5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

刀装具について語り合いましょう。

1 :縁頭:2009/01/28(水) 21:00:33 ID:a97eHah+
pさんの提案です。

2 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/28(水) 23:20:00 ID:cF7KcQij
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ○ンチタイム

┃ 左から読むと○には「ラ」か「ウ」を挿れますが
┃          人
┃ ゥ,、       <。 >
┃ ゥ,、 (⌒─⌒) /Vミ バシ!!
┗━━ ((´^ω^)) / ミ <右から読むと、違う文字を入れたくなるのです!
     /) y )つ
 |~ ̄] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


3 :平安城:2009/01/29(木) 12:23:20 ID:exOwK4v0
鍔を見ていつも不思議に思うのだけれど、大刀用の鍔に小柄や笄用の孔を設け
るのが多いのはなぜなんだろう?
脇差はいつも差しているのだから、小柄や笄はそっちにつけるだけで良いはず
だ。
大小揃いだと両方に小柄と笄をつけているのも謎だ、ふたつも要らんだろう?

4 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/29(木) 12:55:18 ID:mTiIzy4h
クソスレはたてるなって
_____ ____
       ∨   _
           {!!! _ ヽ、
            ~ `、  \
       ∧_∧  , ‐'`  ノ
      ( ´∀`)'" .ノ/
  ,-‐'⌒" ̄ `Y"   r '
γ' −、_,-ュ   ¥   ノ
(_     }-‐´;`ー イ
 ` " ̄` T彡 i ミ/
      }     '´ ̄"`ヽ
     /    _,,,,,、   j
    /   /`'  {  /
   /  ノ      |  (_,,-,
   \  `ヽ    / __ノ ァヮヮ
     \ \    ̄(;:ノД`)ー'⌒Y
      ノ  _>     ノ ノ>>1_, ノ
     <.,,_/~     (_ (_,ノ (_(__,.J

   言ったでしょ♪
_____ ____
       ∨

       ∧_∧
      ( ´∀`)
   γ⌒" ̄ `Y" ̄`⌒ヽ
  /´  、   ¥   ノ  `ヽ.
 / ,-ュ人` -‐´;`ー イ` ェ-、 ヽ
 l 「  } i 彡 i ミ/ {  `ノ
 ` `ー' .}    {  `ー'´/ ̄ ̄\
     /      \||  |  グシャ  |
    /   /`ヽ、 i |i  \  _/
   /  ノ    l| | i|   //
   \  `ヽ    |    ||  /
     \ \  l|| l|i | ,, '⌒Y
      ノ  _>‘、|l  |・i/ノ>>1
     <.,,_/~,-・i |゚;・li。i,・'(__,.J

5 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/29(木) 17:57:01 ID:mTiIzy4h
   ????     ?????????      ???????????  ??????
    ???? ??  ???? ?????        ????      ????
   ??? ??????????????                ?????
 ????????? ??  ?????                  ????
 ????????      ???????                 ???
    ??? ???   ???  ??????              ???
  ????????? ?????   ????????           ???
  ????  ?????   ?????  ???????         ???
?   ??? ????      ???                  ???
???  ???  ??                           ???
 ???  ?        ??????             ????????
  ?              ?????             ??????
                                     ?

6 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/29(木) 20:29:44 ID:pH7BrXFd
拵えって自作できますかねぇ

7 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 10:06:03 ID:lLpxgLvF
>>3
室町以降は実用より装飾の為だからじゃないか?
>>6
金具があれば可能

8 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 10:18:04 ID:SodI0Qb6
買った時からついていた、金具や鍔を別のものに交換するのって簡単ですか?

9 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 11:05:17 ID:eryxq5fc
>>8
寸法がぴったり合えば可能だがそれが問題、縁頭は柄巻きを変えなければならない
小柄、笄は寸法が近ければ可能、鍔は切羽と組み合わせれば比較的簡単に換えられます。


10 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 17:35:01 ID:SodI0Qb6
実話、今買おうとしている刀があって、金具があまり気に入ってない。
だから自分で替えようかとおもってる。

どうするかなー

11 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 18:16:55 ID:WWL2w7kB
□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□■■□□□□□■□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■□□□□□■■■■■■□□□□□□□□□□□□□■■□□
□■■□□■□□□■□□□□■□□□□□□□□□□□□■■□□□
□□■□■■□□■■■□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□
□□□■■□□■■□■■■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□
□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□□■■□□□□□□
□□■□□□■□□□■■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■■■■■□□■■□□■■□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□■■□□□□■■□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□■■□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□■□■□■□□□□□■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□■□□■□□□□■■■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□■■■□□□□□□□□□□■□□□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■■□□□□□□■■■■□□□□□□□


12 :平安城:2009/01/30(金) 18:53:27 ID:txMxfApB
>>7
ふ〜むなるほど。

13 :名前なカッター(ノ∀`):2009/01/30(金) 21:35:18 ID:PVlZwVcZ
>>10
時代柄ならいじるのは勿体無いから自分で作っちゃえば?
http://www.n-p-s.net/tsukamae.htm

14 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/01(日) 13:40:17 ID:s7lHOqbD
どういう部分の違いで時代の判断ができるんですか?
http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d89361646

この類のシンプルな鍔の鑑賞のツボみたいの教えて下さい。

15 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/02(月) 04:01:54 ID:fQqil2Ip
夏雄って滅多に売りに出ないけど大体相場はいくらくないなの?
鍔や小柄の単体でも傑作は1000〜1500万円くらいかな?


16 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/02(月) 15:44:52 ID:iGxL/R9n
      i∨|/|///          ,. -,. ‐-、 、,-‐‐-、 ゝ∧∧/
      、!ゝ!      ///      ,. -' ,. '", ,` ゙ヾ ヽゝ∨
   ヾ、!`         //       /,. ,. '  /,.'{ イ/,} !i l ヾ    おて
    ゞ   ┤,-、  /  //     / ,' ' ,' i ,!ノ-リ,!ゝ,(、ヾ,ゝ    しめ
   \  イ d、  \  ∠,    ノ/ /' 'ノノ{iニニニ´',}ノ'y、ヾ.   え│
   フ   フ_  _フ__  (_     { ' ,'; ノ{'"__`ー'" ,.'-'、`,ゝ   てに
   >   '´_)  (__  <     ,!  ト'´.r',、ヾ ' ,i/ r''; i!<   やは
    )   /////  |    \    iハ ; ! { l!i! |ェ. ,'!、.゙"ノ',->   ん
   ´つ  ・・・・・  l、_ノ  ゞ、    { ソ、ヾ、´// ',``ニ´'>,   ね
   ∠        ー,‐  スヽ    } i':::. `',r'!" '"` ):.. ∠,   │
    /イ       (__ 、<.     i '!、_,. ヘ=、_,ィフ'"`ニ=='フ  │
     / ,        、ヽヾ     { 'i::;: i=-ェ;;;┴;;;ェ=彳'//イ  !!!!!
      ' イ/ハ∧/ヾ`        | l::;. !,i-!__l_l_,.!.-!-!| /,イ /レ、∧ハ∧
                     ,! : l:: il|llllllllll|lllllllllll/,'/  |ハ、、  i
                        { 、 ' i: |.ir'" /.  _,./,っ / /,' ) ,' }
                      } ', |: i.i lTT'T"|´!'.ノ/ /:/,' ,i {!、-(!-、
                     ノ ,' ,}:: !ゝ}i`コi´,!| '/ ',. ゝ、(ヽ` `
                    ´i´{ ' (::' ゙ 'J ̄},!´" ,/::."
                     `i')、!ヽ;::::::::. {::::.. /:::...:::::::::'''''  ''':::
                      ノ' '  `ー'"`ー/:::..::::::       '::::::'::

17 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 06:58:45 ID:AymIptdJ
>>14姿形(肉取り)と地鉄。写真で見る限りかなり若い気がする。幕末?
シンプルさを楽しむ。
楽しめる程度でもない気がするが。。。


18 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 09:36:42 ID:iuDJaGgE
詳しい人いませんか?

鞘や柄をくっつける、のりの作り方
教えてください。

19 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 10:35:22 ID:jGVYmRMQ
ゆるめに炊いたご飯やもち米ををコネコネするんだけど…
障子糊(でんぷん糊)で十分だよ

20 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 18:46:25 ID:iuDJaGgE
障子糊で普通にくっつければ、いんですか?

骨や注意する事があったら、ご教授ねがいます。

21 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 19:16:33 ID:CMy4ApkU
 お断りします
        お断りします
            お断りします
      ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )  お断りします
    /    \  \  \  \    お断りします
  ((⊂  )   ノ\つノ\つノ\つノ\つ))   お断りします
     (_⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ       お断りします
      ヽ ヘ } ヘ }  ヘ } ヘ }
  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J ノ `J ノ `J

22 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/03(火) 21:17:16 ID:jGVYmRMQ
張り合わせたらキツくひもで縛って一日放置
コツなんて特にないよ
たかがでんぷんなんだけど、思いの外強固に着いて感心するよ

ただ、貼る面どうしが合ってない(隙間がある)と思いっきり弱い

23 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/05(木) 15:14:36 ID:ap/b9exc
現代金工の鍔とかはどこで売ってるの?

24 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/05(木) 15:58:26 ID:2/Uu1ulz
>>23
鉄鍔なら!
http://home.a01.itscom.net/ryuken/
安いし上手



25 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 06:46:57 ID:5jaUXc/K
>>20
すり潰したタバコの葉を混ぜるのを忘れないように。
センブリが手に入るならセンブリを。

これやっとかないと保管してるとそのうち虫がつくぞ。

26 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 14:11:03 ID:re2ERgxv
市販のでんぷん糊でもセンブリ混ぜなきゃダメ?
煎じた汁?かなり入れるのかな?

今までそのまま使ってたよorz

27 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 15:19:18 ID:qxr5RIRk
どのくらいの量を混ぜるんですか?


28 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 15:41:30 ID:5jaUXc/K
煎じた汁で糊を溶く、って言うのと糊にひとつまみくらいの挽いたセンブリを混ぜる、
というのがあったみたいだけど。

特に鮫皮貼る時はセンブリかタバコの葉混ぜないと、そのうち虫食いでボロボロに。

29 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 15:53:57 ID:5jaUXc/K
ついでにどうでもいいオマケ。

今は真っ白い鮫皮が好まれるが、昔は鱗と鱗の間に泥が詰まって黒っぽくなった物が
好まれた。
これは「鱗の間に泥が詰まって落ちなくなるくらい長く生きている」ということだと
考えられて、縁起がよいとされていたから。
実際、鱗が大きくなる種類でもある程度成長しないと鱗は大きくならないから、泥が
入っているような老魚の鱗は大きかった。

・・・でもそこはしたり、若いが鱗が大きいものをわざと泥洗いして「泥鮫」にする
工程があったりしたとのこと。

最近は薬品で漂白しちゃうので、皮が固く痛んじゃうものが多く手芸品店なんかで
安い値段で売ってる鮫皮は加工が本来以上に大変。

30 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 16:29:56 ID:J36vtTtQ
>>29
勉強になります。白い鮫皮が喜ばれると思っていました。確かに
古い拵えの鮫でくすんだ色が有りますね。永年変化と思っていました。

31 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 16:55:26 ID:OFDZVLya
>>30
昔は白い鮫皮が喜ばれていました。鮫を白く見せる為に鮫を薄く引き、
下に白い和紙を貼って白く見せる工作もしていました。
泥鮫のことは知りませんが、刀よりも高価だった鮫皮をより白く見せる為に、
菱を大きく見せる柄巻きも流行ったそうです。
古い拵えで卵色がかった色は経年変化でしょう。
現在では古く見せるように、わざわざ卵の黄身で染めたしますね。


32 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 17:09:13 ID:mvkJ+b0Z
>>15
5万で買えるってさ
http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w34475044

33 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 17:09:38 ID:J36vtTtQ
>>30ですが
あれあれ、話が違いますね。でも>>31さんの内容は私の今までの見解と同じ
です。
どちらが本当???

34 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/06(金) 21:09:09 ID:qxr5RIRk
鞘と柄を作るときの、糊の作り方は同じなんですか?

35 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/07(土) 00:47:50 ID:86BzC2GG
>>33
>29の人は素材としての鮫皮一般について語ってるのだと思うんだけど。
で、それを刀の柄に使う時には>31の人の説明してるようにした、という
ことだろう。
泥が多少詰まってる方がよいものだ、とされた素材としての鮫皮を、
より白い方がいい、とされる柄鮫にするには並々ならぬ苦労と技術があった、
という理解でいいのでは?

36 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/07(土) 11:29:14 ID:2r2YWXEQ
>>35
>>33です、ありがとうございます。
その様に解釈させて頂きます。

37 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/08(日) 18:44:32 ID:StpOL20t
栗形や返角等は鞘塗りの最後に付ける物なのでしょうか?
先に付けたのですが、塗りや研ぎの時に邪魔でかなり苦戦してます。

38 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/08(日) 23:21:46 ID:8QkxUhas
漆かぶれのほうが怖えー

39 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/09(月) 00:33:01 ID:7VaU0y/Z
>>37
黒漆塗拵えとして一体に塗り潰したり、鞘の色を朱色にして角や栗形も朱に・・・とかでなければ
普通は鞘塗りしてからくっつける。

ただこれだと角や栗形と鞘との間には隙間や段差、接着材のはみ出し後なんかがつき易いので
きれいに仕上げる事に拘る時は邪魔でもくっつけてから鞘塗りするしかない。

40 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/10(火) 12:47:37 ID:SsRhL5nR
表面がザラザラしている鞘って、どうやってつくるんですか?


41 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/10(火) 13:52:42 ID:fDRgE6Bn
>>40
適当に作る、ザラザラ

42 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/10(火) 14:47:18 ID:pjOnBofa
>>40
石目鞘は乾漆粉や炭粉を塗料に混ぜる。
その他に叩き塗と言うやり方がある。
その見た目や感触が好まれるが、鞘引き時に鞘と帯との接触面積が少な
いのでその分抵抗が少なくなり実用的にも優れている。
特に湿気の多い時例えば大量の汗をかく夏の稽古時には良い。

居合人の好む拵えの例としては、金具は肥後拵えで、鞘は石目塗で栗方
から鯉口部は角材もしくは銅板で補強して細紐で巻く、また(尾張)柳
生拵えのように鞘内側(腰に当たる部)は平らにして目抜きは逆にして柄に少し埋め
込む。
鍔や柄巻きにはまたいろいろ蘊蓄を述べる人がいるでしょう。。


43 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/11(水) 08:16:58 ID:oNRlJC7j
居合の理想的な拵をみんなで考えようぜ。

鞘は石目塗

縁頭は肥後風

目貫は長めな方がいい?

鍔は?

柄巻きは?


44 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/11(水) 12:20:47 ID:7L1tzxpf
長州屋で刀装具の特集ページが掲載された
http://www.choshuya.co.jp/kinko37kei/index.html
素晴らしい

45 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/11(水) 23:54:41 ID:Fnihzwkw
図様は「6.自然界のいとなみ」系が好きだな

46 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/12(木) 18:02:24 ID:oZ9SXPWN
居合用って道具としての使い勝手優先だからなあ
目貫も無くて良いと思うし、あっても薄い物のほうが良いんじゃないか?

鑑賞用なら柄巻きは諸捻でも蛇腹糸巻きが美しい

47 :平安城:2009/02/12(木) 18:14:36 ID:vvpvs1v7
>>43
>縁頭は肥後風
こじりも肥後風が良い、一作物なら文句なし。
美しくて抜き差しも良い突兵拵えも候補だ。
ところで肝心の鯉口の理想はなんだろう?
角製かあるいは軍刀のような金物(ただし三式の鉄はいただけない、98式陸軍
刀の真鍮より万一刃先が接触しても銅の方が柔らかいから)は?

48 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/12(木) 18:46:11 ID:h9uPpc0y
>>44
死ね

49 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/12(木) 21:58:46 ID:49mb2ZX7
居合いはNGだろうけど、小柄&笄&返角の三点セットに憧れる。


50 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/12(木) 23:21:22 ID:zOMQRFNt
実用的ではないかもしれないけど半太刀拵に憧れる居合人です。


51 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/12(木) 23:42:42 ID:B7JKtS3F
大戦時の軍刀だって半ば太刀っぽいし、案外実用的なのかもよ?

52 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/13(金) 12:00:18 ID:3NxdxELi
鮫は巻き鮫で確定。
講武所チックな金具いいよなぁ。
鍔は透かしじゃなくて武骨な海軍刀みたいなガッチリしたやつ。



53 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/14(土) 07:04:48 ID:Am8TR/vI
軍刀拵えは重いんだよなー

54 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/14(土) 17:39:17 ID:FUwIf0UK
居合用柄巻は諸捻巻がいいよね。
菱紙を厚めに入れて太目にした方が扱いやすいような気がする。

自分で柄巻やってる人います?


55 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 09:57:06 ID:SeXlTbw+
最近、書き込みが無い様ですので・・・
刀装具の材料の事ですが素銅、赤銅、四分ー、銀、金等が有りますがベース
にする材料は皆さんはどれが好きですか?

四分一の金具がが映える拵えはどんな色、材質でしょうか?

56 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 16:58:49 ID:ip3FY2Aq
四分一いいですよね。
黒い革巻きとかシブい感じしますよ。
黒鮫なら尚更。

柄巻は自分では難しそうですね。

57 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 17:25:06 ID:SeXlTbw+
四分一の縁頭を持っています。拵えにする場合は鍔、小柄、笄も合わせないと変かな?
目抜きは合わせなくとも良いと思うのですが。


58 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 20:08:39 ID:15E3qftC
>>57
うpすべし

59 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 22:56:36 ID:tXIbOY8V
都内で刀装具が一番置いてあるところはどこですか?

60 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/17(火) 23:07:25 ID:dcrNzQgw
ヤフオクw


安物なら、骨董市系行けばそこそこ置いてあるから、
店で聞いてみれば?

61 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/19(木) 23:18:20 ID:cd9NPueW
拵えを作ってる奴って何円ぐらいの金具を使ってるの?
50万円の鍔とか使っちゃうの?

62 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 09:35:37 ID:UgbNtMV3
>>61
刀の時代や格によるのではないでしょうか。

古刀の太刀で長い物なら太刀拵え以外なら天正拵えでしょうから金具も
室町、桃山時代の古後藤とか古金工だと三所物だけで50万か軽く行きます。
下手すると刀より金が掛かってしまします。
それだけお金を掛ける価値のある刀かと言うことです。

私は現在上記の拵えを予算100万で作成中です。

63 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 09:39:04 ID:UgbNtMV3
>>61 
62ですが

他の板は現在荒れていて書き込む気がしません。
この板は平和に行きましょう。

64 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 11:31:07 ID:1qQSVp6h
>>61
死ね

65 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 11:31:19 ID:vZqdZj8W
つまり、おまえはここに来るなって事ですね。
わかります。
パンツが来ると荒れますものね。
分かります分かります。

66 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 11:37:35 ID:GD4dHwSN
>>62
拵作成楽しみですね。
自分は自作中ですが、鞘塗りに難儀してます。
まだ布着せ後1回目の錆下地なのですが、漆の扱いがあまりにも難しく諦めモード…
かといって後の塗りだけ頼むって、どこに出せばいいのやら。

67 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 17:50:18 ID:mmgDkNR9
>>65
パンツが来ると荒れるんじゃない、パンツに粘着する下劣な奴らが荒ら
すのだ。


68 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 18:02:45 ID:UgbNtMV3
>>67
62ですあなたと同じ気持ちです。
パンツの疑問に答え仲良くやろうと思い書き込んだ次第です。

69 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/20(金) 18:07:50 ID:zfsZ7Llb
これは銀座情報の表紙にもなったのに全然売れないね
なぜだろう
http://www.choshuya.co.jp/sale/tousougu/163/index.htm

70 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 18:54:26 ID:l+rCovN0
>>69
消えろカス。

お前が来なければ何処のスレも荒れないんだよ。


71 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 19:04:05 ID:l+rCovN0
爆笑問題の太田氏に殺害予告をして逮捕された犯罪者の
埼玉県上尾市上尾村一〇一一ノ四七、無職小沢史人さん

犯罪者に個人情報とか云う権利があるとお思いですか?
出来れば、犯罪者の情報なんて公開して欲しいものだな。

よって、パンツの本名、住所情報は今後の防犯のために
も公開されて然るべきだと考えますが?

せっせと削除請求して下さい、犯罪者の

埼玉県上尾市上尾村一〇一一ノ四七、無職小沢史人さんw


72 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 19:16:05 ID:85iTiUwu
>>69
お前はくるなよ
空気読め

73 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 19:24:21 ID:85iTiUwu
>>67
>>68
馴れ合うと小沢が調子に乗るぞ。日本刀スレはもう壊滅してるし。
これまで奴がしてきたことを考えれば追放が一番いい。

74 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/20(金) 19:38:29 ID:zfsZ7Llb
これは銀座情報の表紙にもなったのに全然売れないね
なぜだろう
http://www.choshuya.co.jp/sale/tousougu/163/index.htm

75 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 19:57:49 ID:k1SfHGu9
唐子って題材は好きじゃないな

76 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/20(金) 20:04:13 ID:zfsZ7Llb
>>75
そうなん?
じゃあ、寒山拾徳図も嫌いなん?
中国の故事を題材にしたのが嫌いなん?

77 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 20:39:29 ID:k1SfHGu9
中国の人物図は好きじゃないんだよね
まあ、武士とかでも人物の図はあんまり好みじゃないんだけど

78 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 20:43:14 ID:l+rCovN0
>>74
爆笑問題の太田氏に殺害予告をして逮捕された犯罪者の
埼玉県上尾市上尾村一〇一一ノ四七、無職小沢史人さん

犯罪者に個人情報とか云う権利があるとお思いですか?
出来れば、犯罪者の情報なんて公開して欲しいものだな。

よって、パンツの本名、住所情報は今後の防犯のために
も公開されて然るべきだと考えますが?

せっせと削除請求して下さい、犯罪者の

埼玉県上尾市上尾村一〇一一ノ四七、無職小沢史人さんw


79 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 21:14:41 ID:vZqdZj8W
>>76
俺はおまえが嫌いだ

80 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 22:46:21 ID:mmgDkNR9
>>70>>71
ほら、荒らしているのはパンツじゃなくてお前らだ。

81 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/20(金) 22:49:46 ID:mmgDkNR9
>>79
パンツよりお前の方が嫌われていることは確実だ。

82 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 00:36:13 ID:C/s4qop4
>>73>>78>>79
お前ら以外は日本刀の話がしたいんだよ。
そう言う人達に迷惑かけてなにが面白いんだ?
パンツよりはるかに下劣だってことをさらしてよく平気だな。
匿名で隠れて攻撃か、女の腐ったような卑怯な奴らだ。
自分が恥ずかしくないのか?
そういう自分を軽蔑している自分の目によく耐えられるな。


83 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 01:19:49 ID:usR2zLfg
          ´: /二二二二二`丶
        /: : :.:/ : : : : : : : : : : : : : : : \
      /: : : : :/: :/: :/: : : : ハ: : :ヽ: :\: \
.     /: : : : :,' : /: : {: : : : :ノ:ハ : : }: : : } : : ヽ
     ': : :i: : :{__/ー┘ ̄ ̄    ̄`ヽノ:j: : : : '
      |: : :l: : :|    _ノ~   ヽ    W: : : : |
 ∧___j: : :| : l:| ___..二     ニ.._ !: : : !:W
 |    | .: ;レ:.八  弋::::ノ    弋::ノ `ハ: : :N
 `ー一'| : { ( ̄    ¨       ¨   ': :レ'┘
      |: :{\ノ           '    {: :|
     |: :\: ーヘ.   r、___    ,' : |   
     |: : : :Y⌒゙ト 、  `ー -'´  イ: : :|
.      ,': : : /|  |  >  __ , イ  .|l : : |
     /: : : /│  |      /: : |   |: ∧|
.   /: : :_/ -|  |       {rヘ|   |:│ |
   /x<::::::::::L___j _      \{__ト│ |
  /  ヽ ::::::| : : |   ヽ.  /  ̄|: : :|:::}`\
. /      Y⌒| : : |〜ー─-〜─|: : :|ー|  ヽ

84 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 19:18:16 ID:spnNCKYs
このスレは パンツさんの提案で俺が立てた パンツに粘着厨は
日本刀スレ 肆拾代目に逝って荒らしてくれ 頼む

85 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 19:28:23 ID:jT+gGHFy
>>82
それはお前のことだろ?お前は正義感ぶっているが実態は煽っているだけ
一番悪質で卑怯者だ。自覚したほうがいい

86 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 19:31:50 ID:jT+gGHFy
>>84
だからその態度がダメなんだよ。パンツ追放か名無しで書き込んでもらわなくては
パンツの名がなくなれば自然にいなくなるだろう

87 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/21(土) 20:07:43 ID:lKSSEpA7
刀装具って刀装具そのものを楽しむのは少数派で、
拵えの金具として楽しむ人の方が多いの?

88 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/02/21(土) 20:09:41 ID:lKSSEpA7
幕末や明治の美しい作品を拵えの金具に使っちゃう事ってあるの?
小柄とか裏がスレちゃうじゃん
もったいない
夏雄の金具の拵えってあるのかな?

89 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 21:21:30 ID:usR2zLfg
所詮は添え物


金持ちと価値観が伴えば、拵えで数百万掛かってようが刀装具として使うわい。
本来の用途がそれなんだから当然

三条宗近にしょぼいもので組んでどうするって話だろつまりは


90 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 21:41:47 ID:jMYRZSap
バラしても鑑賞できるし、組み立てても楽しめるっていいじゃん
居合で実用?としてぶん回すんなら大ばか者だけど

まあ、夏雄の鍔だったらもったいなくて茎通せない・・・買えないけどさ

91 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/21(土) 23:22:21 ID:p68Bck90
昔は拵と刀身ってどっちが重要視されてたんだろう
上げてないのにボカスカ目釘穴開けるし、鮫皮なんか刀より高いのあるし
金具だって一流のはバカ高だったみたいだし
かえって中身が添え物なのかってぐらい外装に金掛けてないかい?

92 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 00:52:39 ID:49N/1dc7
>>91
それは拵えだろう。
江戸期の明細書でも出来の良い刀より高級金具の方が高い。
もともと刀は高級に作りたくても限度がある。
美術品ではあるが独創性はほとんどないから芸術品ではない。
しかし拵えはまさしく独創性のある芸術品たりえるし、事実素晴らしさは刀の
比ではない。
特に江戸期の金持ち商人は金にあかせてすごい拵えを作ったからなぁ。

93 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 00:55:19 ID:49N/1dc7
>>85>>86
そう思うんなら黙ってろ、荒れなくて済む。

94 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 14:22:59 ID:xFCQ6SSu
商人なんかの凝りまくった拵えは
大刀を持てない鬱憤のあらわれだろうな

武士は掟とか色々と制約があったうえに
金に糸目を付けず遊びでしか使えない拵えを
わざわざ作るほど余裕があった武士ばかりでは
なかったようだし、残ってる拵えも
いかにも武用って感じで華が無いのが多いね

だから造りが変わった凝ったもので
保存状態のいい拵えは脇差用がほとんど
派手だったり保存状態が頗る良かったりする
大刀の拵えで“江戸期”になってるのって
実際にはほとんどが明治の物でしょ
幕末と明初を完璧・明確に時代判定なんて出来ないし
それなら“江戸”にしといて「武士の所有だったかも」
って買い手が勝手に思い込んでくれるほうが
売るほうとしては都合がいいだろうしね

95 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 16:36:05 ID:kbaCSJIk
>>86
>>93
小沢に釣られすぎw

96 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 19:23:55 ID:hloo55OO
お手頃価格で楽しめる刀装具って、片目貫かな?
でも、ヤフオクじゃあんまり良さげなのは出てないなあ

97 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 20:08:27 ID:vA1U0/Jg
ゴミ捨て場にはありません

98 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/22(日) 22:05:35 ID:kbaCSJIk
パンツ粘着はこの奴が常駐しているこっちのスレへ
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1233610700/

99 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/23(月) 13:47:59 ID:g2Mv3M1G
鞘の塗りで闇蒔絵(墨蒔絵)は渋いく見えるけど良いね。


100 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/23(月) 17:37:48 ID:O14psKA+
刀の鞘じゃないけど、こんな感じかな?
http://www.shinwa-web.com/fs/chadogu/natsu/21MHN-061

んー、地味渋だね

101 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/24(火) 09:10:36 ID:tSB5H9wF
金具は赤銅魚子、鞘塗りは墨蒔絵、大人の拵えですね。
鞘塗師で出来る人居るでしょうか?



102 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 03:32:18 ID:7/hUS9DG
>>54
ものっそい亀レス
まぁ綺麗にやるのはなかなか難しいね
っても綺麗にやれるならそれで金取れるわけで
居合の稽古用ぐらいなら自分でも何とかなるよ
まだ2回目(諸捻巻は始めて)だけど分かった事としては
菱紙は折り重ねるよりやや楕円に巻いて押し潰すほうがいいかも
端が厚すぎるとこんな角張ったような感じになってしまう

ttp://www.youlost.mine.nu/upload/data/up002844.jpg
ttp://www.youlost.mine.nu/upload/data/up002845.jpg

最初一貫巻にしようかと思ったんだけど諸捻りから片手になって
もう一度諸捻りに戻す辺りがうまくいかなくて無理だった
諸摘や平巻はこの応用でいけるけど、一貫巻や片手巻の
技法が知りたい・・・

103 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 07:22:42 ID:4AiN9a72
たしかに一貫巻って捻りの後からどうなってるのか不思議。
半捻りとかしてるのかな。

居合人向けに自分で出来る柄巻きマニュアルとかこのスレで作り上げたら面白いかもね。

みなさん菱紙は何を使ってます?
和紙?新聞紙?

104 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 08:10:37 ID:PQR0jJgG
>>103
越前奉書

105 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 12:46:18 ID:uwWckUeZ
古い柄巻きってクギで止めてないですか

106 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 19:47:15 ID:ZHD8+dQg
え?糸を釘で留めてるの?どういう風に?

107 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/27(金) 22:11:54 ID:IgTHoRBG
パンツへ
みんなをあおるような質問の書き方を変えたほうがいいのでは

108 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/28(土) 05:11:26 ID:Xz9bYExu
>>103
安い美術刀の一貫巻きは、前半の菱巻部分を巻いた所で一旦糸切って端を柄に接着して、
その上から新しく片手巻にし、後半の菱巻部分でまた一旦糸切って接着、また1/3だけ
菱巻して最後頭金具に通して止める、というやり方してたな・・・。

確かにこうすれば苦労なくできるだろうけど、凄い省力方式。

109 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/28(土) 09:36:49 ID:q1PN7P2Q
>>106
絲じゃなくて結び目

110 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/28(土) 12:40:38 ID:zn/roK9v
本職の柄巻師マダー?

111 :名前なカッター(ノ∀`):2009/02/28(土) 19:52:24 ID:dztMX5qT
飯の種なので教えません
詳しく解説したらみんな自分で巻いちゃうでしょ?

112 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/01(日) 11:12:42 ID:pCxaaaRG
もう商談中だけど、中身はともかく拵がステキ
http://www.aoi-art.com/sword/wakizashi/image/08246koshirae.jpg

113 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/03/01(日) 22:19:58 ID:ucEPZjfu ?2BP(1010)
>>112
孔雀石(マラカイト)ですね。

114 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/02(月) 19:10:52 ID:aUh6y4WB
>>113
緑の小さい粒も石?鞘一つですごい手間だろうに…
昔の人は色々と考えるもんだなあ、、、感心。

115 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/02(月) 21:12:50 ID:QgaUr1Sn
久々にヤフオク覗いたら支那製品がやたら出てる
しかも札入れてるおバカがたくさんいる

116 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/02(月) 23:13:04 ID:QgaUr1Sn
これもなんか大陸製っぽく感じてしまう
http://www.e-sword.jp/sale/2009/0910_6017syousai.htm


117 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/03(火) 07:02:25 ID:4wGmsPTt
隆剣の鐔って どんな感じ?

118 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/03(火) 09:45:17 ID:rvnyzm7c
所詮は圧延べ鉄板を切り抜いた、形だけの玩具
鍔として良いか悪いかってレベルではない

居合道具として使うってんなら良いんじゃないか?

119 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/06(金) 06:54:41 ID:Gfi4Ytat
鐔の手入れって どうしてます

120 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/06(金) 07:42:34 ID:jn9MHQjP
>>119
クレ556

121 :鮫皮マニア:2009/03/06(金) 13:44:20 ID:YWfKbML6
稀少鮫皮「梅花鮫皮」売ります。↓まで
http://samekawa.exblog.jp/i0

122 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/07(土) 05:57:27 ID:yMgN1DGX
556

123 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/07(土) 08:18:31 ID:9Vo00hyk
鍔や縁頭には椿油がしっとりして潤いを与えてくれる。
個人的に好みです。

124 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/08(日) 15:39:38 ID:eTblrPHj
>>119私は鍔の表面にニスのようにはり付いた古い油をどうやってとるかに腐心しています。>>123のやり方にはあんまり賛成しません。

基本的に油は塗らないようにするのがよいと自分は思っています。油を塗って潤って見えるのは一時的なもので、
地鉄の潤いのなさをごまかす作用がほとんどではないかと。赤さびがある場合は、油をその場所だけ塗って一日放置し清潔なネルで拭う。
高く盛り上がっている場合などは、鹿の角で真上からコツコツ軽く叩いてとります。また油を塗って同じことの繰り返し。気長にやるのが一番。
鍔(特に鉄鍔)に油を塗ったままにしておくと呼吸が止まってしまって健全な錆の成長を妨げてしまうと勝手に思ってます。
錆が出た場合は油を塗り、錆を浮かし除去し、そのとき使った油も完全にとってしまう。油を使うのは手入れのときだけで、普段はきれいに取ってしまう。
あとは乾燥した状態にしておけば、変な錆は出ず、少しずつ時代がついて良くなってきます。
あくまで私見です。参考になれば。

125 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/08(日) 16:10:25 ID:qPD6qBHR
最近の人は錆を育てないのかな?

126 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/08(日) 19:51:55 ID:3UrrI9lQ
>>124
>鍔の表面にニスのようにはり付いた古い油
漆の焼付けじゃないか?


127 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/08(日) 21:03:15 ID:eTblrPHj
>126
ニスはちといいすぎだったか?いや、でもそういうのいくつも見てる。
オークションなんかでもときどき見る。オクでは傷隠し用に悪用されがち。
なれればわかるようになる。

まあ、つまりこんな状態をいう。以下引用。

油 錆
鉄に椿油や丁子油を塗れば錆どめになってよいだろうとたれしもが考えます。
塩分や酸気には注意しますが油には気を許しがちです。しかし、この油が曲者で、油にはカビができることがあり、油のカビは「あか錆」をつくります。
さらに、もっとこわいことは、油を塗って時間がたつと乾燥しはじめ、最後には固型化して皮膜をつくり、この皮膜の下で油が鉄に食い込んで「あか錆」をつくっていくわけです。

このようになると、てらてらとした艶がでて、一見、良質の地鉄のように見えますが、本当の鉄色と較べると、まことに下品なものです。
十年もたつと、この油の皮膜は黒くなって、まるで漆でも塗ったようになります。
これでは鉄色も鉄質も見ることは不可能です。
そのうえ、この皮膜の下では「あか錆」が進行しているのですから、一日も早くこれを取らなければなりません。
以上引用終わり。 「透かし鍔」 小窪健一 益本千一郎 笹野大行 柴田光男 著 光芸出版 より。

油を塗って、そして拭いこみをする人がいるようだが(たぶん>>123はそうやってると思う。)、
ごく僅かながら薄く油分が残ってそこに埃等汚れが吸着されまたは油自体が褐色に変色し飴色となり地鉄を見えなくさせている場合いが多々ある。


128 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/09(月) 17:33:08 ID:LdfbkPxG
油を完全にとるってどうするのですか?
拭った位では取リきれないと思うのですが。

129 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/09(月) 17:35:00 ID:iQh9ejrf
つ無水エタノール

130 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/10(火) 10:25:08 ID:ht0IrtAX
加納夏雄だそうです。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f72298090
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n73935712
正真正銘本物保証だそうです。

131 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/10(火) 16:23:52 ID:vwmEjJ/n
英精子
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/9135/kogatana-masaaki.jpg


132 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/10(火) 23:29:11 ID:EtVneAQU
日本語よく解らない外人が作ったのか?
昔は精子を精子とは言わなかったのか?

133 :鮫皮マニア:2009/03/10(火) 23:41:22 ID:IUQHob0j
梅花鮫、虎鮫、特大親粒鮫皮短冊など5点セット:10万で売ります。
こちらへhttp://samekawa.exblog.jp/i0


134 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/12(木) 20:41:31 ID:wmSLVu7K
「英精」も「〜子」も別におかしくないが
2つ合わさると正直こまる


135 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/12(木) 21:12:29 ID:1A+jfAKs
>>130
失笑だな

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r53054665
大体これが江戸時代だと言う奴の何を信じろと

136 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/12(木) 22:42:34 ID:P8Zi+0DS
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e89920721
こういった純銀造の太刀拵えは、当時の公卿、華族や宮家、旧日本軍の選りすぐりの最高幹部など、
ごく限られた人しか所有できませんでしたので、こうして出回る事は非常に珍しいことです。
鞘から柄まで、全て純銀によって作られた、ものの見事な大名品です! 
鮫皮のようなボツボツとした肌も、重厚な純銀で細工され、側面には唐草文様が非常に丁寧に彫金されています。
鞘の元部分に飾られた「佩鐶(はいかん)」と呼ばれる金具も純銀の鎖造りになっており、大変重厚で見事です。

本当に純銀?所々に10円玉の色が出てますが?

137 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/15(日) 15:42:42 ID:eblomqMO
目貫の足が本体より出っ張っています。
柄につける場合、柄木地を凹ませておくのか、鮫を巻いた後に鮫粒を削って凹ませるのでしょうか?
それとも、目貫の足を低く削って平にすべき(これはやりたくないのですが…)なのでしょうか?

138 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 06:03:13 ID:8pzLMKCh
鍔の責金ってみんなどうしてる?
銅管ロウ付用のハンダとかってアリなの?

139 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 07:16:27 ID:WLUrnKdD
鐔師に依頼する

140 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 18:45:23 ID:TOw+PDvB
これと
http://www.aoi-art.com/fittings/kozuka/F08332j.html
これ
http://page22.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/l5140816

同じだと思うんだけど、江戸時代中期にもう量産する技術があったとは・・・

141 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 19:13:41 ID:9ZzbUSKB
>>140
結構「写し」の世界だったりするし、ありぢゃねーの?


142 :縁頭:2009/03/16(月) 22:07:49 ID:1vrPAhLZ
ここはPの提案で立てたが Pがこなくなったので荒れなくなったなった
Pは匿名で投稿すること 宜しく。

143 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/03/16(月) 22:15:15 ID:aXI6UjM0
>>142
来なくなった?
何を考えてるんだお前は
殺すぞ

144 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 22:24:47 ID:T4GCf/jR
>>140
同じモノには見えないけど。まぁ型は同じかもね
葵を結んでる紐の辺りは全く違うよ


             /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   とっとと鴨居に紐掛けて逝っちゃいな!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /

145 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/03/16(月) 22:27:20 ID:TSzEw2Ds ?2BP(1010)
>>140
刀装具など金工モノで一番時間がかかるのが、図案だったりする。
図案の決定までが結構かかる
故に、一つの図案が出来ると、その図案で何個か作ったりする。
中には一生一つの図案を作り続けるひともいる。

また後藤家のように基本の図案は何世代にわたって作り続ける。

そして、この道、写しをすることによって勉強する
それゆえ、有名校の有名な図柄は、結構写しが存在します。

量産といっても、作成の手間は変わらない。

146 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/03/16(月) 22:29:24 ID:TSzEw2Ds ?2BP(1010)
>>137
>柄木地を凹ませておくのか、鮫を巻いた後に鮫粒を削って凹ませる

で、正解
足は削らないのがふつう。
削ったり、曲げたりしたモノもあるけどね。

>>138
銅鑞は結構温度が上がるから、辞めといた方が良いっす。

147 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/16(月) 22:49:29 ID:Em0Tea3I
>>144

 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪

148 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/17(火) 00:00:05 ID:e5uvUATc
>>138 隆剣で頼んだら3千円ぐらいで やってくれたよ

149 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/17(火) 00:47:06 ID:JVvUzIXr
O沢史しと君=サルマタは まだ「殺すぞ」とか書くわけかい?
今度はマジで送検されちゃうだろ。懲りないなあ もうすっかり個人情報バレバレだっつーのに。

150 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/17(火) 15:37:57 ID:0Te2vxJv
>>146
目貫自体の加工は避けたかったので、助言通り鮫を削って凹ませてみます。
(木地の段階で凹ませるのは、正確に位置を合わせる自信がないので…。)
ありがとうごさいます。

151 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/17(火) 22:09:05 ID:H9R07YbC
>>143
俺が立てたスレでがたがた言うな 殺したかったらいつでも受けてやるぜ

152 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/19(木) 06:27:22 ID:cj0I1uxx
刀装具を買うのに お薦めの店あります?

153 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/19(木) 06:34:37 ID:ekUlYqXG
>>152
刀剣柴田・飯田高遠堂

154 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/03/19(木) 08:40:08 ID:y2D2275l
飯田高遠堂のホームページの刀装具コーナーの一番下の小柄は300万円なのか30万円なのか知りたい
300万円と書いてあるけどクリックすると30万円
どっちかしらん

155 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/19(木) 09:01:26 ID:ekUlYqXG
鍔競り合いという言葉がありますが
鍔に相手の刀を受け止めた際の傷の
あるものを見た人いますか?


156 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/19(木) 17:15:43 ID:b9M0wl+Z
>>154
どのみちお前にゃ関係ないやんw
で、お前よく店に聞けとか云ってなかったか、あ゛!

157 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/20(金) 00:28:48 ID:SRxQxQmr
パンツって ネット知識の塊りのような気が

早く殺しに来いよ返り討ちだぜ
by142or151


158 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/20(金) 00:31:24 ID:SRxQxQmr
はじめは みんなに攻撃されてかわいそうと思っていたが
パンツの書き込み見ているうち むかついてきた。

159 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/20(金) 10:51:40 ID:/K42vj6k
きにしない

160 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/20(金) 11:18:23 ID:YxpvMAJR
>>157
根性無しのパンツは住所晒しても来ねーよw
「住所調べて殺すぞ」なんて云ってる癖に、住所晒すと「お前が来い」なんつってへたれるんだぜw

問題にもならん。


161 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/20(金) 21:21:24 ID:SRxQxQmr
パンツはへたれ槍だっけ 俺は常寸刀だけど勝てるぜ
あっ>>159に言われてたんだ。

162 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/21(土) 11:49:17 ID:EX7fMkhI
>>158
私はパンツがかわいそうだとは思わない。
そうではなくパンツを攻撃する者の下劣さにうんざりする。
そう言う自分の下劣さを軽侮する自分の眼さえ無視してやる異常さはほとんど
人間への絶望感さえ覚えるほどだ。
多分パンツよりはるかにかわいそうな連中なんだろうとは思うけれど。

163 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/21(土) 13:46:27 ID:2mSWwpls
>>162
誰も「自分のこと」を可哀想なんて思わないわなw
特に痛い人はwww


164 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/22(日) 10:51:14 ID:+vAfwA0s
コバヤシなら良かったってことは何?
コバヤシのことすきなの?ねぇ。

それは今も分からないが、コバヤシ本人が
「俺一番だったけど武田も一緒だったからアリバイある」


と言った瞬間、彼女はすこしガッカリしていた



http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/aquarium/1202052893/468


165 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/23(月) 20:58:09 ID:/snFW0dJ
\          ┌‐─┐口口           j
 \\      └‐┐│   .     _      ノ  |  ┼
   \\    ┌‐┘│  ┌─┘└┐ ヽ ̄.    レ ◯ヽ
     \\  └‐─┘  └‐ァ  ┌┘  \
       \\           //| │      ヽ   ヽ/
         \\      `  └┘        i   〈__
           \\       __      /
              !\  /    ~:ヽ   <     ├─``
   パンツ         ', ヽ/  r;;,、  :::':,   ヽ   └─
               〉 i  l;;;;;;l  :::::i     i
              /   !  ゝ ''  ::::::l     /.    │
              ' -‐'',l      .:::::,!   /     │
        ─ 二  ̄  /       :::::ヽ   ̄ヽ
   ─ 二  ̄      /          :::::::ヽ   i   /
二  ̄           /        ',    :::::::::::',  l  /_、
               /          i     :::::::::::', /     `


166 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/23(月) 23:51:45 ID:WwE12hGr
ttp://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n74502722

あーあーこんな現代金具に…
ttp://iaito.net/shop/detail.cgi?code=017-T65

まぁこの色なのに「鉄味」と言ってるのを
おかしいと思えない時点でアレだけどさ

167 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/24(火) 00:03:51 ID:fj0bqfZQ
いやぁ、でも古漬けうまいなw

一度も実際に鍔にしたような形跡がないのだけ頂けないがw

168 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/24(火) 11:48:38 ID:hIW1ZoMR
ttp://www1.ttcn.ne.jp/~daitoubijutu/kakudaizu_6_21nenn/K_21_03_12_kanenori_3shiki_gunntou.ht
ml

一貫巻きのヒントになりそうな画像あったわ
指し裏でテンション掛ける為にまっすぐ引っ張ると
下地が変な形で出ちゃうし、かといってS字に曲げるのも
変な気がしてたけど、それでいいみたいね

ttp://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f72858470
ttp://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g77156335

この辺見てもそんな感じ、片手巻きもこの応用でいけそう

模造刀は一回切って貼って繋げてるって書き込みあったけど
実際その手の商品の紹介写真で差し裏が写ってるの無いね

169 :名前なカッター(ノ∀`):2009/03/24(火) 20:51:09 ID:5PWt9yqD
軍刀みたく露骨に「S」になってていいのかな?
本科のはなぜかボコッとならずにきれいなんだよね
http://www.e-sword.jp/sale/0610_1012syousai.htm
下地をS字に凹ましとくのかな?

170 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/08(水) 05:43:24 ID:aD30219+
保守

171 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/08(水) 22:47:15 ID:7wdw8ylG
>>169
素人目には一回切って貼って繋げてるようにしか見えないんだが
それじゃあすぐバラバラになりそうだし
どうやって巻いてるんだろうな?

172 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/13(月) 20:56:44 ID:0J58HmMZ
誘導されてきました。

目貫について質問です。
上杉の「姫鶴一文字」と「山鳥毛一文字」の目貫ってどのようなもの
なのでしょうか?
本とかの写真を見ても形状がよく解らなくて。
山鳥毛一文字は、一匹虎だというレスを誘導前スレでいただきましたが・・・。

173 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/15(水) 11:08:10 ID:6xnIpDao
>>172
山鳥毛拵えのオリジナルの金具は縁:赤銅で無紋(ぐるりと一回りの溝とその外側(鞘側)に一回り細かい刻みあり)
頭:角(掛巻)目貫:赤銅容彫金色絵一匹虎 小柄:赤銅魚子地高彫金色絵二匹虎の絵 
笄:赤銅魚子地高彫金色絵三匹虎の絵 金色絵はうっとり象嵌だと思います。

ごめんなさい『姫鶴一文字』は知りません。

174 :172:2009/04/16(木) 08:42:54 ID:g75YGEii
>>173
レスありがとうございます。
虎図案ですか・・・やはり「越後の虎」からなのでしょうかね。

引き続き姫鶴一文字についてもご存知の方よろしくお願い致します。

175 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/16(木) 22:25:12 ID:JkJ5JsX7
これは価値ある物なのでしょうか?
出品者はきちんとした刀剣店のようです。
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n73402126

検索すると似た物(量産品?)がある様なのです。
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h128378355

176 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/17(金) 05:15:37 ID:mksuUk4W
量産品です。

177 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/18(土) 10:49:04 ID:0d+W1zGl
http://yamashita.ocnk.net/zoom/11054
返角が、、、(;^ω^)

178 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/18(土) 21:31:05 ID:2A3OxwrO
いやこれはアレだよ・・・ほら・・・自分らしさの演出というか・・・

179 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/20(月) 09:39:16 ID:I7BWMOsx
>>175
中国製でわ、でわでわ。

180 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/20(月) 19:41:34 ID:TQIin7nJ
>>175

> http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h128378355

日本の職人がこんな雑な仕事するとは思えない。

支那の粗悪品としか思えない。

181 :名前なカッター(ノ∀`):2009/04/20(月) 20:08:50 ID:RyEdn/ov
特亜クオリティ

182 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/04(月) 19:50:46 ID:Z/HNY6qb
教えてほしいのです。鍔の錆を取りたいのですがピカールや紙ヤスリで落としても大丈夫ですか?

183 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/08(金) 17:55:12 ID:/BaWa2my
新物ならピカール&ペーパーでも良いんじゃない?

184 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/12(火) 20:29:24 ID:Tz4Kg0jW
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e87847148
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/118236294
2点とも良く似ているのですが、これらは時代のものでしょうか?

185 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/05/12(火) 22:20:15 ID:ptJbPT+U ?2BP(1010)
>>184
やめとくべきだと思う

186 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/05/12(火) 22:53:42 ID:oPcyqlxP
これは良さそう
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b99518205

187 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/05/12(火) 23:05:11 ID:ptJbPT+U ?2BP(1010)
>>186
こいつは良さそうだが、最低落札価格、幾らに設定してるのかなぁ・・・・


188 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/13(水) 01:03:27 ID:CL5Glu6x
>>187
これって今だと「ダガーナイフ規定」に引っかかるような気がするんですが
この手の古式のものは法律の適用範囲外?

鑑定書もないみたいだし・・・。

189 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/13(水) 01:35:12 ID:WHhnWHoZ
そういえば短い槍なんかには登録証ついてないのもあるし
その辺どうなるんだろうね

190 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/13(水) 05:09:00 ID:fE7mQGNO
>>184
これと同じデザインのやつ何度も見たことあるな
これだけ汚れてないと時代物であるわけが無いが

紋Denは中国物なんかをごっちゃに扱ってるカス業者だから
買うのは止めといた方がいいよ

どう見ても柄が模造刀用の樹脂っぽいんですが
ttp://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k116516979
これはアンティックギャラリ−の村正に付いてるやつ
http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m66973643
目が利かないにも程度ってモンがある
ttp://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g78634605
ttp://katanayasan.com/tuba.html
これシトドメがモールドの上、汚れが無いから造りの荒い新物
ttp://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h128843134

あとこれ、環が変じゃない?頭を回れないし。糸が新しいのは間違いないけど
ttp://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h129638317


191 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/13(水) 10:14:21 ID:KZPFZ+l2
>>185>>190
そうですね、ありがとうございます。

192 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/26(火) 18:19:18 ID:2W+EUVde
「夏雄」銘あり 
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g72900038

ええ、加納夏雄だとは一っ言も言ってませんよ

193 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/29(金) 18:21:46 ID:kkZ8YrQi
この蝙蝠と似てる
ttp://www.omiyakamon.co.jp/kamon/koumori/index.html

194 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/29(金) 23:03:30 ID:p3nzv5Ea
ちゃんと「爪」があるんだね

195 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/05/30(土) 00:44:21 ID:HluoOU8a ?2BP(1010)
>>193
月に蝙蝠って代表的な図柄のひとつですからね。

ttp://photo3.avi.jp/photo/1/79024/79024-4771606-59-29792423-pc.jpg

は自分の作ですが(構図は宗みんから)


196 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/05/30(土) 00:46:28 ID:HluoOU8a ?2BP(1010)
>>195
>自分の作

ちなみに失敗作です。

197 :名前なカッター(ノ∀`):2009/05/30(土) 09:54:54 ID:/8Yg2xWS
え−?すごく(・∀・)イイ!!どのへんが「失敗作」なのか判らんよ

刀身にしか彫らないのかと思ってた…


198 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/06(土) 14:37:06 ID:t3ffs8fX
脇差の拵えを安く作ってくれる所ってどこがお勧め?
どうせ黒一色飾り気も何もないのにするから安くて良いのだが・・・。
訳ありで今入れてる白鞘の拵えを保存したいのでついでに打刀か合口風にしたいのですが。



199 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/07(日) 00:10:53 ID:j7fSrsr4
模擬刀作ってる会社に頼めばいいよ

200 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/07(日) 10:46:23 ID:pXGw8frg
>>199
> 模擬刀作ってる会社に頼めばいいよ

最近は模擬刀作ってる所も一式オーダーだと平気で10万だからなあ。
金具は居合用の量産品を使っても。
本歌の柄木が1万もしないのに居合刀メーカーの柄木はその製作だけで試斬に使えるものは5万とか6万とか笑えるぞ。
現代刀でも例えば赤松太郎などみたいに概ね居合刀と茎が同じ形状ってなら差し替えでいける場合もあるし簡単な修正でいけたりはするんだけどね。
細い見ごたえのない茎の日本刀の事でこれなら合うのも多い。

(赤松太郎だけでなく真鍋純平等の平銘持ってる宮入昭平の弟子(孫弟子位まで)筋もこんな茎が多い。
これの意味も分からず茎に見ごたえがなく悪いっていう輩も居るが、
注文主が刃以外は安く仕上げれるようにって昭平師匠の教えでもあるんよ。
そうする事で刃だけをリピーターとして再注文も増える。)

また、細いにも理由があって斬る為の刀なら柄は少し太い方が有利だが、
振るだけの理由なら若干細い方が有利。
茎が太いと柄を細くは作れない。
限界はあるが細い茎に太い柄は製作は可能。

まあ、合えば良いと思うが昔の脇差だと合わない事の方が多い。
数多い末〜江戸期の備前物ですら合わないから・・・。



201 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/10(水) 22:05:22 ID:B/GVAE1k
ttp://www.seiyudo.com/TU-098144.htm
どこが良いのか分らん。80万売約スミ
力感漲るなんて言ってるけど、切れがなく、だるいように感じる
これが横綱なのけ?

195どの辺が失敗なのだ。よいと思うんですが。刀装具勉強中なので教えてくないでしょうがヨロシクコ。


202 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/06/11(木) 10:28:32 ID:O9urVTHa ?2BP(3000)
失敗の理由は、実物を見ると一目瞭然なのですが、
裏の象嵌、隙間が空いてしまった場所がある。

月が表から回ってきた部分と重恒のちょっと上の部分外側
黒い線が画像でも確認できるかと思います。

また画像では分かりませんが、色上げの色が悪い。
煮色の成分、要研究ですね。

203 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/16(火) 19:49:32 ID:D5HKm1PM
どこが失敗作か分からんwww

204 :名前なカッター(ノ∀`):2009/06/24(水) 18:39:07 ID:9r2FPneb
小魚回遊図鍔
http://www.aoi-art.com/fittings/tsuba/F09203j.html
小魚の群れの図を鋤彫りし、とあるけど魚の群れが見えない

金槌の跡みたいのが魚の群れ?

205 :名前なカッター(ノ∀`):2009/07/26(日) 19:28:27 ID:HIB/QiOv
ttp://www.choshuya.co.jp/sale/koshirae.koshirae.html

ttp://www.samuraishokai.jp/sword/09135.html

手のかかった拵えっていいよな
今かいらぎ鮫で大小鞘作ると幾ら掛かるんだろ

206 :名前なカッター(ノ∀`):2009/07/27(月) 19:21:51 ID:csHRL58U
>>205
今は梅花鮫皮そのものは戦国江戸期に比べると安価(あくまで比較)に入手
出来るらしい。

まぁ、当時とは国際流通が段違いだしな。

それを拵えに作れる人が激減しているそうだが・・・。

207 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/07/27(月) 22:29:18 ID:D5LGufuW ?2BP(3200)
なんにしろ、梅花鮫を研ぐのが大変だからなぁ。

208 :名前なカッター(ノ∀`):2009/07/28(火) 12:40:42 ID:7UdQ1zpq
梅花鮫(ってもこれも例に漏れずエイのことだが、実際は)の皮は
今だと標準的なサイズでなら最上級のものでも10万円台でどうにか
なる。
イマイチ供給は安定していないけれど、江戸時代とかに比べたら
ずっと安価だろう。

209 :名前なカッター(ノ∀`):2009/08/11(火) 10:13:16 ID:O7FHZJgp
保守。

210 :名前なカッター(ノ∀`):2009/08/14(金) 22:55:45 ID:RHmwQj0i
http://js-samurai-art.com/
ここどう?あたらしくできたみたい

211 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/02(水) 20:33:04 ID:xU6kCFeQ
詳しい方教えて下さい。
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h133432307
江戸中期〜末期の作品との事なのですが、どうでしょうか?
現在の価格も全くの模造品とは思えぬ額で迷ってしまいます。
また、足金物の切羽状の物などが一体形成に見え、そういう作り方もあったのでしょうか?


212 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/02(水) 20:49:31 ID:ZEV5kyMQ
>>211
信じるものは救われる?
我輩は・・・やめとく。

213 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/02(水) 22:17:54 ID:lhNZi/Lt
江戸ではなく明治中期じゃないかな?


214 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/09/02(水) 23:48:46 ID:AWzex6De ?2BP(3200)
模造品や支那品ではないとおもう。

自分も明治に一票

215 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/03(木) 20:02:15 ID:lsvKc/zQ
211の投稿者です。
皆さんご親切にありがとうございます。
明治以降になってもこのような太刀拵えは作られていたのですね。
安い買い物ではないので、写真を見ても時代判断できないうちは控えておく事にします。
(困った事に、一杯飲みながらオークションを眺めていると、つい誘惑に駆られてしまいます。)

216 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/03(木) 20:28:55 ID:0LqBVS0s
>>215
それ、すごくよくわかる。
わしなんか、ジャンクの山!
こうやって、碌でもない業者を太らせてるんだな・・orz


217 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/03(木) 20:44:55 ID:6K3lV9fr
>>215
明治は江戸以降で太刀拵えが多く作られてたりする。
江戸時代より多いんじゃね?って感じ。
ただ、趣もへったくれもない成金趣味な太刀拵が多いけどね。
多分商人上がりが調子乗って太刀と拵を作らせたんだろうね。
もしくは下郎の侍あたりが維新で成り上がって急いで太刀拵を作らせたりね。



218 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/09/13(日) 12:09:16 ID:v5UNbKlc
これは!
次郎太郎直勝の特別保存刀装具の鍔が15万円
http://www.aoi-art.com/fittings/tsuba/F09339j.html

219 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/14(月) 07:02:11 ID:AOy8BDRS
>>218
マルチやめろ

220 :パンツ ◆7vYOZotTDo :2009/09/14(月) 10:41:58 ID:chnRGFSX
>>219
は?マルチなんてしてないよ
勘違いしたのか?
殺すぞボケ
ハハハ

221 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/14(月) 11:38:01 ID:M138V0pf
>>220
おい知的障害者!
荒らすなよ!

222 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/14(月) 12:14:01 ID:xSI33BDo
天正以前の打ち刀の鍔(食出鍔)の本歌が欲しいが見たことないなあ。
短刀用のはあるけど。
武装で真鍮の居合用のでも買おうかね・・・。



223 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/14(月) 15:35:22 ID:QoF8Rb0A
>>222
そもそもあの時代の打刀で鍔がついてないのは、実用品に偏ってるからねぇ。
実用刀装のものだと縁頭兼用だったりするし。

224 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/26(土) 19:05:23 ID:dw97aJ8g
いまだに目貫の存在理由が分からん。
(※飾り以外に)
実用という意味で詳しく書いてるサイトって無い?


225 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/09/27(日) 00:31:52 ID:GNJiFsOZ ?2BP(3200)
基本は指先にあたることにより、それ以上指が回り込まないようにとの目印
手の内のガイドになる。

流派によりちがい、柳生は掌の手持ちをよくする

示現龍は握り込むため必要ないとか。


と、聞きました。

226 :名前なカッター(ノ∀`):2009/09/27(日) 02:12:20 ID:lNYS6Jqx
>>224
戦国期の打刀は安物でも目貫が片方、指し表側にだけは着いてる。
これはとっさに掴んだり暗いところで刀掴んだりした時にどちらが差し表側か
触っただけでわかるように。

目貫が無いけど柄巻の糸を差し表側の一部だけ結んである、なんてのまであったりする。
それだけ「触ればどちらが差し表かわかる」ことは重要だったようだ。

227 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/04(日) 00:08:58 ID:GrlSV+Eg
鍔について質問です。

本日国立博物館で「上杉三十五腰」の一つという天正拵の打刀(武田信虎から上杉謙信に送られたと
いう品)を見てきたのですが、鍔がいわゆる「10円玉色」をしていました。

解説文によれば銅製の透かし鍔だという事なのでなるほど10円玉色なんだな、と妙に感心してしまい
ましたが、ということは、この鍔は作られた当時(450年位前?)には「新品の10円玉色」に輝いて
いたという認識でいいのでしょうか?

228 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/04(日) 00:25:26 ID:Ktp575TO
まんまではないだろうね

229 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/04(日) 12:16:45 ID:cMTJ8YfF
>>220 やってみろクズ

230 :名前なカッター(ノ∀`):2009/10/04(日) 15:41:45 ID:+7t6Vpbp
>>227
ピカピカしてると直にムラムラに
汚くなっちゃう
だから最初からイロアゲと言う作業をして
落ち着いた色合いを付けちゃうんだよ
色揚師という職種もあったらしいね

231 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/18(水) 21:59:22 ID:/JqB9+WM
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f81004056
なにこの妖しい拵え

232 :名前なカッター(ノ∀`):2009/11/18(水) 22:09:46 ID:wGXqeebE
>>231
なあ、ぱんつ

233 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/11/18(水) 22:18:11 ID:jLSGNqTJ ?2BP(3200)
>>230
>色揚師

まだ一人(一社)、生き残ってますよ。


>>231
こういう七宝拵えは一時期流行ったみたいで、たまに見かけます。
たぶん明治期あたりの浜物(輸出用)だとおもうけど。

234 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/01(火) 20:34:26 ID:XtW5QCTX
ごめんください。鍔は必ずしも鍛造でしょうか。波打つようにバリが削っちまうか否か

235 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/01(火) 22:14:51 ID:wzeYNAZD
安物は鋳物じゃない?


236 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2009/12/01(火) 23:18:15 ID:dqi1n0qy ?2BP(3200)
居合など武道用に最近造られているのは鋳物です。

また中国製の鋳物のニセモノが多く出回ってます。

237 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 00:50:08 ID:MTLngEhx
お二方情報ありがとうございます。短刀鍔なので居合用ではないですし厨苛鍔のようないかれたデザインでもないですが
しかし言われてみれば薬品で染めたような色に見えないこともないし、模造刀かまたは碌でもないもんでしょうね
錆つけて遊びます。ありがとうございました

238 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 09:38:17 ID:d9vVuSyZ
江戸時代の本歌でも真鍮だと母材が柔らかいから鋳型で作ってヤスリで整えてるよ。
鉄は鋳物だと硬くなりすぎて衝撃によって割れやすい。
江戸時代でも鉄の鋳型鍔はあるんだけど嫌われた。
なので鍛造→削り出しが本歌と言われる。


239 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 13:46:07 ID:MTLngEhx
なるほどそういうものもやはりあるんですか。鋳型鍔?のほうがレアですねぇ。いいもんじゃないけどw

240 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 14:35:06 ID:d9vVuSyZ
型でも鋳型使うなら真鍮の方が良いよ。
ムサシ鍔ので鉄で真ん中から割れた事あるし。
どうしても鋳型(安いもの)で鉄が良いなら厚手のを探すべきでしょうね。


241 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 20:18:05 ID:MTLngEhx
冷えが重なって割れたのでしょうか。鋳物だめですね。次鋳物買うか分かりませんが銅のものを買う予定です
金具素銅なので赤銅か素銅が理想の色ですが。ありがとうございました

242 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/02(水) 22:50:40 ID:d9vVuSyZ
>>241
鋳型は鉄が硬くなりすぎる事もあるけど巣が入ることもあるしね。
そのあたりが影響したのかな?と思うのだけど・・・。
どちらにしても鋳型の鉄鍔は二度と使わん。


243 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/12(土) 19:36:38 ID:/pv/N1Il
良い物なのですか?
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b106547443

244 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/12(土) 23:41:53 ID:HV4q7/rG
これが18万…サッパリ解らんわ?

245 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/13(日) 18:32:27 ID:Ikds2rFy
マンホールの蓋の10倍の値段らしい…
比較するのもなんだが

246 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/14(月) 09:24:31 ID:mLGpZKp2
試斬・・特に胴貫をやるにおいて鍔は重いほうが良いのですよ。
あとは言わなくても分かりますよね?

マンホールをIYHして刀に取り付けるのです。
さあ早く!!
7ツ胴など目じゃありません。



247 :名前なカッター(ノ∀`):2009/12/22(火) 19:07:29 ID:g+HRH92j
井出コレクションの放出でしょうか?
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r60254361

248 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/14(木) 20:20:57 ID:FAttYyS8
失礼します。
この「野馬図縁頭」、「馬」じゃなくて「牛」なんですよね。
認定書の写真も実物と同じ物にみえるのですが、
こんな単純な間違えをするものなのでしょう。
ttp://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e100505111

249 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/16(土) 20:25:02 ID:J5+32RX6
>>248
認定書が間違ってることってのは少なくない。
というか、よくある。

そのせいであとで揉めたり非常にややこしいことになったり、という
話には事欠かず。

酷いのになると、ってこれも結構よくあるんだが、銃刀法上の登録証の記載が
間違ってることがある。
これまたそれが発覚するといろいろとややこしいことに・・・。

250 :248:2010/01/17(日) 02:54:45 ID:n/wXMzY4
>>249
そうなのですか、随分いい加減なんですね。
知りませんでした。
ありがとうございました。

251 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/17(日) 17:09:14 ID:4FddZvff
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r60593307
武装商店で売ってる笹折鍔の現物?らしきものが出てるけど、意外に丸っこいんだな。
居合刀用のレプリカしか見たこと無かったから、もっと角ばってるのかと思ってたよ。

252 :名前なカッター(ノ∀`):2010/01/18(月) 18:56:26 ID:6+g3s/GR
うるせーカス

253 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/04(木) 00:21:01 ID:gvPMXFiH
福岡市博物館で、刀装具展やってたので一乗とはいか程かと思って見に行ったら
想像絶する鏨使い。蝙蝠図の笄が最高でした。あと今は圧し切り長谷部も展示してました

254 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/13(土) 08:07:20 ID:nzK2tCpH
刀の「鍔」について、最低限これだけは読んどけという書籍がありましたら
お教え下さい。

できれば、絶版になっていないもので・・・。

255 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/13(土) 10:02:39 ID:oGhOZY3R
日本人教養講座「日本刀」http://www.mokuzai-tonya.jp/05bunen/zuisou/bn_2009.html
http://tsuba.jyuluck-do.com/JapaneseOsusumeShohin.html
鐔小道具鑑定入門
鐔 (小笠原信夫 http://books.google.co.jp/books?id=I8a0_C1fBfcC&printsec=frontcover&dq=%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E4%BF%A1%E5%A4%AB&as_brr=3&cd=2#v=onepage&q=&f=false
日本刀 刀装具の書籍案内 http://samurai-art.hp.infoseek.co.jp/detabase/info3.html
新版 日本刀講座 7巻 8巻 小道具鑑定編
古本屋https://www.kosho.or.jp/top.do


256 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/13(土) 20:01:02 ID:nzK2tCpH
>>225
ありがとうございます!

257 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/14(日) 05:43:25 ID:j3xQPJCx
これは凄い。
ttps://www.aoi-art.com/auction/auction.cgi?acc=disp&no=1265942106&t=1213703271

こういうの、欲しいなぁ・・・。

258 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/14(日) 22:58:00 ID:QkdQtKYp
いらねえw飾れる床が限られるw

259 :名前なカッター(ノ∀`):2010/02/28(日) 15:20:57 ID:8KxIZAnC
スレ活性化に皆さんの好きな鍔を伺いたい。時代上るものは流派などで

260 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/05(金) 22:35:37 ID:9300I0mv
尾張、金山、京、赤坂、肥後、みんな好きです。最近入手は甚五2代。

261 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/05(金) 22:52:09 ID:r554Wr5T
オクで買ったネットリ風の刀匠鍔
油がとれてカサカサになってきました・゚・(つД`)・゚・

262 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/05(金) 23:14:13 ID:VyWAmv5l
艶が出ないものは艶が出ないしね。按配が分からないけど磨いてみんさーい

わたしは尾張が好きです

263 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/06(土) 20:07:45 ID:GKUU8YbE
>>259 
グリ彫りで拵え作りたいよ
http://www.samuraishokai.jp/equipment/fc001.html
http://www.mokumeganeya.com/guri.html

264 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/06(土) 20:12:59 ID:GKUU8YbE
屈輪彫

265 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/07(日) 00:22:36 ID:oXwUeARB
図じゃなくて文様の金具は持て余しますね。鍔は揃えるか無地ですかね
鞘は棕櫚毛とか・・・分からん

266 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/14(日) 09:01:42 ID:hhE59aiF
柄巻師(つかまきし)〜世界に誇る日本のクリエイティブ「日本刀」
http://www.youtube.com/watch?v=DMa0h6T8DIw&feature=channel

267 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/14(日) 23:52:14 ID:fe1ESTAd
刀剣研究家中原信夫の鑑定は、日当穂の学芸員など話にならない程的確だ。
中原氏に鑑定してもらいなさい。ただ人格に問題があるようですがね?

268 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/15(月) 17:23:15 ID:chkIpMG+
後藤家の刀装具に詳しい福○繁○氏は?

269 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/15(月) 18:28:52 ID:Fzofwixs
スクリプト

270 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/16(火) 21:00:45 ID:WbmgQmcV
>>266
菱形ってあんな解して使うのかね。クッションではないと思うし
ちょっと手抜きに見えるが。時代物でそういうのある?

271 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/16(火) 21:59:10 ID:0De9ibhP
文部科学省が作ってる映像なのに鮫が短冊…ガッカリだわ。

272 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/16(火) 22:17:25 ID:WbmgQmcV
オッサンの半可な語りばっかだし映像である利点もないよね
ひたすら作業写せばいいのに

273 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2010/03/17(水) 00:20:17 ID:lvppM1tx ?2BP(3200)
>>271
>鮫が短冊
短冊じゃないで
鮫を巻いてから棟側、刃側に経木を貼る
之が正しい巻き方だよ。



274 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/17(水) 01:40:31 ID:RHF6vgX1
そっちの方が現存多いし糸もガッチリ締まるよね

275 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/19(金) 00:51:43 ID:bkxnqU5w
>>273
(´・∀・`)ヘー知らんかったよ

276 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/23(火) 19:57:02 ID:K072MacI
あるブログで柏木菟腰刀を再現した画像を見たんだけど、柏木菟腰刀って薄くてスマートでカッコイイな

277 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/25(木) 22:46:04 ID:8tN6AlzR
誘導されてきました。

金工(装具士)で位置づけたら奈良三作(代表して利寿)は、
どの程度のレベルなんでしょうか?
埋忠明寿>奈良利寿>そうみん>後藤祐乗でしょうか?

自分としては、埋忠明寿>奈良利寿>岩本昆寛>宗ミン>土屋安親>乗意
>後藤一乗だと勝手に思っています。
また、夏雄は埋忠の次くらいに来るとは思うんですが、
自分はあまり魅力を感じません(作品は精緻だとは思うが)。

時代とか町彫家彫とかめちゃくちゃで申し訳ないが、
分類してみてください。

278 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/27(土) 03:14:05 ID:TKkKm1YL
過疎杉

279 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/27(土) 10:12:28 ID:TKkKm1YL
過疎杉

280 :名前なカッター(ノ∀`):2010/03/27(土) 13:41:14 ID:vQO2thZ2
これはなんのレベルだろう。よく分からない

281 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2010/03/28(日) 01:46:25 ID:p54qpnYO ?2BP(3200)
>>277
>分類してみてください

無理だと思う。
林檎と蜜柑を比べるようなもの。
好みの問題でしかないような。

宗ミンと夏雄の片切りの技能優劣とかなら
冨士と紅玉の比べになるだろうけど。



282 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/11(日) 15:33:12 ID:Ail24X7C
志水甚五っていいな
http://www11.ocn.ne.jp/~katana77/taka.jpg
http://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/kyouikuiinnkai/bunka/55_tubas.htm

他にもいいと思う鍔があったらUPしてくれ

283 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 00:13:55 ID:4pWiUQQZ
虎図の目貫ってあるようで探すと手ごろなのないのな。鍔と縁頭は手に入れたんだが。

284 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 10:17:26 ID:zUr9YcGz
>>283
揃えるなら縁頭+鍔の三寅で目抜きは竹笹でいいんでね?
四寅より三寅(ミトラ)の方が縁起がいいし。

285 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 11:20:07 ID:xBe8/5RW
鍔を笹にすると相手から見たときに笹の中から虎が出るとなるお。
手の内の虎を笹藪から出す前に去れって意味合いになる。

なので、縁頭目貫を虎にして鍔は笹折で鞘は朱艶www
(これは冗談です。)



286 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 17:28:41 ID:4pWiUQQZ
>>284-285
成程。三寅とかごろあわせ迄は考えてなかったな。
寅年生まれで、いい感じの赤銅鍔と赤銅縁頭が手に入ったんで目貫を探してたんだけど。
あと朱鞘はまずいかな?黒鮫に茶の裏革で摘み巻き、朱鞘にしようかと思ってたんだがw


287 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 18:25:46 ID:xBe8/5RW
>>286
図は何なの?
目貫もそれに合わせて一式風にするか何かの物語のように並べた方が意味が出るよ。

俺、見返り美人の図の鋳造鍔に目貫は一物という破廉恥な刀を作ったことあるwww
縁頭は天狗www
さすがに道場の師匠には思い切り怒られたけど他の兄弟子や師範には大うけだった。


288 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 19:10:18 ID:4pWiUQQZ
>>287
ごめん。283です。
鍔は柳川兼春の赤銅地竹虎図の丸鍔、耳金覆輪。
縁頭は無銘の揃いで赤銅地竹虎図。
黒鮫柄を茶の裏革で摘み巻きにして鞘は朱鞘を考えてるけど、どうかな?
刀身は無銘の二王二尺二寸。


289 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 21:36:28 ID:xBe8/5RW
目貫の虎が見つからないなら龍にして竜虎にするのも面白いかもね。
槍にして加藤清正の虎退治をイメージするとかも面白いかな?


290 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/14(水) 22:10:26 ID:4pWiUQQZ
>>289
ありがとう。鑓はおもしろいね。探してみる。
それとこだわるようだけどこれで朱鞘は変じゃないかな?


291 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/15(木) 00:21:13 ID:EGX7+qSV
男が朱鞘を使うのは好まない、もっと進んで怒る年配の人はいる。
古い刀剣の本だと
「朱鞘はいわば甚平のようなもので、これで堂々と人前に出る人はよほどの下層階級か
 常識のない人です」
なんて書いてあったりもする。

なので、道場とかで使うなら師匠に訊いた方がいいが・・・。

ただ、江戸時代の侍はその辺を逆手にとって、遊郭とかに遊びにいく時はわざわざ朱鞘の
拵えを差したりするのが流行ったりもしたそうだ。
国立博物館所蔵の大小二振りには、朱鞘茶柄巻の、物凄い身分の高い人の佩刀があったり
するし(最もこの拵えの鞘塗は、単純な朱鞘ではないが)。

あと、薩摩藩では「安い割に丈夫」という理由で、地方の下級藩士は朱塗の拵えをよく使って
いたとか。
「薩摩拵」とされる品にも朱鞘のものは結構ある。

292 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/15(木) 00:49:02 ID:vgDxy+ju
竜馬伝が下士下士言うのに朱鞘だったよね。あずきだったかな?

293 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/15(木) 05:54:50 ID:Ox6Eo6Xj
>>291
ぬ〜ん。朱鞘にそんな意味があったとは。
茶石目、鮫研ぎ出しと持っているので変化球位のつもりだったんだが。
地方侍の〜という意味合いからか、地元に「肥後の朱鞘」という言葉があり、単純に考えていた。
まわりの意見も聞いてもう少し考えてみる。

294 :名前なカッター(ノ∀`):2010/04/15(木) 11:24:44 ID:a43+i9i+
>>290
朱鞘はネタ(九字兼定)だったんだけどwww

古くなった赤銅は具合よく黒っぽくなるけど、
それでも太陽に照らせば赤みが見えるよね。
なので朱鞘はおかしくなると思うよ。
新しい目の赤銅であればもっと赤いだろうから同色系の異色は辞めた方が良い。
お互いの赤が潰しあう。
どうしても鞘を赤系にしたいならツイシュなどの赤の強い茶系統の方が良いと思うよ。


>>291
江戸時代は黒鞘は登城用で普段から登城用の黒鞘はおしゃれじゃないだろ?って感じで色鞘使ってたみたいですよ。
(柄なども色付きでおしゃれに)
今風に言えば黒鞘は礼服で色付きは普段着用のスーツみたいな感じ。
半太刀は今風に言えばアーミー服きてる香具師みたいなもんだったのかな?



295 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2010/04/15(木) 16:46:50 ID:E9wNliDW ?2BP(3200)
>>294
>新しい赤銅であればもっと赤い

どちらかというと青いのだがなぁ。
少なくとも赤系の色は7分以上(紫金)入れないと発色しない。
大概の赤銅は3分まででしょう。

擦れて、地色が出たモノはむろん赤系だけどね。
色上げをし直すことをお勧めするわけですよ。

296 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/05(水) 01:05:02 ID:QsoF5J51
鍔の光沢ってイボタ?ぬかった・・・

297 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/05(水) 01:11:02 ID:QsoF5J51
あ、鉄鍔ね。ちょっと磨きすぎた

298 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/14(金) 04:07:11 ID:lEsd7/1A
一尺九寸の大脇差に拵を誂えようかと思っておりますが、
この寸尺で片櫃の『脇差拵』を作るとなると丸尻でもおかしくないでしょうか?
ちなみに金具は古手の美濃や後藤、鍔は栃畑を使い、鞘は古代朱、柄は燻革巻きで作ろうかと思っております。
拵にお詳しい方、お教え下さい。

299 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/14(金) 08:55:30 ID:wS4NU8mh
朱鞘は、本来夏に佩用する色だったそうです。

300 :名前なカッター(ノ∀`):2010/05/14(金) 09:19:48 ID:rJSq5AD5
江戸期の脇差拵えを狙っているのですか?
私は現在、一尺六寸の脇差しに江戸期の脇差拵両櫃を作成中ですが
切こじりが好きなので黒蝋色塗の鞘に角の切こじりです。
金具は江戸時代の物と手に入り難い物は現代金工に作って貰いました。

私なら刀が長いのと鞘の色や柄巻に皮を使いたいなら肥後拵えが似合う様な気がしますが。
いずれにせよ、その時代のその様式の掟に合わせて作成する事をお考えになって下さい。



301 :298:2010/05/14(金) 17:33:23 ID:lEsd7/1A
>>299
>>300
丁寧なアドバイスありがとうございます 
狙っている所としては慶長〜江戸初期、『かぶき者』〜『旗本奴・町奴』の時代で
幕府の禁令(正保)でも市人の大脇差、大角鍔、朱、黄鞘…とあるので流行っていたのでしょう
長さもあるので慶長拵風の遊び差し(一本差し)のつもりで作ろうかと思っております
ただ、この辺については資料がなさ過ぎて困りますね
絵画資料などではかぶき者や当時の町人もずいぶん長い脇差を差している様子が描かれてます
なので、自分が当時だったらどんなのを差すかな…で勝手に考え付いたまま組み合わせてみました
縁頭は古美濃の唐草に丁子ウットリ象嵌、目貫は古金工の山椒、柄巻は塗鮫に燻革藍染め、
鍔は栃畑、小柄は後藤物の茸に粟、鞘は片櫃古代朱潤み塗…

こじりに関しては、小笠原信夫氏の著書や法隆寺西円堂の遺物写真などから、
片櫃はほぼ丸尻が一般的なようだったのでそれに従おうかと思ったのですが
どうもこの長さは半端なので決定的な資料がなく困ってます…
>>300様のおっしゃられるように肥後もしくは柳生にしてしまえばどんなに楽な事か…
長々と失礼いたしました。

302 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/08(火) 19:36:19 ID:TGgf3SK0
どなたか鉄鍔の手入れ方法詳しく教えて下さい

カニの爪で赤錆を削るのですか?

303 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/08(火) 19:42:02 ID:TzlIjmjt
>>302
鹿の角ぢゃないんか?

304 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/08(火) 23:51:02 ID:L67WKTny
カニ爪w

305 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/09(水) 00:44:33 ID:UHvBKrVC
アホ二人乙

鹿の角やカニの爪や象牙、竹ヘラ、人によって使うものが違う。
まあ「ぢゃ」なんて使う奴だから仕方ないが

306 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/09(水) 14:22:25 ID:AWGQpuIU
>>302
茶の出がらしを濡らしたまま放置して、真っ黒になった茶っ葉で
適当に錆を拭って乾かして手脂鼻脂でもぬっとけ

307 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/10(木) 18:32:25 ID:I+5h5Rkf
柄巻きについて教えて下さい。
木綿と絹を比べたとき、値段以外のメリットデメリットってありますか?
値段的に1000円程度しか変わらないのでどちらでも良いのですが目的は居合いの練習用の柄巻きです。
上の人に聴いてもどっちも一長一短あるような言い回しでそれなら他の人にも尋ねてみようと書き込みました。


308 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/10(木) 20:32:21 ID:ua4airms
絹は(木綿より)きれい、握りやすい、滑りやすい・・・かな
俺のは全部裏革だからそんくらいしか分からない。

309 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/11(金) 13:13:01 ID:LqzC4sIN
>>307
木綿 ○汗に強い、汚れても洗剤で綺麗に出来る ×堅い、手になじまない
絹 ○手になじむ、柄糸の発色が良い ×繊維自体が弱い、ヨゴレのケアが大変

稽古用は木綿で演武用が絹とかでいいんでね?

310 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/11(金) 13:48:42 ID:V1MyKMRT
木綿にしました。
有難う御座います。


311 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/11(金) 16:23:58 ID:cSfFwQiq
>>306
出がらしお茶がら?はじめて聴いた。お茶がらを使う理由がわからん。
タンニンで、不自然な錆色になるのではないか?
>>302
赤錆は動物の骨などを使い錆の部分に丁子油をつけて上から気長にコツコ
ツ叩くようにする。すると赤さびが浮いてくる。急がず何回にも分けて何
年もかけるつもりで。私は手入れに使った油は無水アルコールで除去してる。余分な油は百害あって一利なし。手入れ後は清潔なあらざらしの木綿
やネルでフキフキ。




312 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/11(金) 16:49:20 ID:LqzC4sIN
>>311
肥後象嵌の色つけは日本茶のタンニンがベース

313 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/11(金) 18:24:31 ID:K1Vx8PbJ
鉄鍔のダボ錆は、濡らして湿ったまま冷凍し水の膨張で錆を浮かして取るってのがある
ポロッと取れるのかと思っって試したんだが、ぜーんぜんダメでした

314 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/13(日) 11:03:47 ID:Y4sejj/5
最近朱石目の鞘作ってくれる所減ってねえか?
というかどこで聞いても不可。
たまに受けてくれる所見つけて色合い聞いて見たら朱というよりオレンジに近い薄い赤とか。
(太陽で色が退色した赤。)
鞘修理なんだけど鳥居の朱赤の石目やってくれるところないかな?
(出来れば安く)


315 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/13(日) 19:51:39 ID:kub9bI4N
>>314
ねぇよボケ

316 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/14(月) 13:21:12 ID:Xig0+8ar
>>314
ベンガラ朱と水銀朱どっちよ?

317 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/22(火) 20:22:15 ID:69/bbaoz
本歌の鉄鐔なんだけど、鋳物か鍛鉄かどうやって見分けてる?
爪で弾いても、鋳物でも響く奴もあるからよくわからん…

318 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/23(水) 10:36:40 ID:Wqu3skyq
>>317
鋳物は漆がけしてない限り、パーティングラインが出る
まぁ、パーティングラインの上に金着せとかしてあるとわからんけど

319 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/25(金) 23:34:17 ID:PteJJHjp
型抜きままなら鋳肌で判るし、均しても鋳物は鋳物なりの乾いた肌
音も鍛鉄の響きとは別物

320 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/26(土) 01:03:59 ID:Y+Y4CgP3
>>319
鋳物でもよく響くやつあるよ
鍛造でも鈍いのもあるし

321 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/26(土) 21:14:13 ID:Y+Y4CgP3
鉄鐔の鉄味ってどうやったらよくなる?

322 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/27(日) 03:14:08 ID:ikziKmU9
暇見て擦る

323 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/27(日) 11:41:06 ID:bIDzF9x+
>>322
俺は木綿やネルで擦るんだが、刀屋の親父は指や手のひらだと

どっちがいいんだろね?

あと椿油とかはつけたほうがいいのかね?

324 :322:2010/06/27(日) 12:04:00 ID:ikziKmU9
指がいいけど、ずっと擦り続けると痛くなるから普段はネル、たまに指を繰り返す。

325 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/27(日) 12:06:48 ID:ikziKmU9
あ、あと椿油は特にいらないと思う。手脂で充分

326 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/28(月) 14:56:52 ID:kToE8Jqd
>>322
パーツクリーナーは使っても大丈夫でしょうか?

327 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/28(月) 15:01:23 ID:9hDwHVw7
國廣鐔って相場いくらくらい?

328 :名前なカッター(ノ∀`):2010/06/28(月) 19:57:52 ID:oU38D5XO
>>326
ごめん使ったことない

329 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/01(木) 07:43:24 ID:sO65L5cP
金山と尾張の微妙な差はなんだろうね、
左右対称のデザインで少し大き目7.8CM、
耳に鉄骨が出ている、金山と鑑定されているが
これ、尾張じゃねえの、

売る時には金山の方が高く売れるのかね?

330 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/01(木) 16:41:55 ID:pFu5vf0m
それは鑑定者の主観でせう
人が変われば見方も変わるものです。

方向性は女事務機でも行く先違いはバスでも有りますから。

331 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/04(日) 00:08:57 ID:L3vLXUht
>>330
日本語でおk

332 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/07(水) 17:27:05 ID:mfWt6G4g
>>330
後半、統合失調みたいな文だな

333 :きり番ゲッター:2010/07/13(火) 14:44:47 ID:0y5SJzri
333ゲット!

話が難しくてついて行けない・・・

334 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/17(土) 01:16:46 ID:aS7O0VdN
図と造りこみと丸みだべ。金山の方が先だし無骨なのは言うまでもないわな

335 :名前なカッター(ノ∀`):2010/07/20(火) 18:24:21 ID:NxBFmgvu
そうね、典型的な金山、
何の図なのかよう分からない、鉄骨が耳にそこそこ出ている、小ぶり、武骨、
こんなところかね、

でも尾張のいいのも鉄骨が出ていて、武骨、
図が左右対称なら尾張といいたくなるね。
うーん、でもやっぱり微妙なのもあるわな。
金山が尾張より高いというのは間違い。
尾張のいいものは本当に高いよ。

336 :名前なカッター(ノ∀`):2010/08/13(金) 11:21:36 ID:h1PWQXvC
武装で笹折図以外の安物鍔の販売やっとるな。
喰出鍔はやらんのかねえ。


337 :名前なカッター(ノ∀`):2010/09/07(火) 20:07:10 ID:wOZIyxeG
下緒と家格について語られている文献とかないですか?朱が高位としか知らんのですが

338 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 01:31:21 ID:XYfwYMfx
これ桔梗ですか?そうは見えんのですが何かわかりません
http://tsuba.jyuluck-do.com/swordguardtoshotsuba1.gif

339 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 08:15:08 ID:63Jro/CG
カタバミじゃないかな

340 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 09:00:04 ID:6BQySQBu
透かしが多く径が少し小さめの鍔を付けたい。
手の内を少し軽めにしたいのだがつけると刀がショボくなる。
事故で右手首の作動範囲が狭い為に鍔が邪魔で・・・。


341 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 09:17:00 ID:XYfwYMfx
>>338
なるほど!家紋でみて間違いないと思いました。有難うございます

342 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 09:17:54 ID:XYfwYMfx
しまった。>>339さん有難うございました

343 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/15(金) 18:11:31 ID:0xFxHacl
現代物の太刀金具をネットで売ってるところを知ってる人、教えていただけませんか?

344 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 17:35:01 ID:gKVgiTqK
>>340
鍔なしの天正拵なんかどうだろう?
雰囲気もいいと思うけどな

345 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 18:51:26 ID:QdQ6ieIh
それは天正拵なのか?w
>>340は多分居合やってるんじゃないのかな?
手の内軽くしすぎると手首傷めやすくないか?
かといって重くすると肘にくるけど。
逆に食み出し鍔より少し径の大きい透かしのない鍔使った方が良さ気。


346 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 19:56:05 ID:BulIxnKJ
鍔なしとかふざけんなよ。糖分とりすぎてるせいかざけんなって叫んじまったわ

347 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 20:01:00 ID:auNi33M/
落ちつけよw
たぶん山鳥毛の拵みたいなやつを想定して言ったんだろ

348 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 22:02:37 ID:gKVgiTqK
>>347

ああ、それ。山鳥毛とか姫鶴一文字、法隆寺西円堂なんかの拵。
鍔刀が一般化する桃山期以前に多いやつ。

349 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 22:32:13 ID:pYVVIeT9
わりゃ何いいよんか。よう考えて書き込め

350 :名前なカッター(ノ∀`):2010/10/21(木) 22:56:21 ID:QdQ6ieIh
>>348
鍔の無い打ち刀こしらえは今では下郎刀とか穢多刀と言われて神棚の前で抜けません。
そもそも、桃山以前はツバ無しが当然とか書いてるサイトもあるけど、
武将は鞘だけ変えて半太刀で持ち歩いたり太刀のまま帯につけて持ち歩く人多かったし、
打ち刀が純正装備品の騎馬の下位の連中は手の内の錘代わりに重めの鍔が多かった。
んで、鍔の無い拵えは上杉家の標準形式である事を除けば、
街道沿いなどで拵えを一式揃える事が出来ない貧乏山賊などの犯罪者集団。
こういう犯罪者集団の連中が江戸初期に穢多や非人の主たる構成員になる。
また、穢多は実は室町時代から居る身分階級なんだが、
この多くが山の中で暮らす事が多かった。
鍔は武器としての防具の役割であり、山で作業をするには少し邪魔な装備なんですね。
これらの人は片手打ちや脇差などをナタや獲物の解体に使ったりもしました。
犯罪者の使用率と室町以降、山で暮らす人たちを指して穢多刀と呼んだわけです。

上杉家がなんで鍔無の刀を好んだかは分かりません。
上杉家の剣術は今で言う新陰流の一刀両断を要とするものでした。
中国武術みたいに振り回すなら無い方が良いかもしれませんが・・・。
重い一撃を与える為には鍔はあったほうが威力は増します。


351 :名前なカッター(ノ∀`):2010/11/04(木) 21:11:00 ID:L3UG5Ggi
>>348
多分小笠原氏のを鵜呑みにしたんだろうが、あれは鍔とっただけだと思うんだ。嵩張るからな

352 :名前なカッター(ノ∀`):2010/11/08(月) 14:48:13 ID:pQpUW7XY
尖閣ビデオ内部告発の義憤

入庁8年のベテランで殉職した 佐藤氏、谷岡敏行氏
彼らは果敢にも相手船に乗り込み、憲法9条に縛られて抵抗できぬまま、
佐藤さんは機銃?(自動小銃か?)で撃たれて即死だったらしい。
死体は素巻きにされて海に捨てられた。
谷岡敏行さんも撃たれたが致命傷ではなく海に飛び込み逃げようとしたが
中国船の船員(中国海軍工作員?)は銛で突き殺そうとした。
それを逃れようと泳ぐ谷岡さんを殺すため、中国船は船体で轢き殺そうとして乗り上げ、
スクリューに巻き込んで重傷を負わせた。
谷岡さんを救出しようとして日本側の巡視船が近付き、引き上げようとしたところに、
谷岡さんを挟みこんで殺そうとして中国船がぶつけてきた。
谷岡さんはぶつけられずに援け出されたが、巡視船の船体は破損した。
その後、巡視船は漁船を制圧して中国船の乗員たちを逮捕。
谷岡敏行さんはヘリで石垣島の病院に搬送されたが、後日11/4深夜に八重山病院で亡くなった。

ところが政府はあっさり釈放、その理由は「APECが吹っ飛ぶから」


中国漁船船長釈放を聞いた海保乗組員一同の男泣の理由




353 :名前なカッター(ノ∀`):2010/11/29(月) 20:58:38 ID:nVjHsX74
薩摩鍔って艶でないものかね。表面がざらついていて、そういう銹付けと言うより
土地の鉄質のせいだろうか。あそこらの刀は茎もざらついてるし。銅のせいだろうか
残念だ。とはいえ原産であるという証明にはなるね。調別さんなんとか言って!

354 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/08(火) 22:38:27 ID:v+TSznjz
肥後拵え用の鐺金具(泥摺)ってどこかにないですかね?
鐔や縁頭は見るんだけど、売りに出てる泥摺って新物ばかりで時代の品がないんだよね・・・


355 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/09(水) 23:05:41 ID:RWT5YNO5
普通の縁頭金具(図柄の彫や象嵌等があるもの)の柄に
赤銅磨地の無文の黒い鍔を合わせるのは、おかしいので
しょうか?
どなたかアドバイスお願いします。

356 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/09(水) 23:59:54 ID:8YNSbyn+
登城用

357 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/10(木) 01:53:06 ID:Xp9oX0i5
落ち着いた感じの縁頭で合わせると品良く見える鴨。
同じ赤銅で、図柄を毛彫りや片切彫りしたのなんかだとどうでしょ。


358 :355:2011/02/10(木) 21:40:02 ID:6guMa27c
もちろん登城用という事は知っていました。
だから取り合わせの是非を聞いてみたかったのです。

確かに毛彫りや片切り彫りならいいかも。
しかし柄に付いている金具は、そんなに派手ではありませんが
高彫りの雲龍に金色絵を象嵌したものなんだよなぁ。

359 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/10(木) 22:03:21 ID:FSFaB/u/
金具の地が色上げした赤銅なら問題ない

360 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/12(土) 00:34:16 ID:VsO1zAR7
>>358

拵はどんななの?
縁頭の図柄がお気に入りなんで鍔はあえて無地にするとか?

361 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/02/12(土) 10:02:12 ID:ETPPZg0d
逆に縁金具が金銀色絵の派手な物も献上鐔には合うと思う。
縁が映り込んで、非常に派手な鐔と言える。

362 :358:2011/02/12(土) 22:14:45 ID:d50Jf1hr
寸延短刀の拵えです。
縁頭の図柄は気に入っているのですが、なかなかそれに合う
鍔が見つからなかったので、寸延短刀でもあるし無地の赤銅
磨地の鍔なら合わせ易いしどうかなと思ったのです。

派手な物でも合いますか。
色々アドバイスを伺って、選択の可能性が広がった気がします。


363 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/15(火) 00:48:05 ID:L0KwXDw3
短刀じゃなくて刀の鞘に蒔絵入れるのって下品ですかね。
飾り鞘だから豪華にしたいんですが。


364 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/17(木) 23:35:09 ID:a+lQ4Ix5
こんなの?
http://www.iidakoendo.com/info/item/a315.htm

んーなんだか微妙〜

365 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/18(金) 01:31:14 ID:XMSTgvxY
こんな感じをイメージしてるんだけども。微妙かな・・・?

http://www.samurai-nippon.net/244/


366 :名前なカッター(ノ∀`):2011/02/18(金) 15:24:54 ID:NmKVfWHP
>>365
意外とかっこいい

367 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/02(水) 18:14:16.56 ID:OuZviAGS
刀の身を新調したのでそれに合わせて拵えも新調しようと思ってます。
柄巻の色は特に指定が無いのですが鞘塗りに関しては居様に黒でなければならないみたいな師匠のこだわりがあってwww
(鮫皮は汗によるカビを防ぐ為に黒指定ではありますが)
石目か呂が好ましいけどどうしてもってなら黒叩きでも黒渦巻きでも良いのですが黒でないとって感じで・・・。
でも、朱や茶などは不可・・・。
で、鞘を二本製作してもらって一本を私の好きな茶石目。
で、もう一本を黒石目にします。

今悩んでいるのは特に指定のない柄巻の色です。
黒にすると茶石目とあわせたときに安っぽいし
茶にすると黒鞘とあわせたときにどうだろうと悩んでいて・・・。
白鮫革が使えたら普通に黒巻きにするのですが・・・。
鮫革黒は防黴が理由だからって朱鮫革にしたらぶった切られるだろうなあwww


368 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/02(水) 18:55:42.05 ID:ruT7Y18n
なるほど
柄が黒鮫で鞘が黒石目と茶石目
両方の鞘に合う柄巻の色を探してるんだな。

俺は小豆色を推しとくぜ。

369 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/02(水) 19:38:15.09 ID:OuZviAGS
小豆は特に黒石目だと想像するだけでも良い感じですね。
下げ緒も小豆にすると朱ほど下品じゃなくて良さ気です。
ただ、茶石目に合わせる下緒の色はどうしましょう?
どちらも赤系の色違いなので・・・。
無ければ良い感じだと思うのですが無いと困るというか寂しいような・・・。


370 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/03/03(木) 01:27:14.61 ID:DPjgEx8U ?2BP(3200)
ここは渋く鉄紺(黒に近い緑がかった紺色)などはどうかな。
自分の趣味だが。

371 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/03(木) 09:06:53.27 ID:0FGdHLPv
鮫革黒指定ってのが腐敗防止ってなら朱にしてこげ茶の巻きが凶悪で良いぞ。
演武には誘われなくなるけどwwwww
ただ、黒鮫の茶の巻きってかなり格好良いぞ。
黒鮫の分だけ巻きが黒く見えるからこげ茶を使うと鞘に対して黒く見えすぎる。
だから焦げ茶じゃなくて茶ね。
黒があるから黒鞘とも合うし視界上黒と茶が混ざってこげ茶に脳が認識するから茶石目にも合いやすい。

それ以外に腐敗防止だけで黒鮫が指定されてるってなら安物のさび付けはどうよ?
所謂白鮫革の古刀仕上げって奴。
ちゃんとした高い処理やると人工時効効果狙って紫外線で表面を薄っすらと焼くんだけど、
処理価格5000円以内だと革用の透明ニスを塗って処理とする。
(正確には革用ニスじゃあないのかもしれんがそんな感じの奴)
どちらも薄っすらと黄色になるから古っぽい感じに仕上がるけど、
前者は汗でボトボトになると腐敗する可能性がある。
後者は黒鮫と同じく塗装で元々白鮫を腐敗から守る為にやりだした事だから腐敗防止にもなる。
ちなみに粗悪な拵え屋に頼むと黒鮫の黒をマジックで塗る奴がいる。
これだと黒鮫でも腐るからな。



372 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/04(金) 19:15:42.59 ID:0Pzc+4kx
皆さん有難う。
もう暫く悩みます。


373 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/04(金) 22:07:50.23 ID:/o5Qsctk
>>365
凝った拵えだな クリカタが非常に変わった形だ

374 :名前なカッター(ノ∀`):2011/03/05(土) 00:04:05.15 ID:wW0VaqIR
>>373
すげー!クリップみたくなってる!

375 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/03/05(土) 00:38:51.97 ID:HQnNOJ7k ?2BP(3200)
西洋の剣の模倣だと。
剣帯(たすき掛けした布の帯)に指すときに鞘が入る口に引っかける。


376 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/14(木) 22:49:41.36 ID:LvYZvS4F
すみません皆様に質問です。
私は細身の大脇指、元禄新刀とおぼしき刀を持ってます。寸法は一尺九寸、元幅一寸一分程度、反り1.7の京反り、茎はうぶです。

浅学ながらこの中途半端な寸尺はおそらくは平民の一本差しとして使われた物なのでは…と思いました。
とても安い、ほかの方からしたら取るに足らない刀ですが拵を着せてあげたいと思います。
一体どんな拵が良いのか、また身分によって拵に掟があるのか、その辺を是非詳しい方にお伺いしたいと存じます。
よろしくお願いいたします。

377 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/14(木) 23:06:40.27 ID:rPjGctWE
元幅一寸一分は別に細身じゃないと思うけど・・・
先が細ってるんですか?

378 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/14(木) 23:42:19.06 ID:LvYZvS4F
>>377
すみません、幅だけ間違ってました!
今計ったら28_でした
外の刀のスペックと取り違えてました。
すみません。

379 :名前なカッター:2011/04/16(土) 00:29:27.37 ID:mtsAwAIX
>>376 大阪の豪商の注文打ちの大阪新刀には傑作刀がかなりありますが、百姓、町人の

    道中差しなんかは身幅がせまく、重ねも薄い奈良刀が多く有りますね。

    追いはぎの良く出る峠何かは、下の宿場で道中差しを売たり買ったりする店が多かったらしいよ

    峠を越えたら下の宿場で買い取ってもらってたらしいよ。

    刀の拵えを勉強したいなら 日本刀の入門書を読めばだいたいほかるよ

    小道具に凝りだすと話は別だよ 奥が深くてはまったら大変だよ そこそこにね。

380 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/16(土) 17:46:06.07 ID:tfKh/C50
>>379

>>376です
レス有難うございます!
すでに簡単に入手出来る程度の文献は当たってみましたが、庶民の差料はなかなか見当たりません。
絵画では半太刀拵で描かれる事が多いようですが、小柄とかは入るのか、又は普通の丸鐺の脇差拵もアリなのか…疑問は尽きません。

峠での売買は興味をそそられますね
さしずめ鈴鹿峠あたりでしょうね。
刀装具はすでに…色々手を出してしまってます。おっしゃる通り、なかなか奥が深いですね。

381 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/16(土) 18:27:27.29 ID:D+L14S42
平民ごしらえは何の変哲もない黒石目鞘。
鍔も小さめの目立たないもの。
巻は黒の木綿で鮫は黒か白。

余計な事したら無礼打ち食らうのが関の山。
ただでさえ町民風情が差し料などと言われてるわけだよ。
3代家光の時代にはすでに武士が竹光を差してると問題になってるんだよ。
私らは下郎ですってなもんで鍔を付けなかったり、
短刀用の食み出し鍔使ったりして目だたないように仕上げたわけね。
笄や小柄なんてもってのほか。
余計なものもって目をつけられて取り潰しにあった商家は多数合ったわけです。


382 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/16(土) 22:01:31.10 ID:tfKh/C50
>>381

具体的な例を出して頂き有難うございます。
個人的に黒石目鞘に木綿の柄巻きは好きなのでこの線で検討してみます。小柄は入れようか迷ったのですが止めときます。
鮫は黒、鋳物目貫でも入れて、角頭に無地魚々子縁としてみます。鍔は小透かしの小さいのが有るのでそれを使う事にします。
有難うございました。

383 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/17(日) 09:53:49.31 ID:tRottvZ2
>>382
組み上がったら、是非画像UPきぼんぬ!

384 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/18(月) 01:28:31.61 ID:XVlsb0/M
質問です。
拵えを作るときの金具は必ず揃いでなくてはならないものですか?
材質、図柄(意匠)、産地、時代など統一させる必要がありますか?新物は揃いがあるけど時代のものはなかなか揃いで手に入れにくいのです。
今手持ちに肥後の縁頭揃い(赤銅、桜花の容彫りと銀象篏、江戸後期)、京金工の目貫(赤銅、植物の容彫りと金色絵、江戸後期)があり、
これに国時代不明の赤銅浪高彫りの鍬形鐺、江戸後期肥後の鉄梅樹透かし鐔を合わせて拵えを作ろうかと思うのですが、
おかしくはないでしょうか?



385 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/18(月) 03:15:42.09 ID:M+zV3EX8
てめーの刀なんざ、てめーの好きにしろ

386 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/18(月) 04:31:29.53 ID:bCsWvWun
>>384
> 拵えを作るときの金具は必ず揃いでなくてはならないものですか?

マジレスするよ。まず、拵え作る目的は何なのかハッキリさせたほうがいい。
コレクションとして掟通りの拵えを作るなら、なるべく揃い物にするほうがいい。必ず後悔する。さらに中身の長さも問題になる。肥後だと片手打ち位の中身にしたほうがスマート。
ただ小柄、笄について書いてないから、常寸の刀の拵えで居合で使うことを前提にすると、頭と鐔、尻でかなり印象が変わる。要は正面からの見た目。
頭が丸い肥後ならば、鐔は肥後にしたほうがまとまりがいい。尻は見たところ、結構クセありそうだから付けないほうが無難。目貫が赤銅なら柄巻きをどうするか?で判断。
掟本だけじゃなく、江戸時代に実際に作られた拵えを数多く見たほうがいい。熊本行って博物館見て歩いたら、肥後拵えは頭が丸ければ、後はどんなスタイルもありなんだと勉強になった。
頭と縁で素材が違うなんてザラ。鐔も肥後から板まで色々。鐺なしもザラ。

387 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/19(火) 02:15:51.49 ID:sPWpeS2D
>>386
ありがとうございます。
祖父が亡くなり、白鞘の刀を形見分けで相続したので拵えを作ろうと思った次第です。
二尺二寸、大刷り上げ無銘の古刀です。
祖父が死ぬまで誰も刀があることを知らなかった程親族は刀に興味がなく、ならばと私が貰いました。
寸が若干短く、手持ちに金具があるので肥後拵えにしたいと思ったのですが、もう少し金具、拵えの事を勉強しながら考えます。



388 :名前なカッター(ノ∀`):2011/04/19(火) 09:51:09.48 ID:XpeS/Mib
とりあえず目貫を決めな。
手が小さいのにデカイ目貫着けりゃ使い辛い。
手が大きければ好きにしなって感じだけどね。
で、その目貫にあわせて金具を決めるのも良いかと。


389 :名前なカッター(ノ∀`):2011/05/10(火) 00:44:08.18 ID:2VjfBfcR
法隆寺西圓堂の奉納刀剣の資料を見たことの有る方、おられませんか?
今絶版で、古本屋を当たってもまだ見つかってません…
『新版日本刀講座8』に一部引用がされており、まさに数打ちの末古刀にぴったりの拵えだと感じました。
できればカラーで見てみたいものです。

390 :名前なカッター(ノ∀`):2011/05/10(火) 08:43:22.71 ID:vfykQiR4
日本の古本屋https://www.kosho.or.jp/top.do
法隆寺西円堂奉納武器で検索したらあったよ


391 :389:2011/05/10(火) 08:53:18.67 ID:AFrPkmpR
>>390

早速ありがとうございます!

392 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/17(金) 21:59:21.59 ID:WpyI4OPo
鮫皮の漂白ってどんな薬品使うのか知ってる人いますか?
ワイドハイター原液1時間漬けでも、ちっとも白くなりませんorz

393 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/18(土) 21:44:46.89 ID:s5obcJAA
え〜
ボロボロになりそうじゃん

394 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/18(土) 23:29:21.87 ID:kHdPhm5C
>>393
ほぼ無反応でしたよ
ちなみにお酢1時間もくさいだけで色に変化なしでした・・・

395 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/19(日) 01:18:58.88 ID:Fap++dyc
酸っぱい臭いの漂う柄を想像してしまった

396 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/24(金) 10:30:11.78 ID:ckVfqTsD
先日、故若松泡沫氏の書き物を久しぶりに読んでみた。
当時はよくもまあ、言いたい放題、勝手なことを書きまくっている、と思っていたが、
今、読み直してみると、なかなか鋭い観察眼と推理力を持った人だった、感心することが多い。
氏のコレクションは今ではどうなっているのだろうか。

397 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/25(土) 18:25:07.75 ID:rvrYuDUm
熊本の熊本城と県立美術館永世文庫と島田美術館ってとこに行ってきた。肥後拵えの本歌を間近で見れて満足。
縁頭や鐔も色々取り合わせてあるし栗形位置も指三本ばかりではないし栗形も足付って訳ではない。返り角も上向いてるものばかりではないし白鮫も絹柄糸もあるしそもそも七寸柄ではないものもあるのな。
でもちくはぐにはなってないんだなあ。

398 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/25(土) 19:16:10.78 ID:BRfwRyHZ
そういえば親粒って装飾以外に何か意味あるのか?


399 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/26(日) 01:33:37.22 ID:uvL6qkyu
ないんでね?

400 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/26(日) 22:03:12.51 ID:G70F+O67
南蛮鐔を使って拵を組むとなると、どんな雰囲気がベターなんでしょうか
頭は肥後風の丸い半太刀頭、朱鞘に深い鉄鐺で幕末風にでもしようかと思っております。
アドバイス宜しくお願い致します。

401 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/27(月) 16:45:38.74 ID:C2gValem
>>400
鉄の金具に朱鞘かっこいい!枯れた感じの朱色なんて最高だよ

このくりかたのセンスに脱帽
https://www.aoi-art.com/auction/auction.cgi?acc=disp&no=1308962596&t=1213703271

402 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/28(火) 00:56:31.75 ID:igfuaDeY
>>401

翡翠と珊瑚の栗形ですか…ずいぶん豪華な拵ですね
私は縁か目貫だけアクセントで変わった物を使い、後は浪柄とかの無難な図案の取り合わせで思案しております。
この考えている時が一番楽しいですね。

403 :名前なカッター(ノ∀`):2011/06/28(火) 11:52:22.01 ID:GJVhKPzO
若松猛氏がなくなられてもう何年になるのだろう。
氏の書かれた金工事典は力作で、氏の業績の第一だ。
氏の論文の内容が書かれた時期によってころころ変わるにはまあ愛嬌だね。
新しい発見があれば許容範囲と思われる。
いったい氏のコレクションは今どこにあるのだろうか?


404 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/03(日) 23:40:12.23 ID:hQl+W6mM
>>400
南蛮鐔も良くある双龍図の丸鐔なら鞘を薄肉細身にすると似合うんじゃないかな?
鉄鐺も厳つい感じじゃなくて突兵風とかどうだろう。

405 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/05(火) 13:07:31.46 ID:0WaTfsBa
巣鴨の刀装具美術館にあったものに
どんなものありますか?

406 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/05(火) 23:29:26.03 ID:EMWfmVmO
外人さんの鍔すげえ
http://www.youtube.com/watch?v=wGMj7o6AwnM&feature=autoplay&list=ULvRZuLQBTGuU&index=11&playnext
制作期間4ヶ月とか、注文主は感動もんだよ

407 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/06(水) 17:07:44.80 ID:6fd/KUdu
すごい真面目に作ってるんだな、
いいもの見たわ。

408 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/07(木) 11:25:07.77 ID:i122q0HP
本人の取り組む姿勢も素晴らしいし、支援者が個人ってのもアメリカっぽくて凄い。

409 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/07(木) 18:35:44.74 ID:iyWXyT7/
あんさんがた、本科より写しで感動してどないしますねん?
 流石は日本の金工、外人をも魅了する精緻な作行き

日本の職人技 スゲー

410 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/07(木) 22:22:37.72 ID:yH4mbZBh
どうでもいいけど13分×2はなげーよ

411 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/09(土) 17:53:28.17 ID:jWrKf5np
拵えの事について教えてください。

近、購入した刀の拵えを作ろうと思い金具を物色してるのですが、身幅が3.35oあるので縁金具のサイズで悩んでいます。
縁金具の38mmから39mmで作ろうと思っているのですが、どうでしょうか、また柄と鞘のバランスが悪くなるという事はないでしょか?

識者の方、ご教授よろしくお願いいたします。

412 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/09(土) 17:55:35.51 ID:jWrKf5np
すみません、身幅は3.35センチでした。

413 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/09(土) 19:29:27.22 ID:xkoQ4W7m
俺が作るなら縁は40ミリは欲しいかな

414 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/09(土) 20:20:36.94 ID:7P06/uLY
はばきの裾で38ミリ弱あるでしょ?それで38〜39ミリの縁じゃ小さくない?
身幅3.31センチで41ミリの縁でもこれだよ
http://www.e-sword.jp/sale/2011/1110_1089syousai.htm

415 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/10(日) 01:41:57.20 ID:vT9eXX8E
ご助言ありがとう御座います。
色々探しても時代物の金具で40mm以上ある物が見あたらないので、どうした物かと思案していました。
現代作を利用するか、時間をかけて探し続けるか、何にせよ、これも楽しみの一つと割り切って気長に構えるか。
すぐにでも拵え製作を発注したかったのですが、ちょっと冷静に考えてみます。
ご助言、大変参考になりました。
ありがとう御座いました。



416 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/10(日) 04:52:11.01 ID:Ocin2t+f
>>415
大きい縁頭は、身幅の広い新々刀期の幕末物に限られるから、選択範囲が狭いよ。
頭は角材でも代用出来るから、どういう拵えにするか、本当に好みが別れる。

水戸金工には大きい縁頭が比較的あるから、好みか分からないけど探してみたら?
好みに合わないなら、大きさにこだわって買う事ないよ。現代作含めてのんびり待つのが良いと思う。

現代刀工の拵え付きの刀を参考に見て歩いたらどうかな?イメージが固まりやすいんじゃないかな?

縁頭の次の課題は鐔と切羽だよ。切羽は新物一択になると思うけど、鐔が難しい。
時代物の透かし鐔になると、切羽と切羽台の大きさが問題になる。そうなると板鐔に限られてくる。
気に入った板鐔を見つけても、茎孔をガリガリ削るかどうか、また悩むと思うよ。

運と懐次第だけど、気に入った講武所拵えがあったら、試しに測ったりしてみなよ。
縁頭と鐔のサイズが近い拵えがあるかも知れないから。拵えから取るかまた悩むけどね。

縁頭と合わせて、鐔も拵えも見て歩いたら、探すのが楽しくなるんじゃないかな?
拵え作っちゃってから後悔すると本当に残念だから、自分の好みを見つけつつ、探してみてね。

案外、現代作が好みだったりすることもあると思うよ。小道具は本当にデザインが重要。

417 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/10(日) 10:15:15.62 ID:OptLl/uq
現代作っても出来合いの居合刀なんかのは酷くね?
だからって剣恒光先生に作らせたらいくらかかっちゃうんだよって感じだけどさ

418 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/10(日) 11:22:14.37 ID:bOEm6og8
>>416
新々刀期でも幕末の斬る為に打った奴って茎の細すぎるの多くね?
かぶく為だろ?ってな奴は酷く太いの多いけど。
自分が所持したり見たりしたものでは寧ろ七兵衛以前の末備前の刀の方が茎の幅が広いのが多いと思ったわ。




419 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/13(水) 02:40:03.13 ID:Hx0Ylqpe
この栗形いいねちゃんと足八本だよ
http://www.samuraishokai.jp/equipment/ks013.html
現代作家も独創的なの作ればいいのに

420 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/13(水) 23:03:02.70 ID:dpfWIhn6
現代作で多少値が張っても、ぱっと見鑑賞に堪えるような、金具はないのでしょうかね。

421 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/14(木) 00:32:12.76 ID:daHmEPRM
新しくてもこの位のものならすてきだけど、製作日数考えれば相当するんだろうね
http://www.toukenbori.com/tsuba10a.html


422 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/14(木) 08:31:40.84 ID:C2ZP8uX6
>>421
ぶっちゃけラフ画みたいな砂型作ってロストワックスで大雑把に製造。
その後、削り出せばOKよ。
鉄を叩いて延ばしてやるので半年かかる製品が2ヶ月かからない。
但し、鋳造は割れ安いから型から取った後に焼きなましを入れておくのが吉。
削り易くもなるしお勧め。

ちゅうか江戸時代は普通にこんな造りかただったんだけどねえ。
真鍮鍔が流行ったのも錆対策より焼きなまし無しでも割れないから


423 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/14(木) 21:24:49.78 ID:CBlj3EFE
普通に〜は言い過ぎ
安物は〜なら納得

424 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/14(木) 23:35:58.45 ID:daHmEPRM
魚子の点々だけで何日もかかりそうだし、よく集中力が続くと思うよ

425 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/15(金) 11:49:35.37 ID:vZstagbm
あのツブツブを一つ一つ人力で打ってたのかと思うと
ちょっと気が遠くなる。

426 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/15(金) 18:02:32.22 ID:FZZFirNw
それを考えたら離れ縁一つといえども愛おしく思える…

427 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/16(土) 18:05:11.24 ID:pBANFKG7
魚子地は、古くは千人粒と言ってたんだよ。
戦国時代に始まった風習なのだけど、それを真似したのが
大東亜戦争中の千人針なのは言うまでも無い。

428 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/17(日) 18:24:38.62 ID:Jv6+NvRw
マジすか?
民明書房じゃなくて?

429 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/17(日) 20:20:02.17 ID:C6uVoS/J
おいおい。魚々子は最低でも後藤祐乗の時代からあるぞ。もう少し古く見れば、太刀金具師が山銅に施してる。
取り合えずマジレスしとくけど、後の〜はワロタ。

後藤宗家や一乗、一至の細かい魚々子打ちも凄いけど、東明の粟穂には参ったわ。1つの実にキッチリ7つ打ち込んでるのな。
下手な模作になると、5つしか打ち込んでなかったり、粟穂がまとまっていないからすぐ偽物とわかる。

毎年新作展に出してくる柳川さんは凄いよ。研ぎの合間とは言え、1年で鐔1枚だぜ?

430 :名前なカッター(ノ∀`):2011/07/17(日) 21:28:42.39 ID:MxyfLHaR
粒の揃ってないのは魅力無い

431 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/02(火) 00:17:33.43 ID:99IRyOoM
講武所拵えの刀の柄は長いですが、脇差の場合も柄は長くするのでしょうか

432 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/02(火) 09:55:30.88 ID:AXUuAHHw
凝った拵えは無駄の無い実用としての美を感じられない。


433 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/08(月) 19:58:46.68 ID:xTtylIyh
バカだね
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k138538602

434 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/08(月) 22:07:43.01 ID:YreXCGfa
>>433
なんで?

435 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/08(月) 22:30:31.34 ID:xTtylIyh
高額すぎだから

436 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/08(月) 22:31:43.33 ID:YreXCGfa
あ、ものはそこそこでも偽名ってことか。
すんませんでした。


437 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/08(月) 22:38:28.09 ID:xTtylIyh
そこそこ?こんなへったくそなのに?

438 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/28(日) 02:50:18.91 ID:tht/GMeT
刀装具というか、拵えについてなんだけども質問です。鮫研ぎ出し鞘の拵えを作りたく、いくつかの刀剣商に問い合わせてみたんだけど、えらく見積もりがバラバラなんです。
金具別25万〜金具別40万位まで。指定は金具別、柄革巻き、鮫鞘って位なんだけど、ぶっちゃけ25万と40万だと出来にどの位差があるものなんでしょうかね?
塗りがカシューと本漆位で見た目そんなに変わらんよ、て事なら安けりゃ安い方がありがたいんですが。
拵え用途はうちにある刀の飾り。居合等に使用予定はありません。刀身は無銘の古刀で昔からうちにあるやつなんでいいものではありません。
うぶの拵えもありますが何分古いものなので本身を納めるには不安であることと、ご先祖には申し訳ないのですがデザインが好みではないw
白鞘はあるのですが、たまには自分好みの拵えに入った姿を鑑賞したいというだけなのでバキバキに気合いが入ったものでなくてもいいのですが、
あまりにみすぼらしいのもなんだかなという訳で。金具は好みのもの(ある程度の掟に沿ったもので縁頭、目貫、鐔、鐺で計20万位のもの)を用意済みです。
深い刀剣趣味ではなく、うちにある一振りだけ見てればいい派なので、好きにしろと言われるとそれまでなのですが・・・


439 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/28(日) 03:43:35.18 ID:tht/GMeT
すいません。すりあげなんでいまあるのは本当にうぶの拵えではないですね。ご先祖が使ってた江戸時代の拵え、という意味です。
供出やらなんやらで大小とも残ってないのが残念ですが。


440 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/28(日) 07:33:06.97 ID:N/pRYJzh
>>439

鮫皮研ぎ出しの鞘を造るとなると高価になりますよ。
柄、鞘、下地で10万位、柄巻き(鮫含む)で10万前後、鞘の鮫巻き塗り研ぎ出しで20万
位ですかね。職人は地方の無鑑査クラスに依頼しての値段ですが。
勿論金具は別です。
安く上げようとすれば職人の質を落とすと言う事になりますが、少し言い方が悪かったですね。
安く造ってくれる工房を探せば、下地5〜6万、柄巻き4〜5万、鮫巻き塗りなどで
10万位でしょうかね。出来映えは値段なりだと思いますよ。


441 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/28(日) 11:24:18.01 ID:z3qG/uM5
>>439
鮫鞘が希望ということは、肥後拵えで、用意した金具と柄巻きの種類を拝見すると、歌仙拵え狙いかな?
鑑賞目的なら、中途半端な拵えは作らないほうが良いと思うよ。
後々飽きてきたり、こうすれば良かった、なんて後悔する確率は人にもよるけど高いよ。
まず鍔から始まって(鍔なら切羽で調整)、縁頭、栗形、櫃の有無。あらゆる所が気になりだす。

拵え作ると、どうしても微細なヒケがつくから研ぎも計算に入れたほうがいい。
上手い刀職なら目立つヒケの心配ないけど、下地の切出しから鯉口の調整まで刀身擦るから、
スレヒケ傷は覚悟しておいたほうがいいよ。

あとハバキ。現状のハバキをベースにして後悔はないかな?

じっくり拵えの勉強してからでも遅くないと思うよ。
前レスにあるけど、熊本の博物館巡りした感想があるから、参考にしてみたら。
勝手に肥後拵えを想定したけど、似合う刀の長さと反りってあるよ。2尺位が肥後拵えにぴったり。

拵え共通だけど、柄前の鮫の親粒の数と形状で値段はぐっと上がる。
鮫鞘に使う鮫でも、梅花皮鮫からピンキリ。鮫着せて研ぎ出す刀職の腕も問われる。
自分の好みをしっかり見定めたほうがいい。
安く上げる=好み、になるかどうか?けっこう難しいんじゃないかな?
後々残るから、小道具の再吟味と、ハバキの新調を検討した上で高山さんにお願いして、
拵え出来上がったら研ぎに出す。俺ならね。

とりあえず「拵え」を飾りたいなら、古い拵え単体で買うのもありだよ。
拵え新調する予算で買えば、かなりいい時代拵えが買える。
拵えに刀身入れておくと錆の原因になるから、基本的には入れない事を前提にしておいたほうがいい。

442 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/29(月) 01:02:23.36 ID:YK5vh3C0
>>440さん
ありがとうございます。大体無鑑査職人クラスの見積もりから一般クラスの見積もりという事ですね。刀剣商によって依頼先は異なるので当然ですが。
値段なりであるのは承知しているつもりではあります。程度の差を知りたくありました。

>>441さん
ありがとうございます。鋭い洞察力恐れ入ります。頭は山道、縁は馬革包みに漆懸、鐺は泥すり?です。歌仙のごとく刻みは入れたくありません。鮫も普通の鮫が好みです(審美眼を問われそうですが)。
また鐔は透かしではなく小振りの板鐔で家紋を高彫り、色付けしたものです。目貫も家紋を選んでおります。そのため純粋な肥後拵えとは言い難いかも知れません。
家紋を選んだのはご先祖に対するお詫びの意味もありましょうか。もとの拵え嫌ってごめんなさいね、でもあなたを嫌ったんじゃありませんよと。はばきは今のもので充分と考えています。飾り気はありませんが金着せの一重です
小柄などはつけずシンプルなものにしたいと考えております。刀身は二尺ちょっとで現在白鞘に入っております。たまに拵えに移して「日本刀」を感じたいがための拵えと考えております。

確かに自分のイメージは確たるものがあっても実際に拵えになると違ってくるかも知れませんね。拵えの本など参考にイメージをふくらませて製作のランクを決めたいと思います。
ありがとうございました。


443 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/29(月) 01:09:48.79 ID:YK5vh3C0
あとひとつ、質問です。
頭は山道、縁は馬革包みに漆懸、鐺は泥すり?使用。刻みを入れない普通の鮫を使った研ぎ出し鞘が。柄は短く、革巻き。鐔は透かしではなく小振りの板鐔で家紋を高彫り、色付け。目貫も家紋。刀身は二尺ちょっとの古刀。

上記の肥後拵えもどき?、こちらのスレ住民の方々にとってアリでしょうか? それともナシでしょうか? 理由もお聞かせ願えると幸いです。


444 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/29(月) 05:11:57.12 ID:fHwKUdrg
>>443
俺はアリだと思うよ。天正拵えがそれに近いよ。肥後拵えの範疇にも入るかな?板鐔の肥後拵えは結構あるよ。

異論ある人はいると思うけど、肥後拵えの原型はあくまで天正拵えだと考えてる。

天正拵えは家康の助真拵えだけじゃないから、秀吉とか、当時生きていた武将の拵えを見てみたらどうかな?
有名どころだと、秀吉の朱塗金蛭巻拵えの頭は丸いよ。必ず頭は角、と決まってるわけじゃない。
鮫鞘に限れば、国宝の紅雪左文字の拵えだってあるし、あまり型にはまらないのが天正拵えの良いところだと思うよ。

可能なら、あとは職人さんと相談しながら、どんな拵えにするかアドバイス貰うと良いんじゃないかな?
刀屋さんも知識経験豊富な場合があるけど、やっぱり鞘師さんが一番頼りになる。
ただ、直接鞘師さんと話す機会は普通作れないから、良い鞘師を使ってるしっかりした刀屋さんを使えばOK。

ベタだけど、柴田が一番安心出来ると思う。
どうも拵えが上手くまとまらないようなら、アドバイスを受けながら小道具を購入する事も出来る。

>>441 が書いてるように、熊本に行けば色んな肥後流拵えがあるよ。熊本になかなか行けないなら、この本を薦めるよ。
江戸時代に熊本の八代で実際に使われていた、色んな鞘や柄前、拵えが掲載されてる。

平成6年 熊本県立美術館 発行
松井文庫名品展W 武器と武具

↑ちなみに、発行部数少ない上に、肥後拵え得意な鞘師さんや好きな人は結構買ってるから出てこない。
型にはまってない肥後拵えが載ってる本って、少ないんだよ。掟どおりなら幾らでもあるんだけど。
ただ、流通が少ないのがネックで、五千円位で買えたら超ラッキー。熊本行ったと思えば多少高くても損しないと思う。
掟本を見てると信長拵えとか歌仙拵えとか、型にはまって考えがちだけど、天正拵えや肥後拵えは懐深いよ。

鮫は本当にランク様々。束にいい親粒入れられないなら、黒塗りにしちゃえばいいよ。
鞘の模様は研ぎ出しで決まるから、粒を小さいものにしたければ研ぎ出しを少なくすればいいし、
逆に梅花皮風に大きく見せたいなら、多く研ぎ出してもらえばいいよ。でも、ある程度は鮫皮の質によるよ。
昔は鮫皮が貴重だったから、パッチワークみたいな鞘もあるんだけど、今、そういう事やれる人いるかな?
刃長が2尺位なら、うまくいけば、安価かは分からないけど良い鮫皮に出会えるかも。
長くなるほど良い鮫が見つからないんだよ。大小鮫皮の拵えで梅花皮だったら、大抵大刀の鮫がイマイチ。

拵え作ると決断するのは慎重にしたほうがいいよ。だけど、最後はエイャって決めるしかないから頑張ってね。
ちなみに延々目貫を探している奴がここにいるよ。なんで明治時代に帯留めに直しちゃったんだ、ってね。
拵え作るのも大変だけど、出来てる拵えの欠損金具探すのも大変なんだよ。バランスってあるからね。

445 :名前なカッター(ノ∀`):2011/08/30(火) 21:10:38.65 ID:eF65yY1B
>>444さん
ありがとうございます。アリとのこと、安心できますw 天正拵えに近いとのコメント、言われてみれば確かにそうかもしれません。
○○拵えと一括りに、別々に考えていましたが自分が拵えを作ろうとした時に面白い気付きを与えてくださり感謝します。また貴重な書籍情報もありがとうございます。是非読んでみたいです。
うちにある一本の刀に拵えをと自分なりに勉強してきたのですが、それとは別に、刀そのものや拵えそのものに興味が出てきました。とりあえず刀の鑑賞と掟という本をアマゾンで購入してみました。

皆さん、この数日ありがとうございました。次はこのスレ、この板に住人として来させていただきます。その時は初心者ではありますがよろしくお願いいたします。


446 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 14:59:56.69 ID:wUfa8ZPm
はじめまして、先日鍔を購入したのですが、銘がどういった方の物なのかがわかりません。
銘は、”竜 節應 ”と記載されています。どなたかわかりましたら、教えて頂きたいので
すが、よろしくお願い致します。

447 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 17:51:36.98 ID:KXwwDRqb
>>446
まずは買ったお店に聞いてみたら?すぐ知りたいなら、申し訳ないけど情報が足りないよ。

「竜 節應」とだけ切られてるの?
竜と節の間のスペースは読めなかった字?それとも左右に切り分かれてるの?
應の後ろに銘無いの?

正直情報が足りないよ。金工の銘は流暢だから良く見てみて。読めないところは□で構わない。
金印や花押があったら金印とか花押って書いて。
出来れば、大きさ、作風、素材も見たいから画像アップして貰えないかな?
分かる保証はないけど、近くまではいけると思う。
中途半端な銘から察すると、大小で一対の鐔だったのかもしれない。たまに大に姓があって小に名前、なんてパターンがある。

現状の銘だけに着目すると、「竜」か「龍」が入るなら、東竜斎一派(竜叟清寿など)か、和田一真(勢龍)が思いつく。

「節」は幕末の水戸の節信か節愛という金工。糸透かしと言って、糸がギリギリ通る位の細い透かし彫りが特徴的。

「應」は2つ可能性があるよ。
まず「需」と一対になって、誰々の需(注文)に應じて誰々が作るという銘。
もうひとつは慶應年期。

パッと思いつくのはこれくらい。銘の感じからすると幕末の物だと思う。繰り返すけど、銘が足りない感じがするな。

448 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 20:13:02.09 ID:rusL3r/H
>>447
ありがとうございます。
お店の方は専門ではないのでわからないとのことです。先ほどおっしゃられたように
東竜斎一派なのではないかと思っているのですが、詳しくはわかりません。
竜叟清寿であれば、すごくうれしいです(^−^)
下記サイトに画像をアップ致しました。ご参考になればと思います。
よろしくお願い致します。

http://www.gazo.cc/up/55078.jpg
勝手ながら申し訳ないのですが、2日以内に画像は削除させて頂きます。

449 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 22:27:36.20 ID:3zV+u1j2
画像を2つ追加致します。
脇差の鍔くらいの大きさです。
http://www.gazo.cc/up/55102.jpg

http://www.gazo.cc/up/55103.jpg

450 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 22:59:55.79 ID:KXwwDRqb
>>448
早々のアップですね。意気込みが伝わりました。

初見で東竜斎一派と見ました。特徴的な変わり櫃孔です。小柄櫃が笄櫃と比べて異形ですね。
また、耳際の造り込みに変化があり、これもまた東竜斎一派によく見られる特徴です。
ただ、もうひとつの特徴となる口紅形の責金がありません。この責金がない作もありますから気にしなくて良いと思います。

次に作風ですが、高彫りに厚い色絵で菖蒲(杜若だったら失礼)を表現してます。
安藤広重の江戸百景の堀切の花菖蒲をみるような、浮世絵というか江戸前の粋な構図です。いかにも東竜斎一派が好む構図です。

これらの特徴を見ると、仰る通り、東竜斎一派と見て間違いないと思います。

次に銘ですが、花押が引っかかりました。偽銘臭は感じないので、調べました。「寿矩」ですね。

「龍青眠(左の造りは王)」に花押を切るものは見たことがあります。「竜」一字は師匠の清寿に稀にあると刀装小道具講座にありました。
花押は「寿矩」正真に間違いないと思いますので、師匠の真似をしたのでしょう。

「節應」ですが、節と名乗る人物から注文されたのでしょう。この人物は全く分かりません。
刀に合わせた注文品ですから、責金は使わなかったと推理しました。
茎孔の責め具合を見ても、一本の刀のみに使われたと見ます。

青龍眠寿矩の注文鐔と見て間違いないと思います。数多くいる清寿の弟子の中でも上位工で保存状態も良い鐔だと思います。

あとはご自身で寿矩の事を徹底的に調べるなりされると面白いですよ。
「竜」一字が珍しいので、日刀保で鑑定を受けては如何でしょうか?

451 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 23:02:47.31 ID:KXwwDRqb
↑「龍青眠寿矩」です。一部青龍眠と書いてしまいました。

452 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/04(日) 23:26:39.84 ID:2nLrNCbp
>>450 乙。
東竜斎一派は、楷書、行書の銘切りや複数の花押を使うから、すぐに偽銘と見ないほうがいい。
銘鑑漏れもあるだろうから、偶々ドンピシャの花押で良かったなw

453 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 07:10:19.00 ID:jRne46BG
>>450
善意でやったんだろうが、安易に鑑定するなよ。〜と思う程度にしておけよ。
あれもこれも鑑定してくれと来たら、スレ荒れるぞ。お前が全部引き受けるのか?
解説読むと刀屋の月報風で、調べ慣れてるからプロなんだろうけど、鑑定外してたらマヌケだな。

相手に少しは知識あるから、俺には調べるのが面倒だっただけに見えたぞ。
だいたい売った店員が分からない時点で違和感覚えろよ。
売る時に説明出来ないし、値付けも出来ないから日刀保の鑑定取るのが普通だろ。
そして時限つきの画像アップ。数日後オクに出てたら爆笑ものだな。

お前は普段の癖で寿矩を高く評価したんだろうけど、果たして上位と言えるかな?
とりあえず乙www

454 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 14:03:05.56 ID:5tSOMKEj
いちいち、煩い奴。

455 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 16:25:07.22 ID:wRsqfGBo
一人くらい噛み付くやつがいたほうが活性化するので良い。

456 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 19:50:18.98 ID:yA6Q3ViH
>>450
ありがとうございます。初心者なのでとても勉強になりました。
日頃は、手元にある2冊の本と、下記のMuseum of Fine Arts, Bostonのサイトで金工師の名前で検索し、
銘と雰囲気で感覚的に誰の作かを判断しております。今回見て頂いて、櫃孔、耳の作り、作風なども
重要で、名前が異なっていたとしても花押からある程度判断できることがわかりました。
これからは、自分の知識不足を踏まえ、もっと勉強して行こうと思います。

http://www.mfa.org/

寿矩について調べて見たいと思います。まずは、資料がないので関係する書籍に
あたってみたいと思います(^v^)。
日刀保の鑑定は考えてはないのですが、将来的に鑑定していただくかもしれません。

皆様、個人的な質問につきあってくださり、ありがとうございました。
もっと、自分で調べるように努力したいと思います。


457 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 21:46:43.85 ID:02RE0YcZ
>>456
勉強熱心で羨ましいです。あの寿矩の鐔は名品だと思います。大胆な構図をスッキリまとめて好感を感じます。
細工が細かい金工は沢山いますが、名人の作は細工の細かさより構図取りが上手いと思います。
名人は材質も良いものを使います。その質感もあくまで表現の一つとしたり、材質そのものを引き立たせたりします。

小道具は作風に加え、銘や花押の鑑定が難しいので、刀は買うけど小道具はわかんないという人が結構いるんですよ。
刀もそうですが、興味はあるけど、紙つきじゃないと絶対に手を出そうとはしない人は沢山います。
無銘でも、作行きの良い目貫や縁頭は個人的にはお買い得だと思います。刀と違って誰でも楽しみやすいですしね。
正真かどうか?著名かどうか?なんて悩まずに、ただ単純にパッと見て美しいと感じたら楽しめばいいと思うんですが。

日刀保の鑑定とれば、周りも興味示すんですが、正直メリットはその位しかありません。へぇーで終わり。
鑑定が出て日刀保へ取りに行って質問しても、名鑑に記載されてる程度の内容しか答えてくれないのが専らです。
今回の寿矩の銘について質問してもたぶん面白い答えは返ってきませんよ。下手したら保留になります。
そこはこっちが調べる楽しみが増えた、と前向きに捉えたほうが良いと思います。

日刀保も会員2000人きっているのだから、今後を見据えて小道具勉強会にも力いれたらいいと思うんですが、、、

何にせよ楽しんだもの勝ちです。小道具には色々画題があり、洒落が効いてます。留守模様や語呂合わせなんて笑いますよ。
江戸時代の人はどうしてこんなに発想が豊かなのか、つくづく感心してしまいます。

奥が深すぎてまだまだ研究が及んでない部分が刀剣より沢山あります。花押だけの小道具なんてザラにあります。
一流の刀屋さんならかなり詳しい人もいますから、足を運んでみるとまた違う世界が見えるかも知れませんよ。

458 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/05(月) 23:31:35.14 ID:WRdqxuIv
>>457
細工の細かさより構図が大切なんですね、確かに建築、ソフト、電気回路など美術以外の分野でも計算づくされた設計図を元に
作られてます。最初が肝心なんですね。

今はまだ、銘、花押があるかで判断してしまいます(^_^;)、確かに無名でもこれは素晴らしいという物は多々あります、逆に
銘、花押があってもこれは自分でも努力すれば作れるんじゃないのかなって物もあり、そういった物には気をつけています。

刀は全くの素人です、元々清水三年坂美術館のように幕末から明治の金工に興味があり、鍔等金工作品を趣味で集めています。
本当は、自分で将来創作してみたいなという希望ももっております。

そういう意味では、海外の方は研究熱心な方が多いですね。

鍔作成 動画1
http://www.youtube.com/watch?v=wGMj7o6AwnM
    動画2
http://www.youtube.com/watch?v=pM0VnL30rDc&feature=related







459 :834:2011/09/07(水) 21:27:04.78 ID:GSEEwjAV
亡くなった父の書斎から写真付きの特別保存刀装具と保存刀装具の鑑定書が出てきたのですがこれは価値の有るものなのでしょうか?
保存刀装具の方には何故か使用者に他人の名前があります

460 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/07(水) 22:07:30.60 ID:OH6lPQgX
鑑定書だけでは無価値。鑑定書に記載されている刀装具とセットで初めて意味がある。
また保存だろうと特保だろうとそれだけではその刀装具の価格を計る事はできない。


461 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/15(木) 17:06:52.04 ID:yupP7vme
昔(室町時代)の鍔の表面の茶色のサビが落ちて地に塗ってあった金色が
ちょこっと出てきたが、これがなんともいい色
神社やお寺や京都の雰囲気
これは現代物にはないっす

462 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/15(木) 20:01:47.96 ID:yupP7vme
気配がなごみます。。w

463 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/15(木) 23:17:41.21 ID:pr5rHMFI
これまた珍しい鍔ですね。錆が落ちた表現の雰囲気から鉄鍔と感じました。
古正阿弥かな?そぉ〜っとしておいたほうが良いですよ。あまり手入れしないで。
象眼の裏の錆が大抵象眼を押し上げてます。だから、ポロッと象眼まで剥がれやすいです。
古い金の色って、柔らかで何とも言えない味わいありますよね。うらやましいです。

象眼剥がれは刀剣の古い象眼銘も同じなんです。江戸期の献上手で、苦い失敗したことあります。

464 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/16(金) 09:44:37.97 ID:r9wv63Zs
そぉーっとしときます。

465 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/23(金) 13:49:45.26 ID:JqlV/dM2
柳川直春は「柳川直春」ではなく「直春(花押)」銘の作もあるのぇしょうか。ネット上でいくつか見たものはすべて「柳川直春」銘だったんですが、所有している赤銅鐔は「直春(花押)」なんです。
作風は赤銅磨地の竪丸碁石で金覆輪、片切り彫りで竹虎図。一見して柳川鐔なんですが・・・

466 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/24(土) 13:53:16.53 ID:sorVjX4z
>>465
柳川直春の鐔に、四字銘花押、四字銘、四字銘+α、雅号+四字銘+αがある以外に、二字銘花押があるかって?
柳川直春の鐔には、二字銘花押は知りうる限り「ない」よ。↑が直春の銘のパターン。目貫の短冊銘には二字銘花押がある。

銘、花押の癖、真偽は調べたんだよね?調べてないなら、本屋なり刀剣博物館へ行って、銘鑑を調べてみ。例外は何でもあるから。
銘、花押が違っていても、直春という別の金工の可能性はある。似せた銘、花押ならどうしようもないけど。

作風を読む限りだと、横谷系を頂点に連なる数多の江戸町金工が該当する。柳川派と断定するだけの材料はないよ。

相当勉強してるようだから失礼かもしれないけど、片切彫は柳川派の特徴とは言い難いんじゃないかな?
柳川派は魚子地に高彫色絵が典型と言われている。実際に柳川三代までの作に片切彫を見たことがない。
画題が宗眠風の牡丹獅子で、直春花押銘だったら、柳川直春の珍品か!という雰囲気で面白いけどね。

ちょうど良いタイミングだから10月の審査に出せば?例外中の例外発掘!となる可能性はゼロではないよ。
銘、花押は頑張って調べてね。

467 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/24(土) 19:29:27.14 ID:j3HOkIK7
ありがとうございます。元々斬りの人間なので全くの門外漢です。件のものも拵えについていたもので最近まで銘の有無にも気付かなかった、
というか無銘だと思い込んでいたので自分で驚いて、なんじゃこら?みたいな感じで近所の刀屋でみせたんです。したらば一見して「柳川やねぇ」といわれたもので。
一応大刀剣市にも出店してる店なので、素直にこれが柳川なのかぁと思っていたんですが、なーんか自分で画像検索したのとは違うなあと。
もそかして典型のひとつにあるのかなと思い書き込みさせていただのですが、どうも同名別工くさいですね。
折を見て詳しく銘鑑を調べてみたいと思います。

468 :名前なカッター(ノ∀`):2011/09/24(土) 21:35:07.38 ID:sorVjX4z
>>467
事情了解です。前にも書いたんですが、小道具に詳しい刀屋さんも愛好家もかなり少ないんですよ。
刀屋さんも商売ですから、基本的は悪くは言わないので、自分の審美眼と調査を信じるのが良いと思います。

その片切彫を見て、何だか柳川派とは違うなって感じられただけ凄いですよ。調べると勉強になりますよね。
小道具は銘、花押の研究は勿論大切なんですが、パッと見た瞬間に雰囲気の違いを感じられるかが大切だと思います。

柳川派は、横谷宗眠の構図を真似ていて、魚子地に高彫色絵が特徴です。横谷系では最も宗眠風です。
大森派も宗眠風を真似て巧いですが、やはり柳川派同様、片切彫はほとんど見ません。片切彫ならやはり横谷直系が巧いです。
柳川派と言えば、あとは馬ですね。門弟達の作品に馬の画題が結構あります。軽やかな馬を見たら柳川かな?と見ていいと思います。

竹虎図は非常に愛された画題で、赤銅鐔や四分一鐔に、横谷系だけでなく、奈良派や浜野派、水戸にも見られます。侍好みだからか、京金工には見ません。
銘鑑漏れの金工は沢山いますから、素直に雰囲気を楽しみましょう。

華やかな覆輪もあり雰囲気良い鐔だと思います。抜刀やる人達にも自慢出来ると思いますよ。
画題も好まれるものですから、柄直す際に、縁頭や目貫を龍にして、龍虎で合わせてみたり、拵えで遊ぶ楽しみもあります。

赤銅磨地の表面は結構指紋つくので、たまに軽く拭いてあげて下さい。あと、擦れも注意です。赤銅は補修が難しいです。
頑固な指紋ついてたら、唾をティッシュにつけて磨いてみてください。唾は弱い酸性なので、ダメージ少なく古い指紋も落とせます。

469 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/13(木) 17:12:37.57 ID:EHRD1663
>>465
>>466
亀かも知れないけど。
直春二字銘+花押の鍔を一度見たことがあるよ。赤銅魚子に箕亀の高彫色絵だったから>>465と作風違うし、俺はそれがはっきり真作と言える知識もないけど参考まで。


470 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/14(金) 21:20:05.80 ID:tHTKnmU5
>>469
参考になります。どの書籍も代表的な作風ばかり掲載するし、銘、花押もそこから引っ張ってきた物メイン。
特注品だったら画題が違ったり、銘も細かい部分で違うものがザラにあるから、小道具は難しいです。
もう昔みたいに研究書がバンバン出る時代じゃないから、実際にある現物をよく見て勉強しなくては。

471 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/17(月) 02:19:54.00 ID:9C5IIAyk
赤尾吉次、無銘で12は高いかなあ・・・
http://www.shoubudou.co.jp/tuba-256.html


472 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/17(月) 07:15:46.77 ID:kUX9J2xa
>>471 何に使うのかな? 良く見つけましたね。埋忠七左かと思いました。
ペケから挙げると、赤銅磨地の状態があまり良くない。これだけは手入れで直せないです。
次に調和。拵えに使うとなると、変形丸形で珍しい構図だからあわせにくいです。
拵えが目的なら、良く考えたほうが。ペケはこれだけ。

この鍔は埋忠の作風が強く現れた物で、透かしから江戸赤尾に入れたのでしょう。
時代は、元禄から享保の間で初代か二代。
磨地については、乱雑に扱われた鍔ではない(責金が丁寧、小柄櫃下に出る耳の痛みなし等)
のが良く分かりますから、これは時代の風格でしょう。致命的なハゲも見当たりません。

珍しい構図と櫃孔の金覆輪を見ると、大身の侍の特注品だと思います。
赤銅は画像判断ですが、やや青みがあるので五分差しに近いと感じます。
雪花と矢羽根の組み合わせは何を意図してるんでしょうね?
武家の正月行事、一年の邪を祓う御弓始式に関係がありそうだと感じてます。
如何にも洗練された京埋忠系が得意とする配置です。埋忠七左にいっても違和感ありません。
ずばり、コレクティブじゃないでしょうか?探してもまず出て来ない類です。
画題の珍重さと良質な赤銅の時点でお買い得だと思いますよ。

473 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/17(月) 21:22:21.39 ID:9C5IIAyk
>>472
ありがとうございます。まさかの拵え用にと考えてますw
黒の湿乾漆石目鞘と合わせようかなと。ただ縁頭が桜、目貫が春草花、栗形が牡丹だから季節がな〜。雪花で「花」繋がりってどうでしょうかね?


474 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/18(火) 00:03:47.53 ID:WkMMmp9N
>>473
472です。「御弓始式の図透かし鍔」と勝手に名付けました。
拵えですか。塗りと小柄無いところから見ると武道用かな?
まず、大小で合わせるなら避けましょう。
石目地がどの程度の研ぎ出しになるか?で判断が分かれるかと思います。
少し粗めなら鉄鍔のほうが雰囲気出ると思います、塗り立ては。
愛用しているうちに磨かれて、自然な艶が出てくると赤銅でも映えると思いますよ。
武道用じゃなければ、細かい研ぎ出しをお願いすれば良いんじゃないかな?
真面目な石目地なら、鞘の数だけ粗さがありそうな位です。
あとは金具の材質。縁頭がもし鉄なら鉄鍔をお薦めします。よくある梅辺りになっちゃいますが。
画題については、雪花もあるし、特に尚武の象徴たる矢羽根があるからキリっと締まります。

赤銅磨地は正式な蝋塗拵えが一番映えます。七子地は色絵で金ピカじゃなければ塗りを選びません。
この鍔を選ぶ位ですから、構想中の拵えのまとまりは全く問題ないと思います。
まずは現物見に行って、画像からじゃ伝わらない雰囲気を感じて来る事をお薦めします。
上品過ぎたら練り直せばOK。拵えは作るまでが楽しいですから、妥協しない方が良いです。

475 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/18(火) 22:53:14.31 ID:FmOO3jtt
>>474
何度もありがとうございます。やはり呂色塗りが似合いますよね。今まで黒呂だったもので趣向を変えてみようと思ったのですが、悩みどころです。
縁頭、栗形、目貫は赤銅なので素材は合うと思います。茶呂鞘か、黒呂の篠笛塗り鞘だとどう思われますか?


476 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/18(火) 22:55:56.08 ID:FmOO3jtt
「御弓始式の図透かし鍔」、かっこいいですね。鑑定の「雪花紋透かし」より余程かっこいい。
やはり欲しいかなあ

477 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/20(木) 21:36:58.94 ID:dDEQ6tDG
ヤフオクで明らかに偽物なのに、今43万以上になってます。
偽物とわかっていて入札しているならいいのですが、・・・・。

出品者への質問に回答していないのもどうかと。

http://uploader.sakura.ne.jp/src/up63389.png

478 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/20(木) 22:27:32.37 ID:7iYTZE5i
刀剣はビッダーズでマジ?ってびっくりするのは日常茶飯事だろ。ヤフオクだって細かく見てけば同じ。
よくまあ、あんな品のない鐔によく入札するな。飽きれを通り越して感心するわ

479 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/21(金) 07:40:13.00 ID:/O7pTdIS
ビッダーズって・・・・・。
ビッダーズもヤフオクもみなが自由に議論できる掲示板があればいいのに。
確かに買う前に骨董屋や美術館で下調べするべき

480 :momo:2011/10/29(土) 13:05:17.51 ID:xXqX4SRA
どなたか教えてください。
外国人で日本刀の長い刀を先祖から譲り受けた友人が、鞘の装飾品を探していて
探しているのですが、名称がわからず、探せません。具体的な画像を見て
もらえるといいのですが、ここには単なる画像は載せられないですよね?
鞘の先端(閉じている部分)についている金属のような装飾品と
鞘に紐を止めるためについているような金属の装飾品です。
どなたかお詳しい方、教えてください。

481 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 13:31:52.63 ID:Kyl03ubg
言葉足らずです
太刀の外装を補修したいのか、新しいものを拵えたいのか。前者なら何もしないが絶対いい

482 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 14:16:15.16 ID:FlULItDG
鞘の先端につけるのは鐺。
紐をつけるのは栗形。

画像検索して確かめてみてね。

483 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 15:14:21.02 ID:Kyl03ubg
どちらも金属と書いてあるじゃないですか。太刀金具でしょ。しかしわたしのわけの分からん深読みも迷惑だな失礼

太刀の鞘のケツにつけるのは「石突」、腰に下げるための装飾的な金具は「腹帯金」とか「足金」とか言います
ちゃんと読んだらレストアしたいのだというのは分かりましたが、揃いでない金具を後から組直すと
こと太刀拵に関しては見苦しいですし、恥をかくと思います。飾って楽しみたいのなら古い拵えは保管しておき
濃州堂みたいな確かなところで別に刀の拵作ってもらえば良いと思います。勝手な助言失敬

484 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 15:39:29.31 ID:wt5DhRx5
太刀とはどこにも書いてないようだがね。
鐺(こじり)も栗形(くりかた)も金属製のものはあるよ。断定はよくないな。
まあ修復しないで保管、新規に拵えか鞘作るのもありではなかろうか。


485 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 16:03:44.24 ID:Kyl03ubg
長い刀、金属の装飾品、ときたら、太刀でそ。肥後も突兵も長くないし講武所なんてまあなかろうし

486 :momo:2011/10/29(土) 16:10:28.12 ID:xXqX4SRA
早速ありがとうございます。
画像をヤフーフォトにアップしてみました。
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-zfjyl4qt5brvksj5iiisetuwdi-1001&uniqid=f80b987c-ea9c-41ba-b0af-eb686a99961a

白鞘に装飾したいらしく、それは邪道なのは知っているが
伝統で新しい鞘を作ることが許されないそうで・・
伝統のある家系のようです。
いずれにしても気の済むようにしてあげたいと思っています。
赤い□の中の部分の名称です。。
この画像は、どこかからその人が持ってきたサンプル画像なので
本物ではありません。私にそれを示すためにネットから
ひっぱってきました。
見れるといいんですけど。。

487 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 17:22:39.39 ID:wt5DhRx5
>>485
金属鐺が肥後拵えと突兵拵え、講武所拵え特有の物という思い込みと断定はどうかと・・・。
こちらで>>486が確認できないからなんとも言えないけど、太刀か打ち刀か、拵えの説明できない人相手に断定した考察・説明はいくないと思うよ。
>>486
こめん。見れない。こちらの環境かな?
ただ白鞘も籐巻きにしたり渋塗りにしたものがある。邪道かはともかくない訳じゃない。
太刀拵え(簡単にいって刃を下に納める形)だとしたら、修復より現状維持した方がいいと思う。
金具が現代物だと修復部分が浮いて見えると思うのが理由。
打ち刀拵え(刃を上にして納める形)でも金具の釣り合いを考えると、現物をよく見てからアドバイスした方がいい。栗形は水牛角で削り出すと比較的簡単に修復できるし鐺も角を使うことは可能ではある。
軍刀拵えだとしたら修復自体は比較的簡単に可能。金具も基本的に規格品だし探せば手に入れやすい。
純然たるオリジナル性や修復部分と元々の拵えとの差を気にしないなら太刀でも刀でも軍刀でも、いくらでも修理は可能。
また金と時間に糸目をつけないなら、いくらでもしようはある。

とりあえず外国のお友だちは日本在住ですか? 日本在住なら刀剣店などに相談するのが近道でしょう。銀座の柴田あたりがお勧めではありますが。
海外在住ならば修復は困難なのでは?基本的に今の拵えは現状保存し、新たに好みの拵えを作られるか今の拵えのレプリカを作られるのがよろしいかと。
上記の通り白鞘に装飾することもなくはない事なので、あまり気にされないでよいのでは。保管、手入れには通常の白鞘より気を使いますが。

488 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 17:41:28.48 ID:hpuegY26
>>486
http://www.touken.or.jp/syurui/tosogu_img1.html

ここ見て勉強するがよろし。

489 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 18:21:22.93 ID:Kyl03ubg
>>487
金属は栗型の話なんだが。すこし把握してくれよ。あと画像はヤフオクにあるあのチャンコロコピーだったよ
もうどうでもいいや。名称書いたけど無視だしな

490 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 19:08:12.27 ID:FlULItDG
>>486
なんでそんなに柄長いの?
白鞘なのに栗形のようなものがついてるのも気になる。

491 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 19:53:07.06 ID:wt5DhRx5
>>489
俺も書いてるが栗形も金属製のものはある。肥後や突兵と書いた君のレスには栗形とも鐺とも指定してないだろ?
他人に説明する前提が理解できていない。把握しろとはこちらの台詞だよ。
ま、どっちでもいいがね。もとの情報が少なくてこのままだと話にもならんから。


492 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 21:16:40.41 ID:Kyl03ubg
鞘に紐を止めるためについているような>金属の装飾品 って書いてあるでしょうが
そもそも金具ときて、拵えが限定的なになるの栗型しかないだろ・・・jk・・・

493 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/29(土) 22:19:39.97 ID:pARV2BeM
>>486
まず、白鞘の改造について。予算上、既存の白鞘を拵え下地にして、拵えを作成する人はいます。
その際、白鞘を削って拵えに合うよう肉置きを整えますが、これは「伝統」に反しないのでしょうか?
ご承知かと思いますが、拵えの鞘の肉置きと、白鞘の鞘の肉置きは違います。

次に画像を見て。栗形が既存の白鞘についていて、これを金属製に交換したい旨は分かりました。
ですが柄頭を見ると、見間違えでなければ、これは半太刀の頭じゃないですか?鐔もついてますよね?
半太刀の頭を生かすなら、他に半太刀金具が必要ですよ。半太刀にするなら鐔も木瓜形にするのが普通です。

「伝統」に反する可能性が高い白鞘の削りこみを含め、拵えの掟を無視して作成したいなら、まずは刀職に相談です。

494 :momo:2011/10/30(日) 01:47:26.40 ID:kzcUfsmu
皆さん、早々にたくさんのレスをありがとうございます。
外出前に、ばたばたと画像をヤフーフォトにアップしましたので
それまでに回答頂いているレスに返信せず、申し訳ありませんでした。
「鐺」「栗形」「石突」「腹帯金」「足金」「太刀」「打ち刀」・・
名称を画像検索したりしてみました。
>486の資料も拝見しました。
素人目には、「鐺」「栗形」なのかな?と思いますが、どうでしょうか。
刀はあまり反ってないみたいなので、「打ち刀」ですか?
あまりにも知識がなくて、申し訳ないです。
実は、2件ほどネットで○○美術というところを見つけメール問合せし
画像も送ったのですが、知識がないし、外国人だし、画像が
中国製の偽物の物だったからか、まさしくケンモホロロといいますか
何も情報が得られませんでした。

皆さん、流石ですね。友人の刀の画像を私は漠然と見ていましたが
確かに紐を通すようなプラスチックみたいなものがついていますね。
柄頭・・?半太刀の頭ですか?

刀の画像を追加してみましたので、お時間のある時にみて
もらえませんでしょうか。何度もすみません。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-zfjyl4qt5brvksj5iiisetuwdi-1001&uniqid=f80b987c-ea9c-41ba-b0af-eb686a99961a

友人は、ヨーロッパに住んでおり、鞘や刀を持って日本に来ることは
難しいです。装飾品だけ手に入れば、何とか細工するのかどうか
詳細がよく聞けていなかったので、再度聞いてみます。
それにしても、奥が深い世界なので驚きました。
と、同時に興味も感じます。

495 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/30(日) 01:53:07.43 ID:cQkqg9Rk
鞘だけ日本に送ればどうか?金具手に入れても個人で修理すんのきつくね?


496 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/30(日) 10:00:30.84 ID:qEao55rI
>>494
アップで見たら完全に素人の手作りじゃないですか・・・・・。

英語サイトを持ってる刀屋もあるので、予算があれば
こういう所に送って一から拵を作ってもらったほうが良いんですがね。
http://world.choshuya.co.jp/
http://www.aoi-art.com/

497 :名前なカッター(ノ∀`):2011/10/30(日) 10:33:49.00 ID:mN7L3aO8
片山重恒先生に作ってもらいましょうよ

498 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/18(金) 11:55:50.68 ID:x/ol8Ukx
ハバキを自作する方法はありますか?

499 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/18(金) 13:52:16.86 ID:viGvy/V+
コーナン行ってきたら?
材料は全部揃ってる。
あとはお前の技術次第。


500 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/18(金) 20:37:29.81 ID:5hRtjFoc
責め金くらいなら見よう見まねで出来そうな気もするけど
1からハバキ作るのはえらい大変そうだ

501 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 01:46:34.66 ID:gJarluCo
>>499
金属の形成、蝋付け程度なら少しは出来ます。
素人工作なので職人には到底及ばないのは百も承知です。

>>500
責め金とは何でしょうか?

安い小刀(刀身のみ)なので銀ハバキと白鞘を自作しようと思った次第です。
日本刀関連の書籍を色々読みましたが工作の詳しいやり方まで載っていません(当然ですが)。

白鞘を作るにもまずハバキが必要なのですが、以下のどの方法が良いでしょうか?
@銅板からハバキの形に形成し蝋付け、銀を着せる。
ただハバキの形に出来ても着せ方が分かりません。
A初めから銀板を使い銀無垢で作成。銀の蝋付けの難易度は分かりません。
B邪道かもしれませんがシルバーアクセサリー用の銀粘土でハバキを作成。

502 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 01:50:03.09 ID:gJarluCo
書き忘れましたが小刀は刃渡り3寸程度で平造りです。

503 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 02:12:06.10 ID:W8fTR/6G
参考にどうぞ
日本刀の職人たちVOL3 白銀師 :文部科学省
http://www.youtube.com/watch?v=oCxuZiVV2fw

504 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 02:23:41.06 ID:ShDZekcM
刃区が欠けるのでロー付けはやめれ

505 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 09:28:49.36 ID:ib3XLIrh
プロに頼め。小柄穂の小さいハバキはプロでも嫌がる位難しい。基本的に太刀ハバキと同様、呑み込みのないタイプになる。
金ないなら木ハバキを自作しろ。これなら薄板を加工するだけだ。パーツは3つ。棟部、側面2枚を木工ボンドで接着。
木で数ミリの薄板を加工出来る器用さが無ければ、考えている白金細工はまず無理だ。
で、白鞘どうするの?柄は目釘孔ないから難しいぞ。俺は小柄に穂を膠で固定して鞘を作って終わり。ペーパーナイフにしてる。
鞘も掻き入れの調整が難しい。小柄の厚さで調整する。ハバキ付きだと更に難航するぞ。薄い金になるから掻き入れ調整に苦労する。

506 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 10:54:39.63 ID:mZr119q/
>>501
>責め金とは何でしょうか?

鍔の穴の上下についる銅の部分
刀のサイズ合わせ用にかませる
本当に素人でも出来るのかは知らんけど
ttp://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/73/5d/musasi_tousougu/folder/586276/img_586276_5567606_0?1163082575

507 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 18:31:09.92 ID:bQhDvT7w
>>503さん
良い動画をどうも!参考にさせてもらいます。刀剣業界にも女性がいたのですね。

>>504
刃区に蝋がはみ出ていると欠けてしまうみたいですね。

>>505
一重、二重?を付けた小刀もありますが、写真のような呑込の無い太刀?が普通なのですか?
区金の加工がいらないので太刀?なら真似しやすそうですね。
http://www.e-sword.jp/sale/2011/1110_6014syousai.htm
予算は白鞘合せ材料費で一万程度で。木?は簡単そうですが好みでないので…
白鞘は柄に3mm程度の目釘孔穿ってしまおうと思っています。
鞘の掻き入れや当たり取りは難しいと聞いていますが挑戦してみます。

>>506
この部分ですか。銅を叩いて締めた物を鑞付けして刀身に合わせて削っていると予想。
鑞付けで鍔自体も酸化して変色するからその後の仕上げのほうが難しそうです。

508 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 18:33:06.22 ID:bQhDvT7w
↑漢字でハバキと書いたら?に文字化けしてしまいました。

509 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/19(土) 20:56:49.51 ID:ib3XLIrh
見ての通り、呑み込みつける小柄穂ハバキもある。ただ細工が難しいから太刀ハバキ形を提案させて貰ったよ。
小柄穂に孔開けるのは勿体ないな。茎は長くて薄いから、ごく浅く彫ってみて。スカスカなら貼り合わせ面を鉋で削って調整。
掻き入れは本当に難しい。細工が難しくなるけど、ハバキの地金を厚くすれば少し楽になるよ。趣味だから気楽に遊ぼう。

510 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/20(日) 23:21:47.29 ID:5DzuNwSg
>>509
太刀ハバキから挑戦してみます。素材選び等>>501で書いたどのやり方が確実でしょうか?
銀着せの方法さえ分かれば@番のやり方が低予算ですが。
勿体ないという程の小刀ではないです。
切り出しを両刃にして小刀型に打ったような物なので日本刀的価値は無いと思いますし。

511 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/20(日) 23:28:07.61 ID:PDEr06df
他はどうにでもなるけど棟で挫折すると思う

512 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/11/21(月) 00:52:39.10 ID:zKakl3FJ ?2BP(3200)
小刀なら銀無垢が良いのでは?
プロでも小刀の着せはいやがるよ。

小刀は茎が薄く細いので、鉄板で仮茎をつくって、それで概略の形をつくって、それから決め込んでいくとよいかと。

まぁ小刀なら無垢のインゴットに穴を開けて、精密鑢で削り広げてハバキを作っても良いかも。鑞付け、区がねなどで悩むより早いかも知れない。





513 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/21(月) 15:53:27.65 ID:bjTqa7yd
>>511
棟で挫折しないようまずは太刀ハバキからやってみます。

>>512
本職の方がそう言うなら、着せは諦めて銀無垢で作る事にします。
銀無垢でハバキを作る時も銅のように打ち締めるのですか?
またインゴットからの削りだしでも決め込む際は削り広げた部分は茎より若干小さくして、
茎でハバキ本体が引き伸ばされるようにしたほうが良いですか?
仰る通り鑞付け等の加工より削り出しのほうが確実そうなのでとりあえず銀のインゴット探してきます。


514 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/22(火) 00:29:52.21 ID:ZEscm3Kd
手頃な値段で金工の号や銘や花押等を網羅しているような本はないでしょうか?

515 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/11/22(火) 03:23:22.63 ID:VfnvKH9p ?2BP(3200)
刀装小道具銘字大系がいいのでは

手頃な値段と網羅は矛盾すると思う。

516 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/11/22(火) 03:25:08.15 ID:VfnvKH9p ?2BP(3200)
>>513
>引き伸ばされるようにしたほうが良いですか?

できればそうした方が良いだろうけど、小刀ですからね。
980位の堅い物を使ったら締めないでも良いかも知れない。

517 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/22(火) 20:25:12.40 ID:n6DOZ91+
>>515
ありがとうございます。結構値段しますね(^_^;)。
長期的に見れば安いかも、一度検討してみます。

518 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/22(火) 23:29:09.51 ID:iKjHxUhw
>>517
正直言うと銘鑑は知識がある人の鑑定確認用なんだ。刀剣もね。同一銘の職工ずらりと並んだら手も足も出ないよ。
作行きを鑑て時代と何派か見当つくけど、この銘は未見だし花押の真偽もわからない、なんて時に引っ張り出す。

ニュアンスから察すると、まずはハンディな鑑賞、鑑定入門書が欲しいのかな?歴史含め全体を俯瞰出来るこれをお薦めするよ。
在庫がある刀剣柴田で買うのがベスト。注文の電話したついでに他のお薦めも相談出来るから。
祝日は休みだから、24日にでも電話してみ。この一冊で相当勉強になるし、銘花押の見方に強くなれる。

http://www.tokensibata.co.jp/
電話 03-3573-2801
光芸出版刊『鐔小道具鑑定事典』〈改訂版〉若山泡沫・飯田一雄・光芸出版 編A5判 上製 246頁 (平成20年11月刊)
■税込価格 2,940円(送料340円)

もし持ってたなら雄山閣の「刀装小道具講座1〜7巻/別巻」を古書で探す。これ以上の物はもう出ないと断言していい決定版。
古書の相場は程度含めて調べてみ。全巻揃いで三〜四万位で買った記憶がある。剣さんも持ってるはずだよ。

519 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/23(水) 17:57:53.92 ID:v9TVfvrd
>>518
「鍔小道具鑑定事典」なら持ってます。まだ小道具に興味を持ってひがあさいので、とても役に立っています。
ただ、最近それでもわからない号と花押がありまして、一体何処の誰なのかとても気になっておりました。
「刀装小道具講座1〜7巻/別巻」と「刀装小道具銘字大系」参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

520 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/23(水) 22:39:44.26 ID:3UpvkXF7
>>516
色んな店回ってみたのですが銀のインゴットありませんでした。
銀板はありましたが、950銀板が1.5mm厚(100x100mm)で約2万円…
予算オーバなので銅で作り銀を着せるしか選択肢がなくなってしまいました。
着せの詳しい方法教えて頂ければありがたいです。

521 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/24(木) 08:24:59.71 ID:R6V2LoMO
>>519
号と花押か。必殺の銘鑑漏れがあるからなぁ。刀工も沢山銘鑑漏れいるけど、金工は更に多いよ。
それでも近く迄は絞り込める。調べる際のコツは、まず作風の吟味と時代推理。作風はかなり広めに。時代はピンポイントで。
次は花押。パターンは限られてくるから、似た花押の著名金工を見つけたら、その周辺を調べていく。号は難しいね。
作風、時代に花押を加えたら、江戸か京か水戸か会津か庄内か他地方か?位までは絞り込める。
ここまでの知識は前述の参考図書で相当攻められるよ。

あと、刀剣では著名刀工が出先で教えた弟子というのが結構な数いるのだけど、金工も同様。
特に江戸後期。後藤一乗一派と河野晴明は要注意。
京正阿弥などの献上手では、花押しか切らない金工が結構いる。これも流派絞り込みのポイントになる。
すぐ思いつくのはこんなところ。最後は数見て身につけた眼や勘が頼りだよ。余裕が出来てきたら、画題研究だね。頑張ろう。

522 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/26(土) 06:30:37.00 ID:mLLxXE0v
切羽のことでお聞きします 
オクで切羽(新品)を買ったのですが なかごにあわなく(切羽穴が大きい)かなりがたがたしますがこれでよろしいのでしょうか
それとも普通はワンオフで作るのでしょうか よろしくお願いします。

523 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/26(土) 09:46:04.79 ID:8MboDxTl
>>521
ありがとうございます、とても参考になります。
鍔には万○亭とだけ記載されており、一方、縁頭は一宮長常のように丸みを帯びた花押です。
共に江戸後期と見られ、前者は作風からして江戸、後者は江戸、水戸、会津で、どちらも後藤一乗
一派と河野春明の作風とは異なるようです。
来週、アドバイスして頂いた「刀装小道具講座1〜7巻/別巻」が届くので調べて見ます、とてもわく
わくしますね。

524 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/27(日) 00:48:11.87 ID:L7N0LgKI
>>522
白金師に依頼するとワンオフで合わせてくれるけど既製品はそうはいかないよね。
ずれなきゃそのままでもいいけど、合わせたいなら切羽固定してから中心穴んとこの上下、
もしくはどっちかにポンチあててちょいとハンマーで叩いてみ。意外と簡単に調整効くから


525 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/27(日) 14:22:01.86 ID:c9Op/4Ya
>>524
ずれなければそのままでおk 了解しました ありがとうございました。

526 :名乗るほどの者ではござらぬ:2011/11/27(日) 21:08:19.18 ID:AnPhyRzL
俺は居合をやっているけど、金具は鉄地が最高だと思っている。

現在は、鉄地一作の半太刀拵の新々刀國秀を使っている。

若い頃は、赤銅とかのを好んでたけど居合(実用)には無地の鉄地がいいと思う。


527 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/29(火) 17:27:41.99 ID:oW7qO0YH
お、俺も新々刀国秀持ってるよ。
俺のは鉄金具一作の生ぶ肥後拵え。状態はあんまりよくないけど。


528 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/29(火) 19:12:10.92 ID:L/dT/MuD
最高と思っても錆びが・・・。
特に鍔が・・・。
なのでステンの居合い用のを使ってる。


529 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/29(火) 23:33:08.85 ID:un8SKt/W
質問です
小刀の装着についてですが 普通は脇差につけるものでしょうか
打刀でも宜しいのでしょうか ご教授のほどよろしくお願いします。

530 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/29(火) 23:36:46.52 ID:un8SKt/W
打刀 大刀の方です

531 :剣恒光@Free Tibet ◆yl213OWCWU :2011/11/29(火) 23:39:02.92 ID:uNLaOb1H ?2BP(3200)
>>520
インゴットは自分で溶かして作るしかないかも。

>着せの詳しい方法

文字で書いて説明できる自信が無いです。
古い着せハバキでも手に入れて見たら作り方は分かると思うのですが。
作り方が分かってもできるかどうか。自分は一度しか挑戦していませんが、ものすごく時間と無駄がでた。

先ずはハバキを作る。
ハバキの内側の着せの折り返し部分が入るところを削る。
ローラーなどはないと思うので、銀をナマシながら打ちのばす。
ハバキに合わせ巻き、余分なところを切る。
接合面を蝋付けして、筒状にする。
ハバキに着せて、上下の余分なところを切る。
上下を折り返してハバキに入れ込む。

532 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/29(火) 23:54:30.51 ID:un8SKt/W
529です
銅ハバキは作ったことがありますが 4個めで何とかできましたが 鑢が難しく横のみでしたw

533 :名前なカッター(ノ∀`):2011/11/30(水) 09:02:17.51 ID:7+IvQW7u
>>532
横だけでも自分で作れば凄いじゃん。
俺はバインダーで面で溝掘ってヘタった紙やすりを埋め込んだwww


534 :名前なカッター(ノ∀`):2011/12/02(金) 23:37:56.84 ID:KbdIZpbZ
>>533
残欠で作った短刀もどきのハバキです3mmの銅版をあぶってたたいて折り曲げてやっとできましたw

535 :名前なカッター(ノ∀`):2011/12/02(金) 23:40:58.06 ID:KbdIZpbZ
あとヤスリで玉をつけるのってどうやればいいのですかね

170 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)