5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヒトラーの何が悪かったのか考察するスレ3

1 :1:2010/09/20(月) 12:12:52 ID:???
また立てた。

ヒトラーの何が悪かったのか考察するスレ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/army/1266360283/
ヒトラーの何が悪かったのか考察するスレ2
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1272000169/

2 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 14:52:38 ID:???
ルシタニア号事件以後は無制限潜水艦戦を自粛していたドイツだが、
2年後にルーデンドルフを中心に再開することが公表され、
さらにドイツ外相のとんでもない外交上のミス(※)により、アメリカの対独参戦が決まった。
それがなければモンロー主義下のアメリカの参戦がなかった=ドイツ勝利の可能性がある。

※チンメルマンノート事件
 ドイツ、メキシコ、日本の3国同盟を結んでアメリカ本土に攻め込むという提案。
当時日本は連合国側、メキシコは対外戦どころではなく、荒唐無稽に思われ、
当事者を含めて誰もがこんな偽書と笑っていたところ、ドイツ外相チンメルマンが
その文書は本物ですと言ってしまい、メキシコの断りを待たずして急遽アメリカの参戦が決まった。

3 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 17:04:02 ID:???
チンメルマンは何がしたかったんだろうか
てかイギリス諜報機関にバラされたから戦争になったんじゃなくて
自爆プレイかよ

4 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 17:41:21 ID:???
アメリカがイギリスに、こんな怪文書を信じるわけがないでしょw、と鼻で笑ってるときに、
あのー、本物ですが何か?と責任者が言っちゃって、あっという間にモンロー主義が吹き飛んで参戦した下りは、
アメリカではハイスクールで習うらしいが、永田町偽メール並みの怪文書も全文が教科書に掲載されてるそうで。
日本ではルシタニア号撃沈でアメリカが参戦したかのように習うのはなぜだろう。

アメリカのモンロー主義はやっかいで、いまだに戦争も辞さずなのか逃げたいのか分からん事が同盟国を悩ませてる。

5 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 18:38:01 ID:???
次スレはこっち?

6 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 18:41:11 ID:???
アメリカ様にプレッシャーをかけたかったんだろw
どこかのバカ外交官と一緒よ・・・・・・

アメリカは善意のジャイアンだからな
そんなことをすれば・・・・・

7 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 19:13:43 ID:???
>>4
>アメリカのモンロー主義はやっかい
ヨーロッパ列強は新大陸に手を出さないでね(うちがおいしくいただきますので)
要点は↑の実にわかりやすい主義なわけで

8 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 19:33:13 ID:???
>>6
>アメリカは善意のジャイアン
有名な「きれいなジャイアン」を思い出した。

ヨーロッパに対してはモンロウ主義だけど、アジアには積極介入を続けてたね。
一応日本での定説・ルーズベルト陰謀論では、日本がアメリカを攻撃したらドイツと戦争できるとなってる。
三国同盟が集団安保であって、日本からアメリカを攻撃してもドイツ・イタリアに参戦義務は生じず、
外交はジャイアン級の音痴の日本ですらそれぐらい知ってて、ドイツがソ連に攻め込んでも日ソ中立条約を結んだ。

日本が攻めてきたとき、ドイツも参戦してくるとアメリカは見ていたんだろうか?というのが前スレ最後の方の話題だっけ。

9 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 19:54:44 ID:zeyx0iGF
>ドイツがソ連に攻め込んでも日ソ中立条約を結んだ。


これって「日ソ中立条約を結ぶ前にドイツがソ連に攻め込んでいたとしても」って意味だよね?
一応確認。


ところで、本スレはこっちなの?

10 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 19:59:17 ID:???
まあ「きれいなジャイアン」とは相当違うんだけどねw

「条約を守った」の打ちミスかと思った。

裏口参戦論にオイラは与しないよ。

アメリカの思惑は現実の推移より
さらに虫のいいものだった筈だね。
そしてそれは十分に合理的なものであったが、
相手があんまし合理的ではなかったw

11 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 20:12:55 ID:???
>>9
時系列では1941年4月:日ソ中立条約成立、1941.6月:独ソ戦開始だけど、
逆になってもかまわないよ、ドイツ側から攻めたわけだし。
もちろん北進論が主流となって日独でソ連分割って話になるかもしれないけど。
ドイツも日独防共協定がありながら独ソ不可侵条約やってくれたりしたからなあ。

12 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 20:40:31 ID:???
>>4
歴史の教科書を牛耳ってる連中は、人命とか人権とか大事だから。
南北戦争をいまだに奴隷解放戦争と教える日本の歴史教科書。

13 :名無し三等兵:2010/09/20(月) 20:52:27 ID:???
>>1
ヒゲの伍長は若い頃の劣等感がある程度緩和されていたら
史実とはまた違った別の人生を送っていたと思われる

14 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 01:43:19 ID:???
デブをはじめとした空軍上層部が無能すぎたのが最大の敗因。
さらにその無能者たちを使い続けたヒトラーにこそ全ての責任がある。

15 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 06:41:01 ID:???
上に行くほど「アーリア人」からかけ離れていってる希ガス。
デブも要職に就くまでは優秀だったんだがなあ。

16 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 07:27:30 ID:???
プッチで銃撃受けるまでは人格も悪くなかったみたいだしね。

17 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 08:04:02 ID:???
>>14ドイツ空軍を急降下爆撃至上主義に引き込んで最後は拳銃自殺したウーデットは
双子エンジンがウンコだからHe177の開発に最後まで反対してた。
グライフはウーデットの大反対を黙殺してゲーリングが開発を押し切った。

それに加えてダメなのはモルヒネデブだけでなく航空機総監のミルヒまでも物凄く無能。
44年にシュペーアが軍用機開発&生産の全権を掌握したらドイツ空軍は息を吹き返した。

18 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 18:53:22 ID:???
シュペーアがなぜ戦犯にされたのかがよく分からん。
逮捕後も独房で設計図ばかり書いて暇つぶしてたようだ。

19 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 19:01:07 ID:???
>>15
パイロットとして優秀だったし、彼がグライダー大会なんかでパイロット候補を養成していなければ、
空軍保有が禁止されてたため、早々とパイロット不足に陥っていたといわれている。
空軍のトップにつくまでは神、以後はw

20 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 19:05:00 ID:???
>>18
そりゃ強制労働させられて勝者の列に加わった側とすれば知ってようがいまいが
大幹部は裁判で重罪にしなきゃ納得するわけもない

21 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 21:39:17 ID:???
>>17
ミルヒは有能。
少なくともお前よりはw

22 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 22:33:57 ID:YBnV2rU7
ミルヒはユダヤ人でお飾り

23 :名無し三等兵:2010/09/21(火) 23:11:55 ID:???
>18
ニュルンベルク裁判や東京裁判に幻想を抱いていないか?
あれは裁判の形式を取った「報復」にすぎん。

24 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 07:38:15 ID:???
>>21Me210とMe309とA爆撃機計画とB爆撃機計画
の新型機開発計画を全て炎上させたミルヒが優秀なワケが無いだろう。

>>22それは本当なのか?
真実がウーデットの遺書通りなら
ミルヒがゲーリングに取り入ったようだが

25 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 18:48:25 ID:???
ヒトラーの遺書なる本を読むと、日本がアメリカではなくソビエト連邦
に宣戦布告していたら・・・とか、恨み節だった。

日本が対米戦さえしなければ、日独と伊は英ソに勝利こそ
しないけど、講和条約まではこぎつけただろうに・・・

26 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 19:20:28 ID:???
>>25
蒋介石を相手にせず

対中戦と対ソ戦を同時並行できるほど陸軍に余裕なし

海軍も暴れたいじゃん

では対米戦だという流れ

27 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 19:41:13 ID:???
>>25
独ソ不可侵条約はなんなんだよ〜勝手だなあ。
あのとき防共協定なんか破棄して、
ブロック経済の蚊帳の外に置かれたアメリカと
日米安全保障条約を結んでたらよかったのに。

28 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 19:44:12 ID:???
>>26
良識派とされる海軍首脳も、対中戦で渡洋爆撃にはノリノリだったなあ

29 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 22:16:41 ID:???
>>24
A爆撃機計画の試作機を破壊させたのは確かにミルヒで、
自分もその行為は間違っていたと思うけど、全体的にみればミルヒはかなり優秀だと思うよ
他の計画についてはウーデットの責任の方が大きい

空軍の首脳陣の中では一番のアメリカ通でその工業力を過小評価していなかったことや、
空軍の非効率な組織について何度もゲーリングに意見していること、
それと戦闘機が足りなくなる事を予見して、生産数を10倍に引き上げるように提案している事など、
最初から空軍大臣がミルヒだったらと思うことは多い
(ゲーリングがあれほど怠惰になるとはヒトラーも予測できなかっただろうけど)


30 :名無し三等兵:2010/09/22(水) 22:23:44 ID:???
>>27
日米英仏 vs 独ソ伊か。まるで架空戦記だ。

31 :名無し三等兵:2010/09/23(木) 03:55:32 ID:???
>>29B爆撃機計画も実現不可能な難題に悲鳴を上げる
ユンカース社とフォッケウルフ社を無視して計画を強行しとりますが。

Me210を開発してしまった事はヘマと言うほどでもないが
量産を強行した事はミルヒの頭が沸いてるとしか思えない。
イギリスでも欠陥巡航戦車を1400台近く量産して責任バックれた
クソ役人とウンコ会社があるからドイツに限った話でも無いが

32 :名無し三等兵:2010/09/23(木) 21:32:05 ID:???
量産契約を結んでしまったのはミルヒの責任なの? 
航空機総監のウーデットがこの機体なら使えると生産にゴーサインを出して、
空軍参謀長のイェションネクが必要数を要求したという形だと思うけど

それとMe210を欠陥機にしてしまったのはウーデット
1937年の試作機はまともな性能を示していたのに、そこに幾つもの追加の要求を
加えて駄作になっている。 
急降下爆撃機まがいのダイブブレーキや、重爆撃機のような爆弾層や後方機銃など
これ本当に戦闘機か、と疑いたくなるようなものばかり

33 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 08:39:28 ID:???
欠陥機の量産にゴーサインを出す時点で
単なる無能かミルヒの責任逃れですね。
ミルヒを信じた空軍参謀長のイェションネクは悪くない。

AもB爆撃機計画もミルヒの責任逃れが酷過ぎる。


34 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 09:42:25 ID:???
まぁ、後知恵なら何とでも言える罠。

そもそも>21自体「お前よりは」有能って言ってるだけなのに、いつまで引っ張るんだか。

35 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 17:23:19 ID:DN45eYiH
>>34
負け惜しみは見苦しいぞ?
失せろ脆弱が(嗤

36 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 17:48:42 ID:???
今日は髭のおっさんよりも、
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」って心境だorz

37 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 21:55:30 ID:???
ラインラント進駐やるぐらい度胸のある政治家はいないのか、もうこれで敗戦なのか、未来はないのか

38 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 22:01:19 ID:???
>>37
順番としてはまずミュンヘン一揆

39 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 22:10:49 ID:???
中国好きの主婦層まで、1日で中国嫌いになってるような。
右傾向化は避けられんだろうね。マスコミ・ネット工作は必死のようだけど。
日中戦争前も中国滞在中の邦人・外国人が酷いめに遭ってたわな。

40 :名無し三等兵:2010/09/24(金) 23:11:35 ID:???
激しい爆撃の最中、生産の奇跡を達成したのは間違いなくミルヒの功績
これだけでもかなり有能と言える。ミルヒを無能よばわりしてる戦史家
って誰かいる?

41 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 01:42:57 ID:???
無能扱いしてるのは見たことないな
機数第一主義で新型機開発や機種転換の妨げに、とかの批判は聞くが

42 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 02:32:22 ID:???
俺も見たことない。
ある程度権威付けされてる人物(この場合はミルヒ)を批判する俺様って
カッコいいだろ、みたいなノリなのかなww

43 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 05:54:30 ID:/1yMIujv
3スレ目

44 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 08:12:31 ID:???
>>40激しい爆撃で生産機数が低下してたのを
立て直したのはシュペーアなのにミルヒの功績に捏造すんなよ。


45 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 08:20:38 ID:???
本当にミルヒが優秀だったらシュペーア就任前にどうにかしてる話だな。


1939年の第二次世界大戦の勃発に続くドイツ空軍の急速な成長にともない、
空軍省もゲーリング一人がコントロールすることができない程、大きくなっていった。
この時期には、必要とされる航空機の開発は遅れ、機体やエンジンの生産も不振で、
慢性的な機能不全を呈するようになっていた。

1943年軍用機生産の責任者がミルヒからアルベルト・シュペーアに替わると状況は劇的に改善された。

シュペーアは、硬直化した組織を風通しのよいものに変え、
必要な改革を急速に進めた。その結果、航空機の生産は跳ね上がった。
こうして1944年には、米英の激しい空襲が始まる中、ドイツの航空機生産量は最大に達した。

46 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 08:44:39 ID:???
そもそも戦争前夜にドイツ空軍のトップにいた
四人の男―ゲーリング、ミルヒ、ウーデット、イエショネクの中で
ウーデットとイエショネクが戦争が終わる前に自殺した辺りで
ドイツ空軍は組織として終わっとる

てかイエシェネクではなくてイェションネクらしいから
本当にややこしい読み方だ

47 :名無し三等兵:2010/09/25(土) 22:53:37 ID:???
>>44
シュペーアだけの功績に捏造すんなよ。
wikipedia
ミルヒは主に空軍の分野で、アルベルト・シュペーアと共に
ドイツの軍需生産で中心的役割を果たした。

ミルヒはアルミ欠乏の状況で42以降の増産を達成、とくに42年は前年より
15000トンも少ないアルミ割り当てにもかかわらず3780機もの増産に成功。
ミルヒが各航空機会社に徹底的な資源の節約と軍需への転用を指示した
おかげである

48 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 01:45:26 ID:Rjo07Gyt
>>44
もっというと、前任のトートの立ててた計画が素晴らしいデキで、シュペーアは基本的に
それをなぞってたらしいな。

49 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 18:05:59 ID:???
オリジナル仮想戦記スレで、イタリアが大人しくした場合の事が話題になってるけど
実際それでどうにかなるかね独ソ戦。

イタリアが大人しくしてくれたおかげで計画通りにバルバロッサ。
全ての局面で正しい戦術判断を下すヒットラー。(戦略的に対ソ戦はどうよ、って疑問はさておく)
シナ事変を程々のところで手打ちにして禁輸はなんとか回避した綺麗な大日本帝国、
その日本が何故かドイツのためにソ連とだけ開戦して戦力誘引してくれる…

こんぐらいしないとソ連と講和は無理、というかこれだけ夢物語を盛り込んでも
ソ連が持久してくる可能性を捨てきれないというのがなんともはや。
そしていずれはやってくる米帝の本格参戦。
やっぱ枢軸終ってるよヒトラーも悪いけどヒトラーが正しくなったからどうなるもんでもないような…


独ソ戦しないで、対英講和に全力を尽くす道でなんとかなるんだろうか。
アメリカ参入前に講和できれば未来が見えなくもないが、相手はあの喧嘩屋チャーチル。

50 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 18:42:31 ID:???
>>49
北アフリカからエジプト→パレスチナ→イラク→イラン→インドを奪取できれば
あるいはチャーチルも引き摺り下ろされて講和派首相になるかも・・・・・(ボソッ)実に遠いな

51 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 18:53:07 ID:???
>>50
いっそイタリアに全面協力して植民地傀儡国そうなめですか。
たしかに英国あんなに肝据わってたのインドの存在でかそうだし
全力で防衛してる英国本土狙うよりずっと可能性ありかもしれませんね。

…地中海バスタブにしないとどうしようもないわけで
なんとかスペイン引き込んでジブラルタル奪取するのが最低条件でしょうか。

52 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 19:06:23 ID:???
米帝の本格参戦はドイツ側からの宣戦布告っちゅうアホなことを
やったからで…
Uボートに米駆逐艦2隻沈められて乗員20人以上戦死した直後(41年10月)
でも米世論は別に怒ってなかったし。

53 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 20:00:10 ID:???
グリアは沈んでないし死者11名?(ソース不詳)で、
ルーベンジェームズの死者は115名だが

54 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 20:06:35 ID:???
真珠湾の米太平洋艦隊の行動を数ヶ月間不能にする
 ↓
英極東艦隊を排除し、シンガポールを占拠する
 ↓
英東洋艦隊を排除し、セイロン島を占拠し、インド独立を支援開始
 ↓
喜望峰経由の英輸送船団を排除、中東英軍への補給を妨害
 ↓
ドイツアフリカ軍団勝利、中東がドイツ支配下に、インドは親日親独独立(チャンドラボース総統)
 ↓
イギリス降伏(ロンドンを占領されても戦争継続できるが、中東を失えば降伏しかないと戦争屋が書いてる)
カナダ、オーストラリアなど英連邦諸国も停戦へ
 ↓
無尽蔵の良質石油とイギリス技術・経済力(おかね)を得た日独伊は、スーパー日独伊にレベルアップ
潜水艦に頼らなくてもインド洋・地中海を通じて連携作戦をとりやすくなる
 ↓


55 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 21:09:02 ID:???

本気を出した米帝に三国仲良くボコられる。

56 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 21:47:33 ID:???
>>47
シュペーアの自伝にも、ミルヒが協力的で的確なアドバイスをくれた、
彼がいなければ軍需相の仕事を行うのは不可能だった…というようなことが書いてあったね

自分としては、ミルヒは有能だったけど才能を生かすだけの権力がなかったと思うので、
>>46のように空軍が組織として無茶苦茶だったのが悪い、
もっと言えばそんな変な組織にしたゲーリングが悪い、と言う立場

国防大臣が空軍までまとめて監督してくれればよかったのに、
空軍省だけゲーリングに私物かされてしまっている…


57 :名無し三等兵:2010/09/26(日) 21:53:31 ID:???
万が一>>54に近い状況にでもなれば米帝はそんなのと正面衝突して膨大な
時間とコストをかけるよりも、むしろ経済的に利用する道を探ると思うが。

58 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 06:19:38 ID:???
ヒトラーは日本にシンガポール攻撃を再三要請してたし(日本が三国同盟を理由に逃げてた)、
インド洋作戦が東京発空襲で中断しなければもっと念入りに行われていた可能性はある。
インドでドイツ軍と握手するといった構想は荒唐無稽ではないと思われ。
そうなると真珠湾攻撃で空母を打ち漏らしたのが悔やまれる。
そのせいで、東京発空襲(空母から、陸軍爆撃機をw) -> インド洋から引き上げ -> ミッドウェイ作戦

第一機動部隊の巡洋艦が少なくて索敵能力が低すぎだ罠。利根、筑摩はいいが、その他は阿武隈・・・古すぎだろ。
いっぱい巡洋艦もってたのにもったいない。護衛戦艦も金剛級4隻ともつけときゃよかった。
そうすりゃ、慎重な南雲提督も安心して空母探索できるだろう。
2隻は極東艦隊対策で必要と言われるが、どうせ勝ち目ないし、それこそ長門級と扶桑級をあてとくべきだった。
長門級&扶桑級 vs Pow, レパルス 萌えるぞ。

59 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 06:30:49 ID:???
ちなみにチャーチルは真珠湾攻撃でやっとアメリカが参戦してくれると喜んで、
生き残った米空母に、PoWとレパルスを護衛に提供する案に言及してる。
また日本の奇襲攻撃が一部で不徹底な事を指摘して、
太平洋の制海権は「永遠に」ではなく「しばらく」日本側に移ったと書いてる。


後知恵だがw・・・あの本はすべて後知恵だけど面白い、本物の戦争野郎が書いてるわけで。
でも近くの図書館じゃだいぶ前に絶版って言われた。

その後、PoWとレパルスが雷撃機でなく陸攻に撃沈されたと聞いて、
自分の計算がご破算で、 ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル だったそうだけど。

60 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 06:36:47 ID:???
この案の欠点は、真珠湾奇襲が失敗して機動部隊全滅、アメリカ艦隊が押し寄せてきたとき
対抗手段が全くない事だな。長戸以下を急遽マーシャル諸島まで動かして、
完成したての大和が間に合うか、まさに国をかけた博打だわな。
三国同盟では日本単独降伏できないし(イタリアは降伏したような気が)


さて、寝るか。

61 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 18:37:04 ID:???
>>49
もしそんな設定なら、ソ連が戦争継続する方が可能性としては低いと思う。

もし、日本もソ連戦をしているなら。
スターリングラードを逆包囲する戦力が日本のために使われる。
必要な戦力を揃えれないので、スターリングラード陥落。
この大事なとこで華々しい勝利をおさめられないということは、ドイツと戦
っても勝てないや。と思って、ソ連の士気崩壊。

国土がたくさん残っていても、士気崩壊したところが戦争を持久できるもの
なのかな?

62 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 18:45:29 ID:???
ヒトラーはどこまで攻め込めば露助に勝ちだと思っていたんだ?
モスクワ落としても、まだまだ先は長いし、露助が降伏なんざしないだろ

63 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 19:06:36 ID:???
それは知らないけど、42年ならスターリングラードとカフカスの占領程度
じゃないの?戦力もずいぶん減っちゃったんだから、無茶できないでしょ。

スターリンも士気が下がっていたら、戦争どころではなく、政争しないと
国内からやられかねない。
降伏しなくても、停戦ならありうるでしょ。




64 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 20:05:17 ID:???
第一次大戦ではどちらも決め手に欠き膠着状態になってずるずると消耗し
やがてドイツもロシアも耐えられなくなり内部崩壊したが。

65 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 22:41:12 ID:???
>>62
正面主力の大半を包囲殲滅すれば、あとはどうとでもなると考えていた模様。
まあフランスという前提があるので無理からぬ発想ではある。
ヒトラーというか軍部参謀も似たような考えだったようで、
地理的な戦略目標が右往左往した原因はほとんどコレだと断定していいだろう。

66 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 22:59:07 ID:???
>>61
スターリンの秘密基地ことノヴォシビルスク、
及び移転で工業化した中央アジア、が無事なうちは持久してくる可能性はあるだろう。
可能性があるっつーだけで絶対とは言えないが。

ここまでくると、モスクワだスターリングラードだっていう局所的な話よりも
レンドリースルートが一番の問題になってくると思われ。
北欧周辺、シベリア沿岸、そして中東ルート。これを全部ふさがれるとさすがにきつい。
中東ルートは枢軸側の盲点だったみたいなので、ここが一番の焦点か。

67 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 23:07:40 ID:???
戦争目的を達成する手段を持ち合わせず戦争をおっぱじめたんだから、
レンドリース以前の問題w

68 :名無し三等兵:2010/09/27(月) 23:17:24 ID:???
ヒトラーは西部戦線に従軍した経験はあるが東部戦線には従軍していなかったことが、
フランスでの勝利とロシアでの敗北に結びついた面があると思う。


69 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 01:47:42 ID:???
>>68
言われて見れば、それはあるかも。
1942年頃に講和条約を結んでいればなあ・・・。>総統

70 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 03:26:41 ID:???
そもそもスターリングラードが陥ちたらソ連兵やソ連国民の士気が落ちたりするだろうか?
ソ連人は首脳や一部エリート以外みんなつんぼ桟敷に置かれていたのではあるまいか?

71 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 08:08:29 ID:???
>>70
首脳や一部エリートの士気が落ちるだろ

72 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 08:18:08 ID:???
>>66
ペルシアルートはインフラが整っていなかったので43年初めぐらいまでは
ほとんど輸送能力がなかったはず
>>49の仮定の場合、日本が対ソ連戦をしているから、太平洋‐インド洋周りでペルシアに
送る海上輸送路もある程度妨害を受けるから、無事な海上輸送路は無いことになるね


73 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 10:25:58 ID:YfKbG8+d
>>62
ヴォルガ〜アルハンゲリスク間


…かな?w

74 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 10:41:47 ID:???
日本がナチと共同で戦争する意味が分からない
国民党政権にさんざん武器を売っていた国はどこですか?
武器どころか将校まで派遣して指揮をとらせていたのはどこの国ですか?
ゼークトラインでどのくらいの日本人が死ぬはめになったか分かってるのかよ
ドイツなんかくたばれ

75 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 11:08:32 ID:???
>>74
だよねだよねー^^

76 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 11:38:41 ID:???
>>59
何て本?

77 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 16:15:43 ID:???
>>76
本が多すぎてわかんなくなった。
第二次大戦回顧録ではなかったと思う。
チャーチルからアメリカへの提案書だったと思うけど。

>>74
いまもドイツの技術をパクって自国の技術であるかのようにして世界に売りまくっている亡国。

78 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 17:22:23 ID:???
>>74
火事場泥棒で英仏の東南アジア植民地かっさらうため日本から近づいたんだが…

日独同盟には三国同盟にいたるまで段階があって、最初はそれこそドイツの援蒋をやめさせるためのアプローチだった
それが対ソ同盟、植民地獲得、と目的が変わっているわけだが

日本の支離滅裂な軍事行動で対米宣戦までするはめになって、ドイツこそ日本くたばれって言いたいと思うんだが


79 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 18:00:49 ID:???
ドイツがフランス制圧した後にヴィシー政権に圧力かけてインドシナ進駐してるからな

80 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 19:21:55 ID:???
>日本の支離滅裂な軍事行動で対米宣戦までするはめになって
日米開戦のお陰でドイツ海軍が助かったというが。


81 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 19:26:10 ID:???
>>80
結局マジ国が滅んどろうがw

82 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 19:27:39 ID:???
ノモンハンの時の独ソ不可侵条約、バルバロッサ直前の日ソ中立条約と
そもそも日独の連携は本質的にかみあっていない。


83 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 19:33:34 ID:???
まあ、アメリカはイギリスやソ連と貿易しているのにドイツには武器を売ってくれなかったし、
戦争に参加してもいないのに大西洋の西半分での戦闘禁止を宣言したり、
アイスランドの占領を手伝ったりと、暗黙の連合参加国だったから、
ドイツ人たちはいつかは戦うことになると覚悟はしていただろうけど

84 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 19:56:16 ID:???
>>70
日本やドイツみたいな自国を離れた遠いとこなら負けを隠せるけど、大陸続き
の自国だから、難民と見たり話したりできるから隠すことは難しいんじゃない?


>>82
それは、2正面はきっちり避けていた。
ソ連が戦略的にうまかったともとれる。

85 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 20:34:18 ID:???
>>82

そもそも日独の連携は本質的にかみあっていない。

日独も近視眼的な戦略だからな
共産主義の封じ込めを目指すならそもそもイギリスやアメリカと敵対する必要性はなかったというのに

86 :名無し三等兵:2010/09/28(火) 21:01:56 ID:???
独ソ戦は寧ろ開戦直後の方が反ソ・スターリンで対独協力満々な市民がドイツ軍を歓迎し、
赤軍部隊も政治将校をドイツ軍に突き出して投降してしまっている。
市民はユダヤ人や共産党員をドイツ軍に引渡し、兵士は政治委員を突き出し投降・あるいは逃亡。
スターリン・ソビエトがこのような状態を建て直してモスクワでドイツ軍を阻止できたのは奇跡に近い。


87 :名無し三等兵:2010/09/29(水) 15:48:09 ID:???
>>86
確かに、開戦直後も士気は最低だろうし、立て直せたのも奇跡的だね。

その奇跡を起こせたのは、立て直せる時間ができたからで、
その時間を作った一つの要因に、中央軍のスモレンスクの1ヶ月の停止。
要するに、キエフ?モスクワ?と悩んでいたことが、失敗のひとつ。

ここは悩まず、どっちでもいいからサイコロで決めるとかした方が良かった。

88 :名無し三等兵:2010/09/30(木) 15:47:19 ID:???
>>59
レンドリースを支払う現金が無くて困ってたら
戦艦で支払えると大喜びして、
数日後には沈んで涙目という事だね。

89 :名無し三等兵:2010/10/03(日) 21:19:18 ID:???
>>85
日本じゃなくてドイツ+イタリア+スペインで
三国同盟を組めばよかったのかも。

90 :名無し三等兵:2010/10/03(日) 22:19:40 ID:???
>>89
イタリア以上にあてにならんがな

91 :名無し三等兵:2010/10/03(日) 22:34:52 ID:???
フランコは絶対参戦しないから、軍事同盟も結ばんかも。
イタリアとの同盟は結局必要かもね。
連合軍から南を突かれないようにするためにも。
素人考えだけど…

92 :名無し三等兵:2010/10/03(日) 22:51:43 ID:???
そしてイタリアに上陸された…

93 :名無し三等兵:2010/10/03(日) 23:11:58 ID:???
前スレで話題になっていた賠償金についてのニュースがあったので一応リンクを張っておく
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101003-OYT1T00558.htm

94 :名無し三等兵:2010/10/04(月) 19:49:01 ID:???
>>91
当時のファシズム諸国指導者中で唯一戦後を見通せた人物


他がgdgdなせいもあるけどw

95 :名無し三等兵:2010/10/04(月) 22:42:44 ID:???
イギリスやロシアのレンドリースの支払い完了もつい最近だったと前スレであったなあ。
アメリカの第一次大戦の戦費も結構長い事支払ってたようだし。戦争はお金がかかるね。

96 :名無し三等兵:2010/10/05(火) 00:47:15 ID:???
>>95
ロシアも払ってたんだ。
てっきり踏み倒したと思ってたw

97 :名無し三等兵:2010/10/05(火) 00:55:48 ID:???
日本に対しては一時帝政ロシアの金塊返せとか騒いでいた。

98 :名無し三等兵:2010/10/05(火) 05:04:09 ID:???
>>97
スペイン人民政府の金塊をおいしくいただいたのは誰でしたっけ?

99 :名無し三等兵:2010/10/05(火) 22:18:45 ID:???
>>96
前スレでこんなのが書いてあった

> レンドリースのイギリス側の返済が2006年まで続いて最後に感謝を表明したとか、
> アメリカの当時の歳入が50億ドルなのに戦争起債が2800億ドルでちゃんと完済したとか。
> ソ連・ロシアは踏み倒し、日本に比べてドイツは戦後補償なんてほとんどせず、
> アングロサクソンと日本人が真面目すぎる気がしてきた。

100 :名無し三等兵:2010/10/08(金) 20:39:09 ID:NF5mP1+u
てs

101 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 13:12:33 ID:???
>>89
ヒトラーは同盟するよう再三要請したけど、
フランコがノラーリクラーリかわしてたとか。
おかげで病死するまで独裁できた。
ヒトラーの事を、世界を読み切れない男だと思ってたんだろう。

102 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 15:15:29 ID:???
ヒトラーはムッソリーニの尻尾

103 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 18:11:08 ID:???
>>99
>ドイツは戦後補償なんてほとんどせず
ナチスドイツとドイツ連邦共和国、ドイツ民主共和国は別の国ですって理屈かな。

104 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 19:55:57 ID:???
>>101
冷静に考えればWW1でオーストリア=ハンガリー帝国とオスマン帝国を心中させた
ドイツの実績から躊躇して当然なはずなのだけどファシズム諸国中フランコだけというトホホな結果に

105 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 21:48:55 ID:???
>>104
まあスペインは国境接してなかったからなあ
でなけりゃ距離おけなかっただろ
フランスが絶賛占領中ってツッコミはなしでw

106 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 22:46:40 ID:???
>>103
総統はドイツ生まれじゃないので仕方ない
隣国のおっさんが国を乗っ取って大戦争起こして大勢殺されて・・・って感覚

107 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 22:50:28 ID:???
隣国のおっさんが国を乗っ取って大戦争起こして大勢殺されて・・・

人事じゃないなw




108 :名無し三等兵:2010/10/09(土) 23:39:43 ID:???
ウィキのレンドリースに関するページを読んでいてよく分からなくなってしまったんだけど、
レンドリースには返済義務がそもそもなかったの?

>第一次世界大戦におけるアメリカの連合国に対する融資とは異なり、
>戦後の返済に関する条項は無かった

という文も載っているし、イギリスの返済した分については戦後の復興のために別に組まれた
Anglo-American loanに基づいて支払いを行ったというように書いてあるのだけど…

詳しく知っている人がいたら教えてくだされ

109 :名無し三等兵:2010/10/10(日) 02:20:04 ID:???
>>85
反共の急先鋒で、東方生存圏の確立を目指してて、ソ連と不可侵条約だもんなあ
むしろ英仏と不可侵条約を結んで、レンドリースなし・西部戦線なしで、
ドイツとソ連のガチンコ対決が見たかった

110 :名無し三等兵:2010/10/10(日) 20:31:59 ID:???
>>108
到着地で引き渡した物資には返済義務なし
(ただし輸送中の物資は除く)
これに見事に引っかかって買い取るしかなくなったのが大英帝国

111 :名無し三等兵:2010/10/10(日) 21:09:23 ID:???
>>106
え?と思ったけど、オーストリー生まれか。
他国を合法的に支配して、祖国を吸収して強くなったと。

112 :名無し三等兵:2010/10/10(日) 21:15:59 ID:???
>>109
冬戦争のときに宣伝省がもっとがんがってたら、
対英仏講和(もともと偽りの戦争状態だし)
レンドリース無し、独vsソ or 独英仏vsソもありえたかも。
Pzkw4&マチルダ&B1bis vs T34/KV (少し時期が違うかw)

113 :名無し三等兵:2010/10/10(日) 21:18:06 ID:???
>>110
レスありがと。 
そうだとすると、上で言われているようなソ連が返済を踏み倒したという
事実は無かったということなの? 

114 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 09:49:55 ID:???
>>112
その組み合わせだと、ソ連の圧勝だなあ。
ただし大日本帝国は北進政策に急転、
ノモンハンを教訓に足の長い航空機と、
貧弱だが当時のソ連相手ならまだ有効な機械化部隊を使った
立体作戦が見られるかも。

115 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 17:03:44 ID:???
>>112
その頃のソ連だと、主力はBTシリーズ。西部戦線は壊滅かと。
中東フランス軍が北上してモスクワを占領するプランもあったけど、
植民地軍はB1持ってないので、その方面は大戦車戦はおきないか。
ただ、そういう情勢だとロシア憎しのトルコが参戦してコーカサス争奪戦かも。

日本は、「中東情勢は欧州より複雑怪奇なり」と黙り決め込んで
逆に英仏が日本を東から参戦させようと関税・通貨(ブロック経済)の大幅緩和をもちかけ
かわりに中国での権益を譲渡と陸軍の華北(または満州国)まで引き上げでまとまり
重化学工業にシフトしつつあった経済が回復して、GDPが互角だった仏伊を抜き去り・・・これ以上は妄想領域

116 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 18:47:12 ID:???
>>112
冬戦争が始まったとき、イギリスは対ソ宣戦も考えたくらいだもんな

ドイツがモスクワを占領、イギリスがランカスターでウラルを爆撃
燃える展開じゃないか

117 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 19:22:34 ID:???
>>112
>冬戦争のときに宣伝省がもっとがんがってたら
そのへんが世界を読み切れなかった男と言われ続ける原因。
ビスマルクなら確実に動いただろう。

118 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 19:29:35 ID:???
>>115
華北と満州じゃ連中には天と地の差がある。
当時の日中の戦力なら、日本が華北まで引き上げるのを容認したら
満州国承認以外の全ての要求を中華民国は飲んでただろうが、
満州国まで引き上げたら逆に日本なぞ組み安すしと思われて、舐められまくる。
対中関係は日本人どうしのように考えない事(差別とか反中でなく、古代からの経緯より)

119 :名無し三等兵:2010/10/11(月) 20:15:48 ID:???
>>115
既にフランスとイタリアを抜いてたような

120 :名無し三等兵:2010/10/16(土) 16:04:42 ID:???
>>119
でも、中国の半分でしかない。上海で自動ドアやクーラーにびっくりした兵は多いようだ。
彼らから見たら、またまた・・・・また蛮族が侵略してきたって印象だろうな。

121 :名無し三等兵:2010/10/16(土) 17:40:12 ID:ZsqkrhNE
1938ごろの「GNP」だけど
アメリカ640
イギリス270(インド抜き)
ソ連 240
ドイツ 200
フランス150
イタリア80
日本 40
とかくらいじゃなかったっけ?

122 :名無し三等兵:2010/10/16(土) 19:29:01 ID:???
1942までアメリカと互角の勝負してたことは事実
太平洋の実動可能連合国空母が0になって米軍内で最悪のクリスマスと言われてた

123 :名無し三等兵:2010/10/16(土) 23:00:25 ID:???
1936年GDP 単位ドル
アメリカ  7,993億
中国    4,201億
ソ連    3,613億
イギリス  2,713億
インド   1,976億
ドイツ   1,929億
フランス  1,762億
日本    1,515億
イタリア  1,309億

1940年の各国・国内総生産GDP
アメリカ 9308.3億ドル
ソビエト 4200.9億ドル
イギリス 3156.9億ドル
ドイツ  2428.4億ドル
日本   2017.7億ドル
フランス 1641.6億ドル
イタリア 1520.3億ドル
Monitoring The World Economy 1820 - 1992 OECD

124 :名無し三等兵:2010/10/16(土) 23:04:44 ID:???
http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/ww2-gdp-sai-axx.htm
第二次世界大戦前・戦中の主要国国力

125 :名無し三等兵:2010/10/25(月) 21:25:48 ID:1RzOIG1n
総統閣下が激怒されております。

http://www.youtube.com/watch?v=WW-YpvaI9fU&NR=1




126 :名無し三等兵:2010/10/25(月) 22:06:20 ID:ApRHKFqa
うわぁ

127 :名無し三等兵:2010/10/26(火) 01:51:48 ID:???
>>108
あるよロシアは戦中から踏み倒したままだけど

首が回らなくなってきたソ連停滞期に返済交渉が再開されたけど
資源バブルで強気になったロシアが交渉を打ち切り不払い宣言してしまった
その後は見ての通りバブルは弾けるんだけど
対ソ支援プログラムの代金だったにもかかわらず踏み倒されたままなので
改めてロシアという国の信用問題が残ってしまった

128 :名無し三等兵:2010/10/26(火) 03:49:39 ID:???
>>125
菅と管間違えるなよな、と

129 :名無し三等兵:2010/10/31(日) 23:14:03 ID:???
>>123
ドルの値段が上昇しているのについていけないのか。
かなり各国がやばい状況にあるな。まともなのはフランスだけかよ。
しかし、こうしてみると意外とフランスは有能だったんだな。

>>127
期限は2030年までだぞ。1990年の合意している。

130 :名無し三等兵:2010/11/03(水) 14:45:15 ID:HgrVgZCi
 スターリン・毛沢東に比べたらヒトラーは気のいいおじさんレベル
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/news/1288760390/l50


131 :名無し三等兵:2010/11/03(水) 15:14:03 ID:???
ついに人造石油がエコ燃料となる時代が来たか

水素と二酸化炭素で航空機用燃料の製造へ 関電や岩谷産業、福井県などが共同実験
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/101102/biz1011022058034-n1.htm
>基本技術は1920年代にドイツの研究者が開発しており、応用した。
FT法?

132 :名無し三等兵:2010/11/03(水) 15:34:37 ID:???
>>131
CO2 -> CO変換してFT法だな。
FT法は技術的には確立してて、GTLはコスト高すぎの大問題があったが、
ドイツでは戦時中に石炭を用い、量的には十分生産されていた。
夜間の余剰電力、廃CO2利用、原油高、地球温暖化対策で、現在では採算もとれる。

133 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/11/03(水) 21:10:33 ID:???
独逸がやってたのはベルギウス法かと。
FT法ではオクタン価の高い燃料を得にくいので、少なくとも航空燃料に
関してはベルギウス法でやっていた筈。

人造石油に関してはIGファルベン社が精力的に研究していたが
大企業敵視で中小企業優遇のナチ党は最初コレを潰そうとした。
で、社長自ら直談判しに行って人造石油の必要性を説いたとか
何かで読んだ記憶がある。

それと、人造石油はこれを製造するための熱源に何らかの
化石燃料を使用する限りはむしろ炭酸ガスの排出量は増える。
…天然モノを使う場合は基本蒸留して少し手を加える程度で済むからね。
バイオマスや宇宙太陽光発電とかで作ったエネルギーで
CO2から炭化水素を合成し直すのならエコかもしれんが。

134 :名無し三等兵:2010/11/04(木) 19:55:26 ID:???
>>133
なるほど、勉強になった。
石炭産出国な日本も、もっと真剣に取り組んでればなあ、。
木材も潤沢にあるのに技術が無くてモスキートのような機体が作れなかった。
なのに超超ジュラルミンや強磁性体を作ってしまった不思議な国。

今回のは石炭や天然ガスでなく、石油を燃やして生じたゴミなCO2を材料として使うし、
夜間の余剰電力で水を電気分解して水素を得るため、
液化によるエネルギーロスや、CO2排出が増えるという事は無さそうだね。
(廃熱やCO2を減らすわけではないけど、捨てられていた物を再利用するし)

135 :名無し三等兵:2010/11/04(木) 21:01:09 ID:???
石炭液化は常にコストの問題がまとわりつくからねえ
石油相場が高騰するたびに浮上するが、巨大プラントの膨大な設備投資を回収するまで石油価格が維持される保証はないから常に研究どまりw
代用品が実用化されればそれ自体が相場の下げ圧力になるしなw
エネルギーを生産するためにエネルギー消費するって矛盾は程度問題なだけでなくならないしなあ

>>134
石炭はバルキーで個体だから輸送の問題が切り離せないから、日本のヤマじゃどのみちとんでもない石油価格にならなきゃペイしないよ
オーストラリアあたりの条件のいい鉱山に隣接してプラント建設するぐらいじゃないと


136 :名無し三等兵:2010/11/04(木) 21:10:47 ID:???
そこで閉鎖経済ですよ
どう転んでも海外から買えないんだからコストは無意味

137 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 18:42:30 ID:???
余った電力と廃棄炭酸ガスを原料に作った、環境に優しいガソリンってだけで、環境意識の高い層に売れそう。
と思ったら石炭や天然ガスを原料にすれば1バーレル30-60ドルで採算取れるのか・・・その場合全然エコではないけど。

138 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 21:03:03 ID:???
>>134
モスキートの木製機体が南方の気候にいかに泣かされたか知らないのかよw 
苔やカビで劣化して何度も全面飛行停止になってるんだよ。
日本が木製機に手を出さなかったのは正解。
つか、お前いっつもその妄想書いてるよな

139 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 21:17:29 ID:???
自給率100%のコンクリ船はどうだw

ttp://www.d4.dion.ne.jp/~ponskp/yamato/technology/bakadomo.htm

140 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:09:35 ID:???
>>138
日本にはその基礎技術すらありませんでした。
列強の落ちこぼれが日本です。

141 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:19:47 ID:???
>>140
他国のパクリ、劣化コピーしかできなかった国だわな

142 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:29:16 ID:???
ドイツも日本も特定分野のみ突出していたが、平均では米英ソに遙かに及ばない。今も同じ。

143 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:30:05 ID:???
>>140
まーイタリア、フランスよりゃだいぶマシ。
つか世界から5番目くらいっていっても当時の「国連加盟国家」は70カ国
近くあったから相当強いほうだったのは間違いないよw

144 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:31:35 ID:???
>>141
お前さんの祖国半島糞国家は当時
国家の体をなしてなかっただろアホww

145 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:37:02 ID:???
142
根拠不明。
何かの負け惜しみってのはなんとなく分かるが

146 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:44:34 ID:???
>>142
ソ連の基礎技術の成果である航空機用合板の実態はこんなもん。

クルスク航空戦上巻の記述
「ソ連機がクルスク戦の開始までに独軍機とそれほど劣らなくなっている、とまで言うのは楽観的に
過ぎるだろう。ソ連機は全金属製の独軍機よりもはるかに安価だが、安全性と耐久性と信頼性もより
低かった。43年春から夏にかけて数百機に上るソ連機が不測の故障を起こしたことによって最も名瞭な
形で証明されることとなった。…直射日光と湿度と大きな気温差の影響を受けて接着が確実でない合板
が翼からはがれていったのだ。この問題は合板自体の品質と塗装作業のレベルが低いことによって
さらに悪化した。…深刻な欠陥が発見されたのはyak戦闘機だけではなかった。襲撃機について第16航空軍
隷下部隊だけで翼の骨組みからの外板剥離9件、第30工場が製造した襲撃機99機中の66機が大修理を必要
とした。43年6月半ばに12か所の飛行場で検査を実施、欠陥機の数は多く、各種358機に上った。かなり
懸念される事態が43年1-2月製造分のLa5戦闘機に発生していた。5月に翼板剥離と胴体の合板と外板張り
板の反り歪みが大量に発生したのだ。」

下のbunのサイトの記述を見るとその後も問題が発生していることが分かる。          
「この合板張り胴体には「そる」「曲がる」「はがれる」「割れる」という欠点があり、YaK-3では合計
114件の事故がこの要因で発生しています。そして戦後もこの傾向は顕著で、1946年3月には第一線に
あった800機が合板の劣化により引き上げられ、その大半が廃却されています。同じようなことはYaK-9Uにも、
La-7にも発生しています。木製機の寿命は一般的に全金属製機に劣るものですが、ソ連戦闘機も例外ではなく、
末期に投入された新鋭機がこの通りなら、それ以前の機体はもっと老朽化しているという状況で、万単位で
存在したソ連戦闘機の実働数は終戦後、あっという間に激減しています。」


147 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 22:54:06 ID:???
>>144
祖国は植民地でも保護領でもなく、大日本帝国の一部でしたが何か?

148 :名無し三等兵:2010/11/05(金) 23:25:55 ID:???
>>142
当時、物理・化学・数学・医学生物学の頂点はドイツ

149 :名無し三等兵:2010/11/06(土) 14:47:09 ID:???
ドイツって言うよりユダヤって言った方が正しいような

150 :名無し三等兵:2010/11/06(土) 16:47:42 ID:???
ヒトラーは神

151 :名無し三等兵:2010/11/06(土) 19:16:56 ID:???
>>147
併合となってるのに総督府が置かれたり、歴史をとらなかったからよく分からない。
本で調べても、植民地、信託統治、信託委任、保護領・・・頭がかなり混乱してきた。
えーと、オーストリーとズデーテンはドイツ本国併合で、フランスは占領したけど別国扱いだっけ。

152 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 16:21:31 ID:???
>>148
当時は教授が絶対的な権力を保持していただけで
目立った業績は少ないぞ。せいぜいがゲッティンゲンぐらいだ。
物理に関してもソ連に比べると劣っていたし。

153 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 16:29:18 ID:???
しかしスターリンのせいで
すべてぶち壊し

154 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 16:40:41 ID:???
>>148
頭脳流出は痛すぎたな、失政だが。
ハイゼンベルグの抗議を無視して
知識人狩りやってて原爆を作れるわけがない。


155 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 17:50:10 ID:???
ナチに基礎科学が理解できる訳がないからなw

156 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 18:28:53 ID:???
>>154
アメリカごときが俺ですら無理だった原爆を作りやがったと
たいそう悔しがってたという話もあり、学者の世界も複雑だね。

157 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 21:53:40 ID:???
>>155
意味不明。
何かの負け惜しみってのはなんとなく分かるが

158 :名無し三等兵:2010/11/07(日) 22:25:34 ID:???
>>154
ナチスも現場の科学者も今大戦には間に合わないと思ってたふしがあり、
いろんな基礎実験をひたすら行っていて、兵器化へはいまいち。

159 :名無し三等兵:2010/11/08(月) 20:46:19 ID:???
今日はミュンヘン一揆の日だけど
なんで”一揆”なんだろう。ちょっとかっこわるい。

160 :名無し三等兵:2010/11/09(火) 05:43:56 ID:???
>>159
大衆運動感があって漏れは好き

161 :名無し三等兵:2010/11/09(火) 16:12:11 ID:mQyTWrSn
俺はファミコンのイメージが強くて百姓感全開

162 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/11/09(火) 21:19:21 ID:???
そんな事言い出したら
"プラハ窓外投擲事件"
なんてのがあってな。

しかもこの事件、何度も起こってるんだよ

163 :名無し三等兵:2010/11/09(火) 21:24:39 ID:???
あれは伝統的なエクストリームスポーツだろ。
子どもが一人でやると大変危険です。

164 :名無し三等兵:2010/11/10(水) 21:36:28 ID:???
2回目以降は窓外投擲事件言いたいだけのようなw

165 :名無し三等兵:2010/11/10(水) 22:13:48 ID:???
>>159
政権側が一番恐れるのは逃散一揆=無期限ジェネスト。最強。

166 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/11/11(木) 22:12:45 ID:???
だが、民主相手にそれやっても雇用側は
中国人を奴隷労働させて穴埋めするだけだろうからなぁ…

経団連の会長といい、ユニクロの社長といい、
奴隷が欲しいからみーんな中国の味方するんだよ。

167 :名無し三等兵:2010/11/12(金) 14:31:23 ID:???
>>166
無期限ジェネストがどういうもんかわからず発言してないか。
物流結節点で物の采配分かってる人間がジェネスト起こしたら
いくら奴隷が来たって物流は止まるよ。ゆうパックの合併騒ぎがいい例だ
物流以外の分野だって一緒。下士官が居なけりゃ兵隊は動けないんよ。
しかもゆうパックは下士官が「足りない」例だったが
ジェネストは下士官が「ゼロになる」んだぜ。

ゆうパックの件でお偉いさんが、単純に人増やせばいいだろうと思ってた節があるのと一緒で
民主自体もそう勘違いしてそうで怖いのは同意するけど。
本当の無期限ジェネストは、中国人奴隷導入で完全解決!なんて甘いものではない。
まあ今の日本人の国民性じゃ、無期限ジェネストなんて絵に描いた餅だけど。

168 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/11/14(日) 19:24:43 ID:???
ただ、中国人労働者を奴隷から次の段階へスキルアップさせようと
積極的に活動しているのもこういった連中だからな…

169 :名無し三等兵:2010/11/14(日) 19:38:00 ID:???
で最終的に「経営者もとっかえればいいじゃん」となってあわてるとw

170 :名無し三等兵:2010/11/17(水) 16:09:29 ID:ip5lyZeY
なぜナチスはスカンディナビア系をドイツ国内に移住させたか理解に苦しむな
スカンディナビア系はモンゴロイドとの混血でグレーンゾーンだろ

171 :名無し三等兵:2010/11/17(水) 20:32:52 ID:???
チベットに興味持ったり中国に軍事援助したり
ドイツ系の中ではモンゴロイドに寛容な印象だが。

172 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2010/11/17(水) 21:30:19 ID:???
>>169
中国へ進出した企業はまさにそれをやられてるそうな。
お飾り管理職以外はみんな中国人が縁故採用とかで固めてしまうらしい。

173 :名無し三等兵:2010/11/17(水) 22:19:45 ID:qgHqawTt
ドイツにとって何が失敗かって言うと、ヒトラーがドイツ人だったことに尽きる
もしヒトラーがフランス人だったらドイツがヨーロッパの覇権を握っていた

174 :名無し三等兵:2010/11/17(水) 22:28:47 ID:???
フランス人ヒトラーは独裁したくてもできなくて終わり。

175 :名無し三等兵:2010/11/17(水) 22:33:35 ID:???
オーストリア=ハンガリーが健在のままだったら奴は一生オーストリア人だったな

176 :名無し三等兵:2010/11/18(木) 18:58:24 ID:???
二重帝国宰相となって、ドイツからバイエルン州やザクセン州あたりから割譲を要求して、
最後は全部併合して、チェコも併合して・・・・・・史実と同じ版図になって

177 :名無し三等兵:2010/11/18(木) 19:43:11 ID:???
それだとオスマントルコが中東をおさえてて石油大国で、逆に英仏が石油で困ることになる

178 :名無し三等兵:2010/11/18(木) 20:30:56 ID:???
>>173
当時のドイツ状況からするとヒトラーがいようがいまいが
ぶっちゃけ誰でもよかったような気もするけどね

179 :名無し三等兵:2010/11/18(木) 21:06:28 ID:???
私たちドイツ人は悪くないんです。悪いのはヒトラー一味です、オーストリア人です。

180 :名無し三等兵:2010/11/19(金) 15:28:28 ID:???
ヒットラーはドイツ人じゃないの?

181 :名無し三等兵:2010/11/19(金) 16:50:33 ID:???
>>175
前提として、アメリカが参戦しないってのが必要条件だが、
英仏vs独が拮抗してたというものの、英国の大陸封鎖で
ドイツ国内は物資不足で苦しんでたし。

182 :名無し三等兵:2010/11/20(土) 22:21:42 ID:???
>>179
今のカリフォルニア州知事はオーストリア生まれですが明らかにアメリカ人でしょう
よってヒトラーも疑う余地なくドイツ人なのです

183 :名無し三等兵:2010/11/21(日) 02:45:37 ID:???
ヒトラーはシオニストと談合した
エルサレムにユダヤ国家を作るから
在独ユダヤ人を追い立てる牧羊犬を
やってくれと頼まれてやったが
土壇場でシオニストはナチを裏切って全世界の的にして潰したわけだな

184 :名無し三等兵:2010/11/21(日) 09:06:39 ID:???
>>182
例が蓮舫だったら別の話になりそうだな

185 :名無し三等兵:2010/11/21(日) 10:27:13 ID:???
>>181
ツィンメルマン外相が、「んなのジョークに決まってるでしょ、諜報力落ちてるんじゃない?」と
発言してればアメリカ参戦はなかった公算が大きいと言われるぐらい、歴史的な大失言。

186 :名無し三等兵:2010/11/21(日) 11:07:49 ID:???
>>184
蓮舫は生まれた時から日本の国籍を持っていたよ。昔二重国籍だった

187 :名無し三等兵:2010/11/21(日) 23:50:09 ID:???
帰化したシュワちゃんは知事にはなれても大統領にはなれないから
民主的な手続きで別の国の元首にまで上り詰めたヒトラーはかなり特殊。
自分は他に例を知らない


188 :名無し三等兵:2010/11/30(火) 16:59:13 ID:???
>>185政府内の一部はむしろアメリカ参戦させて返り討ちにしたかったみたいで
前スレコピペ
509 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 19:44:42 ID:???
第1次大戦中のドイツ閣僚の発言。ルーデンドルフかフォン・カペレのどちらかだと思う。
無制限潜水艦戦はアメリカの参戦を招くのではという議会での質問への返答。
「アメリカの戦力なんかゼロである、ゼロである、3度目にもう一度言う、ゼロである」
510 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 21:02:29 ID:???
>>509
ヴィルヘルム2世と伍長閣下のおかげでめだたないけど
下々の苦闘をエリート層が台無しにする国のような気がするw
511 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 21:08:29 ID:???
>>509
どん底だったとはいえスペインに勝った国に向かってよく言うわw
512 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2010/07/16(金) 21:41:21 ID:???
発言はフォンカペレ海軍大臣だね。
しかしルーデンドルフ参謀次長も同じ意見。
ベートマンホルウェーヒ宰相は反対したが、参謀次長が大暴走してw

189 :名無し三等兵:2010/11/30(火) 17:40:28 ID:???
>>188
アメリカが参戦してくるリスクを考慮に入れても、
無制限潜水艦戦をした方がイギリスを屈服させて
大戦に勝てそうだという判断でしょ。

その頃のアメリカは戦争経験や軍需工場は少ないものの、
工業力や資源(銅や綿花など)、人口はヨーロッパ列強に比べても大きく、
アメリカに攻めてきて欲しいなんて思わないと・・・普通の国なら・・・

190 :名無し三等兵:2010/12/01(水) 06:24:07 ID:5Ha+K7jN
ルドルフヘスは英米とナチスの癒着を知る男。
それゆえに英米は釈放することが出来なかった。
表向きはソ連が反対したことになってるがねえ。
シュぺーアも毒殺したりやりたい放題。
晩年のシュぺーアの発言を見るにヒトラーに対する忠誠心を捨てきれていなかったのがわかる。

191 :名無し三等兵:2010/12/01(水) 15:20:52 ID:???
一応ナチス副総統のヘスはいずれにしても釈放はありえなかったかと

192 :名無し三等兵:2010/12/31(金) 23:51:25 ID:???
>>188
>「アメリカの戦力なんかゼロである、ゼロである、3度目にもう一度言う、ゼロである」
一度言ってみたいな、部長の能力は0である、ゼロ・・・議会で言うかw怖すぎるw

193 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/24(月) 22:15:06 ID:88fwVt3B

残念だった。




太平洋戦争ゎ99.9%以上、大日本帝國の圧勝で決着できた美味しい条件だった。



真珠湾攻撃考察スレ【パールハーバー1941】
http://unkar.org/r/army/1266239507#l780
780 :名無し三等兵:2010/07/28(水) 00:03:15 ID:CqKLF7tB
 >779
アメリカ国防総省案と同じ攻め手の下記で完結してるから嫉妬の悔し涙ふけよw

ハワイ攻略 http://www.unkar.org/2ch/search.php?q=%83n%83%8F%83C%8DU%97%AA





194 :名無し三等兵:2011/01/25(火) 06:10:38 ID:???
>>193は、見当違いのウソとデタラメを至るところで吐き散らし
どこへ行っても周りから全否定の屑呼ばわりされているが、
レスさえもらえれば会話が成立したと思い込んで居ついてしまう
タチの悪いキチガイかまってちゃんなので完全スルーを推奨

参考
最悪板
【八方塞がり】ヒヨコ戦艦【現実逃避】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1292164347/

195 :名無し三等兵:2011/01/27(木) 17:07:09 ID:qpRAjkEL
誰かこれの情報源知らない?

http://unkar.org/r/army/1218097736
9 :名無し三等兵[sage]:2008/08/07(木) 18:20:03 ID:???
>→BoBにおける敗北からドイツがソ連に対して対英開戦を求める(ドイツはスエズ以東のソ連支配を承認)

史実でこれやろうとして見事に失敗に終わってるからねぇ
ソ連は中東やアジアの英植民地に興味は無い
そんなもんよりヨーロッパの陣取りゲーのほうに関心があると言ってるわけで
総統自ら熱弁を振るっても覆せなかったボルシェビズムの矛先を
一体どうやってヨーロッパから逸らすか?
この難題をクリアしないと独ソの衝突は不可避だ

196 :名無し三等兵:2011/01/27(木) 17:09:08 ID:???
「ヒトラー・モロトフ会談」でしょ。

197 :名無し三等兵:2011/01/27(木) 22:52:32 ID:???
ヒトラー・モロトフ会談。ページ最後に、
http://ww1.m78.com/pacific%20war/hitler%20molotov%20top.html
>ともあれ、ドイツが4国同盟を真剣に追求したことは事実であろう。
>なぜ、ヒトラーは、この会議におけるソ連の方針、そのあとのソ連のフォローをみて、
>「独ソ戦開始」という激烈な手段をとったのであろうか?

やはり総統はソ連を信用してなかったということなのかな?





198 : m9(^Д^)プギャー :2011/01/28(金) 01:23:49 ID:jNzYj5US
>>194
ぉ前、俺様にしこたま小突き回され甚振られたのまだ恨んでるのかwww(ゲラゲラ
>>193の「ハワイ攻略」スレぢゃ、ぉ前らの反論ゎ悉くソースURL付きで論破してゃったからなw(クス
そもそも戦闘機のキルレシオが5倍なら単純計算で日本軍空母1隻が米空母5隻の戦闘力を持つってことだぜw
尤もこれゎ机上の話しでしかなぃがそれでも、敵雷撃機ゎ零戦で全て撃墜され、有効な戦果を全く出せず、
逆に米軍の迎撃機ゎ悉く撃墜されてしまぃ交戦すればほぼ100%撃沈させられてしまぅ。
1941年の日米空母における戦闘バランスゎ、圧倒的に日本軍が有利。
その条件をまるで活かしてなぃアホ丸出しの史実に噴ぃたwww

自国領内や産業基盤に敵国のネットワークすなわちユダヤ秘密結社フリーメイソンリーが侵蝕している状況ぢゃ当然の処置。
「正直に名乗り出なさい。」と促せば出てくる連中ぢゃねぇーし、
本拠イギリスに、ドイツ側の作戦ゃ物資の流れゃらの情報駄々漏れ + 市場も談合でユダヤ資本が独占www
んな状況を放置するわきゃねぇーだろがwww

秘密結社で暗躍したけりゃやってろゃwww 民族丸ごと根絶やしすりゃ機能できんだろw(クス

もち、今後も「結社の自由」とか認めねぇーからwww
セクト/テロ組織/カルト扱ぃだからフリーメイソンリーゎwww
本当・・・マヂ焼き殺すから核兵器でwww
ぉ前らユダヤゎ調子コキ過ぎだから絶滅させるからwwwww

199 :名無し三等兵:2011/01/28(金) 05:28:48 ID:???
ハワイ攻略スレか
懐かしいな
たしか自分の主張に都合が良いだけの信頼性のないサイトを絶対視して、
信頼性のある資料やサイトを提示されても見ない振りしていた人がいたなあ
その人は最後には「ID出さないとレスしない」と言い訳して逃亡したが

200 :名無し三等兵:2011/01/28(金) 12:23:22 ID:???
>199
ああ、いたねぇ。俺が知ってるのは46歳で無職のおじさんだった。

201 : (´ー`)y─┛~~ アンチヒヨコ必死だなw :2011/01/28(金) 15:52:27 ID:jNzYj5US
>>199-200

日本圧勝論の側が日本勝利不可能論を論破して終わってるログの通りw

それを嘘と言うなら俺様も含む日本勝利可能論側が逃げて終結したと見做せるログを出してみろw

俺様が直々に相手して何度でも捻じ伏せてゃるぜw(ニヤニヤ

逃げ出したのゎ「ぉ前」だょwww    ぉ・ま・ぇwww

202 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 00:04:02 ID:???
>>201
>俺様も含む日本勝利可能論側が逃げて終結したと見做せるログを出してみろw

ほい>>198

まあ198の内容が日本勝利可能論側の逃げを示すということを理解できないから、
201は「日本勝利不可能論を論破した」と頓珍漢なことを言っている訳だが

203 :↑ 否定できなぃ負け犬鳴き乙www m9(^Д^)プギャー! :2011/01/29(土) 04:50:38 ID:OhqRE6cE

>>202

まあ198の内容が日本勝利可能論側の逃げを示すということを理解できないから
201は「日本勝利不可能論を論破した」と頓珍漢なことを言っている訳だが



まあ198の内容が日本勝利可能論側の逃げを示すということを説明できないから
202は「日本勝利可能論を論破した」と頓珍漢なことを言っている訳だが





          正    確    に    w    (クス






204 :↑2ちゃん大好きな46歳無職の夜鳴きwww:2011/01/29(土) 05:27:11 ID:???
あちこちでご活躍大変ですなぁヒヨコちん。
アク禁になりたくて仕方ないんだろうなw

おまえの乞食母は、おまえがこういう事してるの知ってるの?w(プゲラ

205 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 06:39:52 ID:???
>>203
ほら理解できてない

206 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/29(土) 14:33:51 ID:OhqRE6cE
>>204
そんなことより、もぅ
ぉ前の家族をどぅやって殺すのが嬉しぃか決めたのか?(クス

車裂き?

207 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/29(土) 14:37:02 ID:OhqRE6cE
日本人とりゎけ便所ちゃんねるチンカスダンゴムシどもゎ頭が弱くて「戦争下手」だょねぇ・・・(失笑

そもそも戦闘機のキルレシオが5倍なら単純計算で日本軍空母1隻が米空母5隻の戦闘力を持つってことだぜw
尤もこれゎ机上の話しでしかなぃがそれでも、敵雷撃機ゎ零戦で全て撃墜され、有効な戦果を全く出せず、
逆に米軍の迎撃機ゎ悉く撃墜されてしまぃ交戦すればほぼ100%撃沈させられてしまぅ。
1941年の日米空母における戦闘バランスゎ、圧倒的に日本軍が有利。 その条件をまるで活かしてなぃ

208 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 17:32:56 ID:???
ヒヨコのキチガイは反論できなくなると「殺す」だの「肉だるま」しか
言えなくなるのが笑える。
おまえって語彙が貧困だねぇw

もう皆飽きてきているから、新しい脅し文句でも考えておけw
それから自分で一からAA作ってみろや。拾い物大好きな乞食ヒヨコw

おまえの母が乞食なら、息子のおまえも乞食ということだ。
というか乞食の家系なんでしょ?不可触民のヒヨコ家系www

209 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/29(土) 17:44:05 ID:OhqRE6cE
>>208
ぉ前、ヒヨコ戰艦が恐ろしくって「殺し合ぃ」の決闘から逃げ出した屁垂れぢゃんwww

もぅ挑戦しなぃのぉぉ〜www(ギャハハハハ

俺様が取り持ってゃるょぉ♪(ニヤニヤ

ぉ前を産んだ淫売母に泣き付いたらどーだぃ「  ヒヨコが漏れをイヂメるぅぅ〜ママン(グショ泣  」 ってサ

      / ̄ ̄\
    /  ⌒ ⌒\        
    |  (( ∧)(∧)       ぅおらぁ!(ゲラゲラ
    .|    (__人__)  /⌒l
     |    ` ▽´ノ  |`'''| 
    / ⌒ヽ     }  |  |            ____    
   /  へ  \   }__/ /           /─  ―\   
 / / |      ノ   ノ           /●))  ((●\ . ’, ・
( _ ノ    |      \´       _   /    (__人__)’,∴\ ,  ’ 
       |       \_,, -‐ ''"   ̄ ゙̄''―---└'´ ̄`ヽ/  > て 
       .|  俺様                    __ ノ /  (
       ヽ           _,, -‐ ''" ̄ヽ、 ̄ `ー'´  /  r'" ̄
         \       , '´          /       .| 
          \     (           /       |
            \    \        / 売女の子>>208

210 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 17:47:43 ID:???
ネット上でどうやって殺しあえというんだ?

211 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 17:49:18 ID:x8NxSwkQ
新しい流れに感動もひとしお

212 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 17:51:50 ID:???
>209
生まれながら手足が不自由なヒヨコちゃんが、
どうやって「殺し合い」の場へ行けたのか解説よろしくw

213 :名無し三等兵:2011/01/29(土) 22:23:42 ID:FTHIfDZX

コレコレ、騒ぐで無い??

http://www.youtube.com/watch?v=BjHWdN7unWk

アドルフも、この通りに お怒りですゾ!



214 :名無し三等兵:2011/01/30(日) 16:46:21 ID:???
>>201
結論を言うのは安く
未来を見通すのは難し

さて気味は中国がどう世界に対して勝利するといえるのか?
その論を述べよ

215 :名無し三等兵:2011/01/30(日) 18:47:38 ID:???
ヒトラーの戦争が楽オクに出品されてるね

http://auction.item.rakuten.co.jp/11037262/a/10000479

216 :予測を立てられない者に勝利なし。:2011/01/30(日) 23:15:23 ID:qHrWe5jf
> >>214 :名無し三等兵:2011/01/30(日) 16:46:21 ID:???
>  >>201
> 結論を言うのは安く
> 未来を見通すのは難し

> さて気味は中国がどう世界に対して勝利するといえるのか?
> その論を述べよ


俺様の未来予測的中率ゎ70%以上w

ぉ前ら下等生物とゎ地力が違ぅんだょw(クス

中国(中華)が世界に勝利する? そりゃ有り得んw

天皇狩り政権が、日本を核武装させ、中華に核飽和攻撃を仕掛けるからなw

中華の人工ゎ現状から1億人以下にまで減少させるw

世界に勝利するどころか、台湾を除き国家として消滅する未来しか中華にゎねぇーょ(クス


217 :予測を立てられない者に勝利なし。:2011/01/30(日) 23:29:28 ID:qHrWe5jf
>>216修正

中華の人工ゎ現状から1億人以下にまで減少させるw

中華の人口ゎ現状から1億人以下にまで減少させるw

218 :過去から学ばぬ者に勝利なし。:2011/01/30(日) 23:47:37 ID:qHrWe5jf
俺様ゎ「孫武」を尊敬しとるが、
あの内容とて、兵器の射程距離と威力が異なる現代でゎ
むしろ「間違ぃ」となってしまっている箇所も有る。
とりゎけ「戦わずに勝つのが最善」「敵を追い詰めるな」の2項ゎ、
核保有国の中華に対してゎ当て嵌まらないw

時間が経過するほどに国力差が開いて行くので、
倒せる時に迷わず容赦なく駆除せねば、後々賠償だ何だと面倒な事になるw
消費市場だとか目先の利益に囚われていると、
やがてのっぴきならない事態に陥り、隷属させられる破目になるであろぅ。

219 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 02:27:13 ID:???
>216
その「天皇狩り政権」とやらの政党名は何ていうの?

220 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 03:20:11 ID:???
根本的にスレ題名が間違ってる
ヒトラーは世界で最も正しかった指導者だろ
それを狙ってやったのか偶然そうなったのかは置いといて
第一次世界大戦での負けをチャラにして第二次世界大戦の負けもナチスの責任であってドイツ国民に責任はない
賠償はするが謝罪はしないっていうベストな条件で終結できる状況を作ったわけだし
馬鹿は我が闘争でも読んでこい 今問題になってる少子化問題とか色々な問題をあの時代から予言してる
ユダヤ人弾圧に関してもそもそもユダヤ人自体にも問題があったのは事実だろう


221 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 04:50:03 ID:???
↑でかい釣り針だなぁw

222 : (*^ー゚)b グッジョブ!! ヒトラー!!:2011/01/31(月) 05:14:33 ID:yikbQH8G
>>220 > ユダヤ人弾圧に関してもそもそもユダヤ人自体にも問題があったのは事実だろう

母国を愛し抜き、
私利を捨て身を削り戦い抜いて、
米軍の尻穴を舐める責任を逃れせず、
散った男ヒトラー。

ユダヤ人とその結社フリーメイソンリーによる経済支配に風穴を開け、
現在の様に複数の人種が経済競争できるまでに「欧州を正常化」させることに成功した。
その点において、全ての泥を被る覚悟を持って遣り遂げたのであり、
本人ゎ現在の扱ぃにも納得付くであろぅ。

フリーメイソンリーが野放しである限り、黒人やイスラムを含む全世界に平和が訪れることゎない。
(イスラム教との対話ゃ各国民主化内政問題などゎまた別の課題)
まず、ユダヤ人とイスラエル国民とフリーメイソンリーの全てを監視下に置くか、根絶する必要が有る。
「秘密」にする = 「悪巧み」している
この解釈で何ら問題ゎ無ぃ。
「結社の自由ゃ権利」などと言ぅ「フリーメイソンリー視点の法理」など、言語道断。
これゎ「テロ結社の保護法」と同義であり、公共の福祉に反した「間違った理念」である。
第2次世界大戦以前のユダヤ人による悪行および、
今も暗躍しているフリーメイソンリー(エシュロン含む)につぃて、
アメリカ建国の父の9割が、天皇が服従した占領軍司令官マッカーサーが、
フリーメイソンリー構成員であると言ぅ「事実」を日本義務教育で扱わず、
すなわち「隠蔽し続けている状況」でゎ、国家と民族と言ぅ定義を正常に判断できる成人ゎ育まれなぃ。

戦時の自国領に、特定民族の「秘密結社すなわち敵国に本拠を置ぃて居る情報網」が蔓延っておれば、
適切なる対処をするのゎ指導者として当然のことであり、それを国民が望んだからこそ
ヒトラーゎ民主政治の選挙によって正当な指導者に成れたのであり、看板に偽りなし。
目標の大半ゎ成し遂げたと言っても過言でゎなぃ。 見事であったと言ってやるべきだ。
根本的なシステムに欠陥の有る、「共産主義」などに身を売ったスターリンが生き延びたのこそ残念。
俺がヒトラーの立場なら、イギリスを占領するまでゎソ連と開戦ゎしなぃ。
その辺、なぜそうしたのか疑問に思ぅ。

223 : (*^ー゚)b グッジョブ!! ヒトラー!!:2011/01/31(月) 05:19:57 ID:yikbQH8G
>>219
正式な政党名ゎまだ決まっていなぃ(登録されていなぃ)が、
その者が出馬する際の「マニフェスト」にゎ、
国債1,000兆円(内800兆円以上が自公政権)の全失効と新銀行の設立支援法、
改憲による天皇廃止大統領制および核武装を掲げる点だけ確定している。

http://unkar.org/r/entrance2/1287303161#l159

政党名ゎおそらく「ダンガイ」と成ることだろぅ。

「ダンガイ」とゎ「弾劾」の意味であるが、
無効票の回避を目的に片仮名表記とし、「党」の字も抜く。

我が国ゎ 断崖絶壁=後が無ぃ との暗喩も含んでいる。

224 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 06:08:08 ID:???
人は敗者の歴史から負けない方法を学ぶ
ヒヨコは敗者から負け方を学んでそのまま実践する

225 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 06:16:49 ID:???
負けっぱなしの自分の経験から何も学ばず
同じ負け方を繰り返すだけだもんなあ
確かに、ヒヨコはヒヨコ自身から負け方を学んでそのまま実践している

226 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/31(月) 08:25:39 ID:yikbQH8G
>>224-225
まぁ落ち着けw
そろそろTWGPとプリズム・スターに戻るし、これから挑戦するんだからw(クス

227 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 08:33:31 ID:???
ヒヨコはフリーメーソンをもの凄く勘違いしているねぇ。

あれは単なる互助会。
今は亡き、うちのひい爺さんも都内のロッジの会員だったもの。
会費2万円程度だったと聞いている。
たまにフリーメーソン有志でボランティアやるんだよ。
神社のゴミ拾いとか教会の草むしりとか。そんなもんだよ。

228 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 08:38:07 ID:???
あ、そうそう。その気になればヒヨコもメーソンに入れるよ。
ただし、無宗教の人間は入会できないけどね。
問い合わせてみたら?
知り合いの輪が広がると思うよ。

229 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/31(月) 09:22:53 ID:yikbQH8G
>>227-228
だったら何で秘密にしてるの?
しかし、ユダヤの家畜に成れてそんなに嬉しいか?
呆れ果てるゎ(失笑


逃がす気ねぇーょ官憲も俗に言ぅフィクサーって呼ばれてる連中もなw


警察ジャーナリストの黒木昭雄、警察組織に殺害される
http://unkar.org/r/anime/1288811376#l39
39 :風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage]:2010/12/04(土) 14:56:05 ID:pKt7n+FH0
こういう小さなニュース(認知度的に)が、確実に色んな人の警察への見方を変えていく
将来大きな権力を持つであろう人のもね。長い目でみて、こういう事は続かないよ
まぁ今の黒幕の頭とかヤリ逃げだけど

230 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/31(月) 09:36:59 ID:yikbQH8G
>>222修正

母国を愛し抜き、
私利を捨て身を削り戦い抜いて、
米軍の尻穴を舐める責任を逃れせず、
散った男ヒトラー。



米軍の尻穴舐めたどこぞの売国皇と違ぃ、
母国を愛し抜き、
私利を捨て身を削り戦ぃ抜ぃて、
国と民の誇りを汚すことなく散った男ヒトラー。

231 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/31(月) 09:49:05 ID:yikbQH8G
>>220 > 今問題になってる少子化問題とか色々な問題をあの時代から予言してる

ゃはり預言の能力を備えて産まれ来るものなのだなぁ・・・
それが「因果律に選ばれし者(因果律を動かせる者)」の標準スペック。

232 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 10:13:57 ID:???
無知なキチガイが軍板居ついちゃったか…

迷惑かけるのはヤマトスレだけにしとけよ

233 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 11:26:35 ID:???
そもそもナチやヒトラー関連スレってキチガイホイホイじゃん。

234 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 13:25:51 ID:???
>それが「因果律に選ばれし者(因果律を動かせる者)」の標準スペック

↑これを中学生が言うのなら「ああ、中二病か」で済むが、
問題はこれが46歳の大人の発言ということだ。

235 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 17:40:40 ID:???
ヒトラーは真剣に魔術などの文献を研究してたんだが、
>>232-234がその程度も知らないバカって点だけ明らか。  ┐(゚〜゚)┌

236 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 19:39:44 ID:???
>>227
だいたいの支部はそんなもんだろうけど
イタリアのロッジP2みたいなのも実在したからねぇ

237 :名無し三等兵:2011/01/31(月) 19:40:10 ID:UWiTEpZ7
>>235
それはヒムラ―では・・・・・

総統のオフレコ発言
「(城を買ったりアジアに探検隊を出したり)
あいつの道楽に一体いくら金を出せばいいんだ?
チベットくんだりまで行ってアーリア人の古代の秘密でも探るってのか?
屋根裏のオバケを探すような話じゃないか」


238 : (´ー`)y─┛~~ :2011/01/31(月) 21:25:32 ID:yikbQH8G
>>237
それとて、ヒトラーの許可で動いてるわけだから

>>234
「悪魔」って実在すると思う?
ぉ前ゎ屁垂れな書き逃げチンカスで返答などしなぃだろーが、決着つけてゃるぜw

239 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 03:39:36 ID:???
ナチス高官のオカルト趣味って、大概、連中の知性を貶める目的で流されたデマのたぐいだろうに
一部マジキチもいたようだがw
オカシイ子はナチスを拠り所にするよね
普通の人は、こんなの信じるなんてばっかで〜wだから負けんだろ〜wで取り合わないんだがw

240 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 04:16:46 ID:gyxu7/0m
そのくせ神仏に祈る矛盾にすら気付かぬ下等生物ぶりゎ他に類ぃなかろぅょ(失笑
何かしらの宗教観を信じている時点で目くそ鼻くそなのだがなw ┐( ̄ー ̄)┌ フッ


政党「ダンガイ」による天皇狩りを終えた日本ゎ、
尖閣油田と竹島メタンハイドレートを元手に宇宙進出。

衛星軌道の軍事的掌握 + 軌道エレベーター建設

地球⇔月のラグランジュポイントに中間補給基地を建設

月資源(核融合用ヘリウム3など)を独占

火星領有権獲得

太陽系人口の70%を大和民族に

241 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 04:24:25 ID:gyxu7/0m
チリ共和国大統領の台詞(板名表示アイコン)
中々良いでゎないか。
あれ、シリーズ化して欲しぃもんだな。

242 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 05:02:16 ID:???
>240
興味深いです。もう少し細かい点も書いていただけませんか。
それから、そちらの予想では西暦何年ごろにこのような事が
実現するとお考えでしょうか?

243 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 05:55:52 ID:gyxu7/0m
>>242
はっきりしている点ゎ、「挙国一致でなければ実現し得なぃ」という絶対条件。
そのための踏み絵が天皇狩りであり、
国民が意識を変え、確固たる目標を定めようとするか否か。ここが、最初のハードルであり、
>>223ゎ手ぬるぃ「政治改革」などでゎなく、抵抗する内乱者を戦車でひき殺すレベルの「革命」に等しぃ。
このハードルで内戦に発展する場合、実現の時期ゎ大きく後退する。
天才たるダンガイの指導者が暗殺された場合、実現は無い。
猿マネは所詮マネごと。豊臣秀吉の朝鮮出兵および政権倒壊と同じ結果が待つばかりであり、
ダンガイの指導者を暗殺した後に、日本を支配する首魁が同じく日本人とゎ限らなぃ。
衆議院議席34%を単独政党で獲得せねばならなぃ。
2013年→2017年→2021年[ダンガイ政権]→2024年[核兵器保有完了/尖閣問題決着]
尖閣問題で中華と核戦争に発展する可能性あり。

核戦争なしで決着の場合
2025年[北方領土奪還]ロシアと核戦争に発展する可能性あり。

核戦争なしで決着の場合
アジア共同体(日本/台湾/インド/モンゴル/東南アジア各国)を構成
国際連合体GPU(ガイア・プロセッサー・ユニット)を結成し、核武装自衛隊を「GPU軍」主力とする

2026年[小型2室軌道エレベーター建設開始]→2036年[軌道E完成/大型E併設着工]→2038年[衛星軌道軍事基地完成]→

→2048年[地球⇔月間補給基地完成]→2050年[月資源採掘開始]→2053年[核融合燃料輸出で好景気]→複数の宇宙コロニー建造

244 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 07:19:34 ID:???
>>238
>それとて、ヒトラーの許可で動いてるわけだから
ヒトラーの命令でないことは認めるのね
しかし「オカルト主義者の上司なら必ずオカルト主義者」というのも乱暴な論理だなあ

>「悪魔」って実在すると思う?
何が言いたいのかいまひとつはっきりしないが、実在すると貴方が思っているなら、
実在すると思っている側が実在の証拠を挙げるべきでしょう

>>243
政権握ってわずか3年で中共と核戦争できるほどの核武装ねえ
貴方に軍事知識(および科学知識)が決定的に欠落しているのが判りました

245 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 07:38:41 ID:???
>>244
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1288623901/
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1295092183/

この惨状を見てから言ってやってくれ…
いやまあわかってるんだろうけどw

246 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 08:45:09 ID:gyxu7/0m
>>244
> 政権握ってわずか3年で中共と核戦争できるほどの核武装ねえ
> 貴方に軍事知識(および科学知識)が決定的に欠落しているのが判りました


それゎ単にぉ前のスペックが低いからw
ぉ前のスペックを基準にすると、普通に実現できることも失敗に終わってしまう。
誰がやっても大差ないと言ぅ単純なもんぢゃなぃからね軍政ってのゎw
現時点でも原子力発電施設を用いて核弾頭の製作ゎ可能だし、インドとの国交ゎ良好だしねw(クス

まぁ地べたを這いずるだけしか能が無ぃぉ前が気にする必要ゎなぃから
せぃぜぃヤマトスレでアホな自演でもやってろょ高卒並み屑脳な道端の犬クソ(ニヤニヤ

247 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 13:36:02 ID:gyxu7/0m
国債1,000兆円を無効化すると、毎年垂れ流していた利払ぃ分が丸々浮くし、
「天下り4,000団体」の構成員を徹底弾劾することで吸い上げられる資産見込みゎ
最低でも500兆円で俺様の見立てぢゃ1,000兆円超えwww
つまり天皇狩り政権ゎ借金1,000兆円状態から一気に貯蓄500〜1000兆円の国力となるw
それらを全て軍備に注ぎ込んでも、毎年の税収ゎ得られるわけだからなw
しかも弾劾で奴隷を確保できるし、内乱犯罪者ゎ臓器移植素材としてオークションに掛け換金する。
1人から採れる網膜ゃ肝臓ゃら複数アメリカ人を客にすれば1体トータル1億円を軽く超えるしw

ともかく、大陸弾道核弾頭を量産して相手国の迎撃力を上回れば決着だょw
つぃ先日も国産ロケット打ち上げ成功したんだろ?(クス

248 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 13:49:16 ID:gyxu7/0m
>>243 2026年[小型2室軌道エレベーター建設開始]→2036年[軌道E完成/大型E併設着工]→2038年[衛星軌道軍事基地完成]→

軌道エレベーターゎ物資の上げ下げができりゃokだから、パイプゃワイヤー軌道レールでも充分。
静止衛星軌道が上空3万6千キロだから、そこまでカーボンなり新素材なりで吊る下げて繋げにゃならん。
輸送速度を考えれば真空内を電磁石で推進とかが理想なんだが、最悪、
ロケット噴射で打ち上げる方式としても、軌道計算ゃ故障での失敗ゎ無くなる(噴射エンジン爆破でも無ければ)。
尖閣油田とメタンハイドレートでロケット燃料ゎ賄える可能性が高ぃしw

249 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 14:13:04 ID:???
いつのまにか「ぼくのかんがえたみらいのさいきょうこくにっぽん」開陳スレに
なっていてワロタw

250 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 14:19:39 ID:???
なんか兵頭二十八が厨房になったような内容だなw

251 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 16:08:22 ID:???
>248
軌道エレベーター基地が建造される地域はどこでしょうか?
それからこのエレベーターとスペースコロニーを建造することによる
経済的メリットはどこにあるのかもお願いします。
もうひとつ、コロニーの形状は色々と考案されていますが、
どのような形状のコロニーに何名の人間が居住することになりますか?

252 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 16:29:58 ID:???
核保有してケンカ売って
軌道エレベーターとかコロニーとか、格好のテロ対象だなw

253 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 17:43:25 ID:???
なんかガンダムSEEDみたいなお話だね

254 :名無し三等兵:2011/02/01(火) 19:01:35 ID:???
>>252
多分最終的にガンバスターをつくる気なんだよ!!!

255 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/01(火) 21:15:21 ID:gyxu7/0m
>>251
核融合ゎ核分裂ょり大きいエネルギーを生み、兵器としても原爆より上位に有る水爆だ。
核融合産業、さらに22世紀における反物質産業、金星/火星テラフォーミング事業で首位を維持する必要が有る。
「民族」「国家」の本能であり、経済的メリットゎ上記を可能たらしめる点。 指導者ゎそれを実現すべく努める責任を負う。

場所ゎ赤道も良いが、傾斜を要す日本列島に建造して途中まで電磁力で補助する方式なども検討したい。
赤道に措いてゎ、海路で日本に最短距離の友好国を建造地とする(おそらくインドネシア共和国に決まる)。
コロニーの主目的ゎ衛星軌道防衛/月面開発/軌道エレベーター建設事業の住環境確保で、
形状についてゎそれぞれの目的に応じ適切であればよく、現段階で絞り込んでゎいないが、
SF作品ガンダムに出てくる中空型ゎ不採用とする。 その理由ゎ、戦時に外殻が破損した場合の脆弱性。
・ 遠心力による人工重力を発生させる回転構造(おそらく円筒ないし連結リングで棒状になる)。
・ 太陽光を活用できる機構を有する。
・ 造船技術の如く、区画で隔てた設計。
・ 人工海水など自立した生物サイクル区画を有する。

開発予定兵器(一部) http://unkar.org/r/entrance2/1281439879#l1000
・ 生物/化学を含む既存兵器(原子力空母/潜水艦/イージス艦を建造,国産戦闘機)
・ 無人ロボット兵器(車輌/飛行/潜航)
・ 強化服(パワードスーツ)
・ 電磁波照射兵器(アクティブ・ディナイアル・システムなど)
・ 電磁投射砲衛星(サテライト・レールガン)
・ 熱核砲衛星
・ 太陽光集束式衛星軌道兵器
・ 反物質/極小ブラックホール/中性子弾頭
・ オゾン/バンアレン帯干渉兵器

256 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/02(水) 22:15:39 ID:???
お前さんの言ってる事ヒトラー関係なくね?

257 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 00:02:59 ID:???
>>256
ダイジョブ、そのうち南極と月面にできたナチスドイツの宇宙基地と、火星のアメリカ基地の
話が出てくるから

258 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 00:35:40 ID:???
SFはスレチ

259 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 00:40:35 ID:???
SFというか妄想と現実を区別できないのが紛れ込んでいるな

260 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 06:53:50 ID:???
>>257
そして麻雀勝負が始まるのか

261 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/03(木) 08:17:04 ID:C0IQ1ywr

Science Fiction も著作された「現実」の一部www

頭ょゎぃねぇ〜 ぉ前らwww


2017年までに衆議院選挙で出馬するんで宜しくw(クス
此処と下記スレで試行錯誤して行くことにするwww(うはっ


昭和天皇に戦争責任はあったよな!Part25
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1291436509/311n-

ヒトラーの何が悪かったのか考察するスレ3
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1284952372/230n-

「天皇制は、支配者が国民をダマスための手段だ」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1239384395/531n-

天皇とA級戦犯と軍人と戦争責任
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1221971356/471n-

ナチスは本当に間違っていたのか?
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1230918953/441n-

262 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/03(木) 08:24:43 ID:C0IQ1ywr
>>261訂正

2017年までに衆議院選挙で出馬するんで宜しくw(クス

天皇狩り提唱者ゎ、2017年までに衆議院選挙で出馬するんで宜しくw(クス

263 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 13:59:08 ID:???
>262
予言的中率70%とのことですが、出馬する人物名はどうですか?

264 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 19:09:14 ID:???
おいっす。ヘルシングスレとディルレヴァンガースレ
ラウンジクラシックでお会いしましたがひさしぶりですね

ヒヨコさんってガチで左翼なのね。ある意味ぱねえな

265 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/03(木) 19:15:27 ID:???
著作した程度で現実が捏造できるならあたしゃスタートレックの
物質合成機にIT革命を持ち込んで3Dフォトショをやります。

…こいつを使えばどんな醜女も非物質化されてる間にデータをいじくって
絶世の美女になれるわけですが、私はそれを秘密にして自分自身を何度も
若返らせて不老不死を手に入れますね、うん。

266 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 19:21:57 ID:???
サイエンス・フィクションつ〜よりもSci-Fiだな

「ユーリカ」がついにDVDレンタル開始だよカーター保安官!!

267 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/03(木) 20:14:56 ID:C0IQ1ywr
ヒヨコ戰艦ゎ帰化しない在日朝鮮人を奴隷化する方針だが、
デモ活動に参加するなど公安委員会に顔を撮影されてる
歴としたブラックリスト登録者だょ。

昨年ゎ天皇に向け「罪人として裁判にかけてから斬首刑にする」と、
宣告の内容証明郵便を「実名」で送りつけている。

http://plaza.rakuten.co.jp/hiyokosenkan/



>>265

ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXcょ、人間がなぜ夢想するか判るかね?

それゎな、広義において「実現可能な事だから」なのだょw

つまり、夢想ゃ著作の内容ゎ時間ゃコストこそ要すものの実現が可能なのだょw

ましてぇゃ>>255などあらかたゎ基礎技術を達成しているのだから絵空事などでゎなぃwww



268 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 20:18:10 ID:???
つかまらなかったのか…公安にマークされてる?

269 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 20:19:36 ID:???
>基礎技術を達成しているのだから絵空事などでゎなぃwww
基礎技術を達成しているのと、妄想を実用化するのとでは天と地ほどの差はあるけどな

270 :名無し三等兵:2011/02/03(木) 20:20:17 ID:???
ヒヨコさん、こっちに来ていただけますか

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/eva/1294152124/l50
衒学的でなかなかいいスレです

271 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/04(金) 16:23:57 ID:6pg8puZu
>>269
夢想できねば「始まりすらしなぃ」と知れょ金魚鉢の中のぉ魚ちゃんw(クス

「はやぶさ」カプセル投下技術はまじやばい http://p2.chbox.jp/read.php?host=yuzuru.2ch.net&bbs=war&key=1276447598&ls=78-108n

「天皇狩り」提唱者ゎ、2017年までに衆議院選挙で出馬するんで宜しくw(クス
現天皇に敗戦責任を取らせ、大統領制/州制/核武装に移行し、帰化しなぃ在日朝鮮人ゎ「奴隷」にする。
米英を3度に亘り焼き払う核保有量で北方領土を奪還し、尖閣油田と竹島を保全し、衛星軌道を軍事的に掌握する。





天皇制廃止・共和制樹立 1 http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1284922956/289n-





272 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/04(金) 18:12:21 ID:???
夢想できる事が全て実現可能ではないんですけどね…

妄想力こそ全てだったらどこかの半島に敵う国など存在しないわけで

273 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/04(金) 18:39:37 ID:6pg8puZu
ぉ前にとっての不可能が
他者にとっても同じぢゃなぃと
ぃぃかげん社会に出て学習してこぃ



尖閣諸島問題は、満蒙問題の形を変えた再現
http://p2.chbox.jp/read.php?host=kamome.2ch.net&bbs=history2&key=1286460981&ls=all

「はやぶさ」カプセル投下技術はまじやばい
http://p2.chbox.jp/read.php?host=yuzuru.2ch.net&bbs=war&key=1276447598&ls=78-108n

274 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/05(土) 20:14:52 ID:???
時間と予算を考えろっつってんだよ。

275 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/05(土) 21:21:11 ID:BrNmnrmV
>>274

>>243の通りだょw
原爆で先を越されてまだ判らんのか下等生物www

276 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/05(土) 21:37:05 ID:???
アンカーと原爆の関連が今ひとつ不明なのですが?

第二次大戦に関して言えば、日独の原子物理学は
米国より一日の長があったにもかかわらず、投入した
資源が違いすぎて実用化前に戦争が終わってしまったわけだし
北朝鮮に関して言えばあれが本当に原爆の作成に成功したかは怪しい

277 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/05(土) 21:43:52 ID:BrNmnrmV
時間と予算ぢゃ「勝てる戦略」ゎ組めんと言ぅことょw
「勝てる戦略」とゎパラダイムシフトの想定ゃ因果律を考慮した戦略のことだw

278 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/05(土) 22:21:33 ID:???
パラダイムシフトがあってもそれに金を払う
人間がいなければ戦場へは投入できない。

…戦車の開発なんか独仏が先行してたくらいなのに
真っ先に実用化したのはイギリスだったでしょ?

そして戦略の世界で因果律の意味するところとは即ち
"開発しなかった兵器は配備できない"

…君は技研本部の人達が贋物のレポートでお茶を濁して
本当は研究予算をねこばばしてるとでも思っているのかね?

279 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/05(土) 22:40:19 ID:BrNmnrmV
技術屋ゎ開発に専念しておれば良ぃのだ。
原爆を先に開発されてどぅなった?
真珠湾奇襲の戦果を研究もせずに、戦艦武蔵の建造を見直さずどぅなった?
ぉ前ゎ現実を直視できなぃミヂメな視野狭窄でしかなぃのだょw

280 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/05(土) 22:45:26 ID:BrNmnrmV
そもそも兵器などと言ぅ物ゎ損耗して当然の使い捨てでしかなく、
それゆえにワンオフ設計でゎなく量産による互換体制が重要と成る。
3機の破損機体から使える部品を抜いて1機を動かせるようにできるシステムこそ重要。
ぉ前たち軍ヲタにゎ合理性の視点が著しく欠如している(失笑
だ・か・ら負けるのだょぉ前らゎwww

281 :名無し三等兵:2011/02/05(土) 23:04:59 ID:???
いやでも核開発はどーだろ。
大甘に見てアメリカと同時期に開発できたとしても、ロールアウトする頃には国が無くなってるぜ。

282 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/05(土) 23:15:15 ID:???
>>279
日本がさっさと航空主兵に舵を切るも
予算不足で旧式の戦艦が更新できなかった事を知らないんですね
他人を視野狭窄とか言う前に少しは資料を掘ったらどうですか?

…というか損耗前提という立場でやると確実に国力に勝る方が勝つのは
見えているわけで、だからこそ国力に劣る陣営は性能特化を考える
わけなんだが、兵器開発史ではこれすら基礎レベルの話なんですが

283 :名無し三等兵:2011/02/05(土) 23:32:28 ID:TfCr5jR2
松原団地に住み着いていたホームレスの風間さんは
ある時から急に高級腕時計をするようになった
それから程なくして、トラックに1km引きづられて死亡
しかも松原団地から10kmも離れた場所で(これは新聞記事にもなった)
推測だが、腕時計や服などと引き換えに
生命保険にサインをさせられたんじゃないだろうか?

284 :名無し三等兵:2011/02/05(土) 23:36:11 ID:???
>3機の破損機体から使える部品を抜いて1機を動かせるようにできるシステムこそ重要。
「アレ」以外の人なら知っている事だとは思いますが念の為
上記を「共食い整備」と言いますが、これは機体の信頼性を低下させる為通常では行われません
破損した機体から取った「使える部品」は実際には使用済みな為に磨耗・損耗しているからです
この為、共食い整備した機体は、通常の整備をした機体より信頼性が遥かに劣り、
それ故どうしても共食い整備しか出来ない場合を除いて行われる事はありません
当然、最初から共食い整備を行う事を前提としたシステムもありえません
おそらく「アレ」は部品共通化の意味を取り違えているのでしょう

285 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/06(日) 01:43:21 ID:1qBRKDJB
ぉ前ら・・・>>193の通りだぜw
こんな便所ちゃんねるチンカスダンゴムシどもが足元にも及ばぬ秀才どもからより抜きの
ヤンキーどもが出した「最も可能性を有する結論」ゎ、
ぉ前らゎ勝てなぃ。
合理性と論理性を兼ね備えた者でなければ残れなぃ。
命を削りあう「戦争」と言ぅ現実ゎ「シビア」なのだょ坊ずどもwww

286 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 02:14:51 ID:???
独裁



287 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/06(日) 02:34:05 ID:1qBRKDJB
>>285ゎ誤解されそぅだな。ちょぃ修正

ぉ前ら・・・>>193の通りだぜw
こんな便所ちゃんねるチンカスダンゴムシどもが足元にも及ばぬ秀才どもからより抜きの
ヤンキーどもが出した「最も可能性を有する結論」ゎ、ハワイ占領案。

つまり、ぉ前らの思考法でゎ、何度やっても勝てなぃ。
合理性と論理性を兼ね備えた者でなければ残れなぃ。
命を削りあう「戦争」と言ぅ現実ゎ「シビア」なのだょ坊ずどもwww

288 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 05:41:31 ID:???
>>285>>287の修正にいかほどの意味があるのか、無知蒙昧な俺にはワカンネ

289 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 06:24:17 ID:???
まぁ千葉県松戸市在住の馬鹿は放置で

290 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 07:55:27 ID:???
ハワイ攻略スレでさんざん教えたのに、未だに理解できず、
「キルレシオ5倍なら戦力も5倍」とか言ってるしな
その時点でお話にならない

291 : (´ー`)y─┛~~  ◆YK/jqQHtcg :2011/02/06(日) 09:34:09 ID:1qBRKDJB
>>290
反論ゎソースURLと該当引用で行え。
ぉ前が実行できた試しが無ぃけどなw(クス
その負け犬の遠吠え聞き飽きたゎw
また、捻じ伏せて貰ぃたぃのか?
アメリカ合衆国・国防総省ブレーン集団に匹敵し得る天才の頭脳によってwww(ニヤニヤ

292 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 09:46:49 ID:???
>>291
お前も実行できてないけどな

293 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 10:29:31 ID:???
>アメリカ合衆国・国防総省ブレーン集団に匹敵し得る天才の頭脳によってwww(ニヤニヤ

えっ、どこ?どこ?どこにいるの?そんなの ??(゚Д゚≡゚Д゚)??


294 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/06(日) 11:36:44 ID:???
当事の日本の国力では不可能だったからハワイ占領は無しだったんでしょうに

だいたい日本側の戦争目的にしてからがまずアメリカと一戦して勝利を収め
その間に譲歩を引き出すというものだったから、必要なのはアメリカの
領土を奪う事ではなくアメリカに勝ったという事実を作る事なんだが。

295 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 12:56:21 ID:???
>>291
反論以前に「キルレシオ5倍なら戦力も5倍」というのが現実と乖離していることを理解できない時点で終わっているのだけどな
つーか「キルレシオ」というのが何かすら多分理解できてないのだろう

296 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 17:52:31 ID:???
>295
たぶん今頃ネットで調べてるんだよ、松戸の無職さんはw
手元に何の資料も無い人だからね。
どんな書籍所有してるか訊いてみると楽しいよ。

297 :名無し三等兵:2011/02/06(日) 19:01:26 ID:???
>>294
その戦争目的は結果的に譲歩する気が一切なかったから実現不可能というのは置いといて
それで意思統一されていたかすら非常に怪しい件

298 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/02/07(月) 17:24:18 ID:???
それは対中戦でも同じ病気が出ているが、
政府がどうにか話を纏めようとしたところへ陸海軍が功名争いを始めて
結局負けるところまで持っていってしまうというアホさが問題なのよね。

299 :名無し三等兵:2011/02/08(火) 15:52:53 ID:???
>>298
支那事変の終結失敗はさすがに近衛が馬鹿だったせい

300 :名無し三等兵:2011/02/08(火) 20:43:51 ID:???
>>299
陸軍が話を纏めようとしたところへ政府(近衛)がひっくり返した例だよね>支那事変の終結失敗

・・・なんとなく、鳩山前総理の普天間移転ひっくり返しを思い出した

301 :名無し三等兵:2011/02/09(水) 09:45:42 ID:???
おんぎゃぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁっぁあぁぁぁっぁあっぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

302 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/25(金) 13:05:07.51 ID:yOQnxyD7
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1294980559/663n
911テロは、1990年以前からユダヤ人(New World Order:新世界秩序)が計画してた自演。
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hato.2ch.net&bbs=entrance2&key=1294980559&offline=1&ls=663



天皇制廃止145
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1297247446/927-929n

http://p2.chbox.jp/read.php?host=yuzuru.2ch.net&bbs=seiji&key=1297247446&ls=all

http://unkar.org/r/seiji/1297247446#l927

「不可侵条約」ゎ、絶対条件として下記を満たす。

1. 締結対象国の批准を伴ぃ、北方領土、竹島、尖閣を含む日本領を国連に申請済み。
2. 1項に反する政府代表の表明ゎ宣戦布告として扱ぅ。
3. 特定人口都市に、外交特権を有する日本親善地区を設ける(施設内に核弾頭を保管し、違約したら爆破する)。





   日  本  保  全  な  く  し  て  人  類  に  生  き  る  資  格  な  し  。





303 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/25(金) 13:16:25.14 ID:yOQnxyD7
>>294 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc
> 当事の日本の国力では不可能だったからハワイ占領は無しだったんでしょうに



下記ログの通り、ハワイ占領ゎ充分に可能(さらに、開戦時の日本勝率ゎ99%)




ハワイ攻略
http://unkar.org/2ch/search.php?q=%83n%83%8F%83C%8DU%97%AA




304 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 07:38:17.24 ID:???
そのログ見ても、キルレシオや索敵線を理解してない者が一人で「可能」と言い張っているだけ

305 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 09:09:21.05 ID:???
ぽんぎゃぁぁぁぁ!

306 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/27(日) 12:16:18.42 ID:DHEKiOwX
キルレシオを理解してないとの立証が果たせないのゎ論破された側が現実逃避してるだけって実態だからw(クス

307 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 13:08:39.63 ID:???
「キルレシオ5倍なら戦力も5倍」と言っている時点でキルレシオを理解してないことが立証されているのだが

308 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/27(日) 16:12:14.34 ID:DHEKiOwX
3倍って言ってるぜw

そもそもキルレシオを考慮した解析を見た試しがないが、
ぉ前らどんだけアホな屑脳なんだょとwww(失笑

309 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 16:19:06.55 ID:???
>>308
>3倍って言ってるぜw
>そもそもキルレシオを考慮した解析を見た試しがないが、

お前さん、このスレで前にこう書いているのだが

>>198
>そもそも戦闘機のキルレシオが5倍なら単純計算で日本軍空母1隻が米空母5隻の戦闘力を持つってことだぜw

自分の書いたことを都合よく忘れるのはデフォですか

310 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/27(日) 16:28:53.89 ID:DHEKiOwX
>>309
「尤もこれゎ机上の話しでしかなぃが」ってその文でも書いてるだろw
で、実質3倍程度ってのが現時点でも主張だから情報を更新しておけ高卒並み屑脳な道端の犬クソちんw

311 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 16:38:09.81 ID:???
>>310
「机上の空論」であってもキルレシオを理解していれば戦闘力何倍とか言わない
未だに(しかも姑息に5倍から3倍と替えても)戦闘力3倍と言っている時点でキルレシオを理解してないことを露呈している

312 : (´ー`)y─┛~~ :2011/02/27(日) 17:00:20.53 ID:DHEKiOwX
>>311
逆にぉ前が理解できてなぃから説明できないんだろ?
説明してみせるならまだしも、理解できてなぃオマエが何を書ぃても説得力ねぇーょマヌケwww

313 :名無し三等兵:2011/02/27(日) 23:04:29.26 ID:???
>>312
ん?それは「説明してください」というお願い?
はっきりいって説明するまでも無い単純な話なんだが

まあ「理解できていない」者にはこんな単純な話でも荷が重いか
じゃあ一つヒントをあげよう
「キルレシオ」という単語の意味を良く考えてみること
そうすれば普通の知能の持ち主なら理解できるはず

314 :名無し三等兵:2011/02/28(月) 06:54:19.54 ID:2w/swP/x
日本は傀儡要人に、監視役をつけていた

http://s1.shard.jp/rabbit1/0202/2/114_4.html

ヒトラーの最期にいた周囲の7名のチベット兵が、まさにその役だった。

315 : m9(^Д^)プギャー :2011/02/28(月) 11:48:38.20 ID:SWmG9Elp
>>313
やっぱり理解できてなぃんだなぁ〜 ぉ前ゎwww(ゲラゲラ

316 :名無し三等兵:2011/02/28(月) 22:12:03.91 ID:???
>>315
それはこっちの台詞なんだが
「キルレシオ何倍なら戦闘力も何倍」と言ってる時点でキルレシオを理解してないのは明白なのに
しかもヒントも出してあげたのに

とりあえず最後のチャンスをあげよう
「キルレシオ」とは何か、意味を言ってみな
意味を把握しているから使ったのだろう?
答えたくないなら答えなくてもいいがその場合、あんたは「意味も知らない単語を使って恥をかいた間抜け」ということになるだけ

317 : (´ー`)y─┛~~ :2011/03/01(火) 14:36:46.16 ID:Chg1pqn9
キルレシオに圧倒的な差が有るのに戦力が一緒とか言ってる>>316ゎ、
今風で言えば、ガンダムもザクも同じ1機だから戦力として対等!(キリッ
って言い張ってる小学生と同レベルwww(失笑
もぅ間抜け云々以前の問題wwwww

318 :名無し三等兵:2011/03/02(水) 00:26:38.36 ID:???
>>317
なんつーか、やっぱりキルレシオを理解してないし、ツッコミどころがありすぎる文章だ
何を警戒しているのか判らんが結局質問には答えないし
まあ、>>316を読んだ上で答えなかったということは、317は自分で「意味も知らない単語を使って恥をかいた間抜け」であると認めたということか

とりあえず明日以降か週末にでも317他のツッコミどころについて解説するわ
1つだけ、本題に入る前にツッコミ
「キルレシオ何倍なら戦闘力も何倍」の否定と「戦力は同じ」はイコールじゃないよ
まあ、そんな小学生レベルのことすら理解できないからキルレシオも理解できないのだろうけど

319 : (´ー`)y─┛~~ :2011/03/03(木) 11:28:51.74 ID:rATgiJVh

もっとも香ばしぃのゎ>>318が“ 理解した気になってドヤ顔 ”なコトwww(クス

320 :名無し三等兵:2011/03/03(木) 23:38:28.97 ID:???
1日以上考えて出した反論が「それ」ですか

321 :名無し三等兵:2011/03/06(日) 20:20:37.11 ID:???
昨日書くつもりでしたが急用があった為、1日遅れでキルレシオについての件です
まずは317の発言の問題点について挙げます
317は、過去の開陳した自説(ハワイ攻略論)の載っている過去ログを何度かこのスレに貼っています
その一つ、>>198にて以下のように書いている
>そもそも戦闘機のキルレシオが5倍なら単純計算で日本軍空母1隻が米空母5隻の戦闘力を持つってことだぜw
>尤もこれゎ机上の話しでしかなぃがそれでも、敵雷撃機ゎ零戦で全て撃墜され、有効な戦果を全く出せず、
>逆に米軍の迎撃機ゎ悉く撃墜されてしまぃ交戦すればほぼ100%撃沈させられてしまぅ。
また>>317では以下のように書いている
>キルレシオに圧倒的な差が有るのに戦力が一緒とか言ってる>>316ゎ、
>今風で言えば、ガンダムもザクも同じ1機だから戦力として対等!(キリッ
>って言い張ってる小学生と同レベルwww(失笑
これらによって317がキルレシオという言葉の意味を理解していないのは自明だが、
(現に>>316で問われても回答できなかった)
その事を指摘してあげても、317は一向に気付かない
一応317にも理解できるレベルで解説するつもりだが、
普通の人なら解説なしで理解することを317は理解できてない時点で今回の試みでも徒労に終わる可能性は高い

322 :名無し三等兵:2011/03/06(日) 20:23:10.90 ID:???
次に317が答えずに逃げ回った「キルレシオの意味」について
非常に単純な話だが、キルレシオとは1回の戦闘または任意の期間における彼我の損失の比率のこと
つまりある戦闘ないし一定の期間において自軍の損失と敵軍の損失の比だ
これだけのことを317はなぜか答えられなかった
直接の回答はしなかったが、このキルレシオの意味を317がどう誤解しているかは見当が付く
>>321に挙げた317の主張の問題箇所から判明する
特に「同じ1機で」と書いている点に注目すべき
317は、キルレシオが例えば5倍の場合、「1機の戦闘機が自分が撃墜されるまでに敵を5機撃墜する」と理解しているのだ
この論は一見正しそうだが、ちょっと考えれば大間違いなのはすぐ判る

さてはじめに書いたキルレシオの意味を見て、普通の人ならある事に気付く
それはキルレシオの算出には期間以外の条件が無いということ
ある戦闘と、それとは別の戦闘では諸々の条件は異なるし、1回の戦闘においても自軍と敵軍の条件は異なる
条件には戦力・錬度・環境・他といろいろあるが、一番わかりやすい戦力で説明する
とある戦闘で10機の航空機が50機の航空機と戦闘したとする
10機側の被った損失が1機で、50機側の被った損失が5機の場合、キルレシオは5倍だ
次に別の戦闘で50機と10機が戦って、50機側の被った損失が1機で、10機側の被った損失が5機の場合、
キルレシオはやはり5倍だ
戦力が10対50だろうが50対10だろうが、損失が1対5ならキルレシオはどちらも同じ5倍だ
だが10対50のキルレシオ5倍と、50対10のキルレシオ5倍では意味が大きく異なる
そして、戦闘で異なるのは彼我の戦力だけではない
ありとあらゆることが異なる
逆に全ての条件が同じという戦闘自体がほぼありえない
条件が異なる以上キルレシオでは戦闘力を測れないのは理解できたでしょう

323 :名無し三等兵:2011/03/06(日) 20:27:10.92 ID:???
キルレシオ5倍というのは1機の航空機で敵5機と落としたとは限らない
10機の航空機で50機の敵と戦って自軍の1機が落とされた代わりに敵5機を落としたかもしれないし
50機の航空機で10機の敵と戦って自軍の1機が落とされた代わりに敵5機を落としたかもしれない
そして実際の戦闘で片方の戦力が全て撃墜されるというのはごく稀だ
全て撃墜された場合でもそれはキルレシオの劣勢側の話だ
つまり1機の戦闘機が自分が撃墜されるまでに敵を5機撃墜するという事はほとんどありえない
これを基準に戦闘力を5倍と主張するのは大きな誤りだ

机上の空論とは机上では正しいが実際には間違っている事をいう
机上ですら間違っている場合、机上の空論とは言わない
「キルレシオ5倍なら戦闘力も5倍」は机上の空論ですらない
単なる間違いだ

当然、キルレシオを基準に置いた317の自説は、前提によって間違いとなる
零戦がいたからって米迎撃機が悉く撃墜されるとは限らないし、
米雷撃機が零戦で全て撃墜されるとも限らない
キルレシオは算出に当たって条件を決めてないのだから、
逆に言えば同じ(または近い)条件の戦闘でなければ同じキルレシオになるとは限らない
それを無視して史実より参加戦力を減らしたり進出距離を伸ばして搭乗員を疲労させたり、
搭乗員を水増ししたり(そうすると錬度が下がる)すると当然キルレシオは史実と異なる値になる
つまりキルレシオをもとに作戦を考えると、前提のキルレシオが変わってしまい結果も大きく変わる
あくまで、キルレシオは似た条件での参考に使うものなのだ

317が過去に開陳したハワイ攻略論は一事が万事この調子で、自分の都合の良い情報を都合の良い方向に捻じ曲げて論を展開している
航続距離の長い大型機を「全方向に」十数機飛ばせば、その大型機の航続距離に敵艦隊がはいれば直ちに察知できるとか
米本土の一部を占領すればそこの工場で作る兵器を日本が直ちに大量生産して使えるとか、
生物兵器を使うために開戦のかなり前から日本国民全員にその生物兵器の予防接種をさせるとか

スレ違いなのでこれで終わります
キルレシオ≠戦闘力なのはこれではっきりしたと思いますが、317は果たして理解できたか

324 :名無し三等兵:2011/03/06(日) 23:00:13.87 ID:???
>>321-323
説明が長すぎる。

キルレシオは被害の相対的割合で以ってする戦闘結果の比較値。
数値が良好ならば必要な犠牲を合理化できる。
1の損失で相手に5の損失を与えた場合分母を1、分子を5としてキルレシオ5とするものとする。

これをもって「単位あたりの戦闘力」は問えるものでない。
その理由は、いくつか例示できるがランチェスター第二法則が成立している場合に
百発百中の誘導ロケットミサイル兵5ユニットと、百発1中の迫撃砲部隊1000ユニットが対戦した場合などを
考えてみるのも一つである。
迫撃砲部隊を1000としたのは低確率の場合、期待値が5となるくらいでは、相手を全滅できる可能性が結構低いからである。

他のもっとふさわしい例としては、
相手を確実に殲滅できる孤島の玉砕戦などで簡単にキルレシオを上げることが出来る。
弱った敵兵に止めを撃つだけの簡単なお仕事というわけだ。

325 :名無し三等兵:2011/03/07(月) 01:46:24.27 ID:???
>今風で言えば、ガンダムもザクも同じ1機だから戦力として対等!(キリッ
決して今風ではないな・・・

326 :名無し三等兵:2011/03/17(木) 14:29:03.41 ID:g7AJae+t
あ、あ、

降りてきますお
なのは、はらさやなマインが
降りた
来たまた

327 :名無し三等兵:2011/03/17(木) 14:37:03.38 ID:g7AJae+t
きこえ?きこえ?る
きく
歌が歌が聞こえるよ!うううう歌があ!
油?
薬か、薬の影響か?配流入るはいるはいるはいるはいるはいるはいるはいる

328 :名無し三等兵:2011/03/17(木) 14:42:48.78 ID:PpbAr4Y8
正直顔が悪かったと思う


329 :名無し三等兵:2011/03/17(木) 15:06:56.75 ID:NKqWaF5E
興味深い事にナチの高官はキモメン集団
オカルトマニアのオタク

イケメンは唯一例外ロンメルのみ

何故か!

330 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/03/17(木) 18:59:54.53 ID:o3y7LaEI
>>329
オカルトマニアも居ればアンチ電波みたいな奴も居た
あんたが何も知らんだけですな。

331 :名無し三等兵:2011/03/18(金) 01:17:59.77 ID:IdgX56dt
だれだよ?
オカルトと殺人の研究と、聖杯と槍とチベットの探検は
とても、あ、あ、あげました
タフネスされてむっ!

332 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/03/19(土) 20:22:37.77 ID:???
まず、ナチ党とその前身といわれるヴリル協会について
一般的な見識を身に付けんとなぁ?

聖杯云々以前にSF小説があったのだよ。

333 :名無し三等兵:2011/03/20(日) 20:27:13.05 ID:fRoWcHzb
総統!
そ、

そ、
うつ
と言われました!言われました!いいいイイ
あばばばば!ぬおおおおおお!!!
薬が、悪いんだよ腐っている薬薬!!!くすり!!!イイアイイ!!!

総統は薬で、薬!!!

334 :名無し三等兵:2011/03/20(日) 20:48:05.22 ID:y3+fCGwf
英米に喧嘩売ったとこ。

335 :名無し三等兵:2011/03/20(日) 21:30:23.52 ID:fRoWcHzb
ヒトラー総統の敵はユダヤ人と共産主義

英米は、書籍で見る限り、いつかはともに戦う同盟的な
見方を、してる

イタリアやヤポンの倭猿が悪かったのか?

でも、ヒトラー総統の言葉で、日本人のスモウレスラーは、菜食主義だ!
と、お褒めになったり、支離滅裂

やっぱり薬漬けになったから、だよ!
チャーチルも躁鬱病で、キチガイだが・・・スターリンは鬼畜だし
倭猿は、上層部が無知無能のカスだし

おまえが、総統なら、どうすろのよ!
え?!ああ!

336 :名無し三等兵:2011/03/21(月) 17:13:12.82 ID:???
>>335
最終的に英米はユダヤの巣窟という立場になるしかないかと

337 :名無し三等兵:2011/03/22(火) 22:56:51.19 ID:rOBy/KJi
幹部が無能

トップは飾りだし、だめだ
日本人はゴミだが、アーリア人もダメダメ

実はユダヤ人と共産主義者が勝ち組?

338 :名無し三等兵:2011/03/22(火) 23:09:26.59 ID:???
>>337
その程度の内容しか書けない
お前の無知無能ぶりには負けるよw

339 :閻魔さくや:2011/03/25(金) 15:41:22.09 ID:???
戦争の後期になればなるほど後退を認めようとしなかったこと
国家元帥が強度のファザコンで おまけにモルヒネ中毒の適切な治療が受けられなかったこと

戦術的後退 戦略的後退を認めてれば たとえばアルデンヌの攻勢で突破はできないにしろ
もっと連合国に出血を強いることができたかも
ドイツ参謀本部はWW1でしょっちゅう後退と戦線整理して持ちこたえてたのに。。。

あと丁稚ドンがニュルンベルグ裁判の時のような頭脳明晰さと強固な意志力があればヒトラーに
諫言もできただろうし ウデットの暴走も抑止できただろうと思います

340 :名無し三等兵:2011/03/25(金) 22:00:00.62 ID:???
>ドイツ参謀本部はWW1でしょっちゅう後退と戦線整理して持ちこたえてたのに。。。
思い切ってベルギー放棄していたなら、第二帝国は崩壊しなかったかもしれないけどなぁ・・・

341 :名無し三等兵:2011/04/14(木) 21:25:22.14 ID:???
ヒトラーって、自身は徴兵拒否やらかしたんだね

342 :名無し三等兵:2011/04/14(木) 21:39:58.42 ID:???
第一次大戦では志願したんだっけ>ヒトラー

343 :名無し三等兵:2011/04/14(木) 23:05:55.04 ID:???
徴兵拒否
オーストリアにが非ドイツ系住民が多いので嫌。
でも法律上、仕方が無く嫌々検査を受ける。
栄養不要で失格。徴兵忌避の前科がついただけ。


志願兵
ドイツのために戦おうと志願。
でもやはり検査で失格。
当時のミュンヘンの貴族に直訴して強引にドイツ兵に。

344 :名無し三等兵:2011/04/15(金) 21:34:50.61 ID:???
芸術学校受験の時も、
一部のデッサンを提出しないで不合格とか。
総統も相当いい加減だなあ。

345 :名無し三等兵:2011/04/16(土) 05:27:06.64 ID:???
若いときから俺様至上主義を貫いていたわけか
さすがだ

346 :名無し三等兵:2011/04/16(土) 18:47:01.40 ID:???
>>344
美大受験に失敗したときも校長に直訴。
そこで絵よりも、建築家の方が向いていると言われ、
それから建築に興味を持つようになった。

347 :名無し三等兵:2011/04/16(土) 23:11:27.68 ID:???
フォンブラウン逮捕事件の時に、
総統自らゲシュタポに出向いて相当説得してやっと釈放になって、
「あいつらは言うこと聞かん」とぼやいてたそうだが、
陸軍首脳ともよく喧嘩したようだし、
案外普通の説教好きなおっさんだったんだろうか。

348 :名無し三等兵:2011/04/17(日) 18:42:22.35 ID:???
皇帝と平民がけんか腰で政治の議論してても
まわりで群衆がニヤニヤして聞いてるってのが
あいつらの文化。議論は自由で結論には従う。

349 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 03:11:26.37 ID:???
ヒトラー名言集

・女性が権力を持った国は数年以内に滅びる

・少数の男性が大多数の女性と性交渉する時代が来る

・老人が多く自殺する国は滅ぶ

・男性は女性と比べ、生物学的にも全てにおいて能力が上。
 だからといって男は女性に優しくする必要はない。
 女性に優しい女性優遇国家は成長しないどころか衰退する。

・一般人までもが近代科学文明に頼るようになると性交渉の低年齢化が進み、
 子供が子供を産む時代が来る

・私は間違っているが世間はもっと間違っている


350 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 03:27:02.70 ID:???
>子供が子供を産む時代が来る
そういや1990年ごろに作られた近未来を予測した番組で、
「高校に通いながら出産・育児するのが珍しくなくなる」というのがあったけど、
実際には結婚年齢も出産年齢も遅くなってきているんだよな

351 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 03:31:23.08 ID:mSDTZpsq
>老人が多く自殺する国は滅ぶ

日本

352 :350:2011/05/22(日) 03:46:10.42 ID:???
訂正
1990年じゃなく1985年だった
で、10年後を予測した番組

353 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 05:32:05.62 ID:y9NUsXjS
キャリアウーマンな側近に君は優秀なだ、君みたいな女性は増えていくんだろうね、しかしね、子供が産まれない民族は滅ぶんだよって言ってたな。

354 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 09:36:08.90 ID:???
ソ連侵攻ではヒトラーの思いつきが大概裏目に出たからなぁ
41年秋にモスクワを占領してたらその後の歴史がどうなったかは興味深い

355 :名無し三等兵:2011/05/22(日) 17:03:07.31 ID:???
>>354
ナポレオンは占領したけど最終的に敗退した件

356 :名無し三等兵:2011/05/30(月) 06:04:09.50 ID:???
>>355
モスクワ占領して、スターリンが死んだらどうなってたか…
独裁国家って頭つぶされると脆いと思う…

独ソ戦でドイツが勝つにはこれしかないと思う



357 :名無し三等兵:2011/05/30(月) 14:14:39.74 ID:???
ユーゴスラビアで反乱が起きなければ、
もう少し早く独ソ戦始まって、
モスクワ占領できなかった?

358 :名無し三等兵:2011/05/30(月) 20:42:32.32 ID:???
んー、やっぱりイタ公だべぇ

359 :名無し三等兵:2011/06/01(水) 21:56:03.74 ID:???
>>356
逆に逃げたり党員証を焼き捨てたりする共産党員が多い中、
モスクワに踏みとどまったスターリンって意外(失礼)と勇気があるのかも。

360 :名無し三等兵:2011/06/02(木) 18:41:41.46 ID:???
>>359
逃げたら独ソ戦初期の致命的判断ミスの責任問われて自分が粛清されそうだったので

361 :名無し三等兵:2011/06/02(木) 19:01:32.98 ID:???
逃げた共産党員は後で粛正されたんかなあ

362 :名無し三等兵:2011/06/05(日) 06:38:42.24 ID:???
タンクデサント

363 :名無し三等兵:2011/06/26(日) 10:11:50.45 ID:???
モスクワとっても補給が。。。

364 :名無し三等兵:2011/06/26(日) 10:32:23.14 ID:???
あそこが落ちると後はほとんどなし崩しだろう
再帰をかけれる場所は…
ジリ貧だろうな

365 :名無し三等兵:2011/07/09(土) 23:02:28.00 ID:???
もうちょっと待って、ソ連が先にポーランドに侵入してれば面白い・・・ひょっとしてソ連が負けちゃうかも

366 :名無し三等兵:2011/07/13(水) 19:05:56.17 ID:???
ラッパロ協定が無茶するポーランドを仮想的に結ばれたにもかかわらず、
当時のソ連は、米英独が同盟してソ連に攻めてくるのを極度に軽快してたから、
先に手を出すことはないと思われ。実際に冬戦争では国連を除名されるし、
(当時では最も重い罰。満州事変の日本ですら非難決議はされても除名なんてされてない)
北からフィンランド、西からドイツ、南から中東米英軍がモスクワ目指して一直線なんていう
妄想戦記全開な計画も、実際に本当にフランスが英国に提案したぐらいソ連嫌われてたし。

367 :名無し三等兵:2011/07/16(土) 21:59:48.58 ID:???
ポーランドがそんなに強いかなあ

368 :名無し三等兵:2011/07/16(土) 23:35:11.59 ID:???
あっ、当時は強いと思われていたんですよ
なんでも、騎兵隊は世界でも精強な方だったとか

369 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 12:47:02.67 ID:???
モスクワを占領された場合ソ連の継戦能力に疑問符が付いて
連合国のソ連援助に支障が出るんじゃないかな
そのあたりドイツの将官は気付いてたみたいだけど
ヒトラーは「将軍たちは経済を知らない」みたいな事言ったあげく・・

370 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 13:00:21.95 ID:???
それはレニングラード占領が前提だと思われ

371 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 18:10:32.13 ID:???
いろいろ分析はあるけど、当時のソ連ならモスクワを失っても、
即降伏とならずにウラル以東に工場などを疎開させて抗戦できると思われ。

372 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 18:14:43.59 ID:???
というか、モスクワ占領が本当に可能だったと思うか?

373 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 18:24:37.86 ID:???
>>371
モスクワの政治的価値をどう見るかでその辺りは評価分かれるんだろうね

374 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 18:25:02.27 ID:???
一時的ならは難しくはないがさて、
首都陥落がどんな影響を及ぼすかが予測がつかないからなんともな

375 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 20:05:39.50 ID:???
どうせモスクワ陥落直前に適当に理由でっちあげて遷都したんじゃない?
ベルリン陥落時はもはや移す先の大都市がなかったけど

376 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 21:14:04.65 ID:???
そうなるとシベリア師団の到着を待って反攻した時にモスクワを奪還できるかどうかで流れ決まりそうだね
1941年の冬にモスクワ奪還に失敗したらスターリンは終了

377 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 22:07:53.10 ID:???
>>375
遷都させない為には東西の両方から攻めるのが重要か
つまり西からのドイツに呼応して東から関東軍が(ゲフンゲフン)

重慶も西からどっかが攻め込んでいれば

378 :名無し三等兵:2011/07/22(金) 22:11:35.06 ID:???
この頃には南進してたからなぁ

379 :パーペン副首相:2011/08/10(水) 01:30:58.26 ID:???
ナチスは操れる。ヒトラーはパペットにすぎない。

380 :名無し三等兵:2011/08/10(水) 14:20:15.07 ID:???
某新聞記者と懇意の二重スパイが南進政策を漏らさんかったら
極東ソ連軍の西方への引き抜きがもっと少なく、
挟み撃ちにはできなくてもソ連全体の驚異は減っていたかもしれない。
どのみち関東軍は南方に引き抜かれて結果は変わらんという意見もあるが。

381 :名無し三等兵:2011/08/10(水) 19:20:14.84 ID:???
>>379
ですよねーw
oOこの後長いナイフの夜のついでにシュライヒャー元ミュンヘン総督・元首相やられてふるえあがるのはな・い・しょ

382 :パーペン副首相:2011/08/11(木) 03:02:52.92 ID:???
ヒ大統領の威光をバックに、政治宰相とまで言われたあなた様が、たった二ヶ月でドイツ国首相の座を逐われたのは皮肉ですな



383 :黄色い星の無職:2011/08/11(木) 20:21:51.82 ID:kwfYPXrL
親愛なる、無職国民諸君
ハローワーク戦線での君達の失態は何だ?
学歴という弾丸が無くても
バイタリティという勘違い
三度の食事より
二次元の彼女で三回発射する変質者魂
諸君ら異質な存在こそが
この国難、苦境を乗り越える事ができる!
また新世界を創造できるのだ
新しい若い無職戦士がハローワーク到着している。
もちろん祖国のために既にお祈りした若者もいて
書いた履歴書が無駄になったことも知っている
しかし、あえて言おう
当たって砕けろ!
一部上場イワンを50メートルまで引きつけろ!
慌ててお祈りする事は無い
諸君らの検討を祈る!!

384 :教えて下さい:2011/08/14(日) 07:44:54.40 ID:7Ok/R2bg

C・チャップリン、M・ディートリッヒ、L・リーフェンシュタール…
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1313274754/1-100
(歴史難民板)


385 :名無し三等兵:2011/08/14(日) 21:44:02.73 ID:???
てか、モスクワを陥落させたところでソ連が降伏するとは思えないんだが。
中国は南京が日本軍の手に落ちても戦い続けたし。

386 :名無し三等兵:2011/08/15(月) 17:06:38.06 ID:???
モスクワにドイツ軍が迫っていた時点で、ソ連政府はかなりの恐慌状態に陥っていた。
実際、後にはクイビシェフに首都機能を移駐しているし。

レニングラード、モスクワを無力化した時点で、スターリンの命脈も尽きた可能性がある。
すると、講和の道が開けたかもしれないが、そこでヒトラーがどう政治判断するかは読めんな。

387 :名無し三等兵:2011/08/16(火) 01:16:07.72 ID:???
>>386
>そこでヒトラーがどう政治判断するかは読めんな。

行き着くところは、そこか・・・・orz

388 :名無し三等兵:2011/08/16(火) 17:06:47.76 ID:???
>>386
ドイツがモスクワに迫ったときは戦車などの生産ラインは疎開済みではなかった?
関東軍が北進すれば展開として面白いかも試練が、西方に引き抜かれた戦力をわり引いても
関東軍大演習の兵力すら極東ソ連軍にはるかに及ばないから、変わらなかったのかも。

389 :名無し三等兵:2011/08/16(火) 23:13:53.73 ID:???
>>388
生産ラインの疎開に成功したとしてそれが何か?
それだけじゃ気休めだぜ
工場を立ち上げ、人を配置し材料を供給してやらねばただの金属塊の山の移動でしかないが、それをやり遂げるには供給ルートと何より政府の威信が必要なわけで
だいたい、生産ラインの戦争勃発直後の疎開とかとんでもないことだけどな
移設して工場を立ち上げるまではその分の生産が全くゼロになってしかも移動作業で資材も人も食ってむしろマイナス
その間必死でドイツ軍の侵攻を食い止めてる前線部隊が渇望する兵器、資材の補給は備蓄分だけになるんだから
勝てたから結果オーライで英断になってるけど正直なあという

390 :名無し三等兵:2011/08/17(水) 12:48:48.68 ID:???
>>386
>実際、後にはクイビシェフに首都機能を移駐しているし
「クイビシェフに首都機能を移駐している」のは
「後」どころか最中('41年10月)ですが。
つまりその時点で想定内だから「恐慌状態」はありえない。

>>389
>移設して工場を立ち上げるまではその分の生産が全くゼロになって
>しかも移動作業で資材も人も食ってむしろマイナス
>その間必死でドイツ軍の侵攻を食い止めてる前線部隊が渇望する
>兵器、資材の補給は備蓄分だけになるんだから
史実では工場疎開は独軍侵攻当日に委員会が発足(≒政策決定)し、
(「詳解 独ソ戦全史」より )
疎開作業のピークだった'41年9−11月も
生産数は減少するものの生産自体は継続。
12月には8月の水準を回復し、'41年全体の生産数は
前年に比べ相当数の増大をしている。
(「図解・ソ連戦車軍団」より)

仮に「モスクワ陥落でソ連崩壊」を狙うなら、
「戦争経済」等と利いた風な事抜かし、北や南に色気出さずに
乾坤一擲でモスクワ急襲目指した方がまだ可能性あったかもしれん。

尤もその場合もナポレオンの二の舞になるのがオチだろうから、
要はハナっから勝ち目のない戦いだったんだよ。

391 :名無し三等兵:2011/08/17(水) 13:31:28.08 ID:???
当初の予定通り、三カ月でモスクワを陥落させていなければならなかった。

392 :名無し三等兵:2011/08/17(水) 19:01:57.95 ID:???
ノルウェイ沖で巨大油田の発見が相次いでるようだ

393 :名無し三等兵:2011/08/18(木) 01:07:57.32 ID:???
瀬戸内海でも石油が出ればいいなあ・・・

394 :名無し三等兵:2011/08/18(木) 23:26:12.85 ID:???
北海油田があれば、ドイツも戦争に苦労しなかったのでは。

395 :名無し三等兵:2011/08/19(金) 20:14:32.76 ID:???
人造石油とどちらが安くつくかだろうな

396 :名無し三等兵:2011/08/19(金) 21:15:43.83 ID:???
当時の技術で海底油田の掘削なんてできたのか?

397 :名無し三等兵:2011/08/21(日) 00:17:53.90 ID:???
それぐらい、できただろう。

398 :名無し三等兵:2011/08/21(日) 08:18:34.47 ID:???
発見する事自体が困難だったからな。
しかし、北海油田が当時発見されてたら
東欧やソ連なんて無視されて
西部戦線が激烈化したのだろうか。
それとも赤い石油がだぶついたので全くの不採算で
一応権利だけ主張しておこう程度のものにおわったか。

399 :名無し三等兵:2011/08/25(木) 13:53:42.55 ID:???
ライオン級とH級戦艦のガチバトルだろう、海底油田利権。
もちろんグラーフツェッペリンも早期完成で、シーファイア vs BF109Tとか。
陸軍は予算後回し。

400 :名無し三等兵:2011/08/27(土) 00:01:32.44 ID:???
ヒトラー唯一の失策は欧州新経済秩序の発表時期だろ
これがアメリカの逆鱗に触れた
そりゃそうだろうな
マルクがドルに取って代わろうとしたんだから
これがなけりゃ武器貸与法もなかったはず
そうすればイギリスも屈服させられたしソ連も潰せた
それから発表すれば、アメリカと互角に戦えた
日本もさっさとドルから手を切るべきだが、この教訓を忘れちゃいけない

401 :名無し三等兵:2011/08/27(土) 01:10:42.70 ID:???
>>400
時系列がおかしくないか?

402 :名無し三等兵:2011/08/28(日) 05:34:23.44 ID:KSr/pd8M
>>401
ちょっと熱くなりすぎた

俺が言いたかったのは、つまり40年の7月に発表せずに、イギリス、ソ連と決着をつけてから発表
すればよかったってことね
武器貸与法がなかったらイギリスはいずれ降伏しただろうし
ソ連とも春に再戦すれば勝てただろ。ゲーリング外せば

403 :名無し三等兵:2011/08/28(日) 10:02:21.51 ID:???
>>385
>中国は南京が日本軍の手に落ちても戦い続けたし。

日中戦争で日本が勝つには、太平洋戦争をやらずに日中戦争だけをやって、
中国人を一人残らず虐殺するしかなかった。

404 :名無し三等兵:2011/08/28(日) 10:20:13.01 ID:???
>>403
でも米国が中国を影から支援するから皆殺しにすること自体も無理かと
さらに石油とくず鉄を禁輸されたら中国しか相手して無くても継戦能力がなくなってしまう

405 :名無し三等兵:2011/08/28(日) 15:01:25.36 ID:???
中国人を大量虐殺して、虐殺した中国人をすり潰して油脂を抽出して航空燃料にすればいい。

406 :名無し三等兵:2011/08/29(月) 20:57:39.25 ID:???
…などと源田實容疑者は意味不明の供述をしており

407 :名無し三等兵:2011/08/30(火) 17:01:55.98 ID:???
>>402
空軍のトップからたとえ無能でも、ゲーリングを外すことは無理だと思うよ。
政治の世界は、もっとドロドロなことだろうからね。

408 :名無し三等兵:2011/08/30(火) 17:22:26.78 ID:???
まあそうしているうちに戦争に負けたんだけどな

409 :名無し三等兵:2011/08/30(火) 17:48:44.58 ID:???
>>408
まあそうなんだけど、ゲーリングは軍事的には無能かもしれないけど、権力基
盤というか権威を持っている後ろ立てみたいな立場のやつは、外せないだろ?
ということが言いたいだけ。

410 :名無し三等兵:2011/08/30(火) 17:52:22.19 ID:???
戦争後期にはゲーリング原因の失態はなかったような

ま、その頃には祭り上げられて実権はほとんどなかったってだけw

411 :名無し三等兵:2011/09/02(金) 19:39:44.34 ID:???
今夜のPM9時からBS-3 でルドルフ・ヘス。   >ヒトラーの側近(1)

412 :名無し三等兵:2011/09/02(金) 20:03:33.08 ID:???
来週はレニたんか

413 :名無し三等兵:2011/09/03(土) 07:43:10.46 ID:???
ブルーマックスカコイイ


414 :名無し三等兵:2011/09/03(土) 10:19:51.52 ID:???
>>411 の番組に出てたKOの准教授、キモかったわ〜w

喋るときに目ひんむいちゃってさw   喋り方そのものもキモ。

415 :名無し三等兵:2011/09/03(土) 15:09:26.20 ID:???
ハウスホーハーは各国の生存圏が重なるとき戦争になると主張しただけで、
東方にドイツの生存圏を求めるのが当然と、ヒトラーが誤解していただけだと思うけどなあ。
テレビだとまるでハウスホーハーが東へ攻めろとヘス->ヒトラーに主張しているように見えた。

416 :名無し三等兵:2011/09/04(日) 04:42:35.29 ID:???
>>415
誤解と言うより、断片的な知識を自分に都合のいい所ばかりつなぎ合わせた、独学者にありがちな事。
(これは、専門外分野でとんでも説、オカルトに走っている現代日本人にも言える)
ヒトラーって小卒、実業学校中退、職歴無し、前科持ち、婚姻歴無し、怠け者、徴兵不適合っていう、
ほとんど「のび太級」だし。まだ、のび太は射撃&逃走の天才で、訓練すれば狙撃兵として大成する可能性はある。
学歴重視のドイツ系社会ではヒトラーの無学は致命的なのに、よく当時の人が馬鹿にせずついて行ったなあと思う。

NHKの歴史物は偏っている事が多く、放送後に識者からの指摘が絶えず、注意して視聴されたし。

417 :名無し三等兵:2011/09/04(日) 10:45:41.94 ID:???
>>416
伍長閣下と馬鹿にしていました。

418 :名無し三等兵:2011/09/04(日) 17:52:12.32 ID:???
>>416
学歴がないからこそかえって不満層には魅力的だったりして

419 :名無し三等兵:2011/09/04(日) 19:46:48.02 ID:???
独身であることは、女性層には人気だったとか。
だから、エバのことは、公然の秘密だったわけで。

420 :名無し三等兵:2011/09/05(月) 20:22:14.97 ID:???
>>419
>公然の秘密
最後の地下壕に飛び込んでくるまで、
SP以外ほとんど誰も知らなかったとか。
(先に逃げたけど)ゲーリングも知らなかったみたい。

どうでもいい話かな。しかし女の子すら口説けない
極度の内気というのは独裁者の特徴なのかも。

421 :名無し三等兵:2011/09/06(火) 19:23:18.62 ID:4Th2WiAT
ナポレオンの再来がヒトラーだった

http://2nd.geocities.jp/jmpx759/0203/32/212_2.html

フランス革命100周年の年に生まれた男としても白羽の矢があたった。

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p033.html )

422 :名無し三等兵:2011/09/06(火) 20:00:32.72 ID:???
オカルト的な話はどうでもいいが、
戦争屋の某チャーチルが地味な余生wを嘆いていたら
大陸にはかつてのナポレオンをはるかに凌駕する強敵が現れて
興奮して、キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!! となったのは事実。

423 :名無し三等兵:2011/09/06(火) 20:32:40.94 ID:???
>>421
ベルサイユ条約を見てイギリスの経済学者ケインズ曰く。
こんな天文学的賠償をドイツに要求すれば超インフレが発生して収拾つかなくなる。
仕舞にはドイツに独裁者が現れてもっと酷い事になる。
と予測しました。
予言でもなんでもないのよ、予測できる範疇。

424 :名無し三等兵:2011/09/06(火) 21:26:56.38 ID:???
>421
 ドイツが賠償金を返すためには通貨を切り下げまくって輸出しまくるしかなく、
戦勝国の産業がドイツ製品にぼろ負けしてして、反って状況が悪くなると主張したけど、
賠償委員会で却下されちゃったそうだ、ケインズ。

 おまけにフランスは借金取り立てのためルール工業地帯を占領して、
ドイツからの賠償金をアメリカへの返済に充てていた他の連合国の怒りを買う始末。
特にイギリスはフランスにぶち切れ寸前。ドイツ国内もミュンヘン一揆とかで右派が躍進してるし。
ワイマール(仮)の歴代大統領・首相は世論を背景に英仏の対立を巧妙に利用し、
ベルサイユ体制は維持できなくなり、ドイツ国民の悲願だったベルサイユ体制打破を達成した
ドイツの英雄ヒトラーにより、第二次世界大戦へ。

425 :名無し三等兵:2011/09/06(火) 21:34:11.02 ID:???
>>412
レニが本当にヒトラーの愛人なら、長いナイフの夜事件でゲッベ博士もついでに消されてるで

426 :名無し三等兵:2011/09/07(水) 18:17:09.69 ID:???
>>417
上等兵とどっちが上だろう

427 :名無し三等兵:2011/09/07(水) 22:32:46.50 ID:???
ヒトラーの正確な最終階級は、ゲフライター(伍長補)殿。日本軍にはない階級だからな。

428 :名無し三等兵:2011/09/08(木) 00:43:44.78 ID:???
前に「ヒトラーの階級は伍長か伍長勤務上等兵か」という論争を見たことがあったけど、
結局どちらでもなかったのか

429 :名無し三等兵:2011/09/08(木) 02:12:29.26 ID:???
日本の階級に無理矢理あてると、どうなるんだろう?
自分は階級には詳しくないので、上等兵程度のものだと思っていたけど。

430 :名無し三等兵:2011/09/08(木) 04:52:38.66 ID:???
伍長よりうえ、つまり四長
すなわち士長って事だ!

431 :名無し三等兵:2011/09/08(木) 11:44:40.93 ID:???
ま結局重要な点は、戦時の軍隊にまる4年も居たにもかかわらず、下士官ですらなくて兵だったってことだし
軍隊じゃ、下士官なら叩き上げとして相応の敬意払われるが、兵は所詮丁稚かパートみたいなもんだからな


432 :名無し三等兵:2011/09/08(木) 18:31:22.52 ID:???
>>431
それも鉄十字勲章までもらってるというのにね
そんなダメ人間の匂いが一部の熱狂的共感を集めて
ついに首相になっちゃったんだからわからない

433 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 00:14:13.23 ID:???
>>431
ドイツ帝国軍って貴族でないものが士官学校行かなくても士官になれたのか?
第一次大戦の時代だし身分制度が厳しかったんじゃないか?


434 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 17:32:54.51 ID:???
>>431
徴兵で入隊して兵から尉官になった猛者も居るらしいし、
出世に限れば並だったのかな。
といっても生きて反ってこれただけで幸せかも。
帰ってきても飢餓とテロでどっちが戦場か分からんかったそうだが。

435 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 17:38:09.12 ID:???
>>433
von無しの士官を探せばいいの?

436 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 18:47:42.87 ID:???
>>433
お前は下士官と士官の区別もつかないのか・・・
戦時だし、能力と本人の意志があれば将校に累進する機会だって確実にあったはずだがね


437 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 18:51:55.14 ID:???
>>436
外国人でもか?

438 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 19:46:02.70 ID:???
>>437
ヒトラーの国籍が最終的に確定したのはミュンヘン一揆で逮捕され裁判にかけられた時らしいが、
それ以前からドイツ軍への志願と服務で国籍取得とみなされていただろう
別に外人部隊に入隊したわけじゃないんだし
なんかその辺の経緯も、制度上本来受理されるはずのないものが開戦のどさくさで潜り込んじゃった、とも言われてるがw
組織の内部に受け入れちゃったら、軍隊その他官僚組織は、きちんと命に服していれば成員の出自、前歴、信条などで差別することはないよ
そのありえないことをやっちゃったから、例えばドレフェス事件は大問題になったんだし


439 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 20:14:36.19 ID:???
>>438
ドイツ国籍を取ったのは、脱獄じゃなかった出所して、合法路線に転じてからだね(1925年)。
議員になろうとしたらドイツ国籍が必要だから(どこかの国が真逆の事をやろうとしてるorz)
しかし禁固5年が半年あまりで釈放とは、どれだけ模範囚だったんだよ。
この頃のゲッベルスがヒトラー除名に動いていたのも興味深い。

440 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 20:50:36.26 ID:???
>>439
当時のゲッペルスはナチス左派でシュトラッサーの子分だしね

441 :名無し三等兵:2011/09/09(金) 21:14:12.65 ID:???
レ二たんやってるけど、ヒトラー好みの顔じゃないな。
ゲッベルスにストーカーされまくったり、男運はないわな・・・

>>440
あの兄弟が健在でゲッベルスも北部に留まってたら、
ドイツもNSDAPもどんな未来になってたんだろう。
そのドイツの架空戦記では、一人の指導者が・・・やめておこう。

442 :名無し三等兵:2011/09/10(土) 20:05:43.80 ID:???
>>416
>ヒトラーに、よく当時の人が馬鹿にせずついて行ったなあと思う。

学校の先生は、無垢な子供達にナチスは絶対と教育(洗脳)していた。
その教育を受けた子供は、何も疑わずにヒトラーは尊敬する指導者と信じる。
親に「ヒトラーなど信じるな」と言われても、信じない。
逆に親でさえ、ヒトラーの悪口を言う奴は、憲兵に連行させる。
親は、自分の子供さえ信じられず、へたなことは言えなくなる。

ドイツ兵が狂信的戦いぶりを見せたのも、この純粋で暗黒な話に通じるのかな。

443 :名無し三等兵:2011/09/11(日) 03:53:59.08 ID:???
>>416
ヒトラーはのび太には無い演説が上手いという政治家にとっての資産があった。
しかも経済政策は当時の処方箋としては完璧。
徐々に支持者は増えていく、特に財界の支持を得てからは政権奪取も時間の問題になった。
これはドイツ共産党が躍進しつつあったことにも原因がある。
政権奪取後に運良く大統領が死去し、運良く国会が火事になり共産党弾圧の大義名分を得たことも大きい。
天文学的インフレを終息させ失業者で溢れていた巷を完全雇用達成させた。
これだけでも歴史に残る大宰相ですよ。
ベルサイユ条約打破、ラインラント進駐はドイツ民族の夢、それを実現したヒトラーを批判することなんて出来ません。
第一次大戦で屈辱を受けたベルサイユ条約調印したファッシュ元帥の客車で、逆にフランスに降伏文書を調印させた。
このときにヒトラーが急死していたらビスマルクをはるかに上回る大宰相として歴史に残ったことでしょう。


444 :名無し三等兵:2011/09/12(月) 18:43:55.89 ID:???
>>416
>NHKの歴史物は偏っている事が多く、
たぶん偏るのは、デリケートなこと(タブー)も、たくさんあるからかな。

ベルサイユの賠償金は、3代(じいさん・父さん・孫)までかけて、ようやく
返済できると、学校の先生が子供達にも教育してるんだよね。
じいさんの過ちを、関係のない父さん・孫まで責任を負わされる話なので、父
さんや孫は戦争してでも、そんな貧乏くじを回避したい気持ちになるんだよね。

要は、現代の年金問題は国内にあるから、父さん・孫は怒りのぶつける場所が
ない。その反対に賠償金は、国外に矛先が向かい、怒りをぶつけやすいので、
一致団結してしまった。その代弁者が、ヒトラーなんだよね。


445 :名無し三等兵:2011/09/12(月) 19:00:04.72 ID:???
>>444
賠償金問題は1930年代に事実上解決してたんだけどね
再軍備もじゃあWW1直後の混乱期にベルサイユ条約以上の兵力を維持できましたかと

446 :名無し三等兵:2011/09/12(月) 20:18:56.40 ID:???
>>443
小室直樹先生、ご存命で!

447 :名無し三等兵:2011/09/12(月) 23:02:50.17 ID:???
>>446
小室博士はのび太知らないと思うよ。

448 :名無し三等兵:2011/09/13(火) 20:12:13.32 ID:???
>>445
できるだけ短めに書いてるから、誤解したかな?

ちなみに、再軍備については、以下のような感じ。
支持者である学校の先生や大人達に教育され、ヒトラーユーゲントに入る。
クラスの皆が入るし、キャンプファイヤーが楽しそうだから、さらに入る。
そこで、厳しい体育訓練と健全な精神とナチスの教育をされる。
例えば親衛隊は、身長175cm以上、視力良し、虫歯無し、成績良しのアーリア人。
かっこいくて、女の子にも人気があるので、皆親衛隊に入りたいんだよね。
もし1930に10才なら、戦争の1939に19才になり兵隊にも入れる年だよね。
ちなみに、国家労働奉仕団でけなげに働く若者を見て、大人もグッと来る。

要するに、みんな普通に支持しててもおかしくないと思えたということ。


449 :名無し三等兵:2011/09/13(火) 21:19:46.84 ID:???
>>443
のび太、時々名演説してるし、
国会で自分勝手な法案通しまくったり、
何やっても免責されるパスポート使ったり、
迷独裁者になれるかもしれんぞw
(独裁者になってえらい目に遭ってたなあ)
まあ、普通の人ならスペアポケットがあれば
1日で地球を制圧しちゃうわな。

450 :名無し三等兵:2011/09/14(水) 04:29:44.83 ID:???
>>449
その割にはのび太は母親に弁が立たないけど…


451 :名無し三等兵:2011/09/14(水) 04:55:17.90 ID:???
ヒトラーの不足していたものを考えてみる。

 まず、外交能力、ビスマルクは戦争を決定したら第三国の横槍が入らないように徹底的に外交努力で排除した。
ドイツ統一のためオーストリアと戦争するときロシア、フランス共に介入させなかった。
フランスと戦争するときも同様、戦争に継ぐ戦争をしたが外国からの干渉は一度も無かった。
ヒトラーはそこまで外交能力が無くポーランド併合時に英仏両国から宣戦布告されてしまう。
それに強くも無いイタリアと軍事同盟を結んだ事、共同軍事作戦がほぼ不可能な日本と軍事同盟を結んだこと。
 次に軍事面で考えると、ヒトラーにはモルトケに相当する特出した軍人が居なかった。
その上軍事作戦に散々口を出し勝機を失った戦いも数多くあった。
英国と講和もしていないのにソビエトと戦争したり、モスクワ方面の戦力を削いだり、
戦略的に意味の無いスターリングラードに戦力を集中させたり、クルスクの会戦等はその悪い例。
 更にMe-262を爆撃機にさせようとして戦線への投入を大幅に遅らせるなど、兵器システムに関しても先見の明が無かった。

 政策面に関してもユダヤ人を資産凍結、国外追放程度にしておけばよかったのに絶滅させようとしたために、
世界中のユダヤ人が危機感を持ち、アメリカを動かして核兵器を作らせてしまった。

ざっと考えるとこんな所か。

452 :名無し三等兵:2011/09/14(水) 19:35:44.49 ID:???
>>450
ヒトラー並にマザコン、という捉え方もある

453 :名無し三等兵:2011/09/14(水) 19:36:07.20 ID:???
>>451
ムッソリーニとの初会談で露呈したように、練習しまくって、
まわりにお膳立てしてもらって初めて超絶演説できるタイプで、
そのへんチャーチルやムッソリーニはがちで即興で名演説ができた。
(というより罵倒とか・・・インテリでもあるが)

ユダヤ人政策は大失敗だね。せっかくベルリンオリンピックで
反ユダヤ発言は票集めの方言にすぎないとの国際評価を得る事に成功したのに。

部下に関しては有能な部下がいても追い出したり潰してしまうし、亡命されたりもしたね。

同盟、不可侵条約、突然破棄と、信用もなくすわな。
1934年から10年の期限でドイツとポーランドが不可侵条約結んで、
米英仏の心証がよくなったのに、突然破棄だからそりゃぶち切れるわ。
まあ、ビスマルクが追い出されてからドイツ外交は日本以下だわな。

454 :名無し三等兵:2011/09/14(水) 19:38:51.46 ID:???
>>452
ヒトラーもねーさんの前では ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
親戚の間では極度の内気・内向的性格と思われてた様だね。

455 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 15:46:06.25 ID:???
>>443,446
天文学的インフレはミュンヘン一揆直後にシャハト総裁が
預金封鎖+デノミ(レンテンマルク)で既に解決してたし、
高失業率は賠償金減額のための政治の産物で、ドーズ案などを経て
パーペン内閣で事実上解決されてからは、ヒトラー内閣以前に早くも失業率が30ポイントも減っている。
アウトバーンなんて1920年代からの計画で、ヒトラーは自分がよく使う道の建設を優先させただけだし、
完成して大衆車もたくさん出来あがったら戦争始まって、機械化歩兵として使われて・・・
結局他人の成果をあたかも自分が成し遂げたように宣伝するのが上手だったと。
(いっき!を起こす行動力や、ラインラント進駐の勇気は認める)
小室哲哉先生はソビエト連邦の分析は的確だったのに、NS(那智)にはえらく寛大だなあ・・・

456 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 16:05:40.41 ID:???
>>442
ヒトラー組合構成員
上流階級: 7%
中流階級:51%
産業労働者:35%
農民: 7%
単一職業集団で最大派は小学校教師w

457 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 17:48:25.53 ID:???
源泉徴収ってナチスから始まったのかorz
サマータイム制も第1次世界大戦から始まったって聞く。

458 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 18:01:56.80 ID:???
あれ?
シャハト博士ってニュールンベルグ裁判の被告になってなかったっけ?

459 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 18:20:30.19 ID:???
>>455
小室さんは直樹だろうとw

田中角栄ぶつけんぞw

460 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 18:57:24.76 ID:???
>>451
フランスは敵国だよね。
その敵国の同盟国が、イギリス。
そのイギリスと仲が良いのが、アメリカ。
イタリアや日本と結ばなかったら、同盟できる大国なんてないやろ。


461 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:29:55.38 ID:???
>>458
どうしても嫌がるヒンデンブルク大統領に、
ヒトラーを首相にするよう言いまくってたからなあ。
自身はなんと次期大統領を狙ってたようだがw
そして罷免権ちらつかせてヒトラーを自由自在に操ろうとか。

おまけに軍備大拡張のためにでっち上げたメフォ手形の
焦げ付きで第二次世界大戦が始まったようなものだし。
ニュールンベルグ裁判じゃ無罪だけど、
尊大な態度はミュンヘン一揆後のルーデンドルフ以上だったとか。

プライドのかたまり。多分、世間のシャハトに対するイメージは真逆だと思うな。
そのへん小室哲哉先生の分析は甘いと思う。
まるでヒトラーが才能を見いだし従順で自由に采配させてもらったかのように書かれてる。
シュペーアについても同じ。本人慣れない軍需省で戸惑ってただけなのに、天才みたいな。

462 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:33:22.53 ID:???
>>459
ごめん・・・ATOKの推測変換で・・・小室直樹です。
あんなのぶつけないで下さいwそれに角栄が怪我したら小室先生も困るでしょう。

463 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:37:29.97 ID:???
>>460
ビスマルクの時もオーストリア、フランス、ポーランド、ロシアとそれぞれ敵だった。
しかしオーストリアとフランスを分断し、対オーストリア戦の時はフランス、ポーランド、ロシアに干渉させなかった。
対フランス戦の時はオーストリア、ポーランド、ロシアに干渉させなかった。

ヒトラーは英仏離間策をしてない。
フランス降伏後に英国と講和する事を考えても良かったのでは?
イタリアと軍事同盟を結んだお陰で不必要なアフリカに軍団を送らなければならなかったし、
バルカン半島へ援軍を派遣する羽目にまでなっている。
お陰でバルバロッサ作戦開始が一月以上遅れた。
後のモスクワ占領失敗の遠因にもなった。
日本と軍事同盟を結んだお陰で戦いたくも無いアメリカと戦争する羽目にまでなっている。



464 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:43:34.34 ID:???
>>461
なるほどー。
シャハト博士のイメージが変わってしまった。
ケインズ並の立派な人かと思ってたんだけど実像はかなり異なるのね…


465 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:54:40.37 ID:???
>>451
小室直樹先生の日独伊勝利のシナリオ by 「大東亜戦争ここに甦る」

1.ハワイ空襲で米艦隊無力化、シンガポールを占領し、その後に東洋艦隊根拠地のセイロンも占領する。
  その際、金剛級4隻は全部を第1機動部隊へ、空母はあと2隻、巡洋艦もあと4隻以上つけて、
  敵空母を完全に沈めて後顧の憂いを絶つ。そしてPoW、レパルスには長門以下主力戦艦全部でやっつける。
2.インド洋のイギリス商船団を片っ端から沈めて、中東・アフリカ英軍への補給を絶ち、
  イタリアと協力して、地中海・喜望峰経由での、中東からイギリスへの石油を完全に止めて
  戦争継続能力をなくし、降伏させる(これは史実でも実施されてた。米空母による帝都空襲で中止されたが)
3.中国へは華北または満州国まで引き揚げて和平するか、3倍の速度で侵攻してさっさと息の根を止める
4.そこまですればアメリカは早期講話に応じるだろう  ・・・それは無いなあ・・・

頭の体操に読むと面白い

466 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:55:27.46 ID:???
イギリスって、もう戦時内閣を組閣してたし、覚悟を決めてたんじゃないかな?

467 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 19:57:05.47 ID:???
むしろ大日本帝国がイギリス商船撃沈に全力をあげるという状況が想像できん。

468 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:02:08.06 ID:???
というより、当時の日本の能力を遥に超えてるがな

469 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:06:55.34 ID:???
>453
>ドイツとポーランドが不可侵条約
???初めて聞きました

470 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:13:18.65 ID:???
>>468
うん、だから頭の体操。並の架空戦記よりも面白い。
別の本では、>465の計画で、英ソがドイツに降伏したら、
ドイツ+英伊仏ソの経済力・工業力はアメリカとほぼ同じとなり、
技術力では遙かに上で、アメリカに完勝だろうとか、
先に原爆開発してマンハッタンに・・・とかw

471 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:14:25.20 ID:???
現実に起こりえないことをあれこれ考えるのは、頭の体操とは言わず頭の妄想と言う。

472 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:18:38.54 ID:???
>>467
史実でもマダガスカル島を拠点に、フランスと共同で連合国の通商破壊やってます、日本。
実はあの島はビシーフランス配下なので味方だったのです。
「マダガスカルの戦い」というやつです。

473 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:19:57.79 ID:???
>>471
だからソビエト連邦の分析は優れてたけど、
それ以外は甘すぎるって書いてるじゃん。

474 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:22:03.24 ID:???
>>472
いや、それはまあ、愛国丸報国丸とか、インド洋で通商破壊作戦をしていたことは知ってるけど、
そんなに本腰でもなかったじゃん。事実、報国丸が通商破壊作戦中に撃沈された後、愛国丸は
引き上げて輸送船に戻した上で通常の輸送任務に戻されているし。
当時の日本軍の商船輸送に対する認識なんてその程度なのに、それをイギリスの補給戦を完全に
切断すべく日本軍が総力を挙げて通商破壊に乗り出すということが想像できないと言っているわけ。
そもそも日本が海戦時、そこまで商船輸送が重要なものであると考えていた兆候は何一つとしてないし。

475 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:43:04.48 ID:???
だって日本は艦隊決戦でケリをつけるべく整備してきたんだもん
貧乏故、それ以外に手を出せない・・・

476 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 20:47:14.77 ID:???
>>474
まあね。
ハワイで撃ち漏らした「空母からB25が発進して」帝都を空襲し
慌てて引き返してて本気度がよく分かる。

477 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 21:02:20.13 ID:???
>>465
その本は持ってるけどさ、無理が多すぎる。
日本が本気でアメリカと戦争するつもりならメキシコと秘密条約を結ぶしか無いでしょう。
あらかじめ5〜6年分の戦争物資をメキシコに集結させておく位の事をしないと無理だ。

まあ米も作れない、鉱物資源もあんまり無い満州を生命線とか抜かす馬鹿しか居ない時代だから、
そんな気の利いた事は出来ないけどね。


478 :名無し三等兵:2011/09/15(木) 21:23:01.86 ID:???
そうそう、
チハじゃM3すら勝てないから最初から無理だな…

479 :名無し三等兵:2011/09/16(金) 18:17:24.62 ID:???
>>477
それなら第一次世界大戦の時に、チンメルマンノートに賛成して、アメリカに攻め込んでれば。
連合国&日英同盟の日本とメキシコと、ドイツが同盟を結んでアメリカを分割するという、
妄想というか自己満足でしかない珍文書を、正式文書と発言する大失態。
ドイツ外交って、ビスマルク失脚後いったいどうなってるのかと。>2-4に詳しく書かれてるけどさ。
また彼の別の書物では、第一次世界大戦の時に蘭印を奪うぞと恫喝ぐらいしろって、味方(連合国)なんだけど。

480 :名無し三等兵:2011/09/16(金) 18:30:10.20 ID:???
>>479
第一次大戦字は日本はアメリカと事を構える気なんてさらさら無かったから無理がありすぎますね。

当時のドイツは外交以前に皇帝がバカボンでビスマルクを首にするわ、
ブランド好きで能力も無い小モルトケを重要な地位につけるわ、
シュリーフェンプランなんて無謀な戦略を採用するわで目も当てられない。
唯一成功したのがロシア革命でソ連を中立化したくらい。

ドイツ皇太子が生きていたら、こんな悲惨な事にならなかっただろうに…


481 :名無し三等兵:2011/09/16(金) 20:45:24.99 ID:???
ポーランドって誰も欲しがらないし得にもならない緩衝地帯は残しておくべきだったな

482 :名無し三等兵:2011/09/16(金) 21:21:54.52 ID:???
ポーランドがあったらソ連に攻め込めないじゃないか

483 :名無し三等兵:2011/09/16(金) 21:23:52.08 ID:???
ポーランドがソ連に攻め込むんじゃね? イメージとは逆の暴れん坊だ。

484 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 05:05:10.36 ID:???
過去スレにこんなのがある。実際にはアメリカの民間客船を誤爆して中止されていた
無制限潜水艦戦を再開するかどうかの会議だけど、ほんとうに情報収集しないで、
都合のよい情報や勘違いを全部つなげてしまって、こういう結論に達したのではないかと。
結果、無制限潜水艦戦の再開とチンメルマンノート事件で、アメリカ世論が大きく動き、
(英仏への借金取り立てもあって)アメリカが参戦し、勝敗が決した。

> 509:名無し三等兵:2010/07/16(金) 19:44:42 ID:???
> 第1次大戦中のドイツ閣僚の発言。ルーデンドルフかフォン・カペレのどちらかだと思う。
> 無制限潜水艦戦はアメリカの参戦を招くのではという議会での質問への返答。
> 「アメリカの戦力なんかゼロである、ゼロである、3度目にもう一度言う、ゼロである」

> 510:名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:02:29 ID:???
>> 509
> ヴィルヘルム2世と伍長閣下のおかげでめだたないけど
> 下々の苦闘をエリート層が台無しにする国のような気がするw

> 512:名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:41:21 ID:???
> 発言はフォンカペレ海軍大臣だね。
> しかしルーデンドルフ参謀次長も同じ意見。
> ベートマンホルウェーヒ宰相は反対したが、参謀次長が大暴走してw

> 513:名無し三等兵:2010/07/16(金) 21:57:46 ID:???
> こいつらググってたらヒトラーの方が民主的に思えてきた。

485 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 05:17:02.99 ID:???
ルーデンドルフ大将の大暴走は、戦後も続くわけありますがw
プロイセンの大将って言うだけでいつも逮捕されないか、されても無罪。
早くからヒトラーに目をつけて、才能を大きく開かせて、仲間を集めてあげて
俺様の言う事は絶対だ!ってとこまで伝染して、これが指導者原理になっちゃった。

486 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 06:10:30.80 ID:???
>>481
ポーランド全体はいらなくてもダンツィヒその他オストプロイセンはそれこそ戦争に訴えても取り返したかったわけでな
ま、ポーランド滅ぼすようなことをせずに旧領回復にとどめておけばよかったのにね、っていう
そうすりゃいくらでも英仏と妥協の余地があった
しかしそれではソ連を味方に引き込めなかっただろうが


487 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 06:45:23.78 ID:???
>>469
ドイツもソ連もポーランドを恐れて、それぞれ1934年、1932年にポーランドと不可侵条約結んでる。
ドイツ敗北後の10万人体制状態の時にドイツ領を奪いまくり、義勇軍が戦ってる。
1920年にはソ連への干渉戦争の一環としてポーランド・ソビエト戦争がおこってる。
 (ポーランド人戦争孤児の救済を日本が始めた。この頃の日本外交はまだ優秀)
その結果、ポーランド憎しで、独ソ不可侵条約の秘密事項でポーランド分割が決まった。
ポーランドも東西の宿敵との不可侵条約で安心して、軍備の近代化が遅れていた。
実際にはもっともっと複雑怪奇なりだが。

488 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 07:03:43.42 ID:???
>>464
デノミだけならどこの国でもやるし、単に新通貨体制への切り替えだから問題にならない。
しかし、預金を引き出せないようにした上で、通貨価値を1兆分の1とし(レンテンマルク)、
マネーサプライ(通貨供給量)を滅茶苦茶少なくした上で、新通貨しか使えないとなると悲惨。
もちろんその前の超超超ハイパーインフレで、貯金なんてあっても無くても同じで無価値、
ケツを拭く紙の代わりにしかならない状態だったからこそ、インフレが収まって名声が上がりまくった。
(今のデフレ日本で預金封鎖+デノミなんかしたら、総需要激減で列島沈没。増税も同じって、するんだなorz)

489 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 09:40:15.06 ID:???
>>488
全国民に財政の裏打ちの無いお金を一億とか配れば超インフレになって国債は速攻で紙くずになるんだけどな、
あとは知らないが。


490 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 10:26:36.21 ID:???
>>487
まあ、ヒトラーは最初からスラブ人の奴隷化を目論んでいたから、
ソ連併合の通り道であるポーランドとはどの道戦争するしかない。
もし旧プロイセン領を返還しても攻めて来るのは間違いない。

491 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 16:36:45.86 ID:???
>>487
20年もたってないのに安心するポーランドってバカだよね
最低100年は何言ってきても警戒しないと嘘だろ

492 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 18:35:52.71 ID:???
>>489
償還した金利+元本で、次の国債を買ってくれる金持ちや銀行がわんさかいるんだから、
インフレ政策なんて政府日銀にとっては論外だろうね。国債売れなくなるもん。

493 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 18:58:40.62 ID:???
>>492
売れなかったら強制的に引き取らせる。
潰れたら国有化すればいいし。


494 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 19:06:48.42 ID:???
>>491
ぜんぜん安心してなくて国防体制の構築に必死だった
だがそれにしても先立つものは限られているし、国土を差し出せって強引な要求にはいどうぞと従えるものでもない
現実的な侵攻計画もない状況で安全保障与える英仏の中途半端さが致命的ではあったよね、と

495 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 19:29:27.56 ID:???
>>494
その割には中世の鎧着た騎兵隊とかいたよな。

496 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 20:20:23.43 ID:???
>>493
国債を買わない汚物は消毒だ〜!ってことか。

497 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 21:07:17.69 ID:???
>>495
それってポーランドが大量の騎兵部隊を持っているということから曲解したデマだったかと
騎兵と言っても武装は騎兵銃だし、鎧もつけてない

498 :名無し三等兵:2011/09/17(土) 23:32:29.14 ID:???
初めてメガドラのアドバンスド大戦略をした時、I号戦車A型vsポーランド騎兵隊だったなあ、懐かしい。
オープニングに出てくるヒトラーの言葉は「Das Dritte Reich」で合ってるのかな。

499 :名無し三等兵:2011/09/18(日) 08:36:09.88 ID:???
第二次世界大戦・ヒトラーの戦い 第1巻  児島襄
> 五月十六日、米大統領F・ルーズベルトは軍縮会議の継続を求めるアピールを、四十四ヵ国の元首に送った。
> 爆撃機、戦車、移動式重砲などすべての攻撃兵器の撤廃を呼びかけ、米国も応諾する用意がある、という。
>  「ルーズベルト大統領の提案は、ドイツ政府の無常の感激を獲得した・・・・・・
>  大統領の提案は、平和の維持に協力しようとするすべての者にとって慰めの光である・・・・・・」
> ヒトラーは、その翌日、五月十七日、さっそくにルーズベルト声明に呼応する演説を放送したが、
> 世に「大平和演説」と呼ばれるようにその内容は平和感に満ち満ちていた。
<中略>
> ヒトラーは、軍縮会議のSA隊、SS隊に関する決定にふれ、もしそれらを軍隊とみなすなら
> 「消防隊、スポーツ団体、監守人」も兵士になるといい、ルーズベルト提案についても
> 「武装国家」「隣邦諸国」がそうするならドイツも攻撃兵器を棄てる、との条件を明らかにした。
(「民族および国家の苦悩を排除するための法律」が通った直後の話)

FDR  :爆撃機、戦車、移動式重砲などすべての攻撃兵器の撤廃を
ヒトラー:平和演説(ただし、近隣諸国も同調するなら)

あまりにうさんくさい2人組。まあ、軍備はフランス>>>ドイツなので
SAも数は多いけど所詮は素人集団で、無くしても大して戦力減らないし、
軍備制限で失う物がないドイツに対しフランスが同意するわけないから
成立しないと踏んで自分たちは平和主義者だというイメージ戦略かな。

500 :名無し三等兵:2011/09/18(日) 17:15:45.96 ID:???
ヒトラーは外交で嘘ばかりつくからな、
対ソ連を想定した三国防共協定結んでいる裏でラッパロ条約、独ソ不可侵条約なんか結ぶし、
お陰で日本の内閣は総辞職だぜ。

501 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 14:39:22.07 ID:???
>>491
ポーランド戦は、友好から険悪に突然(1年ほど)変わって、戦争勃発。

戦争が短期間で終わった、ポーランド側の理由。
・西部(ドイツ)には東部(ソ連)と比べて防壁をあまり用意してなかった。
・西部に重要都市(工業的・経済的)が集中していて、失うと国家経営がなり
立たなくなるので、英仏に縦深防御で時間かせぎ勧められてもできなかった。

ドイツを20年前から警戒してたら、この種の負け方はしなかったはずだよ。

502 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 15:07:01.60 ID:???
>>501
だったら尚の事ボーランド回廊を返還しておけばよかったと思う。
頼みの英仏は口先だけで指一本動かしてくれなかったしな。



503 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 15:25:07.43 ID:???
>>502
まあ、歴史の結末を知っていると、その通りだと思うよ。
だけど、ポーランドの民意が、返還に拒絶反応を示すんだよ。

英仏から見たら、ポーランドは虎の威を借りる狐に見えるんだよ。
世界戦争なんてしたくないから、頼むからドイツを挑発しないで欲しいと。

たぶん、想像するよりややこしい話だと思うよ。

504 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 15:37:58.52 ID:???
開戦前は戦車の破壊力について、誰もまともに理解していなかったので
ポーランドとしては自国が誇る騎兵で国家安全保障は充分だと考えていたと
どこかで読んだ記憶があるのだが、実際、どうだったのだろう?

505 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 16:18:59.14 ID:???
>>504
ルーデルがお冠です。

506 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 16:42:09.30 ID:???
>>504
破壊力というか機動戦の主役が、伝統的な騎兵と考えてたね。
実際、38〜39の戦車に当てる予算は、騎兵に当てる予算の1/4だった。

まあ、第一次世界大戦と似たような感じ、技術革新がそこまで進化するとは考
えることができない、保守的な考え方だったらしい。

507 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 19:42:30.34 ID:???
一応、ざっくりポーランド(波)について。

独のチェコ・ズデーデン併合時に、波はチェコ・ザオルジェに進駐し併合。
波は、独と友好的にし、イタリアのエチオピア征服も承認している。
どちらかと言えば枢軸よりだが、英仏とも仲良くする、バランス派。

この頃ドイツは、オランドに冒険する方向性を持っていた。
だから、挟撃を避けるためにもポーランドと同盟をしたい。
英仏は、ポーランドなど枢軸よりであんまり好感を持っていないが、オランダ
侵攻の危険の抑止力にするためにも、波に近づく。
ポーランドとしては、バランスを保ちたいので、独・英仏どちらにも付かず。

ヒトラー下手に出てたけど、英仏にも近づくその態度に不審を抱き険悪の方向。
そこで嫌われ者のソ連が、独・英仏に仲良くしようよとアピールしてくる。
独・英仏のソ連争奪戦の結果は、独に軍配。(独ソ不可侵条約)
出し抜かれた英仏は、戦争阻止の抑止力として、英波相互援助条約。

508 :名無し三等兵:2011/09/19(月) 20:01:22.67 ID:???
>>506
当時はドイツ以外世界中似たようなもんだけどね
そのドイツにしても軍内守旧派の面子立ててるどころじゃなかっただけのことだし

509 :名無し三等兵:2011/09/20(火) 11:25:35.44 ID:m/mNNnAX
【産経】時代への名言:ヒトラー:
日独は戦略の上で手を組んだだけであることを知るべきだ。
地政学では「隣国は敵である。敵の敵は味方である」と規定している。
国際関係はこの原則の外に出ることはない。
独ソ不可侵条約は、当時は謎であったが、今ではナチスのソ連侵攻のための国境接近策
だったことが分かっている。
スターリンも察知したから、予防的にフィンランドの膨大な領土を奪ったのである。
なお外交では秘密協定がある。資料主義の歴史研究は限界がある。
合理的な推理は不可欠である。
駿河山人 
http://pub.ne.jp/surugasankei/


510 :名無し三等兵:2011/09/20(火) 18:07:36.07 ID:???
>>508
例外はソ連で、ドイツよりも先駆けてたね。
ドイツはスペイン内乱で、ソ連戦車の捕獲に懸賞金付けてたぐらいだし。
ただし、静粛でトハチェフスキー元帥を殺してしまうので、ダメダメになる。

511 :名無し三等兵:2011/09/20(火) 18:36:04.86 ID:???
>>509
ドイツ侵攻の報告を受けたスターリンは
見込み違いを追及されて失脚→今までと逆に粛清されるコースだとばかり思ってガクブルしてたわけで

512 :名無し三等兵:2011/09/21(水) 00:53:19.73 ID:???
>>511
その頃になれば、そんな事を考える奴はあらかた粛清し尽くしてるから問題無いだろう。

513 :名無し三等兵:2011/09/21(水) 04:18:34.63 ID:???
>>508
あの辺、技術革新に関わる人的要素の例で面白い。
騎兵が役に立たない事自体はWW1、それも初期の実績でもう明らかなんだけど、
軍幹部は受けた教育と伝統の惰性から自由になれない

514 :名無し三等兵:2011/09/23(金) 03:29:36.68 ID:???
あーそういえばポーランド、大戦直後の対ソ戦で騎兵が活躍しちゃったんだっけ。
あの当時のソ連軍は正規軍と言うより「軍衆」同然なんだけど。

515 :名無し三等兵:2011/09/23(金) 14:09:05.68 ID:???
>>514
その時期なら、機動戦(膠着状態ではない)では、十分精強。
WW1の速度、馬40km/s、戦車10km/s(戦車を平均してこんなもの)
WW2の速度、馬40km/s、戦車40km/s(独2号戦車・波の戦車ともこのぐらい)

ちなみに騎兵の戦術は、目的地まで移動して、降りて銃や機関銃など。
機動力を活かした偵察や奇襲や突破や、陣を崩した後の騎馬突撃。
(日本の武田騎馬軍みたいなことはしない。)

時期による技術、運動戦と塹壕戦、違いによって兵種の評価も変化する話。

516 :名無し三等兵:2011/09/23(金) 20:20:35.02 ID:???
>>514
トハチェフスキー将軍以下の近代戦を叩きこまれた将兵、士官は根こそぎ粛清されたあとだからな。
ドイツが出した偽情報を鵜呑みにするスターリン…

517 :名無し三等兵:2011/09/23(金) 20:27:12.40 ID:???
>>516
ソポ戦争が何年の出来事かぐらい把握して発言しやがれ

518 :名無し三等兵:2011/09/23(金) 22:51:57.83 ID:???
>>517
ごめん読み間違えた。

519 :名無し三等兵:2011/09/24(土) 13:59:40.75 ID:???
WW2で騎兵が活躍したことで知られているのは、独ソ戦1941冬だよね。

ソ連は戦車は消耗して数が足りない。
そして、自動車化狙撃軍団は雪上では、機動力は落ちる。
零下40度では独戦車はたき火で暖め続けてないと、エンジンがかからん。
そんな感じで、ソ連の騎兵とスキー兵は活躍しましたとさ。

ちなみにこの時は、ヒトラーの「死守」命令は、正しかったと評価されてるね。

520 :名無し三等兵:2011/09/27(火) 20:29:57.09 ID:???
ドイツ:ヒトラーの「わが闘争」再出版 国内で論争に
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110927k0000e030078000c.html
> ドイツは基本法(憲法)で「出版の自由」を保障する一方、
> 刑法ではナチス賛美につながる書物の配布を禁じており、
> 司法当局が出版を認めない可能性もある。

これを読まずにヒトラー研究してたのか、ドイツ人。

521 :名無し三等兵:2011/09/27(火) 20:45:32.02 ID:???
>>520
研究目的であれば今でも図書館で読める、と書いてあるけど?

522 :名無し三等兵:2011/09/28(水) 04:46:28.69 ID:???
>>520
ドイツ国内じゃ「わが闘争」は悪魔の書扱いだからな、
ネオナチの運動家だって読んだ事無いだろう。


523 :名無し三等兵:2011/09/28(水) 20:24:32.04 ID:???
ネオナチのお兄さん達が図書館通いってのもなかなか考えられん。
まあ、当時のドイツでも、突撃隊ですら、
ヒトラーなんて担ぎ出された独裁者と思ってたようだし。
(おかげでえらい目に遭ったが)
にしても、第1章「生家にて」で挫折した自分に笑う権利はないorz

524 :名無し三等兵:2011/09/28(水) 21:21:39.82 ID:???
>>523
読もうとしただけエライw
俺は迷わず積んでいるw

しかし我が闘争って、戦前はあれだけのベストセラーだったんだろ
ドイツ国内なら読む気になればそこいら中に退蔵されてるんじゃないのかな?

525 :名無し三等兵:2011/09/28(水) 23:21:41.93 ID:???
>>524
自分ドイツ語とったんだけど、ちょうど壁がなくなった頃で、
ドイツ語教官がハイテンションになっていたのか、
語学の講義でなくワイマールやヒトラー、鉄の壁、冷戦とその崩壊の講義と化していた。
ドイツ語の難解さと、初学者には厳しすぎる話題の文章ばかりで、
木っ端微塵に撃沈されてしまったw
分かるドイツ語は、バーカ、畜生め!、おっぱいブルンブルンだけ。

526 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 00:39:36.35 ID:???
>>525
鉄のカーテンな。

527 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 03:32:03.22 ID:???
>>523
突撃隊レームの末路は可愛そうだな、政権を取ったら用無しで粛清…


528 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 03:34:00.67 ID:???
>>525
鉄の壁って
鉄のカーテンなのかベルリンの壁なのかハッキリして欲しい。
気になって眠れない。


529 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 20:17:44.66 ID:???
>>527
でもあれはレームの方が悪い。空気読まないで好き勝手
やりほうだいだもんな。

530 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 20:49:10.12 ID:???
>>528
まぁ落ち着け。
正解は「鉄の夢」だ。

531 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 21:20:26.65 ID:???
>>530
ビスマルクかサッチャーの見る夢か?

532 :名無し三等兵:2011/09/29(木) 21:55:42.38 ID:???
鉄オタの夢だろ
なんか3月の福島で実現したらしいが…

533 :名無し三等兵:2011/09/30(金) 21:03:38.24 ID:???
ごめん、教官や教科書では単に「壁」という単語で表現されてたけど、
抽象的な東西対立、ベルリンの壁の建設と撤去の両方の意味を「壁」と表現してた。
ドイツ語の初心者に、そんな無茶なって感想、当時。
おかげで、今でも名詞くっつけまくった長いの見ると当時を思い出す。
辞書に載ってねーぞとか。正直嫌になった。

534 :名無し三等兵:2011/09/30(金) 21:15:17.47 ID:???
英語も、極東情勢とか英独レーダー開発競争とか宗教史とか、
軍ヲタ・歴史ヲタを量産してたなあ。
アドバンスド大戦略やってる同期が2倍に増えたorz
あのマニュアル読むのには役だったかも、ドイツ語。
しかし、合成単語を更に簡略化(Pzkw IIとか)

535 :名無し三等兵:2011/10/01(土) 01:33:13.73 ID:???
>>531
『鉤十字の帝王』だろ

536 :名無し三等兵:2011/10/01(土) 20:07:50.92 ID:???
ポーランドがかわいそうな国あつかいされてて、このスレで真相が暴露されつつあるが、
ノルウェーこそかわいそうな国なのかな?

・ソ連に攻められたフィンランドを救おうと英仏軍が行こうとしたら、中立国なので通過を拒否した。
 (ここで無害通行権を認めたら、英仏独伊 vs ソ連になってたかも、という書き込みは何度かあったなあ)
・ドイツが北欧の鉄鉱石をノルウェイ沖経由で輸入してるので、イギリスがノルウェイ領海内に
 機雷原を設置しようとしたが、中立国なので当然拒否したが
 ノルウェイを占領してでもドイツを海上封鎖しようと、イギリス首相が決意した。
・中立と言っておきながらイギリスに屈するのではと疑心暗鬼になったドイツの総統が、ノルウェイ占領を決意した
 ついでに重水工場あるし、ドイツ国内には、私は原子力に強いんです科学者はいっぱいいる。
・わずかな時間差でドイツがノルウェイ取り合戦に勝った。

537 :名無し三等兵:2011/10/01(土) 20:48:01.81 ID:???
>>536
>ドイツ国内には、私は原子力に強いんです科学者はいっぱいいる。
ドイツ国内には菅直人が沢山居たんですね、分かります。

538 :名無し三等兵:2011/10/01(土) 21:29:47.83 ID:???
戦後にハイゼンベルグが獄中で、アメリカが日本に原爆落としたと聞いた時、
あんな奴らが俺様より先に原爆を作れるはずがない、ちくしょうめ〜と悔しがった話は有名。

539 :名無し三等兵:2011/10/03(月) 21:42:21.11 ID:???
>>536
科学者がいっぱいいても、ゲシュタポがいっぱい逮捕しただろ。
フォンブラウンですら逮捕されたんだし、そりゃ兵器開発も遅れるって。

540 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 07:43:06.08 ID:???
>>539
フォンブラウンの逮捕理由は?
月に逃げようとしてたから?

541 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 18:25:56.33 ID:???
うん、フォンブラウン市に行こうとして・・・
Wikipediaソースだけど。日本も工場監視軍人が反って工場の効率を落としたり、堀越技師をぶん殴ったりで。

1.ヒトラーもっとがんがれよ、部下になめられてるぞ
> SS(ナチ親衛隊)とゲシュタポ(国家秘密警察)は、「(軍事兵器の開発に優先して)
> フォン・ブラウンが地球を回る軌道に乗せるロケットや、おそらく月に向かうロケットを
> 建造することについて語ることをやめない」、としてフォン・ブラウンを国家反逆罪で逮捕した。
> フォン・ブラウンの罪状は、「より大型のロケット爆弾作成に集中すべき時に、
> 個人的な願望について語りすぎる」、というものであった。
>
> ドルンベルガーは、「もしフォン・ブラウンがいなければV-2は完成しない、そうなればあなたたちは
> 責任を問われるだろう」とゲシュタポを説得し、フォン・ブラウンを釈放させようとした。
> しかし、それでもゲシュタポは許そうとせず、最後はヒトラー自らがゲシュタポをとりなし、
> ようやくフォン・ブラウンは解放された。
> そのときヒトラーは「私でも彼を釈放することはかなり困難だった」と言ったという。

2.こっちは逮捕じゃないけど
> アメリカへの亡命
> 1945年5月にドイツは連合国軍に敗北することが確実な状況となり、フォン・ブラウンは
> ペーネミュンデに戻ると直ちに彼の計画スタッフを招集し、どの国に亡命すべきか、
> どうやって亡命するかを決めるよう求めた。
>
> 偽造した書類で列車を盗み出した後、フォン・ブラウンはアメリカ軍に投降するために
> ペーネミュンデから500人を連れ出した。その頃SSは、記録を坑道に隠しアメリカ軍を
> 探しつつ友軍から逃れたドイツ人技術者を殺すよう命令を受けていた。

542 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 18:40:17.54 ID:???
>>536
>ソ連に攻められたフィンランドを救おうと英仏軍が行こうとしたら、
↑これは、表(対外的な口実)です。

↓以下は、裏(計画していたこと)です。
ポーランド戦以降、ドイツはフランスから輸入していた鉄鉱石がストップ。
それにより、スエーデン鉱山とその搬送ルートのノルウェー港の重要性が大。
よって英仏は冬戦争を口実とし、フィンランド救援部隊の通行許可を得て、そ
の部隊が鉱山や港を支配下におき、ドイツへの輸出ストップを目論んでいた。

543 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 19:07:21.79 ID:???
>>541
だいたい月に行きたくてしょうがないオタクがフォンブラウンなんだから、
逮捕しようが処刑しようが態度は変わらないぞ。


544 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 20:10:07.82 ID:???
>>542
なぬ! では中東フランス軍が北上して、
コーカサス大戦車戦が見られたかもってのは無しか。

545 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 20:28:40.06 ID:???
>>542
むしろナチス・ドイツが疑ったこと(中立国一切無視して好き勝手していいならあり)
英仏側に明確な計画はなかったはず


546 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 21:09:51.93 ID:???
>>544
地中海艦隊がガリポリ突破してイスタンブール占領するぐらい妄想

547 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 21:15:58.79 ID:???
>>545
確かに、英仏はソ連を国際連盟から除名処分にした。
対独戦を英仏が本気でやる気があるのか、
ひょっとして英仏独伊で裏で同盟を結ぶのではと、
スターリンが疑ったという話もあり、
その時期は英仏は明確なドイツとの敵対関係を望んでいなかったのか。

548 :名無し三等兵:2011/10/04(火) 23:56:35.16 ID:???
>>546
中東のイギリス・フランス連合軍が、モスクワでフィンランド軍と握手するというのは、
あまりに荒唐無稽としてイギリス側が拒否して、実行はされなかった。
フランス側も納得したて中止したため、正気が保たれていた。

ガリポリは本当に実行された、事実は小説よりも奇なりという言葉が、そのまま当てはまるほどのもの。
まわりの大反対を押し切って行われたため、フィッシャーとチャーチルの首が胴体から外れたほど。
直ちに人体や戦況に影響はないと、国民を懐柔して事態は収束したが。

この二つを同列に語るのはいかがなものかと。

549 :名無し三等兵:2011/10/05(水) 06:48:03.41 ID:???
金田一耕助「頭が痒い、ガリポリ」

550 :名無し三等兵:2011/10/05(水) 19:38:41.39 ID:???
>>545
支配と言う書き方は、適切な表現ではなかったかもしれない。
占領するとは違い、ノとスに協力をお願いして、港や鉱山を独から防衛する。
ノとスを英仏側に組み入れてしまえば、独への鉄鉱石輸出はストップする。

計画は、ノルウェーに上陸する人数を10とすると、そこからフィンランドま
で行って救援する人数は1しかなく、残りの9は港や鉱山の防衛任務。
ちなみに、ソ連軍とは直接の戦闘は避けろという命令まであった。

要するに、救援は1/10程度の対外的な口実にすぎない話だということ。


551 :名無し三等兵:2011/10/06(木) 06:10:59.39 ID:???
>>550
それだと明らかな主権侵害でノルウェーが通過権を拒否するのも当然。
また、ドイツがノルウェーを予防占領しようとしたのも理解できる。
第二次大戦中のスイスは、ドイツ軍のイタリアへの通行権を認めてきたが
(そのため、中立国ではないと言われている)
認められたラインから絶対に出ないように、スイス軍が厳重に管理していた。

これらは昔の話だけど、フィリピン大統領が自国防衛にのために、
アメリカと日本を頼りにしてると発言していて、日本では、え?って反応だったけど、
台湾やフィリピン有事の際に、日本が西南諸島や尖閣諸島のアメリカ軍の通行権を
認めるかという問題が焦点で、認めると中立国ではなくなり、戦略的に重要な
あのあたりも戦場になるし、認めないと、フィリピン、台湾の次は尖閣諸島・沖縄も・・・
しかも、アメリカの助けが期待できない状況で。

552 :名無し三等兵:2011/10/07(金) 17:46:12.30 ID:???
>>551
一応、救援(平和的なこと)という建前があるなら、協力してくれそうなので、
強硬策(機雷設置など中立を犯す)に出る前に、まずお願いをしたんだと思う。

・ノルウェーは、ノーベル平和賞をやっている国。
他5部門のノーベル賞はスエーデン。他の賞と比べ、政治色が格段に強い。

・1935年に独では反逆罪の人が受賞したため、独と平和賞は決別している。
最近、物議をかもした中国人の受賞の話と似ています。

・平和賞のそのころの受賞者は英人ばかり。1933・1934・1937・1939
ノルウェーの政治的なアピールは、随分とイギリスよりだったらしい。

553 :名無し三等兵:2011/10/07(金) 18:02:19.50 ID:???
>>551
ちなみにスエーデンには、このお願いは絶対無理だったと思う。

・当時の鉄鉱石年間算出1500万トン。独輸出900万トン。英輸出250万トン。

・ボフォース社。連合・枢軸共に大人気商品の40mm対空機関砲や37mm対戦車砲
を製造していたところ。

要するに、この国は中立でないと、商売上困るのではないかと思う。

554 :名無し三等兵:2011/10/14(金) 23:12:29.47 ID:???
>>1
何が悪かったかって?
顔が悪かった
特にちょび髭。

555 :名無し三等兵:2011/10/20(木) 10:48:32.28 ID:???
あんたより良いんだから、そういう事は言ってはいけないぞ

556 :名無し三等兵:2011/10/20(木) 18:30:41.90 ID:???
徴兵検査に失格の理由って何なの?
総動員だから多少の欠陥ぐらい合格でしょ。

557 :名無し三等兵:2011/10/20(木) 20:04:12.51 ID:???
徴兵逃れ

558 :名無し三等兵:2011/10/20(木) 22:43:00.26 ID:???
>>556
>>343

559 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 01:53:55.63 ID:???
暴動を起こして革命を企てた事、しかも外国人。
オーストリアでやってろっての。

560 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 06:44:05.55 ID:loVBRI0w
ヒトラーの徴兵時の証明写真がでてきた

http://2nd.geocities.jp/jmpx759/0203/32/212_2.html

総統の時代には、別人の顔となっていた。

( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0203/p033.html )

561 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 17:40:19.24 ID:???
>>560
頭、大丈夫か?

562 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 17:51:59.87 ID:???
ノリノリのナチ体験してみたい人はノーマン・スピンラッド「鉄の夢」お勧め。

563 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 20:53:13.50 ID:???
>>558
栄養不足か。食べても太れないタイプだったようだし、まともな職も収入も無いし。
オーストリア人がドイツ兵になるのは問題なかったのかな。

564 :名無し三等兵:2011/10/21(金) 20:59:42.08 ID:???
>>563
民族ドイツ人は入隊できることになってた

565 :名無し三等兵:2011/10/28(金) 12:22:07.06 ID:???
※ このスレは京都府警に監視されています ※

             |,ィ⊃  ,  -- 、
             |/    /      }
             | 、___/     |
             |   , ',_ヽ /   ,'
             |ヽ_/ rュ、 ゙、  /
             |   {`-'}  Y
             | ⊆) '⌒`  !
             | -‐ケ    }
             |__‐y′    /
             |〜   ___,ノ
             | //  ⌒ヽ
           γ⌒ヽ     ノ
            {      /′
            丁 ̄  //

566 :名無し三等兵:2011/11/02(水) 08:49:22.92 ID:???
ヒトラーの悪い所
日本と軍事同盟を結び戦争に引きずり込んだ事


567 :名無し三等兵:2011/11/07(月) 10:41:40.02 ID:???
ヒトラーとナポレオンは似ているな

・辺境出身
・成り上がり
・欧州の殆どを占領
・英露には勝てない
・最期は…

568 :名無し三等兵:2011/11/07(月) 18:17:20.55 ID:???
>>567
当時コルシカ島は直前にフランス編入されたばかりだしね

569 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 20:38:22.82 ID:6btwS9so
ヒトラーと信長は似てるな


側近の家臣が猿みたいだし
寺作って個人崇拝させたり
戦術が斬新だったり

570 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 20:53:28.39 ID:???
>戦術が斬新だったり

よく誤解されているが、信長は基本的に勝てる戦い
しか闘ってない、長篠だろうが姉川だろうが本願寺
だろうが、戦うときは津瀬に相手の倍以上の兵力そ
ろえて戦っている、戦術はあんまり関係ない。

戦術じゃなく、戦略で勝つのが信長。
戦略じゃなく、戦術で勝つのがちょび髭

571 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 20:57:31.87 ID:???
その戦術もヒトラーが考えたものではなくて部下の考えたものでして

572 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 21:17:01.68 ID:???
ヒトラーの場合、戦略は長けてたけど戦術が追いつかないって話じゃないの?

573 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 21:28:07.50 ID:???
イギリスとソ連を同時に敵に回してる時点で戦略的に無能

574 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 21:35:40.99 ID:???
飛行機だけで勝てますを真に受けちゃう時点で(ry

575 :名無し三等兵:2011/11/10(木) 23:56:06.52 ID:???
そもそもイギリスを屈服させる事が出来ると、本当に考えてたのだろうか?

576 :ハインフェッツ ◆L81ZQG5HXc :2011/11/11(金) 00:34:04.78 ID:???
あのフランスを屈服させちゃったらそういう誇大妄想を抱いても仕方ないかと。

577 :名無し三等兵:2011/11/11(金) 01:53:58.14 ID:???
シーライオン作戦って泥縄だろ、
練りに練った作戦とはとても言えない。

578 :名無し三等兵:2011/11/11(金) 02:44:17.48 ID:???
>>570
そこが信長の生涯最初で最後の賭けは桶狭間一回だけという理由

579 :名無し三等兵:2011/11/11(金) 04:30:49.48 ID:???
浅井の裏切りの時もピンチだったぞ

580 :名無し三等兵:2011/11/11(金) 05:06:25.37 ID:???
>>579
ありゃ危機だけど賭けじゃねえわな
ただまあ、信長の生涯って危機の連続の綱渡り
主に理由は味方、部下に裏切られてだがw
危機をそれこそ第六天魔王的に乗り切って、なのにくだらん状況で年貢の納め時になったのが本能寺

裏切りが散発的で大したことはなかったヒトラーとは全く別だな


581 :名無し三等兵:2011/11/11(金) 07:35:48.35 ID:???
>>571
部下が考えて部下の上司が却下した戦術を拾い上げたのはヒトラーだがな
(自分のアイデアだと喧伝したけど)

582 :名無し三等兵:2011/11/16(水) 03:00:40.51 ID:???
ヒトラーの悪い所
性格

583 :名無し三等兵:2011/11/18(金) 19:16:48.34 ID:???
>>580
散文的解釈でいいのなら、
BCフランスは裏と表を使い分けられ
フランコ・スペインには逃げられ
下等もとい名誉アリーア人日本は勝手におっ始めるし
ヘタリアは信じられず
クロアチア辺りは暴走してるしで
いいことあるの<ナチの同盟国


584 :名無し三等兵:2011/11/18(金) 19:44:30.95 ID:???
>>583
フィンランド「…」

585 :名無し三等兵:2011/11/18(金) 20:36:54.33 ID:???
>>584
独ソ戦開始に便乗して喪失領土を奪還し、
さんざ援助を受けておきながら、
旧国境で攻勢停止、
ドイツへの援軍はお義理で雀の涙の義勇兵、
レンドリース船団は素通し。
戦況がやばくなったらさっさと単独講和。
戦争が終わったら、うちはドイツと関係有りませんと誰が聞いても納得しない独自戦争を主張。

最低最悪の同盟国ですな

586 :フィン人:2011/11/18(金) 20:44:15.51 ID:???
>>585
そっちはそっちで講和と同時に占領する作戦計画練ってたじゃない?

587 :名無し三等兵:2011/11/18(金) 21:05:53.30 ID:???
>>583
ルーマニア「…」

588 :名無し三等兵:2011/11/18(金) 22:55:42.22 ID:???
>>583
ハンガリー「…」

589 :名無し三等兵:2011/11/19(土) 05:41:22.92 ID:???
>>585
>レンドリース船団は素通し。
ところでフィンランドに強力な海軍なんてあったのか?

590 :名無し三等兵:2011/11/19(土) 09:05:36.77 ID:???
>>589
オンボロ空軍だけど爆撃機隊はあったし、機雷の敷設や阻塞の構築とかやれることはいくらでもあったろ
レンドリース船団の目的地のレニングラードがフィンランド湾の一番奥の行き止まりなんだから
鴨がウマウマやってくるようなもんだ
1941冬のレンドリース物資の価値考えれば、何があろうと食いとめなきゃいけなかったんだけどね


591 :名無し三等兵:2011/11/19(土) 10:01:15.80 ID:???
>>590
フィンランド「ご免、シモ・ヘイヘが怪我したもんで」

592 :名無し三等兵:2011/11/19(土) 14:21:09.96 ID:???
>>589
我が大日本帝国も中立条約のせいで、
レンドリースは通してしまったorz

593 :名無し三等兵:2011/11/19(土) 14:54:51.19 ID:???
>>590
レンドリース船団は、レニングラードへは包囲されてるので無理です。
もっと大周りで、アイスランド→アルハンゲリスクに荷揚げです。

594 :名無し三等兵:2011/11/20(日) 19:04:42.74 ID:???
ナチスは本当に間違っていたのか?
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1230918953/
石原慎太郎はナチストでした
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1292722212/
● ナチスが何故興ったのか最近理解した ●
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/eco/1197447967/
ナチスのハーケンクロイツに匹敵するのは菊の御紋
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1313346443/
ナチスUFO兵器は存在したか?
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1290680756/
安倍晋三元首相、中国の軍事戦略をナチスの「レーベンスラウム(生存圏)」に例える
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1287546412/
【米国】「ローマ法王はナチス」 女優スーザン・サランドンの発言が物議[11/10/18]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1318909193/
薩長=ナチス(121)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1284288432/
共産党は「左版ナチス」共産主義は「左版ナチズム」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1150706558/
ナチスドイツか東ドイツどちらに住みたい?
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/europa/1229662108/
中華人民共和国政権はネオナチ、領土膨張、覇権主義
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1293338335/
【ネオナチ】大日本報靖會を打倒せよ!【新風】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1220201309/
【海外】日本のネオナチについて【生活】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/world/1169613697/
2ch共産党板に巣食うネオナチを語るスレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1192814331/
東アジアナチ党を結成するスレpart1
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1320557293/
【平等主義の欺瞞】 人間は平等ではない
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/soc/1297932563/

595 :名無し三等兵:2011/11/20(日) 19:05:33.73 ID:???
シオニズム正当化の手段としての「ナチ・ガス室」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1065335558/
ナチ残党映画を語ろう!
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1207577560/
【映画】カティンの森を見たか ナチとアカは同族
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1267543940/
【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍16
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1319201921/
アドルフ・ヒトラー、三島由紀夫とニーチェ保守主義
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kova/1311173953/
■卑劣なユダヤ人「ヒトラーは正しかった!」■
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1233150524/
いまの日本にはヒトラー的存在が必要だ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1229217615/
ヒトラーはなぜ反共なの?
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/982771624/
ヒトラーの予言が凄い件について
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/loser/1273154348/
ヒトラーは正しかった
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1076455524/
ヒトラーについて楽しく語るスレ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/event/1140331634/

596 :名無し三等兵:2011/11/25(金) 13:10:33.35 ID:FmNsXdgk
二正面作戦なんぞするからこのざまだ

597 :名無し三等兵:2011/11/30(水) 17:37:23.32 ID:???
今日は冬戦争が始まった日か。
スレ名物、英仏独芬 vs 蘇の大戦車戦が見たかったのに、諾のバカw

598 :名無し三等兵:2011/12/01(木) 02:50:09.13 ID:???
T-34に負けた戦だな

599 :名無し三等兵:2011/12/03(土) 15:23:00.38 ID:???
政治家は国家戦略、戦争は職業軍人に特化すべきなのに、
士官教育を受けていない総統が、現場に相当介入したのが痛すぎる。

600 :名無し三等兵:2011/12/03(土) 16:53:55.59 ID:???
伍長が全軍を指揮するなんて凄いことじゃなイカ

601 :匿名:2011/12/04(日) 16:56:09.87 ID:GJl4QiEI
このビデオは凄そう。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r84443822

602 :名無し三等兵:2011/12/04(日) 20:04:28.41 ID:???
>600
だから「ババリアの伍長の言うことなど聞けるか」という司令官が出てくる。

197 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)