5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

有名ブログ【吉祥寺の森から】その26

732 :神も仏も名無しさん:2011/09/28(水) 18:24:22.17 ID:QSQ2pJuY

2000年夏
朝の4時〜5時頃、私が寝ている部屋に突然B師が下着姿で入ってきた。そしてベッドで寝ていた私に抱きつき
「早く私に抱きつきなさい!」と言った。私は突然で何が何だかわからず動けずにいると、抱きつきながら
下半身を私の下腹部にこすりつけ、耳元で「本当はセックスしたいんだぁ」と言われた。数分後、部屋を出
て行った。
同じ時期のある晩(8時頃?)、機嫌の悪いB師が(理由は不明)ノックもせずに、怒った様子で勢いよく私
の部屋のドアを開け入ってきた。すぐに私の顔を両手で力強く押さえつけ(立ったまま)口の中に無理やり
舌を押し入れてきて乱暴に口の中をかき回された。息が苦しくなった。そして怒った様子で部屋を出て行っ
た。恐怖で心臓がバクバクしていると私の携帯電話が鳴った。友人からだったので、何もなかったように話
し、1〜2分で切った。直後に隣の部屋にいるB師から携帯に電話があった。「あなた、今の事を誰かに話し
たのか?」と怖い声で言われた。私は「いえ、話してないです。」と答えると、「男にはそういう時がある
んだから我慢しなさい。躓きになる事は誰にも言ってはいけない」と言われた。
私は当時、B師の指示によりS出版でアルバイトをしていた。時々、B師が運転する車で帰宅していた。ある夜、
B師が運転する車の助手席に座っていると、人気の無い場所で突然車を止め、「あなたが引っ越したら今まで
のように会えなくなくなるから」と言いいながら抱きついてきた。この時からB師の言う「娘として愛してい
る」ということに疑問を感じるようになり、複雑な心境だったが、拒否するとB師にまた「あなたは私を信頼
していない」と言われるのでできずにいた。


424 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)