5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

私立プリキュア学院2

1 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 15:49:03 ID:pKCxfwrA0
2スレ目突入

前スレ
私立プリキュア学院
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1263017985/l50

2 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 15:50:49 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード28「遅れてきたプリキュア達」Dパート
夏「いや大ゲルショッカーじゃない、のぞみに異変が起こり苦しんでいる頃キュアナイトメアいやくろみが別の方向で怪しい者を見たんだ
多分そいつがのぞみを悪のプリキュアにしたんだろう」
なぎさ「のぞみはその悪のパワーを受けて変身したの?」
メップル人間体「いやむしろあれは悪の力を解放するためパワーだ」
ミップル人間体「まるでのぞみ自身に悪の力が眠っていたらしいけど…」
ほのか「のぞみさん自身に…?」
みんなはのぞみに悪の力がある事に疑問を抱き始める
夏「それはそうとせつなとゆりはどうしたあいつら来てないのか?」
ラブ「いや2人ともまだ来てないんだよ」
つぼみ「おそらく仕事で忙しいかと思われます」
咲「昨日のニュースやプリキュアとしての能力が気づいてなかったのかな?」
舞「きっと仕事に集中したんじゃないかしら…」
シロー「さっきからせつなやゆりが来ない事で疑問に思っているようだけどそういうお前らは昨日何をしていたんだよ?」
シロップは昨日何をしたかで怒っているようだ…同じ頃のぞみはというと
のぞみ「…」
のぞみは布団から出て私服に着替えたそして玄関から出ようとしていた
恵美「のぞみどこに行くの?」
のぞみ「ちょっと散歩にね、大丈夫だよ遠くまでにはいかないから…」
勉「あんまり無理するなよ」
のぞみ「うん…」
のぞみは家から出てどこかへ散歩に行った…
エピソード29に続く

3 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 16:19:17 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード29「プリキュア達の苦悩」Aパート
シロップは昨日のぞみが戦っていた際何をしていたのか質問していた
なぎさ「私達はアメリカに行っていたのよ、私はラクロスをやっている子達のコーチをしていたのよ」
ほのか「私もアメリカの大学で科学者としての仕事があって…飛行機で日本に戻るのは時間かかるし」
咲「私はある野球チームでコーチしていたの舞は画家志望の人達を修行させるために一緒に来たの」
舞「これでも休みを返上してすぐ日本に帰る事になったから…」
りん「あたしはアクセサリーの製作するの時間がかかって…注文が結構多かったのよ」
うらら「私も女優としての仕事があって…」
こまち「私は小説の締め切りが間に合わなくて…」
かれん「私は病気だった子の手術していたの」
ラブ「私はあるダンスチームが1人怪我して出られなくなったから代わりに出たの」
美希「あたしはモデルの仕事があってね…」
祈里「私の病院で治療に受けに来た動物達が多すぎて…」
つぼみ「私は遠くの大学で植物学者の人達と新しい植物を研究していたんです」
えりか「あたしは美希さんと一緒にファッションの仕事をしていたの、デザイナーとしてね」
いつき「僕は他の名門家との試合があったんだ」
みんなはそれぞれ昨日の自分がしていた事を話したそしてシロップは怒鳴り始めた

4 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 16:48:01 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード29「プリキュア達の苦悩」Bパート
シロー「お前らのぞみやくろみや俺達が酷い目に合ったのにそれでも自分の仕事を優先したのかよ!」
美希「何よその言い方!仕方なかったでしょ!仕事なんだから!」
えりか「あたし達は休みを返上をしてでもミルクハウスに駆けつけてきたのよ!」
ラブ「ちょっと美希たん落ち着いて!私達にも責任あるんだから」
つぼみ「えりかも落ち着いてください、でも遅れてしまったのは仕方ありません」
シロー「仕方ないだと!?それでもすぐに来るべきだろうが!」
夏「そこまでにしろシロップ!彼女達は反省しているからそれくらいで十分だろ」
シロー「分かったよ…」
うらら「シロップ…」
シロップは黙り込んだ、タルトはある事に思いついた
タルト人間体「パッションはんの瞬間移動ならすぐここに行けるのに…一体どうしなはったん?」
祈里「せつなちゃんは占いの仕事をしていたと思うんだけど…」
りん「あれってやめたはずじゃないの?」
こまち「でもだいぶ前に占いしているところを見かけたわ」
かれん「だけど最近見かけてないわ」
いつき「そういやゆりさんはつぼみさん達の植物園で働いていたけどあれはとっくにやめて仕事は別にあったはず…」
フラッピ人間体「2人のことはあとだ、まずは悪校長の侵略を阻止するのが優先」
チョッピ人間体「確かくろみのお兄さんがこの世界に来るはずだと思うけど…」
どうやらくろみの兄はまだ来ていなかった同じ頃のぞみはどこかの川辺の水面に映る自分を見た
のぞみ「…」

5 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 17:08:58 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード29「プリキュア達の苦悩」Cパート
のぞみは黙り込んでいたそのままずっと水面を見ている…数分後のぞみに誰かが近づいてくる気配をした
のぞみ「誰?…まさか悪校長が…」
のぞみは自分が捕まる事を恐れていただがのぞみに近づいてきたのはなんとボロボロになったゆりだった
ゆり「う…の、のぞみ…」
のぞみ「あなたは…ゆり?」
ゆり「気をつけてあ、あの子がうらぎ…」ドサッ
ゆりは大きな怪我のせいで気絶してしまった
のぞみ「ゆり!?酷い怪我…取り合えずミルクハウスに行こう、あそこにはカプセルがまだたくさんあったはず…」
のぞみはゆりを抱え急いでミルクハウスに向かったまた同じ頃ミルクハウスではナッツがある物を出した
咲「ナッツそれ何?」
夏「パルミエ王国で作ったコピーロボだ、このアイテムはどんな生命体にコピーしコピーした生命体通りの動きをする」
舞「まるで自分の分身みたいね…」
ナッツは手本を見せるためコピーロボのおでこのボタンを触ったするとロボはナッツそっくりになった、みんなは驚く
こまち「ナッツさんがもう1人…」
夏「元に戻す方法ならおでこのボタンを押せば済む、これなら仕事をこのロボに任せてプリキュアのとしての戦いを優先できるだがこれは一ヶ月しか活動できないからまめに充電しとくんだ」
かれん「全部で何個あるの?」
夏「20個だ…お前達プリキュアは19人いるから1人ずつにしよう」
ナッツはコピーロボをなぎさ達に1つ1つ渡す
うらら「あ本当なら1つ余るのに5つになりましたね…」
りん「しょうがないこの1つは私がのぞみに渡すわ」
ラブ「この1つは私がせつなに渡すよ」
つぼみ「この1つは私がゆりさんに渡します」
夏「最後の1つはくるみに取っておく、残った1つは俺が持っておこう」
これで遅れる事もなくプリキュアとして駆けつけるとみんなは希望が高まるそんな中部屋にゆりを抱えたのぞみが来た…

6 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 17:23:48 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード29「プリキュア達の苦悩」Dパート
コージ「のぞみ!?」
いつき「それに抱えているのはゆりさん?どうしてボロボロに?」
のぞみ「よく分からないけど私が川辺にいたら彼女が近づいてきたの、確か気をつけてあ、あの子がうらぎなんとかと言っていた」
くるみ「それより早くカプセルに入れなさいよ!手遅れになったらどうするの!?」
カプセルのあった部屋からくるみが来た
りん「ちょっとくるみ怪我が治ったの?」
くるみ「少しだけよ、ほら早くゆりをカプセルに…ううっ!」
くるみは昨日の傷がまだ回復していなかった
うらら「駄目ですよ!ちゃんと寝ないと!」
こまち「ゆりさんは私達に任せて、くるみさんはカプセルで安静したほうがいいわ」
かれん「安静しないと傷がまた広がって治るのに時間が掛かるわよ」
くるみ「分かったわ…ごめん」
のぞみは4人にゆりを任せくるみはカプセルに戻るが…
のぞみ「くるみ…!」
くるみ「のぞみどうしたの?」
のぞみ「昨日は…その…ごめんなさいあなたに大怪我を負わせて」
くるみ「いいのよ…のぞみの意志でやっていたわけじゃないんだから」
くるみはのぞみを許しミルクに戻ってカプセルで眠った
のぞみ「じゃ私は帰るよ…」
のぞみはその場から去ろうとするが…
コージ「待ってくれのぞみ、君に話したい事があるんだ」
のぞみ「…」
エピソード30に続く

7 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 21:33:46 ID:tvsFmTkm0
>>2-6
いい加減エロ話やれよ

8 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 21:48:49 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード30「明かされ始める謎」Aパート
のぞみはココ達の所に来て
のぞみ「みんな、妖精達、そしてココ私のせいでこんなことになって…本当にごめんなさい!」
なんとのぞみはみんなの前で土下座をした自分のせいで大変な事になってしまい詫びていた
りん「のぞみあんた…」
うらら「のぞみさんそんなことしないでください!」
こまち「あなたは土下座をするような人じゃないわ…」
かれん「のぞみ顔を上げなさい私達と今後の事を話しましょ、悪理事長いえ悪校長の野望を打ち砕くために」
のぞみ「…ごめんみんな私は今は闘えない…今日で最後の別れになると思う…家にいるけど連絡しないで…」
のぞみは立ち上がりその場から去っていった…
コージ「のぞみ待ってくれ!」
ココがそれを追いかけようとするがナッツがそれを止めた
夏「ほっとくんだ、今のあいつはプリキュアとして闘える状態じゃない…」
コージ「すまない…」
えりか「でもゆりさんなんでボロボロだったんだろ、誰かにやられたのかな?」
ポルン人間体「もしかしたら悪校長の手下じゃ…」
ルルン人間体「でものぞみはゆりの発言だと気をつけてあ、あの子がうらぎなんとかと言っていたけど…」
ひかり「私達の知っている人が裏切ったんでしょうか?」

9 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 22:07:46 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード30「明かされ始める謎」Bパート
なぎさ「私達の知っている人で誰が裏切ったの?」
ほのか「わからないその内わかると思う…」
咲「のぞみの悪の力も気になるよね」
舞「まさかとは思うけどのぞみさんの祖先か前世は悪のプリキュアだったのかしら?」
ひかり「その遺伝子を受け継いでいるせいで悪の力が目覚めたんじゃ…」
りん「まさか…大体悪の力を持っているのは未来ののぞみと悪校長の子供ですよ?
のぞみの両親や祖先が悪の者じゃあるまいし…」
夏「…いや舞とひかりの言っている事は本当かもしれない、確か古代の本に書いてあったはず…」
ナッツは自分のカバンから古い本を出しページを調べたそして…
夏「あったこれだ、見てくれ」
ナッツは本をテーブルに置きみんなに見せた
夏「こう書かれている…プリキュア達が初めて現れパルミエを襲う悪の者から守り数年経ったパルミエ王国である悪の怪物がいた
最初は人間のような姿だったが妖精や植物のエネルギーなどを吸収し獣人そして悪魔さらに龍へと変貌した
悪の邪龍はパルミエ王国だけでなく他の王国をも滅ぼし世界を破滅に導いたという」
こまち「古代のプリキュアはどうしたの?」
夏「まだ書いてある…プリキュア達は悪の邪龍に立ち向かっただがあまりにも実力の差が大きく
何度も敗北を喫し撤退をしざる負えなかった…当時の妖精達は彼女達のために必死援護したが無駄だった…」

10 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 22:26:41 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード30「明かされ始める謎」Cパート
かれん「まさかこのまま滅んだの?」
夏「いやまだ書いてある…当時プリキュアのリーダーだったキュアドリームは禁断の術ドリームリバースを使わざるを負えなかった
この術を使った場合、相手を別の生命体に生まれ変わらせることができ術を使った者はその生命体に自分の遺伝子を組みこむことができるらしい
ただこの技は術を使った者は体力を著しく消耗する欠点がありこれを使えるのはキュアドリームとその血を継ぐプリキュアしかできなかった
キュアドリームは大怪我を負っても仲間の反対を押し切りこの術を使い悪の邪龍に放った、悪の邪龍はその力によりキュアドリームによく似た人間の赤子へと変化した
だがキュアドリームは術を使ったことで体力を失いこの世を去った…さらに生まれ変わった赤子はプリキュアになれる能力だけでなく悪の邪龍の力を持つようになってしまった
この赤子が死んで生まれ変わってもこの呪いは解かれない永遠に…と本に書かれているのはこれだけだ」
ラブ「その赤ちゃんの生まれ変わりがのぞみさんなの?」
美希「なんか悲しい話ね…」
祈里「せっかく優しい子に生まれ変わらせたのに邪龍の力を消せれないなんて…」
つぼみ「何とかその呪いを解く方法は無いんでしょうか?」
夏「おそらく誰がやっても無理だただひとつだけ方法がある」
えりか「何かあるの?」
夏「のぞみが邪龍の力を正しい方向に使うこれだけだ、のぞみが邪龍の力を制御しコントロールする事ができれば邪龍の力は正義の力として使われていく」
いつき「どうすればのぞみさんが邪龍の力をコントロールできるんだ?」

11 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 22:38:23 ID:pKCxfwrA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード30「明かされ始める謎」Dパート
夏「のぞみが自分の強い意志で邪龍の力を自分の物にするしかない…だが今ののぞみはそれを使うのは難しいだろう」
シロー「俺達が何とかのぞみにアドバイスにしてのぞみの心を強くすればいいんだな」
コージ「でものぞみの心は今…」
みんなはのぞみが自分の眠っている力に恐怖しているのは分かっていた
夏「おそらく悪校長はのぞみを捕まえて子を産ませるだけじゃなくのぞみの邪龍の力で世界を支配するつもりだ
その前に奴を止めるしかない…」
メップル人間体「くろみちゃんの兄がこの世界に来てから作戦を立たないと…」
ミップル人間体「一体どこにいるのかしら…」
みんなはくろみの兄が来るのを信じて待たなければならなかった…同じ頃悪理事長の城では
悪校長「昨日はよくやってくれましたねぇですが少しやり過ぎだと思いますが…」
謎の者「申し訳ございませんまさか悪魔の姿になるとは思わなかったので…」
悪校長「まぁいいでしょうそのお陰で邪魔だったキュアドリームそっくりなプリキュアはくたばりました」
部下A「悪校長、悪理事長がお呼びです」
悪校長「分かりました…あなたは部屋で一休みしてください」
謎の者「了解…」
のぞみの邪龍の力を解放した謎の者は何者だろうかそしてゆりが言った裏切り者とは…
エピソード31に続く

12 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 22:58:52 ID:nIQrCcf80
希望を甦らせるのはおそらく勇気?
犯人はまさかせつなじゃないのか?もしくはキュアバーローの仕業か?

今のレスは無視してくれ。何となくバーンガーンみたいなのが来そうなんで・・・ 

13 :名無しより愛をこめて:2010/07/28(水) 23:03:19 ID:pKCxfwrA0
>>12
ダークプリキュアは出ません、この話では既に死んでいます
とはいえ本編でのダークはどうなるかまだわからないので俺的に数年前にムーンライトに倒された扱いにしています

14 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 00:22:37 ID:1wKVxBCA0
>>13
エロ展開はありますか?

15 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 00:23:58 ID:1wKVxBCA0
>>8-11
エロイベントを絡めた方が盛り上がる

16 :京都に浴びる一輪の@編集長:2010/07/29(木) 12:45:53 ID:GjVR6w+k0
nozomigatgfvytgfcgtfckjトンデッター6yfりy76う

17 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 16:57:15 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード31「くろみの兄を探せ」Aパート
翌日、ミルクハウスになぎさ達が集まった
なぎさ「私達のコピーロボは無事仕事場に行かせたからこれで安心してプリキュアとして闘えるわね」
ほのか「だけど私達が変装するのは変だと思うけど…」
ひかり「仕方ありませんよ同じ姿をした人間が2人いたらみんな混乱しますから…」
シロー「おいナッツ、ワープ装置を作ったほうがよかったんじゃねぇか?」
夏「一応あるがまだ製作中でな…できあがったらここへ運ぶ」
美希「私達がプリキュアであることをばらしちゃえばいいじゃない、クローバータウンのみんなは私達の事を知っているんだから」
祈里「だけどそんなことしたら誰か狙われるし恨まれる可能性もあるよ…クローバータウンのみんなは内緒にしているだけだから」
美希「確かにそうね…」
ラブ「でどうやってくろみちゃんの兄を探すの?」
夏「DNAセンサーで探す」
ナッツはリュックからセンサーを出した
夏「このセンサーはDNAを記録されているデータチップをセットすると反応がある
これはくろみのDNAを組みこんである」
咲「このポイントミルクハウスだ、そうかくろみはまだカプセルの中にいるからか」
舞「遠く離れた場所にはのぞみさんの家があるわ」
夏「そうだくろみはのぞみの子供、DNAは同じだつまりくろみの兄ものぞみのDNAを受け継いでいるはずこれで探せば見つかるはず」
りん「だけどくろみの兄も悪校長のDNAを受け継いでいるんでしょ?間違って悪校長と出会ったら…」
夏「安心しろこのデータチップにはのぞみのDNAも記録されている、のぞみのDNAを持つ者だけしか探せないから悪校長と出会えることはない」
うらら「いつのぞみさんのDNAを?」
夏「一昨日手当てした際に採取した、本人達には悪いと思うが2人はまだあの状態だから仕方ない」
こまち「のぞみさんもくろみさんも元に戻ればいいけど…」

18 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 17:13:37 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード31「くろみの兄を探せ」Bパート
かれん「くるみもゆりも動けない状態だわ…せつなもいないから瞬間移動も使えない」
くるみ「私は行くわよ」
みんな「くるみ!」
カプセルがあった部屋からくるみが現れた
つぼみ「怪我はもう治ったんですか?」
くるみ「まぁねゆりとシフォンはまだ眠ったままだけど私は闘えるわ、ナッツ様私にもくろみの兄の捜索を…」
夏「駄目だお前はここに残れ、怪我が治ったとはいえまだ完全とはいえないそれにゆりとシフォンをここに放置するわけにもいかない」
コージ「君はここで留守番して2人を守ってやってくれ、大丈夫探すだけだから」
くるみ「わかりましたお気をつけて…」
ココ達はゆりとシフォンをくるみに任せて出発したそして数時間後
えりか「まだ見つからないの〜」
いつき「しょうがないよ今日来るとはわからないから…」
ピピーピピー!
夏「センサーが反応した、間違いこの近くにいる!」
ほのか「今日来るなんて偶然ね…」
ポプリ人間体「一体くろみちゃんのお兄ちゃんはどんな姿をしているですか?」
シプレ人間体「くろみちゃんがのぞみそっくりだからお兄さんものぞみそっくりなはずです!」
コフレ人間体「だけど彼がプリキュアかどうかわからないです…」
コフレ達は5年前の事を思い出していた番君がプリキュアだと思われた事を…
なぎさ「プリキュアって男でもなれんの?」
ムープ人間体「大昔にいた気がするけど…」
フープ人間体「本当かどうかわからない…」
シロー「とにかく早く探すぞ!俺に乗れ!」
シロップは飛行形態になりみんなはそれに乗りくろみの兄がいる場所に飛んだ…

19 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 17:36:03 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード31「くろみの兄を探せ」Cパート
同じ頃くろみの兄のいる場所でのある森ではタイムマシンがあったそこにある青年がいた、彼がのぞみの子供でくろみの兄でもある
くろみの兄「何とか着いたけどくろみは無事なんだろうか…この時間よりも過去に行こうかと思ったけどエネルギーはもう少ないから失敗するかもしれない
ん?くろみの気配がかすかに感じる…あそこか!」
くろみの兄はタイムマシンを小さなカプセルにいれくろみを探しに行ったまた同じ頃のぞみは…
のぞみ「…」
どうやらまだ部屋に引き篭っていた、両親は仕事に行っているらしい
のぞみ「もう私は闘わない…闘えばまたあの力が覚醒する…」
やはりのぞみは邪龍の力を恐れていただがこのままではのぞみは永遠に邪龍に恐れる事になる…
のぞみ「私はプリキュアとして失格だよ…誰か代わりにキュアドリームになってくれる人はいないの…」
のぞみは完全にプリキュアとしての誇りを無くしている…また同じ頃ココ達は
ナッツ「移動しているナツ…誰かを探しているのナツか?」
ココ「そうかココ!彼はくろみを探しているんだココ!」
咲「彼女はミルクハウスにいるからそこに向かっているのね!」
舞「あとを追いかけましょ!」
シロップ「猛スピードでいくロプ!」
シロップはスピードを上げくろみの兄の所まで向かう…さらに同じ頃悪理事長の城では
悪理事長「どうやら何者かがキュアドリームの世界に来たらしいな…」
悪校長「おそらくあのプリキュアの仲間だと思われます」
教頭「理事長、私がそいつを捕まえに来ます」
2人は振り向くと新しい教頭がいた、赤いローブを着ていて顔がよく見えないようになっている
悪理事長「君か…しかし1人だけで十分かね、どうやらキュアドリームの仲間も奴を追いかけているようだが」
悪校長「ご安心を、私の忠実な部下も一緒に来ますので無事捕まえれますよ…」

20 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 17:54:13 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード31「くろみの兄を探せ」Dパート
謎の者「教頭と私なら奴らを食い止めれます」
謎の者もその場にやってきた
悪理事長「分かった…では2人で先に奴を捕まえるのだ」
教頭「わかりました…では行くぞ」
謎の者「了解…」
教頭と謎の者は瞬間移動でのぞみ達のいる世界まで飛んだ…そしてくろみの兄はミルクハウスに着いた
くろみの兄「ここかくろみのいる場所は…どうやらここは悪の気配は感じられない…だけどくろみのエネルギーが小さいのは何故なんだ…?」
くろみの兄はミルクハウスに入ろうとするが
シロップ「おーい待ってくれロプー!怪しい者じゃないロプ!」
みんなを乗せたシロップが降り立ち妖精達は人間の姿になった
くろみの兄「誰ですかあなた達は…?」
コージ「僕達は君の妹くろみさんの知り合いだ、そして君達兄妹の母親でもあるのぞみの仲間だ」
くろみの兄「母さんと妹を知っているんですか?…良かったやはりあなた達が…」
シロー「嬉しいのはいいけど顔ぐらい見せろよ」
うらら「姿は何だかプリキュアというよりも特撮ヒーローに出てくるパワードスーツみたいにですね…」
確かにくろみの兄はパワードスーツのようなものを着ていた
くろみの兄「わかりました…ですが俺の顔を見たら皆さんがびっくりしますがそれでもいいですか?」
夏「構わない早く素顔を見せてくれ」
くろみの兄はベルトを外しパワードスーツみたいなものは消滅し中から長髪の男性が現れた
りん「え…?あんたの顔…」
コージ「君の顔…人間の姿の僕に似ている…?」
なんとくろみの兄の顔はココのそっくりだった、彼は本当にのぞみの息子でくろみの兄なのだろうか?
エピソード32に続く

21 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 22:24:54 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード32「未来での事」Aパート
望「俺の名前は夢原望、夢原のぞみの息子でもあり夢原くろみの兄でもあります」
こまち「くろみさんの名字の悪夢じゃ…」
望「あれは偽名です、夢原だとばれてしまうので本当の名は夢原くろみ…」
かれん「それにしても驚いたわ、髪の色や長さはのぞみのそっくりだけど顔はココに似ている…」
ひかり「あなたの父親は悪校長では?」
望「くろみの父親は悪校長ですが僕の父親はココさん…いや父さんあなたです」
コージ「き、君は僕とのぞみの息子なのかい?でも彼女は悪校長がのぞみにセックスして君達が生まれたらしいけど…」
望「彼女は勘違いしているだけです、父さんが最初に母さんとセックスしその後悪校長が母さんとセックスしたんです」
夏「なるほどココと悪校長それぞれの精子がのぞみの子宮に入りその中で受精卵が生まれ同時にお前達兄妹が生まれたのか…」
シロー「つまりお前達兄妹はは異父兄弟なのか…」
望「そういうわけです…あのくろみはどうなったんですか?ここにいるはずなんですが…」
コージ「彼女なら部屋にいる…案内するよ」
ココ達は望をくろみに会わせる為ミルクハウスに入った…

22 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 22:57:17 ID:s1MUQGa+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード32「未来での事」Bパート
同じ頃のぞみは私服に着替えどこかへでかけた…
のぞみ「…」
のぞみは黙ったまま彷徨い続ける…また同じ頃教頭と謎の者はのぞみ達の世界に来た
謎の者「教頭、奴らはどこにいるのですか?」
教頭「おそらくミルクハウスという所にいる」
謎の者「ではそこにいきましょう」
教頭「待て私のいい考えがある、私のこれで奴らを近くにおびきよせる」
謎の者「そして私の力で教頭が持つそれの潜在能力を解放させるのですか」
教頭「その通りだ…ではミルクハウスに近い所でやるぞ」
教頭と謎の者はミルクハウスに近い所へ向かった…一方ミルクハウスでは
望「くろみ…」
望はカプセルに入っているくろみの姿見て驚きを隠せなかった
夏「彼女はまだ生きてはいるが植物状態になっているだけだ」
シロー「お前ならこいつを治す方法はあるだろ?」
望「ええですがそれには母さんの力も必要です…あの母さんはどこにいるんですか?」
ラブ「まだのぞみさんはここに着てないよ…」
つぼみ「のぞみさんは訳があって私達は会わないんです」
望「どうして母さんが…」
コージ「今から君にこの世界での出来事を全て話すよ」
望はココ達からこの世界での出来事を聞いた、自分の知っている未来とは違っていることやのぞみに眠る邪龍の力が眠っていることを…
望「そんな母さんが邪龍の力を…くろみは母さんを止める為に…」
夏「俺達も驚いたまさかのぞみに悪の力あるとは思いもしなかったからな」
シロー「すまない俺達がのぞみを止めることさえできれば…」

23 :名無しより愛をこめて:2010/07/29(木) 23:19:42 ID:1wKVxBCA0
>>17-22
いい加減エロイベント絡めろよ

24 :名無しより愛をこめて:2010/07/30(金) 18:12:18 ID:VpeLYKgu0
>>23
なぜそこまでエロにこだわる?

25 :名無しより愛をこめて:2010/07/30(金) 20:38:34 ID:h43bKUhg0
>>24
思春期の男子が喜ぶだろ?

26 :名無しより愛をこめて:2010/07/30(金) 22:36:09 ID:VpeLYKgu0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード32「未来での事」Cパート
コージ「ところで君の未来では今どうなっているんだ?悪校長は倒せれた?」
望「残念ながら奴に勝つ事は無理でした…」
ラブ「ねぇあなた達の未来では悪校長達に支配されているんでしょ?私達の家族や仲間で生き残っているのはいないの?」
望「残念ながらキリヤさんとひかるさんしか生き残っていません…他の人達は殺されました」
美希「そのパワードスーツって誰が作ったの?のぞみさん?」
望「いいえこれは2人と満さん薫さんブンビーさん隼人さん瞬さんとの5人が作ってくれたんです、さすがにくろみだけでは無理があるという理由で」
祈里「あなた達が生まれた場所って悪校長のアジト?」
望「はい…」
望は未来での過去の事を思い出していた
のぞみ「望、あなたの父親は悪校長じゃないわココという人よ」
望「えてっきり僕はあいつの子だと思ったのに…」
のぞみ「お母さんが捕まる前にココという人とセックスしその後悪校長とセックスしたのそのお陰であなた達双子は同時に生まれた…」
望「くろみはそれを知っているの?」
のぞみ「いやまだ教えていない、けど教えちゃ駄目よくろみだけ悲しい思いをさせるわけにはいかない…」
望「分かったよ母さん…」

27 :名無しより愛をこめて:2010/07/30(金) 22:46:20 ID:VpeLYKgu0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード32「未来での事」Dパート
そして望は脱出した事を思い出した
のぞみ「くろみこれはママの変身アイテムよ壊れているけど私の知り合いに治して貰えれば変身できるからまずはお兄ちゃんと一緒に逃げなさい」
くろみ「やだっやだっ!ママと離れるのは嫌ぁ!」
望「くろみ母さんの言うことを聞くんだよ、このままだとこの世界は悪校長に支配されてしまう」
くろみ「でも…」
のぞむ「さぁ早く逃げなさい、この穴ならあなた達でも入れるわママも何とか脱出してみせるから…」
望「さよなら母さん…」
くろみ「さよならママ…」
こうして2人は何とか脱出してブンビー達と合流したらしいそしてそこで戦士として成長したのだ
つぼみ「そんな過去があったなんて…」
えりか「悪校長酷い奴だよ絶対許せない!」
いつき「悪校長は僕達を殺したらしいからこれまで以上に強い奴かもしれない…」
望「何とか悪校長を倒す鍵となるものがあれば…」
ゆり「う…みんな聞いて…」
みんな「ゆり(さん)!」
カプセルがあった部屋からゆりが現れた
くるみ「ちょっとゆり!あなたまだ怪我が治ってないわよ!カプセルに戻りなさいよ!」
ゆり「その前に聞いて!私達の知っている人が裏切ったのよ!」
みんな「えー!?」
夏「一体誰なんだそいつは!?」
果たしてゆりが言うココ達が知っている人でもある裏切り者とは…
エピソード33に続く

28 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 07:30:11 ID:TcCiMnXh0
>>13
うちにならダークプリキュアおるよ探してみてね。

29 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 08:48:50 ID:dQjavtMp0
>>26-27
肝心のお色気イベントは?

30 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 22:02:40 ID:wRmvHOKL0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード33「裏切り者」Aパート
同じ頃ミルクハウスの近い所に教頭と謎の者が来た
謎の者「やっと着きましたねでは早速やりましょう」
教頭「ああ…」
教頭は手に赤いダイヤの形したものを5つ出した
教頭「ナケワメーケ…我に仕えよ!」
教頭が放った赤いダイヤが5つの木に着いた、そして木はナケワメーケになった
謎の者「そして私の能力で…ハァ!」
謎の者は手から黒いエネルギーを放つそれを浴びたウッドナケワメーケはさらに凶悪なウッドナケワメーロになった
謎の者「ではここで暴れさせましょう」
教頭「…」
ウッドナケワメーロは活動を開始したそしてミルクハウスでは…
なぎさ「ゆり、誰が裏切ったの!?」
ほのか「私達の仲間らしいけど一体…」
ゆり「私は昨日、怪しい者を見つけたんです着いていくと誰かと話していた…そいつはラブが一番よく知っている人…」
ラブ「ええ私が一番知っている人?」
ゆり「私は奴らに見つかってにげようしたけど怪しい者が阻んで変身して何とか切り抜けたの、だけどその結果謎の者によって大怪我をして…」
つぼみ「それであんな怪我に…」
美希「誰なんですかその裏切り者ってラブの一番知っている人なんですか?」
えりか「ラブさんの一番知っている人って誰なの?」
祈里「一番知っている人って…」
いつき「まさか…」

31 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 22:20:09 ID:wRmvHOKL0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード33「裏切り者」Bパート
ゆり「そう裏切ったのは…」
ナケワメーロ「ナーケワメーロォ!」
みんな「!!」
咲「何だろ今の声…」
舞「ああ見て!」
舞が窓を見るとミルクハウスから離れた場所からウッドナケワメーロ5体が暴れていた
美希「あの胸に付いている赤いダイヤ…イースの?」
祈里「でもイースは既にもう…」
ラブ「…とにかく行こう!タルト達はここに残って!」
くるみ「私も行くわ!」
かれん「くるみまだ治ったばかりよ」
くろみ「大丈夫もう闘えるわ!」
こまち「早く行きましょ!」
望「俺も…」
りん「あんたはくろみちゃんを守ってあげなさい、あいつらはあたし達だけでも十分だから」
ラブ達16人のプリキュアは急いでナケワメーロの所へ行った
ゆり「私も…うう!」
シプレ人間体「まだ怪我が治ってないですよ!」
コフレ人間体「カプセルに戻って治すです!」
ゆり「…分かったわ」
ゆりはカプセルの中に入った
コージ「せつなはいないゆりは負傷…こんな時にのぞみさえいれば…」

32 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 22:32:09 ID:wRmvHOKL0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード33「裏切り者」Cパート
謎の者「どうやら奴らが着ました…」
教頭「…」
16人「デュアルオーロラウェーブ!ルミナスシャイニストリーム!デュアルスピリチュアルパワー!プリキュアメタモルフォーゼ!スカイローズトランスレイト!チェンジプリキュアビートアップ!プリキュアオープンマイハート!」
ラブ達はそれぞれ変身しウッドナケワメーロの前に立った
ブラック「光の使者!キュアブラック!」
ホワイト「光の使者!キュアホワイト!」
ルミナス「輝く命!シャイニールミナス!」
ブルーム「輝く金の花!キュアブルーム!」
イーグレット「煌めく銀の翼!キュアイーグレット!」
ルージュ「情熱の赤い炎!キュアルージュ!」
レモネード「はじけるレモンの香!キュアレモネード!」
ミント「安らぎの緑の大地!キュアミント!」
アクア「知性の青き泉!キュアアクア!」
ローズ「青い薔薇は秘密の印!ミルキィローズ!」
ピーチ「ピンクのハートは愛あるしるし!もぎたてフレッシュ!キュアピーチ!」
ベリー「ブルーのハートは希望のしるし!つみたてフレッシュ!キュアベリー!」
パイン「イエローハートは祈りのしるし!とれたてフレッシュ!キュアパイン!」
ブロッサム「大地に咲く一輪の花!キュアブロッサム!」
マリン「海風に揺れる一輪の花!キュアマリン!」
サンシャイン「陽の光浴びる一輪の花!キュアサンシャイン!」
16人「我らプリキュアオールスターズ!」
謎の者「やっと来たかプリキュアども…ムーンライトは私が負傷させたからどこで休んでいるだろう…ドリームはどうした?」

33 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 22:45:26 ID:wRmvHOKL0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード33「裏切り者」Dパート
ルージュ「わざわざドリームが来る必要は無いわ!」
レモネード「お前達は私達相手で十分です!」
ピーチ「待ってまだパッション…せつなが…」
ベリー「ピーチまずは奴らを倒すのが先決よ」
パイン「せつなちゃんはきっと来ると私信じてる」
教頭「…既にこの場にいる」
ローズ「どうしてわかるのよ?」
ミント「まさか…」
アクア「もしかしてあなたは…」
教頭は赤いローブを脱いだ…ローブを脱いだ教頭はなんと…
ブラック「あんたは…!」
ホワイト「そんな…!」
ルミナス「有り得ません…」
ブルーム「どうして…」
イーグレット「彼女が…」
ピーチ「そんなせつな…どうしてイースなの!?」
ブラッドイース「我が名はブラッドイース、ブラッドキングダムの悪理事長ブラッドカイザー様のしもべ…」
なんとゆりの言う裏切り者で教頭の正体はせつなだった…何故彼女がイースとしてラブ達の敵になってしまったのか?
エピソード34に続く

34 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 22:47:57 ID:L3LaOes90
>>30-33
いい加減エロ展開に突入してくれ

35 :名無しより愛をこめて:2010/07/31(土) 23:01:06 ID:aiGCp4b50
鳴滝「イース、何てことしてしまったんだぁぁぁぁぁ!」

翔太郎「このままだと全滅だな。手を貸そうか」
丈瑠「外道に落ちたかイース。源太はおまえのファンだぞ。失望するんじゃない」
輝「イースやめろ。ラブを悲しむつもりか」
刹那「お前の凶行、許すわけにはいかん」
セーラームーン「貴方のせいで未来は絶望にされた。なら貴方は滅ぶべきよ!」 

36 :名無しより愛をこめて:2010/08/01(日) 08:33:23 ID:3GMichkX0
>>35
ラム「あんたは滅ぶべき存在じゃないっちゃ!」
伊藤誠「俺も手を貸すぜ」
ルルーシュ「このギアスでイースの野望を阻止してみせる」
夜神月「デスノートに鳴滝の名を書こうとしたがフルネームが判らない・・・」

37 :名無しより愛をこめて:2010/08/01(日) 16:19:44 ID:kj+iGZlg0
>丈瑠「外道に落ちたかイース。源太はおまえのファンだぞ。失望するんじゃない」
そういう殿は1度外道に落ちようしたくせに…
言っとくけどせつながイースとして敵側になったのはある理由があるから

38 :名無しより愛をこめて:2010/08/01(日) 22:27:35 ID:IS2s+00v0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード34「裏切りのせつな」Aパート
教頭の正体はせつなが変身したブラッドイースだった、6年前のイースと比べると体が大きくなっただけでなく見た目は凶悪な雰囲気でノーザを思わせる
ピーチ「どうして…どうしてなのせつな!?」
ピーチは動揺する、自分の親友がまた悪人になってしまったこと…
パイン「どういう事なのせつなちゃん!?何か理由があってそっち側に…」
謎の者「違う…キュアパッションいやブラッドイース教頭は自らの意志でブラッドカイザー理事長に従ったのだ」
ピーチ「…違う絶対違う!せつなはもうイースじゃない!東せつなキュアパッションよ!」
ブラッドイース「ラブいやキュアピーチ…私は自分の意志でブラッドカイザー理事長に従う事になった…もうお前の知っている東せつなでもキュアパッションでもない…」
ベリー「せつないやブラッドイース…あんた最低よ!またラブや私達を騙して裏切ったのね!」
ブラッドイース「…」
ブロッサム「仲の良かったラブさん達を簡単に裏切るなんて…私堪忍袋の緒が切れました!」
マリン「さらに世界を支配しようとするブラッドキングダムに付くなんて…海より広いあたしの心もここらが我慢の限界よ!」
サンシャイン「…あなたがどういう経緯で敵になったのかわからない…だがなんとしてでもその心の闇私の光で照らしてみせる!」
謎の者「教頭に口答えするのはそこまでにするんだな…行けナケワメーロ!」
ナケワメーロ「ナーケワメーロォ!」
5体のウッドナケワメーロがプリキュア達に襲い掛かる
ホワイト「みんな油断しないで!」
ブラック「一気に片付けるわよ!」
14人「Yes!」
プリキュア達はナケワメーロ達に立ち向かっていく…一方それを見ていた妖精達は
タルト人間体「そんな…パッションはんが敵側に?」
メップル人間体「彼女に何が…」
フラッピ人間体「しかもあのナケワメーケ、前より強い闇の力を感じる…」

39 :名無しより愛をこめて:2010/08/01(日) 22:41:04 ID:IS2s+00v0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード34「裏切りのせつな」Bパート
ミップル人間体「ホワイト達あいつらに勝てるかしら…」
チョッピ人間体「イーグレット達なら何とかしてくれるわ…」
夏「だと言いんだが…」
妖精達は彼女達を見守るしかなかった
ブラック「ハアアアアア!!!!!!!」
ホワイト「テヤアアアア!!!!!!!」
ブルーム「ウリャアアア!!!!!!!」
イーグレット「イヤアアアア!!!!!!!」
10人のプリキュア達はナケワメーロ5体につき2人ずつで立ち向かう、ピーチベリーパインはブラッドイース、ブロッサムマリンサンシャインは謎の者に立ち向かう
ブロッサム「覚悟しなさい!」
マリン「あんたはあたし達が倒す!」
謎の者「ふんいいだろう…私も正体を明かしてやる」
謎の者は自分のローブを脱いだ
ブラッドナイト「私の名はブラッドナイト!ブラッドキング校長の忠実な右腕だ!」
サンシャイン「お前がのぞみさんを悪に…許すわけにはいかない!」
3人は必死にブラッドナイトに立ち向かう一方ピーチ達3人はブラッドイースと対峙していた
ブラッドイース「さぁ来いキュアピーチ!キュアベリー!キュアパイン!」
ベリー「やるわよピーチ!パイン!」
パイン「ええ!」
ピーチ「で、でも…」
ベリー「ピーチ今は迷っている暇は無いのよ!あいつはもうせつなじゃない!」
パイン「辛いのはわかるけど彼女も倒さないとのぞみさんが邪龍になって世界を滅ぼすかもしれないのよ」
ピーチ「…わかった闘うよ」
3人はブラッドイースと激しい肉弾戦を行う

40 :名無しより愛をこめて:2010/08/01(日) 22:51:39 ID:IS2s+00v0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード34「裏切りのせつな」Cパート
ナケワメーロ「ナケワメーロォ!」
ウッドナケワメーロは種爆弾と木の枝を槍にしプリキュア達を攻撃する
ルージュ「うわわあああ!!!!!!」
レモネード「きゃあああああ!!!!!!」
さすがに10人のプリキュアは苦戦する
ミント「なんて強さなの…」
アクア「ナケワメーケの何倍以上も強い…」
ローズ「あのブラッドナイトの力のお陰らしいわ…」
ルミナス「バリアを張っても奴らに砕かれます!」
ブルーム「だったら!」
イーグレット「早めに勝負をつけましょう!」
10人は武器を装備、ブルームとイーグレットはブライトとウインディになり最強技を放った
ブラックホワイトルミナス「エキストリーム・ルミナリオ!」
ブライトウインディ「プリキュア・スパイラル・スター・スプラッシュ!」
ルージュレモネードミントアクア「プリキュアグアドラブルローズエクスプロージョン!」
ローズ「ミルキィローズ・メタルブリザード!」
ナケワメーロ「ナケワメエエエエエエエエロオオオオオオオ!!!!!!!!!」
それぞれの最強技がウッドナケワメーロに直撃し何とか倒した
ルミナス「はぁはぁ何とか倒しました」
ローズ「はぁはぁかなりでこずったわ…」
どうやら敵があまりの強さでかなり体力を消耗したらしいようだ、一方ブロッサム達はブラッドナイトに苦戦した

41 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 08:05:14 ID:nc8v2kJN0
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
ゆり「まったくなんて先生なの、あんなのに教えてもらうんだったら
もっと他の先生に変えてもらうように理事長にお願いしましょう。」
そう言って教室を出るゆり、彼女は次の授業の始まる音楽室へと向かって行った。

んでこちらは音楽の授業あいかわらずのゴスロリ衣装であった。
高山「はいっでは、ここまで通します。」
生徒「はーい」
小声で咲「今日はいつもより厳しいね。」
小声で舞「そうだね。今日は特に…」
高山「そこ無駄話しない。いきますよ。」

生徒全員「QUEST FORLOVE,QUEST FORDREAM QUEST FOR ALL TRUTH!! 瞳に秘めた
夢だけは誰にも奪えはしないから 鮮やかに今 真実を抱きしめて!!
君が笑顔で隠す 冷めた心の傷痕 ガラスの破片 きつく握りしめてる…」
   
ゆり「(どうしてあの先生はゴスロリのような物を着ているのかしら?それに片方だけの翼は、なに
教える立場としては不釣り合いだわ。)」
高山「おや?誰です…なんだ教育実習生の月影さんじゃないですか?」
りん「へぇ〜月影さんって言うだ小々田先生がシャドームーンって言うから。」
健太「そうだぜ、てっきりゴルゴム帝国が攻めてきたのかと思ったってばよ。」

高山「まあ小々田先生らしい」
ゆり「ええまったくもって迷惑でした。あなたも人を教えるのであればその格好はやめなさい。」
高山「どうもあなたは批判ばかりですね〜もう少し素直になりなさい。」
ゆり「余計なお世話です。」

火花散るふたりであった。

42 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 12:36:58 ID:HOwO7iNH0
>>41
ゆりさんは心を開く事はできないのか…

43 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 19:12:19 ID:nc8v2kJN0
プリキュアオールスターズ外伝   
第0話「プリキュアアナザーワールド」  
これから始まるのは皆さんの大好きなプリキュアの物語です
そしてこの物語は皆さんが知っているプリキュアとは少し違う世界の話です
しばらくの間、あなたの目はあなたの体を離れてこの不思議な世界へと入っていくのです…

ここは日本の東京で今年は2010年の4月、この街にある女子中学生が学校へ行く準備をしていた
つぼみ「よしこれで準備万端ですね。」
彼女は花咲つぼみ、皆も知っている通りハートキャッチプリキュアの主人公である
だがこの世界での彼女ではキュアブロッサムではない、しかし彼女自身も知らない何か秘密がありそう
つぼみ「行ってきまーす。」
つぼみママ「行ってらっしゃい。」
薫子「気をつけるんだよ。」
この二人もハートの世界とは違うようである
家から出たつぼみはそのまま学校まで行っていたそして校門までに着くとそこには女子中学生がいた
えりか「おはようつぼみ!」
つぼみ「おはようございますえりか!」
皆も知っている通り彼女は来海えりか、この子も皆の知っているえりかとは違う別人のようだ
このえりかは、つぼみとは幼少時代からの幼馴染で幼稚園から付き合いだが仲良しなのはハートの世界と同じ
えりか「つぼみ早く教室に行こうよ!新しい学園生活が始まるよ!」
つぼみ「そうですね新しい学園生活楽しみです!」
そう言って二人は下駄箱で靴を履き替え教室へ向かった、偶然にも同じ教室らしい
ちなみにこの学園の名前はプリティキュアスクール、中学高校大学とエスカレート式で進学するそうだ
この世界にはハートキャッチプリキュアの人物だけではなく他のプリキュアに出ている人物が別人として存在しているらしい
果たしてつぼみはどのような人と出会い成長していくのかご期待


44 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 19:14:48 ID:nc8v2kJN0
:名無しより愛をこめて:2010/07/03(土) 22:46:47 ID:pdRppGiJ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード8「のぞみの見る悪夢」Cパート
悪理事長達による話から時間が過ぎ深夜になったそしてのぞみの部屋ではのぞみが悪い夢を見てうなされていた
のぞみ「うう!な、なんて強さなの…」
のぞみが見ている夢…それは場所が町が壊れ廃虚になりドリームがボロボロになりながらも悪理事長と闘っていた
ドリーム以外のプリキュア達や妖精達や仲間達は悪校長とシャドームーンと怪人軍団に敗北し変身解除してしまい気絶していた
ドリーム「ハァハァ闘えるのは私だけ…」
悪理事長「もう諦めろおとなしくお前はワシの子供を産むのだ」
ドリーム「貴様の子供など産みたくない!プリキュア・ドリームエクスプロージョン!」
ドリームのクリスタルフルーレから放たれたピンクの薔薇が悪理事長に直撃したが悪理事長はピンピンしていた
ドリーム「そんな…今のはフルパワーだったのに」
悪理事長「残念だったな…フン!」
悪理事長の波動弾でドリームに直撃、そのせいでのぞみに戻ってしまう
のぞみ「もうプリキュアに変身するエネルギーが…」
悪理事長「もう立ち上がれないのかでは今度こそワシの子供を産ませてやるぞ、校長!シャドームーン!」
悪校長&シャドームーン「はっ!」
悪校長は立ち上がれないのぞみを念力で宙に浮かばせた
そしてシャドームーンのサタンサーベルでのぞみの服を全て切り裂き全裸にしてしまった
のぞみ「きゃあ!変態!見ないでぇ!」
悪理事長「さてお前は妊娠してもらうぞ…全世界征服のためにもな」
悪理事長は体の触手を何本も出しそれを悪校長の念力で無理矢理股を広げられたのぞみのアソコに入れてしまった




45 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 21:58:06 ID:HOwO7iNH0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード34「裏切りのせつな」Dパート
ブロッサム「きゃあああああああ!!!!!!!!!」
ブロッサムはブラッドナイトの強力なキックでぶっ飛ばされた
マリン「ブロッサム!よくもやったわね!マリン・インパクト!」
マリンは拳にエネルギー貯めてブラッドナイトにぶつけるが効かなかった…
ブラッドナイト「この私には効かんぞ…!ヌオオオオ!!!!!!!」
ブラッドナイトは強大な気を発生しマリンを吹き飛ばしてしまう
マリン「うわあああああ!!!!!!!!!!」
ブロッサム「マリン!よくも…ブロッサム・スクリューパンチ!」
ブロッサムの花のパワーでためたエネルギーパンチを放つが
ブラッドナイト「はぁ!」
ブラッドナイトはバリアを発生しかけ消されてしまう
ブロッサム「そんな…」
ブラッドナイト「ブラッドショット!」
ブラッドナイトは連続エネルギー弾を放ちブロッサムに襲い掛かる
サンシャイン「危ない!サンフラワー・イージス!」
サンシャインはひまわりの形をしたシールドを張ってブロッサムとマリンを守る
マリン「サンシャイン!」
ブロッサム「まずいひびが入ってきました…」
サンシャインのシールドは5年前より防御力は高いがブラッドナイトの連続エネルギー弾がそれ以上に強すぎてひびが入っていた…
エピソード35に続く

46 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 22:10:48 ID:HOwO7iNH0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード35「望戦闘開始」Aパート
一方ピーチ達はブラッドイースに苦戦していた、6年前のイースと比べると強さが桁違いにあがっていた
ブラッドイース「ハアッ!」
ピーチ「きゃああああ!!!!!!!!」
ブラッドイースのパンチを喰らったピーチは遠くまでぶっ飛ばされ森にぶつかる
パイン「ピーチ!」
ベリー「6年前のイースよりもさらに強くなっている…いつの間にそんな力を」
ブラッドイース「…ブラッドキング様から強いパワーをもらったからだ」
ベリー「…あんたを許すわけにはいかない!絶対に!」
ベリーはベリーソードを出しブラッドイースに立ち向かう、ブラッドイースも赤い剣を出し対抗する
ベリー「やあああああああ!!!!!!!!」
ブラッドイース「はああああああ!!!!!!!!」
お互いの剣が交じりあい火花が散っていく、あまりにも凄すぎてパインは近づけない
パイン「美希ちゃん鬼のような気迫を感じる…せつなちゃんが許せないからなの?」
その頃ブラック達はその間にピーチを救出に向かった
ブラック「ピーチ大丈夫?」
ピーチ「ええ何とか…」
ホワイト「どうしてせつなさんが敵に…」
ピーチ「分からない…けど何としてでもイースいやせつなを止める!」
ブライト「ピーチ…」
ウインディ「早く急ぎましょ!」
5人はピーチと一緒に皆の所へ急いだ

47 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 22:23:39 ID:HOwO7iNH0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード35「望戦闘開始」Bパート
サンシャイン「うわあああああ!!!!!!!!!」
とうとうシールドが破れサンシャインはぶっ飛ばされてしまう
ブロッサムマリン「サンシャイン!」
ブラッドナイト「貴様らはここまでだ…死ねい!」
ルージュ「プリキュアファイヤーストライク!」
突然後ろから火の玉が来てブラッドナイトはそれをかわす
ブラッドナイト「貴様らナケワメーロの戦いで体力を消耗したんじゃないのか?」
レモネード「残念でしたね、もう回復しましたよ!」
ミント「あとは私達の任せて!」
ブロッサム「は、はい!」
マリン「早くサンシャインを!」
ブロッサムとマリンはぶっ飛ばされたサンシャインを助けけにいった
アクア「ドリームがいれば何とか倒せそうだけど…」
ローズ「それでもやるしかない!」
5人はブラッドナイトと肉弾戦を繰り広げる同じ頃ベリーは…
ベリー「はぁはぁや、やばい息切れが…」
ベリーは息切れをしていたそれに対しブラッドイースは息切れは全くしていない
ブラッドイース「どうした?お前の本気はそれまでか?」
ベリー「うるさい!プリキュアエスポワールシャワーフレッシュ!」
ベリーソードからスペード型のビームが放たれるそしてブラッドイースはなんとパッションハープを出した
ブラッドイース「ブラッドイースハリケーン!」
ブラッドイースが放った赤いハリケーンがスペード型のビームを打ち消しベリーを飲み込む
ベリー「きゃあああああああ!!!!!!!!!」
パイン「ベリー!」
ハリケーンが終わり上空からベリーが落ちてきた

48 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 22:37:14 ID:HOwO7iNH0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード35「望戦闘開始」Cパート
ベリー「つ、強い…」ドサッ
ベリーは怪我を負い倒れてしまうそしてパインが駆け寄る
パイン「ベリー!しっかりして!」
ブラッドイース「次はお前だキュアパイン」
ピーチ「やめてせつな!」
ピーチは何とかブラッドイースの所まできた、ブラック達もいっしょだ
ピーチ「もうやめてよせつな!あなたはもうイースじゃないのよ!」
ブラッドイース「…」
ベリー「ピ、ピーチそいつに何も言っても無駄よ…もうそいつはあたし達の知っているせつなじゃな…ゲホゲホ!」
ベリーは咳をし口から血が出てきた
パイン「べ、ベリー血が…」
ルージュレモネードミントアクアローズブロッサムマリンサンシャイン「きゃあああああああああ!!!!!!!!!」
ブロッサム達8人のプリキュアがこっちのほうへぶっ飛ばされてしまった
ルミナス「み、皆さん!」
ブラッドイース「伝説の戦士プリキュア…これほどまでとは…貴様らが弱すぎるのかそれとも我々が強すぎるから…」
ブラック「あんた許さない!」
ホワイト「ブラック行くわよ!」
ブラックホワイト「プリキュアマーブルスクリューマックススパーク!」
2人の黒と白のビームがブラッドナイトに目掛けて放つが…
ブラッドナイト「ブラッドバースト!」
ブラッドナイトは両手から赤と黒のビームを出しマーブルスクリューを押し返してしまった
ブラックホワイト「きゃああああああ!!!!!!!!!!」
これを浴びたブラックホワイトは大ダメージを受けてしまった
ブライト「ブラック!ホワイト!」
ウインディ「よくも2人を!」
ブラッドナイト「教頭離れてください…ブラッドデスサイズシャワー!」
ブラッドイースは瞬間移動で離れブラッドナイトは体から雨の粒のような赤いアロー光線を放つ
プリキュア達「きゃあああああああ!!!!!!!!!!」
プリキュア達は避けることができずこれを浴びてしまい周りが爆発したそしてきのこ雲のような形をした煙が出てくる

49 :名無しより愛をこめて:2010/08/02(月) 22:59:04 ID:HOwO7iNH0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード35「望戦闘開始」Dパート
それを見ていた望は…
望「…俺行きますもう見てられない!あんな未来はもう御免だ!」
望はミルクハウスから出てプリキュア達のところへ駆けつける
コージ「望!」
ココが行こうとするがナッツがそれを止める
夏「俺達が行っても足手まといになるだけだ…彼に任せよう」
コージ「分かった…」
ココ達はミルクハウスにとどまることになったそして煙がなくなりその場にはプリキュア達が全員変身解除してしまいその場で倒れていた
かなりの重傷負ってしまい立ち上がることもできず気絶していた
ブラッドナイト「どうやら気絶しているようです…とどめを刺しましょう」
ブラッドイース「待てこいつのとどめはこいつらの仲間を捕まえたあとに…」
望「やめろ!その人達に近づくな!今度は俺が相手になってやる!」
望がこの場に駆けつけてきた
ブラッドナイト「小僧…返り討ちに遭いたくなかったら我々と来い」
望「断る!お前達の思いどおりにはさせない!変身!」
望はベルトを体に付けパワードスーツを瞬時に装着し変身したついに望の実力がベールを脱ぐときが来たのか…
望「お前達の野望は絶対阻止してみせる!」
同じ頃ミルクハウスでカプセルの中にいる植物状態くろみは念力で誰かに伝えようしていた…
くろみ(来て…兄さんが危ない…)
エピソード36に続く

50 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 10:39:16 ID:eNeDXuR60
>>43-49
そろそろ真面目にエロやりなさいよ

51 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 10:41:47 ID:eNeDXuR60
>>41-42
性行為でもやれば心を開けるのに

52 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 10:42:44 ID:eNeDXuR60
>>36-37
碇シンジ「イース!よくもラブの気持ちを裏切ったな!!」

53 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 10:43:37 ID:eNeDXuR60
>>38-40
だからいい加減エロやってよ

54 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 22:28:34 ID:xFj0sP4y0
>>2-49
大分話が進んできたな、未来同様ブラッドキング校長がナイトと一緒にブラッドカイザー理事長に下克上するか気になる
のぞみは不在、せつなが敵側に、それ以外のプリキュア達は大重傷、くろみは植物状態、淫獣共はびびって篭りと
絶望な状況の中で変身した望がどんな実力を見せてくれるか楽しみだ

>>52
どう考えてもフレッシュでの改心後のせつながそう簡単にまた敵側につくとは思わないが本当は何か理由があるかもしれんぞ

55 :名無しより愛をこめて:2010/08/03(火) 23:26:33 ID:eNeDXuR60
>>54
ラッキースケベ能力に目覚めたら面白いんだがな

56 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 00:42:59 ID:qPP4wV0x0
>>54
プリキュアオールスターはほとんど詰み状態。こんな時、くろみと同タイプのプリキュアが来て、全滅寸前のプリキュアオールスターを助けに来る展開を希望したい。その時の異名は勇気とか慈愛とか、ってこれじゃバ○ンガーンネタじゃないか!
今のレスは無視してくれ。どうもこういう展開は嫌いだ。 正直言って通りすがりの仮面ライダー来てくれぇぇぇぇぇと言いたい。

57 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 08:31:15 ID:tc4gAVSR0
>>56
それ以前に全編エロエロのお色気展開を希望したい。

58 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 17:50:06 ID:1RQ2gpA90
>>56
残念ながらいませんよ
望とくろみの未来で生き残っているプリキュアはくろみだけですから

59 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 22:04:56 ID:1RQ2gpA90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード36「宿命の対決」Aパート
同じ頃のぞみはどこかの道で考えながら歩いていた
のぞみ「私にはもう…」
まだ邪龍の力に恐れておりプリキュアとしての誇りを失っている状態だった
くろみ(…ママ)
のぞみ「…誰?」
くろみ(私よくろみよ)
のぞみ「悪夢さん…今のあなたは植物状態じゃ」
くろみがテレパシーで送っていたのはのぞみだったのだ
くろみ(植物状態でもテレパシーで伝える事ならできるのよ、あと私を呼ぶときはくろみでいいわママ、もうあの人から聞いているんでしょ?それより今大変な事が起きているの)
のぞみ「一体何が起こったの…」
くろみ(未来から私の兄さんが来たの、だけど悪校長の部下のブラッドナイトとブラッドイースが兄さんを捕まえようとしているの
おばさん達が兄さんを守ろうと必死に立ち向かったけどあいつらが強すぎて大ピンチなのよ)
のぞみ「イースって…今のせつなはイースじゃないけど」
くろみ(彼女は裏切ったのよ…そしてブラッドイースとなってブラッドナイトと一緒におばさん達を苦しめている)
のぞみ「そうなの…」
くろみ(お願い!兄さんが2人に立ち向かうのよ、いくら兄さんが強くなってもブラッドナイトに勝つ事はできないわ
ママが助けに来れば追い返すことができるわ)
のぞみ「ごめん…今の私は…」
プリキュアになってまたあのような姿になることをのぞみは恐れていた
くろみ(お願い、追い返すだけでもいいから…)

60 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 22:14:57 ID:1RQ2gpA90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード36「宿命の対決」Bパート
のぞみ「…分かったよ追い返すだけなら」
くろみ(ありがとうママ、兄さんのいる場所は私がテレパシーで教えるわ)
のぞみはくろみの導きで望の所へ向かったそして望は闘う構えをとっていた
ブラッドナイト「小僧、貴様はあのプリキュア共よりも強いのか?」
望「…強いさ何回もお前と闘った事があるからな」
ブラッドナイト「私と貴様が戦うのは初めてだが…まぁいい貴様を虫の息程度にしてブラッドキングダムに連れてってやる
教頭、この者が私が…教頭はプリキュア共の始末を…」
ブラッドイース「ああ…」
ブラッドイースが傷つき倒れたなぎさ達にとどめを刺そうとするが
ブラッドイース「…」
技を放つ前になぎさ達は突然その場から跡形もなく消えてしまった
ブラッドナイト「な!?奴らが消えただと?」
ブラッドイース「おそらく何者かが移動させたんだろう…今度奴らが現れた際さっさと始末したほうがいいだろう」
ブラッドナイト「そうですな…小僧私の強さにひれ伏せ!」
望「行くぞ!」
両者は剣を持ち互いに飛び掛っていた
望「でやあああああ!!!!!!!!!」
ブラッドナイト「はあああああああ!!!!!!!!!!」
2人の剣が火花を散らしていく

61 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 22:27:09 ID:1RQ2gpA90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード36「宿命の対決」Cパート
そしてミルクハウスではなぎさ達が突然出現した
メップル人間体「な、なんでなぎさ達がここに!?」
ミップル人間体「これは瞬間移動!?」
ポルン人間体「瞬間移動できる人がいたの?」
ルルン人間体「でもみんな大怪我を負っている…」
フラッピ人間体「早くカプセルに入れよう!」
妖精達は急いでなぎさ達をカプセルにいれた
チョッピ人間体「誰が瞬間移動を…」
妖精達は誰が傷ついたみんなを移動させたのか疑問を抱く…同じ頃望とブラッドナイトは戦い続けていたが
望「はぁはぁやはり強い…少ししかダメージを与えれない」
望はブラッドナイトに苦戦していた、修行したとはいえそれでもブラッドナイトのほうが上だった
ブラッドナイト「この私にダメージを与えたのはほめてやるだが貴様はこれまでだ!ブラッドデスサイズシャワー!」
ブラッドナイトは再び体から雨の粒のような赤いアロー光線を放つ
望「バリア!」
望はバリアを張りこれを何とか防いだ
ブラッドナイト「頑丈なバリアだな、ならば威力をあげてやる!ぬおおおおお!!!!!!!」
ブラッドナイトは威力をあげ強めていくそしてバリアにひびが少しずつ入ってきた
望「やばいひびが…これでも強度を上げているのに」
このままではバリアが敗れてしまう
ムープ人間体「ああピンチだよ!」
フープ人間体「このままじゃやられる!」
コージ「こんな時にのぞみがいれば…はっ!」
ココは何かを感じ外に出てみた、なんとのぞみが望の所まで走ってきたのだ!
コージ「のぞみ!?」


62 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 22:39:32 ID:1RQ2gpA90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード36「宿命の対決」Dパート
のぞみ「ココ…!」
のぞみも気づきながらもココの所を通り過ぎる
コージ「待ってくれのぞみ!どうしてここに…」
のぞみ「…話はあとよ!プリキュアメタモルフォーゼ!」
のぞみはドリームに変身し望の所まで駆けつける
コージ「のぞみ…」
ココは望の所へ行ったのぞみを心配する…同じ頃望は限界に近づいていた
望「もうバリアが…」
ブラッドナイト「いい加減降参しろ!」
ドリーム「プリキュアドリームアタック!」
ドリームは手から蝶型のビームを出しブラッドナイトに奇襲した
ブラッドナイト「うぉ!お前は!?」
ブラッドナイトは体制を立て直し気付くと望の所にドリームが駆け寄ってきた
ブラッドイース「貴様は…キュアドリーム!」
ブラッドナイト「わざわざここへ来たのか!」
キュアドリーム「大いなる希望の力!キュアドリーム!ブラッドキングダムの幹部達、今度は私が相手よ!」
望「母さん…」
キュアドリーム「もう大丈夫だよ、会うのは初めてだよね私の息子…望」
ついにキュアドリームも戦いに参加した、ドリームは望と共にブラッドイースとブラッドナイトを追い返すことはできるのであろうか?
エピソード37に続く

63 :名無しより愛をこめて:2010/08/04(水) 23:12:34 ID:tc4gAVSR0
>>59-62
いいからさっさとエロシーンやれ

64 :名無しより愛をこめて:2010/08/05(木) 13:52:57 ID:1xM4MxsI0
>>63
前スレでやったが不評だったぞ。投下したのに文句言われて。

65 :名無しより愛をこめて:2010/08/05(木) 21:53:12 ID:IB+6e2cN0
>>64
あたりまえだエロはやるだけ後悔するだけ
こいつは単なる荒らし

66 :名無しより愛をこめて:2010/08/05(木) 22:30:27 ID:tXihTZLw0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード37「母と息子」Aパート
ブラッドイース「息子…キュアドリームの子供か?しかし何故か年が近い…」
ブラッドイースは望がドリームと年が変わらないことに疑問を抱く
ブラッドナイト「キュアドリーム…てっきり邪龍の力に恐れて家に篭っていたと思っていたがそうでもないらしいな…」
ドリーム「まさかあの時私を悪魔にさせたのは…」
ブラッドナイト「そうだ私だ、私は命令で貴様の邪龍の力を目覚めさせたのだ…」
ドリーム「…」
望「母さん、そいつの言う事を聞いてはいけません!あなたは正義のプリキュアだ!悪じゃありません!」
ドリーム「分かったわ…ブラッドナイト私が相手になってやる!」
ドリームはクリスタルフルーレを出した
ブラッドナイト「せっかくだ、私が貴様を虫の息程度にして理事長いや校長に献上してやる!」
ブラッドナイトも剣を出し構えそしてお互い立ち向かう
ドリーム「ハアアアアア!!!!!!!」
ブラッドナイト「ヌアアアアアア!!!!!!!」
2人の剣が火花を散らしながら交じり合う
望「俺も母さんの援護に…」
望も闘おうとするがブラッドイースが阻もうとする
ブラッドイース「お前の相手はこの私だ」
望「せつなさん目を覚ましてください!あなたも善のプリキュアだったはず!
奴らの側につくなんて間違っている!」
ブラッドイース「…」
望の言葉にブラッドイースはためらい迷いな気持ちになってしまう

67 :名無しより愛をこめて:2010/08/05(木) 22:41:44 ID:tXihTZLw0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード37「母と息子」Bパート
その一方でドリームはブラッドナイトの攻撃が凄まじく防戦一方だった
ブラッドナイト「どうした!?貴様の邪龍の力はその程度か!」
ドリーム「私は…邪龍じゃない!」
ブラッドナイト「現実を受け入れろトゥワ!」
ドリーム「あああ!!!!」
ブラッドナイトの剣がクリスタルフルーレを弾き返してしまう
ドリーム「く…プリキュアシューティングスター!」
ブラッドナイト「効かぬわ!」
ドリーム「うわあああ!!!!!」
ドリームのシューティングスターすらブラッドナイトはそれを破ってしまう
ドリーム「だ、だめ…私1人じゃできないの…」
ブラッドナイト「そうだ貴様は1人では何もできない…貴様に眠る邪龍の力も自分でコントロールできない…
所詮貴様は我々の兵器となる運命なのだ!」
ドリーム「どうすればこいつに勝てるの…」
ドリームは自分の無力さに悔しい思いをするそれを見ている望は
望「お願いです!僕達と一緒にブラッドキングダムの野望を打ち砕きましょう!」
ブラッドイース「悪いがそれは断る…私はもう東せつなでもキュアパッションでもない」

68 :名無しより愛をこめて:2010/08/05(木) 22:44:00 ID:soXI+ZIS0
>>66-67
そろそろレイプシーンやれば?

69 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 13:51:40 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード37「母と息子」Cパート
望「隼人さんと瞬さんはあなたがいい人だと言っていました、最初は悪人でもラブさん達と出合ったことで生まれ変わったはずです!なのにどうして奴らの味方になるんですか!?」
ブラッドイース「…」
ブラッドナイト「もう一回潜在能力を解放させようと思うが下手すれば我々にも襲い掛かってくる可能性がある…やはり気絶させたほうがいいな…ブラッドデスサイズシャワー!」
ブラッドナイトはドリームに目掛けてまたあの技を放った
ドリーム「ま、まずい…」
望「母さん危ない!」
望は隙をついてブラッドイースの所から離れドリームを庇う
望「うわあああああああ!!!!!!!!!!」
ドリーム「望!」
望はブラッドナイトの技を浴びせられ大ダメージを受けてしまい変身解除し倒れる
ドリーム「望しっかりして!望!」
望「母さん…無事だったんですね良かった…」
ドリーム「ごめんなさい…私が強くなかったせいであなたが…」
望「母さんを救えて本当に良かった…俺に構わず逃げて…」ガクッ
ドリーム「望!望!」
望は意識を失ってしまったあの攻撃をまともに浴びてしまったせいで…
ブラッドナイト「ちっ邪魔が入ったか…だがもう貴様を助ける者はいないこれでおしまいにしてやる」
ブラッドイース「…」
ドリーム「…許さん」
ブラッドナイト「何?」
ドリーム「許さんぞ貴様…貴様だけは絶対ぶっ殺してやる!」
ブラッドナイト「私に歯が立たない貴様が私を殺せるわけないだろ、自分の息子が大怪我を負わされて頭がおかしくなったのか?」
ブラッドイース(さっきからキュアドリームいやのぞみさんの邪悪なパワーが上昇している…まさか…)
ドリーム「許さん…絶対に殺してやる…う、うおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」
ドリームの体から膨大な邪悪なパワーが発生した
ドリーム「うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

70 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 14:24:00 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード37「母と息子」Dパート
ブラッドナイト「な、なんだこの邪悪なパワーは!私でなければ解放できないはずなのに奴自身が解放できるわけがない!」
ブラッドイース「…!」
ドリームの凄まじいパワーはブラッドナイトとブラッドイースすら驚いていた周りの物が次々と吹き飛んでいく
同じ頃ミルクハウスでは妖精達がドリームの邪悪なパワーを感じ取った
シフォン人間体「ドリームが…のぞみが邪悪なパワーを発生している」
タルト人間体「シフォン?目を覚ましたんか!?」
シフォン人間体「うん何とか…」
夏「この邪悪な力はまさかのぞみの邪龍の力か?」
コージ「…みんなはここに残ってくれ僕はのぞみの所へいく!」
ココは急いでのぞみの所へ向かった
夏「ココお前…」
ドリームの邪悪なパワーはまだ発生したその中でドリームは体の変化をとげていく
ブラッドナイト「そんな…ありえん!?」
ブラッドイース「これが邪龍の新たな力…」
ドリームの邪悪なパワーの発生は収まり中から龍の特徴をした人型生物が現れた
瞳の無い赤い目、赤い体が黒く鋭い爪と棘と牙と角、人間らしい体に鱗も生えている、尻尾も太くて長く強そうな翼を生えていた、ドリームの面影は少しあるがその姿はまさに龍人だ…
ブラッドイース(これは龍人…ドラゴンに進化する直前なの?)
龍人ドリーム「うおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!」
龍人ドリームは雄叫びを上げる
龍人ドリーム「これでも完全ではないが貴様らを殺せるのには十分だぁ!」
ブラッドナイト「厄介な事になってしまった…だが何としでも貴様を我々の物に!」
龍人ドリームとブラッドナイトの対決がついに始まる果たしてどうなってしまうのか?
エピソード38に続く

71 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 20:28:24 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード38「龍人ドリームの逆襲」Aパート
ココは何とか戦いの場に着いた
コージ「やっと着いた…はっ望!」
ココは倒れている望に気づき近寄り起こそうとする
コージ「望!起きるんだ!望!」
だがココが呼んでも望は目を覚まさない
コージ「…駄目だ大怪我していて意識を取り戻していないのか…はっ!」
ココは何かに気づくと別の方向を見た龍人ドリームがブラッドナイトを追い詰めているのだ
コージ「あの龍の形をした人間は誰なんだ…まさかのぞみ?」
ブラッドナイト「ぐぉ!これが邪龍の力か…完全ではないとはこれまでとは…」
ブラッドナイトは龍人ドリームの攻撃で大ダメージを受けており一方的にやられていた
ブラッドナイト「こうなれば…ブラッドデスサイズシャワー!」
ブラッドナイトの技が龍人ドリームに直撃するだが龍人ドリームはそれを喰らいながらも近づいていく
龍人ドリーム「そのような雨粒攻撃など私には効かん…!」
ブラッドナイト「おのれぇ…ならばフルパワーだ!」
ブラッドナイトはさらに威力をあげるがそれでも龍人ドリームは近づいていく
龍人ドリーム「どうあがこうと無駄だぞ…ドラゴウェーブ!」
龍人ドリームは口から衝撃波を放ちブラッドナイトに大ダメージを与えた
ブラッドナイト「ぐわああああああ!!!!!!!!!!!」

72 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 20:38:04 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード38「龍人ドリームの逆襲」Bパート
ブラッドナイトは瀕死の重傷を負い倒れてしまったもう立ち上がることはできない
龍人ドリーム「ドラゴブラスター!」
龍人ドリームは口から赤いビームをブラッドナイトにぶつける
ブラッドナイト「ぐおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!も、申し訳ございませんブラッドキングさまあああああああ!!!!!!!!!」
ブラッドナイトは叫びながら大爆発を起こし死んでしまった
ブラッドイース「なんて強さだ…あのブラッドナイトを倒してしまうとは」
コージ「のぞみ…」
龍人ドリーム「…」
龍人ドリームは向きを変えブラッドイースを見る
龍人ドリーム「今度は貴様の死ぬ番だ…裏切り者のプリキュア!」
龍人ドリームはブラッドイースに襲い掛かる
ブラッドイース「くっ!」
ブラッドイースは龍人ドリームの攻撃を盾で防ぐ
コージ「獣人や悪魔になった時と違ってのぞみの意識が少しだけあるのか…?」
ココはのぞみに少し意識がある事を抱く
望「う…か、母さん…」
コージ「望大丈夫か!?」
望は何とか目を覚ましただが大怪我をしている
コージ「酷い怪我だ…まずミルクハウスで治療を…」
望「その必要はありません、俺は母さんを止めてきます」
コージ「止めるってその体じゃ…」
望「2度母さんに苦しい思いをさせたくないです…!」

73 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 22:27:38 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード38「龍人ドリームの逆襲」Cパート
コージ「望…」
望「父さんは逃げてください絶対止めてみます!変身!」
望は変身し2人の所まで向かったそしてブラッドイースは龍人ドリームに苦戦していた
ブラッドイース「や、やはり強い…」
龍人ドリーム「どわぁ!」
ブラッドイース「ああああ!!!!!」
龍人ドリームの蹴りをくらいブラッドイースは墜落し地面は大きなクレーターができてしまった
ブラッドイース「う、ううう…」
ブラッドイースは何とか立ち上がろうとするがその前に龍人ドリームがとどめを刺そうとする
龍人ドリーム「貴様のような奴は消え去るのだ…」
龍人ドリームはエネルギーを貯めブラッドイースに放とうとする
ブラッドイース「これまでか…ラビリンスのみんなごめんなさいあなた達を助ける事ができない…そしてラブさようなら…」
ブラッドイースは死を覚悟した
龍人ドリーム「終わりだ…消えろぉ!」
望「はぁ!」
龍人ドリーム「ぬぉわ!?」
龍人ドリームが発射する瞬間、望が不意打ちをかまし発射した光弾は不発に終わった
龍人ドリーム「貴様…」
望「母さんやめてください…」

74 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 22:43:30 ID:Mc0dwinS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード38「龍人ドリームの逆襲」Dパート
ブラッドイース「キュアドリームはお前が大怪我をおってしまったことで怒り龍人のような姿になった完全に彼女の意識はない、お前が何を言ってももう無駄だ…」
望「…それでも母さんは止めてみます」
ブラッドイース「…なぜあの時私を助けたんだ?あのままにすれば私は奴に殺されていたのに…」
望「あなたは善の心があると感じるからです、今のあなたは無理してイースの姿になっている…」
ブラッドイース「お前は一体…」
望「あなたも逃げてください、ここは俺1人でやります」
龍人ドリーム「話している暇があるなら私と闘ってからにしろ!」
龍人ドリームは望に襲い掛かる
望「せつなさん目を閉じてください…シャインフラッシュ!」
望のシャインフラッシュで光輝き目くらましさせた
龍人ドリーム「うおおおお目、目がああああああ!!!!!!!」
これを浴びた龍人ドリームは目の痛めてしまう
望「目が回復するのはほんの数分だその間に…」
望は隙をついて龍人ドリームに取り付き周りをバリアで張った
龍人ドリーム「は、離せ!私をどうする気だ!」
望「…母さん、母さんだけを行かせない俺もいっしょに行く…」
龍人ドリーム「やめろおおおおおお!!!!!!!!!!」
望の体が光輝き大爆発を起こし龍人ドリームを巻き添えにする
だがあまりの爆発力でブラッドイースは飛ばされてしまう、ココも巻き添えをくらい妖精の姿に戻ってしまう
ブラッドイース「うわあああああああ!!!!!!!!!!!」
ココ「ココー!望ー!のぞみー!」
そしてミルクハウスでも
シロー「うぉ!なんて衝撃波だ!」
夏「ココは無事なのか…」
爆発の巻き添えをくらったココ達は無事なのだろうか…
エピソード39に続く

75 :名無しより愛をこめて:2010/08/06(金) 22:53:23 ID:R9ccWc9u0
>>69-74
エロシーンマダー?

76 :名無しより愛をこめて:2010/08/07(土) 21:45:19 ID:TD7OaBmZ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード39「戦いの終焉」Aパート
爆発の煙が無くなり地面には大きなクレーターができており周りもかなり大きな被害を受けていた
ココ「ココ…はっここまで酷い状況に…」
何とか起き上がったココはそれをみて唖然する、同じ頃龍人ドリームと望は倒れていた2人ともダメージを受けていた
望「くっ…や、やったか?」
だが龍人ドリームは立ち上がったどうやら龍人ドリームにはダメージが少なかったようだ…
望「だ、駄目なのか…母さん」ガクッ
望は力尽き意識を失ってしまったそして龍人ドリームはゆっくり近づいていく
龍人ドリーム「よくもやってくれたな…生かしてはおけん」
龍人ドリームは望にとどめを刺そうとしていた
ココ「駄目だココー!望はのぞみとココの子供だココー!殺しちゃ駄目だココー!」
ココは急いで龍人ドリームの所まで走っていっていくが龍人ドリームはエネルギーをチャージし放とうとする
龍人ドリーム「これで終わりだ…ドラゴブレ…」
くろみ(…やめて!)
龍人ドリーム「!?」
くろみ(ママ目を覚まして…元のママに戻って…)
龍人ドリーム「ううう!!!!おおおおお!!!!があああああ!!!!!!」
くろみはテレパシーで龍人ドリームにのぞみの意識にさせようとしていた
ココ「龍人ドリームはどうして苦しんでいるんだココ…?」
のぞみ(…私どうなっているの?)
くろみ(ママ気が付いた?ママは今龍人になっているのよ!何とかしてコントロールするのよ!)
のぞみ(でも私の力じゃこの邪悪なパワーを抑え込めれない…)

77 :名無しより愛をこめて:2010/08/07(土) 21:58:38 ID:TD7OaBmZ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード39「戦いの終焉」Bパート
くろみ(自分を信じてママ…ママのキュアパワーを高めれば邪龍の抑え込めれる)
のぞみ(どうやってキュアパワーを高めれば…)
くろみ(自分の強い意志よ、負けたくない諦めない助けたい守りたい救いたいなど強い思いで高めるのよ)
のぞみ(…わかったやってみる)
のぞみはくろみのアドバイスに従い自分のキュアパワーで邪龍を押さえ込もうとする
のぞみ(私は絶対負けない…闇に飲み込まれない…邪龍よ、私はお前に体を乗っ取らせない絶対押さえ込む!)
のぞみの強い思いで邪龍を押さえ込み始め邪龍は苦しむ
邪龍(うおおおおおお!!!!!!!!やめろおおおおおおおお!!!!!!!!)
中の邪龍が苦しむと同時に龍人ドリームものぞみに戻り始めていた
龍人ドリーム「うおおおおおおお!!!!!!!!!わ、私がこの女のパワーに抑え込められるなどおおおお!!!!!!!」
龍人ドリームは完全な人型に戻りのぞみとなり倒れてしまった
邪龍(おのれ…だがこれで私を押さえ込んだと思ったら大間違いだ、かならずしやお前を私の肉体にしてやる…!)
のぞみ「…はっ!」
のぞみは目を覚ました何とか自分の意識を取り戻したようだ
のぞみ「…また私全裸だ…体も少し怪我している…」
のぞみはまたしても全裸であった、ココは人間体になり近づく
コージ「あ、のぞみその…この上着を着て」

78 :名無しより愛をこめて:2010/08/07(土) 22:13:22 ID:TD7OaBmZ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード39「戦いの終焉」Cパート
のぞみ「私の裸を見て気にしなくていいんだよココ…上着を貸してくれて有難う」
のぞみはココから上着を受け取りそれを着り、のぞみは望の所へ近づく
のぞみ「望…」
のぞみはその場で膝を付き泣いてしまう
のぞみ「望ごめんなさい…私が邪龍の力を完全に制御できればこんな事にならずに済んだのに…」
のぞみは自分の力で邪龍の力を抑え込んだのはいいがそれは一時的なのでいつまた乗っ取られるかわからないのだ
コージ「のぞみ、彼をミルクハウスのカプセルにいれよう彼が植物状態でなければ回復するはずだ」
のぞみ「うん…」
のぞみは望を抱えてココとともにミルクハウスへ戻っていった、2人がミルクハウスに向かったあとブラッドイースは瓦礫の中から姿を現したダメージを受けていた
ブラッドイース「ハァハァ…ひとまず戻るか…」
ブラッドイースは瞬間移動でブラッドキングダムに戻ったそしてミルクハウスでは
メップル人間体「まさか彼まで大怪我を負うとは…」
ミップル人間体「ほのか達も大怪我をしているわ…」
ルルン人間体「ひかり…」
ポルン人間体「ルルン、ひかり達は絶対回復するよ絶対に…」
フラッピ人間体「そういえばのぞみは?」
チョッピ人間体「のぞみなら手当てした後ベッドでココと話しているわ」
のぞみはベッドの上でココの話を聞いた、邪龍の事も望の事や未来の事なども…

79 :名無しより愛をこめて:2010/08/07(土) 22:25:37 ID:TD7OaBmZ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード39「戦いの終焉」Dパート
のぞみ「私の力は前世から存在していたんだね…」
コージ「ごめんのぞみ、本当は言いたくなかったんだけど…」
のぞみ「いいよ、真実は受け入れなきゃいけないから…」
コージ「のぞみ…」
のぞみ「くろみは望と私の力で回復するよね…」
コージ「望が無事回復したらいた場合だけど…」
のぞみ「…ごめん、1人にしてくれる?今日はもう疲れた…今夜ここに泊まるよ」
コージ「そのほうがいい、怪我しているからね両親には僕が伝えとくよ」
のぞみ「ありがとうココ…」
のぞみは眠りココは部屋の電気を消し扉を閉めた…そしてココはナッツと話す
夏「ココ、ゆり以外のプリキュア達はかなりを大怪我をしていてカプセルの力では完全に回復するとは限らない…明日シロップとパルミエ王国に戻って医療薬品を持っていく
その薬品はかなりしみるが治るのはかなり早いと思う、もしかしたら望とくろみも回復できるかもしれない」
コージ「そうか…」
夏「ココお前まだのぞみの事が心配なのか?」
コージ「うん…」
夏「のぞみが邪龍の力を完全にコントロールできるのはいつになるのか…」
エピソード40に続く

80 :名無しより愛をこめて:2010/08/08(日) 22:22:19 ID:8QE6AYgD0
>>76-79
そろそろベッドシーンをだな・・・

81 :名無しより愛をこめて:2010/08/08(日) 23:03:57 ID:r6NlkDOU0
>>59-79
何だかこのストーリーののぞみはTVや映画よりも恐怖心に怯えたりしているな
やっぱり自分が悪の力を持っていることを否定できないのかな

82 :名無しより愛をこめて:2010/08/09(月) 22:44:48 ID:+qfIg6L40
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード40「妖精達の苦悩」Aパート
コージ「もう少し時間が必要だよ…」
夏「そうか…なら今日は早く寝たほうがいいな」
コージ「ああ…」
そして数時間後みんな寝る事になったが…
メップル「メポ…」
フラッピ「ラピ…」
ココ「どうしたココ?」
ナッツ「早く寝たほうがいいナツ」
ミップル「何か眠れないミポ…」
チョッピ「舞達が心配だチョピ」
タルト「安心せえやプリキュアはん達はカプセルで眠っとるさかい、明日頃にはムーンライトはんが起きるはずや」
シロップ「でも不安だロプ…シロップ達は怯えてミルクハウスにいてしまった」
ムープ「ムープ達がしっかりすれば」
フープ「みんな無事だったのに…」
シフォン「ラブ…」
ポプリ「ポプリがあの場にればいちゅき達を助けれたでしゅ…」
シプレ「私もつぼみを助けれなかったのが悔しいですぅ…」
コフレ「僕もえりかを助けれなかった自分が情けないです…」
ルルン「ひかり早く治ってほしいルル…」
ポルン「ルルン…」

83 :名無しより愛をこめて:2010/08/09(月) 22:55:28 ID:+qfIg6L40
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード40「妖精達の苦悩」Bパート
ナッツ「今ナヨナヨしたって何も変われないナツ、今はこれから先どうするか考えるナツ」
妖精達「…」
ココ「さぁ早く寝るココ」
こうして妖精達は眠った…同じ頃ブラッドキングダムでは
ブラッドキング「どういう事ですかブラッドイース教頭…私の右腕のブラッドナイトさんを失ったあげくキュアドリームを捕まえれなかったとは」
ブラッドイース「…」
ブラッドキング「もしまた失敗したらラビリンスの者達がどうなるかわかっていますよね…?」
ブラッドイース「そ、それはやめて!彼らには関係無い事よ!」
ブラッドキング「ならば明日からはキュアドリームを捕獲するのですよ…いいですね?」
ブラッドイース「…はい」
ブラッドキング「それでいいんです…さぁ部屋に戻りなさい」
ブラッドイースは部屋に戻りせつなの姿に戻ったそして傷ついた体をシャワーで癒す
せつな「…ごめんなさいみんなもう少しで絶対救ってみせるから…」
せつなは涙をポツポツと流す彼女に何があったのか…
そしてブラッドカイザーのいる部屋ではブラッドキングが呼ばれて着ていた
ブラッドキング「お呼びですか理事長?」
ブラッドカイザー「校長よ…いつになったらキュアドリームを捕獲してくれるかね?」
ブラッドキング「あ、明日にブラッドイース教頭が捕獲してくれます…」
ブラッドカイザー「もしまた失敗したらどうする?」

84 :名無しより愛をこめて:2010/08/09(月) 23:02:51 ID:+qfIg6L40
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード40「妖精達の苦悩」Cパート
ブラッドキング「それは…」
ブラッドカイザー「これ以上失敗を重ねたら君の命が長くないことを覚えとくんだな」
ブラッドキング「はいかしこまりました…」
ブラッドキングは礼をした後部屋が出た…
ブラッドキング(今に見てなさい理事長さん…邪龍をコントロールできればあなたの命など簡単に消せれる…
それまでにせいぜい王様ぶってなさい…)
ブラッドキングはどうやら未来同様下克上を企んでいるようだ果たして奴の作戦は成功するのだろうか
そして翌日ミルクハウスではゆりが目覚めた
ゆり「ふわぁ…おはようみんな」
シプレ人間体「キュアムーンライトおはようです!」
ゆり「ナッツとシロップは?」
コフレ人間体「薬品を取りに行く為一度パルミエ王国に戻ったです!」
ゆり「薬品…そうかみんなの怪我を治すために…」
ゆりとのぞみ以外のプリキュア達は負傷しておりカプセルの中でまだ眠っているのだ
ポプリ「早く薬を持ってきていつき達を治してほしいです…」
ゆり「ポプリ…ところでのぞみは今どこにいるの?」

85 :名無しより愛をこめて:2010/08/10(火) 12:11:20 ID:EBaJ/j0Q0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード40「妖精達の苦悩」Dパート
シフォン人間体「のぞみなら部屋で寝ているよ」
ゆり「そう…」
タルト人間体「だけどまだ邪龍の事で元気じゃないんや…」
ゆり「でココはどこにいるの?」
ムープ人間体「ココならのぞみの部屋にいるよ」
フープ人間体「だけどフープ達は入っちゃ駄目って…」
ゆり「…」
部屋ではのぞみとココがセックスをしていた
コージ「も、もういきそうだ…!」
のぞみ「あっ!あっ!いくっ!いくっ!私もいっちゃうよ!」
コージ「うわでるぅ!」
ビュルウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!
のぞみ「いくうううううううう!!!!!!!!!!いっちゃうううううううう!!!!!!!!!」
ココの精子がのぞみの子宮に入っていく、そしてのぞみのあそこから白い液が出ていく
のぞみ「はぁはぁ…」
コージ「ごめんのぞみ、僕が君にしてあげられることはこれぐらいしかないんだ…」
のぞみ「ココ、そんなに自分を責めなくていいよ…さぁ続きを始めよう」
のぞみはココのおちんちんをしゃぶり始める
のぞみ「んっんっんっんっ、ココのおちんちんおいしい…」
コージ(僕はのぞみをセックスで気持ちよくさせるだけでいいのか…)
エピソード41に続く

86 :名無しより愛をこめて:2010/08/10(火) 22:48:39 ID:EBaJ/j0Q0
>>81
のぞみのキャラは好きな人や嫌い人とそれぞれ多いんですよね
ドリームストーリーの主人公をのぞみにしたのはTVでは実現しなかったのぞみとココの恋愛関係をやりかったんですよ
プリキュアの主人公の中で正式な恋愛相手がいるのはのぞみだけですからね
大人になったのぞみが今までナイトメアやエターナルといった悪の組織の理論などを批判していた自分が今度は悪になったり教師の仕事を失うなど彼らと変わらない事をして苦悩するんです
その為にも彼女がこれからどうすればいいか邪龍の力をどうやって正しい方向に使うかなど様々な大きな試練を乗り越えなければなりませんから
そんな彼女の心を支えるのはのぞみの両親、未来から来た双子の兄弟望とくろみそして恋人のココ…彼らの支えでのぞみは新たな人間そして新たなプリキュアとして生まれ変わるかもしれません
勿論のぞみだけじゃありません、他のプリキュア達や妖精達のドラマもありますよ特に元悪人だったせつなの行動に注目してください

87 :名無しより愛をこめて:2010/08/11(水) 22:18:09 ID:fRHrLoSW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード41「せつなVSゆり」Aパート
パルミエ王国ではナッツがシロップの背中に荷物を乗せていた
シロップ「ちょ…重いロプ」
夏「我慢しろお前の言っていたワープ装置も入っているんだ…取り合えずこれで全部か」
シロップ「じゃ早く出発するロプ」
シロップはナッツと荷物を乗せて急いで出発した同じ頃ミルクハウスでは…
ビュルウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!!
のぞみ「またいくうううううううう!!!!!!!!!!!!」
のぞみはまだココとのセックスをしていた、これで何回目なんだろうか…
のぞみ「はぁはぁもう一回やろう…」
コージ「のぞみ今日のはこれで終わりにしよう、あんまりやり過ぎる前みたいになる」
のぞみ「そうだね…」
2人はセックスをやめベッドでお互い寝そべる
コージ「のぞみ」
のぞみ「何?」
コージ「邪龍の力を自分でコントロールする自信はないのかい?」
のぞみ「…ごめん私だけじゃ無理だよ、昨日はくろみのお陰でコントロールできたけど…」
コージ「そうか…今は無理はしなくていいよだけどいずれ悪校長が自らこの世界に来る可能性は高い…」
のぞみ「…」
一方ミルクハウスの外にある木にせつなが隠れていた

88 :名無しより愛をこめて:2010/08/11(水) 22:27:53 ID:fRHrLoSW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード41「せつなVSゆり」Bパート
せつな「…」
せつなは何かをためらっているようだ
せつな「私がのぞみさんとのぞみさんそっくりの男と女を捕まえあいつに引き渡せばラビリンスのみんなもこの世界のみんなも助かる…」
どうやらせつなはのぞみ、くろみ、望を捕まえば悪理事長達は世界征服をやめると思っているが…
せつな「のぞみさん達を渡してしまったらみんな私を嫌ってしまうのかしら…いや私は悪魔に魂を売ってもラビリンスやラブ達の世界を救う、スイッチオーバー…」
せつなはブラッドイースに変身した、彼女はミルクハウスに近づいていく
妖精達「!」
妖精達は何か感じ取った
メップル人間体「この感じ…」
ミップル人間体「プリキュアと同じ…」
フラッピ人間体「だけど咲達は…」
チョッピ人間体「カプセルの中にいる…」
タルト人間体「ということは…」
シフォン人間体「せつな…」
ブラッドイースはついにミルクハウスに入ってきた
メップル人間体「やはりせつな…」
フラッピ人間体「君だったのか…」
ブラッドイース「私はブラッドイースだ、ブラッドキングダムの理事長ブラッドカイザー様のしもべ…」
ミップル人間体「何しに来たの!?」
チョッピ人間体「まさかのぞみを捕まえに!?」

89 :名無しより愛をこめて:2010/08/11(水) 22:38:48 ID:fRHrLoSW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード41「せつなVSゆり」Cパート
ブラッドイース「キュアドリームだけじゃない望というガキとドリームと似ているプリキュアの2人も捕獲する」
ムープ人間体「そんな…」
フープ人間体「どうして…」
ブラッドイース「決まっているだろキュアドリームを捕獲するのはブラッドカイザー様の子を産ませるためだ、残りの2人はどうするかまだ決まってはいないが」
タルト人間体「パッションはん酷すぎるで!ドリームはん達をあいつらに渡すなんて!」
シフォン人間体「どうしてなのせつな!?昔のあなたはそんな子じゃなかった!ラブ達が悲しむよ!」
ブラッドイース「もう今の私はイースとして生きる道しかない…さぁキュアドリーム達を引き渡せ!」
ゆり「…そこまで彼女達が欲しいなら私を倒してからにしなさい」
ゆりが妖精達とブラッドイースの所に割り込んできた
シプレ人間体「キュアムーンライト…」
ブラッドイース「ブラッドナイトに怪我を負わされたあなたが私に勝てるはずがない…おとなしく降伏しろ」
ゆり「あれは油断していただけよ…それに私は怪我から治った事で戦闘力はアップしたわ」
ブラッドイース「それでも私に勝つ事はできない…」
ゆり「場所を変えましょ、ここじゃ被害が大きすぎる」
ブラッドイース「いいだろう…ならば場所を決めろ、外で待っている」
ブラッドイースは外に出た、ゆりも外に出ようとするが
コフレ人間体「駄目です!いくらキュアムーンライトでもパワーアップした彼女には勝てないです!」
ポプリ人間体「せっかく治ったのにいつき達と同じように大怪我をしてしまったら…」
ゆり「あなた達の気持ちはわかるわ、だけどのぞみ達を奴らに引き渡すわけにはいかない」

90 :名無しより愛をこめて:2010/08/11(水) 22:46:36 ID:fRHrLoSW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード41「せつなVSゆり」Dパート
コフレ人間体「でも…」
ゆり「絶対彼女に勝ってみせるわ、あなた達はのぞみ達をお願い」
ゆりはそう言い外に出た
ブラッドイース「場所はどこにする?」
ゆり「人も動物もいないところよ」
ブラッドイース「わかった…」
ブラッドイースはゆりについていき人も動物もいない所へ向かった
ポプリ人間体「キュアムーンライト…」
シプレ人間体「私達はどうすればいいんです…」
タルト人間体「早くナッツはん達が戻ってくれば…」
シフォン人間体「ラブ早く治って…」
妖精達はプリキュアが回復するの待つしかないのか、だが彼女達は今闘える状態ではない…
メップル人間体「…ちょっとココを呼んでくる」
フラッピ人間体「そのほうがいい」
メップルとフラッピは急いで上にいるココのところへ行った、そしてゆりとブラッドイースは人も動物もいない所に着いた
ゆり「ここが闘う場所よ…」
ブラッドイース「…」
エピソード42に続く

91 :名無しより愛をこめて:2010/08/12(木) 22:41:15 ID:szin+5vS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード42「幸せと月の戦い」Aパート
メップルとフラッピはのぞみとココのいる部屋を開けた
メップル人間体「ココ…って何をしているんだ2人とも…」
メップルとフラッピが見ていたのはのぞみとココが裸で抱き合いながらキスしているところだった
コージ「ご、ごめん今服を着るよ」
2人は急いで服に着替え始めた
フラッピ人間体「着替えながらでもいいから聞いてほしい…せつながのぞみとくろみと望を捕まえに来たんだ」
のぞみ「ま、まだ諦めていなかったのね…」
ミップル人間体「ゆりがせつなを人も動物もいない場所に連れてそこで勝負するらしいんだ…早くしないとゆりが危ない」
コージ「い、急いで行かないと!」
フラッピ人間体「そうしたいんだけどおそらくみんなでやってもパワーアップしたせつないやイースにはかなわないかもしれない…」
コージ「そんな…」
のぞみ「…」
同じ頃ゆりとブラッドイースは対峙する
ブラッドイース「さぁキュアムーンライトに変身しろ…」
ゆり「…プリキュアオープンマイハート!」
ゆりはココロポットでキュアムーンライトに変身した
ムーンライト「月光にさえる一輪の花!キュアムーンライト!」
ブラッドイース「行くぞ…!」
ムーンライト「…!」

92 :名無しより愛をこめて:2010/08/12(木) 22:55:04 ID:szin+5vS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード42「幸せと月の戦い」Bパート
ムーンライトとブラッドイースは戦い始めた、ムーンライトはムーンタクトでブラッドイースは剣で立ち向かう
ブラッドイースの容赦ない攻撃をムーンライトをそれを防御し激しい戦いを繰り広げる
ムーンライト「どうして裏切ったの…」
ムーンライトは自分が怪我をしたあの日を思い出した、それはのぞみの赴任している学園のある場所が酷い災害にあったことで急いでミルクハウスに向かっていた
ゆり「ミルクハウスまでもう少しだわ…」
ゆりは何とか走ってミルクハウスに向かっていた
ゆり「!」
ゆりは一瞬怪しい者を見た、ゆりはそれを追いかける
ゆり「あいつ何か悪の力を感じる…」
ゆりは怪しい者を追跡し森の所へ入った
ゆり「…なんだか怪しい森ね」
ゆりは警戒しながら進んでいくそして木に隠れ怪しい者が誰かと話しているのを見る
ゆり「誰と話しているのかしら?」
ゆりはもう少し近い所に隠れ見た、怪しい者と話しているのはなんとせつなだった
ゆり「せつな!?」

93 :名無しより愛をこめて:2010/08/12(木) 23:02:38 ID:szin+5vS0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード42「幸せと月の戦い」Cパート
ブラッドナイト「せつなさん、イースに戻り教頭になることを望みますか?」
せつな「…分かったわ」
ブラッドナイトはせつなに了解をとった後、悪校長から受け取った悪のエネルギーをせつなに与えた
せつな「う、うう…」
ブラッドナイト「我慢してくださいもう少し終わります…」
ブラッドナイトはせつなにエネルギーを受け終えた
ブラッドナイト「さぁ変身してください、今まで以上にパワーアップしているはずです…」
せつな「…スイッチオーバー」
せつなはイースと同じ変身する際の仕草をしブラッドイースになった
ゆり「せつながイースに…」
ブラッドナイト「今日からあなたの名はブラッドイース教頭になります…ではブラッドキングダムに戻りましょう」
ブラッドナイトはブラッドイースを連れブラッドキングダムに向かおうとするが何かに気づいた
ブラッドナイト「…どうやらこれを見ている者がいるようだな…」
ゆり「…!」
ブラッドナイト「そこにいるのは分かっているぞ月影ゆり…キュアムーンライト」
ブラッドナイトがそう言うとゆりが現れた
ブラッドイース「ゆりさん…?」
ゆり「既に気づいていたのね…」

94 :名無しより愛をこめて:2010/08/13(金) 13:15:55 ID:u1A7SAdM0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード42「幸せと月の戦い」Dパート
ブラッドナイト「お前が私についてきている事を気づかないはずもないだろ」
ゆり「…せつな、どうしてそいつの味方になりイースに戻ってしまったの?」
ブラッドイース「…」
ブラッドナイト「教頭は自らの意志で我らブラッドキングダムに入ったのだ、ブラッドカイザー理事長とブラッドキング校長のために…」
ゆり「理事長に校長…さては悪理事長と悪校長のことね!」
ブラッドナイト「ほうそれも知っていたとは…貴様をただに生かすわけにはいかないようだ…死ねぃ!」
ブラッドナイトは手から光弾を放った
ゆり「プリキュアオープンマイハート!」
ゆりはムーンライトに変身しそれをかわした
ブラッドナイト「やるな…ではこれならどうだ?ブラッドデスサイズシャワー!」
ブラッドナイトの赤い雨粒のようなアロー光線がムーンライトに直撃した
ムーンライト「きゃあああああああ!!!!!!!!!!」
ムーンライトはそれをくらい大ダメージを負ってしまった
ブラッドナイト「そろそろとどめを刺してやる…」
ムーンライト「うう…」
ブラッドイース「…」
ブラッドナイトがムーンライトにとどめを刺そうとする瞬間、ムーンライトが一瞬で消えた
ブラッドナイト「何消えただと?」
ブラッドナイトはムーンライトが突然消えた事に驚く
ブラッドナイト「…まぁいいまた姿を現した時は一瞬でとどめを刺してやる…かなりの大怪我をしているからな…教頭、ブラッドキングダムに戻りましょ」
ブラッドイース「ああ…」
ブラッドイースとブラッドナイトはブラッドキングダムに向かっていった、そしてムーンライトはあの時のぞみがいた場所の近くに移動した
ムーンライト「はぁはぁ…どうして私が瞬間移動を…あそこいるのはのぞみ?」
ムーンライトは変身を解除した、そして何とか立ち上がり近くにいるのぞみの所まで向かっていった
ゆり「何とかのぞみやみんなに話さなきゃ…」
ゆりはのぞみを見つけミルクハウスに運ばれたのだ
エピソード43に続く

95 :名無しより愛をこめて:2010/08/13(金) 22:42:28 ID:u1A7SAdM0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード43「激突する2人」Aパート
同じ頃ミルクハウスではナッツとシロップが着いた
夏「遅くなった、この薬でみんなの怪我を治すんだ」
ナッツは薬を妖精達に渡した
シロー「俺はこの装置を部屋に置いてくる」
シロップはワープ装置を部屋に持って行った
夏「ゆりはどうした?」
コージ「それがせつなと勝負する事になったんだ人も動物もいないところで…」
夏「そうか…シロップ!」
シロー「どうした?」
夏「もう一度飛行形態になってくれゆりが危ない」
シロー「ワープ装置はどうするんだ?」
ミップル人間体「私達が整理するわ」
チョッピ人間体「あとは任せて」
シロー「わかったすぐ行く!」
シロップは飛行形態になりココとナッツを乗せた
のぞみ「私も乗るよ…ココ達だけじゃ危ない」
コージ「でも…」
夏「迷っている暇はない、闘える戦士は1人でも多く必要だ」
のぞみ「シフォン」
シフォン人間体「何?」
のぞみ「この前悪魔化した私を助けてくれてありがとう…そしてごめんなさい」
シフォンに謝罪したのぞみはシロップに乗った
シフォン人間体「のぞみ…」
ポルン人間体「のぞみならきっと何とかしてくれるよ」
ルルン人間体「ルルンも信じる!」

96 :名無しより愛をこめて:2010/08/13(金) 22:54:13 ID:u1A7SAdM0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード43「激突する2人」Bパート
同じ頃ムーンライトはブラッドイースに苦戦し始めた
ムーンライト「ああ!!!」
とうとうムーンライトはブラッドイースの攻撃を喰らってぶっ飛ばされた
ムーンライト「く…!」
ブラッドイーズ「諦めろ…お前では私に勝つ事はできない」
ムーンライト「ま、まだよ…私は諦めないのぞみを…みんなを守るために!」
ブラッドイース「…」
ムーンライト「集まれ花のパワー!プリキュアフローラルフォルテッシモ!」
ムーンライトの一撃がブラッドイースに炸裂しようとするが
ブラッドイース「ブラッドイースハリケーン!」
ブラッドイースもパッションハープで技を放ちムーンライトの一撃を無効にするどころか大ダメージを与える
ムーンライト「きゃああああああ!!!!!!!!!」
ムーンライトは上空から落ちてしまい地面にぶつかる
ブラッドイース「…」
ムーンライトはボロボロになりながらも何とか立ち上がった
ムーンライト「うう…ま、まだよ…」
ブラッドイース「何故そこまで闘うんだ…」
また同じ頃ミルクハウスでは妖精達がナッツから受け取った薬でプリキュアを治療する
なぎさ「あああ!!!」
ほのか「いたい!!!」
ひかり「しみます…!」
どうやら薬の力が強いせいなのか傷口がいたいのか全員痛がっていた

97 :名無しより愛をこめて:2010/08/14(土) 22:31:18 ID:8851RhWE0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード43「激突する2人」Cパート
メップル人間体「我慢してくれ」
ミップル人間体「これしか早く怪我を治す方法はないのよ」
咲「とは言っても…」
舞「ヒリヒリするわ…」
フラッピ人間体「この薬を付けると治るのは早いけど」
チョッピ人間体「その分染みやすいのよ」
りん「ところでココ、ナッツ、シロップがいないんだけど…」
かれん「のぞみとゆりもいないわね」
ポルン人間体「5人はその…」
ルルン人間体「ゆりはせつなと勝負しに行ったの…」
うらら「どうして2人が…?」
ムープ人間体「ゆりはのぞみとくろみと望を守るために…」
フープ人間体「4人は急いで2人の所へ」
こまち「そんな…」
くるみ「何とかして止めないと…」
タルト人間体「まだ塗ったばかりや、動いちゃあかん」
美希「確かにそうね…」
ラブ「…せつな」
一方ムーンライトはとうとう変身解除してしまいゆりに戻ってしまった
ゆり「ああ…」
ゆりはかなりのダメージを受けていた

98 :名無しより愛をこめて:2010/08/14(土) 22:41:03 ID:8851RhWE0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード43「激突する2人」Dパート
ブラッドイース「いい加減諦めろ、3人を我々に渡せばブラッドカイザー様はこの世界を侵略しないとおっしゃった…」
ゆり「あなたはそれでいいの…?」
ブラッドイース「何だと?」
ゆり「本当は渡したくないんじゃないの?」
ブラッドイース「何を言うのだ?」
ゆり「あの時、私やみんなを瞬間移動させたのはあなたのアカルンのおかげでしょ?」
ブラッドイース「…」
ゆり「あなたは何か理由があって奴らに加わったのよ…」
ブラッドイース「そ、それは…」
ゆり「隠す必要は無いわ、話せばみんなもわかってくれるはず…」
ブラッドイース「やめろ…やめろおおおおお!!!!!!!!!!」
ブラッドイースは剣から衝撃波を放ちゆりにぶつけようとするが
ドリーム「プリキュアドリームアタック!」
上空からのドリームのビームが衝撃波を弾き返した、ドリームは降り立ちブラッドイースと対峙しココ達はゆりの所へ行く
夏「大丈夫かゆり?」
ゆり「ええ…」
シロー「取り合えず安全な場所へ移動するんだ」
ブラッドイース「ついに現れたなキュアドリーム…」
ドリーム「…」
エピソード44に続く

99 :名無しより愛をこめて:2010/08/15(日) 21:30:41 ID:1QbIr/nv0
>>41
続き書いてくれ

100 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 01:15:46 ID:NDJCIOCp0
左翔太郎「イース、こんな事をしてもお前は救われない。このままいけば待つのは不幸の世界しか存在しない」
フィリップ「このままのぞみをブラッドカイザーに渡せば、君は世界を滅ぼした裏切り者の烙印を押される事になる」
ゴセイナイト「今すぐ引き返せ。さもなくばお前は世界の敵として殺されるぞ」
門矢士「俺のようになりたくなければブラッドカイザーから手を切れ。これ以上非道な行為をするなら、お前を消す。それが俺の役目だ」

101 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 10:22:27 ID:kTz6bC710
>>100
のび太「僕がイースの心を開くんだ!」

102 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 14:15:44 ID:kzacMxNYO
>>41
続きはマダー??

103 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 22:29:48 ID:vh974yEV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード44「せつなの苦悩」Aパート
ブラッドイース「キュアドリームよお前とあの2人が我々に来ればブラッドカイザー理事長はこの世界の侵略を諦めると言っているのだ
さぁ来い、お前が仲間を守りたいならこちらに来るだろう…」
ドリーム「…」
コージ「駄目だドリーム!奴らがそう簡単にこの世界の侵略を諦めるはずがない!」
ドリーム「…」
夏「ドリームはどうするつもりだ…」
シロー「ドリーム…」
ブラッドイース「さぁどうするお前とあの2人が犠牲になればこの世界は支配されずに済むんだぞ…」
ドリーム「…断る」
ブラッドイース「何?」
ドリーム「断るよ」
ブラッドイース「断るだと…そうかそれがお前の答えかだがそれでいいのか?断れば理事長がこの世界を支配しお前の仲間は一生お前を恨むはずだ…」
ドリーム「恨まれても構わない…みんなから恨まれても私は私の子供達と…仲間を守りたい!絶対あんた達なんかにこの世界も私の子供達も渡さない!」
ブラッドイース「虫唾が走る奴だ…おとなしく来い!」
ブラッドイースはドリームに剣の衝撃波を浴びせようとするが止めてしまう
ブラッドイース「な、何故だ…なぜ止めてしまった…」
ドリーム「…本当のあなたは私と子供達をブラッドカイザーに渡す事ができないんだよ…昨日龍人になった私をあなたは止めようとした」
ブラッドイース「違う!あれは絶対…違う!」
ドリーム「もう無理しなくていいんだよせつな…」

104 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 22:38:16 ID:vh974yEV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード44「せつなの苦悩」Bパート
ブラッドイース「やめろ…やめろおおおおおお!!!!!!!!!!」
ブラッドイースは剣でドリームを切り裂こうとする
コージ「ド、ドリーム!」
夏「!」
シロー「!」
ゆり「!」
だがブラッドイースの剣は切り裂く前に止まっていた
ブラッドイース「…」
ブラッドイースは剣を落とし剣は地面に落ちた
ブラッドイース「…スイッチオーバー」
ブラッドイースはせつなに戻りその場でしゃがんでしまった
ドリーム「せつな…」
ゆり「せつなが泣いている…」
2人が言う通りせつなが顔を下に向けたまま泣いていた
せつな「できない…ラビリンスのみんなを救いたいのにのぞみさん達をあいつらに渡せれない…」
ドリーム「…」
ドリームは変身を解除しのぞみに戻った、4人もせつなの所に来る
せつな「ごめんなさいみんな…私やっぱりみんなを裏切れない…」
のぞみ「せつな…」
ゆり「せつな、どうしてあなたがあいつの側に着いたのか教えてくれるかしら」
せつな「はい…」

105 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 22:52:54 ID:vh974yEV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード44「せつなの苦悩」Cパート
せつなは4人に話した…のぞみが悪魔の姿になっていた日の際、のぞみが赴任している学園のある場所が被害を受けたことで
せつな「何だか嫌な予感がするわ…急いでみんなを集めなきゃ」
せつなは仕事を終えてある一軒家に住んでいた、嫌な予感を感じた為アカルンで瞬間移動するが…
ブラッドキング「それはできませんよ東せつなさんいやキュアパッションいやラビリンス幹部のイース…」
せつな「誰!?」
せつなは誰かの声を聞いた、せつなは外に出てみると玄関の前にある者がいたそれは…
せつな「お前は…何者!?」
ブラッドキング「これは失礼しました、私はブラッドキングダムのブラッドキングと申しますブラッドカイザー理事長の忠実な側近…」
せつな「理事長…さては悪理事長のことね、ということはお前は悪校長!」
ブラッドキング「その通り…」
せつな「お前達の思い通りにはさせない!」
せつなは変身の構えを取るが…
せつな「な、なんで体が…動かない!?」
ブラッドキング「残念でしたね…私の念力で封じ込めたんです…あなたが私の言う事を聞いたら離しますよ」
せつな「お前の言う事なんて聞きたくない!」
ブラッドキング「そうですか…これを見てもわからないんですか?」
ブラッドキングは念力でブラッドキングダムの牢屋を見せた、なんとウエスターやサウラーといったラビリンス人が捕まっていたのだ

106 :名無しより愛をこめて:2010/08/16(月) 23:19:26 ID:kTz6bC710
>>103-105
レイプ展開かNTRに期待したい

107 :名無しより愛をこめて:2010/08/17(火) 13:34:46 ID:90NBy2CD0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード44「せつなの苦悩」Dパート
せつな「ウエスター!サウラー!みんな!」
ブラッドキング「私の言う事を聞かなければこの人達の命は危ないですよ…」
せつな「卑怯よ!私の仲間を人質にして!」
ブラッドキング「あなたも昔は人を騙していていたくせに…人の事言えますか?」
せつな「く…」
ブラッドキング「明日私の部下があなたをブラッドキングダムに招待させあげます、部下から私のエネルギーを貰いイースに戻るのです
いやパワーアップしたブラッドイースと呼ぶべきでしょうか…」
せつな「私はイースじゃない!東せつなキュアパッションよ!」
ブラッドキング「そうですか…ならばラビリンス人を皆殺しにしましょうか…」
せつな「そ、それはやめて!彼らには関係ないわ!」
ブラッドキング「ならブラッドイースになるのです」
ブラッドキングは念力を解除しせつなは自由に動けるようになった
ブラッドキング「この事を誰かに話したらラビリンス人を全員皆殺しですからね…フフフフフフフフ」
ブラッドキングは不気味な笑いをしながら次元の穴の中に入り消え去った
せつな「あいつの言う通りにしないとラビリンスのみんなが…」
せつなはラビリンスのみんなを救うべくブラッドキングダムの教頭となりブラッドイースとなったのだ
エピソード45に続く

108 :名無しより愛をこめて:2010/08/17(火) 22:34:30 ID:90NBy2CD0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード45「襲い掛かるブラッドキング」Aパート
のぞみ「そうだったの…」
ゆり「おそらくブラッドキングはあなたのアカルンの能力と元ラビリンスの幹部であることを狙ってラビリンスのみんなを人質にしたのね…」
せつな「のぞみさんそしてみんなごめんなさい…私はこんな事したくなかった…けどラビリンスのみんなを見捨てる事ができなかった…」
せつなは泣きじゃぐんでしまう
コージ「もう泣かなくていいよ、本当の事を話してくれてよかったよ」
夏「しかしラビリンスのみんなはブラッドキングダムの牢屋に入れられているのか…」
シロー「早く助けないといけないな」
せつな「みんなで瞬間移動して奴らの城にいくわ、私が奴らを引き寄せるからみんなはウエスター達を救って…」
ゆり「駄目よ自分を犠牲にしてラビリンスのみんなを助けてもラビリンスのみんなは悲しむわ」
せつな「だけど私は…」
のぞみ「ここはみんなで協力して助けに行こう、もう少しでみんなの怪我が完全に治るはず」
せつな「のぞみさん…ゆりさん…本当にありがとう…」
ブラッドキング「残念ですがそうはいきませんよ…」
6人が気づくと後ろにブラッドキングがいた
せつな「ブラッドキング…!」
夏「お前が悪校長か…!」
コージ「これまでの奴とは桁違いの強さを持っていそうだ…」

109 :名無しより愛をこめて:2010/08/17(火) 22:42:06 ID:90NBy2CD0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード45「襲い掛かるブラッドキング」Bパート
ブラッドキング「よくも私との契約を破りましたね…ブラッドイース教頭いや東せつなキュアパッション!」
ゆり「よくもラビリンスのみんなを人質にしせつなを利用したわね!」
のぞみ「お前を許すわけにはいかない!せつな!」
せつな「はい!」
のぞみ「プリキュアメタモルフォーゼ!」
せつな「チェンジ!プリキュアビートアップ!」
ゆり「プリキュアオープンマイハート!」
3人はプリキュアに変身した
ドリーム「大いなる希望の力!キュアドリーム!」
パッション「真っ赤なハートは幸せのあかし!熟れたてフレッシュ!キュアパッション!」
ムーンライト「月光にさえる一輪の花!キュアムーンライト!」
ドリーム「ココ達は早く逃げて!」
コージ「分かった!みんなを呼んでくる」
ココ達はシロップに乗りミルクハウスのところまで行った
ブラッドキング「こうなれば力づくでもキュアドリーム、あなたを捕まえます!」
ムーンライト「そうはさせないわ!」
パッション「ドリームは絶対渡さない!」
ドリーム「2人とも行くよ!」
3人は武器を取り出しブラッドキングに立ち向かう

110 :名無しより愛をこめて:2010/08/18(水) 22:49:11 ID:QCQkcUW90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード45「襲い掛かるブラッドキング」Cパート
ドリーム「はぁ!」
パッション「やぁ!」
ムーンライト「とぁ!」
3人の連携攻撃がブラッドキングを追い詰めるが
ブラッドキング「中々やりますね…では今度は本気で行きますよ!」
なんとさっきのブラッドキングは本気ではなかったのだ
ブラッドキング「ブラッドキングスラッシャー!」
ブラッドキングは剣を出し今度はドリーム達を追い詰める、ドリーム達は防ぐのが精一杯だ
パッション「こうなったら…!」
パッションはアカルンの瞬間移動でワープし後ろから攻撃するがなんとバリアで阻まれてしまい弾き返されてしまう
パッション「バリア!?」
ブラッドキング「残念でした…はっ!」
ブラッドキングは剣の強力な衝撃波で3人を吹っ飛ばした
ドリーム「うわああああああ!!!!!!!!」
パッション「きゃああああああ!!!!!!!!」
ムーンライト「ああああああ!!!!!!!!!」
吹っ飛ばされた3人は岩にぶつかり、岩は耐え切れず粉々になってしまった

111 :名無しより愛をこめて:2010/08/18(水) 23:00:22 ID:QCQkcUW90
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード45「襲い掛かるブラッドキング」Dパート
ムーンライト「うう…」
ドリーム「ムーンライトどうしたの!?」
ドリームとパッションは立ち上がったのにムーンライトは立ち上がれない、どうやらブラッドイースとの戦いによる怪我が原因のようだ
パッション「私のせいでムーンライトが…」
ムーンライト「自分を責めないでパッション、私なら大丈夫よ…」
ムーンライトは痛みながらも何とか立ち上がった
ドリーム「まさかお前自身がわざわざ挑む気とは思わなかった」
ブラッドキング「本当ならキュアパッションに任せようかと思いましたが彼女が裏切ったので私自らここに来たんですよどちらにせよ私はここに来てキュアドリームを捕まえるべきだった…理事長が私の信頼を失わせないために!」
ドリーム「本当は下克上するじゃないの?」
ブラッドキング「何を言うのですか…私がそんなことをするはずがないでしょう?」
ドリーム「(もしかしてくろみ達の世界のブラッドキングとは違う?それとも演技?)」
ブラッドキング「(何故彼女が私が下克上をする事を…この事を知っているのはブラッドナイトさんのはず…)」
ブラッドキングがドリームの言った事に疑問を感じるが
ブラッドキング「どういう事は知りませんが何としてでもキュアドリームあなたをブラッドカイザー理事長のものにする!あなたにそっくりな2人も!」
ブラッドキングはチェーンを出した、果たしてこれで何をするつもりなのだろうか
エピソード46に続く

112 :名無しより愛をこめて:2010/08/19(木) 22:22:59 ID:m6BcKQ230
そういや望とくろみは未来にいるブラッドキングとブラッドナイトは倒すのかな?
この時代で倒しても未来は変わらないそうだし

113 :名無しより愛をこめて:2010/08/20(金) 00:26:47 ID:WsU8LIKq0
>>107-112
せめてエロ展開を入れれば未来は変わると思う

114 :名無しより愛をこめて:2010/08/20(金) 21:50:09 ID:9bCfjO0W0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード46「プリキュア全員集結」Aパート
ブラッドキング「ブラッドチェーン!」
ドリーム「うわぁ!?」
ブラッドキングのチェーンがドリームを捕まえた
ドリーム「しまった動けない…!」
ブラッドキング「ふふふこれで終わりです…」
ブラッドキングは後ろに次元の穴を空けドリームを引きづりながらも入ろうとする
ブラッドキング「さぁ私とともに来るのです…!」
ドリーム「そうは行かない!」
ドリームも何とか抵抗するが
ブラッドキング「大人しく来るのです…デスサイズサンダー!」
ブラッドキングは体から黒い電流を流しドリームに浴びせる
ドリーム「うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」
ドリームは強力な電流を喰らい苦しむ
パッション「ドリーム!」
パッションは瞬間移動しブラッドキングの後ろを攻撃しようとするが
ブラッドキング「甘い!」
パッション「きゃあああああああ!!!!!!!!!!」
なんとブラッドキングの背中から鋭利な棘が次々と現れパッションにダメージを与える
ムーンライト「パッション!」
パッション「うう…」ドサッ
大きなダメージを受け倒れたパッションにブラッドキングは脚で踏みつけ痛めつける
パッション「あああああ!!!!!」
パッションは踏みつけられ痛がってしまうドリームも電流を浴びせ続けられ苦しむ
ドリーム「あああああああああ!!!!!!!!!!!」
ムーンライト「ま、まずいこのままじゃ…」
ブラッドキング「ふふふこのまま痛めつけてやりますよ…」

115 :名無しより愛をこめて:2010/08/20(金) 22:05:01 ID:9bCfjO0W0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード46「プリキュア全員集結」Bパート
ローズ「はあああああ!!!!!!!!」
ブラッドキング「ぬおっ!?」
横からのローズにひじ討ちを喰らいブラッドキングは遠くまで飛ばされるが何とか体制を整える
ブラッドキング「油断していました…まさか増援が来るとは…はっ!?」
上空からプリキュア達から次々と降り立ち倒れた3人に駆け寄る
ブロッサム「ムーンライト大丈夫ですか?」
ムーンライト「ええ何とか…」
ラブ「助けに来たよパッション!」
パッション「ラブ…みんな…」
パイン「話はココさんから聞いたよ、やっぱりパッションは理由があって裏切ってしまったのね」
パッション「ごめんなさいみんなになんていえば…」
ベリー「謝罪はあとでいいわ、今は奴を倒すのが先決よ」
ドリーム「みんな来てくれたんだね…うう!!」
ルージュ「ドリーム!」
レモネード「大きなダメージを受けているじゃないですか!」
ドリーム「大丈夫だよ…まだ私は闘える」
ミント「あまり無理しちゃ駄目よ私達がついているから」
アクア「あいつはこれまで以上の存在のようね…」
19人のプリキュアの視点はブラッドキングに目を向ける
ブラッドキング「ほほう…プリキュア全員集合ですか…ですが何人でかかろうと私の敵ではありません!」
3人は何とか立ち上がった
ドリーム「私達は貴様に負けはしない!みんな行くよ!」
全員「Yes!」
プリキュア達は力は合わせブラッドキングに立ち向かう

116 :名無しより愛をこめて:2010/08/20(金) 22:14:44 ID:9bCfjO0W0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード46「プリキュア全員集結」Cパート
そしてそれを見守るココとナッツとシロップ
シロップ「ついにブラッドキングとの対決だとロプ…」
ナッツ「だけど望とくろみはまだ目覚めないナツ…」
ココ「のぞみみんな負けないでくれココ…」
3人はプリキュア達の勝利を祈るそしてミルクハウスでは
メップル「まだ2人とも目が覚めないメポ…」
ミップル「早くしないとみんなが危ないミポ…」
ルルン「起きてルル…」
ポルン「2人が起きてくれないと困るポポ…」
フラッピ「結局薬の効果のききめはなしかラピ…」
チョッピ「そんなのいやだチョピ…」
妖精達は望とくろみが完全にめざめる事を祈るしかなかった一方プリキュア達はブラッドキングと闘っていた
ブラック「こいつ強い…!」
ホワイト「まさかこれほどまでとは…」
ブラッドキング「す、少しはやるようですね…こうなれば私が本気を出す必要があります…」
ブルーム「本気って…!?」
イーグレット「今のは本気じゃないって言うの?」
ブラッドキング「見せてあげましょう私の力を…はあああああああ!!!!!!!!!!」

117 :名無しより愛をこめて:2010/08/20(金) 22:32:24 ID:9bCfjO0W0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード46「プリキュア全員集結」Dパート
ブラッドキングは自分の力を全て出し切り姿を変え始めた
手が足となり4足歩行となった、そしてみるみると姿を変える
ルミナス「これはまさか…」
変身を終えたブラッドキングは黒くて赤い模様をし悪魔のような姿をした虎のような怪物になった
マリン「ブラッドキングが虎になった!?」
サンシャイン「それがお前の正体!?」
イービルタイガー「そうだ俺の正体は虎!邪悪なる虎イービルタイガーだ!」
なんとブラッドキングの正体は虎だったのだ
ドリーム「ああああああ!!!!」
突然ドリームが苦しみだした
ルージュ「ドリーム!?」
レモネード「どうしたんですか!?」
イービルタイガー「どうやら俺と共鳴しているようだな…なぁイービルドラゴン…」
ミント「イービルドラゴン!?」
アクア「まさかそれってのぞみに眠る邪龍のこと!?」
ローズ「いったいどういうことよ?」
イービルタイガー「いいだろう教えてやる…」
イービルタイガーとイービルドラゴンはどういう関係なのだろうか…
エピソード47に続く

118 :名無しより愛をこめて:2010/08/21(土) 22:41:23 ID:BYVk6irO0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード47「イービルヒューマン」Aパート
イービルタイガー「俺達イービルヒューマンは世界を破滅にするために悪の魔導士によって誕生した…俺とドラゴンの他にあと10人いる
だが生みの親である魔導士が寿命で死んだ事で12人のイービルヒューマンは解放された、そして魔導士の部屋にあった本を読み学習し知能を得た…
そしてあらゆる世界に飛び散り植物や生命体のエネルギーを吸い取って獣人から悪魔そして虎や龍の姿となって世界を支配していった」
ブラック「あんたも邪龍も魔導士が生み出した人間でエネルギーを吸収するうちに虎や龍になったの…」
イービルタイガー「確かに俺達は人間だったが生物の細胞も含んでいた、おそらくそれは龍や虎の先祖が同じ遺伝子を持つ生物だっただろう…」
ホワイト「そして魔導士の悪の力を与えられて悪の力を…」
イービルタイガー「そうだ俺達は世界を破滅しようとあらゆる世界を滅ぼしていった、だがイービルヒューマンの中で最強だったイービルドラゴンはプリキュアという女戦士によって人間の赤子に生まれ変わってしまい
俺を除くイービルヒューマンは別の悪の組織によって囚われてしまった…俺は人間体となり黒虎という名を名乗り密かに仲間を探すことになったそしてブラッドキングダムに入りブラッドカイザーの部下としてブラッドキングとして名乗ったのだ
俺は何年もかけイービルドラゴンお前を見つけたのだ」
ドリーム「私があんた達の仲間と言うの…?」
イービルタイガー「そうだそしてイービルドラゴンは元は俺の妻となるべき女だった…なのにプリキュアはお前を人間に生まれ変わらせプリキュアになってしまったのだ」
ルージュ「ドリームを欲しがっていたのはそういう事だったのね…」
レモネード「でも人間に生まれ変わらせたのは当然です、あのままだと世界を滅ぼされるところだったんですよ!」
イービルタイガー「黙れ!貴様らに俺達イービルヒューマンの気持ちがわかってたまるか…さぁ来いイービルドラゴンよ俺とともに全ての並行世界を支配し仲間を助けようそして子孫繁栄のため俺と結婚し子供を産め」

119 :名無しより愛をこめて:2010/08/21(土) 22:57:03 ID:BYVk6irO0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード47「イービルヒューマン」Bパート
ドリーム「私は…お前の妻になりたくはない!私には夫となるべき人がいるの!」
ココ「ドリーム…」
イービルタイガー「イービルドラゴンよ…イービルヒューマンとしてのプライドを無くしたのか…ならば力づくでもお前を取り戻すまで!」
イービルタイガーはドリームを捕まえようとする
ミント「みんな気をつけて!」
プリキュア達はドリームを守ろうとイービルタイガーに立ち向かうが
イービルタイガー「邪魔だ!タイガーブラスト!」
イービルタイガーの黒い衝撃波がドリームを除くプリキュア達を吹き飛ばす
アクア「うわあああああ!!!!!!!」
ローズ「きゃあああああ!!!!!!!」
ドリーム「み、みんな!」
イービルタイガー「全員まとめて死ねい!イービルタイガーバースト!」
イービルタイガーの破壊光線がプリキュア達に直撃した
ブルーム「うわああああああ!!!!!!!!!」
イーグレット「きゃあああああああ!!!!!!!!!」
これを喰らったプリキュア達は大ダメージを負い上空から次々と落ちていった
ドリーム「み、みんな…」
ドリームはみんなが落ちた所を見るとプリキュア達は全員変身解除され服がボロボロとなり倒れていた
ドリーム「許せない…よくもみんなを!」
イービルタイガー「何を言うのだイービルドラゴン!俺はお前を助けようと邪魔者を排除したんだぞ!」
ドリーム「あんたの価値感で押し付けないで!私は夢原のぞみキュアドリームよ!」
ドリームは上空へジャンプしイービルタイガーへ向けて技を放つ
ドリーム「プリキュアシューティングスター!」
ドリームの技がイービルタイガーに直撃だが…
イービルタイガー「無駄な事はやめろ、今のお前では俺を倒せないイービルドラゴンに戻るんだ!」
ドリーム「うるさい!プリキュアドリームエクスプロージョン!」
ドリームのフルーレからピンクの薔薇が現れイービルタイガーに直撃するがすぐに薔薇は消えイービルタイガーは痛くも感じない
ドリーム「そ、そんな…」
イービルタイガー「…お前にはドラゴンにしか戻る道はない、さぁ俺と来いドラゴンとなり一緒にブラッドカイザーを倒そう」

120 :名無しより愛をこめて:2010/08/22(日) 01:50:13 ID:ubhY4PR40
>>107-119
早くエロシーンやれよ

121 :名無しより愛をこめて:2010/08/22(日) 12:02:23 ID:g0FouD1sO
なんかぐだぐだだな敵の名前が安易すぎるし
まだ>>41の方が良い

122 :名無しより愛をこめて:2010/08/22(日) 20:00:02 ID:UCD5GGCW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード47「イービルヒューマン」Cパート
ドリーム達がイービルタイガーと闘っている間、望とくろみがついに目を覚ました
望「ううーん…ここはミルクハウス…」
くろみ「私達やっと目覚めれたのね…」
ムープ「2人ともやっと目を覚ましたかムプ!」
フープ「良かったフプ!」
タルト「あんさんらは薬で治ったんやで!」
望「あなた達が治してくれたんですか…ありがとうございます」
くろみ「ありがとう…ママ達はどこに行ったの?」
シフォン「それが…」
望「…よく分かりませんがみなさんが危ないんですね」
くろみ「私達はそこに行くわ」
シプレ「まだ治ったばかりなのには行くのは危険ですぅ!」
望「大丈夫ですよもう闘えます…これを皆さんに渡しておきます」
望とくろみはタイムマシンが入ったカプセルを机に置いた
くろみ「私達が無事ではなかったらこのタイムマシンで未来に行きブラッドナイトとブラッドキングを倒してください」
コフレ「無事じゃないってもしかして…」
2人はお互いを見てうなずき変身した、そして飛んでドリーム達の所へ向かった
ポプリ「行ってしまったでしゅ…」
妖精達は2人を見守るのことしかできなかった
望「母さん達はどこにいるんだろ…」
ナイトメア「…あの方角だわ!」
2人は猛スピードでドリーム達のところへ向かう

123 :名無しより愛をこめて:2010/08/22(日) 20:12:09 ID:UCD5GGCW0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード47「イービルヒューマン」Dパート
そしてイービルタイガーはドリームを説得し続ける
イービルタイガー「来るんだイービルドラゴン、俺はお前が必要なんだ」
ドリーム「何度も言っている…世界を滅ぼそうとするお前の所には来ない!」
イービルタイガー「…そうかなら無理矢理でもお前をイービルドラゴンとして戻す!」
イービルタイガーは悪の力を解放させドリームのイービルドラゴンの力と共鳴し始める
ドリーム「ううう!!ああああ!!!!!く、苦しい…!」
イービルタイガー「さぁ目を覚ませイービルドラゴンとして生まれ変わるんだ!」
ドリーム「うあああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
ドリームはもがき苦しむがキュアパワーでイービルドラゴンの力を押さえ込む
ドリーム「私はもうドラゴンにはならない…!」
イービルタイガー「いい加減にしろ!」
イービルタイガーはパワーを高め始めるそしてドリームはさらに苦しむ
ドリーム「あああああああああああ!!!!!!!!!!!」
イービルタイガー「もう少しでイービルドラゴンに戻る…!」
イービルタイガーがそう確信した時、1つの剣がイービルタイガーを目を刺した
イービルタイガー「ぐおおおおおおお!!!!!!!!」
イービルタイガーはさすがに目を剣で刺されたのか苦しむそして悪の力も収まりドリームはイービルドラゴンにならずに済んだ
ドリーム「あ、あなた達は…」
ドリームが向いた先には望とナイトメアがいた
望「そこまでだブラッドキングいやイービルタイガー!」
ナイトメア「貴様の世界征服の企みもこれまでよ!」
エピソード48に続く

124 :名無しより愛をこめて:2010/08/23(月) 22:48:03 ID:HsAVWwpZ0
まさか2人ともイービルタイガーと自爆する気じゃ…

125 :名無しより愛をこめて:2010/08/24(火) 22:17:19 ID:9f2HmNhR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード48「兄妹死す…」Aパート
イービルタイガー「貴様ら何故俺の名を…」
望「10数年後のお前から教えてくれた」
イービルタイガー「10数年後…そうか貴様らは未来からやってきたのか」
ナイトメア「私達の未来はお前のせいで破滅の寸前よ、だから今のお前も未来のお前を倒す!」
イービルタイガー「やれるものならやってみるのだなガキ共…」
望とナイトメアはイービルタイガーと戦いを開始した、イービルタイガーは口から光弾を吐くが2人はそれをかわしていく
ドリーム「望、くろみ…」
ドリームはイービルタイガーと闘っている2人を心配していた
ナイトメア(ママ…)
ドリーム「くろみ?」
ナイトメアはテレパシーでドリームに話しかける
ナイトメア(私達が戦っている間、みんなを連れて逃げて…)
ドリーム「でも2人は…」
ナイトメア(私達なら大丈夫だわ、さぁ早くみんなを)
ドリーム「分かったよ…」
ドリームは急いで下に降り倒れているみんなの所へ行くドリームの行動にココ達も気づいた
シロップ「ドリームは倒れているみんなの所へ向かっているロプ」
ナッツ「分かったナツ、安全な場所へ移動させようとしているナツ」
ココ「ココ達も行くココ!」
ココ達も急いで倒れているみんなの所へ向かう

126 :名無しより愛をこめて:2010/08/24(火) 22:28:24 ID:9f2HmNhR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード48「兄妹死す…」Bパート
ナイトメアと望はイービルタイガーと闘っているがやはり敵は強かった
イービルタイガー「どうした!?貴様の強さはその程度か!」
望「くっ!やはりこの時代でも強いのか奴は!」
ナイトメア「何とかしないと…」
イービルタイガー「無駄だ!ハァ!」
望「うわあああああ!!!!!!!!!」
ナイトメア「きゃあああああ!!!!!!!」
イービルタイガーの強力な爪で2人は切り裂かれ大ダメージを負う
望「…こうなったらあれしかない」
ナイトメア「ええあれしか方法はないわ」
2人は何か方法を思いついたようだ
イービルタイガー「作戦をたてるのもいいが敵を待たせる事は忘れるな!」
イービルタイガーは2人の所まで突進をしようとする
望「よし行くぞ!」
ナイトメア「ええ!」
2人は突進してきたイービルタイガーの攻撃をかわし奴の体にしがみつく
イービルタイガー「ぬぉっ!?は、離せぇ!」
イービルタイガーは何とか振りほどこうとするが2人は離そうとしない
ナイトメア「兄さんバリアよ!」
望「ああ!」
2人はイービルタイガーの周りにバリアを張った
イービルタイガー「何をする気だ!?」
3人を包んだ球体状のバリアは上空へ移動し始めた、みんなを運んでいたドリームはそれに気づく
ドリーム「あれは一体…3人ともみんなをお願い!」
コージ「ドリーム!」
ドリームはみんなを運ぶのをココ達に任せ球体のところへ向かう

127 :名無しより愛をこめて:2010/08/24(火) 22:38:18 ID:9f2HmNhR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード48「兄妹死す…」Cパート
ドリーム「あれは望とくろみ!2人ともどうする気なの!?」
ナイトメア(ママ今までありがとう私達を心配してくれて…)
望(母さんと出会えて俺は嬉しかったです…)
ドリーム「2人とも何を言っているの!?まさか…」
ナイトメア&望(…)
ドリーム「…駄目だよ、いっちゃ駄目ぇ!」
ドリームは必死に追かけるが球体は既に大気圏から出ていた
イービルタイガー「まさか自爆する気か貴様ら!?自爆をすれば貴様らもただではすまないぞ!」
望「分かってるさ…だがお前を倒すためなら」
ナイトメア「死んでも構わない!」
球体は止まり望とナイトメアの体が光輝き始めたついに自爆をする気だ
イービルタイガー「や、やめろおおおおおおお!!!!!!!!!」
望「さよなら…」
ナイトメア「ママ…」
球体は光を発光しそして大爆発が起きたあまりの爆発の威力でドリームは耐え切れず吹き飛ばされる
ドリーム「うわあああああああ!!!!!!!!!!!!!」
一方倒れているみんなはココとナッツのバリアで防いでいた
ココ「な、なんて威力だココ!」
ナッツ「頼むからもってくれナツ!」

128 :名無しより愛をこめて:2010/08/24(火) 22:52:59 ID:9f2HmNhR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード48「兄妹死す…」Dパート
数分後爆発の威力は収まった、ドリームは岩の下敷きになっていたが何とか脱出した
ドリーム「はぁはぁ望…くろみ…」
だがドリームは爆発の衝撃波を喰らいダメージを負っていた、何とか立ち上がりココ達のところへ戻ろうとするが
ドリーム「う…」バタッ
とうとうドリームはその場で倒れてしまいのぞみに戻ってしまった、同じ頃ナッツ達は目を覚まし何とか無事だった
シロップ「た、助かったロプ…」
ナッツ「一時はどうなるかと思ったナツ」
シロップ「あれココはどこだロプ?」
ナッツ「確かにそういえば…ココー!どこだナツー!」
ココはその場にいなかった…ココはのぞみを探しにいっていた
ココ「のぞみ…どこだココ…」
エピソード49に続く

129 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 07:26:39 ID:/RKWf3uzP
>>41
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
授業終了のチャイムが鳴り響く
高山「まあこのセンスわからない人は頬っておいて次回は一人ずつテストしま〜す。次回までに覚えること
いいですね。」
生徒全員「はーい」
高山「それから夢原いつからメガネ懸けてた?」

夢原「ええ〜っとたしか三日くらい前」
そう答えると高山先生はやや首をかしげてこう言っってきた。
高山「そうか、まっまあ似合っているからいいか。」
しかしのぞみが懸けているメガネに見覚えがあるつぼみは彼女に問いただした。
つぼみ「あの?それってわたしのメガネですよね。」

のぞみ「ん?そうだよ。」
そうだよってあなたまだ返してなかったんですね。早く返してあげなさい。
つぼみ「そうだよって早く返してください」
表情で怒りをあらわにするつぼみ、おちついた感じではなすのぞみ
のぞみ「うーんわかったよ。」
そう言ってのぞみはおもむろにメガネをポーンと上へなげてしまった。

つぼみ「なっなにするんですか、わっ私のメガネ、かっ返してください。」
のぞみ「メガネ?ああそれなら胸ポケット調べてみて」
そう言われて恐る恐る調べてみると…
つぼみ「これは…わっ私のメガネどうしてここに?あれはたしかのぞみさんが……」

突然メガネがポケットから出てきた事に困惑してしまった。つぼみ


130 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 13:00:02 ID:rQqBgkPG0
>>129
のぞみは一体何者…?

131 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 22:20:14 ID:rQqBgkPG0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード49「悲しむのぞみ」Aパート
数分後、ココは倒れているのぞみをようやく見つけ出した
ココ「のぞみ!」
ココは人間体になりのぞみのところへ駆け寄る
コージ「のぞみ大丈夫か!?のぞみ!」
のぞみ「う、うーん…ココ?」
のぞみは目を覚ました
コージ「良かった無事だったんだねのぞみ…」
のぞみ「うん…はっ!望は!?くろみは!?」
コージ「望とくろみに何があったのか?」
のぞみ「2人は確かイービルタイガーと一緒に自爆して…どこに倒れているはず!」
のぞみは急いで2人を探すためあたりを見回すと
のぞみ「あ、あれは!」
のぞみが指を指した方向には岩のところに望とくろみの腕があった
のぞみ「そうか、2人とも岩の下敷きになって…今助けるよ!」
のぞみはその場所へ走っていく
コージ「ああ待ってくれのぞみ!」
ココものぞみを追いかけていく

132 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 22:32:02 ID:rQqBgkPG0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード49「悲しむのぞみ」Bパート
のぞみは岩のところにつき岩を持ち上げて2人を救出しようとする
のぞみ「今助けるからね、よい…しょ!」
のぞみは何とかを岩をどかし次を岩をどかそうとするが
のぞみ「え…」
コージ「どうしたんだのぞみ…こ、これは…!」
2人が目にしたのは望とくろみの腕だったがそれは千切れていた
のぞみ「そ、そんなどうして…」
のぞみはあまりの驚きに膝を折り混乱しかけていた
コージ「2人の自爆はとてつもなく強かったんだ…そのせいで体が耐え切れずに…」
のぞみ「そんな…嘘だよこんなの有りえない…う、うわああああああ!!!!!!!!!!!!」
のぞみはあまりのショックで悲鳴を上げる
コージ「のぞみ落ち着くんだ!落ち着いて!」
のぞみ「いやああああああ!!!!!!!!!こんなのいやああああああああ!!!!!!!!!!」
のぞみが混乱するのも仕方なかった未来の自分の子供が死んでしまったから…
のぞみ「こんなのいやあ…」ドサッ
のぞみはとうとう疲れ果て倒れてしまった
コージ「のぞみ!のぞみ!」
ココはのぞみに呼びかけるが気絶しているので無理だった
シロップ「おーいココ!」
ココが上空を見上げるとみんなを乗せたシロップがこっちに着た
シロップ「やっと見つけたロプ!」
ナッツ「ナツ!?」
ナッツは人間体になりココに近づいた
夏「ココ、この腕は…」
コージ「…望とくろみの腕だよ」

133 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 22:44:41 ID:rQqBgkPG0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード49「悲しむのぞみ」Cパート
夏「まさか2人は…」
コージ「話はあとでナッツはのぞみを頼む、僕は2人の腕を持っていく」
ナッツはのぞみをシロップの背中に乗せココは自分の上着で2人の腕を包み、そしてココとナッツはシロップに乗った後シロップはミルクハウスへ戻った
そしてシロップ達が飛び去った後、別の所の岩の中からイービルタイガーがブラッドキングの姿で現れたどうやらかなりのダメージで左腕と下半身を失ったらしい
ブラッドキング「はぁはぁ何とかブラッドキングダムに戻って体制を整えなおせねば…」
ブラッドカイザー「校長、残念だがブラッドキングダムに戻ることはできないよ君は」
ブラッドキングの前になんとブラッドカイザーが現れた
ブラッドキング「り、理事長…」
ブラッドカイザー「まさか君が裏切るとは思わなかったよ、ブラッドキングいやイービルタイガー」
ブラッドキング「既に正体を知っていたのか…!?」
ブラッドカイザー「君がブラッドキングダムに入った際、何やら怪しい雰囲気がただよってなまさか君が下克上を企んでいたとは驚きだよ…」
ブラッドキング「く…!」
ブラッドカイザー「君には失望した、罰として君はわしのエネルギーとなってもらう」
ブラッドカイザーは体から触手を出しブラッドキングの体に突き刺す
ブラッドキング「ぐはあっ!」
ブラッドカイザーはそのままブラッドキングのエネルギーを吸い取り始める
ブラッドキング「や、やめろお…俺は死にたくない…」
だがブラッドキングはエネルギーをとられると同時に体がしぼんでいきとうとう完全にブラッドキングの体はなくなってしまった

134 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 23:00:29 ID:rQqBgkPG0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード49「悲しむのぞみ」Dパート
ブラッドカイザー「…」
エネルギーを吸い終えたブラッドカイザーは念力で別の所の岩を動かしたその中に腕を千切れた状態の望とくろみの死体だった
ブラッドカイザー「この2人のエネルギーも吸い取るとするか」
ブラッドカイザーは触手ではなく口から望とくろみを体ごと飲み込みそのまま吸収した
ブラッドカイザー「…むん!」
ブラッドカイザーはパワーを解放するととつもないエネルギーを出していた
ブラッドカイザー「素晴らしい…寿命がかなり長くなっただけではなくパワーも今までよりも倍以上になった…」
ブラッドカイザーは自分が3人を吸収しパワーアップしたことで喜ぶ
ブラッドカイザー「そうだわざわざわしの子供をキュアドリームに産ませなくてもキュアドリーム自身をわしが吸収すればいいのだ
そしてどんな強力な強者でも叶わない最強の帝王いや神になれる…フハハハハハハハハ!!!!!!!!!」
ブラッドカイザーは笑いを上げる、果たしてこのまま全ての世界は奴の物になってしまうのだろうか?
同じ頃ミルクハウスでは妖精達が傷ついたプリキュア達を手当てあとカプセルの中にいれた
メップル人間体「まさか全員負傷とは…」
ミップル人間体「ブラッドキングを倒したのはいいけど…」
フラッピ人間体「まだブラッドカイザーがいる…」
チョッピ人間体「どうすればいいの…」
ポルン人間体「あれのぞみがどこにもいない?」
ルルン人間体「ちゃんと手当てしてカプセルに入れたのに…」
シロー「のぞみならココがカプセルから出して自分の部屋に運んだぜ」
夏「のぞみはあまり大怪我をしなかったからな、薬だけ塗っておけば明日には完全に回復するはずだ」
エピソード50に続く

135 :名無しより愛をこめて:2010/08/25(水) 23:11:32 ID:rCmpF3GH0
ドギー「状況は最悪。もはや完全に詰みか。バッドエンドは確定か・・・」
天道総司「いや、終わるのはまだ早い」
アムロ・レイ「その通りだ。今こそ俺達が動かなければならない」

最悪の結末は御免だ。何としてもハッピーエンドで終わらせてくれ。

136 :名無しより愛をこめて:2010/08/26(木) 22:45:36 ID:39kSxufR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード50「最終決戦迫る」Aパート
一方ココの部屋ではココがのぞみを看病していた
コージ「のぞみ…」
ココはショックで眠ってしまったのぞみを見守るしかなかった
コージ「これをどうすればいいか…」
ココは2人の千切れた腕が入ったカプセルを見る
コージ「取り合えずこれはナッツと話してからにしよう」
ココは腕の入ったカプセルを持ち下の階へ持っていった同じ頃ブラッドキングダムでは
ブラッドカイザー「明日にはキュアドリームを今度こそ捕獲する必要がある、その前にパワーアップしたわしのウォーミングアップが必要だ…」
どうやらブラッドカイザーはウォーミングアップをするようだ
ブラッドカイザー「…あれを出せ!」
戦闘員達「はっ!」
ブラッドカイザーの命令で戦闘員達は機械を動かし大きな扉から怪物が数十匹現れた
ブラッドカイザー「さぁ来いブラッドゴーレム共よ、わしが訓練を教えてやる!」
ブラッドゴーレム「ぐおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」
数十匹のブラッドゴーレムはブラッドカイザーに襲い掛かる
ブラッドゴーレム「ごう!」
ブラッドゴーレム「ぐおう!」
ブラッドゴーレムは連携を駆使しブラッドカイザーに攻撃するがブラッドカイザーは痛くも感じていなかった
ブラッドカイザー「そんなものかお前達の力は…」
ブラッドゴーレム「ぐう…」
ブラッドゴーレム達は一旦離れ全員でブラッドカイザーの周りを囲んだ

137 :名無しより愛をこめて:2010/08/26(木) 22:53:49 ID:39kSxufR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード50「最終決戦迫る」Bパート
ブラッドゴーレム「ごおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
ブラッドゴーレム達は口を開きビームを発射する、そのビームはブラッドカイザーに次々と直撃するだが
ブラッドカイザー「なんだ貴様らのその強さは…」
なんとブラッドカイザーはブラッドゴーレムのビーム一斉攻撃すらピンピンしていた
ブラッドカイザー「今度はこっちから行くぞ…はああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
ブラッドカイザーは力を蓄え始めた、ブラッドゴーレムはブラッドカイザーのあまりの怖さに怯える
ブラッドカイザー「カイザーデストラクション!」
ブラッドカイザーの体から放った体内放射でブラッドゴーレムはぶっ飛ばされ粉々になってしまった
ブラッドカイザー「…」
ブラッドカイザーはやはりとてつもない強さを手に入れた…
ブラッドカイザー「…フフハハハハハハ!!!!!!!!このパワーは素晴らしい!50年分若くなった気分だ!」
ブラッドカイザーは自分の強さに喜びを感じる
ブラッドカイザー「キュアドリームよ、明日お前を吸収しイービルドラゴンの力も得るぞ…」
ブラッドカイザーは明日キュアドリームを吸収することを楽しみにする
そして翌日ミルクハウスでは…

138 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 22:06:53 ID:rQSMI3HP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード50「最終決戦迫る」Cパート
ポプリ人間体「ふぁ〜みんなおはようです…」
コフレ人間体「ポプリ起きるのが遅すぎです!」
シプレ人間体「早起きするのは大切なことです!」
ポプリ人間体「いつきが心配で中々眠れなくて…」
シフォン人間体「ところでのぞみはどこなの?」
タルト人間体「ああそういえばそうやったな、どこにいったんや?」
夏「のぞみなら目覚めた後、自分の家に帰った」
シロー「昨日のことが原因で誰とも会いたくないようだ…」
ムープ人間体「そんな…」
フープ人間体「のぞみ…」
コージ「…今は彼女達を早く治す方法が優先だ、いつブラッドカイザーがここに来るかわからないからね」
妖精達はのぞみを除く大怪我をしたプリキュアを治療するのを優先するそしてのぞみはと言うと…
のぞみ「…」
のぞみは部屋に閉じこもっていた、仲間を大怪我させ望とくろみを失ったショックのせいらしい
のぞみ「私のせいでみんなが…2人が…」
のぞみは酷く落ち込む、このまま彼女はどうなってしまうのか…

139 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 22:22:42 ID:rQSMI3HP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード50「最終決戦迫る」Dパート
一方ブラッドカイザーは戦闘員達を連れ次元の流れの中で移動していた
ブラッドカイザー「ふふふ…待っていろキュアドリーム」
ブラッドカイザーは不気味な笑みを浮かべる…同じ頃ミルクハウスでは妖精達が懸命にプリキュアを治療していた
フラッピ人間体「だ、駄目だ…」
チョッピ人間体「完全に治らないわ」
ルルン人間体「イービルタイガーが強すぎて」
ポルン人間体「みんなのダメージが酷いんだ…」
ミップル人間体「早くしないとブラッドカイザーが」
メップル人間体「来るのは時間の問題だ、急がないと」
夏「!」
シロー「どうしたんだナッツ?」
夏「これはイービルタイガー以上の悪のエネルギーを感じる…」
コージ「まさかブラッドカイザーがこの世界に来るのか!?」
妖精達がブラッドカイザーがこの世界に来るのを予感している間、ある市街地では…
一般人A「ん?なんだ空の一部が割れた…」
一般人B「夢なのか?」
空の一部が確かに割れていたその中からなんと戦闘員ブラッドソルジャーの大群が現れたのだ
一般人C「きゃー!化物よー!」
一般人D「逃げろー!」
近くにいた人達は急いで逃げる、だがブラッドソルジャーはその人達を追いかけるそして空の一部がさらに割れ中からブラッドカイザーが現れた
ブラッドカイザー「久しぶりに来たぞ、キュアドリームのいる世界…」
エピソード51に続く

140 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 22:39:21 ID:rQSMI3HP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード51「ブラッドカイザー地球襲来」Aパート
ブラッドソルジャー「しゃー!」
一般人E「うわああ!!!!!」
一般人F「きゃあああ!!!!!!」
ブラッドソルジャーは次々と近くにいる人間を殺していく
ブラッドカイザー「…一応こいつらも出すべきか」パチンッ
ブラッドカイザーは指をパチンと音を立てると次元の穴からブラッドゴーレムやブラッドインセクトが現れた
ブラッドゴーレム「ごおおおお!!!!!!」
ブラッドインセクト「きゅううううう!!!!!!」
ブラッドゴーレムは街を破壊し、ブラッドインセクトもあらゆる場所に行き尻尾から破壊針を放ち下にある街を破壊尽くす
一般人達「うわああああああ!!!!!!!!!」
一般人達はそれの巻き添えを喰らい散っていく、ブラッドカイザーによる野望のため人々が犠牲になってゆく
ブラッドカイザー「しかしこれだけやってもキュアドリームは来ないか…よし」
ブラッドカイザーは念力を使いTV局の電波をジャックし始めた、同じ頃ミルクハウスではココ達がTVのニュースを見ていた
レポーター「大変です!謎の怪人達が次々と日本中に襲来しています!全国の自衛隊が緊急に出動し怪人達の駆除に向かいました!」
夏「やはり来たのか…」
シロー「日本だけじゃなく他の国もいや全ての世界が支配される…」
コージ「何とかしないと…」

141 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 22:51:41 ID:rQSMI3HP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード51「ブラッドカイザー地球襲来」Bパート
アナウンサー「只今、新たな情報が入りました謎の怪人達は他の国も侵略をし始め…」ザー
シフォン人間体「あれなんで!?」
タルト人間体「TVが映らなくなったで!」
TVが急に映らなくなっただがすぐに回復したがそこにいたのはブラッドカイザーだった…
ブラッドカイザー「地球の諸君ごきげんよう…我々はブラッドキングダムという者だ、そしてキングダムの首領であるわしの名はブラッドカイザーだ」
妖精達はTVに映るブラッドカイザーに驚く
ポプリ人間体「あれがブラッドカイザー…」
コフレ人間体「ジャアクキング、ゴーヤーン、デスパライア、館長、メビウスそしてデューク以上の悪の気を感じるですう…」
シプレ人間体「ブラッドナイトやイービルタイガー以上の存在でもあるです…」
フープ人間体「チャンネル変えてもブラッドカイザーが映っている!」
ムープ人間体「全ての電波はブラッドカイザーにジャックされた…?」
ブラッドカイザー「わしは理由があってこの世界に来た、君達にはある人間の女性を探して欲しい…」
シロー「人間の女性…」
夏「まさか…」
ブラッドカイザー「名前は夢原のぞみ、サンクルミエール大学を卒業し教師の免許を取った新人教師だ彼女を知っている人物はいるはずだ、例えば彼女が大人になる前の頃から…」

142 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 23:00:19 ID:rQSMI3HP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード51「ブラッドカイザー地球襲来」Cパート
増子「夢原のぞみ…まさかあの夢原さん?」
ある新聞社で働いている増子がTVを見て驚く
ブラッドカイザー「君達は彼女を探してわしの所に連れてきて欲しい、連れてきた場合この世界を侵略するのは諦めよう
だがもし連れてこなかった場合…君達全員を部下に殺されてもらう、もっとも君達などわしの力で簡単に消せれるが…」
妖精達「そんな…」
ブラッドカイザー「名前だけでは判断できないかもしれないから写真も見せようこれだ」
ブラッドカイザーはブラッドソルジャーにのぞみの写真を見せるように命令しソルジャーはのぞみの写真を全国に映した
ブラッドカイザー「さてどうする?彼女を連れてくれば君達は助かるのだぞ…」
ブラッドカイザーは笑みを浮かべる…そしてそれをみた全ての人間は

143 :名無しより愛をこめて:2010/08/27(金) 23:21:57 ID:m6XN0Uoi0
ウルトラマンメビウス「やめるんだ!奴の行動はヤプールがやった行為と同じだ」
ハーメル「一つ言っておく。のぞみを差し出してもお前らが生き延びる保証はない!皆殺しにされるのがオチだ」
伊達健太「バカな事はよせ。そんなことすればお前らは売国奴として罵られるぞ!」
シュウ「もし貴方達が夢原のぞみを売るなら、私が貴方達を抹消してもらいますよ。ブラッドカイザーの奴隷として惨めな生き方をするならば、私は貴方達を滅ぼしてもらいますよ」

???「希望をブラッドカイザー、お前には渡さない」

最後のネタは無視してもよい 

144 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 13:15:04 ID:oAtCbRlv0
短すぎたので修正
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード51「ブラッドカイザー地球襲来」Cパート
増子「夢原のぞみ…まさかあの夢原さん?」
ある新聞社で働いている増子がTVを見て驚く
ブラッドカイザー「君達は彼女を探してわしの所に連れてきて欲しい、連れてきた場合この世界を侵略するのは諦めよう
だがもし連れてこなかった場合…君達全員を部下に殺されてもらう、もっとも君達などわしの力で簡単に消せれるが…」
妖精達「そんな…」
ブラッドカイザー「名前だけでは判断できないかもしれないから写真も見せようこれだ」
ブラッドカイザーはブラッドソルジャーにのぞみの写真を見せるように命令しソルジャーはのぞみの写真を全国に映した
ブラッドカイザー「さてどうする?彼女を連れてくれば君達は助かるのだぞ…」
ブラッドカイザーは笑みを浮かべる…そしてそれをみた全ての人間は
市民A「おいどうする?」
市民B「どうするって言われても…」
市民C「私達はあいつらの殺されたくないわ!」
市民D「もう迷っている暇はない…」
市民E「夢原のぞみを捕まえて…」
市民F「あいつらに渡そう!」
ついに市民達はブラッドカイザーの部下に殺されるのを恐れのぞみを探すことになった
市民G「どこだー夢原のぞみー!」
市民H「あんたさえあいつらに渡せば俺達は助かるんだ!」
全国の市民は夢原のぞみを犠牲にして自分達だけ助かろうとしている…

145 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 13:28:34 ID:oAtCbRlv0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード51「ブラッドカイザー地球襲来」Dパート
同じ頃ブンピーカンパニーでも…
社員A「夢原のぞみを捕まえろー!」
社員B「あの人さえ渡せば私達は助かるわ!」
ブンビー「ま、待ちたまえ君達!彼女を渡してもあいつらはこの世界を支配するぞ!」
ブンビーの説得も空しく、社員達はのぞみを探しに行く…そして他の場所でも
住民A「あの女はどこだー!」
住民B「あいつがいれば俺達は奴らに殺されずに済むんだ!」
満「みなさん待ってください!」
薫「彼女は何も悪くありません!」
満も薫も説得するがパニックに陥っている住民は聞き入れようとしない…全国の警察もなんとか取り押さえるがあまりの人数の多さに防ぎきれない
ブラッドカイザー「人間は愚かな奴だ…誰かを犠牲にして自分達だけ助かろうとする…」
ブラッドカイザーは人々の愚かさにあざ笑う、同じ頃のぞみの家では
恵美「のぞみ!」
のぞみの両親が部屋に入ってきた
のぞみ「父さん、母さん…勝手に入らないでよ今の私は…」
勉「人々がお前を捕まえてあの怪人達に渡そうとしているんだ!」
恵美「今すぐここから逃げましょ!危ないわ!」
のぞみ「…分かったよ」
のぞみは机に置いてあったキュアモをポケットに入れ、両親とともに家に出た…
住民C「いたぞ!」
住民D「捕まえろ!」
3人が走って逃げている所を見た住民達は3人を追いかける
勉「まずい!」
恵美「このままだと捕まるわ!」
のぞみ「…」
果たして3人はどうなってしまうのか…
エピソード52に続く

146 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 22:19:07 ID:FNIVtB6L0
ヒイロ「一つ言っておく、夢原のぞみはブラッドカイザーに扇動された市民のせいですべてを失うだろう。おそらく完全なる邪龍としてな。最悪の結末を止めたいなら早く新しい戦士を呼ぶべきだ」

147 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 22:45:40 ID:oAtCbRlv0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード52「妖精達の決断」Aパート
人々がのぞみを捕まえようと探そうする映像がTVに映る
夏「人々がのぞみを捕まえようとしている…」
シロー「なんて勝手な奴らだ!自分達だけ助かろうと思っているのか!」
メップル人間体「みんなブラッドカイザーに殺されるの恐れてパニックになっているんだ…」
ミップル人間体「ブラッドカイザーにのぞみを渡しても奴はこの世界を支配するのに…」
ポルン人間体「でもどうしようプリキュアのみんなは大怪我しているし…」
ルルン人間体「私達があいつらに立ち向かっても勝つ事はできない…」
コージ「…僕がのぞみをここに連れて行く、ナッツ達はここでみんなを守ってくれ」
夏「ココ!」
ココは外に出てのぞみのいる場所を探しに行った
シロー「ココの奴…どうすればプリキュアのみんなを回復する事ができるんだ…」
夏「…ひとつだけ方法がある」
フラッピ人間体「ひとつだけの方法…」
チョッピ人間体「それってまさか…」
妖精達は夏の発言にあれを思い出すそれは…

148 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 22:54:09 ID:oAtCbRlv0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード52「妖精達の決断」Bパート
夏「俺の全てのエネルギーでプリキュア達を回復しパワーアップする、そうすればブラッドカイザーを倒すことができるはずだ」
ナッツは自分を犠牲にしてでもプリキュア達を回復さえパワーアップさせようとするのだ
ムープ人間体「そんなことしたら!」
フープ人間体「ナッツはどうするの!?」
夏「…」
シロー「…ナッツ、お前だけやってもみんなはブラッドカイザーを超える力を得れない…俺のエネルギーも使え」
夏「いやこれは俺だけでやる」
シロー「馬鹿な事を言うんじゃねぇ!お前だけ犠牲なるなんて嫌だ!俺も一緒に犠牲になる!」
シフォン人間体「…私もやる」
タルト人間体「シフォンまで犠牲にならんでも…」
シフォン人間体「このままだとみんなが殺されちゃう、だから私もラブ達をパワーアップする為なら犠牲になる…」
タルト人間体「シフォン…」
シロップもシフォンもプリキュアパワーアップの為犠牲になろうとするの見た他の妖精達も…
シプレ人間体「私達もやるです!」
コフレ人間体「僕も!」
ポプリ人間体「ポプリもやる!」
ムープ人間体「みんなでプリキュア達を!」
フープ人間体「パワーアップする!」
夏「お前達…」

149 :名無しより愛をこめて:2010/08/28(土) 23:01:59 ID:oAtCbRlv0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード52「妖精達の決断」Cパート
フラッピ人間体「ナッツだけ犠牲にはさせない」
チョッピ人間体「私達も犠牲になるわ」
ポルン人間体「僕も!」
ルルン人間体「私も!」
メップル人間体「僕達のエネルギーなら」
ミップル人間体「プリキュア達をパワーアップできるわ」
タルト人間体「わいもやるで…わいだけやらないのもあれやからな」
シロー「みんな全ての世界を救おうと犠牲になろうとしているんだ、お前1人だけで犠牲にさせるわけねぇだろ」
夏「…わかっただがプリキュアに全てのエネルギーを与えればお前達は命を落とすかもしれないそれでもいいな?」
シプレ人間体「覚悟はできてるです!」
コフレ人間体「僕達妖精は死んでも構わないです!」
夏「では早速始めるぞ」
ポプリ人間体「ナッツ、ココはどうするです?」

150 :名無しより愛をこめて:2010/08/29(日) 20:00:19 ID:OM90rLjj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード52「妖精達の決断」Dパート
夏「ココはのぞみと一緒にいたほうがいい、今ののぞみにはあいつが必要だからな…」
シロー「ナッツ…」
夏「時間がない早速始めるぞ」
ナッツの指示でプリキュア達をパワーアップするため準備を始める、その頃ココはのぞみを探していた
コージ「のぞみ何処にいるんだ…」
ココはあらゆる場所に行くがどこにも見つからない…
コージ「どこにいるんだ一体…」
ココはのぞみが行きそう場所を考える
コージ「…あそこしかない」
ココはのぞみがいそうな場所へ向かった、同じ頃のぞみ達はというと…
のぞみ「ここなら見つからないよ」
勉「確かに誰もいないな…」
恵美「よくここを思いついたわねのぞみ…」
のぞみ「うん、ここは思い出の場所だから…」
のぞみ達のいる人気のいない場所、それはのぞみとココが始めてセックスした場所である
のぞみ「…」
勉「のぞみどうしたんだそんなに落ち込んで?」
恵美「何か嫌な事を思い出したの?」
のぞみ「実は…」
のぞみは両親にプリキュアである事やイービルドラゴンの事や未来から来た2人の子供のことを話し始める、そしてはナッツ達は準備を終えた
ナッツ「みんな準備はいいかナツ?」
エピソード53に続く

151 :名無しより愛をこめて:2010/08/29(日) 22:33:19 ID:OM90rLjj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード53「プリキュア復活そして…」Aパート
妖精達は光輝きカプセルに入っているプリキュア達に目掛けて光のエネルギーを放つ
妖精達「うおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!」
妖精達は凄まじいエネルギーでプリキュア達を限界以上までパワーアップさせようとする
メップル「まだ足りないメポー!」
ミップル「もっと力を出すミポー!」
ポルン「がんばれポポー!」
ルルン「もう少しルルー!」
妖精達はさらにエネルギーを与えていく…その頃のぞみは両親にあらゆる事を話し終えた
恵美「…のぞみは私達が知らない所で悪者達と戦っていたのね」
勉「そして様々な事で苦しんでいたのか…」
のぞみ「私、ブラッドカイザーに勝つ自身が無いの…昨日でのイービルタイガーとの戦いで仲間も未来の子供達も救えなかった…」
のぞみは涙をポツポツ落とし怯え悲しむ、そんなのぞみに両親は
恵美「そんなことないわ、お母さん達はのぞみならできると思うわ」
のぞみ「でも私は昔、世界を滅ぼそうとしていたイービルドラゴンの生まれ変わりだよ…悪の力を持つ私は1人じゃ何もできない」
勉「のぞみは1人だけじゃない、お父さん達だけじゃなくのぞみの友達が一緒にいるじゃないか
いつもみんながいるからどんな困難でも乗り越えたんだろう?」
恵美「お母さん達はのぞみを信じている、のぞみならこの世界を救えるはずよ」
のぞみ「お父さん、お母さん…」
コージ「のぞみー!」
ココはやっとのぞみ達を見つけのぞみ達の所へ行く

152 :名無しより愛をこめて:2010/08/29(日) 22:43:01 ID:OM90rLjj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード53「プリキュア復活そして…」Bパート
のぞみ「ココじゃなかった小々田先生どうしてここに…」
コージ「TVを見たはずだ、ブラッドカイザーが君を欲しがって住民に君を捕まえようと脅しているんだ」
住民A「おいいたぞ!」
住民B「こっちだー!」
住民達はのぞみ達をついに見つけ追いかけようとする
勉「…先生、のぞみをお願いします」
恵美「ここは私達が食い止めます」
のぞみ「お父さんお母さん…」
恵美「大丈夫よ、お母さん達が何とかしてのぞみを遠くまで逃げられるようにするから」
勉「先生、のぞみを連れて早く!」
コージ「わかりました…行こうのぞみ!」
のぞみ「うん…」
ココはのぞみを連れ急いで逃げる、両親は住民を止めようとする
住民C「邪魔だ離せー!」
勉「うちの娘に手は出させん!」
住民D「あの子が必要なのよ!」
恵美「のぞみは渡さない!」
両親達は必死で住民を止める、そしてココとのぞみは必死に走り続けるがブラッドソルジャーが立ちふさがる
ブラッドソルジャー「しゃー!」
コージ「こいつらはTVに映っていた…!」
のぞみ「こいつらを倒すしかない…プリキュアメタモルフォーゼ!」
のぞみはドリームに変身し、クリスタルフルーレでブラッドソルジャーを切り裂いてゆく

153 :名無しより愛をこめて:2010/08/29(日) 22:55:39 ID:OM90rLjj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード53「プリキュア復活そして…」Cパート
ブラッドソルジャー「しゃああああああ!」
ドリーム「これで全員倒した…はっ!」
だが上空からブラッドインセクトが飛来してきた
ブラッドインセクト「きゅうううううううう!!!!!!!!!!」
ブラッドインセクトはのぞみを捕まえようとするが
コージ「ドリーム!」
ココは妖精の姿になりドリームに乗ったそして体が光り近づくブラッドインセクトを吹き飛ばす
ドリーム「これは…」
ドリームは自分の姿を見て驚いた、その姿はシャイニングドリームだ
ココ「ココのエネルギーをのぞみに与えたココ!」
ドリーム「ありがとうココ!」
ドリームはココを乗せ空を飛んだ、スターライトフルーレでブラッドインセクトを切り裂いていく
ドリーム「はっ!」
今度はブラッドゴーレムが襲い掛かってきた、ドリームはそれをかわし必殺技を放つ
ドリーム「プリキュアドリームアタック!シャイニングバージョン!」
ブラッドゴーレム「ごおおおおおおお!!!!!!!!!」
ドリームアタックの何倍以上の光線でブラッドゴーレムを倒した
ドリーム「よし何とか倒したよ…ココ!?」
ドリームはココを見るとココがぐったりしていた
ドリーム「どこか休ませないと…!」
ドリームは人のいない所へ向かう、そして妖精達はというとかなり限界に近づいていた
フラッピ「もう少しだラピ!」
チョッピ「早く治ってチョピ!」

154 :名無しより愛をこめて:2010/08/29(日) 23:01:19 ID:OM90rLjj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード53「プリキュア復活そして…」Dパート
ムープ「みんあがんばってムプ!」
フープ「あともう少しでフプ!」
タルト「はぁはぁまだいけるで!」
シフォン「あと一息!」
シプレ「いくですうううう!!!!!!」
コフレ「やるでううううう!!!!!!」
ポプリ「みんな治ってでしゅううう!!!!!!!!」
シロップ「プリキュアのみんな!」
ナッツ「目覚めるナツウウウウウ!!!!!!!!!」
エネルギーを浴びせ終わるとカプセルが開きなぎさ達が現れた
なぎさ「このパワーは…」
ほのか「凄い力だわ…」
ひかり「怪我も治っている…」
咲「これなら闘える!」
舞「みんなありがとう!」
ついにプリキュア達は復活したのだ、だが妖精達に異変が…
エピソード54に続く

155 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 09:02:24 ID:5aUVMSKT0
>>144-154
だからエロやれってば

156 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 09:08:09 ID:5aUVMSKT0
>>153
伊藤誠「よし、俺も動くぞ!」

157 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 22:05:45 ID:Oh6TC9Lg0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード54「プリキュアよ世界を救え」Aパート
妖精達「うう…」
妖精達はよろめき倒れた
こまち「みんな!」
こまち達は倒れた妖精達を抱える
うらら「みんな一体どうして…」
シロップ「みんなを救う為ロプ…」
りん「え!?」
メップル「カプセルや薬では昨日の怪我を完全に治すことができかったメポ…」
ミップル「だからミップル達はミップル達のエネルギーの全てをみんなに渡したミポ…」
かれん「どうしてそこまで…」
ポルン「ポルン達は何もできなかったポポ、みんなを助ける事すら…」
ルルン「せめて何かの役に立ちたかったルル…」
くるみ「そんなことないわ、みんなは私達を助けてくれたじゃない!」
タルト「確かにそうかもしれへんな…だがほとんどあんさん達がわいらを助けてくれた…」
シフォン「これはシフォン達への恩返しだよ…みんな復活してよかった…」
ラブ「タルト…シフォン…」
美希「私達のためにそこまで…」
妖精達の体が粒子化し始めた、エネルギーを全てプリキュアに渡した為消えてしまうのだ
つぼみ「シプレ達の体が…」
えりか「駄目…いっちゃ駄目だよコフレ!」
いつき「ポプリしっかりして!」
シプレ「シプレ達はあの世でつぼみ達を見守るですぅ…」
コフレ「ブラッドカイザーを倒して世界を救って欲しいですぅ…」
ポプリ「ポプリ達はみんなが世界を救えると信じてるでしゅ…」

158 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 22:19:17 ID:Oh6TC9Lg0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード54「プリキュアよ世界を救え」Bパート
祈里「私達も世界を救えると信じてる」
せつな「精一杯頑張ってブラッドカイザーを倒してみせるわ」
ゆり「だからお願い消えちゃ駄目!」
プリキュア達は泣きながら妖精達を抱こうとするが妖精達の体はだんだん粒子化していく…
シロップ「うらら、シロップはうららとセックスして子供を産ませてほしかったロプ…」
うらら「シロップ…私もシロップとセックスしたかった」
ナッツ「ナッツもこまちとセックスしたかったナツ…こうなる前に…」
こまち「ナッツさん…私もナッツさんとセックスしたいわ…愛してる」
ナッツ「ナッツもこまちのことを愛しているナツ…」
くるみ「みんな消えないで!」
プリキュア達の呼びかけも空しく妖精達は完全に消えてしまった、プリキュア達は悲しむ
かれん「行ってしまったのね…」
りん「私達に世界を救う使命を託して…」
ひかり「…皆さん行きましょう!」
舞「チョッピ達の犠牲は無駄にしないわ!」
咲「フラッピ達との約束は絶対守る!」
ほのか「みんな!」
なぎさ「いくよ!」
なぎさ達は変身アイテムを出し変身の名を叫んだ

159 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 22:34:10 ID:Oh6TC9Lg0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード54「プリキュアよ世界を救え」Cパート
なぎさほのか「デュアルオーロラウェーブ!」
ひかり「ルミナスシャイニーストリーム!」
咲舞「デュアルスピリチュアルパワー!」
りんうららこまちかれん「プリキュアメタモルフォーゼ!」
くるみ「スカイローズトランスレイト!」
ラブ美希祈里せつな「チェンジプリキュアビートアップ!」
つぼみえりかいつきゆり「プリキュアオープンマイハート!」
変身名を叫んだなぎさ達は体が光輝き、その光はミルクハウスから放たれ世界各地に向かった
同じ頃ブラッドカイザーの部下達が世界中で暴れまわるが謎の18個の光が立ちふさがる
ブラッドソルジャー「ナ、ナニモノダキサマラ!?」
ブラッドゴーレム「ワレラノジャマヲスルキカ!?」
光から現れたのは18人のプリキュア、だがその姿は今までと違っており翼が生え鎧を身に付けた女戦士のようだ
ブラック「これがメップル達のパワー…」
ブルーム「フラッピ達の力が溢れている…」
ピーチ「シフォン達のエネルギーは凄いよ…」
ブロッサム「シプレ達から貰った思いは無限です…」
そしてプリキュア達は名乗りを挙げた

160 :名無しより愛をこめて:2010/08/30(月) 22:53:38 ID:Oh6TC9Lg0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード54「プリキュアよ世界を救え」Dパート
ブラック「黒き光の騎士!キュアナイトブラック!」
ホワイト「白き光の騎士!キュアナイトホワイト!」
ルミナス「輝く命の騎士!シャイニールミナスナイト!」
ブルーム「輝く金の騎士!キュアナイトブルーム!」
イーグレット「煌く銀の騎士!キュアナイトイーグレット!」
ルージュ「情熱の赤い騎士!キュアナイトルージュ!」
レモネード「はじけるレモンの騎士!キュアナイトレモネード!」
ミント「安らぎの緑の騎士!キュアナイトミント!」
アクア「知性の青き騎士!キュアナイトアクア!」
ローズ「青い薔薇の騎士!ミルキィローズナイト!」
ピーチ「ピンクハートは愛の騎士!キュアナイトピーチ!」
ベリー「ブルーハートは希望の騎士!キュアナイトベリー!」
パイン「イエローハートは祈りの騎士!キュアナイトパイン!」
パッション「レッドハートは幸せの騎士!キュアナイトパッション!」
ブロッサム「大地に咲く騎士!キュアナイトブロッサム!」
マリン「海風に揺れる騎士!キュアナイトマリン!」
サンシャイン「陽の光浴びる騎士!キュアナイトサンシャイン!」
ムーンライト「月光にさえる騎士!キュアナイトムーンライト!」
ホワイト「世界を破滅に導くブラッドカイザーのしもべ達よ!」
ブラック「全員揃って闇に帰りなさい!」
ついにプリキュア達は聖なる騎士プリキュアナイトとなった、プリキュアナイト達よ世界を救え
エピソード55に続く

161 :名無しより愛をこめて:2010/08/31(火) 22:24:01 ID:7cc/i5110
ついに最終決戦となったのか…
果たしてプリキュア達はブラッドカイザーに勝てるやら

162 :名無しより愛をこめて:2010/09/01(水) 22:06:05 ID:OOTZNSn/0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード55「ココとの別れ…」Aパート
一方、ドリームは人気のない場所に降り立ちのぞみに戻りココをその場所に休ませた
のぞみ「ココ大丈夫?」
ココ「大丈夫だココ…」
ココは自分は大丈夫だと言っているがかなり疲れているようだ
のぞみ「どうしてあの時、ぐったりしていたの…?」
ココ「…ココの多くのエネルギーをのぞみに渡しすぎたせいで…うう」
のぞみ「ココ!ごめん私がもっと強かったらココがこんな目に合わずに済んでいたのに…」
ココ「気にしなくていいココ、ココはのぞみが無事ならいいんだココ…」
ココは何とか立ち上がりのぞみに何かを話そうとする
ココ「のぞみ」
のぞみ「どうしたのココ…」
ココ「今からココの全てのエネルギーをのぞみに渡すココ」
それを聞いたのぞみは
のぞみ「な、何を言うのココ!?全てのエネルギーを渡したらココは…」
ココ「その時はココは死ぬかもしれないココ…」
のぞみ「馬鹿な事を言わないでココ…ココまでいなくなったら私はこれからどうすればいいの…」
ココ「ブラッドカイザーはこのままだとこの世界だけではなく全てのパラレルワールドを支配するつもりだココ
ココの全てのエネルギーをのぞみに渡せばブラッドカイザーに勝てる可能性はあるはずココ」


163 :名無しより愛をこめて:2010/09/01(水) 22:19:54 ID:OOTZNSn/0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード55「ココとの別れ…」Bパート
のぞみ「それでも勝てなかったらどうするの…私に眠るイービルドラゴンの力はまだ完全に制御できてない…あいつに勝てるわけがないよ」
のぞみは自分に自信を持てず弱音を吐く
ココ「…女子中学生だったのぞみはそんな弱音は吐かなかったココ、あの頃のどんな状況でも諦めないのぞみは何処に行ったんだココ!」
ココは弱気になっているのぞみに渇を入れようとする
ココ「奴に勝てるのはのぞみ君だけだココ、のぞみが勝てないなら誰がブラッドカイザーに勝てるココ?」
のぞみ「…」
ココ「のぞみの両親が言っていたはずだココ、のぞみは1人だけじゃない、お父さん達だけじゃなくのぞみの友達が一緒にいるじゃないか
いつもみんながいるからどんな困難でも乗り越えたんだろう? お母さん達はのぞみを信じている、のぞみならこの世界を救えるはずよ」
のぞみ「私がこの世界を救う…」
のぞみはそれを聞き今までの出来事を思い出す
のぞみ(昔の私は確かにどんな困難も乗り越え成長していった…なのに今の私は弱音を吐いている臆病者…)
そしてのぞみは何かに吹っ切れた
のぞみ(今、ナヨナヨしたって何も始まらない…この世界の未来を望とくろみのいた世界にしないためにも…)
のぞみは決意した
のぞみ「ありがとうココ…私ブラッドカイザーと戦うよ、そして絶対に勝ち全てのパラレルワールドをみんなを救ってみせる!」
ココ「それでいいココ…」
ココはエネルギーを与える構えをし始めた

164 :名無しより愛をこめて:2010/09/01(水) 22:46:08 ID:OOTZNSn/0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード55「ココとの別れ…」Cパート
のぞみ「ココ…」
ココ「のぞみ、どうしたココ?」
のぞみ「セックスしながらエネルギーを与えるのはできないかな?」
ココ「…できなくはないけど何故だココ?」
のぞみ「もうココに会えないと思うから…」
ココ「…分かったココ」
のぞみはふくを全て脱ぎすぎココは全裸の人間体となった
のぞみ「まずココのおちんちんをいかせるね…ンッンッンッンッ」
のぞみは口でココのおちんちんを舐めたりしゃぶったりする
コージ「ああのぞみ気持ちいいよ…いっちゃいそうだ」
のぞみはココのおちんちんを胸で挟みながらいかせるそしておちんちんをしゃぶりまくる
のぞみ「ンッンッンッンッ…」
コージ「ああいきそうだ…あああ!!!」ビシャアアアア
のぞみ「うわぁ!」
ココのおちんちんから精液が出てのぞみの口に入るだけでなくのぞみ自身にも体中につく
のぞみ「今まで以上に出たね…もうアソコがべチョべチョ…入れ始めるよ」
のぞみはココのおちんちんを自分のアソコに入れ始めるそして完全に入りセックスをし始めた
のぞみ「あっあっあっあっもっと動かしてぇ!ココの精子をエネルギーと一緒に私の子宮に入れてぇ!」
コージ「分かってるよ…はああああああ!!!!!!!!」
ココはセックスしながらエネルギーを送り始めた

165 :名無しより愛をこめて:2010/09/01(水) 22:56:20 ID:OOTZNSn/0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード55「ココとの別れ…」Dパート
のぞみ「あああああ!!!!!!!ココの最後のセックス今まで以上に最高だよ!」
コージ「ぼ、僕ものぞみとのセックスは最高だ!」
のぞみ「あっあっあっあっあっあっいくっ!もういきそう!」
コージ「僕もいきそうだ…はああああああああ!!!!!!!!!!」
ビュシュウウウウウウウウウウウウ
ココは最後の力を振り絞り全てのエネルギーを精子と一緒にのぞみの子宮に入る
のぞみ「いくうううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!
今まで以上にいくうううううううううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
そしてココはおちんちんを抜き取ったのぞみの子宮から精液がこぼれている
のぞみ「はぁはぁはぁココ、キスするよ…」
コージ「ああ…」
のぞみはココにキスするそして互いに抱き合うがココの体が粒子化し始める
のぞみ「ココ、あなたの体が…」
コージ「もうお別れだ…のぞみこの世界を救ってくれ、新たな未来を生み出すのはのぞみを始めとするプリキュア達だけだ」
のぞみ「うん約束するよ絶対に…」
コージ「さようならのぞみ…僕は君を愛してる」
のぞみ「さようならココ…私もあなたを愛してる」
のぞみは消えかかっていくココにキスする、そしてココは完全に消えた
のぞみ「ココ…」
のぞみの目から涙がこぼれ落ちる、ココはあの世へ去ってしまったのだのぞみと仲間に世界を託す為に…
エピソード56に続く

166 :名無しより愛をこめて:2010/09/02(木) 01:15:51 ID:lirC4muY0
>>157-165
その前にいい加減エロやりなさいよ

167 :名無しより愛をこめて:2010/09/02(木) 01:16:58 ID:lirC4muY0
>>161
その前にプリキュア達のエロイベントは発生するやら

168 :名無しより愛をこめて:2010/09/02(木) 22:52:10 ID:ZIAx+sHw0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード56「プリキュアナイト」Aパート
のぞみは涙を拭き、キュアモを構えた
のぞみ「ココの犠牲は無駄にしないよ…プリキュアメタモルフォーゼ!」
そう叫ぶとのぞみは光に包まれその光はどこかへ行った…同じ頃プリキュアナイト達はブラッドカイザーの部下達と戦いをしていた
ブラッドソルジャー「しゃああああああ!!!!!!!!!!」
ブラッドインセクト「きゅううううううう!!!!!!!!!!」
ブラッドゴーレム「ごおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
それぞれの技がプリキュアナイト達に直撃するが…ナイト達は無傷だった
ブラッドソルジャー「バカナ、チョクゲキシタハズダゾ!?」
ブラック「残念だったわね…」
ホワイト「妖精達からの…」
ルミナス「強いエネルギーは…」
ブルーム「あんた達よりも…」
イーグレット「上回っているのよ!」
プリキュア達は猛スピードで移動しパンチやキックで部下達を簡単に倒していく
ルージュ「はああああ!!!!!!!!!」
レモネード「やああああああ!!!!!!!!」
プリキュアナイトは今までのプリキュアよりも上回っていた
ミント「凄いわこのパワー…」
アクア「妖精達のパワーが…」
ローズ「私達を強くし守ってくれる…」
プリキュアナイトは今度はそれぞれ剣を出した、そしてその剣でブラッドソルジャー達を切り裂いていく!
ピーチ「思い知りなさい!」
ベリー「これが私達と妖精達の」
パイン「友情の証から生まれた剣!」
パッション「キュアナイトセイバーを!」

169 :名無しより愛をこめて:2010/09/02(木) 23:02:32 ID:ZIAx+sHw0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード56「プリキュアナイト」Bパート
ブラッドソルジャー「フザケルナアアアアアアア!!!!!!!!!」
ソルジャー達は我を失い襲い掛かる
ブロッサム「この世界をお前達に渡すわけにはいきません!」
マリン「私達が諦めない限り」
サンシャイン「全ての世界の者達は…」
ムーンライト「私達が絶対に守る!」
プリキュアナイト達は剣にエネルギーを貯め技を放つ
プリキュアナイト「プリキュアナイトセイバースラッシャー!」
剣から放たれた衝撃波が次々とソルジャー達を撃破する
ブラッドソルジャー「しゃああああああ〜!!!!!!!!」
ブラッドインセクト「きゅうううううう〜!!!!!!!!」
ブラッドゴーレム「ごおおおおおおおお〜!!!!!!!!」
ソルジャー達はそれくらい次々とやられていく、それを見た一般市民達は
市民A「すげぇあいつら…」
市民B「俺達を守っているのか?」
市民C「でもいくら強くてもあの怪人には…」
市民D「やはり夢原のぞみをあいつに渡したほうが…」
ブラック(みんな待ちなさいよ!)
ホワイト(彼女をブラッドカイザーに渡さないで!)
ブラックとホワイトがテレパシーで市民に伝える

170 :名無しより愛をこめて:2010/09/03(金) 11:03:32 ID:Hw5EiGG20
>>168-169
で、肝心のエロシーンはまだなの?

171 :名無しより愛をこめて:2010/09/03(金) 22:01:35 ID:Zv+FH+5o0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード56「プリキュアナイト」Cパート
市民A「今のは誰なんだ?」
市民B「さぁ?」
ルミナス「私達プリキュアナイトです」
ブルーム「私達がテレパシーで」
イーグレット「みんなに伝えているの!」
市民C「ええそうなのか?」
市民D「すまない」
ルージュ「いいのよ別にそれより」
レモネード「のぞみさんを奴に渡すのはやめてください」
ミント「みんなの気持ちはわかるわだけど」
アクア「ブラッドカイザーはのぞみを渡されてもこの世界をいずれ支配するだけよ」
ローズ「みんな考え直して!彼女の犠牲でこの地球は救われないのよ!」
市民E「…分かったわ、でもあのブラッドカイザーという怪人はどう倒すの?」
市民F「いくら君達でも勝てない…」
ピーチ「そんなことないよ!私達は奴に勝つ!」
ベリー「そしてみんなをあたし達が守る!」
パイン「だからお願いのぞみさんを渡すのはやめて!」
パッション「私達を信じて!」

172 :名無しより愛をこめて:2010/09/03(金) 22:13:21 ID:Zv+FH+5o0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード56「プリキュアナイト」Dパート
プリキュア達が必死の訴えにより市民達は
市民A「…分かった君達を信じる」
市民B「俺達は悪かった許してくれ」
市民C「夢原のぞみという人を絶対あいつに渡さない」
市民D「だからブラッドカイザーを倒し」
市民E「この地球を救い私達を守ってください!」
市民F「僕達が応援するから!」
市民達は心を入れ替えのぞみを渡さない事に決意しプリキュアナイトに全てを託すそして全国の市民もプリキュアナイト達を信じる
ブンビー「はぁ良かった彼女はあいつらに捕まらずに済むぞ」
満「咲、舞そしてみんな…」
薫「彼らの心を変えさせてくれてありがとう…」
市民達がのぞみを捕まえるの諦めるのを見るブラッドカイザーは怒りをあらわにする
ブラッドカイザー「プリキュア共め、余計な事を…まぁいい部下達にあいつらを処刑してやる」
ブラッドカイザーは念力で世界中にいるブラッドソルジャーやインセクトやゴーレムの死骸を融合し始めたそして巨大ば化物に変化し始める
同じ頃プリキュアナイト達はブラッドカイザーの所へ向かう
ブロッサム「早くブラッドカイザーを倒しこの世界を救いましょう!」
マリン「はっ!誰かがこっちに来る!」
プリキュアナイト達の後ろにあの化物が近づいてきた
サンシャイン「ブラッドカイザーの部下か…!」
ムーンライト「私達を邪魔する気ね…」
プリキュアナイト達は戦闘の体制となり怪物に挑む、一方のぞみを包んだ光はプリキュアナイト達のほうへ向かっていた
エピソード57に続く


173 :名無しより愛をこめて:2010/09/04(土) 19:05:56 ID:OTJGQBiQ0
>>171-172
そろそろエロシーンをだな・・・

174 :名無しより愛をこめて:2010/09/04(土) 22:22:57 ID:dxb8iMUP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード57「プリキュアナイト集結」Aパート
ブラッドカイザー「行けブラッドキメラ!プリキュアに攻撃しろ!
だが虫の息の程度にしろ、そいつらもわしのエネルギーにしてやる…」
ブラッドキメラ「ぶるああああああああああ!!!!!!!!」
ブラッドキメラはプリキュアナイトに襲い掛かる
パッション「来た!」
パッションは瞬間移動で全員を移動しブラッドキメラの攻撃をかわす
ブラック「今度はこっちの番よホワイト!」
ホワイト「分かったわブラック!」
ブラックホワイト「プリキュアナイトマーブルスクリュー!」
ブラックとホワイトの光線がブラッドキメラに直撃するが
ブラッドキメラ「ぶるおおおおおお!!!!!!!!!」
ルミナス「す、少ししか効いてない!?」
ブルーム「だったら今度は!」
イーグレット「私達の技よ!」
ブルームイーグレット「プリキュアナイトスパイラルハートスプラッシュ!」
ブルームとイーグレットも光線でブラッドキメラに直撃するが
ブラッドキメラ「ぶるがああああああ!!!!!!!!!!!」
レモネード「やはり少ししか痛がっていません!」
ルージュ「私達はかなりパワーアップしたはずよ!」
ブラッドカイザー「ブラッドキメラはわしのパワーでパワーアップしているのだ!
そう簡単にはやられはせん!ブラッドキメラ技を放て!」
ブラッドキメラ「ぶるぎいいいいいいい!!!!!!!!!!」

175 :名無しより愛をこめて:2010/09/04(土) 22:32:17 ID:dxb8iMUP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード57「プリキュアナイト集結」Bパート
ブラッドキメラは体から強力な電流を放ちプリキュアナイト達に浴びせる
プリキュアナイト「わああああああああああ!!!!!!!!!!!」
これを浴びたプリキュアナイト達は地上に落ちてしまう
ミント「強いわ…でも!」
アクア「私達は負けられない!」
ローズ「全ての世界を救うためにも!」
プリキュアナイト達はすぐ立ち上がる
ブラッドカイザー「愚かなプリキュア共が…ブラッドキメラ奴らを懲らしめろ!」
ブラッドキメラ「ぶるううううううう!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラは口にエネルギーを溜め技を放つ準備をする
ピーチ「こっちも技を出すよ!」
ベリー「ええ!」
パイン「待ってあの光なんだろ…」
パッション「こっちに向かってるわ…」
プリキュアナイトとブラッドカイザーはある光がこっちに向かっている事に気づく
ブラッドカイザー「まさかあれは…」
光はブラッドキメラにぶっとばした、ぶっ飛ばされたブラッドキメラは技が不発になる
ブロッサム「あの光、ブラッドキメラに攻撃しました…」
マリン「あの光のエネルギー、私達と同じ感じだよ…」
サンシャインもしかしてあの光にいるのは!」
ムーンライト「間違いない…のぞみいやキュアドリームよ!」

176 :名無しより愛をこめて:2010/09/04(土) 23:01:04 ID:dxb8iMUP0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード57「プリキュアナイト集結」Cパート
その光からキュアドリームが現れた、今のキュアドリームはプリキュアナイト同様翼が生え鎧を身に付けている
ドリーム「ココから貰ったパワー凄いよ…ココのパワーが私を強くし私のパワーがココを強くする…」
そしてドリームは名乗りを挙げた
ドリーム「大いなる希望の騎士!キュアナイトドリーム!」
ルージュ「ドリーム!」
レモネード「来てくれたんですね!」
プリキュアナイト達はドリームに駆け寄る
ドリーム「みんな遅くなってごめん、私もみんなと同じパワーアップをしたよ」
ミント「パワーアップってその姿になるには…」
アクア「ミントそれを言ったら…」
ドリーム「私には分かるよ、それはナッツ達のエネルギーでパワーアップしたんだよね」
ブラック「どうしてそれがわかるの!?」
ホワイト「ドリームは見てないんじゃ…」
ドリーム「見てなくてもエネルギーで分かるよ、みんなも今の私のエネルギーが誰なのかわかるはずだよ」
プリキュアナイト達はドリームのエネルギーを感じ取って驚く
ローズ「このエネルギー…ココ様の?」
ドリーム「そうだよ」
ブルーム「でもどうしてココが…」
ドリーム「ココが私達に未来を託したんだよ…私達の可能性を信じて」
イーグレット「チョッピ達も私達にこの世界を救う事を託されたわ」
ルミナス「ココさんもポルン達の所へ行ったんですね…」
ブラッドカイザー「話をしている途中で悪いが我々がいる事を忘れないで貰いたいな」
プリキュアナイト達はブラッドキメラのほうを向く、ブラッドキメラはかなり怒りの表情をしている

177 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 14:44:21 ID:20DT1e4X0
早く終われ

178 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 14:45:53 ID:20DT1e4X0
>>129
早く続き書け

179 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 21:42:34 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード57「プリキュアナイト集結」Dパート
ピーチ「まずはこいつらを倒さないと…」
ベリー「ドリームが加われば誰にも負けないわ」
ドリーム「待ってみんな」
パイン「ドリームどうしたんですか?」
ドリーム「こいつは私1人で倒すよ」
パッション「1人で倒すって…」
ブロッサム「私達でもてこずる奴ですよ!」
マリン「ここは力を合わせてやっつけましょうよ!」
ドリーム「気持ちはわかるよ、だけど今までの私は足手まといでみんなに助けられてばかりだった…今度は私1人で奴と戦う」
サンシャイン「ドリーム…」
ムーンライト「…分かったわここはあなたに任せるわ」
ブラッドキメラ「ぶるがあああああああああ!!!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラは待てずプリキュアナイト達に攻撃するが
ドリーム「はああああああああ!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラ「ぶるええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!」
ドリームの強烈なパンチがブラッドキメラの顔に直撃しブラッドキメラはぶっ飛ばされてしまう
ブラック「凄いドリームのパンチが効いているわ…」
ホワイト「同じプリキュアナイトなのにどうして…」
エピソード58に続く

180 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 21:53:22 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード58「ドリームの底力」Aパート
ルミナス「イービルドラゴンの力は感じません…一体どうして」
ドリーム「今の私にはココの強い思いが込められてそれが私を強くする、さらに私の悪の決して負けない意思が私を強くする…」
ブルーム「ドリームは私達以上に強い意思を持っている…」
イーグレット「凄いわドリーム、あなたは真のプリキュアよ」
それをモニターで見るブラッドカイザーは
ブラッドカイザー「中々の強さだな…だがブラッドキメラを甘く見るな!」
ブラッドキメラは立ち上がり再びドリームに攻撃しようとする
ドリーム「やあああああああああ!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラ「ぶるぎいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!!」
ドリームとブラッドキメラは互いに激しい肉弾戦を繰り広げる
ルージュ「2人とも互角だわ…」
レモネード「いえドリームが押しています」
確かにその通りドリームがブラッドキメラを追い詰めている、そしてドリームは一旦距離から離れて技を放つ
ドリーム「プリキュアナイトドリームアタック!」
ドリームの手から放たれたビームがブラッドキメラに直撃しブラッドキメラはダメージを負う
ブラッドキメラ「ぶおおおおお!!!!!!!!!!!」
ドリーム「まだまだよ!プリキュアナイトシューティングスター!」
続いて体を光で纏い特攻しブラッドキメラの腹に直撃、そしてブラッドキメラの腹は貫かれる

181 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 22:10:48 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード58「ドリームの底力」Bパート
ブラッドキメラ「ぶがあああああああああ!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラはかなり苦しんでいる、そしてドリームはキュアナイトセイバーを出した
ドリーム「これでとどめよ!プリキュアナイトドリームソリューション!」
ドリームのエネルギーはキュアナイトセイバーに注入されそしてその剣から強力な光弾を連発しブラッドキメラに直撃する
ブラッドキメラ「ぶるぎゃああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ブラッドキメラは耐え切れず爆発四散した、キュアナイトドリームの勝利だ
ミント「凄いわドリーム!」
アクア「あなたは本当に強くなったわ!」
ドリーム「ありがとう、でも今は喜んでいる場合じゃないよ急いでブラッドカイザーの所へ向かうよ」
ローズ「確かにそうね…今度こそ奴の野望を阻止しなきゃ」
パッション「みんな私に掴まって、瞬間移動するわ」
プリキュアナイトはパッションに掴まり瞬間移動した、そしてブラッドカイザーはというと
ブラッドカイザー「まさかイービルドラゴンの力がこれほどなものとはな…」
ブラッドカイザーはドリームの力に喜んでいるようだ、何も恐怖を感じないのだろうか
ブラッドカイザー「もうそろそろ来る頃か…」
ブラッドカイザーの後ろにプリキュアナイト達が移動してきた、ブラッドカイザーはプリキュアナイト達のほうを向く
ピーチ「覚悟しなさいブラッドカイザー!」
ベリー「あんたの目論見もこれまでよ!」
パイン「地球も全ての並行世界も渡さない!」

182 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 22:21:49 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード58「ドリームの底力」Cパート
ブラッドカイザー「よく来たなプリキュア共よ…このわしに刃向かうとは愚かな女戦士達だ」
ブロッサム「私達は愚かな女戦士じゃありません!」
マリン「全ての世界に存在する者達を悪から守る正義の戦士よ!」
サンシャイン「私達プリキュアナイトはお前の企みを絶対阻止する!」
ムーンライト「これ以上みんなを悲しませるわけにはいかないわ!」
ブラッドカイザー「ふん強がりを言いおって…そのような自信があるならこのわしを殺してみるのだな」
ドリーム「みんな行くよ!」
プリキュアナイト「Yes!」
ついにプリキュアナイトVSブラッドカイザーの戦いが始まる、ほとんど廃虚になった市街地を舞台に戦いは切って落とされた
ブラッドカイザー「ブラッドライトニング!」
ブラッドカイザーは目から電撃を放った、プリキュアナイトはそれを交わしブラッドカイザーに近づき攻撃をしかける
ブラック「やあああああああああ!!!!!!!!!!!」
ホワイト「はあああああああああ!!!!!!!!!!!」
ブルーム「えやああああああああ!!!!!!!!!!!」
イーグレット「ふあああああああああ!!!!!!!!!!!」
まず4人がパンチやキックでブラッドカイザーに攻撃する
ブラッドカイザー「ふん少しはやるな…」
そして4人は一旦距離を離れ、ルージュレモネードミントアクアが上空から技を放つ

183 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 22:35:00 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード58「ドリームの底力」Dパート
ルージュ「プリキュアナイトファイヤーストライク!」
レモネード「プリキュアナイトプリズムチェーン!」
ミント「プリキュアナイトエメラルドソーサー!」
アクア「プリキュアナイトサファイアアロー!」
4人のパワーアップした技がブラッドカイザーに直撃、ブラッドカイザーはこれを喰らっても怯まず技を放つ
ブラッドカイザー「カイザーバスター」
ブラッドカイザーの口から紫の弾を連発し4人に直撃させようとするが
ルミナス「ルミナスナイトハーティエルアンクション!」
ルミナスの能力で弾を止め無効化するその隙にローズが技を放つ
ローズ「ミルキィローズ・ナイトブリザード!」
ローズの冷凍攻撃でブラッドカイザーを氷漬けにした
ピーチベリーパインパッション「プリキュアナイトグアドラブルフレッシュ」
4人の剣から放たれたハート、スペード、ダイヤ、クローバーの形をした光弾が氷漬けにしたブラッドカイザーに直撃!
ブラッドカイザー「おおおおおおおお!!!!!!!!!」
氷は砕かれたがブラッドカイザーは無事だ、そして体制を整えなおす
ブラッドカイザー「それらを浴びせてもわしは死なんぞ…!」
エピソード59に続く

184 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 22:39:24 ID:lnW/heoS0
>>183
いつまで続けんの?早く終われよ
それとそれのどこが「私立プリキュア学院」なの?
よそのスレでやれよ

185 :名無しより愛をこめて:2010/09/05(日) 22:52:26 ID:Sr2EOVIF0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード59「ブラッドカイザーの恐怖!」Aパート
ドリーム「まだよ…ブロッサムマリンサンシャインムーンライト!」
ドリームの呼びかけに4人はブラッドカイザーの周りを囲んだそして技を放つ
ブロッサム「プリキュアナイトピンクフォルテウェイブ!」
マリン「プリキュアナイトブルーフォルテウェイブ!」
サンシャイン「プリキュアナイトゴールドフォルテバースト!」
ムーンライト「プリキュアナイトフローラルパワーフォルティシモ!」
4人の技が次々とブラッドカイザーに喰らわせる
ブラッドカイザー「…ふん」
ドリーム「プリキュアナイトクリスタルシュート!」
ドリームの剣から放たれた結晶の粒がブラッドカイザーの動きを封じた
ドリーム「みんなとどめ行くよ!」
プリキュアナイト「Yes!」
19人のプリキュアナイトが集まり全員の剣を合わせ技を放った
プリキュアナイト「プリキュアナイトゴールデンエクスプロージョン!」
19人のプリキュアナイトの剣から放たれた光弾がブラッドカイザーに直撃
ブラッドカイザー「うおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
プリキュアナイト「いけええええええええええ!!!!!!!!!!!!!」
光弾が次々とブラッドカイザーに直撃していきブラッドカイザーのいる場所が大爆発した
プリキュアナイト「やった!」
そして爆発の煙がやむとブラッドカイザーが倒れていた、あれだけの攻撃を喰らったので死んだだと思われるが…
ブラック「あいつの体まだ残っている…」
ホワイト「まだ生きているのかしら…」

186 :名無しより愛をこめて:2010/09/06(月) 00:06:38 ID:H0/k9PLP0
>>185
返事ぐらいしたら?
いつまで続けんの?早く終われよ
それとそれのどこが「私立プリキュア学院」なの?
よそのスレでやれよ


187 :名無しより愛をこめて:2010/09/06(月) 21:47:52 ID:LFsa0yfA0
>>186
もう少しで終わりますから我慢してください
一応この話は教師であるのぞみが主役の話ですよ
学園物語なら次作でやります

188 :名無しより愛をこめて:2010/09/06(月) 22:51:14 ID:LFsa0yfA0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード59「ブラッドカイザーの恐怖!」Bパート
プリキュアナイト達は様子を疑う、近づこうとするが起き上がった
ルミナス「ま、まだ死んでいない?」
ブルーム「そんな!あれだけの攻撃を受けたのに!」
ブラッドカイザー「今のは凄まじい威力と破壊力だったぞ…さすがのワシもダメージは負ったが殺すことはできないようだな」
イーグレット「なんて奴なの…」
ブラッドカイザー「エネルギーを補給するか…ヌンッ!」
ブラッドカイザーはブラッドキメラの破片を念力で移動し口で吸収する、さらにはミルクハウスからあるカプセルがブラッドカイザーの所へ行く
ドリーム「あのカプセル…まさか!」
そしてカプセルが割れ2つの腕がブラッドカイザーの手に渡った、その腕は望とくろみのだ
ブラッドカイザー「千切れた腕は別の所にあったのか…」
ルージュ「千切れた腕?どういう事よ!?」
レモネード「まさかお前の中には…」
ブラッドカイザー「そうだ、あの小僧と小娘の死体はわしが取り込んだのだ」
ミント「そんなどうして!?」
ブラッドカイザー「かなり強いエネルギーを秘めていたからな…瀕死だったブラッドキングと一緒にまとめてわしのエネルギーになってもらったよ」
ドリーム「お前が私の子供達を…絶対に許さない!」
アクア「2人を自分のエネルギーにするだけじゃなく自分の部下まで吸収するなんて最低ね…!」
ブラッドカイザー「何とでもいえ、元はといえばブラッドキングはわしを裏切るつもりだった罰としてエネルギーになるのは当然だ
さぁ話は終わりだ、わしはこの2つの腕を飲み込み本来の姿へと変化する」
ローズ「本来の姿…今のあんたは仮の姿ということなの?」
ブラッドカイザー「そうだ…貴様達はわしの本来の姿を見たら驚くぞ」
ブラッドカイザーは2つ腕を口で飲み込もうとする
ドリーム「や、やめて!2人の腕を飲み込まないで!」
ブラッドカイザー「もう遅い…」
ブラッドカイザーはついに望とくろみの腕を飲み込んでしまった

189 :名無しより愛をこめて:2010/09/06(月) 23:41:41 ID:vZjrtcO70
>もう少しで終わりますから我慢してください
ドラ○ンボー○ってマンガは「最終回じゃないぞあとちょっとだけ続くんじゃ」
とか言って何年経っても終わらなかったんだよな
さらに「もうちびっとだけ続くぞ今度は孫○飯が主人公じゃ」
とか言っといてやはり終わるまでずいぶんかかったし

>一応この話は教師であるのぞみが主役の話ですよ
そういう設定してれば許されると思ってたら大間違いだぞ

>学園物語なら次作でやります
どうせまた同じようなもの書くつもりじゃないだろうな

190 :名無しより愛をこめて:2010/09/07(火) 22:20:18 ID:q0N7dspf0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード59「ブラッドカイザーの恐怖!」Cパート
ブラッドカイザー「む!!!う、うおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!」
ピーチ「つ、ついに始まった!」
ベリー「あいつの変身が!」
ついにブラッドカイザーが変身をし始めた、あまりのエネルギーの強さにプリキュアナイト達は吹き飛ばされそうになる
パイン「なんて凄い衝撃波なの…!」
パッション「奴の本当の姿はそれほど強いものなの!?」
ブラッドカイザー「おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ブラッドカイザーは雄叫びを上げ身体が光輝き形が変わり始める
ブロッサム「形がだんだん変わり始めています!」
マリン「完全に変身をし終えたらどうなるの!?」
サンシャイン「パワーアップした私達でも食い止めれない…!」
ムーンライト「奴が変身を完了する前にあの技を使うわ!」
再び19人のプリキュアナイトが集まり全員の剣を合わせ技を放った
プリキュアナイト「プリキュアナイトゴールデンエクスプロージョン!」
19人のプリキュアナイトの剣から放たれた光弾が変身中のブラッドカイザーに直撃するがブラッドカイザーは変身をやめない
ブラッドカイザー「無駄だ!変身中のわしを攻撃しても倒せんぞ!はぁ!」
ブラッドカイザーはさらにエネルギーを膨大に放出しプリキュアナイト達の攻撃を弾き返す
ブラック「私達の技が弾き返されるなんて!」
ホワイト「まずいわあいつ変身をそろそろ終え始める…」
ホワイトの言う通りブラッドカイザーは変身を終えようとしていた
ブラッドカイザー「はああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」
完全に変身を完了し纏っていた光が飛び散る

191 :名無しより愛をこめて:2010/09/07(火) 22:34:18 ID:q0N7dspf0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード59「ブラッドカイザーの恐怖!」Dパート
プリキュアナイト「うわあああああああ!!!!!!!!!!」
プリキュアナイトは衝撃波を何とか耐えきるそしてブラッドカイザーのいた場所が煙で覆われていた
ブルーム「…ついにあいつが変身をした」
イーグレット「あいつの本当の姿って一体…」
そして煙がなくなり変身したブラッドカイザーが姿を見せた
ドリーム「え…?」
ルージュ「そんな…」
レモネード「嘘でしょ…」
ミント「これが…」
アクア「奴の…」
ローズ「本当の姿…?」
プリキュアナイト達は変身したブラッドカイザーを見て驚く
キュアカラミティ「…我の名はキュアカラミティ…全ての世界を絶望に陥れる者」
プリキュアナイト「私達と同じプリキュア…!?」
なんとブラッドカイザーの正体はプリキュアだった、果たして彼女の何者か?
エピソード60に続く

192 :名無しより愛をこめて:2010/09/07(火) 22:53:13 ID:q0N7dspf0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード60「キュアカラミティの秘密」Aパート
ピーチ「ど、どうしてあんたがプリキュアなの!?」
ベリー「爺の中身が年上の女性のようなプリキュアって…」
キュアカラミティ「あの姿は仮の姿だ、過去に受けたダメージのせいで醜い姿となりあの姿で本当の我の姿を隠していた」
ムーンライト「お前もプリキュアに化けた者か!?」
カラミティ「違うな…我はお前達同様純粋なプリキュアだ」
パイン「私達と同じ純粋なプリキュア!?」
パッション「一体どういう事なの!?」
ブロッサム「もしかしてあなたは先代プリキュアじゃ…」
マリン「仮に先代プリキュアだとしてもどうして全世界を征服したりドリームを狙うのよ!?」
サンシャイン「キュアカラミティ、あなたは一体何者ですか?同じプリキュアならどうして私達の敵に…」
キュアカラミティ「…」
キュアカラミティは何も答えようとしない
ブラック「何も喋らない気!?」
ホワイト「私達はあなたの事を知りたいの!」
キュアカラミティ「知る必要はない…何故ならお前達は我のエネルギーとなるのだ…」
ドリーム「そんなことは…させない!」
キュアカラミティ「同じ悪の者である我に刃向かう気か…イービルドラゴン」
ドリーム「私はイービルドラゴンではない!夢原のぞみキュアドリームよ!」
キュアカラミティ「どうやら我に刃向かうようだな…いいだろう我の秘密を教えてやるどうせ貴様達は我のエネルギーになる運命だからな…」
キュアカラミティはプリキュアナイト達に自分の事を話し始めた

193 :名無しより愛をこめて:2010/09/07(火) 23:20:56 ID:nG2TQBHJ0
>>41
続きはマダー??


194 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 01:19:43 ID:3JwxmMdC0
エターナル館長「できれば早めに終わってくれよ。後、こういうネタやるなら創作発表板でやれ!」

195 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 22:34:26 ID:wwkbQi8+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード60「キュアカラミティの秘密」Bパート
キュアカラミティ「我は初代プリキュアが誕生したあと数年後に誕生した、私達プリキュアは世界や星を支配する悪と戦い続けていただが…」
キュアカラミティは過去の出来事を回想する
キュアカラミティ「我はいつの間にかその悪の者達が羨ましかった…圧倒的な力を持ちあらゆる物を支配しようとする野望…我はあいつらのやり方に嬉しく思えた」
ルミナス「嬉しいですって…その悪の者達の何処が羨ましいんですか!?彼らは罪もなき者達を苦しめているんですよ!」
キュアカラミティ「お前達に我の苦しみがわかってたまるものか…!我は生まれた時からプリキュアの力だけでなく邪悪な力も同時に持っていた
だが周りのプリキュアは我を嫌っていていた、我は彼女らに何もしていなかったというの奴らは…!
我が悪の者達を多く倒しても誰も我を褒めたり認めてくれなかった…我はくやしかった!にくかった!プリキュアとして闘っていたのに!
そして我は悪の者達のやり方を思い出した、我の恐るべき強さをプリキュア達に思い知らせこの世界を支配する事を…!
我は魔術で生み出した戦闘員達とともにプリキュアの故郷を攻め多くのプリキュア達を殺していった…殺されて当然だ戦い続けていた我の強さに誰も気づいていなかったからな…
しかし当時のプリキュアの神が全てのプリキュアと共に力を合わせ我達を打ち負かした…プリキュアの神により我は絶対的な力を取られ醜い姿にされ奴に封印され何万年の眠りについた
だがプリキュアの神が死んで何年も経ちやっと封印のエネルギーが解かれ我は目覚めたのだ」
ブルーム「ブラッドカイザーに化けたのは醜い姿を隠す為だったというの?」

196 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 22:51:46 ID:wwkbQi8+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード60「キュアカラミティの秘密」Cパート
キュアカラミティ「そうだ、あの醜い姿を誰にも見られたくなかったからな…ブラッドカイザーという姿と名を偽りあらゆる生命体からエネルギーを吸い取っていった…
だがそれでは昔の私には戻れなかった、そんな時この世界に強力な力を秘めたプリキュアいると聞き我はこの世界に来て部下にあらゆる指示を出しそいつを捕まえろと命じた」
イーグレット「ドリームにあなたの子供を産ませるんじゃなかったの?」
キュアカラミティ「確かにそれを考えてみた…だがそれをしても我自身が死ぬ運命になるため諦めたのだ
そしてキュアドリームの2人の子供を吸収した際、今まで以上の回復をしたこれで我が世界を征服をできるのだと…」
キュアカラミティは昔の事を話し終える
キュアカラミティ「これで話は終わりだ…さぁイービルドラゴンとプリキュア達よ我のエネルギーとなるのだ
そして共にこの全ての世界を支配しよう」
ドリーム「…断るよ」
キュアカラミティ「何?」
ドリーム「あんたの気持ちはよくわかるよ…だけどそんなことすればみんなの希望を失わせることになる…
地球も全世界もあんただけのものじゃない!だから私達は…貴様のやり方を決して許すわけにはいかない!」
ルージュ「ドリームの言う通りよ、あんただけの価値観で決めないで欲しいわ!」
レモネード「私達は悪の行いをするあなたを許すわけにはいきません!」
ミント「全ての世界のみんなのためにも…!」
アクア「私達は絶対に負けない…!」

197 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 22:57:20 ID:wwkbQi8+0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード60「キュアカラミティの秘密」Dパート
カラミティ「愚かなプリキュア共めが…我がひとつだけチャンスをやったというのに…
もういい何としてでもお前達の息の根を止め我のエネルギーとなってもらう!」
ローズ「そんなことはさせないわ!」
ピーチ「私達はあんたのエネルギーにならない!」
ベリー「さぁ行くわよ…!」
パイン「これが正真証明の…!」
パッション「最後の戦い…!」
ブロッサム「ここで負けたら…!」
マリン「世界があいつの者になる…!」
サンシャイン「だから私達は負けられない!」
ムーンライト「お前を絶対に倒す!」
ドリーム「みんな行くよ!」
プリキュアナイト「Yes!」
カラミティ「命知らずな小娘共が…全員返り討ちにしてくれるわぁ!」
ついにプリキュアナイト達とキュアカラミティとの闘いが始まる…!
エピソード61に続く

198 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 23:23:43 ID:PcE/LdfM0
まだ終わらないの?

199 :名無しより愛をこめて:2010/09/08(水) 23:33:43 ID:64L8qfZO0
いい加減エロやってください

200 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 01:19:33 ID:2TYRRct90
いい加減終わってください

201 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 08:02:08 ID:8oKgZ9QQP
>>129
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
つぼみ「のぞみさんあなた今なにをしたんですか?」
突然消えたメガネが自分の胸ポケットから出てきたので慌てふためくつぼみ
のぞみ「な〜〜にちょっとした手品だよ。」

そう言い周囲を驚かせた。
健太「へぇ〜そんなこと出来るんだ知らなかったな?」
キリヤ「今度教えてください。」
大輔「意外だな?夢原が誰かさんとは大違いなとくぎだな。」
ラブ「どう言った意味よそれ」

南「(とうとう目覚めたか厄介なことにならなければいいが…)」
高山「はいはい手品はその辺にして次の授業がはじまるよぞ」
そう言われ皆即座に移動して行った。
楽しい昼食
りん「のぞみっていつから手品出来るようになったの?」
そうたずねるりんのぞみはこう答えた。
のぞみ「う〜ん昔教えてもらったの。」

そう答えたのぞみしかし彼女はなにかを探しているようだ
うらら「なにを探しているんですか?のぞみさん」
のぞみ「うんシャドームーン先生がまだ来なくて、昼休みにやってくれるって言ってたのに。」
りん「忘れられたんじゃな?」
のぞみ「恥ずかしいのかな?きっと嬉しんだよいつも一人だからさみしかったから。」

そんな会話をしているのぞみ達、一方そのシャドームーンあらため月影ゆりはと言うと…

202 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 11:37:14 ID:skswoerd0
>>201
エロシチュはないの?

203 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 12:10:18 ID:eW0+I/2GO
>>202
永遠にこない。

204 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 16:24:41 ID:oBi0a6oQ0
>>201
バトルに持っていくなよ
普通の学園物が読みたいんだ

205 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 18:24:29 ID:2xxbVh2n0
>>198-200
あと10話くらいで終わる予定です

>>201
のぞみに手品を教えたのは誰なんだろ

>>204
どう考えてもバトル入れたほうが面白いんじゃないか?

206 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 18:29:16 ID:oBi0a6oQ0
>どう考えてもバトル入れたほうが面白いんじゃないか?
面白くないから言ってるんだよ

207 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 21:23:27 ID:6/JZCLVXO
>>41 >>129 >>201
今更で悪いんだけど、高山先生って、キュアバーローの中の人かwww

んで、中の人の持ち歌を生徒に歌わせたんだな

208 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 22:37:00 ID:2xxbVh2n0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード61「絶対絶命のプリキュアナイト」Aパート
ブラック「はああああ!!!!!!!」
ホワイト「あああああ!!!!!!!」
まずブラックとホワイトが肉弾戦でキュアカラミティに挑む、カラミティも対抗する
カラミティ「貴様らの動きはこんなものか…ぬん!」
カラミティは2人の腕を掴んだ
ブラックホワイト「しまった!」
カラミティ「カラミティデスサンダー!」
カラミティの体内から流れた電流がブラックとホワイトに浴びせる
ブラックホワイト「うわああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」
ブルーム「ブラック!ホワイト!」
イーグレット「よくも2人を!」
今度はブルームとイーグレットがキュアカラミティにキュアナイトセイバーによる攻撃をしようとするが
カラミティ「…ふん」
カラミティはブラックとホワイトの腕を離し2つの剣を出した
カラミティ「我の使うカラミティブレードの威力を見よ…」
カラミティは2つのカラミティブレードを重ね技を放った
カラミティ「カラミティクロススラッシャー!」
ブルームイーグレット「きゃあああああああああ!!!!!!!!!!!!」
ブルームとイーグレットはこれを喰らってしまい地上へ落下、ブラックとホワイトが落ちた場所に落ちてしまう
ルミナス「パワーアップしたブラック達をもて遊ぶなんて…」
カラミティ「次はお前だぁ!」
カラミティは今度はルミナスに襲い掛かる

209 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 22:58:35 ID:2xxbVh2n0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード61「絶対絶命のプリキュアナイト」Bパート
ローズ「ルミナス危ない!」
ローズは横に割り込みカラミティと肉弾戦を始める
ローズ「こ、こいつ強いわ!」
カラミティ「どうやら貴様はさっきの奴らよりは闘えるな…だがそれでも我の敵ではない!」
カラミティはローズの腹に強力なパンチを喰らわせる
ローズ「ぐはぁ!なんて威力なの…鎧をつけているのに」
ドリーム「ローズ!」
ドリーム達もローズの援護をする
カラミティ「13人で我に挑む気か…おもしろいまとめて苦しみを味あわせてやる!」
ルージュ「やああああああ!!!!!!!」
レモネード「はああああああ!!!!!!!」
ミント「とやああああああ!!!!!!!」
アクア「てやああああああ!!!!!!!」
まずルージュレモネードミントアクアが東西南北の形でカラミティを囲み攻撃をする
カラミティ「ふんこんなもの…」
カラミティはそれを簡単に交わす
ピーチベリー「プリキュアナイトセイバースラッシャー! 」
パインパッション「プリキュアナイトセイバーブラスト!」
ピーチベリーパインパッションはキュアナイトセイバーによる衝撃波攻撃を上空からキュアカラミティに直撃!
カラミティ「全然効かんな…」
ブロッサム「皆さん離れてください!」
ブロッサムの呼びかけにプリキュアナイト達は離れる、ブロッサム達は猛スピードでキュアカラミティに近づきしがみつく
マリン「いくらあんたでも!」
サンシャイン「この距離なら!」
ムーンライト「ただではすまない!」

210 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 23:04:01 ID:skswoerd0
>>205-206
お色気入れたほうが面白いよ?

211 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 23:05:28 ID:2xxbVh2n0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード61「絶対絶命のプリキュアナイト」Cパート
ブロッサムマリンサンシャインムーンライト「プリキュアナイトダイナマイト!」
4人による至近距離からエネルギー放出攻撃をカラミティにぶつけるが…
カラミティ「これも効かんぞ…ぬぁ!」
ブロッサムマリンサンシャインムーンライト「うわぁ!」
カラミティは4人を振りほどく
ルミナス「ルミナスナイトハーティエルアンクション! 」
カラミティ「むっ!?」
ルミナスは隙を付きカラミティの動きを封じた
ルミナス「今ですドリーム!」
ドリーム「分かった!プリキュアナイトシューティングスター!」
ドリームの光を纏った体当たり攻撃がキュアカラミティに直撃するが…
カラミティ「貴様の実力はこのようなものか…イービルドラゴンよ」
なんとカラミティは既に動ける状態になりドリームの攻撃を片手で塞いでいた
ドリーム「こいつ私のシューティングスターを…」

212 :名無しより愛をこめて:2010/09/10(金) 18:34:48 ID:6kulI/Ne0
短すぎたので修正
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード61「絶対絶命のプリキュアナイト」Cパート
ブロッサムマリンサンシャインムーンライト「プリキュアナイトダイナマイト!」
4人による至近距離からエネルギー放出攻撃をカラミティにぶつけるが…
カラミティ「これも効かんぞ…ぬぁ!」
ブロッサムマリンサンシャインムーンライト「うわぁ!」
カラミティは4人を振りほどく
ルミナス「ルミナスナイトハーティエルアンクション! 」
カラミティ「むっ!?」
ルミナスは隙を付きカラミティの動きを封じた
ルミナス「今ですドリーム!」
ドリーム「分かった!プリキュアナイトシューティングスター!」
ドリームの光を纏った体当たり攻撃がキュアカラミティに直撃するが…
カラミティ「貴様の実力はこのようなものか…イービルドラゴンよ」
なんとカラミティは既に動ける状態になりドリームの攻撃を片手で塞いでいた
ドリーム「こいつ私のシューティングスターを…」
カラミティ「だから言ったはずだ…私には聞かないと…ファ!」
キュアカラミティはドリームを投げ飛ばした
ドリーム「うわあ!」
ブラック「ドリーム!」
ブラックとホワイトが投げ飛ばされたドリームを受け止める
ホワイト「ドリーム大丈夫!?」
ドリーム「だ、大丈夫だよ…」
ドリームのところに他のプリキュアナイト達が集まる
カラミティ「どうやら貴様らの強さはその程度のようだな…」
ドリーム「まだ私達は諦めない!みんな!」
プリキュアナイト「Yes!」

213 :名無しより愛をこめて:2010/09/10(金) 19:07:46 ID:6kulI/Ne0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード61「絶対絶命のプリキュアナイト」Dパート
プリキュアナイト「プリキュアナイトゴールデンエクスプロージョン!」
19人のプリキュアナイトの剣から放たれた光弾がキュアカラミティにぶつけようとするが
カラミティ「無駄な事を…カラミティバリア!」
なんとカラミティはバリアでそれを防いでしまう
ブルーム「そんな!」
イーグレット「防がれている!」
ドリーム「こうなったらフルパワーでバリアを打ち破るしかない!」
プリキュアナイトは光輝きさらにエネルギー光弾を放ちまくる
プリキュアナイト「うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!」
プリキュアナイト達の光弾は威力を増していきキュアカラミティのバリアに直撃しまくる
カラミティ「…」パリッ!
ついにバリアが破れキュアカラミティに直撃する
プリキュアナイト「フルパワーだああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」
たくさんの光弾の数がひとつになっていき大きな弾となった、それがキュアカラミティにぶつけられる
カラミティ「ふっ…」
キュアカラミティは大きな弾に飲み込まれ大きな弾は爆発を起こした…
ルージュ「はぁはぁやったわ…」
レモネード「はぁはぁこれで終わったんです…はっ!」
爆発の煙が無くなるとキュアカラミティがその場にいた、あれだけの攻撃を喰らっても平気のようだ
ミント「そんな…」
アクア「あれだけの攻撃を喰らってもまだ…」
カラミティ「何度も言わせるな我には貴様の攻撃など痛みも感じない…」
プリキュアナイト達は既に疲れきっているの対しキュアカラミティは無傷なのか…
エピソード62に続く

214 :名無しさん:2010/09/10(金) 22:46:40 ID:Jt6i2HNIO
早く皆を救ってあげて下さい。

215 :名無しより愛をこめて:2010/09/11(土) 22:22:34 ID:KOmsiuej0
なんだか大変な事になったな…どうすればキュアカラミティに勝てるんだろ?

216 :名無しより愛をこめて:2010/09/12(日) 00:14:38 ID:ibEadLKj0
>>215
どうでもいいから早く終わってください

217 :名無しより愛をこめて:2010/09/12(日) 21:04:34 ID:nvRxw6A1O
>>211-213
もうちょい読みやすく改行してくれ、
そして1回の書き込みの量を減らしてくれ

見る気にならんぞ。

218 :名無しより愛をこめて:2010/09/12(日) 23:41:56 ID:+yARXYPw0
>>213
終わるのマダー?

>>201
続きマダー?

219 :名無しより愛をこめて:2010/09/13(月) 17:58:46 ID:zStgxNuB0
ウルトラマンゼロ「早く決着をつけて通常通りのスレにしてくれ」
門矢士「場合によっては俺達も参加する」

と言うわけでハッピーエンドで終わってくれ。

220 :名無しより愛をこめて:2010/09/13(月) 22:22:04 ID:DBR/4OHV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード62「邪龍覚醒」Aパート
カラミティ「そろそろ終わりにするか…」
カラミティは上空へ飛びそこで止まり技を放つ準備をする
カラミティ「はあああああああああ…!!!!!!!!!!」
ベリー「ま、まずい…あいつ技を放つ気よ」
ピーチ「パッション瞬間移動を…」
パッション「ごめんもう瞬間移動できるエネルギーはないわ…」
パイン「そんな…」
サンシャイン「バリアなら防げるしかもしれない…」
マリン「もしバリアが破れたら…」
ブロッサム「それでもかけるしかありません…」
ムーンライト「みんなバリアを使うわよ…」
プリキュアナイト達は強力なバリアを張った、だが全員疲れきっている果たして持つかどうか…
カラミティ「喰らえ…カラミティメテオテンペスト!」
カラミティの身体からたくさんの光弾がミサイルのように次々と放たれた、プリキュアナイト達はそれを防ぐ
ブラック「くうっ!なんて威力なの…!」
ホワイト「このままじゃ耐え切れない…!」
ルミナス「ああバリアにひびが…!」
あまりの強力な威力にバリアもひびが入ってきた
ブルーム「みんな頑張って…!」
イーグレット「もう少しで終わるはず…!」
ルージュ「ここでやられるわけには…!」
レモネード「いきません…!」
ミント「何とかこの攻撃を防いだ後…!」
アクア「一気に反撃するわ…!」
ローズ「ココ様ナッツ様、私達に力を…!」
カラミティ「もう頑張らなくていいのだぞ…フン!」

221 :名無しより愛をこめて:2010/09/13(月) 22:29:04 ID:DBR/4OHV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード62「邪龍覚醒」Bパート
カラミティは威力を上げバリアもひびが次々を増えていく…
ピーチ「まずい…!」
ベリー「このままじゃ…!」
パイン「やられる…!」
パッション「私達の…」
ブロッサム「力は…」
マリン「ここまでなの…!?」
サンシャイン「もう駄目…」
ムーンライト「これ以上持たない…」
とうとうバリアが破れ光弾が次々とプリキュアナイト達に直撃、それを喰らったプリキュアナイト達は苦しむ
プリキュアナイト「うわあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!」
ドリーム「コ、ココ…」
カラミティ「ははははははははは!!!!!!!!!!!」
プリキュアナイト達のいた場所が煙に包まれていきそして大爆発を起こした…
カラミティ「これであいつも死んだか…」
キュアカラミティは地上に降り立ち念力で煙を全て吹き飛ばした
カラミティ「おもしろい光景だ…」
カラミティが見た先はプリキュア達が全員変身解除し血だらけの全裸の姿になっていた…
カラミティ「血まみれな裸のままで我のエネルギーになるとは我もさすがに笑えるぞ…ハハハハ!!!!!!」

222 :名無しより愛をこめて:2010/09/13(月) 22:45:29 ID:DBR/4OHV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード62「邪龍覚醒」Cパート
のぞみ「う、うう…」
のぞみは血まみれになりながらも何とか立ち上がろうとする
カラミティ「ほうまだ立ち上がれる力があるのか…」
のぞみ「はぁはぁ私は諦めない…貴様を殺すまでは!」
カラミティ「だがその血まみれな裸のままでどうやって我に対抗する気だ?貴様の仲間も貴様以上の怪我を負って立ち上がる力もほとんどない…
鎧も粉々になりプリキュアの変身するエネルギーもない…我のエネルギーになるの運命しか残っていない」
のぞみ「わ、私にはまだ闘える力がある…邪龍いやイービルドラゴンの力が!」
のぞみはなんとイービルドラゴンになろうとするのだ、倒れたなぎさ達もそれに気づく
なぎさ「だ、駄目よのぞみ…」
ほのか「イービルドラゴンになれば…」
ひかり「のぞみさんの理性がなくなります…」
のぞみ「大丈夫だよ…私に眠るキュアパワーで何とかコントロールしてみせる…!」
咲「大丈夫って言われても…」
舞「もしコントロールできなかったら…」
りん「どうするつもりなの…」
のぞみ「ごめんみんな奴に勝つにはあの力しかない…!」
のぞみは自力でイービルドラゴンの力を解放し始めた

223 :名無しより愛をこめて:2010/09/13(月) 23:00:47 ID:DBR/4OHV0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード62「邪龍覚醒」Dパート
のぞみ「うおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!」
のぞみから邪悪な気を発していた、それと同時にのぞみの体も変化し始める
うらら「のぞみさんやめてください…!」
こまち「あなたの理性が完全に失われる…!」
かれん「私達に構わず早く逃げて…!」
くるみ「イービルドラゴンにならないで…!」
のぞみ「みんな…ごめんなさい私はイービルドラゴンとなり奴に勝つ…!ウワアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!」
そしてのぞみの体が大きくなり巨大な翼が生え体色が黒くなり鱗も生え始めたそして手も脚も巨大になり鋭利な爪に変わっていく
ラブ「の、のぞみさん…」
美希「嫌やめて…」
祈里「私もう見てられない…」
せつな「邪龍にならないで…」
みんなの願いも空しくのぞみは完全なドラゴンになってゆく…
カラミティ「おおこれがイービルドラゴンなんという凄まじさだ…我も驚くぞ」
そして邪悪な気が収まり、のぞみのいた場所には強力な腕、脚、爪、尻尾、牙、棘、翼、鱗が生え体が黒く血の色である赤の模様が入り頭も龍の姿…そうイービルドラゴンが覚醒したのだ
ゆり「これがイービルドラゴン…」
いつき「何て恐ろしい邪龍なんだ…」
えりか「のぞみさんがあんな姿になるなんて…」
つぼみ「のぞみさんは凶悪な龍になる運命なのですか…」
そしてイービルドラゴンは邪悪な気を放ち雄叫びを上げる
イービルドラゴン「ギャアオオオオオオオオオオンンンンンンンンンンン!!!!!!!!!!!」
果たしてのぞみは理性を失ってしまったのだろうか?そしてイービルドラゴンはキュアカラミティに勝つ事ができるのだろうか…
エピソード63に続く

224 :名無しさん:2010/09/13(月) 23:07:48 ID:fQqDY64aO
プリキュア達を全裸にするのは可哀想なのでせめて裸ジーンズ、裸足の姿にさせて下さい。

225 :名無しより愛をこめて:2010/09/14(火) 00:21:29 ID:GcHwN1cR0
>>223
終わるのマダー?

>>201
続きマダー?


226 :名無しより愛をこめて:2010/09/14(火) 22:15:51 ID:Ar5UZG880
>>223
もしかしたらのぞみが何らかの力でイービルドラゴンを制御しそうな気が…
何としてでものぞみはイービルドラゴンになってもキュアカラミティに勝ってほしいわ

227 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 00:05:34 ID:5jlGU72l0
>>226
のぞみは肉便器にされるべき

228 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 00:06:14 ID:5jlGU72l0
>>219
ルルーシュ「それなら俺がこのギアスで決着をつけてやる」

229 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 21:16:17 ID:uzCP6vuaO
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
のぞみがブラッドカイザーに捕まった時他のプリキュア達はどういう運命を辿りましたか。特にりんは何よりものぞみがいなくなることを一番恐いと言っていました。後、最後はハッピーエンドで終わらせて下さい。

230 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 21:48:41 ID:k+HN7/Oj0
>>229
くろみと望のいた未来では他のプリキュア達はブラッドカイザー達に殺されています
しかし今現在の世界ではプリキュア達が死ぬとはまだ限りません

231 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 22:30:52 ID:fKLUyxby0
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
何故よそのスレでやらないのですか?
何故さっさと終わらないのですか?
何故自分のやってることがスレ違いだと思わないのですか?
あなたの書き込みが多すぎたせいで前スレが使えなくなってしまったのに
何故まだ続けてるのですか?
何故自分のやってることが迷惑行為だと自覚しないのですか?
何故今書いているのが終わったら次回作を書くつもりなのですか?
何故この書き込みを読んで返事もろくにするつもりがないのですか?

232 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 22:40:51 ID:k+HN7/Oj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード63「悪VS悪」Aパート
キュアカラミティ「貴様の真の姿を見れて我は嬉しいぞ…」
イービルドラゴン「ギャアオオオオオオンンンン!!!!!!!!!!!」
イービルドラゴンとキュアカラミティは互いを見て対峙する
なぎさ「つ、ついに始まるのね…」
ほのか「だけど今の私達は血まみれだから…」
ひかり「別の場所へ移動することができません…」
咲「本当にのぞみは理性を失ってしまったの…」
舞「のぞみさんお願い理性を取り戻して…」
イービルドラゴンとキュアカラミティの両者は上空に浮かび戦闘を開始し始めた
カラミティ「カラミティデスバレット!」
キュアカラミティは両手から黒い光弾を放ちイービルドラゴンに直撃しようとする
イービルドラゴン「ギャオオオオオンンンンンン!!!!!!!!」
イービルドラゴンはそれ腕で弾き返してしまう
カラミティ「少しはやるようだな…ならばこれならどうだカラミティブレード!」
キュアカラミティはカラミティブレードを出した、キュアカラミティはそれを使いイービルドラゴンに襲い掛かる
イービルドラゴン「フン…」
イービルドラゴンは両手から紫色の光の剣を出しカラミティブレードを防ぐ
カラミティ「むむっ!どうやら剣も出せれるようだな…」
イービルドラゴン「さっさとかかって来い、ぶっ殺してやる…」
カラミティ「言われなくてもわかってるわぁ!」
キュアカラミティはカラミティブレードによる素早い切り裂きを放つ、だがイービルドラゴンも光の剣でそれを簡単に防御する
カラミティ「はああああああ!!!!!!!!!!!」
キュアカラミティはさらにスピードを上げてゆく、イービルドラゴンをそれを簡単に防ぐ

233 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 22:43:51 ID:k+HN7/Oj0
>>231
すみませんですがもう少しで終わりそうなので我慢してください

234 :名無しより愛をこめて:2010/09/15(水) 22:54:18 ID:k+HN7/Oj0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード63「悪VS悪」Bパート
りん「キュアカラミティの技を簡単に防御している…」
うらら「あれがイービルドラゴンになったのぞみさんの力…」
こまち「でものぞみさんがあんな邪悪な龍の姿に…」
かれん「のぞみにとってはあの姿じゃないと勝てないのよ…」
くるみ「のぞみ…あなたはその姿でキュアカラミティを倒そうと…」
りん達はイービルドラゴンとなったのぞみとキュアカラミティを見守るしかなかった
カラミティ「ぜぇぜぇ…なんて奴だ我の攻撃を防ぐとは」
イービルドラゴン「どうした貴様の実力はその程度か?悪のプリキュアよ…」
カラミティ「…舐めるなぁ!」
キュアカラミティはイービルドラゴンに技を放つ
カラミティ「カラミティダークスライサー!」
キュアカラミティのカラミティブレードによるスラッシュ攻撃でイービルドラゴンを切り裂こうとするが
イービルドラゴン「…イービルドラゴブレイカー!」
イービルドラゴンも光の剣にエネルギーを溜めたスラッシュ攻撃でキュアカラミティに向かえ討つ
そして両者の剣が交じり合い火花が散り始める
キュアカラミティ「うおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」
イービルドラゴン「ごおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」
ラブ「2人の剣の威力はどっちが上なの…」
美希「…カラミティのほうが押されているわ」
祈里「もしかしてこの勝負のぞみさんの勝ちなの…?」
せつな「そう通りみたいだわ…」

235 :名無しより愛をこめて:2010/09/16(木) 00:42:56 ID:WjPidMhP0
ドリームストーリーの作者よ。こういうネタは使うな。
俺は最悪の結末は嫌いだ。ハッピーエンドで終わってくれよ

キュアカラミティを撃破するもののイービルドラゴンは健在。
しかし、のぞみの意識は戻らず、今度はなぎさ達に牙を剥く。
イービルドラゴンにより世界が破壊する中、突如謎の戦士がドラゴンに立ちふさがる。
ドラゴン「貴様、何者だ?」
???「悲しみ砕く勇気の戦士。キュア・・・」

希望を救う者、それは勇気

このレスはスルーかつなかったことにしてくれ。
本編とは関係のないネタだから
   

236 :名無しより愛をこめて:2010/09/16(木) 22:37:36 ID:ucx8r8dO0
>>235
大丈夫ですよバットエンドにはしませんから

237 :名無しより愛をこめて:2010/09/16(木) 22:53:08 ID:ucx8r8dO0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード63「悪VS悪」Cパート
イービルドラゴン「グァ!」ザシュッ!
カラミティ「うおっ!」
イービルドラゴンの光の剣がカラミティの剣を両腕ごと切り落としてしまった
カラミティ「わ、我の腕がぁ…」
キュアカラミティは腕を切り落とされたことで苦しむ
イービルドラゴン「全ての世界を絶望に陥れるプリキュアにしてはあっけなすぎるな…貴様が弱すぎるかそれとも私のほうが強すぎるからか?」
イービルドラゴンはキュアカラミティに対してあざ笑う
カラミティ「偉そうなことを言いおって…これならどうだ!」
キュアカラミティは一旦距離から離れ技を発動した
カラミティ「いくら貴様でもこれで終わりだああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
カラミティはエネルギーを溜め最強の技を放とうとしているのだ
カラミティ「喰らえ…カラミティダークネスノバァ!」
カラミティの体からビームが連発されイービルドラゴンに炸裂する
イービルドラゴン「…」
だがイービルドラゴンはそれを喰らっても痛みも感じないようだ
カラミティ「うおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
だがキュアカラミティはビームを連発するそしてイービルドラゴンの周りには煙が包まれる
つぼみ「ああのぞみさんが…!」
えりか「このままじゃ死んじゃうよ!」
いつき「いやイービルドラゴンになったのぞみさんはあれくらいで死ぬはずがないと思う…」
ゆり「いつきの言う通りよ、イービルドラゴンいやのぞみはあれを喰らっても痛くも感じないようだわ…」

238 :名無しより愛をこめて:2010/09/16(木) 23:04:28 ID:ucx8r8dO0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード63「悪VS悪」Dパート
キュアカラミティは技を放つのを終えた
カラミティ「ぜぇぜぇどうださすがの貴様も苦しむだろう…」
イービルドラゴン「それはどうかな…?」
カラミティ「何!?」
煙がなくなっていきその場所にはイービルドラゴンがいた、なんとあまりダメージを受けてないようだ
カラミティ「ば、馬鹿な!?我の最強の技が通じてないだと!?」
イービルドラゴン「通じたさ…虫に刺されたかゆみ以下ぐらいにな」
カラミティ「貴様にとって我の技が虫けら以下だと!?」
イービルドラゴン「本当の事を言っているだけだぞキュアカラミティよ…」
カラミティ「き、貴様…許さん!絶対に許さんぞぉ!我を侮辱しおってぇ!」
キュアカラミティは強烈な怒りを露にしイービルドラゴンに特攻をかけるが…
イービルドラゴン「…」
イービルドラゴンはキュアカラミティの特攻を簡単に交わした
カラミティ「な…!?」
イービルドラゴン「…消えろプリキュアの恥さらしめ」グサッ!
カラミティ「ぬ、ぬおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」
キュアカラミティはイービルドラゴンの強力な貫通力の尻尾に体を貫かれてしまった
カラミティ「ば、馬鹿な…こんな事があるはずがない…」
イービルドラゴン「フフフフ…」
恐るべきイービルドラゴンの邪悪なる力、本当にのぞみは邪龍の力に飲み込まれてしまっただろうか?
エピソード64に続く

239 :名無しより愛をこめて:2010/09/16(木) 23:59:01 ID:cQQOoJF10
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
いつまで続けるつもりですか?

205 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 18:24:29 ID:2xxbVh2n0
>>198-200
あと10話くらいで終わる予定です

とか言っておきながらもうとっくに10話過ぎたのに何故まだ終わらないんですか?
終わったら終わったで何故次回作を書くつもりでいるんですか?
やめろと何度も言われてるのに何故やめないんですか?
このスレも前スレのようにつぶしてしまうつもりですか?
何故いい加減よそのスレでやらないんですか?
何故これだけ苦情を言ってるのにスルーするんですか?
何故ちっとも反省しないんですか?

240 :名無しより愛をこめて:2010/09/17(金) 06:55:57 ID:WRdFgcyC0
ドリームストーリーの作者へ
いつまでもここにいられるといろんな所から苦情が来るぞ。
二次創作用に創作発表板があるのでそこへ行って書いておくことをおすすめする。

241 :名無しより愛をこめて:2010/09/17(金) 12:11:34 ID:Fj41oh3BO
いつになったらフリーザと決着するんですか?

242 :名無しより愛をこめて:2010/09/17(金) 22:49:12 ID:2tTHsRhIO
>>230
他のプリキュア達はのぞみがブラッドカイザーに捕まる前と捕まった後のどちらの時に殺されたのですか。また、プリキュア達を全裸にするのは可哀想なのでせめて裸ジーンズ、裸足の姿にさせて下さい。

243 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 00:51:11 ID:G2w/AnDR0
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
あなた自分が書いてるこの話が面白いと思ってるんですか?
あなたの書き込みを楽しみにしていると思ってるんですか?
何度も何度も苦情が寄せられているのに自覚していないんですか?
何故いつまでたってもやめないんですか?

244 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 07:52:01 ID:q9kDMu4JP
>>201
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
ドアをノックするゆり彼女は校長室の前に来ていた。
カワリーノ「おんやぁ?誰かと思いましたら。月影さんではありませんか?」
ゆり「校長お話があります。」
カワリーノ「なんですか?」
そう尋ねるとゆりは机を叩きカワリーノに問い詰める。

ゆり「なんなんですか?小々田先生って人は生徒に少し甘すぎます。」
カワリーノ「そうですか?」
ゆり「そうですかって校長とにかく別の人に変えてください。」
カワリーノ「理事長がお決めになったことですから、私に言われてもねぇ〜」
ゆり「理事長に直接言います。いいですね校長」

カワリーノ「無駄だと思いますよ。」
そう言うカワリーノ、ゆりは即座と出て行ってしまった。

そしてH・R
小々田「それでは今日はここまで、それじゃあ号令」
かれん「起立・礼・ありがとうございました。」
生徒達「ありがとうございました。」
授業が終わり、みな部活動に行く残ったのは小々田と教育実習生のゆり
小々田「さーて今日は何処に行くかな〜シャドームーン先生もどうですか一緒に?」
ゆり「その名前やめてください。まあ少しくらいならね。」

そう言われすこしだけ、ついて言ってみようとおもったゆりでありました。

245 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 07:59:17 ID:Ywg6udu9O
>>244
ゆりも部活に関わるのか…。

理事長って誰がやってたっけ?

246 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 20:03:41 ID:q9kDMu4JP
>>245
アナコンディさんですよ。

247 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 20:06:58 ID:wEtndm7F0
>>241
その前にいつになったら懐妊するんですか?

248 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 21:58:18 ID:5N0Ulegq0
>>242
のぞみ以外のプリキュア達が殺されたのはのぞみが掴まった後です

>>245
ゆりはどの部に行くんだろう

249 :名無しより愛をこめて:2010/09/18(土) 22:10:24 ID:mSqRD9+1O
>>248
他のプリキュア達が殺されたのは捕まったのぞみを助けようとした時ですか。

250 :名無しより愛をこめて:2010/09/19(日) 21:10:17 ID:bqbpuvNr0
>>249
そうだと思います

251 :名無しより愛をこめて:2010/09/19(日) 22:50:21 ID:bqbpuvNr0
>>244
ゆりさんは小々田と和解する日は来るのかな…

252 :名無しより愛をこめて:2010/09/20(月) 14:13:35 ID:xNCYcacy0
>>251
ゆりさんが小々田の子供をおろす日は来るのかな・・・

253 :名無しより愛をこめて:2010/09/20(月) 22:43:06 ID:5IMWEGgJ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード64「復活のキュアドリーム」Aパート
イービルドラゴン「ヌンッ!」
イービルドラゴンは自分の尻尾を振り回しキュアカラミティを地面の叩きつける
キュアカラミティ「ぐはっ!」
そしてイービルドラゴンは自分の尻尾を抜きとった、キュアカラミティの傷口から血が大量に流れる
キュアカラミティ「うう…」
キュアカラミティはかなり痛がっているようだ
イービルドラゴン「簡単には死なさんぞ…」
イービルドラゴンは右足でキュアカラミティの傷口に踏みつける
キュアカラミティ「ぐおおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
踏みつけられたキュアカラミティは苦しむ
イービルドラゴン「さっきまでの威勢はどうしたキュアカラミティよ…」
キュアカラミティ「お、おのれ…!」
イービルドラゴン「私に刃向かった罰だ、もっと苦しめてから息の根を止めてやる!」
イービルドラゴンはなんども踏み付けキュアカラミティを苦しめる
キュアカラミティ「うわああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
イービルドラゴン「情けないプリキュアだ、かなりの実力と自信を持ちながらこのザマとはな…」
イービルドラゴンは何度も踏みつけまくる
なぎさ「もうやめなさいよ!のぞみ!」
ほのか「そいつはもう闘えない状態なのよ!」
ひかり「のぞみさんらしくありません!」

254 :名無しより愛をこめて:2010/09/20(月) 23:04:39 ID:5IMWEGgJ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード64「復活のキュアドリーム」Bパート
イービルドラゴン「私の名はイービルドラゴンだ…夢原のぞみという女ではない」
咲「あんたは何とも思わないの!?」
舞「のぞみさんはもうひとりのあなたでもあるのよ!」
イービルドラゴン「知ったことか私には関係ない」
りん「関係あるわよ!今すぐのぞみの意識を出しなさい!」
うらら「のぞみさんはそんな残忍なやり方は絶対にしません!」
こまち「イービルドラゴンさんやめて!のぞみさんを悲しませないで!」
かれん「これ以上のぞみを悲しませるのはやめて!」
くるみ「のぞみ!あなたのキュアパワーで意識を取り戻して!」
イービルドラゴン「何度言っても無駄だ…この体は既に私だけのものだ」
ラブ「違うよ!その体はのぞみさんの体でもあるんだよ!」
美希「勝手にあんただけの体にしないで!」
祈里「お願いのぞみさん!」
せつな「元に戻ってください!」

255 :名無しより愛をこめて:2010/09/21(火) 00:22:25 ID:YDfBI8gJ0
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
いつまで続けるつもりですか?

205 :名無しより愛をこめて:2010/09/09(木) 18:24:29 ID:2xxbVh2n0
>>198-200
あと10話くらいで終わる予定です

とか言っておきながらもうとっくに10話過ぎたのに何故まだ終わらないんですか?

という書き込みをすでにしているのに何故ろくに返事もしないんですか?
本当に終わらせる気あるんですか?
何故いい加減よそのスレでやらないんですか?
何故これだけ苦情を言ってるのにスルーするんですか?
何故ちっとも反省しないんですか?

256 :名無しより愛をこめて:2010/09/21(火) 22:40:10 ID:JelY/mrq0
>>244
続きまだー?


257 :名無しより愛をこめて:2010/09/21(火) 22:58:30 ID:B60v9orB0
ダークプリキュア「あんまり長引くな。きっちり10話以内で終われよ」

258 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 20:32:37 ID:148fdvsy0
その前にエロイベントやれよ

259 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 21:27:29 ID:cXxW8nln0
>>255
>>257
すみません
どうやら10話以内に収まりそうにありません…
予想としてはエピソード80で完結の予定です

260 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 21:42:35 ID:cXxW8nln0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード64「復活のキュアドリーム」Cパート
イービルドラゴン「うるさい女どもだ…ハァ!」
みんな「うわあああああああああ!!!!!!!!!!!!」
なぎさ達はイービルドラゴンの放った強力な気でぶっ飛ばされてしまった、壁や地面にぶつかったことでボロボロな体はさらに痛む
つぼみ「のぞみさんやめてください…」
えりか「のぞみさんはこんな酷い事をする人じゃないよ…」
いつき「ココ達との約束を忘れたんですか…」
ゆり「この世界の未来はあなたを初めとするプリキュアに託すと…」
イービルドラゴン「まだ奴の名で呼ぶのか…だったら貴様らを先に葬ってやる」
イービルドラゴンはキュアカラミティを蹴り飛ばし、立ち上がれないなぎさ達のところへ近づいていく
なぎさ「のぞみ…」
ほのか「のぞみさん…」
ひかり「のぞみさん…」
咲「のぞみ…」
舞「のぞみさん…」
りん「のぞみ…」
うらら「のぞみさん…」
こまち「のぞみさん…」
かれん「のぞみ…」
くるみ「のぞみ…」
ラブ「のぞみさん…」
美希「のぞみさん…」
祈里「のぞみさん…」
せつな「のぞみさん…」
つぼみ「のぞみさん…」
えりか「のぞみさん…」
いつき「のぞみさん…」
ゆり「のぞみ…」

261 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 21:59:08 ID:cXxW8nln0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード64「復活のキュアドリーム」Dパート
イービルドラゴン「のぞみのぞみと…何度も言わせるな、私の名はイービルドラゴン
夢原のぞみは既に死んでいる…貴様らは全員奴のいる闇の世界に葬ってやるわ!」
イービルドラゴンは口にエネルギーを溜め始め必殺技を放つ
イービルドラゴン「終わりだ…消えろ!イービルカオスインパク…ウウッ!」
必殺技を放つ前にイービルドラゴンの様子がおかしくなった
イービルドラゴン「うううっ!!!おおおおっ!!!!く、苦しいいいっ!」
イービルドラゴンはもがき苦しむ、なぎさ達もそれに気づく
なぎさ「イービルドラゴンがき苦しんでいるわ…」
ほのか「もしかしてのぞみさんの意識が…」
ひかり「私達の呼びかけで取り戻した…?」
イービルドラゴン「そ、そんな馬鹿なっ!この体は既に私のものだぞ!奴が蘇るはずがない!」
イービルドラゴンはさらにもがき苦しむ
イービルドラゴン「ぐっ!ああ!や、やめろおおおおおおお!!!!!!!!!!!」
そしてイービルドラゴンの体から邪悪な気が出していく
イービルドラゴン「うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
そしてイービルドラゴンの叫びとともに邪悪な気がだんだん少なくなっていった
イービルドラゴン「………」
邪悪な気が出なくなるとイービルドラゴンは意識を失い無言になってしまった
咲「ど、どうなったの…?」
舞「意識はのぞみさんに戻ったの…?」
みんなが疑う中、イービルドラゴンは意識を取り戻した
イービルドラゴン「み、みんな…」
こまち「その声は…」
うらら「まさか…」
りん「のぞみあんたなの!?」
果たしてイービルドラゴンはのぞみの意識になったのだろうか?
エピソード65に続く

262 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 22:07:32 ID:0f8sjep+0
今すぐ終われ
そしてもう二度と書き込むな

263 :名無しより愛をこめて:2010/09/22(水) 22:52:11 ID:yTHzFtlR0
仮面ライダーOOO「なぜエピソード80までかかる?納得する理由を言え。残るは未来での最終決戦ぐらいのはずだ?それともう一つ、のぞみを殺したら俺は許さんぞ」

264 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/23(木) 21:42:27 ID:b5NjLOqB0
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に質問をします。
いつまで続けるつもりですか?
本当に終わらせる気あるんですか?
何度ももうやめろと言われているのに何故まだ書き込むんですか?
何故いい加減よそのスレでやらないんですか?
何故これだけ苦情を言ってるのにスルーするんですか?
何故ちっとも反省しないんですか?

265 :名無しより愛をこめて:2010/09/23(木) 22:11:05 ID:zZa0KKpN0
最後まで書かせてやってくれよ
俺もドリームストーリーで最後のところはどうなるか気になるんだ

266 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/23(木) 23:36:07 ID:b5NjLOqB0
よそのスレに書けばいいだけのこと

267 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/24(金) 09:06:27 ID:0W79AFnt0
>>263
桂言葉「あらそうですか・・・先に私が殺そうと思っていたのに」

268 :名無しさん:2010/09/24(金) 20:23:13 ID:AjNDdqO0O
ドリームストーリーを書いている人に意見を言います。ブラッドカイザーを倒したら妖精達や望、くろみを生き返らせて下さい。後、のぞみの心の中にいるイービルドラゴンは完全に消滅させて下さい。

269 :名無しより愛をこめて:2010/09/24(金) 22:21:24 ID:rng1EKAj0
>>268
イービルドラゴンは消せれないんじゃね
のぞみが死んで生まれ変わってもイービルドラゴンは消滅しないと思う

270 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/25(土) 01:12:14 ID:/Duh53Er0
プリキュア・ザ・ドリームストーリーを作った方に直訴をします。
よそのスレに書いてください

271 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/25(土) 17:10:35 ID:zmP2NClzO
>>269
イービルドラゴンを消滅させる方法はのぞみからイービルドラゴンを引き離してプリキュア全員でイービルドラゴンを倒すことです。倒すことは簡単なことではありませんが、ドリームストーリーを書いている人を信じましょう。

272 :名無しより愛をこめて:2010/09/25(土) 22:28:23 ID:CTX64D0s0
>>271
できませんよ
どうあってもイービルドラゴンをのぞみから引き離すことはできません

273 :名無しより愛をこめて:2010/09/25(土) 22:41:18 ID:CTX64D0s0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード65「正義の邪龍」Aパート
のぞみ「うんそうだよ…みんなの呼びかけでなんとかコントロールできた」
かれん「私の呼びかけで…」
くるみ「のぞみぃ本当によかった…」
イービルドラゴンがのぞみの意識になったことでみんなは涙を流す
のぞみ「みんなどうして泣いてんの?」
ラブ「のぞみさんがいつもののぞみさんになって嬉しいからです」
美希「もうイービルドラゴンに乗っ取られませんよね?」
のぞみ「うんもう大丈夫だよ、私はもう奴に乗っ取られない」
祈里「のぞみさん、今はイービルドラゴンの姿だけど元に姿に戻れるんですよね?」
のぞみ「戻れるよだけどまずはキュアカラミティを…」
せつな「はっ!奴がいないわ!」
あたりを見回すとキュアカラミティがいなくなっているのだ
つぼみ「あの時イービルドラゴンが蹴り飛ばしてどこかで倒れているはずですが…」
えりか「もしかして自分のアジトに逃げたんじゃ…」
のぞみ「私はあいつのアジトに行ってくるよ、みんなにエネルギーを与えるよ」
のぞみは自分のエネルギーを血まみれのなぎさ達に分け与えた、そのお陰で傷が治り全員立ち上がれるほど回復した
いつき「ありがとうのぞみさん、でも裸のままじゃ…」
のぞみ「ごめん服を作れる能力は無いんだよ…急いでどこかに隠れて」
ゆり「のぞみ気をつけるのよ」
のぞみ「うん」
のぞみはキュアカラミティの城に行く為、ブラッドカイザーが開けた穴を探しに飛び去った

274 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/25(土) 22:44:23 ID:1CVBtxp90
>>273
よそのスレに書けって言ってんのがまだわからんのか?
お前いいかげんにしろよもう書き込むな
はっきり言って迷惑なんだよ

275 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/25(土) 22:47:10 ID:zmP2NClzO
>>272
イービルドラゴンとのぞみを必ず引き離して下さい。そうでもしないとのぞみが可哀想です。何とか方法を考えて下さい。後、必ずのぞみを元の体に戻してあげて下さい。

276 :名無しより愛をこめて:2010/09/25(土) 22:54:52 ID:CTX64D0s0
プリキュア・ザ・ドリームストーリー
エピソード65「正義の邪龍」Bパート
なぎさ「どこかに隠れてといっても…」
ほのか「周りは廃虚だらけだし今の私達は全裸のままだわ」
ひかり「それにまだプリキュアに変身するエネルギーは足りません」
美希「ブルンはキュアカラミティのダメージでボロボロだから服を着れない…」
せつな「アカルンもダメージで瞬間移動ができないわ」
ラブ「仕方ない歩いていってどこかの服屋で服を買わないと」
カラミティ「お、お前達は一生服を着る事はないぞ…」
祈里「あ、あなたは!」
なぎさ達が後ろを振り向くとキュアカラミティがいた、かなりのダメージを受けている
咲「あんた自分の城に戻ったんじゃないの?」
カラミティ「わ、我があのまま自分の城に戻ると思っていたのか…私は蹴り飛ばされた時透明になって隠れていたのだエネルギーを抑えてな…」
舞「だからあの時いなかったのね…」
りん「あんたが私達の前に現れたのはまさか…」
カラミティ「そうだお前達さえ吸収すれば我はイービルドラゴンに勝る力を得ることができる…」
うらら「のぞみさんがお前を探しに行っている間、これを待っていて…」
カラミティ「奴に勝つとしたら我が奴以上の強大な力を得る必要があるからな
このチャンスを待っていたのだ有り難く思えお前達は我のエネルギーになるのだぞ」
こまち「なんて奴なの…」
かれん「お前のやり方は卑怯すぎるわよ…」

277 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/25(土) 23:18:33 ID:1CVBtxp90
>>276
よそのスレに書けって言ってんのがまだわからんのか?
お前いいかげんにしろよもう書き込むな
はっきり言って迷惑なんだよ

278 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/26(日) 01:16:51 ID:H8qtgbJ10
こう言う時こそ、新戦士が欲しくなる。本気で
後、そろそろ別のところで書く事をおすすめする。
アンク「今のレスはスルーしてもいい」

279 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/26(日) 14:43:48 ID:fNtPq1i30
アンク「最初に言っておくがこのレスはスルーしてくれ。ドリームストーリー本編とは関係ないから」

カラミティ「我のエネルギーになるがいい」
なぎさ「どうすればいいの?」
ほのか「今の私たちは変身できない。何も出来ないの?」
カラミティ「まずはお前だ───!」
カラミティの魔の手がなぎさたちに襲うその時!?謎の光がカラミティを襲った。
カラミティ「うぐっ!今の攻撃は一体なんだ?」
???「そこまでよ。邪悪なるプリキュア」
カラミティ「なっ!この私に傷を負わせるとは。貴様、何者だ?」
???「悲しみ終わらせる勇気の戦士!キュアブレイブハート」
えりか「はぁ?何なのよ。いきなり私たちの前に現れて」
つぽみ「こんなプリキュア。今まで見たことがありません」
いつき「僕達以外のプリキュアがいるなんて」
ゆり「キュアブレイブハート。まさか、キュアフラワーに匹敵する伝説の戦士が何故ここに?」

仮面ライダーOOO「冗談なネタだ。スルーしてくれ」

280 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/26(日) 14:44:32 ID:fNtPq1i30
ドリームストーリーの作者へ
ここへ書くのは危険だ。この板へ行ってくれ。
創作発表@2ch掲示板
http://yuzuru.2ch.net/mitemite/

281 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/26(日) 17:55:41 ID:MORDI4jqO
>>276
他のプリキュア達がキュアカラミティのエネルギーにしないで下さい。また、昨日言ったのぞみとイービルドラゴンを引き離す方法はキュアカラミティがプリキュア達に倒され死ぬ寸前に最後の力でのぞみの体内からイービルドラゴンを引き離してのぞみと戦わせることです。

282 :名無しより愛をこめて:2010/09/27(月) 21:31:10 ID:dUvCuYnr0
>>244
早く続きをやれよ

283 :名無しより愛をこめて:2010/09/28(火) 22:34:50 ID:MjcYrJ1S0
>>244
いつ続きをするんですか

284 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/28(火) 22:41:06 ID:V2Ktt9Zk0
>>276
いつこのスレを出て行くんですか

285 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/28(火) 22:47:35 ID:pkLT7m3SO
>>284さんへ、
今はドリームストーリーを書いている人を信じましょう。
ドリームストーリーの続きはいつ書くのですか。最後はハッピーエンドでお願いします。また、他の方々からの意見もきちんと聞いて下さい。

286 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 01:51:17 ID:wbg25gj40
小々田の教育実習生指導編早く続き書け

ドリームストーリーはもう続き書くな

287 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 07:38:12 ID:XdDAwCQSP
>>244
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
小々田「さぁ〜てと今日は何処に行きますかな。」
ゆり「先生はなにか部活動の顧問か何かされているの?」
首を横り振りこう答えた。
小々田「いいや全然なにやっているのかな〜ってな感じで見ているだけよ。」
ゆり「……そうなんですか?」

小々田「まずは、ここだな。」
向かった先は以前にも訪れたソフトボール部であった。
小々田「おい〜す」
咲「先生また勝負しよ」
小々田「そうだな。今日は時間がないから3球勝負な。」
咲「今日は絶好調なり〜」

こうして対決することになった。小々田先生と咲
咲「現在8勝2敗、今日こそ勝つ」
小々田「うーしこい」
咲が構えると緊迫した空気流れた。咲が第一球をなげた
コーンと鈍い音がした。

小々田「ファーストゴロかまあまあかな?」
咲「三振は無理だったか、今度はこれでどうだ。」
今度の球はバットにかすっただけで、ミットにおさまった。

小々田「へぇ〜やるじゃん…」


288 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 18:05:47 ID:JGKzzRi50
>>287
続きはたったこれだけかよもっと書いてくれ

289 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 18:10:22 ID:wHZnF7AKO
>>288
じっくり待ちなさい。焦ってもしょうがないよ

290 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 22:07:23 ID:XKdvAjhb0
小々田の教育実習生指導編早く続き書け

ドリームストーリーはもう続き書くな


291 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 23:39:14 ID:1XGRhvIG0
筋グゴン「ドリームストーリー、打ち切りは許さん、許さん、許さーん」
膜イン「書いたからには責任もって終わらせないと楽しみしている人が困るだろ」
武レドラン「実習生編の話もどんどん見たいんだが」


292 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/29(水) 23:44:32 ID:1XGRhvIG0
アナコンディ「この時期は学園祭のシーズンです。何かアイデアはありませんか」
館長「物まね大会はどうだ?」
アナコンディ「そうしたいのですが駄目です!あなたがやると反則!お仕置きだ!と言いますから」
館長「それはやらないぞ。多分・・・」

293 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 08:07:17 ID:4UtDhaURP
>>292
学園祭やりますよ。ちょっとしたトークショーもやる予定です。

294 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 18:23:26 ID:JDnWqwIS0
>>291
ドリームストーリーは別の板で続きを書かれる事を祈りましょう

295 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 20:48:49 ID:pc8KVNMsO
ドリームストーリーの作者さんへ、
ドリームストーリーの続きは>>280さんが勧めた板へ書いて下さい。このスレでは苦情が来ます。また、他のプリキュア達をキュアカラミティのエネルギーにしないで下さい。

296 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 20:51:29 ID:pc8KVNMsO
>>295の続き、
のぞみからイービルドラゴンを引き離す方法はキュアカラミティがプリキュア達に倒された後、自らが死ぬ寸前に最後の力で引き離し、のぞみと戦わせることです。また、最後はハッピーエンドでお願いします。

297 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 21:18:10 ID:E0yc7ghV0
ドリームストーリーの作者へ
>>279のネタ使うなよ。冗談なネタだから。
仮に別の板書くなら、連絡位はして下さい。

298 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 21:24:45 ID:E0yc7ghV0
学園祭の議題編
アナコンディ「次の議題です。イベントは誰に任せましょうか?」
ムカーディア「ここは私に任せてくれないか」
カワリーノ「信用できません。あなたがやると不正をやりますからね」
ムカーディア「やりませんよ!そんなこと」

299 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/09/30(木) 22:08:04 ID:JDnWqwIS0
ゆり「ここは私には任せなさい、私なら学園祭を盛り上げる事ができるわ」

300 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 21:19:39 ID:B3yEQ4HP0
のぞみ「他に学園ストーリーとかはないの?あと私が主役のドリームストーリーの続きも気になるんだけど」

301 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 21:49:10 ID:vtP72Cxp0
くるみ「これから学園祭の話やるから、それまで我慢しなさい。それとドリームストーリーは場所を移して続くと思うわ」

302 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 22:21:54 ID:B3yEQ4HP0
のぞみ「えーそんなの嫌だよ、学園ストーリーは多くしたほうがいいって!」

303 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 22:29:00 ID:vtP72Cxp0
くるみ「そうしたいけど、ドリームストーリーの方は苦情が多くてここに投下するのが難しいのよ。そういう私もドリームストーリーは楽しみにしているけど。せめてネタ職人がたくさん来れば、学園ストーリーの方は何とかなるのに」
かれん「せっかくのネタスレ何だし、もっと人は来て欲しいわ」      

304 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 22:34:54 ID:vtP72Cxp0
学園祭の議題編
アナコンディ「ところで予算はどうしますか?」
カワリーノ「資金はこちらが何とかしますけどよろしいですか」
館長「こちらからもある程度は出そう」
アナコンディ「予算の方は問題ないようですね」

305 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/01(金) 23:00:15 ID:wBIUXmNtO
ドリームストーリーの作者さんへ、
もし、この書き込みを見ていたら、ドリームストーリーの続きを>>280さんが勧めた掲示板に書いて下さい。また、書き込みをしたスレの名前も教えて下さい。

306 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/02(土) 00:04:14 ID:AuQn0LRn0
いいからとっとと全編エロエロにしやがれ

307 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/02(土) 23:00:35 ID:SZ1uiHg+0
>>302
つぼみ「学園ストーリーを多くするとしたら何をしましょうか…」
なぎさ「ここはラクロスよラクロス!」
咲「いやいや野球にしましょうよ!」
ラブ「むしろダンスのほうがいいですよ!」
のぞみ「それよりドリームストーリーの続きはまだなの?あのあとみんなどうなるか気になるんだけど」

308 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 10:18:49 ID:mwyqJ9540
りん「場所移してもいいからドリームストーリーの続きやってよ!全滅エンドはイヤだから」

えりか「来週は学園祭の話よ。だから学園祭のネタやってよ」

309 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 15:10:55 ID:MDte2XcwO
ドリームストーリーの作者さんへ、
ドリームストーリーの続きが気になります。場所を移してでもいいから、続きを書いて下さい。また、どこの掲示板に書いたのかもきちんと教えて下さい。

310 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 18:14:25 ID:PbpznQFe0
ドリームストーリーの作者さんへ
もうこのスレには書かないでください

311 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 19:22:53 ID:MDte2XcwO
>>309の付け足し。
これまでの書き込みを見ましたら、お返事をお願いします。また、ドリームストーリーの続きは別の掲示板で書き込み、どこの掲示板のどのスレで書いたのかもきちんと教えて下さい。

312 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 22:33:57 ID:5RW0riy40
 

313 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 22:36:43 ID:5RW0riy40
小々田の教育実習生指導編早く続き書け

ドリームストーリーはもう続き書くな


314 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/03(日) 23:03:20 ID:j+xjOuj00
ゆり「私を主役にしたエピソードを書きなさい」

315 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/04(月) 19:51:20 ID:LVBYQrC50
のぞみ「それより学園ストーリーはまだー?」

316 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/04(月) 21:56:40 ID:9i5GNE130
えりか「何で誰もこないのよーーー!」

317 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/04(月) 23:01:11 ID:LVBYQrC50
のぞみ「やっぱりドリームストーリーをやるべきじゃないのかな?」

318 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/05(火) 00:54:45 ID:qVhJ5vlJ0
ドリームストーリーはよそのスレでやれ

319 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/05(火) 22:43:00 ID:kvalmIvX0
学園祭の議題編
アナコンディ「予算はこれでいいとして、次はどうやって宣伝しますか?」
バルデス「とりあえずビラを配ろう」
アナコンディ「ビラはいいのですが、誰にやらせるのですか?」
バルデス「すでに決まっている」

果たして誰がやるのか?

320 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/05(火) 23:00:27 ID:SBzlD9xa0
かれん「学園ストーリーは多くしたほうがいいわね…」
いつき「ひとつだけじゃ物足りませんからね」

321 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/05(火) 23:20:13 ID:22xzkP7E0
>>287
早く続き書けよ

>>276
続き書きたきゃよそのスレに書けよ

322 :名無しより愛をこめて@自治スレで板設定変更議論中:2010/10/06(水) 23:00:06 ID:kdF4V+P30
美希「あたしを主役にしたベリーストーリーを作ってほしいわね」
せつな「ベリーストーリーとか誰得よ?ラブを主役で私をヒロインにしたピーチ&パッションストーリーを作ってほしいわ」

323 :名無しより愛をこめて:2010/10/07(木) 22:17:01 ID:doN8hISg0
>>287
続きはいつでしょうかねぇ…

324 :名無しより愛をこめて:2010/10/08(金) 20:04:17 ID:y5kYqqcaO
ドリームストーリーの作者さんへ、
他の方々からの苦情が来ているので、物語の続きは他のスレで書いて下さい。また、このスレを見ていたら返事をして下さい。後、何処のスレに書いたのかも教えて下さい。最後はハッピーエンドでお願いします。

325 :名無しより愛をこめて:2010/10/08(金) 20:21:14 ID:hJkrv/Ig0
えりか「明後日で学園祭やるのにどうして人が来ないのよーーー!」

求む、ネタ職人

326 :名無しより愛をこめて:2010/10/08(金) 22:36:10 ID:0k8FkRTt0
?「明日学園ストーリーをやるわよ、もちろん学園祭の話もやるわ」
なぎさ「ちょっとあんた誰なのよ?」
?「私?明日の学園ストーリーの主役よ」
咲「主役って…」
のぞみ「私達の後輩?」
?「そういうことになるわ、明日に会いましょ」
ラブ「ちょっと待って!あなたの名前を教えなさいよ!
つぼみ「そのストーリーのタイトルも教えてください!」
?「明日になればわかるわ」
5人「一体どんな風になんだろ…」
明日をご期待

327 :名無しより愛をこめて:2010/10/08(金) 23:36:43 ID:JYwPGnRZ0
本当に学園ストーリーなのかよ
嘘ついたらどうなるかわかってんだろうな

328 :名無しより愛をこめて:2010/10/09(土) 22:20:13 ID:nUpWEjUTP
>>287
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
突然バットを落とし後ろを向く小々田
咲「先生?なにしているんですか?」
小々田「気にするな、早く投げな。」

咲が構える、その瞬間緊迫した空気が流れた。
咲「うしろを向くなんて勝負を捨てたようなもよ。この勝負もらったああぁぁぁ」
渾身の一級を投げる咲
小々田「1・2・3」
それと同時に回し蹴りをし、ボールはそのままスタンドへと突き刺さる

咲「うぅぅぅ絶不調なり〜〜」
小々田「まだまだだね。もうちょっとだな。」
そう言い残し小々田はその場をあとにした。
ゆり「いいんですか?手加減しなくても。」
小々田「ああいいのいいの、こうでもしないと成長しないでしょ。」
ゆり「しょゆこと」

次に小々田が訪れたのがラクロス部であった。
小々田「おお〜やってるやってる。」
ゆり「ここではなにをするんですか?」
なぎさ「あっ先生それにシャドームーン先生今日はラクロスをするんですね?」

ゆり「今度はラクロスですか?先生」

329 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 13:42:32 ID:s9TSPLds0
>>326
?「諸事情で昨日できなかったけど今日こそ新たな学園ストーリーをやるわ」

330 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 13:51:42 ID:s9TSPLds0
>>328
小々田の奴どこまで活躍する気だ?

331 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 18:47:11 ID:zzDSX+q40
しょゆこと

332 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 22:23:21 ID:Jklkk0x+0
>>329
今日ってあと1時間半しかないじゃないか
嘘つき

333 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 22:24:05 ID:s9TSPLds0
今から始まるプリキュアの物語は我々の知っているプリキュアとは少し違います
別々の世界に存在していたプリキュアを初めとする者達がひとつの世界に存在するのです
そして我々の知らない20人目のプリキュアも…
プリキュアオールスターズDX外伝 〜20人目のプリキュアの物語〜

?「というわけだから明日よろしくね」
なぎさ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!」
咲「今日はたったこれだけ!?」
?「今日はプロローグをやったのよ明日から本格的に話が始まるわ」
のぞみ「私楽しみにしているよ、ところであなたの名前は?」
?「話が進めばわかるわじゃあね」
ラブ「あ、ちょっと待ってよ!」
つぼみ「別世界の私達がどうなっているか知りたいんです!」
?「それも明日のお楽しみよ」
プリキュアオールスターズDX外伝 〜20人目のプリキュアの物語〜明日いよいよスタート

334 :名無しより愛をこめて:2010/10/10(日) 23:30:45 ID:en0zR9Lk0
門矢士「まさか>>279のネタ使うんじゃないだろな。それは勘弁してくれ」

335 :名無しより愛をこめて:2010/10/11(月) 07:53:11 ID:ZZp70fD30
>>333
またドリームストーリーみたいなやつを始めるつもりか?
だったらよそのスレに書け

336 :名無しより愛をこめて:2010/10/11(月) 08:56:08 ID:viCswwMQ0
>>355
難癖言う暇があるなら何か書け!

337 :名無しより愛をこめて:2010/10/11(月) 22:34:56 ID:3KQt6hEP0
プリキュアオールスターズDX外伝 〜20人目のプリキュアの物語〜
第1話「1人の女子中学生」
我々の知らない別世界の地球にある東京にはプリキュアカデミアという学園がある
そして2010年10月中旬の頃、生徒達がアカデミアに入っていく中ある女子中学生もいた
その中学生はピンクのロングヘアーで中学1年でありながらかなり長身な子だったそして名前は…
生徒A「二十夜さんおはよう」
生徒B「綾女ちゃんおはよう」
綾女「おはよう…」
彼女の名前は二十夜綾女、全クラスの中では1位というトップクラスの成績であり欠点がひとつもない生徒でもあるが…
生徒A「二十夜さん今日お弁当食べない?」
綾女「遠慮しとくわ…」
生徒B「綾女ちゃん、勉強で教えてほしいことがあるんだけど…」
綾女「他の生徒に頼んで…」
どうやら綾女はどういう理由か分からないがあまり人と関わりたくないようだ、綾女は教室に向かっていった
生徒A「二十夜さん、どうして私達と関わりたくないのかしら…」
生徒B「この学園には不良とかはいないのに…」
そして授業が始った
先生「この問題を…二十夜さんあなたが解いて」
綾女「はい…」
綾女は黒板の前に立ち問題を解いた
先生「全部正解よ、凄いわ二十夜さん」パチパチパチ
生徒達が拍手をする
男子A「凄いぜ二十夜さん!」
男子B「僕らにとって結構難しかったのに」
綾女「小さい頃から既に予習済みだわ、今のはウォーミングアップよ…」
綾女はそのまま席に座った、さらに時間が過ぎてゆきお昼になった
綾女「…いつもの所で食べるか」
綾女は弁当とお茶を持って屋上へ向かった

338 :名無しより愛をこめて:2010/10/11(月) 22:47:38 ID:3KQt6hEP0
綾女「ここなら安心していられる…」
綾女は誰もいない屋上で食事を取るつもりだそうだ
綾女「…誰かいるの?」
綾女は屋上に誰かがいることに気づいた、近づいていくとある女子中学生がいた
えりか「いやーここで食べられるのはいいね!」
つぼみ「そうですね」
いつき「たまにはこの屋上で食べるのも悪くないね」
彼女達は中学二年生の花咲つぼみ、来海えりか、明堂院いつきのようだ
綾女「あなた達は…」
いつき「き、君は…」
えりか「確か1年の…」
つぼみ「二十夜綾女さんですか?」
綾女「そうですが…」
えりか「もしかしてあんたここでお昼を食べるつもりだったの?」
綾女「ええまあ…」
いつき「良かったら一緒に食べない?」
綾女「え…」
つぼみ「みんなで一緒に食べたほうが楽しいですよ」
綾女「遠慮します…1人で食べたいので」
綾女は屋上で食べるのを諦めどこかへ行った
えりか「せっかく誘ったのにー」
いつき「彼女、あんまり僕達と関わりたくないようだったね…」
つぼみ「私達が綾女さんに何か嫌がらせをしたんでしょうか…」
つぼみ達は綾女のことを心配する、そして綾女とはいうと
綾女「ここは誰もいないはずだわ…」
綾女が次に来た場所は使われていない教室だった
綾女「…誰かいる気配がする」
なんとその教室に誰かいるのだ、綾女は教室の扉を開くとそこにも女子中学生がいた

339 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 00:01:45 ID:g1S0RiX70
二十夜綾女
読めねーよこんなの

340 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 12:14:31 ID:Y1UQ6nnAO
なんだ新手のエロ小説か

341 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 20:28:43 ID:eXkYcaHkO
ドリームストーリーの作者さんへ、
ドリームストーリーの続きはいつ書くのですか。続きが気になります。書くのであれば、別のスレで書いて、何処のスレに書いたのかも教えて下さい。また、プリキュア達をキュアカラミティのエネルギーにしないで下さい。

342 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 21:52:48 ID:XY5GGjrN0
せつな「あなたは…」
祈里「確か…」
美希「1年の…」
ラブ「綾女ちゃん?」
そこには桃園ラブ、蒼乃美希、山吹祈里、東せつなの4人だった
綾女「どうしてあなた達がここに…」
せつな「食べる場所が無くてね」
祈里「このアカデミアは生徒の数が多いから食べられる所が少なくてね」
美希「あなたもここで食べるつもりだったの?」
綾女「いえ違います…私は別の所で」
ラブ「そうだ綾女ちゃん!私達と一緒に食べない!?一緒に食べれば楽しいよ!」
綾女「…結構です」
綾女はどこへ行ってしまった
ラブ「せっかく誘おうとしたのに」
美希「あたし達なにかしたのかしら?」
祈里「そういえばあの子友達いるのかな?」
せつな「今度聞くべきね…」
ラブ達は綾女のことを心配する、そして綾女は女子トイレの洋式の所で食べるはめになった
綾女「…ごちそうさま」
何と弁当にはいっていたおにぎりだけだったそれも大きいのがひとつ…綾女は教室へ行き次の授業の準備をする
そして時間が過ぎ生徒達は全員下校することになった、高校側ではゆりとももかが話しながら下校していた
ゆり「明日はアカデミアに行けるの?」
ももか「いや明日はモデルの仕事があってね…」
ゆり「そう…明日の授業もノートに書いておくわ」
ももか「ありがとうゆり、じゃあまた明後日に!」
ももかは自分の家まで帰っていった
ゆり「さて私も早く帰らないと…あら?」
ゆりは歩いている綾女を見かける

343 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 22:08:49 ID:XY5GGjrN0
綾女はいつも冷たい表情をしながら下校しているようだ
ゆり「…」
ゆりは綾女に近づいていく
綾女「…後ろにいるのは誰?」
ゆり「…!」
どうやら綾女は後ろにいるゆりに気づいたらしい
ゆり「ごめんなさいちょっとあなたに話しかけようとして…」
綾女「失礼ですが私は誰とも話したくないんです、私は急いでいるので…さようなら」
綾女は走って帰っていく
ゆり「あの子、私と少し似ている…」
ゆりは綾女を見て自分と共通点がありそう気をする
綾女「私は普通じゃない…普通の人間じゃない」
綾女は謎の言葉を言いながらどこかへ行く、果たしてこれは何を意味するのか
そして時間が過ぎ深夜になった頃、ある工場に怪しい者達がうろついていた
怪しい者A「この工場にも我々が探す物の一部がありそうだな…」
怪しい者B「いったいどんな物か楽しみだな…」
怪しい者達は工場に入ろうとする、だが怪しい者達は後ろに誰かいることに気づく
怪しい者A「お、お前は…」
怪しい者B「我々の仲間を殺し続けている鎧の女戦士…」
怪しい者達が見たのは鎧を身に付けた女戦士だった
女戦士「…貴様らを殺す」
そう言い女戦士は剣を抜き怪しい者に立ち向かう、怪しい者達も武器を出し立ち向かう
怪しい者A「貴様を倒せば!」
怪しい者B「我々はボスから最大の栄誉を貰えるのだ!」
女戦士「…」
果たしてこの女戦士と怪しい者はなんだろうか?
第2話に続く

344 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 23:46:55 ID:a50EoD490
>>337>>338>>342>>343
あんたドリームストーリーの作者だろ?丸わかりなんだよ。
341さんが言ってるようになんでよそのスレで続きやらないんだ?
こんなもん書いてるよりも他にやることがあるんじゃないのか?
それと今のうちから忠告しとくが、今書いてるのもよそのスレに書けって
言われるのも時間の問題だ。

345 :名無しより愛をこめて:2010/10/12(火) 23:51:13 ID:a50EoD490
忠告その2
今書いてるのも学園ストーリーと言えないだろ?
どうせまたドリームストーリーの時みたいにあさっての方向に行くんだろ?

忠告その3
あんたが書く物はこのスレにふさわしくないんだよ。
よそのスレに書けよ。そしたら誰も文句言わないから。

346 :名無しより愛をこめて:2010/10/13(水) 00:16:10 ID:kVtAcZ8a0
>>344-345のような難癖つけて追い出そうとする連中が湧く恐れがある。保険のため二次創作板で話を続ける事をオススメする

347 :名無しより愛をこめて:2010/10/13(水) 17:15:40 ID:on8LVyJx0
>>344-345
ドリームストーリーの作者なんかと一緒にしないでくれ
この話は綾女が主人公で学園物語が中心だから

348 :名無しより愛をこめて:2010/10/15(金) 07:57:43 ID:UKWL4so70
だってこれ読みづらいもんな

349 :名無しより愛をこめて:2010/10/15(金) 12:38:41 ID:fhzshIrm0
>>347
本当に別人なのか?
どうせまた敵を出してドリームストーリーみたいにバトルになって
「私立プリキュア学院なのにどこが学園物語なの?」って言われるようになるんじゃないの?

350 :名無しより愛をこめて:2010/10/15(金) 17:54:40 ID:F/G7wHCL0
>>349
他の学園物語でも何かしらバトルがあるのは当然ですが

351 :名無しより愛をこめて:2010/10/15(金) 18:20:48 ID:bj+dUw/F0
ドリームストーリーはやりすぎだったからな
しかも無駄に長いし学園物語と言えないほどだったし
それで苦情が多かったし
それにバトルがあるのは当然だと思ってたら大間違いだぞ

352 :名無しより愛をこめて:2010/10/15(金) 22:46:18 ID:F/G7wHCL0
>>351
バトル入れても構わないけどもう少しテンポ良く纏めてほしかったな
学園パートのほうも平成ライダーやDBなどのキャラを出さずくろみとの交流を積極的にやってほしかった

353 :名無しより愛をこめて:2010/10/16(土) 09:01:13 ID:OKuNoUdk0
エロやった方がテンポよく纏まる

354 :名無しより愛をこめて:2010/10/16(土) 23:06:27 ID:OIrqFwSl0
>>328
早く続きやってくれ

355 :名無しより愛をこめて:2010/10/16(土) 23:28:07 ID:XjomVgYX0
>>353
自分で書けば

356 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 10:10:48 ID:p7PR8rdJ0
ハトプリつまらん
全く面白くない
さっさと次のシリーズになってくれんかな

馬越はクビで

357 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 10:15:08 ID:c7/26GPF0
いくらつぼみとえりかがあまりにも弱いからっといってそんなこと言うんじゃない

358 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 10:30:15 ID:p7PR8rdJ0
つぼえりが弱い以前にシナリオがつまらん

359 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 11:09:16 ID:vhTGD5WO0
>>356>>358
ここはそういう事を語るスレじゃない

360 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 13:37:41 ID:r0/OlLl80
ハトプリは今までのプリキュアには無い魅力があるだろ
勿論今までのプリキュアもハトプリには無い魅力があるけど

361 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 18:17:02 ID:p7PR8rdJ0
ハトプリ自体が魅力がなさすぎる

362 :名無しより愛をこめて:2010/10/17(日) 18:39:24 ID:fn8LLDM/O
ハートキャッチプリキュアを悪く言うのは、おジャ魔女どれみを悪く言うのと同じです。つぼみ達を悪く言わないで下さい。また、歴代プリキュアの悪口も許しません。このスレは、学園ストーリーを書く場所です。

363 :名無しより愛をこめて:2010/10/18(月) 11:17:25 ID:wOWFJ/n+0
注目されるからって、過疎スレでアンチ活動するなよ

364 :名無しより愛をこめて:2010/10/18(月) 22:15:32 ID:EaEuNGNW0
20人目のプリキュアの物語の続きはまだか

365 :名無しより愛をこめて:2010/10/18(月) 23:44:02 ID:HM/lDVtk0
>>362
歴代プリキュアは初代〜フレッシュまで何の問題もない。
ハートキャッチが糞過ぎる。
馬越クビ失せろ

366 :名無しより愛をこめて:2010/10/19(火) 07:57:45 ID:Uqme46YzP
>>328
〜〜小々田教育実習生指導(?)編〜〜
小々田「まぁそう言うこった。やってみると楽しいよ。」
そう言ってラクロスを始める小々田とゆり、それから30分後
小々田「そろそろ試合してみるかな?なぁ美墨聞いてみてくれないか?」
なぎさ「いいですよ。」

そう言ってなぎさが監督に話をするなぎさ
なぎさ「話してきたよいいってさ、2チームに分けてくださいってさ」
小々田「そうかありがとう。」

10分の休憩の後2チームに別れた。
なぎさ率いる【RXチーム】小々田とゆり率いる【クライシスチーム】に別れた

なぎさ「いい相手は小々田先生よ油断しちゃだめよ。」
ラクロス部員「はい」
対する小々田はと言うと
小々田「今日は一切指示はしない。指示は月影先生にしたがってくれ」
ゆり「えっ私がですか?」

突然的にラクロスの指示をされることになったゆり
ゆり「小々田先生なぜですか?」

小々田「別に、まあ何もしないわけじゃない。相手のパスカットそれだけだ。」
ゆり「それだけ…ですか?」
小々田「そう、それだけ」

367 :名無しより愛をこめて:2010/10/19(火) 21:16:16 ID:YW/Yv5Ht0
>>366
続きはこれだけ…?

368 :名無しより愛をこめて:2010/10/20(水) 08:07:52 ID:Xk2HgoLo0
>>367
次回まで待ちなさい。

369 :名無しより愛をこめて:2010/10/20(水) 22:00:19 ID:e6XkzF640
書いてって言われてるやつほど書かなくて
書くなって言われてるやつほど書くんだよな

370 :名無しより愛をこめて:2010/10/20(水) 22:33:59 ID:LTIMJpIa0
>>366
ラブとせつながラブラブになる話はまだかよ

371 :名無しより愛をこめて:2010/10/21(木) 00:15:18 ID:Q8ZuzujK0


372 :名無しより愛をこめて:2010/10/21(木) 21:02:28 ID:+fv6mQq/0
>>366
RXチームとクライシスチームって…なぎさとゆりをそれぞれRXとシャドームーンに意識しているの?

373 :名無しより愛をこめて:2010/10/22(金) 07:06:07 ID:S0hxNzXHO
>>372
その通りです。分かりやすくしてみたんですがね?


374 :名無しより愛をこめて:2010/10/23(土) 23:09:10 ID:N77kQ0dH0
続きまだかい?

375 :名無しより愛をこめて:2010/10/24(日) 17:15:37 ID:21ICcstBO
学園ストーリーを読みましたが、ラクロスの試合ではなぎさチームとココチームのどちらが勝つでしょうか。だんだんこのスレらしい話になって良かったです。続きが楽しみです。また、ドリームストーリーは別のスレで書いて下さい。この書き込みを見たらお返事をお願いします。

376 :名無しより愛をこめて:2010/10/25(月) 22:57:06 ID:fXY0dcNX0
>>343
続きはまだですか?

377 :名無しより愛をこめて:2010/10/27(水) 07:53:54 ID:MTjGaV0ZP
>>366
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
そんなゆりの不安をよそに試合は始まった。
試合は互角かと思われていたが、やはりエースであるなぎさにことごとく点をいれられたのである。
ゆりは自分で生徒達に指示をするがならないせいかうまく指示できないでいた。

あっちにバタバタ、こっちにバタバタと振り回されて
うまく指示できないまま試合終了
女子ラクロスのルールは1試合25分ハーフである。
ゆり「はぁはぁまったく出来なかった」

小々田「やれやれ、朝くらいの自信は何処へ行ってしまったのかな?」
ゆり「ですが、私ははじめてで…」
小々田「結局は口だけだったか。やっぱりあんたには早すぎたか?」
ゆり「試すつもりが試されていたってわけね。」

小々田「あんたなんか抱えていないか?」
ゆり「えっ?」
小々田「ずいぶんとしぼんだ心だったんでな。」

ゆり「昔ちょっとした事があって…」
小々田「まだ2週間ちょいあるやってみる価値はあるな。」
ゆり「え?」
小々田「輝かせてみるか?あんたの心の闇を俺と言う太陽で」

ゆりの心にある闇を小々田は晴らすことができるのだろうか?

378 :名無しより愛をこめて:2010/10/27(水) 08:31:53 ID:wb+Dh4dZ0
ココごときが晴らせるわけがない

379 :名無しより愛をこめて:2010/10/27(水) 11:48:32 ID:BAg/1Ir20
なんだよこのスレ
アニメ板でやれよ

380 :名無しより愛をこめて:2010/10/27(水) 13:53:10 ID:bx0THCL60
>>377
何だかゆりっぺは中心みたいだなぁ…


381 :名無しより愛をこめて:2010/10/28(木) 13:13:27 ID:jrj9Rrf+0
>>379
あ、それ俺も思ってた。
なんで>>1は特撮板にこのスレ立てたんだろうって。

382 :名無しより愛をこめて:2010/10/28(木) 21:54:54 ID:FTFctvzG0
ドリームストーリーのあの後が気になる

383 :名無しより愛をこめて:2010/10/28(木) 22:15:00 ID:Vu7ygQ4kO
ドリームストーリーの作者さんへ、
ドリームストーリーの続きはどうなったのですか。続きが気になります。この書き込みを見ましたら、お返事をお願いします。また、続きを書くのならば、別のスレでお願いします。

384 :名無しより愛をこめて:2010/10/29(金) 22:09:19 ID:yzjUcwjc0
他にいい学園ストーリーないかな

385 :名無しより愛をこめて:2010/10/30(土) 22:34:33 ID:wni5o1Ow0
ドリームストーリーを再開してくれよ

386 :名無しより愛をこめて:2010/10/31(日) 00:39:39 ID:fVgsYVou0
ドリームストーリーやるんだったらよそのスレに書けよ

387 :名無しより愛をこめて:2010/10/31(日) 05:48:44 ID:8+o3chtSO
>>377は続き書け。ドリームストーリーは別の場所に書け、書いたトコはちゃんと教えろ。



388 :名無しより愛をこめて:2010/10/31(日) 21:57:22 ID:65caHsIR0
続きはまだなのかな

389 :名無しより愛をこめて:2010/11/01(月) 22:18:29 ID:GEibc/U80
次回は何で変身後にしか出ないタクトをなくすわけ?
馬鹿じゃない?

390 :名無しより愛をこめて:2010/11/02(火) 22:40:09 ID:LPntTzWE0
>>389
このスレに書くことか?

391 :名無しより愛をこめて:2010/11/03(水) 23:04:10 ID:dXt4RgJi0
>>377
早く続き書いてください

392 :名無しより愛をこめて:2010/11/04(木) 07:56:03 ID:qqQnlIODP
>>377
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
ゆりが学院にきて2週間が過ぎた。みなゆりを見ている。
殆どの先生や生徒などは疑問に思っている、なぜなら・・・
初めは険しい顔をしていたが、今ではほとんどに生徒に笑顔を見せ始めている。

生徒「おはようございます。」
ゆり「はいおはよう」
ブンビー「おや月影くん今日も元気だね。」
ゆり「はい教頭もお元気そうで。」

ブンビー「今度デートしない?暇なときでいいからさ」
ゆり「しませんよ」
と軽くあしらうゆり
小々田「シャドームーン先生おはようございます。」
ゆり「あら?小々田、それだけはやめないのね。」
小々田「いいんじゃない和むから。」

ブンビー「いいなぁ〜」
なぜ彼女はこれほど変わったのかと言うと話しは1週間ほど前にさかのぼる。
小々田「着いた着いた。」
ゆり「お寺ですか?」

小々田「まあね。今日は観光ではないぞ。」
ゆり「え?」
小々田「オッスばあちゃん元気か?」
シビレッタ「おや久しぶりだね。」

393 :名無しより愛をこめて:2010/11/04(木) 11:49:57 ID:YuZR5Tc60
きもい・・・

394 :名無しより愛をこめて:2010/11/04(木) 17:17:29 ID:THFCyPhE0
>>392
ポプリ「いちゅきはいつになったら出るんでしゅか?」

395 :名無しより愛をこめて:2010/11/05(金) 12:38:05 ID:a/sxyttfO
レイプされたら

396 :名無しより愛をこめて:2010/11/05(金) 21:13:43 ID:Bm5Csghj0
もっと書いてください

397 :名無しより愛をこめて:2010/11/06(土) 22:57:01 ID:nJPiGI6F0
20人目のプリキュアの物語もドリームストーリーも小々田の教育実習生指導(?)編も早く続き書きなさい

398 :名無しより愛をこめて:2010/11/06(土) 23:43:28 ID:XQxYg19T0
ただしドリームストーリーはよそのスレに書け
20人目のプリキュア物語も本当に学園ストーリーになるのかどうかあやしいが

399 :名無しより愛をこめて:2010/11/07(日) 15:36:36 ID:IJGJBfta0
>>1はとっとと失せろ

400 :名無しより愛をこめて:2010/11/07(日) 22:52:09 ID:KDEaY/EW0
次スレは特撮キャラとプリキュアのコラボ系にするべきかもしれん

401 :名無しより愛をこめて:2010/11/07(日) 23:21:05 ID:0bqo5sfS0
>>400
それ次スレとは言わない
学園ストーリーじゃないもの
そんなにしたければ今すぐ別のスレ立てるべきだろ

402 :名無しより愛をこめて:2010/11/08(月) 13:35:20 ID:C0yU1Awd0
今の糞プリキュアより駅伝のほうが視聴率が高いってどういうこと?
プリキュア不要だな。あんな糞プリキュアはな

403 :名無しより愛をこめて:2010/11/08(月) 17:46:40 ID:1O4LezRg0
ハトプリは糞プリキュアじゃないだろ

404 :名無しより愛をこめて:2010/11/08(月) 18:59:20 ID:C0yU1Awd0
あのつまらなさは歴代随一だよ。
5GoGoを超えたつまらなさ

405 :名無しより愛をこめて:2010/11/08(月) 19:23:28 ID:1O4LezRg0
プリキュアはどれも面白いだろうが

406 :名無しより愛をこめて:2010/11/08(月) 21:45:41 ID:uepLwOIJ0
>>402
年に一度のイベントだからしかたない。

407 :名無しより愛をこめて:2010/11/09(火) 22:01:13 ID:KWhX/8+h0
>>392
続き書け

408 :名無しより愛をこめて:2010/11/10(水) 21:43:04 ID:ZWsmum4M0
いつき「3つのストーリーの続きはまだですか?」

409 :名無しより愛をこめて:2010/11/11(木) 00:16:32 ID:k/MvARWV0
ハトプリ映画大失敗wwww
子供に受けないハトプリ映画大失敗wwwww

ハトプリは糞作品死ね馬越

410 :名無しより愛をこめて:2010/11/11(木) 01:05:27 ID:ZSaf1ngz0
>>409
涙ふけよ。ハトプリは1期限りだから我慢せい。

411 :名無しより愛をこめて:2010/11/11(木) 17:08:27 ID:oT3G6Nxa0
>>409
結構ヒットしているんだが

412 :名無しより愛をこめて:2010/11/12(金) 21:46:32 ID:8KhV8rtb0
ゆり「続きはまだかしら?」

413 :名無しより愛をこめて:2010/11/14(日) 22:41:45 ID:pwXjHHWN0
>>392
早く続き書かんか

414 :名無しより愛をこめて:2010/11/15(月) 07:33:28 ID:qWFaO80aP
>>392
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
小々田とゆりがやってきた寺で何をするのだろうか?
小々田「ばあちゃん今日は来てるの?いつもの人」
シビレッタ「ああ来ているよ。今呼んでこようか?」
小々田「お願いします。」

しばらくしてちょっと小柄なおじいちゃんが出てきた。
骨のシタリ「ん?おまえさんかい?あたしに用があるのは」
小々田「いや今日は僕じゃないんだ、こっちなんだ用があるのは。」

小々田後ろの後ろに隠れるようにしていたのはゆりであった。
骨のシタリ「んあ今日はお前さんだったのか。あたしに会いたがっていたのは。」
小々田「そうだよじつは・・・・・・」

小々田「と言うわけさ。」
骨のシタリ「ほぉ〜そう言うことならあたしにまかせなさい。
      ゆりさんとやらちょっとこっちにおいで」
ゆり「は、はい」
そう言われ恐る恐るついていくゆり、しばらく歩きシタリが歩みを止める
骨のシタリ「ここじゃここじゃ、ほれ」
シタリが杖で刺した、墓石には【石田】と書かれていた。
ゆり「この人の事はよく覚えています。わたしにとって大切な人でした。」

骨のシタリ「おまえさんこの人に会いたいと思わんか?」
ゆり「え?」

415 :名無しより愛をこめて:2010/11/15(月) 17:25:00 ID:oeM+Hq/a0
いい加減エロ展開に持ち込めや

416 :名無しより愛をこめて:2010/11/15(月) 17:27:48 ID:6NLAHQvy0
>>414
石田って…コロンかよ

417 :名無しより愛をこめて:2010/11/15(月) 19:35:06 ID:qWFaO80aP
>>414
あれ?わかっちゃった?誰も分からないだろうと思ったんだけどね

418 :名無しより愛をこめて:2010/11/16(火) 20:06:46 ID:T6fnOFPwO
作者の方も色々とあるので、今はじっくり待ちましょう。

419 :名無しより愛をこめて:2010/11/16(火) 22:58:42 ID:lin687Ju0
そろそろ他のプリキュア小説の人も何か書いてよ

420 :名無しより愛をこめて:2010/11/17(水) 21:50:46 ID:astLDR3fO
特撮版プリキャア

421 :名無しより愛をこめて:2010/11/18(木) 22:46:09 ID:756tuwHp0
>>414
続き書いてくださいですぅ

422 :名無しより愛をこめて:2010/11/20(土) 00:47:29 ID:lGF302I/0
今度から締め切り定めようか

423 :名無しより愛をこめて:2010/11/20(土) 22:50:35 ID:mMC8gBhj0
>>414
まさかその石田とかいう奴の霊を呼び出すんじゃ…

424 :名無しより愛をこめて:2010/11/21(日) 21:45:11 ID:r254vlDG0
なぎさ「他のプリキュア小説の続きはまだなの!?」
ほのか「なぎさ、明日新しいプリキュア小説やる予定らしいわ」
ひかり「どんな内容になるんですか?」
舞「時代は未来で私達の子が主役のストーリーらしいわ」
咲「私達の子もプリキュアになって悪者と戦うのかなぁ?」
のぞみ「私も楽しみ〜でその子達は何歳なの?」
りん「全員女子高生らしいわよ、どうして高校生なのか分からないけど」
うらら「高校生のほうが面白みあるので別にいいんじゃないんですか?」
かれん「他の作品での学園モノは高校生が多いから高校生で悪くないと思うわ」
くるみ「ここでまた批判されなきゃいいけど…」
こまち「未来の私達は何をしているのかしら?」
ラブ「私達の夫になる人も気になりますね」
美希「きっとあたし達の夢が叶っているはずよ」
祈里「妖精さん達や学校のみんなも出るのかな?」
せつな「まだわからないけどあくまで主役は私達の子よ」
いつき「僕達は母親として彼女達を見守りましょう」
えりか「あたし達の子ってどんな風になっているか楽しみだよ」
つぼみ「そうですね、私達の子が立派になってほしいです」
ゆり「じゃ明日まで待ちましょう」

果たして未来のなぎさ達の子はどんな風になっているのか楽しみである

425 :名無しより愛をこめて:2010/11/22(月) 03:34:30 ID:kHYVa6Z20
>>424
>ここでまた批判されなきゃいいけど
学園ストーリーなのに学園生活が舞台になってなければ批判されるのはあたりまえ
学生だという設定だけ作って学園生活そっちのけで他の事ばっかりしてるのは
学園ストーリーとは言わんからこのスレに書く資格はない
以上をふまえて執筆しろや

426 :名無しより愛をこめて:2010/11/22(月) 22:21:43 ID:KguWSoR30
かつてプリキュアという伝説の戦士が幾つものの悪を滅ぼし世界を何度も救ってくれました
そしてプリキュアに変身した少女達は大人に成長し子供が生まれました、これから始まるのはプリキュアの子達による物語…
プリキュアオールスターズ外伝 〜プリキュアの娘達の物語〜

なぎさ「またプロローグのみ?」
咲「本格的な話は明日みたいですね」
のぞみ「私楽しみにしているよ」
ラブ「私達の子はどんなのかなぁ」
つぼみ「私達の夫も気になります」
満&薫「どうせあたし達の子が主役じゃないんでしょ…」

427 :名無しより愛をこめて:2010/11/23(火) 01:45:52 ID:sIzfld280
>>426
Yesのキャラは出さないで下さい

428 :名無しより愛をこめて:2010/11/23(火) 19:42:46 ID:lEnUN2im0
>>427
何故出してはいけない?

429 :名無しより愛をこめて:2010/11/23(火) 23:11:14 ID:GdoAbygY0
>>428
嫌いだから

430 :名無しより愛をこめて:2010/11/23(火) 23:30:09 ID:GdoAbygY0
>>428
うざいから

431 :名無しより愛をこめて:2010/11/23(火) 23:47:05 ID:GdoAbygY0
>>428
みんな変人だから

432 :名無しより愛をこめて:2010/11/24(水) 23:38:51 ID:dRfdrA/60
なぎさたちや咲たちを糞鳩なんかとからませるなボケ!
駄作ハトプリ信者は失せろクズ

433 :名無しより愛をこめて:2010/11/25(木) 22:00:30 ID:kPtVOZYmP
>>414
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編〜〜
ゆり「会いたいですが彼はもうこの世にはいません。」
骨のシタリ「何のためにあたしがいるんだい?」
シタリは謎の呪文を唱え始めた、すると墓石が光り始めた。
そこに現れたのは、一人の男性だった。

現れた人物をみてゆりは驚き言葉が出なかった。
ゆり「・・・・コロン?」
石田「きみにそう言われるのは久しぶりだねゆり」
ゆり「どうしてあなたは私を置いていってしまったの?」

石田「すまなかったと思っている。」
ゆり「不器用ねあなたって…ほんと…昔っから変わらないのね。」
なみだを堪えながら過去を語るゆり
石田「ぶっきらぼうに生きた者の哀れな最後かいいかもしれないな」
時間も楽しく会話するが次第に石田の姿が薄くなっていく

骨のシタリ「そろそろ時間じゃ他に言い残すことはないか?」
石田「いやもうないな」
ゆり「会えて…よかった…。」
石田「僕もさ…最後にこれだけは言いたかった。」
ゆり「なに?」
石田「君の・・・こ・・・」

言い終える前に消えてしまったがゆりには何と言っていたのか
すべてわかっていた。

434 :名無しより愛をこめて:2010/11/26(金) 00:00:25 ID:7NKjwxbp0
書くの遅いし短すぎる

435 :名無しより愛をこめて:2010/11/26(金) 22:26:35 ID:KF4gIYdk0
475 風の谷の名無しさん@実況は実況板で sage New! 2010/11/26(金) 21:01:29 ID:4z4X8nGuO
エピソードのひとつひとつにいちいち意味が無いっつーかね。
一番無意味なのがデザトリアンかな?ゲストが単なる被害者かつ戦闘スイッチに過ぎず、主人公たちに何もフィードバックしない糞システムでしかない。
その最たるのがこないだのサソリーナでしょうな。

え『サソリーナ、涙を流してた』
つ『やっぱり砂漠の使徒にも心があるんです』
え『クモジャキーやコブラージャ…きっともっと手強いよね』
つ『でも、どんな時もわたしたちは負けません!』
え『うん、もちろん!おっしゃー頑張るぞー!』
この会話ムチャクチャだよね


436 :名無しより愛をこめて:2010/11/28(日) 00:25:37 ID:NJQLNK/g0
>>435
スレ違い

437 :名無しより愛をこめて:2010/12/01(水) 13:01:10 ID:d8HmMTC/0
糞プリ信者乙

438 :名無しより愛をこめて:2010/12/12(日) 19:03:38 ID:xnaHhtYj0
 プリキュアの同人エ●ゲキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
 http://maniax.dlsite.com/work/=/product_id/RJ062047.html


439 :名無しより愛をこめて:2010/12/16(木) 17:26:50 ID:gzN/ghNa0
続きまだなの?

440 :名無しより愛をこめて:2010/12/16(木) 17:53:35 ID:gJgzfPd5P
>>433
〜〜小々田の教育実習生指導(?)編ラスト〜〜
ゆり「コロンありがとう・・・そしてさよなら私を愛した人・・・・」
会えなかった恋人の思いがけない再会涙を流さずにはいられなかった。
骨のシタリ「相当おまえさんに会いたかったようじゃな。」
その場を立ち去るシタリ、ゆりはしばらくその場を動くことはなかった。

それからと言うものゆりは毎日のようにココに通い続けた。
彼女が心を籠めて磨き続けた。不思議と彼女は笑顔を取り戻した。
校内でも生徒達と親しくなっていた。

のぞみ「やめるんだ信彦お前とは戦いたくない。」
ゆり「こい光太郎…!?もういいかな?毎日朝から〜放課後まで疲れるわ」
のぞみ「ええ〜もっとやろうよ」
ゆり「高山先生に頼んでみたらどう?」
のぞみ「だってあの先生は夜中人の生き血をすすっているんだよ」

高山「誰が夜中に生き血をすすっているんだ」
ゆり「あっ…」
のぞみ「…いらっしゃいませ〜」
高山「ごまかすなー(怒怒)」

そんなわけで月影ゆりの3週間の実習が終了した。
別れ惜しむ生徒たちであったが・・・・・

それから1ヶ月の事だった
カワリーノ「え〜それでは新しくこの学院に配属されることになりました。どうぞ」
そこに現れたのは見覚えのある人がやってきたのだった。
ゆり「皆さんわからないことだらけですがよろしくお願いします。
小々田「やれやれ結局こうなるんだなトホホホ」

441 :名無しより愛をこめて:2010/12/16(木) 18:06:22 ID:gzN/ghNa0
>>440
取り合えずこれでゆり編終了かな?
早くいちゅきやスイートの面子も出してくれ

442 :名無しより愛をこめて:2010/12/16(木) 18:23:52 ID:EvbAoVba0
もうお前ら失せろ
面白くないからてめえのブログででもやっとけ三流クズ

443 :名無しより愛をこめて:2010/12/16(木) 21:29:24 ID:1xQ9sxP40
私立プリキュア学院って、ようするにオトメ帝国

444 :名無しより愛をこめて:2010/12/17(金) 14:20:24 ID:5QquY0Kq0
>>440
続きはこれだけかよ…

445 :名無しより愛をこめて:2010/12/19(日) 20:04:07 ID:CMyMM4VA0
早く続き書かんか

446 :名無しより愛をこめて:2010/12/20(月) 22:07:53 ID:mkIs2Lb60
なぎさ「スレが少ないどころかプリキュア小説の数が少ないわね…オールスターズ外伝3つは更新止まっているし
小々田の教育実習生指導(?)編は中々進まないしドリームストーリーに至っては苦情が多くて打ち切りになったし…」
咲「新しいプリキュア小説をどんどん増やすべきですよ」
のぞみ「このスレのタイトルを学園縛りにしているのが原因だと思うよ」
ラブ「そうですよね、バトルとかやってほしいですよ他のキャラとのコラボもやりたいし」
つぼみ「今後のこのスレに期待するしかありません、皆さんも新しいプリキュア小説を考えてここに書いてください」

447 :名無しより愛をこめて:2010/12/22(水) 17:18:20 ID:7V/x5+xmP
>>446
そうじゃ頑張ってね

448 :名無しより愛をこめて:2010/12/23(木) 00:26:34 ID:RWs324Ql0
>このスレのタイトルを学園縛りにしているのが原因だと思うよ
だったらお前がよそにスレたてればいいだけの話だろ
学園縛りじゃないスレをさ
ドリームストーリーだってこのスレじゃなくてよそに書いてればよかっただけの話
それなのにもう書かなくなったのは作者にやる気がなくなったから
このスレには「書くな」って何度も言ってるのにその時は書いて
よそのスレに「書け」って言われたら書かない
結論としてドリームストーリーの作者は実に自分勝手でいいかげんだ

449 :名無しより愛をこめて:2010/12/26(日) 07:13:04 ID:+ZN3qNY10
人が来ないなら場所移動しろよ。特撮板では無理だから、アニメか二次創作に引っ越しした方がいいぞ。

450 :名無しより愛をこめて:2010/12/26(日) 08:17:40 ID:APSLMwDbP
二次元制作ってどこにあるんだ?

451 :名無しより愛をこめて:2010/12/26(日) 16:33:04 ID:SzLmaYZj0
その前に全編エロエロでやってくれ

452 :名無しより愛をこめて:2010/12/26(日) 21:55:55 ID:b3wuQ7Qx0
>>446
大体もともと学園ものとして始まったスレなのに
後から勝手にスレ違いなもの書き込んで批判された自分が悪いんだろう
そんで今度は学園縛りやめろとか勝手なこと言うな

453 :名無しより愛をこめて:2010/12/27(月) 02:54:24 ID:wRggK/xx0
けんかは、やめてね。おねがい。

マイメロディ

454 :名無しより愛をこめて:2010/12/28(火) 15:21:27 ID:saW6t+y60
>>450
創作発表板があるのでそこへ書いて下さい。

455 :名無しより愛をこめて:2011/01/12(水) 23:42:07 ID:bpjxPjSs0
>>446
お前ドリームストーリーの作者だろ
丸わかりだっての

456 :名無しより愛をこめて:2011/01/15(土) 01:26:54 ID:6Wb4D4iu0
保全あげ


457 :名無しより愛をこめて:2011/01/20(木) 17:21:40 ID:MAdFMV7L0
続き書け

458 :名無しより愛をこめて:2011/01/21(金) 13:48:26 ID:j8uT6nWb0
続き書くなら響や奏も出してほしい

459 :名無しより愛をこめて:2011/01/22(土) 00:56:42 ID:y/XrdK8Q0
あの二人、音楽部員ではないのか

460 :名無しより愛をこめて:2011/01/22(土) 15:56:37 ID:WrTfzU960
続きはいつになったらやるんだ?

461 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 19:43:01 ID:jYUlM4ff0
なぎさ「で今後のプリキュア小説はどうなんの?」
ほのか「明日何かやるらしいわよ」

462 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 19:55:35 ID:jYUlM4ff0
ほのか「と思ったけど今日やるみたいわよタイトルは…」

プリキュアオールスターズDX外伝 ふたりはプリキュアRX 

なぎさ「…ってこれなの!?ありえな〜い!」
咲「ふたりはプリキュアRXって新たなコンビプリキュアなの?」
のぞみ「違うみたいだよふたりはプリキュア及びMHの続編」
ラブ「確かこれなぎささんとほのかさんが主人公ですよね」
つぼみ「MHから数十年後のお話だそうです」
ほのか「他のプリキュアのみんなも出るから期待してね」
なぎさ「数十年後ってあたし達何をやっているんだろ…」
ひかり(わ、私は…?)

463 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 20:23:18 ID:jYUlM4ff0
プリキュアオールスターズDX外伝 ふたりはプリキュアRX 
第1話「新たなる始まり」パート1
2004年からある2人の中学生が伝説の戦士に変身し邪悪のなる組織ドツグゾーンと戦った
彼女らは衝突し合いながらも仲間達とともにドツグゾーンの邪悪なるしもべ達を次々と撃退していった
そして首領であるジャアクキングを倒してから数十年ぐらいの時が経った…
2024年4月の東京、ここにあるスポーツ会社で働くOLがいたそのOLとは…
なぎさ「あたしはもう24歳になったのか…」
彼女は美墨なぎさ、かつてキュアブラックという女戦士に変身していたが…
社員A「美墨さーん」
なぎさ「ん何?」
社員A「雪城ほのかさんという人が来ていて美墨さんにお話したいそうです」
なぎさ「雪城ほのか…分かったわでその人はどこにいるの?」
社員A「1階のロビーです」
なぎさ「分かったわすぐに行く」
なぎさは急いで1階へ向かったそして1階のロビーでは
ほのか「まだかな…」
そこにいたのは雪城ほのか、彼女もキュアホワイトという女戦士に変身していた
なぎさ「よし1階についた…おーいほのか〜」
ほのか「あなぎさ!」
エレベーターから降りたなぎさはほのかの所へ来た
なぎさ「久しぶりねほのか」
ほのか「久しぶりってときどき会っているじゃない」

464 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 20:35:21 ID:jYUlM4ff0
プリキュアオールスターズDX外伝 ふたりはプリキュアRX 
第1話「新たなる始まり」パート2
なぎさ「ああそうだったわね…であたしに話したいことって?」
ほのか「なぎさに見せたい物があるの、私が勤めている研究所で」
なぎさ「分かったわちょうど私も今日の仕事を終えた所だからカバン持ってくる」
ほのか「私も行っていいかしら?」
なぎさ「いいわよさいきましょ」
2人は一旦なぎさの仕事場に行きなぎさはカバンに持ち物を入れ1階に戻った
そして駐車場でほのかの車に乗り研究所へ向かった
なぎさ「ねぇほのか、あたしに見せたい物って何なの?」
ほのか「謎の生命体なのなんか邪悪な雰囲気が漂って…」
なぎさ「邪悪な雰囲気…まさかまたドツグゾーン?」
ほのか「いやドツグゾーンじゃないわ、多分この世界の生命体じゃないと思うの」
なぎさ「この世界の生命体じゃないって…一体何なのかしら?」
ほのか「あもうすぐ着くわ」
2人を乗せた車は研究所に着いた、とてつもなく大きくかなり有名な所である
なぎさ「いつものように大きい研究所ね…」
ほのか「ほら早く入りましょ」
2人は研究所に入った

465 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 21:53:47 ID:jYUlM4ff0
プリキュアオールスターズDX外伝 ふたりはプリキュアRX 
第1話「新たなる始まり」パート3
なぎさ「いいのほのか?あたしみたいなのがここに来て…」
ほのか「大丈夫よちゃんと許可はもらっているから」
2人は例の生命体がいる研究室に入った
研究員A「あ雪城教授」
研究員B「どうして戻られて?」
ほのか「この人に例の生命体を見せたいのいいかしら?」
研究員C「えーしかしあの生命体は…」
ほのか「私が彼女に誰にも話さないと約束するわ、それでいいなぎさ?」
なぎさ「いいけどほのかは大丈夫なの?」
ほのか「大丈夫よ、私は科学者の中でかなり信頼されているから」
なぎさ「そうなの…」
ほのか「ほら早く行きましょ」
2人は例の生命体のいる部屋に入った、その部屋にはいろんな設備がされている
なぎさ「かなりの設備ね…で例の生命体は?」
ほのか「このカプセルの中にいるこれよ」
ほのかはカプセルに指を指した、そのカプセルには特殊の液に入っている人型生物だ
なぎさ「これが例の生命体?…まるで怪人みたい」
ほのか「私も最初見て怪人に思えたわ」
なぎさ「どこで発見されたの?」
ほのか「ある山地で発見されたの、仮死状態で」

466 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 22:09:05 ID:VlC/MuZX0
あのさあ、学園ストーリーのスレだってなんべん言ったらわかるの?
いいかげんにしないと削除依頼だすよ。

467 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 22:17:10 ID:jYUlM4ff0
プリキュアオールスターズDX外伝 ふたりはプリキュアRX 
第1話「新たなる始まり」パート4
なぎさ「か、仮死状態!?まさかいつか目覚めて暴れだすんじゃ…」
ほのか「心配ないわ、この特殊な液が入ったカプセルに閉じ込めているから簡単に出られないわ」
なぎさ「だといいんだけど…それにしても確かに邪悪な雰囲気が漂うわ」
ほのか「でもドツグゾーンとはちょっと違うわね、性質とか…」
2人はこの人型生命体の謎が気になっているらしい
なぎさ「取りあえずみんなに聞いてみる?」
ほのか「みんなはそれぞれの場所で忙しいみたいわよ、中々連絡も来れないし」
なぎさ「そうか…この怪人はどうするの?」
ほのか「しばらく研究するわ」
なぎさ「そうなのじゃあたしは帰るよ」
ほのか「待ってせっかくだから一緒に食事に行かない?」
なぎさ「いいわよ今日は用事何もないから、ほのかこそここでの仕事は?」
ほのか「私もとっくに終わったわ、早く行きましょ」
2人は食事に行くため研究所か出て車でその場所に行った、同じ頃研究員は怪人のいる部屋に入った
研究員A「雪城教授も大胆な事を言うなぁ…ん?」
研究員は何かに気付いた、仮死状態の怪人がほんの少し動いている所を
研究員A「気のせいか…」
第2話に続く

468 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 22:18:21 ID:jYUlM4ff0
>>466
一応学園ストーリーも入っているよ
今後の展開に期待して

469 :名無しより愛をこめて:2011/01/23(日) 22:18:59 ID:VlC/MuZX0
>>466
ねえ、俺の書き込みちゃんと読んでる?
返事ぐらいしたら?

470 :名無しより愛をこめて:2011/01/24(月) 00:18:51 ID:KNFeb10Z0
なぎほのなら、年を経てもアツアツの関係を希望する。

471 :名無しより愛をこめて:2011/01/24(月) 21:53:03 ID:FlOpFM+N0
どこが私立プリキュア学院なんだよ

472 :名無しより愛をこめて:2011/01/24(月) 22:53:47 ID:iKvaiPEH0
続きまだかい?

473 :名無しより愛をこめて:2011/01/25(火) 01:03:26 ID:HrxPCgI70
なんの続きだ

474 :名無しより愛をこめて:2011/01/25(火) 19:44:22 ID:o18ZTnZG0
>>440
早く続きやってよ

475 :名無しより愛をこめて:2011/01/31(月) 05:32:07 ID:I0RPFf8eO
だだこねる子は竜宮小町に隔離ですよ。

476 :名無しより愛をこめて:2011/01/31(月) 22:20:58 ID:s65dfEOx0
もうこのスレいらないな

477 :名無しより愛をこめて:2011/02/07(月) 14:13:49 ID:nCsq0zkF0
人こないなら引っ越せよ

478 :名無しより愛をこめて:2011/02/08(火) 15:55:39 ID:DpNJM2wQ0
引っ越すならここに来なさい
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1295952179/

479 :名無しより愛をこめて:2011/02/08(火) 23:57:16 ID:E+sBFMt80
ドリームストーリーもオールスター外伝もやっとよそのスレに行ってくれたようでよかったよかった。
ちょっとのぞいてみたがやはり俺の言ったとおりだった。
どこが「学園ストーリー」なんだよまったく。
もう戻ってくるなよ。

480 :名無しより愛をこめて:2011/02/09(水) 22:14:03 ID:hAeVwil3P
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
春が過ぎちょうどうっとおしい梅雨の季節のことである。
えりか「昨日ママから聞いたんだけど」
つぼみ「何をですか?」
えりか「昔有名な舞台女優が家によく服を買いに来てくれたの」
つぼみ「その人のお名前はなんて言うんですか?」
えりか「ええっとたしか……春日野まりあだったかな?」

その話を聞いたのは意外にもうららであった。
うらら「今のその話本当ですか?」
つぼみ「うららさん、おはようございます。」

えりか「なになに?知っている人なの??」
うらら「知っているもなにも、その人は私の母親なの。」
つぼみ・えりか「ええーーっ」
うらら「そんなに驚かなくても…。」

つぼみ「驚きますよ、そりゃあ有名な舞台女優さんのお子さんが同級生だなんて。」
ここでえりかから思わぬ一言がうららを大きく変えることになる。
えりか「でもさなんで?母親が女優ならどうしてうららはやらないの?」
その言葉を聞いてなにを話していいのかがわからなくなってしまった。
うらら「えっええあっあの興味がないんだ。」
えりか「ふ〜んそうなんだあたしゃてっきり女優になりたいのかと思ってたよ。」

本当のところは「私も母の後を継いで女優の道を歩みたい」
そう言いたかったが今はそれを言う自信がなくあえてウソを言ったのだ。
私もやりたい。同じ舞台立ちたい。小さい時からの憧れていた夢
だが裏を返せば大きな不安もある。自分はやっていけるのか?

母のようなりっぱな人になれるのか?自分にはまだ早いのか
そんな不安ばかりがうららを悩ませ続けた。

481 :プリキュアファン:2011/02/10(木) 23:03:55 ID:1y3JoFOMO
学園ストーリーを楽しみにしています。

482 :名無しより愛をこめて:2011/02/11(金) 00:05:45 ID:p5gTd1IfO
>>480
待たせ過ぎだ。

483 :名無しより愛をこめて:2011/02/13(日) 13:06:18 ID:JCGhPKtv0
>>480
これ440の続きなの?

484 :名無しより愛をこめて:2011/02/16(水) 11:57:40 ID:8jATWWmj0
響と奏は?

485 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 10:08:43 ID:x5xDCd1z0
エロトラブルも楽しみにしています。

486 :名無しより愛をこめて:2011/02/17(木) 13:11:15 ID:2wa/wF810
早く続き書け

487 :名無しより愛をこめて:2011/02/18(金) 11:56:21 ID:FrsLNySC0
いつき響奏も出してください

488 :名無しより愛をこめて:2011/02/19(土) 13:17:28 ID:02I+WtRE0
響出したら絶対響鬼ネタ入れそうだな

489 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 10:28:52.97 ID:lsn/i0nH0
>>488
そういうのはよそのスレでやれ

490 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 12:38:17.19 ID:+9csZfsK0
親父のせいでWネタになる

491 :名無しより愛をこめて:2011/02/20(日) 12:55:41.60 ID:52nO9lk40
>>490
親父…ああ井坂先生だったんだよな

492 :名無しより愛をこめて:2011/02/21(月) 15:54:21.84 ID:z6dzbfkt0
>>480
続き書いてよ

493 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 13:25:06.17 ID:hxnT2AupO
この前の放送でプリキュアのパンツが見えたと言ってるのがいたが
あれ、パンツじゃないでしょ?

494 :名無しより愛をこめて:2011/02/22(火) 21:23:11.73 ID:wsazIX4I0
そいつはパンツだと思ってんだから夢は壊さずにそっとしといてやれ


495 :名無しより愛をこめて:2011/02/23(水) 01:08:35.87 ID:KsTLQPZ80
                    ,'===}、{ヽ.ヽ__,'//  イ==、      ヽノヽノノ      ノ_
                   ,'===}、{ヽ_ヽ_=,':  /     ヽ、:              :彡、
                  ,'=='´}、{レヽ_,'_=,' ::/        l/l/´´ ̄ ̄ ̄`ヽ    : 、ヽ
                  ,'=,'==='イ ,'=、_': ,:'                  ノ:    :ミ、
                 ,'=,' ()_ヽ ,'=、_,' :/                   Z    ヽヽ
                 ,'、,' r'、--','7=,'/:,'                   イ彡    リ
                ,'=' r‐' 、} ,'_,'`7 |,' ...`、 、                /l::    :|
         /´ ̄`ー‐-'.._,' ゝ-¨ノ=__ノ ,'  、ー=、\丶              /   :ノリ
         / 、     r´¨ヽ∠ノr='  ,'   心、 ヽ)    、_          /     |
        ,'  ゝ──--ゝ__ノノシ= }ヽ !   ``¨`ノ / / ー-、ニニニ-      ヽ    ノ
        ,',... .イ       ̄`丶'、  |   ´``'  / /  r、‐rッ、ヽ      /:: ィ=  ノノ}
     .ィ´     __...ゝ-、...__    /ヽ、!    、 / /  、  ``´‐ 、     /:/7    ノ}
     {  ,... - ¨      `丶、、_ゝ-'ノ r'イ´( ノ  /,、  ゝ、___ノ     /イノ´   _/
    /r'´         __   `、―、ノ' 、  ヽ__,,..ノ、         /´/    __,フ
   / |  ──── ¨¨   `丶__ゝノ r`、、      }、      /-'  トニ≦´
   /:::: ',    /     、_  丶:::::::::::::::i  ヽ、 `ー-丶、 ノ     /   \<嫌いということは好きということだよ
.  /::::/::::',      、_ /   丶--':::::::::::::::丶.  ` ̄´  、    イ     \



496 :名無しより愛をこめて:2011/02/24(木) 11:50:04.32 ID:h8QlsZOFO
保健室の井坂先生、音楽の北条先生の登場マダーー?

497 :名無しより愛をこめて:2011/02/24(木) 20:41:36.77 ID:WZtlDevG0
響奏もそうだがいちゅきはさっさと出すべきだと思うんだがな

498 :名無しより愛をこめて:2011/02/24(木) 22:06:57.57 ID:1G8XXlziP
>>480
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
昼下がり
うらら「(でも怒られないかな?お父さんやお爺ちゃんは絶対に反対するだろし。)」
その背後から近づく人物が
???「スキあり〜〜。」

うらら「うひゃ〜冷たいぃぃぃ。」
のぞみ「どう?驚いた?。」
うらら「驚きましたよ。なにするんですかのぞみさん。」

のぞみ「どうしたの??カレーうどん食べていたら首にぶら下げていた携帯が【ボチャン】と落ちて
    しまった。ような顔をして?」
うらら「どんなたとえですか?それ。」
のぞみ「まあ気にしない気にしない。なんか悩み事?」
うらら「ええ、まあそんな感じです。」

自分で考えてもラチがあかないので、ダメ元で相談してみることにした。
うらら「あの、たとえなんですけど。もし、もしですよ。自分も同じような演技の舞台に立ちたい。
    もし出られるならどういった役で出てみたいとか?」
のぞみ「もしかしてうらら、カレクックみたいな人になりたいの??」
うらら「誰ですか?それ・・・?」

思った通りのぞみに自分の悩みを相談したのは間違いだったようで
さっさと話を切りあげた。
うらら「もういいです。のぞみさんありがとう少しは気がはれました。」
うららが立ち去ろうとした時にのぞみから思わぬ一言を発する。

のぞみ「でも夢を見ることはいいことだよ。見ているだけじゃダメだよやらない事には始まらないよ。 
    うらら今やらなきゃいつやるの?」
うらら「え?いつと言われても…私には…」
のぞみ「やらないで後悔する?それならやって後悔したほうがいいよ。」

499 :名無しより愛をこめて:2011/02/24(木) 23:18:37.54 ID:fTLpRooQ0
>>488
むしろ夢パティネタだな

500 :名無しより愛をこめて:2011/02/24(木) 23:19:04.83 ID:fTLpRooQ0
>>496
毎回女子にセクハラかますんですね

501 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 14:50:04.62 ID:HeUbjJ+w0
>>498
やっと書いてくれたか続きはどうなるか楽しみだな

502 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 22:33:33.78 ID:4GSHTHY10
>>496
ハレンチ学園の教師陣を見習って
女生徒にセクハラ攻撃仕掛けるべし

503 :名無しより愛をこめて:2011/02/25(金) 23:37:50.60 ID:VfyzG6wj0
うららが主役とはまたマニアックな作者だな
つーかこのスレに小説書いてる人は5がそんなに好きなのか?

504 :名無しより愛をこめて:2011/02/26(土) 13:34:29.82 ID:zjifWtii0
うらら主役でもいいからいつき響奏を早く出してくれ

505 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 00:00:02.45 ID:nO0mlIuv0
咲と舞を出してくれ

506 :名無しより愛をこめて:2011/02/27(日) 13:23:13.97 ID:uMkg6aD+0
続き書いてよ

507 :名無しより愛をこめて:2011/02/28(月) 20:58:33.08 ID:yDHPA0x60
エロハプニングやってよ

508 :名無しより愛をこめて:2011/03/02(水) 00:09:43.57 ID:fLuH+rDB0
>>507
自分で書いてよ

509 :名無しより愛をこめて:2011/03/02(水) 20:28:48.18 ID:agBvLJQG0
全然続き書かないのはどういうことだ

510 :名無しより愛をこめて:2011/03/02(水) 22:58:11.76 ID:9TqUV3Cq0
>>507
ここのスレではいくら言っても無理だからあきらめろ




そういうの読みたければこっちに行け
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1272540209/
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1295952179/

511 :名無しより愛をこめて:2011/03/06(日) 20:18:58.22 ID:R2hHDmK50
もう1週間経つけどまだなの?

512 :名無しより愛をこめて:2011/03/09(水) 12:42:00.99 ID:8IYhXpq/0
ほんと全然書かねぇな…

513 :名無しより愛をこめて:2011/03/09(水) 22:02:17.45 ID:SikOR6eH0
書く気ないんだろ

514 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 07:31:21.14 ID:IYqxM9WjP
>>498
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
のぞみの言われた通り自分でなりたい夢を今やらなきゃいつやるの?
そう言われてからうららの中で少しずつ変わり始めていた。

うらら「でもみんなは夢ってあるのかな?」
そう考えて歩いていたうららは、前を見ていなかったので人とぶつかってしまった。

いつき「あっ君大丈夫かい?」
うらら「ごめんなさいぼっとしていたもので。」
奏「なにかあったの?悩みなら私達が聞いてあげますよ。」
うらら「あっありがとうございます。」
こんなこと聞いていいのかとも思ったが、思い切って聞いてみることにした。
うらら「実は…私、将来の夢の事を考えていたんですけど、どうにも悩んでしまって…
    お二人は将来の夢とかあるんですか?」
いつき「夢…?夢ねぇ…。僕は自分の道場を継がなきゃいけないんだ。」
うらら「それはどうしてですか?」
いつき「元々は兄上が継ぐはずだったんだけど昔から体が弱くて、だから僕が後継ぎになろうと思ったんだ。」
うらら「後継ぎかぁ〜。すごいですね。奏さんは、なにになるんですか?。」
奏「私はお父さんみたいなパティシエかな?」

うらら「それぞれ夢があっていいですね。」
いつき「そう言ううららは何をやりたいの?」
うらら「私は…。」
奏「それなら歌を歌うなんてどうですか?」

うらら「えっ…うっ歌ですか?」
奏「うららさんっていつも誰もいない教室で歌っていたの前に聞いたことがあるの、それで…」
いつき「へぇ〜意外だね歌なんてもしよかったら今から聞かせてくれないかな?」
うらら「まあいいですよ。」

515 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 09:11:54.75 ID:J9x58ITw0
>>514
エロハプニングはないの?

516 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 12:11:14.16 ID:S2ggbPILO
>>515
永遠にこない

517 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 14:18:13.50 ID:eScV6tCg0
>>514
やっと書いてくれたか…って唐突にいつき奏がいるし
響も出してくれるんだろうな?

518 :名無しより愛をこめて:2011/03/10(木) 15:47:26.46 ID:NDHeGTly0
>>515
ここのスレではいくら言っても無理だからあきらめろ




そういうの読みたければこっちに行け
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1272540209/
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1295952179/

519 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 12:42:59.99 ID:v1c3R3dh0
この調子で続き書け

520 :名無しより愛をこめて:2011/03/11(金) 20:08:48.13 ID:SnXxPMDbO
物語の続きを楽しみにしています。また、作者さんは慌てずにゆっくり考えて書いて下さい。

521 :名無しより愛をこめて:2011/03/12(土) 13:31:58.83 ID:mj1WYy2Z0
響出るなら響鬼に変身させてくれ

522 :名無しより愛をこめて:2011/03/12(土) 22:39:50.17 ID:6UTMhFkf0
>>521
そういうの読みたければこっちに行け

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sfx/1295952179/



523 :名無しより愛をこめて:2011/03/13(日) 13:20:31.04 ID:zJup9+7H0
続きまだかいな

524 :名無しより愛をこめて:2011/03/13(日) 15:20:26.38 ID:u6lzG51c0
早く書いてほしい

525 :名無しより愛をこめて:2011/03/14(月) 18:52:35.63 ID:F/WrlnwL0
>>521
いっそエロい目に遭わせてくれ

526 :名無しより愛をこめて:2011/03/14(月) 18:53:13.62 ID:F/WrlnwL0
>>518
そんなにエロが嫌いか

527 :名無しより愛をこめて:2011/03/14(月) 23:56:18.76 ID:AIFm5yfB0
いいかげんしつこいと荒らしとみなされるぞ

528 :名無しより愛をこめて:2011/03/15(火) 09:57:27.86 ID:uIrZcUn80
>>527
プリキュアという言葉を見るとついつい荒らしたくなっちゃう

529 :名無しより愛をこめて:2011/03/18(金) 12:14:43.29 ID:++2sGrBT0
1週間経つけどまだ書かないのかい?

530 :名無しより愛をこめて:2011/03/20(日) 11:18:02.93 ID:CL5S2dGH0
俺が思うに
宣言します。私はアイドルになります予選編
の作者と
ドリームストーリーの作者は同一人物
つまり作者は今書いているやつよりもドリームストーリーみたいなやつを
書きたがっているがこのスレに書いたら苦情が来る
だから仕方なく今書いてるみたいなのを書いているがあんまり書きたくないから
やる気が出ない
今奴はよそのスレでまたドリームストーリーみたいな長ったらしくてややこしくて
ぐだぐだとうざったい話を毎日毎日たくさん書いている
とまあそんなとこだろ

531 :名無しより愛をこめて:2011/03/20(日) 11:40:11.00 ID:iXEs5wJSO
>>530
俺は全く違う人だと思う

532 :名無しより愛をこめて:2011/03/22(火) 12:40:55.22 ID:k0qIp3IF0
早く書いてほしいね

533 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 08:06:24.82 ID:+0WKMd+kP
>>514
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
うららは言われたとおりに歌いだした。するといつきと奏は歌声を聴いて驚いた。
いつき「へぇ〜上手だね。君にぴったりじゃなイカ?」
うらら「いえいえそれほどうまくはないですよ。母がよく歌ってくれたものですから。」

高山「ほぉ〜なかなかいい歌声がするから誰かと思ったら春日野だったのか。」
奏「先生いつのまにいたんですか?」
高山「しかし春日野いつもその感じで歌ってくれるとうれしいんだけどな。」
うらら「あっ先生」

高山「お前の事だ恥ずかしかったんだろうな、ん?そうでしょ??」
うらら「いや…あの…えっと…そう言うわけじゃないんですけど…。」
高山「まあ次からはちゃんとやるようになハッハッハッハハハ。」
そう言い残しその場を去って行った高山先生

奏「どうしていつも音楽の授業ではさっきのようにやらないの?」
高山先生に言われた事が気になりうららに聞いてみることにしたのだ
うらら「じつは…ただ恥ずかしいだけなんです。さっきのように歌う事が出来なくって
   それでいつも音程を外した声で歌っていたんです。」
いつき「自分に自信を持ちなよ。君には出来るよ。」
奏「そうよあなたは自分から逃げているだけよ、どうして逃げるのあきらめるないで。」

うらら「うっうんやってみるよ。」
しかし視線は下を向いていた、それを見逃がさなかったいつきと奏
いつき「うらら前を向いて顔を上げてそしてお腹からを声出して。」
奏「いい今のあなたは何がしたいの?このままじゃずっと後悔し続けるよ
  やりたいことがあるなら、やりなさいそれから後悔し続けなさい。」

534 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 13:00:56.77 ID:77/nm1qI0
>>533
この調子でさっさと続き書け


535 :名無しより愛をこめて:2011/03/23(水) 22:38:12.84 ID:VeN3+bVf0
Yesのキャラは出さなくていい

536 :名無しより愛をこめて:2011/03/24(木) 12:01:11.83 ID:v1zsgHMg0
別に出しても構わんだろ

537 :名無しより愛をこめて:2011/03/24(木) 13:37:24.53 ID:rZhOLq+S0
出せとか言わなくても作者はYesのキャラばっか出すんだもの
作者のえこひいきがあるのはしょうがないがいいかげん出しすぎたらうざい
もっと他のシリーズのキャラの出番を増やせよ

538 :名無しより愛をこめて:2011/03/25(金) 12:01:57.78 ID:sMqQhqlg0
それじゃなぎさ咲ラブつぼみ響とほのか舞せつなえりか奏がそれぞれラブラブになる話をやってほしい

539 :名無しより愛をこめて:2011/03/25(金) 18:47:02.71 ID:rsBXFGEUO
物語の続編を楽しみにしています。また、満薫も登場させて下さい。

540 :名無しより愛をこめて:2011/03/25(金) 21:48:03.90 ID:HeJSQ+5N0
>>538
それならOK!

541 :名無しより愛をこめて:2011/03/26(土) 15:39:33.38 ID:m5K4bmQd0
あの5組のカップリングなら面白い内容になりそう

542 :名無しより愛をこめて:2011/03/26(土) 17:36:45.19 ID:GyWuoU+Z0
作者はオールスターを見に行かれただろうか
時節柄とても面白く感じたが

543 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 20:35:12.14 ID:iTQ3PJSJ0
>>538
そういやのぞみ以外の主人公って相方とレズ関係になっているんだよな…
なんでのぞみだけいないんだろうか

544 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 20:54:53.94 ID:w3SWdWj00
>>543
本当は仲良くないから

545 :名無しより愛をこめて:2011/03/27(日) 20:59:58.52 ID:w3SWdWj00
>>543
「口を開けばのぞみのぞみって、あんた他に友達いないの?」
って言われるから

546 :名無しより愛をこめて:2011/03/28(月) 12:31:39.97 ID:/5GR+SPz0
>>543
のぞみにはココがいるから…淫獣だけど
といってものぞみ以外の5人の主人公が相方とレズ関係なのはファンが勝手に決められたことだし…

547 :名無しより愛をこめて:2011/03/29(火) 18:22:34.17 ID:TVaSLA2a0
素直にエロハプニングでもやればいいのに

548 :名無しより愛をこめて:2011/03/30(水) 13:34:48.67 ID:hF1JB+Pa0
続きまだかいな

549 :名無しより愛をこめて:2011/03/31(木) 10:48:53.49 ID:8apZMv480
>>547
いいことを教えてやろう。それは自分で書くことだ!


550 :名無しより愛をこめて:2011/04/02(土) 23:07:25.03 ID:iKbT4QlG0
>>533
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
のぞみに言われた。「やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい。」
奏に言われた「今やらないでいつやるの?」
その言葉通り夢を見るのは簡単だがその夢を叶えるのはそう簡単なものではなかった。
うらら「みんなそれぞれの夢があるんだ私もやってみるしかないですね。」

自分の将来について父親とおじいちゃんに話して見ることにした。
〜その夜〜〜
ミッシェル「どうしたんじゃ?うららいつもの元気がないのぉ〜」
平蔵「ほんとですねうらら何があったんだ今日あったのか?」
ミッシェル「話してみなさい。」
うらら「お父さんおじいちゃんあの・・・実は…。」

うららは今日あったことをすべて話した。そして自分が母親と同じ道を歩みたいと
ミッシェル「うららついにまりあと同じ道をたどりたいだと、わしは反対だ絶対に。」
平蔵「どうしてですか?お父さん」
ミッシェル「お前にはまだ早すぎる卒業してからでも遅くはない。」

うらら「どうしてなの?おじいちゃん。私は今なりたいの。」
ミッシェル「どうしてもじゃ。今は我慢してくれ。」
そう言われたうららは泣きながらその場を後にした。
平蔵「私にはわかりません。あそこまで反対する理由があるのですか?」
そう問いかける平蔵にミッシェルは重い口調で話し始めた。

ミッシェル「今は約束を破るわけにはいかないのだ」
平蔵「約束っても…もしかして・・・・・」
ミッシェル「そうじゃまりあとの約束じゃから。やぶる理由にはいかないのじゃ」
平蔵「それならなおさらうららには…」

まりあが言い残した約束とはいったい・・・・・・・

551 :名無しより愛をこめて:2011/04/02(土) 23:16:24.27 ID:qKURaMl8O
>>550
エロハプニングマダー?

552 :名無しより愛をこめて:2011/04/03(日) 14:10:18.24 ID:Vz7jD2Bb0
続きこれだけかよ

553 :名無しより愛をこめて:2011/04/04(月) 23:24:28.15 ID:Gv12ucrj0
女優志願だったような気が

554 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 17:28:01.00 ID:ChuQ0v5L0
別世界だしいいんじゃね

555 :名無しより愛をこめて:2011/04/05(火) 18:54:53.08 ID:IeVSOA/60
せめて泥沼恋愛でもあれば

556 :名無しより愛をこめて:2011/04/09(土) 11:07:08.58 ID:5vJwWOJp0
いやその…今更だけど…なぜ特板に?

557 :名無しより愛をこめて:2011/04/11(月) 13:09:35.29 ID:nAZB+v6P0
上の御仁がかまってもらえんからさ

558 :名無しより愛をこめて:2011/04/13(水) 18:26:33.33 ID:C4nXhUd/0
http://www.youtube.com/watch?v=MoacEw7_hic&feature=related
さて ここで初心者の皆さんへの日本実写特撮作品の徹底比較紹介の時間です これは新マンのサケをモチーフとした魚怪獣戦戦です 雨に濡れ 町が燃えて行く中戦う様は壮大であるとすら言えますね
ウルトラマンシリーズは映画並みのクオリティと言いますが 実際にこういった膨大な専門の技術者や予算 特撮撮影施設や機械 現実さながらの巨大で細かいセットなどが組むにはかなりの予算が掛かります

http://www.youtube.com/watch?v=_vxaDxUg7Dg&feature=more_related
へっぴり腰マンの魚怪獣戦です えいが・・なみ・・? 何だろうこのチープさ ショッカーの雑魚怪人みたいな酷さを感じるこのクタクタの安っぽい怪獣は  正に五秒で考えたような何のひねりも無い安い半漁人コスプレって感じですね 
というかこれはもう怪獣じゃなくて服じゃねーかと
因みにこの酷い怪獣ですら他番組で使用済みのジャンク品の改造品だったりします じゃあどこに金掛けてるんだと思うかも知れません が金があったらそもそも売れない棒読み演技俳優なんて雇うわけがないです

http://www.youtube.com/watch?v=kupvNbEd1eA&feature=related
ティガの魚怪獣です 精巧に作られた着ぐるみや巨大な町膨大な予算で作られた破壊ギミックの数々は正に特撮です 魚が突然変異で人型になったという設定に基づかれた魚と人間の中間の様なデザインも見るに不気味と言えます

http://www.youtube.com/watch?v=zoVnv7iytog&feature=more_related
これはへっぴり腰マンのシーボーズの回ですね 一目で 「これはひでえええええええ」 と分かる安いセットやクタクタにしなびて垂れた着ぐるみが凄いです へっぴり腰マンが「ロケットで帰れなくなった幽霊怪獣を宇宙に帰す感動的な」回ですね 
わざわざこんな何も無い更地に機材運んでロケット建設するのは大変だったと思います

http://www.youtube.com/watch?v=Mae5w7OVEyI&feature=mfu_in_order&list=UL
これは豚鼻セブンのペガッサ鬼ごっこ回です 単なる街中や更地で格闘を行うだけのライダーよりウルトラマンシリーズの方が遥かに金が掛かってる こんな話をウルトラファンがしているのを聞きますが 実際はピンきりです 
例えば豚鼻セブンの様なライダーと比べるのも失礼な


超が付く低予算作品


もあります 
特にこの回なんてどう見てもライダーより遥かにしょぼいです 多くのアクターを雇って格闘を行い火薬もそれなりに使い格闘してるライダーに比べて この素人が乙女走りでえっほえっほ走ってるだけのシュールな漫才小芝居レベルの特撮はいったい?
この走るたびにぶっかぶっか着ぐるみが揺れて見苦しい宇宙人は「宇宙で最高の科学」を持つ宇宙人らしいです それでこの爆弾は地球を粉々にするだけの力があるらしいのです セブンスタッフはクタクタのロボットをスーパーロボットと豪語したり
更地で石を投げあってたケツタイツを宇宙の帝王と豪語したりと 「視聴者を失笑させる才能だけは天才」です 果たして地球粉々にする爆弾あんなに近くで爆発させて良いのか疑問なんですが あの爆破の規模を見る限り


犬小屋一つすら吹き飛ばせない感じ


なので別に良いのかも知れませんね このように超低予算特撮ですらない仮装大会レベルの映像を宇宙規模の戦争と言い張る当たり 
この番組そのものが「チープ系特撮への究極の皮肉」「シュールギャグのコンセプト」として作られたのかも知れません

http://www.youtube.com/watch?v=yVFxo0AATuk&feature=related
ということで再び哀れなクタクタロボットです 相変わらず低予算過ぎて ぷっにぷに くにゃくにゃーん です この「超兵器」らしいモヒカンブーメランが跳ね返った時のカキンって音 
これ編集していれたスタッフは「死にたい気持ち」にならなかったのかつい心配してしまいますね この「ゴムガッパロボ一体」で二話引っ張りました

http://www.youtube.com/watch?v=cdnYwuZAqq0&feature=more_related
太郎の鬼ごっこ回です 鬼ごっこと言っても一流の作品は全然違いますね 実物大の人間が逃げる姿や 
町を破壊しながら追いかける怪獣の姿が交互に描かれています 巨大生物から家の地下に逃げ込むも地下まで追ってくるのは怖い
ZATの空中戦や 不死身の如く強さを誇るジレンマにアルカリ液で対抗するなど怪獣や自衛隊もちゃんと動いてます まあ超低予算特撮遥かに追い越して低予算コント作品と比べるのもあれですが

http://www.youtube.com/watch?v=djtsbkwJHZo
素晴らしい演技力ですね へっぴり腰マンの棒読み演技を遥かに超越してます


559 :名無しより愛をこめて:2011/04/13(水) 18:31:45.69 ID:QXxePFfo0
エロ狂とセンセーが居並ぶたぁ豪奢なもんだ
互いに殺しあってくれりゃちったぁウサも晴れるンだがよ

560 :作者:2011/04/15(金) 21:03:17.26 ID:5g+eyG5jP
>>550
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
平蔵「教えてくださいお父さん。まりあは何と言っていたんですか?」
ミッシェル「あれは亡くなる2週間前の事だ」
〜〜〜回想〜〜〜〜
まりあ「私ももう長くはないわね。」
ミッシェル「縁起でもない事は言わないでくれそんなこと言ったらきりがないぞ。それにうららはどうなるんじゃ?」
まりあ「そのことでいろいろ考えてみたのうららには私の後を継いでほしくないの。」
意外な一言で驚きを隠せないミッシェル。
ミッシェル「なぜうららには継がせないのだ?」

まりあ「うららには普通でいてほしいから。」
ミッシェル「なぜじゃ?」
まりあ「私はうららくらいの時からやっているけどあのくらいの年頃になると友達と一緒にいるのが少なくなるから。
   私はずっとそうだったから。さみしい思いだけはさせたくないの…ごめんさい私の勝手なワガママで。」
ミッシェル「そう言った事かわかったわかったわしにまかせろ、うららには別な道を歩ませるから。」
まりあ「そうしてくれると助かるわ。」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
平蔵「そう言った理由だったんですね。それではうららがかわいそうですよ。」
ミッシェル「理由はどうであれ。うららには可哀そうだが別の道がある。」
平蔵「たとえば?なんです。」
ミッシェル「モデルにするんじゃ。」
平蔵「このロリコンめ。」
ミッシェル「ロリコンではないフェミニストと言いなさい。」

そんなこんなんで無理やり親の敷いたレールに乗せられるうらら
自分の力でこの路線は変更する事が出来るのだろうか?

小々田「ところで俺の出番まだ?」
作者「しらんあと49話くらいだろ?」

561 :名無しより愛をこめて:2011/04/16(土) 08:59:06.20 ID:G1uzkSRG0
すべてのプリキュアを見守り、プリキュアがピンチになると救いに駆けつける、
とてつもないコスチュームに身を包んだナイスミドル、
「プリキュアの父」を出して下さい。

562 :名無しより愛をこめて:2011/04/16(土) 16:33:25.92 ID:nq9why9Z0
>>560
モデルだとmktnと被るやないか

563 :名無しより愛をこめて:2011/04/23(土) 16:01:28.83 ID:D/foeUhq0
とっと続き書け

564 :名無しより愛をこめて:2011/05/01(日) 21:45:21.89 ID:k5eqxEQy0
>>560
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
小々田「これまでのあらすじ、うららに無理やりモデルさせようとするロリコンじじいことミッシェル
それに反発うらら彼女は自分の意思を貫き通すことができるのだあろうか、こうご期待。」
のぞみ「ところでどうして先生が語っているんですか?」
小々田「それはな…出番が少しでもほしいからだよ。」
のぞみ「それでは本編はじまりま〜〜す。」

それから数日がたったが未だにうららは自分のおじいちゃんでもあるミッシェルとも口を聞いていない。
帰ってきてもすれ違いばかりで目も会わせない日々が続いた。
部屋にこもりっきりになったうらら

うらら「もう私にはお母さんみたいな事は出来ないのかな?」
そう呟いていると部屋をノックする音がした。
ノックの音「コンコン」
うらら「(誰だろう?)はーい」
平蔵「うらら入るよ。」

部屋に入ってきたのは父平蔵であった。
平蔵「うららちょっといいか?」
うらら「なにお父さん。」
平蔵「じつはうららにこれを見てもらいたくて。」
手渡したのは一枚の紙であった。

うらら「これは?」
平蔵「これは私の会社の取引先の人が紹介してくれたんだよ。まりあのような舞台女優とは違うだけど。」
うらら「アイドル!?でもこれなら私にもできるかもしれない。」
平蔵「やってみるかい?」
そう問い詰めらてうららは迷いなくこう答えた。
うらら「はいやります。私の夢をかなえます私自身の子の手で。」

565 :名無しより愛をこめて:2011/05/02(月) 18:20:03.25 ID:HdU2BjJk0
>>564
他のキャラの活躍も見たいんだが


566 :作者:2011/05/02(月) 21:27:25.67 ID:jc3Jr8qPP
>>565
今はうららがメインですが本戦が終われば響鬼の話の予定です。
次誰にしようかな?

567 :名無しより愛をこめて:2011/05/03(火) 13:43:00.40 ID:vbM1jvq20
エレンはまだビートになってないから当分先だな…
いっそのことひびきつながりで響とヒビキの話やればどうかと?

568 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 18:15:54.10 ID:1anse13K0
>今はうららがメインですが本戦が終われば響鬼の話の予定です
なんでそんなに仮面ライダーとコラボさせたいの?
せっかく今は面白いの書いてるのに台無しだ
そんなの書いたら苦情批判非難罵倒がくるっていいかげんなんで学習しないわけ?
ドリームストーリーみたいにこのスレ追い出されたいの?


569 :名無しより愛をこめて:2011/05/05(木) 19:36:58.11 ID:1ff95vKK0
>>568
ごめん説明たんなかったねこっちの方の響鬼でした

http://asahi.co.jp/precure/character.html

570 :名無しより愛をこめて:2011/05/07(土) 15:54:39.12 ID:R4Hgryvi0
響主役なら小清水キャラも出してよ

571 :名無しより愛をこめて:2011/05/11(水) 17:14:19.53 ID:tEHTC/kK0
続きまだなの〜

572 :名無しより愛をこめて:2011/05/22(日) 21:49:19.36 ID:J3iO13Wr0
>>564
〜〜宣言します。私はアイドルになります予選編〜〜
平蔵「ここは優秀でね。かなりの数のアイドル達を育て上げ世に送り出してきたんだよ。」
うらら「そんなにすごいところなんですか?…予選勝ちぬけるかな?」
平蔵「なになに予選は1曲歌って、そのあと上位9名が決勝戦に進めて、そのうち1名が投票による敗者復活戦か」
うらら「なにを歌えばいいのかわからないや。」

平蔵「大丈夫さうららなら出来るさ、予選は3週間後か今か時間が足りない気がするがら…」
うらら「わかりましらやります。今からでも遅くはないですから。」
平蔵「そうかわかった。必要な書類などは私が書くからうららは歌の練習をしてて。」
うらら「うんありがとうお父さん。」

それからというものうららは毎日歌を練習し振付もしている。が
うらら「これはなんか変だな。これはこうかな??ちがうなこうかな??」
そんな事を繰り返しつつ納得に行くまでやってみたがどれも本人にとってはいまひとつだった。
時間がないことが災いし焦り続けて失敗ばかり
さらに予選を勝ち抜いても決勝で歌う曲が決まっていない。

その事に気がついたのは予選が始まる。2日前だった。
うらら「ええ決勝では3曲も歌うの…orz」
平蔵「始まる前からあきらめるなよ」
うらら「えっでも」
平蔵「なんとしてでも見つけるんだ予選の1曲と決勝用の3曲を」
考えてみたが歌を歌う事がないうららにとっては難関であり
人生が決まる大バクチでもあり
生か死かまさにDitOrARA Eveのじょうたいでもあった。

ハミィ「ふむうむこれは楽しみだなニャ」
響「なんであんたが〆てるよ」

573 :名無しより愛をこめて:2011/05/23(月) 00:13:11.88 ID:Ng6W3hNP0
>>572
今回あんまり面白くないです先生

574 :名無しより愛をこめて:2011/05/23(月) 16:38:25.29 ID:KmmmMHOB0
続きはこれだけって…

575 :名無しより愛をこめて:2011/06/03(金) 13:56:20.58 ID:nkche1GBO
あんまりだ

576 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

326 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)