくてMRIだよ。たとえば自閉症スペクトラムに該当する人間は視覚が健常者のとは違う。
こんな風に自閉症スペクトラムの脳は健常者と違うところがあるらしい。(視覚をつかさどる脳の部位)アスペ特有の脳の形があるらしい。
っていうか何でそんなに疑ってんだ?お前ら医者じゃないくせに。俺は医者が説明したことを信じてるだけだ。それから英文記事をね。


307 :アスペ:2010/11/13(土) 08:38:54 ID:uKBXRlQ9
>>305
発達障害ってのは先天的だぞ?そんなら自閉症スペクトラムに該当する人間って生まれたときからずっと
脳の形が変わらないわけだ。そこで自閉症特有の脳の形があればそれで判断できるだろ。
アスペルガーの基本的なことわかってるか?発達障害だぞ?脳のある部分が発達しない、もしくは未熟なままなんだ。
後天的な感じで突然アスペになるわけではなかろう。

308 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 08:55:13 ID:CQHZs0YJ
>>306、307
疑うんじゃなく、間違いがないかどうかの確認だよ。
MRTはMRI。間違えた。

先天性だからこそ、大人の脳だけでなく、子供の脳も
調べてるのかってこと。

309 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 08:55:35 ID:XCgujIws
>>304
MRIで自閉脳を90%の精度で見分けられるという話でしょ。
MRIを診断に使える・使ってるという話ではない。

310 :重症アスペ:2010/11/13(土) 09:40:22 ID:cOZRhxP4
誰か、私の@学力、A学歴、B容姿、C根性、D社会適合力を100点満点で個別評価及び総合評価してください。

@7年前の学力
・模試最高偏差値
文系数学72.7(03第1回河合記述)
理系数学64.5(03第3回河合記述)
国語(現代文)63.8(03第4回代ゼミ記述)
国語(現古)59.0(03第1回河合マーク)
国語(現古漢)56.4(第1回河合マーク)
英語44.1(03第1回代ゼミセンター)
政経74.8(03第1回河合センター)
物理TB50.2(03第1回私大)
物理TA59.3(第1回ベネ駿マーク)

・模試成績画像
河合マーク(2003-1)
http://imepita.jp/20101031/719270
代ゼミマーク(2003-1)
http://imepita.jp/20101031/718520
http://imepita.jp/20101031/718890
※マークは5−6型リスニングなしの800点満点。
代ゼミ記述(2003-1)
http://imepita.jp/20101031/767530
http://imepita.jp/20101031/767980
駿台コース認定証(2004)
http://imepita.jp/20101111/859320

311 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 09:41:58 ID:cOZRhxP4
A学歴
最上位公立大学経済学部卒
卒業証明書のコピー
http://imepita.jp/20101113/134230

B顔
http://imepita.jp/20101111/122900 (優しめ)
http://imepita.jp/20101111/123290 (赤眼鏡着用)
http://imepita.jp/20101111/685840 (ホスティ)

C根性
公立中→工業高校→中退→大検→独学→19歳で大学合格→25歳直前に大学卒業(∵早生まれ)

D社会適合度
・18、19歳のとき、精神科で知り合った彼女と8ヵ月交際。
・以後彼女いないが普通のメル友サイトで知り合った女の子9人とH(勿論タダマン)
・1つ年上のリア充男(かつての軽い友人)とナンパ経験1回あり
・現在軽い友人が1人(4つ年上)
・現在知人1人(2つ年上)
・現在恩師1人(未成年時に通院していた精神科の看護士)
・大学では常にぼっち(事実上の休学をしてたのもあり2留)
・単発派遣社員のアルバイトを3年(月5回程度)し、ホール、ライン作業などに従事。
・その後、集配系ドライバーのバイトを1年半(失敗多発によりクビ)
・現在無職25歳

312 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 09:59:29 ID:UoGgoPxV
>>292
レスさんくすです

>診断を下されたところで現実問題として
>何かが改善するわけでもないですけど。

そうかもしれませんね。
過去に主治医や両親も口にしていた言葉です。
両親・主治医ともに、「意味がないからやめておけ」的なこと言ってました。

313 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 10:17:46 ID:55whWo4P
>>307
名前欄に変なもの入れてるから絡まれるんだよ

314 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 10:18:46 ID:O7sB/Wg9
現在のアスペの診断基準にはMRIや脳波は一切入ってなから、
いくらMRIや脳波の検査をやってもアスペの診断は下せないし、
>>285の先生の言ってることの方が完全に正しいよ。
俺も他の病院に行くのはお勧めしない。

他の要因で症状が生じている可能性があるので、それを除外するために行っている。
たとえ自閉のような傾向が有っても、MRIや脳波で別の異常が見つかれば、
それが主な診断名になるので、ID:uKBXRlQ9さんはそのパターンじゃないのかな。
自閉症はスペクトラム的なものなんだから、
アスペ的な要素があることと、アスペルガー障害であることは完全に別だよ。
断言されてもないのに名前欄にまでわざわざアスペって書いて強調しなくても。

315 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 11:21:24 ID:un6LFpvk
MRIを使うのは他の病気の可能性を調べるのか、診療代を稼ぐ目的で余計な検査を入れてるかどっちかしかないね

316 :蝙蝠ちゃん出没中 ◆cWvjrxBVRg :2010/11/13(土) 13:52:22 ID:yOrUrw4L
アスペルガー特有の脳の形なんてありませんよ
LD, PDD, ADHD, カナーなど他の発達障害は知りませんけどね

認知機能上の特異さと物理構造上の特異さをごたまぜにされてもねえ

317 :アスペ:2010/11/13(土) 13:52:44 ID:uKBXRlQ9
>>309
あのさ、そんなこといったらうつ病診断だって、「うつ病の可能性がある」で終わっちゃうジャン。

318 :アスペ:2010/11/13(土) 13:55:38 ID:uKBXRlQ9
>>316
あなたのような否定派が多いから徹底的に調べ上げて自閉症スペクトラム特有の脳の形があることを証明してやるよ。
暇があるときに。

319 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 16:25:21 ID:hQ/jXf90
アスペルガーでも発達障害でもいずれにせよ、友達はできないよな!
逆に知的障害の方がりこうで友達できるし結婚もできるよ。

320 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 16:26:41 ID:hQ/jXf90
俺は知的障害にもバカにされる!

321 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 16:29:00 ID:hQ/jXf90
俺は足の悪い身体障害にも殴られた!

322 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 17:01:09 ID:bm2pfec5
>>299のレスは特にありませんか?

323 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 17:19:51 ID:rc5A5wit
>>322
レスに興味はありましたよ。
自分も経験あるけど、原因に心当たりあるからレスしなかった。
そういう反応くるかもって予想しながらもあえて発言するから。
もしくは発言しながら気付く。

324 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 17:52:15 ID:CQHZs0YJ
>>299
会話に問題があるんでしょ?
相手の迷惑顔に気づいたら会話はそれ以上続けないというルールを作ったら?
沈黙するなりして、相手の出方を待つ。


325 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 18:14:37 ID:CQHZs0YJ
>>299
会話の問題とは、その会話で相手の触れて欲しくない話題とか
もしくは相手がその話題に興味がないとか。後、その話題を過去に
何度かしてるとか。
アスペは繰り返し話すのが好きそうだけど、1回で相手がその話題を
して良いのか悪いのか、見極めるようにできたらきっと今よりも良くなると思う。


326 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 18:19:34 ID:un6LFpvk
>アスペは繰り返し話すのが好きそうだけど、1回で相手がその話題を
>して良いのか悪いのか、見極めるようにできたらきっと今よりも良くなると思う。

同じ話するのは一回きりにする、とルールとして決めたらよくね

327 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 18:25:47 ID:CQHZs0YJ
>>317
アスペである事を医師以外のもの、第三者や誰でもが分かる物理的なものとして
明らかになったとして、それでどうなるの?アスペ人生が変わるの?



328 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 18:30:42 ID:CQHZs0YJ
>>326
そのとおりで、早く言えばそんな事。あなたは話が良く分かってる。

329 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 18:35:00 ID:rc5A5wit
ここ妙なのが常駐してるんだね

330 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 19:46:02 ID:9sbRSSre
大人の自閉症者の脳において有意に萎縮してる部位がいろいろ見つかってるのは事実。
だけど、それが生まれつきであり自閉症の原因であるかはわからない。
なぜなら、他に根本の原因があって脳の使い方が偏るために結果として萎縮している可能性があるから。

ID:uKBXRlQ9は「ユニットの先天的欠損」というニュアンスが欲しいのでは?
それならば「無いものはしょうがない」と一般からの理解が得られやすいのは確かだけど。

331 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 20:01:38 ID:9sbRSSre
>>317
それが精神医学の現状だよ。
DSMなんかの診断基準だと、社会状況や主観がかなり大きく入り込んでるし。
逆にさ、精神医学の領分で、神経学的な直接観測に基づいて診断される障害・疾患ってあるの?

332 :アスペ:2010/11/13(土) 20:06:57 ID:uKBXRlQ9
>>327
なんで医師以外の第3者だよ?精神科医か脳科学者が判定しないとだめだろ。

333 :アスペ:2010/11/13(土) 20:09:08 ID:uKBXRlQ9
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&q=autism+mri&rlz=1R2SUNC_jaJP401&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=kHHeTN6cFovIvQPBmYT5Dg&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=2&ved=0CDQQsAQwAQ

実際こうやってMRIがとられてるんだべ?なんでかたくなにMRIを否定するんだ?
その根拠を述べよ。否定派は。

334 :アスペ:2010/11/13(土) 20:54:10 ID:uKBXRlQ9
>>330
違うだろ?最初に、その部位が発達しないことが前提なんだよ。使わないから萎縮または違う形になるわけではなく、最初から
その脳の部位はその形になる運命なんだよ。俺は医者に言われたぜ、「あなたの脳は発達が未熟なところがある」「こういうのはアスペルガー的な要素がある」って。
もしも脳の使い方のせいで自閉症になるんなら後天的といえるだろ。しかも、幼いころの療育で抜群に改善されるはずだ。
だが、どうだ?現実は違うだろ?自閉症スペクトラムに該当したら生まれてから死ぬまで一生そのままなんだよ。
脳がこういう特徴をもつってのは決められちゃってんだよ。

335 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 21:01:39 ID:CQHZs0YJ
MRIを見た医者がそれ見ながら、
「あなたの脳は発達が未熟なところがある」なんて言うのが分からないな。
例えば「脳腫瘍」とかのMRIの画像ではっきり確認できるものなら分かるけど。

336 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 21:18:48 ID:O7sB/Wg9
>>333
他の要因でその脳の状態になってるかもしれないじゃん。
アスペルガー障害→脳構造に違いがある は成立しても、
脳構造に違いがある→アスペルガー障害 は成立しない。
熱があるだけでは風邪かインフルエンザか判断できないだろ。

ID:9sbRSSreが言うようにDSMによる診断基準は主観的なもので、
アスペルガー障害の定義に脳構造や脳波の情報は全く入っていない。
今の社会状況に適してなければ障害という概念で分類してるだけだよ。
結局世の中が上手く回ればいいんだから別にそれでいいと俺は思うぜ。
実は俺もお前みたいな考え方をしてが最近考え方が変わったんだ。

例えば一卵性双生児は、同一の遺伝子、同様の脳構造を持つけど、
社会的にはまったく違う性質を示し、正反対の人生を歩むこともあるよね。
極論を言ってしまえば、いくら客観的な知識が増えたとろで、
人間が人間という主観的な存在を審判することに限界がある。
どんな人になってどんな人生を歩むかなんて誰にも分からないよ。
ここではアスペがどうやって生きていくかを建設的に考えようや。
俺みたいにネットの書き込みひとつで人生が変わるかもしれないしな。

337 :蝙蝠ちゃん出没中 ◆cWvjrxBVRg :2010/11/13(土) 21:44:04 ID:yOrUrw4L
>333
MRIなら撮ったことあるから知ってるよ(アスペ云々とは別の事情で別の機会に)
別段なんら異常は無かった

使わないから何らかの部分が萎縮したのなら、その機能を果たす部分になんらかの障害がでているはずで、アスペルガーとは違うと思うね
さらに最近じゃ、アスペルガーを自閉症とは分けて考える説もあるのだよ

338 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:04:03 ID:bm2pfec5
>>325
まあ一般論的にはそうですよね
もう少し具体的に言うとどうですかね

触れてほしくない話題とかよくわからないですねえ…
話題の好き嫌いに関しては、他人に同意した記憶がないですし
私から見てひでーなと思う話題でもキャッキャしてる人たちがいるし
私が同じ話題を振るとしくじることも多いので
話題より私自身に問題がある気もします

そういった点でご自身に心当たりのある人はいますか?
例えば、会話のリズムがおかしいとか、チック気味だとかで、他人に不潔な印象を与えるとか

339 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:06:05 ID:2omMKEa/
前にASとLD併発はありえないみたいな感じだったが
父がLD併発みたいだよな。話題がころころ変わるし
言語表現が拙い。しかも報われない事に母親がADHD傾向。
臨床心理士との相談で判明したしな。呆れた事に
2年前に既に僕の発達障害傾向を母に警告していたというw
発達障害は本当に字義通りにとっちまうんだよ。

340 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:25:12 ID:CQHZs0YJ
>例えば、会話のリズムがおかしいとか、チック気味だとかで
>他人に不潔な印象を与えるとか

これ自分で分かるならアスペじゃないだろ?




341 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:33:24 ID:r0a/Iziy
遺伝子決定論なんかを信じている人がいるのが信じられない
同じ脳梁欠損でも症状が出ない人もいれば知的障害を起こす人もいる
脳機能局在論の人はこれをどう説明するの?

342 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:50:26 ID:wBV6XAcr
>>339
学障の単発じゃね?

343 :優しい名無しさん:2010/11/13(土) 22:59:01 ID:3bH525xR
話題より私自身に問題がある気もします

発達障害は本当に字義通りにとっちまうんだよ。

344 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 00:50:20 ID:ARCQrED/
>>341
いやLDでも遺伝性が指摘されたりするよね。
その辺は微妙だよなあ。
>>342
まあでも別スレの動画で報道番組だったが
ADHD,LD,ASの3種併発者が実在したりするんだよな。

345 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 01:21:06 ID:QrdQI6dA
>>344
DSM(精神障害の診断と統計の手引き)によって、
広汎性発達障害に該当する場合はADHDと診断しないと明記されています。
ですからADHD、AS、LDの3種併発者なんて絶対に存在しえませんよ。
仮にASに注意欠陥や多動が見られる場合も、広汎性発達障害の症状
の一部として扱われるので、ADHDが付加されることは厳密にはありません。

そもそもDSMにつてどの程度把握した上でそういう発言してるんですか?
しつこくそういう間違った情報を流すのはもういい加減に止めてくださいよ。
その報道番組とテレビ局を教えてください。
協会の知り合いに連絡して訂正の要望を出してもらうので。

346 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 01:23:09 ID:/yMmuglM
>>340
他人に指摘してもらえる環境なら自分で気づく可能性もあるかと
うちは家族との会話もほぼ無いので、配慮の必要な指摘をしてくれる親しい人はいません
バイト先の上司に、語尾が強くて偉そうと言われたくらい

347 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 02:36:03 ID:7zG0Cqjg
>>345
DSMだけが絶対的な基準ではないのでは
私が以前かかっていた医師は、DSMはあてにならない、あれに従うとみんなうつ病になってしまうとか言って
他の基準(ICDかな。昔のことなのでよく覚えてないですが)を使っていましたよ

348 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 03:00:48 ID:QrdQI6dA
>>346
誰もDSMが絶対な基準なんて思ってないし、ICDくらい知っています。
ICD-10では多動はHyperkinetic Disorderと分類されていますよ。
AD/HDのHyperactivity Disorderと非常に似ていますが別物です。
どうしてよく覚えてないような知識で平気で発言するんですか?
医療情報なんだからせめて原文を全部読んでくださいよ。
例えば>>120さんの先生も「多動を伴うPDD」という言い方をしていて、
ADHDとASの併発とは言ってないですよね。まともな精神科医ならそうです。
そもそも今は全世界でDSMの方が主流ですよ。改定も新しいですし。
発達障害は比較的新しい分野なので、1994年改定のICDでは古いです。

349 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 03:05:09 ID:QrdQI6dA
すみません、↑は>>346じゃなくて>>347です。

なんでこんなデタラメが平気で垂れ流されるんだろう。
間違った情報を流す人の気が知れない。

350 :344:2010/11/14(日) 04:02:02 ID:ARCQrED/
>>348
そうそう、これは僕も不自然だと思った。
ADHD,ASは似た傾向がある。しかし
LDになるともはや能力障害的な意味合いになってしまうんだろうなと。
だけどさあ、ダウン症を重度発達障害だととらえるのは医学的に
どうなのかとwキリストの末裔は誰か?みたいな話だw

351 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 04:27:00 ID:zQP5jF2D
>>346
そっちの「心当たり」ね。

言ってもられば、自分の悪いことに気がつく。
でもその前に、自分の悪いところがでないよう、日頃から注意できるといいね。



352 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 04:34:32 ID:7zG0Cqjg
>>348
そうですか。
>>345ではDSMのみを挙げて「絶対に存在しえない」と強い調子で書かれていたので
他の基準のことは考えられていないのかと思いました。

「よく覚えていない」と書いたのは、その医師にかかったのが昔のことなので
その医師が他のどんな基準を使ったのかをよく覚えていない、という意味です。
医療情報をよく覚えていないというつもりはありませんでした。

私が言いたかったのは、「絶対に」と書かれているからには、世の中に存在するあらゆる診断基準で
3種併発という自体が存在し得ないのかな、ということです。
私はDSMとICD以外の基準を知りませんし、それぞれについて大した知識もありません。
なので、3種併発があり得るとかあり得ないといか意見をするつもりもないですし、することも出来ないです。

言葉足らずだったようですみませんでした。

353 :アスペ:2010/11/14(日) 06:14:39 ID:5xuo63+e
>>336
>アスペルガー障害→脳構造に違いがある は成立しても、
脳構造に違いがある→アスペルガー障害 は成立しない。

医者がMRIの画像を見てアスペ的特長のある形だと言ったんだ。なぜ素人のお前にそんなことが言える?

>>337
詳しく説明してくれないとわからん。なんの時のMRIだ?何年前だ?何の先生だ?またアスペ的要素を探そうとしてMRIを見てたのではないなら
その特徴に気づかないのでは?

354 :アスペ:2010/11/14(日) 06:48:32 ID:5xuo63+e
ここへきてなんだが、アスペルガー的脳の形でなく、アスペルガー的に脳を良く使ってる部分と使ってない部分だったかもしれん。
ただし、俺が言われたのは「あなたの脳のここの部分を見てみると、あなたは見るものを写真のようにとらえる、記憶する」みたいに言われた。
                 ↑
           この発言から推測できるのは脳の形が健常者とは少し違うことだ。

3ヶ月くらい前に受けたから医者に何を言われたのか忘れてる。俺が勝手にアスペと健常者の脳は形が違うと思い込んだのかもしれない。
もしくは最初から話を適当に解釈したかだ。

いずれにしろMRIでアスペかそうでないかはわかるんでないか?

youtubeでも英文記事でもそのことを指し示すものはあるが、逆にアスペも健常者も脳の形は同じだと書いてある文章もある。
俺にはわからん。もちろん俺は医者でもなけりゃ自閉症について研究しているわけでもない。 

355 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 06:58:43 ID:q0RoOvt3
WikipediaとかGoogleとかAmazonとかに釣られすぎw
引き篭りの行動範囲なんて推測可能なんだよ

356 :アスペ:2010/11/14(日) 07:19:36 ID:5xuo63+e
MRIで異常なし ブログ
http://amama.jugem.jp/?eid=42
http://aksora.blog59.fc2.com/blog-entry-22.html

http://jbbs.livedoor.jp/study/6470/storage/1126736293.html
↑MRIで異常なしと言われたのと、脳に不活発なところがあると言われたカキコ

MRIでアスペ脳がわかると言っているサイト
http://www.katobrain.com/profile/mri.html
http://developmental-disorders.at.webry.info/201005/article_24.html

英語のサイト MRIで自閉症がわかる。
http://www.newscientist.com/article/dn19291-mri-scans-could-diagnose-autism.html
http://www.youtube.com/watch?v=dOIjoiTVbdM&feature=related←brain waves?
http://www.youtube.com/watch?v=FMPDrDsRTUY←脳の活発なところと不活発なところ



357 :アスペ:2010/11/14(日) 07:21:00 ID:5xuo63+e
>>355
何言ってんだ?お前。

358 :アスペ:2010/11/14(日) 07:23:58 ID:5xuo63+e
MRIでアスペ、ADHDと診断された、ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/waternymph7777777/711361.html

359 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 07:37:08 ID:Asyw8rKV
発達障害ビジネスにアスペルガー症候群として入いちゃったからもう大変w立場や生活がかかってるから命がけw

360 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 10:21:33 ID:QrdQI6dA
>>352
だいたいADHDという概念自体がDSMのものですよ。
そのDSMによってADHDとASは区分されています。
ですから世の中に存在するあらゆる診断基準で、
3種併発という自体が存在し得ないと言えます。

多動→ADHDと勝手に結び付ける人が後混乱が起きてるんです。
多動と告げられただけなのに、ADHDと診察されたと思い込んでしまい、
別の医師やケースワーカーなんかにADHDと診断されたと説明する
患者や保護者が多すぎてトラブルの元になってるんですよ。

多動は診断が難しくて、MTR-IVからMTR-IV-TRの改定で、チック症の
診断基準自体が変わっているし、他にも微修正が色々行われています。
日本語でも誤解のないように訳語を見直したりしているのに台無しです。

あなたみたいに自覚も無く、もっともらしい情報を流す人が一番迷惑ですね。
お願いですからよく知らないならもう黙ってて下さい。
ネットやテレビでいい加減な情報が流れてるせいで、
どれだけ不利益を被ってる人が居るか真剣に考えたことあるんですか?
病気や障害そのものが医療情報に関わることです。
あなたの書き込みを見てDSM以外の診断基準なら
併発もあり得ると思ってしまう人が確実に居ますよね。

361 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 10:42:57 ID:QrdQI6dA
>>358
ADHDとASは似た傾向があるだけで別物ですよ。
同じような症状があっても風邪と花粉症は明確に違いますよね。
PDDなど他の明確な理由が見当たらないのに、なにか別の
原因で多動が生じている状態ををADHDと分類してるんですよ。
どこに3種併発者が存在するんですか?
さっさとその報道番組とやらを教えてくださいよ。
もうデマばっかり流さないでください。

362 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 12:27:42 ID:cfWmdpty
可哀想だけど負け戦だよ
いくら脳科学に訴求してみたところで答えは出ない
自分でも自分の脳MRIを比較検討して見たけど結局何もわからなかった
おかしいと思えばおかしいが、それにも関らず自分と似た脳の持ち主は何でも無かったりする
結局、脳の形は人種間の差の方が遥かに大きいことがわかっただけでした
人種差よりも個人差の方が大きいという意見もあるけど、
やっぱり同じ人種の脳は似通っていると思うよ

363 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 14:55:50 ID:7zG0Cqjg
>>360
なるほど。
ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化されるようですが、確かに unique ではないようですね。
そして ADHD という名前を使った他の診断基準も存在しない、と。
勉強になりました。

私は「もっともらしい情報を流」した覚えはないのですが、どこがそれに該当するのでしょうか?

364 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 15:01:34 ID:7zG0Cqjg
すみません途中投稿してしまいました。

>>360
私は「もっともらしい情報を流」した覚えはないのですが、どこがそれに該当するのでしょうか?
私が書いた情報と言えば、私を診断していた医師が DSM を信用せず ICD かあるいは他の診断基準を使っていた、という
ローカルな情報くらいだと思うのですが……。

> あなたの書き込みを見てDSM以外の診断基準なら
> 併発もあり得ると思ってしまう人が確実に居ますよね。
この考えに至る理由がよく分かりません。
私は「DSM 以外の診断基準なら併発という診断もあり得るのではないか」と疑いはしましたが、
「DSM 以外の診断基準なら併発という診断もあり得る」と書いたつもりはないです。

>>352
> 3種併発という自体が存在し得ないのかな、ということです。
を「3種併発という事態が存在する」と読み取る人が確実にいるということなのでしょうか。

365 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 15:16:18 ID:QrdQI6dA
>>363-364
>ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される
これも間違いですね。まだもっともらしい情報を流してるじゃないですか。

ICD010でF90.0にコード化されているのはHyperkinetic Disorderであって、
DSMのAttention Deficit/Hyperactivity Disorderとは別のものですよ。
>>360でも書いたようにICD-10にはADHD自体が存在しんませんよ。

もしDSMを信用せずICDか他の診断基準を使っている医師がいるのなら、
ADHDという診断自体下しようがないですよ。ADHDはDSMにあるものですから。

366 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 15:36:20 ID:7zG0Cqjg
>>365
ADHD で ICD-10 が F90.0 にコード化されるというのは、下のページを見てそう理解したものです。
http://counsellingresource.com/distress/adhd/hyperkinesis.html

>> F90.0 Disturbance Of Activity And Attention
>> The code used should be F90.0 when the overall criteria for hyperkinetic disorder (F90.-) are met but those for F91.- (conduct disorders) are not.
>> Includes:
>> * attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity
>> * attention deficit hyperactivity disorder

ICD-10 に ADHD そのものの(unique な)カテゴリは存在しませんが、F90.0 に含まれる、ということではないのでしょうか。
この記事を投稿している Dr Greg Mulhauser という人は
British Association for Counselling and Psychotherapy の会員らしいので、信用に値すると判断しました。

それと、.>>364
> 私は「もっともらしい情報を流」した覚えはないのですが、どこがそれに該当するのでしょうか?
> 私が書いた情報と言えば、私を診断していた医師が DSM を信用せず ICD かあるいは他の診断基準を使っていた、という
> ローカルな情報くらいだと思うのですが……。
この部分についての回答をいただけませんか?
私には読み返しても該当箇所が分からないので……。

367 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 15:48:17 ID:QrdQI6dA
>>366
誰もHDにADHDは含まれないなんて言ってないじゃないですか。
ADHDはHDと違って、「その症状は広汎性発達障害、精神分裂病、
またはその他の精神病性障害の経過中にのみ起こるものではなく、
他の精神疾患ではうまく説明されない」場合とDSMによって決められてるんです。
ICDの基準でHDに当てはまっても、DSMではADHDに当てはまらないこともある。
だから多動だからといってADHDとは限らないんですが理解できますか?

>この部分についての回答をいただけませんか?
ADHDはDSMによって基準を決められているのに、
DSMだけが絶対的な基準ではないのでは?
といいう発言自体がおかしいですよね。

368 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 16:12:21 ID:7zG0Cqjg
>>367
> 誰もHDにADHDは含まれないなんて言ってないじゃないですか。
これはその通りだと思います。
私もあなたが「HD に ADHD は含まれないと言った」とは思っていません。

>>365 であなたは「ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される」というのを「これも間違い」であり「もっともらしい情報」だと評価しました。
それに対して >>366 で、私が何故「ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される」と判断したのか、その根拠を示したのですが、
この根拠に基づいて「ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される」と判断するのは間違いでしょうか?
それとも根拠となる Dr Greg Mulhauser の記事自体が間違いなのでしょうか?

> >この部分についての回答をいただけませんか?
> ADHDはDSMによって基準を決められているのに、
> DSMだけが絶対的な基準ではないのでは?
> といいう発言自体がおかしいですよね。

確かに、その時点で私は ADHD という名前が DSM でのみ規定されているものだとは知らなかったので、
とんちんかんなことを言ってしまいましたね。
すみませんでした。
それで、その質問を投げかけたことが、何らかの情報を流したことになるのでしょうか?
「DSM だけが ADHD の絶対的な基準ではない。他にも ADHD の診断基準は存在する(だから 3 種併発はあり得る)」と明記したのであれば
それはもっともらしい情報を流したことになると思いますが、私はただ疑問に思ったことを書いただけです。

369 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 16:19:16 ID:7zG0Cqjg
加えて、あなたは >>348
> 誰もDSMが絶対な基準なんて思ってないし、ICDくらい知っています。
と書かれていますよね。

これはつまり「DSMだけが絶対的な基準ではないのでは?」に対して yes と答えているので、
このやり取りで得られる情報は、強いて言えば「DSMだけが絶対的な基準ではない」だけでしょう。
「あなたみたいに自覚も無く、もっともらしい情報を流す人が一番迷惑ですね」とまで
言われる理由が私には全く理解出来ません

370 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 16:40:59 ID:QrdQI6dA
>>345で初めにDSMによって定義されてると私は明言してますよ。

それに対してあなたが医師はDSMはあてにならないと言いうので、
>誰もDSMが絶対な基準なんて思ってないし、ICDくらい知っています。
その部分に対してこう答えただけですよ。

すぐ後にも
>ICD-10では多動はHyperkinetic Disorderと分類されていますよ。
>AD/HDのHyperactivity Disorderと非常に似ていますが別物です。
と書いてICDではADHDの定義はされてないことも指摘してますが。

そもそもリンク先の英文でも含まれると書いてるだけですよね。
HDはしいていえばADHDの混合タイプに近いのであって、
厳密な定義は違うので、=で置き換えることはできませんよ。

なんか定義とか呼ばれていた人そっくりですね。
あの人も象徴と記号の違いが分からなくて勝手に入れ替えてましたね。

371 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 17:13:39 ID:/yMmuglM
>>351
自分で試行錯誤した上で、他人の視点や価値観を知るための質問だと書いたはずですが
あなたには言いたいことが伝わらないようなので、このやり取りは〆させてください

372 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 17:34:50 ID:zQP5jF2D
次から間違ってもレスしないように覚えておくことにする。

373 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 17:51:25 ID:ZPY+ztDE
265 :優しい名無しさん[sage]:2010/10/27(水) 12:29:49 ID:jZuw2MZV
ASとLDの併発は大変そうって上の方に書いてあったけど
発達障害専門医によると彼女はAS,LD,ADHDを持ってるらしいです(3:30辺りでタバコを吸っています)
http://www.youtube.com/watch?v=sLxU8w9GMkg

374 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 18:04:36 ID:845YBKAW
妄想についての空想その二。

典型的な強迫的な行動ってのは、
あほらしいとは思いつつもそれをしないと不快なのでやらずにいられない行動
みたいなのだと思う。

ここで信じるって活動をいわば心的行動みたいなものだとしたらどうだろうか。
(行動って言葉には身体運動でもなければならないって雰囲気があるような気もするが、
 強迫行動との類比を強調するためにあえて心的行動とか言ってみる)

ある人にとって、信じることを止めることが不快な信念があったとしたら、
そのような信念を信じ続けることは強迫的な心的行動と言うこともできるかもしれない。

などと『侵入思考 雑念はどのように病理へと発展するのか』
の内容についてぼんやりと思い返しつつ思ったり。

375 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 18:15:51 ID:QrdQI6dA
>>373
どうもありがとうございます。

一応連絡はするけど、かなり前の放送みたいだ。
テレビだと時間が限られてるのは分かるけど、なんだかなっていう内容だ。

376 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 18:23:34 ID:7zG0Cqjg
>>370

> >>345で初めにDSMによって定義されてると私は明言してますよ。
これは、ADHD が、ということでしょうか?
>>345 からは「DSM で ADHD と診断しない条件として広汎性発達障害に該当する場合がある」
ということは読み取れますが、私には「ADHD は DSM によって定義されている」とは読み取れませんでした。

> それに対してあなたが医師はDSMはあてにならないと言いうので、
> >誰もDSMが絶対な基準なんて思ってないし、ICDくらい知っています。
> その部分に対してこう答えただけですよ。
これはつまり、上記引用部分の「誰も」というのは「どのような医師であれ」という意味だったということでしょうか?
私が >>347 で昔かかっていた医師の立場の例を出したのは、本題である「DSMだけが絶対的な基準ではないのでは」の
部分を色づけるためです。
それに対して「誰も〜ないし、〜くらい〜です」という形でレスが来たので、「誰も」というのは(あなたを主体として)「私は」に
置き換えられるものだと、私は解釈しました。

> 厳密な定義は違うので、=で置き換えることはできませんよ。
はい、それは分かっています。
>>366 で書いた
> ICD-10 に ADHD そのものの(unique な)カテゴリは存在しませんが、F90.0 に含まれる、ということではないのでしょうか。
という風に解釈しています。
私は ICD-10 で ADHD が定義されていると書いたことはありません。
「ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される」と書いただけであり、「コード化される」という表現は以下のページから
持って来たものです。
http://www20.big.or.jp/~ent/kotoba/icd_10_2.htm

# >>366 で挙げた URL の文書は ICD からの引用のようですね。
# http://www.who.int/classifications/icd/en/bluebook.pdf の 208 ページに「The code used should be F90.0」云々と書かれています。

それで、あなたの言う、私が自覚もなく流したもっともらしい情報というのは、一体何なのでしょうか?
ID:QrdQI6dA さん以外でも構いませんので分かる方がいらっしゃったら教えて下さい。

377 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 18:43:35 ID:LZENj9gh
ローナ・ウィングが死ねば彼女の提案した自閉症理論も寿命を迎えるに違いない、死人に口無しっていうじゃん

378 :sage:2010/11/14(日) 18:45:25 ID:QrdQI6dA
>>376
ネットで必死に探してきて一部を切り取って都合よく解釈してるみたですが、
現実の手続きについてどの程度理解してるんでしょうか?
実情が分かっていたらそういう発想自体出てこないと思うんですが。
例えばまだ対応が間に合ってないので、今は障害手帳はICDによって記入しますが、
そのときの申請はADHDの診断では実際問題として通りませんよね?

379 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 19:21:57 ID:7zG0Cqjg
>>378
あなたの言う現実の手続きというのが、何の手続きかなのかよく分かりませんが、
多分私は理解していないと思います。
私は手帳の申請も障害者年金の申請も経験がありません。

何故現実の手続きの話が突然出て来るのでしょうか。
そのような文脈だったのだとしたら、私の理解が足りませんでした。

380 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 19:25:11 ID:jgTEx3wy
>>370
俺が多分その「定義とか呼ばれていた人」だけどさ。

君が「象徴と記号の違いが分からなくて勝手に入れ替えてました」
認定してるのは ID:7zG0Cqjgの文章のどこの部分か教えてもらえないか?

違うのは問題意識の出発点に見えるのだけど。

381 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 19:42:47 ID:7zG0Cqjg
ちょっとまとめますね。

あなたの書き込みで、私にも理解出来る部分。
- DSM によって広汎性発達障害に該当する場合はADHDと診断しないと明記されている
  よって、ADHD、AS、LDの 3 種併発者は存在しない
- DSM が絶対な基準ではない
- ICD-10 では多動は Hyperkinetic Disorder と分類されている
- ICD-10 の Hyperkinetic Disorder と ADHD の Hyperactivity Disorder は非常に似ているが別物
- ADHD という概念は DSM のもの
- DSM によって ADHD と AS は区分されている
- ICD の基準で HD に当てはまっても DSM では ADHD に当てはまらないこともある
- HD と ADHD の厳密な定義は違うので、= で置き換えることはできない

あなたの書き込みで、私には理解出来ない部分。
- 私がよく覚えてないような知識で平気で発言した
- 私が自覚も無くもっともらしい情報を流した
- >>345 であなたが、ADHD は DSM によって定義されてると明言している

私の書き込みで、私が間違っていないと確信して書いた情報。
- ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される
  根拠は ICD-10 とその日本語訳

初めは、このスレに以前から無自覚に嘘の情報を流す人がいて、ID:QrdQI6dA さんがその人と私を
勘違いされたのかと思ったのですが、やり取りを見ているとそういうわけでもないようですし、
何故私が嘘を吹聴したかのような言い方をされるのかがよく分かりません。
そのような自覚はないですし、私はこのスレには昨日来たばかりですし。
うーん。

382 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 19:48:37 ID:QrdQI6dA
>>379
別に障害年金とまで言及してませんが・・・

コードの話をしてきたのはあなたじゃないですか?
あなたが言うようにADHDがICD-10でF90.0とコード化できるなら、
手帳にADHDの診察をそのまま使えるということになりますが、
少なくとも私の知る範囲ではそういった事例は見たことがありません。
まだ統合に向けて努力してる段階ですからね。

私が言いたいのは、最近は多動が見られればすぐにアスペとADHDの
併発とする人が多いですが、それは厳密な診断ではないということです。
テレビや本などで短くまとめるためにそうすることはあっても、
ADHDは広範性発達障害や統合失調症などの場合は除くので、
診断書に広範性発達障害とADHDが併記されることはありません。
自分をADHDだと思いこんでいる人が多すぎてこっちも対応に困るんですよ。

>>380
>>363で ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される している所です。

Greg Mulhauserの書いている全文を読めばそういうことではないと分かるはずなんですが。
Greg Mulhauserを知っているくらいななら、ADHDがDSMによって定義されてること
なんて分かり切ってるはずなんですが。ネットで慌てて探してきてるんですかね?
しかしこの人とやり合うのは私には無理だわ。

383 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 19:56:35 ID:jgTEx3wy
>>382
「Greg Mulhauserの書いている全文を読めばそういうことではないと分かるはず
Greg Mulhauserを知っているくらいななら、ADHDがDSMによって定義されてる
ことなんて分かり切ってるはず」

「分かり切ってるはず」なんて使わずに言葉で説明をすればいいじゃないですか。
俺はこれと「象徴と記号の違い」にどんな関係があるのか気になりましたよ。

384 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:08:02 ID:QrdQI6dA
>>383
HDはICD-10だとF90.0とコード化される
HDはADHDを含む

この二つの文章から
ADHDはICD-10だとF90.0とコード化される
と確信しているところです

これは明らかに象徴と記号の区別がついてないと思うんですが
ADHDとPDDが厳密に併存しないことも分かってないみたいなので
ものごとの含有関係の区別もついてないみたいですが

385 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:14:04 ID:7zG0Cqjg
>>381 を少し訂正します。

- ADHD は ICD-10 だと F90.0 にコード化される

- ADHD にはコード F90.0 が使われるべきだと ICD-10 に書かれている

>>363 で「F90.0 にコード化されるようですが」と書いたのは「The code used should be F90.0」と書かれていたからで、
実際にそのようなコード化が行われているか否かは前提知識としてありませんでした。
この部分については誤解を招く表現をしてしまってすみませんでした。

386 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:14:18 ID:jgTEx3wy
>>384
「HDはADHDを含む」はどの文章のどの部分を参照してますか?

387 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:24:29 ID:QrdQI6dA
>>386
ID:7zG0Cqjgさんが>>366で切り取った部分ですよ。
Includes: 〜 のあたりです。
まあそれも含むと訳すのは間違いなんですが、
ID:7zG0Cqjgさんはそう解釈したと思ったので。

>>385
何か根本的に勘違いしているようですが、
ICDではHyperkinetic DisordersをF90に割り当て、
さらにその中のDisturbance Of Activity And AttentionをF90.0に割り当てる。
なお Disturbance Of Activity And Attentionは一部(DSM)のADHDと重なるところがある。
と言ったようなニュアンスの文章ですよ。

ADHD にはコード F90.0 が使われるべきだと ICD-10 に書かれている
なんて普段から学術論文を読んでいる人間は絶対に受け取りません。

388 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:35:01 ID:jgTEx3wy
>>387
「学術論文を読んでいる人間は絶対に受け取りません。」
この部分の理由付けを書いたほうがいい気がするが。

389 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:42:05 ID:7zG0Cqjg
>>387

すみません、ちょっと質問させて下さい。
普段から学術論文は読んでいないもので。

> The code used should be F90.0 when the overall criteria for
> hyperkinetic disorder (F90.-) are met but those for F91.- (conduct disorders) are
> not.
> Includes: attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity
> attention deficit hyperactivity disorder
ICD-10 のこの部分ですが、
1. 「F90.- の全てに該当するが F91.- に該当しない時にコード F90.0 が用いられるべき」という解釈は
  合っていますか? 間違っていますか?
2. 「F90.- の全てに該当するが F91.- に該当しない時」には「attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity」と
  「attention deficit hyperactivity disorder」が含まれる、という解釈は合っていますか? 間違っていますか?

390 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:48:45 ID:ZPY+ztDE
AS>ADHD>LD

自明のことじゃね?
ASとADHDが重複した場合はASを診断名として使う
ASとLDが重複した場合もASを診断名として使う
何故ならASの方が障害が重いから
ASで説明できない症状はASに含意されているLDまたはADHDを使って説明する

391 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 20:55:45 ID:QrdQI6dA
>>388-389
1はあってますが、2は間違っています。
その理由を完全に納得してもらうには、英文法と論文の書き方から
スタートしないといけないんですが、簡単に説明させてもらえれば、

The code used should be F90.0 when the overall criteria for
hyperkinetic disorder (F90.-) are met but those for F91.- (conduct disorders) are not.

ICDではF90.- の全てに該当するが F91.- に該当しない時に、
F90.0のDisturbance Of Activity And Attentionと診断する。

〜ここで一度区切りがあって〜

Includes:
attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity
attention deficit hyperactivity disorder

なお、このグループは(DSM)のADHDを含むことがありますよ。

となっている文章なんですよ。

そもそもDSMのADHDをICDのコードに割り当てるなんてありえないです。
だから今頑張ってDSMとICDを統合しようと頑張ってるんですが。
まあICDやDSM自体が専門家しか読まないですしね。

392 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:09:31 ID:jgTEx3wy
>>391
それだと、「文章の区切りが見えない」が原因になってるように見える
ので、「象徴と記号の区別がついてない」がどの部分の事だったのか
教えてもらえますか。

393 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:19:56 ID:ARCQrED/
ASはゆくゆく自閉症スペクトラムの範囲に統合されるんでしょう。
やはりADHDとは傾向が大分違うよなあ。
過集中と人格異常傾向はASの方が大きそうだもんな。
そういう微妙なニュアンスが知能検査で生きてくるんでしょう。

394 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:20:06 ID:jgTEx3wy
「だったのか」でなく「なのか」だな。訂正する。

395 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:33:42 ID:ZPY+ztDE
ギルバーグの診断基準とか見てると
ASをASDに統合するのは無理があるように思う

396 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:38:37 ID:QrdQI6dA
>>392
>>370を書いた時点ではID:7zG0Cqjgさんがそんな風に文章を
解釈してるとは分かっていなかっただけですよ。本人が持ってきた
文章なのでその可能性自体が思い浮かばなかった。すみません。
>>385の書き込みを見て>>387で初めて分かったんです。
それ以後は象徴と記号の話をしてませんよね。
私にはあんたの相手はつとまらないので他をあたってくれ。

>>395
私も統合するのは問題があると感じていますが、一部の当事者が進んで
「自分は併発している認めろ」と言ってくるので、その方向に進むだろう。

私はアスペとADHDの誤解を広めたくないだけなのに突っかかれるな。
アスペとADHDを混同されて苦しむ人が減るようにと思って強めに発言
してるんですが伝わってないようだ。仕事でアスペやADHDと関わってる
だけなので、当事者が世間で誤解されて苦しもうが別にいいんですが。

397 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 21:54:35 ID:jgTEx3wy
>>396
俺を引き合いに出した「象徴と記号」の話を他人に
適用するのはどうなんだろうと思って掘り下げて
みただけでね。そういった部分を除けば、あなた
の見解に納得してるので言う事は何もない。

398 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 22:00:30 ID:jgTEx3wy
そもそも、併発している認められたとして何のメリットが
あるんだろうね。

399 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 22:30:48 ID:7zG0Cqjg
>>391
私は、

A = `Disturbance of activity and attention' という集合が
B = `attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity' と
C = `attention deficit hyperactivity disorder' を元として含む、

という風に includes の意味を解釈していたのですが、実際には

A と B、A と C には共通部分が存在する、

という意味だということでしょうか?

400 :アスペ:2010/11/14(日) 22:47:37 ID:5xuo63+e
>>362
何をもって負け戦と言っているのかさっぱりわからない。俺は、MRIで自閉症スペクトラムを診察できるソースをたくさん出してるのに
あんたはそれを否定するソースをひとつも出せない。あんたが勝手に自分で考えたことはなんの証明にもならないんだよ。

401 :アスペ:2010/11/14(日) 22:50:25 ID:5xuo63+e
>>361
お前何言ってんだ?ADHDとアスペは別物に決まってるだろ。ちなみに載せたブログは俺が書いたものじゃないし、面倒だからちゃんと読んでもいないからな。
文句があるならブログ書いたやつに言え。

402 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 23:08:14 ID:7zG0Cqjg
>>399 を訂正。
私は、
B は A の真部分集合で、かつ、C は A の真部分集合、
だと解釈していました。

403 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 23:14:20 ID:ws3JlsE7
自閉症の症状が出ない自閉症者は自閉症でしょうか?
彼はASDの数値を持ち得るでしょうか?
それとも、誰もがASDの数値を持っていなくてはならないのでしょうか?

404 :優しい名無しさん:2010/11/14(日) 23:32:30 ID:jgTEx3wy
>>354
一応書いておくけど、俺がMRIを撮った時には「異常は無い」
との話を医師から伝えられた記憶が有るぞ。脳波検査では
てんかんが見つかったけどな。

405 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 00:06:11 ID:ARCQrED/
>>398
それは障害者手帳取得の関係だけどな。
一応単独の発達障害でも手帳は出るんだが。

406 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 00:34:41 ID:hDC+5QfC
>>402
includesという単語が使われてるだけで、A⊃(B∪C)という意味じゃないですよ。
ここでのincludesは数学的な⊃とは違いますよ。 普段から英語に触れないので
includes=含む と日本人的な感覚で捉えて、さらに 含む=⊃ と勝手に繋げてしまって、
そこから抜け出せないみたいですね。 includes≠含む≠⊃ですよ。

そももAとBCは同じベン図上に存在しない。
AはICDのベン図にあり、BCはDSMのベン図上にあるものです。

何度も言ってますが、そこの部分はICDを基準にしたときに、
F90.0 Disturbance of activity and attentionに当たる人は、
DSMを基準にした診断ではADHDと重なることもあるという、
あくまでも補足的な注釈ですよ。


あなたが言うようなことを述べるためには

X00 Disturbance of activity and attention

X00.0 attention deficit disorder or syndrome with hyperactivity 〜

X00.1 attention deficit hyperactivity disorder 〜

とする必要があります。これは私の意見ではなく書き方の決まりごとなので、
あんたが納得できるかどうかは関係ないんですよ。

407 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 00:41:34 ID:hDC+5QfC
前スレで誰かが言っていた、
アスペは概念メタファーの理解に問題がある、
という話はどうやらかなり鋭い指摘みたいだな。

この場合includesというのが概念メタファーだと分からず、頭の中で
単語帳通り includes=含む=⊃ と結びつけて抜け出せないのか。

408 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 00:47:52 ID:E/AexTng
>>407
問題が有るというか修正パターンを出すやつが少ないだけでないか。

例えば、>>396は「そんな風に文章を解釈してるとは分かっていなか
った」の部分を知ってはじめて「象徴と記号の話」との結びつきから
抜け出したんだろ?

409 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:00:25 ID:hDC+5QfC
>>408
しかも自分が持ち出してきた文章でさえ、
他人に修正パターンを出してもらえるまで、
自分の読解が間違っていることに気付けないのは、
概念メタファーの理解に問題が有るってことだろ。

自分の方から持ち出してきた文章なんだから、
読み方が分からなかったっていうのは通用しないだろ。
>>381でも間違っていないと確信してると自分で書いてるよな。
ハッキリってお笑レベルの話なんけどね。
本人は>>363で私の方が間違いってるような書き方をしてるし、
もうこれからはドライに付き合った方がいいみたいだわ。
ここら辺りがアスペの限界なんだろうな。

410 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:06:49 ID:a4LmrFXi
>>404
何の検査で撮った?アスペ診断か?

411 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:11:25 ID:E/AexTng
>>409
とりあえず、「includes 訳」で検索したら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める (ちくま新書)の“INCLUDEは「含む」か”の項に

日本語の「含む」は、例外的なものや特殊なものをあげるか加えることを意味するのが通常だが、include
の目的語になるのは、代表的・典型的なものであることの方が多いからである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と書いてあったから気になったんだけどさ。あなたは「includes」をどのような
意味で解釈してたんだ?他人の結びつきの否定だけでなくて、自分の結び
つきを見せてくれよ。

412 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:20:14 ID:E/AexTng
>>409
そもそも「象徴と記号の話」との結びつきに関する部分が

>しかも自分が持ち出してきた文章でさえ、
>他人に修正パターンを出してもらえるまで、
>自分の読解が間違っていることに気付けないのは、
>概念メタファーの理解に問題が有るってことだろ。

の典型に見えたから掘り下げてみたんだが。

413 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:33:14 ID:hDC+5QfC
>>411-412
何度も答えているじゃないですか。

>>387
Disturbance Of Activity And Attentionは一部(DSM)のADHDと重なるところがある。
>>406
ICDを基準にしたときに、
F90.0 Disturbance of activity and attentionに当たる人は、
DSMを基準にした診断ではADHDと重なることもあるという、
あくまでも補足的な注釈ですよ。

http://www.kenkyuu.net/books-06.html ここの本をいくつか読めば分かると思いますが。
>>405の下のような書き方をしてない以上この解釈で問題ないと思いますよ。
はっきり言ってこれが間違いなら私はとっくに仕事を首になっていますよ。
多動の内ICDではF90.0に分類されるものは、DSMではADHDと重なる、つまりDSMでは
ADHDと診断される(のが典型)という解釈ですから、そのちくま新書の話とも矛盾してませんよ。

そもそもADHDはDSMのものであることは前提知識としてある文章ですよ。
>>391の最後にもそのことを書いていますが。

414 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:39:43 ID:E/AexTng
>>413
「この解釈」ってどこに書いてある解釈ですか?

415 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:47:24 ID:hDC+5QfC
>>414
Disturbance Of Activity And Attentionは一部(DSM)のADHDと重なるところがある。

ICDを基準にしたときに、
F90.0 Disturbance of activity and attentionに当たる人は、
DSMを基準にした診断ではADHDと重なることもあるという、
あくまでも補足的な注釈ですよ。

この部分です。


>>412
だからその部分は>>396で自分の見通しが
甘かったとすでに言ってるじゃないですか。


どっちにしてもあんたみたいな人と関わっても私に利益は無いので。

納得できないなら審査官に電話でもして尋ねてみて下さい。
ADHDをF90に当たるものとして手帳を申請できますかって?

416 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:54:49 ID:hDC+5QfC
だいたい英語と日本語は根本的に違うんだから、
includesという単語だけを解釈するのは不可能でしょ。

また突っ込まれそうなので訂正しておきますが、
厳密には社会保険審査官ですね。
もしADHDの記入が認められた事例を教えてくれれば、
そのときはすべて私が悪かったので謝ります。

それまではもう相手するつもりもないので。

417 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 01:58:22 ID:E/AexTng
>>413
俺は「includes」の解釈の違いから思考の性質の違いを
探ろうとしてるんでね。「問題が有る」と言って笑って済ませ
るつもりが無いんだよ。この場合、あなた自身の「includes」
の解釈を審査官に聞くのは意味不明だろう。

418 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:03:51 ID:E/AexTng
>>416
その文面における「includes」等の意味について自分の解釈を述べる
事は可能ではないのか?俺は何回もやっているが。

419 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:05:29 ID:hDC+5QfC
>>417
includeと言う単語だけを別の単語に置き換えられない。
英語で日本語は根本的に違うし、
文章は全体の構造とともに存在するから。
さらにその文章自体が文脈の中のひとつだからな。

文章を単語の1対1対応で解釈しようとしている時点で、
概念メタファーの理解ができてないと言えるのでは?

420 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:10:20 ID:E/AexTng
>>419
「1対1対応で解釈しよう」でなくて自分の理解を説明する話なのだが。

includesという単語が使われてるだけで、A⊃(B∪C)という意味じゃないですよ。
ここでのincludesは数学的な⊃とは違いますよ。 普段から英語に触れないので
includes=含む と日本人的な感覚で捉えて、さらに 含む=⊃ と勝手に繋げてしまって、
そこから抜け出せないみたいですね。 includes≠含む≠⊃ですよ。

の先の部分だ。

421 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:15:12 ID:hDC+5QfC
>>418
そもそもincludeの根本は「外部から呼び出して一つにまとめる」
というものだと論文の書き方の授業で習った事があります。
はっきりと覚えてないので少し間違いがあるかもしれませんが。

ICDの外部にあるDSMのADHDを呼び出している。
というのが私のincludeの解釈ですが。


422 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:28:30 ID:E/AexTng
>>421
了解しました。そのあたりがあなたの理解の基点ですね。
「あれは違う。これは違う。」と言ってるように見えるだけで、
何処で食い違ってるのかさっぱりわかりませんでした。

相手するつもりがないらしいので、とりあえず、これ以上の
レスは止めておきます。

423 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:39:22 ID:hDC+5QfC
>>387でも>>391でも、
(DSM)の と強調しているじゃないですか。

どうせICDとDSMは統合されるし、その内アスペも他の障害と
ごちゃまぜにされるのでどうでもいいけどね。私は今まで反対
の立場だったんですが、他の人が言うようにキチガイとして
ひとまとめに扱った方がいいみたいだな。じゃあ。

424 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 02:57:20 ID:E/AexTng
「障害」・・・医師によって認定される支援を目的とした枠組み

として理解してるから、キチガイとしてひとまとめに扱うのは
違和感が有るというか、非合理に見える。

425 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 05:15:46 ID:KSAmXAZw
それにしてもE/AexTngをキチガイ扱いはひどい。

>「あれは違う。これは違う。」と言ってるように見えるだけで、
定型さんでこんな人いるよ。
ごねてるみたいなんだけど実は違って、自分の主張をちゃんと聞いて
というメッセージ。E/AexTngがアスペだとしたら分かりにくいだろうが。


426 :アスペ:2010/11/15(月) 06:24:18 ID:a4LmrFXi
>>361
すまんな、ブログを読み返してみた。MRIでADHDの診断は下ったが、アスペではないとの診断が下っていると書いてある、がしかし本人は納得してないようだ。

427 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 08:40:09 ID:lWYHlAac
ソースのソースのソースはなんだろな?

428 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 08:52:53 ID:a4LmrFXi
>>427
ソース(素人が探し出す情報、ニュース、記事など)のソース(学者が書いた論文など)のソース(研究材料となったもの、物質)、みたいな〜

429 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 08:56:03 ID:lWYHlAac
それのどこに正当性があるんだろう?学者は無謬なんでしょうかね。

430 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 08:56:32 ID:HfOydAIt
コロッケにソースかけすぎですよ、お父さん。

431 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 09:00:13 ID:lWYHlAac
アスペルガー症候群ってビジュアル系ロックバンドのギターとかベースに多そうなナヨナヨした病弱なイメージ

432 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 10:44:05 ID:obmXuq6Q
いくつになってもなめられやすいけど努力する方法はないかな?

433 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 11:36:45 ID:+NBGNfJD
弟が発達障害専門のカウンセラーに軽度のアスペルガーって判断された
でも、弟くらいのアスペルガーっぽいひとは40人クラスに1人、2人いると思う
100人に1人って言われてるけどもっと多い気がしませんか?

434 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 12:30:55 ID:3+7xyokU
>>425
>ごねてるみたいなんだけど実は違って
相手を質問攻めにすれば自分の欲しい言葉を引き出せるとかの誤学習に基づいてる可能性は排除できないのでは。
リアルのやりとりでこういう調子なら、普通の相手ならば適当なところで折れるし。

ID:E/AexTng と同一人物と思われる人の長いやりとりは何度も見たけど、
理解を深めるためと言って質問しまくるくせに礼を言ってるのを見たことが無いし。

435 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 12:43:04 ID:lWYHlAac
あの二人の衒学はうざいのでどうでも良い

436 :アスペ:2010/11/15(月) 15:48:58 ID:a4LmrFXi
MRIで自閉症スペクトラムを見抜けるかの話題だが、
今日、通院したんだが、俺の主治医によると肯定派と否定派に分かれるらしい。
だから一概に、MRIでの診断は不可能だという考えはおかしい。認知症におけるMRIの診断は確立されてきてるらしい。
自閉症スペクトラムに関して言えば発展段階だ。つまりこれからもっと謎が解明されて医療機器でアスペ診断が明確にできる日が
来るんじゃないか?

437 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 17:00:42 ID:E/AexTng
>>434
何度も書いたけど
「ここはメンタルヘルス(心の健康)に関する
専門的な情報交換を目的とした掲示板です」

「アスペルガー症候群についてマターリ語り合うスレ」
なわけだろ。

質疑応答が当たり前の場だと思うんだが。

438 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 17:14:57 ID:E/AexTng
>>410
大学病院の精神科に通院してすぐに撮った。

俺の場合は知能検査の結果と通知表と医師が書いた
過去の記録が主要な判断材料になったようだ。

439 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 19:35:13 ID:1XNzu9uo
物ごころついたころから今までずっと友達がいたことありません。
小学校中学校はひどいいじめにあいました。
高校に入ってすぐに統合失調症を発症しました。
病院には行かずに統合失調症のまま社会人になりました。
正社員での就職は絶対に無理な状況だったので、アルバイトから始めました。
その後対人関係を築けなかったりコミュニケーションがとれなかったりで
雇われては首を繰り返し、8年の社会人生活のうち9回転職しています。
しかも8年のうち半分はひきこもってて仕事も何もしておりません。

これは、アスペルガー症候群と思ってよろしいのでしょうか?
つまり、もともとアスペルガー症候群であったところに統合失調症を併発したと考えてよろしいのでしょうか?

440 :439 :2010/11/15(月) 19:49:03 ID:1XNzu9uo
ちなみに、>>1のスクーリングテストはいかでした。

あなたの得点は44点です。
社会的スキル
10点
注意の切り替え
10点
細部への注意
6点
コミュニケーション
10点
想像力
8点
閾値を越えています。

441 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 21:20:24 ID:vMLfHelA
>>439
現行スレを全て読んでいないようだから、アスペではないと思われ。
ただの甘えだろ。

442 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 21:32:31 ID:zsl0egvT
MRIは、他の疾患(脳腫瘍等)の疑いを晴らすために撮ったなあ
脳腫瘍の代わりに鼻の近くに嚢胞が見つかったけどorz

443 :439:2010/11/15(月) 21:33:13 ID:1XNzu9uo
>>441
甘えというとどういうことでしょうか?
責任を持って詳しくお話し下さい。

444 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 22:22:45 ID:+Ogx1v5p
未だに、器質的疾患と精神疾患の区別がついていない医者もいるのね
ある人間の反応パターンを調べることによって
五感や意識に何が生じているのか推測することはある程度は可能だけど
アスペルガーの何を調べるというんだろう?
ミラーニューロンとかいうのだって本当にあるのかさえわからないわけでしょ?
そもそもアスペが脳障害だとは思えない
ダウン症やレット症候群みたいな遺伝子の異常というのならまだわかるけど

445 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:13:49 ID:9Nr525/7
自分の場合、MRIと脳波は他の疾患の可能性を除外するために撮ったと思うなあ。
脳腫瘍とか、欠損とか?、部分壊死とか?

エイメン博士の脳画像診断という本を見た所、
脳血流画像なんかだと、経験つむと何か見えそうな気がするな。

ADHD疑いの凶暴な患者を調べたら、右だか左だかの脳がそっくり無かったとか、
そんな症例も出て来てなかったっけ?。
脳は柔軟で、ダメになった脳の代替に他の部位を働かせたりするし、
アスペはこれ、という決まったスタイルはなくても、典型的にここが活動過多とか
過少とか、あるだろうなと思う。


446 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:34:21 ID:t2aGWw1U
遺伝重複ならLDでもあるしトムハンクスは重度のLDで
その影響か不妊症らしいけどなあ。
でも本当に残酷な話だ。
だってある意味発達障害の遺伝でそれが影響しての
その子供の社会不適応に密接に関わってるとか。

447 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:37:30 ID:9Nr525/7
>>439
> 高校に入ってすぐに統合失調症を発症しました。
> 病院には行かずに統合失調症のまま社会人になりました。

病院に行かずに統合失調の発症を判るものでしょうか?
それとも診断後に服薬後、治療を拒否されているのでしょうか。

統合失調症は、効き目の高い薬が何種類もあって、
薬をきちんと飲むことで、統合失調症の進行した悲惨な状態に陥らずにすみます。

かつては、統合失調症は進行性の重い病気であると怖れられていましたが
現在では、治療薬の開発で、予後が良い精神病と言われていますね。

統合失調症の方が、薬を飲まずに何年も経過して、
2CHに書込みできる状態でいるとしたら謎です。
それとも「ぺてる」の様な特別な、
「ありのまま」をゆるされた特殊な
配慮ある生活をなさっているのでしょうか。

薬の効き目はどうですか?
お医者さんとよく相談しながら、ちゃんと飲んで
セルフケアを怠らずご養生なさって下さい。


448 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:43:46 ID:1XNzu9uo
アスペルガー症候群って大人になるにつれて改善されたりするんでしょうか?

449 :439:2010/11/15(月) 23:50:04 ID:1XNzu9uo
>>447
社会人になって数年してから、精神的にも経済的にもどうにもならなくなって
初めて受診しました。そして、当時のこととか話すと、統合失調症だと診断されました。
2か所の病院で診断されました。

今回はあくまでアスペルガー症候群に関して聞きたかったのでこのことは省きました。
ごめんちゃいねぇ〜。


450 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:50:09 ID:qGEmXkCt
>>446
> トムハンクスは重度のLD

ソースは?

451 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:55:56 ID:9Nr525/7
>>439
アスペルガー症候群であると後から確定診断を受けるような人が、
「初期の統合失調症」という誤った診断を受けていたという話は
聞いたことがあります。


思い込み/こだわりの強さが、周囲から妄想のように受け取られたり、
聴覚過敏が幻聴のように解釈されたり、コミュニケーションの障害のせいで、
会話のかみあわない間に統合失調症特有の諸症状を「ある」と誤って報告してしまう等
あまり勉強熱心でないお医者さんは誤った診断を下してしまうようです。

普通は穏やかなアスペルガー症候群の方も、場合により、
配慮ない厳しい環境で頑張って生活していたせいで二次障害の重い症状が出て
精神的に過酷な時期には、追いつめられて過覚醒状態にもなるでしょう。
凶暴に暴れてしまい、手厚いケアが必要になってしまう場合もあるようです。
重い精神症状が出ている時には、アスペルガー症候群を診断する以前に
精神症状の治療が必要です。そちらの険しい症状が一段落したその後から、
アスペルガー症候群の素の様子が露になってくることもあるやもしれません。

統合失調症の場合は、それまでメンタル的に健常だった方が
人生の途中で発症して以後、治療しなければ漸次悪化していきます。
でも、アスペルガー症候群というのは、とつぜん発症するのではなくて
幼児期、学童期から継続的に、特徴的な行動や困難を持っているもので、
多くの場合、確定診断をする場合は、親の乳幼児期や学童期に関する証言を
必要としています


452 :優しい名無しさん:2010/11/15(月) 23:59:28 ID:9Nr525/7
>>449
統合失調症の治療を受けずに経過した歳月、どんな生活をなさっていたのだろうかと
想像すると、お気の毒でいたましく感じます。さぞ苦労なさったんですね。たいへんでしたね。


453 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:03:22 ID:JBY/zPbr
>>449
本人の回想だけで、何年も前の様子を
「当時のあなたは統合失調症でしたね」
と「診断する」お医者さんというのは謎です。

私も専門家ではないので、
無知なだけで知らないだけでコメントできないと思いますが、
でも、そういうお医者さんも世間にはいるんですね。
新しい病院を探すような時は、気をつけなくちゃ。

454 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:13:23 ID:JBY/zPbr
>>445
自分の姉の元ボスで、
鬱状態と対人問題が悪化して精神科受診したら、
脳腫瘍だった、余命三ヶ月だった、というのを聞いた。
すごく嫌な人間で、オフィスで総スカンになった後で
すぐに亡くなったため、みんな苦い思いをしたそうだ

自分の脳を調べたら、実は、前頭前野がなくて、からっぽな頭蓋骨が脳脊髄液で満たされていたとか、なんか、そんなのありそうな気もする。

すごい昔、まだあのパイプだらけの天井の低い、古い建物だった頃の東大病院で、脳波検査したとき「眠らないで下さい」と言われて
寝ないで検査受けてたんだけど、検査した先生がグラフを見ながら「あ、ねちゃったんですね(クスクス)」って。
実は、あんなこと(他の人なら寝た時に出てるような波が、自分の場合は起きてるのに出てる)が、
その当時の、自分の不具合だったんじゃないかな・・・・なんて思わないこともない。
笑ってないで変な脳波をさらに調べて欲しかったなあ(当時はまだ若すぎて病院では何も言えなかったけど)


何ヶ月も何年間も精神科処方薬を飲んでいれば、脳血流などは薬の影響を
受けているに違いないので、生得の素の状態などは、測定できないかもしれない。


今の自分が、脳血流検査やMRIを受けるとしたら認知症の検診(トシだもの)Orz


455 :439、449:2010/11/16(火) 00:28:58 ID:d/FISnMP
>>453
もちろん受診中の状態も診ての判断ですよ。
受診中は陰性症状バリバリでしたから。


456 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:43:00 ID:/BudcIeJ
ID:QrdQI6dA ID:hDC+5QfC の言ってることって滅茶苦茶じゃん
ネットでちょっと調べれば医者にアスペとADHD両方持ちと
診断された人なんて山ほどいるし私がそうなんだけど?

>>421
include [動](他) …を包含する, 含む って辞書にありますけど?

どこに外部から呼び出すなんて書いてあんの?
何が「じゃあ。」だよ、苦し紛れに逃げてるだけじゃんw

ADHDにHDは含まれるんだから、ADHDならHDとも診察できるじゃん
得意顔で語ってるけど、そんなことも分からないなんてどんだけアホなの?
ADHD持ちのアスペが多いことなんて常識でしょ

457 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:46:56 ID:gg37i6EH
                     /    / /!      `ヽ   `ヽ
               /^7_      / //   { / { ト、 |  }ハ   、
           ,' / /        |l{ { | ∧{ ヽ.{‐ヽト、ノ}ノハ   ! !
             |  //ヘ    lハハlヽ{ `        ☆ハl  | |
             |  /  /    | ハ. ,== 、   == 、 !  l  | |
        三  |   /       , ヘノ′          |  |  | l
         -‐ ¬  {   ミ   / /{ "" rー----‐‐┐"" }  }  j/   そんなんいわはれても
  \  /   三  L 」  ミ  /  _ ニコ、 ヽ、    ノ   イ/ /  ,′    <うちポンデライオンやし
.     X  /     | | ミ /  >'´ |  >  二二´ イ リ' /  /
.   /  / 、      | |   /  ヽ | /i   /|  /⌒> /   ′
.   ,′ ,  \    | |__       |斗‐ ¬{  j/  〃/‐- {
  {        /´ ̄`'J         从{   }ィ个 、_/{ {   ,ヘ
   ―  --    {    }     /  ,ゝ、   ノ    八{ゝ /  ヽ、
    ‐ ―    ヽ. _人   /  /     o/         _   \
       / /  ヽl  } \ く  /      ,′   ※,. -┴-ヘ   〉
    ヽ / /  ミ ノ ノ、   `く\{        {      jl{     }| /!
   / /   ミ (_/  \    X    oヘ、   /八__ノl|く |


458 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:50:33 ID:kiSdWSx3
>>450
トムハンクスじゃないわwトムクルーズ。
まあこういうところに注意欠陥が発生するとw

459 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:57:05 ID:JBY/zPbr
>>456
診断基準の大系や文法に対してこだわりがあるんじゃない?

そうでなければ、そうね...
一見して同じ多動に見えても、
ASの多動と、ADHDの多動は、質が異なる。
原因や機序が違い、したがって投薬や対応、援助の仕方でも当然まったく違う
違うことが「重要だ!」と言っているのか。


460 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 00:57:36 ID:/BudcIeJ
>>455
アスペと統合失調症の両方持ちも多いよ
ここで両方持ちが無いって言ってるのは
なんも分かってない定型だから

461 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:00:51 ID:gg37i6EH
           ,' / /        |l{ { | ∧{ ヽ.{‐ヽト、ノ}ノハ   ! !
             |  //ヘ    lハハlヽ{ `        ☆ハl  | |
             |  /  /    | ハ. ,== 、   == 、 !  l  | |
        三  |   /       , ヘノ′          |  |  | l
         -‐ ¬  {   ミ   / /{ "" rー----‐‐┐"" }  }  j/   そんなんいわはれても
  \  /   三  L 」  ミ  /  _ ニコ、 ヽ、    ノ   イ/ /  ,′    
.     X  /     | | ミ /  >'´ |  >  二二´ イ リ' /  /

462 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:02:53 ID:/BudcIeJ
自分のこだわりが間違ってたからって
AA荒らしとか幼稚すぎw

463 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:03:08 ID:JBY/zPbr
>>455
ゴメンね。
陰性症状とか陽性症状とか言われても
あまりよく知らないんだ、でも辛かっただろうと思います。
自分が知っている統合失調の人は、ほんとに何年もかけて重症になってしまって、
閉鎖病棟に何年もいて、管理目的の投薬でうつろになってしまって
面会に来る人もいなくて、会話もできないようなそんな感じの人。
前は精神科病棟にたくさん居たのよ、そういう人が。
私の情報は古くて申し訳ないですね。

あなたが高校時代から統合失調症だったとして、
そんな何年間も、治療されずに放っておいたなんて、ほんとうに可哀想だったと思います。
放置しても進行もさほどでなく、社会に出て働こうとしたり、
自分の疾病に対して、詳しい理解をしたいと思うようになるなんて、今は本当に良かったですね。

464 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:04:49 ID:KJ1/zBXP
>>460
DSM-4(アメリカ精神医学会作成)
「F.他の特定の広汎性発達障害または精神分裂病の基準を満たさない。」

ICD-10(世界保健機構(WHO)作成)
「D.障害は、広汎性発達障害の他の亜型、単純型分裂病、分裂病型障害、
強迫性障害、強迫性人格障害、小児期の反応性・脱抑制性愛着障害など
によるものではない。」

と診断基準に書いて有るんだけど、判断基準上ありえるのか?

465 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:06:06 ID:JBY/zPbr
>>459自己レスだけど、ASの多動と、ADHDの多動が、もしも何か
本質的に異なるものだということなら、情報として理解しておきたいなと思う。

466 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:08:31 ID:gg37i6EH
して、何で女性が入院しなきゃならんの?
日本は女性の国ではないのかい?


467 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:08:48 ID:/BudcIeJ
>>464
別にそれだけが基準じゃないでしょ?

468 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:12:22 ID:gg37i6EH
           ,' / /        |l{ { | ∧{ ヽ.{‐ヽト、ノ}ノハ   ! !
             |  //ヘ    lハハlヽ{ `        ☆ハl  | |
             |  /  /    | ハ. ,== 、   == 、 !  l  | |
        三  |   /       , ヘノ′          |  |  | l
         -‐ ¬  {   ミ   / /{ "" rー----‐‐┐"" }  }  j/   フェミニスト=キチガイやし・・・
  \  /   三  L 」  ミ  /  _ ニコ、 ヽ、    ノ   イ/ /  ,′    
.     X  /     | | ミ /  >'´ |  >  二二´ イ リ' /  /

469 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:18:01 ID:KJ1/zBXP
>>467
「アスペと統合失調症の両方持ち」の診断はDSM-4(アメリカ精神医学会作成)及び
ICD-10(世界保健機構(WHO)作成)を診断基準として採用した場合には出てこない
という理解に反論は有るか?

470 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:24:10 ID:/BudcIeJ
>>469
統合失調症は私もよく分かんないけど、実際診断されてる人がいるみたいだし

それよりあなたが言ってたアスペとADHDの両方持ちはないって説明できるの?w
HDとADHDが違うってのもお願い。含まれるんだから同じことでしょ。
それとincludeがどこに外部から呼び出すなんて書いてある辞書があるんですか?
授業で習ったみたいですがw

471 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:28:33 ID:KJ1/zBXP
>>470
ADHDについては自分も知らないので、はっきりと書いてある
精神分裂病(=統合失調症だよな?)の話をしてるんだが。

実際診断されてる人がいるのならば不思議だね。

472 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:32:33 ID:zvoJmoEz
定義上の区分はともかくとして、実態として併発というのはあるんだろうね。
おそらく遺伝子変異が原因なのだから、変異を併せ持てば併発するのではと思う。
まあASとADHDが排他的である可能性もあるんだけど、もともと別物っぽいからね。

473 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:35:39 ID:/BudcIeJ
アスペとADHDが排他的なんて聞いたことないんですけどw
両方持ちが多いというのはよく聞きますがね

しかしHDとADHDが違うとか言い張ってる人なんて初めて見た
最後まで間違い認めてないし、荒らしに来る定型も困ったもんだわw

474 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:42:51 ID:TgE0QmHx
ASとADHDが排他的であるのは当然
何かに継続して執着しないことがADHDの要件のひとつなのだから

475 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:48:08 ID:/BudcIeJ
発達障害はASとADHDどっちも持ってるのが普通だけど、
ASが強いかADHDが強いかって感じでしょ?
そんなこと書いてあるのどっかで見たよ

476 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:51:59 ID:KJ1/zBXP
>>473
ADHD(注意欠陥多動性障害)の診断基準(DSM−Wによる)
E.その症状は広汎性発達障害、統合失調症、その他の精神病性障害の経過中に
のみ起こるものではなく、他の精神疾患(たとえば気分障害、不安障害または人格
障害など)ではうまく説明できない。

症状をASの経過中にのみ起こるものとするならば排他の関係になるようにも読める
気がする。

477 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 01:59:13 ID:/BudcIeJ
その定義や学者が無謬と言えるの?
その基準ではそうでも、実際アスペで多動な人が居るし、
アスペでもADHDとする他の基準があるかもしれないでしょ?
実際アスペとADHD両方の診断されてる人がいるんだし、
そろそろ間違え認めたほうが楽なんじゃ?

478 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:02:17 ID:JBY/zPbr
>>475
「ASとAHDHの両方ともある場合はASと診断する。」
っていうルールがあるのは私もなんとなく知っている。

だから「私は両方あるよ」って言う人は、
「診断名がASで、ADHD症状もあります」という状態であって
「診断名をふたつ持っています。ASとADHDです」というのは
診断基準のルールの中で、「ありえない」と言われている。




479 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:03:55 ID:JBY/zPbr
>>477

診断基準の中には、

  Aという症状があり、その人がB(診断名)や、C(診断名)のいずれでもない場合、
  D(診断名)と診断する。

  Aという症状があり、これ以外のなんの病気もない場合はA(診断名)と診断する。

みたいな

錯綜しそうな症状や診断名を「交通整理」するみたいな記述、
「文法」が診断基準にはある

そうするようになった理由は、その状況によって診断名によって
いろいろ医療制度や社会制度や科学的合理的な理由とかいろんな医学的な理由で、
偉い先生達が相談したり喧嘩したりして決めたんだと思う。

診断基準って、こういう記述が多い

純粋に病理学や科学的なものではなく、もっとずっと社会的なものだよ

480 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:08:17 ID:/BudcIeJ
>>477-478
よくみたらDSM−IVによるって書いてあるじゃん。
>>347によると信用してない医師もいるみたいだし怪しいものでしょ?
そんな診断基準参考にされてもって感じw

ICDによればADHDとHDに含まれて同じものなんだから
ICDでHDの診断がでればADHDの診断も出せるでしょ?

includeは 外部から呼び出して一つにまとめる とかごねてた人が居たけどw


481 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:19:22 ID:KJ1/zBXP
>>478
>>479
だから、どのような理由で併発という診断が下るのか
不思議だったりする。診断名の優先順位が有るみた
いだからな。

>>480
俺は英語が読めないのでそのあたりの詳しい話は
他の人とやってくれ。

482 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:19:36 ID:0Mkf+0ta
ご参考。

大学病院では
「多動等を伴うPDD(ASとははっきり言わなかった)」
と言われた。

Stratteraの治験で断られたのも
「PDDが既にあるので不可。PDDのないADHD患者に対して治験したい」
という旨の電話がかかってきた。
大学病院も同旨のことを言った。

どうも多動を伴うPDDは、PDDが優先して使われ、ADHDは使わないみたい。


483 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:23:43 ID:zvoJmoEz
>>479の言うとおりで、診断基準において排他的だから病理学的にも排他的である、は成立しないんだよね。
特にDSMは。

484 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:31:17 ID:JBY/zPbr
>>481
症状や診断名が錯綜して、混乱したり不便になるのがイヤだから>>478のようにしているのだと、私は単純に思ってたんだけどな

だいいち、ASはADHDよりも重症なので、周囲からしたら、単に寛容スキルに徹して接する以上の、
もっと高度な援助スキルが、ASの場合当然必要だろうと思われるし。
さらには、

アメリカでは、ADHDの専門医と、ASの専門医は垣根があって交流がない(少ない)らしい。
治療する上で、対処法なども、それぞれ別々に発展してきたんだろうか?とこのごろ思わされ。

ASとADHDの両方ある患者さんは、ASの専門医に行かないとちっともラチがあかないだろうと思う。
このことは診断を明白に分けた判り易い事情かもしれないけど(診断基準の歴史を知らないのでホントのことは自分は判らない)

最近読んだ本の中に、子どもがASなのに、うっかりADHD専門医のところで、ADHDとだけ診断されて、ASの課題を対処されずに、良くならない、おかしいと困ったママは悩んだ
という経験が綴られていたのを読んだわ、そういえば(まだ読了してない)


ただ私の興味は
上で議論していた人のうち、ひとりが、

「ADHDの多動と、ASの多動では、原因とか援助方法とかが違うじゃないか、
整理してちゃんと区別してやらなきゃ、困るのは本人たち
あんたたちが困るんだぞ」

みたいな強い言い方をしている人がいた(みたいな気がした)
(読み取り悪くて間違ってたらごめん)ので、自分としては、、
ASDの多動と、ADHD(診断名)の人の多動で、なにが異なるのか?
外観から見て一見して同じように見える多動が、もしもその人がこだわったように、なにか本質的に異なるものから来ているのだとしたら、
知っておきたいし、援助の仕方がどのくらいか違って来るのだとしたら詳しく知りたいなと思う。


485 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:47:54 ID:JBY/zPbr
>>484自己レス

> だいいち、ASはADHDよりも重症なので、

↑ねんのためココ

だいいち、AS(診断名)は、ADHD(診断名)よりも重症なので

ですね。

ADHDを症状の名前として、用いている人がいるので。
正確には、症状を言う時は、多動とか、注意欠陥とか、過注意とか、精密に言うのが、
ここのみんなの大好きな「正しさ」なのですけど、

ふだんは併発を言う時にも、症状の名前を言う時にも、そんなに精密に言わない。
  ⇔ でも診断基準は、精密に言う(それが使命だから)



486 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 02:48:26 ID:KJ1/zBXP
調べたら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
統合失調症の診断基準(DSM-IV-TR)

F) 広汎性発達障害との関係:自閉性障害や他の広汎性発達障害の既往歴があれば、
統合失調症の追加診断は顕著な幻覚や妄想が少なくとも1カ月(または、治療が成功
した場合はより短い)存在する場合にのみ与えられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と書いてあったな。顕著な幻覚や妄想を持ってるASって多いのか?

487 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 03:20:37 ID:JBY/zPbr
ASのが重症だと書いたけど、ADHD(診断名)の人ももちろん苦労すると思う(想像だけど)
単に動いてしまって不便、全部見てしまって不便、見たそれ、聞いたそれに全部反応してしまって不便、
つぎつぎ発想してしまって不便、っていうだけでも。やっぱりすごく不便で苦労なのでしょう。
その結果としてADHD(診断名)の人もそこそこ社会性や意思疎通で未熟や混乱も獲得するのだろうとは思う。
だいたい子守りのことをシッターって言うくらいなんだから、子どもの人生初期の世渡りの課題は「じっとして座ってられるかどうか」
で殴られる回数が違う。痛いのは悲しくて辛くて世界が大嫌いになるかもしれないけど、対人関係は早いうちに持っているんでしょう?


ASの場合は、聴覚過敏や触覚過敏、前庭感覚、
低緊張、感覚統合障害、過敏の反対で無感覚とかも
協調運動障害いろんな感覚や身体や脳神経の配線悪くてそのせいで、
だよね、たぶん社会性や意思疎通も大きく学び損ねる。
言語獲得するも身体感覚と対人関係が無い状態で社会性抜きの、人の営みとは別個に用いられる奇妙な言語。
目の使い方や視野まで違うのに、人の顔の部品の形なんか見てる余裕ないよ
だいたい人って何。柱とどう違うの? テレビと何違うの? 
世界の動くものと動かないもの違いしかない。
(母親とブランケットと猫と子どもとテレビと掃除機が前者、地面はときどき動くの前者。柱とタンスが後者)
動く奴は二種類、温かくて守る物とウルサくて攻撃する物の違いくらいしか理解できない。
(母親とブランケットと猫が前者、風や音や照明や近所のガキ共が後者)
なんだこの騒がしい世界、
グラグラでヘナヘナな世界、
なんだこの落ち着かない重力は!!って赤ん坊は感じ。
のんびりたわいない情緒なんか、目ぇ留めて、味わってる暇ないぜ。
困り感の表現って、なにそれ、顔の筋肉って動くのそれ? 自分ってこれ?自分の顔ってこれ?なにそれ動くの?
・・というような生まれ落ちてからの毎日でしょ?・・・その道程の先で、
就学期前後にアスペが出来上がり/仕上がりになるんだろうと私は想像してるんだけど(素人だから感覚的)

488 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 03:24:37 ID:JBY/zPbr
私は多動がなくてゆっくりすぎる。
ADHDっていう配線の人を見ていると
近所の子みてると、ほんとに毎日おつかれさまです、大変ですね。
動くのに忙しくて、かけ算九九を暗唱してる時間なんかあるんですか?っていう感じです。

自分は今も動かなすぎて、過去もじっとしてる赤ちゃんだったし、今もゆっくりだ。

ADHDの症状のある人の「動きたい、動きたい、動かなかったら死んじゃう」っていう衝動っていうのは
私はなかったからよく判らないのかも。

同じASで今も多動もあって赤ちゃん時代も多動だった人と、私の社会性や世界観はすごく異なる気がする(想像では)。

単に不快感をのがしたくて絶えず動いているのも多動って言うのかな、
感覚の都合でどこか居場所に着地したくて揺れているだけのを多動とは言わないだろう。
ADHD症状のあるASの人は百倍苦労してるんだろうけど、育ちも経験も多いだろうから、いいなあと思うけど。
すごくたまに自分にも人生に一回か二回、猪突猛進のことがあった。あれ多動って言うのかな?

489 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 08:07:35 ID:Ffzf6II6
俺には10年以上明白な強迫行為と妄想知覚的傾向が見られる。

ところがそれだけではなく、一ヶ月間くらいだけ精神病的な症状の頻度が多く、また持続期間が比較的長かったときがあった。
勝手に直ったけど。短期精神病ってやつかな。
精神病的な症状としては、被注察観、考想奪取、誇大妄想(的なもの)、被害妄想(的なもの)、世界没落体験(的なもの)等々。

妄想と言っても、強い意味での訂正不可能性はなかったような気がするし、
結論への飛躍的な傾向が強かったと思うので、「(的なもの)」と付け足しといた。
妄想(的なもの)について具体的に言うと、誰かに見られてる気がしても、今だったら気のせいだろうと思うし、
俺って優れているなとかふと思っても、すぐに勘違いだと思うんだけど、
精神病的状態の時には、その考えだか感じだかが訂正されずに比較的長い期間抱かれ続けるみたいな。

ちなみにいちど短期精神病的なことを経験してから、自分のまず抱く印象とかに対する自分自身の信用度が著しく低下した。
なんか自家製認知療法みたいな。

490 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 09:06:45 ID:xf1UOGnP
ASっていうのは特別な支援が必要かどうかって判断であって病気ではないと思うのね
彼らとどうやって生きていくかという問題提起がある
対してADHDとか統合失調症は薬物治療の対象として捉えられている
彼らをどうやって社会に還元していくかという問題意識がある

491 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 09:19:49 ID:pBITetSp
アスペルガーの方々は人手不足の業界を補完するために介護業界などへ送り込むことが社会還元に貢献するのだ。

492 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 09:26:11 ID:nd5Mtcn0
空気読んで相手の気持ちをくみ取るのが苦手だから、
介護職は向いてないんじゃないかな?

まだ、製造業で同じ作業を根気強く淡々とこなしたり、
研究職の方が向いているような気がする

493 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 09:29:50 ID:gg37i6EH
親は老人ホームにでも入ればいいが
彼らをどうやって社会に還元していくかという問題意識がある


494 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 09:35:39 ID:pBITetSp
>研究職の方が向いているような気がする

http://www10.plala.or.jp/tchaiko6/page16.html

ここから引用

>学校時代の経験を通して「障害に気づく」ことがあったとしても、「頑張って学校を卒業した」ことから、障害を否認したいという気持ちを強く持つことが多い。
>この場合、挫折体験があったとしても、引き続き「一般扱いで就職する」希望にこだわることになる。
>結果として、「自分に適した仕事があるのではないか」という思いを持ち続ける。「障害に向きあう」ことは、自分の存在そのものを否定されるほどに、この上もなく重い意味を持つ。
>しかし、希望と現実が乖離している場合、学歴に関係なく障害理解の問題を避けて通ることはできない。
>作業について、「自信がある」「得意である」「できている」と思っていることとその仕事に求められる「採用の基準」が必ずしも一致していない。
>また、知識としてルールを「知っていること」と「できること(ルールに従って行動する)」が必ずしも一致していない可能性がある。

アスペは「僕は研究職が向いてるに違いない」
しかし現実は、向いていない。

介護職が嫌なら一生製造業しかないな

495 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 11:26:43 ID:KJ1/zBXP
>>494
アスペルガー症候群の診断を受けている著名人
テンプル・グランディン・・・・・・動物学者
バーノン・スミス・・・・・・・・・・・経済学者(2002年ノーベル経済学賞)
リチャード・ボーチャーズ・・・数学者(1998年フィールズ賞)

向いてる向いてないは人それぞれとしか言えないな。

496 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 12:57:01 ID:pBITetSp
さすが、アスペw
アスペ全員が学者とでも思ってるのかね?
だったら今から大学行って博士号取得目指して頑張ればぁ?

497 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 13:04:48 ID:eVecvtdL
漏れは自閉症スペクトルのどっかにいるってことででいいや

498 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 14:05:07 ID:Ffzf6II6
好きな分野の公刊された博士論文を値段が高いので図書館通して読んで
すげえなあとか思う反面劣等感に苛まれる作業を続けています。

499 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 14:07:16 ID:pBITetSp
>>498
当たり前だ、おまえはただでさえアスペなんだから。アスペらしく振る舞えるよう頑張ったらどうだ?

500 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:06:05 ID:JBY/zPbr
>>496
通常の大学のカリキュラムというのは以外と良いもの
(ビジネスマン養成などを標榜しているカレッジとかでなく
総合大学のほう)(学術的な訓練をする的な大学を選ぶ)

まずは大学生活でうっかり目移りする
人づきあいやアルバイト、部活などは一切、考えないこと。

ノートは手で書くかPCに書くか教科書に書き込むかでとにかく自分でがんばってとる。
ノートを人に借りようとは思わない。登録した授業は必ず出席する。
要領よくしようなんて思わずに、一科目毎、確実に自分でレポートを書く。
講師が示した参考図書は必ず読み通す。
とにかく単位取得を心がけて、四年か五年か六年か、
自己訓練だと思って努力したら、勉強する習慣も、研究への姿勢も身についているはず。
勉強している日々の過程こそが目的だと考えて、こつこつレンガのように勉強を積んで行く。

学部を終える頃には、勉強する態度が習慣になっている。
(ASが「良い習慣」を身につけると非常に強い)
他人をあてにせず学部を終えた者は、修士博士に進む力が身についていて
博士取得も夢でなくなっている。
何を専門にするかは、入学時に判らなくても、その頃には見えているかもしれないし、
選択肢がしぼれなくても、その頃には相談できるような恩師とも出会っている。
総合大学での訓練に過集中できたら、学術研究の仕事ができる人になる

大学の単位は多岐にわたっているので、学士が無理だと判ったとしても、
他人に頼らず孤独に学問に向き合う中で、自分の得意なことで人にできないことが
見つかっている。ASの人が学士や修士や博士に挑戦してみるのは無駄にならない。
家でうだうだしてるより、習慣を建て直して、大学に行く。


501 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:19:26 ID:JBY/zPbr
>>488

> すごくたまに自分にも人生に一回か二回、猪突猛進のことがあった。あれ多動って言うのかな?

さっき自分で気づいたんだけど、これ↑はたぶん過集中のでかいヤツです。
多動の人のとは違うんだなとホントに思う。

一回目のは、旦那。
ふたつ目は地域でのボランティア活動
当地で行なわれていなかったボランティア活動を自分が立ち上げて続けている
その活動のノウハウも悩みながら身につけた、一緒にやる人は年単位でふえてまだ五人未満だけど
続いている(自分にとっては奇跡的だけど、やる気があってできた)



502 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:22:30 ID:pBITetSp
>>500
なんか思いっきりずれてるな。おまえ、論点がずれてるとよく言われるだろ?所詮はアスペか…。

503 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:29:48 ID:TgE0QmHx
自称アスペを治す方法を考えてあげよう
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1286414587/

504 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:40:49 ID:JBY/zPbr

大学の話だけど、
>>500は、私よりもずっと日常会話の文脈が見えない、
社会で頑張っているAS旦那が成功した姿勢を書いてみた。
プランニング弱い、継次処理優勢。同時処理苦手。
視覚弱い。言語優位。非言語弱い。IQ人並み・・。

話を聞いてみて総合すると、
自分の好きな○◯をする、などと「目標」を決めてからとりかからない、これが大切なようだ。
というか大切なのは、毎日勉強するを目標にすること。
学術研究をするなら博士取得後もそういう日々が続く。

○◯をするにフォーカスして取りかかる姿勢がどうしてダメなのかというと、
それだと大学での勉強が途中で、やる気がなくなるだけでなく、
好きな◯◯は既にあるものなので、未知の物への探求という学術研究にならない。
学問はすでに知られていることを知るのではなく、まだ誰も知らないことを知る必要がある。
発明発見はコツコツと続ける勉強の中にあるだけで、まだ誰も知らないのだから目標にできない。
ただひたすら勉強、勉強また勉強でいい。


・・・こういうことを考えて自分をふりかえって判って来るのは、
私は同時>継次に偏っていたので、ものごとが難しかったんかなと思う。
自分は創造的な仕事に向いてないんだな。自分は職人向きだ


505 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 15:42:13 ID:JBY/zPbr
>>502
そりゃあ、私はズレてるわよ。
あなたにぴったりの考えは、あなたが見つけないと。

お医者さんから、認知特性が判る検査の結果を貰っていたら
それをよく研究したらいいよ

506 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 16:12:29 ID:xf1UOGnP
こっちもよろしくね

ADD/ADHD/アスペルガーになりすます人格障害者
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mental/1267606120/l50

507 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 17:24:00 ID:jekyZ+YH
>>504は職人という響きがいいから使ってるのか?
職人といっても様々だが、基本的には高度な技術やアイデアを用いてモノづくりする人と、ここで定義づけよう。
まずアスペは高度な技術を取得できるのか?
師匠の仕事を目で盗む観察力や洞察力はあるのか?


アスペは同じことを繰り返しやる単調な仕事しか出来ないのでは?
生産ラインに立って黙々と労働するのが一番向いている


508 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 17:59:05 ID:KJ1/zBXP
>>507
「師匠の仕事を目で盗む」よりも「自分で調べて実験して学習する」
経路に適性がある気がする。

509 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:07:11 ID:JBY/zPbr
>>507
職人っていうのは見込まれて引き受けられて親方について
下っ端仕事から身につけて、反復を繰り返しながら手に技をつけるという感じのこと
を言っているんだけど。徒弟制度が前提かな。ただの単純作業の反復でいいよ私は。


うちの診断済みの小学生だけど、バイオリンを習ってる
先生の演奏、先生の手元を見せてもらって、身につけるべきものを身につけてる。
「ここ見てご覧」「ほら先生の指をみて」って譜面や手元を見るために促される必要はある
自分がどっかの徒弟制度に弟子入りするんだったらこういう働きかけは頼まないとダメかも

ちなみに耳がいいので、安物楽器とは思えないようなイイ音を出すので師匠からは
それなりに尊重されている。楽器でプロになることはないけど、楽器を奏でる時間は
一日のうちでも非常に良質の時間になっているので、生涯を支えてもらえるだろう。

師匠には幼稚園時代から、診断済みの障害名を伝えてあるんだけど信じてもらえなかった。
高学年になって幼児という見方ができなくなってきてから「あれ?」って思われてるかも。
その師匠の流儀では、二歳児も教えることがあるし、その延長では、うちの小学生も、
ほかの小学生も変わりないみたいだ。
障害のあるなし関係なく音楽性が成熟してくのはまだずっと先なんだろうし。
バイオリン教師の中には、レッスン中に自身はまったく楽器を奏でないタイプもいる
らしいので、演奏を見せて、手元を見せて教える仕方をとらない場合もあるらしい。
うちの小学生の場合は先に耳から目から入れてく師匠が素晴らしく向いてる親方だった
ってことで、譜面や楽典は後からというのは職人と同じ。

510 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:22:46 ID:pBITetSp
音楽といえば例の音大生は親の七光りでコンサート開催してもらってるから恵まれてる方だよな

511 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:34:56 ID:zvoJmoEz
ヨコだけど、アスペは「技を盗んで覚える」のに案外適性あるのではという話をけっこう聞く。
技を盗むには目的から必要な情報を集めるというプロセスが必要らしい。
アスペがそういう方法論を選好し熟練してる傾向はあると思う。
ただし、この方法論が適用できるかは運だと思うけどね。

512 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:43:27 ID:JBY/zPbr
うぅ脱線してるね。。
だいたい、>>504にそえただけの職人ってことをくらいついて
くるほうも、なんだ?と思うけど。
これまで自分が師匠だと思った人を思い出していたんだけど、師匠の持っている良いもの
というのは非常に魅力的なので、その分野に入ってゆこうと思うような者にとっては、
手元から目を離せないかもしれない。真似るのはけっこう得意だと思うよ

ASの一部の人、サバイバルのために特定個人のふるまいや社会性を
憑き物がついたように真似して、それで切り抜けるなんていうのをやっているから、
その先で悪化して解離性人格障害になっちゃうのだろう。


513 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:44:26 ID:JBY/zPbr
>>511
おぉそうそう。リロってなくてかぶってごめん。


514 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:44:46 ID:zvoJmoEz
>>489
>自分のまず抱く印象とかに対する自分自身の信用度が著しく低下
これって、むしろ好ましいことなのでは?
確信が低いからこそ他の可能性を想像しやすくなりそうな気もする。
ものごとの捉え方の変化とか、きっかけになった体験とかを聞きたい。

515 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 18:58:18 ID:otiD5X5b
手順が決まってることや規則性のあるものには強いっていうのはあるかもなあ
そういうことの反復なら自分はあまり苦にならないので人より習熟が早いし
「(速度・正確さが)機械みたい」と言われたことがある

516 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 19:37:33 ID:Ffzf6II6
>>514
きっかけは精神病的体験だと思う。
自分がそのような状態に陥るリスクが高いということを自覚して、
しかも自分がそのような状態であることを好ましくないと感じるから、
そのような状態の芽は早めに摘み取ろうみたいな。

ちなみに自分の感覚や判断に対する信用度が低下することには好ましくない点もある。
すぐに思いつくこととしては、全般的に行動が鈍くなるってのがそのひとつ。

517 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 21:53:06 ID:kiSdWSx3
しかし専門家にはもっと真剣になってほしいよw
ADHDは3割近くLD併発なんだぞ?
個々の特性が目立たなくても併発は無視できない。

518 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 22:03:37 ID:42eGDHSS
スレ読んできましたが、なんか話が難しくて理解できなかったんですけど、

統合失調症とアスペルガー症候群は併発するのでしょうか?
しないのでしょうか?


519 :優しい名無しさん:2010/11/16(火) 22:32:20 ID:4wCU+B/0
こうやってきちんと社会で生活してる人もいるんだから頑張ろう
このブログを見て勇気を貰おう!
http://ameblo.jp/jrf-ef200/



520 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 01:44:17 ID:HQufyCtS
>>518
誰にもわからない

と、久々にこのスレをのぞいた俺が適当に言ってみる


世界は広いから1人ぐらいはいてもおかしくないだろうけど、
一般的には併発しづらいって感じなんじゃないの?

と、質問に対して質問で返すという反則技を炸裂させつつ、俺は寝る


あとは誰かにまかせた

521 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 01:54:42 ID:GibekmHQ
>>517
別に今の基準でもADHDとLDの併存は普通ですよ。私は、
本来は知的障害のないPDD以外の発達障害であるADHDを
ただの多動の症状名として乱用する危険性を言っていただけで。
多動もあるアスペと言えばいいだけなのに、どうしてなんだろう。

アスペとADHDは今までは知的障害のない発達障害という
意味合いが強かっですが、ADHDを多動の症状名みたい
に使う人が多いせいで、DSM-5草案ではADHDの基準が
変わって、PDDの有無は関係なくなり、さらに12歳までの確認と
拡大された。知的障害のないPDD以外の発達障害から、
ただ症状を示すだけの名称に近づくことになりますね。
人格障害など他の精神障害に分類すべきという意見も
あったくらいだし、今後その方向に進んでいくでしょう。

結果として、知的障害のないという括りがあったアスペを、
カナー型などと同じグループに放り込んでしまっても、
診断基準としての体系がまったく損なわれなくなったので、
すべてを自閉症スペクトラムに統合するみたいですね。

あなたたちのの願いが真剣な専門家に通じたようだ。
よかったじゃないですか。

私が播いた種なので、勘違いする人が出ないように責任をもって言って
おきますが、HDとADHDは違いますよ。詳しくは下のページでも見てください。
http://www.adhd-yoake.sakura.ne.jp/adhd/dsm.html
ADHDでも不注意優性型の一部などはHDに入りません。

522 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 02:03:40 ID:A8vuCv3I
がんばっているね〜

うちの○ちゃんパパも、Nゲージ持ってたなぁ。今は持ってないのは生き方を
多少なりとも切り替えたからかな。厳しい時代があったからね。
○ちゃんの療育先の男の子も「いつも一緒にいたい、ほんとうに大切なもの」として
彼のNゲージのコレクションを持参して見せてくれる。そういう時は真剣で瞳が輝いていて魅力的な男の子になる。
好きな物をとことん大切にできた子は発達障害でもよく伸びるよね。
>>519の人、ほんとによく頑張ってる応援したいな。

ちなみに○ちゃんパパは、自活するようになってからの愛車は、ビート、国産ジープ、ムルチプラ、まできてお金が無くなって今は三菱アイです!
ムルチプラの時代は、並行輸入品だったので、故障して修理に出すと長くて高くて貯金がぜんぜんできなかった。
でも家族としては代車でいろいろな車に乗せて貰って楽しかったよ。

ほんとうは○ちゃんパパがいちばん乗りたいのはシトロエン2CVだから、もうちょっとがんばれたら、ガレージが3台分ある一戸建てに住めるようになるかな。
それまではお預けよ。でも通勤車でも可能な限り本人の好きな車に乗ってもらいたいよね。

私は私で事情があるよ。ちょっと変わった形の車でなければ、ショッピングモールの駐車場でうちの車を見つけられないのよね

523 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 04:09:00 ID:gJrVdkiO
ID:A8vuCv3Iの中の人、面白いです。私は好き。

524 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 04:52:29 ID:szPc+lq9
>>522
>>519のブログの人みたいに鉄道趣味を糧に一生懸命頑張ってる障害者の人って勇気を与えてくれるよね
同じ障害者として誇りに思えるよね


525 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 07:15:52 ID:QdWnXND/
>>459
>>521
「原因や機序が違い、したがって投薬や対応、援助の仕方でも当然まったく違う」
障害を混同して、風邪ひいた人に肺の摘出手術をしたり肺癌に風邪薬を出すような
治療が蔓延するならば、迷惑を被る人は多いだろうね。個人のこだわりの問題では
ないな。

526 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 09:37:15 ID:phl0thXr
自分が人と違ってうまくいかないのに悩んでます。
アスペかもしれないと思ったんだけど
自閉症スペクトラム指数をやってみました。
47と出たのですがこれはどうなのでしょうか。


527 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 09:58:41 ID:lWyMxl2y
統合失調症と発達障害両方持っている俺だけど、今日心理検査受けてくるー。

528 :優しい名無しさん:2010/11/17(水) 16:40:03 ID:lWyMxl2y
心理検査は以前やったこともあるMMPI 人格検査http://www.saccess55.co.jp/kobetu/detail/mmpi.htmlだったー。やっぱり1時間くらいかかった。

529 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 18:09:18 ID:k6w5Adkp
>>525
今日先生に本当かどうか聞いたが、ADHDはアメリカで論争になってたけど
現状追認ってことでそうなってしまって、アスペルガーも消えるらしいね
両方持ちとかやたらと言ってるのって、自分の病名を自慢してる
ようなおかしい奴がほとんどな気がする、ブログとかに多いけど
ドクターショッピングとかして勝手に増えしてるだけな気がする
ここも自閉症スペクトラムについて語り合うスレになんのかな…
別にいいけどこっちは自閉そのものより、中途半端に分かることが
辛くて二次障害とかになってんのに、一緒にされてもなぁって感じだ

>>527
世界中探してもほとんどいないらしいのにすごいね
で、何で同じ検査を何度も受ける必要があんの?

530 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 18:48:33 ID:UJ/9zQTl
いわゆるカナー型自閉症とアスペルガーの診断基準の統合に関は正しい方向性だと思うよ。
前頭葉の器質的欠陥がみられない(にもかかわらず正常に機能していない)というのも共通してるし。
教育や福祉の枠組みにしても、もはや知的水準で分け隔てるのは不適切なのでは。
社会経済が高度化して、得意のパターン対応がどんどん通用しなくなってるんだから。

531 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 20:41:30 ID:k6w5Adkp
ぶっちゃけ聴覚過敏の薬もらってるだけで、
別に特別な教育や福祉なんて受けたことないけど、
普通に大学出て働いてるから関係ないんけどな。
先生の話によると書類上の呼称が変わるだけで
今まで通りで何も変わらないらしいよ。
過敏とかの二次障害の薬が安くなったり
するか聞いたけど、それもたぶん無いらしい。
まあ元からそんな高いってことないんだけど。

532 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 23:14:34 ID:cioltmPk
>>529
>世界中探してもほとんどいないらしい

>>486が正しいとしたら、症状中心で見る限り、
ほとんどいないなんてことはないんじゃないか。
むしろわりと目立つとすら言えそう。

ただ、症状だけではなく、治療の有効性とか症状の原因とかを
診断の際に顧慮するならば、どうなのかはわからない。

参考
杉山登志郎 「高機能広汎性発達障害と統合失調症」
http://kids.gakken.co.jp/campus/jiritu/medical/backnumber/02_10/top.html

533 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 23:29:17 ID:89zafQEb
>>530
そこはかたやADHD単独でぎりぎりで診断される人と
重度の発達障害(ダウン症)が同一に語られる
新たな流れがあってだな。

534 :優しい名無しさん:2010/11/18(木) 23:44:03 ID:WzV++wo/
ADHDによくみられるフィジカルな異常

●座ったままでいられない、
●じっとしていられない、
●下肢のむずむず感
●灼熱感
●下肢の絶え間ない動き・足踏み、
●姿勢の頻繁な変更、
●目的のはっきりしない徘徊

535 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 01:23:22 ID:a/mGEPZy
俺も気になったから主治医に尋ねたんだが、ASに関しては、
要はここに張り付いてたような、明らかに自閉指数が高いのに
本人の自覚がない困ったタイプを扱いやすくするのが目的みたい。
既に自覚があって診断を受けていてる人には何もないって。

今だって発達障害全般を扱ってる医師が診察をして、協会も
自閉症と同じ。ASだからって何かしてもらってるわけじゃないし。
二次的な症状がある時だけ一般人と同じ治療をしてもらうだけ。
これからもそれは変わらないだろう。俺も好きなように生きるし。
すでに気付いてるここの住人には関係ない話だろ。
ただ自覚がない人が診断されるケースが増えるみたいだから、
そういう人の方がむしろかなりショックを受けるだろうね。

ADHDの方が実は大きい変化みたいだな。>>521は書いてないけど、
大人の場合はチェック基準も6つから4つに減るらしいので、
場合によっちゃかなり危険なことになるかもね。

536 :11/19(金):2010/11/19(金) 10:01:36 ID:YyKM543M
発達障害にはリタリンが効果あるらしい。
挙動不審や合併する抜毛症、自傷行為、強迫障害にもきくらしい。

537 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 10:15:04 ID:49VAXjcz
補足すると、毛が生えてきたりするわけではないので、勘違いしないでね

538 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 10:20:29 ID:a+GH6mhU
つま先立ちして歩いてる子供=発達障害児

539 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 10:40:42 ID:49VAXjcz
バレエ習ってる子かも
デブで短足なら発達障害だろうな色んな意味で

540 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:00:54 ID:RbxBETJK
最近アスペルガーという病気を知ったが、その症状が100%自分に当てはまる…。

集団に溶け込むのは苦手だし、人に嫌われたり、叱られる事が多いし、仕事では物覚えが悪くやる気ないと思われる。
必死に頑張ってるつもりでも、ふとした拍子に集中が途切れてミスをする。

飲み会の席では気の利いた言葉が言えない。
どうすれば人が喜ぶのか、どう言えば人を不快にさせずに済むのかが分からない。
昔、飲み会の席で自分に怒って来た人になぜ怒ってるのか、どうすれば納得するのか聞いてみたら、
『そんなことは自分で考えろ!みんな空気読んでるのに、お前だけが空気読めないんだ!』
と更に怒られた。
怒らせるつもりなんてなかったのに。
ただ本当に怒ってる理由が分からなかったから、知りたかっただけだった。

自分が口を開くとみんなが不快になるから、ずっと黙っていたら今度はテンション下がるから何か喋れと言われる。
喋ったら不愉快だと怒られる。

どうして自分はこんな風になってしまったのか。
なぜ普通の人はあんなに簡単に円滑な人間関係を築けるのか。
どうすれば、このどうしようもない自分を治せるのか。
まったく分からない。

541 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:13:50 ID:49VAXjcz
>>540
「人を怒らせる能力」を活かす方向で考えてみよう

542 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:25:10 ID:RbxBETJK
>>541
そこまでポジティブな発想はなかった。
でも人を怒らせる欠点をどうすれば生かせられるか分からない…。
いっそ嫌われキャラに徹しようかな。

543 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:26:35 ID:a+GH6mhU
>>542
暴力団員になってみればどう?

544 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:33:50 ID:RbxBETJK
>>543
暴力団はならず者ではあるけど、ある意味仲間意識強そうだし、それなりのコミュ力求められるんじゃないかな。

ぶっちゃけ自分、暴力団にも嫌われそうだし…。

545 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 11:38:56 ID:a+GH6mhU
>>544
あっそ、それならゴミ拾いや空き缶拾いでもしたら?ひとりでも務まるからね。それしかないんじゃない?

546 :527:2010/11/19(金) 12:41:35 ID:GqEf4l18
>>529
>世界中探してもほとんどいないらしい
医者はそんなこと言ってなかったよ。病気にも統合失調症と発達障害きっちり分けられるわけじゃなくて、
両方持っている人が結構いるんだって。それに「世界中探してもほとんどいない」って言ってるのはアスペ個人のブログだよね。

>何で同じ検査を何度も受ける必要があんの?
同じ検査とは知らなかった。まあ昔受けたのも数年前だし性格変わってると思うよ。

>>541
http://nine.nicovideo.jp/watch/sm4521887

547 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 14:54:25 ID:5Px90iE0
>>540
同じ同じ。
自分の場合面と向かって言ってくる人がいない。
でも雰囲気でわかるから辛い。

548 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 16:47:43 ID:a/mGEPZy
>>546
症状の見た目がつきにくいだけで糖質とASはきっちり分けられるよ
糖質は後天的に発症するもので治療できるがASは先天的だろ


549 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 17:11:52 ID:Vxymls+d
思ったんだが、アスペルガーの人って一生幸せになれなんいじゃないの?
空気読めないし、他人と合わないんだから、何努力したって無駄だよ

550 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 18:03:26 ID:GqEf4l18
>>548
>症状の見た目がつきにくいだけで糖質とASはきっちり分けられるよ
それは素人の意見だし、頭が固いアスペの人はそう思う人が多いかも知れないね。
実際は両方もっている人が少なからずいて、統失とアスペの論理積の図みたいにして書けるんだよ。
その重なった部分でもアスペより、統失よりに分かれる。

>糖質は後天的に発症するもので治療できるがASは先天的だろ
それも素人意見だね。第一それは君の意見じゃないでしょ?
ネットから漁ってきて分かったような気になってる情報。
俺が聞いたのはプロの生のご意見だから。
俺の場合、16の時に統失発症して、その時は統失の症状が大きかったけど、
今ではアスペよりの統失とアスペ両方持ちだよ。

551 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 18:06:14 ID:05SK1lG3
ただ人付き合いが苦手なのをアスペのせいにしてないかい

552 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 18:33:42 ID:tR1Lj8Iv
基地害に診断名つけても無意味

553 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 19:00:27 ID:TZEN6GlY
マターリしてねェなココ!

554 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 20:07:42 ID:5Px90iE0
正論

555 :優しい名無しさん:2010/11/19(金) 20:44:57 ID:+p9Vl5Mx
自分もアスぺっぽいなと思うのが、最近いつもと同じ行動をしないと調子が出ない
飯食って風呂入って寝る時間にこだわりがあって
自分が一番気持ちいいと感じるやり方を毎日やろうとするから疲れる・・・
そのサイクルを邪魔されると、怒らないけどストレスがたまって何もかもどうでもうよくなってくる

何より一番アスぺカモと思ってるのはこれだけは絶対守らないといけないという自分のルールを
常に実行してる事、これをやらないと悪いことが起きる、頭の中に浮かんでくる
実際そんなことはおこらないのだが、ニュースで悪いことが起きると
たまにそれを頭の中で関連付けて
「俺がルールを守らなかったから実際よくないことが起こった、馬鹿馬鹿しくてもやらなきゃだめだダメなんだ・・」と落ち込む、こだわりが度を越してきて
自分でベストの心理状態になるまで部屋のドアを開け閉めしたり、階段を下りたり登ったりしてる
第三者の目には不審者にしか見えないだろうし、家族に見られてから変な目で見られる
でもそのルールをやらないと落ち着かない、悪いことが起きる予感がする
最初はやらなくてもいいと思ってたけど、なんかやらなくちゃダメになった
アスペというか糖質?

>>549
アスペルガー同士でもお互いの考えって理読めないの?
共通の気質とか

556 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 18:12:09 ID:xP5CqqPg
アスペ同士はつかみはオッケーなんだが、喧嘩になりやすくねつい。
やっぱりアスペは難しいよ自分が正しいと引かないからね。偏った考えだから
相手しないのが一番。
いろいろ苦労してきて隠そうとしてニコニコしてる人とかいるけど騙されないで関わったら最後執着すごいよ。
子持ちの場合は何がなんでも我が子一番だから
人の気持ちわかったようなこと言うけど損得しかないよ。

557 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 18:15:44 ID:xP5CqqPg
それとね、本物アスペと
家族が誰か空気読めない
ADHDがいるとイライラして偽アスペになるから
注意してね。
自分がおかしいと思わないで、親や兄弟で身勝手な
人の話聞かないのが一人でもいればそのせいであなたが被害者だからね。
いくら身内でも早く離れてね。


558 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 18:55:40 ID:ppjVAiwI
このスレでアスペに対する誤謬を正すとかほざいてる
アスペの代表は障害年金で暮らしてるんだろ?
発障だからって何もしてもらってないとか言ってる奴なんなの?
まずは社会に寄生するのやめてから物言えや
どんだけ図に乗ってんだアスペのクズどもは

559 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 19:09:41 ID:PchQW5oq
アスペで障害年金とかwwwねェしww
重度の人だったらわかるけど大半のヤツは貰えんしww つんつんしねェーでマターリしようぜwww

560 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 19:36:53 ID:ppjVAiwI
>>559
本人が言ってんだから間違えないだろ
ああいうアスペが乞食の分際で偉そうに振舞っている以上
マターリなんて出来る訳ねーだろ
発障に金やるより他に救うべき人がいるだろうが
ホームから人付き落とすか上げ足取りしか
できない連中に税金使ってどうすんだって話

561 :優しい名無しさん:2010/11/20(土) 20:00:18 ID:PchQW5oq
>>560
アスペアスペったってwwピンからキリよwww千差万別よww
基地外じみてるアスペもいりゃたかりよりひどいアスペもいるがよー
社会でどうにか生きようともがくアスペもいるし、なぜ皆のように感じ、行動し、普通に生きられないんだって悩んで傷ついて、でも一生懸命生きないとって頑張ってるアスペたちもいるんだよww


その君が思う底辺っぽいアスペはしらんけど社会で頑張ろうって行動しているアスペもいるだwww それは認めてやってくれよwww
そしてマターリしよーぜェwww

562 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 02:20:03 ID:VABmqolV
>発障だからって何もしてもらってない

「俺は何もしてもらってないし、これからも好きにやらせてもらう」はないわ。
迷惑かけることが非常に多いのがわかってて集団生活に混ざりこんでる時点で、
「赦してもらってる」んだよ。個人事業で食ってるならともかく。

563 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 12:46:18 ID:xlq6ZcpI
>>562
アスペにそんなこと分かるわけないだろ。集団生活での迷惑とか考えられるレベルじゃないよ。
ここ見てるとアスペは福祉で生活してても、社会になんの感謝すらしてないみたいだから。
普通の人間なら年金とか保護もらってたら、申し訳ないって気持ちがあるもんなんだけど。
アスペは感謝するどころか得意顔で社会や他人を糾弾してるんだもの。
まあその指摘も幼稚園レベルだから何の生産性もないんだけどね。
アスペは全員罪の意識とかが感じられないんだろうね。
理由も無く犯罪を起こすアスペが多いのも、ここの連中見てるとよく分かるね。

564 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 13:01:16 ID:fQF2m63+
>>563
禿げあがるほど胴衣
アスペはしてもらって当然、わざとじゃないので迷惑かけても仕方ない、
罰を受けるのなら犯罪を犯すことに何の疑問も持たないと言う、社会の害悪でしかない。

565 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 13:27:54 ID:xlq6ZcpI
>>564
本当そうだよね。
あと罰受ける覚悟があるならまだましだよ。
最近は人殺してもアスペだからと弁護してるからね。
過労死とかになりそうな人を助けた方が世のためだよ。
アスペなんて他人の荒探ししかできないゴミなんだから。

しかしアスペって荒探しして自分が正論言った気になってるんだけど、
いつも辞書とかWiki転載するしか能が無いことから分かるように、
ほとんどは余所から表面的な情報パクってるだけだから、
結局は自分の方が間違っていることがいつもバレてるよね。
完全にピエロなんだけど、アスペは恥も感じないから、
平気で繰り返えせるのかね?

566 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 14:15:53 ID:D0yROIXQ
アスペに介護職なんてやらせたら適応障害発症するよ
コミュ力無いと破綻するからね

567 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 14:22:59 ID:D0yROIXQ
アスペに障害年金など与えるなよ
社会でしっかり働かせろ
甘やかすな

さらに
人格障害なんてのはそもそも存在しないんだよ

世の中には本当の障害抱えても頑張って生きてる人がいるんだよ
なりすましは許さない

568 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 14:49:49 ID:LyL5mRNx
ADHDによくみられるフィジカルな異常

●座ったままでいられない、
●じっとしていられない、
●下肢のむずむず感
●灼熱感
●下肢の絶え間ない動き・足踏み、
●姿勢の頻繁な変更、
●目的のはっきりしない徘徊

569 :優しい名無しさん:2010/11/21(日) 15:38:25 ID:cBOuyspZ
ADHDって学習障害つって勉強できない人のことをいうらしいね。

570 :優しい名無しさん:2010/11/22(月) 22:28:34 ID:lqSf4EUO
┌─────────────────────────────
|┌──────────┐ 履歴書     平成22年11月22日
||    /      \      | ┌────────────────
||  /  ∧    ∧\    | |氏名: 定義クン 自称 社会のつっかえ棒
||/     \   /  \ | ├────────────────
|||      (__人__)    |. | | 分類: 乞食
||\    \` ⌒´ /,/.  | ├────────────────
||...イ.ヽヽ、___ ーーノ゙- 、   | |現住所: 地方ニダー
||   |  '; \_____ ノ.|ヽ i....| ├────────────────
||   |  \/゙(__)\,| i  | | |特技:ネット検索による知ったかぶり
|└──────────┘ └────────────────
| ┌────────────────────────────
| |連絡先:ないニダー
| │
| └────────────────────────────
| ┌───┬─┬──────────────────────
| | 年   |月|
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |  学歴 中卒 (英語は全く読めない)
| ├───┼─┼──────────────────────
| |     |  | 職歴 なし (障害年金で社会に寄生)
| ├───┼─┼──────────────────────
| |     |  |  アスペに対する誤謬の阻止に日々務める
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |                           以 上

571 :優しい名無しさん:2010/11/22(月) 22:53:12 ID:avI9znWn
>>567
手足は動くから働くけど、労働時間8時間のうちミーティング以外6時間ずっとしゃべっていていいですか?
さびしいんだもん。

572 :優しい名無しさん:2010/11/22(月) 23:35:52 ID:AtIcj949
 こっちは黙っててもいい?
喋りながらやると、絶対ペース落ちるw

 571は社会に何しに来てるんだろう。

573 :優しい名無しさん:2010/11/23(火) 17:24:11 ID:3uNnYYxs
>>571
営業職お勧め


574 :優しい名無しさん:2010/11/23(火) 20:44:38 ID:qKBHwbHA
アスペルガーになりすます人格障害者
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mental/1267606120/

575 :優しい名無しさん:2010/11/24(水) 00:59:31 ID:V+oYHkLW
>>574
そのスレでは、人格障害と発達障害の違い、統合失調との違い、
診断名のそもそもの成り立ち、病理や機序などにも踏み込んでいますね。
当スレで、診断基準は医学的でもあるが、診断する側にとって社会的なもので、
病理や機序が判然としないままで、混乱を避けるために排他的に診断されている云々
の話が出たものを、そのスレでは、もう少し突っ込んだ話がされていた。
自分には分からない話もありましたが興味深かったです。

576 :優しい名無しさん:2010/11/24(水) 02:34:30 ID:TUPjXeLz
やっぱり自分は発達障害のほうだわ

577 :優しい名無しさん:2010/11/24(水) 03:20:45 ID:+Yr7aTn1
このスレってまともなアスペの人が叩かれて追い出されるのが多い気がしてたんだけど
ひょっとすると人格障害の奴が叩いてたのかな?

578 :優しい名無しさん:2010/11/24(水) 05:25:16 ID:9u97q8P5
>>571>>573
アスペで営業職ってお赤飯とかいう人?

579 :優しい名無しさん:2010/11/24(水) 06:35:09 ID:4He8WhWn
赤飯の人が発達障害ってことになってるのは何で?

580 : ◆titech.J3E :2010/11/25(木) 02:17:23 ID:soFEF7Fr
>>549
俺は、自分の中では、幸せ=自分の身体や所有物に危害が加えられない状態、と定義している。
無職を続け、納税額が少なければ、社会から弾圧を受けかねない=自分に危害が加えられる
弾圧を受けずとも、金が無くなれば、住居を失い、食事を失い、結果的に体を害する=自分で自分に危害を加えることになる
だから恐い。
それだけだ。

幸せという概念は一人一人違う。
たぶんアンタの感じる、幸せ、の概念は一生理解できないだろう。
理解できない概念に対しては、なりたい思うことも出来ない。


581 : ◆titech.J3E :2010/11/25(木) 02:23:24 ID:soFEF7Fr
>>550
ASは脳の乳幼児期の発達異常による、脳の構造の問題
統失は、思春期以降に起こる、脳の活動の問題
という違いはあると思う。

構造に問題があり、さらに活動にも問題が起こる可能性はあるだろうから、
併発しても矛盾は無いでしょう。

582 : ◆titech.J3E :2010/11/25(木) 02:28:32 ID:soFEF7Fr
>>563
感謝とか申しわけないという感情は理解できないが、
犯罪を起こせば刑務所にぶちこまれるから、
それは恐怖だから、犯罪はしませんよ。
バレないように犯罪をする知恵もないし、リスクを考えれば、
何もしないほうが得策だから、犯罪はやらない。

583 : ◆titech.J3E :2010/11/25(木) 09:06:23 ID:soFEF7Fr
>>567
訪問販売やテレアポで、弱者を騙して金を稼ぐ行為と、
障害者になりすまして、政府を騙して年金をぶん取る行為は、
本質は同じでしょう。

なぜ、前者は、働いている、として賞賛され、後者は、批判されるのか?
それは「納税」の有無だろ。
「働け」というのは誤りで正確には「納税しろ」なんだよ。


584 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 13:17:51 ID:pszwXw1w
>>567
>>583
そもそも、仕事として日常的に精神病患者を診察している精神科医を
素人が何年間も騙し続けるのは酷く面倒な上に難しくないか?

585 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 14:29:03 ID:6xv1B4wO
アスペルガー症候群→軌道を外れた早熟の子どもが成人期になっても正常ルートに戻って来れない状態
ADHD→頭の悪いバカ高校生の状態
ADD→ADHDが老けた状態
LD→バカ

586 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 18:54:38 ID:NOwaoWil
>>583
弱者を騙して金を稼ぐ行為は基本的には賞賛されるどころか非難されてるよ。
賞賛されるとしても特別な場合だけ。例えばそういうことをする集団に属する人々の間とか。

>>580
>幸せ=自分の身体や所有物に危害が加えられない状態
慎ましい幸福感だな。確かに所有権は幸福の重要な条件だと感じられる場合は多いようだけど。

587 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 20:29:12 ID:bvsQebjB
183 :優しい名無しさん :2010/11/25(木) 14:49:25 ID:pszwXw1w
>>170
国会議員の場合、選挙の際に供託金だけで300〜600万円、
選挙費用自体にも百万単位の資金が必要になるのだが、
それを承知した上で書いてるのか?

自分に可能なアプローチを選ぶのは当たり前だろう。

588 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 20:35:39 ID:bvsQebjB
193 :優しい名無しさん :2010/11/25(木) 19:23:54 ID:pszwXw1w
>>186
比例代表の場合は衆参どちらも600万円の供託金を用意しければならないし、
だいたい参院比例の場合100万票以上、衆院比例は30万票以上の票が当選に
必要だから、議席を本気で狙うならば数百万円から数千万円、下手すると数億
円の資金が要る。

「議論を掘り下げる」という金がかからず自分の気性に合った方法を選んでる
だけなのだがな。国政に意見を持つ人間全員が国会議員を目指す方が不自然だ。

589 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 20:57:42 ID:bvsQebjB
195 :優しい名無しさん :2010/11/25(木) 20:43:31 ID:pszwXw1w
>>194
自分に端を発する話題が終わるまで真剣に対応してるだけだから、
この話題が終われば離れるよ。このスレ自体はどうでもいいし。

590 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 21:01:02 ID:bvsQebjB
197 :優しい名無しさん :2010/11/25(木) 21:00:10 ID:pszwXw1w
>>196
「政治家や政党に意見をメールで送ったり献金をしたりもしてるよ。」

に対するレスとして

「自分が議員になればいいのに。
他力本願なのはアスペルガーの特徴すなあ。」

が帰ってきたんだと思ってたよ。すぐ後のレスだったからね。
それならば、こちらも書くことは無い。さようなら。

591 :nasA:2010/11/25(木) 22:18:52 ID:h8NgPKW0
はい、ここにもこんにちはー。被害者スレから来ましたー♪
ヨロでーす。

592 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 22:38:49 ID:pszwXw1w
>>591
被害者スレで質問したID:pszwXw1wです。
返答が有るならばよろしくお願いします。

593 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 22:47:08 ID:OSaEPOt2
>>579
彼のブログの行動様式をよく読んでごらん
障害者そのものだろ

594 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 23:08:34 ID:h8NgPKW0
ブログ読んでくれた? ありがと。
新サイトもヨロねー。
http://self-improvement.jp/

具体的に、これのどこが障害者かなー?(大笑)

>>592
どうもです。
質問、私宛にしました? すいませんが、ここでもう一度お願いします。

595 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 23:16:30 ID:pszwXw1w
>>594

>>206
ここが愚痴の集積地ならば、真剣に相手をしても得るものが
無いように思えますが、どう考えますか?


はてなキーワード > 愚痴
言ってもしかたがないことを言って嘆くこと。「―を言う」「―をこぼす」
〔仏〕 三毒の一。物事を正しく認識したり判断したりできないこと。愚かであること。痴。癡。
――の闇(やみ) 愚かで物事の道理に暗いことを、闇にたとえていう語。


返答が有るならば
アスペルガー症候群についてマターリ語り合うスレ84
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/utu/1287780581/l50
にお願いします。

596 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 23:36:51 ID:h8NgPKW0
あ、これですか。ならお答えします。

あの被害者スレってのを潰したいだけです。
あそこの下僕住人どもを相手をするんではないのですよ。
社会倫理的に、あのスレや下僕住人どもの非人間的なカキコは、存在することが許されないので。

確かに、あのスレにカキコをし続けたところで、直接的に得るものは特にありません。
ただ、継続的にスレ潰し運動を展開することに、当方の発達障害自助・支援活動の意義があります。
世間様に向けてのキャンペーンという意味でも。
あと、ネガティブスレが消えれば、2chの世間でのイメージ向上にも多少はなるでしょうから。


回答は以上です。

597 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 23:56:12 ID:pszwXw1w
>>596
あのスレが「心の健康に関する専門的な情報交換」になってるかどうかは
他に行き先となる板が浮かばないので置いておくとして、あのスレに愚痴
を言う人間がまとまる事で他の関連スレにおける情報交換が円滑に進む
のならば時間や労力を投入してまでスレを潰す必要が有るのか疑問に
感じるのですが、この点についてはどう考えますか?

それと、2chの世間でのイメージ向上なんてする必要があるんですかね?

598 :優しい名無しさん:2010/11/25(木) 23:56:17 ID:OsL06Ctd
アスペのネガティブイメージばら撒いてんのは定義クンとかなさだろ。
定義クンはよく間違ったアスペの一般論が広まるのを防ぐとか言ってるけど、
定義クンの言動からそのアスペの一般論とやらが作られて、
定義クンの言動によってそれが正しいと広められてるんじゃん。
まったく分かってないようだけど、その自覚はあるのか?

599 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:01:34 ID:tDLMi3/H
その誇大妄想もさ、医師とかに話してる?
ちょっと2ch住民じゃ役不足だから第三者に病名つけてもらってください

600 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:02:31 ID:hoWeN0AV
>>598
俺を一般化してもなさには当てはまらないし、なさを一般化しても
俺には当てはまらないだろ。どうやって一般論を作るんだ?

601 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:14:44 ID:TzM3US3a
>>598
自覚なんてないだろ。定義のことを根拠にしてアスペが叩かれているのに、
こいつ、他の奴の論考が一般化されてるせいでこうなってると思ってたじゃん。


>>600
定義の言動をそのままアスペの特徴とすればいい。

>ASに対する勘違いの連鎖・合成の誤謬を止める「必要」を感じてやってる気がするよ。
本人がこう言っているんだから、定義がやってることを勘違いや誤謬の無いアスペの特徴
として一般化しても問題ないな。

602 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:20:41 ID:vriqDgLV
>>601
俺は一般論として「人間は一人一人考え方が違う」を推奨してる。

603 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:22:11 ID:L9vnd0Q/
>>597
2chも会社が運営しているそうですから、まともな経営者ならば、普通イメージ向上ってのは考えるでしょう。

あと、
>あのスレに愚痴を言う人間がまとまる
のは勝手ですが、少なくとも世間での不特定多数の目に触れる場面でああいう心無い書き込みが横行するものが存在することはあってはならない。
これは他のスレでも、他のサイトでも同じこと。
っていうか、あんなのが堂々と存在してるなんて、2chの一部スレくらいですけど。

グチは飲み屋で吐いて、極力文字に残さない、せめて吐くならば、「グチ吐き板」っていう主旨が明確なものを作って、無用にイジメや犯罪の温床になるような要素を取り除くべきでしょうね。
それはあのスレでも繰返し言っていることだけど。

他のスレでの情報交換が進むのは、それと関係ないことでしょう。
あそこの下僕住人たちが2chから消えてくれれば。

>>599
ふふふ、医師にも、カウンセラーにもしっかり話してありますがー♪

604 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:24:24 ID:vriqDgLV
>>601
つーかさ、俺なんかを一般化して他のアスペを叩くやつが
居るならそいつに反論するのが筋だろ。

605 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:24:34 ID:TzM3US3a
>>602
まだ自分がどれだけ周りに害をばら撒いてるのか理解してないようなので、
お前が普段人にやってることをやり返してやるか。

いっぱん‐ろん 【一般論】 デジタル大辞泉

ある特定の、または個々の具体的な事柄を考えないで、広く全体を論じる議論。
世間に広く認められると考えられる論。「―として述べる」

606 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:29:19 ID:TzM3US3a
>>604
「アスペに対する勘違いや誤謬をなくす」と言っているアスペ当事者を
アスペの一般像として扱ってどこに問題が?

607 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:38:45 ID:uYpMPApN
なさを見てて思ったが、ネガティブが気に入らないとかも発達障害の症状かもしれない。
世の中には例えば「障害者も性欲をもってる」みたいな事実から目を背けたい、認めたくない人っているわけ。
見たくない気に入らないと思うのは自由だが、発達障害者の場合は攻撃にまで至ることが多いのでは。

608 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:39:46 ID:L9vnd0Q/
>>605
何か、意味がさっぱり分かりませんが。
具体的に、どんな害をばらまいていて、それに対して、具体的に何をやり返すんです?

609 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:43:17 ID:TzM3US3a
>>608
そうか分かんなかったか。
じゃあ別の質問をするわ。

辞書を調べると>>605と書いてあったんだが、
「人間は一人一人考え方が違う」
は一般論になりえるのか?

610 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:46:40 ID:L9vnd0Q/
>>609
>>605の直接的、明示的な答えをしてくださいね。話の論点ぼけるので。
そしたら、ご返事します。

611 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:47:58 ID:TzM3US3a
具体的な害っていうのは、確認と称して低レベルな質問と屁理屈を繰り返して、
このスレでのアスペに関する専門的な情報交換を妨げてることだな。
いやぁ、自覚がないとは恐ろしい。
自分が害を与えてることさせえ自覚できない をアスペの特徴として広めないとな。

612 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:49:05 ID:vriqDgLV
>>603
そもそも俺は2chに「まともな経営者」なんてのを期待してない
から、そのあたりの感覚があなたと違うのかな。

AS関連のスレから被害者スレに誘導されてた例を見た記憶が
そこそこ有るから、情報交換の邪魔になる書き込みする奴を
誘導する先として機能してるのだと考えてた。

>>606
そんな事を言うアスペが全然一般的でない時点でアスペの一般像
として扱えないと考えるがどうだろう。そもそも、俺が勘違いや誤謬
を訂正したくなるのはAS関連に限った話ではない。

613 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:49:40 ID:TzM3US3a
やり返すっていうのはうっとしいことこの上ない辞書からのコピペ。

614 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:53:16 ID:vriqDgLV
>>609
「人間は一人一人考え方が違う」を一般論だとした場合に
どのような不都合な点が生じるのかから考えたくなる。

615 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:54:53 ID:TzM3US3a
別にお前へレスしてる訳でもないのに、いちいち文章を切り取って、
辞書からのコピペ貼り付けて、矛盾してるとずれた指摘を繰り返す。
そうやってアスペに関する専門的な情報の交換を邪魔してるよな。

>>612
そのアスペの一般像からかけ離れた乞食が、アスペの代表面してスレに居座って、
勘違いや誤謬を訂正するとかほざいてるからみんな害を被ってるんだろ。

616 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 00:56:41 ID:vriqDgLV
>>615
「アスペの一般像」って具体的にどこで述べられた
物を指してるんだ?

617 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:03:09 ID:TzM3US3a
>>616
専門家がアスペはこんな特徴がありますって書いてあることだったり、
このスレでまともな奴がアスペってこんな傾向があるかもって書いてあることだよ。

それに対して、お前はいっつもすべてのアスペに当てはまらないからそれは間違い。
としつこく粘着し続けてるよな。なんの義務があってそんなこと続けてんの?

618 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:08:03 ID:vriqDgLV
>>617
「まともな奴」って誰のことを言ってるんだよ?俺なんかは
過去スレで「本物」とか言われてたぞ。

619 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:12:11 ID:L9vnd0Q/
>>612
そうですか。あそこの下僕どもが2chからなかなか消えないっていう前提であれば、それは理解、同意します。
確かにその前提であれば、かつ誘導された前例があるなら、その通りですね。

2chにまともな経営者が付かなければ、いずれ社会から2chは抹殺されてしまうと思うんですが。。
経営者変わったって話聞いたので、以前よりはまとも度上がったのかなと思って。

620 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:14:13 ID:TzM3US3a
>>618
まともっていうのはアスペかどうかじゃなくて、お前やなさみたいなキチガイじゃないってことだよ。

「〜なことがあった、アスペって〜かもしれない」っていう話とか、「〜と書いてあった、アスペにも当てはまるかも」
っていようなのにいちいち食いかかるだろ?それが害以外の何物でもないってわけ。
指摘がまともなら話が繋がるんだけど、お前の場合は辞書のコピペと3歳児みたいな中身だもん。

621 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:22:48 ID:TzM3US3a
一人一人違うとかほざいてんのに、定義って自分の分が悪くなった時だけ、
>>618みたいに都合よくアスペ面して逃げるんだよな。
アスペとか定型以前にどこまでも卑劣な人間だわ。

622 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:25:58 ID:vriqDgLV
>>620
なにか言葉の使い方がおかしい気がする。

「アスペはこうだという一般論があった。
アスペである俺はこうなのかもしれない。」
みたいな一般論を個別の事例に適用する
話ならばわかるんだ。

しかし、
「人間は二本足で歩くと本に書いてあった。
日本人も二本足で歩くのかもしれない」
みたいな文になると違和感を感じるのだよ。

623 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:38:12 ID:TzM3US3a
>>620
〜っていうのはアスペを含む色々な一般論だったり、アスペや定型の経験の両方だよ。
だいたいそれを否定したら新しい情報なんて交換できないだろ。

「こういうことがあった→アスペはこうかもしれない」には
俺は違うからそんことは言えない ってアスペの代表面してる。
「アスペの一般論→自分にも当てはまるかも」には
俺は違うからその一般論は間違いだ ってアスペの代表面してる。


そう感じる人が多いなら別にそれをアスペの一般論として考える意味はあるのに、
お前はいっつもアスペの代表面してそれを妨害してるよな。

624 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:57:35 ID:TzM3US3a
自分がアスペに関する何を掘り下げたのか?
具体例を挙げていくつか教えてよ。

他の奴らが考えて掘り下げようとしてるのを邪魔しかしてないだろ。

625 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 01:58:25 ID:vriqDgLV
>>624
一つ聞くが君はASかい?

626 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:05:03 ID:TzM3US3a
>>625
アスペじゃねーよ。いちいち分かり切ったこと聞くな。

>>624になんてすぐに直接的、明示的に答えられるよな。
ずっと掘り下げるとか言い続けてたんだから。

627 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:09:32 ID:vriqDgLV
>>626
俺から見れば全然わかりきってないんでね。それに過去に書いた
レスにほとんど興味が無いから読んで確認する手間もかかる。

628 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:13:04 ID:vriqDgLV
>>619
「2chからなかなか消えないっていう前提」を採用してるので
これを最優先課題に設定した場合あなたの活動が停滞する
のではないかと考えるがどうだろう?

629 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:15:33 ID:TzM3US3a
>>627
>過去に書いたレスにほとんど興味が無い
迷惑だと言われ続けてるのになんでそんな興味無くなるようなことをするの?

いつからいるのか知らんが過去ってこの数か月のでいいよ。
自分で掘り下げたんなら確認しなくてもすぐに答えられるだろう。
答えられないのは自分では何一つ掘り下げられてないからでは?
内容はだいたいでいいからさっさと2、3答えてみてよ。

630 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:38:36 ID:TzM3US3a
もし答えられないとなると、定義は自分のことや自分のやったことさえ
把握できないってことになるな。自分が周囲にとって害悪であることを
自覚するなんて定義にはまだまだ先の課題だな。

自分が掘り下げると何度も何度も言ってるんだから、
アスペの何をどう掘り下げたかぐらい答えられるでしょ?
具体的、直接的、明示的に答えられる質問だと思うが?

631 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 02:56:55 ID:vriqDgLV
>>629
プラモデルを組み立てる過程は面白いけど、
完成すると興味が失せるといった感じなのかな。

「定義クン、いろいろ質問に答えてくれてありがとう。
おかげで自分は興味をある程度満たせた。」
「自分は二人のおかげでいろいろと「実」が得られた。」

と書いてるASが居たから、何を掘り下げたのかわかる
人は居たのかもしれないと思う。直接的、明示的に答え
るのは難しいな。そもそも、短い文で書けないからあれ
だけ長引いた訳だし。

遠方に住む祖母の家に向けて出発する準備が有るから
ここらで撤退するよ。

632 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 03:34:37 ID:Gf0H4OA5
ああ。こいつ、手伝いを頼まれたからといってマクべスと対決さけたよな?
同じ手口で逃げるのな。

633 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 03:43:31 ID:Gf0H4OA5
撤退するときは具体的事情を述べる、とでも頭にインプットしてるんだろうよ。

過去に定義を誉め出した奴がいたにしても、マクベスとの論争から逃げたお前に
賛同するものはこれからは一切現れいない。

634 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 03:58:03 ID:uYpMPApN
>>631
>遠方に住む祖母

公共交通機関が動き出すまでにずいぶん時間あるが?

635 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 04:21:11 ID:vriqDgLV
>>633
自分のレスを待ってる人間が居ると予測されるなら、レス出来ないときは
出来ないと事前に述べておいたほうが相手に負担がかからないだろ。

それに、スルーできなくて書き込みが長引くパターンが多いので、ここへ
の書き込み自体しないほうがいいとも思ってる。

>>634
朝7時出発、ダンプで数百キロメートル移動して数日間帰宅できないならば、
準備に万全を期すのは当前だと考える。

636 :11/26(金):2010/11/26(金) 08:02:25 ID:SlV6KrD8
医療ミスが…起きるよ。

637 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 08:53:53 ID:YJHVQ5+V
おはです。

>>628
いえ、今自サイトで始めているように、2chの外からあのスレみたいな下僕どもが巣食うスレに対してネガティブキャンペーンを大々的にしていくのですよ。
無視できないほどの大きな外圧が加われば、2ch運営側も何らかの対処をせざるをえない。
そしたら、あの類の悪徳スレは削除されて、無くなるでしょう。
そういった発達障害を見下したり、心無い誹謗中傷をする輩を潰していけば、こちとらの発達障害の自助・支援活動の成果にもなりますし。
既に自サイト上でそういった取組みをしていくことを宣言していますので、それに従って、実行しているだけです。

638 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 19:56:27 ID:TirBioKX
2chにそんなに不満なら、さっさと出て行けばいいのにw。

639 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 20:25:26 ID:TirBioKX
 でも仮に、アスペ同士で議会とか作っても、あれだね。
 妥協点が「なさ」すぎて、よくて1週間で崩壊だろうなw。

640 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 21:01:04 ID:TzM3US3a
>>631
もしかして他人の考えや文にはしつこく難癖を付けている割には
自分の主張さえ自分の言葉で書けない書こうともしないってことか?
だいたい他の奴らは実際は数レスでちゃんと内容をまとめてるよ。
お前がくだらない横槍を入れ続けるせいで長引いてるだけだ。
お前が何をどう掘り下げてるのか確認しないとズレが生じるだろ?
お前はいつもそう言ってしつこく質問して答えるまで粘着してるじゃないか。
論点がぼけるので急に出来た用事が終わったらさっさと答えてね。

641 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 21:08:41 ID:TzM3US3a
どんな回答があるのか楽しみにしていたのに、
何一つ答えられずに逃走していたとは笑えるわ。
中身がからっぽなのでコピペ以外はできないんだろうな。

>朝7時出発、ダンプで数百キロメートル移動して数日間帰宅できないならば、
>準備に万全を期すのは当前だと考える。

これってギャグで言ってるんだよな?マジなら頭悪すぎないか。
3歳児でももっとましな考え思い浮かぶだろ。

642 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 21:42:42 ID:TirBioKX
 ほら、ここでも孤立してるw。

643 :優しい名無しさん:2010/11/26(金) 23:14:28 ID:TirBioKX
 孤立するくせに、人恋しいからうざいよね。

644 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 03:12:19 ID:G6q1po0X
なんでまたこんな荒れてるんだろうと思ったら、露出狂の定義君が被害者スレに乗り込んでたのか。
ずっとかばってくれていた人たちが居なくなって叩かれだしたからだろうな。単純すぎる。
まあ、あっちでもすぐにバレて追い返されてたみたいだけど。
相手の誠意を踏みにじって自分の方から逃げ出だしておいて、
いざ誰からも構ってもらえなくなると余所で暴れるとか幼稚すぎ。
しかも向こうにここのリンク貼ってやがるし。どこまで荒らせば気が済むんだよ。

スレ荒らしまくっておいて自分が言えるのは

手伝いがある 祖母に会いに行く 興味が失せた のみ

なんのためにこいつここに粘着してんの?
もう来ないといいながらずっと来てるよな。
前スレで思考パターンまですべて真っ裸にされて
無様に逃走したのにどういう神経してんだよ。
これはもはや露出狂の変質者としか言いようがない。

645 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 14:55:41 ID:KwOxule0

コミュニケーション障害…市販薬で改善 芦屋大などの研究チーム解析
http://sankei.jp.msn.com/science/science/101127/scn1011271106001-n1.htm

2010.11.27 11:04

このニュースのトピックス:病気・医療

 アスペルガー症候群や高機能自閉症などの障害を持つ人のコミュニケーション力が、神経細胞を活発化する市販の従来薬の投与で改善されることを、芦屋大発達障害教育研究所(兵庫県芦屋市)と

 東京農工大大学院生物工学科(東京都府中市)の共同研究チームが突き止め、日本神経精神薬理学会などで発表した。

 コミュニケーション障害の効果的な治療薬はほとんど開発されておらず、芦屋大で研究にあたる油井(ゆい)邦雄医師は「障害に悩む人の治療の選択肢を増やすことができる」としている。

 アスペルガー症候群や高機能自閉症などを総称して自閉症スペクトラム障害といわれる。研究チームによると、一つのことに熱中、反復するなどの行動障害と他人の言葉の意味や気持ちの理解が困難なコミュニケーション障害がある。

 脳の神経発達不全が原因とされるが、これまでコミュニケーション障害の治療薬はほとんどなかった。

 研究チームは、神経細胞の発達に効果があり、錠剤として市販もされているアラキドン酸に注目。

 自閉症スペクトラムと診断された7人に1日1回、アラキドン酸約240ミリグラムを含んだ錠剤を、6人に偽薬をそれぞれ投与したところ、4カ月後、アラキドン酸を投与したグループはコミュニケーション障害が軽減した。

 その後の4カ月間にわたり全員にアラキドン酸錠剤を投与すると、この差はなくなり、最終的に13人中10人が目に見えて改善したという。

 顕著な例では、教室から頻繁に出ていく子供が静かに座って授業を受けられるようになったり、孤立状態だった人が積極的に人にかかわるようになったりしたといい、研究チームは今後さらに効果を確かめる。



646 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 15:15:15 ID:xaKNRWty
その薬をもらうにはアスペ認定を頂きに行かねばならんのかorz

647 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 15:45:16 ID:DzsQO0CY
ふつうにサプリメントとして売ってるみたいだけど?

648 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:05:11 ID:G6q1po0X
>>646
この段階で真に受けるな。調べればすぐわかると思うが、
産経は発達障害の環境起因説をずっと支持し続けていて、
昔ながらの子育てが発達障害を防ぐとかいう本も出版してる。
食生活の変化やテレビやゲームのせいで発達障害になるって内容。
だからこういうトンデモ研究でも自分たちに都合がいいので記事にしてる。

だいたいここの大学ってサントリーと繋がりあるからな。
まともな科学誌には掲載されてないし、あらゆる意味で怪しすぎるわ。
恐らくいつものガセ研究だから気にしないほうがいいよ。

>教室から頻繁に出ていく子供が静かに座って授業を受けられる
自閉症とADHDの区別すらついてない。もういい加減にしろよ、カスゴミ。

649 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:10:48 ID:G6q1po0X
これも産経のトンデモ記事
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm

「発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難になるという。」
「発達障害児にテレビやDVDなどのない生活を用意し、豊かな言葉がけを行うよう保護者に指導したところ、大きく改善した。」

すべてが無茶苦茶すぎてつっこみようがない。

650 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:26:14 ID:ZjcBn9Ki
でもだれかが突っ込まないとなあ
定説の延長で大人の発達障害のこともだれも見ない聞かない話しかけないになっていくのが怖いでござる

651 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:29:56 ID:G6q1po0X
引っかかる人が出ないようにこれも貼っておく

危険なサプリ
http://www.kinjo-u.ac.jp/orc/document/topic8.pdf

とにかくこのサプリは手を出さない方が良い。
普通に食べてれば不足することはまずない。
というより過剰摂取の方がむしろ問題。

652 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:41:28 ID:EiqQXgc5
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101127-00000527-san-soci
コミュニケーション障害…市販薬で改善 研究チーム解析

653 :優しい名無しさん:2010/11/27(土) 16:56:55 ID:G6q1po0X
>>652
産経以外も記事にしてるのかよと思ったら、
ヘッドラインとして産経の記事を掲載してるだけじゃん。
まがりなりにも大手だからこうやって広まるんだよな・・・

654 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 00:14:30 ID:iZKBzOJ2
まあ芦屋大という時点で眉唾ものですが

655 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 00:27:56 ID:GRi9hl/v
【医療】自閉症スペクトラム障害を持つ人のコミュニケーション障害 市販薬「アラキドン酸」で改善 芦屋大などの研究チーム解析
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1290865668/

656 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 00:38:46 ID:9bZT6g53
>>654
大学の実情を知ってる人ならそうやって考えられるけど
知らない人は実証されたとものと思っても無理ないな
あの記事を見て必要ないのに市販薬を飲んで
健康被害がもし出たらどうするんだろう

657 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 01:06:44 ID:au8+ng4P
>>648,649
これは論外的な認識のある種の一例ですねw
そもそも脆弱]症候群など確定的な遺伝性因の発達障害もあるんだぜ?
LDすらも特異的だ。これらは一般人でも違和感をもつ人種だぞ。

658 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 02:57:59 ID:BIdran6/
>>13
ttp://blogs.yahoo.co.jp/j3e_jp/17964207.html
このバカはASについてこんなこと書いてるが、これは仮説でもなんでもない普通に本に書いてある事実だろ?
なんでお前の仮説になるんだよ。


659 :優しい名無しさん:2010/11/28(日) 03:11:50 ID:BIdran6/
>>649
あれ?
東工大のバカが書いてることのほうが大嘘なのか?
一応、大学教授だから、ニセ学位晒してるクソコテより信頼できる、のか?
なんかそのリンク先の教授も怪しいけど。
どれが正しいのか全然わかりません。

660 :優しい名無しさん:2010/11/29(月) 12:10:02 ID:ZEjJDYWk
アレキドン酸飲み始めた人居る?
効果あるかどうか報告よろしく

661 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 14:54:34 ID:PmG4Bf13

「なんでこどもをころしちゃいけないの(きょとん)?」 といった 秋田の主婦がいた。
「なんで、外国人を日本人より優遇しちゃいけないの」 といった 日教組幹部がいた。
「日本は日本人だけのものじゃない・・、国というものがわからない」 といった首相がいた。


さて、秋田の子殺しの畠山すずかが、いじめられたから、ああなったと主張するサヨクがいる。
ところが、冒頭すずかの言動は実は、アスペ等のなんらかの障害である可能性が非情に高い。

ここで、すずかのいじめられた根拠とされる高校の寄せ書きの 「秋田→日本」 としてみましょう。
そして、鳩山が、3年間首相を続けて、国民が寄せ書きしたとして、寄せ書きをもう一度みてみましょう。

● 会ったら殺す!
● 顔をださないよーに!
● もうこの日本には帰ってくるなョ
● 日本から永久追放
● 日本の土はニ度とふむんじゃねぇぞ
● 戦争に早く行け
● あと二度と会うことはないだろう
● 山奥で一生過ごすんだ!
● 帰ってくんなョ
● やっと離れられる 3年間はちょっと・・・

やっと、鳩山から解放されるって、国民の悲痛な叫びでしかないでしょ?
つまり、アスペと3年間つきあわされるというのは、こういうことで、
実は、被害者はすずかではなく、悲痛な叫びの寄せ書きを書いた クラスメイトたちだったんです。

アスペがからむイジメは、実は加害者とされる周囲の方が被害者で、
加害者は、一方的にいじめられていると主張するアスペの側なんですね。


662 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 20:02:32 ID:KrSYGKfs
>>651
自分は焼魚とか刺身のような魚料理は嫌いでほとんど食べないし、
レバーや生卵なんかも無理。
だから自分の食生活だと意味ありそうな気はする。
まあ普通の牛肉豚肉は食べるが・・・

663 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 21:12:19 ID:pQcLq48u
アラキドン酸スレの人によると血液検査で
不足しているかどうか分かるらしいが…

664 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 23:25:26 ID:1R2i+2jO
>>641
マクベスと呼ばれてた人の相手なら>>18のスレで相手した
ことを知った上で書き込んでるのか?

>>644
最初から何かを隠してるつもりがなかったので、真っ裸に
れたことすら気が付かなかったんだと思う。むしろ、こちら
の思考パターンくらい簡単に割り出せるだろうと考えていた。

それと、こちら側がスルーできずに構ってる気がしてるよ。

665 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 23:26:46 ID:1R2i+2jO
「マクベスとか呼ばれてた人なら」に訂正

666 :優しい名無しさん:2010/11/30(火) 23:32:25 ID:JnpBVCJb
アスペは自分が良いと思ったものは、他人も良いと思うはずと思い込む
自分が底辺だと、他人も底辺だと思い込む
哀れよのう

667 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 00:24:44 ID:usvl91i0
こちらにも巡回。

何だ、被害者スレの低型輩どもがこっちにも被害を与えているのかしら?
いけないですね〜

668 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 00:36:42 ID:t9mXh6nj
>>624
ざっと過去スレを読んでみると、掘り下げた結果として

ID:7zG0Cqjgの誤読の原因が「象徴と記号の区別がついてない」
でなく「文章の区切りが見えない」だった事。

「確率」の解釈における哲学的立場の違い。

なんかが明らかになってるみたいだね。


それはともかくとして、過去スレにおいては、各々が「自分自身の認知」
を掘り下げたときに「アスペに関する何か」が見えるんじゃないかと考え
て書き込んでた。

669 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 04:20:38 ID:0k3aEpKM
┌─────────────────────────────
|┌──────────┐ 履歴書     平成22年12月1日
||    /      \      | ┌────────────────
||  /  ∧    ∧\    | |氏名: 定義クン 自称 社会のつっかえ棒
||/     \   /  \ | ├────────────────
|||      (__人__)    |. | | 分類: 乞食
||\    \` ⌒´ /,/.  | ├────────────────
||...イ.ヽヽ、___ ーーノ゙- 、   | |現住所: 地方ニダー
||   |  '; \_____ ノ.|ヽ i....| ├────────────────
||   |  \/゙(__)\,| i  | | |特技:粘着攻撃
|└──────────┘ └────────────────
| ┌────────────────────────────
| |連絡先:ないニダー
| │
| └────────────────────────────
| ┌───┬─┬──────────────────────
| | 年   |月|
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |  学歴 中卒 (英語は全く読めない)
| ├───┼─┼──────────────────────
| |     |  | 職歴 なし (障害年金で社会に寄生)
| ├───┼─┼──────────────────────
| |     |  | 活動 2ちゃんで議論を掘り下げる
| ├───┼─┼──────────────────────
| |      |  |    健常者の尻を叩いて経済活性化を目指す                         以 上

670 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 15:54:32 ID:krcNo5Na
>>666
>アスペは自分が良いと思ったものは、他人も良いと思うはずと思い込む
それはむしろ非アスペだろう。
アスペは自分と他人が全然違うことを知っている。

671 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 16:27:46 ID:te9HoHMk
>>670
しょせん生物だから、人間なんてそんなたいしたもんじゃない。
でも、アスペは自己保存本能のみに特化してるから、自分だけが異常に強い。

危機的状況で生きのこるための、遺伝子の揺らぎなんだろうな。



672 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 18:17:14 ID:QgfEePgj
>ID:7zG0Cqjgの誤読の原因が「象徴と記号の区別がついてない」
>でなく「文章の区切りが見えない」だった事。

お前もID:7zG0Cqjgも文章の区切りを教えてもらっても理解できてなかったよね?
正しくは「比喩表現を理解できない」だろうね。
お前は>>441でネット検索してずれた指摘をしてるだけだよね?
>>18のスレも見てきたけど比喩が分からずにずれた指摘をしてたようだね。
レベルが低過ぎて相手にもなってなかったのでは?

>「確率」の解釈における哲学的立場の違い。

中卒未満の数学力の君には本来の確率の意味を理解できてなかったよね?
哲学的立場以前の問題なのでは?

別にお前が掘り下げているのではなく、いつもお前が間違った解釈をしていて、
それを他人から修正されてるだけでは?

しかしアスペってのはここまで自分を客観視できないものなのかね?
>>669がお前のすべてだよね。

673 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 18:30:53 ID:lCuCDyNe
>>672
なんかお前疑問符ばっかりでいやらしいな
粘着くさい

674 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 18:55:19 ID:t9mXh6nj
>>672
私は

「お前は理解できてない」「自分を客観視できない」
「ずれた指摘をしてた」「レベルが低過ぎ」

みたいな批判に全く興味がないから、

「理解できてる」「ずれてない」「自分を客観視できる」
「レベルが高い」「間違ってない」あなた自身の姿を見せてくれよ。

675 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 19:19:14 ID:QgfEePgj
>>674
>批判

掘り下げるための質問ですが?

676 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 19:29:15 ID:t9mXh6nj
>>675
批判でないと言うならならそれはそれいいけど、

「あなたの頭の中における理解できた状態」
「あなたの頭の中における自分を客観視できる状態」
「あなたの頭の中におけるレベルが高い状態」
「あなたの頭の中におけるずれてない状態」

を提示するか、自分自身で示すかしないと意味不明
な文ですよ。俺が自分を客観視できるなら書かない
ような文章を書いてるし。

677 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 19:40:29 ID:QgfEePgj
>>676
自分では質問しかしてないのはそっちでは?
なんでそのお前に自分から何かを提示する必要があるの?w

678 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 19:48:34 ID:t9mXh6nj
>>677
例えばさ、君の頭の中における「レベルが高い人」
が池田大作や大川隆法だったりしたら話があわ
ないかもしれない。

君の理解の前提に勘違いが含まれており、それを
基に相手が理解してないというなら、やはり話があ
わないかもしれない。

時間かけて、長々と書き込んだ後にこんな事が発覚
するのは防いだほうがいいだろ。

679 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 19:55:30 ID:QgfEePgj
>>678
誰もレベルの高さなんて求めてないだろ。
高校で習う範囲の数学の確率やINCLUDEに招くという意味がある
当たり前のことをなんでわざわざ質問するのか純粋に疑問なんだが。
確率しかりINCLUDEしかり相手のほうが間違ってたのか?

680 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:02:50 ID:t9mXh6nj
>>679
どちらが間違ってるかなんて、十分に情報を集めないと
判断できないから質問してたんだがな。

まともな教育がどうこう言って、期待値に関する直接的な
説明を避けてるように見えたから、
「ここがロードス島だ。ここで跳べ。」
的な観点から、自身による説明かソースの提示を求めた。

681 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:07:37 ID:QgfEePgj
>>680
で、相手のほうが間違ってたの?お前のほうが正しかったの?
そこ答えてよ。

682 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:15:07 ID:t9mXh6nj
>>681
「期待値」の解釈において立場の違いが有る事までは
はっきりわかったけど、途中で相手が降りたんで話が
終わってしまったね。結論は「わからない」だ。

683 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:24:09 ID:QgfEePgj
>>682
期待値っていうのは数学用語だろ。立場が違うとかはないはずだが。
結局のところ自分が間違ってたことを認められないだけでは?
INCLUDEについてはどうなの?
お前の解釈の方が正しかったの?

684 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:44:38 ID:t9mXh6nj
>>683
wikiの「期待値」の項には

「確率論において、確率変数の期待値(きたいち)とは確率と
確率変数を掛けた総和を取ったものである。」

と書いてあったけど期待値を割り出す基となる「確率」の部分に

wiki「主観確率」
「主観確率(しゅかんかくりつ)は、客観確率に対比される概念。
この両者は確率の哲学的解釈における二つの主要な選択肢である。」

みたいな立場の違いが有る事がわかった。


「INCLUDE」に関しては、過去に書いてるようにもともと英語が全く
読めないので自分の解釈は持ってない。


過去レスを読めばわかる事を質問されてるように感じるが、
読まずに印象論を並べたりしてないか?

685 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 20:57:33 ID:QgfEePgj
>>684
主観確率と言わずに確率と書けば客観確率のことを指すが。
要するに限定用法がまったく理解できないから
質問して確かめないといけないってことなのか。
なるほどなるほど。

>過去レスを読めばわかる事
そっちは中学レベルの英語の本を読めばわかる事を質問してるのでは?
相手が間違ってるわけでもないのにね。

686 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 21:21:49 ID:t9mXh6nj
>>685
前者については「確率と書けば客観確率のことを指すと
俺は思ってたが、もしかして相手は主観確率を念頭に
置いて話をしてるのか?それならそうと先に言えばいい
のに。」という話。

後者については「ID:hDC+5QfCの理解」について質問している
旨を書いてある。

「読まずに印象論を並べたりしてないか?」
について返答を頼む。過去レス読めば済む話を
ここに書き込む意義を見出せない。

687 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 21:32:16 ID:QgfEePgj
>>686
いや、読んでるよ。
確率については相手は最初から客観確率のことを言ってるだろ。
君が期待値とんちんかんに解釈してるせいで、ベイズ推定や主観確率
のような今やあまり支持されてない下らない話題になっただけのことでは?
そもそも相手はベイズ推定や主観確率には否定的だったじゃん。
主観確率を念頭に置いていたのはお前の方では?

じゃあ>>441はなんなの?

688 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 21:33:25 ID:QgfEePgj
>>441じゃなくて>>411だった

689 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 21:44:32 ID:zLEGQMwM
 定義くんが被害板で暴れてるよ。困ったもんだねえw。

690 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 21:48:17 ID:t9mXh6nj
>>687
相手が客観確率の話をしてるならば、
「判断機能→判断→排除行動→集団の利益→構成員のサバイバビリティーの実現 の期待値」
をどうやって割り出すかの問題になる。

サバイバビリティーの実現
集団の利益
排除したかどうか
なんかをどうやって主観以外で判断するんだ。

この話を続けるつもりならあなた自身の「期待値」に関する理解を書いてくれ。
「間違ってる」だけなら小学生でも言える。

>411はなんなの?
「ID:hDC+5QfCの理解」について質問している。
と書いたはずだが。

691 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:08:09 ID:QgfEePgj
>>690
やっぱり期待値が分かってないんじゃん。集団を会社とするなら
邪魔ばかりするT1君を首→快適に働けるようになる→生産性の向上

集団の利益 (何人中何人が働きやすくなったか)
サバイバビリティーの実現 (働きやすくなった人の生産量がどれだけ向上したか)

これらは主観ではなく客観的に数値化したデータをとれるよね

これらをかけていけばいいだろ?T1君に似たT2君、T3君が
もし現れたときに首にするかどうかを決める指標になるな。
別にこういうことは経済学なんかで普通行われてるだろ?

>「ID:hDC+5QfCの理解」について質問している。
いや、英語の基本的なことさえ分かってないんだろ?

>どちらが間違ってるかなんて、十分に情報を集めないと
>判断できないから質問してたんだがな。

これと矛盾してないか?

692 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:09:32 ID:t9mXh6nj
>>686
その他にも

「・望ましくないケースの存在への意識は強く」

や、

「主観確率というのは初めて聞いたが、その指摘はどうやら違う。判断機能が
適応度向上を目標として意識してるかという話。もちろん否として扱う。」

みたいに主観の絡む数学と全く関係のない文とくっつけた上で

「これ定義クンにはわからんだろうから、考えなくていいよ。」

と説明を放棄する部分も不自然だった。

693 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:14:46 ID:t9mXh6nj
>>691
>集団の利益 (何人中何人が働きやすくなったか)
>サバイバビリティーの実現 (働きやすくなった人の生産量がどれだけ向上したか)
>これらは主観ではなく客観的に数値化したデータをとれるよね

他人の文章に勝手に説明を加えた事は不問に帰すとして、
そもそも具体的にどのデータの事を言っている?

694 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:19:05 ID:t9mXh6nj
>>691
>>421は日本語で説明されてるだろ。

695 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:25:21 ID:t9mXh6nj
>>691
そもそも「集団を会社とするなら」の部分も勝手に他人の文章を変形させてないか?

696 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:35:30 ID:QgfEePgj
>他人の文章に勝手に説明を加えた事は不問に帰すとして
はぁ? 抽象的なモデルを具体例に置き換えただけだが?

>そもそも具体的にどのデータの事を言っている?
まったく期待値を理解できてないんだろ・・・

697 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:48:00 ID:t9mXh6nj
>>696
元の相手の代弁ではないあなたの意見だと考えていいのか?
首の対象の選び方なんて明らかに主観が絡んでるだろ。

>まったく期待値を理解できてないんだろ・・・
そんな小学生でも言えるような発言は書かなくて
いいから「あなた自身の理解」を書けよ。というか、
質問の答えになってない。

698 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 22:49:55 ID:xM7jCX1x
スレタイのマターリってなんなんですかね・・・

699 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:03:40 ID:QgfEePgj
>>697
>首の対象の選び方なんて明らかに主観が絡んでるだろ。

だからT1君を首にしてどれだけプラスとマイナスがあるか計算するだろ?
そのデータを使ってT2君やT3君を雇うかどうかを今後の指標にできるじゃん。

700 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:04:34 ID:zLEGQMwM
 社会ってのはまさにその生産性、を中心に回ってんだよ。
 データなら、会社によってはスタッフ全員に生産ランキングを表示
される所とか、日々作業結果を日報に各自でまとめさせる所もあるから、
そういう所でアスペ側個人の主張が通るかどうか、やってみれば?
w


 

701 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:07:53 ID:t9mXh6nj
>>700
客観確率とは、世界の中に存在する頻度や傾向性など、われわれの主観とは
独立に存在するものとしての確率を指す。客観確率は実験または理論的考察
(思考実験)から求められ、客観的な観測結果と比較できるランダムな事象に
ついての確率である。

「T1君に似たT2君、T3君」みたいな発想が入ってくる時点で思いっきり
主観的ではないのですか?

702 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:09:57 ID:t9mXh6nj
訂正>>699宛てだった

703 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:14:49 ID:QgfEePgj
>>701
経済学でも経済効果をそうやって計算するし、
会社では人間なんてそういう扱いが普通だろ?
能力に応じた成果の予想からどこに何人配属するを決めるだろ?
これはその人の生産性を経験から期待値によって割り出してるのでは?

704 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:20:42 ID:t9mXh6nj
>>703
そういったのをするなと言ってるのではなくて、「能力」や「似てる」
みたいな主観でしか判断できない要素が多分に絡んでくる問題を
「客観確率」の枠組みで扱うのはおかしいと言ってるのですが。

705 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:30:14 ID:QgfEePgj
>>704
能力や似てるの部分は計算に入れてないじゃん。>>691を見ろよ。
%の人がどれだけ+になったか-になったかは客観的で具体的な数字にじゃん。

だいたい宝クジだって1枚1枚は違うだろ?あれは客観的な期待値じゃないの?w

706 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:42:30 ID:zLEGQMwM
 ほんと、くどいw。


707 :優しい名無しさん:2010/12/01(水) 23:48:22 ID:t9mXh6nj
>>705
宝くじについては販売数と当選数から思考実験で求められるだろ。
「理論的考察(思考実験)から求められ、客観的な観測結果と
比較できるランダムな事象についての確率である。」
に該当すると判断する。

ASの場合はその判定自体に精神科医の主観が絡むし、そもそも
通常、利益の決定要因は一つではないので、集団の利益との因果
関係の判定にも主観が絡む。+と−について何を基準に判断する
かも不明だ。

「主観確率とは、人間が考える主観的な信念あるいは信頼の度合(客観
的には求められない)をいう。」で扱うのが妥当だ。

708 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 00:24:48 ID:hjzhQz7y
スルーできずに長々と対応してるけど、書き込んでる
と疲れが取れる感じがしないな。

709 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 03:42:22 ID:dcATJhG1
このスレに張り付いてる何やら頭が良いらしい健常者の人は何がしたいの?
アスペを見下しているみたいだし、このスレへの利益があるとは思えないんだけど

710 :nasA:2010/12/02(木) 09:37:35 ID:8HWlFlTp
おはよーございます。

お、こちらのスレにも発達を見下す下僕が来ている? そりゃ許せませんな。被害者スレ並みに爆撃する必要がある。
頭の良い悪いは関係ないですよ。そういった非倫理的な行為をすること自体、頭が悪いとしか言いようがない。
このワタクシがそういった輩を論破します。被害者スレのように。是非、お任せを。

後でまた書き込みます。

711 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 14:14:39 ID:hRowbTjy
>ID:t9mXh6nj

期待値という言葉が何を指し示し何を示していないかに関して、
ギャラリーの間ではどうやら齟齬が起きてないらしい、というのはわかる?

712 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 14:59:45 ID:QHvshYAQ
人が相手の営業だっていくつ契約を結べたとか
客観的な数字になって表れるからねぇ
新人が入ってからその部署の成績が落ちれば
当然その新人は落ちた分だけマイナスの評価されるしね

人事部が仕事の出来を数字で評価して
給料が決まったりするのは肌で感じるもんだけど
障害年金でのうのうと寄生してるし仕方ないだろう

定義には会社で例えても分からないのは
自分が実際に働いたことがないので
想像上の主観的なものにしか考えられないんだろうね

会社ほど客観的なデータで成り立ってる組織はないんだけど

713 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 15:34:00 ID:hjzhQz7y
>>712
「客観確率は実験または理論的考察(思考実験)から求められ、客観的な
観測結果と比較できるランダムな事象についての確率である。」

「ランダム(Random)とは、でたらめ(乱雑)である事。何ら法則性(規則性)が
ない事、人為的、作為的でない事を指す。また、通常、サイコロの目などの
ように、各出現項目の出現確率が均等もしくはほぼ均等である状態を意味する。」

会社の話ではなくて期待値や確率の話をしてるはずだが。

>>711
齟齬が起きてないと思う人の頭の中の世界では齟齬が起きてないだろうね。
期待値や確率の話とは関係ないな。

714 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 16:09:38 ID:hjzhQz7y
要するに、サイコロやクジやトランプなんかを扱う確率と
混同はできないだろうというだけの話なのだが。

715 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 16:39:19 ID:hjzhQz7y
>>712
>新人が入ってからその部署の成績が落ちれば、当然、
>その新人は落ちた分だけマイナスの評価されるしね

新人が入った後に取引先が潰れた、新しい道路ができて
店近くの人通りが少なくなった、広告の写真が不気味だっ
た、商品が安っぽくなった、サービスの質が落ちた等等
考えられる要因はいろいろある。データから成績が落ちた
原因を読み取る際に主観が入るだろう。

同様に、何がどの程度利益に貢献したのか判断する場合
にも主観が入る。

716 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 17:44:08 ID:hRowbTjy
>ID:hjzhQz7y

主観確率・客観確率は哲学的な問題であるとWIKIに書いてあるだろ。
哲学的という言葉には、ときに科学の範疇に入らないという含意が込められる場合があるのは知ってるよね?

医学・工学分野ではベイズ推定の事前・事後確率や完全・不完全情報下での推論なんかを
客観・主観確率と呼称する場合があるんだけど、それらは問題のカテゴライズの仕方にすぎない。
主観確率イコール回避すべきとかの価値判断は伴わない。

717 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 17:53:36 ID:hjzhQz7y
>>716
回避すべきとは一言も言ってないよ。そうならば、そうと
説明すればいいのにって話。

wiki「確率」より
「確率(客観確率)を拡張してできた、主観確率という概念もある。」
ならば、自分の「確率」が古典的な解釈に沿っていたとしても
不思議はないだろ。

718 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:02:57 ID:hjzhQz7y
>>716
あと、少し前にもADHDや統合失調症、ASのカテゴライズの仕方について
議論があったけど、カテゴライズの仕方の違いで議論がかみ合わなかった
りするのは珍しくないから無視して話を進めるのは望ましくないと考える。

719 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:19:46 ID:uKinOLzf
>>709
> このスレに張り付いてる何やら頭が良いらしい健常者の人は何がしたいの?
> アスペを見下しているみたいだし、このスレへの利益があるとは思えないんだけど

孤高の山の上から見下ろしてるのはアスペの方だと思うよ。



720 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:29:06 ID:On8z2i4w
中央大教授殺害の元教え子(アスペ)が18年の懲役確定

721 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:46:44 ID:uKinOLzf
>>720
> 中央大教授殺害の元教え子(アスペ)が18年の懲役確定

あの人アスペなのか?
それとも 朝鮮人なの?

どっち?




722 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:52:35 ID:QHvshYAQ
定義はウィキのコピペをしてるだけで
自分の考えを書いたことは一度も無い
あ、辞書のコピペもできたか
メタファーが理解できないので何も得られないと

723 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 18:57:36 ID:hjzhQz7y
>>722
もしかして、引用された部分以外が読めなかったりするのか?

724 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 21:35:03 ID:uKinOLzf

わかったこと
● 字がうまい人は少ない
● 会話のすかしをわざとやっている(無意識で)
● 周囲を困らせるのもわざと(無意識で)
● 必ず意味のない反論を先に言う
● 他人の不幸をものすごくよろこぶ
● わざと聞こえないふりをすることもある(無意識)
● わざとしらなかったふりをすることもある(無意識)
● ことばの言い間違いは直らない
● いきなり述語から会話(主語なし)、自己と同一化




725 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 22:38:27 ID:dcATJhG1
>>719
まあそりゃ、障害者が健常者を見下すのも健常者が障害者を見下すのも、どっちもあるでしょう
どちらか一方だけなんて言うつもりはない
そんな話をしたんじゃなくて、このスレに張り付いている人について書いたんですよ

>>724
「わざと」と「無意識で」って両立するの?

726 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 23:29:18 ID:y4SU8qj7
そうだな無意識とわざと(故意に)は相容れないな

727 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 23:36:53 ID:gTTJmILL
>>724
わざと・・・(無意識で)も含めて、殆ど当てはまってる。

728 :優しい名無しさん:2010/12/02(木) 23:41:41 ID:gTTJmILL
>>725
>>726
昔、CPさんに聴いたことがある。
「無意識ってことはない。深層心理では意識してる。」って。

729 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 00:09:37 ID:kEmkrd0G
●駅のホームからわざと人を突き落とす(無意識で)

うん。無意識だとおかしい。

730 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 12:11:03 ID:oY94wOMt
“ついつい”

たとえば通りすがりのいたずらって意識的にねらいと目的と綿密な計画を持ってはしないでしょ。
「かくかくしかじか、こんな意識と目的でやりました」ってちゃんと説明できないで
衝動的にしたことはほんとうに説明できなくなることがある。
だから(そういえばどうしてなんだろう。その前によくおぼえていない)ってなって
返事が出来なくなることならある。

定型の人たちはこの「説明できない」状態の説明をしてもしてもしてもしても
わからないようだから。。。。。

731 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 18:52:20 ID:iHzePE2H
>>729
> ●駅のホームからわざと人を突き落とす(無意識で)
> うん。無意識だとおかしい。

定型は意識下の状態もなんとなく、ぼやっとわかるんだよな。
アスペはそこに理由があるのに気づいてないからアスペ。

しかし、これこれこうだろ? っていうと、なっとくする。
つまり、無意識下をのぞき込曇りガラスのメガネが無いんだよ。
言ってる意味がわからんだろ?

でも、行動の結果、自分「だけ」のストレスを必ず低減させる行動を取るんだよ。
だから、意識されて無くて、見えて無くても、そこに、行動理由となる意識はある。

意味わかるかなー。



732 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 18:56:00 ID:OlDV1wJL
アスペはキチガイ、と説明すれば納得してくれる

733 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 19:02:11 ID:iHzePE2H
>>729
> ●駅のホームからわざと人を突き落とす(無意識で)
> うん。無意識だとおかしい。

ストレスを排除する行動を、無意識下の命令で、
その結果が与える社会的影響を無視して、
自己だけのストレスを排除する行動を意図的に行う。


こういうことなんだよな。
無意識下では行動命令セットがちゃんと順番待ちしてるんだよ。

だから、
● 駅のホームから、無意識的な利己的意図で、人を突き落とす。
こうすれば、りかいできっしょ?



734 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 19:20:28 ID:oCBbN7nv
>>733
> ストレスを排除する行動を、無意識下の命令で、
> その結果が与える社会的影響を無視して、
> 自己だけのストレスを排除する行動を意図的に行う。
これはアスペ特有の行動で健常者にはありえないの?

735 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 20:10:33 ID:hWrZx3id
なんというか、人を突き落とすのがどういった経路で
「利己」に繋がるのかさっぱりわからない。

736 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 20:52:07 ID:iHzePE2H
>>735
> なんというか、人を突き落とすのがどういった経路で
> 「利己」に繋がるのかさっぱりわからない。

アスペは 自分「だけ」の生存に特化してるからね。
定型は 社会全体の生存も、無意識に優先順位に入れてるからさ。
利己しかないアスペに、他利は理解不能でしょう。

>>734
定型は行動する前に 脳内ビジョンで社会的影響がちょっとは見えるからね。




737 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 20:58:03 ID:sXVZc7LF
利己という定義すらないのかも
周囲から観察する分には「利己的」に見えても
それを自分に当てはめることが出来ないから

738 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 21:06:19 ID:xuCQa5jz
僕が去年ボランティアであった人なんかは
アスペルガー以外の要素も感じられたけどねえ。

739 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 21:11:30 ID:OlDV1wJL
http://www.arsvi.com/2000/0909ta2.htm
アスペルガー症候群には貧困者が多い。
ホームレスを経験したアスペも・・・

740 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 21:22:35 ID:hWrZx3id
>>736
>>737
衝動的という事は、要するに池に石ころを投げ入れたり、机の節穴を
消しゴムの屑で埋めてみたりするのと同次元なわけだろ。

それならば、自分の生存から最も遠い(というか生存と関係ない)
のではないか?という話なのだけど。

741 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 21:42:01 ID:/WaZPE4d
他人を突き落とすのも、池に石を投げるのも同じような評価なわけだ
もう人間じゃないでしょ

742 :優しい名無しさん:2010/12/03(金) 22:11:09 ID:4TXlrSN5
>>741
> 他人を突き落とすのも、池に石を投げるのも同じような評価なわけだ
> もう人間じゃないでしょ

ちょっと過激なたとえだけれど、まあそんな感じかなー。



743 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 01:00:36 ID:NdMU5pYT
 人を受け入れられず、拒絶から入るからそっちも受けいれられない。それだ
けの話。
 んで、いつも大体気がつけば孤立ってだけの話じゃん。

 

744 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 04:02:58 ID:gAyFH3kT
>>736
> 定型は 社会全体の生存も、無意識に優先順位に入れてるからさ。
> 利己しかないアスペに、他利は理解不能でしょう。

横レスですがそこは違和感あります。
世界の存続や利益に焦点を持って行って、自己の生存を忘れてる場合があります。

自他の境界などと無関係に生きていて、
学習した事柄に対して、正しく不一致無く違和感なく、生活したいと思っているのではないでしょうか?

定型発達の方というのは非常に柔軟なので、
自分や自分の側に立つ人々の生存や利益というのを現実的に見積もっています。
境界の外側へ利益を与える時にも、まず自分の側の利益を護るためにそれをするでしょう。


745 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 04:03:40 ID:gAyFH3kT

ところが、
非定型発達の中でもとくに、生活や感情や、身近な他者との連帯や社会性などの理解が弱い一方で、
言語的情報(言葉にされた考えや、文字になった情報)を頼りに世界を理解して生き延びて来た人たちというのは、
正義や倫理と言った人類共通の価値などのような、滅私の価値のほうへ自然と重きをおいてしまいます。

結果として、自分の私的な利益や、個人の感情、自分の個別の事情、身内など顧みること無く、
大きな公共の利益などに焦点を合わせがちです。
世界>日本>地域>友人・知人・親戚>家族>自分、などとの関係を見直して、
あるいは思想>哲学>学術>専攻>目の前の仕事、世界経済>経済界>同業種>取引先>自社>部署など
そのような人々や場との関わりの中で、自身がどのような立場や役割を担っているかを学ぶにつれて、
上述のような荒唐無稽の傾向は緩和される可能性はあります。

家庭にいて社会性や意思疎通の課題の重いアスペを支えたいと思っている家族の方々にとっては、
本人や家族の実情を顧みずに、世界や社会や信念のことで正しさに固執する本人というのが
非人道に見えたりするでしょう。他の家族メンバーの利益どころか、自己の利益なども
考えず、非現実的に正義をふりかざすのは、家族の不満の対象になります。

一方、この傾向は、釈迦やキリストのような人格者や、困難な状況に立ち上がる
高い志の政治家などにも見られます。選択して本人を支えようと感じている支持者にとって
そのようなあり方は高い評価となりますが、身近で思いがけず身内になった者にとっては
犠牲が多く感じられて不満も多く、本人の意志を残念がられるでしょう。

746 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 04:27:18 ID:gAyFH3kT
関連として、雇用されて働く場合に「個別対応をしなければならない」とよく言われるようですが、>>745

> 結果として、自分の私的な利益や、個人の感情、自分の個別の事情、身内など顧みること無く、
> 大きな公共の利益などに焦点を合わせがち
という特性からすると、本人が本人自身の個別の事情をまず主張しませんので人事管理のために引き出す必要があります。

与えられた作業が、どのような利益に焦点をあてて行なわれているのか
世界平和のためでなく、その部署の職場環境の維持のためであるとか、
その企業の貢献する地域全体の文化向上や取引先全ての利益のためではなく、
所属の部署と取引先との関係継続が第一であるとか詳細な情報を与える必要があります。

その企業が貢献する地域全体の文化向上、取引先全ての利益を求めるような勘違いしてしまうと良い仕事はできません。


747 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 04:58:59 ID:gAyFH3kT
>>746の続きですが、

企業内において自己の生存や利益を守り、
自分を活かし、自分の能力を高める、という観点が欠けているので、
本人自身の個別の事情を失念したままで出勤して、与えられた作業を続けていると、
体力を落としたり、啓発に努めず、限界を超えた不具合にとつぜん怒り出したりするかもしれません。

雇用されて働く定型発達の労働者は、一見した所、自身の個別の事情など考慮せず
熱心に自社に奉仕しているように見えますが、実際は、目に見えない形で
さまざまな意思疎通の方法を用いて、当人の個別の事情をきちんと周囲に伝えていますが
同じようにすればいいのに、アスペルガーには、それが見えません。
真似て学ぶのは困難であるので、言語化して説明して枠組みを与えて報告させる必要があります。
でなければ、個人的事情など勤務先に、尋ねられない限り述べる必要がないと考えているので、
限界まで滅私で勤務します。

本人が奉仕する対象や時間、場所を制限して、具体的ゴールを設定することで
集中した効率の良い仕事をこなすと思うのに、
定型発達者と同じように「なんとなく働かせようとする」と非常にまずいことをします。

営業職において成功しやすい、という通説に真実味があるのは、
まさに目標数値を明確にして、誰と誰にどんな利益を導くのか、明快にされている職場であることがポイントだと言えます。
身近にアスペルガーがいる定型発達者は、哲学者になったつもりで世界観人間観仕事観を総動員して
世界や共同体、身内、個人などの自他の区別の無い本人をどう導くか、力量が期待されています。



748 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 08:46:54 ID:E9aZfOxI
>>745
自閉症者がタテマエを大切にするのは、パターンに頼る必要があるからだと思う。

>>746-747
自閉症者の本質は、滅私奉公というより、わかりやすい目標を指針にするというべきでは?
他者の視線で行動を律することができないゆえに、限界まで滅公奉私で収奪することもある。

あと、定型発達者の場合は動機が利己的でも、表出する行動は公正・互恵的・平和主義的になることが多い。
あなたの記述だと、正義や倫理に重きを置く自閉当事者が「定型はずるい、汚い」とかの反感や敵意を持ちかねないよ。

749 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 09:50:50 ID:/+ny2DHW
>>745-746
それって定義やなさが言ってることと同じだけど、
あいつらが何かに滅私奉公してるとは思えないが?
発達が世の中のために実際に何をしてるわけ?
障害年金で生きてるんだから他人の滅私奉公に頼ってる側だろ。
発達の親なのか知らんが、ああいう奴らが発達の代表なんだから、
そんな綺麗事言ったところでまったく説得力ないわ。

750 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 10:42:11 ID:cL+SNFTM
>>749
自分の場合は、過去に書いたように
「政治家や政党に意見をメールで送ったり献金をしたりもしてる」
けど。

751 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 12:37:53 ID:q49lahZ8
しょせん小さな個人からのお願いなんて、聞く気もないのさ。

みんな○党にも送ったことあるよ。
「リタリンとその服用者に対して偏見を持つ柿沢某は今でも認めない」とね。
感情的な長文を削って削って。
ないと思ってたけど返事も叱責もなにもなし。

752 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 14:41:28 ID:i3Av97Mr
わざと・・・無意識下で

自分はわざとのことが多い。うっすらと意識してる。
でもその一瞬に費やせるエネルギーが足りなくて行動に繋げられない感覚。
周囲の反応も理解できてるだけに辛い。セミアスペなのかな。

753 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 15:57:57 ID:NdMU5pYT
 議員にメールって、相手も日々どれだけ受け取ると思ってんのw。

 
 

 

754 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 16:03:09 ID:lvBxxmeT
↑アスペは想像力が無いからな

755 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 17:05:29 ID:/+ny2DHW
政治家に自分の意見を送ることのどこが滅私奉公なんだ?

756 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 17:44:09 ID:cL+SNFTM
>>755
「滅私奉公」より
滅私奉公(めっしほうこう)とは私にとってマイナスな結果をもたらす事と
引き換えとなってでも良いから、主人や社会や天皇など公とされている
ものに忠誠を誓い奉仕するという精神。

「公」より
個々人の「私」に対する全体としての「公」は、のちに転じて国家を指す
ようになった。


国家や社会全体の改善を目的とした、私的リソースの投入を
滅私奉公でないとするなら何が滅私奉公になるんだ?

もしかして、公務員の仕事の事を言ってるのか?具体例を挙
げてくれ。

757 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:25:36 ID:/+ny2DHW
>>756
献金を私的リソースの投入って言ってるみたいだが、自分の意見に合う
政治家に金を送ることは民主主義の仕組みから言えば利己行動だろ。
お前の場合はその金さえ障害年金な訳だから私的リソースとも言い難いが。
滅私奉公って自分で労働で手に入れた給料を、例えばあしなが育英に
寄付するとかだろ。なんで政治家に献金することが滅私奉公になるんだよw
どんな人も時間を投入して選挙に行ってるけどそれも滅私奉公なの?

そもそもお前の意見がどうして国家や社会全体の改善 になるのかも意味不明。
その意見は定義には都合の良い政策かもしれないが、他人には都合の悪い
政策かもしれないという当たり前のことすら考えられないようだな。

とにかく障害年金で生きているお前が滅私奉公はいくらなんでもないわ・・・

758 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:31:07 ID:cL+SNFTM
>>757
>そもそもお前の意見がどうして国家や社会全体の改善 になるのかも意味不明。
>その意見は定義には都合の良い政策かもしれないが、他人には都合の悪い
>政策かもしれないという当たり前のことすら考えられないようだな。

俺は自分が国家や社会全体の改善 に繋がると考える意見を述べるだけで、
他人は他人で勝手に考えるのは当たり前だろ。何を言ってるんだ?

759 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:38:38 ID:cL+SNFTM
>>757
あと、年金が私的リソースでないとする根拠はどこに有るんだ?
社会保険庁の文書でも何か有るのか?

760 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:52:32 ID:/+ny2DHW
>>759
>俺は自分が国家や社会全体の改善 に繋がると考える意見を述べるだけ
じゃあ滅私奉公とは言えないよな

あと年金じゃなくて障害年金な、勝手に切り取るなw
障害年金は本人が保険料を払ってないんだから
当然私的リソースとはいえないだろう。

761 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:52:38 ID:cL+SNFTM
あしなが育英やユニセフへの寄付も、良いことをしたという満足感を
得るための利己行動だという話をどこかで読んだことが有る気がする。
掴み所がない話だな。

自分としては「滅私奉公」が何を意味するのかわからなくて質問した
だけなので、これを自分がやってようがやってまいがどちらでもいい。

762 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 18:54:38 ID:cL+SNFTM
>>760
ならば、保険料を払ってない場合を私的リソースでないとする
根拠を質問する。社会保険庁の文書でも何か有るのか?

763 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:01:22 ID:/+ny2DHW
障害年金をもらっておいて>>761の発言ができるのが
アスペのアスペたる所以なんだろうな。

>>762
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E7%9A%84%E5%B9%B4%E9%87%91
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E7%9A%84%E5%B9%B4%E9%87%91
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/01/index.html

社会で習わなかったのか?w

とりあえず、お前の書き込みをまとめて
障害年金の見直しを政治家に訴えるわ。
とある番組でも不適切な受給者を取り扱ってる
コーナーがあるので、そこにも連絡を入れておく。

764 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:09:40 ID:cL+SNFTM
>>763
それは、年金制度の「運営主体」の性質が公的だという話だろ。

「支払われた金を自由に処分できる主体」の話をしているのだが。

765 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:18:47 ID:/+ny2DHW
re・source
[名]
((しばしば〜s))(国の)資源,富

リソースの意味からしてその解釈は不可能。

766 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:22:57 ID:/+ny2DHW
源が公的に集められている以上、障害年金は公的リソースだろう。
私企業の独自年金など、源が私的に集めらているものは、年金でも私的リソースだが。

767 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:27:07 ID:cL+SNFTM
>>765
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch/1/1na/060484000/
1 ((しばしば〜s))(国の)資源,富;((通例〜s))資産,財産,資力

君が省略した「資産,財産,資力」の解釈だと全く問題ないようにも
見えるがどうだろう。

例文として書いて有った
He spent all his resources on educating his children.
子供たちの教育のために財産を使い尽くした.

なんかは私的な意味での解釈が自然なように見えるけど。

768 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:29:42 ID:/+ny2DHW
>>767
((通例〜s))がお前には見えないのか?

定義は富の意味も分かってないだろうから

とみ【富】
集めた財貨。

お前が集めたのか?

769 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:30:02 ID:cL+SNFTM
>>766
支給された後は私的リソース「資産,財産,資力」
として個人の責任で自由に処分できるだろ。

770 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:37:49 ID:/+ny2DHW
>>769
((通例〜s))の意味も分かってないのか・・・

771 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:40:29 ID:cL+SNFTM
>>770
一般に日本語で表現される場合は両方まとめて「リソース」
で表現されてないか?

772 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:41:19 ID:E9aZfOxI
>>747

自閉症者は企業全体や社会全体の非効率や不正に義憤を抱く傾向があるらしいけど、
処罰感情の強さや、格差をつけられることへの不安からじゃないの? 
博愛や滅私奉公とは違うのでは?

もとの話は利己的であるかどうかだったけど、あなた自閉小児の親御さんならば、利己的かどうかは置いといて、
自閉症者は無意識に本能的な他害行動をしてしまう傾向あるのは自覚しといたほうがいい。


773 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:42:23 ID:cL+SNFTM
>>770
英語はもともと分からんので興味を持ったときは
質問してるよ。

774 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:44:15 ID:/+ny2DHW
>>771
人的リソーシスとか聞いたことないのか?
人的リソースとは意味が違ってくるだろ。

年金の話をしているときに、
リソーシスと書いてない以上、
後者の意味でとるのはまずないだろう。
コンピュータの話をしてるなら別だが。

775 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:51:31 ID:cL+SNFTM
>>774
googleで検索してみたが

「リソース」 約 10,500,000 件
「人的リソース」約 472,000 件

「リソーシス」約 14,400 件
「人的リソーシス」約 1,460 件

聞いたことなくても全く不思議はないと思うぞ。

776 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:58:35 ID:E9aZfOxI
リソースを資源と捉えるなら、「源」の字の如く、最終的な財やサービスの存在が前提となる。
個人の金や時間を、生産活動のために自己を再生産するための資源とみなすなら、
生産活動に寄与しない者が、自分の金や時間をリソースと称するのは違和感あるね。

777 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 19:58:52 ID:/+ny2DHW
>>775
資源の方で使うことが圧倒的に多いからだろ。
支払われた金を指したいならなんでリソースなんて言葉を使うんだ?

しかも年金の話をしている最中だぞ?
日本では年金は公的年金と私的年金に分かれているのんだし。
資源の方でとるのが普通だろう。

お前はよくタスクだの英語使ってるのに、
ニュアンスとかは分かってないみたいだな。

まあアスペだから仕方ないか。



778 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:09:43 ID:cL+SNFTM
>>776
政治献金の場合、政治的影響力を生産してる事になるんじゃないか。

>>777
個人に帰属するリソースという意味で使ったんだけどな。

wikiより
「資源(しげん、Resource)は、人間の生活や産業等の諸活動の為に
利用可能なものをいう。広義には人間が利用可能な領域全てであり、
狭義には諸活動に利用される原材料である。」

あと、「アスペだから」でなく「英語が読めないから」にしたほうが理由
付けとしては適切でないか。英語がよくできるASを知ってるし。

779 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:14:33 ID:42nsNQYH
おまいらデフラグ画面でも見て落ち着こうや

780 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:18:36 ID:E9aZfOxI
>>777
同意。
定義クンは「タスク」の使い方もおかしいよね。

ある程度高度な概念を習得するときは、用例から概念カテゴリーを推論するもんだけど、
彼はその推論が苦手なゆえに辞書やwikiにこだわるのでは。
中学生くらいのレベルで概念の分化が止まってる感じ。

781 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:19:08 ID:EC6CXewd
よく分からんが>>749の時点で、誰かが発達障害であることと障害年金を受給していることが
独立していると分かっていない(あるいは恣意的に混同して話している)ように見えるな

世の中のために何かをしている発達障害者もいればしていない発達障害者もいるだろうし
世の中のために何かをしている障害年金受給者もいればしていない障害年金受給者もいるだろう

782 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:22:13 ID:lvBxxmeT
こういうおかしな思考をしてるから、発達障害者の多くは貧困層なんだよね

783 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:23:03 ID:cL+SNFTM
goo辞書
し‐てき【私的】
[形動]個人にかかわっているさま。おおやけでないさま。プライベート。「―な感情」

俺的に言うと真っ先に出てくるのがこの「私的」なんだがな。

784 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:28:22 ID:/+ny2DHW
本当に>>744-747が言うようにアスペが社会や世界のことを考えているなら、
例え支給されて自分のものになったお金でも、それが他者の労働から
成り立っている以上、おおやけでない という発想が出てこないだろ。

785 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:28:47 ID:E9aZfOxI
>>778
>政治的影響力を生産

政治においていちばん直接的な生産とは、議会での議決権行使でしょう。
影響力を生産、例えば派閥拡大のために金をバラまくことを、リソースを割くとは言わないのでは?

786 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:32:47 ID:cL+SNFTM
>>780
概念カテゴリーを推論すると後で調べた辞書的な領域と結構
正確に対応してるから相手の言ってる事が不可解なのだよ。

最初から「私的リソース」と書いてるのに「私的年金」の話を
してるとは思いつかない。

787 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:39:53 ID:/+ny2DHW
>>768
誰も私的年金そのものを指してるとはいってないだろ?
私的年金と違い障害年金は他人の支払いで成立しているんだから、
そこから支給されるお金を自分個人にかかわっているものと言っちゃう
お前の考えの方がまともな人間には思いつかないな。

788 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:43:06 ID:cL+SNFTM
>>787
給付された金を自由に処分できるのは各個人だから、
これは私的な資源だろう

「資源(しげん、Resource)は、人間の生活や産業等
の諸活動の為に利用可能なものをいう。」

程度の話なのだが。

789 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:50:39 ID:/+ny2DHW
>>788
ごめんごめん。それでいいよ、辞書やWiki的には間違ってないんだから。

俺は一連の言動を簡潔にまとめて
障害年金のあり方の見直しを投書するわ

790 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:52:26 ID:cL+SNFTM
ちなみに、過去に経済対策として給付された定額給付金も
支払われた後は、各個人に属する私的な資源だと思うよ。

791 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:56:42 ID:E9aZfOxI
口を開けば、理解しろだの、能力を試されてるのは健常者の側だの、社会を矯正してやるだの。
社会のために自分は何をすればいいかを聞くアスペはいないのか?
ほんとうに、>>736のいうとおり、自分「だけ」の生存に特化してるということなのか?

792 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 20:59:12 ID:cL+SNFTM
>>791
「社会のために自分は何をすればいいか」は他人に聞く
質問ではなくて各々が自分で答えを出す質問だと考えるが。

793 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:04:00 ID:E9aZfOxI
そして、自分のために社会が何をしてくれるかは熱心に問い詰めるわけだ。

794 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:04:08 ID:/+ny2DHW
>>790
定額給付金は文字通り全員に定額が給付された経済策なものだろ。
障害年金の場合はお前のために誰かが犠牲になった上で成り立ってる福祉なんだよ。
それに感謝どころか公の概念すら持ってないとは、あきれて何も言えない・・・

795 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:05:23 ID:cL+SNFTM
>>791
つーか、このような認知が生存に貢献するのならば、
医師は障害年金の診断書とかを書かないと思うが。

796 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:13:59 ID:E9aZfOxI
>>795
他者の犠牲の上に生きてることに全く心の痛みを感じないのは、生存に寄与してるのでは?

797 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:17:28 ID:cL+SNFTM
>>796
地球の裏側の経済政策の動向が気になったりしても、
生存に寄与しない気がするよ。

798 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:19:32 ID:E9aZfOxI
世の中には、生活保護受けてて、あとで自活できるようになってから自主的に全額返納する人とかいるわけ。
こういうの、自閉症者には不思議でしょうがないだろうな。

799 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:20:55 ID:E9aZfOxI
>>797
で、他者の犠牲の上に生きてること、それに全く心の痛みを感じないのは、認めるのね?

800 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:21:53 ID:cL+SNFTM
>>799
どこの誰が犠牲になってるのかから分からないな。

801 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:22:56 ID:/+ny2DHW
>>798
たぶんそういう行動さえも

>>761にある
「良いことをしたという満足感を得るための利己行動」
としか捉えられないだろう。

802 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:25:58 ID:wAMaYP5f
いつからか不安と恐怖で心がいっぱい
そんな状態で何年も生きてると
そのうち壊れないか心配になります

803 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:30:16 ID:cL+SNFTM
>>801
「駅のホームから、無意識的な利己的意図で、人を突き落とす。」
と書くやつがいる
「寄付も良いことをしたという満足感を得るための利己行動だと」
どこかで読んだ記憶も有る。

何が「利己」なのか掴めなくても不思議はないだろ。
これでいくと、自殺まで利己的行動として説明できそうだぞ。

804 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:33:56 ID:E9aZfOxI
>>800
ああ、給料から天引きされたこと無い人には、意味の無い問いかけだったね。

805 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:46:19 ID:cL+SNFTM
>>804
政府の経済政策の犠牲になってるという話なら理解できるかもしれないが、
障害者(年金受給者)とは繋がらないな。

806 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:48:09 ID:lvBxxmeT
ID:cL+SNFTMはいつも否定ばかりして、友達いないだろ?

807 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 21:48:43 ID:E9aZfOxI
まあ、繋がらんだろうね。

808 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 22:15:50 ID:EC6CXewd
「友達いないだろ?」とか小学生かよwww

809 :優しい名無しさん:2010/12/04(土) 22:38:52 ID:vTtRXRTd
沸いてるの、定義だろ
ほっとけよお前ら

810 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 01:02:01 ID:l1MrgO0q
>>744>>745>>746>>747です。

利己的か、利他的かという話だったか、ちょっとした突っ込みで
滅私奉公の意味を考えたり「何がわたくしで何がおおやけか?」ということを
アスペの人が考え始めているのはいいことだと思います。
公に貢献したいと思っていても
・政治団体にメールを送る
・慈善団体に寄付をする
というくらいしか思いつかなくても、振り返るだけでもまだ、いいと思います。

自分と家族たちという関係においては、自分一人の望みに反応するのが私的で
複数の家族や自分にとっての共通の善を考えてみるのが公的ですし、

会社勤めをしてて、フロアの快適を考えて照明の強さはそのままで、
自分は眼鏡にフィルターをいれるなどは公的な行動だと思います。
公私のセンスが欠けているので「みんながやってる」という誘いかけで
誤った行動を取ることもたまにあります
国際会議には国際会議における状況があり、
利己、利他、公私etc.の区別は状況により立場により、文脈によって色々になるので
発達障害の人は直感的に理解が難しく、悩み悩み考え考え生きるようなことになるか
と思います。

対立したものとは考えず、利己的であることがそのまま利他的であることもあるし
心配しなくても、世界のどこかの誰かに良いことなら、それがホントに良いことなら
たいていのことは良いことです。あなたが幸福であると多分家族の幸福です。
(あなたの幸福を攻撃してくる家族がいたら、よく耳を傾けて理由を理解するように努める。あなたが幸福ならそれができるだろう。家族のことはがんばって理解しようとすることで、究極には理解できなくても、気持ちは伝わる。)



811 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 01:26:41 ID:l1MrgO0q
>>748
> 自閉症者の本質は、滅私奉公というより、わかりやすい目標を指針にするというべきでは?

滅私奉公は昔は美徳に数えられたこともあるかと思いますが、現在はそうではないと思います。
一般的にも滅私奉公を良いことだとわたしは思っていません。
おっしゃるように発達障害者には判り易い導きが必要です。

雇用されて働くのに限らず人は、自己管理ができ、自己教育が可能であることを今は求められています。

発達障害の人は、自分についての気づきが少ないし、主張しようとしないので難しいですね。
自分の健康状態を知っていてコンディションを整えるのは私的にも公的にも良いことで滅私ではできません。

支援のない発達障害者は、体調の悪さに対処することを私的であるから就業時間に考えるべきでないなどと勘違いします。
体調の悪さを人に伝えようとして、意思疎通の悪さから、遮られて聞いて貰えなかった経験もあるかもしれません。
我慢して仕事を続けて限界まで働いた後で怒り出すので人に迷惑をかける。
あるいは、ひきつぎ不能の状態で倒れて入院して人に迷惑をかける。


812 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 01:30:46 ID:l1MrgO0q
>>749
言語情報だけに頼ってきたタイプの発達障害者が、
自分個人より世界の利益を考えて生きようとするような面は判り易いです。

認知に凸凹がありすぎて、凹のところがあまりにも「見えない」ために、
偏った意見を極端に主張しすぎてしまうでしょう。
外から見て、自分がどんな姿なのか、感覚的に判っていないこともある
と思います。

定義さん、なささんのことを私はよく知らないのでコメントは控えます。

言語と身体の能力の差が大きすぎる場合、生きる力に不足して、社会生活が難しい人がいると思います。
言語的な得意を活かした生活の方法を見つけられたら幸せだと思います。

手足を忙しく動かし感情を味わいながら、物質的身体的に生きている非言語的な部分は、あまり博愛になりません。
アスペの人は物質的身体的ではありませんね。

本人の感情も表情も、他人の感情も表情も、彼らは意識の外に追い出してしまう場合もある。
より抽象的なものごとに目を向けてしまいがちです。
よくもわるくも私的なこと(個人的、身体的、感情的、情緒的、精神的)よりも、
公的なほうへ目が向き易い。正義や倫理をふりかざしてもあまりにも浮世離れして頓珍漢であれば人々に相手にされません。


813 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 01:35:37 ID:l1MrgO0q
>>795
> つーか、このような認知が生存に貢献するのならば、
> 医師は障害年金の診断書とかを書かないと思うが。

>>797
> 地球の裏側の経済政策の動向が気になったりしても、
> 生存に寄与しない気がするよ。

ということになってしまう。

発達障害者が容易に手にするような言語情報というのは情緒的なものが省かれて公的であったり、科学的真実に基づいていたりするものが多い。
教科書、新聞、学術書etc.
プライバシーが省かれた情報は生きて行くために必要なものが欠けている。人目につかないところで交わされている情報に発達障害者は気づけない。
言語情報というのは概ねそういう性質がある。

反対のものは、家族や友達や同僚のあいだで、口頭で交わされていたり、プライベートな場所で交わされているので、
発達障害者からすると「目に見えず、学べないもの」で
念頭におかれず検討されない

発達障害者から見えない物事を定型発達者は、意識的に教えてあげないとならないだろうと思っています。

> そして、自分のために社会が何をしてくれるかは熱心に問い詰めるわけだ。
という>>793は認識が誤っている、素では発達障害者は「社会が自分に何をしてくれるのか」を質問しようとはしない。
もしも「何をしてくれるのか?」尋ねるようになるとしたら、「自分から尋ねなさい」と教えてくれた人がいて「よくやってる」部類でしょう
どんな時に尋ねるか、適切な窓口をどうやって見つけるか?、いろいろなことを相談できるようになっていたら良かったですね

814 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:10:08 ID:FFunK/o+
定義は定型の住み分けとアスペのマクベスのどちらにも
コテンパンにやられて2chから離れるとか言ってたのに
自分が勝てない2人が居なくなったら出てきてんのか
しかも暴走具合が悪化してるやがるし

ID:l1MrgO0も世間で言われてること書いてるだけじゃん
アスペのこと深く分かってないんだから
いちいち偉そうに上から目線で説教垂れるなよ

815 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:19:05 ID:l1MrgO0q
>>772
> 自閉症者は無意識に本能的な他害行動をしてしまう傾向あるのは自覚しといたほうがいい。

この一文は文脈と関係がないし、
ここだけ取り出してもよく判りません。

無意識の他害行動ですか
それとも、本能的な他害行動ですか、
あるいは自閉症者の本能、というような
この障害者独特の本能を想定しておられる仮説でしょうか?
私はそんな自閉症特有の他害本能があるとは思いません。

私が考えていた他害という痛ましい状況というのは、
単にその人が、生命が脅かされるような極限状態にいるせいで、脅威ある何者かが近づいた時には本能的な他害行動も起こすという感じです。
そしてそういう極限状態というのは、定型発達の人も極限状態であれば、同じ反応を見せるだろうと、それなら想像がつきます。
それで本能、という言葉が出るなら、たしかに本能が発動してるという気がします。
無意識というよりは、反射かなにか

その本能的なものは生物全般に普遍の自己保存の本能だと思います。
発達障害は認知の不具合で、ひどい極限状態に置かれたままで、訴えもせず自分を助けようとしないで
極限状態の中で、苦しんでいることがあるかもしれません。
その時に、他人を敵のように感じて身を守ろうとして手が出るかもしれませんね。
とても痛ましいことだと思います。

闘うか逃げるか反応になっている時は、一刻も早く神経が静まって落ち着けるように助けてあげて下さい。
高ぶっていたら鎮めてあげて、極度の不安があれば、説明して大丈夫なことを理解させてあげて、
恐れていたら、部屋を暖めて飲み物を与えて、あなたも心をオープンにして
怖がるべきものは何も無い、脅かすものは何も無いことを知らせてあげて下さい。


816 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:27:31 ID:VEyCewHI
>>814
ここは勝負を目的とした掲示板ではないと思うぞ。

817 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:38:25 ID:T63jRGb8
アスペって長文とか、いちいちえらそうでむかつく・・

818 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:42:00 ID:FFunK/o+
>>816
それは分かってるけど
定義が78くらいで来てから
(もっと前からいるのかしんないけど)
もうこのスレグチャグチャじゃん

誰かが何か書く → 定義が割り込んで質問 → 誰かが答える
→ 定義がしつこく質問 → 誰かが意味を説明する
→ 定義が相手の文章の単語を抜き出して辞書・ウィキをコピペ
→ 泥沼化

延々とこれのループじゃん
相手に質問する形を装ってるけど、実際は
単語を抜き出して重箱の隅つついてるだけ
テンプレのルールからは外れるけど
NGにできるよう定義はコテハンつけてよ

819 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:54:55 ID:c63I4tvj
相手にしなければ良いだけ

820 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 02:57:12 ID:Q22ImV9V
>ID:l1MrgO0q
やりとりの経緯を無視してレスを都合よく解釈して持論垂れ流しに利用するのやめな。

>>815
>この一文は文脈と関係がないし、
もともとのお題は>>733の「無意識」だから。

自己保存の本能に根ざしてるとか、そんな常識的なことを垂れ流さなくていいよ。
>無意識というよりは、反射かなにか
反射のプロセスもあるだろうけど、動作シーケンスを組み立ててるんだから無意識というべきでしょ。
何に反応するかは、本能に結びついてて、発達とともに分化する感じだろうね

あと、人の痛みがわからないくせに、他害が痛ましいとか軽々しく言うな。



文脈と関係無くアスペは利他的とかしてるのはオマエだぞ。

発達が倫理的に正しく献身的であるなら、あんたが雇えばいいじゃない。



821 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 03:03:38 ID:VEyCewHI
>>818
こちらの視点からは「重箱の隅」でなくて「勘違いの核心部分」
なんだけどな。それに

「re・source
[名]((しばしば〜s))(国の)資源,富
リソースの意味からしてその解釈は不可能。
ごめんごめん。それでいいよ、辞書やWiki的には間違ってないんだから。」

なんかだと出してきたのは相手側だし、「期待値」は

「キミはおそらく期待値の意味もわからないだろうから、字面で判断せずにちゃんと調べること。」
「もう一度言う。「期待値」という言葉の意味はちゃんと調べろ。」

と相手が言ってたから実行しただけだぞ。

822 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 03:06:28 ID:FFunK/o+
うわ、定義だったのか
皮肉を言われてることにも気付いてないのか

823 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 03:09:01 ID:VEyCewHI
>>822
どの部分の話をしてるのか知らんがその程度は想定の
範囲内ではないのか?

824 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 03:11:23 ID:Q22ImV9V
>>815
じゃあさ、駅のホームから人を突き落とした発達も、被害者が脅威となる印象を与えたせいなんだ。

とにかく、ホームから突き落とされそうになったら、部屋を暖めて飲み物を与えるのね。了解。

825 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 06:11:39 ID:l1MrgO0q
>>820
> 文脈と関係無くアスペは利他的とかしてるのはオマエだぞ。

私は「アスペは利他的」と言っていません。
私の一個目のレス>>744にありますように、利己的という指摘に対して
異を唱えました。私がこの文脈に、自分の新しい枝を作ったのは、
「アスペは利己的ではない(利他的でもない)」の主張です。

社会性の障害の人に利己的か利他的か問うても、
たしかに、言語情報にしたものを見せて定義を説明すれば、彼らもその時は一所懸命に考えてくれるとは思いますが、
利己的に行動するのも利他的に行動するのも彼らには難しいことだと思います。思考やスキルとして教えることはできても、
行動を支える感情やセンスとしては持っていないでしょう。

彼らは、自分や他人との関係性や、自他、公私の区別をもとになにかをしているのではない、
志や正しさや信念などの思考に基づいて行動する。
彼らが持っている行動を支える思考には、認知の偏りからくる弱点が多々あるので定型発達者から補うようにすれば、社会に調和するような良いことができるかもしれない
というような私のイメージをお伝えしたかったのですが、説明が足らず誤解を生んだようで
申し訳ありませんでした。

私はどのような場合でも、他害をする人を痛ましいと思います。820さんは痛ましいと思いませんか?
ただし
法廷や弁護やなにかの啓蒙運動の技術をまじえたような話で、世間の先入観が歪む(アスペが原因で傷害/殺人)のはのぞんでいません。
ホームから人を突き落とすのことを他害・・原因がアスペ・・と試みでも述べてみるのは、ものごとを簡単に考えすぎていて、
どうにもならないという印象を持ちます。理由に、本能とか無意識とかの生物の原初的な作用を想定して絡めてまでその犯罪に
「アスペの特性(アスペ、あるいは発達障害者共通の特徴)が根っこ」などと論ずるのも軽はずみだと思います。

そういう論争に参入するつもりでいませんが、私が述べているのは、彼らは利己的でも利他的でもない。人との関わりにおいて仕事をする
さいには援助を必要としていて、援助がなければ良い仕事ができない、そういうよなことです。

826 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 06:23:18 ID:l1MrgO0q
>>824
わざとそういう風に解釈してレスしてみせるのが、824さんの趣味なんですね。

2chなのでそうやって言葉を好きなように遊ぶのも、この遊び場として誤りではないかもしれません。
だとしたら、言葉に頼って暮らしていて言葉の確かさをアテにしながら、人とのつながりを模索している
スレのアスペの方のお気持ちも、もしかしたらあなたには理解できるかもしれませんね


827 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 06:41:59 ID:l1MrgO0q
>>818>>822
一般的には、日常会話の文脈の中では、会話が進行するにつれて、
言葉の定義は、繰り返し定義し直され、長い文脈の中では多くの言葉がその場限りの特殊な意味合いで使用されています。
会議や、仲間内や、雑談などで、やりとりが続くうちに、言葉は特殊化して説明なしで、暗黙の別の意味で使用されます。

アスペの人のうち全員ではないと思いますが、あるタイプの人は、そうではなくて、
どれだけ文脈を積み重ねても必ず、かならず辞書の一般的な定義を用いて話しますね。
その感覚を持たない人にとっては、そこまでの経緯や対話を台無しにして、関わりを否定するかのように感じさせることもあります。

このスレはアスペルガー症候群について・・語り合うものであり>>1によると、
> ASに興味ある非ASも参加は自由です。原則sage進行です。
> みんなで仲良く&みんなで楽しく&みんなでマターリ
ということで健常の定型発達者や、療養中の定型発達者、それと併せて非定型の人たち、アスペの人も当然多数参加していることでしょう。

もうスレも80超えて続いているのですし、
言語を強くアテにしながら生きているアスペの人の
言葉の定義の取り扱いについての特性に、そんなにびっくりしなくても良いのではないかと思いますが、

「一般に○という言葉は○○◯と説明されているが、
現在、XXからここまでの流れでは、
○△○というような特殊な意味合いを帯びて語られてきています」
と、いちいち説明してあげるような寛容さを持って接するっていうのはどうでしょう
それが困難でも、そんなに嫌がったり、驚いたり、蔑んだり
しなくてもと思いますが?

828 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 07:04:23 ID:l1MrgO0q
あと、
>>814
> いちいち偉そうに上から目線で説教垂れるなよ
レスせず無視してごめんなさい。
昨晩は怒りと高血圧で頭蓋骨が締め付けられて壊れるかと思うような怒りが
湧いていてちょっとたいへんでした。
その怒りはここで話題となっていた内容については無関係な事柄です。
もう怒らなくて済むように長い間あれこれ沢山の工夫をして話し合いもして解決を探ろうとしていましたが、
どうにもならない事柄のようで、また昨晩に同じようなことがありそれで朝まで一人で
怒っていました。
でも話題に意識を移そうとすることで、一方の苦しい怒りのほうをどうにか受け流すことが少しはできた気がします。
おっしゃる通りで、たしかに私の書いたことはどうでもいいようなことです。
しかも枝葉に反応してだけのようで、穴だらけの主張をしていて、私自身どうにもお粗末な悪文と評価します。

でも助かりました。決して冷静ではない頭で、呼吸を止めたままタイプしてるような私の悪文に
それでも目を通していただいたのだなとレスに感謝しています。
どうもありがとう。文体もだめだし、動機もめちゃくちゃだし、皆さんが大切にされてるマターリスレをろくでもない使い方をして申し訳なく思います。
ごめんなさい。(ここまで書いてから、本当は泣きたかったんだな自分、人を求めているんだな、と気づくあたり私の重症さも改めて思います)

829 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 07:36:42 ID:T63jRGb8
くされマンコ・・

830 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 07:41:36 ID:T63jRGb8
こいつさ、自分の仔が自閉とか言ってた40すぎのおばはんやつだろ?
定義と一緒にわいて出る
2大巨頭悪だな・

アスペは障害者なんだから、かわいそう。まわりはフォローしてあげて。
ってその言い分通るのは、中卒まで。国民年金1級傷害基礎年金を
もらえるってことは20歳すぎてるだろ?

「 い い か げ ん 社 会 に あ ま え る な ! 」

障害者としてつつましく生きるんだな。

831 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 09:53:06 ID:UnzvqG9k

アスペの特質の中に 「独善的レッテル貼り」 ってのがある。
これは、アスペ特有の 「独善的自己正当化」 とも関係している。

【 もぐらたたき行動 】 と個人的に呼んでいる行動がある。
アスペ行動は 次々と湧きあがる優先順位の欠落したストレス因子による常時パニック状態にみえる。
 − 戦略的解決ではなく、リアルタイムのモグラたたきで解決。
 − 長期視点の根本的解決ではなく、短期視点の表面的、表層的解決。
つまり、一つ一つのストレスを、【今すぐに排除するという強烈な衝動 】に 「支配」 されてしまう。
モグラが 禁煙ホームに立っている喫煙者 であれば、後先考えずに ホームから突き落とす。

【 お漏らしがまん状態 】 と呼んでいるのもある。
こどもがおしっこもれそうになってる状態が、常時続いているようにみえちゃう。
周囲の状況を考える 「よゆうや、ゆとり」 がなく、どこでも常に垂れ流し、お漏らし・・・。


この 「もぐらたたき行動」 と 「お漏らしがまん状態」 が常にあるから、結果的に後先考えず、
モグラが 禁煙ホームに立っている喫煙者 であれば、ホームから突き落とす。
目前にある、ストレスを排除するという事では 個体を維持する基本的生物の行動としては正しい。

問題は、
 − 強烈な衝動とパニックにマスクされて、ストレス排除のの優先順位の欠落
 − ストレスを一時保留する 「とりあえず作業中、保留項目」 の棚がないこと。
だから、短絡的に ストレスを排除するという 強烈な衝動でめくらになって、ホームから突き落とす。
それをバックアップしているのが 「独善的レッテル貼り」と「独善的自己正当化」という脳内反則ツール。

つまり、善悪や正義と悪行のように、キッチリ別けられないから 保留中や、グレーという概念があるが、
グレーや、保留中はアクション因子がついて回り、それがまき散らすストレスにアスペは耐えられない。
そこで、便利な 「独善的レッテル貼り」 と 「独善的自己正当化」 反則ツールを容易に使ってしまう。

アスペが絶対にやってはいけないのが、この反則ツールを容易に使用してストレスを排除すること。


832 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 10:00:27 ID:ZAjszoK1
ツールを容易に使うというより、デフォルトがそれになってるか、それしか行動の選択肢がない感じだけどな

833 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 10:07:13 ID:UnzvqG9k
>>832
> ツールを容易に使うというより、デフォルトがそれになってるか、それしか行動の選択肢がない感じだけどな

残念ながら同意。
アスペが読んでも、理解できないだろうな。
最終的にはアスペ用の論理や翻訳言語が必要なんだろうと思う。

たとえば善悪の意味、その結果の犯罪の意味がおそらく、定型とアスペは全く違う。
ここで議論している、議論の意味も、仙谷みたいな弁論ママゴトとすり替えてるのもいるくらいだからね。





834 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 10:49:42 ID:K8reuVVU
>>825
>他害をする人を痛ましいと思いませんか?

放し飼いにして周囲に我慢を強要してる親のほうが痛ましいわ。
親御さん的には、自分の子が社会の輪から排除されてるのはいたたまれない、それはわかるけどさ。


>>826
「目印なしで外に出されても対処できない」という点には気付かないのね。
それどころか「外に出したら健常者の責任」という考えだもんな。


>>815
他害を生命の危機からの防衛としてのみ捉えるのは明らかな誤り。
心理学的には防衛か攻撃か、必要性の有無、原因者がどちらか、等を論じるのは意味がないでしょ。
法的・倫理的にはともかく。
いえるのは、かつて進化の過程で自己を有利にしてきたであろう反応ということ。

835 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 10:56:54 ID:7NiP8HjG
>>802
わかる。

836 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 12:29:37 ID:VEyCewHI
とりあえず、調べてみた

岡山駅突き落とし
「ホーム下に人を落とせば、電車にはねられて死ぬ。人を殺
 せば刑務所に行ける。誰でもよかった」

東京駅突き落とし
「半年前に仕事を辞めた。人を殺して死刑になろうと思った」
「発達障害と認定されて重要な仕事を任せてもらえず、自分
 は必要のない人間と思った」

「生命の危機からの防衛」「自己を有利に」「無意識」とか実際に
起きた事件の本質と関係のない的外れな議論をしてるように見
えるけど、それでいいのか?

837 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 12:36:16 ID:cbhtiVQj
>>836
ストレスを排除する手段に社会性が欠落してるね。
定型にはわからないくらいの衝動とパニックなのかなー。

社会性を見る目が完全にマスクされてしまうほどの自己防衛力、自己正当化。
自分が死刑になるなんて本当は思ってないと思うわ。






838 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 12:41:26 ID:VEyCewHI
>>837
事実を見る目がマスクされてるように見えるぞ。

839 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 12:51:09 ID:VEyCewHI
東京駅の方は

検察側は冒頭陳述で、被告が当時、就職活動が不調で「秋葉原の
無差別殺傷のような大事件を起こして死刑になろう」と自暴自棄に
なっていた、と指摘した。

とあったな、何をどう解釈したら自己防衛に繋がるのか意味不明だ。

840 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:07:11 ID:cbhtiVQj
>>839
それは定型視線、定型論理でみるからだよ。
自閉圏視線でみたら、とりあえず、いま抱えているストレスをの原因を除去するのが、
自己防衛の最優先ってことでしょ?

社会めくらなんだから、みえてねーんだから。
だから、ストレッサーを排除するってのが自己防衛なのがアスペだもん。
自己防衛ってことばの意味が、定型と自閉は違うんだよね。

定型がつかう自己防衛には社会的背景もはいってる。
自閉にはそれがないから、おなじ自己防衛でも結果と行動がまるで違う。
自己防衛がわかってればKYやらねーし。






841 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:10:15 ID:VEyCewHI
>>840
俺は診断済みだぞ。何を言ってるんだ?

842 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:32:59 ID:cbhtiVQj
>>841
> 俺は診断済みだぞ。何を言ってるんだ?

だからさ、スペクトラムの色が違うんだよ。
視野狭窄の狭窄エリアのパターンがこだわりの対象で異なってくる。



843 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:39:30 ID:VEyCewHI
>>842
「死刑になろう」がどういった経路で「自己防衛」
に繋がるかの話をしてるのだが。

この場合における「ストレッサー」とはいったい
なんだ?

844 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:40:07 ID:8a6ymYRI
発達障害者は全員刑務所で働かせるといい

845 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:48:45 ID:cbhtiVQj

アスペの人はストレス処理のマネジメントができないって気がする。
こだわりの呪縛が、優先順位をつけられない。

ストレスをとにかく排除する、次から次にわいてくるストレスに耐えられず、
自分というモノが無くて、こだわりと、ストレス排除に支配されているロボットってイメージ。



846 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 13:58:27 ID:sBRb0Em6
>>844
こういう定型の意味わからん発言をどう受け取っていいかわからない。


つまりアホ

847 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:01:05 ID:7NiP8HjG
とりあえず定型かもしれんが底辺なんだろうよ

848 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:02:53 ID:cbhtiVQj
>>847
不安と恐怖って抗鬱剤でもダメ?


849 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:10:13 ID:8a6ymYRI
自殺中継した人もアスペ

850 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:17:11 ID:7NiP8HjG
>>848
通院してないからエゾウコギやバッチでも試そうかと思ってるとこです。

851 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:23:24 ID:RmSm4Dks
一見して明らかにアスペってぐらいじゃないと
医者はアスペと診断してくれませんよ
2chの自称アスペなんて全部詐病だよ

852 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:28:57 ID:cbhtiVQj
>>850
不眠症気味になったときにさ、友達がデパスってくれた。
少し眠れるようになったけど、すぐにやめた。

いままでにないくらいに心が安定したのが、
心臓の不整脈のクスリ。
こんな精神状態ってのが世の中にあったのかってくらいに、
ストレスフリーのものすごく落ち着いた精神状態になった。
しらべたら脳内のなんとか遮断効果ってのがあるみたい。

だから、経験上心をおちつかせ、ストレス低減できる順位は
 @ 不整脈用のおくすり
 A 咳止め
 B デパス

あと、不眠症のときにサプリもかたっぱしから試した。
精神安定に不可欠だっていう、葉酸は 効果わからず。
神経系のビタミンのB1,6,12もよくわからない。

ただ、不安状態の時に、レシチンを飲むと不安が目に見えて
納まるときがあったなー。



853 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 14:32:40 ID:cbhtiVQj
>>850
あっ、そうそう、うちのおばあちゃんが不安からくる不眠症で、
葉酸サプリがちょっと効くって言ってた。

年齢的なものもあるのかもしれないね。




854 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 15:29:51 ID:7NiP8HjG
>>852
デパスは一時期お守りのような存在でした。
かかりつけも決まってないから、突然受診してデパス欲しそうにしてるのも嫌がられるかと思ってそのまま。
咳止めって処方薬のこと?

855 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 16:40:59 ID:6tNEQ11A
主治医から、現状のあなたの状態ではどんな仕事もこなすのは無理だって云われた。
言語IQと動作IQとの格差が半端じゃなく酷いらしい。結構ショックだけど、
アスペでも仕事して家庭を持ってる人も少ないがいるから希望は捨てるなだって。
俺の言うことを聞け!ってタイプの主治医だから、しっかりついていこうと思う。
つーかそれしか道が無い

856 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 16:54:13 ID:8a6ymYRI
>>855
工場、肉体労働など色々あるから頑張れってことでそ

857 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 17:52:18 ID:T63jRGb8
>>855
どうにもならないから、希望を捨てるなとだけ医師は言うのだろう。
希望を持つことなら、障害者に限らずできるだろうということ。


858 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 20:59:21 ID:OrbHcgCV
工場を馬鹿にしているのが見受けられるが
工場は大変だぞ閉鎖された空間だから人間関係の立ち回りの良さが
その後を左右する

859 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 21:30:53 ID:8a6ymYRI
そういう意味で言ったのではありません
誰もが敬遠するようなハードな仕事だからこそ、積極的に取り組むことで雇用の枠が広がるという意味で述べた
アスペルガーの皆様方も恐れず、頑張って取り組んでみてほしい。

860 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 22:30:48 ID:nU1OJ3xw
 そして、特にハードでもない1日立ちっぱなしの現場にいるのは殆ど
が定型さんと言う現実が。

 今までの短期バイト経験とかから割り出して、アスペが少なそうな現場を
選んでみた。そこは、それこそ1日立ちっぱなしでピッキングやら梱包やらの
作業の現場なんだけど、見事に定型さんばっかり。平和って素晴らしい、とか
訳わかんない実感が。

 バイトの頃はデスクワーク系統だったけどこっちの方がアスペが多かった。
 こんなもんでしょ。図体はでかいけど、力仕事は厭みたいね。
 もうデスクワーク系怖い。

861 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 22:53:42 ID:egQw0/p4
>>845
ナイス言語表現

862 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 23:30:54 ID:l1MrgO0q
>>836
それの犯罪の根っこに「アスペルガー症候群がありました」と
専門家によって鑑定報告されたものなのでしょうか?


863 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 23:46:49 ID:l1MrgO0q
>>840
アスペルガーの人は、ストレスフルな状態でいても
顔や態度にそれを表現できない、周囲にそれを訴えられない場合があります。
周囲は、本人のストレスの極限状態を察して助けてやることができません。
本人も自覚せず血液のストレスマーカーを測定して始めてストレスの高さが判るような事態もあるのです。

他害が出るような極限状態であっても、顔はふだんと変わりがなくて、場合によっては微笑んでいるかもしれません。
ストレス管理が自身からも、周囲からも難しいと思います。極限状態であることが、周囲からは見ただけでは判らない、
唐突に見える極端な反応を示すというのがあると思います。

滅私で働いていて、自己都合を訴えずに、限界まで来てから初めて怒り出す、というのも、
「勤務に私的事情を持ち込まない」の誤学習と、自身のストレスへの無自覚、ストレス管理のできなさを併せて説明できます。
援助が必要なところだと思います。

世間から見捨てられたような人生を送る、累犯犯罪者や路上生活者の中にアスペルガー症候群の人が多数いるという憶測は誤りではないでしょう。
身の上がそこまで悪化するのには数多い文脈、経緯の積み重ねがあるのに、あなたのおっしゃるように目前のこだわった一個のストレッサーにだけ、苦痛をぶつけてしまうような。
それは極限状態での自己保存の本能、定型も含めた生物全般に備わった防衛で説明できるでしょう。

そんな哀れな状態に捨て置かれるようになったのにはアスペルガー症候群本人の生きがたさが関わっていますが、
突き落としたのは、生物全般にある自己防衛と説明されるでしょう。
アスペルガーだけに奇妙な他害の本能があるような説明をしてはならないと思います。



864 :優しい名無しさん:2010/12/05(日) 23:53:12 ID:fK3TTLB4
>>845
当事者だけどぴったり自分の特徴言い当てられた気がする
自分でも疲れるし嫌なんだけど、こだわりとストレス以外に世界を知覚する能力が自分にはない
なるべく刺激を避けて静かに暮らしてないと頭がおかしくなりそう
精神が安定してきたときに、何か面白そうなこと始めてみようと思っても
結局それも不安とストレスの材料になる
「若いのにそんな地味な生活送ってて退屈しないの?w」とか馬鹿にされることもあるけど
ちょっとでもいつもと違う状況になると不安でいてもたってもいられなくなる
楽しむとかそんな余裕持てたことがない

865 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:02:17 ID:/USOpQsN
>>863
>累犯犯罪者や路上生活者の中にアスペルガー症候群の人が多数いるという憶測は誤りではないでしょう。

「アスペルガー症候群」wikiより
しかし、アスペルガー症候群の人物が犯罪を起こしやすいというデータは
確認されておらず、鑑別所や少年院の中の該当者は2%程度とされている。

みたいに書いてあったけど、どうなんだろう?目立つ事件が有るかどうかと
犯罪者が多いかどうかは別の問題だと思うが。

866 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:06:39 ID:h8BP6ktq
>>834
他害のある発達障害児は充分な支援があっても、でも時間をかけて丁寧に助けると思います。
まだ支援の途上にあるのを、放置だと決めつけるのもよくありません。周囲は胸を痛めています。

もし、親や教師が、発達障害児の他害という症状を知ってて何も対処してやらないとしたら
それは大人の無知、無理解であって、それこそ、周囲にとっても本人にとってもほんとうに痛ましい
可哀想なことだと思います。でも知的障害の無い発達障害の他害児を理解しようということは
まだ始まったばかりですが、いずれ良い方向に作用すると信じています。

誰も悪くないので、倫理的な正しさや誤りとはまったく異なる部分で、そういう反応が起こっていることに焦点を合わせた援助が必要ですね。

二段目の、定義さんや、私のことでは、目印がなくても他の皆さんはすぐに「また来たか」とおっしゃいます。目印があるからおっしゃるのでしょう。
目印無しで外に出すという、比喩をされていますが、ここまで重症なら目印はあると思いますが如何でしょうか。
「また来たか」という人びとは課題を持った人に目印を見つけるのに、課題に対処したくないようです。

>>815の説では、おっしゃるようなことだと思います。
防衛反応として、定型も含めた生物全般の共通のものだと思いますが、
そのような酷い極限状態に至った経緯や、その状態で放置されてケアされていない理由はアスペルガー独特のものがあるでしょう。

状況によって、語り分ける必要があります。
法廷では精神鑑定が弁護側の駆け引きに用いられたり、センセーショナルな事件報道での取り扱いは、病理や障害者支援の障害概念とはまったく別の次元です。
はからずも事件当時者になった障害者がいたとして、障害者支援という視点で助けるなら、
さきに被告の訴訟能力まで吟味しなければいけないと思うのに、障害ですと主張しながら、
単に情状酌量の面でしかそれを取り扱おうとしていない現状があります。

法廷や報道でのことと、病理や障害者支援をごちゃまぜにしないほうがいいと思います。
余談ですが先日、刑事裁判の原告の訴訟能力ゆえに裁判をしないというメチャクチャな話が、知的障害の人のことでありましたが、あれには胸が悪くなりました。

867 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:08:52 ID:h8BP6ktq
>>831
あなたの文章もなかなかの「独善的レッテル張り」かもしれないと思って
でも、よく説明できているように感じました。
あとでまたよく読み直して、参考にさせて貰おうと思いました。ありがとうございます。

ホームから人をという事件について、犯人がほんとうにアスペルガー症候群かどうかという点を省いたままで議論が進んでいるのには違和感があります。



868 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:09:48 ID:CELwmxKC
>>863
あなたはわかってると思うけど、自己防衛というか、正確には自分の遺伝子を残すためね。
モノや動物を突き落とすなら純粋な防衛かもしれないが、他害対象が同種の個体=人間でしょ。
同種の他の個体を威嚇殺傷して排除するのは、あらゆる生物に見られる。
そして、互恵的な関係を利用しない種や個体は、他の個体を排除するメリットが大きいといえる。

869 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:22:11 ID:/USOpQsN
>>868
>検察側は冒頭陳述で、自閉症の影響で就職が思い通りにならない・・被告
>が「死刑になろう」と考え、秋葉原無差別殺傷事件を参考に起こした事件と指摘。

動機が「人を殺して死刑になろうと思った」なら全然話が違うだろ。
死刑になるという目的が自分の遺伝子を残す為に何のメリットになるんだ?

東京の方はは、脅威から身を守るために突き落としたのではなくて、死刑を
受けるための手段として人を突き落としたという話だろう?

870 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:23:32 ID:h8BP6ktq
>>865
軽微な累犯の人や路上生活者にはいるかもしれません。
重大事件には少ないのではないでしょうか。殺人事件の多くは家族間で起きているという
話を聞きましたが、ベースにあるのは発達障害であるより、人格障害のほうではないか(憶測です)
収監されている人の大部分は、知的障害のある発達障害者と、知的障害者、人格障害者ではないかと。
ことあるごとに「またアスペか」というのは誤りだと思います。

死刑囚が再判請求をして、十何年ぶりに無罪を勝ち取った有名な例がありますが(彼がそうかどうか
知りませんが)、
想像では、取調室で、冤罪を自供してしまうのは、発達障害者にはありがちなことに思えます。
それも日本の警察ではありがちなことではないかと思います。死刑になるような重大事件でなければ
見逃された軽微な冤罪にそのような例は多数ありそうな気がします。

普段の会話からも想像できますが、事件前後の状況を説明して自分の無罪を、相手に判るように主張するのも苦手でしょう?
万一なにか犯したとしても、反省を表現して情状酌量を獲得するのも難しいでしょう。よほど過集中でも起こらなければ文脈から行動を説明することもできない。

ささいな喧嘩で和解の必要が生じて「ごめんなさいを言うかどうか」という場面を見ても、
周囲に責め立てられている場面ではどうしても定型発達者のような要領の良さも、あるいは素直さも難しいでしょう。
ただし、特性に合った援助をするとすぐに、適正な態度を取れますが、

ホームの突き落としでも、通り魔で無関係の他人を殺傷するなどという重大事件についても、
発達障害よりは、人格障害のほうが説明がし易いのではないか(憶測です)


871 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:35:36 ID:2XhNCEeX
>>843
> 「死刑になろう」がどういった経路で「自己防衛」
> に繋がるかの話をしてるのだが。
> この場合における「ストレッサー」とはいったい
> なんだ?

痛みや苦痛と防衛とおなじだよ。
熱いものに触ると、熱いという苦痛ストレスは発生し、排除する行動として手を離す。
つまり、痛みという苦痛が生体防衛のトリガーなんだよね。

脳内ストレスは、そういう痛みと同じ、生体防衛のための苦痛だから。
ストレスを排除する行動ってのは、やけど防止に手を離すってのと基本は同じ。

目の前の人を突き落とすと、苦痛が和らぐから行動する。
それはまちがってるかもしれないけれど、ある種の苦痛を和らげる、防衛反応じゃねーのかな。



872 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:36:53 ID:/USOpQsN
>>870
「死刑になる」「刑務所に入る」事を目的とするならば、殺人を
犯すのが最も確実な手段だとの判断は成立すると考えます。

自分は、こういった発想は自閉症的だと思えます。

873 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:46:00 ID:h8BP6ktq
>>864
なるべく刺激を避けて静かに暮らすというのはとても良い心がけだと思います。
併せて、いつもと違うことが苦手と判っているのも素晴らしい。
若い人にそれらの気づきがあるのは財産だと思います。

自分が何に刺激やストレスを感じるのか、感覚の特性を測定して教えてくれる専門家に
出会えたらもっといいですね。心理的なものも物理的なものも刺激を整理できたらいいですね
疲れの自覚や、ストレスの自覚も、落ち着いた生活を維持した中で、
自分を見つめて自分を知るようにしていると、少しずつ身についてくると思います。
克服(能動的にがんばる)というより、成長(なので、受動的で滋養を注いで時間をかける)だと思います。
成長の芽はすでにあなたの中にあるので自分の外側に探しまわらなくても大丈夫です。
もっと信頼して下さい、信頼の意味を考え考えいて下さい。

落ち着ける生活を維持して、自分とは違う周囲を見回すよゆうを持てるようにする。自分に合った習慣を築けるよう、アドバイスを貰える信頼できる人を見つける。
良い習慣ができあがった静かな生活の中で、この先どうなりたいのか目標や価値観を考える。それは
静かに生活する前には思っていなかったような、思いがけないことが始まるかもしれない。
そちらへ向けてゆっくりと成り行きが始動する日はきっとありますがもっと受け身で、その日を待つという感じかも。

874 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:50:39 ID:CELwmxKC
>>869
それおかしくないか?
人を一人殺しただけでは死刑にならないことぐらい、知的に障害が無いなら知ってたはずでは?

875 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 00:56:51 ID:/USOpQsN
>>874
検察側は冒頭陳述で、就職が決まらず自暴自棄になった・・被告が
「東京・秋葉原や茨城県土浦市の無差別殺人事件のような大きな事
件を起こして死刑になろう」と考え、知人がいない東京に向かったと
指摘。カッターナイフを持って秋葉原や新宿に行った後、東京駅で
突き落としを思い立ったとした。

丸の内署によると、・・容疑者は軽度の知的障害があることを示す
手帳を所持していた。

これが正しいなら、犯行自体はその場での思いつきの側面が強いし
知的障害も有ったのだろう。

876 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:07:35 ID:CELwmxKC
>>871
あと、みんなから激しく非難されることをわざとやることじたいにメリットあるかもしれない。
神戸児童連続殺傷事件の犯人は篤志家により手厚く支援されてるらしいし、
大阪池田小事件の犯人にいたっては獄中結婚してる。

みんなから激しく非難される人を庇う人は実在し、それを利用する本能があるのかも。
あるいは、大騒ぎを起こすと優しくしてもらえるとかの成功体験とか。

877 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:08:31 ID:h8BP6ktq
>>868
単純に考えようとすれば、個体保存と、種の保存の二種類の働きがありますでしょう。
その方法で生物は、生存と進化をしてきました。
自己防衛で同種に攻撃の矛先が向かうというのは、定型、非定型に限らず、誰にとっても生物として二次障害的な病んだ状態です。
他害は、アスペルガーの本質でも、生物の本質でもないと思います。

交尾後の♀がオスを産卵の栄養源にするなどの特殊な生態はともかく、交尾交配前に常態で、同種に矛先を向ける、あるいは同種喰いをするというような生物種は進化の過程で必ず滅びています。

いずれにしろ関わりを築けたら自分を支援する同種の存在を、ただ脅かす敵のようにしか思えない極限状態というのは病んだもので可哀想なものです。

生物の進化や、社会性の進化の中で、なんでアスペルガーのようなタイプが、生まれて来るのか、なんでだろう
、時間があったら考えてみたいところですね。
他の空気は読まないで、空気を自分で作って全体をリードするというような才能あるアスペルガーも中にはいると思うので、そういう存在を支えているのかな
反復が好きで変化を好まないという一見ちがいそうな才能も含めて、科学技術や文化の発展に貢献していると思っています。

878 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:19:06 ID:/USOpQsN
>>876
俺が文字道りに解釈すれば、自殺するための手段として
目の前の人間を利用したという話にしかならんのだが、
なぜか知らんがその説明はあなたの盲点になるみたいだね。

>>877
上記の理由で、東京の件の場合は「脅かす敵」じゃなくて「首吊
る紐」に思えるが。

879 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:20:32 ID:/USOpQsN
「自殺する」ではないな「死刑になる」だ。訂正する。

880 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:21:37 ID:CELwmxKC
>種の保存
>交尾交配前に常態で、同種に矛先を向ける、あるいは同種喰いをするというような生物種は進化の過程で必ず滅びています

種の保存の証拠は見つかってないし、ハヌマンラングールは子殺しするし。
自閉親子の耳に心地よい啓蒙書ばかり読んでるタイプでしたか。

881 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:26:17 ID:h8BP6ktq
>>872
そういう短絡的な思考は、アスペルガーの人よりは、自閉症的であるよりは、知的障害で起こるのではないですか?

知的障害の無いアスペルガー症候群の本人に「意図して、人の死(つきおとし)で自分がラク(死刑)になる」という
エゴイスティックで悪いことができるかどうか?できないと思います。

まったく別の動機でなされた犯罪があったとしても、ただ取調室の誘導で
そんなストーリーの記述になるかもしれないとは思います。動機や経過に矛盾の無い書類を作る
というのは取調官(警官)の仕事です。
検事や判事と衆人の納得する書類を完成して容疑者に署名させなくては仕事が完成しない。

自己保存の本能による他害という話を私が出したのは、
アスペが他者を傷つけることがあるとしたら、どんなことなのか可能性を考えると
そんなのしかなさそうだと思うからです。

成文化され言語化されたルールを誰より大切にしている人たちが、
ある程度の歳月を世間で生きていて、こうしたらどうなるか?が、判った状態にいて
人を傷つけることを、意図して敢えてやるだろうか?やれるだろうか?疑問に思います。
「知的障害がないアスペルガー症候群」の人はそれはしないだろうと思います。

善悪というのは言語で記述されるものなので、アスペルガーのような言語に頼って生きている人たちは、悪いことをなかなかできない。

悪い人なのに、いい人を演じてアピールして生きている人たちは世間に沢山いますが、
アスペルガーの人のようにたまねぎみたいに、皮を向いても向いても善良な人というのはなかなかいません。
ものの「善悪」というのは言語情報で、しかも言語情報の中心にあるものだから。
身体的物質的に生きていると善悪よりも、快不快が前面に出て来るけれど、
言語的観念的に生きていると、快不快より、善悪のほうが前に来てしまう。
「自分が悪い」と思うことが、どんなことよりも辛くなってしまう。


882 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:30:51 ID:h8BP6ktq
>>876
社会性のレベルでそんな策略を練れるくらいだったら、アスペルガーの診断はでない。
その憶測は、あなたの哲学やあなたの信念に基づいてなされているだけではないですか。

アスペルガーの人を理解しようと試みることは、良いことですが、障害について、もう少し理解してから発言してみて下さい。


883 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:38:13 ID:h8BP6ktq
>>880
私は自閉の啓蒙書はあまり読みません。
あなたの出されたCITES Iとなっている生物種の例は私の説を後押ししています。




884 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 01:59:40 ID:/USOpQsN
>>881
一応はそのあたりを踏まえているので、検察側の主張である事を示した
上で、「これが正しいなら」との留保を付けています。

人をたくさん殺したら死刑になる事を判った状態にいて
「人を傷つけることを、意図して」でなく「死刑になる事を意図した」
内容として理解しています。

自分としては、何をどうすればいいのかわからずに手がかりがないので、
とりあえず、思いついた事をやったではないかと考えます。

885 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 02:43:30 ID:h8BP6ktq
>>878>>884

> 上記の理由で、東京の件の場合は「脅かす敵」じゃなくて「首吊
> る紐」に思えるが。

上にも書きましたが供述調書などは、つじつまが合わない間は書き直しを続けるようです。
死にたくて、あるいは、刑務所に入りたくて、ホームから人をつきおとす、という犯罪について、
当事者の個々の内実というのを無視して、警察で作られた書類や報道だけを元にして、
「アスペの特性でその犯罪が説明できるか」というと「できない」と思います。

社会性の弱いアスペルガーの人は、人まねをして、人々の目を引くということにさほどの価値を持つでしょうか。
たくさん殺して傷つけてそれを踏み台にして願望をかなえるという凶悪なことは、しないと思います。

警察や刑務所のお世話になるようなことは、
挙動不審で任意同行で行った先で冤罪を自白してしまう、

あるいは、反社会的集団の一員になってそこのルール(社会性が厳密で単純で理解しやすく、
生命より独特の合理性が優先されることもあるような、言語的に練られた構造の明解なルール)に魅力を感じて
殉じてしまうとか、
...特殊な例をあげなければ、アスペルガー症候群の犯罪は説明できない。

人生にゆきづまって極限状態で「刑務所に行ってラクをしたい」というような例は、あなたもおっしゃるように、ありそうな気がしますけれど、
犠牲を最小限に留める、取り返しのつかないことを避ける考えも持てるでしょう。
一度、なにかのはずみで刑務所を経験した発達障害者が、刑務所で強制されたルールに沿って生きるほうが、世間で予想外の荒波に揉まれて生きるよりもラクだという感覚は存在しそうに思いますが、いずれにしても知的障害を伴っているでしょう。

学童期の知能の高さが記録で判明する場合に、病んだ行動を説明するために法廷での駆け引きの都合で
弁護側がアスペの診断名を出す場合はあるでしょう。けれどそういう事情で、世間のアスペに対する印象を汚染するのは迷惑だと思います。
そのような凶悪な病んだ選択を、アスペルガー生得の特性に由来するような説明を続けるのはヤメて貰えませんか。

886 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 06:58:22 ID:uzPue7HN
被害板の方で、また放火未遂アスペが出たよw。

887 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:22:19 ID:5AZKWNey
>>877

極限状態の種の保存は個体の保存が優先される。
つまり、アスペは種の保存の必要な揺らぎって考えてるけどね。

よくある、溺れて、つかまる板が一つで、もうひとりを蹴飛ばして溺れさせる。
これは、中国朝鮮方式だが、種の保存としては正しいからね。

略奪民族が、略奪や、殺人、強姦に禁忌があったら、略奪民族として生存できない。
逆に農耕民族は、それがあると、共同作業ができない。

日本人 → 定型系
中国・朝鮮人(大陸系) → 自閉系

種の保存としてはどちらも正しいが、農耕系は略奪系のエサでしかないってのがチョトかなしい。
単純にこういうイメージだけどね。




888 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:24:54 ID:5AZKWNey
>>876
> あと、みんなから激しく非難されることをわざとやることじたいにメリットあるかもしれない。
> 神戸児童連続殺傷事件の犯人は篤志家により手厚く支援されてるらしいし、
> 大阪池田小事件の犯人にいたっては獄中結婚してる。
>
> みんなから激しく非難される人を庇う人は実在し、それを利用する本能があるのかも。
> あるいは、大騒ぎを起こすと優しくしてもらえるとかの成功体験とか。

本人が明確に気づいてないだけで、絶対にわざとやってると思うよ。
タイミングと言い、論理をすかすケースと言い、タイミングとして絶妙すぎるから。

結果的にわざと怒らせたり、わざと自分が支配側に回る行動を無意識で行う。
略奪支配系の遺伝子が濃いって解釈してるけどね。




889 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:26:57 ID:/USOpQsN
>>885
「人を殺したら刑務所行きか死刑になれる」は社会性が厳密で単純で理解しやすく、
言語的に練られた構造の明解なルールに沿った、生命より独特の合理性が優先
される思考なのでこのような考えも有りえるかと考えました。実際にたくさん死ん
だりはしなかったので犠牲を最小限に留める、取り返しのつかないことを避ける
思考が働いた可能性も有ると考えます。

「ICPO調査による2002年の統計では、日本では年1,871件の殺人が発生しており」
より、一般的な例ではないからこそニュースとして扱われているように見えますし、
当人の生い立ちや事件の背景を説明する上で診断名を使うことに違和感もあり
ません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
精神鑑定の結果は、広汎性発達障害と診断されました。今の精神状
態が苦しい、誰か僕を救ってくださいと訴えた。

検察、弁護側双方から犯行動機を尋ねられ「就職活動で何回も落ち
て悔しい思いをした。母親から『要らない人間』と言われた。人を殺し
て死刑になろうと思った」などと話した。

弁護側は最終弁論で「被告の受け答えで、反省していないと感じた
とすれば、それこそが自分の気持ちをうまく伝えられない障害の影
響。表面だけで判断しないでほしい」と裁判員らに呼び掛け、懲役
4年以下が相当と主張した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳しく知りたいなら「東京駅 突き落とし」あたりで調べてみればいいよ。

890 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:31:13 ID:/USOpQsN
>>888
「人を殺したら刑務所行きか死刑になる」
だから
「刑務所行きか死刑になる為に人を殺す」
どこに論理の飛躍がある?

891 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:38:23 ID:/USOpQsN
>>888
>わざと自分が支配側に回る行動を無意識で行う。
「囚人」を目指したんだからその理解はおかしいだろ。
「囚人」は支配側ではないぞ。

892 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:44:36 ID:0nckIA0i
アスペだけのチームがあったら壊れるよ恐らく
自分のやり方でしか動かないから

893 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 10:48:44 ID:5AZKWNey
>>890
> 「人を殺したら刑務所行きか死刑になる」
> だから
> 「刑務所行きか死刑になる為に人を殺す」
> どこに論理の飛躍がある?

ことば遊びだね?(別にからかっていってるんじゃないよ)
あるクレタ人がクレタ人は皆がウソつきであるといった。
さて、クレタ人は嘘つきであるか否か。

論理には省略されているいわゆる行間情報があるんだけどね。
それを明快にしないから、こういう一見しておかしなフレーズがでてくる。
そこにつけ込むのが政治家や宗教屋の弁論ママゴトだけどね。



ということで、

表面上は 死刑になるために人を殺す だけれど、
実は、彼はストレスという心の中の痛みが耐えられなくなっていた。
置かれていた環境から、どうしても逃げ出さないと耐えられなくなっていた。
このままでは自分が壊れるか自殺してしまう、生存が脅かされる。

そこで、
今の現状のストレス環境から逃げ出す方法をいろいろ探すわけだね。
熱くてやけどしそうなので、火から手を離すか、水をかけるか、吹き消すかって考えるプロセスだよ。

でもって、
目の前の人を突き落として、大騒ぎになれば、死刑になるかもしれないが、とりあえず今の苦しみから逃げられる。
苦しみから逃れる自殺方法と苦しめたやつらへの復讐を兼ねた一つとして、目の前の人を突き落とした。
こんな行間の説明文が必要だよね。
つまり、ストレスから逃れるためには、なんの関係ない人を殺しても良いってのは当然あるんだよね。

894 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 11:11:39 ID:/USOpQsN
>>893
それは、自分の内面を基準にした反抗を犯す場合の犯人の内面の想像ではないのか?
あなたの頭の中の世界の話は関係ないぞ。

「自分で死ぬか、 人を殺して死刑になろうと思った」
「死にたくて死刑になりたかった」と供述しているという。

「自殺してしまう、生存が脅かされる。逃げよう」でなくて「自分の生存を止めよう」
という話だ。自殺者は年30000人程度居るんだから特に珍しい話ではない。

895 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 11:12:21 ID:/USOpQsN
「反抗」でなく「犯行」だな。

896 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 11:17:31 ID:KrJ9h3jJ
行間情報とやらなんかなくてもそもそも矛盾などしていない問題ない推論に余計な行間情報を追加することの正当化のために、
行間情報を追加することによって一見したところ矛盾に見える文が実際は矛盾でないということを示せる例を持ち出せるんだ。

つうか経験に反証されるように見える理論や説明であっても、「行間情報」とやらを追加すれば整合性を保つことができるよな。

ちなみにこういう話が好きな人は科学哲学の教科書とかでクワインデュエムテーゼとか反証可能性とかについての説明を読むといいとか思ったり。

897 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 11:18:09 ID:/USOpQsN
>>893
省略されているいわゆる行間情報を頭の中で勝手に埋めると、
勘違いが発生するぞ。

898 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:06:20 ID:5AZKWNey

他人を自分勝手に巻き込んだ自殺でしょ?
自殺は一種の歪んだ自己防衛反応だよ。

でも、アスペは、実は死刑にならないことも 無意識で計算する狡猾さがあるんだよな。
絶対に、自分は死刑にならないって思ってた可能性が高いね。




899 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:16:47 ID:5AZKWNey

【社会】 「パニックになって逃げた」 韓国人学生、巣鴨で65歳男性をひき逃げして死なす→母親と出頭、逮捕…東京
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1291604347/1

1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp] 投稿日:2010/12/06(月) 11:59:07 ID:???0
★巣鴨のひき逃げ死亡事故 私立大生を逮捕「パニックになって逃げた」

・東京都豊島区巣鴨の国道17号で4日未明、男性がひき逃げされ死亡した事故で、
 警視庁交通捜査課は、自動車運転過失致死と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、
 埼玉県三芳町藤久保、韓国籍、私立大学2年、秋敏植容疑者(21)を逮捕した。

 同課によると、秋容疑者は「パニックになって逃げた」と供述しているという。
 秋容疑者は4日午後になって、自宅近くの埼玉県警東入間署に母親と一緒に
 出頭した。

 逮捕容疑は4日午前3時5分ごろ、豊島区巣鴨の国道17号で、軽乗用車を
 運転中、道路を横断していた町田市森野、会社員、藤沢喜代司さん(65)をはね、
 約215メートル引きずったが、そのまま逃げて死亡させたとしている。

 同課によると、車には秋容疑者の友人男性が乗っており、食事に行く途中だった。
 秋容疑者は事故後、車が動かなくなり、藤沢さんに気付いたが、怖くなって
 逃げたという。

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/101206/dst1012061150007-n1.htm


周囲でひき逃げ、当て逃げをしたのが二人いるが、二人ともおそらくアスペだよ。
アスペは事故を起こすと、パニックで逃げる確率がたかくね?



900 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:20:58 ID:/USOpQsN
>>898
自殺まで自己防衛反応に含めるならば、俺には「弁論ママゴト」
をやってるようにしか見えないな。

>でも、アスペは、実は死刑にならないことも 無意識で計算する狡猾さがあるんだよな。
>絶対に、自分は死刑にならないって思ってた可能性が高いね。

あなたの頭の中の世界ではそうなんだろうね。

901 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:23:44 ID:/USOpQsN
>>899
これも、「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」
としか言いようが無いな。

902 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:35:49 ID:5AZKWNey
>>901
いや、経験に基づく、推論。
一人は確実にアスペの息子で、アスペ行動もある。

つうかさ、罪悪感ないんだから、べつにアスペ的には悪意があってやってるわけじゃない。
だから、アスペを責めるって言うより、もっと療育とかしろよってだけだけどね。
やったらいけないことがあるって、教えないとさ。

問題は、ふつーのKY行動の一部に、こういう極端な行動もふくまれちゃうことだよ。
そこに、本当の意味での悪意はない。

ただ、なんども言うが、無意識での計算は絶対にあるとおもうけどね。




903 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:44:31 ID:/USOpQsN
>>902
「人を殺したら刑務所行きか死刑になる」
だから
「刑務所行きか死刑になる為に人を殺す」

無意識も何も、本人の発言から計算は
表に出てるじゃないか。

904 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 12:52:06 ID:5AZKWNey
>>903
なんか、カラスは黒だよな、
ちがうわ、カラスは黒だわ 
ってな議論にみえてきちゃった。

計算ってのは、たとえば少年だからとか、精神的に判断力がなかったとか、
そういう無罪になるケースもアタマのなかの隅っこにあっただろうってこと。

刑務所行きは予定通りだけれど、死刑は免れるって計算があったんじゃね?





905 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:13:04 ID:5AZKWNey

人生って、洒落や、冗談、遊び心が実は行動のコアにある。

洒落
冗談(ジョーク)
皮肉
遊び心

これがわからねーと人生の目標ってものにこだわることになる。
いきおい、法律、ルール、教科書、マンガ、映画、人権、市民団体、支配ままごとにのめりこむ・・・。

つきつめてしまえば、生きることは冗談と遊びなんだけどね。




906 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:14:34 ID:/USOpQsN
>>904
無罪になるケースが頭に有ったとしてもそれを目指すか
どうかとは別問題だろ。無罪になりたいならば犯行を犯
さなければよいだけだし。

>刑務所行きは予定通りだけれど、死刑は免れるって計算があったんじゃね?
考える必要が無い事だと思うが。

本人の発言が見当たらないので
「自分がこう思うからこうなんだ 自分の中では」
以上の話にならない。

907 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:17:02 ID:/USOpQsN
>>905
「自分にとって」生きることは冗談と遊びなんだけどね。

というだけの話だろ。

908 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:24:56 ID:5AZKWNey
>>907
現実として民主やサヨクってわらわねーだろ?
気の利いたジョークの一つも言えないでしょ?

洒落や冗談、あそび心って、ミラーニューロンの最高傑作だと思うじょ。



909 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:27:02 ID:0nckIA0i
アレを気の利いたとか自分で思っちゃってるのがイカにもアスペらしい

910 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:35:55 ID:5AZKWNey
>>909
遊び心がねーと、勝ち負けと、レッテル貼りにはしるんだよなー。

イカにもアスペか、ナルホド・・・。
チョット ツボ。




911 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:36:34 ID:/USOpQsN
>>908
左翼と呼ばれる政党所属の議員が笑ったり冗談言ってる所なんて
過去に何回も見たことが有るし、冗談抜きで外交や国家主権を論じ
る右翼団体も別に珍しくないが。

912 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 13:42:32 ID:/USOpQsN
>>909
ID:5AZKWNeyはアスペルガー当事者ではないと思う。

913 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 14:13:07 ID:t1P5yxrQ
地元新聞に載っていた記事
教授「今の学生は相手の気持ちを考える必要がある」

これはアスペに死刑宣告をするようなものだなw

914 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 14:56:41 ID:h8BP6ktq
スレ読んでみて、言葉遊びや思考実験を趣味にしている人たちだったのかなと思いました。ほかにあまりすることがなくて?
あるいは、犯罪があるたびに「またアスペか」と言うと胸がすくタイプの人たちなのだろうか?

もしメンタルヘルスの患者さんご自身なら、悲惨な事件(犯罪群)に焦点をあて続けるのはそれだけで精神衛生上いいことないとお伝えしておきます。
お医者さんにもほどほどにしなさいと言われるかもしれません。

警察発表も調書も、そんな障害の人にどうやって書かせたの?というような作文をするし
報道記事を書く人は、大衆をひきつけられるかどうかを基準に記事をかく。
わたしが不思議なのは、もしアスペルガーの人が、法廷の被告席に座ったとしたら、
文脈をふまえた会話をいったいどうやってできるのだろうか? 厳粛な法廷のムードで落ち着いて長時間、お話できるのだろうか。
枠組みがはっきりしていると落ち着くのだろうか。弁護人が紙を渡して音読させるのかな。。
収監されていると、人のストレスが減って、静かで厳めしい法廷の雰囲気の中では頭もすっきりして、
期待された内容の話をできるようになるのかな。
判事さんたちは話を導くような支援スキルがあるのだろうか。

915 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:06:27 ID:5AZKWNey

なぜ 勝ち負けにしちゃうの?
ふつーに、会話しようぜー。




916 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:09:05 ID:/USOpQsN
>>915
最初から勝ち負けは関係ないと考えてたけど。

917 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:19:24 ID:h8BP6ktq
メンヘル板で今以上、痛ましい事件の話を続けるのは、ここでの交流を楽しみにマタリしたい人に迷惑だと思います。

「アスペルガーの特性で、犯罪を説明できるかどうか」という挑戦なのでしょう?
報道や裁判記録に出ている話だけでそれは「できない」でしょう。
もし本気で詳しく知りたかったら手続きをして自分で取材に行けばいいのですが、それはしないのでしょう。
でも今以上、凶悪で痛ましい犯罪にコミットしていたいなら、
検索に酔った自分の思考パターンを練ってスレに注ぐより、
座り直して、襟を正して、犠牲者の冥福を祈りながら、実際の事件をていねいに見つめたほうがいい。

おすすめは、
『死刑の理由』 井上 薫 (著) 新潮文庫
ですがちょっとハードでした。でも淡々としているといえばそうです。凶悪事件だけでなくてもっとずっとソフトに読めたのは、
『累犯障害者 』山本 譲司 (著)新潮文庫
でした。

どんな人もみんな私もだけど、たまには、「人の生命財産を身勝手に左右して自分のも人のも人生を取り返しつかなくする犯罪」について
きちんと向き合って知ろうとしたらいいのかな。私もたまには思い出して謙虚にされるのがいいのかな。
このスレにウォッチ気分で立ち寄る人は「障害があるということはどんなことなのか」ということももっと真面目に考えたらいい。
障害年金うけるってことは重くて何年も苦労した上で手続きしてるはず。
いろんな理由で自分で自分のことをどうにもできないで助けを必要としている人というのは実在している生身の人です。
上の本を読んだら、あなたが社会で貢献できる何かを見つけられるかもしれません。ただ具合の悪い人はまだ読まないほうがいいです。
症状があってもニートでも私も含めてスレにいる人たちは、ご自分でいろいろなことを決めたり、考えを好きなだけ練ることもできて
有能かと思います。もっとずっと辛い人はいます

918 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:22:25 ID:E8lSF13f
なんかこの三馬鹿のやりとり笑える
もう好きなだけ荒らしまくればいいよ

しかしものすごい勢いで糞スレ化したな

919 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:34:33 ID:5AZKWNey
>>917
犯罪パターンと発達障害は切り離せない事実じゃねーの?
そこからアプローチするのがいけないことであるかのような風潮をつくることこそおかしいよ。
こういう特殊条件のケースになにかを解決する糸口があるんじゃねーのかな。

アスペ一つとってもスペクトラムだから、いろいろな様相がある。
じゃ、なぜ、悪意なしに犯罪する歪んだアスペが発生するのか、それじゃどうしたらいいのかってさ。
マイノリティアドバンテージに呪縛されて、自ら色メガネに墜ちるのは得策じゃないと思う。





920 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:39:52 ID:/USOpQsN
>>917
何か噛み合ってない気がするけど、
『累犯障害者 』山本 譲司の方は過去に読みましたよ。

とりあえず、表に出てる情報としてはこのあたりですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
精神鑑定の結果は、広汎性発達障害と診断されました。今の精神状
態が苦しい、誰か僕を救ってくださいと訴えた。

「発達障害と認定されて重要な仕事を任せてもらえず、自分は必要
のない人間と思った」

検察、弁護側双方から犯行動機を尋ねられ「就職活動で何回も落ち
て悔しい思いをした。母親から『要らない人間』と言われた。人を殺し
て死刑になろうと思った」などと話した。

弁護側は最終弁論で「被告の受け答えで、反省していないと感じた
とすれば、それこそが自分の気持ちをうまく伝えられない障害の影
響。表面だけで判断しないでほしい」と裁判員らに呼び掛け、懲役
4年以下が相当と主張した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私としては、単純な話を歪めて認識してるのは周囲の人間でないかと
考えています。

921 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:46:47 ID:/USOpQsN
>>919
上の文面を読む限りだと、「重要な仕事を任せる。」
「『要らない人間』と言わない」あたりが対策として
浮かぶね。

922 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:49:50 ID:5AZKWNey
>>921
> 上の文面を読む限りだと、「重要な仕事を任せる。」
> 「『要らない人間』と言わない」あたりが対策として
> 浮かぶね。

うん、問題はホンネかどうかなんだよね。
発達にしろ、定型にしろ、文字にした文章の裏にホンネがあるからなー。
とくにきれい事の文章や論理ほど、ホンネは別にあるんだよね。




923 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:51:57 ID:/USOpQsN
>>922
とりあえず、本音として対策打てばいい。
裏を読んでもきりが無い。

924 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:54:31 ID:5AZKWNey
>>923
うーん、むずかしんじゃね、特に裁判なら弁護士に言わされるってのがあるしなー。
最初の段階で弁護士も検察もノイズとなるバイアスかけるからなー。

まあでも、ホンネのいくらかははいってるってことなのかもしれん。



925 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 15:57:17 ID:/USOpQsN
>>922
「文章の裏にホンネがある」を前提にするとね、
書いてある内容を無視して「自殺も自己防衛反応だ」
だのなんだのと関係ないことを延々と考える事になるだろ。

926 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 16:56:58 ID:zHdWhehy
アスペルガーて診断されたけど、当てはまらないこともあったんですが
皆さんもアスペルガーの特徴で当てはまらないのってありました?





927 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:03:20 ID:CELwmxKC
「(自閉に限らず)人間は精神的負荷がかかると人への攻撃行動をやってしまいがち」とかの話をすると、
純真な自閉たちは、人間にネガティブな感情が存在することにすごく動揺してしまうのか、発言者に敵意むき出しで反発するんだね。
自閉症者にとってその考えはたいへんな脅威であって、それに対する防衛反応なのだろうけど、
結果、人の話を撥ねつけてしまい、自分が自覚なく攻撃行動を垂れ流してるとかへの気付きが遅れてしまう。

そんな状態で、協力関係を前提にしている集団、例えば企業に入れば、自閉症者は略奪者ですよ。
定型が大人しくやられっぱなしでいてくれるか?それは自閉の皆さんは身をもって知ってるのでは。

928 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:23:09 ID:CELwmxKC
>ID:h8BP6ktq


>>877 交尾交配前に常態で、同種に矛先を向ける、あるいは同種喰いをするというような生物種は進化の過程で必ず滅びています

>>880 ハヌマンラングールは子殺しする

>>883 あなたの出されたCITES Iとなっている生物種の例は私の説を後押ししています。


CITES(ワシントン条約) は国際取引禁止が目的であって、絶滅の危険性と直接関係ない事例があるのはわかるよね?
そもそも、レッドリストに載る種の多くは、ここ数百年の人間活動によって生態系が脅かされてるのが原因だし。
CITESを根拠に持ち出すのはバカげてる。

よほど論理に疎いのか、自閉ゆえに防衛本能が強すぎて自論を有利にするためのウソをついてしまうのか、どちらかでしょう。

929 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:23:54 ID:/USOpQsN
>>927
「精神」「本能」「心」自体が一見何かの説明になってるように見えて、
実際のところ何を指示するのかが意味不明な概念に見えます。

「本能」wiki
本能(ほんのう)とは、動物(人間を含む)が生まれつき持っていると想定
されている、ある行動へと駆り立てる性質のことを指す。現在、この用
語は専門的にはほとんど用いられなくなっているが、類似した概念と
して情動、進化した心理メカニズム、認知的適応、生得的モジュール
などの用語が用いられる。

本能の語が用いられなくなった理由のひとつは、これが説明的な概念と
してはあまり役に立たなかったためである。特定の心理や行動を本能だ
と述べても、その行動の神経的・生理的・環境的原因(至近的原因:これ
らが伝統的な心理学の研究対象であった)について何かを説明している
ことにはならない。

930 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:32:18 ID:CELwmxKC
>>898
>でも、アスペは、実は死刑にならないことも 無意識で計算する狡猾さがあるんだよな。

同意。
例えば、論戦で自分が不利になって話を中断したいときに、

1 遠方に住む叔父の家に向けて出発する準備があるからここらで撤退するよ
2 遠方に住む祖母の家に向けて出発する準備があるからここらで撤退するよ

どちらを理由にすれば非難されにくいか、そういう損得計算はすぐにできるみたいだし。

931 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:38:22 ID:/USOpQsN
>>928
むしろ、「略奪されてる」「敵意むき出し」みたいな発想が出て来る部分
をあなた自身の内面に探った時にあなたが防衛本能と呼んでるものが
見える気がする。

>>930
嘘を書くわけにはいかんだろ。

932 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:43:53 ID:0nckIA0i
>>930
やべぇ全然わからんあぁ
両親の下の兄弟が叔父か
祖母は直系2親等か祖母の方が近い関係にあるから2の方が非難されにくいってことかな?

933 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:45:51 ID:/USOpQsN
>>930
つーか、この場合どちらを理由にすれば非難されにくいかの損得計算
をしたのはあなたの脳だろ。自分の頭の中と相手の頭の中を混同して
ないか?

934 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 18:51:50 ID:/USOpQsN
さらに言うと、非難されない最も確実な方法としては「書き込まない」
が真っ先に浮かぶがどうなんだろう。

935 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 19:22:58 ID:uzPue7HN
 何しろ、「正しいのは自分だけ」という連中同士が集まってんだから、衝突
は必須でしょw。

936 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 20:01:16 ID:et5WXSex
「刑務所行きか死刑になる為に人を殺す」
自分の生死まで他人のせいにするアスペはクズだな

937 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 20:37:15 ID:/USOpQsN
「自閉症的」と書かずに「自閉症者の発想として考えられない訳ではない」
と書くべきだったのかな。

938 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 21:06:44 ID:uzPue7HN
ここでは定義くんとして知られる発達障害のなさ野郎が被害板でとうとう
呂律もまわらなくなったらしいw。

 あれのおかげで、こっちは「発達には大なり小なり、ああいう危険要素あり
だから判ったら近づくな」になったなw。程度の差だよ。

939 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 21:08:59 ID:/USOpQsN
>>938
すこし調べればわかるがその人は私と別人だぞ。

940 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 21:29:41 ID:uzPue7HN
 どっちにせよ、突然切れて人に襲いかかったり、おかしな言動を振りまわした
り、理屈っぽいばかりでちっとも行動しない、とか危険要素は一緒と認定した
方が周りとしては早い。

941 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 21:31:04 ID:IXLO3k5V
「理屈っぽい」とか言うと、いい意味に取るんじゃなかろか
実際のところへ理屈にもならない、理屈以前の土台がおかしいんだけどな

942 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 21:35:48 ID:zE//vbVF
わけわかんねえ日本語みたいだが、意味不明な文字列を生み出す点では同じだろ

943 :優しい名無しさん:2010/12/06(月) 23:42:47 ID:uzPue7HN
 くどい、だけだろw。

944 :優しい名無しさん:2010/12/07(火) 00:04:16 ID:Eywrvg3C
 ついでに言うと、他人を見ると1人ごとを延々と聞かせたがるだけ。
 ほんと、最近では一見して何となくアスペだなあいつ・・・とか勘でわかり
はしても、程度までは不明だから、目の前に現れたら最後、放置しまくり。
 

945 :優しい名無しさん:2010/12/07(火) 20:24:41 ID:DjEPskxl
またいつもの都合の良い時だけいい人をする人生が始まる

946 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 08:26:23 ID:hYN6QqZx
ここにいる人たちは人間関係どうしてる?

一人になって、その日にしたコミュニケーションを振り返って「ああ、これダメだったな」とか反省はできるんだけど
また話すときになったら忘れちゃう
アスペだ、って理解できてない人と話す時ってどうすればいいんだろう

947 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 08:34:49 ID:KEmMY8pZ
もう自信なくした。脳は働かないし。

948 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 09:06:38 ID:Tl4d9ECh
脳ミソかゆい

949 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 11:27:34 ID:JBTNH3Oe
>>946
重力バランスで二本足歩行ってのと、脳機能は密接なんだよね。
だから、アスペは幼少時につま先歩きしたりする。

足のつま先に力をいれると攻撃的、緊張的になる。

足のかかと側に重心をとる。
ふつうの人でも、それだけで、脳内ストレスが低減する。
脳内で足の裏の管轄場所は意外に広範囲なんだよ。
ホムンクルスとか脳内の小人とかいうけどね。

意識して、かかと側にバランスとってみるのやってみて。
私は、足の裏の中心からかかとに重心を移すことを毎日10分くらいしている。
二本足で重力バランスをとるってのは大事なことだってよくわかるよ。

まずは、形からはいってごらんよ。



950 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 11:54:48 ID:a379ubCc
病院でつま先歩きしてた子どもはアスペだったのか
案の定発達障害外来へ入っていくのを見てイイネ!と親指を立ててしまったよ

951 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 13:29:43 ID:KEmMY8pZ
かかとを鳴らして歩くなといわれるほど重心は後ろだけどな

952 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 13:53:38 ID:JBTNH3Oe
>>951
そんじゃ、青竹ふみふみってやってみれば?

うちのばあちゃんが、目が回ってたてなくなったときに、
土踏まずや、足裏マッサージ、青竹ふみふみで びしっと直った。

あたまのなかのぐるぐる感がとれるみたいだよ。




953 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 15:41:04 ID:uwvEJTBr
>>947
つーか、自信持ってたんだ・・

自閉は傲慢な考えを持つ傾向あるから、人との摩擦を避けたいなら、自信無くしたほうがいいよ


954 :優しい名無しさん:2010/12/08(水) 20:20:30 ID:q5LK3/83
クヒヒ

955 :ぴょん♂:2010/12/08(水) 21:37:24 ID:ToWKokDH
>>948
もれは、脳みそが窮屈びょん。頭蓋骨が狭いびょん。大きくして欲しいびょん。

956 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 00:59:02 ID:2KE4K3N/
私は典型的なアスペ顔です
http://imepita.jp/20101208/817300
http://imepita.jp/20101208/817760
http://imepita.jp/20101208/818280
http://imepita.jp/20101208/818470
http://imepita.jp/20101208/838390
http://imepita.jp/20101208/838040
http://imepita.jp/20101208/837780
http://imepita.jp/20101208/837490

957 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 01:03:32 ID:4OkGxbD3
サングラスをとった顔にワロタ

958 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 15:46:57 ID:q9n5xWd1
>>956
俺もおなじ系統だわ・・・眉毛いじらないから
眉は違うけど

959 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 18:44:08 ID:YG6XOADV
 被害板のアスペ共の言動を見てると思うよ、アスペは他人が困っていたり
病気だったりすると喜ぶ悪魔だって。

960 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 20:10:49 ID:X7yDR44v
じゃあメシウマとか言ってるやつらは全員アスペってことになるな

961 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 20:39:20 ID:YG6XOADV
じゃあ「人の不幸を喜ぶ悪魔」にしようか?

ほんと、あんたたちの真の才能は「揚げ足取り」でしょw

962 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 20:53:04 ID:9dwsYszg
それは人格障害じゃないかな。>人の不幸を喜ぶ
アスペは人の気持ちを理解するのが難しい障害だから
相手が困ってるとか不幸に感じているとかに気づいてないんだと思うよ。

963 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 21:02:55 ID:efOiMaTR
いやいや、何が不幸か、それを嗤うことが非難に値するか、そういうことをわかったうえで、
喜ばずにいられないのがアスペだよ。

まあ競争社会だから、落ち目の人を嗤うことが悪いとは言わんが、
自分の不幸に関しては嗤うな理解しろ支援しろ言ってるのはおかしい。

964 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 21:07:40 ID:efOiMaTR
ああ、すまんすまん。
人の気持ちを理解するのが難しいなら、不幸を嗤われる人の痛みもわかるはずないか。

965 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 21:14:07 ID:9yLuEKH9
でも、アスペって人が自分より劣っているところを見つけると大喜びするけどな
それが身内だろうと容赦ない

966 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 21:20:46 ID:efOiMaTR
謙遜して卑下してみせると、アスペはニッタニタして喜ぶよ。
額面どおりに受け取ってはいけないことはわかるようだが、喜びのニタニタを抑えられない感じ。

あと、人の瑕疵を知ると、のちのちに自分が不利になるたびに持ち出したり。

967 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 21:40:50 ID:YG6XOADV
 さて被害板にあの気違いなさが乗り込むというのでこっちに避難しようw。
 
 弱肉強食に毛が生えた程度の生き物だとこっちは思ってるよ。
 はたから見てると、あのにたにた笑いは精神病患者のそれにしか見えない、
といっとこう。

968 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 22:58:09 ID:YG6XOADV
 それにしても被害板のアスペを見ると「いかに弱者と決めているものを
支配するか」という感じのテーマに夢中で、嫌われ完全に無視されているのに
気がつけない、という所かなw。で、滔々と1人ごと。
 ほんと悪魔だわ。

 人を不快にさせても言い訳ばっかりで「ごめんなさい」が絶対出てこない。
 人の形をした、ただのたんぱく質の固まりだね。

969 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 23:03:17 ID:X7yDR44v
つまりアスペに生まれてきた奴を叩いて喜んでるあんたもアスペってことだね

970 :優しい名無しさん:2010/12/09(木) 23:34:03 ID:YG6XOADV
 お、きたきた。いつもの「追い詰められると開きなおり」。
 叩かれてもしょうがない事しか出来ない自分たちを恨めよ。
 
 

971 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 00:07:06 ID:ByINSAhh
アスペとサヴァンを併発することってある?

972 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 00:31:37 ID:6lgT3aPm
 また妙ちくりんな単語が出てきたな。
 アスペだのアスペ側も好きな言葉の一つっぽい人格障害だのって、医者の間
でも知名度は極端なんだよ。
 年配の医者ほど古いテキストで勉強してるから、「そんなのは知らん」って
平気で来るんだぜ、知ってた?

973 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 02:07:31 ID:484rkfGF
>>970
あの私アスペじゃないんですけど(^^;;

974 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 12:52:58 ID:6lgT3aPm
 その単発質問もどきパターンに見覚えがあるんだよ、それも被害板の
方でなw

975 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 15:19:05 ID:484rkfGF
被害板ってどこかすら知らないんですけど……。
したらばかどこかですか?

976 :優しい名無しさん:2010/12/10(金) 23:04:10 ID:OieyOtne
昨日は仲良く並んでたぞマターリと被害者が

977 :優しい名無しさん:2010/12/11(土) 14:50:56 ID:zSnGyoo/
自殺から生還した人っていますか?

978 :優しい名無しさん:2010/12/11(土) 18:03:52 ID:pAdUZdp2
>>977
オカ板で聞いてみるといいかも

979 :優しい名無しさん:2010/12/11(土) 20:12:36 ID:t60jEOu2
「3人以上と話すのが苦手」って素で自己分析のつもりで言ってた
アスペ具体例のトコに書いてあるの今日発見してビビった

ADHDっては言われてるけど
詳しいことわかってないから、これから調べてみる

買い物するつもりで店に行く→店休→パニクって泣くくらいへこむor異常に怒る
ってのも自分でおかしいと思ってたけど、病院に相談するべき?

980 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 05:07:14 ID:A6CiAXQA
ぼんやりとウェブサーフィンしてて
ウイキの「野生児」の項目を見ていたら、

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/野生児#.E9.87.8E.E7.94.9F.E5.85.90.E3.81.AE.E5.88.86.E9.A1.9E
> 野生児の分類
> 野生児には次の3種類がある
> (〜中略〜)「動物化した子ども」のカテゴリーはアマラとカマラを含め大半の話が
> 捏造である(実際は発達障害等のため捨てられた「孤独な子ども」を動物と結び
> つけた創作話)というのが定説となっている。

(関係ないけど、引用部分の「)」の位置は間違っていると思うんだけどどうかな?)

親がなじみと違う様子の、奇妙な子どもを持て余して養育意欲を失ったんだろう。
森に捨てられた子が幸運にも生き延びて発見される→野生児ということだったのか。

まあ、捨てられずに愛着も無しに親の責任感や義務感で育てられても二次障害。
生き延びるのは動作性優位で言語性優位のアスペなんか死ぬしかなかったかな。
今は人間社会にいる自分なのだから、今後を生き延びるためにもっと本を読む
ことにする。


981 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 05:19:06 ID:A6CiAXQA
まてよ自分、放置された留守番中、
炊飯器を勝手に開けて、ごはんつぶ散らして食べてたらしい、
山に捨てられても、ある程度は生き延びたかもしれない。

> 野生児の特徴
の項目を見ると、

> 野生児が発見・救出されたあとは、共通して痴愚的な状態となっている
> が、このことからもともと野生児たちは知的障害児あるいは自閉症児であり、
> だからこそ親に捨てられて野生化したのだと考える人もいる。実際に
> ディナ・サニチャーの事例などは先天的な白痴であったと考えられている。
> しかし、救出されたのちにほぼ完全に知的に回復した野生児の事例も存在
> するほか、「何人かの野生児は野生で生き延びるための手段・技能を自力で
> 開発しており、先天的な知的障害であればそういった知恵が働かなかった
> はず」という反論もある。

今は数度の乳幼児検診でスクリーニング。
子どもがダメでも捨て子しないように親は見張られている。

同じくらい変人で偏屈の親に育てられて、社会にでてもわけがわからず
二次障害なるくらいなら、山で猟師にでも拾われるほうが良かったかも
...なんてことは空想にすぎない。
が、山が今よりもっと豊かで、
山暮らしの知恵が途絶えていない昔なら自分は山向きだった気がする


982 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 05:20:58 ID:A6CiAXQA
>>980訂正
> 生き延びるのは動作性優位で言語性優位のアスペなんか死ぬしかなかったかな。
じゃなくて、
> 生き延びるのは動作性<言語性のアスペなんか死ぬしかなかったかな。



983 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 06:39:02 ID:A6CiAXQA
訂正のためとはいえこんな文↑をリピートで表示させて見てしまったorz 凹む。ごめんよ>ALL

984 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 18:23:44 ID:Sr2KYAkn
 今までも一応、何とか理解しようとはしてみた。
 だが、今まで実際に目の前に現れたのやら、なさ野郎やらかつてここで暴れていた
ふざけた糞コテ等見るにつけ、要は自閉をこっちが舐めていたっていう結論に
しかならない。

 今後は一切、アスペと判りしだい目の前から放逐する。ま、案外外見やら
顔付やらで何となく判るようにはなってきたがな。
 

985 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 19:11:21 ID:zr8tc7i5
ようやくストーキング行為をやめてくれるそうだ

986 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 21:37:56 ID:Sr2KYAkn
 それはこっちのセリフだ。アスペとの会話など、揚げ足取りでしか
ないな。そしてネットでも見捨てられる。

 そういえばリアルでストーカー行為をしてくれたアスペはこっちの
周りに過去二人いたぞ。いずれもキモさ爆発で、見るも不細工君だったがw
 

987 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 21:45:33 ID:oKsLnMnA
ブーメランだな

988 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 22:47:02 ID:Sr2KYAkn
 とにかく、人ごみの中でもあいつらは、「いかに自分のきもい面を
受け入れてくれる人はいないか」とかで頭が一杯みたいだなw
 いちいち後ろに向けるなよ。
 
 で、それでもまだ無視するとどんどんニタニタという感じの笑いを浮かべた
顔で平気で近づいて来たりする。ぶん殴っていいか?というのが本音だな。
 実際には逃げるけど。

989 :優しい名無しさん:2010/12/13(月) 23:58:40 ID:xCLEN4BO
>ニタニタという感じの笑い

それって、アスペというより統失なんじゃないの?
あと、アスペは他人に興味ないだろ
ストーキングするようなキチガイはアスペじゃないと思われ

990 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 00:18:58 ID:25NPjemz
アスペと等質の区別もつかない池沼でしょjk

991 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 00:30:01 ID:E2nElI3V
いやいや、アスペは場違いなところでニタニタするし、
決まった反応が得られそうと思えば、人相手にもアクション起こすでしょ。

そのアスペにとって、一方的にねめまわしても相手が無抵抗なのが「決まった反応」なんだろ。
睨み返されるのは想定外で、慌てるわけだ。

自閉にとって、他人はピタゴラスイッチ(からくりおもちゃ)みたいなもんらしいよ。

992 :偉大なnasA様:2010/12/14(火) 08:56:02 ID:Ohw5FEC2
おはよございます。このスレにも。

>>967
おらよ、こっちにも来てやったぜ。お前ら下僕犬がこちらにも来るのなら、こちらも監視&爆撃対象になるぜ。覚悟しとけや。


993 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 11:16:45 ID:5Dvxpa7b

きちんと 重心をとりながら、できるだけ裸足に近い状態で意識して 毎日歩く。
文明化により、歩かなくなり、靴を履くから、よけいにバランス感覚がわからなくなる。

アスペは毎日30分、裸足であるけば改善しないか?

奥村チヨ 終着駅
http://www.youtube.com/watch?v=SZr2BAF2VYo
発達にはわからない、陰湿ではないライトな孤独かなー。
発達がいると、逆に孤独があぶり出しにされ、陰湿な孤独を実感させられる。




994 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 19:08:41 ID:uIQnkZBM
ASサイト総合スレの代わりになるスレを立てたぞ。

「AS・自閉・発達障害関係サイトを見て語るスレ」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/mental/1292315602/



995 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 20:39:06 ID:wwpFpAlJ
認定されたアスペ、こちらが真剣に怒ったらニタニタしたんで「おちょくってる?」と聞いたら「そんなことはございません」を繰り返してたよ。なんかアスペには勝てないやと思った

996 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 20:48:31 ID:XF7U73EE
勝ち負けとか超越する話の通じなさだよ
馬鹿臭いので黙殺してる

997 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 20:56:56 ID:QgDhkiV+
自閉にとって、他人はピタゴラスイッチ(こわれたおもちゃ)みたいなもんらしいよ。


998 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 21:56:37 ID:v7X75ne9
診断テストってどのくらい信頼できるの?


999 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 22:08:16 ID:uzdWu2cA
999

1000 :優しい名無しさん:2010/12/14(火) 22:09:02 ID:uzdWu2cA
アスペは全員乞食になる(ゴミ拾い等)

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

404 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)