5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代ライダー主人公が兄弟だったら26

1 :名無しより愛をこめて:2011/09/03(土) 12:54:21.16 ID:Y+QndHQv0
・今までの仮面ライダー登場人物全員でほのぼの行こう!基本荒らしはスルー
・次スレは980か容量490で宣言して立ててください

・本郷猛(1号)が父
・2号〜RXは叔父、FIRST&NEXTは従兄弟、真・ZO・J・Gは親戚(?)
・平成ライダーは年齢順(翔太郎に関しては展開次第で変更の可能性あり)

 長男 ヒビキ(31)
 次男 雄介(25)
 三男(暫定) 翔太郎(不明)
 四男 真司(23)
 五男 一真(22)
 六男 翔一(21)
 七男 総司(21)
 八男 映司(21)
 九男 渡(20)
 十男 士 (20)
 十一男 巧(18)
 十二男 良太郎(18)
 (※十三男) フィリップ(17)

※フィリップは話によって兄弟ではなく翔太郎の相棒として扱う場合があります
 長女 雪菜(不明)
 次女 みのり(22)
 三女 愛理(22)
 四女 ひより(18)
 五女 小夜(15)
 六女 樹花(13)

 渡の実父 音也
 渡&太牙の実母 真夜
 渡の兄 太牙
 姪(愛理の娘) ハナ/コハナ

123 :他・力・本・願・?:2011/09/07(水) 19:59:41.38 ID:b5c010RU0
まとめ更新乙です!

>>118-122
バスケネタは弦太朗の設定を見た時から誰か書いてくれないかなーと思っていた!読みたかった!
フィリップが何気に弦太朗専用ツッコミになれそうな予感…?

…という事で自分は女子ネタ落とさせてもらうっす!
○○の会ネタ、敬称間違ってたら申し訳無い。



気だるい午後の『西洋洗濯舗 菊池』──。

「こんにちわー」
日本一不愛想なクリーニング店店員が顔を上げると、立っていたのは比奈と…。
「ちゃんと働いてる巧?」
コハナであった。
「見りゃわかんだろ。大忙しだよ」
「雑誌読んでる だ け にしか見えないけど?」
「……はいはい。つか洗濯物なら家出る時に渡してくれればいいだろ、わざわざ来なくたって」
「あ、そうじゃなくて今日は…」
比奈の言葉を遮るように店の奥から「お待たせーっ!」という声と共に、外出の準備をした真理が駆け出して来る。
「どっか行くのか」
「昨日言ったじゃない!新しい『会』を発足させるから、フォーゼくんとこのユウキちゃん誘いに行の!」
「へー『丸顔の会』でも作んのか」
その瞬間店内の空気が凍りついた。
「巧ぃ、あんた『ふんにゅー』されたいんだってね…」
「ま、真理っ!草加憑依はやめろっ!」
「自分が丸顔なのは知ってますから…別に嫌じゃないし…(みしみしみし)」
「比奈ちゃんも落ち着け!カウンターを床から毟るな!」
「あたし子供だから気にする必要なんて無いわよねっ☆(シュッ)」
「拳が空気を切り裂いてんだろコハナ!うおっ、風圧がっ!」

数分後、強く美しいヒロイン達はようやく怒りを鎮め、ユウキとの待ち合わせ場所へと出かけて行った。
「ったく寿命が縮んだぜ、ただでさえ少ないのに」
大きく安堵の息をついた巧はふと気づく。
「そういや、本当に何の会なのか聞くの忘れたな。あの3人とユウキって子に共通すると言えば…」

「そう、私たちは…」
『standing by』『タカ!トラ!バッタ!』『俺、参上!』
「『仮面ライダーを変身させた女子会』!!」
この時ユウキの目には、いつもの採石場にダイナマンもびっくりのド派手爆煙が立ち上る中
華麗にポーズを決める3人の美少女戦士が見えたという。
「わかりました!つまり『全てのライダーを変身させる女』を目指せばいいんですね!」
あれ?そういう話だっけ?
3人娘は思わず顔を見合わせる。しかし彼女の決意は固かった。
「弦ちゃんもお友達づくりがんばってるし!私もやります!全ライダー変身制覇してみせます!」
そう宣言する瞳は、天の川も霞むほどキラキラと輝いていた。

124 :他・力・本・願・? オマケ:2011/09/07(水) 20:00:35.87 ID:b5c010RU0
穏やかな夕方のライダーハウス──。

「翔一兄、あー……えっと、クッキーとか作んねえ?」
「たっくんからのリクエストは珍しいなー。なんでも作っちゃうよ」
「あ、そんな大したモンじゃなくていいんだけど…」
巧が口ごもると、映司が口を挟む。
「真理ちゃんに『丸顔』って言って怒らせちゃったんだって」
「るせぇよ映司兄」
「それでお菓子で懐柔しようって魂胆だ。よーし!お兄様が腕によりをかけて作ってあげよう!」
夕飯前に生地を作って寝かせておいて…などと独り言を言いながら、翔一はキッチンへと消える。
いつにも増して仏頂面の巧はテーブルに頬杖をついた。
「………別にいいじゃねえか丸顔」
「たっくん、俺がクスクシエで働き始めたばっかりの頃『丸顔の女に悪い奴はいない』って言ってくれたもんな」
「……うるせえよ」
「俺も好きだなあ丸顔。揚げまんじゅうに似てて」
「それは…口に出さない方がいいと思う」

その時、玄関の方から何やら「快挙!」と叫ぶ声と足音が聞こえて来た。
勢い良く巧と映司がいる部屋に飛び込んできたのは真司だ。
「どうしたの真司兄さん、随分嬉しそうだね」
「俺、顧問頼まれちゃった!」
バンっ!とテーブルの上に広げたカラフルなチラシの上には、
『仮面ライダーを変身させた女子会 入会案内』の文字と、名誉顧問の欄にしっかりと真司の名前が。
「ちゃーんと経歴だって書いてあるだろ」
「確かに…『2011年2月7日 第一回 ライダー無理矢理変身大会主催』って。これ俺がきっかけだったんだよね」
巧は頭を抱えた。
「これもしかして第二回開催フラグ…か…?」


映司が「たっくん」呼びなのは一応わざとです。
戦いが終わってリラックスした感じを出したかったっていうどうでもよいこだわり。
比奈ちゃんがアンクを誘う(映司を変身させた時は二人がかりだったから)シーンも考えてたんだけど、
霊体アンクが見える3Dメガネとかネタが脱線していったのでこれにてドロン。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)