5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宇宙開発】スペースX社、再使用型ファルコン9ロケットのコンセプトを発表

1 :依頼25-244@白夜φ ★:2011/10/09(日) 23:27:47.38 ID:???
スペースX社、再使用型ファルコン9ロケットのコンセプトを発表
October 5 - 2011 - ファルコン

スペースX社(Space Exploration Technologies Corporation)のイーロン・マスクCEOは9月29日、
ナショナル・プレス・クラブで講演し、 再使用型ファルコン9ロケットのコンセプトを発表した。

再使用型ファルコン9ロケットは推進剤を残し、ペイロードを切り離した後、初段と2段目のエンジンを
それぞれ逆噴射し、機体を減速させ、地上に垂直着陸し、全段再利用するコンセプトだという。

「(垂直着陸)は非常に難しいエンジニアリング問題です。しかし、私たちはそれを解決できるという
結論に達し、それを実現しようとしています。ここで必ず成功するとは言っていません、私たちは
失敗するかもしれません。でも、私たちは成功させるために努力するつもりです。
私たちは既に机上で設計し、計算し、シミュレーションも行っています」

再使用型ファルコン9ロケットの開発について、イーロン・マスクCEOはこのように述べた。

また、同氏は打ち上げコストについて、
「再利用できれば、打ち上げコストは100分の1程度になるでしょう」と述べた。

同社が公開している動画を見ると、有人宇宙船「ドラゴン」についても同様な機能を搭載し、
打ち上げロケットから帰還カプセルまで、全て逆噴射回収できる設計となっている。

■NATIONAL PRESS CLUB LUNCHEON WITH ELON MUSK
http://www.spacex.com/npc-luncheon-elon-musk.php
___________________

▽記事引用元 sorae.jp
http://www.sorae.jp/030807/4521.html
http://www.sorae.jp/newsimg11/1005spacex.jpg

☆ご依頼いただきました。

2 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:31:36.13 ID:/+QIiK8s
こういうのJAXAとかも研究してた希ガス

3 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:32:07.48 ID:sLRU6J10
二げっ他

4 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:36:00.51 ID:uwMdO7nY
ファルコン4

5 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:36:45.87 ID:RcV3jm4Z
ヘリコプターの緊急着陸方式とか、使えないのかな

6 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:44:55.04 ID:uez7ZsSb
「星のパイロット」の世界は、まだ遠いかな



7 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:45:56.17 ID:aFyKlbsx
民間で出来るのにJAXAは国におんぶにだっこ…
もう今までの技術は隣国にやって潰せし

8 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:49:06.91 ID:cOZy06Yc
「再利用できれば、打ち上げコストは100分の1程度になるでしょう」

スペースシャトルの時も同じようなこと言ってたわけで。

9 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:49:41.05 ID:uwMdO7nY
シャトルは再利用できてないからw

10 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:52:55.04 ID:aRsF/sIE
>>7
スペースXはNASAとか空軍が開発してきた技術の特許を買ってきてるだけだし
そもそも国からの支援無しでは成り立たないビジネスモデルなんだが

11 :名無しのひみつ:2011/10/09(日) 23:57:22.10 ID:7A9xwZ4L
どーしても再利用したいんだなw

12 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:03:31.82 ID:f4aTDjlp
宇宙から紙飛行機おとしたでしょ、あの要領なら普通に着陸できる。

13 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:03:32.08 ID:EZ181YWC
>>8
シャトル開発の時代に再利用したかったのは
機体そのものよりもコンピュータだと読んだことがあるが

14 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:09:51.89 ID:KrR13U7B
>>11
当たり前だろ。
毎回使い捨てるロケットは数十億円するのに対して、燃料代は数千万円でしかない。
これだけ考えても単純に100分の1になる

15 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:10:40.69 ID:159Fmzc0
着陸中にエンジンが止まるとこけそうだが
エンジンが9基あるファルコン9だと
冗長性が確保できていけるのかねえ

16 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:19:06.75 ID:fcBhhD3E
サンダーバードですね、まあできるのでは?

17 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:20:43.49 ID:EZ181YWC
帰還分の燃料を打ち上げるだけで
使い捨てよりかなり大型の機体が必要にならないのかね?

18 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:30:08.98 ID:159Fmzc0
かつてこんな事もやってたみたいだから
工学的にはできるんだろうな

DC-X Flight 8
http://www.youtube.com/watch?v=wv9n9Casp1o

19 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:30:41.63 ID:VoWg7KZK
>>14
実際は毎回整備しなきゃならんから
使い捨ての方が安かったです
ってんのがスペースシャトル

20 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:41:50.71 ID:du3wPOXv
リニアのカタパルトのレールを高い山まで伸ばして
打ち上げの補助にするような事できないのかな。

山があって、海が近くて、赤道に近くて、人が住んでなくて、
原子力発電所作っても文句出ない島って無いかな?


21 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:46:34.78 ID:ddlA2G7S
翼付きは強度がグンと下がるらしいね
スペースシャトル型はコンセプト自体間違いだったって言われてるね

22 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:49:06.69 ID:KrR13U7B
>>19
頭担いな。
スペースシャトルってのはシャトルと打ち上げシステム含めたシステムだよね??
で、ファルコン9はただの打ち上げシステムなわけ。つまり、スペースシャトルが完全に
使い捨ててる打ち上げシステムを完全に再利用するんだから、オタクの言ってることは
支離滅裂だよ。

23 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:54:58.26 ID:prIKjFw5
>>22
シャトルで使い捨てなのは外部燃料タンクだけで
SRBもメインエンジンも再使用してるんだが

24 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:57:21.17 ID:159Fmzc0
「それはそれ、これはこれ」で
シャトルで駄目だったから再利用はすべて駄目というものでもない

25 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 00:59:04.59 ID:2cYKskNn
ファルコンパーンチ!

26 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 01:11:36.08 ID:tPlW/wkM
シャトルの失敗はいきなり有人機で再利用したことだろう。
有人機と無人機では求められる信頼性のケタが違う。

イプシロンの自己診断システムとモバイル管制システムは再利用ロケットと相性が良いような気がする。
シャトル高額化の原因となった整備と点検を簡略化するのが再利用ロケットへの第一歩だと思う。

27 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:08:19.15 ID:6JZ7+10/
新品=処女厨涙目w

時代は再利用=中古女 だそうですw

28 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:11:18.13 ID:nRHnfHft
垂直着陸ってパラシュートかと思ったら違うんだな

29 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:15:27.67 ID:XMPGWUcZ
人類ハジマタ

30 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:16:53.02 ID:FXsT0qHb
ファルコン9って、クラスターが多すぎるし

それを再使用って、有人だとちょっとリスクありすぎないか?

と思うんだが・・・・

米国大丈夫かねぇ・・・・

31 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:47:48.05 ID:sMso7EDl
バリュートとパラシュートのほうが負担が少ないんじゃないか?

32 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:54:53.52 ID:O3A519wF
ダサ

33 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 02:58:02.86 ID:R24j09f7
もう一段目はカタパルトでいいんじゃないか。

34 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 04:04:31.33 ID:sKrTI3Sf
日本は是非スクラムジェットの開発を!

35 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 04:35:11.54 ID:wvLCfl6J
完全再使用ロケットは漢の夢

36 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 04:48:03.35 ID:69JO6zX6
企業が金持ちなのか。
アメリカ自体は公務員の年金を溶かそうとしていると聞いたが。


37 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 06:29:43.32 ID:EgG3xnFg
>>1
ムービー見たけど、本当にできるんか?いや無理だろwww

確かに1段目はできそうだよ、
フライバックブースターはこれと方式は違うけどロシアも昔から研究してるしな。
相当にペイロード減らせばな。

だけど、2段目は・・・重量制限がきつい2段にアブレーター付けて、1気圧でも推力出る着陸用ロケット付けて
(真空中で使用するロケットとは別のモノのはず、要求がまるで違いすぎるから絶対共用にならない)
着陸足付けて・・・ペイロードゼロでも難しいんちゃうか?

3段目つーか、パラシュートも使わず垂直着陸できるカプセルはもう・・・SFとしか思えないんだがw
彼らだけが持っている未知の超材料とか超高効率推進方式とかあるのでない限り無理だろw

素人だけど、宇宙開発に詳しい人に聞いても同じ傾向の答えになるはず。
(1段目はともかく2段目やカプセルは実現可能性低い)

38 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 06:40:34.28 ID:8TArQWKN
俺も見てみたけど、こんなに綺麗に垂直着陸できるものなのかねw
出来ると仮定して研究していかないと一生出来ないのはわかるんだけども。

39 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 06:42:15.31 ID:YTfHvRoL
スペースシャトルは結局、再使用するための検査やらメンテの方が高くついたな。
おまけに信頼性も落とした。
このプロジェクトはどうなることやら。

40 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 06:56:20.83 ID:EgG3xnFg
>>38
垂直着陸の難度よりも、第2段やカプセルは、
そんだけの大推力分の燃料がそのちっこーいスペースのどこに入っているのか
小一時間問い詰めたくなるw

ガンダムじゃないんだからさ。

41 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 07:48:38.23 ID:159Fmzc0
いろいろと気になる事はすぐに思いつくが
そんなことは打ち上げしている人たちが
一番よく知っている事だろうし
可能性が低くても成功すれば
コストが100分の1になるのなら
やってみる価値はありそうだな

42 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:02:33.89 ID:KrR13U7B
>>40
打ち上げシステムと宇宙船を混同してるバカには理解出来ないよw

43 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:12:55.92 ID:FNFsW0PC
着陸直前にスピード落とすためにパラシュート付けた方がいいような?

44 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:13:14.75 ID:KrR13U7B
>>40
ペイロード切り離した後は、燃料も減って打ち上げ時の10ぶんの1程度の質量になるんだよ

あとは超軽いロケットを、逆噴射で高度を下げないようにしつつ減速。
マッハ20から時速数百キロになるころには大気圏へ突入してる。

これによってほぼメンテナンス不要で、なおかつ完全再使用の打ち上げシステムが出来そう
というところ。まーフェアリングは捨てるけどw

45 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:38:55.26 ID:c/KP3s7C
スペースシャトルは人間が作った乗り物で最も部品が多い代物だったそうな。

46 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:46:52.59 ID:c/KP3s7C
http://www.youtube.com/watch?v=ikB8B26OUpE&feature=related

47 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 08:53:08.81 ID:aKk0KfTu
技本のキネティック弾頭みると、こうゆうのもできなくもなさそうだけどな

48 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:26:07.55 ID:c/KP3s7C
http://www.youtube.com/watch?v=7P7KRqSPJBU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=Ogm5w6RxS3A
日本もやってたか

49 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:33:59.52 ID:CnT1O0/V
資金稼ぎのための大風呂敷だろ
コストとリスクのバランスを考慮してNASAがあきらめたアイデア
とても有人では使えないよ

50 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:37:06.15 ID:KrR13U7B
まー再使用型はそう有人かされないだろうな。

だけど衛星や物資打ち上げが100分の1になるなら、しかも再利用なら
おそらく月一のペースで打ち上げてくはず。

数年でトップクラスの信頼性を保証できそうじゃない??

51 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:44:10.42 ID:3ewYxurM
やっぱり着陸用の燃料が無駄に思えるよねえ。。。
と思ったけど、打ち上げの時ってそもそも燃料余分に積んでいるんだっけ?
それなら、もし打ち上げ時に使い切ってたらブースターは破棄ってことでやれそうな。


52 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:49:16.65 ID:xLbf0k/0
再利用は高い。
スペースシャトルで懲りなかったのか?

53 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:51:12.25 ID:YYn/gQED
>>30
むしろクラスターだから再使用に適しているかと
途中で一つ止まってもそこそこ安心
所定の軌道には入らなくても
とりあえず軌道に乗せるまで行けるからな
エンジンがいきなり爆発なんて事にさえならなければ
アボートすればいい
人工衛星打ち上げなら、成功率は95%以上で良い

54 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 09:57:30.49 ID:KrR13U7B
初の完全再利用型ロケットはかなり期待されてるよ

>51
というかそんなスペースシャトルみたいな大推力はいらないんじゃないかな??
ファルコンにはブースターないし、クラスタ型はそもそも再使用型の想定外。

ファルコンはもともとコスト重量比を追求して開発されてるから、大規模なものは
小分けして打ち上げ、軌道上でドッキングさせればいいだけだしね。

55 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:00:07.68 ID:WXVGsbtw
ファルコン・・・ 日本の例の探査機の快挙にあやかろうとしているのか。

56 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:10:45.97 ID:337kIKlO
えっと…。エンジンもつか?
再突入時は減速の為にかなり長時間吹かさなければならないが、再着火なし、たかだか数分の運転しか考えてないファルコンのエンジンに、そこまでの耐久性を持たせられるのか?
しかも再利用するのか…。

まぁ、一部エンジンがストールした際の冗長性として、燃料搭載量に余裕をもたせるのなら、ミッション終了後、その余剰燃料使って再突入逆噴射させてもいいとは思うが。

57 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:12:30.74 ID:337kIKlO
>>55
ファルコンロケットにドラゴンカプセル、エンジンはマーリンだから、
生物ではなく神話由来だな。

58 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:19:29.40 ID:60u1sick
こんなこと研究するよりも破断長が軌道エレベータの実用化に耐えられる新素材の研究をした方がはるかに有意義だ。

59 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:21:16.82 ID:KrR13U7B
そうか??
これが成功すれば軌道エレベータの建設費用も10分の1くらいで済むんだぜ

60 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:22:53.12 ID:159Fmzc0
軌道エレベーターの建設にもロケットが必要だしな

61 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:40:25.18 ID:4WhhfdW9
富裕層は、「いかに環境破壊し皆を苦しめるか」「自分の私利私欲のためなら、後は野となれ山となれ」だな。

3D映像での宇宙旅行で満足できないのか…彼らは亡者か悪魔か? これは祟りか?
親の人格・教育が悪いのか? 国民・民族・宗教の民度が低いのか?

その費用で周囲をどれだけ救えるか(皆の笑顔は自分の喜び。皆の苦しみは自分の苦しみ)。


62 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:48:09.78 ID:YYn/gQED
>>56
1段目は行けると思う
2段目も、打ち上げ高度にもよるけれど
Δvは300−500m/sで大抵の場合は間に合う
軽くなっているし。

その後は最後の15秒位かな
そこまではパラシュートを使うのが現実的だろう。


63 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 10:57:10.53 ID:c/KP3s7C
無人限定で宇宙軽トラを運用して細かいノウハウを蓄積すればそれだけでアドバンテージだな。
日本のHTVが評価されるのも今のうちなのか。

リング状に並べたリニアエアロスパイクエンジンを開発してSSTOに付けたなら再び世界トップクラスになれるが。

64 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 11:10:55.91 ID:KrR13U7B
>>62
パラシュートなんで使ってないんだろうな動画では。

65 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 11:21:03.57 ID:Vl6zGFLg
大丈夫。打ち上げビデオを逆再生したら完成さ^^v

66 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 11:31:42.31 ID:sIMVhPFR
写真の上、昔ヤンマガに連載してた宇宙物(タイトル忘れた)の中で
民間企業が宇宙ビジネス始めるって話で出てきた船に似ている。

67 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 12:09:46.29 ID:YYn/gQED
>>64
動画見ると結構な高度から逆噴射で降りてるんだよね
1000m位までパラシュートで
最後だけロケットで柔着陸で良いと思うのだが
パラシュート重量より燃料の方が重そうだし

68 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 13:13:56.70 ID:FNFsW0PC
>>67
最初からパラシュートだと、風に流されて着陸地点が設定しづらいからじゃないかな?



69 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 13:14:22.12 ID:159Fmzc0
一段目は地上に帰ってきて着陸する場所が問題だな
高度を稼ぐ一段目とはいえ結構な距離を横に飛ぶ
アメリカ西海岸から打ち上げればその先は海しかない

70 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 13:23:55.62 ID:G3xhoT83
>>69
SpaceXはマーシャル諸島からの打ち上げもやってるから、そこからなら
アメリカ付近に下ろせたりするんじゃない?

71 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 13:27:26.24 ID:159Fmzc0
間違えた
東海岸だった

>>70
そうねえ、打ち上げ場所を工夫するんだろうね

72 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 14:37:20.67 ID:jSzyou+z
>>44
その速度で突入だとシャトル並みの点検が、っておもったけど
別に突入時に壊れてもいいからそんなに気を使わなくていいのか

73 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 15:02:19.77 ID:337kIKlO
>>71
ケープから打ち上げるとすると、アフリカ西南岸あたりに着陸パッドを設けるとか…。

74 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:07:55.71 ID:OlUR0VXA
逆噴射する分の燃料と着陸装置は通常なら無駄な重量だな
着地に失敗してコケれば壊れるし安全上の問題もあるだろうし、そこらへんのリスクに見合うんだろうか

75 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:15:29.81 ID:VhnUQuo/
>>37
実は一番実現に近いのはカプセルだったりする。
元々下向きのスラスタを大推力化してアボートタワーの代わりにする予定だから、
降下に耐えるだけ動作時間を伸ばせば完成。

問題は二段目だけ、というか
一段目とカプセルは以前から構想が知られていたので、
今回のサプライズは二段目フライバック部分のみ。

76 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:27:47.83 ID:cqktJb9K
ガリレオ先生「月面とか宇宙空間みたいな、真空状態では鳥の羽(=パラシュート)は無意味って言ったけどさ・・・ 別に大気のある地球上でなら・・・」

77 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:52:18.16 ID:KrR13U7B
>72
あほか
時速数百キロなら、摩擦熱もほとんど考えなくていいわ

78 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:55:23.38 ID:KrR13U7B
>>69
いあ、そもそも衛星を軌道に乗せる速度なんだから行き過ぎたらもう何週してから
減速すればいいじゃん??

79 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 18:57:10.95 ID:KrR13U7B
>>75
カプセルの場合、別に宇宙で減速した後大気圏突入する必要がないからな。
ロケットが減速してから降りるのは最利用するためだし

80 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:07:14.80 ID:337kIKlO
>>78
二段目はともかく、一段目は軌道速度なんぞ出んぞ。せいぜい数km/s程度だ。
必然的に弾道軌道でどこぞに墜ちる。

81 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:23:21.95 ID:KrR13U7B
>>80
うむ

82 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:27:59.69 ID:c/KP3s7C
面倒な仕組みを考えるとかえって失敗する
小ペイロードのSSTOを作ればいいのに
ペイするのに十年くらいかかるけど

83 : ◆Rte/PBkzHk :2011/10/10(月) 19:31:34.27 ID:0wI1d4Ei
   _,,,
  _/::o・ァ
∈ミ;;;ノ,ノ
 ( ゚____・)飛行機で空中キャッチすればええ!

84 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:50:01.77 ID:jdJb/3y4
こういうのよりは 小型のシャトル型の方が良い気がする
貨物室ナシならかなり小さく出来るしコストも許容範囲まで落とせるんじゃないかな

なによりロケット型ではエンジントラブルが起きたらパラシュート開くしかないから
シャトル型のグライダー方式とは違って危険性も増えるような?


85 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:57:12.46 ID:FNFsW0PC
固形ロケットはパラシュートで海に落として回収してるけど、液体ロケットの場合燃料が汚染するから海で回収は出来ない部分もあるんかな?

86 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 19:59:12.63 ID:KrR13U7B
>>84
そこらへんの問題は、大気圏外で噴射により減速するか、
大気摩擦で減速するか、どちらを選ぶかの問題だろ。
>>1は安く最利用するために前者を目指してるってわけ。
ちなみにその小型のシャトルは別に>>1につけて飛ばしてもいいわけだし

87 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 20:19:57.91 ID:cqktJb9K
>>78
>>80

一段目まで衛星軌道にのせられるなら
夢のSSTOのRLVが完成するわw



88 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 20:23:14.32 ID:cqktJb9K
>>85
いや、切り離した1段ロケットを海に落とすの普通だし
むしろ、回収するときに海水で壊れたりするのが嫌なんじゃ

89 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 20:34:18.48 ID:jdJb/3y4
>>86
俺が言いたかったのは着陸態勢になってからのエンジントラブルです。
ロケット式が着陸前の100m地点とかでエンジン止まっちゃったら
救いようが無いんじゃないかな?っと思ったわけです。

シャトルしくの場合、着陸さえ失敗しなければ良い問題だし
着陸での失敗ってシャトルは無かったよね?

で、小型シャトル式なら失うのは外部燃料タンクだけで良いだろうし
エンジンは再突入以後が使わないから無事に帰ってくるし
ロケット式なら着陸直前のエンジントラブル=全損かな〜っと思ったわけです。

90 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 20:37:54.01 ID:KrR13U7B
>>89
有翼というかリフティングボディなら、大気摩擦で減速すると思うの
その時点で>1とは比べられないよね

91 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 21:03:39.68 ID:m3zdFoiy
>「再利用できれば、打ち上げコストは100分の1程度になるでしょう」
回収さえできたら何百回もの打ち上げに耐えうる仕様で作ってるの?
1つの製造・検査に馬鹿みたいにコストかかって2回目以降はタダ同然なの?
まともなエンジニアがこんな妄言信じるの?



92 :76:2011/10/10(月) 21:14:42.03 ID:m0yQ7ysb
>>91
人の金で気楽に仕事が出来るお役人と違って
利益を上げなければいけない民間企業の言うことだから
すべてが妄想ってわけでもないんじゃない?


93 :92:2011/10/10(月) 21:15:56.82 ID:m0yQ7ysb
ありゃ?なんだ76って。
76の人とは無関係であります。

94 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 21:18:36.95 ID:337kIKlO
>>89
別に、その速度高度なら、バックアップにパラ積んどけば済むんでね?
もしくは、地上側で退避区域とか対策立てておけば済む。

それに、耐熱部となる翼を始終晒したり、機体底面に脚の穴開けるなんて、持てる技術に対して無理のある設計なんかしたから、
コロンビアは成層圏の露と消えた訳で。

95 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 22:08:30.47 ID:U1i+aPY9
懲りるって言葉知らんのか

96 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 22:27:28.27 ID:AGxdZdWS
>>77
ごめん ちゃんと読んでなかった
突入時は十分減速してんのね

97 :名無しのひみつ:2011/10/10(月) 23:06:38.79 ID:3ewYxurM
一段目のドンガラってずいぶん軽いはずだよね?
断面を楕円というか浮力を得られるようにして、滑空して帰ってくる方が良くないかな。


98 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 00:39:29.61 ID:S+kUVU7P
http://www.youtube.com/watch?v=kOXAEBRR0dI

こっちの方が完成度高いかな。

99 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 03:25:54.24 ID:+RC3TKNl
>>97
可能な限りコントロールできた方がいい。
着陸時の装新置を付加するよりも、離陸時の装置で着陸した方がシステムが単純化できるし、整備性の評価が上がる。

100 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 09:14:56.65 ID:nU6fRlZr
>>86
ハリアーと変わらないと思う
止まったら止まったで、周りに安全距離をとっておけば良い
それに、1段目は9基あるから、1-2機壊れても落ちることは無いだろう

>>1の動画を見ていると
再突入前はそれほど減速していないっぽいよね
2段目は耐熱タイルが付いているし
1段目はそれほど速くないから気にしていないようだけど

101 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 10:06:27.66 ID:1N2KjEX5
これ、分割型ロケット+再利用ってのがポイントだよね
1段目や2段目も再利用できるけど、ペイロードや人が乗ってる3段目ほどの着陸の信頼性は必要ない
失敗しても再利用できなくなるだけ
3段目をちゃんと作っておけばOK

まぁデメリットは明らかにペイロードが減るってことだけど、繰り返し打ち上げの信頼性が上がれば重量当たりの単価は下がるかもね
まずは無人で数こなす必要があるね

102 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 13:54:15.51 ID:Xu8qF0g5
>>100
2段目再突入時は実際はちゃんと減速するらしい
俺も誤解して>>77に怒られた

103 :名無しのひみつ:2011/10/11(火) 19:51:32.34 ID:n4tzDlXw
>>22
「オタク」ってのを本来の意味?で使ってるのを見るのは久々だ。

チラ裏もいいトコだがw

104 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 00:05:26.98 ID:VUs+8bBo
Wikipediaで固定ロケットの回収について読んだけど、固定ロケットの場合はほぼ全て再利用するのね。あのドンガラやパラシュートも

105 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/10/12(水) 00:14:58.76 ID:gqHBY9jp
ムービーが何処ぞの軍が作った物よりよくできてた

つか燃料コストがヤバそうだなこれ
むしろヘリの羽を途中から展開させて飛ばしたほうが良い気がする

106 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 05:00:42.82 ID:aE33PMX4
ファルコン9は、H-2A202と同じくらいの能力だっけ?

107 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 06:04:25.02 ID:03rG/vLl
素人でよく分からんが、一段目のでかいロケットって垂直方向に維持できんの?
素人的考えだと、風で倒れそうな気がするのだが。

108 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 08:46:11.43 ID:t8chZQzl
>>107
燃料がカラになった状態なら、重量物はエンジンしかないから重心は思いっきり下になる。円筒形だし安定性はかなり高いと思われ。
上端には姿勢制御のロケットもあるので、能動的にも制御できる。

まぁ、打上時には風向風速も考慮すると思うが。

109 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 08:49:54.01 ID:t8chZQzl
>>105
燃料なんぞ、ケロシンと液酸だから、たとえ倍になってもたかが知れてる。
液水単体より安い。

110 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 10:48:09.70 ID:n9vjIpnq
このスレ読んでると、一見どうみても無茶っぽいけど意外とちゃんと考えてあって
いけそうな気がしてきた。

111 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 12:41:33.29 ID:03rG/vLl
>>108
へぇ、なるほど。
巨大な一段目は結構制御しやすいのか。
ただ巨大な物体が指定ポイントにちゃんと落ちてくるなんて想像は出来ないなw
つーか怖いわw

112 :名無しのひみつ:2011/10/12(水) 13:52:58.72 ID:V9wn+9g9
フライバックブースターの方が無駄がない気がするんだがどうなんだろう?
着地に必要な燃料と羽の重量増加分比べてどうなんだろう
技術的にも羽の方が容易そうに感じるのだけど
(1段目やブースターならSTSの羽のように軌道速度が出るわけじゃないから加熱はそこまでしないし、人が乗るわけでもないからリスクは少ない)

>>20
計算してみれば実用的に意味のある物を作るのは難しいとわかるぞ


113 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 04:22:28.50 ID:UmU0FpDH
>>112
ロシアのフライバックブースターは、翼で飛行するためにわざわざジェットエンジン付けてるらしいよ

は多少なりとも空気抵抗を生むし、垂直着陸の方が理想的なんじゃね

114 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 07:07:11.94 ID:2VLsEmSN
運用管理し易いSSTOがいいと思うけどなぁ。

115 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 08:26:46.78 ID:dl2g7ukE
>>114
今のところ技術的に無理だからなぁ
ハンパない軽量化が求められる

とりあえず二段、三段から始めるのは正解だと思う

116 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 08:40:49.60 ID:ZiSphMa3
>>114
ただの旅客機でしかないスターゲイザーの維持費すら賄えずに沈没した、ペガサスロケットのケースを考えるとなぁ。
どれだけ高頻度の打ち上げ需要があるか?で経済性が決まりかねない。

117 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 09:22:34.18 ID:BW+Vpcwl
うーん、これは1段目、2段目の安全率の有効利用かなぁ。
有人ロケットの極端に高い安全率は衛星打ち上げには不要。コスト高にしかならない。
ならば、例えば「バージンローンチ」を有人とし、回収後衛星用として再打ち上げするとかなら、安全率に応じたロケットの有効利用にはなる。
この発想に至るには、マーリンエンジンの燃焼時間と信頼性が極端に上がったか、上がるという見込みがないと成立しないと思うが。

118 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 11:01:16.25 ID:2VLsEmSN
徹底的にコストダウンさせてニッチ獲得を狙うのか。
面倒なところがヒューマンエラーの原因になりそうだけど、成功したらすごい。
そうなったら日本のHUが仕事取られちゃいそうだけど。

今後はロケットブースター管理の専門家って仕事もできるのかな?

119 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 11:07:03.07 ID:lBZdoeoA
>>118
コストダウン出来ればニッチじゃなくなるよね?

120 :名無しのひみつ:2011/10/13(木) 11:55:28.20 ID:BW+Vpcwl
>>113
基本的に「翼」は減速というよりは滑空の為に使用される。フライバック時に滑空が必要な場面となると、大気中で大がかりなコース変更(変針、着陸地延長、滑走路への着陸を含む)が必要な時しかない。
つまり、打上地に対して着陸地を適切に決めておけば、翼の必要な場面は無くなる。
(スペースシャトルが大がかりな翼を設けたのは、帰還中に急な着地変更があっても滑空変針で対応可能、という軍事的な要求に応えてしまった為だ)
空力的にも厳しい。例えばカラになった1段目は、上昇時に比して極端な重心移動を伴う。これを空力的に安定させつつ滑空させる翼を設けるのは至難の業(ここを巧くクリアしたのがSpace Ship 1の可動翼)になる。
さらにこの翼、上昇中の姿勢制御の邪魔にならないようにしないといけない。正直、ロシアのバイカルがモックアップどまりなのは、それなりの理由があると思う。
結局、ノズルのジンバルとスラスターで能動的に制御した方がラク、というオチになる。
恐らく、滑空に必要な翼の構造重量よりも燃料を余分に搭載する方が軽いし、設計開発の手間も省ける。
フライバックブースターは、カプセルと違って「再利用できたらラッキー(コスト的に)」という程度の意味合いだし。

121 :名無しのひみつ:2011/10/14(金) 21:01:19.21 ID:Wr3a9L9f
実績を積み重ねてるけど、ファルコン9だけは失敗臭がしすぎる。
垂直着陸とか、どんだけ燃料食うんだよw
しかも全段再利用とか、アニメの見すぎだ・・・

何度も使いまわすより、量産しまくってコスト削減する方が現実味がある。
エンジンに滅茶苦茶余裕があって、連続500時間回せるってのなら
再利用の方が安くつくだろうけど。

122 :名無しのひみつ:2011/10/14(金) 22:08:20.52 ID:+VIc+jmF
>>121
ちょっと誤解があるようなのでレスするが、ファルコン9は

>何度も使いまわすより、量産しまくってコスト削減する方が現実味がある。

既にこれを実現してる。その分野でも世界トップクラスのロケットのはずだ。

SpaceXは、それ以上のコスト削減をするために再使用を研究してる。

123 :名無しのひみつ:2011/10/15(土) 01:29:39.84 ID:WEbL5wlL
>>122
低コスト設計で安くなってるけど、量産化でより安く出来ないか?ってこと。
年間数十機作れば使いまわすより安くなるだろうし、ブラッシュアップも容易い。

ソユーズがスペースシャトルに勝った前例を見れば、気軽に再利用を主張するのは
冒険すぎる。

124 :名無しのひみつ:2011/10/15(土) 01:57:23.27 ID:00yrTHBj
>>121
どんなに安く量産化しても一機10億以上だろうな。
その点再利用なら一回1億円で済む。まー100回打ち上げれば
大儲けできるだろうな

125 :名無しのひみつ:2011/10/15(土) 10:26:19.06 ID:WEbL5wlL
>>124
安くなるのは全バラシの整備がない場合でしょ?
スペースシャトルもそこで躓いたわけだが、そこまでロケットエンジンの
耐久性上げられるのか疑問。
スクラムジェットのように構造が簡素にできれば行けるかもしれんが・・・

126 :名無しのひみつ:2011/10/15(土) 16:53:49.54 ID:D0TWSmWj
スペースシャトルの場合、再利用コストが跳ね上がったのは耐熱タイルの耐久性が非常に低かったのに大きな原因(全てじゃないが)があるだろ。
かと言って、現在の技術でも耐熱タイルみたいな方法以外に大気圏再突入の高温に耐えて機体の再利用を可能にする耐熱手段があるかと言えば
今の時点ではないと言わざるを得ないと思うが。

機体を再突入の高温から守る耐熱素材に関して軽量で高温に耐え強度もあり耐久性も高いといった画期的な進歩がない限り、
シャトルみたいな再利用タイプの滑空型・自律飛行型宇宙船(つまり宇宙機)が少なくとも一部分は使い捨てる宇宙船にトータルコストで勝つのは難しいだろう。

127 :名無しのひみつ:2011/10/16(日) 13:34:17.86 ID:GIpxs0P5
>>126
早く耐熱サランラップ開発しろよ大気圏突入時にサランラップ出してくるめばそれで解決するんだろ

128 :名無しのひみつ:2011/10/16(日) 14:21:32.62 ID:QNWtunEX
>>126
いあ、だから>>1は軌道上で減速したあと大気圏突入するんじゃん

129 :名無しのひみつ:2011/10/16(日) 17:03:41.12 ID:V2K1Yt9z
>>126
その前に、そもそも一段目は大気圏突入とかしないから。

そして、エンジンを量産化して、冗長性を確保しつつ低コスト化したのが、FALCON9の一段目。

130 :名無しのひみつ:2011/10/16(日) 17:20:20.07 ID:V2K1Yt9z
>>125
少なくとも、スペースX社は一段目のエンジンは10回以上の再利用に耐えられると判断し、試験にも成功している模様。
http://www.spacex.com/press.php?page=37

131 :名無しのひみつ:2011/10/17(月) 04:06:40.03 ID:1p9xZTX1
10回じゃコスト1/100にはならんだろ
200回ぐらい再利用できて、やっとコストは1/100になるかならないかってあたりじゃねえの?

132 :名無しのひみつ:2011/10/17(月) 05:01:57.94 ID:0fih8Onv
1/100はふっかけすぎだと思うが、仮に1/10でも実現できれば革新的だな。

133 :名無しのひみつ:2011/10/17(月) 08:31:17.84 ID:5pVbVvJB
>>131
その100分の1のコストってどれくらいを想定してんの??
ファルコン9の打ち上げ能力から見て、今の相場は一機数十億円てとこ。
ならば100分の1とは一機数千万円だよね??

一機一億で打ち上げたとしても30回も打ち上げれば黒字だろ。
事業が軌道に乗れば数千万円も射程内じゃね

134 :名無しのひみつ:2011/10/17(月) 09:46:42.31 ID:G7q2qq3B
シャトルの問題は、翼や打ち上げ用エンジンのせいで
「人が乗り再使用する、高信頼性を要求されるユニット」
のサイズが非常に大きかったことだろう
だから、メンテナンスも大規模になり不具合の発生確率も高くなる

>>1のコンセプトだと、そのユニットは小さな3段目のみになる
例え1、2段目の回収に失敗してもリスクはそんなに大きくない
シャトルと違い、打ち上げ時のアボートシステムも装備できる
その結果、あまり信頼性を要求されない1、2段目の点検費用は安く抑えられるし、3段目の点検も小型だから簡単・短時間になる

135 :名無しのひみつ:2011/10/20(木) 10:53:48.06 ID:6+UWYOzv
そう。有人ロケットは使い切りロケットで、再利用型は無人運用。
これをひたすら繰り返してノウハウを蓄積するんだ。

136 :名無しのひみつ:2011/10/21(金) 16:51:55.88 ID:OZ3FKJZi
赤道直下でリニアモーターで加速しながらスキージャンプ型打ち上げは……ジャンプ台が高くつきそうだ。

137 :名無しのひみつ:2011/10/21(金) 17:21:31.81 ID:h9fW1fnq
>>136
そこで山ですよ
南米辺りの山に良い感じでトンネル掘って、山頂部から宇宙へ…

138 :名無しのひみつ:2011/10/21(金) 17:37:45.35 ID:EwB6deaa
実験研究者から言えば、設計において、変動状態でのリスク管理・実験法など難しい。
大気圏再突入・天候・宇宙機の疲労点検…まあ、俺の感じでは1回/ 30回の事故発生率の予想だな


139 :名無しのひみつ:2011/10/21(金) 17:42:47.22 ID:h9fW1fnq
>>138
「3段目がちゃんと帰って来れない確率」だともっと低くなるんじゃないだろうか
1段目や2段目が帰ってこれなくても再利用できなくなるだけだからね

140 :名無しのひみつ:2011/10/21(金) 21:54:28.07 ID:j/Cg4Gfi
>>136
高度100kmまでまっすぐにレールが引ければすぐに実現するさ


141 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 13:11:59.74 ID:9K6D0Lls
長年垂直着陸のロケットが研究されていても実用化されないのは
着陸に要する燃料が莫大だから。

帰りは離陸の燃料分が軽くなったといっても、単純に考えて片道X2は燃料が欲しい。
それなら離陸のみにして重量を軽くした方がメリットが大きい。
燃料を使わない、滑空やパラシュートなら理解できるけどねぇ。

142 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 13:33:25.42 ID:QvIPrJ5O
>>141
>帰りは離陸の燃料分が軽くなったといっても、単純に考えて片道X2は燃料が欲しい。

根拠は?
液体ロケットに占める燃料の比率、わかってる?

143 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 14:20:12.47 ID:jCwzZsxJ
>>141
明らかに帰還・着陸にそんな燃料はいらない
1段目で言うと、

○打ち上げのために必要な1段目の燃料
(1段目とその燃料 + 2段目とその燃料 + 3段目とその燃料とペイロード)を分離まで打ち上げるための燃料 + 空気抵抗で減速する分の燃料

○1段目の着陸に必要な燃料
(1段目と残りの燃料)を減速・着陸させるための燃料 - 空気抵抗で減速する分の燃料

となる
要するに、着陸時には上の段がない状態で燃料もほとんど無くて軽い訳だし、着陸までに空気抵抗で減速してくれるので燃料的には少なくていい
詳しい数値はデータがないとわからないけどね

144 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 18:54:37.26 ID:GB4XvCCd
有人ドラゴンもこれで打ち上げるの?

145 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 20:19:16.68 ID:+wAxlGHg
再利用がコスト高だと思ってる奴らはまだいるのかw
NASAでさえ再利用型をあきらめてないっつうのに


146 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 20:23:04.10 ID:R3Zz0OeX
再利用だから高コストなんて話してなくね?

147 :名無しのひみつ:2011/10/23(日) 09:08:32.10 ID:DFrqamFP
>>146
>>19>>39>>52>>124

148 :名無しのひみつ:2011/10/23(日) 09:53:43.04 ID:jdy1gXMb
逆噴射型は機体を大気の摩擦にさらして減速する訳じゃあないから、
それなりにメンテが楽になるのかな、、

149 :名無しのひみつ:2011/10/23(日) 12:02:09.54 ID:uJXpNfe6
>>148
マーリンエンジンは「海上着水後の再利用」にも耐えれるよう考慮して開発されている、と言われているけどね。
逆噴射着陸ができるなら、一段目の再利用はスペースシャトルのそれよりも、旅客機の離着陸に近いものになる。

150 :名無しのひみつ:2011/10/25(火) 17:55:54.22 ID:LGtTm+6v
>>147
シャトルと違って、再利用するのは1段目だけだから。


151 :名無しのひみつ:2011/10/26(水) 05:53:16.11 ID:LqK8j9hl
>>150
1読め

152 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 07:01:29.11 ID:tdNHB3u5
ファルコン9でドリームチェイサー打ち上げれば
完全再利用

153 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 12:04:44.52 ID:Y+ZLDN4B
これはいわゆる再利用可能型ロケットではなく、垂直離着陸型ロケット。
2000年代以降、処理系の高速化を受けて高度な姿勢制御技術が可能となり、地球の大気圏内でのロケットのホバリング技術が可能となった。
以降、垂直離着陸型ロケットは複数の企業によって研究開発が行われてきている。

最右翼はアマゾン系のブルーオリジン。ブルーオリジンの垂直離着陸型ロケットは、この種のロケットとしては史上最大。
JAXAのRTVと似ているが、大きさはATV並あり、オリオン有人宇宙船よりも2周り以上も大きい。
2009年に最初の飛行テストに成功。2011年にはNASAの次世代商用ロケット開発援助プログラムに選定され、数百万ドルの開発資金を得ている。
もっとも、ブルーオリジンは、アマゾン系であり資金力は、SpaceX以上だが。

http://www.youtube.com/watch?v=kGWk_rfq_bM

154 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 12:19:49.92 ID:Y+ZLDN4B
垂直離着陸型ロケットは、あと、3Dゲームの先駆けとなったウルフェンスタインを作ったプログラマーが立ち上げた企業も開発を続けている。
こちらは最初は3DゲームつながりでNuVidiaがスポンサーとかについて、数百万ドルの規模でJAXAのRTVとほぼ同規模のロケットを自力で
開発をし続け、その後、Lunar X Challengeで規定を完全クリアしたことで、一躍有名となり、ついにはNASAの資金援助を勝ち得た。

NASAが垂直離着陸型ロケットで資金援助しているのは、ブルーオリジンとウルフェンスタインのプログラマーの会社の2社。
他、スペースシャトル型がドリームチェイサーの1社。カプセル型が4社くらいの合計3カテゴリーに分類して、開発の後押しをしている。
資金援助の枠組みを見る限り、将来性はスペースシャトル型より、垂直離着陸型ロケットの方が上。

これはなにより、月とかの離着陸技術に応用できることが理由。

米国の市場調査会社によると2020年頃には地球と月の往還ミッションの史上規模は数10億ドルに達するとしている。
大体、地球と月の往還で月の資源を地球まで回収するミッションを100億円未満で実現することが、これらの商用企業には求められている。

この枠組みでの最初の完全民間月調査ミッションはアリゾナ大学主導で早ければ5年以内にロケットの打ち上げが実施される予定。
アリゾナ大学では既に、資金調達の目処をつけ、SpaceXと打ち上げ契約の前段階にまで進んでいる。探査機はアリゾナ大学が完全自作の予定。


155 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 12:26:21.31 ID:/F6BooqA
何回再利用するのか分からんが
何度も使用するエンジンを1回しか使わないエンジンと比べたら
耐久性向上やら整備やらでその分の金がかかるんちゃう?

156 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 12:30:46.35 ID:/F6BooqA
というか、何度も再利用できるようなエンジンと無駄な重量の降着装置と燃料を積む分
ペイロードは大幅に減るんじゃ

157 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 17:40:33.65 ID:C+TeLVJT
>>152
SpaceXのカプセル型宇宙船も再使用する計画だよ。
映像の最後でISSとドッキングしてる奴。

>>153
>2000年代以降、処理系の高速化を受けて高度な姿勢制御技術が可能となり、地球の大気圏内でのロケットのホバリング技術が可能となった。

ロケットエンジン限定でも1991年にDC-Xが、ジェットエンジンまで含めれば
1967年には有名なハリアーが量産されてるけど。

158 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 21:39:19.03 ID:t+n9Ho+C
>>157
まともに実用化できたジェット機はハリアーのみで爆装状態では垂直離着陸できない。
揚力や空気抵抗を使わないで空中で姿勢を維持しようとすると
莫大なエネルギーが必要なわけで、DC-Xも実証しただけで終わったしね。

まぁここで言っても、どちらが正しいかは実証できないわけで
ファルコン9が実用化出切れば157の主張が正しかった
できなければ否定派が正しかったということになるだろう。

159 :名無しのひみつ:2011/10/27(木) 23:26:02.66 ID:C+TeLVJT
>>158
???垂直離着陸なんて枯れた技術に否定派なんているの?聞いたことないけど・・・
SSTOとかと勘違いしてない?

160 :名無しのひみつ:2011/10/28(金) 08:50:48.79 ID:hrrF0HGx
その前に、ホバリングする必要あるの?
件の映像でも、浮いているのは対地効果がある着地寸前だけだぞ?
もちろん、姿勢制御は必要だが。

161 :名無しのひみつ:2011/10/28(金) 11:03:47.43 ID:Fi6dwN8D
>>160
技術的難易度はホバリングより着陸のほうが上
ホバリングが出来て初めて、着陸が出来る

162 :名無しのひみつ:2011/10/28(金) 13:30:20.61 ID:AhotkeYN
>>160
ウルフェンスタインを作ったプログラマーが作った垂直離着陸ロケットがクリアしたLunar Lander X Challengeの規定は、単なる垂直離着陸で
クリアできるような単純なものではない。

まず、垂直離陸して、50メートルまで上昇し、そこから水平飛行で50メートル横滑り飛行をして、着陸ポイントの上空50メートルまで移動
し、垂直着陸する。着陸して完全静止状態になった後で、再び、同じ飛行動作を繰り返して離陸地点にピンポイントで戻ることがルール。

規定をクリアできたのは確か2チームだけだったと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=_WeeTU3uGcc

ウルフェンスタインを作ったプログラマーのロケットは上のビデオの2本目に出てくるアルマジロというもの。

このLunar Lander X Challengeとアマゾンのブルーオリジンの違いは、ロケットの大きさ。上のビデオをみての通り、Lunar Lander X Challenge
のチームの全ては個人チームで、ロケットの開発費も全て個人資金。対して、ブルーオリジンは世界有数の巨大企業に成長したアマゾンの
豊富な資金力をバックに、本気で実用垂直離着陸ロケットの開発を行っていること。

多分、ベンチャー企業系では、SpaceX、Scaled Composite, Blue Origineの3社が3強。米国のロケット産業の強みは、まったくの個人資金で
こうした本気で業界首位を狙うロケット企業が多数誕生し、その内の数社は実際に実用段階にまで達していること。また、もう一つの強みは、
上記の3社のロケットがまったく違う方式であることによる多様性を持っていること。また、上の3社は、創業者の方向性もかなり異なる。
Scaled Compositeは、20世紀後半から21前半を代表する正に航空宇宙工学天才が作った会社。SpaceXとBlue Origineは、エンジニア系の
天才起業家が作った会社。アマゾンのジェフベロスはいうまでもがなだが、SpaceXのイーロンマスクは電気自動車のテスラモーターズの
創業者でもある。起業家といってもレベルが違う。


163 :名無しのひみつ:2011/10/31(月) 19:41:43.40 ID:mZoDT+4d
>>161,162
で、実際の打ち上げで一段目や二段目がふわふわ浮かないといけない必然性は?

ミッション上、機体性能上の要求と、会社の技術レベルの話を混同してないか?
この会社は凄いんだぞ!と自慢するのはいいが、「で、その自慢はミッション達成に必要なのか?」で終わるぞ。

164 :名無しのひみつ:2011/11/01(火) 08:03:09.71 ID:iWxOFvjK
>>163
お前は、着陸の為にゆっくり降りてくるのはホバリングではないと言いたいのか?
着陸するためには対地速度をほぼゼロにする必要があるのはわかる?

165 :名無しのひみつ:2011/11/07(月) 23:05:26.22 ID:AKjt7NRQ
卵ぶつけても割れない衝撃吸収剤を敷き詰めたことろに垂直に着陸(墜落)させたらどうよ

166 :名無しのひみつ:2011/11/08(火) 22:41:16.29 ID:8xQx5OlN
>>165
噴射炎で燃え尽きて終了。

167 :名無しのひみつ:2011/11/09(水) 01:57:14.37 ID:+/dBMpzh
>>165
時速400km以上でぶつけても大丈夫だと思う?
例え壊れなくても、高温になったロケットの外壁に、溶けた樹脂のスポンジがまとわりつくだろうな

168 :名無しのひみつ:2011/11/17(木) 13:16:35.73 ID:LApsBb+s
公安はサリンオウム信者の子供を40歳まで社会から隔離している

オウム信者が地方で現在も潜伏している…それが新興宗教を配下としている公安の仕事だ

で、盗聴機器を開発したら、霊魂が寄って来た

で、お願いだから刑事事件の流れをどうぞ

電波憑依
スピリチャルを否定なら
江原氏三輪氏高橋佳子大川隆法は強制入院だ
幻聴降臨
日本の中途半端な宗教は怖いね…(-_-;)

コードレス盗聴すでに2004国民の20%は被害者もう立ち上がれエンジニアさん電波戦争しかない<+>中国鶏姦工作員ふざけるな<+>医師が開発に絡んだ集スト今年の5月に日本警視庁防犯課は被害者のSDカード15分を保持した。有る!国民に出せ!!
*創価は潰せる
犯人は創刊学会幹部キタオカ1962年東北生は、二十代で2人の女性をレイプ殺害して入信した
創価本尊はこれだけで潰せる
*創価幹部は韓国工作員こうのとり学会軍団
創価会員と言えば公明党
<<<<<<テロ装置<<東芝部品<<<宗教<<<同和>>>>公安>>>医師>>>魂複写>>>官憲>>>>>日本終<<<Google検索へ

169 :名無しのひみつ:2011/11/25(金) 08:37:08.29 ID:+8hGgddv
A

170 :名無しのひみつ:2011/11/26(土) 05:53:13.99 ID:qZA80C2o
終端速度を遅くすればよくね?

171 :名無しのひみつ:2011/12/01(木) 18:55:00.79 ID:YajOYCjF
アポロ月着陸船は垂直着陸?

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)