5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★『幸福の科学』統合スレッドpart555★★

594 :神も仏も名無しさん:2011/08/22(月) 22:46:24.68 ID:d84AYFPu
−幸福の科学、連続勝訴!−

講談社「週刊現代」の捏造記事に対する名誉毀損訴訟
虚偽の報道による名誉毀損を司法が断罪
最高裁が上告を棄却、講談社敗訴が確定
 91年に講談社「週刊現代」が掲載した名誉毀損記事に対し、宗教法人幸福の科学が講談社などに
損害賠償を求めた訴訟で6月12日、最高裁は講談社側の上告を棄却。これにより、昨年10月、講談
社側に200万円の賠償を命じた東京高裁判決が確定しました。
 問題の記事は、「週刊現代」91年7月6日号と同年9月28日号掲載の「段ボール箱に入った現金
を本部に運び入れていた」「報告書はゲシュタポ・レポートと呼ばれ、悪く言われた人は教団を追い出
された」等の捏造記事。
 これに対する前掲の名誉毀損訴訟では、99年7月の最高裁判決において、「だれに対して取材した
かだけでなく、だれが取材したかも特定されておらず、講談社側が、記事の内容が真実であると信じ
るに相当な理由があったとは認められない」として、東京高裁に破棄差し戻し、さらに00年10月、
同高裁が幸福の科学側の逆転勝訴判決を下したことで、講談社側が再上告していたものです。
96年捏造記事にも損害賠償を命ずる判決
また、これに先立つ5月31日にも、96年に同誌が掲載した別件の捏造記事に対する、名誉毀損訴
訟の控訴審判決が出ています。講談社の報道を捏造と認定して100万円の損害賠償を命じた一審判決
を、東京高裁は支持する判決を下しました(講談社側は上告せず、6月14日、判決が確定)。
 該当記事は同誌96年2月10日号、幸福の科学総本山建立の際、地元宇都宮住民の証言なるものを
掲載。しかし、記事中で「猛反発」したとされた地元住民が、証人尋問において講談社の記者に会った事実
はないと証言。
 一審では、「(記事内容の)事実は、いずれも真実に合致するものとは認められず、かつ取材した相手の
捏造報道を認定し、講談社ならびに「週刊現代」元編集長元木昌彦に損害賠償を命じたものです。
 今回の二つの判決により、講談社による一連の記事の悪質性、捏造性が、裁判所で認定されました。91
年以来、講談社の言論の暴力に対する「希望の革命」が、まさに信仰の勝利を勝ちとったものといえるでしょう。




410 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)