5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【技術】中国 時速1000キロの真空チューブ列車を開発中

1 :透明な湖φ ★:2010/08/02(月) 21:03:05 ID:???
 西南交通大学・けん引動力国家重点実験室の課題グループが1日に明らかにしたところによると、
同グループは現在、時速600−1000キロの真空チューブ列車の研究を行っているという。同列車
は、理論上は最高時速2万キロに達することも可能で、実際に運行が実現するのは10年後になると
見られている。「京華時報」が2日に伝えた。

 同実験室のメンバーである両院(中国科学院及び中国工程院)の沈志雲院士によると、真空チュー
ブ列車とは、外部と隔離されたチューブを建造し、チューブ内を真空化させた後、その中でリニアモー
ターカーを運行するというもの。空気の摩擦という障害がないため、驚くべきスピードで運行することが
可能だ。

 課題グループのメンバーである趙耀平氏によると、真空リニアは真空中で運行するが、車両内は真
空ではないため、乗客がめまいなどを感じることはないという。

 建設コスト面を比較すると、現在、一般的な地下鉄の建設コストは1キロあたり1億5千万元で、トン
ネルの断面は約6−8メートルとなっている。一方、真空リニアのチューブの断面は4−5メートルと小
さく、鋼材の費用が大幅に節約できるため、従来の地下鉄よりも低いコストで建設できるという。

 趙氏は、「世界では現在、米国、スイス、中国の3カ国が真空リニア技術を研究しており、中国はすで
にテスト段階に入っている」と述べる。

 時速600キロの真空リニア技術が10年後に利用できるか否かについて、趙氏は「技術的には可能
だが、最終的な導入決定は鉄道部が行う。鉄道部の指導者はすでにこの研究に注目しており、賞賛を
得ている」と述べる。

ソース:asahi.com
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201008020213.html

★依頼スレ@レス番133より

2 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:05:20 ID:ghwMtHfj
消費電力少なくて済むんだろな

3 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:07:42 ID:SJQXKYy0
これってずいぶん昔に国鉄もやってなかったっけ?

乗ってる人がやばい状態になるとかでやめたような・・・・

4 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:07:51 ID:FB2Nhw61
20年前の子供向けの図鑑にはあったから、それ以前の数十年前には理論上可能とされていたんだろ

5 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:11:43 ID:fr4vzjiN
ウェルカムテゥーザシンカンセン
ディスイズザヒカリスーパーエクスプレス

6 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:12:02 ID:5jUvGaw4
中の人が死にそう

7 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:12:35 ID:FB2Nhw61
理論上は可能でも、コスト面や技術面で合理性は低いのは中学生になって気が付いた

8 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:14:58 ID:B24LM7B/
理論上は可能でも、コスト面や技術面で合理性は低いのはオッサンになって気が付いた

9 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:15:46 ID:+u4ZhQVP
真空ポンプの維持が大変そうだな。

10 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:16:49 ID:PUJH912d
タタの空気エンジンは予定では去年発売されてるんだけど、こいつは10年後か。


11 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:21:18 ID:quAkYcRH
中国というだけで、もうやばい感じがしてくるなw

12 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:22:29 ID:dYfvnqRF
目玉が飛び出したり、血しぶきが吹き出る事故多発。

13 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:25:00 ID:B3HdciOl
真空にしなくても、10分の1の気圧なら10倍のスピードが出せるってことだから(空気抵抗だけ考えると)
モーターのパワー上げたりするより賢いよな

14 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:25:44 ID:fr4vzjiN
こんなものをつくるより
HSTのほうが安上がりかもしれん

15 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:28:43 ID:cAIDdIy8
捏造中国
中国というだけで、もう爆発の危険を感じる

16 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:30:02 ID:+u4ZhQVP
1/10気圧でいいなら、巨大なアスピレーターでいけるか。

17 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:31:31 ID:kWfs5FoT
ウィキペディアによると
アメリカで1870年に圧搾空気を利用したエアチューブ方式の地下交通機関が営業を開始したとあります。
時速約10km/h程度の低速という技術的問題や、建設コストの割高な面など課題も多かったそうです。


18 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:32:15 ID:fLTCzRPG
やっと40年前の日本の後姿が見え始めたか。

【日本超音速列車】
http://www.youtube.com/watch?v=zDInpUW-JYk

19 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:37:53 ID:lqyf5FZ3
大惨事になります

20 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:38:10 ID:b+Y85WXM
建設のコストと維持費考えると割に合わないだろ
高速になればなるほど事故になった時ヤバイしな

21 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:48:23 ID:k59NCvOK
かなり昔の少年誌の巻頭カラー特集にあったような気がするなあ

22 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:49:08 ID:r8vTobsN
>>13
鉄道の全路線を10分の1気圧の陰圧にするなんて、物凄く大変だと思うがなぁ。
10分の9気圧を維持するだけでも、至難の業だと思う。

それと、>>1でチューブの断面積をトンネルより小さくするって書いてあるけど、そうなると高速で移動する
列車の前方の空気が圧縮される問題が、新幹線のトンネル問題よりも更に顕著になるんじゃないかな。
(まぁ、チューブ内の気圧の低さが極端に低ければ、これは解決できるだろうけど)

23 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:54:55 ID:2P3R9VPG
>列車の前方の空気が圧縮される問題
チューブの中の空気を列車と同じ速度で流せばおk

24 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:55:28 ID:xQtNfamZ
おもしろそうだな、やってくれ。
絶対に乗りたくは無いがなw




25 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 21:58:00 ID:vMfsCI9L
中の人がムリス
路線の維持管理がムリス
中国だとどうせ線路上の盗難とかあるから大惨事

寝言は寝て言えレベルです

26 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:03:46 ID:td/oQoHM
まあ、列車の気密が漏れて、車内が急速に減圧
目的地に到着したら皆、穴という穴から体液が
噴出した状態で下車するんですけどね

27 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:12:05 ID:vMfsCI9L
ナチスの毒ガス部屋ゲフゲフ
少数民族や法輪○とか実験体には事欠かないね

28 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:21:40 ID:kUARz5ci
陰圧に耐えて機密を保つ構造のチューブにどんだけ金かかると思ってんだよw

29 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:23:53 ID:kUARz5ci
>>28  ×機密⇒気密

30 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:26:38 ID:+aZSPmSg
完全真空でないと両端の終点付近で圧縮された空気で減速が大きくなる

よって中学生が考えても0.1気圧程度だと駅の終点よりさらに延長した
チューブが必要で非現実的な話だとわかるだろ

31 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:31:21 ID:UaaJAcwP
無茶しやがって

32 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:33:41 ID:1mKPsA76
>鋼材の費用が大幅に節約できるため、従来の地下鉄よりも低いコストで建設できるという。

建設はコスト抑えられても、保守に膨大なコストがかかるのが問題なんだよ
なんでそこに触れないんだ…

33 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:34:26 ID:e7s8BlgU
>>30
でも大分ゆっくり加減速しないととても一般人が普通の格好で乗れる代物にならないんじゃないか?

34 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:40:56 ID:iGrDD5yk
客を一人ずつ小さなカプセルに詰め込んで、
真空バキュームパイプに超音速で吸わせて移動するのがいいだろ。
行く先の選別は、貨物ターミナルなんかにある荷物選別機みたいなのでいける。

35 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:55:20 ID:zwZJ5ufS
ここ突っ込んでねw

>>1
車両内は真空ではないため、乗客がめまいなどを感じることはないという。

乗客がめまいなどを感じることはないという。
乗客がめまいなどを感じることはないという。







36 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:58:19 ID:kWfs5FoT
>>30
往復のチューブがあればよいのでは?

37 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 22:59:27 ID:yiH8BjtA
中国の場合,乗客がどうなろうと関係ないし
事故って死者がでても公にしないから

38 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:01:57 ID:kWfs5FoT
>>34
気送管というのがある。
手紙サイズだけどね。

39 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:02:52 ID:YL25CjHh
>>2
いやぁ、おそらく減圧維持に要するエネルギーで
列車加減速で節約できる分を超える

40 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:04:02 ID:kWfs5FoT
>>30
タンクじゃだめなのかな?

41 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:09:52 ID:kUARz5ci
こういう学士院の院士?とやらが外国の研究全然読んでなくてかじった程度ってのがよく分かるわw
研究論文とか高尚なものでなくても俺らの使うネットにすら劣る情報環境なんだろうなw

42 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:13:16 ID:LXQo4ihI
トンネル内の気圧を全部下げなくても
列車の先頭に戦闘機用のガスタービンを5個くらい付けて
盛大に空気吸い込めば、列車正面の気圧下がるんじゃない?

43 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:23:19 ID:586NOwX5
真空の維持がかなり困難な気が…
飛行機飛ばした方が経済的になりそうじゃね?

油資源が枯渇したら飛行機飛ばなくなるから、
有用性は出てきそうだけど。

ひたすら真空ポンプを稼動させ続けるのかなぁ…

44 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:25:06 ID:SmmZv9Ml

今でも古臭いラブホにいくと、真空チューブカプセルでカネを払えるな。
アレと同じようなもんですか?


45 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:27:32 ID:kWfs5FoT
>>43
地下に飛行機型列車を飛ばすという研究もあった気がします。
地面効果翼機の地下鉄版ですね。

46 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:27:51 ID:iGrDD5yk
真空ポンプは、宇宙空間からホースを引っ張ってくるだけでいいんじゃね?

47 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:32:13 ID:kWfs5FoT
>>44
それが、気送管ですね、
>>1 は、リニアモーターを使った列車で
空気抵抗を減らすため真空にするということです。

48 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:32:27 ID:G0jxhVMt
乗りたくない。

49 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:32:29 ID:FC3ZgLpJ
>>35
くっそワロタwww

50 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:50:42 ID:wZTd/MRL
日本は成田・東京・名古屋・大阪・関空(別ルート神戸空港)を直線で接続しろ。
これなら名古屋に停止しても、東京大阪は1時間半で到着できる。

51 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:52:53 ID:A5aj8CrM
要するに、ラブホのエアシューターの巨大なヤツか???


52 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:53:44 ID:w26Dw9Pt
速度的には、ごくごく一般的な航空機と同程度なんだから
速度・加減速・云々で問題が発生するとかはないだろ。
真空っていっても、実際は真空ポットとかと同じで減圧なんだろう。
一番難しいのは、空気漏れをなくすトンネル技術だろうな。
技術的には半世紀以上前から考案されていることなんだから。


53 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:54:19 ID:VDuRAs21
航空機でさえ、真空とはほど遠い環境飛んでるのに
かなりの機密性と耐久性もとめられるのに
空気抵抗小さくなるほどの高真空で旅客の安全守れるのか?と思ったけど
そもそも皆さんご指摘の通り
>チューブ内を真空化させた後、
真空化できるチューブを作れるか否かが当面の問題だ罠w

おから工事ではちょっと、ねぇw

54 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:56:17 ID:n+aU/6RL
なんか中国がこういう世界に先駆けて科学的な分野で何かやるってのが珍しいなwwww
これは人間載せるより物資輸送とかのほうがいいだろうな。

55 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:57:10 ID:frDg9P1H
■張りぼて国家、中国

中国の超高級マンションの建設現場の画像が流出して大問題!

売り出し予定価格 1戸 500万元(7000万円)程度のマンションの一部が発砲スチロール(コンクリート塗装?w)で作られてる件

http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66EI60BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66J0P0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66LMN0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66NMQ0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66P3D0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66Q9K0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP66TK60BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP6742S0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP675E40BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP676QC0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP6793R0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67DO10BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67F280BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67IKL0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67K7U0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67M5O0BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67VL30BNL0086.jpg
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP67O4J0BNL0086.jpg  ←発泡スチロール
http://img3.cache.netease.com/photo/0086/2010-02-05/5UP680V50BNL0086.jpg  ←発泡スチロール

さすが、張りぼて国家、中国w


56 :名無しのひみつ:2010/08/02(月) 23:57:18 ID:fb8a7byf
加減速のGは無視かよw

57 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:03:56 ID:ldeKk4vd
超音速のコンコルドの加減速のGでさえ問題ない訳だが。


58 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:10:35 ID:ldeKk4vd
コストや将来性を考えたら
この手の無理矢理高速化鉄道よりは
電気飛行機の方が将来的には有望な気がするのだが。
電動ジェットエンジンって無理なのだろうか。
飛行機の筐体には、太陽電池パネルが張り巡らされ
翼内部には、バッテリーが格納されて
電動ジェットエンジンで飛ぶ航空機。


59 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:22:12 ID:6cL0NHn5
>>58
なんだよ電動ジェットて。

60 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:28:06 ID:+7N3Us0N
中国と掛けまして夢の超高速列車と解きます。
... 「超(チャー)イーナー!」

61 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:33:58 ID:yuqbTFMs
>>58
電気飛行機はかなり無理がある。
小さい無人機位ならなんとか電気で飛ばせるっぽいけどね。

はっきり言って液体燃料が無くなったら、
実用飛行機は無理だと思った方がいいかも…
ていうか、ジェットエンジンの構造からいって電気じゃむりっしょw

さっさと電気自動車に切り替えて、
油燃料は飛行機オンリーにするべきなんだよな…
電気は油以外からも作れるからね。

62 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:40:20 ID:mPUk+CQH
これは技術的経済的に成り立たんだろう

63 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:41:19 ID:LaaxHLOK
乗客がめまいなどを感じることはないという。

に吹いたw

64 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 00:46:59 ID:h8lf35Gx
>>61
ジェットもいちおう航空用の水素ジェットエンジンの研究があるから電気があれば燃料つくって飛ばせるかもしれないが、
石油はこっちにまわしたほうがいいかもね。
ガソリン車禁止より成分的には石油ファンヒーター禁止した方がよさそうだけど。

65 : [―{}@{}@{}-] 名無しのひみつ:2010/08/03(火) 01:50:18 ID:Q9Q+PNDC
突然失礼します
デジタル工房です
40インチ液晶TVが40000〜
オークションよりも安く在庫多数!!
当店HP
http://gk201008.powerhp.net



66 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 02:34:24 ID:esoLtlbe
地下鉄の建設コストが1億5千万元(20億円くらい)/kmになってるが安すぎないか?
最低でも2倍はすると思うんだが。

67 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 03:22:18 ID:hkVaKzpQ
全線が単一の気密室という設計だと、あっちで空気漏れ修理したら
こっちで空気漏れとモグラ叩き状態になって再減圧待ちばかりで
ほとんど営業できないのではなかろうか。

そして、区画分け設計にしたら気密隔壁と列車の接触事故が

68 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 03:39:04 ID:1ZfB/0+e
なぜだろう、不思議と
大惨事の悪寒しかしない

69 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 04:01:51 ID:tsWnvMKh
>真空リニアは真空中で運行するが、車両内は真空ではないため、
>乗客がめまいなどを感じることはないという。

いやこれあたりまえだろw
車輌内が真空だったら死ぬじゃねえかw
めまいとか以前の問題だろw

70 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 04:03:46 ID:hz4yZ6Gk
>>68
それ以前に実用化無理だしな

71 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 06:36:36 ID:VkLFWjXN
>乗客がめまいなどを感じることはないという。


これは普段人民が耐え忍ばなければならない基準を表してるような気がする

72 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 06:56:46 ID:FkRi3+7n
これ上下線路作って、つなげてその接続点に巨大なファンを置けば
真空にしなくてもいいんじゃないか

73 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 07:04:58 ID:OEp1657K
記事を読んで、既にめまいを感じているわけだが

74 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 07:09:04 ID:/LXUDnx5
これたぶん新型ロケット発射装置のカムフラージュだな。んで誤爆して死傷者
多数というオチ

75 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 07:33:35 ID:bqPJQMNO
千人乗せても、終点では千体の死体になってるわけか

76 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 07:48:25 ID:S3UYOzcB
>>1
完成したら教えて

77 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 10:02:29 ID:iyqD0Mrb
しかし埋設してあれば真空を保つのはそれほど大変ではないかも知れない。
ガスパイプラインと似たようなものか?

78 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 10:46:02 ID:hxI6mNiI
テロの格好のターゲットにされるな。
チベット独立を狙う連中が時限爆弾を仕掛けて走行中の列車を
チューブもろとも破壊すればどれほどの被害になるやら・・・
直接爆破される列車だけでなく、チューブの真空が破られた時に発生する衝撃波が
チューブ内を前後に伝わるから、付近にいる他の列車も次々と木っ端微塵にされる。
人間が乗る乗り物じゃないなw


79 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 10:50:25 ID:iyqD0Mrb
>>78
真空なのに衝撃波とはこれいかに
真空が破れたら空気抵抗で減速するだけだが。

80 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:05:29 ID:ArHBmBim
チャンコロの猫ほどの脳みそで考え付くようなことは
とっくの昔に日本人様が検討したうえで廃案にしてます

81 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:13:59 ID:fRgb1qeE
>>22
9/10なら割と簡単に思うけど。シャルルの法則使えば。

82 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:18:14 ID:ihK8Xm2i
>>42
そのガスタービン駆動するのに必要な仕事と、
直接空気を押しのけるのに必要な仕事、
比べるとどうなる?

83 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:35:15 ID:wRwCFxQS

乗降の時の空気はどうするのか、その時チューブ内の他の列車はどうするのか。


84 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:48:24 ID:yTo6zQ+m
昔、ラブホにあったヤツですか?

85 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:53:37 ID:r3mWqR1Y
>>83
ホ |      | 車
| |VVV     | 両
ム ┃      ┃
   |VVV     |
   |      |


  |      |
  |\/\/|
  ┃      ┃
  |/\/\|
  |      |


  |      |
 | .|\/\/|┃
      
  |/\/\|
  |      |

86 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 11:58:18 ID:6AGPzUli
>>83
引き込み線を運河の閘門みたいに仕切って乗降時だけ与圧すりゃなんとかならねえかな
いちいち真空を作り直さないといけないのは非効率的だけど

87 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:08:00 ID:c2QD33ss
>>1
>時速600〜1000キロ
>チューブ断面が4〜5m

速度に対してチューブが狭すぎるな。
新幹線の断面がだいたい4m×4.5mだから、仮に同じくらいのサイズの
車両を走らせた場合、車体からチューブ壁までの隙間は1mもない。
本当にチューブ内を真空にできるならともかく、ちょっとやそっとの
低圧にした程度では、車両の前面で圧縮される空気の逃げ場が無いため、
かえって地上より空気抵抗が高くなってしまうだろう。


88 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:20:32 ID:AoAikSZD
中共の建設関係者のモラルではミンチ製造機にしかならない悪寒


89 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:31:51 ID:3nPf8cLA
真空中を移動している車両の乗客に、どうやって空気(酸素)を供給するんだ。

90 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:33:51 ID:At7ek0zR
穴埋め用の穴だろ。
坑っていうだっけな。
法輪功かチベット人を強制労働させて、適当なとこで・・
って言う、あの国の伝統行事でしょう。

91 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:35:49 ID:DJYKNQDE
へ〜

92 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:37:45 ID:4VvjeWvO
時速1000キロの真空チューブ列車
はい。死亡〜。

93 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:48:53 ID:QELe1pDL
テロの標的になるだけだな。

94 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:55:01 ID:35av4Buo
チューブの中をどうやって真空に維持するんだよ

ばかじゃねーの?

95 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 12:59:16 ID:/TVIZPC2
俺は速くて危険な乗り物より多少遅くても安全な乗り物のほうが
いいぜ!

って、どうせシナには作れんだろうがな

96 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 13:13:50 ID:lofXuGSg
高速移動棺桶あるよ

97 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 14:07:56 ID:bhRml7hC
日本のやつは発射時に30Gぐらい掛るから到着駅よりも天国が近かったみたいだね
中国も作って人体実験までいった後で中止でもするんかね?w

98 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 14:12:40 ID:prSAYRM1
まあ、とりあえずは誰でも思いつくし、できないか検討はするよな。
でも大抵、取捨選択で他の方法に落ち着く。
今度の中国のは知らないけどね。何がしかミソがないと無理でしょ。果たして在るか?


99 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 14:21:04 ID:esoLtlbe
リニアモーターで運用するらしいから加減速は調整できるはず。
空気で減速しなくてもいいから黒焦げになるのも回避できる。


100 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 15:00:56 ID:ldeKk4vd
なんか、技術とかを理解せずに
単に頭ごなしに出来るわけがないという決めつけをして小馬鹿にしている奴が
あまりにも多いのが、逆に驚きではあるな。
たしか北米の研究では、技術的には可能だけど、コスト的にあまり優位性がないという
発表を数年前に見た記憶がある。
ここには、出来るわけがないバカが大杉だけど、実際には技術的には可能だとアメリカの研究者は言っている訳だよ。
世界中から技術をパクリまくりの支那が、10年後に技術的に目処を付けても
全然不思議ではないのだよ。
支那を軽く見ていたら、痛い目に遭うだろうな。
朝鮮人を小馬鹿にして技術を無償提供しまくった結果が
現在のサムスンと日本メーカーじゃん。



101 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 15:19:56 ID:AoAikSZD
>>100
建材に発泡スチロール混ぜてる中共にできるわけねーだろwww


102 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 15:52:51 ID:3wda9BUK
まあ実験レベルなら可能だろう
だが10年で実際に運行はないわ

103 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 15:52:59 ID:+K6qC7lL
>>55
ドラマか何かのセットじゃないんかよw

104 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 16:03:57 ID:7xDNxJLK
>>100

80% ぐらいの書き込みは、技術者の質,、(中華レベルでのw)最低限の安全性の確保も含めて「コスト的に無理」ってつっこんでるだろ。

原子力飛行機計画と同じ程度の荒唐無稽さ(技術的にはw実現可能)だぞ。

105 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 16:07:37 ID:hkVaKzpQ
>>100
誰も営業運転してないから、そのパクル元がないんだよ。

パクリ元がない状態では、かなりのローテクでも営業運転までには
とても時間がかかる。元があれば10年で楽勝だがな。

パクリ元がないという経験がこてまで乏しいから見積もりが甘すぎる

106 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 16:13:44 ID:FSxz3wS1
まだミンチ肉にはなりたくないです

107 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 16:35:19 ID:j1xjOP67
気送交通は100年以上前に実用化されたけど、結局廃れたからなあ。
鉄道用として考えた場合、真空にしろ圧搾空気にしろ、モータに比べて遥かに取り扱いにくいからねえ。
気送管みたいに物資搬送用っていうのなら、一時期大規模に運用されたんだけど・・・

人間を載せて運用するとなると・・・壮大なチャレンジになりそうだな。

108 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 16:56:22 ID:39gqNGAM
普通のリニアカーだと資材盗まれるから案外コスト的に
割に合うのかも。チューブなら盗めない。
ただチューブの中の資材を盗もうと穴開けるやつがいたら・・・。

109 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:10:06 ID:ge1qVS/X
こんな明らかにテロ対策してますみたいなのを標的にするくらいなら
人ごみのような監視も難しい場所でランダムに起こしたほうが政府に対する国民の不信感煽れると普通は考えると思うんだよな
テロする側にとってこんなん爆破してもオナニーにしかならないものなんて愉快犯くらいしかやんねーんじゃね

110 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:14:13 ID:kRQQauPP
>>101
発泡スチロールと道路で検索すると道路の下に入れたりと
かなり優れものの資材のようですよ。
まあ、真空チューブが作れるとは思えませんけどね。

111 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:25:02 ID:prSAYRM1
とりあえずチューブメンテが大変そうだな。
一旦真空にしたら滅多なことでは空気は入れられんだろう。


112 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:30:17 ID:J0XRIfwQ
上海のリニアモータカー あれが中国の技術だよ

本当に浮上しているか疑いたくなる

250kmを超えると、ジェットコースター並みの振動で、話もできない

113 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:31:27 ID:kRQQauPP
真空タンクを複数個所に設けて
順番に弁を開けていくのはどうかな?

114 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:37:48 ID:NOlhfyEe
>>112
あれですら技術としてはドイツの技術なんだが…施工は自前でやっている部分はあるけど。
つまりたとえ日独仏で実用化されていたとしても中国では無理ってレベル。

115 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:41:33 ID:C6LyuvMx
ラブホテルのお支払いシステム。
ラブホテルのお支払いシステム。
ラブホテルのお支払いシステム。

116 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:46:17 ID:Ey2m2OG/
漢民族専用

117 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 17:52:09 ID:zgxKIZdB
空気が漏れて沸騰する数百人の中国人を想像してしまった

118 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 18:38:54 ID:OF0Bfnk5
5基目の測位衛星「北斗」打ち上げに成功
ttp://japanese.cri.cn/1061/2010/08/03/162s161861.htm

119 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 18:55:30 ID:zZgQ0Yg0
随分昔のアイデアだよな。
30年くらい前の日本の発想じゃなかったけ?

120 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 19:05:30 ID:I52IFXmU
そもそも中国社会では何キロもの真空チューブの保守管理が至難。
レール剥がして盗む奴らだぜ?

121 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 19:08:26 ID:iyqD0Mrb
開発中では特にコメントすることないな。
とりあえず試験線でも実際に作ってから注目しよう。
実用化はさらに遥か先だ。

122 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 19:17:40 ID:XI9l/dr8
これより砲弾列車のほうが実用化しやすいかもな
20人くらい押し込んで飛ばせば1人くらい遺体回収できるだろ

123 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 19:35:15 ID:p4aQTvJw
>>26
真空なんだから、体液は全て蒸発してミイラになるんじゃないかな。

124 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 19:55:52 ID:uf48uLvS
これ昔日本がやろうとしたけどコストの問題と、気圧で人が圧死するから中止になったんだよね

125 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 20:00:08 ID:4KYLsVIQ
失敗に終わるか
日本の技術者を雇って成功するかのどちらか

126 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 21:04:16 ID:l9SiKY7N
ここは竹中工務店の出番ですね!!!

あ、あっちは加圧だった。。。


127 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 22:20:46 ID:1Ols4AAr
この手のMade in chinaには絶対乗りたくない

128 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 22:20:54 ID:r7cxlbiE
車内の酸素が無くなる前に次の駅に到着しないといけないから、1,000キロでも遅いくらい。

129 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 22:33:15 ID:V29L7bSY
このチューブを便器につなげば
時速1000kmで疾走するウンコが見られる

130 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 22:34:46 ID:9WybX4vX
昔のベルリンとかにあった気送郵便みたいなもんか。

131 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:01:06 ID:QPGksE2c
>>110
発泡スチロールに網巻いてセメントを薄く塗り伸ばしてコンクリートに
偽装するのはなんていう工法なのかな?


132 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:08:55 ID:V29L7bSY
>>131
それ内側の結露を防止するために断熱目的でそうするんじゃなかったっけ?

133 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:17:21 ID:ldeKk4vd
みなさんもう、姉歯君のことはすっかりお忘れのようですね。


134 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:21:12 ID:2rYV3HHU
>>131
>>132の通り
むしろ寒冷地じゃ発泡スチロール使わないと欠陥工事なんだが・・・
手間を考えると発泡スチロール入れるよりも全部コンクリートのほうが楽なんだよ


135 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:25:20 ID:kRQQauPP
>>131
単なるモルタル壁でしょうね。
>>132 が本当なら外壁だけでなく内壁にも使っているのか。
発泡スチロールが石膏ボード代わりに使われているだけなら問題なさそうです。
でも、完成もしていないのにコンクリートにヒビだらけのビルの写真を見ているので
適切な施工が行われているか不安を感じるのは事実ですね。


136 :名無し募集中。。。:2010/08/03(火) 23:40:58 ID:3EH+PARx
停まらなかったときのことを考えると乗りたくは無い

137 :名無しのひみつ:2010/08/03(火) 23:44:38 ID:kRQQauPP
>>136
止まらないなんて事はないから大丈夫だよ。
終点の先にはチューブがありませんからね。

138 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 00:06:20 ID:ySj7SmTf
>>130
気送郵便(気送管)とは全然違うよ。
アレは荷物を集約する場所でファン回して集荷対象物を吸ってるだけだから。
いわば吸い込み口のたくさんある掃除機みたいなもの。

このニュースで言ってる奴は、チューブ内を真空にする事で空気抵抗が極限まで減らされた状態を作って、
高速&低燃費に列車を走らせようという発想。
鉄道みたいな長距離のチューブを真空に近いような低圧にするのも、それを維持するのも物凄く難しいし、
更に駅という常圧の空間との取り合いの問題もあるから、いまの技術では現実的じゃないね。

ただまぁ、日本でもバブルの頃は高さ1万メートルのビルやら、海底都市といった荒唐無稽なアイディアを
大手ゼネコンが(コンセプト案として)発表してたくらいだから、中国のコレもその類なんだと思う。

要するに「こんな馬鹿話が語られちゃうくらい、今の中国は景気が良いんだよ」というニュースなんだろうな。
今回のコレは。

139 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 00:31:06 ID:I4gZ+3iz
気密破れで乗客は血が沸騰して死亡

140 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 01:02:26 ID:6bSp2Ks9
怖い

141 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 01:28:44 ID:XbID/1eo
でも、三峡ダムみたいな規模ものをホントにつくっちゃう国なんだから、
短期間でなんとかしちゃうかもよ。日本と違って国が音頭取るからね。
とんでもなく電力食いそうだけど、三峡ダムでの発電でどうにかするとか。

142 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 02:43:40 ID:8VXfFVPf
先進国であらせられる中国様にぜひ
2020年運行開始を実現してほしい。1000kで

143 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 06:52:30 ID:B1YG2prV
鉄道は無理でも、これで安くロケットを打ち上げられないものか?

144 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 09:56:59 ID:3OfeYLMg
>>134
ふーん・・・。
で、中国の事例は「寒冷地仕様」だからなのかw

へえーwふーんw

145 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 10:17:24 ID:F2QwjwWJ
違うんだ。この列車は中国の人口爆発を食い止めるために。。。
あとは分かるな?

146 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 11:43:13 ID:z3q9maNW
>>143
安くはならんだろむしろこれは地上でロケット飛ばせば早いみたいな話なんだし、
もしかして地上から大気圏外まで真空の塔立ててそこを飛ばせば安上がりって話で言ってる?

147 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 12:32:36 ID:9LOC9Z9U
これって民主党レベルの思いつきだな。
実現しようとすると様々な障害が出て、結局中止・・・


148 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 13:04:33 ID:/v6g/rHp
>135

あれは、パラペットとか、柱とか、

装飾する部分だけ付けるモールディングだ。


149 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 13:56:05 ID:UnSf4Fa2
>>145
ちょびっと三峡ダム壊せばいいだけじゃん

150 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 13:56:31 ID:9FkbhZ9O
>>139
機密など、日本を空襲したB29の頃で、すでに実現しているじゃん。


151 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 14:23:51 ID:uRiXpuh7
ラブホにあるエアシューターでも作るのかね
これならパクリ技術で何とかなる

152 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 15:46:15 ID:M+dgN0wb
問題は安全性だろう、それでも昔と違って色々対策はあるから
実現は不可能ではない、1Mm/hといわず100Mm/hでも可能では。

153 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:03:28 ID:UfOaTIan
>>152
> それでも昔と違って色々対策はあるから

どんな対策か具体的に教えてくれ。
地道な努力以外にな。

> 1Mm/hといわず100Mm/hでも可能では。

太陽系から脱出してしまいますがな。

154 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:18:38 ID:1ZjbZLMe
支那の最大の利点は
安全性を無視できることだろ。
大事故が発生した場合、報道規制により事故そのものが無かったことになるのだから。
それと人命の価格が日本の1/100くらいだろ。
この点でも日本では不可能な大幅なコストダウンが可能である。



155 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:21:18 ID:0rH5vAxc
>>153
理論上は第一宇宙速度まで達した時点で、遠心力と重力がつりあって、無重力になるからな。
それ以上の速度なら、天井に押し付けられて、地球から飛び出そうとするな。

時速3000キロくらいで、チューブの真空が破れても空気抵抗で減速するだけだが、
時速20000キロを超える速度で、真空が破れると宇宙機の大気圏突入みたいに燃え尽きてしまうかもなw。





156 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:25:40 ID:1ZjbZLMe
>理論上は第一宇宙速度まで達した時点で、遠心力と重力がつりあって、無重力になる
>理論上は第一宇宙速度まで達した時点で、遠心力と重力がつりあって、無重力になる
>理論上は第一宇宙速度まで達した時点で、遠心力と重力がつりあって、無重力になる
めちゃくちゃだな・・・
きっと書いた本人は間違いにはまったく気づいていないのだろう

157 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:30:31 ID:6PqE5N+b
なんだっけなあ。昔、一般向け科学雑誌かなんかで、実現したらこうなりますよみたいな記事があったなあ。
安全性云々じゃなく、技術的問題で実現不可能みたいな結論だったと思うが…。どうでもいいんで忘れたなぁ。

158 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:35:31 ID:lDh27SUf
>>85 リニアモーターなんだから、車両と外壁を磁力で密着させれば良かろう?

159 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:47:57 ID:jwB5udGs
真空に1000km、そして中国

絶対に乗りません

160 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 18:52:11 ID:alGRrx2u
車掌「これから真空チューブに入るアルよ〜、みんな尻の穴と目玉を力いっぱい押さえるアルね〜」

161 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 19:05:03 ID:274ZNB+i
圧の調整やらの手続きで車両に乗り降りするだけでも二日くらいかかりそうだな(´ω`;)

162 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 19:09:35 ID:hZFuqFhI
駅間500Kmとかなら加速度の問題はいいんじゃね?
そんなに高度な真空でなくてもよさそうだし。

163 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 19:11:02 ID:s/1BuXoN
途中三途の川をこえて終点は極楽浄土となります
ただし悪人は下車できません

164 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:07:12 ID:OPQm3KEI
>>156
何で?。

真空チューブなら、高度0mで地球を回る人工衛星と同じじゃん。
理論上の話だから、微細な摩擦とか、チューブ内の希薄な空気による減速とか、つまらないことはいうなよ。



165 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:12:42 ID:OPQm3KEI
>理論上は最高時速2万キロに達することも可能で
秒速5.555・・・kmだから、何らかの理由で第一宇宙速度までは、無理ということだな。


166 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:15:21 ID:OPQm3KEI
>>159
時速1000kmなら、旅客機くらいの速度じゃん。
そんなに驚くことは無い。新幹線の3倍くらい。




167 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:21:57 ID:E5Cl0/cp
>>148
なるほど、陸屋根の周りの部分や飾り柱みたいな
軽い方がよく力がかからない部分なら
発泡スチロールを使うのは理にかなっていますね。
でも、中華仕様ですから、とんでもない使い方をしている
可能性も除外できないですよね。

168 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:35:44 ID:oVrd7tLc
乗客が乗り込んでから、チューブを真空にするのに10時間…
って話か?



169 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:35:45 ID:E5Cl0/cp
>>166
そのスピードで地面を転がる乗り物といえば、
スラストSSCです。
中華技術じゃ、それより危険な乗り物になりそうだと感じませんか?

170 :名無しのひみつ:2010/08/04(水) 20:41:43 ID:OPQm3KEI
>>169
一番先に乗ろうとは、思わないわなwww。



171 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 08:20:32 ID:ILukHj89
最初に乗るのはチベット人かウイグル人...

172 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 09:51:24 ID:P9hvdOtM
ポンプで気圧を下げるのは大変だから
車両の前に車両を走らせて空気抵抗減らしてやれば同じような事になるんじゃね?
前を走る車両も空気抵抗で大変だからさらにその前に車両を走らせて・・・

173 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 14:46:43 ID:H0hkYWXO
少なくとも騒音問題はないだろうな。

トンネル突入時のドン!衝撃もない。
KTXのようにフランスはさじをなげ韓国が日本に泣きついて
くることもないわけだw
KTX(TGV)は車体が歪んで問題になったからな。

174 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 14:53:18 ID:H0hkYWXO
ただ問題は急に加圧されたらどうなるかだ。

中国は地震少ないが、なんらの天災でチューブ内が加圧され、
列車同士の距離が近かったら制御不能だ。


175 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 15:00:07 ID:0dtJM/Lg
問題はその列車にどうやって乗るのかだな。
鼻つまんで顔真っ赤にしてホームを駆けるのかなぁ。
降りるときもどうするんだろ。

176 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 15:16:40 ID:H0hkYWXO
>>175
駅構内は大気圧だろ。

走り出してから段階的に減圧部に入るようにしないと、
ロケット加速しつな乗客はGに耐えられない。
Gスボットぢゃないよw

177 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 15:17:06 ID:UrgFweLI
潜水艦が潜水しているときに、乗組員が潜水艦の外部に出ることができるんだぜ。
えっっっ・・・潜水中にハッチを開けたら、水が入ってきてしまうだって・・・


178 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 15:33:11 ID:0dtJM/Lg
>>176
走り出してから、どうやって減圧部に入るの?
想像できないな。

179 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 16:15:09 ID:yhKv8SID
>>178
ホームドアだろ常識的にいって
昔はやった新交通システムみたいなやつ

駅に着いたら列車と駅のドアがくっついて開く

180 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 16:29:17 ID:0dtJM/Lg
>>179
出入り口は数多くならないな。
旅客機みたいに一箇所か。
つかそこら辺の気密がやばそう。

181 :名刺は切らしておりまして:2010/08/05(木) 17:15:42 ID:u91LuguQ
そんなの日本じゃとっくにラブホで稼働中。


182 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 17:24:56 ID:6OyF17/U
これって金さえあれば普通に作れるんじゃないか?
唯、問題なのは事故やなんかに対する対策や担保をどうやって
確保するかが難しいって事だけで。そこは中国だしさ・・。
一度作ってしまえば運用コスト自体は安く出来そう。

なんか一気に未来都市が誕生しそうな気がしてきた。
革新的で先進的な技術は中国が率先して導入、実現する未来が
くるのかも・・。

183 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 17:34:40 ID:P9hvdOtM
真空のパイプの中を自転車で走れたらかなりスピード出るだろうな。
貧脚でも60m/hぐらいで巡航出来るんじゃないだろうか。

184 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 17:46:37 ID:t8EDN5rP
駅は大気圧で、軌道チューブは完全真空にする、
駅から少し移動して密閉して真空に引いてから軌道チューブに進入する。

列車編成にする必要はないから10人乗りから100人乗りまで
人数に応じた長さの車両が使える。

軌道の建設と維持に金が掛かるから、飛行機より圧倒的に優位な
速度が1万Km/h位でないと採算に乗らないのでは。

185 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 17:53:26 ID:T1CoqqXr
日本は半世紀以上前にこの分野から撤退しております

186 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:00:41 ID:EO4JCJtL
これは無差別テロです。誰もが狙われる可能性がありますので注意して下さい!

創価学会のハイテク兵器を使用したテロ「集団ストーカー」の告発
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/soc/1279937690/3

※電磁波、BMI兵器による被害詳細と技術解説、ガスライティング被害と手法の詳細解説記事まとめ
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/soc/1279937690/3

■◇■集団ストーカー被害の真相■◇■ part 9
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1279206074/
■◇■集団ストーカー被害の真相■◇■ part 10
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1280066092/201-300
◆集団ストーカー犯罪を追及するスレッド 40
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1278757278/

ばれないようにやってる意味を自らぶち壊してるようですが、見せしめの
つもりでしょうか? テロがばれると脅迫に変更すると言うのは、絶対に
テロを止めないという意思表示であり、完全なテロ目的の集団であることの証明です。

見せしめと言う方向転換は自分ら的にかっこいいらしいです。
サイコ連中には選挙より大事みたいです。北朝鮮極左テロ集団と言うのが本性ですから。
カルトは皆同じです。


187 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:07:16 ID:162C8sHZ
>車両内は真空ではないため、乗客がめまいなどを感じることはない
中国人スゲーな、真空でもめまいで済むのか・・・

188 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:07:52 ID:1Topr3tK
昔メカニックマガジンってのがあって
それにこの真空チューブ列車が載ってたな

189 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:10:15 ID:pTqcvW0N
走行中にちょっと地震が起きたら大惨事だな。
飛行機の方が遥かに安全なんじゃないのか。

190 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:37:31 ID:NAd74RPw
実用化されて商業化されても、莫大な維持・管理コストがかかるような気がするんだけど?
新幹線の速度で十分だよ。
あまりに移動交通手段が速くなるとさ?
日帰りでありえん日程で帰れとかくるんだもの…。



191 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:42:31 ID:RWBzA4pL
それなんて言う、先行者?


192 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:52:30 ID:41jVaDGq
喜んで民主党議員が乗りに行くよ^^

193 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 18:59:47 ID:6OyF17/U
つか、うーん色々考えてみたけど、わざわざやる意味有るのかこれ?
安全に運用できる真空チューブを作るって事がコスト的に有り得ない
気がしてきた。
時速1000Kmで移動する必要のある人がそんなに沢山いるかな?
普通に小型の高速ジェット機を飛ばしたほうが良いと思う。

194 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 19:08:00 ID:UrgFweLI
乗降システムなんて簡単な訳だが。
技術的には何の問題もないだろう。
乗降場に列車が入ったら、真空チューブとの扉を閉めて、1気圧にする。
発車するときは、乗降場の空気を抜いて、真空チューブとの扉を開けて、真空チューブへ。
何の問題があるというのだろうか。
一番の問題点は、長距離のチューブでは必ず空気漏れが常に発生し続けることだろう。


195 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 19:28:17 ID:6OyF17/U
乗降室に人が残っているのに気が付かず・・。

196 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 19:57:02 ID:dPlqbHox
運行の度に数百人規模で死人が出るんじゃね?

197 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 20:11:49 ID:UrgFweLI
いままで車の事故で死亡した人って恐らく数百万人〜数千万人規模でいるんじゃないのかな。
でも世界中で、車は走り続けている。
交通機関なんてそんなものでしょう。


198 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 20:51:07 ID:/HfgUkaj
どことどこを結ぶつもりなんでしょうね。

199 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 20:52:54 ID:ELRv1PKo
構造に関わらない場所なら、発泡スチロールは意外といいんじゃないかな

200 :名無しのひみつ:2010/08/05(木) 20:54:21 ID:WWs736+g
歩行者や自動車の事故は個人の心がけに大きく左右されるが
列車や飛行機は乗客の心がけではどうしょうもない事故がほとんどだから
危なさの印象は人数に比例しない気がするな

201 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 00:30:31 ID:lW4HcnGP
U字のトンネル掘って重力で加速するとかいうやつの方がまだ実現可能なんじゃね

202 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 00:50:15 ID:xB5rifL0
んな暇と金が有れば、灌漑施設を砂漠に行い植林してくれよ!

支那からのバイ菌と有害物質を吸着した黄砂被害、外国の迷惑を考えろ!ボケ支那めが!!!





203 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 01:15:38 ID:qwUOLeb3
空気漏れで列車が壁面に押しつけられて
大破なんてありそう。

204 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 06:52:03 ID:mUyZvTu2
これって列車も完璧に密閉しないとダメなんだよね。
列車の中の空気が漏れたらどうなるの?
乗客、全員窒息死?

205 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 07:07:55 ID:+zwUjVPk
真空と大気圧の差は最大でもたった1気圧だから
水中の圧力に耐える潜水艦とかに比べたらはるかに余裕

206 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 09:52:47 ID:iRZjItAW
なんか、速度と加速度が判ってない人が前の方にいた気がするが…

207 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 19:38:55 ID:qwUOLeb3
>>206
普通の電車でも駅を高いところに作って
速度エネルギーを位置エネルギーに
変換している場合があります。

208 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 20:45:31 ID:eEUkjUFX
危険性なんて航空機と同程度かむしろ低いくらいなんじゃないの。
墜落する心配はないし、なによりも天候の影響をまったく受けない。
航空機が墜落して乗客全員死亡する事故は起き続けているのだから
車両に穴が空いて乗客全員死亡する事故が起きても、それは航空機墜落事故程度の確率なら
旅客輸送手段として何ら問題ない。


209 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 20:53:50 ID:ugkUTNXX
駅に入ってきた列車の中を見ると
全員目玉が飛び出て血を吐いて死んでるとかないだろうな

210 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 20:57:11 ID:qwUOLeb3
脱線事故を忘れていますよ。
チューブに激突する可能性が高いのでは?
チューブは通常のトンネルより細いので不安に感じます。

211 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 21:21:30 ID:UHMCcSl8
まあ、本当の動力は、列車の下で必死で走っている政治犯なんだろうけどな・・・・


212 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 21:28:49 ID:VU87gKX5
>>209
大丈夫だソユーズ11号の結果から人は真空中にさらされても窒息死するだけで、
体外に目や体液や内蔵が飛び出してくるようなことは一切なくきれいな顔で死んでることがわかってるから。
そんな森村誠一の小説みたいな嘘を信じるなよ。
むしろ遺族は上杉達也の名言を言うことになるだろう。

213 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 21:31:01 ID:vf41ECCj
大分昔に同じような夢物語の記事を読んだな。。確か、
以下が問題で有耶無耶になったんでは?
真空にする−>トンネルを真空に保つエネルギーが大変
       列車の密閉構造が大変
最速曲線 −>サイクロド曲線は地中を深くえぐる必要があり、費用が大変
。。しかも、入口と、出口だけで、途中駅が作れんだろう?


214 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 22:13:32 ID:eEUkjUFX
入り口と出口が出来るなら、途中駅も出来るだろ。


215 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 22:58:54 ID:qwUOLeb3
高速鉄道では、駅の配置が問題でしょう。
駅の間隔が近すぎれば、通常速度への加速が不可能になります。
チューブは、ほとんど真っ直ぐである必要がありそうですから
先に路線を決めないと話にならないと思いますよ。

216 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 23:05:41 ID:+zwUjVPk
本体の車両はずっと高速で走り続け
駅に近づくと乗降用車両がドッキングしたり離脱するようにすればよくね?

217 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 23:11:25 ID:eEUkjUFX
中国で駅間距離が近すぎるという指摘はあまりにも的外れでしょう。

乗降車両をドッキングは無意味ですね。
その乗降車両にて乗り降りする仕組みが、通常車両に適応できない理由などない訳だから。


218 :名無しのひみつ:2010/08/06(金) 23:43:18 ID:3rqwSqkv
駅停車でドッキングハッチを使って出入りするんでしょ

219 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 00:12:40 ID:Vpe6VY7D
>>217
路線の事を無視して中国が広大だから問題ないというのはね。
でも、駅を作ってから、そこに街を作るということならありそうです。

220 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 00:21:19 ID:Vpe6VY7D
この乗り物は何Gぐらいの加減速を行うつもりなのかな?
カーブでのGも気になります。

221 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 00:30:00 ID:6rALRyk8
>>219
中国の高速列車は駅間が非常に長いから心配するな
そもそも大都市間には小さな街しかない事なんてザラなんだから

ついこの間、瀋陽(中国有数の大都市で遼寧省の省都)
と長春(旧満州国首都で吉林省の省都)間を最高時速160kmの列車で移動したが
その間には少しばかりの小さな街と一面の畑と山と野原しかなかった
(一番大きな街も規模こそまぁまぁだったが
列車から見た限りでは老朽化した低いビルばかりでとても大都市とは言えなかった)

222 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 02:16:52 ID:tpoYc3b/
>>77 >>205 >1
パイプラインは太さが最大1.4m程度、同じ太さを全線で維持しなくてもいい、
潜水艦は長さが百数十m、
全線で太さ4、5m以上、長さ数百kmの気密路線を作るのは
やっぱり大変なんじゃないかなぁ

223 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 19:00:47 ID:qKZB8kji
オレ、すごいこと思いついた。

まず環状地下鉄を掘るわけよ。
そんでもって、その線路上に列車を隙間なく並べるわけ。
そうすると、列車はリング状に繋がることになるわけよ。
このときトンネルの断面積と列車の断面積がほぼ同じなら、
トンネル内を真空にしなくても空気抵抗は0に近くなるじゃん。

224 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 19:12:39 ID:X3N6dtnj
そのまま超高速回転させればブラックホールとか作れそうだぜ

225 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 19:13:52 ID:Fs8bkS0y

 実は動画配信サイト



226 :名無しのひみつ:2010/08/07(土) 22:01:22 ID:UpkgHiyP
事故ると怖いな

227 :名無しのひみつ:2010/08/08(日) 11:30:36 ID:SMNu82fD
動画:一階を車が通れる1200人乗りバス、中国で計画中
http://japanese.engadget.com/2010/08/02/1200/

こういうのって土地狭い日本でやるべきだよね
発想は路面電車のロースペース版なんだけど
ま、交差点では結局無意味なわけで、どうなのかなと思うけどね


228 :名無しのひみつ:2010/08/08(日) 13:21:59 ID:ko8zcE/2
事故って怖くない乗り物などあるのか?


229 :名無しのひみつ:2010/08/08(日) 21:40:02 ID:X+D8+Rz3
>>227
バスとの衝突事故が多発するだけだったり。
乗降はどうするんだろうね。

230 :名無しのひみつ:2010/08/08(日) 21:46:32 ID:X+D8+Rz3
>>227
どのくらいのカーブが曲がれるのかな?

231 :名無しのひみつ:2010/08/09(月) 19:44:35 ID:fvft2rKw
中国の場合乗客の存命とか関係なしに1000キロだすんだろう

232 :名無しのひみつ:2010/08/09(月) 20:56:04 ID:A7DUm/yl
>>1
600〜1000km/h
なるほど飛行機飛ばすより安上がりかも。
事故が起きたら死ぬしかなさそうだけど。

233 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 00:48:59 ID:cs2MbH/a
1G加速で30秒かかり、その間に4km進んでしまいます。
減速も同じだけかかる。

234 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 10:39:52 ID:+YmrqCmL
>>233
それどの程度非常識でどの程度やばいの?

235 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 10:42:07 ID:JGwb9x0r
中国人なら外に飛び出して爆発する人間が絶対にでてくるだろw

236 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 10:58:39 ID:THljOTcd
飛行機が飛んでる事を考えたら安全性なんてどうということはないだろ。
問題はどうやって低コストで真空を長距離維持するのかだけだと思うが。

あと気になるのは乗客が乗り降りする駅をどうするのか。
蛇腹のようなものをドアまで伸ばして接続して乗降するのか、
あるいは、駅ごと真空を破ったあとで乗降するのか。どうだろう。

237 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 11:07:05 ID:HHR1suSB
>>223のアイデアは意外といいと思うな
真空にするって事は要は空気抵抗を無くしたいわけだから
環状線でなくても上りと下りの列車をつなげてループさせれば実現できるだろうし

238 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 11:46:53 ID:Hk5WY5uq
きっとこんなスーパーな物が本当に実用化されても
ニワトリ持った大荷物のおばちゃんとがびっしり乗り込んでくるんだろうなぁ(´ω`)

239 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 12:01:16 ID:ajBrsJlV
んで、車内がゴミだらけ

240 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 12:04:35 ID:cs2MbH/a
>>234
1Gは、「めまい」など感じず十分安全だろうと考え設定しました。
この1Gと重力とが合成されて1.4Gが45度の角度で生じますから
加減速時には、向きを加速方向に向けての着席が前提です。
逆向きではシートベルトがあっても胸が押さえられて苦しいでしょう。
座席を傾ける方法でもよいかもしれません。
1.4Gが30秒間耐えられるだけの体力は必要です。
4kmの距離は、前方チューブ内にトラブルがあっても急ブレーキは
とてもできない可能性が高くなるということです。
衝撃に対する準備が可能な航空機とは違いますね。
それに加えてカーブのこともあります。
カーブでは、速度に合わせて車体を傾けることで
Gを垂直方向に合成してGが大きくなります。
これも1.4Gぐらいと仮定しましょう。
車体を傾ける機構の故障など恐ろしくて考えたくもありませんね。
安全を考えるなら全線で着席シートベルトするべきでしょう。

241 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 12:10:56 ID:cs2MbH/a
>>237
折り返し部分はどうするんだ?
急カーブだとGが大きすぎて
リニアそのものが成り立たないのでは?

242 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 12:16:45 ID:HHR1suSB
>>241
スキーのゴンドラ方式で折り返し部分だけゆっくりになるとか

243 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 12:34:15 ID:zim6j5oo
中国製の味付け海苔買ったんだけどさ、朝定に出るようなシートのやつ。
それが全部湿気てふにゃふにゃなんだよ。真空チューブなんてできるわけないだろ。

244 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 17:15:12 ID:akGfOUkf
>>237
空気抵抗って先頭部分だけなの?表面にもありそうだけど。

245 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 17:40:19 ID:N19gKXVv
>>223
>>237
>>244
空気抵抗の大部分は側面で発生してるんだよ
先頭形状は主にトンネル走行時の影響を考えて作るもの

246 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 18:06:28 ID:1eMkp6ms
>このときトンネルの断面積と列車の断面積がほぼ同じなら、

これによって側面の空気抵抗もなくすんだろ。


247 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 18:12:12 ID:N19gKXVv
>>246
結局真空にするか、車体を壁こするかどっちかになるでしょ

248 :名無しのひみつ:2010/08/10(火) 18:40:42 ID:WG61N6wk

凄いな、景気いいんだな
こうゆうのは我が国の得意分野と思ってたが…

249 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 02:40:12 ID:j5ckJYSO
地中を真空状態にし、事故を発生させると
中の人は一瞬で蒸発ミイラ化、地上周辺はクレーター化する。

究極エコ衛星マイクロウェーブ発電が実用化される方が先だろう

衛星にて太陽直発電し、
地上の受信皿に高エネルギーを落として充電する構想。
外せば地上は一瞬で消し飛ぶ、その為、
反レーザが不可欠とされた、しかし、近年
日本の大学が反レーザーを開発した

250 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 03:08:56 ID:TUbDr93m
どうも、東アジアの隣国は人も機械も疑ってかかる癖がついてしまった。

「どうせ開業数ヶ月で大惨事だよw」
って中国人たちが笑ってるってどういう事……

251 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 06:59:25 ID:plqdgsKe
真空のチューブをどうやって保守管理するんだろ?それに電車が通るような大きなチューブなんてテロの格好の餌食になりそw

252 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 17:53:03 ID:WLE/Y6JD
乗り物なんてズブの素人の機械保守屋の意見だけど。。。
加速より制動制御が難しいんじゃない?
面白い考えだと思うけどねー

253 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 18:14:30 ID:B6X30eUp
宇宙に打ち上げてから横に動かせば、真空チューブいらないじゃん。

254 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 18:30:38 ID:6TV8ja2O
別に真の真空にしないなら
ある程度いけるだろ?
ジャンボジェット機でさえ800km/hだせるんだから

255 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 18:31:32 ID:53LwHCXB
100までしか読んでないけど廃熱で足回り死ぬんじゃねえの?

256 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 19:24:39 ID:y6vc8asl
広い大陸だからこそ速度への需要はあるんだろうが
「動かす」と「営業する」の間にある壁がとんでもなく高そう

まあ経済低迷で予算付かなくなるってオチだろうけど

257 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 20:32:02 ID:9JCx2kWG
>>227
いいアイディアじゃないか。

昇降口は、歩道側の中空に突き出した出口・入り口からタラップを下ろせばいい。

交通渋滞の緩和とバスの到着時刻を正確に出来るんじゃ無いかな。

パクろうぜ。


258 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 20:54:06 ID:nIw/qHOm
>>257
最初からそれを想定した計画都市でもなきゃ障害物多すぎで無理だろ
>>255
動力源は地上側のコイルだから本体は廃熱は工夫すればどうにかなるレベルなんじゃね?

259 :名無しのひみつ:2010/08/11(水) 23:20:10 ID:LX7FT+j3
>>227
いいなー、これ。日本にはこれに相応しいような大きな通りがないけど。
高速道路でやったらどうかな。

260 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 09:11:16 ID:0m5g+Ws3
>>205
差ではなく、何倍かを考えてみな。
深海10kmとして
1気圧:1,000気圧 = 1:1,000

一方真空の場合
0.1気圧:1気圧 = 1/10:1 = 1:10
0.001気圧:1気圧 = 1:1,000
0.000001気圧:1気圧 = 1:1,000,000
 ・
 ・
 ・
完全真空:1気圧 = 1:∞

>>246
気送管式という前提の話でだけど、
いやだから車両の前面から負圧で引っ張られるんで、
トンネルと車両の間にたとえ隙間があっても車両の側面には
空気抵抗は発生しないでしょ。

ただね、もし気送管方式だとすれば、トンネル全線に対して常に
10〜19km/minの送風が必要で、トンネル壁に発生する空気抵抗も
相当なものになるだろうから、長距離路線になればなるほど、稼動コスト
もかさむし、技術的にも難しいのではないだろうか。
それと送風量は200,000〜375,000m3/minって可能なのかな。
これは風洞実験のようなファンがあれば600〜1000km/hは可能か?
さすがに20,000km/hは無理だろうな。

かといって、どの程度か知らないけど空気抵抗を極限まで減らせるほど
トンネル内部を全て真空にしてしまうするってのも難しいだろうけどね。

261 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 15:02:48 ID:TaBv2Bs8
>>55
なんぞこれw

262 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 16:05:56 ID:quhKtUCW
中国人は真空でも生きていけるんだろ
いつまで無駄遣いできるか楽しみ

263 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 18:40:51 ID:mjF518eb
チューブの中を真空にし続けるには一日どれだけの電気代がかかるんだろう?

264 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 19:53:55 ID:A/ntHi+G
これ、日本のリニアの開発者のアイディアじゃなかったっけ。
日本では建設の労力と効果が到底つりあわなそうな発想だけど、中国くらい広ければ実用化にメリットがあるのかねー。

265 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 20:51:44 ID:UUcZUzfN
>>260
チューブ内は常に真空で駅だけ真空と常圧の繰り返しに決まっているだろう。

266 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 21:04:27 ID:NaJFxdr/
真空⇔常圧を日に何度も繰り返したら
チューブの部材が疲労してうんぬん

267 :名無しのひみつ:2010/08/13(金) 21:10:00 ID:BInNKToL
>>265
ベローズを伸ばして接続もありえるぞ

268 :名無しのひみつ:2010/08/14(土) 01:07:55 ID:bpeHDZVE
チベットに核弾頭運ぶんだろなこれ使って。

269 :名無しのひみつ:2010/08/14(土) 01:38:41 ID:dr9dAioI
>>268
核弾頭運ぶのになんでこの列車である必要があるんだ?

270 :名無しのひみつ:2010/08/14(土) 11:44:30 ID:lkpHYwIl
高度差のある運河みたいにチューブを扉で区切って空気抜いていくんだろうな
100メートル間隔くらいなら無理がないかも

271 :名無しのひみつ:2010/08/14(土) 23:27:58 ID:hQ67fOsq
エアロックで駅とレール部区切って、気密部屋狭く作って壁と列車の隙間をなるべく小さくすれば
空気の出入り最小限で済むんじゃね。

座席だけ傾くようにすれば、多少なら加減速Gとかカーブの横Gを重力で打ち消せるんじゃね。
ディズニーランドのスターツアーズみたいに。スターツアーズは機体ごと傾けてるんだろうけど。


上の方にあった環状線にしてつなげる、ってヤツ、
例えば中国国内に大きい円書いて、45度で一つ計八つの駅作って
45度回ったら止まって客乗降させてまた45度走って、ってやったらいいんじゃね。
・・・って思ったけど、これじゃつなげる意味ないわなw山手線みたいにばらばらでいい。

272 :名無しのひみつ:2010/09/19(日) 00:31:55 ID:8trXLgNB
作っても乗客が部品もっていっちゃいそうだな

273 :名無しのひみつ:2010/10/02(土) 01:20:06 ID:LYVDxkYi
ブレーキはどうするんだろうか? 急には止まらないから1000キロ出したと思ったらブレーキなんやろうか?

駅から駅までの距離が長くないとダメですよね? 日本じゃ福岡〜大阪〜東京、ノンストップという感じですか?



64 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)