5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴代ライダー主人公が兄弟だったら23

1 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:05:14 ID:hCCxsaBZ0
・今までの仮面ライダー登場人物全員でほのぼの行こう!基本荒らしはスルー
・次スレは980か容量490で宣言して立ててください

・本郷猛(1号)が父
・2号〜RXは叔父、FIRST&NEXTは従兄弟、真・ZO・J・Gは親戚(?)
・平成ライダーは年齢順(翔太郎に関しては展開次第で変更の可能性あり)

 長男    ヒビキ(31)
 次男    雄介(25)
 三男(暫定) 翔太郎(不明)
 四男    真司(23)
 五男    一真(22)
 六男    翔一(21)
 七男    総司(21)
 八男    映司(21)
 九男    渡(20)
 十男    士(20)
 十一男   巧 (18)
 十二男   良太郎(18)
 (※十三男) フィリップ(17)

※フィリップは話によって兄弟ではなく翔太郎の相棒として扱う場合があります

 長女 雪菜(不明)
 次女 みのり(22)
 三女 愛理(22
 四女 ひより(18)
 五女 小夜(15)
 六女 樹花(13)

 渡の実父    音也
 渡&太牙の実母 真夜
 渡の兄     太牙
 姪(愛理の娘) ハナ/コハナ

2 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:08:33 ID:hCCxsaBZ0
【前スレ】
歴代ライダー主人公が兄弟だったら23
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1288709931/

※必読※
【このスレのお約束】
・ともかく兄弟です、細かいことは考えない
・本編で死んだ人も生きています、細かいことは(ry
・呼称、血縁関係等は書き手に任せましょう。兄弟以外の人間関係についても同様です
 例:2号ライダー・ディケイドライダーを兄弟設定にするか他人設定にするか
 フィリップの扱い(兄弟、居候など)
・名字で呼ぶとややこしいため、兄弟達は下の名前で呼ばれることが多いです
・一つ一つのネタは独立しているので他のネタの設定はあまり気にせずにOK

【注意事項】
・兄弟が出ない話も大丈夫だけどあまり続くのはNG
・ライダー以外の作品コラボも同様
・ネタバレはほどほどに
・剣ライダーズをオンドゥル語でキャラ立てするのは止めましょう
・ゼクターやミラーモンスター達の擬人化は駄目(該当スレで)
・小説版、漫画版などの公式他メディア展開、ムック等の出版物で扱われた設定の使用は
 書き手の自由ですが、注意書きをお願いします
・中の人ネタはほどほどに。(出演番組ネタはともかくプライベートネタは避けた方が無難です)
・ネタの傾向を最初に書き込むと親切かも。

【外部サイト】
・過去スレ保管庫
 http://kyoudai.kusakage.com/
・うpろだ
 http://mrbro.from.tv/
・避難所(規制時などはこちらへ)
 http://jbbs.livedoor.jp/movie/9312/

3 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:14:41 ID:hCCxsaBZ0
【過去スレ】
【21】http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1288709931/
【20】http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1271484010/
【19】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1263296111/
【18】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1256013604/
【17】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1252449365/
【16】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1251026035/
【15】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1248544620/
【14】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1246178634/
【13】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1243511423/
【12】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1241190974/
【11】http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1238069538/
【10】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1234351005/
【9】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1231599470/
【8】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1223966109/
【7】http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1215952711/
【6】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1209913166/
【5】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1204288838/
【4】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1197295762/
【3】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1185289681/
【2】http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1166952481/
【1】http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1157728402/

4 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:17:49 ID:hCCxsaBZ0
容量落ちしてたので立てましたが>>2の前スレは22でした。
その他不備があったら申し訳ありません。
そしてテンプレ2は避難所の>15のものを使わせていただきましたが、
何かあれば避難所の方でお願いします。

5 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:21:57 ID:McTNeUEyO
さぁ、>>1への乙を数えろ!!

6 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:32:47 ID:IwG3a9vp0
おばあちゃんが言っていた…>>1乙だと

7 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:40:23 ID:iaaeMDRE0
通りすがりの>>1乙だ、覚えておけ!!

8 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:46:22 ID:P4LojEt2O
キバって>>1乙!

9 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 23:53:46 ID:k0NdHB10i
おのれ>>1


10 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 11:38:42 ID:wTurQdZW0
前スレに書き込めなかったので
前スレの>>870

スーパー1「ここは!」
ZX 「俺たちに!」
RX 「任せろ!」

この人たちにジャマー(ミサイルの軌道を変える機能)が付いてても、
驚かない驚けない。


11 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 12:01:02 ID:UORP4QaiP
こういうスレがあるのを初めて知った。
この兄弟達は同じ家に住んでるんだろうか?
その場合、家にはいったい何台のバイクがあるんだ?w

12 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 12:47:57 ID:69IRuvh+0
>>11
それは保管庫の過去スレ読めば大体分かるから
ぜひ読んで楽しんでくれると嬉しいな


次から避難所の転載します

13 :ライダーと欲望と助け合い1/9:2011/02/17(木) 12:49:11 ID:69IRuvh+0
真木「…とまあ、私の知っている研究者達はそれくらいですかね」
カザリ「へえ…結構面白そうだねえ…研究者なんてある意味欲望の塊みたいだよね……君みたいに」
真木「まあ、否定はしません」
カザリ「それじゃあこの中から面白いヤミーを生み出せそうな奴を選んでみるよ」
車から降りるカザリ
真木「それでは私はこれで…良い結果を期待していますよ」
そのまま走り去る車、その車内には何人かの研究者の資料があった
真木「さて、彼は彼を選んでくれるでしょうかねえ…仮面ライダーからヤミーが生まれるまたとないチャンスですから」



カザリ「橘朔也…仮面ライダーギャレンか…こいつのヤミーならオーズを倒せるかもね」
しばらくそこにいたカザリはセルメダルを取り出しニヤリと笑う




休日のクスクシエ今回はちょうどバレンタインデーフェアの真っ最中である
映司「一真兄さんいらっしゃーい!あと始さんや橘さんや睦月君も来てくれてありがとうね!」
一真「ふはっ!映司コスプレ気合い入ってるな〜後藤君も」
映司「あはは!そう?」
後藤「…どうも」
店長「あら〜映司君のお兄さんじゃない!いらっしゃい!そちらは御友達?」
睦月「あっはい!上条睦月です」
始「相川始だ」
橘「橘朔也、ギャレンです」
比奈「ギャレン?」
店長「あら、ひょっとしてアンク君みたいに外人さん?」
一真「あっいえ!違いますこれは!橘さん!」
橘「すまん、つい癖で…」
睦月「とっとにかく橘さんは日本人ですから!さっきの事は気にしないで下さい!」
始「………」

14 :ライダーと欲望と助け合い2/9:2011/02/17(木) 12:50:15 ID:69IRuvh+0
店長「あっそうだわ!はい、チョコどーぞ!」
比奈「どうぞ!手作りですよ」
一真「ウェッ!嬉しいな〜ありがとうございます」
映司「美味しいから味わって食べてね〜」
睦月「ありがとうございます!ほらっ橘さんと相川さんも」
始「分かった、貰おう」
橘「…」
睦月「橘さん?どうしたんですか?」
映司「味は保証しますから大丈夫ですよ〜」
橘「あっ…ああ、小夜子から貰うんだが…貰って大丈夫かと思ってな」
一真「何言ってるんですか橘さん!これは手作りですけど本命じゃありませんし!早く向こうに座りましょうよ!」
橘「そうだな…貰おう」
比奈「はい、どーぞ!」



映司「それじゃあ飲み物持ってくるから待っててね」
一真「ああ、始ここも結構美味しいんだぞ」
始「剣崎…ハカランダじゃ不満なのか?」
一真「えっ!?そっそんなわけないだろ!だからそんな睨むなよ」
始「…冗談だ」
一真「冗談に見えなかったし…」
始「まあお前は細長いからお前の兄弟の行く店を全部回って肉をつけた方が良いくらいかもな」
一真「ウェッ!?」
映司「あはは〜そんなに一度に行ったらお腹壊しちゃいますって!はい!オレンジジュースお待たせしました〜」
一真「おっありがとな映司」

15 :ライダーと欲望と助け合い3/9:2011/02/17(木) 12:51:22 ID:69IRuvh+0
睦月「それにしても変わったお店ですね、今度望美も連れて来ようかな」
橘「ああ」
そういいながら橘は映司達と談笑する一真を見ていた
それだけなら普通の事なのだがその顔は何か切羽詰まっている様な表情をしていた
睦月「…橘さん?あの、どうかしたんっ」ガタッ
橘「悪いな睦月、少し用事を思い出した」
そういって席を立ち店を出て行こうとする
睦月「ちょっと橘さん!待って下さい!」
一真「どうした睦月?あれっ橘さん?」
睦月「すいません剣崎さん!せっかく誘って頂いたのに…失礼します!」
そう早口に言って橘を追いかけていく睦月
店長「何かあったのかしら?」
一真・始「…………………」
アンク「…ふんっ、まあアレも立派な欲望の塊ではあるな」
カウンターの隅で発言した言葉を聞き逃さなかった映司は訝しげに聞いた
映司「アンク、それってどういう…」



睦月「あっ!いた!橘さん!どうしちゃったんですか!?橘さん!」
しばらく走って見つけた橘を追いかける睦月
橘は橋の手すりに寄り掛かって何かを考えている様子であった
橘「睦月…どうした?」
睦月「それを聞きたいのはこっちですよ、どうしたんですか?急に帰るだなんて」
橘「…………………………………」
睦月「…何か悩みでもあるんですか?俺じゃ頼りにならないかもしれないけど話しを聞く事なら」
橘「…睦月…悪いな、気をつかわせて」
睦月「いえ…それと、橘さんの悩みってやっぱりけん…」

16 :ライダーと欲望と助け合い4/9:2011/02/17(木) 12:52:27 ID:69IRuvh+0
「剣崎一真をジョーカーから人間に戻す方法、だよね」



橘・睦月「!?」
2人が振り返った先には帽子を被った少年が不気味に笑いながらこっちを見ていた
橘「…君はっ…!?」
一呼吸の間に一気に距離を詰める少年
そのどう見ても人間じゃない行動に身構えるのも遅く
カザリ「その欲望、解放しなよ」
橘「っ!」
カザリ「ふっ」
いざセルメダルが入れられようとしたその時
睦月「させるかっ!!」
カザリ「なっ!?」
橘「睦月!」
カザリに体当たりし橘から引き離す睦月、揉み合いになりながらも必死に睨みながら話す
睦月「お前っ映司さんが言ってた、グリードだな!?っ!橘さんに何する気だ!つっ!」
カザリ「何って、ヤミーを生み出す親になってもらうだけだよ。だから、君邪魔」
そう言うと一瞬で本来の姿に戻る
睦月「なっ!?」
カザリ「しばらく黙っててよ、ふんっ!」
睦月「うわっ!」
カザリに殴られた衝撃で手すりにぶつかって全身にダメージを受け倒れる睦月
睦月「うっ…あっ」
橘「睦月!」
睦月に駆け寄り無事を確かめる、傷はあまりないが
カザリ「それでしばらくは動けないでしょ」
睦月「…くっ!」
橘「貴様!!」
カザリを鋭い目で睨みつけギャレンバックルを取りだす橘だがそこにすかさず誘惑の言葉が入った

17 :ライダーと欲望と助け合い5/9:2011/02/17(木) 12:53:35 ID:69IRuvh+0
カザリ「君の欲望を解放したら、剣崎一真を人間に戻す方法が今よりもっと早く見つかるだろうね」
橘「っ!何!?」
カザリ「僕が君にセルメダルを入れたら…君の欲望は解放されて、今よりもっと研究の成果をだせるよ」
セルメダルを取りだしゆっくりと近づいてくる
睦月「橘さん…」
カザリ「最近研究行き詰ってるって聞いたよ?なんでだろうねえ」
橘「……………」
カザリ「君は一生懸命やってるのにねえ…さあ一体今の君には何が足りないんだろう」
橘「俺に…足りない物…」
カザリ「欲望だよ!もっと大きな欲望で剣崎一真を直すために研究しないと!」
睦月「橘さんっ…聞いちゃ駄目だっ…っぅ…」
橘「俺の、欲望」
カザリ「そう、僕が君にメダルを入れさえすれば欲望は解放され…研究がもっとはかどる…悪い話しじゃないでしょ?」
橘「…………………」
睦月「橘さん!!!」
カザリ「ふふっ」



ドシュドシュドシュ!
橘・睦月・カザリ「!?」



「うちの弟を勝手に誘惑してもらっちゃあ困るねえ!」

18 :ライダーと欲望と助け合い6/9:2011/02/17(木) 12:54:38 ID:69IRuvh+0
カザリ「お前は!バース!」
ミルク缶を背負い銃をカザリに向け不敵に歩いてくる伊達
橘「明兄さん!」
伊達「よっ!大丈夫か?上条ちゃんも」
睦月「あっ…はいっ…なんとか」
カザリ「邪魔しないでくれる?それに、君じゃ僕には勝てない」
伊達「やってみなきゃ分からないだろ、変身!」
カザリ「ふんっ返り討ちにしてあげるよ!はあっ!」
バシュンバシュン!
カザリ「何っ!?」
バース「おっ来たか!」


ディエンド「僕のお宝を傷つける奴は許さないよ!というわけで君のコアメダル盗ませて貰うよ!」
橘「大樹!」
ディエンド「通りすがりの仮面ライダー参上ってね!」
バース「これで2対1だな」
睦月「いえっ3対1です!変身!」Open up
傷つきながら立ち上がる睦月
バース「おっかっこいいじゃない上条ちゃん!」
レンゲル「俺も仮面ライダーですから!」
ディエンド「というわけで潔くコアメダルをよこしたまえ」
武器を構えカザリと対峙する3人だがカザリは余裕に満ちていた
カザリ「良いのかなあ…せっかく剣崎一真のために…」

19 :ライダーと欲望と助け合い7/9:2011/02/17(木) 12:56:08 ID:69IRuvh+0
「変身!!」Turn up


カザリ「何!?………へえ、せっかくのチャンスを棒に振っていいの?」
ギャレン「俺は、俺の力で剣崎を元に戻す!」
レンゲル「橘さん!」
カザリ「へえ…ただでさえ今行き詰ってるのに?」
ギャレン「俺一人だけではな…だが俺には共に進む仲間がいる!貴様の手は借りん!」
バース「よく言った!」
ディエンド「形勢逆転だね!」
ギャレン「はっ!」
バシュンバシュン!
カザリ「くっ…」
ドシュドシュ!
バース「大人しく観念しときな!」
ディエンド「そうそう!早くメダルを渡したまえ」
カザリ「ふんっ!どっちもごめんだよ…はあああっ!」
全身から衝撃波をだすカザリ、とっさに受け身をとるライダー達だが目を開けるともうカザリの姿はなかった



伊達「ちぇっ、逃げられたか…」
海東「あ〜あ、僕のお宝が…」
橘「大丈夫か睦月!?…すまない俺のせいで…」
睦月「平気ですよ、それより橘さんがあいつの誘いを断ってくれて嬉しいです」
橘「ああ、あれか…最初から断るつもりだったが」
睦月「そうなんですか!?じゃあなんで何も言わなかったんですか?」
橘「映司君のために何か情報を聞き出せないかと思ったが…俺には向いてないみたいだな」
海東「そういうのは今度からは僕に任せてくれよ兄さん」
伊達「まあ、そういうのは大樹の得意分野かもな!」

20 :ライダーと欲望と助け合い8/9:2011/02/17(木) 12:58:37 ID:69IRuvh+0

「橘さーーーーーん!!」



睦月「あ、剣崎さんと相川さん!」
向こうから走ってくる2人、少し遅れてきているが映司とアンクもいる
一真「良かった!2人共無事で!」
伊達「おう、どうした?」
映司「ああ、伊達さん!いやアンクが橘さんの欲望が〜って言ってたから心配になって」
始「…何かあったようだな…」
アンク「俺はほっとけと言ったんだ!ヤミーが出来るとセルメダルも増えるしな」
映司「アンク!」
橘「そうか、ありがとう皆」
一真「えっ?やだな〜なんですか改まって!俺達仲間じゃないですか!」
映司「そうですよ!ライダーは助け合いでしょ!」
橘「そうだな」
そうやって親交を深めながら仮面ライダー達の日常は過ぎていく

21 :ライダーと欲望と助け合い9/9:2011/02/17(木) 13:02:36 ID:69IRuvh+0
真木「それで、仮面ライダー達に囲まれてどうしようもなくなって帰って来たんですか」
堂々と悪びれもせず言う男の腕にある人形を無表情でたたき落とす
真木「あっ…あぜjんfはkfj;じゃあふあいjふぁふあはhd;おおいああ!」
カザリ「人聞きの悪い事言わないでくれる?ただあいつじゃヤミーを作っても意味無いと思っただけだよ」
必死に人形を腕に戻すと真木は何事も無かったかのように冷静になった
真木「今回はあなたの満足する人間ではなかったという事ですね。それでは次の」
カザリ「仮面ライダー」
真木「はい?」


カザリ「ある意味仮面ライダーが一番の欲望の塊だよね」
真木「まあある意味そうなんでしょうね…橘朔也はあなたの望む欲望の持ち主では無かったようですが」
カザリ「今度また仮面ライダーでためしてみるのも良いかなあ」
真木「御自由に。私も仮面ライダーから生まれるヤミーがどんな物かは興味があります」
カザリ「僕がコアメダルを全部集めたら…全部の仮面ライダー達の欲望を解放するのも面白いかもね」
セルメダルを取り出し不敵な笑みを浮かべるカザリ
その欲望は留まることを知らない

22 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 13:18:41 ID:nxV68QfvO
>>11
ようこそ兄弟スレへ!
兄弟姉妹は基本的に一つ屋根の下だよ。
バイクは多分良太郎と映司以外はみんな置いてあるはず。
(良太郎は自転車、映司のライドベンダーは専用車じゃないから)
個人的にはヒビキさんの車(不知火)も置いてあるイメージ。バイクだけだと姉妹が不便だしw

保管庫で過去スレ全部読めるので、ぜひ一度読んでみてほしい。
二次創作やネタを許容できるなら楽しめるはずです。

>>12
転載乙です。
非難所でも読んだけど、橘△
科学的な研究をしているという意味ではBOARDと鴻上研究所は似てる所あるね。

23 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 15:10:37 ID:wTurQdZW0
>>12転載乙。しかし、全ての…か…

昭和ライダーから生み出したら、むしろ敵が増えるだけのような…
ハッウェイローチの後輩誕生のお知らせ!?


24 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 15:41:46 ID:nm3fV9nOO
バッタヤミー?「絶対許さん!」

25 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 16:24:53 ID:bvRejQH10
イタチ!
チスイコウモリ!
オットセイ!!

>>1ぃ〜乙ぅ〜!

>>10
良叔父さんはパーフェクトサイボーグだからそれぐらい装備されててもおかしくないな。

26 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 21:38:32 ID:d03suJwm0
>>1乙!
>>12天才・・・転載乙!!橘△ww

27 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 06:51:11 ID:YULGWGtqO
橘さんの人間性を完全否定し、口汚く罵る作品がGJ言われるのが理解できない


28 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 08:23:45 ID:SUlVjvR10
>>27
前スレの話をこっちに来てまで蒸し返すなよ

と言いたいところだけど、まあ気持ちはちょっと分かる
橘さんって必要以上に馬鹿扱いされる事が多いような気はする
真司の描写にも多い事だけど、あんまり極端にされると
ファンとしてはやっぱり気分良くないわな

29 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 08:46:27 ID:ez76haNnO
>>22
ライダーハウスのガレージは圧巻だろうな…。
バイク好きな人は狂喜乱舞しそうだ。

30 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 08:50:36 ID:dZljRmRoO
>>27 に賛成。
第一、あの職人がなりふり構わずあんなつまんなくて無駄に長いクソネタを最後に投稿するから前スレの容量が溢れて、後味悪いまま終わったんじゃん。
内容も意味不明だし。なにが「日本語面白い」だよ。そんなもん他のスレで一人で叫んでろよ、ボケが。
何も考えずに書いたのはいいけど、周りの迷惑くらい気使えよバーカ!!
保管庫にコピーするとき、あのネタだけ削除しちゃえばいいよ。あんなカスみたいな話を後生大事に残す必要ないから。
つーか、あの職人消えろよ、ウザイ。ホントヤダ。死ねばいいのに。

31 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 09:33:35 ID:Gdrnl6Y/O
続きは避難所でやろうぜ

32 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 10:02:50 ID:+UXg7sZCQ
気に入らないならそのネタを上回る話を書けばいいじゃないか、大げさだなあ

33 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 11:52:41 ID:i9Li3wLW0
ギャレンマスタータチバナ 最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 

タチバナ「チクショオオオオ!くらえイサカ!バーニングザヨゴーーー!」
イサカ「さあ来いタチバナアア!実はオレは一回バーニングディバイトされただけで死ぬぞオオ!」
(ザン)
イサカ「グアアアア!こ このザ・モズクと呼ばれる四天王のイサカが…こんな小僧に…バ…バカなアアアアアア」
(ドドドドド)
イサカ「グアアアア」

アラナ「イサカがやられたようだな…」
アズミ「アーッハッハ!奴は四天王の中でも最弱!」
カナイ「人間ごときに負けるとはアンデッドの面汚しよ…」
タチバナ「この距離ならバリアは張れないな!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」

タチバナ「やった…ついに四天王を倒したぞ…これでケルベロスUのいるBOARD本部の扉が開かれる!!」
ケルベロスU「よく来たなギャレンマスタータチバナ…待っていたぞ…」
(ギイイイイイイ)
タチバナ「こ…ここが本部だったのか…!感じる…ケルベロスUの魔力を…」
ケルベロスU「タチバナよ…戦う前に一つ言っておくことがある お前は私を倒すのに『統制者の力』が必要だと思っているようだが…別になくても倒せる」
タチバナ「な 何だって!?」
ケルベロスU「そして烏丸はやせてきたので最寄りのチベットへ解放しておいた あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
タチバナ「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある このオレに生き別れた恋人がいるような気がしていたが別にそんなことはなかったぜ!」
ケルベロスU「そうか」
タチバナ「ウオオオいくぞオオオ!」
ケルベロスU「さあ来いタチバナ!」

タチバナの勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!

34 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 11:54:01 ID:i9Li3wLW0
巧「…………なんだこれは」
士「橘の一流さを伝えるマンガを描いてほしいと一真兄さんに頼まれたから描いた。大体合ってるだろ?」
良太郎「スピーディーな展開で斬新だね!」
一真「ありがとう士!これで橘さんの一流さを皆に伝えられるよ!」
真司「なんかどっかで見たことある内容だぞこれ…」
翔太郎「いいのか?これで本当にいいのか一真??」

35 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 12:32:21 ID:85cDlMjIO
ネタスレが寛容さを無くしたら終わりだと思うが

36 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 13:11:50 ID:CsHpIw/cO
寛容さというかスルーすればいいのでは


37 :皆幸せならそれでいいやん:2011/02/18(金) 14:31:12 ID:2JxhdDZD0
話はずれるけど

※ブレイドライダーは二人とも、後藤さんは遊びに来てます

朔也「後藤君、君は以前啓介に似ているという話題があったが」
後藤「はぁ…」啓介「それがどうかしたのか、朔也兄さん。」

朔也「・・・あの二人に勧誘されなかったのか?」

啓介「(あの二人…?)・・・ハッ!」
後藤「????」


矢車「・・・・・」
影山「兄貴、もう諦めようよ…」
浅倉「(ボリボリ)しかし、あの男は名護と比べて吹っ切れるのが早かったな…」←イナゴ食ってる
イナゴ女「(ボリボリ)・・・おいしい。」←トカゲ食ってる。


過去スレでは、キバ放送中に名護さん狙われてたよねって話。


手塚「もしもブレイドがカブトより遅かったら橘も誘われていたな。
   俺の占いは当たる。」
翔太郎「・・・それ、占いか?」



38 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 20:12:57 ID:85cDlMjIO
光太郎「後藤君がバースになれなかったのはゴルゴムの仕業だ!」
鳴滝「いいや、ディケイドのせいだ!おのれ……」
シュラウド「おのれ、左翔太郎……」
草加「それもこれも乾巧って奴のせいなんだ」
橘「ヤハリソウイウコトカ」
矢車「お前の瞳に」
影山「闇が見える」
後藤「気が散るんで帰って頂けませんか」

39 :1/3:2011/02/18(金) 20:35:10 ID:2HN53JvS0
超自己流解釈入ってます。
苦手な方、不快に感じられる方はスルーお願いします




結構混雑してる電車で帰宅。
今日も割といつもどおりの平凡な一日でした。
着替えて、夕飯食って、風呂入って、パソコンの電源を入れて。
とりあえず2ちゃんを開く。

いい年して、と言われると苦笑するしかないのだけれど、最初に開く板は、【特撮!】。
んでもって、真っ先にここを見る。<歴代ライダー主人公が兄弟だったら>。
昨日スレをを閉じてから今までに投稿された、職人さんたちの作品にほっこりしたり泣きそうになったり吹き出だしたり大笑いしたり。
たまーにおこる住人同士の諍いや、乱入してくる荒らしにはらはらしたり。

(さーて、今日新作あるかなー)
なんて思いながら今日もマウスに指を添えた時だった。

一瞬、頭がくらっとして目の前が光った。

「っ。……?」
思わず、ぎゅっとつぶってモニタからそらした目を開く。
そして、呆然とした。

「おわーっ!すっげ本当につながったーっ」
「いや、すっげじゃないだろ真兄!」
「たっくん落ち着いて。彼が驚いちゃうよ」
「あ、あの、翔一兄さん。驚くポイントは巧の声とは違うところなんじゃ…」
「…渡。お前の指摘もズレてると思うぞ…」
「ただいまー。…あれ?あ、そのひとがそうなの?うわあ、はじめまして!」
「雄介兄さん、お帰り。何度も言うが帰宅するときはちゃんと玄関から…」
「えーと総司兄さん、今はそれどころじゃ…」

なんだなんだなんだ。なにごとだ。
見覚えのない壁。見覚えのないソファ。見覚えのないテーブル。そして。
見覚えありまくりの顔、顔、顔。

40 :2/3:2011/02/18(金) 20:35:53 ID:2HN53JvS0
「…おい、大丈夫か?…ってんなわきゃねーか。ったくお前らなんつーことを…ってフィリップ!目輝かせてんじゃねえ!」
「面白い。翔太郎、これは興味深い結果だよ。アマダムをはじめデンライナー、光写真館」
「地球の本棚に、欲望の象徴のメダル、その他諸々を結合した結果、か…。大体わかった」

うん、わかった。大体。
頭の中で、相槌を返す。
大体わかった。ここがどこだか。
ついでに、彼らが何をしてたのかも。

いやでもしかし。一体どうしてこうなった!?

パニックっていうのはこういうことを言うのだろう。目を白黒させる、なんていい方があるけど今がまさにそれだ。
が、その混乱は、次の瞬間にすっとひいた。
「こんばんわ。ヒビキです」
ちょっと茶目っ気を感じさせる、でも落ち着いた声。
ずっと前には毎週テレビで見ていた、そして最近はいつも文章で読む、シュッっといいながらの敬礼。
…おいおい生でみてるよ、今。
あまりにありえないシチュエーションに、かえって緊張が解けてきたらしい。
「いきなり、驚かせてごめんね。本当ごめん。弟たちが、どうしても君に一目会いたいって」
そして、ヒビキさんはちょっと後ろを振り向いて弟たちに言った。

「みんなもちゃんと謝らないとね……<未来>か、<もしも>の世界の兄弟に」


41 :3/3:2011/02/18(金) 20:36:35 ID:2HN53JvS0
  
  俺たちね、いろーんな世界にたーくさん兄弟がいるんだよね
  でも、実際に兄弟として出会えるのは、そのなかのほんの少しだけ
  この世界、っていうか、この家はね、戦える力…ライダーに変身できる能力を持った人間の世界としか、つながらないんだ
  だけど、俺たちの力を合わせたら、戦う能力をもたない<兄弟>にも会えるんじゃないかって話になっちゃって
  止める間もなかったんだよね
  また会えるかもしれないしもう会えないかもしれない
  でも
  君にあえてうれしかったよ
   
  

我に返ると、自分の部屋にいた。モニタの前で、マウスに指を添えた姿勢のまま。
…<未来>か、<もしも>の世界の兄弟…?
いやちょっとまて夢か?いやあれは絶対夢じゃなかったぞいやいやそんなばかな
大混乱している自分の目に、スレの1が映った。

・今までの仮面ライダー登場人物全員でほのぼの行こう!基本荒らしはスルー

「……はは。そうだな。こいつらなら、こーゆーこともやってのけてもおかしかないかもな」
なんたって、今まで2千レス以上で色々やってくれてる兄弟なんだから
「いつでも会ってるよ。他の<もしも>の世界の兄弟たちもたくさん、会いに来てるから。これからもよろしく」

そうして、いつものようにレスを読み進んでいく。
職人さんたちの作品にほっこりしたり泣きそうになったり吹き出だしたり大笑いしたり。
いい年して、と言われると苦笑するしかないのだけれど、
やっぱりこのスレが好きだからね。

42 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 20:44:11 ID:8joeBGu/0
>>39
GJ!これは新鮮というか新しすぎる超解釈だねwww
でも面白かったよwww

今までの仮面ライダー登場人物全員でほのぼの行こう!基本荒らしはスルー

この文自分が3スレ目立てる時にただ立てるだけじゃ寂しいから入れてみたんだけど
こんな風にネタに使って貰うとは思わなかったよw

43 :皆幸せならそれでいいやん:2011/02/18(金) 22:37:26 ID:2JxhdDZD0
>>39
GJ!新しすぎるwww
てか>>42、あれ入れたのあなたかwww何気に古参ですね。GJ!

しかし、今日は猛父さんをTVで見れたし、ここでいいもの見れたしいい日だ…

真司「電波塔のってあー!オレター!」(トランプシャッフルしてた)
一真「道化師だよ!ってウェーイ!?」(そのトランプがラウズカードだった)
翔太郎「・・・・・」(↑二人を見て頭を抱えている。あとマジックできない。)

あの人に対抗してマジックの練習をしたけど絶対こうなった三人が見えた。
そして関係者でマジック合戦になるSSを考えたけど、2時間考えてもいつものしっちゃかめっちゃかにしかならなかった。

皆さん、明日もよい一日を!


44 :名無しより愛をこめて:2011/02/19(土) 02:09:40 ID:cA2tvA4SO
携帯から避難所を見ていたら
『ジョーカーに乗りたいなら』って見出でバイクショップの広告が出ていたので浮かんだ小ネタ。

翔太郎「…はぁっ!?おいおい、バイクに変身出来るのはジョーカーじゃなくて照井のアクセルだぜ…」
一真「俺も…っていうかブレイドもFFRされてもバイクじゃなくて剣だしなぁ。始がされても多分違う…よな?」
フィリップ「……いや、もしかしたら…可能性は……」
翔太郎「何ぶつぶつ言ってんだ?」
フィリップ「いいかい翔太郎。君がFFRされたのは僕と2人で1人のダブルの時だけだ。
君1人のジョーカーの時ならもしかして…」
翔太郎「…おい、相棒。まさか…」
フィリップ「そして一真兄さんもブレイドの時にFFRされた事はあっても、ジョーカーの時にされた事はなかった筈だ」
一真「ウェッ!?」
士「だいたいわかった。試してみる価値はありそうだな」(バックルとカードを取り出す)
翔太郎・一真「「ちょ、ちょっと待てー!!」」

逃げるライダー家のダブルジョーカーと、それを追いかける同悪魔2人。
それにより散らかったリビングを見た総司によって、屋内でのFFR禁止令が出されたとか出されなかったとか。

45 :名無しより愛をこめて:2011/02/19(土) 10:22:59 ID:XNdLND7QO
>>39
同じような思いは、大なり小なり住人共通で持ってると思う。
それをネタに昇華する超解釈もGJだし、初心に立ち返るような気分になったよ。

>>42
3スレ目というと、あの伝説のそうめん大会のスレですね。
自分は保管庫で後追いしたくちなんで、あのカオスをリアルタイムで体験していたのは羨ましいw

46 :名無しより愛をこめて:2011/02/19(土) 11:58:53 ID:HdGb/c9XO
もうすぐ雛祭りですね。
兄弟全員で、比奈を祭っていないといいけど。

47 :名無しより愛をこめて:2011/02/19(土) 13:05:04 ID:SmNDn/LWO
多分、クスクシエで知世子さんがやらせると思われ


48 :恋とはどんなものかしら1/3:2011/02/20(日) 17:41:06.55 ID:aSdL8Z0d0
映司「ああっ!優美さんなんて素敵なんだ!あんなに綺麗な人見たこと無い!!」



本日のオーズはライダーハウスに帰って来るなりこれであった
一真「…何だ、あれ?」
良太郎「どうやらヤミーにとりつかれた人に恋しちゃったみたい…なんだけど…」
翔一「へ〜映司って恋するとああなるんだな〜…でも…」
真司「変…だよな…いやあれが映司の恋愛の仕方なら謝るけどさ…」
総司「つまり、ヤミーの力のせいでああなったのかただ彼女そのものに惚れたのか分からないと」
渡「僕もあんな感じだったのかな…でも恋って苦しい物だけど良い物でもあるよ…」
士「女は化け者だからな」
翔太郎「おい、レディは等しく美しい者だぜ…なあフィリップ?」
フィリップ「恋…恋愛…特定の異性に特別の愛情をいだき、高揚した気分で、二人だけで一緒にいたい、
精神的な一体感を分かち合いたい、できるなら肉体的な一体感も得たいと願いながら…」
ヒビキ「フィーちゃんストップ!それ以上はちょっと駄目だよ!」
フィリップ「そうか…じゃあこっちか…特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような愛情をいだき
常に相手のことを思っては、二人だけでいたい二人だけの世界を分かち合いたいと願い
それがかなえられたと言っては喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身を置くこと」
ヒビキ「うん、そっちならいいねえ」

49 :恋とはどんなものかしら2/3:2011/02/20(日) 17:42:50.23 ID:aSdL8Z0d0
映司「ああ!優美さあああああああんんん!!!」


フィリップ「あれがまさしく恋愛状態と…」
一真「love」
総司「amour」
真司「ロマンス」
良太郎「いや、別に英語やフランス語で言わなくても…」
巧「…どうすんだアレ…」
ヒビキ「う〜ん…こういう時は…お茶でも飲んで落ち着こうか」
翔一「そうだね!じゃあ映司、お茶入れるからこっち来て〜」

映司「あっうん!…ああっでも優美さんの事が気になりすぎて何も手に着かないいいい〜」
翔太郎「重傷だな」


「愛で極度の重傷に成るなら俺は喜んで受け入れよう!」


渡「父さん!?来てたの!?」
音也「俺は愛が関わる処には何処にでも現れるぞ!何せ愛の伝道師紅音也様だからな!はっはっはっはっはっ!」
翔太郎「助っ人登場…なのか?」

50 :恋とはどんなものかしら3/3:2011/02/20(日) 17:43:39.53 ID:aSdL8Z0d0
音也はそわそわしている映司に目にも止まらぬ速さで近づくと歌うように語りだした
音也「映司…お前恋をしたようだな…どんな感じだ?」
映司「あっ音也さん…ええ、さっきから優美さんの事ばっかで他の事に手が付かなくてっ」
音也「それで良い!恥じる事じゃないむしろ素晴らしい!」
映司「そう、ですか?」
音也「ああ!すべての感情の最上級は愛だ!その恋を愛に変える事でお前は本物の男になる!」
映司「はい!頑張ります!!ああっ優美さあああああああんんん!!!」


巧「いいのか?あれで…」
渡「父さんなら映司兄さんの悩みに親身になって付きあってくれるよ!…ああいうの僕にはまだ無理だと思うし…」
士「俺に旅に出ろって言った時みたいに言ってみたらどうだ?」
渡「ええっ!?」
総司「なんにせよ!まあ見守るしかないな…」
良太郎「そうだね…じゃあお茶の用意でもしようか」
翔一「だね」

51 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 18:51:15.24 ID:21tEX2uy0
>>39
そうか自分もライダー兄弟の一員なんだ・・・とほっこりしたwwGJ!!
これからもほのぼので行こう!!

52 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 23:39:25.92 ID:R5G8IQ/AO
>>48-50
ぜんっぜんまとまってないwww
あの映司が恋とかどうなるかと思ったらアレだもんなあ。よくわからん…
お役に立てそうな兄弟もいないし、ここはおとーやんに頼って…いいのか?二人で帰ってこなそうw

ところでうちのラテ欄のサブタイトル、「オーズの恋」。

53 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 23:51:24.91 ID:OLRxIu6K0
>>48
音也で大丈夫・・・なのかな?しかし他にも見当たらん
あと、翔太郎兄さんもあの場にいたらKOされてそうだと思った・・・

>>52
スレチすまないが。
オーズのラテ欄サブタイはテキトーすぎるw
『オーズ無欲』とか『オーズ欲望』とかどの回でも間違ってないのばっかりだww

54 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 01:57:39.87 ID:H5t+CWBJO
既婚者・彼女持ちの多い2号家に相談した方がまだマシだと思う
……駄目だ、草加がいた

55 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 18:46:11.05 ID:gDL9Jm3+O
仮面ライダーGの吾郎がアップを始めました

56 :おいでよ ライダーの家。1/11:2011/02/21(月) 22:44:20.05 ID:oZ1KnOBx0

「おいでよ どうぶつの森」とは関連ありません。
季節はおかしいかもしれないが気にしないでほしい。
11スレ目の>>642、樹花の進路相談ネタをお借りしました。
オリジナルの一般人が出ますので、無理な方はスルーお願いします。
けっこう長い・・・です。

 ***************************

ある夜のライダーハウス。
末の妹の明るい声が響いています。

樹花「お兄ちゃんたち!今度うちのクラスで家庭訪問があるんだ〜!」
真司「へ〜懐かしいな、そういうの!」
一真「でも今、父さんたちいないけど、いいのか?」
樹花「うん、保護者代理でお兄ちゃんで大丈夫って言ってたよ!だからよろしくです!」
ヒビキ「長男として、父さんの代わりに頑張るよ!」(シュッ)
雄介「兄さんがいてくれれば安心だね。俺もしばらく日本にいるし、挨拶しよっかな〜」
総司「ヒビキ兄さんと雄介兄さんなら任せて心配ない。俺は美味い茶菓子でも振る舞うとするか」
翔一「俺も腕によりをかけちゃいます!」
映司「後でどんなだったか、話聞かせてね〜」
真司「俺もその日、取材だしな〜残念!」

翔太郎「樹花の担任教師って、どんなヤツなんだ?」
樹花「まだ若い先生だよ!背も高くってね〜みんなイケメン!って騒いでるの!」
総司「・・・ほう」(無表情)
巧「・・・総司兄、りんご剥くの後にしねぇ?刃先震えてるんだけど」
樹花「優しいし生徒思いだし、人気あるんだよ〜!」
総司「・・・なるほど」(無表情)
翔一「・・・総司、りんご芯まで剥いてるけど。次は指でも剥くの?」
士「ふうん?樹花はそのセンセイとやらがお気に入りなんだな」(ニヤリ)
樹花「うん、私は好きだな!ん〜家庭訪問、楽しみ〜♪」
総司「・・・・・・・・・・・・」(無表情)
ヒビキ「じゃその日は、シフト外してもらうようおやっさんに頼んどくよ」(果物ナイフをひょいと取り上げ)
樹花「は〜い!お兄ちゃん達、よろしくでっす!!」(部屋へ戻っていく)

樹花の姿が見えなくなり、沈黙の落ちるライダーハウスのリビング。
口火を切ったのは、当然、

総司「・・・さて。家庭訪問についてだが」
一同「・・・(キタ・・・!)」
総司「大事な樹花の学校生活に関わる、重要な行事だ。兄弟全員参加で臨むことを決定する」
真司「横暴だー!!取材あるって言ったじゃん!」
総司「樹花より優先せねばならない、緊急な取材と言うのなら考慮しよう。
   しかし、確か内容は『関西人は酢ダコを知らない!?東西食文化のトリビア!!』だろう」
真司「なんで知ってんの!?」
映司「あ〜酢ダコって関東のごちそうなんだよね〜」
フィリップ「亜樹ちゃんが驚いていたよ。真っ赤なタコなんて!!と」
渡「それより総司兄さんに驚こうか・・・」
良太郎「まぁ総司兄さんだしね・・・」


57 :おいでよ ライダーの家。2/11:2011/02/21(月) 22:45:55.28 ID:oZ1KnOBx0

総司「真司兄さんが、そこまで酢ダコを愛しているとは知らなかった・・・。
   今後兄さんの食事には、酢ダコを欠かさないよう心がけよう」
真司「・・・分かった分かりました!家庭訪問、喜んで参加させていただきます!!」
総司「当然だ。他に、樹花より優先したい用事のある者は?」
一同「・・・ありませーん・・・」
総司「では各自、当日までに持ち場の掃除・身の回りの整容・体調管理を怠らないように」

妹命の太陽の号令のもと、兄弟そろっての家庭訪問に挑戦です。


さて家庭訪問当日。
いつも以上に掃き清められた玄関に、若い男性教師の姿がありました。

樹花「先生、いらっしゃ〜い!どうぞどうぞ!」
教師「やあ天道さん。今日はよろし・・・く・・・?」
樹花「あ、うちのお兄ちゃんです!」
総司「・・・いつも、うちの樹花が、世話になっている・・・」(ジロリ)
教師「・・・はい・・・どうも・・・」(ビクビク)


玄関先で、さっそく(一方的に)勝負開始です。
先生は三和土に立ったまま。
総司は上がり框に立っているというのに、身長はほぼ同じに見えます。
無表情の総司の機嫌が下降していくのが、兄弟たちには手に取るように分かりました。
巻き添えはごめんだと、影からコッソリのぞいている兄弟たちは。

一真「あーホントに背高いなー、あの先生」
真司「一真が言うなっての。総司のヤツ気にしてるなぁコレは」
渡「そろそろ上がってもらわないと・・・」

ヒビキ「総ちゃんってば〜先生困ってるでしょ!さ、どうぞ〜!」(シュッ)
教師「(ホッ)あ、どうも。お父さんですか?海外でのお仕事からお戻りに?」
一同「・・・!!」
ヒビキ「・・・イエ長男の ヒ ビ キ です・・・」(うつむき)
教師「あ、どうもすみません!いや、あの、年の離れた妹さんですね〜!お、お邪魔します!」
樹花「ヒビキお兄ちゃん、すっごく頼れるんだよ〜!」
 
さて気を取り直し、先生の歓迎が始まりました。


58 :おいでよ ライダーの家。3/11:2011/02/21(月) 22:47:45.36 ID:oZ1KnOBx0

真司「花鶏オススメ、ダージリンティーとスコーン!香りがいいんですよ〜」
翔太郎「男はやっぱりハードボイルドにコーヒーだろ。ブラック以外は認めねぇ。
    ・・・相棒、それなんだ」
フィリップ「亜樹ちゃんお手製のたこ焼きだよ。コーヒーにも合うって言ってたけど?」
翔太郎「亜樹子――!!」
雄介「こないだ行ったモロッコのミントティー!ちょっとクセがあるけど、さっぱりするし体にいいですよ〜」
一真「ハカランダのオレンジジュースともずく茶、どっちがいいですか?」
映司「俺が働いてるお店、今チベットフェア中なんです!バターティー、あったまりますから!」
翔一「うちの畑でとれた、カモミールのフレッシュハーブティーです〜。
   こっちのクッキーにもハーブ入ってますから、ご一緒に!」
ヒビキ「はいどうぞ!いつもお世話になってる甘味処のお抹茶と、きびだんごです!」

巧「・・・兄貴達、ちょっと張り切りすぎじゃねぇ?」
良太郎「愛理姉さんから、特製健康ジュースも預かってるんだけど・・・」
士「大体わかった。昨日煮込んでいたゴーヤとにんにく、鷹の爪入りだな」
渡「先生のお腹が破壊されちゃうよ・・・」

兄弟「「「「「さ、先生どうぞ〜!!」」」」」

教師「・・・いえ、あの、お構いなく・・・」
総司「そうか、うちの茶が飲めないと言うんだな」(ギロリ)
教師「ご馳走になります!!(何だこの迫力・・・!)」
翔一「もう総司、先生を威嚇しちゃ駄目でしょ〜。ゆっくり味わってくださいね!」

大量のお茶とお茶菓子を、なんとかお腹におさめた先生でした。

先生「・・・ゲフ、大変美味しかったです・・・」
総司「当然だ」

ティータイムも一段落し、兄弟たちの紹介が始まります。

樹花「じゃあ、私の自慢のお兄ちゃん達を先生に紹介するね!まずはヒビキお兄ちゃん!」
ヒビキ「よろしく先生!猛士に所属してます・・・ん〜NPO法人ってとこかな」(シュッ)
教師「先程は失礼しました・・・。
   え〜、以前樹花さんが進路調査で、ボランティア活動と希望されていたのは、ヒビキさんの影響だとか?
   妹さんに尊敬されてらっしゃるんですね〜」
ヒビキ「いや〜嬉しいね〜」(テレテレ)
樹花「うん、お兄ちゃんが人助けしてるの、すごいと思うの!で、こっちが一真お兄ちゃん!」

一真「ウェッ?一真です!え、えっとーBOARD、じゃなくって・・・。
   じ、人類基盤史研究所ってとこで働いてます!」
教師「なるほど、人類史の研究をされてるんですか。樹花さんの学力向上にも、きっと貢献されてるんでしょうね〜」
一真「・・・(汗)」
一同「・・・(生温い笑み)」


59 :おいでよ ライダーの家。4/11:2011/02/21(月) 22:49:24.89 ID:oZ1KnOBx0

樹花「こっちが翔一お兄ちゃんと総司お兄ちゃん!お料理が得意なんだよ〜」
翔一「どうも〜翔一です。レストランオーナー兼シェフをしてます!」
総司「俺は天の道を行き、総てを司る男・・・」
教師「はぁ・・・(もう突っ込まないことにしよう・・・)」

樹花「こっちは雄介お兄ちゃん、映司お兄ちゃん、翔太郎お兄ちゃん!」
雄介「冒険家でーす!」
映司「フリーターでーす!」
翔太郎「ハードボイルド探偵だ」
教師「こ、個性的なご職業で・・・」

樹花「巧お兄ちゃん、良太郎お兄ちゃん、士お兄ちゃん!」
巧「・・・クリーニング店勤務」
良太郎「姉の喫茶店を手伝ってます」
士「世界を巡るカメ・・・ラマンだ」
教師「へぇ〜海外でもお仕事を・・・お若いのに、随分とご活躍されてるんですねぇ」

樹花「渡お兄ちゃん、真司お兄ちゃん、フィリップお兄ちゃん!」
渡「バイオリン職人です」
真司「ジャーナリスト!」
士「見習いだろう」
真司「ほっとけー!」
フィリップ「僕も探偵だよ」
教師「はぁ・・・(フィリップ?日本人だよなどう見ても)」

樹花「お姉ちゃん達は今日お留守なんだけど、お兄ちゃん達はこれで全員だよ!」
教師「に、にぎやかでいいね〜(いったい何人家族!?)」

自己紹介が終わったところで、先生の話が始まりました。
普段知らない樹花の学校での生活に、兄弟たちも興味津々です。

教師「樹花さんは友人も多く、授業も部活動もとても熱心です。成績も優秀で、いつも学年上位ですね。
   ご兄弟の影響でしょうか」(一真を見る)
一真「・・・(汗)」
一同「・・・(生温い笑み)」

教師「面倒見もよく、以前少し変わった御曹司が転校してきたときにも、仲良くしてくれていましたよ」
ヒビキ「あ〜剣くんだね〜」
総司「そんなこともあったな」


60 :おいでよ ライダーの家。5/11:2011/02/21(月) 22:51:18.24 ID:oZ1KnOBx0

教師「教室の花の水かえや、校庭の花壇の手入れも率先してしてくれているんですよ」
真司「へえ〜すごいな樹花!」
樹花「天の道を行き、樹と花を愛する少女、天道樹花!だもん♪」
教師「あと調理実習でも、すごく手際がいいと担当の教師も褒めていました。
   おうちでも、よくお手伝いされてるんですね」
翔一「はい、助かってますね〜!」
真司「うん、きっといいお嫁さんに・・・
   いやなんでもないです失言でしたすいません、だから睨まないで総司・・・!!」
教師「・・・あの・・・?」
雄介「お気になさらず、続けてください!」(サムズアップ)
教師「はぁ・・・えー今のところ、進路は進学と聞いています。
   現在の成績なら、県内の高校ならどこでも狙える学力だと思います。
   進学先についてはご家族でよく話し合って、樹花さんの相談に乗ってあげてください」
ヒビキ「わかりました!ありがとうございます先生!」

一部を除いて家庭訪問は和やかな雰囲気で進み、兄弟たちも胸を撫で下ろしました。
すると。

教師「ところでさっきから気になっていたんですが・・・アレはおもちゃですか?」

先生が指さした先には。

キバット「なんだ男かよ〜美人教師がよかったぜ!」(パタパタ)
バジン「PPPPPPPP」
カブトゼクター「ブーン・・・」(ホバリング中)
アカネタカ「パタパタタ・・・」(ゼクターと戯れ)
ガジェット達「シャーシャー!」(元気に活動中)
 
一同「・・・(しまった!!)」

明らかに一般家庭を逸脱する存在が、そのへんを飛んだり跳ねたり這いずったりしているリビング。
あまりにも生活に馴染みすぎていて、誰一人として違和感を覚えなかったため、いつも通り放置していました。

ヒビキ「えと・・・アレは、おもちゃっていうか?」
翔太郎「便利な道具っていうか?」
渡「大事な相棒っていうか?」
フィリップ「いくつかは僕が作ったものだよ」
教師「えっ君が?すごい!!手先が器用なんだねぇ」
一同「(よし注意がそれた!ナイスだフィリップ!!)」

と、安心したのもつかの間。


61 :おいでよ ライダーの家。6/11:2011/02/21(月) 22:52:31.78 ID:oZ1KnOBx0

教師「授業の一貫かい?工業高校とか、専門学校に通ってるのかな」
フィリップ「高校?行ってないよ」
一同「(しまった!!)」
教師「え、そうなの?」
フィリップ「ああ、記憶にある限り、小学校、中学校にも行っていない。監禁されていたからね」
一同「(ああああああああ!!)」
教師「!?・・・・・・ヒビキさん」
ヒビキ「(アチャー・・・)・・・はい?」
教師「見たところフィリップくんは健康体で、名前はともかく日本人のように見えますが」
ヒビキ「あーはい。とっても元気だし、日本人ですね・・・(データ人間ではあるけど)」
教師「では、学校に行っていない何か正当な理由があるんですか。監禁とは、穏やかではないですね」
ヒビキ「えっとー、それはですねぇ・・・」
翔太郎「待ってくれ先生!
フィリップは以前確かに監禁されていたが・・・今は、俺たちの大事な家族の一員だ」
フィリップ「何を当たり前のことを言っているんだい、翔太郎?」

不思議そうに首をかしげるフィリップ。
その様子からは監禁などという物騒な空気は感じられず、年相応の少年にしか見えません。

教師「・・・何か事情がおありのようですが・・・。
   こちらのご両親はどちらに?やはり一度お話をさせていただきたいのですが」
雄介「あー、父はほとんどを海外で過ごしてるんです、母も一緒に。大事な仕事をしてるもので・・・」
教師「そうですか・・・まだ中学生の娘さんもいらっしゃるのに・・・」
樹花「先生、私なら大丈夫だよ!
   だって、『そばにいないときは、もっとそばにいてくれる』から!
   お父さんは他の誰にもできない、大切なおつとめがあるんだもん」
総司「樹花・・・」
樹花「それに、お兄ちゃんやお姉ちゃん達もいてくれるから、淋しくないし。
   毎日とっても楽しいよ!」


62 :おいでよ ライダーの家。7/11:2011/02/21(月) 22:53:37.99 ID:oZ1KnOBx0

末の妹の明るい笑顔に、いつも励まされている兄弟たちも自然に笑顔を浮かべます。
その様子を目にして、強張っていた先生の表情も穏やかになってきました。

先生「・・・樹花さんは、とっても素敵なご家族がいるんだね」
樹花「でしょ〜!」

張り詰めた雰囲気が、もとの柔らかさを取り戻しつつあったその時。


バタン!!

アンク「チッ、1本しかないのか・・・」

勢いよくドアを開け、アンク登場。
当然現れたド派手な金髪に、先生はびっくりして固まってしまいます。

一同「(あああああああ!)」

棒アイスをくわえて、リビングを横切る姿を思わず目で追っていると、鳥の巣のような頭が振り返りました。

アンク「あ?何見てんだお前」
映司「コンビニ前のヤンキーみたいな台詞禁止ー!」
アンク「おい映司、押すな!」

八男が相棒を無理やり退場させましたが、微妙な空気までは退場してくれませんでした。

教師「・・・」
一同「・・・(汗)」
翔一「・・・えっとー、今のはですねー」

何とか空気を修復しようと、六男が奮闘します。
が。

すっと奥の襖が開き、整った顔立ちの黒い服を着た青年が登場しました。

真司「あ、神様」
神様「・・・お取り込み中のようですね、失礼」(ぺこり)

ぱたん。

教師「・・・神様?」
一同「・・・(大汗)」

うららかな小春日和のリビング。
春の日差しでも太刀打ちできない、冷えた空気が流れています。

総司「・・・今のは、だな」

可愛い妹のため、七男も普段はしないフォローに挑戦です。
が。


63 :おいでよ ライダーの家。8/11:2011/02/21(月) 22:54:52.18 ID:oZ1KnOBx0

カリカリカリ・・・。
不思議な音に振り返ってみると、窓ガラスに怪しい人影が。

矢車「いいよなぁ・・・お前は・・・」
影山「兄貴・・・俺もあったかいお茶とお菓子をご馳走されたいよ・・・」
矢車「相棒・・・光を求めるな・・・」

窓ガラスにへばり付き、爪で引っ掻いている肩袖のない黒い服の男2人。
あまりにもあまりな光景に、見慣れた兄弟たちも言葉が出ません。

一瞬のフリーズのあと、生身でクロックアップしたかの如き瞬発力で、総司が地獄兄弟を蹴散らします。
しかし、しっかり目に焼き付いてしまったようで、先生もフリーズしてしまいました。

教師「・・・」
一同「・・・(滝汗)」
一真「・・・あ、あのですね!今のはというと!」

運命にも負けたくない五男、必死に現状を打破しようと試みます。
が。

橘「コレ食ってもいいかな?」
良太郎「いいです、いいですから!早く帰ってー!!」
士「前から思っていたが、破壊者の名はコイツのほうが相応しいんじゃないか」
巧「今どうでもいいこと言ってんじゃねぇ!!」

突如として現れ、怒涛の勢いでお茶菓子を平らげ、疾風の如く去っていく人物。
破壊者の襲名も、そう遠くないでしょう。

教師「・・・」
一同「・・・(超汗)」

口をモッグモグさせながら退場した二代目破壊者(仮)。
その後ろ姿を見送りながら、兄弟たちがこの空気をどうしようか必死で考えたその時。


64 :おいでよ ライダーの家。9/11:2011/02/21(月) 22:56:07.88 ID:oZ1KnOBx0

ド ン !!

空気を震わせる轟音。
次に家を襲った小さくはない衝撃に、先生が倒れそうになりました。

先生「うわっ何だ!?」

すると。

ヒビキ「おっと先生、大丈夫?」

いつの間にか、頼れる長男が先生の背後に回り、支えています。
驚いて周りを見回すと、素早く立ちあがった雄介、翔太郎、真司、一真、映司。
お茶がこぼれないよう、ティーポットを掲げた翔一。
微動だにせず、静かに感覚を研ぎ澄ませる総司。
どんな音も聞き逃さないよう、耳を澄ませている渡。
不敵な笑みを浮かべる士。
樹花をかばうように、身構えている良太郎。
衝撃で棚から良太郎の頭上に落ちてきた、フォトフレームをキャッチしている巧。
立て膝で油断なく気配をうかがっているフィリップ。

すっと目配せをし誰にも怪我がないことを確認すると、一言も交わさないまま、一斉に兄弟たちは走り出します。

教師「えっえっ?みなさん!?いま外に出ると危ないかも・・・!!」
樹花「先生、大丈夫!お兄ちゃんたちなら」

こんな状況でも、絶対の信頼を浮かべた笑顔を見せる樹花。
その視線を辿ると、庭に走り出た兄弟たちが、先程までとは違う表情で佇んでいました。
そして―


「「「「「「「「「「「「「  変身!! 」」」」」」」」」」」」」


張り詰めた空気を震わせる、声。
驚きに見開いた目の前で、戦士の姿へと変わる兄弟たち。

教師「・・・そんな、まさか・・・仮面ライダー・・・!?」


65 :おいでよ ライダーの家。10/11:2011/02/21(月) 22:57:41.76 ID:oZ1KnOBx0

その叫びが切欠となったかのように、襲いかかる異形の怪物たちとの戦いが始まります。
恐ろしくて仕方ないはずなのに、なぜか。
隣で見守る少女のように、ここが世界で一番安全な場所だと信じられました。

そして、

OOO「セイヤ――――――――!!」

一際響く声と爆音を最後に、戦いは終結したようです。
変身を解き、家に戻ってきた兄弟たちを樹花と一緒に出迎えました。

教師「・・・みなさん・・・」
ヒビキ「あ〜先生、おどかしちゃってすみません!」
雄介「これがうちの日常なんですよ〜」
翔太郎「ま、ハードボイルドな男の生き様ってヤツだな」
フィリップ「ハーフ、の間違いだろう?」
真司「あ〜喉かわいた!総司〜お茶!!」
一真「俺も俺も!!」
翔一「さて、も一度お茶の時間にしますか!」
総司「まったく・・・」
映司「さっきはありがとね〜手伝ってくれて」
士「俺は俺のやりたいように動いただけだがな」
渡「もう!兄弟も助け合い、でしょ?」
巧「おい良太郎、頭コブできてんぞ」
良太郎「あ、コレ転んだだけだから大丈夫」
樹花「お兄ちゃん達、お疲れさま!!」

2度目のお茶会で暖まった空気の中、先生が語り始めました。

教師「・・・実は、僕は以前にも仮面ライダーに助けてもらったことがあるんです」
一真「ウェ?!誰に?いつ?」
教師「あれは僕が学生の頃・・・人生に疲れて・・・。
   教師になるか、ショッカーに入るか迷っていたときに・・・」
巧「オイその2択おかしいだろ!」
教師「1号と名乗るライダーの戦う姿を見たんです」
   人を守り、悪と戦うその姿を見て、僕も教師の夢を諦めずに追うことができました」
士「なるほど、大体わかった・・・父さんか」
雄介「さすが父さん。悪と戦うだけじゃなくて、人の中にある正義の心を守ってるんだな・・・」
教師「まさかあの時の仮面ライダーが、あなた達のお父さんだったなんて!」
ヒビキ「これもご縁ってやつだね〜」
教師「僕の進むべき道を示してくれたあの背中に、本当に感謝しています。
   いつか僕もあの人のように、迷う誰かの背を押してあげられる教師になってみせます!」
総司「おばあちゃんは言っていた・・・人は何かを目指したその時から、その望みに一歩近づいているのだと」
教師「・・・ありがとう、お兄さん・・・」

総司の言葉に、先生は感激の面持ちで感謝を告げました。
しかし。


66 :おいでよ ライダーの家。11/11:2011/02/21(月) 22:59:25.89 ID:oZ1KnOBx0

総司「・・・『お兄さん』だと・・・!?貴様、やはり目的はそれか!!」(ゼクターすちゃっ)
巧「落ち着け総司兄!そんなワケねぇだろ!!」
翔太郎「感動ぶち壊しだろーが!」
総司「俺達を兄と呼びたいと言うのなら、覚悟を決めてもらおうか・・・」
渡「意味が違うからー!!」
良太郎「兄さんこの人は桜井さんじゃないからー!!」

兄弟の中でも(比較的)ツッコミ属性の面子が奮闘している間に、

翔一「じゃ先生、今のうちに裏口へどうぞ〜」
フィリップ「検索の結果、ここが一番安全な脱出ルートだね」
雄介「窓からは、慣れてない人にはちょっと危ないしね〜」
映司「総司はああなると、視野が狭くなっちゃうからな〜」

ちゃっかり属性(?)の面子が先生を誘導します。

ヒビキ「先生、これからも樹花のこと、よろしくお願いします!」(シュッ)
教師「はい。ではお父さんにも、どうかよろしく伝えてください」

無事に先生を見送ったあと。

一真「父さんはやっぱ一流だよな!まだまだ敵わないや〜」
真司「はは、でも俺たちも、そんな父さんの血を引いてるんだからな!な、士?」
士「・・・覚えておく」

こうして、樹花の家庭訪問は波乱の内に幕を閉じたのでした。



おまけ。

その頃、ディケイド家では。

マユ「今度、家庭訪問があるんだけど・・・」
DCD家一同「!!」
ローチ「お前たちの家族愛はどうした?」



***************************


一般人から見た兄弟を書いてみた。
普通に考えると怪しさ爆発ということがよくわかった。
DCD家はさらに怪しすぎることもよくわかった。
中年オヤジに少年王、ローチさんまで家族って・・・。
あと変身シーン、映司だけアンクがいないと変身できないんだったorz
メダル預かってたことにしといてください。


67 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 23:17:08.60 ID:bFBy84/o0
>>56-66
GJすぎる上にツッコミが追いつかない・・・!!とりあえず、
>士「世界を巡るカメ・・・ラマンだ」
間違ってはないw
アンクはいつのまにか庭の樹の上に控えてたとしても驚かないぜ

68 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 23:18:02.74 ID:iCaQFL2y0
>>56-66
GJ! 面白かった。

確かにライダー家、普通の人からすると怪しさ爆発w
しかし先生、教師とショッカーってものすごい極端な進路だなw

69 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 23:37:18.37 ID:E9n6HsDJ0
>>56-66
GJ!
>明らかに一般家庭を逸脱する存在が、そのへんを飛んだり跳ねたり這いずったりしているリビング。

そーだよな。と、妙に納得しつつ、
イマジンズは出てこないよう、先に手を打っていたんですよねw

70 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 23:48:03.53 ID:MIPNSw9s0
>>56-66
GJ!ライダーハウスの周り変なの居すぎwwwww
っていうか神様は何しに出てきたんだwww


悪と戦うだけじゃなくて、人の中にある正義の心を守ってるんだな
この台詞良いねえ

71 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 01:14:10.29 ID:35q2QEVlO
>>56-66GJ!
先生おつかれっしたww

家庭訪問と聞いてリアルなパパママ組がアップを始めなくて良かったなー
真夜さんおとーやんあたりは「お若いですね」で済むかもしれんが、シュラウドさんなんてフォローしようがないよ…

72 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 07:42:13.07 ID:E7kufmk/O
>>56-66
GJ!
>士「世界を巡るカメ・・・ラマンだ」
ごめん士、一瞬世界を巡る亀を連想しちゃったよごめんwww
てかヒビキ兄お父さん扱いwww

73 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 16:04:57.71 ID:g6C68M+y0
>>GJ!
しかし、おじさん方まで出ばったら、より一層凄いことに…
まぁもうちょっと年上の先生だったら、大歓喜の嵐だろうけどwww

タケシ「家庭訪問…かぁ…」
↑過去スレでタクミの学校に就任してた人

ハヤト「むしろお前じゃないとあの家の家庭訪問は務まらん。」


74 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 17:12:50.17 ID:6G4/WEgNO
>>73
> しかし、おじさん方まで出ばったら、より一層凄いことに…
兄弟たち、とくに上のほうの兄弟は
家庭訪問のときおじさんたち意味もなく全員臨席とかしてそうw

先生はさぞかし怖かったろう

75 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 17:20:07.85 ID:B+rRyOxR0
>>56-66
爆笑しまくったwwwGJ!
怒涛のお客さんラッシュとフォローしようとする兄弟たちの所が特に好きだ

>窓ガラスにへばり付き、爪で引っ掻いている肩袖のない黒い服の男2人。
どう見てもホラーです、本当にry

76 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 19:33:41.78 ID:6N8Me7kb0
今日はおでんの日らしいね
2号家では伊達さんがはりきっておでんを作ってるんだろうなあ


あと避難所から転載します

77 :替え歌ネタ「Give a reason」まえがき :2011/02/22(火) 19:34:25.94 ID:6N8Me7kb0
携帯より。このスレには初めて投稿するんでかなり緊張……
数ある替え歌ネタに憧れて、俺も好きな曲でやってみた。所々語呂が悪かったり、センスが悪かったりするかもしれないので先に謝っておく。すまない。
そういうネタが苦手な方はスルー及びNGで。大丈夫なら少々お付き合い下さい。
原曲などの検索は名前欄を見ればきっと解る……と思う。

78 :Give a reason:2011/02/22(火) 19:35:32.56 ID:6N8Me7kb0
騒々しい 魔化魍の群れが
走り抜ける 森はジャングル
かわるがわる 未確認のニュース
明日になれば また誰かが泣くだろう
切り札になれ 風都の札に
街の涙 二人で拭い
止めるために 抜け出すために
この身体を 投げ出してもいいさ

きっとどこかに「答」ある 不死身になった答が
俺はただ、それを求め
やるせない のがせない 未来(あす)に向かおう

記憶がないのは恐くない だけどけして楽じゃない
ただ、何も解らないままで 悩んだりはしないように
Clock up! up! 走り出したら 誰にも止められはしない
天の道を往こう FULL FORCE to my sword 変わらずに

計り知れない 大きなヤミーが
人を襲い 向かってきても
音があれば あなたがいれば
心にある 戸惑いは消せる
もっとカメンライドをして 滅んでゆく世界を……
救うという思い、それが
何よりも 大切な 俺の証明

ゴールにもたれたりするな たとえ十秒過ぎたって
新しい夢が誰かに 狙われたりする前に
Double-Action! こぼれ落ちる砂 誰にも止められはしない
未来の君たちを Real-Action for you 信じたい

きっとどこかに「答」ある この事件の答が
僕はただ、それを求め
脳の中 本の中 探し続ける

傷つく事は恐くない そうだけして弱くない
ただ、何もしないままで 悔やんだりはしたくない
Here we go! go! 走り続ける 誰にも止められはしない
未来の自分へと Give a reason for life 届けたい

79 :Give a reasonあとがき :2011/02/22(火) 19:36:15.82 ID:6N8Me7kb0
長めの蛇足。
兄弟+フィリップで大体二行か三行になるようにしてある。年齢順に並べてみたけど、なんか無理矢理だ。慣れない事はするもんじゃないぜ……
映司のところなんて投げやり感パネェ。原曲聞いてもらえれば解るけど、闇とヤミーを引っかけただけだったりする。
うん、とりあえず難しかった。特に英語部分。兄弟の主題歌からタイトルとか拝借しちゃったしな……
原曲のままならそのまま良太郎にハマるんじゃないかな、と個人的には思ってる。
替え歌ネタの先人に敬意を表して、名無しに戻らせてもらうよ。
本スレへの代理投稿は任意で。

80 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 19:40:59.79 ID:6N8Me7kb0
転載終了
>>77
初投稿GJ!
原曲聞きながら読んだけど良かったよ〜

アニメはそんなに知らないけどタツロットとトップゲイラーの人が出てんだな

81 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 20:12:56.50 ID:d9WmYA3S0
『兄弟スレ』でやる必要性を全く感じないんだが

82 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 21:33:44.50 ID:t/xijM/W0
うん…
替え歌って、スレの主旨と微妙に違くないか?

83 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 21:58:27.46 ID:6N8Me7kb0
>>81-82
そう、過去スレでも替え歌あったから良いと思ったんだけど
じゃあ今度から気をつけるよ、指摘ありがとう

84 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 22:28:14.23 ID:AyccI8XQO
大雪の翌日を振り返って

良太郎「あの雪からもう一週間か。」
翔一「早いねえ。あっというまに爺ちゃんになっちゃう。というわけでジンジャーティー。」
良太郎「ありがと。」
真司「俺にもちょうだい。そういや、地デジテレビ、翌日映らなくて焦ったなあ。」
一真「そうだったな。アンクがモモタロスやフィリップが地道に直してくれて、三時間後にはバッチリだった。」
真司「で、原因が大雪によるケーブル外れだけだったわけで。」
良太郎「大げさに騒ぎすぎたね。特に真司兄さん。」
真司「直ったからよしとしよう!ところで、ケーブル直した三人は?」
翔一「お風呂だよ。二号家で氷川さんが壊した洗濯機、修理してきたんだって。」
三人「二号家にも必要だったのか・・・。」

85 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 23:05:32.21 ID:Mp+HvrKkO
あくまでもここは『歴代ライダー主人公が兄弟だったら』スレだからなぁ…
普通のネタと比べると、替え歌は元歌を知ってるかどうかで面白さが変わるから見る人を選ぶし、
替え歌に限らなくとも、パロディだとこのスレの趣旨である『兄弟』分が抜けがちになるんだよね。
かといって
「大きなのっぽの古時計〜♪ 仮面ライダーきょうだーい♪」
みたいに脈絡なく兄弟言われても、それはそれで困るけどw

とりあえず、替え歌と言っても(以下、蛙の歌のメロディで)
「今日もみんなで♪ ほのぼのいこう♪ お・れ・た・ち 仮面ライダー兄弟♪」
くらいしか思いつかない自分としては…



大きなのっぽの古時計、と入力した直後に
柱時計(振り子付き)の着ぐるみを着た一真が浮かんで、吹いた後少し切なくなった

86 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 23:30:37.05 ID:E7kufmk/O
例えば流れの中でネタの一つを替え歌にしてみた、とか
兄弟が映画とったらネタ→主題歌作ってみた、とかならまだ分かるんだけど
脈略なくぽんっと兄弟要素なしの替え歌投下されるとスレチだなと思うんだよね
過去の替え歌って内容的にネタの一環になってたはず

87 :春と冒険 1/4:2011/02/22(火) 23:37:49.64 ID:xjY6i2yy0
長文投稿などなどへGJしたり流れ切らせてもらったりして、
2月の内に上げておきたかったネタを投下させてもらいます!



ある暖かい日のこと。
兄弟のほとんどがそうであるように身の軽い映司が、ふと屋根の上へ顔を出しました。
「やっぱりここにいたんだ」
そう声をかけられて顔を上げたのは、昼寝をしていた雄介です。
「映司?どうしたの、何か用?」
「ううん、別に用はないんだけど、珍しく家にいるって聞いたから、何してるのかなと思って」
「そっか。
 俺は昼寝してたところだよ。ほら、今日はあったかいし、空もすっごく青いから」
「うん、ほんといい天気だよね」
折角だから、と映司も屋根へ横になって、しばらくは兄弟二人でひなたぼっこを楽しんでいましたが、
青い空に飛行機が一機、二機と通りすがり、三機目が白く長い飛行機雲を描いた頃、
いやな予感を抱えていた映司の隣でむくりと雄介が起きあがりました。
つまり、予感的中したのでした。
「…あのさ雄介兄さ」
「ごめん映司、俺ちょっと行ってくるね!」
「あ、ちょっと!」
呼び止めた時にはもう遅く、雄介はぎりぎりまで屋根を滑り降りると、
そのまま器用に体を反転させて、自分の部屋の窓へ戻っていってしまいました。
残された映司は頭を掻きながらため息をつきました。
「バカめ。何をやってる」
「アンク!お前見てたなら止めろって!」
「俺には関係ない」
「あーあ、総司怒るだろうなあ…今日はマムシ汁と鶏の姿焼きかなあ…」
「!?」
そんな風にぼやきながら、映司も窓から家の中へ戻っていきました。


88 :春と冒険 2/4:2011/02/22(火) 23:40:12.94 ID:xjY6i2yy0
部屋に戻った雄介は、いつも置きっぱなしにしてある汚れたバックパックの中を覗き
パスポートと少しのお金、それに何日分かの着替え(特にパンツ)が入っているのを確認すると
それを担いで廊下へ飛び出していきました。
二階の廊下を駆け抜ける間、心はすでに南国の青い空の下です。
しかし階段を駆け下り玄関へ向かうと、そこには
「あれ、総司?」
が、もんのすごい顔で立ちはだかっていました。
後ろには呆れ顔で大根を抱えた翔一と、ごめん!と言うように手を合わせた映司もいます。
「どこへ行く、雄介兄さん」
「え?いや、ちょっと出かけてこよっかなーって」
「どこへだ」
「うーん、まだ決めてないけど」
「いつ帰ってくる」
「えーとー…そうだなー…」
「すべて決まったらこの紙に記入して、帰りのチケットのコピーと一緒に
 俺に提出してもらおう。話はそれからだ」
「ええー?えーと総司?どうしたの急に?」
「とりあえず中へ戻ってもらおうか」
「…あのさあ総司…」 「総司やっぱこういうのは…」
三つ子の仲間たちが止めに入り、総司が苛立たしげに振り返ったその時、
ちょうどドアが開いて長男のヒビキが顔を出しました。
「ただいまー!おっ、どうしたのこんなところでみんな揃って」
「ヒビキ兄さん、おかえりー」
「ちょうどいい、ヒビキ兄さんからも言ってくれ」
「ん?なにを?」
しかし総司が説明する前に、ヒビキは総司の持っている紙へ目をつけて
目の高さまで持ち上げました。
そしてひとしきりその紙を読むと、なるほどというように何度かうなずいて、
眉をハの字にして笑っている雄介へ言いました。
「雄介、ちょっとおいで」


89 :春と冒険 3/4:2011/02/22(火) 23:42:16.83 ID:xjY6i2yy0
「雄介はさ、来月何があるか知ってる?」
自分の部屋へ雄介を連れてくると、ヒビキは雄介へそう尋ねました。
「三月?えーと、ひな祭りがあって、ホワイトデーがあって、あとは…
 あ、お花見があるかな?父さんたちから連絡があれば」
「いやいや、一個抜けてるでしょ、それじゃ」
「え?何が?」
「雄介の日がさ」
「俺の日?」
そう言われてから少し考え、ようやく雄介は思い出しました。
ホワイトデーの次の次の次の次の日は…3月18日。
「そっか!俺の誕生日だ!」
「そうそう、忘れちゃだめでしょ、大事な日なんだから」
「いやー、完っ全に忘れてたなー。
 そっか、三人とも俺の誕生日を祝おうとしてくれてたのかー…」
「あ、でもみんなには言わないでおいてね。驚かそうとしてるみたいだから」
「うん。…だけどみんな、俺の誕生日なんて
 そんながんばって祝ってくれなくても大丈夫なのになあ」
俺ももういいトシだしね、と雄介が笑うと、
思いがけずヒビキは、諭すような静かな声で言いました。
「俺はそうは思わないな」
「え?」
「――雄介、俺はさ、誕生日っていうのは、
 確かにその日に生まれたその人のための日だとも思うけど、
 それだけじゃなくてさ、周りにいる人たちがその人に
 『生まれてきてくれてありがとう』って、伝えるための日じゃないかと思うんだよ。
 少なくとも俺はそういうつもりで今までみんなの誕生日を祝ってきたし、
 これからもそうしようと思ってる。だからさ、雄介もちゃんと俺達に祝わせてくれないと困るよ。
 誰よりも雄介に感謝してる、家族なんだからさ。」


90 :春と冒険 4/4:2011/02/22(火) 23:44:29.38 ID:xjY6i2yy0
少しの間の後、雄介はため息をついて笑いながら言いました。
「やっぱりヒビキ兄さんにはかなわないなあ」
「鍛えてますから!」
「あはは!うん、じゃあ今日はもうちょっと考えてから出発しようかな」
「いや、いいじゃない?それは別に。今日は暖かくていい天気だしなあ」
そう言ってヒビキは大きく窓を開けました。
窓の外には青空がどこまでも広がっていて、春の風が誘うように白いカーテンをなびかせます。
「雄介は雄介らしいのが一番!」
ヒビキから向けられたのは、ぐっと立てた親指でした。

「ヒビキ兄さん、入るぞ」と、ちょうど入ってきた三つ子が見たのは、
すでに窓枠へ足をかけている雄介でした。
驚く三人とヒビキに向けて、いつものポーズではなくシュッと敬礼をしてみせると、
雄介はそのまま庭へと飛び降りていきました。
窓に駆け寄った三つ子の横から「忘れもーん!」と投げられた靴を受け取り、
満面の笑みで手を振りながら駆けていきます。
「ホワイトデーまでには戻るからー!」
そう言って見えなくなった兄の姿に総司は深くため息をつきました。
「計画の練り直しだな」
と呟いたその顔は、他の兄弟達と同じように、とても楽しげに笑っているのでした。



オチなくて申し訳ない。
ヒビキ兄さんに説教されたかった。それだけなんだ。

91 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 23:59:56.50 ID:QfV9JKrc0
>>87
GJ!!長男次男コンビ最高ww
あと三つ子もいいなーほんと和みました!
職人さまたちはいつもすげーな
いったいどうやったらこんな良作思いつくんだ
良かったら教えてくれー

92 :名無しより愛をこめて:2011/02/23(水) 00:05:47.98 ID:BrEgYOIE0
>>87 GJ!!
サムズアップとシュッの交換(?)にぐっと来た・・・!!
あと、
>ヒビキ兄さんに説教されたかった。
同意せざるを得ない

93 :野上良太郎の不運で幸運な日常。1/5:2011/02/24(木) 23:54:40.29 ID:yBNLZvw70

>>69
出番のなかったイマジンたちをクローズアップ・・・
のつもり。

***************************

「およ〜!」

ライダー兄弟の十二男。
ちょっとばかり運の悪い彼は、今日もパンクした自転車で坂を下っています。

キキィ―――ガシャン!!

フェンスに激突し、なんとか自転車を止めることができました。
しかしほっとする間もなく、次のトラブルがやってきたようです。

「オイこらテメー何してくれんだよ!」
「いきなり突っ込んできやがって危ねぇな!!」

フェンス周囲にたむろしていた、不良達に囲まれてしまいました。

「驚かせちゃってすみません・・・ケガ、なかったですか?」
「オレらがこんなんでビビるワケねぇだろーが!ふざけんな!」

必死に謝りますが、火に油のようです。
こんな荒事に遭遇するたび、ふと頭をよぎるのは赤いイマジンの言葉です。

「いいか良太郎、まずは頭を潰せ!後は勢いだ!行くぜ行くぜ行くぜー!!」

(頭・・・)

取り囲む不良達をよく見てみると、違った雰囲気をまとっている少年が1人いるのが分かりました。
他の少年たちも、彼に一目置いている様子です。
彼をじっと見据え、もう一度言葉を重ねてみました。

「・・・本当に、ごめんなさい」

彼も厳しい目で自分を見てきましたが、怯まずに見つめ返すと。

「見た目より度胸あるじゃん・・・さっさと行けよ。もう突っ込んでくんなよな」

ふっと表情を緩め、他の不良達を蹴飛ばしながら、歩いて行きました。

「・・・ありがとう」


94 :野上良太郎の不運で幸運な日常。2/5:2011/02/24(木) 23:55:49.63 ID:yBNLZvw70

なんとかピンチを乗り越え、自転車を押しながらミルクディッパーに戻りました。
姉の手伝いをしながら、この店には珍しい女性客にコーヒーを差し出すと。

「あ〜ほらほら!ね、よく見たら結構イケてるでしょ?」
「ホントだ〜。こないだの大河に出てたイケメンに似てるよね!」
「あ〜ガムのCMで踊ってる子だよね!似てる〜!」
「ね、一緒にカラオケいこーよ〜♪」

賑やかな女性たちに、声をかけられてしましいました。
こんな状況に大喜びしそうなのは、青いイマジンの彼です。

(釣りを心から楽しむこと、だったかな・・・僕にはできそうにないなぁ)

と、苦笑します。

(でもこの人たちの、楽しい気分を壊さずにいたい)

「すみません、仕事があるので時間取れなくて・・・。
でも、またお店に来てもらえると嬉しいです」
「あら〜かわされちゃったかぁ、残念!」
「でも私たち、愛理さんのコーヒーのファンだし、また来るね!」
「ふふ、うちのコーヒーたち、いい仕事しますよ〜」

女性客を見送り、一息ついていると。

「良ちゃん、ちょっと変わった?前はこういう時、すごく慌てちゃって大変だったのにね」
「・・・うん、そうかも」


95 :野上良太郎の不運で幸運な日常。3/5:2011/02/24(木) 23:57:17.83 ID:yBNLZvw70

さてバイトも終わり、兄から頼まれた買い物を済ませて帰宅です。
自転車はパンクしているので、歩いて帰路をたどっていると。

「危ない!」

声のした方を見ると、今まさに蹴られたばかりのサッカーボールが、勢いよくこちらに飛んでくる瞬間でした。
以前なら思わず目をつぶってボールは顔面直撃、足をふらつかせて転び、買ったばかりの卵とトマトが台無しに・・・というのが定番でした。
けれど。

「良太郎は強いで!」

迷いもなく言いきってくれたのは、いつもどっしりと構えていて、物事に動じないイマジン。
その言葉を思い出すと、自然に強張った体から力が抜けるのが分かりました。
思いきって目を開き、片足を一歩前に踏み出します。
ボールの軌跡を追うように頭を動かすと、綺麗なヘディングが決まりました。
姿勢が良かったのか、衝撃も痛みも想像よりずっと軽く、ふらつかずにすみます。

「ナイスヘディングー!」

ボールを蹴ったらしい小学生の集団から、歓声が飛びます。
笑い返して歩きだすと、今度は。

「うわやっべー!」「逃げようぜ!」


96 :野上良太郎の不運で幸運な日常。4/5:2011/02/24(木) 23:58:29.49 ID:yBNLZvw70

どうやら良太郎がヘディングしたボールは、近くの民家に飛び込んでしまったようです。
小学生たちはボールをそのままに、一斉に走りだしてしまいました。
責任の一端を感じて、そっとその家に近づいてみると、塀の傍に転がったボールを見つけました。
拾おうとして近寄ると。

「ウウウウ・・・」

背筋の凍る声に振り返ってみると、どうやらサッカーボールが当たってしまったらしいドーベルマンが、唸り声でこちらを睨んでいます。
首輪はついていますが、リードは繋いであった柱から解けてしまっているようです。

さすが僕、と感心しながら思わず回れ右をして走り出しそうになりますが、気合いをいれて足を止めました。
なるべくビクつかずに、目を見ながら一歩前に。
毛並みの良いドーベルマンの前に腰を落として、静かに手を伸ばします。
鼻先に手をかざしてから、そっと首を撫でると、唸り声が止みました。

「・・・ごめんね?」

キューン・・・と小さく鳴いて目を細めた相手は、どうやら許してくれたようです。
もう一度優しく耳の後ろを撫でて、立ち上がります。
背中を向けるときには、尻尾も振ってくれました。

「またね」

小学生にボールを返し、買い物袋を下げ、歩きながら思い出すのはどんな動物とでも仲良くなれる、小さなイマジン。
会話の噛み合わない、自称高貴な鳥ともコミュニケーションを取っていたことを思い出して小さく笑います。


97 :野上良太郎の不運で幸運な日常。5/5:2011/02/25(金) 00:00:08.16 ID:yBNLZvw70

「おかえり〜良太郎!」
「ただいま、リュウタロス」
「おかえり・・・あれ珍しいね、野菜を買ってくるなんて」
「ウラタロスもただいま。もう一人の総司兄さんたちがトマト祭りして、足りなくなっちゃったんだって」
「ったく・・・ひでー目にあったぜ!!」
「あはは、いつも以上にモモタロスも真っ赤になってたね」
「今日はケガしてへんか?・・・ん、デコちょっと赤いで?」
「あ、キンタロス。
今日は自転車がパンクして、怖い人たちに絡まれて、サッカーボールが飛んできて、
犬に噛まれそうになったけど・・・まぁ、いつもどおりかな」
「マジか!相変わらずだなぁオメーはよ!」
「いつもどおりでコレだから・・・良太郎の幸運の星は、どこの天の川を流れてるのやら」
「けど、大したケガもなく帰ってこれたんや!さすがは良太郎やな!」
「ね〜ワンちゃんと遊んだの?いいな〜今度ボクも連れてってよね!答えは聞いてない!」
「うん、今度行こうね。さ、ご飯の支度手伝わないと」

キッチンに行こうとすると、双子の片割れが顔を出しました。

「座ってろ、俺がやるから」
「でも巧、」
「それ、一応冷やしとけ」
「わ」

すれ違いざまにアイスノンを額に押しつけられ、お礼を言おうとするとすでにキッチンに入っていった後でした。

「・・・なにニヤニヤしてるんだよ。運が悪すぎて、マヒしてんじゃねーだろーな」
「・・・僕って、意外についてるなぁって思って。ね、モモタロス?」
「はぁぁ?オイ、打ち所悪かったとか言うなよ!」
「えぇ〜ひどいなぁ」


確かに幸運の星の光は、まだ届いていないのかもしれないけれど。
大事な家族、仲間、守りたいもの。
みんなに出会えたことは、すごく幸せだって思うんだ。

−ありがとう。

***************************

オチとかないけど、たまにはこんな日常話で。


98 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 00:12:47.28 ID:8puLNQh80
gj
寝る間にいい話し読んだから、いい夢見れそう。

99 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 01:16:45.02 ID:0VH6nH4I0
なんていい話…
心が暖かくなるお話、GJ!です。

100 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 01:41:50.07 ID:hxz7c7010
>>87
ちょうどクウガ視聴中で誕生日の回を見た所なんだ
マムシ汁に不覚にも吹いたwww

>>93
いい話だ…
>「良太郎は強いで!」
この台詞を思わず噛み締めた

まとめてGJ!

101 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 18:55:29.31 ID:mCJ0gxoP0
>>93
GJ!良太郎も成長したなぁ…

ずっとロムってたけど、過去スレ読破記念に
自分も小ネタでいいから何か書きたくなったよ


102 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 20:43:28.28 ID:RbdY/rmX0
>>93
GJ!
良い話をありがとう!

>>101
グリード4人集「その欲望、開放しろ」チャリーン


103 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 20:49:13.31 ID:RbdY/rmX0
×集
○衆だ…

連投申し訳ない

104 :69:2011/02/25(金) 20:55:54.95 ID:z5xTFJep0
>>93
GJ!
床から上半身とか、着ぐるみイマジン達が出てきたら、
家庭訪問も洒落にならないよなっと。
と、思ってコメントしたら、こんな良作が読めるとは!

ほのぼの良太郎の日常話(でも、ツイてない)、
ほこほことした気持ちになりました。

105 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 23:48:24.75 ID:mCJ0gxoP0
>>102
メダル投入されてしまった…(*0w0)<アリガトウ!

小ネタのつもりが欲望が大きくなったのか話が広がってしまった…
ちょっと整理してまた来るよ



106 :名無しより愛をこめて:2011/02/26(土) 13:49:20.60 ID:zXEFGRcNO
>>105
気長に待つから頑張れよ〜
PCクラッシュしてから長いの投下してないな(´・ω・`)
最後に投下したのいつだったか…ログ取ってないからわからんw

107 :93:2011/02/26(土) 18:05:23.32 ID:/rU8G1Sc0
>>104
イマジンも出そうかと思ったんだが、さらにカオスが広がりそうだったので・・・
いつもコメントしてくれる住人たちの言葉から、次のネタが出ることが多いんだマジで
何が言いたいかというと、GJしてくれるみんなもGJだぜ!
やる気の源だ!

>>105
楽しみにしてる!
しっかりメダル貯めといてくれよー

108 :名無しより愛をこめて:2011/02/26(土) 23:15:44.32 ID:4jgFgeFr0
流れ切って小ネタ
・血の繋がりのある兄弟設定
・でも名字違うが細けぇことは(ry
・幼少期が絡んできますので苦手な方はスルーで

一真「えーと、この前閉まったはずの漫画は…ウェッ?なんだこれ」
士「大体わかった。三つ子兄さん達が小学生の時の作文だな」
フィリップ「テーマは将来の夢だね。実に興味深い」

 ゆめ
2年2くみ ひのえいじ

ぼくのゆめは、ヒーローになることです。
それは、お父さんがヒーローで、とてもかっこいいからです。
つよくて、わるい人をやっつけるヒーローになって、みんなを守りたいです。
(以下略)

総司「ほう、意外と普通というか、子供らしい夢だな」
翔一「でもしっかり叶ってるよね」
映司「ま、まあいいだろ。あ、こっちは翔一のか?」

 おおきくなったら
2年3くみ さわきてつや

ぼくは、おおきくなったらゆきなお姉ちゃんと、にわでお花ややさいを作りたいです。
ゆきなお姉ちゃんはお花がだいすきで、さかせるのがとてもじょうずです。
ゆきなお姉ちゃん(ry

渡「料理人、じゃないんだね」
ヒビキ「そういえばこのころの翔ちゃんってまだ料理はしてなかったからね」
巧「つーか、雪菜姉連呼してないか、これ」
真司「翔一って実は総司と張るシスコンだよなー。で、あとは総司のだな」

 みらい
2年1くみ てんどうそうじ

てんのみちをいく。

翔太郎「…これだけ、か?」
良太郎「作文なのに一言。総司兄さんらしくてかっこいいや」
雄介「これ、さすがに作文として花丸は貰えなかったんだけど、総司全然気にしてなかったよね」

今日もライダー一家は平和です

109 :名無しより愛をこめて:2011/02/26(土) 23:34:26.96 ID:ZsRb5QqKO
総司www

110 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 00:10:43.10 ID:1s1Rwyw80
>>106、107
うう…みんなありがとう。
丸一日考えたのにオチが思いつかないよ!これもディk…ゴルゴムの仕業だ!!
ちょっとニチアサ見て頭冷やしてきます

>>108
もうこの時点で天の道を行っていたのかwwwさすがすぎる

111 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 07:48:12.20 ID:ZKb79Ia0O
将来の夢を書いた作文か。
泉刑事は「家電刑事になりたい」とか書いてそうですね。それを、21歳な三兄弟につっこまれて、自分のことのように怒るアンク。
そこを更につっこむ三兄弟を受信。

112 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 09:06:48.56 ID:mrMNXzE1O
今回の伊達さんを見て、木野さんと椿さんと井坂先生がアップを始めたようです

しかしこの世界の男性医師ってなんでこんなに濃いメンツだらけなんだw

113 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 09:42:39.55 ID:ZKb79Ia0O
映司「良太郎、お腹大丈夫?」
良太郎「うーん。微妙・・かな。ううっ。」
伊達「ちょっと見せてみ。あ、ただの食いすぎだ。」
映司「今日の朝ご飯、愛理姉さんが作ったから、それでかも。」
アンク「ああ、あれは多過ぎ。ファンガイアだった渡だけだ、あれ完食したの。」
良太郎「しかも、その後、ボタンむしりに・・ううっ。」
伊達「昼は絶食、これで治るからな。」
良太郎「はーい。」

114 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 13:18:51.49 ID:DDjGEfKY0
>>112
ケガ人ならばおそらく外科医な伊達さんや、木野さんへ
病気や怪人の皆様は内科医兼、怪人専門医の井坂先生へ

この街に死角無し・・・!

115 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 14:56:21.12 ID:Brw9OFQ/0
>>114
小夜子さんもいます!!
何科専門か分からんが

116 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 16:25:08.94 ID:O6YxxxhyO
そして医者見習いの明日夢君もいます。
警察と医療関係者多いなぁw

117 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 18:07:25.36 ID:ZKb79Ia0O
明日夢の研修先が、井坂先生のとこだったら笑えるな。
明日夢「あのう、先生はどうして診察料金を二つに分けているんですか?Nの方が、Dより1割高いんですが。」
井坂「違う。Nの方が正規報酬だ。Dは色々と・・。」
明日夢「分かりました。Dってディスカウント、つまり値引きのDだったんですね。生活保護受けてる方とかでしょうか?」
井坂「そ、そういうことだ。(ドーパント値引きとは言えない。)ジュペロ。」
明日夢「井坂先生、お優しいです。尊敬します!」

118 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 22:43:59.58 ID:u208J54B0
>>108
三つ子の作文GJ!
個性が出てていいねww

>>113
>>117
ほんと濃いww

119 :他力本願。 1/6:2011/02/27(日) 22:46:21.66 ID:u208J54B0

お医者さんは最高です!な流れを切って投下
今日の000放送後の兄弟
真司がちょっと可哀想なことになったかも・・・

***************************
 
小春日和のライダーハウス。
四男が、何やらテンションをあげているようです。

真司「第一回、ライダー無理やり変身大会〜!」
翔一「第二回もあるの?」
巧「ツッコミどころはそこじゃねぇ!!」

良太郎「無理やり、変身??」
真司「今日さー、映司がアンクと比奈ちゃんに手伝ってもらって変身してたろ?」
映司「・・・その節はお世話になりました・・・」
真司「で、俺らもあんな感じで、人に無理やり変身させてもらったりできるのか、挑戦だ!」
翔太郎「それ何か意味あんのか・・・」
真司「もしかしたら、俺らも映司みたいなピンチになるかもじゃん!!
   そういう時にちゃんと変身できるのか、知っておく必要があると俺は思う!!」
総司「建て前は立派だが・・要は好奇心だな」
ヒビキ「へ〜なんか面白そうだね!」
フィリップ「他者の介在によるライダー変身・・・興味深いね!」

何のかんのと言っていても、付き合いのいい兄弟たち。
ノリノリの四男と一緒に挑戦開始です。

真司「とりあえず・・・ベルトが腹に埋まってる組!」
雄介「はーい」
翔一「はーい」
ヒビキ「はーい♪」
一同「・・・」

渡「ヒビキ兄さんはちょっと違ってるんじゃないかな・・・」
ヒビキ「ええ〜俺だけハブ??」
一真「ウェ、イヤそうじゃなくて・・・ベルト・・・??」
総司「変身するための力が、体内にあるという意味では間違ってはいない」
翔一「あはは、確かに!」
巧「でもさっそくこの面子って、ハードル高すぎだろ」
翔太郎「まず、無理やりどうやって変身させるんだ?」
良太郎「たとえば、僕らが音叉を兄さんに握らせて鳴らしても、鬼に変身しないよね?」
ヒビキ「うん、アレは精神集中ための道具だしね〜。無くっても変身できちゃうし」(シュッ)
映司「やっぱり無理かぁ〜」
士「なら意識を操って、無理やり変身させればいいんじゃないか」
渡「どうやって?」
真司「うーん・・・催眠術?」
巧「アホか!!」
フィリップ「いや、可能性があるなら挑戦すべきだよ!」
翔太郎「オイオイ、マジか・・・」


120 :他力本願。 2/6:2011/02/27(日) 22:48:43.63 ID:u208J54B0

真司「というわけで、スーパーカウンセラー・三浦イッセーさんをお呼びしました!!」
一真「この三人に、催眠術をかけてください!」
三浦「了解しました!この三浦にお任せ下さい!」
良太郎「・・・でも・・・」

ヒビキ「よろしく〜!」(鬼+鍛えてますから)
雄介「俺、自分がかけるのはできるけど、かけてもらうの始めてだよ!」(クウガ+2000の技を持つ男)
翔一「どんな感じかな〜楽しみだね!」(アギト+天然)

一同「・・・かかりそうにない・・・」

三浦「あなたは、だんだん眠くなる・・・」(5円玉ユラユラ)
三人「(ニコニコ)」
三浦「あなたは、だんだん眠くなる・・・」(5円玉ユラユラ)
三人「(ニコニコ)」

(1時間経過)

三浦「あなたは、だんだん眠くなる・・・」(5円玉ユラユラ)
三人「・・・グゥ」
三浦「・・・やった・・・!!やりましたよみなさん!!私の術が効いたんです!!」
翔太郎「イヤ催眠術にかかったっていうか」
士「単に飽きて疲れただけだろ」
巧「駄目だこりゃ・・・」
フィリップ「操るなら、パペティアーメモリの方が良かったんじゃないかな?」
一同「・・・!!」

どうやら、ベルト体内組の無理やり変身は難しいようです。

真司「次行くぜ、次!」
巧「まだやんのかよ・・・」
真司「たっくん!諦めたら、そこで試合終了なんだぜ!!」
巧「何の試合だ!あとたっくん言うな!!」

真司「んじゃ、次は総司な!ライダーベルト貸して!」
一同「・・・(貸さないだろうな・・・)」
総司「ほら」(手渡す)
一同「貸した!?」
翔太郎「どういう風の吹きまわしだ!?」
総司「ふっ、すぐに分かる・・・」

真司「これを総司の腰に巻いて〜・・・っしゃー!よし来い、カブトゼクター!!」

総司の後ろから、二人羽織のような珍妙な格好で真司が手を伸ばすと、深紅の輝きが空から飛来しました。
しかし。

・・・ブーン・・・


121 :他力本願。 3/6:2011/02/27(日) 22:50:23.65 ID:u208J54B0

真司「って、アレ??」

一同の周囲でホバリングしていたかと思うと、飛び去ってしまいした。

総司「当然だな。資格者でない者の呼び掛けに応えるはずがない」
真司「ちっくしょー、待てー!!」(ダッシュ)
総司「ちなみにゼクターの飛行時の速度は時速950kmだ。せいぜい頑張れ」
一真「鬼だ・・・鬼がいます!!」
ヒビキ「呼んだ〜?」(目をコシコシ)
映司「あ、ヒビキ兄さん、おはよう」

無理やり変身、なかなか成功しません。

真司「・・・ゼェゼェ・・・じゃ、次、良太郎・・・」
良太郎「大丈夫?兄さん」
真司「・・・俺は、こんなことで諦めない!!必ずやり遂げてみせる・・・!!」
士「いい台詞だ、感動的だな。だが無意味だ!」(スマイル)
渡「そんなバッサリ言わなくても・・・」

雄介「じゃ俺、手伝うね〜!デンオウベルトにパスを当ててっと」(ポン♪)
翔一「よいしょ・・・『変身!』」

ライダーハウスの庭に、電王プラットフォームが出現しました。

一同「・・・できたー!!」
真司「っしゃー!!」
一真「やっと成功したー!!」
ヒビキ「まぁ良ちゃんの初めての変身も、ハナちゃんに無理やりって感じだったしね〜」
電王「あはは、懐かしいなぁ。えっと・・・僕、参上?」(テレテレ)

真司「よーしサクサク行くぜ〜!次、渡な!」

渡にキバットベルトを装着させます。
が、しかし。

キバット「無理やり変身させられるなんてゴメンだね〜」(パタパタと飛び去ろうとする)
総司「カブトゼクター程ではないが、キバットも時速70kmでの飛行が可能だな」
真司「ふふ〜ん、ゼクターの二の舞にはしないぜ!」

飛び去るキバットに、すかさず声をかけます。

真司「あっ、あんなところにモディアリーニっぽい美女発見!」
キバット「何だと!?噛ませろ〜!!」(戻ってくる)
真司「(虫取り網ばさっ)っしゃー!キバット、ゲットだぜ!!」
キバット「ああっしまったー!!」(ジタバタ)
真司「よし、掴んで〜渡の腕に〜」(わしづかみ)
キバット「ギャー!羽もげるー!!」
真司「そーりゃ変身、『ガブッ』!!」

渡の腕に、キバットの牙を突き立てます。
が、しかし。

キバット「・・・あれ?変わらない・・・」
キバット「当ったり前だ!俺が魔皇力を注入してるけど、変身はあくまで渡の意思だからな!」
真司「なんだってー!俺、聞いてない・・・orz」
渡「・・・あの・・・」
総司「放っておけ、すぐに立ち直る」


122 :他力本願。 4/6:2011/02/27(日) 22:53:27.06 ID:u208J54B0

真司「気を取り直して、次行くぜ〜!じゃ今度は士なー」
士「懲りない兄さんだな、ほらバックル」(ぽい)
真司「ちょっ、もう少し大事に扱えっての!」
映司「じゃあドライバーを腰に装着して〜、はは、人のってこんな感じかぁ」(二人羽織)
一真「ハンドル引いて〜、あ、俺のとちょっと似てるかも!」
真司「カード入れて〜、そりゃ!(ガシャン!)『変身!』」 ‐カメンライドディケーイ
DCD「・・・俺は通りすがりの以下略だ」(投げやり)
真司「そこ略すなー!!」
一真「おおぉ成功!すげー!!」

ハイタッチで喜ぶ面々。

翔太郎「何がそんなに嬉しいんだか・・・」
真司「次つぎ!翔太郎兄貴なー!」
翔太郎「あーハイハイっと」
フィリップ「何だかんだ言って、やる気じゃないか」
翔太郎「俺は優しいお兄様なんだよ!」
真司「ダブルドライバーを腰に巻いてっと。で、ジョーカーメモリを・・・」(カチッ)(ジョーカー!)
総司「次はフィリップのメモリだ」
真司「(ダッシュ)えーと、サイクロンだな!」(カチッ)(サイクロン!)
士「次は翔太郎兄さんのメモリスロットを、左右に展開だ」
真司「へ!?(ダッシュ)えっと、こうか!」(ガシャン!)(ドライバーがWの形に)
総司「ほら急がないと、フィリップが地面に倒れるぞ」
真司「うっわ危なーい!(ダッシュ&キャッチ)」

−サイクロン ジョーカー!‐

W(翔太郎)「・・・さーお前の罪を数えろー」(投げやり)
W(フィリップ)「数えろ!」(満足げ)

真司「ゼェゼェ・・・おっし成功!って、そこ!手伝ってくれてもいいだろ、コレ忙しいんだぞ!!」
総司「何を言う、兄さん。ちゃんとアドバイスしているだろう」(ニヤリ)
士「それに、大体分かるだろう。二人をもっと近くに並べてやれば簡単だと」(ニヤリ)
真司「・・・あぁー!!」
良太郎「・・・教えてあげればいいのに・・・」
渡「真司兄さんで遊んでるよね・・・」


123 :他力本願。 5/6:2011/02/27(日) 22:55:41.59 ID:u208J54B0

真司「ったく・・・よし次!一真なー」
一真「ウェーイ!」
士「しょうがない、手伝ってやるか」(ニヤリ)
総司「真司兄さんの要望もあったことだしな」(ニヤリ)
一真「・・・いや、あの、」
士「まずはラウズカードをブレイバックルに装填。バックルを腰に装着」(テキパキ)
総司「ターンアップハンドルを引き、オリハルコンエレメントを出現させる・・・『変身』」(テキパキ) 

‐Turn Up‐

ヒビキ「・・・二人とも、何であんなに手際いいの?」
渡「あの二人だから、としか言いようが・・・」

一真の正面に、オリハルコンエレメントが青く輝いています。
いつもなら、これを走り抜けるのがブレイドの変身ですが。

一真「・・・ウェ?なんで俺、両腕つかまれてるんだ?」
士「『無理やり変身』なんだろう?」
総司「自分で走っていっては、『無理やり変身』にはならないからな」
一真「・・・ちょ、タイムー!!ウェーァァァァァァ!!」

一真の両腕を抱え、青い輝きに向かってダッシュする二人。
足を引きずられ、絶叫する一真。
頭からオリハルコンエレメントに激突し、そのままの勢いでつんのめり、地面に顔面ダイブする仮面ライダーブレイド。
その特徴的な頭部の先端が庭の土に突き刺さり、めり込んで動かなくなってしまいました。

真司「あああ一真―――!!」
フィリップ「なるほど、他者による変身の危険性が示唆された一例だね」
翔太郎「冷静に言ってんじゃねー!さっさと掘り起こすぞ!!」
良太郎「一真兄さんしっかり〜!!」

士「・・・キメ台詞を言う余裕はなさそうだな」
総司「・・・一真兄さんには、特にこれといったキメ台詞はないから良しとしよう」
翔太郎「どっこも良くねーだろ!!」

一真が無事に救出されたあと、何事もなかったかのように七男が仕切りなおします。

総司「さ、一真兄さんという不幸な事故もあったわけだが」
翔太郎「不幸でも事故でもねーだろ!!」
真司「ありゃ人災だ!!」
士「(無視)次は誰だ?」

破壊者がぐるりと周囲を見渡すと。

良太郎「・・・あれ?そういえば巧は?」
真司「あれ、たっくーん?・・・さては、逃げたな〜〜〜!!!」
雄介「あ〜そう言えば、途中からいつもの巧のキレのあるツッコミが聞こえなかったよね〜」
翔一「なんかもの足りないと思ったよ〜」
ヒビキ「狼の本能が危機を察知したのかなぁ」

どうやら十一男、ツッコミを放棄してまで身の安全を確保したようです。
と、いうことは?


124 :他力本願。 6/6:2011/02/27(日) 22:59:40.45 ID:u208J54B0

フィリップ「じゃ、最後は真司兄さんだね!」(キラキラ)
真司「え、俺も!?」
総司「人を勝手に変身させておいて、自分はしないとでも言うつもりか」(腕ガッシリ)
真司「総司、変身してないじゃん!?」
士「とりあえず、鏡が必要なんだったな。そーら」(顔面を鏡にゴリゴリ)
真司「痛い痛いー!こんなに押しつけなくてもできますからー!!!」
フィリップ「さ、変身ポーズを決めないと!」(ゴキ)(腕を引っ張る)
真司「腕抜ける!骨折れる!!」


翔太郎「悪魔に俺様、破壊者が相乗りか・・・」
渡「スッゴイ楽しそう・・・」
良太郎「あ、リュウガ兄さんが鏡の中から呆れてる」

真司「ギャ――――!!!」

ヒビキ「今日も平和だねぇ・・・そろそろ止めますか、っと」(シュッ)

ライダー無理やり変身大会・・・どうやら第二回の開催は、未定のようです。


***************************

書いてるうちにホント可哀想なことに
スマン真司と一真・・・でも楽しかった
今日の000の放送を見ながら、こんな電波を受信している自分は本当にこのスレに染まっていると思ったよ


125 :名無しより愛をこめて:2011/02/28(月) 07:05:21.14 ID:Ex4eZqN30
GJ!
悪魔と俺様と破壊者のタッグは恐すぎるwwww
以下勝手に続き小ネタ

黒ダミ「人の子は…時に不思議な遊戯に興じますね(スッ…)」
一同(翔一除く)「あ…」
アギト「あ、神様!こんにちはー、今日夕飯食べていきますか?(にこにこ)」
黒ダミ「いただいていきます」

士「…これも人の手による無理やり変身、か?」
巧「人じゃねえだろ。さすがに反則なんじゃねえのアレ」
雄介「あ、たっくん戻ってきたんだ」
巧「たっくん言うな!」
翔太郎「それより翔一…もしかして変身したの気付いてないんじゃないか」
良太郎「ほら、日常畑仕事(せいかつ)をアギトでやってるから」

作中でも力授けてたし、この方なら可能かと

126 :名無しより愛をこめて:2011/02/28(月) 09:07:42.98 ID:lD8sGDme0
全ての作品がGJ!

だが、>>121の真司の台詞が一つキバットの台詞になってしまっているせいで
キバットがノリツッコミしているのかと思ってしまった・・・ww

127 :名無しより愛をこめて:2011/02/28(月) 12:50:28.65 ID:9qqHy41PP
>>125
神様も「遊戯」に混じったつもりで
翔一を無理矢理変身させたのか?
翔一も天然だが神様も実はてn(ry

128 :それは一つの兄弟のしるし 1/4:2011/02/28(月) 20:25:01.70 ID:o26IpYml0
良作ラッシュの中に混ぜ込ませるの手。
兄弟ならではの話、がテーマ。

*********************************************************

いつも何かと騒がしいライダーハウス。中でも一番忙しいのは、やはり現役選手です。
アンク「おい映司!ヤミーだ 行くぞ!!」
映司「わっ、待てってアンク!」

巧・良太郎・フィリップ「「「・・・・・・」」」
そろって駆け出していく、半年前に加わった兄とその相棒(仮)のやりとりを、じっと見つめる十代トリオ。
その姿に、相棒(真)兼兄が声をかけます。
翔太郎「どうしたー末っ子ども」
良太郎「・・・映司兄さんが僕らのことを呼ぶとき」
巧「なんとなく、違和感あったんだけどよ」
確認するように顔を見合わせます。
フィリップ「僕はこの名前だから、普通に受け止めていたけれど・・・」
真司「・・・あ!」
末弟の言葉を受けて、うなずきあうその兄たち。
翔一「そっか、映司は本編では、アンクたちグリード以外には、呼び捨てにしたことないんだね」
総司「メタ発言は控えろ翔一
    ・・・映司は人当たりが穏やかだからな 懐っこい分、語調は丁寧だ」
士「語調は丁寧でも態度がデカい総司兄さんが言うと説得力があるな」
渡「ダメだよ士それを言っちゃ!」
二十歳コンビのツッコミ&ツッコミのツッコミはさておいて。
翔太郎「そういや、最初の頃は、ちょっと呼びにくそうにしてたかもな」
一真「映司は色々と順応早い方だと思ってたけどなあ」
フィリップ「人馴れしているタイプの人間は、本当に打ち解けるまでには時間がかかる、というけれど・・・」
最初は誰もが驚く“兄弟”の存在。
まだ多少とまどいがあったとしても、不思議ではありません。
良太郎「映司兄さん、ひょっとしたら、今でも無理して呼んでくれてるのかな・・・」
渡・士・巧・フィリップ「「「「・・・・・・」」」」
映司の”弟”たち五人、そろって表情を硬くします。
もしかしたら自分たちは、一番新しい兄さんに気を遣わせてしまっているのだろうか?

129 :それは一つの兄弟のしるし 2/4:2011/02/28(月) 20:25:48.04 ID:o26IpYml0
ヒビキ「うーん、それはないんじゃないのかなあ」
沈んでしまったリビングに、優しい声が通ります。
ヒビキ「映ちゃんはそーいう無理はしてないと思うよ
     ちゃんと、みんなのことを思ってるから呼んでるんだよ」
巧「ヒビキ兄・・・」
最も信頼を寄せる長兄の言葉に、少しだけ空気が浮上します。
雄介「じゃあさ、やってみようよ!」
真司「・・・何を?」
疑問符を浮かべた表情の弟たちの前に、次兄特技の笑顔とサムズアップが冴え渡りました。


しばらく経って――――――

アンク「ちっ、空振りか・・・」
映司「まあまだ被害は出てなかったみたいだし でも、後でもう一度捜さないと」
先程出て行った現役コンビが帰ってきました。

良太郎「映司兄さん!」
映司「ん、何?」
良太郎「僕の名前呼んでみて!」
映司「へっ?」
やや間の抜けた返答を合図に、わらわらと映司の周りを囲んでいく、三つ子以下の兄弟たち。
渡「ぼ、僕のも!」
フィリップ「せっかくだから、二つとも呼んでもらおうかな?」
巧「・・・(無言で寄って来る)」
士「いくらでも呼んでいいんだぞ?」
翔一「じゃあ俺も改めて!」
総司「改めずとも」
映司「え〜っと・・・」
七人そろって、訴えるような目で見つめます。

「「「「「「「 映司(兄さん)!! 」」」」」」」

130 :それは一つの兄弟のしるし 3/4:2011/02/28(月) 20:26:50.94 ID:o26IpYml0
映司「わ、わかった!
    翔一、総司、渡、士、巧、良太郎、フィリップで来人!!
    ・・・これでいいの?」

渡「・・・映司兄さん」
映司「え?」
良太郎「僕たちの名前、これからも今のまま呼んでくれる?」
映司「ど、どうしたの急に」
巧「なんつーか・・・無理に呼ばせてるとかだったら、互いに良くないだろ」
映司「無理に・・・なんて、あるわけないだろ?」
フィリップ「でも」
士「・・・映司兄さん、普段は“そう”は呼ばないだろう」
今度は、不安げに見つめる兄弟たち。
その眼で、何を言われているのか、気づいたようです。
映司「あー・・・・・・
    うん、正直、最初はちょっと、抵抗あったよ いきなり兄弟って言われちゃったこともあるしね」
渡「じゃあやっぱり・・・?」
映司「あ、そうじゃなくて・・・みんなが、当たり前みたいに俺を迎えてくれて、名前を呼んでて、
    なんだかくすぐったくって・・・でも、すごく、あったかかったから
    俺も、それに応えようって、思ったんだ」
あちらこちらを旅して、日本に戻ってきたら、兄弟だという人たちに連れられて。
家の中にトラップが仕掛けられていたり、ファミコンによる被害が出たり、食事中に乱入されたり。
でもそれも、いつのまにか日常。
映司「だから、今みんなの名前を呼ぶのは、嬉しいし、楽しいよ」
妹たちはまだちょっと照れるけど、と笑います。
マイペースだけどしっかりものの八男の、やわらかい笑顔も、今ではすっかり、ライダーハウスの日常になっています。
映司「ってことで俺はいっぱい呼ぶから、みんなもいっぱい呼んで!」
良太郎・フィリップ「「映司兄さん・・・!!」」
翔一「うんうん、兄弟はこうでなくちゃね」
士「よし、俺も遠慮なく呼んでやろう」
巧「威張るな弟」
渡「総司兄さんに似てきたよね・・・」
総司「・・・・・・渡、さっきから俺に何か言いたいことでもあるのか」
日常が、日常であり続けるように。
兄弟は、今日も互いを兄弟と呼ぶのです。

131 :それは一つの兄弟のしるし 4/4:2011/02/28(月) 20:27:44.04 ID:o26IpYml0
ちなみに

真司「あ、アンクがビミョーな顔して見てる」
雄介「会ったその日に律儀に名前訊いて以来呼び捨てにしあってる身としてはね」
一真「あー!なんか俺も呼ばれたい!!」
真司「っしゃあ!いくらでも呼んでやるぞ一真!!」
翔太郎「じゃあ俺も呼んでやるよ真司!」
雄介「俺も呼ぶよ翔太郎!」

ヒビキ「・・・・・・父さん、たまには帰って来ないかなあ・・・・・・」
雄介・翔太郎・真司・一真「「「「・・・・・・あ」」」」

その後、せめてもと次兄以下そろって「ヒビキ兄さん!」と呼び倒したのは、また別のお話。


*********************************************************

このスレでたまに覚える違和感の理由に気づいたので、それはそれでネタにしてみた。
(もちろん、これまでの作品がどうってワケじゃないよ!)
あまり呼び捨てにしない兄弟は他にもいるんだけど、映司は単に丁寧ってだけでもないような。
会長や伊達さんのツッコミを気にしつつ、ここではこんな感じだったらなと。

132 :名無しより愛をこめて:2011/02/28(月) 23:07:13.60 ID:0N1PAefC0
>>128
GJ!!
ほのぼの名前ネタ和んだww
映司を囲む兄弟たちが可愛すぎるww
ちょっとたそがれてるヒビキさんもいいなー

133 :名無しより愛をこめて:2011/03/01(火) 00:08:44.06 ID:gFQuAcJbP
GJ!
せっかくだからと2つとも呼んで貰いたいフィリップに和んだ。

134 :119:2011/03/01(火) 20:06:59.87 ID:UfJI2cQp0
>>125
小ネタGJ!!こっそり自分も遊戯に混じってみた神様ww

>>126
しまった・・・指摘ありがとうorz
ちょっと王の判決を受けてくるよ
>>121
キバット「・・・あれ?変わらない・・・」→脳内で真司に修正よろしく


135 :名無しより愛をこめて:2011/03/03(木) 00:29:30.61 ID:YObCFx4V0
>>119
必死に耐えてたのにブレイドでコーヒー噴いたじゃないかwwwGJ!!

>>125
GJ!「暇をもてあました」「神々の」「あそび」…って芸人のネタ思い出した。
ここの神様って意外とお茶目なのかもなw

>>128
すごいほのぼのしたよー!そういえば映司は言葉遣い丁寧だなと気づいた。
アンクに対しては砕けた物言いをしているから、一見仲が良いように見え…なくもないか?





136 :名無しより愛をこめて:2011/03/03(木) 21:45:04.64 ID:yRnjiTZB0
ちょっと小ネタ。
中の人ネタがあるので不快な人は注意。
昔から一緒に住んでいる設定。

_______________

映司「父さんってヘビが苦手だったのか・・・」
真司「あっ!それであの時びみょ〜な顔してたのか」
総司「あの時?」
士「そうか、その時は総司兄さん達三人は泊りがけで
 居なかったな」
雄介「確か学校の行事でね」
翔一「一体何があったの?」
ヒビキ「小学校くらいの時に良ちゃんが家の裏で、こっそり
 ヘビを飼ってたんだよ」
映司「えぇっ?!」
雄介「動物園に運ばれる筈のが、不手際で逃げ出した
 らしくてね?それを飼ってたんだよ」
巧「しかも2匹だ。いつも一緒だったのに全く気づかなかったぞ」
翔太郎「俺たちも父さんから聞いて初めて知ったんだよ」
一真「にしもヘビなんてよく飼ってたよな」
良太郎「なんかお腹すかせてグッタリしてたから放って
 置けなくて・・・」
渡「でも、そうゆうのが良太郎の良い所だよね」
フィリップ「けど餌はどうしてたんだい?」
良太郎「ご飯の残りのお肉とか、お小遣いで鶏肉を
 買ってたんだよ」
ヒビキ「良ちゃん凄く可愛がってたらしいからね」
総司「ん?兄さん達はそのヘビ達を見てないのか?」
雄介「うん。良ちゃんが泣いてるから、どうしたの?って思って
 父さんに聞いたんだ」
翔一「それがさっきのびみょ〜な顔に繋がるんだ」
良太郎「今頃どうしてるかなぁ・・・」





良太郎「あのガラガラヘビと2mのアナコンダ」(しみじみ)


一同「「「「「「「「「「「ブッフゥゥゥゥゥゥゥッ!!!!!!!!」」」」」」」」」」」


____________
不意に思いついただけで他意はないネタ。
正直すまん。

137 :名無しより愛をこめて:2011/03/03(木) 23:23:21.48 ID:EaTmaU5yP
良ちゃん、それは食われる危険性が……

138 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 00:08:09.29 ID:tjgWWEq3O
>>136
昨日(水曜)の『笑ってコラえて!』での藤岡さんの発言かw
あの番組でボールペン両手に戦おうとしてたのを見て、やっぱり父さん凄ぇと思ったわ。
たしか数週間前はヒビキさんとかアラタがゲストだったんだよな…

139 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 01:15:49.92 ID:iesNIsXM0
ガラガラヘビと2mのアナコンダってどんなペットだよwwwww

140 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 01:50:13.15 ID:AGVooKqEP
せめてニシキヘビぐらいにしてw

141 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 07:09:31.79 ID:IPvTi+uBO
良かった…ガラガランダじゃなくて本当に良かった…!


142 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 11:29:19.86 ID:18cttthA0
>>136GJ!!
自分もTV見てて何かネタにできないかなーと思ってたw
書いてくれてありがとう!
無人島に持っていくのは?→ナイフ。
さすが父さんすげーww
あとヘビ嫌いって映司とおそろいだww

143 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 12:53:01.51 ID:lN+DIjsTO
>>135
葦原「…」

批判はしないが葦原さんは神様が「天然」という一言で片付けられたくないと思う(神様によって仮面ライダーになってしまった男だし、関わった女性が神様が遠因でほとんど死んでしまったから)

144 :143:2011/03/04(金) 12:57:53.92 ID:lN+DIjsTO
天然は>>125宛てで>>135宛てはお茶目だった…
マスカレードメモリください…そしてブレイクしてください…

145 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 13:40:51.36 ID:MrR+TLPMO
父さんがカッコ良すぎるなwwww
しかしその二匹を飼おうと思う良太郎が最強過ぎるwwww
アナコンダ コワイ




146 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 14:41:41.16 ID:K56xFooA0
2mのアナコンダならまだ子どもだからいいけど
ガラガラヘビは毒蛇だぞ良太郎www

147 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 19:07:52.41 ID:51WVv3d2O
>>143
ネタにマジレスかっこわるい
ここほのぼのネタスレだぞ

148 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 19:24:32.15 ID:AF50tOWt0
不運体質なのによく噛まれなかったなwwww

149 :名無しより愛をこめて:2011/03/04(金) 21:42:17.51 ID:0K4AtWG1O
ライダー達の祖母

真司「お婆ちゃんと撮った写真だよ。」
翔一「懐かしい。これ、映司が揚げ饅頭食いすぎでグロッキーになってるやつだ。」
映司「だってお婆ちゃんのお菓子おいしいんだもん。」
渡「へえ。お婆ちゃん、死んでいないんだったっけ。」
アンク「誤解を招くようなセリフはくな。正確には死んではいない、つまり存命だ。さっき叩かれたし。」
響鬼「そりゃ、アンちゃんが悪い。いただきますをせずに、アイス食べようとしたんだから。」
巧「八千草薫さんに似たおっとりタイプなのに、結構厳しい。」
総司「ライダーの祖母、だから当たり前だ。」
良太郎「だね。」

150 :永遠の課題 1/4:2011/03/05(土) 03:57:37.89 ID:r4SKmlX40
皆さんGJ!

>>110です
やっと形になった…かも。初投稿なのでおかしい所があったらすみません

過去スレで度々ネタになっていた剣崎の体型の話。絆で兄弟(フィリップも兄弟)設定


フィリップ「うーん…」
良太郎「どうしたの?フィリップ。さっきから廊下をぐるぐるしてるけど…」
フィリップ「ああ…良太郎兄さん。実は僕がここに来てからずっと気になっていた事があるんだ」
良太郎「気になっていた事って、何?」
フィリップ「一真兄さんの薄細さだよ。僕達は毎日翔一兄さんや総司兄さんの作る
   おいしい料理やおやつを食べているはずなのに、明らかに一人だけ細すぎる」
良太郎「た…確かに。兄さん達も悔しがってたよ。『これだけ食べさせてるのに、
   なんで一真兄さんだけ…』って」
フィリップ「だろう?検索しようにもキーワードがはっきりしないし…」
良・フィリ「「う〜ん…」」
巧「どーしたんだよ二人ともこんな所で…何か考え事か?眉間にシワ寄ってんぞ」
フィリップ「巧兄さんには言われたくないよ」
巧「何だと!?」
良太郎「お、おちついて巧!えっと、実はかくかくしかじかで…」
巧「ああ、一兄が薄細い理由か」
フィリップ「何か知っているのかい?」
巧「いや、知ってるっつーか、可能性の一つだけどよ。それでもいいか?」
フィリップ「かまわないよ。今はとにかく情報が欲しいんだ」
巧「そうか。あくまで俺個人の意見だが…(自分で言うのも悲しいが)俺は
 数少ないツッコミ役だ。…最近は翔太兄が来てマシになったが」
良太郎「ごめんね巧。僕も頑張ってはいるんだけど…」
巧「いや、良太郎も貴重なポジションだからその気持ちで十分
 …って今はそんな話どうでもいい!(よくねーけど!)」
フィリップ「なるほど、今のがノリッツコミというやつだね。興味b」
巧「と・に・か・く・!俺は立場上話のオチに出る事が(たぶん)多い。
 オチにはいいセリフで感動的だが(誰にも聞こえない的な意味で)無意味なものまで様々だ。
 その数あるオチの中に、一兄の薄細さに関わるものがあるはずだと俺は思う(たぶん)」
良太郎「なるほど。オチ、か…じゃあ、キーワードは『一真兄さん』『ご飯』『オチ』かな?」
フィリップ「ありがとう兄さん!早速検索を始めよう」


151 :永遠の課題 2/4:2011/03/05(土) 03:58:46.32 ID:r4SKmlX40
〜フィリップのホワイトボードの部屋〜

フィリップ「…検索結果によると、一真兄さんは騒ぎを起こした時の御仕置きオチで
   総司兄さんに御飯抜きにされる事が何回かあるようだ」
良太郎「ボソッ(総司兄さんってよく主張が矛盾するよね)」
巧「(き、聞こえてしまった…)っつ、つーか、飯抜きオチなら真兄がダントツで多くねーか?」
フィリップ「うーん…他のオチは……そうか、わかったよ!一真兄さんは(0M0)の『コレクッテモイイカナ?』オチに
   高確率で遭遇しているんだ!その度に一真兄さんはご飯を『コレクッテモイイカナ?』されて、
   一人だけあまり食べる事ができずにあんな姿に…なんて恐ろしいオチなんだ『コレクッテモイイカナ?』!!」
巧「ちょ、フィリップ!?」
良太郎「おおおお落ち着いて〜」

壁一面のホワイトボードに『オチ』『コレクッテモイイカナ?』『(0M0)』『橘ギャレン』『ヤハリソウイウコトカ!』
『バーニングザヨゴ』『神出鬼没』『妖怪』『もずく』『ボドボド』『ニゴリエース』などの単語が羅列されていく

フィリップ「早速一真兄さんに報告を…いや、翔一兄さんと総司兄さんが先…?
   いっそ夕飯の時に…それとも…」

さらに『赤い銃使い』『先輩』『黒ずくめ』『サングラス』『おっさん』『青い剣士の後輩』が
ホワイトボードに追加された

良太郎「完全に自分の世界に入っちゃった…」
巧「これ…俺のせいか?(まさか俺が総兄に怒られるオチとかにならねーよな?)」
良太郎「大丈夫だよ巧。最初にフィリップに訊いたのは僕だし…
   それより今はフィリップを止めなきゃ」
巧「ハア…ああなったフィリップを止めるのは至難の技だぞ…どうすりゃいいんだ」


ガチャッ
一真「おー、三人ともここにいたのk…ウェッ!?」
巧・良太・フィリ「「「!!!!!」」」

一斉に振り向く三人。正直言ってかなりビビる

フィリップ「一真兄さん!!突然ですまないが訊きたいことg」
巧「いい加減落ち着け!一兄が固まってるだろ!」
良太郎「およぉ〜一真兄さーん」
一真「ウェ・・・・・えっと…総司が、おやつ、作ったんだけど…食べるか?」(びっくりして声が裏返った)
フィリップ「僕は遠慮するよ。それより一真にi」
巧「食う食べるいただきます!!!」(必死)
良太郎「ほらフィリップ!!今ならおやつを食べながら一真兄さんと総司兄さんに
   話を聞けるチャンスだよ!!」(必死)
フィリップ「……なるほど。それもそうだね」(しぶしぶ…)
一真「(あーびっくりした…)と、とりあえず、話はおやつを食べながらでいいか?」
巧・良太((こくこく全力で頷く))


152 :永遠の課題 3/4:2011/03/05(土) 04:00:01.52 ID:r4SKmlX40
〜リビング〜
翔一はレストランに行っているので、今日は総司だけがおやつの準備をしていた

フィリップ「(説明中)……という訳なんだよ!…はむっ」
良太郎「もぐもぐ…あくまで僕たちの仮説だけど…」
総司「ずずー…なるほどな、確かにその説は一理ある。」
一真「う〜ん…ゴクン、俺ってそんなに『コレクッテモイイカナ?』されてたか?」
巧「まさか一兄、『コレクッテモイイカナ?』されすぎて感覚麻痺してんじゃねーか?…もぐもぐ」
フィリップ「もごもご…僕の検索結果ではこうなったんだけど、本人の意見も聞きたいんだ」
一真「そんなこと言われてもなぁ…俺のこの体型は体質というかなんというか」
総司「いや、確実に(0M0)が原因だ。天の道を行くこの俺が何度(0M0)を追いかけるハメになった事か…!
  だが俺の配慮が足りなかったのも事実だ。これからは飯抜きの代わりに倍の量を食わせる事にしよう
  ついでにここにあるいちご大福も全部食べたくれ」
一真「あ、いただきます…ってウェエエ!?それ飯抜きよりキツイぞ総司!」
総司「一真兄さん、永久に薄細いままでいいのか!?」
一真「永久にむくむくより遥かにマシだ!それに(0M0)を止めたって俺の体型が変わるかは分からないぞ?」
良太郎「でも、変わる可能性もあるって事だよね?」
巧「その前に(0M0)はどうすんだよ。総兄でも苦労してるってのに…」
フィリップ「(0M0)が『コレクッテモイイカナ?』する前に一真兄さんが『タイム』のカードを(0M0)に使えばいいんだよ」
総・巧・良太「「「その手があったー!!!!!!」」」
一真「いや、べつにそこまでしなくても(0M0)は満足したら帰るし、俺も全く食べられないわけじゃないから」
総司「(相変わらず無私だな一真兄さんは)…少しは(0M0)ぐらい食い意地をはってほしいのだがな」
フィリップ「それで結局どうするんだい?一真兄さん」
巧「頼む一兄!!俺らツッコミと総兄を助けると思って心を鬼にして(0M0)をなんとかしてくれ!!
 大体、一兄が本気を出したら(0M0)ぐらい簡単に防げるだろ!?」(切実)
良太郎「一真兄さんの薄細い体型より、巧の胃の方が深刻な状況かもね」
一真「そうか…ごめんな巧。よし!俺は((0M0)がオチに来る)運命と戦う…そして勝ってみせる!」
総司「頼むぞ一真兄さん。ライダーハウスの平穏がかかっている」
良太郎「僕も協力するよ一真兄さん!」
フィリップ「僕は(0M0)がオチにならないためにはどうすればいいか検索を…」


偶然仕事が休みだった日のおやつタイムに、新たな決意を抱いた一真と弟たちであった…

巧「って、こんなオチでいいのか!?アリなのか!?そもそもこれはオチと言えるのか!?」

終われ

153 :永遠の課題 4/4:2011/03/05(土) 04:05:43.42 ID:r4SKmlX40
〜おまけ〜

フィリップ「体型が劇的に変化する、むくむくスーツとむくむくスーツRX…?興味深いね…」(わくわく)
巧「げっ!」
総司「それは…!」
良太郎「検索しちゃらめぇぇえ!!」
一真「(アレどこにしまったっけ…?)」


*********************

本編の、剣王になった辺りの悟りを開いた僧や仙人みたいになった剣崎のつもりで書いたので、
このスレの明るく元気で三馬鹿の一人な剣崎が好きな方には違和感があったかもしれません。だが私は以下略
剣崎が好きでこれを書き始めたのにフィリップが暴走してしまった…ウゾダドンドコドーン!!
たっくんがボケていますが、彼もストレス発散がしたかったということにしといてください

たっくんの兄への呼びかたを「一真兄」と「一兄」のどっちにしようかで一日悩んだり、
「総司」に変換しようとしたら「掃除」になって過去スレネタの「掃除鬼」を思い出して
過去スレを読み返して一日が終わってしまったのも、すべてゴルゴムの乾巧が変身するディケイドって奴の仕業なんだ。

あ、「(0M0)」は「たちばな」「たちばなさくや」「たちばなさん」と読みます。


154 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 04:53:01.10 ID:PXxVkbvM0
なんだか( 0M0)が「名前を呼んではいけないあの人」のことを話す伏字みたいになってんぞw
乙!面白かったよ。でも一応名前で呼んであげてほしいなーと
俺はそこまで気にならないが、やっぱり間で何て呼んでるのかが文字でわかりやすいほうがありがたいと思うんだ

そういえば雛祭りネタなかったなぁ(チラ

155 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 08:12:56.67 ID:kZFjTjwCO
橘さんに恨みでもあるのか

156 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 08:40:31.57 ID:S2JY4MG3O
ちょっと前に橘さん馬鹿にすんなって狂ったように大騒ぎしてた人がいたけど、
確かに橘さんの扱いっていつもあれだわ
このスレに限らず板全体に言えることだけど、橘さんのキャラクターって極端にされがちだよな
本編では別に大食いキャラでもないのに、いつも飯の事ばっかで空気読めない奴にされるし
特に大食いネタは剣見た事ない奴が書いてるのかと思ったらそうでもないし、何でなんだろう

157 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 09:47:02.50 ID:Qpbtz0Ny0
極端にデフォルメされてるのは、全員同じだと思うけど?
あと、他のネタスレでの扱いまでここに持ち出すことないと思うな。

>>150 GJ

158 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 09:55:06.58 ID:0CZo3D3a0
>>154
そろそろ総司がシスコンをこじらせてる頃なんだがな

159 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 11:02:41.48 ID:2JKWtemP0
他のキャラはことさらに悪い方にはデフォルメされてないと思うけど。
名前も書いてもらえないとかどういう扱いだよ
しかも顔文字にしてる意味があるならまだしも意味もなく

160 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 11:11:40.60 ID:+3X/n8nyO
不満があるなら、自分でネタを書けばいい。
スレの流れを決めるのは読み手じゃなくて書き手。
嫌なネタ見たくもないっていうなら、スレ閉じて忘れればいい。
個人サイトでもない2ちゃんの一スレなのに、お客様気分の奴多すぎる。
なんで、お前らのご機嫌窺いながらネタ投下しなきゃいけない?

161 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 11:22:18.65 ID:2JKWtemP0
書く側も何やってもいいわけじゃないだろ
書き手様気分の奴多すぎるんだよ
594 :名無しより愛を込めて:2011/02/18(金) 16:55:58 ID:Xf3mWP/EO
本スレ30は失礼だし、擁護する気はない
ただ、自分もあのセリフは不快だったよ
橘さんがなにかした事が原因の喧嘩ならまだしも、全然関係なかったし
あそこまで言われる謂われが全く感じられなかった
ネタスレだからといってなんでもありじゃないと思うんだ
寛容さとか気に入らないならスルーとかもちろん大事なんだけど、限度があるというか…
上手くいえなくてごめん
橘さんに限らず、どのキャラにもファンがいるんだってことを忘れないでほしい

595 :名無しより愛を込めて:2011/02/18(金) 17:30:32 ID:Xf3mWP/EO
我ながらgdgdで分かりづらいな
要は読む側はもちろん、書く側も気づかいを忘れずにいこうってことが言いたかった

596 :名無しより愛を込めて:2011/02/18(金) 21:04:19 ID:PnwPNVjYO
>>594
うん。自分もそんな感じだな。わかるよ。
自分も気をつけなきゃって思うし。
まあ雨降って地固まると信じてるよ!23スレも続いてきたのはダテじゃない。

162 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 11:56:59.50 ID:6DCwgAEyO
自分は全く文章が書けないからなんでもござれだけどな〜
昔から作文が凄まじく苦手で原稿用紙1枚埋めるのもヒーヒーいってたw

163 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 12:05:36.46 ID:ujApPS1R0
>>161
>>なんで、お前らのご機嫌窺いながらネタ投下しなきゃいけない?

誰も自分の思うとおりに書け!なんて横暴な事は言ってないし
お客様気分の奴もいない
特定のキャラクターの扱いがあんまりだって言ってるんだよ
何か、不満がある奴は自分で書けって言う奴いるけど
そういう問題じゃない
いくらネタスレだといっても、性格改造にも限度があるだろって話

164 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 12:06:08.71 ID:ujApPS1R0
まちがえた、>>160だった

165 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 12:40:41.87 ID:kZFjTjwCO
>>160
ならお前は総司や良太郎やフィリップが意味なくボコボコにされるネタでも文句はないんだな

166 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 12:55:25.65 ID:kZFjTjwCO
あるいはヒビキや雄介、翔一が泥棒になって捕まっても
真司や一真や翔太郎、映司が人殺ししても構わないんだろう?
キャラ改変はみんなされてるのだから


167 :160:2011/03/05(土) 14:12:39.56 ID:+3X/n8nyO
別にいいよ。
「つまんないネタだなぁ」って思って終わり。スレ閉じて忘れるだけ。


168 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 14:37:48.55 ID:8LEjl5OJi
自分としては今回の橘さん関係のネタはそんなガタガタ言う程じゃないと思った
もっとひどい扱い(ネタ的な意味で)してる所なんてザラだし

むしろ>>149みたいなのが嫌だな
無感情で気持ちの悪い文体
リアクションもおかしい、キャラ改変どころの話じゃない
何回もネタ投下してるみたいだけど正直ひどいわ

169 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 14:43:45.76 ID:cm/P3slN0
良太郎「よし、NGIDに追加………っと」
フィリップ「何をやってるんだい?良太郎兄さん」
良太郎「うん、これ以上不毛な争いを見ていたくないからNGに登録して表示されないようにしたんだ」
フィリップ「なるほど、僕もやってみ………良太郎兄さん。どうやってNGに登録するんだい?」
良太郎「あ、フィリップはIEを使ってたんだね。僕は専用ブラウザを使ってるから………」
フィリップ「専用ブラウザか、興味深い」

総司「というわけで、この場はNG推奨だ。戦う気がなくても、読んでるだけでカッとなって
    争いに参加してしまう可能性があるからな」
真司「みんな、戦っちゃダメだぞ!!」
翔太郎「やりたきゃ、避難所あたりでやってくれ。ただし、迷惑をかけるような行為はするなよ」
雄介「けんか腰はNGだからね」

神崎「この闘志………。お前ら、ライダーになって戦え………」
真司「神崎ー!!煽るなっていうかそもそもライダーに勧誘しようとするな!」
巧「地獄兄弟化してるな………」

170 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 14:44:45.18 ID:cm/P3slN0
カッとなって書いてしまった。だが、後悔はしていない。

171 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 17:19:01.16 ID:+9AlBRLoO
自分はひどいと思った作品には一切触らない
スルーだスルー

172 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 18:50:45.97 ID:8LEjl5OJi
>>169

すまなかった本当に申し訳ない
10年ROMるわ…

173 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 19:26:16.30 ID:0EG/eqe40
最近のスレの空気が怖い・・・
投下にとてつもなく勇気がいる
自分も橘さん大好きで登場させたくなるが、叩かれるかもと思うと・・・
みんな、ほのぼので行こうぜ!!

174 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 19:53:47.26 ID:v+37p6dyO
〜ライダーショッピング!!〜
ここで兄弟スレをごらんの皆様に朗報です!
・朝ついつい二度寝をして遅刻してしまいそうになる。
・日中の疲れが眠ってもとれずに朝起きるのがつらい。
・起きるのが辛くて目が覚めたら昼を過ぎてしまっていた。
こんな事、皆さん一度は経験ありませんか?
そんなお寝坊さんにはこれ!
 (0M0){コレクッテモイイカナ]
ダディ枕と目覚まし時計のセットのご紹介です!
ご覧下さいこの丸みのある柔らかなライン
どんなお部屋にもあわせやすいシルバーとレッドのカラーリング
象に踏まれても壊れない耐久性と丸洗いできる防水性&清潔感!
そして、目覚まし時計のアラームはスヌーズ機能で二度寝の心配はなし!((0M0){コレクッテモイイカナコレクッテモイイカナコレクッテモイイカ..)
しかも…このスイッチをONにすると・・・・
(0M0)(0M0){{コレクッテモイイカナ]]
ほら、分裂して
(0M0)コレクッテモイイカナ≡ (0M0)コレクッテモイイカナ≡
喋りながら動くんです!
しかも両方のスイッチを切らないとずーっと動きながら音が鳴るので、寝坊の心配もゼロ!
こんな高性能の時計に同デザインの邸反発枕をセットにして、なんと!

175 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 20:04:46.32 ID:v+37p6dyO
ブチッ!

「「「あ」」」

「何すんだよたっくん!値段と電話番号もまだ出てないのに!」
「買うつもりだったんだ一真兄さん…」
「たっくん言うな!…そう言いながら、買うつもりだったろ良太郎…」
「興味深いじゃないか、あのBORD製だし安全性もバッチリだ!」
「あといつもの以下略企業も関わってんだよ!…検索すんなよフィリップ!」




「この前の臨時収入がはいったぞ…そうだ、小夜子と食事でも行くか」
「あれ…楽しそうですね橘さん」
「ああちょっとな…」


176 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 20:23:04.36 ID:av7rs3kgP
>>169
おおっ、なんか昔のノリだww
荒れ始めたら誰かがネタにして笑う、そんなこのスレが好きで常駐し始めたんだよ。


>>174
その時計、ほしいwww
にゃんこがじゃれそうだが。

177 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 20:37:43.30 ID:x87JOH5q0
>>174
邸反発枕…
目覚ましと連動して時間になると家から飛び出すんですね

178 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 20:48:39.01 ID:qXHTP1Dv0
>>174
別バージョン、ガタキリバ&赤い腕型抱き枕の開発も、お願いします


179 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 21:44:58.60 ID:ct+C52S9O
良太郎「あの人形の目覚まし時計どっかで作ってくれないかなぁ」
巧「人形って…あのオッサンの腕に乗ってるやつか?」
アンク「はぁ?お前の弟 どんな趣味してんだ?!」
映司「趣味とか言うよりも、どうやって起こすんだろう その時計」



目を覚ますと枕元にあの人形が…

180 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 22:43:00.56 ID:9Jdu9ukP0
>>179

素で怖いわwww

181 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 22:53:09.64 ID:7sUglV0BO
もういっそのことキヨちゃんにこけしの格好させて部屋に置いとけばいいじゃないか

182 :名無しより愛をこめて:2011/03/05(土) 23:36:20.54 ID:u2bMkUdx0
>>181
いつぞやのこけしライト思い出したwww
あれの隣に並ばせてにんまりする良太郎が浮かぶ…

183 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 00:46:40.13 ID:Ck9OFEhiO
そういえば人型携帯電話が開発されたとかで、写真見たらキヨちゃん思い出したんだが
良太郎はああいうの欲しいとか言い出さない…よな?


184 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 01:58:03.56 ID:Ys4sCG0I0
>183
うっとりしながら欲しがりそうw
そして普段ものをねだらないタイプの良太郎が言うだけに、
買ってやろうか、でも…と迷う兄たちの姿が見えるw

185 :ひなまつり☆後日談 1/3:2011/03/06(日) 03:11:12.52 ID:vxqMx+pv0
お婆ちゃんが言っていた……雛祭りネタがみたいなら書けばいいじゃないと
しかし文才がないので思いつくままに書いていったら後日談になっていた
総司、シスコンキャラ暴走。崩壊注意。苦手っぽかったらNGしてね!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


翔一「いやー、雛祭り盛り上がったねー!楽しかった!……だから、さぁ総司」
総司「雛人形は片づけさせん……!」
翔一「ちゃんと片付けないと!片づけるまでが雛祭りでしょ、みんながお嫁に行き遅れちゃうぞー」
総司「ふん、俺を超えてゆけぬものに姉妹たちを任せられるものか!」HENSHIN
真司「だからって変身するなよ!俺は誰とも戦いたくないんだ!」
総司「問答無用!」Change beetle
フィリップ「お嫁に行けない……?雛祭りとはそんなまじないじみた部分もあるのか!興味深い!」
翔太郎「おいこらフィリップ!今はとりあえず総司の気をそぐ方法を検索……おい!」
橘「……ふむ、取り込み中みたいだな」
一真「橘さん!?……えーっと、いったいどうしたんです?」
橘「いや、先日はうまい菱餅をありがとうと礼を言いにな」
一真「いえいえそれほどでも……って、今はそれどころじゃ!」
橘「うまい牛乳を仕入れたからこれを差し入れにしようと思ったんだ……まかせろ」
一真「任せろって橘さん、いったいなにを……」

橘「話は聞かせてもらった。雛人形をかたづけずにいると結婚が遅れるというのはよくある迷信だな」
総司「……たとえ迷信だろうと、俺は大切な姉妹達を守るためなら戦う」
真司「だからってその兄弟達まで巻き込みかねないことするなよ!」

その言葉に気づき、あたりを見回すとぼろぼろになっていました
いくら丈夫なライダーハウスでも超高速の世界で暴れまわる天の道を行く男の力には耐えきれなかったのでしょう
半ば意地になってしまったのもあるのでしょうが総司らしからぬことです
とりあえず総司を落ち着かせようと変身していた士も、総司が動きを止めたので冷静さを取り戻したのでしょう
周りの惨状をみると、「俺は破壊者だからな」とつぶやきつつ
目についたテーブルの上にあったペットボトルのラベルをビリビリと剥がしはじめました
最初の10秒間だけつきあった巧は、超高速の世界でのボケにツッコミをいれていたのか異常にバテてしまっています

186 :ひなまつり☆後日談 2/3:2011/03/06(日) 03:12:28.51 ID:vxqMx+pv0
総司「くっ……天の道をいくものらしくもない失態を」
橘「よく言われる『婚期が遅れる』というのはそもそも『けじめを持たずにだらしなくしていると嫁の貰い手が現れない』ということだ」
総司「……それが……どうした?」
橘「お前は、自分の大切な姉妹が『けじめも持たず、堕落した生き方をする』のを望むのか?」
総司「……!」
橘「大切なものを、失うのはつらい。だからといってその大切なもののあり方まで変えてしまったら意味がないぞ」

かつて、大切なものを何度も失った男の言葉にその場の誰もが沈黙してしまいました
全員一旦落ち着き、冷静に見回してみると一見大惨事だった現場は
物へは被害がありますが人へは無理に雛人形に近づこうとしたもの以外に怪我もありません
それどころかまきこまれて転び、頭をうちかけていた良太郎の頭の下にはまくらがしかれていました

総司「……すまない。少しらしくもないことをしてしまったようだ」
良太郎「でも、総司兄さんのおかげで怪我、しなかったし……家族が大事なのは、みんな一緒だよ」
橘「人を思いやるということは、時としてその相手をみることを忘れて保護しようとする。大切だからこその間違いもあるんだ」
総司「……あぁ。今日は詫びの印として全員の好物をだそう」
真司「マジで!?ッシャー!じゃあ俺は……」
総司「無論、栄養バランスを考えておかずや、中に何か混ぜ込めるものならば調整もするからな」
良太郎「もし侑斗がいたら、『しいたけいれんな!』って怒りそうだね」

いつもどおりのわいわいとしたライダーハウスに戻り、全員一安心です
一部始終を見ていた一真は思わずつぶやいてしまったそうです


「やっぱり橘さんは一流だなぁ」

187 :ひなまつり☆後日談 3/3:2011/03/06(日) 03:17:51.53 ID:vxqMx+pv0
おまけ〜少し時間をおいて〜
フィリップ「ちなみに、もともとは旧暦の3月3日、つまり4月すぎほどに行っていたらしいね」
翔太郎「やっと検索から帰ってきたか……飯、できてるぞ」
フィリップ「ありがとう、翔太郎。……そして、『片づけるのが遅れるといき遅れる』というのにはもうひとつ説があってね」
映司「へー、どんなの?」
フィリップ「旧暦の場合、梅雨が間近のため少しさぼっていると湿気にやられてカビなどにやられてしまいやすかったそうだよ」
映司「あー、日本は確かに急激にかわるもんね……それで危機感を持って片づけよう!ってわけなんだ!」
フィリップ「多少の危機感がないと人間は積極性をなくしやすいからね、生活の知恵さ!」


おまけ2〜ご飯後〜
一真「おだいりさーまとおひなさまー♪」
フィリップ「ちなみに、その歌詞に間違っているところがあるんだよ。一真兄さん」
一真「ウェッ!?でもこれ以外の歌詞なんて聞いたことないぞ?」
フィリップ「そう、そもそもこの童謡のせいで誤解されやすいが……『お内裏様』とは『内裏雛』のことなんだ」
一真「内裏……雛……?」
フィリップ「そう、『内裏にいる男女雛』という意味だね」
一真「えーっと、つまり……『おだいりさまとおひなさま』で1セットの内裏雛ってことなのか?」
フィリップ「流石一真兄さんだ、察しが早い!だからその歌詞のままだと内裏にのった男女雛と別に女性の雛がいることになる」
一真「ま、まさか……不倫の歌……!?」
フィリップ「そう、その可能性もでてくるんだ!この歌が作られた背景をさらに検索したくなってきたよ!」
巧「……いや、リズムに乗せやすいように調節しただけだろ」


おまけ3〜事件直後=
総司「……今回はすまなかったな」
橘「気にすることはない。俺もいつもごちそうになっているからな」
総司「とりあえず夕食は余分に作っておいた、一緒に……」
橘「すまないが今日は小夜子と予定があるんだ。気持ちだけいただく」
総司「そうか……また来い。今度はとびっきりの料理を作っておく」

この言葉をまにうけ、小夜子さんとのディナーを頼むと言われた総司が頭を抱えるのは別の話


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
菱餅=橘さん!とか思ってたら一流の橘さんが書きたくなった
そしたらでれてない兄弟が思った以上にでてきた。まえがきに書いとくべきでしたごめんなさい
雛祭り本番の話はたぶん収拾つかなくて書けません。いつも書いてる職人の皆様すごいです
ここまで読んでくださった方、ありがとうございました

188 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 06:59:15.73 ID:IA2Kx0YoO
>>185 GJ
橘さんは最高です!

189 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 08:52:02.42 ID:DfneT/gz0
>>185GJ!!
面白くてためになったー橘さん素敵ww
でも菱型だから橘さんというのは盲点だった
超高速の世界でのボケにツッコミ→巧ww

190 :万物の根源をなす究極的要素 1/9:2011/03/06(日) 09:03:41.62 ID:DfneT/gz0

橘さんな流れに乗って投下・・・といってもあんまり出ません。
時間の流れが微妙におかしいかもしれないのはスルーしてください。

***************************

ここは喫茶店ハカランダ。
一真はいつものように、カウンター席でオレンジジュースを飲んでいた。
すると。

始「剣崎、来週の日曜は空けてあるだろうな」
一真「ウェ、何かあったっけ?」
始「お前・・・一年で最も重要なこの日を忘れたと言うのか」(ジロリ)
一真「ちょ、ちょっと待って今すぐ思い出すから!(えっとえっと、何だっけ、全然出てこない・・・!)」
始「・・・仕方のないやつだ・・・大事な誕生日を忘れるとは」
一真「ええっ!始ってもうすぐ誕生日なのか?」
始「そんなわけあるか。アンデッドに誕生日などあるはずないだろう」
一真「まぁそうだよな〜一万年前に日付の概念なんてなかっただろうし。じゃ誰の・・・あ、天音ちゃんか!」
始「ようやく思い出したか」
一真「あー、そういえば去年もハカランダでパーティーしたよな!すげー楽しかった〜!
   うんその日なら予定もないし、天音ちゃんをお祝いしに来るよ」
始「なら、いい。だが剣崎」
一真「ん?」
始「お前は去年も天音ちゃんに、『こんど』と書いた紙を渡していたな」
一真「・・・いや、あの、その、金欠で・・・」
始「天音ちゃんは、今年は何がもらえるかときっと楽しみにしているはずだ」
一真「始・・・天音ちゃんの気持ちを思いやれるようになったんだな・・・」
始「剣崎、今年こそは天音ちゃんの喜ぶプレゼントを用意しろ。分かったな」
一真「ウェ?俺カツアゲされてる?
   ・・・あの、俺の気持ちっていうか、懐事情も思いやってほしいんだけど・・・」
始「・・・」
一真「分かった!分かったから、とりあえずカード下ろせってー!!」

剣呑な雰囲気の始から、ダッシュで逃げる一真。
うっすいサイフを握りしめ、ため息をつきながら帰宅する。

一真「はぁ、でも今そんなに持ってないんだよな・・・誰かに借りるしかないか。
   今月、まだ始まったばっかりだし。えっと今サイフの中身は・・・3500円かぁ」


191 :万物の根源をなす究極的要素 2/9:2011/03/06(日) 09:05:22.29 ID:DfneT/gz0

すると、自宅への帰り道で、頼れる長男に遭遇する。
なぜか慌てた様子の兄は、一真に声をかけてきた。

ヒビキ「おかえり〜いいところに!一ちゃんちょっとお金貸して!」
一真「へ?どうしたんだ、ヒビキ兄?」
ヒビキ「街中に魔化魍が出たからさ、ついうっかり服を脱がずに変身しちゃって・・・。
    3日で三着ダメにしたら、総ちゃんが今月は自腹で何とかしろって!」
    今からユニクロ行ってくるから、悪いんだけど・・・」
一真「おー、じゃこれ3000円でいいかな?」(紙幣をひょい)
ヒビキ「ホントごめん!助かった〜給料出たら返すからね!」(シュッ)
一真「行ってらっしゃ〜い・・・って、貸しちゃってどうすんだ俺ー!!」

所持金残高、500円なり。
更に薄くなったサイフを片手に、帰る道すがら、三男の事務所に寄ってみることにした。

翔太郎「金?あーいいぜ、お兄様が貸してやるよ」
一真「ありがとな、助かった〜!」
翔太郎「ほら、持ってけ」(紙幣をひょい)

翔太郎が気前良く差し出した紙幣を受け取ろうと、一真が手を伸ばすと。

亜樹子「ハイハイ一真さーん、じゃこっちの借用書にサインを!」
翔太郎・一真「は?」
亜樹子「こーゆー事は、兄弟でもきちっとしとかないとね〜!後々モメゴトになると困るし!」
翔太郎「オイ亜樹子!俺のポケットマネーなんだから、お前は口出しすんじゃねぇ!」
亜樹子「あ〜ら、こないだハードボイルド小説を買うのに、事務所のお金を持ち出したのはどなたでしたっけ?」
翔太郎「うっ・・・!」
亜樹子「だいたい報告書を打つのに使ってるタイプライターだって、翔太郎くんの趣味じゃない!
    あの骨董品の維持費だって経費から出してんのよ!」
翔太郎「こっとう・・・!?アレは探偵の必需品なんだよ!!」
亜樹子「よって翔太郎くんのお金は事務所のお金も同然!この所長様がばっちり管理させてもらいます!」
翔太郎「聞けよ人の話!!」
フィリップ「さすが亜樹ちゃん。頼りになるね」
翔太郎「おっまえ、何を他人事みたいに・・・!!」
亜樹子「今月は依頼料が少ないし、フィリップくんがハマったナタデココ代がかかったし・・・。
    ということで、今一真さんに貸せるお金はこれだけでーす!」
翔太郎「・・・1850円・・・ってオイィィ!こんだけかよ?!」
一真「いやあの、借りられるだけで助かるから、ホント!所長もありがとな!」
亜樹子「ちなみに利子はトイチだから♪よろしく〜」
翔太郎・一真「!!」
フィリップ「トイチ・・・興味深い。さっそく利息制限、ヤミ金、ミナミの帝王で検索だ!」


192 :万物の根源をなす究極的要素 3/9:2011/03/06(日) 09:06:51.62 ID:DfneT/gz0

所持金残高、2350円なり。
僅かに膨らんだサイフと共にライダーハウスに帰宅すると、玄関で四男に遭遇した。

真司「え〜俺も今月、そんなに残ってないけど・・・」(サイフごそごそ)
   あ!虎の子のいちまんえん発見〜!!じゃこれ一真に」(紙幣をひょい)
蓮「(バタン)今月分の取り立てにきたぞ、城戸」(横からひょい)
真司「・・・orz」

颯爽と現れたお隣さんに、一瞬で持って行かれてしまう。

蓮「ちなみにこれは利子だからな。借金総額は増え続けているぞ」
真司「・・・貸してやれるはずだ・・・たとえ金が無くても、俺に兄貴の資格があるなら・・・!!」
一真「俺が悪かったから台詞パクんないで!!気持ちだけもらっとくから・・・!!」

所持金残高、2350円なり。
荷物を置きに部屋へ戻ると、ちょうど窓から帰宅した二男にばったり。

一真「兄さん、かくかくしかじかで・・・悪いけど、いくらか貸してもらえないかな?」
雄介「もちろんいいよ〜可愛い弟のためですから! 」
一真「ありがとう、助かる!」
雄介「じゃ・・・はい、これ全部持ってっていいよ」(バサバサ、チャリンチャリン)
一真「え、こんなにいいのか?って、あれ?これ・・・外国のお金?」
雄介「両替すればちゃんと使えるよ〜。
   これはインドのルピー!俺がまだ冒険はじめてすぐの頃に、この国でお世話になったんだよね〜。
   こっちはキューバのペソ。日本のお金と交換してあげたら、子どもたちがすっごく喜んでくれたんだ!
   あとこれはリラ!記念すべき1000個目の技を身に付けたのがトルコでさ!いや〜あの時は修行が大変だったよ〜」
一真「・・・そっか、このお金全部、兄さんの冒険の足跡なんだな」
雄介「うん、そうだよ。でも一真、困ってるんだろ?
   そんな時に助けてあげられるんだから、俺は使ってくれると嬉しいよ」
一真「俺も兄さんの気持ちがすごく嬉しい。だから、このお金は兄さんが持っててくれよ。
   でさ、またこのお金にまつわる冒険の話、聞かせてほしいな」
雄介「あはは、喜んで!」(サムズアップ)


193 :万物の根源をなす究極的要素 4/9:2011/03/06(日) 09:08:09.06 ID:DfneT/gz0

所持金残高、2350円なり。
今度は階段の近くで、十男に遭遇。いつもの澄ました顔で近寄ってきた。

士「金に困ってるそうだな、一真兄さん。臓器を売り出す前に、この優しい弟が貸してやろうか?」
一真「う・・・なんか後が怖いけど、背に腹は代えられない!どうか貸してください士様!」
士「いい心がけだ・・・なぁにトイチなんてケチケチしたことは言わない。どっさり借りていけ」(紙幣をひょい)
一真「サンキュー士!
   あとは記憶喪失になってくれたら、体(ブレイドブレード)で恩返しするぞ!」
士「そんなもん、そうホイホイなれるか・・・って俺が言うのもおかしいな」
一真「よぉし、これで何とか足りるかな」
士「そうそう、前に3000円立て替えたことがあったな」
一真「あ、そうだった!じゃ先に返しておかなきゃな〜」(紙幣をひょい)
士「・・・細かいほうが使いやすいな。両替できるか?」
一真「おーいいよ。じゃこの1000円を500円玉2枚に」(チャリンチャリン)
士「この1000円も替えてくれ」
一真「はいはいっと」
士「やっぱりこれは札のほうがいいな」
一真「あ、そうか?んじゃ、はい」
士「それからこっちの5000円も替えてほしいんだが」
一真「これもだな!了解〜」
士「あとそれから・・・」


一真「・・・あれ?士に借りたはずのに、金減ってる・・・何でだ??」
破壊者「・・・ニヤリ」

所持金残高、なぜか1980円なり。
台所の近くで、八男と相棒の言い争う声が聞こえてきたので近寄ると。

映司「あ〜アンク!アイスは1日一本って約束だろ!
   しかもまたハーゲンダッツ買ってきて!ガリガリ君まだ残ってるじゃんか!」
アンク「何を食おうと俺の勝手だ。アイス一年分、しっかり貢いでもらうからな」
映司「せめてホームランバーにしてくれよ〜もう小銭も尽きそうだって!」
アンク「うるさい。文句言う暇があるなら、らさっさと稼いできたらどうだ」
映司「・・・はぁ・・・。あれ一真兄さん、俺に何か用事だった?」
一真「・・・映司、強く生きろよ・・・こいつに金貸してなんて言ったら人間失格だよ俺・・・
   ・・・いや、結構前から人間じゃないけどさ・・・ブツブツ・・・」(立ち去る)
映司「??」


194 :万物の根源をなす究極的要素 5/9:2011/03/06(日) 09:09:29.75 ID:DfneT/gz0

所持金残高、1980円なり。
すると廊下で、不機嫌な顔の十一男に遭遇した。

巧「・・・オイ一真兄。これだいぶ前に立て替えてもらってた分。遅くなったけど、ほら」(紙幣をひょい)
一真「おー巧!そんなのいつでもよかったのに・・・って、あれ。なんか多くないか?」
巧「・・・ずいぶん借りっぱなしだったし・・・利子だと思ってとっとけよ」(ぷい)
一真「えーでも悪いよ。利子なんて気にしなくていいからさ!」
巧「〜〜〜!!・・・ったく!!金、いるんだろ!?いいから持ってけっての!!」
一真「・・・たっく〜ん!!」(タックル)
巧「・・・(ヒョイ)」
一真「よけるなよ!!」
巧「よけるだろ!!」

所持金残高、4980円なり。
次は洗面所にて、暗い表情の十二男を発見。

良太郎「はぁ・・・」
一真「ため息ついて、どうしたんだよ良太郎?」
良太郎「あ、一真兄さん・・・何でもないよ、大丈夫だから」
一真「水臭いな〜俺たち家族だろ?ほら兄ちゃんに話してみろって!」
良太郎「・・・実は、おとついモモタロスが暴れて侑斗の服を破いちゃったんだ。
    デネブがアップリケ(しいたけ柄)つけてくれたけど、すごく怒ってて・・・やっぱり弁償しないと悪いし」
一真「・・・ウェ・・・」
良太郎「昨日はウラタロスが使いすぎた携帯の料金が、すごい額引き落とされちゃって・・・。
    今朝はお店を手伝ってくれたキンタロスが、うっかりドアノブを壊したから、修理費を銀行からおろしてきたんだけど」
一真「・・・」
良太郎「で、さっきリュウタロスがクレヨンでお絵描きしちゃった巧のお気に入りのCD、これから買いにいくところなんだ」
一真「・・・」
良太郎「でも昭和40年代のCDで、プレミアがついてるっていうし・・・幾らくらいするんだろ」
一真「・・・良太郎、何も言わずにこれ持ってけ」(紙幣をひょい)
良太郎「え、でも兄さん」
一真「いいんだ、俺いっつも兄貴らしいこと全然してやれないからさ!
   こういう時くらい、かっこつけさせてくれよ」
良太郎「・・・ありがとう、兄さん。でも兄さんはいつもかっこよくて、すごく頼りになるよ」
一真「そっか?へへっサンキュな!」


195 :万物の根源をなす究極的要素 6/9:2011/03/06(日) 09:10:27.45 ID:DfneT/gz0

所持金残高、980円なり。
九男の工房にて、今度は顔を見るなり頼みごとをされる。

渡「あ、兄さん、ちょうど良かった。お願いがあるんだけど」
一真「もう980円しかないんだー!!」
渡「え、いきなりどうしたの?お金でも落としたとか?」
一真「あれ、お金貸してっていうんじゃないのか?」
渡「やだなぁ違うよ。お金が足りないんだったら、よかったら貸そうか?」
一真「ホントか?!助かる〜!あ、先に渡のお願い聞かなきゃな」
渡「ありがとう。実は兄さんにしか頼めないんだけど・・・」
一真「どうした?頼れるお兄ちゃんに、何でも言ってみろ!」
渡「新しいニスの材料を探してるんだ。
で、ウェイローチさんの触覚と羽を少しもらえないかと思って・・・」
一真「・・・!!」
渡「あ、もちろんほんのちょこっとでいいんだけど・・・だめかなぁ?」

大きな目、色白の顔・・・昔はよく女の子に間違えられて泣いていた弟。
今でも優しげな顔つきはそのままで、兄弟の中でも穏やかな性格は、癒し担当として貴重な存在だ。
首をかしげて上目遣いで一真の返事を待つ姿を見ると、何でもいうことを聞いてやりたくなる。

どうする〜ア●フル〜♪
一昔前に流行ったチワワのCMが頭をよぎり、思わず頷きそうになる・・・が。
渡の背後には異臭を放つ大鍋が煮えたぎっており、優しげな笑みを浮かべたまま、手に握っているのはザンバットソードだ。

脂汗を垂らして硬直する一真の頭の中では、ウェイローチたちの悲壮な会議がリアルタイムで聞こえている。

「ボスのためなら、エーンヤコーラ!」
「ウェイ!ウェイ!」
「触覚や羽の一本や二本くらい差し出せなくて、ウェイローチが勤まるかー!」
「ウェイ!ウェイ!」
「ボス、我ら覚悟はできています!どうぞ本懐を遂げてください!」
「ボス!ボス!」
「ウェイ!ウェイ!」

こんな覚悟を聞かされて、ローチたちを渡に差し出せるようなら、きっと一真は今も人間だっただろう。
そして頼みを断りがっかりさせる弟相手に、金を貸せと言えるようなら、きっと貧乏とも無縁でいられただろう。
チワワ、もとい渡の懇願の視線を振り切り、一真は再び金策の旅へと赴いた・・・。

所持金残高、980円なり。


196 :万物の根源をなす究極的要素 7/9:2011/03/06(日) 09:11:35.16 ID:DfneT/gz0

最後に訪れたリビングでは、六男と七男が家計簿をつけているところだった。

一真「・・・ここは最後にしたかった・・・」(コッソリ)

翔一「う〜ん・・・。やっぱり食費、けっこうかかっちゃったな〜今月」(電卓パチパチ)
総司「さすがに肉や魚、卵やバターはうちでも作っていないからな」(そろばんパチパチ)
翔一「バターの値上がりが痛いよね〜。それからお客さんも今月多かったし」
総司「・・・橘は、客にカウントしなくていい」

一真「・・・(金貸してって、すげー言いにくいぞ・・・!!)」(コッソリ)

翔一「でも、一真兄さんの尊敬する先輩だし!それに、いざっていう時、頼りになるもんね?」
総司「・・・そうだな。それに、一真兄さんがこの家に帰ってこられたのは、ヤツの尽力があればこそだ」
翔一「総司・・・」
総司「あの時の恩を思えば、多少の食費ぐらい安いものだ」
翔一「・・・とか言って、ご飯食べられちゃうと、毎回ゼクター構えて怒るくせに〜」
総司「しつけは・・・もとい、けじめは必要だろう?」


一真「・・・」
翔一「あ、一真兄さん、帰ってたんだ。おかえり〜」
総司「兄さん、またポケットを確認せずに洗濯物を出したそうだな。巧が怒っていたぞ。
   全くそんなだから、いつまでたっても兄らしくないと言われるんだ。
   樹花たちの手本となるように、もう少ししっかり・・・?」
翔一「・・・兄さん、大丈夫?」
総司「・・・泣く程きつく言ったつもりはないが。どうしたんだ兄さん」
一真「お前らみたいな弟を持って、俺は、ほんとに幸せだ・・・!!」(涙ぐみながらハグ)

真っ赤な目で弟を抱きしめた後、明るい表情で顔を上げる一真。

一真「・・・そうだよな!俺お兄ちゃんなんだし、しっかりしないとな!!」(ダッシュ)

泣きながら走り去った兄を見送る、台所の守護神s。

翔一「・・・総司。一真兄さんがいるの、気づいてたでしょ」
総司「・・・なんの事だ」(お茶ずずー)

・・・所持金残高、980円なり。


197 :万物の根源をなす究極的要素 8/9:2011/03/06(日) 09:12:25.68 ID:DfneT/gz0

そして誕生日当日。
飾り付けられたハカランダの店内は、笑顔で満ち溢れている。

栞「おめでとう天音ちゃん!」
虎太郎「このケーキ、僕と広瀬さんで作ったんだよ〜・・・まぁほとんど僕が」
栞「何か言った?白井くん☆」(めきょ)
虎太郎「イエ何にも!」
遙香「ほら天音、お礼は言ったの?」
天音「二人ともありがとう!すっごく美味しそう〜!!」
橘「さ、食べようか」
睦月「橘さん今切るから待っててくださいってば!!」

和やかな空気の中、

一真「はい天音ちゃん、俺からのプレゼント!!」

と、一真が差し出したのは。

天音「うわぁ可愛い〜!」
虎太郎「テディベアかぁ、剣崎くんにしてはセンスいいじゃない」
栞「ホント可愛い・・・ってアレ?これ手作りなの?」
一真「おう!姉さんたちに手伝ってもらってさ、なかなか上手くできてるだろ?」
睦月「剣崎さんすごいですね〜!」

天音「ありがとう、剣崎さん!今年は『こんど』じゃなかったんだね!」
一真「ハハハ・・・(汗)」
天音「でも私、実は『こんど』をもらうのも嬉しかったんだよ」
一真「ウェ?」
天音「だって、また次があるっていう約束でしょ?始さんも剣崎さんも、絶対に約束、守ってくれるから!」
始「天音ちゃん・・・」


198 :万物の根源をなす究極的要素 9/9:2011/03/06(日) 09:14:00.98 ID:DfneT/gz0

−何も諦めたくなくて。
世界も、始も、どちらも守るために。
人間であることを捨て、ひとりで旅立ったあの日。
覚悟の上での選択ではあったけれど、たくさんの人を悲しませたことだけは、今でも後悔している。
姿を消した自分のせいで、「みんなで一緒に帰るから」と天音に告げた始の約束が果たされたのは、ずいぶん後になってしまった。
たったひとりで運命との戦いに身を投じた、その年の天音の誕生日は『こんど』の紙すら渡せなかった。

自分と始が運命に打ち勝ち、再会した時。
何も聞かずにおかえりなさいと笑ってくれた小さな少女は、待つという強さを持っていたのだと気付かされた。

−きっと、本当に強いのは。

天音「だから、来年も再来年も、ずうっとお祝いしてね!」
始「・・・ああ、もちろんだよ、天音ちゃん」
一真「・・・来年はさ、もっとすごいプレゼント用意するから。また、みんなでお祝いしような」
天音「うん!約束だよ、剣崎さん!」
始「・・・今度は忘れるなよ、剣崎」
一真「・・・ん。約束、な」

そばにいない時でも、自分を信じ待っていてくれた家族、仲間、大切な人たち。
自分の名を呼ぶ暖かい声と、笑顔の溢れる時間。
あの日から、こんな空気に触れるたびに、何度も胸のうちで繰り返す言葉。


(・・・ただいま)


−未来。
悲しみが、終わる場所。



***************************

ブレイド大好きだー
でも兄弟も大好きだー→全員出したくなる→長くなる・・・orz
いつもこの連鎖に陥る・・・まとめられる職人さんたちすごい。
書いてて士とOOO組(というかアンク)がひどいと思った。
士はあとで総司にお仕置きされたと思う・・・


199 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 11:46:30.58 ID:W6MLpBWXO
>>190
GJ!金策に奔走しつついい兄貴ぶりを見せる一真に感動。
兄弟の金銭感覚もそれらしいし、最終的に剣組の絆を感じさせる話だった。

細かいことでアレだけど、'70年代はまだレコードの筈だよw

200 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 14:25:08.92 ID:VCV7FZH+0
金欠の兄からさらに毟り取るww
でも士の言う臓器売りがウェイローチ達のことにも思えた。
二十歳双子・・・恐ろしい子達・・・www


201 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 17:24:32.69 ID:9ipDTjTC0
最後にかなり涙腺が刺激されました〜
基本的には笑えるんだけどw

202 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 17:26:07.48 ID:zVru6eDgO
ライダー兄弟のSSと住人同士の内輪揉めと一粒で何度も美味しいから俺はこのスレ好きだよ
だからもっとやれ

203 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 19:27:07.10 ID:h9jceorCP
GJ!なんだが、突っ込みどころが一つ。
昭和40年代だとCDではなくレコードだ。

204 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 23:43:35.72 ID:uM2L1d7DP
GJ!!
ウェイローチ、健気や

205 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 23:46:58.27 ID:vxqMx+pv0
>>190
GJ!
みんなそれらしくてニコニコして、最後でうるっときた!
本当に士は破壊者だなぁ(褒め言葉

206 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 08:54:33.74 ID:N+7fO2hM0
>>190
GJ!
でも、士は能登のとそのことがばれて、
夏美と総司にお仕置きされて
笑いながら壁にめり込んでると思うんだ。

207 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 08:55:28.85 ID:N+7fO2hM0
↑後のが能登のになってた・・・
いっぺん、死んでくる…

208 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 14:51:24.46 ID:e9srsKu50
ロダ見てきた!
二号家バージョンGJ!
何気に夫婦も揃ってる!亜樹ちゃんには「そうきたかw」とニヨニヨさせていただきました。

209 :さあ変身だ!1/2:2011/03/07(月) 20:29:29.74 ID:O4DUVB8F0
前スレで良太郎がFRしたそうだからやらせてみた。
一度もFRしてない兄弟にやってもらった。

―――――――――――――――――――――――――

フィリップ「良太郎兄さん完成したよ!!」
良太郎「これが・・・」
フィリップ「そう!ZECT以下略にも協力を得て
 ケータロスを改造してできたんだよ!」
良太郎「ふわぁ〜、すごいな〜。でも僕の我が儘
 聞いてもらってごめんねフィリップ」
フィリップ「いいんだよ。僕も気になってたしね。
 それじゃあ・・・」
良太郎「うん!やってみよう!!」
良・フィ「おーーっ!!!!」


第一被害者

士「なに?変身してみてくれ?」
フィリップ「うん。お願いできるかい?」
士「まあお安い御用だが・・・変身!」
フィリップ「良太郎兄さん今だよ!」
電王「うん!ちょっとくすぐったいぞ♪」
ディケイド「は?ギャーーーー!!!!」

その後

士「・・・・・・(ちーん)」(真っ白)
フィリップ「大成功だね!」
良太郎「う、うん。でも士兄さん大丈夫かな?」
フィリップ「んー・・・ちょっと刺激が強すぎただけ
 だから、暫らくすれば元通りだよ」
良太郎「そっか、よかったぁー」
フィリップ「じゃあ次いってみようか」
良太郎「うん」

210 :さあ変身だ!2/2:2011/03/07(月) 20:30:24.62 ID:O4DUVB8F0
第二被害者

翔太郎「なに?試してみたい事があるから
 フィリップと一緒に変身してくれ?」
良太郎「えっと・・・いいかな?」
翔太郎「そのぐらい構わないけどな。やるぞ
 フィリップ!」
フィリップ「OK.。じゃあ良太郎兄さんも」
良太郎「わかった」
翔・フィ・良「変身!」
JW「で?次はどうするんだ?」
SW「とりあえず向こう向くよ」
JW「?」
SW「それじゃ良太郎兄さん。さっそく・・・」
電王「ちょっとくすぐったいぞ♪」
JW「うわーーーーーー!!!!」

その後

翔太郎「もう・・・勘弁・・・」
フィリップ「なに言ってるんだい?翔太郎兄さん。
 次は単体でやるんだよ」
翔太郎「いや待って・・・」
フィリップ「じゃ、悪魔と相乗りしようか」
翔太郎「や、やめろーーーー!!!!」



第三被害者

映司「え?変身してくれ?」
フィ・良「だめ?」(首傾げ)
映司「そのぐらい平気だよ。アンク!
 後でアイス買ってやるからメダル」
アンク「チッ・・・(シュッ)」
映司「(パシッ)サンキュ!変身!」
フィリップ「それじゃ良太郎兄さん」
良太郎「うん、変身」
オーズ「で、何をするんだ?」
フィリップ「背中をこっちに向けて」
オーズ「?分かった」
フィリップ「それじゃ・・・」
電王「ちょっとくすぐったいぞ♪」
オーズ「へ?アッーーーーー!!!!」

その後

オーズ「もう・・・ゆる・・」
フィリップ「じゃあコンボ別にいってみようか」
オーズ「・・・・(ぽかーん)」
電王「大丈夫だよ!さっきの格好よかった
 から、他のも絶対カッコイイよ!!」
アンク「お前、趣味悪いな」

―――――――――――――――――――――――――
どんな姿になったかは皆の創造にまかせる。
ただし良太郎の趣味全開だったと言っておこう。

211 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 20:40:23.82 ID:28IHqnKIO
サイクロンサイドってことか、ならCじゃね?

212 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 21:00:11.68 ID:gAx/gCqS0
ロダ2号家バージョンGJ!!
すげー人数w何気に1号家よりも多いんだよなー
可愛いイクサ&Wに笑ったww
あと伊達さんと後藤さん、始と橘さん両方いるのも嬉しい!
細かいところもまでほんとすごい!!
一人生身の一条さんもwww

213 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 21:25:05.82 ID:BhE3ri0C0
ロダの2号家GJ!!夫婦かわいいなぁ



214 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 21:29:21.13 ID:O4DUVB8F0
>>209です
>>211
しまった…すまん。誤字報告ありがとう。
ちょっと電車斬りされてくる。

215 :sage:2011/03/07(月) 22:51:01.96 ID:+XYdJ10Y0
>>209へこの言葉を捧げるぜ
つ【Nobody's Perfect】
ほら、翔太郎方式のアレならsaikuronで合ってるからさ!
良太郎もフィリップも楽しそうで兄貴たちも強くは拒否できないなw
どんな姿にされてしまったのか知りたいような知りたくないような

そしてロダGJ!なにわの美少女仮面www
嫁からデネブから一条さんに5103まで…ありがとう!!!


216 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 22:56:10.62 ID:+XYdJ10Y0
はっ…名前…ちょっと自分も電車斬りされてくる


217 :名無しより愛をこめて:2011/03/07(月) 23:22:39.11 ID:NMiwGoJPP
ロダ見てきた!
2号家、デネブもデフォルトでいるのいい!!
職人さんによって2号家はメンバーが違うけど、全員いるのも見てみたいな。
もちろん、自分も精進してかけるようになるつもりだけど。

218 :名無しより愛をこめて:2011/03/08(火) 07:44:08.40 ID:/SKdxRE90
ロダの2号家
アクセルにくっついてるWは所長なのかwww
内股wかわいいなー

219 :名無しより愛をこめて:2011/03/08(火) 09:45:08.97 ID:Rp5YO0dX0
あれ、手に持ってるスリッパよーく見たら、好きやねんって書いてあるんだなw
丁寧GJ!

220 :名無しより愛をこめて:2011/03/08(火) 13:36:20.45 ID:eMw6MvOYO
画才の無い私にはとても描けない…
次の絵が本当にオールライダーの絵になるのか気になってしまうじゃないか…
劇場版のライダー達やベルデといったマイナーな人達も揃った絵も見たいと思ってしまった…

221 :名無しより愛をこめて:2011/03/08(火) 15:52:22.96 ID:NvYyWAx60
若干中の人ネタ。


ヒビキ「あ、わーちゃん」
渡「あ、ヒビキ兄さん」

ヒビキ・渡「「おめでとう!!」」





ヒビキ・渡「「え?」」

ヒビキ「え、いや、わーちゃんのところの次狼さんがついに結婚したんでしょ?だからお祝いしようと思って」
渡「え、僕はヒビキ兄さんのところのザンキさんが結婚したって聞いたけど………」

バタン!!

織田「うちの隊員によく似たやつが結婚したと聞いて、祝儀を持ってきたぞ!!受け取れ!!」


ヒビキ・渡「「え?」」
織田「え?」


松田さん、結婚おめでとうございます。
書こうか迷ったけど、同一人物というよりそっくりさんってことでごまかしてみる。

222 :名無しより愛をこめて:2011/03/08(火) 21:02:36.44 ID:y2UxVreZ0
>>221
織田って誰かと思ったらGのフィロキセラの人か…
ネオゼクトの織田が何故?と考えてしまったw

223 :名無しより愛をこめて:2011/03/09(水) 00:19:03.29 ID:U6Njk+3AO
あ〜そっちか!
自分もカブトの映画には松田さん出てないよな?と疑問に思ってたw

224 :名無しより愛をこめて:2011/03/09(水) 22:58:29.21 ID:wO680xQRO
ろだに絵がもう一枚来てる!!




姉妹たち…だと…!?
ままーやんにコハナちゃんもいるし!!
絵師さんGJ!!

225 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 09:38:31.50 ID:rmSiNi1TO
なんだと…!?今、出先だからロダが見れない!
姉妹たちは変身してるのか?w
今日はこれを見るのを心の支えに働いてくるよ!
先日の二号家絵もGJでした!

226 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 10:00:54.56 ID:lZ4Xga/q0
>>209
今更だが士はオールライダーでディエンドに「痛みは一瞬だ」されました…

227 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 10:33:51.85 ID:JLSLNuzlO
>>225
皆笑顔であったかい絵だよ。

姉妹描いた絵師さんGJ!
ちょっと自信ないんだけど、左から樹花、ひより、雪菜、小夜、愛理、コハナ、みのり、真夜であってるかな?

228 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 12:14:02.63 ID:8u6Tx6hL0
姉妹絵GJ!!
すごく可愛くてあったかい絵だー癒された・・・ww
絵師さんは最高です!!

>>225姉妹たちは変身してるのか?
吹いたwwちょっと想像しちゃったじゃないか

229 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 14:50:28.59 ID:bnYS/1YN0
変身………雪菜はアギトになれるけど、あとは何になってるんだ………。
あと冴子姉さんと若菜姉さんも忘れないであげてください。

そして、あの流れであーいう話が出たから、
俺も「変身してるのか?」と思ったのはディケイドのせい。

230 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 15:12:28.65 ID:tTYITbxd0
書き手さんも絵師さんもみんなGJ!

そして>>229、自分も変身しているのかと思ったw

231 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 18:00:24.47 ID:Id/nAk+cO
自分は同じ人が描いてるのかと思った。

232 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 18:54:44.63 ID:Lft5nBpKO
樹花がカブトになってワーム倒す、とか?
そんなことがあったらお兄様そわそわだな。

233 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 22:25:04.65 ID:4P+X49V/0
母娘で電王&ゼロノス(憑依されるならそんなに変わらんか?)とか
若菜と冴子が二人で一人の仮面ライダーになるとか
自分の服にノリノリでクウガマークを付けるみのりとかか…

考えるだけで心ときめくけど兄弟の心労が多分とんでもないことになるな

234 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 22:56:49.45 ID:PzkR7m4dO
俺、>>224なんだけど、一行目の字面のおかげで、たくさんの住人にあらぬ期待をさせたっぽいなwww

だが私はあや(ry

235 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 23:33:38.79 ID:CM2nGIvr0
住人の一言で話がどんどん広がる
それがこのスレのいいところww


236 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 23:55:36.70 ID:bnYS/1YN0
敵「ふはははは!ライダー兄弟は全て倒した!これでこの日本は俺のものだ!!」

???「待ちなさい!!」


アギト「私たちを忘れてもらったら困るわよ!」
ダークキバ「あなたたちの………夜が来るわ」
カブト「私たち!天の道を往く!」
電王LF「ライダーガールズ!」
G3「お兄ちゃん達の仇、取らせてもらうわよ!」

ガタック「僕は別に変身しなくてもいいんだけど………」
ダブル(J)「あら、いいじゃない。たまにはライダー姿も」
ダブル(C)「私の来人を傷つけた罪取らせてやるんだから!」

ディケイド「たまには私たちがお兄ちゃん達を助けないとね!」
ゼロノスZF「私たちも守られるだけじゃないってところ、見せてあげましょう」

237 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 23:55:54.13 ID:+3NSRYpO0
>>225ですが、やっと見れたー!
かわいいなあ〜。やっぱりここの姉妹+αは綺麗&かわいい子ぞろいなだと再確認。
そりゃ、総司もシスコン発動するな。

>>235
うん、自分もそう思う。
そして、「姉妹たちが変身してるのか?」で、話題が広がったのも嬉しいw
あれは、2号家を描いた方がまた描いたのかな?と思って言っただけなんだけど。

238 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 23:56:24.78 ID:bnYS/1YN0
真司「っていう夢を見たんだが」
総司「よし、その敵が誰だったかいますぐ教えてくれ、真司兄さん」
士「そんな未来が本当に訪れる前に絶滅タイムだ」
渡「そ、総司兄さん落ち着いて!!士も何言ってるのさ!!」
良太郎「そうだよ、兄さん達。僕がいますぐオーナーに聞いてくるからちょっと待ってて!」
フィリップ「待つんだ、良太郎兄さん。僕が検索した方が早い」
巧「お前らも落ち着けええええええええええ!!」



お前らのせいでこんな電波を受信してしまった。だが私は謝らない。

ちなみにそれぞれのライダーに返信しているのは
アギト→雪菜(設定通り)、ダークキバ→真夜(ファンガイアの鎧だし)、カブト→樹花(兄のフォーム)
ディケイド→小夜(兄から)、ゼロノスZF→愛理(旦那から)
電王LF→コハナ(単独変身できる電王のフォームということで)、ガタック→ひより(映画版の旦那から)
G3→みのり(G3はクウガがモチーフになっているという裏設定から)
ダブル→Cが若菜、Jが冴子。Cをフィリップ繋がりで若菜にしたから自動的にJが冴子に。いま思えばクレイドールもCだな。
です。

239 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 00:01:44.12 ID:jw73AiNw0
>>236
書き込みしたら、割り込みしてた!申し訳ない。

そして、いい電波受信ですw
みんなかっこよすぎる!!!
いいな〜そんな夢みたいわ。もしくは実写化を!!

240 :という訳で変身してみました:2011/03/11(金) 02:06:57.36 ID:oN+nRlwW0
W(冴子・若菜)「「仮面ライダーW、タブークレイドールエクストリーム!」」
一真「うわー、何か凄いな」
W(冴子)「他に用意したメモリはナスカにウェザー、ユートピアと…」
W(若菜)「テラーメモリも借りてきたわお姉様、これで6本ね!」
フィリップ「良かった…もうすっかり仲の良かった昔の二人に戻ったんだね」
翔太郎「憎しみを乗り越えた姉妹愛か…。ハードボイルドだぜ」
映司「そ、そういう受け取り方でいいんだ?」


電王PF(ハナ)「たあーーーーっ!」
真司「そんな!プラットフォームが敵を圧倒してるだなんて!」
良太郎「うん、あれ中身ハナさんだから…」
電王PF(ハナ)「そろそろ決めなきゃね。行くわよあんたたち!」
タロスズ「「「「マジで!?」」」」
電王LF(ハナ)「電車斬りーーーーっ!」
渡「ああっ!あまりの威力に後ろのビルまで崩れた!」
電王LF(ハナ)「結構良いわねこれ!ねえ良太ろ…良太郎?何で落ち込んでるの?」
良太郎「ううん、大丈夫だよハナさん……。
    ……兄さん、鍛えるってどうすればいいのかな」
ヒビキ「鍛えてもハナちゃんみたいになるのは難しいと思うな…」


カブト(樹花)「ねえ小夜お姉ちゃん、折角変身したんだからあれやってよ!
        『ちょっとくすぐったいぞ』!」
ディケイド(小夜)「あれ?うん、ちょっと待ってね…(ゴソゴソ)
          このカードでいいのかな?カブトファイナルフォームライド」
総司「やめるんだ小夜!樹花!そのカードは危険だ!」
カブト(樹花)「ええーっ、何で?」
ディケイド(小夜)「別に敵がいる訳でもないし、ちょっとくらい…」
士「大体分かった、変形中のポーズだな」
総司「言うな士!想像する奴が出たらどうする!」



こっちも電波受信した上にネタ被ったけどもちろん謝ら…ごめんね>>236
凄くラスボ…頼もしいライダーが生まれる可能性を秘めてる気がする>姉妹変身

241 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 07:35:02.15 ID:UZ0YcjKAO
アギト(雪菜)「あら、トマトがちょっと元気が足りないわねぇ…哲也ー、シャイニングってどうやってなるのー?」
アギト(翔一)「お弁当食べて太陽の浴びて元気になればいいんだよ!」

真司「こっちはいつも通りだな」
巧「あのトマト、カボチャみたいになってるぞ…」


せっかくなので流れに乗ってみたハズがなぜかこんな事に…

242 :さらに変身してみました:2011/03/11(金) 09:40:05.72 ID:IrW+R4/JO
ゼロノスゼロフォーム「えい!やあ!」
デネブ「ゆーーとー!そのフォームはだめだー!皆との思い出がぁーー!」
ゼロ(愛理)「あら、オデブさん、どうしたんですか?そんなにあわてて」
デネブ「デネブです…って、その声は愛理さん?なんで愛理さんがゼロノスに?」
ゼロ(愛理)「前に私の旦那様になる人は、お父さんやおじさま達と戦って勝ち抜かないといけないっていってたから、だったら私もお手伝いしてあげようと思って、特訓中なんです」
デネブ「愛理さん……!よおーし、俺も手伝います!デネビックバスター!!」

蓮「彼女が本当に手助けに入ったら、絶対に結婚は認められないんじゃないか?」
雅人「なかなか筋がいいね、彼女。手伝ってもらったほうが可能性はあがるんじゃないかなあ?」
侑斗「ふざけんな雅人兄!(止めさせたいけど、なんて言やいいんだよー!)」

さらに便乗してみた。
いやーいい燃料が投下されたな。

243 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 16:01:22.26 ID:dqIH+A1x0
真司「おさない!」
一真「かけない!」
真司?一真「しゃべらないーーーー!!」
総司「いいから兄さん達、落ち着いて机の下に隠れるんだ」


244 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 16:27:25.55 ID:dqIH+A1x0
すまん、?じゃなくて&だ

245 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 17:35:30.07 ID:dqIH+A1x0
sage忘れた…樹花のライダーキックうけてくる

246 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 23:09:08.46 ID:n7SXD6mv0
シシーラワーム…忘れられてないといいけど…

247 :名無しより愛をこめて:2011/03/12(土) 20:24:46.31 ID:LmKXaOh20
敢えて引っ張り出すって事はしないだろうけどね。
兄弟間での禁じ手に指定していると思う。

248 :名無しより愛をこめて:2011/03/12(土) 22:18:44.38 ID:9/LlhsIJO
今頃、兄弟全員で人命救助だろうて。
良太郎はキンタロス憑けて。

249 :名無しより愛をこめて:2011/03/12(土) 23:11:05.39 ID:Mf4qBtDui
ああ…しっくりくる

250 :名無しより愛をこめて:2011/03/13(日) 03:24:42.51 ID:czmbQ2NAO
ハイパークロックアップとデンライナーがあれば…な。あとタイムとタイムベント。

251 :名無しより愛をこめて:2011/03/13(日) 10:33:55.45 ID:oKCkNYYhi
Wのスレは最近見出したからよくわからんが
オーズで言う「タトバキックを放とうとして…」ポジか

252 :名無しより愛をこめて:2011/03/13(日) 10:35:02.29 ID:oKCkNYYhi
誤爆ごめん

253 :名無しより愛をこめて:2011/03/15(火) 01:21:59.84 ID:Hjbvouvw0
あげ

254 :名無しより愛をこめて:2011/03/15(火) 01:34:28.55 ID:t/FrOkgCO
>>248
洋叔父さんの故郷が°・(ノД`)・°・

255 :名無しより愛をこめて:2011/03/15(火) 15:42:03.57 ID:jOjojB+h0
良太郎「総司兄さん!デンライナー到着したよ!」
侑斗「ゼロライナーも準備できた!先遣隊はこっちに乗ってくれ!出発するぞ!」
翔太郎「照井、お前はゼロライナーで先に行け!
     アクセルのバイクフォームとトライアルは向こうできっと役に立つ!」
照井「わかった!お前も早く来いよ、左!」
加賀美「天道!俺も行ってくる!クロックアップは絶対に力になれるはずだ!」
巧「なら俺のアクセルフォームも役に立つな。まだ乗れるか!?」
海東「みんなの『笑顔』っていうお宝を守るためなら、僕の兵隊も出し惜しみはしない!」
士「総司兄さん!カブトの力、借りるからな!」

トドロキ「ディスクアニマル、ありったけ持ってきました!」
ヒビキ「トド、ご苦労!それを持ってお前もゼロライナーで先に行ってて!」
イブキ「僕もお供します!ヒビキさんも待ってますよ!」
映司「アンク、こんなときにケチ言うなよ!?」
アンク「そのくらいわかってる!ありったけのカンドロイドもってこい!!」

渡「僕は飛翔態で先に行ってるから!」
一真「なら俺もジャックフォームで!行きましょう、橘さん!」
橘「あぁ!!」
フィリップ「ハードタービュラーも準備できた!僕達も行くよ、翔太郎!」
雄介「ゴウラム、頼むよ!」

コハナ「もうすぐキングライナーも到着するわ!必要な物資はそっちに詰め込んで!」
ウラタロス「向こうですぐに必要そうなものはデンライナーの方に詰めてね、先輩!」
モモタロス「んなもんわかってらぁ!」
翔一「俺は姉さんやデネブさん達と炊き出しをしてからキングライナーで後から向かうから、頼んだよ、みんな!」

総司「向こうでは既に救急戦隊を始めとするヒーロー達が救助を始めてるはずだ!各ヒーロー達と連携して、救助に当たってくれ!1人でも多くの人を救うんだ!!」


「「「行くぞ!!仮面ライダー!!」」」「「「おう!!!」」」


ずっと書こうか迷ってたんだけど、きっと被災地ではこうやってヒーロー達が総出で頑張ってるんだよなぁって思ったらやっぱり書かずにはいられなかった。
東北、頑張ってくれ!

256 :名無しより愛をこめて:2011/03/16(水) 00:01:07.67 ID:eTo3VrlaO
>>255
とりあえず 取材の名目でOREジャから派遣されたものの、取材そっちのけで救助活動に参加する真司 を脳内補完した

257 :名無しより愛をこめて:2011/03/16(水) 00:03:33.54 ID:cCblD3LR0
>>256
ごめんよ、真司………。

ミラーワールド内を移動して救助するってネタとか浮かんでたんだけど
つい書き忘れてた………。

258 :名無しより愛をこめて:2011/03/16(水) 20:14:00.25 ID:Kl0ybzUnO
>>256
真司はそうだろうなぁ。想像容易すぎて笑……、いたかったんだけど、なんかしんみりしてしまった。
普通に、呑気に笑える日が早く帰ってきますように。


259 :名無しより愛をこめて:2011/03/16(水) 23:37:10.09 ID:wysQJbk0O
若干スレチかもしれんが…

ツイッターに兄弟が続々集まりつつあって胸が熱くなったよ
他のライダーや戦隊・歌手のひと達のメッセージも含めてすごく勇気づけられた
ヒーローっていつまでたってもヒーローなんだな

260 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 20:26:20.68 ID:21bxxl4O0
>>259
自分も見た!すごい嬉しくなった!
会話してる一真と始に笑ったけどww

261 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 21:20:20.70 ID:4LNarJxJ0
兄弟で既にツイッターでつぶやいたのは

一真
ヒビキ
総司
良太郎


ってまだ少ないじゃないか!
それと女兄弟はまだゼロか
音ーやんとハナ(notコハナ)は確認したけど

それにしても次男はやっぱり無理かな・・・
あと現在放送中の番組に出てる人(つまり映司)も

たっくんや翔一あたりは期待出来そうな気がするんだけどね

262 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 21:39:05.08 ID:lEAHzZxp0
ビショップさんのつぶやきにちょっと感動した

263 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 21:41:59.77 ID:tWFm5eWdO
音也は書いてないと思うが。
個人的には侑斗が結構書いてくれてるのが嬉しい。

>>255のネタみたいに、実際に沢山のヒーロー達が集まっているのを見て、胸が熱くなりっぱなしだ。

264 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 22:08:20.27 ID:igjv4lTh0
>>261
真面目に言っちゃうと、こういうのって求めるものじゃないと思うよ
手法に賛同できない人や、諸々の事情で出来ない人もいるだろうし
メッセージをくれるヒーローがいる、ってだけで嬉しいじゃないか

現役は一人でもやると公式で認めることになりかねないし(あくまでも有志だからこそ意味がある)、
それこそ同じ作品に関わってる人全員に半強制みたいな空気ができかねないので難しい・・・
と思ったらイーグルセイザーがwなるほどそっちかww

265 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 23:23:54.40 ID:QXzjP/NB0
>>259
何処のツイッター!?
総司が居るというのが別の意味でも嬉しいんだが

266 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 23:32:49.63 ID:tWFm5eWdO
>>265
ツイッターのトップページとかで、 tokusatsuhero で検索すれば見られるかと。
主催者はニンジャレッド役の小川さん。
一真は結構な回数書き込んでるよw

267 :名無しより愛をこめて:2011/03/17(木) 23:48:42.08 ID:QXzjP/NB0
>>266
ありがとう
スゲーなそれw

268 :名無しより愛をこめて:2011/03/18(金) 15:18:03.35 ID:Y2NVaGMi0
ライダー関係は、光太郎、一条さん、桜子さん、葦原さん、蓮、北岡、手塚、東条
一真、始、ヒビキ兄さん、イブキさん、総司、矢車さん、麗菜さん
良太郎、侑斗、モモ、ウラ、キンちゃん、リュウタ、デネブ、ハナさん
キバット、深央さん、ニーサン、亜樹子

あと童子とビショップとエターナル

269 :名無しより愛をこめて:2011/03/18(金) 16:32:12.45 ID:wOWg+JwBO
さすがにこれ以上はスレチじゃないかな。

…とはいえ、ネタを書く気にもなれないから、如何ともしがたい。

270 :冬来たりなば  1/8:2011/03/18(金) 18:01:35.01 ID:NBl9qhy40

ツイッターの話題はスレチだったかもしれんが、懐かしい名前を見て嬉しかったので投下。

カブト最終回近く、当時のライダーハウスが舞台。
総司がZECTの配布するネックレス輸送車を襲撃して破壊して回っている頃。
放送順にハウスに来た設定なので、カブト後に放送された兄弟は出ません。


・・・・・・・

天の道を行く太陽が、北風の冷たい夜、日付も変わろうかという時刻に帰宅した。
寝静まった家にそっと入ると、出迎えたのは双子の兄だった。

翔一「おかえり〜。今日も寒かったね〜ご飯できてるよ!」
総司「・・・ああ、ただいま」

いつもの笑顔で、遅すぎる夕食を差し出す。

翔一「冷え込みが厳しいからポトフにしたよ〜。うちの野菜の美味しさが詰まってます!」
総司「ああ、美味い。・・・最近、家の事を任せきりで、面倒をかけるな」
翔一「このくらい、全然面倒じゃないよ〜。もっと頼りにしてね!」

静かな室内。向かい合って食事を取っていると、総司がぽつりと言葉を落とした。

総司「・・・何も、聞かないんだな」
翔一「・・・ん。でも総司が話したいなら、いつだって聞くよ」

向かいの席で、さやえんどうのすじを取りながら、そう返す翔一。
ZECTに・・・人類に、敵対する行動を続ける総司に、思うところもあるだろう。
けれど、何も聞かず、言わない。
ただこの家で、いつも笑って、弟を迎えるだけだ。

総司「・・・俺が行くのは天の道だ。そう決まっている」
翔一「うん、そうだね」
総司「時には戦うことでしか、前に進めない時もある」
翔一「辛いね・・・人が傷つくのは」

きっと聞いてほしいわけではなくて、己の道を見つめるための時間なのだと、翔一は思う。
その相手に自分を選んでくれたことが、嬉しい。
生まれる前から一緒の片割れ・・・幼いころは、もう一人の自分だと思っていた。
総司も、今それを思い出しているのかもしれない。
まるで鏡に語り掛けるように、静かに言葉を落とす弟を見てそんなことを思う
鏡と言えば。ふと連想した名前を口に出してみた。


271 :冬来たりなば  2/8:2011/03/18(金) 18:02:36.04 ID:NBl9qhy40

翔一「ね、加賀美くんに、話さないの?」
友だちなのに。と、これは言葉にはしないが、伝わってしまったようだ。

わずかに、表情が変わる
おそらく自分たち家族でないとわからないくらいのかすかな違い。
笑みではないけれど、それに近い穏やかな表情。
こんな顔ができる相手に出会えたんだなぁと、感慨深い気持ちになる。
兄とは対照的な、明るく活発な妹に心配されるほど、友人がいなかった総司。
自分の認めた相手としか関わることをしてこなかった弟が、やっと見つけた肩を並べられる相手。

総司「俺とあいつは、友だちじゃない・・・だが、あいつは面白いやつだ」
翔一「ふふ、よくそう言ってるよね」

その表現は、ちょっとどころではなくひねくれた俺様の、めったにない誉め言葉だと知っている。
初めて聞いたときはびっくりしたものだ、あの総司が家族以外の他人に興味を持つなんて。

総司「あいつは俺とは違う・・・今は、これでいい」
翔一「うん」
総司「・・・だが、あいつが己の道を貫き通すことができたなら、いつか・・・
   同じ道を行くのではなく、別々の道を、共に立っていけるのかもしれない」
翔一「・・・そっか。そういう相手のこと、きっと総司の嫌いな言葉で表すんじゃないかな?」

少し眉をひそめながらも、何も言わず食事を続ける相手を微笑ましく見つめる。

一人で戦い続け、人類の裏切り者と罵られても、己を曲げない総司。
けれど自分は総司に、信じているから、とは言わない。
自分が・・・自分たちが。
総司を信じていると、伝わっていることを知っているから。
だから。

翔一「・・・明日は、何が食べたい?」

未来の約束をするだけでいい。必ず果たされると、知っている。

総司「そうだな・・・オムライスだ。俺も作るから手伝ってくれ 」
翔一「もちろん!入院中の蓮華ちゃんに届けてあげるんでしょ?
   腕によりをかけて作っちゃうよ!」

言い当てると、総司は驚きに目を瞠った。
傷を負った押しかけ弟子の安否を気にしていることくらい、お見通しだと笑うと。

総司「不肖の弟子だがな」

微かに笑う表情に、ああ総司は大丈夫だと思う。
すると総司は、リビングの入り口に向けて声をかけた。


272 :冬来たりなば  3/8:2011/03/18(金) 18:03:31.66 ID:NBl9qhy40

総司「・・・ところで、いつまでそこにいるつもりだ?兄さんたち」

一真「ウェッ、ばれてるじゃん!」
真司「一真がゴソゴソするからだろ〜」
ヒビキ「おかえり〜総ちゃん!」
雄介「お疲れさま!ケガとかない?」
巧「・・・おかえり、兄貴」

ぞろぞろ入ってきたのは、ヒビキ、雄介、真司、一真、巧・・・同じライダーの血脈を受け継ぐ、兄弟たち。
似てはいない・・・けれど、どこか重なる笑顔で、総司に笑いかける。

ヒビキ「ちゃんとご飯食べた?いくら鍛えてても、腹が減っては、だよ!」(シュッ)
総司「ああ、大丈夫だ。俺は、」
ヒビキ「うん、天の道を行く総ちゃんで、俺達の自慢の弟だもんね!」

快活に笑うと、大きなてのひらで総司の頭を撫でた。
ワシャワシャ、と音の出そうなそれに、総司が珍しくも目を丸くする。

ヒビキ「総ちゃん、いつもよく頑張ってます!いい子いい子!!」

総司がまだ小さな子どものころと、まったく変わらない言葉と仕草。
まるきりの子ども扱いに固まった総司に、今度は次男が話しかけてきた。

雄介「お疲れさま。・・・総司なら、大丈夫。みんなの笑顔を守れるよ」

いつもの親指を立てる仕草の後、そっと総司の頭を撫でた。
優しいてのひらからは、慈しむ気持ちしか伝わってこない。
ポトフで暖まった体と一緒に、頭からも熱が生まれる気がする。
心地よい体温に総司が目を細めると、いつも騒がしい兄の声が聞こえた。


273 :冬来たりなば  4/8:2011/03/18(金) 18:04:33.03 ID:NBl9qhy40

真司「えっと俺さ!今OREジャーナルで、あのネックレスの危険性について特集組んでるんだ。
   ・・・握り潰されるかもしれないけどさ、できることをやってみる!」

勇ましく宣言したかと思うと、グワシッと力強いてのひらが頭部に乗せられた。
そのまま前後左右にかきまぜられ、頭の中身も程よく揺れたところで「う〜〜!」と唸り声が聞こえる。

真司「っしゃー!エネルギー充填、完了!」

人の頭を鳥の巣にして、何事かと思ったら、どうやらエネルギーとやらを送り込んでいたようだ。
やり遂げた感でいっぱいの笑顔を見ると、怒る気も失せる。

総司「・・・そうだな。できることを、か。真司兄さんらしい」

くしゃついた頭のままで、微かに笑うと。
その頭に、更に重ねられたのは、総司と同じ大きさのてのひら。
料理人同士のためか、よく似た手が、乱れた髪を撫でるようにフワリと触れた。

翔一「俺も充填、翔一パワー注入〜!なんちゃって!」

ふざけた口調に似合わない、思いやりに満ちた仕草に、声も出なくなる。
その間も兄弟たちは、にぎやかに総司のまわりで盛り上がっている。


真司「ほらたっくんも!レッツなでなで!」
巧「たっくん言うな!
  ・・・あー・・・翔一兄のも美味いけど、総司兄のメシも食いたいからさ・・・。
  前にひよりに作ってやってた豆腐の冷たいヤツ、また作ってくれよ」

ぶっきらぼうな声と共に頭に置かれたのは、ぎこちない仕草のてのひら。
たった一人の弟からの不器用な励ましに、面映ゆい、という言葉が浮かんだ。


274 :冬来たりなば  5/8:2011/03/18(金) 18:05:50.50 ID:NBl9qhy40

真司「あー、矢車さんとの豆腐勝負に負けたアレなー・・・フガッ」
雄介「はいはーい、だーれも何も言ってないよー」

聞き捨てならない言葉にぴくっとこめかみを引きつらせかけたが、そこへ一真が横から手を伸ばしてきた。

一真「総司は一人じゃないんだからさ。俺たちもいるし、あんまり突っ走りすぎるなよ!」

指は細いが、ゴツゴツした戦う者のてのひら。
力強さを形にしたようなその感触に、奮い立つものを覚える。
けれどその台詞には、反論したい部分が満載だ。

翔一「・・・一真兄さんにだけは、言われたくないかなぁ」
総司「まったくだ。2年前の今頃の自分の行いを振り返ってみろ」
一真「ウェ・・・あの時はみんなに心配かけたし、橘さん達には怒られたし、
   始には殴られたし、姉さん達には泣かれたし・・・ホント反省してます・・・」
総司「分かればいい。
   ・・・それに、そんな兄さんがいたからこそ、今の俺があるのかもしれないな」
一真「そ、総司がデレた!?」
真司「死亡フラグみたいだからやめてくれー!」
総司「・・・俺が戻らない間は、ひよりと樹花を頼む」
真司・一真「ぎゃーフラグー!!」
ヒビキ「こらこら、真ちゃんたちで遊ばないの」
雄介「二人とも、慌てない慌てない。『戻らない間は』って言ったでしょ?
   『戻らない時は』、じゃなくて」
翔一「総司が帰る場所はここなんだから、どーんと構えて待ってればいいんだよ」
ヒビキ「そうそう!だからね〜、はい、総ちゃん!」

長男の声とともに、リビングに小さな火花が散った。
いつも鬼を送り出すときに打ち鳴らされる、火打ち石の音が響く。 
夜更けの空気に瞬く、鮮やかで幽かな火花。
一瞬だけあたりを照らし、溶けるように消える熱と光。


275 :冬来たりなば  6/8:2011/03/18(金) 18:07:54.39 ID:NBl9qhy40

ヒビキ「・・・いつもこれ、受け取る側だったけど、するのもいいね。
   思いを託すって、こんな感じなんだ・・・おやっさんたちの気持ちが、ちょっとわかったかな?」
真司「俺もやりたい!ヒビキ兄〜次、貸して〜!」
一真「俺が先にする!よーし、最初はグー!!」
真司「ほらほら、たっくんもじゃんけん!」
巧「たっくん言うな!」
翔一「はいはいケンカしないの〜」
雄介「あはは、うちはいつも賑やかだね〜」

いつもと同じ。これからも、同じ。
なんの根拠もなく、そう信じている自分に気付いた総司は。

総司「ああ、そうだな・・・だが、悪くない」

小さく呟き、強く優しい家族を見つめた。

翔一「あ、そういえば、父さんとおばあちゃんから電話あったよ」
総司「・・・何か言っていたか?」
翔一「元気にしてるなら、それでいいって」
総司「・・・そうか」
ヒビキ「落ち着いたらさ、またみんなで顔見せに行こうね」(シュッ)
雄介「もちろん、ひよりと樹花も一緒にね!」(サムズアップ)

どんな状況であっても、笑って送り出してくれる兄弟。
離れていても、信頼を届けてくれる父と祖母。
何よりも守りたい、妹たち。
激しさを増す戦いの中であっても、そばにいると感じられる絆。
きっとこれが、世界と自分を変える力になると信じられた。


276 :冬来たりなば  7/8:2011/03/18(金) 18:09:13.73 ID:NBl9qhy40

「不思議だ・・・なぜ、わたしは・・・」
    人の心と記憶を宿した、歌姫。


「ミサキーヌは、俺が守る!」
    命に代えて愛する人と世界を守った、騎士。


「ずっと一緒にいきたかったけど・・・さよならだ、兄貴・・・」
    地獄の底でさまよい光を見つけた、旅人。


人と。ワームと。世界と。

―すべての終わりと、始まりの瞬間が近づいていると感じる。

「・・・必ず」

静かな決意と共に、強く、てのひらを握り締めた。
そして−


277 :冬来たりなば  8/8:2011/03/18(金) 18:10:30.74 ID:NBl9qhy40

時は過ぎ、何度目かの冬。

天の道を行く太陽は、今日もビストロサルでまかないを味わいながら、相槌をうっていた。

加賀美「そのポトフ美味いだろ〜。ひよりの料理はいっつも最高だよな!」
総司「当然だ」
加賀美「そういえば剣と岬さんが、一緒に初詣デートに行ったんだけどさー。
    俺はおみくじを引くことにかけても頂点に立つ男だ!って言い出して、大変だったらしいぜ〜」
総司「ほう」
加賀美「風間は麗奈さんとこの、Bar QUEENsにしょっちゅう通ってるみたいで。
    ゴンちゃんがヤキモチ焼いてるんだってさ」
総司「そうか」
加賀美「そういや、こないだ川原で矢車さんたち見かけたら、何か兄弟ゲンカしてて。
    影山さんが、いっつも弟味噌はイヤだ、たまには兄貴塩がいいとか・・・。
    ・・・おいコラ天道、聞いてるか?」
総司「ああ」

ふと窓の外に目をやると、冬の気配が少しずつ薄らいでいる空の色が見えた。


総司「・・・相変わらず、騒々しい日常だな」


ポトフが連れてきたあたたかい記憶に、表情を緩めた太陽。


−春は、近い。




・・・・・・

矢車さん、麗菜さんの書き込みが個人的に嬉しかった。
あと元々は前スレ>>499総司が弟扱い→ここから今回の話ができた。
カブト放送時のライダーハウス、俺様成分少なめ総司(当社比)。
弟らしさはあんまり出せなかった・・・ような気がするorz
あと同じく前スレ>>410なでなでの旅→使わせてもらった、あの話大好きだ!


278 :名無しより愛をこめて:2011/03/18(金) 22:06:01.87 ID:YFx3jT3KO
>>270
ジーンとした。良い話を読ませてもらった。

279 :名無しより愛をこめて:2011/03/18(金) 23:58:46.84 ID:MRSR3dxxO
GJ!なんていうか…兄弟の優しさは、いいよな。

280 :名無しより愛をこめて:2011/03/19(土) 19:37:54.31 ID:mNDgcP3cO
兄弟たちはこうして支えられながら、最終局面をのりこえてんだと、ぐっときた。
このスレならではの剣たちの近況にも、ほっこりしたよ。本当にGJ!

281 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 16:06:13.73 ID:4hzWdUV40
age

282 :真司の悲劇1/4:2011/03/22(火) 20:52:00.37 ID:n1huL8gfO
最近仮面ライダーを全部見終わって閃いてしまいますた。初投稿な上携帯からなので何かと見苦しいですがよろしくお願いします。





真司「うわあぁぁぁん!!!」
一真「なんだ、いきなりどうした真司?」
真司「グスン…。これ見てよ」
翔太郎「なになに…、"仮面ライダーのすべて"?」
一真「あ〜最近虎太郎が出した本だね」
良太郎「僕ら兄弟皆の変身について詳しく書いてある。すごいや」
巧「(いつの間に調べたんだ?)」

283 :真司の悲劇2/4:2011/03/22(火) 20:52:59.52 ID:n1huL8gfO
真司「そんな事よりここ見てよ」
翔太郎「なになに…、"ライダー全フォーム紹介"?おぉ〜すごいな、俺達兄弟ライダーの全フォームが載ってるぜ!」
一真「虎太郎よく調べたな〜。」
巧「だからいつの間に調べたんだよ!」
真司「ここだよ、ここ…。」
翔太郎「なになに、"仮面ライダー龍騎、龍騎サバイブ" お前の事じゃねーか、それがどうした?」


284 :真司の悲劇3/4:2011/03/22(火) 20:54:57.64 ID:n1huL8gfO
真司「他のを見てよ!巧は3フォーム、一真も3つ!良太郎なんか8つもある!」
一真「ウェ?」
真司「他の兄弟みんな3フォーム以上必ずあるんだ!なのに俺だけ2フォームしか変身できない!うわあぁぁぁん!」
巧「あぁ、そういう事か」
翔太郎「おいおい落ち着けよ、フォームの多さがライダーの強さじゃないぜ?」
真司「数え切れない程フォームがある翔太兄に言われたくないよ!」
翔太郎「…ゴメンナサイ」

285 :真司の悲劇4/4:2011/03/22(火) 20:56:08.88 ID:n1huL8gfO
良太郎「あった!」
一真「ウェッ、突然どうした?」
良太郎「本をよく見たらあったんだよ、真司兄さんの3つめのフォームが!」
翔太郎「ナイスだ良太郎!で、どれだ?」

満面の笑みを浮かべて良太郎が指差したのは。


つブランク体


翔太郎「…確かに間違ってはないんだろうけどな」
一真「ウェッ…。」
巧「(俺も気づいてたけど普通言えねえだろ…。)」
真司「うわん…。」

涙目な真司君でしたが、終始にこにこの良太郎君を前にしては何もいえないのでした。 〜終〜

286 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 21:09:16.69 ID:TR7H2EOpO
そういや、東日本は計画停電真っ只中みたいだな。
アンクのケチが節電にも生きていたら、計画停電でも楽しそうだ。

287 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 21:41:54.13 ID:pAi6qFEDO
そして、買い溜め客が殺到する店はグリードにとって格好の穴場に……………!!!!

288 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 23:06:16.03 ID:0JEnqcP40
>>282 GJ&ライダー完走おめ!
気まずそうにこっそり部屋を出て行く映司の姿が見えるw
そういえば、良太郎に面と向かって突っ込む兄弟ってあんまりいないなあ

289 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 23:27:34.21 ID:qMXbaqZGO
>>282
その代わり、恵方巻の本数は少なくて済むぞ、真司w

>>287
現地でボランティアしたいけどできない人達のヤミーを作れば、グリードにも人間にも有益だと思う。

>>288
良太郎はああ見えて結構腹黒いというか、芯が強いからな。
キレると一番怖いのは良太郎だと思うんだ。

290 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 00:40:48.68 ID:M3GW+BwdO
>>282ですが皆さんありがとうございます
真司と一真の年齢を逆に覚えていたせいで一真が真司にタメ語になってしまいました、非常に申し訳ないですorz

これも乾巧ってやつのせいでおのれディケイドなんです

291 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 00:44:43.55 ID:L9QGInVf0
>>285
フィリップ「検索を終了した。ほかにもフォームが存在するようだ。」

ソードベント・フォーム  :けんをもってたたかう りゅうきだ!
ストライクベント・フォーム:うでが りゅうのかおになったぞ!
ガードベント・フォーム  :かっこいい たてをもっているぞ!
ブランク・ソードベント・フォーム:おれたぁっ!

真司「それ装備が違うだけだろ!あと何だよこの説明!」
翔太郎「自分が弄られてるときの真司はいいツッコミするなぁ」
フィリップ「『折れたぁっ』は高岩さんのアドリブ…じつに興味深い!」
巧「こっちはこっちで、全然聞いてないし」

士「だいたいわかった、これも持っていけ」
つ ドラグレッダー・フォーム:ちょっとくすぐったいぞ

真司「いやそれ俺じゃなくてシンジ。」

蓮「……。」
つ 城戸真司ナイトサバイブ:いちばんつよくてかっこいいすがただ。しんじのくせになまいきだ!

真司「(えぇぇぇっ!?)」

292 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 14:28:31.15 ID:GLt6B84QO
>>291
作中でも城戸呼びだったし「きどのくせになまいきだ!」じゃないだろうかw

そして真司一真巧あたりがモンハンやってる中、勇者のくせになまいきだをやる良太郎を受信した


293 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 18:22:08.78 ID:MpEa4Nyv0
>>292
>>2
・名字で呼ぶとややこしいため、兄弟達は下の名前で呼ばれることが多いです


294 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 18:44:47.92 ID:GLt6B84QO
>>293
すまんかった

295 :291:2011/03/23(水) 19:05:53.69 ID:L9QGInVf0
正直そこまでは考えてなかった。すまんかった。

296 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 20:25:17.61 ID:VrZbg0ePO
丸くおさまった!!ええこと、ええこと(´ω`*)


ところでオールライダーまで2週間切ったわけだけど、ライダー兄弟は今頃wktkしてるのだろうか…。
現実問題それどころじゃ無いんだけどさ。

297 :名無しより愛をこめて:2011/03/24(木) 18:35:18.63 ID:Bbw1fl7oO
オーズ見れて良かった。なんかほっとして元気でた
兄弟たちには落ち込んだときとかホントにお世話になってる(>_<)いつもありがとう!

映司とアンクの関係が面白くて、兄弟絡めて書いてみたいんだけど難しいorz




298 :名無しより愛をこめて:2011/03/24(木) 22:49:11.80 ID:zs9S55jf0
数日前、テレビでやってた「科学の粋を詰めた大量のアイテム!どれが一番速い?」みたいな企画をみて思いついた小ネタ
参考動画もあるからちょっと見てみてくれ。内容は個人的感想が多分に入っておりますゆえ注意





フィリップ「今日は非常に興味深い検索結果がでたよ。検索結果が直に反映されるPCに映したからみてみてくれ」
総司「ZECT以下略提供の新製品だな。なるほどちゃんと反映されて……?」
翔太郎「……照井……じゃねぇよな。なんなんだ?これ」
フィリップ「『科学の粋を詰め込んだハイテクアイテム』らしいよ。検索の関連結果にも載っていた」
一真「最高時速110km以上!?……でもこれ、マシンとかじゃなく使ってる人がすごいんじゃ」
翔一「しーっ!一真兄さん、そういうのは言っちゃだめなんだよ!『ろーら!』って誇ってもいいと思うな」
士「だいたいわかった。かなり厳しいシャレだがこういうのはツッコミを入れない方がシュールなギャグとして面白い」
巧「士兄はツッコミがめんどくさいだけだろ!……しかし、これのどこに科学の粋が詰められてんだ?」
フィリップ「もしもの時の衝撃吸収力はなかなかのものらしいよ。安全の確保のためかエンジンの類も一切ない」
映司「あ、山の上から滑るタイプしかないのって気のせいじゃなかったんだ!でもブレーキかけたら逆に危ないんじゃ?」
フィリップ「スピードを急に落とすのは危険だね。だからかこれにはブレーキの類は一切ない。蛇行して速度を落とすんだ」
巧「だからどこが『科学の粋を詰め込んだハイテクアイテム』だよ!ただの全身ローラーマンじゃねーか!」
良太郎「…………」
翔太郎「ん?どうした良太郎?」
良太郎「……かっこいい……」
全員(あぁ、やっぱり……)

参考動画
ttp://www.collegehumor.com/video:1772849
ttp://www.youtube.com/watch?v=TB3bf2oeOQo&feature=fvwrel

299 :2号家の住人1/8:2011/03/25(金) 02:54:06.26 ID:rSpaKaZNO
ろだの2号家に後藤さんがいてふと思い付いた。
注意※2号家の話、兄弟と言うより同居に近い=絆兄弟?、後藤さんが主役、若干のメタ発言


***

 その日もいつも通りでした。
 伊達さんはいつも通りヤミーを倒し、俺はいつも通りそのサポート。
 一つだけ違うとしたら、伊達さんが携帯電話を落としたことに気付かないまま、バイクで走り去ったことです。


後藤「……真木博士のところにもいないか」
 伊達の行きそうなところを巡ってみたが見つからず後藤が諦めかけた頃、
目の前を焦った様子の映司が通りかかる。
映司「あれ、後藤さん!」
後藤「火野、ヤミーか?」映司「えっ、違いますよ。ヒビキ兄さんが着替えを持って行かないまま
   変身しちゃったらしくて、俺が今暇になったからから届けに行くんです」
 相変わらずの調子に脱力する。
映司「後藤さんこそ、そんなに慌ててどうしたんですか?」
後藤「あ…ああ、伊達さんがこれを忘れて…」
映司「伊達さん? さっき家に帰るところ見ましたよ」


300 :2号家の住人2/8:2011/03/25(金) 02:56:43.85 ID:rSpaKaZNO
 映司と別れ2号家ことライダーハウスへと向かう道すがら、
数ヵ月前鴻上会長の贈り物を届けに行った日のことを思い出した。
啓介とは話したからまだ良いとして、それ以外の住人と会うのははなんとなく気まずい。
 不意に携帯電話が着信を告げる。
『恵美ちゃん』
 幸い名護啓介の嫁である。もしかしたら伊達が借りてかけているのかもしれないと通話ボタンを押した。
後藤「もしも……」
恵美「もしもし明さんっ、名護くんしらない!? 用事を思い出したとか言って飛び出したきり帰ってこないの!」
後藤「……すみません、伊達さんは今」
恵美「あれ? 君はバズーカむぐっ」
後藤「バ、ズー……カ?」
恵美「なにするのよ名護くん! って言うか帰ってきたなら…」
明「ただいま〜!」
恵美「あ! 明さん帰ってきたわ今かわるわね! ちょっと名護くん!」
 謎の二つ名を問い詰める間もなく伊達が電話口に出た。携帯電話のことを説明し、
届けに向かっている旨を伝えていると、悪いねぇと言う後ろで


301 :2号家の住人3/8:2011/03/25(金) 03:00:29.52 ID:rSpaKaZNO
「名護くんどこ行ってたのよ!」「恵美さん落ち着いて…」「痴話喧嘩ならよそでやってくれないかなぁ」
「大樹、盗み聞きはやめなさい」「イライラするんだよ…」「おっと、とばっちりはごめんだね!」インビジボゥ!!
と賑やかな声が聞こえる。
後藤「今、伺っても大丈夫でしょうか」
明「かしこまんなくていいよ、おいでおいで」
 賑やかすぎる声に、仮面ライダーも大変なんだなと思った。


明「いやー、ありがとね、後藤ちゃん! あ、ついでだから夕飯食べていかない?」
後藤「いえ、俺は」
デネブ「明、友達か…慎太郎じゃないか!」
 奥から前掛けで手を拭きながら現れたデネブに、滅多に呼ばれない名で呼ばれた。
後藤「なぜその名で…」
デネブ「同じ仲間じゃないか。侑斗からそう聞いたぞ」
 違うのか、と訊かれ違う、と答えようとして、遮られた。
啓介「慎太郎、今までどこにいたんだ」
雅人「連絡もしないなんて……よくないなぁ、そういうの」
新「危うく交番に人探しの紙貼り出すところだったんだからな!」
竜「明日フィリップに検索を頼もうと…」


302 :2号家の住人4/8:2011/03/25(金) 03:01:54.67 ID:rSpaKaZNO
後藤「あの、なにがなんだか……」
 混乱する後藤をよそに、玄関の騒ぎを聞いて他の2号家の面々も集まってきた。
 うるさいと注意しようとした蓮と侑斗、宥めようとしたイブキと誠、
皆後藤の姿を見ると一言、「おかえり」と言ってきた。すっかり固まっている後藤を見かねてか
いつの間にか姿を現した大樹が上機嫌に説明した。
大樹「歓迎会以来戻ってこないからみんな心配だったんだよ」
後藤「だから、俺はこの家の人間じゃ」
大樹「だがこれを見たまえ! つ【劇場版W&OOO】バースに変身しているのは誰だい?」
後藤「……それは」

303 :2号家の住人5/8:2011/03/25(金) 03:03:17.23 ID:rSpaKaZNO
新「そこでちょっと考えたんだよ。俺のときの矢車さんみたいなもんなのかなぁ、って」
蓮「この家の住人は複雑でな。ライダーの資格を手に入れた順番やらあっち(1号家)との
  兼ね合いやら色々だ。順番で言えば俺があっちの住人だったかもしれないしな」
新「俺はどっちの家にもいなかった、ってことになる」
雅人「始兄さんと朔也兄さん、薫兄さんはいたりいなかったり曖昧だ」
イブキ「だけどみんなライダーの仲間で、兄弟であることに変わりはありませんよ」
誠「上手く言えませんが、赤の他人だと思って壁を作ることじゃないと思うんです」
侑斗「……未来の俺だっているんだ、今さらどんな住人が増えようが気にしねぇよ」
 侑斗が発言してしばらく間が空いて、啓介が静かに口を開いた。
啓介「慎太郎、俺の弟になりなさい」


304 :名無しより愛をこめて:2011/03/25(金) 07:25:00.13 ID:M3/nOwmUO
あれ、途中で切れてる?
規制なのかこっちのブラウザの問題かはわからないけど、
前者であったときのために支援してみる

305 :2号家の住人6/6(訂正):2011/03/25(金) 09:52:34.48 ID:rSpaKaZNO
 瞬間的に啓介にツッコミやリアクションが集中した。
明「ま、そんなわけで後藤ちゃん、これからは来たいときにおいでよ。未来のバースとして」
後藤「……あの」
明「ん?」
後藤「お気持ちはありがたいのですが、今はまだ、皆さんの仲間と言える気がしないんです。
   たしかにあれから色々考えました。でもまだ自分にはなにか足りないんです。
   だからいつか自分の正義に胸を張れるようになったら、ここに来ても…」
竜「いいぞ」
 間髪入れずに返された竜の言葉にそれぞれ賛同する。
竜「それにツッコミが増えるのは心強い。…いや、所長、別に所長のツッコミが頼り無いという
  わけでは…頼む悪かった、そのスリッパを下げてくれ…」
 柱の影からスリッパを構え、ギャレンよろしく竜を見つめる亜希子に押され気味の竜を見て、後藤が少しだけ笑った。
明「なんなら兄さんって呼んでも」
後藤「お断りします」


 その日、俺に二番目の帰る場所ができました。
 と言っても今はまだ帰れませんが、いつか、正義の仲間として、「ただいま」と言えたら、そう思います。

306 :299:2011/03/25(金) 09:59:08.78 ID:rSpaKaZNO
規制されてたのにうっかり投下した気になってました…
>>304ありがとう!

あと切るところ変えたら8もいりませんでした
重ね重ねすみません

307 :名無しより愛をこめて:2011/03/25(金) 12:01:26.39 ID:q7iEtlIa0
GJ!そういえば色々2号家の基準は職人によって違うよねw

あとメグミンの名前の漢字に美はいらないよ
別にメグミンが美しくないわけではないけどw

308 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 09:22:08.71 ID:yQH2RwVzO
>>299
GJ!!マジで2号家好きだからマジでよかった!!
そこ書き手さんの自由だけど、もし5103がバース交代しても伊達さんには、2号家の長男でいてほしいなと強く思った。個人的にさ^^


しかし、今日のOOOはカオスだったwwww
兄弟達が今までのライダーの歴史に思いを馳せるのかな?と見るまで妄想してみたけど、ある意味あのカオスさで兄弟はそれどころじゃなさそう^^(腹筋崩壊的な意味で)




309 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 13:26:04.67 ID:+eegFFfuO
アンクにあの衣装貸したの、渡じゃないかな?キャッスルドランのクローゼットから、もぞもぞと出してきて(元々過去キングの春服だが)。
で、演技指導は某破壊者の士。ほんまもんのショッカー大首領だからよりリアルに。
ノリノリな二十歳双子、楽しそう。

310 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 14:44:25.59 ID:E2z2+m6P0
次回は映司がお父さんの格好するじゃないか…胸熱
ブレザー似合ってたな

311 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 20:31:38.30 ID:E5ru8IAX0
今日も今日とてさりげなく赤マフラーだったしな、映司。
個人的には兄妹の誰かがこっそり仕込んでたんじゃないかと妄想してる

312 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!1/9:2011/03/27(日) 21:32:39.35 ID:eAJkpXGy0
ある晴れた3月の昼下がり、ライダーハウスに電話の音が響きました。
映司「もしもし、あっ父さん!うん、こっちは大丈夫だよ!うん、ああ、わかった!伝えるよ」


映司がリビングに戻ると超真剣な顔をした兄弟達が見つめてくる
映司「えっ皆怖い顔してどうしたの!?あっそれより父さんがそろそろ花見の準備をしておいてくれってさ」
翔太郎「…そうか」
映司「うん!そういやもうそんな時期なんだな〜なんか楽しみだねっ」


真司「っしゃあああああ!今年もやるぞおおおおお!」
映司「へっ?」
良太郎「今年こそは!」
映司「良太郎まで!?」
渡「うん、今年も頑張ろう」
総司「天の道を往き総てを司るこの俺が負けるわけがない」
士「今年こそは絶対負けねええええええええええええ!!!」
巧「そういえば2連敗だったな士兄」
一真「あっでも審判の雄介兄さんが…」
雄介「ただいま〜」(ゴウラムにぶら下がりながら)
翔一「おかえり〜ちょうど良かった!今年も審判頼むよ!
雄介「OK!」(サムズアップ)
ヒビキ「それじゃあ皆〜庭に出て変身!」
一同「おー!!!」

313 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!2/9:2011/03/27(日) 21:35:09.16 ID:eAJkpXGy0
映司「えっ!?」
フィリップ「お困りのようだね映司兄さん」
映司「うっうん皆どうしちゃったの!?」
フィリップ「説明しよう!ライダーハウスでは毎年花見の場所取りをする者をライダーバトルで決定してるんだ
ルールはバトルロワイヤルで、変身解除した者が敗者となる
ちなみに不在がちな雄介兄さんは審判としてバトルからは除外されているんだ」
映司「へ〜そうなんだ〜」
翔太郎「ていうか俺が説明しようとしたら士がもうしたって言ってたが………士?」
映司「えっ?聞いてないけど…あれ?俺が覚えて無いだけ?」
渡「士…まさか…」


士「ふっふっふっ…そうだ、これも作戦の内…直前に言われたら対策も立てられないだろ!」
良太郎「士兄さん…」
士「そう花見ライダーバトルはもうすでに開始前から始まってるんだよ!!」
総司「まだ一回も勝った事が無いから必死だな」
ヒビキ「まあまあ、じゃあそろそろ始めようか!映ちゃんも大丈夫?」
映司「ああ、大丈夫!やってみるよ!アンク、メダル!」
アンク「ちっこんな事で使うもんじゃねえが…しょうがねえ、ほらよ!」
映司「サンキュ!」
雄介「はい、ルール確認ね!変身解除されたらすぐ離脱!良太郎以外は最終形態になったら駄目だよ」
ヒビキ「人数は今年も4人にしようか」


雄介「それじゃあ…よーい、ドン!」
「「「「「「「「「「「「「変身!」」」」」」」」」」」」 Turn up Hensin Standing by キーン ギャブッ
タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バ!

314 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!3/9:2011/03/27(日) 21:36:52.13 ID:eAJkpXGy0
オーズ「うわ〜なんか緊張する〜」
アギト「そんな映司にアターック!はあっ!」ばしっ
オーズ「わわっ!いきなり蹴り!?俺も負けてられないな!てやっ!」カシンッ!


W「てえやああ!」バシンッ!
カブト「ふんっ」バスンッ
W「うおっ!今年はこっちか総司っヒビキ兄さんの所に行かなくていいのか?」
カブト「なに、たまには翔太郎兄さんとフィリップに構ってやろうと思ってなっ」
W「そうかよっそりゃ嬉しいぜっ!」
パンチを繰り出すW、だが―
カブト「はあってやっ!」ダスッ
W「くっ(さすが総司兄さんお得意のカウンター…やはり一筋縄ではいかないねえ)」
バシュバシュッ!
W・カブト「っつ!」
W「なっ誰だ!」
2人が向いた先は555が殺気を漂わせてこちらに銃を向けて、はなくて


555「ちっ…避けるな真兄!」
龍騎「舌打ちすんなよ!っていうか普通避けるだろ!こうなったらっ」
ADVENT ドラグレッダー(キシャアアアアアアンン!)
龍騎「行けっ」
巨体をくねらせ兄弟達に体当たりを喰らわしていく
W「おわっこっちにも来た!」
ブレイド「ウェッ!」
電王L「およ〜」どてっ
キバ「あっ良太郎がこけちゃった」

315 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!4/9:2011/03/27(日) 21:38:12.37 ID:eAJkpXGy0
555「そっちがその気なら…おい!バジン!」
バジン(ピピピピピピピピ)ズドドドドドドドド!
龍騎「うわああああ!どっドラグレッダー!」
ドラグ(グオオオオオオオ)ボウン!ボウン!ボウン!
負けじと火球を繰り出すドラグレッダー
響鬼「おおっ!凄いなあ!じゃあ俺もはああああ!」
鬼火を出す
キバ「うわああ!」
キバット「うおっ!んじゃあこっちも!キャッスルドラアアアアンン!」
ドラン(グアアアアアアアアア!)ドゴーン!
電王L「およ〜あっ熱い〜」

オーズ「ねっねえ雄介兄さん!あんなのアリ!?」
雄介「うん?まあ最終形態になってないし…家に被害が出ないなら大丈夫!」(サムズアップ)
オーズ「そっそっか!てっうわっ!」
アギト「余所見してると危ないっよ!はあっ!」
オーズ「くっ!」
ディケイド「ほらよっ」
オーズ・アギト「うわっ」
ディケイド「俺を忘れて貰っちゃあ困るぜ!おらっ!」
オーズ「うわわわっ」
ディケイドとドラグレッダーとバジンとドランの波状攻撃はたまったものではない


555「ベルト…ベルト…」バシンッ
ブレイド「うおっと」
555「ちっメタルか…ベルト…」
キバ「たっ巧が名護さんみたいに〜」
キバット「ちょっ!なんかたっくんがスッゲー怖いんですけど!こっこうなったら…ドッガハンマー!」

316 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!5/9:2011/03/27(日) 21:40:11.95 ID:eAJkpXGy0
ラモン「……………ちぇっ」次狼「ふんっ」
力「…いって…きもす」

Dキバ「はあああああ…はあ」
キバット「ウェイク・アップ!」
オーズ「おおっ夜だ!凄い!」
アギト「凄いよね〜」
ドッガハンマーの隠れているトゥルーアイが555に向けて開かれる…
555「つっ!?動けねえ!?」
Dキバ「…一真兄さん…」
ブレイド「ああ、分かった!ごめん巧!」
555「なっ!?」
ブレイドが555からベルトを取って555変身解除された
雄介「はーい巧場所取りメンバー決定!色々危ないからこっちに避難して!」
巧「…おう」

ディケイド「おりゃあ!」カキンッ!
ブレイド「くっ!ウェイ!」カシンッ!
ディケイド「ちっ!ベルトを取ったら油断すると踏んだんだがな!」

電王L「およよよよ〜」
響鬼「三匹とも凄いねえ、たあっ!」
龍騎「うわっっと!てやっ」

317 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!6/9:2011/03/27(日) 21:43:10.20 ID:eAJkpXGy0
オーズ「(このままじゃ色々やばいこうなりゃシャウタで!)アンク!メダルを!」
アンク「このアイス美味めえな」
ミニ冷蔵庫を横に置いてアイスを堪能しているアンク
オーズ「アンク!メダル!」
ついにはアギトと掴みあいになり必死に声をかける
アンク「メダル…なあ…悪いが無理だ」
オーズ「えっ!?」
そういうとアンクは冷蔵庫を開けた
中にはいかにも高級そうなアイスがずらっと並んでいた
オーズ「なっ何それ!っていうかアンク!」
アギト「よいしゃ!」
オーズ「くっ!めっメダル!」
ディケイド「残念だが、映司兄さんはタトバからチェンジする事は出来ない」
オーズ「えっ!?士!?」

W「てやっ!はあっ!おりゃあ!」
カブト「はっ!ふん!たあっ!」
W「つっ(ヒートメタルでもカウンターで潰されちまうか…)」
カブト「どうした翔太郎兄さん?それでは終わりではないだろう…はあっ」ピシュピシュ!
W「うおっと!(ガンモードか…翔太郎!ここはルナトリガーで!)分かったぜ!」
メモリを変えようとするその一瞬であった
カブト「クロック・アップ」
W「何!?あっ!」
気が付くとカブトが右手にメモリ、左手にドライバーを持ち後ろに立っていた
カブト「ヒートメタルで取らなかったのは次の交換時に2人を油断させるためだ」
フィリップ「なるほど…そういうわけか…やられたね翔太郎」
起き上がるフィリップ
翔太郎「ったく…ハードボイルドじゃないぜ…」
雄介「はい!翔太郎とフィリップメンバー決定!翔太郎は早く避難だよ」

318 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!7/9:2011/03/27(日) 21:45:28.23 ID:eAJkpXGy0
オーズ「士!まさかアンクを買収したの!?」
ディケイド「ああそうだ!」

響鬼「成程…さっきつーちゃんを見かけないと思ったらそういう事か、ほっ」
カブト「はっ!士が考えそうな事だ」
ブレイド「ウェーイ!さすが士というか…」

〜回想〜
ディケイド「おいアンク!」
アンク「あ?」
ディケイド「このアイスをやろう!」
アンク「で?お前の欲望は何だ?」
ディケイド「映司兄さんにメダルを渡すな、それだけだ」
アンク「ふんっ分かった…どれ…これは!」
ディケイド「今話題のアイスだ、このバニラアイスなんかはアラタおすすめの一品だ」
〜回想終了〜

ディケイド「といわけだ!」
オーズ「えええええ〜!?」

319 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!8/9:2011/03/27(日) 21:48:37.15 ID:eAJkpXGy0
キバ「アンクって本当にアイス好きだね、てやっ!」
龍騎「おわっ!さすが欲望に忠実なグリード、おりゃ!」
電王L「うわっ!でっでも映司兄さんちょっと可哀想…えい!重い!」

ディケイド「それじゃあ、やるか…」カメンライド!ディディディディケイド!
オーズ「ちょ!タンマッ!」
アギト「えっ?俺も?」
ディケイド「動くなよ!動くと痛いぞ!」
オーズ「いやっ動かなくても痛いって!」
ディケイド「おりゃあああああああああああ!!!」
アギト・オーズ「うわああああああああああああ!!」
ブレイド「映司!チェンジ出来なくても勝てるはずだ!お前に、ライダーとしての資格があるなら!!」



映司「…一真兄さん…それもうちょっと早く言ってくれたら嬉しかったな…痛てて…」
ブレイド「ごめん!大丈夫か?2人共!」
翔一「痛たた…うーん士も強いなあ」
雄介「はーい!翔一と映司が同時に脱落したのでこれで終了!」

320 :ハ・ナ・ミ!場所取り決定戦!9/9:2011/03/27(日) 21:57:13.24 ID:eAJkpXGy0
士「3連敗を破壊してやったぜ!」
良太郎「やった…うん!皆、応援してくれてありがとう!」
真司「良かったなあ良太郎!おう!お前もお疲れ様!」
ドラグ(グオオオォォォ)
バジン(ピピッ)
渡「ごめん巧!あんな巧見てられなくて…」
巧「ああ良いって!場所取りはちゃんとするから」
一真「あー今年は回避出来たか〜」
総司「ふっ天の道を往く俺には当然の結果だ」天の道ポーズ
ヒビキ「鍛えてますから!シュッ!」
翔太郎「あ〜あ俺達も場所取りになっちまったか〜まっハードボイルドに行くぜ」
フィリップ「場所取り…今からゾクゾクするねえ」
翔一「場所取りに持っていく料理何にしようかなあ〜」
映司「まあ、皆と一緒だし場所取りも悪くないかな」
アンク「はんっ俺は手伝わんからな!」
雄介「今から花見が楽しみだなあ」

321 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 22:59:23.14 ID:uQnGX5ABO
>>312-320GJ!
もう花見の時期か…
ベルトむしりたっくんワロタwwwww
なんていうか士必死だなぁw

>>309
士ならエキストラで戦闘員千人くらい用意できそうだな

322 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 23:17:19.58 ID:yOMHnaVF0
>>312-320
GJ!面白かった!
雄介や翔一や映司あたりは、頼めば普通に「いいよ〜」と場所取り行ってくれそうな気もするなw

323 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 23:26:58.31 ID:dv1G/CueO
遂に良太郎が場所取り要員から外れた…。よかったな良太郎!w

324 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 23:52:05.64 ID:7Es1jCeV0
>>312
春の風物詩キターww
GJ!!面白かった!
アラタと仲良い士にワロタww

325 :312:2011/03/28(月) 00:05:17.39 ID:80nNuwxg0
>>323
自分もアミダで結果が出た時に思わず「やったな良太郎!」って言ったよw

326 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 00:50:26.36 ID:xpculgojO
>>312->>320
ふおおぉぉ!!花見バトルGJです!!
過去ログ見て今か今かと待ってました!!

しかし、士パネェwwwwwwww良ちゃんおめでとう^^たっくん、挫けるな…!!


327 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 09:13:04.95 ID:Jqnm9V9nO
花見バトル今年も読めた!ありがとう職人様!
士の数々の工作の必死さに笑ったよ。
火力攻撃合戦も、クロックアップ・フォームチェンジ封じも、毎度戦略がいいなあ!
そして良ちゃん勝ち抜けおめでとう!

タイトルのハ・ナ・ミが、ハナ・ナオミ・岬さんで浮かんだのは自分だけでいい。最強じゃないかw

328 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 12:44:54.22 ID:fyJZIONj0
士必死すぎだろww

329 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 13:41:19.74 ID:+/InDz8x0
>>312->>320
超GJスゲー燃えたw
士キタねぇwwwww
士に隠れてタッくんも必死過ぎるw
そして総司の行動が全部格好良くて困るw

330 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 18:41:11.51 ID:7JbnqdV70
策士だな士w

331 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 21:43:44.90 ID:l3gpJMrQO
花見弁当の中身で軽ーく仕返しされるに20アイス<士

332 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 09:22:58.82 ID:j/Ft4/SJ0
最近このスレを見始めたのだが、良作ばかりで本当に素晴らしいと思う。
自分も考えてはいるんだが、見せる勇気がないんだよ。駄作で。
しかも時期外れ。それでも大丈夫なのだろうか?

333 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 09:53:58.93 ID:5YUdUo7qO
すでに書いてあるなら見たいな〜

334 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 13:38:39.92 ID:NegbKQH1O
いけますって!>>332に明日のパンツと少しのネタと兄弟を愛する心があれば!

335 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 14:30:17.41 ID:T4if7BTaO
誘い受けウザいって言われたいの?

336 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 14:39:22.50 ID:j/Ft4/SJ0
ありがとう!
意外に見たいと言ってくれる人がいて驚いたよww
本当ありがとう いってみるよ、自分!


337 :ぼくのなつやすみさいごのひ 1/4:2011/03/29(火) 14:42:23.50 ID:j/Ft4/SJ0

兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK、と言いたいところだが、全員が小中高大学生時代の話なので血縁っぽい
フィリップも兄弟設定  
この年齢のころこいつらって、とか思った方、細けぇこt(以下略
今は春ですがこの話の内容は夏 時期外れ
数年前の兄弟設定なので性格、喋り方、一人称も若干違います 苦手・嫌いな人はスルーを


*****

それは遡る事10年前、最後の夏の日に起きた事件…

真司「終わってない…」

今、彼は13歳。中学校1年生である。今の彼は龍騎として戦ってはいない。後に知ることとなるあの辛さを、まだ味わっていない。
だが、その代わり今の彼には大変なものがあった。これを読んでいる者全員がきっと経験したことがあるだろう、あの恐怖あの苦しみ。
そう、それは…

真司「夏休みの宿題…!」

先程も言った通り、今の彼は中学生。もちろん勉強だってする。残念なことに彼は、あまり勉強が得意な方ではなかった。
夏休みといえば学生にとって最大のイベント。遊びまくるのが普通(?)。彼も遊びまくった。遊びつくした。
勉強が得意ではない彼は宿題の進みが遅い。それに加えて遊びまくった彼は、とてつもなく後悔していた。
夏休みは今日まで。宿題は丸々残ってる。提出日は明日。

真司「…くよくよしてたって始まんないや。…とりあえず、兄さんたちに聞くかぁ。」

そして彼の苦難の旅が始まった。


まず最初に、彼は一番上の兄、ヒビキに聞くことにした

真司「ヒビキ兄。あのさ、夏休みの宿題が終わってないんだ。教えてくれない?」
ヒビキ「ゴメン真ちゃん。今忙しいんだ。それに、宿題はやっぱり自分でやった方がいいよ。」
真司「そうだね、こっちこそゴメン。今、鬼大変なのに呼びとめて。」
ヒビキ「いやいや。と、いうか…。」
真司「ん?」
ヒビキ「きっと何年も前の勉強のことは、もう覚えてないと思うんだ。本当ゴメンね。」
   「それじゃもう行くね、頑張ってね!真ちゃん!」(シュッ


次に、二番目の兄、雄介に聞くことにした。

真司「ねぇ、雄介兄。少し…。」
雄介「ゴメン。また後で!」

そうして窓から行ってしまった。

真司(行っちゃった…。)



338 :ぼくのなつやすみさいごのひ 2/4:2011/03/29(火) 14:44:33.76 ID:j/Ft4/SJ0


次に、三番目の兄、翔太郎に聞こうとしたのだが…。

フィリップ「やめたほうがいいよ。しんじにいさん。」
真司「え?どうした、フィリップ?」
フィリップ「つかさにいさんじゃないけど、だいたいわかったよ。おわってないんでしょ、しゅくだい。」
真司「…まぁ。」
フィリップ「ちゃんとけいかくをたててからやったほうがいいよ。ぼくはもうとっくにおわってる。」

弟達にはいい兄でいようと思う真司にとって、フィリップの言葉には少しばかりショックを受けていた。
この末の弟はまだ、小学校に上がったばっかりなのに…。

フィリップ「ねぇ、しんじにいさん。しょうたろうはやめておいたほうがいいよ。いましょうたろうはなつやすみのしゅくだいの
      らすとすぱーとにはいっている。すこしぴりぴりしているよ。それにしょうたろうはちゅういちのべんきょうないよう
      なんておぼえているはずがない。とうにわすれってしまっているさ。」
真司「そうかなぁ…。」

確かに昨日翔太郎兄も、終わってないだとかそんな事を言っていたような気がする。
それに、この頭のいい弟がそう言っていると、本当に翔太郎兄は中一の勉強内容を忘れてしまっているんじゃないかと思えてくる。
というか、ありえる。

フィリップ「よければぼくがてつだおうか?」
真司「へ?」
フィリップ「ちゅういちのべんきょうないようならもうえつらんずみさ!このまえだいがくせいまでのべんきょうないようをけんさく
      たんだ。」
真司「…やめとく。とてもいいとは思うけど、やめとく。兄としての意地が…。」
フィリップ「そうかい?しかたがないね。それではぼくはなつばてについてけんさくしてくるよ。」
真司「いってらっしゃい…。」

大きな心の傷を負った。



真司「どうしよう…。雄介兄の2000の技のうちのどれかで何とかなると思ってたし…。一番年の近い翔太郎兄はあれだし…。」

顔を上げると、目の前には一つ下の弟、一真がいた。

真司(…あっ。そういえば小学生の復習内容も少しだけ出るって聞いた!少し聞いてみるだけみよう。)
真司「なぁ、一真。」
一真「ウェ?(0w0)」

よくよく弟の手を見ると…。 鉛筆が握られていた。 机の上にはたくさんのプリントとノート。

真司「…。」
一真「…ウェイ?(0w0)」
真司「やっぱ、いい…。」

後々、彼は気付いた。というか弟に宿題聞くとか…、と。



339 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 14:45:02.79 ID:ctajEqxJO
メ欄にsage

340 :ぼくのなつやすみさいごのひ 3/4:2011/03/29(火) 14:47:13.29 ID:j/Ft4/SJ0


真司「もう駄目だ、諦めるしかないのか…。」

そこに近付く3つの影が。

「「「どうした(の)?しんじ兄さん?」」」
真司「あぁ、翔一に総司に映司。」
総司「士じゃあないが大体わかった。大方、終わってないんだろう。」
真司「…まぁ(なんかデジャヴ…)。」
翔一「大丈夫?しんじ兄さん?」
真司「少しだけ…。」
映司「泣かないで、しんじ兄さん。ぼくのパンツあげるから。」
真司「気持ちだけにしとくよ…。」

3人の優しさにちょっと心が回復していく。先程まで出そうになっていた涙とは違う涙が溢れそうに…。

総司「ところで、しんじ兄さん。後2時間程で夕食ができる。」
真司「へ?あぁ、そう? で?」
総司「残ってる宿題は?」
真司「…ほとんど。丸々。国語も数学も社会も英語も理科も家庭科も技術も美術も保体も。」
総司「じゃあ、諦めたほうがいい。後2時間で全てそれを終えろ。さもなくば夕食は抜きだ。」
真司「ちょ、」
総司「じゃあ。」

三つ子のうち二人、翔一と総司はすでにこの家の食事を全て担当している。つまり食事決定権も二人。

真司(夕飯は抜き…)
翔一・映司「「大丈夫?しんじ兄さん?」」
真司「あぁ、もう駄目…。翔一、総司に何とか言ってくれない!?」
翔一「ゴメン、それは無理。今回、しんじ兄さんにも悪いとこはあるし、もうすぐ台所のお湯が沸騰するから。時間もったいない。」
真司「でも、」
映司「さっきからぼく達でみんなに言いに行ってるんだ。さっきのこと。しょうたろう兄さんは英語以外みんな終わってた。
   かずま兄さんは遊んでた。」
真司「……。」

彼に残された時間は後1時間と少し。



341 :ぼくのなつやすみさいごのひ 4/4:2011/03/29(火) 14:49:32.99 ID:j/Ft4/SJ0

真司「どうしよう…。」
渡「しんじ兄さん!!!」
真司「うわぁぁ!!びっくりしたぁ、渡かぁ。」

目の前にいたのは、元気のよい兄弟の中でも大人しい部類に入る渡であった。そんな大人しい弟がこんなに大きい声を出すとは…。

真司「どうした?渡?」
渡「それがね、しんじ兄さん…」
士「大体わかった。」
真司「おぉ、本家本元。士も、どうした?」

その時、渡の顔色が急に変わった。

渡「そう、逃げて、しんじ兄さん!」
士「大丈夫だ、渡。痛くしないから。」
真司「へ?」
渡「士ったら、しんじ兄さんを破壊するって言うんだよ!」
士「しんじ兄の頭脳も、一回破壊して作り直せば今よりは良くなるはずだ。筋肉の作りと一緒だな。」
渡「違うよ!」
士「大丈夫だ!おれは破壊者だから!」
真司「大丈夫そうに聞こえない、思えない!」
 
そうして、自分を破壊者と言う少年の手に握られているのは…

士「ちょっとくすぐったいぞ…。」

ご想像にお任せします。

真司「ぎゃぁぁぁあぁぁあぁぁぁぁぁああぁぁぁぁぁぁッ!!!!」



フィリップ「これはきょうみぶかいね!ぞくぞくするよ! あれ…。どうしたの、しんじにいさん。そこでたおれて。」
真司「…。ねぇフィリップ。」
フィリップ「ん?なんだい?」

結局彼は、地球一頭のいい末の弟に勉強を頼んだ。
提出日にも夕食にも間にあったが、その代わり大きな心の傷をもう一度負った。

教訓・宿題は計画的に。


342 :ぼくのなつやすみさいごのひ おまけ:2011/03/29(火) 14:51:45.12 ID:j/Ft4/SJ0

翔太郎「だぁ!終わんねぇ!」
良太郎「ゆうすけにいさん。しょうたろうにいさんのじゆうけんきゅうのざいりょうとりいったまま、かえってこないね。
    とおくまでいってるのかな?」
巧「それにしてもおそすぎだろ?…10時間とか。」
翔太郎「だぁ!やっぱ終わんねぇ!!」
巧「というか、しょうたろうにいもけいかくたててからやるだろ、ふつう。」
良太郎「なんでしょうたろうにいさんは、えいごがにがてなのにあのはーどぼいるどしょうせつはえいごのままでよむの?」
巧・翔太郎「…。」
良太郎「それって、かっこつけってやつ?ふぃりっぷのいってた「はーふぼいるど」なの?」
巧「それっ!いっちゃだめだろ!ほんとうのことなんだから!…って、あっ。」
良太郎「たっくん、しょうたろうにいさんなかせた…。」
巧「おまえもだろ!ていうか、たっくんいうな!」
翔太郎「俺はハーフ、そうハーフボイルド…。半熟野郎…。」

翔太郎、本日の夕食抜き決定。





343 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 14:56:11.65 ID:j/Ft4/SJ0
おそまつさまでした
こういうの考えたり見せたりするのは初めてなんだ 今も手が震えてるww
今後の参考にできたらいいから、どんどん批評してくれ 
後、ネタと兄弟を愛する心は少しどころじゃねえぜ 応援してくれてありがとう
ありがとうございました 

344 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 15:02:14.66 ID:j/Ft4/SJ0
≫339
自分初心者で、教えてくれてありがとう
気付いたのは全て終わった後だったから、次からは気をつけるよ


345 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 15:10:15.27 ID:P8hsjJGR0
映司の出番すくなっ

346 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 15:24:40.25 ID:5YUdUo7qO
そりゃあバラつきはあるだろう。
面白かったよw

347 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 15:25:52.55 ID:oHcf0CMo0
翔一じゃなくて、哲也。

348 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 19:05:34.01 ID:VudHtTUp0
ていうか真司と翔太郎嫌いなの?
性格が馬鹿だからって成績も馬鹿とは限らんでしょ
愛があるって言ったって扱いが酷いとそうは思えないし

349 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 19:13:41.02 ID:0jNn8wzNP
いや、書き手によってネタにしやすいキャラっているでしょ。

350 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 19:26:38.93 ID:Qv0dRlnTO
ネタとしてしか扱ってないように感じるとそのキャラのファンは大分凹むぞ?
特に真司と一真。更に真司は一真みたいにネタ以外の話が多くないからな…

でも今回の話はそんな事なかったと思うんだけどな…GJ!

351 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 19:43:30.72 ID:NegbKQH1O
お、できてる。お疲れさんです!この年代の兄弟は新鮮だなあ

愛は感じられたぞwでもネタにしっぱなしだと愉快じゃないことがあるよな…注意するにしても喧嘩腰もよくないと思うけど。
特に長文書くときはネタにも必然性があるように考えてみたらいいんじゃないかな。真司は友達の手伝いしてて自分の宿題忘れてた…みたいな。

自分も初投稿のときは心臓吐き出すんじゃないかくらいドキドキしたよw今でも忘れられない…

352 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 20:06:27.39 ID:w3evDcMd0
幼少期をやるからには翔一は哲也にしてほしい
アギト知ってて書いてる?
あとやっぱり頭脳的に馬鹿扱いはいい気しないよ
宿題やってなかったくらいはありだとおもうけどさ

353 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 20:12:15.66 ID:IzsGxyE30
10歳の渡と士の姿は容易に想像出来る
すごく可愛いんだけど、士のセリフが怖いw
12歳の一真は多分すでに高校生ぐらいの身長かな


354 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 20:30:13.82 ID:j/Ft4/SJ0
あのネタを書いた者だが
>>348 真司と翔太郎は好き、というか尊敬してます 不快にさせてスミマセン 
   翔太郎はいつも報告書をローマ字で書いているんで苦手なんかなと、
>>352 翔一か哲也悩んだ末の翔一なんだ、スミマセン 後アギトは幼い頃好きだった 今もだが

いろんな感想ありがとう、次に活かすよ こんな俺のでよければまた新しいの書きたいんだ 次はもっといいのを書いてみせるよ
長文スミマセン それと連続で何回もスミマセン ライダー愛してるぜ

355 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 20:30:22.72 ID:jHEOXT0P0
兄弟みんな可愛いなーGJ!!
これからも期待してます!

356 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 23:16:00.43 ID:VqbZHGCgO
子供らしいしゃべり方の兄弟に混じって今と変わらない士と総司がww


指摘する人は注意するにしても言葉遣いは気を付けた方がいいと思う
言葉遣いが悪いと知世子さんにそろってリピートアフタミーされるぞ

357 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 23:42:59.99 ID:dIJlzo9gO
路上とかに落ちてる【片方だけの手袋】を見て

「前まではそんなに意識しなかったけど、アンクが来たこの冬からやけに目につくようになったな」
「ボロボロに汚れてたりするとなんか可哀想に思えてくるよね」
「小学生のころ、左手だけに手袋つけて『鬼の手!』ってやってたなぁ」
「アンク手袋試しに作ってみたよ。もちろんちゃんと両手分」

なんて感じでわいわいやってる兄弟達の姿をなんとなく受信した

358 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 23:49:15.10 ID:SjukUW1bO
自分は扱い酷いとは思わなかったなー。
ありそうで微笑ましくて笑った。


前向きに頑張ってくれそうなレスに安心したよ。次回作も楽しみにしてる。
GJでした!

359 :2号家の花見事情1/4:2011/03/30(水) 00:21:49.36 ID:+aehlQ6A0
ここはクスクシエ休憩時間に仲良く皆で話をしています
比奈「相変わらず映司君の家は凄いですね!」
映司「俺もそう思うよ」


映司「と、そんなわけで俺負けちゃって!花見の場所取り係になったんだ〜」
伊達「へ〜そりゃ災難だったねえ!」
後藤「その割には悔しくなさそうだが」
映司「えっ?そりゃあ翔太郎兄さん達と一緒に場所取りするの楽しみなんで!」
比奈「映司君らしいですね」
伊達「だな!」


映司「そういや伊達さん達の所はどうなんですか?」
伊達「俺んとこ?」
映司「はい、伊達さんの所も花見するんですよね?場所取りとかどうしてるのかなって」
伊達「…俺達の所は…」
後藤「………」
映司・比奈「まさか!ライダーバトル!?」
伊達「いやいや!違う違う!場所取りはそんな風に決めないから!なっ慎太郎ちゃん」
後藤「えっええ!ただ…場所決めに揉めてただけで…」
映司・比奈「場所決め?」

360 :2号家の花見事情2/4:2011/03/30(水) 00:22:59.99 ID:+aehlQ6A0
先日の2号家
イブキ「もうそろそろ花見の季節ですね〜」
蓮「ああ、そうだな」
兄弟達が集まるリビング、イブキのその一言に何人かがそわそわしだした


明「あっ!そうそう!その花見なんだけどさ!鴻上さんから良い場所教えて貰ったんだよ!なっ慎太郎ちゃん!」
慎太郎「ええ、もし決まっていなければこちらで色々手配すると仰っていました」
明「どうっ?悪い話じゃないと思うんだよね〜」

そう言った2人にさっきまでお茶を飲んでいた名護がコップを置いた
啓介「心配には及ばない、場所はこの私、すばらしき青空の会が提供する」
明・慎太郎「えっ?」
啓介「こちらの資料を見なさい、ほら皆の分も用意してある」
と言いながら取り出したのは桜の木の写真が表紙の資料が人数分
名護「見なさい、きっと気にいるはずです」
パラパラと資料みる兄弟達
明「へ〜鴻上さんから教えて貰ったのも良いけどこっちも良いな!でかした啓介ちゃん!」
啓介「当然の結果です、慎太郎も気に行ったでしょう」
慎太郎「ああ、どっちにするか迷うな」
和やかな雰囲気になった3人に待ったをかける人物がいた

361 :2号家の花見事情3/4:2011/03/30(水) 00:24:07.16 ID:+aehlQ6A0
大樹「待った!啓介兄さんにばかり良い格好はさせないよ!僕だってお宝級の場所知ってるんだから!」
啓介「大樹…」
大樹「抜け駆けはさせないよ!」
明「まあまあ!大樹ちゃんもよくやった!じゃあ大樹ちゃんの知ってる場所も教えてっ」

「待った!」
明・慎太郎「えっ?」

イブキ「僕も良い処知ってるんだ、吉野にあるしちょっと遠いけど損はさせないからさ!」
新「あっ俺も!俺もZECTの情報網で色々知ってて良いとこ見つけたんだ!」
始「大樹が教えてくれた場所は去年行っただろ」
大樹「ちゃんと去年と違う場所だって!今年の場所も凄いんだから!」
啓介「いや!ここは私に譲るべきだ!」
明「あ〜皆落ち着いて!なっ?」
薫「兄さんの言う通りだ!………長野にも綺麗な桜が咲く場所があるんだが…」
後藤「薫兄さんまで…」


蓮「また今年もこの展開か…」
雅人「まあ、皆が必死にお勧めする気持ちは分かるよね」
誠「皆一生懸命選んで来てくれたんだしね」
竜「だな、まあ風都にも良い場所はあるが…」
デネブ「おお!じゃあ竜も言ってみるといい!」
侑斗「これ以上選択肢増やす気かよ!」

362 :2号家の花見事情4/4:2011/03/30(水) 00:25:08.40 ID:+aehlQ6A0
明「で、どーする?」
啓介「とーぜん私の所です!」大樹「僕の所だよ!」新「俺!俺の所!」
イブキ「僕の所が良いですよ」
明「あー…じゃあこうしよう!皆一通り説明してせーので行きたい所を紹介した奴を指差そう!なっ!」
慎太郎「まあそれなら良いと思いますが…」
蓮「それで良いだろ」
誠「ですね」
明「じゃあまず俺から話そうか!」



伊達「とまあこんな感じで」
比奈「どこも似たような感じですね」
映司「で、誰が紹介したとこに決めたんですか?」
後藤「こちらが紹介した所だ」
伊達「新しく来たのに早々場所提供してくれるから選ばないのも悪いしって事みたいよ」
後藤「まあ、景色も交通の便も良いと文句無い所もあるでしょうけど」
伊達「それでも、あとの張り切ってた皆には悪い事したかな?」
映司「でも、その分沢山楽しく過ごしたら良いじゃないですか!」
比奈「そうですよ!他の御兄弟達には色々忘れるくらい楽しんでもらったらいいですよ!」
後藤「まあ、一理あるな」
伊達「だな!つまんない事は忘れて当日はパーッと騒ぐか!」
映司「ですね!!」

363 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 00:36:35.26 ID:Nc2GFWpd0
GJ!!

二号家の花見事情が見れて楽しかった!
和むなぁ…ww



364 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 01:02:17.24 ID:LDtoqyQ+0
お隣さんはいつもなんだかんだ揉めるのに
花見の準備に関しては1号家より2号家の方が平和なのな。
面白いw

365 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 01:13:41.66 ID:vwXtixl00
>>359
GJでしたw
二号家はいつもガチ喧嘩?してるだけに
こういうパターンの意地の張り合いも見てて名護むなw

366 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 07:56:52.56 ID:2q94juOxO
>>359-362
GJ!!職人様増えててマジ朝から嬉しい^^
しかし…まさかとは思うけど、1号家の場所取りしたところがよりによって伊達さん後藤さんの目のつけた場所だと言う…そして、桜をバックにプチライダー大戦勃発…なんつー電波w
鴻上会長が場所確保してるとは言ってたけど、あの人なら「素晴らしいっっ!!!!!!」とか言い出しそうだw

あと、夏休みネタもGJ^^ 真司好きだからメインで嬉しかったなぁ。 昔からドタバタな兄弟達が微笑ましい^^
個人的に翔太郎の為に材料探しの旅に出て行った雄介兄さんに吹いたwwww何を何処まで探しに行ったんだ…!!


ライダー制覇率少ないドにわかな自分が言える立場じゃないが、ここの職人様は皆キャラクターに愛がある方達だと思うんだ。
この板はギスギスな雰囲気よりもほっこりとかほんわかとかが確実に似合うよ。
後半チラ裏サーセン。

367 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 18:54:16.40 ID:mCdxavXf0
>>359
2号家ぜったいバトってるだろ!!という予想を裏切られて嬉しいぜ!!
職人様GJ!!
こういう季節感のあるネタいいよなーww

368 :エイプリルフール前夜祭 1/5:2011/03/31(木) 04:33:23.78 ID:9gt9SiOd0
それは4月を目前に控えたある明け方の事。
広大なライダーハウスの片隅に蠢く怪しい影がありました。それは…

雄介「聖なる泉…今の俺には眩し過ぎる…」
自嘲気味の笑みを浮かべた雄介、
翔太郎「もうハードもボイルドもねえんだよ…」
帽子で顔を隠した翔太郎、
良太郎「僕に出来る事?…ないんじゃないかな…」
真下を向いて小さく呟いた良太郎。

なんと、あれほど強かったライダー達の心がついに闇に染まってしまった姿…ではなく

雄介「…やっぱり笑顔で言っちゃおかしいかな?」
翔太郎「これでハードボイルドに決めたら変だよなあ」
良太郎「やさぐれっていうか、オバケみたいになっちゃった…」
雄介「もう本番まで時間がないから気合入れていかないとね!
   4月1日は毎年どこも力作揃いだし、俺達も頑張らないと」
翔太郎「おう!」
良太郎「うん!」

4月1日、つまりエイプリルフールに向けた準備に余念のないいつもの兄弟たちでした。

369 :エイプリルフール前夜祭 2/5:2011/03/31(木) 04:34:09.81 ID:9gt9SiOd0
良太郎「もっと『地獄3兄弟始めました!』って分かりやすくした方がいいんじゃないかな」
翔太郎「分かりやすくねえ…あ、タスキ?でもハードボイルドじゃねえな…」
雄介「タスキなら家に今ある材料で出来るかな。あ、そういえば衣装出来たよ!じゃーん」
翔太郎・良太郎「「おおー」」
良太郎「でもこれまだ袖が付いてるね」
雄介「それなんだけどさ、ちょっと二人に相談したい事があって」
翔太郎「誰がどっちの袖を切るかか?」
雄介「そうそう、俺達は3人だからさー。誰かと誰かが同じ袖になるだろ?
   でも2:1じゃバランス悪いし、残りの一人が浮いて見えるかなって」
雄介・翔太郎「「うーん」」
良太郎「あ、誰か一人は両方とも袖切っちゃうのはどう?これならバランスいいよ」
雄介・翔太郎「「それだ!」」


来るべきエイプリルフールに向けて盛り上がる3人。
しかし広いようでいて狭いライダーハウス、早朝から騒いでいればもちろん誰かに気付かれます。

総司「…まだ暗い内から何をやっているんだあの3人は」
巧「どの辺が『それだ!』だよ、悩む場所おかし…っていうか色々おかしいだろ。
  なんでエイプリルフールがコント仕込む日みたいになってるんだよ!」
映司「でも最近のエイプリルフールってどこも凝った事するんでしょ?
   あの3人も本番に見せに来るんだろうし、まあここは見なかった事にしてあげて…」

370 :エイプリルフール前夜祭 3/5:2011/03/31(木) 04:37:10.80 ID:9gt9SiOd0
総司「それは出来ないな」
映司「えっ?」
総司「おい巧、分かっているだろうな?」
巧「ああ、さっきもうやった。だからそろそろ来るだろ……来た!」
映司「え?ちょっ、何この物音!?」


ピーポーピーポーピーポー キキーッ
ドンッ バタバタバタバタバタ
カタカタカタカタ プァーーーーーーン
バタンッ

一条「五代!」 フィリップ「翔太郎っ!」 モモタロス「良太郎おお!」
雄介・翔太郎・良太郎「「「はいっ!?」」」


一条「一体何があったんだ、君の心が折れるなんて…。今度の未確認生命体はそれ程までに強いのか!?」
雄介「ちょ、ちょっと待って!ちゃんと説明しますからライフルは車に置いてきて下さい一条さん!」

フィリップ「鳴海荘吉の影を追い続けた挙句勝手に挫折だって?ハーフボイルドこそが君の個性であり魅力だろう!?」
翔太郎「フィリップお前そんな風に思ってくれて……。
    って今言うなよ!そういう台詞はもっと大事な場面のために取っておいてくれよなんで今だよ!」

モモタロス「また一人で悩んでよお…最後まで一緒に戦うって願いは嘘だったのかよりょうたろおおおおお!」
良太郎「モモタロス落ち着いてよ、何でデンライナーの出口が天井の窓に繋がって…ってうわあああああ!」

371 :エイプリルフール前夜祭 4/5:2011/03/31(木) 04:37:53.94 ID:9gt9SiOd0
「出現場所はどこだ?今応援を…」「誰か助けて〜」「良い台詞だ、感動的だな、だが無意味だ」
「そうだそうだ!」「特殊弾のケースも置いてきて下さい!」「俺の角が床に刺さって抜けねえ!」
「そもそも属性被りというのは致命的な…」「こうなったのも乾巧ってやつの「おのれディケイド!」


巧「…成功したみたいだな」
総司「ああ、予想以上の効果だ。呼んだ覚えのないのも混じっているが…」
巧「とりあえず雄介兄達のエイプリルフールは阻止か」
映司「これは大人気ないと思うんだけど…せっかく張り切ってたのに」
総司「おばあちゃんが言っていた。嘘つきは泥棒の始まりだと。
   俺達は兄弟の心に生まれた悪の芽を摘んだだけだ」
映司「そんな大袈裟な…っていうかそれおばあちゃんだけの言葉じゃないよね」
巧「それに当日は殆ど皆こんなノリになる上に全員俺の所に言いに来るんだぜ!?
  さーあ突っ込んでみろみたいな顔してよ!
  兄弟や知り合いはともかくほとんど面識のない奴もだ!
  俺だっていちいちリアクション取れねえし、ちょっとくらい先に片付けてもいいだろ…」
映司「そ、そうなんだ・・・。ごめんね巧、今年は俺も手伝うからさ」
総司「それにどうせ当日になればあいつらの所にも見せに行っていただろう。
   少々早まっても問題ない」
映司「いやそれはおかしいよね?エイプリルフールとそれより前の日じゃ大分違うからね?」
総司「・・・・・・・・・・・・・・・」(←嘘はともかく地獄兄弟ネタなのが嫌だった人)

372 :エイプリルフール前夜祭 5/5:2011/03/31(木) 04:38:41.22 ID:9gt9SiOd0
雄介「あーびっくりした…。なんか一条さんに凄く悪い事しちゃった気がする」
翔太郎「結局良い台詞は全部言われちまったな…。にしてもどこからバレたんだ?」
良太郎「いたたたたたた…。あの後他のみんなも次々落ちてきたせいで下敷きに…」
雄介「みんなに心配掛けちゃったみたいだし、あの嘘をつくのはやめとこうか?」
良太郎「うん、それがいいね。でも今から新しいのも思いつかないから…」
翔太郎「ま、今年は大人しく騙され役に徹するか。当日は映画も見に行かなきゃいけないしな」
良太郎「だねー。んん、何か眠くなってきた」
雄介「それじゃ、朝食の時間までもう一眠りしますか。皆おやすみ〜」
翔太郎「おう、おやすみ」
良太郎「おやすみなさ〜い」

こうしてライダーの心に生まれた闇と悪、もといツッコミで消費される巧の精神力は
夜明けと共に救われたかに見えました。
しかし…


inバイオリン工房
渡「『はーっはっはっはっは!はーっはっはっは!』」(大首領服で)
士「『俺がキングだ!』…よしいける!これなら騙せる!」(キング服で)

in二号家
大樹「つまりバイクフォームの兄さんが駐輪場に紛れ込むって訳さ。どうだい?」
竜「………」
<トライアル!
大樹「…」
<インビジブル
蓮「戦うなら外でやれ」

in台所
愛理「だから常連さん向けにエイプリルフール限定メニューを出そうと思うの。
   普通喫茶店では出さないような物で…。
   それで知り合いの方たちにアンケートを取ってみたんだけど、どうかしら」
ひより「…とりあえず、このトカゲとかもずくとかは参考にしないでくれ」


更なる強敵は目前に迫っていたのでした。
頑張れライダー兄弟!負けるなライダー兄弟!


おしまい

373 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 09:08:48.97 ID:/jczXjQi0
おお、エイプリルフールネタだ!GJ!
地獄3兄弟ってww 20歳コンビも張り切ってるなw 
こういう面白い話が書ける職人さんは尊敬するなぁ。

374 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 09:27:57.24 ID:9MOW3YPY0
Gj!
二十歳コンビwww

375 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 11:24:07.27 ID:x4fYqk9m0
GJ!予想外の3人が地獄兄弟やろうとするのは新鮮で面白かったwww
つーか20歳コンビノリノリだな〜w

376 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 12:27:44.54 ID:MM5u4h6HO
アンクや後藤さんは真面目だから、騙されてそうな予感。
特に二十歳ツインズに。

377 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 12:43:31.74 ID:Q4OetCkU0
士はまだしも渡にまでやられたら信じるかもしれないw
つまり日頃の(ry

378 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 21:57:25.56 ID:yOZnwjFnO
ちょwろだww

ちょっと目を離したすきに良作ラッシュだな〜 みんなまとめてGJしてやる!
>>357はまちがいなく同世代。

379 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 23:17:58.40 ID:rDEXokYV0
エイプリルフールネタGJ!!
良作ラッシュだな〜超嬉しいww
方向性そっくりの20歳ツインズと、2号家の仁義なき戦いにも吹いたww

380 :4月1日と言えば…:2011/04/01(金) 07:34:59.24 ID:rxiGy+dw0
*血縁あり設定。
*誕生日について設定をねつ造しています。そういうのがだめな方はスルー願います。

一同「翔一(兄さん)、誕生日おめでとう!」
翔一「ありがとー(にこにこ)」
総司「今日は俺がケーキを作った。たまには食べる方に専念するといい」
一真「あ、すっごいうまそう」
良太郎「ほら翔一兄さん、はやくろうそく消して」
翔一「じゃあいくよー(ふー)」

わー(ぱちぱち)

真司「・・・って、あれ?」
映司「どうかした、真司兄?」
真司「いや…そういえば、翔一と総司と映司って三つ子じゃん?誕生日(ry」
巧「細かいことは気にするな真司兄!」

翔太郎「あ、でもちゃんと三人いっぺんに生まれてたの見た記憶あるぞ、俺」
フィリップ「僕の検索でも三人は間違いなく三つ子だね」
雄介「ああ、"翔一"が4月1日生まれなんだよねー。"哲也"の誕生日は総司たちと一緒だよ」
ヒビキ「翔ちゃんは記憶喪失の時に戸籍作っちゃったんだよ」
翔一「なんかもう翔一の方がなじんじゃってねー」
士「エイプリルフールなのが翔一兄らしいが、何はともあれめでたいじゃないか」
渡「僕、お祝いにバイオリン弾くよ」

こうして誕生日はすぎていくのでした

381 :名無しより愛をこめて:2011/04/01(金) 08:18:12.90 ID:qYo4O+JWO
まとめてGJ!
20歳ツインズにふいたwww
特に士は薔薇の花舞うキャッスルドランの玉座が似合いすぎて洒落にならない気がするよ!

382 :名無しより愛をこめて:2011/04/01(金) 09:04:48.54 ID:FoIOVEgh0
どの話もGJ!
今日はめでたい日だな

383 :名無しより愛をこめて:2011/04/01(金) 17:55:33.61 ID:aY/3DMOb0
GJGJ・・・・たっくん、さすがに全員に毎年ツッコむ余裕はなかったのねwヒビキさんあたりはどうボケるんだろ?

384 :名無しより愛をこめて:2011/04/01(金) 18:12:33.69 ID:/WNbJzR20
>>380
GJ!!
翔一、誕生日おめでとう!!

385 :名無しより愛をこめて:2011/04/01(金) 21:14:30.06 ID:zetnVajK0
保管庫データベース見てたんだけど
2号ライダーの方が相対的に身長高いのな

386 :名無しより愛をこめて:2011/04/02(土) 20:17:31.63 ID:pLELnaeR0
誕生日といえば明日は仮面ライダーの誕生日だな
兄弟全員で祝ったりするんかな

387 :名無しより愛をこめて:2011/04/02(土) 22:30:57.37 ID:hDSb1ojrO
そうか、映司もツッコミか。南海キャンディーズ山ちゃんばりに鋭くかつ紳士的に流しそうだけど。

>>387
兄弟全員が三角帽子かぶってる姿が見えた。影山がかぶってたあれ。


388 :名無しより愛をこめて:2011/04/02(土) 22:51:44.78 ID:439+EIGOO
>>387
きょっうは〜素敵な〜誕生日!
ハッピーハッピーバースデー〜ウキウキバースディー!!

って皆が楽しげに歌う姿が楽々再生されたのも乾巧って奴のry

389 :Happy Birthday HERO K:2011/04/02(土) 23:59:57.41 ID:pLELnaeR0

短いです
兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK
仮面ライダー40thネタです 
苦手・嫌いな人はスルーを

*****

ヒビキ「全てはそこから始まった。」

雄介「それは1971年4月3日の事。」

翔太郎「その凛々しく輝く英雄の姿に、」

真司「ブラウン管の前の少年少女、誰もがきっと」

一真「期待と喜びに心を躍らせた。」

翔一「そして時は流れ流れ、今となり、」

総司「その熱く燃える思いは受け継がれ続けた。」

映司「とても素晴らしい事だ。でも今、僕ら兄弟の胸の中は、」

渡「一体何で満たされているのだろう。」

士「ここまで辿りつけた事に対しての満足感であろうか?」

巧「だが忘れてはいけない。これはたんなる通過点なのだから。」

良太郎「だからこそ僕らは願い続けよう。この思いが途切れぬよう。」

フィリップ「そして伝えよう、感謝の気持ちを。」


『Happy Birthday!!』


*****

おそまつさまでした
さっき急いで書いたので意味のわからない話になりました。スミマセン。
仮面ライダー、ありがとう!
ありがとうございました


390 :Happy Birthday HERO K:2011/04/03(日) 00:03:26.05 ID:pLELnaeR0
>>389 書いた者です
3秒、早かった…
スマン、どうか許してくれ

391 :名無しより愛をこめて:2011/04/03(日) 00:38:42.94 ID:WUSYZz/90
ぶっちゃけ、よっぽどの事がない限り、だらだら前置きも言い訳がましい後書きもいらないよね。

392 :エイプリルフール後:2011/04/03(日) 02:05:40.44 ID:yLnKYWmvO

【4月2日00時00分】

巧「疲れた…」
雄輔「お疲れ!今年もツッコミが冴えてたね」
翔一「お疲れさま。はい、野菜ジュースでいい?」
巧「サンキュ…」
真司「ツッコミお疲れたっくん!今回のエイプリルフールはみんな気合い入ってたなー」
一真「大首領の渡とか、ファンガイアキングの士とか、やたら手が込んでたよな…。
   街でアクセルに跨がるディエンドを見たときは思わず翔太郎兄に連絡したよ」
翔太郎「結局照井本人じゃなくてディエンドが召喚したアクセルだったけどな」
良太郎「渡兄さんの嘘を信じて説得してる太牙さん、すごかったよね」
真司「『どうしたんだ渡、なにがお前をそこまで追い込んだんだ!』ってな。
   ビショップさんがネタばらししなかったら今ごろ単身大ショッカーに乗り込んでたな」
翔一「士に対抗して総司が鳴滝さんと仕込んでたのは気付かなかったなぁ」
総司「ディケイドさんは最高です、と言わせるくらいなら嘘にはならんからな」
一真「あとハヤトさんと手塚が入れ替わって、地獄兄弟がZECT時代に戻ってたっけ。
   スマートブレインがオーズに似せたベルト作って木場君に装着させてたな」
映司「ヒビキ兄さんのディスクアニマルにカンドロイドが混ざってけど…最後まで気づかれなかったね」
翔太郎「照井はミュージアムから酢こんぶメモリが送られてきたとか」
雄輔「もう一種のお祭りだね」
良太郎「あ、神崎さんが氷川さんにカードデッキ渡してるとこ見たよ」
真司「えっ!何の?」
雄輔「氷川さん変身できたの?」
良太郎「僕は仮面ライダー同士で戦いたくない、って断ってたよ。
    あとピンクだからライアかな?手塚さんから借りたみたい」
翔一「エイだけにエイプリルフールかぁ。あ、それともライアとライアーかな?」
総司「どちらでもいいが……その辺にしておかないと、巧が草加に『仲良くしよう』
   と詰め寄られたことを思い出して寝込んでしまうぞ」
巧「!」
良太郎「ああっ、巧しっかりして、巧っ!巧ーーー!」


393 :名無しより愛をこめて:2011/04/03(日) 09:03:56.77 ID:TOHb8joEO
>>392
吹いたwww何でライダー達はエイプリルフール大好きなんだw

>ビショップさんがネタばらししなかったら
最初ドッキリとはわからず「どけビショップ!!」とボコる太牙兄さんが見えた

394 :名無しより愛をこめて:2011/04/03(日) 14:16:41.11 ID:Ag0QF8MHO
>>392GJ!!
何気に、最後の最後で総司がヘマやらかしとるwwww
注意喚起しようとした自分が地雷踏んでどうするwwww
完璧を自称する総司にはめずらしい光景に和んだw人間だものね、仕方ないねww

395 :名無しより愛をこめて:2011/04/04(月) 02:51:55.31 ID:bM1ZGEpF0
>>392
GJ!!
みんな嘘っていうかいたずら好きだなww

396 :対決!!ブレイドvsカブト 1/7 :2011/04/04(月) 21:43:22.67 ID:xZxjcRHX0

・タイトルに偽りあり
・だが私は謝らな・・・スマンほんとスマン

///

冷たい風が吹き抜ける、ライダーハウスの庭。
切り札と太陽・・・同じ血を受け継ぐ、二人のライダーが厳しい表情で向かい合っていた。

一真「本当にやるんだな・・・総司」
総司「決まったことだ・・・覚悟はいいか、兄さん」

真剣な眼差しでお互いを見据え、僅かに頷く二人。
静かに対峙する兄弟の間を裂くように、空から深紅の輝きが飛来する。
総司の手にあやまたず吸い込まれたカブトゼクターが、ライダーベルトに装填される。

同時に一真はブレイバックルを腰に装着させ、ターンアップハンドルを回転させる。
そして戦いの始まりを告げる声が、高らかに空へと響く・・・。


「「 変身!! 」」 ‐Turn up‐ ‐Henshin‐cast off‐


青と赤・・・対のような輝きが、冬の空気を震わせる。
刹那の対峙のあと。
衝撃と轟音が弾け、立っていたのは−


397 :対決!!ブレイドvsカブト 2/7 :2011/04/04(月) 21:45:16.28 ID:xZxjcRHX0

−遡ること30分前。

ヒビキ「一ちゃん頑張れ〜」
真司「行けっ!そこだ!」
映司「これが一真兄さんの戦いかぁ、すごいね!」
総司「さすがは俺たちの兄さんだ。学ぶことも多いな」
一真「総司・・・!!」(ウルウル)

みかんを剥きつつ、リビングでブレイドの戦いを大画面TVで観賞中の兄弟。
今まさにバトルが始まろうという場面、画面の中の一真が声高らかに叫ぶ。

『  「変身!!」 』

すると前方に、青く輝くカテゴリーAの姿が映し出される。
一真がそれに向かって疾走し、通り抜けた次の瞬間、そこには仮面ライダーブレイドの姿が・・・

真司「あーあの畳!かっこいいよなー」
一真「畳って言うな!『オリハルコンエレメント』!!」
ヒビキ「あの変身畳、そんな名前なの?あれ便利だよね〜」
一真「畳じゃないし!」
翔一「でも以前にはあれで腕を失くした人もいたって・・・災難だよね、畳事故って・・・」
一真「そんなジャンルないから!畳事故って何!」 
士「俺もあの畳にぶち当たったことあるが、めちゃくちゃ痛いぞ、畳の分際で。
  痛みは一瞬なんてもんじゃない。畳なんだから大人しく敷かれていればいいものを」
一真「実は恨んでるだろ士!畳連呼すんな!」
渡「アンデッドの攻撃を弾いたりもしてるし、防御力もすごいよね、あの畳」
一真「畳ちがーう!!」


398 :対決!!ブレイドvsカブト 3/7 :2011/04/04(月) 21:46:53.25 ID:xZxjcRHX0

翔太郎「そういえば総司のカブトも、ちょっと似てるのあるよな?」
士「大体わかった。キャストオフだな」
総司「マスクドフォームからライダーフォームへチェンジする際、アーマーが飛散する現象のことか」
映司「アレもかっこいいよね〜!」
巧「あの飛んでくパーツも、けっこうな威力だよな」
ヒビキ「ワームのサナギ体を倒したりしてるしねぇ」
雄介「ガタックになる前は、何度かアレで死にかけたって、加賀美くん言ってたし」
フィリップ「キャストオフ・・・興味深いね!」

良太郎「畳とパーツ、どっちがすごいのかな?」

一同「・・・」

そして、みかんを手に庭に出て、観戦体勢の兄弟たち。

真司「『対決!!!ブレイドvsカブト 最終決戦〜絆よ永遠(とわ)に〜』!!」

巧「何だよそのノリ」
映司「別に一真兄さんと総司が戦うわけじゃないでしょ〜」
真司「だって畳vsパーツ!!じゃ盛り上がりに欠けるだろ」
巧「欠けていいっての」
一真「畳じゃなーい!」
翔太郎「にしても、もうちょっとセンスをだな・・・」
良太郎「かっこいいよね、そのタイトル!」
一同「・・・」


399 :対決!!ブレイドvsカブト 4/7 :2011/04/04(月) 21:48:28.48 ID:xZxjcRHX0

渡「ま、まぁ、それは置いといて」(みかんもぐもぐ)
雄介「実際どっちが勝つと思う?」(もぐもぐ)
翔一「う~ん難しいね〜」(もぐもぐしつつ、皮とスジを回収している)
翔太郎「フィリップ、分かるか?」(もぐもぐ)
フィリップ「検索すれば予測はつくけど、興味深い対決だ。
実際に見て確かめたいね」(もぐもぐ)
巧「そういや、ギラファアンデッドの金居は割ってたろ、あの畳」(冷凍みかんシャリシャリ)
一真「畳じゃ・・・ないんだ・・・」
真司「てことは、もし畳が勝ったら、カブト(のパーツ)はギラファ以下・・・ハッ!!」

静かに天を指さす総司。

総司「おばあちゃんは言っていた・・・
   俺が望みさえすれば、運命はたえず俺に味方する、と」

巧「真司兄、余計なことを!」(シャリシャリシャリ!)
翔太郎「総司がすげー気合い入った!!」(もぐもぐ!)
渡「え、アレ気合いで飛ばしてるの?」(もぐもぐ?)
士「総司兄さんならやりかねないな・・・」(もぐもぐ・・・)


400 :対決!!ブレイドvsカブト 5/7 :2011/04/04(月) 21:50:30.03 ID:xZxjcRHX0

総司「・・・では行くぞ、兄さん」
一真「え、ちょ、待て総司!いま気づいたけど、もし俺が・・・
   っていうか畳が勝っても総司はカブトになってんだし、ケガとか大丈夫だろ!?」
総司「ほう、俺に勝つつもりか・・・兄さん」
翔一「あっ、何か更にスイッチ入った?」
良太郎「一真兄さん、自分で畳って言っちゃったよ・・・」
一真「そ、そうじゃなくて!もし畳が割れたら、俺、生身じゃんか!!
   カブトのパーツ当たったらどうすんだー!!」
総司「気合いで避けろ」
一真「すげー俺様!!」
総司「頑丈さには定評のある一真兄さんだ。
   パーツの1個や2個・・・・・・5個や6個、当たってもどうということはあるまい」
一真「えっそれ避けれないこと前提で話してないか?!
   しかも5個も6個も当てるつもり!?」
総司「・・・『無理だ不可能だと言われたら、挑戦するのがライダー兄弟』・・・だったな」
一真「ウェ!?」
総司「どちらが勝つか、やってみなければ分からないだろう?
   俺とて、100%の自信があるわけじゃない・・・一真兄さん(の畳)が相手なのだから」
一真「総司・・・」
総司「さっさと終わらせて、樹花のおやつを作らねば。
   今日は抹茶のシフォンケーキと、緑茶ベースのブレンドティーだ」
一真「勝つ気満々だー!!」

−そして冒頭に戻る。

一真「ほ、本当にやるんだな・・・総司・・・」(ガクブル)
総司「決まったことだ・・・覚悟はいいか、兄さん」(目が据わってる)

「「 変身!! 」」 ‐Turn up‐ ‐Henshin‐cast off‐

総司の凛とした声と、一真の泣き出しそうな絶叫が響き、そして−


401 :対決!!ブレイドvsカブト 6/7 :2011/04/04(月) 21:52:32.70 ID:xZxjcRHX0

雄介「結局、引き分けかぁ」
映司「でもすごかったよね〜両方とも!」
真司「畳も割れたけど、カブトのパーツもキレイに吹っ飛んでったし!」
ヒビキ「まぁお互いに、ケガがなくって良かったよ」
巧「予想通り、良太郎のほうにいくつか飛んできたけどな・・・」
翔一「でも何だかんだ言っても、総司も一真兄さん大好きなんだよね〜」
雄介「わざわざ加賀美くん呼んで、畳が割れたときにクロックアップで一真を助ける用意してたし」
良太郎「一真兄さんにも、言っておいてあげればいいのに・・・」
士「涙目だったぞ、本気で」
翔太郎「てか、まだ浮上してねぇし」
フィリップ「一真兄さん、畳はやっぱりすごかったよ!さっそく検索だ!!」
渡「ブレイドの強さは、あの畳があってこそなんだね!」
映司「オーズのも攻撃を防いでくれるけど、あの畳には負けそうだな〜」
ヒビキ「ほらほら一ちゃん、いつまでも落ち込んでないの。おやつにしよ?」
翔一「今日は少し和風のおやつだし、畳の部屋で食べよっか!なんちゃって」

一真「・・・畳、チガウ・・・」
総司「・・・ケーキが焼けたぞ、兄さん。みかんもある」(ちょっと気まずい)

良太郎「でも今回は引き分けだったけど、BOARDのライダー同士だったらどうなんだろう?
    初号機と2号機、性能は一緒なのかなぁ」(もぐもぐ)

一同「・・・」(もぐもぐ)


402 :対決!!ブレイドvsカブト 7/7 :2011/04/04(月) 21:53:26.79 ID:xZxjcRHX0

「『次回 最終回!!
ギャレンvsブレイド 涙の対決〜もずく、辛味噌の海に散る〜』」

真司「来週日曜、朝8:00からお送りします!」
ヒビキ「スーパーブレイドタイム!みんな見てね〜!!」
橘「見てくれないと、俺の体はボロボロだ!!」(もぐもぐ)
映司「俺たちは来週お休みかぁ。アンク、ゆっくりできるな」(もぐもぐ)
アンク「馬鹿かお前は!本気にすんな!!」(もぐもぐ)

///

・ややツッコミ属性の一真
・元凶は良太郎
・実は隠れブラコン総司
・畳押し

で、お送りしました
一真大好きだ!


403 :名無しより愛をこめて:2011/04/04(月) 22:26:48.07 ID:W3t0DXP9O
GJ!
「矛盾」の話思い出した
良太郎が何気に戦い煽っててワロタww

404 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 01:34:46.39 ID:1uEqXZnR0
何このみかん販促ストーリー
めっちゃみかん食べたくなったわ

405 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 02:43:51.49 ID:1dGpbMON0
一真兄のつっこみは新鮮だな
つかこの対決は盲点だったw
乙です

406 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 13:37:14.23 ID:7B/wMCGW0
GJ!
一真は意外とツッコミ属性なのかもしれない
真面目だし

407 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 22:54:06.70 ID:qtpg+GVZ0
超GJ!
面白かったw一真のツッコミも新鮮で良かったよw

408 :名無しより愛をこめて:2011/04/06(水) 08:28:38.08 ID:W71bTemIO
GJ!!
あれ、よく名前が思い出せなくなるけどもう忘れないよ。
畳ね、畳!

409 :名無しより愛をこめて:2011/04/07(木) 14:01:43.59 ID:68xUJGtz0
GJ! それにしても畳ww
スーパーブレイドタイム、楽しみだなww

410 :名無しより愛をこめて:2011/04/07(木) 18:34:40.25 ID:aJEdQS5n0
良太郎「そういえば、士兄さんの変身するときに出てくるアレも敵を弾いてたよね」
士「大体分かった、畳と俺、どっちがすごいか?だな」
一真「またやる気かよ!」
士「当然だ。畳如きに破壊者たる俺が負けるわけにはいかないからな」
一真「やっぱり恨んでるだろ、士!!!」

そういやディケイドにも畳っぽいものあったよなーと思って。
続きは思いつかなかったが、私は謝らない。

411 :名無しより愛をこめて:2011/04/07(木) 18:43:17.78 ID:KVDO3pi50
大樹もそれで何度か吹っ飛ばしてたな

412 :名無しより愛をこめて:2011/04/08(金) 15:03:27.03 ID:wNZwiJAx0
うpロダのちびクウガかわええーーー。
懐かしいネタを思い出せたなあw

413 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 20:03:41.40 ID:lntGUsIf0
今更過ぎるんだが友達に主人公の年齢教えたら
その後言われて気づいた事

30周年のアギト
35周年のカブト
40周年のオーズと
ライダー全体でXX周年扱いされるライダーは21歳なんだな

414 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 20:27:45.77 ID:HO4vvOo3O
仮面ライダーアクセルのネタは映画と同じで一月後?
それとも発売されたら?

415 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 21:50:34.70 ID:leP93LDm0
>>413
って事は5年後には四つ子になると

416 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 22:47:29.44 ID:V8lB7q36O
ZOは…どうだっけ?

417 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 23:04:43.06 ID:mKsz9RNYO
>>416
総司「おばあちゃんが言っていた…ただし平成ライダーに限る!!と。」
翔一「一応ZOは平成発表なんだけどね。」
映司「だけど、勝さんて何歳なんだろね?アンク知ってる?」
アンク「(アイポンを弄りながら)俺が知るか。」


自分ググっても出てこなかったです…´・ω・`
とりあえず五年後の兄弟に思いを馳せて…!

418 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 23:39:59.98 ID:w3BNWynrP
五年後の21歳ライダーも三つ子と同じ身長体重なんだろうか。

419 :春の夕闇1/5:2011/04/10(日) 01:09:46.47 ID:6sbLsBd40
3月の終わり。桜もつぼみをつけはじめたころ――
日も長くなって、夕方の空はオレンジ色に燃えている。
旅人・火野映司が仮面ライダーオーズになって半年がたったころでもある。
「アンクー、アンクー!どこ行っちゃったんだろ…」
走っていた足を止めて映司はため息をついた。
カラフルなインド織りを着た肩ががっくりと落ちる。
相棒(?)のアンクは元が鳥だからか、すぐに見失ってしまうのだ。
「なんにも言わずに走り出したけど、ヤミーかな…でもそれなら俺を呼ぶよな。アンクのメダルの手がかりかな?」
放っておいてもいいかな、と考えかけたとき、ちょうど人が通りかかった。
あっ、あの人に聞こう!
「すみません!あの、金髪で変わった分け方していて、パンクロッカーみたいなイケメンで、服装もちょっと派手めな人を見ませんでしたか?」
「そういう人ならあっちの公園で見かけましたよ」
「ありがとうございます!」
ぺこっと映司は頭をさげた。
困ったときは人に聞く。そしてお礼は丁寧に。
一期一会――旅をしていて自然に身に着いたことだ。
教えられた方へ行くと、確かにそれっぽい人物が広い芝生の真ん中に立っていた。でも逆光でよく見えない。
「おいアンク!いきなりどっか行くなよ――あれ?」
だが振り返ったその顔は見覚えのないものだった。

420 :春の夕闇2/5:2011/04/10(日) 01:12:06.66 ID:6sbLsBd40
振り返ったその顔は、確かに金髪、確かにパンクミュージシャンっぽいイケメンである。しかし顔は全然似ていない。長身で――顔が濃い。そして威圧感がハンパなかった。
まるでどこかの王のような――
「なんだ貴様は」
「す、すみません、人違いです」
(うわあ、顔濃いなあ!あ、でもなんかアンクと似てる雰囲気もあるな…)
「人違い…?」
その男はギロリと映司をにらむ。とっさに映司はメダルがないにもかかわらずオーズドライバーに手をのばした。
緊迫した一瞬。そのとき。

「やめておけ二人とも!この場は俺が引き受ける」

ばーんとポーズを無駄に決めて現れたのはちょっと昭和っぽい服装の男。手にはバイオリンケース。映司は叫んだ。
「音也さん!?」
すると濃い顔の男も、
「音也…」
「えっ?知り合い?」
「そうだ!映司、このちょと濃い顔の男はファンガイアの王。まー『元』がつくがな。太牙の父親だ」
「えっ、この人が!?っていうか濃い顔って…」
音也は映司をかばうように背中にすると、(元)キングに言う。
「映司は渡の兄弟だ。渡は俺の息子。俺の息子の兄弟は俺の息子。そしてお前の息子の太牙は渡の兄弟。兄弟の兄弟の兄弟はみな兄弟!つまり映司はお前の息子だ。息子相手にムキになるな!」
「いや音也さん、それちょっと無茶苦茶じゃないですか?」
「ちなみに友達の友達は友達とは認めん。ただし女友達なら別だ。いくらでも来い!」
「…それって女の人以外の知り合いはいらないってことですよね?」
なんかちょっとかみ合わないやり取りをしていると。
「ちっ」
キングが肩をすくめた。
「…くだらん」
言い捨てて去っていく。その後ろ姿を見送りながら音也はなぜか楽しそうだった。
「キング!先に帰ってろ。俺もあとから行く」

421 :春の夕闇3/5:2011/04/10(日) 01:14:39.17 ID:6sbLsBd40
「音也さん、助けていただいてありがとうございました」
「礼なんて気にするな!ちょうど通りかかっただけだ」
キングがいなくなって、音也と二人きりになると映司はお礼を言った。
音也は映司のライダー兄弟の一人・渡の父親だ。20数年前に死んだはずだがいろいろ事情と都合と技術でちょくちょくやってくる。一見軽薄で、実際軽薄だが、信念のある人物である。
「まーあいつももうそんなに悪くはないんだがな。ところで誰か探していたのか?」
「はい、アンクが…でももういいんです。肝心なときはちゃんと戻ってきますし。俺が追いつけないなら、それは俺が追いつく必要がないってことだと思うし」
ふーんと音也がうなずく。
「あの鳥野郎とはうまくやっているみたいだな?」
「ええまあ。ムカつきますけどねー……でも、『すっごい嫌な奴』から『嫌な奴』になってきたかな、最近」
イヤミなアンクの顔(顔は刑事さんのだけど)が頭に浮かんだ。同時にアテがはずれたときのぽかーんとした表情も思い出して映司は思わず笑ってしまった。
そんな映司を見て音也も笑った。
「大丈夫かもしれんな…まあ案外うまくいったりするもんだ、人間だろうが怪人だろうが」
「えっ、なんか言いました?」
「ん?いやなに、独り言だ」
音也はごまかすように咳払いをするとこんなことを言い出した。
「どうだ、一つ予言をしてやろう。俺の占いは当たる!」
「それ違う人の台詞ですよね?」
笑いながら映司は突っ込んだが、次の音也の言葉に表情が変わった。
「これから戦いはお前にとって辛いものになる」

422 :春の夕闇4/5:2011/04/10(日) 01:17:09.36 ID:6sbLsBd40
「えっ…」
思わず音也の顔を見るが、影になってよく見えなかった。
夕闇の中から音也の声が聞こえてくる。普段とは違う、低い声が。
「戦いというのはどんなものでも鏡みたいなもんだ。自分を映し出す、な。だが、だからこそこの戦いは映司、お前の戦いだ。苦しくても辛くてもお前が戦うことが大事なんだ。俺にはなにもしてやることは出来ない…お前の兄弟たちにもな」
音也の言葉にライダーハウスのみんなの顔が浮かぶ。みんなそれぞれ辛い戦いをまっとうしてきたのを映司は知っている。だから映司は答えた。
「俺、やります」
その答えは予想していたのだろう。音也はうなずいた。
「そこで俺からのアドバイスだ。映司」

「好きなように生きろ」

「え?」
もっと戦いの心構え的なことを言われるかと思った。
でもなぜかその言葉は映司の胸に刺さった。
「苦しいときは…空を見ろ」
言われて空を見上げる。さっきまでの夕焼けはいまはうすい紫の闇になりかかっている。一番星が強く輝いている。きれいな空だ。
「曇りになる。雨も降る。嵐のときもある。辛いとき、苦しいときはそれが全部みたいに思えてくるもんだ。だが、その雲の上はいつだって晴れだ。雨はいつか上がるし嵐だっておさまる。――空はいつでも空のままなんだ、映司。いつだってな」
「空はいつだって空…」

「もっと我がままになれ。生きろ。好きなように…」
はっと振り向くと、もう音也の姿はなかった。

423 :春の夕闇5/5:2011/04/10(日) 01:19:06.77 ID:6sbLsBd40
あれから結局。アンクを探すのは諦めて映司はクスクシエに帰ることにした。その前になんとなく…兄弟の顔が見たくなって、ライダーハウスに寄ることにした。
「ただいまー。…なにしてるの?」
ドアを開けると甘い匂いが…
「ようこそ映司兄さん。ぼた餅づくりの真っ最中さ!」
出迎えてくれたフィリップは割烹着姿である。
「ぼた餅?」
「知らないのかい?春と秋、お彼岸と呼ばれる時期につくるお菓子のことさ!ぼた餅、おはぎ……季節によって呼び名が変わるとは興味深い…」
「おいフィリップ!検索する前に手を動かせ手を!」
即席調理場にされたリビングテーブルから翔太郎が呼んでいる。意外と三角巾が似合っている。
映司は思わず叫んだ。近寄ってきた渡の肩をがっとつかむ。
「そーかお彼岸か!それでなんだ!」
「えっ、どうしたの映司兄さん」
「お彼岸だよ!さっき音也さんと過去キングに会ったんだ。二人ともお彼岸で来てたんだよ、そっかー」
「見守ってくれてるんだねー」
「渡。こっちのお重はあとで太牙と一緒に二人に届けにいってやってくれ」
翔一と総司が手際よくお餅にあんこをつけながら言った。
良太郎がきなこにむせている。一真と巧と渡は器用にお餅を丸めている。
真司と翔太郎はゴマをすり、フィリップは今度はゴマに気をとられている。
士は割烹着こそつけているものの手伝いしないで写真ばっかりとっている。ヒビキと雄介はそんなみんなをソファでくつろぎながら眺めている。
みんながわいわいやっている。なごやかな光景だが映司はなぜか息を呑んだ。
(みんなだって今まで辛い戦いを切り抜けて来たんだ…俺だって!)
「翔一、総司!俺にもやらせてよ!」
「いきなりなんだ、映司」
「あはは!いいよ、一緒にやろうよ、映司!」
同い年の兄弟の間に割り込んで。映司は腕まくりをした。
――戦いはまだ、続く…

終わり。

424 :名無しより愛をこめて:2011/04/10(日) 03:50:53.99 ID:+LuRTPqSO
>>419-423GJ!
もう半年経つのか…音也の言葉が胸に響いたよ…改めてGJ!
しかし芝生のド真ん中のキングに腹筋が痛いwww
ちょっとだけ自分もネタ投下


フィリップ「検索したよ>>417さん。ムック本によると勝兄さんは25歳だ」
真「因みに俺は勝と同い年で耕司は26歳だ」
耕司「なんか久々に遊びに来たらこの3人が揃うってすごい偶然だね」
一真「3人ともなかなか会わないからすっげー嬉しいよ!ね、勝兄さん!」
勝「そ、そうだな(みんなムック本とか誰に向かって話してるのとかはつっこまないのか…)」
巧&翔太郎((勝兄(さん)…))
翔一「そうですねー!あ、真さんはお子さん元気ですか?
   今度うちの畑で採れた野菜で赤ちゃん用の料理とか考えたんですけど、どうですかね〜?」
真「そ、そうか?悪いななんか…(ちょっとにやける)」
映司「へー、意外と俺達兄弟とも年が近いんですね…」
勝「…親戚と言うと実感は湧かないけど、不思議と集まってみると楽しいものだな」
ヒビキ「そりゃあやっぱり俺達と同じ、仮面ライダーだからでしょ!〆」
総司「遠く離れていても、俺達は心でつながっているからな」
渡「あ、そういえば昨日旅先から届いた雄介兄さんのハガキに耕司兄さんが写ってたけど…」
士「大体わかった。ちょうど桜が見ごろになったから撮りに行ってたら、
 そこで偶然雄介兄さんとばったり再会したってことか」
耕司「まあね!あ、雄介は栃木の恩師の方の所へ行ってから帰るって」
真司「雄介兄さんも相変わらず色んなとこ旅してるからなー!」
良太郎「次はどんなお土産かな…(目を輝かせながら)」


この3人(特に勝)はおじさんというよりお兄さんっぽいなーと個人的に思った

425 :名無しより愛をこめて:2011/04/10(日) 17:30:40.71 ID:kkGka8/dO
>>419-423
GJ!しっとり心に残る一方で、細かな言葉選びに吹き出して忙しく堪能させてもらったよw


426 :名無しより愛をこめて:2011/04/10(日) 20:56:40.83 ID:DGnQQyb30
>>424
GJ、あっぱれだ!確かに親しい親戚は〜兄ちゃんor〜姉ちゃんとか実際に言うね
劇場オリジナルライダーやビデオライダー組はこのスレの出番が少ないから見れてうれしかったよ!

427 :名無しより愛をこめて:2011/04/10(日) 21:22:44.88 ID:onOE82dd0
>>419-423
力強いおとやんの姿、過去キングの後姿が目に浮かんだよ。
GJでした!素晴らしい!

428 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 12:57:48.30 ID:2Mj56/57O
ライダーハウスに左アンクが「自分探し」の為に到来したら、渡とフィリップが色めき立つな。
「ニスの材料!」
「検索対象!」
で、翔太郎大わらわ。

429 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 15:09:27.66 ID:1OC60CjsO
>>428
「左アンク」って翔太郎の親戚かと思ったwww

430 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 18:52:05.07 ID:73K/f/6X0
フィリップ「左…同じ名字………つまり新しい兄弟かい?」
翔太郎「何でそこまで飛躍するんだよ」
良太郎「子供みたいな話し方だったし弟かな?」
ヒビキ「でもグリードって事は800歳だし一番年上?」
一真「今後の展開次第ではあの子の面倒に追われる翔太郎兄がこのスレで…」
翔太郎「まてまて何で俺だよ、むしろ映司だろ」
映司「俺はもう右アンクだけで手いっぱいっていうか…」
アンク「誰が右だ!あと勝手に話を進めるな!」
巧「っていうか何の話だよこれ!」
雄介「ともかく、仲良くなれそうな子だといいよね〜」

渡「………」(ザンバットソード研いでる)

431 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 18:56:25.16 ID:4ntztkZc0
>>430
わ、渡さん…

432 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 20:02:44.69 ID:RB5JK2O4O
ふおおおぉぉ良質長編&良質小ネタでGJが追いつかない!!



自分>>417ですが>>424さんありがとうございます^^
フィリペディアは伊達じゃなかった…!!
真・ZO・J観たくなってきました^^親戚のお兄ちゃんポジとか、すごくツボです!!


あと、左アンク。
地デジの字幕では真アンク表記だった件…。
後はわかるな?

433 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 20:24:28.19 ID:wPhJ4DTT0
>>432
真「つまりあのアンクは財団が創り出した新たなグリード・・・なのか?」
加頭「ちなみに『財団X』と『財団』は無関係ですよ」
鴻上「もちろん我が『財団』とも無関係なのだよ!」

翔太郎「なんか収集つかねーぞ!おい巧、行くぞ!」
巧「今度は向こうにツッコミかよ・・・渡兄は誰かたのんだぜ(ザンバットソードの件について)」

434 :多々買いと兄弟とメダル 1/4:2011/04/12(火) 22:10:47.27 ID:H/5iEo/y0
ガチャとか食玩のラインナップから誰かしら考えてそうなネタ。

「コアメダルは人間が作り出した物、か…おいフィリップ」
「閲覧は既に完了してるよ、士兄さん」
――そして、それから数週間が過ぎた後の話。

ライダーハウスの庭にて
士「――というわけで、映司兄さんにはここにあるメダルを試してもらう」
映司「えっ…ちょっと、それ説明になってないって」
フィリップ「開発には父さん達も協力してくれたんだ、心配することはないよ。
      とにかくやってみればなんとかなるさ」
映司「いや、そういう問題でもないから」
士「そうか…これは映司兄さんのもしもの時のために役立てられたらと思ったんだがな。
  結局のところ、俺達はしょせん破壊者と悪魔だというわけか。だいたいわかった」
フィリップ「いくら兄弟とはいえ前科持ちは信用できない、ってわけだね。
      …まぁその前科が前科だから無理もないね」
映司「べつにそんなこと言って…仕方ないな、じゃあ今回だけだぞ?」
士「(ニヤリ)ならさっそく始めるか」
フィリップ「(同じくニヤリ)ああ、まずはこの3枚からだよ」
映司「お前ら、あんなにしおらしくなったのは計画だったんだな…
   でも俺も今回だけって言っちゃった以上、やるしかないか」

435 :多々買いと兄弟とメダル 2/4:2011/04/12(火) 22:11:33.96 ID:H/5iEo/y0
 アギト! ファイズ! キバ! ♪お前は〜お前〜さ〜(ラトラーターの歌で)

映司「え、これもコンボなの?」
フィリップ「うん。せっかくメダルを作ったんだからコンボもある方が便利だろう?」
映司「てかさ、歌が流れるようにベルトを改造できた技術も不思議だけど
   いつの間にこんな改造してたんだよ?」
士「ああ、それなら」
総司「お前が戦っていない時間を見計らって回収し、戻したまでだ」
映司「そこまでしたんだ…。それで、このコンボの名前は?」
巧「『トシキコンボ』だとよ。こっちは名前より歌に意味を置いたらしいぜ」
渡「【人だとか人じゃないとか、そういうことに囚われないで
  自分は自分として、相手は相手として見ればいい】って意味なんだって」
翔一「角開いて力を溜めて、胸開いて加速して、足の拘束開いて力解き放って…って
   俺なら『ヒラキコンボ』って名付けるなぁ」
映司「最初からいろんな意味で凄い組み合わせなんだな…」
士「次はこの3枚だ」

 オーズ! 龍騎! 電王! ♪つーよい想いはみらっい、さえ変える(ガタキリバの歌で)

良太郎「これは『ヤスコンボ』っていうんだって。覚えやすくていい名前だよね」
映司「オーズのメダルがタトバの胸のアレになってて、細かいとこ凝ってて凄いなぁ…って思ったけど
   さすがに今は胸のマークの頭側はタカだけなんだな」
真司「【願いとか欲望とか記憶とか、人が強く想って動くことでいくらでも未来は変えられる】
   ってことらしいけど、なんか手塚っぽい考え方なんだよなぁ」
フィリップ「今度はこの3枚だよ」

436 :多々買いと兄弟とメダル 3/4:2011/04/12(火) 22:12:16.66 ID:H/5iEo/y0
 カブト! クウガ! ディケイド! ♪妹… 妹ー!(サゴーゾの歌で)

映司「…え?」
雄介「(苦笑いしつつ)名前も『シスコンボ』なんだって。
   俺はどっちかというと放ったらかしちゃってる方だと思うんだけど」
士「俺も置いて行ってしまってた覚えの方が強いんだが。
  誰かが歌と名前を変えやがったみたいだな」
映司(この3人だと…【妹がいる繋がり】以外だと【怒らせると怖い】って感じかな。
   凄まじき戦士とか激情態とか、)
総司「…映司」
映司「は、はい!?」
総司「次はこの3枚だ」
映司「…あ、ああ!」

 響鬼! ダブル! ブレイド! ♪守るんだ! この腕で!(シャウタの歌で)

ヒビキ「名前は『シゴトコンボ』なんだって。わかりやすくていいなこれ」
映司「なるほど。 …あれ? けど翔太郎兄さんとフィリップは」

437 :多々買いと兄弟とメダル 4/4:2011/04/12(火) 22:13:03.51 ID:H/5iEo/y0
一真「…仕事だから、じゃない。俺が人を守るのは、人を愛しているからだ!」
翔太郎「…っつーことだ。たしかに俺達の仕事は探偵であってライダーじゃねぇ。けどな」
フィリップ「…人を守るために仕事をする。その仕事にライダーの力を使う。
      その辺りは二人と同じだろう?」
映司「そっか、そう言われるとそうだ! なるほどな〜」
士「さて、ラストはこの3枚か」
映司「へ? まだあんの?」
フィリップ「これはあくまでも副産物だよ(メダルを渡す)」
映司「…! たしかにこれも作れそうだもんな」

 ダークカブト! リュウガ! トライアル!
 ♪く! ろ! い! ライダー!兄! 弟!(タトバの歌で)

真司「3分の2が黒いからかな、なんかスタイリッシュでいいなぁ」
一真「首にもれなく赤マフラーがつくのがトライアルの効果なのか…?」
総司「ものはついでだ、あいつらにも見せに行ってくるといい」
映司「そうだな…うん、行ってくる!」

(投下時期的な意味で)今更なネタなのは気にしないでいただければありがたい。

438 :名無しより愛をこめて:2011/04/12(火) 22:53:22.31 ID:Sv1oTF/7O
>>434-437
GJ!
個人的に悪魔と破壊者コンビが好きだから嬉しいw
この二人が組めば敵無しだろうなー
あとヒラキコンボワロタw確かに色々開くなww

439 :名無しより愛をこめて:2011/04/13(水) 00:20:18.89 ID:nm3V/LqN0
>>434-437
GJ!
コンボソング全部脳内再生された・・・
色々組み替えてライダーコンボチェンジができそうだw

440 :名無しより愛をこめて:2011/04/13(水) 22:42:06.50 ID:8Ay7RD6/0
>>434-437
GJ!!
自分はヤスコンボにワロタwww
黒兄弟も入っているのいいな!!


441 :名無しより愛をこめて:2011/04/14(木) 22:19:10.92 ID:YoZFzgzx0
>>434-437
GJ!
かぶと虫が被るけどクウガ・ブレイド・カブトなら虫系コンボになるな
あとぜひともアギト・カブト・オーズの三つ子コンボは見てみたい
…けど「オーズ」ってメダルはないからなあ。やっぱタカヘッドか?


今日映画行ったら映司・猛父さん・幸太郎の3人で何か書いてみたくなって色々考えてるけど
なかなかまとまらない…難しいなー
とりあえず映画ネタの解禁はいつも通り公開1ヶ月後でいいんだよな?

442 :名無しより愛をこめて:2011/04/14(木) 22:39:58.91 ID:uabtOxqR0
アギトはクワガタでしたよ?
って賀集のさんの間違いコメントを思い出したw

443 :名無しより愛をこめて:2011/04/15(金) 21:36:24.48 ID:p9/V66Tv0
>>435のトシキコンボ描いてみたよ
ttp://mrbro.from.tv/src/up0148.jpg

色が統一されてないからコンボだって言い難いかもだけどw

444 :名無しより愛をこめて:2011/04/15(金) 22:41:05.50 ID:IIdxKnTNO
>>434
GJ!GJ!!
個人的にシスコンボで紅茶吹いたわwww
後、555の三人で変身しても面白いかと思ったが頭のたっくんと胸の草加が喧嘩始めそうなだけだったぜ

>>443もGJ!
普通に格好良いなこれwww

445 :名無しより愛をこめて:2011/04/15(金) 23:52:03.72 ID:v+qBYue20
>>443
トシキコンボかっけえw
鬱からの復活が熱いコンボだな

446 :名無しより愛をこめて:2011/04/16(土) 00:26:35.98 ID:hdZZ/MYiO
他のコンボの絵も見たいという欲望が…

447 :名無しより愛をこめて:2011/04/16(土) 13:59:21.23 ID:nsYsMZgf0
真司「トシキコンボか…あ、‘としき’って・・・」
翔一「ん?」
巧「それ以上言うな真司兄!」
総司「中の人など(ry」

448 :名無しより愛をこめて:2011/04/16(土) 14:54:22.35 ID:+yLnJgpM0
>>447
一真「じゃあイノウe…」
士「中の人など(ry」

449 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 18:19:08.08 ID:81y2tB7n0

士 「よし、次はWだ。」⊃右龍騎、左ブレイド

一真「赤いブレイド・・・!!」ドキドキワクワクドンドコドーン




大樹「・・・」←ディエンド他2号家のメモリを持って迫る人

竜 「・・・」←それから逃げようと距離をとる人


450 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 18:21:05.62 ID:81y2tB7n0
sage忘れ・・・


451 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 18:51:21.16 ID:Q+2BaYOQ0
>>449
大樹「・・・!」←それなら逆転の発想という事でアクセルドライバー片手に逃げる人
竜「・・・!」←エンジンブレイド片手に必死で追いかける人

一真…確かに右半分は赤くなれるけどブレイドが赤くなれるわけじゃないんだ…

452 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 21:40:30.94 ID:nvfv13uXO
>>449
士「大体わかった、これでペン先と焼き肉網がひとつになるわけk…」

ファイナルベント!
ロイヤルストーレートフラッシュ!
RB「(#≡ウェッシャアアアイw0#)」


フィリップ「凄い…!体が左右に別れて、各々の必殺技を決めた。なんて、ゾクゾクするんだ…!!」
翔太郎「おーい。士ー大丈夫かー?」
総司「まだ、気にしてたのか…兄さん達。そして、士を吹っ飛ばしたおかげで屋根に大きな穴が空いたわけだが…ゴゴゴゴ」



士、ゴメン。

453 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 22:26:26.64 ID:jNDZbTnU0
>>449
一号家なのに青ライダーな一真が
二号家だけど赤ライダーな竜の登場を喜んでいる横で
そのうち青くなる(トライアル)未来を知ってる総司というネタを
トライアルが出たとき話にできなかったのを思い出した。

454 :名無しより愛をこめて:2011/04/17(日) 22:45:44.21 ID:jJBBP3rAO
>>453
何それ読みたい!!
アクセルVシネマも出たことだし、ここは一つ、今からでいいからまとめるんだ!!

455 :名無しより愛をこめて:2011/04/18(月) 01:25:46.62 ID:y2x/R/E80
>>430
いまさらだけどなんでザンバットソード磨いでんだよwww
物騒すぎるwww

456 :名無しより愛をこめて:2011/04/18(月) 01:25:51.27 ID:hdBSe8fBO
>>453
良太郎の孫である幸太郎が変身するNEW電王も青いから、
将来的には一号家にも青ライダーがいることになるぞ!
おめでとう一真!

457 :名無しより愛をこめて:2011/04/18(月) 02:21:08.70 ID:MdvrA6daO
>>455
そりゃあ渡にとって人外はニスのz(ry

兄弟にでも笑顔で刃物片手にせまってるからな。
某兄「部下達?が危うく」
某弟「思い出したくねえ」

458 :名無しより愛をこめて:2011/04/18(月) 23:04:12.79 ID:o0QD/jdl0
ニスの材料として特殊なワームである妹に目をつける渡
天の道を行く男にばれる前に何とかあきらめさせようと必死で説得する兄弟たち
説得は成功し、なんとか丸く収まったと思いきやその出来事をリュウタロスが「友達」に話してしまい・・・

459 :名無しより愛をこめて:2011/04/19(火) 00:33:34.07 ID:PD39/C7p0
鏡の中の末弟…
しかしいくらなんでも姉妹はもちろん女性にはないと思う。


460 :さくら、さくら 1/7:2011/04/19(火) 14:29:35.28 ID:X3sL+g1+0
>>457 渡さんは時々輝く時期が来るなww
この二人は一真とたっくんかな?

うちの地元、いま桜が満開だ記念投下
花見バトルin1号家、場所決めin2号家の職人様に敬意を表し・・・きれてはいないけど
自分も花見ネタに便乗で

|||

満開の桜と空の下で。

雄介「うっわー、キレイですねぇ一条さん!」
薫「ああ、そうだな」
雄介「やっぱりお花見はいいですね〜。ほんっと来て良かった!」
薫「・・・花見が、そんなに好きなのか?」
雄介「もちろん、お花見も好きですけど。
   それだけじゃなくて、桜のおかげで一条さんの眉間のシワがいつもより少ないから!」(サムズアップ)
薫「・・・!そんなにいつも、しかめ面はしてないぞ」
雄介 「ほんとキレイですねぇ!天気もいいし」
薫「・・・そうだな・・・花も。空も、キレイだな」


豪華な重箱の前で。

翔一「はいどうぞ、うちの筍ご飯!
   ヒビキ兄さんが掘ってきてくれたんですよ〜新鮮で美味しいですから!」
誠「ありがとうございます・・・うちのいなり寿司も、よかったら」
翔一「いいですね〜!あ、これ包んだの氷川さんでしょ?
   さすがは氷川さん!前衛芸術的ですね〜」
誠「しっ、失礼な!」
翔一「あはは、でも美味しいですよ!」
誠「・・・生きることは美味しい、ですね」
翔一「・・・はい。それから、とっても素晴らしい、です。そう思えるようになりました?」
誠「・・・以前よりは。何かを、楽しいと感じることが多いと思います」
翔一「そっか、良かったです!」


461 :さくら、さくら 2/7:2011/04/19(火) 14:30:51.52 ID:X3sL+g1+0

舞い散る桜の中で。

真司「おおお〜桜吹雪!すげーな蓮!!見てるか!?」
蓮「うるさい。そんなに騒ぐことか、毎年見てるだろうが」
真司「何回見たって、キレイなものはキレイでいいじゃん!
   春っていいよな〜あったかいし明るいし。あと、気持ちを前向きにしてくれるし!」
蓮「・・・お前は、いつも春みたいだな」
真司「蓮?」
蓮「・・・頭の中身もな」
真司「なんだよそれー!」


広げたシートの上で。

巧「・・・結局、どっちが桜の花びらをたくさんキャッチできるか対決、引き分けだな」(ゼェゼェ)
雅人「君の諦めが悪いからだよ・・・桜の潔さでも見習ったらどうだい?」(ゼェゼェ)
巧「毎回毎回、しつこく勝負しかけてくるヤツに言われたくねぇよ」
雅人「・・・まぁこんな日くらいは、引き分けにしておいてあげてもいい」
巧「・・・お前がそんなだと、気味が悪いな」
雅人「・・・次の桜が咲くときには」
巧「ん?」
雅人「必ず決着をつけてみせるさ」
巧「・・・それ、来年てことか」
雅人「他に解釈があるのかな?」
巧「そっか・・・来年、な。・・・覚えとく」


462 :さくら、さくら 3/7:2011/04/19(火) 14:32:19.80 ID:X3sL+g1+0

風に揺れる枝の隣で。

一真「始、写真撮ってたのか?キレイだしな〜天音ちゃんも喜ぶよ」
始「剣崎・・・この花は去年も咲いていたし、来年も咲くのだろう。
  なぜ人間は、毎年のように集まって騒ぎたがるんだ」
一真「ウェ?難しいこと考えてるなぁ。そだな・・・桜が特別なんじゃなくてさ。
   大事な人と、同じ時間に、同じ花を見てることが特別なんじゃないかな」
始「・・・特別・・・」
一真「どれだけ時間が経ったとしても・・・この桜が枯れても。
   一緒に過ごした時間は、消えないからさ」
‐カシャッ
始「俺には・・・今が『特別』かどうかは分からない」
一真「ん?」
始「だが・・・いつもより、お前もあいつらも笑っているのは悪くない、と思う」
一真「・・・うん。それでいいんだよ」


散り始めた古木の後ろで。

ヒビキ「こうやってさぁ。のんびり桜を見るのっていいよな〜」
イブキ「吉野の山桜もいいですけど、ここの花も見事ですね」
ヒビキ「だよねぇ」
イブキ「・・・吉野で、桜に囲まれて育ったからでしょうか」
ヒビキ「ん?」
イブキ「いつか自分も、あの花のように潔く散るものだと思っていました」
ヒビキ「・・・過去形、だよね?」
イブキ「あのオロチを経験して、こうして家族と毎日を過ごして・・・今は。
    潔く散るより、みっともなくても、命にしがみついていたいです」
ヒビキ「・・・うん、俺もだよ。まだまだ鍛えたりないし!
    だからさ、桜には程遠くても、自分らしく咲けばいいんだよ」(シュッ)
イブキ「・・・ありがとうございます」


463 :さくら、さくら 4/7:2011/04/19(火) 14:34:32.32 ID:X3sL+g1+0

降り注ぐ陽光の下で。

総司「おばあちゃんは言っていた・・・。
  『花に嵐のたとえもあるぞ。さよならだけが人生だ』」
新「へぇ〜おばあちゃんも、たまにはシビアなこと言うんだな〜」
総司「・・・お前に、文学的ツッコミを期待した俺が悪かった」
新「・・・なんかよく分かんねぇけど、馬鹿にしてるんだな?」
総司「ほら、ひより特製サバミソだ。心して食え」
新「おおお〜天道!これすげぇうまい!!」
総司「まったく・・・」
新「でもさ。嵐で花が散って、何かが終わっても、始まっても。
  俺は俺にしかなれないし、お前はお前にしか、なれないだろうな」
総司「・・・ああ。俺は天の道を行く。お前が行くのは、」
新「俺の、道だ!それでいつか、お前を超えてみせるからな!!」
総司「・・・相変わらず、面白いヤツだ」


穏やかな時間の中で。

良太郎「桜、キレイだね」
侑斗「・・・お前、余裕だな。
   さっき頭からジュースかぶって、雅人兄貴の勝負に巻き込まれて、ビニール踏んで転んでたくせに」
良太郎「あはは、でもケガはなかったし大丈夫だよ」
侑斗「ハナのほうが、すげー剣幕で雅人兄貴に食ってかかってたけどな」
良太郎「そういえば、桜を見てて思ったんだけど・・・ハナさんの名前って、誰がつけたのかな」
侑斗「・・・何だよ、急に」
良太郎「花ってキレイだけど、それだけじゃなくて。
    咲いて、散って、次の命を伝えていく強さも持ってるから・・・
    命と、未来に繋がる名前だから」
侑斗「・・・」
良太郎「やっぱり姉さんかな?もともと花が好きだし。
    君が消えた時間では、姉さんは花の喫茶店をしてたんだよ」
侑斗「・・・案外、お前じゃないのか。名付け親」
良太郎「ええ、僕?」
侑斗「お前も花、好きなんだろ。
   ずはりそのままなネーミング、お前の得意技だしな。電車切りーとか」
良太郎「う、そうかも・・・」
侑斗「それに、あいつは・・・未来の俺は。お前のこと、認めてたみたいだしな」
良太郎「そう、かな。そうだといいけど」
侑斗「・・・俺が・・・そうだから!あいつもそうなんだよ!」
良太郎「・・・うん。ありがとう」


464 :さくら、さくら 5/7:2011/04/19(火) 14:36:09.08 ID:X3sL+g1+0

柔らかな音色の傍で。

渡「キレイな桜を見てたら、つい弾きたくなって・・・騒がしかったですか?」
啓介「いや・・・君は、すごいな」
渡「え?」
啓介「以前の私は、花を愛でることも音楽に耳を澄ませることも知らずに。
  ただ正義を貫くこと、強くあることだけを目指していた」
渡「・・・名護さんの強さは、ずっと僕の憧れでした」
啓介「だがそれは、自分の弱さから目を背けていただけだ。
   君は誰よりも重い運命の鎖に繋がれていたのに、自分から逃げずに、人を信じる強さを持っていた・・・」
渡「・・・僕を、支えてくれる人たちがいたから」
啓介「私も君たち親子から、回り道も寄り道も、時には必要だと教わった。
   優しさや遊び心も、人を強くすると学んだ・・・」
渡「僕も・・・名護さんにたくさん教えてもらいました」
啓介「君が・・・キバで。
   私がどうしても倒すことの叶わなかった相手で、最初の弟子で・・・良かったと思う。
   ・・・バイオリンの続き、聞かせてくれないか」
渡「・・・はい。喜んで」


人の輪の端で。

士「お前、桜も見ずに何コソコソしてるんだ」
大樹「たかが花なんて興味無いよ。散らない桜でもあるなら、僕のコレクションに加えてもいいけどね」
士「自分が勧めた花見の場所にならなかったからって拗ねてるのか。面倒なヤツだな」
大樹「・・・僕の事を勝手に理解しないでくれたまえ」
士「たかが花を、『大事な人と、同じ時間に見てることが特別』・・・だ、そうだ。
  場所なんて、どうでもいいだろ」
大樹「・・・人の台詞を盗んで、それっぽい事を言うのはやめてくれないか。
   あぁそれから、場所取り係2連敗脱出おめでとう、士」
士「・・・一真兄さんのタイムのカードを使えば、散らない桜も手に入るけどな。
  そんなもの、珍しくはあってもキレイじゃないだろ」
大樹「・・・世界の破壊者とも思えない言葉だね。純一兄さんの洗脳手術でも受けたのかい?」
士「生憎だが、俺はもう破壊者じゃない。お前の好きな、お宝が俺を変えたからな」
大樹「へえ?何だいそれは」
士「たかが花を、特別にしてくれるヤツらだよ・・・お前も、一応そのうちの一人なんだがな」
大樹「・・・いい台詞だ、感動的だね」
士「・・・ったく。本当に面倒だな、お前は」


465 :さくら、さくら 6/7:2011/04/19(火) 14:38:09.78 ID:X3sL+g1+0

吹き抜ける風の中で。

翔太郎「花見なんてハードボイルトじゃねぇが・・・桜ってのは悪くねぇな、相棒?」
フィリップ「・・・主食の代用品として食せられ、材料も粒食が出来ない砕米や屑米、雑穀の場合は大麦・小麦・粟・キビ・ヒエ・
      ソバ・トウモロコシ・小豆・サツマイモ・栃の実などを挽割あるいは製粉したものを用いて・・・」
竜「・・・あいつは、今度は何に興味を持ったんだ」
翔太郎「あー、桜餅だったか柏餅だったか・・・放っとけばそのうち満足するだろ。
    ・・・お、いい風だな」
竜「・・・以前は、風も、春も。俺には、ただ忌々しいものでしかなかった」
翔太郎「・・・そっか。春子ちゃん、だったな。お前の妹」
竜「何を見ても、聞いても・・・家族と復讐のことしか考えられなかった。
  周りも見ずにがむしゃらに突っ走って・・・お前たちには、面倒をかけたな」
翔太郎「そりゃお互い様ってヤツだ。うちにも暴走特急が2台いるからな。
    それに、お前だって風都の人間だ。泣かせたままにはしておけなかったってだけさ」
竜「・・・なら、もし。お前たちが、泣くことがあったなら。
  同じ風都の仮面ライダーとして、俺がその涙を止めてみせる」
翔太郎「・・・そっか。そりゃ心強いぜ」
フィリップ「それと、もう一つ」
翔太郎「うお!?お前、検索してたんじゃねぇのかよ!」
フィリップ「そんなのとっくに終了したよ。あと桜餅と柏餅については、去年に検索を終えている。
      さっき検索していたのは、花見団子についてだよ」
翔太郎「大して違わねぇだろ!!」
竜「・・・それで、何が『もう一つ』なんだ」
フィリップ「翔太郎と僕と、君が力を合わせたなら・・・きっと、泣いている誰かを救うだけじゃなくて。 
      助けを求める人間を、泣かせずにいることができるはずさ。違うかい?」
翔太郎「・・・違わねぇな。言うじゃねぇか、フィリップ」
フィリップ「当然だろう?だって僕は、探偵で、仮面ライダーで、君の相棒なんだから」
竜「・・・本当に、今日はいい風が吹くな」
フィリップ「きっと明日も、だよ」
翔太郎「ああ、そうだな・・・お、春子ちゃん来たみたいだぜ。おーい!」


466 :さくら、さくら 7/7:2011/04/19(火) 14:40:10.78 ID:X3sL+g1+0

白く霞む世界で。

映司「やっぱり日本の桜はいいですよね〜!」
明「鴻上会長が紹介してくれた場所、さっすが穴場じゃん!キレイだよな〜」
映司「平和な景色ですよね〜。あれ、後藤さん?ぼんやりして・・・どうかしました?」
慎太郎「・・・いや。俺はずっと、世界を守ると決めていた。
    でもこの景色を・・・時間を、守ることも・・・今の俺の願いなんだ」
映司「・・・うん。そうですよね。
   俺には目の前の、この手の届く場所しか守れないけど・・・これも大事な世界だから」
明「・・・二人とも!何かを守りたいって気持ちは大事だけどさぁ。
  頼むから、自分もちゃ〜んと大事にしてくれよな!
  危なっかしくてしょうがないっての、特に火野!」
映司「え、俺?」
明「自分を泣かせるようなことしたらさ・・・きっと、自分の大事な人も泣かせちまうから」
慎太郎「・・・了解、しました」
映司「伊達さん・・・ありがとう」
明「はは、やだね〜年とると説教くさくなっちまう!ほら二人とも、飲んで飲んで!」
映司「ちょ、こぼれますって〜!」
明「お、あっちはまた喧嘩かぁ?変身までしちゃって、新ちゃんはしょうがねぇな〜」
慎太郎「・・・どう見ても、誠兄さんです」
明「え。まぁ大体合ってるし!青いし!」
慎太郎「・・・」
映司「ほら、アンクも樹から降りて来いよ!アイスもあるからさ!」


|||


・1号・2号家全員で花見バージョン
・目標:仲良くお花見→喧嘩させない→草加、名護さん、海東の難易度MAX
・W・OOO組は3人いるから長い・・・いや全部長いけど
・書いてて楽しかった!


467 :名無しより愛をこめて:2011/04/19(火) 16:45:42.65 ID:OtQP13sSO
>460-466
GJ!!GJ!!
和やかで仲が良い一号と二号家の皆にこっちまで幸せにしてもらったよ

特に未来の約束をするたっくんと草加、一真と始にはジーンとしちまったぜ

しかし士と海東も良い話してる筈なのに緑茶吹き出しちまったのは全部ゴルゴム
の((

本当にGJ!!

468 :名無しより愛をこめて:2011/04/19(火) 18:50:48.17 ID:7DtnOfdr0
>>460-466
GJ!花見本番良いね〜
花見バトルin1号家、場所決めin2号家を書いた者だけど
ネタ拾ってもらって嬉しいよ、ありがとう!
オーズが今大変な状況だからこういうほのぼのしたネタは和むね

469 :名無しより愛をこめて:2011/04/19(火) 22:13:37.49 ID:rMxpXiJT0
>>460
GJ!

しかし、本編のオーズの暴走・・・ねぇ・・・

雄介「大丈夫だよ!」(アルティメット)
翔一「うん、案外何とかなるよ?」(バーニングで暴走しかけたことあり)
総司「ああ、大丈夫だ。」(赤い靴)
フィリップ「多分大丈夫だよ。」(ファング)


うん、多分大丈夫だ。なんたってこの人たちの兄弟だし、
何より同い年の二人も暴走してたし・・・


470 :名無しより愛をこめて:2011/04/19(火) 22:56:08.53 ID:aNSfJntk0
>>469
一真「頼れる仲間がいれば!」(キングフォーム)
渡「大丈夫!」(ビショップの術で)

暴走経験者多いなw

471 :名無しより愛をこめて:2011/04/20(水) 00:31:27.24 ID:YRMmTzSr0
>>469>>470
映司「ホラ、皆こう言ってるし!大丈夫だって!!やっぱりコンボで行こう」
伊達「火野…お前ね…」
アンク「…」

うーん、でもやっぱり現行は危なっかしい感じがするな

472 :名無しより愛をこめて:2011/04/20(水) 01:16:22.58 ID:nWdvCiSjO
一度は通る道ってことかなw

473 :名無しより愛をこめて:2011/04/20(水) 08:47:29.46 ID:Cu4ALzL0O
>>460-466
本編を思い出して切なかったり熱くなったり、和やかに話ができる桜の下と兄弟スレを素晴らしいと思ったり
読みごたえがあったよ!
兄弟みんなでわいわいも楽しいけど、ときには過去や未来を思ってお隣さんと話してるのもいいな

ところで氷川さんはなんでG3-X装着するはめになったんだ、宴会芸かwwwww

474 :名無しより愛をこめて:2011/04/20(水) 19:24:55.68 ID:yqHOlq92O
もうすぐ鯉のぼりの季節だ。
アンク(ロスト)も、しれっとリュウタや黒総司らと混ざってチマキ食べてそう。
翔一「ちまき作り、精一杯頑張るね。」
総司「期待して待っておけ。とびきりのを作る。」
巧「真司兄さんヨダレ・・。」
真司「いけないいけない。じゅるる。」

475 :名無しより愛をこめて:2011/04/20(水) 20:07:40.45 ID:tFFjyE040
>>460
GJ!
桜ももう散ってきたが、これを読んでなんだかほっこりしたよ 和む
それと、誰かの書いたネタが別の誰かにつながっていく、これっていいな


476 :460:2011/04/21(木) 01:40:34.22 ID:9ISExmzw0
GJくれたみんなありがとう
あとまさかの花見バトル職人様からのお言葉・・・嬉しすぎるww
過去ログ読んでから、いつもめっちゃ楽しみにしてました!
ありがとう!!

氷川さんは何でなんだろな・・・正直、後藤さんの「どう見てもオウムです」ネタがやりたかっただけなんだw

477 :名無しより愛をこめて:2011/04/21(木) 07:28:32.77 ID:1hlJuguSO
氷川さんはあれだ、例によって翔一に不器用ネタか補欠ネタで乗せられたんだよきっとw


478 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 08:12:01.42 ID:9skQJWMmO
>>460
GJ!!
家族での花見も良いが、作品ごとの花見もまた良いよな!!
桜ももう終わりだがなんだかまだ綺麗な桜の下で兄弟達が笑ってる気がするぜ



そしてそういやもうすぐこどもの日だな…
今年は普段の面子に子アンクも混じってほのぼのするんだろうか…!


479 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 11:12:00.68 ID:eMynk6hAO
>>478
このスレの子どもキャラは天音ちゃん・ゴン・黒総司・リュウタロス・コハナ・ワタル・アスムに真アンクか
…他に誰か忘れてるような気がするのは乾巧って奴のせいなんだ

480 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 11:18:10.53 ID:19y67eLLO
めったに出てこないが、アギトの太一も子供キャラだな。

481 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 13:27:46.41 ID:qudAozgJO
ラモン「はあ、ここでもフィーバー出来なかったか。」
キバットW世「元気だせ。そうだ!お祭りしようか。」

482 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 14:56:42.58 ID:4GnKZlud0
なに言ってんだ127歳

483 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 15:58:33.87 ID:gSJIgMqK0
>478ガメルや北崎も一応入るんじゃないかな



484 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 16:08:17.80 ID:gw92yvW6O
>>482
吹いた
そういやラモンも子供キャラのはずだけど、
考え方が現実的というか打算があるというか、年相応な感じだよな
リュウタよりカザリに近い気がする

子供キャラ、ZOのドラスもだな
見た目怖いけど性格はまるで子供

485 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 21:30:47.70 ID:9skQJWMmO
>>479ー484
想像以上に子供キャラって多いんだな
今年もライダーハウスはてんこ盛りなこどもの日になるだろう、俺の占いはry


そういやこどもの日と言えば自分は柏餅のイメージなんだが…

子供達と兄弟の為に大量の柏餅を作る料理人コンビの姿と、
「柏餅作ってあげますから、柏の葉取って来ていただけませんか?」と翔一に言われた一流の先輩が
「これは太古の柏の葉だ!」と親切なグラサンのおじさんに教わって、
その謎の柏の葉(仮)を大量にもらってくる姿を受信したぜ



486 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 22:00:06.10 ID:H/2LAxckO
少年ライダー隊やアギト劇場版で葦原さんに助けてもらったあの子や香川教授の子…モブ以外にもまだまだいるな
あとは誰が残ってたっけ?

487 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 22:15:12.63 ID:A+tGtQR9O
クウガのさゆる君とか、プチ家出した小学生とか?

488 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 22:37:50.20 ID:q63xBQKXO
パンツで鯉のぼりが作られる電波を受信してしまった…

489 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 22:41:45.71 ID:NK/CWsojP
映司とたっくんのパンツかw

490 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 23:00:25.31 ID:4QkV4bUwO
>>488
そんな家怪しすぎるだろw
せめて干してあるパンツの柄が鯉のぼり…ぐらいに

491 :名無しより愛をこめて:2011/04/24(日) 22:21:06.14 ID:mA8iWknhO
晶くんも追加かな?

492 :ライダー友の会 2011春:2011/04/25(月) 17:58:52.16 ID:co0HVHL30
※オーズの次回予告を見てない人がいたら注意



良太郎「とうとう・・・!」
ヒビキ「ウチの兄弟では五人目かな?久々だねえ」
リュウタロス「ねえパーティーしようよパーティー!」
ドッガ「・・・お祝い」
雄介「よーしっ!えーっと神代くんの連絡先はっと・・・」
渡「浅倉さん・・・は今日も夕飯食べに来るかな?」
良太郎「ゴウさんにも声かけてみるね」

映司「・・・なんか、こんなの渡されちゃった」
>『祝 紫ヒーローの会新加入!!』と書かれたタスキ
士「映司兄さん・・・あまりフォーム数を増やさないでくれ 後でカードの整理が追いつかなくなる」
雄介「言っとくけど、士もカメンライドで準会員だからね!」

翔一「あ、やっぱり来てる」
総司「ジュウレンジャーとアバレンジャーからの案内状か・・・」
翔太郎「・・・真里奈や九条綾や島本凪のところには行ってねえよな」


*********************************************************
以前のと同じ流れになったがこれはやっとかないと、と
てか来週以降だとネタにできる雰囲気じゃなくなりそうなので今の内

493 :名無しより愛をこめて:2011/04/26(火) 22:43:00.34 ID:yJ49lYamO
>>492
映司ってほんと万能だなw
フィリップのファングも一応恐竜だった気がする


494 :手の届く距離   1/6:2011/04/27(水) 00:34:36.38 ID:96Eh+MYU0

>>492GJ!
映司大人気だな〜いくつ掛け持ちだよw
自分も○○の会ネタ好きすぎるので流れに乗って投下

@@@

夕食後のライダーハウスで向かい合っているのは、珍しい組み合わせの二人。

始「剣崎の弟・・・火野映司。今日は、カマキリの会発足に向けての活動内容を検討する」
映司「はぁ・・・(俺、もうメンバーなんだ・・・)」
一真「悪い映司、こいつが自分から誰かに関わろうとするのって珍しいんだ。
   俺じゃカマキリの会入れないし、付き合ってやってくれないかな!」(拝む)
映司「俺でよければ、もちろん!」
始「何をコソコソ話している。いい考えを思いついたのか?」
映司「えっと、あの〜人を集めればいいんですよね?
   グリードでもいいなら、ウヴァっていうのがいて。
   そもそも俺のカマキリメダルはそいつのなんですけど・・・」
始「却下だ。
  女子トイレに堂々と侵入するような変態怪人の加入を認めるなど、カマキリの会の品位を損なう」
映司「・・・あ、そうですか。よく知ってますね・・・」
始「・・・剣崎が、弟の活躍を見ろとうるさいからな」
映司「あはは、ありがとうございます!」
始「とにかく、お前も今日からカマキリの会発足に向けて、積極的に活動していけ」
映司「はぁ・・・具体的に何すればいいんですか?カマキリっぽい人の勧誘とか?」
巧「どんなだよソレ」

静観していた周りの兄弟たちからも、思わずツッコミが入る。


495 :手の届く距離  2/6:2011/04/27(水) 00:36:14.38 ID:96Eh+MYU0

始「戦いにおいて、積極的にカマキリメダルとガタキリバコンボを使用することだ。
 それからカマキリメダル使用時に、苦戦することは許されない。敗北などもってのほかだ」
真司「うわぁ・・・」

始「それから、スタートコンボをタカ・カマキリ・バッタ・・・つまり、タカバに変更しろ。
  タトバと語感はさほど違わないだろう。あの珍妙な歌の使用も認める」
映司「いやそれは俺に言われても」
始「もしくはカマキリ・カマキリ・カマキリ・・・カカカコンボにしろ」
翔太郎「おい!無茶ぶりにもほどがあるだろ!」
良太郎「それコンボじゃないよね・・・」
フィリップ「カカカコンボ・・・興味深いね!」

映司「いやあの、カマキリメダルって一つずつしか使えないし・・・。
   それに、まだ三つ集まってなくって」
始「さっさと集めろ」
一真「映司の活躍見てるワリには、メダルのこととか理解してないんだな〜お前」
始「だまれ剣崎。
  数に恵まれたカブトムシライダーのお前に、俺達少数派の苦悩など分からない」
一真「ウェ、そんな大変な問題!?」
始「マイノリティはいつも迫害される運命だ・・・」
総司「一体いつ誰がお前たちを迫害したというんだ」

一真「そっか、運命か・・・俺は、運命に負けたくない!」
ヒビキ「おっ、一ちゃんかっこいいね!」
一真「わかったぜ始!お前と映司のために、俺もできることするから!」
良太郎「えっ何するの兄さん?」
一真「ウェ・・・と、とりあえずカマキリメダル探すの手伝う!
   カカカコンボの実現が目標な!!」
始「剣崎・・・」
一真「始!俺を信じろ!!」
雄介「なんかいい話になってきたね!」(サムズアップ)
翔一「仲間っていいよね〜」
士「内容は、カマキリの会についてだがな」
渡「一真兄さんもメダルのこと、あんまり理解してないんじゃ・・・」


496 :手の届く距離  3/6:2011/04/27(水) 00:37:38.42 ID:96Eh+MYU0

映司「アンク、カマキリメダルって頭と足にも使っちゃだめ?
   カカカコンボって可能かなぁ?」
アンク「馬鹿かお前は!くだらない会の活動すんな!」
始「・・・くだらない・・・だと」
アンク「はっ!カマキリだかバッタだか知らんが、鳥からすればエサみたいなもんだろうが」
始「・・・」
アンク「ま、サイズからして、カマキリのほうが多少は腹にたまるかもなぁ?」
始「・・・」

にやりと笑う鳥のグリードを睨みつけ、始は無言でカードを取り出す。

一真「始!落ち着けカードしまえー!!」
総司「我が家でライダーバトルは許さん。よそでやれ」
翔一「イヤよそでもダメだよ!」
始「・・・俺はアンデッドでジョーカーだ」
アンク「俺はグリードだ」
始・アンク「「ライダーじゃない」」
ヒビキ「屁理屈言わない!こんな時だけ息合わせない!」
雄介「とにかくケンカは駄目だよ!」
映司「ほらアンク、よく言うだろ〜。『ライダーは助けあい、人外は支えあい』って!
   二人とも、『実は人外だよの会』の会員同士なんだしさ」
アンク「ふざけたこと吐かすな!お前らの馬鹿馬鹿しい遊びに俺を巻き込むな!!」
映司「始さん、ごめんなさい!
   こいつ口が悪くて態度も悪くて空気読めなくて皮肉屋で思ったことすぐ言っちゃうんですけど、根は・・・
   根も・・・けっこう酷いヤツで・・・」
真司「あああ何のフォローにもならない!」


497 :手の届く距離  4/6:2011/04/27(水) 00:39:07.78 ID:96Eh+MYU0

仲裁に騒ぐ兄弟たちを無視し、アンクは始に言葉を投げつける。

アンク「俺とやるつもりか?カマキリ風情が」
始「腕一本の不完全な怪物ごときに、見下される覚えはない」
アンク「・・・確か、貴様はアンデッドだったな。
    病まず、老いず、死せず・・・自分はグリードなんて半端者と違って、完全な存在だって言いたいのか」

−ギシリ

アンクの涼しげな顔とは裏腹に、本来の姿を宿した右腕は、軋むような音を立てた。
不完全。アンクが何よりも厭う、今の自分の状態。
そしてグリードである以上、変えられない定め。

始「俺は、自分が・・・アンデッドが、完全だとは思わない。
  自ら死ぬことすらできず、永遠を彷徨う・・・生命として欠けた存在だ」

対峙する始は、どこまでも静かな表情で言葉を零す。

始「それに俺は、もっと強いものを知っている」
アンク「・・・なんだそれは」
始「自分で探せ。・・・そいつといれば、きっと見つかる」

と、映司を指差す。

映司「え、俺?」
アンク「・・・チッ」
映司「あ、待てよアンク!」

舌打ちし、ひらりと身を翻して部屋を後にすると、映司がそれを追いかけて部屋を出て行った。


498 :手の届く距離  5/6:2011/04/27(水) 00:40:39.27 ID:96Eh+MYU0

一真「・・・始?」
始「おそらくあいつも、今の自分を・・・運命を。変えたいと望んでいる」

二人の背中を見送りながら、呟かれる言葉に耳をすませる一真。

始「本当に強いのは、人の想い・・・あの戦いで、俺が見つけた答えだ。そうだろう、剣崎」
一真「・・・ああ、想いが人を強くするんだ。運命にも、負けないくらいに。
  あいつらも、いつか分かりあえるんじゃないかな・・・お互いの強さに気付いたときに」

 『俺とお前は、戦うことでしか分かり合えない・・・!』

最後の戦いの中で響いた、血を吐くような叫びを、思い出す。

一真「・・・なぁ。今も、そう思ってるのか?」

きっと今、同じことを思い出していた。
あの日は、晴れた空が広がっていたのに。
目に染みるような青が、空にも海にも湛えられていたのに。
あの時を思うと、なぜか、雨音が耳の奥で響く気がする。

それは、選ばれなかったもう一つの未来・・・その欠片だと、誰かが言っていた。

始「・・・俺はお前の考えが分かったことなど、一度もない」
一真「ウェ〜ひどいなぁ。結構濃い付き合いしてきたのに」
始「前にも言ったが、気色悪いことを言うな。
  ・・・けれど、もし分かっていたなら・・・あの時、」

・・・あの時。自分はどうしていただろう。
人間であることを捨てようとしていた、この目の前の存在を。

じっと見据えると。

一真「・・・俺は、さ。後悔してないよ」

そう言って笑うから。
何か言う気も失せて、ため息をつく。

・・・雨音が、止んだ気がした。

一真「って何だよ、そのため息!」
始「馬鹿は死なないと治らない、らしい」
一真「ウェ?」
始「死ぬことのないお前は、更に絶望的だと思っただけだ」
一真「・・・何か俺、ひどい事言われてないか?」
始「それくらいは分かったようだな・・・どうやら分かり合えたようだぞ、剣崎」
一真「嬉しくない・・・」


499 :手の届く距離  6/6:2011/04/27(水) 00:42:28.31 ID:96Eh+MYU0

アンクを追って庭に出た映司は、ぐるりと周りを見回す。
すると、鳥のグリードはいつものように樹の上で夜空を見ていた。

近寄って見上げると、ひとりごとだろうか。
言葉が降ってくる。

アンク「・・・完全と言える命を持ちながら、人間の中で人間として生きる・・・
    理解できない愚かな行動だ」
映司「・・・それが、一真兄さんと始さんの望みなんだよ」

 『お前は・・・人間たちの中で生き続けろ』

映司「お互いにそう望んだから、運命にも勝てたんだって言ってた。
  ・・・なぁ、お前の望みは完全で強い体を手に入れることだって言ってたよな。
  でも、それってさ・・・」

問いかけても。
ただ月を見上げる赤い鳥からは、答えは返ってこない。

樹の上と下。グリードと人間。欲望の化身とオーズ。利用するものとされるもの。
自分たちの間には、どんな言葉で表わされる距離があるのだろうか。

いつか、兄を想う少女に告げた言葉。

『手が届くのに手を伸ばさなかったら、死ぬほど後悔する。
 それが嫌だから、手を伸ばすんだ』

そう告げた通りに、手を伸ばし続けていくけれど。
今度こそ・・・この手は届くのだろうか。間に合うのだろうか。
今は届かなくても、いつか届く距離だと信じて、強くてのひらを握りしめた。

@@@

前スレ>>715
ネタお借りしました!
人外の対比とカマキリの会のコラボ(?)
映司も人外フラグが見えてきて・・・最近の展開が不安でしょうがない
なったらなったで、このスレ的には大したことじゃないかもしれんが

500 :名無しより愛をこめて:2011/04/27(水) 02:16:11.53 ID:5YA56XCNO
>494ー499
GJ!GJ!!
最初はカマキリの会に必死な始と見守る(?)一真、冷静な兄弟達にお腹痛くなるほど笑わせてもらったのに、
後半での一真と始、映司とアンクそれぞれの会話では目が洪水になっちまったぜ…

このスレならこの先映司に何かあっても大丈夫だよな!
本当にGJ!!!!


ところで

良太郎「タカバにカカカコンボかぁ…すっごく格好良いよね…!」
兄弟達((((…やっぱりか…!))))
という風景を受信しちまったのも乾内匠って奴のry

501 :名無しより愛をこめて:2011/04/27(水) 02:16:41.04 ID:5YA56XCNO
>494ー499
GJ!GJ!!
最初はカマキリの会に必死な始と見守る(?)一真、冷静な兄弟達にお腹痛くなるほど笑わせてもらったのに、
後半での一真と始、映司とアンクそれぞれの会話では目が洪水になっちまったぜ…

このスレならこの先映司に何かあっても大丈夫だよな!
本当にGJ!!!!


ところで

良太郎「タカバにカカカコンボかぁ…すっごく格好良いよね…!」
兄弟達((((…やっぱりか…!))))
という風景を受信しちまったのも乾内匠って奴のry

502 :名無しより愛をこめて:2011/04/27(水) 02:47:48.73 ID:4oEQB2Tu0
>>500-501が安価のつけ方を間違えてしまったのも
多重カキコしてしまったのも、全てはディケイドのせいだ・・・
おのれディケイド!!

>>494
激しくGJ 本編じゃありえない会話ばっかなのに
何故か本人の声で再生されて楽しかったw

503 :名無しより愛をこめて:2011/04/27(水) 20:57:45.57 ID:uW2KCl1QO
ここの兄弟達やその仲間達なら、例えアンクが信吾として生きていく道を選んだとしても支えてくれそうだ。
演技指導なら渡がやってくれそうだしね。渡、演技巧かったじゃない。

504 :名無しより愛をこめて:2011/04/27(水) 21:49:12.08 ID:AZSBmjS00
>>494
面白かった!
ただウヴァを会に入れてやってくれ…

今年から社会人になったせいで
作ってる話が全く進まないぜ!

505 :492:2011/04/27(水) 23:37:27.28 ID:dtu84Yrd0
>>493
ファング素で忘れてたorz
そういやタイムにも恐竜ロボいたっけな

>>494-499
GJ!始にカマキリの会を作らせた張本人なので、
こういうふうにネタを組み込んでもらえて嬉しいw

506 :何となく小ネタ:2011/04/28(木) 04:10:11.28 ID:Jv8BsgyhO
>>502

士「俺も新しい会を創ってみた。」
良太郎「わざわざ名刺まで作ったんだ。えーと『何かあるとすぐに他人のせいにされる会』?」
士「会員は巧とゴルゴムだ」
総司「今晩 好きな物作ってやるから拗ねるな…」

507 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 04:24:51.04 ID:nJR5mVhMO

>>506
ハーh…ハードボイルドの私立探偵が仲間に入れて欲しそうにしています


508 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 04:26:38.97 ID:nJR5mVhMO
>>502
安価ミスに漢字ミスだと…!
これだとたっくんがリフォームする人みたいだぜ…
ちょっとジャッジメンターイムされてくる

>>506
ハーh…ハードボイルドの私立探偵が仲間に入れて欲しそうにしています


509 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 13:05:37.52 ID:/N5+whME0
>>508
想像しちまったじゃないかw>たっくんがリフォーム

510 :555のアレを兄弟でやってみた。1/8:2011/04/28(木) 20:09:28.76 ID:ogPFDT/60
勇気を出して初投下。是非555のハイパーバトルビデオを見てから、このネタをご覧下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
白い階段の上に、宝塚よろしく並ぶライダー兄弟(黒兄弟含む)。服は全員タキシードで、髪型はオールバック

全員「「「「仮面ライダーきょうだーい♪ハイパーバ(ヴァッ)トルー小ネーター♪」」」」」」

音楽にあわせてぴったり踊る兄弟

じゃーじゃーじゃーじゃーじゃーん♪



巧「一真兄・・・、オンドゥルかけただろう。」
一真「・・・・・・・・・・。(兄弟全員の視線を受けて俯く。)」



511 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 20:19:04.03 ID:KIU+Rot8O
規制されて続きが投下出来ない…。避難所に書き込むので代理投下お願いします…。

512 :555のアレを兄弟でやってみた。2/8:2011/04/28(木) 20:46:24.52 ID:/N5+whME0
>>510
それでは、僭越ですが代理投下をば。

======

舞台は暗転、部屋の中の鏡だけが光る。
逆光鏡が煌めくと、そこにはラジカセを持った黒総司のシルエットが。同時に音楽がスタート
それに吹く鏡の中のトライアルとリュウガ。ライダーハウスはクラブのようになる。
黒総司「ねー、これ見て♪このZECT以下略)製のCDラジカセは全人類だけじゃなくって全怪人達もハッピー♪ハッピーにする、不思議なラジカセなんだって♪」(黒総司の周りをダークカブトセクターがノリノリで回っている)
黒総司「これをオンにすると、踊って歌っちゃう♪わぁっ!リュウタロスみたい☆」(鏡の中ではリュウガとトライアルがグルグル踊り、その周りをドラグレッダー&ドラグブラッカーが舞い昇る。)
リュウガ「何でそんな物持ってるんだ?!」(鏡の中から)
翔太郎「て、言うかどうせ流すならちょっと、ハードボイルドなジャズとか、ブルースにしろって♪」
ヒビキ「でもほら、楽しくない?気分がちょっと楽しくなって♪」
トライアル「・・・恋してるみたいに?」(鏡の中から)
一真「ウェイッ?!」
黒総司「さぁ皆でもっと歌おうよ♪きっともっと幸せになる♪」(鏡の中に戻り、リュウガ達と一緒に踊りつつ)

黒総司「れっつしんがーそーんぐっ☆」(鏡の中でポーズを決める黒兄弟。)

513 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 20:47:41.27 ID:/N5+whME0
うわ、間違った……やり直しますorz

514 :555のアレを兄弟でやってみた。2/8:2011/04/28(木) 20:48:18.40 ID:/N5+whME0
舞台はライダーハウスの居間。今日は土曜日、ライダー兄弟は全員家の居間でまったりとしています。ちなみに姉妹はそろって買い物に。
洗濯物畳んだり、記事をパソコンで打ったり、DVDを見たりと様々だが、全員今に揃っている。
そんな時、TVの上の音楽が軽快なメロディを流し始めめる。
すると、自然と兄弟達は、そのリズムに乗ってしまいまう。
そして響鬼のような演出で「もりのくまさん」と出る。


真司「あるーひ♪」(パソコンを打ちつつ)
一真「あるーひ♪」(洗濯物を畳みつつ)
翔一「もりのなか♪」(洗濯物を兄弟別に仕分けしつつ)
雄介「もりのなか♪」(お土産のクマの仮面を取り出しつつ。)
巧「くまさんに・・・。」(洗濯機かけつつ)
渡「であーった♪」(ヴァイオリン構えつつ)
全員「「はなさくもーりーのーみーちー、くまさんにでーあーったー♪」」(渡はヴァイオリン演奏、キバットはノリノリで歌っている。)
良太郎「なーんで・・・、ぼくたちー・・・うたーってるのかな・・・およぉっ!!」(踊っていてこける。)」
総司「わからんー、おそらくーはー、このラジカセのせいーだーろー♪」(良太郎を支えながら、ラジカセを指す。ちなみに頭の上ではカブトゼクターがヘドバン。)
士「だいたいわかった、スイッチを切ってくれ♪」(この様子を写真に取りつつ)
映司「切れないんだよ♪」(スイッチを探している)
ヒビキ「貸して♪」(止めようとしているが、触らせてもらえない)
フィリップ「興味深いね、これだーんだん♪楽しい気分になるー♪」
翔太郎「早く検索ーしーろーっ!!♪」


じゃーじゃんじゃーんっ♪

(ミュージカルのような衣装を着て、一斉にポーズを取る兄弟)

515 :555のアレを兄弟でやってみた。3/8:2011/04/28(木) 20:49:05.82 ID:/N5+whME0
舞台は暗転、部屋の中の鏡だけが光る。
逆光鏡が煌めくと、そこにはラジカセを持った黒総司のシルエットが。同時に音楽がスタート
それに吹く鏡の中のトライアルとリュウガ。ライダーハウスはクラブのようになる。
黒総司「ねー、これ見て♪このZECT以下略)製のCDラジカセは全人類だけじゃなくって全怪人達もハッピー♪ハッピーにする、不思議なラジカセなんだって♪」(黒総司の周りをダークカブトセクターがノリノリで回っている)
黒総司「これをオンにすると、踊って歌っちゃう♪わぁっ!リュウタロスみたい☆」(鏡の中ではリュウガとトライアルがグルグル踊り、その周りをドラグレッダー&ドラグブラッカーが舞い昇る。)
リュウガ「何でそんな物持ってるんだ?!」(鏡の中から)
翔太郎「て、言うかどうせ流すならちょっと、ハードボイルドなジャズとか、ブルースにしろって♪」
ヒビキ「でもほら、楽しくない?気分がちょっと楽しくなって♪」
トライアル「・・・恋してるみたいに?」(鏡の中から)
一真「ウェイッ?!」
黒総司「さぁ皆でもっと歌おうよ♪きっともっと幸せになる♪」(鏡の中に戻り、リュウガ達と一緒に踊りつつ)

黒総司「れっつしんがーそーんぐっ☆」(鏡の中でポーズを決める黒兄弟。)

516 :555のアレを兄弟でやってみた。4/8:2011/04/28(木) 20:49:51.85 ID:/N5+whME0
響鬼のような演出で「メリーさんの羊」と題が出る。
鏡の中で、ノリノリで踊る黒兄弟、
黒総司「めーいちゃんのしつじっ♪」
トライアル「しつじ・・・?」
リュウガ「ひつじ!!」
トライアル「めーりさんの羊♪」
三人「かわいいーいーなー♪」

いつの間にか鏡の中にいる光太郎。

光太郎「こーの特製ラジカセを世界ーのー家庭にーもれなく一個一個、お届けしてるらしいー♪」(浮く、そして、てつを。)

スライドで映し出される、歌い踊るDCD兄弟や二号兄弟、さらにはドラゴンナイトの面子や昭和ライダーまで。

光太郎「ゴールゴムの仕業だ♪全世界、ミュージカル計画♪みんなーがおどり、歌っているうちにー♪ライダーたちの変身ベルトーを、奪おうとしている♪おのれーゴルゴム♪」
三人「「「ワオ!!!」」」

じゃーじゃーじゃん♪

宝塚のような衣装で光太郎を中心にポーズを取る黒兄弟、リュウガとトライアルは耐え切れないのか必死に抵抗しようとしている。

517 :名無しより愛をこめて:2011/04/28(木) 21:36:31.25 ID:OW8AyGDpO
支援必要かな?

518 :555のアレを兄弟でやってみた。5/8:2011/04/28(木) 21:45:15.97 ID:/N5+whME0
>>517
支援ありがとうございます。では引き続き……

======

かめんーらいだー♪きょおーだーい♪


 仮面ライダー響鬼 変身すると服ボーボー♪
 青空の元微笑んで 変身するのは雄介クウガ♪
 風都を愛するWに変身翔太郎♪
 何でも検索フィリップは頼もしい相棒♪
 お気楽すぎる人に見える真司 笑顔の下に隠す悲しみを知って♪
 ファイナルベントを決めろ 龍騎の必殺キックだ♪
 キングフォームのブレイドは 緑の血を流す一真♪

 
 仮面ライダーカブト 天の道総てを司る♪
 記憶喪失アギトだが 津上翔一なら大丈夫♪
 変身メダルはタ!ト!バ!映司が変身ライダーOOO♪
 渡は変身キバって行くぜ! ファンガイアとも共存さ♪
 記憶喪失の謎に 世界旅し 士は守っているのに ディケイドは破壊者なのか♪
 仮面ライダー555 心の内はデレている♪
 孤独じゃないさたっくんは オートバジンも友として♪

 仮面ライダー電王 イマジンのキャラはすさまじく♪
 彼らの力を身に宿し 戦う強い良太郎♪
 14人目の兄弟も 彼ら兄弟にいつか♪
 戦い戦い抜き 必ずめぐり合う♪

519 :555のアレを兄弟でやってみた。6/8:2011/04/28(木) 21:45:53.75 ID:/N5+whME0
流れるワルツ、踊る黒兄弟、一瞬映るショッカー怪人、踊るショッカー戦闘員、踊る敵。

怪人「さぁ勝負だライダーども♪」

急に、ウェストサイドストーリー風のビッグバンドがBGMになる。
白かった背景はお約束の廃工場へとなり、舞い踊る悪役達。
変身するも多勢に無勢のトライアルとリュウガ。
それを影から覗く黒総司、どうしようかと慌てている。

ちゃーらららーらーらー♪

バイクの音と共に、不良のような格好をしたライダー一族が現れる。上から見ると40の形。
最後尾の映司のバイクには「我等仮面雷堕一族夜露四九」と書かれた旗が。

黒総司「まってーーー!!」

全員止まると、踊りながら一斉にポーズや変身ツールを構える。

全員「「「「「「「「「「「「「「「へん↑しん↓♪」」」」」」」」」」」」」」」

520 :555のアレを兄弟でやってみた。7/8:2011/04/28(木) 21:46:24.62 ID:/N5+whME0
そしてライダー一族は、踊りながら敵を倒していく。
その度に漫画のような効果音が。
ドカッ!バキッ!脊椎ズルッ!

黒総司「てぇーい☆」(いつの間にか変身して向かっていくが、敵と間違われてアマゾンに殴られる。)

戦闘シーンは加速、クロックアップしたバシッ、バーン!バンッ!ドカッ!
そして効果音が画面を埋め尽くしたかと思うと。

響鬼「父さんー♪これーつかーってー♪」

響鬼から一号に渡される、オーディオコンポのような物、そこの下には「音撃自鳴琴・飛蝗」と書かれている。
一号がそれを構え、スイッチを押し、怪人達に向かってスピーカーからエネルギー波を放つ。
すると、怪人は戦闘員はコロリ、と倒れる。

全員「「「「「「「「「イェーイ♪」」」」」」」」

謎のテンション、ハイタッチをする親子、兄弟、叔父と甥。本物と偽者。
ただ、黒総司だけが床に横たわっている

黒総司「いれて・・・、僕も・・・、仲間に・・・いれて・・・・、お願い・・・。」

ガクッと黒総司の身体から力が抜ける。

521 :555のアレを兄弟でやってみた。8/8:2011/04/28(木) 21:46:58.07 ID:/N5+whME0
そして舞台は、再び最初の階段に。
今度は昭和ライダー達も並んでいる。
一番上の中心には本郷が。

全員「「「「「「「「「ありーがとーとうさーん(にいさーん)♪」」」」」」」
本郷、サムズアップ。
上から降りてくる色とりどりの風船と紙ふぶき。
全員「「「「「「「「「ふめーつのーライダーいちぞーくーーーー♪」」」」」」

二列に並んだライダー達の中心を、本郷が降りていく。

ジャージャージャージャージャ―ン♪


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

舞台は再び、ライダーハウスの居間に。帰ってくる姉妹達。

樹花「たっだいまー♪お洋服いっぱいかっちゃ・・ってあれ?皆寝てる?」

そこには、居間で全員寝ているライダー兄弟の姿が。
TVからは子供番組の童謡が流れており、一同はうんうんとうなされていた。


ED:ライダーのお供達による、森のクマさん合唱。

522 :名無しより愛をこめて:2011/04/29(金) 00:52:57.41 ID:TZP7noiM0
555のカオスすぎるあれかw
一真の「ウェイッ?!」 を木場さんの「恋!?」のポーズで想像して吹いた
ってか誰か脊髄抜かれてるwww

ハイパーバトルビデオはどれもカオスだけど
やっぱ555がぶっちぎりだな

523 :名無しより愛をこめて:2011/04/29(金) 14:49:31.94 ID:TvJDSOwVO
ナイスカオスwww
>津上翔一なら大丈夫〜
まあ確かにそうだなw
ハイパーバトルビデオといえばカブトもたいがい…あれなんか赤いカブトムシが

オーズのはまだかな。あれいつごろだっけ

524 :名無しより愛をこめて:2011/04/29(金) 15:04:56.84 ID:QXiAQcoH0
ハイパーバトルビデオネタとは・・・!
WのビデオはOPまであってまるで本編のような構成だったな。コンセプトはいままでのビデオとは真逆かもしれん
個人的には龍騎のヤツがおもしろかったなw

525 :名無しより愛をこめて:2011/04/29(金) 20:48:40.76 ID:EMua3IDn0
これはいい男版宝塚wwwwwww
で、いつ公演されるんですか?


526 :名無しより愛をこめて:2011/04/29(金) 23:40:06.03 ID:Nq+8GF1dO
メイちゃんの執事噴いたwwwwwwwwww黒総司wwwwwwwwww

527 :名無しより愛をこめて:2011/04/30(土) 09:45:06.02 ID:JtO39GQOO
兄弟全員+アンクで執事したら面白そうだな。
お嬢様の失態を、ハイパークロックアップで全部なしにする総司とか。ベランダから落ちたお嬢様を飛翔態で助ける渡とか。
因みにお嬢様=G3チームの小沢さんな。

528 :名無しより愛をこめて:2011/04/30(土) 12:34:55.47 ID:CpqqDDftO
>>527
そのお嬢様は間違いなくドジっ子ではない。でも従えてる絵は浮かんだから可。

…ちょっと書きたくなったから宣言しておこう。

529 :名無しより愛をこめて:2011/04/30(土) 13:32:20.19 ID:Pr4E0OAq0
久しぶりに来たんだけど、ここすっかり空気変わったな…

530 :名無しより愛をこめて:2011/04/30(土) 15:04:55.54 ID:SYFIe1z10
>>529
どういう風に変わった?

531 :名無しより愛をこめて:2011/05/02(月) 12:36:22.09 ID:91GvqtAbO
空気さらに悪くしたらすまん
中の人話題あり、注意


土曜お昼の番組でフィリップとアラタが腕相撲対決してて
兄弟で腕相撲対決したら楽しいんじゃないかと思った
良太郎圧倒的不利だから実況・解説か、イマジン憑けてのシード枠とか

ちなみに悪魔と天使の勝負は悪魔の勝ちでした

532 :名無しより愛をこめて:2011/05/02(月) 13:40:36.42 ID:nRXTpKcr0
>>531を読んで、人が迷ってる後ろで善いことを囁くアラタと悪いことを囁くフィリップとか
わけのわかんない光景が思い浮かんだ。多分フィリップがなんかろくでもない検索をした結果。

533 :名無しより愛をこめて:2011/05/02(月) 18:32:56.13 ID:6aIEGNOBO
天使と悪魔の囁きか。
職業柄、ダイエットしている名護恵はいつも二つの声に葛藤してるんだよなあ。
この二人だったら笑えるけど。その時は翔太郎&たっくんカモーン。

534 :名無しより愛をこめて:2011/05/02(月) 18:43:28.43 ID:wRlIrVDB0
>>532
アンクの背後でアラタが「バニラくださーい」って言ってて
フィリップが「君はしらないだろう!ホームランバーという食べ物を!」って
目を輝かせてるような?

…結局映司がホームランバーのバニラ3本買うフラグ。

535 :名無しより愛をこめて:2011/05/03(火) 18:12:44.85 ID:lgvppU9q0
映司の小銭が悲惨な状況になってるに違いないのになんか和むww

536 :そして誰かいなくなった。 1/7:2011/05/03(火) 21:25:53.42 ID:9MfQDvvU0
駄作だがスマン

兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK
フィリップも兄弟設定
話には出てきませんが園咲一家も生きてます
苦手・嫌いな人はスルーを

*****

映司「俺のパンツ捨てたの、だ〜れだ?」
「「「「「「「「「「「「へっ?」」」」」」」」」」」」


事の始まりはほんの5分前…

映司「今日もよく頑張ったなぁ!」
アンク「おい、映司、アイスくれ。」
映司「駄目だろアンク、アイスはさっきも食った。刑事さんの身体にも悪いし、って、あっ。」
アンク「?」
映司「…。なぁアンク、その左手で摘んでいる派手な柄の布って…。」
アンク「あぁこれか。庭に落ちてた、というか埋まってた。」
映司「やっぱり俺のお気に入りパンツ…!見当たらないと思ったらそんなになって…。」
アンク「パンツの一つや二つ、汚れても破れてもいいだろ。」
映司「…。」
アンク「おい。」
映司「ウフフフフフフ(以下略」
アンク「壊れやがった…。」


537 :そして誰かいなくなった。 2/7:2011/05/03(火) 21:27:02.16 ID:9MfQDvvU0
一真「と、いうわけです!」
真司「報告ありがとう、遠くからその光景を見ていた一真くん!」
渡「遊んでる場合じゃないよ、一真兄さん、真司兄さん。」
一真・真司「「ごめんなさい」」
士「だから映司兄、おかしかったんだな。」
映司「ウフフフフフフ(以下略」
総司「で、コレはどうするんだ?」
翔一「コレ、とか言わない。まぁ何とかしなきゃね。」
ヒビキ「大丈夫?映ちゃん?」
翔太郎「そんな時は!このハードボイルド探偵、左翔太郎におまかせ、」
フィリップ「今回は僕の出番だね。」
翔太郎「おい?フィリップ、どうした?」
フィリップ「翔太郎、君は亜樹ちゃんに別の仕事を頼まれていただろう。そっちの方に専念したまえ。」
翔太郎「でも、」
フィリップ「大丈夫だ。安心してくれ。」
雄介「大丈夫だと思うよ。翔太郎。フィリップも一人前の探偵だよ。」
翔太郎「…わかった。何かあったらすぐに言えよ、フィリップ。」
一真「と、いうか本当捨ててあったの?洗濯で干してあった時に風で飛んだとか…。」
映司「ウフフフフフフ(以下略」
士「大体わかった。映司兄は「あのパンツは一番のお気に入りだったから穿かずに大切にしまっておいた」と言っている。」
巧「わかるのかよ!士兄。」
良太郎「じゃあ、風で飛んだ可能性はないんだね。」
フィリップ「じゃあ、早速検索を始めよう。キーワードは「穿かないパンツ」。」
真司「どう?」
フィリップ「…駄目だ。キーワードが足りない。今回は僕も、安楽椅子というわけにはいかないね。僕自ら、調査しよう。」
映司「ウフフフフフフ(以下略」
雄介「まだ壊れてるな。」


538 :そして誰かいなくなった。 3/7:2011/05/03(火) 21:28:28.72 ID:9MfQDvvU0
フィリップ「では、調査を始めよう。そのパンツが落ちていたという現場はここだね?」
ヒビキ「アンクちゃんの話によるとそうらしいけど、フィリちゃん一人で大丈夫?手伝おうか?」
フィリップ「それについては大丈夫だ。助手がいる。まず助手その一、良太郎兄さん!」
良太郎「はい!」
フィリップ「助手その二、巧兄さん!」
巧「…はい。」
一真「おぉ末っ子トリオ!この3人なら大丈夫だな。」
渡「巧、目が死んでるよ。」
翔一「あれ、映司は?」
総司「雄介兄さんが2000の技の一つで眠らせた。たぶん部屋にいるだろう。」
フィリップ「では調査しよう。兄さん達、そこらに何か落ちているものはないかい?何でもいい。」
巧「こっちにはねぇぞ。」
良太郎「こっちにも、な、いうわぁ!」
巧「おい、良太郎、大丈夫か?!」
良太郎「…うん何とか、ってあれ?」
雄介「どうしたの、良太郎?」
良太郎「いや、何だろうこれ?何かの、毛?」
フィリップ「…。どこかで見覚えのある毛だね、キーワード追加「毛」。」
士「どうだ?フィリップ?」
フィリップ「まだキーワードが足りないみたいだ、本が絞れない。でもこれは大きな進歩だよ!」
総司「犯人の衣服のものかもしれない、ということだな。」
フィリップ「さすが、総司兄さん!鋭いね。」
総司「当たり前だ。俺は天の道を往き、総てを司る男だからな。」
翔一「褒められて嬉しいみたいだね。」
フィリップ「場所を変えよう。次はあのパンツについて調べるよ。」


539 :そして誰かいなくなった。 4/7:2011/05/03(火) 21:29:55.60 ID:9MfQDvvU0
フィリップ「映司兄さんがこのパンツを「お気に入り」と言っていたけど、何か思い入れがあるものなのかな。」
真司「あっ、俺知ってる。」
士「どういうもの何だ?真司兄さん。」
真司「なんかこの前映司が、「やっと手に入れることができた限定品のパンツなんだ」って嬉しそうに話してたよ。」
雄介「それ聞いたことがあるかも。」
フィリップ「キーワードを追加、「限定品」。」
ヒビキ「どう、フィリちゃん?」
フィリップ「少ししか本が減らない。もう少し詳しく調べる必要があるな…。」
一真「へぇ、これ限定品なんだ、って風でパンツが飛んだぁっ!」
巧「この流れだと…、良太郎、避けろ!」
良太郎「へぇ?うわっ!」
翔一「遅かった…。」
渡「良太郎、大丈夫?」
良太郎「うん、ってまたさっきの毛がついてる…。」
総司「さっきの場所に落ちていたんだから、当然だろう。」
良太郎「でも、さっきとは違う感じが…。ん、魚の臭い?」
フィリップ「……。」
雄介「フィリップ?」
フィリップ「……。あっ、どうしたの雄介兄さん?」
雄介「いや、難しい顔をしてたから…。推理してたの?」
フィリップ「…まぁね。」


一真「それで、犯人はわかりそう?」
フィリップ「いや、でも近づいてはきたよ。」
ヒビキ「他の調査をする?」
フィリップ「とりあえず、まずは良太郎兄さんが言っていた「魚の臭い」をキーワードに追加してみよう。キーワードを追加…。」
渡「どうなの?」
フィリップ「やっぱり…。」
士「わかったのか、犯人が!」
フィリップ「…。確証がないけど、今の考えをみんなに話すね。」


540 :そして誰かいなくなった。 5/7:2011/05/03(火) 21:31:00.31 ID:9MfQDvvU0
フィリップ「僕の考えでは「穿かないパンツ」「毛」「限定品」「魚の臭い」。このキーワードをから考えると大体の犯人像がわかってくる。」
翔一「どういう犯人像?」
フィリップ「「魚の臭い」ということから魚を扱う事が多い人物だと思う。1〜2回触っただけじゃパンツにまで臭いはしみつかない。」
雄介「他には?」
フィリップ「良太郎兄さんの見つけた「毛」から毛皮、ファー等のついている衣服を所有している人物だと思う。あの毛は髪の毛にしては短すぎる。」
一真「この家で魚を扱う事が多いといったら、やっぱり翔一か総司かなぁ。家の台所は二人にまかせっきりだし。」
総司「…。俺らを疑うのか、一真兄さん!見損なったぞ!」
一真「っいやいやいや、そんな事は、」
フィリップ「もし翔一兄さんか総司兄さんが犯人だとしたら辻褄が合わない。二人は毛皮、ファーのついた衣服を現在所有していない。」
総司「冗談だ、一真兄さん。」
一真「ウェ、びっくりした。真顔で冗談言うなよ…。」
巧「で、その二つの条件に当てはまる人物は…。」
フィリップ「いないね、まだキーワードが足りないのかもしれない。」
真司「ヘタしたら、真相は闇の中…。」

「そんな事させねぇ!」

ヒビキ「その声は、」
士「大体わかった、翔太郎兄だな!」
翔太郎「フィリップ、お前、隠してるな…。」
良太郎「どうしたの翔太郎兄さん!」
渡「隠してるって、何を?」
フィリップ「……。」
翔一「フィリップ、一体何を…?」
フィリップ「…さすが僕の相棒だね、翔太郎。ハーフボイルドであると同時に一人の探偵だ。」
翔太郎「まぁな、それとハーフボイルドは余計だ。」
一真「ウェ、どういう事…。」
翔太郎「みんな、俺の話を聞いてくれ。」


541 :そして誰かいなくなった。 6/7:2011/05/03(火) 21:31:36.74 ID:9MfQDvvU0
翔太郎「話に聞くとフィリップは4つのキーワードを見つけたらしいな。」
雄介「「穿かないパンツ」「毛」「限定品」「魚の臭い」だね。」
翔太郎「そして「毛」というキーワードから毛皮、ファーの衣服を所有した人物と、
    「魚の臭い」から魚を扱う事が多い人物だと、コイツ、フィリップは考えた。」
巧「そうじゃないのか?」
翔太郎「みんな、フィリップの事をこう思っているだろう。「地球一頭のいい少年」だと。」
渡「えっ、まぁ凄く頭はいいよね。」
翔太郎「その先入観がいけなかった。フィリップが言った犯人像は間違っている、というかフィリップの嘘だ。」
良太郎「えぇ!」
翔太郎「まずコイツは自分の考えに確証がないと人に話さない。コイツが確証がないまま人に話すなんておかしい、と俺は考えた。」
フィリップ「…。」
翔太郎「つまり、フィリップはみんなに「ミスリード」をさせたかった。」
一真「ミスリードって、」
真司「推理小説でいうあの、間違った考え、みたいなやつ?」
翔太郎「大体そんな感じだ。」
ヒビキ「フィリちゃんは何のためにそんなことを…。」
総司「…犯人がばれては困るから。そういうことだな。」
翔太郎「そういう事だ。後、フィリップは「その二つの条件に当てはまる人物はいない」と言ったが、一人だけ当てはまる人物がいる。」
翔一「えっ、誰?」
翔太郎「正確に言うなら「一人」じゃなくて「一匹」、「人物」じゃなくて「動物」、というか「猫」だ。」
一真「もしかして、その「猫」って、」
フィリップ「…。」
翔一「フィリップ!」


フィリップ「そうさ、ミックだよ。犯人は。」


542 :そして誰かいなくなった。 7/7:2011/05/03(火) 21:32:47.96 ID:9MfQDvvU0
翔太郎「ミックが食べるキャットフードには魚が含まれているから、もちろん魚の臭いもする。それを毎日食べるんだから臭いも沁みつくはずだ。
    そして、もちろんミックには毛が生えている。フィリップが、見覚えのある毛、と言ったのはミックの毛だったからだ。」
士「フィリップ、それはいつからわかっていたんだ?」
フィリップ「正直に言うと最初から、かな。最初は確証がなかったけど、調べるにつれてだんだん…。ミックなら狭いところも通れるし、
      だれにも見つからずに映司兄さんのパンツを盗める。」
良太郎「なんでそんな事を…?」
フィリップ「あの映司兄さんの眼、いつもより鋭くて怖くて…、今の兄さんは犯人をどうするかわからなかった。痛いことするかもしれないだろう?」
     「ミックにそんな思いさせない!だって僕の、友達だから…。」
映司「俺がそんな事するはずがないだろ?」
フィリップ「映司兄さん?」
翔一「身体はもう大丈夫なの?」
映司「うん、雄介兄さんの2000の技のうちの一つのおかげで。ありがとう雄介兄さん。」
雄介「どういたしまして。お役に立ててなによりだよ。」
映司「確かにあの時俺はちょっっっっっっと取り乱してたけど、」
総司「ちょっとがでかいぞ、映司。」
映司「素直に犯人が名乗り出てくれたら、ちゃんと理由を聞いて許すつもりだったよ。もっと俺を信じてよ、フィリップ。」
フィリップ「そうだね、僕も映司兄さんの事信じきれてなかったよ。ごめんなさい。」
映司「大丈夫だよ。後でミックに会わせてよ。何もしないから。」
フィリップ「…。うん。」

士「何かいい感じに終わったな。」
巧「一枚のパンツでここまでになるとはな…。どこをツッコんでいいかわかんねぇ。」
ヒビキ「まぁ、一件落着って事でさ。」
良太郎「めでたしめでたし!」

*****

おそまつさまでした
温いミステリーでスミマセン
ありがとうございました


543 :そして誰かいなくなった。 おまけ:2011/05/03(火) 21:34:00.52 ID:9MfQDvvU0
おまけ1
ヒビキ「ところでなんでミックは、映ちゃんのパンツを盗んでいったんだろう?」
士「大体わかった。それは猫の習性だ。」
真司「習性?あぁ、獲物を家に持ち帰るってやつか。気に入ったのかな。」
士「ミックは園咲邸に住んでいるからな、基本的にライダーハウスにいるが。」
渡「じゃあ、なんで落としていったの。その獲物を。」
士「大方驚いて落とした後、逃げたんじゃないのか。」
渡「そっかぁ。」

ライダーハウス 庭にて
ミック「ニャァ!(またあいつらだ、逃げろ!)」
矢車「どうした?」
影山「兄貴、そこに猫がいた。」

おまけ2
映司「ミック、これあげるよ。」
ミック「ニャ?」
フィリップ「映司兄さん、そのパンツ…。限定品じゃあ…。」
映司「大丈夫、ちゃんと洗ったし、まだ穿いてないから。気に入ってくれてるなら、どうぞ。俺にはまだたくさんあるから。」
ミック「ニャ!」
フィリップ「良かったね、ミック。」

おまけ3
翔太郎「誰か俺の名推理に気付いてくれ…。」
一真「ウェ、大丈夫だよ!俺ちゃんと気付いてるし!」
良太郎「元気だして!」
翔太郎「…、俺はいい弟を持ったなぁ…。」


544 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 02:24:08.93 ID:fcUhmR4wO
「魚の臭い」と「毛」で渡さんがニスの材料にパンツを盗ったのかと思ったww

545 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 02:45:47.95 ID:x2EGaXMk0
GJ!!

>>544
渡△

546 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 02:53:16.75 ID:SW15aHN/0


GJ、お疲れ様でした!

>温いミステリー
違うな。
心が温まるミステリーだったよ!

あと雄介兄さんの眠らせ方って、
「2000の技の一つ、眠りのツボ!」
みたいな感じなんだろうか!?

547 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 08:26:10.49 ID:+D/63mB70
「毛」と「限定品の(多分派手な)パンツ」でたっくんを疑ってごめんなさい。
探偵してる翔太郎好きだから嬉しかった。GJでした。

548 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 09:45:04.93 ID:VlR0vSa40
>536
GJ!!ほのぼのミステリーで和んだw
兄弟全員の個性が光っててすごい!
前のたこ焼きミステリーも思い出したなー

549 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 09:46:49.27 ID:VlR0vSa40
ちょっと聞きたいんだが、以前の出たタイムカプセルを皆で見つける話ってどこだっただろうか・・・
いま書こうとしてる話の参考にしたいので、分かる人いたらお願いします

550 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 11:00:29.95 ID:AxmqaGrcO
>>549
PCから見てるなら、>>1から過去ログいって、ブラウザの検索で探せば見つかるよ。

って、レスを兄弟がしてるのが昔あったの思い出した。

自分、今はケータイからだから無理だけど。

551 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 21:20:00.21 ID:sNjg0aua0
13スレ
さっき暇つぶしに見てきたばかりだw
なんかの縁かね

552 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 22:22:01.69 ID:FIMYjl8l0
>>549
楽しみにしてるぜ!
そういえば、明日はこどもの日だ

553 :名無しより愛をこめて:2011/05/04(水) 23:45:33.00 ID:i/3CDLxm0
そして志郎叔父さんの誕生日でもあるな!

554 :風に鯉に思いと共に 1/4:2011/05/05(木) 00:04:59.57 ID:29q2rz7p0
兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK、と言いたいところだが、幼少時代が混ざるので血縁っぽい
フィリップも兄弟設定
数年前の兄弟達が出てきます この年齢の頃こいつらって、と思った方、細けぇこt(以下略
季節ネタです
苦手・嫌いな人はスルーを

*****

やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいは おとおさん
ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる

いつも賑やかなライダーハウス 今日はいつもに増して賑やかです

総司「翔一、そこの笹の葉、取ってくれ。」
翔一「ん、はい。ほら映司も、鯉のぼりばっか眺めてないで手伝って。」
映司「…あの鯉のぼり、パンツの柄に良さそうだな…。」

翔太郎「鯉のぼりの準備、やっと終わったな。」
フィリップ「さすが我が家の鯉のぼり…!翔太郎のとは大違いだ!」
翔太郎「…事務所だから仕方ねぇだろ。」

真司「このちまき、美味しいなぁ。」モグモグ
一真「この柏餅、一つくらいなら食べても、」
真司「一真、後ろに総司が…!」

渡「士、張り切ってるね。今年もみんなの写真、撮るの?」
士「あぁ。渡はどうだ?また演奏するんだろ?」
渡「もちろん。みんなのいい思い出をたくさんつくろう!」

良太郎「この兜と刀、結構重いよねぇ。」
巧「毎年の流れだと…、良太郎!下がれ!」
ガッシャーン! (兜と刀を落とす音)
良太郎「へ?うわぁ!危なかった…。ごめんね。毎年ありがとう、巧。」


555 :風に鯉に思いと共に 2/4:2011/05/05(木) 00:07:11.36 ID:29q2rz7p0
雄介「今年も賑やかだね、ヒビキ兄。」
ヒビキ「そうだね。でも、毎年この日になると少し悲しいな。」
雄介「ヒビキ兄?」
ヒビキ「ほんの数年前までは、父さんの腰のあたりぐらいの身長でさ、父さんと二人で準備してるのをみんなは笑顔で眺めてたんだよ。」
雄介「古新聞で作った、小さな兜と刀を持ってね。」
ヒビキ「でも、いつものまにかみんなは大きくなって、身長も追い越されて。父さんの気持ちがわかるよ。」


「「「なにしてるの?」」」
ヒビキ「哲也、総司、映司。鯉のぼりの準備だよ。ほら、これあげる。」
哲也「かぶとだぁ!」
映司「かたなだぁ!」
総司「…。」
ヒビキ「総司、欲しくないの?」
総司「ほしい…。ちょうだい!」
ヒビキ「はい、どうぞ。」
総司「…お礼においしいちまきとかしわもちを作る。待っててくれ。」
ヒビキ「楽しみにしてるよ。」
「「「ありがとう!ひびき兄さん!」」」

ヒビキ「ん?どうした?」
翔太郎「ヒビキ兄!コイツを何とかしてくれ!フィリップ、検索止めろ!」
フィリップ「うるさいな、しょうたろうは。ぼくのあいぼうならこれくらいはがまんしたまえ。ふむ、これはきょうみぶかい。」
翔太郎「ふざけんな!検索してないで手伝え!」
ヒビキ「ねぇ、フィリちゃん。」
フィリップ「なんだい、ひびきにいさん。」
ヒビキ「百聞は一見にしかず、って知ってる?もうすぐちまきや柏餅が出来上がるよ。」
フィリップ「…。」
ヒビキ「検索より、食べた方がすぐにわかるし、美味しいよ。」
フィリップ「それもそうだね。わかった。いまいく。」
翔太郎「助かった、ヒビキ兄。」


556 :風に鯉に思いと共に 3/4:2011/05/05(木) 00:08:09.73 ID:29q2rz7p0
ヒビキ「何してるんだ、二人とも?」
一真「…べつに。」
真司「何もしてないよ…。」
ヒビキ「口に餡子付いてるよ。」
真司「えっ、嘘!」
一真「真司兄、付いてないよ!」
ヒビキ「つまみ食い、した?」
「「はい…。ごめんなさい…。」」
ヒビキ「真司は中学生にもなって。哲也と総司は怒ると怖いから、早く逃げなきゃ。」
真司「本当?」
一真「いいの?」
ヒビキ「今日だけだよ。」

士「がんばるぞ!」
渡「おー!」
ヒビキ「なになに?」
「「うわっ!」」
渡「来ないでよ!ひびき兄さん!」
士「内緒のはずだったんだ…。」
ヒビキ「えっ、ごめん。で、何してるの?」
渡「士がみんなの写真をこっそりとって…、」
士「渡が内緒で演奏をするはずだったんだ…。」
ヒビキ「えっ!本当ごめんね、二人とも。みんなには内緒にしておくよ。驚かせよう!」
「「本当?」」
ヒビキ「本当。じゃあ、せーの!」
士「がんばるぞ!」
渡「おー!!」

ヒビキ「良太郎、危ない!」
良太郎「うわぁ!ありがとうひびきにいさん。」
巧「ありがとうひびきにいさん。ごめん、りょうたろう。たすけられなかった…。」
良太郎「たっくん、どうしたの?」
巧「たっくんいうなぁ…。」
ヒビキ「たっくん、確かに、この兜と刀は重いし危ないよ。でも、これはたっくんだけのせいじゃない。」
巧「でも…。」
ヒビキ「そうだね、たっくんは良ちゃんのお兄ちゃんだもんね。じゃあ、たっくんが大きくなったら、良ちゃんを毎年、この兜と刀から守ってあげて。」
巧「…うん!」
良太郎「なんだかよくわからないけど、たっくんありがとう。」


557 :風に鯉に思いと共に 4/4:2011/05/05(木) 00:08:44.98 ID:29q2rz7p0
雄介「懐かしいなぁ。でも、」
ヒビキ「なんだか寂しい。成長するのは嬉しいけれど、あの時のみんなにはもう会えない。」
雄介「そうだねぇ。って、あれ?」
ヒビキ「どうした?みんな。」
フィリップ「見てくれ、ヒビキ兄さん、雄介兄さん!」
ヒビキ「これって、」
雄介「新聞紙で作った兜と刀…。」
翔太郎「さっきフィリップが検索したんだと。兄弟全員の分あるぞ。ほら、二人の分。」
翔一「そういえば昔、ヒビキ兄さんに貰ったっけ。この新聞紙の兜と刀。」
映司「そうそう。総司、欲しいのに貰うのが恥ずかしくて、顔真っ赤にしてたっけ。」
総司「映司、喜べ。お前のちまきと柏餅は減らしてやる。その代わり、あげ饅頭だ。」
映司「悲しいような、嬉しいような…。」
真司「ほら、早く食べよう!あっ、何か減ってる…。」
一真「ウェ、俺じゃないよ!俺、まだ柏餅食ってない!」
良太郎「それならさっき、リュウタロスと黒総司が持ってったよ。後、橘さん…。」
巧「前者はまだいい。後者は断れ!」
士「ほら、みんなこっちを向け。写真撮るぞ。」
渡「撮ったら、演奏するからね。聴いててよ。」

雄介「なんだかんだあったけど、もしかしたらみんな、あまり変わってないのかもな。」
ヒビキ「…そうだね。そろそろ父さんも帰ってくる頃かな。」


やねよりたかい こいのぼり おおきいまごいは おとおさん
ちいさいひごいは こどもたち おもしろそうに およいでる

いつも賑やかなライダーハウス 今日はいつもに増して賑やかです
それはこどもの日だからでしょうか? それとも…
この家の真鯉と緋鯉達は様々な願いや思いを抱えて いつまでも仲良く面白そうに泳いでいます


*****

おそまつさまでした
「こどもの日」という感じが上手く出せませんでした スミマセン
ありがとうございました


558 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 00:12:54.62 ID:3UcMHhP00
>>550
親切にありがとう、助かった!
>>551
13だったかーありがとう!この話を探してたんだw
>>552>>552
子どもの日&志郎叔父さんおめでとう!

559 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 00:20:12.39 ID:3UcMHhP00
>>554GJ!!
幼少時の兄弟も仲良くて微笑ましいなw
ヒビキさんのお兄ちゃんらしさも出ててすごく和んだ!
面白そうに泳いでる鯉のぼりが目に浮かぶようだった・・・本当にGJ!!

560 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 00:43:38.54 ID:i1UCR/bV0
>>554
GJ!
庭が広いから鯉幟も泳ぎ甲斐があるだろうなw

561 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!1/6:2011/05/05(木) 10:45:28.86 ID:kj834FXB0

ミステリーも端午の節句もGJ!
幼少兄弟は微笑ましいから好きです。

今までロムしかしてなかったけど、書きたくなったので書いた。
アラタとフィリップが天使と悪魔の腕相撲勝負した流れで。

 * * * * *

フィリップ「かくかくしかじかで、アラタと勝負してきたよ」
真司「面白そうだな!俺らもやろうぜ!」

と言うことで、ある休日の昼過ぎ。
フィリップの号令でライダーハウスの居間に集まった兄弟達である。

真司「第1回!最強ライダーは誰だ?腕相撲大会っ!」
巧「だからいちいち妙なタイトルつけんな!」
翔一「実況は俺、解説はフィリップにお願いしたよ!」
フィ「任せてくれたまえ、腕相撲については既に検索済みさ」
総司「そしてこの俺が、天の道を行くレフェリーを務めてやる」
翔太郎「ノリッノリだなお前ら…」

士「ふ、そういうことなら一真兄。俺とやろうぜ」
一真「よーし受けて立ってやる!でもなんで俺?」
士「忘れたとは言わせない。あの時はKFにやられたが、今度は俺が勝つ!」
一真「ウェ!?まだ根に持ってんのかよ、あの後ちゃんと謝っただろ?」
士「一真兄!これは運命の真剣勝負だ!」
一真「運命…俺は…俺は運命と戦う!そして勝ってみせる!」
巧「何乗せられてんだよ一真兄!」

レディ・ファイ!

士&一真「「うぉぉぉぉぉぉ!!」」

翔一「これはすごい!2人の右手が微動だにしません!」
フィ「完全に力が拮抗しているね。これは時間がかかるかもしれないよ?」

562 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!2/6:2011/05/05(木) 10:46:57.99 ID:kj834FXB0
真司「俺もやりたい!翔太郎兄、やろうぜやろうぜ!」
翔太郎「手っ取り早く隣の俺かよ!」
フィ「なんだい翔太郎、ふっかけられた勝負も受け流すのかい?」
総司「とんだハードボイルドもあったものだな」
翔太郎「な!違!…こほん。挑まれたからには受けてやるさ」
真司「そうこなくっちゃ!ほらほら!」

レディ・ファイ!

翔一「おぉっと!こちらでも試合が始まったようです!」
フィ「こっちもいい勝負だよ!」

真司「くっ、意外と強い!」
翔太郎「意外とってなんだ!それより真司、あれなんだ?」

翔太郎が視線を向けた先にはアンクの右手。
こっそりアイスを取りに行く途中らしい。

真司「へ?アンク?あんなところで何してんだ…あ」
翔太郎「試合中に気を抜くとはな。集中力が足りないぜ、真司」
真司「うぅ、気にしてることをっ」
巧「てか反則じゃないのか、これ」

勝者、翔太郎。

映司「アンク!お前また勝手に!」
アンク「知るか!」

563 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!3/6:2011/05/05(木) 10:48:14.09 ID:kj834FXB0

ヒビキ「うーん、みんな楽しそうだなあ」
良太郎「ヒビキ兄さんはすごく強そうだよね」
渡「そうだね。誰も勝てない気がするよ」
雄介「じゃあ兄さんには、俺が挑もうかな!」

翔一「こちらではヒビキ兄さんと雄介兄さんが対決するようです!」
フィ「腕力では圧倒的に有利なヒビキ兄さん相手に、雄介兄さんはどう出るのか。興味深いね!」

雄介「兄さん、全力でいこう!」
ヒビキ「でも雄ちゃん大丈夫?」
雄介「大丈夫。俺、クウガだから!」

レディ・ファイ!

ヒビキ「おっ…と、とと、あれ?」
雄介「2000の技のひとつ、腕相撲、ってね!」

勝者、雄介。

翔一「なんと予想外!あっという間にヒビキ兄さんが負かされました!」
フィ「相手の力をうまく使ったんだね、さすが雄介兄さん!」

ヒビキ「いやー、雄ちゃんすごいねぇ」
雄介「真っ向勝負じゃさすがに勝てなそうだったからね」

翔一「ここまでの対戦をどう見ますか、解説のフィリップくん」
フィ「腕相撲は力だけでなく、駆け引きやテクニックも必要ということだね。実に奥が深い」
巧「どこの実況番組だっ!」

564 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!4/6:2011/05/05(木) 10:49:44.39 ID:kj834FXB0

映司「じゃあ渡、俺とやろうか!」
渡「負けないよ、映司兄さん!」

レディ・ファイ!

アンク「おいキバット。この対戦、賭けないか?」
キバット「まてまて、何てこと言い出すんだ!?」
アンク「映司が勝ったらアイス1ヶ月分だ。渡が勝ったら」
キバット「だから待てって!」

総司「アンク、何をしている」
アンク「っ!!」
映司「アンク…お前…」
渡「キバット…」
キバット「俺は止めたぞ!?」

翔一「場外の不正行為に、レフェリーの総司はお怒りのようです」
フィ「怒りのオーラが出ているね。アンク、無事で済めばいいけど」

翔太郎「はいはい、レッドカードは退場ってな」
ヒビキ「ダメでしょアンちゃん、賭け事なんて」
アンク「放せお前らっ!」

雄介「総司もちょっと落ち着こうか。カブトゼクターしまって」
真司「それにほら。まだこの2人、勝負ついてないだろ?」
総司「そうだったな。映司、渡、再戦するか?」
映司「でも俺は別に勝ち負けなんて気にしないし」
渡「うん、僕も楽しかったからいいよ」

両者戦意喪失のため、引き分け。

565 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!5/6:2011/05/05(木) 10:51:00.41 ID:kj834FXB0

良太郎「巧…」
巧「なんだ目キラキラさせて…ほら、やるぞ」
良太郎「ありがとう、巧」

レディ・ファイ!

翔一「こちらはほのぼのとした対戦が始まっています」
フィ「ずいぶん手加減しているね、巧兄さん。あれ、あの赤いのは…」

カッ!

巧「って、何でお前が出てくんだ!」
M良「へっ!勝負とあっちゃ黙ってらんねぇな!いくぜ良太郎!」
良太郎「(ちょっとモモタロスっ!?)」
巧「だああ!ったく、しょうがねぇな!」

だんっ!

M良「…あ」
巧「相手が良太郎じゃないなら、手加減ナシだ」

勝者、巧。

翔一「巧があっさり勝利を決めました!」
フィ「モモタロス相手に瞬殺とは…巧兄さんは強いね!」

巧「お前はいきなり出てくんな!」
良太郎「モモタロス、返事は?」
モモ「…ぐぉめんなさーい…」

566 :最強ライダーは誰だ?腕相撲大会!6/6:2011/05/05(木) 10:53:46.76 ID:kj834FXB0

翔一「そろそろお茶の時間にしたいんだけどねぇ」
総司「真剣勝負もいいが、引き際も大事だと思うぞ」
フィ「それにしてもすごい持久力だ!尊敬に値するよ!」

士&一真「「ぬぉぉぉぉ…!」」


夕飯前に総司が止めに入るまで勝負は続き、結局決着はつきませんでしたとさ。

 * * * * *

兄弟で腕相撲対決→士と一真の真剣勝負、が真っ先に浮かんだ結果がコレだorz
あとアンクごめん。マジごめん。


567 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 11:05:39.49 ID:TPCCnlosO
うおおお、良作の嵐皆様GJ!!

一真と士はwwwwwwww
あと、腕相撲賭博未遂のアンクバロスwwwwwwwwwwww

ヒビキ兄さんの長男通り越して父親目線に涙腺が緩んだ。



568 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 15:13:34.92 ID:a4L/AFAdO
GJ!
>>554-557
ほのぼのと同時にちょっぴり切なくて涙出た
>>561-566
雄介やっぱりすげぇなぁ
そして士と一真がwww

>>557の映司のセリフが「そうそう総司」に見えて、どこのボウ●ンジャーだよ!とか思ったのは秘密
ちゃんと句読点ついてた

569 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 16:47:41.53 ID:7qLyJBx60
新作たくさんで嬉しいなあ。GJGJです!
まとめて読んだら、腕相撲大会がライダー家のこどもの日イベントかと思ったよw

そして幼少フィリップが今とはまた違った意味で手に負えない感じで…がんばれ翔太郎


この勢いに乗って小ネタを。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

一真「“剣のぼり”完成ー!」
真司「ぶれいどのぼり?」
良太郎「あ、真鯉がカリスで緋鯉がギャレン。青と緑の鯉はブレイドとレンゲルって事?」
映司「色だけじゃなくて年齢順もぴったりなのかあ。なんかすごいな」
良太郎「あ、カリス鯉のウロコ、ちゃんとハート型になってる」
真司「ホントだ!すっげぇ!…でも目までピンクのハート型にしちゃったのはどうなんだ?
   なんか恋しちゃってるみたいだぞ」
映司「……。(なんだか他人に見えない)」
良太郎「ギャレン鯉のウロコはダイヤだね」
真司「鯉のぼりっていうより赤いチェッカーフラッグ…」
良・映「「すごくカッコいいよね」」
真司「……。(映司はパンツの柄的な意味で、だな)」
映司「ブレイド鯉は特に工夫しなかったの?」
真司「良く見ろ映司、尻尾が金色だ。何気にKFじゃねーか」
良太郎「一人だけパワーアップ…?」
一真「へへへ。っていうか、仕方無いだろ。ワイルドカリスは赤いし、JFはここに使ったし」
三人「「「吹流しがJFの羽になってる!」」」

映司「レンゲル鯉は…なんだか他の鯉に比べて幅が太いんだけど…」
真司「あ、それ言っちゃ…」
一真「そこは中の人をリアルに再げ」

総司「中の人などいない!」


一真・真司「「……。」」
良太郎「……もしかして、総司兄さんあれを言うためだけに通りすがったのかな?」
映司「総司ってつきあい良いよなー(爽やかな笑顔)」

570 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 17:59:52.14 ID:iDt+4jCE0
>>569
リアルに欲しい!彩りもいいな 
そして総司www


昨日撮った写真なんだがなんか仲良さげに写ってたから
ここに貼ってみる。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1304583905.JPG
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1304585748.JPG

571 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 21:10:12.25 ID:ctSxWVYF0
良作ラッシュGJ!
手加減するたっくんに和んだよ

572 :名無しより愛をこめて:2011/05/06(金) 00:49:08.58 ID:niXE0RpN0
>>570
ディケイドがまさかり担いでるみたいに見えてワロタwwwwww

573 :名無しより愛をこめて:2011/05/06(金) 08:33:31.57 ID:uJ3MCMN+O
>>561-566
「兄弟腕相撲見たいなー」と言った>>531だが超GJ!
拾ってくれて本当にありがとう!M良再現も嬉しかったッス

>>570
悠然と歩いてる士にワロタwww

574 :名無しより愛をこめて:2011/05/06(金) 22:33:06.04 ID:wI0gVPd40
子どもの日話も、兄弟の腕相撲対決も、剣のぼりも、超GJ!!
良作ラッシュで嬉しいww
自分も遅ればせながら子どもの日ネタ・・・というより子どもネタ投下
兄弟が縮みます→コナン的な意味で
フィリップも兄弟設定です


575 :チャイルド・パニック 1/8:2011/05/06(金) 22:35:24.75 ID:wI0gVPd40

:::

この日のライダーハウスは、微妙な空気に包まれていました。
リビングの床に並んで正座しているのは、この家の三男と十二男。
風都が誇る名探偵コンビです。
しかし翔太郎の行動力も、フィリップの知識も、今のピンチには役に立たないようです。
二人の正面に並んでいるのは、翔太郎の腰くらいまでしかない子ども3人。
その子ども達に向かって、二人は沈鬱な表情で沈黙し、うなだれて頭を下げています。
子どもの1人が、年に似合わない重々しい口調で話しだしました。

???「・・・何か言いたいことはあるか」
翔太郎「ホントすいませんでした・・・!」
フィリップ「実に興味深いね!どんな作用が起こったのか詳しく調べないと!」
翔太郎「目ぇキラッキラさせてんじゃねぇ!この暴走特急がー!!」

・・・神妙にうなだれていたのは、一人だけのようでした。

フィリップ「・・・なるほど、これが『土下座』。
      礼式のひとつで、極度に尊崇高貴な対象に恭儉の意を示したり、
      深い謝罪、お願いの意を表す場合に行われる・・・見るのもするのも初めてだよ!」
翔太郎「ちょ、おま、誰のためにやってると思ってんだ!!」
    もうちょっと、今ここにある危機をなんとかする方法を検索しろ!」
フィリップ「了解したよ翔太郎、検索を始めよう。
      ・・・長時間の土下座の際は、足を少し開いたほうが体への負担は少ない。
      また、さらに頭を踏みつけられた場合は、手をクッションにするとダメージが減らせるよ!
      特に眼球は絶対に守ることだ!!」
翔太郎「嬉しそうに報告すんな――――!!」
フィリップ「しかし僕も驚いたよ・・・。
      土下座状態でも検索は可能だということが分かったんだ!」
翔太郎「聞けよ人の話!頼むから!!」

巧「・・・あの漫才、なんなんだ」
真司「いやアレ本人たち・・・っていうか翔太郎兄、超マジだから。必死だから」


576 :チャイルド・パニック 2/8:2011/05/06(金) 22:37:08.97 ID:wI0gVPd40

士「・・・大体わかった。
  おおかたガイアメモリの研究か何かで、暴走だか副作用で総司兄さんたちが縮んだんだな」
渡「さすが士・・・説明いらずだね」
ヒビキ「翔ちゃん、総ちゃん、映ちゃんの三つ子が仲よく縮んじゃったのかぁ」
雄介「オールドのメモリの対抗策を研究してたらしいけどね〜」
一真「中身はそのままっぽいけど・・・治る、んだよな?大丈夫だよな?」
良太郎「フィリップなら、きっとすぐに対処して治してくれるよ」


フィリップ「兄さん達、その姿で研究に協力してほしいんだ!
     人間は成長するものなんだから、十数年も経てば元通りじゃないか!」
翔太郎「アホかぁ!!
    確かにいっつも俺様で、兄を兄とも思ってないような総司だけどな!
    小さいままなら少しは可愛げあるかもだけどなぁ!」
良太郎「ああ、言っちゃった・・・」
翔太郎「・・・はっ!」
総司「・・・何か、言い残すことはあるか」
翔太郎「マジですいませんでしたっ・・・!!ほら相棒、お前も何とか言え!
    後ろでカブトゼクターがホバリングしてんだよ・・・!」
フィリップ「・・・仕方ない。翔太郎がそこまで言うなら、元に戻るよう研究しよう。
      データが得られないのは実に残念だけど」
翔太郎「誰のせいだと思ってんだー!!」
総司「・・・」(ゼクターすちゃっ)

翔太郎「・・・俺がいなくなったら影武者を立てろ・・・遺灰は風都の風に撒いてくれ・・・」(ガクブル)
フィリップ「縁起でもないことを言い残さないでくれないか。
      つまり霧彦兄さんと一緒に、千の風になりたいというわけだね」
翔太郎「んなワケあるかー!!」
総司「・・・」
翔一「まぁまぁ総司、ちゃんと元に戻れるって〜」
映司「ほら、あんまり翔太郎兄さんを脅かしちゃダメだろ〜」

三つ子の取り成しもあり、何とか怒りをおさめた総司。
不本意な子どもライフの始まりです。


577 :チャイルド・パニック 3/8:2011/05/06(金) 22:38:59.97 ID:wI0gVPd40

翔一「あはは、小さいと下のほうになる野菜の見落としなくていいかもね〜。
   お、ここにもトマト発見!」
総司「・・・」
映司「さっき買い物に言ったら、ボクお母さんのお手伝い?ってオマケしてもらっちゃったよ〜」
総司「・・・」
翔一「今日は風が冷たいけど、子ども体温のせいかな?
   あんまり寒くないんだよね〜ラッキー!」
総司「・・・」
映司「あれ、総司。眉間にシワ寄せてどうかした?お腹でも痛い?」

総司「・・・お前たちは、どうしてそう楽観的なんだ。
   この状態では何をするにも制限がかかる・・・変身できても、敵との戦闘も不利だ」
翔一「でも、みんなが居てくれるでしょ?」
映司「兄弟もライダーも助け合い、ってね!」
総司「・・・そうだな。茶を淹れてくる」

総司「む・・・」
縮んでしまったせいで、ティーポットの置いてある棚に手が届きません。

総司「・・・(取ってくれとは言いたくない)・・・兄さんに淹れさせるか」
一真「お、総司。届かないのか?ほら」(ヒョイと抱っこ)
総司「・・・」
一真「あれ、ティーポットだろ?・・・って痛い痛い痛い!耳引っ張るなー!ウェ〜何だよ〜」

真司「あっ総司!2階行くなら抱っこしてやるぞ!って痛い痛い痛い!足踏んでるー!
   それともおんぶがよかったか?・・・ってギャー!グリグリすんなー!!」

巧「・・・総司兄、出かけるなら付き合うぞ。
  今、バイク乗れないだろ。良太郎の自転車借りて乗っけてやるから」

ヒビキ「ほら、アスムとワタルから服借りてきたよ!
    ワタルの王子様ルックは、きっと総ちゃん似合うよね〜」

良太郎「あ、総司兄さん。夕ご飯、何が食べたい?」
渡「今日は僕たちに任せてね。ハンバーグかな、オムライスかな?」


578 :チャイルド・パニック 4/8:2011/05/06(金) 22:40:54.79 ID:wI0gVPd40

総司「・・・何なんだ、皆して。そんなに俺を子ども扱いしたいのか」
雄介「あはは、子ども扱いっていうか・・・総司、いつも一人でなんでもできるから。
   こんな時くらい、何かしたいんだよ。だから、もっと頼ってくれていいよ?」(サムズアップ)
総司「・・・兄さん」

次男の笑顔に、少し眉間のシワが浅くなった総司・・・しかし。

士「ここにいたのか、兄さん。探したぞ」
総司「・・・(嫌な予感しかしない)」
士「こんな機会そうそうないから、写真を撮って父さんに送ってやろうと思ってな。
  肩車なんてどうだ?高いたかーい(タカイタカーイ)」(ニヤリ)
総司「・・・」

率先して総司の逆鱗に触れまくる破壊者。
周りの兄弟たちがハラハラしながら様子をうかがっていると、お客様がやってきました。

夏海「お邪魔します〜・・・あれ、どこの子ですか?こんにちは!お名前は?」

にっこり笑って、しゃがみこんで総司の頭を撫でました。

一同「・・・(やばい・・・!)」

周囲の心配をよそに、総司はじっと夏海を見上げ、にっこりと微笑みました。
天使のような笑顔に、夏海は嬉しそうに笑い返します。
しかしその表情を見た兄弟たちには、戦慄が走ります。
総司は固まって動けない一同の間をすっと通り抜け、士の顔を見上げ服を引っ張りました。

総司「パパ、このお姉さんだぁれ?新しいママ?」(天使のような笑顔)

・・・室内の気温が一気に下がった気がしました。

士「ちょ、何を、おい兄さ・・・!」
夏海「・・・士くん見損ないました!最低です!必殺・ダブル笑いのツボ!!」(ドシュッ)
士「・・・ハハハハハハハハハハハハハハハハハ・・・!!!」

両手の親指を士の首に叩きこみ、夏海は走り去って行きました。
士は笑いの地獄に叩きこまれ、体を痙攣させて甲高い声で笑い続けています。


579 :チャイルド・パニック 5/8:2011/05/06(金) 22:42:09.91 ID:wI0gVPd40

総司「ふっ・・・自業自得だ」
一同「・・・(怖!)」
総司「・・・なるほど、確かにこの体も便利かもしれんな」(ニヤリ)

真司「おい総司、いまの嘘はけっこうタチ悪いぞ!
   ちゃんと謝って、夏海ちゃんの誤解を解かないと!!」

ガシィと弟の頭を両手で掴み、珍しく兄の威厳を示す四男・・・しかし。

総司「・・・いつも、俺様キャラ扱いだから・・・
   たまには童心に帰ってイタズラをしてみたかったんだ・・・すまない・・・」

うつむいて、小さな手で目元をこすり、肩を震わせる総司。
一同に衝撃が走ります。

一同「・・・総司(兄さん)・・・!!??」
真司「ええぇぇぇぇ!ちょ、なに、おかしいだろコレ?!俺か、俺が悪いのか!?」
黒総司「♪泣〜かした〜泣〜かしたぁ〜♪」
リュウタロス「♪真司お兄ちゃんが〜泣〜かしたぁ〜♪」
リュウガ・トラ一真「・・・♪総〜司を〜泣〜かしたぁ〜♪」(無表情)

嬉々として歌いだす黒兄弟+αに、焦る真司。

真司「な、泣かしてねぇよ!!」(汗)
総司「・・・うぅっ・・・」(鼻声)
真司「・・・( ̄□ ̄;)!」


580 :チャイルド・パニック 6/8:2011/05/06(金) 22:43:21.34 ID:wI0gVPd40

総司「・・・しんじ兄さんは、わるくない・・・おれが、調子にのったから・・・」(涙声)
ヒビキ「あ〜大丈夫、大丈夫!ほら総ちゃん、泣かないで!!」
雄介「真司もちょ〜っと興奮しちゃっただけだから!」
翔太郎「・・・そっか、昔は総司もこんなに小さかったもんな・・・ほら、泣くなよ、な?男だろ?」
一真「総司・・・ほら、真司兄貴も反省してるからさ!」

兄たちが必死に慰めます。

真司「ごめん、ほんとごめん総司!お兄ちゃんが大人げなかったよな!!」(半泣き)
総司「・・・しんじ兄さん・・・おれが悪かっ・・・」(しゃくりあげつつ)
巧「・・・さすがに、ちょっと・・・」(真司に冷たい目線)
渡「真司兄さん・・・」
良太郎「・・・」
真司「・・・( ̄□ ̄;)!」

弟たちは、やはり小さい子が泣いている姿に弱い様子です。
そして三つ子は。

翔一「・・・明らかに嘘泣きなんだけど」
映司「俺たちには、目線が近いからバレバレだよね〜」

あっさり見抜き、この騒動をどうしようか思案しています。
ちなみに、士はいまだに笑い続けて、そろそろ呼吸困難に陥っていますが誰一人気付いていません。
自分の腹筋・声帯・横隔膜を破壊しようとしている十男。
泣いている(ように見える)七男。
てんやわんやの兄弟たち。
ライダーハウスのリビングは、いつも以上にカオス状態でした。


581 :チャイルド・パニック 7/8:2011/05/06(金) 22:44:19.55 ID:wI0gVPd40

数時間後。

真司「もう嫌だぁ〜こんな幼児!」
士「フィリップ、一刻も早く治してくれ!いろいろ持たない!!」

兄弟たちの涙ながらの嘆願を受け、フィリップが研究を進めた結果。
無事に副作用が改善され、三人は一日でもとに戻ったのです。

翔一「やっぱりいつも通りが一番だね〜!」
総司「当然だ」
映司「あ〜良かった!さすがにずっとはキツイもんな〜。
   短い腕じゃ・・・届かないものもあるから」


そして翌朝・・・いつも通りのライダーハウスの光景です。

翔太郎「もうこんな騒動はこりごりだぜ・・・寿命ぜってぇ縮んでる・・・」
フィリップ「ちゃんと元に戻ると言ったじゃないか。翔太郎は大げさだよ」
翔太郎「おっ・・・お前なぁ!」

すると。
なかなか起きてこない18歳双子を起こしにいった真司と一真の悲鳴が、朝のライダーハウスに響き渡りました。


「ウウェァァァァァァ!!??」


582 :チャイルド・パニック 8/8:2011/05/06(金) 22:45:04.63 ID:wI0gVPd40

真司「巧が!」
一真「良太郎が!」
真司・一真「縮んでるー!!」

一同「・・・!!??」

ヒビキ「もしかして・・・うつる、とか?」

長兄の言葉を聞き、ザザッ!と三つ子から距離をとる、残りの兄弟たち。
・・・さてこの騒動、いつ収まりを見せるのでしょうか 。


総司「・・・言い残したことはあるか」
フィリップ「感染するメモリの力・・・とても興味深い!!さっそく検索を」
翔太郎「あああああ!!」

:::

縮んでも大して変わらない三つ子だった・・・
冒頭の漫才がすごく長くなったスマン


583 :名無しより愛をこめて:2011/05/06(金) 22:55:44.83 ID:Zc7URXXY0
面白かった!GJ!
小さくなっても中身は変わらない三つ子ww 
後、おせっかいかもしれないがフィリップ「十三男」が「十二男」になってたぞ


584 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 00:54:24.69 ID:LLPEyV5b0
GJ!!
総司の嘘泣きと自業自得の士に笑ったw

小さくなった三つ子を見た他の人々の反応も見てみたい。
加賀美とか地獄兄弟とかw

あと、小さくなった映司を連れていこうとして誘拐犯に間違われるアンクを想像したw

585 :575:2011/05/07(土) 01:52:48.33 ID:Wxy3dIq70
>>583
指摘ありがとう!今度から気をつけるよ

>>584
誘拐犯wwあり得るな・・・縮んでも無理やり戦わせそうだし

586 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 01:57:14.73 ID:Wxy3dIq70
続けてみた。

:::

アンク「!ヤミーだ・・・行くぞ映司!」(ダッシュ)
映司「ああ!」(ダッシュ・・・するが足が短いので遅い)
アンク「・・・チッ、ほらグズグズすんな!!」(腕つかんで引きずる)
映司「ちょっ、痛いって!」
比奈「・・・アンク!?ちょっと何するの、こんな小さい子に!!」
映司「あ、比奈ちゃ」
アンク「ガタガタ騒ぐな!急いでんだよ!」
後藤「・・・お前、子どもに何を!?誘拐は犯罪なんだぞ、その子を離せ!」
映司「あ、後藤さ」
アンク「邪魔すんな、そこをどけ!!」
伊達「・・・アンコ、またツチノコに間違えられて石でも投げられたのか?
   ムカつくのは分かるけどさぁ、子どもイジメちゃダメだろ〜」
映司「あ、伊達さ」
アンク「貴様ら・・・!!」
カザリ「あれ、アンク。前のオーズは捨てて、今度はそんなオチビさん選んだの?
    いくら何でも無理だと思わない?どうかしてるよね〜」
アンク「・・・!!!」
映司「・・・えっと・・・アンク。色々ごめん」
アンク「 ・・・ さ っ さ と 戦 え !! 」


587 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 09:28:34.38 ID:xk5xU00s0
朝から腹筋痛いwww
でも兄弟たちが総司を子供扱いしたい気持ちはわかるなあ
「可愛がりたい」というある意味欲望の渦だw
あと土下座の奥深さを初めて知ったよ!ここは為になるスレだ!


巧が小さくなったと聞いたら書かずにいられない。

一真「ちょ、ちょっとだけモフモフを…」
リュウタロス「子犬さんだー!一緒にお散歩行こっ♪」
渡「折角だからブラッシングしようか?」

巧「なんでいきなりオルフェノク姿に…っていうか俺は犬じゃねえー!」
(お子様になったので自分の意思で調整出来なくなった的な)

良太郎「でもすごく…可愛いよ?」
巧「……自分でもちょっとそう思ったから余計腹が立つんだよっ」

588 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 10:13:43.65 ID:z4tmF7IzO
GJ!!笑いのツボ状態になったw
このまま全員に伝染したらヒビキ兄さんも小さくなるな!
いつもの恩返しに全力で世話を焼く兄弟達を想像した。
チビヒビキってきっと可愛いと思うんだ…。

589 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 11:12:50.65 ID:tIqU9xh/0
>>586
ちっちゃいオーズと真アンクとがポカポカ殴り合ってるのは可愛いかも。
ちっちゃい一真を見下ろしてにやーとする始とか(いつも見上げてるから)。
ちっちゃい真司は優衣ちゃんにお世話されて神崎に睨まれるといいよ。

590 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 11:35:16.66 ID:OhtG4qu1O
>>589
>>ちっちゃい一真を見下ろしてにやーとする始とか…。

一瞬あぁ始さん子供大好き(ロリショタコン)だからかと、納得しそうになった…;;;
なんなら土下座でもしますよ!

591 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 13:14:35.83 ID:2DlLu2um0
>>590
ロリコンは兎も角、ショタコンは違うだろ…

592 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 13:21:15.82 ID:OhtG4qu1O
>>591
確かにショタコンは言い過ぎた。荒れるようなこと言って悪かった。

593 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 13:30:37.36 ID:2LOoCnfhO
ロリコンについては否定してもらえない始ww
中の人も自分で言っちゃってたもんなw

594 :太陽と月と。1/4:2011/05/07(土) 14:16:03.06 ID:ZgBTa6Pc0

さらに続けてみた。

:::

総司「おやじ、絹ごしを10丁だ」
おやじ「おっ坊主、母ちゃんの手伝いか?そんなに持てるかい?配達してやろうか」
総司「・・・必要ない」
おやじ「ほら10丁、お待ち!気をつけて帰れよ〜アッハッハッハッ!」

小さくなった総司。
夕食の買い出しに来ましたが、さすがに縮んだ体に大量の豆腐は厳しいようです。
いつものように颯爽とはいかず、崩れやすい豆腐を慎重に小さな体で運んでいると。

加賀美「おつかい、偉いな〜!大丈夫か?」
朗らかな声がしたかと思うと、荷物がひょいと持ち上げられました。

総司「・・・加賀美」
加賀美「あ〜また呼び捨てかよ!
    お前ら、いつになったら『加賀美さん』って呼んでくれるんだ・・・」

警官の制服姿の相手は、どうやら総司を近所の小学生だと思っているようです。
この縮んだ姿では無理もありません。

総司「・・・お前に年上の威厳が足りないからだろう。もっとしっかりしたらどうだ」
加賀美「うっ・・・!お前ずいぶん俺様だな〜。あ、名前はなんていうんだ?」
総司「・・・天道寺総司郎」
加賀美「な〜んかどっかで聞いたような・・・?ま、いっか!総司郎くんだな!」

軽々と豆腐を運ぶ姿を見上げますが、気付いた様子はありません。
いろいろとびっくりです。


595 :太陽と月と。2/4:2011/05/07(土) 14:17:24.10 ID:ZgBTa6Pc0

加賀美「家、こっちか?豆腐こんなに買うなんて、家族が多いんだな〜」
総司「・・・ああ。兄弟姉妹で19人だ」
加賀美「じゅ!?は〜今どき珍しい大家族だな〜。TVのオファー来るんじゃないか、そのうち」
総司「・・・毎週、TVに出ている」
加賀美「やっぱり!すげーな総司郎くんの家!!」

・・・びっくりです。

総司「・・・(いい機会だ)。お前、ひよりとのことはどうするつもりだ」
加賀美「はぁ!?ちょ、お前いきなり何だよ?!小学校でそんな噂が流れてるのか!?」
総司「さっさと答えろ」
加賀美「何なんだよ一体・・・そりゃ、いつかはって思ってるけど・・・」
総司「・・・けど?」
加賀美「・・・俺さ。超えなきゃならないヤツがいるんだ。
    俺様で、どうしようもないヤツだけど・・・すごく、強い」
総司「・・・」
加賀美「今はまだ、そいつに届いてなくて。
    ようやく肩を並べられるくらいには、なれたと思ってるんだけどな」
総司「・・・」
加賀美「いつかあいつを超えて。あいつに認められる男になれたら、その時は・・・」

決意の表情で、空を見上げる加賀美。
その姿を見て、総司が何か言いかけたその時。


596 :太陽と月と。3/4:2011/05/07(土) 14:18:18.33 ID:ZgBTa6Pc0

「―――――――――――――――――!!」

絹を裂くような悲鳴が響き渡りました。

加賀美「!!・・・ワームか!!」
総司「!」

思わず手を伸ばし、深紅の相棒を呼び寄せようとしますが。

加賀美「総司郎くん、こっちだ!」

伸ばした手を、力強いてのひらに包まれ、安全な場所へと導かれます。

加賀美「・・・よし、ここなら大丈夫だ。
    ちゃんと隠れてるんだぞ!俺が悪いヤツを倒してくるからな!」

守るべき相手へと向ける、心からの笑顔。
少しだけ、ひよりと・・・加賀美に心を開いた、幼いワームの少年の気持ちが分かった気がしました。

総司「・・・おい」
加賀美「ん?」
総司「・・・ありがとう・・・『加賀美さん』」
加賀美「!・・・・・・行ってくる!!・・・変身!!」 −Cast Off−Change Stag Beetle

加賀美の姿が、戦いの神と称された深い青の戦士へと変化します。
−Clock Up−
聞きなれた電子音声がしたかと思うと、青い戦士は高速の世界へと駆けていきました。


597 :太陽と月と。4/4:2011/05/07(土) 14:19:11.83 ID:ZgBTa6Pc0

総司「・・・相変わらず、面白いヤツだ」

縮んだ姿のせいか、いつもより柔らかく笑った太陽の戦士は、豆腐を抱えてその背を見送りました。

−戦いが無事に終わり。

加賀美「よっしゃー!強いぜ、俺!!・・・あ、総司郎くん、大丈夫かな?」

慌てて少年と別れた場所に戻りますが、小さな姿はすでに消えていました。

加賀美「家にちゃんと帰れてるといいけど・・・きっとまた、会えるよな」
♪ ウンメイノー ♪
加賀美「お、天道からメールだ。
    『・・・今日は麻婆豆腐だ』・・・なんだコレ。来いってことか?ったく、アイツは・・・」 

−再会の時は、すぐそこに。

:::

いつもよりかっこいい加賀美と、シスコン成分少なめ総司を目指してみた。


598 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 14:36:00.63 ID:xk5xU00s0
GJ!加賀美たのもしいぜ!
…って感動してたら着信音でふいたw

>>588
野山を駆け回るわんぱくヒビキくんが見えるよ
野山通り越して樹海とか秘境とか行っちゃいそうだけど
雄介あたりが嬉しがって思いっきり連れ回しそう

599 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 16:23:57.17 ID:2pemikP/0
超絶GJ!
・・・着信音クッソ吹いたwwwwwww

600 :子供総司ネタ1/3:2011/05/07(土) 16:46:12.59 ID:LOnVFlVo0
GJ!!ミニ総司かわいいよミニ総司
なんとなくミニ総司ネタに微妙に便乗



猛「・・・」
隼人「何見てるんだ?」
猛「隼人か、部屋を整理していたら昔のアルバムが出てきてな」
隼人「お、懐かしいな・・・へー、まだお前のとこの子供が小さかったころのじゃないか」
猛「今でも可愛いがやはり子供のころはまた違った可愛さがあるな・・・」
隼人「しかし・・・このころの総司、普通に可愛かったんだよな」
猛「何を言う。今でも総司は十分可愛いじゃないか」
隼人(・・・このムスコンめ)
猛「まあ確かに今とは全く性格が違ったのは確かだな・・・昔は三つ子の中でも大人しい子だった」
隼人「なんかある日突然『おばあちゃんはいっていた・・・』とか言い始めた記憶があるんだが・・・あれはいつごろの話だったかな」
猛「まだ5歳かそこらの頃だな。急に自信満々な言動をするようになって驚いた」
隼人「・・・・そういやあいつ、その頃にショッカーに誘拐されたよな・・・・」
猛「隼人、確かにそれは事実だが、あいつがショッカーに洗脳されたということは絶対にあり得ん」
隼人「いや、俺だってそんなこと全く思ってねぇよ。しかしあの時は焦ったよな・・・俺もお前も日本から離れていて助けに行けなかった」
猛「ああ。だからあの時は・・・・・」


601 :子供総司ネタ2/3:2011/05/07(土) 16:48:25.71 ID:LOnVFlVo0

〜当時の回想〜


死神博士「ふふふ、とうとう本郷の息子を捕まえた・・・これで奴らは手出しを出来まい・・・!」
総司(子供)「・・・おとぅさん・・・(泣きそうなのを我慢している)」

〜♪※口笛の音

死神博士「なんだこの音は!」
戦闘員A「死神博士様、あそこです!(崖の上の方に指さし)」
???「よぉショッカーの皆さま方、相変わらず卑怯な手を使ってくれるじゃねぇか!」
死神博士「き、貴様は・・・城茂!」
茂「ブラックサタンだけじゃなくショッカーにまで覚えられたか・・・俺の知名度もなかなかのもんじゃねぇか」
総司「しげる・・・おじさん・・・?」
茂「変・・・身!ストロンガー!!」
死神博士「ええい、お前たちやってしまえ!!」
戦闘員A他多数「イーッ!!」
茂「天が呼ぶ!(電パンチ)」
戦闘員A「イーッ!(爆発)」
茂「地が呼ぶ!(電チョップ)」
戦闘員B「イーッ!(爆発)」
茂「人が呼ぶ!(電キック)
戦闘員C「(爆発)」
茂「悪を倒せと俺を呼ぶ!聞け悪人ども!俺は正義の戦士・・・(エレクトロファイヤー)」
戦闘員D他多数「(爆発)」
茂「仮面ライダーストロンガー!!(爆発を背景に天に向かって手を伸ばし)」
総司「・・・・・」


602 :子供総司ネタ3/3:2011/05/07(土) 16:49:46.12 ID:LOnVFlVo0

〜回想終了〜


隼人「・・・・そういや総司もカブトムシモチーフだしなぁ・・・」
猛「・・・・バッタだって十分カッコいいと思うんだがな・・・」



カブトムシ&ちょっと偉そうな態度繋がりということで、総司が茂兄貴を地味にリスペクトしてたら面白いなぁという話
登場時の口笛→自己紹介→変身→「天が呼ぶ〜」の口上の流れが好きなもので。お目汚し失礼。


603 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 17:13:21.71 ID:nvAhuHAl0
GJGJ!そうか、総司は茂伯父さんリスペクトなんだなww
それにしても良作ラッシュだな!この流れは一体どこからw

604 :良太郎が小さくなりすぎたようです1/3:2011/05/07(土) 18:46:27.21 ID:F1b3DPh70
どれも面白かった、皆GJ!
という訳で良太郎にこの流れに乗っかってみた、変な話になったが私は謝らな(ry
良太郎が赤ん坊になってしまったようです、なお話


???「オギャー!オギャー!」
ハナ「…伯父さん達、この赤ちゃんは一体……」
翔太郎「いや、それがその…」
フィリップ「元々時間の運行の影響があった所にメモリの暴走が加わって、
      良太郎兄さんだけ乳児になるまで退行してしまったのさ!実に興味深い……」
翔太郎「だからお前はそうやって嬉しそうに言うな!」
リュウタロス「うわー良太郎赤ちゃんになってる!ちっちゃい!かわいい!」
モモタロス「マジかよ良太郎!なんでこんな事になっちまったんだよ!」
ウラタロス「だから今フィリップ君が説明してたでしょ、先輩」
キンタロス「またえらい目におうたなー、大丈夫なんか」
翔太郎「総司達はすぐ元に戻ったから多分大丈夫だとは思うんだが…」
良太郎「オギャー…(でも流石に赤ちゃんはね…)」
オーナー「時間の運行に支障が生じた結果という訳ではないのなら、こちらとしては何の問題もありません」
ナオミ「そうそう!最近イマジンもあんまり出てないし、いざとなったら侑斗ちゃんや幸太郎ちゃん達もいるし!」
ウラタロス「ま、誰かが小さくなるなんて僕達にとっては初めての事でもないしね」
キンタロス「それもそうやな、ま、良太郎も安心しとき!   …Zzzzzzzz」
翔太郎「そう言って貰えると助かるぜ…。いやもうどれだけ怒られた事か」
フィリップ「ああ、これで安心したよ」
翔太郎「オギャ…(みんな…。あんまり心配掛けてないみたいで良かった)」

605 :良太郎が小さくなりすぎたようです2/3:2011/05/07(土) 18:48:50.06 ID:F1b3DPh70
リュウタロス「ねえねえ、良太郎の面倒は僕がみるけどいいよね!赤ちゃんなら前にも触った事あるし!
       答えは聞いてn」
モモタロス「馬鹿言えお前に任せてられるか!こっちに貸せよハナクソおんn」
ハナ「あんたたちは触っちゃだめ!怪我させたらどうするのよ!」(と言いつつパンチ)
フィリップ「そうだよ!折角お墨付きが出たんだ、今から総司兄さん達で調べられなかった事を…」
良太郎「オギャ!?(ちょ、ちょっと!?)」
翔太郎「あの会話をどう読み取ったらそういう結論が出せるんだお前は!」
ハナ「フィリップ叔父さんも駄目です!良太郎の面倒は私が見ますから!いくよ良太郎!」
良太郎「オギャア…(ハナさん…。気持ちは嬉しいけど僕中身は18歳のままだからね…?)」



ハナ「よーしよし、いい子ねー良太郎、たかいたかーい!」
良太郎「オギャア!(ハ、ハナさんこれ結構高くて怖いよ!)」
翔太郎「あやすの上手いなハナ。流石に女の子だぜ」
ハナ「へへ、ありがとうございます。
   それにしても、赤ちゃんかあ…………」
翔太郎「ん、どうした?疲れたなら変わるか?」
ハナ「そういう訳じゃないんです、ただ……」
翔太郎「ただ?」
ハナ「もしもイマジン達やカイがいなかったら、本当は私が今頃、こんな風に良太郎にあやされてたのかなって」
良太郎「オギャ……(ハナさん…)」
ハナ「…でも、私はこの時間にいれて良かったって思ってます!愛理さんや侑斗にだって会おうと
   思えばいつでも会えるし、叔父さん達にも出会えて家族がたくさん増えたし、
   それに私がいなかったらモモ達を大人しくさせる人がいなくなっちゃう!」
良太郎「オギャア…(そっか…よかった)」

606 :良太郎が小さくなりすぎたようです3/3:2011/05/07(土) 18:50:01.00 ID:F1b3DPh70
翔太郎「そうか……。
    よし!このまま愛理や侑斗の所にも寄って行くか!」
ハナ「いいですねそれ!ナオミちゃーん!次で私達降りるからー!」
ナオミ「はいはーい!まもなくデンライナー停車しまーす!」
フィリップ「ええっ!?今せっかくイマジンと香辛料についての実験を…」
モモタロス「なっ!?お前このコーヒーまさか!   …Zzzzzzzz」
良太郎「オギャア?(姉さんの所…?何か嫌な予感が…)」



愛理「はい良ちゃん、ひじきで作った離乳食よ、あーん」
ハナ「し、しまった…」
翔太郎「そうだ、愛理はこれが…」
良太郎「オ、オギャ…(あ、味がしない…)」
フィリップ「それはそうだよ良太郎兄さん。離乳食というのは調味料を加えないか、
     加えたとしても大人の食べるものよりも薄味にするのが原則だからね!」
良太郎「オギャ!?(って通じてるの!?それなら助けてよフィリップ!)」
愛理「ほら良ちゃん、あーん」
翔太郎「すまねえ良太郎……」
ハナ「あ、でも量は常識的な離乳食ですよ!…赤ちゃんが食べ切るには時間かかりそうだけど」
フィリップ「検索を始めよう、キーワードは、『ひじき』」
愛理「どうしたの?あーん」
翔太郎「……」
ハナ「……」
良太郎「…………!(誰か助けてえええええ!)」



コハナが赤ちゃん抱いてたら可愛いだろうなあとか思いながら書いてたら
いつの間にか良太郎が酷い目に合う話に
…うん、やっぱり謝るよ、すまない

607 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 19:09:37.31 ID:2pemikP/0
>>604-606
チビライダー兄弟良作ラッシュGJ!!
フィリップ暴れすぎだろ・・・

608 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 20:35:32.84 ID:4rH8chwIO
職人の皆さんGJ!!

誤字なのはわかってるけど>>604
> 翔太郎「オギャ…(みんな…。あんまり心配掛けてないみたいで良かった)」
と翔太郎も赤ちゃんになってることだし、
ヒビキさんも赤ちゃんになる→兄弟におけるヒビキさんの大きさを他の兄弟が改めて知る
みたいな展開になってしまえばいいと思うw

609 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 20:49:43.36 ID:SdBOpUeA0
新作ラッシュ嬉しい!
フィリップ通常運行で笑ったw
立場が傍観者じゃなくて、当事者になったとしても暴走特急なんだろうなきっとw

610 :アギト姉さんの奮闘1/3:2011/05/07(土) 21:28:26.40 ID:UJLZgMPC0
どのネタも面白すぎる!カッコイイ加賀美に惚れそうだ…
また子供化ネタ便乗します

氷川「…なるほど、それで子供の姿に」
葦原「厄介な事になったな。」
翔一「そうなんですよ〜台所に立つにも身長が足りなくて困ってるんです!あはは!」
真魚「太一と同じくらい小さくなっちゃったね、翔一君」
翔一「うん。でもね、変身!」
アギトに変身する翔一
小アギト「ほら、このサイズでも変身できるんだよ。敵が現れても大丈夫!」
葦原・小アギト「(シャキーン)!!」
小アギト「葦原さん!」
葦原「…ああ。奴らが現れたな。」
小アギト「はい、行きましょう葦原さん、氷川さん!」
葦原「待て。ここは俺達だけで行く。」
氷川「そうです!いくら津上さんでも、その大きさじゃ…」
真司「そうだぞ翔一!竜モチーフ繋がりで(?)代わりに俺が戦うぜ!」
小アギト「ありがとう真司兄さん。でも、俺は大丈夫!戦えるよ。」
アギト「駄目よ哲也!変身できるからと言って、小さなあなたを戦わせるわけにはいかない!」
真司「あ、あれ、アギトがもう一人!?」
士「大体わかった。あれは雪菜姉さんだ。」
アギト「とにかくあなたはここで待ってて!」
駆け出す雪菜アギトと、あっけにとられながら続く氷川・葦原・真司
士「そういうわけだ。俺も行ってくるから翔一兄さんは家で待っていてくれ。」
そう言って後に続く士

611 :アギト姉さんの奮闘2/3:2011/05/07(土) 21:29:08.32 ID:UJLZgMPC0
翔一「うーん…今の俺だって戦えると思うんだけどなぁ…ねえ、みのり姉さん。」
みのり「…私は分かるな、雪菜姉さんの気持ち。」
翔一「?」
みのり「雪菜姉さんはね、ずっと悔やんでたんだって。あなたを一人置いて
逝こうとしてしまった事。だから、今度こそはあなたを守れる姉でいたいんだって。」
翔一「でも…」
総司「心配するな翔一、変身した雪菜姉さんは意外と強いぞ…」
映司「うん、俺達も戦いに行こうとしたけど無理やり止められちゃってさ…」
真魚「そ、総司さんがそこまで言うほどなんだ。」
みのり「私も、雪菜姉さんと同じ気持ちだよ。
戦う力があってもなくても、子供には危険な目に遭って欲しくないの。」
翔一「うん…わかったよ皆。でも、何だかじっとしていられないなぁ。姉さんが戦っているのに…」
愛理「それなら、皆の為に料理を作って待ってみるのはどうかしら?
きっと皆お腹をすかせて帰ってくるわ。私も手伝うから!」
総司・翔一『いや、俺達だけでやる(よ)!!』

台所にて
総司「この身長でも踏み台を使えば、料理に不便という事はないな。」
翔一「そうだね…」
総司「まだ、雪菜姉さんの事が気になっているのか?」
翔一「うん…俺さ、長い事姉さんと二人だけで暮らしてきただろ。
その姉さんが突然いなくなってしまった時は、本当に悲しかった。
またそうなってしまうんじゃないかって、怖くて仕方ないんだよ。
もう二度と、姉さんを失いたくない…」
総司「俺だって同じだ、翔一。家族の誰一人も、失いたくなどない。
だが俺は皆を信じている。今はただ皆を信じて、美味い飯を作って待つ。それだけだ。」
翔一「信じる…信じる。そうだね。俺もそうするよ。」

612 :アギト姉さんの奮闘3/3:2011/05/07(土) 21:29:57.37 ID:UJLZgMPC0
数時間後
みのり「皆、お帰りなさい!」
総司「皆、腹が減ったろう。
まだ家族全員そろってはいないが夕食の準備はできているぞ。先に食べて待っていてくれ。」
翔一「姉さん、大丈夫?怪我はしなかった!?」
雪菜「ただいま。大丈夫よ、哲也。…哲也?」
いつもニコニコ笑顔の翔一が泣きそうな顔になっている
翔一「よかった…姉さんが帰ってきた。本当に良かった…」
雪菜「…ごめんね、心配させたね。もう、あなたを置いていったりしないから。」
総司「そうだぞ翔一、泣くのは後だ。」
翔一「うん、そうだね…ごめん姉さん!お腹減ってるよね!」
そう言って皆をダイニングに連れて行く総司と翔一
翔一「はい、姉さん。どうぞ!」
席に着いた雪菜にご飯を差し出す翔一
翔一「…姉さん?」
すると今度は、雪菜が泣きそうになっている
雪菜「ごめんね、あなたが本当に子供の頃に、初めて料理を作ってくれた時の事を思い出しちゃって。」
翔一「ああ…あの時の料理は、初めて作ったから失敗しちゃったんだよね!」
雪菜「ふふふ、でも嬉しかったな。今は随分料理の腕も上がったわ。本当に大きくなったのね、哲也。」
翔一「(胸を張って)俺は今ではシェフですから!さあ、冷めないうちにどうぞ!」

おまけ
アギト2「津上さんが元に戻るまでは私達が戦います!」
真司「あ…アギトがまた!?」
フィリップ「検索したよ真司兄さん。あのアギトは岡村可奈という女性だ。」
アギト3「アギトは俺一人でいい…」
氷川「そんな、アギトがさらにもう一人!?」
巧「いやあれはどう見ても別人だろ。」

613 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 22:45:37.25 ID:gw+dCWI+O
>>610-612
雪菜アギトはテレビ放送では一瞬しか映らなかったけど、ここでは弟や家族やみんなのために戦っててなんか嬉しいな
しかし雪菜アギト、可奈アギト、DCDアギト、(氷川さん以外見分けがつくけど)アナザーアギトにショウイチアギト
これにミラクルワールドの悪のバーニングフォームをいれたらアギトだらけでちょっと怖いwwwww

614 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 23:23:26.36 ID:20rwy9ZV0
いっそアギトとオーズ(ガタキリバ)でどっちが本物でSHOW・リターンズを…

615 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 23:28:56.09 ID:4rH8chwIO
>>613
DCDアギト=ショウイチアギトじゃないのかと一瞬思ったけど、
DCDアギトは士がカメンライドしたアギトかw
ならばいつぞやの( 0w0)( 0w0)(0w0 )ネタのようにDEDが召喚したアギトも加えてより一層カオスに…
あれ、今なんかドッペルゲンガーっぽいのが見えt

616 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 23:49:42.01 ID:z4tmF7IzO
ドキッ☆アギトだらけの水泳大会〜ポロリもあるよ〜

617 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 00:08:09.09 ID:hn/6JLfuO
国枝先生の息子もアギトだな
真島君や真魚ちゃんもアギトになりかけた
っていうか設定上、アギトになる要素を持った人は何人もいるから
確実にガタキリバを軽く越える人数になりそうだw

いつも能天気に笑ってる翔一が泣くシチュエーションってあまりないので新鮮だったけど、
そう言えば翔一って子供の頃に両親他界、姉は自殺して天涯孤独なんだよな…

618 :今度は一真が小さくなったようです。1/4:2011/05/08(日) 00:15:42.33 ID:MygBAG1g0

コナン化面白すぎです!w
本編も、総司編、良ちゃん編、翔一編もまとめて超GJ!
何より小アギトがツボだったwww


>>589
>>ちっちゃい一真を見下ろしてにやーとする始とか(いつも見上げてるから)。
盛大に吹いたので、便乗してチビ一真編書いてみた。

 * * * * *

カラン。

始「いらっしゃいませ、……子供?」

ある昼下がり。
ハカランダの扉を開けたのは小学生ぐらいの少年だった。
だがおかしい。少年の気配が人間とは違う。

というより、良く知っている気配である。

始「何の遊びだ、それは」
一真「遊びじゃねぇよ……始、匿ってくれ……」

よれよれと入ってきたのは、前例に漏れず子供化した一真である。

21歳三つ子から18歳双子と感染したコナン化の影響は、
22&23歳コンビもうつってしてしまった。

家では真司がここぞとばかりにいじめられ、もとい、いじられていたが、
そんな中隙を見て逃げ出した一真は、ここハカランダへと避難してきたのである。

真司兄には本気で悪かったとは思っている。だが。

〜ここから回想〜

フィリップ「アンデッドが少年化……これは興味深い!士兄さん!」
士「任せろフィリップ!さあ覚悟してくれ一真兄!」
一真「ウェー!?」

〜回想ここまで〜

悪魔と相乗りした破壊者の恐怖はただならぬものだった。

619 :今度は一真が小さくなったようです。2/4:2011/05/08(日) 00:16:50.70 ID:MygBAG1g0

始「で、逃げてきた訳か」
一真「そーなんだよー、まったく、フィリップのヤツときたら」

説明を終え、ため息をつきながら腕組をする小さな一真。
天音の相手する時のクセか中腰で話をしていた始は、あることに気づいた。

目線。

そう、目線。

いつもは見上げなければならない一真の顔が、自分の遙か下にある。
いつもは見下ろしているその目線が、上向き加減で投げかけられる。

一真「何だよ始、じろじろ見んなよ」
始「……ああ」

思わずその脳天を凝視していたことに気づき、始はついと顔を逸らした。
だが不思議だ。意識して引き締めていないと口元が緩んでしまう。

一真「よいしょっと」

今度は一真がカウンターの椅子によじ登り始めた。
子連れの客にはテーブル席を勧めているくらい、割と高めの椅子である。
だがどうしても常連席に収まりたいのか、一真はなんとか登りきった。

一真「始、いつもの」

普段は余裕で床についている足を空中でぶらぶらさせている。
が、口調だけはいつもの調子で注文を出してきた。
できるだけ無表情を繕いながらオレンジジュースを出してやると、
いつもなら片手で持ち上げるグラスを危なっかしく両手で支えて啜り始める。

一真「あれ、このグラス結構でかいんだなー」

能天気なその言葉を聴いた始は……限界だった。

620 :今度は一真が小さくなったようです。3/4:2011/05/08(日) 00:18:32.92 ID:MygBAG1g0

さりげなくカウンター内で後ろを向いた始は、一真に言い放った。

始「剣崎」
一真「なんだ?」
始「……帰れ」
一真「いきなり!?」

最初は何を言い出すのかと思ったが。
一真は始の肩が細かく震えていることに気がついた。

始「お前がいると、くっ、仕事に、くくっ、ならない。帰れ」
一真「って!なに笑ってんだよ!ひどいぞ始!」

俺だって好きでこんな姿になったんじゃないのに。
そうグチグチ言い出した一真をチラリと見やり、またも笑いがこみ上げてくる。

始「そうだな、くくくっ、悪かった」
一真「そう思うなら笑うのやめろよ!」
始「フィリップが、くっ、当てにならないなら、橘にでも、くくっ、頼んでみたらどうだ」
一真「そっか橘さんか!……なあ、何がそんなにおかしいんだよ、始」

今のお前の一挙動一投足すべてがだ。
始はそう言ってやりたかったが、あまりにあまりなので言葉は飲み込む。

そうこうする内に一真は椅子から飛び降り、一度店の外へ出て行った。
ケータイを取り出して話している相手は、もちろん橘なのだろう。
だがしばらくして店に戻ってきた一真は、しょんぼりと肩を落としていた。

621 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 00:19:40.62 ID:prm1mopx0
人類皆アギト

622 :今度は一真が小さくなったようです。4/4:2011/05/08(日) 00:19:41.81 ID:MygBAG1g0

始「どうした?」
一真「橘さん、俺だって信じてくれない……」
始「……その声ではな」

少年特有の高い声。判断材料がそれだけでは、常人に判別は不可能だろう。
仕方がないとばかりに一真からケータイを取り上げると、再び橘に電話をかけた。

橘『もしもし。坊や、もういたずらしてはダメだぞ、電話をお兄さんに返すんだ』

出るなりこれである。
半ば呆れながら、始は口を開いた。

始「……橘、俺だ」
橘『その声は……相川か。何故お前がこの電話を使っている』
始「悪いがすぐにハカランダへ来てくれないか。剣崎が妙なことになっていてな」
橘『どういうことだ』
始「今しがた、この電話でお前にかけた少年がいただろう」
橘『ああ、どこの誰だか分からんがイタズラはよくな』
始「剣崎本人だ、あれは」
橘『……はぁ!?』
始「分かったら、すぐに来てくれ」

再び椅子によじ登ってオレンジジュースを啜っていた一真にケータイを返すと、
天音や遙香にどう言ったものかと思案する始であった。

その後、慌ててやってきた橘にもみくちゃにされた挙句に泣かれ、
一真を探しに来た悪魔と破壊者に追い掛け回されることになるのは、、

今は誰も知らない。

始「(悪寒がする……)」
一真「どうした始?」
始「剣崎、やっぱり帰れ」
一真「ウェ!?(OwO;)」


 * * * * *

天音ちゃんと絡ませてみたかったが、これ以上は無理だった……。

623 :カーネーションには涙しない 1/4:2011/05/08(日) 00:38:41.50 ID:74bmv8NO0
コナン化、全て良作!面白い!GJ!
で、流れを崩すようで悪いが、季節ネタをあげたいとおもう

兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK
フィリップも兄弟設定
季節ネタです
苦手・嫌いな人はスルーを

*****

「皆の者、良く聞け!」
「サー!イエッサー!」
「我等が野望がついに明日、いや!今日五月八日!叶おうとしている!」
「サー!イエッサー!」
「この野望に名を付けよう!そう!その名は『極秘作戦M』!」
「サー!イエッサー!」
「我等はこの『極秘作戦M』を必ず成功させる!そう!全ては彼等の為に!」

「「「「「「「「「「「偉大なる彼等の為に!!」」」」」」」」」」」



翔一「っていう会話が、さっき聞こえてきたんだけど…。まるで悪の組織みたいだよね。」
総司「それは本当か、翔一!」
翔一「もしかして、ショッカーが…!いや、ないよね、それは。」
総司「だが確かに、その会話は悪の組織のものとしか言いようがない。」
翔一「『野望』とか『偉大なる彼等』とか…。それに『極秘作戦M』ってなんだろう?」
総司「もしそいつら…、仮にそいつらを『悪の組織(仮)』と呼ぼう。悪の組織(仮)が悪事を企んでるんだとしたら…、」
翔一「早く止めないと!急いでみんなを!」
総司「…そういえば翔一。何だか静かじゃないか…?」
翔一「そう言われてみれば…。みんなはどこに行ったんだ?」



624 :カーネーションには涙しない 2/4:2011/05/08(日) 00:39:54.39 ID:74bmv8NO0

翔一「ヒビキ兄さん、翔太郎兄さん、一真兄さん、渡、巧!フィリップ!出てきてよ!」
総司「雄介兄さん、真司兄さん、映司、士、良太郎!どこにいるんだ!」

翔一「誰かいた?」
総司「いや、誰もいなかった。その様子だとそっちもいなかった様だな…。」
翔一「静かだね…。あんなに賑やかだったのに。なんだか慣れないなぁ。」
総司「もしかして兄さん達は既に悪の組織(仮)に!?」
翔一「総司、落ち着いて。総司らしくないよ。ん?総司、後ろに誰か、」
総司「どうした?翔一。」

映司「二人共、何してるの?」

「「映司!」」
総司「お前、今まで一体どこに!」
翔一「だから落ち着いて、総司。映司がいたから良かったじゃない。」
映司「…ちょっとそこまで。っそう、アンクのアイスキャンディーを買いに!アンク、煩いから!」
翔一「え?アンクのアイスキャンディーなら昨日買ったばかりだけど…。もうないの?」
映司「いや…。」
総司「ところで、だ。映司。兄さん達はどこにいる?」
映司「さぁ。わからないな。買い物にでも行ってるんじゃ?」
翔一「そっかぁ。それにしてもおかしいな…。映司、みんなを探すの、手伝ってくれない?」
映司「…もちろん!」


翔一「とりあえず庭に来てみたけれど…、」
映司「何もないな、誰もいない。」
総司「ついでに洗濯物を干したいのだが、翔一。映司。手伝ってくれないか。」
映司「うん。翔一、洗濯かごはどこにあるの?」
翔一「確か向こうに…。取ってくるよ。って、あれ?」
総司「どうかしたか?」
翔一「いや、ここに花が一輪落ちてて。なんだっけ、この花の名前。」
総司「それはカーネーションだ。それにしても、どうしてここに…。」
映司「っ!二人共、カーネーションってスペインの国花なんだって!知ってた!?」
翔一「へぇ、そうなんだ。というか映司、急に声を荒げて、」
総司「具合でも悪いのか?」
映司「いや別に…。ほら、早く終わらせよう。」


625 :カーネーションには涙しない 3/4:2011/05/08(日) 00:42:00.15 ID:74bmv8NO0

映司「結構早く終わったな。」
翔一「うん…。なんだろう、いつもより遅く終わった気が…。気の所為だよね。今日は3人だったんだし。」
総司「そろそろ夕食だ。キッチンの捜索ついでに夕食を作るか。」
翔一「そうだね。みんな、今日は何が食べたいのかな。あっ、みんないないのか。」
総司「どこに行ったんだろうな。何もないといいのだが。」
翔一「でも、映司がいたから安心したよ。探しながら家事をする余裕もできたし。」
総司「そうだな。ん?映司が見当たらないな。どこだ?」
映司「呼んだ?ごめん、ちょっとね。」
翔一「ううん、平気。映司は何か食べたい物とかある?」
映司「えっ!いや、まだ大丈夫だよ!夕食、少し遅くてもいいと思う。きっと兄さん達もそうだし!」
翔一「えっ、そう?」
映司「とりあえず、今はキッチンに行かないで!」
総司「本当にどうしたんだ、映司。」

翔一「あれ?廊下に色紙の切れ端とかリボンとかたくさん落ちてるけど…。」
総司「掃除、するか。」
映司「掃除機、使う?」
翔一「あっ、ありがとう。ん?」
総司「切れ端やリボンが、道の様に向こうの扉に続いている…?」
翔一「あの扉の向こうは確か…」
「「リビング…!」」
映司「っ!開けないで!」
総司「映司、さっきから様子がおかしいぞ!」
翔一「何か隠してる!?」
映司「別に何も…!」
翔一「もしかして映司、悪の組織(仮)に!」
映司「悪の組織(仮)?へ?何それ。俺達はそんなんじゃ、って、あっ。」
総司「…映司、正直に全てを話してくれ。」
映司「…わかった。全部話すよ。」


映司「今から扉を開ける。見てて。ほら。」
総司「これは!」
翔一「え?どういう事?」

『いつもありがとう!翔一!総司!』


626 :カーネーションには涙しない 4/4:2011/05/08(日) 00:42:56.79 ID:74bmv8NO0

総司「なんだこの看板は?」
映司「結構時間かかったんだ、これ作るの。色紙の花とかリボンとか。」
翔一「この料理は?」
映司「それ、翔太郎兄さんと一真兄さんと士が作ったんだ。あの3人、意外に料理上手だよな。まぁ、二人程じゃないけど。」
総司「これは士みたいに「大体わかった」なんてできないぞ…!」
映司「今日は何月何日?」
翔一「五月の八日だけど、」
映司「何の日?」
翔一「えっ、それって、もしかして…」
映司「そう、今日は『母の日』だよ。」
総司「そういう事だったのか…。」
映司「二人が庭で洗濯を始める寸前に、ヒビキ兄さんと雄介兄さんが買い出しから帰ってきたんだよ。その時にカーネーションの花を落としたんだと思う。」
翔一「キッチンは…」
映司「翔太郎兄さんと一真兄さんと士が料理をしてたんだ。ばれちゃまずいから。」
総司「廊下に落ちてたあれは…」
映司「真司兄さん、渡、巧、良太郎、フィリップがこの部屋の飾り付けをした時にできた材料の残りだと思う。で、俺が二人の気を引きつけておく役目。」
総司「良くわかった。だが、今日は母の日だ。」
映司「そうだね。だからみんな頑張ってるんだよ。」
総司「だが、俺達は母親じゃない。」
映司「料理や洗濯や掃除をしてくれてるんだから、十分お母さんでしょ。」
翔一「うん、そう言われるとそうかもしれないね。」
映司「みんなは感謝してるんだよ、二人に。いろいろしてもらって、面倒かけて、だから今日くらいはお礼がしたいんだよ。みんな。」
総司「そうか、」
映司「わかってくれた?」
総司「あぁ。ありがとう。」
翔一「ありがとう。」
映司「それを言うのはまだ早いよ!それに言うのは俺達の方だよ。」
翔一「いや、総司も俺も、みんなに感謝してる。みんながいないと不安になる。賑やかで少し面倒な方が嬉しいし楽しいよ。」
総司「そうだ。お祖母ちゃんが言っていた。『馬鹿な子程愛しい』と。」
映司「それ、本当にお祖母ちゃんの言葉?」
総司「さあな。」
映司「とりあえず、俺がばらした事は言わないでくれない?二人を欺くのは緊張して失敗ばっかだったし。後が怖いな。」
翔一「大丈夫、言わないよ。楽しみだね、総司。」
総司「あぁ、楽しみだ。」


「「「「「「「「「「「いつもありがとう!翔一!総司!」」」」」」」」」」」

         「「いつもありがとう!みんな!」」


カーネーションの花言葉 「純粋な愛情」「母親の愛」

*****
おそまつさまでした
さっき、今日が母の日という事に気付いて急いで書いたので、ぼろぼろです
カーネーションの花言葉はまだまだありますが、その中からこの兄弟にあうような花言葉を
ありがとうございました


627 :カーネーションには涙しない おまけ:2011/05/08(日) 00:45:20.49 ID:74bmv8NO0

翔一「そういえば『極秘作戦M』って何なの?『偉大なる彼等』が俺らの事で『野望』が感謝を伝えるって事なのはわかるけど。」
総司「なんだあのネーミングセンスは!」
映司「あぁ、あれ。Mはmoter、母って意味らしいよ。付けたのは良太郎。」
総司「納得した。」
映司「ちなみに二人が言う悪の組織(仮)のモデルはもちろんショッカー。首領役はフィリップ。詳しい事についての指導は士。」
翔一「なんとなくだけど、納得した気がする…。」
映司「フィリップもみんなもノリノリだったし(翔太郎兄さん、巧を除いてだけど)、またやりたいなぁ。あれ。」


628 :渡達が小さくなりました 1/3:2011/05/08(日) 00:55:25.81 ID:3VulsmTl0
チビライダー達の勢いが怖いw
良作ラッシュにそっと紛れて渡編です


渡「あの、僕、ちょっと出かけてきてもいい?」
真司「一人で?大丈夫か?どこまで行くんだ?俺が送ろっか」
渡「い、いいよ。すぐ、そこだから…」
士「大体わかった。その小さい体を生かしてニスの材料を探そうっていうんだな」
渡「う、うん!そうなんだ。晩ごはんまでには戻ると思うから…」
翔一「ゆっくりしてきていいよ。車には気をつけるんだよー」

パタパタと駆けてゆく渡。

真司「俺も大体わかった。士ウソついただたろ。渡ホントはどこ行ったんだよ」
士「アイツにはもう一つの家族があるだろ」
真司「あ、そうか…」
士「まったく、何を遠慮してるんだか」
翔一「遠慮っていうか、照れくさいんじゃないかな」
真司「そっかあ。“あの人”達喜ぶだろうな。…で、カッコ良く渡を逃がしてやった士君?
   当然キミは俺が渡の為に借りて来た“なりきりキュ○マリン”を代わりに着る覚悟が
   あるんだよなー?…今は自分も子供だって事忘れてただろ」
士「うっ…受けて立つ!俺はいくつもの世界を巡りいくつものコスプレをした男。
  似合わない衣装は無い!だが色的にはブロッ○ムが好みだ!」


薔薇の咲く庭でバイオリンを奏でる音也。
その足に渡が飛びつく。

渡「父さんっ!」
音也「おっと。どこの子だ?うーん、どことなく渡に似ている…というよりそっくりだが…」
真夜「あら音也。いつどこで渡の弟をこしらえてきたの?」

真夜、にっこり。

629 :渡達が小さくなりました 2/3:2011/05/08(日) 00:57:23.80 ID:3VulsmTl0
渡「か、母さん誤解…!」
音也「何を言うんだ真夜。確かに俺は罪つくりな男だが愛の結晶を作るのはお前とだけだ」
真夜「はいはい、わかってるわ。…渡なのね?」
渡「えっ?」
真夜「渡なんでしょ?さ、いらっしゃい」

戸惑いながらも渡が近寄って行くと、真夜はその体をぎゅっと抱きしめた。
その後、渡が状況を説明すると、音也は呆れ顔で肩をすくめた。

音也「全くあの家の連中ときたら騒々しいというか突拍子もないというか…」
真夜「音也には言われたくないと思うわよ」
渡「父さんには言われたくないかも…」


真夜は微笑み、渡の顔をのぞきこむ。

真夜「この感じだと、5歳くらいかしら」
渡「ヒビキ兄さんも多分それくらいだろうって」
真夜「そう……こんな顔をしていたのね、渡……」

そのまま真夜は言葉を無くし、ただ何度も渡の髪を撫でる。
その様子を音也はただ黙って見つめていた。
しかしやがて、真夜は少しさみしそうだが笑顔を見せた。

真夜「会えて嬉しいわ。ちいさな渡」
渡「母さん……ってイタイイタイイタイ!」
真夜「音也!何やってるの!」
音也「ふん。今と何も変わらんじゃないか。このつまみやすい頬も今にも泣きそうな目も」
真夜「それはあなたがイジメるからでしょう!」

真夜に睨まれ、音也はようやく渡の頬をつまんでいた指を離す。
渡はほっぺをさする。

630 :渡達が小さくなりました 3/3:2011/05/08(日) 01:01:13.71 ID:3VulsmTl0
渡「ひどいよ父さん…」
音也「こいつはとにかくガンコなんだ。お前も知ってるだろう。
   だから、そうそう変わるものか。過去も今も未来も、渡は渡だ」
真夜「それは、私を慰めてくれてるのかしら?」
音也「俺なんか一度も渡に会えない所だったんだ。今こうして同じ時間の中にいる
   それだけで素晴らしいじゃないか!」
真夜「もう…あなたといると、しんみりしたシーンも続かないわね」


音也「というワケで、風呂だ。風呂に入るぞ渡!」
渡「えっ?!」
音也「男同士は裸のつきあいが一番だ。お父様の背中を流させてやろう」
渡「この手じゃ…ちょっと広すぎるかも、父さんの背中…」

真夜「あら素敵ね。じゃあ私も一緒に」

渡「ええええっ?!」
音也「おう。かまわん!」

笑顔で応じる音也と対照的に、顔を真っ赤にする渡。

真夜「冗談よ、二人でどうぞ。渡、“お父さん”」

音也が渡の背を軽く押すようにして、二人は家の中に入って行く。
真夜はその後ろ姿を見つめ、一人たたずんでいた。



2/3まで書き込んでから気づいた。5歳だったらまだ渡は真夜と一緒だよなorz
無かった事にして下さいホント…。

631 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 02:04:27.70 ID:Qg0ohxkSO
>>623-627
GJ!
そういえば母の日だったな。とりあえずカーチャンにメールするわ。

632 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 11:22:43.75 ID:clFeK/ZUO
北村、兄弟達と会ったらどう思うんだろ?

633 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 12:52:51.14 ID:YRxLwieh0
すごい良作ラッシュ・・・!!!
コナンシリーズwwも母の日話も超GJ!!


634 :チャイルド・ジョーカー 1/3:2011/05/08(日) 13:49:19.15 ID:YRxLwieh0

>>618
縮んだ一真ww
面白かったのでさらにさらに続けてみた
橘さんがやって来る前のハカランダにて

:::

一真「はぁ、早く元に戻りたい・・・。あ、いま始ひとりなんだな。俺も手伝うよ!」
始「・・・そんな姿では、大した手伝いはできないだろう・・・帰れ」
一真「大丈夫だって!ほら、食器片付けるな!!」

小さい体でちょこまかと動き回り、それなりに手伝いをする一真。
背伸びをして棚に手を伸ばす姿、両手で慎重に食器を運ぶ姿、天音が使っている踏み台に乗っている姿・・・。
腹筋の限界を試されているようだった。
振り向くたびに、口元を歪めて肩を震わせるこちらに腹が立っているのか、一真が睨みつけてくる。
が、遙か下から見上げるその姿すら、更なる笑いを引き起こすだけだった。
いつもより笑顔の多い自分に他の常連客が不思議そうにしているが、どうしようもない。

そうこうしているうちに、遙香たちが帰ってきた。

天音「始さん、ただいま!・・・あれ、その子だぁれ?」
一真「ウェ・・・俺、一真じゃなくて・・・、かずっていうんだ!よろしく!!」
始「・・・剣崎の親戚らしい。あいつの代わりに手伝いに来てくれたんだ」
遙香「あら、そうなの?かずくん、ありがとう」
天音「一緒にお手伝いしようね、かずくん!」


635 :チャイルド・ジョーカー 2/3:2011/05/08(日) 13:50:22.79 ID:YRxLwieh0

4人で手際よく客をさばいていると、店も次第に空いてきて、遙香から声がかかる。

遙香「ほら二人とも、ちょっと休憩しなさい。始さんがジュース作ってくれるから」
天音「やった〜!始さんありがとう!!」

天音がいつものように、自分に飛びついてくる。
難なく受け止め、優しく頭を撫でていると。

一真「・・・・・・。『始さんありがとう!!』」
始「・・・!!」

天音と同じように、一真まで飛びついてきた。
思わず硬直し、殴るか突き飛ばすか蹴り飛ばすか、逡巡するが。

遙香「あらあら、始さん人気者ね〜」
天音「かずくんも始さん好きなんだ〜!私といっしょだね!」
一真「『うん!始さん優しいよね〜!』」
天音「ね〜!!」
始「・・・!!」

煌めく笑顔に囲まれ、退路が絶たれたことを知る。
ギギギ・・・と音のしそうなぎこちなさで、一真の頭を撫でると、嬉しそうに子どもらしく笑っている。
・・・さっき散々笑ったことの仕返しか。
さすがあの俺様と破壊者と悪魔の兄弟だけのことはある。
・・・そっちがその気なら。
遙香たちの前で抱っこでも高い高いでもしてやろうか・・・と黒い考えが浮かぶが、自分のダメージのほうが明らかに大きそうだった。


636 :チャイルド・ジョーカー 3/3:2011/05/08(日) 13:51:32.81 ID:YRxLwieh0

遙香たちの手前、いつものように一真を邪険に扱うわけにもいかず。
かといって、天音のように接することもできず。
無駄に疲れながら、カウンターの中で並んで食器を片づけている。

一真「『始さん、これはここでいいの?』」
始「・・・いい加減にしろ剣崎。笑ったことは謝っただろうが」
一真「・・・あれ、始って子ども好きだしさ。もっと喜ぶかと思ったんだけどな〜♪」
始「・・・」
一真「あ〜ごめんごめん。
   始がいつもより笑っているのはいいけど、笑われるのはやっぱ面白くなくってさ」
始「・・・悪かった。あと子供が好きなわけじゃない、天音ちゃんが大事なだけだ。
  ・・・それに」
一真「ん?」
始「小さくても、お前はお前だ・・・剣崎」
一真「・・・そっか。そうだよな」

−自分がアンデッドでも・・・総てを滅ぼすジョーカーであると知っても。

『 ・・・相川、始だろ』

迷わずにその名を呼んだ、遠い記憶。
あの時の言葉を返すように呟くと、小さくなっていても、いつもの面影の残る笑顔が返ってきた。

天音「ねぇねぇ、お母さん!」
遙香「なぁに?そっちのテーブルは拭けた?」
天音「うん、ばっちり!あのね、始さんとかずくんって兄弟みたいだね!」
遙香「ほんとね〜。仲良く並んでると、お兄ちゃんと弟みたいねぇ」

・・・店の奥から聞こえてきた会話に、手にしていたカップが手から滑り落ちた。

:::

遙香さん天音ちゃんと絡ませてみた!


637 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 17:46:28.93 ID:rcvgFxPkO
なんなんだ…この良作ラッシュは…!!
コナン化も母の日も全部まとめてGJだぜ!!

638 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:20:36.39 ID:MygBAG1g0
良作が大量生産されていてGJが追いつかない!

>>634-636
チビ一真書いた者だが、続けてくれてありがとう!
逆襲の一真に腹筋崩壊したwww

>>628-630
小さい渡が健気でキュンとした。親孝行いいなあw
あとチビ士の、やたら偉そうなキュ○ブロッ○ムコス想像して吹いたw

>>623-627
確かに一号家のおかんは総司と翔一だよね!
それにしても大首領風フィリップがツボったw

639 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:25:35.85 ID:wWB+mtFz0
うおお…なんだこの良作祭りは……!祭りの場所は、ここかぁ……!?
GJがおいつかない。ニヤニヤしちゃうわぁ……素晴らしいっ!!

640 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:29:07.16 ID:WYoP9EHC0
姉さんたちがちっちゃく、妹達がさらにちっちゃくなったら
総司が大変な事になりそうだな

641 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:47:44.44 ID:AtRqPeyHO
な、なんて量の作品なんだ…
ここ数日分ぐらいの職人さん、全員まとめてGJ!!
過去スレのどこを探しても、これほどのラッシュは見たことが無いぞ…!!

大人をちっちゃくするとこんなに面白くなるもんなんだね…(コナン化シリーズ
最初に犠牲(?)になったのが21歳ズ(特に影響力が大きいのは総司か)だったから余計、か…?

子供の日、母の日も素敵だったぞ!!




蛇足だが、俺が一番笑ったのは渡編(>>628)の士だったりするwww真司てめぇww何借りて来てんだwwww
お気に入りは
>>602の父さんの寂しげな呟き
>>597の加賀美の携帯
>>604のタロスズのやりとり
>>619の一真の行動
>>639の一真の逆襲
かな。

642 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:50:43.31 ID:AtRqPeyHO
>>641

一番最後、>>635だった…間違った…

643 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 21:52:27.59 ID:T64lagv90
最近の子供化ラッシュを受けてふと考えたんだが

・・・猛父さんが子供になったら、子供たちはいったいどんな反応をするんだろう

644 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:02:27.04 ID:AtRqPeyHO
>>638さんのIDに吹いたのは自分だけでいい…www
とってもエコロジーだね!!ww
いや、今となっては常識か…?

645 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:08:04.69 ID:wWB+mtFz0
>>644
MyBAGが一グラム……!?これは興味深い!ZECT以下略のみなさん製に違いないな!

646 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:11:12.15 ID:SiXR6aE20
ちっちゃい一真を言い出した589だが
>>618>>634もありがとう! ちょっとほろりとさせるところが素晴らしい!!(鴻上会長風)

>慌ててやってきた橘にもみくちゃにされた挙句に泣かれ、
橘さんお父さんみたいだ

他の職人様も楽しかった!
容量が怪しくなる位GJ!

父さんが子供化したら叔父さん達がはりきりそうだ

647 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:16:31.14 ID:GgMo4off0
久々に来たらなんだこの良作ラッシュ!
GJが追いつかないわ!
でも嫌いじゃないわ!

>>632今日の北村くん
真司「なんとなくだけど東條に近いタイプかなぁ」
東條「全然違うよ……先生とか佐野君みたいな大切な人たちと
   君みたいな戦うべき相手以外倒して何になるのさ……」
巧「……なぜか草加思い出した」
雅人「相変わらず失礼だなぁ君は」
士「大体わかった、ヤンデレってやつだな」
フィリップ「興味深い、早速検索を」
翔太郎「しなくていい!」

648 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:19:39.34 ID:v2Bk7ss10
>>632
北村「映司、こんなに家族がいたなんて・・・しかも小さい弟君が多くて苦労してるだろ?いつでも頼ってくれよな!」
映司「あはは・・・(ちょっとまずいタイミングかも。皆が小さくなってるなんて言えないしなぁ)」
北村「チケットだってまだ用意できるぞ。ほら、受け取ってくれ!家族みんなでぜひ!」
映司「ありがとう!北村君。(皆で遊びにいける頃には使えそうにないな・・・大量の子供用チケット)」

649 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:20:51.89 ID:v2Bk7ss10
北村君ネタがかぶってしまった・・・

650 :1gマイバッグ騒動。:2011/05/08(日) 22:41:06.93 ID:MygBAG1g0

総司「と言う訳で、ZECT以下略に早速作らせてみたのだが」

取り出したるはカラフルな13枚のマイバッグ。

真司「早っ!超早っ!」
映司「しかも全員分か、さすが総司!」
巧「なんで俺経由で配達してきたんだ……」

スマブレ的な意味です。

ヒビキ「これ、皆のイメージカラーになってるんだね!」
良太郎「それぞれにマークがついてて、すごくカッコイイよ!」
雄介「誰のだかすぐに分かるのもいいね!」

早速広げてみた兄弟達は、新発明に興味深々。

一真「すげぇ!コレ羽みたいに軽いぞ!」
総司「総重量1グラムだからな」
士「だが強度はどうなんだ?すぐ破れたら意味ないぞ」
総司「問題ない、いくつかのライダースーツにも使われている極軽量の特殊金属繊維を編みこんである」
フィリップ「そんな貴重な素材を使用したマイバッグ…興味深いね」

翔一「結構大きいし、買い物しすぎても安心だね」
渡「ニスの材料集めにも使えそうだよ」
翔太郎「現場で証拠品入れるのもアリだな」

兄弟の評価は概ね上々。
そこで真司が小さな疑問を口にした。

真司「でも総司。そもそもなんでマイバッグ?」
総司「それはだな、真司兄さん」

ここで一呼吸置いた総司が真司を睨みつけた。

総司「このところ何度も何度も何度も、買出し当番を忘れる者がいるからだ!」
真司「ひぃっ!ごめんなさい!」

だが槍玉に上がったのが真司だと言うだけで、
翔一以外の全員が総司の怒声に首をすくめていたとさ。

 * * * * *

ID気にしてなかったから、言われて自分で吹き出したw
なので変わる前に急いで書いてみた。殴り書きすまない。

651 :名無しより愛をこめて:2011/05/08(日) 22:44:09.90 ID:T64lagv90
>>647
>>648
どっちもGJ!!
大量の子供用チケットはご近所の幼稚園あたりに寄付しそうだなぁww

>>650
ZECT以下略すげぇwwwww
そして仕事速いな職人!まじでGJ!!


652 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 00:07:51.36 ID:1gdrLur+0
>>650
そのIDはどこ行ったら神になるんだろう? ハンクラ? 節約?
それはさておき各々のイメージカラー&シンボルマーク入りなら
普通に商品として出してほしい

653 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 00:10:53.23 ID:xQnRlCWN0
あれだな、今の状況はまさに「呟いた言葉が現実になるように」状態だな
GJなんだぜ!素晴らしいッッッ!

654 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 00:29:46.80 ID:0MQKM00pO
この良作ラッシュはどうしたんだ!?
GJが追いつかないとか嬉しい悲鳴だな


小さい渡とお父さんお母さんがぐっときたのでちょっと続き

***

「ほら渡、ちゃんと髪を乾かしなさい」
風呂上がりの小さな体を膝に抱き上げて濡れ髪を拭きあげてやる真夜と少し照れくさそうにそれでもされるままになっている渡の姿を、何よりも美しい光景だなと視界の端に収めながら音也は棚を漁る。
「なにを探してるのかしら?」
「んー?分数バイオリンがあったかと思ってな、真夜。うん?いや、“母さん”」
「分数バイオリン?渡に弾かせるの?」
「ああ。せっかくだから可愛いらしい曲を弾く渡が見たくてな」
「父さん…。普通のバイオリンでもたぶん弾ける、と思うけど……」
あらかた水分を取り終わっても渡を膝に乗せたまま柔らかく首を傾ける真夜と、髪を梳く真夜の手に逆らわないまま不思議そうに首をかしげる渡があまりにも似ている母子で、音也は周囲を漁るのはそのままに思わず緩む口元で笑みを零した。
「いーやっ、どうせなら徹底してかわいらしく、だ!曲はそうだな……ガヴォットか、いやここはきらきら星だな」
「あら、それは素敵ね。お父さん」
「ハッハッハー、そうだろうそうだろう母さん。そしたらマ・メール・ロアでもデュエットするかぁ、渡」
そうしたら、困ったように笑う息子と幸せそうな母親を両手に抱きしめてやろう。
初めて奏でる子守唄に幸せの響きをのせて小さな子供が眠ってしまうまで。
母親の膝で眠りにつくのは子供の特権だからな。



655 :子供化がお父さんにまで波及したようです:2011/05/09(月) 01:00:39.20 ID:YVIP9EWy0
>>654
GJです!紅一家すごい和んだ!照れてる渡かわいいなぁ
そして最後の方はちょっとうるっときた



そしてそんな雰囲気をぶち壊す様なネタを投下していく

□■□■

猛「・・・というわけで、こんなことになってしまった(5歳くらいに縮んでる)」
アマゾン「タケシにいさん ちいさい!」
光太郎「に、兄さんが子供に!?まさかこれはゴr」
隼人「さっき『濡れ衣です勘弁してください』という手紙がゴルゴムとクライシスから届いたからたぶん違うぞ」
敬介「猛兄さん、何か思い当たる事はありませんか?改造人間を子供にするなんていくらなんでも普通の技術じゃ無理だ・・・」
猛「おもいあたることか・・・むぅ・・・」
丈二「なんでもいいんです。知らない男の人からお菓子をもらって食べたとか知らない女の人にどこかへ連れていかれそうになったとか」
隼人「いやそれだと子供化の原因とかじゃなくただの変質者だろ」
猛「そういえば・・・きのうデストロンのきちをせんめつちゅうになにかやくひんをあたまからかぶったような・・・」
隼人「そ れ だ」
丈二「デストロン関係の薬品だったら、僕がなんとかできると思います。多少時間はかかると思いますが・・・」
猛「うむ。たのむぞじょうじ」
一也「・・・あれ?志郎兄さんは?さっきまでここにいたのに」
茂「あー・・・デストロンの名前が出た瞬間にハリケーンダッシュでどっか行っちまったよ」
良「・・・敵ながらなんだか気の毒だな」
洋「あ、志郎兄さん今どこに・・・基地せん滅はそれくらいにして早く帰ってきてくださいね。もうおやつの時間ですから」




・・・なんかすいません


656 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 01:14:18.55 ID:IRTugBly0
上のバッグ話で思い出したんだけれど、これディケイドっぽくね?
ttp://blog.hankyu-dept.co.jp/hakata/accessory/beauty/2011/04/20110408_223000_589.html

657 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 01:55:04.83 ID:/gPJ6dzx0
ピンクと黒(しかも縦縞)だとディケイドっぽいよね
…一瞬イチゴチョコを連想しましたすみませんでした

658 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 01:55:17.69 ID:z/QzcJaQ0
出るネタ出るネタ面白すぎて長文になりそうで一個ずつレスつけられん!
全員まとめてGJ!!!!

>>656
「緑色の目までついてるじゃん!」と思ってよく見たらそんなものついてなかった。
これは自分でもビックリだ・・・・

659 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 11:48:55.38 ID:yjx8qAlZ0
>>650マイバッグ話GJ!!
やっぱ赤いバッグばっかりなのかとか
一人だけ青いバッグでへこむ一真とか
緑と黒の2色で面白いWのバッグとか
4色+白というワケわからん配色バッグにどん引きする兄弟と、超うれしそうな良太郎とか
タトバカラーで国旗みたいなバッグの映司とか
ピンクと黒のストライプというド派手な士とか
想像するだけで楽しかった
そして>>656、想像がまさに現実に・・・
頭の中で考えていたときはありえん配色だとおもったが、実物を見ると以外にかっこよくて悔しい
士が持つとカメラとおそろいの色で、さらに上級者ファッションだな!

660 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 11:55:14.08 ID:yjx8qAlZ0
最初に三つ子を縮めた者だが、その後の良作ラッシュに嬉しすぎて感動した・・・
本当に職人様たちの作品は素晴らしい!
話をどんどん広げてくれて、コナン祭り状態ww
どの作品もすごく面白くて好きだ!ありがとう!!


661 :あの日タイムマシン 1/6:2011/05/09(月) 12:03:34.75 ID:yjx8qAlZ0

コナンシリーズ続編?番外編?です
子どもの日、当日のミニ総司でお送りします
兄弟は血縁でも絆でもどちらでも

+++

「総司、イライラしてんな〜」
「真司兄がさっき、抱っこしようとしたからだろーが」
「まぁ縮んじゃったなんて、総ちゃんからしたら不本意なことだしねぇ」
「・・・子ども、キライなのかな?」

自分を遠巻きにしている、兄弟たちの声が聞こえてくる。
今日は子どもの日・・・国民の祝日であり、家族と過ごす大事な行事の日だ。
分かってはいる・・・子どもは宝だと、おばあちゃんも言っていた。

小さいてのひら。
小さい肩。
小さい歩幅。

子どもは確かに宝だが、自分がその宝に戻りたいとはこれっぽっちも思わない。
思いどおりに動けない自分に、過剰に子ども扱いする周囲に、苛立ちが増していく。
先程、真司や士に八つ当たりをして多少は溜飲を下げたが、そんな行動に走った自分がまた子どもっぽい気がして、苛立ちがループしていく。
そんな時。


662 :あの日タイムマシン 2/6:2011/05/09(月) 12:04:37.65 ID:yjx8qAlZ0

「ほら、総司!子どもの日って言えばこれだろ!」

五男・一真の楽しげな声とともに頭に降ってきたのは、紙で折ったかぶと。
自分にかぶとをかぶせて、笑顔で見降ろしてくる相手は、同じく紙で作られた刀を手にしている。
だが、縮んだ頭をすっぽりと覆うそれは、随分と古びた新聞紙で折られていた。
その独特の感触と匂いに、懐かしい記憶が溢れだした。

「・・・これは、俺が折ったかぶとか」
「お、よく気付いたな〜。そうそう、前に掘り出したタイムカプセルから出てきたヤツだよ。
 あの時の総司さ、俺のお願いを聞いて、カプセルにコレ入れてくれたんだもんな」
「・・・掘り出したあと、兄さんが持っていたのか」

開けたカプセルの中身を皆で懐かしんだあと、それぞれ欲しがった兄弟が手元に置いていたはずだ。

「・・・カプセルに入れるとき、『かぶとでいいのか』って聞いてたけどさ。
 あの頃の総司はかぶと折るの上手で、よく俺たちにも折ってくれてただろ。
 すげー嬉しかったんだ」
「・・・ああ、そうだったな」
「みんなで掘り出した時、それを思い出したよ・・・今でも、俺の宝物なんだ」

そうだ、昔は。
父や兄弟にせがまれて、よく作っていた・・・けれど。


663 :あの日タイムマシン 3/6:2011/05/09(月) 12:05:31.33 ID:yjx8qAlZ0

「・・・総司?どうかしたか?」
「・・・俺の・・・日下部の両親が、ネイティブに襲われた時。
 その時にも、俺は自分で作ったかぶとをかぶって遊んでいた」

そして目の前で起こった惨劇に、どうすることもできず、隠れていることしかできなかった自分。
幼く、守られているだけだった自分。守ることのできなかった自分。
古い折り紙のかぶとが、小さな今の姿が、かつての幸せと後悔の記憶を揺らす。

「・・・あの時の自分を。守れなかった、大事なものを思い出すから・・・
 いつしか、かぶとを折らなくなっていたんだろうな」

揺るぎない天の道の始まりは、こんなにも小さい自分だった。
かぶとで表情を隠し、噛みしめるように呟く。

「・・・俺も、そうだよ」

頭上から静かに零れおちた声は、雨粒のように心に波紋を起こす。
縮んだ自分と目線が合うように、細長い体を折り曲げた兄が、こちらを覗きこんできた。
よく笑う彼には珍しい、どこか痛みを堪えるような表情に、目が逸らせなくなる。

「俺も、剣崎の両親を火事でなくして・・・炎に包まれる二人を前に、何もできなくて。
 だから自分の力で、誰かを助けたいってずっと思ってた」


664 :あの日タイムマシン 4/6:2011/05/09(月) 12:06:25.48 ID:yjx8qAlZ0

その眼に宿るのは、決意。いつしかその表情にも、強さが滲んでくる。

「あの時の痛みがあるから、俺はライダーになれたんだ。
 辛いことも、悲しいことも。バネにして生きていくって決めて・・・そうしてきたから。
 きっと、今・・・ここにいる」

ここに・・・戦う者たちの、集う場所に。

「俺も・・・前はあの火事の夢にうなされて、二人のことを思い出すのも辛かったけど。
 よく遊んでもらったこととか、優しくしてもらったこととか・・・
 ささやかだけど、大切で優しい記憶も、たくさんあるんだ。
 そういうの、ちゃんと大事にしていかなきゃだめなんだって思うよ」

縮んでからずっと、波打つように揺れていた自分に、沁み入るように響く声と想い。

「だって最後の瞬間まで・・・二人は俺の事、心配してくれてたから。
 俺の無事を祈ってくれてたから、さ」

かぶとの上から、そっと乗せられるてのひら。
小さな存在をただ慈しむ仕草は、ふたたび遠い記憶を呼び起こしたけれど。
もう、痛みは感じない。
幼くて、弱かった自分も、自分だから。
そこに注がれた想いも優しさも、確かにあったものだから。
いま一番近くにある体温が、それを教えてくれた。

「ありがとう・・・兄さん」

先程、士や夏海に向けたような作り笑いではなく、自然に笑えているだろうか。
少し不安に思って見上げると。

「おう!」

いつもと同じ、全開の笑顔が返ってきて、安心した。


665 :あの日タイムマシン 5/6:2011/05/09(月) 12:07:17.54 ID:yjx8qAlZ0

「・・・子どもの日に飾られる刀には、謂れがある」
「ウェ?これ?」

唐突に告げると、不思議そうに自分の手にした紙の刀を見つめる兄。

「刀の持つ輝きで、魔を祓い子どもを災厄から守ることを祈願しているんだ。
 ・・・ブレイド。兄さんの戦う姿に、相応しい名だな」

−いつでも、どんな時でも。
戦うすべを奪われた時ですら、この兄は守ろうとすることに、守る相手に全力で向かい合っていた。
兄の強さは、心に持つ剣と、その輝きだ。
あらゆる災厄から、戦えない者を守るための力。
・・・自分も、そうあることができているだろうか。

「・・・ありがとな。
 子どもの日のかぶとはさ、子どもの身を守ってくれるようにって祈りを込めて飾るんだろ?
 なら、総司のカブトと同じだな・・・誰かを、守るための力だ」

俺たち、おんなじだな。
そう言って笑う表情に、湧き上がる想い。
弟して、誇りに思われる自分で。
また戦士として、向かい合える自分でいたい。

「あ〜いいなぁ、その刀とかぶと!ねぇねぇ、僕にもちょうだい!」
「あ、黒総司ずるい!僕もほしい〜!いいよね、答えは聞いてない!!」
「ああ、分かった・・・いま、折ってやる」
「あはは!総司はかぶと折るの、上手いんだぜ〜」

そしてにぎやかな声に取り囲まれ、いつしかいつものように笑い、怒り、過ごしている自分がいた。


666 :あの日タイムマシン 6/6:2011/05/09(月) 12:08:16.58 ID:yjx8qAlZ0
「総ちゃん、ちょっと落ち着いたみたいだね〜。一ちゃん、何か言ったの?」
「いや?・・・かぶと、かぶせただけだよ」

家の子どもたちに囲まれ、いつもより少し穏やかな表情でかぶとを折っている総司。
その光景は、兄弟それぞれの幼い記憶を、少し暖めてくれるようだった。

いま一真の部屋には、古びたかぶとの隣に、真新しい折りたてのかぶとが並べて飾られている。

+++

幼少時の生い立ちと、子どもの日のお飾り物に共通点のある二人
お兄ちゃんぽい一真と、弟っぽい総司にチャレンジ
13スレ>>64、タイムカプセルのお話、お借りしました!
あの話すごく好きだ!!
いつも素晴らしい話を投下される職人様達に感謝を・・・


667 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 16:26:24.60 ID:lXnAwBnx0
良作ラッシュが止まらない!皆さんGJです!
GWに盛り上がってるっていうのがなんだかヒーローっぽい気がする

タイムマシン話は目からなんか出た
総司が無自覚の兄弟姉妹に支えられてるって大好きなんだ
いや支え合ってるっていうのかな?

>>600-602の茂叔父さんの無敵っぷりにも惚れ惚れしたし
>>655はほんっと叔父さん達パねぇ!としか
ひらがなの父さんも可愛いよ父さん
ゴルゴム&クライシスの手回しの良さに笑…じゃなくて泣いた!

>>654
小さい渡話を書いた者ですが続けてもらえるなんてありがとうございます
音楽家の家族らしい会話が素敵です!

ライダーマイバッグ発売しろー
2gになっても構わないからWバッグはリバーシブルのCJ・HM・LT・FJ全部乗せで!

668 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 17:45:51.34 ID:VLgDCHYm0
どれもこれもGJ!

ヒビキのマイバッグは

おばあちゃんが持ってそーな地方の百貨店のマイバッグ

みたいになりそうな悪寒w


669 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 18:54:17.56 ID:kb7545HZ0
流れを切るようで恐縮だが、そろそろライダー家に宇宙海賊が殴りこむ時期じゃないか?
能力的にも士とタメを張れそうだし。


『邪魔するぜ、仮面ライダーども!!』

670 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 19:07:58.23 ID:JiZBiIOD0
>>669
時代勝負でディケイドクウガVSゴーカイタイムレッドとかか。胸熱。

671 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 19:46:48.56 ID:6bIkiSR50
>>669
士と同期の殿がアップを始めました。(レッド一族スレ的な意味で)
そして大樹が何かやらかす気満々です。

あと矢車さん、なんか金色の小さいのがあなたの周りを飛んでますよ?



672 :名無しより愛をこめて:2011/05/09(月) 21:34:39.84 ID:lXnAwBnx0
大樹「見たまえ士!このトリがあれば宇宙最大のお宝が手に入るんだ!」
ナビィ「トリって言うなー!」
士「つっこむ所はそれでいいのかトリ」

いや、いくら海東でもそう簡単には盗めないと思うけどw

673 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 01:15:01.46 ID:akfT1O2Z0
>>661殿のお話の終わり、6/6が>>666番目のレスと一致した奇跡、
そして>>667氏のIDからnと0を抜けば、イクサと、ダブルのOP曲が顔を出すという奇跡・・・・・・

そして何より、このスレに出会えた事と、みんなでスレを作ってきたという軌跡が奇跡です!

674 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 03:31:41.21 ID:+hSiI1yTO
>>669

翔一「宇宙海賊さんがくるんだって?じゃあまた美味しいもの作っておかないと!」

雄介「俺のカレーもどうかな?」

真司「んじゃ、俺の餃子も…!!」

総司「餌 付 け を す る な !」


みたいな光景が浮かんだのも、一話からずっと飯飯言ってる船長のせい

675 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 09:10:54.27 ID:Bc/FnIKG0
ちょっと相談なんだが。

>>673を見て、話を書いてみたんだ。
だがライダーよりにはなっているが、兄弟要素が少なくなってしまった。
結構スレ違いっぽく見えるので投下できないでいる。

書き込んでも大丈夫かな?

676 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 09:12:06.04 ID:Bc/FnIKG0
アンカ間違えた。>>672だ、すまない。

677 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 09:50:45.90 ID:oGsPjNUD0
>>674
巧「…代わりに食ってくれ」(と鍋焼きうどんを置く)
一真「牛乳貰ってきたぞ〜」
響鬼「よーし、じゃあシチュー作っちゃおうかな!」
良太郎「姉さん、怪我人ににんにくわさびは…」
渉「え、えっと、じゃあ僕も何か…」(ニスの材料ゴソゴソ)
士「大体分かった、肉だな肉」(生きてる鶏を取り出す)
翔太郎「酢だの餅だのがまだ残ってるんだよな〜」
フィリップ「何なら新しく検索を始めてもいいよ」
映司「…小銭とパンツしか持ってないや」

総司「ち ょ っ と 待 て」


いや本当はおいしい料理を用意出来るんだろうけども

678 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 09:52:27.42 ID:oGsPjNUD0
×渉→○渡

こんな小ネタで誤字とか…ごめん渡

679 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 11:02:42.94 ID:J/UE6VGV0
>>675
大丈夫だよ!少なくとも自分は見てみたい!!


680 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 11:07:43.85 ID:gRDHz8w50
>>675
避難所いけば?

681 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 12:56:55.46 ID:AnfFyxEBO
避難所は兄弟スレの避難所であってネタの避難所ではない。

しかし難しいな…自分も読みたいけど。
兄弟要素が皆無というんではなくちゃんとからんでるんならアリなんじゃと思うが、どうなんだろう?

682 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 13:35:01.56 ID:LZ3AGAsv0
>>674
>>677
ジョー「キッチンを貸してくれればデザートは俺が作ろう
     …ふむ、新鮮な牛乳がたくさんあるな」
アイム「これが“緑茶”というのですね。なんて薫り高い。
     今度その『たちばな』というお店、案内していただけませんか?」
ハカセ「ギョーザって作り置き出来るんだ。真司くんレシピ教えてよ!」
マーべラス「鶏肉うめー」
ルカ「腹ごなしにポーカーでもする?(カードを華麗にシャッフル)」
一真「ウェッ?!それラウズカード!!ナズェモッテルンディス!」

普通に和み始めてしまった。


>>675さんしか内容は判断出来ないから難しいけど
気持ち的にはすごく読みたい

683 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 15:24:42.81 ID:6wE1qlkKO
>>675投下待ってる!
>>674>>677>>682に便乗小ネタ

渡「宇宙海賊…宇宙人……ふふふ…(チャキッ)」
士「大体わかった、新しいニスの可能性だな。(ガシッ)」
ハカセ「え?え?にす?何その剣!?何で僕羽交い締めにされてるの!?」
渡「大丈夫!痛くしないから…!」
士「動くと痛いぞー(ニヤニヤ)」
ハカセ「うあああマーベラス!助けてマーベラス!ルカ!ジョー!アイムー!」

一真「ナズェミテルンディス!?助けなきゃ…!」
マーベラス「こんなにご馳走になってんだ、置き土産が必要だな(ガツガツ)」
ルカ「それもそうねー(パクパク)」
ジョー「仕方ない(ムシャムシャ)」
アイム「痛くしないと仰って下さってますし(ニコッ)」
一真「ウェ…(つられてニコッ)」
ハカセ「ちょっとみんなあああああー!」

ハカセって良いキャラしてるよね。ゴーカイはいざとなったら皆が助けてくれるよ!って感じが良い。

684 :お宝と鳥と似た者同士。1/2:2011/05/10(火) 20:13:15.17 ID:Bc/FnIKG0
>>675だが、返答ありがとう!不安だけども投下してみるよ!

という訳で>>672に微妙に続けてみた。戦隊とのクロスオーバー注意。
士が海東を「大樹」と呼んでるのは二号家仕様だとでも思ってください。

 * * * * *

ライダーハウスに一人の客が訪れた。

丈留「久しぶりだな、士」
士「丈留か。よく来たな」

いつもの黒子も連れずに単身やってきたのは、シンケンレッド・志葉丈留。
かつて共闘したこともある彼は、士にとって戦友と言える間柄だ。
さっそく居間で茶でも振舞おうと思ったのだが、丈留はそれどころではないらしい。

丈留「士、頼みがあるんだが」
士「何があった?」

切羽詰った顔をした丈留が切り出したのは、
最近レッドハウスにやってきた海賊頭が怒り心頭であるという事実。
どうやら何者かが彼らの基地に侵入し、大切なナビゲートシステムを盗んでいったということだ。

丈留「ナビィがいなければ彼らは目的を達成できない。何か心当たりはないか?」
士「……大体分かった。ちょっと待ってろ」

途中から頭を抱えつつ聞いていた士は、大きなため息をついてそう告げる。
そしておもむろに表へ出ると、隣の二号家に向かって思いっきり怒鳴りつけた。

士「大樹!お前ちょっと出て来い!そのトリ持ってだ!」
大樹「イヤだね!このトリは僕の物だ!」

二階の窓から顔を出した大樹は、士に対して大声で言い返す。

大樹「僕は宇宙最大のお宝を探しに行くんだ!邪魔しないでくれたまえ!」
士「お前じゃ無理だろ絶対!返せそのトリ!」
ナビィ「トリって言うなぁー!」

若干ズレたツッコミを華麗に聞き流した二人は、なおも言い争いを続けている。
あまりの騒ぎに圧倒され、丈留は見ていることしかできなかった。

士「大体お前は宇宙海賊でもスーパー戦隊でもねぇだろうが!」
大樹「そんなの関係ないね!折角手に入れたんだ、トリは渡さないよ!」
士「はっ!イカちゃんの次はトリちゃんか!センスないなお前!」
大樹「この光るセンスを理解できない君には言われたくないね!」
ナビィ「だーかーらー!トリじゃないってばぁー!」
丈留「士。せめて名前で呼んでやれ、名前で」

ぎゃーぎゃーぎゃー。

近所迷惑な大騒ぎは、赤い一閃によって唐突に中断される。
一瞬後、大樹の手からナビィは消えていた。

685 :お宝と鳥と似た者同士。2/2:2011/05/10(火) 20:14:48.19 ID:Bc/FnIKG0

マーベラス「やっぱりテメェが持ってたか!」

ゴーカイサーベルを片手に、マーベラスが二人の間に割って入っていた。
その左腕には大樹から奪い返したナビィが収まっている。
更には彼と行動を共にしていたらしい映司とアンクが走ってきた。

ナビィ「えーん、マーベラスぅー!」
マベ「全く。お前の推理通りとはな、映司」
映司「弟が夕べ、トリがどうのって言ってたのを思い出したからね」
アンク「なんでそこで俺を見るんだ!?あぁ!?」

妙な連想をされたらしいアンクが怒鳴るが、映司は無視して士に歩み寄る。

映司「ありがとう、士のおかげで見つかったよ」
丈留「俺からも礼を言う。助かった」
士「元はと言えば全部アイツのせいなんだがな」

二号家の二階を見上げた士だったが、そこにはもう誰もいない。
物音がして振り向くと、既に逃げの体勢に入っている大樹の姿があった。

丈留「待て!」
大樹「誰が!」

猛ダッシュで逃げる大樹を、鍛え抜いた足で追いかける丈留。
二人を見送るマーベラスは少々呆れ気味だった。

士「映司兄、アイツが噂の船長か?」
映司「ああ。ナビィ探してたから手伝ってたんだ」
士「なるほどな……海賊か」

何かを思うところでもあるのか、士はちらりとマーベラスを見やる。
その視線を感じたのか、マーベラスも士に視線を送ると口の端を上げた。

士「すまなかったな、船長さんよ」
マベ「まあいいさ、こいつも奪り返したしな。それに」
映司「それに?」
マベ「結構面白かったぜ。そっちの赤いトリもな」
アンク「おい貴様!黙って聞いてりゃイイ気に……!」
映司「アンク落ち着けって!」
マベ「ふ、じゃあな」

ライダー達に背を向けて、マーベラスは颯爽と立ち去った。
その姿をカメラに収めると、士はニヤリと笑って彼を見送る。

士「またな、もう一人の俺」

686 :お宝と鳥と似た者同士。おまけ:2011/05/10(火) 20:16:08.85 ID:Bc/FnIKG0

マベ「お前も簡単に盗まれてんじゃねぇよ、トリ」
ナビィ「トリじゃないのにー……」
マベ「お前がいなきゃ、俺達の道標がなくなるだろうが!」
ナビィ「痛い!痛いよマーベラスー!」

ナビィにデコピンを食らわせつつ、マーベラスは帰る家へと向かって歩き出した。
これにて一件落着。

 * * * * *

士と丈留、映司とマーベラスで同期組にしてみた。
ディケイドとゴーカイジャーって能力似てる&どっちも記念作品ってことで。
あとアンクごめん。マジごめん。

687 :名無しより愛をこめて:2011/05/10(火) 23:20:23.43 ID:msBrarK40
>>684-686 GJ!
既に脳内ではディケイド×ゴーカイコラボ回がアバンからOP挟んで二分くらいのところまで
放送されている自分にとってはなんという俺得w

マーベラスのあのメンドくさいっぽいこと言いながら動き出すとノリノリ、
みたいなとこが士に似てるなあと毎週思ってしまう・・・

688 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 08:01:48.51 ID:gdYcSzwH0
>>684-686
たまたま最近ディケイドのシンケン世界を見直した俺得でもあった
言われてみれば確かにイカの次はトリw

二号家との連絡方法が「大声」っていうのが素朴というかなんかいいな
「タケノコたくさん掘ってきたよー!」とか
「それも乾巧ってヤツのー」とか声掛けしあってるんだろうか

689 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 08:41:49.76 ID:V2dzhs1EO
>>683
アカレッド「待て!今すぐそいつを離せ!今度ニスの材料にELSをプレゼントするから!」
渡「えっ…」
士「どんな音色かは大体分かった」

一真「こんなにも時間がかかってしまった…」
真司「どうした?」
一真「何か俺がこの台詞を言う必要がある気がして…」
巧「どこからツッコミ入れるべきか分からねぇ…」

690 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 08:55:04.72 ID:GzRJh66q0
>>689
ELSってガンダムのアレならキバット辺りがメタル化するぞw

691 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 12:32:57.41 ID:NoFqBlOsO
北村は何もかも終わったら、お詫びとして兄弟分の下着送ってきそう。そうなれば、

翔一「未成年兄弟はブリーフか。狼の刺繍入りがたっくんの、桃の刺繍入りが良太郎の、あと緑風車の刺繍入りがフィリップの。」
一真「うぇ!成人組は殆どそれっぽい刺繍入りトランクスだ。ただ・・響鬼兄さんのはナジェニ褌ナンディス?」
真司「兄さん、めちゃくちゃ嬉しそうに着けてるし、ほぼ全裸で。」
巧「つっこまないぞ。」
翔太郎「左平次か・・グッジョブ。」

みたいな感じになりそうだがな。

692 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 13:18:11.04 ID:tX4/7vh4O
>>689
それまた喚きだしたらどうすんだ
ピカピカになった一真が盲目になった始に会いに行くのかwwww



693 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 16:32:43.13 ID:c4/YoGxg0
ちょっとかぶったけど規制解除されたから投下してみる

694 :仮面パイレーツ!1/3:2011/05/11(水) 16:33:42.50 ID:c4/YoGxg0
ある日の平和なライダーハウスに

とんでもない奴等がやってきた!!


ドゴーン!!

真司「なっ!なんだ!?」
ヒビキ「何か落ちてきたみたいだけどねえ」
一真「ウェ?まさか大ショッカーの攻撃!?」

兄弟達のが外を見ると庭に突き刺さる

渡「赤い…碇、かな」
巧「ていうか大きすぎるだろこれ!ていうかなんで家にこんな物が」
雄介「面白そうな物が降ってきたなあ〜」
映司「あっ!?…これは」
良太郎「映司兄さん何か知ってるの?」
総司「詳しく教えて貰おうか」
士「大体分かった」

取りあえず外に出てみる兄弟達

翔太郎「でけえな」
フィリップ「何だいあれは?ゾクゾクするねえ」
翔一「あっ畑に被害がなくて良かった〜」
ヒビキ「それで映ちゃんあれは?」
映司「えっとねえ…」

695 :仮面パイレーツ!2/3:2011/05/11(水) 16:34:44.26 ID:c4/YoGxg0
映司が説明しようとした時赤い船からカラフルな連中があらわれた!

マーベラス「邪魔するぜ!仮面ライダー共!!」

全員「えっ!?」

いうやいなや華麗に降りてくる海賊たち


マーベラス「よう映司!招待されたから来てやったぜ!」
ジョー「まっ暇つぶしにはなるだろうな」
ルカ「ねえ〜ちょっと!せっかく来たのにお茶の一つも出さないわけ!?」
ハカセ「ちょっとルカ!いきなりそれは失礼だと思うよっイテッ!」
アイム「まあまあ、それでは皆さん自己紹介をいたしましょうか」


総司「映司…」
映司「いや、誘ったけどまさかこんな風に来るとは思わなくて…」
マーベラス「何ごちゃごちゃ言ってんだ?」
真司「あっ!悪い悪い!じゃあ君達が今回の…」

マーベラス「おうよ、行くぜ!ゴーカイレッド!」
ジョー「ゴーカイブルー!」ルカ「ゴーカイイエロー!」
ハカセ「ゴーカイグリーン!」アイム「ゴーカイピンク!」
ゴーカイジャー「海賊戦隊!ゴーカイジャー!!!」

696 :仮面パイレーツ!3/3:2011/05/11(水) 16:36:05.24 ID:c4/YoGxg0
フィリップ「ゾクゾクするねええええ!検索しがいがあるよ!」
良太郎「かっこいい」
翔一「かっこいいねえ〜じゃあ立ち話もなんだしお茶出しますから中に入って下さい」
マーベラス「おう、そうさせてもらうぜ!」
ナビィ「待ってよ!僕も行くよ!」
翔太郎「うおっ!なんだこいつ?鳥か?」
マーベラス「おう、トリだ!」
ナビィ「違うよ!ナビィだよ!」


そんなわけで仲良くライダーハウスに入るゴーカイジャー達一行

しかしその背後には…


「あの赤い船…僕のお宝に相応しい!」

697 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 00:02:47.44 ID:/lOZ+8R30
海東自重しろw
と思ったけど考えたらあいつデンライナーも盗もうとしたくらいだから今更か


698 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 01:00:35.82 ID:R/ncO3R60
>>697
海東「お宝、持ってきたよ」(後ろに、デンライナー、ガレオン)
二号家一同「今すぐ、返して来い!」と、なるのかw

699 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 01:07:35.68 ID:25anR/q80
>>698
しょっちゅう一条さんとかデカレンジャーから「御宅の息子さん・・・」って説教受ける2号一家想像して吹いた

700 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 12:51:31.04 ID:awV/TOjLO
氷川と加賀美と照井はその度に謝ってるわけですねわかります
しかし警察関係者が多い家族なのに海東はめげないなwww

701 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 16:46:47.88 ID:Sq/ToRDQO

>>700
海東「侍君たちも言ってたじゃないか、負けなーいめげなーい諦ーめなーい♪ってね だから僕は謝らない☆」

照井「誰かこのバカな弟の邪念を振りきってくれないか」

侑斗「無理だろ」


こんな2号家の食卓風景が浮かんだのも、ディケイドのせい

702 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 19:00:35.64 ID:DYXOVcvPO
>>701
名護「食事中に歌を歌うのはやめなさい」



という名護さんが見えたのは名護さんが最高だから

703 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 19:50:40.86 ID:ybwCsbBr0
アウトドアでもおでんを作ろうとしていた伊達さんから考えると、
これからの季節2号家兄弟は厳しい戦いを強いられるな


新「天道!おすそわけに来たぞ!」
蓮「城戸、お裾分けだ」
侑斗「俺のおすそ分けはかーなーり多い!」
竜「おすそ分けがお前のゴールだ」
雅人「邪魔なんだよ……俺のおすそ分けを受け取らない奴は」
啓介「器は天に返しなさい」
巧「全員そのまま持って帰れ!」
翔太郎「なんで毎日毎日大量に作るんだよ!そしてウチに持ってくるんだよ!」
始「おでんが嫌ならケーキもあるぞ。大量にあるぞ」
士「大体分かった。バース組をどうにかしないと駄目だな」
真司「カード持ってどこ行くんだ士!誰をFFRする気だ!」

704 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 21:10:14.68 ID:099ezgfFO
>>696
ナビィがキバットやガジェットたちやディスクアニマルたちと戯れてたら、さぞかし和む光景なんだろうな。

705 :名無しより愛をこめて:2011/05/12(木) 23:45:08.45 ID:d3yozLUvO
映司が『飛ぶ』フォームで暴走したが我等がスカイライダー
筑波 洋はどんな反応を示すか

706 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 01:14:03.05 ID:zA7CHz5l0
洋おじさんは普段優しいけど飛ぶことになると異常に熱血になるからなぁ・・・

707 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 03:29:05.30 ID:k84FBXJq0
ネットムービーみたらFFRが音声だけレアで吹いた
季節外れすぎだろ今は・・・

708 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 07:44:44.68 ID:8hcKmQzvO
お裾分けな。
アンク「あんなお裾分けの山、飲み込んでやらん。」
翔太郎「そういいながら、ケーキ腕に飲み込ませてるのはなぜだ?」
フィリップ「検索済みだよ、翔太郎。甘いものは別腹、だって。」
巧「別腹でなく、あれ腕だぜ・・。」

709 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 10:12:41.66 ID:ylMSoWYw0
そしてむくむくスーツ改めむくむく腕アンクへと

710 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 14:16:54.68 ID:BUhcHvk00
むくむく腕アンクw
重くて泉刑事から離れて飛んで行けなくなってる姿が浮かんだ

711 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 16:08:09.59 ID:vSNx7Y+0O
アンク「俺のメダル!!」

バッ……ボテッ

映司「全然飛べてない…」

712 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 16:17:00.48 ID:gpI3BRFBO
メタボ?と表現していいのだろうか・・・

713 :名無しより愛をこめて:2011/05/13(金) 23:46:28.06 ID:JZPA2uoU0
>>703にちょい続けてみた

『ファイナルフォームライドゥ ササササトナカ!』
『ファイナルフォームライドゥ キキキキヨチャン!』

士「身内にカタをつけてもらうのが一番だろ」
里中「あ、定時ですんで帰りまーす」
翔太郎「おーい。自力でFFR解除しやがったぞー」
キヨちゃん(おでん鍋で煮込まれた恨みはらさでおくべきか…)
真司「キヨちゃんはすっげーやる気みたいだけど…」
巧「ありゃキヨちゃんてよりドクター真木そのものだろ」

714 :名無しより愛をこめて:2011/05/14(土) 00:49:27.71 ID:Uu1Z9lz8O
>>713
里中△

715 :名無しより愛をこめて:2011/05/14(土) 22:57:15.34 ID:scwkEl+80
>>714
しばらくサイレントヒル2ばっかやっていたせいか里中△を見て里中さんが三角頭のあれになったかと思っちまったよ…

>>713
GJ!
自力でFFR解除する里中さんすげえwww

716 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 01:00:14.54 ID:NppwM7H10
>>715
全てを破壊するディケイドでも、時の契約は破壊出来ないということか

717 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 09:01:24.82 ID:tDWE5acg0
今日の宇宙海賊さんたちを観ていたら何故か一緒にさらわれる良太郎を幻視した

巧「人の家族をさらいやがって…覚悟は出来てんだろうな…?」
総司「翔一、すまないが今日の夕飯は頼んだ」←手にはしっかりとカブトゼクター
翔一「あんまり遅くならないようにね〜」←手にはしっかりと大根
真司「待ってろよ!良太郎!」
一真「今助けに行くからな!」


この後に猛父さんと叔父さんたちも助けに向かうっていう展開があったんだがもはや収集つかなくなりそうだから止めた
出てきてない兄弟は既に助けに行ったんだと思うよ、多分


718 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 09:09:24.12 ID:bIQvP2uEO
>>717
良太郎の身より誘拐犯の命が危ないw
上手く怪人・悪の組織の皆さんが乱入しないと誘拐犯は地獄を見るな

719 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 09:41:01.44 ID:McG2CNDp0
>>717
誘拐犯「借金はなくならない、誘拐は失敗、ライダーに狙われて、
    ボタンを毟られた挙句に、大ショッカーにまで襲われて…
    なんでこんな運が悪いんだよ…ほんと最悪だ!」
良太郎(←原因)

720 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 09:44:27.05 ID:tDWE5acg0
ついでに良太郎サイドも幻視した

良太郎「そんな事情があったんですか…」
犯人「はい、そりゃあもう絵に描いたような悪徳金融業者でして…」
良太郎「でも、どんな事情があるにせよもうこんなことしちゃ駄目ですよ?
…こんなことをしても誘拐犯さんが余計に辛い思いをするだけですし(犯人の手をとり)」
犯人「はい…はい…本当にすいませんでした…(泣きながら)」

君が願うものーならー♪

良太郎「あ、電話だ
もしもし?総司兄さん?今ね、誘拐犯の人と…え?ちょっと待って話をきいt(ガチャン!ツーツー…)
犯人「…あの、どうかしました?」
良太郎「今すぐ逃げなきゃまずいかも…」
犯人「??」


書いといて思ったが総司ならそんなヘマはしないだろうなあ…でもファミコンだしなあ
お粗末でした

721 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 09:49:05.61 ID:tDWE5acg0
>>719
名護さんも参戦してるのかwwww
てか士は弟助けるために大ショッカー使うなwwwとにかくGJ!

722 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 11:16:40.24 ID:IVJLiB030
GJ!さすが不運&巻き込まれ体質w
そういや本編でも似たようなことになってたよね、良太郎。
どうでもいいが良太郎のケータイの着信音は、
「兄さんだよ 兄さんだよ」(全員分)だと勝手に思ってた。

ちなみに一番吹いたのは翔一の大根ww

723 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 11:26:05.64 ID:ecGvrG0AO
ほんとマイペースだな翔一ww
でもある意味家族を信じてるのかも?
良太郎なら大丈夫的な意味でも兄弟に任せれば大丈夫的な意味でも

724 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 12:00:57.63 ID:17zLqU4SO
マイペース翔一にも誘拐犯にとっての元凶良太郎にも噴いたw

しかし最近は本編を見てるとマックに行きたくなる
ハッピーセットのおまけ的な意味で
しかし総司はファーストフード嫌がりそうだなー

725 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 12:46:03.33 ID:QtFY2xf50
>>720
話を聞かない総司www
逃げ遅れた良太郎と生身HCUで追いついた総司がかちあった結果
暴走状態の兄VS届かないツッコミを必死で繰り出す弟の
何だかよく分からない兄弟ライダーバトルを想像してしまった

総司「なぜ犯人を庇うんだ良太郎!まさか本当に裏切ったのか!」
良太郎「裏切ってない!裏切ってないよ!」

726 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 13:41:30.51 ID:gL5lVxfmO
>>725
>生身HCUで
なにそれこわい


727 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 13:43:52.95 ID:CVUZ4MfN0
最終的には良太郎がマジギレすれば全てカタがつきそうではある

728 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 13:44:26.74 ID:reGovRBq0
良太郎を誘拐した時点で、もう誘拐犯の負けは決まってるんだなww
兄さんにも、不運にもww

それと、個人的に誘拐と聞いてフィリップを想像した。
あの「僕を攫いに来たのか!」って奴だ。スミロドンドーパントとの。

729 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 13:56:59.07 ID:4jn5IBat0
それこそ家族全員(ペット含め)黙ってないんじゃ…

730 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 14:13:08.04 ID:BZyyu3T20
良太郎を誘拐しても悪いことしか起こらないなら他の兄弟を誘拐すればいいじゃない
と微妙に間違った理解をしたショッカーが良太郎以外の兄弟を狙うようになったら怖いなぁ(父叔父が本気出す的な意味で)

731 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 14:43:47.19 ID:JkH1narcP
他の兄弟といっても、誘拐するための手段から難しいぞ。
誘拐犯も見た目で大人しそうな渡あたりを狙うかな。

732 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 15:03:58.39 ID:upRzw7VKO
ただ、渡はハーフだからな。
「僕がキングだ」モードになれば、某破壊者レベルの破壊力あるから。

733 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 16:22:58.66 ID:800SYWvD0
そうなると(一応)一般人の真司が一番危ないような気もする
映司も本編ではいいとこの坊ちゃんだったし意外と誘拐犯に狙われそうだよな

しかし、いざ誘拐に成功してもお父さんと叔父さんと兄弟たちが30分もせずに助け出してくれるだろうが


ガチャンガタンガガガガブイスリャーガガガゼクロスパーンチバババ

映司「あ、叔父たちが来たんで帰りますね」
真司「お茶ご馳走様でした!」
犯人「誘拐してから30分も経ってないのになんで助けに来れるんだよ…」


案外兄弟たちが小さいときは当番制で叔父たちが助けに行ってたのかもな

734 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 16:39:13.64 ID:JkH1narcP
真司誘拐すると、兄弟や叔父さん達が来る前に
誘拐犯がミラモンに食われる危険があるぞ。


735 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 16:45:27.09 ID:BZyyu3T20
>>733
当番制いいなw

以前ちび総司と茂叔父さんのネタを投稿した者だが、お父さんと10人のおじさんが12〜13人の甥っ子たちを守る様子を想像してなぜか和んだ


736 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 17:20:18.57 ID:e/Z9u/y50
あの話を書いた人かw
面白かったね〜あれ。

737 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 17:52:11.89 ID:/UQAVDIQ0
翔一(哲也)は誘拐犯さんをもてなし始めそうでならないんだがw
翔一「一息ついてお茶にしませんか?あ、大根好きですか?
今朝採った大根がいい漬かり具合なんですよー^^俺、ひとっ走りいって取ってきますね」

738 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 18:02:32.29 ID:EOInr9Sl0
>>734
ドラグレッダー『てめえ…人(?)の契約者になにちょっかい出してんだ…?』
犯人「うわあああ!ま、窓に化け物が!!」
真司「ちょ!あと3分もすれば叔父さん来るから!ほら!大切断とかもう聞こえてるから!」
映司「アマゾン叔父さん今日は絶好調だなー」

つまりはこういうことか

>>735
あの話の人か!あの話好きだww

739 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 18:05:38.22 ID:EOInr9Sl0
>>737
GJ!翔一なら確かにやりかねないなwww

740 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:14:55.84 ID:nC7JPvwq0
>>737
総司「また誘拐だと……!?翔一のことだからうまくやってるとは思うが早くいかねば」
翔一「あれー?ねぇ総司、大根の他にナスも漬けてなかったっけ?」
総司「それなら翔一が誘拐された直後のまだ気づいてない時間に昼飯として出してしまったぞ」
翔一「そっかー、残念!あ、ぬかも持ってくね」
総司「あぁ、それより翔一!翔一が誘拐されたんだから漬物のことはあt……!?」
翔一「あ、俺そろそろいくよ!誘拐犯さんもたぶんお腹すかせてるし!じゃ!」ダッシュ
巧「……総司兄、固まってねぇで追いかけるぞ。説教は誘拐犯つきとめてからだ」

こうなるわけですか

741 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:32:08.55 ID:upRzw7VKO
そういえば今日、アンクが名実共に主人公のパートナー人外ずの仲間入りしたな。
モモあたりが感涙し、何かパーティー開きそうな勢い。

742 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:45:37.26 ID:FERPb0AP0
>>741
デンライナーでナオミちゃんのコーヒーをゴチされるんですねわかります
あれ美味そうだよな。実際は人間感覚では不味いんだろうけど

>>722
自分も着信音の部分は「兄さんだよ」のつもりで書いていたんだが気づいたらカブトのOPになってた
多分、オカンが隣でV3観てたからデストロンのせいなんじゃないかと思っている



743 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:50:46.79 ID:BZyyu3T20
>>740
翔一w誘拐犯さんもたぶんおなかすかせてるって・・・ww
あとで総司のSST(スーパー説教タイム)が始まるな、間違いない



昭和兄弟ネタを考えてたのだが、平成兄弟と昭和兄弟で一番違うのはなんだろうと考えた結果



隼人「今日の夕飯当番誰だったっけ?」
茂「アマゾン兄さんっす」
隼人「アマゾンか・・・じゃあ今頃は近くの海や川で食材集め中だな」
一也「美味しい魚を沢山とってきてくれますよ」
洋「この間巨大なナマズの丸焼き出されたときは驚いたけどね」
良「アマゾン兄さんは魚は焼くもので野菜は生でかじるものだと思っているからな・・・」
アマゾン「タダイマ!」
敬介「おかえりアマz・・・って何だその巨大イカ!」
茂「どうみても怪獣クラスのでかさだ・・・」
アマゾン「でかいエモノとれた!これ焼いて食う ウマイ!」
良「今日は巨大焼きダコか・・・しかしこれは今日だけじゃ食いきれないな」
隼人「んー・・・足とか頭とかきちんと切って冷凍保存しないとだめだなこれは」
洋「やった!これでしばらく夕飯のおかずを考えるのが楽になる!」
一也「(明日からはタコ焼きタコしゃぶとタコづくしなんだろうなー・・・)」


数時間後


志郎「・・・どうしてうちの食卓はこう飾り気というか豪快なんだろうな(タコの足かじりながら)」
丈二「仕方ないよ、まともに料理作れる人がほとんどいないんだから(タコの足かじりry)」
猛「贅沢はいかんぞ志郎・・・しかしこのタコは本当に美味いな、子供たちにおすそわけでもするか(タコの足ry)」



・・・料理上手っぽい人がほとんどいないことに気がついた
特に猛父さんと丈二叔父さんは料理下手なイメージがある


>>742
志郎叔父さんと丈二叔父さんがアップを始めました

744 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:55:11.30 ID:BZyyu3T20
そしてミス

×巨大イカ→○巨大ダコ

これもデストロンの仕業、助けて叔父さんたちorz

745 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:57:13.86 ID:ecGvrG0AO
>>737>>740
しょwうwいwちwww
突っ込みどころありすぎるwww

746 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 20:59:50.84 ID:JkH1narcP
>>743
だいぶ前のスレにそういうネタあったね。
やっぱりアマゾンが獲物を生でw
で、猛父さんが「料理上手な息子が欲しいものだ」とw

747 :1/2:2011/05/15(日) 21:31:09.49 ID:ByvK3W/T0
ピンポーン♪

今日も平和なライダーハウスに誰かがやってきた

映司「あっ俺が出るよ!」

ガチャ

映司「はいはーい!どちら様?…あっ太牙さん、渡なら」
太牙「あっ、こんにちは今日は」
村上「あなたに用があるのですよ」
映司「えっ?俺?」
巧「何だよ?」


村上「そんな警戒する必要はありませんよ、実は」
太牙「映司君の友達に北村君っているよね」
映司「ええ、いますけど…」
巧「まさか」

村上「ええ、そのまさかです!巷には色んな会がありますがその中でも上の上の会」
太牙「社長の会っていうのがあってね、それに北村君を誘う事になって」
巧「それで、何で映司兄何だよ…直接誘えば良いじゃねえか」
太牙「行き成り知らない僕達が誘ってもね…友達である映司君にも協力してもらおうと思って」
映司「あっ、そういう事なら!北村も喜ぶと思うし」

748 :2/2:2011/05/15(日) 21:31:39.00 ID:ByvK3W/T0
アンク「はっ!下らん奴のためにんな下らん事によく手をかせるな」
映司「アンク!そんな言い方ないだろ!すいません村上さん、太牙さん!」
太牙「いや、気にしないで良いよ」
村上「ええ、しかし残念です…うちの会社が新しく作った新作アイスをお礼として持って来たのですが」
アンク「何!?」
村上「どうやら映司君の分しかいらないようですね」
スマートレディ「せっかくアンクちゃんのために沢山用意したの〜お姉さん悲しい〜クスン」

アンク「おい!さっさとアイツの所行くぞ映司!」
映司「ちょっ!おい!引っ張るなよアンク!あっ巧!俺ちょっと行ってくるな!」
巧「ああ、気を付けてな」

村上「さて」
翔一「あっ3人共、お茶の用意が出来たんで飲んで行って下さい」
村上「お言葉に甘えましょう」
太牙「翔一君のお茶は美味しいから楽しみだよ」
スマートレディ「お姉さんも楽しみ〜」
巧「太牙兄は良いけどあんたらは帰れ………ていうか映司兄達大丈夫か?」


アンク「おい、お前!さっさと社長の会とやらに入れ!」
北村「えっええ〜?」
映司「アンク!ごめん北村!最初から話すからちょっと落ち着いてくれるかな?」


前途多難であった

749 :名無しより愛をこめて:2011/05/15(日) 23:02:13.38 ID:S74k/qCN0
>>747-748
社長たち居座るなw
くせ者ぞろいだけど北村くんは大丈夫か!?
肩書こそ違え鴻上会長と村上社長は意気投合してそうだ…

750 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 00:21:25.92 ID:T3O+LU7p0
>>730
寧ろショッカーが勝手に動いて「お前ら・・・」っていってFKAFRを手に取る士が浮かんだ

751 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 00:34:35.86 ID:qvqwrIZ1O
>>748
> 巧「太牙兄は良いけどあんたらは帰れ………ていうか映司兄達大丈夫か?」

さりげなく太牙兄さんもちゃんと兄認定してるたっくんに和んだ


あと、前に自分も昭和ライダー兄弟と平成ライダー兄弟の違いを探してみたんだけど、
本郷さん達昭和ライダーズは脳波通信的なことができたはずだから
【平成ライダー兄弟達が1日だけ脳波通信できたら】的なことを考えてみたことがある。

その時は【雄介兄さんに「今はどこを旅してんの?」って通信してる兄弟】くらいしか浮かばなかったけどw
また改めて考えてみようかな

752 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 01:28:17.81 ID:4Eu96kW40
>>733
過去スレでそんな話あったな
なぜか毎回毎回ショッカーに人質にされる良太郎と
代わる代わる助けに来る父さんやヒビキさんの話。

確か人質にされすぎて周囲の友達がもうすぐお父さんくるよーって余裕ぶっかましてたw

753 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 05:49:18.01 ID:F1KNLkWp0
社長か
園崎姉妹
ハジメ社長→代理でカズマ
ベルデ高見沢さん
愛理姉さんの友達

なにげに平成ではライダー達の通う飲食店並に必須項目だよなw

加々美パパは社長ポジだっけ?

754 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 07:21:18.28 ID:7Kvy63J5O
レストランアギトのオーナー兼シェフも一応社長になるかも?
そういえば〜の会ってスレの定番になってるけど
元ネタはアギトの会でいいのかな?

755 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 08:19:15.57 ID:sECYJFE/0
途中入会で、佐野満とか木場さんとか。

高見沢「会員は、みんな社長さんなんだよ!」
北村「…は、はぁ」

756 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 16:44:14.28 ID:fu1sorRZ0
個性の強い人ばかりだが、がんばれよ北村ww
まぁ、十分北村も個性的wだが。

757 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 19:03:08.44 ID:WtdlIGD30
社長ネタの流れか・・・!

翔太郎「社長の会・・・なら俺も入れるんじゃないか?」
真司「え?あの探偵事務所のトップって『所長』の亜樹子ちゃんじゃないの?」
翔太郎「まあこれを見てくれよ」

  鳴海探偵事務所
代表取締役・左 翔太郎

一真「ウェ!?いつの間にそんな立場に?」
翔一「出世したの?なら言ってよ〜。出世祝いにご馳走を振るったのにさ」
翔太郎「違う違う!最初から・・・っつうか、おやっさんから事務所受け継いだ時点で俺が代表取締役になってんだよ」
フィリップ「まあ、あきちゃんが所長を名乗ってはいるけど『書類上』は翔太郎が社長だね」
総司「『書類上』か」
渡「『書類上』そうなんだ・・・」
映司「『書類上』社長なんだ!北村も仲間が急に増えて驚いてるだろうけど、翔太郎兄さんも馴染めるといいね!」
翔太郎「なんか『書類上』ってセリフ強調しすぎじゃねえか・・・?」

一応公式で事務所の壁にかかってる謎の書類の回答がでてたので・・・

758 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 21:18:17.30 ID:nu/u5tRl0
>>757
OREジャーナルの編集長が仲間になりたそうにこっちを見ています。
(編集長兼社長っぽいよね)

で、中の人ネタなので嫌いな方はスルーを

翔太郎「士は何拗ねてんだあ?」
士「…“ハンチョウの世界”に行ったのに速水刑事にも黒木刑事にも会えなかった…」
翔太郎「こらこらこら!誤解を招くような事言うんじゃねえ(汗)」

もちろん西田くんはただのそっくりさんという事で。
黒木刑事とは同じシーンが有ったけどやっぱりちょっとしょぼんとしてしまったよ。

759 :名無しより愛をこめて:2011/05/16(月) 22:05:52.09 ID:a7Zrf2QR0
うろ覚えで悪いが、さくらさん?だっけ。伊達さんと一時いい雰囲気になった。
あの化粧品会社の姉妹も確か新旧社長だよな。でも園咲姉妹に勝てる気がしない



*中の人ネタ+ドラマネタバレ注意


>758 自分もドラマ見ながら、ちょっと期待してしまった。鴻上会長(の中の人)も出てるし。
 最後の、実は演技してただけで黒幕でした、ってのが少し士っぽいと思ってしまった

760 :ハッピー・ハッピー・ファミリー 1/4:2011/05/17(火) 23:37:09.98 ID:04vMjbKM0

マクドのハッピーセットCMネタ
兄弟は血縁のようです

〜〜〜

翔一「あれ、みんなでお出かけ?」
総司「ああ。さっき父さんと叔父さんから連絡があってな」
士「マクドナルドで、俺たちのフィギュアを子どもたちにプレゼントしてくれてるだろ?」
映司「子どもたちに、もっと喜んでもらおうってことで、ちょっとお店まで行ってくる!」
雄介「それはいいね〜きっとみんな喜ぶよ!」
お留守番組「いってらっしゃーい!」


志郎「よし、店に入るぞ!」
猛「さあ映司、お前が先頭だ」
映司「ええ、俺!?やっぱりここは父さんじゃないの?それか叔父さんとか!」
猛「はは、気持ちは嬉しいが、現行ライダーはお前だからな。
  今、人々を守ることに誰よりも尽力しているお前が、前に立つべきだろう?
  子どもたちも、きっと映司に会いたいと望んでくれているのだから」
映司「父さん・・・分かった。俺、行くね」
猛「ああ、行って来い」

自分の声に応えて前を行く、その背を見送る。
子どもたちが次々に誕生してからも、ライダーとしての使命を果たすため、家を空けることも多かった。
そのせいか、ふいに思い出された映司の姿は、幼かったころのものばかりで。
思わず呟きが落ちた。


761 :ハッピー・ハッピー・ファミリー 2/4:2011/05/17(火) 23:38:50.03 ID:04vMjbKM0

猛「・・・大きくなったな、映司も。
  生まれたばかりのころは、三つ子で小さくて・・・無事に育ってくれることだけを願っていたが。
  ・・・やはり血は争えないのか・・・あいつも、戦う道を選んでしまった」
志郎「猛・・・」

戦いの世界に身を置いていても、子どもを想う親であることは変わりなく。
いつでも、どんなときでも。ただその幸せを、親として誰よりも願っていたけれど。
己と同じように・・・自ら過酷な道を歩もうとする息子の背に、小さな痛みを覚えた。
けれど。

「父さん、それは違う」

傍らの息子たちから、信頼と決意の滲む声が聞こえた。

翔太郎「俺たちの誰一人として、戦うと決めたことを・・・この道を行くことを、後悔なんてしてねぇよ」
総司「そして、これからもしない・・・これは俺たちの選択だからな」
良太郎「まだまだ父さんには及ばないけど・・・。
    同じ戦士としてここにいること、本当に嬉しいって・・・幸せだって思ってるから」
士「・・・世界を旅しながら。
  自分の無力さを痛いほど感じてきた映司兄さんは、きっとその想いは誰よりも強いだろう」
フィリップ「だから・・・信じていてほしい」

猛「・・・ああ。お前たちを・・・俺の息子を。疑ったことなんて一度もない。
  たとえライダーの力を得ることがなかったとしても・・・。
  きっと自分の力で、戦い続けてきただろうから」

誰よりも、強く信じられる息子たちへ。

猛「・・・これからどんな道を行こうとも、どんな選択をしようとも。
  お前たちに幸あれと・・・それだけを願っている」

父として、自分にできること。
戦い続けること、信じ続けること、見守り続けること・・・必ず、帰ること。
言葉にしたことのない誓いは、いつだって大切な存在に伝わっている。

「・・・父さん、ありがとう・・・」

昔と同じように笑う子どもたちが、いつも教えてくれていたから。


762 :ハッピー・ハッピー・ファミリー 3/4:2011/05/17(火) 23:41:02.58 ID:04vMjbKM0

マクドナルド訪問も終わり、父がまた旅立っていったライダーハウスの夕暮れ。

映司「あ〜緊張したよ〜、父さんより先に歩くなんて!」
真司「でも子どもたち、すっごく喜んでくれてたよな!」
雄介「みんな、素敵な笑顔だったよ〜」
一真「反対に、俺たちが励まされたよな・・・」
巧「で、なんで良太郎はいなかったんだ?」
M良太郎「自動ドアが突然開かなくって、顔面から激突して気絶したんだよ・・・。
    どんだけ運悪いんだコイツは!!」
渡「あ、それでモモタロスが代理で行ってあげたんだね」
翔一「あはは、さすが良太郎だね〜」
雄介「あ、ところで映司。アレもしかしてヒビキ兄さんのマネ?」
ヒビキ「え、なになに映ちゃん?」
真司「ああ〜俺も思った!父さんたちの先頭で入っていったとき、シュッ!ってやってたろ?」
映司「うっ・・・!だって俺がライダー代表みたいになってたからさ〜。
   キメ台詞とかキメポーズとかしたほうが・・・って考えたけど、思いつかなくて。
   咄嗟に出たのがヒビキ兄さんのコレだったんだよ〜」(シュッ)
雄介「さすがヒビキ兄さんの貫録だよね!」(サムズアップ)
ヒビキ「あはは、嬉しいね〜!」(シュッ)
映司「アンク、やっぱり俺たちもキメ台詞考えようか?『明日のパンツ』が入ったカッコいいヤツで!」
アンク「ふざけんな!アホかお前は!!」

巧「・・・で、あそこの空気が悪い理由は?」
翔一「あ〜・・・子どもたちが、自分の名前を呼んでくれなかったんだって・・・」

総司「・・・いま、俺を笑ったか・・・」(カブト胸像フィギュア握りしめ)
士「・・・笑え・・・笑えよ・・・」(ディケイド胸像フィギュア握りしめ)


763 :ハッピー・ハッピー・ファミリー 4/4:2011/05/17(火) 23:42:36.91 ID:04vMjbKM0

雄介「二人とも、やさぐれてないで早く立ち直って!!」
巧「地獄兄弟が超スマイルでこっちにダッシュしてきてるぞ!!」
渡「勧誘どころか後継者にされちゃうから!!」
真司「しっかりしろって!えっと〜・・・ほら、総司は端にいたから見えにくかったんだよ!
  (あんな目立つ角あるからフォローしづらい・・・!)」
一真「士は・・・ウェ〜・・・えっと〜・・・!(あんな目立つ色だしフォローしづらい・・・!)」
巧「・・・俺様オーラが怖かったんじゃねーか」
真司「たっく〜ん!それ言っちゃダメだろ!!」
一真「こんなときにまで冴えたツッコミしなくても!!」
巧「・・・!!」(フォローのつもりだった)
総司「・・・」(キュイーンキュイーン)(カブト胸像フィギュアサウンド鳴らしてる)
士「・・・」(キュイーンキュイーン)(ディケイド胸像フィギュアサウンド鳴らしてる)

翔太郎「フィリップ!お前ひとりだけハッピーセット食いまくってんじゃねぇ!またデブるぞ!!」
フィリップ「・・・実に興味深いね!次はモスバーガーとケンタッキーフライドチキンを制覇しないと!!」
翔一「あの、うち間に合ってますから!地獄とかほんといりませんから!!」
巧「新聞の勧誘かよ!」
矢車「お前ら・・・俺の弟に」
ヒビキ「なりません!総ちゃんもつーちゃんもうちのです!!」
影山「俺の兄貴に」
渡「あげません!うちの兄さんです!!」
一真「ウェ、橘さん?!いつの間にハッピーセット食べてるんですか!?」
真司「俺の、龍騎フィギュアの腕が、折れたー!!」
映司「ちょ、アンク!どさくさに紛れてアイス一気食いするなよ!!」
M良太郎「とりあえず、どいつをシメればいいんだ?」(ウキウキ)
巧「話をややこしくすんな!良太郎起きろー!!」

今日もライダーハウスは、いつもどおりの騒がしさだった。

〜〜〜

ハッピーセットのCM見て受信
・映司が先頭
・ヒビキ兄さんのシュッ!
・良太郎不在
・子どもに名前を呼ばれない二人(笑)
には、こんな舞台裏があったのでは・・・


764 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 00:16:55.01 ID:4ZJVTyHL0
>>760-763 GJ!
あのCM、このメンツの中に総司がちゃっかりいるのはなんでだ天の道だからかといつも考えるw

あと、冬映画の「俺 "たち" も何か考えよっか!」のときも思ったけど、
映司の中では割と普通に二人で一人の仮面ライダーなんだろうか

765 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 00:24:05.03 ID:n/2Kco6b0
GJ!
やっぱあれはシュッ!に見えるよな
良太郎はここでも不運だったのか…

766 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 00:30:34.67 ID:V6BjCyAt0
>>760
GJ!!!

767 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 00:46:28.48 ID:YGvzQeZw0
GJでした!
マックネタといえば

隼人「・・・俺、一号の彩色変えるだけでいいのに・・・」
敬介「仕方ないですよ兄さん、世間では昭和ライダーといえば始まりの一号といろんな意味で派手なV3なんですから・・・」
アマゾン「タケシ兄さん、シロウ兄さん・・・イイなぁ」
洋「誰だ―!俺を空気とか言ったのは誰だ―!!」
茂「俺が知るか」
良「・・・どうせテレビSPしかない俺なんて・・・」
一也「まあまあ皆、その代わりに可愛い甥っ子たちが出てるんだからいいじゃないか(・・・とはいえ、確かにショックなのは確かだけどね)」


昭和ライダーは一号とV3ぐらいしかいないから、叔父さんたちがしょんぼりしてそうだなぁと思った

768 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 04:28:13.62 ID:g+Q6QELz0
>>767
隼人さん元気だして!
俺最初に2号のフィギュアでて嬉しかったですから!!

769 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 06:17:28.80 ID:VowU4oIg0
GJGJ!
がんばれ総司、士ww

>>767
そうだよ!元気だしてよ!
俺、ハッピーセット3つ買ったとき、そのうち2つは2号だったから!
全部部屋に飾ってあるから!


770 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 08:56:55.27 ID:isLkRh/60
ハッピーセットネタGJ!
しかしあのフィギュア何気にシール貼るの難しくないか?
最初にキバ当てたんだが首んとこの難易度高すぎで笑いが出た
2号家あたりでシールぐっちゃぐちゃにしてる人が見える気がする…。

771 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 09:29:22.38 ID:ocnvR4AWP
>>770
何だったら翔一にからかわれてムキになってる光景まで簡単に想像できるw

772 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 10:10:56.72 ID:Gc/ciMihO
>>760-763

巧「でもさ、順番的にキバがいないのはおかしくねぇか?」
一真「ウェッ!」
ヒビキ「た、たっくん!」
巧(しまった…)
渡「!」

渡「…」(カシャカシャ)(キバ胸像フィギュアでビュアー見てる)

翔一「初期の引きこもりスタイルだよ…!」
映司「やっと追い返したのにまた来ちゃった…」
地獄兄弟「俺達の弟に…」
ほぼ全員「なりません!」


という図が浮かんだのもディケイドのせいか


773 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 13:35:24.19 ID:F0dca2ry0
GJGJ。自分もCM見てて「あれ?ディケイド呼ばれて無くね?」って思ったわ。・・・・・総司はマジで気づきませんでしたごめんなさぁぁい!

774 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 13:36:21.13 ID:F0dca2ry0
失礼sage忘れました

775 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 18:21:32.21 ID:V6BjCyAt0
>>767
光太郎「……」

ライスピやライダーぴあだと昭和=ZXまでな扱いされてること多いけど、
このスレじゃ光太郎も普通に叔父さん枠だった筈だ

776 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 21:30:14.05 ID:nGo1uQtoO
GJ!
そのCM見れてないんだよなぁ
いつやってる?

777 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 21:50:38.37 ID:YGvzQeZw0
>>775
すまない・・・素で忘れていた・・・RX大好きなのに・・・・
光太郎叔父さんにおのれゴルゴム!ゆ"る"ざん"!されてくるorz



778 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 22:01:42.75 ID:MKwuN4TT0
>>760-763
GJ!寝る前に良い作品が見れたよ!おかげで良い夢が見れそうだ
しかし地獄兄弟の超スマイルでダッシュはかーなーり怖いんだがwww

そういや小さい頃の一真が自分よりも背のある小さい真司に「大きくなったらお兄ちゃんよりも大きくなる!」とか言って
仲良く喧嘩してる夢を昨日見たんだが…疲れてるんだろうか…

779 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 22:07:19.57 ID:MKwuN4TT0
>>776
こないだのオーズの時に見れたからニチアサつけとけば確実に見れるかと

780 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 22:08:47.91 ID:g+Q6QELz0
>>778・・・あなた元気すぎるのよ・・・

781 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 22:19:14.93 ID:nGo1uQtoO
>>779
ありがとう。オーズでやってたのか
ACにうんざりして合間にやってたの見逃したかもしれんorz

782 :名無しより愛をこめて:2011/05/18(水) 23:24:21.89 ID:V6BjCyAt0
>>781
まだACってことは東北の方かな?それだと流れないかもな
PC使えるならマックの公式ページでも見れるよ。
http://www.mcdonalds.co.jp/happyset/index.html

783 :781:2011/05/19(木) 08:02:43.86 ID:AJsNfd1FO
>>782
わざわざありがとう
まさに東北の人で、流れなかったのか見落としたのかちょっともう分からないけど
あとで友達のPCでみせてもらってくるよ
そしてスレチすまんかった

784 :ダイエットは明日から 1/6:2011/05/20(金) 23:11:48.20 ID:JStFBKuu0

>>778の夢を膨らませてみた
疲れてるなら少しでも元気が出れば嬉しい
そして旬は過ぎたかもだがコナンシリーズ
あと一真身長ネタなので、苦手な人はスルーで
橘さんと始は両方2号家です

・・・

日も暮れようとしている、黄昏時のライダーハウス。
お客様がやってきたようです。

♪ピンポーン♪

翔一「は〜い・・・あれ、こんばんは!どうしたんですか?」
始「・・・コレを引き取れ」
一真「ちょ、始!コレってヒドイだろ!」

翔一からは見えませんでしたが、始の背中には、縮んだ五男・一真がおぶさっていたのでした。

雄介「まぁ上がって上がって!わざわざ送ってきてくれてありがとね〜」(サムズアップ)
ヒビキ「一ちゃん、どしたの?おんぶしてもらって」
一真「それがさぁ・・・士とフィリップから逃げ出して、ハカランダで匿ってもらってたんだけど」
始「・・・混乱した橘が押し掛けてきて、剣崎を押しつぶしたあげくに号泣し始めた・・・営業妨害だ」
翔太郎「・・・何やってんだあの人」
一真「頭は打つし、足は挫くし・・・遙香さんが心配してくれてさ〜」
始「・・・おんぶで送ってやれと頼まれた・・・引き取れ」(ポイ)
一真「いでっ!扱い雑すぎるだろ!!」

無造作に背から落とされ、顔をしかめていると。

士「おかえり、一真兄さん」
フィリップ「一真兄さん、おかえりなさい」
一真「!!」


785 :ダイエットは明日から 2/6:2011/05/20(金) 23:13:50.95 ID:JStFBKuu0

縮んだ自分をいじり倒した破壊者と悪魔コンビの登場に、思わず身構える一真。
しかし、二人は神妙な顔つきで話しかけてきました。

フィリップ「さっきはすまなかった、兄さん」
士「悪かったな、兄さん」
一真「ウェ!?」
士「不本意に縮んでしまった兄さんの気持ちも考えず・・・。
  こんな悪魔に追いかけまわされて、さぞかし怖かっただろう。
  その小さな体が味わった恐怖は、察するに余りある」
フィリップ「僕も以前は追われる身だったから、その気持ちは理解できるよ。
      破壊者の追跡なんて、恐怖体験以外の何物でもない・・・辛かっただろうね」

お互いを棚にあげての謝罪攻撃です。

フィリップ「けど、僕は士兄さんとは違って、決して面白半分で兄さんを追いかけまわしたわけじゃない。
      知的好奇心と探求心に突き動かされたがゆえの行動なんだ、安心してほしい」
巧「今のセリフのどこらへんに安心したらいいんだ・・・」
士「この暴走特急も反省している・・・総司兄さんにも、厳重に注意を受けたからな。
  ちゃんと元に戻れるよう、全力でサポートさせてくれ」
一真「二人とも・・・分かってくれればいいよ!ありがとな!」

人の好い一真は、すっかり機嫌を直したようです。

フィリップ「実は、戻るための研究はほとんど完成しているんだ!
      一真兄さんを、今から数年前の180pの時にまで戻すことが可能だよ!!」
一真「ウェ、なんで??ちゃんともとの22歳に戻してくれたらいいだろ?」
総司「それはダメだ」

天の道を行く七男の登場です。

総司「前々から一真兄さんの細さ・・・細長さは、台所を預かる者として気になっていた」
一真「わざわざ細長いって言い直すなよ!」
総司「せっかく縮んだことだし、いい機会だ。
   食生活やトレーニング内容を見直し、今度こそ平均的な身長・体重の一真兄さんにするチャンスだろう。
   適度に脂肪と筋肉をつけていけば、あんなに細長くなることもないはずだ」
一真「細長い言うな!」
良太郎「でも、なんで180p?」
士「大体わかった・・・総司兄さんより、背が高くならないようにするつもりだな」
一真「ウェ!?」
総司「・・・」(プイ)(身長180p)
一真「目を逸らすなー!なんだよソレ!」
フィリップ「検索結果では、20代の日本人男性の平均身長は172.15p、体重は66.5kgだ。
      確かに185p56kgの一真兄さんは、細長いと言っても過言ではないね」
一真「細長いは余計だろ!だからって!」
士「身長185pの適正体重は75.3kg・・・明らかに細長すぎる」
一真「細長いって言いすぎだろ!みんなも何とか言ってくれ!」


786 :ダイエットは明日から 3/6:2011/05/20(金) 23:15:13.83 ID:JStFBKuu0

周りに助けを求める一真・・・ですが。

真司「180pかぁ〜。・・・それ、174pくらいにしねぇ?」(身長174p)
一真「ウェ?真司兄さんまでなんだよ!」
真司「だってさぁ!
   ちっちゃい頃は、『大きくなったら、真司お兄ちゃんよりも大きくなる!』ってよく言ってた可愛い一真が・・・。
   こーんなに大きく・・・細長くなるなんて・・・」
一真「だから、細長いは余計だろ!」
真司「それどころか、いつのまにか翔一にも総司にも映司にも士にもたっくんにもフィリップにも追い越されたんだぞ!
   一真くらい、俺よりちっちゃくてもいいじゃん!」
巧「たっくん言うな!ワガママも言うな!」(身長177p)
真司「俺より低いの、良太郎だけじゃん!
   兄の威厳のためにも、ここは縮んでくれ一真!」
一真「自分が伸びろー!誰か助けてくれー!」

更に周りに助けを求める一真・・・ですが。

始「・・・173p以下にならないか」(身長173p)
一真「始までなんなんだよ!そんなに俺が細長いのが気に入らないのか!?」
渡「兄さん、自分で細長いって言っちゃったよ・・・」(身長174p)
始「だまれ剣崎。
  天音ちゃんに、『始さんも剣崎さんみたいに背が伸びるの?』と聞かれた俺の身にもなってみろ」
一真「ウェ!?」
始「天音ちゃんは今、成長期だ・・・去年よりもかなり背が伸びた。
 俺は追い越されるわけにはいかない!」
一真「いや、さすがに173pは追い越されないだろって・・・って自分が伸びろー!
   俺を縮めてどうすんだー!」


787 :ダイエットは明日から 4/6:2011/05/20(金) 23:16:24.32 ID:JStFBKuu0

絶叫する一真に、どこまでも落ち着きはらった七男が声をかけます。

総司「落ち着け兄さん。俺は何も自分のために、兄さんを縮めようとしているわけじゃない」
一真「へ?」
総司「戦いにおいて、技や経験もちろんも大事だが、体格も重要な要素だ。
   戦士としての兄さんの力量を疑うわけじゃない。
   だが少しでも戦いを有利に進め、無事に帰ってきてほしい一心で考えたことだ」
一真「総司・・・!!」(ウルウル)
映司「けど変身したら、みんな体格だいたい一緒になるけど?」(身長180p)
一真「あ」
総司「余計なことを言うな」(ギロリ)
一同「・・・(怖)!!」
総司「さぁ兄さん、今こそその細長い体型を改造・・・もとい改善するチャンスだ!!」(目が据わってる)
一真「ギャ―――――――!!」


士「ま、一真兄さんさえ縮めば、この家でいちばんの身長は俺になるからな」(身長182p)
翔太郎「腹黒い!さっきの殊勝な態度はこれが狙いかよ!?」(身長175p)
フィリップ「別に身長なんてどうでもいいけれど、一定の身長にまで戻す研究は興味深いからね!」(キラキラ)(身長175p)
翔一「総司、けっこう背のこと気にしてたんだね〜」(身長180p)
雄介「180pあれば充分だと思うけどねぇ」(身長176p)
良太郎「・・・えっと」(身長170p)
ヒビキ「みんな違って、みんないい!ってね。さ〜て、そろそろ総ちゃんを止めないと」(シュッ!)(身長179p)


788 :ダイエットは明日から 5/6:2011/05/20(金) 23:17:45.08 ID:JStFBKuu0

すると、玄関をばぁんと開け放ち、新しいお客様がやってきました。

橘「剣崎!!大丈夫か!?」
一真「た、橘さん!?」
橘「さっきは取り乱してすまなかった・・・しかしもう安心だ!お前を元に戻して見せる!!」
一真「・・・橘さん・・・!やっぱり橘さんは一流だなぁ!」

心強い味方の登場に、半泣きで喜ぶ一真。
そして頼りになる先輩が、おもむろに取りだしたのは。

橘「これは『シュルっと!消すなーもぅ!』という新種のメカブらしい。
  これを入れた湯に浸かることで、変化を恐れる心を消し、闘争心を高め、すぐさま元に戻れるぞ!
  伊坂がそう言っていた!」
一同「・・・」

ガラッ!

翔太郎「照井―――!こいつ引き取ってくれ今すぐ!!」
翔一「氷川さ―――ん!ちょっと逮捕してほしい人いるんですけどー!!」
雄介「一条さ―――ん!危険薬物の取り締まりってどうなってるんですかー!!」

窓を開け、お隣に向かって次々に叫ぶ兄弟。

総司「余計なことをしないでもらおうか。
   一真兄さんの細長さについては、うちで改造計画を進めている」
橘「剣崎を改造!?貴様、さては何かに騙されているな?!
  剣崎の細長さは俺が治してみせる!」(目的が変わっている)
士「さぁて兄さん。
  今日で細長い体型ともおさらば・・・新しい兄さんの誕生だ!ハッピーバースデイ!!」(似てないモノマネ)
フィリップ「さっそく実験・・・もとい、研究を始めるよ!人体の細長さ、実に興味深いね!!」(キラキラ)

一真「・・・細長いって、言うな―――――!!」


789 :ダイエットは明日から 6/6:2011/05/20(金) 23:19:00.85 ID:JStFBKuu0

とっぷり夜も更け、ようやく騒動のおさまったリビングでは。

ヒビキ「あ〜・・・一ちゃん大丈夫?」
良太郎「ぐったりして動かないんだけど・・・」
巧「ったく・・・うちの俺様・破壊者・悪魔の相乗りには困ったもんだぜ。暴走トリオだな」
渡「たまにものすごいチームワーク発揮するよね・・・」
映司「さらに先輩が追い打ちかけてたしねぇ。一真兄さん、お疲れさま!」
一真「・・・早く戻りたい・・・細長く・・・」

五男の心からの呟きが、夜のライダーハウスに吸い込まれていきましたとさ。

・・・

身長はデータベースと中の人を参考に
ややツッコミ属性の一真でお送りしました

橘さんと始から、2号家にもコナン化がうつってしまい

侑斗「またか・・・またなのか俺!」(過去スレでユウくんになっていた)
良太郎「ごめん、ほんとごめん!」
雅人「これは乾巧ってやつのせいって解釈でいいんだよなぁ・・・?」
巧「その笑いをやめろ草加!見た目が子どもな分、ホラー以外の何物でもねぇだろ!!」
大樹「やっぱり僕は子どものころから利発で愛らしかったんだね〜♪
   さ、この姿を活かしてお宝を探しに行くよ!!
士「タチ悪いにも程があるだろ!」

というのも考えたが、あまりに長すぎたので割愛
真司が以前借りてきた、なりきりキュアマリンを着せられる海東
士がブロッサムでちょうど・・・というのも考えたが以下略


790 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 03:26:34.24 ID:3N8l/Zbm0
>>784-789
良作GJ!
橘さん騙され過ぎだろ・・・
2号家に警察呼びにいく翔太郎達にワロタ

791 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 07:04:51.32 ID:Q4B0MqTCO
映司「警察、か。あ!身近に刑事いたの忘れてた。」
響鬼「はいはい。確かにいたわ。わざわざ二号家まで行く必要なかったわけだ。」
アンク「二人して俺を見るんじゃない!そんな面倒なこと、誰がやるか!」
巧「じゃあ、左手に持ってる手錠は何なんだ?」
アンク「ふん!!」

792 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 13:02:39.57 ID:17qsp1e20
GJ!一真、戻れるのかw
関係ないけど、フィリップの中の人の身長は176センチだそうだ。
頑張れ、翔太郎w

793 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 15:59:52.79 ID:lhLLGULG0
>>784-789
GJ過ぎる!こうやって見ると二号家は警察関係者が本当に多いな
ライダーも沢山住んでるし、時々起きるライダー大戦という名の兄弟喧嘩やトラブルに目を瞑れば
一号家&二号家の周辺は安全面でいえばかなりの格安優良物件なんだろうな

794 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 17:12:18.37 ID:3N8l/Zbm0
ディエンドがゴーカイジャーの6人目になりそうで怖い(ゴーカイガレオン乗っ取る的な意味で(ゴーカイジャーがディケイドに助けを求めにいきそう的な意味で(ディケイドがよくも俺の能力パクったなってライダーレジェンド大戦開幕しそう的な意味で)))

795 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 18:55:12.70 ID:i4xxvrkI0
>>792
中の人はまだ成長期っぽいからなあ
設定として使いたい場合いつ頃のが一番いいやら

796 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 19:55:01.20 ID:iwnPME2S0
>>795
フィリップは一年の間に明らかにデカくなってたもんなw
映司もじわじわ伸びてアンク超えちゃったような
ネタにする場合は初期値?でいいのかね

797 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 20:18:55.07 ID:DZVp/hu10
>>784-789
超GJ!初めに一真を縮めた者だが、まさかまだ続くとはw
いつになったら大きく、いや細長くなれるんだ一真!

きっと総司の次なる標的は士かな!(身長的な意味で。

798 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 20:58:27.61 ID:0jMIBVpg0
俺だけかもしれないが
過去スレ保管庫が見れないんだが

799 :789:2011/05/21(土) 21:02:13.06 ID:0jMIBVpg0
やっぱり俺のPCが悪かったみたいだ
変な書き込みしてすまない

800 :名無しより愛をこめて:2011/05/21(土) 21:20:40.56 ID:17qsp1e20
>>798-799
いや、俺も見れなかった
焦ったよww 何かしてしまったんじゃないかとw

>>797
一真を縮めたのはお前か!w
ありがとう あれ、おもしろかったよ

801 :ハロー・エンドサマー 1/4:2011/05/21(土) 23:45:12.06 ID:17qsp1e20
最近暑かったので

兄弟関係は絆でも血縁でもどちらでもOK
フィリップも兄弟設定
苦手・嫌いな人はスルーを

*****

夏といえば
夏といえば そう 海水浴
夏といえば そう 昆虫採集
夏といえば そう 夏祭り

夏といえば楽しい事ばかり…
でも ないですよね

夏といえば そう たくさんの宿題
夏といえば そう うるさい蚊

そしてもうひとつ

この兄弟達も例外ではなかったようです

翔太郎「……。」
一真「……。」
翔一「……。」
総司「……。」
映司「……。」
渡「……。」
士「……。」
巧「……。」
良太郎「……。」
フィリップ「……。」

真司「………暑いっ!」

802 :ハロー・エンドサマー 2/4:2011/05/21(土) 23:45:58.23 ID:17qsp1e20
真「ウェ、言うなよ!我慢してたのに!」
渡「暑いっていうと、余計に暑く感じるよね…。」
フィリップ「それは興味深い!何故、暑いと言うとさらに暑く感じるのか…。早速検索、したいところだが、また今度にしとこう…。」
翔太郎「一真も渡もフィリップも、そんなんじゃハードボイルドにはなれないぜ。この俺を見習ってだな…、」
巧「翔太郎兄、しっかりしろ!なに壁に話しかけてんだよ!」
士「俺は破壊者だ、破壊者。こんな暑さも破壊できる…!」
良太郎「みんなぁ、落ち着いてぇ…。」

翔一「みんな、バテちゃってるね。この暑さ、夏はまだなのに。」
総司「仕方ないだろう。それにしてもこれは…。」
映司「頼りのヒビキ兄さんも雄介兄さんもいないし…。何とかしなきゃな。」


翔一「と、いう訳で、みんなにも協力してもらうよ。」
「「「「「「「「はーい」」」」」」」」
総司「とりあえず、3グループにわかれて行動してもらう。」
映司「ここにリスト、貼っておくから。」

翔一班     総司班   映司班
・翔太郎    ・巧    ・真司
・渡      ・良太郎  ・一真
・フィリップ        ・士

総司「翔一班の持ち場はリビングの窓、総司班の持ち場は玄関、映司班の持ち場は庭だ。」
翔一「みんな、頑張ってね!」


翔一「これからこの3人で、緑のカーテンをつくろう!」
フィリップ「何だい?その、緑のカーテンという物は?興味深いね!」
翔一「簡単に言えば、まぁ名前の通りだよ。つる植物で日陰をつくるんだ。翔太郎兄さん、渡、この網持って。」
翔太郎「あぁ、わかった。」
渡「これ、どうするの?」
翔一「じゃあ、翔太郎兄さんはそれを持って上の階に行って。で、この網をベランダの柱に結んでくれる?渡は翔太郎兄さんが結んだ後、
   縁側の柱にこの網を結んでね。」
フィリップ「緑のカーテンの全てを閲覧した!実に素晴らしい!」
渡「うわっ、びっくりした…。もう全部見たの?」
翔太郎「お前も、検索を止めて手伝え!」
フィリップ「そうするよ、翔太郎。で、翔一兄さん、僕は何をすれば?」
翔一「じゃ、そこのアサガオをここに植えてくれる?」
フィリップ「わかった!」


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)