5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【経済政策】揺らぐ国債消化の仕組み 貯蓄率低下で買い支え困難に[10/08/02]

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/08/02(月) 17:20:24 ID:???
ソースは
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100802/mca1008020501002-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100802/mca1008020501002-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100802/mca1008020501002-n3.htm

[1/2]
国の借用証である国債の大半を、銀行などを通じ日本国民の金融資産で買い支えるという
日本独特の国債消化のカラクリが、逆回転を始める恐れが現実味を帯び始めている。
所得に占める預金などの割合を示す家計貯蓄率が、収入の減少などで急減しているためだ。
税収増につながる景気回復には先行き不透明感が漂い、消費税増税論議も後退しつつある。
財政再建シナリオが宙に浮いた状態が長引くと、手遅れになりかねない。

「昨年秋ごろから、ヘッジファンドが日本国債でポジションを取り始めている」。
日銀のある幹部は、市場の動きに警戒感を強めている。一部の投資家が、日本の国債価格暴落
(長期金利は上昇)を見越して「カラ売り」の動きに出始めたというのだ。

しかし、長期金利は1%台で推移しており、今のところ国債価格が暴落する気配はない。
「日本国債のカラ売りを仕掛け損失計上したある投資家は、巨額の財政赤字なのになぜ日本国債は
暴落しないのか首をかしげている」(アナリスト)という。

日本は国と地方自治体で、国内総生産(GDP)の2倍近い借金を抱えている。
先進国最悪の財政状況にある日本が、ギリシャのように他国の支援を仰がずに済んでいるのは、
ギリシャの長期国債の7割強が海外投資家に保有されているのに比べ、日本のそれは4.6%
(2010年3月末)に過ぎないためだ。主要先進国の3〜5割と比較しても極端に少なく、
日本がいかに国内で資金を回しているかがわかる。

国債暴落の強力な防波堤になっているのが、日本の国債の約6割を保有する国内の銀行と
生命保険会社による国債投資の拡大だ。
景気の先行き不安を背景に企業は設備投資を控え資金需要は低迷、一方の銀行は財務体質改善へ
株式などリスク資産の圧縮を進めている。海外への大量資金シフトは経験不足で決断できず、
預金運用の受け皿が国債しかないのが実情だ。長期金利が1%台と利回りの低い国債に
資金シフトが続いているのは「デフレの副産物」(メガバンク幹部)でもある。

-続きます-


2 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/08/02(月) 17:20:30 ID:???
-続きです-
[2/2]
しかし、日本国債のこの「国内消化」の「仕組み」が揺らぎつつある。
頼みの綱である家計貯蓄率は1992年には14.7%だったが、2000年には2けたを割り込み、
09年は2.3%にまで低下。高齢化の進展で10年以内にゼロになると予測する試算もある。
このままでは、国内で国債を買い支えきれなくなり、政府は巨大な借金の利払いもままならず
機能まひに陥りかねない。

政府も「財政再建はどなたが首相になろうが、どの政党が政権を取ろうが、避けては通れない課題だ」
(菅直人首相)と財政再建の重要性を認識している。
当初予算で借金が税収を上回る戦後初の事態となった10年度当初予算の反省から、政府は
11年度予算で、国債費を除く一般歳出や新規国債発行額を前年度並みに抑制する方針を示すなど、
財政悪化に歯止めをかけようと躍起になっている。

だが、毎年1兆円超増加する社会保障費などの財源をどうするかといった具体策は示せておらず、
財政再建への道筋は描けていない。特別会計などの“埋蔵金”の取り崩しにも限界があり、
借金拡大への圧力は高まるばかりだ。

物価が急上昇して紙幣は紙くずとなり、企業倒産が増加して失業者が街にあふれる−。
説得力のある財政再建シナリオを早期に打ち出さなければ、こんな事態も絵空事ではなくなる。

-以上です-
“日米の国債保有状況”というグラフは
http://www.sankeibiz.jp/images/news/100802/mca1008020501002-p1.jpg
関連スレは
【政治/財政】国民新党・亀井氏、首相に『無利子非課税国債』導入を進言--首相「勉強する」 [07/26]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1280070671/l50


3 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:26:49 ID:gzTTHnHf
プライマリーバランス単年トントンという話はどこへ消えたのか?

4 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:26:55 ID:7xQdVKiH
>>1
相変わらず記者はバランスシートに対する理解が足りてないな。

5 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:28:41 ID:6zEjeI4q
日本もデフォルトしちゃいなよ
円安になって輸出がウハウハだぞ

6 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:28:57 ID:KjPzJ9Pc
一律予算10%削減を打ち出したときは、おっやるのかと思ったら
その直後から一律10%削減で浮いたお金をどこに使おうか相談し始める
公務員と国会議員の姿。

ダメだこの寄生虫、本体と共生する気なしだなw
食い殺すまで止まらないぞw

7 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:29:14 ID:ibty33vN
>>1
破綻は2018年と試算は出ているようですがw

http://www.nicovideo.jp/watch/sm11581631

8 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:30:12 ID:+fLmv8bh
×日本が、ギリシャのように他国の支援を仰がずに済んでいるのは、
○日本が、ギリシャのような他国に支援をしていられるのは、

IMF経由で日本が支援しているってことが、何故スコッと抜け落ちるのやら。

9 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:31:47 ID:Ysc153pm
>>4
頭の中お花畑

10 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:31:55 ID:IpcwBXdY
今年のバラマキ予算で望みは完全に断たれた
肝心の公務員給与法は華麗にスルーして
科学予算を仕分けする政府に何が出来る

11 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:31:58 ID:2ZWPzpux
>>4
教えて教えて

12 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:32:49 ID:u9/t6Ag5
>>7
まだ8年もあるのかよ
別に明日でもいいよ

13 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:36:57 ID:/+dHm06U
財政再建は無理不可能

14 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:38:48 ID:ibty33vN
>>13
何度も言う。
最後の1手は、「宗教法人」への課税。

それにより、年間税収は30兆円アップする。以後国債一切発行する必要なし。

15 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:42:09 ID:QxC2OKrb
宗教・パチンコに課税すればいいだろうな。もしそれやるなら自衛隊の出動が必要かもしれないが

16 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:42:35 ID:zzePxXVN
本気で財政再建するなら
公務員の給料だけじゃなくて
社会福祉も医療費もカットしなきゃならんだろ

でもそしたらお前ら格差格差言うんだもん
財政再建なんてもう絶対無理だろ

17 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:43:14 ID:J8yZYsxS
とりあえず無利子相続税非課税国債で
金持ちの相続対策を狙い撃ちすればしばらくは持つだろ

18 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:44:09 ID:rqqUfQCM
お金は消えてなくならないから、家計の貯蓄が減った分、どこかの貯蓄が増えている。

19 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:46:58 ID:DqDQj/Ou
日本国内でないとヤバい

20 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:47:06 ID:UU3bvoIr
銀行と保険会社がすぐ買い取るらしいね
護送船団方式はアメに壊されたと思っていたけど、影でまだ生きてるのかもしれないね
だから財務省が槍玉に上がっているのかもね どっちの味方をするかだな
ヘッジファンドVS財務省・銀行・生保

21 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:47:13 ID:Ysc153pm
>>17
それって将来の税収を先食いしてるだけだろ。
とりあえず、納税者番号だ。公務員は少報酬をもっとあげて少数精鋭にしろ。

22 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:48:34 ID:2ZWPzpux
893から取り立てよう。
非合法の金を回収し税金を取り立てよう。

23 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:50:25 ID:J8yZYsxS
>>21
そうw

でも財政破綻レースの勝利のためには引き延ばしに意味がない訳でもない
ドル、ユーロ、円、その破綻順をひっくり返せれば日本復活もある

24 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:51:27 ID:vl/CsBbb
国債をもってたら女子にモテるんだったっけ?w

25 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:51:54 ID:/vZzdhrf
>>16
「本気で財政再建するなら
公務員の給料だけじゃなくて
社会福祉も医療費もカットしなきゃならんだろ」
確かに、本気で財政再建するなら社会福祉・セーフティーネットの類は、
全て縮小廃止する必要がある。
この間の朝生を見てたら田原総一朗は、
小泉改革はセーフティーネットの用意が間に合わなかった
とか言っていたけど違うだろうと。
どこの世界に、セーフティーネットや社会福祉を拡充する緊縮財政改革があるのかと。
セーフティーネットなんて用意する気はさらさら無かったの間違いだろうと。

26 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:53:07 ID:QHnbMyJm
日銀が国債を全量買い上げればいいじゃん

27 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:53:47 ID:2ZWPzpux
>>25
自民党は、55年体制以降基本的に
隠れ大きな政府主義だと思う。

28 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:54:44 ID:xabBdc8s
老人過半数で選挙やってるから無理
破綻の日まで、老人にお金垂れ流し




29 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:55:01 ID:xDW7+amQ
アインホーンは昔JGBショートで散々踏み上げられたのに、またショートポジション築いてるらしいな
去年の秋口からショートしてるみたいだから、相当含み損抱えてるぞ

30 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:55:05 ID:mFQYs8oY
>社会福祉も医療費もカット

余計な金は誰も使わなくなりそうだな

31 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:55:52 ID:9lF+6qB1
国内消化だからいくらでも発行できるとか言ってた奴w

32 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:57:22 ID:EYNRsrho
破綻厨の産経はあの手この手に必死だな。

33 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:57:44 ID:oeDimnKI
>>25
アメの勝ち組エリート階級は、スラム街の住人に配る食料クーポンは
社会を維持する必要コストと割り切っている。
また、教会と軍と各種奨学金も社会維持する必要コストと割り切っている。
経団連の連中は「奨学金や職業訓練すら削れ」と言っているのだから

34 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 17:59:10 ID:/+dHm06U
社会保障だの何だの政策などすべて切り捨てて公務員は給料貰って
何もせずボーとしてたらいい

35 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:02:48 ID:N1bttsYS
年収200万以下の給与所得者の割合が25%弱
年収300万以下に給与所得者については何と4割に・・・
当然、生命保険や損保に加入できない、あるいは見直しをする世帯が増加している。
生保や損保は機関投資家の顔も持っている。
その期間投資家の業績が振るわなくなるとどうなるか・・・
国債の買い支えが出来なくなる。

36 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:04:08 ID:f3PkbgQr
家計の貯蓄が減るということは消費に回っているか
別部門の貯蓄になっているということ。



37 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:04:40 ID:UtwKUkXs
自動車の売上台数から考えて国民生活水準は昭和40年代レベルまで落ちた


38 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:06:12 ID:mFQYs8oY
米騒動ですか。飢餓が発生する前に打ちこわしが起こるといいね。

39 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:09:07 ID:xDW7+amQ
家計部門の貯蓄率は低下してるけど、非金融法人の手元資金が積みあがって
借金の返済を進めて、その資金で国債を買ってる
大手は返せても、中小は返せないからそのうち頭うちなるけど

40 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:11:51 ID:jWfM+jqY




          国債の空売りを禁止すれば良いだけだ。






41 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:12:17 ID:UtwKUkXs
ロシアですか

42 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:12:54 ID:vnAbX8+e
なのに、みんなの党の渡辺は、郵貯・簡保の資産をアメリカに流そうと画策。

(アメリカの金融機関が郵貯・簡保の株式を20〜33%の間で所得して役員を送り込み、融資先をアメリカへ)

43 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:13:17 ID:X2W/KVG5
>>23
なまじ日本が一番破綻が最後になったりすりゃ、その後は日本が一番悲惨なことになるだろうからな。
そうなった時には今の様な世界秩序なんてとっくに崩壊し、世界のどの国も自分たちだけが生き残ろうと
することに血眼になってるだろうからな。中国なんてそうなった時に日本に対してどうでるか、なんて
ことを考えると想像するだけでもゾッとさせられるな…。

44 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:14:31 ID:vnAbX8+e
>>43
国債発行が円建ての間は、破綻する確率は0%だよ。

45 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:16:50 ID:mFQYs8oY
今のうちから中国に媚びてる民主党が正解ってことだな

46 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:20:25 ID:/9Aa9EeH
はっきり言って一回破綻したほうが良いわ。
そうすれば日本悲観論も一掃できるし。
公務員も整理しまくれるし。

破綻したほうがお得な事ばっか。
そもそも破綻しても国家が消滅するわけではないし。

47 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:26:30 ID:rnQwu3fQ
その方がいいかもな、どうせ破綻してもツケ払うのは日本の金持ちと年寄りだし
他のも投票にも行かないのに文句しか言わないクズばっかりだから、責任がないでは済まされない

48 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:27:04 ID:jWfM+jqY
>>46 
それは良い考えかもね。強引にリセット行わない限りどうしようもない。
余りにも国家に巨大に寄生虫(公務員)が巣食いすぎ。

強制的にIMF主導で立て直すべきだな。

49 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:29:02 ID:xzdYJ39t
国家更生法適用した方がいい
借金は棒引きね

50 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:30:22 ID:mFQYs8oY
ますます民主党が正解だな。

51 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:32:13 ID:X2W/KVG5
>>44
人間のやることに「100%そうなる」「そんな可能性は0%」なんてことは
あり得ないことぐらいどんな馬鹿でも分かる筈なんだがな…。
円建て国債だったら、日銀は別にして市中銀行、生保は政府がどんなに発行しようが
永遠に無限に買い支えられるって思ってんの?

52 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:34:39 ID:/vZzdhrf
>>46
国は無くならないが、国民の生活は今とは比較にならないほど窮乏する。
倒産と失業が凄まじくなるのは避けられない。
「リーマンショック直後はまだ景気は良かったよね」という状況になりかねない。
リーマンショッ後の雇用不安は政府が雇用助成金等の財政支出を増やしたことで、
なんだかんだでショックを和らげることに成功した。
しかし政府財政破綻後には財政支出は大幅にカットされるので、
もはや経済的衝撃を和らげることができる存在は無くなる。


53 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:37:18 ID:YN8ycy0Y
六、国債の将来
(1)国債がこんなに激増して財政が破綻する心配はないか
国債が沢山殖えても全部を国民が消化する限り、すこしも心配はないのです。
国債は国家の借金、つまり国民全体の借金ですが、同時に国民が其の貸手でありますから、
国が利子を支払つてもその金が国の外に出て行く訳でなく国内に広く国民の懐に入っていくのです。
一時「国債が激増すると国が潰れる」といふ風に言はれたこともありましたが、
当時は我国の産業が十分の発達を遂げてゐなかった為、
多額に国債を発行するやうなときは、必ず大量の外国製品の輸入を伴ひ、国際収支の悪化や為替相場、
通貨への悪影響の為我国経済の根底がぐらつく心配があつたのです。
然し現在は全く事情が違ひ、我国の産業が著しく発達して居るばかりでなく、
為替管理や各種の統制を行つて居り又必要なお金も国内で調達することが出来るのでして、
従つて相当多額の国債を発行しても、経済の基礎がゆらぐやうな心配は全然無いのであります。

「隣組読本 戦費と国債」(発行:昭和16年/制作:大政翼賛会)より


54 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:39:54 ID:uli1/EfJ
この財政状況で国債金利1%台だなんて
ただ単に、これを国債バブルという。

バブルはいずれ弾けると言うことは
なんども経験してきたはずだ。

55 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:39:55 ID:hmoTlhwW
国内の金融資産の大半は、あと20年くらいで死に絶える老人が保有してる。
その金融資産は相続されるわけだが、相続財産みたいな泡銭は、家建てたりして、景気よく使っちゃう相続人が多い。
その辺りで、国債の買い手が急減して、立ち行かなくなる。

56 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:40:36 ID:mFQYs8oY
ttp://toto-bunko.iza.ne.jp/blog/entry/876520/

公務員についてはこんなん出たぞ。何か反論よろしく。

57 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:41:32 ID:2ZWPzpux
終戦の時に国債が紙くずになって360倍の円安になって
超インフレになって餓死者が大量に出たときとは
同じ破綻でも状況は違うか。。。

58 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:41:46 ID:b4b4hadC
>>1
日銀に買わせればいいだけ。以上!

59 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:42:01 ID:BH6iXUXE
>>51
日本の特異性は円建て内債でいて円を発行できるという所にある
つまるところやろうとすりゃ無限、そういうシステムなわけ

60 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:43:39 ID:j5+emDTH
>>59
日銀が直接引き受ければ無限というだけ。

61 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:44:20 ID:Nea/uFPv
家系貯蓄は下がっても企業貯蓄は上がってるからトータルではそれほど落ち込んでないんだよね
まあそれでも限界はあるけど
意味不明の日銀ルールなんぞさっさと撤廃してもっと日銀に買わせろや

62 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:45:18 ID:UtwKUkXs
>>58
社会保障や公務員給与に無限にばら撒かれる

63 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:45:19 ID:b4b4hadC

てか、カネなんて所詮紙切れ、端的に言ってカネがなければ刷ればいいだけの話。

現状、日銀の独立性だなんだ言って、通貨発行権の直接の執行権は日銀に委ねられてるわけだが、
そのような法制度作ったのは国なわけで、立法府なわけで、いざとなればそんな制度は改正すればいいわけで、
とどのつまり、究極的に通貨発行権を持っているのは国家自身である以上、
自国通貨建ての債務で財政破綻だなんだ言うのはそもそもナンセンスな議論なんだよ"( ´,_ゝ`)プッ"

64 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:46:42 ID:KaJDArgD
企業貯蓄などというものは存在しません。
営利企業の資産は、株主の個人金融資産としてカウントされてる。


65 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:47:41 ID:j5+emDTH
>>63
まぁハイパーとかは有り得ないけど国際が消化できなくなって大規模に買いきりを始めれば
結構高いインフレになる可能性はあるよ。個人的には別にそれでもいいと思うんだけど。

66 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:48:55 ID:b4b4hadC
>>62
公務員給与うんぬんはともかくとして、社会保障費に使われるなら大いに結構なことだ。
むしろ本来そうあるべきなんだ。

今日本に絶対的に足りてないのは”需要”である以上、
社会保障を通じて、最終需要者たる末端の国民一人ひとりに消費者一人ひとりに直接購買力を与えることこそ、
日本の長引くデフレスパイラルを解消し、内需主導の景気回復に導く最良の方策だ。


67 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:49:17 ID:DZy5g77Y
いや、その国内の引き受けて手が今後居なくなるよねって話だろ・・・

68 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:49:53 ID:7xQdVKiH
>>11
そもそも家計の貯蓄率だけで見て、何の意味があるのかってことだよね。
企業のバランスシート、家計のバランスシート、一般政府のバランスシート、
そして日本と海外のバランスシートを見ないと意味がない。

資金循環 参考図表(2010年第1四半期速報)
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/sj/sjexp.pdf

マネタリーサーベイ(バランスシート)
http://www.boj.or.jp/type/stat/boj_stat/datams/index.htm

財政が持続可能かどうかは、
短・中期的には名目成長率、金利(期待成長率、期待インフレ率)、税収弾性値のバランスや、
政治への信頼度、税制への国民の理解などによって、決まってくるから、話すと長くなるので省略。

69 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:49:58 ID:ajB8Ltys
日銀引き受けなんてほんとにできるのか?

70 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:50:15 ID:G9n5y1a9
>>51
俺も昔は不安だった
国債が札割れしたら日本は終わりだと

まさか日銀が買い取ることができるなんて
思ってもみなかった

71 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:52:37 ID:ucBwz4fj
>>1
こういうのもういいよ 何なの?
適当なウソばっか書いて

72 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:53:32 ID:b4b4hadC
>>65
そんな心配はまず日本の膨大なデフレギャップを解消し、デフレスパイラルから脱却してからしろって話w

それに本来適度なインフレなら大いにけっこうなこと。インフレが高くなれば引き締めればいいだけの話。

またインフレになったとしても(仮にかなり高いインフレになったとしても)、
それが増刷したカネを社会保障政策を通じて、国民一人ひとりに行き渡らせた上でのインフレなら、
所詮それは名目上のものに過ぎず、実質的な負担感はたいしたことない罠。



73 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:53:56 ID:rqqUfQCM
> 国は無くならないが、国民の生活は今とは比較にならないほど窮乏する

別に、焼け野原になるわけでもないのに、なんで?
ロシアみたいにモノ不足で破綻する場合とは違って、日航の倒産みたいなものではないのか。

74 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:54:55 ID:b4b4hadC
>>69
できないと思うの?なんで?
日銀という存在自体、所詮国が作った制度なのに。

75 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:55:30 ID:j5+emDTH
>>72

インフレが加速し過ぎればフィリップス曲線より失業率は上がる。せいぜい20パーまでの
インフレに収めないと今より一時的に事態は悪化するだろう。

76 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:57:05 ID:Nea/uFPv
>>69
できるよというか今も国債引き受けはやってるよ
日銀ルールで上限が決まってるけど

77 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 18:59:33 ID:J8yZYsxS
>>69
中銀が動かない場合は政府紙幣という技もある
アメリカもFRBに業を煮やしたJFKが政府紙幣を発行した
ttp://www.anti-rothschild.net/material/32.html



その後JFKがどうなったかはご存知の通り

78 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:00:05 ID:UtwKUkXs
政治が絡む以上、特定の集団にばら撒かれるわな

79 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:00:57 ID:M+Vlu7vx
銀行の過剰貯蓄は増え続けているんだが
たしか150兆円超えたとか聞いたぞ
つーか国債買う原資の家計、企業の金融資産と貯蓄率は関係ないじゃん

80 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:01:36 ID:QHnbMyJm
>>75
20%のインフレて。
2%ですらビビッてる連中がそこまでインフレ放置するわけないだろ。

81 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:01:49 ID:dO2a7A48
今の所この話は杞憂だよ
現在長期金利が1%を下回ろうとしているが、何故かと言うと皆が日本国債を買いあさっているから

誰か買うのを止めろといいたくなるぐらいの状況だ

82 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:03:45 ID:P+qh+TCt
短期国債
金利3パーセントになったら
全力で買ってあげるよ!

83 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:05:13 ID:J8yZYsxS
>>76
もともとは日銀保有の国債が償還されちゃうと円が日銀に吸収されちゃうから
それを相殺するためのオペだったんだけどね

いま月間1兆8000億円だっけ、買い切りの枠って?
総額年間22兆弱って上記の目的としてどうなのかね
発行済み日銀券=日銀券ルールの上限っていま80兆くらいかな?

84 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:05:17 ID:Nea/uFPv
そもそもデフレギャップが30兆あるんだから35兆くらい刷ってばらまいてもどうってこたないだろ
国民全員に30万ずつパーっとばらまけや

85 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:05:52 ID:taVEwM0/
>81
お前は本当にバカだなあ

相場ってのは突然
本当にある日突然豹変するんだよ
みんなが安心しきってるときにな

86 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:06:02 ID:/vZzdhrf
>>69
中央銀行による国債引き受けは米国もイギリスもやっている。
もっと言えばジンバブエも政府債務が自国通貨建てで、
中央銀行による国債引き受けで自転車操業状態ながらも資金繰りがショートしていない。
前者2カ国は中央銀行による国債引き受けを通してベースマネーを増やしまくっているのに、
思うように資金需要が広がらずデフレ圧力に苦しんでいる。
ジンバブエはごらんの通り、中央銀行による国債引き受けをやり過ぎて
ハイパーインフレを起こして経済が大混乱している。


>>72
「インフレが高くなれば引き締めればいいだけの話」
これが簡単ではなかったから今でも日本経済は
バブルの後遺症に苦しんでいるとか言われるのに。
資産インフレ退治のため引き締めた結果、日本でも米国でも
その他の国でもバブルがはじけて深刻なデフレ圧力に苦しむ不況が来ている。

87 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:07:01 ID:/KgnJmDX
つーか日本国債がさらに長期金利が下がっている現実を無視して、こういうキチガイ記事を書く産経は
天然のバカなんだろうか

88 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:08:45 ID:g+dJBX+U
CFDで、全力売りだ

89 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:08:45 ID:/EnGl5N/
>>55
景気よく使った金は回りまわって結局銀行に帰ってくる。
金の持ち主が変わっても無くなる訳ではないからな。

90 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:09:00 ID:taVEwM0/
相場の世界で
「昨日まではこうだった」ということは
「明日からもそうだろう」ということの何の根拠にもならない

91 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:10:15 ID:mFQYs8oY
底でショートするタイプですね。

92 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:10:25 ID:PXeijP4X
>「日本国債のカラ売りを仕掛け損失計上したある投資家は、巨額の財政赤字なのになぜ日本国債は
暴落しないのか首をかしげている」(アナリスト)という。

さまあw

93 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:11:53 ID:hOarK+1M
「各家庭の預貯金の合計額が国債消費に充てられている!」
       ↓
「したがって、各家庭の預貯金の合計額以内でしか国債は消費できない!」
というロジックか…。


バカジャネーノ?


94 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:12:19 ID:taVEwM0/
>92
相場は方向だけではなく
タイミングを当てないと勝てない
そいつは焦りすぎ

95 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:12:54 ID:ChAGMFn6
あと十年の辛抱だな

96 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:13:12 ID:j5+emDTH
>>80
国内での国債消化が不可能になっての買い切り移行だと制御できなくなる可能性はある。

97 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:13:34 ID:+fLmv8bh
>>76
多少違いはあるよ〜。
日銀引受とは、新発国債を日銀が直接引き受けること。
現状の日銀がやってるのは、既発国債の買い付け。
前者は財政ファイナンスであり、後者は通常の債権売買。

んで、日銀引受といえば、世界恐慌時、最速で不況から脱した
高橋是清が用いた手段。こういうときの常套手段である。

98 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:16:06 ID:b4b4hadC
>>75
今の日本でなにをどうしたら20%以上のインフレになるんだ?

99 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:16:59 ID:/vZzdhrf
>>73
中央銀行による国債引き受けで無理矢理資金繰りを維持するとかじゃない限り、
国債のデフォルト=政府財政破綻を引き起こすと
国債を保有する銀行等金融機関が損失を被ったり潰れたりする。
当然銀行等金融機関の経営状況が悪くなったり潰れたりすれば、
企業への新規融資も無くなったり少なくなったりし貸し剥がしが起き、
資金繰りが行き詰まる企業が出てくる。
企業の資金繰りが行き詰まれば、倒産が増え失業の増加に直結すると言う話。
そして、政府財政破綻を起こしたときリーマンショックの時にやったような
経済対策は不可能(新規の借金ができないなら財源を賄えない)となるので、
企業も個人も完全自己責任で何とか上手いことやってくれよという状況になる。

100 :名刺は切らしておりまして:2010/08/02(月) 19:17:15 ID:P+qh+TCt
個人で
日本国債レバレッジ買いする
方法ってないの?


324 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)