5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹風にエレクトロニカを語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 00:43:29 ID:hZAcjcVa
やれやれ、今度はエレクトロニカか、と僕は思った。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 04:14:31 ID:XhvZcr3q
たぶん僕はエレクトロニカのことをまだ本当には理解してないんだと思う。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 06:44:16 ID:vSs5rGmF
「エレクトロニカについては、>>1にまかせておけばいいわ」と彼女は言いながら、僕にウィンクした。
ウィンク?
やれやれ、この高度情報化社会にこんな古い情報伝達の方法がまだ残っているとは。
彼女は、このホテルのバーの雰囲気には、いささかそぐわないくらい美しく、輝きを放っていた。
まるで、ありきたりの古ぼけた花瓶に、胡蝶蘭がさりげなく挿してあるように。
その夜、僕は彼女と寝た。


............で、エレクトロニカって何?



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 08:37:16 ID:xP8+YqLM
だっさいスレ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 15:58:36 ID:S5ej5Ps8
エレクトロニカはその夜、嵐の様に僕の心を激しく揺さ振った。
やれやれ、これじゃあテクノを聴いたときと同じじゃないか。
僕はゆっくりとエレクトロニカの下着を脱がせ、柔らかい乳房をそっと手で包み込んだ。
そして我々はその夜4回交わった。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 16:56:31 ID:e+fAz76Q
結局「やれやれ」が使いたいだけじゃねーかw

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 19:45:58 ID:/7R6qEsD
僕は今年初めての「やれやれ」を呟いた。
やれやれ?おかしいじゃないか。
我々は一つ彼女に提案する事に決めた。

8 :メリ ◆Bh6qho7cc6 :2007/04/25(水) 22:46:54 ID:GUaGb1l7
やれやれ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 22:21:52 ID:IzYJVb+n
彼女の体は、僕の下で流れるように波打ち、吐息がたえまなく続く雨だれのように僕の心を打ち続けた。
首筋から胸へと唇をはわせると、僕の中で欲望が破裂しそうなほど膨らんでゆく。
さらに下へとたどってゆく。バギナに舌を差し込むと、彼女は痙攣するようにのけぞり僕の頭を太ももで強く締め付けた。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 23:29:11 ID:h2Ha9Qw4
注:文章中に少なくとも一回「エレクトロニカ」という言葉を使うこと

11 :おまん男爵:2007/04/26(木) 23:34:27 ID:Ijp9v8Uf
やれやれ、あの鳥は、エレクトロニカのねじを巻いていかなかったのか?
僕はいなくなったエレクトロニカを思い出しながら、深いため息をついた。
その時、何かを予感させるように、電話のベルがなった。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 23:51:53 ID:R2lKhxbm
「ねぇ、エレクトロニカって何?」
「ピコピコ、バキバキ、キュッキュッキュッ。ピコピコ、バキバキ、キュッキュッキュッ」
「やれやれ、あなたってやっぱり変わっているわね」
「そうだね、よく言われるよ、そうだね、よく言われるよ」
「ねぇ、その反復やめてくれないかしら?」
「君は反復は嫌いかい?嫌いかい?嫌いかい?」
「もういいわ。エレクトロニカなんてもうどうでもいいし、
まともに話せる感じじゃないみたいだからもう帰るわ」
「いいかい、まずは反復なんだよ。これが分からないようじゃ・・」
「もういい。さようなら」
「さようなら、さようなら、さようなら、さようなら、さようなら
いつかわかるさ、いつかわかるさ、さようなら、さようなら・・エレクトロニカ」

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 00:42:12 ID:Ex43z9t3
ぼくは、ゆっくりとエレクトロニカにペニスを挿入した。
温かい体を抱きしめ、ゆっくりと波打つ体をあわせると、彼女の息遣いの生めかしさに目まいをおぼえる。
お互いに尽くせぬ欲望を求めあい、時に激しく身体打ち付けながら
深い闇の一点の光を目指して突き進むように激しく律動し、彼女を頂点に押し上げてゆく。
僕が頂点に達するのを予感するかのように彼女は身体を痙攣させる。
激しく痙攣しのけぞく彼女のバギナの中に僕は抑えきれず精を放出した。

14 :おまん男爵:2007/04/27(金) 13:31:23 ID:ZLDQRq5P
僕はエレクトロニカの少し後ろを歩きながら、彼女の気持ちのよさそうな鼻歌を聴いていた。


15 :おまん男爵:2007/04/27(金) 13:34:29 ID:ZLDQRq5P
ジェネレーターなんてあったんだなw
でも、あれ使ったらぜんぜん面白くないよね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 22:05:26 ID:PP6b521s
「やれやれ、またくだらないニュース。」
僕はそう呟きながらTVを消した。
外を見ると空が嫌な程青い。
食べかけの朝食とコーヒーを片付ける。
携帯が鳴る。着信は二ヶ月前に別れた女からだ。
OK、エレクトロニカの時間だ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 23:42:37 ID:qR7NkK1l
店内はカプースチンの軽快な(8つの演奏会用エチュード)が流れていた。
「ねぇ、最近ようやくエレクトロニカのことを分かってきた気がするの」
「どんなふうにだい?」僕はカプースチンのリズムに合わせて指でテーブルをコツコツと叩いていた。
「彼等が常に空気であることが存在意義だと思っていたわ。でもそれは間違いだと思うわ。
ある面正しいけれど、彼等はどこにいても主張しているし決して空気じゃないの。街を歩いている時も、
部屋にいる時も彼等は常にいる。」
「今もいるのかい?」
「えー、いるわよ。今日は凄く楽しそうね」
「それは、・・・」
「どうしたの?」
「いや何でもない。君がエレクトロニカに興味を持ち始めてくれて嬉しいよ」
「ありがとう」彼女は微笑みながら指でリズムをとっていた。
店内はまだカプースチンの(8つの演奏会用エチュード)が流れていた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 20:17:19 ID:gttuoNpJ
やれやれ…。

僕はエレクトロニカを聴きながら
生ハムチーズサンドウィッチをビールで喉に流し込んだ。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 14:24:39 ID:uG6Pa+Y9
「つまりエレクトロニカってことかい?」

「あるいは」

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 15:25:47 ID:9ITpy6ZX
わたし、エレクトロニカに無理やり犯されたんです。
いいえ、精神的にという意味なんですけど...

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 19:09:20 ID:V3CbFa3J
こたつに潜った瞬間、何かが自分の足に触れた…
エレクトロニカだった…
「やぁ、5年ぶりだね」

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:07:45 ID:e2MT5Vyg
あの日、僕が目にしたのは一遍のエレクトロニカだった。
エレクトロニカといっても、僕が知っているエレクトロニカなんて
たかが知れたもので、グリッチ音が細やかなビートを刻んでいて、
その上にフェンダー・ローズの柔らかな音色が乗っかり、
さらにはローランドの303を意識したシンセ・ベースが鳴っている、
そんなステレオタイプなものしか僕には分からなかった。
その時目にしたのは、ちょうどそんなエレクトロニカで、
僕はしばらくそれに見とれ、それからそこを後にした。
「ねえ、あなた」
誰かが僕を呼ぶ声が聞えた。無視して通り過ぎてもよかったんだけども、
さっきのエレクトロニカのこともあり、立ち止まって声の方向へと
身体ごと振り返った。
彼女の姿を見て、僕は唖然とした。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 05:31:53 ID:tQEsD5LN
「またエレクトロニカ…?」
結局の所、それが世界を細分化しているのか
単純化しているのかは僕にはわからない。
けれどこのことは彼女には黙っていた方が良さそうだ。
さも完璧に見える(少なくとも僕や彼らにとっての)彼女。
彼女に僕は言う
「けれどこのままじゃ僕自身の
肝心な部分が損なわれる気がして」

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 06:13:33 ID:tQEsD5LN
「エレクトロニカ…ああドリルンベースの事ね。」
小柄の女性はさも誇らしいと言った感じで
僕に説明をする。
「ドリルン?」
思わず僕は反復してしまう。
「そうよドリルン。」
彼女が答える。
そして付け加える。
「あなたそんなことも知らないの?」
彼女は時折こうして僕を不安にさせる。
「私ラジオヘッドは好きよ。」
彼女が呟く。
彼女の横顔はとても美しい。
「それはデジロックですか?」
と僕は聞く、すると彼女は吹き出してしまう。
「あなたって変わった人ね。
真顔で冗談を言うんだもの。」


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 07:12:59 ID:f8gXN253
>>24
なんかワラタ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 13:31:53 ID:IBDdjiAE
エレクトロニカ?そんなのはもうとっくに終わってる。
世界の終わってるのと同じ様に。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 18:21:52 ID:SPjdROGO
>>24がナンバー1

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 21:17:20 ID:Cic/FGuv
>>24
このスレで最高傑作w

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 22:07:25 ID:iw9An5vA
>>24
やべ淡々とした感じも春樹っぽくて面白い

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 00:28:40 ID:4cBL+hAZ
エレクトロニカって素敵よね。 あれは意識のなかで鳴っているのか体の外でなっているのか分からなくなっちゃう気がするの。 ねえ それってもしかしてエロエロトロトロイカクサイじゃないかしら。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 08:00:34 ID:5GKRNPE5
「僕には君の言っていることが分からない時があるんだ」
「それは多分、」寒風が木の葉を揺らした。
「分かってしまってはいけないこと"だからなんだ」
彼女は言う。
「分かってしまってはいけないこと?」
その目線は僕の胸の鼓動を小さく、そして静かに高めた。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 21:09:28 ID:a/EOEWXI
みんな春樹読み杉

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 23:53:08 ID:V6TZ32YT
村上龍風にノイズを語ろうぜ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 00:45:15 ID:w4nsz093
その夏、僕は64杯のウィスキーを飲み、123時間、エレクトロニカを聴いた。
でもセックスは一度もしなかた。一度もだ。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 01:18:34 ID:PfDtysbc
「セックスは一度もしなかた」

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 02:04:10 ID:Ln6sH7Oa
「あなたの言葉って、なんだか不思議。真面目な顔でおかしいこと言うんだもの」

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 12:21:40 ID:eOKfhDDU
>>24
ラーメン吹いたじゃねぇかww

ドリルン?そうドリルン。がツボww

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 18:09:03 ID:V73Pqaez
>>33
飛行機の音ではなかった。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 21:36:08 ID:w4nsz093
OK、エレクトロニカのことは忘れるとしよう。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 00:23:22 ID:ao7Y5KMi
オレ嬉しい。
オレ書くオマエラ喜ぶ。
ハルキ喜ぶ。
だからオレ今スゴイ嬉しい。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 09:18:19 ID:UEa5RRN+
やれやれ、過疎かと、僕は思った。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 12:41:56 ID:HnEByrSX
やれやれ、誰もエレクトロニカについて語ろうとしてないじゃないか。
きっとみどりなら…

と、僕は思った。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。::2007/06/04(月) 05:20:20 ID:TJBDUMlH
ビーチボーイズ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 02:04:21 ID:k6MOjt8k
この巨大な蟻塚のような、商業社会主義社会にあっては、エレクトニカを見つけるのはそれほど困難な作業ではない。
仕事の内容やスタイルにさえ贅沢を言わなければ、ということだ。もちろん。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 03:19:01 ID:rxVO2v6Y
彼女が僕の両耳に与える物音には、それとなくリズムがあった。呼称を聞いた僕に、存分にグロスをのせた唇が続けてリズムを刻む。「私の名前はエレクトロニカよ。」

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 02:51:41 ID:6ixZ08Yg
やれやれ過疎か

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 03:43:50 ID:yrO5/2lG



「ユミヨシさん、過疎だ。」と僕は囁いた。



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 06:17:12 ID:NKtSVpyn
殺風景な駅のホームに鳴り響いたエレクトロニカは意味を持たなかった。次の駅には双子の女が立っていて、同時にこう言った。「ワタナベ君、アナタワ矛盾シテイルワ」
そこで僕は目が覚めた。カーテンの隙間から差し込む太陽が、やけに眩しかった(笑)

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 21:57:38 ID:EcY9GY6c
眩しいからパスタを茹でよう。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 23:21:42 ID:xZDh7F8y
レスはようやくついたばかりだ。次のレスがつくまで、まだ時間はある。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 17:52:51 ID:zPONbIpe
やれやれ、もうすぐ冬だな

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/17(金) 19:12:17 ID:MfKPaIeG
KAT-TUN/Real Face

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 10:53:01 ID:iT+jJcgE
やれやれ、ジャニオタかと僕は思った

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/21(火) 09:01:53 ID:q30iaWD2
そうかもしれない

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 22:21:41 ID:6rtE7Os2
我々は多かれ少なかれ金でエレクトロニカを買っているのだ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 11:16:07 ID:h64j3isc
オーケー、認めよう。
たしかに僕はエレクトロニカについてちっとも理解していない。


capsuleとかでいいの?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/17(月) 06:54:47 ID:i4h1M8ym
>>12
なんかすきだ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 01:07:36 ID:MHit/Zir
やれやれ
僕はスレッドをageることにした。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/19(水) 04:04:58 ID:dkw252ki
[PDF] 1 幼稚園の部ファイルタイプ: PDF/Adobe Acrobat - HTMLバージョン
五条 舜治. 1707番地. ごじょう. しゅんじ. ロンティア. TEL 0972-35-3200. 推進事業. ※日豊本線佐伯駅から車30分. 平成11・12. "おもい を高めあい、豊か. 〒878-0026. 年度. 竹田市立. 7. にする国語科(詩)の学習 甲斐 照重 竹田市大字飛田川 ...


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 00:52:29 ID:h69GmPY1
うさぎ亭五条舜治

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 19:09:21 ID:Xi0krKjI
あげ

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 11:39:00 ID:wQFD/8MP
レコードの針を落とすとエレクトロニカの─あれは、エレクトロニカというよりは演歌だったが─音色が部屋中にこだましたのだ。─僕に踊れといっているように─

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 23:59:31 ID:GLYlAgXy
?????? 五条舜治??????
?????? 五条舜治??????
?????? 五条舜治??????
?????? 五条舜治??????
?????? 五条舜治??????

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 02:09:47 ID:wF7EtNzS
???????五条舜治???????? 五条舜治??????????
?????????五条舜治???? ?????? ?????????????
五条舜治????, 五条舜治??????????
?????????? 五条舜治"????? ?????" ?????
?????? ????? ???? ?????. ???? ?????
?????????? ???????? 五条舜治??????????
????????????五条舜治?????

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/07(日) 18:43:20 ID:0zn9K8RF
またいつもの荒らしか
やれやれと思った。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/08(月) 12:16:47 ID:BdFo491g
やれやれ、僕は射精した。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/09(火) 06:27:14 ID:DReU07em
「やれやれだぜ」

ジョジョだと思った。

68 :五条舜治:2007/10/25(木) 05:39:03 ID:cz42NwKm
やれやれ、訓告処分かね

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/20(木) 20:13:06 ID:ZppTs/xp
やれやれ、おっぱい

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/12/25(火) 16:55:21 ID:Epo7rfZu
「なあ、どこがいいんだい、この音楽。」
「さあね、昨日知ったのよ。」
「なるほどね。」

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 04:09:25 ID:kgR3rrY/
気がついたら2007年は終わり、2008年が始まっていた。
2008年。
エレクトロニカ…そう、エレクトロニカが産まれて10年月日が流れた事になる。
いい加減で、過疎ってる、どうしようもない盛り上がり。
聞き続けるんだよ。僕にはやらなくてはいけないことが少なからずあるからね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/02(水) 05:03:25 ID:0If/mXs6
おちんこ、しびれるぅ〜。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/03(木) 12:00:53 ID:3WNes7Qr
食事が終わると双子は食器を片付け、二人で台所に立ってコーヒーを入れた。
そしてまた3人で熱いコーヒーを飲んだ。生命を与えられたように香ばしいコーヒーだった。
一人が席を立ってCDをかけた。エイフェックス・ツインの「カム・トゥ・ダディEP」だった。
「こんなCDを買った覚えはないぜ」僕は驚いて叫んだ。
「私たちが買ったの」
「もらったお金を少しずつためたのよ」
僕は首を振った。
「エイフェックス・ツイン」は嫌い?
僕は黙っていた。
「残念ね。喜んでくれると思ったの」
「ごめんなさい」
一人が立ち上がってCDを止め、大事そうに誇りを落としてからジャケットにしまいこんだ。
3人は黙り込んだ。僕はため息をついた。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/01/25(金) 21:14:40 ID:Hg9KdVQH


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/02(土) 03:23:27 ID:ecC92iXG

「グリッチ」と彼女は言って、ほんのちょっとだけ微笑んだ。
それから肩をすくめて「メゴ」と言った。

しかしもちろん本当にそう言ったのではなくて、
何度も繰り返すようだけれど、そういう形に彼女は唇を開いたのだった。

「グリッチ?」と私は自分に言いきかせるように口に出して発音してみた。
「メゴ?」
「メゴ」と彼女は確信をもって繰り返した。

それはなんだかエレクトロニカのように響いたが、
問題は私がエレクトロニカを一度も耳にしたことがないという点にあった。
だからたぶんそれはエレクトロニカではないのだろう。


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/24(日) 19:08:28 ID:DyXvYce+
そうだあ

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/28(木) 16:49:38 ID:o0QJUgar
「ねえ、あなたはいっぺんに何人もの女の子とも寝るわけ?
つまり意識の中でって意味だけど」
「よくわからないな」と僕は言った。
「正直言って」彼女は僕の目をじっと見つめた。
「わたしお腹がすいて死にそうなの。
そのスパゲッティ食べないのなら、冷めないうちに
わたしもらってもいい?」
「かまわないよ」
店内にはグリーグのペール・ギュントが流れていた。
誰にも抗えぬ速度で。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/03(月) 02:40:34 ID:keZJg6zF
なにこのあほスレ やれやれ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/09(日) 22:58:02 ID:xgssh03Y
「もし、ジョン・コルトレーンがエリクトゥルニカだとしたら」
僕は日に焼けたテニス・シューズのような彼女の肌を見つめながら言った。
「まさか。ありえないわ」
彼女は真っ直ぐに僕の目を見つめて答える。
「もしも、仮定の話だよ、もちろん。もしも、何らかの恣意的な力が働いて、彼がエリクトゥルニカだったとすれば?」
「簡単よ」
彼女の細長い5本の指が、半ダースほどのピーナツをつまむ。
「エリクトゥルニカの存在手段が変わるだけ。そんなことよりこのボイルド・エッグの塩加減のほうが重大よ」
その瞬間、僕のペニスのエリクトゥルニカは頂点に達した。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/11(火) 23:33:31 ID:zbF/IzxB
いささか、エレクトロニカにも飽きてきたな。朝っぱらからスピーカーの椅子に越しかけてうどんをずるずると啜っていたりすると、だんだん「エレクトロニクカなんかもうどうなってもかまうもんか」という気持ちになってくるから不思議である。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/14(金) 02:03:40 ID:N0Tsxxpa
「エレクトロニカなのだ。」そう、エレクトロニカなのだ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/16(日) 23:49:11 ID:1XfqsiOe
「それであなたの言うエレクトロニカは何処へ行くべきなのかしら。カッコウ」

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/03/17(月) 01:16:21 ID:AbWpHknx
やれやれ、このイルクッツゥルーニク板の住人はー仮にインターネット上に書き込みしている者を住人て呼びえるならー本当に村上春樹が好きなのだな、と僕は思った。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/03(木) 01:39:28 ID:0piIQfpr
「私だって療養所に居た頃はオウテカなんかのCDを部屋でよくかけて
聞いたのよ。本当よ。」


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/18(金) 18:55:13 ID:Eh4D75pq
結局のところ何を聞いても皆REACTORの音とMAXの音しかしなかった。
それで僕はエレクトロニカは過疎って来てると思い出したんだ。
そしてオウテカの新譜を聞いて僕の方がまだましだと何処か遠くで感じたんだ。


86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/19(土) 03:36:45 ID:cZdi07OE
>>79やべぇw

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/04/20(日) 16:45:09 ID:i11xtJ7Z
やれやれ。
僕はニカニカした。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/07(水) 18:31:04 ID:ecqDp+Qd


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/05/14(水) 18:09:04 ID:6E3ycyPA
エレクトロニカに二票。

90 :浅利幾美容疑者:2008/06/15(日) 09:15:43 ID:nW1lpxRu
やれやれ五条舜治かね

91 :浅利幾美容疑者:2008/06/16(月) 00:56:12 ID:ulCTBC8X
やれやれどうやら私が五条舜治の後釜か

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/06/22(日) 21:49:51 ID:OesD6Hs/
「いくら機械でガチャガチャやろうと」と彼は言ってグラスを置いた。「才能のある人間は限られている。どんなジャンルにおいても」
「あるいはそうかもしれない」と僕は言った。「でもそれ程才能のないアーティストでも、エレクトロニカならいくらか気持ち良く聴けるんじゃないかな」
彼はグラスの中でゆっくりと溶けていく氷を見つめながら言った。「最初のうちはね」

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 08:30:05 ID:Ewx5CyeX
「エレクトロニカ」口に出してつぶやいてみた。
ますますくだらなく聞こえる。実際くだらないのだ。
何故みなカテゴライズしようとするのだろう?
世の中には2つの音楽しかないというのに。くだらない音楽と聴くに値する音楽、この2つだけだ。

勿論、エレクトロニカにもよい音楽があるだろう、
しかし裏を返せば、
エレクトロニカにも下らない音楽があるのだ。










ところで。

Perfumeさいっこーーーーうっひょーーーーーーー!!
自宅の葉山から事務所の青山までオープンツーシーターのオープンカーを滑るように走らせながら
PerfumeのGAMEをかけると、人生もそう悪くわないんじゃないかなって言う気分になりますね。
うむ、認めよう僕はPerfumeが好きだ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/01(火) 23:01:55 ID:QVKq1tnk
「ところで君の『エレクトロ・ワールド』の聴いた回数は?」
「16万5千回。」と僕は言った。
「そりゃ凄い。」と彼は表情も変えずに言った。「実に凄い。」
「では『ポリリズム』の聴いた回数は?」
「12万6千回。」と僕は言った。
「そりゃ凄い。本当に凄いよ。でもね、僕は『ビタミンドロップ』を
127万8千回聴いたよ」と彼はまた表情を変えずに言った。
「やれやれ、あんなくだらない曲に127万8千回も。」と僕は言った。
「そうだよ。あんなくだらないからこそ127万回の意味と価値があるんだ。
正直言ってね、『エレクトロ・ワールド』を16万5千回聴いている人は君以外にも沢山いるよ。
昨日会った男なんて17万回聴いたって言っていたしね。」と彼はまたまた無表情で言った。
まるでアンドロイドだと、僕は思った。いや、きっと彼はアンドロイドに違いない。
『ビタミンドロップ』を127万回も聴く奴はアンドロイドか犬ぐらいなものだ。
「君のほうがずっと凄いね。君は本当に凄いよ。今日は君に会えてよかったよ。さよならアンディ。」と僕は言った。
「さようなら。また会おうアンディ。」と彼も言った。





95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/02(水) 04:08:46 ID:GAKTOvip
やれやれ、僕のペニスもエレクチオロニカ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/05(土) 03:44:48 ID:jigBcR+R
IDがGackt VIPとな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 15:28:39 ID:iK/OI3Q4
すごいIDだ

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/19(土) 23:33:48 ID:Hf2XhugR
もうIDが気になって

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/21(月) 01:22:20 ID:fzMYk4KZ
春樹どころじゃない

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/07/26(土) 21:15:48 ID:ljUtt0+N
「君はエレクトロニカについてどう思う?」
彼女はそれには答えず、何かを考え込むようにしてずっと一点を見つめていた。
「君、どうしたんだい?」
しかし反応はなかった。
僕は彼女の肩を揺さぶってみた。
「おい、君!」
すると彼女はハッとして言った。
「ごめんなさい、IDが気になってて…」

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/08/14(木) 23:08:27 ID:FtB3Ca1B
やれやれ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/04(木) 20:51:12 ID:kLUsic2o
age

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/09/20(土) 21:52:20 ID:N9CE6yaa
age

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/07(火) 16:32:25 ID:BeES9pTc
パヒュームは3人いる。今日は、23号とデートだ。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/21(火) 22:53:12 ID:qdH/3i1l
「実は正直に話さなければならないことがある。もしかしたら僕が君に
真実を語ることによって君は僕の目の前から死を予感したネコのように
消えてしまうのではないかと思う。しかし例えここで僕が真実を語らな
かったとしても、君はいつかそれを聞かざるを得ないときがやってくる
だろう」
「いいわ、ネコに例えられるなら構わないもの」
「実はパフュームはエレクトロニカではないんだ」
「ネコになる前に聞かせて欲しいわ、じゃあ一体なに」
「僕は何に対してもカテゴライズするのは好きじゃないが
敢えて言うとするとエレクトロ・ポップ的なものであると思う」

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/29(水) 21:37:22 ID:Ogqi9n8N
「パフュームがエレクト・ポップ?」
彼女はまるで間違えてこの世に堕ちてきてしまったユニコーンの子どものように目をぱちくりとさせた。
「そんな話は初耳だわ。一体全体どうしたらそうなるっていうの?あなたって本当に勝手。決めつけにはうんざり。エレクトロ・ポップなんていうくらいなら単なるテクノ・ポップでいいじゃない。いんちきでルーズなテクノ・ポップ!」
彼女はいささか興奮しているようだった。だがパフュームについて言えば、僕だって内心穏やかでいられなかった。
「すまないが、僕はこの件に関しては一歩も譲る気はないんだ。なぜってそれはエレクトロ・ポップだから。」

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/31(金) 10:01:54 ID:mp4LGE0u
「エレクト・ポップ」
そうつぶやくと僕は勃起した。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/31(金) 12:11:57 ID:aCohghyT
やれやれ、

僕は射精した。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/31(金) 16:22:28 ID:CVGyOC6f
ちょwww

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/10/31(金) 17:53:33 ID:aCohghyT
僕は・ノッチが・好きだ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/01(土) 02:15:01 ID:nYlQVXSz
やれやれ、とにかく僕はのっちの中に何度も射精した。


112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/01(土) 18:47:06 ID:nmCP7dRR
もしかしたら「いのっち」もなかなかE→かもしれない、そう思い当たった。
あののっぺりした顔を見てると不思議と安堵感と安らぎを覚えるのだけど、しかしV6はエレクではない。
では、なんだというのだろう?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/15(土) 14:04:05 ID:e0a4XDmR
「パヒームなんて下らないわ。」彼女はうんざりしたように呟いた。
「あるいはそうかもしれない。でも、これは起こるべくして起こったことなんだよ。高度資本主義経済とエレクトロニクス、グローバリズムとポストモダニズム…」「どうしても嫌だって言うんなら槍を持ってマンモスを追い掛け回すしかない。」
「エレクトロニクスなんてくそくらえだし、ポストモダニズムなんてまっぴらごめんだわ。それに、マンモスと人類は同時代に存在していなかったんじゃなかったかしら。」イライラと早口でいうと彼女はまたパヒュームのCDをヘアピンで傷つける作業に戻った。
「オーケー。分かったよ。マンモスが気に食わないなら、ナウマンゾウでもいいし、なんならサーベルタイガーでもいい。たのむから僕のCDを使ってグリッチノイズをつくるのをやめてくれないか。」


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/15(土) 21:37:48 ID:4Xeeoiqm
>たのむから僕のCDを使ってグリッチノイズをつくるのをやめてくれないか。



コーンポタージュ吹いた。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/15(土) 22:44:09 ID:SQk5yWxF
いや別に全然

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/16(日) 23:13:39 ID:HqKxWrXY
鼠がエレクトロニカを聞いているのを僕は今まで一度も見たことがなかった。
鼠にエレクトロニカとは何だ、聞かれた時、
「さぁ、よくわからないな」
と、僕は答えた。
そう、わからない。
耳の綺麗な女との今晩のセックスでは、CDの順番でいうところ、八曲目のエレクトロニカの電子的なバスドラム音が裏ビートで28回刻まれた瞬間、僕は射精した。
いつもより早いな、と、僕は思った。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 01:17:17 ID:qGgbSFkT
「もう思い出さないでね」

奥の部屋から声が聞こえた。

「もうエレクトロニカのこと思い出さないって約束してくれる?」

「約束する」と僕は言った。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 01:18:40 ID:krVXZZk3
つまんね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 07:06:27 ID:HPZi3cTs
「つまんね。」
そう呟くと彼はまたヘッドフォンをつけてパヒュームを聞き始めた。
「あまり社交的ではないのね。」
彼女は彼のほうを見もしないで、退屈そうに言った。
「あまり社交的ではないんだ。」
僕がそう言うと彼女は少し首を傾げて、チッチッチッチッと舌でノイズのような音を出した。
それは彼女が考え事をする時のクセだった。
「でも、それは彼の責任ではない?」
しばらく考えた後彼女はそう言った。
「あるいは、そうかもしれない。でも、それはどうしようも無いことなんだと思う。好むと好まざるとにかかわらず彼はスポイルされてしまうんだよ。親や教師やビルゲイツやニシムラさんによってね。」
「…私たちによっても。」
彼女は彼の方をじっと見つめながらそう囁いた。
彼は僕らの話を知ってか知らずか、相変わらずパヒュームを聞いていた。


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 17:36:34 ID:krVXZZk3
(´;∀;`)イイハナシダナー

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/17(月) 21:59:06 ID:qGgbSFkT
駄目だね。好きになんかなれない、とても。
何の意味もないことだよ。
かっこいい音楽をみつける。ネット上に書いて紹介する。
ここを聴きなさい。ここを誉めなさい。
でも、どうしてわざわざそんなことしなくちゃいけないんだろう?
みんな勝手に自分の好きな音楽を聴いてればいいじゃないか。
そうだろう?
どうして他人に音楽の質までいちいち教えてもらわなくちゃならないんだ? 
そしてね、そういうところで紹介される音楽って、
有名になるに従って持ち味もモラールもどんどん落ちていくんだ。
十中八、九はね。
需要と供給のバランスが崩れるからだよ。
それが僕らのやっていることだよ。
何かを見つけてはそれをひとつひとつ丁寧におとしめていくんだ。
真っ白なものを見つけては、垢だらけにしていくんだ。
それを人々は情報と呼ぶ。そういうことにとことんうんざりする。
自分でやっていて。


122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/19(水) 00:09:05 ID:vIn90MXW
やれやれ

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/11/25(火) 05:04:32 ID:YLgaOl9P
僕は射精した
やれやれ

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/12/16(火) 19:40:45 ID:2y76hqAW
やれやれ やれやれやれっあれっ?やれやれゃれやれれれゃれれやれやれやれっあれっ?ぁれっれっれれれれれれれぇー やれれれれれれれれれれれれれれれれれれぇーゃれやれやれやれやれやれやれやれやれやれやれやれやれっ 

やれやれだ全く。

125 : 【吉】 【1252円】 :2009/01/01(木) 11:17:25 ID:CD/XNYAk
一先ずおみくじを引くことにした


やれやれ
僕はこんな結果を望んではいなかったというのに

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/12(月) 04:22:25 ID:+Tz/w66P
「タータタータタタタッタッタラタッタッタタラタ」
と彼女は俯いたまま答えた。

オーケー、素直に認めよう。
それは確かにヴォードホスブンだったし、彼女の表情はウィンドウリッカーのジャケットそのものだった。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/01/16(金) 12:49:52 ID:e2H8l86x
sweet vacation可愛いよな

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 14:10:24 ID:TgaCbYGr
新刊記念age

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 20:04:27 ID:osrukoLJ
はぁ、新刊ってなんのことだ?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/05(木) 20:06:29 ID:J0PfxNbC
>>129
http://www.shinchosha.co.jp/murakami/

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/06(金) 02:41:22 ID:gI8n7uh9
「人生の時間の半分以上は音楽に触れている。
エレクトロミュージックに。」
「わからないわ。」
「それでいいじゃないか。」
「馬鹿にしてる?もしかして。」
「少しね。でも全てを理解することが良いことなのか?わからないままいる方が僕は価値があると思うがね。」
「あたしのことは?」
「わからないよ。一生。わからないさ。」
「何故だか嬉しいわ。ありがとう。」
「うん。そんなことより早く服を着て。そしたら海へ行こう。」
「なるほどね。」

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/15(日) 23:31:44 ID:125Xbapz
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  
|   ⊃  |   オーケー認めよう、それは僕のスタイルじゃない。
 \ ー  /



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/05(木) 10:53:40 ID:SZ0bUJZL
>>12
いいな、これ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 06:59:50 ID:5o1yXDG7
赤く日焼けした桐製のタンスを眺めズレについて考え呟いた。
「一体それに何の意味がある?」鼠が言う。
「社会の歪みが産むズレ、人間の鈍感さが産むズレ…君は本当に苦しんできた」
「そう。僕は苦しんできた」
「そのタンスが時と供に歪んでしまったように…」
「僕はそんなの期待してない」
「でも君は悩んでいる」
僕はため息をし腰を上げ窓の外を眺める。一体いつになれば病院を出ることが出来るのだろう。
「永遠さ」
夕方の検診にやってきた看護師にお尻を向け軟膏を塗ってもらう。
「村上さん、股ズレ大分良くなってきましたね」
「やれやれ」僕は横になりずるむけたお尻をタンスに向け、ズレについて考え始めた。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/06(金) 16:47:19 ID:NG162fQ0
>>134
タンス・タンス・タンス

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 00:15:19 ID:Fw6n/dE2
うg;おgbごうg;/:hg:いh:」hんきb:
うg:/;いひh」:おっhふぉどろdyvろ:@にb:いうg
h:おh「h9h7gf5d7547tybkんjh;いh;いふg
いh@h@hんlml;、;」、p、pきじgつえx
lkんい

そう、僕はPerfumeが好きだ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/07(土) 21:42:24 ID:DwIrTcrF
「君がエレクトロニカをやりたいだって?」
僕はコカコーラの入ったグラスを持ち上げてそう言った。
「まあでも、どうやっていいかもわからないし、やるお金もないけどね。」
「君がもし本当にエレクトロニカをやりたいなら、そうだな、クラブハウス
掃除でもしたらどうだい?」
「いや、SP404を売ればお金は満足すると思うんだ。」
「君は本気で言ってるのかい?」
「俺が冗談を言う人間に見えたなら心外だな。」
やれやれ。

138 :137:2009/03/07(土) 22:44:56 ID:5Q+y7dyc
続き
「俺次のPerfumeのプロデュースするんだ。」


そのとき、ドアを開けて理解のできないおかしな恰好をした男が店にやってきた。
中田ヤスタカだった。

ナカタヤスタカ・・・ようやく、僕は自分のおかれた状況に気がついた。やれやれ。
僕はまた知らないうちにPerfume的雪かきのシステムに飲み込まれているらしい。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/09(月) 23:11:42 ID:565IaSYo
仕事場に向かう。夕方のプレゼンの事を思い気が重くなる。
「うまくやれ」
昼休みに入ったイタリアンが満席でOL達と相席になる。髪の匂いに思わず勃起してしまう。アサリの冷静パスタは絶品だった。そして心配のプレゼンも上手く出来た。
気持ちが良かった。社会の一員になれた気がした。仕事が僕に冷静を与える。
帰宅しペットのカンガルーと散歩に出る。「僕が普通じゃないのはこいつだけだな」笑みがこぼれた。かつてペットだけが僕の理解者だったが、今は違う。「うまくやれ」再び呟く。
不意に、出し抜けに、自分が服を着ていない事に気が付く。
「やれやれ」
部屋中に言葉が響いた

140 :139:2009/03/09(月) 23:57:56 ID:yNdwp39f
そして、中田ヤスタカが訪ねてきた。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/19(木) 21:20:00 ID:tENLpOia

〔私を〕

     呑む───やがて                 混沌─→

        がや、りま始が音号

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/03/27(金) 20:46:49 ID:4kyhBxRQ
>>141
懐かしいな

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/10(日) 23:35:22 ID:FQcTGSGl
「いや、そうじゃなくてね。ノイズを聴いたりしてさ、リラックスするわけさ。Tim Hackerとかでさあ。」
「わからないわ。私にしてみらノイズはノイズだもの。オズラさんのコメントとか。」
「えっ、オズラさん」
「例えばよ。例えば。」

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/13(水) 22:13:47 ID:yWSwSSdg
やれやれ、松平健かと、僕は思った。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/26(火) 00:38:25 ID:4D+ShT7l
いくわよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 23:30:28 ID:4E165Jlx
ふかえりって深津絵里のかとかもしれない

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 01:05:30 ID:U+QgPHP8
天吾はダークサイドに堕ちるのさ

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 22:19:12 ID:hwjo6AoX
   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  | 僕はファッショナブルだろ?
|   ⊃  | 
 \ ー  /  何故だか、女の子のほうから僕によってくるんだ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 23:07:16 ID:BmYFnUp2
やれやれニダ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/19(金) 05:54:30 ID:KwxEoPqC
ちょっと待ってくれ
ダークサイドってなんだ?
まだ僕はBOOK1を読み終えたばかりなんだ



151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/28(火) 23:50:12 ID:iJ+r70d/
やれやれ

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/05(土) 23:21:44 ID:4/jWVw9J
あるいはそうかもしれない

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/12(土) 04:02:20 ID:KP0DzU8u
やれやれ

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/29(日) 07:02:54 ID:damLEWWS
54757

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/07(月) 03:12:43 ID:8RiEoECO
「やれやれ。「やれやれ。僕は、まだ気だるく、アンニュイな、ダルなムードが漂う時間帯の
オフィス街にある店の中にある店内(当たり前だが)を後にした
のかしてないのかよくわからないようなムードが漂っていた。やれやれ」

「ねえ、そのお話、前にも聴いたことがあるの」
とエレクトロニカ子は言った」

春樹はエレクトロエレクトロニカ子と同席してから、かれこれもう小一時間、
ぶつぶつと小説のアイディア、そのフレーズを、壊れたラジオのように繰り返していた

「やれやれ。あなたって、エレクトロニカ子の話をしている時は私のことなんてまるで眼中にないんだから。馬鹿みたい」

「やれやれ。エレクトロエレクトロニカ子は、僕の小説をまるでエレクトロニカ子と言う女性のように捉えているんだね
やれやれ」

「あら、無神経なアナタがそんな
女の嫉妬とアイロニーに気づくなんて」

「珍しいわね」
「珍しいわね
アナタたちが一緒にいるなんて」

エレクトロエレクロエレクトロニカ子という第三の忍者が唐突したことによって、
珍しいわねがライヒの音楽のフェイズのような微妙なズレをもって重なった



だから、ほっっ

かほっかのパンティーを脱ぎ捨てて、ハルッキーこと、僕と、2人のビッチはしっぽり、ならぬズッポシと3P三昧。
ラブホで大冒険、大盤振る舞いで、延長戦まで突入(マ〇コに)して、

やばかったのだった
マジで(笑)

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/07(月) 03:16:04 ID:8RiEoECO
>>19

>>24

(笑)

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/08(火) 08:46:30 ID:pOHchifd
悪くないエレクトロニカだった。
そして僕は風呂に入り、全身を丁寧に洗い、
鏡の前に立って自分の裸を観察してみた。
顔、胸、肛門、金玉の裏・・・

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 09:55:55 ID:yoRExkgq
やれやれ

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/16(水) 12:09:18 ID:NjWMPDoE



   ,,,,,,,,,,,,,,,
 / ,,,, ,,,,\
|  ・  ・  |  ・・・やれやれ
|   ⊃  | 
 \ ー  /  

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 09:18:57 ID:AOWakOTU
http://c.2ch.net/test/-/contemporary/1252153001/1-
http://c.2ch.net/test/-/hack/i

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 18:13:49 ID:He+bemMi
6386

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/24(水) 21:07:48 ID:Uns3I3ch
死ねよ数字糞野郎

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/03/27(土) 22:08:12 ID:MhQpDeAk
「おっすオラ、エレクトロニカ」
恥ずかしそうにつぶやく彼女の横顔を眺めていた。僕らはその後何度も交わった。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/08/29(日) 01:15:23 ID:Wi81L/oY
ふぅ・・・

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/09/08(水) 15:11:02 ID:+dW+h+Vz
                   / |             
                ,r‐、λノ  ゙i、_,、ノゝ    
              ゙l            ゙、_
              .j´ . .ハ_, ,_ハ   (.
             {    (゚ω゚ )   /─   
               ).  c/   ,つ   ,l~
              ´y  { ,、 {    <
               ゝ   lノ ヽ,)   ,


166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/10/01(金) 08:22:58 ID:bJrDBp+k

女「ちょっとここ(脳)がね、ストライキ起こしてる」
男「・・・ストの原因は?」
女「・・・」
男「労使交渉は済んだの?」
女「・・交渉のテーブルについてくれないのよ」

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/12/16(木) 22:58:59 ID:JNL0e9dP
やれやれ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/03(月) 00:46:55 ID:vyUoKlpT
「ちょ、ちょ、おま、あのな、待てよっ」と俺は慌てて言ったんや。
「あんな、いくらエレクトロニカの廃盤を仕入れたっつってもな、電話およびメール、その思いつく限りの連絡、全部無駄やねん。
何故か教えたろか、うちな、現在無職やねん。いわゆるニート。収入ゼロや。そんなん買う余裕ないんやから諦めてください。」
「そんなん言うても欲しいもんは欲しいやろ」と店主は言った。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/31(月) 16:06:53 ID:ch7paizz
踊れない

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/31(月) 16:21:48 ID:GNuj0se6
自分に同情するな。
自分に同情するのは、
エレクトロニカな人間のすることだ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/16(月) 16:23:55.49 ID:UhXIfONa
エレクトロニカという音楽を聞くことは
古く錆びついたカメラのシャッターを
切る事に似ているかもしれない。
作る側の人間は同じ体勢を長い時間取り続け
聞く側の人間はあれこれとピントを根気強く合わせようとする。

けれどやはりエレクトロニカはエレクトロニカの
ままでしかないのかもしれない。
明日もエレクトロニカはエレクトロニカのままであり続けるのだろう。
エレクトロニカは月も見ずに朝を待ち続けるかもしれない。
そもそもエレクトロニカに月を見えるかはわからないが。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/19(木) 01:13:14.82 ID:EYZGd1Us
エレクリトリスって素敵だわ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/23(月) 14:08:06.27 ID:rAvoW98j
いつもと同じカフェに入る。
まるで戦前から存在しているかのような雰囲気で、いくつかのイスは座る者を拒むかのよう朽ち果てていた。
クールマイルドに火を付け、辺りを見回し、唯一受け入れてくれそうなイスに座る事にした。
この時代から切り離されたカフ相応しくない美女がメニューを取りにくる。
「いつもの」
「いつもの?」クスっと笑う。
この瞬間椅子が抜け僕はこれまで発したことの無い奇声を上げてしまった。
冷静を装いタバコをふかし彼女を探すと、
キッチンの奥でゴリラと接吻しているのが見えた。
「やれやれ。」
僕は壊れた椅子に気づかず転び、アヌスをゴリラに見られてしまった。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 06:16:34.73 ID:atf6YdIg
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51294024

175 :誘導:2011/06/19(日) 17:32:14.45 ID:gLE/PFqe
村上春樹総合33 
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1308445061/

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/16(土) 23:17:52.15 ID:pGyxKcHe
僕はPerfumeが好きだ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 01:17:26.80 ID:mqsK8Mhi
知ってるよ。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 09:55:58.84 ID:TRF1qxRa
ドリルン?

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/17(日) 17:16:14.18 ID:wCAawkHM
そう、ドリルン。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 14:22:57.81 ID:6W6QCNld
僕は

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 16:00:20.33 ID:WvdZqywP
ドリルン

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 23:19:59.73 ID:BXCaC0XH
僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのドリルン」と呼んだ。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/22(金) 17:53:51.73 ID:V6/taBSR
僕が六番目に寝た女の子は、「あなたのホヤ貝」と呼んだ。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/02(火) 12:14:52.77 ID:6bNV4FO8
オーケー認めよう。エレクトロニカはドリルンだ。異存は無いよ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/04(木) 18:15:43.85 ID:45LXfzzQ
「ドリルン!」と彼は言う。そして微笑む。僕はうまく頭を整理することができない。



186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/27(木) 17:02:03.87 ID:onkG0l1P
洗いざらしのシャツにチノパンを履く。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/02(水) 23:37:14.82 ID:jVh7FSR0
オーケー認めよう。僕は中田英寿が嫌いだ。

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)