5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

屈辱的に恥ずかしかった思い出

302 :大人になった名無しさん:2010/06/04(金) 16:14:53
キャンプに行った時の事、
食事後に洗濯物を班で取りに行った時なんですが
リーダーが怖い顔をして待ち構えていた。
持ち物にはどんな小さな物であっても名前を
書く約束になっていたのだがどうやら
書き忘れてある物があったとの事。
で、白い下着みたいなものを取り出して
これだとみんなに見せた。
それは僕の水着の下に穿くサポーターであった。
で恥ずかしかったのでさっと受け取ろうとしたら
リーダーが女子の前でサポーターを引き延ばしている。
リー「この変なパンツは何ですか?」
自分「僕の水着のサポーターです」
リー「君はサポーター穿くほどおちんちんが大きいのですか?」
女子「キャーーーー」
自分「もう返して下さい」
リー(女子の前に持って行って)「これがおちんちんの大きいのを
カモフラージュするサポーターです。」
女子「キャーーー」
自分「返せ〜見るな〜」
リー「わかったわかった、でも今ここで名前をかけ」
自分「はい」
リー「おちんちんの当たる場所に大きく名前を書いておけよ」
女子「キャーーー」

もう恥ずかしくて恥ずかしくて
次の日、水着泳いだのですが
女子の視線が痛く感じました。

170 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)