5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★『幸福の科学』光のスレッドpart005★★

1 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/08/03(水) 21:13:40.59 ID:g0hr1AMo
【幸福の科学の魅力が満載】
・大川隆法総裁公式 http://www.okawa-ryuho.jp/index.html
・幸福の科学公式 http://www.happy-science.jp/index.html
・「幸福の科学」月間誌サイト http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/
・幸福の科学精舎ポータル http://www.shoja-irh.jp/
・法務部 http://www.justice-irh.jp/
・Young Buddha! http://www.young-buddha.com/
・ヤングブッダe-book版 バックナンバー閲覧 http://www.hs-befree.com/ebook
・ヘルメスエンゼルス バックナンバー閲覧 http://www42.tok2.com/home/happysci/angel/home.html
・幸福の科学出版 http://www.irhpress.co.jp/
・幸福の科学書籍紹介サイトhttp://ohen.tsutaya-net.com/hs/index.html
・月刊誌リバティ http://www.the-liberty.com/
・月間誌Are you happy? http://www.are-you-happy.com/content.html
・◎ハピレタWebサイト http://happinessletter.blog111.fc2.com/
・ラジオ「元気出せ!ニッポン」 http://www.radio-genkidase.jp/
・天使のモーニングコール http://www.tenshi-call.com/
・BS11「未来ビジョン 元気出せ!ニッポン!」 http://www.bs11.jp/news/960/
・YouTube幸福実現党チャンネル http://www.youtube.com/user/hrpchannel
・幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp/index.html
・幸福実現党党首 ついき秀学HP http://tsuiki-shugaku.hr-party.jp/
・幸福実現党党首 黒川白雲HP http://kurokawa-hakuun.hr-party.jp/
・あえば直道のBLOG http://aebajikido.blog54.fc2.com/
・HS政経塾 http://hs-seikei.happy-science.jp/
・幸福の科学学園 公式HP http://www.happy-science.ac.jp/


298 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:38:58.35 ID:A98w6tvQ
今日を生き抜け

悩みの中にある時、
過去のことを思い患うのは、
もう止めにしよう。
過去は過去。
もう過ぎ去ったのだ。
大切なことは、
その思い患いによって、
今日の生きるエネルギーを、
すり減らさないことだ。
過去の失敗や、
判断の誤りが一体どうしたというのだ。
他人からいろいろと酷評されたからといって、
それがどうだというのだ。
あなたは今日も生きている。
あなたは昨日の時間を使うことも、
明日の時間を使うこともできない。
あなたが手にしているのは、
今日の二十四時間だけだ。
あなたに必要なのは、今日の糧。
あなたに必要なのは、今日の仕事。
ならば、
今日一日を生ききれ。
未来など何だ。
明日の仕事は明日やればよい。
今日を全力で生き抜くのだ。


大川隆法著 『心の指針』「今日を生き抜け」

299 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:42:57.00 ID:A98w6tvQ
人間には無限の力がある

ほんとうは、ここで力が尽き果てたと思うときにも、心の底からふつふつと湧いてくる力があるのです。
そのようなものが地下水となってみなさんの身体のなかに流れているのです。
みなさんは、刀折れ矢尽きたと思うかもしれないけれども、まだその底に力が残っているということです。
地上からは水は涸れたように見えても、実は地下においては伏流水となって流れている。
このような地下の湧水があるということを知らねばなりません。  
そうであるならば、いま困難のなかにある人も、力尽きたと思ったときにも、
自分の底の底にはまだまだ力があるのだということを、そして、
これを汲み出す必要があるということに気づかなくてはいけないと思います。
人間の力はそんなに有限なものではないのです。
人間の生命力の奥には、さらに本源の神へとつながる大きなパイプがあるのです。
そこから流れてきている力があるのです。
これは押しとどめることができない力なのです。必ず何らかのかたちで出てきます。
これがあるということを知ることが、勇気ある人生のひとつの出発点であると思います。


大川隆法著『光ある時を生きよ』第4章

300 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:46:58.94 ID:A98w6tvQ
勇気さえ持てば運命はどうにでもなる。

 勇気があれば何だってできる。
 言い訳を排し、勇気を元手にして戦うことだ。
 勇気があれば、その一言が出る。
 勇気があれば、手を差し伸べられる。
 勇気があれば、立ち上がれる。
 勇気があれば、ほかの人の命を救うこともできる。
 自分の運命だって変えられるし、
 人の運命も変えることができる。
 それが勇気だ。
 ユートピアの創造は勇気から始まる。
 勇気を持った人が出てこなければ、
 ユートピアなんてできない。
 後の人々のために身を挺して戦う人が要る。
 自分自身で刈り取ろうと思わないで、
 自分自身が果実を手に入れようとしないで、
 後の人々のために尽くす人が要る。
 その人に必要なものが勇気なのだ。


大川隆法著『勇気の法』より

301 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:50:57.79 ID:A98w6tvQ
逆境において、ほんとうにいちばん偉い方というのは、この常勝思考を持っている方なのです。
逆境のなかにおいて、大きな天意、天の意志というものを読みとり、「この逆境が、
この挫折が、自分に何を教えんとしているのか」を読みとるのです。いや、読みとらねばなりません。
この天意、天の心を読みとり、「自分にいま必要なものは何なのだろうか。いったい、
この挫折や苦難は、自分に何を教えようとしているのか」??この部分を読みとって、
その後の自己の人格形成、その後の行動の成功原理にもっていける、こうした体験のある人には、
徳というものが生まれてきます。
そこに非凡な力が、光が、輝いているからです。
苦難のとき、失意のときに耐えるということだけでも非凡ですが、ほんとうに非凡な人というのは、
そのなかに天の意志を読みとって、自分をさらに生かしていく積極的な種を見出し、その種を育てていきます。
それがほんとうの非凡であり、そこに徳が生まれます。


大川隆法著『常勝思考』第三部

302 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:54:59.15 ID:A98w6tvQ
みなさんの人生の途上において、挫折、失敗、苦難というものが出てくることがあるでしょう。
しかし、大きな人生修行の目的というものを考えたときに、はたしてみなさんは、
それを避けて通ればすむのでしょうか。これを考えていただきたいのです。
そうした苦難や困難を避けるために、この世に生まれてきたのでしょうか。
この問いに答えなければいけないと思うわけです。
 人生の目的を考えてみたとき、実際はそうではないことがわかるでしょう。
何百年か、あるいは何千年かに一度、この地上に肉体を持つ理由は、今世、この地上において、
新たな環境で、さまざまな人びとに囲まれて、新たな魂修行をしようということなのです。
その魂修行のなかには、決して、よいことばかりがあるのではありません。それを当然の前提として、
この地上に生まれ出てきているはずです。
 この世に生まれてきたということは、ものごとがスイスイとうまくいくということばかりが
前提になっているわけではなく、いろいろな経験を積み、いろいろな紆余曲折を経ながら、
人格が一段と大きくなり、底光りしてくることを目的としているのです。そうした大きな
人生の目的というものを中心に考えてみると、この世の苦難や困難といわれるものの正体は、
実は違ったものに見えてくるはずです。これが、常勝思考という考え方の立脚点なのです。

大川隆法著『常勝思考』第四部

303 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 20:59:01.54 ID:A98w6tvQ
「決して乗り越えることのできない苦難・困難はない」ということも人生の真実です。
この世で起きる不幸というものは、ある程度、予想されていることばかりです。
予想されていないような事態など、ほとんどありません。それゆえに、この世で、
どのような不幸があったとしても、「乗り越えていけない」ということはないのです。
したがって、不幸な出来事のせいにしないことが大事です。「あのことのせいで、
自分の人生は駄目になった」と考え、その不幸を人生の最後まで引きずるのが、いちばん、
よくないことです。たとえ、不幸な経験をしたとしても、それを心の糧として、
素晴らしい人生を生き抜いていく努力をすることが、とても大事であると思います。


大川隆法著『ストロング・マインド』第1章

304 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 21:03:01.86 ID:A98w6tvQ
「日はまた昇る」という言葉は、言い古された言葉かもしれません。しかし、
この言葉は人生の真実であり、日は確かにまた昇るのです。
夕方、水平線に消え去った太陽は、十余時間の闇の期間を経て、確実にまた昇ってきます。
太陽は人びとに、没しても必ずまた昇ることを約束してくれているのです。
地上の全人類のうちで、「日はもう昇らない」と思っている人が一人でもいるでしょうか。
すべての人が、「日はまた昇る」ということを信じて疑わないはずです。なぜでしょうか。
それは、「きょうも、きのうも、おとといも、一年前も、日は昇った。また、十年前も、
あるいは自分たちの先祖の時代にも、日は昇った。したがって、あしたも、あさっても昇るだろう」と
思っているからです。
人生においても同じであり、どのような苦難や困難のときでも、日はまた昇るのです。
苦難や困難にある人に、ぜひ実践していただきたいことがあります。それは、自分の現在のあり方を、
第三者の目で冷静に見てみるということです。そして、「自分と同じような苦難や困難に陥った人が、
かつていなかったかどうか」と考えてみるのです。

大川隆法著『不動心』第1章

305 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 21:07:02.72 ID:A98w6tvQ
生命の力

ひとよ、春の底にある力を知れ。
この限りなき力を知れ。
黒き大地からは、雪を払いのけて
ふきのとうが芽を伸ばす。
雪の中にも咲き続けてきた梅の花は一層匂いを強くし、
桜のつぼみには心臓の鼓動を感じる。
芽を吹け、芽を吹け。
ありとしあらゆるものよ、生命の力を吹き出せ。
いつまでも失望しているのはいったい誰だ。
いつまでも嘆き悲しんでいる者よ、名をなのれ。
いったいいつまで冬ぶとんにしがみついているのか。
さあ、春である。
起き出せ、起き出せ。
春の太陽はあんなに高くまで昇っているではないか。
希望の芽を伸ばそうではないか。
大地を踏みしめ、春の香りをかごうではないか。


大川隆法著『光よ、通え』「生命の力」

306 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 21:09:08.37 ID:A98w6tvQ
行き詰まったとき、迷ったとき、道に迷って苦しんだとき、打ちひしがれたとき、
肉体的な生き方のなかにおける自分の限界を痛切に感じたとき、
そういうときには、祈ってください。
ほんとうの意味で、祈りこそが、あなたに与えられた、最初にして最後の手段なのです。

                   ――大川隆法著『希望の法』序章より

307 :世界宗教「幸福の科学」の素晴らしさ:2011/09/06(火) 21:11:09.50 ID:A98w6tvQ
みなさんの人生のことを知っているのは、みなさんだけではありません。みなさんの人生は、
数多くの天使たちによって見守られているということを忘れてはならないのです。
彼らの姿を私は数多く見ています。彼らは天上界にあって、地上にいるみなさん一人ひとりの人生を、
いつも見つめています。そして、みなさんが悲しんでいる時には、彼らもまた悲しみ、
みなさんが喜んでいる時には、彼らもまた喜んでいるのです。
そのように、自分と共に歩み、自分と共に生きている存在があるということを、
いかなる時も忘れないでいただきたいと思います。ときには、天使がみなさんを背負って
道を歩くこともあるのです。 
みなさんは、目に見えるものだけを信じ、目に見えないものを信じないかもしれません。
しかし、目に見えないもののなかに、どれほど多くの愛が隠されているか知っていただきたいのです。


大川隆法著『愛から祈りへ』第2章

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)