5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アイドル戦国時代】AKB48、スマイレージ、ももクロ、東京女子流…エロパフォーマンス合戦が過熱[10/11]

1 :読者の声:2010/10/11(月) 16:43:40 ID:aMlY1F9p
 AKB48、モーニング娘。、スマイレージ、ももいろクローバーなど、若手からベテランまでがしのぎを
削り、さらに韓国から少女時代やKARAなどが日本上陸を果たしたことで、アイドル戦国時代の様相を
呈してきた昨今。現状では、AKBが見事に抜け出た感はあるが、かつては国民的アイドルだったモー娘。を
例に見ても、アイドル人気の移り変わりは早く、油断はできない状況だ。

 アイドル間のファンの奪い合いが激しくになるにつれ、男性ファンの目を引くためのエロパフォーマンスが
過熱してきている。一昔前であれば、エロを売りにするのは、グラビア系のセクシーアイドルや落ち目の
アイドルだった。だが、いまや10代の現役バリバリのアイドルたちがエロパフォーマンスで競い合うほど、
競争は熾烈になっているのだ。

 NHK「紅白歌合戦」出場やオリコンチャートの1位獲得などで国民的アイドルの地位を築いたAKBは、
第2回選抜総選挙後に発売されたシングル「ヘビーローテーション」(キングレコード)のCDジャケットで
メンバーの下着姿を披露。さらに同曲のPVには、下着姿ではしゃぐメンバーの姿に加え、大島優子(21)と
前田敦子(19)の女の子同士のキスシーンなどもあり、妄想に火が付いた男性ファンをガッチリとキャッチした。

 AKBはブレイク前から、ライブで大開脚でのけぞるなど"ストリップまがい"と揶揄されるほどのセクシーな
ダンスをしており、3月に開催された横浜アリーナ公演で大島、小嶋陽菜(22)、篠田麻里子(24)の人気上位
メンバーがSDN48の楽曲「魅惑のガーター」を歌った際には、下着風の衣装で踊り、しまいにはガーターを
脱ぎ捨て、指でクルクルと回した上に客席に投げ込むというエロ過ぎるパフォーマンスを披露している。
アイドル人気の不安定さを知る秋元康がプロデューサーなだけに、トップに立っても、アイドルオタクを
囲い込むためにエロ要素を忘れないという姿勢が見える。

(続きは>>2-3あたり)

ソース http://www.menscyzo.com/2010/10/post_1830.html

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)