5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】127次資料

1 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 12:57:58 ID:ZGAz1APV
南京戦はありました。しかし南京大虐殺は誇大に歪曲されたプロパガンダであり、事実とは全く相容れません。
このスレの最終目標は犠牲者数を算定する事です。これは中共のプロパガンダに
対抗する最も有効な手段です。ただ無かったと声を大にしても説得力がありません。

●議論のルール
1.反論を大量スルーしておきながら質問を発してはいけません。
2.矛盾を指摘されたままの資料を再び根拠として使用してはいけません。
3.スレを読まずに論を主張してはいけません。
4.30万人か虚構かという二元論的議論をしてはいけません。
5.初歩的な事項に関するソースの提示を求めてはいけません。自分で調べましょう。

●基本リンク
南京大虐殺は嘘だ
http://www.history.gr.jp/~nanking/
南京大虐殺の虚構
http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/index.html
南京大虐殺関係資料
http://nankinrein.hp.infoseek.co.jp/index.html
本宮ひろ志『国が燃える』捏造問題、山本弘「と学会」をウォッチングするHP
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/
南京事件 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
【共同編集】 南京ペディア - 南京の真実まとめWiki
http://jpn.nanjingpedia.com/wiki/
前スレッド
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】126次資料
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/l50
●過去ログ&テンプレート置き場
http://jpn.nanjingpedia.com/wiki/?2ch/asia/NanjingLie



2 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 12:58:44 ID:ZGAz1APV
●以下の証言者・記者・作家の発言及び記述は例外なくすべて嘘であったことが確認されています。

・ 東史郎…一番有名な捏造者。原本が存在しない創作をバラまいた。中国じゃ未だに真実扱い
・ 中山重夫…段列兵の立場で虐殺目撃談を語ったがそもそも現場に居合わせるのは不可能だったことが判明
・ 富永博道…当時は学生だったのに自分は南京戦に参加し虐殺したと証言。経歴照会であっさり嘘判明
・ 舟橋照吉…東の懺悔屋成功に載せられて日記捏造。輜重兵の自分が1人で敵陣突撃し勇戦するという
 カッコつけかました仮想戦記な内容であっさり×
・ 曾根一夫…野砲連隊の二等兵だったのに、歩兵で下士官だと経歴と日記を捏造。やっぱり経歴を
 調べられて嘘と判明。懺悔屋の代表格で、あの秦教授も騙された
・ 田所耕三…強姦と虐殺を証言していたが、所属部隊が当該日時南京を離れていた事が判明。
 後に「普通の話だと記者が興味を示さないから…」と捏造を白状
・ 太田壽男…死体大量埋葬を供述書に書く。が、梶谷日記(捏造物の数々と違って原本確認できる)
 により当時証言場所にいなかった事がバレる。撫順収容所での洗脳後に書いた捏造だった
・ 富沢孝夫…海軍の暗号兵で、「南京発の松井軍司令官の虐殺を戒(いまし)める暗号を傍受・解読した」
 と証言(だから逆説的に虐殺があったという主張)。だが陸軍の暗号を海軍の知識しかない彼が解読
 するのは不可能で、おまけに証言日時には松井司令官は蘇州で入院していた
・ 上羽武一郎…「上官の命令で強姦虐殺放火をした」と証言。しかし彼は「(後方で担架運びの)衛生兵」で
 しかもそんな命令が出たという史料は一切無し

その他
秦賢助(従軍作家)、今井正剛(朝日新聞記者)、本多勝一(朝日新聞記者) 、
鈴木二郎(東京日々新聞記者) 、石川達三(作家) 、アイリス・チャン(作家・政治活動家)
ティンパーリ(マンチェスター・ガーディアン中国特派員:国民党中央宣伝部顧問)、中帰連

●捏造が確認されている史料・報道
紅卍字会埋葬記録(人数水増し)、崇善堂埋葬記録(全くの捏造)、朝日新聞「宇和田日記」報道



3 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 12:59:03 ID:ZGAz1APV
以下の事件はいずれも大虐殺と呼ばれていません

ソ連秘密警察によるカティンの森事件:ポーランド人2万5千人を裁判無しに銃殺(文民含む)
韓国軍によるベトナム戦争時の悪行:ブガツ省で3万5千人を拷問の上に皆殺し(殆ど文民)
ソ連によるシベリア抑留中に死亡した日本人:軍民合わせて25万4千人、行方不明・推定死亡者9万3千人
ドイツの捕虜収容所で死亡したソ連兵320万人
米軍による東京大空襲の死者10万人(1945年3月10日だけの死者数)
米軍による広島原爆投下による死者23万7062人(2004年8月6日時点)
米軍による長崎原爆投下による死者13万4592人(2004年8月9日時点)

カティンの森事件以下の犠牲者数を、ことさら大虐殺と強調する事は歴史的に見ても
バランス感覚に欠けた主張と言えます。ましてや文民殺害を目的としていない、若しくは
文民の犠牲者が僅かな事件に関して、大虐殺と名前が付く事は非常に例外的なのです。

4 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 12:59:26 ID:ZGAz1APV
●当時、南京での日本軍の殺戮行為は第一報こそ新聞等で報道されましたが、その後は
全く記述がありません。むしろ殺戮の記述は訂正されているのです。

『チャイナ・イヤーブック』(英字年鑑)1939年度版…過去の主な出来事の南京の項目で
出てくるのは昭和2年の南京暴行事件(第一次南京事件)である。南京大虐殺の記述は無し。

『チャイナ・ジャーナル』支那事変1周年特集号(英文月刊誌)1938/2月発行…日本軍による
掠奪・強姦・破壊の記述あり。殺戮の記述は無し。

『チャイナ・クォータリ』支那事変1周年特集号(英文季刊誌)1938/夏季号…日本軍による
恐怖の支配の記述あり。殺戮の記述は無し。

『チャイナ・アット・ウォー』創刊号(英文雑誌)1938/4月発行…金と掠奪品と女を求めて隈なく町を歩き
回る日本兵の記述あり。殺戮の記述は無し。

日本軍の殺戮行為の報が、一時期、新聞・雑誌で書かれていたのは事実です。しかしやがて噂は
収束に向かったのです。

●支那事変1周年の蒋介石の声名 1938/7/7 漢口
《(略)戦場や、日本占領地域では、資源財産の計り知れない損失に加えて、経験豊かな
数限りない青壮年、婦女子、年老いた人々が、大量殺戮、強姦、その他の無慈悲な蛮行を
免れることができなかった。(略)
広東を例にとろう。この町は過去2週間にわたって昼も夜も空襲を受け、数千の市民が殺された。
機関銃が悪魔のように狂いまくり、家屋が粉々になり、市民の血や肉が飛び交った。(略)》

これは「友好国への声名」の中で、「日本人の残虐行為」という章の中の文言です。
後に30万人が虐殺されたと主張する南京を挙げずに、数千人の犠牲者の広東を例に挙げてます。
つまり南京大虐殺とは作られた事件なのです。1938/7月にティンパーリの、『WHAT WAR MEANS
The Japanese Terror in China』が英国で出版され。1938年末にその漢訳版『外人目撃中の日軍暴行』
が支那で出版されました。ここからプロパガンダが始まったと言っても過言ではありません。

5 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:00:00 ID:ZGAz1APV
【名言】5次資料693氏抜粋

>先史研究では資料の要素が少ないがゆえの苦労がありますが、
>ここで話題の南京は70年程前のことですよ。
>文字資料の残存は豊富で、証拠と成り得るモノが消滅した割合も少ないでしょう。
>「証拠を示せ」と言われ、その証拠に疑問が提示されれば、堂々と反論なさればよい。
>根拠のない推論ではなく、他の資料との組み合わせで。
>できないならば、通常、自論に疑問が生じるはずです。
>
>自論の証明とは客観性を獲得することです。
>資料の解釈を1つの方向に揃えてしまえばいいわけではありません。
>読み取れる事実1つ1つの組み合わせから構成されるものが論ですから、
>論者のみに自明の論では、無意味というよりもはや滑稽、
>客観性を獲得する為には守らなければならない姿勢があるのです。


【名言】4次資料947氏

>疑問を取り除いたとは、自論に資料の解釈を近づけることですか?
>論は、資料の解釈から形成されるものです。逆なのです。
>根拠とする資料を提示しない姿勢を度々非難されています。
>また、提示した資料について矛盾などを指摘され、
>その矛盾点を解消しないままに再び根拠として提示するなど、

ついでに
★716 名前:K−K@南京事件資料集[KKnankin@netscape.net]
 根拠無く、専門家の見解を否定するのであれば、それはトンデモ論と言わざるを得ないでしょう。
 あなたが何か主張したいのであれば、それなりの根拠を提示しなければ説得力はありません。
 それが出来ない以上、議論に決着がついたと考えるべきかと思います。

6 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:00:28 ID:ZGAz1APV
652 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/01/09(水) 15:44 ID:v6msr+Jx0
あけましておめでとうございます。

南京の戦時国際法解釈については
ここがおおむね私の見解と同様なので参考にしてください。
http://page.freett.com/souther/

肯定論者によれば、南京に限らず、軍服を脱いで、兵士かどうかわからないように撤退する敵軍に対しては、それを掃討する自軍は、その一人一人に軍事裁判をかけなければ攻撃を加えられないという結論になります。

これが妥当かどうかは、これを読んでいる第三者にゆだねるとしましょう。

7 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:00:47 ID:ZGAz1APV
南京関連ブログ集

中南海ノ黄昏 「30万」は捏造のシンボル@南京(上)
http://ihasa.seesaa.net/article/73976544.html
中南海ノ黄昏 「30万」は捏造のシンボル@南京(下)
http://ihasa.seesaa.net/article/74050971.html
ぼやきくっくり GO!GO!松原仁−1(2006/3/10衆議院外務委員会)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1.html
ぼやきくっくり GO!GO!松原仁−2(2006/3/15衆議院外務委員会)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2.html
enjoy korea 意外と知らない【南京事件】3
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&nid=493709
WGIPに対抗する為の資料収集を目的とするサイト
http://1st.geocities.jp/nmwgip/index.html
証言による南京戦史
http://www.history.gr.jp/~nanking/books_shougen_kaikosha.html
南京虐殺はでっち上げと確信している
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835559&tid=fn5fe5tbba6a4oa4ga4ca4abeea42a4h3nbfaea47a4fa4a4a4k&sid=1835559&mid=1&type=date&first=1
南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行の嘘
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=NW&action=m&board=1143582&tid=fn5febg5tbba6a1a6bdbe730v0bix6afc0a9oa29ta4n13&sid=1143582&mid=1&type=date&first=1
日中戦争は侵略なのか?
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=1835559&tid=ffccfc0oaha4obfafnaca4ja4na4aba1a9&sid=1835559&mid=1&type=date&first=1
南京陥落と国際法 - 北の狼ファンクラブ
http://www.kjdlfkajdlgd.sa-kon.net/jusinbello/

8 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:01:06 ID:ZGAz1APV
■ ■ ■ 注意事項 ■ ■ ■

【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】という文字列を見つけた場合、それに対してはレスを返さないで下さい。
通称koueiという人物、若しくはkoueiを模倣した荒らしです。議論は不可能かつ削除依頼の邪魔になります。

この【言論チンピラ妄言解毒対策レス#**】の#**は定型文の番号になっています。
例えば#45は「都合の悪い質問はスルーですか? 繰り返し質問します。(以下略)」です。
今のところ#211まで確認できているので、211種類の定型文があるようです。

つまり永遠に答えは返ってきません。その時々で最も適した定型文を
コピペしているだけなのです。しかも延々と繰り返します。

このkoueiなる人物は、このスレだけでなく他スレ・他の掲示板・国会議員のHPにも出没しています。
既に誰もレスを返さず放置を徹底しているスレもあり、その後現われなくなる等、対策が功を奏しています。
荒らしに付き合うのも荒らしと同じ行為と考えて下さい。

可能ならば、『妄言解毒対策』などをNGワードにすることをお勧めします。

9 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:01:33 ID:ZGAz1APV
以後、個人的おまけw

ストローマン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3
ストローマン (straw-man)とは、議論において対抗する者の意見を正しく引用せず、あるいは歪められた内容に基づいて反論するという誤った論法、あるいはその歪められた架空の意見そのものを指す。

語源は仕立て上げられた架空の存在を藁人形に見立てたことから。そのまま直訳して「わら人形」「わら人形論法」とも言う。

概要
相手の意見を誤解していたり、正しく引用することなく歪めたり、誇大に解釈すれば、その意見に反論することは容易になる。
このばあい第三者から見て一見すると反論が妥当であるように思われるため、人々を説得する際に有効なテクニックとして用いられることがある。
これは論法として誤謬(論点のすり替え)であり、無意識でおこなっていれば論証上の誤り(非形式的誤謬)であり、意図的におこなっていればその実態は詭弁である。
しばしば感情に訴える論法と共に用いられる。また相手の発言のうち、反論するのに都合の良い部分だけをとりだして反論することをクオート・マイニングとも呼ぶが、クオート・マイニングはストローマンの一種である。

マスメディアにおいて対抗意見を充分に取材せず、独自に解釈した反論を両論併記などの形で用いることは、故意でないにしろストローマンに繋がるものである。
しかし実際にはこうした手法はしばしば報道に取り入れられている。

ストローマンの手順
相手の意見を歪めた説明を相手が提示したものとして引用する。
これに対する自らの反論を示し、論破されたものと扱う。
相手の意見に同調する不完全な擁護意見を持ち出し、充分な主張・再反論がされたように見せかける。
批判されて当然である(本来無関係でも一見関係のありそうな)問題や考え方を創造し、さも相手側の意見はこれを象徴するものとして強く非難する。
簡単な例:

A氏「私は子どもが道路で遊ぶのは危険だと思う。」
B氏「そうは思わない、子どもが外で遊ぶのは良いことだ。A氏は子どもを一日中家に閉じ込めておけというが、果たしてそれは正しい子育てなのだろうか。

10 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:02:00 ID:ZGAz1APV
■ 詭弁のガイドライン十五条+5

事実に対して仮定を持ち出す
ごくまれな反例をとりあげる
自分に有利な将来像を予想する
主観で決め付ける
資料を示さず自論が支持されていると思わせる
一見関係ありそうで関係ない話を始める
陰謀であると力説する
知能障害を起こす
ありえない解決策を図る
レッテル貼りをする
決着した話を経緯を無視して蒸し返す
勝利宣言をする
細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
新しい概念が全て正しいのだとミスリードする
全てか無かで途中を認めないか、あえて無視する。
勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する。
自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する。
より重要な課題を急に持ち出し、今までの議論をなかったことにする。
電波を発する。

【悪魔の詭弁術】

みんなやってるよ── バンドワゴン・アピール
ご存知のとおり、この問題のそもそもの原因は… ── 決め付け
逆に教えてくださいよ、ぜひ── 質問に質問を返す(カウンタークエスチョン)
主張を証明できないなら、その主張は嘘だ
ぜったいまちがいないよ── 憶測にすぎない話を、事実であるかのように話す
言っていないことを言ったことにする、そしてそれを攻撃する── わら人形テク
「すべて」と「一部」を混同し、一部でもってすべてとするテク(○○人はみんな△△だ!)
質問のすりかえ、そしてすりかえた質問に答えるテクニック

11 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:02:23 ID:ZGAz1APV
【便衣兵がゲリラであることについての拙稿】
 ネット上ではよく、摘出された便衣兵(便衣化した正規兵)は、【戦闘】状態ではなかったから捕虜の資格を保持しているという主張が見受けられます。この点について拙稿ですが、反論と整理をしていきたいと思います。

 まず、前提として、便衣の状態で【戦闘】行為を行っていた場合には、交戦資格を得られないことは、両者の間では異論は無いことを確認しておきたいと思います。
 一応理由を簡単に言っておきますと、戦時国際法においては、軍民分離原則を採用しているところ、
正規兵が一般人と見分けのつかない便衣の状態で交戦しますと、相手側の軍隊は、正規兵と一般市民の見分けがつかなくなるため、
一般市民への被害が出てしまうことを防止するために法は便衣戦術を禁止した趣旨であると思います(他には、攻撃目標を明確にすることにより、戦闘の早期終結を図る)。

 問題は、【戦闘】行為とはどういう状態であるか【戦闘】の定義が、両者の間でずれがあり問題になっていると思います。

 便衣兵に捕虜の資格があると主張する説は、便衣の状態で具体的な害敵手段を起こした段階で捕らえた場合にのみ捕虜の資格を得られないと極めて限定的にとらえています。
 これに対して、便衣兵に捕虜の資格はないと考える説は、これより広い概念でとらえ、抽象的に戦闘状態であるときととらえています。
 これはハーグ陸戦協定を根拠とすることができます。
  第五章 休戦
* 第36条:休戦は、交戦当事者間の合意をもって作戦行動を停止するものとする。
       期間の指定なき時は、交戦当事者は、いかなる時点においても再び交戦を開始する事が可能である。
       ただし、休戦条件に順じ、所定の時期にその旨を通告すべきものとする。
* 第37条:休戦は、全般的、もしくは部分的に行うことを可能とする。
       前者は、交戦国の作戦動作を停止し、後者は特定地域において交戦軍のある部分間を停止するものとする。

 休戦(戦闘状態の停止)というのは36条によって両者の合意が必要であると規定しております。
 また、37条に、特定地域において交戦軍は戦闘を停止するということができるとあるので、南京に限定して、休戦ということは可能ということになります。
 南京戦において、両軍が休戦の合意が成立していないということは歴史的事実です。また中国側の南京守備隊が全面降伏(ハーグ35条)した歴史的事実もありません。

12 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:02:51 ID:ZGAz1APV
休戦が成立したとしても期限の定めが無い場合には相手に通告していつでも攻撃再開できますので、そもそも休戦が成立していない場合には、両軍はいついかなるときにでも攻撃することは可能な状態にあるといえます。
 つまり、休戦も降伏もしていない南京の守備隊(兵士)がいる時点において、南京は依然戦闘状態であるといえるのです。

 降伏していない軍服を着ている兵士は、そのまま攻撃を加えることができるのに対し、便衣の人間を一般市民か兵士か吟味してその後に攻撃しなければならないとすれば、
便衣兵戦術は有効な手段となり、一般市民を盾とする便衣兵戦術を防止できず、一般市民を戦闘にまきこむのは明白であります。これは文民保護を定めているハーグ法の趣旨に反することになり妥当でないと考えます。
(そもそも南京は防守地域(ハーグ25条)だったので、軍民無差別攻撃が認められており、日本軍による軍民選別の法的義務は存在しません。降伏勧告を無視し南京を戦場にした中国側の責任は大変重いものと考えます。)

 以上から、降伏も休戦もしていないのに便衣の兵士が保護される法的根拠は皆無であり便衣兵はゲリラであると結論づけられると思います。


小川法務官の日記には、以下のように記されています。
「◎十二月一日
中支那方面軍軍律、中支那方面軍軍罰令及ビ中支那方面軍軍律審判規則発令セラル…
戦闘中ハ反逆者タル帝国臣民以外ノ人民ニ対シ直ニ之ニ適当ノ処分ヲ為スコトヲ得シモ
敵国トノ戦闘休止ノ状態ニ至リタルトキハ戦争中ノ如ク適宜処分スルハ穏カナラザレバ
一種ノ軍政タル本則ニ基キ軍律ニヨリ帝国軍ノ利益ヲ保護セントスル趣旨ニ出タルモノナリ」(p.90) 

ここから、戦闘中においては、軍律裁判は不要。
戦闘休止状態になって初めて軍律裁判が必要であるといえます。

南京攻略戦においては、休戦協定は結ばれていませんので、軍律裁判は不要であったと結論付けられます。
ただ、入場式以後*は掃討作戦は一段落しており、休戦状態と同様の状態とみなし、軍律裁判は必要と考えます。
(*修正:戦闘詳報には24日まで掃討作戦は続いていた模様よってそれ以降)
日本軍もおおよそそのような処置がなされたのではないかと考えます。


この点についても、日本軍は適法に行動していたのだとおもいます。

13 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:03:26 ID:ZGAz1APV
以上テンプレ+αでした

この後は持論も議論も論拠もない大虐殺被肯定(?)派の担当者の方が

「真 相 は 捕 縛 し た 不 正 規 敗 残 兵 3 万 以 下 を 処 断 す る 際 の 手 続 き 上 の 不 備 に 過 ぎ な い 」

と文字通りに『 南 京 大 虐 殺 は 嘘 』であり

しかも
『 3 万 人 を 越 え る 説 を 唱 え る 者 は 肯 定 派 で す ら な い 』となり、
肯定派の某氏の言葉を勝手に拝借するなら『 本 ス レ に 於 い て は ト ン デ モ 論 支 持 者 』としか言いようがない

と書き逃げコピペで親切丁寧に説明してくれます

それでは大虐殺被肯定(?)派の担当者の方、業務規定の通りに毎度お馴染みの論破済みコピペをどうぞ。
こんな感じ(↓)でw
-------------引用開始------------------------------------------------------------------------
否定派によると「学説の裏付けのない主張はトンデモ論に過ぎない」そうです。←ここ大事。 ←>>5のK−K@南京事件資料集[KKnankin@netscape.net] 氏は否定派だそうですw

さて、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようとしても、軍事的必要性の在った場合と、4条件違反者が
敵対行為の現行犯だった場合以外での無裁判処刑は違法です。
------------中略-----------------------------------------------------------------------------
まとめ
 南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑です。敵拘束兵の処刑記録は探せばいくらでも出てきます。それでも
犠牲者が3万人を越える事はないでしょう。
-------------以下は感想文なので略-------------------------------------------------------------

追記、肯定派テンプレの筈なのに肯定派スレッドでは全否定されている模様です(苦笑
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1230937596/722-726
追記2、そして秦氏の説を素人が勝手に改ざんした「学説の裏付けのない主張」との指摘に何の反論も無いようですけど……?(苦笑2)
追記3、ところで、これって本当に「肯定派(=大虐殺派)のテンプレ」なんですか? 他の肯定派諸氏が誰も「まとめ」に同意していない様ですが?( 苦笑3)

14 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:21:02 ID:ZGAz1APV
最後に……

>日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
>日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
>自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
>その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

論拠として前スレで
http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8947/textbook2.htm
を提示して頂きました。

これは私個人の感想ですが、上記の記載を拝見した限りでは

実際の「曖昧」かつ「実に漠然とした」記述から見て、日本の教科書を作成している各社は
「南京大虐殺」に関して重大な疑問を持ち、独自解釈による玉虫色(どうにでも解釈できる曖昧な現などのたとえ)の内容しか打ち出せなくなってきており、
「日本の教科書は『南京大虐殺』が事実と記載できなくなってきている」と考えております。

ちなみに、氏からは「南京大虐殺の定義は記念館説である」との合意は頂きました。
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/225

ですが、私と氏の主張のどちらに理があるかは、ご覧になっている皆さんにお任せしたいと存じます。

15 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/01/30(日) 13:29:21 ID:ZGAz1APV
そして、氏のお手間を省くためにも氏の最後の主張を転載させて頂きたいと思います。

===================================引用開始======================================================================
今日はもう一度このスレ主の卑怯極まりない発言で〆ておきますかwww
スレ立てるたびに貼ってやる、この卑怯者がwww

【1の卑怯な論理展開】
相手の持ってくるものを認めない事を盾に、自分は全てのソース提示を拒否する戦術www


 219 名前:1[sage] 投稿日:2011/01/26(水) 01:30:12 ID:l8YkDj4V [7/10]

 納得も何も貴方は「南京大虐殺は事実」という教科書の記述も、裁判の判決も拝見させて下さっていません
 もし先程のHPが証拠だと仰るなら、「南京大虐殺は教科書では定義していない」と仰ってることになってしまいますが?
 定義していない事件の真偽は確定されませんよね?


あんたがあの教科書記述を読んで、「南京大虐殺は事実として書いて無い」と言い張るのは勝手だけどさwww
だからって、あんたが言い出した「城内で30万」の話を放置する言い訳にはならんぞw
俺が安全区に便衣兵とかいうのを放置したのは、俺が一言も言ってないのにいきなり横からイチャモンつけてきたから放置したわけで
お前は自身の言葉として「城内で30万」という話を持ち出している

あんたのやり方でソースの提示を拒むことが可能なのであれば
今後議論で「お前が俺様の納得するソースを提示するまで、俺は無茶苦茶な話を言いまくっても反論に答えてやる必要はない!」
という論法が成り立つwww

いや、正直、君ほっといても大丈夫そうだわwww
だって明らかに卑怯者の烙印を押されるだけだものwww
====================================ここまで========================================================================

これも私見というか余談ですが、スレ立てのみで殆ど議論に参加しない姿勢を顧みれば氏の「卑怯者」という指摘も完全な的外れではないのかも知れませんね(苦笑)


16 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 13:34:15 ID:E5rwyUmm
日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www

哀れなり否定派wwww

「変なリンク」「論破してやったHP」などなど
否定派は必死で印象操作をはかろうとするが
実際に読んでみるとアラ不思議w
誰も否定派の言う事を信じなくなるURLw

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/
南京事件−日中戦争 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
南京事件資料集
http://kknanking.web.infoseek.co.jp/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


17 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 13:39:07 ID:E5rwyUmm
>>14
あのな、お前の日本語読解力の無さを理解せずに
「お任せしたいと思います」なんて〆ても、全然恰好がついてないんだよ

> ちなみに、氏からは「南京大虐殺の定義は記念館説である」との合意は頂きました。
> http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/225

これについては、お前が引かないから、「その定義でとりあえず進めますか」としたんだよ
話すすまねえから
合意じゃねえよアホwww

一つの問題点で一致せず、全く議論が進まなくなることを回避するために、とりあえず同一定義を仮置きして進めるのは
よくある議論の手法だろ・・・そんなもんを挙げて、言質とった気になってんなよwww
だからお前は卑怯者なんだよwwwwwwww

18 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 13:47:56 ID:/+UDt6wr
>>16
裁判所は歴史事実を判断する能力も権限もないことを知らぬ大バカめ(笑)。
わが国に教科書問題が存在することを知らぬ大バカめ(笑)。
政治発言などなんら歴史事実を担保するものでないことを知らぬ大バカめ(笑)。

おまえは反日至上主義者のくせして日本の国家権威を利用する痴れ者だわな(呆)。
ま、街宣チョーセンウヨクだからしゃーないわな。

19 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 13:49:55 ID:E5rwyUmm
誰からも認められない否定派が、泣き言をほざいておるぞwwww

20 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 13:51:53 ID:/+UDt6wr
コピペ厨のチョーセンウヨクが
誰かに認められたことってあったっけ?www


21 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:33:16 ID:2dDGs7bj
前スレ
>>715
どこまでを南京大虐殺に含めるかで数が変わるんだよね
「南京戦史」では城内と江寧県とする解釈を採用してるが
それも一つの解釈に過ぎない

22 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:34:06 ID:/+UDt6wr
チョーセンウヨクがバカコピペ繰り返すから
もう容量オーバーかよ

前スレ>>708
33連隊事件?投降兵を殺害しただけの戦闘行為だが
それがどうかしたのか?w

23 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:34:44 ID:E5rwyUmm
【スマイス報告農業調査について】
日本軍の展開していない場所にも被害が出ているから、中国兵の仕業か?

【結論】
暴行死のほとんどは日本兵による被害であり
農業被害については中国兵・中国市民・日本兵、そして気候などの複合要因による被害であると
スマイス報告から結論づけられている

【理由】
暴行死については、県単位でしか死者数を示していない。
その為「展開していない場所にも」などという根拠自体判断材料がなく無意味である。

また、以下地図にあるとおり、農業調査については細かい場所の被害が示されている。
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/hikaku_map.html

ここでは確かに日本軍の展開していない場所でも被害があるが、
これは純粋に農業の被害調査であり、報告書内でも様々な要因が語られている為、
日本軍の通過していない場所でも被害があるのは当たり前である。

また、江浦県の被害が大きい地域は、次の戦場への進路にあたり、ここをほぼ全軍が通る以外のルートは不自然な遠回りでもしない限りありえない。
「江浦県内陸部は日本軍が展開していないのに何でこんなに被害があるのだ」という
当初の否定派主張は、上記URLの矢印だけしか見ていない浅はかな考察であると言える。
そして、スマイス報告内で様々な要因を挙げている農業被害一つ一つを挙げていく度に、
最後に言った以外の要因を「では撤回するのですね」などとレスを返す否定派は、
確信的に「否定したいが為にとにかく無茶苦茶なイチャモンで相手を呆れされる」戦術を取っていると断言できる。

尚、スマイス報告には両国によるプロパガンダ合戦に悪用されない為、調査内容の暴行や被害要因について、冒頭で簡潔に理由を明示している。

「調査期間中の全域にわたっておこなわれた略奪の大半と、 一般市民にたいする暴行は、
実際のところすべて日本軍の手によっておこなわれた。」と暴行についてはほぼ全てを日本兵によるものとし、
暴行以外の焼き払いや略奪については、中国兵や中国市民によるものがあった事を(それでも日本兵が大半としているものの)
スマイス報告では結論付けているのである。

24 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:43:05 ID:E5rwyUmm
【命題】
紅卍字会埋葬記録だけで女子供の数は全てか?
【結論】
各種史料とつき合わせても、紅卍字会の埋葬記録にある女子供の数では明らかに足りない
これは紅卍字会の記録以外の埋葬があった事は確実である事を示唆する
それ以外の可能性としては、紅卍字会がきちんと女子供の数をカウントしていなかった、くらいである

■女子供の死者数が異常に少ない資料
紅卍会の埋葬記録・・・41,278人中95人(0.23%)

■女子供の死者数がそこそこある資料
崇善堂の埋葬記録・・・112,267人中2904人(2.59%)
※男女共に重複があるとしても、それなりに女子供の死者があった参考にはなります

南京市衛生局埋葬隊・・・9118人中323人(3.54%) ※男・女・子供の項で計算
http://kknanking.web.infoseek.co.jp/mondai/maisou/suzendou.html
(注記)27年5月以降の女子供の死者数が28年より遥かに少ないにもかかわらず、
27年を通して28年より2倍死んでいるものとして否定派が計算し、数字を捏造する反論レスがありますが笑ってあげましょう

南京大虐殺記念館にある万人杭の一つ・・・約2800人中児童16人
(注記)記念館のある上新河地区で紅卍会の埋葬全部足しても子供は16人にならない
否定派にできる反論はとにかく捏造だと強弁するくらいなので、生暖かくスルーしましょう

■女子供の数が多い資料
スマイス調査(市部)・・・3400人中1000人(29.41%) ※女のみ、行方不明(大半は男)4200人除く
スマイス調査(農村部)・・・26870人中4380人(16.30%) ※女のみ
(注記)スマイス調査は市民限定調査で、それとは別に大量の軍人捕虜など含む埋葬は、当たり前ですがかなり男性比率が高くなります
 ここでは、比較ではなく、単に調査報告の内容からも、紅卍字会の女子供数が明らかに足りない事を理解できればよい

■女子供の死者数が不明な資料 紅十字会の埋葬記録・・・22683人 同善堂・・・7000人

☆他に、紅卍会の記録では、戦場となっていた場所での埋葬記録が全てカバーできていない

25 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:43:59 ID:2dDGs7bj
>>718
だから目撃されてるんだってば
ガソリンかけたってのは勘違いだった
栗原証言見直したら当時は石油を掛けてたとあった
失礼致しました

26 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:46:50 ID:vN7PGL0K
>>21
解釈も何も、南京の途上で暴れまくっていたのは殆ど国民党だろ
放火や略奪は国民党だが虐殺したのは日本軍?放火されて家屋が無くなった住民が
日本軍が虐殺するまで待ち続けたとでも言うつもりなんですかね
どれほど苦しい言い訳か判りそうな物だ

27 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:48:19 ID:2dDGs7bj
紅卍会は戦死者もカウントしてる可能性が高いから
数字の割り出しには信憑性が薄いと思う
それに記録がややいい加減な可能性がある

28 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:50:37 ID:vN7PGL0K
>>25
一晩二晩で1万5千の遺体が処理できるなら、何で日本軍は4万の遺体を処理するのに4ヶ月以上掛かったの?
同じ部隊が河に流したら簡単だったじゃないか
河から遠い部分だけというなら判るが、何故か河の近くの遺体も埋葬しているよね、何故だと思う?

29 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:50:54 ID:/+UDt6wr
>>25
栗原証言を信用するなら、計画的な虐殺という主張はできなくなるんだけど?w

30 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:54:44 ID:2dDGs7bj
>>28
四万の遺体の処理をするのに四ヶ月掛かったって何?

31 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:54:46 ID:vN7PGL0K
>>27
金が掛かっているから過大の可能性はあるが、過小はあり得ないな
大体便衣兵狩りやっている最中に埋葬始めているとかあり得ない話だわ

32 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:55:28 ID:vN7PGL0K
>>30
埋葬記録無かったことにしますか?

33 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 14:57:55 ID:2dDGs7bj
>>29
栗原証言以外に佐々木私隊の陣中日記が発見されてるが
それまで言われてた自衛発砲説をどれも否定してる
まぼろし派、否定派はあくまで自衛発砲説にしがみつくだろうが

34 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:00:34 ID:2dDGs7bj
>>32
?幕府山事件で言えば火葬じゃなくて燃やしただけだが
埋葬記録は土を掛けただけという説もあって
取り扱うには難しいが捕虜虐殺と比較しても意味無い

35 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:02:00 ID:vN7PGL0K
>>33
自衛か処刑かは主観的な要素もあるけど、1万5千とか2万など遺体もないのに主張するのは基地外のやることだ
何の命令もなく幕府山事件の時だけ軍が遺体処理をしたとか、嘘だと簡単に判りそうな物だろ

36 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:05:27 ID:vN7PGL0K
>>34
普通の戦闘の遺体と所謂幕府山事件の遺体に腐り方の違いでも存在するのか?
あの事件だけ日本軍が秘密裏に遺体処理をしたと言う合理的な理由が何も存在しない

つうか遺体処理を隠れてやったという表現など証言にも存在しないな

37 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:19:11 ID:E5rwyUmm
4ヶ月以上かけて処理したのは慈善団体だろ
日本軍が直接手を下して処理したのは、記録上はほぼ12月の一定期間だけ

38 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:22:50 ID:/+UDt6wr
>>33
バカじゃねえのw
佐々木私記のは33連隊のもの
栗原証言は幕府山事件のもので
全く別物だろw

こんな基礎知識もないのかよwww

39 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:26:31 ID:vN7PGL0K
国道をそこらの土建屋が造ったというバカが居るw

40 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:32:02 ID:7ijGCswl
そもそも、なんでこれまで大量に捏造情報が作られたのか
それは事実ではないからだよ。それ以外に理由があるか?


41 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:35:21 ID:E5rwyUmm
つまり南京事件否定説は嘘だったというわけですなw

42 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:37:14 ID:t8vqflOj

 ナハポリスの朝鮮人警察官グループが、私に対する執拗なストーカー行為を繰り返しています。
これは朝鮮総連の命令に基づく「組織的ストーカー活動」です。


平成23年1月6日(木曜日):PM2時50分頃、朝鮮人警察官が乗ったパトカーが、那覇市安里3丁目1−51の
               又吉公認会計士事務所前を通過しながら私に対してストーカー行為。
               パトカーの車両ナンバーは、[沖縄800−す−2480] 

            同日:PM3時2分頃、別のパトカーがふたたび同じ道路を通過して、私に対してストーカー行為。
            同日:PM3時10分頃、那覇市安里のスーパー・「サンエーV21=あさと食品館」
              (那覇市安里9番-1号)前の公道に、朝鮮人警察官が乗った軽パトカーが出現。



43 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:43:20 ID:/+UDt6wr
チョーセンウヨクみたいなコピペはやりたくないが
↓テンプレに加えようよ

二〇〇七年三月の「南京問題小委員会」に講師として参加された青山学院大学名誉教授で国際法が専門の佐藤和男博士は、
『偕行南京戦史』に記載されている捕虜の処断を検証した。
@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜数千人の処断。
以上、右列記した事例について佐藤博士は、いずれも戦時国際法違反でないと断定し、
【現在、南京問題研究者が素人判断で捕虜の処断を「虐殺」とする研究に対して苦言を呈していた】.(資料17)

44 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 15:56:57 ID:vN7PGL0K
>>43
権威の名前が入っているだけで、具体的理由が説明できていないコピペ
人それぞれだが、俺は余り好きじゃないな

45 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 16:05:00 ID:/+UDt6wr
>>44
まあ自分も権威に頼るのは好きじゃないけど
あまりにもあちらさんが学者学者うるさいモンでね〜
テンプレにでもどうかと思ったんだが。

今日はこの辺で、さいなら

46 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 17:02:04 ID:W8oTbs4q
>>23
大嘘付くな


 日本軍がやったと結論付けたのは まえがきのベイツであって スマイス本人ではない




 農村被害は、南京攻略戦に伴って南京周辺の農民が中国軍に強制的に徴兵されて戦死したものも 含まれている

47 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 17:24:51 ID:E5rwyUmm
>>46
それもセットでスマイス報告だ
まえがきは報告書に含まれないとでも言うつもりかアホwww
同じ金陵大学の教授で、調査協力したベイツが、間違ったまえがきを書いたとでもいうなら
スマイスは当然抗議したんだろうな?おいw

48 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 19:57:23 ID:gvV62oe6
最後に残った肯定派は、チョーセンウヨクとイチャモン・チンカス・シナ人だけだわな(笑)。
年末に復活したK−Kはどこいったんだ???
K−K説の「便衣兵は戦時犯罪ではない!」は死んだんか(哀)?
従軍慰安婦、沖縄集団強制自決、南京大虐殺といった反日三大ネタは全て死んだわな。

49 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 20:03:44 ID:gvV62oe6
南京大虐殺という歴史上に類のない組織的蛮行があったというのなら、
疑いようのない証拠があってあたりまえである。そうした蛮行があったのなら、
その場面に直接関わった人物が何千といるはずだが、物証はおろか整合性のある
同一現場同一証言すら全くなし。南京大虐殺とは密室の中でおこなわれたのか???
否定しようがない証拠がないこと自体が、南京大虐殺がデッチアゲだという証拠である。

50 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 21:09:51 ID:W8oTbs4q
>>47
たしか、東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している

51 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:14:13 ID:E5rwyUmm
>>50
それは初耳
何を見れば確認できる?

52 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:27:52 ID:5pwy4Ich
ベイツだとかラーベなどといった個人的主観なんぞどーでもええから、
虐殺現場にいた者の整合性のある同一現場、同一証言を挙げてみろちゅーの。
それが一つもないこと自体がデッチアゲの証拠だわな。

53 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:32:53 ID:E5rwyUmm
だわな君は、要求に答えて何を持ってきたって
だわなだわな言いながら永久に否定するだけじゃねーかwww

54 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:35:50 ID:QVqcHnhD
>>53
何を持ってきて否定されたんだ?

55 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:39:17 ID:E5rwyUmm
>>54
過去スレを「だわな」で検索してくりゃいいじゃん
それで否定派っぽい発言や定義定義騒いでるIDがそうだから

56 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:48:15 ID:AZx5MTcV
>>55
肯定派が説得力のある根拠を提示できればいいだけですがw
残念ながら肯定派が根拠にしているのは「戦後の証言」「仮名・匿名の日記」「物理的に実行不可能」「唯の推測」
「目撃証言なし」「公式記録なし」といったものばかりですがw
少しは『具体的な根拠』を出していただけないでしょうかw

まあ、所詮肯定派ごときが持ち出せる根拠なんて出したとたん瞬殺されるのがオチでしょうがw

57 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 22:51:53 ID:E5rwyUmm
ああ、そういうのいいから

「東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している」

これが分かる本なり、URLなりを教えてくれよ
見てみるから

58 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:21:59 ID:vN7PGL0K
論破されたコピペを延々貼り続ける奴に、まともなレスする奴は居ない
何出しても言いがかりしてくるかスルーのどちらかだからな

59 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:22:56 ID:YYLCOsnk
否定派によると「学説の裏付けのない主張はトンデモ論に過ぎない」そうです。←ここ大事。

さて、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようとしても、ハーグ陸戦条約の4条件違反者が敵対行為の
現行犯であった場合以外での無裁判処刑は違法です。学者・有識者の見解によると、便衣兵を捕らえた
場合はことごとく裁判が必須との事です。

『「南京事件」の探求』北村稔 立命館大学教授 歴史学者(中国近現代史) 2001年 P101
 筆者の見るところ、「ハーグ陸戦法規」の条文とこの条文適用に関する当時の法解釈に基づく限り、日本
 軍による手続きなしの大量処刑を正当化する十分な論理は構成しがたいと思われる。両者の論争は
 「虐殺派」優位のうちに展開している。

「板倉由明『本当はこうだった南京事件』推薦の言葉」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 1999年
 まぼろし派の人は、捕虜などを揚子江岸で銃殺もしくは銃剣で刺殺したのは、虐殺ではなく戦闘の延長と
 しての戦闘行為であり、軍服を脱ぎ民服に着替えて安全区などに潜んでいた「便衣兵」は、国際条約の
 「陸戦の法規慣例に関する規則」に違反しており、捕虜の資格はないゆえ処断してもよいと主張する。
 しかし、本来、捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきもので
 あって、第一線の部隊が勝手に判断して処断すべきものではない。

『昭和史の論点』秦郁彦 歴史学者(日本近代史)・法学博士 2000年 P96,97
 南京事件の場合、日本軍にもちゃんと法務官がいたのに、裁判をやらないで、捕虜を大量処刑したのが
 いけないんです。捕虜のなかに便衣隊、つまり平服のゲリラがいたといいますが、どれが便衣隊かという
 判定をきちんとやっていません。これが日本側の最大のウイークポイントなんです。・・・捕虜の資格がある
 かないかはこの際関係ありません。その人間が、銃殺に値するかどうかを調べもせず、面倒臭いからせず
 にやってしまったのが問題なんです。

「南京事件論争と国際法」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史)『現代歴史学と南京事件』 2006年 P70
 もちろん、正規軍の場合でもこの四条件の遵守が求められており、それに違反して行われる敵対行為は、国
 際法上の「戦時重罪」を構成する。しかし、そうした国際法違反の行為が仮にあったとしても、その処罰には
 軍事裁判の手続きが必要不可欠であり、南京事件の場合、軍事裁判の手続きをまったく省略したままで、正
 規軍兵士の集団処刑を強行した所に大きな問題がはらまれていた。以上が私の主張の中心的論点である。

続く

60 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:23:38 ID:YYLCOsnk
『戦時国際法論』立作太郎 国際法学者 日本評論社 1931年版
 凡そ戦時重罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所に於て審間すべぎものである。
 然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

「北支事変と陸戦法規」篠田治策 国際法学者 外交時報84巻通巻788号 1937年10月1日 P54,55
 軍律に規定すべき條項は其の地方の情況によりて必ずしも劃一なるを必要とせざるも、大凡を左の所爲あ
 りたるものは死刑に處するを原則とすべきである。(略)
 六、一定の軍服又は徽章を著せず、又は公然武器を執らずして我軍に抗敵する者(假令ば便衣隊の如き者)
 (略)而して此等の犯罪者を処罰するには必ず軍事裁判に附して其の判決に依らざるべからず。何となれぼ、
 殺伐なる戦地に於いては動もすれぼ人命を軽んじ、惹いて良民に冤罪を蒙らしむることあるが為めである。

「南京の支那兵処刑は不当か」東中野修道 亜細亜大学教授 政治・思想学者 『月曜評論』 2000年3月号P55
 その違反者は、「死刑に処するを原則とすべきである」(54頁)が、処刑の前に「必ず軍事裁判」(55頁)に
 かけるべきであると篠田博士も注意を促していた。
 これは当然であったろう。便衣隊の一人として狙撃などに従事するときは、囚われたときのことをあらかじめ
 考慮して、自分は便衣兵ではなくどこそこの市民であり、名前(偽名)、住所、家族関係は次の通りという言い
 分を用意していたであろう。そこで相手の弁明を査問して、事実関係を明確にしない限り、良民が菟罪に苦
 しむことになるから、「軍事裁判」ないしは「軍律会議」(昭和十二年十二月一日「中支那方面軍軍律審判規
 則」)の手続きは、氏も言うに、「不可欠」であった。
 しかしそれはあくまで安全地帯の支那兵が便衣兵であった場合の話であった。

おまけ
『世界戦争犯罪事典』秦郁彦、佐瀬昌盛、常石敬一 文藝春秋 2002年
 軍律会議は国際的に慣習化されており、日本も既に日清戦争の時からこれに類するものを設置していた。
 軍律会議は、軍の作戦地域などにおいて、軍司令官以上が作戦の遂行上公布した軍律に違反した日本人
 以外の人民を審判するため設置されるもので、(中略)当時は、中支那方面軍、上海派遣軍、第一〇軍に
 そ れぞれ軍律会議が置かれていた。したがって、便衣兵は捕虜の資格がないとするのであれば、軍律会
 議で 審判し処断すべきであり、第一線部隊が処断してよいものではない。
 しかし、軍法会議、軍律会議は、本来少人数の違反者を対象にしたもので、多数の捕虜集団や便衣兵の集
 団を裁判したり審判することを想定していないので、実際にはこれらの集団を裁判し審判することは能力的
 に不可能に近かった。だからといって、能力的に不可能だったから、第一線部隊の殺害が不法殺害ではな
 い、として許容されるものではない。

61 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:24:21 ID:YYLCOsnk
佐藤説をもってしても敵拘束兵の無裁判処刑は違法です。

「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P314-315
  学説上では、助命を拒否できる若干の場合のあることが広く認められている。
 (略)
  第三は、軍事的必要の場合である。交戦国やその軍隊は、交戦法規を遵守すれば致命的な危険に
 さらされたり、敵国に勝利するという戦争目的を達成できないという状況に陥るのを避ける極度の必要が
 る例外的場合には、交戦法規遵守の義務から解放されるという戦数(戦時非常事由)論が、とりわけ
 ドイツの学者によって伝統的に強く主張されてきたが、その主張を実践面で採用した諸国のあることが
 知られている。
  この「軍事的必要」原則は、第二次世界大戦後の世界においてさえも完全には否認されていない。
 例えば、ミネソタ大学のG・フォングラーン教授は、無制限な軍事的必要主義は認めないものの、「必要」
 に関する誠実な信念や確実な証拠が存在する場合には、この原則の援用や適用を容認している。
  もっとも、同教授は、極度の緊急事態の不存在や、軍事的成功への寄与の欠如が明らかにされたなら
 ば、軍事的必要を根拠にした違法行為は、戦争犯罪を構成するものになると警告している。
 (略)
  ちなみに、オッペンハイムの前記著作第三板(一九二一年)は、「敵兵を捕獲した軍隊の安全が、捕虜
 の継続的存在により、死活的な重大危険にさらされる場合には、捕虜の助命を拒否できるとの規則が
 ある」と主張している。同書第四版以降の改訂者は、同規則の存続は「信じられない」との意見を表明し
 ている。
  学界の通説は、右のような場合には、捕虜は武装解除された後解放されるべきであるというものである。

どこにも一旦拘束した兵を無裁判で処刑してよい、あるいは攻撃対象を移動させ改めて攻撃を続行しても
問題ないと書かれていません。 むしろ敵兵拘束により、“交戦法規を遵守すれば致命的な危険にさらされ”
る場合以外は、助命を拒否できないと書いてあります。また、“捕虜の継続的存在により、死活的な重大危
険にさらされる場合”、“学界の通説は、右のような場合には、捕虜は武装解除された後解放されるべきで
あるというものである”と説明しています。
さらに、“極度の緊急事態の不存在や、軍事的成功への寄与の欠如が明らか”な場合の助命拒否は戦争
犯罪になるそうです。いったい否定派はどこをどう読んでるんですかね。

62 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:25:03 ID:YYLCOsnk
「南京事件 − 虐殺否定論の動向)」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 1999年6月5日講演より
二、南京事件をめぐる論争について (2)国際法の無視による虐殺の否定
 これらは国際法の歪曲ですが、もうひとつは国際法の無視です。これは何度言ってもこの主張を無視するんですけど、
彼らが言うのは便衣兵ですね。資料8を見てください。小林よしのりさんのマンガ。「便衣兵 − つまりゲリラである」、「軍
服を着ていない、民間人との区別がつかない兵である」、「国際法ではゲリラは殺して良い」、「ゲリラは掟破りの卑怯な手
段だからである」。いい加減にしてほしいんですけど、ちょっと一言説明しておきますと、ゲリラ、民兵、義勇兵というのは
国際法の中では主流ではなかったんですね。(中略)もう一度見なおしてください。4つの条件を満たしてのみ、民兵や義
勇兵には交戦資格が与えられる。だから捕虜になった場合でも、人道的に処遇されるということです。まあ第一項はいい
ですよね、責任者がいる。ところが、第二項の遠方より認識しうべき固着の特殊徽章を有すること。たとえば都市ゲリラの
場合、民衆にまぎれて、市民に紛れて行動するわけですよね、私はゲリラですってワッペンをつけて回るバカはいないわ
けで、これはゲリラの活動を規制する面があるんですね。当時の国際法自体がです。国際法は目安として重要なんです
けれども、国際法自体が歴史性というものをもっていて、特に戦前の国際法はゲリラという形をとって現れるような、民族
的抵抗を抑え込む役割を果たしていた。その歴史性ということを考えにいれないといけません。しかしそれを押さえた上で
もやはり当時の国際法からみても無理な主張を彼らはしています。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 便衣兵というのは1932年、昭和7年の第一次上海事変の時に登場してくるんですね。これは便衣という一般人の服で
すね、これを中国の学生や労働者が着て、正規兵も少しいたようですけど、民間人の服を着て、上海で一種の都市ゲリラ
をやる。単独で行動して拳銃で狙撃したり手榴弾を投げる、これを便衣兵というんですね。そういう民間人の服を着てゲリラ
的な行動をする戦闘者、これが便衣兵です。これは当時の国際法の解釈では、現行犯でですね、手榴弾を投げてきたり、
拳銃で狙撃してきたときは、現行犯で正当防衛で反撃できますけど、処刑するにはこれもやっぱり国際法上は軍事裁判の
手続きが必要なんですね。小林よしのりは国際法上は殺してもよいと書いていますけれど、これは全くの間違いで、軍事裁
判の手続きを経て、初めて処刑ができるわけです。それはそうなんで、民間人の服を着て、武器ももってないのに、お前は
目つきが悪いからゲリラだろうとか、まあ南京ではそういうことで殺しちゃったんですけど、そういうことをやると大変なことに
なるわけですね。事実、第一次上海事変の時には、日本の外務省の電文の中に残ってますけど、かなり誤認というか、間
違って一般人を殺してしまった。日本人の居留民が自警団みたいのを作って、自分たちで検問をやって、通行人を処刑しち
ゃう、殺害しちゃうんです。外国人まで間違えて殺害した例があって、これは日本の出先の外交官が本省に報告してますけ
ど、かなり間違えて一般人を殺してしまったのです。そういうこともあるから、当時の国際法の解釈でも、間違えて良民を、冤
罪の良民を殺してしまう場合もあるから、必ず軍事裁判の手続きを経ないと処刑できないんだというのは、当時の日本軍の
常識でもあった訳ですね。ところが、南京でやったことは、まず厳密にいって、便衣兵という戦闘者はいません。多少散発的
な抵抗はあったと思いますけど、『南京戦史』をみても、先ほどの『証言による南京戦史』を読み返してみたんですけど、難民
区の掃討に当たったのは第9師団の第7連隊という連隊で、その上の旅団長の副官の談話が載ってましたけど、城内に入
って難民区に入っても、殆ど抵抗はなかったということを言ってるんですね。だから中国軍の便衣兵による抵抗は無かった。

63 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:25:44 ID:YYLCOsnk
戦時重罪犯であるだけで即決処刑を可能とする学説・見解は存在しません。

『上海戦と国際法』信夫淳平 国際法学者 丸善 1932年 P114,P125-126
 現交戦法規の上に於て認めらるゝ交戦者は、第一には正規兵、第二には民兵(Militia)及び義勇兵団
 (Volunteer Corps)にして(一)部下のために責任を負ふ者その頭に立ち、(二)遠方より認識し得べき固着の
 特殊徽章を有し、(三)公然兵器を携帯し、(四)その動作に付戦争の法規慣例を遵守するといふ四条件を具
 備するもの(正規兵も是等の条件を具備すべきは勿論である)
 然るに便衣隊は交戰者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戰法規違反である。
 その現行犯者は突如危害を我に加ふる賊に擬し、正當防衞として直ちに之を殺害し、叉は捕へて之を戰時
 重罪犯に間ふこと固より妨げない。

便衣隊の害敵手段行使現行犯は正当防衛として直ちに之を殺害し、又は捕へて之を戦時重罪犯に間う事と言って
るだけで、交戦者資格無き者というだけで即決処刑してよいとは言ってない。因みに南京で確認できた便衣隊は5,6人。

『国際法辞典』筒井若水 国際法学者 有斐閣 1998年 P81
 伝統的な戦時国際法は、戦闘員資格をもつ正規軍による敵対行為だけを適法とし、文民等その資格を欠くもの
 はもとより、正規兵であっても不正規軍の適法な構成員資格を満たさない者の敵対行為は交戦法規に照らして
 違法としてきた。

不正規軍の適法な構成員資格を満たさない者の敵対行為は、違法と言ってるだけで即決処刑してよいとは言ってない。

『戦時国際法論』立作太郎 国際法学者 日本評論社 1934年版 P55
 上述の正規の兵力に属する者も、不正規兵中、民兵又は義勇兵団に後述の四条件を備へざることを得るもの
 ではない。 正規の兵力たるときは、是等の条件は、当然是を具備するものと思惟せらるるのである。正規の
 兵力に属する者が、是等の条件を欠くときは、交戦者たるの特権を失うに至るのである。例えば、正規の兵力に
 属する者が、敵対行為を行うにあたり、制服の上に平人の服を着け又は全く交戦者たるの特殊徽章を付したる
 服を着せざるときは、敵により交戦者たる特権を認められざることあるべきである。

正規の兵力に属する者が四条件を欠くときは、交戦者の特権を失うと言ってるだけで即決処刑してよいとは言ってない。

続く

64 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:26:26 ID:YYLCOsnk
「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P317
 一般に武器を捨てても(機会があれば自軍に合流しようとして)逃走する敵兵は、投降したとは認められない
 ので、攻撃できるのである。安全区に逃げ込んだ支那兵は、投降して捕虜になることもできたのに、 それを
 しなかったのであり、残敵掃討が諸国の軍隊にとってむしろ普通の行動であることを考えると、敗残兵と確認
 される限り、便衣の潜伏支那兵への攻撃は合法と考えられるが、安全区の存在とその特性を考慮に入れる
 ならば、出入を禁止されている区域である安全区に逃げ込むことは、軍律審判の対象たるに値する戦争犯罪
 行為(対敵有害行為)を構成すると認められ、安全区内での摘発は現行犯の逮捕に等しく、彼らに正当な捕虜
 の資格がないことは既に歴然としている。

安全区内での摘発は現行犯の逮捕に等しい為、正当な捕虜の資格はなく、軍律審判の対象たる戦争犯罪行為である
とし、逃走する敵兵は投降したとは認められないので攻撃できるが、逃走する敵兵以外を攻撃してよいとは言ってない。

「南京事件と国際法」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 『現代歴史学と戦争責任』 1992年 P108
 しかし、『南京戦史』の主張に従って、難民区内に本来の意味での『便衣兵』が多数、潜伏していたと仮定しても、
 その殺害を正当化することは、国際法上不可能である。なぜなら、国際法の上では『便衣兵』の処刑には正規の
 軍事裁判の手続きが必要であり、軍事裁判の手続きを省略した殺害が許容されるのは、その『便衣兵』が敵対行為
 の『現行犯者』であった場合に限られていたからである

便衣兵が敵対行為の現行犯者であった場合は軍事裁判の手続きを省略できると言っているのであり、戦時重罪犯で
あるだけで軍事裁判の手続きを省略できるとは言ってない。
※因みに吉田裕は南京に便衣兵は居なかったという説を唱えている。

即決処刑を許容するのは信夫淳平と吉田裕で、信夫は便衣隊の害敵手段行使現行犯の場合、吉田は便衣兵の敵対
行為現行犯を具体的に指摘している。これらの現行犯以外での即決処刑については言及してない。
佐藤和男が現行犯とする安全区への逃げ込みは、正当な捕虜資格が得られないと言っているだけで、軍律審判の対象
であるとの事。この行為に対し即決処刑してよいとは言ってない。佐藤が許容する殺害とは逃走する敵兵への攻撃である。
筒井若水と立作太郎は、4条件を備えていない正規軍は交戦者たるの特権を失い、違法であると言っているだけで、
4条件を備えていないからといって即決処刑してよいとは言ってない。

つまり、どの説も戦時重罪犯であるだけで即決処刑が可能とは言っていない。戦時重罪の構成により直ちに殺害できる
場合がある、若しくは交戦者の特権を失うと言っているに過ぎない。学者・有識者の見解で、戦時重罪犯であるだけで
即決処刑を可能とする説は存在しない。

65 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:27:10 ID:YYLCOsnk
佐藤和男の言う違法な虐殺行為ではない潜伏敗残兵の摘発・処刑は、何人だったのでしょうか。
検証してみましょう。

「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者 『正論』 2001年3月号 P317
  兵民分離が厳正に行われた末に、変装した支那兵と確認されれば、死刑に処せられることもやむを得
 ない。多人数が軍律審判の実施を不可能とし(軍事的必要)― 軍事史研究家の原剛氏は、多数の便衣
 兵の集団を審判することは「現実として能力的に不可能であった」と認めている―、また市街地における
 一般住民の眼前での処刑も避ける必要があり、他所での執行が求められる。
 したがって、問題にされている潜伏敗残兵の摘発・処刑は、違法な虐殺行為ではないと考えられる。

先ず、兵民分離査問(12月24日〜1月5日)での潜伏敗残兵の摘発人数を見てみましょう。

佐々木倒一少将私記
 1月5日 査問会打切り。この日までに城内より摘出せし敗兵約2000、旧外交部に収容

このうち何人が解放されたかというと、

読売新聞 1938(昭和13)年1月10日
 敗残兵一掃のため行われた難民調査は、暮から始められて7日漸く一段落を告げて、敗残兵1600名と
 その他のものは安民居住の証を与えられ、今では大手を振って城内を歩けるようになった

兵民分離査問で摘出された敗残兵は2000人、うち1600人は良民証を与えられています。残りが全員
処刑されていたとしても400人が最大値です。
佐藤和男の言う「潜伏敗残兵の摘発・処刑は、違法な虐殺行為ではないと考えられる」は、最多でも僅か
400人。否定派の無裁判処刑合法論は、僅か400人の処刑が合法であるという論だったんですね。

66 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:27:51 ID:YYLCOsnk
否定派が言う「日本は極東軍事裁判の諸判決を受け入れたのであり。裁判そのものは受け入れていない」は、はたして
本当でしょうか。単純に言えばサンフランシスコ講和条約の accepts the judgments の訳の問題です。では政府見解を
見てみましょう。

外務省 歴史問題Q&A
問7.極東国際軍事裁判に対して、日本政府はどのように考えていますか。
 1.極東国際軍事裁判(東京裁判)は、戦後、連合国が日本人の重大戦争犯罪人を裁くために設置された裁判で、28名
 が平和に対する罪や人道に対する罪等により起訴され、病死または免訴となった者以外の25名が有罪判決を受けた
 ものです。
 2.この裁判については様々な議論があることは承知していますが、我が国は、サンフランシスコ平和条約第11条により、
 極東国際軍事裁判所の裁判を受諾しており、国と国との関係において、この裁判について異議を述べる立場にはない
 と考えています。     ~~~~~~~~~~~~                          ~~~~~

平成18年2月14日 衆議院予算委員会
小泉総理大臣 「極東国際軍事裁判所の裁判については、法的な諸問題に関して種々の議論があることは承知している
 が、我が国は、日本国との平和条約第十一条により、極東国際軍事裁判所の裁判を受諾している。御指摘の答弁は
 いずれも、この趣旨を述べたものであり、その意味において相違はない。」

麻生外務大臣 「B級戦犯、C級戦犯含めまして、複数の裁判所の決定に皆従うという意味で、ジャッジメンツというぐあい
 に複数になっているというように理解するのが正しい英語の理解の仕方だと存じますので、裁判所の判決ではなくて
 裁判を受諾したというように、サンフランシスコ講和条約第十一条はそれを意味しているものだと理解しております。」

安倍官房長官 「今申し上げましたように、私は、もともとの正文である英文を引用してジャッジメンツと申し上げたわけで
 ありますが、政府においてはそれは裁判ということで訳しているわけでありますが、基本的には、要はこれは何を我々は
 受諾をしたかといえば、先ほど申し上げましたように、この判決について、またこの法廷もそうなんですが、それも含め
 て我々が異議を申し立てて損害賠償等々をする、そういう立場にはない、こういうことではないだろうか、こう思います。」

政府見解ではjudgmentsを裁判としている事がお判りいただけたと思います。
そもそも、「判決」を受け入れるのと「裁判」を受け入れるのとでは何の違いもありません。判決を受け入れるという事は、
その判決理由や裁判所の管轄権をも受け入れることを意味し、判決理由や管轄権を認めず、刑の執行のみを受け入
れるという事にはなりません。また、もし刑の執行の受け入れのみを要求するのでであれば、サンフランシスコ講和条約
第11条には accepts the sentences と書かれていた筈です。

67 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:28:43 ID:YYLCOsnk
否定派は支那兵は投降していないと言いますが、実際には各部隊で投降を受け入れています。さらに、指揮官自身が捕虜
として認識していた事が下記の史料から判ります。しかしその後捕虜は殺害されているのです。
○&●=1次史料、△=2次史料(1次史料の補足として記載)

○第16師団第30旅団長 佐々木倒一少将私記 『南京戦史資料集T』『昭和戦争文学全集』別巻〔知られざる記録〕
 12/13「その後【俘虜】ぞくぞく【投降】し来り、数千に達す。激昂せる兵は上官の制止をきかばこそ、片はしより殺戮する」
○第16師団長 中島今朝吾中将日記 『南京戦史資料集T』
 12/13「十二日夜仙鶴門堯化門附近の砲兵及騎兵を夜襲して尽(甚)大の損害を与へたる頃は敵も亦相当の戦意を有したる
     が如きも其後漸次戦意を失ひ【投降】するに至れり」
△第16師団佐々木支隊所属独立攻城重砲兵第2大隊 沢田正久中尉証言 『偕行』(証言による南京戦史)『南京大虐殺の証明』
 12/14「私は梶浦俊彦中隊長とともに、自動車で仙鶴門鎮へ走り、部隊を点検しました(略)われわれは墓地を利用して、接近
     する一部の敵と相対しました。やがて友軍増援部隊が到達し、敵は力尽き、白旗を掲げて正午頃【投降】してきました。
     その行動は極めて整然としたもので、既に戦意は全くなく、取りあえず道路の下の田圃に集結させて、武装解除しま
     した。多くの敵兵は胸に「首都防衛決死隊」の布片を縫いつけていました。【俘虜】の数は約一万(戦場のことですから、
     正確に数えておりませんが、約八千以上おったと記憶します)でしたが、早速、軍司令部に報告したところ、「直ちに
     銃殺せよ」と言ってきたので拒否しましたら、「では中山門まで連れて来い」と命令されました。」
※仙鶴門鎮付近(堯化門附近)の投降兵7,200人は南京城内に護送され収容されましたが、残りの捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第16師団歩兵第33連隊戦闘詳報 『南京戦史』
 12/10〜12/14 [俘虜]将校14、准士官・下士官兵3,082 [備考] 1、俘虜は処断す
 偕行『南京戦史』によれば太平門で1,300人を処断、他の場所で1,796人を処断

続く

68 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:28:51 ID:E5rwyUmm
>>58
お前等の論破認定に何の意味があるんだよwww
内容で負けてる上に誰にも認められないから
何年も論破認定していても、さっぱり相手されないんだろwww

まあそれはともかく

「東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している」

これが分かる本なり、URLなりを教えてくれよ
見てみるから
さすがにこれは見たことが無いしここでもずっと話題にでていない
(昔はどうかしらんが)

コレはソースや情報元資料を聞いてもいい類の情報だ
それとも口からでまかせかい?ww

69 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:29:24 ID:YYLCOsnk
○第114師団歩兵第66連隊第一大隊戦闘詳報 『本当はこうだった南京事件』
 12/13「午前七時〇分予定ノ如ク行動ヲ起シ機関銃ヲ斉射シテ聯隊主力ノ城門進入ヲ掩護スルト共ニ同時ニ当面ノ掃蕩ヲ開始
 ス…掃蕩愈々進捗スルニ伴ヒ【投降】スルモノ続出シ午前九時頃迄ニ三百余名ヲ得友軍砲弾ハ盛ニ城内ニ命中スルヲ見ル」
△第114師団歩兵第66連隊第一大隊第4中隊第1小隊長代理 小宅伊三郎曹長証言 『丸』(城塁 兵士達の南京事件)
 12/12「それでも中国兵は三三五五【降伏】してきたので、私のところで検問して後に送った。(略)あとで千二百の【捕虜】が
 いて、他の隊が捕まえた【捕虜】二、三百も合わせると千五百人(偕行『南京戦史』では1657人)になると聞いた記憶がある」
※上記の捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第114師団歩兵第66連隊第一大隊戦闘詳報 『南京戦史資料集』
 12/13「午後三時三十分各中隊長を集め【捕虜】の処分に附意見の交換をなしたる結果各中隊(第一第三第四中隊)に等分に分
 配し監禁室より五十名宛連れ出し、第一中隊は路営地西南方谷地第三中隊は路営地西南方凹地第四中隊は露営地東南谷地
 附近に於て刺殺せしむることとせり(略)各隊共に午後五時準備終り刺殺を開始し概ね午後七時三十分刺殺を終り連隊に報告す」

○第13師団山田支隊長(第103旅団) 山田栴二少将日記 『南京戦史資料集U』
 12/14「他師団に砲台をとらるるを恐れ午前四時半出発、幕府山砲台に向ふ、明けて砲台の附近に到れば【投降兵】莫大に
 して仕末に困る(略)【捕虜】の仕末に困り、恰も発見せし上元門外の学校に収容せし所、一四、七七七名を得たり」
○朝日新聞 1937年12月17日朝刊 [南京にて横田特派員16日]
 「両角部隊のため烏龍山、幕府山砲台附近の山地で【捕虜】にされた一万四千七百七十七名の南京潰走敵兵は(略)それが
 皆蒋介石の親衛隊で軍服なども整然と統一された教導総隊の連中なのだ、一番弱ったのは食事で、部隊でさへ現地で求め
 ているところへこれだけの人間に食はせるだけでも大変だ、第一茶碗を一万五千も集めることは到底不可能なので、第一夜
 だけは到頭食はせることが出来なかった」 注:山田支隊が捕らえた投降兵は軍服を着用しています。便衣兵ではありません。
※上記の捕虜はこの様になりました。
           ↓
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊第4中隊 宮本省吾(仮名)少尉陣中日記 『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』
 12/16「【捕慮兵】約三千を揚子江岸に引率し之を射殺す」※この部分の筆記をNNNドキュメントで放映
 12/17「【捕虜兵】の処分に加はり出発す、二万以上の事とて終に大失態に会ひ友軍にも多数死傷者を出してしまった」
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊歩兵砲中隊 菅野嘉雄(仮名)一等兵陣中メモ『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』
 12/16「夕方より【捕虜】の一部を揚子江岸に引出銃殺に附す」
 12/17「【捕虜】残部一万数千を銃殺に付す」※この部分の筆記をNNNドキュメントで放映
●第13師団第103旅団歩兵第65連隊第7中隊 大寺隆(実名)上等兵陣中日記『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』『南京事件』
 12/18「昨夜までに殺した【捕リョ】は約二万、揚子江岸に二ヶ所に山の様に重なって居るそうだ」
 12/19「揚子江の現場に行き、折り重なる幾百の死骸に驚く。石油をかけて焼いたため悪臭はなはだし」

70 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:30:06 ID:YYLCOsnk
否定派が挙げる即決の軍事裁判を検証してみましょう。
>・ラーベの日記にも即決の軍事裁判が行われた事が記されている。

ラーベの日記 12月17日 『南京の真実』 P124
 軍政部の向かいにある防空壕のそばには中国兵の死体が三十体転がっている。きのう、即決の軍事
 裁判によって銃殺されたのだ。日本兵たちは町をかたづけはじめた。山西路広場から軍政部までは
 道はすっかりきれいになっている。死体はいとも無造作に溝に投げこまれた。

 先ず説明すべきはラーベの日記は1次史料ではありません。日記は1938年にラーベがドイツに帰国し
た後に加筆されたもので、さらに出版の為に編集までされた2次史料で3等史料です。1996年に出版さ
れました。現在では日記の検証が各所で行われ、数々の矛盾と誤認を指摘されています。また、日本
語訳に誤訳が多い事でも知られています。では「中国兵の死体が三十体転がっている。きのう、即決の
軍事裁判によって銃殺されたのだ。」という箇所のドイツ語原文はどうなっているのでしょうか。日本語訳
の「軍事裁判」では漠然としているので、軍事裁判の内、どのような裁判であったのか考察してみます。
  30 Leichen von chinesischen Soldaten, die dort gestern standrechtlich erschossen wurden.
訳「(戒厳令下の)即決裁判により昨日そこで撃たれた支那兵30の死体。」
  Standrecht+lich(〜の)は厳戒令の;(戒厳令下の)即決裁判による;ですが、この即決裁判には正式
な裁判という意味はありません。standrechtをドイツ語版のWikipediaで調べます。
  Standrecht bezeichnet im Wehrrecht den Zustand, bei dem die von den zivilen Behörden ausgeübte
  Gerichtsbarkeit auf den höchsten Militärbefehlshaber übergeht, dem ein Kriegsgericht zur Seite steht,
  das so genannte Standgericht.
訳「シュタントレヒトは防御状態の呼称です。これにより当局によって取り締まる管轄権は軍の最高司令
  官に権限が委ねられます。そして軍法会議という制度が設置されます。いわゆる即決裁判です。」
この文章は戒厳令の説明文ですが、前後の文脈によりStandrechtを即決裁判または即決軍法会議と訳
す場合がある事も確認できています。さて、ラーベはStandrechtと書いていますが、ドイツでの軍による
正式な裁判はMilitärgerichtsbarkeitになります。ラーベは日本大使館及び日本軍と接触していて、軍の
情報を得られる立場にあったのに、1938年以降に加筆されている日記においてもMilitärgerichtsbarkeit
と書けなかったのです。ラーベはこの銃殺体がどの様な経緯で撃たれたのか知らなかったし、その後も
情報を得られなかったわけです。Standrechtは正式な裁判ではない即決裁判ですが、ドイツと違い日本
は即決裁判を行える軍の規則はありません。したがってラーベが(戒厳令下の)即決裁判と書いていたと
しても、そのような制度がない日本軍が即決裁判をしている筈がなく、裁判が在った根拠になりません。

71 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:30:43 ID:E5rwyUmm
どうでもいいがそのテンプレさすがに長すぎるだろ
どっかに纏めてURL紹介にしろよ

72 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:30:47 ID:YYLCOsnk
否定派が挙げる合法な処刑を検証してみましょう。
>・南京国際委員会の第37号文書第185件にも日本軍の処刑を「合法な処刑」と記載されている。

南京安全区委員会文書 「第三十七号文書」 『南京大残虐事件資料集 第2巻』 P114-115
 第百八十五件 一月九日朝、クレーガー氏とハッツ氏は、安全区内の山西路にある中央庚款大廈の
 真東にある池で、日本軍将校一名と日本兵一名が平服の一市民を虐殺するのを目撃した。
 クレーガー氏とハッツ氏が現場に着いた時には、男は割れた氷がゆれ動く池の水に腰までつかって
 立っていた。将校が命令を下すと、兵士は土嚢の後に伏せて、男に向けて発砲し、男の肩に弾丸が
 あたった。再度発砲したが弾は外れ、第三弾で男は死亡した(1)。(クレーガー、ハッツ)
 (1)われわれは、日本軍による合法的な死刑執行にたいして何ら抗議する権利はないが、これがあま
 りにも非能率的で残虐なやり方でおこなわれていることは確かである。そのうえ、このようなやり方は、
 われわれが日本大使館員たちと個人的に話し合ったさいに何回も言ったような問題をひきおこすので
 ある。つまり、安全区内の池で人を殺すことは池の水をだいなしにするし、そのため、地区内の人々に
 たいする給水量が大幅に減少するのである。このように乾燥が続いており、水道の復旧が遅れている
 さいに、これはきわめて重大なことである。市による水の配給は非常に手間どっている。(報告者注)

「平服の一市民を虐殺するのを目撃した」と書かれている事から軍律審判の判決による処刑と推測する
事はできますが、合法的な死刑執行としか書かれてなく、どこにも軍事裁判が行われていたとは書かれ
ていません。合法としたのもクレーガーとハッツがそう感じただけで、両者とも死刑に至る経過を知りま
せん。
 また、この処刑が合法であった可能性はありません。軍律審判の判決による処刑であれば、中支那
方面軍軍律審判規則によって、検察官の指揮に依りその執行は憲兵が為す事とされていますが、男に
向けて発砲したのは兵士です。検察官(検察官は法務官の中から所管軍法会議長官によって任命される)
を将校と見間違えたとしても、憲兵と憲兵以外の兵科は帽子が全く違い、憲兵の帽子は将校と似ている
ので、この兵士が憲兵であった可能性はありません。検察官と憲兵それぞれ見間違えるとしたら将校二名
と思うか、将校一名と兵士一名のうち、将校が発砲したと思う筈です。つまり、この場に居た日本兵は検察
官と憲兵の二名ではなかった事になります。したがってこの処刑が合法であった可能性はありません。

73 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:31:44 ID:YYLCOsnk
南京事件初心者用FAQ
@ 便衣兵とは何ですか?
 Ans.広義と狭義があります。広義は、一般市民と同じ私服・民族服などを着用した中国兵士(Wikipedia)で、
狭義は、抗日義勇軍・新四軍・遊撃隊のように当初からゲリラとして編成された部隊(偕行『証言による南京戦
史』)です。また、狭義の便衣兵は便衣隊・ゲリラ部隊と同義として使われ、広義の便衣兵はハーグ陸戦条約
4条件違反者という意味が内包されます。※このFAQでは広義の意味での便衣兵を使います。

A 便衣兵は捕虜になれないのですか?
 Ans.なれます。但し必ずなれるとは限りません。このような議論で否定派は立作太郎の『戦時国際法論』の
一節を引用します。「正規の兵力たるときは、是等の条件は、当然之を具備するものと思惟せらるるのである。
正規の兵力に属する者が、是等の条件を欠くときは、交戦者たるの特権を失ふに至るのである。」
 どこに捕虜になれないと書いてあるのでしょうか。交戦者たるの特権を失うと書かれているだけです。交戦者
の特権とは捕虜として扱われる権利だけではなく様々な権利があります。特権を失うとは、ゲリラ戦に至った
場合、現行犯はその場で処刑されても仕方がない、間諜と間違えられても仕方がない、文民と間違われて
刑法犯とされても仕方がない、こういった場合に権利を主張できないという事です。また、捕らえた敵兵をいつ
から捕虜とするかは指揮官の自由裁量ですから、4条件違反者であっても捕虜にして構いません。なぜなら
4条件違反者を捕虜とする事を禁止した条約・慣習法は存在しないからです。何れにしても立作太郎は便衣兵
を捕虜としてはならないとは言っていません。
 簡単な例えで説明しましょう。正規の交戦者が着替えている最中に無抵抗で敵軍に捕らえられたとしましょう。
(戦場に居たのですから捕らえられずにその場で射殺される場合もあります。これは違法ではありません。今は
捕らえられた場合を考えてみます)この者は捕虜になれないのでしょうか。答えは「捕虜になれる」です。軍人が
軍装ではなかったり武器を携行していなかったといえども、これを罰する条約・慣習法は存在しません。4条件
違反者が害敵手段を採れば戦争犯罪になりますが、4条件違反者が戦場に居ただけでは犯罪になりません。
不審者として拘束される事はあっても即決処刑はできないのです。指揮官の裁量次第では捕虜にもなれます。
 因みに、1929年ジュネーブ捕虜条約において、【第一条(俘虜の語義)本条約は第七編(或種非軍人に対する
条約の適用)の規定を害することなく左の者に適用せらるべし。(一)陸戦の法規慣例に関する千九百七年十月
十八日の「ヘーグ」条約付属規則第一条、第二条及第三条に掲ぐる一切の者にして敵に捕へられたる者】と
されており正規兵又は之に準ずる非戦闘員であれば、捕えられた場合、捕虜としての扱いを受ける権利を持ち
ます。日本は1929年ジュネーブ捕虜条約に署名をしていますが批准はしていません。しかし、南京戦時に国際
法上の捕虜の定義が確立されており、ハーグ陸戦条約を批准している以上、ハーグ条約でいうところの捕虜は
1929年ジュネーブ捕虜条約で定義された捕虜となります。したがって便衣兵であっても投降してきた場合や降伏
した場合は、戦時重罪犯として裁判が行われるまで拘束されるか、指揮官の裁量次第で捕虜になれます。

74 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:32:25 ID:YYLCOsnk
B 便衣兵を捕らえた場合は即決処刑(無裁判処刑)してよいのですか?
 Ans.いいえ。便衣兵は交戦者資格がないので即決処刑して構わないという解釈は、ハーグ陸戦条約に
より否定されています。害敵手段・攻囲及砲撃の章で下記の禁止事項があります。この禁止事項は相手側
の交戦者資格有無に関係なく禁止されています。※ハーグ陸戦条約上は、交戦者資格無き者は捕虜にな
れない、交戦者資格無き者は条約の規定から外れるとは一切書かれていません。

第二款 戦闘、第一章 害敵手段・攻囲及砲撃
 第二十三条 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外特ニ禁止スルモノ左ノ如シ
  ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
  ハ 兵器ヲ捨テ又ハ自衛ノ手段尽キテ降ヲ乞ヘル敵ヲ殺傷スルコト
  ニ 助命セサルコトヲ宣言スルコト
  チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト
 便衣兵(交戦者資格無き者)であっても背信の行為を以って殺傷する事はできない。便衣兵であっても武器
を捨て投降してきた者を殺傷する事はできない。便衣兵であっても助命しないと宣言してはならない。便衣兵
であっても権利及び訴権を奪ってはならない。また、裁判を行わないと宣言してはならない。よって、捕らえた
便衣兵は戦時重罪犯として裁判が行われるまで拘束しなければなりません。

 チの対手当事国国民には、民兵・義勇兵団を含む交戦者が含まれます。国民とは住民の意味であるという
解釈はできません。ハーグ陸戦条約では住民・人民と、国民を使い分けて記述されています。
対手当事国国民:the nationals of the hostile party 住民・人民:the inhabitants
陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約の前文に次の記述があります。「人民及び交戦者」。この部分の原文は、
the inhabitants and the belligerents となっています。では、ハーグ陸戦条約における国民とは何でしょうか。
国民が住民の意味であれば、チの項の原文はこうなっている筈です。the inhabitants of the hostile party
しかし実際は違います。国民(nationals)=住民(inhabitants)+交戦者(belligerents)と考えるのが自然です。
因みに権利及訴権の原文は law the rights and actions ですから、訴権に限らず法的な行動全てを指します。

 否定派は「捕獲した大量の便衣兵を裁判にかける事は能力的に不可能であった」と原剛も認めていると言い
ますが、原剛は「だからといってこれが合法であったとは言い難い」と書いています。では、全員を裁判にかけ
る必要があったのでしょうか。兵士は指揮官の指示に従っているだけなので、部隊に戦争犯罪行為があった
としても兵士全員を裁判にかける必要性はなく、部隊を統率していた指揮官がその責任を負うのであり、通常
は指揮官のみの裁判で済みます。便衣兵全員を裁判にかける事は不可能であったから処刑したという理屈
は成立しないわけです。

75 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:33:06 ID:YYLCOsnk
C 便衣兵を捕らえた場合は本来どのように対処すべきだったのですか?
 Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、捕らえた場合は戦時重罪犯として軍事裁判の
判決により処するのが本来の手順でした。裁判が行われるまでは拘束される事になります。裁判の種類は
中支那方面軍軍律審判規則第十条により、特設軍法会議になります。罪状は陸戦ノ法規慣例ニ関スル規則
第一条違反となり、適用される法律は陸軍軍法会議法になります。罰則も陸軍軍法会議法に定められた規則
に依ります。この特設軍法会議は1938年1月初旬に設置されるのですが、この時に中支那方面軍と上海派遣
軍、第十軍の管轄区分を定めた「中支那方面軍に於ける各軍法会議の事務取扱に関する件」を松井軍司令
官が制定します。この規定によると「陸軍軍法会議法第一条乃至第三条及第六条記載の者に対する被告事
件を審判」する事になっており、第六条の記載にこう書かれています。「本条は、戦時又は事変に際し軍事上
の必要に基き第一条に記載したる以外の者に対しても、亦如何なる犯罪であっても總て軍法会議に於て裁判
権を行ふことが出来得る旨を規定したるものである」つまり、自国の軍人に限らず、敵国軍人・軍属であっても
戦時におけるあらゆる犯罪を管轄する司法権限を有するという事です。
 例外もあります。捕らえた者が軍人か民間人か判断できない場合(便衣兵嫌疑者)は、軍律審判で真偽を判
断するしかありません。間諜(スパイ)嫌疑者も、軍人か民間人か判断できない場合は同様に軍律審判で判断
するしかありません。軍人と判断されれば次は軍法会議での裁判となり、民間人と判断されれば釈放されます。
尚、占領地の住民の犯罪は中支那方面軍軍律により、軍律審判による行政処分を受ける事になります。
 また、軍法会議により支那兵が死罰となったとしても、刑の執行は陸軍軍法会議法第五百二条により陸軍
大臣の命令がないと出来ません。
 裁判の対象になるのは全ての便衣兵ではありません。捕らえた部隊全員が便衣であれば部隊の指揮官が
その責任を問われ、軍服を着用した部隊にあって個々で便衣に着替えていた場合は個人に責任が問われま
す。前者の場合、指揮官以外を捕虜とする事も出来ます。余談ですが南京戦時、国民党軍人・軍属のうち軍服
着用者は2割程しか居なかったと言われています。そもそも制服を支給されていなかったのです。したがって殆
どの場合、部隊の指揮官のみを裁判にかければ済む事になります。

76 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:33:47 ID:YYLCOsnk
D 安全区で捕らえた便衣兵は文民保護というハーグ条約の主旨に反しています。即決処刑は合法になりますか?
 Ans.なりません。ハーグ陸戦条約のどこにも兵民分離違反について書かれた条文はありません。否定派が条
約の主旨をまるで条文の如く吹聴しているだけです。これは否定派のダブルスタンダードで、ある時は条文に書か
れていないから合法と言い、またある時は条文に無い条件を当てはめます。該当条文が無ければ、4条件違反
以外の違反行為はありません。但し国際慣習法としては問題があります。しかしゲリラ活動の為の潜伏ではない
ので、安全区に潜伏していたのを発見されたとしても、正当防衛としてその場で射殺しない限りは通常の戦時重
罪犯として対処しなければなりません。実際に安全区内で捕らえられた便衣兵について、ゲリラ活動を示唆する
記録はありません。捕らえられた便衣兵に関してはどの記録を見ても武器を携行していないのです。ゲリラ活動
の記録も若干はありますが、それらの記述では「便衣隊」「ゲリラ部隊」とされており、ここでいう便衣兵とは別の
存在です。(掃討戦時に物陰から射撃された記録はありますが、射撃した兵はその場で殺害されており、射撃し
た兵が便衣兵であったという記録はありません。掃討戦時に攻撃された例では兵を捕らえておらず、応戦してい
ます。また、不意に手榴弾を投げられ、拘束兵が逃走を図った記録もありますが城外の出来事です。これらは戦
闘の延長ですので敵兵の殺傷は合法となります。しかし安全区で捕らえた兵が抵抗したという記録はありません。)
 軍装を放棄し、便衣でいる事自体が害敵手段という見解は、この件には当てはまりせん。害敵手段とは戦争の
目的を達成する為に敵に対して行う暴力的または策略的行為ならば、安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争目的
達成に何ら寄与する事はなく、武装も放棄しているのですから、件の便衣兵に当てはめるのは無理があります。
 また、文民保護の観点でいえば、否定派は防守地域であれば軍民無差別攻撃して構わない、南京を占領下に
置くまでは城内で兵民問わず何人殺害しても合法と言いますが、この論法こそ文民保護を無視しています。安全
区で捕らえられようが安全区外で捕らえられようが便衣兵への対処はAns.Cの様に実施されなければなりません。

E 捕らえた便衣兵は裁判後、処刑されたのですか?
 Ans.いいえ。裁判が行われた記録はありません。公式記録にないどころか、嘘を吐く事ができる証言でも裁判
に参加した者も見た者も居ません。南京戦に参加した兵の日記・メモ・手記の記述にも裁判に参加した者も見た
者も聞いた者も居ません。また、極東軍事裁判松井石根判決文に「このようにして、右のような捕虜三万人以上
が殺された。こうして虐殺されたところの、これらの捕虜について、裁判の真似事さえ行われなかった」とあります。
 松井石根裁判での弁護側反証に以下の様なやりとりがあります。中山証人:安全地区内に一部の敗れた兵が
潜んでおりまして、しかも武器を持って潜んでおったのでありますから、これを探し出しまして、すなわち軍法会議
にかけて処断したという事はあるいはあったと思います。それを大袈裟に伝えられたものと思います。サトン検察
官:彼らが射殺される前に、軍法会議にまわされたのは幾人でありましたか。中山証人:数は覚えておりません。
 この中山証人が本当の事を言っている保証はありませんし、実情を知っていたのか判りません。何れにしても
「あるいはあった」「覚えておりません」との証言から判るように推測で言っているだけです。そもそも城内で摘出さ
れ刺射殺された兵は6670人であり、数が合いません。その後の判決でこの主張は一切認められなかったのです。

77 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:34:35 ID:YYLCOsnk
F 軍事的必要が在った場合は捕虜を殺害してよいとの学説がありますが南京戦時に適用できますか?
 Ans.適用できません。南京戦時に軍事的必要は国際慣習法として成立していませんでした。下記を参照下さい。
「いわゆる南京事件の不法殺害」原剛 軍事史研究家 軍事史学会副会長 『日中戦争再論』 2008年 P143-145
  また、第一次世界大戦前後にドイツで唱えられた、軍事的必要 ( 危機 ) の場合、国際法規慣例の遵守よりも
 軍事上の必要性が優先するという「戦数論(Kriegsrason)」を援用して、大量の捕虜・便衣兵の殺害は危機回避
 のため正当であると主張する論もあるが、多くの国際法学者はこの「戦数論」に反対している。立作太郎もこれを
 認めることは、「戦時法規の自殺に外ならぬ」と言い、さらにこの論は「交戦法規全般の拘束力を微弱ならしむる
 ものである。此説はドイツの一部の学者の唱道する所に止まり、国際慣習法上に於て認められたる所ではない
 のである」と論じている。南京占領時の日本軍は、当時の「戦闘詳報」・「陣中日誌」・将兵の日誌などを見る限り、
 捕虜や便衣兵を殺害しなければならないほど、危機に瀕してはいなかったのである。したがって、たとえ軍事的
 必要 ( 危機 ) 論が一部に認められていたとしても、この論は適用できないと言わざるを得ない。

『戦争法の基本問題』田岡良一 国際法学者 岩波書店 1944年 P122
 従って「戦数は否定されていない」と主張する場合でも、それは必ずその正当化となる根拠を示した上で主張され
 なければならず、ここで否定された肯定論とても「緊急権」を根拠としているように、単に「戦数によって戦争法を
 逸脱出来る(ことは否定されていない)」などと主張することは許されるべきではないと思う。

『国際法辞典』筒井若水 国際法学者 有斐閣 1998年 P72
 クリークスレーゾン 独Kriegsrason
 第一次大戦前に主としてドイツの学者によって唱えられた考え方であるが、戦争法はそうした必要を既に組み込ん
 だものであり、濫用を正当づけるための口実として使用されるおそれがあるとして批判が多い。

『現代戦争法規論』足立純夫 国際法学者(国際人道法) 元防衛大学教授 啓正社 1979年 P28
 第1次及び第2次世界戦争を通じて、Kriegsraisonの主張及びその実行はしばしばドイツ軍により行われた。国際
 法学者の大部分は既に第1次世界戦争以前からこの主義に反対している。

『オッペンハイム国際法論 第3版』ロナルド・F・ロクスバーグ 1920年
 「投降者の助命は、次の場合に拒否しても差支えない、第一は、白旗を掲げた後なお射撃を継続する軍隊の将兵
 に対して、第二は、敵の戦争法違反に対する報復として、第三は、緊急必要の場合において、すなわち捕虜を収容
 すれば、彼らのために軍の行動の自由が害せられて、軍自身の安全が危くされる場合においてである」
南京戦前の第4版(1926年)では「第三は、緊急必要の場合において・・・」以降の部分は削除されています。つまり、
南京戦の時点で緊急必要の場合(軍事的必要)における助命拒否は国際慣習法として認められていなかったのです。

78 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:35:25 ID:YYLCOsnk
G 捕虜は戦時復仇の対象として殺害したと考えられますか?
 Ans.考えられません。戦時復仇は交戦相手に戦争法規を将来遵守させる目的に限り、戦争法規の禁止または
制限に反する措置を許されるというものです。国民党軍が南京から撤退している状況下では交戦相手に対し、戦争
法規を将来遵守させるという目的を失っています。交戦相手が復仇の措置を知りえない場合、復仇を行う事はでき
ないのです。復仇自体は南京戦時に認められた行為であり、現代の国際法においても復仇として行われる行為の
違法性は阻却されますが、復仇に至る過程と復仇の手段及び範囲は理に適っていなければならないのです。
下記を参照下さい。

『現代国際法入門』エイクハースト・マランチェク 成文堂 1999年 P573
 復仇は、国に戦争法の遵守を強制する、延いては実際上国際法一般の遵守を強制する主要な手段の1つであ
 る。 復仇は、通常は違法行為であるが、しかし復仇が向けられる国が行った先行違法行為より合法とされる行
 為である。すなわち、それは、先行違法行為に対する一種の返報である。復仇は、他の救済手段(たとえば、抗
 議および警告)が失敗に終わったときにはじめて使用される。

『戰爭と國際法』立作太郎 国際法学者 東京外交時報社 1916年 P35-38
  戰時復仇は戰時に於て行ふものであつて、敵國政府叉は軍隊の交戦法規違反の行爲叉は敵国私人の不正
 なる敵對行爲に應じて、敵國、敵軍叉は敵人に對して加ふる所の惡報である。理論としては、敵をして將來に於
 いて交戰法規を遵守せしめ、若くは不正の敵對行爲を行はざらしむる目的を以て、叉は敵の既に行ひたる交戰
 法規違反の行爲、若くは其他の不正の敵對行爲の結果を復舊し、不正行爲を行へるものを處罰せしむる目的
 を以て行ふべきものと爲すのが、學者の唱ふる所であつて許多の學者は戰時復仇が交戰法規違反の救済の
 手段としてのみ之を認むのであると稀するのである。(略)
  交戰國の一方が交戰法規に違反せる場合に於て、他方の交戰國は交戰法規の遵守の義務を解除せらるる
 者であるか否かは一の問題である。或る學者は一方の違反は他方の交戰者に對して、交戰法規を遵守するの
 義務を解除すると爲すのである。(リユーダー・ホルツエンドルフ 國際法提要第四巻二五五頁)若し此の説が正
 しいとすれば、復仇手段は對手國の違反行爲の救済の目的を以て之を行ふに限らずして、苟も對手國に交戰
 法規の違反あれば此方も亦交戰法規違反の行爲を行ひ得ると爲さねばならぬ。併しながら假令對手國が違反
 行爲を行ふも、直ちに此方の交戰法規遵守義務が解除せらるるのでは無くして、其の救済を求むるを得るに至
 るのみであるとの説が最も有力なのである。(ウエストレーキ 國際法戰時一一四頁)此等の見地より見れば復仇
 は對手國をして將來に於て交戰法規を遵守せしめ、若くは敵の己に行へる交戰法規違反の行爲の結果を復舊
 せしむる目的を以て行ふべきものであると言はねばならぬ。

79 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:36:05 ID:YYLCOsnk
H 捕虜と俘虜の違いは何ですか?
 Ans.戦前は捕らえた者を総称して捕虜と呼んでいました。捕虜のうち、公式に扱われる者は俘虜と呼ばれます。
また、「戦地において虜となるのは捕虜といい、相手国において拘束されるものを俘虜という」(秋月達郎)とする解
釈もあります。戦後は俘虜という言葉が使われなくなった為、従来の意味の俘虜であっても捕虜と記される事が多
くなっています。戦前の捕虜と俘虜の使い分けの例が下記文章です。

飯沼守少将日記(上海派遣軍参謀課長) 1937年10月9日 『南京戦史資料集』 P142
 歩戦協同不十分なり(敵の夜襲に追踉する夜襲)“俘虜”を作る如くす敵動揺の兆あるに乗し来る者は“捕虜”と
 すへし、彼等は日本軍に捕らわれは殺さると宣伝しあり之を是正すること

尚、南京戦2ヶ月前に俘虜の扱いに関する訓令が発せられていました。

戦闘二関スル教示 上海派遣軍第十三師団司令部 1937年10月9日 『南京虐殺の徹底検証』 P93,94
 11、俘虜ノ取扱二就テ
 多数ノ俘虜アリタルトキハ、之ラ射殺スルコトナク、武装解除ノ上、一地ニ集結監視シ、師団司令部二報告スル
 ヲ要ス。又、俘虜中、将校ハ、之ヲ射殺スルコトナク、武装解除ノ上、師団司令部二護送スルヲ要ス。此等ハ軍
 ニ於テ情報収集ノミナラズ宣伝二利用スルモノニ付、此ノ点、部下各隊ニ、徹底セシムルヲ要ス。但シ、少数人
 員ノ俘虜ハ、所要ノ尋問ヲ為シタル上、適宜処置スルモノトス。

しかし支那事変は日本側・国民党側双方とも、戦争ではなく地域紛争であるという立場を採っていた為、上記の訓
令が発せられた後、俘虜の名称を努めて避ける様、下記の通達が出されました。厳密に言えば、戦争ではないの
で俘虜という名称は使えなかったわけです。

交戦法規ノ適用二関スル件 次官通牒陸支密第一七七二号 1937年11月4日 『南京戦史』 P339
 日支全面戦ヲ相手側ニ先ンシテ決心セリト見ラルルカ如キ言動(例へハ戦利品、“俘虜”等ノ名称ノ使用或ハ軍
 自ラ交戦法規ヲ其ノ儘適用セルト公称シ其ノ他必要己ムヲ得サルニ非サル二諸外国ノ神経ヲ刺戟スルカ如キ言
 動)ハ努メテ之ヲ避ケ

これらの経緯は、南京事件の史料を読み解く上で知識として頭の片隅に置いておかれる事をお勧めします。

80 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:36:21 ID:YYLCOsnk
まとめ
 南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑です。敵拘束兵の処刑記録は探せばいくらでも出てきます。それでも
犠牲者が3万人を越える事はないでしょう。3万人以下とはいえ、これだけの人数を無裁判で処刑すれば虐殺
と呼ばれても仕方がありません。
 しかし否定派は当時は他国の軍隊も捕虜を無裁判で処刑していたと反論をします。他国もやっていたとすれ
ばその国も虐殺をしていた事になるだけで、他国もやっているからいいという事にはなりません。対手国が戦争
法規を無視してるとしても文明国である日本は遵守義務があるのです。単なる手続き上のミスである、処断が
処刑とは限らないという反論に至っては愚の骨頂というしかありません。もはや否定派の反論は肯定派の主張
を歪曲するか、肯定派を十派一絡げにし、市民大量殺害の記録は無いから南京事件は無かったと言い張るし
かないのです。そうしなければ中間派(中・小虐殺派)に言い返す言葉が無いからです。市民にも相当の犠牲が
あったでしょうが戦争である以上、市民の犠牲者は出ます。しかし組織的に市民を殺害した証拠はないので市
民殺害を以って南京事件の本質とする理由がありません。肯定派でも市民大量殺害説を唱える者は少数です。
否定派は存在しない大虐殺肯定派に対しシャドウボクシングをしているのです。また、広島・長崎への原爆投下、
都市への空襲の方がはるかに残虐であり大犯罪と言いいます。これには同意しますが、だからと言って南京で
日本軍が犯した犯罪が相殺されるわけではありません。戦争犯罪はどれも酷く、南京事件もその中の一つです。
 前掲した様に、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようと試みても、学者・有識者の見解はことごとく裁判は
必須との事です。もはや無裁判処刑合法論は破綻し、この期に及んで合法論を唱える者は無教養と言わざるを
得ません。追い込まれた否定派の中には裁判が在ったと主張する者も居ます。裁判が在ったとする根拠は、無
裁判で処刑された証拠が無いからと主張する有り様です。処刑の記録があり、その処刑に対しての裁判記録・
証言が無いのだから自明なのですが決して認めません。およそ論理的とは言えない主張です。或いは詭弁と知
りながら言っているのです。
 別の観点から見れば、否定派は信じたい事以外は認めない思考停止状態に陥っていると言えます。その傾向
は無裁判処刑合法論以外でも、証言についての反応で見られます。例えば処刑を見たという証言は検証できない
と言い、処刑など見た事もないという証言は無条件で信じます。当たり前の話です。処刑は城外で行われました。
城内に居た者は見れる訳がありません。また、処刑の場に立ち会った者は日本軍の中でも僅かであろう事も付け
加えておきます。処刑を見た者と見なかった者、相反する立場が共存していても矛盾しません。
 他にも、陥落直後に城内で飲食店や露店が営業していたから南京は平和であった、だから虐殺など在り得ない
と言います。しかしこれも城外での処刑が無かった証拠にはなりません。このように否定派の主張は全く非論理的
であり、2択にならない条件を2択に誘導し、虐殺は無かったと詭弁を使います。証言は証拠にならないというの
なら、一切の証言を無視すべきです。持論に都合のいい証言は信じ、そうでないものは切り捨てるといった手法
では、その史実探求に誠実さは望めません。日本が過去において過ちを犯したと思いたくないのは判りますが、
史実の探求に感情論を持ち込んではいけません。

81 :<:2011/01/30(日) 23:39:54 ID:VJfGzxDM

スレ立て乙・・・(´・ω・`)∩

82 :<:2011/01/30(日) 23:40:46 ID:VJfGzxDM
>>80
 【 チ ン カ ス K - K が 回 答 で き ず に 涙 目 で 脱 糞 し た 質 問 ♪・・・(・∀・) 】
   ======南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪======

●この質問に対し、チンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "Yes" と答えることができません♪・・・(・∀・)
  下記肯定派のオナニー(※自己解釈)ソースは、"南京戦において、安全区に逃げ込んでいた便衣兵は戦争犯罪者で
  はない"と主張しております♪ また、中国系の団体ともつながりがある大虐殺肯定派は、南京戦における便衣兵を戦
  争犯罪者と解釈するワケにはいかないのです♪・・・(・∀・)

  |http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage
  |南京城内の「便衣兵」とは、一般の兵士が逃げ場を失い、日本軍に捕獲されても殺されると考えて、軍服を脱いで、市民に紛れ
  |込もうとしたものであった。・・・南京城内には「便衣の兵士」はいたが、「便衣隊の隊員である兵士」はいなかったと考えられる。
  |http://kknanking.web.infoseek.co.jp/aandv/ilow01_03.htm
  |本来の意味である「分散し、かつ移動性の高い軍事組織が軽火器を使用して奇襲・待ち伏せ等によって行う交戦行為(『国際法
  |辞典』より)」を行うという意味での「便衣兵」ではありませんでした。
  |http://www.nextftp.com/tarari/sonzaisinai1.htm
  |「便衣兵なるものの史料はなく、便衣兵はいなかった」というのが史料の検証の結論です。

●同時にチンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "No" と答えることもできません♪・・・(・∀・)
  "No" との認識を示してしまうと "戦争犯罪者ではない" との結論になり、肯定派にとって唯一の頼みの綱である下記立氏見
  解文を引用できなくなってしまいます♪・・・(・∀・)

  |『戦時国際法論 立作太郎著』
  |凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

  ■上記の立氏見解文は 【 戦争犯罪者を対象としたもの 】 である以上、引用する事はできません♪・・・(・∀・)
   つまり安全区に逃げ込んだ便衣兵に対しては 【【【 審問 】】】 すら必要ないのです!♪・・・(・∀・)
   また、戦争犯罪者ではないのなら 【 裁判にかける事もできない 】 のです♪・・・(・∀・)

●以上より、"Yes" とも "No" とも答えられないチンカスK-Kの 【 論理破綻 】 が確定する事になります♪・・・(・∀・)
  同時に回答不能故 【 南京戦における便衣兵を処刑するには裁判が必須だった 】 の 【 論理破綻 】 も確定します♪

83 :<:2011/01/30(日) 23:42:29 ID:VJfGzxDM
>>80
●前の質問レスに対する "必死の質問逸らしレス" wwwwww

  >http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/153
  >>敵対行為をしてなかった ”南京戦での便衣兵” は ”戦争犯罪者” ですか?w
  >の答えは、色摩見解では狭義の便衣兵が戦時犯罪者となり広義の便衣兵は戦時犯罪者にならない。秦見解では狭義であっ
  >ても広義であっても戦時犯罪者だな。答えが異なるから狭義か広義か先に言えと書いておいたのに最後まで答えない馬鹿め

  ■"Yes" か "No" で答えられる質問なのに、意味不明なカテゴリーを "捏造" し、回答を拒否w
   更に、"南京戦において安全区に逃げ込んだ便衣兵" が、どのカテゴリーに属するのかも回答しないままwwwww

●逃亡したチンカスK-Kは、もはや完全に "パブロフの犬" と化しておりますwww
  下記質問をぶつけた瞬間、パブロフの犬スイッチが入り "脱糞" してまうのですwwwwwwwwwwwwwwwww

 【 チ ン カ ス K - K が 回 答 で き ず に 涙 目 で 脱 糞 し た 質 問 ♪・・・(・∀・) 】
   ======南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪======

●キチガイがまた "コピペ" しちゃったYO〜〜〜♪・・・(・∀・)
  壊れたコピペを壊れた肯定派がまたやっちゃったYO〜〜〜♪・・・(・∀・)

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

84 :<:2011/01/30(日) 23:51:30 ID:VJfGzxDM

      ≪ "歴史学会最凶池沼ドラゴンウンコ秦逝く彦" の自己解釈・・・(´・ω・`) ≫ 

  |『昭和史の論点』秦郁彦 歴史学者(日本近代史)・法学博士 2000年 P96,97
  |南京事件の場合、日本軍にもちゃんと法務官がいたのに、裁判をやらないで、捕虜を大量処刑したのが
  |いけないんです。捕虜のなかに便衣隊、つまり平服のゲリラがいたといいますが、どれが便衣隊かという
  |判定をきちんとやっていません。これが日本側の最大のウイークポイントなんです。・・・捕虜の資格がある
  |かないかはこの際関係ありません。その人間が、銃殺に値するかどうかを調べもせず、面倒臭いからせず
  |にやってしまったのが問題なんです。

        ↓↑

  |秦郁彦ですがw 『昭和史の論点』 文芸春秋 P96-98
  |南京でも、    【【【 形式的にせよ軍律裁判を開けば問題はなかった 】】】  はずです。
  |ところが、松井石根軍司令官以下、軍律裁判に無関心だったというのは、なんとも理解に苦しみます。

  ※『形式的』 ⇒ 『形式だけを重んじ、内容を問題にしないさま。「―な答弁」⇔実質的。』

●日本軍による便衣兵捜索を "日本側の最大のウィークポイント" と評した秦逝く彦が、その一方、【 形式的にせよ
  軍事裁判を開けば問題はなかった 】 としてミラクル解釈が全く理解できない・・・(´・ω・`)

  "捜索はいい加減であってはならないが、裁判なら形式的なものでよい・・・by 秦逝く彦"

          ■コイツ、ホントに "法学博士" ????・・・(´・ω・`)

●更に秦逝く彦のチン論は続く・・・(´・ω・`)

  |〔決定版 「南京事件」最新報告 問題は「捕虜処断」をどう見るか〕 『諸君!』2001年2月号の秦の発言
  |捕虜としての権利がないから、裁判抜きで殺していいということにはならない。自然法に照らしても不法でしょう。

  ■形式的な軍事裁判は "自然法に合致する" と言うワケか?どんだけ "トンデモ" なんだよコイツは?・・・(´・ω・`)

85 :日出づる処の名無し:2011/01/30(日) 23:56:13 ID:ZZAFu01d
だわな君は戦闘での敵兵殺害と拘束した兵の殺害の区別が未だにできない池沼だからな
南京大虐殺の定義は何かと問い続けるのもだわな君
定義が何であれ在った事にはかわりないと論破されても言い続けてます
罵倒する語彙は宗教サヨク、イチャモン・チンカス・シナ人しか無かったが最近チョーセンウヨクという言葉を覚えました

86 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 00:21:41 ID:NdTdtbBL
>>85
>だわな君は戦闘での敵兵殺害と拘束した兵の殺害の区別が未だにできない池沼だからな

つまり肯定派の主張する南京大虐殺とは『軍人が死亡した事』でFA?www

87 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 00:36:47 ID:tgvLmWih
【命題】
紅卍字会埋葬記録だけで女子供の数は全てか?
【結論】
各種史料とつき合わせても、紅卍字会の埋葬記録にある女子供の数では明らかに足りない
これは紅卍字会の記録以外の埋葬があった事は確実である事を示唆する
それ以外の可能性としては、紅卍字会がきちんと女子供の数をカウントしていなかった、くらいである

■女子供の死者数が異常に少ない資料
紅卍会の埋葬記録・・・41,278人中95人(0.23%)

■女子供の死者数がそこそこある資料
崇善堂の埋葬記録・・・112,267人中2904人(2.59%)
※男女共に重複があるとしても、それなりに女子供の死者があった参考にはなります

南京市衛生局埋葬隊・・・9118人中323人(3.54%) ※男・女・子供の項で計算
http://kknanking.web.infoseek.co.jp/mondai/maisou/suzendou.html
(注記)27年5月以降の女子供の死者数が28年より遥かに少ないにもかかわらず、
27年を通して28年より2倍死んでいるものとして否定派が計算し、数字を捏造する反論レスがありますが笑ってあげましょう

南京大虐殺記念館にある万人杭の一つ・・・約2800人中児童16人
(注記)記念館のある上新河地区で紅卍会の埋葬全部足しても子供は16人にならない
否定派にできる反論はとにかく捏造だと強弁するくらいなので、生暖かくスルーしましょう

■女子供の数が多い資料
スマイス調査(市部)・・・3400人中1000人(29.41%) ※女のみ、行方不明(大半は男)4200人除く
スマイス調査(農村部)・・・26870人中4380人(16.30%) ※女のみ
(注記)スマイス調査は市民限定調査で、それとは別に大量の軍人捕虜など含む埋葬は、当たり前ですがかなり男性比率が高くなります
 ここでは、比較ではなく、単に調査報告の内容からも、紅卍字会の女子供数が明らかに足りない事を理解できればよい

■女子供の死者数が不明な資料 紅十字会の埋葬記録・・・22683人 同善堂・・・7000人

☆他に、紅卍会の記録では、戦場となっていた場所での埋葬記録が全てカバーできていない

88 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 00:38:55 ID:tgvLmWih
こいつが確認できる情報源は、結局出てきそうにないなあ
やっぱり口からでまかせってことかいなw

50 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/30(日) 21:09:51 ID:W8oTbs4q [2/2]
>>47
たしか、東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している

89 :<:2011/01/31(月) 01:32:30 ID:UConc5a7

               久々の ≪ オイラ見解「戦闘詳報」 ≫ ・・・(´・ω・`)∩

●この戦闘詳報は秦が "第一大隊のものであり、軍命による捕虜殺害の証拠" として解釈して以降、長い間肯定派に
  とって唯一の "捕虜殺害は軍命によるもの(=組織的なもの)だった" の根拠にされてきた・・・(´・ω・`)

  ■まずは66連隊が捕えた捕虜の総数を確認すると、下記より合計 【 約1654人 】 だったという事が判る・・・(´・ω・`)

  |『南京事件 秦郁彦著 P156-157』
  |第一大隊の戦闘詳報によると、最初の捕虜を伝令に使って、「投降すれば助命する」と伝えたところ、ぞろぞろと出てきた
  |もので、総数は一三五四人を数えた。この捕虜は蒋介石直系の八十八師団らしく、「装備良、手榴弾豊富」で、雨花台の
  |猛抵抗もさぞかし、と思われたが、目撃した藤沢藤一郎上等兵の回想では、半数以上が民兵だったらしいという。

  |C:http://megalodon.jp/2011-0103-0402-33/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49127.jpg
  |■【五.】午前七時〇分予定の如く行動を起し機関銃を斉射して連隊主力の城門進入を援護すると同時に当面の掃蕩
  |開始又午前七時四十分頃日の出を見るや全軍一斉に立ち上り万歳を唱へ遙かに皇居を遙拝し感激にひたる 掃蕩愈
  |々進捗するに伴ひ投降するもの續出し午前九時頃迄に 【 三百余名 】 を得、友軍砲弾は盛に城内に命中するを見る

●そして、"秦解釈" によれば、この捕虜達に "過酷な運命" が見舞い、皆殺しになったとされている・・・(´・ω・`)

  |F:http://megalodon.jp/2011-0103-0405-38/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49130.jpg
  |■【八.】イ.旅団命令により捕虜は全部殺すべし 其の方法は十数名を捕縛し逐次銃殺しては如何

  |『南京事件 秦郁彦著 P157』
  |・・・・この間に捕虜の上に過酷な運命が見舞う。

●この解釈の 【 矛盾 】 を曝す事にする・・・(´・ω・`)

90 :<:2011/01/31(月) 01:33:11 ID:UConc5a7

●まず、捕虜殺害の状況を見てみてる・・・(´・ω・`)

  |F:http://megalodon.jp/2011-0103-0405-38/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49130.jpg
  |G:http://megalodon.jp/2011-0103-0406-36/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49131.jpg
  |■【九.】右命令に基き兵器は第一第四中隊に命じ整理集積せしめ監視兵を附す
  |午後三時三十分各中隊長を集め捕虜の処分に附意見の交換をなしたる結果、各中隊(第一第三第四中隊)に等分に分
  |配し監禁室より 【 五十名宛連れ出し、】 第一中隊は露営地南方谷地第三中隊は露営地西南方凹地第四中隊は露営
  |地東南谷地附近に於て刺殺せしむることとせり但し監禁室の周囲は厳重に警戒兵を配置し連れ出す際絶対に感知されざ
  |る如く注意す各隊共に午後五時準備終り刺殺を開始し概ね午後七時三十分刺殺を終り連隊に報告す

  ■しかし、第1大隊第4中隊第1小隊長代理小宅伊三郎曹長及び戦闘詳報を所有していた藤沢上等兵も捕虜殺害の事実を全く
   知らず、この事から各中隊から何名かが選出され刺殺が実行されたと思われ、大多数の捕虜を一度に刺殺できる状況では
   無かった事も確認できる・・・(´・ω・`)

  【矛盾@】:上記には 【  五十名宛連れ出し 】 殺害した事が記載されているのみで他の捕虜がどうなったかまでは書かれて
  いない。また、仮に全ての捕虜を殺害したとするなら、一度に連れ出した捕虜の人数が50人程度である事から約1654人を殺害
  するためには30回以上捕虜を連れ出し殺害する必要がある。しかも、午後五時〜午後七時三十分までの 【 二時間半 】 で
  実行する必要がある・・・(´・ω・`)



91 :<:2011/01/31(月) 01:34:26 ID:UConc5a7

●戦闘詳報の後半を見てみると、下記記載を確認する事ができる・・・(´・ω・`)

  |I:http://megalodon.jp/2011-0103-0408-40/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49133.jpg
  |■【十三.】南京を死守せし敵は我が連隊の猛攻に依り 【 捕虜一千数百名を残し 】 本十三日午前十一時三十分南門
  |を奪取次いで掃討隊をして指定区域を掃討し残敵約百名を倒し南京を明朗化せり
  |■【十四.】十日攻撃開始以来当大隊正面に遺棄せる敵の遺棄死体は千四百余名と推定す

  ■上記【十三.】及び【十四.】では、これまでの南京戦の総評的な記載となっている。その記載に 【 捕虜一千数百名を残し 】
  と書かれており、この捕虜をその後全て刺殺した等の記載が無い・・・(´・ω・`)

  【矛盾A】:下記一覧には 【 俘虜合計:1657人 】 が記載されている。全員刺殺したのなら、【 俘虜 】 として記載している意
  味が判らない。また、全員を刺殺したのなら当然戦場に 【 遺棄 】 されているハズなのだが、その総数は 【 1400人 】 でし
  かなく、全ての捕虜を殺害した人数(=約1654人)と一致しない・・・(´・ω・`)

  |Jhttp://megalodon.jp/2011-0103-0409-48/www.katsakuri.sakura.ne.jp/src/up49134.jpg

●【オイラ結論】:本戦闘詳報記載からは、殺害した捕虜の人数は 【 連れ出した五十名 】 以外には確認できない・・・(´・ω・`)

秦ってホントに "歴史学者" ???・・・(´・ω・`)

92 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 02:26:05 ID:oDktn7wx
>>91
つうかね、フル装の歩兵が刺殺って所から嘘だと判るよね
小銃全員持っているのに、何故敵の反撃を食らう恐れがある刺殺をするんだ?
万が一「銃弾はどうした?」と聞かれた時の言い訳じゃないかと邪推するな

93 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 02:30:24 ID:oDktn7wx
>>91
あ、遺体の内訳のうち「戦闘時の死者」の分忘れてますよ

94 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 02:37:28 ID:6i3LIdu1
>>68
テンプレをHP含めて隅から隅まで読んでからこいw

95 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 06:23:27 ID:6i3LIdu1
>>47
常識で考えて

 実際に足を運んで実地調査をしたスマイスが 加害者について 日本軍の にの字も書いていないのに

ベイツがまえがきで 日本軍のせいにしたらそっちが信憑性があるって考えるやつのあたまはおかしいだろw

96 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 06:39:33 ID:6i3LIdu1
>>23
さらに 金陵女子大学 は いろいろと胡散臭いので 下記も注意して、ある種のバイアスがかかっていることを推測して物事を判断しないとな


1938.1.4 NYタイムス
元支那軍将校が避難民の中に 大佐一味が白状、南京の犯罪を日本軍のせいに
南京の金陵女子大学に、避難民救助委員会の外国人委員として残留しているアメリカ人教授たちは、逃亡中の大佐一味とその部下の将校を匿っていたことを発見し、心底から当惑した。
実のところ教授たちは、この大佐を避難民キャンプで2番目に権力ある地位につけていたのである。
 この将校たちは、支那軍が南京から退却する際に軍服を脱ぎ捨て、それから女子大の建物に住んでいて発見された。
彼らは大学の建物の中に、ライフル6丁とピストル5丁、砲台からはずした機関銃一丁に、弾薬をも隠していたが、それを日本軍の捜索隊に発見されて、自分たちのもであると自白した。
 この元将校たちは、南京で掠奪した事と、ある晩などは避難民キャンプから少女たちを暗闇に引きずり込んで、その翌日には日本兵が襲ったふうにしたことを、アメリカ人や外の外国人たちのいる前で自白した。
この元将校たちは戒厳令に照らして罰せられるだろう。


1938.2.17 大阪朝日
皇軍の名を騙り 南京で掠奪暴行 不逞支那人一味捕る
【同盟南京二月十六日発】
皇軍の南京入城以来わが将兵が種々の暴行を行つてゐるとの事実無根の誣説(ぶせつ)が一部外国に伝わつてゐるので在南京憲兵隊ではその出所を究明すべく苦心探査中のところこのほど漸くその根源を突き止めることが出来た。
右は皇軍の名を騙って掠奪暴行至らざるなき悪事を南京の避難地域で働いてゐた憎むべき支那人一味であるが憲兵隊の活躍で一網打尽に逮捕された。
この不逞極まる支那人はかつて京城において洋服仕立を営業、日本語に巧みな呉堯邦(二十八才)以下十一名で皇軍入城後日本人を装ひわが通訳の腕章を偽造してこれをつけ、(略)の三ヶ所を根城に皇軍の目を眩ましては南京区内に跳梁し強盗の被害は総額五万元、
暴行にいたつては無数で襲はれた無辜の支那人らはいづれも一味を日本人と信じきつてゐたため発覚が遅れたものであるが憲兵隊の山本政雄軍曹、村辺繁一通訳の活躍で検挙を見たものである。
一味は主魁呉堯邦のほか……の十名でいづれも皇軍の入城まで巡警を務めてゐた。


97 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 07:34:18 ID:jJeA2LGO
【肯定派FAQに対するカウンターテンプレ】


@ 便衣兵とは何ですか?
Ans.一般市民と見分けのつかない服装で攻撃を行う兵士の事です。
 【肯定派FAQに対する注意点】広義・狭義を無意味に分け、読み手を混乱させる意図があります。
どちらにしても交戦資格を有するべき4条件を欠く者で、捕虜たる資格はありません。

A 便衣兵は捕虜になれないのですか?
Ans.なれません(=日本軍は便衣兵を捕虜とする義務はありません)。
 【肯定派FAQに対する注意】 但し、敵軍が任意に捕虜の資格を与えることができますが、極めて例外的な場合に限られます(ex軍の有力な情報との引き換えに捕虜資格を与える等)。
 原則と例外を意図的に逆にしており、読み手にミスリードを起こさせようとする卑劣な表現技法を用いています。
  また、便衣兵(=交戦資格を有しない者)が捕虜の権利を有しないことはハーグ1条本文(交戦資格4条件を有する者がハーグの権利を有する)にて明確に規定されています。
  さらに、捕虜になれた者に対しては即決処刑はできないと主張しているが、捕虜になれない者は即決処刑できることを自白しています。
  言うまでもないことですが、批准していない条約が効力を持つことはありません。

98 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 07:35:25 ID:jJeA2LGO
B便衣兵を捕らえた場合は即決処刑(無裁判処刑)してよいのですか?
Ans.まず、即決処刑は、無裁判処刑ではありません。軍律審判の一つであり、当然に認められています。肯定派がしなければならないとしている裁判とは、じつは、即決裁判であり、その判決に基づく処刑が即決処刑です。
  肯定派は、一般人の無知に付け込んで、即決処刑があたかも違法な手続であるかのような印象を与える極めて巧妙で悪質な表現技法を用いています。またハーグ条文の解釈がデタラメです(後述)。
 
【肯定派FAQに対する注意】以下の肯定派の記述を【】に注意して読んでみてください。
 >便衣兵(交戦者資格無き者)であっても【背信の行為を以って殺傷する事】はできない。
 何かおかしくありませんか?
 背信の行為を以って殺傷する事とは、一般市民を装って攻撃を加える便衣兵そのものではありませんか?
 この背信行為を行っている便衣兵が、ハーグの法的保護を受ける。そんな解釈したらどうなると思いますか?
 みんな便衣兵となってやりたい放題ですよね?つまりハーグの23条ロを規定した意味がなくなってしまうのです。
 このように、素人が少し考えれば当然にわかるような誤った解釈をさも息を吐くようにしれっと、肯定派がさも完全に正しいように表現します。悪質極まりないですね。
 また、そもそも軍人として投降すれば捕虜の資格を得られるのに、便衣兵が本心で投降するというのは、まずありえないことです。なぜなら、便衣兵は一般人を擬制して隙があれば攻撃する者ですから、投降を擬制して攻撃する可能性も十分にあるからです。

 さらに、第23条チの解釈ですが、日本軍は第23条チに該当する宣言を行ったことは歴史上ありません。とある国がとある国に対しその国の憲法を廃止して、国民が誰も投票しないで新憲法を制定したという暴挙も行ったことはありません。

 なお、指揮官の命令によらず、個人の意思によって便衣兵になった場合その全員を裁判にかけることは不可能です。
法の一般原則として、法は不可能を強いないというものがあります。たとえば、嘘をついたら者は死刑という法律があっても法律は無効であり、嘘をついてもそれは合法となります。
この点について原剛の事実認定(全員の裁判は不可能)は別として、法律解釈(だからといって合法ではない)は誤っています。

99 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 07:36:35 ID:jJeA2LGO
C 便衣兵を捕らえた場合は本来どのように対処すべきだったのですか?
Ans.戦闘中においては、直ちに適当な処分をする事ができる。戦闘休止状態になったときは軍律によって裁判を行う。 

小川法務官の日記には、以下のように記されています。
「◎十二月一日
 中支那方面軍軍律、中支那方面軍軍罰令及ビ中支那方面軍軍律審判規則発令セラル…
 戦闘中ハ反逆者タル帝国臣民以外ノ人民ニ対シ直ニ之ニ適当ノ処分ヲ為スコトヲ得シモ
 敵国トノ戦闘休止ノ状態ニ至リタルトキハ戦争中ノ如ク適宜処分スルハ穏カナラザレバ
 一種ノ軍政タル本則ニ基キ軍律ニヨリ帝国軍ノ利益ヲ保護セントスル趣旨ニ出タルモノナリ」(p.90)
注:法務官とは、軍法(軍律)裁判において裁判官のような役割を担う人(法律のプロ)です。死刑廃止論者の学者1000人よりも死刑判決を下す裁判官が実際に行われている実務です。

【肯定派FAQに対する注意】肯定派の記述は戦闘休止状態になったときについての即決裁判についての記述です。
 南京においては、敵の司令官唐生智は、降伏や休戦などは一切せずに、逃げてしまっているので、残念ながら、戦闘休止状態ではありませんでした(>>11-12参照)。つまり、戦闘中であったため、直ちに適当な処分をする事ができる事になります。
 さらに、肯定派が要求している軍事裁判の目的は、敵軍の兵士の人権を保障するものではなく、軍律違反の者を【みせしめ】として処刑することによって、占領軍に抵抗することを防止し、占領軍の安全を図るために行われるものです(上記小川日記の最後の行参照)。
 実際には、戦闘終了後の1月には軍事裁判は行われています。

100 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 08:10:42 ID:jJeA2LGO
D 安全区で捕らえた便衣兵は文民保護というハーグ条約の主旨に反しています。即決処刑は合法になりますか?
Ans.即決処刑は、即決裁判によって科されるもので、陸軍軍法会議法で認められている以上合法です。
南京戦においては、中国軍は最後まで降伏しなかったため、1月の上旬まで、戦闘の休止はなされていません。

【肯定派FAQに対する反論】
>ハーグ陸戦条約のどこにも兵民分離について書かれた条文はありません。
まず、ハーグ第1条が兵民分離について明確に規定しています。
また、ハーグ第25条も兵民分離について書かれているものと言えるでしょう。非防守宣言をした都市は、軍事施設以外は、攻撃をしてはいけません。

>該当条文が無ければ、4条件違反以外の違反行為はありません。
まず、@便衣兵は、「便衣に着替える」行為によって1条の4条件違反以外に、自動的に、第23条のロの背信行為に該当します。
この背信行為の代表例は、降伏したと見せかけて攻撃をする行為がそれですが、非防守宣言(=あなたの軍隊に対しては一切の抵抗はしませんという宣言)したにもかかわらず、抵抗する場合に背信行為に該当します。
つまり、A便衣兵が、「安全区に侵入する行為」によっても背信行為が成立します。
これがどれだけ重要な背信行為かと言いますと、非防守宣言も無効となってしまい、安全区に対して、一般人を巻き込んでの無差別攻撃が可能になってしまうと言うことです。
(ちなみに、日本軍は安全区に対して、このような無差別攻撃は行っていません。参照「ラーベの感謝状」)
また、兵士にとっても、無防守地域に居ること自体が、戦時重犯罪を構成し、しかもその現行犯であると言うことです(=つまり直ちに処刑が可能)。

以上のような宣言違反によって強烈なペナルティが課せられるがゆえに、司令官は兵士に対して非防守地域には侵入しないよう厳命するなどして、非防守宣言は厳格に守られるのが通常です。
南京については、中国側の便衣兵の安全区侵入の他、戦場のど真ん中に安全区を設置するなど安全区委員会の管理も杜撰だったとしか言い様がありません。これらの責任こそ厳しく断罪されるべきでしょう。

101 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 08:12:36 ID:jJeA2LGO
E 捕らえた便衣兵は裁判後、処刑されたのですか?
Ans.100%確実な証明は、今となっては不可能ですが、状況証拠から即決裁判がなされた可能性が高いです。
ttp://www.geocities.jp/nankin1937jp/img062.gif
数千の便衣兵が捕らえられて、一人一人憲兵によって審問されている写真です。
(このような気の遠くなるような作業をきちんとこなす軍隊は世界中に存在しないでしょう)
即決裁判では、憲兵が取り調べに基づいて、上官が処罰を下す事ができます。
ちなみに、これら便衣兵が、処刑されたという事実も未だ100%証明されておりません。
南京では、捕虜の収容所がきちんと設けられており1万人前後の捕虜が収容されていました。


F 軍事的必要が在った場合は捕虜を殺害してよいとの学説がありますが南京戦時に適用できますか?
Ans.戦数論は、肯定論者・否定論者様々に存在していましたが、
  否定論者の間でも、捕虜の取り扱いにおいて以下の例外がある事は認めざるをえなかったようです。
 『オッペンハイム国際法論』
 「投降者の助命は、次の場合に拒否しても差支えない、
 第一は、白旗を掲げた後なお射撃を継続する軍隊の将兵に対して、
 第二は、敵の戦争法違反に対する報復として、
 第三は、緊急必要の場合において、すなわち捕虜を収容すれば、彼らのために軍の行動の自由が害せられて、軍自身の安全が危くされる場合においてである」

 オッペンハイムは否定論者の代表格であり、1919年に死亡しています。
 彼の死後、彼の弟子によって上記記述は削除されました。当然のことながら、弟子は国際法の最高権威ではありません。最高権威はオッペンハイム自身です。

 私見は、この生前のオッペンハイムの説を支持しています。当時、戦時国際法は未だ不十分な点があり、後にジュネーブ条約等で補完されていることも付言しておきます。


G 捕虜は戦時復仇の対象として殺害したと考えられますか?
Ans.復仇の可能性は排除されません。
 しかし、安易な復仇論に陥ることは、自身が不法行為を行ったということを認めることにもなります。
 支那事変以前から、中国側の便衣兵戦術や、中国の日本兵捕虜や在華日本人・親日中国人の虐殺は、頻繁に行われており、日本側としては当然に中国側に抗議していました。
 これらの事実は、常に指摘しておかなければ、歴史の真実は永遠に見えてこないでしょう。

102 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 08:12:50 ID:tgvLmWih
>>95
そんな常識ねえよwww

「東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している」

これが分かる本なり、URLなりを教えてくれよ
見てみるから


>>96
お前等、その捏造臭いニュースがほんと好きだな
王新倫事件は過少派の板倉ですら、大本営発表のでっち上げ臭いニュースだってのに
それを金陵女子大学が胡散臭いとか、陰謀に結びつけちゃう陰謀脳が
いかにもお前等らしくて哀れだよwww

103 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 08:16:31 ID:6i3LIdu1
>>102
だから テンプレきちんと読んでから ここに書き込めよ

トンデモ論 コピペして あらしてんじゃねーよw

104 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 08:34:08 ID:tgvLmWih
>>103
はいはい
誰にも認められず、くやしいですかあ?w

105 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:02:15 ID:oy+r6quN
南京大虐殺論争の勢力分布

●アナクロ大虐殺肯定派
二十万人以上
高崎隆治(戦争研究家)、南京事件調査研究会のメンバーである洞富雄 (早稲田大学教授)、藤原彰(一橋大学教授)[3]

十数万人以上
南京事件調査研究会のメンバーである笠原十九司(都留文科大学教授)、吉田裕(一橋大学教授)、井上久士(駿河台大学教授)、本多勝一(ジャーナリスト)、小野賢二(化学労働者)、渡辺春巳(弁護士)

●中間派
4万をかなり下回る
秦郁彦(現代史家・元日本大学教授・法博)

数千〜2万
『南京戦史』(偕行社)の編集に携わった畝本正己(元防衛大学校教授)、板倉由明(南京戦史編集委員・南京事件研究家)、
原剛(防衛研究所調査員・軍事史学会副会長)、中村粲(獨協大学教授)、北村稔(立命館大学教授)

※虐殺否定説・まぼろし説
上記南京戦史をベースとする解釈の中で、法解釈により日本軍は違法ではないとする解釈
田中正明 (元拓殖大学講師)、東中野修道(亜細亜大学教授)、冨澤繁信(日本「南京」学会理事)、阿羅健一(近現代史研究家)、
勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)、渡部昇一(上智大学名誉教授)、中川八洋(筑波大学名誉教授)、杉山徹宗(明海大学教授)
佐藤和夫(国際法学者・原剛氏が副会長を勤める軍事史学会の顧問)もここに属すると思われる。

秦氏にしても、一時は説得力ある説として「中間説=4万前後」が認められた時代があったと思っていたんだろう。
ところが、現代になって辺りを見回してみると、自分ひとりになっていた。誰も4万前後説に追随してこない。
説得力ある説は南京戦史をベースとした数千〜2万前後説になっていた。そこで南京研究者として生き残る為には2万の方に擦り寄らざるを得なかったと。
普通なら、「新史料は出現せず」と言うのなら自説を大幅に下方修正なんて絶対しないでしょうに。

106 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:03:04 ID:oy+r6quN
国際法学者の法見解

大虐殺肯定派も認める当時の国際法学者の権威 ラダ・ビノード・パール判事
判事が判断できた東京裁判での南京事件関連のAB級戦犯に対し、全て無罪と主張している
東京裁判の判決一覧
http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/sub13.html
パール判事は通例の戦争犯罪(B級)の訴因54・55も含めて無罪としています。

判事が判断できなかった東京裁判以外でのBC級戦犯に対しする判決にも批判的で、下記の言葉を残している。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1952_paru_nidome_rainichi.html
11月7日、福岡で「BC級戦犯者」の家族を前に、パール博士は沈痛な表情で以下のように述べた。
「"戦犯"といわれるが、決して犯罪者ではありません。全員無罪です。」
東京へ帰ると博士は、巣鴨プリズンを慰問された。巣鴨にはA級戦犯とBC級戦犯あわせて130名ほど留置されていた。
博士は「皆さんには何の罪もない。講和条約も終わった。講和条約が終われば、当然皆さんは釈放されるはずです。」

また、日本人では
二〇〇七年三月の「南京問題小委員会」に講師として参加された青山学院大学名誉教授で国際法が専門の佐藤和男博士は、
『偕行南京戦史』に記載されている捕虜の処断を検証した。
@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜数千人の処断。
以上、右列記した事例について佐藤博士は、いずれも戦時国際法違反でないと断定し、
【現在、南京問題研究者が素人判断で捕虜の処断を「虐殺」とする研究に対して苦言を呈していた】.(資料17)

107 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:05:57 ID:oy+r6quN
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359819/
でこれは何?

108 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:24:20 ID:oy+r6quN
さて、本来のスレ主さんが正統なスレを立て直すならそちらに移動しますけど?

このスレは「議論無用荒らし」隔離&クサレ脳みそが決定的に論破されて発狂したモニュメントとして
残しておきましょうかw

109 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:38:36 ID:oDktn7wx
>>108
107の奴とここは両方とも何時もの人が立ててくれたスレ
おそらく107の奴はスレタイ間違ったからこっちを立てたと思われる(番号はこちらが正解)
本人はこっちに誘導していたし、こっちが正統なスレですね

110 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 09:55:46 ID:oy+r6quN
>>44
具体的な理由は「正論」への寄稿にちゃんと書いてありますよww

111 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:11:42 ID:mAIlwhW0
事実上0人説と30万人説に拘る人の心理がよく分からん
両方資料を一切認めないで自分の想像だけで仮説を展開させてる

112 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:13:27 ID:mAIlwhW0
>>110
何年の何号?
図書館で借りる

113 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:40:15 ID:u1H1biuC
否定派は南京戦史の撃滅処断約一万六千名を否定してるのに
無罪だとなると肯定するんだな
分かりやす過ぎるくらい分かりやすい言動だ

114 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:41:17 ID:oy+r6quN
>>112
http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/satoukokusaihou.html
URLで検索したら魚拓が出てくる。

【その一は、「安全区」に遁入・潜伏して、便衣(民間人の平服)に変装した支那兵の摘出・処断である(その具体的な人数等に関しては、『南京戦史』 三四二〜三四三頁の第五表に詳しい)。】
のところ。

【その二は、戦闘中に集団で捕えられた敵兵の処断である。】
以下は具体例を挙げてはいないが、戦闘中の処断は違法ではないと言う見解。

115 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:49:06 ID:jJeA2LGO
>>113
意味不明w
撃滅処断約一万六千名を勝手に虐殺認定していた肯定派が
君のすぐ上にいるがw

116 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:50:36 ID:oy+r6quN
訂正。
具体例は『南京戦史』第五表を参照して、そこから戦闘中の捕虜処断の部分を見てくれということかな。
具定例を出していないのではなく、【詳細に触れていない】が正解。

その二は、戦闘中に集団で捕えられた敵兵の処断である。同じように戦闘中に捕えられながらも釈放された支那兵が多数いたことを見れば
(前出『南京戦史』第五表を参照)、日本軍の側に捕えた敵兵を組織的に絶滅させる計画的な意図が無かったことは明白である。
具体的な 熾烈な戦闘状況を調べてみると(本稿では詳述する余地がない)、日本軍の関係部隊には緊迫した「軍事的必要」が存在した場合の
あったことが知られる。


117 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 11:59:08 ID:mAIlwhW0
>>115
楷行社は撃滅処断一万六千人を違法とはしてない
想像だけで勝手にものをいうのはやめた方が良い

118 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:01:50 ID:jJeA2LGO
>>117
>楷行社は撃滅処断一万六千人を違法とはしてない

はあ???www
偕行社(字間違ってるし)は当・不当の判断してないというのはこっちの主張だwww
想像だけで勝手に虐殺認定してたのはお前だろwww

119 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:03:45 ID:oDktn7wx
>>111
否定説は2万弱の事件があったことを認めた上で、それが合法という主張
肯定派は、その2万弱を違法と言うだけならまだしも、それ以外の明らかに捏造された事件の存在を認めろと迫る

違法合法論争と捏造事件論争を同一視するのはおかしい、と言うか混同を狙っているだろあんたら

120 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:04:33 ID:mAIlwhW0
魚拓にあるの読んだが
これ昔からまぼろし派の一部が主張してる理論で
特に目新しいものではないよ
幕府山事件の資料も古いし
魚拓にある部分だけでは
南京戦史の非戦闘員被害で
安全区掃蕩作戦での非戦闘員殺害が
一番数としては多かったのではないか?
という記述をオミットしてるように見える
まあ今図書館に予約して全文読んでないが

121 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:06:11 ID:oy+r6quN
>>120
>幕府山事件の資料も古いし
ああ、先日の人でしたかwww

122 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:07:49 ID:mAIlwhW0
>>118
してないんだが…読解力が欠如してるか妄想癖が強いように見受けするが…
撃滅処断一万六千人になると必ず三三連隊事件は無かっただの
幕府山事件は捏造だの南京戦史の史料自体を否定する論調になる
撃滅処断は一万六千人でその違法性は不明
とする見解自体が否定される

123 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:08:33 ID:oDktn7wx
>>120
幕府山事件の遺体が消えた理由を結局説明できずに逃げた人ですね
古い新しい以前に物理的に無理があるんですよ、あなたの説は

124 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:09:05 ID:oy+r6quN
「先日の人」の見解
下記全て虐殺と言うことらしい

>>117
>楷行社は撃滅処断一万六千人を違法とはしてない
どの面下げて言っていますかID:mAIlwhW0

@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。(千人として計算)
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
ここまで合計12423人

D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜15000人の処断。
ここまで合計27423人。

125 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:09:09 ID:mAIlwhW0
>>119
だからそれすら否定するのが否定論者だと言ってるんだが

126 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:11:30 ID:oDktn7wx
>>125
あんたの言うとおりだとすると、ここに否定派は居ないことになりますがw
全否定する否定派とは何処に存在するんですか?

127 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:12:00 ID:mAIlwhW0
>>124
南京戦史366Pにはっきり
> 戦時国際法に照らした不法殺害の実数を推定したものではない。
と書いてありますが

128 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:14:07 ID:mAIlwhW0
>>126
過去ログ読めば嫌という程撃滅処断一万六千人の否定が出て来るんだが
今は居ないのかもね

129 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:14:53 ID:oy+r6quN
>>127
では質問。
・下記の人数はお前の主張と合致しているか?
・下記は違法な虐殺か?それとも不明か?

@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。(千人として計算)
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
ここまで合計12423人

D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜15000人の処断。

130 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:17:40 ID:LVNAdi1W
>>114
結局具体的な理由ではないし、ゆう氏の指摘に答えられてないじゃんw 以下思考錯誤からコピペ
http://www.geocities.jp/yu77799/sikousakugo1.html#5
>安全区に逃げ込んだ支那兵は、投降して捕虜になることもできたのに

まず、この大前提からしておかしい。私が「南京事件 初歩の初歩」で書いた通り。
さらに、投降しなかった中国兵は戦闘の意思があると見られても仕方がない、との論もありますが、これもまた当時の南京の事情を
理解しない暴論です。実際問題として、降伏した中国兵たちは、結局のところ最終的にはかなり高い確率で殺されてしまっています。
投降兵を平気で殺してしまう側が、「投降しない」ことを非難するのもおかしな話でしょう。
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/shoho.htmlということになるでしょう。
さらに、
>兵民分離が厳正に行われた末に、変装した支那兵と確認されれば、死刑に処せられることもやむを得ない。

というのもかなり無茶。「厳正に」なんか行われていません。実際には、多数の「民間人誤認」が存在していましたよね。

>多人数が軍律審判の実施を不可能とし(軍事的必要)

「不可能」だったら、いきなりまとめて殺す、なんて乱暴なことをせずに、そのまま捕虜しておけばよかった話。そうすれば、のちにあそこ
まで国際的非難を受けることもなかったでしょう。

おそらく佐藤氏の論のキーワードは、「軍事的必要」です。まさにこの「軍事的必要」を証明することが、佐藤説にとって肝要となるはず
なのですが、次の段落に唖然とさせられます。

  その二は、戦闘中に集団で捕えられた敵兵の処断である。同じように戦闘中に捕えられながらも釈放された支那兵が多数いたことを
 見れば(前出『南京戦史』第五表を参照)、日本軍の側に捕えた敵兵を組織的に絶滅させる計画的な意図が無かったことは明白である。
 具体的な 熾烈な戦闘状況を調べてみると(本稿では詳述する余地がない)、日本軍の関係部隊には緊迫した「軍事的必要」が存在した
 場合のあったことが知られる。
  『オッペンハイム 国際法論』第二巻が、多数の敵兵を捕えたために自軍の安全が危殆に瀕する場合には、捕えた敵兵に対し助命を認め
 なくてもよいと断言した一九二一年は、第一次世界大戦の後、一九二九年捕虜条約の前であって、その当時の戦時国際法の状況は、
 一九三七年の日支間に適用されるペき戦時 国際法の状況から決して甚だしく遠いものではないことを想起すべきであろう。

何とまあ、「本稿では詳述する余地がない」で終わってしまいました。これでは何の「証明」にもなりません。

131 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:18:58 ID:oDktn7wx
>>128
今居ない人を使って否定派叩きですかw、ホントあんたは姑息だよ
勿論その過去スレ出してくれるんだよねぇ

132 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:20:20 ID:oy+r6quN
>>130
悪いけど、ド素人の脳内妄想解釈なんてどうでもいいからwww

133 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:20:20 ID:mAIlwhW0
>>129
幕府山事件の被害者数はハッキリしない
もっと多かったという見解もあれば
逃亡してもっと減ってたという見解もある
ついでに実際は第三十旅団事件も処断数はもっと曖昧

撃滅処断一万六千人に関しては南京戦史と同じ立場をとってる
つまり違法かどうかの問題は考えてない

134 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:22:01 ID:oy+r6quN
>>133
では、日本軍による違法殺害は不明と言う立場か?
そうではないと言うなら、具体的事例と人数を提示すること。

135 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:23:09 ID:mAIlwhW0
>>131
撃滅処断一万六千人自体を否定してる人間が今居るかどうかなんて
超能力者でも無い限り分からんのだが
気に要らないからって一々いちゃもん付けられても困る

136 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:25:21 ID:oDktn7wx
>>133
お前幕府山事件は1万5千から2万と言っていたじゃないか
コロコロ主張変える奴の話など全く信用出来んわ

>>135
否定派の典型例として全否定する奴が居ると言っておきながらもう逃げるんですね
ホントお前は薄っぺらだよ

137 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:27:16 ID:mAIlwhW0
>>132
第七連隊事件は兵民分離を急速に行なうために
便衣兵ではない非戦闘員を殺害してしまった可能性があるというのは
当時の陣中日記にもある

撃滅処断一万六千人が合法であるという説に対する反論は
は吉田裕が色んな著書で書いてるのでそちらも参照されたし

138 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:27:38 ID:LVNAdi1W
>>132
その素人の指摘に答える事ができない馬鹿がよく言うわw 結局佐藤見解なんて法的根拠を書く事できない言いっぱなしの
見解じゃねーかw 流石ネトウヨ御用達学者だな。お前等とやってる事が同じw

139 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:29:17 ID:mAIlwhW0
>>134
明らかに違法なのは非戦闘員の殺害だと俺は思ってる
これは南京戦史だと約一万五千人という説を採用してるが
日本兵によるものなのか中国兵によるものなのかは不明

140 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:32:06 ID:oDktn7wx
>>137
混入した可能性は否定できないが、安全区委員会に混入の被害届が出ていないんだよね
たかが強姦では400件弱も出ているのに何故か答えられますか?
有ったとしても大した件数じゃないとしか言い様がない

141 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:32:53 ID:oy+r6quN
>>130
>「厳正に」なんか行われていません。
おや、言い切りましたねww
では、規準にもよらず選別されたと言う根拠を出してください。

1.げん‐せい【厳正】
[名・形動]規準を厳格に守って公正に行うこと。

>実際には、多数の「民間人誤認」が存在していましたよね。
これもちゃんと証明してくださいねww

>次の段落に唖然とさせられます。
勝手に唖然としていれば?ww

142 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:34:33 ID:oy+r6quN
>>139
>これは南京戦史だと約一万五千人という説を採用してるが
>日本兵によるものなのか中国兵によるものなのかは不明
じゃあ、日本軍に依る違法行為と断定できるものは無いということですね。
それじゃあ、殆ど「まぼろし論」でしょ。

ね、普通に考えていったらそういう結論になるだろ?

143 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:36:02 ID:mAIlwhW0
>>136
陣中日記の数が一万五千人から二万程度で
自衛発砲説が定説だった頃は収容されなかった中国兵が四千人で
逃亡した捕虜が六千人とされてた
逃亡した数なんて分からんから実際はもっと少ないかもという話で
幕府山事件の被害は中間の数字の約一万五千人が適当かと思ってる
それだけの事に目くじら立てる理由が分からんし
撃滅処断一万六千人の否定は過去に何度もあったんだが
それに憤慨してる理由もハッキリ言って俺には理解できない

山本弘のトンデモさんとは議論するな
http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankin00.htm
てのが身に染みて分かるよ

144 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:37:51 ID:oDktn7wx
>>143
遺体がないのに1万5千人ですかw
日本軍にはドラえもん従軍していなかったんだよ

145 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:40:48 ID:jJeA2LGO
>>130
>実際には、多数の「民間人誤認」が存在していましたよね。

まずどの程度の民間人誤認が生じたのか証明しないとな>馬鹿ゆう
つうかだからこそ兵民分離を守らなかった中国側の責任が大なんだがw

>「不可能」だったら、いきなりまとめて殺す、なんて乱暴なことをせずに、そのまま捕虜しておけばよかった話。そうすれば、のちにあそこ
まで国際的非難を受けることもなかったでしょう。

これこそ戦場の実情を知らない馬鹿の妄言だろw
個々の兵を武装解除して捕虜として収容する、というのは
当事の法学者も語るとおり大きなリスクを背負うことになるんだよw

146 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:49:18 ID:oDktn7wx
>>145
つうかそんなことで国際的非難など日本は浴びていないでしょ
単なる言いがかりである東京裁判まで国際的には黙殺されてきたし
他の国が市民もろとも虐殺していた時代なんだから、日本の取った対応は賞賛されてもおかしくない

147 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:50:37 ID:mAIlwhW0
>>140
じゃあ暴行殺人を除くとしても
城内での拉致が六千二百件ある
便衣隊が強奪のために殺害した可能性も高いが
一概に無視できる数ではないと思う
暴行殺人をほとんど日本兵によるものとする論にも疑問があるが
水谷日記の十二月十三日から十五日に掛けての既述に
「(便衣兵の疑惑を掛けられたものが)助命を乞うが致し方もない」
とある通り非戦闘員の過った処断は当時からあったのではないか?
と認識されていたんじゃなかろうか

148 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:54:31 ID:oDktn7wx
>>147
南京戦史の数に対して9割以上?整合性がないことが明らかな数出されても評価しようがありませんね

149 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:55:10 ID:tVPdP2da
>>146
連中の「国際的」ってのは、シナと朝鮮だからw
実際アメリカあたりで、南京関連で日本叩きしてんのは大抵中国系アメリカ人だし


150 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:57:12 ID:jJeA2LGO
>>130
>実際問題として、降伏した中国兵たちは、結局のところ最終的にはかなり高い確率で殺されてしまっています。

高い確率で殺されてる、といいながら実際にはそれこそ「俘虜続々投降し来たり」じゃないけど
中国兵は大量に投降してきているわけで、捕虜として収容されて解放されてる事例もある。
散々ドンパチやったあとに、白旗挙げてコーフクしまーす、なんてムシのいい話があるかよw軍人が追わなきゃいかんリスクだろ

151 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:58:44 ID:mAIlwhW0
>>144
遺体の処理に関しては
山田史隊の既述や証言に残ってます
栗原証言によると石油をかけて燃やした後
一体一体揚子江に流したので遺体の処理だけで丸二日掛かったとされてます
(もっと掛かっていた可能性もある)

152 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:58:48 ID:oy+r6quN
>>147
>城内での拉致が六千二百件ある
ソースよろしく
http://www.geocities.jp/nankin1937jp/page042.html

それと、可能性の話をしてもいいのなら、南京から撤退しなかった兵士は現地徴用兵だった
可能性が高い。と言う考えはおかしいだろうか?

つまり、南京に家族がいる兵士なら、兵士且つ拉致の項目になってもおかしくない。

153 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 12:59:36 ID:oDktn7wx
>>149
しかしチャンコロはともかく、関係ないチョンが何でしゃしゃり出てくるんだろうな?
彼奴ら日本側で戦っていたくせにね

154 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:00:13 ID:mAIlwhW0
>>148
拉致六千二百件てのは南京戦史の見解なんですが…

155 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:00:54 ID:mAIlwhW0
>>153
反日思想があるからに決まってるっしょ

156 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:01:12 ID:oDktn7wx
>>151
4万処理するのに紅卍会は4ヶ月以上掛かっている
1万5千を2日で処分できるわけ無いだろ、遺体がないから話を捏造したんだよ

157 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:04:34 ID:oDktn7wx
>>154
それで整合性取るなら拉致数と処刑数は関係ないって事だな

158 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:07:19 ID:jJeA2LGO
>>122
これお前だろ?
【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】124次資料
http://2bangai.net/read/77557bf319311d43ed630f86db99eae8b391f76daeebe6c042979275856e90fa/all


南京戦史には約一万五千名が日本軍の暴行で死亡したのではないかと予想されてるが
これも推論の域を出ない
否定論寄りの中立的調査である南京戦史によると中国兵士の殺害が四万〜六万
非戦闘員が約一万五千より少ない数とされている
【ちなみにこの数は国際法上合法だった可能性は考慮されていない】

159 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:09:52 ID:mAIlwhW0
>>156
紅卍会は埋葬されてない遺体を埋葬した
幕府山事件では単に燃やして川に流して「処理」しただけ
人手不足の状態で一体毎に埋葬した紅卍会と同様に考えるのは無理がある
そもそも一万四千七百七十七名の捕虜が二日間で跡形もなく消えた事になる

160 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:12:19 ID:jJeA2LGO
>>154
>拉致六千二百件てのは南京戦史の見解なんですが…

『南京戦史』の何ページに載ってるんだ???

161 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:12:48 ID:mAIlwhW0
>>158
違うし四万から六万って非戦闘員の被害を換算しないと出てこない数字だと思うが

162 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:14:05 ID:mAIlwhW0
>>160
373ページです
資料集じゃ無い方

163 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:18:12 ID:jJeA2LGO
>>161
ふ〜ん、どうみてもお前にしか見えんのだがw

>>162
もしかして「収容」を「拉致」とか言い換えてんのか?w

164 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 13:19:54 ID:oDktn7wx
>>159
流して消えるようなら他の遺体も河に流せば良いだけ
何故日本軍が河に流さなかったか説明できるか?
>そもそも一万四千七百七十七名の捕虜が二日間で跡形もなく消えた事になる
捕虜には足が付いているんだから簡単なことだろw


165 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 17:48:36 ID:6i3LIdu1
>>130
ゆうとか ベトナム戦争のレイプ孤児10万人問題を

現地民との合法的なラブロマンスとか結論付けたトンデモ素人だろ

こんなクソ野郎の見解をありがたがっているなんて 【本人】ぐらいだろうなw

166 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 17:52:29 ID:6i3LIdu1
完全否定論者ってのは

南京事件において
実証主義に耐えられるような肯定派の事実の立証が何一つ行われていないという主張であって


南京戦があったことは認めているよ >>1参照

167 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 18:08:22 ID:oy+r6quN
>>130なんて正に時代遅れ、アナクロ大虐殺肯定派特有の理論で現代に受け入れられるはずが無い。
要するに、「日本軍は残虐の限りを尽くした」的歴史観でしかなく、現代的には日本軍は他国に
劣らず、ある場合は他国より行儀良い振る舞いをしたと言うコンセンサスが出来上がっていることを
理解していない。

>降伏した中国兵たちは、結局のところ最終的にはかなり高い確率で殺されてしまっています。
>というのもかなり無茶。「厳正に」なんか行われていません。実際には、多数の「民間人誤認」が存在していましたよね。
>「不可能」だったら、いきなりまとめて殺す、なんて乱暴なことをせずに、そのまま捕虜しておけばよかった話。
>そうすれば、のちにあそこまで国際的非難を受けることもなかったでしょう。
ここまで全て根拠無き妄想。

>まさにこの「軍事的必要」を証明することが、佐藤説にとって肝要となるはずなのですが、次の段落に唖然とさせられます。
日本軍が捕虜をとり、また解放した多くの場合がある前提条件をすっかり無視してこの発言。

全て「不明な部分=日本軍が残虐行為をした」と言う妄想に基づいたもので、今時誰からも相手にされないでしょうなww

168 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 18:08:28 ID:zkNagW2m
>166
立証どころか、事実の提示さえ出来ない。5W1Hで定義をお願いして、答えてくれた試しがないw

169 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 22:46:41 ID:pHRoRzW3



170 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 22:56:51 ID:LVNAdi1W
>>141>>145
コピペにマジレスすんなよアホw 聞きたかったらゆう氏に聞けばw それに民間人誤認の証拠なら探せばすぐ出てくるだろw
ググれば下記記述程度はすぐ出てくるぜw つ「5.初歩的な事項に関するソースの提示を求めてはいけません。自分で調べましょう」

スマイス調査 死傷者(都市部)
 死傷者数および原因ここに報告されている数字は一般市民についてのもので、敗残兵がまぎれこんでいる可能性はほとんどないといってよい。調査によってえた報告によれば、
 死者三二五〇人は、情況のあきらかな軍事行為によって死亡したものである。これらの死者のうち二四○○人(七四パーセント)は軍事行動(1)とは別に兵士の暴行
 によって殺されたものである。占領軍の報復を恐れて日本軍にる死傷の報告が実際より少ないと考えられる理由がある。実際に、報告された数が少ないことは、暴行による幼児の
 死亡の例が少なからずあったことが知られているのに、それが一例も記録されていないことによっても強調される。

「井家又一日記」(歩兵第七連隊第二中隊上等兵)十二月十六日
 若い奴を三百三十五名を捕えて来る。避難民の中から敗残兵らしき奴を皆連れ来るのである。全く此の中には家族も居るであろうに。全く此を連れ出すのに只々泣くので困る。
 手にすがる、体にすがる全く困った。

「水谷荘日記 戦塵」(歩兵第七連隊第 一中隊一等兵)十二月十六日
 目につく殆どの若者は狩り出される。子供の電車遊びの要領で、縄の輪の中に収容し、四方を着剣した兵隊が取り巻いて連行して来る。各中隊とも何百名も狩り出して来るが、
 第一中隊は目立って少ない方だった。それでも百数十名を引立てて来る。 その直ぐ後に続いて、家族であろう母や妻らしい者が大勢泣いて放免を頼みに来る。市民と認め
 られる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。皆必死に泣いて助命を乞うが致し方もない。真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだろう。
 多少の犠牲者は止むを得ない。抗日分子と敗残兵は徹底的に掃蕩せよとの、軍司令官松井大将の命令が出ているから、掃蕩は厳しいものである。

ヴォートリン日記「南京事件の日々」一九三八年四月
 六日の日までに、九三五名の釈放嘆願署名が集まったが、そのうち模範刑務所に収容されているのを確認できているのは一〇人にすぎなかった。嘆願者の受付時にスタッフが調査
 した結果では、上記の嘆願者総数のうち、二四一名の女性が、一家の働き手の男性を失って収入もなく、何人かの子どもと老人を抱えたままで絶望的な生活状況にあることが判明した。

『南京の真実』ジョン・ラーベ 講談社 P358-359
 そのほか、背嚢を背負った跡が背中に残っていないか、行進による靴擦れができていないか、兵士独特の形に髪が刈られていないかなども調べられました。そういうしるしが
 あった者は、元兵士の疑いをかけられ、 縛られ、ひっぱられ処刑されたのです。 こうして何千人もの人が、機関銃あるいは手溜弾で殺されました。そこここでぞっとするよう
 な光景がくりひろげられました。そのうえ、全く罪のない民間人まで同時に射殺されたのです。日本軍には、元兵士の数が少なさすぎるように思われたからです。

※兵民分離査問もこの程度でした。「兵隊さんの赤毛布座談会 南京にて」『大阪朝日新聞』昭和十三年一月九日 近藤特派員
 清水上等兵:われわれも良民を引張つては可哀さうだと思ひ避難民中から数名の巡警を連れてきて敗残兵か良民かの判別をさせることにしたが、これがまた実に頼りない
 ちよつとこちらで臭いなと思ふ奴を巡警の方で「良民だ」といふので「出鱈目いふと承知せんぞ、敗残兵に違ひないと思ふが、どうだ?」と念を押すと「はあ、この男は兵隊でした」と他愛なく答へる

171 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 22:58:36 ID:LVNAdi1W
>>150
>中国兵は大量に投降してきているわけで、捕虜として収容されて解放されてる事例もある。

解放されてる事例があろうが投降を受け入れた後で殺害している事例と相殺できるものではないがw

>散々ドンパチやったあとに、白旗挙げてコーフクしまーす、なんてムシのいい話があるかよw軍人が追わなきゃいかんリスクだろ

戦時国際法上認められている権利さえも否定する馬鹿w どんだけ激戦であっても投降するのは構わない。
受け入れたくなきゃ戦闘を継続すればいいだけだ。投降を受け入れといてそんな理屈通用するかよw

>>165
反論できないと関係ない話を持ち出すのはネトウヨの仕様なんですか?w

>>167
>要するに、「日本軍は残虐の限りを尽くした」的歴史観でしかなく、

また言ってもいない事を捏造して反論ですか?w 日本軍は違法な殺害をしたし他国もしていたという事だがw
残虐かどうかは知らんがなw そもそも他国と比べる事自体に意味がない。他国がどうであれ違法は違法でしかないだろ。
俺は強盗殺人で1人しか殺してないがあいつは2人殺しているから俺は無罪とわけわからん事を言ってるのが否定派w
または、強盗される様な家だから強盗された方が悪いと言ってる様なもの。ほんと馬鹿かとw 幼稚園児並みの屁理屈だなw

>現代的には日本軍は他国に劣らず、ある場合は他国より行儀良い振る舞いをしたと言うコンセンサスが出来上がっていることを
>理解していない。

どこで南京戦時の日本軍は行儀良かった等というコンセンサスができてるんですかーwwwww ソースプリーズw
まぼろし派の中だけで合意が取れていても世間一般でコンセンサスが出来上がっている事にはなりませんがw

172 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:00:43 ID:LVNAdi1W
ま、こんなのも在るんだけどねw

田中新一陸軍省軍軍事課長が記録した阿南大将の報告内容。『支那事変記録 其の四』
 軍紀風紀の現状は皇軍の一大汚点なり。強姦、掠奪たえず、現に厳重に取り締まりに努力しつつあるも部下の掌握不十分、
 身教育補充兵等に問題なおたえず。
 陸軍内部における多年の積弊が支那事変を通じて如実に露呈せられたものとみるべく、その百弊ウンジョウの深刻さには改
 めて驚かされる次第なり。この意見を(杉山)大臣に進言いたしおきおる。

畑俊六日誌 一月二十九日 『続・現代史資料4 陸軍』(畑は2月14日より松井石根の後任)
 支那派遣軍も作戦一段落と共に軍紀風紀漸く頽廃、掠奪、強姦類の誠に忌はしき行為も少からざる様なれは、此際召集
 予后備役者を内地に帰らしめ現役兵と交代せしめ、又上海方面にある松井大将も現役者を以て代らしめ、又軍司令官、
 師団長等の召集者も逐次現役者を以て交代せしむるの必要あり。

真崎甚三郎(陸軍教育総監を経て当時予備役編入)一月二十八日の日記
 十一時江藤(源九郎予備役11期少将)来訪、北支及上海方面ノ視察談ヲ聞ク(中略)之ニヨレバ一言ニシテ云ハバ軍紀風紀
 頽廃シ之ヲ建テ直サザレバ真面目ノ戦闘ニ耐ヘズト云フコトニ帰着セリ。強盗、強姦、掠奪聞クニ忍ビザルモノアリタリ。

173 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:02:53 ID:oDktn7wx
>>172
強盗強姦は問題になっているが殺人のクレームはなかったと言うことだね
民間人虐殺がなかった証拠ありがとう

174 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:07:28 ID:Jr7D4Okb
>>170

全てよくある戦場の悲劇に過ぎず、大虐殺といえるほどの蛮行ではありませんわな。
しかも、みな法的根拠のない個人的主観でしかないわな(笑)。それらがなんで虐殺
なんや???そもそも、おまえのいう戦場における虐殺ってなんなんや??
戦闘行為の延長と見られるかぎり、それは直ちに虐殺とはいえんわな。よく
がんばって、行き過ぎた行為ってとこだわな。刑法犯でいえば過剰防衛ってとこであり、
虐殺とは程遠い行為だわな。それが南京大虐殺ってか???笑わせんなよ。

175 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:12:56 ID:tgvLmWih
>>171
> >散々ドンパチやったあとに、白旗挙げてコーフクしまーす、なんてムシのいい話があるかよw軍人が追わなきゃいかんリスクだろ
>
> 戦時国際法上認められている権利さえも否定する馬鹿w どんだけ激戦であっても投降するのは構わない。
> 受け入れたくなきゃ戦闘を継続すればいいだけだ。投降を受け入れといてそんな理屈通用するかよw

いや、投降してきたところを戦闘継続はできないだろ

176 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:14:05 ID:Jr7D4Okb
>>171

投降を受け入れたのではなく、自軍の被害を防ぐために単に生捕りにしただけだわな。
おまえは生捕り=投降受入れとしている大バカだわな(笑)。逮捕と自首の違いって
わかるか???逮捕(生捕り)は投降(自首)じゃないぞよ。自首(投降)でない(逮捕)
には、なんら保護する必要なんかありませんがな。デマいっちゃかんよキミ。
そんなに日本ならびに日本民族を貶めたいか?

177 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:14:22 ID:fCwIXH+I
民間人虐殺の話はでてこないのか。兵士が死んだ殺されたは戦場では普通の出来事だしなあ。

178 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:15:43 ID:Jr7D4Okb
>>175

投降(自首)でなく生捕り(逮捕)です。デマいっちゃいかんよキミ(笑)。

179 :<:2011/01/31(月) 23:17:35 ID:UConc5a7
>>92
>>93
秦も所詮は「虐殺はあった派」でしかない。脳内回路は大虐殺肯定派と似たり寄ったりなんだとオモ・・・(´・ω・`)
「南京事件」を読んで、これが "歴史学者のものか???" とマジで愕然となったよ・・・(´・ω・`)
秦の脳スペックも所詮はここの肯定派と同じく "1プギャバイト" 程度のものなんだろう・・・(´・ω・`)

「戦闘時の死者」は、間違いなく遺棄体1400人に含まれている・・・(´・ω・`)
でなければ、66連隊は戦闘により殺害した敵兵がいなくなっていまう・・・(´・ω・`)
これを考慮すると、尚の事、捕獲した捕虜約1654人を皆殺しにしたという解釈は成り立たない・・・(´・ω・`)
秦は "じっくり資料を読む" 事ができないヤツなんだとオモ・・・(´・ω・`)




180 :<:2011/01/31(月) 23:20:12 ID:UConc5a7

●おい!オマイらニュースだ!wwwwwwwww "学説" を失いつつあるチンカス肯定派どもが、ついに 【 学会の権威 】 にまで
  自己解釈でケチを付け始めたぞwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 >>http://homepage1.nifty.com/SENSHI/study/sinobu01.htm
  >>信夫淳平について、確認できたのは、この程度であるが、「ウィキペディア」によると、信夫淳平は「戦時国際法の権威」だ
  >>そうである。「ウィキペディア」であるから、誰が、何を参考にして書いたのか、いかなる根拠で「戦時国際法の権威」と評価
  >>したのか、一切不明である。ちなみに「ウィキペディア」に記載されている「国際(公)法学者」の中で「○○の権威」と書かれ
  >>ているのは、信夫淳平のみである。(但し、「国際私法学者」には何人かいる。)これを、信夫淳平が、高く評価されている証
  >>拠とみるか、あるいは、信夫淳平が、高く評価されているように見せかけたいという、何者かの作為が働いている証拠とみ
  >>るかは、あなたの自由である。


●"土人" かよ!コイツはwwwwwwwwwwww "下段で自分が引用したソース" も読めないのかYO!wwwwwwwwwwwww

  |大平善悟 信夫淳平『戰時國際法講義』書評 一橋論叢 1942年
  |(http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/4923/1/ronso0090500980.pdf
  |博士は日露戦争・上海事変並びに支那事変の三回、陸海軍に国際法に関する顧問として大陸に従事されたのであって、
  |【【【 戦時法に就いては 】】】 学理及び実際に精通する我が国に 【【【 類例少ない権威 】】】 である。

ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

181 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:20:43 ID:tgvLmWih
>>178

> 投降(自首)でなく生捕り(逮捕)です。デマいっちゃいかんよキミ(笑)。

イミフ

182 :<:2011/01/31(月) 23:21:14 ID:UConc5a7

●しかも、トンデモ "改竄・捏造" までやってるゾ!wwwwwwwwwwwwwwwww

  ■前段では学説通り "審問が必要" との解釈を曝しているが・・・・
    ↓      ↓      ↓
  >>http://homepage1.nifty.com/SENSHI/study/sinobu01.htm
  >>これは、第1次世界大戦前に、既に、戦時重罪犯の処分には、"審問" が必要であることが、国際法として成立していたことを
  >>示している。・・・としており、戦時重罪犯の処分には、"審問" が必要であることを明快に示している。

  ■あ〜〜〜ら♪不思議♪後段では "審判" に言葉がすりかわっておりまス♪wwwwwwwwwwww
    ↓      ↓      ↓
  >>戦時重罪犯であっても、"審判" 無しで処刑することは、国際法に違反することを既に述べたので、ここでは繰り返さない。

●"審問" には "聞き取り的な意味合い" しかありませんが、"審判" には "裁判所にて判断する意味" も含まれまス♪・・・(・∀・)
  つまり、"審問" と "審判" は持つ意味合いが異なりまス♪・・・(・∀・)

  【 審問 】 とは? ※コトバンクより引用
  1 事情などを詳しく問いただすこと。「遅延事由を―する」
  2 裁判所が事件を審理するため、口頭弁論によらず、当事者や利害関係人に口頭または書面で問いただすこと。
  3 行政機関の行う聴聞。

  【 審判 】 とは? ※コトバンクより引用
  1 物事の是非・適否・優劣などを判定すること。「国民の―を受ける」
  2 ある事件を審理し、その正否の判断・裁決をすること。
  @訴訟における審理と裁判。

●捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪・・・(・∀・)
  ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

  ほい♪魚拓♪オマエの "惨めな捏造・改竄" の証拠は永久に曝してやるワ♪・・・(・∀・)
  http://megalodon.jp/2011-0131-2154-15/homepage1.nifty.com/SENSHI/study/sinobu01.htm
  【 出鼻を挫かれる 】 とはこの事だよなw ・・・ ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

183 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:23:26 ID:Jr7D4Okb
兵士がいくら殺害されたところで大虐殺とはなりえません。
せいぜい、そこまでしなくてもよかったのではというくらいでしょう。
なぜならば、兵の殺し合いが戦争だからであり、そこには非情なことが
あってあたりまえです。それが戦争の悲劇なのです。
したがって、民間人虐殺の証拠がない時点で、南京大虐殺はデッチアゲ
断定です。にもかかわらず、なにが何でも日本ならびに日本民族を貶めたい
反日至上主義者が、論点ズラシのために捕虜殺害を吠えてるだけに過ぎません。
南京大虐殺はデッチアゲです。

184 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:24:09 ID:oDktn7wx
>死傷者数および原因ここに報告されている数字は一般市民についてのもので、敗残兵がまぎれこんでいる可能性はほとんどないといってよい。
酷い決めつけだよなぁw兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われているし
実際兵隊の家族が南京に住んでいることがないなんてあり得ないのに

家族にとって兵士なのか他の職業かなど関係ないだろ、頭おかしいわ

185 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:27:34 ID:tgvLmWih
>>184
> 酷い決めつけだよなぁw兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われているし

ソース

186 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:28:42 ID:oDktn7wx
>>185
論破されても平気でコピペ繰り返す野郎は相手にするつもりはない

187 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:31:18 ID:tgvLmWih
>>186

> 論破されても平気でコピペ繰り返す野郎は相手にするつもりはない

つまり口からでまかせですかwww


【否定派が言い出しておきながら、ソースを出さずに逃げ続けるものまとめ】
1.兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われている!
2.東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している!

188 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:33:20 ID:Jr7D4Okb
>>181

イミフなのは、キミが反日至上主義者に洗脳されているからです。
要はキミは大バカだということです(笑)。

ちなみに日本軍は戦時国際法尊重主義に基づき、斉藤良衛法学博士を
軍顧問として随行させております。したがって、日本軍の行為は当時の
戦時国際法に逸脱したものとはいえません。当時の国際法学者が、当時
の法解釈に基づいて為した行為を、現代の国際法学者が異論を挟む余地
などありえません。

189 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:36:42 ID:Jr7D4Okb
>>187

おまえは反日至上主義者の常套手段である論点ズラシばかりだわな(笑)。
そんな姑息なことしとらすと、正当法で南京大虐殺があったことを証明
してみれや。おまえもチンカス野郎(笑)。

190 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:37:04 ID:tgvLmWih
>>188
顧問つけたって守らなきゃ意味無いじゃんwww

191 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:37:47 ID:tgvLmWih
>>189
で、これには答えられないの?www
君らが言い出したんだがww

【否定派が言い出しておきながら、ソースを出さずに逃げ続けるものまとめ】
1.兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われている!
2.東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している!

192 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:40:29 ID:BEsl3Ch1
>>176
>投降を受け入れたのではなく、自軍の被害を防ぐために単に生捕りにしただけだわな。

どこの戦闘詳報に敵兵を生捕りしたと書かれ、それは何名と書かれてるんですか? ソース出せよ
当然ながらその戦闘詳報には「生捕り」という文言で書かれているんですよねえ

193 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:45:20 ID:BEsl3Ch1
日本国民の3分の1近くがアジアカップ決勝を見て日本を応援していたというのに
その中継中にこのスレに書き込んでた非国民達wwww

ID:VJfGzxDM ←顔文字
ID:vN7PGL0K
ID:0ToDJkfS

顔文字はワールドカップ日本戦の中継の最中にも書き込んでたしなw
日本を応援する気なんてさらさらない。2ちゃんねるしか楽しみが無いんだなきっとw
俺の周りでは普段はサッカーなんか見ない連中でもその日だけは皆見てたぜw 用事等で仕方なく
見れないならともかく、その時間帯にまでこのスレに書き込まなきゃいけない理由って何なの?www

194 :<:2011/01/31(月) 23:48:15 ID:UConc5a7
>>193
●捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪捏造改竄バーカ♪・・・(・∀・)
  ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

  オマエの "惨めな捏造・改竄" の証拠は永久に曝してやるワ♪wwwwwwwwwwwwww
  http://megalodon.jp/2011-0131-2154-15/homepage1.nifty.com/SENSHI/study/sinobu01.htm

195 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:48:52 ID:xXBvlY/i
投降を受け入れずに生きたまま取っ捕まえたら生け捕りだろwww


196 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:52:54 ID:tgvLmWih
否定派は李忠成がゴール決めて日本が優勝したって聞いたら
舌打ちしてそうだwww

197 :<:2011/01/31(月) 23:55:19 ID:UConc5a7
>>193
●"土人" かYO♪オマエはwwwwwwwwww "下段で自分が引用したソース" も読めないのかYO!wwwwwwwwwwwww

 >>http://homepage1.nifty.com/SENSHI/study/sinobu01.htm
  >>信夫淳平について、確認できたのは、この程度であるが、「ウィキペディア」によると、信夫淳平は「戦時国際法の権威」だ
  >>そうである。「ウィキペディア」であるから、誰が、何を参考にして書いたのか、いかなる根拠で「戦時国際法の権威」と評価
  >>したのか、一切不明である。

●オマエが引用したソースに書いとるがなwwwwwwwwwwwwwwww

  |大平善悟 信夫淳平『戰時國際法講義』書評 一橋論叢 1942年
  |(http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/4923/1/ronso0090500980.pdf
  |博士は日露戦争・上海事変並びに支那事変の三回、陸海軍に国際法に関する顧問として大陸に従事されたのであって、
  |【【【 戦時法に就いては 】】】 学理及び実際に精通する我が国に 【【【 類例少ない権威 】】】 である。

ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

198 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:55:38 ID:NdTdtbBL
>>170
>それでも百数十名を引立てて来る。
>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>その直ぐ後に続いて、家族であろう母や妻らしい者が大勢泣いて放免を頼みに来る。
>市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
百数十名→三六名
ちゃんと兵民分離が行われた証拠ですがw
自爆乙w

199 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:56:17 ID:EQtlltvJ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/534-535
相変わらず質問返しが反論のつもりですかーw 以降無視すんので宜しくw

>■佐藤氏がいつ "平民分離査問以降の処刑が違法ではない" と言ってたの〜?♪・・・(・∀・)

「兵民分離が厳正に行われた末に、変装した支那兵と確認されれば、死刑に処せられることもやむを得ない」
と書かれてるから、死刑に処せられることもやむを得ないのは兵民分離が厳正に行われた末になりますねw

>■オマエの自己解釈でも "平民分離査問以降の処刑は違法ではない" でOKなんだよな?♪・・・(・∀・)

俺がテンプレ書いてるわけではないと既に書いてるが覚えられないんですかw
兵民分離査問以降に処刑があったかどうか判らないのに答えられるわけないだろアホw

>"歴史学会のドラゴンウンコ秦逝く彦" だって国際法の何に違反してるのか全く回答してねーーYO♪馬鹿め!

では佐藤は具体的に戦時国際法の何条に違反しないから合法と言ってるのですか?wwwww

>■【3回目】:ハーグ第二十三条が 【 戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文 】 だとした 【 学説 】 を出せ!w 

他の人が出してくれてますがw http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/512

それでこれは完全スルーですか?w
 そもそも「フィラデルフィア・レジャ」紙ルポの米軍部隊の件は、米国がハーグ陸戦条約を批准した1902年より前の話だろw
 この記述のどこが戦時国際法上、捕虜の資格が無い者を即決処刑しても合法だった証拠になるんですかーwwwww
 頓珍漢なレス付けてんじゃねーよボケw これのどこが「戦時犯罪者の処罰に裁判は不要」という学説なんだよバーカwww

結局「フィラデルフィア・レジャ」紙ルポの米軍部隊の件は何だったんだよwwwww 戦時国際法上、捕虜の資格が無い者を
即決処刑しても合法だった証拠に全くなってない記述を持ってきてタコ踊りをしていたわけですねwwwwwwwwwwwww

200 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:56:37 ID:bImXUzBZ
>>196は何と戦ってるんだw

201 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:57:13 ID:EQtlltvJ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/534-535
>だ か ら そ れ の ど こ に 【 南 京 戦 の 便 衣 兵 処 刑 は 違 法 】 と 書 い て る の ? ♪

500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
 『現代歴史学と南京事件』吉田裕 P85
  この点と関連して重要なのは、昨年の七月三一日に自由主義史観研究会の主催で開催された「20世紀最大のウソ『南京
 大虐殺』にとどめを刺す連続講座とシンポの集い」である。この集会で、東中野・藤岡両氏などとともに報告にたった元外交官
 の色摩力夫氏は、ハーグ陸戦法規は正規軍には無条件で、民兵・義勇兵には先の四条件付きで適用されると明言した。
 それだけでなく色摩氏はシンポの発言で、司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
 兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、【捕虜となる資格を持つ】と主張したのである。

 『国民のための戦争と平和の法』色摩力夫 P280
  「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘
 員と認められます。

色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw
国際法学者の中でも色摩氏は特に戦時国際法の専門家なので、ただの国際法が専門でしかない佐藤より重みがありますねw

>>◎2回目:リーバー法82条に即決処刑してよいと書かれてるんですか?Yes or Noで答えよw
>■【 Y e s ! 】 だYO♪バーーカ♪・・・(・∀・) 処分には処刑が含まれてます♪・・・(・∀・)

おやおやw 答えが矛盾してますよw 「処分には処刑が含まれてます」では、即決処刑と書かれていない事を意味しますがw
こっちの質問は「即決処刑してよいと書かれてるんですか?」です。即決処分の中に処刑が内包されるかどうかなんて聞いてません。
日本語読めますか?www 何れにしてもtreated summarilyは「即決処分(直ちに扱う)」としか訳すことはできず「処分(扱う)」の中
に処刑が含まれていたにせよ、その処刑に裁判は不要といった条文ではない事は明らかになっています。交戦者資格がない者は
無裁判で処刑してよいとした条文でも何でもありません。グース氏の受け売りが馬鹿さ加減を露呈する結果になってますねwww

>■だから 【 N o ! 】 と書いてんだYO♪日本語が苦手な自己解釈バーーカ♪・・・(・∀・)

そもそも>故に、秦の法解釈は 【 法学界において通用する 】 という根拠が全く有りません♪・・・(・∀・)
の論拠は秦が法学博士である事によって崩されてるんだからこの話はとっくに終わってる。
お前の屁理屈では秦が国際法学者ではないにしても秦が法学者ではないという否定になってないwwwww

202 :<:2011/01/31(月) 23:57:23 ID:UConc5a7
>>199
なんだ・・・(笑 また "質問返し" か・・・(笑

203 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:58:05 ID:oDktn7wx
>>200
自ら出自を暴露

204 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:58:11 ID:EQtlltvJ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/534-535
>■秦は 【 歴史学者 】 としてしか紹介されてねーーYO♪・・・(・∀・)

誰でも編集可能なwikiが根拠になるのなら色摩はwikiの日本の法学者カテゴリーに入っていないので法学者ではない事になりますねw
自爆乙ですwwwww

>【オマエの気が狂うまで続けてやるワ!3回目wwww】:秦の 【 専門とする法学 】 は何なのですか〜?♪

回答済。http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/502
 色摩が学者なら秦も学者というだけの事なので秦の専門が何であろうが関係のない話だなw

>●"禁じた明文" が無い限り軍隊の権限は無制限であり、その行為は 【 合法 】 だ!バーーカ♪・・・(・∀・)
>だから "戦時犯罪者の処罰に裁判は必須" との明文がないから合法♪馬鹿め♪・・・(・∀・)

明文はありますよw これも他の人が出してくれてますがw http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308
 戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文は存在しますがw 何度書いても忘れるんですねwww
 第二三条[禁止事項] 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外、特ニ禁止スルモノ左ノ如シ。
  ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
  チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト

>■【1回目】こう↑書かれてるのになんで "戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という学説" がいるの?♪・・・(・∀・)

"戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という学説"と関係ない見解を出せれてもなーw
『空襲と国際法』は、防守都市に無差別の砲爆撃を加えることは合法というだけで、戦時犯罪者の処罰とは全く関係のない見解。
『国民のための戦争と平和の法』は前述した様に戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文が存在するので、明示的に禁止されて
いる事になり、戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という裏付けでも何でもないw

205 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:58:36 ID:EQtlltvJ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/538
>"南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑" なら裁判をしていれば事件にはならなかったんだよね?♪・・・(・∀・)

だから俺がテンプレを書いているわけではないw そのテンプレにしても「南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑です」は客観的事実を
言っているに過ぎず、この文章から捕虜全員に裁判をかけなければならなかったとは読み取れない。お前がいちゃもん付けてるだけw
捕虜の無裁判大量処刑という事実があったら、何故捕虜全員に裁判をかけなければならなかった事になるんですか?
不思議な思考回路を持ってる馬鹿だなwww

で、これはどうなったの? 早くまともな学説出せよw
◎5回目:「戦時犯罪者の処罰に裁判は不要」という学説を出せ馬鹿w

206 :日出づる処の名無し:2011/01/31(月) 23:58:47 ID:NdTdtbBL
>>172
肯定派の主張する南京大虐殺とは強盗や強姦や掠奪の事なんですかw
民間人の殺害はどこへ行ったのでしょうかw

それとも「南京大虐殺とは民間人の殺害ではなく、強盗や強姦や掠奪の事だ!」という主張ですかw

207 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:02:36 ID:+nLFemK0
アク禁だったので以前のネタを投稿

>>564(前々スレ)

>>前日の7月13日 北京郊外の豊台付近で日中両軍が衝突してます。
     ↑
> ■こりゃ ≪ 支那軍が豊台に 【 接近したために 】 発生した衝突 ≫ か?♪・・・(・∀・)

関係ない質問で誤魔化さないでね、俺は「衝突の原因は支那軍が豊台に接近したから」なんて言ってないし。
日中どちらもの陸軍も主たる兵員は歩兵だから、「離れたまま」だと戦闘にならないのは確かだろうね。

>トラ猫解釈では、正規兵であれば私服を着ていても ”無条件” で ”交戦者資格(=戦闘を行う権利)” を持つ
>としているのに、何故、私服で戦闘行為を行ったら ”違法” になるの?wwwwwwwww

回答「明文によって禁止されてるから。」
何回もループすると楽しいの? 誰かに助けてもらいなよ。

208 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:03:51 ID:+nLFemK0
>>456(前々スレ)
>> 解説者くんはなぜ裁判の「公判記録」があると思ったんだい? 元から存在しないぞ。
>ほうほう、なぜ「元から存在しない」と断言できるのかねぇ?w
>私が聞きたいのは、ずばりそこなんだよねぇw

軍法会議には特設軍法会議と常設軍法会議がある、
平時は常設軍法会議、これは普通の裁判に近い、弁護人もつくから公判記録も取る。
占領(戦闘)地は特設軍法会議、公開なし、弁護人なし、上告なし。

第十軍軍法会議は特設軍法会議、裁判を開いても弁護人なしだからすぐに結審する、
調書を元に検察官が求刑し裁判官が判決を言い渡して終了。
通常の裁判で行われる様な検察側と弁護側のやりとりは無く、かつ一審制であるから
公判での発言を逐次記録する意味がない。
裁判(審判に依る処分)の概要は録事※が要領筆記(まとめ書き)する。
※通常裁判の書記に相当、特設軍法会議では法務部の武官がこれを担当。

以下のHPにも公判がすぐ終了する旨記載されてる。
--------------------------------------------------------
事件は、豫審調書が出来た時には、もう終了したも同然で、あとは公判で、あっと云う
間に檢察官が求刑し、裁判官が判決を云い渡して一件落着となります。
http://www.geocities.co.jp/technopolis/8926/hensei-tribunal.html
--------------------------------------------------------

209 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:05:37 ID:+nLFemK0
(続き)

解説者くんや他の否定派は中国兵に対して裁判をやったが
その記録が失われてしまった、と思ってるんだろ?

--------------------------------------------------------
中方軍令第一号
中支那方面軍軍律左記の通定む
昭和十二年十二月一日
中支那方面軍司令官 松井石根
中支那方面軍軍律
第一条 本軍律は帝国軍作戦地域内に在る帝国臣民以外の人民に之を適用す(以下略)
--------------------------------------------------------
「帝国臣民以外の人民に之を適用す」とあるから、中国兵を裁く(処分)場合は軍律になるよね、
第十軍法務部による軍律審判の記録はある。

210 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:06:03 ID:jjltrFs1
>>205
横だが、君らが裁判を必須としていた国を一つも挙げられないんだから
裁判をする国際的な慣習は無かったと言うことでしょうね

まあ例え違法でも、国際的な非難を浴びることはまずあり得ないって事ですね
それが南京での行為への国際的評価と考えて良いと思いますよ

211 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:09:06 ID:M8xMWPaB
他人には見えないものが見えてるらしい>>196が怖いんだが、>>203も何か見える人?

212 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:10:04 ID:+nLFemK0
(続き)
--------------------------------------------------------
続・現代史資料6 軍事警察 P119
第十軍(柳川兵団)法務部陣中日誌

軍律違反事件一覧表
昭和十三年二月十八日調 第十軍軍律会議

記録 昭和十三年
番号 一
件名 布告分及ポスター剥取
受理年月日 昭和十三、二、三
捜査又は審判ノ別 捜査中
住所 支那浙江省杭州市西保里太平門
氏名 支那人 呉△△

記録 昭和十三年
番号 二
件名 放火
受理年月日 同十三、二、七
捜査又ハ審判ノ別 同
住所 支那浙江省杭州市延齢路一七六号
氏名 支那人 李△△

以上 二件二名未決二シテ既決ノモノナシ
--------------------------------------------------------
これは公文書記録、この一覧に記載が無いということは南京で中国兵に対する裁判は
無かったということでしょう。

213 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:10:47 ID:+nLFemK0
●テーマ:スマイス調査における江浦県地区の死亡者数について

【否定派の主張 1】県全体としての被害は他の県を上回る
反論:江浦県はスマイス調査での数値上の死亡率が突出してるだけであって絶対数では多いわけではない。

江寧 9160
句容 8530
溧水 2100
江浦 4900
六合(1/2) 2000


【否定派の主張 2】スマイス調査の江浦県の死亡率は他とあまりに違い過ぎる。
反論:同地区の農民が死亡したのは主に12月で調査は3月だから、スマイス調査上の住民総数と殺された者の数は
推計時期がずれており、同時期であるかのように扱う事は出来ない。

12月頃の江浦県の人口は不明だが、スマイス調査上の総人口(虐殺から2ヶ月位後)の極度の少なさから
江浦県での死亡率が他のどの県より高いであろう、とする推測自体は概ね妥当だろう、であるならば
1)最も死亡率が高かった地域は江浦県である
2)最も人口の回復が遅れた地域は江浦県である
となって、これも別に不思議ではない。
いずれにしろ12月頃の江浦県の人口が不明である以上、否定派が唱える疑義は根拠を欠いた憶測でしかない。

214 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:11:01 ID:jjltrFs1
>>211
あ、ごめん。わかりにくい書き方しちゃって
>>196が自ら出自を暴露したと言いたかったんですよ、チョーセンウヨクくんですからw

215 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:11:55 ID:LKlNE2RN
いつも朝鮮朝鮮と目の敵にしてるお前等のことだから
李が決勝ゴール決めて舌打ちでもしてるかと思ったが
存外と、ちゃんと祝福していたのか?w
珍しいこともあるもんだなwwww
この変質的人種差別主義者どもがねえwwww

216 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:12:15 ID:+nLFemK0
【否定派の主張 3】徴発しなかった説

徴発前提の作戦です。
----------------------------------------
11月15日 第10軍司令部幕僚会議、
「軍全力ヲ以テ独断南京追撃ヲ敢行スル」ことを決す(略)
神速なる追撃をやれば現地物資の徴発利用がかえって容易になる」
(寺田「第十軍作戦指導ニ関スル考察」)
----------------------------------------

以下は徴発時に発生した殺人の一例
----------------------------------------
「陣中行事報 第六号 柳川部隊法務部」
被告人 第十八師団歩兵第百二十四連隊第四中隊
殺人掠奪 後備役陸軍歩兵上等兵 浅□□□□
(略)
第一、昭和十二年十一月二十九日、同僚と共に野菜徴発を思ひ立ち付近の桑畑中に栽培しありたる野菜約五貫目を抜き取り
第二、被告人は前記野菜を洗滌すべく付近の農家に到り居合わせたる支那婦人三名に之を洗滌せしめんとしたるに、其の中の一支那婦人は早口に何事かを放言し野菜の洗滌に応ずる風なかりしを以て、日本軍人を軽蔑するものなりとし所携の歩兵銃を以て同女を射殺したり
----------------------------------------
続・現代史資料6 軍事警察 P60

217 :<:2011/02/01(火) 00:12:56 ID:I/7YbIuP
>>199, 201, 204, 205
  【 元 祖 自 己 解 釈 "チ ン カ  ス K - K" が 脱 糞 し て 逃 亡 し ま ス た ♪】
   ======南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪======

●この質問に対し、チンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "Yes" と答えることができません♪・・・(・∀・)
  下記肯定派のオナニー(※自己解釈)ソースは、"南京戦において、安全区に逃げ込んでいた便衣兵は戦争犯罪者で
  はない"と主張しております♪ また、中国系の団体ともつながりがある大虐殺肯定派は、南京戦における便衣兵を戦
  争犯罪者と解釈するワケにはいかないのです♪・・・(・∀・)

  |http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/FrontPage
  |南京城内の「便衣兵」とは、一般の兵士が逃げ場を失い、日本軍に捕獲されても殺されると考えて、軍服を脱いで、市民に紛れ
  |込もうとしたものであった。・・・南京城内には「便衣の兵士」はいたが、「便衣隊の隊員である兵士」はいなかったと考えられる。
  |http://kknanking.web.infoseek.co.jp/aandv/ilow01_03.htm
  |本来の意味である「分散し、かつ移動性の高い軍事組織が軽火器を使用して奇襲・待ち伏せ等によって行う交戦行為(『国際法
  |辞典』より)」を行うという意味での「便衣兵」ではありませんでした。
  |http://www.nextftp.com/tarari/sonzaisinai1.htm
  |「便衣兵なるものの史料はなく、便衣兵はいなかった」というのが史料の検証の結論です。

●同時にチンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "No" と答えることもできません♪・・・(・∀・)
  "No" との認識を示してしまうと "戦争犯罪者ではない" との結論になり、肯定派にとって唯一の頼みの綱である下記立氏見
  解文を引用できなくなってしまいます♪・・・(・∀・)

  |『戦時国際法論 立作太郎著』
  |凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

  ■上記の立氏見解文は 【 戦争犯罪者を対象としたもの 】 である以上、引用する事はできません♪・・・(・∀・)
   つまり安全区に逃げ込んだ便衣兵に対しては 【【【 審問 】】】 すら必要ないのです!♪・・・(・∀・)
   また、戦争犯罪者ではないのなら 【 裁判にかける事もできない 】 のです♪・・・(・∀・)

●以上より、"Yes" とも "No" とも答えられないチンカスK-Kの 【 論理破綻 】 が確定する事になります♪・・・(・∀・)
  同時に回答不能故 【 南京戦における便衣兵を処刑するには裁判が必須だった 】 の 【 論理破綻 】 も確定します♪

218 :<:2011/02/01(火) 00:13:37 ID:I/7YbIuP
>>199, 201, 204, 205
●だからチンカスK-Kや肯定派は下記質問には "絶対に" 回答しませ〜〜〜ん♪・・・(・∀・)

  >Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、捕らえた場合は戦時重罪犯
  【2回目】:ハーグ陸戦条約の4条件違反者は "戦時重罪犯" なの〜?♪・・・(・∀・)
  【2回目】:ハーグ陸戦条約の4条件違反者は "戦時重罪犯" なの〜?♪・・・(・∀・)
  【2回目】:ハーグ陸戦条約の4条件違反者は "戦時重罪犯" なの〜?♪・・・(・∀・)

  ■"Yes" と答えても "No" と答えても "論理破綻" が確定しまスwwwwwwwwww

219 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:13:57 ID:FW/L35z9
徴発および殺人の記録
----------------------------------------
「そして一度残虐な行為が始まると自然残虐なことに慣れ、また一種の嗜虐的心理になるらしい。戦
争がすんでホッとしたときに、食料はないし、燃料もない。みんなが勝手に徴発を始める。床をはが
して燃やす前に、床そのものに火をつける。荷物を市民に運ばせて、用が済むと「御苦労さん」とい
う代りに撃ち殺してしまう。不感症になっていて、たいして驚かないという有様であった」
 ( 日高信六郎 元イタリア大使 (当時、南京駐在参事官) 広田弘毅伝記刊行会編 『広田弘毅』 )
----------------------------------------

江浦県を通過した国崎支隊の兵士は殺人を満喫してました。
(軍事郵便/ 国崎独立隊山田(鉄)部隊宮崎隊)
----------------------------------------
毎日支那敗残兵又 【負傷者】 を日本刀で殺し射殺して居ます、死体は全部揚子江に流して居て 【痛快】 です
http://pipponan.fc2web.com/shikosakugo_04/ga-3670.htm
----------------------------------------


江浦県を通過した国崎支隊に無差別虐殺の命令が下達されたことを示す記録
----------------------------------------
国崎支隊/歩四十一連隊/宮下光盛一等兵(宮下手記『徒桜』)
我が柳川兵団は上陸後
(1)民家を発見したら全部焼却すること
(2)老若男女とわず人間を見たら射殺せよ
----------------------------------------

220 :<:2011/02/01(火) 00:14:33 ID:I/7YbIuP
>>205

  >>80:まとめ南京事件とは捕虜の無裁判大量処刑です。・・・3万人以下とはいえ、これだけの人数を無
  >>裁判で処刑すれば虐殺と呼ばれても仕方がありません。
    ↑      ↑      ↑
  ■南京戦での便衣兵は "3万人" も居たワケがないので、上記 "捕虜" には "幕府山等の捕虜" が含まれ
   ている事は明白です♪・・・(・∀・)
 
●無裁判で処刑したから ”虐殺” と呼ばれるなら、それを避けるためには ”裁判” をするしかありません♪
  しかし、”チョーセンウヨクの自己解釈” は幕府山等の捕虜は ”裁判にかける事が出来ない” としております♪
    ↓      ↓      ↓
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1287671821/225
  >下記 ”捕虜” を  ”裁判にかける事は出来ない” ですよね?立氏見解文もありますしね?♪
  出来ないが何かw 

●つまり、”虐殺と呼ばれる事” を避けるために裁判をしようにも ”(幕府山等の)捕虜を裁判にかける事が出来ない”
  という状況であり、ここに、

    ≪≪≪ 裁判不能 ≫≫≫ のどうしようもない事態が発生する事になります♪・・・(・∀・)
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
                ======【  完  全  論  破  】======
  ”団塊僕ちゃん自己解釈バーカ” の(屁)理屈こそが正に ≪ non liquet = 裁判不能 ≫ の状況を作り出す、
  ≪ 信義誠実の原則に反する ≫ トンデモ自己解釈だった事が確定しまスたw ゚ププププm9(^Д^)プギャーー
    ↓      ↓      ↓
  http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1288882368/577
  もともとは裁判不能(=適用法規の不存在ないし不明瞭により裁判が不可能になること;non liquet)を回避するために
  裁判準則として導入された。具体例に信義誠実の原則があります。non liquet禁止に背く事は信義誠実の原則に反しま
  すがw 馬鹿ですかwww

●なのに、日本語すら理解できないチンカス肯定派は "自己否定のレス" で反論したつもりになってますwwwww
  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/502
  >>誰が幕府山の捕虜を裁判にかけなけらばならないと言ってるんですか? またまた藁人形叩きですかww

221 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:15:03 ID:LfsFlhnW
裁判記録が無けりゃしたかどうかも分かんない上に
そもそも降伏してない敵兵にする必要が無いだろ
降伏を受け入れた後戦時重罪人として処罰するなら別だと思うがな

222 :<:2011/02/01(火) 00:19:47 ID:I/7YbIuP
>>201

    ≪ "歴史学会最凶の池沼ドラゴンウンコ秦逝く彦" の自己解釈・・・(´・ω・`) ≫ 

  |『昭和史の論点』秦郁彦 歴史学者(日本近代史)・法学博士 2000年 P96,97
  |南京事件の場合、日本軍にもちゃんと法務官がいたのに、裁判をやらないで、捕虜を大量処刑したのが
  |いけないんです。捕虜のなかに便衣隊、つまり平服のゲリラがいたといいますが、どれが便衣隊かという
  |判定をきちんとやっていません。これが日本側の最大のウイークポイントなんです。・・・捕虜の資格がある
  |かないかはこの際関係ありません。その人間が、銃殺に値するかどうかを調べもせず、面倒臭いからせず
  |にやってしまったのが問題なんです。

        ↓↑

  |秦郁彦ですがw 『昭和史の論点』 文芸春秋 P96-98
  |南京でも、    【【【 形式的にせよ軍律裁判を開けば問題はなかった 】】】  はずです。
  |ところが、松井石根軍司令官以下、軍律裁判に無関心だったというのは、なんとも理解に苦しみます。

  ※『形式的』 ⇒ 『形式だけを重んじ、内容を問題にしないさま。「―な答弁」』

●日本軍による便衣兵捜索を "日本側の最大のウィークポイント" と評した秦逝く彦が、その一方、【 形式的にせよ
  軍事裁判を開けば問題はなかった 】 としたミラクル解釈が全く理解できない・・・(´・ω・`)

    "捜索はいい加減であってはならないが、裁判は形式的なものでよい・・・by 秦逝く彦"

       ■これが肯定派最後の頼みの綱の "法学博士" かYO♪wwwwwwww

●更に秦逝く彦のチン論は続くwww

  |〔決定版 「南京事件」最新報告 問題は「捕虜処断」をどう見るか〕 『諸君!』2001年2月号の秦の発言
  |捕虜としての権利がないから、裁判抜きで殺していいということにはならない。自然法に照らしても不法でしょう。

  ■形式的な軍事裁判は "自然法に合致する" と言うワケか?どんだけ "トンデモ" なんだよコイツは?wwww

223 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:20:06 ID:lJYnv3Gu
しまったw

>>214
ID確認せず早とちりですみません。

224 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:23:55 ID:vj5P90rB
肯定派ってのは出所不明の怪文書を持ち出さなきゃ何もできないのかねw

ttp://www.geocities.jp/yu77799/minkanjin.html
また、秦郁彦氏「南京事件」P70に、以下のように、宮下光盛手記の紹介があります。
原典は非売品でもとの記述を確認することはできませんが、これまで紹介してきた資料と通じるものがありますので、読者の参考のために掲載します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また国崎支隊の歩四十一連隊に従軍した宮下光盛一等兵は、抗州湾上陸時に、「我が柳川兵団は上陸後 (1)民家を発見したら全部焼却すること、(2)老若男女とわず人間を見たら射殺せよ」(宮下手記『徒桜』)との命令を受けたという。

225 :<:2011/02/01(火) 00:25:35 ID:I/7YbIuP
>>199, 201, 204, 205

  >>明文はありますよw これも他の人が出してくれてますがw http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308

●立氏は単に "審問が必要" と書いてるだけで、"裁判が必要" とは書いてませんでした♪・・・(・∀・)
  またしてもチンカス肯定派は "捏造・改竄" をやってしまいました♪・・・(・∀・)

  結局 "ハーグ第二十三条が 【 戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文 】 だとした 【 学説 】" は存在しませんでした♪
  肯定派の "マボロシ" でしたwwwwwwwwwwwww

  その証拠に下記質問には絶対に答える事ができませ〜〜〜ん♪・・・(・∀・)
 
  ■【 肯定派が脱糞して逃亡する質問♪・・・(・∀・)】
  @然れども全然 "審問" を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。
  A然れども全然 "裁判" を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。
  上記@とAは同じ意味なのですか〜?wwwwwwwwwwww

226 :<:2011/02/01(火) 00:27:23 ID:I/7YbIuP
>>207
なんで "関係の無い質問" なん?アンタが返答に窮してるだけじゃん・・・(´・ω・`)
敵の 【 接近 】 に対して編成された者でないと交戦者とは認められない・・・(´・ω・`)
単にアンタは日本語が読めなかっただけ・・・(´・ω・`)

  >>占領セラレサル地方ノ人民ニシテ、敵ノ 【 接近スルニ當リ、】 第一條ニ依リテ編成ヲ爲スノ遑ナク、侵入軍隊
  >>ニ抗敵スル爲自ラ兵器ヲ操ル者カ公然兵器ヲ携帯シ、且戰争ノ法規慣例ヲ遵守スルトキハ、之ヲ交戰者ト認ム

●だったら "無条件で 【 交戦者資格 】 がある" ワケではないんだよね?wwwwwww
    ↓      ↓      ↓ 
  >トラ猫解釈では、正規兵であれば私服を着ていても ”無条件” で ”交戦者資格(=戦闘を行う権利)” を持つ
  >としているのに、何故、私服で戦闘行為を行ったら ”違法” になるの?wwwwwwwww
  回答「明文によって禁止されてるから。」

227 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:29:12 ID:jjltrFs1
>>223
いえいえ、こちらこそ。しかしチョーセンウヨクくんはやはり朝鮮人だったんですね
レスで想像したとおりで笑ってしまいました

228 :トラ猫:2011/02/01(火) 00:35:11 ID:+nLFemK0
>>224

江浦県を通過した国崎支隊に無差別虐殺の命令が下達されたことを示す記録
----------------------------------------
国崎支隊/歩四十一連隊/宮下光盛一等兵(宮下手記『徒桜』)
我が柳川兵団は上陸後
(1)民家を発見したら全部焼却すること
(2)老若男女とわず人間を見たら射殺せよ
----------------------------------------

※原典は非売品でもとの記述を確認することはできませんが、これまで紹介してきた資料と通じるものがありますので、参考のために掲載します。

イチャンモンさんの為に訂正稿をUPしておきますね、この記録に限らず市販されてる「原典」などありませんけどね。


229 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:37:14 ID:jjltrFs1
>>216
上・・・徴発は違法行為じゃないでしょ。見返りに軍票を出すからね

下・・・一部の不良兵士の蛮行があったことは否定派も認めている話ですね
    それを軍として処罰していると言うことは、軍の作戦として虐殺行為をしていない可能性が高まるだけですね

230 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 00:43:23 ID:jjltrFs1
>>228
その話、先に君が挙げた>>216の殺人事件と整合性がありませんね
虐殺命令が出ていた部隊の一員を殺人犯として裁くとかあり得ませんからw

もう少ししっかり資料読んでくださいね

231 :<:2011/02/01(火) 00:43:55 ID:I/7YbIuP
>>199
●これも潰しとくか♪・・・(・∀・)

  >>他の人が出してくれてますがw http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/512
  >>『戦時国際法論』立作太郎 (甲)軍人(交戦者)に依り行はるる交戦法規違反の行為・・・(※判りきってるので省略(笑))
  >>・・・ 然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

●立氏見解文中の「(甲)軍人(交戦者)に依り行はるる交戦法規違反の行為」には、"便衣に着替えて逃亡した兵士" を
  交戦法規違反であるとしたものはありません♪・・・(・∀・)

  |(甲)軍人(交戦者)に依り行はるる交戦法規違反の行為
  |交戦法規違反の行為(註)に関して国際法上国家が責任を負ふ以外に於て、違反に関係する軍人が相手国の権内に陥るときは処罰を
  |受けるのである。 (註)軍人に依る交戦法規違反の行為を例示せば
  | (1)毒又は毒を施したる兵器を使用すること、
  | (2)敵国又は敵軍に属する者を背信の行為を以て殺傷すること及暗殺を為すこと、
  | (3)兵器を捨て又は自衛の手段尽きて降を乞へる敵を殺傷すること、
  | (4)助命せざることを宣言すること、
  | (5)不必要の苦痛を与ふべき兵器、投射物其他の物質を使用すること、
  | (6)軍使旗、国旗其他の軍用の標章、敵の制服又は赤十字徽章を擅に使用すること、
  | (7)平和的なる敵国の私人を攻撃殺傷すること、
  | (8)防守せざる都市の不法の砲撃を為すこと、
  | (9)船旗を卸して降を乞ふの意を表したる敵船を攻撃し又は之を撃沈すること、
  | (10)病院船を攻撃又は捕獲し、其他ジュネヴァ条約の原則を海戦に適用するハーグ条約に違反すること、
  | (11)敵船の攻撃を為すに当り敵旗を掲ぐること等である。

●つまり、立氏見解文では "南京戦における便衣兵は戦時重罪犯であった" とする論拠が成り立たないのです。同時に、"戦時重罪犯"
  に対して述べた下記見解を引用する事も出来ませんので肯定派の 【 論理破綻 】 が確定する事になります♪・・・(・∀・)

  |『戦時国際法論 立作太郎著』
  |凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

232 :<:2011/02/01(火) 00:52:31 ID:I/7YbIuP

●ちなみに立氏見解文のどこをどう読んでも "便衣に着替えて逃亡した支那兵" を "戦時重罪犯" と解釈
  するものは無いからwwwwwww

  下記見解文は "戦時重罪犯" に対する者だから "南京戦での便衣に着替えて逃亡した支那兵" には使
  えないよ〜〜〜ん♪・・・(・∀・)

  |『戦時国際法論 立作太郎著』
  |凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

●だから "パブロフのK-K犬" は脱糞したのでありました♪・・・(・∀・)

233 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 01:00:47 ID:LKlNE2RN
柳川兵団ねえ・・・随分と無茶苦茶やったという話だが・・・
そういや柳川兵団第一〇軍隷下の第6師団は、顔文字の地元熊本が母体だったな

熊本兵団の谷壽夫中将は南京軍事法廷で、虐殺の責任を取らされて処刑されているが
南京軍事法廷の判決文には中華門東側一帯の犯行も、熊本師団の責任という感じで書いてあるんだよな
その辺りは丁度、新路口がある場所だ

熊本には熊本師団の名誉を回復する会なんかもあったりするらしいが
顔文字が偏執的なまでに新路口事件に拘ったのも
そういう土壌があるからなのかもしれん

ある意味哀れな奴だ

234 :<:2011/02/01(火) 01:04:02 ID:I/7YbIuP
>>233
クスクスクス♪・・・(・∀・)
K-Kの脱糞の後片付けは大変だな♪・・・(・∀・)

そういえば、熊本にはオマエの両親が土葬されてるらしいなwwww
さすが土人wwwwww

235 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 01:05:21 ID:LKlNE2RN
俺の親を勝手に殺すなwww

236 :<:2011/02/01(火) 01:06:37 ID:I/7YbIuP
>>235
とっくに身寄りが居なくなってるのに必死になるなよwwwwww

237 :トラ猫:2011/02/01(火) 01:07:16 ID:+nLFemK0
>>226
>敵の 【 接近 】 に対して編成された者でないと交戦者とは認められない・・・(´・ω・`)

君は接近してなかった事を証明する必要があるんだよ。
衝突の原因が何であるかは関係のないこと、論点ずらししてる間は「無敵くん」なんだろうけどね。

>●だったら "無条件で 【 交戦者資格 】 がある" ワケではないんだよね?wwwwwww

無条件で交戦者資格が与えられます。
「交戦者資格が与えられる」を「軍籍ある限り永久に交戦者資格を保持する」と読み替えてループして
いる限り君はずっと「無敵くん」だ。

238 :<:2011/02/01(火) 01:10:21 ID:I/7YbIuP
>>237
なんで?・・・(´・ω・`)
そっちが "敵の接近" を証明できなけりゃ、交戦者である事の証明が出来ないだけなんだが?・・・(´・ω・`)

なんで?「無敵君」・・・(笑
正規兵は "無条件で交戦者資格を持つ" と主張したのはアンタじゃん・・・(´・ω・`)
 "無条件" のハズなのに、何で "明文" で禁止されてるん?・・・(´・ω・`)
これって普通 "無条件ではない" というものなんじゃないの?・・・(笑

239 :トラ猫:2011/02/01(火) 01:11:40 ID:FW/L35z9
>>231

>立氏見解文のどこをどう読んでも "便衣に着替えて逃亡した支那兵" を "戦時重罪犯" と解釈するものは無い

これは正しいよ

240 :<:2011/02/01(火) 01:14:29 ID:PpAkXIWC
>>239
だろ?・・・(笑
発狂した "自称中間派" が必死にコピペでごまかそうとしてるだけだよなwwwww

241 :トラ猫:2011/02/01(火) 01:18:59 ID:FW/L35z9
>>238
>そっちが "敵の接近" を証明できなけりゃ、

軍事衝突があった事は認めたわけだ、では顔文字君の主張は
「互いの軍は接近せずに軍事衝突した」
という事だな、君がそう思うんならそれでいいんだよw


>なんで?「無敵君」・・・(笑
(以下略)

言い替えて誤摩化すしか出来ないならそれでいいよ。
いつものように「完全論破www」「脱糞逃走wwww」ってやってりゃいいじゃん。


242 :<:2011/02/01(火) 01:22:33 ID:PpAkXIWC
>>241
必要ないし・・・(´・ω・`)
年寄りばっかりになった肯定派にはもう "未来" がないもん・・・(´・ω・`)

"無条件で交戦者資格を持つ正規兵" が何で "明文による交戦に関する禁止事項" があるの?・・・(´・ω・`)

日本語が壊れてるじゃん・・・(´・ω・`)

243 :トラ猫:2011/02/01(火) 01:29:13 ID:FW/L35z9
>>242

「交戦者資格を持つ正規兵はハーグ法の適法を受ける」

244 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/01(火) 01:30:42 ID:9YHvDbXu
何か呼ばれたようなのでちょいと反論してみるかねぇw
まあ、言いがかりに対しての指摘ですむ、つっこみどころしかない主張へのツッコミなんだがw

>>212
> これは公文書記録、この一覧に記載が無いということは南京で中国兵に対する裁判は
> 無かったということでしょう。

何が言いたいのかさっぱり解らんが、確かその法務がそれ以前に担当していたのは日本兵だったはずなんだが?w
小川法務官の記録を読めばよく分かるが、「他にも法務官が存在していた」んだけどねぇw
「日本兵を担当していた」「一つの法務部の記録」を見ただけで、中国兵に対する裁判がなかったとか言い切れるとでも思っているのかねぇ?w

この程度の資料の読み方しかできないんじゃ、「南京大虐殺はあった」と根拠無く妄想したとしても無理ないなw

はい、論破、とw

245 :<:2011/02/01(火) 01:32:29 ID:PpAkXIWC
>>243
まあ、それはいいからさ・・・お仲間のK-Kに伝えとけよ・・・(´・ω・`)

息の根が止まるまでK-K脱糞レスをばら撒いてやるってな・・・(´・ω・`)

246 :トラ猫:2011/02/01(火) 01:47:06 ID:FW/L35z9
>>244
>確かその法務がそれ以前に担当していたのは日本兵だったはずなんだが?w

なに「その法務」って?
複数の組織を知ってるなら教えてくよ。


>はい、論破、とw

↑匿名掲示版で論破しまっくてる解説者さんカッケー(笑


>>245
>お仲間のK-Kに

おれは全然知らないんだよ、投稿読んだことあるのとHNを知ってるだけ
南京事件資料集ってK-K氏のHP?

247 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 02:09:21 ID:O3/NGHFA
>>246
不思議なことにあなたもK-Kも現れ方が全く一緒ですw
「アク禁になってた…」との言い出しがwwwwwwww

248 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/01(火) 02:12:49 ID:9YHvDbXu
>>246
何を言っているのやらw
確かキミの示した法務部陣中日誌って、小川法務官が所属していたモノでしょ?w
小川法務官の記録によれば、日本兵を担当していたはずなんだけどねぇw
で、そこに他の法務官の存在も記録されているわけでw
ただ、そこに書かれているのは「他の法務官がいたこと」だけであって、それがどこの誰だかまでは書かれていないけどねぇw
それだけの話w

むしろ、法務官が一部隊しか存在しないと、何故断定しているの?w
そこんところ、教えてほしいのだがねぇw
反論できなければ、キミの主張は全くのデタラメ、で終了なんだけどなぁw
キミの提示した資料からの主張は、「法務部が一部隊しか存在せず、かつ中国兵も担当範囲だった」と言う前提の下でしか成り立っていないんだがw

はい、論破、とw
サンキュー

249 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 02:27:03 ID:O3/NGHFA
30年以上も南京大虐殺に粘着しておきながら「南京戦で安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なのですか?」にも答えられずに発狂する肯定派w
ざまぁwwwwwwww

250 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 06:06:22 ID:jjltrFs1
トラ猫 こんなの貼った直後に
>以下は徴発時に発生した殺人の一例
>----------------------------------------
>「陣中行事報 第六号 柳川部隊法務部」
>被告人 第十八師団歩兵第百二十四連隊第四中隊
>殺人掠奪 後備役陸軍歩兵上等兵 浅□□□□
>(略)
>第一、昭和十二年十一月二十九日、同僚と共に野菜徴発を思ひ立ち付近の桑畑中に栽培しありたる野菜約五貫目を抜き取り
>第二、被告人は前記野菜を洗滌すべく付近の農家に到り居合わせたる支那婦人三名に之を洗滌せしめんとしたるに、其の中の一支那婦人は早口に何事かを放言し野菜の洗滌に応ずる風なかり>しを以て、日本軍人を軽蔑するものなりとし所携の歩兵銃を以て同女を射殺したり
>----------------------------------------
>続・現代史資料6 軍事警察 P60

これを貼る
>江浦県を通過した国崎支隊に無差別虐殺の命令が下達されたことを示す記録
>----------------------------------------
>国崎支隊/歩四十一連隊/宮下光盛一等兵(宮下手記『徒桜』)
>我が柳川兵団は上陸後
>(1)民家を発見したら全部焼却すること
>(2)老若男女とわず人間を見たら射殺せよ
>----------------------------------------
無差別虐殺命令受けた部隊の法務部が、たかが一件の殺人事件の裁判をするw
裁判は公式記録だが、虐殺命令は出所不明の怪文書
この程度の矛盾も反日フィルターで全く見えないんだな
もう笑うしかないわ

ついでに調子に乗るチョーセンウヨクくん
233 名前:日出づる処の名無し sage ▽1件 投稿日:2011/02/01(火) 01:00:47 ID:LKlNE2RN 2回目
柳川兵団ねえ・・・随分と無茶苦茶やったという話だが・・・
あはははは

251 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 08:06:26 ID:LKlNE2RN
いや、実際どこまで真実かはともかく、柳川兵団が無茶苦茶やったという話は結構あって
その中でも熊本第6師団は新路口事件など中華門東側一帯など含めて
主犯みたいにされてるわけだから
まあ熊本県民の顔文字が新路口事件に固執したのも頷けるなって話をしただけだろw

252 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 08:58:27 ID:n13SZjnO
>>174
>全てよくある戦場の悲劇に過ぎず、大虐殺といえるほどの蛮行ではありませんわな。

つまり厳正ではない摘出は戦場ではよくある事で、日本軍も同じく厳正ではない摘出をしていたと認めるわけだなw

>しかも、みな法的根拠のない個人的主観でしかないわな(笑)。

法的根拠が必要なのは法解釈をする場合だけだがw 見聞の記録に法的根拠がいるかよ馬鹿w 法的根拠もなく
違法ではないと言ってるのは佐藤和男だろw

>>198
>百数十名→三六名
>ちゃんと兵民分離が行われた証拠ですがw

その選別はについて「真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだろう」
と書かれてます。よく確認をせずに処刑していた様ですね。これのどこが厳正に行われた摘出になるんですかw

253 :トラ猫:2011/02/01(火) 09:04:05 ID:+nLFemK0
>>250

>無差別虐殺命令受けた部隊の法務部が、たかが一件の殺人事件の裁判をするw

大まかな指揮系統位は理解しようよ、
国崎支隊/歩四十一連隊/宮下光盛一等兵の記録=柳川指揮下の全命令
じゃないんだよ、もっと上級の方の命令で記録に残ってるるのは

----------------------------------------
12月10日第十軍参謀長
北支殊ニ上海方面ノ戦場ニ於テハ一般ノ支那住民ハ老人、女、子供ト雖モ敵ノ間諜ヲ勤メ、
或イハ日本軍ノ位置ヲ敵ニ知ラシメ、或イハ敵ヲ誘導シテ日本軍ヲ襲撃セシメ或イハ日本軍
ノ単独兵ニ危害ヲ加フル等寔ニ油断ナリ難キ實例多キヲ以テ特ニ注意ヲ必要トス、殊ニ後方
部隊ニ於テ然リトス、斯ノ如キ行爲ヲ認メシ場合ハニ於テハ些モ仮借スルコトナク断固タル
處置ヲ執ルヘシ
----------------------------------------

以下でも部隊によっては下達された命令は違う

----------------------------------------
石井清太郎「いのちの戦記」
この兵は抗州湾に上陸して、上海戦線の腹背を衝いた柳川兵団の兵士であった。私はその
兵士から、兵団長の命令なるものを聞いて暫らく信じられなかった。それは、生ある者は皆殺せ、
家は悉く焼け、と言うのである。(略)
私は今聞いたような命令は受けていない。そればかりか、旅団長は、
住民に対しては非情は避けたい、と言われた事を側に居て直にきいている。
将軍にこれ程相違ある事を知って驚いた。
----------------------------------------

254 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 09:05:14 ID:MHIPeGOT
>>201
>>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
だから、【合法的な戦闘員の見解】になぜ【便衣兵が含まれ】るんですか?www
色摩力夫氏がいつ「南京の便衣兵は合法戦闘員である」と言いましたか?wwwww
色摩力夫氏がいつ「南京の便衣兵は一切敵対行為をしていない」と言いましたか?wwwww

色摩力夫氏の発言はこれだけですがwww
ハーグ陸戦法規は正規軍には無条件で、民兵・義勇兵には先の四条件付きで適用されると明言した。
それだけでなく色摩氏はシンポの発言で、司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、【捕虜となる資格を持つ】と主張したのである。

255 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 09:07:00 ID:jjltrFs1
>>253
たかが兵士の一殺人が糾弾される情勢で、部隊に虐殺命令が出たとしたら発令者は処刑ですねw
反日主義者には何も見えていないようで

256 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 09:09:47 ID:MHIPeGOT
>>253
トラ猫 こいつは明らかに軍法会議と軍律審判の違いが理解できていないww

それに、裁判記録が無ければ裁判が無かったと言うのなら、
@正式な裁判記録=規則によって記録が義務つけられている証明
A裁判記録が公開されている=表に出た記録で全てである証明

まず、この2点を満たさなければそんな主張すらできないはずなのだがww

257 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 09:20:30 ID:O3/NGHFA
>>251
あなたは人生も晩年になってようやく「南京戦において安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なのか?」に全く答えることができないという矛盾に気づかされてしまいました。
失った人生という時間は戻ることはなく、ただあなたは「勘違いだらけの人生」という惨めな墓碑銘を刻み、孤独に死んでいくことになります。
ざまぁwwwwwwww

258 :トラ猫:2011/02/01(火) 09:23:56 ID:+nLFemK0
>>248

>小川法務官の記録によれば、日本兵を担当していたはずなんだけどねぇw

日本兵担当法務官と中国兵担当の法務官があるのか?

>で、そこに他の法務官の存在も記録されているわけでw
>ただ、そこに書かれているのは「他の法務官がいたこと」だけであって、
>それがどこの誰だかまでは書かれていないけどねぇw
>それだけの話w

法務部の記録に他の法務官の記録があるのは当たり前だろ、何を言ってるんだ?
法務部って個人名じゃなくて組織名だ、他の法務官がいるのが当然。
何をいいたのかさっぱりわからない。

>法務官が一部隊しか存在しない

ちゃんとした日本語書いてくれ、法務官は組織名でも部隊名でもないし一部隊の下に
法務部という組織はないんだよ。
法務官とは「官」ではなく「職」だよ、こうやって書いても君には理解出来ないだろうけど。

解説者君このテーマに関する基礎知識がぜ〜んぜん無いんじゃん、議論が無理っぽいレベル。

259 :トラ猫:2011/02/01(火) 09:26:47 ID:+nLFemK0
>>256

>トラ猫 こいつは明らかに軍法会議と軍律審判の違いが理解できていないww

ではまず俺が理解してない「違い」とやらを教えてください。

260 :トラ猫:2011/02/01(火) 09:37:45 ID:+nLFemK0
>>251
>柳川兵団が無茶苦茶やったという話は結構あって

柳川は南京市街を「イペリット(毒瓦斯)」で廃墟にする計画も立ててましたから、
同兵団は無茶もあるでしょうね、松井大将も中島と柳川に責任があると言ってましたし。

261 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/01(火) 09:55:35 ID:9YHvDbXu
>>258
ええと、ここまで言っていて何故理解できないんだろうねぇ?w
当時、南京にいたのは第十軍だけじゃないはずなんだがw
例えばなんで上海派遣軍を無視するの?w
そこの法務官は無視ですかそうですかw

私はそう言うことを言っているんだがねぇw
小川法務官の記録を見ると、日本兵を担当したと言うことも書かれていたはずだがねぇw
中国兵の担当官がいたかどうかってのは分からないけど、私はその可能性を指摘したまでw
そんな当たり前の質問ですら理解していなかったのかねぇ?w


一応、軍司令部に国際法の専門家も連れてきているのに、国際法違反を犯すってのは非常に疑問だがねぇ?w

262 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 10:51:28 ID:MHIPeGOT
>>259
>ではまず俺が理解してない「違い」とやらを教えてください。
『戦時国際法提要』信夫淳平 照林堂書店 1943年
軍律は以前には占領軍自国の軍人にも之を適用したる例あるが、今日では自国の軍人に適用すべきものは専ら陸海軍刑法とし、
軍律は主として占領地(及び侵入地)の内外常人、殊に【主として】【敵国人】及び【第三国人たる住民】に適用すべきものとなつてある。

下記学説を読んでから答えなさい。
質問@便衣兵は軍法で裁かれますか?それとも軍律で裁かれますか?

『世界戦争犯罪事典』秦郁彦、佐瀬昌盛、常石敬一 文藝春秋 2002年
便衣兵は捕虜の資格がないとするのであれば、軍律会議で 審判し処断すべきであり、第一線部隊が処断してよいものではない。

『戦時国際法論』 P257 立作太郎
戦時犯罪又はその他戦時に起こるべき犯罪に関する軍律を定むるを得べきである。

戦時国際法講義2 信夫淳平 P879-880
一四〇二 占領軍司令官が軍律に於て規定する罪科には種々あるも、その最も多く且制裁の重きは戦律罪(War
crimeで、或は戦時重罪犯とも言はれる)及び敵軍幇助罪(War treasonで、叛逆罪の称もある)である

「南京事件と戦時国際法」佐藤和男 国際法学者
安全区の存在とその特性を考慮に入れるならば、出入を禁止されている区域である安全区に逃げ込むことは、
軍律審判の対象たるに値する戦争犯罪行為(対敵有害行為)を構成すると認められ、

原剛
しかし、本来、捕虜ならば軍法会議で、捕虜でないとするならば軍律会議で処置を決定すべきもので

吉田 裕
仮に便衣兵がいたとしても、さっきから繰り返しいっているように軍律会議にかけなければ処刑できないんですから、

263 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 11:28:39 ID:kSj6cC+/
だから嘘だって。何回言わせんだよ。でも小規模ジェノサイドはあったかもね。

264 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 12:32:32 ID:MHIPeGOT
南京大虐殺論争の勢力分布

●アナクロ大虐殺肯定派
二十万人以上
高崎隆治(戦争研究家)、南京事件調査研究会のメンバーである洞富雄 (早稲田大学教授)、藤原彰(一橋大学教授)[3]

十数万人以上
南京事件調査研究会のメンバーである笠原十九司(都留文科大学教授)、吉田裕(一橋大学教授)、井上久士(駿河台大学教授)、本多勝一(ジャーナリスト)、小野賢二(化学労働者)、渡辺春巳(弁護士)

●中間派
4万をかなり下回る
秦郁彦(現代史家・元日本大学教授・法博)

数千〜2万
『南京戦史』(偕行社)の編集に携わった畝本正己(元防衛大学校教授)、板倉由明(南京戦史編集委員・南京事件研究家)、
原剛(防衛研究所調査員・軍事史学会副会長)、中村粲(獨協大学教授)、北村稔(立命館大学教授)

※虐殺否定説・まぼろし説
上記南京戦史をベースとする解釈の中で、法解釈により日本軍は違法ではないとする解釈
田中正明 (元拓殖大学講師)、東中野修道(亜細亜大学教授)、冨澤繁信(日本「南京」学会理事)、阿羅健一(近現代史研究家)、
勝岡寛次(明星大学戦後教育史研究センター)、渡部昇一(上智大学名誉教授)、中川八洋(筑波大学名誉教授)、杉山徹宗(明海大学教授)
佐藤和夫(国際法学者・原剛氏が副会長を勤める軍事史学会の顧問)もここに属すると思われる。

秦氏にしても、一時は説得力ある説として「中間説=4万前後」が認められた時代があったと思っていたんだろう。
ところが、現代になって辺りを見回してみると、自分ひとりになっていた。誰も4万前後説に追随してこない。
説得力ある説は南京戦史をベースとした数千〜2万前後説になっていた。そこで南京研究者として生き残る為には2万の方に擦り寄らざるを得なかったと。
普通なら、「新史料は出現せず」と言うのなら自説を大幅に下方修正なんて絶対しないでしょうに。

265 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 12:33:14 ID:MHIPeGOT
国際法学者の法見解

大虐殺肯定派も認める当時の国際法学者の権威 ラダ・ビノード・パール判事
判事が判断できた東京裁判での南京事件関連のAB級戦犯に対し、全て無罪と主張している
東京裁判の判決一覧
http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/sub13.html
パール判事は通例の戦争犯罪(B級)の訴因54・55も含めて無罪としています。

判事が判断できなかった東京裁判以外でのBC級戦犯に対しする判決にも批判的で、下記の言葉を残している。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1952_paru_nidome_rainichi.html
11月7日、福岡で「BC級戦犯者」の家族を前に、パール博士は沈痛な表情で以下のように述べた。
「"戦犯"といわれるが、決して犯罪者ではありません。全員無罪です。」
東京へ帰ると博士は、巣鴨プリズンを慰問された。巣鴨にはA級戦犯とBC級戦犯あわせて130名ほど留置されていた。
博士は「皆さんには何の罪もない。講和条約も終わった。講和条約が終われば、当然皆さんは釈放されるはずです。」

また、日本人では
二〇〇七年三月の「南京問題小委員会」に講師として参加された青山学院大学名誉教授で国際法が専門の佐藤和男博士は、
『偕行南京戦史』に記載されている捕虜の処断を検証した。
@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜数千人の処断。
以上、右列記した事例について佐藤博士は、いずれも戦時国際法違反でないと断定し、
【現在、南京問題研究者が素人判断で捕虜の処断を「虐殺」とする研究に対して苦言を呈していた】.(資料17)

266 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 13:15:56 ID:+O+MbrzX
軍規の乱れが南京大虐殺の原因
テーマ:日本の過ちに向き合う
http://ameblo.jp/torpedo-squadron/entry-10705448277.html

267 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 13:37:06 ID:AKMO5w08
>>252
>その選別はについて「真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだろう」
>と書かれてます。よく確認をせずに処刑していた様ですね。これのどこが厳正に行われた摘出になるんですかw
日本軍は無差別ではなくちゃんと選別を行っています。
>198
>百数十名→三六名
選別が行われている以上何も問題ありませんw
その上さらに厳正を求める理由は何でしょうかw
他国でも不正規兵の摘出が厳正に行われていたのでしょうかw
他国が行っていないのに、日本軍にのみ厳正を求める理由は何でしょうw
他国で不正規兵の摘出が厳正に行われていた例を出してみてくださいw

268 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 13:57:46 ID:MHIPeGOT
>>267
いや、多分「厳正」と「厳格」の意味を引っ掛けでやってこられてる。
選別の基準がきっちり守られていれば厳正なのであって、【間違いを許容しない=厳格】ということとは別次元。

1.げん‐せい【厳正】
[名・形動]規準を厳格に守って公正に行うこと。また、そのさま。「―
1.げん‐かく【厳格】
[名・形動]規律や道徳にきびしく、不正や怠慢を許さないこと。また、そのさま。「―

269 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 14:01:53 ID:MHIPeGOT
>>267
>選別が行われている以上何も問題ありませんw
>その上さらに厳正を求める理由は何でしょうかw
このスレを「厳正」で検索すれば、連中が何を狙ってやっているかわかりますよ。
騙されないように。

270 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 14:47:21 ID:jjltrFs1
>>269
いや別に「他国」ってキーワード入れておけば何の問題もない
奴らが比較しているのは謎のお花畑国家だしw
日本軍は現代のアメリカと比べても大差ないよな

非難されても仕方がない→さて、どの国に批判されるんですか? とかw

271 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 14:56:42 ID:MHIPeGOT
>>270
そうすると【慣習法上違法ではない】と言うことになりますね。
それで遊んでみるのも面白いかも。

実際、佐藤氏の基準を第三者があーだこーだ言っても、本人の結論と合致しなければその第三者の解釈は
佐藤氏の基準とは合致しない、つまり間違いということですからね。

272 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 15:21:06 ID:jjltrFs1
>>271
学者の見解合戦やっても、合法だと違法だを主張するのが居るんだから幾らやっても平行線。
その学者の優秀さとか比較しているの見るのはうんざりしているところです
幾らどちらかが優勢になったとしても100:0には永久にならないからね

でも「誰が非難するの?」「何処と比べて残虐なの」と言ったらこっちの圧勝だからね
否定派はこっちでアプローチするのが正解だと思うよ

273 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 15:45:04 ID:58pkkuw9
>>267
目的は「市民の殺害」ではなく「便衣兵の摘出」ですねw
あくまでも「便衣兵の摘出」という軍事行動の副産物として「哀れな犠牲者が多少含まれている」という結果になっただけですねw
軍事目標主義に従って問題ありませんw
それとも肯定派は、日本軍が市民の殺害を目的としていた資料でも持っているのでしょうかねえw


274 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 17:23:58 ID:O3/NGHFA
このスレでは大虐殺肯定派は絶滅しましたw

275 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 17:29:31 ID:O3/NGHFA
ついでに言えば、「裁判をせずに処刑したから虐殺だ」は単なる言葉遊びですwwwwwwww

276 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 20:00:51 ID:n18EU6dh
>>261

>例えばなんで上海派遣軍を無視するの?w

支那方面軍陣中日誌に 上海派遣軍での軍律違反者 桶屋 李□□□ってのが載ってる

>中国兵の担当官がいたかどうかってのは分からないけど、

中国人の裁判専用の組織はないよ、支那方面軍下に法務官は小川氏のほか10人以上入る模様。

>国際法違反を犯すってのは非常に疑問だがねぇ?w

小川氏の日記を読んでるなら「わずかに目に余るものを云々」と記述があるのを知ってると思う。
記録があったけど隠滅されたって論は、中国の40万殺されたけどその記録は隠滅されたって説と
同じロジックでないのか? 不毛な議論だと思うが。
裁判をしてから処刑したって説はどの研究者にもないよね、ネット上の匿名さんだけの説。
説には何らかの引用が必要と考える人と「俺様の判断があれば」何の引用も不要って人が居て
後者は南京否定派の中にしか存在しないね。

277 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 20:08:02 ID:n18EU6dh
>>262
>質問@便衣兵は軍法で裁かれますか?それとも軍律で裁かれますか?

回答:軍律(>>209にて回答済み)
便衣兵は軍法で裁かれる、と主張する幻の俺と戦ってたんですね。
シャドーボクシングは誰かほかの人みつけてやってもらうと助かる。

278 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 20:33:52 ID:yx3hKWZh
>>276
昔、核心っていう肯定派が一切引用をしなかったぞ。
過去スレも読まないで、否定派の中にしか存在しないなどと断定するのはいかがなものか

279 :トラ猫:2011/02/01(火) 21:11:19 ID:n18EU6dh
>過去スレも読まないで、否定派の中にしか存在しないなどと断定するのはいかがなものか

一般人は過去スレを全部読むことないんでごめんね。


訂正
「俺様の判断があれば」何の引用も不要って人が居て 後者は主に南京否定派の中に存在するが
過去スレを読めば肯定派の中にも一部存在するらしい(未確認)

解説者君も稀に引用して議論をすることもあるから出来ればなるべくそのようにしてもらいたい。

280 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 21:30:51 ID:yx3hKWZh
>>279
>一般人は過去スレを全部読むことないんでごめんね。
議論したいなら、過去スレくらい読めカス
ここはニュー速じゃねー

もう少し言っとくが、核心は例で出しただけで、肯定派にも腐るほど引用しない奴はいる。
訂正文も正確な表現じゃねーから、撤回したらどうだ?

281 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 22:18:43 ID:LKlNE2RN
否定派もこれのソースを出さないなら、撤回したらどうだ?wwww

【否定派が言い出しておきながら、ソースを出さずに逃げ続けるものまとめ】
1.兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われている!
2.スマイスは東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している!


282 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 22:30:51 ID:l0hJPzRS
チョーセンウヨクもさっさと
パル判事はBC級戦犯を無罪であると発言したのは、田中正明氏の捏造である!
というソースを探してきたらどうだ?wwww

283 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 22:38:52 ID:LGVnYnPa
>>281

>「余談ですが南京戦時、国民党軍人・軍属のうち軍服
>着用者は2割程しか居なかったと言われています。そもそも制服を支給されていなかったのです。」



>「『南京衛戌戦史話』によると南京防衛軍の兵力を「戦闘兵49,000人、雑兵32,000人、
>総兵力81,000人」 と記しています。注目すべきは総兵力の行方について「損失36,000人、
>保存44,500人」と算出している点です。」

を混同してるんじゃね?



284 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 22:58:30 ID:/FJQXb7F
前スレ541
>●自己解釈で反論したつもりになってんじゃねーYO馬鹿♪ K-Kが "Yes" か "No" と答えければ意味はねーYO♪

じゃK−Kに聞けよ馬鹿w

> つまり安全区に逃げ込んだ便衣兵に対しては 【【【 審問 】】】 すら必要ないのです!♪・・・(・∀・)

リンク先のどこに便衣兵は戦争犯罪者ではないと書かれてるんですか?w また藁人形叩きですかwww

>●また、戦争犯罪者ではないのなら 【 裁判にかける事もできない 】 のです♪・・・(・∀・)
>【 南京戦における便衣兵を処刑するには裁判が必須だった 】 は 【 論理破綻 】 してるのです♪・・・(・∀・)

上の文章と下の文章が繋がってないw 戦争犯罪者でないという事は便衣兵ではないという事だ馬鹿w

>【結論】:結局日本軍は 【 捕虜資格の無い敗残兵を処刑した 】 だけなので何ら違法性はありません。

さんざん便衣兵と書いておいて最後は敗残兵ですかw すり替え乙ですw

前スレ564
>■【3回目】:"軍装ではなかったり武器を携行していない敵兵と 【 判別した時 】 から犯罪構成要件に該当する"
>とした 【【【 学説 】】】 ぷり〜〜〜〜ず♪・・・(・∀・)∩

回答済ですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/153
 敵兵と判別した時から犯罪構成要件に該当するからだ馬鹿w

285 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 22:59:20 ID:/FJQXb7F
前スレ564
>■【10回目】:立氏の言う ”裁判所” とは一体どんな ”制度” なのですか〜〜〜???w

回答済みですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/363
 相変わらず日本語が読めてないなw  立作太郎は「裁判所に於て審間すべぎものである。」
 と書いているのだから、”裁判所”とは一体どんな”制度”なのですか? という質問にはならないだろw

 何回書いてもわからない様なので補足するが、裁判所という制度に於て審間すべぎものであると書いてあれば、
 制度を利用する事が重要なのであって、それがどのような制度であっても関係ない。だからそいう質問にはならない
 だろと言っている。そもそもお前の質問返しに答える義理はないし議論に関係のない質問には答えない。
 お前のやり方は相手に大量に質問返しをして、相手がうんざりして書き込まなくなったところで勝利宣言だろ。
 基地外にいつまでも付き合ってられないだけなのにそれで論破したと思ってるんだよなーw その手には乗らんわw

>●反論に耐えられなくて自己解釈キチガイバーカはこんな "改竄" をやってしまいまスたwwwww

反論済ですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/153
 相変わらずすり替えですかw お前の解釈と俺の解釈を比較してるんだがそんな事もわからないの? こっからなw
 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/188
  >立氏は≪ 裁判所【に於て】 審問 ≫と書いてるから ≪ 裁判所【で】審問 ≫ と言う事であり、”場所が審問する” 等の逝かれた
  >日本語解釈は成立 しない。

  それでは≪裁判所【で】審問≫を考えてみよう。お前の主張では【裁判所=場所】なんだから、
  「軍事裁判所【としての場所】又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所【としての場所】【で】審問すべきものである」
  と立作太郎が書いているという主張なんだなw これでは立は法解釈ではなく場所を指定している事になる。そんなわけねーだろwww
  立作太郎は、
  「軍事裁判所【としての制度】又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所【としての制度】【で】審問すべきものである」
  と言ってるんだよバーカwwwww 場所は関係ないわ。自らのレスで自己解釈の破綻を招くとはw 流石基地外ですねwww

お前がすべきはこれらの回答に再反論する事であって、それをしないで同じ質問を繰り返すのは既に詰んでるという事だw m9(^Д^)プギャー

286 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:00:02 ID:/FJQXb7F
前スレ566
>●戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた明文がないから 【 合法 】 だ♪バーーカ♪・・・(・∀・)

だから明文はあると言ってるだろ記憶障害者w つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/1308
第二三条[禁止事項] 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外、特ニ禁止スルモノ左ノ如シ。
 ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
 チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト

>学説もちゃんと提示してるワ♪残念でした〜♪オマエが喚き散らしても下記が 【 学説 】 だ馬鹿♪・・・(・∀・)

他の人が瞬殺してくれている様ですがw 残念でした〜♪ >>204
 "戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という学説"と関係ない見解を出せれてもなーw
 『空襲と国際法』は、防守都市に無差別の砲爆撃を加えることは合法というだけで、戦時犯罪者の処罰とは全く関係のない見解。
 『国民のための戦争と平和の法』は前述した様に戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文が存在するので、明示的に禁止されて
 いる事になり、戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という裏付けでも何でもないw

>下記@とAは同じ意味なのですか〜〜?w

質問の意味が判らないので答えませんw つか質問返しには基本的に答えませんw 議論の上で必要と認められるものだけ答えますw

>※『審問の後処刑した』と言う事は『裁判の後処刑した』と言う事になるの?wwwwwwwwwwww

なりませんねw 日本語が読めないんですか?w 裁判に於いて審問しなければ裁判を経た事にはなりませんがw

前スレ567
>●結局このキチガイは喚き散らしただけで "秦逝く彦が国際法を専門としていた" 証拠を出せませんでした〜♪・・・(・∀・)

これに対しては反論できないんですねw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/513
 法学博士である以上、法の専門家であるのは間違いないので専門は必須条件にはなりませんw そもそも法学博士も法学者も
 法に関してはどちらも専門家と言えるので、法学者はよくて法学博士は駄目という理屈は成り立たないw 質問自体に意味がないw
 つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/486
  この質問返しに答える意味が見出せない。どういう意味があってこんな質問返しが出てくるのか先に説明しろよ基地外w

287 :<:2011/02/01(火) 23:00:31 ID:PpAkXIWC
>>285
●オマエもパブロフK-Kと同じパターンで "脱糞" だ馬鹿♪・・・(・∀・)

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/201
  >>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
  >>・・・・・・
  >>色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw

●立氏見解によれば、『交戦者は俘虜の取り扱いを受ける権利を有している』としている・・・(´・ω・`)

  |『戦時国際法論 立作太郎 日本評論社 1931年 P54』
  |所謂交戰者たるの特權の主要なるものは、敵に捕らへられたる場合に於て、俘虜の取扱を受くるの權利を有
  |することに在る(ハーグ陸戰條規第三條第二項参照)。

●同時に『俘虜の取り扱いを受ける権利』は『俘虜の取扱を受くるの權利は、戰時重罪人として處罰されざることを確かむる』
  との見解を述べている・・・(´・ω・`)

  |『戦時国際法論 立作太郎 日本評論社 1931年 P54』
  |【 俘虜の取扱を受くるの權利は、戰時重罪人として處罰されざること 】 及び國際法規及條約の認むる俘虜の地位に
  |伴ふ一定の取扱を受くることを確かむるものである。

  ■つまり、便衣兵にも捕虜資格があるのなら 【 戦争犯罪者として処罰する事は出来ない 】 ♪・・・(・∀・)b

●【オマエも遠慮なく脱糞しろよ♪1回目♪・・・(・∀・)】
  便衣兵にも捕虜資格があるのなら 【 戦争犯罪者として処罰する事は出来ない 】 よね?♪・・・(・∀・)

288 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:01:03 ID:/FJQXb7F
前スレ567
>【1回目】:誰が "捕虜資格" がなければ "戦争犯罪行為" になるとか言ってたの???wwwwwww
>【1回目】:"捕虜資格" がなければ "戦争犯罪行為" になるの???wwwwwww

トリミング乙w つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/513
「安全区外で捕らえられた便衣兵に俘虜の資格がないのなら、安全区に逃げ込まなくても戦争犯罪行為だった事になるよなーw」の、
「よなーw」を消せば俺がそう主張している様に見えるから削ったのかw せこい真似しやがってw 見透かされ悔しいの〜www
お前の主張を受けてからかってるだけだがw m9(^Д^)プギャー
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/320
> >安全区外で捕らえられた便衣兵は俘虜の資格があったのですか?【1回目】
>■あるわけねーーーーーーだろ♪馬鹿め!wwwwwwwwwwwww
自分で書いた事も覚えられないのかよw

>一般民家への無差別爆撃はハーグ第二十五条で禁止されとるワ!馬鹿め!w

知ってますがw その禁止事項をされた場合に適用できる国内法が整備されてなかったから慌てて制定した規則が空襲軍律ですがw
罰則規定がないと処罰する事は出来ません。そんな事も知らないんですかw 馬鹿ですねwwww 反論のレベルが低すぎて議論に
なってませんよw では答えたので再度聞くが、極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに
同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【2回目】

>"事後法" が認められず "罪刑法定主義" に基づかないといけないのなら南京戦での便衣兵を裁判にかける事は
>できないよね???wwwwwwwwwwwwwwwwwww

できますよw 立作太郎は現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬと書いてるから慣習として成立していたわけです。
事後法でもなんでもありません。罰則規定もあったので罪刑法定主義にも基づいていますがw 馬鹿ですねw

>■誰が "よい" と言ってんの?誰が "悪い" と言ってんの?見解が存在しない質問してどーすんの?♪・・・(・∀・)

つまり学者で「戦時犯罪容疑者は素性(兵か民か)が判明しなくても裁判をせずに容疑者のまま殺害してよいとの結論を出してる人は」
居ないわけですねw はい、またまた自己解釈確定wwwwwwwww バーーーーーカwwwwwwww m9(^Д^)プギャー

289 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:01:38 ID:/FJQXb7F
前スレ567
>●後は全部回答済み♪・・・(・∀・) つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/234

回答になってないと指摘済みですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308-310
結局一つしか回答になってないのでやり直しですw いつまで逃げ続けるんだよ卑怯者がw お前が気が狂うまで貼り続けるからなwww
 お前の下記主張を裏付ける学説を出してみろよw【9回目】
 裁判所で審問さえすれば ≪ 裁判を開かずに処刑執行した ≫ としても問題ないんだよな♪・・・(・∀・)

 秦は指揮官自身は捕虜として認識していないと書いているのですか? ではその記述を出してもらおうかwwwww【10回目】

 “捕虜の権利が無い者は無裁判で処刑してよい”とした学説を出して下さい【9回目】

 何故「裁判所に於て」の於て=場所になるんですか? 於て=場合・事柄ではない理由は何なんですか? 答えろよw【8回目】

 お前は秦を「”法学者”のクセに」と書いてるが「秦は法学者ではない」に変説した理由を教えてくれ【4回目】

 極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【2回目】

前スレ569
>便衣兵捜索を "いい加減なものだった" と評した秦逝く彦が、その一方で 『形式的にせよ軍事裁判をすれば
>問題なかった』 との解釈を曝すとは一体どういう事なのですか〜〜?w

秦に電話して聞け馬鹿w 先ず便衣兵捜索がいい加減だったと秦がどこで書いているのか引用しろよ。話はそれからだw そもそも何が
おかしいのかさっぱり判らん。「形式的にせよ軍事裁判をすれば問題なかった」は、そうしておけばそれこそ合法と言う事もできたという指摘
であり、便衣兵捜索がいい加減だった事とは関係ない。関係ない二つの事柄のどこがダブルスタンダードなんだよバーカwww

>何が厳格に実施された軍律審判だよw それは事後法の空襲軍律だろw 罪刑法定主義に基づいていない。
>●これが "法学博士" の解釈かYO〜〜〜〜〜♪

秦の空襲軍律についての見解を知ってるんですかw 秦はどう解釈してるんですか?w ソースプリーズwwwwwww
どうでもいいが俺へのレスがアジアカップ決勝の中継中www 日本を応援するよりも2ちゃんねるへの書き込みの方が大事なんだーwww
そうか、お前はマジで朝鮮右翼だったんだなwww 朝鮮右翼としては3位決定戦でアジアカップ終了だもんなw m9(^Д^)プギャー

290 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:02:49 ID:/FJQXb7F
>>287
>便衣兵にも捕虜資格があるのなら 【 戦争犯罪者として処罰する事は出来ない 】 よね?♪・・・(・∀・)

便衣兵に捕虜資格があると言ってませんがw また藁人形叩きですかwwwww

291 :<:2011/02/01(火) 23:04:28 ID:PpAkXIWC
>>290
●"便衣兵は合法的戦闘員" なのに "捕虜資格が無い" の〜〜〜?wwwwwwwww

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/201
  >>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
  >>・・・・・・
  >>色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw

ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

292 :<:2011/02/01(火) 23:07:13 ID:PpAkXIWC
>>290
●チンカスパブロフK-Kは下記質問で "脱糞" ♪・・・(・∀・)

  ====南京戦で安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なの?====

●対してオマエの方はこれで "脱糞確定" wwwwwwww

  ==== 便衣兵にも捕虜資格があるのなら戦争犯罪者として処罰する事は出来ないよね?====

●喝破された〜〜♪喝破された〜〜♪喝破された〜〜♪喝破された〜〜♪喝破された〜〜♪
  ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪
  ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪
  ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

293 :<:2011/02/01(火) 23:14:48 ID:PpAkXIWC
>>289
●長々と "言い訳" を並べたのに "瞬殺" されちゃったYO〜〜〜♪・・・(・∀・)

  ==== 便衣兵にも捕虜資格があるのなら戦争犯罪者として処罰する事は出来ないよね?====

  ■オマエも脱糞パブロフK-Kと同じく、上記質問に "Yes" とも "No" とも答えられずに発狂するのさ♪
   ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

294 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:25:38 ID:p+DThLgz
肯定派がお亡くなりに…(-人-)

295 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:35:31 ID:P3BC8Z/C
ん、イチャモン・チンカス・シナ人がワシにイチャモンつけてるやんけ。
おまえは職なしプータローかもしれんが、ワシは堅気の人間だからな。
また今度相手したるわ(笑)。
後はチョーセンウヨクその他諸々のいつもの雑魚ばかりやな。
トラ猫はグース掲示板でいじめてやったで、ま、どーでもええわ。
相変わらず羞恥心のない大バカよのぉー(笑)。さすが中卒フリーターやわ。
トラ猫は、まず定職を持ちなはれ。でなきゃkoueiと同類項だぞよ(爆笑)。
哀れなり宗教サヨク末端信者よのぉー(涙)。

296 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:37:30 ID:O3/NGHFA
うはwwwwwwww
吉田伝聞に色摩氏見解をトリミングしたその独自解釈なら、「便衣兵にも捕虜資格がある」としなければマッチしませんねwwwwwwww
ざまぁwwwwwwww

297 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:42:33 ID:P3BC8Z/C
>>290
>便衣兵に捕虜資格があると言ってませんがw また藁人形叩きですかwwwww

ドアホの極みたる名発言よのぉー(笑)。
南京大虐殺肯定派の主張の根幹が崩壊したやんけ(大爆笑)。

298 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:55:37 ID:vj5P90rB
>>281
否定したんじゃなくて調査結果を変更しようとしなかったんじゃなかったか?
東京裁判で弁護側はスマイス博士を証人として喚問することを強く要求したが、裁判所は弁護側の要求をしりぞけてスマイス博士の宣誓口供書を証拠として受理した。
「南京地方院検察処敵人罪行調査報告」が「34万人大虐殺」のレポートを作成したのが21年の2月。
 スマイス博士が口供書を執筆したのは同年6月。
偽証罪の無い東京裁判では、いくらでも水増しが可能だったのにスマイス博士は調査結果を変更しなかった。
大体スマイス報告の市部調査における死亡者数と拉致者数,農業調査における死亡者数を全 て合計してもわずか33470人。


299 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:57:35 ID:WPUDnI/7
>>291-293
>>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw

これは俺が書いたレスで色摩氏の見解だがこれが何か?w お前の前スレのこの問いに対して返したものだw
>南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!
だから、学者の見解を出してるだけだがw お前はこのスレの肯定派見解を問うてはいないw なに発狂してんだよ馬鹿w

300 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:58:16 ID:WPUDnI/7
>>217-218
>●この質問に対し、チンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "Yes" と答えることができません♪・・・(・∀・)

答えるも何も肯定派テンプレにとっくに書かれてるって前スレで指摘してんだけどw
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/498
 いやwww 瞬殺も何も肯定派テンプレにとっくの昔に書いてあったのに気付かず、グダグダな粘着質問で否定派がタコ踊り
 してただけだろwww それに安全区に逃げ込まなくても戦争犯罪者とテンプレには書いてあるので佐藤と全く同じではない。
 つ》29
  安全区で捕らえられようが安全区外で捕らえられようが便衣兵への対処はAns.Cの様に実施されなければなりません。
 つ》27
  Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、捕らえた場合は戦時重罪犯

>下記肯定派のオナニー(※自己解釈)ソースは、"南京戦において、安全区に逃げ込んでいた便衣兵は戦争犯罪者で
>はない"と主張しております♪

また平気で嘘を吐くw その3つのHPを見たが南京戦時に居たのは広義の便衣兵で狭義の便衣兵は居なかったとしか書かれ
てなく、便衣兵は戦争犯罪者ではないという主張はどこにも見られない。また印象操作ですかw 流石下衆野郎ですねw

>●同時にチンカスK-K及び他の大虐殺肯定派達は "No" と答えることもできません♪・・・(・∀・)

NoではないからNoとは答えないよなw

>●以上より、"Yes" とも "No" とも答えられないチンカスK-Kの 【 論理破綻 】 が確定する事になります♪・・・(・∀・)

お前が質問する前から肯定派テンプレに答えが出ているがw そんなにタコ踊りが楽しいんですかw

301 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:58:57 ID:WPUDnI/7
>>217-218
>同時に回答不能故 【 南京戦における便衣兵を処刑するには裁判が必須だった 】 の 【 論理破綻 】 も確定します♪

どこで破綻してだよ。俺の考えとは少し違うが戦時国際法の専門家である色摩氏がこう言ってますがw つ>>201
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/500
下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
 『現代歴史学と南京事件』吉田裕 P85
  この点と関連して重要なのは、昨年の七月三一日に自由主義史観研究会の主催で開催された「20世紀最大のウソ『南京
 大虐殺』にとどめを刺す連続講座とシンポの集い」である。この集会で、東中野・藤岡両氏などとともに報告にたった元外交官
 の色摩力夫氏は、ハーグ陸戦法規は正規軍には無条件で、民兵・義勇兵には先の四条件付きで適用されると明言した。
 それだけでなく色摩氏はシンポの発言で、司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
 兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、【捕虜となる資格を持つ】と主張したのである。

 『国民のための戦争と平和の法』色摩力夫 P280
  「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘
 員と認められます。

 色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw
 国際法学者の中でも色摩氏は特に戦時国際法の専門家なので、ただの国際法が専門でしかない佐藤より重みがありますねw

302 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:59:42 ID:WPUDnI/7
>>217-218
>■"Yes" と答えても "No" と答えても "論理破綻" が確定しまスwwwwwwwwww

敵兵と判別した時点で戦時重罪犯と答えているしどこも論理破綻していませんw
立氏見解文を出したのは"ハーグ第二十三条が本当に戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じたものであるとする根拠"に対してで
あって、戦時重罪犯については信夫氏の見解がありますがw

『現代歴史学と南京事件』吉田裕 P72-73
 敵の制服の擅用禁止に関する本へ号の条句は、文字の上に不備の点が少なくも二つある。その一は、本号禁止の制服は
 単に敵のそれに係り、中立人の制服又は平服の擅用に関しては何等説及してないことで、その二は、本号は単に敵の制服
 の擅用を禁ずるに止まり、敵兵が一般に平服を擅用することに関しては、これ亦明現する所ないことである。〔中略〕二の
 戦場に於て敵兵が常人の平服を擅用することに関しては、本へ号の上では明晰を欠くも、本規則〔ハーグ陸戟規則のこと〕
 第一条に於て交戦者たる正規軍の要求する条件の精神から推して、それは許されざるものと解釈すべきであらう。
 (戦時国際法講義 第二巻)信夫淳平
 明らかに信夫は、正規軍の将兵が民間人の平服を身につけて行動することを、「戦時重罪」にあたるとみなしていたのである。

4条件違反に関しては信夫氏の見解があるんだよバーーーーーカw 軍装でないというだけで戦時重罪犯だw
お前のいちゃもんが破綻してるんだよアホwww 残念でしたwwww

>>220
>■南京戦での便衣兵は "3万人" も居たワケがないので、上記 "捕虜" には "幕府山等の捕虜" が含まれ
>ている事は明白です♪・・・(・∀・)

だから?w 捕虜の無裁判大量処刑という事実があったら、何故捕虜全員に裁判をかけなければならなかった事になるんですか?
に、お前は答えてないがw

>●なのに、日本語すら理解できないチンカス肯定派は "自己否定のレス" で反論したつもりになってますwwwww

どこが自己否定になるのかさっぱり判らんw 過去レス漁って俺のレスと思われる書き込みで
「全ての敵拘束兵に裁判をかけなければならない」といった趣旨があれば引用してみろよ馬鹿w

303 :日出づる処の名無し:2011/02/01(火) 23:59:57 ID:WPUDnI/7
>>231
>●つまり、立氏見解文では "南京戦における便衣兵は戦時重罪犯であった" とする論拠が成り立たないのです。同時に、"戦時重罪犯"
>に対して述べた下記見解を引用する事も出来ませんので肯定派の 【 論理破綻 】 が確定する事になります♪・・・(・∀・)

ならねーよw http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/512は、"南京戦における便衣兵は戦時重罪犯であった"という根拠として
出したものではなく、"ハーグ第二十三条が本当に戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じたものであるとする根拠"として出したんだろーがw
自分の質問も覚えてないのかよ記憶障害者w 前スレのレスなのをいい事に卑怯な手を使い"南京戦における便衣兵は戦時重罪犯であった"
という質問に対して512が出されたかのようにすり替えてやがるw どこまで下衆なんだよw こういう事をしない反論できないとは哀れだなwww

前スレの立氏見解で"南京戦における便衣兵は戦時重罪犯であった"事にならないのは当たり前。立氏の見解は交戦法規違反の【行為】に
ついての見解だ。南京戦における便衣兵という【状態】は信夫氏の見解があるわボケwww

>>232
>下記見解文は "戦時重罪犯" に対する者だから "南京戦での便衣に着替えて逃亡した支那兵" には使
>えないよ〜〜〜ん♪・・・(・∀・)

"南京戦での便衣に着替えて【【逃亡】】した支那兵"なので使えますよw 【逃亡】が対敵有害行為になる事も知らない馬鹿ですかw

で、「戦時犯罪者の処罰に裁判は不要」という学説は結局出せないわけですねw 了解しましたwww
ついにリーバー法の件とフィラデルフィア・レジャ紙ルポの件はだんまりになった様だし「戦時犯罪者の処罰に裁判は不要」という学説
は出せない事が分かったのでこれ以上の議論は意味がないなw またしても顔文字の自己解釈が崩れ去ったところで引き上げるとするかw
暇潰しに付き合ってくれてありがとよw それでは脱糞しながらいつもの「論破してやったニダ」宣言ヨロシク!wwwwwwwwwwwwww

304 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 00:05:41 ID:1NzdWj3V
ベイツの前書きって突っ込みどころ満載なんですがw

http://nanking1937.web.fc2.com/Smythe/enjp.html
南京地区における戦争被害 1937年12月 - 1938年3月
都市および農村調査 ルイス・S・C・スミス博士(金陵大学社会学教授)と助手による
南京国際救済委員会を代表して1938年作製
まえがき
----------------------------------------
 南京の城壁に直接に接する市街部と南京の東南部郊外ぞいの町村の焼き払いは、中国軍が軍事上の措置としておこなったものである。
それが適切なものであったかなかったかはわれわれの決定しうることではない。
市の東南の道路にそっておこなわれた軍事行動と4日間にわたった南京市に対する控え目ではあるが容赦のない攻撃による
《住民の生命および財産の損害は、きわめて少なかった。》
--------------------------------------------------------------------------------

《1月初旬以来、中国人市民による略奪と強盗がはじまり徐々にひろがった。》

--------------------------------------------------------------------------------
《また、後には農村部において深刻な盗賊行為が増加し、今では日本軍の強盗と暴行に匹敵し、時にはこれをしのぐほどになっている。》

--------------------------------------------------------------------------------

305 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 00:06:17 ID:4pf+SiV7
>>303
南京戦での「便衣兵は合法的戦闘員だが戦争犯罪者だ」というわけですか?
ものすごい珍論ですねwwwwwwww
さっさと死んでくださいなwwwwwwww

306 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 00:10:31 ID:4pf+SiV7
>>303
逃亡が対敵有害行為と認めるのなら、便衣兵はみな「現行犯」ですねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

307 :<:2011/02/02(水) 00:34:11 ID:UOks6XxB
>>303

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/201
  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/299
  >>>>>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
  >>これは俺が書いたレスで色摩氏の見解だがこれが何か?w お前の前スレのこの問いに対して返したものだw

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/302
  >>軍装でないというだけで戦時重罪犯だw

  ■"脱糞した肯定派の自己解釈" ♪・・・(・∀・)

   "南京戦での便衣兵は合法的戦闘員だが戦時重罪犯である" ←←←なんじゃこりゃ!wwwwwwwwwwww

●発狂しだしたら自分でも何を書いてるのか判らなくなる "奇病" も健在♪・・・(・∀・)

  @>>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/201
  >>色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員
           ↓↑
  A>>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/302
  >>軍装でないというだけで戦時重罪犯だw

  ■@とAを同時に書ける精神構造が理解不能wwwwwwww これぞ "発狂" wwwwwwwwwwwwwww

●オマケにこんな事も書いてるしwwwww

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/301
  >>国際法学者の中でも色摩氏は特に戦時国際法の専門家なので、ただの国際法が専門でしかない佐藤より重みがありますねw

  ■自分で "重みがある" と評しておきながら "軍装でないというだけで戦時重罪犯" だってさ♪・・・(・∀・)
   ァハハハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \〜♪

308 :<:2011/02/02(水) 00:41:05 ID:UOks6XxB
>>303
●"軍人が軍装ではなかったり武器を携行していなかったといえども、これを罰する条約・慣習法は存在しません" と
  言ったり、"軍装でないというだけで戦時重罪犯だ" と言ったり・・・・もう逆上しすぎてイミフ卓wwww

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/73
  >>簡単な例えで説明しましょう。正規の交戦者が着替えている最中に無抵抗で敵軍に捕らえられたとしましょう。
  >>(戦場に居たのですから捕らえられずにその場で射殺される場合もあります。これは違法ではありません。今は
  >>捕らえられた場合を考えてみます)この者は捕虜になれないのでしょうか。答えは「捕虜になれる」です。軍人が
  >>軍装ではなかったり武器を携行していなかったといえども、これを罰する条約・慣習法は存在しません。4条件
  >>違反者が害敵手段を採れば戦争犯罪になりますが、4条件違反者が戦場に居ただけでは犯罪になりません。

          ↓↑

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/302
  >>軍装でないというだけで戦時重罪犯だw

ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

309 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 00:47:06 ID:MdOV9tlo
この肯定派、本当に気が狂っちゃったんじゃないの?

310 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 01:04:34 ID:4pf+SiV7
生まれた瞬間から発狂してたそうですwwwwwwww
あまりにも発狂がひどすぎて赤ん坊の時から鎮静剤を打たれてたようですwwwwwwww

今回ばかりはさすがに他の肯定派も呆れたことでしょうwwwwwwww

311 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/02(水) 03:41:57 ID:q1plYKYh
>>276
> 支那方面軍陣中日誌に 上海派遣軍での軍律違反者 桶屋 李□□□ってのが載ってる
ええと、何が言いたいのかさっぱりw
上海派遣軍の法務官の話をしているのに、上海派遣軍の軍律違反者を持ってきてどうするんだろうか?w

> 中国人の裁判専用の組織はないよ、支那方面軍下に法務官は小川氏のほか10人以上入る模様。
いや、全くそんなことを言っていないんだけど?w
第十軍は日本兵を担当していただけで、中国兵に関しては例えば上海派遣軍の法務官などが担当していたとか考えないのかねぇ、とか思ってみたりw
一応、国際法の学者を連れてきているようだからねぇw
司令部んところには、法務官はいなかったのかなぁ?w
そう言うことを言っているんだけどねぇw

第三者のベイツに中国兵の選別を見させるくらいだからねぇ、法の専門家まで連れてきているのを見ると違法性については慎重になっていたと思うけどねぇw

> 記録があったけど隠滅されたって論は、中国の40万殺されたけどその記録は隠滅されたって説と同じロジックでないのか?
ノンノン、全く違うだろうにw
南京は、今はどこの国の場所でしょうか?w
戦争に負けて撤退する連中が、南京の資料を果たしてどれだけ持ち帰れたのやらw
そして中国が自分たちに都合の悪い資料を出すと思うのかい?w
むしろ、資料がほとんど無いこと自体がおかしな話なんだよねぇw

> 裁判をしてから処刑したって説はどの研究者にもないよね、ネット上の匿名さんだけの説。
そもそも南京大虐殺を「兵士の無裁判処刑」で議論しているのもネットだけだがねぇw
まずは民間人虐殺から語るべきなのに、問題をすり替えて肝心な話から逃げているだけなんだよねぇ、キミタチはw

南京大虐殺がひとえに国際問題と化しているのは、「民間人虐殺」があったからだねぇw
「兵士の無裁判処刑が南京大虐殺」とか、教科書などに書いてあるのかねぇw
そこまで言うのであれば、まずは民間人虐殺から話を進めようか?w
「肯定派学者が口をそろえてあった」と言っているのだからねぇ、当然キミも答えてくれるよねぇ?w


いい加減、兵士がどうのこうのと問題をすり替え、定義を決めずに逃げてもらいたくないんだよねぇw

312 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 03:51:18 ID:1liPWGpD
アメリカ合衆国の戦争犯罪
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E7%8A%AF%E7%BD%AA

これに書いてあるのが当時先進国と言われたアメリカの虐殺行為、誇張や虚偽が混じっている可能性も0じゃないが
南京と違って、虚実が争われているのは僅かです。未だにマニラ大虐殺だなんて言っている連中は偶に見ますがw
これと比較して、態々便衣兵と市民を分ける努力をした日本軍を賞賛するのが当然だと思いませんか
さて、これを全部読んでも「便衣兵殺害は虐殺ニダ」なんて主張する奴は何者なんでしょうね?

313 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 06:53:18 ID:Ld9MPrHm
韓国人と中国人がなぜ日本を嫌うのか、それは今まで正式に補償や謝罪などが日本人から無いからだ。

314 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 07:02:04 ID:1liPWGpD
>>313
ねえ、何で嘘をつくの?嘘付かないと死んでしまう生物なのですか?
それに韓国に謝る理由など無い、謝らないといけないのは寧ろ朝鮮人だろ

315 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 07:19:26 ID:Ld9MPrHm
日本にはもっと原爆を落とすべきだった。
このような生意気な国家に成長したのも我々戦勝国の要らぬ情が招いたのだ。

316 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 07:41:54 ID:TODrUXxy
それにしても戦時国際法解釈論議好きすぎだろ否定派はw
そして誰にも同意されないもんだから、自分で勝利認定wwww
否定派哀れすぎるwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www


317 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 07:42:42 ID:TODrUXxy
>>315
そういうアホな煽りはいらないよ

318 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 07:44:37 ID:1liPWGpD
>>317
チョーセンウヨクくん同胞に冷めてーなーw

319 :トラ猫:2011/02/02(水) 08:17:25 ID:8rz6+W5d
>>311

>南京大虐殺がひとえに国際問題と化しているのは、「民間人虐殺」があったからだねぇw
>まずは民間人虐殺から話を進めようか?w
>「肯定派学者が口をそろえてあった」と言っているのだからねぇ、当然キミも答えてくれるよねぇ?w

俺も中間派なので二桁万の民間人虐殺があったとは主張しないが
崇善堂についての議論があったのでそれついて

崇善堂については埋葬より改葬の方が多かったのではないかな。
本来の埋葬自体は公表されてる数字の1/3位(かつ誤差+−50%程度)が俺の概数。
崇善堂は紅卍会や民間人が埋葬した遺体を改葬した数字も計上してるのだろう、
児島によれば紅卍会の4万も崇善堂が改葬したと記してている。
あと農村地区の埋葬写真を見ると上に土を盛っただけ、そのままのでは持たない
ので改葬が必要。
女子供の遺体ならば配偶者はそのまま放置せず自分達で埋葬したであろうし
それを崇善堂が改葬すれば崇善堂と紅卍会の数値は女子供で違いがでるだろう。
日本軍としても男性の遺体であれば兵士とみなす事が可能かも知れないが
、女子供の遺体については人目につかない方が良いはずだ。
証言からは陥落時の民間人男女比は女がかなり少ない、
船で避難するには金が必要、避難したいと考えていても家族分の金を用立てる事が
出来ない場合は女子供を優先的に避難させるだろう。
以上が史料に仮説を加えた俺の考察。

ところで否定派は敗残兵戦時重罪説とそうでない説が両立してようだが統一した方が
いいんでないかい?

320 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 08:44:57 ID:4pf+SiV7
>>319
決して学説になることもない「思い込み」を語られても意味不明ですw

321 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 08:47:12 ID:4pf+SiV7
喚き散らした発狂中間派が大虐殺肯定派に残したトラウマ…大虐殺肯定派は「安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なのですか?」に答えることができないwwwwwwww
さぞ大虐殺肯定派から恨まれてることでしょうねwwwwwwww

322 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 08:49:18 ID:4pf+SiV7
>>319
ちなみに敗残兵は戦時重罪犯ではありませんw 馬鹿ですか?w

323 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 08:53:09 ID:sqSnWA2V
>>307
色摩の見解と信夫の見解が違うというだけの事じゃんw 設問がそれぞれ違うんだから2つの見解を同時に提示するのは
おかしな事ではないw お前等が学者見解を提示したらその見解に同意した事になるというルールを勝手に
作ってるだけだろw

でさあ、相変わらずなんだが相手が言っていない事を言った事にしてそれに対して突っ込みをいれるという下衆な
書き込みをいつまで続けんだよw これとかさ

>"南京戦での便衣兵は合法的戦闘員だが戦時重罪犯である"

先ず肯定派のこの書き込みがあるレス番を挙げてみろよ、過去スレからでもいいからさw レス番を挙げられなければ
相手の発言を捏造し、それに対して突っ込み入れるというタコ踊りを演じていた事になるぜw

あるわけないよなw お前等が色摩と信夫の相反する見解を繋げてるんだもんなーw 誰も言っていない書き込みを作り出し
それに対して反論する馬鹿集団www

324 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 09:05:35 ID:imGG2QrN
>>277
>便衣兵は軍法で裁かれる、と主張する幻の俺と戦ってたんですね。
>シャドーボクシングは誰かほかの人みつけてやってもらうと助かる。
どの面下げて言ってますか?www

さて、お前は裁判記録が無ければ裁判が無かったと言っているのだから、、
@正式な軍律裁判記録=軍律でも規則によって記録が義務つけられている証明
A軍律裁判記録が公開されている=軍律でも表に出た記録で全てである証明
をしてもらわないとなwwここのマジキチ揃いの大虐殺肯定派ですらそんな主張していないのに良くやるわwww

一つ、チャンスを与えよう。日本軍が軍規厳正で一人の殺人の罪でもきっちり軍法にかけて処分されているのは
このスレで示されている通り。ましてや、何千人もの戦時重罪犯や捕虜の違法な殺害があったのなら関係者は
きっちり軍法で処分されており、盛大に記録されているはずだな。その記録をお前が出せばいい。
お前が日本軍による違法行為を証明して大虐殺肯定派の英雄となるチャンスだぞ。がんばってくれたまえwwwww

まあ、どうせ「南京だけはなぜか犯罪行為が罪に問われなかった」などどお得意のアナクロ大虐殺肯定妄想を
繰り出すのだろうがww今時、そんな「不明な点は全て日本軍の違法行為・残虐行為」とか言う主張など誰も
認めないと思うがなwww

232 名前:トラ猫[] 投稿日:2011/01/12(水) 18:22:58 ID:viEKlFeh
これは君の言う公式記録にならないのか?
----------------------------------------------------------------------
続 現代史資料6 軍事警察 (みすず書房)
「中支那方面軍【軍法会議】陣中日誌」の章  P201

325 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 09:09:37 ID:imGG2QrN
>>323
>色摩の見解と信夫の見解が違うというだけの事じゃんw 設問がそれぞれ違うんだから2つの(矛盾した)見解を同時に提示するのは
>おかしな事ではないw 
おかしいだろwwwwwその矛盾を導く為に二つの設問がなされているんだからwwww
何を開き直っているんだ、見苦しすぎるぞwwwww

矛盾と認めるならどちらか一方の説を取り下げるべきで、矛盾と認めないなら

>"南京戦での便衣兵は合法的戦闘員だが戦時重罪犯である"
と言う主張をしているに他ならないだろうがwwww

326 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/02(水) 09:18:52 ID:q1plYKYh
>>319
崇善堂に関しては、それが正しいことを示してからだねぇw
つか、以前もこの話をしたはずだが?w
基となった資料がどうのこうのと「基となった資料が存在する」のであれば、それを是非とも示してくれないかねぇw
「10年後に作った信憑性に欠ける資料」が『根拠もなく正しい』と言う前提で話を進められてもなぁ、という感じなんだよねぇw
そんな“史料”とやらに仮説を立てたところで、所詮は思いこみ以外の何者でもないw

極東裁判に於いては、日本軍はこの資料についてちゃんと反論しているんだよねぇw
曰く、「10年後の資料にどれだけの信憑性があるのやら」「紅卍字会との資料の差がありすぎ」
「4月まで一日130体処理なのにその後一日2600体処理とか、しかもそれを10日間するとか無理がありすぎ」
「5ヶ月後まで場所によっては多くの死体が放置状態とかあり得るわけがないだろw」と、崇善堂については否定しているのなw
と言うか、全く持って当たり前の反論だけどなw

極東裁判の時点で基となった資料が出ていないんだよねぇw
基となった資料が存在しないのに、何故正しいと言えるのか是非とも教えてもらいたいモノだねぇw


そもそも崇善堂の活動自体が1938年9月からと南京日本商工会議所編「南京」に書かれているんだよなぁw
何この矛盾は?w
「中華民国27年度南京市概況」では崇善堂はやっていることも小さく、埋葬に関わっているのは紅卍字会などで崇善堂の記述無しw
そもそも崇善堂の活動が埋葬ではなかったはずなんだけどねぇw

で、逆に崇善堂の埋葬記録を裏付けるモノって、何だろうねぇ?w
信憑性に欠ける資料を押しつけられても、「それキミの妄想」と言うほか無いだろうにw
「否定派は否定してばかり」とか言うけどねぇ、10年後に作成された基となる資料も存在しないモノを信じろとか言われても、無理に決まっているだろw
つか、その他の資料で否定されている時点でお話にならんわなw


崇善堂の資料が本当であれば、市民は戦闘中にもかかわらず歩き回っていたことになるしw
いくら何でも無理ありすぎw

327 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 09:20:21 ID:imGG2QrN
>>301
>色摩氏はシンポの発言で、司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
>兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、【捕虜となる資格を持つ】と主張したのである。
バカwwそれは
・司令官が逃亡した軍隊の将兵がそれから敵対行為を行うまでの間
・軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍兵士がそれから敵対行為を行うまでの間
の話であって、
最初から便衣兵の場合や民兵・義勇兵が便衣に着がえた(或いは特定の微章をつけなかった)場合は別だアホww

>色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw
何ですかこれはwwww

南京では現地徴用の民兵がかなりいた様だからな。落城時に南京に残っていたのは4割どころか殆どが
該当するように読めるなww
【戦闘直前にかき集めた予後備兵、少年兵をふくむ民兵は濃緑色の綿製軍服を着用】

『南京事件』P208  秦郁彦 中公新書
 当時の日本軍は前者を約十万(佐々木倒一回想録、飯沼日記など)と推定していたが、中国側や外国人居住者は約五万と見ていたようである。
日本軍が戦場で入手した張群思少佐のメモも五万と記していた。五万と十万では二倍の開きがあるが、あるいは台湾の公刊戦史が記すように
「当初は10万、落城時は3.5万〜5万」とするのが実体に近いかもしれない。
 兵力計算を困難にする理由に、民兵の存在があった。正規兵はカーキ色のラシャ制軍服を着ていたが、戦闘直前にかき集めた予後備兵、
少年兵をふくむ民兵は濃緑色の綿製軍服を着用、なかには私服のままの者もいた。局面によっては、正規兵よりも民兵のほうが多く、
とくに難民区に逃げ込んだ者は民兵が主体だったようだ、という参戦者の証言もあるが、中国側が主張する兵力数に、この種の民兵が含まれているかはたしかでない。

『評唐生智在保衛戦中的功過』 1985年11月 「孫宅魏」著作 「笠原十九司」訳
一方中国軍は、唐生智の率いる守城部隊が十五個師、およそ十余万人であったが、
雑兵が多く、敵軍と直に戦闘できる兵隊は六割にすぎなかった。
防衛軍全体の中で、まだ入隊したばかりの新兵が四割近くもしめていた。
(『南京事件を考える』P160 より 大月書店)


328 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 09:23:08 ID:1liPWGpD
>>319
収入の道が細って青息吐息の宗教団体が、金にもならない無縁仏の改葬作業ですかぁ
それほど真っ当な活動していたら記録に残るだろ
活動できなかった宗教団体の名前使って奴らがデータ捏造したのは明かだろw
まともな元データがあるくらいならそっち出して、捏造は他の団体に被せているわ
ある程度まともな活動が残っている紅卍会分は水増し程度にしているだろ

329 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 11:23:24 ID:4pf+SiV7
>>323
まだ生きてるのですか?さっさと自殺してくださいな。
色摩氏は「南京戦での便衣兵も合法的戦闘である」との踏み込んだ見解はだしてません。すなわち「南京戦での便衣も合法的戦闘」とはあなたの独自解釈です。
同時にあなたは「軍装をぬいだだけで戦時重罪」との全く正反対の独自解釈もさらしてます。
あなたが生まれつきの分裂病である所以です。

330 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 12:48:00 ID:yr5H/7b/

ホロコースト否認 - Wikipedia ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D

ホロコースト否認論(ホロコースト修正主義、ホロコースト見直し論)とは、戦後の通説におけるホロコースト観が描写する出来事、
その全てが実際に起きた訳ではないとする指摘である。ホロコースト否認論者は、事実関係の不明確さや疑わしさからホロコーストの規模や計画性を疑問視している。

「ホロコースト否認論」という用語は、現行ホロコースト観を絶対視し一切の修正を認めない立場の人達が用いる単語である。
ホロコーストに関する「通説」に何らかの疑義を表明する者の思想背景や指摘内容は多様である。

ホロコーストを否定することはアメリカや[要検証]ドイツ、イギリス[要検証]などでは違法とされ、反ユダヤ主義的思想によって動機付けられたものと断定される。

   --
■「否認論(denial)」なのか「見直し論(修正主義)(revisionism)」なのか

「否認論」または「否認主義」という用語[1]のような、ホロコーストそのものを全否定している印象を与える言葉を意図的に使用するのが修正拒否派の特徴である。
修正拒否派は「見直し論(修正主義)(revisionism)」という用語は故意にミスリードするものだと主張するが[2]。
「見直し論(修正主義)」の学者[誰?]からは「ホロコースト否認」という言葉は、ホロコースト全体を否定しているような印象を与え、
ホロコーストを部分的に見なおそうとしている、「見直し論」の実態を表していない、という指摘がある。・・・


331 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 12:58:08 ID:sqSnWA2V
>>325
>おかしいだろwwwwwその矛盾を導く為に二つの設問がなされているんだからwwww

馬鹿はこれだからw 

●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)

●南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪

一方の設問は自分の主義主張と関係なく、違法とした国際法学者の見解を出せばよい
もう一方は安全区内に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者であると証明すればよい
この2つの設問の答えが同じにならなければならないと証明してみろよw

>>"南京戦での便衣兵は合法的戦闘員だが戦時重罪犯である"
>と言う主張をしているに他ならないだろうがwwww

おーまーえーはーバーカーかーwww 例えば現代人の起源はアフリカ単一起源説と
他地域並行進化説の二つの説があるが、これを同時に紹介したらその紹介した人は
現代人の起源は単一起源だが他地域並行進化していると唱えてる事になるのかよw

それよりさっさと肯定派がそう書いたレス番を挙げてみろよw レス番を挙げられなければ相手
の発言を捏造し、それに対して突っ込み入れるというタコ踊りを演じていた事になるぜw
誰も言っていない書き込みを作り出し、それに対して反論する自演馬鹿集団が否定派という事だwww

>>329
レスを辿るとお前が最初に305で“南京戦での「便衣兵は合法的戦闘員だが戦争犯罪者だ」というわけですか?”
と書いたのかw 12時間前に【というわけですか?】と尋ねているくせに、もう相手が言った事にしてるのかよw
分裂病患者はこれだから怖いわw 自分で【というわけですか?】と尋ねている事さえ覚えてないんだからなwww

【というわけですか?】はお前自身の解釈だろーがw
悔しかったら肯定派が「便衣兵は合法的戦闘員だが戦争犯罪者だ」と書いたレス番を挙げてみろよw

332 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 13:13:05 ID:imGG2QrN
>>331
バカはこれだからwww
それのどこが「南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解」なんですかwww
吉田・色摩論では南京には便衣兵はいなかった、合法的戦闘員は「便衣兵ではない」と言う主張だろうがwww
便衣兵は「違法戦闘員」として軍律の対象だバカwwww

やり直せwwww

吉田 裕
【仮に】便衣兵がいたとしても、さっきから繰り返しいっているように軍律会議にかけなければ処刑できないんですから、

>例えば現代人の起源はアフリカ単一起源説と
>他地域並行進化説の二つの説があるが、その二つの立場の両方を同じ他人に押し付たらその人は
>現代人の起源は単一起源だが他地域並行進化していると唱えてる事になるのかよw
その二つの立場の両方を同じ他人に押し付けなかった場合=唱えてる事にならない。
その二つの立場の両方を同じ他人に押し付た場合=唱えてる事になる。

唱えてる事にならないのはあくまでも中立の立場か一方だけの立場でものをいった場合だけだwwww

アホ丸出しwwwwwwwwwwwwww

333 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 13:22:28 ID:imGG2QrN
>>331
どうやらバカのお前には「何が矛盾しているか」までは理解できなかったようだなwww

●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)
と言う質問に対してなんで「南京に便衣兵は居なかったという説を唱えている」人物の主張から
文章を持ってくるんですかーーーーーーーーーーーーーーwwwww

まさか「他の学者は南京に違法交戦者がいたことを認めているからいいのだ」とか言う「矛盾」を持ち出すわけですかーーーーー?wwwwww
そんな無茶苦茶な都合はお前のようなアホの脳内でしか成立しませんwwwwwwwwwwww

「南京事件と国際法」吉田裕 一橋大学教授 歴史学者(日本近代史) 『現代歴史学と戦争責任』 1992年 P108
 しかし、『南京戦史』の主張に従って、難民区内に本来の意味での『便衣兵』が多数、潜伏していたと仮定しても、
 その殺害を正当化することは、国際法上不可能である。なぜなら、国際法の上では『便衣兵』の処刑には正規の
 軍事裁判の手続きが必要であり、軍事裁判の手続きを省略した殺害が許容されるのは、その『便衣兵』が敵対行為
 の『現行犯者』であった場合に限られていたからである

便衣兵が敵対行為の現行犯者であった場合は軍事裁判の手続きを省略できると言っているのであり、戦時重罪犯で
あるだけで軍事裁判の手続きを省略できるとは言ってない。
【※因みに吉田裕は南京に便衣兵は居なかったという説を唱えている。】

334 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 14:14:23 ID:1liPWGpD
>>330
>ホロコースト否認論者は、事実関係の不明確さや疑わしさからホロコーストの規模や計画性を疑問視している。
極めて科学的な視点だな

>ホロコーストを否定することはアメリカや[要検証]ドイツ、イギリス[要検証]などでは違法とされ、反ユダヤ主義的思想によって動機付けられたものと断定される。
非科学的というかカルト的視点だなぁ

335 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 15:08:22 ID:4pf+SiV7
>>333
では確認させていただきます。発狂せずに回答をお願いします。
「安全区に逃げ込んだ便衣兵は捕虜資格がない」でよろしいですね?

336 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 15:11:39 ID:4pf+SiV7
すみません。アンカーを333→331 に修正します。
>>331
安全区に逃げ込んだ便衣兵には捕虜資格がないでよろしいですね?

337 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 16:46:23 ID:imGG2QrN
>>302
ここから信夫氏の見解
戦場に於て敵兵が常人の平服を擅用することに関しては、本へ号の上では明晰を欠くも、本規則〔ハーグ陸戟規則のこと〕
第一条に於て交戦者たる正規軍の要求する条件の精神から推して、それは許されざるものと解釈すべきであらう。
(戦時国際法講義 第二巻)信夫淳平
ここまで信夫氏の見解

ここから吉田氏の見解
明らかに信夫は、正規軍の将兵が民間人の平服を身につけて行動することを、「戦時重罪」にあたるとみなしていたのである。
ここまで吉田氏の見解

これがバカの脳内を経由すると
【4条件違反に関しては<<<<信夫氏の>>>>見解があるんだよバーーーーーカw 軍装でないというだけで戦時重罪犯だw】

338 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 17:32:25 ID:4pf+SiV7
>>331
あなたは「軍装をぬいだだけで戦時重罪」とのレスはしてますが、「安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格があるか?」について明確に回答したレスはありません。
あなたが「安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格はない」と認識してるのなら私が勘違いしてることになりますが、「安全区に逃げ込んだ便衣兵にも捕虜資格がある」と認識してるのなら、私と<氏に図星をつかれて発狂しているだけです。
確認させていただきます。安全区に逃げ込んだ便衣兵にも捕虜資格があるのですか?

339 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 17:40:02 ID:imGG2QrN
ちょっと誤解を受けそうなので説明

ここから信夫氏の見解
【戦場に於て】敵兵が

ここから吉田氏の見解※【戦場に於て】がすっかり抜け落ちている
明らかに信夫は、正規軍の将兵が民間人の平服を身につけて行動することを、「戦時重罪」にあたるとみなしていたのである。
ここまで吉田氏の見解

明らかに信夫は、正規軍の将兵が民間人の平服を身につけて戦場に於て行動することを、「戦時重罪」にあたるとみなしていたのである。
と書くべき。

言い換えれば、
明らかに信夫は、正規軍の将兵が民間人の平服を身につけて軍事行動することを、「戦時重罪」にあたるとみなしていたのである。
と言えるな。
軍事行動=敵対行為だろ、これ。

340 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 19:21:16 ID:QlymfmK3
敵兵に捕虜資格があるかないかを判断するのは日本軍の自由裁量権だわな。
軍律裁判というのは軍民分離が主たる目的であり、軍服だろうが私服だろうが、
相手が交戦中の敵兵ならば有無もなく殺すのが戦場の常識だわな。一旦生捕り
にしたのは、自軍や民間人の被害を防ぐためだけのもの。この生捕りを降伏承認と
解している肯定派は基地外でしかないわな(笑)。
南京大虐殺はデッチアゲである。

341 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 21:16:04 ID:r3mivDxb
自称中間派に言っておくが、スレの流れと関係ない議論をずっと続けるんなら別スレ立ててそこにく氏を連れて
そっちでやってくれないか。見ている方は何の議論をしてるのかさっぱり分らないしお前もく氏も長文の連貼りが
多すぎてすぐに500KBに達してしまう。お前のせいでスレの流れが切られてんだよ。少しは自重しろバカ

342 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 21:29:33 ID:1liPWGpD
つうか両者毎日同じコピペ貼りまくって迷惑なんだよな
チョーセンウヨクくんとか偽koueiと本質的には何も変わらん

343 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:15:08 ID:TODrUXxy
どのような行為があったか、が重要で、国際法違反とか興味無いなあ
A級戦犯については事後法だから無罪だって言ってるパール判事ですら
残虐行為は残虐行為だと認定してんだから

投石処刑が法で決まってる国でそれが執行されたって
残虐だと非難する人がいる事を別段不思議に感じない

まあ、明らかに法に違反して殺していれば
非難されるべき要素がより強くなるって点では確かに意味はあるんだろうが

344 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:18:36 ID:1liPWGpD
>>343
権威主義のお前が言っても説得力皆無だわ
お前は偉い人が言ったから南京大虐殺があったというバカ主張だろ?

345 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:20:19 ID:QtdLKnHK
>>343
パル判事がBC級戦犯も無罪だといってるのをまだ認めないんだな、チョーセンウヨクはw
さっさと捏造だという証拠を探して来いw

346 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:38:58 ID:BhnSde6T
>>343

要はただの反日至上主義者ってことだわな(笑)。
そんなに日本ならびに日本民族を貶めたいのか??


347 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:41:16 ID:TODrUXxy
まあ実際に日本の足を引っ張ってんのはお前等の方だけどなw

348 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:46:05 ID:4pf+SiV7
>>347
残りの肯定派はこんなのしかいないのですね…哀れw

349 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:46:13 ID:BhnSde6T
>>347

結局はその位のことしかいえんわな(笑)。

350 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:48:50 ID:TODrUXxy
その位も何も、事実ですからwww

351 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:52:56 ID:BhnSde6T
>>350

ほな疑いようのない証拠をもって証明してみな(笑)。
南京大虐殺という大規模な組織的蛮行があったというのなら、疑いようの
ない証拠があってあたりまえであり、それがないこと自体がデッチアゲの
証拠だわな。肯定派の挙げる根拠は、単に戦争があったというものでしか
ないわな。

352 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:54:23 ID:BhnSde6T
>>350

おまえイチャモン・チンカス・シナ人かチョーセンウヨクの匂いがするな(笑)。

353 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:54:29 ID:1liPWGpD
>>350
「優秀な在日が日本を支えているニダ」なんて戯れ言言われてもねぇ

354 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:55:53 ID:TODrUXxy
いや、お前等は「俺様はみとめなああああい!!!やった俺様が認めないから俺様の勝ちいいいい!」
の馬鹿ルールを強要してくるだけのクズじゃんwww

お前等がみとめなくたって

日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www

哀れなり否定派wwww


355 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:56:29 ID:1liPWGpD
>>352
こいつの>>316みれば一目瞭然でしょ

356 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 22:59:08 ID:BhnSde6T
>>354

やっぱチョーセンウヨクかよ(爆笑)。

357 :トラ猫+:2011/02/02(水) 23:10:33 ID:rAVQ9V1a
チョーセンウヨク

358 :トラ猫:2011/02/02(水) 23:15:09 ID:rAVQ9V1a
チョーセンウヨクって352さんのことじゃないのか、俺にはだれが
だれやら良くわからんなー。

359 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:22:31 ID:BhnSde6T
>>トラ猫

中卒フリーターのおまえも似たようなもんだわな(笑)。
肯定派ちゅーのは己のルサンチマンを晴らすために、日本ならびに
日本民族を貶めているだけのこと。ホンマ哀れなりやわ。

360 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:24:48 ID:TODrUXxy
なんかもう、相手を朝鮮人認定する以外に攻撃しようが無いって感じだなwww
くやしいですかあ?www

361 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:28:18 ID:BhnSde6T
>>360

朝鮮人が日本人から嫌われるのは、嫌われるだけの理由があるからだよ。
もっと己の出自に誇りを持てよ。

362 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:31:24 ID:BhnSde6T
>>360

おまえ自分が攻撃されているという自覚があるんだな(笑)。
ホンマ哀れよのぉー(涙笑)。

363 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:31:52 ID:TODrUXxy
憎い人がみんな朝鮮人に見えるんですかあ?www
そんなにボクが憎いんですかあ?www
哀れすぎるwwwww

364 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:33:24 ID:BhnSde6T
>>363

チョーセンウヨクなんてどーでもええわ(笑)。

365 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:34:47 ID:sqSnWA2V
>>332-333
はいはいw 先ずこれに答えてねw

 ●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)

 ●南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪

 一方の設問は自分の主義主張と関係なく、違法とした国際法学者の見解を出せばよい
 もう一方は安全区内に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者であると証明すればよい
 この2つの設問の答えが同じにならなければならないと証明してみろよw
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>それのどこが「南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解」なんですかwww

「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘
員と認められます。の、どこが違法とする見解ではないんですかw 捕らえた便衣兵は敵対行為をしない限りは合法的な
戦闘員と戦時国際法の専門家が言ってますよwww 合法的な戦闘員を理由なく処刑したら違法ですがw

>その二つの立場の両方を同じ他人に押し付た場合=唱えてる事になる。

別々の設問にそれぞれ答えたら他人に押し付けてる事になるのですかwww
単一起源説は存在しますかに存在しますと答え、他地域並行進化説は存在しますかに存在しますと答えたら
両方の説を他人に押し付けてる事になるのかよwww アホ丸出しwwwwwwwwwwwwww

>●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)
>と言う質問に対してなんで「南京に便衣兵は居なかったという説を唱えている」人物の主張から

はあ? 色摩は南京に便衣兵は居なかった等と言ってませんw 出されているのはどう見ても色摩の見解ですがwww
何で吉田が出てくるんだよw

>>337
では信夫氏は敵兵が常人の平服を擅用しても「戦時重罪」ではないと言ってるんですか?w これは初耳ソースプリーズwww

366 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:37:29 ID:3Yp4eAhy
朝鮮人認定されたくないなら、もっとまともな根拠を出してみろ。
朝鮮人認定ってのは実際に朝鮮人であるかどうかは関係ない。
具体的にまともな根拠も無く、自分の勝手な思い込みと、妄想を根拠に、一方的に決め付け、その場しのぎの嘘でごまかそうとし、
自分はダブスタOK、といった人間として性根の腐った卑しい人間が《朝鮮人認定》されるだけw

《なぜか》肯定派はこれらの条件に全て当てはまるだけw

367 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:40:28 ID:BhnSde6T
俗にいう朝鮮論法ってやつですな。

368 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:44:49 ID:TODrUXxy
尚の事ダメじゃんwwwww
朝鮮人じゃないけど、お前等の勝手な妄想による朝鮮人像を当て嵌めて罵倒するとかwwww
排外主義、人種差別丸出しのゴミくずなだけじゃんwwwお前等がwwwww
条件に当て嵌まるっていうか、お前等が「憎たらしくて仕方が無い」って意味で共通してるだけだろwwww
哀れwwwww

369 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:45:24 ID:BhnSde6T
ちなみに365が典型的な朝鮮論法な(笑)。
論点ズラシってやつだ。

370 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:47:56 ID:4pf+SiV7
>>365
ですから敵対行為をしてない便衣兵には捕虜資格があるのですか?
なぜはっきり答えようとしないのですか?w

371 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:49:37 ID:BhnSde6T
>>368

思想・言論の自由の一言ですわな。
嫌いなものを嫌いといってなにが悪いんや?
嫌われる者には嫌われるだけの理由がある。

おまえが日本ならびに日本民族が嫌いなのも自由や。
ただし、虐殺者扱いするならそれなりの証拠をだせや。

372 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:50:02 ID:KqSHMVrC
残存してる肯定派は>>351にレスできないのか

373 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:50:09 ID:TODrUXxy
>>371
ああ、だからネトウヨは嫌われるんですねwwww
哀れwwww

374 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:51:21 ID:TODrUXxy
>>372
答えたじゃんwww
お前等は自分に都合の悪い結論など永久に認めないけど

日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www

哀れなり否定派wwww


375 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:53:53 ID:BhnSde6T
ま、イチャモン・チンカス・シナ人とチョーセンウヨクはどーでもええわ(呆)。

376 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:56:20 ID:9BCfSRyN
>>291-293
また俺のレスの後に発狂してたのかよwwwww リアル基地外はわけのわからん事で発狂するなw

>>>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/201
>>500の下記見解は南京戦時の国府軍正規兵を含めた合法的な戦闘員の見解だから、当然便衣兵が含まれますw
>>>・・・・・・
>>>色摩氏の見解では、敵対行為を行わない限り便衣兵といえども正規兵は合法的な戦闘員なので処刑できませんがw

えーとw 何ですかこれは? いきなり俺の書き込みではないコピペを持ってきて何はしゃいでるんですか?www
俺はこのスレになって昨日が最初の書き込みだがw 俺の書き込み履歴を確認しろよ馬鹿w
前スレでのレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/510-515
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/306-310
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/152-153http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/156
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/646-648
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/287http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/289-291
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/185-188
その前のレスはhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/481http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/483-486

お前とはリーバー法の議論もフィラデルフィアなんちゃらの議論はしてねーよw レスも追えない馬鹿がw
で、俺がどこでその色摩氏の見解に同意していると書いてんだよw 上記スレから抜き出してみろボケwwwww
俺は過去スレでこう書いてるぜw

124次http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/481
 ”南京戦にでの便衣兵” は ”合法的戦闘員” ですか〜?wと質問されたらから非合法と答えましたがこれが何か?
 俺は色摩の見解を代弁したわけではないがw 俺の考えは秦の見解に近いからな。秦は「便衣兵は捕虜と異なり、
 陸戦法規の保護を適用されず」と書いている事から、正規兵でも4条件違反者は非合法戦闘員との見解を持つ。

125次http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/289
 お前が大好きな色摩の見解では【(便衣化+敵対行為)=戦争犯罪者】だから【南京戦での便衣兵≠戦争犯罪者】になるな。
 俺は前述した様に秦の見解に近いから色摩説は採らないがw

最初から俺の考えは秦の見解に近く色摩説は採らないと明言しとるわバーカw 挙げ足取りにもなってねーんだよw 残念でしたwww

377 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:57:01 ID:9BCfSRyN
>>307-308
横だが
>■自分で "重みがある" と評しておきながら "軍装でないというだけで戦時重罪犯" だってさ♪・・・(・∀・)

俺が前スレhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/510で書いているがお前はこの質問にも答えてないよなーw

 平服を身につけていた者の中から正規軍の将兵を日本兵は一瞬で見抜くエスパー集団だったんですか?w それか南京での便衣兵は
 平服の上に「私は正規軍兵士」と書かれた証票でも縫い付けていたのですか?wwwww 捕らえられた民間人の平服を身につけていた
 者達は戦争犯罪容疑者でしかなく、敵兵と判明した時点から戦争犯罪者です。こんなの当たり前ですがこんな事も判らないんですねw
 それとも信夫淳平は嫌疑程度でその者を処刑してよいとでも書いているのですか?www

信夫は軍装でないというだけでその者の素性(兵か民か)が判明しなくても裁判をせずに容疑者のまま殺害してよいと言ってるかよwww
挙げ足を取るか曲解しないと反論もできない屑野郎がwwwww

お前が必死で話逸らす理由が判ったよw お前が、
>南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)
と書いた後、201氏に国際法学者である色摩の見解をあっさり出され、否定できなくて困っているわけだw 見透かされて悔しいの〜www
お前が否定できない理由は、http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/534
>■国際法学者の法見解にケチ付けんなYO♪自己解釈バーーカ♪・・・(・∀・)

と書いている通り、 国際法学者の見解にケチは付けれないと自分で言ってるからなw
だったら色摩の見解にケチを付ける事は出来ないよなーw さー困った困ったw 色摩の見解にケチは付けられないYO♪ m9(^Д^)プギャー

378 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:57:42 ID:9BCfSRyN
>>291-293
で、>>284-286>>288-289には全く反論出来ないんですか?wwwww 遁走するんですか?wwwww 話逸らしてわけの判らん
レスを付ける事しかできないんですか? 因みに話逸らしには失敗してますよwww お前が忘れない様にもう一度貼っとくわw
お前自身が繰り返し同じレス貼ってんだから文句は言えないよなーwwwwwwww

前スレ541より
>●自己解釈で反論したつもりになってんじゃねーYO馬鹿♪ K-Kが "Yes" か "No" と答えければ意味はねーYO♪

じゃK−Kに聞けよ馬鹿w

> つまり安全区に逃げ込んだ便衣兵に対しては 【【【 審問 】】】 すら必要ないのです!♪・・・(・∀・)

リンク先のどこに便衣兵は戦争犯罪者ではないと書かれてるんですか?w また藁人形叩きですかwww

>●また、戦争犯罪者ではないのなら 【 裁判にかける事もできない 】 のです♪・・・(・∀・)
>【 南京戦における便衣兵を処刑するには裁判が必須だった 】 は 【 論理破綻 】 してるのです♪・・・(・∀・)

上の文章と下の文章が繋がってないw 戦争犯罪者でないという事は便衣兵ではないという事だ馬鹿w

>【結論】:結局日本軍は 【 捕虜資格の無い敗残兵を処刑した 】 だけなので何ら違法性はありません。

さんざん便衣兵と書いておいて最後は敗残兵ですかw すり替え乙ですw

前スレ564
>■【3回目】:"軍装ではなかったり武器を携行していない敵兵と 【 判別した時 】 から犯罪構成要件に該当する"
>とした 【【【 学説 】】】 ぷり〜〜〜〜ず♪・・・(・∀・)∩

回答済ですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/153
 敵兵と判別した時から犯罪構成要件に該当するからだ馬鹿w

379 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:58:28 ID:9BCfSRyN
>>291-293前スレ564より
>■【10回目】:立氏の言う ”裁判所” とは一体どんな ”制度” なのですか〜〜〜???w

回答済みですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/363
 相変わらず日本語が読めてないなw  立作太郎は「裁判所に於て審間すべぎものである。」
 と書いているのだから、”裁判所”とは一体どんな”制度”なのですか? という質問にはならないだろw

 何回書いてもわからない様なので補足するが、裁判所という制度に於て審間すべぎものであると書いてあれば、
 制度を利用する事が重要なのであって、それがどのような制度であっても関係ない。だからそいう質問にはならない
 だろと言っている。そもそもお前の質問返しに答える義理はないし議論に関係のない質問には答えない。
 お前のやり方は相手に大量に質問返しをして、相手がうんざりして書き込まなくなったところで勝利宣言だろ。
 基地外にいつまでも付き合ってられないだけなのにそれで論破したと思ってるんだよなーw その手には乗らんわw

>●反論に耐えられなくて自己解釈キチガイバーカはこんな "改竄" をやってしまいまスたwwwww

反論済ですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/153
 相変わらずすり替えですかw お前の解釈と俺の解釈を比較してるんだがそんな事もわからないの? こっからなw
 http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295164508/188
  >立氏は≪ 裁判所【に於て】 審問 ≫と書いてるから ≪ 裁判所【で】審問 ≫ と言う事であり、”場所が審問する” 等の逝かれた
  >日本語解釈は成立 しない。

  それでは≪裁判所【で】審問≫を考えてみよう。お前の主張では【裁判所=場所】なんだから、
  「軍事裁判所【としての場所】又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所【としての場所】【で】審問すべきものである」
  と立作太郎が書いているという主張なんだなw これでは立は法解釈ではなく場所を指定している事になる。そんなわけねーだろwww
  立作太郎は、
  「軍事裁判所【としての制度】又は其他の交戦国の任意に定むる裁判所【としての制度】【で】審問すべきものである」
  と言ってるんだよバーカwwwww 場所は関係ないわ。自らのレスで自己解釈の破綻を招くとはw 流石基地外ですねwww

お前がすべきはこれらの回答に再反論する事であって、それをしないで同じ質問を繰り返すのは既に詰んでるという事だw m9(^Д^)プギャー

380 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:59:09 ID:9BCfSRyN
>>291-293前スレ566より
>●戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた明文がないから 【 合法 】 だ♪バーーカ♪・・・(・∀・)

だから明文はあると言ってるだろ記憶障害者w つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1293717461/1308
第二三条[禁止事項] 特別ノ条約ヲ以テ定メタル禁止ノ外、特ニ禁止スルモノ左ノ如シ。
 ロ 敵国又ハ敵軍ニ属スル者ヲ背信ノ行為ヲ以テ殺傷スルコト
 チ 対手当事国国民ノ権利及訴権ノ消滅、停止又ハ裁判上不受理ヲ宣言スルコト

>学説もちゃんと提示してるワ♪残念でした〜♪オマエが喚き散らしても下記が 【 学説 】 だ馬鹿♪・・・(・∀・)

他の人が瞬殺してくれている様ですがw 残念でした〜♪ >>204
 "戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という学説"と関係ない見解を出せれてもなーw
 『空襲と国際法』は、防守都市に無差別の砲爆撃を加えることは合法というだけで、戦時犯罪者の処罰とは全く関係のない見解。
 『国民のための戦争と平和の法』は前述した様に戦争犯罪者の無裁判処刑を禁じた条文が存在するので、明示的に禁止されて
 いる事になり、戦時犯罪者の処罰に裁判は不要という裏付けでも何でもないw

>下記@とAは同じ意味なのですか〜〜?w

質問の意味が判らないので答えませんw つか質問返しには基本的に答えませんw 議論の上で必要と認められるものだけ答えますw

>※『審問の後処刑した』と言う事は『裁判の後処刑した』と言う事になるの?wwwwwwwwwwww

なりませんねw 日本語が読めないんですか?w 裁判に於いて審問しなければ裁判を経た事にはなりませんがw

前スレ567
>●結局このキチガイは喚き散らしただけで "秦逝く彦が国際法を専門としていた" 証拠を出せませんでした〜♪・・・(・∀・)

これに対しては反論できないんですねw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/513
 法学博士である以上、法の専門家であるのは間違いないので専門は必須条件にはなりませんw そもそも法学博士も法学者も
 法に関してはどちらも専門家と言えるので、法学者はよくて法学博士は駄目という理屈は成り立たないw 質問自体に意味がないw
 つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/486
  この質問返しに答える意味が見出せない。どういう意味があってこんな質問返しが出てくるのか先に説明しろよ基地外w

381 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:59:39 ID:4pf+SiV7
>>376
「軍装でなければ戦時重罪」と言ったかと思えば「敵対行為をしてない便衣兵は合法的戦闘だ」と言ったり…
この分裂病の肯定派はなんとかならないものですかねぇ〜

382 :日出づる処の名無し:2011/02/02(水) 23:59:50 ID:9BCfSRyN
>>291-293前スレ567より
>【1回目】:誰が "捕虜資格" がなければ "戦争犯罪行為" になるとか言ってたの???wwwwwww
>【1回目】:"捕虜資格" がなければ "戦争犯罪行為" になるの???wwwwwww

トリミング乙w つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/513
「安全区外で捕らえられた便衣兵に俘虜の資格がないのなら、安全区に逃げ込まなくても戦争犯罪行為だった事になるよなーw」の、
「よなーw」を消せば俺がそう主張している様に見えるから削ったのかw せこい真似しやがってw 見透かされ悔しいの〜www
お前の主張を受けてからかってるだけだがw m9(^Д^)プギャー
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/320
> >安全区外で捕らえられた便衣兵は俘虜の資格があったのですか?【1回目】
>■あるわけねーーーーーーだろ♪馬鹿め!wwwwwwwwwwwww
自分で書いた事も覚えられないのかよw

>一般民家への無差別爆撃はハーグ第二十五条で禁止されとるワ!馬鹿め!w

知ってますがw その禁止事項をされた場合に適用できる国内法が整備されてなかったから慌てて制定した規則が空襲軍律ですがw
罰則規定がないと処罰する事は出来ません。そんな事も知らないんですかw 馬鹿ですねwwww 反論のレベルが低すぎて議論に
なってませんよw では答えたので再度聞くが、極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに
同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【2回目】

>"事後法" が認められず "罪刑法定主義" に基づかないといけないのなら南京戦での便衣兵を裁判にかける事は
>できないよね???wwwwwwwwwwwwwwwwwww

できますよw 立作太郎は現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬと書いてるから慣習として成立していたわけです。
事後法でもなんでもありません。罰則規定もあったので罪刑法定主義にも基づいていますがw 馬鹿ですねw

>■誰が "よい" と言ってんの?誰が "悪い" と言ってんの?見解が存在しない質問してどーすんの?♪・・・(・∀・)

つまり学者で「戦時犯罪容疑者は素性(兵か民か)が判明しなくても裁判をせずに容疑者のまま殺害してよいとの結論を出してる人は」
居ないわけですねw はい、またまた自己解釈確定wwwwwwwww バーーーーーカwwwwwwww m9(^Д^)プギャー

383 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:00:30 ID:9BCfSRyN
>>291-293前スレ567より
>●後は全部回答済み♪・・・(・∀・) つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/234

回答になってないと指摘済みですがw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308-310
結局一つしか回答になってないのでやり直しですw いつまで逃げ続けるんだよ卑怯者がw お前が気が狂うまで貼り続けるからなwww
 お前の下記主張を裏付ける学説を出してみろよw【10回目】
 裁判所で審問さえすれば ≪ 裁判を開かずに処刑執行した ≫ としても問題ないんだよな♪・・・(・∀・)

 秦は指揮官自身は捕虜として認識していないと書いているのですか? ではその記述を出してもらおうかwwwww【11回目】

 “捕虜の権利が無い者は無裁判で処刑してよい”とした学説を出して下さい【10回目】

 何故「裁判所に於て」の於て=場所になるんですか? 於て=場合・事柄ではない理由は何なんですか? 答えろよw【9回目】

 お前は秦を「”法学者”のクセに」と書いてるが「秦は法学者ではない」に変説した理由を教えてくれ【5回目】

 極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【3回目】

前スレ569
>便衣兵捜索を "いい加減なものだった" と評した秦逝く彦が、その一方で 『形式的にせよ軍事裁判をすれば
>問題なかった』 との解釈を曝すとは一体どういう事なのですか〜〜?w

秦に電話して聞け馬鹿w 先ず便衣兵捜索がいい加減だったと秦がどこで書いているのか引用しろよ。話はそれからだw そもそも何が
おかしいのかさっぱり判らん。「形式的にせよ軍事裁判をすれば問題なかった」は、そうしておけばそれこそ合法と言う事もできたという指摘
であり、便衣兵捜索がいい加減だった事とは関係ない。関係ない二つの事柄のどこがダブルスタンダードなんだよバーカwww

>何が厳格に実施された軍律審判だよw それは事後法の空襲軍律だろw 罪刑法定主義に基づいていない。
>●これが "法学博士" の解釈かYO〜〜〜〜〜♪

秦の空襲軍律についての見解を知ってるんですかw 秦はどう解釈してるんですか?w ソースプリーズwwwwwww
どうでもいいが俺へのレスがアジアカップ決勝の中継中www 日本を応援するよりも2ちゃんねるへの書き込みの方が大事なんだーwww
そうか、お前はマジで朝鮮右翼だったんだなwww 朝鮮右翼としては3位決定戦でアジアカップ終了だもんなw m9(^Д^)プギャー

384 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:00:45 ID:oVVoHaZJ
>>333
横だが
しつこいんだよゴミクズニートw お前らみたいに平日の日中に何度も書き込む連中を世間ではニートって呼ぶの知ってるかいw

125次185 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/17(月) 23:55:01 ID:0P/hTDMB
 ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1294580738/565-570
 > @とAの ≪ 両方を満たさないと捕虜(=俘虜)資格は無い ≫ だ!ボケ!♪・・・(・∀・)

 馬鹿なので【合法的戦闘員】である事と【捕虜資格がない】状態である事の線引きが出来ないんですねw
 @とAはどちらも【合法的戦闘員】の要件では成立しており、捕虜の資格がなくなる場合はさらに敵対行為を行った
 者という事ですよw

125次287 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 23:56:25 ID:wNYTQ17N

 安全区内で捕らわれた者が敵対行為をした記述がないにしても、捕らえられた時に便衣であり、その者が
 敵兵と判別した時点で戦争犯罪者です。

安全区の内外に関係なく戦争犯罪者は俘虜の資格がありませんが何かw

385 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:01:27 ID:0l+w8xDg
朝鮮論法炸裂

質問返しに主張責任のスリカエってやつな(笑)。

386 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:01:28 ID:5HoEkFIO
また発狂してら

387 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:04:30 ID:TODrUXxy
ちなみにこれの回答まだ待ってるんだが
何かと混同したんならしたでいいから、はっきり撤回するといってご覧よwww
さあwww

【否定派が言い出しておきながら、ソースを出さずに逃げ続けるものまとめ】
1.兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われている!
2.スマイスは東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している!


388 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:04:38 ID:vQuZE0k8
>>384
で?戦争犯罪者でなくて安全区に逃げ込んだ便衣兵には捕虜資格があるのですか?

389 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:09:53 ID:V4Uz0s16
>>384
南京大虐殺を信じてる人ってこんな人ばかりなの???
何が言いたいのか意味不明なんだけど。

390 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:10:38 ID:z3ImBK+0
安全区に逃げ込んだ便衣兵って何度も質問してるけどさ
安全区で摘出したのって何人なんだよ

391 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:11:20 ID:0l+w8xDg
>>384

で、敵兵を殺害してアカンのですか?
安全区での混乱を避けるために敵兵を生捕りその後に殺害にしただけのことであり、
戦争犯罪者として逮捕したわけでないといえばそれまでですな。

392 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:16:36 ID:vQuZE0k8
>>390
なぜ人数を聞いてくるのですか?

393 :トラ猫:2011/02/03(木) 00:20:49 ID:7jI8A4Zi
>>324

>お前は裁判記録が無ければ裁判が無かったと言っているのだから

言ってません、裁判の記録について言及があり求めに応じてそれを掲示しましたに過ぎません、
一次/二次史料/戦後証言等、記録が全くないので裁判は無かったと主張してますよ。
例を上げるならドゥーリットル隊が軍律審判で裁かれた当時の公文書(調書/判決文等)は
残っていないと思われますが、俺はこの裁判があったものと認識してます。

「裁判記録(一次史料)が無い=裁判が無かったと断定し得る」
これは君の脳内にで君自身が勝手に生成した俺です。

>日本軍が軍規厳正で一人の殺人の罪でもきっちり軍法にかけて処分

有罪になっても注意して終わり、が一番多いパターンなんですが。

394 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:23:04 ID:z3ImBK+0
>>392
まずはどれくらいの規模だったのか把握しないと、
南京とその周辺の中で、どういう位置づけになるのかわからんだろ
お前等が実態をどれだけ把握した上でわめいてるのか参考にもなるし
答えられないのですか?

395 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:23:22 ID:vQuZE0k8
>>384
結局したためたコピペの貼り逃げ。
これが肯定派の議論のやり方なのですか?

396 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:25:05 ID:RAvnpZkg
>>393
>有罪になっても注意して終わり、が一番多いパターンなんですが。
いやいや裁判になったこと自体が問題なんですよ、作戦で虐殺指示しながらそれを軍法会議で罰するなどあり得ませんからw
君の出した出所不明の怪文書が捏造品であるという証拠なんですよ

397 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:25:22 ID:vQuZE0k8
>>394
私は「何人だった」としても、安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格があるのかを聞いてるだけですよ。

398 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:27:01 ID:z3ImBK+0
>>397
いたのかどうかもわからない、という事ですか?

399 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:28:10 ID:RAvnpZkg
何人と言われても多分中国人としか答えようがない

400 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:30:55 ID:vQuZE0k8
>>398
いましたよ、確実に。
私が聞いてるのは便衣隊ではなく「逃亡の際に便衣を着ていた兵士」のことですから。
あなたはいなかったと言うのですか?

401 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:34:27 ID:RAvnpZkg
>>400
何十万の良民証を発行する傍らで7000人弱の便衣兵を処刑したと言われていますね
マニラで1万人あまりの日本兵を殲滅する為に10万のマニラ市民を殺した米軍とは好対照です
更に言えばマニラ市民は米軍にとって友軍の国民であり、植民地という観点から言えば
アメリカ市民に準ずる物と言うことさえ出来るのにね

で、他国に比べて日本軍は何が不味かったんでしょうか?

402 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:34:32 ID:z3ImBK+0
>>400
確実にいたといわれても、記録では何人摘出処断したんですか?
わかっているだけでもいいから答えてくださいよ
いないんですか?

403 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:35:18 ID:z3ImBK+0
>>401
マニラの話はしていませんが、論点逸らしですか?

404 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:35:34 ID:RAvnpZkg
あ、401は402のレイシストさんに向けたレスです
答えられますか?

405 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:36:53 ID:RAvnpZkg
>>403
日本が悪いと言われても、相対的に評価しなくちゃしょうがないでしょ
何故あなた方は日本軍だけを悪人に仕立てようとするんでしょうか?

406 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:38:29 ID:z3ImBK+0
>>404
マニラの話は詳しく調べた事が無いから知りませんし
こちらから持ち出した話でもないから答える義理はありません
話を逸らさないで下さい

7000人弱の便衣兵はどうやってわかったんですか?
彼らは抵抗したんですか?

407 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:40:57 ID:vQuZE0k8
>>402
結局「安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格があるのか?」に答えたくないから質問逸らしをしてるだけ。
中間論も死にましたね。

408 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:41:02 ID:RAvnpZkg
>>406
戦争で兵隊が殺されるのは普通のことです、他の戦争では市民が多数巻き込まれることが多かったようですね
兵士と市民の死亡者数が変わらなかったり市民の方が多かったりすることも良くある話です
でも、日本軍は市民と犯罪者を分けようとしたんだよね、この時代に他の国がやろうともしなかったことを

409 :<:2011/02/03(木) 00:41:51 ID:Qx+wcowi
>>357
トラ猫 "+" って何?・・・(´・ω・`)

>>365、384
●まだ "言葉遊び" で粘着してんのか? パブロフK-Kと同じ様に "Yes" か "No" かも答えられない
  のに粘着し続けるのか?馬鹿めwwwww

  === ≪ 南京戦において安全区に逃げた便衣兵にも捕虜資格があるの? ≫ ===

  ■いい加減にはっきりしてくれよ♪・・・(・∀・)
   もっとも、"Yes" と答えても "No" と答えても "終わり" だがな〜♪・・・(・∀・)

●後、オマエの自己解釈の引用元はこれか?♪・・・(・∀・)

  http://nanking1937.web.fc2.com/syokun200102/zadankai.html
  http://www.jca.apc.org/nmnankin/news6-12.html#23 

  ■所詮、"ネット朴李" かwwwwww チンケな南京ゴッコだったなwwwwww

●東中野教授と秦の対談のソース元を始めて読んだが、東中野教授って意外と『弁士』じゃん・・・(´・ω・`)
  オイラ、マジで見直したワ・・・(´・ω・`)

410 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:44:28 ID:z3ImBK+0
>>407
中間論の中心は、7000人弱の安全区から抽出した兵士なんですか?
安全区から抽出した兵士の人数が中心の中間派って誰ですか?
その発言内容をソースつきで出してください

>>408
どうやって分けたんですか?
彼らは抵抗したんですか?

411 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:46:40 ID:RAvnpZkg
>>410
銃ダコの有無とか、軍の下着を着けていたら便衣兵みたいな判定をしたようだね
一見杜撰なようだが、安全区委員会に殆ど被害届が提出されなかったところを見ると、精度は高かったようですね

412 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:47:05 ID:vQuZE0k8
>>410
その抽出した7000人の中に便衣に着替えて安全区に逃げ込んだ中国兵がいなかったのですか?

413 :<:2011/02/03(木) 00:47:05 ID:Qx+wcowi
>>384
●つまり、"南京戦で便衣に着替えて逃亡した支那兵" は "対敵有害行為の現行犯" だから "軍事裁判の手続きを省略した
  殺害が許容される" のね?????♪・・・(・∀・)

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/303
  >>"南京戦での便衣に着替えて逃亡した支那兵"なので使えますよw 【 逃亡が対敵有害行為になる 】事も知らない馬鹿ですかw

  |歴史学会のチン論貴公子 "吉田裕の世界" ・・・(´・ω・`)
  |しかし、『南京戦史』の主張に従って、難民区内に本来の意味での『便衣兵』が多数、潜伏していたと仮定しても、
  |その殺害を正当化することは、国際法上不可能である。なぜなら、国際法の上では『便衣兵』の処刑には正規の
  |軍事裁判の手続きが必要であり、軍事裁判の手続きを省略した殺害が許容されるのは、その『便衣兵』が敵対
  |行為の『現行犯者』であった場合に限られていたからである

  ■"軍事裁判の手続きを省略した殺害が許容されるのは、その『便衣兵』が敵対行為の『現行犯者』であった場合"

●オマエ、今まで何度も何度も何度もこれ↓言われてきたろ?wwwwwwwww

   ・・・・ 『それを言ってたのはあなたでしょ?』 ・・・・

414 :トラ猫:2011/02/03(木) 00:50:37 ID:7jI8A4Zi
>>326
>崇善堂に関しては、(略)
>基となった資料が存在しない

紅卍字会の方も人数分の一次史料は残ってなかったはずですけどね。

>そもそも崇善堂の活動自体が1938年9月からと南京日本商工会議所編「南京」に書かれているんだよなぁw
>何この矛盾は?w

活動の再開、これは埋葬作業などに追われて本来の活動(貧民救済等)が出来なかったが、
9月になってやっと再開できたってことですよ。

>「中華民国27年度南京市概況」では崇善堂はやっていることも小さく

市に登録してある活動が埋葬作業などに追われて殆ど出来なかったという事です。
崇善堂は紅卍字会と違って葬儀屋さんではありませんので。

>崇善堂の埋葬記録を裏付けるモノって、何だろうねぇ?w

君も知ってるように車の件で特務機関に手紙出してますね。

415 :トラ猫:2011/02/03(木) 00:51:56 ID:7jI8A4Zi
>>359
チョーセンウヨク?が誰かわからなくてすいませんでした。

>日本民族を貶めているだけのこと。

俺はよく史料を要求するけど、投稿したりするのは俺が知らない記録とかがあれば見たいからってのが一番の理由。
別に日本兵を全部をとがめてませんよ、当時に生まれてかなり荒っぽい部隊にでも配属されれば俺も君も日本刀で
中国兵の首落としてるんだよ。

ホローコースト論争も無かった説が盛んだった頃は数はもっと少ない説なんて誰も耳をかさなかった、幻派が壊滅状態
になってやっと1/3位の数値にもなって来たわけだ。
君らの幻派のせいで南京大虐殺は三〇万になってるんだよ、君みたいのは国賊として腹を切って死ねばいいのに。

安全区に便衣兵が居たら犯罪?
Yes(平服で武器を取って戦うのは犯罪だから)
No(平服を着用しただけでは犯罪ではないから)

これは様は「便衣兵」って何?って話だよね。

416 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:53:03 ID:z3ImBK+0
>>411
それが兵士の定義なんですか?
被害届ってなんですか?
ボートリンだけでも後に1000人以上の釈放嘆願署名を出していますが
どこが精度が高かったんですか?

>>412
便衣兵なんていませんよ
逃亡兵ならいたでしょうが


417 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:54:49 ID:RAvnpZkg
>>416
ボートリンは何故被害届を出さなかったんでしょうか?俄に信じられない話ですよね

418 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:56:57 ID:vQuZE0k8
>>416
明確な回答をありがとうございます。
単なる逃亡兵なら戦争犯罪者ではないですよね?

419 :<:2011/02/03(木) 00:56:58 ID:Qx+wcowi

●チンカスパブロフK-Kは "南京戦で安全区に逃げた便衣兵は戦争犯罪者なのか?" に答える事ができない・・・(´・ω・`)

  ■"Yes" と答える事は出来ない。元々パブロフK-Kは "敵対行為をしてないから便衣兵にも捕虜資格がある" と言ってた・・・(´・ω・`)
   おまけに中国系団体とのつながりもあり、便衣兵を戦争犯罪者と認識する事が政治的な理由で許されない・・・(´・ω・`)

  ■"No" と答える事も出来ない。"戦争犯罪者ではない" との認識を明確にすると、肯定派にとって唯一の根拠である立氏見解文
   が使えなくなる・・・(´・ω・`)

  |『戦時国際法論 立作太郎著』
  |凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

●一方、発狂中間派は "南京戦で安全区に逃げ込んだ便衣兵にも捕虜資格があるのか?" に答える事ができない・・・(´・ω・`)

  ■"Yes" と答えても "No" と答えてもジ・エンドwwwwwwwww

420 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:57:02 ID:J+r4ITv5
>>416
兵士じゃない一般人はどこで
>銃ダコの有無とか、軍の下着を着けていた
こんな特徴をつけてくるんだ?

421 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 00:59:08 ID:z3ImBK+0
>>417
別に不思議でもなんでもないですよ
私も逆の立場なら釈放嘆願署名を出します
ていうか被害届ってなんですか?警察に届け出るものですが、
警察に届けて支配者である軍が連行したものをどうにかできると考えてるんですか?
能天気ですね


422 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:00:49 ID:z3ImBK+0
>>418
そうですか
それではこれに答えてください

中間論の中心は、7000人弱の安全区から抽出した兵士なんですか?
安全区から抽出した兵士の人数が中心の中間派って誰ですか?
その発言内容をソースつきで出してください

口からでまかせですか?

>>420
それが兵士の定義なんですか?
被害届ってなんですか?
ボートリンだけでも後に1000人以上の釈放嘆願署名を出していますが
どこが精度が高かったんですか?

423 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:02:39 ID:RAvnpZkg
>>421
安全区委員会に強姦の被害届が400件弱も届いていますね
強姦より酷い殺人は彼らにとってどうでも良いことだったのでしょうか?

アメリカ軍は顔を見たら一発で判るフィリピン人と日本人の区別もせずに皆殺ししていたが
日本軍は分ける努力をしていたのは資料から見ても良く解りますね
捕まえた半数程度を即時釈放なんて話も残っていますから

424 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:03:36 ID:vQuZE0k8
>>422
そのような中間論はありませんし、そのような中間派もいません。
加えるなら私自身そのような中間論があるというレスをした覚えもありません。

425 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:06:53 ID:z3ImBK+0
>>423
フィリピンの話が真実かどうかは調べた事が無いので知りませんし
ネトウヨの与太話を根拠にこっちのがマシと言われても知ったことではありませんが

被害届なんですか?それ
被害届というのは警察に出すものではないんですか?
被害届の定義ってなんですか?
単に訴えを聞いていただけだと思いますが
そして実際に1000人以上の釈放嘆願署名を出していますが、どこがどうでもいいのですか?
安全区においては強姦のが多かっただけじゃないんですか?

426 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:08:47 ID:z3ImBK+0
>>424
これはあなたじゃないんですか?
安全区に逃げ込んだ云々が中心だから、それに答えられないと中間論が死んだという主旨ですよね?
違うというなら、なんで安全区の便衣兵問題で中間論が死ぬのか説明してくれませんか?

407 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2011/02/03(木) 00:40:57 ID:vQuZE0k8 [6/9]
>>402
結局「安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格があるのか?」に答えたくないから質問逸らしをしてるだけ。
中間論も死にましたね。


427 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:10:17 ID:RAvnpZkg
>>425
嘆願書の裏は取れているのでしょうか?
それと都合が悪いからと言ってアメリカ軍の蛮行を無視するのは止めてくれませんか
アメリカがフィリピンで何やったか位ネットで調べても直ぐに調べられる情報ですよ

日本軍は大戦で主にアメリカと中国と対戦しました、彼らに比べて酷いと言うことでなければ特に問題ないと言うべきじゃないですか?

428 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:11:06 ID:vQuZE0k8
>>426
その前に今度は私の番です。
逃亡兵なら戦争犯罪者ではありませんよね?

429 :トラ猫:2011/02/03(木) 01:12:58 ID:42Sv36OR
>>409
>トラ猫 "+" って何?・・・(´・ω・`)

ただの打ち損じだからスルーしてくれ。


>>396
>作戦で虐殺指示しながらそれを軍法会議で罰するなどあり得ませんからw

法務部より上位にある組織から兵士ではない民間人を無差別に虐殺せよなんて作戦は
どの記録に残ってないよ。
平頂山では命令で無差別に殺したから裁かれなかったね、
裁かれた人は勝手にやった かつ 偶々見つかっただけだ。


430 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:14:38 ID:z3ImBK+0
>>427

> 嘆願書の裏は取れているのでしょうか?

嘆願書が無かったという新説をぶちあげるんですか?
あなた以外に疑っている人間は見たことがありませんが

> それと都合が悪いからと言ってアメリカ軍の蛮行を無視するのは止めてくれませんか

都合が悪いからと言って、関係ない話を持ってこないで下さい

> 日本軍は大戦で主にアメリカと中国と対戦しました、彼らに比べて酷いと言うことでなければ特に問題ないと言うべきじゃないですか?

仮に事実だとしてもどちらも酷いというだけのことですが

431 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:15:37 ID:z3ImBK+0
>>428
いいえ違います
あなたは全く答えてくれていません

これはあなたじゃないんですか?
安全区に逃げ込んだ云々が中心だから、それに答えられないと中間論が死んだという主旨ですよね?
違うというなら、なんで安全区の便衣兵問題で中間論が死ぬのか説明してくれませんか?

407 名前:日出づる処の名無し[] 投稿日:2011/02/03(木) 00:40:57 ID:vQuZE0k8 [6/9]
>>402
結局「安全区に逃げ込んだ便衣兵に捕虜資格があるのか?」に答えたくないから質問逸らしをしてるだけ。
中間論も死にましたね。

432 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:15:53 ID:RAvnpZkg
>>429
法務部が取り締まって独自に犯人を裁判することなど有るのですか?
通常は同様兵士など現場にいた物が憲兵に通報してと言うプロセスですよね

虐殺命令が出ているのに通報するとかあり得るんですか?

433 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:18:52 ID:vQuZE0k8
>>431
その中間論はここで何度も貼られてる「自称中間論」のことです。
レスが不十分だったことはお詫びします。

では私の番です。
逃亡兵なら戦争犯罪者ではありませんよね?

434 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:19:24 ID:RAvnpZkg
>>430
どっちも酷いって、丸ごと虐殺と分けてから兵士だけ処刑じゃ雲泥の差です
何故それが君のフィルターを通すと「どっちも酷い」になるんですか?
君は日本を悪者にしたいだけじゃないのですか、日本は当時の他国に比べて常識的だったと考えるしかないでしょ

435 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:21:26 ID:z3ImBK+0
>>433
知りませんね
私は法学者ではありませんので、余程はっきりとした問題でないと、違法かどうかまで判別できません

で、ここまでの話しだと、安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した、
という事でいいんですか?

436 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:21:47 ID:qppJDtNj
どっちもどっちという奴は悪質な方の味方なんだよね。

437 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:24:16 ID:z3ImBK+0
>>434
仮にフィリピンの例が事実だとしても、どっちも酷いとしかいいようがありませんね
強いて言うならフィリピンの方がより酷い、ですかね

で、関係ないフィリピンの話を持ってきても、南京の事例が酷い事にはかわりありませんし
そもそもネトウヨの妄言を根拠に比較する気は無いんですが
いい加減関係ない場所の話は別スレでも立ててやってくれませんかね

ちなみにここまでの話しだと、安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した、
という事でいいんですか?


438 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:26:59 ID:vQuZE0k8
>>435
あなたが「YES」と回答できないことは判ってました。戦争犯罪者でないのなら「裁判にかけることができない」からです。
その質問に対しましては私も「知りません」とお答えしておきます。
実際、杜撰だったのか7000人のうち何人が殺されたのか知りませんから。

439 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:27:47 ID:RAvnpZkg
>>437
君の話を信じても日本軍が巻き込んだ市民は1000人、アメリカは10万人です
大して変わらないのなら俺の千円札と君の10万円を交換してくれますか?

440 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:28:02 ID:ptnoNGuG
何をもって杜撰とほざいているのやら

441 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:28:12 ID:z3ImBK+0
>>438
犯罪者でないなら裁判にかけることはできないでしょうね
犯罪者でないなら処罰することも生命財産を奪う事もできませんが
それがどうかしたのですか?

で、ここまでの話しだと、安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した、
という事でいいんですか?


442 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:29:00 ID:qppJDtNj
>>437
>安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した
のが問題なのか?
なら同じ時代に厳格に抽出した具体例を挙げてくれ。

443 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:30:17 ID:vQuZE0k8
>>441
ここで喚き散らされている迷惑な「自称中間論」が死んだというだけのことですw

「知りません」と既に回答してますが?

444 :トラ猫:2011/02/03(木) 01:31:51 ID:7jI8A4Zi
そうかフィリピン人はアメリカ人に大量に虐殺されたのに、日本人の方を非難してるんだ。
ってそんな与太話信じる人は日本以外にはいないだろなぁ

445 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:32:12 ID:RAvnpZkg
>>441
兵隊は犯罪者じゃなくても普通に殺されますねw
で、所謂便衣兵は兵士だったわけだが

446 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:33:43 ID:z3ImBK+0
>>439

> 君の話を信じても日本軍が巻き込んだ市民は1000人、アメリカは10万人です

フィリピンの話はもう結構
それが事実だとしても、そちらがより酷いというだけのことですし
ネトウヨの妄言を根拠に比較されても、知った事ではありません
いい加減すれ違いですよ

安全区においては、巻き込まれた市民は少なくとも1000人いたという事でいいんですね

ここまでの話しだと、安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した
その中で少なくとも1000人は民間人の疑いが濃い
という事でいいんですか?

>>442
私服に着替えて逃亡した例が他国のどこにあるんですか?
その中から抽出するんですよね?

>>443
中間論が死んだとはあなたが言い始めたことですが
自分で言っておいて「知りません」なんですか?
口からでまかせだったんですか?

447 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:34:02 ID:RAvnpZkg
>>444
え、まさか今時マニラ大虐殺の与太話信奉者がいるとはw
日本軍がアメリカ軍の砲撃をかいくぐりながら、
何故か対戦相手のアメリカ人じゃなくてフィリピン人を殺したという馬鹿話を

お前バカだろ

448 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:36:52 ID:vQuZE0k8
>>446
ですからその中間論とはこのスレに狂ったようにコピペを繰り返してる「自称中間論」のことで、秦氏のような中間論のことではありません。
言葉が足りなかったことは既にお詫びしてますが?

449 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:37:09 ID:z3ImBK+0
>>445
便衣兵なんていませんよ
逃亡兵ならいましたが

そう、さっき言いましたし貴方も納得しましたよ
なのにいない便衣兵の話ですか?
馬鹿なんですか?


450 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:43:05 ID:z3ImBK+0
否定派は何度注意してもスレ違いの与太話を続けないとならないくらい
議論不能状態に追い込まれちゃったんですか?

そして「便衣兵はいないけど逃亡兵ならいる」と言ったら
「明確な回答ありがとうございます、で便衣兵は兵だったわけだが」
といないものの話を続けるよくわからない思考をしているようですね


まああああったく否定派は哀れよのうwwwwwwww


日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www


哀れなり否定派wwww

資料のURLは>>16を参照

451 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:43:44 ID:RAvnpZkg
>>446
だから1000円と10万円交換するかって質問の返事はどうしたんだ?
なんなら7000円と10万円でも構わんがw

>>449
そういや国民党は撤退する兵士を味方が撃ち殺すなんて蛮行繰り返していたんだよね
撤退する兵士とそれを殺そうとする兵士で戦争になって、日本軍が呆れて見物していたなんて話も残っていますし
ホントそんな野蛮な軍隊と日本は戦っていたんだよな、何故そいつらが日本を犯罪者呼ばわりするのかさっぱり判らんわ

452 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 01:46:43 ID:vQuZE0k8
>>450
なんだw
「安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なのですか?」に答えられずに逃亡しまくってた方でしたかwwwwwwww
で、「便衣兵おらず、逃亡兵しかいなかった」の結論になったのですねwwwwwwww


453 :トラ猫:2011/02/03(木) 02:26:42 ID:pqVqK8cq
>>447

>虐殺命令が出ているのに通報するとかあり得るんですか?

虐殺命令が出てるのに通報されるって誰がどこで書いたんだい?

>マニラ大虐殺の与太話信奉者

マニラ大虐殺があったって誰が何処で書いたんだい?

RAvnpZkg君は日本語がまともに読めないレベルみたい。



しかし5年位前と比べて否定派の地盤沈下著しいな
いくら議論しても話が全っ然進んでいかないわ。

454 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 03:22:40 ID:CT3GO7yI
>>414
> 紅卍字会の方も人数分の一次史料は残ってなかったはずですけどね。
それで崇善堂の資料が確定するとでも?w
そもそも紅卍字会に関しては、紅卍字会自身の一次資料は残っていなくとも、それを裏付ける資料がいくつもあるからねぇw
例えば、ベイツやラーベの報告と紅卍字会の(一次資料ではないにせよ)提出した記録もほぼ一致しているしw
(2月末時点でのベイツやラーベの死体の報告と埋葬記録が一致)
もしくは南京特務機関報告の紅卍字会についての報告とか、なw
紅卍字会の活動を裏付ける他の資料が存在するのに、一次資料がないから完全否定とかできると思っているのかねぇ?w
崇善堂について同様の資料があれば話は分かるが、ねぇw
で、そんなもの存在するの?w
と言うか、日本軍も極東裁判では紅卍字会については否定していなかったと思うけどねぇw
こういう紅卍字会の資料を否定して崇善堂を信じるキミの脳内構造が理解できないw

> 活動の再開、これは埋葬作業などに追われて本来の活動(貧民救済等)が出来なかったが、9月になってやっと再開できたってことですよ。
またまたご冗談をw
1ヶ月で10万人の死体処理ができるのに、4月で埋葬作業がほぼ終わって「本来の活動ができなかった」とか言われてもねぇw
そもそも‘資金難で活動停止していた’のに、なんで埋葬作業ができるのかとw
まともに資料も見ずに自分の妄想だけで語っているのがバレバレですなw

> 市に登録してある活動が埋葬作業などに追われて殆ど出来なかったという事です。
またまた適当なことを言われてもw
何をしていたか、またそれによって「補助金」がいくら支払われたかを書いてあるんだがw
で、その期間やっていたのが「埋葬以外」なんだがなぁw
資料にもちゃんと書いてあるのに、何故見ないんだかw

> 君も知ってるように車の件で特務機関に手紙出してますね。
ノンノン、それは「埋葬をしていたことを裏付けるだけ」であって「埋葬記録を裏付けるモノではない」んだけどねぇw
私が聞いているのは『埋葬‘記録’を裏付けるモノ』だってのに、本当に話を理解しないのなw
で、埋葬記録を裏付けるモノって何?w

結局、キミの話は自分の妄想しかないのかねぇw
ぷw

455 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 05:35:11 ID:RAvnpZkg
>>453

>>444
> そうかフィリピン人はアメリカ人に大量に虐殺されたのに、日本人の方を非難してるんだ。
> ってそんな与太話信じる人は日本以外にはいないだろなぁ

ええ、まさか「中国は怒っているが、フィリピン人はアメリカ非難していないんだから何やっていたとしても問題ないだろ」と言うことなのかよw
まさかそこまで頭のおかしい人がいるなんて誰も思わないだろ
そこまでして日本だけを悪に仕立てようとするとは、お前何処まで反日なんだ?
日本に住むの辛くないか?今日中に荷物纏めて出て行ってくれないかな

それと出所不明の与太話と裁判記録の存在が矛盾しているんだよ、そこまで無理矢理に整合性取ろうとしても無駄だ
何が否定派の地盤沈下だよ、お前が狂っているんだよ

456 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 09:06:16 ID:TvRrArFk
>>365
> 一方の設問は自分の主義主張と関係なく、違法とした国際法学者の見解を出せばよい
> もう一方は安全区内に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者であると証明すればよい
>  この2つの設問の答えが同じにならなければならないと証明してみろよw
だれが「同じにならなければならない」などといってるんですかあwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
お前の提示した吉田・色摩説の便衣兵の定義で完結しておらず、他の便衣兵の定義を結合して論じているのが矛盾だと言ってるんだけどwww

>「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘
>員と認められます。の、どこが違法とする見解ではないんですかw 
それのどこが「南京の便衣兵」に対する見解なんですかwwwそれは一般の法見解に過ぎませんwwww

吉田氏ですらこういっているなww
【これは名指しこそ避けているものの、東中野氏の国際法理解に対する正面からの批判だった。】
それは歴史認識ではありませんwwただの法解釈ですwwww
このように書かれた上、吉田氏の歴史認識について、法学者の色摩氏が何かを言う立場ではないことはいくらアホのお前でも理解できるな?

●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)
さっさとやり直してくださいねwwwwwwwwwwwwwwww

>別々の設問にそれぞれ答えたら他人に押し付けてる事になるのですかwww

> ●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪・・・(・∀・)に
>「戦争犯罪者ではないから違法と言う説」は存在しますと答え、
> ●南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪
>戦争犯罪者ですと答えたら、両方の説を他人に押し付けてる事になるのかよw
なるだろうがバカwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
アホ丸出しwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


457 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 09:12:07 ID:TvRrArFk
>>365
>はあ? 色摩は南京に便衣兵は居なかった等と言ってませんw 出されているのはどう見ても色摩の見解ですがwww
>何で吉田が出てくるんだよw
バカそれはこっちの台詞だwwww
色摩氏が出したのは一般の法見解に過ぎませんw
吉田氏ですらこういっているなww
【これは名指しこそ避けているものの、東中野氏の国際法理解に対する正面からの批判だった。】
それは歴史認識ではありませんwwただの法解釈ですwwww
このように書かれた上、吉田氏の歴史認識について、法学者の色摩氏が何かを言う立場ではないことはいくらアホのお前でも理解できるな?

お前が勝手に吉田氏の歴史解釈を引っ付けてるんだろwww
今後は吉田氏の歴史解釈の部分は引っ込めると言うことだな、了解したwwww

>では信夫氏は軍装でないというだけで戦時重罪犯ではない場合があると言ってるんですか?w これは初耳ソースプリーズwww
「戦地で」と書いてあるだろうがアホwwwお前は本当にバカだなwwwwwwwwwwwwwww
吉田氏は「行動」と言う言葉を付け足しているなww降伏してから戦時重罪にされたらたまらんから、当然だろうなw


458 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 09:16:11 ID:TvRrArFk
さて、>>365は「吉田氏は関係ない、吉田を出すな」と言っておりますねwww
色摩氏の発言は下記の通り。

司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、捕虜となる資格を持つ

それのどこが
●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解を出せ!♪
なんですかあーーーーーーーーーーーーーーーーwwwwwwwwwwwwwwwwwww

459 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 09:31:13 ID:TvRrArFk
>>393
>言ってません
この恥知らずwwww
237 名前:トラ猫[] 投稿日:2011/01/12(水) 18:47:11 ID:viEKlFeh
記録が見つかってないのであれば「無い」とするのが、実証主義であり証拠主義だよ。

>「裁判記録(一次史料)が無い=裁判が無かったと断定し得る」これは君の脳内にで君自身が勝手に生成した俺です。
はあ、上記の「実証主義であり証拠主義」とやらは俺が勝手に生成したレスだと・・・・
お前、俺がお前の名前を騙って勝手に上記のようなレスをしたといってるのか?
あまり人を怒らせるなよ

460 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 09:59:13 ID:vQuZE0k8
だらだらとした貼り逃げ用レスをしたためる時間はあるのにYESかNOには答えない。
安全区に逃げ込んだ便衣兵にも捕虜資格があるのかは重要な争点なんですがねぇ…
こちらは「安全区に逃げ込んだ便衣兵」について尋ねているのに「戦争犯罪者には捕虜資格がない」と言葉をすり替えて回答する手法はK-K氏にそっくり。
もっとも、キチガイコピペの目的の半分はこのスレを荒らすことですから逆上して喚き散らせばいいだけなのでしょう。
南京大虐殺肯定派とはこのような種の人達のことです。

461 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 10:38:20 ID:TvRrArFk
>>460
全くその通りですね。
色摩氏は「安全区に逃げ込んだ便衣兵」についてなんら言及していない。

@「便衣に着がえた正規軍兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、捕虜となる資格を持つ」
A「安全区に逃げ込んだ便衣兵は敵対行為を行っていない」
この両方がそろわない限り、
●南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解
とはならない。

Aが存在しないのに、脳内妄想解釈でAも存在すると言い張っているだけ。

462 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 11:28:32 ID:vQuZE0k8
>>461
毎回発狂してる自称中間論者が「捕虜資格のない戦争犯罪者(便衣兵)を無裁判で処刑したから虐殺だ!」と喚きたいのなら勝手にやってればいいと思うんですよ(笑)
こんなヘンテコ独自解釈には誰もついてこないでしょうw
ただ、その前に「安全区に逃げ込んだ便衣兵にも捕虜資格があるのか?」にははっきりと回答してもらいましょうw

463 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 12:38:31 ID:TvRrArFk
>>331
>もう一方は安全区内に逃げ込んだ【便衣兵】は戦争犯罪者であると証明すればよい
で、その吉田氏の引用の「便衣兵は戦争犯罪者であると証明」のどこに「便衣兵」と書いてあるんだ?
お前は信夫氏の見解を支持しているようだから、「便衣兵」の定義は信夫氏のものでいいな?

便衣隊とは何ぞ
八二三 交戦者たるの資格をみとめざる常人にして自発的に、又は他の示唆を受け、敵兵殺害又は敵物破壊の任に当る者を近時多くは
便衣隊と称する。彼らは専ら私服を着し(便衣は制服に対する私服を意味する)、凶器は深く之をポケット内に蔵し、一見無害の常人を装ふ
て出没し、機を狙って主として敵兵を狙撃するもので、その行動には多くは隊伍を組まず、概ね個々に潜行的に蠢動するものであるから、
隊の字聊か妥当を欠くの嫌あり、私服狙撃者と称するを当たれりとすべきが、便衣隊の語は簡であり、且昭和七年の上海事変当時より
邦人の耳にも慣れて居るし、且彼等の仲間には自ら一系脈の連絡ありて、自ら一種の隊伍を組めるものと見ればみられるでもない。
便衣隊と称すること必ずしも不当ではあるまい。
信夫淳平『戦時国際法講義2』p77

『上海戦と国際法』信夫淳平 国際法学者 丸善 1932年 P114,P125-126
 然るに便衣隊は交戰者たる資格なきものにして害敵手段を行ふのであるから、明かに交戰法規違反である。

464 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 12:45:12 ID:TvRrArFk
>>461
お互い、楽しみましょう。

一つヒントですが、妄想バカは「安全区に逃げ込んだ便衣兵は敵対行為をしていない」と主張せざるを
得ません。なぜなら、安全区に逃げ込んだ便衣兵は敵対行為をしていたと認めてしまうと、
南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解
に答えたことにならないからです。つまり、「安全区に逃げ込んだ便衣兵は敵対行為をしていない」などと
色摩氏が言っていない為、どうしても独自解釈で「安全区に逃げ込んだ便衣兵は敵対行為をしていない」
と主張せざるを得ないわけです。

ところが、バカは迂闊にも「安全区に逃げ込んだ便衣兵」に対してどこにも「便衣兵」と書いていない
信夫氏の見解を出してしまいました。

つまり、便衣兵の定義に対して信夫氏の物を採用すると宣言してしまったわけです。

後は、>>463を参考にして矛盾を突きまくってやってください。

面白いゲームになると思いますよ。

465 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 15:03:36 ID:vQuZE0k8
まあ、あの自称中間論者にはさっさと死んでいただく方が世のためだと思ってますwwwwwwww
「陸軍軍法会議法」にしろ「法の一般原則」にしろ、一度喚き始めたら根拠や証拠がなくてもマンドラドの木みたいに喚きちらしていましたからねw
そして行き着いた先はカビ臭いお馴染みの肯定派解釈、「審問」を「裁判」にすり替えた立氏見解改造論ですもんwwwwwwww
そう言えば、つい最近も「裁判所とは制度のことだ!」と喚きちらしてましたねwwwwwwww

466 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 15:33:10 ID:TvRrArFk
>>465
妄想バカは、安全区の便衣兵は俘虜の資格がないと言う見解のようです。
この件に関しては、大虐殺肯定派・否定派共通の見解ですね。

302 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/01(火) 23:59:42 ID:WPUDnI/7
4条件違反に関しては信夫氏の見解があるんだよバーーーーーカw 軍装でないというだけで戦時重罪犯だw

384 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/03(木) 00:00:45 ID:oVVoHaZJ
安全区の内外に関係なく戦争犯罪者は俘虜の資格がありませんが何かw

467 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 15:44:00 ID:LNsOtD1k

南京は 防守地域なんだから

安全区も含め一般市民を虐殺しても国際法上 合法なんだよ


いい加減に理解しろよw

だから、ラーベは感謝状を送ったんだよw

468 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 16:20:13 ID:5jO9i7oa
正確には「侵攻側が「適性勢力が無力化した」と判断するまで無差別攻撃を加えてもかまわない」だが

469 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 17:32:23 ID:TvRrArFk
>>365
>一方の設問は自分の主義主張と関係なく、違法とした国際法学者の見解を出せばよい
>もう一方は安全区内に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者であると証明すればよい
>この2つの設問の答えが同じにならなければならないと証明してみろよw
誰が答えが同じにならないといけないと言いましたかwww

>「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘
>員と認められます。の、どこが違法とする見解ではないんですかw

色摩力夫氏は、ハーグ陸戦法規は正規軍には無条件で、民兵・義勇兵には先の四条件付きで適用されると明言した。
それだけでなく色摩氏はシンポの発言で、司令官が逃亡した軍隊の将兵は当然のこと、軍服を脱ぎ便衣に着がえた正規軍
兵士の場合でも、実際に敵対行為を行わない限り、【捕虜となる資格を持つ】と主張したのである。
と書いてあるんだけどwwwwその後の行動次第で捕虜資格を失う場合もあるわけですが、それは無視ですかwww

で、どこで色摩氏が「南京戦における便衣兵は敵対行為をしなかった」と言っているのかね?
その発言が無ければ南京戦における便衣兵処刑を 【 違法 】 とした国際法学者の見解にならないんだけどwww

470 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 17:50:20 ID:TvRrArFk
>>365
それと、お前は「南京の便衣兵」=敵対行為をしなかったと主張しているのに何で信夫氏の説を引用してるんだ?

信夫氏の説を支持するなら、
●南京戦において、安全区内に逃げ込んだ便衣兵は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪
と言う質問は、

●南京戦において、安全区内に逃げ込んだ
交戦者たるの資格をみとめざる常人にして自発的に、又は他の示唆を受け、敵兵殺害又は敵物破壊の任に当る者を近時多くは
便衣隊と称する。彼らは専ら私服を着し(便衣は制服に対する私服を意味する)、凶器は深く之をポケット内に蔵し、一見無害の常人を装ふ
て出没し、機を狙って主として敵兵を狙撃するもので、その行動には多くは隊伍を組まず、概ね個々に潜行的に蠢動するもの
は 【 戦争犯罪者 】 なの?♪

と言う質問と同じ意味だよなwww

自発的に、又は他の示唆を受け、敵兵殺害又は敵物破壊の任に当る者を近時多くは
便衣隊と称する。彼らは専ら私服を着し(便衣は制服に対する私服を意味する)、凶器は深く之をポケット内に蔵し、一見無害の常人を装ふ
て出没し、機を狙って主として敵兵を狙撃する
行為はお前の脳内では敵対行為ではないのかwwwwwwwwwww

だから、「便衣兵」の定義をどこから持ってきてるんだ、と言ってるんだwww

卑怯なバカのことだから、「信夫氏の説でも自分の説に合わないものは無視」とか言い出すんだろうなww

471 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 18:04:39 ID:vQuZE0k8
あと、肯定派の皆さんは立氏見解文を「改竄」するのをやめてくださいw
立氏が必要だと説いてるのは「審問」であって「裁判」ではありませんw
「審問」≠「裁判」ですよwwwwwwwwwwwwwwww

472 :トラ猫:2011/02/03(木) 18:04:53 ID:pqVqK8cq
>>455
>「中国は怒っているが、フィリピン人はアメリカ非難していないんだから何やっていた
>としても問題ないだろ」と言うことなのかよw

フィリピンのケースについて君とは何の合意も形成されてませんよね?
なぜ 自分の認識イコール相手の認識 と看做して勝手に話を進めるのか理解しかねます、
変わった人ですね。


>>459

記録と裁判記録の違いを理解出来ませんか?
相手の意味や意図を確認してから議論した方が良いのでは?
すれ違いだらけの議論って時間の無駄だと思うんだけど。

>あまり人を怒らせるなよ

俺は殴られちゃうの?

473 :トラ猫:2011/02/03(木) 18:10:49 ID:pqVqK8cq
>>466
>妄想バカは、安全区の便衣兵は俘虜の資格がないと言う見解のようです。
>この件に関しては、大虐殺肯定派・否定派共通の見解ですね。

勝手に決めつけないでね、安全区の便衣兵(敗残兵)は捕虜資格有りだ。


474 :トラ猫:2011/02/03(木) 18:12:33 ID:pqVqK8cq
>>454

>ベイツやラーベの報告と紅卍字会の(一次資料ではないにせよ)提出した記録
>(2月末時点でのベイツやラーベの死体の報告と埋葬記録が一致)

仮に「外国人による埋葬関連記録の裏付けがなければ無かった事とする」のであれば、
「崇善堂は2月の時点で埋葬して無かった」
「南京特務機関は紅卍字会に資金援助をしなかった」
となりますよ?

>南京特務機関報告の紅卍字会についての報告

特務機関は各慈善団体を把握/管理する組織ではありません、当時5つの団体が活動してた
と思いますが報告に記録されてるのは依頼した団体1つだけです。

>そもそも‘資金難で活動停止していた’

活動再開が38年9月です、活動停止って何年の何月ですか? 

>「補助金」がいくら支払われたかを書いてあるんだがw

埋葬作業量と補助金の支給額は全くリンクしてません。

>私が聞いているのは『埋葬‘記録’を裏付けるモノ』

崇善の埋葬数11万を裏付ける記録を要求してますか?いうまでもなく有りません。

475 :トラ猫:2011/02/03(木) 18:15:55 ID:pqVqK8cq
>>470

「便衣兵」の定義は3つあるんだよ

1)田中正明以降の定義
2)信夫の定義
3)当時の邦人の呼称に倣った定義

476 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 18:24:11 ID:TvRrArFk
>>72
>記録と裁判記録の違いを理解出来ませんか?
>相手の意味や意図を確認してから議論した方が良いのでは?
>すれ違いだらけの議論って時間の無駄だと思うんだけど。
記録は裁判記録を含む記録一般だろww
それともお前の主張は
記録(但し裁判記録は除く)が見つかってないのであれば「無い」とするのが、実証主義であり証拠主義だよ。
と言うことなのかwwwwwwwwww
見苦しすぎwwwww

237 名前:トラ猫[] 投稿日:2011/01/12(水) 18:47:11 ID:viEKlFeh
記録が見つかってないのであれば「無い」とするのが、実証主義であり証拠主義だよ。

477 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 18:26:11 ID:TvRrArFk
>>475
>「便衣兵」の定義は3つあるんだよ
だから、妄想バカは信夫氏の学説を支持してるんだろwww

にもかかわらず、南京の便衣兵=敵対行為をしなかった等と信夫氏の定義と真逆のことを言ってるなwww

478 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 18:35:42 ID:vQuZE0k8
>>475
ある意味、トラ猫さんは「正統な肯定派」ですねwwwwwwww
ところでトラ猫さんは「審問」=「裁判」だとお考えですか?

479 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 18:37:31 ID:CT3GO7yI
>>474
> 仮に「外国人による埋葬関連記録の裏付けがなければ無かった事とする」のであれば、

誰もそんなこと言っていませんが?w
『資料を裏付ける根拠』を見せてくださいな、と言っているだけなのに、ねぇw
そもそも信憑性の問題であって、「無かったことにする」などとは一言も言っていないんだけど?w
裏付けがなければ信憑性に欠ける、と言う話であって、『無かったことになるわけではない』んだがなぁw

> 特務機関は各慈善団体を把握/管理する組織ではありません、

だから?w
管理していなければ書いてあることが全てデタラメとでも?w
「何をしていたか」を把握するのに、管理団体の資料でなければ認めないとでも言うつもりなのかねぇw

> 活動再開が38年9月です、活動停止って何年の何月ですか? 
また小学生みたいな発言をw
と言うか、「援助を求めている」時点でほぼ活動不可能だろw
キミもその資料を見ているはずだがねぇw
そこから援助の受け入れが無く(この時点で2月)、活動再開したのが38年9月、さて4月の10万人埋葬は果たしてできるのやらw

> 埋葬作業量と補助金の支給額は全くリンクしてません。
おやおや、資金に苦しんでいた団体が、10万人分の埋葬を報告せずに資金を受け取らないとか言うつもりなのかねぇw
キミの発言は、あまりにも矛盾しすぎているねぇw

> 崇善の埋葬数11万を裏付ける記録を要求してますか?いうまでもなく有りません。
紅卍会字は、他の直接関係ない人々にも記録されているってのに、それを上回る崇善堂が何故無いのかねぇ?w
と言うよりも、そんな「裏付けもない、あまりにも矛盾点が多すぎる」“いたずら書き”を、そのまま根拠無く信じている理由って、何?w
日本軍は、極東裁判で紅卍字会は否定していなくとも崇善堂は最初っから否定していたしw


キミの言い訳って、何の根拠もないただの妄想以外に言いようがないよねぇw

480 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 19:37:18 ID:IthPnxDB
普通に生活してたら歴史的論争に首突っ込むほどのヒマありません
一次資料にあたることも難しい
とりあえず歴史教科書は2chよりも信用できるからコピペしておく



481 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 19:39:15 ID:IthPnxDB
各社歴史教科書の南京記述

日本書籍
 日本軍は首都南京を占領したが、そのさい、20万人ともいわれる捕虜や民間人
を殺害し、暴行や略奪もあとをたたなかったため、きびしい国際非難をあびた

東京書籍
 日本軍は、首都南京を占領しました。その過程で、女性や子どもをふくむ中国人を
大量に殺害しました

大阪書籍
 南京占領にあたっては、婦女子をふくむ多数の中国人を殺害し、諸外国に報じ
られて非難されました

日本文教出版
 日本軍はナンキン占領のとき、大ぜいの中国民衆を殺していたが
(南京虐殺事件)

扶桑社
 日本軍は国民党政府の首都南京を落とせば蒋介石は降伏すると考え、12月、
南京を占領した(このとき、日本軍によって民衆にも多数の死傷者が出た。



482 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:16:51 ID:RAvnpZkg
>>481
「日本書籍」が撤退 歴史教科書、自虐史観批判を受け

 中学校社会で「従軍慰安婦」問題を取り上げるなどしてきた「日本書籍」の歴史教科書が、平成24年度から消えることが21日、関係者の話で分かった。
発行元の日本書籍新社が同日の教科書検定申請期限までに、文部科学省に対して申請を行わなかった。「自虐的な歴史観に基づいている」とする批判を受け、
採択する市町村が激減したのが一因とみられる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/382828/

あーあ、肯定派の希望の星が・・・・

483 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:18:50 ID:IthPnxDB
だがしかし右寄りで知られる扶桑社も南京事件を取り上げざるを得ないこの事実

484 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:32:53 ID:RyCJpItN
目撃者、物的証拠皆無の噂だけの南京大虐殺ではしかたないか。。。

485 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:38:33 ID:IthPnxDB
お前らがなんと言おうと世界でも日本でも歴史的事実として南京のことは教えられ
ているしこれからもそれは続く
文科省からして南京事件スルーの教科書は検定を通さないからな

486 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:39:56 ID:RAvnpZkg
>>483
>このとき、日本軍によって民衆にも多数の死傷者が出た。
不法殺害とは書いていないみたいですね。大都市で戦争すれば民間人死者ぐらい出ますよ

487 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:42:45 ID:RAvnpZkg
>>485
じり貧状態なのに「これからも続く」と言い切る自信はどこから来るの?

488 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:46:52 ID:IthPnxDB
そりゃ扶桑社版だからな
残虐性については明言を避けただけで逆に言えば不法殺害を明確に
否定したわけでもない逃げの記述
扶桑社からすればせめてもの抵抗だったんだろうよ

489 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 20:53:47 ID:IthPnxDB
>>487
世界の趨勢知ってる?
扶桑社版なんか最初は南京事件という言葉を使わないで済まそうとしたのに結局
修正して使う羽目になりましたとさ
ジリ貧はどっちなんだか

http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8947/textbook2.htm

490 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:00:48 ID:RAvnpZkg
>>489
20万とか30万の数字が並んでいたのが、もう消えちまうのに威勢が良いねぇw
大虐殺って文字は何処に消えたんだろう?

491 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:05:00 ID:IthPnxDB
教科書だから中立寄りの言葉つかってんだろ
俺自身もどっちかというと南京事件って言葉の方をよく使うわ

492 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:08:45 ID:IthPnxDB
ちなみに殺害人数を表記するか否かは会社によってまちまち
本文で触れるところもあれば註釈で触れるところもあるし触れないところもある

493 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:12:11 ID:RAvnpZkg
しかし、>>481はシェア激減でもうすぐ消えちまう教科書を一番上に書いて読む人を騙す気満々のコピペだなぁ
所謂肯定派の悪意が感じられますね、反日しないと死んでしまう生き物なんですかね

494 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:13:45 ID:IthPnxDB
正しい物の味方ですが何か^^

495 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:17:02 ID:IthPnxDB
シェアが雀の涙wの扶桑社版も乗せてバランスをとったつもりだが

496 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:18:57 ID:RAvnpZkg
>>495
日本書籍が消えて無くなるのは「シェア激減の為」なんだがw

497 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:24:21 ID:IthPnxDB
日本書籍が消えてもこんなのもある

清水書院
日本軍と中国民衆
日本軍の物資の補給体制はきわめて不十分だった。日本軍は、占領した地域で物資や労働力を徴発し、
食糧などもその地で確保した。このため物資の略奪・放火・虐殺などの行為もしばしば発生した。
とくに南京占領にさいしては、捕虜・武器を捨てた兵士、老人・女性・子どもまでふくめた民衆を無差別に殺害した。
戦死した兵士もあわせたこのときの死者の数は、多数にのぼると推定されている*注。諸外国は、この南京大虐殺事件を強く非難したが
、当時の日本人のほとんどはこの事実さえ知らなかった。こうした日本軍の行為は、中国民衆の日本への抵抗や憎悪をいっそう強めることとなった。

*注:このときの死者の数については、数万人、十数万人、30万人以上などと推定されている。


30万人説をのっけてるのはここだけかなな

498 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:30:04 ID:RAvnpZkg
30万人と書いてあれば大勝利って、どんだけ低い勝利条件だよw

499 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:33:10 ID:IthPnxDB
勝利なんていってねえw
今時珍しい教科書会社もあるもんだと思っただけだよ
30万説を唱えるのは今や中国くらいだというのは知ってる

500 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:37:16 ID:RAvnpZkg
>>472
>フィリピンのケースについて君とは何の合意も形成されてませんよね?
フィリピンの見解などとても出せないから適当なこと言って誤魔化す気なんですね
ホントあんた屑だわ

>>499
「これからも続く」なんて威勢良いこと言ったのに、急にしおらしくなったじゃないかw

501 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:38:55 ID:IthPnxDB
これからも続くのは確かだけど30万はいきすぎ

なにも矛盾してないけど何か問題でも?

502 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:43:23 ID:Vlkw/Mxn
平日の仕事時間帯に毎日書き込んでるID:TvRrArFkとID:vQuZE0k8はニート=社会の落後者はまぼろし派になる←結論♪

503 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 21:57:10 ID:RAvnpZkg
>>501
つまり、間違った記述が平気で残っている教科書を丸呑みするのは危険すぎるって事だね
教科書にも嘘が書いてある、と

504 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:03:51 ID:IthPnxDB
比較的確度の低い数字が載ることもある
俺が言えるのはその程度
30万説を唱えるのは1社だけだが南京事件があったことは全社が記載してるという
違いを忘れないように

505 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:05:34 ID:IthPnxDB
あと何も中国サマの言いなりになる必要はないってことも言っておくわ

506 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:07:02 ID:RAvnpZkg
確度が低いんじゃなくて確度0=捏造だろうがw
教科書には捏造の数字すら載っていると言うことだよ

507 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:11:52 ID:IthPnxDB
教科書が100パーセント無謬であるとまではいわないけどよ
権威主義と言われてもいいけど、2chねらーの言うことよりは俺は教科書を信じるね
大抵の人はそうですw

508 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:21:28 ID:vQuZE0k8
>>507
ころころと記載が変わる教科書はあてになりませんw

それより私としましてはトラ猫氏が「審問」と「裁判」をどう考えているのかに興味がありますw

509 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:23:11 ID:RAvnpZkg
お前も認めるように教科書には捏造した数字すら載っている
つまり教科書に載っていることは、その記述が事実であるなんて事を担保する訳じゃないって事だ

で、ここは日本だ、池田大作でもレーニンでもヒットラーでも南京でも、信じたければ何を信じても捕まることはないよ
おかしい物を信じていたら君自身がおかしい人とレッテル貼られるかも知れないがw

510 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:24:56 ID:z3ImBK+0
>>509
あ、おかしい人がいるw

511 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:25:04 ID:IthPnxDB
現実逃避乙

世間への影響力および研究者の質
歴史教科書>>>>>>>>>>>>2chでのオナニー議論(笑)

512 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:28:25 ID:RAvnpZkg
>>511
未だに10万だ20万だ言っている肯定派学者の質がどうしました?嘘つきだらけだろ

513 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 22:29:49 ID:CT3GO7yI
ええと、慰安婦問題って、昔の教科書にはちゃんと載っていたんだが、
今時慰安婦問題を載せている教科書ってゼロなんだけどw

その時にも「教科書に載っているから」とかなんとか、同じような台詞をさんざん聞かされた記憶があるねぇw

それと、沖縄の集団自決を教科書に載せなかったことに対して、(自称11万人の)抗議デモであっさり載せたりしていたしw

教科書なんてその程度w
そもそも「事実と確定していなければ載せられない」なんて、いったいどういう妄想だろうかw
「教科書に載っているのは全て事実」というのは、いったい何を根拠に言っているのか是非とも聞きたいモノだよねぇw
まさか、自分の思いこみを押しつけているんじゃないだろうねぇ?w

514 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:32:22 ID:IthPnxDB
*注:このときの死者の数については、数万人、十数万人、30万人以上などと推定されている。

あくまでいくつかある推定数のうち30万人という数を挙げてるだけにすぎない
たんに30万人という「説」があると言うことを述べてるに過ぎないのだから
>>497の教科書がねつとは言えない

そして教科書がアテにならないことの傍証にはなり得ない

515 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:36:15 ID:IthPnxDB
>>513
誰が慰安婦の話した?
それこそ自分に都合の良い例を挙げてるだけじゃないか
歴史学はアップデートされ続ける学問なんだから直近の教科書が一番信頼に値する
だろ
そして南京事件を検定から外すという話も聞かないしな

どこの馬の骨ともわからないコテなんかより俺は信じるね
どうせアマチュアの歴史オタクってとこだろ

516 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:38:20 ID:RAvnpZkg
>>514
でもな、あからさまに間違っている説が堂々と載っているのは歴史教科書ぐらいだぜ
これだけが如何に政治的な俗物であるかを示しているよな

517 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:42:18 ID:IthPnxDB
俗物とか言い出したらにちゃんほどの俗物はないだろw

518 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:43:31 ID:RAvnpZkg
つまり歴史教科書の近代史部分は2ちゃんと変わらない、とw

519 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:44:56 ID:vQuZE0k8
>>517
「教科書を信じます!」←これで終了してしまうレスをして、一体何がしたいのですか?w


520 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:47:39 ID:IthPnxDB
「南京事件の証拠とされてきたこの写真や日記、実は後にねつ造であることがわかったんですねー」

から飛躍して

「だから南京事件は全て真っ赤なウソ」

ともっていく否定派がよく使う論法
今、否定派はにたようなことやろうとしてるなw

521 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:48:46 ID:z3ImBK+0
何言ってんだかなあこいつらも
30万説は俺も信じてなどいないが
執筆者や検定人たちからすれば取り扱うべき説の一つと認識されているってだけだろ

つまり教科書に全く相手にされないおまえらまぼろし派はそれ以下だってことだwwww
哀れ否定派wwwwwwwwwwww

522 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:49:22 ID:vQuZE0k8
>>520
どこにそんなレスがあるのですか?

523 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 22:50:54 ID:CT3GO7yI
>>515
何をおっしゃるウサギさんw
キミがあまりにも自分に都合のいいことしか話していないからこちらも話したまでですが何か?w

慰安婦の時も、全く同じ話をされて、その後どうなったかという話をしたまでなんだけどねぇw
「南京を検定から外す」とか言われても、誰も事実を証明した奴もいないし、その後新事実が出れば容易に変化するわけでw


そもそも「何を信じるか」ってのは個人の問題だからねぇw
キミが信じるかどうかなんて、他の人にどう関係あるのやらw
キミが「何の根拠も無いものを信じる」と力説しようが、キミの勝手だからねぇw

で、それが何か?w
「教科書だから信じる」というのは、単にキミの宗教的思想の説明であって、それを人に押しつけるモノではないよねぇw
と言うよりも、本来は教科書に書かれていることが事実かどうか確かめるのが勉強なのだがw


まあ、「教科書に書かれていることは必ずしも事実ではない」、キミ、コレはちゃんと認めるよねぇ?w
つまりはそれだけの話ってことだねぇw
ぷw

524 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:53:27 ID:RAvnpZkg
>>521
> 何言ってんだかなあこいつらも
> 30万説は俺も信じてなどいないが
> 執筆者や検定人たちからすれば取り扱うべき説の一つと認識されているってだけだろ
低レベルな奴らが作っているんだなぁ、他の教科書執筆者は、間違ったことを書かないように細心の注意をしているというのに

525 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:56:07 ID:z3ImBK+0
>>524
あ、30万説以下の扱いされてる人だw

526 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 22:58:34 ID:IthPnxDB
>>523

ようw
どこの馬の骨とも知らないアマチュア歴史オタと言われたのがそんなに悔しかったのwwww
お前がトリまでつけて垂れ流す自説なんぞほとんどの日本人が目にすることないよねw
それじゃはじめから教科書なんか相手にして無くてもしょうがないわな
だってお前、あまりに無力だもんなやることといえば歴史でオナニーすることくらい
可哀想wwwwww

527 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 22:58:52 ID:CT3GO7yI
ちなみに、石器捏造事件という「ゴットハンド」が起こした事件があったけど、アレは学会は全く見抜けず毎日新聞の素人記者たちが暴いたんだよなぁw
暴かれるまで教科書に載り続けていたわけでw

ついでに言っておくと、相沢青年が打製石器の最初の発見者とされているが(旧石器時代の証明)、実際は先に見つけた奴がいても学会が否定していただけw
さらには最初、相沢青年は第一発見者とはなっていなかったんだよねぇ、学会のせいでw

他の例にしても、「慶安の御触書」は、今では江戸幕府が出したおふれではなくなってるしw

所詮、証明されていない歴史なんてその程度w
「教科書に書いてあるから」なんだ、という感じかねぇw
「教科書に書いてあることは全て事実」とか、誰が言ったのやらw
個人の妄想を他人に押しつけるのは勘弁なw

「信憑性が高い!」とか言われても、「間違っていることもあるよね?w」で終了なんだよなぁw
何を信じるかは勝手だが、それが事実の証明になるのかねぇ?w

528 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:00:44 ID:IthPnxDB
まあまぼろし派が相手にされてないのはガチだな

529 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:03:56 ID:RAvnpZkg
今日も最後は言い返せなくなって、論もヘッタクリも無くなる肯定派(と言うか主にチョーセンウヨクくん)であったw

530 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:04:15 ID:z3ImBK+0
だなあ
まぼろし説はほんとに相手されてないもんなあw

531 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:06:11 ID:IthPnxDB
>「信憑性が高い!」とか言われても、「間違っていることもあるよね?w」で終了なんだよなぁw

更に信憑性が低いにちゃんとコテ ってことで終了なんだよなぁw


532 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:06:20 ID:CT3GO7yI
>>526
いいねぇ、この負け犬の遠吠えw
まさに私が聞きたかった言葉だねぇw

結局、何が正しいのか全く自分で言えず、権威主義に頼ってその陰に隠れて陰口しかたたけないw
みっともないねぇw


キミが何を信じるのかは勝手だけどねぇ、キミの妄想を人に押しつけないでねぇw
と言うか、キミの妄想って、他の肯定派の足を引っ張っているだけじゃないの?w
せっかく他の肯定派が必死に「兵士の不法処刑」で南京大虐殺を言っているのに、
「女性子供を無差別に虐殺」と言うのが南京大虐殺とか言われたら、他の肯定派は誰もそれについては議論できなくなると言うのにねぇw

うんまあいいけどねぇ、私としてはw
と言うわけで、キミの主張を採用し、「南京大虐殺は女性子供を無差別に虐殺した」と言う定義を以て議論するかねぇw
根拠がまるでなくなった時点で肯定派の負けと言うことでw



…あれ?w
そんな根拠、肯定派が今までに出していたっけ?w
おかしいなぁ、教科書に書いてあることは信憑性の高いことのはずなのに、ねぇw

ぷw

533 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:11:05 ID:CT3GO7yI
>>531
意味がさっぱり理解不能w
「にちゃんとコテ」?w
「ちゃんとコテ」?w
日本語でよろしくw
キミの出身国がどこなのかは知らないけどさぁ、日本語で語ってもらいたいねぇw

あと、キミの国では信憑性が高いことは常に事実と確定するのかい?w
そもそも教科書に載っていることが信憑性が高いかどうかなんて、何を根拠に言ってるの?w
キミの妄想以外の根拠を全く聞いていないんだけど?w


ああ、他にも根拠があると言うこともキミの妄想ですか、なるほどねぇw
げらげらげらげらw

534 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:12:46 ID:IthPnxDB
>「女性子供を無差別に虐殺」と言うのが南京大虐殺とか言われたら、他の肯定派は誰もそれについては議論できなくなると言うのにねぇw

それって2ch内での話でしょ
2ch内での議論が全てなのかよw
こんなスレにトリまでつけて居座るとにちゃんが全てと思っちゃううんだから怖い

535 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:15:14 ID:qlm33lH9
名古屋の市長が虐殺否定論を語ったとき、意見に賛同するという声が
反対意見を上回ってたそうだな。
「これが世論だ」などというつもりはないが、相手にされてないというのは大嘘だな。

536 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:16:16 ID:RAvnpZkg
>>534
お前が出した教科書ディスってどうするw、教科書を信じると言っておきながらこれかよw

537 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:20:40 ID:CT3GO7yI
>>534
すまん、キミの信じている「教科書に書いてある南京大虐殺」がそれなんだがw
2ちゃんねるの話と言うよりも、国際問題になっているのはその点じゃないのかねぇ?w

むしろ「兵士の不法処刑」で終始ループしている議論の方が2ch内の議論に過ぎないと思うけどねぇw
世間で南京大虐殺を議論するとき、民間人より先に兵士の不法処刑を議論するのかねぇ?w


すごいねぇ、キミw
今までの自分の発言を自分で否定するとはw
私にはとうていできない芸だねぇw
げらげらげらげらげらげらげらげらw
大爆笑w

538 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:21:00 ID:IthPnxDB
教科書はプロの学者が達が築き挙げてきた学問の成果のうち、その時点で信頼できる情報が載ってる

だから信頼に値する

普通はそうじゃないかい?

>>533が持ってる歴史の知識の大半は教科書から得た物だろ
なら教科書の権威を信じてるのは俺と変わらないと思うんだがどうか

539 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:26:53 ID:ya7pCNPZ
日本人なら個人的にでも謝罪と賠償ぐらいした方がいいよ。

540 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:29:01 ID:vQuZE0k8
「捕虜資格のない戦争犯罪者を無裁判で処刑したから虐殺だ」←冗談はよしてくださいwwwwwwww

541 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:29:38 ID:RAvnpZkg
自分の著作上ですらおおっぴらに主張できない「婦女子の殺害=南京大虐殺」なんて書いちゃうのがプロの仕事なんだw

542 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:31:07 ID:CT3GO7yI
>>538
いや、あくまで通説としか思っていないけどねぇw
証明されている歴史ならともかく、証明されていないモノなどただの一つの仮説にすぎんよw

で、本当に正しいのかどうか、疑問に思う場合にはいろいろな資料に当たるが、ねぇw
例えば、原爆投下の証明とか、な。

そもそも権威を信じるとかどうかしているよなぁw
信じるのは根拠と証明であって、権威を信じてどうするんだとw
むしろ学会を見れば、信憑性より力の部分も多々あるからねぇw


キミがやっているのはただの宗教だw
詰め込んだ情報は、知識とイコールにはならんよw
それが本当に正しいのかどうか確かめることこそ勉強なんだよねぇw

一方的な情報に踊らされてどうするよw
キミ、今までどれだけ調べたの?w
南京について、例えば「いつからを南京事件とするか」、それくらいは調べているよねぇ?w

543 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:33:47 ID:IthPnxDB
教科書が信用に値しないというなら、>>533や俺が歴史の授業で詰め込まれた知識は
なんだったのか
教科書なんか信用できないっていってる他の人も、じゃあ歴史で習ったことは信憑性低いから
なかったことにするっていうのかい?

544 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:40:58 ID:IthPnxDB
>疑問に思う場合にはいろいろな資料に当たるが、ねぇ

結局イデオロギー的に認めたくない部分の反証を求めて資料漁ってるだけでしょ

545 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:42:24 ID:RAvnpZkg
>>543
「婦女子の殺害=南京大虐殺」なんて言う教科書に書いてある説は、
否定派だけじゃなく所謂中間派も信じちゃいないんだぜ。
教科書には嘘が書いてあるんだよ、騙されたことに何時になったら気付くんだ
それともお前も騙す側に回っているのか?

546 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:43:41 ID:CT3GO7yI
>>543
「通説」だろ?w
その後、いろいろな資料を基に「知識」を確定していくんじゃないのかねぇ?w

信憑性が低いから無かったことにするとか、何をどう考えればそう言う乱暴な一方的思考になるんだかw
なぜ無かったことにするんだろうねぇ、キミ?w
単に「そう言う通説がある」でいいんじゃないのかねぇ?w
そもそも信憑性がどうのこうのってのは、キミがそう思いこんで言っているだけだからねぇw

つーか、教科書も「何を根拠にそう言えるのか」と言うことで、根拠の基となる資料とか書いてあるんだがw
それを根拠に「○○はあった」と言っているのであって、「誰々という偉い学者が言っているから」などとは書いていないだろうにw


キミの言い分って、教科書を馬鹿にしている発言だよなぁw
むしろ教科書って「根拠を以て勉強しよう!」と言っていると思うんだがねぇw
キミみたいに権威主義では話していないだろうにw

547 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/03(木) 23:50:19 ID:CT3GO7yI
>>544
そう言うモノの見方しかできないってのは、哀れだねぇw

むしろ「事実」であるならば、どんな反論でも「事実であることに代わりはない」根拠があるモノなんだがなぁw
自分が事実と信じているモノでさえ、ちゃんと「事実かどうか反証を探す」けど、それが何か?w
キミみたいなイデオロギー云々で「事実よりも自分の妄想を優先」させるようなことはしないんだよねぇ、私はw

当然、歴史に於いては否定派肯定派どちらの主張も根拠を調べた上で見ているけどねぇw
認め無くないからとか、キミじゃあるまいしw

そもそも私は否定派でも肯定派でも無いんだがw
「事実と証明されればそれを私も応援する」と断言しているんだがねぇw


そう言うキミは、いったいどれだけの資料を調べたの?w
肯定派の資料から否定派の資料まで、当然いろいろ調べているんだよねぇ?w
調べてもいない奴が、まさか教科書だけで「南京大虐殺はあった!」とか言っているわけではないよねぇ?w


548 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:58:45 ID:oVVoHaZJ
>>409
おい基地外w お前は字が読めねーのかよw

>南京戦において安全区に逃げた便衣兵にも捕虜資格があるの?

>>384
> 125次287 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 23:56:25 ID:wNYTQ17N
>
> 安全区内で捕らわれた者が敵対行為をした記述がないにしても、捕らえられた時に便衣であり、その者が
> 敵兵と判別した時点で戦争犯罪者です。
>
> 安全区の内外に関係なく戦争犯罪者は俘虜の資格がありませんが何かw

このレスが既に答えになっている。質問自体に意味がないしそもそも間違った設問には答えられない。便衣兵が一律
で俘虜の資格があったりなかったりという話ではない。状況によって違うわw もともと軍服が支給されなかった兵は
軍装武装を自ら放棄したわけではない。指揮官と一緒に捕らえられた場合は俘虜の資格も持つ。軍装武装を自ら放棄
した者は俘虜の資格がない。それに安全区内と外で捕らえた場所が違っても処罰が変わるわけではない。
2択にならないものを2択に誘導しても無駄だ馬鹿w その手には乗りません。残念でしたwwwwww

「南京戦において便衣に着替えた支那兵に捕虜資格があるの?」に質問を改めたら答えてやるよ。この質問であれば
秦見解なら捕虜資格なし、色摩見解なら敵対行為いかんで捕虜資格ありなしが変わる。
トラ猫さんは捕虜資格ありと答えてるから俺はあえて捕虜資格なしと答えてやってもいいぜw 

そもそも安全区に【逃げた】って何だよw 逃亡する為に安全区に侵入した支那兵がどれだけ居たんですか? ソースプリーズ
安全区に侵入した支那兵は城門が閉められ退路を遮断された為、ただ生き延びる為に軍装武装を放棄したんだろーがw
どこが逃亡なんだよw 逃亡するつもりなら城外に脱出しようとする筈ですがw 

で、どうする? 質問を改めるか? 質問を変えたら捕虜資格なしと答えるがwwwww

549 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:59:35 ID:oVVoHaZJ
>>413
>●つまり、"南京戦で便衣に着替えて逃亡した支那兵" は "対敵有害行為の現行犯" だから "軍事裁判の手続きを省略した
>  殺害が許容される" のね?????♪・・・(・∀・)
>  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/303
>  >>"南京戦での便衣に着替えて逃亡した支那兵"なので使えますよw 【 逃亡が対敵有害行為になる 】事も知らない馬鹿ですかw

それはリーバー法でお前とやりあってた肯定派の人が書いたレスだが何で俺に聞くんだよw
それにその質問はレスを追うとお前の下記質問に答えてんだろw また話をすり替えてやがるw

>  下記見解文は "戦時重罪犯" に対する者だから "南京戦での便衣に着替えて逃亡した支那兵" には使
>  えないよ〜〜〜ん♪・・・(・∀・)
>
>  |『戦時国際法論 立作太郎著』
>  |凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て審問すべきものである。
>  |然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

逃亡が対敵有害行為になるのは間違ってないから逃亡者は戦時犯罪者になるな。よって立作太郎の説を適用できるわけだ。その話と
"対敵有害行為の現行犯"は別だろアホw 現行犯と言えるのはまさに逃走している最中を発見した場合だけだw 軍装武装を放棄した
者が身を隠してるところを発見した場合、若しくは民衆の中から選んで連れてきた場合は現行犯にならない。逃げてないからなw

 とう‐ぼう【逃亡】
 1 逃げて身を隠すこと。「犯人が―する」「敵前―」

安全区に侵入した支那兵は逃げて身を隠したんじゃなくて、南京から逃げずに身を隠したんだろーが。佐藤が勝手に安全区に逃げ
込んだと表現しているだけで実態はそうではない。したがって軍装武装を自ら放棄し、かつ逃げいてない者が敵兵と判断された場合は
戦時犯罪者と見なされ軍事裁判の手続きなしでは処罰できない。

550 :日出づる処の名無し:2011/02/03(木) 23:59:56 ID:oVVoHaZJ
>>419
リーバー法でお前とやりあってた人がとっくに全部答えてるだろーがw 何回同じコピペを貼るんですかw

>●チンカスパブロフK-Kは "南京戦で安全区に逃げた便衣兵は戦争犯罪者なのか?" に答える事ができない・・・(´・ω・`)

>>300
> 答えるも何も肯定派テンプレにとっくに書かれてるって前スレで指摘してんだけどw
> http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/498
>  いやwww 瞬殺も何も肯定派テンプレにとっくの昔に書いてあったのに気付かず、グダグダな粘着質問で否定派がタコ踊り
>  してただけだろwww それに安全区に逃げ込まなくても戦争犯罪者とテンプレには書いてあるので佐藤と全く同じではない。
>  つ》29
>   安全区で捕らえられようが安全区外で捕らえられようが便衣兵への対処はAns.Cの様に実施されなければなりません。
>  つ》27
>   Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、捕らえた場合は戦時重罪犯

>■"No" と答える事も出来ない。"戦争犯罪者ではない" との認識を明確にすると、肯定派にとって唯一の根拠である立氏見解文
>が使えなくなる・・・(´・ω・`)

>>300
> NoではないからNoとは答えないよなw

>■"Yes" と答えても "No" と答えてもジ・エンドwwwwwwwww

>>300
> お前が質問する前から肯定派テンプレに答えが出ているがw そんなにタコ踊りが楽しいんですかw

551 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 00:00:13 ID:oVVoHaZJ
>>419
結局>>284-286>>288-289に対しては議論放棄かよwwwww 情けない奴www 
それでこっちからの質問の答えがまだなんですがw いつまで逃げ続けるんだよ卑怯者がw お前が気が狂うまで貼り続けるからなwww
先ずここで回答になってないと指摘してますよw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308-310

いくつかはもう議論が終わっているので省く事にする。5つに絞ってやったぞw

 お前の下記主張を裏付ける学説を出してみろよw【11回目】
 裁判所で審問さえすれば ≪ 裁判を開かずに処刑執行した ≫ としても問題ないんだよな♪・・・(・∀・)

 “捕虜の権利が無い者は無裁判で処刑してよい”とした学説を出して下さい【11回目】

 極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【4回目】

 >何が厳格に実施された軍律審判だよw それは事後法の空襲軍律だろw 罪刑法定主義に基づいていない。
 >●これが "法学博士" の解釈かYO〜〜〜〜〜♪
 秦の空襲軍律についての見解を知ってるんですかw 秦はどう解釈してるんですか?w ソースプリーズwwwwwww【3回目】

 信夫は軍装でないというだけでその者の素性(兵か民か)が判明しなくても裁判をせずに容疑者のまま殺害してよいと言ってるかよw【2回目】

552 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 00:10:57 ID:cZ2yRVPw
無裁判が事件の核心というなら、南京大虐殺じゃなくて南京大失態程度だな

553 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 00:11:07 ID:Idh5TxV/
南京大虐殺はデッチアゲということで、はるか昔に結論がでています。
にもかかわらず、なにがなんでも日本ならびに日本民族を貶めたい
反日至上主義者が、「捕虜殺害」という論点ずらしを図った上で喚いて
いるだけに過ぎません。
慰安婦問題と同じであきらめがわるいわな(笑)。
そこまでするの出自による恨の精神によるものだわな。
はっきりいってやるが、肯定派の多くは朝鮮人である。
南京大虐殺論を語るにあたり、これは常識である。

554 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 00:14:06 ID:7wH5n3vv
結局顔文字の論破してやった宣言てのはしつこさで相手に勝っていただけで、顔文字より
さらにしつこい自称中間派には通用しないんだなw 彼は簡単にすり替えに引っ掛からないしw

555 :548:2011/02/04(金) 00:43:35 ID:wHyUvOEF
一部訂正w

よく考えたら「捕らえられた時に便衣であり、その者が敵兵と判別した時点」では犯罪者と限らないなw
自らの意思で便衣になっていなければ罪にならない。命令で便衣に着替えた。もともと軍服が支給されてなかった
という場合もあるだろ。これは失敬、
「捕らえられた時に便衣であり、その者が自らの意思で便衣になった敵兵と判別した時点で戦争犯罪者」に訂正しとくわw

>>552-553
肯定派テンプレには南京事件としか書いてないし俺は南京大虐殺という言葉を一度も使ってないわけだがw
またシャドウボクシングですか?wwwwww


556 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 00:59:12 ID:Idh5TxV/
>>555
戦争犯罪者であろうとなかろうが、その前に降伏も投降もしていない
交戦中の敵兵だわな。交戦中の敵兵殺してなにが悪いんや???

戦争犯罪とか無裁判処刑云々ぬかす基地外は、まずは降伏も投降もしてい
ない交戦中の敵兵ではないことを証明せなかんわな。それができない
限りは、便衣兵云々の議論は成り立ちません。これ基本中の基本な。

557 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 01:01:59 ID:Idh5TxV/
ん、555はチョーセンウヨクか?ほな、なにいっても無駄だわな(笑)。

558 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 01:09:23 ID:cZ2yRVPw
>>557
555は自称中間派くん事一般原則くんだよ。チョーセンウヨクは554だと思う

559 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 01:19:14 ID:Idh5TxV/
基地外肯定派の方に質問です。

安全区に潜伏していた便衣兵は、降伏も投降もしていない敵兵ではないのですか???
私は、敵兵そのものでしかないので、その殺害は戦闘行為であり何ら問題はないという立場です。
そうではないというならその根拠を明確に説明してくださいな。

長いこと南京論争にかかわっておりますが、この点について答えた肯定派は一人も
おりませんわな(笑)。


560 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 01:22:56 ID:Idh5TxV/
あぁ、あの大バカの一般原則くんか。その前は国内法違反だとか、軍律は軍法
だとか訳わからんこといってたな(笑)。ホンマ肯定派は基地外ばかりやわ。

561 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 01:30:46 ID:Idh5TxV/
イチャモン・チンカス・シナ人→ウルトラマンレオ

一般原則→やまんば

チョーセンウヨク→kouei

ま、こんなとこか(笑)。

562 :<:2011/02/04(金) 03:20:14 ID:hbF43KBp




>>548-551
●"ズタボロ中間論" の残骸が無残だワ♪・・・(・∀・)

  |『戦時国際法講義2 信夫淳平著 P879-880』   
  |一四〇二 占領軍司令官が軍律に於て規定する罪科には 種々あるも、その 【 最も多く且制裁の重きは戦律罪(War crime
  |で、或は戦時重罪犯とも言はれる) 】 及び敵軍幇助罪 (War treasonで、叛逆罪の称もある)である。

  |『戦時国際法提要 信夫淳平著』
  |軍律は軍司令官が軍事上の必要に鑑み、己の適当と認むる所に従って制定する住民取締の命令である。別語にて云へば、
  |軍律は戦線又は占領地の軍司令官に於て侵入地又は占領地に於ける軍の安全と秩序維持のため、軍事上及び占領地行
  |政上必要と認むる事項を 【 己れの裁量にて随時制定し、】 管下の住民を洽く拘束せしむる所の特殊性の命令である。

  ■軍律を制定し、何が 【 戦律罪 】 に該当するのかを決定するのは 【 松井軍司令官 】 ♪・・・(・∀・)
   ※無論、"戦争犯罪に該当する" との見解はアリだが、それを最終的に決定するのは軍指令官に権限がある♪・・・(・∀・)

●それだけ幾つもの "滑稽な自己解釈「便衣兵」" が居たのなら尚の事♪・・・(・∀・)

  ■松井軍指令官は、オマエの "滑稽な自己解釈「便衣兵」" それぞれに対して 【 戦律罪 】 を制定してたの?♪・・・(・∀・)

●後、下記@とAは同じ意味か?・・・(笑

  @然れども全然 【 審問 】 を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。
  A然れども全然 " 裁判 " を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。





563 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 07:31:45 ID:kDzad4OB
>>551
まだ喚きチらしてるの?いい加減にしてくれんかね?
何を喚いてるのかさっぱりわからないんだけど?

564 :トラ猫:2011/02/04(金) 08:26:42 ID:r0A2Bhmx
>>478

>ところでトラ猫さんは「審問」=「裁判」だとお考えですか?

----------------------------------------
『戦時国際法論 立作太郎著』

凡そ 【 戦時犯罪人 】 は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て
審問すべきものである。
然れども全然審問を行はずして処罰を為すことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる
所と認めねばならぬ。
----------------------------------------
この議論の元になってる引用はこれと思いますが、

565 :トラ猫:2011/02/04(金) 08:27:57 ID:r0A2Bhmx
(続き)

以下は軍律会議の簡単な流れ、下の1)〜2)が【審問】に相当すると思う

1)取調
  容疑者を拘束して取調べ、檢察官が調書を作成
2)豫審
  調書を元に豫審官が被告人を詰問し、豫審調書を作成
3)豫審官が審判請求する(人違い等の場合のみ審判請求は無く、ここで免訴)
4)審判(公判)
  審判規則を元に検察官が求刑し、審判官が軍罰を言い渡して結審(一審制)

※これらの記録は主に「録事」が取り纏める。
※審判には弁護人を付けず、無罪判決も無い。
※審判規則および軍律法廷の設置は該当区域の最高司令官が司令部内の法務将校(法務官)
 の補佐を受けて制定する。
※「録事」「檢察官」「豫審官」「審判官」は司令官の任命を受けた者で無ければならない。

566 :トラ猫:2011/02/04(金) 08:46:48 ID:TQ6MYbJ2
>>479

>「援助を求めている」時点でほぼ活動不可能だろw
>そこから援助の受け入れが無く(この時点で2月)、

君の書いてる崇善堂のその記録って何だっけ? 
ちょっと忘れてしまったかも知れないのでソースをお願い。

>資金に苦しんでいた団体が、10万人分の埋葬を報告せずに資金を受け取らない
 とか言うつもりなのかねぇw

埋葬に資金を使ったので資金難になりました、先に書いたように補助金と埋葬数はリンク
してませんので報告しても資金は受け取れないでしょう。

>紅卍会字は、他の直接関係ない人々にも記録されているってのに、それを上回る
 崇善堂が何故無いのかねぇ?w

「直接関係ない人々」ってこれは安全区の外国人だけと思うが、
埋葬量が異様に多いのは4月の農村地区ですがその時期のその場所の記録自体が全く
と言ってよい程ないんですよ、南京事件資料集も2月位までの記録だし。

>日本軍は、極東裁判で紅卍字会は否定していなくとも崇善堂は最初っから否定していたしw

極東裁判で埋葬に関するやりとりは要約したのしか見てないんだ、詳しく書いてるHPとか
知ってたら教えて下さい。

567 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 08:53:55 ID:V8QU7O9o
>>555
>自らの意思で便衣になっていなければ罪にならない。命令で便衣に着替えた。もともと軍服が支給されてなかった
>という場合もあるだろ。
これは興味あるわあ。お手数だが、ソースを提示してください。

568 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 08:58:27 ID:V8QU7O9o
>>549
>安全区に侵入した支那兵は逃げて身を隠したんじゃなくて、南京から逃げずに身を隠したんだろーが。
これは意味不明。単に場所から逃げるなどと言う解釈は成立しない。
南京から逃げるとすれば、南京に脅威があったから南京から逃げる必要があったのであり、
逆に安全区に入り込むことによって何らかの脅威から逃れることが出来たのなら、安全区に
「逃げ込んだ」ことになる。例えば「日本軍に依る攻撃」とか。

但し、安全区に逃げ込んだ兵士たちはうまく日本軍の攻撃から逃れることに成功しましたが、日本軍が憲兵を
動員して司法警察権を発動した為犯罪者としてしょっ引かれていきましたとさww

569 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 09:01:07 ID:pfTehIEk
>>565
おお!完結でわかりやすい回答をありがとうございます!
となりますと、@〜Aに該当する「審問」と、@〜C全てをふくむ「裁判」は分けて解釈されるべきと思いますけど、どうでしょうか?

570 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 09:04:43 ID:pfTehIEk
>>548
となると捕虜資格がある便衣兵を裁判にかけることはできないですよね?
一方捕虜資格のない便衣兵に対しては「捕虜資格のない戦争犯罪者を無裁判で処刑したから虐殺だ」というわけですか?
冗談はよしてください。
さっさと死んでくださいな。

571 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 09:14:07 ID:pfTehIEk
>>555
馬鹿ですか?
もともとハーグ四条件は制服の着用には言及してませんよ。
しかし表象を付け、武器を公然と携帯することは義務付けています。
自分の意思であろうがなかろうが四条件を満たしていなければ捕虜資格を失います。
自分勝手な解釈を曝さないでくださいな。
根拠なく喚き散らされるのは迷惑ですからさっさと死んでください。
あなたの独自解釈は、このスレにいる誰もが支持してません。

572 :トラ猫:2011/02/04(金) 09:14:21 ID:TQ6MYbJ2
>>500
>フィリピンの見解などとても出せない

君がフィリピンの何時のどの場所の事を言ってるのか俺には分からないんだよ。
君とのコミュはめんどくさいんで、スルーしますよ。


>>513
>今時慰安婦問題を載せている教科書ってゼロなんだけどw

これも山ほどあるウヨの与太話の一つなんですけどね。


>>559

>安全区に潜伏していた便衣兵は、降伏も投降もしていない敵兵ではないのですか???

降伏も投降もしていない敵兵です。

【命題】
降伏も投降もしていない敵兵は殺傷してよい

答え:偽

>そうではないというならその根拠を明確に

ところでハーグ法は全部読んだ事ありますか?

573 :トラ猫:2011/02/04(金) 09:57:17 ID:r0A2Bhmx
>>569

>@〜Aに該当する「審問」と、@〜C全てをふくむ「裁判」は分けて解釈されるべきと思い
 ますけど、どうでしょうか?

そうですね、審問≠裁判でいいと思ってます。

574 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 10:21:20 ID:pfTehIEk
>>573
明確かつ的確な回答をありがとうございます!
とてもわかりやすかったです!
ここでヒステリーを起こしてる自称中間派は「審問したのに裁判をしないことはありえない!」などと分けのわからない決めつけをやっててウンザリしてたのですが、トラ猫さんの回答は非常に説得力がありました。

575 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 10:39:07 ID:dSS94scn
>>572
>降伏も投降もしていない敵兵です。

【命題】
降伏も投降もしていない敵兵は殺傷してよい

答え:偽



降伏も投降もしていない敵兵殺してなにが悪いんや???
戦闘行為そのものでしかないが、ハーグ法は戦闘行為を
禁止してんのか(笑)??

576 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 10:45:37 ID:dSS94scn
>>572
ちなみにシナはハーグ法を批准していないことは知っているんか??
日本軍は国際法学者を軍顧問として随行させてたことは知っているんか??
トラ猫説と斉藤良衛博士どちらに分があるかはいうまでもないわな(笑)。

577 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 12:58:36 ID:mVUaA8lf
最近はスレの流れが早いな。

>>570
>となると捕虜資格がある便衣兵を裁判にかけることはできないですよね?

理由なく殺害する事もできませんけどね。捕虜資格があるなら捕虜として扱わなきゃならないからな。(笑)

>一方捕虜資格のない便衣兵に対しては「捕虜資格のない戦争犯罪者を無裁判で処刑したから虐殺だ」というわけですか?

処罰しなければ裁判をする必要はありませんよ(笑) 何らかの処罰をしたければ裁判以外で軍罰を決める事はできません。

>>571
>もともとハーグ四条件は制服の着用には言及してませんよ。

あっそう。じゃ便衣で戦闘していても何も問題ないな(笑)

>自分の意思であろうがなかろうが四条件を満たしていなければ捕虜資格を失います。

少しは犯罪構成要件について調べたらどうですか。ニートなんだから時間はいっぱいあるでしょ(笑)
『刑法総論』 大谷實
 犯罪は原則として故意がなければ成立しない。故意とは、構成要件に該当する客観的事実の認識およびその実現意思を
 いうから、結局、故意を認めるために必要な事実の範囲を決めるのは構成要件であるということになる。

便衣の敵兵=戦争犯罪者ではありません。便衣になって見つからないように偽装するという故意がなければ犯罪は成立しません。
ま、こんな事も知らないからまぼろし派をやってられるんでしょうけど(笑)

578 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 12:59:17 ID:mVUaA8lf
>>574
>自称中間派は「審問したのに裁判をしないことはありえない!」などと分けのわからない決めつけ

ここに来ている肯定派が「審問した」などと言うわけないでしょ。また嘘ですか。何スレ遡ってもいいから肯定派が
南京戦時の支那兵戦時犯罪者に審問をしていたと書いてるレス番を挙げてくれないか?できないと思うけど(笑) 

あと、K−Kさんの置き土産を貼っておきますよ(笑)
102次752:K−K:2010/02/22(月) 20:28:35 ID:Xt4oaN0r
》712
>【審問】 → 【くわしく問いただすこと】
>■http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/100534/m0u/%E5%AF%A9%E5%95%8F/
>立説は単に【審問=くわしく問いただすこと】が必要と言ってるだけで
>""裁判が必要""とはどこにも書いていない・・・(´・ω・`)

当時の法律辞典で「審問」を引いてみると、次のように書かれています。

----
渡部萬蔵著『コンサイス法律辞典』(1930年)P246
【審問】しんもん negotiation(英) verhandlung(独) audition(仏)
広義に於ては訴訟法上弁論と同義に用ひらる。
狭義に於ては裁判中に在て当事者、証人、鑑定人の如き訴訟関係にあるものに対して裁判所又は裁判官が問いを発すること。
----

立作太郎氏の見解は、戦前の見解である以上、上記の意味で捉えるのが妥当でしょう。

■したがって、裁判は必要ということになりそうですね。

【立作太郎著『戦時国際法論』】
凡そ戦時犯罪人は、軍事裁判所又は交戦国の任意に定むる裁判所に於て【【審問】】
すべきものである。然れども一旦権内に入れる後、【【全然審問を行はずして処罰を為
す】】ことは、現時の国際慣習法規上禁ぜらるる所と認めねばならぬ。

579 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:02:10 ID:V8QU7O9o
>>577
>故意とは、構成要件に該当する客観的事実の認識およびその実現意思を
>いうから、結局、故意を認めるために必要な事実の範囲を決めるのは構成要件であるということになる。
結局、意思の確認など関係なく犯罪類型に合致したら犯罪と言うことだなwww
そりゃそうだ、否認したらそれだけで無罪になるなんておかしいだろwwwww

1.こうせい‐ようけん【構成要件】
刑罰法規に定められた個々の犯罪類型。

580 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:06:32 ID:V8QU7O9o
●Q普通の国内法と違い、.戦時国際法における「審問」とはどういう意味ですか?

 A.「裁判」ではなく「取調べ」のようです。
 『戦時国際法提要』(上)照林堂書店 信夫淳平著 P667
  間諜は以前はこれを捕らえたる軍において一応【審問】したるうえすぐ処罰(多くは絞銃殺)する風であったが、今日では
 これを戒め、(中略)、【裁判】に付した上でなければ之を処罰するを得ないこととなった。

●『戦時国際法論』立作太郎 国際法学者 日本評論社 1931年版
 そもそも戦時重罪人は、軍事裁判所又は其他の交戦国が任意に定めた裁判所において取り調べすべきものである。(裁判所での審問)
 しかしながら、全く取り調べを行わずに処罰することは現時の国際慣習法違反と認めなければならない。(単なる「審問」)

●当時の国際法学家が「裁判が必要」と言った場合、その理由は
 「北支事変と陸戦法規」篠田治策 国際法学者 外交時報84巻通巻788号 1937年10月1日 P54,55
 而して此等の犯罪者を処罰するには必ず軍事裁判に附して其の判決に依らざるべからず。
 何となれぼ、殺伐なる戦地に於いては動もすれぼ人命を軽んじ、惹いて良民に冤罪を蒙らしむることあるが為めである。
 がせいぜい。違法と言う学説はない。

●信夫先生においては
 【甚しきは確たる證據なきに重刑に處する】ことですら、多少は已むなしと言っている。

 【「上海戦と国際法」信夫淳平 丸善 1932年】
  嫌疑者でも現に銃器弾薬類を携帯して居れば、嫌疑濃厚として之を引致拘禁するに理はあるが、漠然たる嫌疑位で之を行ひ、甚しきは 確たる證據なきに重刑に處するな
  どは、形勢危胎に直面し激情昂奮の際たるに於て多少は已むなしとして斟酌すべきも、理に於ては穏當でないこと論を俟たない。

581 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:17:21 ID:V8QU7O9o
>>201 
『現代歴史学と南京事件』吉田裕 P85
20世紀最大のウソ『南京大虐殺』にとどめを刺す連続講座とシンポの集い」である。(中略)色摩力夫氏は、
【ハーグ陸戦法規は正規軍には無条件で、民兵・義勇兵には先の四条件付きで適用される】と明言した。
 
『国民のための戦争と平和の法―国連とPKOの問題点』小室 直樹 色摩力夫 出版社: 総合法令 発売日: 1993/10  P280
【「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」であれば、無条件で合法的な戦闘員と認められます。】

書いてあることが違うと思うんですがwww
「国民のための戦争と平和の法」の記述は1949年追加、第四条 A (1)の話じゃないんですかwww
何でこれが【南京戦の便衣兵処刑は違法】という法学者の見解なんですかwwww

http://www.mod.go.jp/j/presiding/treaty/geneva/geneva3.html
捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第三条約)昭和二十八年十月二十一日条約第二十五号
第一編 総則第一条〔条約の尊重〕 (第一条約の第一条と同じ。)
第二条〔条約の適用〕 (第一条約の第二条と同じ。)
第三条〔国際的性質を有しない紛争〕 (第一条約の第三条と同じ。)
第四条〔捕虜〕
A この条約において捕虜とは、次の部類の一に属する者で敵の権力内に陥ったものをいう。
(1)  紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員
(2)  紛争当事国に属するその他の民兵隊及び義勇隊の構成員(組織的抵抗運動団体の構成員を含む。)で、その領域が占領されているかどうかを問わず、
その領域の内外で行動するもの。但し、それらの民兵隊又は義勇隊(組織的抵抗運動団体を含む。)は、次の条件を満たすものでなければならない。
(a)  部下について責任を負う一人の者が指揮していること。 (以下いつもの4条件の残りの為、略)


582 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:23:48 ID:V8QU7O9o
結局のところ、他者から強制されようが仕方なくやったことであろうが過失の結果であろうが犯罪は犯罪だからな。
犯罪類型に分類されているか、(過失致傷等)、或いは情状酌量の余地を認められて減刑されるかも、と言う程度のことだな。
誰でも知っている当たり前すぎるくらい当たり前の事なんだが、>>577は一体何を言いたかったんだ?

583 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:37:26 ID:V8QU7O9o
さらに軍律制定・適用に当たってはそういったことすらも考慮しなくて良いと。

占領軍司令官は苟も軍に不利益と認むる住民の行為に対しては、常時の法令とは全然相離れ、又占領地の現行法令を改廃し、
特殊の軍律なる名に於て己れの自由裁量に属する如何なる禁令及び罰則をも制定施行するを得るのである。
 斯の如く軍律にて規定する事項は一に占領軍司令官の自由裁量に属するが、しかも交戦法規の明文に特に反対の規定あるものは
之を尊重せねばならぬこと勿論である。又特定条約上の権利の侵害となるが如きも之を避くべきは当然である。・・・・
(信夫淳平著『戦時国際法提要』)

584 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:38:54 ID:bf6BmtmP
軍律裁判に刑法の構成要件とか罪刑法定主義を持ち出しとる大バカがおる(笑)。
軍律裁判は軍事的必要性に基づくものであり、その罪刑の設定は全て軍指令の
自由裁量権である。そしてその制度趣旨はハーグ法に則して、無意味な民間人の
殺害を防ぐものである。要は民間人を兵個人の判断で殺害させないものであり、
基本的に敵兵は対象外である。司法裁判と同義に捉えている大バカはやまんば級だわな(爆笑)。
参考までに極東裁判は司法裁判でなく、連合軍による軍律裁判と解するのが妥当
である。それゆえ扱いは罪死でなく戦死となっているのである。
しかし、ホンマ肯定派ちゅーのはアホよのぉー(呆)。

585 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:49:02 ID:bf6BmtmP


>>577
>処罰しなければ裁判をする必要はありませんよ(笑) 何らかの処罰をしたければ裁判以外で軍罰を決める事はできません。

南京の便衣兵って交戦中の敵兵だわな。
降伏も投降もしていない敵兵殺してなにが悪いんや???
戦闘行為そのものでしかないが、ハーグ法は戦闘行為を
禁止してんのか(笑)??


586 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 13:55:20 ID:bf6BmtmP
トラ猫ならびその他肯定派の新説
『降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要!!!』

戦争自体が成り立たないチン説である(笑)。

587 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 14:18:35 ID:1fDhwEdW
>>577
何回いってもわからないんだなw
南京当時の戦時国際法では
便衣兵だろうが 一般市民だろうが戦場にいたら ころされるんだよw

一般市民がいるところを降伏もせずに戦場にした中国側が わるいの 理解しろw

パリは無血開城してるしな 普通の文明国はそのようにするんだよ

588 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 14:26:48 ID:1fDhwEdW
>>577
ちなみに、戦場で軍服脱いだら、便衣兵の故意認定はされるからw

小野田さんなんて ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと軍服きてただろ 

そういうことw

589 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 14:28:11 ID:pfTehIEk
>>578
馬鹿ですか?
「裁判」とは「訴訟法上弁論」のことなのですか?
「裁判」とは「裁判官が問いを発すること」なのですか?
まだ脳内変換を正当化してるのですか?さっさと死んでくださいな。

590 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 16:06:19 ID:V8QU7O9o
国際法学者の法見解

●大虐殺肯定派も認める当時の国際法学者の権威 ラダ・ビノード・パール判事
判事が判断できた東京裁判での南京事件関連のAB級戦犯に対し、全て無罪と主張している
東京裁判の判決一覧 訴因54・55が通例の戦争犯罪(B級)の訴因
http://www2b.biglobe.ne.jp/~yorozu/sub13.html

判事が判断できなかった東京裁判以外でのBC級戦犯に対する判決にも批判的で、下記の言葉を残している。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1951-60/1952_paru_nidome_rainichi.html
11月7日、福岡で「BC級戦犯者」の家族を前に、パール博士は沈痛な表情で以下のように述べた。
「"戦犯"といわれるが、決して犯罪者ではありません。全員無罪です。」
東京へ帰ると博士は、巣鴨プリズンを慰問された。巣鴨にはA級戦犯とBC級戦犯あわせて130名ほど留置されていた。
博士は「皆さんには何の罪もない。講和条約も終わった。講和条約が終われば、当然皆さんは釈放されるはずです。」

●また、日本人では
二〇〇七年三月の「南京問題小委員会」に講師として参加された青山学院大学名誉教授で国際法が専門の佐藤和男博士は、
『偕行南京戦史』に記載されている捕虜の処断を検証した。
@ 第九師団歩兵連隊による安全区掃討作戦において摘出した便衣兵六六七〇名の処断。
A 第十六師団歩兵第三三連隊の太平門、下関、獅子山付近で捉えた捕虜三〇九六人の処断。
B 第十六師団歩兵第三〇旅団が南京西部地区警備中に捕らえた敗残兵数千人の処断。
C 第百十四師団歩兵第六六連隊第一大隊が雨花門外で捕らえた捕虜一六五七人の処断。
D 山田支隊が幕府山付近で捕らえた捕虜数千人の処断。
以上、右列記した事例について佐藤博士は、いずれも戦時国際法違反でないと断定し、
【現在、南京問題研究者が素人判断で捕虜の処断を「虐殺」とする研究に対して苦言を呈していた】.(資料17)

●昭和十二年(一九三七)十二月の南京攻防戦において中支那方面軍司令部は国際法顧問として斉藤良衛博士を帯同していた。
当時の第十軍(中支那方面軍)は、日本軍兵士に対し、一人殺人の罪でも軍法を持って厳しく対処していたが、便衣兵や戦闘中の
捕獲兵の処断に対し、不法殺人として軍法にて裁かれることが無かった事を考えれば国際法顧問の斉藤良衛博士もそのような行為を
違法としていなかったと思われる。

591 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 17:37:39 ID:pfTehIEk
>>578
その時間帯は発狂中間派が書き込んでた時間帯なのですが、「あなた」が書き込むようになったのですか?w
あなたも馬鹿なんだからさっさと死んでくださいな。

592 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 18:23:58 ID:cZ2yRVPw
>>555
そうですね、日本軍が裁判をやらなかったのは大失態と言えるかも知れません
これを見逃した法務官は、訓告戒告処か、減給処分ぐらいされても文句言えませんわw

593 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 18:54:29 ID:/Pl7fpMl
裁判なんかさせてくれるわけないだろ!
白人からしたら、黄色なんて猿扱いさ!
たいして調べもせずに処刑!
裁判なんて真似事だけだよ。

594 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 19:04:08 ID:V8QU7O9o
>>591
レスを>>577->>570->>548->>409->>365->>332
と辿っていくと、>>331に行き着きます。

多分、同じ人物。

595 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 19:19:50 ID:pfTehIEk
>>594
うはwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
やはりそうでしたかwwwwwwwwwwwwwwww

596 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 19:28:09 ID:pfTehIEk
チョーセンウヨクは間違いなく発狂することでしょうw
チョーセンウヨクにとってウソをつくことは恥ずかしいことではないのですが、ウソがばれることは死ぬほど恥ずかしいことのようですからwwwwwwww

597 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 19:44:06 ID:V8QU7O9o
われわれはお遊び程度に気楽に矛盾をつついて、奴がいつものように発狂するのを眺めて楽しみましょう。
歴史認識や法解釈などは、もはや動かせないくらい決着済み名わけですし。

598 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 20:39:03 ID:pfTehIEk
今夜も自演がばれた惨め君のヒステリーショーが見られることでしょうw

599 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 21:50:51 ID:mVUaA8lf
ニート君達は自宅警備の最中に書き込み出来るかもしれないけど、普通の生活してる俺はリアルタイムでは
見れないんだぜ。知ってた?(笑) 仕事中に大量にレス付けられても困るわ。
俺が暫く書き込めない事が判ってて勝利宣言ですか。ニートにしか出来ない作戦ですね(笑)

>>569
>となりますと、@〜Aに該当する「審問」と、@〜C全てをふくむ「裁判」

つまり重複する@とAは裁判に於いての審問という事になりますね。自爆乙です(笑)
お前の頭の中を図形化するとこうなるが(笑) 審問は裁判の中での手順だそうです。

  ┏━┳━@取調
  ┃審┃
裁┃問┗━A豫審
  ┃
判┃     B豫審官が審判請求する
  ┃
  ┗━━━C審判(公判)

※上記はID:pfTehIEkが理解した裁判であり、こちらに文句言われても困りますので悪しからず。
  否定派の足を引っ張るニート君バロス(笑)

600 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 21:51:34 ID:mVUaA8lf
>>579
>結局、意思の確認など関係なく犯罪類型に合致したら犯罪と言うことだなwww
>そりゃそうだ、否認したらそれだけで無罪になるなんておかしいだろwwwww

何をわけのわからない事書いてるんですか?
故意である事を示す客観的事実がなければ故意といえないという事ですよ(笑)
故意かどうかを意思確認だけで判断するわけないだろ。やっぱり何も知らないんですね(笑)

>>582
>結局のところ、他者から強制されようが仕方なくやったことであろうが過失の結果であろうが犯罪は犯罪だからな。
>犯罪類型に分類されているか、(過失致傷等)、或いは情状酌量の余地を認められて減刑されるかも、と言う程度のことだな。

民法の過失責任主義と混同してますね。刑法と民法では過失の考え方は違います。そんな事も知らないんですか(笑)

 刑法第38条(故意).1 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。

刑法では過失を処罰する事の方が例外的です。敵兵が軍服を着ていなかった事に対する特別の規定があったんですか?
あれば引用して下さい。引用できなければ無いと看做します。

そもそも特別の規定とは重大な過失により人を死傷させる様な場合で、自動車運転過失致死傷罪がその一例です。
安全区内で便衣兵を捕らえる時に日本兵に死傷者が出たんですか?そんな記録ありませんが(笑)

つまり、【故意に偽装したわけでもなく(制服が支給されなかった等)、捕らえられた時に人を死傷させていない4条件違反者は、
特別の規定がないので罰する事はできない】という事になりますね(笑)

601 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 21:52:49 ID:mVUaA8lf
ここからは雑魚レスまとめ(笑)

>>585
戦闘で対峙している敵兵と拘束後の敵兵の区別がいつまで経っても出来ない馬鹿は早く死ねよ(笑)

>>587
>一般市民がいるところを降伏もせずに戦場にした中国側が わるいの 理解しろw

強盗される隙があるから強盗された方が悪いという理屈ですか?強盗犯が存在しなければ強盗事件は起きませんよ。
小学生でもこんな屁理屈真顔で言わないよな(笑) 降伏をしない兵が居ても法を遵守しながら捕まえる事は出来ます。
実際にやってるし。兵民分離査問での摘出を不法という学者は一人もいませんが(笑)

>>588
>小野田さんなんて ずーーーーーーーーーーーーーーーーーっと軍服きてただろ

他に着るものが無かっただけだろ(笑)

>>589
馬鹿ですか?意味不明なレス付けられても困りますよ。「裁判所に於て審問」だから、裁判で使われる審問という意味を提示
したまで。これで裁判において審問は行われないと否定派は言えなくなったわけだ。悔しいですか?(笑)

>>591
発狂中間派ってID:oVVoHaZJさんの事ですか?彼のレスを見ると顔文字の相手しかしてませんよ。
俺の昨日のレスは>>502だけだし暫く書き込んでないけど俺も発狂中間派認定されちゃうの?言葉のボキャブラリーが少ない
からそれしか罵倒する言葉が無いんですね。判ります(笑)
そんで>>578の肯定派が南京戦時の支那兵戦時犯罪者に審問をしていたと書いてるレス番は挙げれないわけですか?
そんなに嘘吐くのが楽しいんですか?(笑)

>>594-598
同一認定乙。どうせ違うって書いても認めないんでしょ。しかしニート同士は本当に仲がいいんですね(笑) 平日の就業時間帯に
連貼りする者同士だから親近感が沸くんですか? 昨日俺にニート認定された事がそんなに悔しんですか? 憎いですかー(笑)
それではよい週末を(笑) あっ、ニート君は毎日が休みだったね。ごめんごめん(爆笑) では発狂レス宜しく↓

602 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 22:51:41 ID:Y6QM/Ome
誰かを自演認定してる否定派は、日本近代史板ではID末尾Pだった奴だろ
向こうでも末尾P(p2)と末尾O(携帯)が昼間に連携して煽ってたからなwww
単純馬鹿だからやってることが一緒だわ、こいつはw

603 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 22:52:39 ID:KXWoPYQT
どうやら「発狂」がキーワードだったらしいな。

604 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:03:10 ID:7wH5n3vv
結局否定派ニート2人の方がからかわれている件www

605 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:05:32 ID:Y6QM/Ome
2人じゃないと思うけどねwww

哀れ否定派wwww

606 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:05:58 ID:pfTehIEk
>>601
惨めw自演君wwwwwwww
やっぱり答えようとしませんでしたw
「裁判」とは「弁論のこと」なのですか?w
「裁判」とは「裁判官が問いただすこと」なのですか?w
所詮は自分勝手な脳内変換でしたwざまぁwwwwwwww

607 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:08:25 ID:Y6QM/Ome
向こうで末尾Oだった方が出てきましたよw

608 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:09:01 ID:7wH5n3vv
>>606
よお!ニートw

609 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:34:11 ID:pfTehIEk
>>601
この後は「発狂モード」に変身しますwwwwwwww
人格障害者ざまぁwwwwwwww

610 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:48:08 ID:2rgBlcyi
>>562
論点すり替えに必死だなw 全部俺に論破されたからまた全然違う論点に誘導ですかーwwwww
しょーがねーから付き合ってやるよw 

>■松井軍指令官は、オマエの "滑稽な自己解釈「便衣兵」" それぞれに対して 【 戦律罪 】 を制定してたの?♪・・・(・∀・)

読み間違え乙w 戦時国際法講義2で信夫氏が書いてる「罪科には 種々あるも、その最も多く且制裁の重きは戦律罪」では、
罪科(法律や道徳、また、宗教などのおきてに背いた罪)で最も多くて、かつ制裁が重いのは戦律罪(=戦時重罪犯)ですよという事。

戦時国際法提要で信夫氏が書いてる「軍律は軍司令官が軍事上の必要に鑑み、己の適当と認むる所に従って制定する住民取締の
命令である」は、軍律は軍事上の必要に応じて適宜制定してよい住民取締の命令という事。

つまり信夫氏は戦律罪を必要に応じて適宜制定してよいとは書いていない。必要に応じて適宜制定してよいのは軍律だ馬鹿wwww
軍律の規則に戦律罪を制定しなくも規則の中に罪科の規定があれば事足りる。その規定とは中支那方面軍軍罰令であり、松井
軍指令官は南京戦前の12月1日に制定している。

そもそも「それぞれに対して戦律罪を制定してたの?」は、日本語としておかしい。「それぞれに対して戦時重罪犯を制定してたの?」
と同じだ。戦時重罪犯の中にカテゴリーでもあるのかよという話だw こんなのが反論になってると思ってる時点でそうとう痛いなwww

>●後、下記@とAは同じ意味か?・・・(笑

回答済ですがw つ>>286
 質問の意味が判らないので答えませんw つか質問返しには基本的に答えませんw 議論の上で必要と認められるものだけ答えますw

答えるのは簡単だがなにか画策しているのが見え見えなのであえて答えませんw 見透かされて悔しいの〜悔しいの〜m9(^Д^)プギャー
俺は大方の質問に答えた上で、お前の書き込みに関しての質問しかしていない。話の流れに関係のない質問をされてなんで答えなきゃなら
ないんだよバーカw どういう意図で質問しているのか書いたら答えてやるよwwwww

611 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:48:50 ID:2rgBlcyi
>>562
それではお前の書き込みに関しての質問をするw いつまで逃げ続けるんだよ卑怯者がwww
回答したとお前は言い張るが、ここで回答になってないと指摘してますよw つhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1295794023/308-310

 お前の下記主張を裏付ける学説を出してみろよw【12回目】
 裁判所で審問さえすれば ≪ 裁判を開かずに処刑執行した ≫ としても問題ないんだよな♪・・・(・∀・)

 “捕虜の権利が無い者は無裁判で処刑してよい”とした学説を出して下さい【12回目】

 極東軍事裁判の平和に対する罪と人道に対する罪を事後法といって認めないくせに同じく事後法である空襲軍律は認めるのか?【5回目】

 >何が厳格に実施された軍律審判だよw それは事後法の空襲軍律だろw 罪刑法定主義に基づいていない。
 >●これが "法学博士" の解釈かYO〜〜〜〜〜♪
 秦の空襲軍律についての見解を知ってるんですかw 秦はどう解釈してるんですか?w ソースプリーズwwwwwww【4回目】

 信夫は軍装でないというだけでその者の素性(兵か民か)が判明しなくても裁判をせずに容疑者のまま殺害してよいと言ってるかよw【3回目】

この質問は全てお前の書き込みに対しての裏付け要求または確認だからなw お前の様に突然議論と関係のない質問をしているわけではない。
さっさと答えろヘタレw もう自暴自棄になりましたか?w でも止めませんw お前が気が狂うまで貼り続けると書いたろw m9(^Д^)プギャー

612 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:51:46 ID:pfTehIEk
>>610
発狂モードで登場wwwwwwww
この後mVUaのIDで他人のふりして再登場しますwwwwwwww

613 :日出づる処の名無し:2011/02/04(金) 23:54:35 ID:Y6QM/Ome
30万説よりも扱いの悪いまぼろし派は
つくづく哀れだなwww

614 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 00:16:19 ID:l9YK+YfR
>>600
犯罪は原則として故意がなければ成立しない。【故意とは、構成要件に該当する客観的事実の認識およびその実現意思】をいう
構成要件的故意(事実的故意)
表象説 :事実の認識
蓋然性説 :事実の認識+結果発生の蓋然性の認識
認容説 :事実の認識+結果の予見+結果の認容
意思説 :事実の認識+結果の予見+結果に対する積極的意欲

つまり、命令されたとか仕方なかったとかの話ではなく、【違法行為に当たるか認識しているかどうか、また知ってやったのかどうか】ということなんだけどww
そして刑法第38条3項 【法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない】。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

要するに、「法を知らなかった」ではだめで、「その行為が合法であると信ずるに足る要件の提示」がなければ犯罪認定される訳だけどwww
そしてそのような証明は極めて難しいため、実際の【判例は違法性の意識不要説の立場を取っていると言われる。】

[編集] 違法性の意識不要説【実際にその行為が構成要件に該当するのであれば、犯罪が成立する】ということになる。【判例はこの立場を取っていると言われる。】

615 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 00:18:04 ID:k4dATqPp
ID:2rgBlcyiって前に狂犬とか祟り神って呼ばれてた奴だろ。
今回は〈氏だが解説者氏ともさんざんやりあってた奴だな。こいつは一人にターゲット絞ってとことん
噛み付いてくるから質が悪いんだよなw 横槍は一切無視するし、なんせしつこいw
かと思えば急に居なくなるしわけがわからんw

616 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 00:20:04 ID:Gyv2OJ50
狂犬wwwwwwww
確かに人格狂犬病ですねwwwwwwww

617 :<:2011/02/05(土) 00:30:20 ID:b9pAW3yR
>>610

  >>http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296359878/555
  >>「捕らえられた時に便衣であり、その者が自らの意思で便衣になった敵兵と判別した時点で戦争犯罪者」に訂正しとくわw

                ↑      ↑      ↑
  ■ だ か ら こ ん な 支 那 兵 を 裁 く 規 定 が ど こ に あ る の ? ♪・・・(・∀・)


●【 審問 】 ≠ 【 裁判 】 という事でよろしいか?wwwwww


>>611
つか質問返しには基本的に答えません♪・・・(・∀・)
ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪



618 :<:2011/02/05(土) 00:35:02 ID:b9pAW3yR
>>610

  >>577->>570->>548->>409->>365->>332->>331

    ↑      ↑      ↑
ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪
ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪
ぷぎゃーーーーm9((^д^))ーーーーーー♪

寂しいヤツだなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

オマエ、何度も何度も何度もこれ↓言われてきたろ?wwwwww

 ・・・『それはあなたが言ってたことでしょ?』・・・


619 :<:2011/02/05(土) 00:57:34 ID:b9pAW3yR
>>565
このソースは面白い。初めて見た・・・(´・ω・`)


下記は特許庁がソースだから信用していいだろう・・・(´・ω・`)

  |http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/sinpan_binran/37-03.pdf
  |1.審問 (1) 定義
  |「一般的には人の意見のいかんを問わず質問に対して陳述せしめることをいい、場合によって多少意味を異にする。
  |或いは広義における審理、弁論の意味に、或いは尋問の意味にも用いられ、さらには犯罪の被疑者を審理、尋問す
  |る意味に用いられることもある。

上記は、今は亡き脱糞パブロフK-Kの置き土産とほぼ一緒・・・(´・ω・`)

  |渡部萬蔵著『コンサイス法律辞典』(1930年)P246
  |【審問】しんもん negotiation(英) verhandlung(独) audition(仏)
  |広義に於ては訴訟法上弁論と同義に用ひらる。
  |狭義に於ては裁判中に在て当事者、証人、鑑定人の如き訴訟関係にあるものに対して裁判所又は裁判官が問いを発すること。

つまり、【 審問 】 には刑等を確定する 【 判決 】 的な意味合いは無く、【 ≠裁判 】 と判断される・・・(´・ω・`)

当たり前の事だが・・・(笑



620 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 04:51:03 ID:1aK/e8TQ
裁判やってもやらなくても、即決裁判なんて手法が認められている以上結果が変わることなどあり得ないのに
何故彼奴らは狂ったように「無裁判は違法ニダ」と叫んでいるんだろうな
無裁判は無裁判以上でも以下でもなく、虐殺とは関係ないだろ

それとも裁判すれば処刑がなかったとでも言いたいのか?狂っているよ

621 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 05:47:52 ID:1aK/e8TQ
>>572
> >>500
> >フィリピンの見解などとても出せない
>
> 君がフィリピンの何時のどの場所の事を言ってるのか俺には分からないんだよ。
> 君とのコミュはめんどくさいんで、スルーしますよ。
>
「マニラ大虐殺(笑)」に反応して置きながらこの反応ワロタ
お前ドンだけ屑なんだよ。都合が悪いから「スルーします」って正直に言ったらどうだ

まあ普通にhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84_%281945%E5%B9%B4%29
の事だけど、アメリカ軍が1万2千の日本軍殺すのに友軍の国民10万ぶっ殺したなんて都合が悪くて認められないだろうな
ホント卑怯者が服着て歩いているような屑だわ

これが当時の先進国(笑)のやったことだが、これを見ても尚「日本軍は無裁判で敵兵殺したから虐殺ニダ」とか笑うしかないわ

622 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 07:50:54 ID:2o/UK0dd
マニラの話はそのwikiにも日本軍がやったと書いてあるし
アメリカ軍の砲撃による死者が含まれているという説もあるという書き方にしかなってない
wikiを素直に受け取れば、お前の説は亜流でしかない

そもそもスレ違いの話だ、いい加減にしろ
スレ違いの亜流説持ってこないと議論も出来なくなるほど劣勢である事を認めるつもりか?
哀れだな否定派はw

623 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:00:04 ID:1aK/e8TQ
>>622
当時の他の類似?事件を検証しないと、お前らの「国際慣習法違反ニダ」すら検証できないぞ
「都合が悪いから南京の日本軍だけ糾弾するニダ」と素直に言ったらどうだ?

それと荒唐無稽なマニラ大虐殺を信じるのは、お前が常識のない只の反日という証拠だ

624 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:09:42 ID:2o/UK0dd
>>623
マニラの話はそのwikiにも日本軍がやったと書いてあるし
アメリカ軍の砲撃による死者が含まれているという説もあるという書き方にしかなってない
wikiを素直に受け取れば、お前の説は亜流でしかない

そもそもスレ違いの話だ、いい加減にしろ
スレ違いの亜流説持ってこないと議論も出来なくなるほど劣勢である事を認めるつもりか?
哀れだな否定派はw

625 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:16:34 ID:1aK/e8TQ
>>624
アメリカ軍の砲撃かいくぐって、何故か関係ないフィリピン人虐殺したなんて与太話
反日チョ−センウヨクぐらいしか信じないわ
お前常識と喧嘩して論戦に勝てると思っているのか?

626 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:23:06 ID:2o/UK0dd
スレ違いの与太話しかできなくなった否定派wwww
哀れwwwww

627 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:36:22 ID:1aK/e8TQ
>>626
捨て台詞短くなったなぁ、良い傾向だからこれからもそうしてくれ

628 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 08:39:45 ID:2o/UK0dd
まあ、否定派は哀れな存在ってこった

629 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 10:12:43 ID:HdnwKnz6
>>628
戦争は殺し合いでしょ。
日本兵だけが一方的に殺したわけじゃない、日本兵も殺されているんだよ。
相手を殺しておいて、軍服脱げば許される訳がないだろ。
戦争中にそんな卑怯な奴は殺されるのが当然だ。



630 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 10:16:28 ID:91pPkhNe
沖縄住民を皆殺しにしたアメリカ軍を絶対に許さない。

631 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 10:26:05 ID:2o/UK0dd
スレ違いですよwww
何度注意したら理解しますかwwww
関係ない話題をいつまでも続けるしかない程、否定派は追い込まれましたかwwww
哀れですねwwwww


632 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 12:16:57 ID:4NQr0qE6
トラ猫ならびその他肯定派の新説
『降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要!!!』

戦争自体が成り立たないチン説である(笑)。



633 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:04:03 ID:SITOGCob
肯定派の言い分


 ドンパチしてて 軍服ぬいで攻撃やめて隠れたら 相手軍は裁判しないところしちゃ いけないw




馬鹿すぎるw

634 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:40:03 ID:CY1QhhKw
>>631
南京事件は、当時世界中で行われていた事と比較してもありふれた出来事という証明のひとつですがw
肯定派のほうこそ「虐殺」とは関係ない「捕虜の処刑」だとか「裁判が必要」とか《軍人が戦死した例》しか出せないなんて
哀れというか、惨めですねw

635 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:40:12 ID:SITOGCob
実際の戦時国際法は、無防守地域でなければ、無差別攻撃が可能。

636 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:45:01 ID:2o/UK0dd
>>634【命題】
紅卍字会埋葬記録だけで女子供の数は全てか?
【結論】
各種史料とつき合わせても、紅卍字会の埋葬記録にある女子供の数では明らかに足りない
これは紅卍字会の記録以外の埋葬があった事は確実である事を示唆する
それ以外の可能性としては、紅卍字会がきちんと女子供の数をカウントしていなかった、くらいである

■女子供の死者数が異常に少ない資料
紅卍会の埋葬記録・・・41,278人中95人(0.23%)

■女子供の死者数がそこそこある資料
崇善堂の埋葬記録・・・112,267人中2904人(2.59%)
※男女共に重複があるとしても、それなりに女子供の死者があった参考にはなります

南京市衛生局埋葬隊・・・9118人中323人(3.54%) ※男・女・子供の項で計算
http://kknanking.web.infoseek.co.jp/mondai/maisou/suzendou.html
(注記)27年5月以降の女子供の死者数が28年より遥かに少ないにもかかわらず、
27年を通して28年より2倍死んでいるものとして否定派が計算し、数字を捏造する反論レスがありますが笑ってあげましょう

南京大虐殺記念館にある万人杭の一つ・・・約2800人中児童16人
(注記)記念館のある上新河地区で紅卍会の埋葬全部足しても子供は16人にならない
否定派にできる反論はとにかく捏造だと強弁するくらいなので、生暖かくスルーしましょう

■女子供の数が多い資料
スマイス調査(市部)・・・3400人中1000人(29.41%) ※女のみ、行方不明(大半は男)4200人除く
スマイス調査(農村部)・・・26870人中4380人(16.30%) ※女のみ
(注記)スマイス調査は市民限定調査で、それとは別に大量の軍人捕虜など含む埋葬は、当たり前ですがかなり男性比率が高くなります
 ここでは、比較ではなく、単に調査報告の内容からも、紅卍字会の女子供数が明らかに足りない事を理解できればよい

■女子供の死者数が不明な資料 紅十字会の埋葬記録・・・22683人 同善堂・・・7000人

☆他に、紅卍会の記録では、戦場となっていた場所での埋葬記録が全てカバーできていない

637 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:45:48 ID:2o/UK0dd
【スマイス報告農業調査について】
日本軍の展開していない場所にも被害が出ているから、中国兵の仕業か?

【結論】
暴行死のほとんどは日本兵による被害であり
農業被害については中国兵・中国市民・日本兵、そして気候などの複合要因による被害であると
スマイス報告から結論づけられている

【理由】
暴行死については、県単位でしか死者数を示していない。
その為「展開していない場所にも」などという根拠自体判断材料がなく無意味である。

また、以下地図にあるとおり、農業調査については細かい場所の被害が示されている。
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/hikaku_map.html

ここでは確かに日本軍の展開していない場所でも被害があるが、
これは純粋に農業の被害調査であり、報告書内でも様々な要因が語られている為、
日本軍の通過していない場所でも被害があるのは当たり前である。

また、江浦県の被害が大きい地域は、次の戦場への進路にあたり、ここをほぼ全軍が通る以外のルートは不自然な遠回りでもしない限りありえない。
「江浦県内陸部は日本軍が展開していないのに何でこんなに被害があるのだ」という
当初の否定派主張は、上記URLの矢印だけしか見ていない浅はかな考察であると言える。
そして、スマイス報告内で様々な要因を挙げている農業被害一つ一つを挙げていく度に、
最後に言った以外の要因を「では撤回するのですね」などとレスを返す否定派は、
確信的に「否定したいが為にとにかく無茶苦茶なイチャモンで相手を呆れされる」戦術を取っていると断言できる。

尚、スマイス報告には両国によるプロパガンダ合戦に悪用されない為、調査内容の暴行や被害要因について、冒頭で簡潔に理由を明示している。

「調査期間中の全域にわたっておこなわれた略奪の大半と、 一般市民にたいする暴行は、
実際のところすべて日本軍の手によっておこなわれた。」と暴行についてはほぼ全てを日本兵によるものとし、
暴行以外の焼き払いや略奪については、中国兵や中国市民によるものがあった事を(それでも日本兵が大半としているものの)
スマイス報告では結論付けているのである。

638 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 17:47:42 ID:2o/UK0dd
日本の裁判では「南京大虐殺はあった」と認定され(731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃訴訟)
日本の教科書、辞典で南京大虐殺が扱われる場合は、ほぼ確実にあった事として記載され
自民党が始めた日中歴史共同研究では「日本側に責任がある」と明言され
その座長には「あった事は素直に認めるべき」と否定派が喝破されるwwww

否定派もひとつくらいは裁判に「南京大虐殺はなかった」と認定してもらえば?w
否定派もひとつくらい教科書や辞典に「南京大虐殺は虚偽と判明している」と載せてもらえば?w
辞典なら自分たちで出版すれば実績は残るだろwwwwなあ?www
今度の日中歴史共同研究には、「日本側に責任はほとんどない」と書いてもらえるように毎日祈れば?www

哀れなり否定派wwww

「変なリンク」「論破してやったHP」などなど
否定派は必死で印象操作をはかろうとするが
実際に読んでみるとアラ不思議w
誰も否定派の言う事を信じなくなるURLw

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/
南京事件−日中戦争 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
南京事件資料集
http://kknanking.web.infoseek.co.jp/

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

639 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 18:36:39 ID:2iydZro1
>>638
「感情的な読書感想文」
を垂れ流してるだけのHPが何か(笑)
つか、ホントに大虐殺なるものがあったのなら、
そのHPだけじゃなくて、支持者がどんどん類似のHPを立ち上げそうなもんだが?
教科書の表記も年々縮小傾向ですね(笑)
哀れなり肯定派(笑)

640 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 19:17:49 ID:lEM7P75+
大バカ肯定派の言い分

自軍ならびに民間人の被害を防ぐために生捕りにした敵兵の殺害には裁判が必要である!!
                  ↓
降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要とのこと。


戦争自体が成り立たない基地外の論理であり、これを朝鮮論法という(笑)。


641 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 19:21:27 ID:WbdBRxrP
>>640
降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要とのこと←どこでこんな事肯定派が書いてんの? レス番プリーズ

642 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 19:24:56 ID:Gyv2OJ50
>>638
「審問」と「裁判」は意味が違うということでよろしいですね?w
私も以前はあなた達肯定派の「改竄」にすっかり騙されてましたよw
<氏が「審問≠裁判」だと指摘したレスを見なければ今も気付かなかったかもw
先入観とはこわいものですw
あなた達改竄肯定派は今でも立氏見解文を改竄して悪用してますので何度でも尋ねさせていただきますw

643 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 19:45:30 ID:lEM7P75+
>>641

トラ猫大先生がいってますがな。
不要ならば無裁判処刑云々など問題にならへんから、肯定派の主張は崩壊だわな(笑)。
で、おまえは不要ということか??


644 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 19:57:17 ID:WbdBRxrP
>>643
だからどこで書いてるのかレス番挙げろよw
肯定派がこう主張しているといった書き込みでレス番を要求すると、毎回挙げる事が出来ないよなw
また相手の主張を捏造したんですか?

降伏も投降もしていない敵兵って事は交戦中の敵兵だよね。この敵兵を殺害するのに裁判が必要と
書いた肯定派のレス番をさっさと挙げてくれないか。

645 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:01:27 ID:Gyv2OJ50
>>644
粘着してるのですか?w
では「あなた」にもお伺いしますが、「審問」と「裁判」は意味が異なるでよろしいですね?w

646 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:03:21 ID:2o/UK0dd
>>642
俺は無裁判処刑とかの話には全く絡んでないぞ
絡んでない話をいきなり持ち出して勝ち誇られても困るんだがw

国際法関連は俺はよくわからんし
パール判事の言う通り、法的に無罪だったとしても残虐行為は残虐行為で
非難されるべきものでしかないから、その辺の話はどうでもいい

647 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:06:14 ID:lEM7P75+
>>644

572
>安全区に潜伏していた便衣兵は、降伏も投降もしていない敵兵ではないのですか???

降伏も投降もしていない敵兵です。

【命題】
降伏も投降もしていない敵兵は殺傷してよい

答え:偽

601
>>585
戦闘で対峙している敵兵と拘束後の敵兵の区別がいつまで経っても出来ない馬鹿は早く死ねよ(笑)

その他多くの肯定派が裁判必要というのが主張骨格ですけど。


で、おまえは裁判不要ということでええんか(笑)?

648 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:06:58 ID:Gyv2OJ50
>>646
私はあなたが「無裁判処刑の話をしていた」などと書いたことはありませんが?w
何故必死に回答を拒否するのかわかりませんw
単に国語力を聞いてるだけですが?w

649 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:07:50 ID:lEM7P75+
>>646

んじゃ、おまえのいう戦場における虐殺ってなんなんや??
南京大虐殺ってなんなんや??

650 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:17:51 ID:lEM7P75+
>>646
肯定派テンプレより
さて、否定派がいくら無裁判処刑を合法化しようとしても、ハーグ陸戦条約の4条件違反者が敵対行為の
現行犯であった場合以外での無裁判処刑は違法です。学者・有識者の見解によると、便衣兵を捕らえた
場合はことごとく裁判が必須との事です。


上の学者・有識者は、降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要
といっていますがな(笑)。
で、おまえは不要ということでええか?




651 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:19:11 ID:2o/UK0dd
>>647
>>648
>>649
人の話を聞けよwwww

俺はその辺の話はどうでもいい
国際法関連は俺はよくわからんし
パール判事の言う通り、法的に無罪だったとしても残虐行為は残虐行為で
非難されるべきものでしかないから、OK?

法的にどうなのかしらねえよ、って答えてんのに
答えろ答えろとうるせえんだよwwww
国際法に逃げる以外に手段の無くなった哀れな否定派どもがwwwww

国際法は国際法でやりあってる相手がいるんだからこっちにもってくんなwww
そっち相手にしてたら分が悪くなったのかい?
だから国際法がよくわからんと言ってる相手を選ぶしかなくなったのかい?wwww
負けそうだからって、門外漢の俺に必死に「国際法で論争してくれよお〜」と泣き付かないでくれよwwwwww

652 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:20:22 ID:4X36hniK
>>651
だから、お前の言う残虐行為って何さ?

653 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:21:07 ID:Gyv2OJ50
そう言えばあなたは「安全区に逃げ込んだ便衣兵は戦争犯罪者なのですか?」の質問からも逃げ回ってた肯定派でしたねw
便衣兵は戦争犯罪者ではないというのが肯定派の本音ですが、そう答えてしまうと「処刑するには裁判が必要だった」とは言えなくなりますものねw
戦争犯罪者でないのなら軍事裁判にかけることができませんよねwwwwwwww
で、「便衣兵はおらず、逃亡兵だった」とのレスを書いてましたよねwwwwwwww

654 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:21:49 ID:lEM7P75+
>>651

ほな、おまえは一体なにがいいたいんや(笑)??
おまえのいう戦場における残虐行為ってなんなんや??

655 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:23:37 ID:Gyv2OJ50
>>651
法に照らした解釈ができないのなら、もうそれは単なる感情論ですよwざまぁwwwwwwww

逃亡兵なら降伏も投降もしてないのだから皆殺しになっても問題ないですよね?w

656 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:25:00 ID:WbdBRxrP
>>647
その2つのレスのどこに「裁判が必要」と書かれてるんですか?w

降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要←と、どこに書いてあるんだよw

結局「降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要」と肯定派が書いたレス番を挙げられないじゃないかよw
肯定派が裁判が必要と言ってるのは敵拘束兵を処罰する場合だけだ。
相手の主張を捏造しないと反論ができないんですか?w


657 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:25:52 ID:lEM7P75+
>651

なんや、おまえいつものチョーセンウヨクか??
ほな、アホだで許したるわ(笑)。

658 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:27:04 ID:2o/UK0dd
>>652
>>653
>>654
先日、例えば安全区から抽出して殺した7000人(うち1000人は民間人の疑いが濃い)について
お互いその事実認定できたと思うが、それ

特に抵抗もせず取調べに応じた人間を殺したら酷い行為だといったはずだが

早速記憶を失くしましたかあ?wwww

659 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:28:03 ID:lEM7P75+
>>656

おまえの日本語読解力に問題あるだけだわな(笑)。


660 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:30:53 ID:Gyv2OJ50
>>658
内「1000人は民間人の疑いが濃い」に、いつ私が同意したのですか?w
レス番プリーズwwwwwwww

661 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:33:03 ID:lEM7P75+
>>658

はぁ、なに寝言こいてんだ(笑)?ワシも含めて、そんな根拠のない
ことを事実認定する奴などおらんわな。
で、降伏も投降もしていない敵兵を殺すのは酷い行為なのか??
んなこといったら戦争自体が成り立たんやないけ。

662 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:35:15 ID:2o/UK0dd
>>660
>>446に特に反論も無かったがwww
同意していないというならまあそれでもいいが、
とりあえず俺の言っている酷い行為とは

安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した
その中で少なくとも1000人は民間人の疑いが濃い

一例では上記のような行為だが?www

663 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:37:04 ID:2o/UK0dd
>>661
武器持ってる相手を殺したんなら文句いわねえよwww
馬鹿じゃねえのwwww

664 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:39:07 ID:4X36hniK
>>658
だって戦場から退散しない兵隊は殺すしかないだろw
兵隊のくせに戦場に居残ってる時点で、十分酷い行為だと思うけど、その辺、お前どう思ってるの?

665 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:40:19 ID:lEM7P75+
>>662

ドアホな意見に呆れて反論すらしないのが、おまえにすれば同意を得たということ
かいな。全く持って、なんとも都合のええ解釈だのぉー(爆笑)。
で、1000人は民間人だという根拠を示してみなはれや。
おまえの妄想でしかないわ(笑)。

666 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:41:01 ID:Gyv2OJ50
>>662
私は「わかりません」とお答えしてましたwwwwwwww
とうとう幻覚が見えるようになったのですねwwwwwwww

なんの根拠もなく「オレはこう思っている!」などとレスをされても困りますwwwwwwww

妄想を語るのはやめてくださいwwwwwwww

667 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:44:39 ID:2o/UK0dd
>>664
戦場?安全区だろ?www
安全区って戦場か?wwww
それに戦場だとしても、おとなしく武装解除に応じたり、指示に従って連行されたんなら
それを無闇に殺したら酷い行為だ、ってのが俺の立場、OK?www

なぜなら逆に日本兵がもはや戦闘継続する必要がなくなり
おとなしく武装解除に応じたり、指示に従って連行されたのを無闇に殺されたら
俺は相手を非難する
だから逆もまた然り、そうしないと矛盾しちゃうだろ?wwww

668 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:44:58 ID:lEM7P75+
>>661

武器を持っていない敵兵を殺害してはならないという法的根拠を
示してくださいな(笑)。

またまた肯定派による新たなチン説が登場しました。

『武器を持っていない敵兵を殺害してはならない!!』

その根拠は肯定派がそう思うからだそうです(爆笑)。
ホンマ基地外だわな。

669 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:47:01 ID:4X36hniK
>>667
はあ?
誰が安全区は戦場じゃないって取り決めを合意したのですか?馬鹿ですか?
安全区って言ってるだけで、十分戦場ですがw

戦場にいる兵隊は殺さないとなw

670 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:47:52 ID:2o/UK0dd
>>668
落ち着けよwwwレス番違うぞwwww
あと人の発言を勝手に捏造すんなwwww
息を吸うように嘘を吐く否定派どもwwwww

武器持ってたら殺していいんじゃねえの?だwwww

武器持ってなくて平服でもいきなり撃ち殺せ!とでも言う気かよwwwwwお前はwwwww
まさに民間人軍人見境なくやっちまえ、ってことじゃねえかそれwwwww

671 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:49:22 ID:lEM7P75+
>>667

安全区は戦場ですが(笑)。日本軍が好意的に攻撃しなかったに過ぎません。
おまえはホンマ基地外よのぉー(笑)。
で、降伏も投降もしていない敵兵を殺害するのに裁判が必要なのですか??
イエスかノーで答えてくださいな。

672 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:49:24 ID:2o/UK0dd
>>669
> はあ?
> 誰が安全区は戦場じゃないって取り決めを合意したのですか?馬鹿ですか?
> 安全区って言ってるだけで、十分戦場ですがw
>
> 戦場にいる兵隊は殺さないとなw

安全区はちゃんと日本軍に対しても書簡を以って認めてもらった区画ですがwwww
お前の認識なんぞしらんがなwwww

673 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:52:06 ID:4X36hniK
>>672
お前俺の文章読めないの?馬鹿なの?

戦争ってのは相手があるものなの。で、誰と誰が安全区は戦場じゃないって合意したのですか?

674 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:52:50 ID:lEM7P75+
>>670

はぁ??日本軍はいきなり撃ち殺したのですか??
デッチアゲはやめなはれや(呆)。

>>672
はぁ??認めていませんよ。尊重しただけです。
認めたというソースプリーズ(笑)。
デッチアゲはやめなはれや(呆)。

675 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:52:58 ID:Gyv2OJ50
>>672
安全区は「日本軍に認めてもらった区画」wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
初耳だwwwwwwwwwwwwwwww
ソースを出してくださいwwwwwwww
日本軍は回答では「認めない」としていたはずですwwwwwwwwwwwwwwww

676 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:55:40 ID:lEM7P75+
外出するので、どなたか基地外の相手を頼みます。
もっと発狂させたってや(笑)。




677 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 20:58:49 ID:Gyv2OJ50
「安全区は日本軍に認めてもらった区画」の証拠を追求しておきますwwwwwwww
今、必死になって探してるとこでしょうからwwwwwwww

678 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:02:55 ID:2o/UK0dd
>>673
お前が戦場だと騒いだところで知らんがなとしかいえんわwwww

>>674
>>675
尊重で十分
他とは違う対応を取る区画である事には変わりないwwww

あとさ、こっちがいってんのは
「武装解除に応じたり、素直に連行された人間を殺したら酷い」
という事な
ここが一番重要な点だから、必死に「武装解除」や「連行に応じた」という文言を使わずに
反論しないでくれるかなwwwww
それがなければ捏造なwwww

679 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:10:26 ID:Gyv2OJ50
>>678
勝手に決めつけないでくださいな、ウソ付きさんw
まずは日本軍に認めてもらったとする証拠を出してくださいなw
日本軍は回答では「認めない」としていたはずですよwwwwwwww

680 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:10:51 ID:4X36hniK
>>678
だから戦場にいる兵隊は殺すしかないですがw

681 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:14:40 ID:2o/UK0dd
>>679
だからそれにちゃんと「尊重する」と書いてあっただろうがwwww
実際に攻撃も加えていない
他と違う特別な区画だ

>>680
おまえの戦場ルールなんてしらんがなwwwww
こっちはあくまでも「武装解除に応じたり、素直に連行された人間を殺したら酷い」と非難する立場
なぜなら日本兵が同じ事をされたら、相手を非難するからそれと矛盾する事はできない

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

682 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:16:18 ID:4X36hniK
>>681
戦場で兵士を殺すのがお前の言う残虐行為と言う理解でOK?
じゃ、戦争は全て残虐行為とか書けよ馬鹿wwwwwwwwwwwwwwwwww

683 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:18:22 ID:Gyv2OJ50
>>681
平然とウソをつく肯定派w
あなたが書いた「日本軍に認めてもらった」はウソレスだったということですよねwwwwwwww

684 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:19:37 ID:2o/UK0dd
>>682

> 戦場で兵士を殺すのがお前の言う残虐行為と言う理解でOK?
> じゃ、戦争は全て残虐行為とか書けよ馬鹿wwwwwwwwwwwwwwwwww

捏造すんなといったそばからこの馬鹿はwwwwwwwww
こっちがいってんのは
「武装解除に応じたり、素直に連行された人間を殺したら酷い」
という事な
ここが一番重要な点だから、必死に「武装解除」や「連行に応じた」という文言を使わずに
反論しないでくれるかなwwwww
それがなければ捏造なwwww

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww


685 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:20:27 ID:2o/UK0dd
>>683
じゃあなんで攻撃しなかったんだい?

686 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:23:36 ID:Gyv2OJ50
>>685
「掃討戦」をやってますが何か?w必死に逃げようとしてますけど、「日本軍に認めてもらった」はウソレスだったということですよね?wwwwwwwwwwwwwwww

687 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:24:35 ID:4X36hniK
>>684
だから戦場にいる兵士は殺されて文句は言えないって何回書けば分かるの?馬鹿なの?
どんな状況だろうが、戦場に居残っている兵士は殺されるの。
反論したいならこちらの条件である安全区は戦場と言う事を覆す日本軍と中国軍が合意した証拠をちゃんと提示してねw
お前が戦場とかしらねーとか言っても、ただ馬鹿を晒しているだけだからwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

688 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:30:11 ID:2o/UK0dd
>>686
残念ながら100%、国際委員会の要求をのんでもらえなかったようだが
砲撃も加えず、その後形だけでも憲兵置いてたりするんだぜwww
十分尊重すべき特別な区画だwwww
はい残念でしたwwww

>>687
だからお前の戦場観などしらんがなwwww
しかもどんな状況でもってwwwww
白旗上げて投降しても殺すべしってことかいwwwwww
日本兵にそれやられたら俺なら相手を非難するがwwww
お前は「投降する日本兵はガンガン殺せ!!!!」と主張するわけだwwwwwww
そんなお前の戦場観を押し付けんなアホwwwww
死ぬのはお前だけで十分だアホwwwww


689 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:33:12 ID:WbdBRxrP
>>659
「降伏も投降もしていない敵兵の殺害には裁判が必要」と肯定派が書いたレス番を挙げる事は出来ません。嘘を吐いてました。

までは読んだw

690 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:34:35 ID:Gyv2OJ50
>>688
「日本軍に認めてもらった」はウソだったのですねw

691 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:36:35 ID:2o/UK0dd
>>690
認めてもらったといってんだろwwww
お前等も「尊重する」って書いてあるの見たんだろがwwwww
その区画が特別であるということだアホwwww


692 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:37:35 ID:4X36hniK
>>688
あれれー? なんか言う事変わってねーか?
お前の主張は
>安全区では7000人弱を杜撰ながらもより分けて抽出処刑した
だろうw
どこに白旗で降伏してきた7000人弱って書いてあるの?
俺には読めないなー(棒)

馬鹿は、自分が何を主張しているかも分からないのかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

693 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:38:25 ID:Gyv2OJ50
>>691
日本軍は「認めない」と回答してるんですってばw キチガイウソつきさんwwwwwwww

694 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:39:40 ID:2o/UK0dd
>>692
馬鹿かこいつwwwww
おまえが「どんな状況でも」と言うから、「白旗で投降しても殺せってことかよ」と答えたんだろがwwww

こっちはどんな状況でもじゃねえwwwww
「武装解除に応じ、連行された人間を無闇に殺したら酷い」という事だwwww
いい加減少しは理解しろwwww

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

695 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:40:04 ID:vFb1Mu/0
極東国際軍事裁判速記録第二一〇号」、洞富雄編『日中戦争 南京大残虐事件資料集 第一巻』(青木書店、一九八五年)。

東京裁判に弁護側証人として出廷した日高信六郎(南京日本大使館参事官)は宣誓口供書で次のように証言している(反対尋問を受けた)。

「日本軍はこの所謂「安全地帯」を公式に承認しなかったのであります。その理由は、

一、この地区の位置が、軍事上から見て南京市内で戦闘が行われた場合、その安全を保障するのに都合が悪く、
二、その地区内に中国側の高級武官が幕僚と共に居住しており、
三、委員会自体がこの地区内の秩序を確保し、外部から敗残兵その他の好ましからぬ分子が立ち入ることを防止し、もってその「中立性」を保持するだけの実力を持たなかったからであります
(これらの条件が充分であった上海の「安全地帯」の場合には、日本軍はこれを認めました)。(中略)

上海における安全地帯(所謂「ジャキノ・ゾーン」)(中略)を日本国が認めたのは、

一、この地区は純粋の支那町であり、又ジャキノ神父始め委員全部の公正無私な気持や態度が明瞭であったこと。
二、委員会は戦闘のある場合、中国非戦闘員を収容保護し、戦闘終了後はしばらくの間引き続き彼等を救護するが、
  地区内の行政や取締は日本軍の全権力の下にあることを認め、委員会はこれに関与せぬことを始めから明らかにしたこと。
三、この地区に隣接した仏租界当局の好意的協力があったため、委員会は戦闘中同地区の「中立性」を維持する実力を持つと認められたこと。
四、同地区の位置に顧み、戦闘が近くで行われた場合、その「安全」を尊重することができると認められたこと

等の理由に基づくものでありました」

696 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:41:34 ID:2o/UK0dd
>>693
いいや、尊重すると言った以上、その区画は特別な扱いをするということだアホwwww
じゃあ尊重するってなんですか?wwww
その区画と他を区別しないで、どうやって尊重するんですか?wwww

697 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:42:18 ID:Gyv2OJ50
>>695
ありがとうございますw

ウソつきキチガイ肯定派の恥ずかしいレスは>>672 をご参照くださいwwwwwwwwwwwwwwww

698 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:43:34 ID:2o/UK0dd
>>695
あのさ、じゃあ「尊重する」って何よwwwwww
その区画と他を区別しないで、どうやって尊重するんですか?wwww
区別するから尊重するんじゃないんですか?wwwww

699 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:45:58 ID:Gyv2OJ50
>>696
あなたの解釈はあなたが勝手に曝してるもので根拠にはなりませんw
史実においては「日本軍は安全区を認めていなかった」が正解ですw

ウソつきキチガイ肯定派の恥ずかしいレスは>>672 をご参照くださいw
ざまぁwwwwwwww

700 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:46:17 ID:2o/UK0dd
>>697
安全区はちゃんと日本軍に対しても書簡を以って認めてもらった区画ですがwwww
残念ながら100%は無理だったようだが、尊重するという言葉を引き出しただけで十分
ほかとは違う、特別な区画ということだ

あとさ、こっちの話の重点はあくまでもここだぜ

「武装解除に応じたり、素直に連行された人間を殺したら酷い」

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww


701 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:46:25 ID:4X36hniK
>>694
だから、お前の言ってる状況は戦場だから関係ないって何回書けば分かるの? 馬鹿なの?

702 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:48:21 ID:Gyv2OJ50
>>698
相手の言い分を「尊重」しても「認める」ことにはなりませんw
ざまぁwwwwwwww

史実に噛みつかないでくださいなwwwwwwww

703 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:49:15 ID:vFb1Mu/0
「南京の真実」(ジョン・ラーベ著:講談社)より

12月5日
・・・・・・・・
 アメリカ大使館の仲介で、ついに、安全区についての東京からの公式回答を受け取った。
やや、詳しかっただけで、ジャキノ神父によって先日電報で送られてきたものと大筋は変わらない。
つまり、日本政府はまた拒否してはきたものの、出来るだけ配慮しようと約束してくれたのだ。

 ベイツ、シュペアリングと一緒に、唐指令長官を訪ねた。
なんとしても、軍人と軍の施設をすぐに安全区から残らず引き揚げる約束を取り付けなければならない。
それにしてもやつの返事を聞いた時の我々の驚きを一体どう言えばいいのだろう!
「とうてい無理だ。どんなに早くても二週間後になる」だと?
そんな馬鹿な事があるか!
それでは、中国人兵士を入れないという条件が満たせないではないか。そうなったら当面、「安全区」の名をつけることは考えられない。せいぜい、
「難民区」・・・・・・・

704 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:49:33 ID:2o/UK0dd
>>699
あのさ、尊重するって回答を引き出しただけでも
この区画を特別扱いするよってことなんだわwww
正式に承認していなかろうが、「その区画を認められた」事にはかわりないんだわ

それとも何かい?
日本軍は「尊重する」と言っておきながら
まったく区別せずに攻撃を加えた嘘吐き野郎とでも言う気かい?wwwww

それからこっちの話の重点はあくまでもここだぜ

「武装解除に応じたり、素直に連行された人間を殺したら酷い」

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww



705 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:51:51 ID:Gyv2OJ50
>>700
発狂しないでくださいなw
あなたのウソが曝されただけのことですからw

相手の言い分を「尊重」しても「認める」ことにはなりません。「認める」とは限らないからですw

あなたは平然とウソを付いたのにそれすら認めようとしません。「卑怯者」はあなたです。
ざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

706 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:52:42 ID:2o/UK0dd
>>703
じゃあ、難民区でもいいよもうwww

てことで、

「日本軍が尊重すると回答した難民区で、摘出され連行され、抵抗しなかった
 人間7000人(そのうち1000人以上は民間人の疑いが濃い)を無闇に処刑した行為は酷い」

これでいいか?wwww

どっちにしろ俺の重点部分は変わらんぜwwww
お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww



707 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:55:04 ID:Gyv2OJ50
>>704
ですから相手の言い分を「尊重」したとしても、その言い分を「認める」ことにはならないんですってばwwwwwwwwwwwwwwww
ホント、キチガイ肯定派ですねwwwwwwww
ざまぁwwwwwwww

708 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:57:23 ID:2o/UK0dd
>>707
うるせえなあ
話が枝葉の部分で議論がすすまねえのは困るから
しょうがねえからお前等の認識に合わせてやるよwwww

日本軍は認めていない、ただ尊重する区画というだけだった

という事で合意する

という事でこっちの重点部分に移るぞwwww

「日本軍が尊重すると回答した難民区で、摘出され連行され、抵抗しなかった
 人間7000人(そのうち1000人以上は民間人の疑いが濃い)を無闇に処刑した行為は酷い」

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

709 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:58:26 ID:Gyv2OJ50
>>706
恥ずかしい〜
恥ずかしい〜
恥ずかしい〜
あなたは前スレでスレ主さんに噛み付いてましたが、私に言わせればあなたこそ「卑怯者」ですwwwwwwww


スレ主さんw
肯定派がウソつきである一例として>>672 のレスをさらし者にしてやってくださいなwwwwwwww

710 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 21:59:53 ID:2o/UK0dd
やれやれ・・・しょうがねえから合意してやっても話を進めようとしないwwww

余程この部分に触れたくないらしいwww
こっちの方が余程重要なんだがwwww

「日本軍が尊重すると回答した難民区で、摘出され連行され、抵抗しなかった
 人間7000人(そのうち1000人以上は民間人の疑いが濃い)を無闇に処刑した行為は酷い」

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww


711 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:05:10 ID:L6xwJUvL
>>710
アンタ、虚しくならないの?(笑)

712 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:06:15 ID:2o/UK0dd
>>711
話を進める気はない、というのが回答かい?www

困るのかい?www

「日本軍が尊重すると回答した難民区で、摘出され連行され、抵抗しなかった
 人間7000人(そのうち1000人以上は民間人の疑いが濃い)を無闇に処刑した行為は酷い」

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

713 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/05(土) 22:06:42 ID:IzQapKci
あー、書き込もうと思ったが、もうすぐスレ容量オーバーか。
次スレにてトラ猫クンへの反論でも書こうかねぇw

次スレはいつものテンプレで。
いつもの人にスレ立てをお願いしますか。
卑怯者クンが立てたスレッドは無視の方向で。

714 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:10:50 ID:L6xwJUvL
>>712
アンタこそ価値観を押し付けないでくれないかな?
はっきり言って興味ないんだよね(笑)

715 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:10:58 ID:sEXB2t7J
降伏もせずに軍民分離を無視して民間人と誤認させる状況を作りだすような
ゲスな軍隊ならどうぞ殺してくださいでいいよw
砲撃することも可能なのに
未降伏状態の敵兵が潜伏している所でわざわざよりわけしてる時点で十分特別だわなw

杜撰だというなら正確で実現可能なより分け方と
日本軍が其れを実行しなければならない義務の証明をどうぞ

ありもしない状況で喚くキチガイゴミクズw

716 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/02/05(土) 22:11:49 ID:vFb1Mu/0
>>709
罵詈雑言や人格攻撃は得意ではありませんし、労力に似合った物を得られることもないので、正直どうでもいいかなと思ってます
今回も昔の記憶の再確認&再勉強になりましたし

【世界の】「南京大虐殺」は嘘【常識】128次資料
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1296910862/l50

717 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:12:27 ID:8tlgk1A6
>>565
確認したら審判請求するのは豫審官では無かった、その他改校


以下は軍律会議の簡単な流れ、下の1)〜2)が【審問】に相当すると思う

1)取調べ
  嫌疑者(一般的には現行犯)を拘束して取調べ檢察官が調書を作成
2)豫審
  調書を元に豫審官が被告人を詰問し豫審調書を作成
3)審判請求(起訴に相当)
  検察官が長官の同意を経て審判請求する(人違い等の場合のみ審判請求はせず免訴)
4)審判(公判に相当)
  検察官が求刑し審判官(裁判官に相当)らが合議の上、軍罰を決定し結審(一審制)

※これらの記録は主に「録事」が取り纏める。
※審判には証人の出廷は無く弁護人も付けない、原則的には被告人の罰を定めるのが審判。
※審判規則および軍律法廷の設置は長官(部隊又は地域の司令官)が司令部内法務部の
 補佐を受けて制定する。
※「録事」「檢察官」「豫審官」「審判官」は長官の任命を受けた者で無ければならない。

718 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:14:07 ID:bhLl9uHL
>>710
>お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
>「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
>怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
>別にいいよお前等はそれでwwww
>ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

価値観ではなく『ハーグ条約』という国際法で認められていますが何か?
そもそも民間人が誤認される原因は便衣兵ですが?
現代の戦争でも民間人の誤認は発生していますが?
世界に通用しないあなたの価値観をこっちにまで強要しないでくださいゲス野郎wwww


ガザ紛争 (2008年-2009年)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ガザ市の人権団体、パレスチナ人権センターは3月19日、パレスチナ側の総死者数は1417人に上ったと発表し、全員の氏名を公開した。
それによると926人が民間人でうち313人が18歳未満の子ども、116人が女性。戦闘員が236人、警察官が255人だった。

719 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:14:53 ID:2o/UK0dd
>>714
>>715
はいはい、じゃあ合意ね


俺の主張「日本軍が尊重すると回答した難民区で、摘出され連行され、抵抗しなかった
       人間7000人(そのうち1000人以上は民間人の疑いが濃い)を無闇に処刑した行為は酷い」

君らの主張「日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
        それは当然な行為である。また、民間人を杜撰な選別で巻き込んでも非難に値しない」

合意事項「これらは価値観の違いでありお互いに強要してはならない」


というわけで、今後一切俺に「安全区のうんたらかんたら」で、しつこく回答を求めてこないようにwww

720 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:16:39 ID:sEXB2t7J
はいゴミクズはまったく答えず逃げだしましたw


721 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/02/05(土) 22:16:58 ID:vFb1Mu/0
>>716
入れ違いになりましたか
お気に召していらっしゃらないご様子ですが、本人は割と気に入ってるんですよw

722 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:18:00 ID:2o/UK0dd
>>718
「ハーグにより認められています」じゃねえよアホwwww
お前の俺様国際法解釈論なんてどうでもええがなwwww
今更出てきて何度も言った事をまた言わせんなwwwwww

パール判事の言う通り、法的に無罪だったとしても残虐行為は残虐行為で
非難されるべきものであることにかわりはない、という立場、OK?

お前等は日本兵が戦意を失う状況で武装解除に応じて、それをサクサク殺されても
「どうぞどうぞ日本兵を殺してください!あと、民間人がそこにいても、ずさんなより分け方で結構ですから!
怪しそうなのは片っ端から殺しちゃってください!」と言っちゃう連中なんだろ?www
別にいいよお前等はそれでwwww
ただこっちにまでその価値観を強要すんなゲス野郎wwww

723 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:21:03 ID:L6xwJUvL
>>719
こりゃダメだ(笑)
カッカせずに、もう少し頭を冷やしたら?

724 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:21:11 ID:8tlgk1A6
>>574
>とてもわかりやすかったです!

ありがとう、難儀して文削ったかいがあった。

>>619
>>565
>このソースは面白い。初めて見た・・・(´・ω・`)

俺の文だからソースじゃないよ。参考にした原典をあげておく

725 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:21:46 ID:2o/UK0dd
うわ、こいつまだそのコテつけてんのかよwww
どんだけ根に持ってんだwwwwwきもちわりいwww
恨の文化ってやつか?wwww



まあ合意してやっても問題をひっぱるつもりなら
こういう回答すらしない問題をこっちも繰り返し貼ってくだけだが

【否定派が言い出しておきながら、ソースを出さずに逃げ続けるものまとめ】
1.兵隊の3,4割は南京で徴兵した物なんて言われている!
2.東京裁判で証人尋問か検察官取調べで ベイツの見解を否定している!


726 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:21:51 ID:8tlgk1A6
陸軍軍法会議法

(大正十年・法律第八十五号/施行大正十二年四月一日)
※昭和十六年二月二十八・法律第八号の改正に至るまで有効
※軍律会議は特設軍法会議に准じます

第一編 軍法会議

第二章 軍法会議の管轄権
第九條 (前略)臨時軍法会議は戦時事変に際し必要に因り特設又は分駐したる陸軍の部隊に之を特設す
第十條 (前略)特設軍法会議は軍法会議を設置したる部隊又は地域の司令官を以て長官とす

第三章 軍法会議の職員
第三十三條 (前略)特設軍法会議に於いては長官又は其の直系の上官は急速を要する場合に限り将官中より判士を命ずることを得
第四十四條 特設軍法会議に於いては長官は陸軍の准士官又は下士をして録事の職務を行わしめ陸軍の下士又は兵卒を以て警査の職務を行わしむることを得

第四章 審判機関
第四十七條 審判は裁判官五人を以て構成したる会議に於いて之を為す
      裁判官は判士及び法務官を以て之に充て上席判士を裁判長とする
      特設軍法会議に於いては上席判士及び法務官を除くの外裁判官二人を減ずることを得
第四十八條 裁判官は長官之を定む

第五章 予審機関
第六十一條 予審は予審官之を行う
第六十二條 予審官は法務官中より長官之を命ず
第六十三條 特設軍法会議に於いては長官は陸軍の将校をして予審官の職務を行わしむることを得

727 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:22:36 ID:8tlgk1A6
(続き)

第六章 検察機関
第六十七條 検察官は長官に隷属し捜査を為し公訴を行う
第七十條  特設軍法会議に於いては長官は陸軍の将校をして検察官の職務を行わしむることを得
第七十三條 憲兵の将校、准士官又は下士は陸軍司法警察として捜査を為す(後略)
第七十八條 検察官は司法警察吏をして捜査の補助を為さしむることを得

第二編 訴訟手続
第二節 弁護及び補佐
第八十七條 (以下第九十二條までの六條略)
第九十三條 前六條の規定は特設軍法会議に付いては之を適用せず

第三節 裁判
第九十八條 裁判は過半数の意見による(後略)
第百五條  裁判書又は裁判を記したる調書の謄本又は抄本は被告人其の他訴訟関係人の請求に依り之を交付す(後略)

第四節 書類
第百六條 訴訟に関する別段の規定ある場合を除くの外録事之を調整すべし
第百七條 裁判官、予審官は又検察官は録事の作りたる書類に付意見あるときは録事に命じ之を変更せしむることを得(後略)

第七節 被告人の召喚、拘引及び拘留
第百四十一條 被告人の召喚状を発して之を為すべし
第百四十三條 右の場合は直ちに被告人を拘引することを得
 一 軍紀を保持する為必要あるとき
 二 被告人逃走したるとき又は逃走する虞あるとき (三、四、略)
第百七十八條 検察官、陸軍司法警察官吏又は司法警察官吏其の職務を行うに当たり現行犯あることを知りたる場合(後略)
 一 検察官、陸軍司法警察官又は司法警察官は直ちに被告を逮捕すべし(後略)

728 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:23:10 ID:2o/UK0dd
>>723
はいはい
とりあえず、もう安全区うんたらの回答強要してくんなよ
こっちは国際法解釈なんぞどうでもいいんだから
「知らん」と答えても「答えろ答えろ」と泣き付かれるのはうっとおしいんだよwww

729 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:29:33 ID:L6xwJUvL
>>728
アンタも同じことやってるみたいだけど?

730 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:33:04 ID:8tlgk1A6
>>576
君の積年に疑問に対してレス入れて上げたのになんで話そらすかねぇ。

>ちなみにシナはハーグ法を批准していないことは知っているんか??

知ってる

>日本軍は国際法学者を軍顧問として随行させてたことは知っているんか??

南京へか? いつだ?

>トラ猫説と斉藤良衛博士どちらに分があるかはいうまでもないわな(笑)。

斉藤良衛博士が南京攻略戦にどう関わったか知ってるの?

731 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:33:12 ID:2o/UK0dd
>>729
はあ、例えば?

732 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:38:19 ID:bhLl9uHL
>>722
>パール判事の言う通り、法的に無罪だったとしても残虐行為は残虐行為で
>非難されるべきものであることにかわりはない、という立場、OK?

「殺人は悪なので戦争も悪」という小学生並みの論理ですかw
残虐行為を行わない戦争なんてものが存在するとでも?
戦争では平時から見て残虐行為であっても許容されます。
ただ無制限に許容されるわけではないので、戦時国際法によって許容範囲が定められます。
便衣兵はその許容される範囲を逸脱しています。
戦争は戦時国際法によって「殺人」という残虐行為が認められています。
しかし便衣兵は「殺人」という残虐行為が認められた戦時国際法でさえ認められていません。

戦争での残虐行為を非難するのならアフガンやイラクの米軍を非難したらどうです?
米軍が認めてくれるかどうかは知りませんが(嘲笑)
空想に浸って現実を直視できないってのはある意味幸福だねえw

733 :卑怯者 ◆AWpVM9cCXCQx :2011/02/05(土) 22:39:15 ID:vFb1Mu/0
あと、もう一張りだけして仕事に戻ります

========================引用開始============================================
『評唐生智在保衛戦中的功過』 1985年11月
「孫宅魏」著作 「笠原十九司」訳

 一方中国軍は、唐生智の率いる守城部隊が十五個師、およそ十余万人であったが、
雑兵が多く、敵軍と直に戦闘できる兵隊は六割にすぎなかった。防衛軍全体の中で、
まだ入隊したばかりの新兵が四割近くもしめていた。

(『南京事件を考える』P160 より 大月書店)
=========================ここまで=============================================

中身の真偽はさておき、有名な記述だと思っていたんもですが……

734 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 22:42:28 ID:2o/UK0dd
>>732
お前の戦争観なんぞどうでもいいwww
パール判事の「残虐行為」認定に同意するだけだしwwww

>>733
あのさ、謝るからそのコテやめてくんねえかな
なんかイジイジしたものを目の前に晒されても、やっぱりあんまり気持ちの良いものじゃないんで

言い過ぎましたすみません
だからそのコテ外してください

735 :トラ猫:2011/02/05(土) 22:53:44 ID:8tlgk1A6
【命題】
降伏も投降もしていない敵兵は殺傷してよい

答え:偽

抵抗しない敵兵を殺傷してならない、「抵抗しない」を示す手段として降伏や投降があるってだけ。
際限のない無駄な投稿する暇があったらハーグ法位読みましょう。
以下は降伏も投降していない かつ 戦場にあった兵を捕虜とした例。

空閑昇 くが-のぼる
明治20年12月8日生まれ。昭和7年の上海事変に,陸軍第九師団大隊長として出征。
2月22日江蘇省江湾鎮の戦闘で重傷を負い,中国軍の捕虜となって看護をうけ,日本軍に送還される。
http://kotobank.jp/word/%E7%A9%BA%E9%96%91%E6%98%87

太平洋戦争で捕虜になった日本兵も人事不省で捕虜になったケースがかなり多いんだが、
否定派は「殺されるべきだった」と考えるんだろうなあ、さすが国賊ウヨ。
ところで日本軍って重傷の中国兵を介抱して助けた事あるの?

736 :<:2011/02/05(土) 22:57:13 ID:b9pAW3yR
>>726-727
●なるほど・・・ようやく下記第十条の意味が理解できた・・・(´・ω・`)

  |極秘 中方軍令第三号 中支那方面軍軍律審判規則左記の通定む
  |昭和十二年十二月一日 中支那方面軍司令官 松井石根
  |【【【 中支那方面軍軍律審判規則 】】】 ←←← ※ここに注目!・・・(´・ω・`)∩

  |第一条 軍律会議は軍律を犯したる者に対し其の犯行に付之を審判す
  |・・・・(※省略)・・・・
  |第十条 本令に別段の定めなき事項は 【 陸軍軍法会議中特設軍法会議に関する規定 】 に依る

●第十条にある 【 陸軍軍法会議中特設軍法会議に関する規定 】 は、【 陸軍軍法会議法の中にある特設軍法会議
  に関して定めている規定 】 と言う意味・・・(´・ω・`)

●つまり、中方軍令第三号は 【 軍律審判を行う上での規則 】 を定めたものだから、第一条〜第九条まで軍律審判を
  行う指針が定められている。そして、この第一条〜第九条の指針に書かれていない事については、【 陸軍軍法会議法
  の中の特設軍法会議に関して定めている規定に従いなさい 】 と言う事・・・(´・ω・`)

●もう下記は "笑ってしまう様なトンデモ勘違い" ・・・(笑 特設軍法会議の指針を定めたものに便衣兵を裁く法的根拠が
  あるワケがない・・・(笑笑笑笑

  >>75:Ans.便衣兵はハーグ陸戦条約の4条件違反者ですから、捕らえた場合は戦時重罪犯として軍事裁判の
  >>判決により処するのが本来の手順でした。裁判が行われるまでは拘束される事になります。裁判の種類は
  >>中支那方面軍軍律審判規則第十条により、特設軍法会議になります。


737 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/05(土) 23:04:16 ID:IzQapKci
>>735
横やり入れておくと、それ、何の根拠にもなっていないんだが。
「降伏も投降もしていない敵兵をどうするか」と言う判断は、捕縛する側の判断に委ねられる。
捕虜にしてもいいし、捕虜にしなくてもよい。
「どこから戦闘できない状態か」と言う判断はちゃんと書かれていなかったので、それぞれ個々の判断に任せられていたのが現状。

だから捕虜にした例を取り上げたところで、「降伏も投降もしていない敵兵を殺傷してよい」に対しての反例とはなり得ない。
「殺傷してよい」はあくまで“可能”の話であって、「絶対に殺傷しなければならない」と言う話ではない。


ちなみに、重傷の中国兵の話を持ち出されても、ねぇ。
問題、違わない?

スレ落ちる前に突っ込みしておく。


738 :解説者 ◆ayPjxbmM2c :2011/02/05(土) 23:11:24 ID:IzQapKci
そういや、次スレ、よくよく見直したらテンプレ通りだった、すまん。
勘違いしてひどいこと言ってしまったな。
誠に申し訳ない。

次スレを立ててくれてありがとう。>>733

739 : ◆MvRbZL6NeQ :2011/02/05(土) 23:12:50 ID:rok4QxWR
>>636

>南京大虐殺記念館にある万人杭の一つ・・・約2800人中児童16人

いまどき,ホンカツ亡霊の万人杭はきびしいんじゃないかい
かえって,信憑性を失うんじゃないかなぁ
わたしは,中国の旅の世代ではあるけれど

740 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:16:17 ID:bhLl9uHL
>>735
極一部の特殊な例を挙げられてもねえw
そのような例が頻繁に行われていたのかねえw
それこそ現場の部隊が捕虜として収容すると判断しただけだろうにw

ttp://dic.mobatch.net/detail/%E7%A9%BA%E9%96%91%E6%98%87/1
「空閑昇」 人物
佐賀県出身。地裁監督書記・空閑正尚の長男として生れる。高等小学校、広島陸軍地方幼年学校、中央幼年学校を経て、1910年5月、陸軍士官学校(22期)を卒業。
同年12月歩兵少尉に任官し歩兵第69連隊付となる。
青島守備歩兵第3大隊付、歩兵第69連隊付などを経て、シベリア出兵に従軍。1925年5月、陸軍歩兵学校甲種を卒業。
歩兵第7連隊中隊長、歩兵第35連隊付(射水中学校配属将校)などを歴任し、1928年3月、陸軍少佐に進級。1930年8月、歩兵第7連隊大隊長に就任。
1932年に上海事件が勃発し、第九師団歩兵第7聯隊第2大隊の隊長として出征。
2月19日からの第1次総攻撃においては江湾鎮西北方の敵を攻撃したが、戦況不利で大隊は多大な損害を受け、22日には自らも重傷を負い人事不省に陥った。
その後、大隊の損害はますます甚大となり、かつ旅団命令があったため、大隊長代理尾山大尉は23日未明に残兵を指揮して撤退したが、空閑は戦死と誤認され遺棄された。
しかし空閑は中華民国の将校甘介瀾に救われ(甘は陸軍士官学校区隊長時代の空閑の教育を受けたと報道された)、一時は捕虜として真茹野戦病院に収容される。
3月の日中捕虜交換によって身柄は上海兵站病院に移された。空閑は捕虜となったことを恥じ、部下らの戦没五七日忌にあたる3月29日、自らの部隊が奮戦した地点へ戻り拳銃により自決した。
その死は美談として映画や小説等が作られた。1934年4月に靖国神社に合祀された。
山本七平によれば、事件後、陸軍内部に「空閑少佐は自らの意思で自決したのではなく、軍首脳部の思惑で詰め腹を切らされた」という噂があったという。

741 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:20:26 ID:bhLl9uHL
>>735
つーか空閑昇の一例のみをもって「抵抗しない敵兵を殺傷してならない」と主張するならイラクはどうなんだとw

ttp://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/new_world_order/59.html
無抵抗イラク人射殺:交戦規定に違反せず 米海兵隊
【ワシントン及川正也】米軍によるイラク・ファルージャ掃討作戦中の昨年11月、米海兵隊員が無抵抗のイラク人負傷者を射殺した事件で、
米海兵隊は4日、「交戦規定と一致する行動で、自己防衛のためだった」とする調査結果を発表した。これにより事件に関する軍法会議は
開かれず、海兵隊員の刑事責任は問われないことになる。
調査結果によると、事件は同13日にファルージャのモスク(イスラム礼拝堂)内で作戦行動中の海兵隊員がライフル銃で、イラク人3人を射殺。
この様子を従軍取材していた米NBCテレビが撮影、武装していないイラク人1人の射殺直前の場面が放映された。ビデオによると、この海兵
隊員は「死んだふりをしている」と叫んでから、銃撃していた。
この海兵隊員は聴取に対し「襲いかかろうとしてきたので、自己防衛のために撃った」と主張。複数の目撃証言やビデオの検証、法医学的
検証などと合わせて検討した結果、「交戦規定と矛盾しない」と判断、正当な戦闘行為と結論付けた。
調査では、死んだふりをして不意を突いて襲撃してくることがある反米武装勢力の戦術なども考慮された。(毎日新聞 2005/05/06)

742 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:25:25 ID:bhLl9uHL
>>741
大抵イラクの米軍のコピペの後は、肯定派の見当違いのレスのコピペが以下に続くw
肯定派は内容を全く理解せず単純にコピペしているだけだから、内容が頓珍漢な上薄い事薄い事w



743 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:26:03 ID:2o/UK0dd
話は全然変わるんだが、南京事件より遡る事9年前の1928年の
南京特別市人口統計表みたいなの見てんだけどさ
これに載ってる北区・東区・西区・南区・下関区ってのは
城内の区分け+下関のあたりってことでいいのかね?
全部併せると約50万人・・・男が30.9万、女が18.7万と、妙に男が多いのは何でなのか知ってる人いる?

>>739
それ単体での信憑性ではなく、他の資料ともつき合わせた上で
全体像を浮かび上がらせるしかないと思ってるんで

744 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:38:03 ID:k4dATqPp
>>741
それ否定派からも関係ないって言われてる「自己防衛のためだった」事件でしょ。もううんざり。
否定派なら皆同意してくれると思わないでくれ。関係ないものは関係ないって言うから。

745 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:42:27 ID:CMfYSiul
おうおう、予想通りチョーセンウヨクが発狂しとるのぉー(爆笑)。
ま、おまえはどーでもええわ。

>>トラ猫
>抵抗しない敵兵を殺傷してならない、「抵抗しない」を示す手段として降伏や投降があるってだけ。
その根拠はなんや??またトラ猫がそう思うからってやつか(笑)。
降伏・投降しない敵兵は抵抗する意思ありと看做されるのが通常人の判断だわな。



746 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:51:22 ID:bhLl9uHL
>>744
負傷者を殺害しても合法とされてる具体的な例だが?
同意できないのは自由だし、そんなものも求めていない。
ただ、どういう理由で同意できないのか具体的な根拠が提示されなければ説得力は無いが。
それは否定派だろうが肯定派だろうが同じ事。
そして肯定派が具体的な根拠を出してきた例が存在しないだけw

747 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:53:32 ID:k4dATqPp
>>735
>否定派は「殺されるべきだった」と考えるんだろうなあ、さすが国賊ウヨ。

いいえ。殺されても違法ではないと考えてますw

748 :日出づる処の名無し:2011/02/05(土) 23:57:48 ID:k4dATqPp
>>746
自衛の為に殺害した事件を提示しても意味がない。捕虜の資格がないから殺害しても合法という裏付けを提示すべき。

749 :日出づる処の名無し:2011/02/06(日) 00:02:48 ID:abkwsY8Q
>>735
でも、武器を持たない民間人殺しても無罪と言いたいんだろw
ついでに撤退してくる友軍兵士の殺害は合法か違法か答えてくれ

750 :日出づる処の名無し:2011/02/06(日) 00:04:51 ID:abkwsY8Q
>>748
いわゆる便衣兵狩は自衛の一種ですよ、あなたは何を言っているんですか?

751 :日出づる処の名無し:2011/02/06(日) 00:05:46 ID:boUbi2iW
>>748
「負傷者」は「捕虜」なのですか?
たとえ「捕虜(負傷者)」だとしても「死んだふりをして不意を突いて襲撃してくる」と米兵が判断して「攻撃」しただけですが?
「攻撃」した理由は「捕虜の資格がないから」ではありません。
「現場の兵士の判断」が優先されただけで「捕虜の資格の有無」は関係ありません。

752 :日出づる処の名無し:2011/02/06(日) 00:12:03 ID:boUbi2iW
>>748
負傷者は「捕虜」ではなく「戦闘外にあると認められる者」です。
しかし「いかなる敵対行為を差し控え、かつ逃亡を企てないこと」が条件です。
現場の兵士が「敵対行為や逃亡を企てた」と判断すれば攻撃されます。
現場の兵士の判断に捕虜資格は関係ありません。
しかもこれは1949年のジュネーウ゛条約以降からです。

ジュネーウ゛条約
第41条(戦闘外にある敵の保護)
1. 戦闘外にあると認められる者又は状況により戦闘外にあると認められるべき者は、攻撃の対象としてはならない。
2. 次のものは、戦闘外にある。
1. 敵対する紛争当事国の権力内にある者
2. 投降の意図を明示的に表明する者
3. 既に意識不明となつており又は負傷若しくは疾病により無能力となつており、このため自己を防衛することができない者
ただし、いずれの者も、いかなる敵対行為を差し控え、かつ逃亡を企てないことを条件とする。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


753 :日出づる処の名無し:2011/02/06(日) 00:15:21 ID:cZwaTMG4
>>748

いや、違法でなければ合法だから合法の裏付など提示する必要なし。

754 :<:2011/02/06(日) 00:22:54 ID:IlNKFBnM

●学説を見ても 【 明示的に禁止されてない行為の実行は合法 】 となってる・・・(´・ω・`)

  |『空襲と国際法 田岡良一著』
  |戦時法規によって明示的に禁止されていない行為を軍隊が実行することは合法であるから、軍隊が防守都市に対し
  |て軍用建造物と私人の住宅とを区別することなく無差別の砲爆撃を加えることは合法となるのである。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

         プリプリプリィッ `-;;__;__;;;;-''"''ヽ、^'!=ニニニ---ー''"゙,入:::ヽ、:::::`'''''"゙^:::::::::./:::::::::::::::::_,,,/
                            .`'ー‐----‐―'''"´  ゙'--ミ,ー::::::::::::::::::::::::::::::_,,,-ー''''"` 1
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1
>>1@顏/test/read.cgi/asia/1296359878/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)