5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【七紙】癒しの小説スレ【耳かき】

1 :七紙:2011/02/27(日) 17:34:52.21 ID:B+SMfWGE
スレ立てました。
では!みなさんで盛り上げていきましょう。
私も時々小説を書きます!では☆

2 :七紙:2011/02/27(日) 17:41:32.68 ID:B+SMfWGE
私の責任で癒し小説スレが荒れたので

私がきちんと管理して皆様のごおんに報いたいと思います!

仕事が不規則で管理が行き届かないかもしれませんが努力します!

気持ちいい耳かき小説を描いていきまよう!

3 :癒されたい名無しさん:2011/02/27(日) 19:04:50.08 ID:vUNskRcQ
 「ください………………ここに………ここに先生の……あなたのおチ○チン、あたしの……お、おま○こに、入れてください!
 お願いっ! ずぶううって、つっこんで! あたしのおま○こ、あなたのそれで、ぐちょぐちょにかき回して! 奥まで入れて、気持ちよくしてぇ!」
 叫びながら優良さんは指で秘裂を広げてみせました。よほど興奮していたのか、白濁した蜜がとろっとこぼれてきます。
 男はこちらも興奮した目つきで優良さんにのしかかってゆきました。
 先端が唾液と先走りに濡れたペニスに手を添え、しとどに濡れそぼった秘裂にあてがいます。
 ちゅっと軽いキスをした様な音がしたかと思うと、男は一気に腰を突き出しました。
「あーーーーーーーーーーーっ!!」
 貫かれた途端に、優良さんはものすごい悲鳴をあげて、男の体の下で汗まみれの体を激しくのたうたせていました。
「いいっ! いいっ、ああ、すごい、す、すごいいっ! 気持ちいいっ! ああっ!」
 男が優良さんの右脚をかかえ、体を横向きにさせると、ピストン運動をはじめました。角度が変わってまったく別の快感が優良さんを襲います。
「ひっ! ああ、ふぅあ、ふ、ふかいっっ! ひあああ!」
 優良さんが顔を覆いました。すすり泣いているているようです。
 男はかまわず腰を振り続け、一度奥深く腰をたたきつけると、腰をくねらせながら、かかえ上げた右足を両腕で抱きかかえました。
 すすり泣く優良さんへ、満足気な視線を送りながら、足に舌を這わしてゆきます。
 男が突如くねらせていた腰を前へ前へと送り込み始めました。優良さんの最奥部をかさの増した肉棒がつつきます。
「あ、だ、だめ、これ、あ、ふ、ふかっ、ふかすぎ…………あんっ、あたし、だめ、
 これ、す、すき、ああっ、あんっ、あっ、くああっ、お、おかしく、おかしくなっちゃ………!」
 きつく目をつむる優良さんの目の前に、スパークが飛び交いました。
 今日初めてのオーガズムを迎えた優良さんは、そのままあごをのけ反らせ、全身をぶるぶる震わせます。
 優良さんの媚肉がすべての細襞をまとわりつかせてきました。男の精を搾り取ろうとするかのようです。

4 :七紙:2011/02/27(日) 19:30:41.85 ID:B+SMfWGE
18禁はダメですよ〜^^

5 :旧・七紙:2011/02/28(月) 08:04:04.16 ID:03KnelZW
旧・七紙です!

新スレ記念カキコです!

こちらにもどんどんカキコしていきます!

では☆

6 :七紙:2011/02/28(月) 08:42:41.66 ID:/oNqplVF

まあよくわからないしなりすましたんだろうけど旧・七紙たん新スレ建てたなら頑張ってね!

しかし、今のところ重複スレなのをお忘れなく〜とりあえず私は旧スレ埋めるまで頑張るからお互い頑張ろうにゃ☆(笑)

ではまた(笑)(^_^)vブイ☆i



3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)