5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【心理】「融合」と創造性 2重アイデンティティを持つ人は高い創造性発揮 蝶の研究者としてのナボコフを例に

1 :星降るφ ★:2011/02/04(金) 14:42:19 ID:???
「融合」と創造性:複数の世界を生かす人々
2011年2月 4日
Jonah Lehrer

作家ナボコフは、ハーバード大学博物館に勤務する蝶の研究者でもあった。[ウラジーミル・
ナボコフは、小説『ロリータ』で有名な作家。1899年生まれで、鱗翅目研究者としては、
ハーバード大学とコーネル大学の研究所で、シジミチョウの分類学的研究等を行なっていた]

最近、ナボコフが『Polyommatus blue』という蝶の進化に関して1945年に発表した仮説[旧
大陸から新大陸に移住したという仮説]が正しかったことが、遺伝子分析によって確かめられた。

科学史家のスティーヴン・ジェイ・グールドはナボコフの科学への関心を、彼の才能の希薄化
と見ていた。しかしナボコフ本人は、自分の才能は実際には、この2つの異なる分野が融合した
ものだという主張を、説得力をもって展開している――「芸術作品には、ある種の融合が存在
すると思う。それは2つのもの、詩の正確さと純粋科学の興奮との融合だ」

決して忘れてはならないのは、芸術作品とはつねに新たな世界の創造であるということだ。
ゆえにわれわれが第一にすべきことは、その新たな世界をできる限り詳細に調べ、全く新しい
もの――すでにわれわれが知っているどの世界とも明らかなつながりを持たないもの----として
アプローチすることだ。この新たな世界を詳細に調べ終えたとき、そのときになって初めて、
他のさまざまな世界、他の知的分野とのつながりを調べることが可能になる。

ナボコフにとっては、宇宙の全てが、解かれることを待っている複雑なパズルだった。小説で
あろうと、蝶の進化であろうと、チェスの問題であろうと、違いはなかった。

そして、「2重のアイデンティティ」とは、ナボコフだけに限られたものではない。ミシガン
大学の心理学者Jeffrey Sanchez-Burks氏が中心となって行なった研究(PDFファイル)は、
「2重のアイデンティティ」を持つ人々と創造性について研究している。

研究者たちによると、自分のことを「アジア人であり米国人である」、または(単なるエンジニア
でなく)「女性のエンジニアである」と認識している人は、高いレベルの創造性を発揮するという。

1つ目の実験で、研究チームは多くのアジア系米国人を集め、アジアと米国、両方の食材を使った
料理を考案するという課題を与えた。2つ目の実験では、女性エンジニアたちに新しいモバイル
通信デバイスを考案するという課題を与えた。

いずれの実験でも、自らの異なるバックグラウンドを同時に活用するのが上手な被験者のほうが、
どちらか一方のバックグラウンドしか利用できない被験者に比べて、高い創造性を示した(より
おいしい料理を考案したり、より良い通信機器をデザインした)。自身の社会的アイデンティティ
における多様性が、問題解決におけるアプローチの多様性につながっており、そのため思考が
より柔軟に保たれ、複数の創造的な戦略を試す能力において後者を上回ったのだ。

>>2以降に続く)

▽記事引用元  WIRED VISION
http://wiredvision.jp/news/201102/2011020422.html
WIRED NEWS 原文(English)
http://www.wired.com/wiredscience/2011/01/the-advantage-of-dual-identities-a-case-study-of-nabokov/

▽画像  左側がオス、右側がメスという「雌雄モザイク」のモルフォチョウ標本。ハーバード
博物館に勤務していたナボコフのお気に入りだった。
http://img1.wiredvision.jp/gallery/200909/20090904085412-2.jpg
ナボコフは、収集した蝶の生殖器を葉巻箱で整理していた。
http://img2.wiredvision.jp/gallery/200909/20090904085412-3.jpg

▽関連 文中リンク(PDFファイル)
Connecting the Dots Within: Creative Performance and Identity Integration
ミシガン大学の心理学者Jeffrey Sanchez-Burks氏が中心となって行なった「2重のアイデンティティ」
を持つ人々と創造性についての研究

39 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 08:12:57 ID:UeQTbYmC
>>1
あほくさ

40 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 09:55:48 ID:DayGpGPm
アイデンティティが希薄だから、俯瞰して見られるようなロジックかと思ったら、
これはこれで斬新だね。確かに身近に見てもそういう傾向がある

41 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 10:07:16 ID:NUg1xnU3
だったら、在日は地上最強ニダ。wwwww


42 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 13:07:05 ID:Kp7pgpA1
在日は日本人でもあるという事を拒否している
「アイデンティティの統合度が低い状態」(low identity integration)
だから、能力が低いんだな。

腹を括って帰化して、日本人であり朝鮮人でもあろうとした
前田日明や李忠成は強い。

43 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 16:19:57 ID:OFySaZ0f
まあとりあえず死ね



44 :ぴょん♂:2011/02/05(土) 16:55:24 ID:MDMuwKvi
米だとインド系がいいんじゃなかったっけ?
でも、インド国内じゃ何故か芽が出なくて環境の問題があるという話を読んだことがある


45 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 17:00:55 ID:gwzZuUda
>>42
おまえはアホかw
朝鮮韓国在日のアイデンティは「反日」だから、
2重とか全然関係ないよ。

46 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 17:22:18 ID:4572kB7V
アホウヨのアイデンティティはルサンチマンしかないw

47 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 17:50:53 ID:WjDk1z55
インドはカースト制があるかと

48 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 17:55:40 ID:nVUnK/qk
無理やりだな。

社会が複雑化すれば、単一のアイデンティティによって生きる人の割合は少なくなるだろ。
それを人種・民族というアイデンティティにのみ注目して結論へ誘導する。
ナボコフとJeffreyの例を逆に書けば、異なった結論が書けるだろ。

49 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 18:07:20 ID:pou7aaw0
俺は一重アイデンティティ
弥生人だぞ〜

50 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 18:15:44 ID:5NKm0YWX
料理のおいしさの定量化kwsk

51 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 18:20:19 ID:WjDk1z55
>>48
ごめん全然解らん。違う結論って?
社会の同調圧力に負けないで使える特性は全部使った方がいい物が作れるって話だと解釈したが。
例えば女性エンジニアには女50エンジニア50の特性があって両方合わせて100を使ったほうがいいのに、
男50エンジニア50が当たり前の社会ではエンジニア50の特性しか有用でないと刷り込まれていて損してるって話じゃないの?
専門分野はある程度選べるのに対して、人種や民族は強制的に持たされるカードだけど、全部使えるなら使ったいいと。

52 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 19:33:00 ID:nVUnK/qk
>>51
「二重アイデンティティを持つ人は高い創造性を発揮する」と一般化した論理で考えれば、
「女50エンジニア50」も「男50エンジニア50」も等しく二重のアイデンティティを持つのだから、
その創造性は同程度になる。

それを「差別」とリンクさせようとする事が「無理やり」なんだよ。

53 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 19:45:36 ID:nVUnK/qk
で、「刷り込まれていて」は、個人の内面の問題であって、
内面は本人にしか分からない。
自身の創造性が低い原因を社会に転嫁する事を正当化させてしまう。

そして、この文章を逆に組み立てれば、「女50エンジニア50」ではなく「エンジニア50何か50」とすれば、
ハンディキャップが有っても同程度の創造性を得る事は可能である、という結論になる。

54 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:00:56 ID:eP3XKPPf
>>8
じゃあ、人類の祖先は黒人ではなく白人だったと言う仮説はどうだい?
人類の祖先はヨーロッパ周辺で誕生し、
氷河期以降アフリカ大陸に渡った白人が黒人になったとか。興味ある?

55 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:07:26 ID:1mhBg/E/
>>54
科学だろ。ミトコンドリアの分布等で容易く反証される。

56 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:08:51 ID:IjNRmleq
2ちゃんだと在日馬鹿にされてるが、同時になぜか凄い収益力があって、
政治とメディアを裏で操ってるって設定にされてるからな。

57 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:14:01 ID:eP3XKPPf
原初は褐色のコーカソイドがあり、氷河期到来によってそれらの人種は二手に分かれた。
マグマで暖かい洞窟に逃げ込んだコーカソイドと、新天地を求めて東へ旅立ったコーカソイドの2種類がいたとする。

氷河期が終わると、洞窟の暗闇でメラニン色素が落ちたコーカソイドが白人となり、
東へ旅立ったコーカソイドは氷河期適応型のアジア人として進化した。

更に、氷河期後の白人はまたしても二手に分かれた。
紫外線を嫌い、北欧にとどまった白人と日光を求めてアフリカに南下した白人の二種類。

アフリカの北端で適応した白人は北アフリカ人となり、更に南下し、赤道付近の環境に適応した白人は黒人となった。

ここに天才がいるなら、この可能性を模索して欲しい。
単なる知的好奇心だ。

58 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:18:36 ID:eP3XKPPf
>>55
意図的に隠されている可能性も否定できない。
猿から人へ進化する図には真ん中に白人がいて、ミトコンドリアイブは黒人の女だと言う。
然し、毎回疑問に思うのがこういう議論では東アジア人の存在がないがしろにされていることだ。

既存の進化論よりも、>>57の方がしっくりこないか?

59 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:25:09 ID:1mhBg/E/
>>58
> 意図的に隠されている可能性も否定できない。

これは、科学ではなくオカルト。

60 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:32:54 ID:eP3XKPPf
>>59
既存の進化論と氷河期に対する適応との整合性が取れていない。
整合性が取れていないと言うことはどこかに嘘があるという事だ。

どうして嘘を付かなければいけないのか?
ある大国の人種問題に起因すると考えられる。

どちらにしろ、今の進化論は東アジア人を枠外においている感は否めないだろう。



61 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:36:33 ID:WjDk1z55
>>52-53
なるほど。内面心理は客観的評価が難しいのに、安易に社会批判に使われる危険を指摘しているのね。
しかしその結論と記事は矛盾していないと思う。
ナボコフが科学研究したことがハンディキャップだと言われたことは事実だし、
アジア系がアメリカで差別されたことは事実だし、女エンジニアより男エンジニアの方が優秀だと思われがちなのも事実だよね。

62 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:37:03 ID:/dvohjvz
欧米人の多くは科学と相反するキリスト教を狂信している
宗教狂信が根本にある欧米の科学者は信用出来ないな。

63 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:41:38 ID:eP3XKPPf
よく、日本人離れしている日本人がいる。
酒に異様に強い、ペニスがでかい、背が高い、堀が深い、すさまじい声が出せる等。
こういう日本人離れした日本人の特徴は何故かいつも白人の特徴と合致する。

とすると、白人と東アジア人は同祖であったと言う仮説が立てられる。
日本人離れしている日本人は先祖返りだという推測も出来る。

そして日本人離れしている日本人には黒人の特徴を持ったものが見られない。
よって日本人と黒人は別々の進化を遂げたのではないかという仮説も成り立つ。

どうよ?

そして俺のこの知的好奇心は東アジア人にとってある重大で有益な仮定を提示することになる。

64 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:44:37 ID:tdlDYtaJ
>>61
素の解釈自体も怪しいもんだぞ。
>27の因果関係の取り違え説とか
>32の循環論法説とか
結構クリティカルだと思うんだが。

65 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:45:30 ID:nVUnK/qk
>>61
>>1の話を逆に組み立てる事で、差別が有っても創造性を得る事は可能という話にできる。
つまり、個々人の創造性の獲得は差別要因とは関係ない、となる。
結果、差別とこの研究テーマを関連づけようとする事自体に「無理」がある。

66 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:47:06 ID:tdlDYtaJ
>>63
> 酒に異様に強い、ペニスがでかい、背が高い、堀が深い、すさまじい声が出せる等。
堀が深い以外は全部黒人の特徴でもあるじゃないか。
あと東アジア人と白人の共通祖先の形質は分かってないだろ。
さらにさかのぼればすぐに黒人との共通祖先もいるし。


67 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:51:28 ID:eP3XKPPf
>>66
あくまで知的好奇心だよw
ただ、>>57の仮説をビップで披露した時に明確に否定出来る奴がいなかったんだよね。

例えば、「東アジア人は氷河期に適応して胴長短足・雪焼けで黄色い肌になり・凍傷を避けるために平面面になった」
というなら黒人は氷河期にどうやってあの形質を維持したまま生活していたのか?

68 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:54:56 ID:WjDk1z55
>>64
この記事はあやしいね。それは解ってる

>>65
1行目はそうだね、2行目は違うね。

69 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 20:56:04 ID:1mhBg/E/
>>63
> 酒に異様に強い、ペニスがでかい、背が高い、堀が深い、すさまじい声が出せる等。
どれも中近東の人種に当てはまる。

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/1/img/14a_b.jpg
そしてそれらは日本人の古い祖先。

>>67
アフリカと日本の気候が同じだったとでも言うつもりか?

70 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:08:48 ID:hFvWIyNn
多くのことを意識してる人ほど創造性は高そうだしなあ

71 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:13:28 ID:eP3XKPPf
>>69
氷河期の頃のアフリカ大陸の気候がどのようなものだったのか?
誰もそこに触れない。

黒人のような形質を持つには明らかに強い日光と高い気温が必要だ。
氷河期のアフリカに太陽がさんさんと降り注ぐ灼熱の大地があったなら、
人類の原初は黒人という理屈も分かるんだがね。

いかに赤道直下のアフリカ大陸と謂えど、氷河期にそんな場所があったのかと問われれば
常識的に疑問を呈せざるを得ない。

日本の氷河期と日本人の進化の整合性は取れているし、白人の進化も>>57でとれる。
しかしいつも黒人で引っかかる。
そして引っかかった時に、実は黒人は氷河期以降のアフリカで進化した人類ではないかと仮定を立てたわけだ。

72 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:25:45 ID:nVUnK/qk
根拠を示さない、単なる「拒絶」か。
それが差別を生み出す根源だと思うガナー

73 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:33:54 ID:jWp3bNin
>>1
在日朝鮮人が、その説を覆してしまった


74 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:36:14 ID:WjDk1z55
>>72
ごめんごめん、あのレスだけで論理的な飛躍を悟ると思ったんだよね。

このスレタイが誤解を生んでるから、>>27の指摘を理解していることを前提にするけど、
特性に対する差別が現実に確認されていて、その差別に打ち勝ってる人は創造力が高くて
負けてる人は創造力が低いって調査結果じゃないの。
だから一行目は記事と整合しているし、二行目は間違いで差別要因は関係ある。

75 :名無しのひみつ:2011/02/05(土) 21:45:19 ID:1mhBg/E/
>>71
> 氷河期の頃のアフリカ大陸の気候がどのようなものだったのか?
> 誰もそこに触れない。

うーん、君は人の話を聞けず、また調べもしない典型的な非科学者だなあ。
http://pds.exblog.jp/pds/1/201101/09/06/e0201806_15475687.jpg

76 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 14:14:52 ID:CHFRVf80
外国ぎらいの酷使様が悔しくて必死になって1を叩きたくなる気持ちはよくわかる。
しかしそれを否定したいなら科学的に有意な統計を示したまえ。
因みに俺は君たちがよく口にする妄想上の敵、光の戦士ではないことを断っておくよ。

77 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 14:34:20 ID:Nf/ZGdv8
どうでもいい

78 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 14:58:35 ID:E+bXTEEY
二重アイデンティティって単なるスパイだろ。
忠誠心の向かう先が複数あるってことは単なる危険分子でしかない。

79 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 15:14:17 ID:n9T0Xi/2
漢字を使ってシナ大陸からの新知識を採り入れ、
漢字の訓と仮名使いに縄文以来の文化遺産を織り込むことで
二つのアイデンティテーを否定することなく開花させたことが
日本の融合と創造性の源泉になっている

これが、ナボコフのロリータに込められた暗喩なんだよ

80 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 17:52:19 ID:gGa8at/v
> アジアと米国、両方の食材を使った料理を考案するという課題
アジア系米国人なら両方の食材に馴染みがあるのは容易に推察できる。
ここは、アフリカの食材を使った料理の考案とかじゃないと不公平じゃね?

81 :名無しのひみつ:2011/02/06(日) 22:04:45 ID:4feTzVne
>>78
そういう偏見はアメリカ白人が排日移民法で80年以上前に通った道。
そして日本の国民感情が悪化して開戦に向かう流れになった。

82 :名無しのひみつ:2011/02/07(月) 00:15:20 ID:5s6Og1ZC
>>79
ロリコンを合法化すると日本人の創造力は何倍になるの?

83 :名無しのひみつ:2011/02/07(月) 00:23:04 ID:mRb/LQ33
>>82
ロリコンは合法ですが? 何処の日本だよ。

84 :名無しのひみつ:2011/02/07(月) 08:25:29 ID:oXe/R6Jy
二重アイデンティティ=スパイ

馬鹿ってすげえな

85 :名無しのひみつ:2011/02/07(月) 14:22:51 ID:6sXzuU4j
昔からどの分野でも天才といわれているヤツを良く良く観察してみると単に脇見の上手いヤツであることが多いw

86 :名無しのひみつ:2011/02/07(月) 16:59:01 ID:1ZDJL4af
留学等の海外滞在で創造力が鍛えられる
とのニュースと同じ意味合いですね。
オーストラリアに住みたかったですが、行動を起こせてません。
先輩との約束を守れてません。

87 :名無しのひみつ:2011/02/08(火) 15:43:42 ID:Ilvm/MxZ
昔からどの分野でも天才といわれているヤツを良く良く観察してみると単に天才なヤツであることが多いw

88 :名無しのひみつ:2011/02/08(火) 21:04:46 ID:bNRyq1v+
融合と創造性ってチョンにはどっちもないよね
ゼロアイデンティティw

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)