5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆*★ 臨死体験について語ろう ★*☆

1 :本当にあった怖い名無し:2010/06/14(月) 23:19:44 ID:gvC+psYV0
死にかけたり、心停止したりした際に死の淵から生還して臨死体験
をした人はいますか?


幽体離脱(肉体離脱)、トンネル体験、亡くなった人達との出会い、
自分の一生を走馬灯のように振り返る、安らぎ、光の生命との出会い、

など自分の体験や人から聞いた話を語ってください。


2 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/14(月) 23:41:55 ID:zxawaS74O
トンネル、階段を見た以外にバイクで高速道路を走って行くという
体験をした奴もいるらしい。

3 :本当にあった怖い名無し:2010/06/15(火) 01:24:53 ID:XATQAeHD0
臨死体験て20〜30人に一人は体験してるらしい。

4 :本当にあった怖い名無し:2010/06/15(火) 01:53:39 ID:pbISPfC80
自衛隊にいた頃、演習で装軌車道(戦車等が走る不正地)をトラックで運転中
状況中2日不眠の為に猛烈な睡魔に襲われてウトウトしていたんだが
下り坂に入ったところで完全に眠ってしまったみたいで
装軌車道と演習道路の合流地点をそのまま突っ切り、谷底に落ちそうになったところで
助手席にいた二曹が、俺が眠ってる事に気がついてぶん殴られて目が覚めた瞬間
眼下には谷底が見えて「ヤバイ死ぬ」って思った瞬間
走馬灯とか花畑とか三途の川なんて見えなかったけど
大破したトラックの中から俺と二曹の遺体が搬出されるところが見えた。


5 : [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し:2010/06/15(火) 03:24:10 ID:k2hS/fJnP
よく生きてたなw

6 :本当にあった怖い名無し:2010/06/15(火) 15:18:30 ID:qecsUPHY0
>>2
死ね!!
世界中から嫌われまくる朝鮮人全員地獄に落ちろ!!

7 :本当にあった怖い名無し:2010/06/15(火) 15:29:33 ID:GTD4eBYT0
印紙体験

8 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/15(火) 20:40:09 ID:bGb+kmBtO
>>4
なんか昔、自衛隊関連の本で似たような話を見ましたが
もしかして本人?

9 :本当にあった怖い名無し:2010/06/16(水) 10:02:15 ID:VfposxE60
先祖が密入国強盗強姦魔の子孫>>8晒しage

10 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/16(水) 13:01:14 ID:q9UzH3NJO
>>9
残念だがオレは留学生で実家は江西省の厦門なんだが。中国だよ〜ん

まあ、小学生の時にチョンに強制フェラさせられた後、ケツに挿入された>>9には同情するが。

11 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/16(水) 13:04:50 ID:q9UzH3NJO
というのはウソだが、保守。

12 :本当にあった怖い名無し:2010/06/16(水) 18:58:06 ID:IQ1DXiqy0
チョンに保守されるようなスレならDat堕ちたほうがマシ


13 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/16(水) 23:08:03 ID:q9UzH3NJO
あん!ここは臨死体験を語る場じゃなかったんかい。
体験している奴が、それほどいるとは思えないが何か語らんかい。

ついでに国民党軍の抵抗が無ければ福建省は江西省の一部になってたんだと言ってみるテスト。

14 :本当にあった怖い名無し:2010/06/16(水) 23:08:10 ID:RPvJ+PCL0
age

15 :本当にあった怖い名無し:2010/06/16(水) 23:26:01 ID:L9YdArQy0
世界中のどこからも嫌われまくる民族なんか全員地獄に落ちろ

16 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/16(水) 23:49:21 ID:q9UzH3NJO
こんなに頼んだのに体験談を寄せないとは、なんて酷い人たちだ
AKB48に入ってテレビに出まくってやる(,゜_°″)

17 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/16(水) 23:59:32 ID:q9UzH3NJO
臨死体験、仲間を助ける地返しの玉と反魂香
毒で痛いよ(>×<)デスポイズン、石化回復デスストン
麻痺した時はデスパライズで病気を治すデスシック
いつも戦うみんなの味方、みんなの街のお薬屋さん。

18 :1:2010/06/17(木) 00:11:57 ID:l93LB9JN0
ここは臨死体験について語るスレです。
臨死体験をした人たちは、自分の体験を語るのにとまどいや、
迷いがある場合が多いのです。
体験者が語りやすい雰囲気のスレにしたいので、
宜しくお願いします。


19 :本当にあった怖い名無し:2010/06/17(木) 00:24:35 ID:9JoeGQtZP
とりあえず立花隆の臨死体験シリーズでも読めばいいのか?

20 :1:2010/06/17(木) 00:30:46 ID:l93LB9JN0
私のお勧めは、

レイモンド・A・ムーディの「かいまみた死後の世界」「光の彼方に」

メルヴィン・モースの「光の世界へ」(立花隆 監修)

E・キューブラー・ロスの「死ぬ瞬間と死後の生」

あたりです。
これらの信頼できる研究家たちで、内容もともて興味深いですよ。


21 :本当にあった怖い名無し:2010/06/17(木) 00:33:57 ID:l93LB9JN0
体験談の他に、臨死体験に関する本の感想などを話すのも
面白いと思います。


22 :本当にあった怖い名無し:2010/06/17(木) 23:07:28 ID:7RWFW4SA0
証言・臨死体験 立花隆 文春文庫
これの元航空自衛隊でアマチュア天文家の木内鶴彦さんの話が一番面白かったな

23 :本当にあった怖い名無し:2010/06/17(木) 23:22:12 ID:zRMxombS0
昔、「ブレインストーム」という臨死体験を扱った映画があった(撮影中にナタリー・ウッドが溺死した作品)。
そのなかで、人間は死ぬ間際、記憶の断片が球体になって空間に点在しているというイメージを浮かべるシーンがあった。
おいらも中学生のころに仮死状態になったとき、同じ体験をしたわ。

24 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 00:37:57 ID:exiX0f9I0
>>23
もっとkwsk

25 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 03:47:04 ID:yBXWzf4N0
>24

中学生のときに病気で心停止までいっちゃったのよ。おかげさまで回復したんだけど、意識を失う直前に、生きてきた記憶の一場面が、暗闇のなかに無数に浮かぶ球体の表面に映し出されてた感じですかな。
たぶん意識の混濁だと思うけど。

26 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 05:03:43 ID:khNsQPRn0
電車で不整脈が起きて、呼吸が出来ず
手足が痙攣し麻痺して脳が爆発するような
血が逆流するような苦しさに襲われて目の前が
真っ暗になって気がついたら救急病院に俺の遺体があった。

27 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 05:23:16 ID:6if66S+E0
>>22
立花隆は、都合のいい事例しかだしていないぞ。
俺は、立花がインタビューした人が書いた実際の本をかなり持ってるが、
トンでもすぎて、夢だと思うような部分は省いてある。

木内鶴彦などもそれで、木内は臨死体験した、
オカルト古代史を語ってる。

要するに夢とみなされる事実は抜いてあるんだよ


28 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 09:14:27 ID:9V+rwDeN0
夢か臨死体験なのかはジャッジが人によってばらけるんでないの。
悟った人は、他の人の悟りが真実に近いものなのか、妄想からによるものなのか
わかりやすいのと一緒じゃないか。
立花氏が臨死体験してくれるのが一番てっとりばやいんでしょうが、
この手の性格の人がそういう体験をすることってあるのかいな。

29 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 10:49:54 ID:yBXWzf4N0
25の続きです。

でもって意識が戻って最初に見たのは、病室の窓越し、電線にとまる鳩ポッポですた。
あのときの経験から輪廻だの死後の世界だの信じなくなった。
ほら、犬猫飼ってると、必死に生きようとするでしょ。苦しくても自殺なんか考えない。
本能的に死んだら終わりって分かっているからじゃないかな。

死によって自我が消滅するなんて考えるだけで恐ろしいけれど。

30 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 11:37:34 ID:yT86an8hP
自我なんて無いんだよ
その瞬間瞬間で認識、知覚、思考の機能が働いているだけ
パソコンで言えばOSみたいなもん

死にたくないというプログラムが入ってるから、そう感じるだけ。

31 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 19:54:15 ID:ytIHEJH+0
>>25
kwskありがとう。回復してよかった。
その時はまだ本当に死ぬ時期じゃいと決まってたからそれ以降の臨死体験はしなかっただけじゃない?
だからといって死後の世界がないとはいえない気がするが。

>>26
それって体外離脱して自分を見てたってこと?

32 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 20:11:06 ID:pXJ3ktT30
朝鮮人の嫌われっぷりは異常w

33 :本当にあった怖い名無し:2010/06/18(金) 23:15:58 ID:9puDM5gy0
兄に首絞められて殺されかけた時、走馬灯のようなものを体験した。

34 :本当にあった怖い名無し:2010/06/19(土) 00:26:38 ID:Eml9I6AJ0
もういいは、せっかく書いたのに

35 :本当にあった怖い名無し:2010/06/19(土) 00:40:46 ID:Eml9I6AJ0
もう詳しく書かないけど、幽体離脱経験した身からすると、
たとえば、虎や蛇にのみ込まれてる自分を上から見てるのか、
とか、あるいは事故での状況も見えてるかもしれない。
死の間際には見えるってことかな

36 :リアル朝鮮人 ◆jPpg5.obl6 :2010/06/20(日) 00:03:30 ID:441zMcm3O
>>30
確かに臨死体験については、苦痛を和らげようと脳内麻薬が過剰に分泌された結果の幻覚
という否定論も存在するね。
否定論の根拠として、日本では川やトンネルといったものを見る人が多いが
欧米では花畑の中にそびえる階段といったキリスト教の教えに基づくのを見る人が多いそうで
これは以前の刷り込みによる幻覚という理論です。


『死んだ後など実際に死んでみないと分からない』というのが正直なとこでしょ。

37 :sage:2010/06/20(日) 19:34:24 ID:QQ7VUv0k0
私もしたことありますよ
人が物凄くたくさんいましたね
私の場合は光体験だけでした

38 :本当にあった怖い名無し:2010/06/20(日) 22:37:26 ID:5UwDQXPl0
へ〜、人がたくさんいたんだ
すごいな…

39 :本当にあった怖い名無し:2010/06/21(月) 15:44:22 ID:UL4beBCo0
>>37
本で臨死体験の時見た人達は、白く光ってたとかよく書いてあるけど
やっぱり沢山の人達は光って見えましたか?

40 :本当にあった怖い名無し:2010/06/21(月) 23:36:21 ID:+Z5lfCNm0
小学校に入る前に心臓の手術をした兄にその時の様子を訊いた。
話の内容には大人になってから聞いた臨死体験の要素がほぼ入っていた。
臨死体験とは違うんだけど、かなり近い体験をしたらしい。
三十年くらい前の当時、兄も自分も小学生で臨死体験に関する予備知識は一切なし。

・ナビゲーターの存在・上から横たわる自分を眺めた・狭い所をくぐり抜ける
・広くて明るい綺麗な場所に出る・穴に落っこちて生還

手術は成功したが、実は危なかったんじゃねえの?と後で思った。

41 :本当にあった怖い名無し:2010/06/22(火) 21:51:43 ID:a6fpQCH00
ナビゲーターってすでに他界した人なのか、それとも天使みたいな人だったのかな。

42 :本当にあった怖い名無し:2010/06/22(火) 22:02:41 ID:UhG2rLOF0
俺も急性心筋梗塞で死の淵から生還した
臨死体験したのかどうか判らないな
単なる瀕死体験だったのかも

43 :本当にあった怖い名無し:2010/06/22(火) 23:10:08 ID:ySdM1JpbO
>>41
ナビゲーターというか、俺を目的の場所まで連れていってくれたのは、
喋る黒猫だった。
俺の隣を普通の黒猫みたいに歩きながら、喋りかけてくるの。

44 :本当にあった怖い名無し:2010/06/22(火) 23:24:53 ID:a6fpQCH00
>>43
目的の場所まで連れて行ってくれたんだったら、黒猫がナビゲーターだったんだね。
目的の場所っていうのが明るい綺麗な所か。
そこが天国だったのかな・・。

45 :40:2010/06/23(水) 21:44:15 ID:f/zFzQmY0
>>41
兄の話では「ケロヨンみたい」だったとの事。
「薬局のケロちゃん」と混同している可能性もあるけど、とにかく緑色のカエル
みたいなヤツが直立していたそうです。
要所要所に現れては立っているだけで「バハハーイ」等の言葉は発しないらしい。

46 :本当にあった怖い名無し:2010/06/24(木) 01:32:41 ID:47u/6HUm0
臨死体験と少し話がずれるけど、亡くなっていく人が亡くなる直前や
数日前とかにすでに亡くなってる家族や友人をみることがよくあるようだね。
これを「臨終の幻」っていうらしいが、迎えに来てくれるんだって思った。

47 :本当にあった怖い名無し:2010/06/24(木) 13:36:56 ID:s3myRn8c0
あれって特に意識をもって思い出そうと思って見えるわけじゃないのに
自然に見えるってことが不思議だね。多分ほんとに見えてるんだろうな。

48 :本当にあった怖い名無し:2010/06/24(木) 21:55:45 ID:MBxo0M2H0
臨死体験したら性格変わるってホント?

49 :本当にあった怖い名無し:2010/06/25(金) 19:25:43 ID:5Af1AsEhO
>>48
俺は死の淵から生き返った! これは神に選ばれた証だ!
みたいなことを大勢の前で口走ってしまうくらい劇的に性格が変わる人間もいるんだろうが、
俺は変わらなかったな。

ただ、もしかしたらだが、体験直後はそのインパクトが強すぎて、
それを引きずる形でしばらくの間は放心したような、ぼけっとしているヤツもいるかもしれない。

とりあえず俺は、体験のインパクトが強かったために生きているという実感がもてなくて、
本当はとっくに死んでるんじゃないか、とか懐疑的な気持ちを抱えたまま、
体験から一ヵ月くらいの間は、なにもやる気が起きなくてぼーっとしていた覚えがある。

50 :本当にあった怖い名無し:2010/06/25(金) 19:54:37 ID:mfChQ48z0
>>49
奉仕活動するとか積極的にボランティア活動するとか・・・

51 :本当にあった怖い名無し:2010/06/25(金) 20:04:39 ID:5Af1AsEhO
>>50
俺がしてる、それっぽい行動は献血くらいかな。
ちなみに、現在157回目。

52 :本当にあった怖い名無し:2010/06/25(金) 23:51:19 ID:5T7XoQ180
>>51
157回も?
人生観変わる人多いみたいだな。

53 :本当にあった怖い名無し:2010/06/28(月) 22:12:21 ID:50+coy0n0
あげ

54 :本当にあった怖い名無し:2010/06/29(火) 22:25:04 ID:1wh/eMVk0
age

55 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 10:26:34 ID:a5IfGa/rP
>>51
回数分かるのかwそれとも献血ってスタンプカードみたいなのあるの?

56 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:15:45 ID:jpZMbulY0
霊感ついたりしないん?

57 :本当にあった怖い名無し:2010/06/30(水) 23:59:52 ID:XDfpzoe30
>>52
スレの流れ的にとらえると、俺が臨死体験をとおして人生の良さに開眼したから、
他者の役に少しでもたとうとして献血をはじめた。
と読み取れるだろうが、実際はそういう真面目な理由で献血をはじめたわけじゃないよ。
献血をはじめた時期も臨死体験から6年くらい経ってからだし。
ちなみに献血をはじめた理由は、自分自身が嫌いだから。
ほら、血を抜けば嫌いな自分の一部がそれだけなくなるわけだから、その結果、
少しは自分のことが好きになれるかなって思ったんだけど、
駄目だな。いつまで経っても自分のことが嫌いなままだ。嫌いなままズルズルと献血を続けてる。

>>55
現在の回数や表彰日、次回献血可能日などが印字されるカードがあるよ。

>>56
俺はつかなかった。つまらない人生だ。

58 :本当にあった怖い名無し:2010/07/02(金) 01:42:12 ID:yb4ujbj50


59 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:10:28 ID:+lnt9e970
臨死体験してる人結構多いはず。

60 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 00:19:07 ID:E1R35bVu0
どの程度からが臨死体験になるのかな?
不整脈持ちだからしょっちゅう脈が二〜三回分止まったままになるし、最高五秒くらい心臓が止まったままになった事もある。(意識はそれくらいまでは失わない)
だから心停止後の感覚が判るんだけど臨死にはならないのかな?

61 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 04:03:12 ID:Lc5KqGeJP
このスレ的には
生死の境をさまよってた時に体験(見た)ものじゃない?

62 :本当にあった怖い名無し:2010/07/05(月) 11:09:40 ID:hBg6eTeR0
>>60
スレチだけど心停止の感覚ってどんなのか気になるので教えてください

63 :60:2010/07/06(火) 00:24:46 ID:V3lm97dN0
>>62
心臓自体に「ゴリッ」って感じがして膨らんだままの感覚で止まるんよ。
別に痛くはないよ。
ただ、止まったり動いたりを短時間で繰り返すと、とても体がだるくなる。
まあ、一種の貧血状態だから。

五秒くらい止まった時は頭の中が熱く感じられてきて、同時に死への恐怖が自然と物凄く湧いてきた。
慌てて力を込めて心臓を胸の上から叩いたよ。
その時動き出したから、今書き込めるんだよねぇ。

64 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 01:15:16 ID:7HN2IZzn0
>>63
こんなこと聞くのもあれだけど、そういう時例えば幽体離脱とか臨死体験
に相当するような何かを体験したことありますか?

65 :本当にあった怖い名無し:2010/07/07(水) 19:28:11 ID:bDt4QIyi0
>>63
それただの不整脈なんじゃないのか?

66 :本当にあった怖い名無し:2010/07/08(木) 10:04:38 ID:N/gT5Hje0
>>65
>>60

67 :本当にあった怖い名無し:2010/07/08(木) 13:13:20 ID:o4MV09Tl0
>>66
うん、わかってる。
だから臨死じゃないだろって言いたかっただけ

68 :60:2010/07/08(木) 23:52:08 ID:f81R32oJ0
>>64
意識を失う訳じゃないので幽体離脱みたいなのは無いです。
ただ死ぬと云う事を意識と体で理解できますよ。
「ああ、後何秒止まってたらこのままだな」って。

>>67やっぱり意識を失わないと臨死では無いんですかね?
循環器系の疾患を持っていると、肉体的に死の直前まで経験してる人は多いと思ったんで書き込んでみたんです。


69 :本当にあった怖い名無し:2010/07/09(金) 01:41:29 ID:fc3iRON4O
心臓が止まっているときにかぎって、死神やら霊やら特別なものが見えるという人はいないのかな

70 :本当にあった怖い名無し:2010/07/09(金) 05:03:07 ID:oE3hfBhW0
>>69
止まらなくてもいろいろ見えるときがある。
24時間いつも見えるわけじゃないけど。
上手く言えないけど、波長というか・・・チャンネルが合うと見えるような気がしてる。

あと三途の川のたもとまで行ったことがあるよ。
三途の川は2回。霊界トンネルみたいなとこに1回行ったけど
全部戻ってきてしまったので今に至る。

71 :本当にあった怖い名無し:2010/07/09(金) 13:40:22 ID:gjy2Eqhz0
>>49
それ解るわー

俺も脳梗塞で倒れて、生還したんだけど、今の現実は病院のベッドで死にかかった俺が
壊れた脳で見ている夢なんじゃないかとそんな気がしてならい。現実感が伴わないんだよね。

倒れた時、幽体離脱と思われる現象は経験したよ。
いわゆる川とかそういうのは見ていないけど。

72 :64:2010/07/11(日) 01:23:04 ID:hi1pPJC50
>>68
そこで心臓止まってしまうと幽体離脱とか体験するんでしょうね。
ありがとうございます。

73 :本当にあった怖い名無し:2010/07/15(木) 15:53:46 ID:0Fiw8FqC0
体験者は?

74 :本当にあった怖い名無し:2010/07/18(日) 22:10:26 ID:F+NIr82v0
昔ふつうに寝てたら目が覚めて、その後臨死体験みたいのしたことある。
その時は臨死体験なんて知らなくて、後で知って似てるなって思った。
いまだにあれが何だったのかよくわからない・・。

75 :本当にあった怖い名無し:2010/07/22(木) 11:04:59 ID:OaiMRCO80
ぽしゅ

76 :本当にあった怖い名無し:2010/07/24(土) 18:04:34 ID:ilt8Of7S0
自分も、臨死体験あるよ。
意識だけ別になってるのな。
自分のした臨死体験は、立派な和風の家の門前にこれまた綺麗な和服の女の子が立ってる、と言うもの
それをホームビデオとかで見る感覚で、「あれ?自分買い物に行く途中だったのに寝たのかな・」って感じてる時に意識が戻った
なぜそれが臨死体験かといえば、サツが検体した時自分の瞳孔は開いていたそうだ。

あと友人の臨死体験
友人が事故って入院した時、駅に居て、たくさんに人たちが手招きするんだけど、乗りたくても乗れない・・・
と言う所で目が覚めたそうだ、実際瀕死の重体だった。
それ以降銀河鉄道の事を異様に友人は怖がっていたな。

77 :本当にあった怖い名無し:2010/07/25(日) 02:50:02 ID:8HTSQZNB0
>>76
蘇生してよかったね…。
女の子はぜんぜん見覚えのある子じゃなかったの?

それから友達は、銀河鉄道に乗ってるたくさんの人達に手招きされたんだよね?
友達は銀河にいるような感じだったのかな?星がいっぱい見えたとか?

78 :本当にあった怖い名無し:2010/07/25(日) 09:36:14 ID:PrH90AzL0
>>77
女の子は豪奢な着物を着たお姫様という感じで見覚えありませんでした

友人は駅にいる感覚だったそうです

79 :77:2010/07/25(日) 21:43:20 ID:HmZc1y6q0
>>78
臨死体験ていろいろあって不思議ですね。
電車に乗っちゃってたら危なかったのか・・・。

80 :本当にあった怖い名無し:2010/07/26(月) 00:01:20 ID:ul8VHpw0O
もし自分が手招きされてたらすぐ行っちゃいそうだけどな。

こういうのは自分の意思とは関係なしに本能的に拒否するもんなのかな?

81 :本当にあった怖い名無し:2010/07/26(月) 01:51:51 ID:SxFQg2Ki0
>>80
体験者たちによると、幸せな気持ちになって行きたいのに
前に亡くなった家族なんかに「まだ来たらだめだ」って言われたり
神様みたいな光に「戻りなさい」と言われたりするらしい

82 :本当にあった怖い名無し:2010/07/26(月) 02:51:53 ID:EM/ZmH9x0
自分の祖母が臨死体験をしたらしいけど
後ろから子供たち(当時まだ生きてる)が「待ってー!」と追いかけてきて
振り返ったら目が覚めたって言ってた

83 :本当にあった怖い名無し:2010/07/26(月) 21:12:51 ID:kYB6S+Jb0
>>80
>>49だけど。
俺は役所の裏口みたいなところで、
若い女性の役人みたいな相手から(向こうは俺のことをよく知ってるらしいが俺は知らない)、
端的にいうと、まだ死ぬ時期じゃないから生き返ってくれないと困るんだけど、
みたいなことを落ち着きなく忙しない感じでさらっと言われ、言われたことに俺が反論する暇なく、
気付いたら、この世に戻っていた。

なんていうか、本当に泥臭いというか、現実くさいというか、
事務的というか、素っ気ないというか、つまらない臨死体験だった。
唯一美しいと思えたのは女性のセミロングの金髪ぐらいだったな。

84 :本当にあった怖い名無し:2010/07/27(火) 23:39:37 ID:XftAYwUE0
そっ気なかったってことはマリア様じゃなかったんだ


85 :本当にあった怖い名無し:2010/07/29(木) 20:52:08 ID:ZUfU9YYV0
20代になったばかりの頃に、猪苗代湖で溺れて人工呼吸やら心臓マッサージやらで助かった友人がいたけれど、ものすごく眩しい空間の中で透明な階段が現れてそれを登っていたらしい。透明なのか眩しすぎて階段が見えないのかよく分からない感じだと言っていた。
途中ですごく綺麗な女の人が出てきて、天国は今移転中だという。
一体どうしたらいいのか聞いたところ、「移転先は後から連絡します」といわれ、そこで意識が戻ったと言ってた。
1985年か86年のことで、その後友人は健在のはず。

86 :本当にあった怖い名無し:2010/07/29(木) 23:54:44 ID:w5UrYVMs0
臨死体験 光の世界へ ―― メルヴィン・モースより

ある子供の体験
「手術が終わって目がさめたら、お母さんがいた。ぼくが手術台にいる間に
どんなことがあったかをお母さんに話したくてうずつずしてたんだ。ぼくは
いったよ、お母さん、とっておきの秘密を教えてあげるね。天国への階段を
上ってきたんだよ、って。 とっても幸せな安らかな気持ちだった。最高の
気分だったんだ。ぼくは階段の途中にいて、そこは暗かったけど、上り始めた。
階段の半分まで上って、もうここまでにしようと思った。ぼくはもっと
上がりたかったけど、これ以上行ったら、もう戻れないかもしれないと思ったんだ。
そんなことになったら、お母さんとお父さんが悲しむからね。ぼくの弟はもう
死んでいないから、ぼくまで死んだら、だれも親の面倒を見る子供がいなく
なるもの」


87 :本当にあった怖い名無し:2010/07/30(金) 00:15:03 ID:QW1wzUQ40
レイモンド・ムーディの本より

ある子供の体験
「私の心臓が止まったって言ってるのが聞こえたけど、私は天井のところまで
昇ったんです。そこからはみんな見えました。天井のすぐ下に浮かんでたから、
私の体を見た時、それが私だってわかりませんでした。それから、あれは私だって
わかったんです。廊下に行ったらお母さんが泣いているのが見えました。
どうして泣いているのか聞いたんですけど、私の言うことが聞こえなかったようです。
先生方は、私が死んだと思ってました。 それから、綺麗な女の人が近づいて来て
私を助けてくれたんです。私が怖がってるのがわかったからなんです。
私たちはトンネルを通って天国へ行きました。あそこは、綺麗なお花が咲いて
います。神様やイエス様と一緒にいました。神様たちは私に、お母さんの気が動転
してるから、お母さんのところへ帰らなきゃいけないっておっしゃったんです。
一生をきちんと終えなきゃいけないんですって。それで私は戻って来て、
目が覚めたんです」


88 :本当にあった怖い名無し:2010/07/31(土) 21:38:45 ID:mrFV4FFK0
あげ

89 :本当にあった怖い名無し:2010/07/31(土) 21:40:34 ID:gS+WcWTa0
北斗柄は臨死体験者

90 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 00:04:48 ID:MEztrkD10
>>87
こういう絵に描いたような臨死体験はまれだろうな。

91 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:16:14 ID:zv5wxQIt0
中学の頃シンナー買えなくて、ガスをビニール袋に入れて友人の部屋で吸っていたんだ。

『あぁ、この感じがイイ』とか思いながら気持ちよく吸っていたら、見た事ない程の真っ黒な渦に身体がのみ込まれていったんだ。

やべぇ!ガスを吸ったから変な夢見てるなって思ったんだけど、その渦の中心にどんどん引き込まれていって最後には真っ黒な渦にのみ込まれて真っ黒な部屋?世界?みたいな場所で1人ぼっちになったんだ。

92 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:19:13 ID:zv5wxQIt0
こんな真っ黒な世界は絶対イヤだなぁ。って思ってたら急に泣けてきて、もしかしら、この世界の自分が想像で10数年間を作り続けたんじゃないか?って思い始めたんだ。
そしたら走馬灯なのかな?
本当に小さい時の思い出が写真のようにフラッシュバックしてきて、ふと気がついたら自分家の玄関にいて、

93 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:39:40 ID:zv5wxQIt0
テスト

94 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:42:19 ID:zv5wxQIt0
つづき
『危ねぇ、さっきの黒い渦何だっんだろ?』って玄関開けたら、お帰りぃ!って妹と兄ちゃんと母ちゃんと父ちゃんが奥の方から言うんだよ。

95 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:43:27 ID:zv5wxQIt0
オレん家母子家庭なんだけど、妹は父ちゃんと住んでて妹と父ちゃんは、この家に居る訳ないんだよ。
兄ちゃん暗いし…。それで不思議だなぁ?って思ってけど、皆スゲー満面の笑みで、お帰りって言うから。

96 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 03:44:35 ID:zv5wxQIt0
あぁ、家族てイイなぁって思ったら、リビングの窓が半端じゃない程光って、眩しくてしょうがないんだけど何が光ってるのか分からないから窓に行って確認しようと窓開けた途端に現実世界でガスの袋持って涙流して鼻垂らしてヨダレ垂らしてた。

97 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 04:21:48 ID:zv5wxQIt0
オレの友達が何だかヤバそうだから吸うフリして俺の事見てたらヨダレ垂らしてきたから、ヤバイなぁって思った途端に俺が友人の名を叫んだらしい。瞬間的に友人はオレの事を平手打ちしたそうだ。

乱文、連投、ごめん。

98 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 05:06:27 ID:WxuWOZ/+0
ある意味」、いい体験ができたな。
で、そのあと人生観は変わったか?

99 :本当にあった怖い名無し:2010/08/04(水) 05:55:04 ID:R0/Q+VRY0
素朴に疑問で、一応、確認なんだけど、

>>95
>オレん家母子家庭なんだけど、妹は父ちゃんと住んでて妹と父ちゃんは、この家に居る訳ないんだよ。
>兄ちゃん暗いし…。それで不思議だなぁ?って思ってけど、皆スゲー満面の笑みで、お帰りって言うから。

とあるのだが、
おまえさんの家が母子家庭だったのは、既に(妹と)父ちゃんが死亡していたからなのか?
ついでに書くと、母子家庭なのに、おまえさんの母ちゃん(と兄ちゃん)は、おまえさんが中学の段階で死亡していたのか?

生きている人間が、あの世側で迎えてくれる人物として登場するパターンの臨死体験もあるのかもしれないが、
俺、臨死体験事情には明るくないので、そのあたりの流れに、あれ? と疑問を覚えてしまったのよ。

100 :本当にあった怖い名無し:2010/08/06(金) 01:09:21 ID:vXXioj2k0
>>98
人生感は多少変わったかな?
あの一件以来思い出す度に生かされている気がする。



101 :本当にあった怖い名無し:2010/08/06(金) 01:14:23 ID:vXXioj2k0
>>99
スマン書き方が悪かったな。
母ちゃんも父ちゃん兄ちゃん妹は今も健在だ。
オレが母子家庭なのは、タダの離婚だなw


102 :本当にあった怖い名無し:2010/08/07(土) 00:08:01 ID:1U2Grw9y0
臨死体験というより、ただラリって幻覚を見てただけの印象だな

103 :本当にあった怖い名無し:2010/08/08(日) 23:21:11 ID:G92ekDkq0
でも、>>100の人生観が変わって、生かされてるって思うってことは
ただの幻覚だと言い切れない気がするけどね。 

104 :本当にあった怖い名無し:2010/08/09(月) 05:56:25 ID:jrDfgrIJ0
>>103
これは本人の本音が具現化した幻覚じゃないの?
レスを読み解く限り、家族みんなで暮らせないのは仕方がない、と表向きは納得してはいても、
心の底では、本当は家族みんなで一緒に暮らせたらいいなと思っていました、とさ。
てな、感じではなかったのかと。
だから、ヤバイことをやってたら、ギリギリのところで本人の本音が引き出されたんじゃないの?
当時、中学生だったんでしょ? 家族の不和が原因で非行に走ってたってのもあるんじゃないの?
子供だったんなら、余計にありがちじゃん。
見ないように、隠すようにしてきた自分の本音と対面できたんなら、本人にとってはただの幻覚だとは殊更に思いづらいってのはあるかもね。

105 :本当にあった怖い名無し:2010/08/10(火) 10:29:21 ID:hXnAmB0JO
見させられていたんだと思うよ。
なんか脳の思い込みに結論付けたい人もいるようだけど。

106 :本当にあった怖い名無し:2010/08/12(木) 17:04:19 ID:46K95j8g0
この時代への重大な警告 〜グロリア・ポロの臨死体験〜

ある臨死体験をご紹介致します。
これは南米コロンビアの歯学博士グロリア・ポロさんの話です。

ポロさんは雷の直撃を受け、2度心臓が止まりました。
その間彼女の霊魂は肉体を離れて、主イエスに出会いました。

やがて彼女は生き返り、奇跡的に癒されました。
彼女の所属教区の司教は、その臨死体験について証しをする許可を与えています。
http://homepage3.nifty.com/mercy/treasure/index.html


堕胎という大罪の結果を、私審判で示された、現代人の女性
グロリア・ポロの証言を引用します。

39 わたしはそのことを理解しませんでした。わたしの怒りは大きくなり、人生
を変えました。わたしは反逆者になり、女性を護る立場になると公言しました。
好んで「目には目を、歯には歯を」と言いながら、堕胎や同棲、離婚を弁護し始
めました。

40 第五戒( 訳注・なんじ、殺すなかれ) にきたとき、主は、わたしが恐ろしい
暗殺者であり、主の目には最悪の、最大に忌まわしい罪、すなわち堕胎に我が身
をさらしてきたことを示されました。お金が何度も堕胎をさせる費用を払う能力
を与えました。なぜなら、妊娠を望むか否かにかかわらず、女性は堕胎する権利
があると、主張していたからです

107 :本当にあった怖い名無し:2010/08/14(土) 16:02:42 ID:YUFiUkfm0
>>106
これは作り話っぽいな。


108 :まごめ:2010/08/14(土) 16:50:32 ID:GBBOkbh+0
本当かどうかは置いといて実際に死んだ人が書けば、普通はこういう反応になるよね。
臨死体験の人はもうちょっと先に進んでるのかな?

幽霊だけど何か質問ある?
http://afterapg.blog97.fc2.com/blog-entry-370.html

109 :本当にあった怖いは無し:2010/08/14(土) 19:12:27 ID:BCwqsz3S0
じゃ俺の幽体離脱体験を・・・
俺が子供の頃、癲癇で倒れたことがあったんだ。
倒れた時は、周りが暗くて深い眠りに落ちていくような感じ・・・
気が付くと母親や叔母や祖母達が何かを覗き込むように(円陣を組むような形)
何かをしている。
俺は小さくて覗き込めないし、母親に何をやっているのか聞いても無視された。
つまらないので母親の背中の所にいたのだが、そのうち体が浮かんでいって
天井の所まで上がってしまった。
自分の意思では動けなかったが、やがて天井をくるくる回りだし
それがものすごい速さになったと思ったら、黒い渦のようなものに飲み込まれて
目が覚めた。
で、癲癇で倒れたと聞かされたのは、その後のこと。

110 :本当にあった怖い名無し:2010/08/16(月) 10:28:06 ID:TRhXqd8d0
>>108
ttp://www.iphiroba.jp/ip.php

IPアドレス 219.127.112.168
ホスト名 対応するホスト名がありません。
IPアドレス割当国 日本 ( jp )
市外局番 該当なし
接続回線 該当なし
都道府県 該当なし

俺だと、
Pアドレス 210.175.**.**
ホスト名 (ry
IPアドレス割当国 日本 ( jp )
市外局番 該当なし
接続回線 CATV
都道府県 N県

というか、接続回線が当該無しって...((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

111 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 12:21:00 ID:4753iobv0
>>110
ちゃんと調べなさいって。219.127.112.168は岡山からのアクセス。

IP Address: 219.127.112.168
http://whatismyipaddress.com/ip/219.127.112.168

112 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 12:22:08 ID:4753iobv0
幽霊さんのISPは「SOFTBANK TELECOM Corp. 」だってさ。

113 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 15:27:12 ID:H/MHW7/10
ファティマ第1の秘密−地獄の示現
「マリア様はこう言い終えられると、また以前二度なさったように手をお広げになりました。
眩しい光は地面を突き通すかのように見えました。そして私たちは火の海を見てのです。
その火の中に見えたのは悪魔たちと炎の中に浮かんで見える人間の形をした、真っ赤に焼け、
黒く、茶色の燃えさしにも似た何人かの魂でした。彼らが自分たちから吹き出す炎を煙の雲に
からまれて、重さも安定性もなく、大きな炎からばらまかれる火の粉のように、悲しみと絶望
の悲鳴とうめき声をあげながらどこかしことなく吹き飛ばされているのが見えました。
私たちは怖くて、震えを止めることができませんでした。悪魔たちは恐ろしいぞっとするような
形をした、それまでに見たこともない動物のような格好をしていました。しかし真っ赤に焼けた
石炭のように透明でもありました」

もし自分たちを天国へ連れて行って下さるという聖母の約束がなかったら、自分たちは驚きと
非常な恐怖のために死んでしまっただろうとルチアは後日述懐しています。


114 :本当にあった怖い名無し:2010/08/17(火) 15:35:06 ID:H/MHW7/10
群馬県に住む30代のBさんは原因不明の病気にかかり、三年近くも闘病した後に
死亡した。そのBさんが一度、17時間にわたって危篤状態に陥り、意識を回復した
後に、死後の世界を次のように語った。あの世で気が付くと、Bさんは鬼のような者
たちに尋問所に連れて行かれた。そこでは10人くらいの男女がすでに残酷な尋問を
受けていた。彼らは腕や足を引きちぎられ悲鳴をあげていたが、死ぬことはできず、
いつまでも苦しんでいた。Bさん自身も逃げ出そうとしたが、押さえつけられていて、
目をそらすこともできなかったという。その時、すでに事故死していた高校時代の
友人が、腕をもぎ取られて天空から落ちてきて、Bさんにぶつかり、Bさんは気を
失った。そして、目が覚めたら意識を取り戻していたそうである。

「死の体験 臨死現象の探求」より


115 :本当にあった怖い名無し:2010/08/20(金) 23:39:41 ID:ddXVfKEF0
やっぱり地獄って本当にあるんだろうか?
もっと生きてる間にいいことしなくちゃ…。

116 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 02:07:46 ID:5dtn+l/U0
まず俺にいいことしてくれ


117 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 16:45:18 ID:ETojFT0HP
>>114
死んではいない危篤状態に陥り、脳への血流が衰えたときにみた悪夢だよそれは。

私も一度心臓が止まったときにあの世の入り口みたいなものをみた
経験がある。美しい光景だった。

118 :本当にあった怖い名無し:2010/08/21(土) 23:42:49 ID:mBK+wC5Q0
>>117
どんな感じの光景でしたか?

119 :本当にあった怖い名無し:2010/08/27(金) 13:06:30 ID:yyoFZtBU0
age

120 :本当にあった怖い名無し:2010/09/01(水) 23:51:16 ID:fKISPt1t0
臨死体験てやっぱり話したり書き込むことに抵抗あるのかな

121 :本当にあった怖い名無し:2010/09/05(日) 22:28:17 ID:G5mxHrnU0
熱中症で臨死体験した人いる?


122 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 19:28:01 ID:Q6cUzzlFO
いま 日テレの 不可思議探偵団 で臨死体験をやってるぞ
ちゃんと見てるか?

123 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 19:41:04 ID:K9nUTTXd0
見てるwww
夢か妄想か作り話だと思う

124 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 20:29:58 ID:j5vp+I2XO
脳が作り出した映像(要するに夢)って結論だったなw

125 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 21:09:04 ID:5WnFlZLs0
ちゃんと観てたのか?
脳が機能停止してる状態でも幽体離脱した例もあって
脳が作り出したと思われる妄想もあながち妄想と言い切れないかもって感じだったろ。

126 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 22:31:42 ID:bd8xIwvV0
夢だと結論づけるのはあまりにも研究不足だよ。

臨死体験中に医師や看護士あるいは家族が話していたこと、あるいは
蘇生処置などををすべて見聞きしていて、患者が生き返った時それを
話してすべて当たっていたので医師たちがビックリしたというケースも
多々ある。
しかも、自分の病室ではなく他の部屋で話していた内容、あるいは
行動を幽体離脱したことによってすべて見てすべて言い当てたという
ケースも結構ある。これはただの夢だというならどう説明するのか?

また、臨死体験によって人生観が180度変わったという人が
非常に多い。人によい行いをすること、人への愛が大事だということを
悟って違う人生を送るようになった人たちのことを、ただの夢だと
いうならどう説明するのか。


127 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 22:41:11 ID:mJTXHuDl0
なんていうかさぁ、臨死体験と幽体離脱って別物じゃないのか?
よく一緒くたに語られているけど。

幽体離脱だったら、別に臨死体験をしたしないに関わらず、
命のやりとりをせずに普通に体験するものでもあるんだしさ。

128 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 23:03:09 ID:K9nUTTXd0
臨死体験より幽体離脱したい
今すぐこの身体から離脱したいwww


129 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 23:20:26 ID:bd8xIwvV0
臨死体験の第一段階が幽体離脱で、その後さらなる臨死体験へと
進んでいくんだから分けて考えるものではないと思う。


130 :本当にあった怖い名無し:2010/09/06(月) 23:47:54 ID:Q6cUzzlFO
>>129
まるで、臨死体験をする際はかならず幽体離脱をするみたいな書き方だね。

131 :本当にあった怖い名無し:2010/09/07(火) 11:18:33 ID:elgwJptC0
双子なら幽体離脱できるぞ!

132 :本当にあった怖い名無し:2010/09/07(火) 17:06:38 ID:E725kTuB0
私は、幽体離脱をしたかどうかは解らないけど、
あたり一面お花畑。
地平線の彼方まで続くお花畑を見ました。

133 :KA:2010/09/10(金) 04:11:31 ID:268rAfZ70
サイトを作りました。脳内幻覚説と、死後肯定論の両立で、
「脳のバックアップのせいで、死後の霊魂も<脳内>幻覚を見る」という、変な自説です
けどww。

確かに脳の幻覚機能は臨死体験に似てるし、体験中には、理路整然とした経過やよくある
「コア」パターン以外に、明らかに支離滅裂で分類不能な幻もあります。文化差も。
でも体外離脱で見た描写に驚く人も多い。

さて、もし死後があっても、意識には脳のような機能は必要であり、脳のパターンが作る
人格もストックされるべきとしたら‥‥「生前の脳のバックアップ」があるのではないか。
非肉体的な。
更に「あの世」なんて体験しても言葉で説明できないかも(自分のイメージはネット空間
です)。そこにモノみたいに花が咲いてるものなのか‥‥。なので新米の死者や臨死体験
者のために、「花が咲いてる」その他五感の情報が、彼らが分る形の「通俗情報」として、
提供されるのではないか。
そのために、まず生身の脳に幻覚機能があり、当然それがバックアップにもコピーされて
いて、それが使われるのではないか。つまり「脳のバックアップが霊魂に見せる幻覚」です。

http://neardeathexperience.life.coocan.jp/nde_brain_backup.html

>>114,115,117
あと、恐ろしい臨死体験、いわゆるネガティブ体験ですが、それなりにあるようでして、
どのくらいの割であるのか、その意味するところを外国ではどうとらえているか、
など、知る範囲ですが紹介しました。
ほとんどの研究者は、そのままストレートには受け取っていないようですが。

http://neardeathexperience.life.coocan.jp/nde_punishment.html


134 :本当にあった怖い名無し:2010/09/10(金) 05:32:47 ID:/jlavouwi
臨死体験ていうのか2chに降臨したガチ幽霊さんのスレは面白かったな。

135 :本当にあった怖い名無し:2010/09/12(日) 12:16:28 ID:BLscCTjr0
臨死体験した人みんな同じ事言う
誰も知らないような事ないのかね


136 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 01:01:04 ID:QQPJXKlC0
こんなのは?「神」が背骨を矯正してくれた、っての。
奇跡的治癒の例は外国だとときどき聞くけど。

http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1702/case-nde/watanabe.html

137 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 01:04:19 ID:O0ZMMUM/O
>>134
感動した
保存してる

138 :本当にあった怖い名無し:2010/09/13(月) 10:54:34 ID:KS7ADXN10
>>137
見せてほしいです。

139 :本当にあった怖い名無し:2010/09/17(金) 10:58:48 ID:iB1/0Cb70
age

140 :本当にあった怖い名無し:2010/09/22(水) 00:12:51 ID:yuQMc95U0
光の生命みたいの見た人がいたら話聞きたいな

141 :本当にあった怖い名無し:2010/09/24(金) 22:18:58 ID:pNAC8zJLO
今まで沢山の命奪ってきた癖に、綺麗な景色だの何だのって馬鹿じゃない?
お前らどれだけ自分に甘いんだよ
失笑ものだな
良い事しようがなにしようが植物や他の生物の命を奪った過去は永遠に消えないんだぞ
肝に命じておけよそれくらい

142 :本当にあった怖い名無し:2010/09/24(金) 22:24:53 ID:pNAC8zJLO
生きてるだけでいいんだ、なんてほんと笑える
人間が生きてるだけでどれだけの生物が迷惑してると思ってんだよ
それなのに?天国?はぁ?
ばかじゃねーの
行き着くところみんな地獄だろ、死後の世界があるとしたらな
都合良すぎな考えまじ止めろ、もうガキじゃねんだから

143 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 01:29:45 ID:yScJp76j0
寄生生物?

144 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 02:34:11 ID:iAXeGnio0
>>142
じゃあベジタリアンなら天国に行けるってことでしょうか?

145 :本当にあった怖い名無し:2010/09/28(火) 20:48:18 ID:xteRFium0
age

146 :本当にあった怖い名無し:2010/09/29(水) 13:57:44 ID:ygPVTbyEO
生きながらしてみたい

147 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 03:03:32 ID:4GWZ91IL0
最近体験談ないな〜

148 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 04:59:00 ID:1I9BWZ2l0
自分で体験するしかない

149 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 06:53:28 ID:rYUQQn3v0
薄暗い部屋の中にいる。
部屋の中には(自分も含め)複数の人が半裸の状態でいる。
みな一様に俯いているのと部屋の暗さで他人の顔は見えない。
部屋は寒くも暑くもない。というより温度を感じない。
そのうち一人、また一人と、呼ばれたわけでもないのに部屋を出て行く。
音はまったく聞こえない。誰も一言も発さない。
自分の番がこない。いつになったら自分は出られるのだろう?
そう思って立ち上がった瞬間、目が覚めて病院のベッドに寝ている自分に気付いた。

これが俺の小学生のときの臨死体験。
いづれ本当に死んだときは、またあの部屋に行くのだろう。
そしてその時こそ本当に死ぬのだろうと、何となく思っている。

地味な話で申し訳ない。

150 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 09:00:22 ID:UITGA5Bi0
地味に怖いね

151 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 09:19:02 ID:Y1V3I90yP
ナポリタンコピペに改変出来そうだね

152 :本当にあった怖い名無し:2010/10/06(水) 22:52:54 ID:IDRtvsM+O
自分は臨死ではないんだろうけど
全身麻酔の手術を受けた際に麻酔が効いてくると同時に自分が自分の手術の様子を上から見ている状態になった
視野がかなり狭くて暗幕に丸く穴を開けたような状態で周りは黒い世界だった

大丈夫だから

という女性の声を最後に気づいたらベットの上だった

でも臨死体験のわけはないんだ
だって盲腸の手術だったんだから

ただ薬や局部麻酔で済むレベルでなくもう破裂寸前の緊急手術だったことは確か


153 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/09(土) 23:20:59 ID:x00HwaFWO
ケタミン

154 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/10(日) 01:13:26 ID:DFuIKRR70
ババァに抱きつかれて臨死体験した

155 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/16(土) 13:22:12 ID:F5PgXwBRO
さぁ、あなたの体験した臨死体験をじゃんじゃんお書きください!


156 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/16(土) 23:21:57 ID:RIMKNkQQ0
会社でぶっ倒れて、緊急入院した時に見たよ。

世界全体が青とグレー?っぽい色しかなくて、遠くに高い山、
近くに1本の大木があって、足元に川が流れていた。

周りの他の人たちが、その川を渡って行く。
川の深さは、膝くらいしかない。
私も渡っている途中で、急に深みにはまり、
水面に手を伸ばしたら、誰かの大きな手に
自分の手首をつかまれた。

そこで目が覚めた。
私はICUで管だらけだった。。。

多分、あの時に深みにはまってなければ
死んでいたかも知れないな。

157 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/17(日) 09:49:11 ID:kw4hQt350
_
タヒ

158 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/17(日) 23:37:33 ID:VI/gO5HB0
>>156
周りの人たちの中で知ってる人いた?

159 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/18(月) 03:17:40 ID:j+qudP540
マジに書きます。
私は過去に2回交通事故に遭っていて、一度目は救急車の中で
目覚めたけど二度目は9時間意識不明でした。
二度の事故はバイクとトラックに跳ねられてしまったんです。
二度目の事故では意識不明の最中に臨死体験(?)をしました。
薄暗い空間で周囲はよく見えないのに坂道を徒歩で下っていることは
解りました。随分下りたとき、左側の広場というか草原に真っ白い花畑が
見えてとてもきれいだと思っていました。でも私は近寄りませんでした。
坂道をどんどん下りていくうちに、このまま行くのが嫌だなと感じました。
そのとき、今まで歩いていたはずなのに自転車に乗っていることが判り、
私は加速度をあげて坂を転がっていて、しかもとても不安定でいることに
「おかしい」と気付きました。そもそも自分は自転車に乗れませんから。
そのとき、何かにつまづいて自転車から放り出されました。
地面に叩きつけられる、と思ったとき射した光にしがみつきました。
そこで目が覚めて意識が戻ったわけですが、後日不思議な夢を見ました。
我が家は四人家族でしたが父が早くに死んで、母・私・弟の三人で生活して
いて、夢の中に昔からよく出てきた赤く光る目が現れて4つのおはじきの
ような丸いものを並べて「これはこう・・これは、こっち」とぶつぶつ
呟きながら丸いものを並べ替えていきます。私にはそれが、運命の順番と
いう意味であることが判りました。何度死なせようとしてもきっと私は
何かに守られてきたはずです。二度目の事故に遭ったとき、左後方から
来たトラックを確認して、あっと思った時にはぶつかったのですが、その時
「ズッ」という音とともに私の体から黒い影が出ていったのを覚えています。
その影は多分小さな頃からずっと自分についていたのだと思います。
長くなりましたが臨死体験というか赤い目の通知者(?)の思い出話です。
ちなみに昔の恋人が死にそうになったとき赤い目に「後、一週間」と余命を
宣告されて、彼は同じ日に何故か先祖の墓参りに行きたくなったとかで実行し、
その寺のご住職にとにかく先祖によくお参りしなさいと言われたそうです。
結果は、当時生きているのが不思議なほどの病状でしたがまだ生きています。


160 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/20(水) 00:26:12 ID:JSoOoLZg0
素晴らしい

161 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/21(木) 00:02:30 ID:fSXi2zjIO
事故とかで死にかけた時(数回)大体、不思議と笑みが出て、見る景色が輝いてみえたりした。死ななかったから、何かに守られてたんかね?生きろって事だね…

162 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/22(金) 11:23:03 ID:0ZLph79n0
最近は体外離脱が多くなった
あの世は思いを瞬間的に体験する場所らしい

163 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/25(月) 00:58:27 ID:myEq4VL+0
うちの曾爺さまは若いころ雷に打たれて死にかけたことがあったそうな
その瀕死の状態のときに曾爺さまが見た夢(?)らしきもの

なんでも真っ暗なところに一人で居たらしいのだが、ふと上のほうを見るとポツンと豆電球ほどの灯りが見えたそうだ
それでその灯りのほうへ行こうとするのだが、行こうとした途端ものすごい恐ろしさを感じたそうだ
行ってはいけない…と本能で感じたらしく、なんとか足掻きつつも戻ってこれたと言っていた

その後曾爺さまは長生きをして、87歳で天寿を全うした
あの灯りのもとに行くのはもう怖くなくなったんだなぁ、曾爺さま

164 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/26(火) 01:18:29 ID:V4A/8ygo0
ある晩、夢を見た 数年前に亡くなった親戚の葬式の場面
なぜか祭壇が炎につつまれ出して何かイヤな予感がした
その時にハッと目が覚めて「もしかしたら、火事かも」と思わず
枕元にあった携帯で実家に電話してしまった 
時計を見たら夜中の3時半
親が起きて気付いてくれたらと思いワンコールで切った

翌朝、親から電話があって
「なんか用事があったのか?」と聞かれて夢の話をしたら
「ふーん、そういうことってあるんだね。
 今日は(その親戚の)命日だよ」

自分、とても申し訳ないことをした
お世話になった親戚の命日をすっかり忘れていた
本当にごめんなさい

でも、この経験からとても大事なことを教えてもらった
・死んでも、個人としての意識?はどこかの世界で継続する
・その世界から、生きている人にメッセージを送ることができる
自分が経験したことなので誰にも文句が言えないし、疑いようがない
臨死体験とはちょっと違うけど
死後の世界を考えるに参考になるかもしれない

思うに、本来人間は皆 虫の知らせのような テレパシー能力を持っているのでは?
特定の絆や共通のDNAを持った人だけにわかる受信装置が「脳」だったりして
携帯とかの発達で現代人はアンテナの感度が鈍ってるだけかも

これを読んでいる人で、同じような経験があればぜひ書き込んで欲しい
いつか科学的に解明される日が来るのを期待したい


165 :過去スレよりコピペ:2010/10/26(火) 01:18:42 ID:whfPBkoj0
【あの世】三途の川【現世】
ttp://logsoku.com/thread/anchorage.2ch.net/occult/1244471566/


14 :本当にあった怖い名無し :2009/06/10(水) 04:35:42 ID:JMqm0LsiO

俺じゃなくて俺のばあちゃんなんだけど
俺が生まれるずっと前(親父が生まれる前?)、何かの手術でお腹を切ったんだ
その頃は麻酔も無くて、回転鋸のようなものでそのまま切ったらしい
やっぱり強烈な痛みに耐えられずにばあちゃんは気絶、その時に川沿いのお花畑に行ったそうだ
びっくりする程綺麗な景色で感動したって言ってた
橋や船の類いは見なかったらしいんだが、向こう岸には戦争で死んだお兄さんがいて、来ちゃダメって言われたんだと
その時初めて「やばい、ここ三途の川だ」って気付いて帰ってくることができたらしい

霊的なことに否定的なばあちゃんだけど、この話は大真面目に話してくれた
やたらリアルな話だし、あのばあちゃんが話してくれたんだ、俺は信じざるをえないなあ

166 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/26(火) 09:25:41 ID:b2OxmrVb0
>>164
臨死体験や死んだ人からのメッセージ的なものは経験したことないけど、テレパシーのようなものの体験はあるよ。
祖父が亡くなった時なんだけど、末期癌で入院していた祖父がそろそろ危ないかもしれないって電話が親からあったんだ。
でも今すぐにどうこうって話じゃなくて、もう二、三日はもたないかもしれないって話で今のうちに親族は会った方がいいっていう感じだったんだよね。
親の話だと意識も電話をする直前まであったぐらいで、看護婦さんもまだ大丈夫だろうって言ってたらしい。
だから自分も今日中に病院に着けば大丈夫だと思って、普通に身支度してた。
でもシャワー浴びてる時に祖父の「あっ」っていう声が聞こえた。
幻聴なんかじゃなくって凄いはっきり聞こえて。
で、浴室から出てみると親から着信が何件も入っててかけ直してみると、さっき祖父が亡くなったって聞かされたんだ。
両親もあまりに突然だったからびっくりしてた。

167 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/27(水) 02:49:03 ID:d8Utf1x10
臨死体験ではないけど身の回りでちょいと起こった不思議な事です
知り合いの友人と連絡が取れず、その仕事先まで尋ねにいくと
昨晩自殺したと旨を受けた。おうちに帰り、ふとpcの電源を入れようとしたら
「ナメクジ」!!!が主電源を入れるスイッチの真ん中にピッタリと張り付いてた。
生まれて30年近く、この部屋で生活しているが、一度すら見たことないのでなんとも不可解な出来事でした。
亡くなった方の家柄は住職で、霊が強かったのでしょうか。
そのナメクジはやさしく庭に還しました。

168 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/10/29(金) 02:02:41 ID:Go3QVXklP
友達が手術したとき、出血が非常に多く一時期大変な様態になったんだけど、
意識不明な間に奇妙な世界をみてたってあとで話してくれた。

暗くて荒涼とした原野みたいなところに居て、はるか遠くには
夕暮れか夜明け前みたいなうっすらとした明かりが、地平線ギリギリのところに
見えたそうです。
広大な場所にごつごつした岩がぽつんとあり、これからどうしようと途方にくれてそこに腰掛けて
うつむいていたら、どこからともなく小石が飛んできて当たって痛かったって。
そのあとも四方八方から石が飛んできて当てられ、
痛いしやめて欲しいわで、どうにもならなくて辛かったそうです。

そとのき、友達の名を呼ぶ声が聴こえ意識がなくなった。
気が付いたらベッドの上だったって。夢とは違い、はっきりした意識で
不思議な世界を体感したそうです。

私も臨死の経験があります。そのときは心配停止になり、時間は短いけどあるいみ死んだ。
陶酔するほど綺麗な世界をみましたね。トンネルみたいなところをを吹き飛んで行き、
三途の川?をみてきた。この差異はなんだろう。友達は悪い性格のなんかではない。






169 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/11/01(月) 03:39:34 ID:wDdB8vPu0
衝撃的な記事
勝五郎やこんな事件を見たらやっぱ向こうの世界は
実在すると思う
http://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-5305.html

170 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/11/01(月) 11:40:37 ID:sH0EYmtrP
親戚のおっさんはでっかい柱のある寺か仏殿みたいなものの前に一人で立ってたら
輝くお堂の前にこちらに背を向けた坊さんがいっぱい居て一例になってお経唱えてたんだって
で、峠越えてそれを誰かに話したら多分坊さんがこっち向いてたら戻って来れなかったんじゃないかと言われたらしい

171 :自治スレでローカルルール他を議論中:2010/11/01(月) 11:46:32 ID:sH0EYmtrP
>>168
友人のは出血多量だったのがポイントかも
寒気やビリビリした痛みを起こしたりするし、臨死体験というより外界の刺激を元にした夢だったのかもしれない

172 :本当にあった怖い名無し:2010/11/03(水) 23:07:49 ID:ZeQofrVe0
夢を見た人と臨死体験した人と違いがわかりにくいけど、別物だからね。

173 :本当にあった怖い名無し:2010/11/03(水) 23:33:28 ID:1J4a1fgk0
夢の中では
登場人物が思い出せなかったり
ストーリーの連続性がなかったりして
冷静な判断力が落ちる(昼間なのに空が真っ暗でも気にしない、など)けど

臨死体験は意識がクリアーらしい

木内鶴彦さんの話は とても参考になる
でも、その話が本当かどうかは
個人の判断になるのかなぁ

174 :本当にあった怖い名無し:2010/11/08(月) 02:36:24 ID:mAEs9/rD0
意識はクリアで「夢ではない」というのはわかる
しかし、「この世と同一の現実とも違う」という世界を
「夢」と「この世」しか知らない人にわかってもらうのは難しい

頭の周りを高速で回転しているいくつもの細い銀色の輪を見たことある人いますかね?
あれは何だろう
マンガでよくある、気絶しかかった人の描写にあるような輪っか
(鳥がピヨピヨ飛んでたり、星がチカチカしてたりはしないけどねw)

175 :本当にあった怖い名無し:2010/11/12(金) 21:21:00 ID:Mnx4TJUH0
age

176 :本当にあった怖い名無し:2010/11/12(金) 21:26:47 ID:HTZQ0Qp+0
>>174
一番上の次元とつながってるチャクラなんじゃないの。
チャクラって誰でも同じように見れるもんなのかな。
今度は自分のエネルギー体がどうなってるか意識して見てみよう。

177 :本当にあった怖い名無し:2010/11/20(土) 11:21:05 ID:Oi/+yb1BP
天使の輪とか仏像の光輪みたいなもんもそれなんかね

178 :本当にあった怖い名無し:2010/11/21(日) 22:38:19 ID:hXns7P76O
ほしゅ

179 :本当にあった怖い名無し:2010/11/23(火) 12:18:24 ID:9tdtL8fvO
臨死体験って一回心臓が止まって(死んで)直ぐの体験だよね?
俺は子供の頃に大手術をして死の淵をさ迷った時
その時はまだ3才だったからなのか
前に死んだ時の記憶が蘇って
死んでから生まれるまでの記憶がある
多分何言ってるのか解らないと思うけど
つまり前世の最後の記憶から今生に生まれるまでの記憶かな
これはスレ違いか…

180 :本当にあった怖い名無し:2010/11/23(火) 13:18:20 ID:XhWu5EJK0
それって具体的にはどんな記憶?
やっぱり前世も日本人なの?

181 :本当にあった怖い名無し:2010/11/23(火) 14:00:37 ID:BLWQwUXuP
>>179
是非聞きたいね
こっちもあるのでどちらでも好きな方で

自分の前世の記憶あるやつちょっと来て語れ Part10
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1289241327/

182 :本当にあった怖い名無し:2010/11/27(土) 05:40:10 ID:yzYIM6J+0
死後の世界はある!否定論者歓迎★
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/dame/1277138010/

183 :本当にあった怖い名無し:2010/11/28(日) 02:42:34 ID:DuJcCN6YO
>>179だけど
あれから2hcでこの手のスレを色々見てみたけど
同じような感じのレスが無いんだよ…
なんだか書いたらいけないような気がして…
俺の記憶は死んだら人はどうなるかって記憶だから
よく考えたら簡単に言ったらいけないのかなって…
すいません軽率でした。ごめんなさい

184 :本当にあった怖い名無し:2010/11/28(日) 09:24:23 ID:mHC2uP0U0
え、何でいけないのだ
大丈夫だから・・・書いてごらん?

185 :本当にあった怖い名無し:2010/11/28(日) 22:41:30 ID:MeRS+eDRP
>>183
なんで悲しく自己完結してるのー?
大丈夫だよ。
むしろその部分を知りたい人だらけだと思うよ。
是非とも語って頂きたい。

186 :本当にあった怖い名無し:2010/12/06(月) 22:26:42 ID:jyhO2GBE0
age

187 :本当にあった怖い名無し:2010/12/08(水) 01:44:24 ID:XjSAR2D40
179じゃないけど。

今まで2回自殺未遂をした事がある。
そのうちの一つで、臨死体験をした(と思う)。

バス乗り場のような所で長い行列を並び、
ようやく自分の番が来た。
受付の人に札を見せるように言われる。
自分は札を探すが、札がない。
札が無いというと、バスに乗せる事は出来ないと言われ、
変えるようにいわれた。
数人の様子を見ていると、皆着物(自分を含め皆着物を着ていた)の
帯から札が下がっている。
札には名前と行き先が書いてあるようで、札を見分する受付の人は
札を見て、バスの番号を指図する。
で、同じ列でもバラバラのバスに乗るような形で、バスがいっぱいに
なるとバスは出発するようだった。

自分はそれ以上ここにいてもしょうがないから、
来た道を引き返していく。

そこで、目が覚めた。
薬の多量摂取が発見され入院先のベッドの上だった。

しばらく頭がフラフラしてて生きてるのか死んでるのか
解らない感覚に陥っていた。
だんだん、あれはもしかして臨死体験かも?と思ったが、
自分の感覚が古臭いなー、と笑えた。
もし札があったら、自分はどのバスに乗ったのだろうか、
とふと考える。

188 :本当にあった怖い名無し:2010/12/12(日) 00:24:32 ID:GkdzjUJx0
↑とても面白い経験だね!!

189 :本当にあった怖い名無し:2010/12/12(日) 01:15:52 ID:voujAb5MO
>>179そこまで言って後言わないとかイライラするわ

190 :本当にあった怖い名無し:2010/12/12(日) 01:50:00 ID:voujAb5MO
>>91-97それただラリって幻覚だから

191 :本当にあった怖い名無し:2010/12/12(日) 02:27:30 ID:yIjt4VAr0
おすすめの恐い話
http://kowai-story.com/?ref=2ch

192 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 02:46:16 ID:VNxtS0kw0
このスレおもしろいね、まだ1スレ目なのか?
もっと読みたいなー

193 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 07:57:53 ID:FkNNyqtu0
ココ興味深い

194 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 10:28:16 ID:CIDKTnip0
以下の不思議な体験が臨死なのか、なんなのかは判らないのですが・・
2006年の体験です。

深夜、ベッドで寝つくか寝つかないかの時でした。
当時の彼が金色の光に輝きながら、私にキスをします。
すると、その唇から出された質量のある白い光の玉が、コロンと私のお腹に
堕ちました。呼吸と伴に少し振動した後、爆発し、その爆発の白い光と
共に、筆舌しがたいほどのエクスタシーが、体の外まで広がり
ました。その眩しい光は部屋から飛び出し、宇宙へまでの広がりを
感じていました。この時、私の視点は天井近くにあり、白くシルエットに
光る自分の身体を見降ろしています。
その圧倒的な愛、一体感、至福の中で、少しの怖れが芽生えた後、
自分の身体に意識が引き戻されました。その後もビリビリとした
エクスタシーは続き、起床した後も一日中、その感覚に耽溺していました。
日に日にその感覚は弱くなりましたが、約一か月続いたように記憶しています

続く

195 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 10:44:32 ID:CIDKTnip0
そして、2010年の出来事。
友人が急逝しそのお別れの会の後、路上で貧血?で後に転倒。
物凄い音がしたそうです。救急車の中で意識をもどし(私は全く記憶ナシ)
その他界した友人に呼びかけ、淡々と会話をしていたみたいだったと。
(まるでその友人と私があの世からコチラを見てるかのように)
その後再び昏睡。強烈な痛みを感じたと思ったら・・生きてました。
診断は右側頭部脳挫傷でしたが、特に後遺症もなし。でもこの時は臨死体験的な
自分の記憶はありません。


196 :本当にあった怖い名無し:2010/12/13(月) 10:51:10 ID:CIDKTnip0
あっ、もうひとつその転倒事故の病院搬送後、傍目には錯乱状態ながら意識があった
そうなのですが、英語で対応していたそうで、「日本の方じゃないんですか?」
と家族が聞かれたそうな。。

197 :194・195:2010/12/13(月) 10:52:00 ID:CIDKTnip0
あっ、もうひとつその転倒事故の病院搬送後、傍目には錯乱状態ながら意識があった
そうなのですが、英語で対応していたそうで、「日本の方じゃないんですか?」
と家族が聞かれたそうな。。

198 :本当にあった怖い名無し:2010/12/15(水) 02:40:46 ID:76MUHxQf0
>>194
当時の彼=急逝した友人
なのでつか?

199 :本当にあった怖い名無し:2010/12/15(水) 03:42:01 ID:3+tQRLmJ0
あげ!(┘゚∀゚)┘

200 :194:2010/12/15(水) 04:27:22 ID:YRkCiCbW0
>>198
違います。口説かれた事はあるけど。

201 :本当にあった怖い名無し:2010/12/16(木) 02:34:36 ID:UYFA5UEZ0
面白い!

202 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 04:45:32 ID:ZRGCNUr70
熱を出し、うっかり寝てしまった時、毎回同じ夢を見る。
見てる時は、非常に不快。ただ、なんというか上手く言葉で説明できないし、
その夢もはっきり覚えてない。見てる時は「あーまたこれか・・・きついんだよな」
とすぐにわかる。

その夢を見ている時は、「苦しい・・辛い・・うう・・」とかってレベルではなく
「うわぁぁ!!!やばい!!やばい!!やばい!!やばい!!やばい!!どうしよう!
どうしよう!!あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
という感じ。
あれは、本当に二度と見たくない感じたくない感覚。熱出たら絶対寝ないようにしてる。
ただ、今までで何回か見てる事から、度々やっちゃってる・・orz

203 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 04:59:43 ID:4zUE9tPH0

それは貴方の魂の叫びですね。

204 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 05:24:12 ID:ZRGCNUr70
>>202
追記
ビルの屋上から飛び降りて、数秒後確実に死ぬという恐怖(実際に体験したわけではない)
というような恐怖と、無重力状態になる遊園地の乗り物に安全装置なしで乗って、ひたすら
振り回されているような感覚。

もう一つあったのだけど、なんというか・・、ほとんど違う事書いてるかもしれないが、
とても大きな本?のページ?に、自分が非常に無防備な状態で埋まっている。
そして、そのページがめくられるのだけど、めくってほしくないという気持ちが強烈な恐怖と共に感じる。

恐怖が強烈なので、覚えていようなどとは到底おもわないわけで、後半のやつはかなりあやふやです。
目が覚めたとき「あー夢だったか・・(ホッ」という感じなので、思い起こして
記憶に収めるという事はしてません・・。

205 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 05:25:57 ID:bk4Rheq7O
>>202風邪薬の作用だよ。覚せい剤と似た成分が寝てる最中に意識下で作用している

206 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 12:23:38 ID:3W0GXlp80
俺、薬なんか飲んでないときに、振り回されるような、下に引っ張られたり、上に引っ張り上げられたりするような感覚に襲われたことあるけどな。
14のころで、結構頻繁にあって、近いうちに自分は死ぬんじゃないかと本気で悩んだ。
あれはなんだったんだろうな。
多分、感覚は202と同じものだと思うんだが。

207 :本当にあった怖い名無し:2010/12/18(土) 19:53:05 ID:RCSMH2np0
思春期で三半規管が過敏になってたのかもね

幼稚園のころは布団に入ると船の中みたいな揺れる浮遊感を
自分で起こしてトリップ出来てたの思いだした
寝れないときとかよくやってたな

208 :本当にあった怖い名無し:2010/12/20(月) 05:30:33 ID:2lZLaWoA0
体の調子が悪い時、うっかりこたつで寝入ってしまい、ひどい目に会った。
おそらく、>>204と同じ感覚に襲われたのだが、良くない事に、
目が覚めてもその恐怖がしばらく続き、床の上をのた打ち回った。
当時、涙することなんて、日々の生活ほとんど無かったが、
目に涙を浮かべ、のた打ち回る俺の前に、突然現れた父親が(俺の異変に気づいて見に来たのか?)
状況をよく把握しきれなかったのか、2、3同情するような言葉を言って行った。

こたつで寝る時は温度を下げて寝るようにしよう。ホットカーペットとこたつ
合わせ技は特に注意だよ!w

209 :本当にあった怖い名無し:2010/12/27(月) 01:49:37 ID:BVWRpJDF0
術後、寝たきり肺炎意識混濁の時、
死んだおじいちゃん(夢では死んでない)が
物置に閉じ込められてて助けにいきたいのに
家族は口を揃え行かないと言っている、
でもどーしても行きたくて3,4時間かけ田舎まで一人で助けに行った。

夢の中でも私は入院していて、コソーリ抜け出してきたのでw
夕方6時までに病院に戻らなければいけない。

田舎に着き

210 :本当にあった怖い名無し:2010/12/27(月) 19:17:12 ID:qi/Eu+eh0
――日記はそこで終わっている。

211 :本当にあった怖い名無し:2010/12/31(金) 01:05:04 ID:we6wb9Hu0
臨死体験ってあんまりしたことない人が
多いのかね。

>>207
みたいなことは自分もよくあった。
下にひきずりこまれるような感覚は
怖いけど何か気持ちいいんだようね。

212 :本当にあった怖い名無し:2011/01/01(土) 23:48:48 ID:G49YTNJb0
さすがに、死にかけるような体験をする人は少ないんだろう。

213 :本当にあった怖い名無し:2011/01/03(月) 23:57:29 ID:RQ3cvOXP0
>>212
そうか〜。自分は仮死状態で生まれ(関係ないか)、
病気・事故等で死にかけて2回ほど臨死体験みたいなのを
経験してるんだけど、皆はそんなにないのか。


214 :本当にあった怖い名無し:2011/01/04(火) 09:25:22 ID:fQd9CMPN0
定期的に大怪我してた同級生が居たなあ

そういう星の下ってあると思う。

215 :本当にあった怖い名無し:2011/01/05(水) 22:18:48 ID:No4HwYos0
Amazon.co.jp: 内丹術
http://www.amazon.co.jp/%E5%86%85%E4%B8%B9%E8%A1%93%EF%BC%88%E4%BB%99%E9%81%93%EF%BC%89/lm/R39ZPAGR7SZEQP

216 :本当にあった怖い名無し:2011/01/10(月) 12:11:22 ID:T0IhiaND0
>>207
それ自分も小学生の頃、布団入って目を閉じて出来た。
結構楽しんでたわ


217 :本当にあった怖い名無し:2011/01/17(月) 02:54:13 ID:W8ZvyR070
うちのかーちゃんは手術で麻酔きいてるときに
花畑にいて、白い着物着た人が大勢いたって言ってた
その話聞いてから、あの世はあるって信じることにしたわ
それまで幽霊とかあの世とか全く信じてなかったけどね

218 :本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 01:46:09 ID:Hxc3GujQ0
昨日10歳息子から初めて聞いた話。
息子が9歳の時インフルエンザで寝込んでいたとき(熱は40度以上)に見た夢。
氷のとげがいっぱいある所で、なんだここは早く逃げないと、と走っているとドアが見え、
開けると青空が広がりとても気持ちのいい場所に出たそうだ。
その先に川と橋、花畑(見たこともないきれいな花だったそう)洋風の建物があり、
そこでおばあさん(誰かははっきりとわからないそうです)が手を振っていた。
自分はあまり行きたくないが勝手に前に進んでしまう、その時肩を叩かれ振り返った瞬間
目が覚め、目の前には嫁さんが呼んでいたという話でした。
今、娘がインフルエンザになっていて、急に思い出したようです。
よく聞く臨死体験とそっくりでびっくりしました。
嫁に聞くとその時薬を飲ませようとおこしたらしいですが、熱は高かったが、
そんな危険な状態とも思えなかったようで、この話を聞いて驚いていました。
息子は臨死体験という言葉も意味も知りません。
誰からも聞いたこともないので、作った話とも思えません。
臨死体験なのでしょうか?

219 :本当にあった怖い名無し:2011/01/27(木) 04:09:25 ID:gpJBV7/UO
>>209の続きはまだですか?


220 :本当にあった怖い名無し:2011/01/28(金) 23:14:29 ID:hr/v0VuD0
>>218
心臓が止まるなど一度死んだ状態から蘇生した時の体験が
臨死体験ですが、生死をさまよっている時も臨死体験と
似たような体験をする人も多いようです。


221 :本当にあった怖い名無し:2011/01/28(金) 23:39:39 ID:IE65JSSB0
坐禅やヨーガでも、果てはキリスト教でも真剣な祈りによって類似した体験ができるらしいですよ。
ちなみに数年前のディスカバリーチャンネルかどこかの知識だけど、
脳科学では既に脳のある部分を刺激することで同様の体験ができることがわかってるらしいです。

222 :w:2011/01/29(土) 02:05:29 ID:WHjPLMa40
いやいや、みんな信じられないシチュエーションとか、人間として無理やりドウなのか?
デタラメ、つじつまさえ合わないのが多い。考えられない。

信じて無いわけでは無いので、本当の話をしてくれ、すぐに嘘と判る話をしなければ、嘘でもOKだ。

223 :w:2011/01/29(土) 02:21:57 ID:WHjPLMa40
だって面白くないだろ。うそだろうが事実だろうが、もっと面白い話にしろよ。

おまえらの話はつまらん!

224 :本当にあった怖い名無し:2011/01/29(土) 14:48:39 ID:EFZ7JAJD0
オレも2歳と3歳のときに二回肺炎で危篤状態になったことがある、
その時、昏睡状態のなかで見ていた夢をその後12歳まで何度も繰り返し見た、
全く同じ夢というより同じ状況の夢。
自分が数百回もの人生を経て今があることとか、いつの人生でも母親との別れが
一番辛かったこととか、生まれる直前に今度は誰と家族になるか、生まれてから
生きてる間に何をするかを誰かに約束したこととか、
20歳ころになって漸く前世の夢ってことが分かったよ。


225 :本当にあった怖い名無し:2011/01/31(月) 09:43:30 ID:7ajyKksL0
生きてる間に何をするかってのは実現出来てる?

226 :本当にあった怖い名無し:2011/02/05(土) 05:42:22 ID:V1o5hh/jO
>>223
事実は得てして面白くないもんだよ
まして死にかけた奴の話だぞ?
自分も川渡って花畑見たクチだからそうとしか言えん

227 :本当にあった怖い名無し:2011/02/05(土) 20:02:02 ID:eLhYX/P90
>>183
「生まれるまでの記憶」なら、胎内の記憶スレにいっぱいあるよ。
記憶を語ったのは3歳くらいまでの幼児が多いので、
カキコは親がしてるけど。

228 :本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 00:41:48 ID:K4v87A6P0
川とか花畑は良く聞くけど
俺はそれを見てみたい
趣味は園芸と釣りだから
花を含む植生だとか
川の生態系、住んでいる生き物を調べたい

できる事なら川をさかのぼって山岳地帯に入り
そこでも調べたい
また、川を下って海に出ても興味は尽きない

臨死体験に釣り具とかスコップは持ち込めないだろうか

229 :本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 01:30:09 ID:U8bQHQq1O
>>228
自分の友達もそれ言ってた
川に魚はいなかったか?ってw動物はいなかったな
自分のときは音も風も全くなくて川の深さは足首くらいまでだったから裸足で歩いて渡ったよ、水は飲めそうにきれいだった
雲ひとつない穏やかな晴れで川を渡ったら一面黄色とピンクの花が咲いてた
すっげー広くて遠くにも何も見えなくて、誰もいないし何の気配もなかった
ただ野原と青空なんだけど一本だけ木が生えててさ
何だろ、広葉樹だった
ものすごく気分よくて「よし、ここで暮らす!」と決めて
腹も減りそうな雰囲気なかったから木の根本に座って何故か花摘みだした
花は白つめ草ぽい形だった
その瞬間後ろから名前呼ばれてさ振り返ったら看護士に囲まれて頬叩かれてた。頭のあたりで医療機器がぴーぴーなって超うるさかった
しばらくせん妄があったよ、摘んだ花がない、とか言ったの覚えてる
長文すまん

230 :本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 01:41:01 ID:nsL0E2cT0
自分は海を見た。
砂浜から小船に乗った人が手招きしてた。
川や花畑、トンネルなんかは出てこなかった。
本当に、怖いくらい綺麗な景色だったのは覚えている。

231 :228:2011/02/06(日) 12:10:30 ID:K4v87A6P0
素晴らしいじゃないですか
川に魚がいなくてもポイントを変えれば判らないし
木があって花があるなら植生も調べたい
海もあるならばどこかに河口もあるはず
小舟があるという事は漁業も行われているのでしょう

腹が減らないならどこまでも歩けそうだし

晴れているなら
太陽電池モジュール持ち込みたいですね
ぜひ2ちゃんで実況したいです


232 :本当にあった怖い名無し:2011/02/07(月) 00:43:06 ID:kUhJ+l2MO
そういう目的意識を持って死んだら意外に携帯持ったまま死ねたりするかもしれんよな

233 :本当にあった怖い名無し:2011/02/07(月) 04:47:04 ID:mMTVxMYt0
去年事故で死にかけた時の体験

辺り一面の花、大きな木が一本ある所を自分が笑いながら?歩いててそれを違う所から自分が見てた


んでしばらく歩いてると目の前に冷蔵庫、開けて見ると自分の好きなお菓子(コンポタ君)があって
買いだめしてあんじゃん♪って喜んだら自分を呼ぶ声が聞こえて

戻ってきやした


かなり酷い事故だったけど生きてた


この体験してから死んだ後の世界を信じるようになった



234 :本当にあった怖い名無し:2011/02/07(月) 04:55:05 ID:mMTVxMYt0
>>233追記
ちなみに怪我は両足骨折と肺が潰れて歯が折れてました


皆さんも事故には気をつけてくださいな


235 :本当にあった怖い名無し:2011/02/08(火) 00:58:17 ID:HDjeLMW00
>>233
戻ってこれて良かったね。お大事にってもう大丈夫かな

ところで、自分を呼ぶ声って誰の声だったか教えてもらえんか?
身内?恋人又は配偶者?自分?それとも知らない声?

236 :本当にあった怖い名無し:2011/02/08(火) 08:24:08 ID:OjkvXo/aO
バスにいつのまにかのっていたんだけど
なんか様子がおかしい
不気味に静かというか
外は知っている道
だけどあるところを境に人がちらほら見えはじめた
でもなんかおかしい
その人達は道端にいるんだけどパイプイスを道なりにならべて列を作ってならんでいた
あーこの人達死んでるんだと思った
全員おじいちゃんおばあちゃんだったからこの地域の死んでった人達だと
目は開いてるんだけど黙ってどこか見てるの

なんかわからんがあー最後の審判ってやつをまってるんだと思った

その後髪の毛を後ろからから引っ張られ見ると青白い女性が
なんでここにいるのっていわれて目が覚めた


237 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 03:38:07 ID:T/cIcpyd0
>>235
去年の9月に格闘技の復帰戦やって勝ちましたw

自分の事を呼んだのは自分と同じ名字の友達でした

238 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 14:41:49 ID:b3ddQaOaO
ERのひと…

239 :本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 17:23:53 ID:q79rzNoQ0
>>236を読んで思い出した。
ただの夢って言われればそれまでなんだけど。

夜、知人2〜3人と特急電車に乗ってる。
その電車の中には私たち以外には乗っておらず、貸し切りみたいだなーと思った。
長く電車に揺られてて少し飽きた私がふと窓を見たら、後ろの席の方にいつの間にか女の人がひとり座っていた。
チラッと見ただけなのに、その人の異様さにギョッとした。
その女の人はストレートロングの髪に顔立ちは和風…というか平安顔っぽく、服はライダースーツを着込んでいた。
そして顔と体中から血をながしていた。
なんで血まみれの人が電車に乗ってるの?という驚きと恐怖で黙りこくってしまった。
だが一緒に乗ってる知人たちはその女の人に気づいてないようなので、私も気付いてないふりをした。

そして終点の駅が近づき、知人たちは駅から近いホテルに泊まる話をしだした。
今日は私も一緒に泊まるよーと何の気なしに言ってみたら、知人たちから一斉に「帰りなさい」と言われた。
私は、家に着くころには真っ暗だし午前様だからめんどくさいな〜と思い、なんとかして知人たちと泊まろうかと思っていたのだが
知人たちは頑として譲らなかった。「とにかくあなたは帰りなさい」と。
それで渋々電車を途中下車することに。
電車を降りるときには例の女の人の横を通らないといけないのが嫌だったのだが、見ないようにして通り過ぎようとした時
「早く帰れ!」だったか「早く降りろ!」かもしくは両方の声が聞こえた気がして目が覚めた。
目覚めた時は心臓バクバク言ってるし、寝汗ぐっしょりだったし、なんかもうわけわからない怖さでしばらく眠れなかった。

ちなみに一緒に電車に乗ってた知人たちというのが、友人なのかただの知り合いなのか親戚なのかどーしても思い出せないのが謎。

240 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 00:49:25 ID:Vtd/m9cm0
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) ウオッ!? ココハドコ?


241 :本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 00:57:16 ID:gF5XrA1D0
つきのみや…

242 :本当にあった怖い名無し:2011/02/18(金) 16:23:08 ID:AsZe8VhsO
あげ

243 :本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 22:37:13.62 ID:nfpRhHdK0
臨死体験に興味を持ち20年ほどたった。
幽体という言葉はあえて使わないが、意識の主体は肉体とは別に存在する。
では、肉体が朽ちて死んだら、その意識の主体はどうなるのか?
やはり「死後の世界」は存在するとしか考えられない。

244 :本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 02:37:19.71 ID:EBExHvnn0
呼ばれて戻った人たちは、
本当にベッドサイドで名前を呼ばれていたの?

もしそうなら、死にそうな人がいたら一生懸命名前を呼ぼうと思って。

245 :本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 06:13:02.38 ID:XqyhRpQZO
>>244
それ普通に基本
救急とかでもまず声かけするし
名前って不思議だよ、つい反応しちゃうもの
普段呼ばれ慣れてる声なら尚更だと思うよ

246 :本当にあった怖い名無し:2011/02/28(月) 22:16:18.64 ID:LziQS5FiO
ほす

247 :本当にあった怖い名無し:2011/03/01(火) 02:12:02.32 ID:zOs+IVZPO
あれ?IDの前の数字、なんだろ?

78 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)