5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【裁判】発明対価 5600万円の支払い命令確定 「テプラ」構造[11/10/25]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/10/26(水) 08:12:19.29 ID:???
「テプラ」の名称で販売されたラミネート式ラベル印刷機の構造を発明したとして、
ブラザー工業の元社員と現社員が同社に計4億円の発明対価を求めた訴訟の上告審で、
最高裁第2小法廷(竹内行夫裁判長)は24日付で原告、被告双方の上告を
棄却する決定を出した。
同社に対し、2人への約5600万円の支払いを命じた2審・知財高裁判決
(09年6月)が確定した。

1審・東京地裁判決(07年4月)は2人への約3700万円の支払いを命令。
2審はブラザーが09年3月末までに、2人の発明で3000億円以上の売り上げを
得たと認定し、1審より増額していた。
提訴前、2人がブラザーから報酬として得たのは計約24万円だった。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111025-00000104-mai-soci

2 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:13:44.14 ID:Wj73ZanZ
24万円www

3 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:14:17.85 ID:P9E/SWm7
3

4 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:15:12.22 ID:FHZ3dDwk
ネームランドは?

5 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:22:29.69 ID:AG33f3/q
テプラは転写したあとにラミネート、ネームランドは転写のみ。
で、ラミネートの発明とかなのかな?

どうせなら、対価として研究所長くらいにドカンと出世させてやればよかったのに。

6 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:22:50.74 ID:ceCMC1e7
会社から給料もらって研究してたんだろ
それが爆発的に売れて会社が儲かると成功報酬をくれって
なんかしっくりこないけど、一挙にお金持ちになってよかった

7 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:23:26.61 ID:imc4t+fP
こういうので億という報酬が支払われるなら納得するが、
モバゲーのアイテムをデザインとか企画した奴に金が落ちていくなら納得できんな。

8 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:23:58.14 ID:/dTVRc4N
そんなに一攫千金を狙いたいなら、社員にならずに独自開発すれば良かったジャン

9 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:28:31.32 ID:I/uBFErZ
会社から賃金もらって会社の設備使って会社の費用で研究した結果できたものなら、権利は当然会社のものだろ。


10 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:29:46.05 ID:liTgF2TJ
営業マンが売りまくって、広報やマーケティングが上手く販売計画立て…
会社の金で研究したのに対価ってのもね。
まぁ、今の世の流れだとしょうがないのかな。
もちろん、凄いもんを開発した人にはそれ相応のポストや給与、ボーナスは必要だと思うけどさ。

11 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:31:33.75 ID:0bGAvOBG
派遣業、斡旋業とかは人に対する投資を無駄と考える時代だからな。
当然、個人の研究開発投資の成果は個人が回収にかかるだろ。


12 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:33:58.25 ID:FtY0Tjd+
>>10
それ相応のポストや給与、ボーナスをケチるからこうなるんだよ。ボケ

13 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:38:01.70 ID:QuO3JS3X

 3000億円 → 24万円 wwwwwwwwwwww

14 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:38:24.43 ID:gS3fyDoh
会社は開発した商品が売れようが売れまいが給与を払い、設備に投資し、
出来た商品が失敗しても開発者に賠償を求める訳でもなくやってきた訳でしょ?

しかも、成功した商品の利益を再投資したり、他の社員にも還元してきたはず。

更に言えば、発明者の報酬24万円もそれだけではなくて、ボーナスや昇給、職位などに
反映されたんじゃないの?

それでも、俺だけに還元しろと言うなら自分で起業した方がいいのでは?

15 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:44:38.40 ID:nz131TnG
技術なんか大して関係ないっての
営業と広告がよかったから儲かったの。
この人たちも技術のある下請け中小企業いくらでも知ってるだろうに。

16 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:46:34.01 ID:53mR3Ncw
知財に関する認識不足が革新的な発明を産まなくする要素。
会社を支える発明をしたら別枠で対価を支払う仕組みもあって良いんじゃないのか??

>>6 の考えも年配者に多いね。

17 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:49:15.38 ID:d5XAXYJN
優秀な頭脳は海外に行ってしまうんだ。

18 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:51:36.53 ID:gS3fyDoh
日本が優れた商品を創り出してきたのは、こだわりや職人気質を受け入れる企業風土があったからだと思うんだよ、
でも、これからは卵を産まない(産むのに時間がかかりそう)な技術者はクビにするしかなくなってくるだろうね
そういう日本にしたい誰かが居るんだろう、国の内外に

19 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:52:34.87 ID:JBg3ZaYa
欧米の技術者や大学の研究機関が受け取る発明対価に着目しすぎなんだよ。
この会社の海外勤務の人間から自由と責任って話を聞いたことがある。
日本でアメリカのような対価を求める研究開発をした自負があるなら
失敗した責任も受ける覚悟を持てよな。


20 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:57:54.90 ID:nz131TnG
アイフォンなんかローテクの集まりだ
マーケティングと広告の勝利
技術が利益を生むのは幻想だと糞どもにわからせたい
要望通りやればよい

21 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 08:59:29.02 ID:TWVxey+v
エンジニアは莫大な金銭という対価が欲しいわけではないんだけどな。
あまりにも冷遇されて認められないから、世間にアピールする為にこういう裁判をする訳で。
真に求めるのは研究開発環境の向上だから。

22 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:00:27.07 ID:UfPX3gde
日本って発明して訴訟を起こして
はじめて正当に評価されるんだな

23 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:01:51.14 ID:fjp9y56V
卵がなくては金は生まないよ

24 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:03:03.14 ID:0bGAvOBG
発注元→元受け→業務請負業→下請け→個人(個人商店)

偽装派遣でしたと白状するか、対価を支払うかって二択に追い込まれる
トラップがけっこうありそうだけど。
安いかわりにデータ盗まれるのと、どっちがマシなんだろう。

25 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:04:28.78 ID:gS3fyDoh
卵を産んだ鶏だけに金をかけたら
有望なひよこも買えないし飼えない
会社も社会も成長しない

26 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:12:52.29 ID:oTj1GgOH
たかが熱転写プリンタだろうに、そんなに価値あるのかな?

27 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:12:55.80 ID:HKHQkWNg
最初いらないと思ってたけど、使ったら地味に便利だったなこれ。

28 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:13:14.12 ID:spCVYdVm
5600万円でも安いと思ってしまうのに、
払うなと言ってる奴ってどんだけ会社のお荷物なんだろうかとw

29 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:28:35.53 ID:UfPX3gde
>>25
飼い主だけが儲かるわけですね
わかります

30 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:29:02.73 ID:Qw/cXQ8T
発明者への理解の無さが日本の企業の衰退の原因だよな。
アメリカはこういう人を大事にする。

それにしても、このスレ見るだけで日本の社会が無能者の
妬みで出来ていると痛感する。

31 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:29:11.80 ID:mN8W+L5g
>>6
会社がその発明により利益を得たのだから、発明の対価として求めるのは当然のこと。
詳しくは"職務発明"で調べてみ給まへ。

32 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:33:46.76 ID:lhwNEeqU
権利関係ややこしいな
キングジムじゃなくてブラザーが持ってたのか

>>26
売れまくってるしな

33 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:42:03.04 ID:G64Upi1Y
妥当な金額だな
テプラごときで何億も手にしたら人生狂うと思うよ
引き続き頑張ろう思える金を手にして、とりあえず発明インセンティブのルール作って、
気に入らないなら会社辞めれ

34 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:43:22.55 ID:lhwNEeqU
そうだな。
ルールがなかったから「しっくりこない」と思う人がいる。
俺もこういうのはしっくりこない。

35 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:52:32.25 ID:S0K/kpoJ
発明した利益が会社のものなのは当然だと思うが
発明した研究者にもそれなりの対価を与えないと
他の会社に引き抜かれるor出て行くリスクもあるんだよね


36 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 09:55:03.58 ID:nz131TnG
>他の会社に引き抜かれるor出て行くリスクもあるんだよね

そんなことする企業は村八分なんで。

37 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:01:40.18 ID:fQOqQbOG
結果を出せなきゃ待遇低下orクビになり
結果を出せば相応の地位や報酬を得る

当たり前すぐる…

38 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:01:51.09 ID:8BKD0MoR
この手の裁判の時、いつでも書くのだけど

当時の常識、習慣としては研究員であろうとただの社員、だから成果も会社のもの、
ただし法律がそうはなっていなかった。

つまり常識と法律が乖離していたんだね。だから会社が悪いとも思わない。

それを現在の観点から会社を批判するのはピントがずれている。

ただ俺が研究者でも、せっかく銭になるものが転がっていれば裁判で貰おうとは
するだろうな

39 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:06:25.43 ID:z/RMeVIe
じゃぁ会社勤めで糞研究しかしてないサラリーマンからは
逆に損害賠償として会社にお金払ってもらえるの?何千万円とか。

40 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:09:01.00 ID:9yndQwf/
会社に利益与えた分の対価はもらえて当然
じゃないと何のために働いているのか分からん

41 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:12:33.09 ID:+iWH4iWO
>>21
同意
日本で一番重宝されるべき人達が冷遇されるのはありえん

42 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:14:18.07 ID:zjXQEr4L
元々ブラザーのOEMだったのかー

43 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:19:43.01 ID:iX5KXW0A
プリンターの特許が金銭になるのはプリンターメーカーの政治力のおかげ

44 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:20:05.73 ID:eru8P7yi
発明対価と言うが
仮のこの人達がこの会社の施設・設備など使わずに
同じような物を作れたのかな?

しかし、24万は低すぎだろう

45 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:20:53.46 ID:lhwNEeqU
まあでもブラザーで良かったな、と。
同規模の同業他社が潰れていってるし。
ミシンから始まって、経営陣は頭が良いんだな。

46 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:26:40.98 ID:LpjWLwzX
>>43
互換カートリッジを閉め出すほどだからな

47 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:29:15.01 ID:V48hcq1f
将来的にはマーケティング室の企画担当とかにも対価が払われるのかね?
青色発行ダイオードのような基礎部品ならともかく、この手の消費者向け商品は
最早技術的先進性より、いかに角の立った商品が作れるかってことに
成功するかどうかがかかってると思うのだが。

48 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:30:25.45 ID:iXNebDpD
リーマンのくせに一人だけ儲けるなんて許せない!

という妬みの心理が働くのがおもろいな2chってw

49 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:31:22.99 ID:XkwRMQNI
ケチるから悪さをするのさ

ざまあバカ会社

あと10年はやりてえな★

50 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:31:54.27 ID:lhwNEeqU
殆どそんなレスないのに愉快な奴だな

51 : 忍法帖【Lv=37,xxxPT】 :2011/10/26(水) 10:32:48.37 ID:keMF6ruV
サクっと4億払ってやればブラザー行って発明して稼ごうという若者へのいい刺激になっただろうに
3000億も儲けといてケツの穴が小さいねー


52 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:32:54.88 ID:MCE5tKo9
 うまくいったときにお金がもらえるなら、失敗したときに従業員は会社にお金
を払うべきだと思う。

53 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:33:48.09 ID:mN8W+L5g
特許法35条(職務発明)
・・・
4項
 契約、勤務規則その他の定めにおいて前項の対価について定める場合には、
対価を決定するための基準の策定に際して使用者等と従業者等との間で行われる
協議の状況、策定された当該基準の開示の状況、対価の額の算定について行われる
従業者等からの意見の聴取の状況等を考慮して、その定めたところにより対価を
支払うことが不合理と認められるものであつてはならない。

5項
 前項の対価についての定めがない場合又はその定めたところにより対価を支払うことが
同項の規定により不合理と認められる場合には、第3項の対価の額は、
その発明により使用者等が受けるべき利益の額、その発明に関連して使用者等が行う負担、貢献
及び従業者等の処遇その他の事情を考慮して定めなければならない。

54 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:36:29.06 ID:tisZbd+A
手ブラに見えた。
欲求不満なのかな。

55 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 10:48:31.68 ID:fVoPgpGk
技術者は使い捨て。企業力は営業第一。
そういう国だろ。

56 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 11:00:29.84 ID:SbewSSBI
すくねえw
まさに社畜だな
日本不遇すぎる

57 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 11:05:18.74 ID:pt8W1cwQ
個人の施設設備で発明したわけじゃないのにね
お門違いじゃないの?
発明が終了する手前で退社して特許とればよかっただけでは

58 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 11:06:58.01 ID:pm88cCUP
>>6

2人で5600万円じゃ、お金持ちってほどじゃないだろ。
住宅ローンを少し返せてうれしいけど。


59 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 11:28:19.80 ID:bbdJGXgv
こんなの事あるから、日本の技術者は海外へ逃げるんだろうな。
せめて売り上げの0.1%くらい上げなきゃ。2人で3億くらいな。

60 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 11:39:55.28 ID:8BKD0MoR
全然不遇だとは思わない。
少なくとも昔の日本企業はチームワークでやってきた。
極論を言えば営業だって、個々人のコツやネットワークがある。それも全部個人の
ものだと考えていたら企業は上手く行ってなかっただろう。

もちろん今は時代が違うから違うやり方あるだろうけどね。少なくとも昔のやり方が
間違っていたとは思わない。ただ法律は研究者に有利になっているから裁判では
勝てるだろうが。当時の企業のやり方がおかしいなどとは全く思わない。

61 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 12:01:18.56 ID:wDubquey
この現社員は社内でどういう扱い受けているんだろう((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

62 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 12:16:30.42 ID:bv5yJQeS
>>60
チームワークでゴミみたいな企業を大金で買収して、儲けを役員で山分けするわけですね。
日本式経営万歳!



63 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 13:02:06.67 ID:nz131TnG
海外に逃げれる技術者がどれだけいるんだ?
東大出てても30超えてたら派遣に落ちるしかないだろ

64 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 13:41:05.47 ID:ZPlI4QYJ
一方で実力主義だ成果主義だといってリストラし
本当に成果を上げた人は徹底的に冷遇するのが日本企業
会社に3000億円儲けさせてもただの平社員どまりとかキチガイ過ぎるわw

65 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 13:43:02.67 ID:Vi+jlBEM
この国じゃ技術者なんてゴミ同然だろ。
仕事と称して酒飲んでゴルフやってる営業様の奴隷。

66 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 14:16:12.27 ID:grMxTuC8
首切りなしで、定年まで居れるなら裁判なんて起きないよ。
会社は、守ってくれない、株主、役員は、高収入になり、社員は使い捨て。
発明、開発で儲けが出ても、24万っておかしいだろ。
当然、成果の報酬出せってなるよ。

67 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 14:36:20.04 ID:X16JVSCp
こういうことを繰り返しているから日本の工業が衰退するんだろうが
青色LEDしかり、ワープロしかり。

68 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 15:23:12.96 ID:Qw/cXQ8T
このスレで対価が多いとか言ってる連中は外資が日本に技術者を高値で
引き抜いてる事実が見えてないんだろうな。

69 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 16:00:32.98 ID:jKAAI/sH
どうもピントがずれている人がいるね、昔はこのやり方(研究者もただの社員)で
上手く行っていた。だから、これが間違いとか、失敗だと、だから日本はダメになるんだ
なんて批判はピント外れ。

このやり方が今からも正解かどうかは別の話であり、また法律的にどうかも、別の話。

研究者は優遇されるのが当たり前というのも微妙な話だよ。事務系や営業職だって、
些細だけど独創的なアイデアはある、それも全部特許的なものを認めだしたら、やりにくくて
仕方がない。

70 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 16:15:52.56 ID:liTgF2TJ
特許はブラザーの製品だったのが知らなかった。キングジムはOEMなのね。
逆にOEMだからこそ、特許料がはっきりしていたということもあるのかな?

特許2139579号がメインかな。
http://www.design.ti.chiba-u.jp/sakuhin_web/sa/sakai_takashi/index.html

一方テプラの商標はキングジムなのね。

だから記事では、『「テプラ」の名称で販売されたラミネート式ラベル印刷機』
なんていう持ってまわった表現をしてるのかな。

通常なら、ラミネート式ラベル印刷機「テプラ」ですみそうだが。

71 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 16:24:30.42 ID:VShmGAl9
成果の報酬額を予め決めておかないとアカンね。
会社側も特許出願やらで結構な工数が発生するし、それなりに大きな会社じゃないと維持管理が難しい。

72 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 16:36:58.75 ID:wDubquey
まともな会社は日亜の件以降にそれなりの報酬額決めたんだけどなぁ・・・・
24万ってのは少なすぎたな

73 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:15:23.14 ID:QIUD50Yw
特許を取って儲けを出した会社員

特許を取らないで儲けを出した会社員

74 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:29:58.85 ID:zfSNBWap
http://image.blog.livedoor.jp/blv42/imgs/d/c/dc93e449.jpg

75 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:37:17.53 ID:5wKvszy1
この判決って全メーカーにとってかなりまずいよね。
正直信じられない。


76 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:40:17.79 ID:It+Ml892
こういうメンドクサイやつが結果的に日本の産業を衰退させるんだよなぁ。

77 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:44:47.38 ID:uq31cbR1
>>75
テブラって企業にとっちゃ必需品みたいなもんで、累計でン十万台売れてる。
その功労者に相応の報酬払わなかったんだから、今回のは当然だろ…

78 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:48:50.52 ID:UE5q0xko
こういうスレには、必ず中村修二信者が湧いて出てくるのが
マジでウザイ。

79 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:54:06.96 ID:RX56QbUV
>>77
現在はエプソンが製造してるけどね

80 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 19:56:09.34 ID:cLnou+E9
金がほしけりゃすべてを背負って時間から人から金から販路から細かいことまで少数でやりゃいい
でも流石に24万はあんまりだ、ひどい

81 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 20:02:31.07 ID:/Uwwr2cr
海外から知的所有権買うときは普通に金だすのに、
日本人に払うとなると急に強気になって払わないとか言い出すよね


82 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 20:05:35.70 ID:0bGAvOBG
企業としては、
 外国人労働者を使う→外国から横槍が入る
って当然の予測w

83 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 20:10:27.67 ID:fjp9y56V
>>69
事務職のアイデアは他の国でも保護がないんじゃないの

84 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 20:48:00.74 ID:DKc2MRaQ
テプラは初期の灰色ボディに黄色ボタンのシリーズが秀逸、
ジョグダイヤルがついてて誰でも操作できるようになっていた

85 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 21:58:55.89 ID:kjyk8R9G
会社の金や設備を使って発明したのだし、
給料もらって研究開発して
さらに失敗しても会社がすべて危険負担を負う

発明の対価として3000億円の売り上げに対し、24万円は安すぎると思うが
小売の売上高利益率1%として30億円の利益に5600万円は高い

86 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:17:03.82 ID:72AfzOdM
>>16
> >>6 の考えも年配者に多いね。

どこの調査機関による、
いつ頃のレポートで報告されているものですか?




87 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:17:06.00 ID:4lajzOLR
ブラザーという会社に勤めていてバックボーンがあったから発明できたわけで
売れたら金をよこせというのはおかしな話なんだよ。
売れた時だけ請求するのはビジネスとしておかしいんだよね。
公平にというなら失敗に費やした経費や人件費なんかも開発者は背負ってみろ。

88 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:19:59.75 ID:qUZgPOTd
発明の対価
日本は安すぎ
どんどん訴訟せい

89 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:22:20.48 ID:UE5q0xko
>>87
日本の裁判官は無能の馬鹿文系ばかりだから。
そういう正論が通じないのかもしれん。
技術者にお金たくさんあげれば技術力も上がる!
とでも思ってるんだろうな。

90 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:24:24.22 ID:72AfzOdM
>>31
職務として行った考案は、
その権利を全て雇用主に譲渡しなければいけません。

出願時にはそれに同意し、
サイン、捺印しているはずです。



91 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:27:57.31 ID:Q8aHizaw
せこいよな。 秀吉が直接 信長になにか求めたかよ
実績で社長になればいいだろ

92 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:28:43.68 ID:QIUD50Yw
サラリーマンに夢を

93 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:32:48.97 ID:0x6SKtH1
>>87
訴訟されるのが嫌なら最初から条件として明記すれば良い
それで人材が集まるなら結構だろ

94 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:38:43.17 ID:fjp9y56V
>>90
対価を受ける権利はあるし

95 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:41:55.14 ID:Gw5bPa6X
まぁこの件はさておきプリンタ買うならブラザーだな

96 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:42:39.79 ID:zk7M0pQG
でもまぁ、技術開発したら会社自体で完結せずにいずれは社会全体の財産となる訳だから、国としては特別扱いする
意味はないこともないか。その対価を会社が負担すべきかって話はあるにしても。

>>53
それ割と最近4項ができて、対価についての社内ルールが妥当ならそのルール優先、ってことになったんだよな。

97 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:42:50.71 ID:Q8aHizaw
弟子がギャグ作っても それをつかって受けるのは武なんだよ バカヤロー

98 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:43:54.89 ID:72AfzOdM
>>53
出願時に、全ての権利を雇用主に譲渡する譲渡書に
サイン、捺印しているはずです。

その考案がたまたま後になって莫大な利益をうみだしたからといって
譲渡書にサインしたことをなかったことにするというのは
アンフェア過ぎます。

自分の考案が莫大な利益を生み出し、
発明報償金では割りに合わないものだという
自信があるのなら、最初から譲渡書に
サインをすべきでは無かったのです。

それ以前に、そのような自信があったのなら、
発明報告書を書くべきではなく、
会社を辞めて、自分で会社を興して、
自分のアイデアと実力でビジネスすべきなのではないでしょうか?


99 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:44:59.67 ID:2oTkxgHV
>>44

逆に考えるとその人たち以外の人がその設備と期間で同じような発明できたんだろうか?
研究だけして 発明も発見も出来ず 定年まで。と同じ報酬なのもなぁ

まぁ24万は無いな。強欲経営者ってとこか。

100 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:50:02.05 ID:CMWtP8PQ
失敗のリスク=莫大な借金
という個人発明家はこの件をどう思っているんだろうね。

101 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:50:11.16 ID:72AfzOdM
>>94
出願時に報償金を受け取っているはずです。

自分の発明が莫大な利益を産み出すという確信があり、
報償金では釣り合いがとれないというのならば、
はじめにそう主張して、報償金を受け取らないのが筋です。





102 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:50:46.17 ID:kwxpsr1I
ボーナスはケチんなって話だろ、契約って言っときゃ何でも解決するわけじゃねーぞ

103 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:52:35.25 ID:Q8aHizaw
KARAみたいな社員だな

104 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:53:59.01 ID:cLnou+E9
>>99
雇う人間が優秀で成果も出せる確立が高く、期待できる実績があるとわかってるなら最初からある程度はだせる会社もあるだろ
結果だせないのはどうしてもある、会社が期待する期間もあるだろうし

ただ何度見ても24万はない

105 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 22:57:30.91 ID:Q8aHizaw
およげ!たいやきくんの B面みたいなもんだ 
なぎら健壱を見習え

106 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:04:34.73 ID:72AfzOdM
>>77
功労者はその発明者だけなんですか?

モノを設計し、
モノを大量生産し、
モノを売り込み、
実際に利益を得るまで
全てその人の手柄なのですか?

それを可能とした資本は
その人が出したのですか?

107 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:09:31.11 ID:EPHOBoiz
同じような事例はいくらでもあるが、
裁判を起こさない人もたくさんいる。
発明者というだけで対価を独り占めすることは
恥だと思う人もいるだろう。

少なくとも
和を重んじる日本人がやる事ではない。

108 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:18:36.58 ID:H5eIJcxe
雇われ研究員なのを考慮しても24万で納得する奴はいないだろう。
1000万以上貰ってたら、どうかなとは思うが。

109 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:24:46.12 ID:ClIbycev
一方俺はダイモを選んだ
屋外で使った時のテープの耐久力はケタ違い

110 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:26:56.45 ID:pqgUTpK5
えらく、発明者をたたく書き込みばかりだが
大ヒット商品を開発した社員には厚遇して
わが社のヒーロー、キミがいないとわが社はやっていけない
とかおだてて褒めちぎってれば
こんな敵対的な訴訟はおこさなかったでしょうに

111 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:31:42.05 ID:jKsf76OA
最近はマトモな対価が払われるようになってきたが、
今度は新たな問題が。
利益の何%とかそういう報酬ルールだが、
同じ社内でも、製品開発部門で特許取ってすぐに製品化され
ヒットして1,2年で数百万のお小遣いが貰える人と、
基礎研究部門でその特許がいつ使われるかわからないような
研究開発で特許とっても、製品化に十年に二十年かかったりして。
利益出る頃には特許切れてんじゃん。みたいな。

基礎研究がおざなりになってしまう。

112 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:33:04.18 ID:H5eIJcxe
>>106
売り上げ3000億ですよ。
設計した人、生産した人、営業した人、経営者などは
3000億の内の一部を報酬として受け取っているんだよ。
それらを差し引いた上で100億ぐらいの金が余ってるの。
専売権を獲得した功労者にそのうちの0.1〜1%くらい与えるのが
道理ってものでは?

113 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:33:58.54 ID:zLvqzdMs
発明対価。 この一言に尽きる。

日本は発明者を軽んじる傾向がある。
皆で作り上げたからと言う考えは悪くは無い。
でも、発明者個人をもっと評価しなければいけない。
そういう価値観って必要だと思う。

114 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:36:28.91 ID:cLnou+E9
発明じゃなくてすべての業務に対価やれよwww

115 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:55:20.70 ID:UdbZF4f9
どちらもどちらだが、やっぱ少なすぎじゃないか。
任天堂は、高待遇で答えてるよね。

116 :名刺は切らしておりまして:2011/10/26(水) 23:55:37.20 ID:72AfzOdM
>>112
>差し引く
っていう計算式の妥当性はどこにあるのでしょうか?

多くの人の共同成果なのです。
出願し、公開広報に載せ、審査請求を行い、
登録広報に載るまでに何年と掛かります。
その間、ビジネスを行って利益もあげる必要がありますね?

そののべ人月に占める各人の貢献度、および出資資本比率にもとづいて
比例配分計算で利益を分配するというのなら分からなくもありません。

恐らく、発明者が受け取れるのは、そうした分配利益から
研究開発に要した費用の差分なのではないでしょうか?




117 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:00:24.13 ID:He/9pr/N
こういう発明者が貰わなくて、
ゴーンやストリンガーみたいなのが何億円も貰えるなんて理不尽だよな

118 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:02:42.50 ID:9Q10yAZJ
赤字だしたら自腹だよな 当然

119 :多伊三元衆院議員:2011/10/27(木) 00:05:18.97 ID:A/Sxocta
>>10
販売は、キングジムがやってるから、「営業マンが売りまくって、
広報やマーケティングが上手く販売計画立て」たのは、キングジムの
人たちね。自分の会社で開発・製造して、キングジムに売り込んだやつ
の功労はあると思うがね。

120 :多伊三元衆院議員:2011/10/27(木) 00:05:37.97 ID:ZYidTD0A
>>10
販売は、キングジムがやってるから、「営業マンが売りまくって、
広報やマーケティングが上手く販売計画立て」たのは、キングジムの
人たちね。自分の会社で開発・製造して、キングジムに売り込んだやつ
の功労はあると思うがね。

121 :多伊三元衆院議員:2011/10/27(木) 00:05:53.84 ID:A/Sxocta
>>10
販売は、キングジムがやってるから、「営業マンが売りまくって、
広報やマーケティングが上手く販売計画立て」たのは、キングジムの
人たちね。自分の会社で開発・製造して、キングジムに売り込んだやつ
の功労はあると思うがね。

122 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:07:50.11 ID:vX6ygnBk
>>108
研究職で1千万貰ってる奴は珍しくない
ダイオードの中村さんは45で年収2千万
発明から11年間で他の研究者より総額6千万多く上乗せされてる、これが報奨にあたるんだけどね
中村さんの場合はもし退職しなければ報奨は計1億5千万程貰えた事になる


123 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:10:42.35 ID:0n4k1sPi
企業側もこういう事例があるから先手を打って、
金一封&特許は会社に全権利、みたいな契約予めするけど
そんな状況で特許を会社に進呈するヤツなんて、
居ると思ってんのかねぇ。
自分で自分の首締めてるとしか思えない。

124 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:15:57.41 ID:IDYSHOeD
普段まったく仕事してないならともかく
それなりの実績があってさらに大ヒット発明だったらこれくらいの
成功報酬とうぜんだろ
物が出来ないと何も動けない便乗社員は黙ってろ

125 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:30:49.50 ID:veplAOX0
>>116
>計算式の妥当性はどこにあるのでしょうか?
 純利益率が3%(適当に)と仮定すれば、90億が手元に残る計算になりますね。

>多くの人の共同成果なのです。
 その通りだと思います。

>出願し、公開広報に載せ、審査請求を行い、
>登録広報に載るまでに何年と掛かります。
>その間、ビジネスを行って利益もあげる必要がありますね?
 その通りだと思います。しかし、特許登録されるまで商品化してはいけないという決まりはないですね。
 元のアイデアさえあれば、テプラ程度なら2〜3年で開発できるでしょう。

>そののべ人月に占める各人の貢献度
 発明に直接関与してない人でも貢献度に応じて報酬を払えばいいと思います。
 営業なんかだと成績に応じて報酬が上下したりするのかな?

>出資資本比率にもとづいて
 これは純利益から配当されるのでは?

>恐らく、発明者が受け取れるのは、そうした分配利益から
>研究開発に要した費用の差分なのではないでしょうか?
 研究開発費を差し引いた上での純利益ですよね。
 発明によって得られた利益(純利益)の何%か決めておけばよいと思います。


126 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:35:14.29 ID:gt40VxPc
ずっと社員のままで居たんなら、まだシアワセなほうじゃねの?
ヒット作が出ると、一度解雇して再度雇用契約を結んで功績をリセットしてた時代すらあるし。
怖いのはビジネス特許だがな。

LISP 言語と A.I. の父 John McCarthy 博士死去
ttp://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=741032

AIという概念とその応用でビジネス特許を取りまくってたら、エライ事になってたろう。

127 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:40:15.65 ID:3T/bek5d
古い会社だと研究開発をメセナだと思ってる所も多いからな。
大学との古い付き合いで院生の受け入れ先だったり。
一応人脈にはなるし研究部門を持ってるのは格好も良いし。
財務上研究開発費がソコソコ無いと格好つかないし。
とりあえずお荷物だけど残しておくか。
みたいな感覚。
田中耕一ですら、実はリストラ寸前だったりした。
会社は研究部門がなにを研究しているかもよく知らないし、
それを積極的に商品展開する気も無いし。
そういう会社は結構多い。
八木アンテナの教訓を未だに活かせない日本。

128 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:48:20.36 ID:XfFRjMwx
そんなに都合よく成果を出せる研究者がいたらすごすぎるわw
でも把握もしてないところとか、泣ける(´・ω・`)

129 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 00:56:43.81 ID:z3Nr/a2J
>>20
それでもiPhoneは「テクノロジーを駆使して、今まで無かった製品」を提供してくれた。
本当に恐れ入ったのは韓国製携帯。
技術力では日本勢に全く太刀打ちできなかったので、
機能面に関してはその時点で追いつく努力を完全に放棄して、
高機能はざっくりと切り捨ててしまった。

それまで、冷静に考えればデザイン的に「超ダサイ」と言わざるを得なかった
機能満載の重厚長大型が「カッコイイ」とみなされ、主流になっていた携帯市場に、
敢えてデザイン性と薄さ、質感だけで打って出た。
「秋葉原電気街が似合う携帯」から、
「六本木、赤坂、歌舞伎町、ネオン街が似合う携帯」にシフトしたわけだ。

ところが広告効果もあって、これが消費者の感性にマッチしたんだな。
「機能面では日本企業に完敗していた」にもかかわらずシェアを伸ばしていった。
そして国内メーカーもこの「高機能よりデザイン性」のトレンドを追従せざるを得ない方向になった。

いまや重厚長大型ケータイはガラケー業界からもほぼ駆逐され、
韓国ケータイ追従の薄型モデルばかりになった。
その後、国内メーカーは「薄型化とハイテク機能の両立」を努力で達成しはしたけれど、
技術面すなわちきぎょ「メーカーとしての実力」で完全に劣っていた企業が、
2歩3歩先を行く先行企業を

「技術力以外の、自分の得意な土俵に引きずり下ろした」

という意味で、技術が全てではないことを端的に示す好例だったと思う。

130 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 01:20:21.46 ID:DilnCcA4
>>129
六本木wwx
トンキン勝手にブランド化するなよw

131 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 01:23:48.16 ID:DVT7kPjv
技術の価値を理解しないやつらが経営をやってるからこんなことが起こる

132 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 01:26:22.13 ID:EQkfnvoC
>>129
それぜんぶiPhoneの影響が主因じゃね

133 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 01:37:18.96 ID:NgPs1o83
ポメラの新しいのはもう出ないのか?

134 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 02:04:20.36 ID:Jwi2ybQc
発明っていうのは性質上「ひとりの天才」がいるかいないかで0か1になるもの。
営業だったり事務だったり、はたまた会社だったりってのは1を2にするもの。
どっちが稀有な才能かっていうのは言わなくても分かるだろ。
稀有でない人間は代わりがいるが、稀有な人間には代わりはいない。
報酬を受け取るべきは誰か。これで分かりそうなもんだがな。

ま、ようするに研究開発者ってのは弁護士と一緒なんだよ。給料は手付金。成功報酬は別途。
・・・よく考えたら弁護士の成功報酬って昔に比べたら相当相場は下がってるな。
稀有な職能でも所詮発明と違ってパイを広げるわけじゃないから過当競争なんだろうな。さすがに。

135 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 02:24:30.77 ID:4BhuNKKT
終身雇用前提だからこれが限度だろ
日本の正社員は公務員みたいなもんだ

136 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 04:16:54.96 ID:FIXKcMBt
>>134
稀有な人間なら本来給料という名の手付金要らないはずなんだけどな。
そこで保険かけるからリターンも少なくなるわけで。
結局代わりがいる程度の稀有さ加減ってことじゃないの。



137 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 05:45:45.13 ID:LxkHd+Vn
24万円・・・・・これじゃ裁判で訴えられても仕方がないだろ。
営業だって棚から牡丹餅式に売上が勝手に上がっただけでもそれなりの対価がでるというのに。

こういった人たちに名誉職と破格のボーナスをぽんっ、と出してやっとけば反逆されずに済んだものを。

それにしても、本当に最近の日本の会社って技術者を粗末にしすぎだよな。
3分間スピーチが上手なだけってことで礼儀のなってない馬鹿を出世させたり昇給させたりして
無口に開発に邁進する技術者には労いの一言すらないんだから、かわいそうすぎる。

138 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 06:15:13.02 ID:imCLKPnc
>>8 一人1000万円程度で一攫千金なのw

139 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 06:27:53.33 ID:IkTdYTTE
役員が貰ってる金に比べたら微々たるもんだ

140 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 07:54:13.82 ID:0IArHfqF
会社の金使ってうんぬん言っている奴等がいるけど
事務や営業、起業した以外の役員も会社の金使っているよな?
更に会社への貢献度考えたらこの人達≫他の奴等だよな?

じゃあ起業した経営者以外の役員、事務員、営業員はこの人達以下の年収が当たり前で
それ以上貰うのはおかしくないか?

141 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 08:52:45.32 ID:xDDGnsc4
やっぱり技術者って空気読めないよなwwwwwww


142 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 09:03:32.22 ID:ZcVzOR2A
キングジム テプラ
ブラザー ピータッチ
カシオ ネームランド

一番耐久力があったのはピータッチ

143 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 09:07:17.59 ID:CS4KlX0U
ラミネート技術の特許みたいだけどテプラはコレだけで売れたわけじゃないし、製品開発プロジェクトは二人でやってるわけじゃないくて、何十人のチームでやってるわけだろう。製造や営業の力だってある。
当時は二人とも20代前半の新人ポジだったわけでリーダーから指示されてたまたまラミネート担当だっただけな気がする。
当時は当時の報酬で受け入れててたのに、時代が進んで結果ビジネスが広がったからって金よこせってのも如何なものか。

144 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 18:07:53.43 ID:+1SC+MlQ
TEPRAのデータ記憶に
未だ乾電池が大量必要なのは時代遅れとしか。

145 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 18:49:57.28 ID:79j9yIDr
>>135
それなら社会主義でいいじゃん。
平等に金をばらまいて、働きたい奴だけ働く社会。

146 :名刺は切らしておりまして:2011/10/27(木) 19:27:37.86 ID:rEiGUzDb
>>145
それ社会主義じゃない

147 :名刺は切らしておりまして:2011/10/28(金) 12:53:59.99 ID:mq9RVb2m
>>146
共産主義だっけか?
ドラえもんがいれば働きたい奴だけ働くという完全な共産主義社会を実現できる。

148 :名刺は切らしておりまして:2011/10/28(金) 21:01:46.02 ID:jw2hpKb9
>>147
いないから共産主義は失敗したわけです。

149 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 12:28:06.23 ID:OSkq7+DA
仕事ができないやつほど残業時間が長く、カネを稼げるのが日本。

無能が悪とされない歪な社会。

150 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 12:36:31.78 ID:u2Oe3AcT
テプラはきれいにはがれないから嫌い
本当に屑

151 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 13:14:18.57 ID:JF2IdyYy
>>149
そのためのサービス残業だろが


152 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 13:48:31.21 ID:jN/De72I
揉めるくらいなら儲かったんだし払ってあげればいいのに
ブラザーの印象悪くなったな

153 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 14:35:44.27 ID:6IBYoHDB
批判している人はこういうイメージなのかな

企画:掌サイズのワープロに超小型プリンタを組み合わせてラベルなどを手軽にプリントする機械を作ってはどうですか?
技術:できません、そんなもん無理です
経営:作れ

技術:できました。
企画、経営:えらくしょぼいな・・・営業に頑張ってもらうか・・・

営業:CM、POP、店頭セミナーの努力で順調にマーケットが出来てきました・・
経営:よくやった!
技術:わしの手柄で会社は儲かった。対価をよこせ!


154 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 14:45:38.97 ID:yFPmfQf+
幅3.5mmのあるネームランドのほうが使い勝手が良い。
テプラは最小4mmだし、剥がれやすいわ
剥がすときボロボロになるわでほとんど使わなくなった。



155 :名刺は切らしておりまして:2011/10/29(土) 18:30:47.42 ID:m0FK7MuB
おれは産まれたときからずっとダイモ

156 :名刺は切らしておりまして:2011/10/30(日) 20:35:58.58 ID:MWfKvZYe
テプラって、キングジムだろ。
ブラザー自社では、開発出来なかったんか?

157 :名刺は切らしておりまして:2011/11/03(木) 10:04:05.61 ID:UNylEBCI
>>156
開発と製造はブラザーが全部やってるって。
ブラザーは一時本業が傾いて大変だったので、自分だけで
市場開拓するのではなく生産・OEM供与を頑張る形で復活目指してたから
その関係じゃね?

すでに新生ブラザーとして完全復活してるわけだが、だからといって
取引先の看板商品潰す様な真似は普通しない。大事なお客様でも
あるわけで。

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)