5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

オカルト真言考察

1 :YHVH:2010/07/27(火) 20:58:19 ID:kfrWShIv0
オカルト的な視点で真言を考察するスレです。
真言は果たして聖なるものなのか?

また、呪術知識の書き込みも歓迎しますが、このスレッド上での呪術は禁止します。
呪術は自らを必ず破滅させる両刃の剣。
力が足りないときは努力し、現実の力で願望を成就させていきましょう。




おん ばざらぎに はらち はたや そわか



2 :YHVH:2010/07/27(火) 21:02:48 ID:kfrWShIv0
下記は不動明王の火界呪。
これはなぜかあまり知られていない。

ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン

3 :本当にあった怖い名無し:2010/07/27(火) 21:16:23 ID:HrQ3i4+p0
真言とかただのお客様に喜んで頂くための文言でしょw
修行で唱える?修行って唯の予行練習でしょ?

4 :本当にあった怖い名無し:2010/07/27(火) 21:19:38 ID:4EYzWI0p0
>>2
火界呪って、普通の不動真言と違うけど、火界呪は火界呪ならではの適性ってあるの?
例えば、こんな場合は火界呪を使うのが一番相応しいとか?

5 :YHVH:2010/07/27(火) 21:26:35 ID:/QGtaNzG0
>>4
護摩のときは必ず唱えているよ。
人によってはみだりに唱えてはいけないと言うのもいるが、
言葉の聖性を損なわないためかも知れないね。

6 :本当にあった怖い名無し:2010/07/27(火) 22:51:53 ID:yy2xknN80
唯一神様、おつかれさまです。
でも、あなたは昔、三世の諸仏・諸天善神を悪魔扱いしましたね。
まずはその釈明を頂きたいものですね。

7 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 08:34:45 ID:7vr0f38x0
>>5
うそばっかりブッこくなよ、如意輪Yちゃんwww

8 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 09:56:48 ID:Frve2ch70
>>7
ウソを云うなというんだったら、ホントのこと教えてよ

9 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 10:48:57 ID:7vr0f38x0
>>8
>護摩のときは必ず唱えているよ
護摩の種類によって唱える時と唱えない時がある
コレ常識!

>人によってはみだりに唱えてはいけないと言うのもいるが
>言葉の聖性を損なわないためかも知れないね
某スレで注意されたけど、真言の本当の意味を理解していない如意輪Yちゃんには
全く意味が分からないので、誤魔化してるだけwww

如意輪Yちゃん、また不用意に真言カキコしてると祟りが倍加するぞ
気をつけろよwww

10 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 11:11:21 ID:7vr0f38x0
ついでに書いとくかw
>また、呪術知識の書き込みも歓迎しますが、このスレッド上での呪術は禁止します。
>呪術は自らを必ず破滅させる両刃の剣。
>力が足りないときは努力し、現実の力で願望を成就させていきましょう。
これは自分が某スレに暴れ込んで、そこの住民に向けて呪詛を書き込んだあげく、自分が呪詛される側にまわったからw
証拠はこれ
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1267100533/
最後の方200レスほどを見ればわかる 

それで呪詛されて恐くなった如意輪Yちゃんは神仏板に他人のふりしてスレ立てしたが、
バカにされてお終いw
証拠はコレ
ttp://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1277205023/

神仏板と同名スレがこっちにもあったけど、こないだ落ちたからもうほとぼりが冷めたと
思ったんだろうけど、そうはいかないからなw

11 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 11:13:17 ID:uDKMyk7Z0
●嫌韓厨(ネット右翼)がダサイ12の理由
1.威勢が良いのはネット上だけで現実の行動は何もしない
2.2ちゃんねる発の噂を裏も取らずに事実と断定する
3.愛着を持っている日本文化が伝統文化ではなく漫画・アニメ・ゲーム程度
4.国防重視を説くくせに現実に自衛隊には入らないし入っても役に立たない
5.都合の悪いことはすべて反日勢力の自作自演ということにする
6.特亜・在日・創価・左翼以外の社会悪は平気で見過ごして批判しない
7.戦前戦中・終戦直後の今よりひどい貧困を味わった世代に敬意を表さない
8.自分は何もしてなくても過去の日本人の手柄を自分の手柄のように誇る
9.反中国のくせに高い国産商品より安い中国製品を買うことを恥じない
10.何の話題でも嫌特亜、反左翼に結びつけないと気が済まない
11.たまたま日本人に生まれただけで努力して何かになったわけではない
12.この文章を読んで「これを書いた奴はチョン」と証拠もなく勝手に断定

12 :YHVH:2010/07/28(水) 20:00:24 ID:HPTqsNUz0
>>9
>コレ常識!
はい、常識を語ってもらおう。知らない人も多いからな。
そのために立てたんだ。出入り拒否はしないぜwww

で、如意輪ってだれだ? オマエ、ずっと勘違いしてるぞ。
このスレはオレが立てたが、神仏版とここに「真言蔵」と同名のスレを立てたのは、実はオマエだろ?
よくある自作自演なんでな。オレとはハンネの使い方が違う、と看破しただろう。このドアホが。

ついでいっておくと、オレに呪詛なんてかかってないぞ。こうやってピンピンしているのがその証拠。
そしてかけたこともない。デビルの婆がひとりで騒いでいるだけ。真言も祝詞も文字では力は発動しない。
案外、オマエだったりしてな。どさくさまぎれになw 心当たりはないか?

呪詛はかけられたと思ったら発動するんだよなw
そんな古典的な手に乗るかよw
いずれにせよ、呪術は「卑怯な手」であり、代償はしっかり取られる。他人に依頼しても逃れられない。

なぜこのスレを立てたかというと、オカルト的な真言を語るスレがないので、立てたまで。それがどうした?
「真言蔵」のほうは雑談スレとなって長く、すでにこういった話題を一から語る場所ではなくなっていること。
住人に言っても聞く耳をもたず、呪詛を仕掛けると脅迫する始末だ。掲示板の諍いごときでだぜ。物の価値観が自己愛で崩壊してるわな。



13 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 20:12:59 ID:OcLTDEUa0
密教の真言や印や作法等々で、所謂ロイがあって、それを侵すことを
「越法」として、頑なに守ろうとする人がいるけど、 YHVH 氏はどう考えます?
ヲレは密教辞典にはあの通り示されているんだし、それをあからさまにしたからって
即危険なわけではないから「越法」は緩めて構わない。
むしろ密教の不思議な力を、より大勢の人が認識できる可能性として、出来る限り
公にしてもイイとさえ思う。
そうすることが密教の研究や発展にもなると思うんだが・・・

14 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 20:25:38 ID:mcDddl3Y0
東洋系の秘術は公開するとパワーが失われるとして
非公開制をとるものが多いね。
それにふさわしい一定のレベルの人にのみ公開し、
乱用や事故・悪用などを防ぐという意味もあるのかもね。

15 :YHVH:2010/07/28(水) 20:31:46 ID:17PzITVE0
>>13
オレもとくにかまわないと思う。真言は口でとなえなければ力は発揮できないし、
それすらも精神の力を使えるように訓練した人間でなければ大したことは出来ない。
爆弾の製造方法とは違うのだから。
秘密にしていることでも、ネットで暴かれ、原典と比較されて誤りを指摘されたりする時代だから。
いまだに秘密にしているのは、伝統だからだろう。



16 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 20:42:46 ID:KRxDuBYQ0
>>12
はいはい、自分のウソはまた誤魔化す訳だw
おまえに授けてやる知識なんか無いね
基礎知識も師匠もなしに真言を語ろうと思うのがそもそも間違いだ

>オレに呪詛なんてかかってないぞ。
>そしてかけたこともない。
誰も誤解なんかしないさ
あのふたつのスレを見れば、あんたが真言スレの連中に呪詛を仕掛けて返された事はバカでもわかる

>真言も祝詞も文字では力は発動しない。
それこそバカだ、符呪も知らんのだなw

神仏板の真言スレを10年ばかりROMれば、もう少しお利口さんになれるかも知れんぞ

17 :YHVH:2010/07/28(水) 20:50:01 ID:vtStN24Z0
>>16
>あのふたつのスレを見れば、あんたが真言スレの連中に呪詛を仕掛けて返された事はバカでもわかる

じゃあ、オマエはバカ以下だな。
それに神仏板の、全然書き込みしてないぜ。2つくらいかwww
どうしてそうなるかなあ(苦笑)

デビルが騒ぐ、オマエらが煽る。それしかないじゃんかよ。
ぱらけるすすやデビル(同一人物かも)が露骨に呪詛を仕掛けることをほのめかしているじゃないかw

まあいい、これで最後だ。以後スルーする。元気でな。
コテハンに戻せばまた相手してもいいぞ。

18 :本当にあった怖い名無し:2010/07/28(水) 20:50:27 ID:OcLTDEUa0
>>16
神仏板って、あるのか?

19 :本当にあった怖い名無し:2010/07/29(木) 06:45:35 ID:XxecT35m0
逆恨みされたことって、相手を特定できたら、解除できるはず。

創価なのか神道なのか、利用してますよね。
「仏敵」とか神に書いて、呪ってるんでしょ?

勝手に嫉妬されて、呪われたとか、わけわからん。

>呪詛はかけられたと思ったら発動するんだよなw
呪詛返しは、かけた相手を特定した時だよね?

だから創価みたく、団体で、知らない相手が嫌がらせをしてくるんだね?
かけた本人がわからないように(お金が動いているんだろうけど)。

呪詛返しなんて望みません。永遠に繰り返すじゃないか。
言いたいことがあるなら直接いらっしゃい。
芝居なんかすんな。一緒に泥棒して、片方が持ってるのに加担してない、
(嘘を見抜けるか、もしくは嘘を見抜けなかったとしても、発覚する仕組み)、
そんな不自然なことはないんだよ。

いつまで幼稚なんだ。餓鬼だな。


20 :本当にあった怖い名無し:2010/07/29(木) 08:22:22 ID:IFHKRq+i0
>>17
あっちに粘着してたのは自分だろうw
騒いだのもおまえだしw
新スレに入ってからもあれこれやって、pgrされてたのをもう忘れたのか?
酒鬼薔薇のママンみたいに何でも他人のせいにすり替えるなよ、オッサン

まあ、そんな話はどうでもいい
それよりウソの詫びはどうした、ん?
他の話を持出す前に自分のやった事を正す方が先だろ?
間違いは誰にでもあるが、おまえのは全くのデタラメじゃないか
ウソを暴かれたからって誤魔化すな
そういう人間として基本的な事が出来てないから、おまえの回りに寄って来るのは
前スレの降伏のハエや、このスレの>>13のランボーシンパみたいな奴らばかりだろ
思いつきを語って賞賛されたいならブログをやれ

だいたいおまえ、言ってる事とやってる事が矛盾してるぞw
>真言は口でとなえなければ力は発揮できないし、
>それすらも精神の力を使えるように訓練した人間でなければ大したことは出来ない。
なんてカキコしてるが、それじゃ一番最初の<おん ばざらぎに はらち はたや そわか>
コレは何だ?何のつもりだ?書いただけじゃ意味がないんじゃないのかw
何を恐れてる?

>>18
神社・仏閣板の事を他板じゃそう呼ぶが、神仏板の住民自身は寺社板と呼ぶ事が多い

21 :YHVH:2010/07/30(金) 01:03:11 ID:4+bFWT0n0
>>19
そうとも言えないんだよな・・
相手が特定できても、それだけではダメな呪詛もあるんだ。
それと、雪だるま式に膨らむのを防ぐため、返すのではなく、
力そのものを消滅させる技法が好ましい。

返りの風はまた違う原理なので、防ぐすべはない。




22 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 03:42:11 ID:hSAodSFKP
術を使うバカ野郎がいるよね。いかしたバカ野郎だよ。
自分が到底敵いっこない相手だし、逆に助けられることも屡々なんで、
興味がわいて仕方ない。だがいつかこん畜生に仕返したる。チラ裏すまん。

23 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 03:50:00 ID:Rr4eywIHO
俺なりに研究した真言の効果を発揮する理由とそのメカニズムを書いてやろうか?
でも面倒臭いから適当に書いてやる
周波数、つまり音の影響とその制御力を舐めるな。以上

24 :YHVH:2010/07/30(金) 07:35:09 ID:RjN7zCS60
>>23
真言が元の発音と全然違っているのはどう解釈する?

25 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 08:27:19 ID:JdT3ZKRK0
呪詛の話が出たので聞きたいんだが、前前から疑問に思っていて
未だにその答えが出ないんだが、知っていたら教えてほしい。

よく「人を呪わば穴二つ」と云って、人を呪うと自分も不幸になると
云われるが、そのメカニズムというか、なんで自分にも災いが来るのか
その辺りをおしえてほしい。
自分が相手に向かって発した呪いのエネルギー(生霊)が、相手の災いを
招いた場合、それに満足すればそのエネルギーは消滅するんじゃないの?

26 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 08:56:37 ID:oGp/VnjmO
(生き霊、魂、念)は自分と繋がってるんだよ
そんな不安定な状態で相手を攻撃するから相当な力の差が無い限り自分のエネルギーに相手のエネルギーが混ざり合って自分に返ってくるよ


例をあげれば自分の身体に違うタイプの血を輸血をするみたいなもんだよ
少量でも違う血が混ざると影響は大だね



メカニズムはそんなに単純じゃないけど大まかに言えばそんなとこだよ

27 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 09:12:56 ID:JdT3ZKRK0
>>26
レスありがと。
生き霊は、強い意識によって発せられた云わば自身の分身だから、
自分と繋がってると云うのは分かる。
でも、その先の、自分のエネルギーに相手のエネルギーが混ざり
合って自分に返ってくるというがいまひとつシックリ来ない。

相手の霊的な力と、自分の生き霊との力の差が有った場合。こちらが
極端に弱ければ滅ぼされ、その結果自分の肉体にもダメージが現れると
想像できるけど「エネルギーが混ざり合って」とは、表現の仕方が違うだけで
結局同じ意味のことなんだろうか。

28 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 22:08:56 ID:oGp/VnjmO
繋がってるのが理解出来れば、自分の出したマイナスの念が全て相手に当たるわけでもなく、残りのマイナスエネルギーが自分に返ってくるのも理解出来ると思うよ
呪いと同じ念が自分に戻ってくると捉えたらいいかもね

29 :YHVH:2010/07/31(土) 10:03:25 ID:S5KpvxOD0
エネルギーの作用反作用というか、呪術にも物理法則にも似たものがある。
自分の生霊でも力でも、見えざる力を行使すると、そのぶんは、運の力や生命力から取られる。
そういったものに惹かれる気持ちはあるが、そこまでリスクを冒して呪術を行うのはどうかと思う。
これからは逃れるすべはないように思う。

30 :本当にあった怖い名無し:2010/07/31(土) 22:20:15 ID:vrWBfTvXO
あくまでも生き霊や呪いを飛ばす「素人」のメカニズムの話しだけどね
「プロや呪術師」はそんなメカニズムは使わないはずだよ
眷属や式を使うから時間がかかるが自分に跳ね返る事は無いね

31 :YHVH:2010/08/01(日) 08:23:05 ID:Lz2LsKVg0
>>30
>プロや呪術師
彼らですら、逃れられてないように思う。逃れる方法とは所詮一時しのぎに過ぎないのでは?
なぜなら、幸福に一生を送った人間が皆無に近いから。むしろ悲惨な最期がほとんど。

32 :a:2010/08/01(日) 08:58:40 ID:1PXug9K50
>>30 氏の話だと、眷属や式神を使役することで、直接的な自分に跳ね返りが
ないということだけど、自身が使っている眷属や式神にやらせたとしても、その行為
自体が道に外れた所業なら、眷属や式神がよこしまなものになってしまうと思う。
従って、よこしまな眷属や式神を常に傍らに置くことになるので、行者自身もよこしまな
影響を受け、それに染まって行く可能性があると思うが・・

33 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 09:00:18 ID:ZMwRjcls0
会社の嫌いな人に腹立ったからある言葉を唱えつつ
罰当たれと念じたら入院してしまった…
偶然だろうけどあのお方の力が怖いわ

34 :a:2010/08/01(日) 09:17:56 ID:1PXug9K50
そのある言葉ってな〜に?
多分その言葉よりも、「念ずる力」の強いひとなんだろ

35 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 09:22:15 ID:ZMwRjcls0
真言といえば真言だけど厳密には真言ではない
でも「お四国」では最も唱えられてるだろうあの言葉

36 :a:2010/08/01(日) 09:35:17 ID:1PXug9K50
んじゃ南無○○遍照○○だね

37 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 09:39:36 ID:ZMwRjcls0
…です。
あのお方は自身にあだ名す人に結構
厳しい裁きを与える逸話が多いですからね。
 自分が師匠と崇める方でありつつ、同時に
ともに2ヶ月旅をした相棒でもあります(失礼は承知で)。

38 :a:2010/08/01(日) 09:41:08 ID:1PXug9K50
「念ずる力」の強い人は、怒ったりすると瞬発的に強い念が
相手に及んで影響を及ぼす事があるよ。
意図しなくても思いもかけない事になるから、そんな力を秘めた人は
日常生活でも注意が必要だね。

39 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 09:45:48 ID:ZMwRjcls0
嫌いな人でもいざ入院すると後味悪いね
滅多なことでは念じないようにしなくてはね


40 :a:2010/08/01(日) 09:54:45 ID:1PXug9K50
念ずる場合の念じ方に注意すればいいんじゃないだろか?
憎いとか悔しいとかを直接念じないで、その人が自身の過ちに悟るようにと
強く念じる分には問題ないと思う。
結果、その人が悟らざるを得ないような窮地に追い込まれることはあるけど・・

41 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 13:58:40 ID:HAwZVoCn0
>>40
それでも呪詛ということに変わりはない。
直接、本人に言ったほうがはるかにまし。すっきりするぜ。
殴ったりすると傷害罪だが、誰もいないところで罵倒するのは大丈夫だ。

42 :a:2010/08/01(日) 14:11:55 ID:YBoWBhWM0
>>41
>それでも呪詛ということに変わりはない。

イヤ。それは違う。呪詛とはマイナスな想念が主体だが、相手が自らの過ちに気付き、
それを悟って、本来の正しい行いに復帰する事を念じることはプラスの想念。
呪詛とは明らかに違う。

直接、本人に言ったほうがはるかにまし。すっきりするぜ。・・と云う人は今の話題とは
次元の違う世界の話だから、現実社会でそれなりにやってほしい。

43 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 18:34:43 ID:Rfnuq/yw0
>>42
「見えざる力」を行使することは、マイナスもプラスもないように思う。
そこは人間の宗教観や道徳観は関係ないようだ。
たとえば白魔術と黒魔術が単に人間の都合による区分であるように、「力」そのものは中性の力で、それを行使する行為を呪詛とか魔術とかおまじないとか、生霊を飛ばすとか、式を使うなどと言うのだと思う。
その使ったエネルギーは良い悪い関係なく、本人から発生している。
そのエネルギーの源泉が人間の持つ運の力だったり、生命力であるように思うのだが、どうだろう。

44 :a:2010/08/01(日) 20:23:57 ID:Gkj0H+kh0
>>43
まぁ、考え方は人それぞれで色々あってイイと思うが、自分は「見えざる力」には、
マイナス・プラスが有ると思う。
この宇宙は全てのモノを生かし繁栄させようと言う、云わばプラスのエネルギーに
満ち満ちている。
それは細菌や微生物から昆虫・植物・人間を含めたありとあらゆる動物。
そしてそれの生命活動を妨げようとする力をマイナスと言えると思う。
一般に云うところの祈念祈祷はプラスと見ていいだろが、呪術となると、祈念祈祷と
メカニズムは全く同じだけれど、相手に負の影響力及ぼそうと言う働きなので、
マイナスと云ってイイと思う。

45 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 20:53:41 ID:KsgSRGQu0
俺はもっと単純明快で口に出すか出さないかで分けている
口に出したらNG 口に出さなければOK


46 :a:2010/08/01(日) 21:06:37 ID:Gkj0H+kh0
交通安全や家内安全、心願成就などなどの祈念祈祷も口に出して唱えるよ。

47 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 22:07:28 ID:ecBQMavlO
本当の呪術師は正義や悪を分けて判断しない英才教育を受けてるよ
魂レベルで考えると死なんて只の通過点だからね


見えない人間とは力の差は歴然だよ。
狙われると自殺した方がマシな人生を歩むだけだから早いうちに高い金額を出して助けてもらう事をオススメするよ
幸運は封印されてるから本物の呪術師との縁も無いと思うけど早期発見なら助かる確率もまだあるかもね

48 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 22:58:55 ID:1TeqG6a/0
>>46
 呪詛の話ね
だから他人の悪口とかも思ってるけど基本的に言わない

49 :本当にあった怖い名無し:2010/08/01(日) 23:03:57 ID:gUQPoRr70
>>47
小細工乙

50 :本当にあった怖い名無し:2010/08/02(月) 03:22:42 ID:XO1r82G10
想念出して人に干渉するのって善悪関係なく越法行為ですよね?

51 :本当にあった怖い名無し:2010/08/02(月) 06:39:45 ID:0CyUEJ0P0
>>48
真言は呪詛を行うための道具。使い方によっては凶器にもなりうる。

52 :本当にあった怖い名無し:2010/08/02(月) 07:35:57 ID:6FFabloY0
>>51
 それは違うでしょう
象気功でもそんなことは書いてない

53 :本当にあった怖い名無し:2010/08/03(火) 00:29:37 ID:NOOGmToE0
>>50
もちろんそうだ。
だからこそ、キツーイおしおきを天からいただくのであろう。

>>52
真言とはぶっちゃけていえば、おまじない。
呪術のための道具であることは間違いない。


54 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 00:48:56 ID:WePr7n0k0
難しく考えることが真理ではない。

55 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 00:49:49 ID:EJLQua900
何が真理かわかったつもりが一番怖い

56 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 00:51:35 ID:aqkXCCYT0
>>55
たしかにな(ニヤリ)

57 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 00:57:01 ID:EJLQua900
これが「真理」だと言った時点でオウムと同じ
宇宙の真理なんぞ、ちっぽけな人間が知ることはできない

わかるのは、自分の中の真実だけ
それを歪めると…

58 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 06:43:54 ID:ZESwWdZL0
>>57
たかだか、真言の知識や呪術の実践程度で得意になっている人間がいる。
その正体が幼稚な全能感だと気づかずに。
オカルトや宗教は人類の文化。
難しく考えるのは愚の骨頂、秘密である必要もない。

59 :本当にあった怖い名無し:2010/08/08(日) 09:34:20 ID:to5FWCh20
真言って種類が沢山あって、一概には言えないかもしれないけど、
こんな風なリズムというか、抑揚というか、効果的な唱え方って有るのかな?
例えばスコーシ音楽的に流れるように唱えるとかって・・・

60 :本当にあった怖い名無し:2010/08/08(日) 11:40:06 ID:iVW0tQWG0
真言というものを考察してみよう。

真言とは元はサンスクリット語(他もある)の「じゅもん」。
そして、真言は音に効力の秘密があるという。
しかし、その発音は元の言語とはすでに相当違ってきている。
日本の中ですら、真言宗と天台宗で同じ真言の読みが微妙に違っていたりする。
なぜ、そのようなものでも効果を発揮することができるのか。
ここが、真言のみならず、宗教、魔術の「不思議な力」への答えと言っていいだろう。
以後、考察をすこしづつ続けていこうと思う。

関係ないが・・ まだいたんだなw

61 :本当にあった怖い名無し:2010/08/08(日) 11:48:45 ID:iVW0tQWG0
>>59
考察前に答えを書いてしまうが、唱え方よりも、それを信じ、となえることによってトランス状態に入れるかどうかが大事。
人間のもつ潜在的な力が「真言」という道具、いわばよりしろをともなって発動する力だということ。

62 :さろめSoE:2010/08/08(日) 20:14:10 ID:+T+36n4tP
真言はサンスクリットのマントラが起源
マントラは曼荼羅

ヒンドゥー教では言語の波動を重視する

有名な アウム(オーム)って発声は宇宙創生のときの響きだといわれたり
だからヒンドゥーでは特に重要視されすべてのマントラの冒頭で唱えられてる
日本の真言では オン だよね
また阿字観という瞑想の対象になってるし


オームが宇宙創生のときの響きだとすると オームには宇宙の力がすべて
込められてると考えられていて 同じように自然界の元素や神々でさえ音で
表現できるとされます
この種の非常に重要で根本的なマントラはビジャーヤ・マントラと呼ばれ
だいたい非常に短く表現されます
フリーム クリーム グン(グル・自分の師のこと)といった具合にです

それでマントラは オーム音 対象となるビジャーヤマントラ 帰依を表す言葉 ナマハ スワッハー
といった具合に攻勢されています

日本に伝わっている真言 マントラは結構時代が経過しているためなまりが強く^^;
サンスクリット語では意味が不明になってますね

それとヒンドゥの立場ではマントラは帰依する対象を音声で現し その対象とつながりを持つため
注意深く扱うことが求められます
自分のために師が特に授けてくれた場合はみだりに他人に知らせてはならないとも言われます

日本人の場合は特にインドのマントラを使わなくとも念仏や題目を使えば十分でしょうね

63 :さろめSoE:2010/08/08(日) 20:21:20 ID:+T+36n4tP
マントラ=真言の効用

自分で時間と場所と回数を決めマントラを唱えるのは
非常に優れた精神的な技法だと思います

マントラ自体が持つ音声の響きによってそのマントラが意味する
聖なる対象物に心がつながり その影響による効能があるのはもちろん
マントラに意識をあわせることによって心がマントラの響きで満たされ
雑念や外界の悪い影響から遮断されるからです
マントラは出来れば声に出すのが望ましいのですが 状況によっては
心の中で唱えても構わないそうです
慣れたら日常の作業中でもマントラを唱えられるようになります

回数は腕に負けるくらいの数珠を使い その玉を数えながら行うといいですね
仏具やさんで玉の数を確認して購入するといいです

64 :本当にあった怖い名無し:2010/08/09(月) 15:37:06 ID:RPq/TBvl0
>>63
真言のなまりというか、それでなぜ効果が現れるのか、そこがこういった「力」の秘密だと思うんだよね。
つまり、真言や他の呪文のような媒体そのものに力があるわけではなく、それを通して発動される人間の力こそ、それだと思う。
客観的に見れば、真言などはそのための道具に過ぎないが、人間の潜在力を発動させるため、それを「信じ切る」という作業が必要なのだろう。結果、信仰心が不可欠ということになるのだと思う。

65 :さろめSoE:2010/08/09(月) 15:54:28 ID:BmRTeoUbP
>>64
ヒンドゥだと音によって対象と合一し 力を引き出す

たとえば各チャクラにも固有の音 ビジャーマントラがあるんだけど
そのマントラの発声によってチャクラの音と共振しチャクラが活性化して
力が引き出される

つまり音は対象でもあるし同調のアイテムでもある
そんな感じですね

でマントラの場合 基本的なビジャーマントラは結構発音しやすいです
オームがいい例ですけどね 組み合わせると難しくなりますが

66 :本当にあった怖い名無し:2010/08/09(月) 20:28:45 ID:3FI+ahT10
最近東京もインド人が増えて家の近所のお寺にサンスクリット語の絵馬が目立つようになったが、その頃から境内のあちこちに御柱立ちまくりになったwまじ指輪物語状態ww
要するに真言はマントラの内の地抑えの部分だけを普及させてきたということだね。

67 :さろめSoE:2010/08/09(月) 21:04:03 ID:BmRTeoUbP
>>66
そうですね
日本の真言はヒンドゥーのホーマの儀式で使われる祭文
そのものですね

68 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 00:46:56 ID:C1UPj+Up0
そう、そのマントラと真言はすでに違っているにもかかわらず、
真言には効力があるのはなぜかということなんだよ。
その力の正体は何かということを言ったんだな。

69 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 00:48:37 ID:C1UPj+Up0
相当意識してるね。あちらの婆w
こっちに書き込めばいいのに。

70 :さろめSoE:2010/08/10(火) 00:55:29 ID:x4ccWwuSP
>>68
私の言いたいのは真言によって人間が力の通路となること

微妙に違って微妙に同意かな^^;
確かにスイッチが入るのは物理としての音波ではなく
人間の意識によって再生される波動なのかもしれないな

71 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 00:58:52 ID:C1UPj+Up0
>>70
なるほどね。
力が外にあるか中にあるかの見解の違いだね。

72 :さろめSoE:2010/08/10(火) 01:09:37 ID:x4ccWwuSP
>>69
ヒンドゥはよく知らないようですねあちらの方は
日本の密教の方のごく一部はヒンドゥを誤解されてるみたいで残念です


73 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 11:35:35 ID:quoNqIN80
何かしらの「力」をコントロールするための道具というのは見解が一致かな。

74 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 11:45:02 ID:quoNqIN80
呪術を実践したりしてコアに関わると、かならず人生が破綻する。
そういうものなんだ。
その兆候は十分すぎるほど出ていても、本人が認めようとしないのが問題。
警告しても聞く耳を持たないしな。

密教でも魔術でも、あくまでも研究レベルで留めておき、実践はしないほうが無難。

75 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 13:17:09 ID:DKn6rcbD0
>>69
どっちがwww
まだ粘着してage荒ししてるくせにw
おい、降伏の馬鹿楽。寺社板の上野八幡スレへ帰れよ

さろめはいいこと書いてると思ったけど、こんなのに持ち上げられて得意になってるあたり、
やっぱり如意輪と同レベルだったか。

76 :さろめSoE:2010/08/10(火) 14:25:18 ID:x4ccWwuSP
>>75
名無しが誰だかわかるはずないしw
ごく普通にうなずけるところもある

それと日本の真言宗関係の連中のごく一部にはヒンドゥに
まるで無知だったり 無関心だったりされる方がいるのも事実です

そもそもマントラはインドでは日常の行法で 大変効果的なものなのに
日本では寺院の中に隠されている
お寺や行者の生活の糧にせずもっと開かれたものにしてもいいのでは?

高野山関係では阿字観の無料公衆とかなさっててすばらしいとは思いますが

77 :さろめSoE:2010/08/10(火) 22:10:54 ID:x4ccWwuSP
日常とマントラ
もうちょっと追加しますね

私たちの日常生活の場は騒音に満ちています
毎日 森林に入って静かに瞑想。。。なんてまず不可能です
住宅事情もありますからね

そこでマントラ瞑想です

自分が信じる聖なる対象の名前をマントラとして使うのです
イエス 仏陀 聖母マリア 氏神様 などなど
オーム 対象 イエィ ナマハ。。がヒンドゥのマントラですけど
念仏や題目 祝詞の一部分 何でも構いません
声に出すことが理想的ですが 周囲に人がいる場合はつぶやいたり心で唱えても
有効です

大切なのはマントラに集中し心をマントラでいっぱいにすることです
それによって周囲の雑音 心の雑音は打ち消され 心がマントラの現す対象の
聖なる波動でいっぱいになるからです
またマントラは瞑想などで陥りがちの魔境に惑わされることもなく肉体的な障害もない
かなり安全な行法です
ですから心身浄化と霊的清張のためにゼヒ一度お試しください

。。。なんかCMッぽいですね^^;

78 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 07:34:35 ID:WANAC5Es0
お盆です。

先祖供養にイイご真言って、光明真言と阿弥陀根本陀羅尼あたりでしょうかね?
他にも、先祖供養に唱えるといいご真言が有ったら教えてください。
また、唱え方の注意とかあったら併せて御指導くださいな。

79 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 07:50:58 ID:U8DCWJCp0
>>76
>>75は誤爆しまくりで、何言ってのるか良くわからないのでスルーしてください。

80 :さろめSoE:2010/08/11(水) 08:06:26 ID:Qs5MUn13P
>>78
インド流でいいかなw
真言というかマントラはなじみがあるほうがいいです
念仏とか題目とか スムーズに唱えられて対象の仏を
イメージしやすいものにしてください

で身を清めたり準備をしたら できればアウム・オームのこと・を三回唱える

お供物やお線香を位牌の方向へてを仰いで風を送る
そのあとご先祖などへの感謝の気持ちを心にわかせてマントラを唱える

おわるときにはまた アウム を三回唱える
前後のアウムの代わりに念仏や題目でもいいです

一番大事なのは気持ちです 気持ちが祖先のいる世界に祖先に必要な形になって届きます
もしできるなら日常的にご先祖のためマントラをするようにするといいと思います

81 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 12:44:01 ID:egdcZMae0
>>78
真言は光明真言でいいと思うけど、真言在家なら、和讃とかじゃないかなあ。

82 :本当にあった怖い名無し:2010/08/11(水) 14:39:40 ID:0wneqStA0
詐欺師・大磯武人について。
http://1st.geocities.jp/delete_ooiso/

83 :さろめSoE:2010/08/11(水) 23:42:28 ID:Qs5MUn13P
瞑想が危険だからマントラヨーガがあるわけなんだけど。。。
意識がある程度向上すればあとは内在する自分がしかるべき導師に
導いてくれます
個人だけでマントラ以外の精神的霊的行法を行うのは危険です

84 :本当にあった怖い名無し:2010/08/12(木) 00:54:35 ID:rCikcuh50
>>83
言っても無駄だよ。その世界に溺れてしまっているものは、後に来るのは破滅のみ。
もう兆候は出ているだろう。呪術のような「反則行為」をもてあそんだ代償だな。

自我を否定すること、それをすなわち、ただの現実逃避。
要は自我をもふくめたバランス。精神のバランスのとれた健全な人間は、決して呪術や幻想の世界に走りすぎない。





85 :さろめSoE:2010/08/12(木) 00:58:57 ID:NjxTHtR3P
>>84
私も諸学のときはキラキラに見えたからね マントラの世界が
自分であらゆるものにつながることが出来る 操作できるってね
すぐとんでもないってグルにこっぴどくしかられたけど

マントラも危ないって言えば危ない だから最初は念仏題目祝詞の一節
聖書の一部とかにしておくようお勧めしますが。。。

86 :さろめSoE:2010/08/12(木) 01:02:36 ID:NjxTHtR3P
>>85
訂正 諸学→初学

神道では トホカミエミタメ が
わりとポピュラーでいいマントラですね

87 :本当にあった怖い名無し:2010/08/12(木) 09:13:29 ID:IBkKBdKH0
>>85
オウムwww

88 :本当にあった怖い名無し:2010/08/12(木) 09:37:34 ID:PKEMbKCz0
精神世界を極めても、実社会での生産活動に何ら貢献しない。
自己満足と言いかえることも出来る。

それに、危険なので単なる興味探求程度にとどめ、実践はするな。
それくらい、人間の潜在的な力や、自然の力というものはあると思うが、完全にコントロールすることはできないだろう。
ちなみに神仏(悪魔なども)とは、人間がそれらの力を理解し、認識するために名前をつけただけのもの。
人間への働きの違いに過ぎない。

89 :さろめSoE:2010/08/12(木) 12:41:32 ID:NjxTHtR3P
>>87
あ・お・む
の発声は宇宙創生のときの響きですよ^^
すでての存在はトリニティ三神も含めてすべてこの振動を持ち
深い瞑想のときもこの振動を聞くとヒンドゥでは言われています

日本のテロカルトもなんでこのマントラとなえながら浄化されなかったんでしょうねw
ていうかあそこってマントラは馬鹿にしてやってなかったんでしょうね
アファメーションとマントラは違いますから

ちなみに日本の真言のオン ナム アンなどは アウムの訛ったものです

>>88
そうともいえませんけどね
本当に深く悟った聖者は霊的精神的アドバイスできるし
またその存在自体が波動によって世界によい影響与えられますから

ただ不可思議な奇跡などで人集めして欲望を満たす偽者には困りもので
また途中で墜落する人たちもお気の毒
ようは日常をしっかり勤めバランスをとりながら進むことでしょうね

90 :本当にあった怖い名無し:2010/08/13(金) 12:06:16 ID:GPdUFR9J0
>>89
なぜ、こういったものが隠されているか、それには意味があると思う。
知ったら、必ず実践せずにはおれないもの。
人間は欲望がその生きる原動力。その欲が結果として社会貢献に繋がる。
しかし、実際のところ、呪術を知る人間は、欲望を現実の努力なしで叶えるための手段として使ってしまう。
とくに調伏系などは、簡単に手を出しがちだ。
そしてそういう「力」を使ったあとにくる代償のことなど考えてない、もしくは上級になれば防げるとさえ考えている。
神秘的な力を使うことは、基本呪詛と同じこと。自分の何かを代償にしてその力を得ている。
その危険性を研究し、訴えるためにも、このスレッドの意味がある。

91 :本当にあった怖い名無し:2010/08/16(月) 23:45:07 ID:DHkyaRqV0
物事は、簡単で単純に表せられるもの。
呪術もその力のシステムの理屈は簡単だ。要するにエネルギー保存の法則と同じ。
ただし、ここが大事だが、それを人間が完全にコントロールすることなぞ出来ない。

オカルト的な用語でいうと、返りの風を防ぐことなど不可能。
(将来こういった力が物理的に解明され、完全に全容が顕かになったときに、その方法がわかる可能性はある)
逃れたように思っている人間は、例えれば、麻酔を打って痛みを感じないようにしているだけ。
過去の大魔術師たちの末路を見ると、それは十分過ぎる証明だろう。

ついでにいうと、仏教は呪術を禁じているw 


92 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 07:01:58 ID:5J85v3f/0
仏教は呪術を禁じているって、ソースはあるの?

解釈によっても違ってくるので一概には言えないが、宗教は必ず
オカルト性を持っているものだし、それがなければ単なる倫理道徳で
宗教じゃない。
般若心経の「ギャテーギャテー・・・・・」だって、あれはもう完全に呪文。

93 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 09:27:16 ID:F40g7cYD0
マンガやアニメのヒーローが必ず技の名前を言うのは真言だったんだな。

94 :本当にあった怖い名無し:2010/08/18(水) 07:40:53 ID:7uNwkXpO0
>>92
ソースも何も、釈迦は呪術を禁じているね。
仏教はそもそも、宗教というより、哲学のほうが近いと思う。

真言を駆使するといえば密教だが、あれは厳密には仏教とは言えないだろう。

95 :本当にあった怖い名無し:2010/08/18(水) 22:17:24 ID:RjbPdCio0
密教は本来実践の宗教。
文字や言葉で語ると、すべて詭弁のようになってしまう。
エセ宗教家のオカルティストの隠れ蓑にはもってこいだろう。

ちなみに人間は怒ったときにその本性がはっきり出る。
どう取り繕ってもあとの祭り。


96 :本当にあった怖い名無し:2010/08/20(金) 00:40:36 ID:7O53V0sC0
詭弁をふるっても、調伏呪術などはゲスの極み。とくに道教系はw
もはやとりかえしはつかない。

さて、真言の使用法とは何か、語っていこうか。
そのメカニズムも解いていきたい。なるべく平易に簡潔に。


97 :本当にあった怖い名無し:2010/08/20(金) 11:32:09 ID:1aU8wU/n0
真言とは何か
それを知らないヤツが何を語っても無駄だって

まだわからないか>如意輪

98 :本当にあった怖い名無し:2010/08/20(金) 12:36:35 ID:rYGUoMTH0
真言ってあるいみマントラ重視だから
弘法さまも唐の国に渡って、道教のエッセンスと
漢字に翻訳されたお経を、日本に持ってきた
ネパール、インドはバラモン教だし道教系を馬鹿にしている時点で
真言自体馬鹿にしているようなもん

99 :本当にあった怖い名無し:2010/08/20(金) 12:38:43 ID:rYGUoMTH0
仏教の経典も、釈迦がマントラを禁止したけれども
バリバリその後には認めるようなお経がたんまりあるから。

100 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 08:46:29 ID:kHIcMm9C0
>>98
>>96をよく読めw どうしたらそうなる?

上とは関係ないが、言葉に不要な装飾を入れすぎ。すべてのことは簡潔に説明できる。

日本では、真言は発音が元のものは失われている。中世に日本に伝わったときですら、正確だったかどうか怪しい。
サンスクリット語は漢字ではないしwww
では、オリジナルの発音で唱えるのと何が違うのか。その効果の源泉は何か。


101 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 10:57:28 ID:SS0963U+0
真言のなんたるかが分からない人に効果の原泉とか聞かれてもな

102 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 11:56:25 ID:M89WIvdu0
>>99
それが問題となっているところだよね。

>>100の文章は次に続くwww

103 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 12:15:29 ID:uaLAiKvhP
カビリキを知らない仏教徒はいないと思ってたよ。

104 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 12:46:59 ID:rJk0AUogO
弘法太子のお膝元四国の出で、親戚一同みな真言宗なんですが、
ここで語られてる真言とはまた別物なんでしょうか?

105 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 17:09:58 ID:N5qN1UeW0
>>104
同じだよ。ここは真言のメカニズムを考察しよう、というスレッド。
ウチも先祖代々、真言宗の在家。

106 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 17:30:05 ID:8FXQYxygO
あびらうんけん ぼろーんきりく

107 :さろめSoE:2010/08/21(土) 19:17:42 ID:6IrUEC4UP
仏教の真言は知らないな

興味ないし

ついでににちゃんで呪詛かけたなんてえばってる
お馬鹿さんたちなんてw

仏教に堕落の見本ですねw

108 :さろめSoE:2010/08/21(土) 19:19:23 ID:6IrUEC4UP
>>104
私の書き込みに関してはヒンドゥーのものです

日本の仏教のものとは考え方が違うかもしれませんね

109 :さろめSoE:2010/08/21(土) 19:39:14 ID:6IrUEC4UP
>>106
サンスクリットでお願いしますw

110 :さろめSoE:2010/08/21(土) 19:47:17 ID:6IrUEC4UP
>>106
九官鳥ではないんですからw

いい加減 元のマントラ復元したらいかがですか?

111 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 20:23:27 ID:JRWcQFfj0
>>107
>仏教に堕落の見本ですねw
まさにそうだ。

>>109
別のところでサンスクリットを漢字で書いているのがいて笑ったw

日本語ナイズされたマントラ、真言とサンスクリット語の原マントラの効果の違いなんかを解き明かしたいね。


112 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 22:06:55 ID:XC/VGC6e0
>仏教の真言は知らないな

真言と言えば仏教だろ
なにトンチンカン言ってんだよ

113 :さろめSoE:2010/08/21(土) 23:51:42 ID:6IrUEC4UP
>>112
なまりまくったあの呪文はとても真言じゃないですよw

どこぞの行者さんじゃあるまいしwあんなのありがたがっても^^;

114 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 00:49:14 ID:cZPIHFbl0
>>113
訛りなんて初心者には関係ないよ
あれだろ、wikiあたりを引くと、真言は音が大事とか書いてあるもんだから訛ってちゃいけないとか考えちまうんだろ?


115 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 00:51:28 ID:Kc+N9flo0
こちらのスレはちゃんと真言=マントラについて考察し、語りたい人間を引き受けよう。


116 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 00:53:46 ID:Kc+N9flo0
>>114
>真言は音が大事とか書いてあるもんだから訛ってちゃいけないとか考えちまうんだろ?
そう、それはなんでだろうな?
日本の真言はもはや元の発音とはほとんど別物といっていいくらい変わっている。
そういうことを考察していかないか?

117 :さろめSoE:2010/08/22(日) 01:01:55 ID:UJmaTIuGP
>>114
インドでもそうですよ
どの地方のブラーミンも聖典の発音は
大切にします

どこぞの行者じゃあるまいし 種字 ビジャヤマントラは
きちんと唱えないと

アウムがオンやナンではこまりもの

>>116
自然と種字は正確になっていくそうですけどね
回数重ねると

118 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 08:46:03 ID:cZPIHFbl0
>>116

> そう、それはなんでだろうな?

普通に勉強すれば分かるよ。


> 日本の真言はもはや元の発音とはほとんど別物といっていいくらい変わっている。
> そういうことを考察していかないか?

そんなこと考察したって無意味だろうよ
何百年も前の発音なんてどーやって知るつもりだ??
繰返し言うが、初心者レベルでは発音なんて問題ではない!

119 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 08:51:00 ID:cZPIHFbl0
>>117

> インドでもそうですよ
> どの地方のブラーミンも聖典の発音は
> 大切にします
>
> どこぞの行者じゃあるまいし 種字 ビジャヤマントラは
> きちんと唱えないと
>
> アウムがオンやナンではこまりもの


ヒンズーあたりのマントラならそーかもな!!
だが仏教の真言は違うから!!
一緒にしないように!!

120 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 10:02:43 ID:51Em0WmJ0
>>119
根拠を示さない反論は見苦しいだけ。

真言宗は中国に伝わった中期密教をお大師さんが日本に伝えたもので、
日本では仏教にカテゴライズされているが、あの体系を見ると、本来は
違う宗教だろう。たしかにヒンドゥーのほうが近い。

真言だが、日本の密教で欠かせない光明真言を例に挙げてみようか。
日本の寺院では下記のように音写することが多い。

 おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん

ある本にあるサンスクリット語の元の発音を書けば
Om amogha-vairocana maha-mudra mani-padma-jvala pravartaya hum

発音記号は表示されないため省いたが、それでもこんなに違っているということが実感できると思う。



121 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 13:53:55 ID:rb7fxx250
>>120

> 根拠を示さない反論は見苦しいだけ。

おいおいおいおい 根拠のない話はこのスレの得意技じゃねーか!!
なに言ってんだよ。
今まで、どんだけ、ツッコミ我慢してたと思ってんの?


> 真言宗は中国に伝わった中期密教をお大師さんが日本に伝えたもので、
> 日本では仏教にカテゴライズされているが、あの体系を見ると、本来は違う宗教だろう。たしかにヒンドゥーのほうが近い。

あの体系って、どの体系?
表面しか見てないからそう見えるんだ!!
マントラを使うから仏教じゃない!!
印契を使うから仏教じゃない!!
祈祷をするから仏教じゃない!!

まあこんなとこだろ!? 君の言う体系って!?
教義スッポヌケじゃないのかい?


> 日本の寺院では下記のように音写することが多い。
>  おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん
> ある本にあるサンスクリット語の元の発音を書けば
> Om amogha-vairocana maha-mudra mani-padma-jvala pravartaya hum
> 発音記号は表示されないため省いたが、それでもこんなに違っているということが実感できると思う。

なんども言うが、初心者レベルではそんなことは問題ではない!!
wikiに真言は音が重要と書いてあった!だから真言は発音が重要なんだ!!ほらこんなに日本の真言とローマナイズされた真言では違いがあるじゃないか!!
wiki には音が重要である“理由”は書いてなかったと思うけど?発音が重要である根拠ワ?
ヒンズーとか他宗教の教義をもってきて根拠にするのは無しネ。

122 :さろめSoE:2010/08/22(日) 14:24:39 ID:UJmaTIuGP
>>119
同じです
ただヒンドゥは仏教が勝手に作り出した神仏は使わないだけ

>>121
音についてはわたしの書き込み参照してね
どこぞの行者信者さんw

ちなみにあの行者って独身でしょうね?w

123 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 14:36:35 ID:Ydn9tcG20
>>121
きみはね、レスの内容を良く読み、流れを読むこと。
唐突でとんちんかんなんだよね、すべてのレスがw
真言宗の教えはぶっちゃけていえば、大日如来が教主となって、即身成仏を説く(という形態をとっている)ということだね。
密教が仏教でない、という議論はもはや古典的ともいえるが、それ自体、知らなそうだな。
本はいっぱい出てるから、読んでおくといいよ。

真言については何度も書いたが、
日本語として変化してしまった真言でも効果があるというが、原語は効果がそれ以上になるのか?
なぜ変化してしまった真言でも効果が出るのか、その理由は?
そういったところを議論していきたいんだけどな。

ついでにいうと、wikiなんて誰が書いたかわからないもの、読んでも真に受けてない。
間違いも多いし、新興宗教団体の人間が恣意的に編集したものもあったのでね。
オレは著者の文責がはっきりしている学術本が多い。


124 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 14:38:53 ID:rb7fxx250
>>122
> 同じです
> ただヒンドゥは仏教が勝手に作り出した神仏は使わないだけ

どこが同じなんだ?具体的に!


> >>121
> 音についてはわたしの書き込み参照してね

レス番ワ?


> どこぞの行者信者さんw

はいはい勘違いね


> ちなみにあの行者って独身でしょうね?w

しるか!!

125 :さろめSoE:2010/08/22(日) 14:59:01 ID:UJmaTIuGP
>>124
如意輪君?w

だったらにちゃんやってる自称行者なんて験ないし
危ないマントラなんて嘘だから気にしなくていいからw

126 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 15:01:27 ID:rb7fxx250
>>123
> 密教が仏教でない、という議論はもはや古典的ともいえるが、それ自体、知らなそうだな。

檜尾僧都は密教も顕教も教義はそれほど変わらんとか書いてたな!!
密教が仏教でないと言う話はな、密教を理解できてないとか、表面しか見れないとかだとそうなるんだよ。
学者や僧侶でも、そんな奴多いぞ!!


> 本はいっぱい出てるから、読んでおくといいよ。

ヤナコッタ


> 真言については何度も書いたが、日本語として変化してしまった真言でも効果があるというが、原語は効果がそれ以上になるのか?
お前の言う効果って何のことだか!! 言ってみ!!


> ついでにいうと、wikiなんて誰が書いたかわからないもの、読んでも真に受けてない。
> 間違いも多いし、新興宗教団体の人間が恣意的に編集したものもあったのでね。
> オレは著者の文責がはっきりしている学術本が多い。

だったら何で音がナンタラカンタラ言ってんの?

127 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 15:03:23 ID:rb7fxx250
>>125

> 如意輪君?w

やーへと一緒にすんな!!

128 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 15:32:14 ID:X8sNKvXN0
>>125
>如意輪君?w
それ誰だか、オレも興味あるな。
勝手に勘違いされ、誤爆されまくりなのでな。

>>126
根拠を略してでも良いから書かないとダメだよw
きみ、あたま悪い? もしかして。
たとえばね、レスを引用し、こういう根拠でこれが間違っている、
と文章で示さなければただの印象論または感情論に過ぎない。誰
かの言葉を引用するなら、もっと正確に。そしてその根拠まで書
かないと。
まあ、wiki程度じゃ無理だろうけどねw

まあ、スレがこういう形にしろ盛り上がるのはいいことだwww

129 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 21:27:12 ID:rVbawPnP0
日本語で効果があるのかっていう前に本当に効果があることを確かめたいから強烈な呪を一発俺にかましてみんしゃい

130 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 21:27:35 ID:M8BgDYbe0
>>126

> 根拠を略してでも良いから書かないとダメだよw
> きみ、あたま悪い? もしかして。
> たとえばね、レスを引用し、こういう根拠でこれが間違っている、と文章で示さなければただの印象論または感情論に過ぎない。誰かの言葉を引用するなら、もっと正確に。そしてその根拠まで書かないと。
> まあ、wiki程度じゃ無理だろうけどねw


それはコッチノセリフってやつだ!!
えーとな
おれはここで、真言とはこう言うものであり、根拠はこれで、ゆえにコーだ!! なんてことはを書くつもりはコレッポッチモない!!
知ってはいても教える気になれない。
がしかし、根拠なんぞ示さんでも、君たちオカシイゾ!! ってことは言えるし!!言いたい!!
なぜならば、君達こそ根拠もなく、真言は音が大切で、伝統的な読み方は、本来の読み方と違うから、効果も違う!などと、宣っとるからだ!!

どうよ?

131 :さろめSoE:2010/08/22(日) 21:28:11 ID:UJmaTIuGP
>>129
結婚してる行者の呪詛もねぇwww

132 :130:2010/08/22(日) 21:29:34 ID:M8BgDYbe0
おっとごめん >>128にだわ

133 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 21:37:28 ID:OZor7/GW0
>>129
それ、そのまま呪術。このスレッド上での呪術は禁止。
とくに調伏系の呪術なんぞゲスのやること。

>>130
なにを書いているのかよけいわからん珍妙な文章だが、まあいいか。
これは誰に向けているレスだ?
「君達」という言葉があるが・・
アンカーからいうとオレだが、音に関しては疑問を呈しているだけで、
その方向では結論は書いていない。さろめSoE 氏は、ヒンドゥーの立
場から結論を書いているが。
文章書く前によく読んでね。ほんとおっちょこちょいだなあw

134 :さろめSoE:2010/08/22(日) 21:54:58 ID:UJmaTIuGP
>>133
ないないw調伏の効き目なんてないw

鎌倉幕府続いたしw
足利も現代まで続いてるしw
アメリカ戦争に勝ってるしw

135 :130:2010/08/22(日) 21:59:03 ID:M8BgDYbe0
> なにを書いているのかよけいわからん珍妙な文章だが、まあいいか。

読解力がないだけだろ


> これは誰に向けているレスだ?

レス番はなおしたろ

> 「君達」という言葉があるが・・
> アンカーからいうとオレだが、音に関しては疑問を呈しているだけで、その方向では結論は書いていない。

こんな話をしていることじたい真言がなんであるか分かってない証拠だよ。


さろめSoE 氏は、ヒンドゥーの立場から結論を書いているが。
文章書く前によく読んでね。ほんとおっちょこちょいだなあw

なぜ仏教の真言解釈にヒンズーなんて持ち出す?オカシイダロ!?仏教イコールヒンズーなのか?


136 :本当にあった怖い名無し:2010/08/22(日) 22:02:46 ID:rVbawPnP0
じゃあゲスどもに聞きますが内心で「ア」と発音しながら「イ」と唱えるとどうなるの?

137 :さろめSoE:2010/08/22(日) 22:14:26 ID:UJmaTIuGP
>>136
中途半端になるねw

138 :本当にあった怖い名無し:2010/08/23(月) 02:01:46 ID:DS2xL1AV0
>>135
あのね、ボク、オレはこのスレッドを立てたときに、その目的として

>>1
>オカルト的な視点で真言を考察するスレです。

と、はっきり書いているわけ。別に仏教や密教に限らなくてもいいの。
これは、キミの思いこみ。わかったかな〜

139 :さろめSoE:2010/08/23(月) 02:04:05 ID:xwD4HzVjP
>>138
呪詛なんて気にしちゃだめだよ

荒らしもよくないからw

140 :本当にあった怖い名無し:2010/08/23(月) 02:12:41 ID:DS2xL1AV0
別スレの話だが、あちらのスレにも書き込み出したさろめSoE 氏に。
きみはオレよりも現実主義者だろうが、夢物語と思って聞いてくれ。
あちらのスレッド、妙な呪詛を仕掛けてある。
あそこの住人なのか誰かに依頼したかはわからないが、オレ自体には呪詛は効かないが、
上げるときにヘンな攻撃の気を感じた。
ネカマの婆にはそんな力はないように感じるので、どこかの拝み屋に依頼したのかも知れない。
返りの風によって、仕掛けた人間が大変なことになっているのではないかと思う。

呪詛は絶対に使ってはいけない。
攻撃するスレに対しては、文章でやりこめるようにしろ、と婆らには言い続けている。


141 :さろめSoE:2010/08/23(月) 02:15:45 ID:xwD4HzVjP
>>140
あほだよねw

まぁ自重しましょうや つけいれられないようにw

って言うか呪詛なんて絶対成功しないのにw

成功するならいまだに日本は平安貴族の時代ですよwww

142 :130:2010/08/23(月) 11:41:06 ID:OI0Guskb0
>>138

> あのね、ボク、オレはこのスレッドを立てたときに、その目的として
>
> >>1
> >オカルト的な視点で真言を考察するスレです。
>
> と、はっきり書いているわけ。別に仏教や密教に限らなくてもいいの。
> これは、キミの思いこみ。わかったかな〜


このスレで話されている内容から正しいタイトルを導き出すと、“オカルト的な視点で呪文を考察するスレ”だ!
これだったら俺はモンクなんぞ言わんわ!!

真言と使う以上そこには真言密教の道理が含まれる、それを無視してオカルト的な視点もヘッタクレもアルか!!

143 :本当にあった怖い名無し:2010/08/23(月) 22:04:14 ID:+Ohb4jXC0
>>142
「真言」とは「マントラ」の訳語。
日本では浄土真宗を除いてすべての宗派で使っており、真言宗の、いや密教の専売特許でもないぞw
意味としては如来の真実語ということだが、一般名詞に過ぎない。
こんなこと別に書かなくても共通認識として当たり前だと思ってたがなw

そしたら、オカルトマントラ考察にしようかwww

やっぱ、きみ、とんちんかんだわ。


ところで、このスレのさろめSoE氏と、あちらのスレのサロメKoS氏って同じ人間か?
なんか文体が違うのだが。

144 :本当にあった怖い名無し:2010/08/23(月) 22:29:32 ID:d/SmqBNw0
………てことは………真言宗含めた仏教関連のみならず、
例えば神道とかでも呪文・真言に類する者を使ってたら
ここで扱う範疇だったりするのかな……?
いや、自分知識ないんでROMってるだけなんですが。

145 :130:2010/08/23(月) 22:56:41 ID:pschq1k60
>>143
> 「真言」とは「マントラ」の訳語。
> 日本では浄土真宗を除いてすべての宗派で使っており、真言宗の、いや密教の専売特許でもないぞw
> 意味としては如来の真実語ということだが、一般名詞に過ぎない。
> こんなこと別に書かなくても共通認識として当たり前だと思ってたがなw


当たり前になってしまうのは、お前みたいな幼稚な脳ミソが多いからだ!!


> そしたら、オカルトマントラ考察にしようかwww

いいんじゃないか、それで
だけどアレだろ、一般祭祀のマントラも密教のマントラもオカルト視点の下一緒くたに考察するんだろ!?
笑いながら読んでやるからソラはじめろ!!


146 :本当にあった怖い名無し:2010/08/23(月) 23:54:57 ID:CSH8OklU0
>>144
神仏習合時代から真言使ってるのもあるだろ。いいんじゃないか。

147 :本当にあった怖い名無し:2010/08/24(火) 22:03:46 ID:xq28TBZ30
あっちやってるなあ。オレも参戦するかなw

148 :さろめSoE:2010/08/24(火) 22:17:56 ID:pkmZn0f5P
>>147
キリスト教のほうが仏教よりも。。なんて思わないですけどね
ああ無神経だと釘刺さないとね^^

149 :本当にあった怖い名無し:2010/08/25(水) 07:30:22 ID:428LBj2K0
>>148
このスレをすごく意識しているので、ああいうように書いているんだと思う。
ほっときゃ、こんなことにならないのにね。

あっちのスレは婆の日記およびたまに雑談というのを変える気もなさそうなので、
いっさい書き込まず、沈めて埋めてしまってもいいんじゃないか?


150 :さろめSoE:2010/08/25(水) 19:51:13 ID:fzAquaiaP
>>144
いいとおもいますよ

トホカミエミタメなんて神道のすばらしいマントラだと思うし
声明 和讃なんかも加えていいと思う

チベットやモンゴルあたりだと 発音じゃなく発声で瞑想に
導く方法もあったと思う

151 :本当にあった怖い名無し:2010/08/26(木) 01:35:18 ID:FAuadD+T0
サロメが向こうの真言スレに書き込みだしたのは、
デビルがサロメへの当てこすりみたいな内容のレスを書き続けてるから?

152 :さろめSoE:2010/08/26(木) 01:52:41 ID:bW9pMtdnP
>>151
ヒンドゥやらキリスト教あてこすったからw

とくに仏教の連中ってヒンドゥ見下すバカ多いからね
案の定w

153 :本当にあった怖い名無し:2010/08/26(木) 06:28:51 ID:z1pxdCZk0
>>152
まあ、あっちへの書き込みはこれくらいにして、無視して沈めてしまわないか。
デビル婆の朝の開門と夜の閉門しか書くことないんだから。
彼女(?)に論拠を示した反論はまず無理。感情論の理屈のすり替えに終始し始めているしな。
こちらのスレが盛況なら、結果としてやりこめることになる。


154 :本当にあった怖い名無し:2010/08/26(木) 07:53:06 ID:j9yyEUza0
>>152
うそばっかーw
今度は幸福の科学に入信したんだろwww

155 :さろめSoE:2010/08/26(木) 07:56:26 ID:bW9pMtdnP
>>153
了解^^

レベル低いよね 言い草がニューエイジのまんまだもんw

156 :本当にあった怖い名無し:2010/08/26(木) 23:36:09 ID:OivGFXYG0
まったく。
婆は話をごまかして、なんとか上から目線で話そうという意図がミエミエ。
レスを順を追って問答で並べるとよくわかる。自分の説の裏付けをしていないんだな。
まるで○田淳子の「勉強してください」絶叫と同じw
何が出るかと思ったら、いきなり観音さんまで出してきたwww
彼らのような、西洋の使い魔をも救うかなw

念彼観音力 還著於本人



157 :さろめSoE:2010/08/27(金) 13:40:54 ID:RgP8EAsiP
ニューエイジの拝み屋さんって面白いなw

158 :本当にあった怖い名無し:2010/08/28(土) 02:14:56 ID:b4ccLwPz0
なんで「オカルト真言蔵」スレのデビル婆が唐突に十句観音経を出したかと言えばだな(ニヤリッ!)
「妄者たちの為に」なんて書いてるが、あれで自分の護りとしたつもりなんだ。
なんか怖い思いしたんじゃないかw 自業自得。還著於本人。自爆だなwww

159 :本当にあった怖い名無し:2010/08/28(土) 02:16:31 ID:b4ccLwPz0
面白くないので、そろそろ婆らは無視しましょw

160 :本当にあった怖い名無し:2010/08/28(土) 14:29:19 ID:8uV1VMoZ0
呪ってくれなんて書くんじゃなかった。ごめんなさい。

161 :本当にあった怖い名無し:2010/08/28(土) 17:34:53 ID:6cQuHT/u0
>>160
呪うより、現実の力でなんとかするんだ。
呪術って、本来の運気の流れをねじ曲げる行為だから必ずどこかに歪み
が生まれる。そしてそれを元に戻そうとする力が働く。つまりはその場
だけのこと。

たとえば、会社で誰かを失脚させるべく呪詛を行って成功したとしよう。
しかしその失脚した嫌なヤツはそこを辞め、別の会社に入った。そして
数年後、偶然その会社が元いた会社を子会社化し、そいつはそこの管理
者として送りこまれ、前よりもっと嫌な目にあうようになった、という
具合だ。いわゆる因果応報よりも、呪術のほうが、その戻る力がはるか
に強力なようだ。さらに、「返りの風」という、そういった力を使った
反作用が必ず来る。

運気の流れを変えられるのは呪術ではなく、現実の人間の行動のみ。そ
れが宇宙の法則。私見ではこれが、キリスト教が保証した人間の自由意
志というものだと思う。

162 :本当にあった怖い名無し:2010/08/30(月) 01:06:00 ID:bpRYFGfB0
婆言い訳乙。苦しいなw
というよりもお前が言うかーだなw

南無大師遍照金剛
願わくは この功徳をもって あまねく一切におよぼし 我らと衆生と みな仏道を成ぜん

トシト・トコニヤ・モコニヤ・チョボニ・タンボニ・オボキ・モコシ・フンジャリ・ホンジャリ・
シュビチ・ホンジャロ・ボスニ・キュロキュロ・フンジャリ・チュロチュロニ・ホンジャリ・
シュロシュロニ・ホンジャリ・チョフチョフ・ホンジャロ・ホスニ・シンシイ・センシャニ・
センシャ・サボオボヤケト・サボケボソトギャ・オボヤ・ビリト・ビデン・ソコ

163 :さろめSoE:2010/08/30(月) 12:37:43 ID:wqxM/5NfP
>>160
大丈夫ですよ^^

ネットで呪詛なんかかけられませんから

気にしておびえる その恐怖のほうがよほど危険よ

164 :本当にあった怖い名無し:2010/09/01(水) 19:30:29 ID:McIWTcwp0
ネットで拝んでもらってる癖に。

165 :本当にあった怖い名無し:2010/09/01(水) 23:54:26 ID:l4GiWoeO0
>>163
呪いは本人が「かけられた」と思うと発動する。
なので、はなっから「ない」、あるいは「効かない」と思っているとまったく効果がないわけ。
干渉し合わない別次元同士のようなものだから。
そしてちゃんと作用しても、血筋上はね返されるというのもある。これはハンパなく怖いぞ。

>>164
ワハハハハ。やっぱり>>162の真言わからんだろ。しかし検索してみたら出てきたぞ。
見てみるがいい。婆をまねてやっただけw

真言以外のところは真言在家が必ず言わされる文言。お大師さんへの帰依と法華経だな。
そして法華経中の観音経は、真言宗でも唱えさせられる。
ちなみに子供のころから真言宗に馴染んでいるものは、こういう口語で書くようなところで
「お大師さま」なんて言わないよw 
お大師さん、四国ならお大師つぁんなんて言うんだ。

166 :本当にあった怖い名無し:2010/09/02(木) 00:08:06 ID:OvCppFCT0
2ちゃんの祈祷師に拝んでもらってるサロメとかには呪いが効いちゃうわけだ

167 :さろめSoE:2010/09/02(木) 00:29:46 ID:D/94uh3bP
かけて見てよ大田宮司の分身君www

わたしも昔はプロだったからw

はいどうぞwww

168 :本当にあった怖い名無し:2010/09/02(木) 20:29:33 ID:ymZBiFvi0
自分のことも振り返らずに仏(という人間の集合意識か?)なんかに会えるかい!
そのうち、あのお上品なw名言集をコピペして披露しようではないかw 玉なしさんw

南無大師遍照金剛
願わくは この功徳をもって あまねく一切におよぼし 我らと衆生と みな仏道を成ぜん

トシト・トコニヤ・モコニヤ・チョボニ・タンボニ・オボキ・モコシ・フンジャリ・ホンジャリ・
シュビチ・ホンジャロ・ボスニ・キュロキュロ・フンジャリ・チュロチュロニ・ホンジャリ・
シュロシュロニ・ホンジャリ・チョフチョフ・ホンジャロ・ホスニ・シンシイ・センシャニ・
センシャ・サボオボヤケト・サボケボソトギャ・オボヤ・ビリト・ビデン・ソコ

後悔してももう遅い。主筋の人間に呪いを向けた報いは必ず受けようぞ。
これは「システム」による自動淘汰であり、オレからは何もしないからな。
呪術に溺れたものの行き着く先だ。


169 :本当にあった怖い名無し:2010/09/03(金) 03:17:36 ID:n5eTv+uc0
>>167
プロって何?プロのヒンズー乞食僧侶?

170 :さろめSoE:2010/09/03(金) 11:04:31 ID:YewPvj8oP
>>168
仏って安易に使いすぎですね日本人は

171 :さろめSoE:2010/09/03(金) 11:09:06 ID:YewPvj8oP
>>168
って言うかあなたKKの人?

だとしたら悪いこと言わないからやめたほうがいいw

高橋信次の系列は依存癖がつくよ 自立したほうがいいw

172 :本当にあった怖い名無し:2010/09/03(金) 12:41:40 ID:BSYDnRrs0
おん・あぼきゃべいろ・しゃのうま・かぼだらじん・はんどまじんばら・あらわれたやうん

173 :本当にあった怖い名無し:2010/09/03(金) 20:05:39 ID:UfsXOKM70
>>170
>>171
おお、失礼。これはきみに当てたレスじゃない。
むこうのスレの邪悪な使いたちへ発したものだ。
婆を真似たわけw
ウチは真言宗だが、オレ自身はとくに何も信仰していない。

必死で死に損ないのスレを何年も維持し、そしてageることに異常に神経をとがらせている。
そこに何か秘密がありそうなんだなあ。
ところで、向こうのスレの住人が言っていたダーキニー、来た?


174 :さろめSoE:2010/09/03(金) 23:11:34 ID:YewPvj8oP
>>173
来たらお目にかかりたいなw

わたし昔はドゥルガ・カーリーの帰依者だったから
ジャッカルなんて食べちゃいます^^

175 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 12:21:36 ID:U69iSk5y0
人間は因果の鎖に縛られているのか否か。
この神学・哲学の有名な議論を知らないらしいw
古語を使用し、引用して難しく書いても内容は浅はか。
すでに西洋において論じ尽くされているというのになwww

>>174
日本におけるダキニ天は、稲荷神や天照大神と習合している
ので、実体が変化している可能性がある。
天皇家ですら、明治まではその呪力に頼っていた。
まあ、カーリーやマハーカーラの守護があれば大丈夫か。
密教でも、これら破壊神は元のものをイメージして修法するそうだし。

176 :さろめSoE:2010/09/04(土) 12:41:37 ID:NxRsPgFzP
>>175
呪力に頼るのは退嬰的
江戸時代の皇室なら仕方がないですけどね

177 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 14:19:22 ID:6k2yslJk0
ところで、日本の密教と言えば不動明王。
調伏呪術にも盛んに利用?されている。

ところで呪詛といえば、密教で、不動法が効かない相手には大威徳明王法を
使うとかある。空海自身も、守敏との調伏合戦には軍荼利明王法を使ったと
伝えられる。
ということは、これら2尊のほうが、五大明王の主尊である不動明王よりも
強力な呪力を発揮する、ということではないだろうか。
真言宗の教えでは、すべてが如来の教令輪身であり、役割に応じて化現する
が、すべては大日如来に帰結すると説く。
しかし、大日如来自身の教令輪身よりも、自性輪身の如来の教令輪身のほう
が強い力を発揮するとは矛盾してないだろうか。

178 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 14:28:11 ID:h/1IWGj30
>ということは、これら2尊のほうが、五大明王の主尊である不動明王よりも
>強力な呪力を発揮する、ということではないだろうか。

一概にそうは言えないとおもう。つまり力の作用と言うのは相対的なもので、
単に力の強弱だけでは比較できないとおもう。
不動法が効かないのは、不動よりも力が勝っているからではなく、不動の力では
効かないだけで、大威徳や軍荼利という「力の種類」を変えたことで作用を及ぼす
場合が往々にあると思うが。

179 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 14:48:57 ID:Y38SbXBU0
>>178
それはたしかに合理的な説明だな。

だが、こういった逸話がある。ある天狗をこらしめようと不動明王法を
使ったものの、いっこうに効果がない。不動明王が現れていうには、天
狗が元は自分を信仰する高僧であるために効かないのだと。大威徳明王
に頼んでみよ、と言われ、大威徳明王法を修したところ、調伏に成功し
たということだ。これが実話かどうかはさておいて、大威徳明王の力は、
不動明王の護りをも突破することができるということにならないか?

180 :さろめSoE:2010/09/04(土) 15:06:29 ID:NxRsPgFzP
>>177
軍荼利はクンダリニーだからそれは強力でしょう

181 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 16:40:54 ID:vYo0CuTR0
>>179
それに似た話をおぼろげに覚えていたので>>178の記述となったわけですが・・・
>大威徳明王の力は、 不動明王の護りをも突破することができるということにならないか?
と、いうことと、
>>178
>大威徳や軍荼利という「力の種類」を変えたことで作用を及ぼす場合が往々にあると思うが
とは同じ結果を述べていると思う。
それを、>>179は力の強さと云う着眼点で理解し、>>178 は力の種類の違いと云う着眼点で
理解している違いだと思う。

違った例え方で云えば、Aという薬を飲んでも癒えない病に、Bという薬に替えた事で
病が癒えたようなもの。その際AとBの薬の強さで比較するか、AとBの薬の成分の違いで比較
するかのようなものと考えます。

182 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 18:59:13 ID:lvJnx2uI0
つまり、不動明王の守護は万能ではない、ということにならないか?
大日如来の教令輪身で万能であるとされる不動明王だからこそ、五尊の中心におかれているはずなのだが。
ある守護や呪術を突破するには、より強力な力をもってするのが空海の雨乞い競べからの常識だと思っている。
ここでは同じ明王だが、たとえば、西洋の大悪魔を召還して、不動明王の守護がついている人間を襲わせたらどうなるか。
これはまったく「成分」が違うわかりやすい例だな。

183 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 19:23:18 ID:vYo0CuTR0
不動明王の守護とて万能ではないでしょう。
万能ではないからこそそれそれ能力や得意分野の異なった五尊として
現れていると考えます。

184 :本当にあった怖い名無し:2010/09/04(土) 22:06:22 ID:6FrL2f510
詐欺師・大磯武人について。
http://1st.geocities.jp/delete_ooiso/

185 :本当にあった怖い名無し:2010/09/05(日) 11:13:13 ID:bmiRhWtK0
>>183
実は不動明王は五大明王のなかで一番弱いという説もある。
だからこそ中心に据えられているという話だが、理屈の詳細は忘れた。
ずいぶん前に読んだ本なので。

たしかに、ヤマーンタカやクンダリーニのほうがアチャラナータより強そう。

186 :本当にあった怖い名無し:2010/09/05(日) 17:08:31 ID:SbZoxhww0
インドの方としゃべってみろよ。

187 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 22:44:23 ID:G8flbmYe0
>>186
方→「かた」か「ほう」か?
意味が違ってくるのでな。こういうときはひらがなで開いて書くんだ。

188 :本当にあった怖い名無し:2010/09/07(火) 19:20:56 ID:jnXGoB5O0
なんだ、PCからのアク禁か?

189 :本当にあった怖い名無し:2010/09/07(火) 22:34:01 ID:xn/RkRCR0
ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン

不動明王の火界呪。いわば、お不動さんに全力を出してください、というようなものではないかと。

190 :本当にあった怖い名無し:2010/09/09(木) 20:07:08 ID:+8LbKf5e0
魔が天使のふりをするのは良くあること。人間もしかり。
魔に憑かれた人間を見破るには、怒らせてみるといい。
ふだんどんなに立派なごたくを垂れていても、すぐにボロが出る。
なにもかもが簡単に見破れて面白いぜw


191 :本当にあった怖い名無し:2010/09/10(金) 13:46:43 ID:4VDCGuXW0
守護霊は生まれた年の干支によって決まるのかな?
まだオカルトをたいして知らない頃、
「のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おんありきゃ と言えばあなたの守護霊が喜ぶよ」
と言われた。
虚空蔵菩薩の真言というのはその後に知って、自分は寅年生まれなんだ。

192 :本当にあった怖い名無し:2010/09/12(日) 00:55:07 ID:gKIUw/WA0
>>191
寅年だったら毘沙門天の加護がありそうだが。


193 :本当にあった怖い名無し:2010/09/12(日) 11:06:21 ID:rx+pQdaN0
もういいかな、と思ったので書く。
7月末〜8月あたまあたりかな、だれか拝み屋、死んでるね。
それでデビル婆がビビっていたわけだ。

あそこの住人が依頼した拝み屋なのか、それとも彼らに恨みを持つものが、
こちらのフリをして呪詛をはなった結果なのかわからないが・・

たぶん手か指を切断する傷害を受け、突発の事故か何かでという感じがする。

オレには呪詛は効かないが、跳ね返った結果だった場合、たとえそれを放った
人間であろうと、こんなくだらない言い争いごときで犠牲者を出したくなかっ
たので、あちらのスレへの書き込みをやめた。

これは呪術のテロだ。
この報いは必ず彼らの身にふりかかるであろう。
立派なごたくを並べていても、その本質は魔に魅入られた奴隷たちだ。

それと、あちらのスレの住人、ぱらけるすすがオカルト板の運営であることは
間違いないだろう。過去レスによれば吉田某であるとのこと。


194 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 12:12:56 ID:JxVMC+8fO
吉田神道の本流か? アメノミナカヌシ神の話題が出てたし間違いないかな?
それならもっと被害が出てもおかしくないな

195 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 16:05:32 ID:LEX1R/G10
479 名前:ユダ・トマス ◆cEKo.27zds [] 投稿日:2010/09/10(金) 00:40:42 ID:eLsj3wg00
ところでサロメ
俺を呪った?

480 名前:さへい[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 21:31:48 ID:frnik2380
>>479
なに、呪いだと!?
詳しく聞こうではないか (。・`ω・)b

481 名前:ユダ・トマス ◆cEKo.27zds [] 投稿日:2010/09/10(金) 21:34:53 ID:f0zcEOoT0
いや、夕べ手をやけどした。

482 名前:さへい[sage] 投稿日:2010/09/10(金) 21:41:19 ID:frnik2380
なに、やけどだと!?
立派な呪いではないか!!

お大事にするべきなのです。

483 名前:ユダ・トマス ◆cEKo.27zds [] 投稿日:2010/09/10(金) 21:42:46 ID:f0zcEOoT0
もうラファエルが癒してくださいました。
痛みすらありませんよ。

196 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 20:40:52 ID:7YPRJjJq0
>>194
いや、神道でも密教でも道教でもなく、その呪術には西洋魔術の匂いがする。

その死んだ拝み屋、調べてみて、なんとなくこの人かな、というのを掴んだが、
違ってたら大変失礼にあたるので、ここでは書かない。

197 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 20:47:45 ID:iHiOY5XY0
もひとつ言うと、オレの知り合いの、近所のオバチャンが血を吐いて倒れた。
一時は危篤まで行ったが、なんとか持ち直し、回復しつつあると聞いた。
オレがもしやと思って、見舞いに行ったときに、ある措置を施したからかど
うかはわからないが。
彼女がオレの霊的楯となったのか、流れ弾が当たったのかはわからない。

いずれにせよ、こちらは何の関係ない人間まで巻き込んだわけだ。
呪詛を放ったほうも、依頼したほうもタダで済むわけなかろうに。

198 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 20:52:08 ID:LEX1R/G10
おれは遊びのつもりで呪いを希望したが、
足指切断かって思うくらい足が腫れて歩けなくなり膿が出た
また、買い物に行ってレジを通ったあと腕に違和感を感じたので見ると
緑色の百足が這ってたりと、ホラー映画のような異変に襲われるんで
耐えられず音を上げてしまった
死にはしないだろうが生命力が部分的に低下することはあると思うよ
呪いの免疫をつけることが課題

199 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 21:35:52 ID:f9djqPe40
呪いって本当にあるんですかね?
ユダ・トマスって人が死んだの?

200 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 22:18:54 ID:/5qkrXZG0
>>199
>>195は別スレからのコピペ。ここの話とは関係ない。
ただの呪い繋がり(笑)。

ここでもう一度言っておこう。呪術は絶対に使うな。
未知の知識の探訪は面白いが、そこまでに留めるんだ。
闇金よりも取り立ての厳しいところに借金するようなもんだぞ。

運命や宿命を変えられるのは現実の自分の行動のみ。
殺したいほど嫌なヤツでも出会いに何か意味があるんだ。
因果の鎖を現実の力で引きちぎれ。




201 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 00:51:55 ID:bYmuW8dvO
運命や宿命を変えられるのは現実の自分の行動しか無いっつーのは努力すれば運命や宿命を変えられるって事なの?

科学で理解されている範囲が現実なの? 呪いは現実じゃないの?
現実だと思わないようにしてるだけじゃないの?
素人が考える程、呪術は科学的なものでは無いよ
本人が信じようと信じまいと念はかわせないよ
プロが関わっているなら確実にターゲットを仕留めるよ
悪い事は言わないから早めに対抗出来るプロを雇うべきですよ
レスを見てると明らかに見えて無いのが明白ですよ
本当の呪いは周りからジワジワと攻撃するから時間がかかる(呪い=遅い、ノロい)んデスよ

202 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 06:16:52 ID:w4ejdnW10
>>201
>運命や宿命を変えられるのは現実の自分の行動しか無いっつーのは努力すれば運命や宿命を変えられるって事なの?
その通り。

きみみたいなのが、呪術の絶好のターゲットになるんだろうな。
思いこみが強くて、現実と夢の世界をごっちゃにしている。
まあ、理由は言えないが、大丈夫なんだよ。




203 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 07:48:40 ID:aI+9SFk4O
なにが大丈夫なのかサッパリわかんね

204 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 08:18:42 ID:jdR6aM9K0
>>203
放っといてやれよw
見当違いの一人合点で自分を納得させてるだけだから
デビルの呪詛返しが恐くて更に呪詛して、その結果がきっと出てる筈だと思い込んでる
本物のバカだw

205 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 08:35:43 ID:bYmuW8dvO
>>202
忠告は聞いておいて損はしないですよ
何の根拠も語れず自分は大丈夫だって平和ボケした現代人の典型的ですよ
見る人が見ると気が澱んで八方塞がりになってる状態だよ
関西の方なら良い除念屋を紹介してあげるよ
少し金額がかかるけど放っておくと一生悔やみながら生きる事になりそうですよ

206 :さろめSoE:2010/09/14(火) 08:59:52 ID:2h+mdbCfP
ばっかばかしいww

ネット行者の信者どもが思わせぶりなおためごかしwww

呪詛が有効なら日本は戦争に負けてませんが?www

207 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 09:01:34 ID:hlNWojm90
なんて浅はかな考え方だ
人の都合で動くと思うのか、全てが

208 :さろめSoE:2010/09/14(火) 09:14:02 ID:2h+mdbCfP
ネットで火病起こしてじょそ打つネット行者ってwww

御託は立派だけど信仰は貧弱ですね

209 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 09:16:15 ID:5WbsRnEJ0
お前は信仰者でもないだろうが、実の所
自分の妄想の補完物にキリスト教の教義を利用しているだけ

210 :さろめSoE:2010/09/14(火) 09:19:27 ID:2h+mdbCfP
>>200
呪詛なんて効力ないですよ

日本中の行者wが総力挙げても病身のルーズベルトが死んだだけで
日本は無残に敗北しましたからw

211 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 18:36:50 ID:YiWlhdsa0
日本はわざと負けて西洋化したの
そういう計画ってこと知らないの?

212 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 19:26:50 ID:RUZGbIPk0
詐欺師・大磯武人について。
http://1st.geocities.jp/delete_ooiso/

213 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 19:55:04 ID:fpBnf6sg0
>>205
はい、この文章読んだだけで、視えてないことが良くわかった。
墓穴掘ってますなw

呪術なんて無い人間には無いものと同じ。バカバカしい、と切って捨てるの
もひとつの手。

しかし、オレは神や魔が動いてというのではなくて、人間の集合的精神力が
作用するものだという説を採っている。
そして、欲する力が個人の域を超え、集合的精神力を動かせない場合、別の
力を利用しているものだと読んでいたが、今回それを確信した。
そしてこの力を使えばただではすまないだろうと思う。人間の器よりはるか
に巨大だから。

たしかに、太平洋戦争では呪術は無能だった。不動明王も、大元帥明王も、
八幡神への願いもむなしかった。これって、見方を変えれば、アメリカの
神−ヤハウェかキリストかルシファーだか知らないが−に、日本の神(とい
う人格を持った集合意識)が負けたことに他ならないだろう。
大統領ひとり呪殺したところで、原爆には勝てません!


214 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 20:06:29 ID:YiWlhdsa0
>>213
今は日本から出て発展した西洋の文明を
逆輸入して取り込んでいる段階だから、
勝った負けたの問題ではない

215 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 20:07:32 ID:hlNWojm90
なんのこっちゃって感じ

視えてないことが良くわかった

ときて

説を採っている

んー
理解できない
みえている人なら説をとる必要なんて無いよ、そもそも
そういうもんだからそうですよ、みたいなものになるよ、普通

216 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 20:11:43 ID:fYeuXmUv0
>>215
あの・・ 文章ちゃんと読んでる? わざわざアンカーつけたのにさ。
思いこみは相変わらずだねえw
一行目はイヤミ。わかった? 無粋だなあw

217 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 20:14:19 ID:fYeuXmUv0
まあいいわ。
お前は罪を犯した。今生でしっかり償え。


218 :既婚者:2010/09/14(火) 20:16:07 ID:477n+Ll80

やだ!踊りたいから

219 :さろめSoE:2010/09/14(火) 20:39:13 ID:2h+mdbCfP
>>211
頭大丈夫ですか???

220 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 21:01:51 ID:246W50lc0
>>217
相変わらずとか見当違いですねw
確かになにも見えてないねw

ああでもないこうでもないと頭でこねくり回しても出てこないものはあるよ
百聞は一見にしかずである

まあ、お好きに

221 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 21:03:10 ID:bYmuW8dvO
>>213 一応、忠告はしておいたよ 通りすがりにとんでもない状態だったから声かけただけですよ

どんな説を取るのも勝手だけど生死レベルで考えるのは人間の愚かな所ですよ
魂レベルで考えないと戦争で勝った負けたなど所詮は人間の浅知恵。
死んだかどうかなんて只の通過点でしかないよ
判断が戦争の勝ち負けとは、視野が狭過ぎるよ
見えて無い人は、普通なんだろうね

222 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 22:00:17 ID:YiWlhdsa0
>>219
大丈夫です。ご隠居。

223 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 22:13:26 ID:d6/9FCD50
>>221
はいはい。同じ文章、前も読んだことあるなw
文言と書く内容のクセに気付いてないようだな。


224 :本当にあった怖い名無し:2010/09/14(火) 22:23:22 ID:KxuyTNTE0
突然にぎやかになったなw

>>208
>ネットで火病起こしてじょそ打つネット行者ってwww
これ言えてるね。
ただ、ホントに日本人じゃないかも。

225 :本当にあった怖い名無し:2010/09/15(水) 23:02:58 ID:8nj/rFLD0
やっぱり同一人物の成り済ましとその信者だったんだな。
一斉に湧いて出るのがその証拠。
さろめ氏とほか1名、他スレから乱入もあったが。

さて、真言宗、天台宗の密教が朝廷に受け入れられたのはなぜか。
残念ながら、仏教としてありがたい教えだからというよりも、その
呪術の豊富さ、多彩さから、熱烈に受け入れられたわけだ。

226 :本当にあった怖い名無し:2010/09/17(金) 01:28:19 ID:390YvCp50
弘法大師空海は唐における当時の最先端のテクノロジを導入した天才。ヤマ師の要素も大。

空海が唐で受け継いだ密教は中期密教。
日本にはタントラを含む後期密教は伝わらなかった。
後期密教は、一神教の信者から見たら、まさしく悪魔教のように映るだろう。



227 :本当にあった怖い名無し:2010/09/17(金) 22:37:22 ID:Uw7OCrMV0
>ヤマ師の要素

kwsk

228 :本当にあった怖い名無し:2010/09/19(日) 20:17:43 ID:BR99Oz+M0
9月11日という日に地蔵菩薩を使った儀式。フフフ♪

229 :本当にあった怖い名無し:2010/09/20(月) 09:48:43 ID:JLnM1TCG0
エリートだった最澄をさしおいて、なぜ空海が嵯峨天皇により取り入れられたか。
それは、呪術を豊富に揃えている密教や土木建築の技術を、唐で学んできたという
ふれこみで売り込んだから。密教以外にも中国式錬金術をも日本に導入したと思われる。

230 :本当にあった怖い名無し:2010/09/20(月) 10:01:15 ID:MTOeqgmp0
なんだここは妄想バトルスレか登場人物は誰なの?

231 :本当にあった怖い名無し:2010/09/20(月) 22:26:01 ID:aksdR82p0
>>230
まあ、当人以外は関係ない話だ。

232 :本当にあった怖い名無し:2010/09/23(木) 12:07:57 ID:ClSs8fzj0
>>230
ここの住人たち(といっても、3人くらいしかいないが)
レスで煽られると、火病起こして、すぐ呪詛を放ってくるぞw

オカルト真言蔵 霜巻
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1278100984/


233 :本当にあった怖い名無し:2010/09/23(木) 12:08:48 ID:ClSs8fzj0
今日の雷雨は穢れたものの浄化。
関西地区で何か穢らわしい呪詛でも行われたんじゃないかwww

234 :本当にあった怖い名無し:2010/09/24(金) 07:01:28 ID:A8Dhr0z00
浄化はもうひとつある気がする。
まず風雨による「みぞぎ」と・・ もうひとつは「地震」? 関西地方?

235 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 08:43:04 ID:HIJlY9Wb0
魔が騒いでいるな。癒えたか。
なにかが気になるのだろうw
美辞麗句を尽くしても、本性は隠せない。自らが作り出した魔によって滅び去る。
すでに公安関係にも目を付けられているだろうし。

236 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 23:38:55 ID:hONN3JoP0
もうこれ以上は当局を本気にさせるだけだぞ、とだけ言っておこう。
本当の当局は自民民主どちらも関係ないからな。

237 :本当にあった怖い名無し:2010/09/29(水) 07:38:55 ID:aq83N2Oe0
真言は一種のじゅもん。

238 :本当にあった怖い名無し:2010/10/02(土) 12:51:40 ID:60Ff2nIN0
「天皇さま」か・・
目をつけられた公安に媚び売ろうとして馬脚をあらわしたな。
「陛下」というきちんとした敬称を付けてお呼びできないのが悲しいな。
やはり日本人ではないのだなあ。


239 :本当にあった怖い名無し:2010/10/03(日) 08:33:39 ID:1Eqwld9g0
屁香

240 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/08(金) 20:26:13 ID:fqwEgq9y0
>>232

690 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/08(金) 07:39:54 ID:vnJAowhB0
>これ、さんざん宗教版および神仏板で言われてたろ?

オカルト板で何を言ってるんだw
このスレは宗教版と神仏板を読んでない人間は参加できないんですねwww


691 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/08(金) 20:12:00 ID:+rjK5h5c0
>>690
>このスレは宗教版と神仏板を読んでない人間は参加できないんですねwww

引用したレスの趣旨はそこじゃないんだがな。話をずらしとるw
それより、スレを上げると式を飛ばされるか呪詛をかけられるぞ。いいのかwww


241 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/09(土) 01:06:01 ID:Ewxpt4aS0
わざわざ張るドアホども。
まあいい、みんなこっちへこい。思いっきり日蓮をケナしてやるぜw

242 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/09(土) 01:23:38 ID:edSlzNqUO
ウンコタレとか?

243 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/11(月) 08:45:34 ID:DrfjbpVx0
>>242
いいアイデアだw

244 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/14(木) 23:16:10 ID:FMF/KCtS0
これだから下位者はw

オレはバビル2世、お前はヨミってかw

245 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/15(金) 20:16:53 ID:8cJZoMqV0
 > 714 名前: ぱらけるすす ◆PARA//N9SM Mail: sage 投稿日: 2010/10/15(金) 11:35:00 ID: rWfRhbomO
 > 正義を振りかざす悪ほとたち悪いものは ないな


 > 宗教戦争や宗教弾圧も自分が正しいから 相手は正しくない
 > そうやって罪の無い命を奪ってきた歴史から何を学んだのか 今一度見つめ直す時期なんだろうな

ほんとになw
自分の心から出る言葉は重いなあw

246 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/18(月) 00:26:37 ID:WLIWOSvU0
日蓮系こないので、真言の話に戻そう。

247 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/18(月) 11:16:31 ID:u2CrzZCE0
まず、邪義「真言」が、なぜ広まったのか。それは、像法の末に伝教(最澄)が「法華経最第一」を
確立した「後」に空海(弘法)によって伝来したからである。
つまり、天台・伝教の破折を「まぬかれている」のだ。

伝教(最澄)が南都六宗の邪義を破った後に、空海(弘法)によって伝来した真言が
後に天台宗の人々が真言に「籠絡されていく落とし穴」となってしまった。

真言は、天台の一念三千の法を「盗み入れて」自宗の極理となし、「真言宗は天台宗と法理の
次元では同じだが、天台宗にない印と真言という事相があるから勝れている」との邪義を立てた。
その策略にかかり、天台宗を真言へとおとしめてしまったのが
比叡山第3代座主の「慈覚(円仁)」である。

伝教が一生の闘争で確立した「法華経最第一」の原則を崩し、「理同事勝」の邪義を唱え、
天台宗の真言密教化に踏み切ってしまった慈覚が、謗法の端緒を開く元凶となった。

さらに、慈覚の弟子「安然」は、禅宗を促し、「恵心」は、念仏を広める役割をした。
高徳・碩学と仰がれた慈覚が、後世の安然や恵心の邪義を引き出す呼び水になったのだ。
法をより深くむしばむ害虫は、他宗ではなく正法を護るべき天台宗の中にいた。
(よって現在の天台宗は、慈覚・安然・恵心の謗法を引継ぐ邪宗・謗法宗である)

そして、謗法に毒された人々を救うため、末法悪世の変革のために、次々と起こる
大難・迫害に命がけで戦い勝ち越えてきた、末法における妙法流布の法華経の行者が
日蓮である。謗法の人々も今は法華経を誹謗しているが、亡国・亡身の危機に直面した
とき、一切の仏寺・一切の神寺を捨てて、「南無妙法蓮華経」と唱えるようになるだろう。

248 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/18(月) 20:02:23 ID:rTovhzuK0
>>247
あの・・ 最澄、空海に弟子入りしてますが。
それだけ彼にとって密教が魅力的であり、コンプレックスだったんだろうねえw

密教、法華どちらにも落とし穴がある。
呪術性豊富な密教はオカルト新興宗教の母体となりがち。
一方、法華経は安楽品に説かれてある言葉とは裏腹に、日本において疑似一神教とでもいうような発展を遂げた。
他を一切認めない偏狭な考え方。これは浄土系にも言える。

理論は空海のものが一番破綻がない。
密教の呪術はアブラメリンにも匹敵するくらいおどろおどろしいものだがなw

249 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/21(木) 07:38:00 ID:pa52GfeB0
一神教的発展を遂げた宗教は「教学」または「神学」が発達する。
少ない材料の中で辻褄合わせをするので、どんどん積み重ねになっていくのだろうな。

250 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/25(月) 09:02:13 ID:GHYbOP7U0
なまった真言は、一般人が唱えても、あまり効果がないように思う。
真言の効果、ご利益とは、精神力を物理的作用に変換できる能力のある人間が、それ(真言)を媒体に使うということだろう。

251 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/26(火) 20:42:40 ID:8J5oTZtr0
3-15
inimicitias ponam inter te et mulierem et semen tuum et semen illius ipsa conteret caput tuum et tu insidiaberis calcaneo eius


Ave Maria, gratia plena,
Dominus tecum;
Benedicta tu in mulieribus,
et benedictus fructus ventris tui, Jesus.
Sancta Maria, Mater Dei,
ora pro nobis peccatoribus, nunc et in hora mortis nostrae.
Amen.


252 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/26(火) 23:00:58 ID:QaCoUaEiO
「あびらうんけんぼろーんきりく」で検索すると
御嶽山が出てくる?

253 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/27(水) 07:40:58 ID:1RdZ2Kjr0
>>251
ラテン語・・

下の段は有名なアベ・マリア。
上の段は、これは旧約聖書か。イブをそそのかした蛇(に象徴されるサタン)を神が呪うシーンですな。
だからマリアとくっつけているわけか。

彼らから見ると、真言系はたしかに悪魔教かもなw

254 :本当にあった怖い名無し:2010/11/07(日) 01:14:35 ID:qSq/Fet80
日蓮系は「法華経」が「仏説(仏=釈迦)」だと頑強に信じ込んでいる。そこから崩れているのに。
そういう意味では「法華経」も「大日教」も「金剛頂経」も同じ後世の創作。
日蓮の理論は現代では通用しない。

255 :本当にあった怖い名無し:2010/11/12(金) 06:35:23 ID:19Dz1O8+0
たれ目の、やせ型のオッサン、誰だ?
気味悪っ!

256 :本当にあった怖い名無し:2010/11/16(火) 06:55:04 ID:lq+p15wY0
呪文としての真言。
元のサンスクリット語の発音ではどのような効果があるだろうか。

257 :本当にあった怖い名無し:2010/11/20(土) 02:08:39 ID:91Uog6AL0
そして木っ端呪術者たちは残らず消え去る。


258 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2010/11/20(土) 02:10:26 ID:NdaIZnOB0
>>256
宇宙の運行にさえ干渉できる

259 :本当にあった怖い名無し:2010/11/21(日) 01:12:34 ID:U7YU6ycB0
>>258
おっ、久しぶり!


260 :本当にあった怖い名無し:2010/11/24(水) 21:01:02 ID:AOy96UBm0
今回の北朝鮮、地域限定戦争、あるいは大戦への引き金になるかも。
こういうときに呪術は無力だ。どんなに真言をとなえても、どうにもならない。
ミサイルを止めることなどできない。

宗教的な力は、やはり、それを信じている人間(民族)の思念の強さに比例するのかも知れない。
現実的な力の後付以上にはなりえないのだ。

261 :光教育男。:2010/11/24(水) 21:12:08 ID:jgwHs8yR0
絶対零度と永続力場猛吹雪と永遠物理学冷凍攻撃と永劫天文学氷結紋章衝撃波と永久科学技術最終最後終了終焉特別突撃と真空波動拳と竜巻旋風脚と金剛昇竜拳と魔王貫通拳と魔神機械斬!?♪。
ウルトラスーパーハイパースペシャルデラックスアンリミテッドアルティメットパーフェクトオールフリーエターナルフォースユニバースパワーインフィニティーエネルギーブリザード∞!?♪。

262 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2010/11/25(木) 00:32:47 ID:mgN8/AoG0
戦争は現実の生々しい欲が絡むし

天界次元の神々も加担して業を積みたくないでしょうし

元寇のときでさえ日本の神々は贖罪に大変だったらしいし

263 :本当にあった怖い名無し:2010/11/27(土) 09:44:38 ID:KOOSBCr/0
>>262
>元寇のときでさえ日本の神々は

あれは、いろんな神が名乗り? を挙げているが、有名どころでは、八幡神と大元帥明王だね。
実質は鎌倉幕府の日本 VS 元支配下の高麗ほか。

神は現実に干渉してはいけないのだろう。
呪術も同じで、それは本来の時間の流れをねじ曲げる行為であり、大罪となるのかも知れない。

264 :本当にあった怖い名無し:2010/11/28(日) 00:48:22 ID:d/PoY59Z0
たとえ国のためでも、呪術は良くない行為ということなんだな。
逆に言えば、現実に干渉する神というのは実は・・

ましてやそのへんの木っ端呪術師たちが好き勝手にやっているのは問題外。
呪術者たちの悲惨な最期を見ればわかる。

265 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 20:15:14 ID:9wmJu8Vu0
大体は片づいたな。ちょっと時間がかかったが。
あとは力を現実世界でもてあそんだ連中の贖罪が始まる。

266 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 20:34:52 ID:UZNK7djZ0
>神は現実に干渉してはいけないのだろう。
>呪術も同じで、それは本来の時間の流れをねじ曲げる行為であり、大罪となるのかも

日本の神社はもとより世界中で神への各種祈願が行われているけど、それはどうなの?
成就どころか意味すらないとか?

267 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 20:41:51 ID:6goOxYyj0
カルトが神様か生き神様に呪術で攻撃してしまった

268 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 22:53:40 ID:9E/BbYtg0
>>266
祈願でも、相手を呪う、滅ぼすという行為に加担することが
神にとっても良くない行為なのではないだろうか。

なお、神とは民族の文化と言い切っていいと思う。
その性質などは、その地に住む人間の集合意識が形作る。
人間の心の中にこそ神はいる。
現実の神、普遍の神というものがいるとしたら、それは自然そのものであろう。
それは当然、人間のような人格はもっていない。


>>267
ちょっと触れるとすぐ湧いて出るな。面白w



269 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 23:32:20 ID:UZNK7djZ0
>>268
祈願でも相手を害するようなのじゃなければOKなんだね。よかった。

>その性質などは、その地に住む人間の集合意識が形作る。
なんとなく納得です。

仮に誰かから攻撃(現実生活でも呪術?でも)されたとして
呪う滅ぼすじゃなくて、相手にはね返すとか、どこかに流すとか、
相手の攻撃する意思そのものを無くさせたい、なんていうのは
どうですか?


>>267-268
ふたりして共通の何かが見えてる?

270 :本当にあった怖い名無し:2010/11/29(月) 23:54:31 ID:9E/BbYtg0
>>269
>祈願でも

何かが入ると何かを失う。運気もお金もそう。
神への祈願も、その仕組みの中で、前倒しにしたりしているにすぎない。
あれ、叶ったらそれはいわば借金なんだ。だからこそ、神はなかなか聞いてくれないわけ。
容量そのものを増やすには人間の努力や、徳の積み重ねなど、現実の力を使うしかない。

真言は、それを簡易に行うツール。ある意味、危険。

>相手にはね返すとか、どこかに流すとか、
>相手の攻撃する意思そのものを無くさせたい、

はね返すのは、これまた呪詛と同じ。そして力そのものが雪だるま式にふくれあがるので危ない。
流すのも、まわりに流れ弾が当たる可能性があり、どうかと思う。
呪詛で力を飛ばせる人間は、精神力が強固。思いを変えさせるのは並大抵ではない。
力の性質を変えるのが一番いいと思う。


271 :本当にあった怖い名無し:2010/11/30(火) 01:06:32 ID:RwdW6rgk0
9月終わり頃に光明真言を何度も唱えたら
突然雨が降ってきて洪水起きるかと思うくらい大雨になったよ
涙が止まらなかった

272 :本当にあった怖い名無し:2010/11/30(火) 06:24:15 ID:Q5xdWCfB0
何あせってるんだろうw


273 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 00:39:19 ID:6PwMyu0q0
>>270
>神への祈願も、その仕組みの中で、前倒しにしたりしているにすぎない。
人が持っている運の総量は決まっていると聞いたことがあるけど、
そのものだったんですねーw
祈願していたのは実家周辺で数十年燻り続けていることに関連しているので、
相当容量増やさなきゃならないか・・・無理

>真言は、それを簡易に行うツール。
真言の知識もゼロに等しいので勉強になります。
貧困なイメージで申し訳ないけど、高利貸しを呼んで増量してもらうような感じ??

>力の性質を変えるのが一番いいと思う。
その発想はなかった!
そんなことも出来るんだ。
自分で訊ねておいてなんですが、>>269の「はね返す」「流す」は、
言葉のイメージだけで言ってました。すみません m(_ _)m

274 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 00:55:35 ID:6PwMyu0q0
まぁはね返すも流すも力を変えるも、具体的には何がどうなっているのか
さっぱりわかってないし、もし細部を聞かされても理解出来ないだろうなorz

275 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 06:30:30 ID:qog/6XDZ0
>>274
オレもわかんないよw
気功師は生霊なんかを「いい気」に変換できるようだね。

このスレの上のほうで書いているが、日本に伝わった真言はかなりなまっている。
あれが効果があるのも、信仰している人間の集合意識がそうさせているのではないかと。



276 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 13:36:50 ID:jSmtDxN/O
集合意識ってなに?

277 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 13:42:09 ID:97H/QOG80
http://78.xmbs.jp./yurinyanta/

278 :本当にあった怖い名無し:2010/12/01(水) 23:46:19 ID:6PwMyu0q0
>>275
>気功師は生霊なんかを「いい気」に変換できるようだね。
えっ、ということは、生霊は、霊じゃなくて気なの???
そうか、気だから本体から離れても平気・・なのかな?


気功師ってそんな技術を持っているのか・・・スゴス

279 :本当にあった怖い名無し:2010/12/02(木) 00:01:29 ID:u93/F/2M0
>>275
質問ばかりですみません。

>日本に伝わった真言はかなりなまっている。
>あれが効果があるのも、信仰している人間の集合意識がそうさせているのではないかと。

えーっと・・・
A 日本なまり真言で対象にアクセス・力の発動ができるような構造や回路を、
  信仰している日本人たちの集合意識が新たに作ってしまった

B 日本なまり真言でアクセスする対象は、実は信仰している日本人たちの
  集合意識が作り上げた本家?とは「似て非なるもの」

C 日本なまりの真言が正しい真言だと強く信仰している日本人の集合意識が
  対象へのアクセス・力の発動を可能にしている

(D ABCとどれもかすりもしてない外れ)

というのをバカなりに考えた・・・が近いのはありますか?
いや、よければ、275さんのお考えをも少し詳しく聞かせて下さい。

280 :本当にあった怖い名無し:2010/12/02(木) 00:22:49 ID:hLoIPelM0
>>273
>実家周辺で数十年燻り続けていることに関連しているので、

たぶん、あなた自身の努力でそのステージをクリアしなければならないのではないかな?
「人事を尽くして天命を待つ」。

>>278
けっこう有名な話だよ。
霊や呪術の力も気の一種だと仮定すると、ほとんどすべての矛盾が解決する。
霊能者でも、無意識にそうやってるのではないかと思う。

>>279
Aだと思う。

281 :本当にあった怖い名無し:2010/12/02(木) 23:57:15 ID:u93/F/2M0
>>280
どうもです。

>たぶん、あなた自身の努力でそのステージをクリアしなければならないのではないかな?
うーん、でもどうしたらいいのかわからない。
母と祖母の嫁姑問題に親戚知人が好き勝手に介入し、
その状態が自分が生まれる前から続いているんですわ。


282 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 00:07:28 ID:pT6lt0UW0
>>280
>けっこう有名な話だよ。
>霊や呪術の力も気の一種だと仮定すると、ほとんどすべての矛盾が解決する。
>霊能者でも、無意識にそうやってるのではないかと思う。

知らなかったですよーorz
でもおもしろい!興味あります。
そうすると、真言の構造や回路(?)も気の一種ということか。
なら真言は、気の操作の為の駆動キーかプログラムみたいなものなのかなぁ。


>Aだと思う。
! そうなのか・・・・・・・なにか納得。

283 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 00:31:15 ID:pT6lt0UW0
えーじゃあそもそも、神仏とは何なのだろう?

「神仏としての働き」をする高密度で強大な気の塊り?

284 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 01:26:24 ID:qmojaaKr0
どうも初めまして。このスレ初めてきました。
とりあえず書きたいこと書いて帰ります。

>>283
私が思うに神仏は人々の理想の形を象徴化したもの。
神仏には意志がないので、働きそのものは無いと言えると思う。
気は実際にあるし、呪詛や呪術の類ももちろんこの世に存在しています。
それらは化学や科学では解明できない。何故なら科学者はそれらを否定する立場にいるから。
解明された謎はオカルトからはずれ、科学の領分になってしまう。
だから、科学では証明できない。
とりあえずまとめると、神仏や呪詛、気、などのオカルトは存在するが、
科学とは別の領分で証明しなければならないということです。
反論がありましたら、どんどん叩いてください。
長文スマソww

285 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 06:33:55 ID:AVmbZPpo0
>>283
神とは、自然の気や人間が出した気に、その土地の人間の信仰心や思いによって、性格付けされたものではないかと思う。
それ自体はただのエネルギーだが、そのエネルギーを入れる乗り物を作り出すイメージかな。
宗教や呪文は、そういった力にアクセスするためのツール。
そんなものに依らずに「力」をコントロールできるようになれば、すべて物理的に解明できるだろう。
心の動きも物理現象で、電気信号であるように。

286 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 15:06:59 ID:qmojaaKr0
>>285
でも、「力」をコントロールできるなんて今の人間には不可能に近いと思います。
それにこの世全てのものが物理的だとは限らないとも思います。

287 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 19:56:34 ID:icOJWVNT0
>>286
>今の人間には

中にはいるみたいだよ。呪術者や気功師もそうだよね。

オカルト(=隠されたもの)は時間とともに必ず明らかにされる。
世の中は単純で完璧なものに帰結する。

288 :本当にあった怖い名無し:2010/12/03(金) 21:08:16 ID:icOJWVNT0
今日のは、日本全体の「みそぎ」か。
どういう意味合いだろう・・

なあ、タレ目のオッサンw

289 :本当にあった怖い名無し:2010/12/06(月) 23:02:25 ID:rA/Vrhah0
>>287
どもです。

>>279のAにも絡みますが、神仏と呼ばれる存在が、人間側の文化や欲望の変遷
によって影響を受け、発生?というか原初の頃からは違うモノ(質あるいは存在そのもの)に
なっていったりはありえますか?

意図しなくても>気功師は生霊なんかを「いい気」に変換できる を、人間側が行ってしまっているような。

生霊の例を喩えにするのは規模が違うので合っていないかもだけど、
祀られなくなった神さまが力を失くしたり悪いものになるような話を聞いたこともありますので・・・
それが本当なのなら、人間の集合意識の変遷が、より沢山の信仰を集めるメジャーな神仏の存在そのものに
影響を及ぼしていくこともあるのではないかと新たに妄想中です。



290 :本当にあった怖い名無し:2010/12/06(月) 23:17:52 ID:5r0EhMzi0
>>289
神はその土地で変化する。これ即ち、その土地の人間が作り出すものにほかならない。
わかりやすい例をあげようか。
たとえば、このスレの前のほうで出てきたダーキニーだが、インドではただの夜叉鬼神、しかも小物の悪鬼に過ぎない。
それが、日本では最高神・天照大神の化身として、その修法は皇室も即位に利用するまでになった。
長くなるので変遷の歴史は省くが、これだけ極端に変化するのも珍しくない。

極論を言えば、信仰の多さが神の強さでもある。
ということは、最強の神は・・ YHVH=イエス・キリスト=精霊の「三位一体の神」ということか

291 :本当にあった怖い名無し:2010/12/09(木) 01:49:04 ID:UJSaXmD+0
>>290
>神はその土地で変化する。これ即ち、その土地の人間が作り出すものにほかならない。
お、なるほど了解です。

と、なれば、世には、実際には民族神以外存在しない?
それともそれより上位の存在(気)があるのか?

そして人間の方がアクセスする神仏(気)に当てられて変化することはないでしょうか?
その信仰されている神仏的人格?質?になったりとか。
相互利益的に、又は人間の方が神仏に使役されたりとか。


呪詛も祈念も含めて真言そのものはあくまでツールなんだなぁ。
うーむ・・・恐れ多いが見方によっては神仏そのものもツールと言えないこともなくもないような・・・
うまく言えないですが。

292 :本当にあった怖い名無し:2010/12/09(木) 01:52:51 ID:UJSaXmD+0
>極論を言えば、信仰の多さが神の強さでもある。
>ということは、最強の神は・・ YHVH=イエス・キリスト=精霊の「三位一体の神」ということか


これは確かにw

でもこの神が最強ならば、結果として「ヨハネの黙示録」的な未来が来るということか・・・

293 :本当にあった怖い名無し:2010/12/09(木) 07:05:19 ID:EPnNfmy50
>>291
まあ、あくまでもオレの説の領域を出ないのだが・・
神とは、いかようなものにでも変化する、中性の力、いわば粘土細工の粘土のようなもので、それに形をつけるのは人間。
出来たその力の働きかけによって人間が変化することもありうると思う。
人間は、宗教的、精神的なものでしかまだそれをコントロールする手段を持っていないように思う。
気功師は唯一、物理的な方法でアプローチしているように見える。

>>292
なので、その神=宗教を信じている人間の心の変化によって回避することが大事なのだろう。
カトリックには三位一体に加えて、マリア信仰という、別の要素も入り込んでいる。
あれが、救いになる「ツール」なのではないだろうか。
お父さんにとりなすのはお母さん、という人間の意識が生み出したもののような気がする。

294 :本当にあった怖い名無し:2010/12/09(木) 07:06:21 ID:EPnNfmy50
ついでにいうと、見てる「不思議世界」がその人の精神状態の反映だったりするから面白い。

295 :本当にあった怖い名無し:2010/12/10(金) 00:31:06 ID:uzvoJfln0
人間のもっとも強い感情の発露のひとつが「嫉妬」だと思う。
言葉から虚飾を剥ぐと、そんなものしか残ってないことが多いね。

人間の心は神も作り出すが、同様に魔も作り出す。


296 :本当にあった怖い名無し:2010/12/10(金) 01:39:45 ID:tTqOQ+UW0
>>293
>人間は、宗教的、精神的なものでしかまだそれをコントロールする手段を持っていないように思う。

対象に対する強い信仰心や念・・「強い気の発露」と、「これを使えば間違いない」という認識を乗せたツール・・・
例えば真言、を使う知識と技術?があればコントロール可能で・・・・・

>気功師は唯一、物理的な方法でアプローチしているように見える。

例外的に気功師は、気を気のままで扱っていると。
こっちの方が、対象を見誤ったり気の働きかけで自分が変化してしまう
心配などはなさそうだけど、特殊な才能が必須ですよね!?

真言(その他オカルティックな手法)を究めるのと気をコントロールする才能
を磨くのでは、どちらの方が一般の人間向けなんだか判断つきますぇん。


297 :本当にあった怖い名無し:2010/12/10(金) 01:42:16 ID:tTqOQ+UW0
>>293
そう言えばキリスト教の「とりなし」って何かで聞いた。
サロメがのぞいてたら説明してくれるかなーw
キリスト教は「裁き」に収束されるわけではないんだね。

>>294
まずどうしたらその「不思議世界」を見れるのかというところが(ry


298 :本当にあった怖い名無し:2010/12/10(金) 01:48:42 ID:tTqOQ+UW0
>>295
自分の場合で言えばもっとも強い感情は「怒り」かなー

怒りも消化・・昇華?出来なければ、繰り返し出て来て自分が苦しいだけだと
判ってはいるのだけど。なかなか。

299 :本当にあった怖い名無し:2010/12/10(金) 07:12:46 ID:mmHIHoHG0
>>296
>特殊な才能が必須ですよね!?

気功師も真言や天台の密教坊主もどちらも体系化されたマニュアルに基づいて教育されている。
密教のほうが宗教のぶん、より精神の力に依存している度合いが強い。
そういう力って、誰でもあって、マニュアルに添えば誰でも開花できると思う。
ただし、人間にかかっている鍵というか、リミッターを壊す作業でもあるので、耐えられない人間には無理だろうなあ。
自動的にコントロールできているものをすべて手動に戻す作業とでもいうか・・
オレも「ヤバ」と思って途中でやめた。

嫉妬も怒りも人間のエネルギー。オレは否定はしないな。
ありのままを肯定してからでないと、乗り越えられない感情でもあるし。

大体、神って怒りっぽいじゃないwww
とくに三位一体の神はすぐ過酷な神罰喰らわすしw
あれが人間の感情で出来たものでなかったらなんなんだ、と思うよ。

300 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 16:46:57 ID:veDvB9si0

     ∧∧   ) ズザーッ (´⌒(´
  ⊂(*^^*⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (´⌒(´⌒;;  ̄ ̄ ̄

301 :本当にあった怖い名無し:2010/12/14(火) 06:16:08 ID:EGqdtEfS0
 ↑
なんじゃ、こりゃ?

302 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 13:36:45 ID:8J+xY7b00
ほぼ同じことを言っている書き込みを見つけたので、その部分を張っておきます。
ちなみに真言は「力」にアクセスするためのツール。フィルターを通すより効率がよく、コントロールもある程度可能。


> 660 :本当にあった怖い名無し:2009/08/02(日) 23:18:36 ID:J4MRwVx30
> うーん難しいな…
> なんていったらいいんだろ。
>
> まぁ、似て非なる話なんだけど
> 地脈の流れはそのままなら純粋な力の流れなんだが
> コンタクトを取ろうとするとなんらかの形をとらせる必要があるから
> いわゆる一般的な龍の姿として顕現させるっつー必要があるわけなんですが。
>
> なんでかっていうと人間は純粋な地脈の流れをそのままの状態では認知することは
> 機能的に困難なために一定のフィルター的要素を通す必要があるわけなんです。
> PCのデータは対応するアプリケーションを徹さないと解読できないようなもんです。

303 :本当にあった怖い名無し:2010/12/22(水) 07:36:56 ID:CUndTUoj0
人にしたり顔で言うことって、実は自分に言い聞かせていることが多い。
それこそ人間の内なる神なのだろう。
その声に自分自身が気付くかどうかだね。

304 :本当にあった怖い名無し:2010/12/24(金) 07:21:33 ID:/keOc/DO0
弱いな。

305 :本当にあった怖い名無し:2010/12/25(土) 09:52:39 ID:KL7F66NB0
オン・ソンバ・ニソンバ・ウン・バザラ・ウン・パッタ

306 :本当にあった怖い名無し:2010/12/26(日) 01:05:53 ID:qxfwT6a60
さて、こっちに戻ってと。

オン・ソンバ・ニソンバ・ウン・バザラ・ウン・パッタ

307 :本当にあった怖い名無し:2011/01/03(月) 09:01:46 ID:RsDT4xsW0
今年は、手が付けられなかった部分まで整理される年となるだろう。

308 :本当にあった怖い名無し:2011/01/06(木) 23:29:20 ID:ejkSm23L0
何にも起こりません。残念ながら。読み違い。

それとも何かを「起こす」つもりなのかなwww

309 :本当にあった怖い名無し:2011/01/10(月) 11:07:22 ID:pQsmSns90
スレタイとは関係ないが、2ちゃんねるの特定板が急速に過疎化している。
このオカルト板なんて顕著だな。
住人と、ROMっているだけの人間入れても板全部で数十人しかいないように思われる。
そろそろ掲示板の役割も終わりか。すでに世の中はツィッターの次を模索している。

未来予知は難しい。それこそ、因果律が絶対でない証明でもある。
とくに何も起こらないだろう。いや、起こさせないのではないだろうかw
安定と均衡を安易に崩してはならない。
それを仕組むものにはむくいがあるだろう。

オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ

310 :本当にあった怖い名無し:2011/01/10(月) 18:34:08 ID:oXo0ABPo0
なぜ、安定を壊そうとするのか。
その心理は自己破滅願望にほかならない。
自殺は自分だけでやること。他を巻き添えにするなぞもってのほか。

そして何も起こらないのだ。何もな。


311 :本当にあった怖い名無し:2011/01/13(木) 07:33:55 ID:SLFnTiC30
大体の構造はわかった。
後は、おのおのの所業に応じて・・

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

掲示板自体、次のものにとって変わられる日は近い。おそらく匿名で意見を言うことは出来なくなるだろうな。

312 :本当にあった怖い名無し:2011/01/23(日) 23:18:41 ID:fzSzXQnC0
立春はもうすぐ。
日本の神々が復活する日でもある。
そして、物事が動き出す。すべてのものは元あるところへ返る。
邪な気も術者の元へ戻り、もろとも明王の迦楼羅焔あるいはゲヘナの火によって焼き尽くされるであろう。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン

313 :本当にあった怖い名無し:2011/01/26(水) 07:00:59 ID:5kLSqRCC0
ただただ元に返るだけ。そして焼き尽くされ、浄められる。
それが明王や天使の「働き」。
人間の問題に使ってはいけない力を使った代償は大きい。
心当たりがなければ安心していいだろう。



314 :本当にあった怖い名無し:2011/01/28(金) 07:32:03 ID:tuk3N7sd0
世の中のすべてのものは、必要があって存在している。
価値観は相対的。
一方から悪と見えても、不用意に消しては罪を背負うことになる。
自然な解決を図るように。

315 :本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 02:33:50 ID:3C1PFtqP0
ふーん、やっぱりそうか。
しかしこれは因果律によるシステムなので止めようがないんだ。
勝手に発動するし。
観音さまに懺悔して楯になってもらっても、逆に罪を重くするだけ。
自らで受け止めて、早く抜け出せ。たぶん死ぬことはないと思う。

316 :本当にあった怖い名無し:2011/02/02(水) 00:48:39 ID:jv6DB/110
縄文時代の日本の信仰は神あり。それに近付くのに草木から入っていたな。

317 :本当にあった怖い名無し:2011/02/02(水) 01:11:27 ID:SrW4eDLF0
>>316誤爆だった

318 :本当にあった怖い名無し:2011/02/02(水) 07:27:33 ID:IqmuhAEJ0
>>317
ご苦労さんw

319 :本当にあった怖い名無し:2011/02/02(水) 07:31:50 ID:IqmuhAEJ0
今日は大晦日、明日は正月。
今年は節分とほぼ一緒(1日違い)の正月か。節分の入りは虎の日でもあり、新しいスタートにふさわしいな。

320 :本当にあった怖い名無し:2011/02/03(木) 22:32:16 ID:l06vNs5l0
明けましておめでとうございます。
明日は立春。すべてが戻ってくる。動き出す。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

卯年の守り本尊に
オン・アラハシャ・ノウ

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



321 :本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 12:59:19 ID:rDwqncOn0
能力者がその力で罪を犯すと、その返りは通常の人間の比ではない。
なぜなら、その力の使用を許している背後のもの(神あるいは守護霊)自身が罪を犯したことになるからだ。
これはこの大自然(大神)の法則なので、神でもどうしようもないこと。
覚悟をもってきちっと受け止めるしかないだろう。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



322 :本当にあった怖い名無し:2011/02/07(月) 22:00:55 ID:nDMUMkZs0
もし力を間違った方向に使ったなら、背後のものは姿を消すであろうな。
人間が自分の意志のみで不思議の力を使えるわけ無かろう。

そして能力はさまざまなパターンがある。
どこぞの憑坐レベルが能動的な能力を使うなど無理なこと。

ただしオレの考えでは、後ろの神仏や守護霊の正体は、人間の集合意識や自然の力だと思っている。
その土地に住む人間が、その土地の神の性格付けをする。または、自然の力をそのように性格付けして認識する、といった具合。

323 :本当にあった怖い名無し:2011/02/08(火) 22:03:05 ID:8RwWkJvn0
もうやめとけ。無駄。

324 :本当にあった怖い名無し:2011/02/11(金) 13:37:22 ID:MHLBFOCd0
自分でしっかり受け止めて清算するんだ。
そうすればいずれは元に戻るであろう。
術に逃げるな。
どのような理由であれ、やってはならないことをやったのだから。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン


325 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 07:37:31 ID:7yn/buuo0
眷属がアブwww

326 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 23:06:03.40 ID:t5isrieC0
あのねえ・・ もうやめとけよ。何度やってもムダ。
もはや届かない。いたずらに罪を重ねるだけ。
もしかして無意識にやってるのか?

煽りだろうが荒らしだろうが、レスにはレスで対抗が原則。
それはわかるか?
それが出来ないなら、掲示板なんぞに出入りするんじゃない。



327 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 12:31:02.61 ID:KSasiWnvO
>>326
また身内に不幸があったか>おまえのせいでw

アキラメロン(AA略

原因は お ま え

術者の集まるスレへ い ざ な ぎ 流 の 呪 文 を 何 度 も 貼 っ た おまえが悪い
自業自得だwww

328 :本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 21:11:06.39 ID:w+tE82Jz0
お、釣れたな。
全然視えてないくせに、わけわからず煽るんじゃない。
お前の自作自演や成り済まし、コテハンまでわかるんだよwww

こいつはどうでもいいとして、あっちの婆のほうが真相に気付いたっぽいな。


オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン


329 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 00:46:57.49 ID:XKK8Uupx0
霊眼は、実眼よりはるかに現実の見極めが難しいので注意。




330 :本当にあった怖い名無し:2011/02/26(土) 21:49:43.33 ID:ead+RPc60
悪魔は苅られるw

331 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 20:23:49.23 ID:XnlTP5uU0
すごい気の使い方だな。
こうやってグレないようにしてるわけだ。



332 :本当にあった怖い名無し:2011/03/02(水) 23:55:14.14 ID:BKkuKOJy0
ふふふ♪
天に唾したら、自分の頭上に落ちてくるのなんてよくある話よ。



333 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 00:44:37.50 ID:IRbf56zp0
自分がやったことのように錯覚してしまう自意識過剰の人間には困ったものだわ。
それに振り回されている周りの人間こそいい迷惑よw




334 :本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 06:16:33.50 ID:6g1FID6r0
ふふふ♪
人の愛に飢えているだけ。



335 :本当にあった怖い名無し:2011/03/05(土) 16:07:35.48 ID:6ElH8nmd0
来ていないものに対して返してしまうとどうなるか。

ただのワナ。

見抜かれている。





336 :本当にあった怖い名無し:2011/03/10(木) 06:47:22.41 ID:L/y2Sc6B0
送っているはずのもがなぜか届かない。

視てもなぜだかわからない。

煽ってみてもわからない。

頼りすぎると視えないものが多くなる。

あちらの世界は摩訶不思議。




337 :本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 23:54:37.53 ID:QC1W8Jfz0
ageage

338 :本当にあった怖い名無し:2011/03/18(金) 04:01:53.81 ID:ssbVunay0
密教の鎮護国家の法でこの事態は改善できないのか。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン




339 :本当にあった怖い名無し:2011/03/19(土) 17:07:37.55 ID:rgcvXBLE0
烏枢沙摩明王法がいいだろうな。今回の場合。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

オン・シュリマリママリ・マリシュシュリ・ソワカ



340 :本当にあった怖い名無し:2011/03/20(日) 16:56:11.09 ID:y0zss6KO0
明日はお大師さん(弘法大師)の命日。
旧暦からは1か月ほどずれているが・・(旧暦では今年は4月23日が旧3月21日)

お大師さん、日本をお護りください。
南無大師遍照金剛


341 :本当にあった怖い名無し:2011/03/22(火) 00:49:00.89 ID:DL6cU2Pz0
もうひとりはどうなったろうねえw



342 :本当にあった怖い名無し:2011/03/25(金) 00:38:09.01 ID:u1cJY30O0
ふーん、レス書ける程度の状態にはあるわけだ。
どのくらいまでやらかしたがオレには確認できないが、きっちりおつとめを果たすことだ。
もう手を出すなよ。




343 :本当にあった怖い名無し:2011/03/25(金) 06:40:12.72 ID:KcLW/PTK0
部外者? はもういいだろうw



344 :本当にあった怖い名無し:2011/03/25(金) 21:17:05.90 ID:gzwhTBBI0
本当に頭の良い人間は直球でずばっと抉るもの。
優れた術者は人知れず、気配さえ悟られないようにするもの。

半端者の言葉遊びは滑稽。
しかし、そうせざるを得ない事情が・・・w




345 :本当にあった怖い名無し:2011/03/26(土) 00:07:22.53 ID:+QR+4cMe0
オン.タンバ.ライって何の真言?
分かる人よろしく。

346 :本当にあった怖い名無し:2011/03/26(土) 02:45:57.03 ID:+273hu250
うんたん

347 :本当にあった怖い名無し:2011/03/26(土) 08:47:27.93 ID:lDs2dfah0
動物の威嚇と擬態。





348 :本当にあった怖い名無し:2011/03/26(土) 08:55:51.20 ID:WzK8aGYj0
不動明王の力で福島の火伏できるかな。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン






349 :本当にあった怖い名無し:2011/03/27(日) 03:39:28.20 ID:pSkyuVCF0
原発と魔術(呪術)、神の力には共通点がある。
それは人間の力で完全制御は難しいということだ。
ふくれあがった呪術の力はまるでメルトダウンを起こした原子炉のように制御不能。
それを制御できた魔術師、呪術師は歴史上誰もいない。
そしてこれらを使わなくてもなんとかなる、いや、そうあらねばならないという点でも同じこと。





350 :本当にあった怖い名無し:2011/03/29(火) 21:07:25.49 ID:LongJWbt0
真言、2時間、してみろ。

351 :本当にあった怖い名無し:2011/03/29(火) 21:34:03.63 ID:ta63EvzT0
オカルト板はまるでポーカーゲーム。


352 :本当にあった怖い名無し:2011/03/30(水) 19:48:58.34 ID:k5EQWdFU0
>>350
したら、どーなる?w



353 :本当にあった怖い名無し:2011/04/02(土) 15:50:41.31 ID:chmIha7D0
本山が気になってサイトを見てきました。

高野山では、「東日本大震災」発生以来、金剛峯寺を始め各塔頭寺院、奥之院、伽藍各所での日々の勤行にて、
犠牲になられた皆さまのご供養と、一日も早い復興をご祈願いたしております。
奥之院燈籠堂では、毎日の護摩祈祷、読経供養時にご祈願・ご供養をおこなっております。
奥之院へお越しの折にはどうぞご一緒にご参列いただきお参りください。

東日本大震災物故者追悼 並びに 復興祈願法会

平成23年4月11日 午後2時46分より 大伽藍金堂にて
「東日本大震災物故者追悼 並びに復興祈願法会」を厳修いたします。

高野山へお越しの皆さま、近隣の皆さまにおかれましては、
是非ご参拝下さいますようご案内申し上げます。

あわせて、全国の高野山真言宗寺院へ同時刻に一斉に法会を執行いただくよう呼びかけをおこなっています。

354 :本当にあった怖い名無し:2011/04/02(土) 17:22:16.33 ID:USQ4rbDi0
すごい、気品があるようになるし、大金持ちになる。

355 :本当にあった怖い名無し:2011/04/02(土) 21:58:51.94 ID:SXwb9woW0
>>353
了解しました。
皆で祈りましょう。



356 :本当にあった怖い名無し:2011/04/04(月) 09:16:07.88 ID:kaAiryut0
ただ自我が肥大した強度自己愛の人間と神人は見分けにくい。
スレの言質を丁寧に追っていくと、能力がなくても容易に判断できる。

ただ、糖質の人間は、思い込みが激しいぶん、とんでもない力を出すことがある。

ノウマクサンマンダ・バザラダンカン


357 :本当にあった怖い名無し:2011/04/04(月) 11:20:30.40 ID:kaAiryut0
体調はやや戻ったようだが、まだまだね。
大人しくしてなさい。



358 :本当にあった怖い名無し:2011/04/04(月) 18:43:27.53 ID:WyBLNZKB0
原発事故・・
圧倒的な物理的な力に対しては、呪術は無力なのか・・
核分裂を押さえられればそれがベストだろう。不動明王の火伏せ?
放射能を「穢れ」と見て、それの浄化ということでは、烏枢沙摩明王か。







359 :本当にあった怖い名無し:2011/04/05(火) 01:30:20.81 ID:2Rc9KK+G0
呪術も有効だよ。
俺はもう事故原発に十和田湖の水を使ったと思う。お払いとかして。
効果があることはやっているはずだからね。

360 :本当にあった怖い名無し:2011/04/05(火) 17:49:28.73 ID:BqObgLE30
遠隔操作による呪術は効果あるかなあ・・


361 :本当にあった怖い名無し:2011/04/09(土) 15:30:55.63 ID:Q7vuwxa20
オカルト板、ほんとうに人少ないな。
それだけみんな健全だということなんだけど。




362 :本当にあった怖い名無し:2011/04/13(水) 01:22:37.06 ID:jk/tSakf0
オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



363 :≪澪≫☆靈響 烏嵜きつね £☆≪焔≫ ◆/Zone/zB0Y :2011/04/13(水) 14:44:08.16 ID:MWA434NC0
おんかかかびさんまえいそわか

野狐禅と畜生道の関連性、
位階の高さに比例して墮天しやすくなると言う天使の誓約、

・・・つまり、ここに妖狐、狐里精、狐仙の妨害(大我禅で入滅されてしまった、御霊の自我意識の一部が化生して、狐里の類いとなり、求道者に救いを求める働き)の正体が存在するのではないのでしょうか?
功徳を積まれた御坊の肉は美味、という怪異伝の真相。
悪精を遣わし、正しい答えが得られるまで、耐えられるか絶え得るか。
帝釈天様の様な存在が、常に御試しになられている。
そのようなことばかり、頭を過ります。


364 :本当にあった怖い名無し:2011/04/14(木) 17:54:10.72 ID:b76rapdD0
>>363

原発の位置については必然なのか、偶然なのか、どうなんでしょうか。





365 :≪澪≫☆旡 靈響 千子村正 £☆≪焔≫ ◆/Zone/zB0Y :2011/04/16(土) 08:17:32.09 ID:sSwAhdt+0
>>364
地龍脈の観点からですか?
・・・あくまで、感性で感じるままに知識度外視で発言させていただけるのであれば・・・。
違和感、引っ掛かりを肉体受けるような感じです。
立地条件という点で、誘われた神謀り。
・・・心臓が締め付けられる・・・?
少しづつ融けてきた?
穢土誘う伊座娜媽?
・・・くしなだ・・・。

必然か偶然か、ここで論ずるに価する議題でしょうか?
今は、咒の力を信じ、遺したい所存にて候。
おんばざらたらまきりく


366 :本当にあった怖い名無し:2011/04/17(日) 03:16:24.84 ID:c35DFsL+0
今日は17日。千手観音様ですね。

おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく
おんばざらたらまきりく

367 :本当にあった怖い名無し:2011/04/17(日) 18:15:02.73 ID:2UHi/NEJ0
>>365
偶然なら、まさにオカルト。
それを言いたかった(笑)。

ノウマクサンマンダ・バサラダンカン。



368 :本当にあった怖い名無し:2011/04/18(月) 23:33:13.76 ID:Xqrj3Sk80
うそをいいたそうなのでな。

369 :本当にあった怖い名無し:2011/04/20(水) 00:29:44.68 ID:iEwvavN20
>>368
オカルト板で言っても無意味w ナンセンス。

370 :本当にあった怖い名無し:2011/04/20(水) 22:13:23.07 ID:E2PDEIKV0
オカルト板の住人は、預言者モドキ、霊能者モドキに救いを見いだそうとしているかのようだ。
だが、この板にいる「能力者」は自称のニセモノか、天災に対しては全くの無力のものしかいない。
こういったときこそ、オカルトを棄て、現実を見据えて行動するべきだろう。



371 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 00:45:39.13 ID:USAJJDCG0
呪術、まじないは人間の心にしか効かない。
すべて受け手があってこそのものだから。
当然、自然災害には無力だ。
これがわかっていれば、変な期待をすることはなくなるだろう。



372 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 00:48:32.25 ID:USAJJDCG0
オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



373 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 18:45:31.65 ID:tEkLMn7V0
まあ、あれだ。
呪術で次レスの2点が出来れば、今回の災害を収められるだろう。
われこそは、という達人は挑戦してみてくれ。


374 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 18:50:20.93 ID:tEkLMn7V0
1.
プレートや岩盤の、ずれる速度や割れる速度を遅くする。
ゆっくりずれたり割れたりすれば、それほどの被害にならない。
実際にそういった地震にならなかったプレートの動きも珍しくないようだ。

2.
福島原発の燃料の核分裂を止める。

原子力発電所は自然ではなくて、人間が作ったものなんだがなw
人間に作用させずに、呪術は有効かどうか、研究家としては興味のあるところ。


375 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 19:00:59.50 ID:tEkLMn7V0
あ、そうだ。今日は新暦でお大師さんの命日だった。
旧暦だと今月の23日ね。


376 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 19:06:34.25 ID:0ADTrlHi0
鮫島事件ってなんですか?

377 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 19:28:05.28 ID:Qvk4BWkr0
>>376
いいとこ突いてるねw

南無大師遍照金剛

378 :本当にあった怖い名無し:2011/04/21(木) 19:50:43.28 ID:xlOc5goNO
オン・カカカビ・サンマエイ・ソワカ

379 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 01:33:49.61 ID:xjDP063f0
オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



380 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 01:34:35.10 ID:0w77q6hT0
魔技フォーエバーカテゴリーシールド!?♪。

381 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 22:21:28.69 ID:PBa2fdJV0
1.プレートや岩盤の、ずれる速度や割れる速度を遅くする。ゆっくりずれたり割れたりすれば、それほどの被害にならない。
2.福島原発の燃料の核分裂を止める。

まあ、これらは、日本中のどの呪術師もムリだろう。
東北には優れた霊能者が多い。出来てたら、もうやってるはず。
こういった掲示板でクダ巻いている連中なんかはどうなんだろうなwww


382 :本当にあった怖い名無し:2011/04/22(金) 22:30:43.15 ID:PBa2fdJV0
結論を言うが、呪術は人間にしか、または人間の力を通してしか発動しない。
そこに、そういった力というものの答えがある。

明日はお大師さんの本当の命日。
南無大師遍照金剛


383 :本当にあった怖い名無し:2011/04/23(土) 12:30:55.77 ID:gES40syQ0
ふん、雨ね。
放射性物質を拡散することになって原発には逆効果。
やはり核分裂反応を止めることは不可能なんだな。



384 :本当にあった怖い名無し:2011/04/24(日) 12:58:47.26 ID:s7PCaHeq0
結局1日か。
己の無力さを知ると。

あさってくらいから関東以北の水道水は要注意。

385 :本当にあった怖い名無し:2011/04/26(火) 22:09:55.37 ID:i60UMGtq0
まあ、これからは安易に余計なことをしないように。
龍を呼ぼうが、人間の心をどう動かそうが、起こってしまった今回の原発事故の収束については、まったくの無力だ。
役に立つのは、科学的な英知と作業員の実働力のみ。

386 :本当にあった怖い名無し:2011/04/26(火) 22:17:52.02 ID:i60UMGtq0

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン


387 :本当にあった怖い名無し:2011/04/27(水) 05:03:46.85 ID:sNJeQfqr0
術者が天災等の非常時には役に立たない。
この事実が示され、その力の実体が示されたわけだ。



388 :本当にあった怖い名無し:2011/04/28(木) 06:07:45.02 ID:EeeUFyZJ0
人間は真実を指摘されるとムキになる。

389 :本当にあった怖い名無し:2011/04/29(金) 17:39:34.50 ID:9Z4/IKCIO
>>382
どこで聞きかじったのか知らないがそれは間違い
動物植物にも通ずる

390 :本当にあった怖い名無し:2011/04/29(金) 22:00:27.04 ID:ihA9RNT40
>>389
福島原発の燃料は?www

391 :本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 07:39:40.84 ID:oEEW88Bq0
エネルギー保存の法則とエントロピーの増大の法則は
実は、呪術の世界も同じということ。
自分が知っている例で検証してみたら?



392 :本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 21:24:21.93 ID:bSzptNy30
>>387
術は科学技術ぐらいには通用するが、どちらも人の技術だから、天災や重大事故をストップするのは無理だな。
しかも、原発事故は科学技術のヒエラルキーの先端だし。魔術でどうするとか言っても入る場所があまりない。
結界事故とかがあったとしたら、科学者は「なんですの?」って感じだと思うぜ。

393 :本当にあった怖い名無し:2011/04/30(土) 21:53:56.02 ID:bSzptNy30
結界事故 そういえば、
結界暴走とか、実際にやっているよな。
架空の(真実に基づかない)思想による結界がバグと干渉を起こして中にはひどいパニックになっているのもあるし。

394 :本当にあった怖い名無し:2011/05/01(日) 00:12:56.45 ID:ug+9rzUB0
>>392
魔術(呪術)が本当に物質世界に干渉することが出来るのなら
核分裂を止めることも出来るはず。

しかし、オカ板的な現実は、せいぜい龍を召還して風雨で吹き
飛ばそうとして、かえって放射性物質を拡散させ、ヤブヘビに
なってしまったといったところだ。



395 :本当にあった怖い名無し:2011/05/01(日) 10:41:18.52 ID:fM0XZs1Y0
実際には核分裂は止められないし、地殻を止めることも出来ない。
人にかけた術を「元に戻す」ことは困難。
そこで、>>391に書いたような結論にいたった。
魔術(呪術)は原理が発見されていないだけで、これは物理現象だな、と。

396 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 11:10:40.63 ID:cXP41Mg50
近いうちに直接お会いできそうですね。

397 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 11:21:12.46 ID:GEBZIDJO0
大金持ちになりたいです!
大金がほしいです !
ロトとか1等が当たりますように!
億万長者になりたいです!
一生お金に困らない生活ができますように!
臨時収入が入りますように!
そして日本をテロなどからお守りください!



どうか・・・お願いします!



398 :本当にあった怖い名無し:2011/05/03(火) 17:53:51.55 ID:frxfacDP0
>>397
同感だw




399 :本当にあった怖い名無し:2011/05/04(水) 23:23:34.49 ID:FnfisqGt0
真剣に、2時間、やってみろ。

400 :本当にあった怖い名無し:2011/05/05(木) 08:16:58.11 ID:C0Vj3gwf0
前もそうだったが、もしかして、術の来てる方向がわかってないのではないか?
誰が真の敵か、心眼をもってしっかり見据えてみろ。



401 :本当にあった怖い名無し:2011/05/10(火) 21:38:29.25 ID:Be6yq+SE0
人の影に隠れて、なりすましで煽ったり、術を仕掛けている悪質な愉快犯がいる。
てっきりわかっているとおもったのだががなw

視えないということは、そちらのほうが婆より上位者か?



402 :本当にあった怖い名無し:2011/05/13(金) 14:46:18.75 ID:cx+Vcf9x0
破戒者ほど上から目線で説教をたれるもの。
たしかに自分のことがいちばん視えないものではあるがw

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン




403 :本当にあった怖い名無し:2011/05/14(土) 23:21:58.50 ID:Qmvugx1Z0
なぜオレが光明真言のあとに、お不動さんの真言を書いているか。
お不動さんは密教でどういう性質の仏だったかな?

404 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 11:55:28.91 ID:Ye7ADZFT0
386: 本当にあった怖い名無し [] 2011/04/26(火) 22:17:52.02 ID:i60UMGtq0

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン


405 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 12:10:47.23 ID:nZwfohE7O
救世観音
オンバラダ ハンド メイ ウン

不動明王
ノウマク サマンダ バサラダン セン ダン マカロシャナ ソワタヤ ウンタラタ カン マン

薬師如来
オンコロコロ センダリマトウギ ソワカ

406 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 13:03:25.40 ID:hrswaHUL0
真言丸写しでただ貼ってどうするよ。
考察だろうが。こ・う・さ・つ!

407 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 16:02:29.13 ID:Ye7ADZFT0
>>406
へい、了解。



408 :本当にあった怖い名無し:2011/05/15(日) 18:15:47.32 ID:Ye7ADZFT0
お不動さんの真言は

一字咒
慈救咒
火界咒

の3つが良く知られている。


409 :本当にあった怖い名無し:2011/05/17(火) 10:48:28.15 ID:iSqU8dQe0
お不動さんに、大日如来の招集に応じない大自在天をいったん殺し、蘇らせて、仏教に帰依させるという話があるが、不動真言にはそういった力が内包されているように思う。
つまり、神をも調伏し、強制的に教化するはたらき。

410 :本当にあった怖い名無し:2011/05/18(水) 11:45:28.03 ID:Yduty7yG0
真言は音そのものに力があるのか、呪文に集まった信仰者の「思い」がその力を与えているのか、個人の内包する力を出すためのツールなのか、そのメカニズムの解析は興味深い。



411 :本当にあった怖い名無し:2011/05/19(木) 08:08:21.30 ID:J1R9VJPQ0
性格が悪くて、皆から避けられていることを直視出来なく、掲示板でしか友人を作れない人間も多いだろうな。
救う真言はあるだろうか。





412 :本当にあった怖い名無し:2011/05/21(土) 20:59:22.47 ID:iARAR1jX0
昔読んだ、光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」の中に、阿修羅王が釈迦に、「人間、孤独であるよりは悪とともにあった方がよいとみえるな」と言うシーンがあった。
孤独が怖いなら、人に愛される性格になるよう努力することだ。
そこから目をそらしてはならない。
これは決して人に媚びることではない。

413 :本当にあった怖い名無し:2011/05/25(水) 17:50:04.25 ID:7Y4Mgt5g0
現実の人間関係に満足していれば、オカルトや呪術なんぞに、そんなにのめり込まないだろう。
愛に飢えるというのは人から見ても、切ないものだな。


414 :本当にあった怖い名無し:2011/05/28(土) 11:27:43.01 ID:p4AWo5RL0
まるで母を待つ子供のように今日も待ち続ける。

オンアボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン


415 :わかん:2011/05/28(土) 12:43:12.29 ID:8KNxq75sO
>>410
母音
つまり
あいうえお
という音には
実際に身体に振動力を与える力があるのは間違いないことと思います

アーとかオーとか
これらの音を発生すること自体ががクンバカ
つまり脊椎から頭頂に力を昇らせる力の入れ方になるのです

416 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 02:03:08.12 ID:Vas6IwgB0
>>415
なんかオ○ムぽいなあ・・





417 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 02:47:05.41 ID:eSLADnrKO
済まんが質問させてくれ。報われない亡者達なんかへの鎮魂の為の真言が知りたいのだが、該当する真言はないかな。
それから、ダキニ天て日本ではもうすっかり悪鬼みたいな扱いではないのだろうか。
色々ググったんだけどイマイチしっくりこなくて。
どちらかでも教えてくれる方がいたら助かります。

418 :本当にあった怖い名無し:2011/05/29(日) 21:27:28.05 ID:ANe90hTUP
鎮魂… 光明真言、かな

419 :本当にあった怖い名無し:2011/05/30(月) 12:36:57.68 ID:p7UgQa9xO
光明真言なのか。
ありがとう、ちょっと光明真言でもう一度調べてみる!

420 :本当にあった怖い名無し:2011/05/30(月) 14:18:31.01 ID:BVYew5PQO
>>417
俺の知る日本のダキニ天様は優しいよ。
稲荷神だから基本的には厳しさはあるけど、優しいよ。

421 :本当にあった怖い名無し:2011/05/30(月) 19:30:10.32 ID:p7UgQa9xO
>>420 なるほど、やっぱりもうダキニ天=お稲荷様って感じなんだね。
ということは立川流のような邪教も、もはや名残すら存在しないのだろうか。

422 :本当にあった怖い名無し:2011/05/30(月) 22:17:45.39 ID:xX3xGwHW0
>>417
アビラウンケン アビラウンケン アビラウンケン
オンサラバサラサタノウシャン



423 :本当にあった怖い名無し:2011/05/31(火) 23:26:46.84 ID:Rrt+S1JH0
ダキニ天については、元の性質とは変わっていると思う。
神とは、その土地の人間の「集合意識の顕現」なので。
元はインドの夜叉鬼神だが、日本ではアマテラスをも習合した福徳神。
ただ、怖さは残っているようだ。



424 :本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 01:11:10.52 ID:6RnxkBzPO
>>422 これは 誰だろう…。
いきなりアビラウンケンから始まって しかも一度に三回も唱えてるなんて…。
>>423 アマテラスも習合されているってことは 神仏併合ってことだよね?
確かにお稲荷様と結び付けられてる時点でそうなのだろうけど これも密教の特徴なのかな。
怖さっていうと 半年後に死ぬ人間が見極められるってアレのことかい?

425 :本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 03:20:42.57 ID:a04qCSpj0
>>424
ダキニ天の怖さは、願いをかなえるその代償や、祀る難しさにあると思う。
日本ナイズされているとはいえ、本来は夜叉鬼神の類なので、扱いが難しい。
たとえて言えば、神経質ですぐにブチ切れるDV系に物事を頼むようなもの。

本来の稲荷神はちょっと性質の違うもののように思う。



426 :本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 04:45:15.09 ID:GqlXGto60
ありえない信じられないことが
起こっていると思うのですが
何だ?これ?と思いつつ
あのどうさせていただければ
いいのでしょうか ・・;

427 :本当にあった怖い名無し:2011/06/02(木) 23:03:15.24 ID:t5vP5LRb0
>>426
何が起こっている?
詳しく言ってみろ。

428 :本当にあった怖い名無し:2011/06/04(土) 20:48:40.66 ID:NH6XFhTn0
ノウマク シッチリヤ ジビキャナン サラバ タタギャナン アン ビラジ ビラジ マカシャキャラ バシリ サタサタ サラテイ サラテイ タライ タライ ビダマニ サンバンジャニ タラマチ シッタギリヤ タラン ソワカ

429 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 11:13:54.65 ID:PFeOC9os0
ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン

天魔外道皆仏性 四魔三障成道来
魔界仏性同如理 一相平等無差別



430 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 22:36:41.06 ID:ViqfJ1470
ほんとウソばかり。まともに視ることもできない。
やはり本当の能力者が、こんな衆目に晒されるところに出てこないわな。

しかし、バーチャル神仏ゲームのようなものを、掲示板を使って彼らなりに楽しんでいるとすれば、それもまた良し、か。


431 :本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 22:41:15.14 ID:4K3Vokbp0
真言丸写しコピペと
真言と関係ない書き込みで
スレが埋まる……
今回もダメか。

432 :本当にあった怖い名無し:2011/06/06(月) 00:40:53.93 ID:V7j3ymAL0
>>431
わかってないなあ〜www



433 :本当にあった怖い名無し:2011/06/06(月) 06:13:50.28 ID:NSkAfjxP0
ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン

天魔外道皆仏性 四魔三障成道来
魔界仏性同如理 一相平等無差別



434 :本当にあった怖い名無し:2011/06/06(月) 06:23:35.47 ID:NSkAfjxP0
世の中には「衒学」という言葉がある。
おいおいにして2ちゃんねるをその場にしていないかなw



435 :本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 14:42:41.18 ID:DepaQVXw0
不動明王は下心丸出しの信仰者は、放っておき、真の改心を待つ。
なにせ、生死をわかつ修業の守護者でもあるから。

罪のあるものは、信心するまえにやることがあるのだろう。



436 :本当にあった怖い名無し:2011/06/11(土) 15:10:47.17 ID:vs2TVVx70
>>413
非現実な人間?関係に満足してない輩もいるんだぜ。
夜中に墓地の脇をクルマで通りかかったら、窓締め切ってるのに
ナマ冷たい風が墓地側のウインドウからそよそよ吹き込んできて、
それ以来なんか変・・・
な経験をしちまったオレの場合は、そりゃ多少はのめりこむだろ。
夜中に墓地の脇を一人で運転しながら通らなければいいだけの
はなしではあるがw

オンアボキャベイロシャノウマカボダラマニハンドマジンバラハラバリタヤウソ


437 :本当にあった怖い名無し:2011/06/12(日) 22:28:35.71 ID:+h2tIy2j0
>>436
ああ、きみのような人間ではなく、自称能力者で、特別な人間で
あるかのように吹聴し、掲示板でしか友人の作れない人たち。
症状を見ると、ある種の精神疾患なのは間違いないのだが、その
元は「孤独」。人からの愛を求めてやまない可哀想な人たち。
現実の人間関係では、対人障害があるために求めても得られない。
逆に去られてしまう。
宗教って、こういう人たちをも救う薬のようなものかも知れない。

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶



438 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 02:53:50.34 ID:jYzCklWw0
>>437
>宗教って、こういう人たちをも救う薬のようなものかも知れない。

煌々とした電灯のない昔は、死への繋がりを想起させるリアルな闇夜の恐怖
を癒す為の神仏でもあったんだろうけどな。
街場だって、物騒な刀ぶら下げながら、闇夜の俺様なんでも斬り捨てご免www
な素浪人が、酔いどれて夜道をウロウロしてる、ある意味、リアル釘バットな世界だったわけで。
一般的には。そりゃ、まじで怖いわなw
観音経普聞品?とかナナメで読んでみると、そういう難から逃れる功徳のリフレインだよな。
今の感覚で読んでしまうと、下手すりゃ観音さんの宣伝文句にしか見えないわけでw
それでも、リアルな恐怖の方が大きいだけに、一心に唱えるだけでも心を落ち着かせる
効能が得られたんだろうなと。心が落ち着けば、生きるための活力も、注意力も戻るし。
その辺が、功徳として体感できてたんだとも思う。
現代は、そういう生命を脅かすような直接的な恐怖が希薄化している分、なんというか、
ある意味取り越し苦労な心の闇の方が、どんどん増大しがちなのかも。








439 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 21:04:12.84 ID:33IiJHPl0
>>438
>下手すりゃ観音さんの宣伝文句にしか見えないわけでw

それを含む法華経そのものが、ぶっちゃけていえば、法華経ってすごいんだぞって言ってるだけ。
上に挙げた真言も、般若心経はこれが凄いというためだけの、いわばエッセンス。

仏教を説いている人間が対人関係に執着している、これほとんどギャクであり、哀れさを誘うわけなんだ。

どんなに呪術を使っても真の愛(アガペーもエロスも)は得られない。

440 :本当にあった怖い名無し:2011/06/13(月) 23:47:25.41 ID:AL92jW720
>>439
はははw
はっきり言うねw

>仏教を説いている人間が対人関係に執着している、これほとんどギャクであり、哀れさを誘うわけなんだ。

なんというか、自己を滅する無私の境地を体得したら、今度はできる限り大勢救わなきゃならん!!
ということそのものに、執着が生まれてる感じもするわなw
そのうち無理やり大上段に心の闇を説きだして、お決まりの結びでそれを癒す感じな、マッチポンプの説教始め
たり。

>どんなに呪術を使っても真の愛(アガペーもエロスも)は得られない。

そうだね。
リアルに口説く為の台詞をひねり出すセンスが無いからって、かわりに神仏に口説いてもらおうったって無理だわ。
フラレたらどうしよう・・・って不安を、一時的に肩代わりしてもらいつつ、当たって見なけりゃわからんわけで。
それが砕けず想いをとげられれば、まぁ、それが神仏のご加護とやらだったとw
寧ろ、毘沙門天やら南無八幡大菩薩やら、愛宕権現やら、戦国時代の死ぬかも知れん戦が前提の戦勝祈願の
方が、よほど清清しく宗教的だったかも知れん。



441 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 21:30:40.13 ID:MZ4ybQMg0
>>440
戦国武将はお互い、呪詛合戦をしたわけだけれども、それによって、最終的な勝利者となったものはいないような気がする。
こういう呪詛の結果って、たとえば天下を取るためにAがBを呪詛し、Bが死んだが、それが契機となって代わりにCが台頭して大成功し、AはCの配下に甘んじる、というような出方をするように思う。
これは、呪詛というのは、外力によって、自然な運気の運行をねじ曲げる行為にほかならないが、それを強力に元に戻そうとする力が働くためだと考えられる。一種の自然の法則なのだろう。

442 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 21:35:45.56 ID:MZ4ybQMg0
なんか「スワン」という単語が頭から離れないんだが、白鳥のことか?
単語そのものが禍々しい感じを放っているが、なんで白鳥が・・



443 :本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 22:26:39.46 ID:ZqO1H69C0
>>441
平安時代とかに見られる皇位継承の呪詛合戦の方が、盛んで禍々しかったと思うけど。

444 :本当にあった怖い名無し:2011/06/18(土) 09:38:57.67 ID:Q0qw05nL0
>>443
たとえば、誰と誰の呪詛合戦?
その結果を追っていくと面白いよ。
誰がどういう利益を得たのか。その当事者たちはどのように亡くなったか。



445 :本当にあった怖い名無し:2011/06/19(日) 09:47:26.81 ID:T+QmANKC0
スワン、視えた。フフフ。

446 :本当にあった怖い名無し:2011/06/27(月) 17:22:05.56 ID:QM0Uosr+0
真言宗をはじめ、日本の仏教は呪術性が極めて高いが、呪術の返りはどうなるのであろうな。










447 :本当にあった怖い名無し:2011/06/29(水) 21:01:26.00 ID:MdWOXMP30
ホント寂しいやつが多いw

448 :本当にあった怖い名無し:2011/06/29(水) 22:16:19.22 ID:MdWOXMP30
オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



449 :本当にあった怖い名無し:2011/06/30(木) 23:54:53.91 ID:SwqnwS4B0
嫌われ者の性格は仏が強制的に直すわけにもいかないだろうなあ。



450 :☆≪澪≫†☆ ☆†≪焔≫☆ ◆/Kiss/Zwxw :2011/07/01(金) 00:14:44.16 ID:YkABbRUC0
地獄道ー聖観世音菩薩
おんあろりきゃそわか
餓鬼道ー千手観世音菩薩
おんばざらたらまきりくそわか
畜生道ー馬頭観世音菩薩
おんあみりとどばんばうんばったそわか
修羅道ー十一面観世音菩薩
おんろけいじんばらきりくそわか
おんまかきゃろにきゃそわか
人道ー不空羂策観世音菩薩
おんあぼきゃびじゃしゃうんはった
おんはんどまだらあぼきゃじゃやにそろそろそわか
天道ー如意輪観世音菩薩
おんはんどまだしんだまにじんばらそわか

451 :本当にあった怖い名無し:2011/07/01(金) 02:16:09.48 ID:DlpIonLx0
南無観世音菩薩

現世に救いを求める人間たちの意志の顕現。



452 :本当にあった怖い名無し:2011/07/01(金) 12:53:41.18 ID:QN9fxdgi0
現在じゃ、高野山も不動明王息災法くらいしか
行われなくなってるのが現状だ。

大元帥法とか、難易度が高いのは失われてる。

453 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 00:38:37.62 ID:wWjfiD4M0
>>452
残ってるよ、人知れず・・・



454 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 00:48:05.84 ID:wWjfiD4M0
寂しいな、辛いな。
けれども、ネット上のかりそめの関係、これすべて幻影。
弱い、弱すぎる。己の弱さをしっかりと認識しつつ、現実に目を向ける。
孤独は阿修羅と釈迦をも相互依存させてしまうものだが、
人間は乗り越えられるはず。



455 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 01:31:55.99 ID:meU1MQ6H0
>>454
>孤独は阿修羅と釈迦をも相互依存させてしまうものだが、

別に両方あってもいいんじゃないの?
慈悲の側面だけで論理的に全て事足りるなら、わざわざ恐ろしい憤怒の形相まで用意して
明王として化現させる必要なんて無かったはずだろうし。
慈悲一辺倒じゃどうにも救済できないものも、確かにあるってことだわな。例え仏さんでも。

456 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 07:23:57.20 ID:Ixt72GrF0
>>455
これは、光瀬龍の小説から感銘を受けた部分を例えとして
抜いたものだけれども、要するに、どんな立派なごたくを
並べても、その本質は「孤独が怖い」という非常に単純な
感情に囚われているにすぎない、ということ。
言葉を変えれば、ただの執着。

ノウマク・サンマンダ・ボダナン・バク



457 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 13:53:13.19 ID:k7/BDHPX0
>>456
全て悟ったと自負して、もはや全ての判断に困らないと言うなら、
もしくは、思い悩み思考する止めて、敢えて無為に時間をやり過ご
そうとするなら、孤独も只の静寂だろうね。
目の前の事柄に関して良いのか、悪いのか。自ら判断が下せない
場合、まず不安になって誰かに相談したり誰かの意見を参考にしよ
うとする。そのとき周りに誰も相談する相手が居ない場合、孤独を
感じてさらに不安になると。
で、反対に孤立を恐れず全て自らの判断によって突き進むと、
下手すりゃ周囲の人々との齟齬に気がつかず次第に周囲から疎まれ、
結局孤独になると。
独りで運べる荷物には、限りがあるからなw

458 :本当にあった怖い名無し:2011/07/02(土) 15:43:09.62 ID:94z2NPOE0
>>457
まあ、そんなに難しく考えなくても、このオカルト板(宗教系の板も
かな?)には宗教を語りながら、自分が執着していることを自覚して
いないものがいるということ。
オカルトや宗教、付随した知識にはまる前に現実に目を向けろ、とい
うことなんだ。自分の所属する会社なり集団で、人間関係が良くなる
よう、構築するなり努力してみなさいと。



459 :本当にあった怖い名無し:2011/07/03(日) 16:28:07.08 ID:dcS9MY0t0
凡!

460 :本当にあった怖い名無し:2011/07/03(日) 21:00:04.91 ID:guBIVim00
>>459
これ、即ち真理。



461 :本当にあった怖い名無し:2011/07/03(日) 21:02:19.27 ID:guBIVim00
ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



462 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 08:08:00.51 ID:/3Lk2W5z0
真言の効果があった人、いる?



463 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 16:29:57.29 ID:6PCnRziQ0
>>462
大元帥明王の真言を2ちゃんに書いて民主党の調伏を亀頭したら、さっそく民主党がおかしなことになったよ。
今日も復興担当大臣が暴言白痴辞職したし。

ノウボウタリツボリツハラボリツシャキンメイシャキンメイタラサンダンオエンビソワカ

今度は、原発担当の小沢茶坊主細野を調伏辞任アボンしたまへ・・・・

菅直人?
あいつは調伏するまでも無い。
原発・復興対策関連の役職が、政府与党の民主党にとって今後鬼門になれば、
総理として自らその厄を買って出る気骨のないような輩は、自ずと自滅する。


464 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 20:20:02.80 ID:qwDg5rSc0
>>463
大呪でなく、小呪で、加持水など作法にも乗っ取らず、
それでも効果あるものなのかなあ・・
個人的な経験だと、真言のみだと個人の護りくらいまでしか働か
なかったけどね。

ちなみに菅は、原子力利権をぶっつぶそうとしているらしい。
まあ、左翼らしいといえばそうだな。
いままで原子力利権で甘い汁を吸っていた連中が、与野党問わず、
必死で引きずり下ろそうとしているという構図だということだが。

マスコミの報道に踊らされて、調伏法なんか使っちゃダメかもね。
まずは、何が正しいのか、霊眼と現実情報からの判断能力を鍛えて
からがいいかも。



465 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 20:26:54.32 ID:qwDg5rSc0
あ、そうそうこの板の住人って、視えると自称している人間も実は視えてない。
これは本物だ、といえるような霊視者は、オレが見たオカ板のスレッドにはいなかったね。
ほんと、外れてばっかりだし、コテハンの成り済ましさえもそれだとわからないレベルだもの。






466 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 20:36:00.18 ID:qwDg5rSc0
レベル上がったかな?

467 : 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/07/05(火) 20:36:31.08 ID:qwDg5rSc0
おっと、名前覧だった。

468 :本当にあった怖い名無し:2011/07/05(火) 22:39:45.23 ID:qwDg5rSc0
このスレタイの通り、ここは真言についてオカルト的な側面から「考察」するところで、
過度の雑談や馴れ合い、コテハンの専有等はお断りします。
オカルト板のスレを日記や音楽雑記に使うなんぞもってのほか。

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶



469 :本当にあった怖い名無し:2011/07/06(水) 07:37:20.76 ID:hXkZ6vM20
自分のことはさておいて〜♪

470 :本当にあった怖い名無し:2011/07/06(水) 19:56:31.77 ID:Rm50na8C0
接客業の人間が言うには、自分勝手なDQNの客ほど従業員に説教を垂れていくそうだ。
その説教が傑作で、まるで自分に向けて言っているかのようなものだそうなw
東洋では仏心、西洋では守護天使といわれるものの存在がそうさせるのだろうか。
真言を口に瞑想し、自分の心の中を見つめ直すのもいいのではないかと思う。

オン・サン・ザン・サク・ソワカ



471 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/07/06(水) 22:48:47.62 ID:rf9CDTf/0
テスト



472 :本当にあった怖い名無し:2011/07/07(木) 00:11:40.40 ID:VOU3Nisw0
この出会いは因果律によるものかなw
まあ、近々、直接会えるさ。



473 :本当にあった怖い名無し:2011/07/07(木) 06:40:14.05 ID:JvdA/r+50
DQNは思いこみが激しいな。



474 :本当にあった怖い名無し:2011/07/07(木) 21:36:32.45 ID:MXTqG57r0
大きな愛でつつんでやろうw

475 :本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 06:37:30.82 ID:JQT72k2q0
やれやれ。
思いこみと勘違い。

羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶



476 :本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 21:32:14.83 ID:aYXUA5qe0
Gate gate paragate parasamgate bodhi svaha



477 :本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 23:09:58.08 ID:aYXUA5qe0
まあ、世の中には変な体質の人間もいるということでw



478 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/07/09(土) 14:53:12.83 ID:uTvk+9jY0
テスト

479 :うんこ ◆boczq1J3PY :2011/07/09(土) 15:04:20.61 ID:+rYcgEi50
コロコロコロコロそわか!

480 :☆≪澪≫†☆ ☆†≪焔≫☆ ◆/Kiss/Zwxw :2011/07/09(土) 19:48:31.41 ID:dxvUC6ly0
中には相手が下手に出ると解っていて、敢えて自らの優位性を確認する為に無理難題ふっかける輩もいる。
自ら変わることの出来ない、意識的に自覚している側面。
それを、傲り昂った状態で見せつけられると余計に腹立たしいのであろう。
充たされない支配欲の歪な顕在化……そうとれなくもない……。
この手の輩に共通するのは、"対等""平等"への忌避。
下手に出ている相手に、同じ事を返されるとムキになる。
ま、どうでもいい話だな。

願似此功徳 普及於一切我等興衆生 皆共成仏道

481 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 :2011/07/09(土) 20:04:34.21 ID:zf0N/w8R0
>>480
この功徳をもって〜♪


482 :☆≪澪≫†☆ ☆†≪焔≫☆ ◆/Kiss/Zwxw :2011/07/09(土) 21:03:18.60 ID:dxvUC6ly0
>>481
我昔所造諸悪業 皆由無始貧眞癡従 身語意之所生一切我今皆懺悔

とつづければいいのかぃ?
堂々巡りの巡り廻りて輪廻道♪

483 :本当にあった怖い名無し:2011/07/09(土) 21:20:15.88 ID:cbZG+Z9x0
>>482
おいおい、真言宗の勤行をスレ上でやるのかい?
13仏御真言も書かないとなw

484 :☆≪澪≫†☆ ☆†≪焔≫☆ ◆/Kiss/Zwxw :2011/07/09(土) 22:27:43.33 ID:dxvUC6ly0
>>483
先ず檀前普礼

おんさらばたたぎゃた はんなまんなのうきゃろみ
だろ?w

個人的には地蔵和讃が好みだが……長いwww

あえてリクエストに御応えしないのが、佛……。
求める程に遠ざかる。
拘り……それこそが……障り。

開経褐
無上甚深微妙法 百千萬劫難遭遇我 今見聞得受持願解如来眞實義
老子曰
『無為を為し、無事を事とし、無味を味わう』[下篇*六十三章]

……文言に如何に感じ入るか……。
そこにも、己を写す鏡が内包されておるような気にさえなる。

気の惑いからくる戯れ言だがねw

485 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/07/10(日) 00:49:02.56 ID:hn22ElCY0
オン・バザラ・キャラマケン
オン・バザラ・キャラマケン



486 : 忍法帖【Lv=10,xxxPT】 :2011/07/10(日) 15:05:32.20 ID:R5jJ4lPK0
所詮は擬態による威嚇
力は他から来ているw

Gate gate paragate parasamgate bodhi svaha

上記は般若心経の真言の発音表記だが、これが最強の真言と言われる。





487 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/11(月) 00:31:13.37 ID:Tsze9AkY0
オカルトに惹かれる心理、それは現状に満足していない人間がはまりこむということ。
そして自分は特別な人間だ、というように満たされない自我をそれによって増大させるだけ。
その実体は強度のナルシズムまたは統合失調症に過ぎない。
すべて脳の作り出したまぼろし。



488 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/11(月) 22:29:50.04 ID:eSV5tOe+0
真言の効果だが、物理的な音そのものには意味がないのかも知れない。
それは、あえて、サンスクリットで書かれたまま発音しているという建前にもかかわらず、元の発音とはかなり違っている。
それでも効果を確認できるということは、呪文や音そのものではなく、この呪に宿った人間たちの「信仰の力」とでもいうものの働きではないかと推測する。

489 : 忍法帖【Lv=11,xxxPT】 :2011/07/11(月) 22:33:35.04 ID:eSV5tOe+0
神仏の力とはそこに住む人間たちの思い、信仰の力であり、集合意識そのものである。
文化である、とも言えよう。
そうでないものはただの自然の力。
人格的な神仏は人間を抜きに存在できないのだ。



490 :本当にあった怖い名無し:2011/07/11(月) 23:18:47.12 ID:mgK2yVbq0
敬愛法の真言ってどんなものがある?

491 :☆≪澪≫†☆クトネシリカ☆†≪焔≫☆ ◆/Kiss/Zwxw :2011/07/11(月) 23:26:44.01 ID:uTk6Oi8O0
>>489
信仰を失いつつある神仏はそれに比例するかの如く、緩慢なる衰亡を迎える。
人が即物的になればなるほど、即物的な現世利益をもたらす神使へと自然に信仰心もパラダイムシフトされる。
俗にいうハグレ稲荷信仰や拝金主義等、神仏と眷属の分離が加速化されてしまう。
宗教が婬祀邪教へと成り下がり、人が神を惑わす過程で、あたかも親の監視から解放された眷属が幅を効かせる。
菩薩すら、惑う。
それがおそらく末法と言われる代物であり、そこで自然との対話が始まる。
皆が師を師と敬うことなく、てんでばらばらな方向性を各自で模索試行錯誤の上で……やがて気づかされる。
己を生かすものを滅ぼしてまで、己のみを追求するは衰亡の途に他ならないと。
そうして繰り返される。
そうして、気づかされたもの達から、また、紡がれる。
文明が知恵の結晶とするのであれば、文化はこころの結晶。
ひとにこころ有る限り、変わらんのだ……大局的な歴史なぞ。
おんまいたれいやそわか
言霊は、発音で紡ぐのではなく心音を示す。

492 : 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/07/13(水) 00:12:23.50 ID:FrP+H4xZ0
穢れを洗い流すのが豪雨の役目?




493 :本当にあった怖い名無し:2011/07/13(水) 19:44:39.94 ID:hq85H0hl0
>>490
知ってて言うなよ。



494 :本当にあった怖い名無し:2011/07/14(木) 23:57:15.72 ID:QwFCBY/g0
詐欺師・大磯武人について。
http://1st.geocities.jp/delete_ooiso/

495 :本当にあった怖い名無し:2011/07/15(金) 22:20:08.14 ID:9bIPCgT/0
ボロン



496 :本当にあった怖い名無し:2011/07/16(土) 21:53:42.36 ID:DyggrQ+V0
>>464
>ちなみに菅は、原子力利権をぶっつぶそうとしているらしい。
>まあ、左翼らしいといえばそうだな。
>いままで原子力利権で甘い汁を吸っていた連中が、与野党問わず、
>必死で引きずり下ろそうとしているという構図だということだが。

ハァ?
で、電力買取で電気事業そのものを疲弊させて、かつ新たに代替エネルギー事業の
利権を新規で構築してメシウマしようってのが、白痴ブサヨ集団民主党なりに無いアタマで
考えた利権チウチウなんだろがw

代替エネ法案通して自民抜きでチウチウできる利権をウソでも作っとかないと、次の選挙で
政策詐欺のネタ切れして、民主党議員は大虐殺されるからなw

497 :本当にあった怖い名無し:2011/07/17(日) 07:19:24.46 ID:USBydNJ90
>>496
原子力利権より、はるかにまし。それくらいはわかるな?
原子力発電が、まだ人類がコントロールしきれないしろものであることがはっきりしてしまったにもかかわらず、その利権にしがみつく自民、民主双方の原子力村の連中は頭がおかしいとしか思えない。地獄の亡者そのもの。
菅は、この件については、意地になっているように見える。
原子力利権の連中が露骨に圧力かけたのがマズかったんじゃないかw



498 :本当にあった怖い名無し:2011/07/18(月) 18:56:02.31 ID:TXSlY7MU0
ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



499 :本当にあった怖い名無し:2011/07/20(水) 00:02:57.71 ID:KX/oC5RC0
暴風雨は自然の浄め。
四国と関西地方になにか穢れた儀式をしたものがいるのでは?


500 :本当にあった怖い名無し:2011/07/20(水) 00:27:30.49 ID:KX/oC5RC0
浄めを受け入れなければ、別の形で顕れるだけのこと。
しかも個人的なことで周り一帯に被害を広げているわけだ。



501 :本当にあった怖い名無し:2011/07/20(水) 23:41:21.90 ID:k75QwKbL0
今年の節分からすべてが変わったことに気づかないとは・・
早くきづいて棄てなければどかーんのぱーだw

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン



502 :本当にあった怖い名無し:2011/07/21(木) 08:11:37.13 ID:cyS9kFQ60
執着は棄てなければいかんなw
ブログのほうが向いているスレは、そちらに移るべき。
特定住人がたまにしかこないスレなんかはな。
2ちゃんねるは不特定多数の匿名意見こそふさわしい。


503 :ITAIANTI:2011/07/21(木) 08:18:58.85 ID:qWWfLp3k0
話かわるがナサどうなったまた墜落か

504 :本当にあった怖い名無し:2011/07/22(金) 00:55:00.57 ID:16g7rzJC0
>>503
帰ってきたんじゃない?



505 :本当にあった怖い名無し:2011/07/22(金) 11:36:51.44 ID:wIchLCAf0
簡単な呪封じを行う。
たぶん効果は絶大w



506 :本当にあった怖い名無し:2011/07/22(金) 21:09:52.14 ID:N7wGuKDY0
マハリクマハリタ・・
シャランラ!

わかるやつはかなり年くってるはずw
これも真言の一種だなw





507 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/07/22(金) 22:06:57.21 ID:7emcAX47O
けん
変わらんだろ。俺が言ったのが間違ったにしろ何も知らなくても君みたいな信仰者がいるんだから人に恥をかかせるだけ。

いらないお経を知らしめる、それって何か意味があるんですか?それにお経も呪いの一つに当てはまるんですね。
死んだ人にも呪いをかける当然です。呪いって言うのは言葉だけではなく人に害を与えるつもりで障害物を設け怪我をあわさせるのだって呪いなんですよ。呪いって以外に奥が深いんですね。
2011/07/22 20:38
210.153.84.134
F01B

とあるBBSのレス。不動明王真言や光明真言は果して呪いに該当するんだろうか?

508 :本当にあった怖い名無し:2011/07/23(土) 02:29:30.95 ID:BEnFa38g0
>>507
呪いというより、呪詛と言ったほうが正しいだろう。
すべての宗教は呪詛のようなもの。どれも手法は対して変わりはない。
もちろん真言は言いかえれば呪文であり、それを唱えることは呪詛である。
「呪い」という言葉はちょっとニュアンスが違う。



509 :本当にあった怖い名無し:2011/07/24(日) 02:16:23.08 ID:jupr4ugC0
真言=マントラ=呪文
真実の言葉とか、仏の言葉などというのは後付けの説明。
これは呪詛のための「道具」。
それを認めたうえで、きちんと考察しようではないか。




510 :本当にあった怖い名無し:2011/07/26(火) 23:01:29.63 ID:0feCia+O0
人の力と自分の力を見間違えることはあるわなw



511 :本当にあった怖い名無し:2011/07/27(水) 23:26:50.84 ID:NdcGNO6w0
真言宗では在家も真言をとなえさせられる。
しかし、素人の真言は危険、という霊能者も多い。


512 :本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 01:40:35.87 ID:y2ZcAO1m0
真言宗の光と影。
真言宗は、そのバラエティ豊かな魔術性ゆえに中世に広まった。
成仏がどうのよりも、現世利益のまじないのほうが、人の心を強く惹き付けるようだ。


513 :本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 20:49:26.98 ID:ECtbrpE+0
呪封じをいったん解除
ふふふ




514 :本当にあった怖い名無し:2011/07/29(金) 23:08:00.69 ID:JIETUjUC0
呪封じ、種類を変えるためいったん解いた。
いやあ、今度のはさらに効果抜群♪

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



515 :本当にあった怖い名無し:2011/08/01(月) 01:34:47.88 ID:A+DtxKNS0
まあ、婆のはデスラー機雷だなwww



516 :本当にあった怖い名無し:2011/08/02(火) 19:46:34.32 ID:aU+k+A6h0
もうひとつの真言スレについて。
ふと気付いて抽出してみたのだが、189レス中、婆のレスが154。
これ、削除ガイドラインの3から、「固定ハンドルが占用している」
にどう見ても当たるだろ。
削除人はガイドラインに添って勇気を出して削除しろよ。
どうして削除できないんだ。

517 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 01:25:34.67 ID:C/AFxF5z0
初心に戻ろう。
真言のオカルト的な使用法などに思いを巡らせていたころに。


518 :本当にあった怖い名無し:2011/08/04(木) 21:21:52.36 ID:KOY9UOWc0
もう遅いんじゃない?

519 :本当にあった怖い名無し:2011/08/05(金) 07:00:01.25 ID:cEW/xdtB0
>>518
きみたちへ言ってるんだけどな。よく読んで。



520 :本当にあった怖い名無し:2011/08/06(土) 18:24:41.21 ID:KmkSTw1l0
真言とはちょいと違うが、よくあるおまじない本なんかで
意味分かんない呪文が載ってるとやたらその意味が
知りたくなったりする。

521 :本当にあった怖い名無し:2011/08/07(日) 01:09:00.97 ID:TkIWj1ch0
>>520
意味を知ったほうが良いものと知らないほうが良いものがあるね。
真言の意味は学究的な解説本がいくつも出ているし、ググっても簡単に出てくる。あなたに帰依します、忿怒暴悪尊よ、とか言った感じ。
大したこと言ってるわけではないんだな、これが。
それなので、真言は意味ではなく、韻に力があるのか、その言葉そのものに何か力が宿っているのかしているのだと思う。



522 :本当にあった怖い名無し:2011/08/08(月) 11:09:10.08 ID:CQOPz2qZ0
まあ、自分が能力者になったつもりを楽しむところなんだろうな、ここにあるいくつかのスレはw


523 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:19:10.30 ID:EkDJrLCV0
世界がいくつもにも見える統合失調症に、自分が神の力を振るえる特別な人間だと思うもの、またはなんとか視たことを自分の力によるものと勘違いするもの。
まったくねえw

524 :本当にあった怖い名無し:2011/08/09(火) 23:29:01.66 ID:pVAwGW21O
ラリ悟りスレじゃないの?

525 :本当にあった怖い名無し:2011/08/10(水) 00:31:44.88 ID:FywIAjuW0
>>524
それらを真言で根こそぎ救うのだw



526 :本当にあった怖い名無し:2011/08/10(水) 11:30:55.41 ID:Dq5qlUUZ0
自分を特別な人間だと思うことが罪の始まり。
ただ単に人間の機能の一部が壊れただけに過ぎないことを自覚すること。
その力が何か社会貢献になるならそのために使う。
それを攻撃だの呪詛だの、見方を変えればただの犯罪行為に使うものは滅びさるだろう。
不動明王のカルラ炎で焼かれるのだ。

ノウマク・サラバタタギャテイビャク・サラバボッケイビャク・サラバタタラタ・センダマカロシャダ・ケンギャキギャキ・サラバビギナン・ウンタラタ・カンマン





527 :本当にあった怖い名無し:2011/08/11(木) 10:45:47.31 ID:Pk8Y9RFG0
2ちゃんねるの掲示板で寂しさを癒そうとしているわけだ。
それが心の砦なんだな?
ここに固執するよりも、現実の人間関係を改善したほうが心はずっと充実するぞ。

ノウマクサンマンダ・バサラダン・カン

立秋後の説教もここまでにしておこう。
あとは本人たちが悟るのみ。



528 :本当にあった怖い名無し:2011/08/14(日) 01:51:22.50 ID:ov3PS9E+0
まあ、順調。

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



529 :本当にあった怖い名無し:2011/08/16(火) 11:38:20.93 ID:JcKQguvy0
真言宗をはじめとした密教が広まったのは、間違いなくその呪術性ゆえ。


530 :本当にあった怖い名無し:2011/08/17(水) 00:41:20.30 ID:KVIAA2q80
もうすぐだな。


531 :本当にあった怖い名無し:2011/08/17(水) 01:54:15.42 ID:BhOMGvUN0
まだまだやん

532 :本当にあった怖い名無し:2011/08/17(水) 07:48:04.96 ID:9AYkH/zb0
>>531
そうかなあw


533 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 00:35:55.38 ID:LMcjHbpD0
五十六億七千万−二千数百の彼方

534 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 00:42:24.59 ID:ye6dLX/s0
あ、もう・・
オレとしたことがw

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



535 :本当にあった怖い名無し:2011/08/18(木) 01:14:19.25 ID:NcAAQ0T7O
あ・

536 :本当にあった怖い名無し:2011/08/19(金) 23:55:13.05 ID:lMYTWJKm0



537 :本当にあった怖い名無し:2011/08/22(月) 06:31:09.79 ID:xWRg1UDM0
自然の浄化能力は果たして有効かな。

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ

538 :本当にあった怖い名無し:2011/08/24(水) 17:44:52.91 ID:qNfl0I5K0
簡単なものなのにえらい効くなあ。



539 :本当にあった怖い名無し:2011/08/27(土) 10:49:23.26 ID:do+Y2Byf0
さっさと浄化をうけろ。


540 :本当にあった怖い名無し:2011/08/28(日) 11:45:26.17 ID:3C7yfONo0
気配さえわからないだろうな。

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ



541 :本当にあった怖い名無し:2011/08/29(月) 20:08:18.98 ID:XDdIY0zQ0
ま、早いほうがいいと思う。



542 :本当にあった怖い名無し:2011/08/29(月) 21:15:33.73 ID:cRGI8x+A0
一体誰に対して優位を誇っとるんだ
そして真言の考察はどうしたんだ
ラテン語の呪文は真言にカテゴライズできるのか
ヘブライ語とギリシャ語のどっちが呪文用の言語に
向いとるんだ
言語関係なく「音」が力を制御する働きを持つ呪文は
存在するのか

543 :本当にあった怖い名無し:2011/08/29(月) 22:54:40.85 ID:16jVkjiV0
>>542
そうだなあ、ラテン語のものは効くと思う。
もしかしたら真言以上かもしれない。それは信仰者の多さにほかならない。
あとは実験次第だな。



544 :本当にあった怖い名無し:2011/08/30(火) 06:25:51.53 ID:F8YRONz00
勝負運というか、パチスロに効く真言ってありませんかねぇ?
……オカルト板だからこそ、聞けるテスト。

545 :本当にあった怖い名無し:2011/08/30(火) 11:46:00.68 ID:bs6xUdhJ0
>>544
聖天かな? 代わりに何かもっていかれるがw



546 :自己責任:2011/08/30(火) 15:49:11.01 ID:9qewncT20
>>544
ダキニ・聖天に近づかずと昔から言うけど、それだけ強力な存在と言われる。始めに
パチンコで勝ちたいなら「パチ一筋で勝ちたいので毎日拝みます」と誓い宗派の決め
られた教義通りに崇拝する。
そして、約束は必ず守る、馬鹿にしたり誓いを破ったりするんは論外、良くて一生涯、
聖天様にシカトされるか、普通は祟られて破産したり事故ったりするのが当たり前ら
しい。
聖天様に帰ってもらう時は呼んだ時の寺に引き取って貰う、必ず「ありがとうございました」
とか感謝の言葉を言う。
仏像は密教系のお寺に置かれているらしいけど、拝みたいから開帳して下さいと言って見せて
くれる所はまず無い。聖天様は秘仏なのでその宗派専門の修行を修めてない人(僧侶も含む)が
好奇心で勝手(故意でない場合は別)に御開帳して姿を見ると容赦無く祟られると言われる。

547 :本当にあった怖い名無し:2011/08/30(火) 22:16:54.76 ID:JE+9k3nR0
>>542
>優位を誇っとるんだ
優位という表現はわからないが、浄めなければいけないものが多くてな。
願いが届くかどうかわからないが、すべてを大きな愛で浄めていく。

>>544
聖天真言、ググればいろいろ出てくるから、大呪をパチスロやる前に唱えてみろ。
効果があったら報告よろしく!

>>546
聖天さまは西洋ではベヒーモスという悪魔にされているな。
ダキニ天もふくめて、キリスト教社会から見たら悪魔そのものだろう。
このあたりの天部は縁があればお近づきになれるだろう。



548 :本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水) 22:41:52.63 ID:W3N/3wAV0
穢れた術を使えば、その土地は霊的に穢れる。
それを風雨によって浄化する、これは地球のシステム。

ノウボウ・バギャバト・ウシュニシャ・オンロロ・ソボロ・ジンバラ・チシュタ・シッタロシヤネ・サラバ・アラタ・サダニエイ・ソワカ




549 :本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水) 23:21:51.76 ID:W3N/3wAV0
へ理屈すごいな〜

550 :本当にあった怖い名無し:2011/08/31(水) 23:54:58.54 ID:nD8TWUmJ0
真言について何も書いてないしね。
丸写ししてるだけで。

551 :本当にあった怖い名無し:2011/09/01(木) 01:01:13.08 ID:+OFWxkUQ0
>>550
それがオカルト板w

552 :本当にあった怖い名無し:2011/09/01(木) 02:42:02.34 ID:/hW4plizO
>>546
> 好奇心で勝手(故意でない場合は別)に御開帳して姿を見ると容赦無く祟られると言われる。

ちょっと質問。
秘仏というわけではないと思うが(仏像でもないが)、滅多に見れない力のある仏の写真を撮ったとして、それを他人に見せると祟りがあるのかな?

553 :本当にあった怖い名無し:2011/09/01(木) 09:38:20.47 ID:BjQ0SKVF0
主に密教系では、普段見てはならないとされる秘仏を間違って開けてしまった、とかの
例外を除いて、資格の無い者が好奇心で覗いたり軽口や悪口を言ったりすると祟られるそうな。
これは僧侶でも例外では無く、聖天系の秘仏には祟るものが多いと言われている。
写真についてはどうだか知らん、ネットに結構出回ってるし、真面目な学術調査とかで撮影
したのならいいんじゃないかな?そこら辺は自己責任でいいんじゃない?どうしても知りたいなら
お坊さんとかに聞けばいいと思う。この前呼んだ本では面白半分で開けて事故とかで死んだ人も
多いとか言ってたけどね。

554 :本当にあった怖い名無し:2011/09/01(木) 11:36:06.48 ID:/3RmX2Cy0
祟られてまで、お願いごとしたいかなあ。


555 :本当にあった怖い名無し:2011/09/02(金) 02:02:09.20 ID:CMC97o2FO
>>553
ありがとうございました。
密教系の話は、話して良いことと悪いことの区別がつかず、一人で考えても答えが簡単に見つかるわけもなく、誰かに話して聞きたいけどダメな気もして悩んでいたが、
やっぱり正しいことが解る人に聞くしかないですね。
今後機会があれば聞いてみようかと思う。

556 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 01:05:12.24 ID:XTp/VEBm0
問題の根源は四国と関西。
今回の台風はおぞましい呪術によって穢れた地を、風雨で洗い流す浄化作用。
誰かが妙な術を使うたび、こういう事態になるわけだ。


557 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 04:11:48.05 ID:28e5uF+YO
何を言ってんだか、今回風雨は日本中に行きそうじゃないか。
風雨が悪い所に来るという思い込みは偏見だな。
そう言えば、自称霊能者も似たようなことを言っていた。話す内容はどこかで読んだことのある話で、受け売りだった。
しかも救いのない、他人を不幸にしたいんじゃないかと思うようなことばかり言っていた。
本人が何かやって風雨が来たことでもあって、思い込んでしまったのか?
梅雨の季節はどうなるんだか。
季節の代わり目は台風は大概あるけどな。

558 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 06:18:14.73 ID:K04OmYiP0
>>556
低気圧って知ってまつか?

559 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 07:43:24.85 ID:3UZglFC20
>>557
自然に情はないんだなあ・・

560 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 11:10:35.16 ID:SIcgmhNI0
貯水貯水
水不足なく満ち足りたり

561 :本当にあった怖い名無し:2011/09/03(土) 21:13:09.21 ID:SXirbr9u0
人類がまだ呪術を使わなかった原人時代はいつも晴れ晴れとしていて太陽光パワーで皆不老不死だったのです!

562 :本当にあった怖い名無し:2011/09/04(日) 06:33:36.73 ID:z9aVVIby0
真言にしろ黒魔術にしろ、科学的にそのシステムが完全に解明され、完全に制御できるようになるまでは使わないほうが良いように思う。
いまの状態では呪術は原子力発電と同じようなもの。
制御できているように思っていても、実はそうでなかったりする。


563 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 10:31:09.01 ID:t51uSgnS0
YHVH←これ何て読むの?ヤッフィー?

564 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 10:50:28.65 ID:yevI74HBO
マジレスするなら、イェホバ、ヤハウェ、ヨドヘーバウヘー、いろいろ


565 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 16:06:47.37 ID:7EZxGqmX0
ここって機能してないのね。

566 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 17:26:16.11 ID:t51uSgnS0
ヤヴァじゃないの?

567 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 17:41:30.12 ID:LNQ6Gg9FO
YHWHじゃなかったっけ?
これ↑携帯で打つとカタカナでレトルトってなる

568 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 18:24:17.64 ID:wVGNZM4u0
>>565
ワハハハ、語るに落ちてるぞ。
特定コテハンの日記に成り下がっているスレより良いと思うがなw



569 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 20:06:09.29 ID:t51uSgnS0
イヒウヒ の方がしっくりくる

570 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 20:59:58.54 ID:ccfWIS+M0
>>569
このくだらない、ギャグと呼ぶのも恥ずかしい発想でもう誰だかわかったw
おい、ケツ見えてるぞw


571 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 23:22:31.51 ID:sGcd2q7M0
>>570
で、だれよ?

572 :本当にあった怖い名無し:2011/09/05(月) 23:38:33.81 ID:J4BAlap90
YHVHはユダヤ=キリスト教の唯一神、絶対神であり、反面に目を向けると、最強の祟り神とも言える。
神の名前をとなえることは畏れ多いとして隠され、この神聖四文字(テトラグラマトン)でその神を表している。
これも隠された真言と言えるかも。
果たして、テトラグラマトンはそれ自体に力があるかどうか、ちょっと実験してみたんだ。



573 :本当にあった怖い名無し:2011/09/06(火) 00:54:13.90 ID:PC0Q1KTz0
日本人に外国語読めというのも無理で仕方ないよね
ヤッベェ

574 :本当にあった怖い名無し:2011/09/06(火) 11:52:51.60 ID:8UYYl9CW0
やふべえがいくね?

575 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 07:36:38.34 ID:A0jHChwc0
まあ、そろそろやめとくかな、サル。


576 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 12:48:01.03 ID:Ps0GsZuA0
やればやるぼど恥さらすだけだしな(笑

577 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 17:45:02.13 ID:y6+gFBgk0
>>576
いつも気にかけてくれてありがとうwww


578 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 18:29:30.62 ID:rykPMcVI0
いや〜 ヤーヘ、おまへ見てるとけっこう楽しいよ。
これ↓とか 俺じゃないのに敏感に反応してるし!
>>565>>569
このまま引退はチョット寂しいぞ
もっと粘着しててもいいぞ 俺的にはな


579 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 19:47:07.75 ID:9eeBHwYK0
>>578
おまえ、誰?
はじめましてw



580 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 20:24:50.39 ID:JltlTMU00
やー屁の親友サルちゃんでーす
いつもやー屁がお世話になってます。アハ
未熟者のくせしてイチャモンつけてくる オッパッビーな性格の やー屁ですけど遊んであげてね。

581 :本当にあった怖い名無し:2011/09/07(水) 22:31:03.35 ID:ogHXilG50
やめとけば? マジで。
とばっちり行くよw



582 :本当にあった怖い名無し:2011/09/08(木) 23:56:05.98 ID:KZXZzNVW0
詐欺師・大磯武人について。
http://1st.geocities.jp/delete_ooiso/

583 :本当にあった怖い名無し:2011/09/09(金) 22:06:25.10 ID:v8Rr9KxY0
幸福のハエ、自分が出来ないもんだから、こっちを煽ってデビル婆と対峙させようと思っているくせに、ほんとチキンハートだなw
まあ、オレがそっちに意識を向けたら、巻き添えをくらうのは間違いないけどねw


584 :本当にあった怖い名無し:2011/09/11(日) 10:01:19.81 ID:0zoL7LXw0
浄まらなければ始まらない。
覚悟して受けよ。


585 :本当にあった怖い名無し:2011/09/11(日) 23:38:49.49 ID:VmsJVKlO0
穢れたものの願いは届かない。



586 :本当にあった怖い名無し:2011/09/11(日) 23:45:32.66 ID:9wSLO2wA0
自分にしか分からん事つぶやくだけならついった行ってくれ。
真言の話はどうした。

587 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 00:55:32.12 ID:pLGWL5460
>>586
まずは自分から書き込むことだ。


588 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/12(月) 06:58:40.07 ID:jG6isVJS0
オーム パラーシャクティエィ ナマハ

このスレも久しぶりだなー^^

589 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 19:54:22.35 ID:XpnYJF4j0
>>588
お、ひさしぶり。


590 :本当にあった怖い名無し:2011/09/12(月) 23:37:23.71 ID:eV5LoV6S0
かぐや姫は月へ帰ろうw


591 :本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 12:32:43.08 ID:pUSN57mw0
私は真言を唱えるとご利益があるのは神仏によるものではなく、
元々我々は一人一人が神仏と全く同じ力を持っていて力を制限している状態で、
本来自分が持っている能力が開発されるというか
解き放たれることでによっておこるのだと思う。
(外のエネルギーを動かす呪術のようなものは除く)

真言は、潜在意識や引き寄せの法則で願望を叶えるのと同じようなようなものと考えています。

利益だけじゃなく罰や祟りと呼ばれるものも自分がおこしてる場合が多いと思う。

潜在意識の現状維持作用による抵抗からくるものだったり、
(人間は変化に対して恐怖を持っているから)

急激に変化したことの反動だったり
(冷たい水に浸かるときも徐々にならしていかないとまずいように)

自分が持っている観念との葛藤によるものだったり。
(お金は汚いものと思っていたり、大金を得ることに罪悪感を感じていたり)

クレンジング(クリアリング)と併用して行うのが安全かと。
(真言を唱えること自体にもクレンジング作用もあるらしい)

エゴなどをクレンジングして純粋な気持ちで唱えたり、
今生きてることやご利益があったら神仏や回りの人に感謝するなど
安全で素晴らしいご利益が得られると思う。

592 :本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 19:24:34.10 ID:NeNULwD20
>>591
オレは真言は純粋に呪詛の一種だと思う。
呪詛とは呪術と言いかえてもいい。
人格?を持つ神仏の正体は、そこに住む人間の集合意識が、自然の力を方向付けしただけで、いわばその土地の文化のようなものと思っている。
真言はインド由来のツールが日本の言霊信仰と結びついたもので、それにアクセスし、制御する機能があるものと思われる。
ただ、真言自体はツールであって、それで自分の中の内なる自然の力を動かし、大きな外の自然の力を動かすのかもしれないね。
もっとも、自然の力に内外というものがあるのかどうかさえ、区別がつかないものなのかも知れない。



593 :本当にあった怖い名無し:2011/09/13(火) 23:13:40.74 ID:6+y1Suue0
たまに気配は感じるだろ?
ふふふ 呪封じ・・


594 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/14(水) 03:46:03.05 ID:rYVvn9cK0
>>589
元気?^^

まぁ普通に好きな対象の名前を繰り返すだけでも効果あるからね
きらくにいこ^^

595 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 11:53:54.19 ID:pSZRt+iX0
>>592
真言の種類によって、自分の内の能力をアップしたり
潜在能力を使って願望を成就させるものと
>>592の言うような自然エネルギーなど
神仏とされているも外のものを動かして
願望を成就させるのものの両方ありますね。

596 :本当にあった怖い名無し:2011/09/14(水) 15:07:17.72 ID:y7r0mgLg0
女の子向けのおまじない本なんかで紹介されてる
「なんとなくそれっぽい」風の呪文は、主に
潜在意識に働きかける部類に入るのかな……
ドサクサまぎれにラテン語やギリシャ語のが
さくっと載ってるらしいけど
(オナイムペランテスラソナトスとか、モトは
結構ディープな類の書物から気軽に引っ張ってきてる
みたいだけど)

597 :本当にあった怖い名無し:2011/09/15(木) 01:30:47.07 ID:TS8lM7qF0
>>594
>元気?^^
おかげさまで。(^_^)v




598 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/15(木) 05:00:02.55 ID:g2kdqVTO0
システムとしての呪術は緊急には役立たないし
一歩間違えると先の大戦の時の日本みたくなるからねぇ
ツキが全部落ちてやることが全部裏目になる

加持やら真言も西欧なんかの魔術も同じことで 個人の失敗例はヒトラーなんかその典型ですね
己をきちんと図る謙虚さ 誠実な努力の基盤の上で 始めて見えない力が役に立つ

599 :本当にあった怖い名無し:2011/09/15(木) 10:18:43.16 ID:dFzvRvsc0
ヒトラーは占いで内面の一部に女性的な側面があると出た時に、ヒステリックにそれを頑なに否定したらしいね、だったら最初から魔術なんてやらなきゃいいのに。

600 :本当にあった怖い名無し:2011/09/15(木) 20:18:51.64 ID:SgY+5Dgo0
600get
     ∧∧   ) ズザーッ (´⌒(´
  ⊂(*^^*⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ (´⌒(´⌒;;  ̄ ̄ ̄

601 :本当にあった怖い名無し:2011/09/15(木) 23:42:32.19 ID:IWFBL1Mp0
>>600
やったね!


602 :本当にあった怖い名無し:2011/09/15(木) 23:49:35.92 ID:IWFBL1Mp0
>>598
まさしくその通り。
必ず何かを代償として取られる。わりに合わないな。

呪詛にどっぷり浸かってると、性格を清浄に保つことは難しいだろうね。
どこぞの行者を見てもわかるようにw
かならず、「自分は特別の人間なんだ」という自我が肥大する。
そして、殺人犯が人間の道を説くかのような滑稽なことと相成るわけだ。



603 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 00:42:58.79 ID:YaivIOSJ0
まじない総合スレで見た、思い通りの結果を得る呪文
スプレンド・マンス・ホック・フリジデ・ツーイ・ボール(3回)
ボール・ツーイ・フリジデ・ホック・マンス・スプレンド(3回)

これって意味のある言葉なんだろうか?
もひとつ、よそで見かけた幸運を呼ぶ呪文は「妖精の名前」とか
いわれてたが(それにしちゃ長い……)

604 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 11:43:29.54 ID:mCu3HiMB0
>>603
何らかの罠じゃないか?



605 :本当にあった怖い名無し:2011/09/16(金) 20:45:27.44 ID:EuIE7IGt0
ホントに堅固だ、関西の結界。
しかし、自然のままを受け入れないと、溜まり溜まってどんどん酷くなるなあ。


606 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 01:03:00.82 ID:qqfTPNOC0
やましいときほど饒舌になるもの。


607 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 14:50:39.93 ID:70DM3glu0
>>606 ごめんなさい中三までお母さんのおっぱい吸ってました(泣崩

608 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 18:16:35.18 ID:vV+4o8yu0
>>605
自分しか分からんこと言うなwww

609 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 18:59:47.79 ID:J6X2ygHo0
>603
どこらへんが、どんな風に「罠」?

610 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 19:32:13.38 ID:4KHfXxy50
>>608
わかってるくせに〜wwwww


611 :本当にあった怖い名無し:2011/09/17(土) 20:27:07.90 ID:QvL2FhHk0
>>609
そんな都合の良い呪文があるわけないし、外に出たとしたら、何かの意図があると見て間違いないのでは?
たとえば、となえれば自分のエネルギーや運を特定の人に吸い上げられるとかさ。

真言もただとなえるだけでは駄目。いわば使える人間でないと、何の役にも立たないどころか、危険を伴うこともある。
真言って、西洋魔術の召還の儀式のための呪文みたいなものが多いからね。
神か仏か悪魔か、呼んだものだけがわかるのだろう。


612 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 12:02:54.75 ID:uq59CYlK0
出典元の「ガルドの書」(アイスランドだったかの魔道書)そのものが
そうだってこと? それとも、この呪文を使う術式が本来あって、
本来はこれだけじゃ発動しないのに呪文だけが漏洩した?

なんにしろ、呪文そのものの意味が分かんないんじゃ
召喚・喚起系なのかパワー吸い取られなのかただの精神統一用なのか
判別できん……

613 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 17:44:30.59 ID:/gdh3Qqt0
台風は呪術で制御可能ですか?飢饉の国を台風通過できる?
それとも因果律に関係する確率しか操作出来ないって事?
つまり雨の降る国では雨の増減を調節出来るけど、砂漠では
日光の照り具合は調節出来ても物理的に無理な雨は降らせ
られないと言う事?

614 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 17:45:17.32 ID:73SMMc+a0
>>612
出典元があるなら最初から出すこと。
もうこの行為だけで目的がわかってしまった。
きみ、もう実験してみたか、効果を知っているだろ? それが答えだ。

一般論でいうと、真言を含むほとんどの呪文は意味だけで発動しないのでは?
「音」そのものと「それを使う行為」が人間および自然の集合意識(力の方向性によって神とも悪魔とも呼ばれる)に働きかけるのだと思うが。
なにしろ、その呪文を知らないし、とくに何も感じないのでわからない。
唱える勇気も無いしなw

ところで今度の台風の進路、傑作だなwww


615 :603:2011/09/18(日) 18:11:26.61 ID:uq59CYlK0
「女の子向け」「おまじない」「呪文」で検索してたら
「なにこのてきとーなの」
「この呪文てアイスランドのれっきとした魔道書に載ってたんじゃなかったっけ」
とかいう会話がでてきたんで後出しで書いてみただけなんだよう

意味だけじゃ効果ないんなら精神統一用にしちゃっていよな

616 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 19:05:02.51 ID:73SMMc+a0
>>613
制御は完全には出来ないが、ある程度の術者なら除けることはできるだろう。
しかし、自然には自然の都合というか、システムがあるため、そのぶん歪みが来る。やらないほうがいい。

617 :本当にあった怖い名無し:2011/09/18(日) 19:07:31.45 ID:73SMMc+a0
>>615
実験結果の発表よろしくw



618 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/19(月) 08:48:01.40 ID:TUBT/G5Y0
>>616
そそ
広域な範囲で自然の操作とか代償が半端じゃないし
反動も食らう

619 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/09/19(月) 08:48:54.99 ID:qJ5Kk57j0
悪夢邪神斬!?♪。

620 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 10:48:24.24 ID:II2QULmo0
>>618
今回、和歌山の水害が酷い。
熊野本宮の大斎原が水没したのは明治22年以来かと思うが、これ、どう視る?
どこかの誰かが、台風を除けまくったためじゃないかと思っているが。
どの術者かわからないけど。


621 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 11:28:15.14 ID:zaCVWqIA0
台風の進路、元に戻ったね。なぜ?


622 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/19(月) 12:12:21.60 ID:Mv7Bg1Mn0
>>620
どうだろうなぁ
日本っていう国自体が浄化の課程なのかもしれないし

623 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 15:37:55.87 ID:igvJGau90
>>622
風水害自体は自然の浄化、いわばみそぎの結果だね。自然には情はないから。
今回のは、たまりたまった自然の力が近畿の主要結界を構成している熊野三山にダメージを与えたように思えるのだが。




624 :本当にあった怖い名無し:2011/09/19(月) 18:51:19.47 ID:1VmC6rQE0
真言も呪詛の一種だが、ひとつ思い出したことを書いておこう。

チベットは密教の本場だが、当然、調伏法もあるという。
しかし、それを修すると天変地異が起こるため決して修しないという。

平安以来、ぽんぽこぽんぽこ調伏法を使用、最近は市井の術者でさえ簡単に行う(法律で罰せられないため)日本では、その都度、どんな天変地異が起こってきたのだろうか。

また、これは天変地異ではないが、応仁の乱から戦国時代までの長い混乱で多くの命が失われた事態は、足利幕府の力が弱かったこともあるが、後醍醐帝はじめとした南朝の連中の呪術の後遺症のような気がしてならない。

決して呪詛に手を染めてはならない。


625 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/20(火) 11:08:17.39 ID:KFdpX8fB0
>>624
1945年にものすごいしっぺ返しが来ましたよ^^;
おかげさまで現人神が人になられ
帝国はそれまで持っていた領土を多く失った


でもそれが幸いしてある部分禊が済んだ面もある
ただちょっと物質的な欲望の面で穢れがたまってる分はありますねぇ

626 :本当にあった怖い名無し:2011/09/20(火) 18:39:36.09 ID:AoR27A9Q0
あと4千人位死ねば禊おっけーって感じ?その後また滓が溜まったら禊で
ぶっ殺せばオッケーて感じ?1億いるし大勢に影響ナッシングでおっけーですか?

627 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 00:50:38.32 ID:56bQiIlW0
>>626
人間が死ねばではなくて、土地の穢れた部分の洗い流しの作用だと思う。

人がどう騒ごうと、自然に情はないんだなあ。残念ながら。
人が出来ることは「現実的な手段で」防災に努めること、これしかない。



628 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/09/21(水) 06:59:05.66 ID:Hbxv8L/p0
>>626
定量的なものじゃないと思うよ

>>627
後は各個人が運気をよくし 勘を鋭くすること ですかね

629 :本当にあった怖い名無し:2011/09/21(水) 07:01:44.37 ID:s4a0tn+h0
>>628
>後は各個人が運気をよくし 勘を鋭くすること ですかね
そうだね。


630 :本当にあった怖い名無し:2011/09/22(木) 11:21:12.43 ID:BemUal3D0
ほんと、京都、大阪は台風が直撃しないなあ。


631 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 16:58:51.69 ID:mkWSk+Gg0
神風兵器か?米軍は実用化しないの?

632 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 20:23:09.93 ID:+5cgbas80
>>631
京阪神も、浄化を避けてばかりいると、溜まり溜まってどうしようもなくなる。
呪詛で土地を汚した人間は覚悟を決めて受け止めること。



633 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 22:00:01.63 ID:mkWSk+Gg0
台風いつから来てないの?

634 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 22:06:21.53 ID:oelLS7OK0
いやいや来てるんだけど2000m近い剣山ブレードが隣に屹立してるから
勢い削がれてそのまま中央構造線の溝にハマって東へいなされてるんだよ

635 :本当にあった怖い名無し:2011/09/23(金) 22:14:58.93 ID:oelLS7OK0
そして響く
南無大師遍照金剛

636 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 11:33:32.80 ID:UBVgCSe90
真言宗と、それを称しているカルト宗教との簡単な見分け方。

「南無大師遍照金剛」を唱えるかどうか。
つまり、お大師さん信仰があるかどうかだね。
たまに唱えない宗派もあるらしいが、見分ける簡単なパッチテストのようなものとして使えるだろう。

637 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 11:55:59.97 ID:+iuR55Vw0
いや、献金のあるなしだろ

638 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 16:45:50.25 ID:KBUVxALU0
>>635・636
素人臭い質問で恐縮ですが南無大師遍照金剛って曹洞宗?真言宗?それとも日蓮宗?

639 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 16:49:06.35 ID:FT7qjm160
>>638
>真言宗


640 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 16:52:20.63 ID:KBUVxALU0
真言宗以外では唱えられませんか?

641 :本当にあった怖い名無し:2011/09/24(土) 19:42:12.38 ID:XuF/Pinh0
>>640
南無大師遍照金剛って、弘法大師に帰依します、という意味なので、ほかの宗派ではさすがに唱えないでしょ。


642 :640:2011/09/25(日) 16:38:54.95 ID:tIf8QjEa0
仏教に詳しくないので私事で恐縮ですが、実家の仏壇が変わってたのですよ。
仏壇が二人のお坊さん(たぶん曹渓山慧能禅師と洞山良价?)の上にお釈迦様
がある絵になってて、つまり実家のおじいちゃんは真言宗から曹洞宗に宗派替え
したと言う事ですか?もしかしたら母方のお婆ちゃん家と勘違いしてるのか
もしてないのですが…記憶が曖昧ですんません…

643 :本当にあった怖い名無し:2011/09/25(日) 19:40:07.67 ID:inB+f/Wo0
>>642
意味がわかりません。
その仏壇と南無大師遍照金剛がどういう関係があるのですか?


644 :本当にあった怖い名無し:2011/09/25(日) 19:41:16.66 ID:inB+f/Wo0
>>642
意味がわかりません。
その仏壇と南無大師遍照金剛がどういう関係があるのですか?


645 :本当にあった怖い名無し:2011/09/26(月) 23:52:43.95 ID:PcoxBTh70
真言にはそれを使うキーも埋め込んである。
そのキーの外し方を教えるのが坊主の口伝だったりするわけだ。



646 :本当にあった怖い名無し:2011/09/28(水) 06:43:46.11 ID:tgDpjGhf0
>>644
ん? 連投?


647 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 15:36:55.92 ID:kC67jb6Z0
台風が頻発する東南アジアでは何で結界は発達しなかったの?

648 :本当にあった怖い名無し:2011/09/29(木) 18:03:37.79 ID:s5LCIdF50
>>647
さあ。


649 :本当にあった怖い名無し:2011/09/30(金) 03:00:56.93 ID:Xy71Cidf0
>>647
社会的な呪術よりも、個人的な呪術が発達したからじゃないか?


650 :本当にあった怖い名無し:2011/09/30(金) 03:10:58.98 ID:AbFGkWeG0
霊山の力

651 :本当にあった怖い名無し:2011/09/30(金) 21:21:10.13 ID:+6Xa4BLw0
>>645に続く。
真言が、ただ唱えただけでは効力をなかなか発揮しないのは、真言に埋め込んであるキーを解いていないからだと思う。
それを誰にも教わらずに出来るのが霊能者、システマティックに解き方を教育されるのが密教僧ということだろう。


652 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 15:44:01.41 ID:ugi4h40I0
>>651
何かアレイスタークロウリーって人が某教団の秘匿していた宗教奥儀を
我流で発見したとかで教団に驚かれたとかいうのを聞いた事があるけど
日本ではそういう話はある?

653 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 19:48:38.89 ID:xYKhz4hP0
>>652
奥義書を2億円で売っているという密教僧なら聞いたことがあるw


654 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 19:50:40.93 ID:xYKhz4hP0
連投であれだが、>>651で「誰にも教わらずに出来るのが霊能者」と書いたが、
そもそも本当に優れた霊能者は真言すら必要ないだろう。



655 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 20:07:23.87 ID:dk7W59KD0
>>654
そんなチートの域に達した方は数少ないと思われ…

656 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 20:34:12.85 ID:xYKhz4hP0
>>655
まあ、信じるか信じないかだな。
あまりにもあっけらかんとしてすぐ終わるので、「え、もう?」ということになるらしい。
坊主や魔術師の仰々しい儀式は別の意味があるんだ。



657 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 21:10:48.64 ID:dk7W59KD0
いやいや、優れた霊能を持つ方がいることは
信じていますが、
偽物、まがい物も少なくないじゃないですか?
そういう方々とは別に、公に認められた職能集団も必要だと思うんです。
安定したシステムを持つ組織が。

658 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 21:44:36.52 ID:xYKhz4hP0
>>657
>公に認められた職能集団も必要
政府というか、支配層を「公」ということならば、
古代から現在まで連綿と続いているじゃない。それも組織立って。

優れた能力者との出会いは縁と運。


659 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 21:54:37.56 ID:dk7W59KD0
すまん、公=おおやけ=広く庶民にも知られた
という意味で書きました。


660 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 23:16:47.97 ID:xYKhz4hP0
>>659
わかってるさ。ただし、そういう市井の術者の組織は体制側に認められないか、潰されるか、取り込まれるかだろうなあ。
体制側は呪術的な雑音を排除したいはず。



661 :本当にあった怖い名無し:2011/10/01(土) 23:38:31.47 ID:dk7W59KD0
ズバッと書けば良かった
公に認められた職能集団=お坊さん、神主

寺で供養とか、神社でお祓いとかしてくれるでしょ?
坊さん達は生まれつき出来るんじゃなくて、
修行によって身につけた能力や、システムに則ったお作法(真言とか)によって
できるわけで。

654で、「真に優れた霊能者は真言は必要ない」
とあったので、
坊さん=真言とかの作法はいる、でも社会に認知されて数も多い
霊能者=作法いらない人もいる、共通基準がなく玉石混交、本物は数が少ない、というか見つけにくい

ということを言いたかったのです。
勿論、どこにも非才の者や偽物、タヌキはいる事は前提で。

ではそろそろ寝ます。お休みなさい。


662 :本当にあった怖い名無し:2011/10/02(日) 00:00:33.11 ID:xYKhz4hP0
>>661
>修行によって身につけた能力や、システムに則ったお作法
これについては、オレは違う考えをもっている。
神主や坊主、彼らの中には、本来なら、呪術のための儀式を執り行う必要のないような、天才も少なからずいると思う。
密教なんかの教育システムは、ある程度の素質のある人間を呪的に完成するにはいいかも知れないが、本当の能力者にはむしろ型にはめてしまって良くないのではないかと。
ではその型はなんのためにあるのか・・
能力を使うようになるためのマニュアルだけでないところが、歴代の座主というか、指導者の狡猾たるところ。



663 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 14:14:34.54 ID:k8fN2nSJ0
じゃあ仙人とか縁覚、声聞って言われる人は一体何ですか?
>>662が言うみたいな我流で覚醒した連中という事なのでしょうか?

664 :本当にあった怖い名無し:2011/10/03(月) 23:46:15.17 ID:JzFId6oA0
真言自体、もうすでにオリジナルの発音とは遠く離れてしまっている。
あれは、音そのものの力というより、それを媒体にして、他の力を作用させるツール。
人によってはそれを「神仏の力」と感じている。
しかしその「力」は人間が作り出した集合意識で、方向付けした自然の力にすぎない。
ちなみに、異世界が何次元にも見える人間は、統合失調症で間違いないw

それと、密教の教育システムは天才を生まない。空海を超える超人は真言や天台などの密教からは出ないのだ。

>>663
それは「ブッダ」の概念と同じ。仏教の物語の中の話。
あらゆることに言えるが、教えられなくとも、自然とできてしまう天才はかなりの割合で存在する。




665 :本当にあった怖い名無し:2011/10/04(火) 11:01:00.64 ID:IIfwNQ0e0
大川劉邦は転生の仏陀で間違い無いよね?

666 :本当にあった怖い名無し:2011/10/04(火) 18:03:27.93 ID:qD2kosVO0
>>665
どあほ!


667 :本当にあった怖い名無し:2011/10/05(水) 06:24:07.89 ID:24xyzD0k0
真言をとくカギは、読むときのメロディにある。


668 :本当にあった怖い名無し:2011/10/05(水) 10:35:17.55 ID:NqLPZTla0
武蔵の五輪書にもそんなこと書いてたね

669 :本当にあった怖い名無し:2011/10/07(金) 02:27:18.27 ID:JXRyENEG0
>>665
宇宙人呼び出せるのに、宇宙語喋れない教祖が仏陀か…凄い時代になったもんだ

670 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/10/07(金) 13:40:38.16 ID:cSr7Aacb0
>>665
天才バカボンの生まれ変わりです

671 :本当にあった怖い名無し:2011/10/08(土) 06:23:57.68 ID:YRLx5awy0
>>670
www

672 :本当にあった怖い名無し:2011/10/08(土) 16:47:39.94 ID:706avPCT0
バカボンのパパじゃなくて?

673 :本当にあった怖い名無し:2011/10/09(日) 01:15:30.75 ID:3xpwUPhY0
ま、人のことを言う前に我が身を、ね。
もうすぐなのでね。


674 :本当にあった怖い名無し:2011/10/09(日) 15:59:22.95 ID:L3Bjxfia0
大川たんは何でインドの古寺院発掘しないの?
昔住んでたんでしょ?本当なら考古学に貢献したあらいいのに

675 :本当にあった怖い名無し:2011/10/09(日) 17:32:53.19 ID:AZMOoTXL0
幸福のなんとかの話は止めない?
見ただけで不幸になりそう。
真言とも関係ないし。



676 :本当にあった怖い名無し:2011/10/10(月) 22:13:05.42 ID:ZCi6KN+40
例えばロマニ語とかラテン語とかギリシャ語でも古語っぽい分野とか
そういう「今はあんまし一般的には使わないね」てな、でも実在する
(した)言語でそれっぽい文章を組み立てて、流布してるそのへんの
お呪(まじな)いっぽい動作(日数決めて紐に結び目を作るとか)と
組み合わせたら「お手軽お呪い一丁上がり」としてある程度
通用するのかな?

677 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/10/10(月) 22:17:04.19 ID:xJR2zoty0
>>676
心から信じられればw

だから西洋のおまじないは 聖書やトーラの文句+古語や方言 が多いですよね

678 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/10/10(月) 22:18:05.90 ID:xJR2zoty0
祝詞ももともとは律令の官僚用語だけど
今では格調が出てなかなか響きもいいですよね

679 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 10:38:44.27 ID:92w8Keg40
例えば2000年後に…地下教団の隠者達が大阪弁で儀式してたら笑うなWWW

680 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 11:38:46.92 ID:PLt4+Gv50
>>679
いまでもやってんじゃないw



681 :サロメKoS ◆LGhlot2baY :2011/10/11(火) 13:42:14.92 ID:nHKZJp8o0
>>679
祝詞はそうだぞww
今国会で大臣や役人が答弁してるのと同じだよw

682 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 14:30:47.32 ID:92w8Keg40
津軽弁はアトランティス語

683 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 20:05:20.53 ID:fEMqOMMu0
「言葉」に呪力を持たせるのは、人間の「想い」。
それも心から信じて疑わないほどのもので。
人数が多ければ多いほど、呪文はより強大になる。


684 :本当にあった怖い名無し:2011/10/11(火) 23:53:57.87 ID:/Mcn9SLK0
ふふふ・・ 呪封じ



685 :本当にあった怖い名無し:2011/10/13(木) 07:58:24.35 ID:4WxRVgmC0
ヨウツベに、火界呪をオリジナルの発音でとなえているのがあったが、面白かった。
あれ、日本のものと同様の効果あるかねえ。


686 :本当にあった怖い名無し:2011/10/13(木) 11:28:47.04 ID:fRI5c3qM0
http://www.youtube.com/watch?v=oKI-tD0L18A&feature=player_embedded#!
http://www.youtube.com/watch?v=IIdHmMCMVfw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=3ZVbqk4aVuY&feature=related

687 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 08:43:07.96 ID:3uSIudph0
>>686
何かコメントを!


688 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 16:48:43.31 ID:mFb8tnbB0
タロットリーディング
宗教団体
同一人物
呪詛

これら、もうひとつのオカルト真言スレのキーワード。


689 :本当にあった怖い名無し:2011/10/14(金) 18:46:16.51 ID:t5zJ02wl0
>>687
猫言宗猫語念仏派猫真言がどうかしたのか?

690 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 00:55:19.03 ID:FQYVbZih0
もひとつキーワード

恋するオカマw


691 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 16:21:49.93 ID:pYgzNbIN0
東京バビロンって実話?

692 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 21:46:36.17 ID:jlTMZyza0
>>691
さあ、どうなんだろうねw

693 :本当にあった怖い名無し:2011/10/15(土) 23:09:57.17 ID:T5Apa6IU0
実話なら漏れない

694 :本当にあった怖い名無し:2011/10/16(日) 20:55:19.34 ID:OeekG1S40
日本の不動明王火界呪は一種の秘呪扱いになってたのかな。
やはり、真言の効果は、真言そのものではなく、それを使う人間の力に依っているわけだ。


695 :本当にあった怖い名無し:2011/10/18(火) 22:13:23.89 ID:Lyu7DDJH0
神仏の力を借りているようで、実はそうでなかったりする。
その先は身の破滅。
我が身を振り返り、心当たりがある人間はすぐに呪詛ごっこをやめること。


696 :本当にあった怖い名無し:2011/10/18(火) 23:32:56.19 ID:RtgGunLm0
つうか、パンピーが平然と魔術使いだしたのは江戸の頃でいいのかな?
江戸時代は新興宗教作ったら弾圧されたけど、個人の魔術・呪術とかは
どうだったの?ネットは無いけどその手の本とか出回ってたりした?

697 :本当にあった怖い名無し:2011/10/19(水) 07:41:26.61 ID:MV36+2lk0
>>696
江戸時代ですら、呪詛で捕まったりしたようだね。


698 :本当にあった怖い名無し:2011/10/19(水) 14:07:01.22 ID:DWh59tRy0
>>696
もっと早いと思う
密教の修法が仏教の本筋忘れたら即 魔術になるから

699 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 02:18:00.56 ID:IwkLl6MW0
思うのだが、密教にもインドにも象頭の神様がいるんだから
アフリカにもキリン頭の神様っていないのかな?スフィンクスだけ?

700 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 08:10:23.08 ID:g+haUNnO0
>>699
同じ神が、西洋でベヒーモスという悪魔になっている。

キリンじゃ温和しそうで、神様に擬人化しにくかったんじゃないかな。


701 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 10:22:00.06 ID:IwkLl6MW0
ビヒモス=ビナカヤ(ガネーサ)=歓喜天

702 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 10:28:01.26 ID:YKJJZkpi0
聖天はビナカヤの魔性が仏法で善に転移した状態です

703 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 19:28:54.63 ID:IwkLl6MW0
廃仏毀釈で還俗させられ軍隊に入れられた坊主達が密教的秘密結社を作ったって本当?

704 :本当にあった怖い名無し:2011/10/20(木) 20:43:55.53 ID:66luK+o00
>>703
逆に聞きたいな。ホント?
ある程度知ってるだろw

聖天の性質、どうみたって悪魔そのものなんだが、見る立ち位置と角度、
文化が違えば、神にもなるという良い見本だな。



705 :ボウディカ☆サロメ^^:2011/10/20(木) 20:58:42.45 ID:TMmlAmi90
>>704
御利益でつって仏法に誘導するのが天部のお仕事w

706 :本当にあった怖い名無し:2011/10/21(金) 20:54:57.67 ID:rj728yx60
スレの栄枯盛衰。
思い切って次の段階に進むほうが結果、良かったということが多い。
スレタイの役割を終えたスレは、それこそ仏法に則り「執着せず」すみやかに終わらせてやったらいい。
この世は常に変化しながら形を変えていく。これは真理。

707 :本当にあった怖い名無し:2011/10/21(金) 22:45:44.14 ID:uYVHhPzz0
では、以降「猫語&猫真言」考察スレへと移行します。

http://www.youtube.com/watch?v=3fHEp2CW6qU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=9YGnsYFYAUA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=vcglgMwIRg8&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=-oubA5Zie2Y&feature=related


708 :本当にあった怖い名無し:2011/10/22(土) 00:09:18.31 ID:68liL5nX0
>>707
はい、もうけっこうw
まあ、ひとりでやっててもいいぞw


709 :本当にあった怖い名無し:2011/10/22(土) 12:39:11.89 ID:IMFPd8uT0
そこに執着して留まる行為はある意味自殺行為。
宇宙の法則に反している。

引導を渡すのは天部ならぬ管理者のお仕事w
雑談スレとなってスレタイと乖離し、だらだらと何年も惰性で続けているスレを削除するのは不動明王の慈悲心。


710 :本当にあった怖い名無し:2011/10/22(土) 18:16:30.09 ID:DUOLF1b30
密教=忍者

711 :本当にあった怖い名無し:2011/10/23(日) 02:20:32.47 ID:+to+c9J40
猫真言スレへと生まれ変わったこのスレに祝福あれ・・・

712 :本当にあった怖い名無し:2011/10/23(日) 09:04:33.51 ID:kZ62ylt60
>>711
レベル低う〜w


713 :本当にあった怖い名無し:2011/10/23(日) 19:49:46.72 ID:jFiwjTlc0
猫は化けるんでしょ?

714 :本当にあった怖い名無し:2011/10/23(日) 23:43:44.34 ID:73QwQuOk0
>>713
嫌がらせのレベル低すぎ。アホとしか言いようがない。

それはともかく、どっかの誰かさんがいまごろせっせせっせとやってることが、そっち行くよ。
悪いこと言わないから、やめとけw



715 :ボウディカ☆サロメ^^:2011/10/23(日) 23:52:08.31 ID:quu8p1ST0
ていうか真言は自分で作るもんでしょ

716 :ボウディカ☆サロメ^^:2011/10/23(日) 23:53:38.20 ID:quu8p1ST0
日本にはすばらしい世界に誇れるマントラの道があるじゃない

和歌



よくできた和歌はマジで死者を慰めたり 世界に影響与えると思います

717 :本当にあった怖い名無し:2011/10/24(月) 00:03:36.21 ID:p6NBpsOJ0
和歌・・ 日本のマントラだね。


718 :ボウディカ☆サロメ^^:2011/10/24(月) 00:10:49.92 ID:LwV5ecN50
>>717
西行が怨霊になった崇徳上皇をお慰めしたりね

719 :ヤバイ話:2011/10/24(月) 00:30:56.61 ID:pD6RgPC/0
イジメは国家規模の呪詛兵器実験

@ターゲットをいじめる。

A父兄、教師達がいじめに気付かない様な催眠呪術を学校に懸けておく。

Bイジメ加害者の憎悪感情を暴走させる呪術を張りエスカレートさせる。

Cターゲット自殺、怨霊化成功!やったね♪

D日本中の学校、職場で同じ事して呪術的に作り出した簡易地獄に
 自殺者の怨霊を閉じ込める(自殺がヤバイって言われるのはこの為)。

Eこれを最初に計画したのが>>703の忍者達、今は新興宗教から北朝鮮まで様々。

720 :ヤバイ話:2011/10/24(月) 00:33:07.15 ID:pD6RgPC/0
F地獄で増幅された怨念をどう使用するかは術者次第、正義に使うも良し世界制覇もよし。

721 :本当にあった怖い名無し:2011/10/24(月) 00:44:41.63 ID:G85DQrAo0
>>720
まあ、今年の2月以降すべてが変わったから。


722 :本当にあった怖い名無し:2011/10/24(月) 18:48:18.85 ID:pD6RgPC/0
忍者と陰陽師と呪禁と修験道とイタコと密教と九曜星といざなぎ流の違いは何ですか?

723 :本当にあった怖い名無し:2011/10/25(火) 11:37:36.05 ID:ZDNtgo3q0
>>722
ググれ、カス!


724 :本当にあった怖い名無し:2011/10/27(木) 17:15:15.46 ID:aGGHmvQM0
>>712
ちょ…なんかマジっぽいぞ!この猫活仏

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15887348

725 :本当にあった怖い名無し:2011/10/27(木) 18:20:21.27 ID:Kd9tDfC60
>>724
ご苦労、次!


726 :本当にあった怖い名無し:2011/10/28(金) 00:52:01.82 ID:QOZ/lQKl0
みゃー

727 :本当にあった怖い名無し:2011/10/28(金) 20:10:49.38 ID:ycDBwGX60
真言宗で、在家向けでも、声明、和歌も真言と組み合わせているな。
おじゅっさんによると、歌のように音律をつけて唱えるのがポイントだとか。



728 :本当にあった怖い名無し:2011/10/28(金) 23:48:26.57 ID:QOZ/lQKl0
ラジオ体操って日本人全員が知ってて毎朝結構な数の人がやってるから、
体操に印を組み込んだら大規模な呪詛が可能だよね?

729 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 02:25:15.23 ID:PlcismLA0
>>728
もうやってたりして。
仕組みはどうなっているのかな。


730 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 02:42:31.20 ID:jvIN8a9S0
>>719>>720
なぁ〜るほど。
それで(特に非業の死を遂げた人に対しては)懇ろに先祖供養
をすると家運が隆昌するというわけだな。

まさに「国に政策あれば民に対策あり」だな。

731 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 10:26:16.35 ID:14M/do170
呪術のしくみがわかれば、いかに危険なことかがわかるだろう。
怨霊を使ったシステムも、それにアクセスし動かす媒体が必要。
術者は自分の生命や運を代償にやっているわけ。
ここ、敏感な術者でも実は気付きにくいのだが、例外はない。
自分の生命エネルギーの消耗は、自分では感じられないという法則でもあるのではないかと思う。


732 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 10:29:10.98 ID:14M/do170
真逆の理論だが、最大の調伏呪詛は相手の幸福を願い叶えること。
その後は勝手に・・・


733 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 16:15:47.49 ID:jvIN8a9S0
>>731
だから各人が各家の先祖供養をしっかり行うことが大切なんだな。
国家の陰謀から御先祖様を取り返すことが出来れば、自家の安泰は約束される。

国家や他人に頼らず、自分と自分の家族は自分の手で守らなければいけない。

734 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 16:29:20.53 ID:cikM97CZ0
北朝鮮が滅びないのは、中狂が支援しているのもあるけど、
>>719の方法で創り出した地獄の力があまりにも強大な為に、今や中狂で
さえ迂闊に手を出せない為。
だからアフリカでは容易にインフラ事業に介入出来たが北は無視して来た。
地獄の構成成分は主に人民の飢餓の念で創り出した餓鬼地獄。
故中〇議員はこの地獄の力を運用した酒餓の呪禁を掛けられてアル中に
された為に自殺に追い込まれた…ただの酒でアレ程酔える訳が無いのだ。
また、拉致して来た韓国人や日本人の霊能力者に古風水や古道教に伝わる
最悪の外法ばかりを拷問しながら行わせて作らせた魔毒水を、覚醒剤の
原料に混ぜて精製し、国内や世界中にばら撒いて、中毒者の快楽波動
だけが蚊のストローの様に将軍様周囲に凝縮して集められる。
喜び組や、誇大で意味の無い軍事パレードは呪術でラリっている為に正常
な判断が下せない事が原因。
小泉首相はデブがラリった間隙を電撃外交で突き拉致被害者を取り戻した。

735 :本当にあった怖い名無し:2011/10/29(土) 23:56:59.11 ID:RSB5Gmy30
>>733
いや、人間は意識、無意識とも、ひとつの集合体。
だからこそ、「神」「仏」「悪魔」(と便宜上名付けられた)の超自然の力を発動できる。
本当に必要なものは、家族、宗教、会社、組織、国家etcetcの、コミュニティを超えた「愛」であるように思う。
ただ、競争を忘れ、安定のうえにあぐらをかいていては、必ず腐敗し滅び去るので、難しいところ。
運動による変化の連続こそ、この世に存在するすべてのものの真実。


736 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 01:59:35.96 ID:9ZCN2Vx30
>>735
いや、少なくとも今のような変動期では、とりあえず生き残ることが大切だろう。
統治権力の陰謀とそれによって作られる社会の同調圧力から自分や家族を守り、
本質を見据えて生きることが、与えられた命を生きるという事なのだろう。

737 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 09:50:41.01 ID:MWtBDJvo0
>>736
そこを超えろということではないか?


738 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 12:42:47.14 ID:JB2KK01z0
霊力と信仰心の強い法輪功者を拷問して簡易結界地獄を形成して地獄の念動で
色々な工作をしているのです、中でもチベット密教活佛パンチェンラマの転生者
であると目されていたニマ少年は今も共産党の軟禁下にあると言われます。
恐らくは彼の力を悪用しようと思っているのでしょう…奴等は平気で子供を拷問します。

739 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 15:41:43.83 ID:/mAySUXj0
怨霊や怨念を使いこなす呪詛ね。ありえなくもないな。
ただし、すべての怨霊がコントロール可能かどうかだね。


740 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 15:46:15.04 ID:tyxY9YuN0
まぁそんな呪力の技術があるならナチスドイツやソビエトは世界を半分こしてるだろうなwww

741 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 20:47:13.02 ID:UUyrNhHG0
>>740
相手(英国)も凄腕の魔術師をいっぱい抱えていたが。
ヒトラーのハーケンクロイツを破るものとして、チャーチルのVサインが有名。


742 :本当にあった怖い名無し:2011/10/30(日) 20:55:09.79 ID:tyxY9YuN0
>>741
大量虐殺や虐待の呪力なんて少数精鋭の呪力には
太刀打ちできないってことだね

743 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 01:38:39.50 ID:HC4XN++Q0
>>742
ヒトラーが使っていたのは怨霊を使役する魔術ではないと思う。
あえていうなら自然の力や、ゲルマン民族の根底の流れる集合意識。
これはユングも指摘しているな。
真言つながりでいうと、チベットの呪力に興味をもってたようだね。

Vサインだが、一説にはこれを薦めたのはA.クロウリーだという。

744 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 02:01:01.38 ID:V6r4Yib30
>>743
>Vサインだが、一説にはこれを薦めたのはA.クロウリーだという

クロウリーか・・・、オカルト界の大物の名前が出てきたね。

745 :本当にあった怖い名無し:2011/10/31(月) 13:03:01.91 ID:pRkn0wlu0
>>743
いーや
キモイ粘着の説が事実によって破綻したってことwww
スターリンなんてヒトラーや金日成凌ぐ虐待や虐殺してるし

746 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 05:09:52.33 ID:9H361ezL0
怨霊を使役する説は、そんなの唱えてた猫女いたなあ。

747 :本当にあった怖い名無し:2011/11/03(木) 10:09:56.81 ID:feHdMomr0
まぁ現実をしっかり見ないとねぇ

748 :本当にあった怖い名無し:2011/11/04(金) 19:05:46.25 ID:thmtrZnZ0
不動明王の火界呪って何か、特殊なコードが組み込まれているように思うんだが。
攻撃系の真言か。

749 :本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 19:42:18.74 ID:NOFv2DkK0
関東で病気平癒に験のある寺院ってないかな。

750 :本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 21:26:23.03 ID:y5CmOUEn0
>>749
関東は調伏系が多いからねえ。
http://www.goriyaku.kotomeguri.com/tokyo/goriyaku/byouki.html


751 :本当にあった怖い名無し:2011/11/05(土) 22:39:09.66 ID:y5CmOUEn0
ひとこと。
まあ、性懲りもなくやるからだ。

752 :本当にあった怖い名無し:2011/11/07(月) 00:39:50.52 ID:Op3mS5nx0
ナマー・サルヴァー・タターガティービャーサルヴァー・ムッケィビャー・サルヴァタ・トラチャンダ・マハーロシャナ・カン・カヒーカヒー・サルヴァーヴィギナン・フン・トラ・ハンー・マンー





753 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 07:32:24.15 ID:VwuBjOpr0
>>752
って聞こえる。

754 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 08:23:45.90 ID:5dOQ/WzZO
>>738 なんか西遊記をおもいだした

755 :本当にあった怖い名無し:2011/11/08(火) 20:37:24.29 ID:NtW3fnYE0
>>754
密教や真言のたどったコースはまさにそれだろw

756 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 00:52:46.98 ID:5bsxDwJY0
>>739
戦国・江戸時代の拷問なんかは自白させるのが目的と言うより、逮捕した
罪人や無実の人間に地獄の苦しみを与えて怨霊化して、生み出された呪詛が
追尾ミサイルみたいな感じに真犯人にダイレクト直撃するような仕組み
だったらしいね。
西洋の魔女狩りなんかは日本以上にクレイジーで、そもそも存在しない罪(魔女)
を作って、拷問死させた女性達のエネルギーを呪術的神格化を施したマリア像
なんかに注入して色々な事に利用してたらしい。

757 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 00:54:00.49 ID:SSC/Lt7O0
>>756
妄想乙

758 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 00:54:37.87 ID:SSC/Lt7O0
>>756
江戸時代でも拷問は老中の許可が必要だったんだょw

759 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 03:04:03.17 ID:5bsxDwJY0
ジェノサイドパワーは軍事利用されている!

760 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 12:09:44.71 ID:SSC/Lt7O0
>>759
ソースwww

761 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 17:45:16.86 ID:X+7gmZDp0
>>760
オカルト板でソースも何もあったもんじゃないと思うがwww


762 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 17:49:05.60 ID:3Ub8jIOU0
さすがにねぇwww
マントラとも関係ないしwww

そういえば ひふみの祝詞って本当に伯家伝来なんでしょうかね

763 :本当にあった怖い名無し:2011/11/09(水) 19:54:04.75 ID:Qu9Z3sh60
>>762
>ひふみの祝詞
さあねえ。ふふふ。


764 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 06:39:55.75 ID:zh6PDTW20
最強の真言は、般若心経の最後のやつ。


765 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 21:34:44.08 ID:syPTwcEo0
>>756
そんなことできんやろ。

766 :本当にあった怖い名無し:2011/11/11(金) 21:44:12.22 ID:AlAfi65n0
>>763
もったいぶるなよww

767 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 00:00:44.56 ID:8PM20PKH0
反動は大きいぞw

768 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 03:19:58.52 ID:mb+lVBMT0
常人はスーパーサイヤ人になれません

769 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 06:46:34.18 ID:mb+lVBMT0
>>767
0時ジャストおめ

770 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 10:45:58.34 ID:mb+lVBMT0
いざなぎ流って仏教?神道?

771 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 11:38:25.83 ID:0XrUZSW40
三連投www


772 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 20:18:08.09 ID:mb+lVBMT0
過疎ってんあー

773 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 20:53:38.86 ID:ueyhIqOb0
>>772
mb+lVBMT0
きみが来てくれるw
気になるんだねwww

だが、新興宗教はお断り。

まあ、たまに真言に興味のある連中が来るので良いよ。
絶対に馴れ合いの雑談スレにはしない。
なれ合って友人作るなら、プライベートな掲示板かブログに場所を変えないとね。


774 :本当にあった怖い名無し:2011/11/14(月) 20:56:05.18 ID:ueyhIqOb0
指輪の精はランプの精にはなれないし、その能力もない。
実行するのはランプの精♪

775 :本当にあった怖い名無し:2011/11/15(火) 15:28:03.47 ID:BSgb8ftM0
真言に興味あるって十分新興宗教じゃね?
本来は寺とかで正式な師に教えてもらわないと駄目じゃない?

776 :本当にあった怖い名無し:2011/11/15(火) 18:10:05.41 ID:bDNlA4hs0
>>775
在家と行者をごっちゃにしてるなw


777 :本当にあった怖い名無し:2011/11/16(水) 20:38:06.21 ID:w6GHpza40
>>775
>正式な師に
自分が出家して阿闍梨にでもなろうとするんだったらそうなんだろうけどね。

空海は事実上、日本初の密教体系を一から作り上げた。
そんな天才が現代にいないとも限らないと思う。



778 :本当にあった怖い名無し:2011/11/17(木) 19:47:39.63 ID:+H8KpaNO0
ナマー・サルヴァー・タターガティービャーサルヴァー・ムッケィビャー・サルヴァタ・トラチャンダ・マハーロシャナ・カン・カヒーカヒー・サルヴァーヴィギナン・フン・トラ・ハンー・マンー



779 :本当にあった怖い名無し:2011/11/19(土) 11:55:56.69 ID:nvAaoE520
>>777
坊主が放火する時代では無理かも

780 :本当にあった怖い名無し:2011/11/21(月) 11:59:22.44 ID:QyYFsT/r0
空海だって、中国に何年も修行に行ったくらいなんだから
今の日本の僧侶に奇跡的なものを求めるのは無理だろう

781 :本当にあった怖い名無し:2011/11/21(月) 18:49:22.13 ID:s38WRxYX0
>>780
じつは、ほんの2年くらいしか行ってなくて、帰国してから問題になった。


782 :本当にあった怖い名無し:2011/11/21(月) 20:36:07.91 ID:+lkKYsVi0
向こうの坊さんに天才だって言われたそうだね

783 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 11:35:08.14 ID:FnU/ADrq0
>>781
思い出した。そう言えばそうだったw

784 :本当にあった怖い名無し:2011/11/23(水) 16:00:39.75 ID:74bZKnhB0
弘法大師は、器用な人かつ要領の良かった人だと思う。
中国で学んだ密教を自分でアレンジし、現在に至るまで、理論上ほとんど修正する余地のない完成度にした。
また、嵯峨天皇への売り込みもうまい。
土木技術への造詣も有名だし、当時の留学帰りで最先端の人だったんだろうな。
そういう天才って、おそらくいまでもいるよ。世の中に名前が出ないだけで。


785 :本当にあった怖い名無し:2011/11/26(土) 02:11:10.73 ID:GtkE6URH0
このスレ、板から見えなくなってるなあ。


786 :本当にあった怖い名無し:2011/11/26(土) 11:07:52.92 ID:3XAhw0HN0
元に戻ってる。移動完了したか。

ランプの精は封じられ、指輪の精が残された。
指輪の精はランプの精の業を自らのものと思いこむ。




787 :本当にあった怖い名無し:2011/11/27(日) 11:30:23.58 ID:IFUHtT+d0
中国や日本で作られたオリジナルの真言もある。


788 :本当にあった怖い名無し:2011/11/29(火) 01:15:11.30 ID:3dvbNDvm0
ナマー・サルヴァー・タターガティービャーサルヴァー・ムッケィビャー・サルヴァタ・トラチャンダ・マハーロシャナ・カン・カヒーカヒー・サルヴァーヴィギナン・フン・トラ・ハンー・マンー


789 :本当にあった怖い名無し:2011/11/29(火) 02:25:11.04 ID:ocNbeGmt0
インド密教とマニ教とラマ教と真言宗と立川流といざなぎ流とどれが最強?

790 :本当にあった怖い名無し:2011/11/29(火) 03:36:28.04 ID:h0IGXq9rO
>>781
2年なんですか?
始めて知りました!


791 :本当にあった怖い名無し:2011/11/29(火) 11:46:50.35 ID:EtPLbswR0
>>790
ほんと要領良かったんだね。


792 :本当にあった怖い名無し:2011/11/29(火) 12:56:38.93 ID:VnJAOrGV0
>>791
船旅が今より命に関わる時代だと中国に行った坊様というだけでもそれなりに有り難みを感じるだろうし
それだけでなく利用したい者も多かっただろうね。
その中で色んな方面から期待を裏切らないように生活するのもそれなりに大変だったのかなぁと思う。

793 :本当にあった怖い名無し:2011/12/01(木) 02:05:49.69 ID:C3ixu/mZ0
コテハンで14連投しても削除されないスレって・・
ルールなんてないんだな、このオカルト板には。


794 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 11:43:57.89 ID:6OUoloCa0
もうひとつのスレ、さらに21連投になってる。
すげー
削除人、仕事しろよ。




795 :本当にあった怖い名無し:2011/12/03(土) 23:10:02.42 ID:Rs74gAdq0
密教でも、真言宗のほうはそれ自体で完成している純粋なもの、天台宗のものは日本らしい、神仏ごっちゃ混ぜのいいとこ取り。そのぶん幅が広い感じ。


796 :本当にあった怖い名無し:2011/12/05(月) 00:43:26.04 ID:aggO26je0
まったく何やってんだか・・

241 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)