5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界には自分しか居ないって知ってた?

1 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:47:52.13 ID:EWzmtubJ0
自分が見ている友達や恋人、むかつく上司や尊敬してる先輩!

いろんな人が周りにいるけれど、本当は誰もいないって知ってた?

僕たちは彼らを「他人だ!」と認識しているけど、

実は彼らは自分の体の一部だっていうこと知ってた??

悲しみや喜びはそんなサイクルの上で機械的に循環しているだけ。

このことに気づいたとき、オレは本当の意味で

何をすればいいのかわからなくなった!

2 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:50:50.39 ID:ACQcKlwrO
やっときずいてくれたのね

3 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:51:32.65 ID:EWzmtubJ0
ああ

それでいったいおれはどうすればいい??

4 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:56:13.59 ID:pprTQO2yO
自演で乗りきるが良い

5 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:56:24.35 ID:+NjECgjO0
なんか興味深い内容たみな

6 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:58:29.62 ID:rkm2xlUe0
ピストルをもって、騒いでいる人間の前に立ってみな。巣篭もり自閉
クン。

7 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:01:15.18 ID:BVXG5XvV0
チミが思うようにすればいいんだよ

8 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:10:38.62 ID:EWzmtubJ0
>>7

俺が思うようにしたとして

例えば人を喜ばせたとしても世界にはオレしかいない。

もし「オレは人を喜ばせることができる人間なんだ!!」

なんて思っても、オレはただ一人で自画自賛してるだけなんだ…。


9 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:13:06.34 ID:EWzmtubJ0
他人を使うと、自分が忘れた頃にそれが返ってくるから

よりリアルにそれ喜びを実感できるだけなんだ

10 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:18:51.18 ID:EWzmtubJ0
他人は、自分が歩んでいる感情の残像みたいなものなんだよ

11 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:25:58.10 ID:EWzmtubJ0
このことに気づいたみんなは

どんな一人遊びをしているんだい??

12 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:33:59.94 ID:EWzmtubJ0
みんなの返事がないという今オレが感じている悲しみも

自分が過去に送り出した感情なんだっ!

さて、君はこれから何をしていく??

どんな感情をこれから出力していく??

それはただのサイクルでしかないのだ!!

それを知った今、君はこれからどう生きる??

13 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:38:43.78 ID:L1KwbsLO0
確か『ぼのぼの』って漫画にそんなエピソードがあったよ。
そして小学生の息子が先日そんなこと言って怖がってたな。
>>1も頑張れ。影ながら応援してる。

14 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:38:56.05 ID:EWzmtubJ0
みんなが僕を無視するんだ・・・

オレ、いまものすごく悲しいんだ・・

15 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:40:12.66 ID:F0LVMBv5O
地球から脱出したい

16 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:40:32.58 ID:PoZz6VdJ0
感情って血みたいなものなのかな

17 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:40:57.72 ID:EWzmtubJ0
お!とおもったら書き込みが!!

ちょっと嬉しい

ぼのぼの??あの漫画にそんなエピソードがあるのか!

見てみたい何巻??

18 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:42:41.16 ID:L1KwbsLO0
『ぼのぼの』は哲学だ。全巻嫁。色々捗るぞ。いや、捗らないか。
何巻だか忘れちゃったな。ぼのが、自分が見てない所ではみんなは
何してるんだろうって悩むエピソードだったよ。

19 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:43:44.59 ID:EWzmtubJ0
なんか急にいっぱい書き込みがきたな!!
きっとこれもオレの気まぐれな性格が故の現実なんだろう

>>16
そうそう、感情って血みたいなもの!!
ぐるりと回って自分に返ってくる。
人を愛せば、自分も愛される!!
でも、このサイクルを知ってしまったオレは
どうしようもない孤独から抜け出せないでいる!

タスケテ


20 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:45:30.08 ID:EWzmtubJ0
>>18
まじで?
子どもが見る漫画としか捉えてなかった

21 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:49:56.97 ID:PoZz6VdJ0
>>19
うん。細胞である自分たちに常に養分を運んでる。
魂は喜怒哀楽(養分)をバランスよく摂取しながら成長していく。




22 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:51:58.46 ID:L1KwbsLO0
あなたが孤独だと思っても、こうやってネットに書き込みをすれば
反応してくれる人がいる。私は子供が昼寝してるからオカ板に来てる。
テレビをつければ、誰かしゃべってる。道を歩けば、誰かとすれ違う。
コンビニに行けば、レジ打ってる人がいる。その人にも生活がある。

ちょっとした繋がりはどこでも感じることができる。
みんな悩んだり、考えたり、同じだよ。一人じゃないよ。

23 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:52:32.99 ID:EWzmtubJ0
ほお!それが成長だと考えたことはなかった!



24 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:54:41.16 ID:EWzmtubJ0
>>22

ちがうちがう!!

そう考えると意味がわからなくなってしまうんだ!!

他人がいるようでそれは自分なんだよ

コンビニに行けばレジを打ってる人がいたのも

自分の足の親指をみているようなものなんだ!

25 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:55:35.16 ID:L1KwbsLO0
>>24 みんな自分だと思うなら、みんなに優しくしてあげなさい。

26 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:57:12.15 ID:1cEFfsayO
崩壊スルヨ

27 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:57:41.08 ID:PoZz6VdJ0
細胞は1つの命を形成しているし感情が血管を流れているなら自分たちは
1つの生き物なんだよ。そう考えれば妥当じゃない?

28 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 12:58:01.01 ID:+Vb5ijOQ0
ただのかまってチャンか

29 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:01:01.88 ID:WBgA3DB40
>>1が森羅万象に達するのはもうじきか
予定より早かったな…

30 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:02:31.68 ID:EWzmtubJ0
>>25
それは、みんなに優しくすることで
優しくされるというただの一人遊びなんだ
オレは何をすればいいんだ!??
あああああああああああああああああああわかんなくなってきた!!

31 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:04:47.29 ID:L1KwbsLO0
>>30 混乱させるようなこと言ってごめんね。たとえあなたの一人遊び
でも優しくされて困る人は誰もいないよ。あなたも困らないでしょ?
それでいいじゃん。とりあえずブックオフ行って『ぼのぼの』読んでおいて。

32 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:09:52.60 ID:EWzmtubJ0
>>32
わかった、目眩がしてきたからちょっと寝るよ

33 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:10:00.68 ID:LVqTYgJVO
私は>>1さんの一部だったんですか?

34 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:14:19.19 ID:EWzmtubJ0
水飲んできた・・

>>33
オレの一部なのかな??
というよりも、オレは君の一部でもあるんじゃないか??


35 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:19:59.92 ID:PoZz6VdJ0
意識を拡大しすぎて疲れてるんだよ。
コンビニ全体が>>1になってたりしない?
動物とかきれいなものと意識を共にすればやりたいことが見つかるさ。

36 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 13:56:45.24 ID:QLqzBjlO0
なぜ周囲は自分の運気に合わせて変化するのか。
それは自分しかいないからさ。

全ては自分の世界を作り出すためのパーツにすぎない。
不自由さを作り出すことで、自分以外の人間も存在してるように見せかけてるだけ。

誰も見ていないとき月は存在していない。
これは、自分が見ていないとき、他の人間は存在していないことを意味する。
自分しかいないから思考の現実化だって起こる。

中心点は自分だから、どんなに走っても、周囲の景色が変化するだけで、自分は同じ場所にずっといる。
自分が移動してるんじゃなくて周囲が変化してるだけ。

こう考えていくと全ての辻褄が合って行くわけだ。

37 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 16:45:00.64 ID:EWzmtubJ0
今起きた

>>36
そうなんだよ!自分はずっと同じ場所にいる!
自分はずっと同じ場所でそのサイクルの流れを永遠と感じているだけなんだ!

じゃあ自分が他人を見ていないとき、他人は本当に存在していないのか??
これに関しては殆どの人が馬鹿馬鹿しいと思うだろう!

けれど、おれが言いたいのは他人の存在っていうのは
自分の体の一部ということで
存在していないって言いたいんだ。

君がいること、それはオレの指先には爪が存在しているようなものなんだ!

38 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 16:55:42.58 ID:EWzmtubJ0
もしかしたら人の存在だけじゃなく、ものの存在、
たとえば、月の存在も同じように、自分なのかもしれない。

ここで疑問が生じる!
人々は世界中を歩き回りいろんな情報を集めて成長したり学んだりする。
すべてが自分なのであれば、自分はモノを見る前に
把握しているはずじゃないか??
自分がしらない情報がそこにあることが、自分と他人が存在している証拠じゃないか!と。

でも、それは自分のケツ毛が何本生えているか君が知らないことにとても似ている!
僕たちは自分のことを知っているようで知らない。
それは自分も世界も同じ。
というより、自分と世界は同じなんだ。

39 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 17:32:00.19 ID:PqTzD2I30
宇宙即我というやつか

40 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 18:33:53.28 ID:EWzmtubJ0
>>39
なるほど、オレが気づいたのはこの宇宙即我というやつか!
ttp://mblog.excite.co.jp/user/mrsusan/entry/detail/index.php?id=6309394&page=1&_s=c65bc8387b2f6f1937b7f64e6f559011

41 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 18:35:20.50 ID:EWzmtubJ0
で、なんてよむの??w

うちゅうそくわれ?

42 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 18:49:41.48 ID:kEn5eeX/P
うちゅうそぐぞ?われ?

43 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 18:54:54.82 ID:sNxNOxPNO
うちゅうそくが?

44 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:17:15.80 ID:PQnIOXpN0
レイプし放題だな。

45 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:25:27.46 ID:QLqzBjlO0
自分に酷いことすることになるから自分に跳ね返る。

46 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:28:47.73 ID:W92IHzu0P
http://www.mlexp.com/fujiko/works/lib/doko.html

どことなくなんとなく

主人公は「白い夜」の夢を見たという。
その日を境に変化のなくなった日々の生活に主人公は疑問を抱きはじめる。
果たして、自分の体験している社会とは本当に実在しているのか。
すべて、自分の妄想ではないのか。
そんなある日、主人公と幼なじみの友人が山へ出かける。
その会話が主体の展開となるが、最後にはお互い口論となり、結末は‥‥。

47 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:31:28.08 ID:W92IHzu0P
ロンドンは作られていない
http://yonikimo.com/db/public/242.html

主人公の佐野は昔から
自分の世界が作り物なんじゃないかと漠然と思っていた。
家も町も大きな舞台のセットでセットの外側から誰かが
自分を監視しているじゃないかと感じていた。
自分が「遊園地に行こう」と家を出ると
それを誰かが監視していて先回りして 遊園地を作っているんじゃないのか、
本当の世界は真っ白でなにもなくて
自分が移動しない限りなにも存在しないのではないかと不安に思っていた、

そしてその不安は日に日に強くなり佐野を悩ませた。
佐野はそれを確かめるべくロンドンに旅行に出かける、
いくら監視者でも 外国までは創りだせないだろうと考えてのことだった。
しかしロンドンは佐野が思っていたような真っ白いなにもない世界ではなく
TVでみるようなロンドンの町並みがちゃんと存在していた。
佐野はそれでもまだ
誰か自分を監視している者が
先回りして世界を作っているんじゃないかという疑問を捨てることが出来ない。

そんな彼の話を聞いていたカウンセラーは「ロンドンは作れませんよ」と
佐野をさとし白い廊下へと彼を連れてゆく。
自分の頭がおかしいのかと一度は納得した佐野だったが
周囲の カウンセラー達の様子がおかしいのに気がつき
先程のカウンセラーの方を振り返ると
そのカウンセラーが佐野の額に向かってリモコンのスイッチを押した。
ウィィィンと機械音をたてて佐野の額からMDのようなものが出て来る。
もう少し調整が必要だなと
カウンセラーは呟き廊下の先にあるドアを開ける。

ドアの外は真っ白ななにもない空間だった。

48 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:32:50.80 ID:W92IHzu0P
手塚治虫 「赤の他人」
http://blog.goo.ne.jp/n0820/e/1a3397454f7fb703e13d194938783ddf

主人公アキラはひょんなことから、自分の両親の不審な行動に気がつく。
アキラといるときはいつも通りやさしい親の顔であるが、彼が目を放すと彼には見せない様な無機質な表情を浮かべているのだ。
見かけは確かに両親なのだが、その顔はいつもの両親の顔ではなくまるで別人のような冷たい表情であった。

改めて回りを見回してみると、両親だけではなく友人や先生など彼の身の回りの人物、
はたまたテレビを通じて流されるニュース等の情報も空々しい。まるで何かに操られているように。

アキラは考える、自分はナニからナニまでだまされているのではないだろうかと。
すなわち、自分は人形劇の人形みたいなもので、
人生は劇のようにスジガキが全部出来ているのではないか、
自分の周りの景色は全部セットで、周りの人間は全部本当のことを隠して自分を操っているのではないだろうか、という事だ。

彼の人生を誰かがジッと見ていて、彼の人生が終わったときに幕がおり劇が終わる。
その瞬間世の中も、世界も宇宙もなくなってしまう。

アキラはそのスジガキに抵抗すべく、勝手なことをやって話のスジをめちゃめちゃにしようと試みる。。。

49 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:38:02.16 ID:W92IHzu0P
諸星大二郎 夢見る機械
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2751550

健二はこのごろ毎日に言い知れぬ不安を感じていました。
そんなある日、ふとしたことから母親がロボットであったことに気づきます。
世の中の全ての人間がロボットなのではないか? 
疑惑に囚われた少年は、友人の部屋に残された名刺から、
「ユートピア配給会社」なる団体がこれに関連していることを知ります…。

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/337/31/N000/000/000/124394960207716231609_20090602yumekikai.JPG

50 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:51:14.27 ID:2DpSEAk/0
 >>1 が感じたこと 言いたかったこと それこそ
仏陀が言いたかったことであり
王陽明が感じたことであり 陸象山(九淵)が感じたことです。

ならばそこからどうするか?いやそれ以前に「どう」することすら
可能なのか?
難しいですね。


51 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:52:28.37 ID:EWzmtubJ0
>>46-48
おもしろい!

けどオレが今言ってるのは、自分の体験している社会とは本当に実在しているのかとか
誰かが監視していて先回りして 遊園地を作っているんじゃないのかとか
自分はナニからナニまでだまされているのではないだろうかとかじゃなくて

自分が他人と認識しているものは実際は自分で
自分が出力したことは、自分に入力していることとだったことが言いたいんだ
その真実を知った今、ものすごく怖いんだ…。
ものすごく孤独なんだ・・・。

これに気がつく前、自分は「人に認められたい!」って気持ちでいっぱいだった。
頑張って人が驚くようなものを作って人々にすごいっておもわれたかった!
だからずっと今まで努力してきた。
だけどちがった…
他人は自分だった。
自分の周りには自分しか居ない。
ただ、一番良くコントロールできる自分を主体に
鈍感な自分自身の一部に対して怒ったり、褒めたりしているだけなんだ
だから認められたいなら誰かを認めればいい。
けどそれがわかった以上、そんなことをして何になる??
ただの一人遊びじゃないか!!

52 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:52:57.33 ID:GVU00bVWO
中学生の頃こんな事考えてたな〜

53 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 19:58:05.79 ID:W92IHzu0P
>>51
>自分が他人と認識しているものは実際は自分で
>自分が出力したことは、自分に入力していることとだったことが言いたいんだ

紹介した各漫画の主人公もそう訴えているよ
そして、第三者によって「それは思春期によくある妄想」だと一蹴される

オチは各漫画異なる

54 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:04:41.13 ID:EWzmtubJ0
なにっ!!それじゃあオレがいま超悩んでいることは
思春期によくある妄想として片付けられるってことなのかっ!?

55 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:11:25.63 ID:QLqzBjlO0
>>51
そう。孤独なんだよ。

全ては自分で自分しかいない。
神々と言われる存在だって自分の一部だ。
どこまで追求しても自分しかいない。

神秘学でも科学でも元は1つだと言ってるし、
全てがビッグバンから始まったなら、自分しかいない。
一人遊びが複雑化してここまで来ただけ。

でも、孤独という感情だって幻に過ぎない。
そういう感情が発生するようプログラムされてるだけ。
何かを恐れる気持ちだって設定にすぎない。
そんなものは存在していない。
全ては「ない」んだよ。

56 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:15:27.09 ID:EWzmtubJ0
全ては無い??










マジで??

57 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:18:06.67 ID:GVU00bVWO
>>51
たまにこんな感じで使える子が出現するから面白いよね

58 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:28:51.37 ID:5rrHktrVO
仏教の唯識か?

59 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:35:24.35 ID:W92IHzu0P
>>54
http://blogs.yahoo.co.jp/kururinchan70/2219032.html

60 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:42:15.30 ID:W92IHzu0P
>>1の妄想は「胡蝶の夢」に行き着くと思うから、これも追加

押井守 うる星やつら ビューティフル・ドリーマー
http://www.youtube.com/watch?v=rhGmLyIevc0



61 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:43:33.54 ID:GVU00bVWO
うん、懐かしい感覚が蘇る。久々に単発で面白いスレだ

62 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 20:55:08.45 ID:0Vmj4oxC0
世界には自分しかいないよ
一緒にいると感じるのはただ同じところを皆で見てるだけだよ
その皆も「ところ」だから同じ場所にいるんだと勘違いしてるだけさ


63 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:00:13.32 ID:D+1jl/O20
唯我論の派生みたいな考えか

64 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:04:15.35 ID:2DpSEAk/0
>>1の考えは妄想でも糖質でもない。
それを信じきれれば「悟り」と呼び
信じきれなければ「迷い」と呼ぶのだ。


65 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:09:45.01 ID:0Vmj4oxC0
悟りは自己の内のある考えやものが決した瞬間のことだろう
>>64が正しいならば己を信じきったときもまた「悟り」となるが
自己の内の考えが自己そのものであることからも肯定できる


66 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:16:49.60 ID:r2CC3PVf0
リアルな夢見たときに感じるな〜
昼ごろにジッと手を見て何となく安心してさ

67 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:53:16.11 ID:Y1luDGKSO
自分しかいないからいろんな自分(他人)を大切にしようとか思わないんかな? 他人は自分であっても違う出力なんだからさ。
ちなみにこの世界自体も自分だよ。

68 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:53:38.17 ID:EWzmtubJ0
>>57
使える子ってなんやねん!!

69 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:54:52.82 ID:0Vmj4oxC0
他人は他人の理性で動いているぞ
見えた結果は自分そのものでもその原因は他人じゃないか!

70 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 21:56:21.87 ID:EWzmtubJ0
>>67
そうだな…
自分を大切にしたい。
人を大切にする、思いやることって、誰かのためじゃなく
自分のためにすることなんだな

71 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:00:07.54 ID:EWzmtubJ0
>>69
問題はそこなんだよな…
他人は他人だと理解したところで
その理解は自分一人の世界に閉じこもった理解なんだ
自分は、自分の世界で生きているから、やっぱり周りには誰にも居ない
この、自分の世界の他人を、本当に他人と捉えて考えていいのだろうか??


72 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:02:23.22 ID:0Vmj4oxC0
>>71
そして人は他人の存在を尊く思うのかい

73 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:06:18.80 ID:r2CC3PVf0
ふっと思った。 自我ってなんだろ?

74 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:08:24.82 ID:0Vmj4oxC0
>>73
わたしだとおもうことじゃない?
だからわたしって誰って思う

75 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:09:40.71 ID:EWzmtubJ0
>>72
尊いのかな…
初めはそれを、つまらないものだと思っていたような気がする

76 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:13:12.82 ID:EWzmtubJ0
やっぱりだめだ!
他人は自分だよ!
この考えだけは軸を固定しなければわけがわからない!
だって確実にサイクルが存在しているんだ!
人に見下されて嫌だなぁと思う気持ちも
自分が人を見下していたからだったんだ!

77 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:14:46.45 ID:QLqzBjlO0
>>71
他人という設定が存在してるんだよ。
ゲームソフトに組み込まれたキャラと同じさ。
ソフトそのものが自分で、起動すると宇宙や他人が出現する。
自分が死ねば宇宙も登場人物も消滅する。

78 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:19:20.20 ID:r2CC3PVf0
生きるのに意味なんてなくてただただ存在してるだけ?

79 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:43:16.27 ID:0Vmj4oxC0
>>78
考えなさいっ!

80 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:46:48.75 ID:EWzmtubJ0
>>78
生きるっていうのは
そんなに特別なものじゃなくて
生と死っていうのは昼と夜みたいなものなんだ
自分っていうのは一生世界に存在しつづけていて
入出力のサイクルを永遠に繰り返しているだけなんだよ!
他人が自分の一部だということは、死ぬことでわかるはずだ!
現実っていう縛りがあるから
そのことを僕たちは思い出せないでいるだけなんだ!

81 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:57:25.44 ID:GU0l3X77Q
テス

82 :記憶喪失した男:2011/02/20(日) 23:04:12.49 ID:4g21pN9N0 ?2BP(791)
おまいら、時代はとっくに「範馬刃牙」だ。
人は意識する0.5秒前にすでに無意識が考えて行動を開始しているんだよ。
実験で二十年前に確かめられている。
自分だと思った自我は、0.5秒前におまいの無意識が考え始めた自我だ。

83 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 23:08:40.32 ID:2TnQpBEC0
でも実際に思ったことあるw

84 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 23:09:10.64 ID:Bf3/+0+R0
ブルーハーツの「人にやさしく」を聞いてみよう

85 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 23:20:46.15 ID:r2CC3PVf0
怒られっちた(TT)

考えた。本能で生き寿命で往く
だから犬やらニワトリも草花も自分だよな

で、みんなも自分。 怒ったのも自分だしみんなも頭ヮリィと言っても大丈夫なんだよな!

86 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 23:34:37.93 ID:g7+9Zf3g0
我思う故に我有り。

倫理の授業で一番最初に習うずら

87 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 23:52:14.40 ID:r2CC3PVf0
みんなスゴすぎ。
知らない事も言葉もいぱーい。

ひとりにさせてくれorz


88 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 00:51:35.26 ID:mblGN3Ry0
ということは俺は自分とセックルしているわけか・・・

89 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 01:25:39.49 ID:cLKn3JhuO
>>88
人それをオナニーと呼ぶ

90 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 13:17:28.22 ID:FmYRv4yZ0
やあオレ!!
オレはこれから出かけてくるところだよ!

91 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 18:12:15.11 ID:FmYRv4yZ0
やあオレ!!
今帰ってきたところだよ!!

今日、ものすごく嫌なことがあったんだ…
もういやだ!!もういやなんだよ!!
でも、この感情も自分がただ呼び起こしているだけにすぎないんだ
このサイクルを知っているはずなのに
どうして自分自身を痛めつけているのだろう

わからないよ

92 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 18:31:21.72 ID:yc3uwu43O
菩提寺か上座部のお坊さんに話し聞いてもらったら?

そっち関係に詳しい人にさ。

専門家ならばそういう状態の対処法も用意してあるはずだから。



93 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 20:53:48.12 ID:FmYRv4yZ0
オレの中でもう既に答えは出ていて
お坊さんに会ったところで、彼もオレの一部だから
おれの中の「既に出ている答え」を後押しされるかんじなんだろう
曖昧な自分を一度通すことで自分のサイクルを変えていく
まるで自分で自分を書き換えていくコンピュータのようだ

94 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 22:27:43.05 ID:/FIj2edo0
1みたいなことを考えたけど、もし1が真実だとすれば、世界がもっと
自分の都合良いようになってないとおかしいよなあとも考える。

つまり、RPGで例えれば自分は村人1だけど、自分の考えが反映される
世界なら、自分は勇者とかじゃなければおかしいんじゃないか、と。
自分が一般人であることが、世界=自分じゃないことを証明してる。

もしこの世がRPGのような作られた世界や、洞窟の壁に映る火の影であった
としても、他の人達も同じRPGにログインしてきてるんだろうと思ってる。

けど、有名人とかの、RPGでいうなら勇者役をやってる人達が1のような
疑問についてどう思ってるのかは凄く気になる。
例えば自分がイチローみたいな立場だったとしたら、1のようなことを
考え出すと止まらなくなりそう。

95 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 22:45:11.61 ID:FmYRv4yZ0
>>94
ふむふむ
なるほど。

たしかにイチローは特別な存在でみんなから注目されている人物かもしれない
だけど、違うんだ。イチローという人物も君の体の一部なんだよ
すなわち、君がイチローになることもできるんだ。
それは、自分の肉体の感覚が手や唇は敏感なのに対して
カカトが鈍感なのにとてもよく似ている。

自分が一般人であることが、世界=自分じゃないことを証明してるのではない!
君自身が、自分は一般人だと思い込んでいるだけなんだ。

だから、イチローは特別な存在でもなんでもない
最も特別なのは君で、イチローは君自身なんだよ

そして、君は僕なんだ。
自分のことを一般人だと思い込んでいる君は僕自身なんだよ。
逆に言えば、全ては自分であると主張している僕は君自身なんだ。

96 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 00:26:19.05 ID:gtCtTtth0
凄い面白いすぎる。
それが真実なんだろうと思うけど、1さんはなんでそれが分かったの?
きっかけとか有ったら、知りたい。

97 : [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 03:29:08.53 ID:J+B+u7o+P
自分が死んだ時がこの世の終わり

98 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 03:32:43.03 ID:H9GihgolO
>>1
気付いたきっかけは何だったの?

99 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 03:40:18.47 ID:bONWraDvO
悟りの世界だな

100 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 03:45:08.08 ID:LEh5bs3mO
みんな宇宙の一部、みんな宇宙人

101 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 03:49:28.34 ID:96m1a7Tk0
>>1
仏教で言うところの「唯識」に近いのかな。
ただ>>1がそれを知って身動きが取れなくなってしまった理由は、
それを単なる知識として知ってしまったから。
仏教では、実践行を通して腹の底から体感するから、
小さな自己から解放されて「自由自在」を会得することが出来る。

102 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 04:42:58.80 ID:iM0Z8k9AO
>>1中学生かよ

103 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 05:17:11.05 ID:U+v4RvvB0
>>94
ゲームの難易度と同じだよ。
困難な人生の人はバードな設定で生まれてくる。
その設定は占星術とか占いでわかる。
そして、この世界の真実に気付く人はハードな設定の傾向がある。

104 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 05:19:23.64 ID:HvR+cSG70
俺も>>1と同じ考えだったぜ
…。…って当たり前と言えば当たり前か。お前は俺だしな。

105 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 05:37:50.90 ID:NXOfD+iwO
めちゃくちゃオールドエイジだな
でもその考えに基づいて相手を傷つける=自分を傷つける(逆に相手を喜ばす=自分を喜ばす)って考えてれば人間関係には困らないだろうね

106 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 05:39:18.87 ID:BBJ5FVSH0
体感したことを他人に伝えても、たいてい「あっそ…」で終るから悲しいよね。
格つくで、アキラスペシャルを数年かけて再現した、アイツのよろこびは
何処かへ行って、もう僕は分からなくなってしまった。


107 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 06:09:23.68 ID:nHb5+EmDO
確かに>>1の言いたいことなんとなくわかる
まわりの変化と自分の変化がリンクしてたり
もちろんお互い影響しあってるのも確かだが不思議なこともたくさんある
1995から2000年頃に異常に空気を気にし出した
引きこもり、ニートが増えたのも何か関係がある気がする

108 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 06:50:16.89 ID:6JQPrTei0
随分今更だな
数年前そんなことを考えたこともあった

109 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 07:11:57.37 ID:b9BBH+110
>>1は自分のなかで入力と出力を繰り返しているだけと言っているが、ではその最初の入力は誰が行ってるんだ?
全て自分しか居ない世界ならその世界を始めるのも自分であるはずだ。
しかし最初の入力をする時には入力する自分が既に存在していなければならない。
いわゆる卵と鶏の問題。>>1 はどう考えてる?

110 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 09:02:02.13 ID:cZLc2UXa0
このことに気がついたきっかけはたくさんあるんだけれど
最も大きくなったきっかけとなるものは、正直言っていいのかわからない…

オレは子供の頃から好奇心があって
なんでも、何故?何故?って考える性格だった。

まだインターネットが普及する前
FAXを使ったナゼナゼ相談サービスみたいなのがあって
世の中の不思議をいっぱいFAXで聞いた頃があったくらいだ


111 :1:2011/02/22(火) 09:04:18.41 ID:cZLc2UXa0
100以降書き込みないから語ろうかと思ったら
前100件表示になってた(汗
そろそろ1ってつけたほうがいいのかな

112 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 09:04:51.57 ID:Zw81mJv50
ま、まじで!?

113 :1:2011/02/22(火) 09:11:52.84 ID:cZLc2UXa0
>>109
そこなんだよ!
そこがまだはっきりしないんだ。
おれがこのことに気がついたとき、オレは全てのサイクルを理解した!
オレの頭が世界全体に広がって宇宙の全てを一瞬で捉えたんだ!
それはものすごい神秘的で、心の底から素晴らしいと思えた!
しかし、それと同時にものすごくつまらないものだとも思ったんだ。


114 :1:2011/02/22(火) 09:17:27.53 ID:cZLc2UXa0
だけど、今は思い出せないんだ。
あのときは全てを悟り、全てを理解していたんだけど
今となってはそのことが夢のように感じられて
なかなか思い出せないんだ・・。

夢を見ているときの非現実的を
目が覚めた後すぐ忘れてしまったような
そんな感覚なんだ
現実にはいらない情報として脳が捉えて、

115 :1:2011/02/22(火) 09:21:44.82 ID:cZLc2UXa0
途中で打っちゃった・・
だめだちょっとパニクってきた

つづき

>現実にはいらない情報として脳が捉えて、
そのことをかき消してしまうんだ!

だけど必死に思い出そうとしているからどんどん思い出してきたんだ
その神秘体験から解放されたときは、なにも変わらない日常と同じだった
けれど、俺自身があれは何だったんだ?あれは何だったんだ?と
毎日問い続けることでどんどん思い出してきたんだよ


116 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 09:37:05.22 ID:wkv3QlfCP
何でずっと一人遊びしてるの?

117 :1:2011/02/22(火) 09:42:00.38 ID:cZLc2UXa0
>>116
何故なんだろう。
自己の感覚が全体に広がったところで
この全体を捉えている自分はいったい何なんだ?って考えると
それは今現実で、自分は何なんだ?って考えていることと同じになってしまうんだ
全ては自分だったんだ!と把握したところで
そのすべてを把握している自分がいったい何者なのか全く解らないんだ…

118 :1:2011/02/22(火) 09:51:37.21 ID:cZLc2UXa0
全てが自分だということに気がついたとき
オレはものすごく閉鎖的な空間に閉じ込められているような気がしたんだ
それは永遠に感じられて、たとえ自分が死んだとしても
そのサイクルからは逃げられない真実がとても怖かったんだ

119 :1:2011/02/22(火) 10:13:58.26 ID:cZLc2UXa0
>>101
おれはその「唯識」を知らないからよくわからないけれど
世界には自分しか居ないというこのことが自由だというのであれば、
それはものすごくつまらないもので、オレはオナニーのようなものに感じてしまう

120 :1:2011/02/22(火) 10:19:59.73 ID:cZLc2UXa0
>>105
それが分かっているはずなのに
今現状は上手くいかないんだ・・

自転車に乗れない子どもが練習をするようにすれば
うまく乗れるのかもしれない

>>106
よくわかる!でもその悲しみはきっと
自分が他人に関心を持っていない一面が跳ね返ってきてるにすぎないんだろう

>>107
ニートが増えだした真実=自分の弱い心が膨らみだした真実

…なんか笑えるww

121 :1:2011/02/22(火) 10:20:40.46 ID:cZLc2UXa0
自分自身に無視されたくないから
ちゃんとみんなに反応しとかなきゃ・・・


122 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 10:24:55.45 ID:U+v4RvvB0
全てが自分だとわかったところで全てを理解したわけじゃないから、
何が何だかわからなくて混乱状態なんだよ。

何で今があるのかとか、どういう仕組みで全てが成り立ってるのかとか、
いろいろ知って行くと考え方も変わっていくよ。

123 :1:2011/02/22(火) 10:28:53.36 ID:cZLc2UXa0
>>122
たしかにそうかも知れない
現実は全てが自分自身だという世界の最も密接な、もっともリアルタイムな部分なんだ。
裏側を知ったばかりだから、裏側ばかり見て混乱しているだけかもしれない

124 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 10:45:05.13 ID:XggkP1RI0
一回死んでみるわ

125 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 12:23:39.10 ID:96m1a7Tk0
>>113
>オレの頭が世界全体に広がって宇宙の全てを一瞬で捉えたんだ!
>それはものすごい神秘的で、心の底から素晴らしいと思えた!
>しかし、それと同時にものすごくつまらないものだとも思ったんだ。

禅で言うところの「魔境」そのものじゃんかw
頭でわかっただけだから、つまらなく思えてしまうんだよ。
ただ、それを自ら気付くとは、思想家としての素質はあるね。

126 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 12:34:45.87 ID:8GpuwjN10
犯罪者を生み出しそうなスレを立てるのはやめなさい

127 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 13:35:07.74 ID:ICI++3PsO
くだらないね。 ただじっとして思考を巡らしてるだけ。
なにも生産しない人ほど、世界や人生を語る。
バカバカしいよ貴方

128 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 14:22:31.06 ID:ItIL6xdz0
>>113
意識を拡大・縮小することができるならうまく使えばいいじゃん。
いろんなものを自分に対応させてみろよ。

129 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 14:47:05.67 ID:IO8uhDL/0
深く考えながらの生産は難しいさ
たとえ今は生産できずともまとめて大きなものに育つ場合もある

大木みたいなもんだろ 葉も実もあるが根っこは同じ

130 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 19:09:35.93 ID:zhz66DH00
潜在意識

おれも最近分かってきた
自分、とか テレビ、とか他人、とか
いちいち判別し定義付けていた
すべて元に戻せば自分=意識
目の前の事象に名前をつけ、物語をつくっていたんだ

世界を認知している意識=自分 で
世界=自分


そして一応貼っておく
http://s.ameblo.jp/tatujin447/theme-10030775663.html

131 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 22:13:33.28 ID:0VdpFwiN0
>>127
生産性ないやつに限ってぐだぐだ文句垂れるやつ多いよな
きっとすることなさ過ぎて小さな粗見つけては騒ぐのが好きなんだろう
イライラするよああいうのマジで

132 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 22:30:21.77 ID:H9GihgolO
生産性が滅ぼしている

133 :1:2011/02/22(火) 22:32:45.16 ID:cZLc2UXa0
>>130
ちょっとビックリしてるんだけど
リンク先の文章の桑田さん??って方はゲームプログラマーなの??

134 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 22:47:05.39 ID:tnmBBivaO
>>131
人はそれを同族嫌悪って呼ぶんだぜ

135 :1:2011/02/22(火) 23:00:35.89 ID:cZLc2UXa0
どうしよう、すごいパニクってきた

136 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 23:02:28.96 ID:B5rWEN9t0
カフカからお前は夢見てる蝶だって云われた

137 :1:2011/02/22(火) 23:57:56.43 ID:cZLc2UXa0
この桑田さんはゲームとかプログラマとかっていう言葉をつかって
それらのことを説明しているだけか…?

なんていうか、おれゲームプログラマを子供の頃からずっとやってて
世界には自分しか居ないという真実を導いたのは
プログラミング言語が大いに影響しているんだ。

それはLISPという言語を発見してから
よりおかしな方向へ加速していったんだ!

マニアックな話になるので、話さないほうがいいとおもっていたんだけれど…

ttp://www.aoky.net/articles/leon_bambrick/lisp_truth.htm


138 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 00:02:02.88 ID:9Zf+WdNPO
…これは…ま…ずい…
システム…が…破…壊されて…ゆく…

139 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 00:09:51.12 ID:rpFzMky0i
やっばりみんな同じように思うことなんだな(笑)安心したわ(笑)
それでも楽しくなあなあにすごせりゃいいだろ
全部それで良いって思うことと今現在を必死に生きることに尽きる

140 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 00:33:01.38 ID:AhXU7Pa90
>>134
同族じゃないだろ
何を持ってして同族だと思ったんだ?

141 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 03:04:53.16 ID:a7G8epnv0
最近悟る人多いね
妄想じゃなく真実だよ

142 :1:2011/02/23(水) 08:42:36.13 ID:Zc07YHXT0
>>130
全部読み終えた。

確信が持てなかった。
「世界には自分しか居ない」ということに気づき
この概念を信じようとしている自分と
ただの妄想なんじゃないかと思っている自分

そしてオレはこのスレを立てて、自分の気持をアウトプットしてみた。
返ってくるみんなからの反応。
それはまったく俺自身の心の状態で、みんなは自分と同じだった。

くだらない!馬鹿馬鹿しい!と主張する>>127
それが真実であるということを主張する>>141

それらは自分の願いと不安そのものじゃないか!
これらは全てオレの信じたい自分と不安な自分そのものじゃないか!

>>130を読んだことでより確信できた。
このことを信じようが信じまいが、全ては自分。
周りにはだれも居ないんだ。

自分からアウトプットし、自分自身からそれをインプットしなおすことで
自分で自分の背中を押することができるんだ。

ありがとう。みんな(自分)

143 :1:2011/02/23(水) 08:52:54.83 ID:Zc07YHXT0
オレはゲーム制作を通してこのことに気づいたけど
何であれ、疑問を追求していくその行為が、この真実にいつかたどり着く。

そんな気がする

144 :1:2011/02/23(水) 09:04:24.66 ID:Zc07YHXT0
自分の周りには穴があるんだ

例えば今回でいえば「信じたい自分」と「ただの妄想だ」という穴がある。
どっちの穴に入り込むかは自分次第で、オレは戸惑っていた。
不安を解消するために、オレはアウトプットしてみる。
すると周りには「信じてる人」と「妄想だと言う人」がいる。

それはどっちも真実で、飛び込んだ穴が真実になる。

オレは今回信じる穴に入ることにした!

けれども外を歩けば、妄想だと言う人がたくさんいるだろう。
これはきっと自分の過去の影みたいなもので
自分を取り巻く周りの世界には、自分が想像できる
選択しなかった側の穴に入った人間の姿が幻のように
目の前に現れているようなきがする。

145 :1:2011/02/23(水) 09:10:53.06 ID:Zc07YHXT0
なんだか、自分を本当の意味で愛せるような気がしてきたよ

146 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 09:25:40.36 ID:PmfLrdf3O
妄想とは言わないけど、世界に自分しか居ないとか‥は ちょっと偏りすぎ。 まず世界があっての自分でしょ。
自分は世界の一部で、 人生が自分の自我。億千の自我の集合体。 自分が死んでも世界は続く‥


147 :1:2011/02/23(水) 09:30:05.00 ID:Zc07YHXT0
>>146
うんうん、大丈夫だよ。
怖くない、怖くないから。


148 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 09:34:33.50 ID:PmfLrdf3O
あのね〜
誰も怖く思ってないよ。
思ってるとしたら貴方じゃないの?
まず 世界や自分を考えた時に怖さなど何もない。
貴方偏りすぎ
なに怖くない怖くないってww
なにか悟った気になってるんだろうけど、 完全にズレてますよ貴方は。
では もう来ませんからずっとズレまくって下さい☆

149 :1:2011/02/23(水) 09:36:34.70 ID:Zc07YHXT0
>>148
自分自身に言ったんですよ。

気分を害したなら誤ります。ごめんなさい。

150 :1:2011/02/23(水) 09:40:43.80 ID:Zc07YHXT0
>>148
ところで…

> まず 世界や自分を考えた時に怖さなど何もない。

ってどういう意味?

151 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 10:38:21.84 ID:fqyFwOVoO
またひとつ>>1の細胞が死んだよ
毎日増えてるけど減ってもいるよね
何にもなくなるまであがいてみてもいいけど
おれはけさないで
おれはおまえだけど
ころさないで

152 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 11:14:30.64 ID:kgdun6wz0

130です
おれが載せたのは、オカ板にもあるシークレットとか引き寄せ、潜在意識っていう
願いを叶える不思議なちから? を調べていって
辿り着いたところなんだ
1がよく考えてくれてすごくうれしい

たしかに >>146みたいな意見もあるけど
おれがこの真実を知ったことで
人生と呼ばれている意識の中を
ずっと穏やかな気持ちで過ごせるように
なったのも事実

スレたててくれてありがとうね

153 :1:2011/02/23(水) 11:28:36.50 ID:Zc07YHXT0
>>152
こちらこそありがとう!
自分自身とわかっていながら感謝するのも何かこそばゆいけれど
君のおかげで僕はこの穴に思い切って飛び込むことができたんだ!

ほんとうにありがとう!

154 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 13:03:02.94 ID:kgdun6wz0
まってまって〜!

そして、それを知って信じている今
おれも何をしたらいいのか分からない!


155 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 13:20:27.43 ID:sDZapjWj0
ttp://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1315440943

仏教の三法印(仏教の基本的考え「諸行無常」「一切皆苦」)の中のひとつ、「諸法無我」のことかと思います

「自分」という感覚は幻のようなもので、この世のすべては繋がりあっていて、無関係なものなどひとつも無いという意味です
例えば、貴方と私の境界線はどこにあるのでしょう? 私の心臓を貴方に移植したら、その心臓は私でしょうか?貴方でしょうか? 脳を移植したら? 将来Iネットと医学が飛躍し、貴方と私の脳細胞を直接つないだら、それは私?貴方?
「自分」という感覚は、実は人間が便利なので使っているだけで、そんなもの存在してないのです

この考えをさらに発展させると、戦争なんて右腕で左腕を叩くようなものですし、困った人を助けるのも乾いた咽に手を使って水を飲むようなものです
また、「死」が存在しないことも解ります

ブッダは、周りの木々や動物・大地や空まで、自分とひとつながりの存在であることを、直感で悟ったのです
残念ながら、ブッダが宇宙を知ったということでなく、後世ブッダの教えは宇宙の時代になっても色あせることなく、むしろよく当てはまるということです
それはそれで、また素晴らしいことかと思います

あと、仏教の「空」の思想(色即是空・空即是色など)と素粒子の話に、当てはめて考えるるのも面白いですよ



156 :1:2011/02/23(水) 13:31:26.90 ID:Zc07YHXT0
>>155
鳥肌が立った。

うまく言えないんだけど、その「死」が存在しないということを
オレは体験したんだよ!
生と死は特別なものでもなんでもなくて、ただ自分自身が
世界全体に広がるか、個として存在するかだけの違いで
それは川を流れる水が雲になってまた川に流れるのと同じように
ただのサイクルでしかないんだよ!

おれの脳みそが世界全体まで広がったとき
おれは再び個として生まれることがものすごく怖かったんだ
その恐怖心は、いろいろなものが混ざってうまく説明できないけれど
ひとつとして、再び生まれ変わったとき、この概念を忘れてしまって
自分自身を傷めつける悪循環にはまってしまうんじゃないか怖かったんだ!

それだ!諸法無我??ってやつっぽい!!
ちょっとそれ調べてみる!

157 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 13:57:04.70 ID:vkmspsbR0
仏教のお寺の住職が話していました。 ○○という名字の名前の土地が
今はたくさん あるが 江戸ー明治のはじめは、 無かったと。
名字=セカンドネーム が重要ではなくて ファーストネーム=なまえ
が重要なのだと。 言葉という、ファーストネーム=なまえで、つくられた ファーストネーム=なまえが、先祖から
言葉という命の連鎖で、命ををつないできたのだと。

158 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 14:36:09.41 ID:vyXwqAP10
親、兄弟、親友、恋人、ペットがいなくなっても
寂しくなったり悲しくならないのか?
人間としての感情というものは?

159 :1:2011/02/23(水) 14:45:55.70 ID:Zc07YHXT0
>>158
まだよくわからない。
家族が死んだら悲しいと思う…

160 :1:2011/02/23(水) 14:51:48.65 ID:Zc07YHXT0
自分のエゴで作った世界があって、
それらを全てとっぱらってしまったら
あの時の神秘体験のような状態に少し近づくんだ。
だけど、どうしても自分のエゴで作った世界をベースに
物事を考えてしまうんだ…

いったりきたり…オレは何をしてるんだろう

161 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 14:58:23.59 ID:ycBT3eK+0
おっさんがこんな中2病スレ立てて感傷に浸ってると思うとちんこがむずむずする

162 :1:2011/02/23(水) 14:58:48.76 ID:Zc07YHXT0
おれは24になったばかりだ!!

163 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:01:11.45 ID:mlo3/QLZO
あああいいなー俺も悟りたい

164 :1:2011/02/23(水) 15:14:53.68 ID:Zc07YHXT0
>>163
どうすれば他の人を悟らせることができるんだろ…
一番早いのは体験してもらうことだとおもうんだけど
目から入ってくる情報を無視なれば
意外とすぐにこれに気づくような気もする

165 :1:2011/02/23(水) 15:19:26.61 ID:Zc07YHXT0
目から入ってくる情報に人は信じすぎているんだよ
「ほんとうはそこに物が存在していないかもしれない」
みたいな感じで、五感の情報にたいして疑いをかければ
きっと自分が孤独な閉鎖空間に閉じこもっていることに気がつくはず。

166 :1:2011/02/23(水) 15:20:46.62 ID:Zc07YHXT0
ごめん、それを孤独と捉えているのはオレのエゴだった。

おれもまだダメだー!よくわからない

167 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:21:20.18 ID:iMsWydFz0
1の言ってることはなんとなくわかる。
俺の共通認識も1人なんだ。孤独だよ。

168 :1:2011/02/23(水) 15:26:10.11 ID:Zc07YHXT0
>>167
ありがとう!
そういってくれるとすごい安心する。

169 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:34:55.60 ID:/ht1Lv/h0
社会意識に見えるが・・(ボソ

170 :1:2011/02/23(水) 15:43:07.97 ID:Zc07YHXT0
>>169

> 社会意識とは、慣習・道徳・思想・世論などにみられる、社会共通の意識。

どういうこと?

171 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:50:42.12 ID:y9fZNIu00
というか、ゲームのプログラマーが真理に目覚めない方が不思議だわ。
PCの世界は真理に満ちているからね。

172 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:54:58.44 ID:y9fZNIu00
あ、PCじゃパーソナルコンピュータに限定されちゃうな。
コンピュータの世界と言い換えておこう。

173 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 15:56:18.47 ID:/ht1Lv/h0
>>170
孤独だと感じているのは
(目覚めた)自分自身の価値と相互するものが周りに無いからだと思うが
(内でも外でも)自分と同じ人間がいると思う(ということは外他の自覚)のは既に孤独ではないんじゃないの?
つまりここで言った社会意識というのは外他に共通する意識をもつことであって
本当に孤独なのだろうかという抽象的疑問であります



174 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 16:08:29.44 ID:iMsWydFz0
共通認識はみんなが集まって賑やかな所だと思ってた。
だけど俺しかいなかった。
他人という存在、その他あらゆる存在は俺を楽しませてくれるし、悲しませてくれるし感動すら与えてくれる。
そして俺もいろんな存在に同じようなことをしている。

対象という存在がなかったら俺はほんとに孤独だし退屈だ。
それで俺は対象というものを創ったのかもしれない。望んだといってもいい。
俺はお前でもあるんだ。お前も望んでるんだよ。気づいてる気づいてないの違いだけだ。

175 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 16:09:26.26 ID:/ht1Lv/h0
認識の増加による
新しい関係の方法が確立されることへ臨む
時である

176 :1:2011/02/23(水) 16:34:21.27 ID:Zc07YHXT0
>>171-172
言ってくれてありがとう!
俺自身も自分がプログラマであることに誇りがあるし
でも、それをプログラマである自分自身の口から言うと
ただ自分に酔ってるだけの可哀想なヤツに思われちゃう(というエゴが自分にある)から
変わりに言ってくれてすごい気分がいいよ!

177 :1:2011/02/23(水) 16:45:16.23 ID:Zc07YHXT0
>>173
自分が孤独だと感じた最大の理由は
すべてのものは自分のエゴが作り上げていたということに気づいて
辛いとか悲しいとか楽しいとか必死に今まで生きてきたことすら
ただの一人遊に過ぎなかったっていう
「周りには誰も居ない」という真実を付きつけられたことからくる寂しさのような…

…うーん自分で言っててわからなくなってきた。
今はみんなが答えてくれるし
さっぱり孤独だなって思ってないからわからないや

自分自身の価値と相互するものが周りに無いから孤独ということなのかな…
いろんなモノを通り越してその価値すら無意味なものになっている気がする

もしかしたら、この悟り自体、低次元なもので
今現在の通常状態が高次元なのかも…なんてふとおもった。

178 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 16:59:12.80 ID:vyXwqAP10
夢か異次元に行ってしまったか

179 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 17:01:32.11 ID:SP4FufTL0
>>177
高次はその俯瞰視点を実用するよ

180 :1:2011/02/23(水) 17:09:33.39 ID:Zc07YHXT0
友達にこのことを話したらバカにされた…
辛い…

181 :1:2011/02/23(水) 17:12:14.91 ID:Zc07YHXT0
このことを自分なりに解釈すると、その友達が話を聞いてくれないと
心の何処かで思っていたことが現実になったということなのか???
おれはその友達に受け入れてもらいたい一心で話したけれど
なぜ逆のことが起きるのだろう…

おれはまだ知ったふりをしているだけで
きっと何もわかってないんだ

182 :1:2011/02/23(水) 17:13:07.02 ID:Zc07YHXT0
自分で自分を傷めつけて…バカみたい。
ああくそぅ!なんでこんな気分になってしまうんだ!

183 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 17:30:26.37 ID:R4J04MAC0
Cu

184 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 17:42:39.54 ID:zerypytM0
このスレウケる

185 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 18:02:31.07 ID:ThmbdG7f0
>>1
質問 UFO目撃体験ありますか?
   シンクロニシティは起きますか?
   自分を中心に世界が回っているような感覚や体験はありますか?
   神を信じていますか?
   神秘体験があるとしたら、どんな体験ですか?
   ふとデジタル時計を見ると、444を見る事がたくさんありますか?
   この世に偶然などなくすべて必然だと思いますか?

186 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 18:14:30.02 ID:8sJtOPsHO
このスレタイさみしすぎる

187 :1:2011/02/23(水) 18:23:13.90 ID:Zc07YHXT0
UFO目撃体験ありますか?
 小学生の頃、友達とオレンジ色のトランプのダイヤみたいな形の
 UFOらしきものを見たことがあります。
 ちなみにその友達は、>>180の友達です。

シンクロニシティは起きますか?
 シンクロニシティの言葉の意味がわからなかったので調べました…
 「不思議な現象」ってことでいいんですかね??
 心当たりはないです。
 
自分を中心に世界が回っているような感覚や体験はありますか?
 あります。神秘体験をして、そのことを思い出した今、そんな感覚です。

神を信じていますか?
 過去に神様は居るんだと確信したことがありましたが
 ただテンションが高かっただけのようなきがしますw

188 :1:2011/02/23(水) 18:26:05.14 ID:Zc07YHXT0
神秘体験があるとしたら、どんな体験ですか?
 空間が歪み、自分がいる場所が非現実的に感じられ
 自分を取り巻く空間の側面に今まで出会ってきた人間の皮が
 ひとつに繋がったアジの開きのテクスチャのようになって
 閉鎖空間に閉じ込められました。
 文章で言うと怖いですが、あまり怖いという感情は無く
 それらの光景を当たり前のように見ていました。
 これらの神秘体験は話すと長い&覚えていないのでとりあえずここまで…

ふとデジタル時計を見ると、444を見る事がたくさんありますか?
 引越し前によくありましたが、最近は無いです。

この世に偶然などなくすべて必然だと思いますか?
 わからないです(汗
 考えたことないですけど、必然とか偶然だとかはあまり重要でない気がします

189 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 18:55:45.16 ID:kgdun6wz0
悟ってからシンクロニシティめちゃくちゃある

最近だってこういう風に 俺と同じような次元で曖昧に悟ってるやつと
意見交換をしたいと思ってたときにこんなスレ見つけたから
世界は自分っていうのがより強い確信に変わった
でも そこから動かない

あ、でも悟って全て自分て気が付いたら
どんだけ食べても太らなくなったなー
それは桑田さんスレと関連してるのかな
悟りを開いて 自由に浮世を歩んでいける とかゆう
全然そんな域じゃないけども

190 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 19:03:48.21 ID:ThmbdG7f0
>>1
回答ありがとうございます。
 社会的にはあなたは統合失調症によくある妄想でかたづけられるでしょう。
 しかし真理の探求という視点から見れば、釈迦やソクラテス、クリシュナムルティ
 、福岡正信等と同じ悟りをあなたはしたのです。今後のあなたは、現世では誰にも理解されず、
 精神病として病院に送致されるか、自殺をするでしょう。そしてあなたは死によって
 あなたの世界の終わりを体験するでしょう。そして私達もあなたの死と
 同時に消えてしまうのかも知れません。あなたが生きれば宇宙も存在し、
 あなたが死ねば、宇宙も終わるでしょう。選択するのはあなた次第です。

191 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 19:07:28.41 ID:SP4FufTL0
>>190
2元性を超えた立ち位置からそこまで潔く物事を言う人初めて見た。

192 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 19:26:19.39 ID:y9fZNIu00
>>181
君はまだ何も知らないんだよ。
この世界のアルゴリズムを解読したわけじゃないだろ。

人の性格は生まれた日時を基準にプログラムされるから、みんな違うんだよ。
占いの世界がやってることは、この世界のアルゴリズムの解読なんだ。
人の運勢だってプログラムそのものだ。

ゲームのプログラマーなら意味わかるだろ。
キャラを作るために様々な設定をする。
人間だって様々な設定で成り立ってて、
真実をすんなり受け入れる設定の人もいれば拒絶する設定の人もいる。

この世の全ては設定だ。
そのアルゴリズムを解読するまでは、わかったことにはならないんだよ。

193 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 20:00:13.55 ID:wJrq69YM0
>>159
二月ありゃ普段通りになる
一人減ったな〜くらいの感覚

194 :1:2011/02/23(水) 20:49:40.12 ID:Zc07YHXT0
>>189
シンクロニシティってそういうことなの??
求めていたものが手に入るみたいな??
それならオレもよくあるかもしれない…

おれも早く今以上に確信したい!
参考に、189氏が悟ったきっかけが知りたい

195 :1:2011/02/23(水) 20:50:41.27 ID:Zc07YHXT0
>>190
怖っ!!
なんかおれ悪い方向に走ってるみたいじゃん!!
そういうのやめてw

196 :>1:2011/02/23(水) 21:43:45.39 ID:ZFOLCQAs0
>もしかしたら、この悟り自体、低次元なもので
今現在の通常状態が高次元なのかも…なんてふとおもった。

逆だ。あるいは高次低次という判断すら意味がない。
1くんがあたふたしているのは「個人意識」と「超個の意識」をいったりきたり
しているからだ。
なぜ「悟った」あとも個人意識に戻るかというと、そこで「体験できる感覚、感情」
をいまだ求めているからだ。
抗わずに あるがまま個人でいればいいよ。
マグネシウムが燃え尽きるまで発火をやめられないように、それをとめることは
できない。でもマグネシウムが自身をマグネシウムと知ることは大きな意味がある。



197 :1:2011/02/23(水) 21:51:06.26 ID:Zc07YHXT0
>>192
なるほど、僕はまだ入り口に入ったばかりだということか。

>>193
身内で死んだ人が未だに居ないんだよね…
そういうものなのか、前に友達の友達が死んで
友達が、アイツが死んだ実感ない
旅行かどっか行ってて、まだ生きてるような気がするって言ってたなぁ

>>196
あるがままの個人でいればいいっていうのは
気にせずに、悟る前の状態でいればいいよっていうこと??

198 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:16:47.38 ID:uN1kgJVk0
初めてこういう考えに出会った。もしかするとこういう考えを待ち望んでた。
自分自身が考えてたことと合致した。


199 :>1:2011/02/23(水) 22:18:49.51 ID:ZFOLCQAs0
そう。
そう「あらざるを得ない」ことにもやがて気づくかも。
でも確実に以前とは違う。

何もかも以前と全く同じなのに 何もかも以前と全く違う。
これいかに!なんちゃってねw。


200 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:20:24.34 ID:rpFzMky0i
ごめん、悟ったって言ってる奴はさ、これで悟ったって言えるの?
誰でもこんなこと考えるだろ、ごく普通当たり前じゃないの?自分で悟ったっていう奴ほどさむい人いないだろ

201 :1:2011/02/23(水) 22:22:47.17 ID:Zc07YHXT0
>>198
嬉しいよ!
友達や身近な人は、理解してくれないから苦しかったんだ。
こうやって同じ考えをもてる人に顔はみれなくても、コミュニケーションできることが
ほんとうに嬉しい!!

202 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:25:57.34 ID:ZFOLCQAs0
ただ「考える」のと「体感的に大確信」するのとでは全く違う。
確信は身体から滲み出し 世界へと広がる。
それは自覚と注意とともにあらねばならない。
「ただ考える」だけではそうはならない。
>自分で悟ったっていう奴ほどさむい人いないだろ
そういう人は「覚」がなにか知らない人。


203 :1:2011/02/23(水) 22:27:28.41 ID:Zc07YHXT0
>>200
たぶん、オレも昔にこんな考えをしたことはあったとおもう。
けれど、神秘体験を通して、精神が
おかしくなるんじゃないかってほど考えて、信じ切ったのは初めてだよ

204 :1:2011/02/23(水) 22:29:32.74 ID:Zc07YHXT0
>>199
>何もかも以前と全く同じなのに 何もかも以前と全く違う。
なるほど、なんとなくわかるよ!
今はまだよく解らないけれど
確実にこのことはオレの人生を大きく変えると思う。

205 :1:2011/02/23(水) 22:30:40.48 ID:Zc07YHXT0
>>202
うんうん!
オレ、言葉にすることが下手くそなんだ…orz
助かったよ!
言いたいことを言ってくれてありがとう!!

206 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:45:08.10 ID:bi28pJVI0
世界には自分しかいない、わけねーだろw
お前はそこにいないの?
だらしなく口を開けながらキーボード叩いてるお前は何?プークスクス

207 :189:2011/02/23(水) 22:45:20.47 ID:kgdun6wz0


精神的に衰弱してた時期があったんだ
去年の年末くらい
将来、自分、周り、現在にいっぱい不安を抱いてた
とにかく現実逃避な心境で調べて
知ったのが 潜在意識で欲しいものを手に入れるって方法
普通に考えると怪しい。でもそのとき俺は今から逃げられればなんでもよかった

最初は願いを叶えるのが目的だったけど
先人たちのレスやまとめサイトを参考にいろいろ考えるうち、
かつて分からなかったことや
世界の不思議な事柄に辻褄が合ってきた
で、何段階か考えを変えているうちに
やっと悟りの状態がどういうことかわかったのが最近
先人の言葉を借りれば
悟りは 差取り だったってこと
自分と世界とのね

でも悟ってからめちゃめちゃ頭使ってるのでとても疲れるー
あと、理解して穏やかにいられるときと
自我が出てきてぐちゃぐちゃ悩んでるときの波がある




208 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:49:16.28 ID:bi28pJVI0
>>207
悟っているのに波があるってギャグとしか思えない
専門じゃないからよーわからんけど、悟りってのは自分を見つめなおして社会に云々の話だろ
それが、レスやまとめサイト?便所の落書きで何を悟ったってんだよプークスクス

209 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 22:49:58.42 ID:dbt3S53+0
このスレを読んでいて、忘れてた大事なことを思い出せました。>>1さんありがとう。
これからもこのスレを興味深く見守っていきたいと思います。

210 :189:2011/02/23(水) 23:15:00.00 ID:kgdun6wz0
>>208 悟りって君が考えてる程特別なものじゃないよ
物事の受け取り方や考えの変化なんだ
般若心経とかは、まさにそのことを言ってる

自分を見つめ直す っていうのはそのとおり
俺はかつてこんなに自分と世界を考えたことはなかったわ
そのきっかけが俺の場合 レスとかまとめサイトだったってこと

211 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 23:19:03.61 ID:SP4FufTL0
世界と社会は別。
おれたちは社会に生きてる。悟りは世界を知ることだ。
外で深呼吸したらまた社会に戻るんだよ。

212 :本当にあった怖い名無し:2011/02/23(水) 23:30:34.78 ID:bi28pJVI0
>>210
いやいやいや
じゃあ仏像になるほど高名だった僧に、悟りを啓けていない人が多いのはなんでって話
厳しい修行してもたどり着けない人はたくさんいんだよ
ぐぐってみれ
お前が天才ってだけかもしれないが、そうでなければお前の勘違いだ
まぁ、悟りなんて便利なことばで、実際どうすれば悟ったことになるのか曖昧だけれども
仏教の世界での悟りってのは特別だ、お前は別の意味で使ってる

213 :189:2011/02/23(水) 23:56:26.80 ID:kgdun6wz0
>>212
あ、なるほど!
そうだー確かに俺のは仏教のとは違うや
般若心経はいまの感覚に繋がるものがあったんだけど
輪廻や修行なんて無縁ですもん
ましてや色=空なんて全然わからん
ありがとう、そして仏教にも興味湧いてきたなー

俺のはきっとどちらかというと
マズローの自己超越とかその辺だ

214 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 00:45:37.81 ID:Ppzkel6FO
全部なにか書いてあるものが欲しいんだね
怖いとか、安心するとか、、すぐ不安になって何か近い考えや思想的な書物やサイト?、書き込み、等をまた読んで‥ って。。

悟りとは程遠いよ(笑)(笑)

215 :189:2011/02/24(木) 00:56:42.57 ID:2CNTr8Hf0
だって自分なんだもん
知りたくなるじゃん(笑)(笑)
合ってると楽しいでしょ?
多分そうやって遊んでるだけなんだけどさ
俺のは悟りじゃなくて
自分とは自我じゃなくて意識だった と
気付いてるだけ
そこから動かないの

何もかも文献等に沿わせているわけじゃないよ

216 :1:2011/02/24(木) 01:55:54.39 ID:9ns0zMx+0
>>207
いい話をありがとう!
オレも、ここまでくるのにいっぱい悩んできたからよくわかる。

おかげでまたいろいろわかってきたよ。

多分、自分自身の本質っていうのは感情で出来ていて
自分っていうのは、生と死(個と全体)を繰り返しながら
いろんな感情を永遠に味わっていくだけの存在なんだと思う。

本当に嬉しいよ。
おれも自分自身が知りたいから
自分が信じていることを同じように信じている人をみつけるのは
とても楽しいことだと思う。
もし、自分の本質が感情なのであれば、その楽しさを味わうことは
とても意味があることだしね!

世界は自分だったということは、孤独でつまらないものだと思っていたけど
今はとても幸せな気分だよ!おれはやっと自分自身を愛せるんだ。

217 :1:2011/02/24(木) 01:58:56.03 ID:9ns0zMx+0
>>209
ありがとう!!
見守ってくれるととても心の支えになるんだ。


218 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 03:37:17.64 ID:Xo8vr1os0
世界は本当にひとつだと思う?確かに大多数の人は目の前のりんごを見ることができるし、隣人の声帯からでた音波を聞くことはできる。
大多数の人ができるから客観性が生まれて、世界は唯一絶対なように思える。
だけどもし、人より少しだけ多い色を感じる目や、超音波が聞こえる耳を持つ人がいたとしたら、その人が感じる世界は他の人と同じ?違う?
・・・世界は思っているよりずっと、広がりがあるものだ。ひとつと言う人にはひとつのように振る舞い、いっぱいと言う人にはいっぱいに見える。
見るものの数だけ世界があって、その存在の確率をゆらゆらと変えながら漂う。いや、漂っているといえばそうだし、固定されているといえばそうなる、と言った方が正しいか。
 人や生物は、生涯かけて自分自身になっていく。規定して、自分だけの世界を構築していく。隣人の声や表情、行動から感情を震わせ、内面を覗くと同時に自分を覗き、知る。
目に映るそれはナニモノか、耳から聞こえるそれは好きか嫌いか、自分とはどう関わっているか。
 科学は計測により客観性を生み出した。一メートルの定規は誰が何と言おうと一メートルだ。違うという人がいれば、その人は妄想家か哲学者かものを知らない子供だ。
人は機械や計測や持続可能な物体によって世界を科学という物差しで規定している。そうすれば便利な唯一の事実が手に入る気がするからね。
少し昔に誰かが吹聴した妖怪だとかをばっさり切り捨てれるツールなわけだ。科学は世界の真実を明らかにするもののように扱われているかも知れないが、なんのことはない。物差しが一個増えただけ。
 

219 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 03:39:29.36 ID:Xo8vr1os0
そしてもうひとつ。世界の真実を明らかにしたいと言うのなら、今すぐ学者になることをオススメするよ。ひとりよりふたり、ふたりよりさんにんだ。
もしその道になる努力を今していないならば、ただ単に実生活が充実していないだけだよ。ほとんどの人は宇宙の根源がどうとか量子の立ち振る舞いだとかには興味は無い。
目の前にあるなにかに夢中なんだ。手が届くであろうそれが欲しいから、思考もそれに注力している。世界の真実、それが手に入るのなら確かにスペシャルな存在になれるだろう。
けどそれに思いを馳せるのは、現状でどうあがいてもスペシャルな存在になる自信が無いから、不相応な悩みを持ち、何かから目を離す。もちろんこれは憶測にすぎないけど。日常に戻るべきだ。我々は人間で、全知にはなれはしない。
人間の生活の延長にこそ真実があるのなら、日々をただ赴くまま生きればいい。
実験用のマウスが、自分が利用されていることに気づいて脱出の算段を巡らすことはほぼ不可能だ。なぜってそれがマウスの限界振れ幅だから。
分不相応な問いは、狂わない限り解決しないよ。
 
あうあうあー

220 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 03:48:24.60 ID:vH6bVeni0
初レスだけど俺も子どもの頃から1さんと同じような考え(意識?)があった。
まあ、俺の場合は時々そんな感覚が芽生えたとしてもすぐに現実の世界(とり
あえず現実と呼んでる普段の生活の場というべきか‥)に戻ってたかな。
不確かなものだし、人に理解してもらうのも面倒臭いと思ったからね。また、
当時は2chとかも無かったからね、こういった話題について意見交換する場もほ
とんど無かったと思うよ。
だから近年になってようやく確信を持てた人が増えたんじゃないかと。それが
悟りかどうか知らないけれど、それほど大層なもの、神秘的なものでなく、そ
れまで表に出て来なかったものが今の時代になって現れただけのことで‥。
何にせよ自分と世界の繋がりや成り立ちを感じられるようになったんだよ。何
もそれは特別な境地に達したからではないと思うんだ。

221 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 04:04:33.20 ID:BAPfw+GWO
1さん
意識が拡大して全てが自分となる前に
自我が剥がれるような体験はなかったのですか?

わたしの場合
第一弾 自我外し(無条件での自己受容)
第二弾 自分=空間という意識体
という体験がきたのですが

そもそもこの体験で起こる理解は
思考の限界を超えているので
わからない人には実際に体験してもらうしかありません

1さんのお友だちに話された気持ちはものすごく分かるんですが^^

現実レベル(自我レベル)では孤独を覚悟する必要があるかも
(覚悟に関わらず、ある視点において孤独なのは事実なのですが)
でも覚悟してしまえば
孤独は孤独ではなくなるので大丈夫ですよ^^

もしかしたら…
もしかするとですが
今度は自我が外れるような体験が来るかもしれませんね
それを体験すると
自分さえ居れば大丈夫と
思えるようになるので

保証はできませんが

222 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 08:55:35.53 ID:fm4M5XadP
1が気づいてしまったのは「独我論」に属するものだろうな。
自分以外の人間には自由意志がないロボットとか、全ての人間が自分自身だとか
あの人が歩んできた人生は私の前世だとか思ったりとか、つまり自分(主観世界)以外存在しないという考えが独我論
自分以外の人間に心はあるか?なんて疑問をもったなら、まず自分自身に心なんてあるか?と思え
1の脳が、周りの環境の変化によって機械的に動作し、1はこのスレを立てました。
そして周りの反応によって変わる脳の状態から機械的にはじき出された結果をレスしました。
ということは1も2も3も私も脳は物質でできている以上、機械的で、この世界に主観なんてものは存在しなくて
1が見ている世界というのは夢とか幻想のたぐいとなる。
脳がはじき出した結果を見て、これは俺が選択したんだと幻視しているという不思議なことが起きている。
よって1の脳という物質からはじき出された「自分が見ている友達や恋人、むかつく上司(省略)」(以下A)という主張は
幻想となる。つまり世界は存在しているどうかは不明だが。確かにそこに存在していると感じている。
人は主観世界しか持つことができない。よって1の脳が機械的にはじきだした主張Aはまず1の主観世界においては有効で
1の主観世界においては他人(自分)は自分が出力した感情が返ってくるだけの存在となる。
そして1が自分だと主張する私たち(他人)に対しては「知ってた?」と聞いていることから、
1の脳は他人の主観世界をあるものと考え、他人の主観世界においてもAの主張は有効だからみんな早く気づいてくれ、といっているのか?
それとも、こんな考え方はどうかな?みたいな宗教的な教えを説いているのかはしらないが、「何をすればいいのかわからなくなった!」
といいつつ、スレを立ててレスを返している1を見て長い文章を読ませたくなった。

ある少女は他人の意識がわかる能力を持って生まれた。
その少女は他人と話さずとも他人を理解できる(自分を見ている他人の視点の全てがわかる)
だから話す必要もなかった。その能力は千里離れた人の意識も認識できる。
少女は人とあまりしゃべらない。他の人も自分と同じ能力があると思っていた。
ある日、真実を知って少女は気づく。私はあなたであり他全ての人間であると。
そう、この世界には少女以外の人間はいないのだ。

223 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 09:25:38.47 ID:m5osFP9r0
なかなかの良スレ
俺も参加したかったけど言いたいことはもう全部出てたわ

224 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 09:30:15.62 ID:Ppzkel6FO
良スレ?
単に誰でも一度は考えること 暇や時間があって考えを追跡ば誰でも経験、体感することを、さも特別なことのように皆でオナニーしてるだけのスレですよ。

225 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 09:42:40.55 ID:9lwySCOe0
えっ
私はそんなこと考えたことも無かった。馬鹿でしょうか。

226 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 10:05:03.14 ID:m5osFP9r0
>>224
一度は誰でも考えたことのあるものをさらに理解を深めようってスレじゃないの?

227 :1:2011/02/24(木) 10:05:03.91 ID:9ns0zMx+0

>>218-219
前に、世界に同じ物は無い!って思ったことがあった。
たとえば目の前に木が二本生えていたとして、その二つの木を見たときに
人は皆「これは木だ!」って勝手に思ってるっていうこと。
「ほらみて!目の前には2本の木がある!」なんて当たり前のように誤解しちゃうの。
本当は同じ物なんて何一つ存在しない。みんな違うもの。

みんながもってるiPhoneだってそう。
みんな同じものを持っていると思っているけれど、自分の手の中のiPhoneは
世界で一つしか無いiPhoneなんだ。
だからって世の中のiPhone一つ一つに別の名前をつけてたらキリがない!!
人はモノを分類することで便利さを手に入れるんだ。

だから分類って難しい。
たとえば、「貼るもの」と「止めるもの」に何かを分類していったとする。
画鋲は、止める物
シールは貼るもの
洗濯バサミは止める物
ポスターは貼るもの

だけど、セロハンテープは??
止める物でも貼るものでもある。
君はセロハンテープどっちに分類する??

このことは、全ては全く違うもので分類が出来ないことの証明だとおもう。

そして、すべてのものが全く違うということは
すべてのものが一つものであるということと紙一重なんだ。

228 :1:2011/02/24(木) 10:09:17.47 ID:9ns0zMx+0
>>220
>自分と世界の繋がりや成り立ちを感じられるようになったんだよ。
そうだね。
スレを立てたときは全てがつまらないものに感じられたけど
今ではほんとうによかったなと心から思う

229 :1:2011/02/24(木) 10:15:25.80 ID:9ns0zMx+0
>221
>自我が剥がれるような体験はなかったのですか?
世界が歪み、自我が剥がれる体験をし、生と死のサイクルを知り
自分は閉鎖空間に存在していて、全ては自分だったということを
一瞬で体験しました。
覚悟してしまえば孤独は孤独ではなくなるですか…
わかる気がします。今では、ほんとうの意味で人を愛せる気がするんです。

230 :1:2011/02/24(木) 10:21:47.40 ID:9ns0zMx+0
>>224
オレがこのことを確信したことは
オレにとってすごい大きいことなんだ。
たしかに「オナニーしてるだけのスレ」なんだけど
僕のオナニーを見て誰かが興奮できるなら
それはオレにとって素晴らしいことだなって思う

231 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 12:42:39.12 ID:Ca6cMWo+0
>>229
そう、十分な愛さえあれば何も不安はない
恋人の正体が自分自身でも虚構の存在でも沙耶のような化け物であろうとも
本当に本気で愛していれば何も揺らがない
むしろ永遠であることが判って嬉しくなるくらいだ
だからただ、本気で愛すればいい
愛が足りなければ孤独にも不安にもなるかもしれないが
足りていれば何も心配はない
自分しか存在していなくても……
それで他人が現実であろうと虚構であろうと自作自演であろうと
愛が少なければ結局孤独になるし
愛が多ければ満ち足りる
一人だから孤独になるんじゃない
本気の愛がないから孤独を感じる
揺るぎない愛があれば、永劫の自作自演であるこの世界は
本当に美しい、素晴らしい、愛おしい世界なんだよ!!!
(なっ、なんだってー!!)

232 :1:2011/02/24(木) 13:57:23.98 ID:9ns0zMx+0
>>231
むしろ永遠であることがわかって嬉しくなる・・・か。
なるほど!たしかにそうかもしれない!

今ひとつ恐れていることがあって、それは
再び生まれ変わったときに、自分がこの概念に
辿りつけるのかということなんだけど
どうおもう??


233 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 15:53:21.32 ID:Ppzkel6FO
↑ね!
何を言おうと、次の不安や心配を仰いできますよ
真剣に議論する相手じゃないですよ



234 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 15:57:53.83 ID:zqnKw8qK0
>>232
そんなん誰も知らないよ。霊能者にでも聞けばいいじゃん。
とりあえず死んでも概念を保持できる状況であれば誰に何を言われようと
生まれ変わりを拒否しつづければいい。


235 :1:2011/02/24(木) 16:05:06.92 ID:9ns0zMx+0
彼女にこのことを話したら電話切られた

マジ死にたい

236 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 16:24:15.81 ID:0wHG4BvQP
彼女居るのにこんなこと考えてるのか

237 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 16:29:32.82 ID:sxjxlwOm0
自分にも理解し難い部分があるってか
ほどほど自分と向き合わないと自分に飲み込まれるぞ

238 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 16:39:04.04 ID:zqnKw8qK0
大変!どこが痛いの?彼女はあなたのどこ?

239 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 16:57:06.90 ID:m5osFP9r0
まあ、自分が世界の一部だろうと世界が自分の一部だろうとそこに起きている現象には何の変わりもない
心配するだけ損さ

240 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 16:59:45.58 ID:U2KSxYLd0
今朝このスレを発見して静かに興奮しています。
1さんのご経験の様な実体験はないんだけど、この頃頭で理解しつつあります。
実生活で混乱を感じることがあるようですね...
阿部敏郎さんのいまここブログなんか読まれると、整理出来るのではないかと思いました。
このスレに感謝してます。1さん皆さん(私?)ありがとう!

241 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 17:13:38.24 ID:i2f2txID0
>>1
彼女もあなたの一部なのですから心配しなくてもいいと思います。
マジ死にたい?本当ですか?この世はあなたが創造したのですから、
あなたが死ぬと世界が終わります。私たち人類はあなたにとって幻想
に過ぎません。他人という概念は存在しないのです。あなたは世界であり、
世界はあなたです。

さて、ここで実験をしてみましょう。悟ってしまったあなたにとっては
何でもない事でしょうし、何をすればいいかわからなくなったそうなので、
やってみる価値はあります。怖いですか?何をすればいいのかもう分かりましたね?
今でも明日でもいいですが、出来れば最後の書き込みをして、今すぐ実行してみて下さい。
さて、私たち人類及び森羅万象があなたの死とともに消えてしまうのでしょうか?


242 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 17:51:38.85 ID:Ppzkel6FO
そうゆうこと。 自分が死んでも世界(人類)は続く‥。
世界(人類)が死んでも地球は続く‥。
地球が死んでも宇宙は続く‥。

紛れもない事実。 まずは此処からでしょ

243 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 17:59:25.20 ID:BAPfw+GWO
>>232

サイクルを知ってしまったなら
そのサイクルから外れることを決めればいいだけでは?

わたしはそのつもりなんだけど

今は自我が抵抗して
テンパってるだけで
時期に落ち着くから大丈夫

そっから悟後の修業ですね

244 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 18:33:09.90 ID:6wEhOOJrP
今このスレ見た。実は去年の夏頃漏れも同じような思いに至った。
この考えに思い至るまでの心境は、興奮状態で頭が高速回転してなかなか寝付けなかった

他者から話しかけられる言葉が、自分が自分に話し勝てるように感じられたり。
下品な話トイレで小便してる時、自分の体の外側に出してるんだけど、外側というのもまた自分の内側に思えてきたり
他人もまた「自分」なんだけど、それは単純な唯我論的な自分以外はNPCというんじゃなくてさ。
同時に存在している別視点別意識な「自分」てかんじで。パラレルな輪廻転生って感じに同時に存在しているのではって思った

今は落ち着いてきたけどさ。人間や物質も含めて世界の総体は、実は誰かの心のなかの物で、
その誰かってのを昔の人は宗教とかで唯一神とか言い表わしていたのかなって。

245 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 18:39:20.58 ID:6wEhOOJrP
そういった興奮状態の脳みそで2chの仏教系のスレに書き込んだよ

>このレスを書いてる私も、このレスを読んだあなたも、このスレと無関係な一般人も
>すべて私ですか?

ってね。「私」のインフレーションだって笑われたけどね

246 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 19:07:43.34 ID:nHFd9OkwO
他を気にしすぎてた自分はこのスレみてちょっと落ち着いたよ。自分を愛してやろうと思う。

247 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 19:23:12.62 ID:U6D5sx0E0
この世は私が私を産んで増やして様々な私に輪廻し経験し続けるために私が作ったのかな
目的はなんだろう私の暇つぶしかもしれないし
もしかしたら最初の私は私地獄に落とされた私なのかもしれない


248 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 19:44:45.18 ID:oiee13cYO
なんだ単なるかまって君かよ

249 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 20:10:57.72 ID:McQhaXlBO
救われる方がたくさんいる一方で必ず崩壊してしまう方も少なからず居ると思うのです。

私はきっと、後者でしょう。それをふまえて受け入れて尚も発信する、そんな人だったらいいね。



250 :wfc:2011/02/24(木) 20:55:16.51 ID:a2pA6Y2lQ
人間ひとりひとりは、宇宙に織り重なる
大きな魂のひとしずくに過ぎないよ。
そのひとしずくは肉体を通して生き、
ろ過され雲の世界へ還る。
或いは澱んで泥土の世界へ還る。
 
>>1は左脳で個を意識しそれを拡大している。
似た意見に見えて、実は真逆へと進んでいるね。
「神は右脳にいるか」って動画を見てごらん。
私が、他者のひとしずくなのさ。

251 :1:2011/02/24(木) 21:33:12.70 ID:9ns0zMx+0
なんかすごいことになってきた!!
オレ、今友達とルームシェアしてるんだけど
その友達にこのことを話ししたら、相手もこのことを知っていた!?
なにこれ!?奇跡??
超もりあがってきた!!!

252 :1:2011/02/24(木) 21:37:45.20 ID:9ns0zMx+0
一緒に住んでる相手だから一番話すのが怖かったんだ…
でも思い切って今日、話してみたんだ!!
そしたら同じように神秘体験をしていて、内容がまったく一緒!!
体験はちがったけど、我が無くなって全ては一つだということを知ったっていってた!!

こんなキチガイみたいな考えをしてる相手がすぐ側にいたなんて!!
うおおおおおおお!!!!!!


253 :1:2011/02/24(木) 21:38:48.83 ID:9ns0zMx+0
ホワイトボードを目の前に超もりあがっちゃったよ!!
絵を書きながら世界はこうなってるんだよって言い合ってさ!!
夢みたいだよ!!

254 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 21:39:43.72 ID:0wHG4BvQP
よかったな

255 :1:2011/02/24(木) 21:42:48.95 ID:9ns0zMx+0
さっきまで死にたいとかいってたのが、ほんとバカみたいだ!
ってそんなこといったらもっとバカみたいだよね…orz

ごめんなんかテンション上がりすぎた

256 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 21:53:22.25 ID:U4eKqaQp0
気付くのおせーよ!
全ての答えが見つかって興奮する気持ちも分かるがするな。
1の体験した神秘体験はまだスタートに立ったに過ぎない。
今色んな人に同じこと起こってるから。(もちろん昔からあったけど)
ではそれは何でなのかをまず知れよ。
待ってるこっちはもう待つの疲れて飽きてるんだから。
早くしてくれ。

257 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 21:58:00.02 ID:80YkG2tj0
たまに、今2ch見て書き込みなんてしてるのは、全世界で自分一人だけなんじゃないだろうか
と思うことならあるけど
他のレスは、他人が書き込んでいるように見えるだけとか

258 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 22:00:17.17 ID:gRDzWUPeO
孤独で自由なんだな

259 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 22:22:08.17 ID:BAPfw+GWO
>>256

確かにおっしゃる通りスタート地点に立ったに過ぎないんだけど
各人に適したタイミングで必要なことが起きてるので見守ってあげましょ

わたしも個人的には
もう時間がない感じがして焦りは感じてるけど


>>258

孤独=自由だと

260 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 22:25:58.60 ID:Cb+ZIBrv0
このスレで語られてる事って、人生うまく行ってなかった奴が辿り着く境地だろ?w

261 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 22:43:47.60 ID:BAPfw+GWO
偽物のなかにずっぽり嵌まってると偽物だとわからない
だけど本物を知れば
今まで信じてたものが偽物だとはっきりわかる

本物を知ってしまうと
もうそこに戻ろうと思わないし、戻れない

262 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 22:43:49.60 ID:0RhuGONE0
つまらんぞ馬鹿ガキ

263 :1:2011/02/24(木) 22:52:08.96 ID:9ns0zMx+0
>>240
こちらこそありがとう!
同じ考えを持ってくれる人が居るとわかると
胸張って確信できるよ!

>>242
ビッグバン=エゴの誕生
なんてふと思った

>>243
うん!ほんとうにここからが修行だとおもう!
自分を愛すために人を愛すんだ!おもいっきり抱きしめてやるんだ!

>>244
このレスにはビックリ!!
オレも自我が薄れている状態でトイレで小便をしたとき
しっかり便器に小便が当たってるはずなのに、自分自身に小便をひっかけてるようで
お漏らししているように焦ったことがあるよ!
そして昨日あたりから、まさに他人はパラレルな輪廻転生って感じに
同時に存在しているんじゃないかって考えていたところだよ!!
神秘体験をしたとき、オレはものすごく怯えていたんだけど
それは、これから生まれ変わる際に待ち受けている人生が、
このことに気づかずに悪循環にハマって殺人を犯してしまった人などの
人生を次にあゆむのではないかとか、そういうのがものすごく怖かったんだ!
ニュースで殺人事件とかを見ているし、生まれ変わったときにナイフで刺殺される人とかの
最悪な人生を送った人の感情を味わうことがものすごく怖かったんだ…。
>>232で生まれ変わった後のことを聞いたのは、そういう心配があって聞いたんだ。
そして今では、あの時の殺人の苦しみとかはもう既に自分が経験したことで
今生きてるうちに、この概念を世界中に広めてひとりでも多く苦しみを
取り除いてあげることが大切なんじゃないかって思っているよ。


264 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 23:06:36.02 ID:sxjxlwOm0
1さん、夢に変化はないか?

265 :1:2011/02/24(木) 23:09:45.09 ID:9ns0zMx+0
>>245
おれのスレに
くだらないこといってんじゃねー!って書き込んでいる人が居るのと
それは似ているのかな
信じている自分と、信じきれていない自分
どっちの自分が出てくるかはルーレットみたいなもの…みたいな?

>>246
ありがとう!!一人でも多くこのことを知ってもらいたい!

>>247
なるほど、ワタシ地獄か…
神秘体験中、永遠と抜けられないループに
地獄のような恐怖を感じたよ…。
ヘンテコだけど、しっくりくるからその説は興味深い!


266 :1:2011/02/24(木) 23:11:00.53 ID:9ns0zMx+0
>>264
今のところはない!
けど前よりも確実に心が丸くなっているような気がする

267 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 23:52:26.55 ID:U2KSxYLd0
1さんルームメイトが同じ体験って凄い偶然ですね!
これを必然って言うのかな?
悟り後の方がスレにどんどん登場してきた。
>>256
そちらでは待ちくたびれる感じなんですか?
>>259
時間が無い焦りって何に対してなんでしょう?
もし差し障り無かったら教えて下さい。


268 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 00:39:27.12 ID:5sc9wFbo0
244で今は落ち着いたと書いたけどさ。
あの境地の真っ只中では、現実感が希薄になる危うさもあったな。
妙にシンクロニシティーを感じられたり。

幼い頃に捨てたはずの唯我論が戻ってきたような、知らないうちに自分は発狂してしまったのではという恐怖。
それこそ上のレスでやや小馬鹿に「中学生の頃考えてた」とか、胡蝶の夢だとか書かれている奴。
でもさ、アイデアでなくて「実感」としてあるのだからどう仕様も無いんだよな。
幼い唯我論との違いは、「自分だけが本物で他者は自己の投影した幻」ではなく、他人も同じように主体のある「自分」なんだよなあ。
…こんなコト書くと、それすら中二病だとばかにされるかもだけどさ。

ただやっぱり、ああいったすべてが自分に思えてくる境地というものは、他にも体験者がいるみたい。
個人の特殊な妄想の結果というよりも、人間として起こりうる境地としてあるらしく、その点は安心していいと思うよ
>1とか、同居人とか、この書きこみしてる俺とか、このスレにも体験者がいるようだし。

269 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 01:01:45.78 ID:7go9+ddn0
たまたま体験したことが無い人は
「思いつき」と「神秘体験」の違いがわからないのかも知れないけど
この二つは「桶の中の水」と「太平洋」くらい異なるものだよね

ところで神秘体験なんか特に珍しくもないって前から思ってたけど
このスレの印象では
なんか自分が思ってたより、もっと珍しくないみたいな感じだね
もしかして本当に体験する人が激増してる?
それともただ単にオカ板だから?

270 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 01:07:51.26 ID:/ta1YLWB0
>>251
ちなみに、その友達もプログラマーなの?

理解してくれなかった友達や彼女はプログラマーの思考体系でないんでない?

271 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 01:09:43.55 ID:/ta1YLWB0
>>269
占星術的には激増してることになる。
そういう星の配置だから。
来月中盤からもっと激増する。

272 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 01:17:20.75 ID:7go9+ddn0
>>271
そうなんだ、ありがとう
自分としては色々と話しが早くなるから体験者が増えてくれれば嬉しいな

ちなみに占星術で神秘体験はどういう星の配置で表されるの?
全く詳しくないからもしかしたらこの質問自体が的外れなのかもしれないけど

273 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 02:04:38.25 ID:/ta1YLWB0
>>272
まず太陽系の中心である太陽が自我。意志とか自分自身とかを意味する。
次に土星は個人的な世界と外の世界の境界線で、
土星の外側にある天体(天王星、海王星、冥王星)は集合無意識を意味する。

太陽系の外側に行くほど個人的な世界ではなくなって行くから、
理論上、外側の天体の影響が強くなると共通の体験(シンクロニシティ)が発生しやすくなり
いろんな気づきも発生しやすくなる。

で、今、カーディナルクライマックスと言って、外側の天体の影響が強くなってるんだよ。
詳しくは「カーディナルクライマックス」でググってみて。

274 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 02:11:00.25 ID:7go9+ddn0
>>273
ありがとう
早速ググってみる

275 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 02:13:01.40 ID:mvEOkerw0
>>267
待つのに飽きてるってのは本当かな。
根底にあるのは与え続けることだけど
相手は分からないのだから相手に合わせて
導いていかなければいけないからね。
相手に合わせて自分が男性脳にも女性脳にもなるし、
明痴にも愚痴にもなるよ。
導いてるなんて言葉にだして言えば
おせっかいだと反発する人がいるのも仕方ないことだしね。
手を加える必要も無いといえばそれまでだから。
うまく伝わるといいが正直どうでもよいとは常に思ってるかな。

276 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 02:57:15.67 ID:k1Ku3g5sO
うーん、どう言えばいいか…

今わたしの周辺で凄い二極化が起こってるんですよね
特にすぴ畑の人に顕著に

形に惑わされて本質的な部分に気づいてないと言うか、見ないふりしてると言うか

巷で噂されてるアセンション=悟りが本当だとして
全体を見渡せば体験者がぽつぽつ居ても身近に居ない
全体の意識がシフトするには少なすぎないかと

他人を気にするな、
自分に軸を持て。と機会を見つけては話してるんですが、なかなか…ですね

でも一人でも多くの人に気づいて欲しい
世界がまったく変わるので

基本わたしも上の方と同様、与え続けるがスタンスですが
究極ではどうでもいいですね

最後にはちゃんとなるようになりますんで

277 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 07:15:23.21 ID:2jkVc6w50
精神に異常きたしたら助けてくれるのはなんだろうか?

278 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 07:59:48.92 ID:7go9+ddn0
>>276
> 基本わたしも上の方と同様、与え続けるがスタンスですが
> 究極ではどうでもいいですね
ああやっぱり、神秘体験者のメンタリティは皆おんなじようなものなんですね
しかし精神的に与えるだけで下心もなく見返りを一切求めない態度をごく自然に貫いていたら
相談に乗っていた相手から「優しいけど冷たい人」だと言われてしまった経験があります

279 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 08:45:33.45 ID:b0i5Na3E0
最初は面白かったけど神秘体験とか言い出したあたりからあほらしくなってきたな

280 :1:2011/02/25(金) 08:47:22.71 ID:H994FWz20
>>249
そうなんだ…
必ず、悪循環にハマってしまう人は居る
そんな気がするんだ…
それがものすごく怖いんだ
私はきっと後者なんて、言わないで…
大丈夫、君がこのスレに辿り着いたということは
なにか導かれているのかもしれない

>>250
う〜ん、なんとなくわかるような…
その動画調べてみるよ

>>256
神秘体験中、みんな気づいて!!って苦しいほど願ったような気がする。
このことに気がついた人はみんなそういう気分なのかな…

>>261
LISPを知れば他の言語は使いたくなくなる
ってことを体験したことがあるよ!

281 :1:2011/02/25(金) 08:48:53.24 ID:H994FWz20
>>267
たしかにどんどん増えてきてる!
おれもそれが気になってた!

>>269
実際に増えているのかな?
でも確実にこのスレに人が集まってるのは確かだ!

>>270
デザイナーだよん

>>271-274
むお、占星術??初めて聞いた!
なんかすごい興味深い…オレもググってみる

>>275
なるほど、たしかにオレがこの感覚を誰かに話したところで
バカにされる確率はものすごく多いし
一度バカにされてしまった人に気づいてもらうことは
ものすごく難しいことだよね…

282 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 09:33:12.38 ID:CrW6MNvGO
最初の方からアホらしいよ。
子供が話してるみたいでしょ? わいわいガヤガヤ‥

実にくだらない。
本当の意味での、実生活、実人生、実世界の話しではない(笑)
程度が低すぎて話しにならない。



283 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 09:44:54.77 ID:mvEOkerw0
>>278
そう言われたらいい気はしないよね。
でももし仮にあなたが冷たい人だとしても
冷たい人っていうのは現段階の常識と
いうだけだから気にすること無いよ。
全体の感覚が変われば常識も変わるから。
暖かい人という定義を決めているのは
現在の常識でありエゴを通して見返しているだけに過ぎないから。
自分に都合のいい人が優しい人と言う訳ではないでしょう?
全体が変わればあなたの
現在の冷たいが暖かいになっているかも知れない。
冷たいも暖かいもそもそもないという
事だけど、それはそれで寂しいからね。退化とも言える訳だ。
そのうち常識が冷たくしても一緒に居てかまってあげるだけで
有り難いと感じてもらえる様になるのかもよw


284 :1:2011/02/25(金) 10:03:43.63 ID:H994FWz20
色々考えてたらこの動画のことを思い出した!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6510811

>>282
実世界がどんなにヘンテコなものか理解できるかも

285 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 10:05:08.89 ID:jMQZqPPg0
>>275 >>276
ありがとうございます。
面白いですね。お二人とも与え続ける感じと
どうでもいいかなと思ってるところと...
アセンションは、全てただ一人(一つ?)なら、今あるように見える各々の意識が
気付こうが気付くまいが同じなのかなと感じるんですが、
どうなんだろう?頭ではわからない。


286 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 10:14:45.93 ID:yxAnV678I
1さんの神秘体験はどんなきっかけだったのかな?
臨死体験?瞑想?ヘミシング?

私は死にかけた時に同じことを経験しました。
みんなが自分、自分もみんなのところに行った。
みんな私だから考える必要がなくて
『自分』がなくなってしまうのね。
溶けちゃうって言うか…
完全に溶けそうになった時に誰かに帰れって言われて意識が戻ったけど。
それは脳の作用なのか死後の世界なのかは未だに謎。
あれは何だったのかとネットで調べまくっていたら精神世界に
そういうことがわんさか書いてあった。
この世の人間は肉体を持っていて
肉体を保持していかないといけないが故に
自我を持たないといけないので
誰ともワンネス状態を実感するのは無理かと思ってました。
それと肉体という殻を持ち、
外野(他人)との摩擦があるおかげで『自分』や
存在して生きていることを実感出来るとも受け取っていました。
でも1さんみたいな体験をする方もいるんですね。
この世でワンネス状態を実感出来るなんて目から鱗でした。
まだまだお話聞きたいです。

287 :1:2011/02/25(金) 10:43:27.60 ID:H994FWz20
>>110の続きをだらだら話すね!

そのサービスで聞いた話で、ちょっと面白い話があるんだけど
こんな質問をFAXしたんだ!それは

車が最もスピードを出して良い場所は、高速道路ですか?
また、そうであった場合、高速道路の最速制限は時速100キロですが
何故車は100キロ以上をスピードを出すことができるのですか?

答えはこうだった。
車が100キロ以上出せるようになっているのは、車が100キロ以上出せるからですよ。

答えになってねーよ!!!
この回答をもらったオレは、このことがもっと気になってしまったw

つづく


288 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 11:52:00.65 ID:Ks8t08HL0
スピードを出してはいけない、という法律はあるが、
スピードが出てはいけない、という法律はない。
法で速度を制限されているのは運転者であって車ではない。

289 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 12:39:13.24 ID:k1Ku3g5sO
>>278

前にあまりにもあちら側寄りになりすぎて
冷たいを通り越して冷酷になりかけた時期があるw中が満ち足りて気持ちいいんだけど、感情がほとんどなくなってたな

与える≠受け取らないなので相手から申し出があれば素直にありがとうでいいのでは?
もっと柔軟でいいと思うよー
せっかく自由になれたんだから

あとわたしは与え続けることにも拘ってないなぁ
与え続けることによる弊害がどうしてもあるし

実のところ
冷たい人と言われて
一抹の悲しさは感じても
ほんとのところ
それすらどうでもいいと思ってません?w


>>285

確かに大元はひとつだけれど
「あなた」と「わたし」をつくってる自我レベルでも
それを確信することに
意味があるのではないかなぁ

290 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 13:23:07.68 ID:0YzZD+gbO
>>289
自由かぁ
いいなぁ

自我は何をすればいいんだろう

291 :1:2011/02/25(金) 13:45:04.21 ID:H994FWz20
>>288
そうなんだよねw
あのFAXの人もそう答えてくれたら納得できたのに!

>>289
オレはあちら側に寄れば寄るほど
相手が自分自身であるということがみえてくるから
より人に優しくできるような気がしてるんだけど
あちら側寄りになりすぎて冷たくなっちゃうってのはどういうこと?

292 :1:2011/02/25(金) 13:50:29.32 ID:H994FWz20
>>287 つづき
そういう感じで何故?何故?っていっぱい聞いて
人を怒らせるような子供だったんだ。
オレはモノを作るのが好きで、図工の時間は本当に大好きだった
休み時間になると友達はサッカーとかいっちゃうのに
そんなの無視して一人で物作りに夢中になったりしてた。
そういえば、園児の頃も友達で遊ぶより、一人で積み木で遊んでるようなことが多かった気がする。

293 :1:2011/02/25(金) 14:20:55.41 ID:H994FWz20
小学1、2年生くらいのときに、よく基地作りとかにはまってた時期
自分の家を親たちが増築したんだ!そのときに大工さんが家に来て
新しい部屋を2つも作ってくれたんだけど、それをオレは子供ながらに
すごい!!って思ったんだ。
自分がずっと住んでた家。
いつもそこには窓があった場所に、新しい部屋ができちゃったんだ!
なんてすごいんだろう!将来は大工になるんだ!おれはそう思った。

294 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 14:26:44.59 ID:nAiToy+5O
1さんの話を読んで思ったことがあります。
他人は自分で自分は他人なら、延々と子供を産むことで「自分」を増やしたり残したりしているのですよね。
なんで残していく必要があるんだろう?
残したにしても、自分なんだから一定数を保ったまま増やすこともないんじゃないの?と不思議に思いました。

295 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 15:25:21.12 ID:/ta1YLWB0
>1はとんでもない勘違いをしている。
物理的に全ては自分だと思ってるだけで、人間の精神面については全く理解してない。
1のゲーム制作は画面動かすことだけなんじゃないか?

ストーリーやキャラの性格を作るためには人間の精神面を研究しなきゃならない。
アニメに例えれば、ガンダムやエヴァはセル画が全てではない。

ゲームのプログラマーだというから世界を作るため哲学や心理学の勉強してると思ったんだけど、
ゲームの画面作ってるだけの人なの?

296 :神も仏も名無しさん:2011/02/25(金) 15:49:35.06 ID:s8mUmhjT0
自我とは他から分離独立した個人と錯覚している意識のこと
全ての迷いはここから始まる

>僕たちは彼らを「他人だ!」と認識しているけど、

これは他人ではなく地上の言葉で言えば、パーソナリティ


297 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 15:51:15.19 ID:CrW6MNvGO
読んでたら分かるじゃん。
マジで幼稚な聞いて聞いて俺のオナニー聞いてスレじゃん。
「だからなに?」に尽きるね(笑)(笑)

298 :1:2011/02/25(金) 16:43:35.51 ID:H994FWz20
>>294
>>247に面白いことが書いてあるけど
正直おれもよくわからない!
人類が絶滅しても自分??地球が無くなっても自分??
>>130のリンク先を読むと面白いかも

299 :1:2011/02/25(金) 16:47:32.50 ID:H994FWz20
>>295
全ては自分だったという考え方をベースに
人間の精神面を考えた時、295氏はどこが疑問??

>>296
もっと詳しく教えて!


300 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 16:53:51.85 ID:nAiToy+5O
>>298
そうです、>>247さんと同じような疑問です。
一体何がしたいんでしょうね?
深く考えずそういうものなんだって思うのが一番いいのかもしれないけど、偶発的にそうなのか、何か目的があって「人」を増やしているのか、なんか気になる(^^;)

ちなみに>>130は見れませんでした…。

301 :1:2011/02/25(金) 17:05:41.99 ID:H994FWz20
>>300
そうなんだよね…
全てが自分自身ということは
この世界のルールを作っているのも自分
だから地球というものが出来上がるとか
重力の法則とかを考えたのも自分??
自分の母親も自分だから、母親が重力を知っている以上
オレが赤ちゃんとして生まれてきたときにも重力が既に存在している??

何か目的があって「人」を増やしているのかという概念こそ
自分が人という存在を作ったから生まれたわけで
全てを逆にたどっていくと無になっていくのか…??
どういうことなんだ??

302 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 17:18:10.14 ID:Kw8uY1cQ0
>>299
子供は自分と自分以外のものの境界線がわからず全てを自分だと感じている。
ただ全てを自分だと思うだけなら子供と同じなんだよ。

303 :1:2011/02/25(金) 17:23:02.13 ID:H994FWz20
>>302
子供と大人の違いは
ATフィールドの存在に気づいたか
気づいていないかの差ってこと??

304 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 17:24:55.39 ID:s8mUmhjT0
>>299
たとえばあなたがあなたが主人公の映画を観ている
その映画は主人公の目線にカメラがある
したがってあなたは出演しない、相手はあなたに向かって話す
それを観ている背景である本質がある
その本質である意識はあなたというパーソナリティを通す
すなわち肉体という五感という特殊なフィルターを通して見ている
本質である意識側から見れば、その主人公であるあなたが映画に
のめり込めばのめり込むほど身体の感覚や感情、思念、観念が入り
まるで、あたかもそこに1人の人間が存在しているような錯覚が生じる
本来の意識が我々の肉体に焦点が合っている状態であるために
個人という感覚が生まれる、これが自我意識
この独立した個人であるという錯覚が全ての迷いの一歩
私とあなた、わたしと社会、国家、民族、宗教と言うようにだ



305 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 17:30:33.27 ID:2jkVc6w50
もともと魂が一つだから他人も草花も全て自分ということ?
だから体は違っても世界は自分しかいないていう意味?


306 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 17:44:53.34 ID:itilo4Ox0
コースの話ではなさそうだな

307 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 18:16:41.84 ID:7go9+ddn0
>>283 >>289
そういう風に相手から言われても嫌な気持ちにはなりませんでした
彼女の気持ちも理解できますから
私の場合、自分にとって特別な他人は誰もいないというか、言い換えれば
全ての人が特別だとも思っているので
みんなが不自然ではない自分らしい幸せの形を得られればいいなと考えて
私なりに色々活動しているわけですが、なにぶん
十年来の友人も初対面の人間も全く平等に取り計らうような性分なので、
自分に対して特別な感情を示して欲しいと思っていた当の相手からすれば
「親身になってくれる優しい人だけど(執着心がないので)冷たく感じる」
というわけなのでしょう
私は目線がどうしても俯瞰的になりがちなので
もしかしたらどこか遠くにいるようにも感じられたのかもしれません

> あとわたしは与え続けることにも拘ってないなぁ
> 与え続けることによる弊害がどうしてもあるし
受け取らなければそれは愛ではないですよね
最近受け取ることの大切さについてよく考えるようになりました

308 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 18:28:14.98 ID:jMQZqPPg0
>>289
自我レベルの意識かぁ
>>296 さんの言葉でパーソナリティが人の数あって、そこで各々が考えて気付く事…
アセンションって、個人と錯覚してる意識が一つだったって
思い出す事なのかなとふと思いました。


309 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 18:47:38.18 ID:7go9+ddn0
>>247>>294>>298
その疑問については
ジョン・ホーガン著『科学を捨て、神秘へと向かう理性』の中で
いろいろ考察されていますよ
正しい結論が導き出せているかどうかはわかりませんが
とにかく真摯な科学ジャーナリストによる読み応えのある内容なのでお勧めです
「神はなぜ多重人格者になって壮大な自作自演を行っているのか?」
というのがこの本の主要なテーマになっています

310 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 18:48:11.42 ID:s8mUmhjT0
>>305>>308
ただこの世は全くの幻ではない、世界が完全な幻の世界は幽界だ
幽界は肉体がない、全て自分の想念が即周りの世界として展開する
この世は違う、波動という実相は存在する、肉体という機能が世界を認識させる
たとえば動物や植物の知覚器官が違い、人間の見えている世界と違うということとも説明できる
ただ、これを言葉で説明して、それをそれぞれの人間の認識で捉えてしまっては
宗教のように全然違う方向に行ってしまうので難しい、すべての宗教の間違いは
人間の心の中に造り出される観念によって解釈させたり、したりするところから
始まるのではないのかな

311 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 19:13:05.65 ID:nAiToy+5O
>>309
情報ありがとうございます。
探して読んでみます。

こういう話は妄信している人よりも科学者の方が面白い理論を展開している気がします。

312 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 19:28:09.16 ID:gJOctErn0
真理がわかった!だけで済んじゃいかんよ。
リアルで幸せになれた?or幸せになる糸口は見つかった?
そこら辺kwskおせーて欲しいな

313 :244:2011/02/25(金) 20:38:13.67 ID:5sc9wFbo0
>>1は今どんな心境?まだ精神高揚状態かな。

白状すると、俺は半年以上たった今ではもうあの
「すべてが自分だった、世界が自分の心の中だった」的感覚は感じていない。
でも、このスレタイ発見したときに、まるであの時のあやふやな自分が、
自分自身かもしれない世界に応答を求めた心境を思いだし、ひとごとに思えなくて>244でレスしてみた。 

上の人も書いてるけど、新生児が世界を理解しはじめる過程ってあんな感じなんじゃないかと思う
個である存在の自分と世界がぶっ続き状態。物事を分別する以前の感覚。
もし仮に世界が滅んでしまい自分が最後の一人だったら、
きっと皮膚感覚はあるにしても自分と自分以外の世界との切れ目に戸惑うんだろうね。

314 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 20:39:01.77 ID:5sc9wFbo0
で、過去になった今でもあの経験について振り返ることはあるわけだ。
俺個人は、アセンションとか幽界とか方面じゃなくて、仏教的な視点から考えてみた。
半ば、自分自身へのまとめのようなものだけど、厨二と言われるのを承知で投稿してみる

「すべてが自分」という心境はあるにしても、それを体験しているのは物質で構成された「個」としての自分なわけだ。
物理的に視点で見れば、脳内のシナプスの発火や神経電気信号の「現象」としての心ね。
「海の波」や「竜巻の渦」なんかは、物質としてこれだというようなのは無い。
有るのは水分子なり空気なりで。でも「現象」としては波がある、台風が有る、といえる。(色即是空)・空即是色ね)
そういう意味合いで、有るとも無いとも言いきれないような現象としての「心」や個体としての「自分」がある。

でさ。個体としても、日々食べたり飲んだりで個体を構成している部分は入れ替わるわけだ。
水を口に含んで、腸で吸収して、何時からともなく自分の一部になり、やがて外に排出。

315 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 20:39:48.29 ID:5sc9wFbo0
ここからまとめね。
やっぱり脳みその思考としては世界と分断の個としての自分という存在がある。あるように感じられる。
でも、分子レベルのマクロな視点で世界を見ることができるなら、世界とぶっ続きでさ。

そうしてみると、自意識というものもあやふやに思えてくるわけ。
例えば、今俺は自分で思いついて自分の意志で文章組み立てて投稿してるわけだが、
それは>>1の書き込みという、自分の外側の現象を受けての脳内分子の現象の結果のという、因果関係の必然で。
そういう風に遡っていくと行為の主体者は存在しない、あらゆるものとして存在するといえる。
仏教的な用語で言うなら「諸法無我」とか「無自性」てこういうことなのかな、て事をつらつら考えてる。

つまりだ、個としての俺やあなた、が体験したあの『全てが自分・世界が自分』感覚は、
裏を返すなら、魂的な主催者としての自分というものはない、という考えにつながっていくのでは(仏教の見方では)
これを魂や真我がある的な見方で理解するならヒンドゥー教の『梵我一如』

316 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 21:00:09.41 ID:5sc9wFbo0
メモ帳に書き留めた長文だけど、改めて見ると論旨が飛び飛びだな。
生悟りの恐れはあるけど、禅で言うところの「見性」ってのが近いのではと推測
悟りそのものではなく、真理のチラ見、垣間見って奴。

まあ、真面目な参禅者から見たら『そりゃおまえさん、野狐禅・魔境だよ』と笑われるかもだけどね

↓この人の体験談の過去に出会った人も自分だったのだ的な驚きの感覚が自分とそっくりでびびった
http://blogs.yahoo.co.jp/internetzazenkai/1689674.html
あと、「いまここ」とかの阿部ってひと

317 :1:2011/02/25(金) 21:31:20.66 ID:H994FWz20
>>313-316
おもしろいw
全く一緒!!

> 時間をどれだけ遡っても始まりがなく、
> 時間をどれだけ延ばしていっても終わりがない
> <継ぎ目のないオレ>
なんてそのまんますぎて最高だよ!w

オレの場合は喜びという感情は無かった
ただただ怖かった!!その真実をしって、
自分で自分を痛めつけていたことが怖かった
自分が必死に悩んでいたのがバカバカしかった
人に愛されたい認められたいっていう気持ちで
必死にゲーム作ってたのがアホみたいに思えた
そして、生まれ変わったときこの真実に辿りつけずに
悪事を働く自分がいることが怖かった。

今はもう精神高揚状態じゃないよ
全ては自分だという感覚はあるけれど
メシ食ったり風呂はいったりしてると、なんか忘れちゃうよね
だからこのリンク先のような文章を読むと思い出すよ!
大切なのはこの状態を保つこと。
だから瞑想でも始めようかなっておもってる!

分子レベルのマクロな視点で世界を見るって話おもしろかった!
この説明なら、まだよくわかってないひとにも
うまく伝えられるような気がする!

318 :1:2011/02/25(金) 21:35:23.20 ID:H994FWz20
今ひとつ思ってることがあって
全てが自分なのだとしたら、自分はいったいなんなのか??

それは「感情」だと思ってる。

すべてが愛で満ち溢れていた!!って思う人もいれば
すべてが恐怖で満ち溢れていた!ってオレみたいに思う人もいる。
だから底に残る根本的なものは感情なんじゃないかなって…

319 :1:2011/02/25(金) 21:38:07.06 ID:H994FWz20
Wikipediaで「感情」を調べたら
> ものごとや人間等々に対して抱く気持ちのこと
だってさ!答になってないね!
そして、「気持ち」をクリックしたら…



あははw

320 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 21:53:49.18 ID:nAiToy+5O
私たちという存在は、真珠のように核を中心に何層にもなっていて、核の部分では全てと繋がっているけど、外側に向かうにつれて「個」として成り立つようになっているとか?
精神と物質のグラデーションになっているというか。
1さんが体験したのはその核部分ということはないんですかね?
意味わかんないこと書いてごめんなさい汗

321 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:02:46.90 ID:7go9+ddn0
>>312
リアルで……というのがどういうニュアンスで言われているのかが
ちょっとわからないのですが
主観的には今と寸分違わぬこの人生を
無限回くり返したいと思えるくらい幸せです
幸せになる糸口は
合理的で確実なやり方で常に愛情を維持することだと思います
例えばひどく殺伐とした気分の時でも
フワフワのケダモノやクッションなど何でもやわらかいものを
撫で撫でしたりほむほむしたりすれば
その刺激ゆえに愛情ホルモンオキシトシンが脳内で分泌され
マッタリした気持ちになります
このようにして感情を制御し
呼吸法によって人格を制御し
釈迦やソクラテスのような賢者の考え方を学び範とすることによって
思考の方向性を制御します
そうすることで精神的に自律できれば
俺らの愛を止めることは誰にもできない!!!
(なっ、なんだってー!!)
みたいな感じになって色々楽しくなります
もちろんこうしたやり方がしっくりとくる人もそうでない人もあるでしょうが

呼吸法に関しては我らが偉大なご先祖様の呼吸法である『密息』がお勧めです
ttp://freetime06.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_ff77.html

釈迦のオリジナルな思考法を学びたい場合は
『スッタニパータ』第4章(岩波文庫の『ブッダのことば―スッタニパータ』)
を熟読すれば充分かと思われます

322 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:05:20.48 ID:7go9+ddn0
>>317
愛されたい認められたいという気持ちが
(場合によっては)無価値になることはあっても
愛することには普遍的な価値があります
それに
自分から愛されるということは最も大切なことの一つだと思いますよ

あとオキシトシン分泌させたら悪事働くこともなくなりますから

323 :1:2011/02/25(金) 22:30:48.75 ID:H994FWz20
今、オレと一緒に住んでる友達が
話しの途中でオレのこと指さして「オレなんだよ」って言ってきた…w
…なんかすげぇ幸せな気分になったw

324 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:49:56.05 ID:j3iIYTnCO
なんだかこれが全部俺の一部なんだとかと思うと胸熱だわ

人生が今よりももっと楽しくなりそう、もっと人に優しくできそうだ

ありがとう俺、俺は俺の為に人に優しくする

325 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:59:21.22 ID:CrW6MNvGO
…なんか、本気で可哀相な人達ですね。。

リアルで気の毒に思うけど、 まぁ人生まだまだなんで‥頑張って下さい☆

326 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 23:02:36.63 ID:czAONR2P0
子供の頃似たような妄想してたわ。
今目に映る世界は目を開けている時だけ存在して、
目を閉じれば瞬間的に消える、消えた世界をどうにか
見てやろうとして現在32歳無職、一人の夜。

327 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 23:23:27.64 ID:2jkVc6w50
喜びや達成感などの共感覚を一緒に持てることは幸せなことだと思う
悲しさ辛さは半減するし

インディゴ達だったりしてね

328 :本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 23:58:02.46 ID:jMQZqPPg0
>>310
波動の大小っていう実相はありますね!
それぞれの肉体の意識を言葉で全て表すのが不可能なのかも...

329 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 01:06:22.06 ID:HkKRcFFb0
>>328
現象世界にはいろいろな言葉がありますが
このように霊的な精神活動の意識を超越したのが悟りというもので
それを地上の言葉で表現するということは原理的には無理ではないでしょうかね
波動の大小と言うよりも、精妙と雑というのがしっくりくるのではないでしょうかね


330 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 01:13:21.20 ID:WD2tL4rd0
ごめんな、今のウチには助けてやれない。
ごめんな

331 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 02:47:55.99 ID:T+WUpLYD0
http://www.youtube.com/watch?v=M59qxF3glrQ&NR=1
象が好きです
ギターパンダが好きです

332 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 04:24:47.34 ID:cIFe1QCXO
なにこの低い会話する人達www



寒いwwww!

333 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 06:08:17.78 ID:xwYunw2xO
>>1
知らないし、死ねば?すぐ死ねば?マジ死ねば?

334 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 06:29:04.25 ID:2s8XPlOa0
やっかみ、かっこわるい

335 :1:2011/02/26(土) 09:13:56.64 ID:dmkjLS200
>>312
今はまだ入り口に入ったばかりで何もしていないけど
これから自分をどんどん幸せにしていける確信があるよ!

>>320
うん!そう言われるとしっくりくるよ!
精神と物質のグラデーションかぁ!良い表現だね!
多分その表現で言うと、コレに気がつく前は
表面しか見れていなかったってことだとおもう。
そして今となっては、核を知り、自分が表面の一部であった
ということを知った感じになるのかな

>>326
スレを立てたときはその妄想にちょっと似ていた
けど、それとはまたちょっとちがくて
眼を開いているときだけ世界が存在しているのではなく
母親も友達も上司もみんなみんな自分自身で
今、自分は自分という視点で自分を見ているだけな気がするんだ

336 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 09:17:04.73 ID:cIFe1QCXO
はいはい


頑張って頑張って☆

337 :1:2011/02/26(土) 09:27:48.01 ID:dmkjLS200
はいはいは余計だっ!!

338 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 11:54:35.47 ID://OuTTNE0
このスレタイを見て、「あ〜世の中には自分と同じ事を考えてる人がいるんだな…という事はやっぱりこの世界には他者が存在するんだな。」
と思わせて疑念を消そうとしてる罠。
としか思えない。

339 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 13:35:21.82 ID:TMAUsrT9P
面白い

340 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 13:46:49.39 ID:7H7Y5Jik0
よくわからんが独我論のことか?

341 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 14:56:25.56 ID:cIFe1QCXO
独我論に近いよね。 かなり低く浅いけど(笑)(笑) まぁ独我論にしたって、何世紀も前から議論しつくして現在に至ってるんだけどね(笑)



342 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 15:09:03.57 ID:4EGEibJ5I
1おまえドラッグやってんじゃねぇだろうな。


343 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 15:11:06.85 ID:4EGEibJ5I
それともこのスレが伸びたらブログでも始めて
書籍化して儲けようとしてる?
胡散臭いだよな。

344 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 23:18:24.65 ID:ieqDy8C20
俺も全然深く考えたわけじゃないんだけど (怖くなってくるから)

実は俺の今生きてる人生?って赤ん坊の自分が見てる夢なんじゃないかと思って
んで今の自分が死んだらその赤ん坊が目覚めて夢のことなんか忘れてまた同じ人生が始まる
でその人生が終わったらまたさらにそれも夢で
っていう無限ループなんじゃないかと思って
デジャブっていうの?をめちゃくちゃ感じる時期が昔あって、その時にこう考えちゃって
これは夢の記憶の欠片なんじゃないか、みたいな
すごい怖くなって
夢を見続けてるならじゃあ最終地点はどこよ?っていう
自分の実体はどこよ?ってなって
やっぱり無限なの?みたいな



なんかよく分からなくなったな
すごい抽象的なイメージだから文にすると変な感じになってしまう

345 :1:2011/02/27(日) 00:20:16.43 ID:RhfFKfBP0
>>343
おれがそんなに頭よくみえるかっつーの!

346 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 00:29:32.68 ID:8Ec11M+a0
1みたいな人が増えてきてうれしいよ。
そう願ってたからね。

世界は順調に 絶え間なく「俺」化 してきてるな。


347 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 03:54:00.81 ID:8Ec11M+a0
いやいや>346だけど、寝ててふと思い返したんでまた書くわ。
端的にいって今の1の状態は「独我論的神秘体験」を絶賛体験中状態
だよ。
その状態は長く続かないよ。きっとどこかで破綻する。矛盾・疑問が
見つかってくる。だから今の状態であまり、ネットに書き込んだり、人と
シェアしようとしない方がいい。


348 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 04:01:14.68 ID:8Ec11M+a0
真理に「最も近いもの」こそ 最も遠く、最も危険なんだと思う。
1さんの感じてる感じはとばぐちにこそなれ、そこで腰を落ち着ける
ものでは 決してないよ。「根本」の一点で勘違いする危険性を
はらんでるから。。(いわゆる狐の類のなんとやら)
もしその「一点」をつかんだら、もう言葉では表現できないし
人をわかちあおうなんて思いもしない。決して幸福感なんてない。



349 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 04:04:04.20 ID:8Ec11M+a0
余計なこと書いてごめんねえ。
いらないお世話口だったかもしれん。


350 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 04:47:05.57 ID:LJQ9d5zAP
あのさあ。ツマンネとか厨二病とか条件反射的にクサしてる奴が目に付くけど
そういう単純な反発レスよりも1のほうがよっぽど面白いコト書いてるぞ
厨二なら厨二でもガチでやるのがいいんじゃねーか ここはオカルト板だぜ

あと、この1とかがスレの中でいってるのは「独我論」とは別物なんじゃねーの?
「中学生の頃妄想した独我論」とか、「容器の中に浮いてる脳みそが見ている夢」だとかのSFネタとは微妙にズレてる気がする

351 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 05:48:38.16 ID:lE1TtEkT0
山本英夫「ホムンクルス」の最終回もこんな感じになったね

352 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 06:15:28.40 ID:ptjJApEX0
>>1
うん。知ってる。あなたも私の一部。

353 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 07:08:23.56 ID:uE37r81dO
それでも言いたい。

和して同せず。

http://www.youtube.com/watch?v=iF5thff2FyQ&sns=em

354 :1:2011/02/27(日) 09:07:52.84 ID:RhfFKfBP0
>>351
ぬお!!!それ唯一持ってる大好きな漫画っ!!ww
まだ12巻までしか読んでないんだからネタバレすんなw

355 :1:2011/02/27(日) 09:18:09.74 ID:RhfFKfBP0
>>346-348
なんとなくわかる気がする。
この悟り体験で得たものは大きいけれど
このことは人に押し付けたりしないように心がけようと思ってる。

なんせ、友達にこのことを話すきっかけになったのは
このスレを立てて、少なくとも同じような人間が居ることを知ったからだし
同居してる友達が既にこの考え方を芯に生きていたことが
ほんとうに、ほんとうに、救われているよ!

みんなありがとう!!

世界って不思議だ

356 :1:2011/02/27(日) 09:27:05.22 ID:RhfFKfBP0
>>344
その感覚、ちょっとオレが感じているものに似てるかも…
おれは、その赤ん坊を4次元の何かだと思っていて
赤ん坊の夢というよりは、思考することが4次元の方向へ
歩くことなんじゃないかなって、確信はもててないけど
うっすら思ってる。

357 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 10:57:13.26 ID:1bEAiXLr0
もし独我論って観念論で一応は間違いみたいになったんだっけ。あんま詳しくないからわからんが

358 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 10:59:23.72 ID:1bEAiXLr0
日本語おかしいな。もし独我論だとすれば、だな

359 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 18:24:18.15 ID:9JIuNyXq0
   / ̄\
  |  ^o^ | < おまえは にんげんたちのなかでいきつづけろ
   \_/
   _| |_
  |     |

         / ̄\
        |     | < それが おまえのこたえか
         \_/
         _| |_
        |     |

360 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 22:01:46.12 ID:ftivuI1f0
世界も、他人も、みんな「自分」。
私もそう思う。
ただこの「自分」というのは、今キーを叩いている自分ではなく、もっと大きなもの。
今パソコンの前にいる私はそのアバター?みたいなもの。
いろんな形、いろんな時代、さまざまな設定の無数のアバターを動かしているたった一人の「自分」。

本体、あるいは神とでも呼ぶのかな。

で、さらにその本体の周りにも他人、世界が存在する。


361 :本当にあった怖い名無し:2011/02/27(日) 23:53:40.53 ID:zyvuB8Gp0
時はきたね。仲間だ。

362 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 00:40:27.11 ID:4pisasp60
ぼくらはレセプタでしかないんだね
レセプタである「自分」は安心も不安も欲望も葛藤もないよね
そこに好きや嫌いや善や悪をインプットしてあげれば愛着や執着が生まれるんだよね

心臓は勝手に動き続ける 生体維持が仕事ですから
つねに変わらぬ心というのは腐る
肉体も動かなければ腐る
中心には自分がいてその自分をしったらば
やりたいことをやるだけだ
アンドリューワイエスの親父もよだれをたらしながら
無我夢中で絵を描いていたそうだ
達磨大師は足が腐るまで瞑想してたんだってね
僕が知りたいのは>>1はいま何したい?

363 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 00:41:36.69 ID:4pisasp60
みなさんはどういう世界を望んでる?

364 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 03:01:55.19 ID:+xysV8NM0
最近1さんみたいな人増えすぎwwなんのラッシュだよ
良いことだ。

365 :宇宙移住は島流し?:2011/02/28(月) 05:01:22.35 ID:8SXkAS4g0
日本は強制収容所だからな〜
矯正収容所かもしれないし
共生収容所かもしれないし
どんなルートで密入国したとしても
いまのテクノロジーだと
どんな奴でも背番号つけられる。
よっぽどルール違反しない限り処分されることはないけど
支配者に使われるのはミンナ平等だからな。
支配者を使うくらいにならないと無理だろ。
まあ現実にいる支配者は世襲制なんだけど。
地球→宇宙→○○
○○がわかる奴が支配者の支配者。
そこまでいけば中流の生活が一番幸せだと悟れるんじゃね。
「君臨すれども統治せず。」
片手間で支配して、本当のメインは自分の生活を頑張る。
罰は自動的に来る。顔見られた時点で何人かバレる。整形してても。


ウンコは食べるもの!

366 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 07:04:29.73 ID:dPXJjVp6O
age

367 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 07:29:50.59 ID:S089tesZ0
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359
>>359


368 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 14:27:57.15 ID:nFrl4Uo30
初めてこんな考えに会った。。すごいですね。
>>1さん以外にもこのスレにレスをしてるは人みんな1さんの考えにピンときてるんだと。。
今は騒乱の時代、1>>さんも、大学受験失敗などの人にも聞いて欲しい。

人生は何の意味も無い。目的も無い。ただ退屈を消化してるだけです。




369 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 14:31:37.85 ID:nFrl4Uo30
Idが被るけど。
><1さんとこのスレの住人に言いたい。
全ての落ちぶれた人生を滅殺したい。
これが全てをを、

370 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 18:10:37.96 ID:+xysV8NM0
狂った?

371 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 18:59:55.82 ID:XfA4Afru0
どうした?
吐き出したら少しはスッキリするよ



372 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 19:02:42.64 ID:l7Rr7PcZ0
きみはわたしのいちぶです
\デデーン/

373 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 19:58:20.84 ID:v5lcczX00
たった一つの自分が分裂を繰り返してそれぞれの個になって、
その個達が様々なドラマを展開している。
幸せな人もいれば不幸な人もいるし、いろんな動植物、水も石も全て分裂の結果で、
根源の自分は演出家ってトコかな。

今までは全てはバラバラだと感じる時代だったけど、
みんな繋がってると感じる時代になってきたのかもね。
そういう流れを感じるようになると全ては素晴らしいものだと思えるけど、
誰もがそう感じるには、まだまだ時間がかかるだろう。

頭では理解しても何かを拒絶する感覚ってどうしてもあるし、
それもまた個性だから肯定されるものだけど、
そういうものなんだと理解すると気持ちが楽になってくるのは事実。

374 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 20:44:22.50 ID:QG5CQtNc0
妄想でも心理でも、これが実感として感じられるようになると何が起きるか。

>1は輪廻転生して殺人者の立場に立つことを恐れてたけど、少なくとも今生では
レイプや殺人事件の「加害者」にはならなくなる。なれなくなる。
以前の常識的道徳観でも人を傷つけるのが悪なのは当然だけどさ。
中学生がいうような 『人を殺すのはどうしていけないの』 という質問に対して、
社会契約説など持ち出さずとも「だって自分が殺されたくないから」と心からおもえるからね

また、自然体で人に親切になる。自己犠牲の精神としてではなく、別な自分を助ける意味で平等にね

375 :1:2011/02/28(月) 23:06:30.78 ID:MyW7CbuR0
>>360
色んなアバターを動かしてる一人の自分か!
なるほど!!すごい分かりやすい説明だね!!
この概念を人に教えるときはこれ借りるわ!w

>>362
ゲームでこの概念を世界に広めたいと思ってるよ!

>>368
人生は本当の自分(アバターを動かしてる一人の自分)
を幸せにするためな気がしてきたよ!
そのためには、一人の人間が一人以上の人間を愛せればいいんだ!

>>369
だいじょうぶかい??

376 :1:2011/02/28(月) 23:09:31.55 ID:MyW7CbuR0
>>372
そんなふうにこの概念を当たり前に捉えて
友達と会話するのがめちゃおもしろいよ!
なにやってんだよオレ!!とか友達にいうのw

>>373
うん!それ、すごいオレが言いたいことだよ!
今のオレは何もかも楽にうけとれる気がするよ!

>>374
うんうん!
その考え方がオレがこの概念に執着する理由にもなるとおもう
やっぱり、ただの妄想なのかなって思うときはいくつかあったけど
妄想だとしても、自分の心が楽になって人にも優しくできるから
自分にとって何も悪いことはないんだ!!
それにね、この概念を知ってから、友達に怒ることができるようになった!
今まではね!嫌な友達とかがいたら、オレはこいつともう付き合いたくないから
どうでもいいやってスルーしてたけど、そうじゃなくて
友達とちゃんと向き合えるようになったんだよ!


377 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 23:19:11.16 ID:YNzk0K43O
確実に友達少ないよね(笑)


まぁ‥(笑) 頑張って☆(笑)(笑)

378 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 23:26:17.21 ID:dPXJjVp6O
魔境にだけははいらなければOK

379 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 00:32:31.55 ID:8nN0RFjg0
>376
それすら幻影やで
あんまり頭働かせすぎたら、せっかくの本質を逃がしてしまいまっせ


380 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 03:39:21.58 ID:IFBvWrIa0
亀レスのうえ
酔っ払いですが

>>290

自分のやりたいようにやったらいいと思う
自分を縛りつけてるのは
他者でもなく社会でもなく
自分自身だから

>>291

感情が薄れて
でも一応思考は出来てて
物事を感情抜きでありのままで観るようになるから

自分の中がどこまでも満たされてるから
確かに人に対して物凄い寛容になるんだけどね
この寛容さはどっちかっつうと「どうでもいい」に
限りなく近いんだけど

で、
その状態だとあなたのように
全てが自分に見えてくるというより
(身体を持った)自分でさえ(大元の)自分の一部という
距離感があるのです

念のため言っておくけど
ショック状態による乖離状態とか離人感とは
全然違いますよ

381 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 03:41:23.94 ID:IFBvWrIa0
>>304

体験後数日間これだった
ほんとに映画を見てる感じ
自分が主人公だけど
出演者の一人
ほんとの自分はわたしの後ろに居て
それを観てるだけ

>>306

奇跡のコース?

>>307

わたしは
愛かどうかにも拘る必要はないんだな
拘るとそれがルールになっちゃって
それがわたしたちを苦しめている現実だから

>>308

大元の自分は多面体で
そのひとつひとつの面が
この地上で身体を持っているわたしたちとして
顕れているんだね

382 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 04:06:59.80 ID:bp7EPDoUO
酔っ払いついでに
どうでもいいものに釣られてみよう

>>377

友達が多い少ないに
一体どんな違いがあるのか?

383 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 08:55:02.33 ID:JzTTig1TO
友達=個性、個性の世界、感性。

友達が多い=違う感性、世界の共有や刺激合い。愛情や感動が多い。
友達が少ない= 上に書いたものが少ない。         
当たり前やろ酔っ払い

384 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 09:51:01.94 ID:yLJwT1Gp0
↑小学生か

385 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 10:55:30.20 ID:7NnI2bAV0
正直驚いた
こんな話周りの人間にしても、きっと可哀想な人を見る目で見られるだけだし、このスレも「妄想乙」で終わると思ったら、
寧ろ揶揄する人が少なくて、こんなたくさんの人が共感して意見を交わしているなんて。

オカ板だからだろうか。

でも1のような考えの人が、ROMってる人を含めてたくさんいるというのは事実。

386 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 12:32:54.13 ID:B2rqsn6GO
糖質なのさ

387 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 13:01:50.21 ID:wQQVQ8reO
1さん、体験を批判された時は自分が自分に批判された気分になるの?

自分がみんなで、みんなが自分だった場合、自分がそのことに気づく、体験したことで他の自分は何も影響を受けないのかな?

例えば1さんに触発されて1さんの周りの人も似たような体験をするとか。

388 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 17:13:17.94 ID:8nN0RFjg0
>>381
ようするに自分が外を見ているという表現よりも
自分を通して外を見ているっちゅう感じやね
そこに錯覚が生まれるんや、まるでそこに個人としての自分が
存在するっちゅうようにやね
幽界はその肉体がない分自分の思いが即、外の世界になるんやね
そやから幽界では地獄や極楽っちゅうて、同じような意識の人達しか
集まらんようにできてる
そのてんこの世はちがう、肉体っちゅう共通の波動を皆が持ってる
っちゅうことやないかな


389 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 18:55:23.63 ID:03Ek/QmT0

ここで自分は世界って話をしていて
科学や宗教や神学とかを持ち出す人がいるけど
それも自分だって気付いてる?

そういう知識も自分が勝手に作り
認識しているものなんだよ
本当は正しいもいい悪いもへったくれもなく
全て流れる事柄

掲示板などでこういう話をすると
どうしても自我を通さなければならないから
純な 世界=自分 状態を説明するのは
難しい気がするなあー

390 :1:2011/03/01(火) 19:42:21.99 ID:v2H9Gvc00
>>377
実際友達は少ないけれど
その数少ない友達とは
深い関係だからとても幸せだよ!
昔から深く狭くっていうタイプなんだ
そういう性格だからプログラマになった…というよりは
プログラムをやっていたからそういう性格になったっていうかんじ
大勢とわいわいやるのも楽しいけど
一人の人間をとことん愛すのってものすごく深いとおもうんだ〜
スルーしようとおもったけど盛り上がってたのでレスしたよん

>>379
そうなんだよねorz
すべてが幻影。
それが世界には自分しか居ないって概念の核だよね。
本当の自分は「感情」
いい感情と悪い感情を得られるのなら
おれはいい感情をいっぱい得たい。

>>380
なんとな〜くわかるけど
まだ感覚的にしかつかめない…かな。
今日出かけたとき、電車の中で
全てが自分だという気持ちを高めてみた。
ぼ〜っとして自分の存在が薄れていく感じ…
よくわからないけど、この感覚を練習したいとおもった。


391 :1:2011/03/01(火) 19:55:25.70 ID:v2H9Gvc00
>>381
大元の自分は多面体でそのひとつひとつの面が〜ってのオレも思ってた!!
きっと本当の自分は4次元の何かなんだよ
>>284の動画の続きだけど
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm6511585
の動画で4次元の物体(x方体)が回転しはじめて、3次元的にひっくり返るとき
4次元物体が3次元空間に無限に広がる瞬間があるでしょ??
これが死なんじゃないかなって思ってる。
そしてその広がりはどんどん収縮していって
また自我が形成されるんだ!

>>387
うん!!
って、言いたいところだけど実際はまだ
相手をほんとうの意味で自分だと捉えて接するような領域まで
オレの精神レベルがいってない(汗
それでも「あーあ!信じていない自分の一面がちらついてるよー!」って
考えるようにしてる。

悟ったことで自分はなんの影響も受けないとまでは言えないけれど
確実に前よりも影響を受けにくくなったよね。
自分が行きたい方向に歩けるっていうかんじ。


392 :1:2011/03/01(火) 19:56:37.97 ID:v2H9Gvc00
>>388
前に幽体離脱にハマってて
幽界についても色々しらべてたことがあったけど
なるほど、そういう解釈はしてなかった。

>>389
そのとおりだね!!世界の説明はできない!
それがまたこの概念に可能性を感じるなって思うよ!
結局、自分の感情が全てで、信じ切れたことが世の中に起こって
信じれないものはなかなか起きないってことなんじゃないかなっておもってる。
手を離したらリンゴが落ちる理由は??
それは、自分(みんな)が落ちるって100%信じてるから落ちるんだ!

393 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 20:19:52.89 ID:8nN0RFjg0
>>390
この世は幻ではありまへんで、影を入れて初めて真理となる
この影にみんなは惑わされているっちゅう感じですな

>>392
幽界では想念の世界なんでね、想念は波動、すなわち同じ波動のもの同士
の世界、この世は波動レベルは違っても肉体という共通の波動を持っている
為に悪党も清い人も同じ世界で生活できるから色々な経験ができる特別な
学びの場って言われるんとちゃいますかね

394 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 22:44:52.22 ID:9p6RCHbr0
なんだか、落とし穴を避けようとする姿勢が書き込みに感じられるレスと、
おいおい大丈夫か「自分」よと言いたくなるレスが混じってきたな。
ほんとうは自分一人という内容のスレでも複数の意見があるのは仕方がないとしても、
ある妄想を脱したのはいいとして、屋上屋を架すような新たな妄想に飛びついてどうすんのさ

この世界とは別に幽界霊界があり、そこでは同じ波長のグループ(集団)になるとする。
では、その「世界」を見ているのは一体「誰」ですか。そしてグループには「何人」いるんですか。
スレタイを見て良く考えてよ。よりによってウンコくさい話を道聴塗説するのってどうなのよ

395 :1:2011/03/02(水) 08:19:50.32 ID:5vToYMKT0
>>394
なるほどね。
たしかに、屋上屋を架すような新たな妄想とも捉えられるけど
幽界も現実世界も大した違いは無くて、オレはどっちも自分自身だとおもってる。
ようするに現実世界も幽界も幻影みたいなかんじ。

というより
いろんなコトを色んな視点から捉えてみんなに解説できるけど
その解説の意味なんて実際はどうでもよくて
その解説でより自分が行きたい方向に行けるかってことが重要だとおもう
ようするに何をいったって全部一人遊び。
それをわかった上でみんな話してると思う

396 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 13:43:35.04 ID:ybiuYAN/O
「世界には自分しか居ないって知ってた?」って言われても、
それは1さんの世界の話しであって、1さん以外の誰とも同じ話しではないでしょう。


397 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 13:53:31.69 ID:ybiuYAN/O
たとえば、今、1さんが死んだとしたら 1さんの世界は終わっても、私の世界は 私が生きている限り続きます。 それは1さんの友達も同じでしょ。

もっと言えば、「自分しか居ない世界」 って認識してしまっている1さんが、ただ可哀相に思うぐらい、世界はもっと 家族、恋人、友達達で、各それぞれの世界を愛で共有しながら幸せに感動しながら世界を生きてますよ。

398 :1:2011/03/02(水) 16:33:35.77 ID:5vToYMKT0
>>396-397
殆どの人達は死んだら終わりだとおもっているけど
それは違うよん

399 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 16:47:01.05 ID:WloKUvEP0
俺は1さんが言ってるのは生き死にの話じゃあないと解釈してるんだが
誰かまとめてくれる人いない?


400 :1:2011/03/02(水) 17:00:25.42 ID:5vToYMKT0
>>399
いまのところどういう心境?

401 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 17:04:21.75 ID:aEY/bg350
>>397
>世界を愛で共有しながら幸せに感動しながら世界を生きてますよ。

それはそれですばらしいんとちゃいますか

1さんが肉体をなくしても幽体として新しい世界に行くんであって
この現象の世界が終わるだけの話ですわ
当然この世には約56億通りの世界があり、それぞれがドラマを演じてる
んで1さんがいなくなっても周りにとっては世界は続きますんとちがいますか


402 :1:2011/03/02(水) 17:36:08.38 ID:5vToYMKT0
>>401
そう説明されると
すべてが自分自身であるという考え方の軸がブレそう
感覚はすごい似てるんだけども…。

403 :>1:2011/03/02(水) 17:38:37.29 ID:9A5NH4Hu0
>>380
>その状態だとあなたのように
>全てが自分に見えてくるというより
>(身体を持った)自分でさえ(大元の)自分の一部という
>距離感があるのです
1さん。端的にいうとこれ。これが肝要なんだよ。だから、ハッピーになって
色々話したり書いたりしている今の状態、それはそれでもちろん大変結構
なんだけど、そこに執着してしまうと、また「かくあらねば」とか「かくありたい」
とか生まれる。
のでは。


404 :>1:2011/03/02(水) 17:42:17.77 ID:9A5NH4Hu0
すまん。全然流れ読んでねーなおれ。


405 :1:2011/03/02(水) 17:43:06.76 ID:5vToYMKT0
オレの感覚としては世界って言葉自体意味がなくて
幽界に居ようが、現実に居ようが、夢の中に居ようが
サンリオ・ピューロランドに居ようが、本当の自分は
感情であり、それらの世界を作っているのは
ゆっくりと変形している本当の自分ですよっていう感じ

406 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 17:43:46.91 ID:aEY/bg350
>>402
>軸がブレそう
具体的に書いてたもれ

407 :1:2011/03/02(水) 17:45:40.97 ID:5vToYMKT0
>>403-404
ううん!ありがとう!!
君が言ってることはごもっともで
そこまでオレの精神レベルがついていけてないの…。
今オレは、わかってるはずなのに!!っていう状態w


408 :>1:2011/03/02(水) 17:47:01.60 ID:9A5NH4Hu0
そう。世界に特別な意味はないし 厳密には存在しない。
弦をはじいた響きのようなもの。
感情(思い)だけがある。
生死も本来ない。幽界というのもまた同じ。夢。



409 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 17:50:57.19 ID:eQ9f4kJiP
面 白 く な っ て き ま す た

人の心はうつろう物。それこそ感情なんて一貫性がなく
場面ごとに変わっていくものだが、これはどうする?

嫌味で言ってるんじゃないよ。この話を練りあげていきたいんだよ

410 :1:2011/03/02(水) 17:50:58.12 ID:5vToYMKT0
>>408
世界には特別な意味はないんだ!!
だからオレはこの世界で楽しいことすればいいんだ!!
楽しいことって人と本気で付き合うことだ!!
よし、おれは人と本気で付き合うぞ!!
あれ…本気で接してみたらうまくいかなくて傷ついた…
世界はオレの筈なのに…

↑ことのき、オレは世界には特別な意味が無いことを忘れている

411 :1:2011/03/02(水) 17:53:17.62 ID:5vToYMKT0
>>409
問題はそこですな…
どうすればいいんだろう
おれが一番悩んでいるところを着かれた気分w

412 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 17:55:16.98 ID:WKs2ydhh0
なに?自分しか居ないって何?
ハゲで包茎で童貞の俺のこと?

413 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 17:58:25.13 ID:WloKUvEP0
俺、宗教とか科学とか全然興味ないし、知らないんだけど‥。
いまの我々の世界に限定するとね、単純に元を辿れば一つなのは間違いのない
事実だよね。途中でいっぱい枝分かれしてるんだな。人間、動物、植物、モノ
とか。それぞれが長い時間をかけて影響を与えあったりして、どっかで分岐し
、進化・退化を繰り返して来てるわけ。
ただ、やっかいなのは、その過程で人間として生まれて来た自分は一つだけし
か意識をもっていないという事実。世界を自分一人の見たもの・感じたもので
しか認識できないということ。当たり前じゃん、と言われてもなんか違うと感
じる。なぜそう感じるのかはわからないけど、忘れ去られた記憶つうのかな‥。
本来はもっていたのかも知れない記憶。根本的な何か。妄想と思われるかw
それとだだ各々勝手に生まれて死んでいくだけのものじゃないと思うんだよね。
経験、友情とか愛は全く別の次元の話で。

414 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:03:17.97 ID:WloKUvEP0
>>400
アンカー忘れました。413=399です。


415 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:04:01.50 ID:eQ9f4kJiP
ちょっと確認とるけど、

・1の主張は『1なり個々人だけが実在で、後の他人や世界は反映』という唯我論ではない。
・「自分」という言葉の定義を広げていき、全体化していくものである。

これであってる?もしそうなら、どこまでその自分感覚は適応される?
他人も自分だった!これは言ってるケド、人間以外の生物、石ころ、空間、世界全体はどうなのよ

416 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:11:15.50 ID:14sb4wLT0
自分の意識が焦点を当てているもの=自分の客観的な状態

417 :1:2011/03/02(水) 18:11:30.43 ID:5vToYMKT0
>>413
途中でいっぱい枝分かれしてるものすべてをがエゴなのかも!
っておもった。

418 :1:2011/03/02(水) 18:12:55.57 ID:5vToYMKT0
>>415
石ころも自分だとおもってるよん
バカだけどww

419 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:13:44.64 ID:aEY/bg350
感情を働かせなければええ
感情というより心ですな、外の世界がないと理解しているのに
なんで外の世界に反応するんや、
そこに意味を与えるから感情や感覚が生じるんですわ
ただ知識や頭の中だけで「この世は幻」なんか言ってても結局
まだまだちゃいますか、人間には固定観念や概念っちゅうのが
波動として刻まれているからな
これを事実として体験すれば「悟り」ちゃいますかな

420 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:18:23.65 ID:elLBUtmy0
よくわからんけど合ってるかも?

幻覚の時にパラレルワールドのようなことになってた

一部だけだけど、存在しない人モノが存在していた

猫や一部の小さなアニメキャラが魔法のような輝きを放っていた

421 :1:2011/03/02(水) 18:23:44.14 ID:5vToYMKT0
>>419
そうだね‥まだまだだ

>>420
よくわかんないけど
その感覚は大切な気がする

422 :1:2011/03/02(水) 18:25:05.75 ID:5vToYMKT0
永遠の入れ子になってんだよねきっと

423 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:33:20.85 ID:aEY/bg350
全てが観える状態光も影も観える
ただ影である苦しみや悲しみ、不安といいた否定的なものは
紙に書いた絵みたいな感じ、そこに在るだけ
実相として在るとわかるのは光、すなわちキリストでは愛、仏教では慈悲の感覚だけ
人間を見れば、純粋な魂の輝きだけが実相として観える
説明は難しいでんなw

424 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 18:55:16.28 ID:3CBMFWwl0
>>423
1はんの体験は実相との対面や合一のそれとは違いますからな
言葉だけではなかなか伝わりまへんやろ
ところで>>423はんはどこで実相のこと知りましたんや?
わしは実体験からやけど

425 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 20:19:39.29 ID:EhRMMIOs0

「幽界」「波動」「実相」・・・新興宗教チックな話に向かいつつあるな。信者が紛れ込んでる?
------------------------------------------------------------------------------------------------------
教義 [編集]

生長の家の教義は谷口雅春の著作特に生命の実相・甘露の法雨を基礎に次の2点を根本としている。

1. 全ての存在は、無限の愛、無限の知恵、無限の自由、その他あらゆる善きものであるところの完全なる生命、
すなわち神が現れたものである。従って、人間の実相(本当の姿)は神の子であり、無限の愛、無限の知恵、無
限の自由、その他あらゆる善きものに満ちた永遠不滅の生命である。

2. 我々が五感によって認識する世界は、心とは独立した客観的実在ではなく、心に思い描いたものが現れた現象
界なのであるから、心のあり方によってどのようにでも現れる。従って、人間の実相はあらゆる善きものに満ち
た神の子であるという真理を悟れば、現象世界においても幸福が現れる。

尚、生長の家は、神道や仏教、キリスト教又、天理教、大本等諸宗教はその根本においては一致するという「万教
帰一」の立場に立っている。また光明思想とでも言うべきアメリカのニューソートの影響を受けている。其の他あ
らゆる物事にも感謝するように説く。一例として「ありがとうございます」という言葉が挨拶の代わりに為っている。

世界観・人間観 [編集]

生長の家では「実相」のみが真に存在するという観点に立ち、人間や霊魂等が生老病死・
輪廻転生を遂げる無常の世界を映画等のスクリーンに映し出された様なものであると比喩しこれを本来存在しない
「現象世界」・「仮相」であると説く。生老病死・輪廻転生を遂げる人間・霊魂は実在しない「仮相人間」であり、
生老病死・因果や法則を超越した存在こそ金剛不壊の真に存在する「実相人間」であると説く。その上でこの世、
現象世界での生きるべき姿・処世術を説いている。

人間が実相を悟れば事態・環境・法則は自ずから無害有益なものに為り、真に無限供給の神の恵みを受ける事が出
来るとする。

426 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 20:57:19.04 ID:3CBMFWwl0
>>425
勉強になった
だけどその教義には何一つ新しいところがないね
生長の家は1930年に創設されたらしいけど
教義もその時に出来たの?

427 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:10:07.43 ID:aEY/bg350
>真理を悟れば、現象世界においても幸福が現れる。

ええこと書いてますが、大事なことは、どうするかですな
観念で物事を捉えたり知識として教義しているんやったら
同じことですな
知識や観念を真理と錯覚したらあきまへんなあ

428 :>1:2011/03/02(水) 21:11:50.46 ID:9A5NH4Hu0
ああ面白い。ただただ愉快だ。
こうもまだ気づく人がいたとわね。
いや増えてんのかもね。
どんどんやろう。


429 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:16:36.77 ID:EhRMMIOs0
いやまあ。。
俺があれ(wikipediaの抽出)コピペしたのは皮肉としてだよ。分かりづらかった?
そして、その対象は妙な関西弁風な言い回ししてる奴に対してだぞ。自覚ないようだけど

430 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:17:26.65 ID:An8ShAS10
>>409

>>人の心はうつろう物。それこそ感情なんて一貫性がなく
場面ごとに変わっていくもの。


わかってるじゃない。いみじくも自分で書いてるじゃない。
認識≒縁起(関係性)≒世界≒自分のループ、ってことでしょう?

431 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:34:18.71 ID:3CBMFWwl0
>>429
大丈夫わかってますって

私は>>423のレスの“内容”に共感するところがあったから
(実際、体験的に心当たりもあったんで)
>>424のレスをしたんだけど
「実相」という言葉は実のところ初耳で
関西弁も含めて上の人に取りあえず合わせて言ってみたんですよ

でもそれが新興宗教の言葉だったとは知りませんでした
なので、自分が持っている観念とぴったり一致するからといって
無闇に知らない言葉を使うものではないと反省しました
指摘してくれてありがとう

でも生長の家自体はちょっと検索した限りでは
カルトというわけでも無さそうに思えましたが

またもしも1930年代に
「波動を良くしましょう」とか言ってたのだとしたら
近年のスピリチュアルブームの
日本における先駆的な存在ということになるのかな?
根本的な教説自体は古代から言い伝えられてることですから
(プラトンも似たようなこと言ってますし)
そこのオリジナルとは言えないですね

432 :>1:2011/03/02(水) 21:40:17.73 ID:9A5NH4Hu0
前でもだれか書いてたけど、掲示板の書き込み(にかかわらずだけど)
「言葉」で表現するのはそも無理あるよね。ひとつには
「言葉」で表現できる領域ではないっつー意味。もうひとつは
「言葉」で表現してる表現者自身もまた・・・って意味。
 苦瓜を食みたるがなんとかで。


433 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:43:46.26 ID:aEY/bg350
>>429
そんなんどうでもよろしやん
わし、名前だけしかしらんし、団体には全く興味ないしw

434 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:48:23.13 ID:aEY/bg350
>>432
確かに言葉や文字っちゅうのんは、受けた人の心の中で
解釈されてはじめて意味になりますな、
海見たことのない人に海を説明するに等しいですな
真理なんかは、それと同じと感じますわ

435 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 21:49:11.49 ID:3CBMFWwl0
>>432
確かに無理に言葉にするのは
誤解の元かもしれませんね……
日常的でない体験を扱った
ユング心理学なんかは
最近の学者の卵たちの間では
完全に電波扱いされてますし

436 :>1:2011/03/02(水) 22:20:11.55 ID:9A5NH4Hu0
非言語的領野のことだし、、、だから詩とか音楽とか近いものでなんとか
苦しみながら表現したんだろね。それらをずばりと「書い」ちゃうと
野暮になる、つーか嘘、誤解のもととなる。一瞬で観念の手垢がつく。
あちらの禅僧があえて詩で表したのはそーゆう事だろうとおれは思う。


437 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 22:39:10.56 ID:aEY/bg350
その観念で教えているのが宗教団体ちゃいますか
そやから、違う方違う方に曲がっていろんな宗派ができてしまってる
藝術家のように表現できたらええんですけどね

438 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 23:15:31.87 ID:aEY/bg350
1さんに質問なんですが
その体験というか感覚に至るまでの自分の学びというか
修業や自分の性格はどのようやったんですか?


439 :1:2011/03/02(水) 23:33:50.10 ID:5vToYMKT0
>>438
LISPという言語に出会ってから脳みそが爆発して
神秘体験をしたよ!それで、ずっとこのことを考えていたら
思い出してきたの。それでもこのスレを立てたときは
まだよくわかってなかった。
スレと同時に成長してるの。

面白い動画はっけーん!
http://www.youtube.com/watch?v=9HEjalczT6g

440 :1:2011/03/03(木) 00:00:05.56 ID:5vToYMKT0
「悟り体験」でググったら2ページ目にLispが出てきた…w
やっぱ何かあるな

441 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 00:16:13.32 ID:UJJmEX4/0
現世プログラミング言語か。いい感じに電波系になってきたな
でもそういう話はマトリックスでやられてるんだよな。もう少しひねりが欲しい

442 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 00:33:03.48 ID:61J1pfAJ0
>>1さん
「ペンフィールドの実験」とか「LSD」とか「古代の密議」とか「左側頭葉てんかん」について
何かご存知か?

443 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 00:33:12.01 ID:UcZIfIQ40
>地獄に住む認識のある人が地獄をつくっている

自分を外に移してるんや
人間は自分に在るものしか認識せんよ
仏教は大昔にこれは説いている
唯識説、「心の外に事物的 存在はない」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%94%AF%E8%AD%98


444 :1:2011/03/03(木) 00:44:27.20 ID:xDB2Ex/d0
>>442
まったくしらんw

445 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 00:49:19.33 ID:61J1pfAJ0
>>444
もし悟り体験に関してまとまった知識が欲しいなら
そこら辺のことも勉強しておくといいかもしれない

446 :1:2011/03/03(木) 01:03:10.20 ID:xDB2Ex/d0
>>445
ありがとう!
そういうことは教えてもらわないとなかなか気がつかないから
すごいためになるよ!

>>435のユング心理学っての調べてた

447 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 01:06:27.43 ID:UcZIfIQ40
1さん
その体験が本物やったら言っておくわ
知識で理解しようとしたら絶対あかんで、その貴重な体験は
意味がなくなる、真理は自ら展開するんや
多分あなたは大きな視野を持っているはずやが、それに蓋して
しまうことになりますで
「人は眼に見えるものによって眼を覆われている」
ほな、がんばっておくれやす

448 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 04:08:17.49 ID:E2G4Bjp9O
月に行って体育座りで地球を眺めたい

449 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 09:00:52.09 ID:Vp6jvNZxO
1ってさー 友達と最近向き合えたって、ぜんぜん深く付き合ってないじゃんWWW


450 :1:2011/03/03(木) 11:00:04.30 ID:xDB2Ex/d0
>>449
そうかもしれないけどオレにとっては大切なんだ〜

451 :445:2011/03/03(木) 11:11:02.41 ID:61J1pfAJ0
>>446
もちろん押し付けるつもりはないけれど、あなた(そちらの俺)は
体験のことをみんなに知ってもらいたいみたいだから、
過去に言葉でではなく化学的な方法で体験それ自体を
伝達する大規模な運動(いわゆるニューエイジ運動)が
存在していたことについて
詳しく知っておいた方が良いとは思うのよ
パーソナルコンピューターやプログラミングの問題とも
深く関係している事柄だしね
(あなたの場合、特に下のリンク先の記事は全て読んでおいた方がいいと思われる)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC
ttp://genkaku.in/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC.html

なんにせよ、何か事を成したいなら、まず歴史を学ばなければならない
これは戦略上ガチだと思う

ユング心理学に関してなら
「個性化過程」というキーワードで色々調べてみると良いかもしれない

452 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 13:04:23.09 ID:PytQS7vz0
ねぇ、1さん
ラーメンを食べた後のスープに浮かんでる丸い油
あれをお箸で繋ぎ合わせていくと合体して大きくなって面白いね
さっきどんぶりの半分以上の大きさにまで育て上げたわ

食べ物で遊ぶなって?ほんとはあなたもやりたいんでしょ

453 :1:2011/03/03(木) 13:12:08.50 ID:xDB2Ex/d0
>>451
すげぇ感謝!!

454 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 15:55:45.85 ID:Vp6jvNZxO
1さんは多分だめだね〜
上でも誰か書いてたけど、なんか知識が欲しいだけだね。 頭でっかちになるだけなのに。。

スレの目的も、知らない情報集めと暇つぶしだけなんじゃない? 友達いないから。

455 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 16:41:54.05 ID:61J1pfAJ0
>>453
私は
LISPの製作者が意図的に悟り(というより悟り風の神秘体験)の構造を
(あたかもそれを詩で表すように)
プログラミング言語として表現した可能性はあると思う
元々プログラムというのは神の所業に似ているので
詩や絵画などよりもっと厳密に超越的な事柄を表現できる
恰好の表現媒体たり得るのかもしれない
製作者がリアリーの思想を知っているヒッピーみたいな人なら
わざと「悟りのためのプログラミング言語」を作るくらいのことは普通にやるだろう
一般の人から見れば、かなりキている野郎には違いないがw
しかしこの仮説が正しければ、正しく1さんは
LISP製作者の計算通りに「体験」してしまったことになる
まああくまで仮説だけど、だとすればLISP製作者おそるべしw

それから>>451のリンク先に書いてあるリアリーの「読み」が正しいなら
神秘体験者が急増している(かもしれない)理由も明白になる
我々がデジタル世代もしくは
リアリーの言うところの「ニンテンドー・ジェネレーション」だからだ
1さんは年齢的に「ソニー・ジェネレーション?」かな

456 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 16:58:48.62 ID:PytQS7vz0
ちょっ、おまいら「 Lispの真実 」でググれ。。
このネタ予想以上に仕込みがふかいな

457 :1:2011/03/03(木) 22:10:50.18 ID:xDB2Ex/d0
>>454
うるちゃい!うるちゃい!うるちゃい!

>>455
悟りのためのプログラミング言語!?
面白いこというね!

>>456
オレ自体その記事がきっかけでLisp勉強したし
そのページのリンク一度ここに貼ったし
仕込みでもなんでもないぞ…w

458 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 22:16:51.03 ID:LgYyCfeZO
小学生くらいの時よく考えたな…

大人になったらつくづく思い知らされたけど


459 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 22:33:05.50 ID:VbPebtvy0
««自分»の漢字をミルと自らを分ける
何を分けてんだろ?

最近、評判悪い職場に変わって3日目人間関係がブラック過ぎて憂鬱
アドバイスあったら教えて自分


460 :1:2011/03/03(木) 22:45:24.05 ID:xDB2Ex/d0
>>459
明日から職務放棄だっ!!

461 :1:2011/03/03(木) 22:51:24.04 ID:xDB2Ex/d0
>>459
自を分けると書いて自分か…
読みなおして思ったが、おもしろい着眼点だ!

462 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 22:56:33.75 ID:/rD1Cwih0
>>461
まだ気付かないのか、気付いてないふりをしているのか
俺たちはアンタの潜在意識だよ

463 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 22:57:34.03 ID:VbPebtvy0
だよね、待遇に目くらんで
自分らしくいられる職場から変わんなきゃよかった

自分が好きな自分てさ素晴らしい

464 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 23:00:19.45 ID:0XKfrvRy0
>1さん その状態なら「外応」にフォーカスしてみるといいよ。今の状態が体感や実感として
わかるなら、その活用もできるはずだし。

465 :1:2011/03/04(金) 22:36:59.91 ID:kHZoPgOd0
>>463
ギャグでいったけど、そんなにブラックなん?
プログラマやってるひと??

>>464
どゆこと??

466 :本当にあった怖い名無し:2011/03/04(金) 22:44:15.30 ID:3oRlDXgR0
ライプニッツとかフッサールの本を読んでみたら?
哲学向きかもしれん

467 :1:2011/03/05(土) 21:20:16.17 ID:QABlPzek0
やばい、かなり感覚が日常っぽくなってきてる

468 :本当にあった怖い名無し:2011/03/05(土) 22:08:43.26 ID:45RJQrJV0
1へ

マヨネーズが徘徊する夜の一刹那に果たしていくつの金めっきが
可能か考えたことはあるか?
たとえば、綿棒の先の部分の宇宙に思いをはせる夕焼けのとき、
『生きろ』と叫ぶ少年が突如としてブラウン管から飛び出す。
このとき人間として、むしろ心をもつ生き物として目の前のミラクルを
ただただ傍観するしかないのはそれこそデジタル化した耳掻きだ。

今お前にとって一番大切なもの、それはきっとお前にしかわからない。
だけどこれだけはいえる。 スカラ座の冷暖房施設を襲撃したところで
太古の昔に在りしアンモナイトの体温を調節することは不可能なのだ。
つまり赤外線で強烈に歯が引き裂かれた兄弟を崇めるかのような空想に
浸っているときではないのだ。ともすればお前はシリコンでできたメガネの
前に屈服することにもなる。そうなれば間違えなくお前は乾電池の
要塞に取り残されたティラミス同然になってしまう。

そんなことが望まれたことは一度も無いはずだ。いや、望まれてはならない。
いくら桃缶の汁を熱望する欲望まみれの人間たちが戯れ始めても、そこへ
髭剃り一つ持って突進するようではどうにも勝ち目は無い。その状況で
彼らを破壊するには、空になったコカコーラのビンを小指にはめて彼らの
耳の穴めがけて踊り狂うしかない。つまりお前は単なるペヤングソースやきそばに
過ぎないのだ。大盛りもなにも関係ない。そこになるのはただ一つ、さび付いた
甲冑だけなのだから・・・。

469 :1:2011/03/06(日) 09:28:40.08 ID:HguYskJi0
>>468
この文章今作ってるゲームに使っていい??(真面目)

470 :1:2011/03/06(日) 10:16:39.89 ID:HguYskJi0
感覚もどってきた。
すべては自分が創造したもの。
自分はすべてを持っている。


471 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 10:21:12.82 ID:ILHoO5Cv0
>>1
俺も夢で体感したよ!

472 :1:2011/03/06(日) 10:31:40.68 ID:HguYskJi0
>>471
おおーっ!!w
嬉しいよ!

473 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 10:40:43.02 ID:ILHoO5Cv0
でもそこにあったのは圧倒的な孤独の恐怖だったから、思い出してはいけないと思ってしまった

474 :1:2011/03/06(日) 11:03:08.14 ID:HguYskJi0
>>473
うん、そうなんだよね。
おれもすっげー怖かった!
今思い返すとよく解らないんだけどね…。

475 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 11:09:31.79 ID:hVSi0QRZ0
ゾリブシズム?

476 :>1:2011/03/06(日) 14:46:24.04 ID:seUm17LL0
>1さんは別にだめだともなんとも思わない。そもそも>1さんが
なにを求めているのかだれも知らないからね。
情報や知識がほしいのならそれでいいし、頭でっかちになるならそういう
時も必要だと思うし。
でも必須条件として厳然としてあるのは「疑問」だよ。
根本的な「疑い」というか、、、。そして往々にして絶大な苦しみがそれを
生み、求めるものへの道標となる。
今の>1さんにはそういう感じはあまりしないのは確かかな・・・。


477 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 17:38:41.41 ID:koj609gd0
すんごいオナニーした次の日に、
近所のおばさんたちが笑ってるのはそのためですね

自分しか居ませんwww

478 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 18:45:31.35 ID:aI39z+Gr0
>>477
つまらないんだよ

479 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 19:03:07.78 ID:MoERJwxG0
途中まで読んだけど、このスレなんかすごいなw
正直俺には難しいはなしだった。そんで、途中で飽きちったわ。飽きたって言うか、どうでもいいかなって思いましたw
マジレスしてる中、失礼かと思うけどさ
でも>>1さんすごいっすね。俺はこんなこと考えたことなかったから驚きました。
いろんな考えがあって皆おもしろいですね。  


480 :たけしぃ:2011/03/06(日) 20:08:10.57 ID:FUpGARn2O
ただこのまま行くと魔境に入るか、チャクラが開くか、どちらに行っても楽しくない。
ストレスをがっちり溜めてがっちり発散すんのが楽しいんだからな。

なんて思うんだ。


481 :1:2011/03/06(日) 20:10:36.16 ID:HguYskJi0
>>476
疑いが苦しみを生み、それが目標になる…か。
なるほど。

>>479
ほんと、おっしゃるとおり、どうでもいいんだよね。
もうすべてがどうでもいい。
最期まで読んでくれてありがとう!


482 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 21:07:02.64 ID:rS1zUnAw0
ヒント 世界には自分しかいないのではなく、自分も含め皆がひとつの塊

483 :>1:2011/03/06(日) 21:22:44.62 ID:seUm17LL0

節子それヒントやない ネタバレや・・・。


484 :1:2011/03/06(日) 21:29:34.78 ID:HguYskJi0
>>482
うおおおおい!!!ネタバレすんなよ!!!
人生の最終回たのしみにしてたのにっ!!!

485 :本当にあった怖い名無し:2011/03/06(日) 21:55:55.97 ID:rS1zUnAw0
>>483
お兄ちゃん、節子ほんまの事言いたいねん

>>484
終わりがわかれば準備できるよ

486 :本当にあった怖い名無し:2011/03/07(月) 07:01:54.65 ID:zBP5fiyPO
>>1がしんだら世界が消えるような事を言ってた思うが?
オレがしんだらどうなるんだ?

487 :1:2011/03/07(月) 08:29:49.84 ID:g/D8BsoI0
>>486
>>482
人々は死をとてつもないものみたいに思ってるけど
大したことないぜよ

488 :本当にあった怖い名無し:2011/03/07(月) 08:36:08.73 ID:rowfIoLGO
唯我論は普通に賢い少年なら誰もが通る道だけどさ
他者と外界がはっきりと確実に存在すると「わかる」瞬間がある
セックスと至高体験がそれ

489 :本当にあった怖い名無し:2011/03/07(月) 13:14:20.37 ID:ZwC8VxAG0
よく読んでないバカが居るな、唯我論じゃないってなんども書いてあるだろ

490 :本当にあった怖い名無し:2011/03/07(月) 13:33:26.60 ID:73JFDcBDO
>>488
人生悩んだらソープに行けってこと?
http://media.excite.co.jp/book/news/topics/059/p01.html

491 :本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 14:22:06.98 ID:/u68z5Jn0
1さん いますか?

492 :本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 21:34:02.77 ID:dG9VmRW/O
この地震も夢?

493 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 09:02:17.87 ID:BzRLy2Ih0
みんな生きてる?生きて…

494 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 09:22:19.89 ID:ltXFmWwSO
>>19
>>21
これを知ると

「人間は血の詰まった、ただの袋である」(寺山修司)
の言葉がより深く思えるな

495 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 13:08:01.08 ID:4c9j6FsU0

自分=世界?
どうしたの、そろそろやめないと大変なことにならない?
って思ってる

496 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 20:35:35.50 ID:iXF8jLfU0
1、生きてるか? 

497 :1:2011/03/14(月) 22:47:40.18 ID:IY3BriTM0
生きてるよ
もうなにもかもわかんなくなってきた

498 :本当にあった怖い名無し:2011/03/14(月) 22:49:04.65 ID:Qar9mEEK0
誰かに似てる 

499 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 00:41:07.43 ID:RVqx7rie0
>>497
大丈夫だったか
しばらく書き込みなかったから柄にもなく心配してしまった
東北住みだったりするのか?

500 :496:2011/03/15(火) 07:14:17.33 ID:IWFoQpUS0
なにもわかならくていい、無事でよかった。
俺しかいない世界、あんたしかいない世界、ひとつの世界だ。
建て直していこうぜ。

501 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 11:16:09.35 ID:EfKKtbmA0
俺達は生きていると思ってるだけで、実は原発で死んでいるんじゃねーの。

生きていた頃の記憶を走馬灯のように再生している最中だったりして

502 :本当にあった怖い名無し:2011/03/15(火) 11:20:05.16 ID:EfKKtbmA0
今リアルタイムに感じている感覚も、実は既に起きてしまったことで、それを遡って追体験してるとか。
次第に時間が急加速していき、死ぬ瞬間に記憶と体験が追いつき、後はブラックアウト

503 : 忍法帖【Lv=5,xxxPT】 :2011/03/15(火) 13:27:23.36 ID:BGO+ZoMz0
人生は制限つきの遊びなんじゃないか
たぶん万能になってもそのうち飽きてこういう世界作り出すんじゃね
それで悟りっていうのはこの自我をなくして本当の意味で死ぬことなんじゃないの
そう考えるとどうでもよくね?

504 :本当にあった怖い名無し:2011/03/16(水) 17:54:47.18 ID:OecEqQYFO
俺にとっては、どうでもいい事なんて一つもない。 悟るとか別にいらない。 生きてる間に人間として成長していきたいし、自分で充実した人生だったなって最後に思いたいなって思うだけ。
家族、友達、恋人、仕事、遊び、趣味、全て大事。 年を取るごとに人生はまた楽しい。



505 :本当にあった怖い名無し:2011/03/16(水) 19:40:12.69 ID:62O/t9rm0
>>497
「おまえが教えてくれるスレじゃねーのかよ 」と>>1をみてちょっと失礼だが笑ってしまった。

でマジレスすると、わからなくてもいいと思う。
答えがわかっていたとしても解法がわからないきゃこの場合意味がない。
プログラムで言えば、プログラムの動き分かるけどPCないからプログラム作れない状態。
NPCなのに人気高いキャラだっているし、主人公なのにゲーム自体進めない人もいる。
もし間違ってたら解説だれか頼む

チラ裏
プログラミングやりたくてC、JAVAをやったがどうにも理解できなかった。
しかしLispを知ると不思議と前者のプログラミングもOKになった。なんとも不思議

506 :本当にあった怖い名無し:2011/03/17(木) 00:07:21.60 ID:9qeAe3yW0
電波系

507 :本当にあった怖い名無し:2011/03/17(木) 00:19:15.68 ID:SywPSXLbO
>>497
自分を愛することだ

1の内容がわかるってことは、その境地にきている。
時代ってのは本当に残像みたいなもんで何回も繰り返してる

ちなみに過去はない。分かり易くいうと未来はある

あと分かり易いように出産イベントがあったりするんだけどな。
他人は自分じゃないんだよ
自分が作りだしたもんだ
自分を愛せってのはつまり…

ざーっとかいたから分かり難かったらすまん。持論だから
正しいか間違ってるかもない
自分の世界ではそうだからそうなんだわ。

508 :1:2011/03/17(木) 05:21:49.59 ID:LkQ5BRdl0
>>499-500
都内だから大丈夫だった

>>502
なんか読んでてすごいデジャブっていうか
それどこで知ったの??

>>503-504
人間である以上人間らしく生きたいと思ってる。
でも人間らしく生きることが困難な現状。

>>505
うむw
笑ってくれるほうがむしろホっとするw
答えはなかなか出ないかもしれないけど
ひとりでじっくり考えてみるよ。

しかしLispやってJavaとCできるようになったってのはすごい才能ですな。
JavaとCは無駄が多いから余計わかりにくいのかもしれない

>>507
うん。
ただ、人を愛したことがないからなかなか難しいよ。
スキを見せることなのかなって最近思うんだけど
スキを突かれた時の心の衝撃がほんとヤバい。

509 :本当にあった怖い名無し:2011/03/17(木) 06:46:04.74 ID:eSFfpBYIO
人を愛したことがないってソ

510 :本当にあった怖い名無し:2011/03/17(木) 14:31:40.84 ID:Y9RKqcVY0
その「困難」が制限であり娯楽なんじゃないの

511 :本当にあった怖い名無し:2011/03/17(木) 14:54:54.39 ID:0ByQzH6m0
嫌悪の感情が「いやな奴」を具象化させて
落胆の感情が「泣いている人」を具象化させて
幸福の感情が「幸せな人」を具象化させる

自分の感情により、他人を創造する

512 :本当にあった怖い名無し:2011/03/18(金) 22:30:48.65 ID:1KCOzppaO
孤独が楽でもあり、苦しくもある

513 :本当にあった怖い名無し:2011/03/19(土) 15:58:34.55 ID:jV/OJJqFO
>>1とそれに賛同する奴に一度働いてみたら
甘ったれてれのバレバレだから

514 :本当にあった怖い名無し:2011/03/19(土) 16:02:36.60 ID:aJR2wvDAO
全てのスレの>>1-1000は俺の自演

515 :本当にあった怖い名無し:2011/03/20(日) 04:12:01.62 ID:AOgmEW+M0
望んだどおりの歴史を歩むことができるよ。
望んだどおりの歴史しか歩めないともいえるけど。




516 :本当にあった怖い名無し:2011/03/21(月) 01:42:00.68 ID:fBU7oXnC0
1は阿部敏郎の いまここ とか見た?


517 :本当にあった怖い名無し:2011/03/22(火) 01:59:58.76 ID:+F5wyz4TO
>>516
そっち方面行くといよいよ世捨て人になるお。

518 :本当にあった怖い名無し:2011/03/26(土) 22:03:08.97 ID:UHxbOKqs0
>>517
なんで?


519 :本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 16:29:27.85 ID:nD39p3MmP
698 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 14:00:23.78 ID:KH3vTawd [2/3]
もしかしたら原発事故や津波も自分の脳のなかで行われているだけで、
これは幻影なのか?

703 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 17:34:39.62 ID:AcNVj+MU [3/4]
>>698
もしかしたら、各人がそれぞれのパラレルワールドにいるんじゃないかと思い始めた今日この頃。

でも、それに気が付いちゃうと消される気がするので、知らないフリするようにしている。

704 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 17:36:17.57 ID:5KDPClTZ [1/3]
誰に消されるんだよw

705 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 17:57:30.76 ID:AcNVj+MU [4/4]
>>704
私を存在させている「何か」です。
本を読んでいると、その手のことに気が付いた人って、不思議と早死にしているんですよね。

707 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 18:00:47.90 ID:KH3vTawd [3/3]
理解の仕方によって生きるモチベーションがさがっちゃうのかな
「何か」にけされるというよりか

708 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 18:03:25.06 ID:5KDPClTZ [3/3]
どっちかって言ったらその「何か」の方が妄想で出来てるんじゃないか

520 :本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 16:30:22.04 ID:nD39p3MmP
710 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 00:18:45.02 ID:X9OjznIO [1/4]
>>705
>>私を存在させている「何か」
それって単なる絶対他力思想じゃん

711 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 08:08:32.80 ID:JuNMM825 [1/2]
>>710
いや、そこが微妙に違うんだわ。ビックバンの前にいた存在なんだけど、俺らとその「何か」は同じなんだわ。いや、別なんだけど同じという不思議な関係なんだわ。
俺の理解と言語のレベルでは限界あるけど、俺らの体をひとつの宇宙存在だと思って考えてみると多少は理解の助けになるかもしれないんだわ。

712 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 08:19:16.84 ID:xyhzqf94 [1/4]
ユング的にいうなら、711の言う「何か」は集合的無意識で、
「自分」と感じられているものは個人的無意識というものかな。
ビッグバンはどうかしらないが、もともと生物は太古からのDNAを
継承進化させてきたわけだから、無意識のなかに太古の記憶があっても
異常なことではないし

713 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 08:31:15.46 ID:xyhzqf94 [2/4]
そう考えると、結局その「何か」なるものも、自分の中にあるものではないだろうか

714 名前:神も仏も名無しさん[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 08:33:35.99 ID:bfgycdcp
うん。
でもいわゆる「自分」が動かしているものではない。

521 :本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 19:23:50.35 ID:Vtz0/VPG0
デムパ

522 :本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 23:10:07.37 ID:G9Ol8vg6O
>>513
あんたがどんな労働環境で働いてるかなんて、誰も興味無いから(笑)


523 :本当にあった怖い名無し:2011/03/28(月) 07:06:40.73 ID:kR2al/g0O
>>522
僕の労働環境
http://hiroshima.ddo.jp/~hp/cgi-bin/up/img/402.jpg

524 :本当にあった怖い名無し:2011/04/10(日) 15:51:36.76 ID:prbrtw9AO
1どうしてる?

525 :本当にあった怖い名無し:2011/04/11(月) 13:11:50.53 ID:fDI8jWr10
碇シンジかよ

526 :本当にあった怖い名無し:2011/04/11(月) 23:39:34.08 ID:2kIycWXp0
質問いい?
って居ない?

悟りたくて勉強中に
このスレみつけて嬉しい。

1の輪廻転生後の自分、
それ、まさに、私の恐怖だった。
残酷な事件の被害者とか、、
恐ろし過ぎ。


以下、仮説。

すべてが自分だからこそ、
すべての自分を目覚めさせる必要があるのか?
そうすれば誰に生まれ変わっても安心?
でも、動物や虫も自分なんだよね?
だけどそもも、
その、個ってものはプログラム?
この私もプログラム?
だから、私ってゆうものでの輪廻は無いってこと??


あぁ…なんだ、わからなくなってきた。

527 :本当にあった怖い名無し:2011/04/12(火) 09:29:19.26 ID:l5jkM83Z0
>>526全てが自分なんだからこの私が死んだら世界が無くなる。認識するすべがないからね。
そう考えると今認識してあると思われるこの世界も、自分が認識しているからあるんであって本来無いのかもしれない。
俺は友達が昨日サイコロで6を連続1万回出したと言ったら信じないから、この世界も無いかもしれないなと思う。
地球があって、自我があるのはもっともっと確率低いはずだからさ。
これが我思う、ゆえに我あり的な事なんかなぁ

528 :本当にあった怖い名無し:2011/04/12(火) 10:45:56.25 ID:oVaJbvZK0
>>527
それでは、自分が死んで世界を認識できなくなった途端に貴方も無くなってしまうことになる。

自分は世界だから、世界に溶けるだけ、みたいなことじゃないの?

昔、この世界は自分の妄想だったりして、って考えたことがあるけど、それとは違うことだと信じたい。

貴方は私の認識出来ないところで今存在しているよね?
どうやってもそれを確かめようは無いけどね。


529 :本当にあった怖い名無し:2011/04/12(火) 10:53:42.89 ID:oVaJbvZK0
認識ってもの自体が概念でしかない。
でも痛みとかは実際痛くて苦しいし、
いくら頭で概念だと信じても、
痛みを取り除きようが無いw
そこに、概念遊びは無力w

本当は自分なんてものが無い、ってそれが真実だったら、確かに、なんか空虚感みたいになるなぁ。

でもさ、仏教とかでは、自分は全てだ!とときつつ、魂の向上みたいなものも説いてるわけでしょ。なんか矛盾を感じる。

少なくとも、この無我の境地を体験することは稀な事だと思う。
昔の人はこの為に凄く修行したり。
最近は増えてきてこれから増えるとからしいけど。

530 :本当にあった怖い名無し:2011/04/14(木) 02:55:41.72 ID:NVeXlAPy0
インセプションって映画見てからまたこういう考えが頭をよぎるようになった
自分が死ぬ=夢から覚める だったらいいのになぁって ただの願望かw

531 :本当にあった怖い名無し:2011/04/14(木) 14:57:00.51 ID:oRjpDl+60
エンドレスループで意識が続くなんて地獄じゃないか…

532 :本当にあった怖い名無し:2011/04/15(金) 12:11:19.00 ID:cM8jue6I0
だから定期的にリセットするのか

533 :本当にあった怖い名無し:2011/04/15(金) 22:09:52.17 ID:Ul5ZiI8e0
>>530 ある意味そうじゃね

534 :本当にあった怖い名無し:2011/04/19(火) 00:18:38.91 ID:vz4AcH3F0
『華厳経』「第38離世間品」 三界所有、唯是一心

535 :花子 ◆tsouqbMCjp4l :2011/04/19(火) 18:27:15.47 ID:X8Iu7F8L0
test

536 :花子 ◆PMJQM.cCd2Bd :2011/04/19(火) 18:29:20.54 ID:X8Iu7F8L0
test2

537 :花子 ◆JaxlCOEUmfas :2011/04/19(火) 18:32:44.53 ID:X8Iu7F8L0
test3

538 : 【東電 61.8 %】 ◆seiunskyRw :2011/04/20(水) 04:16:39.28 ID:Tpe3BEi5O
age

539 :本当にあった怖い名無し:2011/04/20(水) 09:27:30.76 ID:DOvaSbOx0
なにこれこわい

540 :本当にあった怖い名無し:2011/04/20(水) 18:46:23.70 ID:PwGgLnFyO
悪魔の証明だな
自分以外が本当にいるかは証明できない。

541 :>1:2011/04/20(水) 19:00:42.29 ID:wT1aSwBH0
すっかり保守スレになったねw。
>>1
1さんが実は「感情しかない」と気づいたのはすごいし それは真実だから
色々考えすぎないで そのことだけに焦点を当てていればいいよ。


542 :本当にあった怖い名無し:2011/04/20(水) 21:37:49.59 ID:2uiypqyD0
1さん、どうしてるかな?
私も以前、1さんと同じような意識を味わった。

かなり特殊な意識状態だよね。

そのことを思い出そうとすると、急に閉じ込められたような感覚になる。
はっきり言ってガクブルな世界。長く保てる意識状態じゃないのが救い。

あの境地にいる自分は、何ていうか、存在しているすべてが自分なものだから、
激しい孤独感を感じていて、「自分じゃない存在」を欲していたように思う。

自分じゃないもの、つまり「他者」というものを感じるために、
自分自身を分割するという方法をとったように思う。
易でいうところの両儀という形になり、そっから無数に分裂していった。

そして出来たこの世界では、皆が記憶を失くし、
あたかも他人と自分が居るかのように感じることができる。

そんな感覚。

この日常での私は、そんなんすぐ忘れて生活してるけど。

自分だけかと思ってたから、とても嬉しいスレだった。
本当にありがとう。

543 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 00:52:22.44 ID:3PI4w/FX0
本当はみんな心の奥底では知ってるんだよー

魔法のキノコが合法だったあの時代〜♪

544 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 02:29:30.42 ID:KOttU+NIO
>>482さんが言ってるじゃない
自分ていうか、世界なんじゃない?
だから、人生とか生きてることがすごい徒労に思うんだけど
逆に言えば何をしても許されてるってことだから
やりたいことやっちゃおう! ってこと。

545 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 10:38:58.24 ID:MoP0eV3L0
>>544
やりたいことをやる、には倫理問題がある

結局、行動は切り捨てなければいけない
自分が認識する世界が全てではあるが、同時に、自分の不利になる事はしないほうが良い
この辺りに矛盾が生じている気がするんだな

546 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 13:33:14.40 ID:3oD7ibtUP
あそこにいる人間はなんてブサイクな面をしているんだ!
くそー虫唾が走る!
そうだ!どうせあいつは自分なんだからころしちゃおう!
爪をきるようなもんだろ!

547 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 15:44:57.36 ID:oiPPclpkP
http://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/e/8186b2641eebbe61ee4f52dfb60fc384

>ひとつは、江戸時代の禅僧至道無難の「悟ったと同時に、万事は、これだと教えると、大方悪人になるものだ」というものである。
>その人には、確かに神を見る、窮極を見るという体験は、間違いなくあるのだが、それを至上のもの、最終的なものであると
>見誤ると、「俺は、すべてを知った。だから何をやってもいいんだ」という本人の自覚のない増上慢に陥るのだと思う。そして、
>その後、悪業三昧ということになるのではないだろうか。


548 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 15:54:34.52 ID:4uxZKlLF0
http://blog.goo.ne.jp/naitoukonan/e/1e2d21231fa851820579f3bdbc224c17

「悟ったと同時に、万事は、これだと教えると、大方悪人になるものだ。」とは、見性した時の感動は、全身心で手の舞、足の踏
むところを知らずといったものだから、それを得て高ぶったところに、「あなたは、仏の境地を知ったのだから、その正しい境地
から行動しさえすればよいのだ」などと師匠がアドバイスした途端に、「私は、仏そのものなのだから、何をしてもいいんだ」と思っ
て、以後勝手放題に行動して、悪人となる消息が想像される。

よくカルトの教祖が、悪人になってしまうことがあるが、カルトの教祖でも見性体験があって、そこで、このようなヒントやアドバイ
スをもらって悪人となる例もあるのではないだろうか。

次の2首で、見性したくらいでは、その行動はすべて善となるわけではないことが戒められている。同様にスピリチュアル体験し
ただけでは、その行動がすべて善になるわけではないので、よくよく気をつけないと。

やがては人の師になろうとする人に
無一物になった時には何事も罪にならぬと思ふ悲しさ。
(無一物になりぬるときに 何事も とかにならぬと見るそ かなしき)

ある法師に
悟ったからと言っても、自分で心を縛ったら、その束縛の解けないうちは凡夫なのだよ。
(さとりても 身より心をしはりなは とけさるうちは ほんふなりけり)



549 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 17:07:28.22 ID:/4BMXLBS0
なるほどな。全て自分なら全て愛そう、なんて思考にならん者も居るのか。
だがそれは本当の意味で理解していない。
>>546
君も爪を切る様に殺される、と言う事だよ。

550 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 20:08:46.44 ID:dnnuLsL70
こんな冷たい書き方も無いよね、すまん。なんか反省。
失礼。

551 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 20:39:59.70 ID:1DPm9NIC0
>>542
真理に気づいてしまいましたね…

552 :542:2011/04/21(木) 20:49:03.32 ID:E0YoRm4B0
>>551
あなたも、ああいう感覚を?

553 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 21:00:19.13 ID:3oD7ibtUP
そんなのそのうち病気だって解明されるよ。
大嫌いなあいつや虫が自分だって?
笑わせるわw

554 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 21:10:06.63 ID:2hao+0lm0
なんでだろうね。不思議でしょうがない。

555 : 【東電 80.0 %】 :2011/04/21(木) 23:30:56.38 ID:B+j9eiFn0
>>542
神がなぜ色々なものを創造したのかって、むかし考えた時に
神が自分独りだと孤独で寂しかったからと思いついたな。

556 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 01:19:05.45 ID:+feeq+fWP
地震が来ると恐怖から貧乏ゆすりが発生し
地震との区別がつかなくなるからこまる。

557 :556:2011/04/22(金) 01:19:49.73 ID:+feeq+fWP
誤爆です

558 :542:2011/04/22(金) 01:25:31.15 ID:HyKu/sKs0
>>東電80.0%さん
そう。そのような変性意識世界を垣間見たんだが(あくまで自称ね)
それじゃあんまりにも希望がない、とも思ったんだよね。。

あの一瞬とも永遠ともつかない世界で、世界の全体である自分は必死で考えてた。

「自分しか存在しない世界がこれまでもこれからも永遠に続いているだけなら、
そもそもこの孤独感や恐怖感や退屈感はどこから来たのだろう?
自分はもともと他者を知っており、愛し愛されたことを知っていたのではないだろうか?
それを知っているからこそ孤独を苦痛と感じる。知らなければ寂しさというものさえ
存在しなかったはずだ。
あるいは、
自分に孤独感をプログラミングした(そうデザイン)した何者かが居るはずではないだろうか?
それが自分を創った親神(と呼ばれる存在)なのではないだろうか?」と。

559 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 01:33:12.89 ID:FGgrXTY00
1は御手洗潔口調

560 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 03:18:44.77 ID:gUCjVg7bO
子供が産まれたらさ、自分の人生の主役から、子供の人生のわき役になるんだよな。

のび太くんだったのが、のび太君のパパとなってたま〜にテレビにでる程度。

のび太君のパパ、名前知ってる?

でもさ、最近の若者は子供をわき役にしちゃう人も居るんだよね。

誰かの人生のわき役になっていく、それが大事なことなんだ。

561 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 03:27:38.50 ID:gUCjVg7bO
>>542
境界例って言葉知ってる?
それ病気だよ。

562 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 10:58:11.12 ID:R+LLKFW+0
自分の人生の主役は自分だよ。
みんなそうでしょ。
自分の人生の主役は自分。

のびたの目で見てる世界を放映してるだけで、
お父さんの目で見てる世界だってあるよ。
放映しないだけで。

てか、あの主役は青いほうじゃないの?w

563 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 12:41:47.00 ID:+PGROjeh0
世界に自分ひとりしかいないとしても、そこで寂しさとか閉塞感を感じるなら、
まだもっと背後に見えていないものがあるんじゃないだろうか…
全てが自分で、完結し十全なら、寂しさも閉塞感も本当は虚像・幻なんじゃないだろうか…
知ってる自分も混沌とした世の中も、ごちゃまぜのカオスな世界が
全部自分だと感じられたら、多分、深い安心感と、
言葉以前の不思議で新鮮な美しさを感じるんじゃないだろうか…

564 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 18:17:36.89 ID:76M6doM+0
>>563
自分があなただったら安心感を感じますか?
自分は「全てが自分」であったら、まともでいられない。

565 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 18:30:21.18 ID:uJyg9CGb0
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1298170072/
このスレすげー。
つまりはアレか。
えーと、
他人は自分、他のモノは自分、世界は自分。
他人の言動は自分の言動だから、他人の考えてる事は自分の考えてる事だから、
そして自分の考えてる事は他人の考えている事にも影響するから、
「引き寄せの法則」が成り立つし、
人に対してやった事が自分にも跳ね返ってくるようになるので、
「因果応報の法則」も成り立つって事か!?
うぉう、すげえーや!

566 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 18:30:54.96 ID:uJyg9CGb0
ふはははは! 誤爆! しかしまーそーいう事だ!

567 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 21:03:09.58 ID:LG3GO6XzO
面白いけど…だからなに?だなー

1の言ってる事がすべて真実なら疑問も矛盾も生まれるよ?

1は1でそれでいいけど、他人に公開する内容じゃないよ

568 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 21:08:33.95 ID:76M6doM+0
他人に自分と同じような意識があるかなんて、証明の仕様がないと思う。
>>567が疑問に思っているか、なんて自分は知りようがない。
オカルト板でなく、哲学板でも良いかとは思うけれど
建っちゃったものは建っちゃったものとして、論議スレがあっても良いのでは。

569 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 21:26:30.78 ID:Ut6/gwIn0
>>1
知ってたけど、それはもう随分昔の話だよね。
前はその事実にことごとく邪魔をされて今一目標とかもてなかったけど、
今では15〜16人位に増えてるからやりたい事が豊富になって良かったじゃん。

570 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 21:31:03.38 ID:LbdB7kHmO
>>1ならば表参道を素っ裸でユートピア音頭を踊りながら往復してこい!

571 :542:2011/04/22(金) 21:39:59.39 ID:3WglR60P0
>>561
わかってる。あえて言うならトーシツ。昔なら精神分裂病って言われてた類。
あれはとてもまともな感覚じゃない。

でもあの境地は、私「一個人」の意識じゃなかった。
もっと宇宙全体的な意識状態?…か、ユングでいう集合無意識のようにも思う。
(こんな説明…病気全開だなあ)

しかし一方では、単なる私自身の脳の中でのイリュージョンなだけとも思う。
胎児の時の記憶とか。

議論スレいいね。
1さんは一体どこへーーー

572 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 22:01:20.66 ID:PQ5214i00
まさかのクオリアスレ
オカ板でもかなりの特殊なスレだね


573 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 02:14:01.56 ID:xhQIidDxO
1はもう飽きたんだろ
神秘体験だろうがなんだろうが日常に戻ってしまえば他の何かに満たされて終わりだよ
思考の海に溺れたい気持ちはわかるけどさ

574 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 04:10:33.05 ID:iaRZ8caJO
そういえば、何処かの本で読んだけど
この世界は培養液の中で浮いてる脳が見てる只の夢でしたって話しを思い出した

575 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 04:56:23.93 ID:aSCUUtZaO
吉田拓郎の
全部抱きしめては悟り体験からこの歌詞をかいた

576 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 04:58:53.43 ID:6MJYeJ9wO
残念ながら全て現実で存在します。
ただ学びの為にそうゆう環境を選んで生まれきたのは事実であり、死もありませんが、魂の源に戻るまでには相当な苦労と時間がいるわけです。


577 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/04/23(土) 05:00:44.03 ID:qBGs5ew4O
自分はこの世界にしかいない・・

578 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 05:29:12.31 ID:6MJYeJ9wO
我々は前世の記憶がなかったり体外離脱が出来ない為にこの世しかないと思っていますが、あの世は実際にあって永遠に苦労は続くのです。
まぁ、上級次元に行くほど苦労や苦しみから解放されますが、地球はまだまだ低級次元の世界なのです。

579 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 05:35:38.07 ID:687EFU3A0
>>439

ほとんど同じ体験してるのはまだしも
同じ動画見てるのはびびった

580 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 09:22:11.98 ID:c6IGBovJ0
>>578
あの世があるという根拠が欲しいです。
仮定でも構わないので、教えてください。

581 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 13:30:26.76 ID:cmIpHA/M0
ここのスレの方々殆ど、この世で頭数だけ一杯います。
一人って事ありません。絶対に!
何故なら貴方方は「恐れ」という衝立を完全外しましたか?
どんな事があっても崩れない「無償の愛」をいつも胸に受け止めていますか?
今世界で起こっている困難や課題に「愛」を送り続けていますか?
それがあって「心の共有」言うなれば五次元の存在が現実世界として実現していきます。
時間差・個人差はあれども何回か生まれ変わったりしてそうなります。
無償の愛は異論・抗争・疑惑など生じません。
常にいつも同じ方向・思考のエネルギーを持っています
そこで初めて「創造主」=「この世でたった一人」となりうるのです

ごめんね、話ぶった切って
でも考えて欲しい。あまり理性のない人がこのスレを見て勘違いして
犯罪を犯したら・・って考えない?
世紀末かどうかは分からないけど低次元思考の人も増えているのも事実
今はいろいろな人いるからね〜

582 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 15:13:11.92 ID:D5nyOdje0
>>1
何もする必要はない。
ただ観照するだけでよい。

583 :名無しさん・・:2011/04/23(土) 21:51:44.21 ID:Wf0ZgIDv0
アリガトウ・・・やっと・・みんなが・・
   




    見えるよ・・・・へへっへ・・

584 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 22:22:42.31 ID:JDDZr4Xg0
自分の体だと思うなら、全てを思いのままに動かしてみろよ
世界中の金を巻き上げて、俺の通帳に振り込んでくれ
そしたら、俺はお前の体の一部だって認めてやるよ

585 :本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 00:28:18.86 ID:0Blue/J20
おう、おれもこのことに気づいたよ

自分とは何か?髪の毛の先から爪の先まで?
じゃあ切った髪の毛はなに?切った爪は?

食べ物、飲み物、口にして排出するまでは自分の一部?栄養として肉体の一部になったらどうなんの?

身体に住む細菌なんかは自分なのか?

色々考えていたら、あ、自分が認識している世界全てと繋がってるんだ、って感じがして、

宇宙の中にポーンと放りだされたような、それでいて周りの全てと同化したようなイメージがわいてきた。

多分1と同じような気づきだと思う

586 :本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 04:50:00.43 ID:8UmDPGVf0
ニューエイジの連中は輪廻を魂の進化とポジティブに捉えてるが、どうなんだろうか?
たとえ魂の進化の場としての「地球学校」だったとしても、この星は生物に対してあまりにも無慈悲で
残酷な世界ではないか。

我々の魂がこの過酷な環境を「自ら選んで生まれた」と、抜かす輩もいるが、
この世の生命活動はRPGの中の経験値稼ぎの主人公並みに軽い命だな、おい。

もっと人間は自分が存在させられていることについて憤りを感じるべきだね。

587 :本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 06:48:34.38 ID:pHvTNeaEO
俺も世界には自分しかいないと思ってるよ。
>>1のいう悟りとは違う単純に孤独という意味でね。

588 :本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 18:06:44.84 ID:eB906Nv70
私は、神様に試されてるんだと思ってる。
世界中の人は、私のために動いている…と思ってる。
私が見て居ないところの世界は、知らないんだから。
人…というか、私みたいなのは1人だけで。家族も友達も他人も、みんな神様に性格を操られてる感じ?
歴史とか学んでも、創作なんだろうなって思うし。
でも、覚えてテスト勉強していく事が、試練なんだからって思ってる。
人生をどう生きていくかを試されてる。
神様が、完璧な世界を作るために、先に1人だけ作って試してる。

ごめん。でも、本当にこういう風に思ってるんだ。




589 :本当にあった怖い名無し:2011/05/01(日) 19:27:15.41 ID:JuO9rbXs0
世界平和や人類と地球の存続は君の肩にかかっている。
がんばれ。

590 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 03:26:52.74 ID:DxCUm/aP0
人類が過去と現在と未来が同時に存在している事を理解するのに
あと何世紀かかるんだろうか

591 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 03:38:28.39 ID:kMI9ETf+O
自分が考えている事は皆が考えている事で、皆が考えている事は自分が考えている事ということ?

592 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 03:47:18.06 ID:hEiQSt3D0
1じゃないけど自分的には違う。
>>591はいつかの自分だったり、昨日あった人は未来の自分だったり、
そんな感じ。全部が自分、自分しかいない。

593 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 04:10:50.72 ID:hEiQSt3D0
本当は時間も存在してない。よーな?
永遠を感覚で捉えられるのは、今の瞬間だけ。
ミルクレープをざくんと切った断面が瞬間て感じで、
過去とか未来とかが全部同時に今、ある。



594 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 16:07:49.32 ID:SoIEJ6KDP
世界は存在するの?世界も存在しないんじゃないかな

595 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 22:58:38.38 ID:Wn12EtAPO
じゃあ、眠る。おやすみ!!

596 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 14:57:24.15 ID:TusfXqTE0
>>588
ちょっと危険思想www

597 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 15:06:31.57 ID:TusfXqTE0
>>592
パラレルワールド?
全部自分が輪廻のうちで"体験"するのか?
嫌だな…


ちょっと、時間について。

よく、「時間は存在しない。」って言うけどどうゆうこと?
未来も過去も概念で、今しか無い。
ってのは当たり前じゃない?
誰しも今しか感じられなくて今にしか居れないんだから。

その事を言ってるの?

過去も未来も存在してるってどうゆうこと?
認識出来ないよ。
時間は一直線上みたいな認識。
ただ、視点が常に今(一点)を移動してる。


598 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 15:15:16.79 ID:TusfXqTE0
あー、ミルクレープね。
今ってもんの過去と未来は同時に存在してるのね。
その"今の過去"の過去は今はもう存在してない。
今の未来は、今によって全て決まってる。

ただ、未来が決定されているわけでは無く、
選択によって未来は変わるから、
その瞬間瞬間に、ミルクレープを移動してくって感じ??

でも認識出来るのは今だけに変わりは無いよね。
それは人間の能力で、それを超えられたものが予知。って感じ?

あーいいとこまで行ってる気がするww

じゃあ、今って何だ?

599 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 23:55:18.19 ID:a3B0GMB70
私も時間について知りたい。
今って何?
あともう少しなんだよ。
実感したい。

600 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 23:56:43.96 ID:a3B0GMB70
ミルクレープの移動はわかった。
前はわかった。
後ろが今もあるってわかんない。
何で後ろがかわるんだ?

601 :本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 02:26:54.78 ID:1yCxq6OA0
>>588
本気?つり?

602 :本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 21:40:15.27 ID:OgCw1dH90
>>600
選択した今が過去になるからじゃない?
瞬間は選択の連続で、その選択が層になる感じ?
ただ、未来は今と同時に在るってのは、どう導き出してるんだろう。それこそ無限に広がるよね。でもある程度の予測が出来るのか?
この世はプログラムみたいなもので、宇宙とゆうスーパーコンピュータで全て計算可能みたいな世界なのかも?
上でアルゴリズム解析みたいな事も書いてあったな。

603 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 05:22:03.79 ID:ODUp8T5T0
プログラム上のデータ人間が、『自分の思考も体も電子情報に過ぎない』とふと気づき、
それどころか他人やオブジェクトも電子で構成されている!
自分が今まで他人だと思ってたものは全て俺(電子情報)だったんだ!
と思い至る。そこまで思考を進めて、やがて考えるのに疲れてデーターに溶けこんでいった。

そんなSF。続きはどうなるの

604 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 05:35:27.79 ID:7bjugNQQ0
とてつもなく暇なので自分が楽しむ為の舞台を作った

舞台に上がった途端無自覚になった

一頻り配役を演じて舞台から降りた時、ほかの配役に興味を持った

気が遠くなるほど繰り返して、それ自体に飽きた

舞台を畳んで、次の構想まで(その状態に飽きるまで)お休み

605 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 10:08:11.20 ID:Ufh5p33f0
>>602
それだとさ、やっぱり時間軸が関わってくるじゃん?
全てが同時にあるってのは…


ひらめいた

ミルクレープは一枚一枚に全ての要素が詰まってるのか?

606 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 10:10:54.54 ID:Ufh5p33f0
だよね?
乗り換えなんだ

ミルクレープの一枚から二枚目に乗り換えなんだ

だから全部かわるんだ
だよね?

607 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 10:17:38.10 ID:Ufh5p33f0
ごめんやっぱりだめだ
じゃなんで時間がないのに年をとるんだ?
ああ…

608 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 12:09:24.42 ID:otAJ66yzO
なんだここ……

キチガイしかいないのか?

609 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 14:42:26.79 ID:bohXEEWg0
>>604
しかも自分が自分を分裂させて他の役も作ってるとゆう…

>>607
年をとる事は変化だよ。全ては変化する、それがひとつの真実。
時間はその為に必要なシステム?

610 :本当にあった怖い名無し:2011/05/06(金) 15:17:42.06 ID:7bjugNQQ0
時間はダウンロードコンテンツ

ホログラムのように折りたたんで格納

611 :本当にあった怖い名無し:2011/05/07(土) 13:26:18.50 ID:tnETuVsu0
>>610
それはあの道具だろw

612 :本当にあった怖い名無し:2011/05/10(火) 17:21:40.70 ID:2Fmez8sv0
時間は物事の変化、変容に名前をつけただけだよ
いくら自分が年老いることのない体になったとしても
太陽は昇るし自分の考えは尽きることが無い

もしこの世の全ての出来事がテレビの中のビデオドラマで
それを見てる人がいたとしたら
その人は再生も一時停止も上書きだってできるし早送りをして巻き戻せば全てを知ってることになるね

神とはそういう存在だと思ってる

613 :本当にあった怖い名無し:2011/05/10(火) 20:13:15.01 ID:VdCBhz7b0
ねえ、時間っていう概念は誰が作ったんだろう?


614 :本当にあった怖い名無し:2011/05/11(水) 11:23:29.46 ID:0iMNDeAE0
自分?

615 :本当にあった怖い名無し:2011/05/11(水) 21:00:35.59 ID:DFI2+Bv/0
でもみんな同じように時間っていえばあのことねって感じで
理解してんじゃん

616 :本当にあった怖い名無し:2011/05/12(木) 17:20:05.40 ID:L72wuMxF0
 lニニニニニニニl
 ‖|        .|‖
 ‖|        .|‖  …その時計が告げるのは
 ‖|        .|‖
 ‖|       :|‖                終末への鎮魂歌か…
 ‖|∵∴∵∴:|‖
 ‖|∵∴∵∴:|‖   それとも創世への祝福か…
 ‖ヾ∵∴∵:ノ:||
 ‖ ヾ∵∴シ ‖
 ‖  )∵:(.  ‖
 ‖ ,:" : .ヽ ‖
 ‖γ  ・  Y||
 ‖|      |‖    …その行方を知っているのは
 ‖|      |‖
 ‖|   ∴  :|‖               唯一にして普遍なるもの
 ‖|  ∴∵∴:|‖
 ‖|(・)∴∵∴:|‖      tanasinnだけであろう…!
 ‖|∴∵∴(・):|‖
 lニニニニニニニl



617 :1:2011/05/13(金) 08:54:43.38 ID:Vz9T1pq40
久しぶりー!
このことに気づいて、スレたてて
最近では仏教の考え方に興味もっていろいろ調べてる。
鬱になったりしたけど、だんだん楽観的になってきた気がするよ。

今すごくオレが感じていることは
全てが一つ(自分)であって
認識するということは、その全ての中から切り出すってことで
物事を追求して考えるってことは、その全ての中から
どんどん分けて考えていくってこと。

618 :1:2011/05/13(金) 08:56:49.57 ID:Vz9T1pq40
それは、どこまで分けていっても、キリがないの。
だから追求することで何かは見つかるけれど、どんどん考えていっても
答えは見つからない。
時間という概念も、全ての中から切り出されたもので
時間って何なんだろう?ってどんどん考えていっても、
新しい発見や理論みたいなものは見つかるけど
永遠に答えは見つからないの。
どうも、全ては不完全らしい。

とりあえず元気で生きてるよー!
まとめると、何を考えるにもキリがないからほどほどがいいってことが分かったの
それはプログラミングも同じで
完璧にプログラミングしようとするとキリがないってわかったの

619 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 10:16:25.17 ID:o5dDDZcl0
不完全であるから時間の認識が生まれる
認識は「個」として割り振られた限度がある
一応上位アクセス権を持つ個もいるが、判読する
情報を持ち合わせていない為、個々の解釈に大きな
振り幅が出来る。その振り幅によって様々な体系の
基幹が模されて個の拠り所となる。また、その振り
幅を利用して様々なアトラクションを作り、個同士
が競い淘汰する。このバリエーションは主に「暇つぶし」
の用途に用いられ、本来は己が楽しむ目的で用意した
ものである。何れにせよ、物質に縛られ、重力に縛られて
いる影響下では、個の出入力はきわめて限定的であるので、
それ以上のインフォメーションを閲覧する為には個から
脱する必要がある。逆に、個を正常維持する為に「膨大な
プログラミング情報」が恣意的に流入して暴走する事の
ないようにプロテクトされているのである。考えるという
能力はその為に用意された、実に優れた「制約」の一つ
この制約が在る為個は様々な遠回りをして楽しみを
増やしてゆく

気に入らないが個である内は精々楽しんでやるさ

620 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 10:39:54.28 ID:JRuqId8x0
1さんのいうのは完璧主義の理論破綻ってこと?


621 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 15:54:20.31 ID:uNiI1F7G0
久しぶりじゃないか。
元気そうで何より。

622 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 17:20:11.75 ID:V+ByuNzo0
自分が死んだら他人も死ぬの?

623 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 17:52:04.10 ID:yE58ej//0
おいおい冷静になれ。
そりゃまた違う話だ


624 :本当にあった怖い名無し:2011/05/14(土) 00:07:05.65 ID:7lGGcnS40
全てが自分なら、テレビとか本と観たり読んだりしてていまいち理解できない難しいことが
あったらそれは自分の中に理解できない部分があるってこと?自分自身が自分の知らない世界
を語ったりしてるの?そんなことできるのかな・・。

でも他人がみんな自分自身だと感じることはよくあるよ。出かけた先で他人を見て、テレビで
芸能人を見て、友達と会って話して、その度に「自分だ・・」って思う時がある。
普段は他人だという認識なんだけど、時々ふっと「自分」だという感覚になる。

625 :本当にあった怖い名無し:2011/05/14(土) 09:25:01.86 ID:TXxnqMl60
夜空を見上げて綺麗な月が見える
近くにいる友人も空を見上げて月を眺めている
ふと、友人の見ている光景がシンクロしてくる

例の一つに過ぎないが、視覚や聴覚等、個が持つ
感覚器官を同時空間で共有する状態において
起き易い認識であると言える。それはかつて己が
目にしたり耳にしたり触れたりした感覚の投影

また、夥しい個として蓄積されている情報は質量共に
現況の個が扱える代物ではないので、仮にアクセスできても

「平仮名を覚えたての幼児が六法全書を読む」

という拾い上げ方しか出来ない。その上読解出来る文字情報
のような密度の低い状態ではない(多くは超微振動と明滅の塊)
ので、個の認識ではそれが「存在している」事しかわからない

626 :1:2011/05/15(日) 07:46:02.40 ID:sBlYDCot0
>>624
他人を時々ふっと自分だという感覚になれるっていうのは
例えば後輩をみたときに、自分と同じ過ちを犯してたりとかって
そういうこととは違うんだよね?

>自分自身が自分の知らない世界を語っている
というよりは、自分がたとえ死んでいても、自分が世界に拡がっているだけで
たとえば本に難しいことが書いてあったとしても、その本を書いた人も自分。
極端な話、自分は既に全てを知っているはず・・・ということ。

・・・とか自分で言っときながら、信じきれているかっていうと微妙w

627 :1:2011/05/15(日) 07:50:24.19 ID:sBlYDCot0
>>620
自分は完璧を求めすぎてたがゆえに苦しんでたことに気づいた
ってことだとおもう

>>621
えへw
まだ見てくれてるなんて嬉スw

>>622
自分が死ぬと世界全体に自分が広がるん

628 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 08:53:23.82 ID:d/fsWkDEO
>>627
自分が広がるってどういうことだ?
存在はあるのか?

629 :1:2011/05/15(日) 10:09:46.70 ID:sBlYDCot0
>>628
たとえば、自分が死んだら肉体は火葬されて世界にちらばるでしょ?
そうしたらじぶんが世界にひろがるっていうイメージかな

630 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 10:16:31.08 ID:GmCDYI9C0
今北産業

631 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 10:40:37.01 ID:SmjEsKH80
>>629
今は仏教などを学んで居るそうだね。
すべてはひとつ、というのは、究極の段階であって、そこに到達するまではまだおおくの段階を経る必要があるんじゃないの?
あなたが見た世界はそこを通り越した究極だけど、実際には宇宙意識、神、愛 に分割された意識のひとつで、すぐに全てに戻る訳でない。
いや、思い出したからゲームオーバーで戻る事を選択することも出来るレベルなのかな?解脱?釈迦が至ったもの?

632 :1:2011/05/15(日) 20:12:50.57 ID:sBlYDCot0
>>631
うんうん
おれは神秘体験を一度したっていうだけで
階段を一つ一つ登っていって達したわけではないと自覚してるよん。
だってレベル低いもんオレ…w

だから仏教について調べて今理解を深めているところ。
スレを読みなおしても、前とは違った見方ができて、結構参考になる。



633 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 20:46:30.76 ID:vKq/5MkL0
>>1さんは面白いね
日々進んでるね

634 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 21:32:55.19 ID:SmjEsKH80
>>632 レベル低いなんてこと無いよ。
おらも覚醒してえだ(´・ω・` )

635 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 02:28:13.35 ID:J4U7J5kM0
仏教とか宗教とか覚醒には何の関係も無いよ。
宗教とか勉強する事によって反対に迷ってしまう事もあるなり〜
まあ結局はグルと回って同じ所に戻って来て、俺は何を遠回りしてたんだと笑うだけだからw




636 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 04:38:32.90 ID:+0/I33d5O
>>625
その異性の友達と神社の階段から一緒に転げ落ちて
気がついたらカラダが入れ替わっちゃったという現象が大林宣彦の転校生だよね。

637 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 08:02:31.23 ID:1MiOvknp0
農作物作れないし機織りもできないのでそうしてる

638 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 08:33:28.06 ID:rG2pApU+0
なあ1さん、「自分」て何だと思う?

生まれた時に与えられた名前と、今まで生きてきた記憶と、
感じたり考える媒介としての今ある身体。

他に何かある?

639 :1:2011/05/16(月) 09:25:08.96 ID:2cYwIxUd0
>>633
>>634
ありがとう!

>>635
なるほど、なんとなくわかる気がする。
でも、ぐるりと一周したのとしないのじゃ
ぜんぜん違うと思うから、その遠回りは無駄じゃない気がする

>>638
自分っていうのは、たしかに名前だし
記憶だし、身体だし、心だし、魂だし、いろいろ定義付けられるから
答えを見つけるのは難しいとおもう。

殆どの人が自分が存在していると思ってるし
俺自身も個としての自分自身が存在しているとおもってるから、オレも本当に理解しているのか
っていうとそうじゃないんだけど
きっと、自分の本質っていうものは、世界全体に広がった大きな感情で
言い方を変えれば、統合無意識が自分の本質の大半だといえるとおもう。
自我を意識すればするほど、その本質が見えなくなってしまう。
そりゃ当たり前だよね!だってモノを触れば冷たいとか熱いとか
体感するわけで、それを体感しているのは自分だって思うよ普通は‥w



640 :1:2011/05/16(月) 09:34:11.08 ID:2cYwIxUd0
本当は個としての自分。たとえばオレには1って名前がついてるけど
1さんなんて存在していなくて、本当はみんな一つなんだとおもう。
始まりはきっと、アダムとイブがりんごを食べて自分と他人を分けたって話と一緒で
卵子が細胞の分裂を繰り返すように初めは一つだったのにどんどん分けていって
本当は一つなのに、自分が存在していると勘違いして本質が見えなくなってる気がする


641 :1:2011/05/16(月) 09:36:46.40 ID:2cYwIxUd0
なんか堅い話になってたw
まとめると、自分=みんなの魂(動物も木も含め)って思ってる。
自分と他人との境目なんて無い。
初めは、世界には自分しか居ないって思ってて、それは今もかわらないけど
その考え方だと寂しくなるのw

642 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 10:31:59.74 ID:C4xIopTj0
もはよう1タソ!(・∀・)
良かったら君がそこに至った経緯を教えてくれまいか。
多分スレでもその話は詳しく出てなかったやうな。
修行や瞑想や祈りなどの一切無しで突然訪れたんでそ?
一体全体どんな準備が整ったときに訪れるのカ。

643 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 12:24:00.56 ID:J4U7J5kM0
>>639
(`・ω・´)b

644 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 15:48:36.19 ID:g+eT/LJg0
1さんの言うことは、植物・鉱物・河川・海などを見たときには
よく分かる。
みちゆく人々にも感じることはある。

ただひとつ。
職場の人とか、学校の同級生とか、ある程度近しい関係になると、
とたんにそれは感じられなくなることがあるんだが。
職場にしろ学校にしろ、仲のいい人はお互いに高めあうという関係において
たしかに一体感はある。
厄介なのは、職場や学校で、それなりに距離がある人。
一体感ってこの場合難しい。
必然的に一つとは思えない。
1さんの考えはどう?

645 :本当にあった怖い名無し:2011/05/16(月) 15:56:51.85 ID:m5Q5tGnHO
あれ?なんとかスイッチってなかったっけ
あれ思い出した

646 :1:2011/05/17(火) 07:25:30.26 ID:mGMMgZR10
>>642
色々調べてみると、この世界との一体感はヨーガとか瞑想以外でも
幽体離脱、明晰夢、自己啓発、キノコやLSDといったものや
事故、脳障害、統合失調症などと繋がっている気がする。
もちろんコンピュータにも。

オレの場合はプログラミングが修行になって
LISPを学んだ日の夜にサイケデリック的な体験をベッドの上でしたって
感じかもしれない。


>>644
すごくよくわかる!
きっと、その原因はその人を「他人」と認識しているからだとおもう。
道行く人の場合は、その人のことを知らないから自分との境目が心の段階では
まだできていない。
けれど、友達や身近な人になってしまうと、その人の内面をよく知っているから
それだけ、その人のことを「自分とは違うもの」と思ってしまうのかもしれない

毎日会うような仕事の同僚に対してのイメージを全部捨てて
毎日別人に接するような態度がとれれば、いいのかもしれない。

てきとうなこといってスマソw

647 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 07:44:53.24 ID:+OpoUmNBO
知ってますた

648 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 09:09:23.35 ID:w1HxxvwXO
みんなそれぞれタイミングがちがうだけで
結局考えてること思うことは一緒

タイミングがちがうだけ

649 :1:2011/05/17(火) 09:18:52.66 ID:mGMMgZR10
>>648
ナルホド――(゚◇゚ノ)ノ――ン!!

650 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 09:46:05.70 ID:w1HxxvwXO
たとえば星座占いも
たとえば男と女の考え方の違いも
ただ微妙なズレ(タイミングのちがい)のせいでそうなっちゃってるんだと思った。
だから"運がいい"と勘違いするひとがいたり、"すれ違っちゃうひとがいるんだと思った。

ごめんなさい説明しづらい。

651 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 09:54:33.43 ID:RPsb1jQG0
>>646 の1さん
なるほど。
人に対して心理的な壁を作らなければいいんだ。
納得。
壁。自分で作ってたんだなあ
試してみるよ。


652 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 10:51:54.90 ID:TKFw/JPtO
1さんの話は魅力的だし、自分も時々こういう風に思うことあるけど

こういう風に思うのって、口唇期に母離れが上手くいかなかっただけじゃないのかな?

母と自分の一体感を持ったまま成長したみたいな…

それで、自と他の区別がつかなくなった状態というか…

スレチかもしれないし
自分もよくわかってないのに申し訳無い


653 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 10:58:13.69 ID:KovR2wBZ0
映画マトリックスでさ、世界の設計者(?)が人間について語ってたことの中に、
何不自由ない世界を作ったら人類が滅んでしまったんで、
わざと苦しみを与えて滅ばないようにしてるってのがあったじゃん。

細木数子の大殺界なんかまさにそれで、
干支の12支が作り出す12年間の中の3年間は不運に設定されてるわけだよ。

>>644が言う、ある程度近しい関係になると一体感がなくなるというのも、
近しい関係になると、この誕生日の人とは相性が良いとか悪いとか、
出会った時期が良いとか悪いとか、苦しみを生み出すためのプログラムが作動するわけだ。
TVの星座占いなんかは当たらないけど、占術板で研究してる本格的な占いは当たるからね。

この世界は巧妙に組まれたプログラムで、人間関係からしてプログラムで成り立ってるわけだ。

654 :1:2011/05/17(火) 11:42:16.22 ID:mGMMgZR10
>>852
口唇期っていうのがあること自体知らなかったから面白いw
乳首をちゅーちゅーする期間によって整形される人格が変わると…w
たしかにそう言うのはあると思う。
たとえば、おれがゲームプログラマになった理由も
追求していけば母親に認められたかったからだし‥

>>653
マトリックスこないだみたけど理解できなかった…w
不自由のない世界を作ったら人類が滅びる…か
なんとなくわかる気がする。
占いについてはまだ本格的に調べていないけど
最近シンクロニシティとかそういったものが自分に多すぎて
自分の中でもなんとなく感じてる気がするよ

655 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 11:43:43.55 ID:Zum02ddz0
何してる時に起こったの?
仕事中? ボーッとしてるとき?

656 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 12:02:09.92 ID:aK/75cBN0
>>641
ああ。主観世界だけで完結してしまったら寂しいからね。

自分という主観1は源泉から開いた門の一つ。
完全な完結を持った世界はつまらないだろうから
不完全な主観1という物が存在するんだろうね。
主観2以降を恋しく感じたり、嫌悪を抱くのも楽しみの一つ。

主観1、2、3〜無数までを主観1に内包したと想定すると
壊れた映写機のようで嫌になってくるのかも。

ところで主観の源泉って、この星に関連付けられていてると感じる?


657 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 17:22:59.70 ID:AugSTc7P0
>>619
実に興味深い

>考えるという 能力はその為に用意された、実に優れた「制約」の一つ

ここんところもっと解説してほしい


658 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 19:39:52.92 ID:5HA0x/Nu0
>>654
どんなシンクロニシティ? どれくらいの頻度で?

659 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 19:48:01.52 ID:p4uNVXQ0O
バーナム効果とかもあるし、話半分くらいにしといた方がいいと思うけど
見たいものしか見なかったり、無意識に重なるものをピックアップしたりするからねえ

660 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 20:05:39.78 ID:d+ggHvAdO
世界は俺で動いている。俺がオリジナルなんだ、信じてくれ。

661 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 20:43:07.17 ID:KovR2wBZ0
ビリー・ミリガンとか、1つの体に複数の人格が存在する多重人格の場合、
全部の人格を自分と考えるのか、それとも1つの人格を自分と考えるのか。

そもそも人の意識って解明されてないからね。
自分が自覚してる自分が全てとは限らないわけだ。

662 :1:2011/05/17(火) 21:48:53.34 ID:mGMMgZR10
>>655
>>658
シンクロニシティって言葉の使い方間違ってるかもしれないけど
彼女ができたとたんに、オレの友達にも彼女ができてたり
相方がオレと同じように神秘体験してたことなんか凄かったし
後輩が自分と同じ過ちを犯してたり
そういったことが細かいレベルで毎日ってくらい起きてる気がする。

>>656
自分の本質が地球に関連付けられているかっていうこと?
うーん…どうなんだろう、考えたこともない(汗

>>657
>>619の言ってることの意味がよくわからんから
おれも加えて詳しく知りたい!

>>659
今まさにシンクロニシティのことを考えていてそうおもっていたトコw


663 :1:2011/05/17(火) 21:53:49.45 ID:mGMMgZR10
>>660
いいや!!おれがオリジナルだっ!!

>>661
たしかにそうなんだよね、多重人格のことを考えると自我ってなんなのか
本当に分からなくなる
てかそれこないだ姉ちゃんと話してたトコだよw
話それちゃうけど、こういうのがシンクロニシティって思っちゃうw

664 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:01:10.77 ID:QAY+4ZAF0
>>1
>僕たちは彼らを「他人だ!」と認識しているけど、
>実は彼らは自分の体の一部だっていうこと知ってた??
その自分というのは個人的な1さんのことを指しているんですか?
みんなでひとつの体というのではなくて、1さんが本体ということですか?

665 :1:2011/05/17(火) 22:17:58.52 ID:mGMMgZR10
>>664
みんなで一つの体ってことだよん
オレも君も境目が無くて繋がってるかんじ

やあ!はじめまして!
そして、またいつか会えるさ

666 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:21:38.21 ID:ZSuIRjTS0
もういいじゃん。666げと

667 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:23:19.46 ID:Dyw1wKQ70
哲学史読めよ。いろいろ捗るぞ

668 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:25:58.27 ID:KgAe/XkkO
地球は宇宙というカラダのひとつの細胞に過ぎない。

と思っている。


669 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:28:47.57 ID:CFe08pO10
>>665
みんなで一つのって言うのは違うと思うな、俺は。

まあ。>>660とか>>1の「何かを知ってしまった」気持ちは解らないでもない。
>>1とか>>660は、やっぱり予知能力とか、過度のシンクロはもちろん経験してるんだろうけど。

670 :1:2011/05/17(火) 22:28:58.83 ID:mGMMgZR10
>>666
うん…
もういいかもしれんなw

>>667
オススメは??

>>668
いいねーその考え方!

671 :1:2011/05/17(火) 22:30:33.37 ID:mGMMgZR10
>>669
よかったら君の捉え方きかせて!

672 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:39:01.76 ID:CFe08pO10
>>671
 自分の考えはまだ確定してないんでまだ語れない。
経験したことも、語るのはちょっと不可能。

673 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:44:38.85 ID:Dyw1wKQ70
>>670
デカルト ヒューム バークリー ロック 好きな人選べ

哲学史で面白いのはバートランドラッセルの『西洋哲学史』

別に教養書読むだけでもいい

674 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 22:46:11.72 ID:Dyw1wKQ70
>>670
レベル上がったら分析哲学を読んでみてもいい
問題が整理できる

675 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 23:15:43.94 ID:QAY+4ZAF0
>>665
>みんなで一つの体ってことだよん
>オレも君も境目が無くて繋がってるかんじ
繋がっていてみんなで一つだけどバラバラに意識を持ってるんですか?

676 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 01:07:33.29 ID:Rde97B9x0
なんだこれこわい

677 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 01:13:04.35 ID:htOk/sgw0
ちなみに過去から未来じゃなくて、未来から過去に進んでる

678 :1:2011/05/18(水) 06:49:25.78 ID:iUbgF1PH0
>>672
おk!わかった!
672氏の中でなにか見つかることを祈ってるよ!

>>673
今は仏教について調べまくってるから
それが終わったら調べてみるね!
こういうのは教えてもらわないとなかなか世界をしれないから
助かるよ!

>>675
あまりうまく言葉にできないけど
最初は孤独から逃れるために自分が自分以外の存在を作ったのかもしれない。
自分は存在するのか??切った爪や髪は自分なの??本当は自分なんて存在しなくて
ずっと同じ場所で静止しながら、全ての人生をぐるぐる回ってる。
そういう体験をオレはして、妄想だとおもっていたけれど
ただの妄想じゃない気がするんだ。

>>677
なにそれ興味深いw

679 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 07:21:34.07 ID:/SplV/VUO
5次元の話じゃないか

680 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 07:49:50.05 ID:aWZ3JeLl0
>>678
1さんのような体験をした人はよく時間も空間もない、今この瞬間しかないみたいなこと
いってますもんね。
そういう体験は現実よりリアルな感じなんですか?
ただの妄想じゃないと思えるぐらい確実な感じですか?
質問攻めでごめんなさい。とても興味があるので。

681 :1:2011/05/18(水) 08:16:50.10 ID:iUbgF1PH0
>>679
5次元!?

>>680
現実とは掛け離れてる感じ。
神秘体験したときは、ベッドの上でLISPのデータと処理の関係を
グルグル考えていって、処理、データ、処理、データってそれがどんどん加速していって
そのうちだんだん自分がどこにいるのかわかんなくなって
「???」ってなって、あれ、これヤバイんじゃね!?
とかおもって逃げ出せない様な状態になった。

その後が地獄でもう神秘すぎて今でもハッキリ覚えてない。
一瞬のようで、永遠のようだった。
覚えていることは人間やモノ全てがテクスチャのように繋がっていたことと
自分が粒子になってミクロの世界を流れていくような体験
全てが自分だと悟った瞬間、孤独な閉鎖空間に閉じ込められたこと
あと、男として生まれた後は女として生まれるということ
男と女は正反対の関係にあるようで、与える男と受ける女みたいな…よくわからん
それと、全ての人間の人生をたどっていって
遅れたフィルムを何枚も重ねたようなかんじで
その全てのフィルムの映像がどんどん重なっていって、1点に集中するみたいな…

まぁ、すごかったぜ…w

682 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 08:25:00.89 ID:fLIXZYVH0
>>681
おもしろいな。幽体離脱の経験はあるか?

683 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 08:39:42.68 ID:Ui9S0aa30
>>1
「ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる」エックハルト・トール (著) を読む事をおすすめするよ。

684 :1:2011/05/18(水) 08:42:06.41 ID:iUbgF1PH0
>>682
金縛りや明晰夢を体験したことはあるんだけど
幽体離脱はいまのところないんだよねorz

>>683
お!そういうオススメはすごい助かるぜ!
読んでみるよ!

685 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 08:56:50.05 ID:fLIXZYVH0
>>684
幽体離脱 ミラーニューロンでググってみて
面白いことが分かる

例えば
ttp://blog.tatsuru.com/2007/02/13_0843.php
それで感想を聞かせてほしい


686 :1:2011/05/18(水) 09:42:48.36 ID:iUbgF1PH0
>>685
おもしろい!
合気道やってる人が相手の気を読むために考えて言った結果
ミラーニューロンにたどり着いたって話であってるよね?
自分自身を空から見つめるような幽体離脱は経験したことないけど
幽体離脱中の感覚と、おれが体験した世界との一体感には
なにかつながりがあるような気がするよ。
こないだ友達と、大量の魚が一匹の大きな魚のようにバァァァァァって動く映像をみて
どうして一緒に動けるんだろうね!進行方向は先頭の魚が決めてるのかな??
って話をしてたんだけど、もしかしたらこれは魚のミラーニューロンが人間よりも活発で
魚ってのはもしかしたら全てが一つだって事を把握してるのかもしれない!なんて思ったよ


687 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 09:43:09.48 ID:Q9zKSvxW0
各個が全体であると同時に、マスタースレーブというか、本店と支店みたいな上下関係はあると思うがね。
そのくらい世界は理不尽だと思う。
精巧であると同時に自らの精巧さを歯牙にもかけない印象。

688 :1:2011/05/18(水) 09:52:34.91 ID:iUbgF1PH0
例えばキスなんかも、もしここで言うような
共感覚、ミラーニューロン、総合無意識、というようなものが
存在してなかったら、上手にできないとおもうんだよね!
だけど、それが自然にできるっていうのは、
何かしらそういうものが存在することの証明になる気がする。

科学的に言えばミラーニューロンがそれにあたり
スピリチュアル的に言えば、ワンネスってことなんだろうね!

689 :1:2011/05/18(水) 09:56:05.82 ID:iUbgF1PH0
>>687
だから瞑想をして支店から本店に意識を向けようとするんだろうねw
でもけっきょく飯くったり出かけたり仕事したりすると
意識が支店に戻っちゃうみたいな・・w
いや、むしろ意識を支店にもどさないと行動できないから理不尽ということかw

690 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 10:21:37.58 ID:fLIXZYVH0
>>686
このおっさんは学者だよ
そんで仕事の合間にライフワークみたいに合気道やら能やらやってるらしい

幽体離脱が他者への共感を高めた時に起きるってのがポイントだ。
ミラーニューロンは現段階で仮説だが、他者、つまり自我ではないものに働いて
自己同一性の範囲が拡大したように感じるわけだ。
もちろん共感とは理解のことではない。
論理的には共感とは幻想でしかない、現実に対応してるとは限らないから。
しかし共感なくしてはおそらく社会生活自体ムリになる。
共感の作用がなければ、他者の動きから情動を引き起こされるということことは少なくなって、
ほとんどなくなるだろう。相手の表情を見ても何も思わなくなる。

で、>>1は他者の体験をした例として面白い。
共感が強いと孤独を感じるのは他者がいなくなるからじゃないか?
だって全部自我になるんだから。
人間には意志疎通の困難な他者が必要なんだろ。

ちなみにイワシみたいな魚には傍の仲間についていく本能を司る部位があるらしい。
共感はしてないかもねw

691 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 10:58:46.65 ID:9NkfMhlo0
>>1さん
魚はさ!
自分が個だって気付いていないのかもしれないよ!
で、気付いてないから、全としての行動を統一してとれる。
個が全であり全が個なんだよ

とうことはだ。
人間もそれを意識すればいいのかも


692 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 11:08:13.29 ID:ISBQMHBi0
>>691
イワシみたいにみんなで同じ事するなら「個」として存在する意味なくない?

沢山の触覚をもつ巨大なナメクジの触覚の一本が自分だとしたら、いろんな情報を収集して感じて考えて本体に伝えるのが役目な気がする。


693 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 11:18:10.89 ID:9NkfMhlo0
>>693
種の保存で、個は必要かと。

人間と魚だと、個の意識が違うからさ、やっぱり考え方もそれなりに
違ってくるんだろうよ。

694 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 11:50:41.15 ID:v5XTOcjdO
>>683

おおw読まれましたか?w

あれ読むと今までのスピ系の本でさえ薄っぺらく感じる。

695 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 19:28:52.13 ID:aWZ3JeLl0
>>470
>すべては自分が創造したもの。
>自分はすべてを持っている。
についてもう少し詳しく聞きたいんですが。
いまみんなが生きている現実とは何なんでしょう。
スピ系とかでいわれているように自分が現実を創造しているっていう話はどう思います?

あとちょっと話がかわるんですが、
パラレルワールド的な世界観についてはどう思いますか?
そういう世界もあると思いますか?

696 :名盤さん:2011/05/18(水) 19:31:45.05 ID:lM6gllcV0
地震の前はいわし大漁らしな。
後はイカなんや。しってるか

697 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 22:49:23.37 ID:+Rv5Q8Gl0
>>695
パラレルワールドかあ
俺は一人一人が一つ一つのパラレルワールドに生きてると思ってる
まあ俺は>>470ではないが

698 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 22:58:01.29 ID:e52zdCrk0
ところで時間って、一方向にしか流れないのかな?


699 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 23:28:39.55 ID:Gh/UvJIm0
昨日ここでミラーニューロンを知って後で調べてみようなんて思ってたんだけど
TVでミラーニューロンの話してたからビックリしたよ。

>>1タンの話面白いからいっぱい聞かせて。
私も自分しかいないのかもと思い始めてるんだけど、
でもじゃあ一体自分って何?とか混乱して何考えてたかわからなくなる。


700 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 02:52:38.27 ID:20towuml0
ほほほ神達が戯れておる。

701 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 05:48:52.53 ID:yD0q4q13O
>>1
自分もここにあるもんはみんなひとつでありそれは自分がひとつの川のような流れにそっているだけ
自分で何かやるのもむなしいことじゃなくある日やりたくなったからやった

これも流れ


昔そんな詩を読んだの思い出した

702 :1:2011/05/19(木) 07:32:08.51 ID:YE1+QlV50
>>690
なるほど、たしかに人間は楽しい時みんな笑顔になるし
そういう共通の無意識をミラーニューロンを通して学習してるのかもね!
おれが体験した神秘体験も、たしかに共感が強くなりすぎて
全てが自我になったといえば辻褄が合うし
そういった科学的な視点からこれらのことを見れるってのは面白い!

>>691
うんうん!
おれもそうなんじゃないかな〜って思ってたw
そういう意味じゃ魚はお坊さんが目指してるような境地に
達してますなw

>>692
たしかに。
そもそも物理的にわかれていようが繋がっていようが
結局は繋がっているので、個として認識すること自体が
おかしいことだったりして…w

>>693
なるほどね!
分かれていることで1匹食われても自分は死なないとw

>>694
読んだよー!!
まだ3分の1程度しか読んでないけど
基本概念はオレが思ってることと同じだったので
当たり前のように言われてるのにビックリした。
「花を美しいと思う理由」には、震えるような興奮があったよ!

703 :1:2011/05/19(木) 07:45:16.30 ID:YE1+QlV50
>>695
現実ってなんなんだろうね…w
おれもよくわからないけど、自分が現実を創造していることはあるとおもう。
ただ、現実を創造しているのは意識でなく、無意識でなく、総合無意識だよね。
パラレルワールドについても、並行宇宙とかそういうのもあるかもしれないけど
オレは、全ての人間の人生が一本の輪のように繋がっているきがする。
死んだら次は誰の人生を歩むんだろう、それは人間だけでなく動物か、植物か、土、空気か
(ちなみに動物や植物や人間なんて分けてるのは人間だけ)
だけど、またこんなふうに考えられる日が来るとしたら
それは人間としての人生を再び歩んだ時なんだろうな

>>698
そもそも時間ってなんだろうねw
おれにもわからないー><
>>701氏が言うような川の流れが
もしかしたら時間なのかもね

>>699
うはw
ザ・シンクロニシティwww
おれもまだよくわかってないからまだまだ
勉強が必要ナリ


704 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 08:06:12.36 ID:AsNi5mrP0
>>1
さんがそんなに進んでいるとは思わなかったな〜
>>1さんが何を思って何を行動しようとしているのか分かりそうだけどわからない
草木花を見ても何か伝えそうな雰囲気はあるのだけど分からない
通りすがりの独り言でしたw

705 :1:2011/05/19(木) 08:16:26.25 ID:YE1+QlV50
>>1
正直、おれも何を行動しようとしているのかわからないw

706 :1:2011/05/19(木) 08:17:12.67 ID:YE1+QlV50
うはw
自分にレスしてるww
ほんとうに自分が何を使用としてるのか解らないww

707 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 10:32:53.25 ID:kNFmuPwh0
1はこのスレを立てるために生まれた。
後は好きにしなさい。

708 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 11:16:54.06 ID:UtWssStsO
何をしたいか。とりあえず眠りたい気がする。眠りこけていたいぞ

709 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 13:20:34.33 ID:Y7gh2Mu90
乱暴に大別すると神秘体験には二種類があって
>>1さんや>>542さんが経験したような
自作自演を始める「孤独な神」の意識に関するものと
全知全能でそして愛そのものであるところの「完全な神」の意識に関するものがある
恐らく前者の神秘的体験はまだ神がレベル1であった頃の原初の記憶(感情)であり
後者の体験は神があらゆるものに分裂しあらゆる経験を積んで
レベル9999無量大数くらいになった時点の記憶(感情)を反映したものなのではあるまいか
つまり預言者的な人物がどの時点での神の意識にアクセスするかによって
体験内容や神の性質なども自ずと異なってくるのではなかろうか

俺自身は至高体験や結合の神秘などの
後者系統の神秘体験しかしていないから
マイナス的感情は皆無なんだが
こう考えれば他のタイプの神秘体験とも一応辻褄を合わせることができると思いますた

710 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 13:52:20.57 ID:Y7gh2Mu90
>>706
俺も1さんも神の経験値なんじゃないカナ
ただ経験すれば良いと思うよ
この個体ならではの経験を

そもそもベンジャミン・リベットの有名な実験結果を見てみれば
人間には自由意志などなく意識の背後にある何かによって操作・操縦されている線が
濃厚であることがわかるからね
(まあそれは解釈の仕方によるだろうけど)

711 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 15:20:14.22 ID:ir23mwwK0
>>709
俺もそんな感じだと思うな。どの側面にアクセスしたかによって違うというか。

>>703
>死んだら誰の人生を歩むんだろう

1の考えは、肉体が死んだら意識は全てに溶け込んで、そっからまたランダムに他の生命に流転する、みたいなものだよね。

多くの宗教やスピリチュアリズムが言う輪廻転生や霊性の進化などは無いとの見解?

それとも、それを超える究極の選択肢を得たってこと?

712 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 16:48:21.27 ID:N0snVRQdP
僕も君もみんな みんなそうさ〜 ♪
http://www.youtube.com/watch?v=J3GQ5AMH7CM

713 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 20:13:16.09 ID:2QyQaMNk0
スレタイ見て、何言ってるのかと思ったけど
どうやら正しい方向へ軌道修正したみたいだね。

しかし、語ったところで何になるのかという気はする。

714 :1:2011/05/19(木) 21:22:52.80 ID:PR3ykUmR0
ニューアース読んだよ!
なんか今のオレの精神レベルじゃついていけないけど
すごくよかったよ。

生きてる。
今、オレは生きてる。




715 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 21:47:49.62 ID:RYfNXoUo0
>>713
まぁ人生ってものが捉えやすくなる一つの手法だってことで。

716 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 22:02:21.83 ID:2QyQaMNk0
XXXという料理があるとする。
食べたことある人同士では、「XXXの味」で通じる。
それ以上語ることはない。

ところが、食べたこと無い人に対して、「あんな味、こんな味」といくら言葉を尽くしても
想像こそできても、本当の味が伝わる訳ではない。

しかし、まあ、軌道修正されたということは
それなりの成果があったといえるのかもしれないが。

717 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 22:42:58.38 ID:m0D96ABIO
どうしてわざわざ自分を混乱させるようなことするの?

718 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 23:47:02.01 ID:EKJqp09I0
月や太陽も自分が作り出してる?

719 :本当にあった怖い名無し:2011/05/20(金) 09:29:32.43 ID:y7+N6dEY0
裏の自分が作ってたりw

720 :1:2011/05/20(金) 10:42:54.42 ID:pkBXm5un0
>>712
言葉がでないや
マジ泣きした。

721 :本当にあった怖い名無し:2011/05/20(金) 10:51:19.75 ID:pBL/Xg/nO
いいから働けや、バカども。
メンヘラの集まりか?

自分に言い訳ばかりしやがって。


722 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 03:19:37.61 ID:dbyuKDHa0
メンヘラなんて一人もいない
ただ覚醒した新たな人種がいるだけだ
君はまだ大いなる目覚めの時を迎えてはいないようだね

723 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 03:37:46.29 ID:TBjn95T50
>>712
見てもあんまり何も感じないな。自分はむしろ薄気味悪い。
何か、エヴァの地球上のみんなが解けていく場面と似たイメージだと思うんだけど、
自分は絶対に溶けない人間なんだなって事は思った。
・・・いや、実は溶けない人間の方がむしろ正常かつ多数派だろ。

724 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 03:44:33.27 ID:TBjn95T50
特殊な人間が自分勝手な狂ったメルヘンの世界に、勝手にみんなを巻き込もうとする様なのが
自分は実は一番嫌いかも。
そう言う奴、自他の区別が出来ない段階でいい気になってる奴、善良になるはずの奴らを
安っぽいまがい物に巻き込もうとする奴。悪は悪でもそういう悪を心から憎む。

725 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 04:23:45.13 ID:TSLRKxUPO
>>1 を読んだら、なぜかクリシュナ・ムルティを思いだした。

726 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 07:43:18.23 ID:OEmihMw80
要するに人間は、宇宙という生命体の中に発生した多重人格なんだよ。
それぞれの人格が体を持ってはいるけど、宇宙規模で見れば1つの生命体なわけだ。

ビリーミリガンみたいな多重人格の人間が人格を統合していく物語がよくあるけど、
人と人がわかりあって1つに繋がっていくことって、多重人格の統合と同じことだとなんだよ。

727 :1:2011/05/21(土) 07:57:22.89 ID:PuDgimOs0
>>709
たしかにスレの流れを見ていると
殆どの人が完全な神を体験しているみたいだね!
一部、折れみたいに孤独に落ちてる人もいるみたいだけどw

>>710
そうだね、個体ならではの経験をするために
生きているもんね。
あた真ん中で考えすぎて大切な事をいつも忘れてしまう。

>>711
ううん、オレはまだスピリチュアルな考え方をもったのが
最近だから他のことは全然知らないんだ。

>>713
>>715
> 語ったところで何になるのかという気はする
う、たしかに…。
まぁ1000までは書きこんでいきたい

>>716
俺達が当たり前のように見ている現実世界は
言葉で語れるほど薄っぺらくないよね。
最近そう思うことが多い。

728 :1:2011/05/21(土) 07:58:04.03 ID:PuDgimOs0
>>717
そりゃおれが気づいたばっかりだからだよ

>>718
>>719
星の占いでは太陽が自我とかって話が前にもあったような…
なんかわかんなくなってきた
考えることがもう無意味にかんじてきた

>>721
アナタハワタシ…
ウフフフ。

729 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 08:42:57.90 ID:/LAXDKtI0
そういや、万華鏡って中に入ってる少量のビーズやセロファンを
鏡が反射して複雑な模様を映してるんだけど、世界もそんなもんなのかもね。

一つ、と呼ばれるものが
原型が分からなくなるくらい分裂してるけど、実は同じものだったという

730 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 09:34:34.57 ID:e0zURHn60
自分しかいない感覚は
低次元の魔界をつくりだす魔物の世界観だよ。
高次元ならまわりの正体が正しく解るよ

731 :1:2011/05/21(土) 10:01:24.27 ID:PuDgimOs0
>>730
kwsk!!

732 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 10:09:47.50 ID:tqg/iskb0
1は自分の周りに世界があると思ってるらしいけど、
本当は世界のすみっこに1がいるにすぎないよ。
1がいなくなっても、世界はそんなに変わらずまわっていくもの。

きのうちょうど京極夏彦の「邪魅の雫」を読んだけど、
そんなことが書いてあった。


733 :1:2011/05/21(土) 10:15:27.96 ID:PuDgimOs0
>>732
意識の中ではそう思ってるんだけど
まだ無意識の中ではそう思いきれないところが
やっぱりあるんだなぁ

734 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 10:30:11.13 ID:OEmihMw80
>>730
それはまた意味が違う

735 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 14:01:33.65 ID:TSLRKxUPO
>>1
1以降きちんと読んでみたけど、すごく面白いスレだね。

>>1だけ読んで、クリシュナ・ムルティを思いだしたと書いたけど、
なんでクリシュナ・ムルティなんだろうと思いながらスレを全部読んでみた。
おぼろげに、“知覚”がキーワードな気がしてきたよ。

学ばせていただきます。


736 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 14:38:22.10 ID:OrY0li/Z0
それは「お前の世界」だな
お前が主観的に見てる世界に過ぎない。
「自分の世界」は誰もがもつものであり、
>>1の考えている事はある意味正しいといえば正しいが、
お前の一部である俺たちにも、お前はおれたちの一部と見えていたらどうする?


737 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 16:18:06.29 ID:zbN+ESUb0
「自分の一部」ではなく、「全体の一部」ね。
俺もお前もあれもこれも、全部が全体の一部。

文字に書けば当たり前だけど、その実感が有ると無いでは
理解の深さが天地ほど違う。

738 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 16:44:39.46 ID:ptrMZQb50
全体の一部であり、同時に全そのものって感じ
フラクタルみたいな…?

739 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 17:39:38.96 ID:7DGt3J2k0
>>1
大雑把に読み流してきた。
またしっかり読ませて貰うよ。

そして、キミだけじゃなから。そいうゆう経験は。
大切なプロセスだしね。これからだよ。

740 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 19:40:12.75 ID:ejAi7G9P0
>>698
時間は同じほうに進んでるって言われてるけど
もしかしたら逆で戻ってるのかもしれないって聞いたことあるよ

741 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 19:50:06.52 ID:XiUyklklO
は?何言ってんの?
俺の周りで一生ほざいてなさいっての
それが幸せだったといつか気付け

742 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 20:22:35.93 ID:48mONdPC0
>>1
あったあったwこんなところに居たかw
丁度最近同じような人間と交流する遊びしたいと思ってたんだw
さすが俺の現象クリエイト力だわ。

経験自体は済んだよ。何か思考したい・理解したいのなら一緒に考えて遊ばないか?

743 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 22:55:53.72 ID:Hmsw5cqE0
>>732

>>1がいなくなっても、世界はそんなに変わらずまわっていくもの。

「そんなに」じゃなく、「まったく」だ。
1は死んでも(肉体をまとった姿として見えなくなっても)、いなくはならない。
世界は点滅してるだけで(それを変化や流転と呼んでもいい)、
増えもしないし、減りもしない。

>>1は自分の周りに世界があると思ってるらしいけど、
本当は世界のすみっこに1がいるにすぎないよ。

それは時間と空間に囚われた幻想だ。
周りとすみっこは一緒で、ひとつだ。

744 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 23:02:59.42 ID:Hmsw5cqE0
失礼。周りとすみっこが一緒なのは当然だった。
中心と自分とすみっこが一緒でひとつと言いたかった。
区別は時間で、幻想だ。

745 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 06:42:42.14 ID:az/HcCQI0
時間も空間も意識が作り出した幻想。
多重人格が作り出した共同幻想。

746 :742:2011/05/22(日) 16:59:47.80 ID:UGoEZBRW0
箱の中の猫が死んでいる。は認識することによって、「遡って」死んでいたことがそのとき創られる。
でも、そんなことどうでもいいんだよ。猫が実験でそんな状況なんだと聞かなければ、その場に居なければ、その場に居たとしても
君がその事実によって何ら感動がなければ君にとっての現実は何も変わらない。

747 :742:2011/05/22(日) 17:01:57.19 ID:UGoEZBRW0
君が解らないって言ってるのは、君が認識しているこの「存在している」という森羅万象の全ての意義じゃないか?
意味がないなら存在する必要がない。「怖い」っていうのは存在する場そのものが瓦解するような感覚じゃないか?
そこらへんの人間は、それを思い出したとしても解らないふりしてるんだよ。
怖いからね。宗教や他人に縋るのは一種の精神安定剤だよ。

748 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 17:39:58.68 ID:u3/nuG1N0
相手の感情は自分の感情

あのかわいいあの子も、今日食べたかつ丼も、昨日河原で蹴った小石も全部意識

749 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 17:47:08.63 ID:kEt4FjHOO
波動関数は発散されましたか?

750 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 18:29:50.48 ID:FkZoGCFL0
こうも世の中根本で全部くっついてるのみると、中二病精神がぞくぞく沸いてきてぶっ壊したくなってくるな

751 :本当にあった怖い名無し:2011/05/22(日) 22:29:23.03 ID:Rf0T9Fnq0
俺も体験したいなぁ。
神との合一。
準備が整ったものに訪れるらしい。
確かに何かしら耐え得る精神力持ってないと崩壊しかねんのかもな。
俺はまだ準備が整ってないって事かぁ〜
予期せず訪れる者と、望めども到達出来ない者の違いは何だろうか。
修行僧が求めても簡単に得られるものでも無かったりするのにな。
いわゆる高次の望みってやつか?


752 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 04:41:35.42 ID:7jVLivmI0
>>751
左脳の働きを止める=思考を止める=顕在意識、表層意識を無くす

こうすると体験できる。
しかし、普通は常時左脳が働いている。
瞑想などの訓練をするか、偶然を待つか

753 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 05:08:33.46 ID:w1C49ZSt0
やり方を熟知してても瞑想は結構危険らしい
やり方を知らない人の瞑想は単なるリラックスタイム

754 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 06:43:55.70 ID:JdAfOAoz0
>>753
瞑想のやり方、ってのが最早破綻している。
瞑想はやることをやめることだからね。
故にやり方はない。
やり方を持つ瞑想はエゴの強化法に過ぎない。

755 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:05:53.37 ID:w1C49ZSt0
>>754
ウソついてるのか適当に釣ってるのか知らんがやり方はある

756 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:11:16.02 ID:5S2cPl97O
タルパが鍵

757 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:13:26.24 ID:JdAfOAoz0
>>755
やり方とは何かを得るために条件だ。
それで得られるものは相変わらずエゴの範囲内であることを知れ。
その瞬間に一切を止めれば即座に理解できる。
やり方があると思っているうちはそこには至れない。

758 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:19:17.84 ID:w1C49ZSt0
>>757
それは親鸞?仏教なの?それともどれかの神秘主義?

やめることも「する」ことだが。作為をどうやって排除するの?

759 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:30:20.18 ID:JdAfOAoz0
>>758
>それは親鸞?仏教なの?それともどれかの神秘主義?

やり方を持つのが神秘主義だ。
そしてやり方を持つ瞑想だけが危険を伴う。
それは大脳の操作だからだ。

>作為をどうやって排除するの?

その質問そのものを止めてみろ。
どうやって、はやり方を問うている。
やり方を問う限りループする。
ただ一切をストップしてみるといい。
止めるのは行為ではない。
行為していることを止めるだけだ。
やれば解る。
古人がただ坐れ、といったのはこうとしか言えなかったからだよ。
但し達成感を感じたら失敗だと思うことだ。
達成感はエゴが見せる錯覚だ。
それはなり行く瞑想だ。
達成感がないからこの方法は信用できない、というエゴの罠にハマるな。

760 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:34:17.15 ID:w1C49ZSt0
>>759
ではただ坐る。

一つ質問したいんだが、止めても止まらないものはあるか?

761 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:39:50.81 ID:5CmRmFxX0
探してる時は見つからないけど、諦めた時に見つかる。
求めてる時は手に入らないけど、どーでもよくなった時に手に入る。

価値を感じると遠のき、価値を感じなければ近づいてくる。
そんなものさ。

762 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:45:21.06 ID:JdAfOAoz0
>>760
>一つ質問したいんだが、止めても止まらないものはあるか?

非常に逆説的なのだが、
あなたが止まれば全てが動く!
あなたがせき止めていたものがどっと流れ込んでくる。

ただ得ようとしないことだ。
得よう、と言うのは抵抗だ。
ない、から、得よう、と考えるわけだ。
これは、ない、に支えられたエゴの錯覚だ。
これを超えるんだ。

それを超えるためには(目的を持つ条件のような語弊があるが言葉の限界だ、許してくれ)、
あなたが止まることだ。

気楽に、遊ぶくらいの感覚で、そこに坐って能動性を一切捨てて行為を止めてみてごらん。
自動的に思考は止まり、思考のギャップが生まれる。

方法はない。
それが方法を越える。

763 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:48:37.80 ID:w1C49ZSt0
>>762
ありがとう非常に参考になった
あまり能書き垂れるのはやめてみるわ

764 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 07:50:57.24 ID:JdAfOAoz0
>>763
こちらこそありがとう。

765 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 08:14:14.47 ID:HEIAW3+60
753-764 おおっ、なんか深いこと話してる

766 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 09:24:13.12 ID:h/Rnmv7w0
良スレ

767 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 09:45:29.27 ID:1obbwwm60
ここまでお前の自作自演だって早く気づけよ。

768 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 12:03:12.86 ID:7jVLivmI0
思考を見張ることから始めると、だんだんとコツがつかめてくる

769 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 21:31:17.08 ID:8OBpLlPz0
悟りだとかいうけども、それって、無我だよね?
自分を捨てることだよね?
自分を捨てて相手と一体化することで、自分になるのか?

770 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 21:35:51.91 ID:IH9nqsin0
ドッペルゲンガーはあると思いますよ。

771 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 21:57:04.66 ID:7LKwwuhO0
>>769
悟ると、一の存在である事を止めて、全に還る
幻想の小さい主体が死に、元の大生命として生きる

ちょっとずれた事かもしれないがリンゴで例えると、果実の一つが「自分は独立している存在」と思っているのが
通常の人間。「いや、自分は本来大きい木の一部であり、自分の本体は木である」
と気付けば悟り。こうなるとリンゴの実が落ちようと、主体が木に変わっているから死ではない

772 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 22:28:34.66 ID:jTdP8SEZ0
子供の頃、親にすげぇ怒られてる時に、怒ってる親を見て
「なんだか可笑しくて笑ってしまった」事ない?

あれ、初期微動

773 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 23:17:45.80 ID:HEIAW3+60
>>771
しっくり来る喩えだな。腑に落ちるって感じ。

個別のりんごが実は大きな全体の一部だった、というのまではこれまでの流れで実感してたけど。そこから
>リンゴの実が落ちようと、主体が木に変わっているから死ではない
ってのは、なるほどねって思った。


774 :本当にあった怖い名無し:2011/05/23(月) 23:34:49.24 ID:7LKwwuhO0
そういう事で、悟りに至るというのは輪廻から解脱する事に直結している
これが「死にたくないなら今死にゃれ」の意味でしょうな

775 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 04:07:34.63 ID:aXUhPwqt0
>>8
これだから 頭悪い奴には、、、、w

安心しろおめ〜ら! 世界に自分しか居なくても 思考内容はLvUPしてけるだろうが

皆で 声かけあって 上がるぞ!^^b

776 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 04:25:29.04 ID:aXUhPwqt0
>>32 おめでとう 目が覚めたようだね

777 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 04:32:04.96 ID:UGTCWYU+O
777で千里と大復活愛

778 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 07:42:20.05 ID:aXUhPwqt0
はい ageろ! ageろ! みなでみなをもちageろ! ちきゅーをもちあげろ

779 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 08:44:10.13 ID:JjA2/Odz0
>>771
上手い(・∀・)イイ!

age♪age♪

780 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 09:11:31.74 ID:xh3oXeXU0
中学生くらいの頃、
朝起きたら世界に誰もいない気がして
家族を探した記憶がある。
普通に寝室で寝てたけどね。

781 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 10:27:43.30 ID:i3ijotqx0
あたしの憧れの方は世界にひとり^^ノシ

782 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 10:46:43.48 ID:ij9Zr1HC0
そんな簡単に心を無に出来たら苦労しないよw

思考を止める、無、って沈めたり、
呼吸に集中しても、
お喋りは一瞬止める事が出来るような気がするけど、
それに集中してる思考はずっとあるみたいな、、、

思考を止めるコツみたいのは無いの?


783 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 11:42:25.55 ID:ccaWv0hr0
>>782
内観の秘法、軟ソの法がお勧め
雑念が沸こうが只管にやり続けるうちに、次第に雑念が消え、
無心で没頭出来るようになるという
健康法としても評価が高い

784 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 16:21:20.41 ID:lyEDpsQv0
>1が戻ってから、再びスレが活発になったね。>1以外でも興味深い、考えされされるレスが多いし、いいスレだ

最近漏れはこんな事考えてる。
たとえば仮に、市町村が意識を持ったとしてさ。
通常は自分は〇〇町なんだと思ってるんだけどさ。
そもそも〇〇町の電気水道のインフラは周囲の他町との関連で成り立ってるわけだから、
自分とは、〇〇町のあるこの〇〇区自身だとも言える。
いやいや、その考えを広げると自分は○○市、自分は〇〇県、自分は〇〇国となるぞ。。。
こうして最終的には世界そのものが自分ともいえるわけ。

この世も、天国地獄も含めたあの世も全てひっくるめて仏教では「三界」っていうんだけどさ。
今こうして存在してる人間個体としての自分も、『自分』。
普段は自他の区分(分別心)により自分の外側に見ている世界も、広い視点から見たら『自分』。
当然のことだけど、他人から見たら私は他者で、その他人にとって外側という意味でも『世界の一部』。

同心円状に言葉の定義を広げていった意味論的な視点でも「自分は三界そのものであり、またその一部でもある」
切った爪や生えている髪がいつから自分でなくなるのか、食べたものがいつから自分の体になるのか、
等の物理的な意味でも、「自分は世界そのものであり、またその一部でもある」

こんな事を今、「自分の部屋」で書いてレスしてみる。……まてよ、自分の部屋は「自分の家」の一部だから、
『こんな事を自分の家で書いているレスしてみる』とも言えるわけだ。
行動は一回なのに幾通りも言い回しができるって不思議だね

785 :本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 19:29:59.78 ID:RKe/S8tI0
>>782
そんなにお手軽に出来るもんじゃないよ
何年も何十年も修行して悟れない坊さんだって居るんだし
本気なら、禅宗、チベット仏教、密教、テーラワーダ、ヨガ、この辺漁ってみれ

786 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 00:58:29.49 ID:HX56FdAe0
>>782
むしろ考えられること全部考えたら?
「無」って考えたら「無」ってのが「在る」になる。
落差なく、平等に全部平らに考えりゃ気にならなくなるんじゃね?
「有る」というのが気にならなくなって「無」になる。

787 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 03:18:38.03 ID:/1tLb38q0
>>782
思考を止めるのは簡単だ。

ただ止めることだよ。
止(や)める、と表現した方がいい。
立ってて椅子に座るつもりで止めてみる。

止めようとするな。
それは思考だ。
止める、と決め、止まれば止まる。
止まると知りとめるのだ。

最初は1〜2秒止めてみることだ。
ほんとに止まるのだ!と解ればいつでも止まる。

788 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 03:24:11.01 ID:nMPgIhjL0
>>782
あ〜思考の外に出て観察する事は出来るかな?
流れて来る思考の中に入るんじゃなくて、勝手に思考してるのを見ている状態。
するとな、その思考は自分じゃないと分かるんだが・・・

789 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 03:30:31.92 ID:/1tLb38q0
しかし思考を止めてみてもあまり意味はない。
頭が休まるだけだ。
特に不愉快な思考に翻弄されているときは一度止めると思考のベクトルが変わるから覚えておくといい。

大事なのは思考が自動的に止まる状態だ。
防備を解き、やることを一切やめ、心を落せば自動的に止まる。
アンコントロール(無制御)で止まることが大事だ。

数秒でも数分でもいいからこのような時間を持つと自分のあり方が変容してしまう。
無根拠な大丈夫感と繋がる。
くよくよ考えることが無くなる。
やがて現実に変化が現れる。

大切なのは体験だ。
いくら本を読んでも知識を得ても、思想や定義や思考の組み合わせで「わかった!」となっても
一時的なものに終わってしまう。
何の変化も起こりえない。
そんな時間を10000時間持つよりも1秒の体験の方がはるかに尊い。
その1秒は確実に方向性を変えてしまう力を持つ。

790 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 08:34:49.13 ID:u8rvS22p0
で、バカな坊主は何十年も何も考えずに
漠然と待った末に 悟れナウ! 蚊取り線香より

791 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 11:23:17.27 ID:4U2/ftkp0
考えない事を覚えると途端にバカになるよ。
坊主が技術開発を果たせなかったのが良い例。
連中はPCを生み出せなかった。

792 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 13:45:45.70 ID:u8rvS22p0
つまり、参考にすべきは 仏教徒の教えではなく
仏陀や龍樹の思考内容

残された書はそれを推察する手段に過ぎない
まずは仏陀を超えなさい 苫米地英人著

793 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 16:02:09.45 ID:N2m28Ggy0
思考停止推奨は権力者が一般人をバカにして思い通りに操るための策。


794 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 16:33:56.71 ID:hlVk367F0
レスくれた人達、ありがとう!
さっそく調べてみてる。勉強になるよ!

>>788
えっ、思考って自分じゃないの!?これは誰?

>>789
心に刺さった!!1秒の体験を目指すよ!
やってみてる、出来てるような気はする…ほんと1秒くらい、目の前のものをただ見てポカーンとする感じ、、、それだけでも難しいね、いかに脳はすぐお喋りをするか、目の前の物に判断を下すか。
目を瞑っても感覚に判断を下したりすぐ記憶さぐったり、、、なんて忙しないんだ。


795 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 16:39:08.86 ID:vlAhYUKY0
「考える」能力が個のポテンシャルを劣化させた
本来膨大な処理能力のある脳を「考える」という
制御装置を挟む事で一々解から遠ざかるように
なってしまった。なぜなら、考えるという規範は
”重力”そのものの影響を受けているからだ

階段を素早く上るために早足で上る
更に段を一つ飛ばしてみる
更にスピードを上げて駆け上がる

だが、そもそも「階段」自体を規定したのは
考えるという足かせだ。とてつもなく早く
限界は訪れる。伸びきったゴムひもと同じ

このプロセスを繰りかえす際に出たろくでもない
暇つぶしが「技術革新」と呼ばれるもの。
個の能力を肩代わりする代わりに
甘やかし、無力化させる尖兵

進化する技術のお陰で個は益々劣化する
劣化した個は技術に依存する
これが繰り返される

自らが生み出した構造は、自らの楽しみのを知覚しやすく
する為に益々余計な遠回りをし始める

自分で掘った落とし穴に気付かずに嵌まり、そこが落とし穴
であることを忘れ落ちた先で新しい落とし穴を掘っているようなもの

796 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 16:41:12.22 ID:hlVk367F0
ちょっと話し逸れるけど、寝入りばなとか、半分寝てる時に、意味不明な映像とかが勝手に浮かんだりするやつ…
あれは何なんだろう、思考を無にすることのヒントが無いだろうか。

797 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 17:58:20.23 ID:x+l+tnxo0
もうみんなニューアース読んだ方がいいと思う。

798 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:20:16.64 ID:SaUN4tOK0
オカルトには珍しく教養持ってる人が来てるな

799 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:24:12.32 ID:EQf8pKdi0
>>796
単純にレム睡眠に移行する途中の出来事だろ。

>>795
>このプロセスを繰りかえす際に出たろくでもない
>暇つぶしが「技術革新」と呼ばれるもの。
>個の能力を肩代わりする代わりに
>甘やかし、無力化させる尖兵

何が尖兵だ。
エリ立てて「2位じゃダメなんですかぁ〜」と威嚇しつつ煽るしか能が無いキチガイ廉呆めwww

800 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:24:22.25 ID:SaUN4tOK0
思考が自分でなく、あくまでオートで流れていくのはよく分るんだが
その時にもやはり自分の思考というか動きというかこだわりみたいのを取り払うのは難しいよ。
止めるってホント何よ

801 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:27:09.55 ID:vlAhYUKY0
嗚呼遊興

笑えるID

これも暇つぶしかw

802 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:35:21.06 ID:EQf8pKdi0
>>800
>止めるってホント何よ

誰でもできるようなやり方としては、脳の活動を全停止すりゃいいのさ。
まぁ、いわゆる、そのまま死ね!って事だがなw
昔のエキセントリックな行者は、なんだかんだで究極の思考停止目指して、
まぁ、今の現代人じゃ真似できないような変態チックな荒行に挑んだわな。

まぁ、脳幹だけ生きてりゃある程度は生きられるみたいだから、ためしに
アタマかち割って、思考がなくなるまでスプーンでノウミソ掻き出してみればいい
んじゃね?
ハンニバルみたいにw

>>801
なにそのパチョンカス絡みなIDw



803 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 19:56:00.84 ID:EQf8pKdi0
思考停止つったって、例え本気で一日座り込み決意しても、途中で腹へりゃ嫌でもおなかが鳴るわけで。
当然そこで、自意識に引き戻されるわなw
まぁ、その辺の事情を嫌うのが理由で、徐々に穀断ちして胃の容量を減らすのが未だに修行僧のスタンダード
なのかどうかは知らんけどねw
つか、喰えば当然最終的にオナラやうんこもしたくなるしなぁ。

そんなことまでしなくても、いくらでも思考停止できるのにな。
自分自身に、「で・・・これって停止してんの?」って、いちいち聞くのをやめればいいのさw
まぁ、修行ボウズだって、間断なく経文や真言唱えながら、体と、そこから乖離して消え行こうとする意識を繋ぎ
とめてるってのが、その実情だろ。
え?実際は、アレ、単なる眠気覚ましなの?フーン。ここだけのハナシにしといてアゲルw
経文や真言唱えるのに没入する事で、それ以外の思考は停止してるってことか。
でもそれは、ズルだな。脳の言語・聴覚領域は、ちゃんと間断なく働いてるという証拠だろw
諳んじるとはいえ、記憶領域との連携も常時生きてるわけだよな。
え?
そうしとかないと、本当に心拍や呼吸が浅くなってポックリ逝っちゃう事があるから・・・・?
そりゃそうだわな。死んだらそこから何もできんしw
その苦行?の様を、人に伝える事もできんしな。

804 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 20:07:10.60 ID:EQf8pKdi0
考えても見ると、千日廻峰行ってのは、案外システマティックなのかも知れんね。
堂入りで死にそうになっても、息を切らして山野を駆け上った記憶が染み付いていれば、
そのときの心拍をフラッシュバックさせて、細くなった心拍を再び活性化できるんじゃないかと。
え?
廻峰の苦行は、そうそう簡単には止まらんような屈強な心肺を得る為のもの?なるほどねぇ。
素人メタボの凡夫には、なかなか踏み入る事あたわぬ領域なわけね。(−人ー)ナモナモ・・・

805 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 20:32:55.10 ID:/1tLb38q0
>>794
>えっ、思考って自分じゃないの!?これは誰?

思考が自分だと思っているうちは自分なんだ。
ただそれを見るとき、見ている者は誰だ?
そこにひかりを当てるんだ。

あなたが思考を見るとき、そこに思考はあるだろうか?
逆説的なのだが、見るというスタンスは無思考状態であることに気付くだろう。
思考を観察する。すると思考が消える。
見るものと見られるものが同じであることが暴露されるよ。判断材料と判断者は同じなんだ。
しかしこんなことをいくら言葉で説明しても、それを聞いてなるほどと納得しても実は何にもならない。
知識として説明できるようになるだけだ。

こんなことをやって欲しい。
簡単だ。
あなたが何かを感じているとき、思考は動いてはいないのだ。
思考と体験は同時には起こらない。
感じることがあるとき、思考は止まる。思考があるとき、感じることは止まる。
考えるな、感じろ、とは実はこのことを言ったのだ。

耳を澄ましてごらん?何が聞こえているか、そこに意識を当ててみてごらん。
その刹那、思考は止まっている。
そして思考が止まっても、あなたは消えてはいない!
それがあなただよ。
穢れなき、そのまんまのあなただ。
それは社会的属性や地位、経済力や知識や能力や年齢や性別の規定が一切ない無制限のあなただ。
そこに憩うとき、ああ、俺はこれを探していたのだ、と感じるだろう。そんな気分になりたいから、外に証拠や資格を作り上げてきた。
そんな気分になりたいから、何か得ればそれになれると思い込んで頑張ってきた。しかしそれは来なかった。
探すから見つからなかった。見ればそこにあった。
すると全く新しい、制限のない思考が流れ込んでくるだろう。このとき思考はツールなのだと解るだろう。
大胆に、思い切り、好きなことを好きなだけ、何でも望んでそれを受け入れて、幸せに生きてゆこう。

806 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 20:48:50.64 ID:EQf8pKdi0
>>805
>そして思考が止まっても、あなたは消えてはいない!
>それがあなただよ。
>穢れなき、そのまんまのあなただ。

ふと壁に目をやったら、某秋葉系アイドルの雑誌付録の水着ポスターが
張ってあって、なんかムクムクムラムラ来ても、穢れてないって言えるのかよ?

>耳を澄ましてごらん?何が聞こえているか、そこに意識を当ててみてごらん。
>その刹那、思考は止まっている。

何の音だろう?と意識して聴こうとする判断始めてる段階で思考停止してねぇだろうがよボケナス。

807 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 20:54:44.61 ID:/1tLb38q0
>>794
もうひとつ、思考に付いてだが。

あなたが嫌な気分になったとき、何を考えているだろう?
100%過去か未来を連想している。100%だ。
後悔、罪悪感、これは過去だ。
不安、恐れ、失望、これは未来だ。
だから今を生きよ、と言われるのだが、全く面白いことに、今に居るとき、
そのスタンスで未来に付いて想起してみると希望しかないことに気付くだろう。
そして過去は感謝に変わるだろう。

思考が悪いわけではないのだ。
妄想を駆逐することが目的でもないのだ。
思考があなたを苦しめているわけではない。
ただ単にあなたがあなたを離れ、ありもしない(あなたとはマッチしない)未来や過去を想起するとき、
不快感が来るんだ。
それは今ここにはないものだ。

思考を止める才能は役には立つ。
しかしそれは更なる思考を使う(受け入れる)ためだよ。
思考はストリームだ。
あなたは受信機だ。
もしあなたが受信機を止めたくなるのなら、その理由は「私には悪いことしか考えられません」という表明だよ。

808 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 20:57:02.10 ID:/1tLb38q0
>>806
>ふと壁に目をやったら、某秋葉系アイドルの雑誌付録の水着ポスターが
>張ってあって、なんかムクムクムラムラ来ても、穢れてないって言えるのかよ?

おまえはムラムラ来る性的衝動が穢れであると思い込んでいる。
その観念を有していると性に不自由するよ。

809 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 21:33:39.35 ID:fLVOrI7Z0
ID:EQf8pKdi0を突き動かすのは何なのか

810 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 21:38:14.37 ID:OZcEogv2P
読んでて分かりやすくて助かってるぞ

811 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 21:41:32.46 ID:SaUN4tOK0
>>809
オタクで中二病
大学生
現実に認めてくれる人がいない

自分は知的レベルが高いとアピールしたいが、
空回りしてイタい文章になる。
シニカルさを気取って誤魔化すが貫くこともできない

まだ社会経験がなく、そのことを不安に思っており、
手っ取り早く付け焼刃の知識で自分をアピール。
深く突っ込まれると分からない。

こんなとこか

812 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 22:32:00.62 ID:Q3c2XBNBO
なんだ…最近、ふと気付いて、俺だけとんでもないことを知ってしまったとガクブルしてたんだが、
杞憂みたいで良かった。天国も、地獄も(そういう空間があるという意味ではないけど)、因果応報も、虫の知らせも、
全部納得できちゃうんだよねぇ。

1さんありがと。またゆっくりこのスレ読んでくよ。

813 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 22:33:40.08 ID:5eikv9p/0
ID:/1tLb38q0 の言うことは多分正しいし、わかりやすくていいのだが
やはり、読むだけじゃ思考・理屈の域をでられないんだよね。
体験するしかない。

814 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 22:38:18.28 ID:fLVOrI7Z0
>>812
そうそう、迷いがなくなった境地こそが極楽

815 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:00:49.22 ID:/1tLb38q0
>>813
簡単なところから始めよう。
実際簡単なんだから。

ほんのひとときでいい。
そこに坐って一切の精神活動を放棄し、やることをやめ、心の重荷を下ろしてみる。
自分からなにかやろうという能動性を一切停止させる。
あなたはただ今起こっていることだけを感じている。
とにかく静かにしている。

そうしているとサインが来る。
最初のサインは安寧。
先ずそれを感じてみて欲しい。
この安寧はあなたが頑張ってやっと構築したアイディアによるものではない。
何かの哲学やありがたい教えから来るものでもない。
それは最初からそこにあったものだ。

本当はこんなことを書くべきではないんだ。
期待するから。
それを得ようとするから。
でも最初はモチベーションというエンジンがあった方がいい。
一切の精神活動を停止する、これは勿論、期待すら擲っている状態だよ。
静かになったらそのエンジンを停止して欲しい。
まっさらな受動体で居て欲しい。

ほんのひとときでいい、と書いたのは「精神活動を止めて今後どうやって生きてゆくんだ?」
と言った思考が湧くからだ。これは未来への不安だ。
ひととき精神活動を止めればそれはリフレッシュされる。
(坐る前、おでこの温度を確認してくれ。坐り終えたとき、おでこが冷えているなら精神活動が緩和されている証左になる)
重荷を背負いたかったらまた後で背負える。
しかしこんな体験を重ねてゆくと最早あなたは敢えて重荷など背負うことなど馬鹿らしくなってくるだろう。
そうなったらしめたものだ。

816 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:05:48.49 ID:/1tLb38q0
長々と書いたが、こんな単純なことさえ言葉にすると私のような痛い長文さんを演じることになる。
そして説明は説明で終わる。
何となく納得して、それいて何も変わっていない自分に気付く。

要は体験だ。

最後に空海が最澄に理趣経貸し出しを断った手紙を紹介しておきたい。
http://www.geocities.jp/tubamedou/SonotaButten/KuukaiSaichou/KuukaiSaichou.htm

今、満たされていよう。
いつかではなく、そのうちでもなく、今だ!

ここまで読んでくれてありがとうございました。

またお会いしましょう。
さようなら。

817 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:06:07.42 ID:fLVOrI7Z0
心身脱落

脱落心身

818 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:45:32.71 ID:5eikv9p/0
>>816
ああ、説明ありがとう。

体験しなきゃホントのところは分からないけど
そうやって書かれると、そういう世界があるんだなということは分かる。

それだけでも意味があることだと思うよ。

819 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:53:07.94 ID:SaUN4tOK0
>>816
ありがとう

820 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 23:54:51.96 ID:SaUN4tOK0
下げ忘れた

このスレ開いて良かったわ

821 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:01:07.12 ID:A+F1vBDr0
よくわからんけど独我論を超えて斉物論に行ったわけ?

822 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:04:10.58 ID:PQVZfNIn0
荘子は多分、仏教でいう悟りに達してたと思う

823 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:05:47.96 ID:buyOSZH/0
>>816
どうもありがとう。
ID:/1tLb38q0さん、何かすごい。もっと話して欲しい。
言葉は一面だけしか表わさないから、いろんな角度から聴きたいな。
また気が向いたらぜひお話ししてください。

824 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:09:04.61 ID:TPaWCvvg0
>>822
おそらく、そうでしょうな

825 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:19:30.32 ID:ex3D0CLE0
長谷部も俺なら、マツコも俺、サルコジも俺、真木よう子も俺で、ティクナットハンも俺・・・
だのになんで俺は俺・・・ などと考えてしまった。アタシ小さいわ。


826 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:25:33.75 ID:SL5OvIzg0
>>51
即出かな。90年代の映画でジム・キャリーの「トゥルーマン・ショー」
主人公の人生がTV番組で周りの人も役者。建物や風景もセット。主人公は全く知らない。主人公のジム・キャリーが途中で何かおかしいと思い始める映画。
私も小さい頃から自分の見えない所の人は…とか考えて不思議な気持ちになってた。
この映画見てぼろ泣きしたな。また見たくなった。


827 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:33:07.13 ID:S+zSxoSd0
>>808
>おまえはムラムラ来る性的衝動が穢れであると思い込んでいる。
>その観念を有していると性に不自由するよ。

ふーん。
喪前、そのうちセクハラで訴えられないように用心しろやボケナスwwww

>>811
>手っ取り早く付け焼刃の知識で自分をアピール。
>深く突っ込まれると分からない。

あのさ、深く突っ込んでもわからんような事に関して、こんな便所の
ラクガキ板の戯言つらつら眺めてさもわかったようなツラしてるあんたって、
ところでどれほどモノ知りなのさ?

滑稽極まりないわwwww


828 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:36:36.50 ID:TPaWCvvg0
ママー、あの人

829 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:36:57.31 ID:UVDU2MXx0

  どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!
   三           三三
        /;:"ゝ  三三  f;:二iュ  三三三
  三   _ゞ::.ニ!    ,..'´ ̄`ヽノン
      /.;: .:}^(     <;:::::i:::::::.::: :}:}  三三
    〈::::.´ .:;.へに)二/.::i :::::::,.イ ト ヽ__
    ,へ;:ヾ-、ll__/.:::::、:::::f=ー'==、`ー-="⌒ヽ   ←ID:S+zSxoSd0
  . 〈::ミ/;;;iー゙ii====|:::::::.` Y ̄ ̄ ̄,.シ'=llー一'";;;ド'
    };;;};;;;;! ̄ll ̄ ̄|:::::::::.ヽ\-‐'"´ ̄ ̄ll



830 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:43:07.98 ID:S+zSxoSd0
>>815
>(坐る前、おでこの温度を確認してくれ。坐り終えたとき、おでこが冷えているなら精神活動が緩和されている証左になる)

それ単に、長時間座り続けてたことでアタマに昇ってた血が下半身に下りて額が冷たくなっただけのハナシだろが。
なんも考えずにノウミソの活動休止して座ってりゃ、誰だってそうなるわなw

>>816
>最後に空海が最澄に理趣経貸し出しを断った手紙を紹介しておきたい。

結局使い廻しかよw
で、どこの禅寺の警策持ちだコラ。
ゴミみたいな長文で水増ししなきゃ不安で仕方ないようなら、もう二度と書くなやw
つか、読んでわかった気になってもまるで無意味だと、本当にわかってんのかよ?


831 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 00:45:24.50 ID:S+zSxoSd0
単なるボウズ崩れの自己満足を満たす為だけの戯言に
知らずに付き合わされる奴らが、見るからに滑稽で哀れ
だとおもったのさw

832 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:01:31.04 ID:W8yOmfiqO
>>807
ID:/1tLb38q0を否定するわけじゃないが、この一文はヒドいな…
真理(らしく思えるモノ)を語り説き伏せようとしている姿勢が気にくわない

>あなたが嫌な気分になったとき、何を考えているだろう? >100%過去か未来を連想している。100%だ。

当たり前だろwww
詐欺師かお前は

過去か未来でない何かは現在しかない。現在なんてのは刹那の間に過去になる。
現在なんてのは座標でしかないんだから、思考の対象が過去か未来しかないに決まってる

833 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:16:48.19 ID:S+zSxoSd0
>>832
所詮どこかの禅寺かなにかの公案ボウズではないかと。

次の素人接心大会の時の禅境導入ブツブツ説教ネタでも漁りに着たんだろうよ。
このナマグサ怠けボウズがとw

834 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:18:16.72 ID:W8yOmfiqO
>>831
EQf8pKdi0 = S+zSxoSd0 で良いのか?

>単なるボウズ崩れの自己満足を満たす為だけの戯言に
>知らずに付き合わされる奴らが、見るからに滑稽で哀れ
>だとおもったのさw

ボウズなんてもんは元来そう言う生き物だろ。それを取り巻く周りの人間達も。
ボウズがヒマにかまけて考えた教えを、何もしらん凡夫達がありがたがって聞く。
これが仏教だとか宗教ってやつじゃないか。

まぁ少し落ち着け

835 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:19:52.93 ID:W8yOmfiqO
>>833
まぁ現代的で合理的なボウズじゃないか。
広い心で受け入れてやれよ…

836 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:41:34.30 ID:S+zSxoSd0
>>834-835
ID替わっても、文体までは変えれんわなw

>ボウズなんてもんは元来そう言う生き物だろ。それを取り巻く周りの人間達も。

そりゃそうだけどよ。
この不景気で更なる国難に見舞われる昨今、ナマグサ怠けボウズがてぐすね引いて
沸くのは尚更許せんのよ。

>まぁ現代的で合理的なボウズじゃないか。

宗教法人の年間所得に累進課税始めるってのなら、少しは落ち着いてやるw
こういう火事場で濡れ手に粟とか、言語道断だわ。

比叡山や京都の大寺院は、今年の参拝者の観覧収益を全額被災地に寄付してみろやと。
せめて賽銭箱のカネは全部吐き出せと。体よく別途募金箱だけ用意して、コレは別会計でw
とか、ふざくんなとw
つことで、オレは暫くの間、神社仏閣に行っても本堂への賽銭は一切やらん事に決めてる。
遠くの寺社ならどうせ記念にお札やお守り買って帰るんだし、その方が、お守りグッズ製作
業者の収益にもなるわけで、ちゃんと現代的な功徳に繋がるわなw

837 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:50:35.38 ID:PQVZfNIn0
うわあ、酷いな

838 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:52:55.75 ID:WfCOyUdE0
>>836
>少しは落ち着いてやるw
ID:W8yOmfiqOのお蔭でエゴが満たされたな。
愚かなやつだ。

839 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 03:53:24.06 ID:0v6egXyMO
一人しかいないから分けれないじゃん?出会いなんてないじゃん?超絶孤独じゃん?で、脳ミソが分離を作って一人じゃないを楽しんでんだよ
脳は五感覚で分離させてるの。

般若心経だね



840 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:13:19.58 ID:m+eDTuRb0
>>836
かなりのバカとおみうけしました

841 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:14:14.93 ID:S+zSxoSd0
>>838
そうやって今北産業の白痴晒して喧嘩吹っかけてエゴ満たしてるお前は、
何様よw
ゴキブリ並に愚かだわな。

>>839
>脳ミソが分離を作って一人じゃないを楽しんでんだよ

ナモナモ大仏とか燃費観音力なw
一心に仏名唱えて、、仏さんが居るから・・・と。
ある意味真理なんだろうけど、般若心経は、そういうの空しいから仏さんのお迎えが来るまでアキラメロンw
って言ってる部分もあると思うのよ。




842 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:15:22.11 ID:S+zSxoSd0
>>840
さっさと日課のお経アゲル仕事に戻れやナマグサ怠けw

843 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:17:47.45 ID:S+zSxoSd0
時間からすると、寝ぼけの怠けボウズが起き出して
仕方なく経読む時間帯なわけだw

844 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:18:01.59 ID:m+eDTuRb0
>>842
全ての人が坊主に見えるの?

845 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:19:29.12 ID:WfCOyUdE0
>>841
>あのさ、深く突っ込んでもわからんような事に関して、こんな便所の
>ラクガキ板の戯言つらつら眺めてさもわかったようなツラしてるあんたって、
>ところでどれほどモノ知りなのさ?

>滑稽極まりないわwwww

>そうやって今北産業の白痴晒して喧嘩吹っかけてエゴ満たしてるお前は、
>何様よw
>ゴキブリ並に愚かだわな。

人格障害かおまいは?
まんまおまいがやってることじゃねえか。
こんなスレにはたいていこんなキチガイが降ってくるんだよな。
根性捻じ曲がりすぎだ。


846 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:20:00.11 ID:S+zSxoSd0
>>844
時間帯からしてなw
この時間に起きて仕事に行く準備してるるまともな仕事人は、
こんな時間にこんなスレ読まんだろ。

847 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:21:03.44 ID:WfCOyUdE0
>>846
今書き込んでいるやつはみんな坊主なのかこのキチガイ。

848 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:22:15.24 ID:g48QHIm40
>>832 私ならばリアルでリアルタイムに今
君に不快な思いを体験させることが可能

それでも当たり前といえますか?希望であれば現実化して

さしあげますv

849 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:22:38.04 ID:m+eDTuRb0
>>846
おまえのレスほどダメ人間の香りを醸し出すレスもそうそうないな。
おまえはニートだろ。

850 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:24:39.04 ID:S+zSxoSd0
>>845
で、オブラートに包んだ物言いで、真綿で締め付け人を腐らせるような
いわゆるボウズの戯言をまんまと邪魔されて怒り狂ってんだろ?

人格?障害?
じゃ、お前がマトモと評価しうる人格の基準とやらを明記してみろやw

良識ぶった丁寧語で偉そうにご高説垂れてる長文は決して批判しないとか、
その程度の人格かよ?w

851 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:25:56.45 ID:g48QHIm40
坊主に何を期待してるの?
お前の言う坊主って悟ってるの?

現実社会で苦しんでる人はすでに何人も

さとってるんだけど きがつかない?

へぇぇ めぐまれた かんきょうで たかみの

けんぶつしゃ 殺す かみ

852 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:27:36.80 ID:S+zSxoSd0
ほらな、そうして束になってレッテル張りの個人攻撃。

あれか、他宗排斥は、日蓮さんの特質だわな。
さっさとゲッキョの題目叫び続ける日課にもどれやw

853 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:30:13.12 ID:m+eDTuRb0
>>852
いえ、先にレッテル貼りまくってたのはおまえ。
君はチョン以下だね

854 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:31:25.19 ID:S+zSxoSd0
>>851
プッw

で?

ひらがなで 空白いれ て かけば ぶきみに みえる とでも おもって ん の

想像力の欠如、これに極まれりだな。
即物的だから、そうなる。
カネ勘定ばかりに血道をあげるから、そうなるw

855 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:33:21.72 ID:WfCOyUdE0
>>850
>で、オブラートに包んだ物言いで、真綿で締め付け人を腐らせるような
>いわゆるボウズの戯言

は?
ああ、なるほど。
おまいは長文さんの文章が苦しかったのかw
で、批判せざるを得なかったと。

まるで朝鮮人だなw

856 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:33:44.80 ID:S+zSxoSd0
>>853
え?
個人じゃねぇよ途中からほとんどボウズにレッテル貼ってたんだけど?

おゃ?

なんでそんなに噛み付く?
ボウズか、ボウズとかなり親しい間柄なのか?フーン。
プッw





857 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:35:35.72 ID:WfCOyUdE0
>>852
>ほらな、そうして束になってレッテル張りの個人攻撃。

いや、普通におまいが痛すぎるから。
束になっているように見えるのはおまいの被害者意識だ。
だから人格障害なのだよ。わかったか下郎。

858 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:36:11.53 ID:m+eDTuRb0
>>856
いや壊れたオモチャは徹底的に壊すのが東亜板のしきたりでね

643 :本当にあった怖い名無し[]:2011/05/25(水) 18:47:24.98 ID:EQf8pKdi0
>>642
なんと?
後門に親指を入れる意味のジェスチャーとな?・・微妙にナマナマしいなぁ。ある意味、具体的だなぁ。
それが通念として通用しちまういうことは、日常的に親指入れて、、、何してるんだやらないか?
いや・・お尻から入った砂を時々独りでホジホジする習性があるんだな。きっと。砂漠地帯だし。
海で水着きて泳いでると、確かに時々気になるしな。コドモとか、時々ホジホジしてるし・・・アツー!


おまえのこの書き込みから人並みの知性を感じ取るのは難しい

859 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:36:46.18 ID:WfCOyUdE0
つかなんで坊主なんだ?
坊主がどっから出たんだ?

860 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:38:04.54 ID:S+zSxoSd0
>>855
・人格障害
・朝鮮人

オレの事をさしてこの形容とな。

おい、低脳w
その前に、朝鮮人に失礼だとは思わんのか?朝鮮人は人格障害・・・と言ってるような
もんだぞ?

こういう輩が、良識派の聖人気取りでボウズ崩れの戯言を殊更ありがたがるとかw

861 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:39:18.82 ID:WfCOyUdE0
>>860
ああ、朝鮮人と人格障害者に謝ろう。
おまいを彼らに例えるべきではなかった。

862 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:41:49.99 ID:S+zSxoSd0
>>858
当たり前じゃんw

こんな便所の戯言板では、知性のカケラも見せたくないわけよw

しかも、一番オゲレツテイストで書いてそうなやつだけ拾ってくるとかwwww
さすが隔離東亜でオレ様気取りな糞チキンw

レス版狙いのAA狙撃ごっこでもシコシコやってろやw

863 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:43:00.18 ID:S+zSxoSd0
>>861
ウソツケ。
このエセ良識派の偽善者め。

書けば書くほど傷口広げる典型だなwwww

864 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:44:02.24 ID:WfCOyUdE0
>>863
いや、マジで人格障害者と朝鮮人に謝る。
おまいはそれ以下だった。

865 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:46:21.03 ID:m+eDTuRb0
>>862
>こんな便所の戯言板では、知性のカケラも見せたくないわけよw

おまえは何一つ取り繕うこともできず、負け犬として惨めな言葉を吐くだけだな。
おまえには知性がないのに誤魔化すなよw

866 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:46:21.73 ID:S+zSxoSd0
つか、なぜ東亜の奴がこのスレ見てるのさ?

おかしくね?

>>864
まぁ、予測不能なキチガイと認定するなら、寧ろ光栄だわなw
どぞご自由にwww

867 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:46:34.82 ID:g48QHIm40
>>854
君、国語能力やばすぎ
くうはくけしてごらんよ 成立しない文法

868 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:47:55.42 ID:m+eDTuRb0
>>866
おまえが香ばしすぎるからに決まってるだろ

869 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:47:59.05 ID:WfCOyUdE0
>>866
>まぁ、予測不能なキチガイと認定するなら、寧ろ光栄だわなw
>どぞご自由にwww



反論できなくなったらから居直るわけですね?

勝利宣言来ました。

870 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:48:31.42 ID:g48QHIm40
>>868
自供乙 君、ジャスミン革命で殺される

871 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:51:11.31 ID:m+eDTuRb0
>>870
えーっと急にそんなこと言われても困るんですけど

872 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:51:25.10 ID:WfCOyUdE0
>>866
つかなんで坊主が出てくるのかそこんとこ宜しく。
俺は疑問があると眠れない性質でね。

873 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:52:13.43 ID:S+zSxoSd0
>>865
涙目で一番おバカなレス拾ってきてるお前に吐いてやる言葉は無いわ。

取り繕う?
なんで取り繕う必要がある?
取り繕うつもりなら、ハナから罵詈雑言なんて吐かんわw
刺されて取り繕って、しまいにゃID変えてしれっと自演工作して・・・・
それが東亜オレ様クヲリテーか?ワロスw

874 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:53:18.09 ID:WfCOyUdE0
>>873
>しまいにゃID変えてしれっと自演工作して・・・・

精神障害の兆候です。

875 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:55:44.64 ID:m+eDTuRb0
>>873

> 刺されて取り繕って、しまいにゃID変えてしれっと自演工作して・・・・
> それが東亜オレ様クヲリテーか?ワロスw

全部お前のやったことだろw
ついでに言うと、オレは東亜板住民ではなく生粋のオカルト板住民だよ。
おまえにぴったりの言い回しを使っただけだ。
壊れたオモチャが

876 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:56:18.70 ID:S+zSxoSd0
>>869
反論以前に、おまえ、完全に良識派気取りで二枚舌な偽善者なの
露呈して積んでるだろw
これだから、負けを認められん良識派気取りなプライドの肉塊はw

>>872
ボウズっぽいから、ついでにボウズ叩くネタ投げてみただけだけど?
で、なんでそんなに噛み付くのさ?やっぱ、ボウズかボウズと親しいのか?w

877 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:58:19.80 ID:PQVZfNIn0
おいおい、おまいら、あぼーん機能ないのかよ
荒らしの対処の原則知らないわけじゃあるめ?
無駄にレス進んじゃうと、次スレできちゃうぞ?

878 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 04:59:41.29 ID:WfCOyUdE0
>>876
坊主っぽいて誰が坊主っぽいんだよw
つかおまい坊主なのか?

>完全に良識派気取りで二枚舌な偽善者なの

俺が良識派気取りに見えるのも完全に精神障害の兆候です。
おまいが人格障害や朝鮮人以下だったことを彼らに例えたことを彼らに謝っただけのことです。

879 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:01:29.23 ID:S+zSxoSd0
>>875
全部お前のやったことだろw

おれ、IDカエルなんて24時廻るまでできねぇし、
文体変えるなんて器用なことできねぇしw

>生粋のオカルト板住民だよ。

ニュー速でいう、生粋の日本人だけど・・・と同様のニュアンス感じるわwwww

面白いなぁ。
一斉に沸いてくる辺りがな。時間帯も、あの板と同じだわwwww
しかも、こんなポエムで散文的なネタのスレで沸くとは。

880 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:04:25.48 ID:WfCOyUdE0
>全部お前のやったことだろw

なるほどこれが壊れたおもちゃなのか。
スレがもったいないのでこれで退散するわ、な、壊れたおもちゃさん。

881 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:05:31.14 ID:S+zSxoSd0
>>878
オレにまんまと刺されて、二枚舌で謝る時点で
完全に偽善者だわなw

もうやめとけや。その辺でw
その文体に良識糊塗したプライドの肉塊よw


882 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:07:44.32 ID:m+eDTuRb0
>>879
もう言うことがなくなると惨めだな、低能
最後までレッテルだけか

ではオレも周りに迷惑だから消えるわ、壊れたオモチャ

883 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:10:08.38 ID:g48QHIm40
なに 加速してるな なにがあった

884 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:11:43.10 ID:S+zSxoSd0
>>880
ずざけんなよwww

ID変えて自演してなんて不埒な真似はしてないぞ。
オリジナリテーあふれるわかりやすい文体もそのままだぞコラw

壊れたオモチャは東亜の白痴だろ。
何がそんなにいきり立つ理由になってるのか知らんけど。
オレ、東亜なんて一切カキコミしてねぇし。

なんでだよ?不思議だわw

885 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:14:15.04 ID:g48QHIm40
くくく〜 せかいには何億人いるとおもってんだぃ byぎろろwww

886 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:15:23.73 ID:S+zSxoSd0
>>882
>最後までレッテルだけか
>ではオレも周りに迷惑だから消えるわ、

>>壊れたオモチャ

プッw

全部ブーメランになるんだよな。
低脳が噛み付くと。
てめぇの足下の泥、ちゃんと確認しないとアジトのリーダーに撃ち殺されるぞw

>>883
そろそろ落ちようと思ってたのに、一斉に沸いてきちゃったのさ。
多分、近所のパチョンコイベントに並ぶ前のパチョンカスだよ。
この時間帯からすると。


887 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 05:20:11.14 ID:Sl87qsU3O
おや。スレを上から通して見てきてる人も多いだろうし、気付いてると思うけど、埋めたがってる人がいるね。
そういう人には逆にとるに足りない話だと思うんだけど、なんでだろ

888 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:04:19.81 ID:W8yOmfiqO
>>848
お前は ID:/1tLb38q0 か??

889 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:09:58.54 ID:W8yOmfiqO
>>848
いや…違うみたいだな… ID:/1tLb38q0本人なら重度アルツハイマー並みの記憶力だな
まぁ文盲には変わりないが

>私ならばリアルでリアルタイムに今君に不快な思いを体験させることが可能
>それでも当たり前といえますか?希望であれば現実化して さしあげますv

よく読めよ残念君www
思考を行う対象を取るときの過去、現在、未来についての考察だが…
リアルにリアルタイムで愉快なレス返すなよwww
体験は現在以外はなかなかないだろ残念君?

890 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:18:21.55 ID:W8yOmfiqO
>>877 よし!! 次スレ頼んだ
【マジキチ】坊主ラブなS+zSxoSd0を生暖かく見守る会【妄想】
ぐらいで

891 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:23:22.52 ID:W8yOmfiqO
>>872
寝たか??
なぜS+zSxoSd0が坊主に固執するかの私見。
/1tLb38q0にS+zSxoSd0(昨日はEQf8pKdi0)が対向意識を燃やし、/1tLb38q0をヘタレ坊主と決めつける。

そこに坊主養護書き込みやらS+zSxoSd0批判書き込みで、S+zSxoSd0はスネる…

S+zSxoSd0の敵意は坊主一直線。もう坊主しか見えない今日この頃。
ニートなS+zSxoSd0も仕事が手につかなくて困っちゃう

892 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:41:42.39 ID:W8yOmfiqO
>>886
平日5時から朝一並ぶぐらいのイベントやってるパチンコ店が近くにあるなんてうらやましいな。
お前ニート辞めてパチプロになれよ

893 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:53:43.98 ID:S+zSxoSd0
>>891
>寝たか??

プッw
負け犬の遠吠え必死だな。

まぁ、あくまで私見だが、愛宕さん祀ってる感じの地方の禅寺は、
ブサ気質が強いと思うわけよ。
明治天皇に神仏分離で改宗迫られた挙句、お宝燃やされまくった
わけだから、天皇大嫌いになるのも当然だが。
で、禅寺の癖に、なんで未だに護摩炊く護摩壇をお堂にしつらえる
のかとw
こういう恨みタラタラのボウズは、大嫌いなわけよ。

まんまとJALをせしめて更にソーラー発電利権でメシウマの京セラ稲盛も、
民主党の小沢・前原ととズブズブな臨在の得度ボウズだしなw

ナマグサボウズ丸儲けで濡れ手に粟とはこのことw

894 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:55:04.19 ID:S+zSxoSd0
>>892
独りで埋め立てご苦労w
あんまり調子こいて煽ると、さらに色々良からぬ罵詈雑言まで
バリバリ吐くよ?w

895 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 07:58:56.30 ID:S+zSxoSd0
>>892
>平日5時から朝一並ぶぐらいのイベントやってるパチンコ店が近くにあるなんてうらやましいな。

へぇー。そういうもんなんだ。えれぇ詳しいな。
思ったとおり、さすがリアルパチプーwwww


896 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 12:31:54.76 ID:yvGWZwOy0
この展開のせいで、>>1が出るに出られず途方に暮れてるんじゃないか?

897 :788:2011/05/26(木) 12:33:13.32 ID:6K68u9mR0
うわ、スレ伸びてるな!
>>794
>>805さんが回答してくれました。ありがとう、>>805さん

>>799
>単純にレム睡眠に移行する途中の出来事だろ。
簡単な言葉ですましているけど、なぜ映像が出てくるのか、
夢を何故見るのかって事は解明されていないんだよ。
医学で解明されていると言う妄信、これが落とし穴だと>>795は言っているのでは?

898 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 12:42:58.74 ID:PXCPF0KU0
これでは道化だよ

899 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 17:42:41.36 ID:W8yOmfiqO
>>893 うわぁ…
S+zSxoSd0こいつに構って申し訳なかった。
アンカ先の見方とかIDがわからんらしい

>>1が戻ってきて元のようなスレになる事を祈るよ。

荒らしてゴメンな

900 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 18:50:07.81 ID:SUA/V3jZ0
>>897
>簡単な言葉ですましているけど、なぜ映像が出てくるのか、
>夢を何故見るのかって事は解明されていないんだよ。

なんでかねぇ?別に興味ねぇけどw
で、お前はそれ解明できんの?妄想レベルのハナシじゃなくてなw

>医学で解明されていると言う妄信、これが落とし穴だと>>795は言っているのでは?

ふーんw
で、その落とし穴に嵌っているであろう人物を、まぁ長文催眠まがいの手法で引きずり上げて、
その後どうすんのさ?
文明的生活を捨て、裸になれと?・・・で、家財一式投げ打てと?危ない危ないwww 
その後に、こういう繋ぎ方もできちゃうわけよ。>>795の言い回しは。

>>899
>1が戻ってきて元のようなスレになる事を祈るよ。

おまえ、散々オレの荒らしに悔し紛れに加担させられた癖に、
最後は他力本願かよ?
おめでてぇなw


901 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 18:59:09.56 ID:hiXuh6yHP
ID:S+zSxoSd0
ID:g48QHIm40
ID:m+eDTuRb0
ID:WfCOyUdE0
ID:W8yOmfiqO
--------
こいつらまとめてNGIDにするとすっきり

902 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 19:04:10.87 ID:6K68u9mR0
>>900
家財一式投げ打てなんて事を言い出したら、そりゃ危ない連中だろ?
それ位はわかるだろw
今の寺や坊さんは全部とは言わないが、職業になってるからね。
坊さんに払うお金で戒名が違うとか、戒名で死んでから行く世界が違うとか、
アホらしいとしか思えないんだが、あの世にお金関係ないだろとねw
つまりお金で今の世界が巡っている以上、これはしょうがないから。
まだまだこの社会全体が幼いと言う事だよ。
競争をさせられるように子供の頃から教育されているんで、抜け出せないんだよ。


903 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 19:05:28.92 ID:SUA/V3jZ0
>>901
ふーん。4人掛りか。おもしれぇw
ID:S+zSxoSd0は、オレな。
ついでにアボンしといて。
もう飽きたから、来ないけどw

904 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 19:11:46.06 ID:SUA/V3jZ0
なんだよもう。ヒトがこねぇって書くタイミングの前で書くとかw
>>902
>そりゃ危ない連中だろ?

で、掲示板のカキコミから危ないか危なくないかなんて
どうやって判断するのさ?
丁寧でわかりやすい長文は、危なくない!!とでも?フーンw

>つまりお金で今の世界が巡っている以上、これはしょうがないから。
>まだまだこの社会全体が幼いと言う事だよ。
>競争をさせられるように子供の頃から教育されているんで、抜け出せないんだよ。

えらい上から目線だね。
だから、ナマグサボウズもオケだとw
宗教法人に対する累進課税の必要性なんて、言語道断とwwww

じゃ、オレがナマグサボウズを差別し続けるのもオケだわなw


905 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 19:14:11.74 ID:Dhl5zNmB0
>>1の体験は臨死体験とだいぶ被るもの(当然か)だと思うけど、
臨終の時は誰でも否応なく悟ることになるのかな?
早いか遅いかの違い?
生きている間に悟ることで、何か臨終の時に選択権を得られるのだろうか。

906 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 19:39:59.47 ID:TPaWCvvg0
>>905
生きている時の大悟→輪廻する迷いの主体が消え、輪廻から浄土への解脱

907 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 21:15:24.09 ID:pb+bYzza0
>>805>>807>>815>>816

どうもありがとう!

一日に隙をみては何回もその感覚チャレンジしているよ!
静かになりそうな直前に思考がすぐ戻って来るけど。
でも近づいてる気がしてる!言ってる事が、リアリティある感覚で想像出来るようになってきたし。
とにかくこれからもやっていくわ!

>>797
ニューアース、ぐぐってみたが面白そうだね!これ次読んでみる。


体験に挑戦しつつ、知識も求めてしまう。
疑問だとかを外堀から埋めて行く事で安心感を強めたいのかも。

908 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 21:56:48.25 ID:pb+bYzza0
>>897
夢の話は、夢や睡眠と思考停止って違うのかなと思って。意図的な思考が無い状態なのに勝手に夢を見たりしてるから。
熟睡の記憶喪失は思考停止なのかもしれないけど1のような体験とは全然違うもんね。
>>795の言ってる事は難しいけど何となくわかる。いわば、この何となくわかるという感覚を言葉にしようとすることに、無自覚に囚われるとその罠に落ちる みたいな。事だろーか。

>>905>>906
その辺も凄く興味が有るな!
思考ってのは脳じゃなくて魂なのか。

909 :本当にあった怖い名無し:2011/05/26(木) 23:25:45.32 ID:6K68u9mR0
>>904
そりゃ危ない連中だろ?ってのはあんたが言い出した事だろ?w
それこそどうやって判断するのさ?

まてまて、俺は宗教団体って嫌いだぞw
何か言ってることが食い違ってるぞw

んでな一言いっとくが、悟りと宗教は全く別物だぞ。
キリスト教や仏教などもイエスや仏陀が本人が開いた宗教じゃないぞw

910 :本当にあった怖い名無し:2011/05/27(金) 13:02:01.37 ID:QxTiM3+P0
まず、人間の性格はみな同じ、という幻想を捨てましょう。

自然に何か考え続ける人もいれば、そうでない人もいる。
思考停止ができる人は元々物事考え続けない人なんだよ。

延々と説明されるとイライラしてキレる人っているでしょ。
ああいう人は考えることが苦手で、単刀直入を好む。

911 :本当にあった怖い名無し:2011/05/27(金) 13:20:23.40 ID:mj4sVEzq0
>>909
>>902>家財一式投げ打てなんて事を言い出したら、そりゃ危ない連中だろ?

何言ってんのお前?不用意に意識丸裸にしてアタマがパーになってんじゃねぇの?

>宗教団体って嫌いだぞw

で、下らんスピとかにうつつを抜かして公然と野狐禅に没入するわけねw
これって宗教じゃねぇし、なんか流行ってるし・・・・wと。

思考を止めて雑念を廃するってことは、自らの意思で自分の意識を丸裸に剥いてくってことなのよ。
いわゆる変性意識ってやつだ。
まぁ、ナチュラルハイの一歩手前の状況ともいえるわけだが、その後アッパーに移行させるかダウナー
に移行させるかは、一体誰が決めるのさ?個人の資質に委ねられるとでも?
あー。座るための部屋の内装とか調度品とか、セッティング次第ってのもあるかw
次第にハイが得られなくなれば、まぁ、ちゃんとお膳立てされたセッティングが見込める怪しげなセミナー
に湯水のようにカネ流し込むようになる可能性もあるわけだw

ヤクの売人がハッパや玉で違法の境界踏み越えさせてから、徐々にシャブやヘロインといった廃人セットに移行
させてしゃぶりつくすのと同じ図式を当てはめる事も可能なわけよ。
しかも、まるで違法じゃねぇから、公明正大に店を広げられるわけだw

>んでな一言いっとくが、悟りと宗教は全く別物だぞ。
>キリスト教や仏教などもイエスや仏陀が本人が開いた宗教じゃないぞw

全く別物?
おめぇの御託はまるでなってねぇからw
宗教アレルギーな奴が、まともに変性意識乗りこなせるとは思えんわ。
まぁ、せいぜい頑張って至高の体験とやらを目指してみろやw
なんとなく、宗教大嫌い!!な、ブサ主導の臭いがするなw


912 :本当にあった怖い名無し:2011/05/27(金) 13:40:11.87 ID:mj4sVEzq0
偉そうに御託並べる糞ボウズは大嫌いだが、
宗教そのもを否定するつもりは毛頭ないからな。
長年の経験則に基づいて蓄積された様式ってのは、
なかなかバカにできないわけよ。
どうやって自分なりに応用してモノにするかって事に関しては、
まぁ、個人で勝手にやる場合は完全自己責任になるんだろうなぁ。
そいうことちゃんと明記しないで、怪しげな体験談先行で喧伝するとか
その上、信者がひたすらありがたがって見せるとか。
こういう流れは、全て眉に唾して見ておけば、まぁひとまず安全だろうとw

あとは、信頼の置けるパートナーと徐々に試して見るしかないだろうな。
一方が没入している時は、一方はシラフで居れるように。
禅寺で警策持ちが居るのは、それゆえだろw
相手のツラや素性がみえねぇようなこんな場所で、そうそうゼロから体得
できるようなもんじゃねぇと思うけど。

おい、禅寺のナマケボウズ。ちゃんと宣伝しといたぞw
まぁ、朝のお堂で、どこの誰かもわからんおっさんやおばちゃん達と一緒に
なんか座りたくない・・・という、今時草食系な若者が、スピに流されてるって
事もあるかもしれんわなw

913 :本当にあった怖い名無し:2011/05/27(金) 23:53:30.81 ID:XUy0jOaF0
誰だよ?

あんなバカでかい台風呼んだのは?

あとは分かるな?


914 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 00:02:15.26 ID:0G35bZiz0
どうしたどうした?
落ち着けよ
何でそんなにあわててるのさ

915 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 00:02:59.82 ID:0G35bZiz0
台風かー
明日は晴れると有難いんだが。

916 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 02:38:17.63 ID:bf3pKSUc0
スレチだけど台風直撃ですね、このままだと

ところで神秘体験と言えば、仏教や道教の境地とキリスト教文化圏の神秘体験は大分違いますね。
キリスト教文化圏には性的絶頂と近い神秘体験の記録がたくさん残されているのに対し、
仏教ではチベットに由来する密教くらい(私が不勉強なだけかもしれませんが)
仏教ではそうした神秘体験の存在感を知ってはいるがあまり高く評価しない傾向があるみたい。
>>1の体験した境地はどういう位置づけになるのか知りたいところ。

917 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 02:39:36.93 ID:bf3pKSUc0
>>916
存在感 ×
存在  ○

918 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 14:39:30.88 ID:yR44tqRl0
夢の中の話なんだけど、非常識な人達に迷惑かけられて嫌な思いして目が覚めた。
目が覚めた後、それは現実に起こったことではなく、自分が勝手に見た、自分が作り出した
夢の中の出来事であり、それでも自分の感「怒り」という感情は感じてた。
現実の世界も、本当は夢見てるようなものなのかな?
自分が作り出した世界に対して怒ったり喜んだりしてるのかな?
だとしたら、喜びの世界を作るのにはどうしたらいいんだろう。
こういう感覚って、世界には自分しかいないって感覚と同じ事?

919 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 15:11:58.39 ID:L+yJ0wpi0
喜び以外の感情や(喜びと関連しない)現象を意識的に排除してみたらどうだろう
慣れれば「喜び以外」のものを無視出来るようになるかもしれない

920 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 16:08:27.15 ID:yR44tqRl0
なるほど。
無視できないという事は、その存在を認めてるという事だもんね。

921 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 23:29:41.76 ID:i6oOR6yM0
喜怒哀楽というくらいだから、喜びは相対的な感情でしょう。
怒り、悲しみ、楽しみの区別があるから、喜びも感じられる。
世界が喜びだけなら、何が喜びかわからないでしょう。

ただ喜怒哀楽の区別をつけない訓練はできるかもしれない。
出来事に、善悪や是非や喜怒哀楽といった、エゴによるレッテル貼りをしないで、
起きたことをただ認めていく。
白隠の「おおそうか」みたいに。

922 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 00:17:25.53 ID:RnJs0ol/0
>実は彼らは自分の体の一部だっていうこと知ってた??

神が日本民族に与えた最大の試練は、自然災害でも
、日本とホピをつなぐためにホピのウランで犠牲になってくれた
ことでもなく、朝鮮のすぐそばで生きることの辛抱こそ最大の
試練らしい。そしてこんな得たいのしれない生き物が全体の
一部であることを認める試練。俺には無理だな。

923 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 00:19:31.02 ID:Dqc91nhe0
頭で解っていても難しいよね。
傷付いたりして、それは何故傷付くのかなんて分からないけど心臓がキュッとなるような、背筋が寒くなるような、感覚。
嬉しい時はドキドキしたりするし。
頭よりも、身体的な感覚をともなうリアリティな感情。
赤子が大きな物音を怖がったりするのと同じく、生理的な問題もあるのかと。

924 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 10:18:52.17 ID:jS8Vws+20
おはようおまいら\(^o^)/

>>918
おれもそういう経験あるよー!
たぶん夢の世界も現実世界も
同じなんじゃないかな!
理論的に言うなら、夢のベースは無意識だけど
現実の世界のベースは総合無意識。
もしかしたら夢の中っていうのは現実ほどガチガチになってない
もうひとつの現実なのかも!

925 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 11:05:53.20 ID:cmu4i6WSO
俺様も来てやったぜ
ノシ

926 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 11:20:58.80 ID:x4+12vgr0
>>924
かもね。

927 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 12:04:30.45 ID:3ffOnpZ+i
結局感覚は脳で作り出してるしね。
夢の中の様々な感覚、それも自分で作り出してるんだから。
明晰夢 -夢の中で夢と自覚してコントロールする- はこの世で目覚める事と似ているね。

928 :本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 19:41:17.15 ID:sbXcSsz10
>>927
感覚はそうだと思う。ただ、「意識」がどこに存在しているのかな。
生体脳移植が鍵を握ってると思う。動物実験では成功してるんだっけ?
でも、この巨大なゲームのルール的に、人間では成功しないのかもしれないね。

929 :本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 22:05:13.30 ID:JHG1zAOT0
ちなみに、臓器移植するとドナーの記憶まで相手に移植されます。

930 :本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 23:22:50.14 ID:sbXcSsz10
>>929
記憶転移っていうのか、初めて知った。すげえな。

931 :本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 07:28:20.18 ID:pIeqG+Zm0
陰陽道なんかだと人には魂魄(こんぱく)があって、魂は精神を支える気、魄は肉体を支える気で、
魂は陽で死ぬと天に帰り、魄は陰で死ぬと地に帰り、キョンシーは魂の抜けた魄だけの存在なんだよね。

んで、魄は喜怒哀楽とか愛とか欲望とか感情面からなるから過去に執着し祟る場合もあると。
だから臓器移植で相手に移るのは魂の抜けた魄で、過去への執着が相手に移ってしまう。

932 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 08:34:32.83 ID:nTbgvKaZ0
そんな難しい事ではないと思うよ。
細胞全てが脳に近い働きをしているから、それの影響かと。
全ての細胞が、感覚器官であり、記憶装置であり、処理装置であると言える。
だから、つきつめれば、体の全ての細胞は大事にしないといけない。

小腸とかいい例だね。
指先等も、神経系が集まっている所は脳と同じように記憶と処理領域がある。
指先は脳が間違いに気付く前に間違いに気付くぐらい頭が良い。

933 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 13:02:34.08 ID:zVs7gFXt0
ドグラ・マグラ?

934 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 19:44:53.67 ID:ei3n5WWn0
>>932
そうか、器官レベルで意思を持ってるというのなら、話が分かりやすいな。
もう少し進めて、分子レベルで見れば、死んだ後に拡散して他の生物に(無機物にも)再構築されるわけだから、
世界全体に同じ意思が広がっているというのも頷ける。

935 :本当にあった怖い名無し:2011/06/08(水) 17:00:05.33 ID:26+31FKa0
>>932
>指先等も、神経系が集まっている所は脳と同じように記憶と処理領域がある。

楽器とか、もう陶酔しながら手癖で弾いちゃうという感じのアレかw

936 :本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 06:48:21.63 ID:0018J3j00
>>935
まさにそんな感じだねw
ことループマシンと空間系エフェクター使用してインプロビゼーションを行う際にはだんだん忘我の状態になってきて、一種のトランス、憑依状態となる。
自動筆記に近いと云える。

937 :本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 02:47:24.26 ID:mIOWIsEH0
>>936
>ことループマシンと空間系エフェクター使用してインプロビゼーションを行う際には

うはぁw
それ、なんて にせんねんもんだい?
多重でリフ重ねて空間系で左右にうねらせて、さらにソロに入る感じだねw
というか、ソロやりながらループでリフも刻んでる感じか。
あれ、ゴリゴリ引っ張られた観客も、場合によっては恍惚とするわな。
空間系のウネリそのものが、リフになったりw
そこまで行くには、時間忘れて一日中弾き続ける位の練習が必要なんだろうけど・・


938 :本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 21:53:14.19 ID:+nObZfB20
>>937
音楽を本当に愛しているのなら何故一日12時間ギターを弾かない!?
と、灰野敬二と云う前衛音楽家はかく語りき。ほほう。
灰に成るまで弾き続けろ、ってことだな。おそらくは。一種のトランス、憑依状態に入りたきゃ。
あとはザック・ワイルドとか。血が出るまでギター弾き続けろ、だっけかな。
現代音楽家のライヒとかも近いかねえ。ループっつったら。ボアダムスとかもドラム88台、77台使って海外公演とかやってたしなあ・・

未来世紀ブラジル音楽なんかも面白いね。クラシックもリフレインの雨だ。
うーん。なんにせよ楽器をやるのは楽しいよね。
まさに踊る阿呆に見る阿呆、ってヤツだなw
確かにありゃあ観客も演者も恍惚とするわなwとても良いものだ。なんせ時間の感覚なんてなくなっちゃうもんなw

939 :本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 23:51:01.46 ID:cIVIqw1XO
ノーマン死ね

940 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 00:52:25.84 ID:MOxBIwKi0
あまりわたしをおこらせないほうがいい
な、>>921

941 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 01:51:16.36 ID:7J5N9vFwO
自演してんじゃね〜よwww

942 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 02:14:21.39 ID:MOxBIwKi0
おっほっほ 残念ながら>>921とわたしは別個体なのですよ。にぱー☆

943 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 02:26:43.56 ID:MOxBIwKi0
ちなみにID:mIOWIsEH0も別の個体だよん

944 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 02:31:52.90 ID:MOxBIwKi0
詩人は死なない。パラドックス!

945 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 16:28:10.82 ID:ZpDkF2oH0
>>938
ツボ押さえたリフやブレイクビーツがどんどん変容してウネウネと箱の空気をかき回す
感じって、クラブのDJプレイでもありだよな。
で、選曲とかツナギの妙でフロアの空気を一段上げてみるテストwとかw
まぁ、それにしても、たゆまない音ネタ漁りやツナギの試行錯誤がないと、到達できない
領域なんだろうけど。

>音楽を本当に愛しているのなら何故一日12時間ギターを弾かない!?

一般社会人には、難しいわなw
次の日も仕事あるのに、延々似たようなフレーズ逝ったり来たりして、気がついたら朝だったとかw
CD聴いてる分には曲ごとに時間が区切られてるけど、自分で楽器弾いてる場合は区切りがなくなるん
だよな・・
まぁ、所詮ヘタクソだから、延々同じ部分の逝って来いに終始しちゃうってのもあるんだけどw
でも、そういうのを自在に繰り出してる音楽に時々触れて時間を忘れちゃう感覚だけは、残しておきたい
もんだ。


946 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 19:09:10.84 ID:26qzNAls0
うはwにせんねんもんだいなら、とり、が一番好きな俺が通りますよw
1さんとはちょっと違うが弓道の達人なんかはハンパなく集中すると
俺がマトでマトが俺でみたいな感覚になるZONEがあると聞く

947 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 19:21:52.42 ID:MOxBIwKi0
少年よ、神話になれ この世はすべてあいのうた 愛以外に信じられるものなどあるのかい?
シンジくん。俺には水を撒くことしかできない。
だが、シンジくん、君には君にしかできないことがあるはずだ。
俺は、そう信じているよ。手に入れろ!ドラゴンボール!!!
http://www.youtube.com/watch?v=X1CHunym8NQ
http://www.youtube.com/watch?v=fHH8Qci8aO4&feature=fvst
http://www.youtube.com/watch?v=W32jNzt5ziI&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=vBr1OqwgLa4&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=LCLNCr-7Wjk

http://www.youtube.com/watch?v=Zr_MJAOyOeU

948 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 19:47:18.24 ID:MOxBIwKi0
You are (Not) Alone.

949 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 19:51:09.71 ID:CGYxtOEp0
>>948
あんた定期的に埋めに来るが、気に入らない理由は何なんだい?

950 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 20:03:10.12 ID:MOxBIwKi0
>>949
俺は936からしか書き込んで無いよ。
竜神様と猫神様を怒らせないように。皆様、どうかお元気で。
縁があったら何処かでまた逢いましょう。

951 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 22:59:22.51 ID:4bkbaOED0
中二病たれんな

952 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 00:02:45.15 ID:MOxBIwKi0
>>951
では無間地獄へ落ちなさい。永久に涅槃に辿り憑けない呪いをかけますよ。
レイシストは死ね。バカは死んでもなおらんからな。以上。

953 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 08:37:37.63 ID:pbBlDq5D0
>>946
http://www.youtube.com/watch?v=lCKLGMK_3No

二射目、0:59で最初のZONEに入る。1:02で離れのZONEに入る。
完全に受動態になって見ていると自分の内側に感じるよ。

954 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 09:31:21.63 ID:+o55RQpL0
>>953
とても美しい、見事な型ですね。惚れ惚れとします。
琉球空手、合気道もZONE入ってると思う。かの高名な塩田剛三ならぬ塩田剛ZONE

955 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 09:40:20.05 ID:+o55RQpL0
http://www.youtube.com/watch?v=mCIbPouVTbY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=mCIbPouVTbY&feature=related

956 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 09:51:00.00 ID:+o55RQpL0
http://www.youtube.com/watch?v=hkPWRWHQDbQ&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=hkPWRWHQDbQ&feature=related

957 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 09:54:12.34 ID:+o55RQpL0
http://www.youtube.com/watch?v=1N01AfOYzGs&feature=related

958 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 10:17:48.23 ID:+o55RQpL0
http://www.youtube.com/watch?v=9CeDYLRK0ik&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=uHfa1uCAmAA&feature=related

959 :本当にあった怖い名無し:2011/06/14(火) 10:28:15.32 ID:+o55RQpL0
http://www.youtube.com/watch?v=yfRVDfthTSQ&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=yfRVDfthTSQ&feature=related

960 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 04:54:55.81 ID:0tlTeDP/O
>自分しかいないってこういうことかな。
100%自分原因説

http://s.ameblo.jp/sennsaiisiki/entry-10699158951.html


961 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 15:33:31.50 ID:rWaTZrvK0
>>960
そこはほんとに勉強になるブログ!
あとこの本も良かった。レビュー読むだけでもぜひ。
「空 舞い降りた神秘の暗号」
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA-%E3%81%8F%E3%81%86-%E8%88%9E%E3%81%84%E9%99%8D%E3%82%8A%E3%81%9F%E7%A5%9E%E7%A7%98%E3%81%AE%E6%9A%97%E5%8F%B7-Mana/dp/4434151258

962 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 16:10:00.90 ID:e1fZAHaf0
>>961
>人間も物体も実は存在していない

真実を必死に拒絶してる人は、自分が存在してない事実を認めるのが怖い人らしい。  

963 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 20:57:54.79 ID:G7/55CyA0
引き寄せとか願望実現系は、ちょっとな。。あんまりそういうのにかかわらないほうがいいんじゃね

関連スレ読んでも、でそういう行をやってるひとの願望が金銭恋愛などの世俗的だったり、正直程度が低くおもえる。
それって形を変えた精神の物質主義じゃん。

964 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 02:26:46.23 ID:2e5S/n+J0
でも金銭も恋愛も、突き詰めればベースにあるのは安心だったり愛を求める、
誰でも持っていて当たり前の願望だろう。

程度の低い/高いとか物質主義が悪くて精神主義が良い、とか、
他人の持ち物(価値観)をジャッジする、そういう心のありかたそのものを疑ってかかってみるというのも
いいのではないかと思う。なぜ自分はそう思うのか、というところを。

私は他人を害することがないのであればみんなどんどん願い事を叶えていけばいいと思ってる。
結局人間は自分が満たされれば他人のためになることをしていきたくなる生き物なんだから。

965 :1:2011/06/17(金) 09:41:09.21 ID:HkEwZWtg0
>>964
> 結局人間は自分が満たされれば他人のためになることをしていきたくなる生き物なんだから。
そうなのかな?そうなのかも。
もしそうだとしたら嬉しいな

966 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 09:53:01.75 ID:0MXaTamSO
私らをジャッジしておいて何言ってんだか。

967 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 10:24:22.08 ID:O70/su+nO
川 ΦeΦ)|ニカイドー見ませんでしたギャー?

968 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 14:33:37.10 ID:ZFvwtr2K0
>>964は誰もジャッジしてないな。964の文章を読んで「私をジャッジしてるじゃん」とかほざくバカは
  国語の勉強しなおして来いよ。と、機嫌の悪い通りすがりが呟く。

こういうスレには何個も真実が書かれるのに、
その真実を理解するにはその真実を書き込んだ人と同等の知能が無ければ拾えないんだよな。
だから本当に公平なカキコは埋もれていく。

969 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 16:06:59.99 ID:e+GqOx2z0
論点の問題だろ。

970 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 18:37:41.79 ID:lO9s1Bc90
あのね。

別に、自らの深層心理に働きかけることで「現実」を操作するという事を、頭ごなしにありえないと言ってるわけじゃないよ。
そういう事もある上で、そういった行を素人が安易に手出し知ることは、どうなのよといってるの。
「願望実現」といえば聞こえはいいけど、その実、個人的な「欲望実現」でしょ。
個人の煩悩を落としきった名僧のような人物が真に皆のための研ぎ澄まされた願いを行ずるのとは違うでしょ。
やっている人の内容を読むと、お金が欲しい、意中の人の愛を得たいといったのばかり。だからこそ「程度が低い」って書いたの。

あなたも私も、大抵の人は聖人君子ならぬ俗な身なわけじゃん。そういった人が現世利益的な行をやったとして、
どうしても心の片隅に「こういったことをしても大丈夫だろうか」的な不安感は拭えないわけ。
自分自身の心が、本当は公平無私な願いではないことを知ってるからさ。
そうすると、その不安も引き寄せられて、最終的には身を滅ぼすことになっちゃうの。

奇妙な偶然系の不思議話。ああいうのに、妙な納得感を覚えない?
宝くじで高額を引き当てた人がその後同じくらい低確率な偶然によって引き起こされた不幸に遭遇するってやつ。

荼吉尼天や歓喜天の修法にはおどろおどろしい物を感じて実際にやる人は少ないけど、引き寄せ系には手を出したがる。。。
ネット上で見聞きした「引き寄せ」「願望実現の成功哲学」を、安易に他人にすすめるのは、例えるなら、
パソコンの仕組みに詳しくない人が、他のパソコン初心者にレジストリやBIOSの改変を「便利情報」としておすすめするようなもの。


971 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 18:54:04.89 ID:AmvxGZ7U0
>>970
その、あのね、に凝縮される恐れが具現化することに何故気付かぬ?
警告のつもりだろうが、警告は警告の通りになる。

972 :本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 20:12:55.99 ID:qpNVliVg0
心に恐れがある人は期待していたものと違うものを引き寄せるかもしれない、
でもそれによって自分の心にある今まで見えなかったものに気づくかもしれない。
それは過去の経験による思い込みかもしれない、自分自身が自分を条件付きでしか愛していなかったという事実かもしれない。
そこから始まる探求含めて人生という学びの道だろう。学びというと堅苦しいけど人によっては遊び、旅、ゲームかもしれないね。
引き寄せの法則を取っ掛かりにしてそれが始まるのは悪い話ではないと思う。

失敗も裏を返せばあと一歩で成功だった、いいところまでいった、という見方もできる。
他者を心配してあげるのは優しい心根がそうさせるのかもしれないが、究極的には人は自分で選択したものを引き寄せているんだから、
他人がどうしようが、どう思われようが、気にせずに個々人がそれぞれの幸福を最大限追求していっていいんだよ。

973 :本当にあった怖い名無し:2011/06/19(日) 12:58:16.43 ID:YgVYlwxT0
>>972
大正解☆ZONE ONEだ。
触らぬ神に祟り無し、と云う言葉も在るね。じゃあ私はネットの闇に消えるからあとは宜しく。

974 :本当にあった怖い名無し:2011/06/20(月) 04:37:18.24 ID:MG/1qoH90
自分がいれば欲望がある。

欲望があれば現実への不満足という苦悩がある。

その苦悩は、欲望が尽きることがないがゆえに永遠に解消されることはない。

975 :本当にあった怖い名無し:2011/06/20(月) 06:12:19.86 ID:ntfAOnbnO
ハイハイチュウニ病
禿のうまん

976 :本当にあった怖い名無し:2011/06/20(月) 21:20:46.98 ID:50vhTC7x0
>>974
ならば人は苦しむ為に生まれて来たと?

977 :本当にあった怖い名無し:2011/06/20(月) 21:26:21.15 ID:/0BwZDJ50
ニール・ドナルド・ウォルシュの「神とひとつになること」っていう本が良かった

978 :本当にあった怖い名無し:2011/06/21(火) 02:22:55.10 ID:3YWAnlEN0
>>974
今満足している状態では望みが発生しないと思い込んでいる。
望みは苦の原因ではない。
取り組みが甘い。

979 :本当にあった怖い名無し:2011/06/21(火) 08:20:34.53 ID:3uGHLHFv0
全てに満足したら望みは発生しないだろ女子高生。

980 :本当にあった怖い名無し:2011/06/21(火) 15:16:25.64 ID:Go6iCv900
          ____
       / \  /\ キリッ  望みは苦の原因ではない。
.     / (ー)  (ー)\    取り組みが甘い。
    /   ⌒(__人__)⌒ \
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

981 :本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 06:20:17.97 ID:USxKs4l90
>>979
望みや満足感と言う言葉の持つ定義や貴方の観念とは違う状態での望みや満足感っていうのがあるんじゃない?

982 :本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 18:01:08.29 ID:D9LJwxvz0
wwwづぐうえwぴぴえうぇwぴいるうぇぴwぴwww

983 :本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 18:02:49.50 ID:+JxB0knH0
>>982
何お前発狂してんの?
食っていい?

984 :本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 19:20:35.10 ID:XnupFHzh0
「厨2糖質乙」と小ばかにスレ開いたけど意外に面白くて
一気に読んでしまった

347 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)