5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【微生物】植物-昆虫の生物界を越えて感染する細菌のスイッチ遺伝子群を特定 東大

1 :一般人φ ★:2011/08/22(月) 23:31:44.49 ID:???
東京大学(東大)は8月17日、植物-昆虫の生物界を越えて寄生をする細菌「ファイトプラズマ」のスイッチ遺伝子群を
特定したことを発表した。今回の発表は、東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻
特任准教授の大島研郎氏と、同教授の難波成任氏によるもので、米国科学誌「PLoS ONE」に掲載された。

植物の篩部細胞内に寄生し、病気を引き起こすPhytoplasma属細菌の「ファイトプラズマ」。
特効薬がないことから世界中の農作物に被害をもたらしている同細菌は、昆虫-植物という大きく異なる
生物間を水平移動する「ホストスイッチング」により感染を拡大し、今や気候変動なども影響して
世界的な問題となっている。感染する昆虫は、セミの一種で害虫のヨコバイなどだ。

このホストスイッチングの仕組みがこれまで判明していなかったが、今回の研究で、それぞれの宿主に合わせ、
トランスポーター(タンパク質の一種の膜輸送体)や酵素、分泌タンパク質などを巧みに使い分けていることを確認した。

研究では、ファイトプラズマのゲノムデータを基に、同細菌のDNAマイクロアレイを作製。それを利用して
ファイトプラズマの遺伝子発現を網羅的に調べた結果、同細菌は植物宿主と昆虫宿主を交代するたびに、
ゲノム全体の約1/3に相当する遺伝子の発現量を変化させていることが判明した。特に、トランスポーターや
浸透圧を調節するチャネル、糖分解酵素、宿主細胞内で働く分泌タンパク質などを巧みに使い分けていること
がわかっている。動物と植物という異なる生物界の宿主に適応するため、ファイトプラズマが自身の遺伝子発現を
変化させている可能性があることが、研究結果からわかってきたという。

また今回の研究では、ファイトプラズマが宿主に感染するために重要なシステムあると考えられることから、
ホストスイッチング機構に関わるたんぱく質の機能を阻害することで、増殖を抑えられるかどうかも検証された。
実験では、植物感染時に働く浸透圧調節チャネルの機能を、阻害剤を用いて抑制。
すると、ファイトプラズマの増殖を部分的ながら抑えることに成功した。これは、
ファイトプラズマ病の新規防除技術の開発につながるという。

さらに、今回の研究でファイトプラズマが植物に寄生する際に利用する遺伝子群が明らかにされたことにより、
波及効果として「植物の形を変えるメカニズム」が判明する可能性もあるとしている。

▽画像
ファイトプラズマのライフサイクル。
http://j.mycom.jp/news/2011/08/18/012/images/001l.jpg

ホストスイッチングに伴うファイトプラズマ陰電子の発現変動。
緑色のものは植物寄生時に発現率が上昇し、赤色のものは昆虫寄生時に発現率が上昇。
http://j.mycom.jp/news/2011/08/18/012/images/002l.jpg

▽記事引用元 マイコミジャーナル(2011/08/18)
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/18/012/index.html

▽東京大学プレスリリース
http://www.a.u-tokyo.ac.jp/topics/2011/20110822-1.html

▽PLoS ONE
「Dramatic transcriptional changes in an intracellular parasite enable host switching between plant and insect.」
http://dx.plos.org/10.1371/journal.pone.0023242

2 :名無しのひみつ:2011/08/22(月) 23:37:02.79 ID:4M74It89
確かに東大はすごいと思うが

あの原発でデタラメいった教授の処分はどうなったのか?

それが無ければなにやってもダメ。 科学者としての善意がないというレッテル貼られました。

3 :名無しのひみつ:2011/08/22(月) 23:45:28.90 ID:zCN2qfKf
>>2
こんなところで愚痴言うんじゃなくて自分から大学に行って文句言うか、チラシの裏にでも書いてろ

4 :名無しのひみつ:2011/08/22(月) 23:58:51.93 ID:Z2Y3E1NC
そいつはWCPUレベルを搭載してるのか?

5 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 00:05:31.97 ID:2V/NDLLB
細菌のやるきスイッチ?

6 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 01:08:33.38 ID:OoBhtz2H
想像を絶するテクノロジーだな

いや、細菌の方がw

7 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 01:15:06.33 ID:I3VaL64k
まあ俺らも船に乗ったり自転車を漕いだりするしな。

8 :にょろ〜ん♂:2011/08/23(火) 01:22:01.06 ID:YE62kGaq
そんな生物がいるとは知らなかった・・・
ちなみに俺は今ニ〜トモ〜ド

9 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 01:37:04.49 ID:EsKBB6m9
恐怖生物系SFで使えそうなネタだな。

10 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 02:07:38.26 ID:EEyWZ8G8
ハリウッドがアップを始めました

11 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 07:24:39.16 ID:UiUICUsT
宿主を次々に変える寄生虫なんかもこんななんだろうな



12 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 07:39:39.64 ID:+Ofed3eF
>植物の形を変えるメカニズムの判明

何気にこれ凄い
今後奇形植物生産可能になるかもってことだろ

13 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 10:06:03.46 ID:BX4tRtWC
002l.jpgの画像が素敵

14 :名無しのひみつ:2011/08/23(火) 14:58:45.35 ID:Il1+7Bmd
早く対策が取れればいいね

15 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2011/08/23(火) 20:38:16.69 ID:EZ6cZA5f
植物も昆虫もややこしい免疫システム持ってないから
やりたい放題だな

16 :名無しのひみつ:2011/08/24(水) 04:40:39.54 ID:XqH/jMtM
※12

マジレスするとそうでもない。
オーキシンとサイトカイニンのバランスを崩すということでしょう?
馬鹿苗病で有名なGibberella fujikuroiもまあ似たようなことをするわけで
あんまりないけど、Pseudomonas aeruginosa、Burkholderia (Pseudomonas) cepaciaとか
ウイルスでも植物と動物(主に昆虫)に両感染するものは同じような仕組みじゃないのかな


17 :名無しのひみつ:2011/08/24(水) 05:01:35.90 ID:dyV1s0f6
ウイルス進化論の裏付け?

18 :名無しのひみつ:2011/08/24(水) 07:57:09.25 ID:5WLuG4rP
つまり冬虫夏草の天敵?

19 :名無しのひみつ:2011/08/24(水) 12:27:12.94 ID:5aT9VWIQ
>>16
そんな簡単(植物ホルモンだけ)でもないんじゃない?
このグループは数年前にファイトプラズマ由来のタンパク質が植物の形態異常を
引き起こすことを見つけているし
一方で植物感染性ウィルスの場合は、RNAi機構の攪乱(Argonauteの阻害とか)によって
植物自身のマイクロRNAを介した形態形成も異常になることが判明している

20 :名無しのひみつ:2011/08/29(月) 15:21:44.80 ID:aPwe8/Yp
>>17
子に伝わらんから却下。

21 :名無しのひみつ:2011/10/22(土) 22:41:36.01 ID:nCZVGhBS
てst

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)