5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

神との対話20

1 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:17:00 ID:3agfpzX+
「神との対話19」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1283261051/

2 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:21:56 ID:7sbntuGA
以下テンプレ

************************************

*このスレでは、

*ニューエイジ→オールドエイジ

*オールドエイジ→如月影二

*です。皆様のご協力お願い致します。

************************************


3 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:23:03 ID:7sbntuGA
Q.前スレでの数字語呂合わせボケはどうなったの?
A.終わりました。


4 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:24:57 ID:7sbntuGA
Q.自己消滅って何ですか?

A.
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念
消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念、消えるという概念


5 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:30:08 ID:0+bYn6Xe
アセンションプリーズw

前スレはキチガイの巣窟だったねw

6 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:31:50 ID:o7eqvem1
>>5
お前がそのキチガイなんだけどなw

7 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 15:33:44 ID:7sbntuGA
7getとの対話

8 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 16:01:33 ID:3agfpzX+
神は何故世界をこのような苦しみに満ちた場にしたのか?
私は何故このような苦しみを体験しなくてはならないのか?

最近、実生活で辛い事が多くて、こんなことをよく考えます
私はいわゆる神対派ですが、私や私と似たような状況に置かれた人たちにとって
心の救いとなるのは神対よりもむしろ神使やACIMだろうと思うようになりました

実際「救済」という意味では神使やACIMは大変よく出来ていると思います
とても苦しい体験をしたときに昔の私なら「きっとこれは意味があるんだ」と思った
と思いますが、最近では「何が意味だ、ふざけるな、こんな地獄のような体験に意味など
あってたまるか」と思うようになりました

「苦しみ」に意味はあるのか無いのか?あるとしたらどういう意味があるのか?
精神世界では基本的な問題のような気もしますが、最近なんだかよく分からなくなってきました
神対派でもそうでない方でもいいので誰か答えを持っている人がいたら教えてください

9 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 16:16:44 ID:7sbntuGA
>>8

そもそも意味とは何かを考えましょう。
何を我々は意味と呼んでいるのか?
どういう現象、どういうものを意味と呼んでいるのか?
まあ、ググったらいっぱい出るでしょ。

**********************************
                     終了
**********************************

10 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 16:20:50 ID:0+bYn6Xe
自演スレですか


11 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 16:21:37 ID:7sbntuGA
まさに神との対話ですな。


12 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 18:03:29 ID:cbfw+apC


13 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 18:08:19 ID:cbfw+apC
他人は敵は自分自身という言葉には不思議な響きがありますが、
実際どういうことなのでしょうか。

他人、敵は明らかに自分と違う意見と行動原理を持っているのにそれが
自分自身とは全く腑に落ちません。

14 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 18:16:37 ID:4If0Phtw
それは自分自身の心にある善と悪の悪のことじゃないの?
社会的にはどんなに立派な人でも、必ず裏と表がありますから。



15 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 18:31:36 ID:cbfw+apC
自分の中にある自分で受け入れられない部分は他人になすくりつけ、
自分の中で受け入れられる部分だけを自分だと思うわけですね。

実際には自分の中に受け入れられる部分と受け入れられない部分の両方がある。

エゴとはその両者を分ける存在なのか、両者の境界そのものなのか。

エゴがあるから自分がいい人だと信じて疑わぬし、
エゴがあるから自分が利己的な活動をしているときはそれは自分ではないと思うし、
また記憶に残らない。
だが、実際には我々はその両方であるのだ。
このあたりを観察してみると面白いかもしれません。

16 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 18:37:03 ID:7sbntuGA
神と対話しておられる


17 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 19:16:49 ID:7sbntuGA
幸せになりたいのですがどうしたらいいのでしょう。

18 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 19:17:44 ID:7sbntuGA
まずは幸せでないと思うことをやめなさい


19 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 19:42:48 ID:cbfw+apC
幸せという定義、目的を作ったとたん、
現実や自分のあり様を不幸と定義する要因になってしまう。

幸せの事は忘れて、今仕事や友情に没頭することが良いと思われます。

20 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 20:04:05 ID:GeG0qrU9
おなかがすきました。どうしたらいいのでしょう

21 :マスター気取り:2010/10/25(月) 20:56:08 ID:SlEQan6F
>>13
普通に心理学的に説明すると、自分の中の嫌だと思う部分や
表に出したらまずいと感じるような部分は本能的に抑圧してしまい、
自分にはそれがないということにしようとする。しかしそれを
すると投影されてそれが外にあるように感じられるようになる。

なので、外の世界が悪い世界に見える場合はそれと同じような
ものを抑圧している可能性がある。例えば自分が誰かに対する
殺意を持っていたとして、そのことが表に出るとまずいと感じて
抑圧した場合、自分の方がその誰かから殺意を持たれて
狙われていると感じるようになる。


22 :マスター気取り:2010/10/25(月) 20:58:35 ID:SlEQan6F
>>20
俺も。どういたらいいでしょう。

じゃなくて、何か食ってこよ。


23 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 22:25:34 ID:GeG0qrU9
23兄さん悟りって何ですか

24 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 22:44:49 ID:o7eqvem1
24不死であったことを思い出すために、肉体が生きているうちに死ぬことさ。

25 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 23:29:09 ID:ADVVcQDL
♪いらない 持たない 夢も見ない Freeな状態 それもいいけど
♪ここから始まる 場所へFree fall!
♪運命は君を放っとかない 結局は進むしかない
♪未知なる展開 Give me energy!
♪大丈夫 明日はいつだってBlank 自分の価値は自分で決めるものさ
♪変身!OOO!OOO!OOO!

26 :神も仏も名無しさん:2010/10/25(月) 23:34:38 ID:0+bYn6Xe
いいねえ
前向きな気持ち
明るい未来

27 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 00:54:17 ID:8YLWAX/w
よしよし、プラス思考で行こう!
何も無いならプラス思考を作ってこう!


28 :マスター気取り:2010/10/26(火) 12:18:52 ID:Fdm2gwpb
ポジティブ思考が大切とは言ってもポジティブ思考は結果であって原因ではない。
ポジティブになるにはなるだけの理由がありネガティブになるのにも理由がある。
理由を無視したり否定したりして表面的な現れだけ変えようとしてもうまくは
行かない。無理にやれば疲労が溜まるだけになる。

29 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 12:21:17 ID:1HKHO6re
>>28
そりゃそうだわな

30 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 12:42:02 ID:CQkctcfi
こんな感じで質問したりとかツッコミありそうな発言を、
特に無くても作って、誰かが答えたりすると、後で見る人の役に立つかもしれんな。
このスレ20はこれで行こうじゃないか。
じゃ俺が質問するわ。
元々コテハンもねーし、ID変わりまくるし誰かわからないだろう。
皆には存分に聖人気取りをしてほしい。


31 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 12:49:08 ID:CQkctcfi
わたし達は生まれる前に、やりたいことを決めて生まれてくるって本当なんですか?
わたしが今こんな風に不幸なのも不幸になる体験をしたいって決めて生まれてきてるんですか?
もしそうなら生まれる前の私に、そんなことはやめろと言ってあげたいのですが。
生まれる前って天国なんですか?確か地獄は無いって書いていたような気がします。

32 :マスター気取り:2010/10/26(火) 12:54:05 ID:Fdm2gwpb
なのでまずはネガティブになる理由を解消する必要がある。理由の大半はそれまでの
記憶によって作られた価値観や思い込みによって作られている筈だ。

例えば(違いがわかりやすくなるように時代を変えるが)戦前戦中に体が弱く徴兵検査で
落ちて兵隊になれなかったら落ち込んで思考がネガティブになっただろう。
これは当時の価値観がそのようなものだったからだが、今の時代に自衛隊に入れ
なかったとしても同じような精神的苦痛はないだろう。何故なら兵隊になるという
ことに関する重要度が違っているためだ。今の時代に置き換えるとすればこれは
就職出来ないとか大学などの受験で落ちることに相当すると思う(いやまだこれの
方が小さいかな?)。とにかく持っている価値観の尺度では低くなってしまう状態だ。

何がネガティブにさせるのかはもうわかっただろう。持っている価値観の物差しが
少ないのが原因だ。沢山持ってこれば駄目だがこれは良いという状態にするか、
または一つも持たないかのどちらかにしなければ例え世界が物理的に平和でも
心理的には荒れ狂う波乱万丈な人生になってしまう。

33 :マスター気取り:2010/10/26(火) 13:04:43 ID:Fdm2gwpb
>>31
自分の今の状況を見てそれを不幸な状態であると判別しているのは今のあなたです。
状況がずっとそのままだったとしてもあなたの状況の判別方法が変われば変わります。

34 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:04:54 ID:YLlC900q
>>28
ポジティブ思考は原因だよ
自分が信じた信念を外の世界に投影するだけ

このスレを見ていると
自分には自由意志などないので何を信じるかは選択出来ない、という人もいるようだが

35 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:09:34 ID:CQkctcfi
>>33
それはそうなのかもしれないですが、
生まれる前とかの話を聞きたいのです。どうなのでしょうか?

36 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:11:57 ID:CQkctcfi
自由意志は無いのでしょうか?
しかし私は今こうやって考えていますし、行動しています。
誰に強制されることも無く、私の意志によってです。
神との対話でも、有りたい状態をあなた自身で選択しなさいと書いていました

37 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:15:13 ID:YLlC900q
>>36
そういう事を自動反応に過ぎない、自由意志があるように感じているだけと考える人もいるようだ


38 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:17:18 ID:tlhvbnh9
自分を意識している状態で、
木を見ると、もう心は木と言う夢を作っている。
女性を見ると、ほぼギャップなしで女性と言う夢を作っている。

私が本当に無心であるなら、それらの夢を作った瞬間に気付くはず。
どうやら私とは複数のマインド、複数の夢が対立しあって、勝者がいない葛藤状態に過ぎぬらしい。
あくまで、外にあるものに反応してこの複数の夢のなかからそれに対応する夢が出てくる。

その夢と戦わず受け入れればその夢は消える。
しかしそれで無心になったわけではない。
一つの夢に乗っ取られることは終わったが、複数の夢の戦争は継続中であり、それがエゴというものか。

>不幸
今の状況を不幸と判断していることはしているけど、それだけでは表層的だと思う。
これは幸福、これは不幸というマインドと同化してしまい、その幸福を目指すエゴとして生きるから、不幸が発生する。
判別方法とは言うが、それを意識的に選択しているわけではない。
その人のマインドそのもの、夢そのものが幸福と不幸と言う2元を内包しており、そのひとのエゴは幸福を目指している。

夢を、エゴを失うほかない。
どんな価値基準を選択しても、良いと悪いにわけ良いにしがみつき悪いから逃げ回るという構造は変わらない。
そしてそれは確実に現実と合致しないので苦しむことになる。


39 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:17:26 ID:bMkpVgPR
で、実際にポジティブ思考できますか? できないでしょ。
こんなスレでさえポジティブ思考になれずにネガキャンやってるのにw
なぜできないことをやろうとする?
共産主義の五カ年計画と一緒、できもしないことをやろうとするから破綻する。
そして理念だけが先行し教条主義に陥る。

40 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:20:19 ID:tlhvbnh9
自由意思
この複数のマインドの対立の中であなたの過去の経験、習慣の中で
どれか勝者になろうと、それは自由意志と言えるものではない。

しかし、自分の全てを受け入れ、無心の中で感情の温かみの中で起こる直観を許せば、
自分全体が本当に進むべき道の一瞥を得ることならできます。
その一瞬の一瞥を糧に宗教的な人は人生を決断します。
おそらくその一瞥は彼の過去からは出てこない未知の何かのはずです。

41 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:20:23 ID:CQkctcfi
>>39
いやいや、今そういう流れじゃないから。
お願いしますよ。

42 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:20:39 ID:YLlC900q
>>39
ネガキャン?

このスレもポジティブに観れば賑やかで楽しいスレだが

43 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:24:56 ID:CQkctcfi
生まれる前に不幸になる事を決めてきているという話については誰もご存じないのでしょうか?


44 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:26:03 ID:tlhvbnh9
ポジティブ思考
誰のポジティブ思考も、世界の半分に対してポジティブで残り半分に対してネガティブになる。
何かの条件を満たしたものを美しいと思う人は、その条件を満たさないものを醜いと思うしかない。

何に対してもポジティブであるためには、
全ての価値観を征服し、全くの無心、全くのゼロから自由に価値観を選択できることが必須である。
光明が必要だ。

我々にできるのはこの2元性を理解することだけだ。
下手に物分かりのいい人間になろうとすると、自分の既存の価値観に
他人の価値観他の価値観を上書きし、
結局マインドたちの混乱は増すばかりだ。
だから他を解ろうと価値観の増やすことではなく、今ある手持ちの自分の価値観全てを理解し
無心にくつろがすことが必要だ。

だが、その必要を理解するために人は知性や感情や行動を磨く必要がる。
今すぐその必要性を十分に認識できたらどれほど楽だろうか。

45 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:26:44 ID:YLlC900q
>>43
不幸も魂にとっては大きな糧となるのだ
永い目で観ればだが

46 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:31:29 ID:YLlC900q
>>43
とりあえずこれを嫁

死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」―退行催眠による「生」と「生」の間に起こること、全記録
http://www.amazon.co.jp/dp/4900550914/

47 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:37:57 ID:bMkpVgPR
>>46
なんだ、ただの受け売りじゃないかw
しかもずいぶん古い本。
今頃得意になって、これを読め、なんていう本じゃないよ。

48 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:42:18 ID:YLlC900q
>>47
お前は2000/8/1以前に発売された本は読まないようだなw

理由・・・古いから(キリッ

49 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:44:29 ID:CQkctcfi
ありがとう読んでみます

50 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:51:22 ID:bMkpVgPR
>>48
出版された直後に読んでいる。その本の続編もあった。

それと今絶版になっている本をどうやって読めと言うんだ? 馬鹿タレw

51 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 13:53:58 ID:bMkpVgPR
>>49
わざわざ中古品を買う必要はないよ。

何よりも臨死体験というのはまったくあてにならない。

そんな駄本を買うくらいなら、こっちを読んだほうがためになる。

http://www.amazon.co.jp/dp/4763198726

52 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 14:23:25 ID:igomSFO1
不幸な人生を歩んでいる人は生まれる前に自分でそう選択していたのか・・・





で、なんのために?

53 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 15:28:49 ID:YLlC900q
様々な経験を積む事で魂は成熟していくのだよ

54 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 15:37:23 ID:bMkpVgPR
と言いつつ、特定の体験を避けようとし、
またそれが自由意志によって可能だと思い込んでいるID:YLlC900q w

●●なのだよ、○○は△△なのだ、と本の受け売りだけで体験から逃げ続けるID:YLlC900q w

55 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 15:57:51 ID:YLlC900q
トール君も良い事言うじゃないか
試練は必要だから起こる
新しい意識状態への移行の為

エックハルト・トール〜「試練の意味」
http://www.youtube.com/watch?v=ZW_7vSe6yr8

56 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:05:47 ID:bMkpVgPR
>>55
しかし、試練を恩寵として受け容れることができず、
引き寄せの法則やら何やら持ち出してきて、体験は選択可能だ、
と逃避するのがニューエイジ(このスレではオールドエイジだったっけ?w)。

57 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:14:48 ID:bMkpVgPR
 あなたの人生に何が起こるのかを
知っているべきだ と決め込まないで
 分からないこと 不確実なことを
    受け止めるのです。

−−−エックハルト・トール

素晴らしい。
分からないのにほんの受け売りで分かったつもりになっている、
ニューエイジャー(このスレではオールドエイジャー)にとって
耳の痛い鼻だろう。

なぜ、神との対話が過去のものになってしまったのか、
それを嘆いたり、神使やACIMを目の仇にするのではなく、
その変化を受容し受け止めねばw

58 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:15:53 ID:YLlC900q
>>56
試練なんぞ最初から存在しない(キリッ、と受け容れるどころか存在すら否定するのが一部のOldAgerですな

59 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:17:44 ID:YLlC900q
>>57
未来は不確実だから選択の余地が出てくるのよ
既に確定していたら選択しようがない

60 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:18:12 ID:bMkpVgPR
耳の痛い鼻w 

ま、なにがなんだかわからなくなっているニューエイジ(ここではオールドエイジ)にとっては、
耳を鼻と解釈しているようなもんなんだから、所詮歯無しにならない話ってことでw

61 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:22:24 ID:bMkpVgPR
>>58
ホントに何度言われてもお前は理解できないんだなw

本当は試練は試練ではない、というのは勝義諦。
試練に思えるがそれを受容することで道が拓ける、というのが世俗諦。

お前は、今できること、今実践可能なことをやろうとせず、
理念や観念ばかりを先行させようとするからそういう発想になる。
今お前が出来ることは何なんだ? それに専念するんだよ、馬鹿w

>>59
ノー。勝義諦としての視点からは、すべてはすでに確定している。
選択することなど出来ない。
しかし、世俗諦としては我々は選択しているように感じられる。
我々は我々にとって今できる最善のことをやればいい。
しかし、それはすべてもう確定していることなのだ、
という醒めた視点をどこかに保持しておくことが肝要なのだ。

62 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:41:41 ID:igomSFO1
アドヴァイタ派のサマディも結局は不二一元論は理念に過ぎず
現実的には社会の中で普通に生活するしかないという考えに落ち着いたようだねw

63 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:48:33 ID:YLlC900q
勝義諦って言葉を超えた究極的な真理の事だろ

それを「すべてはすでに確定している。」などと言葉にしてしまうと、自由意志は無い(キリッ、のような勘違いが起こる

64 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:55:17 ID:bMkpVgPR
>>62
反論できなくなるとサマディ認定でお茶を濁すとw
日本語を理解できない脳呼吸朝鮮人カルトには何を言っても無駄だけどなw
広告塔の神との対話を守ることだけに汲々としているだけだからw

不二一元は理念にあらず、そこに辿りつくための方便としてサーンキャがある。

馬鹿にはわかるまいw

>>63
つまり、言葉を媒体とする掲示板において、言葉という道具がなければ思考できないその頭によって、
真理を究明することなど出来ないということがようやく理解できたのか?www



65 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 16:58:01 ID:tlhvbnh9
その自由意思が、過去に条件づけられたものなんだから
自由意思などない。

物事の自然なありよう、自分の自然な幸福にあえて逆らって、事態を悪化させるのが
自由意思だろうか。
むしろそんな自我から自由になるべきではなかろうか。

別の次元で自由意思はあるのだろうが、それはそれに到達した人しか知ることはできない。

66 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:01:58 ID:YLlC900q
>>64
お前は言葉を使わずに真理を究明しろよ
もう本を読むな
読書禁止

67 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:02:27 ID:bMkpVgPR
自由意志はある(キリッ と信じて、これからも引き寄せの法則だの、
これからまた出てくるであろう安っぽいニューエイジものだのに心ときめかし、
人生を無駄に消費していくであろう馬鹿どもに心から哀悼の意を表そうw

で、リアルに存在するはずのこの世界で、お前一体何を実現できたの?(pupupu

自由意志で何でも引き寄せられるんじゃないのかよ?w
せめてこのスレだけでもお前の思い通りにしてみろよw

いつもいつも、俺やマスター気取りやマルチのような「厄介者」が現れて、
いっこうにお前の理想とするスレにはならないようだけどなw

ほらほら、自由意志を存分に働かせて、引き寄せの法則を使ってお前の理想とする人生を創造してみろよw

負け組という試練を受容できず、時代の変化に翻弄されるしかない可哀想な乳エイジャーくんw

68 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:05:08 ID:bMkpVgPR
>>66
それはお前に対して向けられるべき言葉だw

ニューエイジ本みたいなクソの足しにもならんゴミは全部捨ててしまえ。

それがお前の人生が本当に変化していくための第一歩だ。

69 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:06:00 ID:YLlC900q
>>65
条件づけられた状態から自然な幸福状態になろうとする意思は君にはないのか
条件づけられたままでいるしかないのか

70 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:06:46 ID:igomSFO1
通行人をいきなり殴り飛ばして「これを引き寄せたお前が悪い」
と言っているようなものだね
まさに基地外サマディ君らしい発想だよ

71 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:23:54 ID:bMkpVgPR
>>70
いきなり殴り飛ばされるような状況は誰が引き寄せたんだ?
というのが引き寄せの法則の骨子だと思うが?w

つまり、お前は引き寄せの法則はウソである、ということを認めるわけだな?wwwwww

それと何度言ってもわからいなようだが、
サマディはもうずいぶん前からここには来ていないw
一時期俺がサマディに成り済まして、お前をからかったことはあったけどなwww

72 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:26:49 ID:YLlC900q
>>71
>一時期俺がサマディに成り済まして、お前をからかったことはあったけどなwww
誤字で自爆する所までサマディの真似をするとは職人芸ですな
感動しましたおw

73 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:33:00 ID:bMkpVgPR
誤字で自爆? 自爆はしたことはないが、それが俺だよwww


サマディはもう何年間もここには来ていないw

お前は一体何と闘ってきたんだ?www

74 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:35:10 ID:bMkpVgPR
>>72
リアルに存在するはずのこの世界で、どうしてお前はいつまでたっても負け組のままなんだ?w
自由意志があり、引き寄せの法則が存在するんだろ?w
どうしてその自由意志を使って望む現実を引き寄せないのだ?wwww

俺と対等に渡り合うつもりなら、その下層階級から抜け出すことがまずは先決だwww

75 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 17:36:44 ID:bMkpVgPR
さて、もうすぐカンファレンスの時間だ。

また後で遊んでやるからお前は悠飯の準備でも始めろ、クソババアw

76 :マスター気取り:2010/10/26(火) 17:54:11 ID:Fdm2gwpb
>>34
選択も自由意思もあるようには感じられるよ。主観的にはね。もちろん努力して
運命に逆らって何かを達成したという感覚になることもあるよ。主観的にはね。

77 :マスター気取り:2010/10/26(火) 18:06:38 ID:Fdm2gwpb
>>35
過去や未来があるという時間の観念に沿って話を作るとしたら産まれる前があると
考えても良いのかも知れないが、本当は今しかなくて過去のストーリーも今作っている。
だからどう信じても(本当に信じてしまった場合は)その通りになる。しかしその
ストーリーを含めた全体が幻想だ。

78 :マスター気取り:2010/10/26(火) 18:08:33 ID:Fdm2gwpb
>>36
強制されているという感覚があるかないかは関係ない。物が上から下に落ちる
みたいにただ起こるだけだ。

79 :マスター気取り:2010/10/26(火) 18:17:26 ID:Fdm2gwpb
>>59
あたかも自分で選択している気分になることは出来るよ。実は自分で選択なんか
してないんだけどね。自分でやっていると思い込むことは可能だ。

80 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 18:29:21 ID:JM5Bzrb0
なにかを得たいとき、 求めるのがいいのですか。
求めよさらば与えられん のように。

それとも 神との対話にあるように 「欲しい」と念ずるのは
実は願うことを遠ざけるのでしょうか。
 私はその2つの考えは矛盾というか逆のことをいっている
ように感じてしまう。 
 どういう祈りがいいのでしょうか。今の私だったら 
「神よ○○たまえ」式の祈りの方が心を込めて、心からの祈りができる。

既に完全である、祈りが聞かれて成就するのでない ということもなんとなく
分かるような気はしますし、それが真実だと思います。
ただ、祈りとか瞑想とかする場合、 神さま○○としてください と言う方が
自然にラクに信仰的な気分で出来るのです。 

 神との対話でいう 祈り と 
「求めよさらば与えられん」は対立しているのでしょうか。

81 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 18:48:17 ID:tlhvbnh9
欲はあなたをバラバラにする
切望はあなたをひとまとまりの欲望の群れにする

そしてようやく欲望全体とかかわれる。
捨てることはできないが、全くそれを作らないという出発点にゆくかもしれない

82 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 18:53:45 ID:igomSFO1
何かが欲しいとか、何かになりたいとかいう欲求は自然な感情で
それを悪いことだとか思わない方がいいと思うな

83 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 19:30:29 ID:tlhvbnh9
どんなものが出てきてもそれに関わらず通り過ぎ去らせるのが道です。

悪しきものがでてきても戦わず、通り過ぎ去らせると、もう生まれることは無いでしょう。

楽な信仰が現れたなら、それを疑わず、かといってそれにしがみつかず、
その楽で自然な信仰が現れ消えるままにします。

するとさらなる未知なるよきものが到来します。

84 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 20:18:06 ID:3K1x/HLu
>>80
ちょっとマタイ6:25から6:34まで読んでみな。


85 :マスター気取り:2010/10/26(火) 20:18:49 ID:3K1x/HLu
おっと。名前入れ忘れた。

86 :マスター気取り:2010/10/26(火) 20:26:03 ID:3K1x/HLu
ネットでも読める所見つけた。これだ。
http://recoveryversion.jp/read_List.php?f_BookNo=40&f_ChapterNo=6#25
で、この後の7章の途中で「求めよ・・・」と来る。

87 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 21:56:55 ID:Ek+CrxnK
自然と不自然
ttp://resonanz360.com/2010/10/25/

88 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 22:53:46 ID:WsamSYdT
僕らは過去から未来へと時間が流れる世界に飛び込んだ
僕らは左から右へと振り子のように振れる世界に飛び込んだ
この川の流れは出口に着くまで止まらない
さあ若者よ進みたまえ
「則天去私」の精神で虚無感を感じながら死を生きるか
「敬天愛人」の精神で充足感を感じながら生を生きるかは君しだい
どちらにしても辿り着くところは皆一緒だ

89 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 22:58:44 ID:YLlC900q
「敬天愛人」の精神で充足感を感じながら生を生きまする!

90 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:01:32 ID:bMkpVgPR
>>88

「敬天愛人」は西郷隆盛の座右の銘だが、
彼は我を通したために中央政界から下野し、
その後西南戦争を指揮して逆賊として討ち死にした。

「則天去私」は夏目漱石が晩年辿りついた境地だが、
自己本位から来る虚無感から漱石は抜け出すことが出来た。


91 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:03:11 ID:bMkpVgPR
>>89
無理無理w 
西郷隆盛でさえ、それを座右の銘にしていたものの実践できなかったんだから。

92 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:10:19 ID:WsamSYdT

自由意志のないロボットの言葉

93 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:24:48 ID:WsamSYdT
無理無理、できない
が君の口癖、アファメーションか。良かったね叶ってるみたいだ。

94 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:33:05 ID:bMkpVgPR
アファメーションwwww

かわいそうにな、2010年のこの時代にアファメーションwww

あのね、悔しかったら俺と同じ社会的地位と稼ぎを手に入れてからにしようねw

アファメーションで何ができるのか、やれるもんならやってごらん。
君が期待しているような成果なんか到底ムリだからw
アファメーションやってればその通りに実現するほど、
人間の意識は単純じゃないんだよw
そんなに単純なら、それこそ幻影の消滅など簡単だし、
今頃は悟った人だらけだろうw

こういう人がニューエイジ産業に貢いで、詐欺師たちを支えているんだろうなぁw

95 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:34:41 ID:bMkpVgPR
それとね、則天去私の意味、君が想定しているものとは違うんだけどわかってる?w

96 :80です:2010/10/26(火) 23:52:56 ID:r9geRnrH
>84  
 
読みました。ただ、私の思ってることは解決されませんでした。
神との対話の作者は、うまくいかない人生にかんしゃくを起こし
神に対し心からの訴え、「なぜ私の人生はうまくいかないのか」
という、神に対する強い強い心からの訴え(怒りもあったと思う)
をおこし、神に手紙を書いたといいます。
これも神と疎通しようとする一種の祈りだと思う。
その言動は「求めよさらば与えられん」だと思います。
神に対し切に、切実に求めたから与えられたと思います。





97 :80です:2010/10/26(火) 23:53:59 ID:r9geRnrH
だから、私は口先だけの感謝の念やプラス思考的なイメージ、
欲しがって求めないでもすでに与えられていると考える祈りは
力が入らない。情熱が出ない。信じていないわけではないが
信仰心が 神に対する求め よりかは出にくい。
 はたして私のような悟りとは程遠い状況の人は、神様に心を注げることができる神に泣きつくような祈りと、
心のともわない感謝の祈りはどちらをとるべきなのでしょう。


98 :神も仏も名無しさん:2010/10/26(火) 23:58:59 ID:YLlC900q
熱意が無ければ届かないのよ

99 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 00:09:28 ID:1lzd4QxN
>>96
どこだったか忘れたが神対のどこかに
欲求はとても大事だ、みたいなことが書いてあるよ
それが>>80と矛盾するかどうかは知らないけど

100 :83:2010/10/27(水) 00:09:48 ID:YkhdeKAK
>97
それは両方ともだめですよ。
両方とも結局あなたのあり方を強めるだけの事です。

つらいのでしたらただつらさが通り抜けるのを待てば良いと思います。
期待を持たずに人生の義務を果たし、つらさも自然と消え、
喜びと感謝の念は自然に訪れます。

祈るのでしたら、先達が喜びに満ちた人生を歩んだということを、
この世には喜びにあふれた生があるということを信頼なさったら良いと思います。
その生への信頼、ブッダたちへの信頼が祈りではないでしょうか。

101 :83:2010/10/27(水) 02:14:53 ID:YkhdeKAK
自分自身の事においても大切な気づいた。陳謝。

自分の場合は昔買った高価な服をオークションに売るかどうかで悩んでいた。
これについては両方だめですと言ったことは通用しない。
売るか、売らないか2択である。

これについてはお金を得るということ、美とは何かということ、
自分の将来にそれが必要になる可能性の有無についてなど、

自分のエゴを構成する全ての思考が割れに割れた。
真っ二つに半々に割れた。これが7対3なら迷わない。
体対美を愛する感情ともいえるし、将来への信頼対安全のための現金ともいえる
あらゆる内部対立を浮き彫りにする問題だった。

この状態では、売ると自分の半分が幸せになり、自分の半分が不幸になる。
売らないと自分の半分が不幸になり、自分の半分が幸福になる。
そしてどっちにも決められない葛藤こそ究極の苦痛だ。

つまり、問題なのは、「答えが解らないことではない」
どの答えを出しても不幸でありかつ答えを決められない葛藤がある、
自分の存在自体であるということである。
私の内部には矛盾する価値観が多数あり、どうやっても苦しむ他ない。
そう分かったならもう何とかしようとするのはやめだ。
自分が自分である限りどうしようもない。

102 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 05:23:49 ID:bfkwm6XX
引き寄せの法則なんだけどね
俺の場合信じたことがってより思ったことは割と思った通りになってるよ、人生で
って、千葉なんだけど空の色ヤバい

103 :マスター気取り:2010/10/27(水) 07:06:04 ID:BOYhcItr
>>96
ニールであれあなたであれ、何かが必要となる世界を自分で無自覚なまま創造してしまって
いると思うのだが、まずはそのことに気付いた方が良いと思う。あなたに必要なことは
願いが叶うことよりも、そのように願わねばならない状況を自ら創造していることに気づき、
そしてその創造を停止させることだ。

例えば自分で穴を掘ったことを忘れ自分で落ちることを繰り返す人が「穴に落ちないように
するにはどうすれば良いのだろうか?」と考えているようなものだ。これは最終的には
もう穴を掘るのをやめるしかない。やめずに避けるための装備を揃えたり体を鍛えたり
してもあまり意味はない。それはそれなりに知識や力を増すことには繋がるが本当は
最初から必要のないことだ。

少し話を変えよう。こういう話にすると途端にこれが馬鹿らしいことに思えてくると思う。
借金を繰り返して取り立てに追われているとして、「一体どうしたら取り立てられなく
なるのだろう?」と考える。この結論は考えるまでもなく新たな借金をしないことだ。
より多く稼ぐことではない。幾ら稼いでも借金を繰り返しているなら意味がない。
それは穴の空いた船の穴を塞がずに水を汲み出すようなものだ。力尽きた時に沈む。
力尽きないように体を鍛えたり強力なポンプを使うことが必要なのではない。
それが必要になるとしても穴を塞いだ後の復旧時だ。

104 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 07:54:50 ID:OXAaiq9H
違う。
金など無い事に気付く事だ。
そうすれば借金取りも
そうか、ないのか。じゃあ腎臓売るね。
と言って丸くおさまる。


105 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 08:59:51 ID:LF6Xayv8
>>103
誰しも衣食住は必要だ
何かが必要となる世界は嫌だというなら死ぬしかないぞ

借金自体は無から一時的に金を産み出すというプラス面がある
その金で事業を興したり自分に投資して資格、学歴を得るなり金利以上の価値を産み出せば借金して良かったという事だ

106 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 09:02:31 ID:LF6Xayv8
>>103
>願いが叶うことよりも、そのように願わねばならない状況を自ら創造していることに気づき、
>そしてその創造を停止させることだ。
自由意志が無いなら創造していることに気づいたり停止させることは出来まい
自動反応で勝手に気づいたり勝手に停止するだけ

107 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 09:12:32 ID:LF6Xayv8
>>101
自分の中の矛盾する価値観を無くせば良いだけ
信頼も安全も体も美も全て手に入ると信じれば解決だ

オークションの件はどちらを選択しても満足する結果になる、と未来を信頼すればよい

108 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 09:53:09 ID:OXAaiq9H
>>106
もっとよくよく考えなさい。プログラミングしたことないのかね?

109 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 10:12:57 ID:LF6Xayv8
自動反応は自由意志でプログラミングしたものなら
自動反応は自由意志の表現の一種
結局全ては自由意志でしかない

110 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 10:22:22 ID:OXAaiq9H
そんなことは言っていません。
プログラムしたことないな、こりゃ。
一般の人が想像しそうなプログラミングの話なんかされてもなあ

111 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 10:25:11 ID:LF6Xayv8
>>110
では解説して

112 :80です:2010/10/27(水) 10:47:30 ID:/U5EJ54I
私が感じる疑問に対しアクションをおこしてくれた方、
本当にありがとうございます。

103> ニールであれあなたであれ、何かが必要となる世界を自分で無自覚なまま創造してしまって
 いると思うのだが、まずはそのことに気付いた方が良いと思う。あなたに必要なことは
 願いが叶うことよりも、そのように願わねばならない状況を自ら創造していることに気づき、
 そしてその創造を停止させることだ。

>そのように願わねばならない状況を自ら創造していることに気づき、
 そしてその創造を停止させることだ。

私がその状況を創造してしまっているのですか。どういうことでしょうか。
その創造を停止させるにはどういう心境が必要なのでしょうか。



113 :マスター気取り:2010/10/27(水) 12:22:57 ID:4ieyUAWN
>>106
その通り。その書き込みもこの書き込みもそのようにして書かれたものだ。
どうだ? まるで自由意思によって書いたように感じられるだろう? しかしあなたも
私も実は何もしていない。

114 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 12:27:32 ID:LF6Xayv8
↓同一人物がカキコしますた

マスター気取り「願いが叶うことよりも、そのように願わねばならない状況を自ら創造していることに気づき、そしてその創造を停止させることだ。」

マスター気取り「どうだ? まるで自由意思によって書いたように感じられるだろう? しかしあなたも私も実は何もしていない。」

115 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 12:42:03 ID:LF6Xayv8
奴隷は、奴隷の境遇に慣れ過ぎると、
驚いた事に自分の足を繋いでいる鎖の自慢をお互いに始める。
どっちの鎖が光ってて重そうで高価か、などと。

そして鎖に繋がれていない自由人を嘲笑さえする。
だが奴隷達を繋いでいるのは実は同じたった1本の鎖に過ぎない。
そして奴隷はどこまでも奴隷に過ぎない。

過去の奴隷は、自由人が力によって征服され、やむなく奴隷に身を落とした。
彼らは、一部の甘やかされた特権者を除けば、
奴隷になっても決してその精神の自由までをも譲り渡すことはなかった。
その血族の誇り、父祖の文明の偉大さを忘れず、隙あらば逃亡し、
あるいは反乱を起こして、労働に鍛え抜かれた肉体によって、肥え太った主人を 血祭りにあげた。

現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱のヒモを巻き付ける。
そして、何より驚くべきことに、現代の奴隷は、自らが奴隷であることに気付いてすらいない。
それどころか彼らは、奴隷であることの中に自らの 唯一の誇りを見い出しさえしている。
(by リロイ・ジョーンズ 1968年、NYハーレムにて)

116 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 12:46:47 ID:LF6Xayv8
このスレには自らが奴隷であることに気付いて自らが奴隷であることに満足している人がいるようだ
鎖が大好きらしい

117 :マスター気取り:2010/10/27(水) 12:47:53 ID:4ieyUAWN
>>109
> 自動反応は自由意志でプログラミングしたものなら

スタート地点が自由意思ではないからなあ。自分の細胞分裂を自分の自由意思では
やってないだろう? 自分の心臓も自由意思で動かしていない。何故か産まれて
育ってしまっただけで何故産まれて育ったかはわからないしそれに関する努力は
していない。

118 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 12:50:19 ID:OXAaiq9H
>>114
視座が違うのでおかしく見えるだけ。
これはまさにデフォルトの勘違いで、
こんな事は何千年も同じ質問に同じ答えを延々やってる。
色んな本とか見てみ。

人間に自由意思が無いというと操り人形とか、ロボットとか言って、
さも人間以外に意思があると考えるのもデフォルトなんです。
人間にも人間以外にも自由意思など無い。
俺らは一度動き始めた玉同士がお互いに玉突きしあっているようなもん。


119 :マスター気取り:2010/10/27(水) 12:57:59 ID:4ieyUAWN
>>112
実際には世界にはあなた一人しか居ない。というか目に見えている世界全体があなただ。
それで今は自分と自分以外が分離しているという幻想の中に居る。本当は全て最初から
一体で切れ目はない。

なのでとりあえず一体であるとは感じられなくても一体であると考えて対処すれば
だいたいはうまく行くようになる。つまり、他人は自分だと思えば良い。そう思えば
他人(のように見えるもの)を傷つけたりはしなくなるだろう。救える時には救おう
ということにもなるだろう。いわゆる悪いこともしなくなり思いやりのある人に
なるだろう。

120 :マスター気取り:2010/10/27(水) 13:00:06 ID:4ieyUAWN
>>118
そうそう。そういうこと。

121 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:02:26 ID:LF6Xayv8
この世界で人間として生きる為に全てを自分で創りだしている事を忘れただけだよ
スタート時点にあったのは自由意志


122 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:06:26 ID:LF6Xayv8
奴隷であることの中に自らの唯一の誇りを見い出したければOldAgeを信じれば良いな

123 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:09:33 ID:OXAaiq9H
このスレでのオールドはニューじゃなっかたっけ

124 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:14:40 ID:LF6Xayv8
一度動き始めた玉同士がお互いに玉突きしあっているような惰性で生きていく事をOldAgeは説いている、と分かったのは収穫だ

125 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:32:10 ID:EzTfeMd1
>>124
いや違うだろ。
オールドエイジが、悟ってから人間という視点に立った上で、自由意志がある事にしてどうしましょう?創る?みたいな神対なわけでしょ。

126 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 13:37:07 ID:s0uA14Wa
>>122
お前は奴隷ではないのだな?

ならばお前の人生はなぜ負け組のままなのだ?w

リアルに存在し、自由意志でなんとでもなるはずなのに、
どうしてお前は自分の人生を自在に望むものにできないのだ?w

世界はこうであるはずだ、世界はこうでなければならない、
という観念や理念を刷り込まれ、何かをわかったつもりになっている、
しかし、実際には何もなし得ない、お前こそが奴隷であり、
牢獄の中の囚人なのだw

最も救い難い人間とは、自分が牢獄の中の囚人であることに気づいていない人間のことだ。
生まれながらにして牢獄の中の囚人であるため、
今のその状態が普通の人生だと思い込んでいるw

これほど哀れで惨めなことがあるだろうかwwwww

127 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:15:23 ID:FF476T1l
どれどれい?奴隷はどこに居るのかな?

128 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:19:32 ID:LF6Xayv8
自分には全く自由が無いと信じ込んでしまっているのが奴隷ちゃん
カワイソウニ

129 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:23:32 ID:FF476T1l
ダジャレにそんな素で答えるのはダレジャ?

130 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:24:26 ID:LF6Xayv8
>>125
いや違うだろう
OldAgeの悟りはどうにもならないという諦観だろう
諦めの境地
惰性慣性で生きて死ぬのがOldAgerの務め

意識は脳が勝手に作り上げたもので
輪廻転生も脳が勝手に作り上げた妄想
死んだら意識は終わり何も感じない

131 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:27:31 ID:LF6Xayv8
実践して天国に舞い戻ろうとする神使信者の方が共感できる

132 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:33:29 ID:FF476T1l
>>130
お願いですから、とりあえずテンプレくらいは読め。

133 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 15:55:45 ID:LF6Xayv8
>>132
華麗にスルー

134 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 16:06:14 ID:FF476T1l
つまりこういう事か。面倒な事させんな
ニューエイジとかジジィしか知らない一過性の流行語をいちいち披露すんなって言うことで
テンプレが出来てんだよ、わかれよ

いや違うだろう
如月英二の悟りはどうにもならないという諦観だろう
諦めの境地
惰性慣性で生きて死ぬのが如月英二の務め

意識は脳が勝手に作り上げたもので
輪廻転生も脳が勝手に作り上げた妄想
死んだら意識は終わり何も感じない


135 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 16:13:21 ID:YkhdeKAK
>>107
その回答は既存の混乱に上書きする物にすぎない。
一旦解決したかのような夢が見れるが、
その実混乱を作るマインドの数は増加している。

136 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 16:32:30 ID:LF6Xayv8
>>135
マインドの数は減っているよ
洗練されたものに統合だ

137 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 16:33:55 ID:LF6Xayv8
>>134
>ニューエイジとかジジィしか知らない一過性の流行語をいちいち披露すんなって言うことで
ここは神対スレだが

138 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 16:39:41 ID:1lzd4QxN
>>134
ニューエイジってそんなに珍しい言葉か?w
このスレに来てる人でニューエイジを知らない人なんていないだろ

139 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 17:34:14 ID:s0uA14Wa
>>128 >>130
自己を明け渡すということ・自我の消滅とは、即ち、究極の自由・究極の豊饒、究極の法悦也.

お前のレスは、すべて、自己が消えてしまうことへの恐怖に基づいているw

しかし、お前が後生大事に抱え込んでいるその自己など、本当は存在しない錯覚なのだw

牢獄から抜け出すことができる扉が目の前に開かれているにも関わらず、
牢獄生まれ牢獄育ちの囚人が、牢獄から外の自由な世界に抜け出すなんて冗談じゃない、
そんなことをしたら生きていけないに違いない、と駄々を捏ねているw

では、その囚人は牢獄の中でそこそこの生活をしているのかというと、
他の囚人から仲間外れにされ、苛め抜かれ、残飯のような臭いメシを喰らう、
最低最悪の環境に生きているのであるww

これほど哀れで惨めなことがあるだろうかwwwww


140 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 17:43:34 ID:1lzd4QxN
もともと究極の自由だったのになぜ自己という錯覚が生じたのだろうか?

141 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 17:46:39 ID:s0uA14Wa
錯覚として生じたのだという自己がそれを考えても仕方のないこと。

なぜ自分は牢獄の中で生まれ牢獄の中で育ってきたのだろう?
という問いを牢獄の中で延々と考えても何も変わらない。

まず牢獄から抜け出すにはどうするのか、今何ができるのか、
を創意工夫するのが大人のやること。

142 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 17:49:27 ID:LF6Xayv8
>>141
究極の自由の中で錯覚が生じたのなら究極の自由に戻っても元の木阿弥だろうに

何の解決にもならんて

143 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 17:51:53 ID:LF6Xayv8
>>139
>牢獄から抜け出すことができる扉が目の前に開かれているにも関わらず
おじちゃんw、目の前に開かれているのに何故入らないの?
自己が消えてしまうのが怖いの?

144 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 18:04:56 ID:s0uA14Wa
>>142
錯覚が存在していると考えているのが錯覚としての自我。
錯覚し錯乱している頭が何の解決にもならないと考えている。

>>143
いやいや、あんたのほうが俺よりかなり年上だと思うがね、おばちゃんw
目の前の扉は扉に過ぎない。
扉に入ればすぐに外の世界に出られるほどヤワな牢獄じゃあないw
すぐに簡単に誰でも、というその発想がニューエイジw
ニューエイジに毒されたその頭はもう死ぬまで治らないかもな、いい歳こいたおばちゃんw

145 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 18:24:45 ID:LF6Xayv8
>>144
>扉に入ればすぐに外の世界に出られるほどヤワな牢獄じゃあないw
トラップだらけの牢獄ですなw寧ろ地獄と呼ぶに相応しいw
脱出不能レベルw

http://tohoku-r.gnk.cc/Vietnam/Vietnam_Ho_Chi_Minh2.htm
ベトコンは実に様々なアイデアで米軍を苦しめていたようです。
まず左の写真はネズミ捕りみたいな仕掛けで、真ん中を踏み込むと仕掛けが閉じて身動きが出来なくなるというもの。
右はもっと単純で穴にはまると針が下向きについてるので、一度刺さってしまうと抜けなくなって脱出不能となるもの。
これが獣を狩るためでなく、人を狩るために使われてるてのが生々しいですな。

146 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 19:06:35 ID:FF476T1l
ニューエイジとかこのスレでしか聞いたことないわ。
神対って言っても今でも普通に本屋に並んでるし、
10代とのなんとかもあるし、
今じゃ40歳以上のおっちゃんおばちゃんの方が少ないでしょ


147 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 21:05:22 ID:SW/E2Ax0
いやいや、40代とかで済めば良いけどな。
ニューエイジ世代って今じゃ50〜60くらいの人がメイン
なんじゃないか?
まあ俺らにしてみたら「ナウい!」「ナウい!」とか連呼されているようなもんで、
まだ「ナウい」って古すぎですよ、とか言えるなら良いけど、
正直「ナウい?」何それ?っ聞いたこともない。て感じですよ
おじいちゃん、おばあちゃん達www


148 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 21:48:31 ID:s0uA14Wa
必死になって「ニューエイジ」という言葉に反応してるお前が一番あやしいw
「ナウい!」「ナウい!」って言ってた過去の自分に対する恥ずかしさとかwww
聞いたこともないと言いつつ、しっかり知っているという不思議www

ああ、こりゃこりゃwwwwwwww

149 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 21:50:55 ID:SW/E2Ax0
ナウいは、ナウくない言葉として今の20代後半くらいまでは知ってるよww

150 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 21:57:12 ID:s0uA14Wa
「ナウでヤングな」人はw そんな言い訳はしませんw

あのね、カウンターカルチャーとかヒッピーとか、70年代後半生まれの俺でも知ってんのw

そういう言葉を知ってるから30代だとか40代だとかいう決めつけるのがオッサン、オバサンなのw

151 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 22:00:06 ID:SW/E2Ax0
70年代後半、完璧オッサンじゃんwww
しかしヒッピーとか年代的に赤ちゃんの頃だろ。
んなの名前くらいしか知ってるわけねーっつの


152 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 22:16:32 ID:s0uA14Wa
遅生まれだったら80年代生まれだったけどなw

ヒッピーが赤ん坊の頃? 馬鹿? 歴史を知らないゆとり脳wwwww

153 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 22:18:04 ID:s0uA14Wa
遅生まれじゃねーや、早生まれだw
ゆとりと対話してるとこっちまでおかしくなってくるw

154 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 22:22:47 ID:SW/E2Ax0
だからヒッピーとか詳しく歴史知ってるってのがオッサンなんだってww
ニューエイジだかナウいだか知らないけど、そんな役に立たない知識を
虎視眈々と披露するのはもうやめてねwwww
はい妙な突っ込むとこ作ってあげたよwwwどうぞww


155 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 22:56:25 ID:s0uA14Wa
虎視眈々と披露www

いいね。これから使わせてもらうかもw

156 :神も仏も名無しさん:2010/10/27(水) 23:38:49 ID:SW/E2Ax0
俺にも分からないがふっと良いゴロだなと思って書いたww
使ってやって管sいww

157 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 00:21:23 ID:AlCZlUK9
自分の内側にあったと思っていたものが実は自分の外側にあって
自分の外側にあったと思っていたものが実は自分の内側にあったってことなのかな・・・?

158 :マスター気取り:2010/10/28(木) 01:00:16 ID:q5KVoXXX
内と外というように分離していない。
裏表なし。

159 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 01:15:45 ID:LzrAFd49
>>112
神対を読んでりゃ分るはずだろうになあ・・・
苦しい、苦しいと愚痴こぼしていればその現実を創っていることは間違いない。
楽しいことや、やってみたいことをあれこれ考えているときはその現実に
引き込まれようとしている瞬間。
苦しいときから一刻も逃れたいと思うときもその現実を創っている。

>8みたいなレスではまだ苦しさからは脱却できないかな?と思ったりする。
 あなた、あなたの生き甲斐ってなんなの?
それがしっかり描かれていれば苦しみなんてそのうち縁がなくなるはずなんだけどね。


160 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 01:53:55 ID:Cx3D33pb
( ・ω・ )<
世界は中立なんやで。机の上にコップ半分の水がある時、それ自体は苦でも楽でもあらへん。
ただ、お前さんがそれを見て、「ああ、もう水が半分しかない。これが無くなったら終わりだ。」と思えば苦になるし、
「おお、水が半分もある。これで渇きが癒せる。」と思えば楽になる。それだけの話や。
右を見て、「ああ、鳥が唄ってる。花が咲いている。光で満ちている。何て素晴らしいんだ。」と思えば楽になるし、
左を見て、「ああ、今日も人が殺されるニュースをやっている。世の中はなんて不安で恐ろしいんだ。」と思えば苦になる。それだけの話や。
たくさんあるものの中から何を見て何を感じるかはあんさん次第なんやで。

161 :マスター気取り:2010/10/28(木) 02:03:38 ID:q5KVoXXX
「ああ、鳥が唄ってる。花が咲いている。光で満ちている。世の中はなんて不安で恐ろしいんだ。」w

162 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 02:04:04 ID:ieI1Hz8R
クマたん今日はいないの?
置いてきたの?

163 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 02:09:34 ID:Cx3D33pb
>>161
( ・ω・ )<そう、それも可能やな。自分の現実は自分で創っているっちゅう基本原理や。
>>162
( ・ω・ )<そんなことせえへんでもええのにって言うたのに滝行に行ったわ。

164 :80です:2010/10/28(木) 03:08:55 ID:AJIN2/0f
>159
苦しい、苦しいと愚痴こぼしていればその現実を創っていることは間違いない。
楽しいことや、やってみたいことをあれこれ考えているときはその現実に
引き込まれようとしている瞬間。
苦しいときから一刻も逃れたいと思うときもその現実を創っている。

 「苦しい時から一刻も逃れたいと思うときもその現実を創っている。」と
いうなら苦しみから逃れたいと思うことはやめたいのですが、
でも、苦しみから逃れたいと思うことをやめたい理由が
苦しみから逃れたいという理由であるとき、どうすればいいんですか。

苦しみから逃れたいという 思い はなくすことができますか。無理じゃないですか。
思い は消せないんじゃないんですか。
これは、本当に苦しんでいる人にとっては、なくすことができにくいと思うのですが。



165 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 14:08:44 ID:hGL6FSoq
>>164
苦しみから逃れたいという思いをなくす必要はない
現在感じている苦しみよりも強く幸せを願えば状況は好転していく
問題はどちらのエネルギーが大きいかだ

星は都会の夜空より田舎の夜空の方が眩い
背景の漆黒は星の光をより強く輝かせている
心の中の闇は心の中の光を引き立てる為に生まれてくる
闇と光を統合した姿が君の未来だ
苦しみを経験して掴んだ幸せは君にとって至宝となろう

166 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 14:41:14 ID:RB9UsKC6
教えたがり症候群、発症中w

167 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 15:27:25 ID:9TPxgUcx
>>164
観点が違うんだよ。これを参考にすればいい。
だがきみにはもっと多くの必要な知識を時間をかけて蓄えなければ
ならないような気がする。

ttp://www.youtube.com/watch?v=VVQHy7xpNGs&feature=related

ttp://www.youtube.com/watch?v=RzHFESIsQ2g&feature=related

168 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 15:42:52 ID:v+n7iNbv
うんうん、人にアドバイスをするのは気持ちがいいよねぇw
その時だけは自分が偉くなったように感じられるからねぇw
その時だけはねw

でも、ぜ〜んぶ、借り物の知識、誰かがうpした借りてきた動画w

そんなこと繰り返しても、後で虚しくなるだけなんだろうけどねw

169 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 15:49:03 ID:v+n7iNbv
自分は必要な知識はすべて蓄えている(キリッ お前はもっと時間をかけて蓄えなければならない(キリッ

と臆面もなく言えてしまうところが笑える笑える、超笑えるw

観点が違うんだよw

そういう余計な知識、つまり、何とかなるかもしれない、別のやり方があるかもしれない、
と思い込ませてしまうような情報に飛びつくことで、問題に直面することから逃避してしまい、
結果的にその問題はかえって雪だるま式に大きくなっていくだけなんじゃないのか?
なんとかのメソッドとか、何とかの法則みたいな安っぽい「技法」を使って、
人生が何とかなった経験なんか今まであったか?w

冷静にこれまでの人生を振り返ってみたらどうなのよw



170 :マスター気取り:2010/10/28(木) 16:44:05 ID:q5KVoXXX
>>164
こんな言葉がある。

災難に逢う時節には、災難に逢うがよく候。
死ぬ時節には死ぬがよく候。
これはこれ災難をのがるる妙法にて候。

171 :80です:2010/10/28(木) 17:57:32 ID:AJIN2/0f
165,167,170ありがとう。
引き寄せの法則は本当だと思います。ただ疑問がある。
ニールは、「今日生きる糧を与えたまえ」というと
「今日生きるのに大変な現実を体験」することになる と言っています。
ただ、これは「既に私たちは不足のない完全である」 ということを知らない人が
言った場合の結果だと思うのですがどうでしょうか。
神の創った完全な世界を信じている人だったら「今日の糧を与えたまえ」と
言ってもいいと思うのですが。それとも、そう信じているならその願いをいうことは
絶対にないのか。。





172 :80です:2010/10/28(木) 18:04:03 ID:AJIN2/0f
今の私は、(私が感じる迷いの世界でない)神の創った完全な世界はあると思うが
実感はできていないのです。実感はできていないがあるもんはあると本当に思っている。
(以前はこの世は苦しみだと思っていた。弱肉強食の適者生存の世界だと思っていた)
実感はできないから不安がやはりあって神様にお願いしてしまう。

だがそれだとニールの言ってることとは逆のことをしてしまうことになる。

だけどキリスト教徒も主の祈りという代表的なお祈りでこう唱えるんです。

天にまします我らの父よ願わくは
み名をあがめさせたまえ
み国を来たらせたまえ
み心の天に成る如く地にもなさせたまえ
我らの日用の糧を今日も与えたまえ
我らに罪を犯す者を我らが赦す如く我らの罪をも赦したまえ
我らを試みに遭わせず悪より救い出したまえ
国と力と栄えとは限りなく汝のものなればなり
アーメン


173 :80です:2010/10/28(木) 18:18:37 ID:AJIN2/0f
これは(神を讃えている部分もあるけど)お願いしている部分が多い。
でも、私はクリスチャンは神を信じてお願いしてるからいいんじゃないかと
思うんです。 そこが真実のの素晴らしさをしらずに嘆き悲しんで、
神も仏もあったもんじゃないこの世はろくでもない世界だと思っていながら
こうなりたい、こうあって欲しいという思いは持っている者との祈りの違い
なのではないかな?と思っているのですが。
私は間違ってますか。なにか思うことあったら教えてもらってよいですか。
私はクリスチャンではないけどお祈りをするのでここに引っかかってしまうのです。

174 :マスター気取り:2010/10/28(木) 18:35:24 ID:q5KVoXXX
>>172
それはイエスがこのように祈りなさいと言った内容だが、その直前に言っていることも
忘れてはいけない。マタイ6:5辺りからだな。
http://recoveryversion.jp/read_List.php?f_BookNo=40&f_ChapterNo=6#5
で、6:8で「あなたがたの父は、あなたがたが求める前から、あなたがたに必要なものを
知っておられるからである。」と言っている。

だから要するに本当は一々祈る必要はないわけだが、それでも祈りたいならこういう風に
祈れということじゃないのかな。

それとこれは「自分の密室に入り、戸を閉めて、隠れておられるあなたの父に祈りなさい」
なので、どうやら瞑想みたいな感じでもある。祈りの言葉がマントラみたいだ。実際繰り返し
毎日やって習慣化すると言葉の意味を一々考えなくなってただ発している呪文みたいに
なるだろう。そして祈っている最中は雑念が消え精神的に安定する。この安定した状態を
作ることが一番重要なんじゃないかと思える。要するに瞑想だ。


175 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 19:59:51 ID:hGL6FSoq
>>173
この世はろくでもない世界だと思うのは間違っていないよ
実際にそういう面もあるのは紛れもない事実

ただ輝かしい面もある事を信じて願えば良い
神にあるどちらの面を体験したいのかという事だから

引き寄せは神対よりエイブラハムが詳しく扱っている
http://www.amazon.co.jp/dp/4797341904/

176 :マスター気取り:2010/10/28(木) 23:16:11 ID:sURmoPf6
ろくでもない、と評価している主体が本当にあるのかどうかが問題の核かな・・・

177 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:19:49 ID:hGL6FSoq
ろくでもない、と評価できるのは確かだな…

178 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:20:06 ID:zAIK6p5F
投影するものなしに投影されるものなし
夢を見るものなしに夢を見ることなし

179 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:29:16 ID:v+n7iNbv
投影するものは本当に存在しているのかな?
夢を見る者は本当に存在しているのかな?


180 :マスター気取り:2010/10/28(木) 23:32:00 ID:sURmoPf6
事の善し悪しを判別しているということはある状態を善い状態、それに反する状態を
悪い状態と決めているからだが、この判別は何が元になっているのか? これは言う
までもなく体の生死だろう。体を生かすことに対してプラスと思えることが善、マイナス
なら悪。

しかし世界はそんな人間の体の都合など知った事ではなく世界の都合で動き続ける。
人間の体という個別のパーツの視点から見たら世界はロクでもないものにしかならない。
正に一切皆苦でしかなく時々楽があっても苦が必ず来る。苦楽が波打っているだけ。
なのでそこに注目している限り波に翻弄され続けるだけになる。

181 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:35:47 ID:zAIK6p5F
投影するものは本当に存在しているのかな?
夢を見る者は本当に存在しているのかな?
と疑っているのは何者か

182 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:36:49 ID:hGL6FSoq
>>180
あなたは重病に罹って苦痛に悶えても「苦しみなど只の概念でしかない」と思うのですか?

183 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:41:41 ID:hGL6FSoq
>>180
>正に一切皆苦でしかなく
確かに全てを苦にしてしまえば(楽がないから)苦楽の波に翻弄される事はなくなりますね
しかし苦も軽度の苦と阿鼻叫喚の苦があるなら波が出来るのではないでしょうか?

184 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:41:55 ID:v+n7iNbv
>>181
疑っている者は本当に存在しているのかな?
疑っている者も、それが真実だと思い込んでいる者も、
本当に存在しているとどうしてそのちっぽけな頭でわかると思えるんだろうなw


185 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:43:28 ID:v+n7iNbv
苦しみか苦しみではないのか、誰が決めるのだ?
苦しみは悪いものだとどうしてわかるのた?
一度苦しみがどんなものか、逃げずにそれをためしてごらん。

186 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:44:56 ID:hGL6FSoq
>>185
マゾの方ですか?

187 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:45:24 ID:zAIK6p5F
疑っている者は本当に存在しているのかな?
疑っている者も、それが真実だと思い込んでいる者も、
本当に存在しているとどうしてそのちっぽけな頭でわかると思えるんだろうなw
と主張するものは何者か

188 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:50:35 ID:v+n7iNbv
>>186
ニサルガダッタ・マハラジがそんなことを言ってますw
神対信者の真似をしての受け売りですw

>>187
と主張する者も本当は存在していない。
いや、存在しているじゃないか、と主張するお前もなw
それが勝義諦。

しかし、今は存在しているように思える。
だから、本当はそれらは幻影だったのだ、という本来の境地に辿りつく、
つまり牢獄から抜け出すために智慧をつけ努力することが必要なのだ。
これが世俗諦。

何度同じことを指摘されれば理解できるのかな?
ほら、何度言われても理解できないだろうがw
その程度の頭で、真理がわかったつもりになっている、その滑稽さを自省してごらんw
本当は存在していない、そのちっぽけで愚かな頭をふり絞ってw

189 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:56:02 ID:zAIK6p5F
>>188と述べるあなたは何ものか

190 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 23:58:17 ID:hGL6FSoq
>>188
その勝義諦を説いた人も呼吸しながら生きてたよね

191 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:04:46 ID:ZFrS5HwG
>>189
何者でもない。存在しているかのように思える者だろう。

>>190
勝義諦を読み聞いているのは誰か? 厳密には勝義諦はその境地にならなければわからない。
しかし、世俗諦ではない勝義諦がある、という仄めかしにはなる。
牢獄の外に世界が広がっている、自由な世界が。
そのことを仄めかすことはできても、自由とはどういうものであるのか、
それは実際に出てみなければわからない。
しかし、未だ牢獄の中にいつつも、それを垣間見た人たち。
その人たちはその想像を絶する素晴らしい世界に感嘆し絶賛している。
それだけで十分だろう。

牢獄の中で囚人として生き囚人として幸せを求めるのか、
それとも本当の自由を手にし、囚人ではない自由人として生きて行くのか。
はたして、牢獄の中の囚人のまま、本当の幸せなんてものが実現できるのか。

生まれてこのかた、牢獄の中しか知らない囚人が、
牢獄の中で屁理屈を捏ねくりまわすことで、どんな結論がでるだろうか。

あなたは正しさを欲しているのか、それとも幸せを欲しているのか。

192 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:11:12 ID:WSGFM/Gi
>しかし、未だ牢獄の中にいつつも、それを垣間見た人たち。
>その人たちはその想像を絶する素晴らしい世界に感嘆し絶賛している。
垣間見た人は外の素晴らしさと牢獄とのギャップに気が狂いそうになりませんか
しかも外に出られるという保証は無いのでしょう

193 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:14:52 ID:8Flm6NIc
牢獄から抜け出すために智慧をつけ努力することが必要なのだ
自由意志がなければ努力のしようもない

牢獄の中にいると思っているものは何ものか
牢獄の外には自由な世界があると思っているものは何ものか

194 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:17:08 ID:WSGFM/Gi
「私は存在していない」と勝義諦を説いた人は精神疾患の可能性はないのだろうか
心神喪失とか心神耗弱とか

195 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:17:47 ID:ZFrS5HwG
その牢獄そのものが、実は存在していないのなら、
どうして外に出られない保証はないということになるだろう?

難攻不落の牢獄であるかのように感じているのも、
本当は存在していない私なんだそうだから、
何も心配することはないだろう。

すべてはすでに終わっていて、一人残らず父の家に帰り着いた。
否、誰も父の家から外には出ていなかった。







196 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:20:36 ID:ZFrS5HwG
>>193
それが、牢獄の中の囚人が屁理屈を捏ねて、外の自由な世界なんてあるはずがない、
自分はここで幸せになれる、と自分に言い聞かせている状態だろう。
そんなことを今グダグダ考えたところで、何も変わらない。牢獄の中に幸せはない。

>>194
試してみればいいじゃないか。本当なのかそうでないのか。
どの道、我々は牢獄の中にいるのだから。

197 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:26:24 ID:WSGFM/Gi
外の垣間見た囚人は「すべてはすでに終わっていて、一人残らず父の家に帰り着いた。否、誰も父の家から外には出ていなかった。」
と得意気に他の囚人に話すのでしょうか
頭オカシイ人と思われるかもしれませんね

198 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:32:47 ID:ZFrS5HwG
>>197
そう思いたいならそう思っとけば?
で牢獄の中で幸せになれるんだ、なれるに違いないんだ、なれるはずなんだ、
と信じて引き寄せの法則でも使って一生懸命理想の人生を追い求めて行けばいい。
そして何もかもうまくはいかず、あるいは、あらゆるものを手に入れても、
それが幸せとは何の関係もないということがわかったときに、
やっと彼らが何を言っていたのかが理解でき、彼らに反発していた自分を恥じ入る時が来るだろう。

199 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:32:47 ID:8Flm6NIc
主体なくして、牢獄の中にいることも、外に出ることも、それを素晴らしいと感じることもなし。

200 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:35:03 ID:ZFrS5HwG
これが主体だ、という思い込みが消えなければ、本当の幸せはない。


201 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:43:22 ID:8Flm6NIc
其は同意。ただし普遍である主体が存在することと、常に変化する「これが主体だという思い込み」は別の話。

202 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 00:49:15 ID:ZFrS5HwG
>>201
うん、そう思うよ。

203 :マスター気取り:2010/10/29(金) 01:05:50 ID:HokFudFw
>>182
視点そのままでそう思っただけでは何も変わらんだろうね。

>>183
その軽度の苦と阿鼻叫喚の苦を感じている主体は何なのか、だな。

>>194
表現の問題もあるかな。ところで、「私」とは何か?

>>197
「他の囚人」というものが存在するのかどうか?


204 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 01:44:53 ID:SmaWhjCE
|/゚U゚|丿<普遍的ナ主体デアリ全体デモアル神サンガ
     <自分ヲ特定スルタメノ思イ込ミヲ使ッテ
     <部分デアル自分ヲ幻想ノ中デ経験シテイルノデアリマス

205 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 01:50:54 ID:SmaWhjCE
(´(ェ)` )/|/゚U゚|丿)))) <試作品なんだから、出てきちゃだめでしょ。帰りますよ。

206 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 01:57:10 ID:ZFrS5HwG
自由人が、いったい何のためにわざわざ牢獄をつくって自らをそこに投獄し、
囚人として生きて行こうとするものか。



207 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 02:15:26 ID:kCKR+NBi
簡単じゃないか、牢獄だということを知り自由を掴み取るために学ぶこと。

208 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 02:20:12 ID:ZFrS5HwG
牢獄であることを体験しなければ自由がわからないのであれば、
それは真の自由ではなく、相対的な自由だということ。

つまり、ニセの自由。

209 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 02:21:04 ID:ZFrS5HwG
学ぶこと、成長することがそんなに素晴らしいなら、ずっと学び成長し続ければいい。

ずっと牢獄の中で学び成長し続けることだなw

210 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 02:26:25 ID:ZFrS5HwG
このようにしてエゴは自らが存続するための言い訳を考え、
生き延びるためには神をも捏造し神をも制限するわけだ。

制限を体験しなければ自由がわからない神が、神であるばずがないのにw

211 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 06:02:26 ID:DBTh2cpa
自由がわからないからでも成長するためでもなくて
ただ自分が選択した経験があるだけ
無限の力がある時あなたなら何をするかあるいはしないか
何をすることも可能だし何もしないことも可能
何もしない場合は何かをしようとするまで永遠の静止状態が保たれる
何かをする場合は無限の力や無限の自由を制限すること特定することによってそれが可能になる
前へ進む体験と後ろに進む体験は同時にはできない
特定の何かを経験する時その経験以外のものを切り捨てる必要がでてくる
大切なのは自分の力は自分で制限しているということ
自分の価値は自分で決めているということに気づくこと
自分で制限した能力を解放してあげること
できない無理だと思っている間はそれはできない

212 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 07:07:30 ID:ZFrS5HwG
>>211
それは神との対話で説明されている屁理屈だが、
そういう屁理屈こそ、僭越にもエゴが神を勝手に定義し限定しているということ。
それはエゴにとって納得できる説明かもしれないが、
だとしたら、神とはエゴの範疇で捉えられる程度の陳腐なものになってしまう。
そんな神はとてもじゃないが神なんかではないよ、ということ。
我々の(つまりエゴの)理解など、はるかに凌駕しているものが神として仄めかされているなにものかであり、
エゴの創りだした屁理屈など、そのなにものかの、ほんの片鱗に触れただけでも、
跡形もなく吹き飛び消えてしまうことだろう。
傲慢になりなさんな。我々の頭で神を説明できることなどどうしたって不可能なんだから。

213 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 09:30:15 ID:WSGFM/Gi
>>212
そのなにものかのほんの片鱗に触れたあなた様は牢獄に居る現状をどう説明するのですか?

214 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 09:38:26 ID:oUfs3PAY
>>213
>>143-144

同じところでずっとループしてるね。
過去ログ読めや。

215 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 11:36:39 ID:J6UlcpJL
211のような話は牢獄を出てからまた入った状態の話。
仏陀であろうがマハラジであろうが、何かを話したりしているときは牢獄状態。
でも牢獄状態じゃないと人間として話をしたりできない

216 :マスター気取り:2010/10/29(金) 11:38:17 ID:UOgLJ8i2
>>206
世界に対する不信感や恐れの感情が自ら牢獄を作って引きこもらせてしまう原因だと思う。
そして、恐れからはエゴが発生する。

217 :マスター気取り:2010/10/29(金) 12:37:14 ID:UOgLJ8i2
つまり心理的牢獄から出る方法はこういった昔ながらの宗教的な話や修行による
方法だけではなく今では医学的な方法も使えるかも知れないということだ。
要するに恐れをなくすとはPTSDやトラウマを解消するということだから。
(但し宗教的な方向に話を広げられないので限界はあるかも知れないが、理屈抜きの
心理療法はある程度は効くかも知れない。また、精神科医が処方する薬でも症状の
緩和はあるかも知れない)。

218 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 13:01:19 ID:WSGFM/Gi
>>216-217
未来は決まっていて意識は自動反応に過ぎないなら不信感や恐れの感情も原因ではなく結果でしょう

あなたにとって未来はシナリオの定め通りにしかならないのでは

心理的牢獄から出たとしてもその先に無限地獄や大叫喚地獄が待ち構えている可能性はないかな

219 :マスター気取り:2010/10/29(金) 13:42:13 ID:UOgLJ8i2
>>218
> 未来は決まっていて意識は自動反応に過ぎないなら不信感や恐れの感情も原因ではなく結果でしょう

結果であろうが何であろうが先のことは分からないので同じこと。

220 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:00:28 ID:ZFrS5HwG
>>218
真理的牢獄から抜け出すこと=自動反応し続ける自由意志のない肉体精神機構が終わること。

つまり、シナリオの定め通りの人生が終わること。

221 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:04:53 ID:X3GlJgb/
おまえらはもっともっと根本的な所からやるべき。
未来は決まっている?アホか?
「決まっている」という概念とは何かを考えろ。
ま、概念って答え言っちゃったけどね。
決まるとか決まっているなんてのは人間の脳内でしか発生していない。
このへん、超根本的なんだよ。
「決定」が単なる幻想なんだから、その下に派生するあらゆるものが幻想なんだよ。


222 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:05:34 ID:X3GlJgb/
と、言っているのも幻想なんですけどね。

223 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:07:03 ID:WSGFM/Gi
>>221
思考停止して動物のように生きるべきですか

224 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:09:19 ID:X3GlJgb/
いいえ?幻想を利用して生きたらいいじゃないですか
利用できるものは利用したらいい。
でも幻想は幻想。
幻想に飲まれるのではなく幻想を使えって事だ

225 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:11:46 ID:WSGFM/Gi
概念を利用して2chで議論するのは駄目ですか

226 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:13:41 ID:X3GlJgb/
ガンガンしたら良い。ガンガン。
つーか何やっても良い。
ダメって言っても良い。
ダメって言わなくても良い。
うんこしても良い。
どうせ結局何もしていないし、
でも俺らにとっては何かをしているとも言える。
なんとでも言えるし
なんとでも言えない。


227 :マスター気取り:2010/10/29(金) 14:18:41 ID:UOgLJ8i2
>>224
幻想を真実だと錯覚しそれに翻弄されている状態が牢獄に入っている状態だよ。
利用出来るとすればそれはもう牢獄を出ている。

228 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:20:18 ID:X3GlJgb/
そうです。ていうかいつもの俺です。
キドリンちゃん。

229 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:30:57 ID:sa+OEokc
>>208
>牢獄であることを体験しなければ自由がわからないのであれば、
>それは真の自由ではなく、相対的な自由だということ。
>つまり、ニセの自由。

その判断はあんたの観念から導いたものだから確かなものではないことは
承知している。
それで間違いを言うと、相対的というからにはそれは三次元的言い方になるな?
そこには確かにニセものはある。

だが精神論にはそれがない、神の世界にはそれがない。
牢獄というのは本来の神の意識を忘れてしまっている状態をいう。
それは本当の自由を忘れてしまっていると同義語であり、牢獄の中ではただ
真の自由を思い出すという作業をすることになるのだ。

そのために我々は生きている。



230 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 14:39:08 ID:X3GlJgb/
目的という概念とは何か

231 :マスター気取り:2010/10/29(金) 14:39:33 ID:UOgLJ8i2
>>220
いやそれとは関係ない。牢獄に入ることも出ることも決まっていたことだ。
もちろん主観的には自由意思によりそこから出たように感じられるとは思うがね。
ある時点で恐れを感じある時点で牢獄に入り、ある時点で抜け出す方法を発見して
抜け出すという一連の流れは最初からそうなるようになっていただけであり全てに
ついてその本人には全く責任はない。というか「その本人」などという主体となる
者は最初から存在していない。「これは自分である」という勝手な思い込みにより
ある筈のない「自分」を幻想の中で作り上げてしまったために起こる幻覚だ。
芝居で役者が役にのめり込み過ぎて現実には存在していない役の人物になり切って
しまうようなものだ。その仮想の人物に起きたことは全て芝居なのであり物理的に
事象は起きてはいても起きていないのと同じなのだ。

232 :マスター気取り:2010/10/29(金) 14:58:58 ID:UOgLJ8i2
>>228
いつものと言われてもよく分からないので識別して欲しいならなんでも良いからコテ付けてくれ。

233 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 15:02:32 ID:X3GlJgb/
>>232
ごめんね。僕はクマたんを心待ちにしている一人です


234 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 15:26:14 ID:WSGFM/Gi
覚醒者の至福体験というのも自動反応なのか
牢獄から抜け出た!という感覚もシナリオに翻弄された結果でしかなく、悟った後もシナリオ通りに反応なのか

235 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 15:37:48 ID:X3GlJgb/
何度も言うけど
シナリオっていうのは人間の頭の中だけの概念です。
反応っていうのも人間が作った概念です。
本当に人間側から見たらそう見えるものを頭の中でこねくり回してそういう思想に持って行っただけの話です。
実際にはそんなものはありません。
でも人間側から見たらあなたの言うとおりです。
でもそんなものはどうでも良い話なのだ。


236 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 16:06:41 ID:ZFrS5HwG
>>231
その通りだろうが、それを我々が表現するとすれぱ>>220のようになる。
とりあえずそういうことにしておけばいい。
もとより、言葉や思考のレベルで突き止めることなどできないんだから。

237 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 16:08:53 ID:X3GlJgb/
言葉や思想、意識、意志というものが
最上級に特別であると脳内にインプットされている限りは
難しいだろうな

238 :マスター気取り:2010/10/29(金) 16:16:09 ID:UOgLJ8i2
>>236
そうだな。

239 :マスター気取り:2010/10/29(金) 16:19:41 ID:UOgLJ8i2
>>237
いつもそればかりを使っているからそれしかないような錯覚に陥るんだろうな。
テレビしか見ていないのに世界中を見て回ったような気分になってしまうのと同じ。
本当のことは現地に行かないと分からない。

240 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 16:41:44 ID:WSGFM/Gi
自由意志があるのかないのか
人間には分からないのか

241 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 16:52:18 ID:QwqHUhSJ
思考は年がら年中質問してくるから、無視してすることするのがいい。

242 :マスター気取り:2010/10/29(金) 17:02:02 ID:HvZb0Amq
>>240
分かりづらいだけで主観的にわからないこともないよ。自分の体を動かしているのが自分の意識
ではないことに気付けば良い。よく見るとほとんど全自動で動いている。動いたのを見てから
「自分で動かした」と思い込んでいるんだよ。本当は何もしてない。

御輿の上に奉られているご神体みたいなもので、自分で御輿を動かしているような気になっては
いるけど自分では全く何もしていない。自分で前に進ませていると思い込んでいるが、本当は
決められた時間に決められたコースを回っているだけ。更に、御輿は自分ではなくただの乗り物。


243 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:10:28 ID:X3GlJgb/
グルジェフがワークでやってたけど
飯食うときとかがわかりやすいはず。
一挙手一投足自分が動かしているかどうかを確かめながら食ってみたら良い。
ふっと気がついたら一切意識せずに口にモノを運んでいるはず。
ま、旨くなくなるけどね。


244 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:27:18 ID:WSGFM/Gi
>>242
犯罪で捕まった時に心神喪失を言い訳として使うつもりですか
麻原「わ〜た〜し〜はやってない、けっ〜ぱくだ〜」を思いだしました

>>243
それって自分が動かしているかどうかを確かめるのに飽きて意識が朦朧としているだけだろう

245 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:35:26 ID:X3GlJgb/
>>244
はいはい、わかったから実際にやってみな。
徹底的に研究してみなさいって。
どこをどうやっても自己を研究するのに反対な人はいないだろ。


246 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:35:37 ID:WSGFM/Gi
人生は全自動で展開しているだけ、と信じるならどんな酷い未来も避けようがないね

247 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:36:38 ID:WSGFM/Gi
>>245
やるまでもなく分かるよ

248 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:41:32 ID:X3GlJgb/
信じることも信じないこともしないなんて言葉はどこでも言われているだろう?
本を読んだのは義務教育の本だけかい?


249 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:48:37 ID:wzzIUz6R
飯を食うとか別にどうでもいいんだけど
もっと重要な問題に関しては全ては自動で動いているという主張が
急に「錯覚」になるんだよなw
そこも錯覚でなく神の意志でないとおかしいはずなのに

250 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:56:15 ID:2dk58NMM
いいから健康で友人との関係が良好で仕事があって声優のライブにたまに行きたい

251 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 17:59:29 ID:X3GlJgb/
それよりそろそろ飯を食いたい

252 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:01:26 ID:ZFrS5HwG
>>249
何もおかしいことはない。
自由意志でやっている、という錯覚。
肉体精神機構は全自動で反応している、その反応している肉体精神機構が自分だという錯覚。

253 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:07:05 ID:X3GlJgb/
自由意志が無いって言ってる人は
別にもともと自由意志があって欲しくないなんて思ってないわけですよ。
普通にこの世の中で生きていれば自、由意志最高!自由意志マジパねえ!って
洗脳されてるから、自分で自分を研究してみるまでは自由意志があって欲しいと思ってたのよね。
でも、それでも真実を知りたいっていう気持ちから調べてみたら
実際には無かった、と結論づけざるを得ない。
自由意志があって欲しいという気持ちもわかるし、
そんなことを調べたくない気持ちもわかる。
そんなものは皆通ってきた道なのだ。


254 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:31:25 ID:WSGFM/Gi
大した根拠もなく信じているようだけど
何かメリットがあるのか

255 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:33:05 ID:WSGFM/Gi
>>252
覚醒者の至福体験もシナリオ通りですか

256 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:35:01 ID:wzzIUz6R
>>252
重要な問題になればなるほど偶然的に起こったことになるというヘンテコなロジック
自分でおかしいと思わないの?w
飯を食うのは自動的だが牢獄に入るのは偶発的に入っちゃったんだw バカ?w

257 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:39:22 ID:ZFrS5HwG
>>255
救いようがないアホだなw
一連のやり取りを読んでるのか?

>>256
お前もな。
自己紹介の場ではないぞw

258 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:42:12 ID:ZFrS5HwG
どうしてこのアホどもは、勝義諦と世俗諦を識別しつつ議論するという単純な作業さえ出来ないのか。
それはこれらの肉体精神機構がそのようにプログラムされているからかw

259 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:43:54 ID:WSGFM/Gi
>>257
一連のやり取りを見ての感想

>>258
勝義諦の方が正しいなら勝義諦優先

260 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:57:31 ID:aEe/RjCd
勝義諦、世俗諦の分離の仕方は俺の感覚と少し違うな。
だからそういう分離もしないしそういう定義もしないし
そういう概念を使用したりしない。
かといって自分で他の概念を作ったわけでも無いがな


261 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 19:57:34 ID:ZFrS5HwG
勝義諦だけでは、わかったつもりのマスター気取りが量産されるw
では、今何をどうするのか、今できることは何か、が世俗諦。

262 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 20:31:34 ID:WSGFM/Gi
これを見ると勝義諦と世俗諦は分けて考える事は出来ないようだね

http://blog.goo.ne.jp/sivananda/e/3c26fb610bdb346faec4640734e27ce5
つまり、相対的な世界は絶対的な世界との混成体」なのです。これが「森羅万象は真と非真の混成体」ということの意味です。
絶対的な世界(=真)と相対的な世界(=非真)の二つの世界は、密接不可分の関係にあるということです。
(絶対的な世界は「真」でしか有り得ない。これは絶対命題です。
それとの対比では、相対的な世界は「非真」ということになります。すると当然、「世俗諦も非真(=戯論)」ということになってしまう。
それ故、オウムの浅知恵な成就者もどきや一部の仏教徒は「釈迦牟尼の教えの真髄は勝義諦(真理)の方に有る」と主張して、
「勝義諦(真理)」だけを重視して「世俗諦を軽視する」愚を犯してしまう。
中には(世俗諦という名称の故に)「世俗からの超脱こそが仏教なり」と思い込み、
「世俗諦である相対的真理」を完全に無視する愚か者の極み、即ちオウムの成就者もどきや麻原のようなキチガイが出てきてしまいます。

263 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 20:35:46 ID:aEe/RjCd
別にわけて考えれば、わけて考えたことになるし
一緒にして考えれば一緒にして考えたことになる。
何であれ、誰かが考えた妄想に過ぎないし、
それを利用する人がそう利用すればそうなるだけの話だ。
だからどんな概念であれ、利用するか利用しないか、
新しく自分で作るか作らないかそれらを吟味すればいい。


264 :マスター気取り:2010/10/29(金) 21:38:39 ID:XROka48e
>>244
言い訳として使えるわけがないね。全ての体は同じように自分の意識によって動いてないんだから。
その体の判断した通りに動くだけだよ。つまり、警官になった体は警官として動く。裁判官は
裁判官として動く。動きについては見ての通り何も変わらない。全ては役割通りに動くだけだ。

265 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 21:44:37 ID:WSGFM/Gi
刑法は第39条および第41条において心神喪失者・触法少年の不処罰および心神耗弱者の刑の減軽を定めている
本当に心神喪失なら言い訳になるよ

266 :マスター気取り:2010/10/29(金) 21:45:34 ID:XROka48e
>>247
醜いかどうかはそういう認識をするかどうかという体に付随したものだ。善悪と同じで生に繋がると
認識したものは美しくその反対が醜いということになる。なのでこれも体の生死へのこだわりや執着、
及び死の恐怖の感情がなくなると美しいか醜いかという評価基準も一緒に消えてしまう。

267 :マスター気取り:2010/10/29(金) 21:48:30 ID:XROka48e
>>265
本当に認定されればな。口先でどんな主張したって無駄だけどな。
(それすると普通は余計に罪が重くなるだろうな)。

268 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 21:49:21 ID:WSGFM/Gi
心配しなくても本物のキチガイなら認定されるよ

269 :マスター気取り:2010/10/29(金) 21:50:02 ID:XROka48e
>>266>>247宛じゃなくて>>246だった。


270 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 21:51:42 ID:ZFrS5HwG
>>262
そうそう、それが我々(エゴ)がみているこの世界。


271 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 21:55:49 ID:wzzIUz6R
相対や対極を否定するくせに
エゴという対極を作りエゴに責任を被せないとロジックが成り立たないという皮肉w

272 :マスター気取り:2010/10/29(金) 21:56:19 ID:XROka48e
>>258
いや、アホな人はいるように見えるだけで居ないんだよ。全部脳が自動反応しているだけ。
人間のように自動応答する機械と同じだ。電子無脳ってやつだな。

もちろんこの書き込みも同じだが。w

273 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 22:01:40 ID:WSGFM/Gi
>>266
自動反応で体の生死へのこだわりや執着及び死の恐怖の感情がなくなっているだけなら
自動反応でこだわり、執着、恐怖が復活したら元の木阿弥

>>272
死んで脳の機能が停止したら自動反応は終わるのかな

274 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 22:22:52 ID:ZFrS5HwG
>>271
だ・か・ら、方便として勝義諦と世俗諦にとりあえず分けて考えてみろ、
と言ってるんだが、お前の肉体精神機構は頭が悪過ぎて理解できないようだw

275 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 22:59:12 ID:DBTh2cpa
自由意志を放棄したものは外部の刺激によってただ動かされる
親の言うことに従い国家の教育に従い仲間のムードに流される
自由意志を行使するものは自分の行動を選択的に選び自分の未来を築いていく
未来は不確定でありそれは観測者の働きかけによって順次変化していくもの
あなたは自由意志を行使するだろうかそれとも放棄するだろうか
いずれにしてもそれはあなたが決めたことだ

276 :神も仏も名無しさん:2010/10/29(金) 23:53:57 ID:ZFrS5HwG
まずは自由意志という言葉の定義から始めなければならないようだ!www

277 :マスター気取り:2010/10/30(土) 00:28:49 ID:WR9QTg+w
>>275
それは自他が分離しているという幻想の中で自分にだけ自由意志がなくて他の人に自由意志があるという
更なる幻想が上乗せされている場合の話だな。

278 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 00:54:57 ID:gCgJTscZ
うむ、この手の自由意思は無いに対する反応は
本当にわかりやすい同じ反応ばかりだな。
何百年もやってるんだからいい加減わかろうぜ。。。
本くらい読もうよ。。

279 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 01:16:57 ID:lT4CD4aZ
既存の宗教と根本的に違うから「ニュー」エイジと呼ばれていることを分かってるかな?

280 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 02:10:35 ID:gCgJTscZ
>>279
はいテンプレ読んでからまた来てね

281 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 02:23:16 ID:GwIxdjx1
バンドーエイジ

282 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 02:50:30 ID:gCgJTscZ
それだ。それで行こう。

283 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 11:14:14 ID:fNp6isZq
自由意思なんぞ無い、と信じて得な事はあるのか
強制される未来にガクブルするだけだろう
観念して生きているのか

284 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 12:50:12 ID:CgFn+9q1
信じるわけでは無い。
信じるっていうのは本当にそうかどうかわからない時に
そうあって欲しいから信じるし、そうあって欲しくないから信じないんだろ
とりあえず一般的なこの世界のレベルの話で言えば、
目の前にコップがあったとして、
「私は目の前にコップがあると信じる」
「私は目の前にコップがあると信じない」
なんて言う奴はいないだろ
言ってる意味わかるね?

285 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 13:27:01 ID:fNp6isZq
どの宗教の信者も「信じるわけでは無い」と言うだろうな
幸福の科学の信者は大川隆法が釈迦の生まれ変わりという事を「理解」しているし
統一教会の信者は文鮮明がキリストの再臨という事を「理解」しているし

286 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 13:29:14 ID:L7IYLYXN
そうそう、神との対話を「理解」している、という馬鹿がいるしねw

287 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 13:35:29 ID:CgFn+9q1
別に内容は神でもうんこでも自由意志でも構わんが、
そんなことよりも不安に根ざした「信じる」を行っても
意味は無いってこった。
実際には目の前にコップがあろうが無かろうかどうでも良いし、
釈迦の生まれ変わりであろうが無かろうがどうでも良いし、
キリストの再臨であってもなくてもどうでも良い。
ただそう見えるからそう対処して生きるだけの話だ。


288 :心と宗教:2010/10/30(土) 13:46:34 ID:CgFn+9q1
テスト

289 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:21:03 ID:TsYlkIJL

>強制される未来にガクブルするだけだろう
外から強制されるというより、自分のエゴが自分に人生を、外部への反応を強制する。

>自由意志を放棄したものは外部の刺激によってただ動かされる
あなたが自由意志だと思っているものは、外部の刺激によってただ動かされる ものの集まりでしかない。
何かが起こった時あなたの中に賛成の反応と反対の反応が起きる。
どちらの反応もあなた自身のものではなく過去から来る反応でしかない。
このとき賛成の意見か反対の意見かどちらかが勝つのでそれを自由意志と混同するが、
本質的にそれは牢獄のパターンの中の出来事だ。

>自由意思なんぞ無い、と信じて得な事はあるのか
特に無い。現場を捕まえないと無意味である。
不自由なのに自由だと信じていると全く成長の可能性が無い。
しかし自己というものが不自由そのものであると認識することが本当にできればそれは唯一の
変容への可能性だ。

290 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:25:10 ID:fNp6isZq
>しかし自己というものが不自由そのものであると認識することが本当にできればそれは唯一の
>変容への可能性だ。
自己というものが不自由そのものであるとの認識は自由意志に依るものか外部の刺激の反応なのか
唯一の変容は自由意志に依るものか外部の刺激の反応なのか

291 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:27:08 ID:TsYlkIJL
というか信じたらだめだね。
自由意志が無いと信じてしまったら、それはエゴに知識に力を与えてしまう。
自由意志が無いという理解だけが意味を持つ。

自由意志が無いという考察は、単なる意見ではなく、
自分か他人かの観察から出てくる実践的なものであるべきだ。
特に自分の観察から出た考察が好ましい。

他人の観察なぞ自己逃避から端を発したものがほとんどだ。
自分に向かい合うことはあまりに大変なことであるため、他人に教えることで
解ったふりをして自分をごまかす。
かといって他人から学ぶこともあるので、要はそのバランスじゃないかと思う。


292 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:31:16 ID:BtyDHeVX
>>286
そのレスはあたまがわるくて理解もできずにただ嫉妬してるから出るものだと思う。
どうすればいいか?
 いまはあたまがわるいけれどもっと勉強していくといつか理解できるわ・・・
ぐらいの気持ちでいるしかないかな?
いつまでも悪びれているだけならそのまんまか?!

293 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:32:11 ID:TsYlkIJL
>自己というものが不自由そのものであるとの認識は自由意志に依るものか外部の刺激の反応なのか
唯一の変容は自由意志に依るものか外部の刺激の反応なのか

この場合は自由意志と名付けられた現象が
>あなたが自由意志だと思っているものは、外部の刺激によってただ動かされる ものの集まりでしかない。
何かが起こった時あなたの中に賛成の反応と反対の反応が起きる。
どちらの反応もあなた自身のものではなく過去から来る反応でしかない。
このとき賛成の意見か反対の意見かどちらかが勝つのでそれを自由意志と混同するが、
本質的にそれは牢獄のパターンの中の出来事だ。

という定義なので、「自由意志」の構造をつかめるのは全く未知の何かということになる。
自由意志によって把握可能なものが自由意志の構造を把握することはできない。
これは言葉の問題だ。
もし悟りを=自由意志と定義するなら、だれも自由意志を持っていないという言葉の運用になる。
エゴを=自由意志と定義するなら、悟りは自由意志以外のものになる。

自由意志というのは実に難しい言葉だ。
この言葉は=エゴとしても=悟りとしても共に運用が可能なためややこしい。

294 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:33:48 ID:fNp6isZq
>>291
>他人の観察なぞ自己逃避から端を発したものがほとんどだ。
あなた御自身の観察は正しいという訳ですかw
なるほどなるほどw

295 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:38:53 ID:L7IYLYXN
>>292
何度も指摘されてるだろうが、わざわざ自己紹介しなくてもいいんだぞw
頭のいい人は、神との対話のウソを見抜いて神との対話から卒業しますw

296 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:39:47 ID:L7IYLYXN
>>294
愛なら今何をするかw
神との対話の素晴らしい実践ですね!wwwww

297 :心と宗教:2010/10/30(土) 14:41:01 ID:CgFn+9q1
俺が神対を理解しています。
質問をどうぞ

298 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:46:14 ID:fNp6isZq
誰もが正しいと思う事を信じている
ただ全てはシナリオ通りで変更不可能と信じる事に何のメリットがある?

神使もエゴのシナリオを(至福の世界へいざなう)別のシナリオに変更可能という教義で
未来にwktk出来るから熱烈な信者がいる訳だ

299 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:49:14 ID:fNp6isZq
>>296
お前はどう思っているのだ
全てはシナリオ通りで変更不可能なのか?

300 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:51:32 ID:7QH00t4O
>>295
ははーん、サマディちゃんだったか? 神対を毛嫌いするひとだ!
天然の病気のひとは論外で当てはまりません。


301 :俺が神対を理解しています:2010/10/30(土) 14:51:37 ID:CgFn+9q1
>>298
だから信じてないって。


302 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 14:55:04 ID:fNp6isZq
>>301
お前が惰性で生きているという事は分かった

303 :俺が神対を理解しています:2010/10/30(土) 14:59:44 ID:CgFn+9q1
>>302
例えばお前の中の細胞のひとつは惰性で生きているのか?
よく考えてみろ。細胞は細胞でそのままでただ細胞でしかない。
その細胞に対して惰性だというラベリングをしたのはお前。
その細胞に対して素晴らしい悟りの境地だ、とラベリングする人も居る。
なぜそこまでして何かラベリングしないと気が済まないのかを
自身で良く観察してみな。


304 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:03:08 ID:fNp6isZq
>>303
お前が怠惰に生きているという事実を指摘しているだけだよ
どう生きようとお前の自由だが

305 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:09:15 ID:L7IYLYXN
俺様は神対を理解している、お前は理解していない、俺様は指摘してやっている、

はいはいはいはい、素晴らしい素晴らしい、あんたが一番あんたが一番www

(・∀・)


これもすべてシナリオ通り。

肉体精神機構はシナリオ通りに動いている。

その肉体精神機構が自分だと錯覚しているうちは、自由意志はない。

神対信者は、肉体精神機構を自分自身だと見なしている。

よって神対信者に自由意志はなく、ただ機械として反応しているだけである。

(・∀・)



306 :俺が神対を理解しています:2010/10/30(土) 15:12:24 ID:CgFn+9q1
>>305
えっ
重ねボケじゃない・・・よね・・?
ちょっとボケに対する2段階ぼけの範囲じゃないと思うし
4段階目くらい?

307 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:19:00 ID:fNp6isZq
>>305
一旦肉体精神機構が自分だと錯覚したら自由意志が消滅するなら
その後はシナリオ通りに意識するだけだな
シナリオ通りに意識してシナリオ自体を解消して自由意志を復活できるのか?

308 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:32:39 ID:X4rVtRLW
マジレスすると、このスレはまずボケかどうかを判別してから発言した方が良い。
本気で言っているっぽく見えているレスは大抵ボケだと思った方が良い。
本気で言っているっぽく見せているものも大抵ボケ。
2段階ボケがだいたい普通なので、
3段階目くらいから発言したほうがいいぞ。


309 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:38:51 ID:X4rVtRLW
マジレスついでに、
自由意志を信じてどうなるの?
みたいな話は↓ちょうど立ってたので見てみたら良いんじゃない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/philo/1287581940/
とマジレス。

310 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 15:59:31 ID:L7IYLYXN
>>307
一旦肉体精神機構が自分だと錯覚したら自由意志は消滅するのかw
だから、神対信者はもう救いようがないんだなw なるほどなるほどw

311 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:04:54 ID:fNp6isZq
>>310
>その肉体精神機構が自分だと錯覚しているうちは、自由意志はない。
「自由意志はない」と言い切ったのはお前だがな
実は少し残ってます…てかw

312 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:08:13 ID:X4rVtRLW
>>311
つるてかハゲ丸君ってか

313 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:09:54 ID:L7IYLYXN
>>311
wwwwwwwwwwwwwww

自由意志はない=自由意志は消滅し二度と再生不能 になるのかw

ゆとり脳っておもしれぇなwwwwwwwwwwwwww

314 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:11:08 ID:X4rVtRLW
313の人は
このスレで唯一「ボケない」というボケをやっている人なので
そんな感じでよろしく

315 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:11:16 ID:fNp6isZq
>>313
シナリオ通りに意識してシナリオ自体を解消して自由意志を復活できるのか?

316 :マスター気取り:2010/10/30(土) 16:11:50 ID:WR9QTg+w
>>283
誰が誰を強制するんだ?

317 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:14:58 ID:fNp6isZq
>>316
シナリオが自由意志なんぞ無いと信じている人に

318 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:25:46 ID:L7IYLYXN
>>315
出来ない(キリッ

だから悟ろうとして修行したとしても絶対に悟れない。
卵の殻は卵を割ることは出来ない。
「悟り」が起きた時、「悟り」を楽しむ人は「誰も」いない。
「悟り」とは、悟りを「欲する人」が消えることだから。

恩寵無くして悟りはあり得ないし、悟りは単にハプニングとして起こるのだ。

ホールインワンは狙ってできるものではない。
しかし、ゴルフ場に行き、コースに出てゴルフをやっている必要はある。
故に、世俗諦としての修行は、その必要条件に過ぎない。


319 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:32:56 ID:fNp6isZq
>>318
シナリオ通りに生きていれば勝手にハプニングが起きてメデタシメデタシか

320 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 16:37:00 ID:L7IYLYXN
>>319
醤油ーこと。
世俗諦としての修行もすべてはプログラム通り。
しかし、我々はあたかも二次元の平面の上を這いつくばるように生きているので、
全体図はわからないし、自分がどこにいてどこに向かっているのかもわからない。
しかし、神の視点から見ればすべてはわかっている(終わっている)し、
誰ひとり見捨てられることなく、私は肉体精神機構だという錯覚から解放される。

とりあえず、そのように理解しておけばいいと思うね。

だから神を信頼すること、神に委ねること。自分で何とかしようと力まないこと。

321 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:01:06 ID:WR9QTg+w
>>317
いや、強制出来る人なんか何処にも居ないだろう。全てに自由意思がないんだから。

322 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:03:07 ID:X4rVtRLW
彼はシナリオさんという自由意志を持った人が存在していると思っているのです

323 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:10:17 ID:WR9QTg+w
         .┌┐
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚)<そんなバナナ
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U" U

324 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:11:03 ID:fNp6isZq
>>321-322
シナリオを人だとは言ってないぞ
何故か始まっている玉突きの事だ
>>117-118を嫁

325 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:19:32 ID:X4rVtRLW
>>324
 >>308


326 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:24:07 ID:lT4CD4aZ
ボケとかネタで逃げるの禁止な

327 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:24:22 ID:fNp6isZq
(・∀・)はシナリオ通りに生きていれば明るい未来になると信じているようだが
マスター気取りはシナリオ通りに生きていればどうなると思うのか?

328 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:26:49 ID:X4rVtRLW
ボケを禁止すると
本気になりすぎる。ボケを言う精神構造を理解していれば
基本ボケにしたほうが良いというのはわかっているはず。
マスター気取りが自分でマスター気取りと名乗っているのと
同じ精神構造だよ。


329 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:31:54 ID:WR9QTg+w
真実がどうかはちょっと置いておいて、全ては動かされているだけで自由意思はないと本当に信じた
場合にも一応利点はある。まず自分も他人も同様に自由意思はなく、最初から動かされていただけだ
とするならば他人のやったことも自分のやったことも全て完全に赦すことが出来る。全ては物が上から
下に落ちる自然の物理運動と同様にただ起きただけのことであり、独自に自分でやろうとしてやった
ことは一つもないということになるからだ。これは後ろから押されたから前の人を押してしまったのと
同じようなものであり、そのようなドミノ倒しのコマのようなエネルギーを伝える単なる媒体には何の
責任もない。コマは自分の力で倒れることは出来ない。何も出来ないのだ。

この「実は自分では何もやっていない」という認識は更に傲慢になってしまうことの防止になる。
エゴに餌をやってしまうことがなくなるからだ。どんなに凄いことをしようともそれは自分でやった
ことではない。全ては単に動かされた結果そうなっただけである。ならば、思い上がった考えを
持つことはなくなる。また他人のやったことも同様に本人のやったことではないのだから羨んだり
妬んだりすることもなくなる。

他にも色々考えられると思うが、要するにこれだとエゴの育つ隙がなくなってしまいその内
エゴは死滅することになる。(だからこそそれを察知したエゴはこれを否定する方向に動く。
こんなの信じ込まれたら終わりだからねw)。


330 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:32:15 ID:lT4CD4aZ
前スレを史上最低にくだらないネタスレにしといて何言ってんだお前は

331 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:34:27 ID:X4rVtRLW
とても良かったと思いますけど。
マスター気取りもそう言っていたよ。
あと俺が一人でやってたわけじゃねーし

332 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:36:43 ID:WR9QTg+w
>>327
いや、明るいも暗いも最初から自分(エゴ)で選択することは出来ない。
それと、自分(エゴ)が喜ぶような未来は絶対にない。これについては何をどうやろうが
一切皆苦でしかないだろう。エゴによる全ての努力は100%無駄になる。

333 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:40:33 ID:lT4CD4aZ
>>332
俺はACIM派ではないがACIMにすら
「決断力というパワーは、この世界の囚人であるあなたがたにただ一つ残された自由である」
と書かれていることについてどう思う?

334 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:48:53 ID:WR9QTg+w
>>333
それもまた方便の内の一つ。ACIMの文脈の中ではそれで良い。
一部を切り離して取り出して評価することに意味はない。

335 :マスター気取り:2010/10/30(土) 17:50:22 ID:WR9QTg+w
要するにやり方が違うだけだ。神対でもやり方の違いは認めろと神が言ってなかったか?

336 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 17:53:51 ID:X4rVtRLW
せやでー
ことばはぜんぶほーべんだよー
ことばをほんきにしたらあきまへんでー(きりっー


337 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:20:18 ID:fNp6isZq
>>329
一切皆苦の未来という圧倒的なデメリットの前ではそんなメリットなんぞゼロに等しい

>他にも色々考えられると思うが、要するにこれだとエゴの育つ隙がなくなってしまいその内エゴは死滅することになる。
自分は自由意志はないという真実を知っている、と思う事も自分を特別視するエゴを強化していないか

>だからこそそれを察知したエゴはこれを否定する方向に動く。こんなの信じ込まれたら終わりだからねw
君は察知しているのに何故否定しないのか?

>>334
ACIMは決断力を本当は認めていないのか
ACIMの事をよく御存じですね
神使すら碌に読んでないと言ってたのに
あの長大な内容を何時の間に読んだのですか?

338 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:29:11 ID:L7IYLYXN
>>327
明るい未来かどうかはわからんw 少なくともエゴにとっては恐るべき未来だろう。
何しろエゴは確実に死滅する未来なんだから。

デヴィッド・R・ホーキンズの『I<わたし>−真実と主観性−』(ナチュラルスピリット)の中にも、
我々が経験する唯一の「死」について言及されている。
我々がただ一回だけ経験する本当の「死」。最後の戸口。
ホーキンズは、人間は肉体の死を経験することはないと言っている。
せいぜい肉体の死を目撃するだけだと。
肉体の死は、むしろ我々にこの上ない解放感をもたらすのみだと。
しかし、エゴの「死」は本当にそれを体験する。それもただ一度だけ。
それはエゴにとっては真に忌まわしくこの上なく恐ろしいものだろう。

339 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:36:19 ID:fNp6isZq
>>338
忌まわしくこの上なく恐ろしいものを通り過ぎれば自由意志を回復して神になるのだろ
ハッピーエンドじゃん

340 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:40:24 ID:L7IYLYXN
>>339
でもそのハッピーエンドは「誰も」体験しないんだよw
「誰か」が残っているうちは、それはTHE ENDじゃないから。

341 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:48:21 ID:fNp6isZq
>>340
お前は体験できないのかw
お気の毒にw

342 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 19:58:07 ID:L7IYLYXN
>>341
誰も体験できないw なぜなら、「誰か」が体験するわけではないから。
誰かが残っていれば、それは至福ではない。

343 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 20:01:11 ID:fNp6isZq
>>342
サマディは至福体験したようだけど
自慢してたぞ

344 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 20:18:04 ID:TsYlkIJL
>>329
しかし、旧来のエゴの、思考の習慣が死滅したわけではない。
思考の数が増えるだけだ。

ただ、今まで通りの生き方をいったん止めるという役割においてその知的な理解は役に立つ。

しかしそれを信じ込み過ぎると、普通のエゴの習慣は貴方の無意識の底に潜る。
より深い無意識から私は他人はいるという幻想は貴方に影響を与えることになる。
あなたは2重人格者になる。

理念でエゴをあんまり深く抑圧するとそれそのものの理解の妨げになる。
しかし、エゴは無いという考え方が無いと、今までのエゴの習慣を止めようとする
理由づけも存在しないことになる。
これもバランス。

345 :心と宗教:2010/10/30(土) 20:24:41 ID:eMoqK0d4
んなこたあ知ってんだよ。知らないけどね

346 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 20:32:40 ID:TsYlkIJL
344続き。
マインド対マインドは必ず互角だ。
片方が片方に一時的に優勢であっても片方を消し去ることはない。
そして劣勢だった方が今度は優勢になる。

エゴが無いという考え方がエゴがあるという考え方、幻想を打ち破ることはない。
単に同等の存在である考え方同士拮抗葛藤し合うだけだ。

それにエゴが無いという考えは正にエゴの存在そのものに負っている。
エゴが本当に無いなら、エゴは無いという考え方も存在しえない。
結局エゴは無いという考え方は、エゴの存在とセットであり、
この2つの考え方を包括する全容をエゴと言うのだろう。

何もせず。生を許す。

347 :心と宗教:2010/10/30(土) 20:35:54 ID:eMoqK0d4
ま、生など無いけどね。
「消す」もありはしないけどね。
と言うように、いくらでも相手に意地悪をする事ができちゃうのだ


348 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 20:39:09 ID:fNp6isZq
>>347
2chは有ることを認めなさい
カキコしながら「2chなんぞ無い!」と思い込むなんて現実逃避の極致だぞ

349 :心と宗教:2010/10/30(土) 20:40:01 ID:eMoqK0d4
じゃ有る。
と思ったら有る。
無い
と思ったら無い


350 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 23:08:03 ID:BXaQpETG
ttp://hissi.org/read.php/psy/20101030/TDdJWUxZWE4.html
のぞみって人を馬鹿と言ったり、立ち読みの話をしたり、
牛田モー(63歳,農業)とか書くのも神のプログラムどおりですか?
神様は何がしたいの?

351 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 23:10:24 ID:L7IYLYXN
>>350
そうです。すべてはプログラム通りw

犬田ワン(56歳,清掃業)

352 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 23:14:13 ID:BXaQpETG
自分の責任を神に押しつけてるだけじゃない?

353 :神も仏も名無しさん:2010/10/30(土) 23:14:20 ID:L7IYLYXN
このスレで一番必死だなの書き込みは書き込み数20のID:fNp6isZqだけどなw

さて、今日は誰が敵で誰が味方か。

敵と戦い打ち負かさなくてはならない神対信者、愛なら今何をするか?w

大熊五郎(39歳,予備校講師)

354 :マスター気取り:2010/10/31(日) 00:04:16 ID:FIAiKedN
>>337
エゴが残る限り一切皆苦になるという話なんだが。

> 自分は自由意志はないという真実を知っている、と思う事も自分を特別視するエゴを強化していないか

それは有り得る。自他が分離しているという観念が維持されたままなら「自分は知っている」、
「他の人は知らない」という形でのエゴの強化は起こりうる。しかしそれはこれに限った話ではなく
宗教的なことに限った話でもない。根に自他分離の観念がある限りいかなることでも起こりうる。

> 君は察知しているのに何故否定しないのか?

さあ? それだけエゴが落ちてるのかも知れんな。

> ACIMは決断力を本当は認めていないのか

そんなこと書いてないが?

> ACIMの事をよく御存じですね

いや、大雑把にしか知らないよ。


355 :マスター気取り:2010/10/31(日) 00:23:29 ID:FIAiKedN
>>344
いやこれで死滅するだろう。抑圧するわけじゃないから。エゴは動かされているだけであるという
証拠を集め始めるからどんどん証拠が揃って行ってしまう。やがて最初から何もしていなかったと
いう結論になればそこで停止だ。将棋で詰んだようなもんだ。どのようにも動けなくなる。
そこでエゴ死亡。

356 :マスター気取り:2010/10/31(日) 00:30:09 ID:FIAiKedN
>>346
エゴの有無に注目するのであればあなたの言う通り、エゴはあってもなくてもどうでも良いという
こだわりのない状態にならないとエゴ縮小には繋がらないだろうな。何かを敵視して戦おうとする
動きそのものが自分と自分以外のものを分離した思考(エゴ)の上で発生するものだから。
その敵の名が「エゴ」だったとしても同じこと。右の山から土を取り去って左に山を作るだけになり
何もやっていないのと同じになる。


357 :マスター気取り:2010/10/31(日) 00:35:12 ID:FIAiKedN
>>352
ちょっと違うな。全ての存在の責任は神にあるということだ。
つまり、自分だけではなく誰にも何の責任もない。誰にもだ。
最初から誰も居ないからだ。


358 :マスター気取り:2010/10/31(日) 00:36:01 ID:FIAiKedN
>>348
2chとは何か?w

359 :心と宗教:2010/10/31(日) 00:53:19 ID:htZrTHAj
少し人間側に立って話してみると、
例えば「知る」とはいったい自己にとってどんな働きで、どんな感触があって、
どんな状態が得られる事をそう呼んでいるのだろうか?
なーんてことを全ての行動や概念に当てはめて考えてみたり実際に
行ってみて観察してみれば色々なことがわかるはずだ。
今まで教えられてきたり今までそうだと思っていた事と全く違った何かが
見えてくるはず。
それをどんどんどんやっていくと、ある疑問にさしかかるはずだ
私とは何か?と


360 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 01:45:06 ID:pSS+iw+n
>>355
自分ではなにもやっていない。
という表現に一抹の危うさを感じます。

エゴが何かをやっていて自分ではなにもやっていないという「自分」
に目覚めておいででしたらもうなにもすることは残っていないでしょう。

周りの状況に動かされているだけのエゴが正に自分自身なのであり、ゆえにブッダ達は
自分自身の消滅を唱えたのです。
誰も、自分によってエゴを消滅させ本当の自分になるとは述べていません。
それでしたら単純な努力の延長上に悟りがあることになり、効率のよい方法の下
もっと量産されていてもよいものです。

自分では何もしていないと認識している人は誰だろう。
本当に自由意志はないということを理解してゆく過程では、自分自身が外界の奴隷であり、
何の意思も発揮できないという事実と対面することのとてつもない痛みがあるのではなかろうか。

その痛みに直面する代わりに、新手のエゴが自分では何もしていないという思想、夢によって
上書きしてエゴが覇権を取り返したのではないだろうか。
「自分では何もしていない」という思考を強く持ってみたが、現れるのは覚った人間ならこう見るであろうなという世界の夢だけだ。
既存の自分を全て保持したまま悟りの夢を見ることになる。エゴも無く争いもない世界の夢を。

つまるところ自分自身が不自由なエゴそのものであるという現実と直面するためには、いかなる哲学も邪魔になる。
唯自分と出会い、何もしなければそれは通り去り消えゆくだろう。

自らの心の全容を理解したくば、正にあるがままのそれと相対するほかない。

自分では何もしていないと知ることより、いかに私と他人を作っているか、
エゴとは何か即ち自分自身が何か知ることが大切だ。

361 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 01:49:00 ID:pSS+iw+n
>>355
361の上前半はミスです。
あなたの文章をきちんと読んでいませんでした。
しかし、それでも、あなたの文章全体からは、
自分自身に意思が無いということを痛感した自分自身そのものではなく、
それを知ったと得意がり結局復権しているエゴの香りがするのです。
文面無視して香りに答えたとすれば360前半もあながち間違いではないかもしれません。

自分では何もしていないと認識している人は誰だろう。
本当に自由意志はないということを理解してゆく過程では、自分自身が外界の奴隷であり、
何の意思も発揮できないという事実と対面することのとてつもない痛みがあるのではなかろうか。

その痛みに直面する代わりに、新手のエゴが自分では何もしていないという思想、夢によって
上書きしてエゴが覇権を取り返したのではないだろうか。
「自分では何もしていない」という思考を強く持ってみたが、現れるのは覚った人間ならこう見るであろうなという世界の夢だけだ。
既存の自分を全て保持したまま悟りの夢を見ることになる。エゴも無く争いもない世界の夢を。

つまるところ自分自身が不自由なエゴそのものであるという現実と直面するためには、いかなる哲学も邪魔になる。
唯自分と出会い、何もしなければそれは通り去り消えゆくだろう。

自らの心の全容を理解したくば、正にあるがままのそれと相対するほかない。

自分では何もしていないと知ることより、いかに私と他人を作っているか、
エゴとは何か即ち自分自身が何か知ることが大切だ。

362 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 01:52:38 ID:pSS+iw+n
思考がかたどる夢(エゴの小さなかけら)には私があり他人があり
なにより
世界があります。

世界の中でやるべきことが私にあるのです。

このエゴのかけらを失うことだけでも私たちは一つの世界と使命を捨て去らねばなりません。
その希望と使命を捨てること、夢世界そのものを捨てることにはとてつもない痛みが伴います。

これは全て夢だという夢を上書きして楽をしていては自分自身を知り、それから解放されることは不可能です。

363 :心と宗教:2010/10/31(日) 02:29:41 ID:htZrTHAj
>>362
このスレははじめてですか?
出来たらどこかにボケを入れて下さいね。


364 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 02:32:43 ID:CLCaJ+0A
( ・ω・ )<大切なことを忘れとるがな。それはお前さんたちも神なんやっちゅうことや。
源におられる神はんは自分の分身に自分と同じ力をおしみなく与えてこう言いいはったんやで。
「さあ、我が分身たちよ。この力を使って思い思いの経験をしておいで。」と。
全体である神自身の奥深くへと旅立った分身たちは、その無限の力を特定して制限して、時には分離という幻想を用いて、自分にしか出来ないユニークな表現、神の部分を体験し始めたんや。
中でも、わしらは他の部分を経験しとる自分たちと一緒に、それぞれが思いをぶつけ合い、うまくいったりいかなかったりという稀な経験ができる場をつくりあげたっちゅうわけや。
神と同等の力を持った分身が創りあげとる現実や、自由意志があって当たり前やがな。制限は自分でしとるだけやで。
神はんは誰にも強制なんかしとらん、神はんは全てを許容する愛そのものなんや。

365 :心と宗教:2010/10/31(日) 02:39:06 ID:htZrTHAj
>>364
今日もクマたん来ないの?

366 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 02:39:45 ID:qq6/57aG
神は全ての被造物のエネルギー源と聞いたことがある
私がエネルギーの渇水を感じるのは、神と遠い場所にいるということなのだろうか

367 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 02:44:09 ID:CLCaJ+0A
( ・ω・ )<今日もて、昨日は立ち寄ってたみたいやで。

368 :心と宗教:2010/10/31(日) 02:50:00 ID:htZrTHAj
クマたん、俺には会ってくれないの・・・・?(´・ω・`)

369 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 02:50:34 ID:CLCaJ+0A
( ・ω・ )<自分で蛇口を閉めとるだけやがな
     <目つむって手拡げて光のエネルギーを感じてみぃ。蛇口が開いてれば感じ取れるはずやで。

370 :マスター気取り:2010/10/31(日) 02:52:21 ID:FIAiKedN
>>361
> しかし、それでも、あなたの文章全体からは、
> 自分自身に意思が無いということを痛感した自分自身そのものではなく、
> それを知ったと得意がり結局復権しているエゴの香りがするのです。

あなたがそう感じてしまう理由は分からない。
こちらの表現の問題があるかも知れないが、こちらの表現が気に入らないのならもう面倒なので
ほとんど同じことが書いてあるこの本読んでくれた方が早いかも知れない。

誰がかまうもんか?! ラメッシ・バルセカールのユニークな教え
http://www.amazon.co.jp/dp/4903821668

> 自分では何もしていないと認識している人は誰だろう。

それまで自分で何もかもやっていると認識していた何かだろうね。

> 本当に自由意志はないということを理解してゆく過程では、自分自身が外界の奴隷であり、
> 何の意思も発揮できないという事実と対面することのとてつもない痛みがあるのではなかろうか。

主観的には自由意思を発揮しているようには感じられる。ただ、意思の元になっている原因を
探るとそれが自分にはないことが分かる。全ての意思の発生原因が自分の内にはなく、
また自分の体も自分で作ったのではない。だから、これはドミノ倒しのコマと同じ、作られて
動かされているだけだ。海が波打っているようなもので別の波に押されるから波が作られてしまうだけ。
全ての波に自由はない。そして起点となる誰かは存在しない(つまり起点は神だ)。これを奴隷と
言うなら全ての存在が例外なく奴隷だ。全てだ。大統領であろうが乞食であろうが無関係に
この世界に存在するもの全てだ。

これに気付くことに何か痛みがあるだろうか?


371 :心と宗教:2010/10/31(日) 11:58:04 ID:htZrTHAj
当たり前だがそんなものは相対的なものなので
痛みがある人にはあるだろうねえ。
自由意志最高!マジパネェ!って思ってた人には
痛みがあるだろうし、
そんなこと考えないで身体的に近い位置で暮らしていた人に
とってみれば「ああ、そう言われてみればそうね」程度でしかあるまい。

372 :マスター気取り:2010/10/31(日) 16:05:58 ID:FIAiKedN
痛みではなく「『自分』という個別の存在は最初から存在しなかった」ということが分かるので脱力するという感じだと思うがな。
しかしその観念によって起こっていた苦は消えるので楽になると思うんだが。少なくとも他人との競争は完全になくなる。
他人も自分も動かされていただけなら競争しているつもりでもそれは実は最初から不可能だったことが分かるからね。
これまでは思い違いによりそのようなことが起こっているように見えただけ。つまり幻想だ。

373 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 18:27:21 ID:pSS+iw+n
分かることそのものには特に衝撃は無い。
だが、なぜ解らなかったのだろう。
エゴがそれを見るのを妨げていたのだ。
そのエゴが死んでゆく過程でエゴは苦しむ。そして今エゴでしかない我々も然りです。

観念によって起こっていた苦というのはエゴを構成する観念から観察した他の観念でしょう。
エゴを構成するエゴそのものの観念、観察をしている観念の死はそれが小さなものであっても
全く違う衝撃があります。

374 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 18:31:40 ID:pSS+iw+n
こう書評にあります。
そもそも覚った人でも覚っていない人でも頭さえよければまるで悟った人のような文章が書けます。
ですのでざっくりとした理論的な側面ではなく正に細部の雰囲気でのみ、その人が覚っているかどうか判断できますし、
また、その細部の雰囲気こそが読者に与える有意義な影響なのです。
この著者は頭ばかりぐるぐる廻してあまり瞑想の体験が無いようです。

以下引用
ラメッシは史上最も「エゴが納得できる形で」悟りを説明した人かもしれません。
しかしそれが何になるでしょうか。
エゴは満足して「また私は悟りに近付いた」と言って終わりです。

禅の公案、禅問答などは知的に答えが出ないように作られています。
知的思考(エゴ)が「私は悟りを理解した」と言ったら理解してないからです。
わざと知的思考を混乱させ、その無力さを暴こうとするのです。
ラマナやプンジャジの勧める真我探求にも知的なゴールはありません。

本書を読むと、知的思考が「私は悟りをかなりのところまで理解した」と
喜びます。勘違いです。
スピリチュアルな知識・理解の集積の果てに悟りがあるという根本的な誤解が、
この勘違いを生むのでしょう。
「源泉」「催眠」「巻き込まれること」「太陽の下に出たときにできる影」など
知的に納得できるモデルを用いて悟りを説明しても、
好奇心が満たされるだけです。


375 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 18:39:53 ID:pSS+iw+n
人生経験もありまたとても賢い方なので違うアプローチで探求をすればまた違う結果が得られると思います。

そもそもが覚っていない人に引っかかってはいけません。
神との対話の作者も、目覚めた人ではありますが、死んで生まれた人ではありません。

光明を得たラマナやラーマクリシュナ、クリシュナムルティー、グルジェフ、OSHO
と見くらべると細部に明らかな違いがあることに気付きます。
この5人はエゴが主人でいることが難しくなる実戦的な工夫をしているのです。
それは正に彼らが悟りのために苦闘したからこそ分かる機微です。

クリシュナムルティーはアプローチは知的でも知性を超えたものに微妙な方法で誘おうとしています。
しかし、本当に覚りそのものを探究する真摯な探究者はそれが役に立たないことを悟るでしょう。
ブッダの金剛般若経は真理のできうる限り最高の描写ですが、これから即座にブッダの真意を悟るのもなかなか起こることではありません。

では実践的と言われているグルジェフやOSHOでしょうか。
現代人の精神に併せた実践的な内容が多いです。
ですが、その生きた道を継承している人はほぼいないのが現状ですので、
彼らの残した断片から現代に生きる我々は、自力で私個人にとって最適な探究の形、世間での営みの形を
見出してゆかねばなりません。

376 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 18:42:24 ID:ijNcG9AH
>本書を読むと、知的思考が「私は悟りをかなりのところまで理解した」と
>喜びます。勘違いです。

これはまさに一部のニューエイジャーや神対信者の陥っている誤謬でもある。
だからこそ、勝義諦にたいする世俗諦としての方便(サダナ)が必要なのだが、
面倒なことはやりたくない、現実逃避したいだけの人は、
観念や理念の世界に耽溺し続けたまま、問題に直面しようとしない。

377 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 18:59:16 ID:FWHrQi71
誰がかまうもんか?! ―ラメッシ・バルセカールのユニークな教え―
カスタマーレビュー
苦しい時に読んでも救われない, 2010/7/22

何のために、読む本なのか? 心の平安をもとめたり、悟りに近づきたい人は読まないほうがいい。このレベルの人に苦しみはなくならない。
ただ、起こるがままに起こる、殴られているのは幻想ではないと言われてもがっかりするだけです。やはりエゴの消滅により救いをもとめたい。
この本は読まなかったことにしたい。安らぎを求めたいのなら、エックハルト・トールの「ニューアース」や、「さとりをひらくと・・」を読むことを強くお勧めします。

378 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 19:05:19 ID:pSS+iw+n
私はエックハルトトールについても覚っていないという意味では同じ評価です。
先ほどの5人と見くらべるとその差は微妙に明らかです。
その微妙な違いが全てです。

かれの体験は目覚めの体験であり、意識によってエゴが統括される体験ではあります。
これは瞑想との邂逅であると言えます。
グルジェフの言うところの人間第5番です。
まあ只者ではないのですが、いまだ中心はエゴです。
ただ、そうそう他の部分と入れ替わらないまとまったエゴです。



379 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 19:19:45 ID:PDbDBCQZ

159 :神も仏も名無しさん:2010/10/28(木) 01:15:45 ID:LzrAFd49
>>112
神対を読んでりゃ分るはずだろうになあ・・・
苦しい、苦しいと愚痴こぼしていればその現実を創っていることは間違いない。
楽しいことや、やってみたいことをあれこれ考えているときはその現実に
引き込まれようとしている瞬間。
苦しいときから一刻も逃れたいと思うときもその現実を創っている。

>8みたいなレスではまだ苦しさからは脱却できないかな?と思ったりする。
 あなた、あなたの生き甲斐ってなんなの?
それがしっかり描かれていれば苦しみなんてそのうち縁がなくなるはずなんだけどね



お前なんて 俺がお前に拷問にかけたら泣き叫び地獄を経験するだけ
逃れることなんてできない

そういう場合は世界に多くある

つまり どうしようもないなんてたくさんある

ニュースを読まないのかい?

380 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 19:25:49 ID:R0DootSl
天国まだ生きてたのか

381 :マスター気取り:2010/10/31(日) 19:43:26 ID:59CAa2Nv
>>374
「誰」が書評を書いたのだろうか?

382 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 21:53:51 ID:pSS+iw+n
>>381
実験してみました。
「自分含めて全ての人は動かされている」という認識を持ったまま買い物。
すると、レジの人への評価マインドが出てきて、おつりの渡し方が雑なので不快に感じるマインドが出てきました。
「自分含めて全ての人は動かされている」という認識は、所詮マインドであり夢でしかない。
自然な私のあり方ではなく、継続的なマインドの努力に過ぎないのだ。
努力には限界があるし、そもそもマインドによってエゴを構成する各マインドは抑えきれない。



「自分含めて全ての人は動かされている」という認識を保ったまま、仕事ができるでしょうか。
麻雀が打てるでしょうか。同時に「矛盾する」2つのマインドを使うなんてことは無理です。
仕事の対人のゲームのマインドにその認識のマインドは乗っ取られるのが落ちです。

そうして人生の大半を散々自他の認識を持つ自分のエゴに翻弄された後、一息ついたときに、
「自分含めて全ての人は動かされている」
と自分を慰めても仕方が無いでしょう。
その認識をするべき時間はとうに過ぎ去ってしまった。

全ての人が動かされているという認識は、
自分が自分のエゴに覚めている時「だけ」その覚め具合に応じて自然ともたらされます。
それを解る人はいません。
実際全ての人は動かされていると解るようなことはありません。単にそう見えるようになるだけです。
それをあえて言葉にすればそうなると言うだけの事です。

>>381
>「誰」が書評を書いたのだろうか?
私は知らない。
私は私の主観でそれを類推することはできても、他人自身を感じることはできないのだ。
主観的知識で他者を予測できてもそれそのものを知るには自分の存在そのものが妨げになるのだ。

383 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 21:59:48 ID:CLCaJ+0A
( ・ω・ )<そもそも自動的に動いているだけなら疑問を抱くこともないがな

384 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:06:31 ID:FWHrQi71
自分の罪悪感を無くす為、他人を恨まないようにする為に「自分を含めて全ての人は動かされている」と信じ込んでいるんじゃないかな

(エゴが無くなったような気がするから)これが悟りの境地だとマスター気取り師のエゴが満足するのだろう

385 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:08:54 ID:pSS+iw+n
あえて疑問を持つのは難しいですよ。
無心に完全にくつろいだ人だけが意図的に疑うことができます。

疑いは、
疑いのわく瞬間は全く不明なくせに
一旦わき出すとこれは私の疑いだと信じて譲らないから不思議です。(自分話)

この疑いには元来た場所に戻ってもらわないと、単純に休んでもらわないといけません。
この疑いは私ではないなどといって他の思考で抑圧しても無意識にもぐるだけです。

386 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:09:41 ID:ijNcG9AH
>>383
(・∀・)<その疑問を抱くことも自動的に起こってるんですわ


387 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:13:29 ID:pSS+iw+n
>384
でもそれって誰もが陥りがちな罠ですよね。
私は今回の事で、人がどんな慰めを求めるか、どんな似非マスターが人気が出るのか
そのからくりが解って良かったです。
自分自身同じ誤魔化しにあこがれていたからそれが解らなかったのだと思う。

私のメッセージというか昔からの修行法は一つ。
何をやっている時もなるべく覚めること。
後付けの一時的な知的解釈ではなく、生全体に意識をもたらそうとしています。
その助けとして前述の5人の覚者はとても便利でした。助けとして。

388 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:24:03 ID:R0DootSl
そもそも エゴの消滅=悟り ということ自体がサマディ、マスター気取り、神使派が
勝手に信じているというだけの話なんだよなあ

389 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:25:41 ID:RdZ5Te6g
>>382
私も以前実験wしてみましたが、
逆に、そうした不快になるマインドが上がったとき、あ、これも起こるべくして起こった現象にすぎないのだ、と
自分自身をも許すというか、流すことができましたよ。

これは自我の執着を手放すひとつの良い「考え方」だとラメッシを読んでそう思いました。
半分しか読んでいないので確信はもてないけれど。w

つまり、<すべての人>が、というのがミソであって、部分がないのですから、それを知ったからと言って、現実的な対処の方法になんら変わることはないはずです。
憎むことも愛することも、すべて、そうなるべくしてなっている、という、要はパラダイム、全体の考え方が変わるだけの話です。

ただあなたの引用した、「ラメッシは史上最も「エゴが納得できる形で」悟りを説明した人かもしれません」
というのは、そうかもしれない、と思うと同時に、それはそれでその役目があるのだとも思います。


390 :マスター気取り:2010/10/31(日) 22:45:05 ID:FIAiKedN
>>382
> すると、レジの人への評価マインドが出てきて、おつりの渡し方が雑なので不快に感じるマインドが出てきました。

そのマインドもまた「あなた」が起点になって出てきてるものではない。
これまでの人生で作られた観念によって起こるべくして起きた反応であってそれが「あなた」なのではない。

もし自由意思があるのならそのマインドを最初から起こらなくさせることも自由に出来た筈だ。
レジの人がどうであろうが全く不快に感じないことも選択出来た筈だ。しかしそれは出来ていなかった。
あなたはマインドにただ翻弄されていた。もちろんそれを抑圧することは出来たかもしれないが、
最初から起こらないようにすることは出来ていない。全く自由ではないではないか。

391 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 22:46:16 ID:ijNcG9AH
>>388
では悟りとは何ですか? 答えてください。

392 :マスター気取り:2010/10/31(日) 22:48:14 ID:FIAiKedN
>>384
違う。これは悟りの境地ではない。悟りに近づけるためのツールの一種だ。

それと、これは思い込もうとすることではない。そうであることを確認するだけのものだ。

393 :マスター気取り:2010/10/31(日) 22:52:50 ID:FIAiKedN
>>388
消滅するというのは表現の問題で、実際には最初からなかったことが確認されるという感じだ。
つまり最初から何も変わらないのだが思い違いが正されて認識が正常な状態に戻るということ。
幽霊をよく見てみたら枯れ尾花みたいな感じだ。幽霊はあると信じていた人には幽霊が消えた
ようにも感じられる。しかし最初から最後まで枯れ尾花なのでありそれには変化はないのだ。

394 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:01:27 ID:FWHrQi71
>>392
自動反応で生きていると偶然に全ては自動反応であるという事が確認できて悟りに近づけるためのツールを手に入れたのですか
奇跡的な偶然ですね
単なる玉突きに過ぎないのにカオスな状況にならず悟りに近づいていくのですね

395 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:06:02 ID:FWHrQi71
脳内の分子が勝手に動き回っていると悟りに近づいていくそうです

396 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:08:20 ID:ijNcG9AH
宇宙の消滅、という神使の原タイトル、そういう修辞学というか、
メタファーとしての表現の類いを理解できないニューエイジャーが
勝手に恐れおののいて反応していると。

なぜこれほどまでに錯覚が消えること、目から鱗が落ちる、ことを怖がるのだろうか。

397 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:13:26 ID:FWHrQi71
エントロピーの法則を知っているかな
物事というのは放っておくと乱雑さが増す
秩序を保つor増やす為には外部からの制御が必要

398 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:14:12 ID:FIAiKedN
>>394
ああ。その通り。奇跡的な偶然だ。

399 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:17:21 ID:FIAiKedN
>>397
泥水は放っておくと泥が沈殿して行くようだが。
何とかしようと手を突っ込むとかき回されていつまでも沈殿しないだろうなあ。

400 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:27:35 ID:FWHrQi71
このスレの文章だって多数の単語を日本語の文法通りに組み合わせないといけない
単語が勝手に組み合わさって生まれた文章なんて読めたものじゃない

401 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:28:09 ID:RdZ5Te6g
>>398
ん?ちょっと違う感じもw

流れる水の流れを変えることはできないけれど、その水の流れに逆らうのか殉ずるのか愛するのか拒否するのか、
つまり、流水の中で自分はどうあるべきか、ありたいのか、という選択だけは、自己の主体的な決断にゆだねられている、と思う。

と思ったけれど、でもそれも、大きな玉突きの一部としてそう選択しただけ、ということでも構わないか、
そこまで人智の及ばない制御をあれこれ詮索するのは無意味だから。w


402 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:29:12 ID:ijNcG9AH
>>397
知っているかな? と訊ねるようなマイナーな法則ではないことを知っているかな?w

外部からの制御とはでは何かな? 答えられるかな?

403 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:30:52 ID:ijNcG9AH
また始まったな。
喩えとして提示したものの、その喩えのための範疇を逸脱し、
その喩えそのものによって論点をすり替えて行こうとする典型的な詭弁がw

404 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:31:21 ID:FWHrQi71
>>399
何をしようと手を突っ込んだんだ?
乱雑さが増すように手を加えれば思い描いた通りになる

405 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:35:13 ID:ijNcG9AH
目覚め、とはいい言葉だ。
目覚めることが怖い人はずっと寝ていればいい、心ゆくまで。心逝くまでw

406 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:36:00 ID:FIAiKedN
>>404
元の話が外部から手を加えるという話だったからな。

407 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:39:31 ID:FWHrQi71
>>406
泥水のままにする為に手を突っ込んだのなら目的を果たせたということだな

408 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:41:27 ID:FWHrQi71
>>406
脳の分子が勝手に動き回っていると日本語の文章を作るのかな

409 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:43:16 ID:ijNcG9AH
>>407-408
何がそんなに怖いんだい? 相談に乗ってあげるよw

410 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:43:26 ID:FIAiKedN
>>407
ただ、いかなる条件下でも放っておくと複雑さが増すわけではない。
泥水の場合は手を加えない方が複雑さが減る。

411 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:44:13 ID:ijNcG9AH
存在しないものににどうやって手を突っ込むんだい? w

412 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:45:49 ID:FWHrQi71
>>410
泥水は放っておくと泥が沈殿して行くのは地球の重力の影響を受けているからな
無重力空間だとカオスのままだ

413 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:46:44 ID:FWHrQi71
>>411
存在しないはずの2chにどうしてカキコしたくなるのだい?

414 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:47:43 ID:ijNcG9AH
>>412
喩えとして提示したものの、その喩えのための範疇を逸脱し、
その喩えそのものによって論点をすり替えて行こうとすることを
詭弁というのだか知っているかな?

415 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:48:12 ID:FWHrQi71
>>410
脳の分子が勝手に動き回っていると日本語の文章を作るのかな?

416 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:48:54 ID:ijNcG9AH
>>413
存在していると錯覚しているうちはそうするさ。
お前は自由意志を持っているのに、どうして俺をここから消すことができないのかな?
引き寄せの法則は作用しているんだろう? はやく消したらいいじゃないかwww

417 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:49:17 ID:FIAiKedN
>>408
この宇宙でチリが勝手に動き回ったから地球が出来た。その後も全部勝手に動き回った結果作られている。
あらゆるものが勝手に動き回ることにより徐々に構造物が作られていくのがこの世界の特徴だ。

まあ、「勝手に」というのは人間から見たらそう見えるという主観的な感想だけどね。

418 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:49:50 ID:CLCaJ+0A
{´┴`}<さあ、この文章を見た君!立ち上がって!

これを見て立ち上がった人は外部刺激に従って自動的に動かされているだけの人です。
でも多分立ち上がらなかった人のほうが多いのではないでしょうか。
あなたは視覚に入ってきた外部情報を受け取ったけれどそれを実行することを拒否しました。

419 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:49:53 ID:ijNcG9AH
>>415
喩えとして提示したものの、その喩えのための範疇を逸脱し、
その喩えそのものによって論点をすり替えて行こうとすることを
詭弁というのだか知っているかな?



420 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:51:27 ID:CLCaJ+0A
>418続き
確かに多くのことは自分が決めたと思う前から無意識下で既に動き始めています。
あなたがお腹が減ったから食べようと思う以前に、小さな自分、たとえば細胞などから栄養が欲しいという信号が届いていますし、
あなたが天職を見つけたと思う以前に、大きな自分、たとえばハイアーセルフや上位自我は既にあなたの人生の青写真を決めていました。
ただし、ある瞬間に意識上に上ってくる信号はひとつではありません。

お腹が減った時あなたなら何を食べますか。
1毎日食べても飽きないくらい納豆が好きなので今日も納豆を食べよう
2CMのパスタがおいしそうだったのでパスタを食べよう
3お中元でもらった蕎麦が残っているので蕎麦を食べよう
4今日は寒いので暖かいラーメンを食べよう
5ダイエット中なので食べるのはやめとこう
etc
あなたの意識上に届いた複数の信号を全て実行するのは困難です。複数の可能性の中からどれかを選択する必要があります。
私は悩んだ末に蕎麦を食べることにしました。

421 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:53:34 ID:CLCaJ+0A
>>418,420
( ・ω・ )<助手の白ぱんだくん。おおきに。
     <今のは大きな自分からも小さな自分からも他の経験をしている自分からも様々なところから事前に信号はたくさん届いておる。
     <それだけみればわしらに自由意志はなくただ動かされているようにみえるけれども、
     <実際はたくさんの選択肢の中から「選択する」「拒否する」ということを毎瞬毎瞬行っとるんだっちゅうことを述べたかったわけやな。

(´(ェ)`)<師匠、メイン助手はわたしですよ。
ちなみに今語られてたことは、観測者が観測するまで複数の可能性は共存していて状態や結果は一つに定まっていない。
観測者が観測行為をしてはじめてその状態が確定する。という量子論の見解とも一致していますね。

( ・ω・ )<あれ、くまたんおったの? ふむ、これもまた部分と全体は共同創造しているっちゅう話やね。

422 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:54:19 ID:FWHrQi71
>>419
我々の思考に意思は介在せず無意味に勝手に起きているだけ、というのは喩えというより事実なのでしょ

423 :マスター気取り:2010/10/31(日) 23:55:12 ID:FIAiKedN
>>412
ところで、厳密に考えて、重力のない場所など作れるのだろうか?
宇宙に出ても泥水はそれ自体が重力を作るわけで、無重力ではない。

424 :神も仏も名無しさん:2010/10/31(日) 23:58:23 ID:ijNcG9AH
>>422
だ・か・ら、喩えの範疇を逸脱してるって言ってんだよ、おばちゃんw

425 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:04:22 ID:A1+nVOuT
>そのマインドもまた「あなた」が起点になって出てきてるものではない。
これまでの人生で作られた観念によって起こるべくして起きた反応であってそれが「あなた」なのではない。

よくご存じですね。
私はマインドがどこから出てくるかわかりません。
何故ならエゴとマインドの構造を超えていないからです。知識があろうとなかろうと実態を捉えられないじゃないですか。

あなたはあなた自身をご存知なのですか?私の私自身を見通せるほどに。
もちろん受け売りの知識でしたら何通りもの方法で表現できますよ。
だが、私はそれそのものを知らない。

知識で理解することと現場を押さえることは全く別の事です。

私の言葉の用法は 私=エゴとしています。
そして私がエゴであり不自由であると描写できるのであれば必然として、
何か別の認識者が存在することになります。
正に私自身がエゴであるという理解にはエゴ以外の何かが必要なのですが、
それは言葉を超えているものです。それをほんとうのわたし、あなたと、エゴの都合で投影しても仕方ありません。

私はそれを語らないだけです。言葉を超えている故。
意識するという言葉はそれをほのめかしますが、メタファーでしかありません。
普通の意識はマインドによる対象化の事を言いますが、、

426 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:06:44 ID:PU6n10Wv
>>417
地球が出来るまでは機械的な物理法則で説明が出来るとしても
文章が出来るのも機械的な物理法則のみで説明出来るのかな

>>423
泥水自体の重力を考慮してもその重力では小さすぎて粒子の運動エネルギーを抑える事が出来ない

427 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:09:43 ID:PU6n10Wv
>>416
サイババ級の自由意志のパワーがあれば瞬殺するけど
命拾いしたと思え

428 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:11:52 ID:k1LdAEie
>>427
シルディサイババなら、お前を叱り飛ばし、蹴飛ばし、ボコボコに痛めつけるだろうw

429 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:12:47 ID:PU6n10Wv
>>418

   n ∧_∧
  (ヨ(´∀` ) グッジョブ!
   Y    つ

430 :マスター気取り:2010/11/01(月) 00:15:31 ID:RU1fKGtP
>>426
> 文章が出来るのも機械的な物理法則のみで説明出来るのかな

出来るんじゃないか? 今の人間の技術力ではほとんど観測不能だろうが。
(観測すると状態が変わってしまうという問題もあるか)。

> 泥水自体の重力を考慮してもその重力では小さすぎて粒子の運動エネルギーを抑える事が出来ない

時間を掛ければいいのでは?
それと、泥水の容積が地球と同じぐらいだったら早く中心に集まるかも知れんね。


431 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:16:53 ID:k1LdAEie
>>418
受け取った情報を拒否したのは誰だろうか?
その「誰」は本当に確固として実在している何者かなのかな?w

よって、>>429よ、お前は相変わらず赤っ恥かき続けている道化師だw

432 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:39:48 ID:PU6n10Wv
>>430
>出来るんじゃないか? 今の人間の技術力ではほとんど観測不能だろうが。
説明を聞きたい

>それと、泥水の容積が地球と同じぐらいだったら早く中心に集まるかも知れんね。
地球の内部ではマグマが動き回っているようだがな

433 :心と宗教:2010/11/01(月) 00:41:38 ID:ZOWXLhiL
くまたんこんばんは!

434 :マスター気取り:2010/11/01(月) 00:41:39 ID:RU1fKGtP
>>432
> 説明を聞きたい

普通に作られた回路通りに動いているだけ。

> 地球の内部ではマグマが動き回っているようだがな

じゃあもう少し小さい方がいいかも知れないね。月ぐらいでどうだ?

435 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:45:19 ID:ZOWXLhiL
まあ、その
覚者と呼ばれる人でも結構無駄なことたくさん言ってますよ。
それ言わない方が良かったんちゃう?みたいなのも。
OSHOから言わせればクリシュナムルティはしゃべりすぎらしいし。
どこからどこまでがしゃべりすぎとかなんてものは
当然だが主観だし範囲という概念にすぎない。
ってクマたんと一緒に会話しました。
(*´・ω・)(´(ェ)` *)ネー


436 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:49:09 ID:WHkVQNYT
>>431( ・ω・ )<
<おまいさん何回もそれを自分で書いといて自分でわかっておらんだろう。
<わしらの肉体や肉体に貼られたステータスは実在とちゃうがな。
<ただしその幻の体に意識を投影しちょるのは間違く神の本質を宿した実在やがな。
<わしは体に話しかけとるんじゃなくて同じ神の部分であるお前さんの魂に話しかけとるんよ。
<それともなにかい、その「誰」はエゴのことでそのエゴは実在しちょる、とでも言うわけじゃなかろう。
<はて、お前さんは「誰」「何もの」やろか?

437 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:51:07 ID:WHkVQNYT
間違く→違いなく

438 :マスター気取り:2010/11/01(月) 00:54:43 ID:RU1fKGtP
そういえば「自由意思がない」という意見に強く反応して反論書いているようだけど、
それそのものが自由意思のなさを証明しても居るよね。「自由意思がない」という
書き込みによる刺激に対する反応をしているだけだ。もちろん何も考えなかった
人や反応しなかった人も居るだろうけどね、それはそういう条件判断の回路に
なっていたというだけのこと。どちらにしても自由ではない。

そして当然のことながらこの書き込みも自由意思によっては行われていない。
ここの状況がこうなっているからここでこの話を書きたくなったというだけのこと。
違う状況だと違う話が出てくる。


439 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 00:59:44 ID:k1LdAEie
>>436
さて、その言葉は君自身の体感とも言うべき経験に根ざしたものなのか、
それとも観念や理念を書き込んでいるだけなのか。



440 :心と宗教:2010/11/01(月) 01:08:53 ID:ZOWXLhiL
>>439
どっちでも良いよもう。
クマたんと遊ぼうよ

441 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:12:07 ID:k1LdAEie
刺激に反応する、しない、どちらも肉体精神機構のメカニズムだ。

神の本質とやらならば、そのどちらでもないのではないかな?
肉体精神機構の如何なるメカニズムとも無関係にそこにあるもの。


442 :心と宗教:2010/11/01(月) 01:12:10 ID:ZOWXLhiL
どっちでも441よよいの宵ってやつか。

443 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:16:11 ID:WHkVQNYT
438
( ・ω・ )<それはちゃうで。わしは何も書かないという可能性の回路をOFFにして
神はんから与えてもろた自由意志について、書き込むという可能性の回路をONにしたんやで。
439
( ・ω・ )<体感に基づかない言葉なら響かない、それだけのことや。
これは発言の送り手にも受け手にもいえることやがな。
で、お前さんは何ものなんや。431でお前さん自身が書いた問いの答えが知りたいがな。

444 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:21:49 ID:k1LdAEie
>>443
何ものでもないさw
こうして遣り取りしているのは紛れもなく肉体精神機構だ。
要は肉体精神機構だが、それを自分自身だとするのか、それとも、
どうもそれは違うんじゃないか、という志向性を持つのか。
それさえもが肉体精神機構のメカニズムということになるが、
そのようなプログラム(機構に対する疑い)はいずれ発動し、すべての人、
つまり肉体精神機構はその機能を晴れて停止する時がくることだろう。

つまり君が、お前は何ものなんや、と思っているうちは、
まだまだ肉体精神機構のメカニズムはこれからも続いていくということだろう。

445 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:33:46 ID:WHkVQNYT
( ・ω・ )<はて?肉体精神機構は実在しとらんちゅうのがお前さんの持論ではなかったかのう。
だとすれば、その幻の肉体精神機構を動作させとるのは何ものやろか?
幻の肉体精神機構に意識を投影しとるのは何ものやろか?
ゲームROM内の主人公のデータはプレイヤーがいなければ勝手には動き回らへんで。

446 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:43:16 ID:k1LdAEie
>>445
実在していないというのが勝義諦。
しかし、今のところ実在しているように感じられる。
だからそれに対してどう対処していくのか、というのが世俗諦。

ゲームの中の主人公を動かしているのが我々の本質だ、
という観念・理念を頭の中に収納して満足しているのがニューエイジャーだが、
実際はそうではないらしい、というのがアドヴァイタ系だろう。

今一般道路を走っている。
確かに一般道路を走っているように感じられる。
そこに突然、高速道路が出現する。
その高速道路は、一般道路とは関係なくそこにある。
そこにヒョイとジャンプする(世俗諦)。
するとあら不思議。
その瞬間に、自分はもともと高速道路を走っていたことに気づく。
なんだ、もともと高速道路しかなかったのか(勝義諦)。
もう一般道路のことなんて忘れてしまっている。
というよりそんなところは走っていなかったのだ。

一般道路を走っていれば、いずれ高速道路に合流したり、
高速道路を走っているうちに一般道路に降りたりできる、
というのがニューエイジ系の考え方だろうが、
そう考えたければそういう考えでやっていけばいい。
ただし、それでは「絶対に」幸せにはなれないと思うがねw
ゲームの中に出てくるモンスターが画面から飛び出してきて
プレイヤーとしての君に襲い掛かってくるかもしれない、
そんな世界のほうがいい、と言っているのがニューエイジだ。

447 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:48:46 ID:ZOWXLhiL
>>446
はいテンプレートからやりなおしてね。
たくさん書いたのに無駄骨だったねえw

448 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:49:36 ID:ZOWXLhiL
>>446
はいテンプレートからやりなおしてね。
たくさん書いたのに無駄骨だったねえw


449 : 【中吉】 :2010/11/01(月) 01:50:54 ID:k1LdAEie
>>447
お前が仕切ろうとしても誰も言うこと聞かないのは、
やはり肉体精神機構のメカニズムだw

450 : 【吉】 :2010/11/01(月) 01:52:08 ID:k1LdAEie
毎月1日は、名前欄に !omikuji と入力すること、

これをテンプレに加えれw

451 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:52:57 ID:ZOWXLhiL
それもらった。やろうぜ!

452 : 【大吉】 :2010/11/01(月) 01:53:04 ID:k1LdAEie
>>448
二回も書き込んでしまったのも無駄骨だったねぇw

453 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 01:55:36 ID:ZOWXLhiL
ちゃうねんソフトおかしいん

454 : 【末吉】 :2010/11/01(月) 01:57:13 ID:ZOWXLhiL
ニューエイジうんぬんの話するとお前ら本気なりすぎるねんて
もうちょい遊びいれなはれってことよ


455 : 【凶】 :2010/11/01(月) 02:01:46 ID:k1LdAEie
ぴょん吉が出ないかとおもってるんだが…

456 : 【大吉】 :2010/11/01(月) 02:02:42 ID:k1LdAEie
いかん! 凶ジャマイカw

457 : 【中吉】 :2010/11/01(月) 02:04:27 ID:ZOWXLhiL
ぴょん吉出て!

458 : 【大吉】 :2010/11/01(月) 02:10:24 ID:RU1fKGtP
おみくじねえ・・・

459 :マスター気取り:2010/11/01(月) 02:11:08 ID:RU1fKGtP
一発で大吉とは縁起がいいな。w

460 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 02:36:52 ID:WHkVQNYT
>>446
( ・ω・ )。。。喩えがへたやな。一般道路と一箇所のつながりもない高速道路なんてあらへんがな。
仮に一般道路を走っていた車が高速道路にジャンプ...したとしても乗っている(経験してる)ドライバーは一緒やがな。

部分(個)は全体(神)と繋がっておるんやで。もし繋がっておらへんいうなら、全体である神はんと神はん以外のものが2存在おるっちゅうことになる。
お前さんは神以外にも、たとえばエゴも実在しとるとでもいうんかのう。
ゲームの主人公のデータがプレイヤーやプログラマーなしで勝手に動いとるとでもいうんかのう。
全てはつながっておるんやで。ほな寝るわ。

461 : 【吉】 :2010/11/01(月) 02:38:04 ID:WHkVQNYT
てす

462 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 02:40:28 ID:WHkVQNYT
( ・ω・ )..まあこんなもんやな。何事も両極端でないほうがええ。ほなな。

463 : 【大吉】 :2010/11/01(月) 02:55:34 ID:k1LdAEie
>>460
ほら、また喩えとして挙げたものを、その喩えの範疇を超えて、
喩えそのものに焦点を移して論点をはぐらかそうとする。
そういうのを詭弁というのだ、と何度言ったらわかるんだ、このバカたれが!w

部分と全体が繋がっている、という本か何かで手に入れた観念を振り回したって、
何の説得力もなし。

そして神以外にエゴが実在していると言ってるのはお前だがやw

お前のような馬鹿タレは永遠に眠りについてニ度と起きてこんでええ。



464 : 【大吉】 :2010/11/01(月) 02:57:35 ID:k1LdAEie
>>462
お前は両極端がどんなものか知っているのか?
知らずに、「両極端でないほうがええ」という観念を振り回し取るだけだがや、ボケナスw

465 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 03:16:54 ID:A1+nVOuT
欲望のあるところでは何もするな。

何もせず欲望を見つめていれば、欲望は収束してゆく。

むしろこれ以外のいかなることも欲望と同類の思考によるいたちごっこでしかない。
うんざりするほど考えたら、欲望のあるところでは何もするな。
何もしないことに理由は無い。理由にうんざりした時がその機会だ。

これに至る助けになるという意味ではアドヴァイタのほうがよい。
グルジェフやoshoは更にそれを現代人の条件付けに手渡してくれるのが良い。
というかニューエイジはこれに至らないためのエゴの策略と言える。

466 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 12:34:42 ID:A1+nVOuT
結局はエゴと悟りについての知識と希望を全て捨てなければ精神の収束は始まらない。
エゴと悟りについての知識と希望は思考であり、夢でしかない。
しかもこの表層の思考のせいで自分の深層の思考に出会うことすらできない。

どのような理由づけでエゴと悟りについての知識と希望をすてて静寂な精神に還るのか。
それはただ日々意識して生きれば、何が有用で何が障害か何故か解ってくるのだ。
知識に頼って生きれば思考を超えることはできない。
意識して生きれば愛に生きれば人間の総体として何が自分の障害か微妙な形で開示されてくる。

静寂な精神でなければ何一つまともに認識できないのは道理である。

467 :心と宗教:2010/11/01(月) 18:34:46 ID:LTZIUooH
まあそもそも悟りなんてあらへんねんけどな。
んなもんあってもなくても良いし、
悟ろうが悟るまいが別にどうだって良いわけで。
ってクマたんが言ってたよ・・・・・

468 :神も仏も名無しさん:2010/11/01(月) 22:24:23 ID:A1+nVOuT
ある 
というのが心の働きだからねえ。

469 :!omikuji:2010/11/02(火) 01:02:24 ID:hGou1y/f
えらく静かになったな。
悟りは無い。
無いは無い。で終結したか。
完。

470 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 01:11:32 ID:G5TTcTI1
例のおばさんが規制に巻き込まれたのか、書き込めなかったから静かなんだよ。

471 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 01:13:16 ID:G5TTcTI1
悟り以外ない。

472 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 01:16:25 ID:MkqohxQ3
無いものからは何も起こらない生じない
創造も夢も遊びも
誤創造も悪夢も労役も

ただ在るものが在る 無いものは無い

473 :マスター気取り:2010/11/02(火) 01:55:46 ID:mAybUhwg
昨日見落としていた。

>>425
実態は主観的にも捕らえられることがあるよ。上でも書いたような気がするけど、例えば体を動かした場合に、
体が先に動いて後から「自分で動かした」と後付けで理由が作られているんだよ。但し早いので中々分からないが。
その他思考も同じ。思考が沸いてからそれを「自分で考えた」と理由を後付けしているんだよ。

これはもう勝手に沸いて出てくる温泉に対して「自分が温泉を湧き出させている」と言っているのに等しい。
それは「自分」ではない。

>>432
そういえばマグマが動いているとは言ってもランダムではなく流れがあって循環しているんだよね。
それは一種の構造物と言えるんじゃないかな。一応循環するという秩序があるからね。


474 :マスター気取り:2010/11/02(火) 01:59:28 ID:mAybUhwg
>>469
まあ、ここで議論しようがしまいが真実は一つなので最終的にはみんな気付いてそこに辿り着くだろう。
だから、話し合う意味は本当はあまりないんだよね。w 何らかの気付きが促進される可能性はあるけどね。


475 :心と宗教:2010/11/02(火) 09:12:24 ID:gpopzCFK
自己を観察するという意味がわからない
自己を観察する方法がわからない
自己をどうやっても観察する事ができない
という類のことを言われたことが何度もある。

一度も自己に意識を向けた事が無い人には
どういう言葉を尽くしても(というか言葉以外には言えないのだが)
まったく伝えようがない。
どうしたら良いんだろうか。


476 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 11:01:40 ID:9fYKRpdK
在る

有る、無いの人間の精神による2元論的認識を超えたものだ。

故に在るは「有るではなく」かつ「無いでもない」
ものと言える。
物事を対象化する我々の意識を超えたものを定義するのは愚かしい。
という定義すら愚かしいというマスターもいた。

>>475
まず人生において自分では自分のことはどうしようもないと根本的な挫折を味わっていないと
どうしようもありません。
そうでなければ自分のありもしない意識を疑うことは無いでしょう。

もう一つのルートとしてはブッダのように異常にあなたが安らかで美しかったり、
OSHOのようにひるまず行動的だったり、
とかく異常な魅力を持ち、それに周りの人が惹きつけられることです。

>自己を観察するという意味
外的状況でころころかわる自分の主人。相矛盾する欲求が同時に出続けているという事実の探究。

>自己を観察する方法
日常の中で自分の肉体>心>感情の自然な動きに意識を払い続けるだけ。分析は不要。

>自己をどうやっても観察する事ができない
それが本当に解っているならそれは偉大な進歩である。エゴはそれができないことを認めない。
本当に努めて、本当に挫折したのであるなら、種種のシステムを理解する下地は十分だ。

477 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 17:20:46 ID:9StUcU4Z
>>475
例えば散歩中、見渡す限り車がまったく走っていない交差点で、赤信号に
出くわしたとしよう。その時、あなたはどうするだろうか? 

車が走っていなくても信号に従い、青になるまで待つだろうか? 
それとも車がいないのだから、赤信号を無視してそのまま進むだろうか?

もしあなたが青信号を待つ人なら、その理由はなんだろうか?
交通ルールでそう決められているから?
どこかで誰かが見張っているかもしれないから?
ルールをきちんと守る自分が好きだから?
あなたは受動的理由でルールを守るのだろうか?
それとも能動的理由でルールを守るのだろうか?
子供のころは守ってたけど今は守らないなら、その理由は・・・・??

何てことを、自分に当てはめて考えることを紹介してみたらどうかな?


478 :神も仏も名無しさん:2010/11/02(火) 17:51:06 ID:G5TTcTI1
かな?w

479 :マスター気取り:2010/11/02(火) 19:43:19 ID:lThnQXAl
信号というと、信号だけを見て信号を完全に守って歩いてもだいたいは安全だけど、
車の側が信号を守る保証がないので歩行者が青で渡って車にひかれる可能性があるね。

本当に見なければいけないのは信号ではなく車が接近してきているかどうかだ。
信号は安全の目安にしかならず安全を保証できない。信号機そのものには何の
力もなくましてや運転手の操作や車の故障を無視して車を停止させる機能はない。

つまり、信号だけを見て歩くことは真実を見ないで歩くことになる。これは正に
幻覚を見ているのと同じだ。信号と実際の車の動きの両方を見て初めて真実を見て
いる事になる。

他のことでも同じ。近似してはいるが真実とは違っているものは沢山ある。
テレビを見ているだけなのに世界中のことを知ったかのような気になったりする
こともある。電話やメールで話しただけなのに直接会って話したような気になったり
することもある。それの積み重ねで妄想は膨らむ。

480 :マスター気取り:2010/11/02(火) 19:45:04 ID:lThnQXAl
一カ所間違えた。幻覚じゃなくて幻想だ。

481 :心と宗教:2010/11/03(水) 16:25:37 ID:T7XOq5Lh
>もう一つのルートとしてはブッダのように異常にあなたが安らかで美しかったり、
>OSHOのようにひるまず行動的だったり、
>とかく異常な魅力を持ち、それに周りの人が惹きつけられることです。

ごく希にそう受け取る人もいるかもしれないが、
この社会では、基本的には「変人」としか受け取られないような気がする。

素晴らしい文章や素晴らしい絵、素晴らしい言葉や素晴らしい行動をすれば
相手がそのように受け取ってくれるというのは完全に夢物語だ。
芸術関係とかクリエイティブな仕事に関わっていれば知ってるはずだ。

なので相手の悪口を言いまくっていたり、社会的にほめられない行動をしている人、
欲まみれに見える人の中にも所謂「悟っている」人はたくさんいると思う。
そう見えているだけかそう見せているだけか、それはそれぞれだろうが。

ま、外からは何もわかりはしない。どうやってもな。


482 :マスター気取り:2010/11/03(水) 17:04:18 ID:zln9CB9F
芸術というと、岡本太郎さんよかったよねえ。作った作品がというよりはあの人自身が。w

483 :心と宗教:2010/11/03(水) 17:09:52 ID:T7XOq5Lh
>>477
確かにそういう意味での自己観察が先かもしれないねえ。
言ってみるわ

484 :477:2010/11/03(水) 18:15:20 ID:7opBCB+q
>>479
私が最重視するのは車よりも、子供の存在だな。

例えば横断歩道の向こう側やこちら側に子供がいたら、私は信号無視を絶対
しない。状況判断能力が未熟な子供には、【信号を遵守した上で安全確認をする】
という作業が絶対必要になってくるからだ。故に私はその手本となる行動を
せねばならないと思うんだよ。

傲慢な上から目線と思われるかもしれないが、【子供は子供に注意を払えない】
という真実がある。例えば大人は、路地から子供が飛び出してくるかもしれない
から徐行しよう、と思える。しかし子供は、自動車が飛び出してくるかもしれ
ないと考えられても、【子供が飛び出してくるかもしれない】とは考えられない。
これは、非常に有効な大人と子供の境界線であると私は考えている。はっきり
言うと、精神的に子供な大人が路地で自動車を運転すると、物陰から【子供】が
飛び出てくるかもしれないと考えられないんだよ。なぜなら、【自分も子供】に
他ならないから。

交差点での振る舞いを想像したとき、そこに子供が現れてこなかった人は
自分に問いかけてみてください。

「私は大人として、子供達が安全に道路を横断できるようになるための
手助けを、果たしてしてきただろうか」、と。

485 :マスター気取り:2010/11/03(水) 18:52:20 ID:Nuv5cW2J
>>484
> 例えば横断歩道の向こう側やこちら側に子供がいたら、私は信号無視を絶対しない。

これは俺もほぼ同じだな。よほど急いでいる時でない限りは子供がいたら渡らない。子供は真似するからな。

486 :心と宗教:2010/11/03(水) 19:24:41 ID:T7XOq5Lh
俺もそうです。
まあ特に言わずとも一般的に大抵の人はそうでしょう。


487 :神も仏も名無しさん:2010/11/03(水) 22:29:43 ID:NCtWyoP7
子供が現れそうなところでは注意を払う
車も人もいないところでは赤でも進むこ場合がある
妥当な行動だと思うけど でもそれって選択だよね

488 :神も仏も名無しさん:2010/11/03(水) 22:49:27 ID:pR3a+ral
ここ信号いるか?ここはスピード出しても大丈夫、こんなとこに警察官はいない、
で信号無視、スピード違反、シートベルトなどで捕まりまくりの俺が通ります。

489 :!omikuji:2010/11/03(水) 22:54:40 ID:ool5XD10
ポリ居るか居ないか確認しなさい

490 :神も仏も名無しさん:2010/11/04(木) 15:07:37 ID:p1DpXZWp
「宇宙ホログラム説」、超高精度の時計で検証へ
http://wiredvision.jp/news/201011/2010110423.html



491 :神も仏も名無しさん:2010/11/05(金) 01:13:49 ID:IthdXtp8
例の人が規制されてるからこのところすごく静かだね。


492 :マスター気取り:2010/11/05(金) 02:03:57 ID:HMFTyn7O
あー。あの人。って誰?w

493 :心と宗教:2010/11/05(金) 06:54:39 ID:OsZkKca/
良くはわからないが
サマディのフリをしている人と、
その長年のツレのおばちゃんだろう

494 :心と宗教:2010/11/05(金) 20:29:34 ID:rPmojnS2
あの人はなぜあんなに神対及びオールドエイジを憎んでいるんだろうか。
実践してみてよっぽどひどい目に会ったんだろうな。。。


495 :神も仏も名無しさん:2010/11/05(金) 20:40:59 ID:IthdXtp8
憎んでいる、というより、ニューエイジビジネスの裏側をよく知っていれば、
ニューエイジビジネスの甘言に騙されている連中が愚かしく見えてしまうのだろうw

496 :心と宗教:2010/11/05(金) 21:18:11 ID:rPmojnS2
まあ実際にオールドエイジビジネスにだまされている人は多いが
全く何の効果が無いというわけでもなく、
実際にオールドエイジから如月英字に移行できた人もたくさんいるわけで。


497 :神も仏も名無しさん:2010/11/05(金) 21:52:01 ID:vcjl/e9B
ニューからオールドじゃ逆戻りだよ


498 :心と宗教:2010/11/05(金) 22:17:03 ID:rPmojnS2
そうなんだよな
本当は如月エイジをわかりつつ、あえてオールドエイジを行うってのが本筋なんだろうけどな。
難しい事は嫌い!如月エイジわかんない!という層がいて、
うまく金儲けに利用されてるのは確か。


499 :497:2010/11/06(土) 09:16:48 ID:gYyfWML1
まあ、こういう物事をひねくれた視点でしか考えられない人というのは面倒だね
オールドよりニューを支持する人が多いということは、
ニューの方がそれだけ人々の心に響いたということだよ

500 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 09:28:05 ID:Z1mzqlu1
あ、あの人を誘ってるの?
オールドとかニューは時代に沿った働きかけ方で教えの質には関係ないのよ。
オールドはその時代ニューだったし、ニューもオールドになるの。
ん、それならやっぱりニューのほうがいいのかしら。

501 :心と宗教:2010/11/06(土) 09:55:42 ID:dgnhROi7
いや、まだニューは特に決まってないよ。

502 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 10:45:58 ID:SlrWJDZr
相変わらずなんにもわかってないな。

ニューエイジは存在してもオールドエイジなんて存在しないんだよ。
ニューエイジを揶揄された神対信者が悔し紛れの稚拙な反応として
批判者に対してオールドエイジだと言い返しただけの話でねw

歴史の風雪に耐え生き残ってきた本物なのか、
それともその時代にしか通用しない一過性のブームなのか。
精神世界でいえば、前者が伝統的正統的宗教、後者が所謂ニューエイジ。
ニューエイジが悪質な点は、そこに商売が絡んでいること。
その仕組みを作った側は、それをビジネスとして捉えている。
しかし、ニューエイジに嵌っている連中は、
これこそ自分が探し求めていたものだ、と心酔してしまう。
そこがニューエイジと言う詐欺商法のたちの悪いところなのだ。

バッハやモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキー等は、
誰もが認める芸術家と言っていいだろう。これが言わば正統であり、文化である。

しかし、たとえば日本の80年代アイドルの音楽はどうか。
あんな奇妙な恰好で音楽性の欠片もない歌を今の時代歌っても、
ただただ滑稽なだけである。これらは単なるブームであって、正統でも文化でも何でもない。

神対を筆頭とするニューエイジとは、まさにこの80年代アイドルの如きものである。
何の品位も文化性も芸術性もない、単なるジャンクに過ぎないのである。
今ではすっかり忘れ去られてしまった『聖なる予言』。
20世紀末にブームになったこの本こそ、明日の『神との対話』の姿に他ならない。

503 :マスター気取り:2010/11/06(土) 13:29:21 ID:NQrb98+Z
全体の9割はカスだ。しかし、その9割のカスがないと本物の1割も出来上がらない。
カスが養分になっているためである。

504 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 13:51:53 ID:idza+ymS
「泳げタイヤキ君」「おどるポンポコリン」などは歴史の風雪に耐えて生き残ると思うがな
http://www.youtube.com/watch?v=Uql8KMi54VY
http://www.youtube.com/watch?v=IawOlk-6JLE

まあ、おまいにとって幻想であるはずの世界がどうにも消えないのは断固たる確固たる事実なのだが
「伝統的正統的宗教を実践しているからまだ大丈夫だ・・・」と思いたい気持ちは良く分かるよ

「伝統的正統的宗教を実践しているから大丈夫だ・・・大丈夫に違いない・・・
少なくともニューエイジより正しいはずだ・・・いや、正しいのだが・・・
しかし・・・もしかして・・・うわぁ・・・ギャアー◇*○×★!」

♪あーこりゃこりゃ♪
(:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_ (:D)| ̄|_
♪あーこりゃこりゃ♪

505 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 14:23:24 ID:63VhHWdQ
神がこの世界の根源であるなら、全ての現象は神との対話じゃないのですかねえ?
それとも、全てを包括する神ではなく神道の神様みたいな神なんでしょうか

506 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 15:44:21 ID:Y1EDUCpv
風雪に耐え抜いてきたから正しい「はず」だ。

これだけが心の拠り所だからなあw

あほらし...

507 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 16:10:27 ID:SlrWJDZr
>>504

>「泳げタイヤキ君」「おどるポンポコリン」などは歴史の風雪に耐えて生き残ると思うがな


ハハハ                             イキデキネーヨ
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ハライテ-       ゲラゲラ
   ( ´∀`) < わははは         ∧_∧       〃´⌒ヽ       モウ カンベン
.  ( つ ⊂ )  \_______   (´∀` ,,)、      ( _ ;)        シテクダサイ
   .)  ) )   ○   ∧_∧      ,, へ,, へ⊂),     _(∨ ∨ )_     ∧_∧ ○,
  (__)_)  ⊂ ´⌒つ´∀`)つ    (_(__)_丿      し ̄ ̄し     ⊂(´∀`⊂ ⌒ヽつ
          タッテ ラレネーヨ


面白い面白いwww
お前の知的レベルと教養が窺い知れるレスだなww  
ポップスでも芸術の域まで達するものはあると思うがねw
しかし、いくらなんでも泳げタイヤキ君におどるポンポコリンはないだろwwwwwwww

例えばね、Benny Goodman Quartet のこれね、

World´s waiting for the sunrise
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=cUx1n4GA0pQ

これは1944年のハリウッド映画の中の一こまだが、
時代は第二次世界大戦の真っただ中なわけだ。
で、Big Bandのswing時代はそろそろ終わりつつあり、
これからバップ(モダンジャズ)の時代に入っていくちょうど端境期。
この演奏自体はまだswingスタイルだが、立派なもんでしょ。
まだ音楽がロックによって汚染される前の、
お前らの好きな言葉で言えば、波動の高かった時代ね。
こういうのを芸術って言うんだよw

508 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 16:19:52 ID:SlrWJDZr
>>506
はず、じゃないんだよ、風雪に耐え生き残ってきたものはそれだけで価値がある。
つまり、正しい、ということ。渡部昇一先生もよく言及されるところの死者の民主主義。

神対は、著者が韓国カルトに広告塔になっており、すでにもうダメポwww

品位、風格にも関係のある「センス」の問題。ニューエイジは押し並べて臭くて下品なのだw


ところで、

以前、ある人からアースメーションの故・田島幸雄氏の残した資料を借りて読んだことがある。
そこには、1940年代から1960年代頃のジャズを聞き続けることで、
そういう「センス」が自然に養われていく、ということが書かれていた。
それ以降の音楽、特にロックは最悪の波動、それを聞くだけである種の憑依を受ける、
というくらいのレベルの低い音楽環境に地球全体が汚染されてしまった、
というような趣旨のことが書かれていて、実に興味深い文書だった。

ルディ・バン・ゲルダー・スタジオ録音のブルーノートレーベルは特に秀逸だと。
だけどジャズ、特にハードバップの類いは、恐らくニューエイジャーたちの最も苦手とする音楽だろう。
悪趣味なヒーリングミュージックなんかを好んで聞くような種族だからなw



509 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 16:59:14 ID:idza+ymS
>>507
「World´s waiting for the sunrise」なんぞ歴史の風雪にすっかり埋もれて誰も知らないのだがなwwwワッハッハwww

とりあえず「泳げタイヤキ君」の歌詞をよく聞いてみろ
そして如何に深遠な曲なのか思い知るがいいwww
感動の涙を流せwww

510 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 17:23:52 ID:SlrWJDZr
>>509
はいはい、おどるポンポコリン、お前の頭の中もポンポコリンwww

ハードバップの世界なら、一般大衆は誰も知らない音楽ばかりだがなw
真の芸術、芸術家は、安っぽい一般大衆受けをむしろ拒む。

一般大衆受けするものに本物なし。そう、神対もニセモノということw

お前は、このリアルに存在しているはずの世界で負け組のまま、
何も達成できず、泳げタイヤキ君に自分の運命をなぞらえ、
ゴミとして処理されていく人生の行く末に思いを馳せればよかろう。

かわいそうにwww

511 :心と宗教:2010/11/06(土) 17:24:48 ID:39WwWZqa
まあまあ落ち着きなはれ。
いかにも2chでござい、みたいな話し方しちゃってさあ。
普通に話す風に話せないのかい、君らは。
「俺今2chに書き込んでる!ウッフフ!」とか思ってるんじゃないだろうか

512 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 17:28:09 ID:mjwGvuLS
>>505
本当は対話する必要ないんだけどね。対話するということは対話する別の存在が必要になるわけで。
一体それは何だ? ということになる。

513 :心と宗教:2010/11/06(土) 17:29:10 ID:39WwWZqa
あと音楽は聴くんじゃなくって作りなさい。
聞くのと作るのじゃあ、まったく雲泥の差やで。
聞いてるだけじゃ何一つ音楽について理解などできないぞ

514 :マスター気取り:2010/11/06(土) 17:31:11 ID:mjwGvuLS
俺今2chに書き込んでる!ウッフフ!

515 :心と宗教:2010/11/06(土) 17:31:58 ID:39WwWZqa
じゃ、俺も今2chに書き込んでる!ウッフフ!


516 :マスター気取り:2010/11/06(土) 17:40:24 ID:560geEDl
ウッフフ

517 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 17:43:15 ID:n3Kmoq77
泳げたいやき君に感動している人間がいることに感動するw

キンモーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ☆☆☆

518 :マスター気取り:2010/11/06(土) 18:44:49 ID:C5oXletx
ウッフフ

519 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 19:37:08 ID:mm+EUBR/
知り合いに精神科に通ってる人でメタルに詳しい人がいる
高校の頃からいろんなバンドのCD買い集めてCDラックに物凄い量のCDがあるそうだ

520 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 22:23:46 ID:mR4Pkfe2
>ID:SlrWJDZr

せっかくだから自信に満ちた君の音楽の好みでもきいてみたくなったw

JPOP、洋楽、クラシック、その他の世界音楽

簡単にジャンル分けしてみた。それぞれのジャンルから君の心に響いた曲をそれぞれ3曲ずつ紹介してほしいw



521 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 23:29:28 ID:ptsurDFz
それより本人が作った曲を聴かせてもらうのが一番早いっしょ。
誰か他人が作った曲の好みなんか聞いてもなあ・・・・
まさか作り手でも無いのに音楽を語るなんて・・・・無いよね・・・?

522 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 23:32:01 ID:mm+EUBR/
音楽の話題ねえ…
音楽も宗教から来てるからそういう話題もいいかも

実はジャズのほうが薬物中毒者多いらしいよ
即興でいいメロディーラインを作る為だとか

523 :神も仏も名無しさん:2010/11/06(土) 23:59:39 ID:SlrWJDZr
>>520
無理無理w
J-POPなんて聞かないしw

それより嫌いな音楽のスタイルについてなら語れる。
音楽を通じて平和を訴える、とか言う奴ね、ジョン・レノンみたいなw
だったら音楽じゃなくて言葉で訴えればいいだけじゃんw

音楽というのは音楽でしか表現できない何かを表現するためのものであって、
それで政治的意思を表明したり、環境問題を訴えるってのは邪道だねw



524 :神も仏も名無しさん:2010/11/07(日) 00:17:38 ID:+Spb4KcL
ロックの波動で憑依とかどんだけオールドエイジなんだよ

525 :神も仏も名無しさん:2010/11/07(日) 00:32:09 ID:f09ofbJX
憑依されてうひょーい!

526 :神も仏も名無しさん:2010/11/07(日) 02:17:48 ID:J3zAuo61
ヴィジュアル系(笑)という少年少女に悪影響な音楽の時代は終わった
jpopも廃れてきた
これからはアニソンの時代になる

527 :マスター気取り:2010/11/07(日) 04:25:13 ID:MA+EeF5r
うひょーい!

528 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 01:51:39 ID:xNLRVZu2
神は天使しか送ってないって書いてあったじゃん
とんでもない奴と出会ってから人生ずっと苦しまされてるんだが

529 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 01:56:03 ID:xNLRVZu2
人生で一番最初に会ったエネルギーバンパイア
俺を日記帳代わりにしたり見下してきたりやられたい放題されて
ずっと苦しまされてるんだが

530 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 02:06:42 ID:d4dKFZpH
「苦しまされてる」
スレ違いだよ。神対だとそれは自分が原因。

531 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 08:21:34 ID:BE+fNu4R
>>528
天使なんて書いて無いだろ

532 :マスター気取り:2010/11/08(月) 12:45:17 ID:SH9WrczN
>>528
それも天使だ。しかもあなたが頼んでやらせている。あなたはそのことを忘れただけ。

533 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 14:16:23 ID:xNLRVZu2
オールドエイジは綾波レイみたいに「私はあなたじゃないもの」って言われたらどうすんの?

534 :マスター気取り:2010/11/08(月) 15:08:09 ID:SH9WrczN
オールドもニューもないと思うんだがなあ。表現が違っているだけで。

但し魂が成長するとかずっと言い続けているやつは怪しい。変化するのはエゴだ。
エゴの状態は仕入れた知識や体験で変化するがそれはフィルムを入れ替えると
別の映画が上映できるというのと同じことなのでそういった変化する部分は重要な
部分ではない。最初から最後まで変化しない映写機やスクリーンの方を見出す
ことの方が重要だ。

535 :心と宗教:2010/11/08(月) 16:13:30 ID:pv6ajXNq
オールドエイジは「私と貴方はひとつです。」
如月英二は「私はありません。あなたもありません。ひとつというのは数値という考え方です。」
表現する方便のレベルが違うだけだな。


536 :マスター気取り:2010/11/08(月) 18:02:49 ID:SH9WrczN
全ては一体で一つしかないとなるとそれ以外がないので一つと数える意味もなくなる。
数えることが出来るのは境界線があってそこで分離している場合だ。

537 :神も仏も名無しさん:2010/11/08(月) 23:34:38 ID:Ic1wnFse
自分で動き出さなきゃ 何も起こらない夜に
何かを叫んで自分を捜せ
Wow WawWar WowWar tonight Wow WawWar WowWar forever

538 :神も仏も名無しさん:2010/11/09(火) 12:48:42 ID:JWG56K6u
私たちはひとつだという言葉がありますが、
実際にはどういうことなのでしょうか?
誰がそれを発見したのでしょうか?
見たのでしょうか?
私たち一般人はそれを感じることができるのでしょうか?
もし感じたとしてどうなるのでしょうか?
どういうイメージを持って良いのかわかりません。
周りのスピリチュアルな感じの人は、
私たちはひとつだと言って、その時はなんとなく幸せそうな顔をしていますが、
それ以外の時はすぐに怒ったり怖がったりしています。
それがなんとなく私には偽善っぽく見えるというか口だけ唱えて恐怖を見ないようにしている
だけなんじゃないのかな、とか思ってしまいます。
そのあたりの事を詳しくわかる人、何か意見はありませんか


539 :神も仏も名無しさん:2010/11/09(火) 14:33:21 ID:xFhnTBp/
恐怖を見ないようにしているとはどういうこと?
私達はひとつであることと恐怖を避けているということの関連性が分からない

540 :マスター気取り:2010/11/09(火) 22:28:00 ID:KiwZEQeJ
>>538
一体であることを体感するということだよ。主観的にそう感じるということ。
切り離されてバラバラになっていないということでもある。

ただ、これが完全に体感出来るとしたら悟った人だと思う。悟る前に悟りの世界を
チラ見(三昧とかサマーディと呼ばれる状態)するようなことがあるが、それでも
なんとなくはわかる。チラ見なので元に戻ってしまうのだが記憶に残っているので
少しは伝えられる。

で、スピ関係のだいたいの人はよくてもチラ見しただけだと思う。要するにまだ
完全ではなく元に戻ってしまうので少しは伝えることがは出来ても完全には体現
出来ない。だから恐れや執着が他人から見ても分かるぐらい大きく残っている
ことがある。

まあしかし人のことは気にせず放っておけ。肝心なのはあなたが悟ることだ。
あなたが悟れば他の人がどうであろうがそんなことはどうでもよくなる。

541 :トシ ◆Z9TaEykyCQ :2010/11/10(水) 18:32:41 ID:WYnhlqWx
>>538

一体であるということは全てにおいて分断、差別、分離がない事だと思います。
しかし一体であること(ひとつであること)を実感するには、そうでない事を
経験しないと実感できないんだと思います。
例え悟りに達して一体であることを完全認識したとしても必ず分離も経験します。
それは死後の世界でも同じでしょう。
私達は生まれてくる前、完全にひとつだったのです。
そして、前世で果たせなかったアジェンダを果たす為にこの世に生まれたのだと
思います。なんかうまく伝えられません。申し訳ないです。

542 :トシ ◆Z9TaEykyCQ :2010/11/10(水) 18:39:27 ID:WYnhlqWx
思考のコントロールをするのはいいかもしれません。
神との対話でも思考のコントロールを祈りと呼ぶ人がいると書いて
ありますよね。
私達は神と一体である。私達はひとつである。全てと一体である。
と心の中で何度も唱えてみると良いと思います。
最初はごまかし(言葉が悪いですけど)のように感じられてもそのうち
精神が再創造されると思います。
こんな偉そうな事を言ってる僕も怒りもいらだちも悲しみも不満も
沢山経験します。おそらく宇宙根源の神もそうでしょう。

543 :神も仏も名無しさん:2010/11/10(水) 23:58:33 ID:KX0Tuq1T
(´(ェ)`)<
物質の基本単位ともいえる原子は顕微鏡で見てみると、ほとんどがスカスカな状態なんですね。
粒のように見える原子核や電子なども同じで、もっと拡大して見ていくとやはりスカスカです。
最終的には姿形はなくなって「あらゆるところを満たしている何か」が揺れ動いているとしかいえない状態になってしまいます。
私たち形あるものはその「満たしている何か」「一なるもの」の動きの違いでしかなかったわけですね。
( ・ω・ )<
フム。ちなみに瞑想などを続けておると、その溶け合った感覚、全てに満たされている感覚などを実感することもできるぞい。
それとな喜怒哀楽はその「満たしている何か」「一なるもの」=神さんの持つ無限の可能性の一つであって決して悪いものではないんよ。

544 :トシ ◆HQ0PPR48m6 :2010/11/11(木) 02:01:42 ID:fZ1WpR3D
神との対話  世界的真実より  

わたしは、すべてを一度に創造した。
その全てがたったいま、同時に存在している。
あなたがたがいう「老いた」とか「若い」というのは、ある魂の認識が
どんな水準にあるのか、存在のどの面にあるのか、ということだろう?
あなたは存在のすべての面であり、存在するもののすべての部分だ。
どの部分も、そこにはめこまれた全体意識をもっている。
どの要素も、全体の痕跡を宿している。「認識」とはその目覚めた意識の
体験だ。あなたの存在のすべての面が、自分に気づくということ。
言葉どおりの意味で、自己を認識することだ。
つぎにだんだんと他のすべてに気づく。それから、それは他ではない、
すべてはひとつだと気づく。それから、それは他ではない、全てはひとつ
だと気づく。そして究極的にはわたしに気づく。荘厳なる私に!

545 :心と宗教:2010/11/11(木) 08:27:57 ID:5MtdJXhx
くまたん、こんばんは

546 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:04:52 ID:+K3wH7B0
サマディついに解脱してこの世を去ったか、めでたしめでたし

547 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:13:13 ID:GiO4vX6p
時間が掛かったが引き寄せ無事完了

サマディ「私の居ないスレを引き寄せてごらんw」

548 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:20:47 ID:+L4TIb6+
>>546 >>547
残念だったなw 引き寄せには失敗したようだな神対信者ww

余計なひと言さえ書き込まなければ、俺を引き寄せずに済んだのになぁwww

549 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:22:35 ID:+L4TIb6+
ゲイリー
ぼくたちに結局は悪夢に変わるようなこんな夢を見させておくなんて、神はあんまり
愛情深くない、と言う人たちもなかにはいるよね。それについては、どうなんだろう?

アーテン
そういうことを言う人たちが、次には逆に神がこの世界を創ったなんて言いだすんだから
おかしい! 神が愛情深くないだなんて。きみの質問に答えるなら、
神がきみたちにこんな悪夢を見させているのではない。夢を見させるとすれば、
「彼」はそもそも分離という考え方を認めなければならない。だが「神」はそんなことは
していない、と前にも言っただろう。「彼」が認めていないからこそ、
依然としてきみたちが目覚めるべき完璧な「一体−−−ひとつであること」が
存在するんだよ。

ゲイリー
だけど、神は「一体−−−ひとつであること」のなかでは「彼自身」を経験できない、
「彼」が「彼自身」を経験するにはこの世界を創ってそこに住むしかない、
と考えている人たちもいる。そしてたとえば 「 神 と の 対 話 」 シリーズのように、
そう言っている著者や教師に耳を傾ける人もたくさんいるんだよ。

パーサ
そういう人たちはもっと深く見つめれば、神を狂気だとみなしているとわかるでしょう。
あなたは天国で神とともにあるのに似た神秘体験をしたわね、そうでしょう?

ゲイリー
そう、したよ。

パーサ
この世に比べて天国はどんなだった?

ゲイリー
比較にならないさ。天国ではぼくらが神なんだから。

550 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:39:38 ID:+L4TIb6+
パーサ
でもそれは目覚めのような体験だった、そうじゃない?

ゲイリー
そう、確かにそうだった! この世のどんなものよりすばらしい体験だったよ。

パーサ
それなら、わかるでしょ。神が「彼自身」を評価し楽しむために
二元性を経験しようとしてこの世界を創ったという考え方は、セックスを経験して
楽しむためには腹を一発殴らなければならない、というのと同じようなものだわ。
そんなはずはないじゃないの。苦痛は自分が神から自分自身を引き離した
と考える罪悪感の結果です。現実の楽しさを経験するために苦痛を経験する
必要はないのよ。でも現実に戻るためには、痛みと苦しみを赦して
捨てなければなりません。Jはそのことについては「コース」のなかで
これ以上ないほどはっきりと語っているし、あなたが耳を傾けるべきは
彼の言葉なのよ。

551 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:40:48 ID:+L4TIb6+
Jの言葉
「エゴから、生命や無辜と対立し、さらに神ご自身の意志と対立する罪や
 罪悪感や死が生じる。そのような対立物が存在するところとして、
狂気に献身して天国の平和に反対する常軌を逸した病んだ心以外の場が
あるだろうか? 確かなことがひとつある。罪も死も創り出さなかった神が、
あなたがたを罪や死に縛りつけるはずがない。彼は罪もその結果も知らない。
葬列の埋葬布に覆われた遺体は、創造主を称えて行進するのではない。
創造主のご意志は彼らが生きることだ。
彼らはそのご意志に従っているのではなく、反している。」

ゲイリー
すごいや。それなら彼は身を隠すのをやめて、ほんとうはどう感じているかを
言ってくれるべきだよな。すると片方には神が「彼自身」を経験するために
対極を作り出したという人たちがいて、こっちではJが、すべてを包み込むものに
対極はない、狂気の者だけが対極が存在し得るか存在するはずだと考えるだろう
と言う。こう考えていいのかな?

パーサ
そうよ。

『不死というあなたの現実』より

552 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:48:15 ID:+K3wH7B0
>>548
本当は何も起きていないんだろ?wなんで反応してるんだ?ww

553 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:53:23 ID:+L4TIb6+
>>548
何度同じことを言われても理解できんのだな、お前のような真性の馬鹿はw

・本当は何も起きていない→勝義諦

・しかし、今は起きているように見えるじゃないか、だからそれを方便として使おう→世俗諦

尤も、初代の本物のサマディがどんな意見なのかは俺は知らんw

どちらにしても、お前らがヒステリックに反応し、気に入らない意見の持ち主を誰彼構わずサマディ認定して排斥しようとした、
その代償として俺に居座られ続けているというわけだ(ケケケ

ざまあみやがれwww

ほれほれ、引き寄せの法則を駆使して俺を消してみろ、低学歴の負け組くんww

554 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:54:30 ID:+L4TIb6+
おっとレスアンカーは>>552なw

555 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 16:56:50 ID:+L4TIb6+
質問者
 バガヴァーンはマーヤー(幻想)と実在が同じものだと言われます。どうしてそれが可能なのでしょうか?

マハルシ
 シャンカラチャーリヤは彼のマーヤーの見解について、人びとから理解されないまま批判された。
彼はこのように言った。

(1)ブラフマンは実在である
(2)宇宙は非実在である
そして
(3)宇宙はブラフマンである

彼は第二番目のところで止まらなかった。
なぜなら、第三番目が他の二つを説明しているからである。
それは、もし真我として知覚されれば宇宙は実在であり、
真我から分離したものとして知覚されれば宇宙は非実在だということを意味している。
したがって、マーヤーと実在はひとつであり、同じものなのである。
(『あるがままに―ラマナ・マハルシの教え』325ページより)

556 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 17:04:57 ID:+L4TIb6+
最初に世界を否定して、後に世界を肯定する。
ACIM(A Course in Miracles; 奇跡のコース)も同様の構造を持つ。

Workbook(学習書)の最初の部分では
「自分が見ているものには何一つ、なんの意味もない」
「自分は何一つ、今あるがままに見てはいない」
「自分の気が立っているのは、無意味な世界を見ているからである」
「神は無意味な世界を創造なさらなかった」
のように世界の否定で始るが、
「この世界については、もう一つ別の見方がある」
「自分の心は神の御心の一部。自分はとても神聖である」
「自分の神聖さがこの世界を祝福する」
のように変容するのである。

第2番目の所で止まり、世界を否定する所で止まっている人の何と多いことでしょう。
それと2番を通過せずに、3番だけを主張する人も沢山いますね。

以上、mixiの某コミュより

557 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 18:31:32 ID:+K3wH7B0
なんだACIMって神との対話と全く同じじゃないかw

558 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 18:58:45 ID:GiO4vX6p
>>555
>(3)宇宙はブラフマンである
(3)宇宙に地球や銀河系は含まれているのかね?

559 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 19:18:29 ID:+L4TIb6+
>>557
馬鹿ですか? 馬鹿なんでしょうねw

560 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 19:39:28 ID:+K3wH7B0
>>559
結局世界を肯定するなら神との対話と同じだね

561 :心と宗教:2010/11/11(木) 19:45:51 ID:9f5NnxQR
ACIMって言っても、人によって解釈の違いがあるからな。
中でも日本では一番有名な神使者のゲイリーはワプニクとか他の人の解釈と結構違ってる。
神対を否定とかいうのは完全にゲイリーの独断。

562 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 19:50:25 ID:+L4TIb6+
1の世界と3の世界が同じだと思っている知的障害者w

563 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 19:54:19 ID:+L4TIb6+
>>561
仏教やアドバイタも神対のことは否定するなw
というか、はじめから相手にもしていないとw

何しろ著者が、韓国カルトの広告塔だしなぁw

564 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 20:21:07 ID:GiO4vX6p
>>555
ラマナが一番目から三番目まで到達しているならブラフマンは地球も含んでいるんじゃないのか
ラマナ自身が地球上でその質問者に答えているからな

565 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 21:00:14 ID:+K3wH7B0
>>562
1の世界も3の世界も同じだろうね
それを見る人の心によって変わるという話だからね

566 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 21:25:17 ID:+L4TIb6+
見る人の「心」によって変わるんだそうだwww

567 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 21:32:34 ID:GiO4vX6p
好きな人から告白されたら即座に世界が薔薇色に変わると思うが
された事ないけどな

568 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 21:51:36 ID:+L4TIb6+
(1)ブラフマンは実在である
(2)宇宙は非実在である
(3)宇宙はブラフマンである

宇宙は非実在である、という段階で、我々がリアルに存在していると思い込んでいるこの宇宙は否定されている。
宇宙はブラフマンである、という段階での宇宙とは、我々にとってはまったく未知である。
宇宙はブラフマンであるという段階にもない人間に何がわかるというのか?w



569 :マスター気取り:2010/11/11(木) 22:08:56 ID:MtbHx8Ub
猫のニクキュウはブラ(ry

570 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:00:00 ID:qpq3PyJV
>>555
神対やバシャールが語っていることと一緒だね。
この世界は幻想だけど、その幻想の中にいる間はあなたにとってそれは現実である。
故にこの世界について語る時はこの世界の目線から語ることが必要だと。これが常にこちら側の主張だった。

以前の君の主張なら1と2のみで3はなかった。ただ宇宙も世界も自分も存在しない。
1と2は別ものだからつながりも関係もない。そんなものは最初から存在しなかったのだというものだった。
いつから方向転換したんだい?それはいいとしても立場を擦り替えるっていうのは良くない。

571 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:13:21 ID:+L4TIb6+
>>570
ウソばっかりw
そんなことはお前は言ってなかったぞw

この世は幻影だが、神が創造した必要性のある幻影だ、というのが神対信者の主張だw

この世界は意味のない幻影に過ぎないというのが勝義諦だが、
しかし、現段階ではこの世界はリアルと映るのだからそこから始めることが肝要だ(世俗諦)、
というのはこちらの主張であってねw

平気でそういうウソをつくのが神対信者の常套手段だな。

いつから方向展開したんだ? というのはこちらの台詞だよww

そもそも、>>555のコピーは、随分前に神対と神使の共通点相違点スレに俺が投稿したものだ。
ウソはいかんな、ウソはwwwww

572 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:19:10 ID:+L4TIb6+
(3)宇宙はブラフマンである

と言う時の宇宙とは我々にとっては文字通り想像することさえ出来ない。
少なくとも我々が認識しているような意味での宇宙、
リアルに存在しているように見えるこの世界のことではない。

ところが自らの存続だけが唯一の目的であるエゴにとっては、
まさにこの文言だけを取り上げて、
幻影としての世界はやはり存在するのだ!
世界は存在するのだ! 世界は消滅しなくてもいいんだ!
とこう解釈して欣喜雀躍するわけさw

まさに、

>それと2番を通過せずに、3番だけを主張する人も沢山いますね。

というmixiでのコメントの通り。

573 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:31:36 ID:qpq3PyJV
わかっていないようなので別の言葉で言い換えてみよう

(1)大いなる自己は実在である
(2)大いなる自己が見ている夢は非実在である
(3)大いなる自己が見ている夢は大いなる自己である

もし真我として知覚されれば宇宙は実在であり、真我から分離したものとして知覚されれば宇宙は非実在だということを意味している。
したがって、マーヤーと実在はひとつであり、同じものなのである。

夢を見るものなしに夢を見ることなし。投影するものなしに投影されるものなし。故に全ては実在である。

574 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:36:18 ID:qpq3PyJV
もし真我として知覚されれば真我の見ている夢は実在であり、真我から分離したものとして知覚されれば真我の見ている夢は非実在だということを意味している。
したがって、マーヤーと実在はひとつであり、同じものなのである。

575 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:38:24 ID:+L4TIb6+
>>573
何も分かっていないようなので説明してあげよう。

(1)ブラフマンは実在である
(2)宇宙は非実在である
(3)宇宙はブラフマンである

ブラフマンは実在である、ということを悟ったとき、宇宙が非実在であった、
つまり、今我々がこうして認識している宇宙などそもそも存在していなかったことに気づく。
さて、そのとき、ブラフマンが認識する真実とは何か。
それはエゴである我々の想像を絶する。

大いなる自己が何かもわからない知らないお前(エゴ)が、
大いなる自己が見ている夢について語っている、その滑稽さを思い知れw



576 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:40:54 ID:+L4TIb6+
>>574
ははは、まったく間違っているw

マーヤなど本当は実在しない。
実在しないものが、どうして実在するものと一つであり得よう?

お前は観念を弄っているだけであり、エゴの生き残りのために奔走しているだけなのだよ。
ところがそのエゴなんてものは本当は実在していないw
実在していないものが、実在を維持するために奔走する、その滑稽さを思い知れw

577 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:46:08 ID:qpq3PyJV
(リピート)
もし真我として知覚されれば真我の見ている夢は実在であり、真我から分離したものとして知覚されれば真我の見ている夢は非実在だということを意味している。
したがって、マーヤーと実在はひとつであり、同じものなのである。

578 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:55:33 ID:+L4TIb6+
(リピート)

マーヤなど本当は実在しない。
実在しないものが、どうして実在するものと一つであり得よう?

お前は観念を弄っているだけであり、エゴの生き残りのために奔走しているだけなのだよ。
ところがそのエゴなんてものは本当は実在していないw
実在していないものが、実在を維持するために奔走する、その滑稽さを思い知れw



579 :神も仏も名無しさん:2010/11/11(木) 23:59:56 ID:qpq3PyJV
(リピート)君が貼り付けた言葉
彼は第二番目のところで止まらなかった。
なぜなら、第三番目が他の二つを説明しているからである。
それは、もし真我として知覚されれば宇宙は実在であり、
真我から分離したものとして知覚されれば宇宙は非実在だということを意味している。
したがって、マーヤーと実在はひとつであり、同じものなのである。
(『あるがままに―ラマナ・マハルシの教え』325ページより)

580 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 00:01:55 ID:+L4TIb6+
>>579
それはお前の主張したがっている意味とは全く違うw

だから、その滑稽さを思い知れ、と言ってるんだが理解できないようだなw

581 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 00:11:46 ID:AkxE1JeS
質問者
そうだとすれば、世界は、本当は幻影ではないのでしょうか?

マハルシ
真理の探究者の段階では、あなたは世界が幻影だと言わねばならないだろう。他に道はない。
ある人が、自分は実在であり、永遠に、すべてに遍在するブラフマンだということを忘れ、
はかない身体であふれた宇宙のなかのひとつの身体を自分自身だと思い込んで、
その迷妄ゆえに苦しんでいるとき、あなたは彼に世界は非実在でしかなく、それは迷妄なのだ
ということを気づかせなくてはならない。なぜか? なぜなら、真我を忘れた彼の視野は、
外側の物理的な世界の中に浸っているからである。あなたが外側の物理的な世界は非実在だ
ということを彼の心に焼きつけない限り、彼が内側に向かい内観することはないだろう。
ひとたび彼が真我を実現すれば、彼自身の真我以外に存在するものは何もないと知るだろう。
そして彼は宇宙全体をブラフマンとして見るようになるだろう。
真我を離れて宇宙は存在しないからである。

582 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 00:19:34 ID:AkxE1JeS
マハルシ
もしあなたが真理を、ただ真理のみを求めるならば、世界を非実在として受け入れる以外に方法はない。

質問者
なぜでしょうか?

マハルシ
その理由は明らかだ。世界が実在だという考えをあなたが捨て去らない限り、
あなたの心はいつも世界を追い求めるからである。存在するものは実在だけであるにもかかわらず、
現れを実在と見なせば、実在そのものを知ることはけっしてできないだろう。
このことが「ロープの中の蛇」という類比によって説明されている。
あなたは騙されて一本のロープを蛇だと信じ込むかもしれない。
そこに蛇を見ているかぎり、ロープを見ることはない。あなたにとっては実在しない蛇が実在し、
本物のロープがまったく実在しないように見えるのである。

583 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 00:22:06 ID:AkxE1JeS
マーヤと実在は一つである、ということの意味は、
このように、蛇とロープは同じだと言っているのではない、ということ。

エゴの消滅=(我々が在ると思い込んでいるこの)宇宙(蛇)の消滅。



584 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 10:37:42 ID:xf9CEtiE
>>568
>宇宙はブラフマンである、という段階での宇宙とは、我々にとってはまったく未知である。
結局君はラマナの言う3番目の段階に到達出来なかったのか
それではラマナの言う事が正しいか否かは君も未確認ではないか

585 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 12:37:17 ID:AkxE1JeS
>>584
同様に君もまた何も知らないではないか。
しかし、ラマナ以前にも以降にも“そのこと”の証言者はやまほどいるのだ。
それを指針としている人たち、その道を歩んでいる人たちを
君は否定したり阻害することはできない。

586 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 12:58:26 ID:xf9CEtiE
日本には言論の自由がありますが何処の国の方でしょうか


587 :心と宗教:2010/11/12(金) 13:04:25 ID:Pe+zJ4DF
くまたん王国です。
そんなところに行きたいです

588 :心と宗教:2010/11/12(金) 13:11:05 ID:Pe+zJ4DF
まーやー?

589 :心と宗教:2010/11/12(金) 13:11:46 ID:Pe+zJ4DF
摩耶さん・・・・?

590 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 13:21:33 ID:DzWW8Otq
>586
気に食わない意見を排除しようとする人は独裁国家へ移住して下さい。

591 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 13:24:22 ID:/QGFiUeZ
>>585
今まで散々ニューエイジ派の阻害をしてきたお前がよく言えるよな

592 :心と宗教:2010/11/12(金) 13:46:01 ID:Pe+zJ4DF
まあ、まあ落ち着けよ。
またいかにも2CHでございって感じかいな。
2CHで2CHみたいな書き込みっておまえらひねり無しなのかい?
なんかこう、日常を語るみたいに、たとえばtwitte感覚で使ってみたりしないのかい、kみたちは

593 :心と宗教:2010/11/12(金) 13:59:15 ID:Pe+zJ4DF
はちおーじなう

594 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:11:54 ID:DzWW8Otq
>591
誰と勘違いしているのだろうか。

595 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:22:11 ID:xf9CEtiE
DzWW8OtqがサマディでAkxE1JeSが偽サマディという事か

596 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:35:00 ID:xsg5XhQO
2chなうなう

597 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:35:00 ID:DzWW8Otq
そうやって気に入らない人をサマディ認定したり、河合君を集団で(含自演)いじめたりした結果、
スレがここまで荒廃しました。
自業自得です。

598 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:36:32 ID:xsg5XhQO
いや、サマディとかもう遠い世界のボケスレになってるよ。
自業自得も何も、サマディとかそんな話をしている人は
ほとんどいないよ。
まあ君にはそう見えるんだろうな

599 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:44:26 ID:/QGFiUeZ
>>597
やっぱお前サマディだわw
そんなこと言うのはサマディしかいないんだなw

600 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 15:57:38 ID:xsg5XhQO
じゃあ俺も言ってみますね。

そうやって気に入らない人をサマディ認定したり、河合君を集団で(含自演)いじめたりした結果、
スレがここまで荒廃しました。
自業自得です。


601 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 16:10:14 ID:xf9CEtiE
そうやって気に入らない人をサマディ認定したり、河合君を集団で(含自演)いじめたりした結果、
スレがここまで荒廃しました。
自業自得です。

と復唱するのは誰でも言えるがオリジナルはサマディ御本人

602 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 16:10:44 ID:xsg5XhQO
すいません。思い上がってました

603 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 16:18:46 ID:xsg5XhQO
  ,j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;  そうやって気に入らない人を
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  サマディ認定したり(略
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙  と唱えればサマディになれる、
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;> そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f   俺にもありました・・・・
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!


604 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 16:39:20 ID:DzWW8Otq
神との対話スレがなぜこうなったのか、
このやり取りだけで第三者には十分伝わるものがあるだろう。

605 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 16:42:59 ID:xsg5XhQO
マジでどんなスレであれ、ボケスレになるのは良いことだと思うが・・・・
他県の人にとってはわからないが。


606 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 17:20:44 ID:BbaOljmv
ID:xf9CEtiE=ID:/QGFiUeZ

今までいったい何人の人間がこいつにサマディ認定されてきたかw

サマディ連呼厨はネトウヨ連呼厨同様、どこかの組織(脳呼吸とか脳呼吸とか脳呼吸とかw)の指示を受け
情報操作と印象捜査に励んでいることは間違いなかろうw

いずれも朝鮮半島人特有の粘着質気質で、ずっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと恨み続けネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチ絡んでくるのが特徴www

607 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 17:31:10 ID:/QGFiUeZ
河合が神対と関係のないコピペを大量に連投していたことや
神対派に拷問させろなどと暴言を吐いていたことは完全無視で
一方的に神対派が河合をイジメていたと思える基地外脳を持った人はサマディしかいないのです

608 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 17:45:31 ID:BbaOljmv
大天国に関係のないコピペを大量にされたから、

 愛 な ら 今 何 を す る か 

という神対の教えに乗っ取り、

脳呼吸をやりながら嬉々として大天国をイジメ抜いて排除してやりました。

李承憲教祖様、私たちを誉めてください♪♪www

ケケケ

609 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 20:07:07 ID:/QGFiUeZ
ネトウヨサマディは韓国=悪と思っているようだw

610 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 20:39:31 ID:BbaOljmv
朝鮮人=悪に決まってるだろw 2chやってりゃそれが常識w

脳呼吸について言及すると途端に勢いがなくなる神対信者w
どう言い訳しようにもニールが広告塔になっている事実は否定できないしなぁwww

611 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 20:41:01 ID:BbaOljmv
実在しないネトウヨを連呼し、もうとっくにいなくなってしまったサマディの幻影に恐怖しサマディ連呼しwww

間抜けな朝鮮人にもその最期の時が近づいている(ニヤリ

612 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 20:43:38 ID:/QGFiUeZ
>実在しないネトウヨ

はあ??ww
2chだけでも何千人、何万人といるだろww

613 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 20:58:00 ID:BbaOljmv
そうかそうか、創価創価ww

ネトウヨもサマディも何千人、何万人もいるんだな?www

頭の中身は踊るポンポコリンwwwwwwww

614 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 21:12:37 ID:BbaOljmv

ID:/QGFiUeZにとっての現実 その1


 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^−^∩_∩^−^∩_∩^−
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/

ネトウヨの皆さん

615 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 21:13:21 ID:BbaOljmv
ID:/QGFiUeZにとっての現実 その2



 ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
   ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
   ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
    ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
      vymyvwymyvymyvy     ザッ
ザッ    n_n,n_n、n_n,n_n、n_n,n_n、
      ∩_∩^−^∩_∩^−^∩_∩^−
  ザッ   ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩ ∩__∩
         ∩_ ∩__∩ ∩__∩ _∩ ∩_    ザッ
     ∩___∩    ∩___∩ ∩___∩ ∩___∩
     | ノ      ヽ   | ノ      ヽ | ノ      ヽノ      ヽ
     /  ●   ● | /  ●   ● |  ●   ● | ●   ● |
    |    ( _●_)  ミ |    ( _●_)  ミ  ( _●_)  ミ  ( _●_) ミ
    彡、   |∪|  、` 彡、   |∪|  、`\ |∪|  、`\ |∪| 、`\
   / __  ヽノ / / __  ヽノ /´>  ) ヽノ  / ノ //ヽノ /´>  )
   (___)   / (___)   / (_/_)   / (_/    / (_/

                     サマディの皆さん



616 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 21:20:47 ID:/QGFiUeZ
尖閣諸島が中国に奪われても「何も起きていないのだ、神の平和しか起きていない」と言えよネトウヨサマディ


617 :心と宗教:2010/11/12(金) 22:28:35 ID:Es2WiVOJ
シラーッ

618 :マスター気取り:2010/11/12(金) 22:59:37 ID:qOfuFWsX
そういや朝鮮人というと、スマートフォンで世界で一番売れているのはサムスンのやつらしいな。

サムスンのスマートフォン、アンドロイド搭載端末で世界シェア1位―韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101111-00000057-scn-kr

日本製のメーカーのはまだあまり外国で売ってないから(ていうか携帯のキャリアと一緒に
ボケボケしていてスマートフォンには乗り遅れた感じだから)しょうがないと言えばしょうがないが。

しかしこれ、OS が Android でみんな同じだから後追いで抜かすのはかなり大変だと思うなあ。
OSを勝手に変えて操作感変わっちゃったらそれはそれで売れそうな感じがしないし。
日本の大メーカーだとブランドイメージもあるから安い低機能機売るわけにも行かないし。


619 :神も仏も名無しさん:2010/11/12(金) 23:41:43 ID:BbaOljmv
>>616
日本も早く自衛隊を国防軍にして核武装し、
支那や朝鮮を恫喝できるようになればいいと思うよw

ただし、その前に支那も朝鮮も崩壊するけどなww

620 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 07:41:01 ID:ONtQEVf5
>>576
"(3)宇宙はブラフマンである"に到達したラマナは質問者を知覚しているのだろ
ならば質問者も実在そのもののブラフマン
ラマナは支那や朝鮮も知覚できるなら支那や朝鮮も実在そのもので消しようがない

621 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 11:58:29 ID:V0H+f3iS
>>620
ラマナが質問者を知覚しているのだろ、と認識しているのはお前だ。
お前の誤謬は、宇宙が客観的現実として存在しているという前提を疑わないことに起因する。
そして、その教えが勝義諦なのか世俗諦なのかを識別できないこと。


622 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:29:56 ID:ONtQEVf5
>>621
ラマナは質問者を知覚しているのか否か?

623 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:30:55 ID:V0H+f3iS
ラマナは質問者を知覚しているのではないか、と知覚しているのは誰か?

624 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:37:16 ID:ONtQEVf5
>>623
俺様だ
で、ラマナは質問者を知覚しているのか否か?

625 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:45:18 ID:V0H+f3iS
>>624
知覚しているのは「俺様」である、よろしい。
ならば、ラマナが質問者を知覚しているか否かはお前が創造しているということだ。

626 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:48:27 ID:FthbVgZx
>>625
屁理屈で質問をはぐらかすのは止めましょう

627 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:51:39 ID:V0H+f3iS
お前のその頭で、理屈がわかるとでも思っているのか?w

628 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:51:59 ID:ONtQEVf5
>>625
ブラフマンである俺様がラマナや質問者や支那や朝鮮を知覚しているという事だな
宇宙はブラフマンから見て実在であ〜る
消えていないのであ〜る
しっかり存在しているのであ〜る

629 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:55:03 ID:V0H+f3iS
>>628
違う。
お前のエゴが創造している偽りの宇宙ということだ。
ブラフマンがどんな宇宙を見ているのか、お前にはわからない。

630 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 12:59:35 ID:ONtQEVf5
>>629
ラマナは質問者に答えていただろ
ラマナは少なくとも質問者は見えていたという事だ

631 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:01:03 ID:V0H+f3iS
>>630
と認識しているのはお前だ

632 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:02:22 ID:FthbVgZx
>>629
エゴは宇宙を創造できるくらい凄い力を持ってるのかw
ただの錯覚のはずなのにそんなことができるのかw


633 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:03:12 ID:ONtQEVf5
>>631
ラマナはめくらでつんぼだったのか?

634 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:07:59 ID:V0H+f3iS
>>632
その通り。

>>633
そう認識しているのは誰か。

635 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:11:34 ID:V0H+f3iS
宇宙は客観的に存在している。
そういう誤謬が根底にあるから、宇宙の消滅をことのほか恐れることになる。


636 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:11:46 ID:ONtQEVf5
>>634
>そう認識しているのは誰か。
ラマナは少なくとも質問者は見えていたという事を認めず逃げ回っているID:V0H+f3iSだ

637 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:13:08 ID:ONtQEVf5
ラマナがめくらでつんぼでなくては困るID:V0H+f3iSでした

638 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:15:48 ID:V0H+f3iS
まさにこういうのを屁理屈というw

639 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:16:02 ID:FthbVgZx
>>635
神は固定的で完結的だという限定的で誤った観念があるから君は変化や相対を恐れているのだ

640 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:17:35 ID:V0H+f3iS
まず神がいて、その神が客観的に存在する宇宙を創造し、その宇宙に自陣の分身たる小さき魂を解き放ったw

そう考えているのだから、宇宙の消滅や小さき魂=エゴの消滅はこの上なく恐ろしいことなんだろうw

641 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:19:17 ID:ONtQEVf5
>>638
ラマナに視力はあったのかね?
聴覚はあったのかね?
さあさあ、遠慮せず答えてみなさい
苦しゅうないぞよ

642 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:20:06 ID:V0H+f3iS
>>639
神は固定的で完結的だなんてイヤだ、というのは、
まさにお前のエゴがその消滅を恐れてでっち上げた幻影だ。
エゴはそのようにして生き残ろうと画策する。

神は決して飽きることのない、常に新鮮な至福そのものだ。

643 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:21:06 ID:V0H+f3iS
>>641
お前次第だw 馬鹿にはその意味もわからないだろうがw

644 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:23:13 ID:V0H+f3iS
まさに、このようにしてエゴは自らの存続を掛けて、決死の闘いを繰り広げている。

彼らは宇宙の消滅をことのほか恐れるが、その宇宙の中で決して幸せでもないし裕福でもないw
負け組人生に必死にしがみついているw

645 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:23:53 ID:ONtQEVf5
>>642
現実が固定的で完結的なら既に新鮮な至福そのものでなければオカシイじゃん
エゴなんぞが出てくる余地などあるまいて

646 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:24:50 ID:ONtQEVf5
>>643
ID:V0H+f3iSの意見を聞いている訳だが
早く答えろよw
苦しゅうないぞよw

647 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:24:54 ID:V0H+f3iS
さて、エゴの見ているこの悪夢の中で、遅い昼飯でも食いに行ってくることにしよう。

客観的に存在するはずのこの宇宙で、惨めな負け組人生を送る可哀想なそこの君、また後で遊ぼうw

648 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:26:21 ID:ONtQEVf5
>>647
逃げました逃げました〜♪
いつものように逃げました〜♪
あーこりゃこりゃ♪
あーこりゃこりゃこりゃ♪

649 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:27:21 ID:FthbVgZx
>>647
なんで飯なんか食うんだ?
飯は身体を存続させるためにエゴが作り出した生き残りのための道具だぞ

650 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:37:08 ID:FthbVgZx
エゴが見ている悪夢に登場するものだと思いながら飯を食う人と
神の創造物だと理解し神に感謝しながら飯を食う人とでは
どちらが悟りに近いかは言わずもがなだよね

651 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:52:30 ID:8RR6n9Tj
相変わらずくだらない神学論争が続いてるね。

で、あなたがたは今幸せなんですか?

652 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 13:55:19 ID:ONtQEVf5
>>651
ラマナはめくらでつんぼだったと思う?

653 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:01:12 ID:8RR6n9Tj
幸せではないから論争して気を紛らわそうとするんだろうね。

654 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:03:03 ID:FthbVgZx
>>653
君は幸せなの?

655 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:03:52 ID:ONtQEVf5
毎日が楽しい
君はどうだい

656 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:10:10 ID:V0H+f3iS
はは、痛いところを突かれて狼狽してるなw

負け組人生のニューエイジャーは外食もままならないだろうw

安アパートにしか住めない負け組が幸せとは恐れ入るw

携帯じゃ書きにくいんで、また後でな、リアルに存在しているはずのこの世界で何もできなかった、負け組くんw

657 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:13:15 ID:ONtQEVf5
>>656
外食出来たら勝ち組ですかw
吉野家の牛鍋丼は美味しかったですかw?

658 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:20:41 ID:8RR6n9Tj
神から離れて幸せは有り得ない。

659 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 14:31:32 ID:V0H+f3iS
>>657
負け組にとっては吉野家が外食なのかw

それはお気の毒にww

660 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 15:11:57 ID:MGKBFPwy
あなた達は何を争ってるんですか?

661 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 18:33:07 ID:FthbVgZx
吉野家の牛丼でも感謝しながら食べれば幸福になります
しかし「ああ、これが負け組の食べ物なのか」と思いながら食べれば悪夢となります
つまり全てはあなたの心次第なのです

662 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 21:12:02 ID:V0H+f3iS
>>661
しかし、>>657は侮蔑的意味合いを込めて吉野家云々と言ってるようだけどねぇw

ああ、こりゃこりゃwww

663 :マスター気取り:2010/11/13(土) 22:27:08 ID:gKZNMTtj
勝ち組と負け組という概念は、心の中にしかない幻想。

664 :マスター気取り:2010/11/13(土) 22:30:18 ID:gKZNMTtj
幻想なので素っ裸にして放り出すと元々勝ち組の人だったのか負け組の人だったのかが全く分からなくなる。
勝ったら尻が赤くなるなどの現象は起きない。

665 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 22:37:20 ID:V0H+f3iS
>>663
しかし、世界はリアルに客観的に存在している、と思い込んでいる人にとっては、
勝ち組負け組どちらに属するのかは切実な問題らしいw
だから、ほれ、彼らは引き寄せの法則で何とか起死回生、一発逆転を夢見ているではないか。
しかし、いくらやってもうまくいかない、その苛立ちを特定の誰か、
つまり、大天国やサマディやマルチや君に投影し、一人相撲をとっているわけさw

666 :マスター気取り:2010/11/13(土) 22:55:21 ID:gKZNMTtj
うーん。サマディ氏については俺は知らない。天国氏は書いていたのを知っているが
何故か拷問映像らしきものを沢山書いていたな。そしてマスターっぽいことを書く人が
居ると拷問させろみたいなことを書くということを繰り替えしていた。ほとんど普通の
やりとりが不能だったように思う。怒りの感情に取り憑かれているかのような状態に
俺には見えた。(それとイエスが見えたというようなことも書いていたと思う。理由は
はっきり分からないがあの時はそういう状態にあったんだろう)。

まあしかし、投影は誰でもやってるものだと思うよ。やってる最中は自分で分からないんだよ。
自分の状態が変わった時に世界が変わったように感じられて、そこで投影だったと初めて
分かったりする。でも投影することが終わるわけではない。その変わったように見える世界も
また投影だ。結局自分は最初から自分のことしか見えないようになっているんだよ。
他人は居ないの。

667 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 23:01:10 ID:V0H+f3iS
ある有名な整体法の創始者だったと思うが、
肉体というのはかまえばかまうほど、ますますつけ上がってくる、
と言っていたらしいが、世界というのも同じなんだろうな。
なんとかしなきゃ、なんとかしなきゃ、と悪戦苦闘している人たち(負け組)は、
ますます世の中での立ち位置が不確定不安定になっていき、人生うまくいかなくなる。
ある意味真面目すぎるんだよ。真面目だがダメな人。
世の中なんて、まあ、適当にやり過ごしてりゃ何とかなるもんよ、
といういい加減な調子で関わっている人のほうが、
いつの間にかうま〜い具合に必要な物事を気が付いたら手に入れてる。
そこには引き寄せの法則なんていうわざとらしい不自然さがないんだな。


668 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 23:04:05 ID:V0H+f3iS
>>666
真面目だがダメな人たちは、こういう掲示板でも、
なんとかしなきゃ、なんとかしなきゃ、をやっちゃうわけよ。
敵を追い出さなきゃ、敵を排除しなきゃ、と。
そうするとますます「敵」は居座り続けることになるとw
で「敵」に遊ばれてしまうんだな、いたぶられるというかw

669 :マスター気取り:2010/11/13(土) 23:08:06 ID:gKZNMTtj
まず思考の中にある勝ち負けの尺度や線引きを捨てた方がいいだろうね。
それ本当に思考の中にしかないから。で、それは捨てといて、自分が本当は
何を求めているのかを探る。この時他人との競争について考えてはいけない。
他人に勝てば満たされるという思考はエゴから発生している妄想だ。
だからそれと関係ない部分で探る。

そうすると、たいして大きな望みがないことがわかったりして。w


670 :マスター気取り:2010/11/13(土) 23:17:13 ID:gKZNMTtj
>>668
真面目な人というのは「真面目」と「不真面目」という具合に分離した思考があって、
自分の中の「不真面目」な部分を抑圧している人だ。抑圧しているのでそれは投影
されてしまい世界中に不真面目な人が居るように見えたりする。そしてそのように
分離して追い出してしまうために反撃を受ける。実際に分離しているのは自分の
心であって見えている世界ではないので自分の分離させた心の部分からの反撃を
受けてしまうということだ。

その分離した部分は無意識下で暗躍し物事を失敗に導く。地下に潜って国家転覆を
目論む反政府勢力みたいな動きになる。元々はそうやって分離して追い出した政府が
悪いのだが「これが正しい」という信念を持ってしまいそれに収まっていないので
受け入れられない。結果として見掛け上は善と悪の戦いみたいになる。そして必ず
善と思い込んでいる側(本当は悪い側)が負ける。レジスタンスによって国家は転覆する。
しかし、転覆した方がいいのだ。

671 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 23:29:59 ID:V0H+f3iS
>>669-670
言葉というのは、誰の視点に立って誰に向かって語られているのか、
ということにもう少し留意したほうがいい。

672 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 23:44:20 ID:Cn8XL9KJ
神の子をも惑わすエゴさん。ハンパないっす。
しかも、それほどの力を持ってるのに存在してないってどーゆーこと?
エゴは神の中に存在するの?外に存在するの?神の外ってどこ?
存在しないの?存在しないのに何で力を持ってるの?

673 :神も仏も名無しさん:2010/11/13(土) 23:51:30 ID:V0H+f3iS
>>672
スカパー入ってるなら見れるはずだが、
ファミリー劇場でやってるデジタルリマスターのウルトラマンはいいね。
先週日曜日に1話から13話までまとめて放送してて
明日は14話から26話まで。
ウルトラマンなんざ存在しないが四十数年前のものとは思えないほどのクオリティ。
今のCGでは決して真似のできない、あの当時の特撮もののもつ醍醐味。
存在しないのにパワーがあるよなw

674 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 00:07:58 ID:F8xn8lOe
えっ?よくわからいけど、それって人間の想像力がつくったってこと?
なら、神の子の想像力がエゴってこと?
だとしたら、神の子を創ったのは神だからエゴも神の一部ってことになるよね。

675 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 00:13:54 ID:RrIIbBIo
で、ウルトラマンは今どこにいるんだ?
ハヤタ隊員は? ムラマツキャップは? イデ隊員は? アラシ隊員は? フジ隊員は? ホシノ君は? 岩本博士は?
教えてください教えてください教えてくださいw

676 :マスター気取り:2010/11/14(日) 00:25:32 ID:dMjmcOjw
>>672
例えばあなたが家の外に借金取りが居ると信じていた場合は中々家から出られないだろう。
本当に居るかどうかに関わらずだ。そのように単に想像しただけのことでも影響力はある。
(いやむしろ想像したことの方が影響力が強い)。

677 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 00:33:23 ID:F8xn8lOe
わかった。エゴは人間の想像力でその能力を与えたのは神さまってことだね。

678 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 00:52:39 ID:RrIIbBIo
>>677
その能力をあたえたのは神様なんだよね?と想像しているのはエゴ。
神は関与していない。

679 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 01:04:50 ID:RrIIbBIo
あなたは今神を実感しているか否か? 実感なんかしていないだろうが。
それなら、能力をあたえたのが神だの、神がすべてを創造しただの言うのは
全部どうでもいい観念、戯言だということだよw

680 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 01:10:27 ID:F8xn8lOe
実行するかしないかは別としても、人間ができることは神さまだってできるわけだから
つまり、それは神さまの中にもあるってことになるよ。

681 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 13:29:29 ID:Rj9BVHZp
>>679
神が宇宙を創造したというより神が宇宙そのもの
宇宙=神

ラマナ「ひとたび彼が真我を実現すれば、彼自身の真我以外に存在するものは何もないと知るだろう。
そして彼は宇宙全体をブラフマンとして見るようになるだろう。
真我を離れて宇宙は存在しないからである。」

682 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 15:25:42 ID:RrIIbBIo
>>681
君が見ている宇宙は、ブラフマンが見ている宇宙とは違う。
君は宇宙(ブラフマン)を見ているのではなく、宇宙(エゴ)を見ているだけ。
宇宙(ブラフマン)を見ることができるようになると、宇宙(エゴ)は消滅する。

683 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 15:36:47 ID:Rj9BVHZp
>>682
ラマナが見ていた宇宙にも質問者は居ただろう
宇宙は宇宙(エゴ)にもなるし宇宙(ブラフマン)にもなるが別の感じ方でしかないとも言える
視力が10.0の人と0.01の人ではそれぞれの宇宙は全く違う見え方だろう

684 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 15:49:12 ID:RrIIbBIo
>>683
ラマナが見ていた質問者は君が想像しているような質問者かどうか、君にはわからない。
宇宙が独立して存在している客観的ななにものかだと思い込んでいる以上、君の混乱は続くだろうな。

685 :マスター気取り:2010/11/14(日) 16:03:59 ID:NN+M1eSi
私が宇宙だ。

686 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 20:24:32 ID:nVwJUTG0
>>684
では宇宙とは本当はどういうものなのか説明して下さい、自分の言葉で、どうぞ

687 :神も仏も名無しさん:2010/11/14(日) 20:30:56 ID:RrIIbBIo
>>686
君がブラフマンそのものであったことに気づいた時、宇宙を眺めてみればいい。
どんな聖者も君にそれを伝えることはできないだろう。
エゴとしての君が納得のいく答えなど、どこを探しても見つからないだろう。
言えることは、それは違う、これも違う、あれも違う、そういう仄めかしだけだろう。

688 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 00:22:08 ID:wTjHoUqA
まだ今の自分と真の自分が違うものだと思っているみたいだね。
確かにゲームの中のキャラとプレイヤーの君は姿形もステータスも全く違うけど
プレイしている意識としてのあなたは紛れもなく同じ存在なんだよ。
それがわかっているなら、「君がブラフマンそのものであった」なんて過去形では言わない。
なぜなら、あなたは今この瞬間もブラフマンなのだから。

689 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 00:34:32 ID:XFNXMNr6
>>688
日本語が理解できないようだねw
○○であった、という表現が過去形でしかないと思っているのなら、
本当に国語を勉強しなおしたほうがいいなw

で、君はその「真の自分」とやらを体感し体得し体現しているのかね?

あなたは、わたしは、今この瞬間もブラフマンなのだ、
という「観念」を、君はただ言葉として振りかざしているだけなんだよ。

世俗諦から始めなければならない人間が、
あるレベルの人間にしか意味をなさない勝義諦としての言葉を
ただ「観念」として振りかざして得意になっているのが君だ。

クリシュナムルティの読者の中に、そういう輩が山ほどいるw
そして勿論、神との対話の読者の中にもね。

そういう滑稽さ、馬鹿馬鹿しさを、何度も何度も指摘されているのに、
未だに恥ずかしげもなく、そんな言葉を吐ける君を、
心底哀れに思うよ。かわいそうにw

690 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 02:36:01 ID:S7ZUJ5Xf
分かったからその喧嘩売るような口調いい加減やめようか
ROMってる人もいるんで

691 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 11:48:18 ID:VUKKSBSW
2chで書き込む場合は2ch口調でないといけないと洗脳されているのさね、この人らは。
彼らはそれをどうやっても変えることが出来ないのだ。できてもまあせいぜい1、2回くらいだろう。
いかにも2chでごさいって形容している人がいたがそのとおりですな

692 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 11:49:11 ID:VwbQJFuR
彼は、自分のお師匠さんが素晴らしいから、自分も素晴らしいと思ってるんじゃないかな?
お師匠さんがカワイソウ

693 :心と宗教:2010/11/15(月) 21:20:12 ID:fX+upx1U
あーこりゃこりゃ
は久々に聞いたな。
楽しそうで何よりだ


694 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 21:21:25 ID:XFNXMNr6
彼は、神との対話に感銘を受けた、その自分も素晴らしいと思って自分に酔ってるんじゃないかな?
でも神との対話が素晴らしいというその感性がカワイソウなんだけどねw



695 :心と宗教:2010/11/15(月) 21:30:12 ID:fX+upx1U
>>694
いやいや、あんたも2chでございに入ってるんだよw

696 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 21:58:59 ID:XFNXMNr6
>>695
ニホンゴリカイデキマスカ? ソレトモタダノバカデスカ?w

697 :心と宗教:2010/11/15(月) 22:03:05 ID:fX+upx1U
そんな素で言われてもなw

698 :神も仏も名無しさん:2010/11/15(月) 23:08:47 ID:XFNXMNr6
まあ落ち着きなさい。

ウルトラQ「ガラダマ」2-1
http://www.youtube.com/watch?v=dowWtAOkg4Y
ウルトラQ「ガラダマ」2-2
http://www.youtube.com/watch?v=LGo2W6e0i_g
ウルトラQ「ガラモンの逆襲」2-1
http://www.youtube.com/watch?v=C6nsPmmDSlw
ウルトラQ「ガラモンの逆襲」2-2
http://www.youtube.com/watch?v=VjfXy0Vp2-Y

まずはこれを見てガラモンの動きをよく研究し、
ガラモンが死ぬ時の様子をつぶさに観察しなさい。


もうひとつの課題。

超人バロム1 「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」2-1
http://www.youtube.com/watch?v=KKPAVhdJdoQ
超人バロム1 「魔人ヒャクメルゲが目をくりぬく」2-2
http://www.youtube.com/watch?v=Ac5FdZYP0oI

ヒャクメルゲをスケッチしてレポートとして提出しなさい。

以上。

699 :心と宗教:2010/11/16(火) 12:49:12 ID:1vogem63
とても良いものをありがとうズバババーン

700 :神も仏も名無しさん:2010/11/16(火) 20:14:49 ID:QhBgZXRz
確かに自分が苦しんでないからみんなも苦しんでないなんて考えは境界例の考えだな。

701 :神も仏も名無しさん:2010/11/16(火) 23:30:55 ID:4XK3uMwp
ここでは自分が苦しんでるからみんなも苦しんでるって輩が多いけどね

702 :神も仏も名無しさん:2010/11/16(火) 23:41:46 ID:rrDAslSt
自分が苦しんでいることを直視しそれに直面することができない輩が多いんじゃないかな。
その結果、本の中で語られている理想論や観念論を滔々と語ることで、
今直面しなければならないことから逃避しようとしている。


703 :マスター気取り:2010/11/17(水) 01:20:15 ID:OYBUSBEa
それは文面だけからは中々わからないと思うな。
まあしかし仮にそうだったとしても、別に良いんじゃないの?

704 :心と宗教:2010/11/17(水) 13:23:03 ID:TKHf33zc
そう、なんでも良いのだ。苦しんでいようと幸せでいようと。
苦しみから逃れたい、幸せになりたい、そう思うことが苦しみなのだ。
かといってそれを思わない事が良いことなわけでも幸せな事でもない。
仮にそれを思わない事が幸せであっても苦しみであってもそんなことは別にどうでも良いのだ。
と無駄に語ってみることもどうでもいい。じゃあ書くなよと言うけれども
結局のところ俺は自動筆記しているだけだ。


705 :神も仏も名無しさん:2010/11/17(水) 14:04:23 ID:XsEza7Yw
その条件付けを終わらせる事は出来るだろうか byクリシュナムルティ

706 :心と宗教:2010/11/17(水) 16:47:29 ID:TKHf33zc
クリ林さんこんばんは

707 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 01:23:28 ID:6YMwfXmX
仏教系の教えが誤解を招きやすい原因として@空と無が混同されるケースが多いこと(*ちゃんと区別している教えもあります)、A一切皆苦のみを強調してしまったことなどが挙げられます。

空とは存在を超えた存在、在りて在るもの、あらゆるものの母体としてあらゆるところに満ちているもの、存在(実在)そのものです。
無とは文字通り何もない、何も起こらない、何も生じないもの、即ち非存在です。
あらゆる物事は存在の源である「空」の中で現れては消え現れては消えゆく形や動きにすぎず、また、非存在とは存在の中にある概念にすぎません。
以上述べてきたように全ては存在(実在)の中で起こっていることです。無というものは存在しません。
まるで無というものが存在しているかのように「何もない」と誤解を与える表現が度々出てくることがありますが、この点は注意しておくべきかもしれません。

708 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 01:24:46 ID:6YMwfXmX
もう一つは一切皆苦。こちらは本来なら一切不自由とすべきものでした。
一元的な存在/完全な存在から見れば、二元性の世界/物質の世界というのは確かに自己を制限した不自由な世界以外の何ものでもありません。そういう意味では一切不自由>一切皆苦という一つの見方は間違ってはいません。
しかし、不自由な状態というのは決して苦しみであるばかりではなく、時として喜びや安らぎをももたらすものでもあるのです。
たとえばスポーツやゲーム。限られたコートの中、限られたルールの中でのプレイが、より自由でリアルな日常よりも充実していて喜びを感じるという人も少なくありません。
ゲームもそうです。中には現実の生活そっちのけで数ギガの情報で創られた世界に没頭している人たちもいます。
SMのマゾヒズムもそうです。
もう一つ。もし、あなたが上も下もなく過去から未来へ流れる時間もない真っ白な空間に放り出されたとしたらどうでしょう。
おそらく落ち着かないのではないでしょうか。多くの人は地平線を引き、地に足をつけたくなるかもしれません。さらに果ての見えない地平の上に四方を壁で囲まれた家を建てその中でくつろぐかもしれません。
このように一切は不自由であるとはいっても、それが苦しみであるとは限りません。人によっては喜びであることもあるのです

ダイバーがなぜ進んで息苦しい海へ潜っていこうとするのか、その時の気持ちを考えてみてください。

709 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 01:26:18 ID:6YMwfXmX
この世から離れたばかりの人やアセンデッドマスターと呼ばれる人の中にはこう語る人もいるかもしれません。
「私のいたところは不自由だった。それに比べて今は何て自由なのだろう。あなたがたも早くこちらへ来なさい。」と
だけど、もっと源に近い視点に立つ存在は、あなたがたが何故不自由な状態を選択してまでそこに至ったのかを知っています。そしてこう語りかけます。
「いってらっしゃい」「おかえり」と

710 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 01:35:28 ID:sazk+lsK
で?って言うw

711 :心と宗教:2010/11/18(木) 01:53:39 ID:4ZBZ9f/I
こうやってみんな聖人気取りをしてこのスレは作られている。
それがROMってる大半の人の役にでも立てば良いじゃないか。
まあ、ここは神対のスレなんだが。というツッコミもあるかもしれない、が・・・・・

712 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 08:00:31 ID:vN6HV9Z2
聖人気取りというよりリアル聖人
ラマナやクリ坊の域は既に超えて遥か先を驀進中でござる

713 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 09:59:10 ID:g33qQwC7
一人暮らし板覗いたら親の監視下から自由になってセックスしまくってる若者がいっぱいいる
神はどうして俺を農家の長男にして、愛さなかったのか

714 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 11:58:46 ID:sazk+lsK
そうか創価、遥か先を驀進中だと思い込んでいるキチガイかw

715 :マスター気取り:2010/11/18(木) 12:16:17 ID:H90NJv52
気にしない気にしない。
一休み一休み。

716 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 12:33:16 ID:sazk+lsK
一休さんに出てくる新衛門さんのアゴは割れてますけど病気なんですか
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015151880

717 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 13:52:19 ID:g33qQwC7
寝呆けてた

718 :マスター気取り:2010/11/18(木) 15:14:40 ID:H90NJv52
新右衛門さんは実在の人物だが実際に一体さんに会ったのは出家した後の晩年。

719 :心と宗教:2010/11/18(木) 15:43:35 ID:4ZBZ9f/I
この人馬鹿な事言ってるな、と思ったら
十中八九ボケだと思った方が良い。


720 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 15:52:39 ID:g33qQwC7
年配の方の独り言をみんなそう思って聞き流してるんだろうけど俺にはあながち嘘じゃなく聞こえる

721 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 15:53:35 ID:g33qQwC7
時がある

722 :心と宗教:2010/11/18(木) 15:55:05 ID:4ZBZ9f/I
そっちのボケかよ

723 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 15:58:51 ID:g33qQwC7
ツッコミボケのボケだったのか

724 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 16:18:58 ID:sOyRqzub
wikiにある『神との対話』が始まったいきさつのところで「神の言葉が自動的にノートに」ってあるけど、
神と断定する根拠って何なの?
単にコックリさんめいてるんだけど。

725 :心と宗教:2010/11/18(木) 16:36:48 ID:4ZBZ9f/I
何もかも全部神だからです。
ノートも神で出来てるでしょ。

726 :心と宗教:2010/11/18(木) 17:33:48 ID:4ZBZ9f/I
何度かここでも出てる話なんだけどさ、
例えば足立君という人が剣と魔法の世界の小説を書いたとしよう。
その小説を書いた足立君に対して、
「おまえは剣と魔法の世界が実際にあると読者に思わせる詐欺師だwww」
なーんて言うやつは、まずいないわけですよ。
言われた側としては、おそらくこういう反応しかできないだろう。
「ああ、うん・・・・・・・・(???)いや、キミ・・・・・」

727 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 19:36:31 ID:ag2lPqVS
そうだね、神との対話は、人が創作した単なる小説(フィクション)だからね。

728 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 19:43:10 ID:sOyRqzub
>>726
>何度かここでも出てる話なんだけどさ、

あそうなの。
でも根拠無しに神とするのは乱暴なんじゃ?
というのも何度も出ている話なのかな。
着地地点が気になるから過去スレみてくる。




729 :マスター気取り:2010/11/18(木) 21:06:03 ID:oIByftlz
>>728
信じたい人が信じれば良いだけ。信じないからといって罰するような了見の狭さはない。
それと、自分でも「信じるな」と何度も言っている筈。信じる必要もないしましてや崇める必要もない。

730 :心と宗教:2010/11/18(木) 21:09:27 ID:4ZBZ9f/I
>>727
足立君に対して、「そうだね、キミの小説は、人が創作した単なる小説(フィクション)だからね。」
なんていちいち言わないって事ですよ。


731 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 21:15:44 ID:sOyRqzub
>>729
神の存在は信じているので神か神でないかなんだけど。
神との対話の神を神とする根拠を知りたいの。
まさか無条件で神としているわけじゃないんでしょ?

732 :心と宗教:2010/11/18(木) 21:23:31 ID:4ZBZ9f/I
>>731
それは、「何か」が「何か」であるとはどういうことかを考えるのが先だな
難しいかもしれんが、あなたが求めるものがここに確実にある。
先に答えを言えば、あらゆる全ての物が
「何か」は「何か」では絶対にありえない。
だから「何か」は「神」では絶対にありえない。

733 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 21:31:22 ID:sOyRqzub
>>732
はぐらかさないでよ。
簡単な2択だよ。

734 :マスター気取り:2010/11/18(木) 21:40:03 ID:nO3B+ei9
>>731
主観だよ。なんとなく正しいことを言っているような気がするからだ。但し100%ではない。
ニール経由だから歪んでいるというのがあるのかも知れない。また、言葉に直せないような
ことを無理に言葉に直しているせいかも知れない。詳しくは分からない。ただ、少々おかしくても
問題はない。鵜呑みにする訳じゃないし、神であるかどうかは実際にはどうでも良いことだから。
肝心なのは言ってる内容だけだ。

735 :心と宗教:2010/11/18(木) 21:40:45 ID:4ZBZ9f/I
>>733
あなたが神だと思えば神
あなたが神だと思わなければ神ではない。
はじめに言葉ありきの意味です。


736 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:12:19 ID:sOyRqzub
>>734
> 主観だよ。なんとなく正しいことを言っているような気がするからだ。

これが根拠なのね。なんか危険というか・・・

> ニール経由だから歪んでいるというのがあるのかも知れない。

これって途中の中継一切なしに直接コンタクトしているわけ?
守護霊やその守護霊、数多の高級霊をすっ飛ばして永遠とも言える遠い
存在の神と直接コンタクトしている?

> 神であるかどうかは実際にはどうでも良いことだから。
> 肝心なのは言ってる内容だけだ。

神であるかどうかは大事でしょ。
タイトルにしているんだから。
まぁアナタにタイトルのことを言っても仕方ないんだけど。

737 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:18:53 ID:sOyRqzub
>>735
いやだから、俺のことはどうでもいいよ。
貴方の主観で良いから教えてよ。
神なの?神じゃないの?
神なら神とするに値する根拠があるんでしょ?

738 :心と宗教:2010/11/18(木) 22:19:26 ID:4ZBZ9f/I
いやいや、ごく普通に義務教育受けた国語能力ならそのへんは普通に「導入を入りやすくするための方便」だって受け取るんじゃないかと思うんだが・・・

739 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:21:37 ID:sazk+lsK
>>737
神じゃないよ。神が人間に言葉で語りかけてくると思う?

740 :心と宗教:2010/11/18(木) 22:22:15 ID:4ZBZ9f/I
>>737
俺の主観は
「何かを神だと決めたりはしない」
です

741 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:29:14 ID:sOyRqzub
>>739
> 神じゃないよ。神が人間に言葉で語りかけてくると思う?

ありえないと思ってます。
俺もその点が一番大きな疑問でした。

742 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:33:01 ID:iKxzMgGI
その前にちゃんと本読んでないでしょ。読んでいれば神がいわゆる唯一根源神を指しているんじゃないってことはわかるはず。
それと、全てが神である、これを理解するのは一番大事。
理解できてれば、そんな質問はでてこないよ。

743 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:37:30 ID:sOyRqzub
>>740
> 「何かを神だと決めたりはしない」

貴方にとってこの本で言う神は神じゃないってことで。
ちなみにそのような思考はこの本から?

744 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:39:59 ID:sazk+lsK
で、このスレでは何度も話題になってるけど、
神との対話の第一巻はニールではない別の人がチャネリングしたものらしいと。
それをある時ニールが受け取り、世に出すために出版社に掛け合うことを約束したが、
実際にチャネったその人が病気で亡くなってしまったのをいいことに、
当時金策に困っていたニールが、自分が神とチャネったことにして出版してしまった。
ところが、予想外の反響がありベストセラーになってしまったため、
早く続編を書いて欲しいという出版社側の要請から、
今度はニール自身が続編をでっち上げることにした。それが第二巻目以降だと。

熱心な神との対話読者の中からは、第一巻の鮮やかさに比べて、
二巻目以降はどうしてあんなに冴えないんだろう?と疑問の声が早くからあがっていた。
もし上記の話が本当であれば、頷ける話ではある。

どちらにしても、神との対話の本当の著者(チャネラー)も、
本当の神と対話したのではなく、擬人化された自らの潜在意識、深層意識からの情報を
言葉によって表現した、と受け取るのが妥当だろう。
というか、チャネリングというのはそもそもそういうものであって、
エササニの宇宙人だとか、古代の地球に生きていたラムサなるマスターだとかが、
実際に通信を送ってきているのではないと理解するべきだろうと思う。

745 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:41:19 ID:sOyRqzub
>>742
読んでないですよ。読む前にどんなもんか知りたかったので。
wikiでも十分だと思ったけど、スレあったし質問してみたまでです。
読む気は無くなりました。レスどうも。

746 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 22:44:57 ID:sOyRqzub
>>744

> どちらにしても、神との対話の本当の著者(チャネラー)も、
> 本当の神と対話したのではなく、擬人化された自らの潜在意識、深層意識からの情報を
> 言葉によって表現した、と受け取るのが妥当だろう。

わかりやすいです。
これで十分です。
ありがとうございました。

747 :心と宗教:2010/11/18(木) 22:47:54 ID:4ZBZ9f/I
チャネリングなんて著者一言も言ってないと思うけどな・・・・
ごく普通に導入しやすいと思って書いただけだと思うけど。

748 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 23:03:32 ID:6YMwfXmX
全体である神が肉体の姿をとって語るということはありません。情報は直感を通じて届けられます。そういう意味では非物質世界からのメッセージは全てチャネリングです。
>擬人化された自らの潜在意識、深層意識からの情報を言葉によって表現した、と受け取るのが妥当だろう。
これはその通りです。そして、その潜在意識、深層意識、無意識は全体である神へと繋がっています。
全体は大きな部分へ大きな部分は小さな部分へ小さな部分はより小さな部分へ
より小さな部分は小さな部分へ小さな部分は大きな部分へ大きな部分は全体へと情報はやりとりされます。
その大きな部分を無意識や集合意識と呼ぼうがハイアーセルフ、天使、聖霊と呼ぼうがその名称はさして重要ではありません。
全ては全体である神と部分である神、全体である自分と部分である自分との対話にすぎないのですから。

749 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 23:15:11 ID:4ZBZ9f/I
いやいやいやいやいや、
極々普通に考えて単なる導入のためのお話でしょ。
何でそん無理にスピっぽくしようとすんのかわからん

750 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 23:16:52 ID:sazk+lsK
>>748
典型的なニューエイジだなw 何とかにつける薬なし。

751 :神も仏も名無しさん:2010/11/18(木) 23:22:27 ID:sazk+lsK
>>748
神へと繋がっています、なんて断言してるけど、どうしてそんなことがわかるんだい?w

あとね、君の理屈だと私の言ってることもつまりは神の言ってることということになる。
ところが君は私の言うことや、君にとって気に入らない意見に関してはそれを否定しているわけ。
すべては神に繋がっているのなら、ヒトラーの演説も、仙谷売国長官の言うことも、
すべては神の発言ということになる。すると、わざわざ「神との対話」なんてものを特別扱いし
これを宗教の経典のように崇め奉る意味もなくなるわけだわなw

それならそれで結構だけどねw

752 :マスター気取り:2010/11/19(金) 00:17:28 ID:2BHF1DRI
>>736
> > 主観だよ。なんとなく正しいことを言っているような気がするからだ。
>
> これが根拠なのね。なんか危険というか・・・

しかし、他に何か方法あるのかい?

> > ニール経由だから歪んでいるというのがあるのかも知れない。
>
> これって途中の中継一切なしに直接コンタクトしているわけ?
> 守護霊やその守護霊、数多の高級霊をすっ飛ばして永遠とも言える遠い
> 存在の神と直接コンタクトしている?

そんなことは知らないなあ。
しかし、「遠い存在」って、何故そんな風に思っているの?

> > 神であるかどうかは実際にはどうでも良いことだから。
> > 肝心なのは言ってる内容だけだ。
>
> 神であるかどうかは大事でしょ。

いや全然。

> タイトルにしているんだから。

別にかまわんよ。本当に神と感じられるようなことしか言わないならとりあえずそれは神で良い。
別に崇めたり畏怖したり特別扱いしたりお供えものするわけじゃないからね。
もしそうせよと言い出すようなやつならそいつは絶対に神ではないと思うなあ。w
それじゃまるで人間だもの。w

753 :マスター気取り:2010/11/19(金) 00:21:39 ID:2BHF1DRI
>>741
何故? 何故なんでもできる筈の神がそれだけはやらないの?

754 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 00:25:54 ID:qZBNeSR/
>あとね、君の理屈だと私の言ってることもつまりは神の言ってることということになる。
>ヒトラーの演説も、仙谷売国長官の言うことも
>すべては神の発言ということになる。すると、わざわざ「神との対話」なんてものを特別扱いし
>これを宗教の経典のように崇め奉る意味もなくなるわけだわなw
そうですね。けれども私が興味あるのは、小さな小さな小さな小さな小さな小さな小さな小さな小さな小さな神の視点や言葉ではなく、より大きな視点の神の言葉なのです。

755 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 01:02:08 ID:Fg+ftVGl
より大きな視点の神の言葉が、人間の頭で理解できるだろうかね?
そこのところをその限界のある頭でよく考えてみようじゃないか、ホシノ君。

756 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 01:10:06 ID:qZBNeSR/
それ故にそれを中継ぎする存在がいるわけですよ
ホシノ君?

757 :心と宗教:2010/11/19(金) 01:21:13 ID:jtE6rSEC
ホシノ誰

758 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 01:25:31 ID:Fg+ftVGl
>>756
中継ぎが入ればそれは神の言葉ではないことはわかるかな? ホシノ君

759 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 01:37:38 ID:Fg+ftVGl
すべてのものが神へと繋がっている、という観念はエゴを酔わせるには大そう魅力的な文言だ。
しかしいつも言ってるだろう、そういう観念に酔ってるだけでは何の意味もないと。
神へと繋がっている、という実感が君にはあるのかね? それを体感し体得し体現しているかね?
そうであるはずだ、という観念にどれほど耽溺しても、それは単に逃避しているに過ぎない。
不可能を消去したのち残ったもの、たとえそれがどんなに貧相なものでも、それこそが今君が直面すべき現実なのだ。
君は神など何も実感していない。まずそこから始めるのだよ、ワトスン君。

760 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 01:57:33 ID:qZBNeSR/
全てである存在=神以外のもの神以外の場所があると思っている間はどんな教えに触れたとしても真実は曇って見えません。
全体は部分によって成り立ち、部分は全体によって成り立っています。
このホログラフィック的な関係を体感的に理解できるようになるまでは何を語っても無駄かもしれません。

761 :マスター気取り:2010/11/19(金) 02:06:21 ID:zlGUAFpJ
自分が神だと思え。もちろんこの世界全体が自分の体だ。
体は大切にしろ。

762 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 02:16:11 ID:Fg+ftVGl
>>760
君は、全体は部分であり、部分は全体である、ということを体感し体得し体現しているかね?
ただ、そういう観念を振りかざしているだけだ。だ・か・ら、ダメなんだよw
ホログラフィックだろうがエログラフィックだろうが、君は何一つ体感敵に理解しておらず、
そういう観念を振りかざして悦に入っているだけだ。だ・か・ら、ダメなんだよw

763 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 02:17:51 ID:Fg+ftVGl
世界はこうであるはずだ、こうでなくてはならない、という観念から自由にならない限り、
君は本当の世界を体感し体得し体現することはできない。


764 :心と宗教:2010/11/19(金) 02:28:23 ID:jtE6rSEC
エログラフィックはうまいこと言った。

765 :マスター気取り:2010/11/19(金) 02:44:35 ID:QdRuLp8Z
エログラフィック・ユニヴァース - 時空を超える意識[単行本]

出品者からお求めいただけます。

中古品10点 ¥1円より


766 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 06:50:53 ID:fWg/y/Ke
神対のお陰で世界の仕組みが分かりました
色々分かって人生が楽しいです
ニール様ありがとうでございます

767 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 07:28:30 ID:fWg/y/Ke
何の為に生まれてきたのか分からない人はまさにこんなかんじ
http://28.media.tumblr.com/uIojWsJsR2c4sfse9aVgyQTL_500.jpg

かわいそう

768 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 07:31:19 ID:fWg/y/Ke
神対信者は高次領域へ
http://www.youtube.com/watch?v=itRVx35KwuM&feature=fvw

お先に失礼します

769 :心と宗教:2010/11/19(金) 10:18:35 ID:jtE6rSEC
>>765
ちょっと買いに行ってくる

770 :心と宗教:2010/11/19(金) 10:26:35 ID:jtE6rSEC
>>768
アセンションすげー!
全く意味がわからないが
見たら俺もアセンションしたくなってきたな


771 :神も仏も名無しさん:2010/11/19(金) 12:44:36 ID:Fg+ftVGl
>>768
高周波数の高次元領域に肉体をもったままw

吐き気を催すほどのガチガチのニューエイジw

でもニューエイジャーはこういうのがいいと思って更に深い眠りへと堕ちていくんだろうな。
アセンションではなく、実際はディセンションw
ニューエイジではなく、実際はオールドエイジw

772 :マスター気取り:2010/11/19(金) 15:28:46 ID:0EaDF3C3
しかし、誰がアセンションなんて言い出したんだろうなあ。
言葉そのものはあったけど意味違うし(気分的には同じか?)。

エゴはすぐに物理的なものに結び付けてオカルトにしちゃうから困るよなあ。
そんなことしたら必ず後で嘘だったじゃないかと叩かれて終わるに決まってるじゃないか。
でも信者は無理矢理関係ないことを結び付けて「あれがそれだった」とか言い出すんだろうなあ。
適当に行方不明者探し出してアセンションしたとか勝手に妄想する。それがもし
拉致や誘拐や樹海での自殺だったらどうするんだっての。

773 :心と宗教:2010/11/19(金) 15:36:39 ID:L+D4X2N1
まあまあ良いじゃないか。
俺は特に否定はしないぞ。
もし本当にアセンションとかがあって、それが出来るならそれはそれで面白そうだ。
宇宙人がいて地球にやってきている程度に楽しんでおけば良いんじゃないか。
アセンションは真実です!
アセンションに向けて皆向かうべきです!
アセンションしようとしないやつは糞!
とかになっちまうともう本末転倒だが。
ぶっちゃけ本当にアセンションを信じているやつは希じゃないか?
エンターテイメントとして楽しんでるんだよ、大半の人は


774 :神も仏も名無しさん:2010/11/21(日) 23:51:00 ID:8f3B3Xb2
神対っていじめについては何も書かれてないんだよな

775 :神も仏も名無しさん:2010/11/22(月) 00:05:12 ID:8f3B3Xb2
断言法もリストアップ法もアファメーションもやったけど全部駄目だった
神様(´;ω;`)

776 :神も仏も名無しさん:2010/11/22(月) 07:29:34 ID:ycsBSXhH
>>775

バシャールやザ・シークレットも併読してはどうか?

777 :心と宗教:2010/11/22(月) 11:28:55 ID:E1Jg+r3p
断言法もリストアップ法もアファメーションもバシャールもシークレットも
「悟ってから」、あるいは「悟りの課程で実験的に」やるべき。
単純に現世利益を求めてそんなことをやっても結局無意味だし、効果も無い。
ま、悟ったらやらないと思うけどね。


778 :マスター気取り:2010/11/22(月) 11:46:19 ID:eQx9AHoc
>>774
神対というかニールは引き寄せについては願うとその反対のものも現れると言っている。
だから例えばいじめられなくなるように願うといじめられるようにもなる。

これを解消する方法は知らない。ただ経験上言えることは、完全に覚悟してしまい、
煮るなり焼くなり好きにしやがれという感じになるとかなり有効な感じがする。
「災難に遭う時節には遭うがよろしく候」ということかも知れない。あるいは
新約聖書で言うなら「命を捨てる者は命を得る」かな。

779 :神も仏も名無しさん:2010/11/22(月) 11:53:51 ID:Quw4LuYO
>>774
いじめられる人はどこかで虐められる要因を創り出しているともいえる
と思います。しかし虐める側の方が長期的に考えると被害は大きく受ける
のではないのでしょうか?
それから前世の事などを考慮すると何にも原因がないように思われるのに
虐められる人は前世で虐めを沢山していたのかもしれません。
現世は前世で行った事を引き継いでいるのかもしれませんね。

780 :マスター気取り:2010/11/22(月) 12:26:59 ID:eQx9AHoc
>>779
問題を解決する時はまずは今起こっていることに注目した方が良いと思う。
元々の原因が前世にあろうが生い立ちにあろうがそれについては解決してから
ゆっくり探れば良い。それよりもまずは今起こっていることを解消しなければ
今後はないかも知れない。釈迦の言った「毒矢の喩え」のようにね。理由が何で
あろうが刺さった毒矢をすぐ抜かなければ死ぬかも知れず原因を探ることも
出来なくなるかも知れない。

それと不幸な事象に対して前世などを話を持ち出すことは例えそれが本当の話で
あっても不適切だと思う。それは問題の解決を諦めさせることに繋がりかねないからだ。
前世に原因があると知ってしまったがために実は簡単解決できる問題まで解決しようと
しなくなってしまうかも知れない。そうなれば悪いカルマは余計に増えることにしか
ならないだろう。問題を放置して自分で自分を苦しめることになるからね。
それじゃ自殺と同じだ。

781 :マスター気取り:2010/11/22(月) 12:53:51 ID:eQx9AHoc
それと前世の話はこれまでにカルト宗教などか散々金儲けのネタで使っているわけで、
そういうのに騙されるぐらいならまだ「前世などない」と思っていた方が良い。

だから例え本当のことであっても安易に前世があることを人に信じさせるような
ことは言わない方が良い。話すなら相手をよく見て慎重にだ。あるいは前世の話を
使わずに済む方便に変換した方が良い。(実際過去にとらわれて執着し今ここから
意識が離れたままなら救われることはまずないんだから)。

782 :心と宗教:2010/11/22(月) 14:45:53 ID:E1Jg+r3p
神対でも
「時間は無い」
「今ここが大事である」
と書いてあるにもかかわらず、
「前世を引き継いでいる」というような事を言う人は多い。
しかも、この前世がどうという人も
その時間が無い、や今ここが大事である、と矛盾した言葉も同じく発していることが多い。
確かに、仏陀なんかを含め「方便」として前世やらを使わざるを得なかった
場合もあるが、この方便は
「概念としての人間としての死」を意味している場合が多い。
言い換えれば、「人間という概念が単なる概念でしかないとわかった状態」だ。
しかし、実際には人と話す場合にはエゴや概念を利用しなければ話すことなどできない。
この時、我々は「人間として生きている」事になる。
何れにしてもこれは「あくまでも説明するのに必要な事であって、」
何か悩みを解決するわけでも、悟りを開けるわけでもなんでもない。
そのような前世とか来世とか言うような概念を推奨する物ではない。

783 :神も仏も名無しさん:2010/11/23(火) 08:29:57 ID:E8b60pha
「君は100%」
♪100%うまくいくという人生ってどうなんだろう?
♪完璧なストーリー最高だと思っちゃうけど
♪失敗の次にある成功が何よりもまさって素敵なものになる
♪君自身で証明をしてみるんだ

♪100%自信に満ちて固まった決意がボロボロと少しずつ削られてく
♪だけど最後に残ったものはよく磨き込まれて
♪キラリと輝ける君にとって宝物になるんだ
♪大きな帆を立て航海に出よう ガイアの果て
♪東西南北を夢中で駆けまわり自分だけ知る楽園へと

♪明日っていつも真新しくて真っ白なキャンバス
♪思いのまま自由に描いていい
♪はじめは奇麗じゃなくても また次の明日に
♪何度も飽きもせず色とりどりの君の未来を描け

784 :同志たちよ。:2010/11/25(木) 05:06:27 ID:Oisk/DD3
色んな自己啓発本読んできたけど、
一つだけどうしてもわからない事があるんだ。
誰か教えてくれないか?
俺の目の前に広がってる世界、(お前らの目の前の世界)
これは俺が創った(引き寄せ)のか、それとも神が創ったのか。

ピンときた人はこたえてくれよ。

785 :マスター気取り:2010/11/25(木) 11:19:11 ID:KlWHqoZk
>>784
あなたが作った。夢と同じだ。もちろん神が作ったと言えないこともない。
神はあなたを作って動かしている源泉だから。あなたを家電製品だとすれば神は
電源のようなものだ。電源なしでは動かない。

786 :神も仏も名無しさん:2010/11/26(金) 00:43:56 ID:tBoX/A03
部分であるあなたと全体である神としてのあなたの共同創造によるものです。
今のあなた以外のあなたが創ったものもありますが
もしそれをあなたが受け入れていなかったとすればあなたはそれを感じとることはなかったでしょう。
逆に言えばあなたの目の前にあるものは好き嫌いに関係なくあなたが注意関心を寄せ引き寄せたものだということです。
であるからこそあなたが今という瞬間に何を選び何をするのかというのは重要です。
手始めに自分の大好きな音楽でも聞いてみてください。

787 :神も仏も名無しさん:2010/11/26(金) 01:20:01 ID:duvNE/Rz
>>786
だからそれはニューエイジなんだわw
まあここは神対スレだから別にいいけどね。
でね、毎度のことながら、共同創造によるものです、と断言できるだけの、
体感、体得、体現は何もないわけだよな?
そうであるはずだ、そうであって欲しい、という観念を述べているだけでw

788 :同志たちよ。:2010/11/26(金) 07:38:16 ID:sI5Ff1Bg
785〜787
おお〜
さすが神対掲示板!
ぜんぜん違いますね!
実は他の潜在意識とかシークレットとかにも同じような質問をしてたけど、
そもそも神という言葉に違和感を覚える人とかピンと来てない人が多くて
びっくりしてたんですよ。
こういうとこにいるってことはある程度、宗教学、哲学、心理学、社会心理学等を
やってきた人たちだとおもってたんですけど、この質問に対する答えがあまりにも
何か、素人っぽかったのでつらかったです。
(彼とよりを戻したいとか、そういう投稿ばかり)

電化製品。いいですね、すごいですね。すぐ実用できそうです。
自分の場合は事実云々よりすぐ人生に使えるかどうかで決めようとおもってます。
というかそれしかないので。
共同創造ですか。これ、また難しい。
自分が思ったのは、そういうのは本に書けても頭ン中で実践するとなると
難しいと思ってました。本の中では、神と俺の引き寄せ
を共存させるようにかけますが、実際には不可能と思いました。
なぜかというと人間の脳は神=全て=自分と捉えるのは難しいからだと思います。

ニューエイジですか、さすがしってらっしゃいますね。
できれば僕の質問にも意見をおっしゃっていただきたいです。
すごく知識のある方だと思うので。

とにかくやはり神対スレはなんか違うなとわかって
すごく嬉しいです!
ありがとう!(^_^)

789 :心と宗教:2010/11/26(金) 11:32:01 ID:UvAjJYGr
>>784
785や786の言うような事は実は方便で、(悪い意味では全く無く)
言葉にする以上何かの例えにしなければいけないので
ああいう形をとらざるを得ない。
なぜ方便をとったかというと、
あなたがまず、
・自分が存在している
・神が存在している
を前提にしているからだ。

ぶっちゃけた話、
自分など存在しないし、
神というものも存在しない。
さらにいえば、「何かが存在する」とは、
ある人の脳内の状態に他ならない。
何かが存在することなど無いのだ。

だが、ぶっちゃけた話をいきなりしても伝わらないので
方便という形をとっているだけの話だ。
それをニューエイジと言ったり如月嬰児と言ったりする人もいる。


790 :神も仏も名無しさん:2010/11/26(金) 12:43:18 ID:8QeU4hnN
>>789
脳内の状態は存在するのかな

791 :心と宗教:2010/11/26(金) 13:19:25 ID:UvAjJYGr
>>790
方便です。


792 :同志たちよ。:2010/11/26(金) 23:23:48 ID:sI5Ff1Bg
>>789
ありがとうございます。
まぁその辺の話はバークリーや、独我論、汎神論等でやったので、
ここでは生きる前提ということで進めていきます。もちろん脳内ですよね。
だからああいう質問の仕方なんです。



793 :最後に:2010/11/26(金) 23:26:41 ID:sI5Ff1Bg
最後に本当に聞きたいことがあるんですが。
この中にどんな批判、中傷、最悪の事態にさらされても、(死とか)
幸福で、受け入れられて、毎日朝起きたら、心から自分は幸福って
常にオモえてる人っていますか?
もしそれが出来てるとしたら
その人は逆に喜びも何もないんじゃないでしょうか?
出来てるという方
実体験も交えておしえてください!
本当にお願いします!




794 :心と宗教:2010/11/27(土) 00:14:06 ID:yatU2iEs
そんな人はいないだろう。
そもそも幸福とは何かを考えればそれは明白だ。
喜びも悲しみも同じ事。
方便として、「聖者は常に幸福な状態にある」と言ってしまう人や書物もあるが、
実際にはそれはありえない。
かなり多くの人がこの方便を鵜呑みにしてしまっている。

重要なのは、
幸福とは何かを知ること
喜びとは何かを知ること。
悲しみとは何かを知ること。
そうすれば
幸福などどうでも良いし、
喜びなどどうでも良いし、
悲しみなどどうでも良くなる。
かといってそれが無いわけではないし、あるというわけでもない。
それらはただ過ぎ去っていき、感じるままにあるだけだ。
もちろん、これを幸せな状態だと言う方便もある。

あと一般的な意味においては、常識などの脱洗脳をしたり、
抽象度を高めた思考をしたりすれば
それまでよりは多幸感は増えるだろうな。


795 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 03:36:15 ID:sdwcMeDz
喜びや悲しみを感じる人は誰かね。


796 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 04:19:45 ID:p3yJZu/Q
377 :カルマザビ ◆Z7J/D6xWaA :2005/06/12(日) 22:14:25 ID:V/0LzYYo0
神との対話とか、

非常に興味深いものではあるけれども最終的な結論を語りすぎに思われる。
あれは、誰もが最後に辿り着く結論でしょう。
そこまでをどのようにリアルの人生を舵取りするかが個性と言うモノ、
人生に疲れたとき、ふと思い浮かべるべき種類のモノだと思う。
我々は霊的人間ではなく人間的な経験をしている霊的存在だとフランスの哲学者は云った。
海外旅行に行って母国の事ばかり考えるようでは本末転倒、
リアルを楽しむ傍らの存在としてこそ最も生きるでしょうね。 


797 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 08:07:16 ID:bYRO/08E
>>789
全て脳内の状態にすぎないのなら死んだらどうなるのだ? (>_<)

798 :心と宗教:2010/11/27(土) 10:43:53 ID:yatU2iEs
>>797
死んでみないとわからない。


799 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 12:30:12 ID:fj+iJZsB
死んで脳が停止しても自分が存在するなら全て脳内の状態にすぎないという訳じゃないな

800 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 21:41:43 ID:baU5Hu0L
いらない 持たない 夢も見ない 喜ばない 怒らない 哀しまない 楽しまない 苦しまない
何もしない しても無駄 経験も無意味
神に動かされているだけ エゴに動かされいるだけ それを変える自由意志なんてものもない
何も存在しない 起こってもいない 全ては無 何もない
何かをしようと思わない方がいい 思えば苦しむだけ 苦しみをなくすには自分を消すしかない

このような考えをお持ちの方は神との対話の内容とは異なるものなので
自分の考えに近いスレを探してそこの仲間と安らぎへの道を歩むことをお奨めします

801 :マスター気取り:2010/11/27(土) 22:36:56 ID:9g11G503
神対では神が全ては幻想であり自分で創造していると言っていたように思うのだが。

802 :神も仏も名無しさん:2010/11/27(土) 23:17:43 ID:W5GQY8a2
>>800
そう思い込んで苦悩している君自身がいなくなれば、ずいぶん楽になるんじゃないかな。

803 :最後に:2010/11/28(日) 01:59:45 ID:yY8u/dod
794〜802
返信ありがとうございます。
やっぱり、自分が創っている感覚と
神のにお任せする、運命(ポジティブ)
結局両方を使い分けるしかないんですかね・・・
自分はどうしてもこの二つは相容れないとおもうんですが・・

●それでは聞きたいのですが、
今の目の前の現実をあなたが全部引き寄せてる
(ほとんどの方がこっち派)
として、それは
あなたが生まれる前に創ったものですか?
あなたの思考が今現世で創ってるものですか?
あなたの無意識が作ってるものですか?(コントロール不可なので
運命と似てる)

皆さんの採用してるものをきかしてください。


804 :マスター気取り:2010/11/28(日) 05:32:20 ID:CMsezTHI
>>803
あなたと私は同じものだ。そしてこれは神とイコールでもある。現実(と感じられるもの)は
今作っている。そのことに単に気付いていないだけだ。だから無意識に作っているとも
言えるが、分かる場合もある。また前世というものがあるとしてもそれは今作ったものだ。
時間は実際にはない。時間は過ぎるもの、物事は継続するものという観念が過去から
継続するストーリーを作っているに過ぎない。過去というものはない。今だけが全てであり
それ以外は幻想だ。

805 :神も仏も名無しさん:2010/11/28(日) 07:44:26 ID:CZ2DGqse
電車に乗り遅れないようにそろそろ出かけなきゃ
こんな馬鹿なことしてられない


806 :神も仏も名無しさん:2010/11/28(日) 09:29:41 ID:TL2J++ln
>>802
まずお前自身から消滅してみようか
まさか消滅出来ないって事はないよな
まさかまさか

807 :神も仏も名無しさん:2010/11/28(日) 11:36:15 ID:UbFwozWd
>>806
相変わらずのアフォだなw
それを志向すればすぐにそうなると思ってるのか?
本を読んで何かの観念を手に入れることで事足れり、
と思い込むニューエイジャー特有のゆとり脳そのものだなw

消滅するなんてイヤだよ〜 消えるなんて怖いよ〜w

ずっとそうやって駄々を捏ねて喚き散らしてろよ、クソガキw

808 :心と宗教:2010/11/28(日) 12:46:49 ID:u830HNEp
相変わらず仲が良いな君らは

809 :心と宗教:2010/11/28(日) 12:52:41 ID:u830HNEp
>>803
そうやって外部の何かの情報を信じようとしたら採用しようとしたりしている
限りは何一つわかりはしないし、何一つ変わりはしないですよ。
正直、我々や誰かが言っているような事というのは実はまるでどうでも良いことだ。
何一つとして役に立たない。
重要なのは貴方自身が貴方自身をもって、実験、研究、対峙することだ。
それをしなければむしろ全くの逆効果だ。
外にあるそういった情報というのは言わば答え合わせや方向修正として使うべきものであって
それを鵜呑みにしたり採用したりする事はあなた自身を結局破滅に向かわせることになる。
方便です。(以下hbで略します。

810 :最後に:2010/11/28(日) 19:45:53 ID:yY8u/dod
804
だからそういう本に書いてある文字にだけ出来る世界じゃなくて。w
俺はリアルな思考世界の話をしてんの。
809
全部私が実験、研究、対峙してきましたよ。
これからもそうです。
だから選択肢に答えてっていってるでしょ?
これが俺の実験なんだから。

てゆーか何で誰もまともに選択肢に答えてくれないんですかね?笑
そんなに人の決めた事に乗ろうもんなら自分の品位が下がる気がしますか?w
ぺらぺらなプライドですねw怖いんでしょ?w
結局いくら能書き勉強しても、その程度の人間性じゃだめでしょw
現にみてごらんよ、誰もまだ答えてないじゃない。
ん〜しかしぬるいね。
脳内世界から現実に生かしたいって思わないかね。



811 :神も仏も名無しさん:2010/11/28(日) 21:09:43 ID:vJOHAMXy
その前に、他板にまたがってのマルチコピペとか
人を試すような質問の仕方がまともに相手にされない理由かと

812 :マスター気取り:2010/11/28(日) 22:38:47 ID:d89hBsb9
>>810
リアルな思考世界のことを書いたのだが?
今のあなたのエゴに通じるように変換することは出来るかも知れないが、
どう話すと通じるかがまだよく分からなかったもんでな。分かればもうちょっと
ましと感じられるような作文が出来るかも知れない。

> てゆーか何で誰もまともに選択肢に答えてくれないんですかね?笑

選択肢にそのものズバリの答えが書いてないからだよ。
「その他」も選択肢に書いておけばよかったんじゃないかな。


813 :心と宗教:2010/11/29(月) 00:34:25 ID:3u4Kwind
>>812
先に全部言われた

814 :最後に:2010/11/29(月) 03:12:18 ID:wJJUdXkT
>>812
すいません、ちょっと一回アンケートをまとめなきゃいけなくて、
個人の意見にあったスレができませんでした。メモってあるのであとでちゃんと
します、俺のために文章かいてくれてありがとうございます!



え〜とじゃあとりあえず一旦皆さんの意見を総括すると
ここでは、
今の前意識(意識)(思考でもいいですね)
と潜在意識(無意識)
が世界を作ってると。
で潜在意識=コントロール不可
なので神と同義と。
だから神=自分と。

こんな感じでですかね。

じゃあ皆さんの存在は、全部俺が創った夢だし、ゲームだってことですね。
最初から俺しかいなかったんだ。

815 :神も仏も名無しさん:2010/11/29(月) 04:04:00 ID:hKzDNSod
テへ

816 :神も仏も名無しさん:2010/11/29(月) 05:27:07 ID:ubX8OeG2
>>814
俺も存在するぞ
お前だけが存在するのではない


817 :マスター気取り:2010/11/29(月) 18:55:04 ID:o+pbpEqO
>>814
その通りではあるが、同じ内容をオカ板のLOAスレとチケ板の代行8スレにコピペで
書くのはいかがなものか。結果が同じということかも知れないが、これではどこの
スレも全く真剣に読んでいないと思われても仕方がないと思うのだがなあ。

あと一つ注意だが、夢だからこそ気を付けないと危ないんだよ。何でもありだからね。
間違えるとすぐに悪夢になって正に地獄に落ちたようになる。誤魔化しは一切通用
しないから甘く考えない方が良い。自分しかいないというのは見える限りの世界の
一切が自分ということでもある。自分は大切にしろ。尊重することも忘れずに。
でないと自分に殺されるぞ。

818 :神も仏も名無しさん:2010/12/01(水) 07:33:47 ID:8AlXcusn
キタ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━アセンションプリーズ!!!

NASA:地球外生命体は… 「宇宙生物学上の発見」で会見へ ネット中継も
http://mainichi.jp/select/science/news/m20101130mog00m040009000c.html

819 :マスター気取り:2010/12/02(木) 10:34:42 ID:2jePptY3
日本時間3日午前4か・・・
もうちょっと早いか遅いかしてくれればなあ。
俺は多分リアルタイムでは見られないな。

820 :マスター気取り:2010/12/03(金) 12:31:30 ID:wUIlZess
宇宙人じゃなかったなあ。

821 :神も仏も名無しさん:2010/12/04(土) 09:25:29 ID:BlNzdSWb
NASAwwww使えねえwwww
もう奴に期待するのは止めたwwwww

822 :マスター気取り:2010/12/04(土) 23:07:59 ID:BqR8dmKw
宇宙人に期待するのもやめた方が良いんじゃないだろうか。w

823 :神も仏も名無しさん:2010/12/04(土) 23:17:55 ID:Any0poLG
宇宙人の消滅。

824 :神も仏も名無しさん:2010/12/04(土) 23:52:36 ID:osfWCGAs
生命は永遠です
器の形が地球人仕様であっても宇宙人仕様であってもそこに注がれている生命は同じものです
バクテリアも植物も動物も人間も宇宙人も
通常仕様とは違う生命の器が発見されたことは喜びです落胆する必要はありません

825 :心と宗教:2010/12/05(日) 00:40:39 ID:IvvxL2d5
生命の概念を覆すと言っても、
そもそも生命の概念を適当にこしらえたのは人間だからなあ。
そんなものが覆されたり崩壊したりしたとして
ああほうかい、って言うようなもんだ。
誰かが言い出した生命の概念を皆が使って信じ切ってるというのが変な話だ。
「いや、俺はその生命の概念を使っていない」とかいうやつが出てきてもおかしくないのにな。
まあ、もちろん他の人とは話しにくいし、変人扱いされるのがオチだが。

826 :マスター気取り:2010/12/05(日) 03:29:35 ID:fXHuJmDw
まあ良かったじゃないか。これで「生命とはこういうものである」という幻想が
一つ破壊されたんだから。

827 :神も仏も名無しさん:2010/12/06(月) 08:24:23 ID:Rf/ykSfg
ニールさんは末っ子なのかな?
末っ子はいつまでたっても甘えんぼなんだよね

828 :心と宗教:2010/12/06(月) 16:01:38 ID:8KbPYQdP
今更だが、何故皆ニールと呼ぶのか?
日本人が外国人を呼ぶ場合はドナルドでもウオルシュでも良いだろうに。
大切なのはこういう疑問を持つこと、そして
その疑問に対して実際に行動してみることだ。
例えばこのスレにおいては
あえてニールと呼ばない。

間をとって
ルドウォか若しくは
シュ
あたり
なんてどうだろうか。
皆の意見を求む。


829 :マスター気取り:2010/12/06(月) 16:01:48 ID:gyp8CQXI
甘えん坊将軍

いや、なんでもない。何故か思い浮かんだ言葉。

830 :心と宗教:2010/12/06(月) 16:22:33 ID:8KbPYQdP
じゃ、甘えん坊将軍又はシュで決定。
次のテンプレに書くとしよう。

831 :心と宗教:2010/12/06(月) 21:45:58 ID:8KbPYQdP
書かねーよ

832 :神も仏も名無しさん:2010/12/06(月) 23:33:26 ID:p7BSCfqk
||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||━━タシケテ  サク ハナシナヨ (・ω・ )
 O( ・Д・)O  アレッ?

833 :神も仏も名無しさん:2010/12/07(火) 10:57:33 ID:VmtprS8B
テニブリっ!!

834 :神も仏も名無しさん:2010/12/08(水) 07:43:59 ID:Ef4tjWVn
さんこんたん

835 :神も仏も名無しさん:2010/12/09(木) 15:09:23 ID:wvx19uIF
ハミゴの神様

836 :神も仏も名無しさん:2010/12/10(金) 05:26:50 ID:lQmx2olv
花恋機電

837 :神も仏も名無しさん:2010/12/21(火) 16:59:12 ID:bLDR90mK
歳末なので保守

838 :心と宗教:2010/12/22(水) 00:28:58 ID:LSL68Slx
歳末保守セール

839 :最後に:2010/12/27(月) 12:16:17 ID:dgQEI6TY
ども(^_^)おひさしぶりです。私です。

生きていくうえにおいてもっとも大切なことは、なにも起きないようにすることではなくて、なにか起きたときにどう対処するかということなのです。 
byマクシム・ゴーリキー
ということで、
意図してない事が起きたときの皆さんの現象の「捉えかた」
をおしえてください。

840 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 11:00:14 ID:Ib9Ne1bn
>>839
意図しないことは経験しないと捉えます。

841 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 13:35:16 ID:KDnT7/IB
>>839
予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする

842 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:01:34 ID:k1mXN+Ph
起きたことはすべて正しい。なぜならそれは起きたのだから。−バイロン・ケイティ

こういう考え方はニューエイジャーたちが拒絶反応を示しますw

843 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:13:16 ID:KDnT7/IB
( ◔ ౪ ◔ )オールドエイジャーは嫌な事があると起こっていなかった事にするんだっけ?


844 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:28:24 ID:k1mXN+Ph
ほい釣れたw

お前のエゴが言うところの厭なことも善いことも、本当は起きていないってことだろうな。
何も理解できない哀れなニューエイジャーさんよwww

845 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:32:18 ID:k1mXN+Ph
>予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする
>予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする
>予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする
>予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする
>予想外に素晴らしい事が・・・!とwktkする

いくらワクテカしてても、こんなスレひとつ自分の思い通りには出来ないようだなwww
引き寄せの法則はどうした? バシャールのワクワクはどうした?www



             / ̄ ̄^ヽ 
             l      l        ____
       _   ,--、l       ノ .     /_ノ  ヽ、_\
   ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l     o゚((●)) ((●))゚o    プギャアアアアアアアアアアアアアア
  ,/   :::         i ̄ ̄  | .  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   
/           l:::    l:::   ll   |     |r┬-|     |    (⌒)
l   l .   l     !::    |:::   l   |     | |  |     |    ノ ~.レ-r┐、
|   l   l     |::    l:    l .  |     | |  |     |   ノ__  | .| | |
|   l .   }    l:::::,r-----   l.  \      `ー'´     ./ 〈 ̄   `-Lλ_レレ
ヽ  :l::::   ト:;;;;;;;;;/-/__...........  /                   ̄`ー‐---‐‐´

846 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:37:23 ID:k1mXN+Ph
ニューエイジャーこそオールドエイジャー。

自分の人生に直面することから一時的に逃避させてくれる、
空想、妄想の観念の羅列に酔っているだけ。
彼らが「存在いるはずだ、存在していないなんてあり得ない!」と駄々を捏ねている、
この「現実」の世界では何も出来ない。
学歴なし、収入も仕事も資格もなしw

それでもwktkしていれば、wktkしてさえいれば! と一縷の望みをかけてもダメなものはダメw

引き寄せの法則なんてそんなのないからw

お前の妄想しているような思い通りの人生なんてムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリwww

847 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:38:19 ID:k1mXN+Ph
よし、燃料投下、完了。

848 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 15:47:36 ID:KDnT7/IB
>>844
>お前のエゴが言うところの厭なことも善いことも、本当は起きていないってことだろうな。
起きたことはすべて正しい。なぜならそれは起きたのだから。−バイロン・ケイティ

( ◔ ౪ ◔ )今日も華麗な自爆、毎度ご苦労様です

849 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:22:11 ID:k1mXN+Ph
>>848
はい、自爆だとおもってるところがお前の理解力のなさねw

バイロン・ケイティは誰に対して語っているのか。
起きたことは全て正しい、とは本当はどういう意味なのか。
そして、本当は起きていない、というのはどの視点から語られているのか。
この区別ができないから、お前は何もわからないんだよ、バーカwww

頭悪すぎなんだよwww

850 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:26:17 ID:k1mXN+Ph
哲学の素養も素質もない人間が、お笑いニューエイジ本ごときに感化されて何かを知ったつもりになってしまうと、
ID:KDnT7/IBのようなお馬鹿な反応しかできなくなるという見本例。

パラドックスの妙ということもわからない単細胞w

( ◔ ౪ ◔ )お前は神対やバシャールの妄想小説でオナニーこいて一生妄想の中で埋もれてろw

851 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:40:33 ID:k1mXN+Ph
しかしどうしてニューエイジ系の馬鹿は、自らの理解力のスペックの限界ということの自覚を持てないんだろうなw
大したことのないその頭で、宇宙について、神について、理解できるはずだと本気で思い込んでいるところが本当におめでたいw
人間の頭の限界、ということさえ自覚していれば、逆に理解不可能な事象にこそ、洞察のための鍵が潜んでいる、という気づきに至るのだがな。
で、その鍵としてのひとつのサインがパラドックスでもあるわけだ。
自分が理解できないことは認めない、そんなものはなかったことにするw という安っぽいニューエイジャーの態度では、
パラドックスを見出した時の「ワクワク感w」は永遠に理解出来まいwwwww

852 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:42:18 ID:2xvsreuT
確かに不二一元論も一利ある
サマディのようなバカはとても神の創造物とは思えない

853 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:44:28 ID:KDnT7/IB
( ◔ ౪ ◔ )涙拭けよ・・・

854 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 16:50:19 ID:k1mXN+Ph
>>853
引きこもりはいいよなw 今はなw 未来は地獄なんだろうけどww

悪いけど今から講座の忘年会なんでまた明日な、負け組ニューエイジ馬鹿の哀れな神対信者w

( ◔ ౪ ◔ )

855 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 21:13:21 ID:YpdJx6sL
あなたはアップルオレンジの一部で

アップルオレンジのなかを移動している。

856 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 23:03:40 ID:GhFLKiC+
>>842>>844は矛盾してます。それをパラドックスだと思ってるところが面白いで寸ね。
目の前に広がる現実から去ってなかったことにしたがっているのはあなたの方に強く感じられます。
ニューエイジとよばれる枠組みには興味ないですが
少なくとも神との対話やバシャールにおいては逃避することを説いてはいません。
自分自身を経験を生きることを語っています。

857 :神も仏も名無しさん:2010/12/28(火) 23:55:59 ID:4SCSF0bL
>>842の、起きたことはすべて正しい、という意味は、
起きたことは、あなたが解釈している「現実」とは違いますよ、
というバイロン・ケイティ特有の皮肉というか彼女特有の逆説的表現ですね。
彼女の著作を読んでいればそれがわかります。
それはつまり、実際には何も起きていない、エゴが解釈しているような「現実」は
本当は起きていない、とする>>844と何ら矛盾していません。
あなちは一言で「目の前に広がる現実」と決めつけていますが、
その認識が本当に正しいのかどうか、を問い質せないのであれば、
逆にそれこそがニューエイジの限界と言えるでしょう。
つまり、神との対話やバシャールはエゴの解釈している「間違った現実」に固執させ、
正しい認識に基づく「本当の現実」から人々を逃避させているとも言えます。
本当に自分自身の経験を生きるためには、間違った認識を修正することが先決になります。

858 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:16:24 ID:IEm69seX
何が正しくて何が間違っているかは誰がどうやって判断するの?

859 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:20:11 ID:zwe1b3kG
真我が目撃している経験のみが正しく、それ以外(エゴ)は間違っている。


860 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:20:26 ID:n/kTGvmm
神の中に間違いというものはあらず

861 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:26:32 ID:n/kTGvmm
真我以外の経験はなくそれ以外というものはなし

862 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:31:09 ID:zwe1b3kG
神の中に間違いはあらず、と言いつつ、受け入れられない意見を否定する、これ如何に?

これは正しい(いい)こと、これは間違った(悪い)こと、
というレッテルを貼って、正しい(いい)ことだけ起こるように操作(引き寄せ)しよう、
というのがニューエイジ系の考え方のはずですけどね。

本当に、神の中に間違いがないのなら、どうして経験を選択しようとするのだろうか。

結局、神を経験したこともなく、真我の視点も知らない人が、
神の中に間違いというものはあらず、というお題目を唱えることで、
自己を正当化し、間違った認識を修正することから逃避したいだけではないだろうか。

863 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:32:34 ID:zwe1b3kG
>>861
それは真我そのものである人にのみ許される発言であり、
真我を知らないあなたのような人の釈明や言い訳として利用されるべきではない。

864 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:46:32 ID:n/kTGvmm
受け入れられない意見を否定する、これ如何に?
被害意識

真我そのものでない存在などあらず

865 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 00:50:06 ID:zwe1b3kG
あなたの主張によればその被害意識とやらも真我の一部じゃないのかね?

ところであなたは真我を知っていると言える? 観念ではなく本当に真我を体験している?

そうではなく、ただそういう観念をお題目のように唱えているだけだね? だから何の説得力もないんだよ。

866 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:00:01 ID:n/kTGvmm
真我の一部じゃないのかね?
イエス

真我を体験していないものなどなし
いるとすれば自己を否定し自分が真我でないと思い込んでいるもののみ

867 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:13:29 ID:zwe1b3kG
>>866
屁理屈はノーサンキュー。

ではあなたは真我を「体験」しているわけだね?
真我を体験していないものなどいない、という言葉は、
それ系の覚醒者が異口同音に語っていることだが、
あなたは受け売りではなく自らそうだと確信しているわけだね。
では、それがどんなものなのか、具体的に説明してください。
私は自分に正直に生きているので、真我がどんなものかわからない。
でもあなたは真我を知っているわけだ。体験しているということを自覚しているわけだね?
その体験を具体的に説明してください。どうぞ。

868 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:18:22 ID:zwe1b3kG
真我を体験していないものなどいない、という観念としての言葉を繰り返すことなんか誰でもできる。
そして、そういう観念をあなたのように間抜け顔でオウム返しに繰り返して自己陶酔しているだけで事足りるのであれば、
今頃そこらじゅう、悟った人だらけだろう。

でもあなたは真我を知っており体験していると断言した。

是非その体験を説明して欲しい。どんなものなのか。

自分に正直に生きている人は、真我がどんなものか少なくとも現状では私にはわからない、と言うだろう。

でもあなたは違うわけだね? あなたは真我を知っておりそれを体験しているんだと。
是非それを具体的に説明してほしい。

さあ、皆さん、体験者に語って頂きましょう、真我とはどういうものかを!(笑)

869 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:21:29 ID:n/kTGvmm
確信しているわけだね
イエス
具体的に説明してください
感覚として感じるものであり具体的に説明できるものではない
自分に正直に生きているので真我がどんなものかわからないのではなく
自分に正直に生きていないから真我がどんなものかわからなくなる

870 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:33:07 ID:zwe1b3kG
>>869
つまり、あなたは自分に正直に生きていないから、真我がわからず説明もできないわけだね。
にも関わらず、受け売りで偉そうに語っていたと。
なぜそうしたいのだろうか? なぜあなたはウソをついてしまうのだろうか?
なぜあなたは自分自身のありのままの今の現状に直面することができないのだろうか?



871 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:40:44 ID:n/kTGvmm
感覚として知るものであり言葉や論理では説明できないということ
「自分に正直に生きているので真我がどんなものかわからないのではなく
自分に正直に生きていないから真我がどんなものかわからなくなる」
是は貴殿の言葉を受けた貴殿への言葉

872 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:48:16 ID:zwe1b3kG
>>871
感覚として知っているのなら、それを言葉にできなくてはおかしい。
現に覚醒者は様々なことを語っているし、本も書いている。
自分に正直に生きていれば、私は何もわからない、という。
あなたのように体裁を取り繕ったり、人からどう見られるか、を気にしたりはしない。
さあ、誤魔化していないで真我について語ってもらいましょうか。
多くの覚醒者たちも語っているのだ。あなたにできないはずがない。
真我とはどういうものなのか。どうぞどうぞ、遠慮なされずに語ってください。

あなたが本当に正直に生きているのなら、ウソをついていた、と認めなさい。
そうすればこれ以上、あなたを追及することはしない。

さあ、どうぞ。

873 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 01:53:14 ID:n/kTGvmm
感覚として知るものであり言葉や論理では説明できないということ
「自分に正直に生きているので真我がどんなものかわからないのではなく
自分に正直に生きていないから真我がどんなものかわからなくなる」
是は貴殿の言葉を受けた貴殿への言葉

874 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 02:07:44 ID:zwe1b3kG
>>873
感覚として知っているのなら、それを言葉にできなくてはおかしい。
現に覚醒者は様々なことを語っているし、本も書いている。
自分に正直に生きていれば、私は何もわからない、という。
あなたのように体裁を取り繕ったり、人からどう見られるか、を気にしたりはしない。
さあ、誤魔化していないで真我について語ってもらいましょうか。
多くの覚醒者たちも語っているのだ。あなたにできないはずがない。
真我とはどういうものなのか。どうぞどうぞ、遠慮なされずに語ってください。

あなたが本当に正直に生きているのなら、ウソをついていた、と認めなさい。
そうすればこれ以上、あなたを追及することはしない。

さあ、どうぞ。

875 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 02:24:32 ID:zwe1b3kG
自分は何も知らないし、時分のこの感覚などまったく当てにならない、
というところからスタートしなければならないのに、
本の受け売りでわかったつもりになり、観念の受け売りで自分を粉飾し始めると
結局このような惨めな結末を迎える、という恰好の例です。

876 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 03:00:47 ID:+WPwSd+G
人はたくさんの矛盾する思考感情記憶で混乱している。

この混乱を通り抜け、この混乱を理解した先に大空が、
いや大空ですら無い何かが待っている。

ところで
知識とは、心とは大いなる夢の創造機械です。
他人というものは無い、私というものは無い、全て私だ、知らぬものは無い

こういった言葉に染まってしまうと、自分の混乱の上に、このような真っ白な夢
無我の夢、一元性の夢を塗りたくってしまうことになります。
それができると混乱も抑え込み、傷つきやすいハートも抑え込むことができます。

つまり、鈍感になったということです。
この状態になると、あらゆることに鈍感になり、真っ白な一元性の夢を見続けることになるでしょう。
そして他人の気持ちに鈍感になり、相手の話を聞かず、相手を感じず、自分の夢の元である言葉をしゃべり続けるでしょう。

ですが、それは苦しみから逃げ続けることに等しいのです。
自分と向き合い、一つ一つでいいからその欲と、悲しみと、混乱の奥に隠されている
本来の自分、不思議な不思議な、意識、と、出会うことです。
あらゆる混乱を作り出す前にある自分自身を再発見すること。
同時にあらゆる混乱が私の作っているものだということを理解すること。


877 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 09:55:19 ID:KfEcXOy5
>>867
>それ系の覚醒者が異口同音に語っていることだが、
語れる事自体がこの地球世界を消すのに失敗したという結果だから
結局この地球世界は消せませんでした、という証言でしかないのだが

878 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 10:02:40 ID:SxY+t/GU
>>877
そう認識しているのは覚醒者ではなく「お前」なんだよ。
「お前」の根本的誤謬は、宇宙が客観的に存在していると思い込んでいることだ。
そういう前提でいる限り、アドバイタ派との議論は無意味だろう。

879 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 10:06:09 ID:KfEcXOy5
>>878
弟子を認識できなくてどうして教えを説く事ができるのだ?

880 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 10:42:47 ID:IEm69seX
この流れを見ても分かるようにアドヴァイタ系の信者というのは
プライドが高い人が非常に多い
だからエゴの消滅というのは絶対的な真理という意味で言われているのではなく
ただ単にお前は我が強いからまず我を消せと言われているだけなんだよ
それを後付けでごちゃごちゃと理屈を付けてあたかも絶対的真理であるかのように
思っているだけなんだよ


881 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 11:18:50 ID:SxY+t/GU
>>878
そう認識しているのも「お前」=エゴだ。
エゴが必死になって自己の存続を掛けた闘いを挑んでいる。
師の言葉を聞く弟子にとって、師の言葉はマーヤだ。
しかし師はまったく違う認識をしている。

>>879
そう認識しているのも「お前」=エゴだ。
プライドが高いアドバイタ派がいる、という宇宙。
それを認識しているのは「お前」=エゴというわけだ。

覚醒というのは、そのエゴの延長線上にはない、それとは「別のもの」として
初めからあるものとして、ありてあるものとしてあるもの、と言われる。
「お前」=エゴが悟ったり、真我であることを自覚することはない。

どちらにしてもエゴは消滅する。つまり宇宙は消滅する。
なぜなら、宇宙とは客観的な実在ではないから。

以上の遣り取り~見てもわかる通り、
ニューエイジ派は何とかしてエゴを存続させたい、その闘いに血道をあげている。
エゴの消滅を何としてでも阻止したい。
つまり、ニューエイジこそが、ずっと語り継がれてきた反キリストそのものであることがよくわかるであろう。

882 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 11:35:09 ID:IEm69seX
>>881
と認識しているのもお前というエゴじゃないのか?w

883 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 11:57:30 ID:SxY+t/GU
>>882
その通りだ。
要は我々の認識はまったくエゴによるものに過ぎないという自覚があるかどうか。
「お前」=エゴにはそういう自覚はなく、自らの認識そのものを疑うということができていない。
そして結局、エゴ存続のための闘いに終始している。
象徴的に、反キリストの手先として、その片棒を担いでいるということになる。

884 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 12:30:51 ID:O2dr3RUc
つ旦

885 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 14:08:13 ID:KfEcXOy5
>>881
>師の言葉を聞く弟子にとって、師の言葉はマーヤだ。
>しかし師はまったく違う認識をしている。
お前は複数の自我の存在を認めているようだが
師の言葉を聞く弟子、師、お前自身、ニューエイジ派がそれぞれの認識していると

886 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 14:21:59 ID:SxY+t/GU
>>885
複数の自我が存在を認めているようだが、と認識しているのは「お前」=エゴだ。
意味がわかるか? わからんだろう。わからないということをまず素直に認めろ。
「お前」=エゴはそれほど、まったく信用ならないということだ。

887 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 14:26:31 ID:KfEcXOy5
>>886
複数の弟子を相手にしている覚醒者だって複数の自我の存在を認めているようだが

888 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 14:54:06 ID:SxY+t/GU
複数の弟子を相手にしている覚醒者だって複数の自我の存在を認めているようだが、
と認識しているのは誰?

889 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 16:08:43 ID:KfEcXOy5
>>888
覚醒者に指導されている複数の弟子
さらに覚醒者自身も実は自覚しているだろうな

890 :マスター気取り:2010/12/29(水) 16:20:07 ID:1xoLTj9E
The Truman Show のように、全員で芝居をしていた場合、その役柄の上の自我は何人分あろうが
全て仮想のものであり現実には存在しないことになる。

891 :マスター気取り:2010/12/29(水) 16:23:10 ID:1xoLTj9E
もちろん映画のセットは全て本当に物理的に存在しており役を演じる人も存在する。
しかしその存在の意味は仮想だ。ある役者は宇宙人役として出てくるかも知れない。
しかし役でそれをやっているだけで本当は宇宙人ではないのだ。

892 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 16:28:32 ID:KfEcXOy5
物理法則が全てというマスター気取りらしい主張だな

893 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 16:29:12 ID:KfEcXOy5
唯物主義者というやつか

894 :マスター気取り:2010/12/29(水) 16:29:33 ID:1xoLTj9E
>>892
結局同じことだよ。同じものの裏表みたいなもんで。

895 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 16:37:43 ID:SxY+t/GU
>>889
覚醒者に指導されている複数の弟子
さらに覚醒者自身も実は自覚しているだろうな

と、「お前」が認識しているわけだ。

「お前」に勝ち目はないぞ、マスター気取りに対してもな。
「お前」=エゴは滅びることになっている、否、最初から存在していないからだ。

896 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 16:46:27 ID:KfEcXOy5
>>894
何と何が同じなんだよ?

>>895
覚醒者自身も自覚しているだろ
一人ひとりの弟子の考えを把握しないとそれぞれに適切な指導ができまい

897 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 17:02:48 ID:KfEcXOy5
>>895
>エゴは滅びることになっている、否、最初から存在していないからだ。
やっと分かってきた
大学の世界は余りにも酷い世界なので最初から存在していない事にしたいのか
なるほどなるほどお気の毒に
でも現実逃避は解決にならないと思うぞ
現実を直視しないとな

898 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 17:52:56 ID:SxY+t/GU
>>896
覚醒者自身も自覚しているだろ
一人ひとりの弟子の考えを把握しないとそれぞれに適切な指導ができまい

と認識しているのが「お前」=エゴだ。

>>897
これは面白いw

大学の研究は実に楽しい。教授や仲間にも恵まれている。
しかし、そこに本質はない、それはどうでもいいことだ、と俺の直感は囁く。

現実逃避、つまり、ニューエイジに逃避しているのは「お前」=エゴだよ。
で、お前は今何を手にしているかね? 自分の置かれた惨めな境遇を冷静に観察してごらん。
お前の言う「現実」の中で、俺はお前にとっては羨望の的であるような境遇にある。
その俺が、そんなものは本質ではない、それは幸せとは関係ない、と言ってるんだ。

お前が、お前の夢想するような、引き寄せの法則やら何やらを駆使して、
自分の望む現実を引き寄せることができたとしよう(実際にはそんなことは不可能だが)、
そうすれば私の言うことがわかるだろう。これらは「それ」とは何の関係もないのだ、と。

まあ、まずは「現実」の世界で、俺と対等に話が出来る程度の地位を確立してみろよw
そしてそれなりの収入を手にしてから偉そうな口を叩くんだな、ニート君。

ニューエイジというウソの世界に逃避している間はダメだろうけどなw


899 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 18:14:26 ID:+WPwSd+G
大学、現実に逃避しようと、ニューエイジに逃避しようと同じじゃないかな。
結局自分の夢、エゴと向き合わなければいけない。

向き合うきっかけとしてなら宗教も、大学での生活も、農業も、人間関係も、バイトも
同じように役に立つと思いますよ。

しかしそれを目標にしてしまったら失望するだけでしょう。

富は素晴らしいが富に執着すると意識を失ってしまう。富に自分を所有されないように。
そうでないとせっかくの富が台無しですから。

>複数の弟子を相手にしている覚醒者だって複数の自我の存在を認めているようだが、
と認識しているのは誰?

誰でもないよ。
という気の狂った答えが唯一の可能性です。論理的帰結の中に存在しない世界なんだからこういう答えになるしかありません。

私も悟った身では無いので前者の答えに完全に準拠しているわけではありません。
だから実践的な良い答えとしては
わからない
になります。わからなければ誤解する危険だけは無く成長してゆけます。

900 :マスター気取り:2010/12/29(水) 18:17:27 ID:ERk97AMX
>>896
唯心論的に考えても唯物論的に考えても終着点は同じということ。

901 :マスター気取り:2010/12/29(水) 18:30:33 ID:ERk97AMX
ゲームの世界の中でいくら大金持ちになっても、それはゲームの中でだけのことだ。
同じゲームをしている者の間でしか自慢することができない。

引き寄せの法則はゲームでハイスコアを出す方法みたいなものだ。
やっている内にスコアがどうであろうがそんなことは無意味であることがわかる。
あくまでもその閉じたゲームの世界での話でしかなく本質的なことは何の変化もないからだ。
そして実際には勝敗は海の波のように来たり引いたりを繰り返しているだけ。
それを自分の力で勝ったとか負けたとか思い込んで一喜一憂しているだけだ。

902 ::2010/12/29(水) 18:41:26 ID:RGH+SoS4
数スレしか見てないけど…?
エゴってそういう意味だったかな?
エゴ=自我?
エゴ=自己中?
自我=自己中?

どっちにしても無我でも自他は解るような?

903 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 18:47:57 ID:RGH+SoS4
誰かに聞いてみたくて、良スレはないかと開いた所なんだけど、その前にチラッと数レスを見て質問があります。
覚醒とは、どういう状態のことを言うのですか?

904 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 20:12:16 ID:IEm69seX
エゴが消滅した状態らしいよw

905 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 20:43:54 ID:+WPwSd+G
覚醒という状態を知るためには、他人が自分がいかに眠りこけているか知らなければいけません。
まず人は殆どの時間を自分を意識せずに無意識に活動しています。

906 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 21:43:53 ID:zwe1b3kG
>904
存在しないものがどうやって消滅するんだ?w

907 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 22:07:46 ID:KfEcXOy5
やはりエゴを消滅させるのは不可能ですか
お気の毒に


908 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 22:14:20 ID:KfEcXOy5
>>900
その終着点は何処なのか?

>>901
引き寄せの法則は常に勝利の結果しかでないので一喜一憂しようがない
無意味ではなく有意義な人生を送る為のもの

909 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 22:54:35 ID:SxY+t/GU
>>907
エゴは存在するんだ! 存在するんだ! エゴが消えてしまうなんてとんでもない!
宇宙の消滅怖い! 宇宙の消滅なんて絶対に認められるか! 怖いよ〜怖いよ〜 

と恐れおののいているお前のエゴもいずれ消滅する。というか最初からそんなものはない。
最初からないものの消滅を恐れている滑稽さを嗤われているだけなんだよw

>>908
引き寄せの法則をまるで使えていないお前が何を言うかw
使えていないのも当然だ、そんなものは最初からないんだからなw
お前が人生をチートな手法で乗り切ろうとしている限り、お前の人生は今以上に苦しくなっていくだけだ。
人生から逃げるなよ、ニートw 

910 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 23:02:09 ID:n/kTGvmm
其は逆。自分(もちろんエゴや部分としての自分ではなく真我や神としての自分)は永遠の存在であるということを知っているが故に、恐れることなく、今という瞬間の自分自身を生きることが可能となる。

ゲームの中のキャラクターやアバターは意識の投影対象であり架空の自己だがそのキャラクターを動かしているのは紛れもなく自分自身
プレイヤー=キャラという関係ではないが
プレイヤー≧キャラ、投影者≧投影対象 という関係にある
プレイヤー≠キャラ 切り離されたものではない
神は全てであり全体である 全体と部分は常に=の部分を含み結ばれている 切り離されているものはない
これが自分だという思い込み=自我を終わらせるのは結構なことだが
だからといって自分自身を終わらせることはできない
死んだあとも悟りを得たあとも
なぜならば「自分自身、私(神、真我)は在る」という意識、それこそが存在の全てであるから。

911 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 23:05:15 ID:SxY+t/GU
>>910
相変わらず馬鹿な奴だw 
だから何度も言ってるだろ。
お前はそういう観念を信じているだけで、実感を伴ってないだろがw
神はすべてであり、全体である、という観念を信じているだけ。
本当にそれを体感し体得し体現しているか?

自分に正直になれよ、お前は何も知らない、それだけだ。

912 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 23:08:59 ID:SxY+t/GU
こういう余所から仕入れてきた観念に酔ってるだけの大馬鹿野郎が、
教祖気取り、マスター気取りで滔々と語って悦に入っている、
この上なく間抜けな状況が、まさに間抜けな状況として嘲笑の対象となるような、
そんな心と宗教板にしていきたいもんだなw

913 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 23:11:33 ID:n/kTGvmm
>>911
全ての存在がどの瞬間にでも感じているもの
感じることができないとすれば、それを自分は感じることができないと思い込んでいる時だけ。

914 :神も仏も名無しさん:2010/12/29(水) 23:48:26 ID:SxY+t/GU
>>913
だ・か・ら、それもただの観念。
お前は何も体感していないし体得もしていないし体現もしていない。
そういう観念を書き込んで悦に入っているだけ。
それこそ「自分自身」にだけはウソをつくことはできないぞw

915 ::2010/12/30(木) 01:02:18 ID:I3BsFOEd
ここで話す「エゴ」が明確じゃないから読んでいてしっくりこない。
エゴとは、「自己中」のことなのか「自我」のことなのか「我欲」のことなのか、それとも他のことを指すのか、解らないまま何となく遣っているからなのか?
ここでいう所の覚醒をすると、何がある?どうなる?

916 :心と宗教:2010/12/30(木) 02:41:58 ID:YwyV/Llc
なんだどうした、妙に流行ってるじゃないか。

俺が何度も何度も繰り返し言ってるだろう。

言葉とは何か?

が分かれば、
「言葉にする事自体」がそれが人間の始まりであり、
お前らの言う真我の終わりだということがわかるはずなんだけどな。


917 ::2010/12/30(木) 03:39:23 ID:I3BsFOEd
別々の国の者で、言葉が通じなくとも人じゃないか、

と、こんな屁理屈を言いたいわけじゃない。
それに言葉を持たないとか、無我だの真我だのって、せっかく生まれて来たのに、そこに戻るだけなら、後退じゃないのか?

最終的に聞いてみたいことは、覚醒した後の生き方についてだけれど?

918 :心と宗教:2010/12/30(木) 08:10:18 ID:YwyV/Llc
>>917
・生まれてきたと思っているのは、おそらく人間だけ。
・覚醒した後は生きていないし、死んでもいない。
・戻るという概念とはそもそもいったい何か?それは実在するのか?
・後退という概念とはいったい何か?それは実在するのか?

919 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 08:27:31 ID:tVQW4mbi
眠りに就くか、また何かをしたくなるか。
そして、自分にしかできない経験をしたくてしているのが他ならぬ今の自分。
(したくない経験を経験したいなんてことも可)

920 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 09:07:05 ID:i6eLhwQl
>>918
言葉を使わずに生きていれば覚醒者ならゴキブリも覚醒者(覚醒虫?)だよね
お前はゴキブリに生まれれば良かったな

921 :心と宗教:2010/12/30(木) 09:39:48 ID:YwyV/Llc
>>920
うむ、Gもなかなか良いもんだよね。

922 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 09:51:27 ID:i6eLhwQl
ゴキに生まれ変わりたいとは思わんが

923 :心と宗教:2010/12/30(木) 09:53:47 ID:YwyV/Llc
あれは、俺がゴキだった頃・・・・(遠い目

924 ::2010/12/30(木) 09:55:56 ID:I3BsFOEd
>>918
口先だけで誤魔化すなよ。
この世界で、我の根源である人の身体を持って生きることについて聞いているのだから。

925 :心と宗教:2010/12/30(木) 10:01:59 ID:YwyV/Llc
>>924
2chで表現するのに口先以外にどうやれば良いのか教えてください

926 :心と宗教:2010/12/30(木) 10:03:15 ID:YwyV/Llc
何かジェスチャーしようか?
はい!はい!今しています!はい!はい!
バッバババッ!!


927 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 10:15:33 ID:i6eLhwQl
>>925
覚醒者としてこれからは言葉を使わずに生きていくと良いよ
お前は2ch禁止


928 :心と宗教:2010/12/30(木) 10:19:49 ID:YwyV/Llc
>>927
まあ、まあ。良いじゃないか。
たまには人間もやらせてやってちょーよ
ジェスチャーもするけどね。
バッ!バババ!

929 ::2010/12/30(木) 11:06:56 ID:I3BsFOEd
>>926
理想か空想か思い込みだから、答えられないわけ?
口先だけとは真実味や実体験がないと感じるから。

930 :心と宗教:2010/12/30(木) 11:21:05 ID:YwyV/Llc
>>929
それはあなたがどんな文章であろうと、
あなたが真実味や実体験が無いと感じるのであれば
あなたにとってはそうなんだろう。
サッ

まあ、俺は別に理想でも空想でもゴキブリでもどう思って貰っても構わないがな。
ズ、ズッ

そもそも言葉にしている時点でそれらは全てその通りであると言えよう。
ババッ!

覚醒、というものがあるとして覚醒した後に待っているものを誰も答えがらないのは
覚醒とか悟りというものがそもそも存在しなかったことに気づくからだ。
ドドド

その、覚醒とか悟りというものがそもそも存在しなかった事に気づくことを覚醒と呼んでもいいかも
しれんがね。
ジュルルル

931 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 11:22:52 ID:yM3fA1rh
悔しさ全開神対信者が893のように因縁つける年の瀬かな

932 ::2010/12/30(木) 11:34:53 ID:I3BsFOEd
>>930が全く解らないことは、最初からないと言いたいだけか。
それなら最初から解った風なことを書くなよ。

933 :心と宗教:2010/12/30(木) 11:41:57 ID:YwyV/Llc
>>932
いや、とりあえずツッコミが欲しいだけです。
こういうときに返しボケや重ねボケ、最悪ツッコミができないのが
おそらくあんたが悩んでいる根本原因だよ。本当に。


934 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 11:59:38 ID:tVQW4mbi
自分を消し去りたいと思っている人に
http://www.hironet.jp/others/eva/ewd_26.htm

935 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 12:54:18 ID:yM3fA1rh
存在しないものをどうやって消すのか。

936 :心と宗教:2010/12/30(木) 12:59:08 ID:YwyV/Llc
作って消すのだろう

937 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 13:44:15 ID:i6eLhwQl
>>930
何を言っているのか分からん
日本語が不自由な奴は祖国へ帰れ

938 :心と宗教:2010/12/30(木) 13:52:17 ID:YwyV/Llc
>>937
直ツッコミで来ましたね。
ありがとうありがとう。


939 :マスター気取り:2010/12/30(木) 17:42:04 ID:TDRpgDN4
>>908
> その終着点は何処なのか?

さあ知らんな。自分で確認してくれ。

> 引き寄せの法則は常に勝利の結果しかでないので一喜一憂しようがない

あなたの中に勝利かどうかを判定する基準を作ったのは誰か?

> 無意味ではなく有意義な人生を送る為のもの

有意義だという感覚が幻想であることは何れわかる。

940 :マスター気取り:2010/12/30(木) 18:05:41 ID:TDRpgDN4
>>934
おめでとう

941 :神も仏も名無しさん:2010/12/30(木) 21:39:04 ID:E6KNUN1S
つ旦

942 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 12:17:04 ID:w9RMhPmA
二元性、相対性最高、こんな素晴らしいものを作ってくれた神に感謝

943 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 12:31:55 ID:PpIHLHZw
それは君が二元性、相対性を何一つ経験しておらず、逃げているからそう思うだけ。
そのうち、この二元性・相対性を神が創造などするだろうか、と考えるようになる。
そうなれば、君が今考えてるような馬鹿げた空想から卒業する時が来たということだ。

944 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 12:36:29 ID:PpIHLHZw
俗世間的な意味での成功体験が無い人間ほど、
そういう俗世間的成功に対して、実際にはありもしない空想を投影し期待するものだ。
それは、女を知らない童貞が、女性ほ過度に理想化し妄想に耽ることと似ている。
実際に女を知っている人間は、女という生き物の計算高さや自己保身、いやらしさを知っているから、
童貞のように滑稽な女性崇拝に陥ることもない。

945 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 13:15:51 ID:rqh0ajM+
そうとうヒドイ目にあったようだな
PpIHLHZw「女嫌い女怖い」


946 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 13:40:31 ID:PpIHLHZw
>>945
いやいや、もう飽き飽きしているだけだよ、世の中を知らないニート君。
かわいそうにな、童貞のまま君は人生を終えるんだから。

947 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 13:52:53 ID:rqh0ajM+
>>939
>さあ知らんな。自分で確認してくれ。
お前が言い出した事を何故俺が確認しなければならんのだ?
早く終着点について説明してくれ
マスター気取り「唯心論的に考えても唯物論的に考えても終着点は同じということ。」

>あなたの中に勝利かどうかを判定する基準を作ったのは誰か?
他人の基準を受け入れる必要があるのか?
自分の人生に関わる基準は自分が決める

>有意義だという感覚が幻想であることは何れわかる。
無意味な人生の方は目的がないので持続的なパワーに欠ける
結局、人は有意義な価値を見出し生を注ぎ込む

948 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 14:01:26 ID:rqh0ajM+
>>946
飽き飽きしているだと?
毎日センズリこいている人が言っても全く説得力がない
AKB48や少女時代を見て興奮しているくせに
http://www.youtube.com/watch?v=6SwiSpudKWI&feature=channel

949 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 15:22:09 ID:PpIHLHZw
>>948
自己紹介は必要ないぞ、ニート君。

成功(性交)体験ゼロのニート君w

950 :心と宗教:2010/12/31(金) 16:55:42 ID:EzHMoSqe
君らは別スレでやれよw
仲良すぎw何年やってんのw

951 :マスター気取り:2010/12/31(金) 17:49:40 ID:J7ur5L+f
>>947
> お前が言い出した事を何故俺が確認しなければならんのだ?

自分で確認するしか方法がないからだ。

> 他人の基準を受け入れる必要があるのか?
> 自分の人生に関わる基準は自分が決める

自分で自分の勝利を決めるなら今すぐ何もせずとも完全に全てに勝利したことに出来る。
引き寄せなど不要だ。

> 無意味な人生の方は目的がないので持続的なパワーに欠ける

パワーなど不要だ。
「しなければならないことは何もない」と、神対に書いてなかったか?

> 結局、人は有意義な価値を見出し生を注ぎ込む

幻想を継続させている限りはな。

952 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 18:15:31 ID:agoiTFcm
相変わらず相手に対しても神に対しても決め込みの多いやつだな

953 :心と宗教:2010/12/31(金) 23:23:16 ID:EzHMoSqe
あけおめ!

954 :神も仏も名無しさん:2010/12/31(金) 23:48:12 ID:agoiTFcm
はえーよ

955 :心と宗教:2011/01/01(土) 00:11:19 ID:9/X06K4W
ことよろ!

956 : 【吉】 【715円】 :2011/01/01(土) 01:01:31 ID:nN2UP7E1
名前欄に !omikuji !dama

957 :神も仏も名無しさん:2011/01/01(土) 09:42:21 ID:UNGHZTFY
>>951
お前は終着点は確認済みなのか?

958 : 【豚】 【123円】 マスター気取り:2011/01/01(土) 21:10:05 ID:SMjIzZ8O
名前入れっぱなしでも出るかな?

959 :マスター気取り:2011/01/01(土) 21:10:45 ID:SMjIzZ8O
豚か・・・

960 : 【大吉】 【1709円】 心と宗教:2011/01/01(土) 21:58:41 ID:9/X06K4W
どうかな

961 :心と宗教:2011/01/01(土) 21:59:23 ID:9/X06K4W
よしよし

962 :神も仏も名無しさん:2011/01/02(日) 12:16:02 ID:4FG1xf0M
規制解除されてる

963 :神も仏も名無しさん:2011/01/05(水) 16:31:28 ID:AXj4gBwz
あけおめ

我々はこのどろどろとした世界で這いつくばって生きていこうではないか

964 :神も仏も名無しさん:2011/01/06(木) 06:03:58 ID:sc5f7Bvl
あけおめ
アセンションプリーズ
神対信者がアセンションできますように

965 :心と宗教:2011/01/06(木) 12:57:07 ID:2/ZD1Cjj
なんであのアセンションは5次元なんだろうな。
別に6次元とか7次元でも良いのにな。
誰かが言い始めたのを鵜呑みにして特に考えずに皆言っているのだろうか。

そもそも次元とは何か、ということをちゃんと勉強したら、
5次元にアセンションとか言っていた人は後でどう思うだろうか・・・・


966 :神も仏も名無しさん:2011/01/09(日) 23:35:06 ID:7RZIa8Q0
幅、奥行き、高さの3次元+時間で4次元。それに新しい軸が加わるから5次元。
これ常識の範疇。

967 :心と宗教:2011/01/10(月) 03:02:43 ID:AFIglxc6
しかし時間は無いってアセンションがどうの言ってる人も言ってないか?
まあ実際に無いんだが。


968 :マスター気取り:2011/01/10(月) 04:41:01 ID:Egl+dVsU
エゴの視点で見ると時間アリだし、本当に信じ込めばその通りに世界は展開するから何とも言えないが、
しかし、アセンションは内容があまりよくないと思うんだよなあ。アセンションする人としない人が居るという
分離を促進させる考え方が混在しているから。なんというか、エゴにうまいこと騙されて話がこうなったんじゃ
ないかと思える。結局これは選民思想になってしまって何の足しにもならないばかりか害があるかも
知れない。まあ、害がある、害がない、という二元思考をしているのもまたエゴだがね。

だからアセンションの話と、それに反対する話(つまりアセンション関係の話全般)には一切触れないで
放置するのが最善の方法なんじゃないかと思う。そうすればエゴが余計に膨らむこともないだろう。
(もちろんエゴは恐れを元にして発生しているからそれを知らないとまずいと感じてしまうかも知れない
けどね。かといって巻き込まれたら苦に繋がることは明らかなので、スルーカが必要になると)。


969 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 18:21:08 ID:OVZpKpTH
第一巻「私はお金が好きだを10回繰り返せ」。

これで収入が増えた人はいるのかな?

970 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 18:31:12 ID:vZB6Mcpv
おお、神よ、神罰を与えたもれー


【 創価学会芸人が番組で 「W杯で負けたのは駒野、オマエ一人のせい」 】

新年のお笑い番組で腐れ創価学会芸人、ナイツごときが日本代表のために全力で戦った駒野選手個人に
敗戦の全責任を負わすよう全国区の番組で煽動する事件が発生した

事件を起こした犯人の名前は創価学会芸人こと ナイツ塙

創価学会員は部外者の発言や提案を頑なに拒絶する頑固集団として有名だが
内部の地位ある者の発言には一切の疑念を持たずに受け入れる集団であり
学会員に少なからず影響与える立場にあるナイツが駒野を責めれば、当然
一般創価学会員も右へ習えとばかりに駒野を責めるようになる

いい歳なんだから自分の発言が創価学会員にどれだけ影響与えるか解っていたはずだろうに・・・
ナイツは駒野選手に心から謝罪し、その旨を不快感を覚えた全国の視聴者に報告すべきである

971 :マスター気取り:2011/01/10(月) 19:30:12 ID:J5gW10kn
>>969
おそらくそれをすると神は「Yes, あなたはお金が大好きだ。」と言い出し、
今以上にお金が好きになるだろうが、好きになるだけでお金そのものは
手に入らないかもね。w


972 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 19:54:56 ID:4ZLziTsQ
>>968
運動会の徒競走で全員で手をつないでゴールするというのがあったそうだが
お前好きそうだな
それぞれ能力に違いがある事を認めるのが嫌なのか?

973 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:18:47 ID:B/bgG9of
>>972
頭悪そうなレスだな、お前w
アセンションがあるとでも思い込んでるのか?w

974 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:35:47 ID:4ZLziTsQ
>>973
光輝く高次元世界が楽しみです!

聞く所に拠るとオールドエイジャーさん達は一切皆苦の現実が続くのでしたね
かわいそうに(棒読み)

975 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:44:04 ID:D2xxVQem
>>973
お前が解脱とか悟りとか言ってるものとアセンションは何が違うんだ?w

976 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:46:23 ID:B/bgG9of
>>974
かわいそうにw
もうすぐ本当の現実に直面して絶望の世界に突入するんだな、お前はw
えーと、まずは今年の10月28日だっけ? それから来年の12月21日?www
その日を過ぎても何も起こらず、お前は相変わらず負け組のまま。

あゝかわいそうに(ワクテカ

聞くところによるとニューエイジビジネスで稼いでいる人たちは、
マヤ暦から2039年に徐々にシフトしているらしいけど、
お前は28年後まで彼らの阿漕な商売の犠牲者で在り続けるのだろうか?
否、そんなことはあるまい。その前にお前は負け組として死んでしまうだろうからなww

あゝかわいそうに(wktk

( ◔ ౪ ◔ )

977 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:57:14 ID:B/bgG9of
>>975
これは面白いw

アセンションとは何か、悟りとは何か、解脱とは何か、

それぞれについて定義してもらいましょうか、間抜けなニューエイジャーさんw


※ニューエイジャーとは?

1960年代のヒッピーやドラッグカルチャー、カウンターカルチャーを引き摺り、
夢よもう一度と反体制を気取る単なるドロップアウト組w
また、それらの落伍者たちが1980年代に始めた阿漕な精神世界ビジネスによって洗脳され、
地に足つけることが出来ずに夢遊病者のように生きている、夢見る夢子ちゃん達w
彼らは自分たちが負け組になっている今の体制が、ある日を境に一気に崩壊して、
新しい時代が来ることをひたすら念願している。宇宙人が彼らを助けてくれるそうだ(pupu
アセンションを機に、自分たちにとって都合の悪いものは全て消えて無くなり、
都合のいいものだけが残るユートピア(つまり全体主義社会)が実現するのだと、
彼らは大真面目に信じ込んでいるのだwwwwwwwwwwwwwwwwww
その本質は、ソビエト、ナチス、文革等に踊らされてその後悪夢を見ることになる、
扇動された愚かなる大衆と何ら変わるところはない。
無教養な非インテリこそが世の中をおかしな方向に導く、その典型。

978 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 20:59:28 ID:4ZLziTsQ
オールドエイジの嫉妬が始まりましたか
オールドエイジは途方も無い時間を掛けて解脱するんだってね(1億年位w?)
これではあと数年で結果が出るニューエイジを羨む事も致し方ないか

979 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:02:17 ID:4ZLziTsQ
数億年するとシーラカンスが進化して人間になるだろうな
シーラカンスに追いつかれて涙目になるID:B/bgG9ofちゃんでしたw

980 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:09:43 ID:4ZLziTsQ
>>977
ちょっとアレンジするだけで宇宙の消滅をひたすら念願している神使信者の説明になりそうだがw

981 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:14:32 ID:B/bgG9of
はい、具体的な反論は何も出来ずw

えーと、哀れなニューエイジャーのどこをどう嫉妬しているというのか、
それを具体的に展開してごらんなさいw

あのね、正統派は、商売人に騙されているニューエイジャーと違って、
魂が進化する、なんていう世界観はそもそも持っていないんだなw

>アセンションに向けて、準備を整えないといけません!
>さあ、我々の主催するセミナーを受講してください、
>DNAを活性化(pu して光の身体を創り、フォトンベルトへの突入に備えなさい!
>旧体制の人間は滅びるのです!
>さあ、飛翔しましょう! 新しい地球へ! 次の地球へ!

恥ずかしくないのか? ↑こんなアジテーションに騙されてwww







982 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:16:55 ID:4ZLziTsQ
>魂が進化する、なんていう世界観はそもそも持っていないんだなw
じゃあ永遠に停滞の刑だな
さすが一切皆苦でござる

983 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:17:30 ID:B/bgG9of
>>980
宇宙の消滅、というオリジナルタイトルにお前はビヒりまくってる訳だなww

どっちにしろお前はもうすぐ消滅するよ、負け組として惨めな境遇のままなw

お前が自力で何とかする以外、誰も何もしてくれないぞw


984 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:19:06 ID:OVZpKpTH
そろそろ次スレをおねがい。

985 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:21:19 ID:B/bgG9of
>>982
馬鹿はどこまでいっても馬鹿だなw

停滞というのは進化する、発展する、という前提においてのみ成り立つ。
魂に進化などない、という前提である以上、停滞なとどとうものはないのだよw

一切皆苦という仏陀の言葉の深い意味もわからず、
安っぽいニューエイジの、中身のない表面的な言葉に踊らされ、
自分だけは、都合のいいことだけを選択的に経験できると信じたい、哀れなニューエイジャーw

で? 今のお前はどんな境遇に置かれてるんだ? 負け組さんよwww

なんにもできやしないじゃないかw 停滞とはまさにお前の人生のことだよなもいい歳こいたニューエイジャーさんw



986 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 21:21:51 ID:D2xxVQem
立てた

神との対話21
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1294662058/

987 :マスター気取り:2011/01/10(月) 23:35:12 ID:IxHYICrT
>>972
なるほど。それぞれねえ・・・。

分離しているという幻想がある限りみんなバラバラに見えるからそれぞれに順位が付いてしまうのは
仕方がないね。その場合はその状況を許せるかになるかな。実際には見た目の順位だからな。

手の指がそれぞれ独立して存在していると思い込んでいる限りそれぞれを測定して順位を付けて
しまうかも知れない。親指が他より太いから勝ちとか中指が長いから勝ちとか。しかし全部同じ
手にくっついて生えているだけなので比較することそのものに意味がない。この「意味がない」
ことに気付けるかどうか、あるいはそれを気付かせることから遠ざける話なのかまたは近づける
話なのかが問題だな。

で、アセンションの話は近づけるようには俺には見えないわけだよ。分離そのまんまにして話を
進めてるように見えるからね。


988 :神も仏も名無しさん:2011/01/10(月) 23:37:55 ID:YPafyoNu
5年前も掲示板の世界で同じことを語っていた
今日も掲示板の世界で同じことを語った
そしてきっと5年後も同じことを語っているだろう
なんせおいらは同じ刺激に反応し続ける機械だからさ

989 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 07:15:17 ID:l2vqbsMx
テスト

990 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 07:46:36 ID:7L2U63/a
>>987
>全部同じ手にくっついて生えているだけなので比較することそのものに意味がない。
親指であれ人差し指であれそれぞれ特徴がある
それぞれ違う機能があるからこそ一つの手として多彩な動作ができる
同じ1つの体だからといっても脳細胞、肝細胞、皮膚細胞が全く同一な訳ではない
それぞれ違う機能があるからこそ一つの体として活動する事ができる

人々には色々な違いがあるしそれが「意味がない」とは思えない
多様な人がいるからこそ豊かな社会が築かれる
かつての社会主義国のように人に個性を認めずロボットのように扱う世界は行き詰るだろう

991 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 11:11:35 ID:rLCMd8+P
>>987
同意。

一部のアセンション論者は善悪二元論的世界観に基づいて、
自分たちの仲間はアセンションして生き残り、自分たちにとって不都合な敵対者はすべて滅びるか
レベルの低い惑星に転生させられてそこで過酷な体験を強いられる、と信じていますね。
そして何の根拠もなく、自分だけはアセンションする側に属しているんだと無邪気に思い込んでいる。
しかし、そういう選民思想、自分たちに都合のいいものだけが残ってそうでないものは排除されるべきだ、
という考え方こそ社会主義のように個性を認めずにロボットのように扱う世界なのだから、
>>990が言うように、そういうアセンション論者は間違いなく行き詰るでしょう。

992 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 11:14:36 ID:l2vqbsMx
986 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/01/10(月) 21:21:51 ID:D2xxVQem [2/2]
立てた

神との対話21
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/psy/1294662058/

993 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 11:31:04 ID:FUsldUkk
つ旦

994 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 12:36:01 ID:7L2U63/a
>>991
あなたはレベルの低い惑星に転生ですね
毎度御馴染みの一切皆苦の現実でがんばって下さい
高い次元からですが応援します

995 :マスター気取り:2011/01/11(火) 12:51:54 ID:9W7i6Zvt
>>990
表面的な違いは有っても良いが、それを元にして分離を維持促進させる思想はいかがなものか?


996 :マスター気取り:2011/01/11(火) 12:57:09 ID:9W7i6Zvt
違いはあっても全てが同じように尊重されねばおかしい。親指だけ大切にして小指が傷ついても
良いということがないように、全ては同じように尊重され愛されるべきだろう。しかし分離思考が
根付いているとそうならない。見た目の表面的な差異によって差別され愛され方が違ってしまう。
金持ちは崇められホームレスは蔑まれる。

997 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 13:02:20 ID:GSuJUj8y
>>994
レベルの低い惑星というエゴの妄想を信じているお前がそれを経験するわけさ、哀れなニューエイジャーさんよw

998 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 13:06:29 ID:GSuJUj8y
>>996
しかし、将来のホームレス候補No.1のニューエイジャーが、
実際にはそういう選民(賎民)思想に一縷の望みを託して一発逆転を期しているんだから笑うよなwww

999 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 13:08:11 ID:GSuJUj8y
神との対話(失笑)

1000 :神も仏も名無しさん:2011/01/11(火) 13:10:24 ID:GSuJUj8y
神との対話(過去の遺物はごみ箱へw)

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

339 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)